JP2006046493A - 車輪用ころがり軸受 - Google Patents

車輪用ころがり軸受 Download PDF

Info

Publication number
JP2006046493A
JP2006046493A JP2004228329A JP2004228329A JP2006046493A JP 2006046493 A JP2006046493 A JP 2006046493A JP 2004228329 A JP2004228329 A JP 2004228329A JP 2004228329 A JP2004228329 A JP 2004228329A JP 2006046493 A JP2006046493 A JP 2006046493A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ring
peripheral
cylindrical
axial
bearing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2004228329A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Takahashi
明 高橋
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NSK Ltd
Original Assignee
NSK Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NSK Ltd filed Critical NSK Ltd
Priority to JP2004228329A priority Critical patent/JP2006046493A/ja
Publication of JP2006046493A publication Critical patent/JP2006046493A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/80Labyrinth sealings
    • F16C33/805Labyrinth sealings in addition to other sealings, e.g. dirt guards to protect sealings with sealing lips
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/22Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing rollers essentially of the same size in one or more circular rows, e.g. needle bearings
    • F16C19/34Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing rollers essentially of the same size in one or more circular rows, e.g. needle bearings for both radial and axial load
    • F16C19/38Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing rollers essentially of the same size in one or more circular rows, e.g. needle bearings for both radial and axial load with two or more rows of rollers
    • F16C19/383Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing rollers essentially of the same size in one or more circular rows, e.g. needle bearings for both radial and axial load with two or more rows of rollers with tapered rollers, i.e. rollers having essentially the shape of a truncated cone
    • F16C19/385Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing rollers essentially of the same size in one or more circular rows, e.g. needle bearings for both radial and axial load with two or more rows of rollers with tapered rollers, i.e. rollers having essentially the shape of a truncated cone with two rows, i.e. double-row tapered roller bearings
    • F16C19/386Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing rollers essentially of the same size in one or more circular rows, e.g. needle bearings for both radial and axial load with two or more rows of rollers with tapered rollers, i.e. rollers having essentially the shape of a truncated cone with two rows, i.e. double-row tapered roller bearings in O-arrangement
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles

Abstract

【課題】
本発明は、簡単な構造を有しながら、車輪への組立て時および修理時など、軸受を取り扱う際に、工具などと当ったり、走行中に跳ね石と衝突した場合などにも密封性を維持した車輪用ころがり軸受を提供する。
【解決手段】
密封シールの軸方向外側に保護板を密封シールと並列して設け、前記保護板を前記外輪または前記内輪の一方に取付け固定し、他方とはすきまを形成することにより課題の解決を図る。
また、すきまを軸方向および半径方向ラビリンスすきまにして課題の解決を図る。
また、さらに、前記密封シールはスリンガを有し、該スリンガに車速検知用エンコーダを固定するとともに、前記保護板を、非磁性材としたことにより、課題の解決を図る。
【選択図】 図1

Description

本発明は、自動車の車輪用軸受に関する。
従来、車輪用ころがり軸受Huzは、図9に示すように、軸受の両端部において、外輪1zと内輪2zの軸受空間を密封するために、密封シール4z、4zを取付けてある。
図9に示す形式の密封シール4zは、芯金41zと、芯金41zに接着した弾性部材42zと、弾性部材42zにアキシャルリップ421zとラジアルリップ422zとを一体に形成し、これらのリップをスリンガ43zに摺接させる構造となっているもので、広く使用されている。
そして、この形式の密封シールは、芯金41zを外輪1zの内周面1czに取付け、スリンガ43zを内輪2zの外周面2dzに取付けて密封シールを構成して、軸受空間を密封している。
しかし、この形式の密封シール4zを組み込んだ車輪用ころがり軸受Huzは、車輪への組付けおよび修理の取扱い時に工具が当たったり、自動車の走行中に跳ね石が当たるなどによりスリンガが変形したり破損したりする虞がある。この結果、密封シールの機能が低下し、軸受内への水などの浸入の原因となる。この密封シールの保護に関連して提案がある(例えば、特許文献1参照)。
米国特許出願公開第2003/0138175号明細書
しかしながら、特許文献1は、ころがり軸受に装着されているエンコーダの保護装置にかかわるものである。以下に、記載内容、符号および図面とを参照しながら説明する。外輪(5)と接触して配置されている固定支持部材(6)によりセンサー(17)を支持し、外輪(5)としまり嵌めされた固定リング(18)に取付けられた保護板(19)を、センサー(17)と内輪(4)に取付けられているエンコーダ(2)との間に、配置するものである。
上述のように、特許文献1は保護板(19)によってエンコーダ(2)を保護するものであるが、構造的に浸水防止に効果があるとしても、固定支持部材(6)、固定リング(18)など部品も多く使用され、構造も複雑である。
本発明は、このような点に鑑みなされたもので、本発明は、簡単な軸受の構造を有しながら、車輪への組立て時および修理時など、軸受を取り扱う際に、工具などと当ったり、走行中に跳ね石と衝突した場合などにも密封性を維持した車輪用ころがり軸受を提供することを目的としている。
上記の目的を達成するため、
外輪と、
内輪と、
前記外輪と前記内輪間に介装される転動体と、
前記外輪と前記内輪との間に形成される軸受空間を密封するための密封シールと、
からなる車輪用ころがり軸受において、
前記密封シールの軸方向外側に保護板を密封シールと並列して設け、前記保護板を前記外輪または前記内輪の一方に取付け固定し、他方とはすきまを形成するようにしたことを特徴とする車輪用ころがり軸受を提供する。
また、本発明の車輪用ころがり軸受においては、
前記すきまはラビリンスすきまであることが好ましい。
また、本発明は、
さらに、前記密封シールはスリンガを有し、該スリンガに車速検知用エンコーダを設けるとともに、前記保護板を、非磁性材としたことを特徴とする車輪用ころがり軸受を提供する。
本発明によれば、簡単な軸受構造を有しながら、車輪への組立て時および修理時等、軸受を取り扱う際に、工具などと当たる場合や、走行中に跳ね石と衝突した場合などにも、密封性を維持し、さらに密封性の向上をなす車輪用ころがり軸受を提供する事ができる。
以下、本発明の実施形態に係わる車輪用ころがり軸受を図面を参照しつつ説明する。
(実施形態1)
図1、図2によって本発明の実施形態1の車輪用ころがり軸受を説明する。
図1は本実施形態の車輪用ころがり軸受HuのX-X中心線より上側半分を示している断面図である。図2は図1の破線部Aの拡大図である。
車輪用ころがり軸受Huは複列の内周軌道1a、1aを有する外輪1と、内周軌道1a、1aに対向する外周軌道2a、2aをそれぞれ有する一対の内輪要素2a、2aと、車輪用ころがり軸受Huの両端部で外輪1と内輪要素2a、2aとの間の空間を密封する密封シール4、4と、密封シール4、4の軸方向外側で外輪1に取付けられた保護板7、7と、外輪1、内輪要素2a、2a間に介装されている2列のボール3、3と、2列のボール3、3を保持する保持器8、8とから構成されている。
外輪1は両端部内周の内周軌道1a、1aにそれぞれ連なる内周円筒面1c、1cを備えている。外輪1の両端部外周には端部11、11から中央に向かって所定の長さの段部12、12が設けられている(図2参照)。
内輪要素2a、2aは、外周軌道2a、2aに連設されている小径の終端部2c、2cで互いに突き当てられて、全体として一対の内輪要素2a、2aからなる複列の内輪2を形成している。内輪2は回転輪である。
保持器8、8はそれぞれ冠型保持器といわれるタイプで樹脂製で図1中、ころがり軸受の中央部からボール3、3を抱くように組み込まれ、ボール3、3を保持している。
本実施形態の車輪用ころがり軸受Huは軸方向の中心に対して左右対称であるので、右側の破線部Aの拡大図である図2を参照しながら、内輪要素2a、密封シール4、保護板7を詳しく説明する。
内輪要素2aの端部2eには、外周面2dに対し直角に半径方向内方に向けて連設され、軸方向に所定の幅をもった内輪環状段部2fが形成されている。内輪環状段部2fは半径方向内方に段部外周部2gが設けられている。
密封シール4は芯金41と芯金41に接着されているゴムなど弾性シール部材45と、該弾性シール部材45と当接して相手部材となるスリンガ60とによって構成されている。
密封シール4の芯金41は円筒部42と円筒部42に直角に半径方向内方に折り曲げられたつば部43を一体に有し、つば部43の内側面44に、弾性シール部材45が被覆され、該弾性シール部材45から複数のシールリップ45Lが突出している。
複数のシールリップ45Lには、弾性シール部材45の半径方向の略中央部から軸方向外方(図面右方)に向けて延在しているアキシャルリップ48と、アキシャルリップ48の半径方向内側(図2下方)で半径方向内方に向けて延在している第1ラジアルリップ50と、該第1ラジアルリップに隣接して軸受の内部側(図2左方)に形成されている第2ラジアルリップ51とからなっている。
芯金41はその円筒部42が外輪1の端部内周の円筒面1cに嵌合固定されている。嵌合はつば部43の外側面431をボール3(図2左方)に向けて取付けられている
スリンガ60は円筒面61と円筒面61に直角に半径方向外方に折り曲げられたフランジ部62を有していて、円筒面61は回転輪となる内輪要素2aの外周面2dに外嵌固定されている。フランジ部62の内側面63にはアキシャルリップ48が、そして円筒面61の外周面64には第1ラジアルリップ50および第2ラジアルリップ51とが摺接している。
このように芯金41に接着されている密封シール部材45とスリンガ60は、密封シール部材45に設けられているにアキシャルリップ48がスリンガ60の内側面63に所定のリップ圧力で当接するように、芯金41とスリンガ60はそれぞれ外輪内周の円筒面1cおよび内輪要素2aの外周面2dの所定の位置に固定されており、また、第1ラジアルリップ50と第2ラジアルリップ51もスリンガ60の円筒面61の外周面64とに所定のリップ圧力で当接するようになっている。また、スリンガ60のフランジ部62の外端部65は芯金41の円筒部42の内周面46と対向している。
保護板7は外周部70と内周部71と、外周部70と内周部71を連結し外周部70から半径方向内方に向けて直角に折り曲げられている連結部73とからなる環状体に形成されている。外周部70は所定の軸方向長さの外側円筒部72を有している。
次に、保護板7を軸受に取付けた状態を説明する。
保護板7の外側円筒部72は外輪1の両端部外周に設けられている段部12に嵌合固定される。この場合、保護板7の外側円筒部72の外径寸法は、ハウジング(図示略)への取付け上、外輪1の外径寸法と同一以下であることが必要である。
保護板7の連結部73は、外輪1と内輪要素2aの軸受空間部に取付けられている密封シール4の軸方向外側に密封シール4のスリンガ60と並列した位置に取付けられる。この場合、保護板7の内周部71は内輪の端部2eに形成されている内輪環状段部2fに収容されて、内輪環状段部2fおよび段部外周部2gとの間で軸方向並びに半径方向にラビリンスすきまJ、Rをそれぞれ形成する。この場合、連結部73は、保護板7を取付け後、内輪要素2aの端部2eに対して、面一以下になるように取付ける必要がある。
以上の構成によって、保護板は密封シール保護機能に加えて、ラビリンスすきまによるシール機能も奏する事が出来るので、密封性はさらに向上する。以下に説明する各変形例においても同様である。
また、スリンガ60のフランジ部62と保護板7との間の軸方向の寸法Sは、所定のすきま寸法となるように設定される。例えば、モーメント荷重下において、内輪と外輪に相対傾きが生じても接触しないようなすきま寸法が必要になる。
さらに、図3において実施形態1の変形例1を説明する。
保護板7は外周部70と内周部71と、外周部70と内周部71を連結し外周部70から半径方向内方に向けて直角に折り曲げられている連結部73とからなる環状体に形成されている。外周部70は所定の軸方向長さの外側円筒部72を有している。
保護板7の内周部71は、軸方向軸受中心側に、連結部73と直角に折り曲げられた内側円筒部74を形成している。
内輪要素2aの端部2eには、外周面2dに対し直角に半径方向内方に向けて連設され、軸方向に所定の幅の内輪環状段部2fが形成されている。さらに、内輪環状段部2fの半径方向内方に設けられた段部外周面2gに連設されて軸方向軸受中心に向けて環状の内輪円筒凹部2hが形成されている。内輪円筒凹部2hには底部2iが形成されている。
次に、保護板を軸受に取付けた状態を説明する。
保護板7の外側円筒部72は外輪1の両端部外周に設けられている段部12に嵌合固定される。この場合、保護板7の外側円筒面72の外径寸法は、外輪1の外径寸法と同一以下であることが必要である。
保護板7の連結部73は、外輪1と内輪要素2aの軸受空間部に取付けられている密封シール4の軸方向外側に並列して取付けられる。
さらに、保護板7の内周部71に連設されている内側円筒部711が、内輪環状段部2fに連設されている内輪円筒凹部2hに収容されて、内輪円筒凹部2hおよび底部2iとの間で、軸方向ラビリンスすきまJ、半径方向ラビリンスすきまRを形成するように取付けられている。内輪要素2aの端部2eに形成されている内輪環状段部2fと内周部71との間には軸方向ラビリンスすきまJが形成されている。したがって、本構成によって、軸方向に、J、Jおよび半径方向にRのラビリンスすきまを形成する。ラビリンスすきまの個所を増加させることにより浸水防止機能が向上する。
この場合、保護板7は、取付け後、内輪要素2aの端面2eに対して、面一以下になるように取付ける必要がある。
また、スリンガ60のフランジ部62と保護板7の間の軸方向の寸法Sは、実施形態1と同様に、所定のすきま寸法となるように設定される。
なお、図2に示す実施形態1と同一部位、同一符号については説明を省略する。
次に、図4において変形例2を説明する。
保護板7は外周部70と内周部71と外周部70と内周部71とを連結し、内周部71の半径方向外方に向けて直角に折り曲げられている連結部73とからなる環状体に形成されている。内周部71には軸受の軸方向中心側に向かって所定の軸方向長さの内側円筒部74が形成されている。
外輪1の端部11には、端部11に連設されて外輪1の端部内周の円筒面1cに対し、直角に半径方向外方に向けて連設され、軸方向に所定の幅をもった外輪環状段部12が形成されている。外輪環状段部12は、段部内周面13が設けられている。
内輪要素2aの端部2eには、外周面2dに対し、直角に半径方向内方に向けて連設され軸方向に所定の幅をもった内輪環状段部2fが形成されている。内輪環状段部2fの半径方向内方に段部外周面2gが設けられている。
内輪環状段部2fの段部外周面2gに連設されて軸方向軸受中心に向けて環状の内輪円筒凹部2hが形成されている。内輪円筒凹部2hには底部2iが設けられている。
次に、保護板7を軸受に取付けた状態を説明する。
保護板7の内側円筒部74は内輪環状段部2fの段部外周面2gおよび内輪円筒凹部2hに嵌合固定されている。この場合、段部外周面2gに連設されている内輪円筒凹部2hが設けられているので嵌合固定長さが長く採れ、固定が安定する。
保護板7の連結部73は、密封シール4の軸方向外側に並列して取付けられる。この変形例では、連結部73はスリンガ60のフランジ部62と密着している。そのため、フランジ部62は保護板7の変形に対する補強機能を兼ね備える。
保護板7の外周部70の外周縁76は、外輪環状段部12に収容され、外輪環状段部12および段部内周面13との間で軸方向並びに半径方向にラビリンスすきまJ、Rをそれぞれ形成する。この場合、保護板7は、取付け後、内輪要素2aの端面2eおよび外輪1の端部11に対して、面一以下になるように取付ける必要がある。
本変形例においては、保護板7が内輪要素2aに固定されているので、密封シール4の保護機能に加えて、内輪要素2aの回転に伴い水などの浸入を防ぐスリンガ機能も有し、特に、ラビリンスすきまJ、Rとの組み合わせで、浸水防止機能は向上する。
次に、変形例3を図5によって説明する。
保護板7は外周部70と内周部71と外周部70と内周部71とを連結し、内周部71の半径方向外方に向けて直角に折り曲げられている連結部73とからなる環状体に形成されている。内周部71には軸受の軸方向中心側に向かって所定の軸方向長さの内側円筒部74が形成されている。
保護板7の外周部70は、軸方向軸受中心側に向けて、連結部73と直角に折り曲げられた外側円筒部72を形成している。
外輪1の端部11には、端部11に連設され、外輪1の端部内周の円筒面1cに対し、直角に半径方向外方に向けて連設され、軸方向に所定の幅をもった外輪環状段部12が形成されている。外輪環状段部12は段部内周面13が形成されている。外輪環状段部12の段部内周面13に連設されて軸方向軸受中心に向けて環状の外輪円筒凹部131が形成されている。外輪円筒凹部131には底部132が形成されている。
保護板7の外側円筒部72が、外輪円筒凹部131に収容され、外輪円筒凹部131および底部132との間で、半径方向および軸方向のラビリンスすきまR、Jをそれぞれ形成するように取付けられている。
保護板7の連結部73は、密封シール4の軸方向外側に並列して取付けられる。この場合、連結部73はスリンガ60のフランジ部62と密着している。そのため、フランジ部62は保護板7の変形に対する補強機能を兼ね備える。
外輪の端部11に連設して形成されている外輪環状段部12と保護板7の外周部70との間で軸方向ラビリンスすきまJとを形成する。この場合、連結部73は、取付け後、内輪要素2aの端面2eおよび外輪の端部11に対して、面一以下になるように取付ける必要がある。
また、変形例2と同様に、本変形例においても、保護板7が内輪に固定されているので、密封シールの保護機能に加えて、水などの浸入を防ぐスリンガ機能も有し、特に、ラビリンスすきまの形成個所を増加させることにより、浸水防止機能は向上する。
なお、図4に示す変形例2と同一部位、同一符号については説明を省略する。
変形例2および変形例3においては、密封シール4のスリンガ60のフランジ部62と保護板7とを密着させて取付けたがこの両部材の間に所定のすきまを設けて取付けても良い。
次に変形例4を図6、図7によって説明する。
図6は本変形例の車輪用ころがり軸受のY−Y中心線より上側半分を示している断面図である。図7は図6の破線部Bの拡大図である。
車輪用ころがり軸受Huの内輪2は車両外端側に車輪(図示略)を取付けるためのハブフランジ21fと、軸方向中央部の外周面のうちハブフランジ側外周面21mに、直接形成されて第1軌道21aを有するハブ軸21と、ハブフランジ側外周面21mより段部21cを介して車両中心側端部に設けられた小径外周部21nに固定されている内輪要素2aからなっている。
内輪要素2aは小径外周部21nに外嵌された後、加締め部21kにより段部21cとの間で加締め固定されている。内輪要素2aの外周には第2軌道2aが形成されている。
外輪1はハブ軸21の第1軌道21aおよび内輪要素2aの第2軌道2aに対向する複列の内周軌道1a、1aを有している。外輪1の外周部には車体に取付けるフランジ1fが一体に設けられている。
外輪1の両端部には内輪2と外輪1との間の空間を密封する密封シール4a、4bが取付けられている。
ハブフランジ21f側の密封シール4bはハブフランジ21fが近接していて、跳ね石などの衝突が起きないので、本変形例の課題としては取り扱わない。本変形例においては、車両中心側に設けた密封シール4aに係わる。図6の破線部Bを示している図7を参照しながら本変形例を説明する。
密封シール4aは、外輪1の内周面に固定された芯金41と、芯金41に接着された弾性シール部材45と、内輪要素2aに固定されたスリンガ60から構成されており、弾性シール部材45は複数のリップ45Lを有している。スリンガ60のフランジ部62の軸方向外側には、エンコーダEnが設けられている。
保護板7は、内周部71及び外周部70に内側円筒部74及び外側円筒部72がそれぞれ形成されていて、これらの両円筒部74,72を連結している連結部73とからなっている。内側円筒部74は、内輪要素2aの端部2eに形成されている内輪環状段部2fの段部外周面2gに嵌合固定されている。
外輪1の外周部と端部11との間に外輪段部12が形成されていて、外側円筒部72は外輪段部12を覆い、かつ、この外輪段部12に収容され、外輪段部12と外側円筒部72とで軸方向及び半径方向ラビリンスすきまJ、Rを形成している。
また、外周部70と外輪の端部11との間で軸方向ラビリンスすきまJを形成している。連結部73はスリンガ60のフランジ部62に固定されている車速検知用エンコーダEnに密着している。エンコーダEn並びにスリンガ60は保護板7によって跳ね石の衝突から保護されている。本変形例における保護板7は保護板7の軸方向外方(図中、右方向)にエンコーダEnからの信号を検知するためのセンサーSn(図示略)を取付けるので非磁性鋼板材料から製作される。また、磁気透過性の点から、肉厚は、0.2から1mmが望ましい。
また、保護板7の連結部73がエンコーダEnと密着しているので、センサーSnとエンコーダEnとのエアギャップ寸法が小さくてすむので、速度検知精度がよい。
さらに、図8によって変形例5を説明する。
前述の実施形態1ならびに諸変形例が、転動体としてボールを使用していたが、本変形例は、円すいころを使用したものである。外輪1の複列の内周軌道1a、1aおよび前記外輪の内周軌道1a、1aに対応する内輪の第1の外周軌道21および第2の外周軌道2aは、転動体がボールである場合のR面ではなく、円錐ころに対応する円錐面の一部である。
この点において、前記変形例4とは異なるが、破線Cで示している要部の構成は図7で説明済であるから再度の説明は省略する。
なお、実施形態1及び各変形例において使用されている符号の中で、共通する符号は、同一の部位、部品を示している。
また、密封シールの形式としては、実施形態1および諸変形例の中で説明した形式に限定するものでなく、任意の形式を使用して本発明を実施することが出来る。
また、保護板の材料としては、泥水に晒される環境で使用されるため、不錆性の材料が望ましい。
本発明の実施形態1を示す断面図である。 図1の要部拡大図である。 図2に相当する変形例1の要部拡大図である。 図2に相当する変形例2の要部拡大図である。 図2に相当する変形例3の要部拡大図である。 変形例4を示す断面図である。 変形例4の要部拡大図である。 変形例5を示す断面図である。 従来の車輪用ころがり軸受の断面図を示す。
符号の説明
Hu:車輪用ころがり軸受
1:外輪
1a、1a:内周軌道
11:外輪の端部
12:外輪環状段部
13:段部内周面
131:外輪円筒凹部
1c:内周の円筒面
2:内輪
2a:内輪要素
21、2a:外周軌道
2e:内輪要素の端部
2f:内輪環状段部
2g:段部外周面
2h:内輪円筒凹部
3:ボール
3a:円すいころ
4、4a、4b:密封シール
41:芯金
45:弾性シール部材
45L:複数のシールリップ
60:スリンガ
62:スリンガのフランジ部
7:保護板
70:外周部
71:内周部
711:内側円筒部
72:外側円筒部
73:連結部
74:内側円筒部
76:外周縁
8:保持器
、J、J、J、J、J、J、J:軸方向ラビリンスすきま
、R、R、R、R:半径方向ラビリンスすきま

Claims (3)

  1. 外輪と、
    内輪と、
    前記外輪と前記内輪間に介装される転動体と、
    前記外輪と前記内輪との間に形成される軸受空間を密封するための密封シールと、
    からなる車輪用ころがり軸受において、
    前記密封シールの軸方向外側に保護板を密封シールと並列して設け、前記保護板を前記外輪または前記内輪の一方に取付け固定し、他方とはすきまを形成するようにしたことを特徴とする車輪用ころがり軸受。
  2. 前記すきまがラビリンスすきまであることを特徴とする請求項1に記載の車輪用ころがり軸受。
  3. さらに、前記密封シールはスリンガを有し、該スリンガに車速検知用エンコーダを設けるとともに、前記保護板を、非磁性材としたことを特徴とする請求項1および請求項2に記載の車輪用ころがり軸受。
JP2004228329A 2004-08-04 2004-08-04 車輪用ころがり軸受 Withdrawn JP2006046493A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004228329A JP2006046493A (ja) 2004-08-04 2004-08-04 車輪用ころがり軸受

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004228329A JP2006046493A (ja) 2004-08-04 2004-08-04 車輪用ころがり軸受

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006046493A true JP2006046493A (ja) 2006-02-16

Family

ID=36025299

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004228329A Withdrawn JP2006046493A (ja) 2004-08-04 2004-08-04 車輪用ころがり軸受

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006046493A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008232402A (ja) * 2007-03-23 2008-10-02 Jtekt Corp ハブユニット
JP2009036321A (ja) * 2007-08-02 2009-02-19 Jtekt Corp 車軸用軸受装置
JP2010019340A (ja) * 2008-07-10 2010-01-28 Jtekt Corp 車軸用軸受装置
JP2012211692A (ja) * 2011-03-24 2012-11-01 Ntn Corp 転がり軸受
JP2013053642A (ja) * 2011-09-01 2013-03-21 Nissan Motor Co Ltd 車輪用軸受
JP2013092213A (ja) * 2011-10-26 2013-05-16 Nsk Ltd 車輪用回転支持装置
FR3001509A1 (fr) * 2013-01-28 2014-08-01 Ntn Snr Roulements Palier a roulement notamment pour systeme d’entrainement en rotation d’une roue de vehicule automobile
JP2015113861A (ja) * 2013-12-09 2015-06-22 セイコーインスツル株式会社 軸受装置および情報記録再生装置
JP2016094982A (ja) * 2014-11-13 2016-05-26 株式会社ジェイテクト 旋回座軸受
CN106168257A (zh) * 2016-08-31 2016-11-30 苏州哥特机械有限公司 一种农机轮毂轴承单元用密封装置
JP2019049315A (ja) * 2017-09-11 2019-03-28 内山工業株式会社 シール装置

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008232402A (ja) * 2007-03-23 2008-10-02 Jtekt Corp ハブユニット
JP2009036321A (ja) * 2007-08-02 2009-02-19 Jtekt Corp 車軸用軸受装置
JP2010019340A (ja) * 2008-07-10 2010-01-28 Jtekt Corp 車軸用軸受装置
JP2012211692A (ja) * 2011-03-24 2012-11-01 Ntn Corp 転がり軸受
JP2013053642A (ja) * 2011-09-01 2013-03-21 Nissan Motor Co Ltd 車輪用軸受
JP2013092213A (ja) * 2011-10-26 2013-05-16 Nsk Ltd 車輪用回転支持装置
FR3001509A1 (fr) * 2013-01-28 2014-08-01 Ntn Snr Roulements Palier a roulement notamment pour systeme d’entrainement en rotation d’une roue de vehicule automobile
JP2015113861A (ja) * 2013-12-09 2015-06-22 セイコーインスツル株式会社 軸受装置および情報記録再生装置
JP2016094982A (ja) * 2014-11-13 2016-05-26 株式会社ジェイテクト 旋回座軸受
CN106168257A (zh) * 2016-08-31 2016-11-30 苏州哥特机械有限公司 一种农机轮毂轴承单元用密封装置
JP2019049315A (ja) * 2017-09-11 2019-03-28 内山工業株式会社 シール装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006046493A (ja) 車輪用ころがり軸受
JP5334287B2 (ja) ベアリングシール
JP5040469B2 (ja) 車輪支持装置の密封構造
JP4925397B2 (ja) 密封装置
EP1795788B1 (en) A bearing for a wheel of vehicle
JP4925398B2 (ja) 密封装置
JP5167710B2 (ja) ハブユニット軸受
WO2011118805A1 (ja) 車輪用軸受装置
JP4628049B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP4375790B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2005337446A (ja) 密封型転がり軸受
JP2005098387A (ja) センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP2010096217A (ja) 転がり軸受装置
JP2005299764A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2004332831A (ja) 車輪支持用転がり軸受ユニット
JP2005140187A (ja) センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP5023772B2 (ja) センサ付き車輪支持用軸受ユニット
JP5790109B2 (ja) 転がり軸受装置
JP4628395B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP6697932B2 (ja) 車輪用軸受装置
JP2007247718A (ja) ころがり軸受および密封シール部材
JP5202348B2 (ja) センサ付車輪用軸受装置
JP6671876B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
KR101751895B1 (ko) 엔코더 씨일 어셈블리, 및 이를 구비한 차량용 휠 베어링
JP2008267423A (ja) ベアリングシール

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Application deemed to be withdrawn because no request for examination was validly filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20071106