JP2006060408A - 無線パケット通信方法および無線局 - Google Patents

無線パケット通信方法および無線局 Download PDF

Info

Publication number
JP2006060408A
JP2006060408A JP2004238619A JP2004238619A JP2006060408A JP 2006060408 A JP2006060408 A JP 2006060408A JP 2004238619 A JP2004238619 A JP 2004238619A JP 2004238619 A JP2004238619 A JP 2004238619A JP 2006060408 A JP2006060408 A JP 2006060408A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
multicast data
data packet
transmitting
carrier sense
radio station
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2004238619A
Other languages
English (en)
Inventor
Satoshi Aikawa
Tomoaki Kumagai
Loyola Luis
Kengo Nagata
Shinya Otsuki
Kazumasa Saito
ルイス ロヨラ
信也 大槻
健悟 永田
智明 熊谷
聡 相河
一賢 齋藤
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP2004238619A priority Critical patent/JP2006060408A/ja
Publication of JP2006060408A publication Critical patent/JP2006060408A/ja
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】 マルチキャストデータパケットを効率よく送信し、さらにスループットを劣化させることなく再送処理を効率よく行う。
【解決手段】 同一宛先のマルチキャストデータパケットを連続して送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示すACKを要求する信号中に、ACKを送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信する。パラメータを含むACKを要求する信号を受信した受信無線局は、パラメータに従ってキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含むACKを送信無線局に送信する。送信無線局は、ACKの正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する。
【選択図】 図5

Description

本発明は、マルチキャストデータパケットの送信処理および再送処理を行うための無線パケット通信方法および無線局に関する。

従来の無線パケット通信システムでは、データパケットの送信に先立って無線チャネルの空き状態を検出(キャリアセンス)し、空き状態の場合にのみ1つのデータパケットを送信している。このような制御により、1つの無線チャネルを複数の無線局で互いに時間をずらして共用することができた(非特許文献1)。

図16は、従来の無線局の構成例を示す。図において、無線局は、ヘッダ付加部11、送信バッファ12、パケット送信制御部13、変調器14、無線送信部15、アンテナ16、無線受信部17、復調器18、FCS検査部19、パケット選択部20、ヘッダ除去部21およびキャリア検出部22を備える。

ヘッダ付加部11には、送信データフレーム系列が入力される。この送信データフレーム系列は、1つあるいは複数のデータフレームで構成される。実際に扱うデータフレームとしては、例えばイーサネット(登録商標)フレームなどが想定される。ヘッダ付加部11は、データフレームに対して宛先となる無線局のID情報や当該パケットのタイプを示すフィールド、誤り検出のためのFCSを付加し、図17(1) に示すようなデータパケットを生成する。ヘッダ付加部11で生成されたデータパケットは、送信バッファ12に入力されてバッファリングされる。

一方、他の無線局が送信した無線信号は、アンテナ16を介して無線受信部17に入力される。無線受信部17は、入力された無線信号に対して周波数変換,フィルタリング,直交検波およびAD変換を含む受信処理を施し、受信処理されたベースバンド信号を復調器18へ出力する。なお、無線受信部17には、接続されたアンテナ16が送信のために使用されていない時に、無線チャネルにおける無線伝搬路上の無線信号が常時入力されており、無線チャネルの受信電界強度を表すRSSI信号がキャリア検出部22へ出力される。

キャリア検出部22は、RSSI信号が入力されると、その信号によって表される受信電界強度の値と予め設定した閾値とを比較する。そして、所定の期間中の受信電界強度が連続的に閾値よりも小さい状態が継続すると、無線チャネルが空き状態であると判定し、それ以外の場合には無線チャネルがビジーであると判定する。キャリア検出部22は、この判定結果をキャリア検出結果としてパケット送信制御部13へ出力する。

パケット送信制御部13は、キャリア検出結果に応じて無線チャネルが空き状態か否かを認識し、空き状態の場合に、送信バッファ12にバッファリングしているデータパケットを出力するように要求する。送信バッファ12は、この要求に応じて送信バッファに入力された時刻が最も早いデータパケットを取り出してパケット送信制御部13へ出力する。パケット送信制御部13は、送信バッファ12から出力されたデータパケットを変調器14へ出力する。変調器14は、そのデータパケットに対して所定の変調処理を施して無線送信部15へ出力する。無線送信部15は、変調器14から出力された変調処理後のデータパケットに対して、DA変換,周波数変換,フィルタリング及び電力増幅を含む送信処理を施し、アンテナ16から無線パケットとして送信する。

一方、復調器18は、無線受信部17から出力されたベースバンド信号に対して復調処理を行い、得られたデータパケットまたはACKパケットがFCS検査部19に入力される。FCS検査部19は、図17に示すデータパケットまたはACKパケットのFCS部を用いて正しく受信されたか否かを検出し、誤りが検出された場合は当該データパケットまたはACKパケットを破棄し、誤りが検出されなかった場合は当該データパケットまたはACKパケットをパケット選択部20へ出力する。

パケット選択部20は、入力されたデータパケットまたはACKパケットが自局に対して送信されたものか否かを識別する。すなわち、データパケットまたはACKパケットの宛先無線局IDが自局と一致するか否かを調べ、自局宛でないものは破棄し、自局宛てのものはフレームタイプをみてデータパケットかACKパケットかを区別する。自局宛てのデータパケットはヘッダ除去部21へ出力するとともに、自局宛てのデータパケットがユニキャストデータパケットの場合には、正常に受信したことをパケット送信制御部13に通知し、マルチキャストデータパケットの場合にはパケット送信制御部13への通知は行わない。また、自局宛てのACKパケットの場合には、その旨をパケット送信制御部13へ通知する。

ヘッダ除去部21は、パケット選択部20から出力されたデータパケットに付加されているヘッダ部分を除去し、受信データフレーム系列として出力する。

パケット送信制御部13は、パケット選択部20から自局宛てのユニキャストデータパケットを受信したことを通知された場合に、図17(2) に示すACKパケットを生成し、一定時間経過後に変調器14、無線送信部15およびアンテナ16を介して送信する。また、自局宛てのACKパケットを受信したことを通知された場合は、対応するデータパケットを送信バッファ12から削除して送信処理を完了する。
小電力データ通信システム/広帯域移動アクセスシステム(CSMA)標準規格、ARIB SDT−T71 1.0 版、(社)電波産業会、平成12年策定

従来の無線パケット通信システムにおいて、マルチキャストデータパケットを送信する場合には、図18に示すようにユニキャストデータパケットと同様に、マルチキャストデータパケットの送信に先立ってキャリアセンス(DIFS+CW)を行い、無線チャネルが空き状態の場合にマルチキャストデータパケットを送信する。マルチキャストデータパケットを受信した無線局は、自局宛てのマルチキャストデータパケットであれば受信処理を行い、自局宛てでなければ破棄する。

このようなマルチキャストデータパケットの通信方法では、マルチキャストデータパケットを1つ送信するたびに一定時間のキャリアセンスを行うので効率が悪く、スループットが劣化していた。また、マルチキャストデータパケットについては、正常に受信されなかった場合でも再送処理は行わず、そのまま損失となっていた。

なお、マルチキャストデータパケットの損失を低減する方法としては、ユニキャストデータパケットと同様に応答信号(ACKパケットまたはNACKパケット)を返信し、正常に受信されたかった場合に再送する処理が考えられる。しかし、マルチキャストデータパケットは、通常は複数の無線局宛てに送信されるので、応答信号も複数の無線局から送信されることになり、そのためにスループットが劣化する問題がある。

本発明は、マルチキャストデータパケットを効率よく送信し、さらにスループットを劣化させることなく再送処理を効率よく行うことができる無線パケット通信方法および無線局を提供することを目的とする。

請求項1に記載の無線パケット通信方法は、まずキャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する。一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、肯定応答(ACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信する。パラメータを含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、パラメータに従ってキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を送信無線局に送信する。送信無線局は、肯定応答(ACK)の正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する。

請求項2に記載の無線パケット通信方法は、まずキャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する。一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、否定応答(NACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信する。パラメータを含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、パラメータに従ってキャリアセンスを行い、送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を送信無線局に送信する。送信無線局は、否定応答(NACK)の非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する。

請求項3に記載の無線パケット通信方法は、まずキャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する。一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信する。時間TBAR を含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を送信無線局に送信する。送信無線局は、肯定応答(ACK)の正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する。

請求項4に記載の無線パケット通信方法は、まずキャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する。一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信する。時間TBAR を含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を送信無線局に送信する。送信無線局は、否定応答(NACK)の非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する。

ここで、一連のマルチキャストデータパケットのうち最初のパケットを送信してから制限時間を経過するまで、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信するようにしてもよい(請求項5)。また、一連のマルチキャストデータパケットのうち最初のパケットを送信してから送信パケット数が所定数に達するまで、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信するようにしてもよい(請求項6)。

請求項7に記載の無線局は、キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、肯定応答(ACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信する手段と、パラメータを含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信したときに、パラメータに従ってキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を送信無線局に送信する手段と、肯定応答(ACK)を受信したときに、その正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する手段とを備える。

請求項8に記載の無線局は、キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、否定応答(NACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信する手段と、パラメータを含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信したときに、パラメータに従ってキャリアセンスを行い、送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を送信無線局に送信する手段と、否定応答(NACK)を受信したときに、その非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する手段とを備える。

請求項9に記載の無線局は、キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信する手段と、時間TBAR を含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信したときに、時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を送信無線局に送信する手段と、肯定応答(ACK)を受信したときに、その正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する手段とを備える。

請求項10に記載の無線局は、キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信する手段と、時間TBAR を含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信したときに、時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を送信無線局に送信する手段と、否定応答(NACK)を受信したときに、その非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを送信手順に従って再送する手段とを備える。

ここで、一連のマルチキャストデータパケットのうち最初のパケットを送信してから制限時間を経過するまで、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段を備えてもよい(請求項11)。また、一連のマルチキャストデータパケットのうち最初のパケットを送信してから送信パケット数が所定数に達するまで、キャリアセンスをせずに同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段を備えてもよい(請求項12)。

本発明の無線パケット通信方法および無線局は、同一宛先のマルチキャストデータパケットの2つ目以降をキャリアセンスをせずに連続的に送信することにより、送信効率が向上し、スループットを高めることができる。さらに、複数のマルチキャストデータパケットを連続的に送信した後、各マルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)または否定応答(NACK)を要求し、ACKまたはNACKに応じて受信に失敗したマルチキャストデータパケットを再送することにより、スループットの低下を最小限に押さえながら、信頼性の高いマルチキャスト通信を行うことができる。

さらに、各受信無線局がACKまたはNACKを送信する際に用いるパラメータ(例えばコンテンションウインドウの値)を大きくしたり、ACKまたはNACKを送信する前にランダム時間だけ待機してキャリアセンスを開始することができ、ACKまたはNACKの衝突の確率を低減することができる。したがって、信頼性の高いマルチキャスト通信を行うことができる。

(送信手順の一例)
図1は、本発明の無線パケット通信方法における送信手順の一例を示す。図2は、マルチキャストデータパケットの送受信例を示す。ここでは、簡単のために送信無線局から送信されるマルチキャストデータパケットの宛先を受信無線局1および受信無線局2とする。

図1および図2において、通常のキャリアセンス(DIFS+CW)により無線チャネルが空き状態であることが検出されたならば、マルチキャストデータパケットを送信し(S0,S1)、その後にそのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファ内に存在するか否かを判断する(S2)。なお、同一宛先のマルチキャストデータパケットは、S1の時点ですでに送信バッファ内に存在していてもよいし、S1の送信中に送信バッファ内に入力されてもよい。ここで、同一宛先のマルチキャストデータパケットがなければ、マルチキャストデータパケットの送信処理を終了する(S3)。一方、同一宛先のマルチキャストデータパケットがあれば、それを送信した場合に最初のマルチキャストデータパケットを送信開始してから制限時間を超過するか否かを判断する(S4)。ここで、次のマルチキャストデータパケットを送信したときに制限時間を超過する場合には、それを送信せずにマルチキャストデータパケットの送信処理を終了し(S3)、次の送信機会を待つ。

次のマルチキャストデータパケットを送信したときに制限時間を超過しないことが分かった場合には、通常のキャリアセンスを省略しながら通常のキャリアセンス時間よりも短い時間(SIFS)だけ待機し(S5)、同一宛先のマルチキャストデータパケットを送信する(S6)。以上の処理を最初のマルチキャストデータパケットを送信してから制限時間経過するか、あるいは送信バッファ内に同一宛先のマルチキャストデータパケットがなくなるまで繰り返す。これにより、同一宛先のマルチキャストデータパケットについては、通常のキャリアセンス時間(DIFS+CW)より短い時間間隔(SIFS)で連続的に送信することができ、スループットを向上させることができる。なお、S4の処理は、例えば連続送信するパケット数を制限する条件を用いてもよい。

図2では、同一宛先のマルチキャストデータパケットが7個あり、制限時間内に、シーケンス番号1〜4のマルチキャストデータパケットを連続的に送信し、あらためてキャリアセンス後にシーケンス番号5〜7のマルチキャストデータパケットを連続的に送信する例を示している。

(第1の実施形態)
図3は、本発明の無線パケット通信方法の第1の実施形態を示す。(1) は送信無線局の処理手順を示し、(2) は受信無線局の処理手順を示す。図5は、第1の実施形態における送受信例を示す。ここでは、簡単のために送信無線局から送信されるマルチキャストデータパケットの宛先を受信無線局1および受信無線局2とする。

図3において、送信無線局は、同一宛先の複数のマルチキャストデータパケットが送信バッファにバッファリングされている場合に、図1の送信手順により、通常のキャリアセンス後に最初のマルチキャストデータパケットを送信し、その送信開始から制限時間経過するか、送信パケット数が所定数に達するか、あるいは送信バッファに同一宛先のマルチキャストデータパケットがなくなるまで、通常のキャリアセンス時間(DIFS+CW)より短い時間間隔(SIFS)で連続的に送信する処理を行う(S11)。このマルチキャストデータパケットには、図4(1) に示すように、宛先ごとに独立した送信順番を示すシーケンス番号が付加される。その後、各受信無線局に対して、連続送信したマルチキャストデータパケットの肯定応答(ACK)を要求するブロックACK要求信号(BAR:Block ACK Request)を送信する(S12)。

このとき、BARには、受信無線局がブロックACK(BA:Block ACK )を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータが格納される。このパラメータには、例えばBAを送信する前に選択するコンテンションウインドウ(CW)の乱数の範囲を示す値が用いられる。このCWの値は、例えばIEEE802.11a無線LANでは、1回目の送信で通常0〜15の値が選択されるが、ここでは例えば0〜127 から選択するように設定される。図4(2) にBARの構成例を示す。

各受信無線局は、それぞれ自局宛てのマルチキャストデータパケットを受信し(S21)、受信したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を記録する(S22)。その後、BARを受信するまでマルチキャストデータパケットの受信を繰り返す(S23、S21、S22))。ここで、BARを受信すると、正常に受信したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す「正常受信リスト」を含むBAを生成し(S24)、前記パラメータに従ったキャリアセンス後に送信無線局に対してBAを送信する(S25)。図4(3) にBAの構成例を示す。通常のACKパケットに正常受信リストが付加される。

送信無線局は、BARを送信してから所定時間経過するまで各受信無線局から送信されるBAを受信し(S13,S14)、BARを送信してから所定時間経過した後に、受信した各BAに記載された正常受信リストを調べ、全ての受信無線局で正常受信が確認されたマルチキャストデータパケットを送信バッファから削除し(S15)、マルチキャストデータパケットの送信処理を終了する(S16)。

図5では、シーケンス番号1〜4のマルチキャストデータパケットを連続的に送信し、続いてBARを送信する。このとき、受信無線局2ではシーケンス番号2,3のマルチキャストデータパケットの受信に失敗しており、正常受信リストにシーケンス番号1,4を記載したBAを送信無線局に送信する。一方、受信無線局1ではすべてのマルチキャストデータパケットを正常に受信しているので、正常受信リストにシーケンス番号1〜4を記載したBAを送信無線局に送信する。

ここで、BARにはCWの最大値として、通常の「15」に対して大きい「127 」を示すパラメータが格納される。受信無線局1ではこのパラメータに応じてCWの値として63を選択し、受信無線局2ではこのパラメータに応じてCWの値として3を選択する。したがって、各受信無線局からのBAの送信は、CWの値が小さい受信無線局2から先に行われる。すなわち、BAR受信後、DIFSおよびCW=3に相当する時間キャリアセンスが行われた後に受信無線局2がBAを送信し、その後DIFSおよびCW=60に相当する時間キャリアセンスが行われた後に受信無線局1がBAを送信する。このようにCWの最大値を大きくすることにより、BAが衝突する確率を低減することができる。

送信無線局では、この2つのBAによりシーケンス番号1,4のマルチキャストデータパケットは各受信無線局に正常に受信されたものとして送信バッファから削除する。したがって、次の送信の機会では、シーケンス番号2,3,5,6のマルチキャストデータパケットの再送および送信を行う。なお、受信無線局1では、すでに正常に受信しているシーケンス番号2,3のマルチキャストデータパケットを受信するが、それを破棄する。

また、例えば受信無線局1がキャリアセンス中に他の装置からの送信によるビジー状態を検出すると、BAの送信が待機状態になる。このように、受信無線局からBAの送信ができずに送信無線局でタイムアウトを起こすと(S14)、次のマルチキャストデータパケットの送信(再送)が行われ、ふたたびBARが受信されることになる。このとき、先に送信できなかったBAを破棄し、改めてBAを作成して送信する。

(第2の実施形態)
図6は、本発明の無線パケット通信方法の第2の実施形態を示す。(1) は送信無線局の処理手順を示し、(2) は受信無線局の処理手順を示す。図8は、第2の実施形態における送受信例を示す。ここでは、簡単のために送信無線局から送信されるマルチキャストデータパケットの宛先を受信無線局1,2,3とする。

図6において、送信無線局は、同一宛先の複数のマルチキャストデータパケットが送信バッファにバッファリングされている場合に、図1の送信手順により、通常のキャリアセンス後に最初のマルチキャストデータパケットを送信し、その送信開始から制限時間経過するか、送信パケット数が所定数に達するか、あるいは送信バッファに同一宛先のマルチキャストデータパケットがなくなるまで、通常のキャリアセンス時間(DIFS+CW)より短い時間間隔(SIFS)で連続的に送信する処理を行う(S31)。その後、各受信無線局に対して、連続送信したマルチキャストデータパケットの否定応答(NACK)を要求するブロックNACK要求信号(BNR:Block NACK Request) を送信する(S32)。このBNRには、送信無線局が送信したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す「送信リスト」が含まれる。

また、BNRには、受信無線局がブロックNACK(BN:Block NACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータが格納される。このパラメータには、例えばBNを送信する前に選択するコンテンションウインドウ(CW)の乱数の範囲を示す値が用いられる。このCWの値は、例えばIEEE802.11a無線LANでは、1回目の送信で通常0〜15の値が選択されるが、ここでは例えば0〜127 から選択するように設定される。図7(1) にBNRの構成例を示す。

各受信無線局は、それぞれ自局宛てのマルチキャストデータパケットを受信し(S41)、受信したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を記録する(S42)。その後、BNRを受信するまでマルチキャストデータパケットの受信を繰り返す(S43、S41、S42))。ここで、BNRを受信すると、送信リストから受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を判別し(S44)、それを示す「非受信リスト」を含むBNを生成し(S45)、前記パラメータに従ったキャリアセンス後に送信無線局に対してBNを送信する(S46)。図7(2) にBNの構成例を示す。また、送信リストのすべてのマルチキャストデータパケットを正常に受信できた無線局は、BNの送信は行わない。

送信無線局は、BNRを送信してから所定時間経過するまで各受信無線局から送信されるBNを受信し(S33,S34)、BNRを送信してから所定時間経過した後に、受信した各BNに記載された非受信リストを調べ、受信に失敗した無線局が確認されたマルチキャストデータパケットについて次の送信機会に再送するように設定し(S35)、さらにBNの非受信リストで通知されなかったマルチキャストデータパケットについては送信バッファから削除し(S36)、マルチキャストデータパケットの送信処理を終了する(S37)。

図7では、シーケンス番号1〜4のマルチキャストデータパケットを連続的に送信し、続いてシーケンス番号1〜4の送信リストを記載したBNRを送信する。このとき、受信無線局1ではシーケンス番号4のマルチキャストデータパケットの受信に失敗しており、非受信リストにシーケンス番号4を記載したBNを送信無線局に送信する。受信無線局2ではシーケンス番号2,3のマルチキャストデータパケットの受信に失敗しており、非受信リストにシーケンス番号2,3を記載したBNを送信無線局に送信する。一方、受信無線局3ではすべてのマルチキャストデータパケットを正常に受信しているので、BNの送信は行わない。

ここで、BNRにはCWの最大値として、通常の「15」に対して大きい「127 」を示すパラメータが格納される。受信無線局1ではこのパラメータに応じてCWの値として63を選択し、受信無線局2ではこのパラメータに応じてCWの値として3を選択する。したがって、各受信無線局からのBAの送信は、CWの値が小さい受信無線局2から先に行われる。すなわち、BNR受信後、DIFSおよびCW=3に相当する時間キャリアセンスが行われた後に受信無線局2がBNを送信し、その後DIFSおよびCW=60に相当する時間キャリアセンスが行われた後に受信無線局1がBNを送信する。このようにCWの最大値を大きくすることにより、BNが衝突する確率を低減することができる。

送信無線局では、この2つのBNによりシーケンス番号2,3,4のマルチキャストデータパケットの再送設定を行い、シーケンス番号1のマルチキャストデータパケットは各無線局に正常に受信されたものとして送信バッファから削除する。したがって、次の送信の機会では、シーケンス番号2,3,4,5のマルチキャストデータパケットの再送および送信を行う。なお、受信無線局1,2,3では、すでに正常に受信しているシーケンス番号のマルチキャストデータパケットを受信するが、それを破棄する。

また、例えば受信無線局1がキャリアセンス中に他の装置からの送信によるビジー状態を検出すると、BNの送信が待機状態になる。このように、受信無線局からBNの送信ができずに送信無線局でタイムアウトを起こすと(S34)、次のマルチキャストデータパケットの送信(再送)が行われ、ふたたびBNRが受信されることになる。このとき、先に送信できなかったBNを破棄し、改めてBNを作成して送信する。

(第3の実施形態)
図9は、本発明の無線パケット通信方法の第3の実施形態を示す。(1) は送信無線局の処理手順を示し、(2) は受信無線局の処理手順を示す。図11は、第3の実施形態における送受信例を示す。ここでは、簡単のために送信無線局から送信されるマルチキャストデータパケットの宛先を受信無線局1および受信無線局2とする。

図9において、送信無線局の処理手順は、受信無線局へ送信するBARに格納する情報が異なる他は、第1の実施形態と同様である。受信無線局の処理手順は、送信無線局へBAを送信する際の処理が異なる他は、第1の実施形態と同様である。

すなわち、BARには、送信無線局が次のマルチキャストデータパケットの送信までの時間TBAR が格納される(S51)。図10(1) にBARの構成例を示す。各受信無線局は、BARを受信すると、正常に受信したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す「正常受信リスト」を含むBAを生成し(S24)、時間TBAR 以内の所定のランダム時間を待機し、キャリアセンス後に送信無線局に対してBAを送信する(S61)。図10(2) にBAの構成例を示す。

図11では、シーケンス番号1〜4のマルチキャストデータパケットを連続的に送信し、続いてBARを送信する。このとき、受信無線局2ではシーケンス番号2,3のマルチキャストデータパケットの受信に失敗しており、正常受信リストにシーケンス番号1,4を記載したBAを送信無線局に送信する。一方、受信無線局1ではすべてのマルチキャストデータパケットを正常に受信しているので、正常受信リストにシーケンス番号1〜4を記載したBAを送信無線局に送信する。

ここで、BARには、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR が格納される。受信無線局1,2では、時間TBAR 以内の所定のランダム時間TBAR 1,TBAR 2を待機し、それぞれキャリアセンス後にBAを送信する。このように、通常のDIFS+CWのキャリアセンス時間の他に、受信無線局ごとにランダムな時間を待機することにより、BAが衝突する確率を低減することができる。その後の送信無線局および受信無線局の処理は第1の実施形態と同様である。

(第4の実施形態)
図12は、本発明の無線パケット通信方法の第4の実施形態を示す。(1) は送信無線局の処理手順を示し、(2) は受信無線局の処理手順を示す。図14は、第4の実施形態における送受信例を示す。ここでは、簡単のために送信無線局から送信されるマルチキャストデータパケットの宛先を受信無線局1,2,3とする。

図12において、送信無線局の処理手順は、受信無線局へ送信するBARに格納する情報が異なる他は、第2の実施形態と同様である。受信無線局の処理手順は、送信無線局へBNを送信する際の処理が異なる他は、第2の実施形態と同様である。

すなわち、BNRには、送信無線局が次のマルチキャストデータパケットの送信までの時間TBAR が格納される。図13(1) にBARの構成例を示す。各受信無線局は、BNRを受信すると、送信リストから受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す「非受信リスト」を含むBNを生成し(S45)、時間TBAR 以内の所定のランダム時間を待機し、キャリアセンス後に送信無線局に対してBNを送信する(S81)。図13(2) にBNの構成例を示す。また、送信リストのすべてのマルチキャストデータパケットを正常に受信できた無線局は、BNの送信は行わない。

図14では、シーケンス番号1〜4のマルチキャストデータパケットを連続的に送信し、続いてBNRを送信する。このとき、受信無線局1ではシーケンス番号4のマルチキャストデータパケットの受信に失敗しており、非受信リストにシーケンス番号4を記載したBNを送信無線局に送信する。受信無線局2ではシーケンス番号2,3のマルチキャストデータパケットの受信に失敗しており、非受信リストにシーケンス番号2,3を記載したBNを送信無線局に送信する。一方、受信無線局3ではすべてのマルチキャストデータパケットを正常に受信しているので、BNの送信は行わない。

ここで、BNRには、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR が格納される。受信無線局1,2では、時間TBAR 以内の所定のランダム時間TBAR 1,TBAR 2を待機し、それぞれキャリアセンス後にBNを送信する。このように、通常のDIFS+CWのキャリアセンス時間の他に、受信無線局ごとにランダムな時間を待機することにより、BNが衝突する確率を低減することができる。その後の送信無線局および受信無線局の処理は第2の実施形態と同様である。

(無線局の実施形態)
図15は、本発明の無線局の実施形態を示す。図において、無線局は、ヘッダ付加部11、送信バッファ12、パケット送信制御部31、変調器14、無線送信部15、アンテナ16、無線受信部17、復調器18、FCS検査部19、パケット選択部32、受信バッファ33、ヘッダ除去部34およびキャリア検出部22を備える。

ヘッダ付加部11には、送信データフレーム系列、送信マルチキャストデータフレーム系列が入力される。このマルチキャストデータフレーム系列は、1つあるいは複数のマルチキャストデータフレームで構成される。実際に扱うデータフレームとしては、例えばイーサネット(登録商標)フレームなどが想定される。ヘッダ付加部11は、マルチキャストデータフレームに対して宛先となる無線局のID情報や当該パケットのタイプを示すフィールド、宛先ごとに独立した送信順番を示すシーケンス番号、誤り検出のためのFCSを付加し、図4(1) に示すようなマルチキャストデータパケットを生成する。なお、宛先無線局IDによりユニキャストかマルチキャストの識別を行う。ヘッダ付加部11で生成されたマルチキャストデータパケットは、送信バッファ12に入力されてバッファリングされる。

一方、他の無線局が送信した無線信号は、アンテナ16を介して無線受信部17に入力される。無線受信部17は、入力された無線信号に対して周波数変換,フィルタリング,直交検波およびAD変換を含む受信処理を施し、受信処理されたベースバンド信号を復調器18へ出力する。なお、無線受信部17には、接続されたアンテナ16が送信のために使用されていない時に、無線チャネルにおける無線伝搬路上の無線信号が常時入力されており、無線チャネルの受信電界強度を表すRSSI信号がキャリア検出部22へ出力される。

キャリア検出部22は、RSSI信号が入力されると、その信号によって表される受信電界強度の値と予め設定した閾値とを比較する。そして、所定の期間中の受信電界強度が連続的に閾値よりも小さい状態が継続すると、無線チャネルが空き状態であると判定し、それ以外の場合には無線チャネルがビジーであると判定する。キャリア検出部22は、この判定結果をキャリア検出結果としてパケット送信制御部31へ出力する。

パケット送信制御部31は、キャリア検出結果に応じて無線チャネルが空き状態か否かを認識し、空き状態の場合に、送信バッファ12にバッファリングしているマルチキャストデータパケットを出力するように要求する。送信バッファ12は、この要求に応じて同一宛先のシーケンス番号順にマルチキャストデータパケットを取り出してパケット送信制御部13へ出力する。パケット送信制御部13は、送信バッファ12から出力されたマルチキャストデータパケットを制限時間に対応する数だけ順次変調器14へ出力し、最後にBARまたはBNRを変調器14へ出力する。変調器14は、そのマルチキャストデータパケットおよびBARまたはBNRに対して所定の変調処理を施して無線送信部15へ出力する。無線送信部15は、変調器14から出力された変調処理後のパケットに対して、DA変換,周波数変換,フィルタリング及び電力増幅を含む送信処理を施し、アンテナ16から無線パケットとして送信する。

一方、復調器18は、無線受信部17から出力されたベースバンド信号に対して復調処理を行い、得られたマルチキャストデータパケット,BAR,BNR,BAまたはBNがFCS検査部19に入力される。FCS検査部19は、図4、図7、図10、図13に示す各パケットのFCS部を用いて正しく受信されたか否かを検出し、誤りが検出された場合は当該パケットを破棄し、誤りが検出されなかった場合は当該パケットをパケット選択部32へ出力する。

パケット選択部32は、入力されたマルチキャストデータパケット,BAR,BNR,BAまたはBNが自局に対して送信されたものか否かを識別する。すなわち、各パケットの宛先無線局IDが自局と一致するか否かを調べ、自局宛でないものは破棄し、自局宛てのものはフレームタイプをみて各パケットを区別する。自局宛てのパケットがマルチキャストデータパケットの場合には、受信バッファ33にバッファリングするとともにそのシーケンス番号を記録する。また、自局宛てのBARまたはBNRの場合には、記録したシーケンス番号に基づいてBAまたはBNを生成し、パケット送信制御部31へ通知する。また、自局宛てのBAまたはBNの場合には、その旨をパケット送信制御部31へ通知する。

ヘッダ除去部34は、受信バッファ33から出力されたマルチキャストデータパケットに付加されているヘッダ部分を除去し、受信データフレーム系列として出力する。

パケット送信制御部31は、パケット選択部32からBAまたはBNを入力した場合に、上記の各実施形態に示した手順に従ったキャリアセンス後に、変調器14、無線送信部15およびアンテナ16を介して送信する。また、自局宛てのBAまたはBNによって再送が必要になったマルチキャストデータパケットについては送信バッファ12から取り出し、所定のキャリアセンス後に変調器14、無線送信部15およびアンテナ16を介して送信する。また、マルチキャストデータパケットが各無線局に正常に受信された場合は、対応するマルチキャストデータパケットを送信バッファ12から削除して送信処理を完了する。

なお、ユニキャストデータパケットについては、本構成例の無線局の構成において従来と同様に送受信処理が行われる。

本発明の無線パケット通信方法における送信手順の一例を示すフローチャート。 マルチキャストデータパケットの送受信例を示すタイムチャート。 本発明の無線パケット通信方法の第1の実施形態を示すフローチャート。 マルチキャストデータパケット、BAR、BAの構成を示す図。 第1の実施形態における送受信例を示すタイムチャート。 本発明の無線パケット通信方法の第2の実施形態を示すフローチャート。 BNR、BNの構成を示す図。 第2の実施形態における送受信例を示すタイムチャート。 本発明の無線パケット通信方法の第3の実施形態を示すフローチャート。 BAR、BAの構成を示す図。 第3の実施形態における送受信例を示すタイムチャート。 本発明の無線パケット通信方法の第4の実施形態を示すフローチャート。 BNR、BNの構成を示す図。 第4の実施形態における送受信例を示すタイムチャート。 本発明の無線局の実施形態を示す図。 従来の無線局の構成を示す図。 データパケット、ACKの構成を示す図。 従来の無線パケット通信システムの送受信例を示すタイムチャート。

符号の説明

11 ヘッダ付加部
12 送信バッファ
13,31 パケット送信制御部
14 変調器
15 無線送信部
16 アンテナ
17 無線受信部
18 復調器
19 FCS検査部
20,32 パケット選択部
21,34 ヘッダ除去部
22 キャリア検出部
33 受信バッファ

Claims (12)

  1. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線パケット通信方法において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信し、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、肯定応答(ACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信し、
    前記パラメータを含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、前記パラメータに従ってキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を前記送信無線局に送信し、
    前記送信無線局は、前記肯定応答(ACK)の正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する
    ことを特徴とする無線パケット通信方法。
  2. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線パケット通信方法において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信し、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、否定応答(NACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信し、
    前記パラメータを含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、前記パラメータに従ってキャリアセンスを行い、前記送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を前記送信無線局に送信し、
    前記送信無線局は、前記否定応答(NACK)の非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する
    ことを特徴とする無線パケット通信方法。
  3. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線パケット通信方法において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信し、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信し、
    前記時間TBAR を含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、前記時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を前記送信無線局に送信し、
    前記送信無線局は、前記肯定応答(ACK)の正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する
    ことを特徴とする無線パケット通信方法。
  4. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線パケット通信方法において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信し、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信した送信無線局は、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信し、
    前記時間TBAR を含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信した受信無線局は、前記時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、前記送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を前記送信無線局に送信し、
    前記送信無線局は、前記否定応答(NACK)の非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する
    ことを特徴とする無線パケット通信方法。
  5. 請求項1〜4のいずれかに記載の無線パケット通信方法において、
    前記一連のマルチキャストデータパケットのうち最初のパケットを送信してから制限時間を経過するまで、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信することを特徴とする無線パケット通信方法。
  6. 請求項1〜4のいずれかに記載の無線パケット通信方法において、
    前記一連のマルチキャストデータパケットのうち前記最初のパケットを送信してから送信パケット数が所定数に達するまで、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信することを特徴とする無線パケット通信方法。
  7. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線局において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、肯定応答(ACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信する手段と、
    前記パラメータを含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信したときに、前記パラメータに従ってキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を送信無線局に送信する手段と、
    前記肯定応答(ACK)を受信したときに、その正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する手段と
    を備えたことを特徴とする無線局。
  8. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線局において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、否定応答(NACK)を送信する際のキャリアセンスに用いるパラメータを含めて送信する手段と、
    前記パラメータを含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信したときに、前記パラメータに従ってキャリアセンスを行い、前記送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を送信無線局に送信する手段と、
    前記否定応答(NACK)を受信したときに、その非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する手段と
    を備えたことを特徴とする無線局。
  9. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線局において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す肯定応答(ACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信する手段と、
    前記時間TBAR を含む肯定応答(ACK)を要求する信号を受信したときに、前記時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、受信に成功したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す正常受信リストを含む肯定応答(ACK)を送信無線局に送信する手段と、
    前記肯定応答(ACK)を受信したときに、その正常受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する手段と
    を備えたことを特徴とする無線局。
  10. キャリアセンスによって空き状態と判定された無線チャネルを用いて、マルチキャストデータパケットを複数の無線局に同時に送信する無線局において、
    前記キャリアセンス後に1つのマルチキャストデータパケットを送信した後に、そのマルチキャストデータパケットと同一宛先のマルチキャストデータパケットが送信バッファに存在する場合に、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段と、
    一連のマルチキャストデータパケットを送信したときに、その宛先の受信無線局に対して、一連のマルチキャストデータパケットの受信の成否を示す否定応答(NACK)を要求する信号中に、次のマルチキャストデータパケットを送信するまでの時間TBAR を含めて送信する手段と、
    前記時間TBAR を含む否定応答(NACK)を要求する信号を受信したときに、前記時間TBAR 以内の所定のランダムな時間を待機してキャリアセンスを行い、前記送信リストにより受信に失敗したマルチキャストデータパケットのシーケンス番号を示す非受信リストを含む否定応答(NACK)を送信無線局に送信する手段と、
    前記否定応答(NACK)を受信したときに、その非受信リストにより正常に受信されなかったマルチキャストデータパケットを前記送信手順に従って再送する手段と
    を備えたことを特徴とする無線局。
  11. 請求項7〜10のいずれかに記載の無線局において、
    前記一連のマルチキャストデータパケットのうち最初のパケットを送信してから制限時間を経過するまで、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段を備えたことを特徴とする無線局。
  12. 請求項7〜10のいずれかに記載の無線局において、
    前記一連のマルチキャストデータパケットのうち前記最初のパケットを送信してから送信パケット数が所定数に達するまで、前記キャリアセンスをせずに前記同一宛先のマルチキャストデータパケットを順次送信する手段を備えたことを特徴とする無線局。
JP2004238619A 2004-08-18 2004-08-18 無線パケット通信方法および無線局 Withdrawn JP2006060408A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004238619A JP2006060408A (ja) 2004-08-18 2004-08-18 無線パケット通信方法および無線局

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004238619A JP2006060408A (ja) 2004-08-18 2004-08-18 無線パケット通信方法および無線局

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006060408A true JP2006060408A (ja) 2006-03-02

Family

ID=36107539

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004238619A Withdrawn JP2006060408A (ja) 2004-08-18 2004-08-18 無線パケット通信方法および無線局

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006060408A (ja)

Cited By (45)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009049704A (ja) * 2007-08-20 2009-03-05 Toshiba Corp 無線通信装置
JP2009206862A (ja) * 2008-02-28 2009-09-10 Hitachi Communication Technologies Ltd ネットワークシステムおよびマルチキャストパケットの伝送方法
US7669232B2 (en) 2006-04-24 2010-02-23 Ruckus Wireless, Inc. Dynamic authentication in secured wireless networks
WO2010061817A1 (ja) * 2008-11-27 2010-06-03 株式会社東芝 無線装置
WO2010087496A1 (ja) 2009-02-02 2010-08-05 パナソニック電工株式会社 ネットワークシステム
WO2010087495A1 (ja) 2009-02-02 2010-08-05 パナソニック電工株式会社 ネットワークシステム
JP2011526122A (ja) * 2008-06-26 2011-09-29 トムソン ライセンシングThomson Licensing 無線ローカル・エリア・ネットワークにおいてマルチキャスト・データの確認応答および再伝送を行う方法および装置
US8089949B2 (en) 2004-11-05 2012-01-03 Ruckus Wireless, Inc. Distributed access point for IP based communications
JP2013512628A (ja) * 2009-12-17 2013-04-11 インテル・コーポレーション ネットワークオーバーヘッドを低減しつつ一対多データ送信を円滑化する方法およびシステム
US8462686B2 (en) 2008-06-23 2013-06-11 Thomson Licensing Apparatus for collision mitigation of multicast transmissions in wireless networks
US8514763B2 (en) 2008-06-26 2013-08-20 Thomson Licensing Apparatus for requesting acknowledgement and transmitting acknowledgement of multicast data in wireless local area networks
US8553548B2 (en) 2008-06-23 2013-10-08 Thomson Licensing Collision mitigation for multicast transmission in wireless local area networks
JP2013546218A (ja) * 2010-10-01 2013-12-26 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ 無線ネットワークでデータパケットを負荷分散するデバイス及び方法
US8619662B2 (en) 2004-11-05 2013-12-31 Ruckus Wireless, Inc. Unicast to multicast conversion
JP2014501047A (ja) * 2010-10-01 2014-01-16 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ 無線ネットワークでデータパケット送信をスケジューリングするデバイス及び方法
US8638708B2 (en) 2004-11-05 2014-01-28 Ruckus Wireless, Inc. MAC based mapping in IP based communications
US8705383B2 (en) 2008-06-18 2014-04-22 Thomson Licensing Contention based medium reservation for multicast transmission in wireless local area networks
US8737281B2 (en) 2008-06-18 2014-05-27 Thomson Licensing Apparatus for multicast transmissions in wireless local area networks
US8836606B2 (en) 2005-06-24 2014-09-16 Ruckus Wireless, Inc. Coverage antenna apparatus with selectable horizontal and vertical polarization elements
US8860629B2 (en) 2004-08-18 2014-10-14 Ruckus Wireless, Inc. Dual band dual polarization antenna array
US8923265B2 (en) 2005-12-01 2014-12-30 Ruckus Wireless, Inc. On-demand services by wireless base station virtualization
US9019165B2 (en) 2004-08-18 2015-04-28 Ruckus Wireless, Inc. Antenna with selectable elements for use in wireless communications
US9071583B2 (en) 2006-04-24 2015-06-30 Ruckus Wireless, Inc. Provisioned configuration for automatic wireless connection
US9077071B2 (en) 2004-08-18 2015-07-07 Ruckus Wireless, Inc. Antenna with polarization diversity
US9092610B2 (en) 2012-04-04 2015-07-28 Ruckus Wireless, Inc. Key assignment for a brand
US9153876B2 (en) 2004-08-18 2015-10-06 Ruckus Wireless, Inc. Transmission and reception parameter control
US9226146B2 (en) 2012-02-09 2015-12-29 Ruckus Wireless, Inc. Dynamic PSK for hotspots
US9240868B2 (en) 2004-11-05 2016-01-19 Ruckus Wireless, Inc. Increasing reliable data throughput in a wireless network
US9270029B2 (en) 2005-01-21 2016-02-23 Ruckus Wireless, Inc. Pattern shaping of RF emission patterns
US9271327B2 (en) 2007-07-28 2016-02-23 Ruckus Wireless, Inc. Wireless network throughput enhancement through channel aware scheduling
US9344161B2 (en) 2004-12-09 2016-05-17 Ruckus Wireless, Inc. Coverage enhancement using dynamic antennas and virtual access points
US9379456B2 (en) 2004-11-22 2016-06-28 Ruckus Wireless, Inc. Antenna array
US9407012B2 (en) 2010-09-21 2016-08-02 Ruckus Wireless, Inc. Antenna with dual polarization and mountable antenna elements
US9419344B2 (en) 2009-05-12 2016-08-16 Ruckus Wireless, Inc. Mountable antenna elements for dual band antenna
JP2016540434A (ja) * 2013-11-27 2016-12-22 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated ワイヤレスネットワークにおけるマルチキャスト通信のためのシステムおよび方法
US9570799B2 (en) 2012-09-07 2017-02-14 Ruckus Wireless, Inc. Multiband monopole antenna apparatus with ground plane aperture
US9577346B2 (en) 2005-06-24 2017-02-21 Ruckus Wireless, Inc. Vertical multiple-input multiple-output wireless antennas
US9634403B2 (en) 2012-02-14 2017-04-25 Ruckus Wireless, Inc. Radio frequency emission pattern shaping
US9769655B2 (en) 2006-04-24 2017-09-19 Ruckus Wireless, Inc. Sharing security keys with headless devices
US9780813B2 (en) 2006-08-18 2017-10-03 Ruckus Wireless, Inc. Closed-loop automatic channel selection
US9792188B2 (en) 2011-05-01 2017-10-17 Ruckus Wireless, Inc. Remote cable access point reset
US9979626B2 (en) 2009-11-16 2018-05-22 Ruckus Wireless, Inc. Establishing a mesh network with wired and wireless links
US9999087B2 (en) 2009-11-16 2018-06-12 Ruckus Wireless, Inc. Determining role assignment in a hybrid mesh network
US10186750B2 (en) 2012-02-14 2019-01-22 Arris Enterprises Llc Radio frequency antenna array with spacing element
US10230161B2 (en) 2013-03-15 2019-03-12 Arris Enterprises Llc Low-band reflector for dual band directional antenna

Cited By (68)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9153876B2 (en) 2004-08-18 2015-10-06 Ruckus Wireless, Inc. Transmission and reception parameter control
US10181655B2 (en) 2004-08-18 2019-01-15 Arris Enterprises Llc Antenna with polarization diversity
US9837711B2 (en) 2004-08-18 2017-12-05 Ruckus Wireless, Inc. Antenna with selectable elements for use in wireless communications
US9019165B2 (en) 2004-08-18 2015-04-28 Ruckus Wireless, Inc. Antenna with selectable elements for use in wireless communications
US9077071B2 (en) 2004-08-18 2015-07-07 Ruckus Wireless, Inc. Antenna with polarization diversity
US9484638B2 (en) 2004-08-18 2016-11-01 Ruckus Wireless, Inc. Transmission and reception parameter control
US8860629B2 (en) 2004-08-18 2014-10-14 Ruckus Wireless, Inc. Dual band dual polarization antenna array
US8089949B2 (en) 2004-11-05 2012-01-03 Ruckus Wireless, Inc. Distributed access point for IP based communications
US9240868B2 (en) 2004-11-05 2016-01-19 Ruckus Wireless, Inc. Increasing reliable data throughput in a wireless network
US8619662B2 (en) 2004-11-05 2013-12-31 Ruckus Wireless, Inc. Unicast to multicast conversion
US9661475B2 (en) 2004-11-05 2017-05-23 Ruckus Wireless, Inc. Distributed access point for IP based communications
US9071942B2 (en) 2004-11-05 2015-06-30 Ruckus Wireless, Inc. MAC based mapping in IP based communications
US9066152B2 (en) 2004-11-05 2015-06-23 Ruckus Wireless, Inc. Distributed access point for IP based communications
US9019886B2 (en) 2004-11-05 2015-04-28 Ruckus Wireless, Inc. Unicast to multicast conversion
US9794758B2 (en) 2004-11-05 2017-10-17 Ruckus Wireless, Inc. Increasing reliable data throughput in a wireless network
US8638708B2 (en) 2004-11-05 2014-01-28 Ruckus Wireless, Inc. MAC based mapping in IP based communications
US9379456B2 (en) 2004-11-22 2016-06-28 Ruckus Wireless, Inc. Antenna array
US9093758B2 (en) 2004-12-09 2015-07-28 Ruckus Wireless, Inc. Coverage antenna apparatus with selectable horizontal and vertical polarization elements
US9344161B2 (en) 2004-12-09 2016-05-17 Ruckus Wireless, Inc. Coverage enhancement using dynamic antennas and virtual access points
US9270029B2 (en) 2005-01-21 2016-02-23 Ruckus Wireless, Inc. Pattern shaping of RF emission patterns
US10056693B2 (en) 2005-01-21 2018-08-21 Ruckus Wireless, Inc. Pattern shaping of RF emission patterns
US8836606B2 (en) 2005-06-24 2014-09-16 Ruckus Wireless, Inc. Coverage antenna apparatus with selectable horizontal and vertical polarization elements
US9577346B2 (en) 2005-06-24 2017-02-21 Ruckus Wireless, Inc. Vertical multiple-input multiple-output wireless antennas
US8923265B2 (en) 2005-12-01 2014-12-30 Ruckus Wireless, Inc. On-demand services by wireless base station virtualization
US9313798B2 (en) 2005-12-01 2016-04-12 Ruckus Wireless, Inc. On-demand services by wireless base station virtualization
US9131378B2 (en) 2006-04-24 2015-09-08 Ruckus Wireless, Inc. Dynamic authentication in secured wireless networks
US7669232B2 (en) 2006-04-24 2010-02-23 Ruckus Wireless, Inc. Dynamic authentication in secured wireless networks
US9769655B2 (en) 2006-04-24 2017-09-19 Ruckus Wireless, Inc. Sharing security keys with headless devices
US9071583B2 (en) 2006-04-24 2015-06-30 Ruckus Wireless, Inc. Provisioned configuration for automatic wireless connection
US9780813B2 (en) 2006-08-18 2017-10-03 Ruckus Wireless, Inc. Closed-loop automatic channel selection
US9674862B2 (en) 2007-07-28 2017-06-06 Ruckus Wireless, Inc. Wireless network throughput enhancement through channel aware scheduling
US9271327B2 (en) 2007-07-28 2016-02-23 Ruckus Wireless, Inc. Wireless network throughput enhancement through channel aware scheduling
JP2009049704A (ja) * 2007-08-20 2009-03-05 Toshiba Corp 無線通信装置
JP2009206862A (ja) * 2008-02-28 2009-09-10 Hitachi Communication Technologies Ltd ネットワークシステムおよびマルチキャストパケットの伝送方法
US8737281B2 (en) 2008-06-18 2014-05-27 Thomson Licensing Apparatus for multicast transmissions in wireless local area networks
US8705383B2 (en) 2008-06-18 2014-04-22 Thomson Licensing Contention based medium reservation for multicast transmission in wireless local area networks
US8462686B2 (en) 2008-06-23 2013-06-11 Thomson Licensing Apparatus for collision mitigation of multicast transmissions in wireless networks
US8553548B2 (en) 2008-06-23 2013-10-08 Thomson Licensing Collision mitigation for multicast transmission in wireless local area networks
JP2011526122A (ja) * 2008-06-26 2011-09-29 トムソン ライセンシングThomson Licensing 無線ローカル・エリア・ネットワークにおいてマルチキャスト・データの確認応答および再伝送を行う方法および装置
US8514763B2 (en) 2008-06-26 2013-08-20 Thomson Licensing Apparatus for requesting acknowledgement and transmitting acknowledgement of multicast data in wireless local area networks
US8472365B2 (en) 2008-06-26 2013-06-25 Thomson Licensing Method and system for acknowledgement and retransmission of multicast data in wireless local area networks
JP2010130280A (ja) * 2008-11-27 2010-06-10 Toshiba Corp 無線装置およびその制御方法
WO2010061817A1 (ja) * 2008-11-27 2010-06-03 株式会社東芝 無線装置
WO2010087495A1 (ja) 2009-02-02 2010-08-05 パナソニック電工株式会社 ネットワークシステム
WO2010087496A1 (ja) 2009-02-02 2010-08-05 パナソニック電工株式会社 ネットワークシステム
US8675676B2 (en) 2009-02-02 2014-03-18 Panasonic Corporation Network system
US8521847B2 (en) 2009-02-02 2013-08-27 Panasonic Corporation Network system for reducing probability of collisions between response signals
US9419344B2 (en) 2009-05-12 2016-08-16 Ruckus Wireless, Inc. Mountable antenna elements for dual band antenna
US10224621B2 (en) 2009-05-12 2019-03-05 Arris Enterprises Llc Mountable antenna elements for dual band antenna
US9979626B2 (en) 2009-11-16 2018-05-22 Ruckus Wireless, Inc. Establishing a mesh network with wired and wireless links
US9999087B2 (en) 2009-11-16 2018-06-12 Ruckus Wireless, Inc. Determining role assignment in a hybrid mesh network
JP2013512628A (ja) * 2009-12-17 2013-04-11 インテル・コーポレーション ネットワークオーバーヘッドを低減しつつ一対多データ送信を円滑化する方法およびシステム
US8977772B2 (en) 2009-12-17 2015-03-10 Intel Corporation Method and system for facilitating one-to-many data transmissions with reduced network overhead
US9407012B2 (en) 2010-09-21 2016-08-02 Ruckus Wireless, Inc. Antenna with dual polarization and mountable antenna elements
JP2014501047A (ja) * 2010-10-01 2014-01-16 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ 無線ネットワークでデータパケット送信をスケジューリングするデバイス及び方法
US9526030B2 (en) 2010-10-01 2016-12-20 Philips Lighting Holding B.V. Device and method for load balancing for data packet transmissions in wireless networks
US10397823B2 (en) 2010-10-01 2019-08-27 Signify Holding B.V. Device and method for scheduling data packet transmission in wireless networks
JP2013546218A (ja) * 2010-10-01 2013-12-26 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ 無線ネットワークでデータパケットを負荷分散するデバイス及び方法
US9792188B2 (en) 2011-05-01 2017-10-17 Ruckus Wireless, Inc. Remote cable access point reset
US9596605B2 (en) 2012-02-09 2017-03-14 Ruckus Wireless, Inc. Dynamic PSK for hotspots
US9226146B2 (en) 2012-02-09 2015-12-29 Ruckus Wireless, Inc. Dynamic PSK for hotspots
US9634403B2 (en) 2012-02-14 2017-04-25 Ruckus Wireless, Inc. Radio frequency emission pattern shaping
US10186750B2 (en) 2012-02-14 2019-01-22 Arris Enterprises Llc Radio frequency antenna array with spacing element
US10182350B2 (en) 2012-04-04 2019-01-15 Arris Enterprises Llc Key assignment for a brand
US9092610B2 (en) 2012-04-04 2015-07-28 Ruckus Wireless, Inc. Key assignment for a brand
US9570799B2 (en) 2012-09-07 2017-02-14 Ruckus Wireless, Inc. Multiband monopole antenna apparatus with ground plane aperture
US10230161B2 (en) 2013-03-15 2019-03-12 Arris Enterprises Llc Low-band reflector for dual band directional antenna
JP2016540434A (ja) * 2013-11-27 2016-12-22 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated ワイヤレスネットワークにおけるマルチキャスト通信のためのシステムおよび方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1889395B1 (en) Automatic repeat request (arq) protocol having multiple complementary feedback mechanisms
KR100993648B1 (ko) 송신 장치, 수신 장치, 정보 통신 방법
KR100584028B1 (ko) 멀티캐스트 신호의 전송 전력 제어 방법 및 이를 이용한기지국
ES2296966T3 (es) Metodo y transmision para una transferencia eficaz de datos por paquetes en un protocolo de transmision con peticiones de repeticion.
EP1649628B1 (en) Packet retransmission for mimo systems using mulipath transmission
EP2506494B1 (en) Collision mitigation for multicast transmission in wireless local area networks
JP5637988B2 (ja) 無線ローカル・エリア・ネットワークにおいてマルチキャスト・データの確認応答の要求および伝送を行う装置
CA2563733C (en) Method and system for providing autonomous retransmissions in a wireless communication system
CN101222299B (zh) 对数据分组进行中继的中继设备和方法
EP1704664B1 (en) Packet transmission method
US20060092871A1 (en) Communication method for wireless LANS
KR100894858B1 (ko) 충돌 검출 기능을 갖는 액세스 프로브 응답
US20090031185A1 (en) Hybrid arq systems and methods for packet-based networks
JP3962405B2 (ja) リンク・アダプテーション
US20050249244A1 (en) Packet format
US5884171A (en) Radio communication apparatus and method for preventing hidden terminals from interrupting communications
JP2007535845A (ja) 無線ネットワークにおけるパケットの連結
US20020181437A1 (en) Data link transmission control methods, mobile communication systems, data link transmission control apparatus, base stations, mobile stations, mobile station control programs, and computer-readable recording media
CN101686112B (zh) 分组数据发送方法及其使用该方法的移动通信系统
CN101068137B (zh) 在无线接入通信系统中使用自动重复请求的装置和方法
TWI469674B (zh) 用於媒體存取控制(mac)訊息可靠度之方法及設備
US20020114404A1 (en) Data transmission apparatus and data transmission method
US20070064668A1 (en) Method and apparatus for improving transmission delay of status report in a wireless communications system
US8281204B2 (en) Method and arrangement in a telecommunication system in which an acknowledgment message is fed back for a bundle of frames
JP5317235B2 (ja) 無線ローカル・エリア・ネットワークにおいてマルチキャスト・データの確認応答および再伝送を行う方法および装置

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20071106