JP2006068165A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2006068165A
JP2006068165A JP2004253456A JP2004253456A JP2006068165A JP 2006068165 A JP2006068165 A JP 2006068165A JP 2004253456 A JP2004253456 A JP 2004253456A JP 2004253456 A JP2004253456 A JP 2004253456A JP 2006068165 A JP2006068165 A JP 2006068165A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
member
portion
locking
claw
part
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004253456A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4437195B2 (ja
Inventor
Koichi Ikenotani
公一 池ノ谷
Original Assignee
Aruze Corp
アルゼ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Aruze Corp, アルゼ株式会社 filed Critical Aruze Corp
Priority to JP2004253456A priority Critical patent/JP4437195B2/ja
Publication of JP2006068165A publication Critical patent/JP2006068165A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4437195B2 publication Critical patent/JP4437195B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】複数の部材を組み合わせて構成する遊技部材であっても、抜け落ちる虞のない構造の遊技機を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明に係る遊技機は、遊技盤2aと、爪部32を備えるレンズ体31と、爪部32と係合する係止部33aを有し、当該係止部33aで爪部32を係止してレンズ体31を保持する第2の部材33と、遊技盤2aに取り付けられ、第2の部材33と係合するとともに、爪部32と係止部33aとの係合が解除されるのを規制する抜け止め部34aを有する第3の部材34とを備えるので、レンズ体31が第2の部材33から抜け落ちることを防止することができる。
【選択図】 図4

Description

本発明は、遊技機に関し、特に前面に電飾が施されてなるパチンコ遊技機やスロットマシン等の遊技機に適用して有効な技術に関するものである。

従来、電飾表示部は、左右対称形態の着脱可能な大型のレンズにより一括して覆う構成とし、組み付け時等における利便性を向上させている。組み付け時には裏面側縁に形成された複数のフックが枠本体に形成された各係止穴と弾性的に係合するようになっている。(例えば、特許文献1)。
特開2000−237386号公報

しかしながら、従来技術では、特に補強部材を用いることなく、フックを係止穴と弾性的に係合するようにしていただけであるため、複数の部材を組み合わせて構成する遊技部材(例えば、光透過部材であるレンズ(レンズ体)の係合)の場合、抜け落ちてしまう虞があった。

そこで、本発明は、複数の部材を組み合わせて構成する遊技部材であっても、抜け落ちる虞のない構造の遊技機を提供することを目的とする。

上記課題を解決するため、本発明に係る遊技機は、遊技盤(遊技盤2a)と、第1の係止部(爪部32)を備える第1の部材(レンズ体31(31a,31b,31c))と、第1の係止部と係合する第2の係止部(係止部33a)を有し、当該第2の係止部で第1の係止部を係止して第1の部材を保持する第2の部材(第2の部材33)と、遊技盤に取り付けられ、第2の部材と係合するとともに、第1の係止部と第2の係止部との係合が解除されるのを規制する規制部(抜け止め部34a)を有する第3の部材(第3の部材34)とを備えることを特徴とする。

これにより、第1の部材が第2の部材から抜け落ちることを防止することができる。

本発明の好ましい形態において、第1の係止部として爪部(爪部32)を備えて光透過性を有する第1の部材と、爪部と係合する第2の係止部として段部を備え、当該段部で爪部を係止して第1の部材を保持する第2の部材と、遊技盤に取り付けられ、第2の部材と係合するとともに、爪部と段部との係合が解除されるのを規制する規制部としての壁部(抜け止め部34a)を有する第3の部材とを備えることを特徴とする。

これにより、第1の係止部である爪部と第2の係止部の段部とが係合した状態が解除されるのを第3の部材に備えられた規制部としての壁部で規制するため、抜け落ちを防止することができるとともに、規制部として壁部を立設するだけなので簡易な構造で抜け落ちを防止することができる。

本発明のさらに好ましい形態において、第2の部材は、爪部の側方への動きを規制する凹部(凹部33b)を備えることを特徴とする。

これにより、爪部は、側方への動きを規制されるので、より確実に抜け落ちを防止することができる。

本発明のさらに好ましい形態において、壁部は、爪部と段部が係合した状態で嵌め込まれる孔(抜け止め部34a)を構成することを特徴とする。

これにより、壁部として、爪部と段部とが係合した状態で嵌め込まれる孔を構成したことで、爪部と段部とが係合された状態で孔に嵌め込まれれば、抜け落ちをより確実に防止することができるとともに、孔の内壁部が壁部として機能するので、高さ方向を縮めることが可能となる。

本発明によれば以下の効果を奏することができる。

すなわち、本発明によれば、第3の部材が、第1の係止部と第2の係止部との係合が解除されるのを規制する規制部を有しているので、第1の部材が第2の部材から抜け落ちることを防止することができる。

また、本発明によれば、第1の係止部である爪部と第2の係止部の段部とが係合した状態が解除されるのを第3の部材に備えられた規制部としての壁部で規制するため、抜け落ちを防止することができるとともに、規制部として壁部を立設するだけなので簡易な構造で抜け落ちを防止することができる。

また、本発明によれば、第2の部材は、爪部の側方への動きを規制する凹部を備えるため、爪部は、側方への動きを規制されるので、より確実に抜け落ちを防止することができる。

また、壁部として、爪部と段部とが係合した状態で嵌め込まれる孔を構成したことで、爪部と段部とが係合された状態で孔に嵌め込まれれば、抜け落ちをより確実に防止することができるとともに、孔の内壁部が壁部として機能するので、高さ方向を縮めることが可能となる。

以下、本発明を実施するための最良の形態を、図面を参照しつつさらに具体的に説明する。ここで、添付図面において同一の部材には同一の符号を付しており、また、重複した説明は省略されている。なお、ここでの説明は本発明が実施される最良の形態であることから、本発明は当該形態に限定されるものではない。

図1は本発明の一実施の形態である遊技機を示す斜視図、図2は図1の遊技機の遊技盤を示す概略図、図3は図2の遊技盤に設けられた電飾部材を示す斜視図、図4は図3の電飾部材の分解斜視図、図5は図3の電飾部材の背面側を示す分解斜視図、図6は図3の電飾部材の要部を示す断面図、図7は図5のレンズ体の爪部を第2の部材の第2の係止部に係止させた場合を示す説明図、図8は第3の部材に、図7の第2の部材を係合するとともに、爪部の先端を抜け止め部に嵌め込んだ場合を示す説明図である。

図1および図2に示すように、パチンコ遊技機(遊技機)1は、遊技盤2aが装着された本体枠3aがヒンジを介してベース枠3bに回動可能に取り付けられ、これら本体枠3aおよびベース枠3bで遊技機本体3が構成されている。そして、このような遊技機本体3に対して、遊技盤2aを視認可能に被うガラス扉4、およびガラス扉4の下側に位置する皿ユニット5が取り付けられている。これらガラス扉4および皿ユニット5は、その一端が遊技機本体3に回動可能に軸支されており、他端が遊技機本体3に係合するようになっている。

遊技盤2aは、そのレール6に包囲された遊技領域2bに、多数の遊技くぎや風車などの障害物(図示せず)、一般入賞口、始動口12a,12b、大入賞口13、アウト口14、始動ゲート15、普通図柄表示装置(図示せず)、特別図柄表示装置(図示せず)、電飾部材30などからなる遊技部材が配置されている。

ここで、一般入賞口は、遊技球が入賞すると所定の数の遊技球が払い戻される装置、始動口12a,12bは、遊技球が入賞すると特別図柄表示装置の複数の図柄を変動・停止させる装置、始動ゲート15は、遊技球が通過したことを契機として普通図柄表示装置の複数の図柄を変動・停止させる装置、大入賞口13は、特別図柄表示装置の停止時における図柄の組み合わせが予め設定された特定の図柄の組み合わせとなって特別遊技状態に移行した場合に開放状態となる装置である。また、アウト口14は、一般入賞口、始動口12a,12b、大入賞口13の何れにも入賞しなかった遊技球が流入して回収される装置である。そして、特別図柄表示装置は、例えば液晶ディスプレイ、CRT(陰極線管)あるいはプラズマディスプレイ等からなり、画像信号入力に基づいて任意の画像を表示する装置である。また、電飾部材30は、図2および図3に示すように、レール6に沿ってカーブを描くような形状をしており、光透過性を有する第1の部材であるレンズ体31を備えている。

本実施の形態において、遊技盤2aは、たとえばポリカーボネートなど透光性を有する樹脂からなり、前述した特別図柄表示装置は、このような遊技盤2aの背後に配置され、遊技盤2aを通して視認可能になっている。

但し、遊技盤2aは透光性を有してさえいれば、ポリカーボネート以外の部材であってもよいし、スモークがかかったような半透明の部材でもよい。また、後述するランプ41が光を照射する位置で且つ光透過性を有する第1の部材であるレンズ体31と対向する位置以外の部分においては、透光性を有していなくてもよい。そのため、透過性を有していない部分においては、例えば木製などの部材を用いてもよい。また、特別図柄表示装置は、遊技盤2aに開口された表示窓を介して視認可能に配置されてもよい。

なお、図2において、始動口12a,12b、大入賞口13、アウト口14、始動ゲート15、電飾部材30以外の遊技部材は、図示が省略されている。

図1において、遊技盤2aの下方には、前述のように皿ユニット5が配置されている。皿ユニット5には、払い出された遊技球および遊技領域に打ち込まれる遊技球が貯留される上皿5aが上部に配置され、払い出しにより上皿5aからオーバーフローした遊技球が貯留される下皿5bが下部に配置されている。また、皿ユニット5の右側には、レール6を介して遊技盤2aの遊技領域へ遊技球を打ち込む際に回動操作される発射ハンドル7が設けられている。さらに、遊技終了時などにおいて上皿5aに貯留された遊技球を下皿5bに移動させて取り出す場合に操作されるシャッタレバー10が設けられている。

なお、ガラス扉4の上部の左右には、スピーカ8a,8bがそれぞれ配置されている。

ここで、図2に詳しく示すように、始動口は、遊技盤2aに向かって中央に位置する第1の始動口12aと右側に位置する第2の始動口12bの2つが設けられている。

なお、本実施の形態において、第1の始動口12aおよび第2の始動口12bは、何れもが入賞(つまり、遊技球が入賞したときに特別図柄表示装置の複数の図柄を変動・停止させ得る機能)が有効となっているが、一方のみが有効となっていてもよい。あるいは、一方が入賞が有効で、他方が一般入賞口としての動作を行うようになっていてもよい。

次に、図4〜図8を用いて電飾部材30の構成について説明する。

図4は、図3の電飾部材の分解斜視図である。

図4に示すように、電飾部材30は、レンズ体31と、第2の部材33と、第3の部材34とを備えている。

そして、レンズ体31の周縁には、第1の係止部であり突起である爪部32が2箇所に形成されている。

第2の部材33は、爪部32を係止する第2の係止部33aが爪部32に対応する位置に形成されており、当該第2の係止部33aで、対応する爪部32を係止してレンズ体31を保持するようになっている。また、第2の部材33は、図5に示すように爪部32の側方への動きを規制する凹部33bを備えるため、爪部32は、側方への動きを規制されるので、より確実に抜け落ちを防止することができる。

第3の部材34は、遊技盤2aの遊技領域2bに取り付けられるようになっており、また、第2の部材33と係合することが可能になっている。なお、第2の部材33と第3の部材34が係合すると、図8に示すように、第2の部材33が、第3の部材34を覆うような形態となる。

なお、第2の部材33と第3の部材34の係合は、第3の部材34の後述する抜け止め部(規制部,壁部)34aと、第2の部材33の第2の係止部33aとを係合させることにより行ってもよいし(図6(c)参照)、それぞれ他の部分を係合させることにより行ってもよい。

また、第3の部材34には、爪部32の係止が解除される方向への変形を規制する抜け止め部34aが、爪部32に対応する位置に形成されている(図4〜図6参照)。

なお、上記第2の部材33および第3の部材34には、レンズ体31を保持する位置にそれぞれ開口孔が形成されている。

電飾部材30の構造についてさらに具体的に説明すると、爪部32は、レンズ体の周縁の背面から延びており、係止を可能にするために先端がL字型の構造になっている(図6(a)参照)。

第2の係止部33aは、第2の部材33の背面側で、且つ上述の爪部32に対応する位置に設けられており、爪部32のL字型の部分を係止するために頭頂部が平らになっている(図6(b)参照)。すなわち、爪部32のL字の部分を第2の係止部33aの頭頂部に引っ掛けることにより係止される。

抜け止め部34aは、第3の部材34の表面側で、且つ上述の爪部32に対応する位置に設けられており、貫通した孔となっている。そして、当該孔に爪部32の先端部分および第2の係止部33aの先端部分を嵌め込むことにより、爪部32と第2の係止部33aとの係合が解除されるのを規制するようになる。つまり、爪部32の係止が解除される方向への変形を規制する(図6(c)参照)。

ここで、抜け止め部34aは、爪部32と第2の係止部33aとが嵌め込まれる孔である。なお、当該抜け止め部34aは、図5〜図8に示すように、貫通していてもよいし、貫通していなくともよい。

また、本実施の形態においては、抜け止め部34aに、爪部32と第2の係止部33aが嵌め込まれるが、抜け止め部34aは、爪部32の係止が解除される方向への変形さえ規制できればよいので、必ずしも第2の係止部33aが抜け止め部34aに嵌め込まれる必要はない。例えば、抜け止め部34aは、爪部32のみ嵌め込まれる孔であってもよい。その場合、第2の部材33と第3の部材34は、他の部分により係合される。

また、電飾部材30は、上述したように、光を透過するレンズ体31を備えているが、本実施の形態においては、図2〜図4に示すように、レンズ体31として、31a,31b,31cの3つが採用されている。これらのレンズ体31a,31b,31cは、ポリカーボネート系などの所定の合成樹脂材料を原料として用い、これに射出成形処理を施すことによって形成されている。

また本実施の形態では、各レンズ体31の周縁には、それぞれ爪部32が2箇所に形成されているが、これに限られず、3つ以上形成されていてもよいし、1つのみ形成されていてもよい。また、本発明において、爪部32が形成される箇所はレンズ体31の周縁に限られない。

さらに、本発明では、各レンズ体31の形状は特に限定していない。そのため、多角形であってもよいし、円形であってもよい。

次に図9を用いて、電飾部材30、遊技盤2aおよびベース盤40の関係について説明する。

図9に示すように、上記光照射部材は、三つのレンズ体31に対応したランプ41であり、これらのランプ41は、ベース盤40に取り付けられている。

そして、ベース盤40の前面側に遊技盤2aが取り付けられるようになっており、さらに、当該遊技盤2aの前面側で且つ上述のランプ41と対向した位置には、電飾部材30が取り付けられるようになっている。

また、前述したように、遊技盤2aにおいて、ランプ41からの光が照射され且つレンズ体31に対向する部分については透光性を有しているため、ランプ41から照射される光は遊技盤2aを透過してレンズ体31に到達する。そしてさらに、レンズ体31も光を透過するため、ランプ41から照射される光は、レンズ体31の前面側に照射されることとなり、遊技者に認知される。

以上、本発明の実施の形態を説明したが、これは本発明を具体的に例示したに過ぎず、特に本発明を限定するものではない。

また、本実施の形態においては、レンズ体31には、第1の係止部としての爪部32が形成されているが、本発明は、これに限定されるものではない。例えば、当該爪部32は、第2の部材に形成されていてもよい。

さらに、本実施の形態においては、第1の係止部は爪部32であるが、これに限定されず、第1の係止部は、レンズ体31と第2の部材33とを係合できるものであれば種々の構造を採用することができる。

また、本実施の形態においては、ランプ41は複数個取り付けられているが、本発明はランプ41の個数に関して特に限定していない。例えば、当該ランプ41は1つであってもよい。

また、本実施の形態においては、光照射部材としてランプが用いられているが、本発明は光照射部材がランプであることに限定されるものではない。例えば、光照射部材としてLED(発光ダイオード)を採用してもよい。

さらに、本実施の形態においては、爪部32と第2の係止部33aは、図6(b)に示すとおり爪部32のL字の部分を第2の係止部33aの頭頂部に引っ掛けることにより係止されるが、これに限られず、係止部33aに段部を設け、当該段部に爪部32を挿入することにより係合されてもよい。

また、上述のように、本実施の形態においては、抜け止め部34aは開口孔であるが、これに限られず、段部と係合する爪部32の背後から支持することにより、爪部32と段部との係合が解除されるのを規制する壁部であってもよい。

このように、本実施の形態によれば、第3の部材34が、爪部32と第2の係止部33aとの係合が解除されるのを規制する抜け止め部34aを有しているので、レンズ体31が第2の部材33から抜け落ちることを防止することができる。

さらに、本実施の形態によれば、第1の係止部である爪部32と第2の係止部33aの段部とが係合した状態が解除されるのを第3の部材34に備えられた規制部としての壁部で規制するため、抜け落ちを防止することができるとともに、抜け止め部34aとして壁部を立設するだけなので簡易な構造で抜け落ちを防止することができる。

また、本発明によれば、第2の部材33aは、爪部32の側方への動きを規制する凹部33bを備えるため、爪部32は、側方への動きを規制されるので、より確実に抜け落ちを防止することができる。

また、本実施の形態によれば、抜け止め部34aとして、爪部32と第2の係止部33aの段部とが係合した状態で嵌め込まれる孔を構成したことで、爪部32と段部とが係合された状態で当該孔に嵌め込まれれば、抜け落ちをより確実に防止することができるとともに、抜け止め部34aの内壁部が壁部として機能するので、高さ方向を縮めることが可能となる。

以上の説明においては、本発明をパチンコ遊技機本体が遊技台に取り付けられた遊技機に適用した場合が説明されているが、本発明はこれに限定されるものではなく、パチスロ機、雀球、スマートボールあるいはゲームセンターに設置された各種ゲーム機など、種々の遊技機に適用することが可能である。

本発明の一実施の形態である遊技機を示す斜視図である。 図1の遊技機の遊技盤を示す概略図である。 図2の遊技盤に設けられた電飾部材を示す斜視図である。 図3の電飾部材の分解斜視図である。 図3の電飾部材の背面側を示す分解斜視図である。 図3の電飾部材の要部を示す断面図である。 図5のレンズ体の爪部を第2の部材の第2の係止部に係止させた場合を示す説明図である。 第3の部材に、図7の第2の部材を係合するとともに、爪部の先端を抜け止め部に嵌め込んだ場合を示す説明図である。 電飾部材、遊技盤およびベース盤を示す斜視図である。

符号の説明

1 パチンコ遊技機(遊技機)
2a 遊技盤
2b 遊技領域
3 遊技機本体
3a 本体枠
3b ベース枠
4 ガラス扉
5 皿ユニット
5a 上皿
5b 下皿
6 レール
7 発射ハンドル
8a,8b スピーカ
10 シャッタレバー
12a 第1の始動口
12b 第2の始動口
13 大入賞口
14 アウト口
15 始動ゲート
30 電飾部材
31(31a,31b,31c) レンズ体(第1の部材)
32 爪部(第1の係止部)
33 第2の部材
33a 第2の係止部(階部)
33b 凹部
34 第3の部材
34a 抜け止め部(規制部,壁部)
40 ベース盤
41 ランプ,LED(光照射部材)

Claims (4)

  1. 遊技盤と、
    第1の係止部を備える第1の部材と、
    前記第1の係止部と係合する第2の係止部を有し、当該第2の係止部で前記第1の係止部を係止して前記第1の部材を保持する第2の部材と、
    前記遊技盤に取り付けられ、前記第2の部材と係合するとともに、前記第1の係止部と前記第2の係止部との係合が解除されるのを規制する規制部を有する第3の部材と、
    を備えることを特徴とする遊技機。
  2. 前記第1の係止部として爪部を備えて光透過性を有する第1の部材と、
    前記爪部と係合する第2の係止部として段部を備え、
    当該段部で前記爪部を係止して前記第1の部材を保持する第2の部材と、
    前記遊技盤に取り付けられ、前記第2の部材と係合するとともに、前記爪部と前記段部との係合が解除されるのを規制する規制部としての壁部を有する第3の部材と、
    を備えることを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 前記第2の部材は、前記爪部の側方への動きを規制する凹部を備えることを特徴とする請求項2記載の遊技機。
  4. 前記壁部は、前記爪部と段部が係合した状態で嵌め込まれる孔を構成することを特徴とする請求項2または3記載の遊技機。


JP2004253456A 2004-08-31 2004-08-31 遊技機 Active JP4437195B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004253456A JP4437195B2 (ja) 2004-08-31 2004-08-31 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004253456A JP4437195B2 (ja) 2004-08-31 2004-08-31 遊技機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006068165A true JP2006068165A (ja) 2006-03-16
JP4437195B2 JP4437195B2 (ja) 2010-03-24

Family

ID=36149392

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004253456A Active JP4437195B2 (ja) 2004-08-31 2004-08-31 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4437195B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008189022A (ja) * 2007-02-01 2008-08-21 Yazaki Corp 室内照明装置
JP2009143531A (ja) * 2007-09-14 2009-07-02 Yazaki Corp 車載用室内照明装置
JP2017012827A (ja) * 2016-09-21 2017-01-19 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008189022A (ja) * 2007-02-01 2008-08-21 Yazaki Corp 室内照明装置
JP2009143531A (ja) * 2007-09-14 2009-07-02 Yazaki Corp 車載用室内照明装置
JP2017012827A (ja) * 2016-09-21 2017-01-19 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4437195B2 (ja) 2010-03-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4117296B2 (ja) 遊技機用基板ケース
JP5234572B2 (ja) 遊技機
JP4543223B2 (ja) 遊技機
JP2015029556A (ja) 遊技機
JP4497377B2 (ja) 遊技台
JP5290677B2 (ja) 遊技機の可動演出装置
JP5648264B2 (ja) 遊技機
JP2001276378A (ja) 弾球遊技機
JP2012245279A (ja) 遊技機
JP6010405B2 (ja) 遊技機
JP4412609B2 (ja) 遊技台
JP2002224271A (ja) スロットマシン
JP5922714B2 (ja) 遊技機
JP2010213752A (ja) 遊技機
JP5897506B2 (ja) 遊技機
JP4610542B2 (ja) 遊技台
JP2007222351A (ja) 弾球遊技機
JP6286469B2 (ja) 遊技機
JP2005168843A (ja) スロットマシン
JP2004049286A (ja) 遊技機
JP4393392B2 (ja) 遊技機
JP5894737B2 (ja) 遊技機用パネル及び遊技機
JP5630835B2 (ja) 遊技機
JP2008295831A (ja) 遊技機
JP4187627B2 (ja) 弾球遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070720

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091005

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091009

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091016

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091202

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091203

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130115

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4437195

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250