JP2006090393A - 密封装置 - Google Patents

密封装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2006090393A
JP2006090393A JP2004275153A JP2004275153A JP2006090393A JP 2006090393 A JP2006090393 A JP 2006090393A JP 2004275153 A JP2004275153 A JP 2004275153A JP 2004275153 A JP2004275153 A JP 2004275153A JP 2006090393 A JP2006090393 A JP 2006090393A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sealing
ring
seal
housing
protrusion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004275153A
Other languages
English (en)
Inventor
Naoto Kobayashi
直人 小林
Kenichi Yarimizu
健一 鎗水
Original Assignee
Nok Corp
Nok株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nok Corp, Nok株式会社 filed Critical Nok Corp
Priority to JP2004275153A priority Critical patent/JP2006090393A/ja
Publication of JP2006090393A publication Critical patent/JP2006090393A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7869Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward
    • F16C33/7879Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward with a further sealing ring
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/768Sealings of ball or roller bearings between relatively stationary parts, i.e. static seals
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7816Details of the sealing or parts thereof, e.g. geometry, material
    • F16C33/783Details of the sealing or parts thereof, e.g. geometry, material of the mounting region
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C35/00Rigid support of bearing units; Housings, e.g. caps, covers
    • F16C35/04Rigid support of bearing units; Housings, e.g. caps, covers in the case of ball or roller bearings
    • F16C35/06Mounting or dismounting of ball or roller bearings; Fixing them onto shaft or in housing
    • F16C35/067Fixing them in a housing
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors

Abstract

【課題】密封装置を装着したベアリングをハウジングに設けられた取付孔に組み込むときに、ハウジングとベアリングの外輪との隙間をシールすることができる密封装置であって、シール本体部の成形が容易であって、しかも確実にシールすることができる密封装置を提供する。
【解決手段】外輪21に嵌合している芯金3に加硫結合している固定密封部41の大気側端部43に設けられた突起部6の外径を突起部6の先端61と対向するハウジング7の端面71の内径より大きくし、突起部6をハウジング7に当接させて密封することとした。
【選択図】図1

Description

本発明は、ベアリングに装着される密封装置の一種であるハブベアリングオイルシールに関するものである。
従来、図3に示すように、密封装置の一種であるハブベアリングオイルシール101は、自動車のナックル102に設けられた取付孔103に組み込まれているベアリングの外輪104と、外輪104と同軸的に内周側に回転自在に支持されたベアリングの内輪105とにより形成された環状空間をシールするもので、外輪104に嵌合している芯金106と、芯金106にシール部107と固定密封部108とが一体加硫成形により結合しているシール本体部109と、シール部107が密接に摺動するスリンガ110、とを備えている。オイルシール101が装着されたベアリングをナックル102に組み込んだときに、ナックル102とベアリングの外輪104との間に軸方向の隙間111が発生し、隙間111に泥水等の異物が浸入しベアリングの外輪104に錆が発生する原因となり、その錆び付きにより市場でのメイテナンスができなくなる可能性があった。そのため、隙間111をOリング等のシール部品でシールしているが、部品点数が増加する等の問題点を有していた。
その対策として、下記特許文献1には、図4に示すように、ベアリングの外輪104に嵌合しているオイルシール101の芯金106に第二のシールリップ112を設け、第二のシールリップ112で隙間111をシールすることが提案されている。しかし、第二のシールリップ112を設けた場合、シール本体部109の形状が複雑となり成形性が困難であること、第二のシールリップ112が設けられたオイルシール101を装着したベアリングをナックル102の取付孔103に組み込むときに第二のシールリップ112がめくれる等し確実にシールすることができない等の不具合があり、かかる不具合を解消するような第二シールリップ形状112の設計も困難であった。
特開2002−206547公報
本発明は上記の問題点に鑑みてされたもので、密封装置を装着したベアリングをハウジングに設けられた取付孔に組み込むときに、ハウジングとベアリングの外輪との隙間をシールすることができる密封装置であって、シール本体部の成形が容易であって、しかも確実にシールすることができる密封装置を提供することを目的とする。
上記目的を達成するため、本発明の請求項1に係る密封装置は、ハウジングに設けられた取付孔に相対可動するように組み込まれた外輪と内輪とにより形成される環状空間をシールし、前記外輪に嵌合している芯金にシール部と固定密封部が一体加硫成形により結合している密封装置において、
前記固定密封部の大気側端部に設けられた突起部の外径を該突起部の先端と対向する前記ハウジングの端面の内径より大きくし、前記突起部を前記ハウジングに当接させて密封したことを特徴とするものである。
本発明は、以下の効果を奏する。
すなわち、上記構成を備えた本発明の密封装置は、固定密封部の大気側端部に突起部を設けた形状であるので、設計が容易になるとともに、シール本体部の成形も容易にすることができる。更に、ハウジングと外輪との隙間をシールリップではなく突起部でシールするので、密封装置が装着された外輪をハウジングに設けられた取付孔に組み込むときにシールリップがめくれる等の不具合の発生がなく、しかも突起部の外径がハウジングの内径より大きく、突起部がハウジングに当接して密封するので、確実にシールすることができる。
以下に図面を参照して、この発明の好適な実施の形態を例示して説明する。ただし、この発明の範囲は、特に限定的記載がないかぎりは、この実施の形態に記載されている内容に限定する趣旨のものではない。
図1は、本発明に係るオイルシール1の要部断面を示しており、このオイルシール1は、ベアリングを構成する外輪21に嵌合しているし芯金3と、芯金3に加硫結合しているシール本体部4と、シール本体部4に対向しベアリングを構成する内輪22に嵌合しているスリンガ5とを備えている。
芯金3は金属製であって、外輪21の内周面に嵌合している第一円筒部31と、第一円筒部31の大気側(外部側)端部から内周方向外部側に斜めに延びる第一斜行部32と、第一斜行部32の内周側端部から外部方向に延びる第二円筒部33と、第一円筒部31の密封対象側(内部側)端部から内周方向に延びる第一フランジ部34と、第一フランジ部34の内周側端部から内周方向外部側に斜めに延びる第二斜行部35と、第二斜行部35の内周側端部から内周方向に延びる第二フランジ部36とからなる。スリンガ5は金属製であって、内輪の外周面に嵌合する円筒部51と、円筒部の外部側端部から外周方向に延びるフランジ部52とからなり略L字形状をしている。
シール本体部4は、ゴム状弾性体であって、芯金3の第一斜行部32と第二円筒部33を外周側から内周側にかけて覆うとともに、第一円筒部31の内周側、第一フランジ部34の外部側、および第二斜行部35の外部側に加硫結合している固定密封部41と、固定密封部41と一体に成形されスリンガ5のフランジ部52の内部側面を摺動する第一シールリップ42aと、スリンガ5の円筒部51の外周面を摺動する第二シールリップ42bと、第二シールリップ42bより内部側に位置する第三シールリップ42cとからなり、第二フランジ部36の内周側端部を覆うように加硫結合しているシール部42とからなる。
固定密封部41の外部側端部43には、全周に亙り突起部6が設けられている。突起部6の先端61は、オイルシール1が装着されているベアリングの外輪21が組み込まれるナックル7に当接している。すなわち、突起部6の先端61の外径が、先端61と対向するナックル7の内部側端面71の内径より大きいため、突起6が圧縮変形して密封するようにナックル7と当接し、ナックル7と外輪21との隙間8をシールしている。
上記構成においては、固定密封部41の外部側端部43に突起部6を設けた形状であるので、設計が容易になるとともに、シール本体部4の成形も容易に行うことが可能となる。更に、ナックル7と外輪21との隙間8をシールリップでシールするのではなく、突起部6の先端部61と対向しているナックル7の内部側端面71に突起部6を当接させて圧縮変形によりシールするので、外輪21に装着したオイルシール1をナックル7に組み込むときにシールリップがめくれる等の不具合の発生がなく、確実にシールすることが可能となる。
図2は、外輪21に嵌合している芯金3の形状を変更したもので、芯金3が、全面に亙って外輪21と直接嵌合し、固定密封部41が芯金3の外周側に結合していない場合である。この場合においても、固定密封部41の外部側端部43に突起6が形成されているので、図1における先の実施例と同様の作用、効果を奏することが可能となる。
なお、上記実施例において、オイルシール単独の場合について例示したが、スリンガ5のフランジ部52の外部側端面に磁気エンコーダを結合した状態で実施することも可能である。
本発明の第一実施例に係るオイルシールの一部断面図 本発明の第二実施例に係るオイルシールの一部断面図 従来例に係るオイルシールの一部断面図 別の従来例に係るオイルシールの一部断面図
符号の説明
1 オイルシール(密封装置)
3 芯金
31,33 円筒部
32,35 斜行部
34,36 フランジ部
4 シール本体部
41 固定密封部
42 シール部
42a,42b,42c シールリップ
43 端部
5 スリンガ
51 円筒部
52 フランジ部
6 突起部
61 先端
7 ナックル(ハウジング)
71 端面
8 隙間
21 外輪
22 内輪

Claims (1)

  1. ハウジングに設けられた取付孔に相対可動するように組み込まれた外輪と内輪とにより形成される環状空間をシールし、前記外輪に嵌合している芯金にシール部と固定密封部が一体加硫成形により結合している密封装置において、
    前記固定密封部の大気側端部に設けられた突起部の外径を該突起部の先端と対向する前記ハウジングの端面の内径より大きくし、前記突起部を前記ハウジングに当接させて密封したことを特徴とする密封装置。
JP2004275153A 2004-09-22 2004-09-22 密封装置 Pending JP2006090393A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004275153A JP2006090393A (ja) 2004-09-22 2004-09-22 密封装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004275153A JP2006090393A (ja) 2004-09-22 2004-09-22 密封装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006090393A true JP2006090393A (ja) 2006-04-06

Family

ID=36231571

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004275153A Pending JP2006090393A (ja) 2004-09-22 2004-09-22 密封装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006090393A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008202748A (ja) * 2007-02-22 2008-09-04 Ntn Corp 車輪用軸受装置
JP2011064300A (ja) * 2009-09-18 2011-03-31 Ntn Corp 車輪用軸受装置
JP2018035943A (ja) * 2017-11-08 2018-03-08 Ntn株式会社 車輪用軸受装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008202748A (ja) * 2007-02-22 2008-09-04 Ntn Corp 車輪用軸受装置
JP2011064300A (ja) * 2009-09-18 2011-03-31 Ntn Corp 車輪用軸受装置
JP2018035943A (ja) * 2017-11-08 2018-03-08 Ntn株式会社 車輪用軸受装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4639651B2 (ja) 密封装置
JP5170369B2 (ja) 密封装置
JP2008128396A (ja) 密封装置
JP5757453B2 (ja) オイルシール
JP2011085257A (ja) ボールジョイント用ダストカバー
JP2006090393A (ja) 密封装置
JP2007182956A (ja) オイルシール
JP2010025138A (ja) 密封装置
JP2005308204A (ja) オイルシール
JP4280903B2 (ja) 密封装置
JP2006046628A (ja) 環状部材
JP2006161860A (ja) 密封装置
JP2010014143A (ja) 密封装置
JP2008128281A (ja) 密封装置
JP2008223996A (ja) 転がり軸受の密封装置
JP6625340B2 (ja) 密封装置
JP2006161858A (ja) 密封装置
JP2008128378A (ja) 密封装置
JP2006105189A (ja) 密封装置
JP4983374B2 (ja) パックシール転がり軸受
JP4299821B2 (ja) 密封装置
JP2006083974A (ja) オイルシール
JP2009257485A (ja) 密封装置
JP2005265078A (ja) 密封装置
JP2008256163A (ja) 密封装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070626

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091029

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091104

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100303