JP2006014365A - Base station apparatus of mobile communication system - Google Patents

Base station apparatus of mobile communication system Download PDF

Info

Publication number
JP2006014365A
JP2006014365A JP2005224768A JP2005224768A JP2006014365A JP 2006014365 A JP2006014365 A JP 2006014365A JP 2005224768 A JP2005224768 A JP 2005224768A JP 2005224768 A JP2005224768 A JP 2005224768A JP 2006014365 A JP2006014365 A JP 2006014365A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
phase
transmission
signal
channel
component
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2005224768A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akihiro Azuma
Junichiro Hagiwara
Hiroshi Kawakami
Hiromoto Morikawa
Takehiro Nakamura
Masatomo Nakano
Nobuhiro Nakano
Hiroshi Ono
Seizo Onoe
Motoi Tamura
武宏 中村
悦宏 中野
雅友 中野
公士 大野
誠蔵 尾上
博 川上
明洋 東
弘基 森川
基 田村
淳一郎 萩原
Original Assignee
Ntt Docomo Inc
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a base station device employing digital technology capable of performing high-speed communication optimal for performing CDMA communication with a mobile station and ATM transmission with a control station. <P>SOLUTION: A transmitter uses a short code and a long code to spread in-phase and quadrature components of a signal to be transmitted and transmits a signal wherein the in-phase and quadrature components are spread. In such a case, the in-phase and quadrature components of the signal to be transmitted are spread using long codes different for the in-phase and quadrature component. A receiver receives the spread signal and uses a short code and a long code to despread the in-phase and quadrature components of the received signal. In such a case, the in-phase and quadrature components of the received signal are despread using long codes different for the I component and the Q component. <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

本発明は、移動通信システムにおける基地局装置に関し、特に、CDMAを用いた高速デジタル通信により移動局と交信することができる基地局装置に関する。 The present invention relates to a base station apparatus in a mobile communication system, a base station apparatus capable of communicating with the mobile station by the high-speed digital communication using CDMA.

移動通信システムにおいて、無線基地局は、近年のデジタル通信技術の進歩により、CDMA等新しい通信方式とともに高速化されている。 In a mobile communication system, a radio base station, the recent advances in digital communications technology, which is faster with CDMA like new communication method. また、固定局側もデジタル化され、ATM網等の新しい交換網が使用されるようになってきている。 The fixed station side digitized, new switching network such as an ATM network has come to be used.

このような技術的進歩に対応した新しい基地局装置が求められている。 Such technological advances new base station apparatus corresponding to is required.

本発明は、移動局との間はCDMAにより通信し、制御局との間はATMにより伝送するのに最適な、高速通信ができるデジタル技術による新規な基地局を提供することである。 The present invention is between a mobile station communicates with CDMA, between the control station optimal for transmission by ATM, it is to provide a new base station with digital technology capable of high-speed communication.

本発明の第1の形態は、デジタル無線通信システムにおいて、一定周期毎に、既知のパイロット・シンボルを送信し、受信側では前記パイロット・シンボルを受信し、受信したパイロット・シンボルを用いて同期検波を行っており、前記周期的に送信されるパイロット・シンボル数が送信レートにより変えることを特徴とする。 First embodiment of the present invention, in a digital radio communication system, in a predetermined cycle, and transmits a known pilot symbols, the receiving side receives the pilot symbol, synchronous detection using a pilot symbol received the is done, the number of pilot symbols to be sent the cyclically, characterized in that the change by the transmission rate.

これにより、パイロット・シンボル数を少なくすることによる同期検波の精度の劣化と、パイロット・シンボル数を少なくすることによるオーバヘッドの増加とのトレードオフを最適化することができる。 This makes it possible to optimize the degradation of the synchronous detection accuracy by reducing the number of pilot symbols, the trade-off between overhead increase due to reduced number of pilot symbols.

本発明の第2の形態は、デジタル無線通信システムにおいて、送信側では、一定周期のスロット毎に、既知のパイロット・シンボルを送信し、複数の前記スロットによりフレームを構成し、受信側では、前記パイロット・シンボルを受信し、受信したパイロット・シンボルを用いて同期検波を行っており、前記パイロット・シンボルは、既知のパイロット・シンボル部とフレーム同期のための同期ワード部で構成されていることを特徴とする。 Second embodiment of the present invention, in a digital radio communication system, the transmitting side, for each of the constant period slots, transmits a known pilot symbol, and a frame of a plurality of said slots, on the reception side, the it receives pilot symbols, and performs synchronous detection using a pilot symbol received, the pilot symbol that is composed of a sync word portion for the known pilot symbol portion and frame synchronization and features.

前記パイロット・シンボル部とフレーム同期部とは、パイロット・シンボル内で固定長で交互に送信されることが可能である。 Wherein the pilot symbol portion and a frame synchronization unit, it can be transmitted alternately at fixed length in the pilot symbol. また、受信側は、前記既パイロット・シンボル部により同期検波をし、前記同期ワード部によりフレーム同期を取った後は、同期ワード部も同期検波に使用する。 The receiving side, the synchronous detection by the existing pilot symbol portion, after taking frame synchronization by the synchronization word section is used to be the synchronous detection sync word portion.

このように、同期ワードをパイロット・シンボルの1部とすることにより、同期処理のオーバヘッドの増加を防ぐことができる。 Thus, by the part of the pilot symbols to synchronization word, it is possible to prevent an increase in the synchronization overhead.

本発明の第3の形態は、デジタル無線通信を用いる移動通信システムにおいて、基地局から報知する情報を送信する複数の論理チャネルを1つの物理チャネルに対して行うマッピングを、各論理チャネルで送信するデータの変化頻度により変えることを特徴とする。 A third aspect of the present invention, in a mobile communication system using a digital radio communication, a mapping to perform multiple logical channels for transmitting information for informing the base station to one physical channel, is transmitted in each logical channel and wherein the changing the frequency of changes in data.

前記マッピングは、論理チャネルの出現頻度を変えて行うことができ、少なくとも1つの論理チャネルの位置を一定にすることもできる。 The mapping may be performed by changing the frequency of occurrence of logical channels may be a constant position of the at least one logical channel.

論理チャネルで報知される情報は、例えば、上り干渉電力量であり、また、隣接セルもしくは自セルの制御チャネル情報である。 Information broadcast by the logical channel, for example, a uplink interference power amount, also the control channel information of the adjacent cells or the own cells.

このように構成することにより、報知する情報の性質に応じた送信が可能となり、効率よく送信することができる。 With this arrangement, transmission is possible in accordance with the nature of the information to be broadcast, it is possible to efficiently transmit.

本発明の第4の形態は、デジタル無線通信を用いる移動通信システムにおいて、 A fourth aspect of the present invention, in a mobile communication system using a digital radio communication,
論理チャネルの処理単位であるユニットを構成する、物理チャネルの固定時間長の無線フレームの数を伝送レートにより変えることを特徴とする。 Configuring the unit is a processing unit of a logical channel, and wherein the changing the number of radio frames of a fixed time length of the physical channel by the transmission rate.

この構成とすることにより、誤り検出符号(CRC)の付与する単位を最適とすることが可能で、処理のオーバヘッドが少なくなる。 With this configuration, can be the optimum unit for imparting the error detection code (CRC), the processing overhead is reduced.

本発明の第5の形態は、CDMAを用いた移動通信システムにおいて、同相成分と直交成分とに対して、拡散符号として同じショート・コードと異なるロング・コードを用いることを特徴とする。 Fifth aspect of the present invention, in a mobile communication system using the CDMA, with respect to an in-phase component and a quadrature component, characterized by using a long code which is different from the same short code as the spreading code.

前記異なるロングコードは、位相をシフトしたコードとすることが可能である。 The different long code may be a code phase-shifted by.

この構成とすることにより、資源的に限りのあるショートコードを無用に消費する必要がなくなる。 With this configuration, unnecessarily it is not necessary to consume the short code with limited natural resources.

本発明の第6の形態は、デジタル無線通信を用いる移動通信システムにおいて、基地局から移動局への物理チャネルのフレーム送信タイミングは、同一基地局内のセクタ毎にランダムな時間分遅延していることを特徴とする。 Sixth aspect of the present invention, in a mobile communication system using a digital radio communication, the frame transmission timing of the physical channel to the mobile station from the base station, that are delayed random time period for each sector of the same base station the features.

さらに、個別物理チャネル毎に、呼設定時定められたランダムな時間分遅延させることも可能である。 Furthermore, for each dedicated physical channel, it is possible to random time delayed defined during call setup.

このように、ランダムに遅延させることにより、間欠的に送信される物理チャネルが存在する場合に干渉電力を時間的に一様に分布させることができ、信号同士の衝突が少なくなる。 Thus, by delaying at random, the interference power can be temporally uniformly distributed when the physical channel transmitted intermittently is present, a collision between signals is reduced.

本発明の第7の形態は、CDMAを用いた移動通信システムにおける、それぞれ異なる拡散コードを用いる複数の物理チャネルを用いて1つの移動局と通信を行うマルチコード伝送システムにおいて、前記複数の物理チャネル内の1つの物理チャネルで、パイロット・シンボルおよび送信電力制御コマンドを送信し、前記複数の物理チャネルをまとめて、同じパイロット・シンボルによる同期検波および同じ送信電力コマンドによる送信電力制御を行うことを特徴とする。 The seventh form of the present invention is, in the mobile communication system using CDMA, the multicode transmission system for communicating with one mobile station using a plurality of physical channels using different spreading codes, respectively, said plurality of physical channels in one physical channel of the, characterized in that transmitted the pilot symbols and transmission power control commands, collectively the plurality of physical channels, transmission power control is performed by the synchronous detection and the same transmission power commands with the same pilot symbol to.

前記1つの物理チャネルにおける、パイロット・シンボルおよび送信電力制御コマンドを送る部分の送信電力を、それ以外のデータ部分の送信電力より大きくする。 Wherein in one physical channel, the transmission power of the portion for sending the pilot symbols and transmission power control commands, larger than the transmission power of the other data portion of the. その大きさは、例えば、パイロット・シンボルおよび送信電力制御コマンドを送る部分の送信電力を、それ以外のデータ部分の送信電力のマルチコード数倍とする。 Its size, for example, the transmission power of the portion for sending the pilot symbols and transmission power control commands, and multi-code number times the transmission power of the other data portion of the.

また、CDMAを用いた移動通信システムにおける、複数の物理チャネルを用いて1つの移動局と通信を行うマルチコード伝送システムにおいて、前記複数の物理チャネルに対して同じパイロット・シンボルおよび同じ送信電力制御コマンドとし、前記複数の物理チャネルのパイロット・シンボルおよび送信電力制御コマンド部分のみ同じ拡散符号を用いて拡散して送信し、前記複数の物理チャネルをまとめて、同じパイロット・シンボルによる同期検波および同じ送信電力コマンドによる送信電力制御を行うことを特徴とする。 Further, in the mobile communication system using CDMA, the multicode transmission system for communicating with one mobile station using a plurality of physical channels, the same pilot symbols and the same transmission power control command to said plurality of physical channels and then, transmits spread using the same spreading code only pilot symbols and transmission power control command part of the plurality of physical channels, collectively the plurality of physical channels, synchronous detection and the same transmission power with the same pilot symbol and performing transmission power control according to the command.

このようにすると、効率よくマルチコード伝送を行うことができる。 In this way, it is possible to efficiently perform multi-code transmission.

本発明の第8の形態は、CDMAを用いた移動通信システムにおける送信電力制御システムにおいて、基地局は、基地局における同期が確立するまで所定のパタ−ンに従って送信電力制御を行い、基地局における同期が確立すると、移動局におけるSIR測定結果による送信電力コマンドを受信して、該送信電力コマンドによる送信電力制御するとともに、基地局におけるSIR測定結果による送信電力コマンドを送信し、移動局は、初期値からの送信電力制御を行うとともに、同期がとれた後は移動局におけるSIR測定結果による送信電力コマンドを送信することを特徴とする。 The eighth form of the present invention, in the transmission power control system in a mobile communication system using the CDMA, the base station, a predetermined pattern until synchronization is established at the base station - performs transmission in accordance with emission power control, the base station When synchronization is established, and receives the transmission power command according to the measured SIR at the mobile station, and transmits power control by the transmission power command, transmits a transmission power command according to the measured SIR in the base station, the mobile station, initial It performs transmission power control from the value, after the synchronization is established and transmits the transmission power command according to the measured SIR at the mobile station.

上記所定のパターンは、予め定めた値となるまで送信電力をで速く増加し、その後は緩やかに送信電力を増加するパターンであり、また、基地局において可変である。 The predetermined pattern increases rapidly out of the transmission power until the predetermined value, then a pattern increasing gradually the transmission power, also, is variable in the base station.

移動局における前記初期値は、基地局から送られるものを使用することも可能である。 The initial value at the mobile station, it is also possible to use what is sent from the base station.

また、基地局における同期が確立するまでの間に、予め定めた第2のパターンの送信電力コマンド列を送信し、移動局では、送られた送信電力制御コマンドにより送信電力を制御することもでき、前記第2のパターンの送信電力コマンド列は、基地局により可変とすることも可能である。 Moreover, until synchronization is established at the base station transmits a transmit power command sequence of the second pattern a predetermined, in the mobile station, the transmitted transmission power control command can also control the transmission power , transmit power command sequence of the second pattern can also be varied by the base station.

基地局における同期が確立するまでの間の移動局における送信電力制御を、移動局に予め定めたパターンとすることもできる。 The transmission power control in the mobile station until synchronization is established at the base station, may be a predetermined pattern to the mobile station.

このように、徐々に下り電力制御を増加するため、他の移動局との通信への影響が少ない。 Thus, to increase the downlink power control gradually, little effect on the communications with other mobile stations. また、2段階に分けているので、速く同期を確立することが可能となる。 Further, since the two steps, it is possible to quickly establish synchronization. 基地局主導で電力制御を行っているため、最適な制御パターンを選択することが可能となる。 Since the performing power control in the base station initiative, it is possible to select an optimum control pattern. 移動局で制御パターン固定とする場合は構成が簡単となる。 If the control pattern fixed in the mobile station configuration is simple.

本発明の第9の形態は、基地局と移動局との間で、パケット・デジタル無線通信を用いる移動通信システムにおいて、基地局は、使用する物理無線チャネルの切替を判別し、切り替える必要がある場合、基地局において、使用する物理無線チャネルを切り替え、前記制御は基地局と移動局間で行われ、基地局からの有線区間に対する接続制御は行われないことを特徴とする。 Ninth aspect of the present invention is between a base station and a mobile station in a mobile communication system using a packet digital radio communication, the base station determines the switching of the physical radio channel used, it is necessary to switch If, in the base station, switching the physical radio channels to be used, the control is performed between a base station and a mobile station, characterized in that the connection control with respect to the wire section from the base station is not performed.

前記切替は、基地局と移動局との間のトラフィック量に応じて行うことができる。 The switching may be carried out in accordance with the amount of traffic between the base station and the mobile station. また、前記使用する物理無線チャネルは、共通物理無線チャネルおよび複数の個別物理無線チャネルとすることもできる。 The physical radio channel the use can also be a common physical radio channel and a plurality of dedicated physical radio channels.

このように、本発明の切替制御は、基地局(BTS)のみで判断して切替制御を行っているので、有線区間(例えば、基地局と制御局(BSC)間)の切替制御を行わないので、切替制御における制御負荷を軽減することができるとともに、切替制御の高速化を図ることができる。 Thus, the switching control of the present invention, since the performing switching control to determine only the base station (BTS), does not perform switching control of the wire section (e.g., a base station and a control station (BSC) between) since, it is possible to reduce the control load in the switching control, it is possible to increase the speed of switching control.

1. 1. システム概要 System summary
1.1. W-CDMA無線基地局装置(BTS) 1.1. W-CDMA wireless base station device (BTS)
以下に詳しく説明するのは、W−CDMA(Wide Code devision Maltiple Access)により移動局と通信し、制御・交換局との間は、ATM(asynchronous transfermode)を用いて通信する本発明の無線基地局(BTS)である。 Is to explain in more detail below, W-CDMA to communicate with (Wide Code devision Maltiple Access) by the mobile station, between the control and switching center, ATM (asynchronous transfermode) radio base station of the present invention that communicates with a it is a (BTS).
1.2. 略語説明 本明細書において使用する略語の説明を表1に示す。 1.2. Table 1 shows the abbreviations of Abbreviations used herein described.

2. 2. 構造 Construction
2.1. 機能構成 基地局装置は図1に示すような構成である。 2.1. Functional Configuration base station apparatus is configured as shown in FIG. 図1のBTSとしているのが本発明の基地局装置の機能構成である。 That is the BTS of FIG. 1 is a functional configuration of a base station apparatus of the present invention. 以下の内容は機能の構成を示すもので、必ずしもハードウェア構成を限定するものではない。 The following content shows an arrangement of functional, do not necessarily limit the hardware configuration. 図1のMCCは基地局を制御する制御・交換装置を示している。 MCC in Figure 1 shows a control and switching device for controlling the base station.
2.2. 機能概要 表2に各部の機能概要を示す。 2.2. Shows a functional overview of the various parts to function Summary Table 2.

3. 3. 動作条件 Operating Conditions
3.1. 立ち上げ処理 3.1. Start-up process
*電源投入時、基地局装置は自律でリセットする。 * When the power is turned on, the base station device is reset in the autonomous.
* CPUリセット時にはROM内プログラムにより、以下の処理を行う。 * At the time the CPU is reset by ROM in the program performs the following processing.
(1) CPU内部チェック(2) AP(処理プログラム)の起動4. (1) Starting the CPU internal check (2) AP (processing program) 4. インタフェース条件 Interface conditions
4.1. 無線インタフェース 4.1. Wireless interface
4.1.1. 主要緒元 表3に移動局と基地局との間の無線インタフェースの主要諸元を示す。 4.1.1. Shows the radio interface of main specifications between the mobile station and the base station to the main Itoguchimoto Table 3.

4.1.2. 無線チャネル構成 4.1.2. Radio channel configuration
4.1.2.1. 論理チャネル構成 論理チャネル構成を図2に示す。 4.1.2.1. Figure 2 shows the logical channel structure logical channel configuration.
4.1.2.1.1. 報知チャネル1、2(BCCHl,BCCH2) 4.1.2.1.1. The broadcast channel 1,2 (BCCHl, BCCH2)
報知チャネル(BCCH)は、セル、もしくはセクタ毎のシステム的な制御情報を基地局から移動機に報知するための片方向チャネルである。 Broadcast channel (BCCH) is a one-way channel for notifying the mobile station cell, or a systematic control information for each sector from the base station. この報知チャネルにより、SFN(システム・フレーム番号:System Frame Number)、上り干渉電力量等の時間的に内容が変化する情報を伝送する。 This broadcast channel, SFN (System Frame Number: System Frame Number), and transmits the information temporally contents such as uplink interference power amount is changed.
4.1.2.1.2. ページング・チャネル(PCH) 4.1.2.1.2. Paging channel (PCH)
ページング・チャネル(PCH)は、基地局から移動局に対して、広いエリアに同一の情報を一斉に転送する片方向チャネルである。 Paging Channel (PCH) to the mobile station from the base station, is a one-way channel for transferring the same information all at once over a wide area. このチャネルはページングのために用いられる。 This channel is used for paging.
4.1.2.1.3. 下りアクセス・チャネル−ロング(FACH-L) . 4.1.2.1.3 down access channel - long (FACH-L)
このチャネルは、基地局から移動局に対して制御情報、もしくはユーザ・パケット・データを伝送するための片方向チャネルである。 This channel is a one-way channel for transmitting control information to the mobile station, or a user packet data from a base station. このチャネルは、移動局の在圏セルが網側で解っている場合に使用される。 This channel, the serving cell of the mobile station is used if you know the network side. このチャネルは比較的多量の情報量を伝送する場合に使用される。 This channel is relatively used to transmit large amounts of information volume.
4.1.2.1.4. 下りアクセス・チャネル−ショート(FACH-S) . 4.1.2.1.4 down access channel - short (FACH-S)
このチャネルは、基地局から移動局に対して制御情報、もしくはユーザ・パケット・データを伝送するための片方向チャネルである。 This channel is a one-way channel for transmitting control information to the mobile station, or a user packet data from a base station. このチャネルは、移動局の在圏セルが網側で解っている場合に使用される。 This channel, the serving cell of the mobile station is used if you know the network side. 比較的少量の情報量を伝送する場合に使用される。 It is used to transmit a relatively small amount of information amount.
4.1.2.1.5. ランダム・アクセス・チャネル−ロング(RACH-L) . 4.1.2.1.5 random access channel - long (RACH-L)
このチャネルは、移動局から基地局に対して制御情報もしくはユーザ・パケット・データを伝送するための片方向チャネルである。 This channel is a one-way channel for transmitting control information or user packet data from a mobile station to the base station. このチャネルは、移動局が在圏セルを解っている場合に使用される。 This channel is used when a mobile station knows the serving cell. 比較的多量の情報量を伝送する場合に使用される。 Used when relatively transmitting large amounts of information volume.
4.1.2.1.6. ランダム・アクセス・チャネル−ショート(RACH-S) . 4.1.2.1.6 random access channel - short (RACH-S)
このチャネルは、移動局から基地局に対して制御情報、もしくはユーザ・パケット・データを伝送するための片方向チャネルである。 This channel is a one-way channel for transmitting control information or user packet data from the mobile station to the base station. このチャネルは移動局が在圏セルを解っている場合に使用される。 This channel is used when the mobile station is known to the serving cell. このチャネルは比較的少量の情報量を伝送する場合に使用される。 This channel is used when transmitting a relatively small amount of information amount.
4.1.2.1.7. 孤立個別制御チャネル(SDCCH) 4.1.2.1.7. Isolated dedicated control channel (SDCCH)
このチャネルは、ポイント−ポイントの双方向チャネルであり、制御情報を伝送する。 This channel, point - a two-way channel of a point, to transmit control information. このチャネルは1物理チャネルを専有する。 This channel will occupy one physical channel.
4.1.2.1.8. 付随制御チャネル(ACCH) 4.1.2.1.8. Associated control channel (ACCH)
このチャネルは、ポイント−ポイントの双方向チャネルであり、制御情報を伝送する。 This channel, point - a two-way channel of a point, to transmit control information. このチャネルは、後述の個別トラヒック・チャネル(DTCH)に付随した制御チャネルである。 This channel is a control channel associated to the dedicated traffic channel will be described later (DTCH).
4.1.2.1.9. 個別トラヒック・チャネル(DTCH) 4.1.2.1.9. Dedicated traffic channel (DTCH)
このチャネルは、ポイント−ポイントの双方向チャネルであり、ユーザ情報を伝送する。 This channel, point - a two-way channel of a point, to transmit user information.
4.1.2.1.10. ユーザ・パケット・チャネル(UPCH) 4.1.2.1.10. The user packet channel (UPCH)
このチャネルは、ポイント−ポイントの双方向チャネルであり、ユーザ・パケット・データを伝送する。 This channel, point - a two-way channel of a point, transmitting user packet data.
4.1.2.2. 物理チャネル構成 図3に物理チャネル構成を示す。 4.1.2.2. The physical channel configuration diagram 3 showing a physical channel configuration. 表4に各物理チャネルの特徴を示す。 It shows the characteristics of each physical channel in Table 4.

4.1.2.2.1. とまり木チャネル とまり木チャネルは、移動局のセル選択のための受信レベル測定対象物理チャネルである。 4.1.2.2.1. Perch channel perch channel is received level measured physical channel for cell selection of the mobile station. さらに、このチャネルは、移動局の電源立ち上げ時に最初に捕捉する物理チャネルである。 Furthermore, the channel is a physical channel is first captured at the time of power-up of the mobile station. とまり木チャネルには、移動局での立ち上げ時のセル選択の高速化を図るため、システムで唯一のショートコードで拡散され、常時送信される第1とまり木チャネルと、下りロングコードと対応したショートコードで拡散され、一部のシンボル部分のみ送信される第2とまり木チャネルがある。 Perch the channel, in order to stand high-speed cell selection during raising of the mobile station, it is spread by only the short code system, a first perch channel transmitted at all times, short code corresponding downlink long codes in the spread, there is a second perch channel transmitted only part of the symbol portions. このチャネルは、基地局から移動局への片方向物理チャネルである。 This channel is a one-way physical channel from the base station to the mobile station.

第2とまり木チャネルで用いるショートコードは、他の物理チャネルで使用するショートコード体系とは異なる。 Short codes used in the second perch channel is different from the short code system used in the other physical channels.
4.1.2.2.2. 共通制御用物理チャネル このチャネルは、同一セクタに在圏する複数の移動局で競合使用される。 4.1.2.2.2. Common Control Physical Channel This channel is contention used by multiple mobile stations located in the same sector. 上りはランダム・アクセスである。 Up is a random-access.
4.1.2.2.3. 個別物理チャネル 個別物理チャネルは、移動局と基地局との間でポイント−ポイントに設定される。 . 4.1.2.2.3 dedicated physical channel dedicated physical channel is a point between a mobile station and a base station - is set to a point.
4.1.2.3. 物理チャネル信号フォーマット 全ての物理チャネルは、スーパーフレーム、無線フレーム、およびタイムスロットの3階層構成をとる。 4.1.2.3. The physical channel signal format all physical channels, superframes, taking the three hierarchical structure of the radio frame, and time slots. 物理チャネルおよびシンボル・レートに応じて無線フレームもしくはタイムスロットの構成(パイロット・シンボル数)が異なる。 Configuration of the radio frame or time slot in accordance with the physical channel and symbol rate (pilot symbol number) are different. 上り共通制御用物理チャネル以外の信号フォーマットを図4に示す。 Figure 4 shows the signal format other than the uplink common control physical channel.

シンボル・レートとパイロット・シンボル数との関係を図5および図6を用いて説明する。 It will be described with reference to FIGS. 5 and 6 the symbol rate and the relationship between the pilot symbol number.

図5および図6は、シンボル・レートに対する異なるパイロットシンボル数のシミュレーション結果を示す。 5 and 6 illustrate simulation results of the different number of pilot symbols for symbol rate. 図5および図6は、シンボル・レートの異なる物理チャネルでの結果であり、それぞれ、32ksps(Symbol Per Second)および128kspsの物理チャネルに関するシミュレーションの結果である。 5 and 6 is the result of a different physical channel of the symbol rate, respectively, 32ksps (Symbol Per Second) and simulation results for the physical channels of 128 ksps. 図5および図6において、横軸は1time slot(0.625msec)あたりに含まれるパイロットシンボル数である。 5 and 6, the horizontal axis is the number of pilot symbols contained in per 1time slot (0.625msec). 縦軸は所要Eb/Ioであり、所要品質を満たす状況における、誤り訂正後の1ビット当たりに必要な受信電力(Eb)と単位周波数帯域当たりの干渉電力(Io)との比(Eb/Io)である。 The vertical axis is the required Eb / Io, the situation satisfies the required quality, the ratio (Eb / Io of the interference power per unit frequency band and received power (Eb) required per bit after the error correction (Io) ) it is. Ebはトータルの受信電力量を誤り訂正後のビット数で除算した値であり、パイロット・シンボル等のオーバヘッドも受信電力の一部として考慮している。 Eb is a value obtained by dividing the received power amount of the total by the number of bits after the error correction is also considered overhead such as pilot symbols as part of the received power. Eb/Io値が小さいほど、小さい受信電力で所要品質を満たすことが可能となり、容量上有効である。 More eb / Io value is small, it is possible to satisfy the required quality with a small received power, it is effective on capacity. 所要品質は、32ksps物理チャネルが音声伝送用であることを考慮して、BER=10 -3 、128ksps物理チャネルはデータ伝送用であることを考慮して、BER=10 -6としている。 Required quality, considering that 32ksps physical channel is a voice transmission, BER = 10 -3, the 128ksps physical channels considering that it is for data transmission, and a BER = 10 -6. 電波伝搬条件は、両図で同一である。 Radio wave propagation conditions are identical in both figures.

どちらのシンボル・レートにおいても、パイロット・シンボル数を少なくすることによる同期検波の精度の劣化と、パイロット・シンボル数を増加させることによるオーバヘッドの増加とのトレードオフにより、容量を最大とすることができるパイロット・シンボル数の最適値が存在している。 In either symbol rate, and accuracy of the deterioration of the coherent detection by reducing the number of pilot symbols, the trade-off between overhead increase by increasing the number of pilot symbols, it is maximized capacity the optimum value of the pilot, the number of symbols that can be present. パイロット・シンボル数の最適値は、32kspsでは6、128kspsでは16となり、シンボル・レートに応じて異なっている。 Optimal value of the pilot symbol number, 6,128Ksps the next 16 in 32 ksps, are different depending on the symbol rate. 最適パイロット・シンボル数の全シンボル数に対する割合は、32kspsでは30%、128kspsでは20%であり、割合についてもシンボル・レートにより異なっている。 Percentage of the total number of symbols of the optimal pilot symbol number, the 32 ksps 30%, is 20% for 128 ksps, it differs by the symbol rate also for the percentage.

パイロット・シンボル数もしくはその割合をシンボル・レートによらず固定的に割り当てた場合には、いずれかのシンボル・レートにおいて容量を劣化させる。 If the allocated fixedly regardless the number of pilot symbols or the percentage symbol rate deteriorates the capacity in any of the symbol rate.

以上の通り、シンボル・レートに応じて、容量上最適なパイロット・シンボル数およびパイロット・シンボルの割合は異なるため、本発明においては図4に示した構成とした。 As described above, according to the symbol rate, since the ratio of the capacity on the optimal pilot symbol number and pilot symbols differ, in the present invention has the configuration shown in FIG.

上り共通制御用物理チャネルの無線フレームおよびタイムスロットの信号フォーマットを図7に示す。 The signal format of the uplink common control physical channel radio frames and time slots shown in FIG. 図中の数字はシンボル数を表す。 The numbers in the figure represents the number of symbols.
4.1.2.3.1. スーパーフレーム スーパーフレームは64無線フレームで構成され、後述のSFNをもとに決定される。 4.1.2.3.1. Superframe superframe consists of 64 radio frames is determined based on the SFN below.

スーパーフレームの先頭無線フレーム:SFN mod 64=0 Top radio frame of the super frame: SFN mod 64 = 0
スーパーフレームの末尾無線フレーム:SFN mod 64=63 End wireless frame of the super frame: SFN mod 64 = 63
4.1.2.3.2. パイロット・シンボルおよび同期ワード(SW) 4.1.2.3.2. The pilot symbols and synchronization word (SW)
*パイロット・シンボル・パターンを表5に示す。 * Indicates the pilot symbol pattern in Table 5. 表中の網かけ部分をフレーム同期のための同期ワード(sync word:SW)である。 Table in shading for the partial frame synchronization synchronization words: a (sync word SW). 同期ワード(SW)以外のパイロット・シンボルのシンボル・パターンは“11'である。 Symbol pattern of pilot symbol other than the synchronization word (SW) is "11 '.
*表5に示すように、パイロット・シンボルと同期ワードを一緒に送ることにより、オーバヘッドを少なくし、データの伝送効率を高めている。 * As shown in Table 5, by sending the pilot symbols and synchronization word together, to reduce the overhead, to enhance the data transmission efficiency. さらに、フレーム同期確立後においては、同期ワードの部分も既知の固定パターンとして扱うことができるので、同期ワードの部分も同期検波用のパイロット・シンボルとして使用することができ、同期検波の精度は何ら劣化しない。 Furthermore, after the frame synchronization establishment, it is possible to handle part of the synchronization word as a known fixed pattern, part of the synchronization word may also be used as a pilot symbol for synchronous detection, the accuracy of the synchronous detection is no It does not deteriorate.
*同期ワード(SW)とパイロット・シンボルとを一緒に送った場合における受信側の処理について、以下に説明する。 * The processing on the receiving side in the case of sending the synchronization word (SW) and together with pilot symbols, will be described below.

1. 1. まず、逆拡散処理を複数のタイミングで行い、相関値の最も大きい逆拡散タイミングを探索することで、チップ同期の捕捉を行う。 First, the despreading processing at a plurality of timings, by searching for the largest despreading timing of the correlation values, performing the acquisition of chip synchronization. 以後捕捉したタイミングで逆拡散処理を行う。 Performing despreading in subsequent captured timing.

2. 2. 固定パターンであるパイロット・シンボル(同期ワード(SW)以外のパイロット・シンボル)を用いて位相回転量を推定し、この推定値を用いて同期検波を行い、同期ワード(SW)の復調を行う。 To estimate the phase rotation amount by using the pilot symbol is a fixed pattern (pilot symbols other than the sync word (SW)), performs synchronous detection using the estimated value, demodulates the sync word (SW). この位相回転量の推定値を用いた復調方法については、特願平6−140569「同期検波装置」参照されたい。 For demodulation method using the estimated value of the phase rotation amount, Japanese Patent Application No. 6-140569 "synchronous detection device" see.

3. 3. 復調した同期ワード(SW)を用いてフレーム同期を確立する。 Establishing a frame synchronization by using the demodulated sync word (SW). 具体的には、復調した同期ワード(SW)のビット列が、所定のパターンとどの程度合致しているかを調べ、ビット誤り率を考慮した上でもっともらしいビット列であるかを判定する。 Specifically, it is determined whether the bit sequence of the synchronization word (SW) which is demodulated, examines how much matches the predetermined pattern is a plausible bit string in consideration of the bit error rate.

4. 4. フレーム同期を確立した後では、同期ワード(SW)のビット列は自明であるため、パイロット・シンボルである固定パターンと同等に扱える。 After establishing a frame synchronization, since bit sequence of the synchronization word (SW) is obvious, handled equivalent to the fixed pattern is a pilot symbol. この後では、同期ワード(SW)を含むすべてをパイロット・シンボルとして用いて、位相回転量を推定し、同期検波を行ってデータ部分の復調を行う。 After this, using all including the synchronization word (SW) as a pilot symbol, it estimates the amount of phase rotation, demodulates the data portion by performing synchronous detection.

*表5において、送出順序は左から右に向かって、“I',“Q'の順に送信する。 In * Table 5, transmission order is from left to right, "I send in the order of '," Q'.
*下り共通制御用物理チャネルにおいては、無線フレーム単位のバースト送信となりうる。 * In the downlink common control physical channel can be a burst transmission of a radio frame unit. バースト送信時には、バーストの最後尾にパイロット・シンボルが付加される。 During burst transmission, pilot symbols are added to the end of the burst. 付加されるパイロット・シンボルのシンボル数およびシンボル・パターンは、表5のスロット#1のパターンである。 The number of symbols and the symbol pattern The added pilot symbol is a pattern of slot # 1 of Table 5.
*上り共通制御用物理チャネルは1無線フレームで1バーストとなる。 * Uplink common control physical channel becomes 1 burst in one radio frame. よって1無線フレームの最後尾にパイロット・シンボルが付加される。 Therefore, the pilot symbol is added at the end of the first radio frame. 付加されるパイロット・シンボルのシンボル数およびシンボル・パターンは、表5のスロット#1のパターンである。 The number of symbols and the symbol pattern The added pilot symbol is a pattern of slot # 1 of Table 5.
4.1.2.3.3. TPCシンボル 送信電力制御(TPC)シンボル・パターンと送信電力制御量との関係を表6に示す。 4.1.2.3.3. Table 6 shows the relationship between the TPC symbol transmission power control (TPC) symbol patterns and transmission power control amount.

4.1.2.3.4. ロングコード・マスクシンボル 4.1.2.3.4. Long code mask symbol
*ロングコード・マスクシンボルはショートコードのみで拡散され、ロングコードは使用されない。 * Long code mask symbol is spread only by the short code, long code is not used.
*ロングコード・マスクシンボル以外のとまり木チャネルのシンボルは図20に示す階層化直交符号系列のショートコードを使用するが、ロングコード・マスクシンボルを拡散するショートコードは、符号長256の直交Gold符号を使用する。 * Symbols of the perch channels other than the long code mask symbol is to use the short code of the layered orthogonal code sequences shown in FIG. 20, the short code to spread the long code mask symbol, the orthogonal Gold code having a code length 256 use. 詳細は4.1.4.1.3にて述べる。 Details are described in 4.1.4.1.3.
*ロングコード・マスクシンボルは、第1および第2とまり木チャネルのみに1slotあたり1symbol含まれ、そのシンボル・パターンは“11”である。 * The long code mask symbol, only the first and second perch channels contained 1symbol per one slot, the symbol pattern is "11".
*とまり木チャネルでは、2つの拡散コードを使用し、それぞれでロングコード・マスクシンボルを送信する。 * The perch channels use two spreading codes, and transmits a long code masked symbol in each. 特に第2とまり木チャネルではロングコード・マスクシンボル部分のみ送信され、他のシンボルは送信されない。 Especially in the second perch channel is transmitted only long code mask symbol portion, the other symbols are not transmitted.
4.1.2.4. 論理チャネルの物理チャネル上へのマッピング 図8に物理チャネルと、マッピングされる論理チャネルとの対応を示す。 4.1.2.4. Shows the mapping Figure 8 onto a physical channel of logical channels and physical channels, the correspondence between a logical channel mapped.
4.1.2.4.1. とまり木チャネル 図9にとまり木チャネル上への論理チャネル・マッピング例を示す。 4.1.2.4.1. Shows the logical channel mapping example onto the perch channel perch channel 9.
* BCCH1とBCCH2のみがマッピングされる。 Only * BCCH1 and BCCH2 is mapped.
* BCCH1はスーパーフレームの先頭には必ずマッピングされる。 * BCCH1 is always mapped to the beginning of the super frame.
*スーパーフレーム先頭のBCCH1以外のマッピングについては、指定された構造情報に従い、BCCH1もしくはBCCH2がマッピングされる。 * For the mapping of non-BCCH1 of the first super-frame, in accordance with the specified structure information, BCCH1 or BCCH2 is mapped.
* BCCH1およびBCCH2は2無線フレームで1無線ユニットを構成するため、2×N無線フレーム連続して送信され、1つのレイヤ3メッセージを伝送する。 * For BCCH1 and BCCH2 are constituting one wireless unit by 2 radio frames are transmitted 2 × N radio frames sequentially, and transmits a single layer 3 message.
BCCH1およびBCCH2で伝送されるレイヤ3メッセージは、スーパーフレームをまたがらない。 Layer 3 messages transmitted BCCH1 and BCCH2 do not span a superframe.
* BCCH1およびBCCH2は、BTSで生成した、例えば、以下の情報を無線ユニット毎に送信する。 * BCCH1 and BCCH2 are generated by BTS, for example, it transmits the following information for each radio unit.
* SFN(System Frame Number) * SFN (System Frame Number)
*上り干渉電力量 上り干渉電力量は時間とともに伝送内容が変化する。 * Uplink interference power amount uplink interference power amount transmission contents change with time. 上り干渉電力量はBTSで測定した最新の測定結果である。 Uplink interference power amount is the newest measured result measured by BTS.
* BCCH1とBCCH2とは送る情報の性質が異なるようにすることができる。 * BCCH1 and BCCH2 can be different as the nature of the information to be transmitted is. 例えば、BCCH1は時間と共に変わらない情報を送り、BCCH2は時間と共に変わる情報を送るようにすることができる。 For example, BCCH1 sends information unchanged with time, BCCH2 can be to send the information that varies with time. この場合、BCCH1とBCCH2とは出現する頻度(送信する頻度)を変え、BCCH1は頻度を少なく、BCCH2は頻度を多くすると変化する情報を効率よく送ることができる。 In this case, changing the frequency (frequency to be transmitted) that appears to the BCCH1 and BCCH2, BCCH1 is less frequent, BCCH2 can send efficiently information changes to increase the frequency. このBCCH1とBCCH2の出現頻度は、情報の変化する頻度により決定することができる。 Frequency of occurrence of the BCCH1 and BCCH2 can be determined by frequency of changes in the information. また、BCCH1をスーパーフレーム中の所定の位置例えば先頭と真ん中の2カ所に配置して、他の位置には全てBCCH2を配置することもできる。 It is also possible to be placed in two positions predetermined position, for example the beginning and the middle of the super frame, to place all the other positions BCCH2 BCCH1. 時間とともに変化しない情報としては、例えば隣接セルもしくは自セルの制御チャネルのコード番号等がある。 The information that does not change with time, for example, a code number of the control channel of the neighboring cell or the host cell. 上述の上り干渉電力量は時間共に変化する情報である。 Uplink interference power amount mentioned above is information which changes both time.
*上述では2つの報知チャネル(BCCH1とBCCH2)を設ける例で説明しているが、3つ以上の報知チャネルを設けることもできる。 * In the above described in example providing two broadcast channel (BCCH1 and BCCH2), but may be provided three or more broadcast channels. これらの複数の報知チャネルをそれぞれ出現頻度を変えて送ることが可能である。 These multiple broadcast channel may be sent by changing the respective frequency.
4.1.2.4.2. 共通制御用物理チャネル 4.1.2.4.2. Common control physical channel
*下り共通制御用物理チャネルにはPCHとFACHのみがマッピングされる。 * The downlink common control physical channel only PCH and FACH are mapped. 上り共通制御用物理チャネルにはRACHがマッピングされる。 RACH is mapped to the uplink common control physical channel.
* 1下り共通制御用物理チャネルには、FACHもしくはPCHのどちらか一方のみがマッピングされる。 * The 1 downlink common control physical channel, only one of the FACH or PCH is mapped.
* 1下り共通制御用物理チャネル上にマッピングされる論理チャネルがPCH用かもしくはFACH用かは、設定された共通制御用物理チャネル毎に指定される。 * Logical channels mapped to one downlink common control physical on channel Whether for either or FACH for PCH, it is designated for each set common control physical channel.
* FACHがマッピングされる1つの下り共通制御用物理チャネルと、1つの上り共通制御用物理チャネルとがペアとして使用される。 * And one downlink common control physical channel FACH is mapped and one uplink common control physical channel is used as a pair. ペアの指定は拡散コードのペアとして指定される。 Specifying pair is designated as a pair of spreading codes. このペアの指定は物理チャネルとしての対応であり、FACHおよびRACHのサイズ(S/L)については対応を限定しない。 The designation of the pair is enabled as a physical channel, not to limit the support the size of FACH and RACH (S / L). 1移動局が受信するFACHと送信するRACHは、ペアである下り共通制御用物理チャネル上のFACHと上り共通制御用物理チャネル上のRACHを使用する。 1 RACH transmitted from the mobile station and FACH to be received, using the RACH on FACH and uplink common control physical channel on the downlink common control physical channel which is paired. また後述するBTSからの受信RACHに対するAck送信処理において、Ackは、受信RACHが伝送された上り共通制御用物理チャネルとペアである下り共通制御用物理チャネル上のFACH-Sで伝送される。 In Ack transmission processing for the received RACH from the BTS to be described later, Ack is received RACH is transmitted by the FACH-S on the downlink common control physical channels in the uplink common control physical channel pair that is transmitted.
4.1.2.4.2.1. 共通制御用物理チャネルへのPCHのマッピング方法 図10にPCHのマッピング方法を示す。 4.1.2.4.2.1. Indicating the mapping method for PCH mapping method Figure 10 PCH to the common control physical channel.
* PCHは1スーパーフレーム内で複数の群に分けられ、群毎にレイヤ3情報を伝送する。 * PCH is divided into a plurality of groups in one super frame, and transmits the layer 3 information for each group.
*群数は1共通制御用物理チャネルあたり256群である。 * Number of the group is 256 groups per common control physical channel.
* PCHの各群は4タイムスロット分の情報量を有し、2つの着信有無表示部(PD部)と4つの着信先ユーザ識別番号部(I部)の6情報部から構成される。 * Each group of PCH has an information amount of 4 time slots, and a 6 information of the two incoming existence display unit (PD unit) and four destination user identification number portions (I portions).
*各群において、PD部はI部に先立って送信される。 * In each group, PD portion is transmitted prior to the I unit.
*全ての群において、6つの情報部は24slotの範囲に所定のパターンで配置される。 * In all groups, the six information portions are arranged in a predetermined pattern range 24Slot. この24slotにわたるパターンを、4slotづつずらしながら複数の群を1つの共通制御用物理チャネル上に配置する。 The pattern over the 24Slot, arranging a plurality of groups on a common control physical channel while shifting by one four slots.
*スーパーフレームの先頭シンボルが、1群のPCHのPD部の先頭シンボルとなるように1群のPCHは配置される。 * The first symbol of the super frame, the PCH of the first group such that the first symbol of the PD portion of the first group PCH is disposed. 順次4タイムスロットづつずらしながら2群、3群、・・・と順次各群のPCHがPCH用無線フレーム内に配置される。 Successively four time slots one by shifting while the two groups, 3 groups, PCH sequential each group and ... are arranged in the radio frame for PCH.
*群番号の後尾の群については、スーパーフレームをまたがって配置される。 * For the tail group of the group number, it is placed across the super-frame.
4.1.2.4.2.2. 共通制御用物理チャネルへのFACHのマッピング方法 図11にFACHのマッピング例を示す。 4.1.2.4.2.2. Indicating an example of mapping FACH mapping method Figure 11 FACH to the common control physical channel.
* 1共通物理チャネル上の任意のFACH用無線フレームを、FACH-LもしくはFACH-Sのどちらの論理チャネルにも使用することが可能である。 * 1 Any radio frame for FACH on a common physical channel, it is possible to be used for either logical channels of FACH-L or FACH-S. 随時、送信要求の最も早かった方の論理チャネルがFACH用無線フレームで送信される。 From time to time, most early it was towards the logical channel transmission request is transmitted in a radio frame for FACH.
* FACHで伝送すべき情報長が所定値より長い場合にFACH-Lを用い、所定値以下の場合にFACH-Sを用いる。 * Information length to be sent on the FACH is used FACH-L is longer than a predetermined value, using the FACH-S in the case of less than a predetermined value.
* FACH-Sは、1つのFACH用無線フレームに4FACH-Sが時間多重されて伝送される。 * FACH-S is one 4FACH-S in the radio frame for FACH is transmitted is time-multiplexed.
* 1つのFACH-Sは4タイムスロットで構成され、1無線フレーム内に4タイムスロット間隔で配置される。 * One FACH-S consists of four time slots, are arranged in four time slot interval in one radio frame. さらに4個の各FACH-Sは1スロットづつずらしながら配置される。 Further four each FACH-S are arranged by shifting one by one slot. 4個のFACH-Sの使用するタイムスロットは以下の通りである。 Four time slots used for FACH-S is as follows.

第1FACH-S:第1、5、9、13タイムスロット 第2FACH-S:第2、6、10、14タイムスロット 第3FACH-S:第3、7、11、15タイムスロット 第4FACH-S:第4、8、12、16タイムスロット The 1FACH-S: No. 1, 5, 9, 13 time slot the first 2FACH-S: No. 2, 6, 10, 14 time slot the first 3FACH-S: No. 3, 7, 11, 15 time slot the first 4FACH-S: Chapter 4, 8, 12, 16 time slots
*送信要求の最も早かった論理チャネルがFACH-Sである場合、その時点でバッファに蓄積されている他のFACH-Sを、同一のFACH用無線フレーム内に最大4時間多重して伝送することができる。 * In the most early was logical channel transmission request is a FACH-S, the other FACH-S, which is stored in the buffer at that time, and transmits the up to four hours multiplexed in the same FACH for the radio frame can. その時点でFACH-Lも蓄積されており、FACH-Lの送信要求タイミングよりも遅れて送信要求の生じたFACH-Sについても、多重して伝送することができる。 Its FACH-L at the time is also stored, for the FACH-S that occur FACH-L transmission request timing transmission request even later than the can are multiplexed and transmitted.
*移動局は1つの共通制御用物理チャネル上の全てのFACH-Sと、FACH-Lとを同時に受信することが可能である。 * Mobile station is capable of receiving all of the FACH-S on a common control physical channel, and a FACH-L at the same time. 基地局から複数のFACH伝送用の共通制御用物理チャネルが送信される場合においても、移動局は1つの共通制御用物理チャネルを受信すればよい。 In the case where the common control physical channel of the plurality of FACH for transmission from the base station is also transmitted, the mobile station may be receiving a common control physical channel. 移動局は、複数のFACH伝送用の共通制御用物理チャネルのうちのどれを受信するかは、移動局とBTSとで整合をとる。 The mobile station, whether to receive which of the common control physical channel for the transmission plurality of FACH, matching between the mobile station and the BTS.
* FACH-Sには2モードの伝送フォーマットがある。 * The FACH-S there is a two-mode transmission format. 1つは指定されるレイヤ3以上の情報を伝送するフォーマット(レイヤ3伝送モード)である。 One is a format for transmitting a Layer 3 or more information designated (Layer 3 transmission mode). もう1つはRACHの受信に対するACKを伝送するフォーマット(ACKモード)である。 The other is a format (ACK mode) that transmits an ACK for reception of RACH.
* ACKモードのFACH-Sには最大7移動局に対するACKを搭載できる。 * The FACH-S in ACK mode can be mounted ACK for up to seven mobile stations.
* ACKモードのFACH-Sは必ず第1FACH-Sで伝送される。 * FACH-S in ACK mode is always transmitted at the 1FACH-S.
* ACKモードのFACH-Sは、送信要求タイミングが他のFACHよりも遅い場合においても、最優先で送信される。 * FACH-S in ACK mode, the transmission request timing even if slower than other FACH, is transmitted with the highest priority.
* FACH無線ユニットで伝送される上位の情報形態(CPS)の情報量が、複数のFACH無線ユニット分ある場合には、時間的に連続した送信が保証される。 * FACH information amount of the higher forms of information transmitted in the wireless unit (CPS) is, when a plurality of FACH radio units fraction is ensured temporally consecutive transmissions. 途中で他のCPSが割り込んで伝送されることはない。 Will not be transmitted interrupted by other CPS halfway. ACKモードFACH-Sは前述の通り最優先で伝送されるが、割り込んで伝送されることはない。 Although ACK mode FACH-S is transmitted in as described above priority, it is it is not to be interrupted by the transmission.
* 1つのCPSを複数FACH無線ユニットで伝送する場合には、FACH-LもしくはFACH-Sのどちらか一方のみ使用し、FACH-LとFACH-Sの双方を混在させて用いることはしない。 * One CPS when transmitting a plurality FACH radio units, uses only one of the FACH-L or FACH-S, are not be used by mixing both the FACH-L and FACH-S.
* 1つのCPSを複数のFACH-S無線ユニットを用いて連続的に伝送する場合、第nFACH-S無線ユニットに連続するのは第n+1FACH-S無線ユニットである。 * If the continuously transmitted using one CPS multiple FACH-S radio unit, for continuous to the nFACH-S radio unit is a first n + 1FACH-S radio unit. ただし第4FACH-S無線ユニットに連続するのは、第1FACH-S無線ユニットである。 However the to continuous to the 4FACH-S radio unit, a second 1FACH-S radio unit.
4.1.2.4.2.3. 共通制御用物理チャネルへのRACHのマッピング方法 4.1.2.4.2.3. Mapping method of the RACH to the common control physical channel
* RACH-Sは16kspsの上りの共通制御用物理チャネルにマッピングされる。 * RACH-S is mapped to a common control physical channel of the uplink 16Ksps.
RACH-Lは64kspsの上りの共通制御用物理チャネルにマッピングされる。 RACH-L is mapped to a common control physical channel of the uplink of 64ksps. RACH-S,RACH-Lともに1無線フレーム(10ms)で構成される。 RACH-S, composed of a RACH-L are both one radio frame (10 ms). ただし無線区間伝送時には無線フレームの最後尾に4シンボルのPilot symbolを付加して伝送される。 However at the time of radio section transmission is transmitted by adding a Pilot symbol of 4 symbols at the end of the radio frame.
*移動局はRACHを送信する際、RACH-LとRACH-Sとを伝送情報量に応じて自由に使用する。 * Mobile station when transmitting RACH, free to use in accordance with the RACH-L and RACH-S in amount of transmitted information.
*基地局はRACH-LもしくはRACH-Sを正常に受信した場合、移動局に対しFACHにてAckを送信する。 * The base station when receiving normally RACH-L or RACH-S, transmits the Ack to the mobile station at FACH. RACHとAckを送信するFACHとの対応は、同一のRL-IDを両チャネルに対し割り当てることで指定される。 Correspondence between FACH for transmitting the RACH and Ack are designated by assigning the same RL-ID to both the channels.
*移動局のRACHの送信フレームタイミングは、Ackを送信するFACHをマッピングする共通制御用物理チャネルのフレームタイミングに対し、所定のオフセットだけ遅延させたタイミングである。 * Transmission frame timing of the RACH of the mobile station relative to the frame timing of the common control physical channel mapping the FACH for transmitting the Ack, a timing delayed by a predetermined offset. オフセット値は16種類ある。 Offset value is 16 types. 移動局は複数種類のオフセットの内の1タイミングをランダムに選択し、RACHを送信できる。 The mobile station selects a timing of a plurality of types of offset randomly, can send RACH.
*基地局は、RACH-LとRACH-Sとを、全種類のオフセットタイミングで同時に受信する機能が必要である。 * The base station, and a RACH-L and RACH-S, it is necessary capability to simultaneously receive all types of offset timings.
4.1.2.4.3. 個別物理チャネル 4.1.2.4.3. Dedicated physical channel
* SDCCHとUPCHは、1個別物理チャネルを専有する。 * SDCCH and UPCH have the exclusive 1 dedicated physical channel.
* 32〜256kspsの個別物理チャネルについてはDTCHとACCHとは、時間多重してお互いに1個別チャネルを共有する。 * The dedicated physical channel 32~256ksps and the DTCH and ACCH, share a dedicated channel to each other by time multiplexing.
* 512kspsおよび1024kspsの個別物理チャネルについてはACCHは多重されず、DTCHのみで専有される。 * The dedicated physical channel 512ksps and 1024ksps the ACCH is not multiplexed, it is occupied only by the DTCH.
* DTCHとACCHとの時間多重は、タイムスロット毎に、タイムスロット内の論理チャネル用シンボルを分割して使用する。 * Time multiplexing of the DTCH and ACCH, for each time slot, used to divide the logical channel symbols in the time slot. 分割の割合は個別物理チャネルのシンボル・レート毎に異なる。 Ratio of division differs for each symbol rate of the dedicated physical channel. 図12に個別物理チャネルへのDTCHとACCHのマッピング方法を示す。 Figure 12 shows the mapping method of DTCH and ACCH to a dedicated physical channel.
* ACCHの無線ユニットを構成する無線フレーム数は、個別物理チャネルのシンボル・レートに応じて異なる。 * Number of radio frames constituting a radio unit of the ACCH varies depending on the symbol rate of the dedicated physical channel. ACCHの無線ユニットはスーパーフレームと同期して配置され、単数もしくは複数の無線フレーム中の全タイムスロットにわたり、タイムスロット数に合わせて分割し、配置される。 Radio unit of ACCH is arranged in synchronization with the super frame over all time slots in single or multiple radio frames, divided in accordance with the number of time slots, it is arranged. 図13に個別物理チャネルのスーパーフレームへのACCHのマッピング方法をシンボル・レート毎に示す。 Figure 13 shows the ACCH mapping method into the superframe dedicated physical channel for each symbol rate.
*シンボル・レート毎に無線ユニットを構成する無線フレーム数が異なるのは、無線ユニット単位で誤り検出符号(CRC)が付与されており、この単位で誤りの検出および訂正を行うので、1スーパーフレーム(64無線フレーム)に対する無線ユニットを多くすると誤り処理のオーバーヘッドが多くなるためである(ACCHのコーディング処理については、図72〜図74参照)。 * The number of radio frames constituting a radio unit for each symbol rate are different, and the error detection code (CRC) is applied in a wireless unit basis, since the error detection and correction in the unit, one superframe overhead is because increases in the error handling when many wireless unit for (64 radio frames) (the coding processing of the ACCH, see FIGS. 72 to FIG 74).
また、シンボル・レートが少ないのに、1スーパーフレームに対する無線ユニット数を多くすると、誤り検出符号の割合が高まり、実質的に送信される情報量が少なくなることも理由の1つである。 Further, although less symbol rate, 1 allowing a larger number of radio units for the superframe, increased the proportion of error detection code, which is one of the reasons that the amount of information to be transmitted substantially decreases.
*マルチコード伝送時においては、ACCH無線ユニットは物理チャネル間にまたがらず、特定の1コード(物理チャネル)のみで伝送される。 * In the multi-code transmission is, ACCH radio units not span across physical channels, it is transmitted in only one specific code (physical channel). 特定の1コードは指定されている。 One particular code is specified.
4.1.2.5. 論理チャネル・コーディング 図64ないし図84に、基地局(BTS)内で行われている各論理チャネルのコーディング処理を示す。 4.1.2.5. Shows the logical channel coding Figure 64 through Figure 84, the coding processing of each logical channel being undertaken within the base station (BTS).
4.1.2.5.1. 誤り検出符号(CRC) 4.1.2.5.1. Error detection code (CRC)
誤り検出符号(CRC)は、CPSPDU(common part sublayer protocol data unit)、内符号化単位もしくは選択合成単位毎に付加される。 Error detection code (CRC) is, CPSPDU (common part sublayer protocol data unit), it is added to each inner coding unit or selective synthesis unit.
4.1.2.5.1.1. 生成多項式(1)16bit CRC 4.1.2.5.1.1. Generator polynomial (1) 16bit CRC
*適用先:DTCHとPCHを除く全論理チャネルのCPSPDU、全シンボルレートのUPCHの内符号化単位、32kspsDTCHの選択合成単位、SDCCH,FACH-S/L,RACH-S/Lの内符号化単位 * Applies to: for all logical channels except for DTCH and PCH CPSPDU, inner coding units of UPCH of all symbol rates, 32KspsDTCH selection synthesis unit, SDCCH, FACH-S / L , the inner coding units of RACH-S / L
*生成多項式:GCRC16(X)=X 16 +X 12 +X 5 +1 * Generator polynomial: GCRC16 (X) = X 16 + X 12 + X 5 +1
(2)14bit CRC (2) 14bit CRC
*適用先:全シンボル・レートのACCH * Applies to: of all the symbol rate ACCH
*生成多項式:GCRC14 (X)=X 14 +X 13 +X 5 +X 3 +X 2 +1 * Generator polynomial: GCRC14 (X) = X 14 + X 13 + X 5 + X 3 + X 2 +1
(3)13bit CRC (3) 13bit CRC
*適用先:64/128/256kspsDTCHの選択合成単位 * Applies to: 64/128 / 256kspsDTCH of the selection synthesis unit
*生成多項式: * Generator polynomial:
GCRC13(X)=X 13 +X 12 +X 7 +X 6 +X 5 +X 4 +X 2 +1 GCRC13 (X) = X 13 + X 12 + X 7 + X 6 + X 5 + X 4 + X 2 +1
(4)8bit CRC (4) 8bit CRC
*適用先:PCHのCPSPDU * Applies to: PCH CPSPDU of
*生成多項式:GCRC8(X)=X 8 +X 7 +X 2 +1 * Generator polynomial: GCRC8 (X) = X 8 + X 7 + X 2 +1
4.1.2.5.1.2. CRC演算適用範囲 4.1.2.5.1.2. CRC calculation application range
* CPSPDU毎CRC:CPSPDU全体 * CPSPDU each CRC: CPSPDU whole
* ACCH・DTCH選択合成単位毎CRC:テールビットを除く全体。 * ACCH · DTCH selected synthesis units each CRC: whole except for the tail bit.
* SDCCH,FACH,RACH,UPCH内符号化単位毎CRC:テールビットを除く全体。 * SDCCH, FACH, RACH, UPCH the coding unit for each CRC: whole body except tail bits.
*図64ないし図84にCRC演算適用範囲およびCRC bitを網掛けして示す。 * In FIG. 64 through FIG. 84 shows by hatching the CRC calculation application range and CRC bit.
4.1.2.5.1.3. CRC check結果用途 4.1.2.5.1.3. CRC check result applications
* CPSPDU毎CRC:上位レイヤの再送プロトコル(SSc0p,レイヤ3再送)での再送要否判断 * CPSPDU for each CRC: higher layer retransmission protocols (SSc0p, Layer 3 retransmission) retransmission necessity determination in
* ACCH・DTCH選択合成単位毎CRC:(i)外側ループ(outer-loop)送信電力制御、(ii)選択合成用信頼度情報 * ACCH · DTCH selection combining unit basis CRC: (i) outer loop (outer-loop) power control, (ii) reliability information for selective combining
* UPCH内符号化単位毎CRC:outer-loop送信電力制御 * UPCH the coding unit for each CRC: outer-loop transmission power control
* RACHの内符号化単位:レイヤ1再送 * RACH of the inner coding unit: Layer 1 retransmission
* SDCCHの内符号化単位:(i)outer-loop送信電力制御、(ii)有線伝送の必要性判定 * The inner coding units of SDCCH: (i) outer-loop transmission power control, (ii) requires determination of cable transmission
4.1.2.5.1.4. CRC初期化 4.1.2.5.1.4. CRC initialization
* CRC演算器の初期値は“all 0'である。 * The initial value of the CRC calculator is "all 0 '.
4.1.2.5.2. PAD 4.1.2.5.2. PAD
*適用先:DTCH以外の論理チャネルのCPSPDU * Applies to: CPSPDU of logical channels other than DTCH
* PADは、CPSPDUの長さを内符号化単位長もしくは選択合成単位長の整数倍にするために使用される。 * PAD is used to be an integer multiple of the internal encoding unit length or selection combining unit length the length of the CPSPDU.
* 1oct単位でCPSPDU内に含まれる。 * Included in the CPSPDU in 1oct unit.
* PADのビットはALL'0'である。 * Bit of PAD is ALL'0 '.
4.1.2.5.3. Length(長さ) 4.1.2.5.3. Length (length)
*適用先:DTCH以外の論理チャネルのCPSPDU * Applies to: CPSPDU of logical channels other than DTCH
*長さは、CPSPDU単位内でのPaddingの情報量(オクテット数)を示す。 * Length shows the amount of information Padding in the CPSPDU units (number of octets).
4.1.2.5.4. Wbit 4.1.2.5.4. Wbit
*内符号化単位毎(ACCHは選択合成単位毎)に、CPSPDUの先頭、継続、終了を示す。 * The inner coding units each (ACCH is per unit selection synthesis), shows the head of the CPSPDU, continuing the termination. Wbitのビットパターンと指定内容との対応を表7に示す。 The correspondence between bit patterns and the specified content of Wbit shown in Table 7. 使用方法例を図14に示す。 Usage example shown in FIG. 14.
* Wbitを用いたCPSPDUの組立処理のフローチャートを、図95および図96に示す。 * The flow chart of the assembly process of the CPSPDU using wbit, shown in FIG. 95 and FIG. 96.

4.1.2.5.5. 内符号 4.1.2.5.5. In the code
*内符号は畳み込み符号化である。 * Inner code is a convolutional encoding. 畳み込み符号器構成を図15に示す。 The convolutional encoder arrangement shown in Figure 15.
*論理チャネル毎の内符号化の諸元を表8に示す。 * Shows the specifications of the inner coding of each logical channel in Table 8.
*畳み込み符号器の出力は、出力0、出力1、出力2の順に出力する。 * Output of the convolutional encoder output 0, output output 1, in the order of output 2. (符号化率1/2では出力1まで。) (The encoding rate of 1/2 to output 1.)
*符号器のシフトレジスタの初期値は“all 0'である。 * The initial value of the shift register of the encoder is "all 0 '.

4.1.2.5.6. 外符号化(1)Reed-Solomon符復号化 4.1.2.5.6. Outer encoding (1) Reed-Solomon encoding-decoding
*符号形式:ガロア体GF(28)上で定義される原始RS符号(255,251)からの短縮符号RS(36,32) * Coding format: shortened code RS from primitive RS code defined on a Galois field GF (28) (255,251) ( 36,32)
*原始多項式:p=X 8 +X 7 +X 2 +X+1 * Primitive polynomial: p = X 8 + X 7 + X 2 + X + 1
*符号生成多項式:G(x)=(X+α 120 )(X+α 121 )(X+α 122 )(X+α 123 * Code generator polynomial: G (x) = (X + α 120) (X + α 121) (X + α 122) (X + α 123)
*回線交換モードにおける非制限デジタル伝送時にのみ外符号化処理が適用される。 * Outer encoding process only when unrestricted digital transmission in circuit switching mode is applied. 伝送速度によらず、64kbps(1B)毎に外符号化処理は行われる。 Regardless of the transmission speed, the outer code processing for every 64 kbps (1B) is carried out.
(2)シンボル・インタリーブ (2) symbol interleaving
* 8bitのシンボル単位にインタリーブを行う。 * Perform interleaving in symbol units of 8bit.
*インタリーブの深さは、DTCHのシンボル・レートによらず36シンボルである。 * The depth of the interleaving is a 36 symbol regardless of the symbol rate of DTCH.
(3)外符号処理同期 (3) outer code processing synchronization
* 80ms毎のデータを1つの外符号処理単位とする。 * The data for each 80ms and one outer code processing unit.
*外符号処理は無線フレームに同期して処理される。 * The outer code processing is processed in synchronism with radio frames. 外符号処理単位内の各無線フレームには順序番号が付与され、伝送順に0〜7の番号が付与される。 Each radio frame of the outer code processing unit sequence number is given, 0-7 numbers are given to the transmission order. この順序番号に従って外符号処理同期を確立する。 Establishing the outer code processing synchronization in accordance with the sequence number. 同期保護段数は以下の通り。 Synchronization protection stages are as follows. (デフォルト値:2) (Default value: 2)
前方保護段数:NF(デフォルト値:2) Forward protection stages: NF (default value: 2)
後方保護段数:NR(デフォルト値:2) Backward protection stages: NR (default value: 2)
4.1.2.5.7. 上り干渉量 4.1.2.5.7. Uplink interference amount
* BCCH1およびBCCH2により報知される。 It is notified by the * BCCH1 and BCCH2.
*セクタ毎の最新の上り干渉量(熱雑音を含む総受信電力)測定値 * Latest uplink interference amount for each sector measurements (total received power including thermal noise)
*測定方法は測定パラメータにより指定されている。 * Measurement method is specified by the measurement parameters.
*ビット値と上り干渉量の値との対応の1例を表9に示す。 * Shows an example of correspondence between the value of the bit value and the uplink interference amount in Table 9. ビットは表の左側のビットから送信される。 Bits are transmitted from the left bit of the table.
*測定開始を指定されていない場合には、ビットはアイドル・パターン(4.1.10参照)である。 * If not specified the start of measurement, bits are idle pattern (see 4.1.10).

4.1.2.5.8. SFN(System Frame Number) 4.1.2.5.8. SFN (System Frame Number)
*システムフレーム番号(SFN)は、BCCH1およびBCCH2により報知される。 * System frame number (SFN) is informed by BCCH1 and BCCH2.
*無線フレームと1対1対応した値であり、10msec無線フレーム毎に1ずつインクリメントされる。 * A radio frame in one-to-one corresponding value, is incremented by one for each 10msec radio frame.
* BCCH1および2の送信タイミングにおける2無線フレーム中の先頭無線フレームでのSFN値がBCCH1およびBCCH2にて送信される。 * SFN value at the beginning radio frame in 2 radio frame in the transmission timing of BCCH1 and 2 are transmitted by BCCH1 and BCCH2. 図16にSFN送信例を示す。 Figure 16 shows the SFN transmission example.
*基地局は伝送路で指定されたタイミングを元にカウンタ値を生成する。 * The base station generates counter values based on the timing specified by the transmission path.
*値の範囲:0〜2 16 -1 SFN=2 16 -1の無線フレームの次無線フレームはSFN=0ある。 * Range: 0-2 16 -1 next radio frame of the radio frame SFN = 2 16 -1 is SFN = 0.
*ビット配置:図17に示す。 * Bit arrangement: illustrated in Figure 17. 図のMSB側から送信される。 It is transmitted from MSB side of FIG.
* SFN値の用途: * SFN value of applications:
(1)上りロングコード位相計算:発着信接続時、およびダイバーシチ・ハンドオーバ時の上りロングコード位相を4.1.3および図85ないし図88に示す通りに計算して、ロングコードを生成。 (1) up long code phase calculation: when incoming and outgoing call connections, and the uplink long code phase at the time of diversity handover, calculated as indicated in 4.1.3 and 85 to 88, generates a long code.
(2)スーパーフレーム同期:SFN値mod64=0である無線フレームがスーパーフレームの先頭フレームであり、SFN値mod64=63である無線フレームがスーパーフレームの最終フレームである。 (2) Super frame synchronization: the radio frame with SFN value mod 64 = 0 is the first frame of the superframe, the radio frame with SFN value mod 64 = 63 is the last frame of the superframe.
4.1.2.5.9 送信電力 4.1.2.5.9 transmit power
*送信電力は、BCC1およびBCCH2より報知される。 * Transmission power is notified from BCC1 and BCCH2.
*とまり木チャネルの送信電力を示す。 * Indicates the transmission power of the perch channel.
*値の範囲:6dBm〜43dBm * The range of values: 6dBm~43dBm
*ビート配置:dBm単位の数値の6bit2進数表記(ex 6dBm→'000110')である。 * Beat located: a 6bit2 decimal representation of a number of dBm unit (ex 6dBm → '000110') . MSB側から送信される。 It is transmitted from the MSB side.
4.1.2.5.10.PID(パケットID:Packet ID) 4.1.2.5.10.PID (packet ID: Packet ID)
*適用先:RACH-S/L,FACH-S/L * Applies to: RACH-S / L, FACH -S / L
*共通制御用物理チャネル上で、伝送情報が関連する呼もしくは移動局を識別するための識別子である。 * On the common control physical channel, an identifier for identifying the call or the mobile station transmission information is relevant.
*情報長:16bit * Information length: 16bit
* FACHのPID値は伝送情報とともに指定される。 * PID value of FACH is designated together with the transmission information. RACHで伝送されたPID値は伝送情報とともに通知する。 Transmitted PID values ​​RACH notifies with transmitted information.
*用途:主に以下の2通りがある。 * Applications: There are two ways of mainly below.
i)SDCCH設定要求、設定応答 移動局からBTSへのRACHでのSDCCH設定要求、およびBTSから移動局へのFACHでの設定応答に対し使用される。 i) SDCCH setting request is used to set the response in FACH of SDCCH setting request on the RACH to the BTS from the setting responding mobile station, and from the BTS to the mobile station. 設定応答を伝送するFACHのPIDは、設定要求を伝送したRACHのPIDと同一である。 PID of FACH for transmitting the setting response is the same as the PID of RACH transmitting the setting request. 本用途でのPID値は移動機にてランダムに選択した値である。 PID values ​​in this application is a value randomly selected by the mobile station.
ii)パケット伝送RACHおよびFACHでのパケットデータ伝送。 ii) packet transmission packet data transmission on the RACH and FACH. 本用途でのPID値は基地局にて決定され、基地局はセクタ毎にユニークな値を選択する。 PID values ​​in this application are determined by the base station, the base station selects a unique value for each sector.
*値の範囲:16bit分の範囲の値を上記用途毎に分割して使用。 * Range: values in the range of 16bit amount used divided for each of the applications. 表10に用途毎の値の範囲の例を示す。 An example of a range of values ​​for each set forth in Table 10.
*ビット構成:PID値(0〜65535)を2進16bitで示す。 * Bit structure: PID values (0 to 65535) is shown in binary 16bit. MSB側から送信される。 It is transmitted from the MSB side.

4.1.2.5.11. Mo 4.1.2.5.11. Mo
* Moは、FACH-Sのモードを識別するためのビットである。 * Mo is a bit for identifying the mode of FACH-S.
*ビット構成の例を表11に示す。 * An example of a bit arrangement in Table 11.

4.1.2.5.12. U/C 4.1.2.5.12. U / C
*適用先:RACH-S/L,FACH-S/L,全てのシンボル・レートのUPCH * Applies to: RACH-S / L, FACH -S / L, UPCH of all of the symbol rate
* U/Cビットは、CPSSDUに搭載される情報が、ユーザ情報か制御情報かを識別するための識別子である。 * U / C bit information is mounted on CPSSDU is an identifier for identifying whether the user information or control information.
*ビット構成例を表12に示す。 * Shows a bit configuration example in Table 12.

4.1.2.5.13. TN 4.1.2.5.13. TN
*適用先:RACH-S/L,FACH-S/L,全てのシンボル・レートのUPCH * Applies to: RACH-S / L, FACH -S / L, UPCH of all of the symbol rate
* TNビットは、CPSSDUに搭載される情報の基地局側終端ノードを識別するための識別子である。 * TN bit is an identifier for identifying a base station side terminal node of the information to be mounted on CPSSDU.
*ビット構成例を表13に示す。 * Shows a bit configuration example in Table 13.

4.1.2.5.14. Sequence Number(Sbit) 4.1.2.5.14. Sequence Number (Sbit)
*適用先:RACH * Applies to: RACH
*シーケンス番号は、RACHのMS-BTS間再送(レイヤ1再送)を考慮した上で、高効率にCPSの組立を行えるようにすることが目的である。 * The sequence number, taking into account MS-BTS between retransmissions of the RACH (the Layer 1 retransmission), it is an object that allows for the assembly of the CPS efficiently.
*値の範囲:0〜15 * The range of values: 0 to 15
*本値とCRCチェック結果を元にCPSを組み立てる。 * Based on the assembly of the CPS the book value and the CRC check result.
* CPSPDUの先頭無線ユニットにおいて“0”である。 * In the first wireless unit of CPSPDU it is "0".
* WbitおよびSbitを用いたRACHのCPSPDU組立方法のフローチャートを図96に示す。 * A flowchart of CPSPDU assembling method of the RACH using Wbit and Sbit shown in FIG. 96.
4.1.2.5.15. PD部 4.1.2.5.15. PD unit
*適用先:PCH * Applies to: PCH
* PD部には、PD1とPD2とがあり、使用方法は同一である。 * The PD portion, there is a PD1 and PD2, the method used is the same.
*移動局に対して着信情報の有無およびBCCHの受信の必要性を指示するための識別子である。 * Is an identifier for instructing the need of reception of the presence or absence of incoming call information and BCCH to the mobile station. PD1とPD2とを異なるタイミングで送信することで、タイム・ダイバーシチ効果による移動局での受信品質向上を図る。 And PD1 and PD2 by transmitting at different timings, improve the reception quality at the mobile station by the time diversity effect.
*ビット構成例を表14に示す。 * Shows a bit configuration example in Table 14.

4.1.2.5.16. CPSSDU最大長 論理チャネルに関わらず、最大長はLCPSである。 4.1.2.5.16. Regardless of CPSSDU maximum length logical channels, the maximum length is LCPS. LCPSはシステム・パラメータとして設定される。 LCPS is set as a system parameter.
4.1.3. 基地局送信・受信タイミング 4.1.3. The base station transmission and reception timing
*図85ないし図88にchip rate=4.096Mcpsの場合の物理チャネル毎の無線フレーム送受信タイミングおよびロングコード位相の具体例を示す。 * Figure 85 to Figure 88 shows a specific example of Chip rate = radio frame transmission and reception timings of each physical channel in the case of 4.096Mcps and long code phase.
* BTSは伝送路から基準となるフレームタイミング(BTS基準SFN)を生成する。 * BTS generates a frame timing (BTS reference SFN) serving as a reference from the transmission line.
*各種物理チャネルの無線フレーム送受信タイミングは、BTS基準SFNに対しオフセットしたタイミングとして設定される。 * Radio frame transmission and reception timings of various physical channels is set as a timing that is offset with respect to BTS standard SFN. 各種物理チャネルの無線フレーム送受信タイミング・オフセット値を表15に示す。 The radio frame transmission and reception timing offset values ​​of various physical channels is shown in Table 15.
* BTS基準SFN=0のフレーム・タイミングの先頭chipをロングコード位相=0とした位相をBTS基準ロングコード位相とする。 * The first chip of the frame timing of the BTS standard SFN = 0 and long code phase = 0 was a phase to the BTS reference long code phase.
*各種物理チャネルのロングコード位相は、BTS基準ロングコード位相に対しオフセットした位相として設定される。 * Various physical channels long code phase of the is set as a phase that is offset with respect to BTS reference long code phase. 各種物理チャネルのロングコード・オフセット値を表15に合わせて示す。 The long code offset value in various physical channels are also shown in Table 15.

*1:<>はchip単位であるTDHOをシンボル単位へ切り捨てることを意味する。 * 1: <> means that truncate the TDHO a chip unit to a symbol unit.
*2:340×Cは1/2slotに対応するチップ数である。 * 2: 340 × C is the number of chips corresponding to 1 / 2slot. よってCはチップレート毎に異なる値を持つ。 Thus C has a different value for each chip rate. C=1,4,8,16(chip rate=1.024,4.096,8.192,16,384Mcps) C = 1,4,8,16 (chip rate = 1.024,4.096,8.192,16,384Mcps)
*とまり木チャネル以外の物理チャネルについてはSFNは付与されないが、とまり木チャネルのSFNに対応したフレームナンバー(FN)を全ての物理チャネルで考慮する。 * Although the perch physical channels other than channels SFN is not granted, consider the frame number corresponding to the SFN of the perch channel (FN) on all physical channels. FNは伝送信号上は物理的に存在せず、とまり木チャネル内のSFNから所定の対応に従い、移動局内および基地局内にて物理チャネル毎に生成する。 FN on the transmission signal does not physically exist, according to a predetermined correspondence from SFN in the perch channel, it is generated for each physical channel at the mobile station and a base station. SFNFNとの対応を図85ないし図88に合わせて示す。 The correspondence between SFNFN also shown in FIG. 85 to FIG. 88.
*表15におけるオフセット値T SECT 、T DHO 、T CCCH 、T FRAME 、T SLOTについて以下に述べる。 * Offset values T SECT in Table 15, T DHO, T CCCH, T FRAME, described below T SLOT.
SECT T SECT
*セクタ毎に異なる。 * Different for each sector. (基地局内(セクタ間)では同期をとっているが、基地局間は非同期である。) (Although synchronization in the base station (between sectors), between base stations are asynchronous.)
*セクタ内の全ての物理チャネルに適用される。 * Is applied to all the physical channels in the sector.
*値の範囲はスロット間隔以内チップ単位である。 * The range of values is a chip unit within the slot interval.
*下りの個別物理チャネルのロングコード位相は、このオフセット値に統一化され、下り直交化による干渉量低減を図る。 * Dedicated physical channel long code phase of the downlink is unified to the offset value, reduce the amount of interference reduction by the downlink orthogonalization.
*ロングコード・マスクシンボルを移動局側で受信できると、ロングコードの位相(T SECT )が分かり、これを用いて送受信することができる。 * When the long code mask symbol can be received at the mobile station side, see the long code phase (T SECT) are able to transmit and receive using the same.
*セクタ間でこのオフセット値を異ならせることにより、ロングコード・マスクシンボルがセクタ間で同一タイミングとなることを防ぎ、移動局のセル選択の適正化を図る。 * By changing the offset value between sectors, prevents long code mask symbol is the same timing between the sectors, achieve an appropriate cell selection of the mobile station.
CCCH T CCCH
*共通制御用物理チャネルの無線フレーム・タイミング用のオフセット値である。 * Is an offset value for the radio frame timing of the common control physical channel.
*共通制御用物理チャネル毎に設定可能である。 * It can be set for each common control physical channel.
*セクタ内の複数の共通制御用物理チャネル間で、送信パターンが一致する頻度を低減し、下り干渉量の一様化を図る。 * Between a plurality of common control physical channel within a sector, to reduce the frequency of transmission pattern matches, achieving uniform of downlink interference amount.
*値の範囲はスロット間隔以内シンボル単位である。 * The range of values is a symbol unit within the slot interval. 値はチップ単位で指定されるが、共通制御用物理チャネルのシンボルが単位に切捨てられた値をオフセットする。 The value is specified in chip unit, it offsets the value symbols common control physical channel is truncated to the unit.
FRAME T FRAME
*個別物理チャネルの無線フレーム・タイミング用のオフセット値である。 * Is an offset value for the radio frame timing of the dedicated physical channel.
*個別物理チャネル毎に設定可能である。 * It can be set for each dedicated physical channel.
*呼設定時に基地局側でT FRAMEを定め、移動局側に知らせる。 * Defining a T FRAME at the base station side during call setup inform the mobile station side. 上り送信もこのオフセット値を用いて送信される。 Uplink transmission are also transmitted using this offset value.
*基地局内の処理は、全てこのオフセットに同期して処理されるため、処理に遅延がない。 * Processing in the base station, to be processed in synchronism all this offset, there is no delay in the processing.
*有線ATM伝送の高効率化のための、伝送トラヒックの一様化(ランダム化)を図るのが目的である。 * For high efficiency of wire ATM transmission, it is an object that achieve uniform of transmission traffic (randomization).
*値の範囲は1無線フレーム間隔以内slot(0.625ms)単位である。 * The range of values is slot (0.625 ms) units within one radio frame interval.
SLOT T SLOT
*個別物理チャネルの無線フレーム・タイミング用のオフセット値である。 * Is an offset value for the radio frame timing of the dedicated physical channel.
*個別物理チャネル毎に設定可能である。 * It can be set for each dedicated physical channel.
*送信パターンが一致する事を防ぎ、干渉の一様化を図る。 * Prevents the transmission pattern matches, achieving uniform of interference.
*値の範囲はスロット間隔以内シンボル単位である。 * The range of values is a symbol unit within the slot interval. 値はチップ単位で指定されるが、共通制御用物理チャネルのシンボルが単位に切捨てられた値をオフセットする。 The value is specified in chip unit, it offsets the value symbols common control physical channel is truncated to the unit.
DHO T DHO
*個別物理チャネルの無線フレーム・タイミング用および上りロングコード位相用のオフセット値である。 * It is a radio frame timing of the dedicated physical channel and the offset value for the uplink long code phase.
*移動局による、上り送信タイミングとDHO先とまり木受信タイミングとのタイミング差の測定値である。 * By the mobile station, a measurement of the timing difference between the uplink transmission timing and DHO destination perch reception timing.
*値の範囲は上りロングコード位相範囲(0〜216-1無線フレーム)以内チップ単位である。 * The range of values is a chip unit within the uplink long code phase range (0~216-1 radio frame).
*基地局(BTS)において、上り物理チャネルの受信タイミングは表15にほぼ一致するが、移動局と基地局との伝搬遅延、およびその伝搬遅延の変動に応じて、格差が生じる。 * In the base station (BTS), the reception timing of the uplink physical channels is substantially equal to Table 15, the propagation delay between the mobile station and the base station, and in accordance with a variation in the propagation delay, disparities occur. 基地局(BTS)はこの格差をバッファ等で吸収して受信する。 Base station (BTS) receives absorb the disparity in the buffer or the like.
*個別物理チャネルの無線フレームタイミングにおいて、下りに対し上りは2分の1タイムスロット間隔遅れさせる。 * In a radio frame timing of the dedicated physical channel, a downlink to uplink causes one time slot interval delay of 2 minutes. これにより送信電力制御遅延を1タイムスロットとし、制御誤差の低減を図る。 Thereby a one time slot the transmission power control delay, reduce the control error. 具体的なタイミング差の設定方法は図85ないし図88参照。 Setting method see FIG 85 through FIG 88 specific timing difference.
*上り共通制御用物理チャネル(RACH)について * For uplink common control physical channel (RACH)
* RACHの無線フレームタイミングは、対応する下り共通制御用物理チャネルの無線フレームタイミングに対し、オフセットしたタイミングとなる。 * Radio frame timing of the RACH is, the radio frame timing of the corresponding downlink common control physical channel, a timing offset. オフセット値はタイムスロット間隔の4段階である。 The offset value is a 4-stage time slot interval.
*無線フレームの先頭をロングコード位相の初期値に合わせる。 * Match the head of the radio frame to the initial value of the long code phase. よってロングコード位相も4種類のオフセット値をもつ。 Thus long code phase also has four offset values.
*移動局は4種類のオフセットタイミングの内、任意のタイミングを選択して送信可能である。 * The mobile station of the four offset timings, can be transmitted by selecting arbitrary timing. よってBTSは常時同時に全種類のオフセットタイミングで送信されたRACHを受信可能である。 Therefore the BTS can receive the RACH transmitted always concurrently with all types of offset timings.
4.1.4. 拡散コード 4.1.4. Diffusion code
4.1.4.1. 生成方法 4.1.4.1. Generation method
4.1.4.1.1. 下りロングコード 4.1.4.1.1. Down the long code
*以下の生成多項式から得られるM系列を用いたGold符号である。 * Is a Gold codes using M sequences obtained from the following generator polynomials.

(シフトレジスタ1)X 18 +X 7 +1 (Shift register 1) X 18 + X 7 +1
(シフトレジスタ2)X 18 +X 10 +X 7 +X 5 +1 (Shift register 2) X 18 + X 10 + X 7 + X 5 +1
*下りロングコード生成機の構成を図18に示す。 * Shown in FIG. 18 the structure of a downlink long code generator.
*シフトレジスタ1の値をロングコード番号、シフトレジスタ2の値をオール1とした状態を、そのロングコード番号における初期状態とする。 * The shift register 1 value the long code number, a state in which the value of the shift register 2 is set to all 1s, the initial state in the long code number. よってロングコード番号の範囲は、00000h〜3FFFFhである。 Therefore, the scope of the long code number is 00000h~3FFFFh. ロングコード番号のMSB側が、図18の生成機のシフトレジスタ1の左側に入力される。 MSB side is of the long code number is input to the left side of the shift register 1 of the generator of Figure 18.
*下りロングコードは1無線フレーム周期である。 * Down long code is one radio frame period. よってロングコード生成機の出力は、10msec分の出力までで打ち切り、位相0から10msec目の位相までのパターンを繰り返す。 Therefore, the output of the long code generator is terminated at the output of 10msec min, repeated pattern from phase 0 to 10msec th phase. よってチップレートに応じて位相の範囲は表16の通り異なる。 Thus the range of the phase in accordance with the chip rate different as shown in Table 16. さらに、4.1.5.3に述べるように、ロングコード位相は、同相成分用と直交成分用とで、shiftだけずれている。 Further, as described in 4.1.5.3, long code phase is in the a-phase component and a quadrature component, are shifted by Shift. これを利用して同相成分と直交成分とを識別する。 By utilizing this identifying the in-phase and quadrature components. 表16にshift=1024とした場合の両成分用の位相を示す。 Table 16 shows the phase for both components of the case of a Shift = 1024.
*ロングコード生成器は、初期位相の状態から任意のクロックシフトさせた状態を実現できる。 * The long code generator can implement a state of being arbitrary clock shifted from the state of the initial phase.

4.1.4.1.2. 上りロングコード 4.1.4.1.2. Uplink long code
*以下の生成多項式から得られるM系列を用いたGold符号である。 * Is a Gold codes using M sequences obtained from the following generator polynomials.

(シフトレジスタ1)X 41 +X 3 +1 (Shift register 1) X 41 + X 3 +1
(シフトレジスタ2)X 41 +X 20 +1 (Shift register 2) X 41 + X 20 +1
*上りロングコードを生成機の構成を図19に示す。 * 19 a configuration of a generator upstream long code.
*シフトレジスタ1の値をロングコード番号、シフトレジスタ2の値をオール1とした状態を、そのロングコード番号における初期状態とする。 * The shift register 1 value the long code number, a state in which the value of the shift register 2 is set to all 1s, the initial state in the long code number. よってロングコード番号の範囲は、00000000000h〜1FFFFFFFFFFhである。 Therefore, the scope of the long code number is 00000000000h~1FFFFFFFFFFh. ロングコード番号のMSB側が、図19の生成機のシフトレジスタ1の左側に入力される。 MSB side is of the long code number is input to the left side of the shift register 1 of the generator of Figure 19.
*上りロングコードは2 16無線フレーム周期(=2 10スーパーフレーム周期)である。 * Uplink long code is 2 16 radio frame period (= 2 10 super frame period). よってロングコード生成機の出力は、2 16無線フレーム分の出力までで打ち切り、位相0から2 16無線フレーム分の位相までのパターンを繰り返す。 Therefore, the output of the long code generator is terminated at the output of 2 16 radio frames, repeated pattern from phase 0 to 2 16 radio frames in phase. よってチップレートに応じて位相の範囲は表17の通り異なる。 Thus the range of the phase in accordance with the chip rate different as shown in Table 17. さらに、4.1.5.3に述べるように、ロングコード位相は同相成分用と直交成分用とで、shiftだけずれている。 Further, as described in 4.1.5.3, long code phase in the use quadrature component and for phase component are offset by Shift. よって表17にshift=1024とした場合の両成分用の位相を示す。 Therefore shows the phase for both components of the case of a Shift = 1024 Table 17.
*ロングコード生成機は、初期状態から任意のクロックシフトさせた状態を実現できる。 * The long code generator can implement a state of being arbitrary clock shifted from the initial state.

4.1.4.1.3. ショートコード 4.1.4.1.3. Short code
4.1.4.1.3.1. ロングコード・マスクシンボル以外のシンボル用シャートコード 4.1.4.1.3.1. Shah door code for symbols other than the long code mask symbol
*とまり木チャネル以外の全物理チャネルのシンボルと、とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボル以外のシンボルについては、以下に示す階層化直交符号系列を使用する。 * The symbols of all physical channels other than the perch channel, for symbols other than the long code mask symbol of the perch channel, using a hierarchical orthogonal code sequence shown below.
*階層化直交符号系列からなるショートコードはコード種別番号(Class)とコード番号(Number)で指定される。 * Short code consisting of the layered orthogonal code sequences is designated by the code type number (Class) and the code number (Number). ショートコード種別番号毎にショートコード周期は異なる。 Short code period for each short code type number is different.
*ショートコードをC Class (Number)と表し、ショートコードの生成方法を図20に示す。 * The short code represented as C Class (Number), shows a method of generating short codes in FIG.
*ショートコード周期はシンボル周期である。 * Short code period is a symbol period. よって、チップレート(拡散帯域)が同一ならば、シンボル・レートに応じてショートコード周期は異り、さらに使用できるコード数もシンボル・レートに応じて異なる。 Therefore, if the chip rate (spreading band) is the same, the short code period according to the symbol rate Ili, varies depending on the further code number is also the symbol rate that can be used. シンボル・レートとショートコード種別、ショートコード周期、ショートコード数との対応を表18に示す。 Symbol rate and short code type, short code period, the correspondence between the number of short code shown in Table 18.
*ショートコード番号体系は、コード種別番号、およびコード番号で構成される。 * Short code number system is comprised of a code type number, and code number. コード種別番号、およびコード番号は、それぞれ2進表示4bitおよび12bitで示される。 Code type number, and code number are each represented by a binary representation 4bit and 12bit.
*ショートコード位相は、変復調シンボルに同期する。 * Short code phase is synchronized with the modulation and demodulation symbol. つまりシンボルの先頭チップがショートコード位相=0である。 That is the top tip is a short code phase = 0 of the symbol.

4.1.4.1.3.2. ロングコード・マスクシンボル用ショートコード 4.1.4.1.3.2. The short code for the long code mask symbol
*とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボルには、他のシンボルとは異なり、以下の生成多項式から得られるM系列を用いた直交Gold符号である。 * Perch the long code mask symbol of the channel, unlike other symbols are orthogonal Gold codes using M sequences obtained from the following generator polynomials.

(シフトレジスタ1)X 8 +X 4 +X 3 +X 2 +1 (Shift register 1) X 8 + X 4 + X 3 + X 2 +1
(シフトレジスタ2)X 8 +X 6 +X 5 +X 3 +1 (Shift register 2) X 8 + X 6 + X 5 + X 3 +1
*ロングコード・マスクシンボル用ショートコード生成器の構成を図21に示す。 * Shows the configuration of a long code mask short code generator for a symbol in FIG. 21.
*シフトレジスタ1の初期値はロングコード・マスクシンボル用ショートコード番号N LMS (値の範囲:0〜255)である。 * The initial value of the shift register 1 (range of values: 0 to 255) Long code mask short code number N LMS for the symbol it is. LMSのMSB側が図21のシフトレジスタ1の左側に入力される。 MSB side of the N LMS is input to the left of the shift register 1 of FIG. 21.
*シフトレジスタ2の初期値はall 1である。 * The initial value of the shift register 2 is all 1.
*シフトレジスタ2のall 1を検出したら、シフトを止めて'0'を挿入する。 * Once you have detected the all 1 of the shift register 2, to insert a stop the shift to '0'.
*ショートコード出力の1chip目は0になる。 * 1chip eyes of the short code output is 0.
*周期はとまり木チャネルの1symbol(256chip)である。 * Period is 1symbol (256chip) of the perch channel.
4.1.4.2. 拡散コード配置方法 4.1.4.2. Spreading code arranging method
4.1.4.2.1. 下りロングコード 4.1.4.2.1. Down the long code
*システム運用上は、1セル内の全セクタで共通の1つのロングコード番号を配置する。 * System operation is to place one common long code number in all sectors in one cell. 構成上はセクタ毎に異なるロングコード番号を配置可能である。 Configuration on can be arranged with different long code numbers for each sector. ロングコード番号は指定される。 Long code number is specified.
*セクタ内で送信される各種複数の下り物理チャネルに使用される下りロングコードは、全物理チャネルで同一のロングコード番号を用いる。 * Downlink long codes are used in various multiple downlink physical channels transmitted in the sector, using the same long code number in all physical channels.
*ロングコード位相については4.1.3参照。 * See 4.1.3 for the long code phase.
4.1.4.2.2. 上りロングコード 4.1.4.2.2. Uplink long code
*上り物理チャネル毎にロングコード番号を配置する。 * To place a long code number for each uplink physical channel. ロングコード番号は指定される。 Long code number is specified.
* TCH,ACCH,UPCHをマッピングする個別物理チャネルは、移動局毎に配置された上りロングコードを用いる。 * TCH, ACCH, the dedicated physical channel mapping the UPCH, uses the uplink long code placed in each mobile station. 他の論理チャネルをマッピングする個別物理チャネル、および共通物理チャネルは、基地局毎に配置された上りロングコードを用いる。 Dedicated physical channel mapping the other logical channels, and the common physical channel uses the uplink long code placed in each base station.
*ロングコード位相については4.1.3参照。 * See 4.1.3 for the long code phase.
4.1.4.2.3. ショートコード 4.1.4.2.3. Short code
4.1.4.2.3.1. とまり木チャネル以外の物理チャネル用ショートコード 4.1.4.2.3.1. Short codes for the physical channels other than the perch channel
*物理チャネル毎、上り/下り毎に配置する。 * Physical channel each, arranged in each uplink / downlink. ショートコード番号は指定される。 Short code number is specified. 構成上は、同一セクタ内での同一ショートコード番号の同時使用も可能である。 Configuration on the simultaneous use of the same short code number in the same sector is also possible.
4.1.4.2.3.2. とまり木チャネル用ショートコード 4.1.4.2.3.2. The short code for the perch channel
*第1とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボル以外のシンボル用のショートコード番号は全セルで共通であり、C 8 (0)である。 * Short code number for long code mask other than symbols symbol of the first perch channel is common to all the cells, a C 8 (0). (ただし、指定される任意のショートコードを第1とまり木チャネルとして使用可能である。) (However, it is possible to use any short code designated as the first perch channel.)
*第1とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボル用ショートコード番号は、全セルで共通であり、N LMS =1である。 * The first perch channel long code short code number for the mask symbol of is common in all the cells, which is N LMS = 1. (ただし、指定される任意のロングコード.マスクシンボル用ショートコード番号N LMSを第1とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボルに対し使用可能である。) (However, it is possible to use any long code. Short code number N LMS mask symbol designated to the long code mask symbol of the first perch channel.)
*第2とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボル用ショートコード番号は、システムとして所定の複数のショートコードの内の1つを各セクタにて用いる。 * The long code mask symbol short code number for the second perch channel uses one of a predetermined plurality of short code as the system in each sector. 所定のショートコードのショートコード番号は、BSCおよび移動局で記憶されている。 Short code number for the predetermined short code is stored in the BSC and mobile station. (ただし、指定される任意のロングコード・マスクシンボル用ショートコードを第2とまり木チャネルに対し使用可能である。) (However, it is possible to use a short code for any of the long code mask symbol designated for the second perch channel.)
*第2とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボル用ショートコード番号と同一セクタ内で使用される下りロングコードとは、1対多対応している。 * The downlink long codes used in the second perch channel long code mask symbol for short code number and the same sector of, and one-to-many correspondence. 対応例を表19に示す。 The corresponding example is shown in Table 19. この対応はBSCおよび移動局で記憶されている。 This correspondence is stored in the BSC and mobile station. (ただし、第2とまり木チャネルに対し、指定される任意の、ロングコード・マスクシンボル用ショートコードと下りロングコードとを同一セクタ内で使用可能である。) (However, for the second perch channel, it can be used for any specified, the short code and the downlink long codes for long code mask symbol in the same sector.)

4.1.5. 拡散変調信号生成方法 4.1.5. Spread modulation signal generating method
4.1.5.1. 拡散変調方式 上り・下り:QPSK(ただしBPSKにも適応可能である) . 4.1.5.1 spreading modulation scheme uplink and downlink (also applicable to the proviso BPSK) QPSK
4.1.5.2. ショートコード割り当て方法 4.1.5.2. Short code allocation method
*指定されたショートコード番号体系(コード種別番号Class、コード番号Number)に従い、同一のショートコードを同相成分用ショートコード:SCiおよび直交成分用ショートコード:SCqに割り当てる。 * In accordance with the designated short code number system (code type number Class, code number Number), the same short code short code for the in-phase component: SCi and the quadrature component for short code: assign to SCq. つまり、 That is,
SCi=SCq=C Class (Number) SCi = SCq = C Class (Number )
*上り/下り、別々にショートコード番号体系が指定される。 * Uplink / downlink, separate the short code number system is specified. よって上りと下りで相異なるショートコードを用いることができる。 Thus, it is possible to use a different short code in the uplink and downlink.
4.1.5.3. ロングコード割当方法 4.1.5.3. Long code allocation method
*ロングコード番号:LNで、ロングコード生成器を初期状態(シフトレジスタ1にロングコード番号、シフトレジスタ2にオール1を設定した状態)からクロックシフト数:Clock(初期状態を0とする)だけ動作させた時点でのロングコード生成器出力値をG LN (Clock)とすると、図85ないし図88に示すロングコード位相:PHにおける同相成分用ロングコード生成器出力値:LCi(PH)、および直交成分用ロングコード生成器出力値:Lcq(PH)は、上り/下りともに以下の通りである。 * The long code Number: LN, long code generator initial state number of clock shift from (shift register 1 to a long code number, state of setting an all 1 to the shift register 2): Clock Only (the initial state is 0) When the long code generator output value at the time of operating the G LN (Clock), the long code phase shown in FIG. 85 through FIG. 88: a phase component in the PH long code generator output value: LCi (PH), and quadrature component for long code generator output value: LCQ (PH) are as follows for both the uplink / downlink.
LCi(PH)=G LN (PH) LCi (PH) = G LN ( PH)
LCq(PH)=G LN (PH+Shift) (BPSKの場合は0) LCq (PH) = G LN ( PH + Shift) (0 in the case of BPSK)
*同相成分および直交成分のロングコード位相の範囲については4.1.4.1参照。 * 4.1.4.1 reference to the scope of the long code phase of the in-phase and quadrature components.
4.1.5.4. ロングコード+ショートコード生成法 図22にロングコードとショートコードとを用いた同相成分用拡散コード:Ciおよび直交成分用拡散コード:Cqの生成法を示す。 . 4.1.5.4 long code + short code generating method Figure 22 to the long code and the short code and the in-phase component spreading code used: Ci and quadrature component spreading codes: shows the Cq generation method.
4.1.5.5. 拡散部構成 送信データの同相成分:Di、直交成分:Dqを、拡散コードCi、Cqで拡散し、拡散信号の同相成分:Si、直交成分:Sqを生成する拡散部の構成を図23に示す。 . 4.1.5.5 spreading unit configured transmit data of the in-phase component: Di, orthogonal components: the Dq, spreading code Ci, spread with Cq, in-phase component of the spread signal: Si, orthogonal components: the structure of the spreading unit that generates Sq It is shown in Figure 23.
4.1.6. ランダム・アクセス制御 4.1.6. Random access control
*図24にランダム・アクセス伝送方法の例を示す。 * An example of a random access transmission method in FIG. 24.
*移動局は、下り共通制御チャネルの受信フレームタイミングに対し、ランダムに遅延させたタイミングでRACHを送信する。 * The mobile station, on the received frame timing of the downlink common control channel, and transmits a RACH at a timing which is delayed randomly. ランダムな遅延量は図85ないし図88に示す16種類のオフセットタイミングである。 Random delay amount is 16 different offset timing shown in FIG. 85 to FIG. 88. 移動局は、RACHを送信する毎にオフセットタイミングをランダムに選択する。 The mobile station randomly selects offset timing for each of transmitting the RACH.
* RACHの送信は1回の送信につき、1無線フレームである。 * The transmission of the RACH per single transmission, a 1 radio frame.
*基地局は内符号化単位のCRC check結果がOKであるRACHを検出した場合、検出した時点で送信されているFACH無線フレームの次のFACH無線フレームで、FACH-SのACKモードを用いてCRC OKであったRACHのPIDを送信する。 * If the base station that CRC check result of the inner coding unit detects the RACH is OK, the in the next FACH radio frame of the FACH radio frame transmitted when detected, using the ACK mode of FACH-S to send the PID of the CRC OK and was the RACH.
*移動局は、送信すべきRACH無線フレームが複数ある場合、前無線フレームに対するACKをACKモードFACH-Sで受信した後に、次無線フレームを送信する。 * Mobile station, if the RACH radio frames to be transmitted are multiple pre-ACK for radio frame after receiving an ACK mode FACH-S, transmits the next radio frame.
*移動局は、送信すべき1CPS情報が、複数RACH無線ユニットからなる場合、複数のRACH無線ユニット全てについて同一のPID値を用いる。 * Mobile station, 1 cps information to be transmitted, if made of a plurality RACH radio units, use the same PID value for all of the plurality of RACH radio units. またRACH-LもしくはRACH-Sのどちらか一方を用い、1CPS情報の伝送にRACH-LおよびRACH-Sの双方を混在して用いない。 Also using either the RACH-L or RACH-S, without using a mix of both RACH-L and RACH-S for transmitting 1CPS information.
*移動局はRACHを送信後、TRAmsec経過してもACKモードFACH-Sにより、送信したRACHのPID値を受信できない場合に、RACHの再送を行う。 * The mobile station after transmitting the RACH, the ACK mode FACH-S even after the lapse TRAmsec, if it can not receive the PID value of the transmitted RACH, retransmits the RACH. この際のPID値は同一の値を用いる。 PID values ​​at this time using the same value. 最大再送回数はNRAである(第1回目の送信と合わせて、同一RACH無線ユニットが最大NRA+1回送信される)。 Maximum number of retransmissions is NRA (in conjunction with the transmission of the first round, the same RACH radio unit is transmitted up NRA + 1 times).
* FACH-SのACKモードは、CRC OKを検出したRACHのPIDを、最大7個まで搭載することが可能である。 * ACK mode FACH-S is a PID of RACH detecting the CRC OK, it is possible to mount up to seven.
*基地局は、FACH用無線フレーム送信タイミング直前までに、CRC OKを検出したRACHでACKを返送していないものがある場合、CRC OKを受信したタイミングの古いものから優先して第一FACH-SでACKモードFACH-Sを送信する。 * The base station before the radio frame transmission timing immediately before a FACH, if there is not return an ACK RACH detecting a CRC OK, first in preference to old timing of receiving the CRC OK FACH- to send an ACK mode FACH-S in S. ただし、CRC OKを検出してからTACKmsec以上経過したものについては、ACKモードFACH-Sの送信対象から外す。 However, for those older than TACKmsec from the detection of the CRC OK is excluded from the transmission target of ACK mode FACH-S.
4.1.7. マルチコード伝送 4.1.7. Multi-code transmission
*指定された1RL-IDが複数の個別物理チャネル(拡散コード)で構成される場合、以下に示すよう伝送し、1RL-ID内の全個別物理チャネルでまとめてパイロット同期検波、および送信電力制御等を行う。 * If the specified 1RL-ID consists of a plurality of dedicated physical channels (spreading codes), and transmitting as shown below, the pilot synchronous detection collectively in all dedicated physical channels in 1RL-ID, and transmission power control do and the like. 1移動局に対し、複数のRL-IDが割り当てられた場合には、RL-ID毎に独立にパイロット同期検波、および送信電力制御を行う。 For one mobile station, when a plurality of RL-ID is assigned is performed independently in each RL-ID pilot synchronous detection, and the transmission power control.
* 1RL-ID内の全個別物理チャネルでフレームタイミング、ロングコード位相は一致する。 * Frame timing in all dedicated physical channels in 1RL-ID, the long code phase coincide.
*パイロット・シンボルおよびTPCシンボルの送信方法を、下記に示す2例のいずれかもしくは併用とし、同期検波の特性向上、およびTPCシンボルの誤り率低減を図る。 * The method of transmitting the pilot symbols and TPC symbol, either or combination of two examples shown below, reduce the error rate characteristics improve, and TPC symbol synchronous detection.
例1(図25参照) Example 1 (see FIG. 25)
* 1RL-ID内の複数個別物理チャネル中の1個別物理チャネルのみでパイロット・シンボルおよびTPCシンボルを送信する。 * Only 1 dedicated physical channel in a plurality dedicated physical channels in 1RL-ID to transmit the pilot symbols and TPC symbol.
*他の個別物理チャネルでは、パイロット・シンボルおよびTPCシンボル部分は送信しない。 * In other dedicated physical channel, the pilot symbols and TPC symbol part does not transmit.
*パイロット・シンボルおよびTPCシンボルを送信する個別物理チャネルでは、パイロット・シンボル、TPCシンボル以外のシンボルでの送信電力に対し、1RL-IDの個別物理チャネル数倍の送信電力でパイロット・シンボルおよびTPCシンボルを送信する。 * In the dedicated physical channel for transmitting pilot symbols and TPC symbols, pilot symbols, relative to the transmission power of a symbol other than TPC symbols, pilot symbols and TPC symbol in the transmission power of the dedicated physical channel several times 1RL-ID to send.
*パイロット部の振幅を小さくするほどチャネル推定精度が劣化することと、パイロット部の振幅を大きくすることによるオーバヘッドの増加とのトレードオフにより、振幅値の比にはEb/Ioを最小にする容量上の最適値が存在する。 * And that the channel estimation accuracy smaller the amplitude of the pilot portion is deteriorated, the trade-off between overhead increase due to increasing the amplitude of the pilot portion, the ratio of the amplitude value that minimizes the Eb / Io capacity the optimum value of the above is present.

パイロット・シンボル&TPCシンボル部分(パイロット部)の送信電力と、データ. Transmit power and the data of the pilot symbol & TPC symbol portion (pilot portion). シンボル部分(データ部)の送信電力との割合の最適値を評価したシミュレーション結果を図26に示す。 The simulation results of evaluation of the optimum value of the ratio of the transmission power of the symbol portion (data portion) shown in FIG. 26.

図26において、横軸はパイロット部の送信波の振幅(AP)とデータ部の送信波の振幅値(AD)の比である。 26, the horizontal axis represents the ratio of the amplitude value of the transmission wave with the data unit amplitude of the transmitted wave of the pilot portion (AP) (AD). ここで、パイロット部の振幅およびデータ部の振幅はそれぞれ、図25のAPおよびADである(図25の縦軸は送信電力であるため、振幅値の2乗としてAP 2 AD 2と表記)。 Here, each amplitude of the amplitude and the data portion of the pilot portion is AP and AD in FIG. 25 (for the vertical axis of FIG. 25 is a transmit power, referred to as AP 2 AD 2 as the square of the amplitude value). 縦軸は図5および図6と同様の所要Eb/Ioである。 The vertical axis is the required Eb / Io in the same manner as FIGS. 所要品質はBER=10 -3であり、マルチコード数は3である。 Required quality is BER = 10 -3, the number of multi-codes is three.

図26のシミュレーション結果では、容量上最適となるのは、APがADの2倍となる場合である。 In the simulation results of FIG. 26, it becomes a capacitor upper optimal is when the AP is twice of AD. 送信電力の割合で考えれば、データ部の送信電力の全物理チャネル分の合計値は、3マルチコード伝送の場合、3AD 2となり、パイロット部の送信電力は、AP 2 =(2AD) 2 =4AD 2となる。 Given a rate of transmission power, the sum of all the physical channels of the transmission power of the data portion 3 when the multi-code transmission, 3AD 2, whereby the transmitter power of the pilot portion, AP 2 = (2AD) 2 = 4AD 2 become. したがって、最適な送信電力の割合は、パイロット部の送信電力をデータ部の4/3倍とした場合となる。 Accordingly, the ratio of the optimal transmit power is a case where the transmission power of the pilot portion and 4/3 times the data unit.

以上のように、パイロット部とデータ部との送信電力の割合には最適値が存在し、その最適値はマルチコード数に応じて異なる。 As described above, there is an optimum value for the ratio of the transmission power of the pilot portion and a data portion, the optimum value varies depending on the number of multi-codes. このため、パイロット部とデータ部との送信電力の割合を可変とする。 Therefore, the proportion of the transmission power of the pilot portion and a data portion and variable.
*パイロット・シンボルおよびTPCシンボルを送信する個別物理チャネルは指定される。 * Dedicated physical channel for transmitting pilot symbols and TPC symbol are designated.
例2(図27参照) Example 2 (see FIG. 27)
* 1RL-ID内の全個別物理チャネルにおいて、パイロット・シンボルおよびTPCシンボル部分のみ、特定の1個別物理チャネルで使用しているショートコードを用いる。 * In all the dedicated physical channels in 1RL-ID, the pilot symbols and TPC symbol part only, using the short code used in one particular dedicated physical channel.
*特定の1個別物理チャネルは指定される。 * One particular dedicated physical channel is designated.
*同じショートコードを用いて拡散すると、パイロット部は同相で加算されるため、見かけ上送信電力が強くして送信したのと同様の効果を生じる。 * When spread with the same short code, the pilot unit are added in phase, resulting in the same effect as the apparent transmission power is transmitted strongly.
4.1.8. 送信電力制御 各物理チャネルの送信パターンを図89ないし図94に示す。 4.1.8. The transmission pattern of the transmission power control the physical channel shown in FIG. 89 to FIG. 94.
4.1.8.1. とまり木チャネル 4.1.8.1. Perch channel
*第1とまり木チャネルは、タイムスロット毎に含まれるロングコード・マスクシンボル以外は、指定された送信電力PP1で常時送信される。 * The first perch channel other than the long code mask symbols included in each time slot are always transmitted at the designated transmission power PP1.
*第1とまり木チャネルは、タイムスロット毎に含まれるロングコード・マスクシンボルはPP1に対し、指定された値Pdownだけ送信電力を下げて送信される。 * The first perch channel, the long code mask symbol included in each time slot PP1 to be transmitted by the specified value Pdown lower the transmission power.
*第1とまり木チャネルは、マッピングされるBCCH1およびBCCH2の伝送情報の有無に関わらず、常時上記方法で送信される。 * The first perch channel, regardless of whether the transmission information being mapped to BCCH1 and BCCH2, are transmitted in all the time above method. 伝送情報が無い場合にはアイドル・パターン(PNパターン)を伝送する。 If transmission information is not to transmit idle pattern (PN pattern).
*第2とまり木チャネルは、タイムスロット毎に含まれるロングコード・マスクシンボル部分のみ送信され、他のシンボルは送信されない。 * The second perch channel is transmitted only long code masked symbol portion contained in each time slot, the other symbols are not transmitted.
*第2とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボルは、第1とまり木チャネルのロングコード・マスクシンボルと同一のタイミングで送信される。 * The long code mask symbol of the second perch channel is transmitted at the same timing as the long code mask symbol of the first perch channel. 送信電力は指定されたPP2であり、不変である。 Transmission power is specified PP2, which is invariable.
* PP1,Pdown,PP2の値については、隣接セクタに在圏する移動局がセクタ判定可能となるように決定される。 The * PP1, Pdown, PP2 value is determined as the mobile station located in the adjacent sector is a sector determinable.
4.1.8.2. 下り共通制御用物理チャネル(FACH用) 4.1.8.2. Downlink common control physical channel (for FACH)
* FACH-L、FACH-Sともに送信情報が無い無線フレームでは、パイロット・シンボルを含め、無線フレームの全期間にわたり送信OFFである。 * FACH-L, in the FACH-S both radio frame no transmission information, including the pilot symbol, which is the transmission OFF over the entire period of the radio frame.
* FACH-Lの送信情報がある無線フレームでは、無線フレームの全期間にわたり、指定された送信電力値PFLで送信される。 * The FACH-L radio frame there is transmission information, for the entire duration of the radio frame is transmitted at the designated transmission power value PFL. 送信情報毎に送信電力値が指定される。 Transmission power value for each transmission information is designated. よって無線フレーム毎に送信電力値は可変になりうる。 Therefore the transmission power value for each radio frame may be variable. 無線フレーム内では指定された送信電力値PFLで一定である。 It is constant at the designated transmission power value PFL within a radio frame.
*無線フレーム内の4個のFACH-Sの一部のみ送信情報がある場合、送信情報のあるFACH-Sのタイムスロットのみが指定された送信電力値で送信される。 * If some of the four FACH-S in the radio frame only there is transmission information, it is transmitted at a transmission power value only time slots are designated FACH-S with a transmission information. Normal mode FACHについては送信情報毎に送信電力値が指定される。 Transmission power value for each transmission information is designated for the Normal mode FACH. よって無線フレーム内のFACH-S毎に送信電力値PFS1〜PFS4は可変である。 Therefore the transmission power value PFS1~PFS4 each FACH-S in the radio frame is variable.
*無線フレーム内の4個の全FACH-Sに送信情報がある場合、無線フレームの全期間にわたり送信される。 * If there is transmission information to all FACH-S 4 pieces of in the radio frame is transmitted over the entire period of the radio frame. ただし、送信電力値は、FACH-S毎に可変である。 However, transmission power value is variable for each FACH-S.
* Ack mode FACH-Sの送信電力は常時同一値であり、指定された送信電力PACKで送信される。 * Transmit power of Ack mode FACH-S is always the same value is transmitted at the designated transmission power PACK.
*送信情報のあるFACH-LもしくはFACH-Sのタイムスロットにおいて、論理チャネル用シンボル部分の両側でパイロット・シンボルが必ず送信されるようにする。 * In the time slots of the FACH-L or FACH-S of the transmission information, so that the pilot symbols are always transmitted on both sides of the symbol part for the logical channel. よって、例えば送信情報のあるFACHのタイムスロットの後ろ側に、送信情報の無いFACHのタイムスロットが隣接する場合には、送信情報のないFACHのタイムスロットにおいても、送信情報のあるFACHのタイムスロットに隣接するパイロット・シンボルのみ送信する必要がある。 Thus, for example, behind the time slot of FACH with a transmission information, if the time slot of the FACH without transmission information are adjacent, even in the time slot of the FACH without transmission information, FACH timeslot with transmission information it is necessary to transmit only the pilot symbols that are adjacent to. このパイロット・シンボルの送信電力値は、送信情報のある隣接したFACH-Sのタイムスロットの送信電力値とする。 Transmission power value of the pilot symbol, the transmission power value of the time slot of FACH-S in which adjacent with transmission information.
*送信情報のあるFACHのタイムスロットが隣接する場合、後ろ側のタイムスロットのパイロット・シンボル(前側のタイムスロットと隣接するパイロット・シンボル)の送信電力は、隣接するタイムスロットの送信電力の高い方とする。 * If the time slot of the FACH having the transmission information are adjacent, the transmission power of the pilot symbols of the rear side of the time slots (pilot symbols adjacent to the front side of the time slot) is higher transmission power of the adjacent time slots to.
* PFL,PFS1〜PFS4の値については、RACHに含まれる、移動局のとまり木チャネル受信SIR値を元に決定される。 * PFL, for values of PFS1~PFS4, included in the RACH, it is determined on the basis of the perch channel receiving SIR value of the mobile station.
4.1.8.3. 下り共通制御用物理チャネル(PCH用) 4.1.8.3. Downlink common control physical channel (for PCH)
*各群に2つあるPD部は、全ての群で常時送信される。 * There are two PD portions each group are always transmitted in all groups. 送信電力は指定された送信電力値PPCHとする。 Transmission power to the designated transmission power value PPCH.
* PD部の送信に際しては、PD部がマッピングされるタイムスロットのPD部とともに、パイロット・シンボルも併せて送信される。 * When transmitting the PD portion, together with the PD portion of the time slot PD portion is mapped, it is transmitted pilot symbols even together. 後に隣接するタイムスロットのパイロット・シンボルは送信されない。 Pilot symbols of the time slot adjacent to the post is not transmitted.
*各群のI部は4タイムスロットに分割され(I1〜I4)、着信情報がある群のIのみ送信され、着信情報がない群のI部は送信されない。 * I portion of each group is divided into four time slots (I1 to I4), is transmitted only I of the group there is an incoming call information, I part of the no call information is the group will not be transmitted. 送信電力は指定された送信電力値PPCHとする Transmission power to the designated transmission power value PPCH
*着信情報がある群のI部がマッピングされるタイムスロットは、論理チャネル用シンボル部分の両側でパイロツト・シンボルが必ず送信されるようにする。 * Time slot I portion of the group is incoming information is mapped, so that pilot symbols on both sides of the symbol part for the logical channel is always transmitted. よって例えば着信情報のある群のI部のタイムスロットの後ろ側に、着信情報の無い群のI部のタイムスロットが隣接する場合には、着信情報の無い群のI部のタイムスロットにおいてもパイロット・シンボルのみ送信する必要がある。 Thus for example, the back side of the time slot of the I part of a group of incoming information, if the time slot of the I part of a group no incoming information are adjacent, pilots in the I portion of the time slot group without call information symbol only needs to be sent.
* PPCHの値については、セクタ内のほぼ全移動局が受信可能となるように決定される。 * The value of PPCH is almost all mobile stations in the sector is determined to be receivable.
4.1.8.4. 上り共通制御用物理チャネル(RACH) 4.1.8.4. Uplink common control physical channel (RACH)
*送信情報がある場合のみ移動局から送信される。 * It is transmitted from the mobile station only when there is transmission information. 1無線フレーム単位で送信される。 It is transmitted in one radio frame.
* RACH-LおよびRACH-Sの送信電力PRLおよびPRSは、移動局においてオープンループにより決定され、無線フレーム内では一定とする。 * Transmit power PRL and PRS of the RACH-L and RACH-S are determined by open-loop in the mobile station, a constant within the radio frame.
*無線フレームの最後尾にはパイロット・シンボルが付加され、送信される。 * The end of the radio frame is added pilot symbols, it is transmitted. このパイロット・シンボルの送信電力は先行する無線フレームの送信電力と同一である。 Transmission power of the pilot symbols is the same as transmission power of the radio frame preceding.
4.1.8.5. 下り個別物理チャネル 4.1.8.5. Downlink dedicated physical channel
*発着信接続時、タイバーシチ・ハンドオーバ時に関わらず、下り個別物理チャネルの初期設定時には、指定された送信電力値PDで送信を開始し、定期的に送信電力を増加させ、通信電力値がPDとなるまで送信電力制御を行う。 * When placing incoming connections, regardless of when Taibashichi handover, the initial setting of the downlink dedicated physical channel, starts sending at the designated transmission power value PD, periodically increasing the transmission power, the communication power value and PD transmission power control is performed until. 更にその後、上り個別物理チャネルの受信同期が確立されるまで、定期的に送信電力を増加させる(詳細は5.2.1.2.2参照)。 Thereafter, until the reception synchronization of the uplink dedicated physical channel is established, periodically (see 5.2.1.2.2 details) to increase the transmission power. 上り個別物理チャネルの受信同期確立が完了し、上りTPCシンボルの復号が可能となるまでは、一定の送信電力PDで連続送信する。 Uplink received synchronization establishment of dedicated physical channel is completed, until it becomes possible to decode the uplink TPC symbol is continuously transmitted at a fixed transmission power PD.
* PDの値については、FACHと同様の方法で決定される。 * The value of PD, as determined by the FACH the same way.
*上り個別物理チャネルの受信同期確立が完了し、上りTPCシンボルの復号が可能となった時点で、TPCシンボルの復号結果に従い、高速クローズドループ送信電力制御を行う。 * Uplink received synchronization establishment of dedicated physical channel is complete, when it becomes possible to decode the uplink TPC symbols, in accordance with the decoded result of the TPC symbols, performs high-speed closed loop transmission power control.
*高速クローズドループ送信電力制御では、TPCシンボルの復号結果に従い、タイムスロット毎に1dBの制御ステップで送信電力を調整する。 * The high speed closed loop transmission power control in accordance with the decoded result of the TPC symbol, it adjusts the transmit power in 1dB control step for each time slot. 下り個別物理チャネルの送信電力制御方法の詳細については5.2.1.1参照されたい。 For details of the transmission power control method for a downlink dedicated physical channel see 5.2.1.1.
4.1.8.6. 上り個別物理チャネル 4.1.8.6. Uplink dedicated physical channel
*発着信接続時には、移動局は下り個別物理チャネルの受信同期確立処理が所定の条件を満足した後、上り個別物理チャネルの送信を開始する。 * When incoming and outgoing call connections, the mobile station after the reception synchronization establishment process of the downlink dedicated physical channel satisfies a predetermined condition, it starts transmission of uplink dedicated physical channels. 送信開始時の最初のタイムスロットの送信電力値は、RACHと同様にオープンループで決定され、以降のタイムスロットの送信電力値は、下り個別物理チャネル中のTPCシンボルの復号結果に従って高速クローズドループ送信電力制御が行われる。 Transmission power value of the first time slot at the transmission start is determined by open-loop similar to the RACH, transmit power values ​​of the subsequent time slots, high speed closed loop transmission according decoded result of the TPC symbols in the downlink dedicated physical channel the power control is performed. 詳細については5.2.1.1参照されたい。 See 5.2.1.1 for more information.
*タイバーシチ・ハンドオーバ時には、上り個別物理チャネルは新規に設定する必要はない。 * At the time of Taibashichi handover, uplink dedicated physical channel is not necessary to set a new one. 送信電力は、タイバーシチ・ハンドオーバ時の高速クローズドループ送信電力制御によりタイムスロット毎に制御される。 Transmission power is controlled for each time slot by the high-speed closed loop transmission power control during Taibashichi handover. 上り個別物理チャネルの送信電力制御方法の詳細については5.2.1.1参照されたい。 For more information about the transmission power control method of the uplink dedicated physical channel see 5.2.1.1.
4.1.9. DTX制御本制御は個別物理チャネルに対してのみ適用される。 4.1.9. DTX control This control is applied only to dedicated physical channels.
4.1.9.1. DTCH,ACCH用個別物理チャネル 4.1.9.1. DTCH, dedicated physical channel for ACCH
4.1.9.1.1. 送信 4.1.9.1.1. Submit
*音声サービス用の個別物理チャネル(32ksps)についてのみ、音声情報が有る場合にDTCH用シンボルの送信ONとし、無い場合に送信OFFとする。 * For dedicated physical channel for voice service (32ksps) only, and transmission ON of DTCH symbol when the audio information is present, the transmission OFF when there is no. 送信パターンの例を図94に示す。 An example of the transmission pattern shown in FIG. 94.
*パイロット. * Pilot. シンボルおよびTPCシンボルは、音声情報の有無および制御情報の有無に関係なく、常時送信される。 Symbols and TPC symbol, regardless of the presence or absence and the control information of the audio information is always transmitted.
*送信ON時の送信電力(Pon)と、送信OFF時の送信電力(Poff)との電力比は、5.1.1.送信特性の送信ON/OFF比の条件を満たす。 * The transmission power during transmission ON (Pon), the power ratio of the transmission power at the transmission OFF (Poff) is 5.1.1. Satisfies the transmission ON / OFF ratio of the transmission characteristics.
*送信ON/OFFのパターンは無線フレーム内の16タイムスロット全てで同一である。 * Patterns of the transmission ON / OFF are identical at 16 time slots every radio frame.
* DTX制御は無線フレーム(10msec)単位に行われる。 * DTX control is carried out in radio frame (10 msec) basis.
*データ伝送用の個別物理チャネル(64sps以上)についてはDTX制御は行わない。 * Dedicated physical channel (or 64Sps) for data transmission is not performed DTX control for. 常時送信ONである。 It is always the transmission ON.
*音声情報の有無および制御情報の有無を通知するための情報は伝送されない。 * Information for notifying the presence or absence of presence and control information of the audio information is not transmitted.
4.1.9.1.2. 受信 4.1.9.1.2. Reception
*音声情報の有無および制御情報の有無の判定方法を表20に示す。 * The method of determining the presence or absence of presence and control information of the audio information shown in Table 20.

*表20中のシンボル平均受信電力は、1無線フレーム内での対応するシンボル全ての受信電力平均値である。 * Symbol average reception power in the table 20 is a corresponding symbol all received power average value within one radio frame.
* PDTX(dB)はシステムパラメータである。 * PDTX (dB) is a system parameter.
4.1.9.2.SDCCH用個別物理チャネル Dedicated physical channel for 4.1.9.2.SDCCH
*伝送すべき制御情報が有る場合にSDCCH用シンボルの送信ONとし、無い場合に送信OFFとする。 * The transmission ON of SDCCH for the symbol in the case where the control information to be transmitted is present, the transmission OFF when there is no.
*パイロット. * Pilot. シンボルおよびTPCシンボルは、制御情報の有無に関係なく、常時送信される。 Symbols and TPC symbol, regardless of the control information is transmitted at all times.
*送信ON時の送信電力(Pon)と、送信OFF時の送信電力(Poff)との電力比は、5.1.1.送信特性の送信ON/OFF比の条件を満たす。 * The transmission power during transmission ON (Pon), the power ratio of the transmission power at the transmission OFF (Poff) is 5.1.1. Satisfies the transmission ON / OFF ratio of the transmission characteristics.
*送信ON/OFFのパターンは無線フレーム内の16タイムスロット全てで同一である。 * Patterns of the transmission ON / OFF are identical at 16 time slots every radio frame.
* DTX制御は無線フレーム(10msec)単位に行われる。 * DTX control is carried out in radio frame (10 msec) basis.
*受信側では、常時、図95のCPS-PDU組立方法に従った処理を行う。 * On the receiving side always carries out the processing in accordance with the CPS-PDU assembling method of FIG 95. あえて制御情報の有無を判定する必要はない。 Not dare necessary to determine the presence or absence of control information.
4.1.9.3. UPCH用個別物理チャネル 4.1.9.3. UPCH for dedicated physical channel
*伝送すべき制御情報もしくはユーザ情報が有る場合にUPCH用シンボルの送信ONとし、無い場合に送信OFFとする。 * The transmission ON the UPCH symbol when the control information or user information to be transmitted exists, the transmission OFF when no.
* BTSはパイロット・シンボルおよびTPCシンボルについては、3つのモードを有する。 * BTS for pilot symbols and TPC symbol has three modes. モードは指定されている。 Mode is specified.
モード1 Mode 1
*無線フレーム毎に送信の必要性を判断する。 * To determine the need for transmission to each radio frame. 下記の条件1および2の双方を満足した時点で、無線フレーム中の全パイロット・シンボルおよびTPCシンボルの送信を停止する。 At the time of satisfying the both conditions 1 and 2 below, to stop the transmission of all the pilot symbols and TPC symbol in the radio frame. その後、条件3もしくは条件4のいずれかを検出した時点で無線フレーム中の全パイロット・シンボルおよびTPCシンボルの送信を開始する。 Then, to start the transmission of all the pilot symbols and TPC symbol in a radio frame upon detecting one of the conditions 3 or condition 4.
条件1:送信すべき制御情報もしくはユーザ情報が無くなってからFNDATA無線フレーム以上経過 条件2:受信無線フレームのCRC NGを、連続してFCRC無線フレーム以上検出 条件3:送信すべき制御情報もしくはユーザ情報が発生 条件4:受信無線フレームの、CRC OKを検出 Condition 1: elapsed since lost control information or user information to be transmitted FNDATA radio frame or condition 2: receiving a CRC NG radio frame, continuously FCRC radio frame or detection condition 3: Control information or user information to be transmitted There condition 4: the reception radio frame, CRC OK detection
*移動局では、送信すべき制御情報もしくはユーザ情報の有無と、同期外れ検出結果を利用して、パイロット・シンボルおよびTPCシンボルの送信ON/OFFを判断する。 * The mobile station, the presence or absence of control information or user information to be transmitted, by using the out-of-sync detection result to determine the transmission ON / OFF of the pilot symbols and TPC symbol.
*パイロット・シンボルおよびTPCシンボルを送信を停止した後、送信すべき制御情報もしくはユーザ情報が発生した場合には、予めアイドルパターンを挿入した無線フレームをFIDLフレーム送信した後、送信すべき制御情報もしくはユーザ情報を挿入した無線フレームを送信する。 * After the pilot symbols and TPC symbol stops transmitting, when the control information or user information to be transmitted is generated after sending advance a radio frame an idle pattern is inserted FIDL frame, control information or to be transmitted transmitting the radio frame to insert the user information. 当然ながら、アイドルパターンを挿入した無線フレームから、パイロット・シンボルおよびTPCシンボルも送信する。 Naturally, the idle pattern from the inserted radio frame, also transmits pilot symbols and TPC symbol.
モード2 Mode 2
*制御情報もしくはユーザ情報がない無線フレームでは、一部のスロットでのみパイロット・シンボルおよびTPCシンボルを送信する。 * Control information or user information is not the radio frame transmits the pilot symbols and TPC symbol in a limited number of slots.
*送信頻度を示すパラメータP freqにより、制御情報もしくはユーザ情報がない無線フレームでパイロット・シンボルおよびTPCシンボルを送信するスロットを指定する。 * The parameter P freq indicating the transmission frequency, which specifies the slot for transmitting the pilot symbols and TPC symbol control information or user information with no radio frame. P freqとパイロツト・シンボルおよびTPCシンボルを送信するスロットとの対比を表21に示す。 The contrast between the slot for transmitting the P freq and pilot symbols and TPC symbol are shown in Table 21.

*高速クローズドループ送信電力制御は、BTSが送信したパイロット・シンボルおよびTPCシンボルに対して決定された移動局からのTPCシンボルについてのみ従い、送信していないパイロット・シンボルおよびTPCシンボルに対して決定された移動局からのTPCシンボルは無視するようにする。 * Fast closed loop transmission power control, follows the TPC symbols from the mobile stations BTS is determined for the pilot symbols and TPC symbol transmitted only been determined for the pilot symbols and TPC symbol are not transmitted the TPC symbol from the mobile station was to ignore. よって、送信電力制御間隔はP freqの値に応じて変わる。 Therefore, transmission power control interval varies depending on the value of P freq.
モード3 Mode 3
*パイロット・シンボルおよびTPCシンボルは、制御情報もしくはユーザ情報の有無に関係なく、常時送信される。 * The pilot symbols and TPC symbol, with or without the control information or user information is transmitted at all times.
* UPCH用シンボルおよびモード1でのパイロット・シンボルおよびTPCシンボルについて、送信ON時の送信電力(Pon)と、送信OFF時の送信電力(Poff)との電力比は、5.1.1.送信特性の送信ON/OFF比の条件を満たす。 * The pilot symbols and TPC symbols in UPCH symbols and mode 1, the transmission power during transmission ON (Pon), the power ratio of the transmission power at the transmission OFF (Poff) is 5.1.1. Transmission characteristics It satisfies the condition of the transmission ON / OFF ratio.
*送信ON/OFFのパターンは無線フレーム内の16タイムスロット全てで同一である。 * Patterns of the transmission ON / OFF are identical at 16 time slots every radio frame.
* DTX制御は無線フレーム(10msec)単位に行われる。 * DTX control is carried out in radio frame (10 msec) basis.
*受信側では、常時、図96のCPS-PDU組立方法に従った処理を行う。 * On the receiving side always carries out the processing in accordance with the CPS-PDU assembling method of FIG 96. あえて制御情報もしくはユーザ情報の有無を判定する必要はない。 Not dare necessary to determine the presence or absence of control information or user information.
4.1.10. ビット送信方法 4.1.10. Bit transmission method
* CRCビットは高次から低次の順に送出する。 * CRC bits are sent from the higher order to the lower order sequence.
* TCHは入力の順に送出する。 * TCH is sent to the order of input.
*テールビットは全て“0”を送出する。 * Tail bit sends all "0".
*ダミービットは“1”とする。 * Dummy bit is "1".
*ダミーはCRC符号化の対象である。 * Dummy is a CRC code of the target.
*アイドルパターンは、選択合成単位もしくは内符号化単位のCRC符号化フィールド(図64ないし図84の網掛け部分)全てに挿入される。 * Idle pattern is inserted into all CRC coded fields in the selection combining unit or internal encoding unit (shaded portion in FIG. 64 through FIG. 84). CRC Check bitも含む。 CRC Check bit also be included. そのパターンは任意のPNパターンとする。 The pattern of any PN pattern. 論理チャネル毎に全ての内符号化単位もしくは選択合成単位で同一のパターンとする。 The same pattern in all the inner coding units or selection combining units for each logical channel. さらに本パターンは受信側において誤りが無ければCRC Check結果がNGとなるようなパターンとする。 The present pattern CRC the Check result is a pattern such that NG if there is no error at the receiving side.
4.1.11. 着信呼出制御 4.1.11. Incoming call control
4.1.11.1. 基地局(BTS)動作 4.1.11.1. The base station (BTS) behavior
*移動局は所定の方法により群分けされ、群毎に着信呼出される。 * Mobile station is grouped by a predetermined method, called incoming per group.
* BTSにおいて群分けが行われ、着信のあった移動局識別番号を含む着信情報とともに、対応する群番号が指定される。 * Grouping is performed in BTS, together with incoming call information including the mobile station identification number for which the incoming call, the corresponding group number is specified. BTSは、指定された群番号のPCHのI部(I1〜I4)で着信情報を伝送する。 BTS transmits the incoming call information in Part I of the PCH of the designated group number (I1 to I4).
* BTSは、着信情報が無い群のPCHについては、PCH内の2つのPD部(PD1,PD2)をともに“オール0”として送信し、I部は送信しない。 * BTS, for PCH group incoming call information is not, it sends two PD portions in PCH a (PD1, PD2) as both "all 0", I unit does not transmit.
* BTSは着信情報の伝送を指定された場合、併せて指定された群番号に対応するPCHのPD1およびPD2を“オール1”とし、同一PCH内のI部で指定された着信情報を伝送する。 * BTS if it is designated to transmit incoming call information, together with the "all 1" PD1 and PD2 of the PCH corresponding to the designated group number, and transmits the incoming call information specified by the I unit in the same PCH .
4.1.11.2. 移動局動作 4.1.11.2. The mobile station operations
*移動局は通常8bitのPD1のみ受信する。 * Mobile station receives only PD1 of normal 8bit. PD1の前側に隣接するパイロット・シンボル(4シンボル)を用いて同期検波受信を行う。 Performing synchronous detection receiver with pilot symbols adjacent to the front side of PD1 (4 symbols).
* PD1の(軟判定)多数決処理を行う。 * PD1 of performing the (soft decision) majority processing. 処理によって計算した値は、受信品質の劣化がない状態で、PD部がオール0の場合は“0”、オール1の場合は正のある最大値を取るものとする。 Values ​​calculated by the process, in the absence degradation of the reception quality, when the PD portion is all zeros "0", in the case of all 1 shall take maximum positive with some. 処理結果と判定閾値(M1,M2ただしM>M2)に従って以下の通り動作する。 It operates as follows in accordance with the processing result and the determination threshold (M1, M2 proviso M> M2).
(1)処理結果が判定閾値M1以上であれば、自局が属する群のいずれかの移動局に着信があったと判断し、同一PCHのI部を受信する。 (1) If the processing result determination threshold M1 or higher, it is determined that there is an incoming call to one of mobile stations of the group own station belongs, and receives the I portion of the same PCH.
(2)処理結果が判定閾値M2未満であれば、自局が属する群には着信がないと判断し、1スーパーフレーム後の自局が属する群のPD1の受信タイミングまで受信OFFとする。 (2) If the processing result is less than the determination threshold value M2, the group own station belongs is determined that the incoming is not, the reception OFF until the receiving timing of the group own station after one super frame belongs PD1.
(3)処理結果がM2以上M1未満である場合、同一PCH内のPD2を受信し、上記(1)および(2)の処理を行う。 (3) If the processing result is less than M2 than M1, receives PD2 in the same PCH, performs the processing of (1) and (2). PD2においても処理結果がM2以上M1未満である場合は、同一PCHのI部を受信する。 Again the processing result in the PD2 is less than M2 than M1 receives the I portion of the same PCH.
(4)上記(2)もしくは(3)の処理によりI部を受信し、I部に含まれる着信情報から自局に対する着信の有無を判断する。 (4) above (2) receives the I part by treatment or (3), determines whether the incoming call to the own station from the incoming information included in the I part.
4.2 伝送路インタフェース 4.2 transmission line interface
4.2.1. 主要諸元 4.2.1. Main Specifications
4.2.1.1. 1.5Mbps 4.2.1.1. 1.5Mbps
ATMセルのマッピングを図28に示す。 The mapping of ATM cells shown in FIG. 28.
4.2.1.2. 6.3Mbps 4.2.1.2. 6.3Mbps
ATMセルへのマッピングを図29に示す。 The mapping of the ATM cell shown in FIG. 29. パルスマスクは図30に示す。 Pulse mask shown in FIG. 30.
4.2.2. プロトコル 4.2.2. Protocol
4.2.2.1. ATMレイヤ 基地局(BS)−交換局間インタフェースにおけるATMレイヤのVPI、VI、CIDのコーディングを示す。 . 4.2.2.1 ATM layer base station (BS) - shows VPI of the ATM layer between the exchange station interface, VI, coding of CID. 図31にBTS-MCC間のリンク構成を示す。 Figure 31 shows the link structure between BTS-MCC.
(1)インタフェース仕様回線番号:基地局−交換局間のHWY毎に割り当てられる。 (1) Interface specifications line number: the base station - assigned to each HWY between switching centers. 物理的なHWYインタフェース実装位置と回線番号との対応は固定的に予め設定される。 Physical HWY interface mounted positions and corresponding to the line number is set fixedly in advance. 回線番号の値の範囲は1.5M-HWYならば0〜3、6.3M-HWYならば0のみである。 The range of values ​​of the line number is only 0, 1.5M-HWY if 0~3,6.3M-HWY.
VPI:VPI値は'0'のみとし、実質的に使用しない。 VPI: VPI value is the only '0', does not substantially used.
VCI:256/VPI VCI: 256 / VPI
CID:256/VCI CID: 256 / VCI
(2)ATMコネクション VCI=64:タイミングセル用。 (2) ATM connection VCI = 64: for the timing cell. BTS毎に最若番の回線番号値を使用する。 Use a line number value of the number Saiwaka for each BTS.

スーパーフレーム位相補正用以外のVCIの種別として下記の種別を設定可能とする。 It allows setting the type of the following as the type of VCI except for the super frame phase correction. あわせて各VCI種別で使用されるAAL-Typeを示す。 Together showing the AAL-Type used for each VCI types.
* BTS〜MCC間制御信号用:AAL-Type5 * BTS~MCC between the control signal for: AAL-Type5
*ページング用:AAL-Type5 * For paging: AAL-Type5
* MS-MCC間伝送信号用:AAL-Type2 * MS-MCC between the transmission signal for: AAL-Type2
BTSに複数の回線番号が設定される場合、上記のスーパーフレーム位相補正用以外の種別は、任意の回線番号上に任意数割当可能とする。 If BTS multiple line number is set, the type of non-super frame phase correction described above, and any number can be allocated on any line number. スーパーフレーム位相補正用以外の種別と、回線番号およびVCI値との対応について設定される。 A type other than for super frame phase correction is set for correspondence between the line number and VCI values.
(3)ショートセルコネクションCID値の使用方法について設定される。 (3) is set for the use of short cell connections CID value.
(4)AAL-Type指定方法有線回線設定時に指定される。 (4) as specified in the AAL-Type designation method wireline setting. 使用する伝送情報種別とAAL-Typeの対応の例を表22に示す。 Examples of corresponding transmission information types and the AAL-Type to be used are shown in Table 22. ただし、伝送情報種別とAAL-Typeとの対応を任意に設定可能である。 However, it is arbitrarily set the correspondence between the transmission information types and AAL-Type.

(5)空きセル ATM回線上の空きセルは図32に示す、ITU-T標準のIdle cellを使用する。 (5) empty cells on empty cell ATM line are shown in Figure 32, using the Idle cell of ITU-T standards. 4.2.2.2. AAL−Type2 4.2.2.2. AAL-Type2
AAL−Type2は、基地局と交換局との間のインタフェース(SuperAインタフェース)区間において伝送されるコンポジットセル(AALtype2) AAL-Type2 is composite cells transmitted in an interface (SuperA interface) section between the base station switching center (AALtype2)
のATMアダプテーションレイヤのプロトコルである。 It is of the ATM adaptation layer protocol.
(1)AAL−Type2処理部 AAL−Type2の接続形態を図33に示す。 (1) shown in FIG. 33 the connection of the AAL-Type2 processor AAL-Type2.
(2)帯域保証制御 Super−A区間において、各種サービス品質(遅延、廃棄率)を満足するために、品質クラス毎の最低帯域を保証する制御が必要となる。 (2) in the band assurance control Super-A section, various quality of service (delay, loss rate) in order to satisfy, it is necessary to control to guarantee the minimum bandwidth for each quality class.
* AAL−Type2ではショートセルレベルで品質クラスに分けれらた帯域保証を行う。 * In AAL-Type2 In short cell level perform bandwidth guarantee was divided been found in quality class.
*ショートセルの品質クラスは、(最大許容遅延時間、最大セル廃棄率)により以下の4種類に分けられる。 * The quality class of the short cell is divided into the following four types according to (the maximum allowable delay time, the maximum cell loss ratio).
品質クラス1 (5ms,10 -4 Quality class 1 (5ms, 10 -4)
品質クラス2 (5ms,10 -7 Quality class 2 (5ms, 10 -7)
品質クラス3 (50ms,10 -4 Quality class 3 (50ms, 10 -4)
品質クラス4 (50ms,10 -7 Quality class 4 (50ms, 10 -7)
*有線回線設定時に、提供するサービスに対応した品質クラスが指定される。 * To wire line set at the time, quality class corresponding to the service provided is specified.
*品質クラスに合わせてショートセルの送信順序を設定し、品質クラス毎に帯域を確保する。 * In accordance with the quality class sets the transmission order of short cells, to ensure a bandwidth for each quality class. 具体的な帯域の確保方法については5.3.5に記述する。 Described in 5.3.5 about how securing specific band.
* 1つの伝送情報単位がショートセルの最大長より長い場合には、伝送情報を分割して複数のショートセルで伝送する。 * One transmission information unit is longer than the maximum length of the short cell is transmitted in a plurality of short cells by dividing transmission information. この場合、分割した複数のショートセルは1VCI内で連続して伝送される。 In this case, a plurality of short cell divided is transmitted continuously in 1VCI. 連続性は同一VCI内でのみ保証され、異なるVCI間では保証されない。 Continuity is guaranteed only within the same VCI, but not ensured between different VCI. つまり、他のVCIの標準セルが割り込んで伝送されることができる。 In other words, it may be transmitted by interrupting the standard cell of another VCI.
4.2.2.3. AAL−Type5 4.2.2.3. AAL-Type5
基地局と交換局との間のSuperAインタフェース上で伝送されるATMセルのAALには、AAL type2とAAL type5を用いる。 The AAL ATM cell transmitted on SuperA interface between the base station and switching center, using AAL type2 and AAL type5. AAL type5では、基地局と交換局間でSSCOPプロトコルがサポートされる。 In AAL type5, SSCOP protocol is supported between the switching center and the base station.
(1)AAL−5処理部 AAL−5の接続形態を図34に示す。 (1) shown in FIG. 34 the connection of the AAL-5 processor AAL-5.
(2)帯域保証制御 Super−A区間において、各種サービス品質(遅延、廃棄率)を満足するために、品質クラス毎の最低帯域を保証する制御が必要となる。 (2) in the band assurance control Super-A section, various quality of service (delay, loss rate) in order to satisfy, it is necessary to control to guarantee the minimum bandwidth for each quality class. 下記にその品質クラスの種別を示す。 The following shows the type of the quality class.
* AAL−5ではVCIレベルで品質クラスに分けれらた帯域保証を行う。 * AAL-5 in at VCI level performing bandwidth guarantee was divided been found in quality class.
*品質クラスは、(最大許容遅延時間、最大セル廃棄率)により以下の5種類に分けられる。 * The quality class is divided into the following five types by (a maximum allowable delay time, maximum cell loss ratio).

割り込み (0, 0) ※最優先セル 品質クラス1 (5ms,10 -4 Interrupt (0, 0) ※ highest priority cell quality class 1 (5ms, 10 -4)
品質クラス2 (5ms,10 -7 Quality class 2 (5ms, 10 -7)
品質クラス3 (50ms,10 -4 Quality class 3 (50ms, 10 -4)
品質クラス4 (50ms,10 -7 Quality class 4 (50ms, 10 -7)
*有線回線設定時に、提供するサービスに対応した品質クラスが指定される。 * To wire line set at the time, quality class corresponding to the service provided is specified.
*品質クラスに合わせて標準セルの送信順序を設定し、品質クラス毎に帯域を確保する。 * In accordance with the quality class sets the transmission order of standard cells, to ensure a bandwidth for each quality class. 具体的な帯域の確保方法については5.3.5に記述する。 Described in 5.3.5 about how securing specific band.
*割り込み用バッファのセルは最優先で出力する。 * Cell of interrupt buffer outputs with the highest priority. (最小遅延かつ廃棄不可) (Minimum delay and not discarded)
4.2.3. 信号フォーマット 4.2.3. Signal format
4.2.3.1. AAL−2のフォーマット AAL−2のフォーマットを図35に示す。 4.2.3.1. Shown in Figure 35 the format of AAL-2 format AAL-2.
*スタートフィールド(1オクテット) * Start field (1 octet)
OSF:オフセットフィールド SN:シーケンスナンバー P:パリティ OSF: offset field SN: the sequence number P: parity
* SC−H(ショートセルヘッダ)(3オクテット) * SC-H (short cell header) (3 octets)
LI:ペイロード長 PPT:CPS-Packet Payload Typeペイロードの開始/継続、終了情報が含まれる。 LI: payload length PPT: start / continuation of the CPS-Packet Payload Type payload, contains an exit information.

UUI:CPS-User to User Indication UUI: CPS-User to User Indication
1つの伝送情報単位が分割されて複数のショートセルで伝送される場合、受信側での伝送情報の組立には、UUIと、分割された伝送情報を伝送する複数のショートセルが同一VCI内で連続的に送信される。 If one of the transmission information units are transmitted by being divided into a plurality of short cells, the assembly of the transmission information at the receiving side, and UUI, a plurality of short cells transmitting the divided transmission information within the same VCI It is transmitted continuously.

000/単独ショートセル 000 / single short cell
001/先頭・継続 001 / head and continuity
010/継続・後尾 010 / continuation and tail
011/継続・継続 HEC:Hedder Error Check 011 / continuation and continuation HEC: Hedder Error Check
(生成多項式=x^5+x^2+1) (Generator polynomial = x ^ 5 + x ^ 2 + 1)
* SAL(2または3オクテット) * SAL (2 or 3 octets)
図36にSALのフォーマットを示す。 Figure 36 shows the format of the SAL.

表23にSALフィールド設定方法を示す。 Table 23 shows the SAL field setting.

表24にSAL第3oct使用の有無を示す。 Indicating the presence or absence of SAL first 3oct used in Table 24.

表25にSALフィールド設定条件を示す。 It shows the SAL field set conditions are shown in Table 25.

*無線チャネルフレーム分割は、128kbps以上の非制限デジタルサービスの提供時で、256ksps以上の個別物理チャネルを使用した場合に行われる。 * Radio channel frame segmenter is a time providing more unrestricted digital service 128kbps, it takes place when using more dedicated physical channel 256Ksps. 分割の単位はユーザ情報速度64kbps(1B)の外符号化を施した単位である。 The segmentation is a unit subjected to outer encoding the user information rate 64 kbps (1B). 図78〜図80参照。 Figure 78 to Figure 80 reference.
*未使用時はau 0とする。 * Unused at the time of the au 0.
*マルチコード伝送を適用するのはDTCHとUPCHのみである。 * To apply multi-code transmission is only DTCH and UPCH. よってRCNはDTCHとUPCHに対してのみ使用される。 Therefore RCN is used only for DTCH and UPCH.

4.2.3.2. AAL−5のフォーマット AAL−5のフォーマットを図37に示す。 4.2.3.2. FIG. 37 shows the format of the format AAL-5 in the AAL-5.

LASTセルにはPADとCPCS−PDUトレイラが付加されている。 The LAST cells are added PAD and CPCS-PDU trailer.
* PAD(CPCSパッディング) * PAD (CPCS padding)
フレームが48OCTになるように調整(ALL0) Adjusted so that the frame becomes 48OCT (ALL0)
* CPCS−PDUトレイラ * CPCS-PDU trailer
CPCS-UU:CPCSユーザー間表示 上位レイヤで使用する情報を透過的に転送 CPI:共通部種別表示 用途は未定。 CPCS-UU: CPCS user between display higher layers transparently transferring information used in CPI: Common part type indicator applications undecided. 現状はALL0を設定 LENGTH:CPCS-PDUペイロード長 ユーザー情報長をバイト単位で表示 CRC:巡回冗長符号 CPCSフレーム全体の誤り検出 生成多項式=X 32 +X 26 +X 23 +X 22 +X 16 +X 12 +X 11 +X 10 +X 8 +X 7 +X 5 +X 4 +X 2 +X+1 Current situation sets the ALL0 LENGTH: CPCS-PDU displays the payload length user information length in bytes CRC: Cyclic Redundancy Code CPCS entire frame error detection generator polynomial = X 32 + X 26 + X 23 + X 22 + X 16 + X 12 + X 11 + X 10 + X 8 + X 7 + X 5 + X 4 + X 2 + X + 1
4.2.3.3. タイミングセル BTSにおける立ち上げ時のSFN(System Frame Namber)同期の確立処理に使用するタイミングセルの信号フォーマットを図38に示す。 4.2.3.3. At startup in the timing cell BTS SFN the (System Frame Namber) signal format of a timing cell to use the synchronization establishment process shown in Figure 38. 信号フォーマット中の情報要素の設定方法を表26に示す。 The method of setting the information elements in the signal format shown in Table 26.

タイミングセルを使用したBTSのSFN同期確立方法は5.3.8参照。 SFN synchronization establishing method see 5.3.8 of BTS using the timing cell.

4.2.4. クロック生成 生成するクロック(例) 4.2.4. The clock generator generates clock (Example)
(1)無線シンセサイザ基準クロック (1) wireless synthesizer reference clock
(2) 4.096Mcps (チップレート) (2) 4.096Mcps (chip rate)
(3) 1/0.625msec (無線タイムスロット) (3) 1 / 0.625msec (wireless time slot)
(4) 1/10msec (無線フレーム) (4) 1 / 10msec (radio frame)
(5) 1/640msec (無線スーパーフレーム、位相0〜63) (5) 1 / 640msec (radio super frame, the phase 0 to 63)
(6) 1.544Mbps、6.312Mbps(伝送路クロック) (6) 1.544Mbps, 6.312Mbps (line clock)
5. 5. 機能構成 Functional configuration
5.1. 無線部、送受信増幅部 5.1. Radio unit, transceiver amplifying unit
5.1.1. パイロット同期検波RAKE 5.1.1. The pilot synchronous detection RAKE
5.1.1.1. パイロット同期検波RAKE構成 5.1.1.1. The pilot synchronous detection RAKE configuration
(1)RAKE合成部 各ダイバーシチ・ブランチ(空間及びセクタ間)に対して、十分な受信特性が得られるようにフィンガを割り当てる。 (1) to the RAKE combining section each diversity branch (between space and sector), allocates the fingers so that sufficient receiving characteristics can be obtained. 各ブランチへのフィンガの割り当てアルゴリズムは特に規定しない。 Allocation algorithm of the finger to each branch is not particularly defined. ダイバーシチ合成方法は最大比合成とする。 Diversity combining method is maximum ratio combining.
(2)サーチャ 受信中の各ブランチの中から、最良の受信特性が得られるようにRAKE合成するパスを選択する。 (2) from each branch of the searcher receiving, selects a path to RAKE combining as best reception characteristic can be obtained.
(3)パイロット同期検波チャネル推定法 (3) Pilot synchronized detection channel estimation method
0.625ms周期に受信するパイロットブロック(4パイロット・シンボル)を用いて同期検波を行う。 Performing synchronous detection by using the pilot block (4 pilot symbols) to be received 0.625ms period.
5.1.1.2. マルチパイロットブロックを用いるチャネル推定 情報シンボル区間前後の複数パイロットブロックを用いるチャネル推定方法を図40に示し、詳細を以下に示す。 5.1.1.2. The channel estimation method using multiple pilot blocks before and after the channel estimation information symbol section using a multi-pilot block shown in FIG. 40, in detail below.
Case
*前後各々3パイロットブロックを平均化する場合の、時刻t=0における-3Tp<t< - 2Tpの情報シンボル区間のチャネル推定処理を下記に示す。 * In the case of averaging the longitudinal each 3 pilot blocks, -3Tp at time t = 0 <t <- shows a channel estimation process 2Tp information symbol section below.
(a)P1〜P6の各パイロットブロックについて各々QPSK変調を戻す。 (A) returning each QPSK modulation for each pilot blocks P1 to P6.
(b)P1〜P6の各パィロットブロック4シンボルの同相、直交成分について各々平均値を求める。 (B) phase of each Pai lot blocks 4 symbols of P1 to P6, obtaining the respective mean value for the quadrature component.
(c)各平均値にα1〜α3の重み係数を掛け、加算する。 (C) multiplied by the weight coefficient of α1~α3 each average value is added.
(d)得られた結果をP3とP4の間の情報シンボル区間(斜線部)のチャネル推定値とする。 (D) is obtained results and channel estimation value of the information symbol period (hatched portion) between P3 and P4.
5.2. ベースバンド信号処理部 5.2. The baseband signal processing unit
5.2.1. 送信電力制御 5.2.1. Transmission power control
5.2.1.1. 送信電力制御概要 5.2.1.1. Transmission power control Overview
(1)RACH送信電力制御 BTSはBCCHにより、とまり木チャネルの送信電力及び、上り干渉電力を報知している。 (1) RACH transmission power control the BTS BCCH, the transmission power of the perch channel and has informed the uplink interference power. 移動局はこれらの情報を基にRACHの送信電力を決定する。 The mobile station determines the transmission power of the RACH based on these information.
(2)FACH送信電力制御 RACHには移動局が測定したとまり木チャネル受信SIRが含まれている。 (2) The FACH transmission power control RACH contains perch channel receiving SIR of the mobile station is measured. BTSはこの情報を基に受信したRACHに対応するFACHの送信電力を決定し、送信情報とともに送信電力値を指定する。 BTS determines the transmission power of FACH corresponding to the RACH received based on this information, specifying the transmission power value together with the transmission information. 送信電力値は情報を送信する毎に変化しうる。 Transmission power value may vary from transmitting information.
(3)個別物理チャネルの上り/下り送信電力制御 初期送信電力については,RACHおよびFACHと同様に決定する。 (3) For uplink / downlink transmission power control initial transmission power of the dedicated physical channel, it is determined as RACH and FACH. その後,BTSおよび移動局はSIRベースの高速クローズドループ制御に移行する。 Thereafter, BTS and the mobile station moves at a high speed closed loop control of the SIR-based. クローズドループ制御では、受信側で周期的に受信SIRの測定値と基準SIR値の比較を行い、比較結果をTPCビットにより送信側に通知する。 In closed loop control, periodically compares the measured value and the reference SIR value of the received SIR at the receiving side, the comparison result is notified to the transmission side by the TPC bit. 送信側では、TPCビットに従い、送信電力の相対制御を行う。 On the transmission side, in accordance with the TPC bit, it performs relative control of the transmission power. 所要の受信品質を満足するために、受信品質に応じて基準SIR値を更新するアウタループ機能を有しており、基準SIR値をに対して指定する。 To satisfy the required reception quality, it has a outer loop function of updating the reference SIR value according to the reception quality, specified for the reference SIR value. 下りについては、送信電力値の上限と下限を設定する範囲制御を行う。 For downlink, it does range control to set the upper and lower limits of the transmission power value.
(4)パケット伝送時の送信電力制御 UPCHの場合は、上記(3)と同様の制御を行う。 (4) When the transmission power control UPCH of time of packet transmission, performs the same control as above (3). パケット伝送時のRACHについては、上記(1)と同様の制御を行う。 The RACH during packet transmission, and controls the same manner as in (1). パケット伝送時のFACHについては、送信電力範囲指定で指定された送信電力値で常時送信する。 The FACH during the packet transmission, and transmits always at transmission power value specified by the transmission power range designation. 上記(2)と異なり、情報を送信する毎に送信電力値は変化させない。 Unlike the (2), the transmission power value whenever transmitting the information is not changed.
5.2.1.2. SIRベースの高速クローズドループ送信電力制御 5.2.1.2. SIR based high speed closed loop transmission power control
(1)基本動作 BTS(移動局)において送信電力制御周期(0.625ms)毎に受信SIRの測定を行い、基準SIR値よりも大きい場合はTPCビット='0',基準SIR値よりも小さい場合はTPCビット='1'とし、移動局(BTS)に対し2ビット連続で伝送する。 (1) performs a measurement of the received SIR for each transmission power control period (0.625 ms) in the basic operation BTS (mobile station), is greater than the reference SIR value TPC bit = '0', it is smaller than the reference SIR value is the TPC bit = '1', is transmitted in 2 consecutive bits to the mobile station (BTS). 移動局(BTS)ではTPCビットを軟判定し、'0'と判定した場合は送信電力を1dB下げ、'1'と判定した場合は送信電力を1dB上げる。 Mobile station (BTS) in TPC bit soft decision, if it is determined that "0" is lowered 1dB the transmission power, if it is determined as '1' increased 1dB the transmission power. 送信電力の変更タイミングは、パイロットブロックの直前とする。 Changing the timing of the transmission power, and immediately before the pilot block. 上りについては最大送信電力,下りについては最大送信電力と最小送信電力が指定され、その範囲内での制御を行う。 Maximum transmission power for the uplink, the maximum transmission power and minimum transmission power is designated for the downlink, it performs control within that range. (図41参照) (See Figure 41)
同期が外れてTPCビットを受信できない場合には、送信電力値は一定とする。 If the synchronization is not able to receive the TPC bit off, the transmission power value is constant.
(2)上り/下りフレームタイミング 上り/下りの通信チャネルのフレームタイミングは、パイロット・シンボル位置が1/2スロットシフトするようにし、1スロット制御遅延の送信電力制御が実現できるような構成とする。 (2) frame timing of the communication channel of the uplink / downlink frame timing uplink / downlink, the pilot symbol positions so as to 1/2 slot shift, transmission power control of one slot control delay is configured to, as can be realized. (図42参照) (See Figure 42)
(3)初期動作 初期状態からクローズドループ制御への移行方法を図43に示す。 (3) shows the initial operation initial state in FIG. 43 how to migrate to closed loop control.

図43(A)の下り送信電力制御をまず説明する。 The downlink transmission power control in FIG. 43 (A) will be described first.
*下りSIR測定結果に基づくTPCビットを受信できるようになるまでは、固定の送信電力制御パターンで送信する。 * Until it can receive the TPC bit based on the downlink SIR measurement result, and transmits the transmission power control pattern fixed. これが初期動作である。 This is the initial operation.
*初期動作は送信電力を徐々に上げるような、制御パターンで送信するが、これは2段階に分けられる。 * The initial operation such as gradually increasing the transmission power, but transmits the control pattern, which is divided into two stages.
(a)BTSは、第1送信電力増加過程として、所定の間隔毎に、所定回数連続して、所定量づつ送信電力を増加させる。 (A) BTS as a first transmission power increase process, at predetermined intervals, the predetermined number of times in succession to increase the predetermined amount at a time transmit power. 第1送信電力増加過程を終了した時点で、指定された初期送信電力値となる。 After completing the first transmission power increase process, the designated initial transmission power value. これら所定の値は予め設定される。 These predetermined values ​​are set in advance. この第1送信電力増加過程は、大きな送信電力を急激に送信することによる、他の移動局への干渉電力の急激な増加を避けることを目的とする。 The first transmission power increase process, by sending a large transmission power abruptly, aims to avoid a sudden increase in interference power to other mobile stations.

所定の値は、他の移動局が送信電力制御により干渉電力量の変動に追従可能な程度に段階的に送信電力を増加させるように設定される。 Predetermined value, the other mobile stations is set to increase stepwise the transmission power to the extent capable of following the variation of the interference power amount by the transmission power control. このとき下りチャネルで伝送するTPCビットは、移動局の送信電力が徐々に増加するような固定パターンとする(例:011011011...)。 TPC bits to be transmitted in this time the downlink channel, the fixed pattern such as the transmission power of the mobile station is gradually increased (e.g., 011011011 ...). このパターンは予め設定される。 The pattern is set in advance.

第1送信電力増加過程中に上り個別物理チャネルの同期が確立した場合には、増加過程を中止し、移動局から受信したTPCビットに従い、高速クローズドループ送信電力制御を行う。 If the synchronization of the dedicated physical channel uplink during the first transmission power increase process has been established, stop increasing process, in accordance with the TPC bit received from the mobile station performs high speed closed loop transmission power control.
(b)さらにBTSは、上りフレーム同期を確立するまでの間、第2送信電力増加過程として、所定の間隔毎に所定量づつ送信電力制御を増加させていく。 (B) In addition the BTS until establishing the uplink frame synchronization, the second transmission power increasing process, gradually increasing the predetermined amount at a time the transmission power control at predetermined intervals. これら所定の値は、上記(a)の所定の値とは別に予め設定される。 These predetermined values ​​are separately set in advance the predetermined value of the (a). この第2送信電力制御増加過程は、設定された初期送信電力値が、移動局にとって下り無線フレーム同期を確立するのに不足であった場合においても、送信電力を徐々に増加させることにより下り無線フレーム同期確立を保証するための過程である。 The second transmission power control increase process, the initial transmission power value is set, in the case were insufficient to establish a downlink radio frame synchronization for the mobile station also, a downlink radio by gradually increasing the transmission power a process for ensuring the establishment of frame synchronization. 本過程の所定の間隔は、比較的長い間隔であり、1〜数秒程度である。 Predetermined spacing of the process is relatively long intervals, a 1 a few seconds. この下りの送信電力制御のパターンは干渉量等により変えることも可能である。 Pattern of transmission power control of the downlink can be changed by the interference amount and the like.
(c)移動局は下りフレーム同期を確立すると、オープンループで決定した送信電力を初期値として、BTSから受信したTPCビットに従い送信電力の相対制御を行う。 (C) the mobile station when establishing a downlink frame synchronization, the transmission power determined in open loop as an initial value, performing the relative control of the transmission power in accordance with the TPC bits received from the BTS. このとき上りチャネルで伝送するTPCビットは、下りSIR測定結果に基づき決定する。 In this case TPC bits to be transmitted in the uplink channel is determined based on the downlink SIR measurement result. (図43(B)参照) (FIG. 43 (B) refer)
(d)BTSは上りフレーム同期を確立すると、移動局から受信したTPCビットに従い送信電力の相対制御を行う。 (D) BTS, upon establishing an uplink frame synchronization, performs relative control of the transmission power in accordance with the TPC bit received from the mobile station.
*上述の固定TPCビットパターンは、BTSがセル全体の干渉量により、変化させることができる。 * Above fixed TPC bit pattern, BTS is the interference level of the whole cell can be varied.
*上述の上り送信電力制御は、基地局からの固定TPCビットパターンにより行っているが、これを移動局に予め設定された固定制御パターンにより、同様の送信電力制御を行ってもよい。 * The uplink transmission power control described above, is performed by a fixed TPC bit pattern from the base station, which the preset fixed control pattern to the mobile station may perform the same transmission power control. この場合はパターンを変えることができない。 This can not change the pattern in the case.
*移動局からの上りの送信電力の初期値を、上述ではオープンループで決定しているが、基地局から送られた初期値を用いるようにしてもよい。 * The initial value of the uplink transmission power from the mobile station, although the above is determined by the open loop, may be used an initial value sent from the base station. この構成では、基地局が初期値を決定できるので、より最適な初期値を設定することができる。 In this configuration, since the base station can determine the initial value, it is possible to set a more optimal initial value.
(4)SIR測定方法SIR測定についての要求条件は以下の通り。 (4) requirements are as follows for the SIR measurement method SIR measurement.
・(2)に示した1スロット制御遅延の送信電力制御が実現できる。 · (2) to 1 transmission power control of the slot control delay shown it can be realized.
・SIR測定精度が高い。 · A high SIR measurement accuracy.
測定例を以下に示す。 It shows a measurement example below.
(A)受信信号電力(S)の測定 (A) received signal power measurement of the (S)
(a)Sの測定はスロット単位(送信電力更新単位)毎に行い、RAKE合成後のパイロット・シンボルを用いる。 (A) Measurement of S is performed for each slot unit (transmission power updating unit), using pilot symbols after RAKE combining.
(b)複数シンボルの同相,直交成分の絶対値の平均値の振幅2乗和を受信信号電力とする。 (B) a plurality of symbols of the same phase, the amplitude square sum of the average value of the absolute value of the orthogonal component and the received signal power.
(B)干渉信号電力(I)の測定 (B) an interference signal power measurement of the (I)
(a)1パイロットブロックの複数パイロット・シンボル及びオーバヘッドシンボルのRAKE合成後の平均信号電力を求める。 (A) determining the average signal power after RAKE combining of multiple pilot symbols and overhead symbols in 1 pilot block.
(b)前述の平均信号電力のルートを用い、各パイロット・シンボルのQPSK変調を戻して(象限検出)各パイロット・シンボルにおける基準信号点とする。 (B) using the average signal power of the root of the above, return the QPSK modulation of the pilot symbol (quadrant detection) and reference signal points in each pilot symbol.
(c)1パイロットブロックのパイロット・シンボルの受信点と基準信号点の距離の2乗平均値を求める。 (C) determining the mean square value of the distance of the received point and the reference signal point of the pilot symbols of one pilot block.
(d)前述の2乗平均値をMフレーム(M:1〜100)にわたって移動平均し干渉信号電力を求める。 (D) M frame mean square value of the above (M: 1 to 100) obtains a moving average interference signal power over.
5.2.1.3. アウタループ BTS、およびMCCは、所要受信品質(平均FER、あるいは平均BER)を満足するため、品質情報に応じて高速クローズドループ送信電力制御の基準SIRを更新するアウタループ機能を有する。 5.2.1.3. The outer loop BTS, and MCC in order to satisfy the required reception quality (average FER or average BER,), having an outer loop function of updating the reference SIR of the high speed closed loop transmission power control in accordance with quality information. MCCではDHO時に選択合成後品質をもとにアウターループの制御を行う。 It performs the control of the outer loop on the basis of the DHO at selected post-synthesis quality in MCC.
(1)基準SIR値の補正法 基準SIRの初期値は指定する。 (1) the initial value of the correction method reference SIR reference SIR value is specified. 受信品質の測定結果に基づき基準SIRを更新する。 It updates the reference SIR based on the reception quality measurement results. ただしMCCおよびBTSともに、主な基準SIRの更新の決定を行う。 However MCC and BTS together, make a determination of the update of the main criteria SIR. 具体的な方法を以下に述べる。 Describe the specific method described below.
i)品質監視の開始を指定。 i) specify the start of the quality monitoring.
ii)常時指定された品質監視を実行し、品質監視結果を通知する。 ii) Perform all times specified quality monitoring, and notifies the quality monitoring results.
iii)報告された品質監視結果に従い、基準SIRの更新を行うか判断する。 iii) according to the result reported quality monitoring, determines whether to update the reference SIR. 更新を判断した場合には、基準SIRを設定して、基準SIR更新を指定する。 If it is determined the update, set the reference SIR, specifying the reference SIR update.
5.2.1.4. セクタ間タイバーシチ・ハンドオーバ時の送信電力制御 セクタ間タイバーシチ・ハンドオーバ時は、上り/下りとも、セクタ間最大比合成後に受信SIRの測定及び、TPCビットの復調を行う。 5.2.1.4. Inter-sector Taibashichi-Taibashichi handover time between transmission power control sectors during handover, both uplink / downlink, measurement and reception SIR after inter-sector maximal ratio combining, to demodulate the TPC bits. また下りTPCビットは、複数セクタから同一の値を送信する。 The downlink TPC bit transmits the same value from a plurality of sectors. 従って,タイバーシチ・ハンドオーバを行っていない場合と同様の送信電力制御を行う。 Thus, the same transmission power control as in the case not performing Taibashichi handover.
5.2.1.5. セル間タイバーシチ・ハンドオーバ時の送信電力制御 5.2.1.5. Transmission power control during inter-cell Taibashichi handover
(1)上り送信電力制御(図44参照) (1) uplink transmission power control (see Figure 44)
(a)BTS動作 各BTSは、タイバーシチ・ハンドオーバを行っていない場合と同様に上り受信SIRを測定し、その測定結果に基づいて決定したTPCビットを移動局に対して伝送する。 (A) BTS operation each BTS measures the uplink reception SIR as in the case of not performing Taibashichi handover, transmitting a TPC bit determined based on the measurement result to the mobile station.
(b)移動局動作 TPCビットをBTS単位で独立に受信する(セクタ間ダイバーシチは行う)。 (B) receiving a mobile station operating TPC bits independently in BTS units (inter-sector diversity performed). 同時にBTS毎のTPCビットの信頼度(受信SIR)を測定する。 Simultaneously measuring the reliability of the TPC bits per BTS (reception SIR). 所定の信頼度を満足するTPCビットの軟判定多数決結果の中に'0'が一つでもあれば送信電力を1dB下げる。 Predetermined level of reliability in the TPC bit soft decision majority result satisfies '0' is lowered 1dB the transmission power if even one. 全て'1'の場合は送信電力を1dB上げる。 For all '1' increased 1dB the transmission power.
(2)下り送信電力制御(図45参照) (2) the downlink transmission power control (see Figure 45)
(a)BTS動作 各BTSは、タイバーシチ・ハンドオーバを行っていない場合と同様に,受信したTPCビットに従い送信電力を制御する。 (A) BTS operation Each BTS, as if not subjected to Taibashichi handover, controlling transmission power in accordance with the TPC bits received. 上り同期が外れてTPCビットを受信できない場合には、送信電力値は一定とする。 If the uplink synchronization can not receive TPC bit off, the transmission power value is constant.
(b)移動局動作 サイトダイバーシチ合成後の受信SIRを測定し、その測定結果に基づいて決定したTPCビットを各BTSに対して伝送する。 (B) receiving SIR after the mobile station operation site diversity combining to measure, it transmits the TPC bit determined based on the measurement result for each BTS.
5.2.2. 同期確立処理 5.2.2. Synchronization establishment process
5.2.2.1. 移動局立ち上げ時 5.2.2.1. When the mobile station start-up
(a)各セクタは、ロングコードの一部をマスクしたとまり木チャネルを送信している。 (A) Each sector is transmitting the perch channel that masks part of the long code. 移動局は立ち上げ時に、ロングコード3段階初期同期法により、セクタ選択を行い、とまり木チャネル同期を確立する。 Mobile station at the time of launch, the long code 3-step initial synchronization method, performs sector selecting establishes perch channel synchronization.
(b)とまり木チャネルは、自セクタ番号と周辺セルのロングコード番号を報知している。 (B) the perch channel is notified long code number of its own sector number and the peripheral cell. 移動局は、この報知情報を基に、同一セル内他セクタ及び周辺セル内セクタのとまり木チャネル同期を確立し、とまり木チャネルの受信レベル測定を行う。 Mobile station, based on the broadcast information, to establish a perch channel synchronization in the same cells in other sectors and neighboring cells within the sector performs reception level measurement of the perch channel. 移動局はとまり木チャネル受信レベル比較により,待ち受け中のセクタ移行判定を行う。 Mobile station by perch channel receiving level comparison, performs sector shift determination in standby.
5.2.2.2. ランダム・アクセス受信 位置登録時や発着信時に、移動局はRACHを送信する。 5.2.2.2. At the time of random access reception position registration or when the incoming and outgoing call, the mobile station transmits the RACH. BTSは複数のフレームオフセットで送信されたRACHの同期を確立し受信する。 BTS receives establishes synchronization of the RACH transmitted at a plurality of frame offsets.

図85ないし図88に示すように、10msecあたり4種類のオフセットタイミングで送信される全てのRACH土およびRACH-Sの受信処理を0.625msec以内に完了できるように、RACHの受信同期確立できる。 As shown in FIG. 85 to FIG. 88, the reception processing of all the RACH earth and RACH-S to allow complete within 0.625msec sent in four offset timings per 10 msec, it can receive the synchronization establishment of the RACH. 受信処理には、デインタリーブ、ビタビ復号、CRC復号を含み、Ackの送信の必要性の有無を判定できるまでを含む。 The reception processing, deinterleaving, Viterbi decoding, includes a CRC decoding, including up can be determined whether the necessity of transmission of the Ack.

BTSでは、RACH受信タイミングの所定タイミングからの遅延時間により、移動局とBTS間の往復の伝搬遅延時間を測定し、報告する。 In BTS, the time delay from a predetermined timing of the RACH receive timing, and measures the propagation delay time of reciprocating between a mobile station and a BTS, it reported.
5.2.2.3. 個別チャネル同期確立時(図87参照) 5.2.2.3. Individual channel synchronization establishment time (see FIG. 87)
SDCCH及びTCHの同期確立手順の概要を示す。 It shows an outline of SDCCH and TCH synchronization establishment procedure. 詳細な同期確立処理フローを図46に示す。 Detailed synchronization establishment process flow is shown in Figure 46.
(a)BTSは下りチヤネルの送信を開始する。 (A) BTS begins transmitting the downlink channel.
(b)移動局はとまり木チャネルの同期情報及び、網から通知されたフレームオフセット群、スロットオフセット群を基に、下りチャネルの同期を確立する。 (B) synchronization information of the mobile station perch channel and frame offset group notified from the network, based on the slot offset group, to establish synchronization of the downlink channel.
(c)移動局は下りチャネルと同一フレームタイミングで上りチャネルの送信を開始する。 (C) the mobile station starts transmission of the uplink channel at the same frame timing to the downstream channel.
(d)BTSはMCCから指定されたフレームオフセット群,スロットオフセット群を基に上りチャネル同期を確立する。 (D) BTS establishes uplink channel synchronization based on the frame offset group designated by the MCC, the slot offset group. ここで、実際の同期タイミングは、移動局とBTS間の往復の伝搬遅延時間だけずれるため、ランダム・アクセス受信時に測定した往復の伝搬遅延時間を利用し、同期確立のためのサーチ範囲の短時間化を図ることが可能である。 Here, the actual synchronization timing, since the offset by the propagation delay time of reciprocating between a mobile station and a BTS, using the round-trip propagation delay time measured at the random access reception, short search range for establishing synchronization it is possible to achieve reduction.
5.2.2.4. セル間タイバーシチ・ハンドオーバ時 タイバーシチ・ハンドオーバ開始時においても、移動局の送信する上り個別物理チャネルと、タイバーシチ・ハンドオーバ元BTSの送信する下り個別物理チャネルについては、その無線フレームナンバおよびロングコード位相は通常通り連続的にカウントアップされ、瞬間的に変化しない。 5.2.2.4. Also in Taibashichi handover during Taibashichi handover start between cells, and an uplink dedicated physical channel transmitted by the mobile station, the downlink dedicated physical channel transmitted by the Taibashichi handover source BTS, the radio frame number and long code phase is normally continuously counted up, it does not change instantaneously. 当然ながら搭載されるユーザ情報も連続性が保証され、瞬断を引き起こすことはない。 User information course mounted also ensures continuity, does not cause instantaneous interruption.

タイバーシチ・ハンドオーバ開始時の同期確立手順の概要を示す。 It shows an overview of the synchronization establishment procedure of Taibashichi handover at the start. (図88参照) (See Figure 88)
(a)移動局は送信中の上り個別物理チャネルとハンドオーバ先BTSで送信しているとまり木チャネルとの、同一フレームナンバでの無線フレームのフレーム時間差を測定し、網に通知する。 (A) mobile station measures the uplink dedicated physical channel and the perch channel transmitting at handover destination BTS, the frame time difference between radio frames of the same frame number in the transmission, and notifies the network. 測定値はとまり木チャネルのフレーム・タイミングに対する、上り個別物理チャネルのフレームタイミングの時間差でる。 Measurements for the frame timing of the perch channel, out time difference between the frame timing of the uplink dedicated physical channel. chip単位の、常に正の値であり、その範囲は0〜「上りロングコード周期−1」chipである。 Of chip units, it is always a positive value, the range is 0 "uplink long code period -1" chip.
(b)移動局は、フレーム時間差測定値をレイヤ3信号として、上り個別物理チャネルのACCHでタイバーシチ・ハンドオーバ元BTSを介し、BSCに通知する。 (B) mobile station, the frame time difference measurement as the Layer 3 signal, via the Taibashichi handover source BTS in ACCH of the uplink dedicated physical channel, and notifies the BSC.
(c)BSCは、フレーム時間差測定値を、発着信接続時に設定されたフレームオフセットおよびスロットオフセットと併せて、タイバーシチ・ハンドオーバ先BTSにレイヤ3信号にて通知する。 (C) BSC is a frame time difference measurements, in conjunction with the set frame offset and slot offset at incoming and outgoing connection, and notifies at Layer 3 signal Taibashichi handover destination BTS.
(d)ハンドオーバ先BTSは、上記のフレーム時間差測定値と、フレームオフセットおよびスロットオフセットの通知を受け、それらの情報を利用して下り個別物理チャネルの送信を開始するとともに移動局が送信中の上り個別物理チャネルの同期確立処理を開始する。 (D) the handover destination BTS is the above frame time difference measurement, receives a notification of the frame offset and slot offset, uplink mobile station is transmitting starts the transmission of utilizing this information in downlink dedicated physical channel initiating synchronization establishment processing dedicated physical channel. 具体的な下り個別物理チャネルの送信タイミング、および上り個別物理チャネルの同期確立方法は4.1.3参照。 Specific downlink dedicated physical channel transmission timing, and the synchronization establishing method of the uplink dedicated physical channel reference 4.1.3.
5.2.2.5. 同一セル内他セクタのとまり木チャネル同期 同一セル内の各セクタは、システムで決められた位相差で、同一ロングコード,同一ショートコードで拡散したとまり木チャネルを送信している。 5.2.2.5. Each sector of the perch channel synchronization in the same cell of the same cell in another sector, with a phase difference which is determined by the system, and transmits the same long code, the perch channel which is spread by the same short code. 移動局は初期同期完了後、待ち受けセクタから報知情報を受信する。 After the mobile station initial synchronization completion, it receives the broadcast information from waiting sectors. 報知情報には、自セクタ番号及び、同一セル内セクタ数が書き込まれている。 The broadcast information includes the own sector number and the same cell number of sectors is written. 移動局はこの情報により、同一セル内他セクタのロングコード位相を特定し、とまり木チャネル同期を確立する。 Mobile station by this information, identifies the long code phases of the same cell in another sector, establishes the perch channel synchronization.
5.2.2.6. 個別チャネルの同期確立判定方法 5.2.2.6. Synchronization establishment determination method of the dedicated channel
(a) チップ同期 BTSは受信すべきチャネルの上りロングコード位相を把握している。 (A) Chip synchronization BTS grasps the uplink long code phase of the to be received channel. BTSはパスサーチを行い、相関検出値の高いパスをRAKE受信する。 BTS performs path search and RAKE receiving a high correlation detection values ​​path. 5.1.2で示した伝送特性を満足していれば,直ちにRAKE受信が可能である。 If satisfied the transmission characteristics shown in 5.1.2, it is possible to immediately RAKE reception.
(b) フレーム同期 ロングコードの位相とフレームタイミングとは一意に対応しているため、基本的にはフレームタイミングをサーチする必要はなく、チップ同期確立後のロングコード位相に対応するフレームタイミングでフレーム同期を確認するだけでよい。 (B) because it corresponds uniquely to the frame synchronization of the long code phase and the frame timing, there is no need to search for the frame timing is basically the frame at the frame timing corresponding to the chip after establishing synchronization of the long code phase it is only necessary to check the synchronization. 個別物理チャネルに対するBTSのフレーム同期確立判定条件は、SWの不一致ビット数がNb以下である無線フレームがSRフレーム以上連続した場合とする。 Frame synchronization establishment determination condition BTS for the dedicated physical channel, and if the wireless frame the number of inconsistent bits of SW is less than Nb are continuously or SR frames.
(c) スーパーフレーム同期 個別物理チャネルにはFNを示すビットが存在しないため、暗黙的にフレームナンバを判定し、スーパーフレーム同期を確立する。 Because the (c) Super frame synchronization dedicated physical channel does not exist bit indicating FN, implicitly determines frame number, establishing a super-frame synchronization.

上り個別物理チャネルについては、図87に示すとおり、上りロングコードの位相0のタイミングから、フレームオフセット+スロットオフセットだけ遅れたタイミングでフレームナンバ0となるように、個別物理チャネルのフレームナンバは設定される。 Up for the dedicated physical channel, as shown in FIG. 87, the timing of the phase 0 of the uplink long code, so that the frame number 0 at a timing delayed by the frame offset + slot offset, frame number of the dedicated physical channel is set that. このロングコード位相とフレームナンバとの関係は、発着信接続後、タイバーシチ・ハンドオーバを繰り返したとしても、無線チャネルが解放されるまで変わらない。 The relationship between the long code phase and the frame number after sending and receiving connection, even repeated Taibashichi handover, unchanged until the radio channel is released.

下り個別物理チャネルについては、とまり木チャネルのフレームタイミングに対し、所定の時間ずれたタイミングの無線フレームのフレームナンバを、とまり木チャネルのSFNのmodulo 64の値とする。 For downlink dedicated physical channel, relative to the frame timing of the perch channel, the frame number of the radio frame timing shifted by a predetermined time, a value of modulo 64 of SFN of the perch channel. 所定の時間は、発着信接続時には図87に示すとおりフレームオフセット+スロットオフセットである。 The predetermined time, the time of incoming and outgoing connection is a frame offset + slot offset as shown in Figure 87. タイバーシチ・ハンドオーバ時には図88に示すとおり、フレーム時間差測定値-1/2slot-αである。 During Taibashichi handover as shown in FIG. 88 is a frame time difference measurement value -1 / 2slot-α. αは、フレーム時間差測定値-1/2slotをシンボル単位にするための切り捨て値である。 α is the cutoff value for the frame time difference measurement value -1 / 2slot in symbol units.
(2)再同期 本システムでは常時最適パスのサーチをサーチヤャーで行うことにより、常時最同期を図っていることと等価である。 (2) by performing a search always the best path in the resynchronization present system Sachiyaya is equivalent to that aim to top always synchronized. よって、特別な再同期確立処理手順を設けない。 Thus, not provided with a special re-synchronization establishment procedure.
5.2.3. 同期外れ判定方法 個別物理チャネルに対するBTSの無線区間同期外れ判定方法を以下に示す。 5.2.3. Below the out-of-synchronization determination method determines how out radio section BTS synchronization for dedicated physical channels. 無線フレーム毎に、以下の2条件について状態を監視する。 For each radio frame, to monitor the state for the following two conditions.
条件1:SWの不一致ビット数がNb以下条件2:DTCHの選択合成単位、もしくはUPCHの内符号化単位のCRC OK Condition 1: SW mismatch bit number Nb following conditions 2: DTCH selection combining unit or internal encoding unit of UPCH, CRC OK
上記2条件を双方満足しない無線フレームがSFフレーム以上連続した場合に、同期外れ状態と判定する(前方同期保護段数:SF)。 If the wireless frame not both satisfy the above two conditions are continuously or SF frame, determines that the out-of-sync condition (forward synchronization protection stage count: SF).

同期外れ状態において、上記の2条件の内、一方でも満足する無線フレームがSRフレーム以上連続した場合に、同期保持状態と判定する(後方同期保護段数:SR)。 In out-of-sync state, of the two conditions described above, when the wireless frame is continuous or SR frames even one satisfied, determines that the synchronization holding state (backward synchronization protection stage count: SR).
5.2.4. ハンドオーバ制御 5.2.4. Handover control
5.2.4.1. 同一セル内セクタ間タイバーシチ・ハンドオーバ 1セル内でのセクタ間タイバーシチ・ハンドオーバを行うセクタ数は、最大3とする。 5.2.4.1. The number of sectors to perform inter-sector Taibashichi handover in the same between cells within a sector Taibashichi handover within one cell, and up to 3.
(1)上り (1) up
*物理チャネルの全シンボルについて、複数セクタアンテナからの受信信号のスペースダイバーシチと同様に最大比合成を行う。 * For all symbols of the physical channel, the maximum ratio combining as with space diversity of the received signal from a plurality of sectors antennas.
*最大比合成後のTPCシンボルを用いて、下りの送信電力制御を行う。 * Using TPC symbols after the maximum ratio combining, performs transmission power control of the downlink.
*最大比合成後の受信品質を用いて、上り送信電力制御を行う。 * Using the received quality after the maximal ratio combining performs uplink transmission power control. つまり最大比合成後の受信品質を用いて、下りTPCシンボルの値を設定する。 That is, using the received quality after the maximal ratio combining, to set the value of the downlink TPC symbol.
*有線伝送については、タイバーシチ・ハンドオーバを行っていない場合と同様のリンクの設定、および送信を行う。 * For wired transmission, the setting of the same links and if not subjected to Taibashichi handover, and performs transmission.
(2)下り (2) down
*複数のセクタアンテナから、物理チャネルの全シンボルについて、同一のシンボルを送信する。 * From a plurality of sector antennas for all symbol physical channel, and transmits the same symbols. 送信タイミング制御については、セル間タイバーシチ・ハンドオーバと同様であり、詳細は4.1.3参照。 The transmission timing control is similar to inter-cell Taibashichi handover, details see 4.1.3.
*有線伝送については、タイバーシチ・ハンドオーバを行っていない場合と同様のリンクの設定、および受信を行う。 * For wired transmission is performed setting the same links and if not subjected to Taibashichi handover, and the reception.
5.2.4.2. セル間タイバーシチ・ハンドオーバ 上り下りともに、タイバーシチ・ハンドオーバを行っていない場合と同様の送受信信号処理を行う。 5.2.4.2. The Taibashichi handover uplink and downlink both between cells, the same transmission and reception signal processing in the case of not performing Taibashichi handover.
5.2.5. パケット伝送制御 5.2.5. Packet transmission control
5.2.5.1. 用途 パケット伝送制御は、以下のサービス提供時に適用される。 5.2.5.1. Applications packet transmission control is applied when providing the following services.
* TCP/IPパケットサービス * TCP / IP packet service
*モデム(RS232Cシリアルデータ伝送)サービス * Modem (RS232C serial data transmission) service
5.2.5.2. 概要 低密度閑散トラヒックから、高密度大容量トラヒックまでの多様なトラヒック特性を有するデータを、無線資源および設備資源の高効率使用を図りながら伝送することを目的とする。 5.2.5.2. Overview low density quiet traffic, the data having various traffic characteristics to high density large capacity traffic, and an object thereof is transmitted while achieving a high efficiency use of radio resources and equipment resources. 主な特徴を以下に述べる。 It describes the main features below.
(1)トラヒック等の伝送機能に応じた使用物理チャネル切替 サービス品質を劣化させることなく無線資源および設備資源の有効利用を図るために、時間とともに変動するトラヒック量等の伝送機能に応じて使用する物理チャネル(論理チャネル)を随時切り替える。 (1) In order to make effective use of radio resources and equipment resources without degrading the used physical channel switching service quality corresponding to the transmission function of the traffic, etc., used in accordance with the transmission function of the traffic volume such that varies with time switching physical channels (logical channels) at any time.

閑散トラヒック時:共通制御用物理チャネル(FACH,RACH) During off-peak traffic: common control physical channel (FACH, RACH)
高密度トラヒック時:個別物理チャネル(UPCH) When the high-density traffic: dedicated physical channel (UPCH)
(2)MS〜BTS間での物理チャネル切替制御 物理チャネルの切替制御は頻繁に行われ得る。 (2) Switching control of the physical channel switching control physical channel between MS~BTS may frequently. この切替制御が有線伝送制御にまで波及すると、有線伝送制御負荷の増大、有線伝送コストの増大、BSCおよびMSCへの制御負荷の増大につながり、さらには切替制御遅延を増加させサービス品質の劣化を招く。 When the switching control is spread to the wire transmission control, increase of a wire transmission control load, increased wire transmission cost, leading to an increase in the control load on the BSC and MSC, a further deterioration of the service quality to increase the switching control delay lead. これを避けるために、切替制御はMS〜BTS間に閉じて実行され、有線伝送制御およびBSC,MSCの制御を何等必要としないこととする。 To avoid this, switching control is performed to close between MS~BTS, wire transmission control and BSC, and that it does not Nanito requires control of MSC.
(3)セル間高速HHO (3) inter-cell high speed HHO
少なくとも、共通制御用物理チャネルを使用している場合にタイバーシチ・ハンドオーバを実行することは、送受信タイミングを個別物理チャネルの場合のように自由に設定できないため不可能である。 At least, it is not possible can not be freely set as in the transmission and reception timing of the dedicated physical channel through which the Taibashichi handover when using a common control physical channel.

物理チャネルの切替制御を行う上で、個別物理チャネルに通常のDHOを適用した場合、個別物理チャネルを切り替える際に複数のBTSを制御する必要があり、制御負荷の増大、および制御遅延の増大によるサービス品質の増加を招く。 In performing switching control of the physical channel, according to the dedicated physical channels in the case of applying the normal DHO, it is necessary to control a plurality of BTS when switching dedicated physical channel, increase of control load and control delay of the increase in It leads to an increase in service quality. そこでパケット伝送における方式としてハード・ハンドオーバ(HHO)を採用する。 Therefore adopting hard handover (HHO) as a method of packet transmission. ただし、ハード・ハンドオーバによる干渉電力量の増大を避けるため、高頻度にHHOを行う。 However, in order to avoid an increase in interference power amount of hard handover, it performs the HHO frequently.

高頻度にHHOを行うこととなるため、HHO処理が有線伝送制御にまで波及すると、有線伝送制御負荷の増大、有線伝送コストの増大、BSCおよびMSCへの制御負荷の増大につながり、さらにはHHO制御遅延を増加させサービス品質の劣化を招く。 Since the carrying out the HHO frequently, the HHO processing is spread to the wire transmission control, increase of a wire transmission control load, increased wire transmission cost, leading to an increase in the control load on the BSC and MSC, more HHO causing degradation of the service quality to increase the control delay. これを避けるために、有線区間はタイバーシチ・ハンドオーバ状態とし、無線区間のみHHOとする。 To avoid this, the wire section is a Taibashichi-handover state, and HHO only the radio section. さらにHHO制御はMS〜BTS間に閉じて実行され、有線伝送制御およびBSC,MSCの制御を何等必要としない。 Further HHO control is executed to close between MS~BTS, wire transmission control and BSC, does not Nanito requires control of MSC.
5.2.5.3. セル間ハンドオーバ制御 5.2.5.3. Inter-cell handover control
*セル間ハンドオーバ処理手順を以下に述べる。 * Describe the inter-cell handover procedure below. 処理シーケンスを図47に示す。 The processing sequence shown in FIG. 47.
(1)通常のDHOと同様に、移動局は周辺セクタのとまり木チャネル受信レベルから、タイバーシチ・ハンドオーバ開始条件を満足するセクタを選択し、BTSを介してBSCに報告。 (1) like a normal DHO, reporting mobile station from the perch channel reception level of the neighboring sector, select the sector which satisfies the Taibashichi handover start condition, the BSC via the BTS.
(2)BSCは有線回線のリンクをタイバーシチ・ハンドオーバ先BTSに対しても設定し、DHTに複数のリンクを接続して、有線区間をDHO状態とする。 (2) BSC also set for linking Taibashichi handover destination BTS of the wire line, by connecting a plurality of links to DHT, the wire section and DHO state. (3)移動局は、在圏セクタのとまり木チャネル受信レベルとHO中の他のセクタのとまり木チャネル受信レベルとから、BTS〜MS間の伝搬ロスをBTS毎に常時測定し、比較する。 (3) the mobile station from the perch channel reception levels of other sectors of the perch channel reception level and in HO of the serving sector, constantly measure the propagation loss between BTS~MS each BTS, and compared. 在圏セクタの伝搬ロスよりも、HO中の他のセクタの伝搬ロスの方が小さくなり、かつその差が所定値以上となった場合に、ハード・ハンドオーバの開始を判定する。 When the than the propagation loss of the serving sector, towards the propagation loss of the other sectors in the HO is reduced, and is the difference becomes equal to or higher than a predetermined value, determining the start of the hard handover. まず移動局は在圏していたセクタに対して、パケットデータの送受信を止める要求を出す。 First mobile station for a sector which has been visited, issues a request to stop the transmission and reception of packet data.
(4)移動局が在圏していたセクタのBTSは、応答信号を移動局に返した後、パケットデータの無線区間での送受信の停止、および無線リンクの解放処理を止める。 (4) BTS sectors the mobile station has been visited, the stop after returning a response signal to the mobile station, stopping transmission and reception in the radio section of the packet data, and the process of releasing the radio link. ただし、有線に対するリンクの設定は何等変更しない。 However, the setting of the link to the wired does not change anything, and the like.
(5)移動局は、在圏していたセクタのBTSからの応答信号を受信した後、在圏していたセクタのBTSとの無線回線を解放して、HO先のセクタのBTSに対し、RACHでパケットデータの送受信要求信号を送信する。 (5) the mobile station, after receiving a response signal from the BTS sector that has been visited, and releases the radio channel between the BTS sector that has been visited, to BTS of HO-target sectors, transmitting a reception request signal of a packet data RACH. この信号にはHO元BTSで使用していた物理チャネル(共通制御用物理チャネルor個別物理チャネル)を使用する。 This signal using the physical channel used (common control physical channel or dedicated physical channel) in the HO origin BTS.
(6)HO先のBTSは、受信したRACHの情報から、この信号にはHO元BTSで使用していた物理チャネル(共通制御用物理チャネルor個別物理チャネル)の情報を含む。 (6) HO destination BTS from the information of the received RACH, including information of the physical channel used in the HO source BTS to the signal (common control physical channel or dedicated physical channel). パケットデータ伝送用に設定すべき物理リンクを設定する。 Setting the physical link to be set for packet data transmission. 有線に対するリンクの設定は何等変更しないが、有線リンクと無線リンクとの結合を指定する。 Setting links to wire does not change anything like it, specify the binding of a wired link and a wireless link.
*本処理シーケンスは使用物理チャネル(共通制御用物理チャネル/個別物理チャネル)に関わらず、同一である。 * This processing sequence regardless of use physical channel (common control physical channel / dedicated physical channel) is identical. ただし、無線リンクの設定/解放において、個別物理チャネルについては物理チャネルの設定/解放処理が必要であるが、共通制御用物理チャネルについては不要である。 However, the setting / releasing the radio link, it is necessary to set / release processing of the physical channel for the dedicated physical channel, it is not necessary for common control physical channel.
5.2.5.4. セクタ間ハンドオーバ制御 セクタ間ハンドオーバ時の接続形態例を図48〜図51に示す。 5.2.5.4. An example of the form of a connection during handover between handover control sector sector shown in FIGS. 48 51.

個別物理チャネル(UPCH)の場合、セクタ間DHOはBTSに閉じて制御可能であるため、パケット伝送時においても、回線交換モードの場合と同様に上り・下りともに最大比合成を用いたセクタ間DHOを行う。 When dedicated physical channel (UPCH), since the inter-sector DHO is controllable to close the BTS, even when packet transmission between the sectors using the maximum ratio combining for both uplink and downlink as in the circuit switched mode DHO I do.

共通物理チャネル(FACH,RACH)の場合には、送受信タイミングを自由に設定できないため、上り・下りともに最大比合成は不可能である。 In the case of the common physical channel (FACH, RACH), since that can not be freely set the transmission and reception timings, maximum ratio combining for both uplink and downlink is not possible. よってBTSおよび移動局内で、とまり木チャネルの伝搬ロスに従い、1セクタとのみ送受信を行うように切替制御を行う。 Thus in BTS and the mobile station, in accordance with the propagation loss of the perch channel, it performs switching control so as to perform only transmission and reception of one sector. 切替制御方法は、図47のセル間ハンドオーバの処理と同様である。 Switching control method is similar to the process of inter-cell handover Figure 47.
5.2.5.5. 物理チャネル切替制御 5.2.5.5. Physical channel switching control
(1)切替判断ノード 移動局の在圏セクタを配下に持つBTSにて下記要因を基に切替判断を行う。 (1) performs switching determine serving sector switching decision nodes mobile station at BTS with under the basis of the following factors. (2)切替判断要因 以下の要因を使用可能であり、どの要因を使用するかは設定による。 (2) may be used the following factors switching determination factors, by either setting use which factors. 要因1および2については、各要因の情報の報告を開始し、使用可能となる。 The factors 1 and 2, to begin reporting information for each factor, becomes available.

要因1:MCCのADPおよびMSのADPからのin-band情報(使用希望物理チャネル情報) Factors 1: in-band information from the MCC of ADP and MS of ADP (use desired physical channel information)
要因2:BTSによる上り/下りトラヒック量監視 要因3:MSからBTSへの、使用チャネル切替要求レイヤ3信号 Factors 2: BTS uplink / downlink traffic monitoring factor 3 by: from the MS to the BTS, using the channel switch request Layer 3 signal
(3)切替判断方法 上記(2)の要因により報告された情報と、予め設定された閾値とを比較し、判断される。 (3) comparing the information reported by the factors of the switching determination process (2), with a preset threshold, it is determined.
(4)切替制御方法 (4) switching control method
*切替シーケンスを図52および図53に示す。 * Indicates a switching sequence in FIGS. 52 and 53.

例えば、共通物理チャネルで移動局(MS)と基地局(BTS)とが通信している場合(図52)、上述の切替判断要因が発生すると、BTSにおいて切替判定を行う。 For example, if the mobile station (MS) and the base station (BTS) is communicating (FIG. 52), the switching decision factors described above occurs, the switching determination at BTS performs a common physical channel. 判定の結果切り替える場合は、BTSは、個別物理チャネル設定指示をMSにFACHを用いて行い、指示した個別物理チャネルの設定処理をMSとの間で行う。 When switching the result of the determination, the BTS is performed using FACH in MS the dedicated physical channel setting instruction, processing for setting the indicated dedicated physical channel between the MS. そして、共通制御用物理チャネルから設定された個別物理チャネルへと、MSに対する有線リンクと無線リンクの接続を変更する。 Then, to set the dedicated physical channel from a common control physical channel, changing the connection of the wire link and radio link to MS. その後に設定された個別物理チャネルで通信を行う。 Communicating with the dedicated physical channel which is then set.

また、移動局(MS)と基地局(BTS)とが個別物理チャネルで通信中の場合(図53)、BTSで共通物理チャネルへの切替判断を行う。 Further, when the mobile station (MS) and the base station (BTS) is communicating in the dedicated physical channel (Fig. 53), it performs the switching determination to the common physical channel in BTS. 切替を必要としているときは、使用している個別物理チャネルの解放指示をUPCHを介してMSに対して行う。 When in need of switching, it releases an instruction dedicated physical channel used against MS through the UPCH.

MSは、個別物理チャネルの解放指示を受けると、それに対して応答するとともに、使用している個別物理チャネルを解放する。 MS receives a release instruction of dedicated physical channels, as well as the response to it, to release the dedicated physical channel used. そして、共通物理チャネルのFACH受信を開始する。 Then, to start the FACH reception of the common physical channel.

BTSは、応答を受けるとそのMSに対して使用している個別物理チャネルを解放するとともに、有線リンクと無線リンクとの接続を変更する。 BTS is configured to release the dedicated physical channel used for the MS receives a response, changes the connection between the wire link and radio link. そして、MSとBTSは、共通制御用物理チャネルで通信を行う Then, MS and BTS communicates with a common control physical channel
*移動局〜BTS間でのみの無線区間で処理され、BSCおよび有線区域には何等関わらない。 * It is processed in radio section only between mobile stations ~BTS, no matter whatever the BSC and wire section.

切替制御は、基地局(BTS)のみで判断して切替制御を行っているので、有線区間(例えば、基地局と制御局(BSC)間)の切替制御を行わないので、切替制御における制御負荷を軽減することができるとともに、切替制御の高速化を図ることができる。 Switching control, since performs switching control to determine only the base station (BTS), the wire section (e.g., a base station and a control station (BSC) between) does not perform switching control of the control load in the switching control it is possible to reduce, it is possible to increase the speed of switching control.
*移動局〜BTS間の制御信号はレイヤ3信号であり、BTSにて処理される。 * Control signal between the mobile station ~BTS is a layer 3 signal, it is processed in the BTS.
BTSとしては、上述のように、指示に従い、有線リンクと無線リンクとの接続の変更を行う必要がある。 The BTS, as described above, in accordance with the instructions, it is necessary to change the connection between the wire link and radio link.
5.3. 伝送路インタフェース部 5.3. Transmission line interface unit
5.3.1. 物理インタフェース終端機能 5.3.1. Physical interface termination function
*電気レベルインタフェース * Electrical level interface
*セルレベルインタフェース * Cell level interface
a) 伝送フレームの生成/終端 PDHベースの6.3M/1.5Mの伝送路を用いて、ATMセルをマッピングする。 a) using the transmission path generation / termination PDH-based 6.3M / 1.5M transmission frame, it maps the ATM cells.

6.3Mでは、TS97、98は使用せず、TS1からTS96までを使って、また1.5Mでは、TS1から24まですべてを使って、ATMセルを伝送する。 In 6.3M, TS97,98 is not used, using from TS1 to TS96, also in 1.5M, using all the TS1 to 24, and transmits the ATM cell. このとき、ATMセルの53バイトの区切りは意識する必要はないが、タイムスロットの区切りとATMセルの1オクテットの区切りは、境界を合わせて伝送する。 In this case, you need not be aware of the 53-byte delimiter of the ATM cell separator 1 octet separated and ATM cell time slots, transmits the combined boundary.

受信側においても、6.3Mでは、TS97、98のデータは無視して、TS1〜96までの範囲からATMセルを取り出す。 Also in the receiving side, in 6.3M, ignoring data for TS97,98, take out the ATM cell from the range up TS1~96. 1.5Mでは、TS1から24よりATMセルを取り出す。 At 1.5M, take out the ATM cell than 24 from TS1.
b) セル同期確立 b) cell synchronization establishment
1) まず、セルの境界を探すためには、セル同期以前に物理レイヤから1オクテットの区切りが示されるため、その1オクテットずつシフトしながら4オクテット単位のヘッダ誤り制御符号を生成多項式X 8 +X 2 +X+1によって計算し、5オクテット目の値から'01010101'を減算した(モジュロ2)値と等しくなるまで繰り返す。 1) First, in order to find the boundaries of the cell, since the separator 1 octet from the physical layer is shown in cell synchronization previously, the header error control code generator polynomial X 8 + X 4 octets while shifted by the 1 octet 2 + X + 1 by computed repeated until equal to 5 from octet value '01010101' obtained by subtracting (modulo 2) value.
2) 一度、HEC(Header Error Correction)の値と、演算結果が等しいところが検出されると、その位置をヘッダの位置と仮定して前同期状態になる。 2) Once the value of HEC (Header Error Correction), when is detected at operation result is equal, the pre-synchronization state by assuming the position as the position of the header.
3) 次からは1セル後(53バイト後)がヘッダの位置と予測して、HECの確認を行い、連続6回確認できたら同期状態へと遷移する。 3) from the next by after one cell (after 53 bytes) predicts the position of the header, confirms the HEC, transition to synchronous state After confirming six consecutive.
4) 同期状態においても、1セル毎に常にHEC確認動作を続け同期状態を監視する。 4) in the synchronous state, constantly monitors the synchronization state continued for HEC check operation for each cell. HEC誤りを検出しても、同期保護によって連続7回未満であれば同期状態を保つ。 Be detected HEC error, keep the synchronization state is less than seven consecutive by synchronization protection. 連続7回誤ったところで同期はずれ状態とし、そこで再同期のために1)の状態に戻る。 And out-of-synchronization state at the wrong seven consecutive times, where returns to the state of 1) for the re-synchronization.
c) セル速度調整 伝送路上に送出すべきセルがない場合など、伝送路での速度とATMレイヤからのATMセル速度が異なったときに、伝送路の速度に合わせるために、セル速度調整用として、物理インタフェースにおいて、空きセル(IDLEセル)を挿入する。 Such as when there is no cell to be sent to c) cell rate adjustment transmission path, when the ATM cell rate from the speed and the ATM layer in the transmission path is different, in order to match the speed of the transmission path, for the adjustment cell rate , the physical interface inserts a vacant cell (IDLE cells).

空きセルは、固定的なパターンのセルで、セルヘッダが'00000000 00000000 00000000 00000001 01010010'で識別される。 Empty cell is a cell of a fixed pattern, cell header is identified by '00000000 00000000 00000000 00000001 01010010'. また、情報フィールドのパターンは'01101010'の繰り返しパターン列である。 The pattern of the information field is a repeat pattern sequence of '01101010'. (図32参照) (See FIG. 32)
この空きセルは受信側では、セル同期にのみ使用され、そのほかには意味を持たない。 In this empty cell receiving side, it is used only for cell synchronization, no meaning that besides.
*セルレベルスクランブラ(6.3Mのみ適用) * Cell level scrambler (applicable only 6.3M)
1) セルレベルにおいて、X 43 +1の生成多項式により、情報フィールドビットのみランダム化する。 In 1) cell level, the generator polynomial X 43 +1, randomized only the information field bits.
2) セル同期のハンテイング状態ではデスクランブルを停止する。 2) to stop the de-scrambled in the cell synchronization Hanteingu state.
3) 前同期状態および同期確立状態では、デスクランブラは情報フィールドの長さと等しいビット数の間動作し、次のヘッダと予測される期間では停止する。 In 3) before synchronization state and the synchronization established state, the descrambler operates between the number of bits equal to the length of the information field, and stops in the period that is expected next header.
4)本機能のenable/disenableをハードスイッチにより指定できる。 4) enable / disenable of this function can be specified by the hardware switch.
5.3.2. ATM終端機能 5.3.2. ATM termination function
* ATMセルVPI/VCI判別 ATMセルは、それぞれアプリーケーション毎また、ユーザー毎に異なるVCI/VPIを持っており、そのVPI/VCIを識別することにより、各処理部へセルを伝達する。 * ATM cell VPI / VCI discriminated ATM cell is also every Applications: The respective have a different VCI / VPI for each user, by identifying the VPI / VCI, to transmit the cell to the processing unit.
* ATMセルVPI/VCI多重 上り信号の場合は、異なるVCIでもVPI毎にまとめて多重して送るため、それぞれのアプリケーションからの上りATMセル信号を帯域保証制御して出力する。 * For ATM cell VPI / VCI multiplexing uplink signals, for sending multiplexed together in each VPI even different VCI, and outputs the upstream ATM cell signal from each application bandwidth guarantee control.
*セルヘッダの構造 ATMセルには、図54に示すようなセルヘッダがある。 * The structure ATM cells cell header, there is a cell header as shown in Figure 54. セルヘッダにはVPIが8ビットと、VCIが16ビット割り当てられているが、詳細のコーディングについては交換機と基地局間で別途取り決められる。 And VPI is 8 bits in the cell header, but VCI is allocated 16 bits, negotiated separately between exchange and base station for coding details.
* ATMヘッダのコーディング まず、ATMセルのビット送出順は、オクテット内の各ビットはビット番号8から送出し、オクテットはオクテット番号1から送出する。 * The ATM header coding First, the bit transmission order of the ATM cell, each bit in the octet is sent from the bit number 8, octets sent from the octet number 1. このようにMSBから順に送出される。 This is sent MSB first as.

VPI/VCIのルーティングビットについては、基地局と交換局間のインタフェースにおいて、VPIは3種類。 The routing bit VPI / VCI, the interface between the switching center and the base station, VPI three types. VCIは0〜255までの256種類(8ビット)が取り決められている。 VCI is 256 from 0 to 255 (8 bits) is negotiated.
*回線番号/VPI/VCI設定(初期時) * Line number / VPI / VCI settings (initial time)
回線番号:HWインタフェースカードの実装位置およびカード内のコネクタ 位置に対して固定的に回線番号が対応 VPI:常時“0”(実質使用しない) Line number: HW interface card fixedly line number with respect to the mounting position and the connector position in the card of the corresponding VPI: always "0" (not substantially used)
VCI:有線伝送路のリンクを設定する際に、VCIを指定 VCI: When setting the link wired transmission path, specifies the VCI
5.3.3. AAL−Type2制御機能 5.3.3. AAL-Type2 control function
* AALタイプ2プロトコル 可変速度符号化された音声などの可変速度型で、送受信端のタイミング依存性を持つサービスを提供することを想定したプロトコルである。 * A variable rate type such as AAL type 2 protocol variable rate encoded speech, the assumed protocol providing a service with a timing dependency of the transmission and reception ends.

詳細の仕様については、ITU−TI. For the specifications of details, ITU-TI. 363.2に準拠している。 It conforms to 363.2.
a) サービス種類(要求条件等) a) type of service (requirements, etc.)
AALタイプ2は、送信と受信間の上位レイヤに対して、可変速度でかつタイミング条件を有するリアルタイムのデータ転送を要求される。 AAL type 2, to the upper layer between transmission and reception is required real-time data transfer having a variable speed a and timing conditions. また、送信と受信間でクロックとタイミングを一致させる為の情報の転送、データの構造に関する情報の転送などが要求される。 The transfer of information for matching the clock and timing between transmission and reception, such as the transfer of information about the structure of data is requested.
b) タイプ2の機能 タイプ2の機能としては、タイプ1と同様にタイミング条件を有し、データと音声のマルチメディア多重のための多重機能や、可変レートに対する対応やセルの損失優先などに関わる処理が必要である。 The functions of type 2 b) Type 2, Type 1 and similarly includes a timing condition, relating and multiplexing functions for data and voice multimedia multiplexing, etc. loss of response and cell preference for variable rate process is necessary.
5.3.4. 下り信号分離手順 5.3.4. Downlink signal separation procedure
*下り信号中の制御信号と通信信号の分離は、まずAALタイプによって識別する。 * The separation of the communication signal and the control signal in the downlink signal is first identified by AAL type. AALタイプにはAAL2とAAL5がありそれぞれ、VCIによってAALタイプが識別できる。 AAL type has AAL2 and AAL5 respectively, it can be identified AAL type by VCI. (4.2.2.1参照) (See 4.2.2.1)
* AAL5コネクション中のBTS〜MCC間制御信号とスーパーフレーム位相補正用セルはそれぞれVCIが異なるため、これらもVCIにより分離する。 * Each between the control signal and the super frame phase correction cell BTS~MCC VCI in AAL5 connections are different, these also separated by VCI.
* AAL2コネクションには更にCIDによるユーザー識別があり、呼毎にCIDが異なるためCIDによって分離する。 * The AAL2 connections have a user identification by addition CID, CID is separated by different for CID for each call.
5.3.5. 帯域保証制御 5.3.5. Bandwidth guarantee control
*帯域保証制御の概要を図55に示す。 * Description of band guarantee control shown in FIG. 55.
*下記に示す品質クラスに合わせ、ショートセルおよび標準セルの送信順序を設定し、各帯域を確保する。 * Match the quality classes shown below, it sets the transmission order of short cells and standard cells, to secure each band. 具体的には、最大許容遅延時間を超えたショートセルおよび標準セルを廃棄することを前提とし、セル廃棄率が最大セル廃棄率となるように、品質クラス毎のショートセルおよび標準セルの送信順序を設定する。 Specifically, we assume that discarding the short cells and standard cells exceeds the maximum allowable delay time, so that the cell loss ratio becomes maximum cell loss ratio, the transmission order of short cells and standard cells for each quality class to set. 送信順序の設定は指定される。 Setting of the transmission order is specified.
* AAL-Type5を適用するVCに対しては、VCIと下記のAAL-Type5用の品質クラスとがMATMコネクションIDの設定により対応づけられる。 * For VC to apply AAL-Type5, and the quality class for AAL-Type5 of VCI and below are associated by setting the MATM connection ID.
* AAL-Type2を適用するVCに対しては、VCIおよびCIDとAAL-Type2用の品質クラスとがMATMコネクションIDの設定により対応づけられる。 * For VC to apply AAL-Type2, and the quality class for the VCI and CID and AAL-Type2 is associated by setting the MATM connection ID.
5.3.5.1. 品質クラス 5.3.5.1. Quality class
5.3.5.1.1. AAL-Type5用品質クラス 5.3.5.1.1. AAL-Type5 supplies quality class
* AAL-Type5内において品質クラスの必要条件は下記に示す6種類が必要である。 * Requirements quality class in the AAL-Type5 are required six shown below. サービスと品質クラスとの対応を表28に示す。 The correspondence between the service and the quality of the class shown in Table 28. 実際には有線伝送路のコネクションを設定する際に、あわせて品質クラスが設定される。 In practice when setting a connection wire transmission line, the quality class is set together. ただし、タイミングセル用VCについては、常時、最優先(遅延0ms、廃棄率0)とする。 However, the VC for the timing cell, at all times, the highest priority (delay 0ms, discard rate of 0).

(最大遅延許容時間、許容セル廃棄率) (Maximum allowable delay time, allowable cell loss ratio)
(最優先:遅延0ms、廃棄率0) (Highest priority: delay 0ms, discard rate of 0)
(5ms、10 -4 (5ms, 10 -4)
(5ms、10 -7 (5ms, 10 -7)
(50ms、10 -4 (50ms, 10 -4)
(50ms、10 -7 (50ms, 10 -7)
(AAL-Type2) (AAL-Type2)
5.3.5.1.2. AAL-Type2用品質クラス 5.3.5.1.2. AAL-Type2 supplies quality class
* AAL-Type2内において品質クラスの必要条件は下記に示す4種類が必要である。 * Requirements quality class in the AAL-Type2 is required four shown below. サービスと品質クラスとの対応を表28に示す。 The correspondence between the service and the quality of the class shown in Table 28. 実際には有線伝送路のコネクションを設定する際に、あわせて品質クラスが設定される。 In practice when setting a connection wire transmission line, the quality class is set together.

(最大遅延許容時間、許容セル廃棄率) (Maximum allowable delay time, allowable cell loss ratio)
(5ms、10 -4 (5ms, 10 -4)
(5ms、10 -7 (5ms, 10 -7)
(50ms、10 -4 (50ms, 10 -4)
(50ms、10 -7 (50ms, 10 -7)
*表28に示すように、AAL-Type2用のVCが複数ある場合、AAL-Type2の各品質クラスに対する帯域割当は、VC毎に異ならせることができる。 * As shown in Table 28, if the VC for AAL-Type2 there are multiple, bandwidth allocation for each quality class of AAL-Type2 it can be made different for each VC. つまり、VC毎に異なるショートセルの送信順序を設定することができる。 In other words, it is possible to set a transmission order of short cells having different for each VC.
5.3.5.2. 上り信号帯域保証機能 5.3.5.2. Uplink signal bandwidth guarantee function
*上り信号については、AAL-Type2レベルの帯域保証と、AAL-Type2及びAAL-Type5双方を含めたATMセルレベルの帯域保証が必要である。 * For the uplink signal, and AAL-Type2 level band assurance is required ATM cell level band assurance which includes both AAL-Type2 and AAL-Type5. 上りATMセルの送出手順は図56に示し、上りAAL-Type2レベルの相乗りセル作成処理を図57に示す。 Transmission procedure of an uplink ATM cells are shown in FIG. 56, shows the joining cell generation processing of uplink AAL-Type2 levels in Figure 57.
* BTS立ち上げ時にセル送信順序データが、品質クラスと対応づけて指定される。 * BTS launch cell transmission sequence data at the time is specified in association with the quality classes. ショートセルおよび標準セルは、このセル送信順序データに従って、各品質クラスより送信ショートセルもしくは標準セルを選択して多重処理を行い、送信セルを作る。 Short cells and standard cells in accordance with the cell transmission sequence data, perform multiprocessing by selecting the transmission short cells or standard cells from each quality class, making transmission cell. 取り出し対象品質のセルがバッファに存在しないときは、次の順番の他品質のセルを送信することが出来る。 When the cell retrieval target quality is not present in the buffer can send another quality of the cell in the following order.
*バッファリングされたセルは、それぞれの品質クラスの許容遅延時間に従って、時間超過したものは破棄する。 * Buffered cell according allowable delay time of each quality class, the those overtime discarded.
*表28に対応したセル送信順序データの例を図58に示す。 * An example of a cell transmission sequence data corresponding to Table 28 in Figure 58.
A,B,C……Hの各割り当て帯域に合わせてA,B,C,……Lの送出サイクルを決める。 A, B, in accordance with each allocated band of C ...... H determine A, B, C, the transmission cycle ...... L. (例ACADAFAC...) (Example ACADAFAC ...)
更に、E,F,……,K,Lは、それぞれの品質クラスを満足するようにショートセルをコンポジットする送信順序を決める。 Furthermore, E, F, ......, K, L determines the transmission order of composite short cells so as to satisfy the respective quality class. (例F2 F1 F2 F3 F4,,,) (Example F2 F1 F2 F3 F4 ,,,)
該当するクラスにセルがない場合は、次優先順位のセルを送出する。 If there is no cell in the appropriate class, and sends the cell in the next priority.
*割り込みクラスのセルは、常に最優先で送出される。 * Cell interrupt class is always transmitted with the highest priority.

5.3.6. AAL−Type5+SSCOP機能 5.3.6. AAL-Type5 + SSCOP function
*サービス種類 AAL5は、シグナリング情報転送用に提供される簡易化されたAALタイプで、他のAALタイプと大きく違うところは、タイプ5のペイロードには、ヘッダトレイラがなく48バイトの転送が可能であり、通信のオーバヘッドは最小となっている。 * Service types AAL5 is a simplified AAL type is provided for transferring signaling information, and it is greatly different from other AAL types, the payload type 5, can be transferred 48 bytes without header trailer Yes, the overhead of communication has become a minimum.
*タイプ5の機能 タイプ5では、データ伝送を効率的に行うため、セル毎の誤り検出を行わず、1ユーザーフレーム毎に誤り検出を行う。 In functional type 5 * Type 5, for data transfer efficiently, without error detection for each cell, it performs error detection for each user frame. 誤り検出にはCRC−32のチェックビットを用いて検出する。 The error detection detected using check bits CRC-32. このCRCはユーザーフレーム毎に付与されるが、32ビットのチェックビットであるため検出能力は高く伝送品質の劣悪な環境下でも有効となる。 The CRC Although assigned to each user frame, the detection capability for a check bit of 32 bits also effective in harsh environment of high transmission quality.

タイプ5のフォーマットを図59に示す。 The format of the type 5 shown in FIG. 59.

受信側では、 On the receiving side,
1) ATMヘッダのPT(ペイロードタイプ)の値をみて、データの区切りを判別する。 1) looking at the value of ATM header PT (payload type), to determine the data delimiter.
2) 次に、取り出したペイロードをCRC演算してチェックする。 2) Next, to check the extracted payload by CRC calculation.
3) LENGTH情報の妥当性を確認してユーザーデータを特定する。 3) Check the validity of the LENGTH information specifying the user data.
* SSCOPプロトコルシーケンス(リンク確立、解放) * SSCOP protocol sequence (link establishment, release)
SSCOPでは、基地局と交換局間のデータフレームに応答確認やフロー制御情報などを相乗りせずに、データフレームと制御フレームの役割を完全分離する。 In SSCOP, etc. without piggybacked acknowledgment and flow control information in the data frames between a base station switching center, completely separates the roles of control frames and data frames. 図60にSSCOPのリンク確立から解放までのシーケンス例を示す。 Figure 60 shows an example of a sequence of up to release from the link establishment SSCOP.
5.3.7. 上り遅延付加機能 5.3.7. Uplink delay additional functions
* SSCOPはBTS〜MCC間制御信号用VCおよびページング用VCに適用され、BTSおよびMCCにて処理される。 * SSCOP is applied to the VC for VC and paging inter-control signal BTS~MCC, is processed in the BTS and MCC.

異なる基地局間の上り信号の合成の試験を行う際に、上り信号に対して遅延を付加することで、システムの耐力を測ることを目的とした機能である。 When testing the synthesis of the uplink signals between different base stations, by adding a delay with respect to the uplink signal is a function for the purpose of measuring the strength of the system.

上り信号に対して、0.625msecステップ(フレームオフセット毎)に遅延を付加すること力咄来、最大100msecまで遅延付加が可能であること。 Against the upstream signal, it forces 咄来 adding a delay to 0.625msec step (every frame offset), it is possible delay adding up 100 msec.

遅延量はディップスイッチで設定可能なこと。 The amount of delay that can be set by the dip switch.
5.3.8. 基準タイミング生成機能(無線フレーム同期機能) 5.3.8. Reference timing generation function (radio frame synchronization function)
5.3.8.1. SFN同期 BTSは立ち上げ時、MCCとの間で、以下に述べるSFN(System Frame Number)の時刻同期確立処理を行う。 5.3.8.1. SFN synchronization BTS during launch, with the MCC, performs time synchronization establishment process of SFN (System Frame Number) which will be described below. MCCで生成されるSFNクロックが、システム全体におけるマスタークロックである。 SFN clock generated by the MCC is the master clock of the entire system. 本処理は、BTSにおいてMCCのSFNクロックとの時刻同期を確立することを目的とする。 This process is intended to establish time synchronization with the SFN clock of the MCC in BTS. その時刻同期誤差は5msec以内を目標とする。 The time synchronization error is to target within 5msec. BTSは同期確立後のSFNクロックを、そのBTS内における基準クロックとする。 BTS is a SFN clock after the synchronization is established, a reference clock within the BTS. BTS配下の各セクタでの送受信無線回線のタイミングは、このBTS基準SFNクロックを元に生成される。 Timing of transmission and reception radio access in each sector under BTS is generated based on the BTS reference SFN clock. (図85ないし図88参照) (See FIG. 85 through FIG. 88)
SFN同期確立は、MCC〜BTS間でタイミングセルを送受する事により実現される。 SFN synchronization establishment is implemented by sending and receiving the timing cell between MCC~BTS. その手順を図61に示し、詳細を以下に述べる。 It shows the steps in FIG. 61, described in detail below. 図中の番号は以下の文章の番号と対応している。 Numbers in the figure correspond to the numbers in the following text.
(1)BTSは電源投入後、もしくはリセット後の立ち上げ時に、Temporary SFN Clockを生成する。 (1) BTS after power-on, or at the time of start-up after a reset, generates a the Temporary SFN Clock.
(2)BTSはMCCに対して送信するタイミングセル1の送信時刻(スーパーフレーム内時刻、およびLong Code周期内のスーパーフレーム位置)を取得する。 (2) BTS acquires the transmission time of the timing cell 1 to be sent to the MCC (superframe time, and super frame position in Long Code period).
この時刻はTemporary SFN Clockに基づいた送信時刻である。 This time is a transmission time based on the Temporary SFN Clock.
(3)BTSはタイミングセル1を生成する。 (3) BTS generates a timing cell 1. タイミングセル1に搭載する各情報要素の値は表29の通り設定する。 The value of each information element to be mounted on the timing cell 1 are set as shown in Table 29.

(4)BTSは(3)にて生成したタイミングセル1を、(2)で取得した送信時刻で送信する。 (4) BTS is the timing cell 1 produced in (3), and transmits the transmission time obtained in (2).
(5)MCCはタイミングセルlを受信し、受信した時刻(スーパーフレーム内時刻、およびLong Code周期内のスーパーフレーム位置)を取得する。 (5) MCC receives the timing cell l, acquires the received time (superframe time, and super frame position in Long Code period). この時刻はMCCで生成されたSFN Clockに基づいた送信時刻である。 This time is a transmission time based on the SFN Clock generated by MCC.
(6)MCCはBTSに対して送信するタイミングセル2の送信時刻(スーパーフレーム内時刻、およびLong Code周期内のスーパーフレーム位置)を取得する。 (6) MCC acquires a transmitting time of the timing cell 2 to be transmitted to the BTS (superframe time, and super frame position in Long Code period). この時刻はMCCで生成されたSFN Clockに基づいた送信時刻である。 This time is a transmission time based on the SFN Clock generated by MCC.
(7)MCCはタイミングセル2を生成する。 (7) MCC generates timing cell 2. タイミングセルに搭載する各情報要素の値は表30の通り設定する。 The value of each information element to be mounted on the timing cell sets shown in Table 30.

(8)MCCは(7)にて生成したタイミングセル2を、(6)で取得した送信時刻で送信する。 (8) MCC is a timing cell 2 produced by (7), and transmits the transmission time obtained in (6).
(9)BTSはタイミングセル2を受信し、受信した時刻(スーパーフレーム内時刻、およびLong Code周期内のスーパーフレーム位置)を取得する。 (9) BTS receives the timing cell 2, and acquires the received time (superframe time, and super frame position in Long Code period). この時刻はBTSのTemporary SFN Clockに基づいた受信時刻である。 This time is a received time based on the Temporary SFN Clock of BTS.
(10)BTSは受信したタイミングセル2の情報要素から、Temporaru SFN Clock位相の補正値Xを算出する。 (10) BTS from the information elements of the timing cell 2 it receives to calculate a correction value X of Temporaru SFN Clock phase. 補正値の算出方法、および算出根拠を図62に示す。 The method of calculating the correction value, and the basis for calculation is shown in Figure 62. 補正値の算出結果はメモリに記憶される。 Calculation results of the correction value is stored in the memory.
図62においてSF_BTS-1:タイミングセル1 BTS送信SF時刻情報LC_BTS-1:タイミングセル1 BTS送信LCカウンタ時刻情報SF_MCC-1:タイミングセル1 MCC−SIM受信SF時刻情報LC_MCC-1:タイミングセル1 MCC−SIM受信LCカウンタ時刻情報SF_BTS-2:タイミングセル2 BTS受信SF時刻情報LC_BTS-2:タイミングセル2 BTS受信LCカウンタ時刻情報SF_MCC-2:タイミングセル2 MCC−SIM送信SF時刻情報LC_MCC-2:タイミングセル2 MCC−SIM送信LCカウンタ時刻情報(11)BTSは補正回数をカウントしており、補正値を算出し、記憶する毎にカウンタをインクリメントする。 SF_BTS-1 in Figure 62: Timing cell 1 BTS sends SF time information LC_BTS-1: Timing cell 1 BTS transmits LC counter time information SF_MCC-1: Timing cell 1 MCC-SIM reception SF time information LC_MCC-1: Timing cell 1 MCC -SIM receiving LC counter time information SF_BTS-2: timing cell 2 BTS receives SF time information LC_BTS-2: timing cell 2 BTS receiving LC counter time information SF_MCC-2: timing cell 2 MCC-SIM transmission SF time information LC_MCC-2: timing cell 2 MCC-SIM transmission LC counter time information (11) BTS is counting the number of corrections, calculates a correction value, the counter is incremented each time the memory.
(12)BTSのシステムパラメータには補正回数の上限数Nを記憶している。 (12) The system parameters BTS stores the upper limit number N of the number of corrections. BTSはカウンタ値が上限値N以上となるまで、上記の(2)から(11)を繰り返す。 BTS until the counter value is equal to or more than the upper limit value N, is repeated for the (2) (11). Nは255以下とする。 N is set to 255 or less.
(13)補正回数の上限数となった時点で、記憶している複数の補正値の算出結果に対して統計処理を行う。 (13) at the time point when the maximum number of correction times, performs statistical processing on the calculation results of the plurality of correction values ​​are stored. (統計処理内容は、暫定的に複数の算出結果中の最大値の選択とする。)BTSは統計処理によって算出された補正値だけBTSのTemporary SFN Clockをシフトさせ、BTSのSFN Clockの補正処理を実行する。 (Statistical processing contents, tentatively as the selection of the maximum value in a plurality of calculation results.) BTS is shifted the the Temporary SFN Clock of BTS by the correction value calculated by the statistical processing, the correction processing of the SFN Clock of BTS to run.
(14)以上の動作が完了した時点で、BTSのMCCとのSFN時刻同期が完了したものとして、BTSのHWYインタフェースカードのACTランプを点灯する。 When the (14) above operation is completed, as SFN time synchronization with the MCC the BTS is completed, it turns on the ACT lamp BTS HWY interface card.

タイミングセルの送信を開始してから、所定時間経過してもなお同期確立NGなら、タイミングセルの送信を止め、伝送路インタフェースを有するカードのERRランプを点灯させる。 From the start of transmission of the timing cell, if still synchronization establishment NG predetermined time has passed, stopping the transmission of the timing cell, to light the ERR lamp on the card with the transmission path interface. さらにSFNタイミングを自走させ、自走SFNに従って、無線区間の伝送制御を行える。 Further self-propelling the SFN timing according self SFN, perform the transmission control of the radio section.
5.3.8.2. 同期保持機能 5.3.8.2. Synchronization hold function
* BTSはHWYより基準クロックを生成して、このクロックを元に各種クロックの生成ができる。 * BTS is to generate a reference clock from the HWY, can generate various clocks the clock based.
*複数の1.5M-HWYがBTSに接続される場合には、ディップスイッチ等のハードスイッチにより、クロックを生成するHWYを選択可能である。 * When a plurality of 1.5M-HWY is connected to the BTS by a hard switch such as a DIP switch, it is possible to select the HWY for generating a clock.
* BTSは立ち上げ時におけるSFN時刻同期確立を完了した後、HWYから生成したクロックのみを元に、BTSの基準SFN Clockは生成される。 * The BTS after completing the establishment SFN time synchronization at the time of launch, based on only the clock generated from the HWY, reference SFN Clock of the BTS are generated. 再度立ち上げ処理が行われない限り、BTSの基準SFN Clockが他の要因によって変更されることはない。 Unless startup process is performed again, it does not reference SFN Clock of BTS is modified by other factors. BTSによる自律的SFN同期補正は行わない。 Autonomous SFN synchronization correction by the BTS is not performed. またMCCからの同期補正要求を契機とする、同期補正処理も行わない。 The triggered by the synchronization correction request from the MCC, not performed synchronization correction process.
5.4. MCC〜MS間伝送情報の転送処理方法MCC〜MS間で伝送される情報の、BTS内での転送処理方法は、無線区間の論理チャネル毎に異なる。 5.4. Information transmitted between the transfer processing method MCC~MS of MCC~MS between transmission information, transfer processing method in the BTS are different for each logical channel in the wireless section. 以下に処理方法を示す。 Showing a processing method will be described below. MCC〜BTS間の伝送情報については以下の記述は無関係である。 The following description is about the transmission information between MCC~BTS is irrelevant.
5.4.1. 無線リンク−有線リンクの対応 無線区間リンク(物理チャネル、論理チャネル)と、有線区間でのリンク(回線番号、VPI,VCI,CID)との対応は、別資料の「リンクの例」を参照。 . 5.4.1 Radio link - a wired link corresponding radio section links (physical channels, logical channels), links in the wire section (line number, VPI, VCI, CID) of the support, another article with a "link Example see ".
5.4.2. 伝送情報処理方法 5.4.2. Transmission information processing method
5.4.2.1. 下り表31に論理チャネル毎の有線区間から受信した伝送情報の処理方法を示す。 5.4.2.1. Shows the processing method of transmission information received from wire section of each logical channel in the downlink Table 31.

5.4.2.2. 上り 表32に論理チャネル毎の、無線区間から受信した伝送情報の処理方法を示す。 5.4.2.2. Of each logical channel to the uplink Table 32 shows the processing method of transmission information received from radio section.

5.4.3. SAL設定方法 無線区間からの上り伝送情報を有線区間に送信する際の、ショートセルもしくは標準セル内のSALの設定方法を以下に述べる。 5.4.3. When transmitting uplink transmission information from the SAL setting method radio section to the wire section, describes how to set the SAL of the short cell or in a standard cell below. 基本的な設定方法は表22参照。 The basic setting method see Table 22.
5.4.3.1. SAT 5.4.3.1. SAT
全論理チャネルで常時“00”を用いる Use all the time "00" in all logical channels
5.4.3.2. FN 5.4.3.2. FN
(1)DTCH (1) DTCH
*受信した無線フレームのFNを、その無線フレームで伝送された伝送情報を含むショートセルもしくは標準セルのSALのFNとする。 * The FN of the radio frame received, the FN of the SAL of the short cell or standard cell including the transmission information transmitted by the radio frame.
*図87に示すとおり、上りロングコード位相=0とFN=0の無線フレームの先頭chipは発着信接続時に選択されたフレームオフセット値とスロットオフセット値との和だけずれており、この関係はDHOを繰り返しても不変である。 * As shown in FIG. 87, are offset by the sum of the top chip and the frame offset value and the slot offset value selected when incoming and outgoing connections of the radio frame of the uplink long code phase = 0 and FN = 0, this relationship DHO even after repeated unchanged. そこで上りロングコード位相をもとに受信無線フレームのFNを決定する。 So determining the FN of the received radio frame the uplink long code phase based. その決定方法は、受信された無線フレームの先頭chipの位相をP TOP 、フレームオフセット値とスロットオフセット値との和をP OFS 、1無線フレーム中のchip数をC、とすると、FNは下式で決定される。 The determination method, the phase of the P TOP of the leading chip of the received radio frame, if the chip number in the P OFS, 1 radio frame the sum of the frame offset value and the slot offset value C, that, FN is the following formula in is determined.
FN=((P TOP −P OFS )/C)mod 64 FN = ((P TOP -P OFS ) / C) mod 64
C=10240,40960,81920,163840(chip tate=1.024,4.096,8.192,16.384Mcps) C = 10240,40960,81920,163840 (chip tate = 1.024,4.096,8.192,16.384Mcps)
(2)ACCH (2) ACCH
* 1無線ユニットが複数の無線フレーム内に設定される場合(128ksps以下の個別物理チャネルの場合)には、1無線ユニットを設定する複数の無線フレーム中の先頭の無線フレームのFNをSALのFNとする。 * 1 If the wireless unit is set in a plurality of radio frames (in the case of less dedicated physical channel 128 ksps), FN head of the FN of the radio frame in the SAL of the plurality of radio frames for setting the first wireless unit to.
*無線フレームのFNの決定方法は、上記(1)と同様である。 * Method of determining the FN of the radio frame is the same as above (1).
(3)SDCCH,RACH,UPCH (3) SDCCH, RACH, UPCH
* CPSPDUを構成した単数もしくは複数の無線フレームの先頭無線フレームのFNをSALのFNとする。 * CPSPDU have configured single or multiple FN of the first radio frame of the radio frame and FN of SAL.
*無線フレームのFNの決定方法は、上記(1)と同様である。 * Method of determining the FN of the radio frame is the same as above (1).
5.4.3.3. Sync 5.4.3.3. Sync
(1)DTCH,UPCH,SDCCH (1) DTCH, UPCH, SDCCH
*受信無線フレームが同期保持中であるならば、“0'とする。同期外れ中の場合には、“1”とする。 * If the received radio frame is a synchronization hold in "a 0". When in the out-of-sync is "to 1".
*同期外れ時の詳細な処理は、後述の5.4.4参照。 * Detailed processing at the time of out-of-sync is, 5.4.4 reference later. 同期外れ判定方法については、5.2.3. 参照 For out-of-sync decision method, 5.2.3. Reference
* UPCHおよびSDCCHにおいては、1 CPS-PDUが複数無線フレームで構成される場合、全ての無線フレームが同期はずれの場合に“1”とする。 * In UPCH and SDCCH, if 1 CPS-PDU consists of a plurality of radio frames, every radio frame is "1" when out-of-sync.
(2),ACCH,RACH (2), ACCH, RACH
* “0”とする。 * To "0".
5.4.3.4. BER 5.4.3.4. BER
(1)DTCH (1) DTCH
*無線フレーム毎のBER推定値劣化判定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the BER estimated value degradation decision result for a radio frame, sets the value.
(2)ACCH (2) ACCH
*無線ユニット毎のBER推定値劣化判定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the BER estimated value degradation decision result for the wireless unit, to set the value.
(3)SDCCH,UPCH,RACH (3) SDCCH, UPCH, RACH
* CPSPDU毎のBER推定値劣化判定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the BER estimated value degradation decision result for CPSPDU, sets the value.
5.4.3.5. Level 5.4.3.5. Level
(1)DTCH (1) DTCH
*無線フレーム毎のレベル劣化判定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the level degradation decision result for a radio frame, it sets the value.
(2)ACCH (2) ACCH
*無線ユニット毎のレベル劣化判定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the level degradation decision result for the wireless unit, to set the value.
(3)SDCCH,UPCH,RACH (3) SDCCH, UPCH, RACH
* CPSPDU毎のレベル劣化判定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the level degradation decision result for CPSPDU, it sets the value.
5.4.3.6. CRC 5.4.3.6. CRC
(1)DTCH (1) DTCH
*選択合成単位毎のCRC check結果に基づき、値を設定する。 * Based on the CRC check result for each selection combining unit sets the value.
(2)ACCH (2) ACCH
*無線ユニット毎のCRC check結果に基づき、値を設定する。 * Based on the CRC check result for each radio unit, to set the value.
(3)SDCCH,UPCH,RACH (3) SDCCH, UPCH, RACH
* CPSPDU毎のCRC check結果に基づき、値を設定する。 * Based on the CRC check result for each CPSPDU, it sets the value. ただしCRC OKの場合しか有線への送信は行われないため、実質常時“0”である。 However, since only when the CRC OK sent to a wired is not performed, it is virtually always "0".
5.4.3.7. SIR 5.4.3.7. SIR
(1)DTCH (1) DTCH
*無線フレーム毎のSIR測定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the SIR measurement result for each radio frame, it sets the value.
(2)ACCH (2) ACCH
*無線ユニット毎のSIR測定結果に基づき、値を設定する。 * Based on the SIR measurement result for each radio unit, to set the value.
(3)SDCCH,UPCH,RACH (3) SDCCH, UPCH, RACH
* CPSPDU毎のSIR測定結果(複数無線フレームにわたる場合には、複数フレームでの平均値)に基づき、値を設定する。 * SIR measurement result for each CPSPDU (to span multiple radio frames, the average value of a plurality of frames) based on sets the value.
5.4.3.8. RCN,RSCN 5.4.3.8. RCN, RSCN
表24に従い設定。 Set up according to Table 24.
5.4.4. 同期外れ判定時処理方法 5.4.4. Out-of-sync decision during the processing method
5.5.2.3 記載の同期外れ判定方法により、同期外れが判定された場合の論理チャネル毎の処理を表33に示す。 The out-of-sync determination method according 5.5.2.3, shown in Table 33 the processing for each logical channel when the desynchronization is determined. ここで、同期外れ判定は共通制御用物理チャネルには該当しないため、RACHについては記載しない。 Here, not applicable to the out-of-sync determination common control physical channel, not described for RACH.

5.4.5. セルロス検出機能 MCC側からの下りデータがATM区間でのセルロスによってBTSまで来ないときには以下のパラメータからセルロスの箇所を特定する。 5.4.5. Downlink data from the cell loss detection function MCC side to identify the location of the cell loss from the following parameters when not come to BTS by cell loss in the ATM section. セルロス検出フローを図63に示す。 Cell loss detection flow shown in FIG. 63.
*フレーム番号(FN):全ての非制限サービスでセルロス検出に使用 * Frame number (FN): used for the cell loss detected in all of the non-restricted service
*無線サブチャネル番号(RSCN):内符号化のCRC付与単位が10ms内で2つ以上ある非制限サービス(128k以上の非制限サービス)で使用 * Radio subchannel number (RSCN): Using a non-limiting services CRC imparting unit of inner coding there are two or more in 10 ms (128k or more unrestricted service)
*無線チャネル番号(RCN):マルチコードで実現する非制限サービスで使用 * Radio channel number (RCN): Using a non-limiting service to implement a multi-code
* UUI(CPS-User To User Indication):内符号のCRC付与単位がショートセルのユーザペイロード長42oct(RCN、またはRSCNを使用した場合)、43oct(RCN,RSN未使用の場合)を超える場合に使用 上記の4つのパラメータを用いてセルロースを検出する。 * UUI (CPS-User To User Indication): user payload length 42oct of CRC imparting unit of inner code short cell (RCN or when using RSCN,), 43oct if it exceeds (RCN, if the RSN is not used) detecting the cellulose with four parameters used above.

セルロス検出時の処理方法について表34に示す。 Shown in Table 34 for processing method when cell loss detection.

上記の説明のように、本発明の移動通信システムにおける新規な基地局装置は、高速なCDMAのデジタル通信に最適なものである。 As explained above, the novel base station apparatus in a mobile communication system of the present invention is optimal for digital communication speed CDMA.

基地局系装置機能構成を示すブロック図である。 It is a block diagram illustrating a base station system device functional configuration. 論理チャネル構成を示す図である。 It is a diagram showing a logical channel configuration. 物理チャネル構成を示す図である。 It is a diagram showing a physical channel configuration. 物理チャネル信号フォーマットを示す図である。 It is a diagram showing a physical channel signal format. 32kspsのシンボル・レートに対する異なるパイロットシンボル数のシミュレーション結果を示すグラフである。 It is a graph showing a simulation result of the different number of pilot symbols for the symbol rate of 32 ksps. 128kspsのシンボル・レートに対する異なるパイロットシンボル数のシミュレーション結果を示すグラフである。 It is a graph showing a simulation result of the different number of pilot symbols for the symbol rate of 128 ksps. 上り共通制御用物理チャネル信号フォーマットを示す図である。 Is a diagram showing an uplink common control physical channel signal format. 物理チャネルと論理チャネルとの対応を示す図である。 It is a diagram illustrating correspondence between physical channels and logical channels. とまり木チャネルへの論理チャネルマッピング例を示す図である。 It is a diagram illustrating a logical channel mapping example of the perch channel. PCHマッピング方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a PCH mapping method. FACHマッピング方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a FACH mapping method. 個別物理チャネルへのDTCHとACCHのマッピングを示す図である。 It is a diagram illustrating a mapping of DTCH and ACCH to a dedicated physical channel. ACCHマッピング方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a ACCH mapping method. Wbit使用方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a Wbit usage. 畳み込み符号器の構成を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a configuration of a convolutional encoder. SFN送信例を示す図である。 Is a diagram illustrating an SFN transmission example. SFNビット構成を示す図である。 Is a diagram showing an SFN bits. 下りロングコード生成器構成を示すブロック図である。 It is a block diagram illustrating a downlink long code generator configuration. 上りロングコード生成器構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the uplink long code generator configuration. ショートコード生成方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a short code generating method. ロングコード・マスクシンボル用ショートコード生成器の構成を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a configuration of a short code generator for the long code mask symbol. ロングコードとショートコードを用いた拡散コード生成法を示す図である。 It is a diagram showing a spreading code generating method using a long code and short code. 拡散部構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a spreading section configuration. ランダム・アクセス伝送方法の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a random access transmission method. マルチコード伝送方法の例1を示す図である。 Is a diagram showing an example 1 of a multi-code transmission method. マルチコード伝送のシミュレーション結果を示すグラフである。 It is a graph showing a simulation result of multi-code transmission. マルチコード伝送方法の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of multi-code transmission method. ATMセルの伝送に用いられる1544kbits/sに対するフレーム構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a frame structure for 1544kbits / s used for transmitting ATM cells. ATMセルの伝送に用いられる6312kbits/s1544kbits/sに対するフレーム構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a frame structure for 6312kbits / s1544kbits / s used for transmitting ATM cells. 6312kbit/sの装置出力端におけるパルスマスクを示す図である。 It is a diagram illustrating a pulse mask at the device output end of the 6312kbit / s. BTS−MCC間リンク構成例(ATMコネクション)を示す図である。 BTS-MCC Link configuration example illustrates a (ATM connection). 空きセルの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of empty cell. AAL−Type2接続形態を示す図である。 Is a diagram illustrating an AAL-Type2 topology. AAL−5接続形態を示す図である。 Is a diagram illustrating an AAL-5 connection configuration. AAL−2のフォーマットを示す図である。 It illustrates the format of AAL-2. SALのフォーマットを示す図である。 It is a diagram illustrating a SAL format. AAL−5のフォーマットを示す図である。 It illustrates the format of AAL-5. タイミングセル信号フォーマットを示す図である。 It is a diagram showing a timing cell signal format. スーパーフレーム位置を示す図である。 It is a diagram illustrating a super frame position. 複数パイロットブロックを用いる伝送路推定を示す図である。 It is a diagram illustrating a transmission path estimation using a plurality of pilot blocks. SIRベースのクローズドループによる送信電力制御を示す図である。 It is a diagram illustrating a transmission power control by the SIR-based closed loop. 送信電力制御タイミングを示す図である。 It is a diagram illustrating a transmission power control timing. クローズドループ送信電力制御への移行を示す図である。 Is a diagram showing the transition to closed-loop transmission power control. セル間タイバーシチ・ハンドオーバ時の上り送信電力制御を示す図である。 It is a diagram showing an uplink transmission power control during inter-cell Taibashichi handover. セル間タイバーシチ・ハンドオーバ時の下り送信電力制御を示す図である。 It is a diagram illustrating a downlink transmission power control during inter-cell Taibashichi handover. 個別物理チャネル同期確立フローを示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a dedicated physical channel synchronization establishing flow. パケット伝送セル間タイバーシチ・ハンドオーバ処理シーケンスの例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of packet transmission between cells Taibashichi handover processing sequence. 上り個別物理チャネル(UPCH)におけるセクタ間ハンドオーバ時の接続形態の例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a connection configuration during inter-sector handover in uplink dedicated physical channel (UPCH). 下り個別物理チャネル(UPCH)におけるセクタ間ハンドオーバ時の接続形態の例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a connection configuration during inter-sector handover in a downlink dedicated physical channel (UPCH). 上り共通制御用物理チャネル(RACH)におけるセクタ間ハンドオーバ時の接続形態の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a connection configuration during inter-sector handover in uplink common control physical channel (RACH). 下り共通制御用物理チャネル(FACH)におけるセクタ間ハンドオーバ時の接続形態の例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a connection configuration during inter-sector handover in a downlink common control physical channel (FACH). 共通制御用チャネル−個別物理チャネルの切替シーケンスの例を示す図である。 Common control channel - is a diagram showing an example of a dedicated physical channel switching sequence. 個別物理チャネル−共通制御用物理チャネルの切替シーケンスの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a common control physical channel switching sequence - dedicated physical channel. セルヘッダフォーマットを示す図である。 It shows a cell header format. 帯域保証制御概要を示す図である。 It is a schematic of the band assurance control overview. ATMセル送出制御を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the ATM cell transmission control. AAL-Type2セル作成処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the AAL-Type2 cell generation process. セル送信順序データの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of cell transmission sequence data. AALタイプ5のフォーマットの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of the format of the AAL type 5. SSCOPシーケンスの例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a SSCOP sequence. BTSにおけるSFN時刻同期確立手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating the SFN time synchronization establishment procedure in the BTS. BTSSFN Clock位相補正値算出方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a BTSSFN Clock phase correction value calculation method. セルロス検出フローを示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a cell loss detection flow. BCCH1,2(16ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 BCCH1,2 (16ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. PCH(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 PCH (64ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. FACH-Long(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 FACH-Long (64ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. FACH-Short(normal-node)(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 FACH-Short (normal-node) (64ksps) coding scheme of the logical channel is a diagram showing a. FACH-Short(Ack-mode)(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 FACH-Short (Ack-mode) (64ksps) coding scheme of the logical channel is a diagram showing a. RACH-Long(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 RACH-Long (64ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. RACH-Short(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 RACH-Short (64ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. SDCCH(32ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 SDCCH (32 ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. ACCH(32/64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 ACCH (32 / 64ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. ACCH(128ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 ACCH (128 ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. ACCH(256ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 ACCH (256ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. DTCH(32ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 DTCH (32 ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. DTCH(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 DTCH (64ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. DTCH(128ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 DTCH (128 ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. DTCH(256ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 DTCH (256ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. DTCH(512ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図でぁる。 DTCH (512ksps) Aru a diagram showing a coding method for logical channel. DTCH(1024ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 DTCH (1024ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. UPCH(32ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 UPCH (32 ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. UPCH(64ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 UPCH (64ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. UPCH(128ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 UPCH (128 ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. UPCH(256ksps)論理チャネルのコーディング方法を示す図である。 UPCH (256ksps) is a diagram showing a coding method for logical channel. とまり木チャネル、共通制御用物理チャネル送信タイミングを示す図である。 Perch channel is a diagram showing a common control physical channel transmission timing. 上り共通制御用物理チャネル(RACH)送信タイミングを示す図である。 Uplink common control physical channel (RACH) is a diagram showing the transmission timing. 個別物理チャネル送受信タイミング(非DHO時)を示す図である。 Is a diagram illustrating a dedicated physical channel reception timing (when not DHO). 個別物理チャネル送受信タイミング(DHO時)を示す図である。 Is a diagram illustrating a dedicated physical channel reception timing (when DHO). とまり木チャネルの送信パターンを示す図である。 It is a diagram illustrating a transmission pattern of perch channels. 下り共通制御チャネル(FACH用)の送信パターンを示す図である。 Is a diagram illustrating a transmission pattern of the downlink common control channel (for FACH). 下り共通制御チャンネル(PCH用)の送信パターンを示す図である。 Is a diagram illustrating a transmission pattern of the downlink common control channel (for PCH). 上り共通制御チャネル(RACH用)の送信パターンを示す図である。 It is a diagram illustrating a transmission pattern of the uplink common control channel (for RACH). 個別物理チャネル(高速クローズドループ送信電力制御中)の送信パターンを示す図である。 Is a diagram illustrating a transmission pattern of the dedicated physical channel (during high speed closed loop transmission power control). 32ksps個別物理チャネル(DTX制御)の送信パターンを示す図である。 32ksps is a diagram illustrating a transmission pattern of the dedicated physical channel (DTX control). CPS PDU組立方法(RACH以外)を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating a CPS PDU assembling method (other than RACH). CPS PDU組立方法(RACH)を示すフローチャートである。 Is a flowchart illustrating a CPS PDU assembling method (RACH).

Claims (11)

  1. 送信装置において、 In the transmitting device,
    ショート・コードおよびロング・コードを用いて、送信すべき信号の同相成分と直交成分を拡散する拡散手段と、 By using a short code and long code, and spreading means for spreading the phase and quadrature components of the signal to be transmitted,
    前記同相成分と直交成分が拡散された信号を送信する送信手段とを備え、 And transmission means for transmitting a signal quadrature component and the phase component is diffused,
    前記拡散手段は、前記送信すべき信号の同相成分と直交成分を、同相成分と直交成分とが異なるロング・コードを用いて拡散することを特徴とする送信装置。 The diffusion means, transmitting apparatus characterized by diffusing the in-phase and quadrature components of the transmitted signal to be, it is an in-phase component and a quadrature component using different long code.
  2. 請求項1に記載の送信装置において、前記ロング・コードの直交成分は、前記ロング・コードの同相成分の位相をシフトしたものであることを特徴とする送信装置。 An apparatus according to claim 1, the orthogonal component of the long code, the transmission apparatus characterized by is obtained by shifting the phase of the in-phase component of the long code.
  3. 請求項1に記載の送信装置において、前記拡散手段は、前記信号の同相成分および直交成分と、前記ロング・コードの同相成分および直交成分との間で複素演算を行うことを特徴とする送信装置。 An apparatus according to claim 1, wherein the spreading means, transmitting and performing in-phase and quadrature components of the signal, a complex operation between the in-phase and quadrature components of the long code device .
  4. 請求項1に記載の送信装置において、前記拡散手段は、前記信号の直交成分および同相成分に対して同一のショート・コードを用いて拡散することを特徴とする送信装置。 An apparatus according to claim 1, wherein the spreading means, transmitting apparatus characterized by spreading using a short code identical with respect to the orthogonal component and in-phase component of the signal.
  5. 受信装置において、 In the receiving apparatus,
    拡散された信号を受信する受信手段と、 Receiving means for receiving a spread signal,
    ショート・コードおよびロング・コードを用いて前記受信した信号の同相成分と直交成分を逆拡散する逆拡散手段とを備え、 A despreading means for despreading an in-phase and quadrature components of the received signal with the short code and the long code,
    前記逆拡散手段は、前記受信した信号の同相成分と直交成分を、同相成分と直交成分とが異なるロング・コードを用いて逆拡散することを特徴とする受信装置。 It said despreading means, receiving apparatus, characterized in that in-phase and quadrature components of the received signal, and the phase and quadrature components to despread with a different long code.
  6. 請求項5に記載の受信装置において、前記ロング・コードの直交成分は、前記ロング・コードの同相成分の位相をシフトしたものであることを特徴とする受信装置。 The receiving device according to claim 5, the orthogonal component of the long code to a receiving apparatus, characterized in that is obtained by shifting the phase of the in-phase component of the long code.
  7. 請求項5に記載の受信装置において、前記逆拡散手段は、前記受信した信号の同相成分および直交成分と、前記ロング・コードの同相成分および直交成分との間で複素演算を行うことを特徴とする受信装置。 The receiving device according to claim 5, wherein the despreading means includes means performs the in-phase and quadrature components of the received signal, a complex operation between the in-phase and quadrature components of the long code receiver that.
  8. 請求項5に記載の受信装置において、前記逆拡散手段は、前記受信した信号の直交成分および同相成分に対して同一のショート・コードを用いて逆拡散することを特徴とする受信装置。 The receiving device according to claim 5, wherein the despreading means is receiving apparatus characterized by despreading using the same short code for the orthogonal component and in-phase component of the received signal.
  9. 送信方法において、 In the transmission method,
    ショート・コードおよびロング・コードを用いて、送信すべき信号の同相成分と直交成分を拡散する拡散ステップと、 By using a short code and long code, a diffusion step for diffusing the phase and quadrature components of the signal to be transmitted,
    前記同相成分と直交成分が拡散された信号を送信する送信ステップとを備え、 And a transmission step of transmitting a signal quadrature component and the phase component is diffused,
    前記拡散ステップは、前記送信すべき信号の同相成分と直交成分を、同相成分と直交成分とが異なるロング・コードを用いて拡散することを特徴とする送信方法。 The diffusion step, the transmission method characterized by spreading the inphase component and the quadrature component of the transmission signal to be, is an in-phase component and a quadrature component using different long code.
  10. 受信方法において、 In the receiving method,
    拡散された信号を受信する受信ステップと、 A receiving step of receiving a spread signal,
    ショート・コードおよびロング・コードを用いて前記受信した信号の同相成分と直交成分を逆拡散する逆拡散ステップとを備え、 And a despreading step of despreading an in-phase component and a quadrature component of the received signal with the short code and the long code,
    前記逆拡散ステップは、前記受信した信号の同相成分と直交成分を、同相成分と直交成分とが異なるロング・コードを用いて逆拡散することを特徴とする受信方法。 The despreading step includes receiving method characterized by in-phase and quadrature components of the received signal, and the phase and quadrature components to despread with a different long code.
  11. 送信装置と受信装置とを備えた通信システムにおいて、 In a communication system comprising a transmitter and the receiver,
    前記送信装置は、 The transmitting device,
    ショート・コードおよびロング・コードを用いて、送信すべき信号の同相成分と直交成分を拡散する拡散手段と、 By using a short code and long code, and spreading means for spreading the phase and quadrature components of the signal to be transmitted,
    前記同相成分と直交成分が拡散された信号を送信する送信手段とを備え、 And transmission means for transmitting a signal quadrature component and the phase component is diffused,
    前記拡散手段は、前記送信すべき信号の同相成分と直交成分を、同相成分と直交成分とが異なるロング・コードを用いて拡散し、 The diffusion means, the in-phase and quadrature components of the transmitted signal to be, and spread with the in-phase and quadrature components different long code,
    前記受信装置は、 The receiving device,
    前記拡散された信号を受信する受信手段と、 A receiving unit that receives the spread signal,
    ショート・コードおよびロング・コードを用いて前記受信した信号の同相成分と直交成分を逆拡散する逆拡散手段とを備え、 A despreading means for despreading an in-phase and quadrature components of the received signal with the short code and the long code,
    前記逆拡散手段は、前記受信した信号の同相成分と直交成分を、同相成分と直交成分とが異なるロング・コードを用いて逆拡散することを特徴とする受信装置。 It said despreading means, receiving apparatus, characterized in that in-phase and quadrature components of the received signal, and the phase and quadrature components to despread with a different long code.
JP2005224768A 1997-04-17 2005-08-02 Base station apparatus of mobile communication system Withdrawn JP2006014365A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11619297 1997-04-17
JP2005224768A JP2006014365A (en) 1997-04-17 2005-08-02 Base station apparatus of mobile communication system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005224768A JP2006014365A (en) 1997-04-17 2005-08-02 Base station apparatus of mobile communication system

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005223520 Division

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006014365A true true JP2006014365A (en) 2006-01-12

Family

ID=35780938

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005224768A Withdrawn JP2006014365A (en) 1997-04-17 2005-08-02 Base station apparatus of mobile communication system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006014365A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007083797A1 (en) 2006-01-23 2007-07-26 Terumo Kabushiki Kaisha Stent
JP2010530663A (en) * 2007-06-20 2010-09-09 モトローラ・インコーポレイテッドMotorola Incorporated Apparatus for managing transmission and reception of broadcast channel signals and broadcast channel information
US8189581B2 (en) 2007-06-20 2012-05-29 Motorola Mobility, Inc. Method, signal and apparatus for managing the transmission and receipt of broadcast channel information
US8462890B2 (en) 2006-01-23 2013-06-11 Motorola Mobility Llc Apparatus and methods for jointly decoding messages based on apriori knowledge of modified codeword transmission

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007083797A1 (en) 2006-01-23 2007-07-26 Terumo Kabushiki Kaisha Stent
US8462890B2 (en) 2006-01-23 2013-06-11 Motorola Mobility Llc Apparatus and methods for jointly decoding messages based on apriori knowledge of modified codeword transmission
JP2010530663A (en) * 2007-06-20 2010-09-09 モトローラ・インコーポレイテッドMotorola Incorporated Apparatus for managing transmission and reception of broadcast channel signals and broadcast channel information
US8189581B2 (en) 2007-06-20 2012-05-29 Motorola Mobility, Inc. Method, signal and apparatus for managing the transmission and receipt of broadcast channel information

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5930230A (en) High data rate CDMA wireless communication system
US5903554A (en) Method and apparatus for measuring link quality in a spread spectrum communication system
US6101168A (en) Method and apparatus for time efficient retransmission using symbol accumulation
US6700881B1 (en) Rate control device and method for CDMA communication system
US5859840A (en) Spread spectrum communication system which defines channel groups comprising selected channels that are additional to a primary channel and transmits group messages during call set up
US5926500A (en) Reduced peak-to-average transmit power high data rate CDMA wireless communication system
Dahlman et al. WCDMA-the radio interface for future mobile multimedia communications
US6603746B1 (en) Method and apparatus for controlling transmitted power in a wireless communications system
US6628631B1 (en) Radio communication system and handoff method therefor
US6937641B2 (en) Power-controlled random access
US6831910B1 (en) Power control device and method for controlling a reverse link common channel in a CDMA communication system
US6868075B1 (en) Method and apparatus for compressed mode communications over a radio interface
RU2233045C2 (en) Method and device for high-speed burst data transfer
US6353638B1 (en) Method and system for digital signal transmission
US6970438B2 (en) Method and device for downlink packet switching
EP1207635A1 (en) Downlink and uplink channel structures for downlink shared channel system
US20060217119A1 (en) Fine grain downlink active set control
RU2201033C2 (en) Device and method for exchanging messages of different-length frames in code-division multiple access communication system
US20030123413A1 (en) RSMA control device and method for mobile communication system
US6438119B1 (en) Data communication device and method for mobile communication system with dedicated control channel
US7184426B2 (en) Method and apparatus for burst pilot for a time division multiplex system
US20020131376A1 (en) Method and apparatus for forward power control in a communication system
US6671267B1 (en) Spread spectrum communication device and spread spectrum communication method
EP1215833A1 (en) Method of controlling quality of service of a CDMA-based system
US20030054825A1 (en) Method and apparatus for controlling transmission power while in soft handoff

Legal Events

Date Code Title Description
A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20070830