JP2005500099A - 服薬遵守デバイスおよびデバイスの使用方法 - Google Patents

服薬遵守デバイスおよびデバイスの使用方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2005500099A
JP2005500099A JP2003507667A JP2003507667A JP2005500099A JP 2005500099 A JP2005500099 A JP 2005500099A JP 2003507667 A JP2003507667 A JP 2003507667A JP 2003507667 A JP2003507667 A JP 2003507667A JP 2005500099 A JP2005500099 A JP 2005500099A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
medication
time
patient
display
taken
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003507667A
Other languages
English (en)
Inventor
ロナルド・ディ・セクラ
Original Assignee
ロナルド・ディ・セクラ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to US29976101P priority Critical
Application filed by ロナルド・ディ・セクラ filed Critical ロナルド・ディ・セクラ
Priority to PCT/US2002/019940 priority patent/WO2003001337A2/en
Publication of JP2005500099A publication Critical patent/JP2005500099A/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=23156176&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2005500099(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J7/00Devices for administering medicines orally, e.g. spoons; Pill counting devices; Arrangements for time indication or reminder for taking medicine
    • A61J7/04Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers
    • GPHYSICS
    • G16INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGY [ICT] SPECIALLY ADAPTED FOR SPECIFIC APPLICATION FIELDS
    • G16HHEALTHCARE INFORMATICS, i.e. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGY [ICT] SPECIALLY ADAPTED FOR THE HANDLING OR PROCESSING OF MEDICAL OR HEALTHCARE DATA
    • G16H20/00ICT specially adapted for therapies or health-improving plans, e.g. for handling prescriptions, for steering therapy or for monitoring patient compliance
    • G16H20/10ICT specially adapted for therapies or health-improving plans, e.g. for handling prescriptions, for steering therapy or for monitoring patient compliance relating to drugs or medications, e.g. for ensuring correct administration to patients
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J2200/00General characteristics or adaptations
    • A61J2200/30Compliance analysis for taking medication
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J7/00Devices for administering medicines orally, e.g. spoons; Pill counting devices; Arrangements for time indication or reminder for taking medicine
    • A61J7/04Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers
    • A61J7/0409Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers with timers
    • A61J7/0418Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers with timers with electronic history memory
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J7/00Devices for administering medicines orally, e.g. spoons; Pill counting devices; Arrangements for time indication or reminder for taking medicine
    • A61J7/04Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers
    • A61J7/0409Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers with timers
    • A61J7/0454Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers with timers for dispensing of multiple drugs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J7/00Devices for administering medicines orally, e.g. spoons; Pill counting devices; Arrangements for time indication or reminder for taking medicine
    • A61J7/04Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers
    • A61J7/0409Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers with timers
    • A61J7/0481Arrangements for time indication or reminder for taking medicine, e.g. programmed dispensers with timers working on a schedule basis
    • GPHYSICS
    • G16INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGY [ICT] SPECIALLY ADAPTED FOR SPECIFIC APPLICATION FIELDS
    • G16HHEALTHCARE INFORMATICS, i.e. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGY [ICT] SPECIALLY ADAPTED FOR THE HANDLING OR PROCESSING OF MEDICAL OR HEALTHCARE DATA
    • G16H40/00ICT specially adapted for the management or administration of healthcare resources or facilities; ICT specially adapted for the management or operation of medical equipment or devices
    • G16H40/60ICT specially adapted for the management or administration of healthcare resources or facilities; ICT specially adapted for the management or operation of medical equipment or devices for the operation of medical equipment or devices
    • G16H40/63ICT specially adapted for the management or administration of healthcare resources or facilities; ICT specially adapted for the management or operation of medical equipment or devices for the operation of medical equipment or devices for local operation

Abstract

医師によって与えられた薬剤服用に関する指示を患者が遵守するのを補助する服薬遵守デバイス。デバイスは、次の服用時間を患者に想起させ、指定された薬剤が服用されたか否かを示し、マイクロコントローラ、ディスプレイ、一または複数の薬剤に関する事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画を格納するためのプログラムメモリ、リアルタイムクロック、投薬計画のうちの1つを選択するためおよび最初の服用時間および曜日に関してデバイスをプログラムするためのセレクタ、現時刻と次の服用時間とを交互に表示するディスプレイ、服用時間に患者に警告するアラームを含む。セレクタは、服用を記録し、次の服用時間をマイクロコントローラに表示させるために、服用後に患者によって起動されるイベントスイッチを含む。メモリは、患者の服用回数を記録するために含んでもよい。デバイスは無線リンクを介したリモートプログラミング機能も含む。

Description

【技術分野】
【0001】
本発明は、医師によって与えられた薬服用に関する指示を患者が遵守するのを補助する装置に関し、より具体的には、医師の指示または望ましい投薬計画に従ってプログラム可能なデバイスに関する。
【背景技術】
【0002】
本出願は、すべて参照により組み込まれている、1996年6月14日に出願した米国特許PCT第96/09241号、1995年6月15日に出願した米国仮出願第60/000,232号、1997年4月25日に出願した米国仮出願第60/044,265号、米国通常出願第08/990,811号(現在、米国特許第6,018,289号)、1998年4月24日に出願した米国特許PCT第98/07632号、および1999年10月25日に出願した米国通常出願第09/425,292号に関する。さらに、2001年6月22日に出願した米国仮出願第60/299,761号の全特典は、35 U.S.C.§119(e)の規定に従って主張され、参照により本明細書に組み込まれている。
【0003】
これまで、患者、特に付添い人の看護の下にある患者が、医師の処方した一定の間隔で投薬を受ける間隔を記録するために、様々なデバイスが提案されてきた。患者またはその医療提供者が適切な指示を無視して、服用の回数を多くしすぎるか、または正しい時間の投薬または服薬を管理または実施しない場合、患者の体内における薬剤の濃度が高くまたは低くなりすぎる可能性がある。薬剤が正しい時間に服用されることを保証するために、これまで、患者または患者の看護人に正しい時間での正しい服用の管理を忘れさせないようにする、可聴および/または可視の指示または警告信号を生成するための、特許文献1に開示されたデバイスなどの、様々なデバイスが考案されてきた。これまでのこうしたデバイスは複雑かつ高価であり、プログラムしやすいものではなく、投薬の管理が必要な時間間隔を様々に設定できるほど柔軟なものではなかった。
【特許文献1】
米国特許第4,361,408号明細書
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
したがって、本発明の一目的は、様々な異なる服薬間隔に従った動作の柔軟性を有する、低コストで使いやすい服薬遵守デバイスを提供することである。
【0005】
本発明の他の目的は、デバイスそれ自体でプログラマを活動化させること、または無線リンクを介してデバイスを遠隔でプログラミングすること、のいずれかによって容易にプログラム可能な、服薬遵守デバイスを提供することである。異なる服薬間隔および薬剤タイプに対応する複数のプログラミング投薬計画を、デバイスにプログラミングすることも可能である。
【0006】
本発明の他の目的は、薬剤服用のイベントを記録し、次に薬剤服用が実行される時間を表示する、服薬遵守デバイスを提供することである。
【0007】
本発明の他の目的は、患者が最後に薬剤を服用してからの経過時間を測定するタイマと、患者が次に薬剤を服用する予定の時間に起動するアラームとを有する、服薬遵守デバイスを提供することである。
【0008】
本発明の他の目的は、患者の処方箋の残りの服用カウント数を維持し、患者が処方箋をいつ再調剤しなければならないかがわかるようにカウントを表示する、服薬遵守デバイスを提供することである。
【0009】
本発明の他の目的は、患者が予定された薬剤の服用を行わなかった場合、または予定されたとき以外に薬剤を服用した場合に、患者に警告する、服薬遵守デバイスを提供することである。
【0010】
本発明の他の目的は、患者がそれぞれの薬剤を服用する時間を、容易にアクセス可能な書式で記録する、服薬遵守デバイスを提供することである。
【0011】
本発明の他の目的は、多くの薬剤の管理を補助する服薬遵守デバイスを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0012】
本発明のこれらおよび他の目的は、マイクロコントローラ、単一および複数の薬剤に関する複数の事前にプログラムされた薬剤投薬計画を表すデータを格納するプログラムメモリ、デバイスのタイミング機能を制御する発振器、投薬計画のうちの1つを選択し、選択された投薬計画に従ってデバイスをプログラミングするセレクタ、現在の時間と、セレクタによって選択された投薬計画に従って次に予定されている薬剤服用時間と処方箋の残りの服用回数とを交互に表示するディスプレイ、ならびに、患者が薬剤を服用するように予定された時間に患者に警告するアラームを含む、服薬遵守デバイスによって実施される。デバイスは、患者がそれぞれの薬剤を服用する時間を容易にアクセス可能な書式で記録する、メモリを含むこともできる。
【0013】
セレクタは、患者が薬剤を服用した後に薬剤の服用を記録するために起動されるイベントスイッチを含み、イベントスイッチは、セレクタによって選択された投薬計画に従って、次に薬剤の服用が行われるように予定されている時間の表示をマイクロコントローラに実行させるものである。
【0014】
イベントスイッチおよび機能ボタンは、薬剤が服用される投薬計画、第1回の服用が実行される曜日、第1回の服用が実行される時間または第1回の服用が実行される食事の指定、および患者の処方箋の服用回数をプログラミングするために提供される。
【0015】
プログラミングは、機能ボタンおよびイベントスイッチを使用して直接、または無線リンクを介して遠隔で、のいずれかで実行することができる。遠隔位置からプログラミングするために、デバイスには無線の送受信機と、入力デバイスに接続されるように構成された外部無線送受信機とが提供される。外部無線送受信機は、投薬計画のうちの1つを選択し、選択された投薬計画に従ってデバイスをプログラミングするために、無線リンクを介して無線送受信機と通信する。
【0016】
ディスプレイは、警告、アラーム、および通知、メニュー選択、ならびに他の情報を交互に表示する第1の表示域と、薬剤の名前、投薬計画の名前、または他の情報を交互に表示する第2の表示域と、曜日および時間、ならびに他の情報を交互に表示する第3の表示域と、特別な警告メッセージおよび他の情報を提供する第4の表示域とを含む。さらに、上記で列挙した表示域それぞれについて、他の情報は、カレンダの日付、患者の名前、患者の電話番号、ならびに、他の表示域に現在表示されている情報の性質、午前、午後の指定、デバイスメモリに格納された履歴データ、表示された情報を示すコード、薬剤の服用方法に関するアドバイスなどを示すアイコンを含むことができる。
【0017】
本発明のより完全な理解およびそれに伴う多くの利点は、以下の詳細な説明を参照しながら添付の図面と共に考察することによってより本発明がよく理解されるに従って、容易に得られるであろう。
【発明を実施するための最良の形態】
【0018】
次に図を参照すると、いくつかの図面全体にわたり、同じ参照番号が同一または対応する部分を示しており、より具体的に言えば、図1では、本発明の第1の実施形態に従った服薬遵守デバイス1が、デバイスをプログラミングするための機能ボタン2a、リセットボタン2b、およびイベントスイッチ4と、プログラミングされた情報を表示するためのディスプレイ3を含む。イベントスイッチ4は、薬剤の服用時に患者によって起動される。リセットボタン2bは、説明をわかりやすくするためにデバイスの前面上にあることに留意されたい。ただしリセットボタン2bは、誤ってデバイスをリセットしまうのを避けるために、デバイスの背面上にあることが好ましい。
【0019】
図2は、本発明の第1の実施形態に従った服薬遵守デバイスを示す構成図である。図示および記述された構成は例示的なものであり、任意の所望のハードウェア実施を使用することができる。デバイスの全体的な機能を制御するような(たとえばマイクロチップ部品番号PIC 16C954)8ビットのマイクロコントローラ9は、事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画を格納するためのプログラムメモリ20を含む。32KHz水晶発振器7は、デバイスのすべてのタイミングを制御する。プログラムメモリ20は、専用チップマスク読取り専用メモリ(ROM)であることが好ましいが、フラッシュメモリまたはEEPROMなどの他の不揮発性メモリを使用してもよい。マイクロコントローラ、プログラムメモリ、および発振器の特定のパラメータは、本明細書では例示のためだけに示したものであり、本発明の範囲を限定することを意図するものではない。同等の要素の使用は、本発明の範囲内で企図される。
【0020】
マイクロコントローラは、機能ボタンおよびリセットボタン2a、2bから、ならびにイベントスイッチ4からの入力を受け取り、プログラムメモリ20に格納された事前にプログラムされた投薬計画に従って、デバイスの機能を制御する。マイクロコントローラ9は、8ビットバス21を介して、表示域31〜35への関連情報の表示をディスプレイ3に実行させるディスプレイドライバ11に接続される。ディスプレイ3は液晶ディスプレイ(LCD)であり、ディスプレイドライバ11はASIC LCDドライバであることが好ましい。バッテリ12は3ボルトバッテリであることが好ましく、アラーム回路8は、薬剤を服用するようにという視覚的および/または聴覚的指示を患者に出すことができる。ただし、等価物も本発明の範囲内である。
【0021】
次に、本発明のこの実施形態に従った服薬遵守デバイスのオペレーションについて、図3A〜図3Eを参照しながら説明する。付添い人の看護の下にある患者は、医師によって処方された一定の間隔で、薬剤を服用するように指示される。処方箋を受け取ると、患者またはその医療提供者は、患者が医師によって与えられた指示を遵守するのを補助するために、服薬遵守デバイスを使用する。
【0022】
第1に、リセットボタンを押して、デバイスをOFF状態からON状態に切り換えなければならない(ステップS1)。デバイスがセットアップモードであることを示す「SET」アイコンが、表示域35に表示される。患者は第1に、以下のように現在時刻を設定する(ステップS2およびS3)。
【0023】
イベントスイッチ4が押されると、マイクロコントローラ9は表示域33に時間の数字「12」を点滅させるように指示する。イベントスイッチ4を押すことによって、時間「1」から「12」がスキャンされ、適切な時間が表示されたときに機能ボタン2aを押すことによって、適切な時間が選択される。
【0024】
次に分の10の位の数字「0」が点滅し、イベントスイッチ4を押すことによって「0」から「60」までの数字がスキャンされる。適切な数字が表示されたときに機能ボタン2aを押すことによって、適切な数字が選択される。
【0025】
次に分の1の位の数字「0」が点滅し、イベントスイッチ4を押すことによって「0」から「9」までの数字がスキャンされる。適切な数字が表示されたときに機能ボタン2aを押すことによって、適切な数字が選択される。
【0026】
次に表示域34で「A」が点滅し、患者はイベントスイッチ4を使用してAMとPMの2つの時間指定を切り替え、機能ボタン2aを使用して選択する。これで現在時刻の設定が完了する。
【0027】
次に患者は、処方薬の服用に使用される投薬計画を選択する。イベントスイッチ4を押すと、表示域35に「RGMN」と表示され、表示域31には「0」が点滅し、イベントスイッチ4を使用してスキャンし、所望の投薬計画を選択するように、患者に指示を出す(ステップS4)。図4は、プログラムメモリ20に事前にプログラミング可能な、一般的な投薬計画のプログラミング例を列挙したものである。これらの投薬計画は例示のために列挙されたものにすぎず、他の投薬計画も可能である。
【0028】
図4では、薬剤を毎日1、2、3、4、または6回服用するため、朝食および夕食時、朝食、昼食、および夕食時、あるいは朝食、昼食、夕食、および就寝時に服用するため、ならびに48時間毎に服用するための、投薬計画が提供されている。
【0029】
患者は、イベントスイッチ4を押して、投薬計画のプログラミングを進行させる。スキャン中には表示域31に投薬計画の番号が表示され、表示域35に投薬計画の内容が表示されるため、患者は各番号がどの投薬計画に対応するかがわかる。たとえば、表示域31に「8」が表示されると、投薬計画プログラミング8が毎日3回服用に対応することを患者に示すために、表示域35に「3:D」が表示される。
【0030】
所望の投薬計画が表示されたときに機能キー2aを押すと(ステップS5)、ディスプレイ3は、標準の、選択された投薬計画に対応する事前にプログラミングされたデフォルトの時間、または最初に服用する特定時間の設定から選択するように、患者に指示する。薬剤服用のデフォルトの時間が受入れ可能である場合、患者がイベントスイッチ4を押すと、処方箋に服用回数を入力するように指示される(ステップS21)。
【0031】
その代わりに、患者が最初に薬剤を服用する時間を設定したい場合、マイクロコントローラ9は表示域33に時間数字「12」を表示させる。患者が食事時投薬計画のうちの1つを選択しない限り、次に、薬剤を最初に服用する時間がプログラミングされる(ステップS6およびS7)。イベントスイッチ4を押すことによって時間「1」から「12」がスキャンされ、適切な時間が表示されたときに機能ボタン2aを押すことによって、適切な時間が選択される。
【0032】
次に分の10の位の数字「0」が点滅し、イベントスイッチ4を押すことによって「0」から「60」までの数字がスキャンされる。適切な数字が表示されたときに機能ボタン2aを押すことによって、適切な数字が選択される。
【0033】
次に分の1の位の数字「0」が点滅し、イベントスイッチ4を押すことによって「0」から「9」までの数字がスキャンされる。適切な数字が表示されたときに機能ボタン2aを押すことによって、適切な数字が選択される。
【0034】
次に表示域34で「A」が点滅し、患者はイベントスイッチ4を使用してAMとPMの2つの時間指定を切り換え、機能ボタン2aを使用して選択する。これで、患者が最初に薬剤を服用する時間の設定が完了する。
【0035】
食事時投薬計画のうちの1つが選択された場合、薬剤は食事時に服用され、その時間は人によって異なることになる。プログラムメモリ20には、多くの人が通常食事をする標準の食事時間(朝食、昼食、夕食)が事前にプログラムされている。ただし、デバイスには柔軟性があるため、様々な食事時間が可能であり、これについて次に説明する。
【0036】
食事時投薬計画が選択されると、表示域33にはデフォルトの食事時間を示す「D」が点滅する。患者がプログラムメモリ20にプログラミングされた標準時間に食事を取る場合は、「D」が表示されたときに機能ボタン2aを押す(ステップS8)。患者が異なる時間に食事を取る場合は、イベントスイッチ4を押して(ステップS9)「D」と「S」(「設定」を示す)を切り換えることができる。「S」が表示されているときに機能キー2aを押す(ステップS10)と、ユーザは以下のように自分の朝食、昼食、夕食、および就寝の時間を設定することができる。機能キー2aを押すと、表示域35に「BRKF」が表示され、表示域33で「12」が点滅する。前述のように、患者の朝食時間(時、分、AM/PM)を入力する(ステップS11およびS12)。
【0037】
朝食時間をプログラミングした後のオペレーションは、選択された特定の投薬計画によって異なる。説明のために、投薬計画1、2、および3は図4に列挙された食事指定を表すものとする。投薬計画2または3が選択された場合、表示域35に「LNCH」が表示され、患者の昼食時間を設定するために時間設定プロセスが繰り返される(ステップS13およびS14)。投薬計画1、2、および3の下では次に表示域35に「DINR」が表示され、患者の夕食時間が同様に設定される(ステップS15およびS16)。投薬計画3が選択された場合は、最後に表示域35に「BDTM」が表示され、前述のように患者の就寝時間が設定される(ステップS17およびS18)。
【0038】
時間/食事指定がプログラミングされると、表示域32には「SU」が点滅し、患者が最初に薬剤を服用する曜日をプログラミングするように患者に指示する。イベントスイッチ4を押すことによって曜日「SU」から「SA」までがスキャンされ(ステップS19)、機能ボタン2aを押すことによって適切な曜日が選択される(ステップS20)。
【0039】
次に表示域35に「CNT」が表示され、現在の処方箋での服用回数を入力するように患者に指示する。表示域33には「0」が点滅し、患者はイベントスイッチ4を使用して、所望の回数が表示されるまでスキャンする(ステップS21)。次に機能ボタン2aを押して、この回数を選択する(ステップS22)。
【0040】
次に表示域35は、現在の処方が継続する予定の日数を入力するように、患者に指示する。表示域33では「0」が点滅し、患者はイベントスイッチ4を使用して、所望の数字が表示されるまでスキャンすることができる(ステップS23)。機能ボタン2aを押して、この日数を選択する(ステップS24)。
【0041】
これで設定プロセスは完了する。次に表示域35は「STRT」を表示し、表示域33は疑問符(「?」)を表示する。ユーザがイベントスイッチ4を押すと、デバイスはオペレーションモードになる(ステップS25)。オペレーションモードは、ユーザが所望のオプションをプログラミングした後にデバイスが常駐するモードを定義する。ディスプレイ3は、現在時刻または次の服用が行われる時間を交互に表示することができる。現在時刻が表示されると、表示域35は「TIME」と表示し、表示域31は患者が選択した投薬計画の番号を表示し、表示域33および34は現在時刻を表示し、表示域32は現在の曜日を表示する。次に薬剤を服用する時間が表示される場合、表示域33および34は次の服用時間を表示し、表示域32は次に服用が行われる曜日を表示し、表示域31は選択された投薬計画の番号を引き続き表示し、表示域35は「NEXT」と表示する。
【0042】
デバイスがプログラミングされ、イベントスイッチ4が押されてオペレーションモードに入ると、患者には、最初に薬剤を服用しなければならない曜日および時間がわかる。最初に服用する時間になると、マイクロコントローラ9は、最初の服用をこの時間に実行しなければならない旨を患者に警告するために、可聴および/または可視信号を発信するようにアラーム回路8に指示する(ステップS26)。警告信号は、患者が服用し、イベントスイッチ4を押すまで、または処方された時間が経過するまで、断続的に発信される(ステップS27)。この間、表示域35は、次の服用時間であることを示す「TAKE」を表示する。予定された時間より前に、患者が処方された回数よりも多く服用し、イベントスイッチ4を押した場合、アラーム回路8が起動し(ステップS28)、表示域35は、患者が選択された投薬計画に正しく従わなかったことを示す「ERR」を表示する(ステップS29)。
【0043】
予定された時間が過ぎた後に、患者が処方された時間内の服用を行っておらず、アラーム回路8が起動されている場合、表示域35は患者が予定された服用を行わなかったことを示す「MISS」を表示する(ステップS34)。次にディスプレイは、守れなかった服用が予定されていた時間を示し(ステップS35)、どのように進めるかに関してデバイスに指示するように患者に指示を出す(ステップS36)。この時点で、患者はイベントスイッチ4を押して現在の投薬計画を維持する(ステップS37)か、または新しい投薬計画を選択する(ステップS38)ことができる。
【0044】
最初の投薬を行うと同時に、患者はイベントスイッチ4を押し、これによって薬剤の服用が記録され、選択された投薬計画に従って薬剤の次の服用を実行しなければならない時間/食事を自動的に計算すること、およびディスプレイ3上にこの時間を表示することを、マイクロコントローラに実行させる(ステップS39)。さらにマイクロコントローラは、処方箋の合計服用回数から服用済みの回数を差し引いて、残りの服用回数を更新する。この回数は表示域33に表示され、表示域35には、残りの服用回数を示すために「LEFT」が表示される(ステップS40)。
【0045】
同様に、マイクロコントローラは毎日の終わりに、処方箋の合計日数から1を差し引いて、残りの日数を更新する。この数は、残りの日数を示すために表示域33に表示される(ステップS41)。
【0046】
これらのオペレーティング手順は、患者の処方箋が有効な限り繰り返される。処方箋の服用回数がほぼ終わり(すなわち、残りが6回以下)になると、ディスプレイは「FILL」を示し、アラーム回路が起動される(ステップS42)。患者が、医師の指示で再調剤された処方箋を有する場合、オペレーティング手順はステップS21から再開される。そうでなければ、患者が自分の処方箋を完了し、それ以上の薬剤を必要としない場合、リセットボタン2bを押すことによってデバイスはオフになる(ステップS43)。
【0047】
複数薬剤用の投薬遵守デバイス
図5は、本発明の第2の実施形態に従った服薬遵守デバイスを示す構成図である。この実施形態では、ユーザはデバイスをプログラミングし、複数の薬剤の状況を監視することができる。
【0048】
第1の実施形態に関して図2に示された中央処理装置およびサポート回路に加えて、第2の実施形態に従ったデバイス50は、ディスプレイ51およびキーパッド52を含む。ディスプレイ51は、ユーザに情報を表示する8つの文字および/またはグラフィック表示フィールドF1〜F8を含む。この情報は、ドットマトリックスディスプレイおよび/またはスクローリングディスプレイを使用して表すこともできる。ディスプレイを実施する例示的な方法は、液晶ディスプレイ(LCD)、陰極線管(CRT)、またはプラズマディスプレイを使用することを含む。
【0049】
図5を参照すると、フィールドF1は複数の薬剤が服用されるかどうかをユーザに通知し、F2は特定の処方箋投薬計画がF6およびF7で識別された薬剤を使用していることをユーザに通知し、F3はアラームまたはバイブレータの状況に関してユーザに通知する。デバイス50が「OPERATE」モードの場合、F4は薬剤を服用するか否かをユーザに通知する。ユーザが薬剤を服用する場合F4は単語「TAKE」を表示し、服用しない場合F4は単語「NEXT」を表示する。「OPERATE」モードは、ユーザ側のアクションなしに、デバイスが通常常駐するモードとして定義される。メニュースキャンオペレーション中、フィールドF4は使用可能な様々なオプションをユーザに通知する。フィールドF4は、他のフィールドで提供されている情報の性質または状況をユーザに通知する必要のある、他の情報も提供する。フィールドF5は、曜日、時、分、およびAMまたはPMなどの時間情報を表示し、F6は特定の薬剤に関するメモリスロットを識別するオプションの文字フィールドである。F7は特定の薬剤を識別するユーザプログラミング済み情報を表示し、F8は、特定の薬剤に関するプログラムがオペレーション可能であるかどうか、または中断されているかどうかを、ユーザに助言する。
【0050】
図5に示されているように、デバイス50は6つのキー、SELECT 53、MENU 54、UP 55、DOWN 56、SNOOZE 57、およびEVENT 58を備えたキーパッド52も含む。所望であれば、数字キーパッド、英数字キーパッド、またはコンピュータキーボードなどの他のキーを使用することができる。これらのキーは、デバイスのプログラミングおよびオペレーション時に使用される。UP 55およびDOWN 56のキーは、ユーザが様々なメニュー項目の下にあるオプションをスクロールできるようにするものであり、SELECT 53キーは、所望のオプションを選択する際に使用される。処方された時間間隔内にSELECT 53を起動しなかった場合、デバイスはOPERATEモードに戻る。MENU 54キーを連続して起動すると、フィールドF4は図6Aに示されたメニュー選択肢を表示する。これらオプションのうちの1つが表示されている間にSELECT 53キーを押すと、デバイスは選択された特定のオペレーションモードに設定される。図5に示されるようにキーパッド52をディスプレイ51に組み込むことが可能であり、あるいは、キーパッド52とディスプレイ51を分離することも可能である。
【0051】
複数薬剤服薬遵守デバイスは、SNOOZEスイッチ57およびEVENTスイッチ58も含む。フィールドF6およびF7に表示された薬剤について、EVENTスイッチ58を押すと、以下のイベントが発生する。フィールドF4が単語TAKEを表示したときには、現在の日付、時間、および薬剤名が記録され、それによって薬剤が服用されたことを意味する。次にフィールドF4は単語NEXTを表示し、次に薬剤を服用する時間がフィールドF5に表示される。ただし、他の薬剤の服用時間の方が早い場合、フィールドF4は、その薬剤に該当するNEXTまたはTAKE画面を表示する。フィールドF4が単語NEXTを表示し、薬剤を服用する時間が所定の時間範囲内にある場合は、F4が単語TAKEを表示したときと同じシーケンスが適用される。ただし、フィールドF4が単語NEXTを表示し、薬剤を服用する時間が所定の時間範囲を超えている場合は、薬剤と共に現在の日時が識別され、そのイベントが記録される。ユーザが所定の時間範囲内に薬剤を服用しないと、デバイスはその薬剤に関する適切な次の服用時間に進む。さらに、アラーム音を消す場合にはSNOOZEボタン57が使用される。次にアラームは、1間隔スキップして再度ユーザに警告する。
【0052】
次に、本発明の第2の実施形態に従った服薬遵守デバイスのオペレーションについて、図6A〜図6Hを参照しながら説明する。図6Aは、MENU 54キーを押すことによってスクロール可能な、ユーザが使用できる選択肢を示す図である。
【0053】
図6Aに示されるメニュー選択肢には、オプションのTIME(ステップS50)、VIEW(ステップS60)、MEDICATION(ステップS70)、ALARM(ステップS80)、LOCK(ステップS90)、HELLO(ステップS100)、およびRUN(ステップS110)が含まれ、これらについては図6Bから6Hに関して以下で説明する。ユーザはMENU 54キーを押すことによってオプションをスクロールした後、SELECT 53キーで所望のオプションを選択する。
【0054】
図6Bは、現在の時間を表示または編集するのに必要なプログラミングステップを示す図である。図6AでTIMEオプションが選択された(ステップS50)後、ユーザには現在時刻を表示するか、または現在時刻を編集するかの選択肢が与えられる(ステップS51)。ユーザがステップS51で現在時刻の表示を選択し、RUNオプションを実行する(ステップS53)と、フィールドF6に現在時刻が表示され(ステップS54)、デバイスはOPERATEモードに戻る。ユーザがステップS51で現在時刻の編集を選択すると、ユーザは時間(曜日、時、分)をスクロールし、所望の時間を選択する(ステップS52)。RUNオプションを実行した(ステップS53)後、編集された時間がフィールドF6に表示され、デバイスはOPERATEモードに戻る。
【0055】
図6Cは、デバイスにプログラミングされた様々な薬剤を表示するプログラミングステップを示す図である。図6AでVIEWオプションが選択された(ステップS60)後、ユーザは様々な薬剤を服用する予定の時間をスクロールする(ステップS61)。薬剤を服用する予定の時間はフィールドF5に表示され、薬剤の識別子はフィールドF6およびF7に表示される。次にユーザはRUNオプションを選択して(ステップS62)、デバイスをOPERATEモードに戻す。
【0056】
図6Dは、特定の薬剤を表示、省略、またはカスタマイズするプログラミングステップを示す図である。図6AでMEDICATIONオプションが選択された(ステップS70)後、ユーザは様々な薬剤をスクロールして、その中の1つを選択する(ステップS71)。薬剤を選択すると同時に、ユーザは、「LAST」、「FUTURE」、「OMIT」、および「PROGRAM」を含むオプションをスクロールして選択する(ステップS72)。「LAST」オプション(ステップS73)は、薬剤が服用された最後の時間をユーザに通知する。「FUTURE」オプション(ステップS74)は、薬剤が服用される予定の将来の時間をユーザがスクロールできるようにするものであり、「OMIT」オプション(ステップS75)は、選択された薬剤に関するプログラムをユーザが一時的にオフにできるようにするものである。薬剤のON/OFF状況は、フィールドF8に表示される。PROGRAMオプション(ステップS76)は、選択された薬剤のプログラムパラメータをユーザが設定(カスタマイズ)できるようにするものである。図6Eは、プログラムパラメータを設定するために必要なプログラミングステップを示す図である。
【0057】
図6DでPROGRAMオプションが選択された(ステップS76)後、ユーザは、図6Eで選択された薬剤を識別するカスタマイズ済み情報を入力する(ステップS77a)。カスタマイズ済み情報はフィールドF7に表示される。ステップS77aが実行された後、ユーザは、日単位の投薬計画(すなわち、1/1日1回毎日、2/1日2回毎日、3/1日3回毎日、および4/1日4回毎日)(ステップS77c)、およびユーザが薬剤の服用に時間単位の間隔を選択する時間単位の投薬計画(ステップS77d)を含む、いくつかの投薬計画オプションの中から選択する。さらに、CYCLICAL(月単位周期)、MEAL(食事時間)、CUSTOMIZE(カスタマイズされた時間間隔)、およびRECORD(薬剤が服用された時間の記録)の投薬計画も含まれる。CYCLICALオプションを選択すると、ユーザは、薬剤を服用する周期の日数を入力する(ステップS77e)。次にユーザは、その月の日数(ステップS77f)、ユーザが薬剤の服用を開始したいその月の開始日(ステップS77g)、およびその月の現在の日付(ステップS77h)を入力する。ユーザは、DAILY、HOURLY、およびCYCLICALの投薬計画の場合、最初に服用する予定の時間も入力する(ステップS77m)。MEALオプションを選択した後、ユーザには、薬剤を食事と一緒(WITH)、食後(AFTER)、または食前(BEFORE)に服用するという選択肢が与えられる(ステップS77j)。CUSTOMIZEオプションを選択した後、ユーザは特定の時間間隔を入力する(ステップS77k)。RECORDオプション(ステップS77l)は、薬剤を服用した時間を記録する。ユーザはRUNオプション(ステップS77n)を選択し、デバイスを通常のオペレーティングモードに戻す。
【0058】
図6Fは、ALARMオプションをプログラムするプログラミングステップを示す図である。図6AでALARMオプションが選択された(ステップS80)後、ユーザはALARMの大、小、またはバイブレータを選択する(ステップS81)。次にユーザはRUNオプションを選択し(ステップS82)、デバイスを通常のオペレーティングモードに戻す。
【0059】
図6Gは、LOCKオプションをプログラムするのに必要なプログラミングステップを示す図である。図6AでLOCKオプションが選択された(ステップS90)後、ユーザにはデバイスのプログラミング機能をロックまたはアンロックする選択肢が与えられる(ステップS91)。ユーザがプログラミング機能をロックしたい場合、ユーザはステップS93でコードを入力する。コードは、数字または文字値の任意の組合せを含むことができる。ユーザがプログラミング機能のアンロックを選択した場合、ユーザはデバイスをアンロックするためのコードを入力する(ステップS92)。次にユーザはRUNオプションを選択し(ステップS94)、デバイスをOPERATEモードに戻す。
【0060】
図6Hは、HELLOオプションをプログラムするのに必要なプログラミングステップを示す図である。図6AでHELLOオプションが選択された(ステップS100)後、ユーザは電話および名前情報または食事時間情報を入力することができる(ステップS101)。ユーザが電話および名前情報の入力を選択した場合、ユーザは所望の電話および名前情報を入力し(ステップS102)、次に他の名前および電話番号を入力する選択肢が与えられる(ステップS104)。ユーザが他の電話および名前番号を入力したい場合(ステップS104で「はい」の場合)、プログラミング手順はステップS102に戻る。ユーザが任意の他の電話および名前番号を入力したくない場合(ステップS104で「いいえ」の場合)、ユーザはRUNオプションを選択し(ステップS105)、デバイスはOPERATEモードに戻る。ユーザがステップS101で食事時間情報を入力するように選択した場合、ユーザはステップS103で朝食、昼食、および夕食について所望の食事時間を入力する。所望の食事時間情報が入力された後、ユーザはステップS105でRUNオプションを選択してデバイスをOPERATEモードに戻す。
【0061】
無線出力
図7は、本発明の第3の実施形態を示す図である。この実施形態に従った服薬遵守デバイスのプログラミングおよびオペレーションは、第1および第2の実施形態の場合とほとんどの態様で同じであるため、同一の特徴については説明を省略する。図7を参照すると、服薬遵守デバイスは、無線リンク(図示せず)を介して外部無線送受信機41と通信する無線送受信機40(マイクロチップ部品番号SFH485)をさらに含む。外部無線送受信機41は、無線送受信機42と、パーソナルコンピュータ(PC)などの入力デバイスに接続するためのインターフェース43を含む。インターフェースは、標準のRS-232シリアルインターフェースであることが好ましく、好ましい実施形態では、情報を送受信するために赤外線技術が使用される。パーソナルコンピュータはソフトウェアを実行し、デバイスは、機能ボタンを使用して直接プログラムする代わりに、このソフトウェアを使用してパーソナルコンピュータを介してプログラムすることができる。この実施形態では、第1および第2の実施形態に関する前述のプログラミング手順が、パーソナルコンピュータ上で実施される。したがって、パーソナルコンピュータのキーボードを介して前述のパラーメタ(時間、食事、錠剤の数など)を入力するだけで、デバイスのプログラミングがより簡単になる。
【0062】
患者またはその医療提供者がパーソナルコンピュータを介して入力した情報は、無線送受信機42によって送信され、無線送受信機40によって受信され、あたかも第1および第2の実施形態で説明したボタンを介して直接入力されたかのように処理される。無線送受信機40は、デバイスの現在の状況およびディスプレイ3、51に表示された情報を、外部デバイスに返信する。
【0063】
図7のデバイスは、イベントスイッチ4、58が押されたときに患者によって服用されたそれぞれの薬剤を記録する、不揮発性メモリ10も含まれる。どの薬剤が服用されたかに関する情報には無線リンクを介してアクセス可能であるため、医師は薬剤服用における患者の遵守を検査することができる。好ましい実施形態の不揮発性メモリ10は、8KBシリアルEEPROM(マイクロチップ部品番号24LC08B)であるが、本発明の範囲を逸脱することなく同等のメモリも使用可能である。パーソナルコンピュータ上でデバイスをプログラミングした後の、患者のデバイスオペレーションは、第1および第2の実施形態に関して上記で述べたものと同一である。
【0064】
好ましいことに、無線送受信機40は、振幅シフトキーキング(ASK)変調を使用して、外部無線送受信機との間で赤外線エネルギーを送受信する。赤外線技術は例示のためだけに開示されており、他の無線技術および変調方法は本発明の範囲内であるものと企図される。
【0065】
さらに、各服薬遵守デバイスには固有の識別番号が割り当てられ、遠隔位置からのプログラミングの際に特定のデバイスを識別する目的で、そのプログラムメモリ20に格納される。
【0066】
デバイスのプログラミングに関して、曜日、時間などのパラメータおよび他のパラメータをグローバルレジスタ内に設定することが可能であり、薬剤特有のパラメータは固有のレジスタ内にプログラムされる。ユーザが各レジスタについてデバイスにプログラムした情報を再検討すること、および任意の他の関連情報を再検討することが可能なように、追加の容量を含めることができる。この情報は、デバイスそれ自体のレベルで、かつ/または無線コンピュータインターフェースを介して、再検討することができる。
【0067】
イベントスイッチ4、58を起動すると、履歴データが不揮発性メモリに格納される。さらに、こうした履歴データには識別文字が関連付けられるので、特定の薬剤または療法の使用を追跡することができる。
【0068】
個々のレジスタを文字または記号によって識別することに加えて、またはこれに代わって、デバイスは、レジスタと関連付けられた特定の薬剤を、名前または説明(すなわち黄色い錠剤、利尿剤など)によって識別する情報などの、ユーザフレンドリな情報も提供することができる。さらに、アラームと共にユーザに役立つ情報を提供する指示も提供することができる(すなわち、食事と一緒に服用する、牛乳は避けるなど)。各レジスタは、こうしたどちらのタイプの追加情報にも、以下で論じるように、適切な時期に音声または文字のどちらの形式でも再度呼び出して表示するためにアクセス可能である。
【0069】
デバイスの無線放出を、2次装置を起動するための要素の変換として使用することもできる。したがって、アラームと組み合わせた無線信号の放出は、2次アラームを起動するための信号として使用することができる。2次アラームは、聴力または視力に障害のある人々に警告するため、精神または身体に障害のある人々に薬剤を施与する際に送達システムに警告するため、あるいは任意の様々な他の種類の装置を起動するために、使用することができる。
【0070】
規格設定の範囲内で、アラーム論理によってトリガされた服薬遵守デバイスからの放出を、薬剤または療法の調剤ステーションと共に、あるいは同様に、特定の薬剤または療法を患者に提供する時間に到達したことをスタッフに警告するために、使用することができる。したがって、本発明によれば、医師または任意の他の看護提供者による薬局内での療法投薬計画のスケジューリングおよびプランニングを、服薬遵守デバイスにプログラムすることができる。この実施形態では、デバイスは、処方された方法でかつ/または処方された時間に薬剤または療法を提供するようにスタッフに指示する機能を実行することができる。
【0071】
本発明では、この服薬遵守デバイスは、イベントスイッチの起動と共にまたは薬剤の瓶を開けることによって受動的に出力される、無線放出のための能力を備える。無線放出は固有のユニット特有の署名を搬送し、独立した受信機によって集められる。したがって、集められた放出データは、薬剤および療法の適切な施与を評価および監視するため、ならびに重大な省略またはエラーが発生した(たとえば、薬剤が適切に施与されなかった)場合は警告/警報状態を提供するために、使用することができる。
【0072】
無線放出の出力は、他の装置またはデバイスによる同時進行放出を実行するためにも使用することができる。服薬遵守デバイスおよび他の装置による同時無線放出は、独立したレコーダによって、非常に接近した時間系列で受け取られるため、アクションと機器の時間および近接関係を確立することができる。たとえば、服薬遵守デバイス上の「イベントスイッチ」を起動すると、独立した受信機によって集められる信号が放出され、適切な患者識別デバイスにも信号を放出させる。この信号も受信機によっても集められる。受信機の識別、服薬遵守デバイスの識別、および患者の識別の相関により、データセットを生成することが可能であり、それによって、特定のアクション、特定の場所、特定の薬剤、および特定の患者の間の関係が確立される。
【0073】
アタッチメント
図8A、図8B、および図8Cは、平坦かまたは湾曲した様々な容器および表面に取り付けられた服薬遵守デバイスを示す図である。図8Aは、キーチェーンまたはペンダントとして使用するのに便利なチェーンまたはループへの取付けが可能な調節部(図示せず)を有する、プラスチックケースに収容された自立型デバイスとしての服薬遵守デバイスを示す図である。デバイスは、フレキシブルであり湾曲した容器または平坦な表面の形状に合わせて曲げることのできるカラー(図8Bおよび図8CのA)にぴったりと収まる。「ウィング」およびカラー背面は接着剤でコーティングされており、これでアタッチメント器具が表面または容器に取り付けられる(図8C)。細長い構造が必要な応用例では、D点(図8B)で「ウィング」を切り取ることが可能であり、カラーCの背面の接着剤のみで表面へ取り付けることができる(図8C)。
【0074】
したがって、この発明に従った服薬遵守デバイスは、接着剤、ストラップ、マジックテープ、機械的アタッチメント、容器自体の構成要素としての組込み、または任意の他の方法の取付けによって、薬剤容器に取り付けることができる。デバイスは、自立型としても動作し、必ずしも薬剤容器に取り付けなくてもよい。
【0075】
デバイスは、多様な種類の薬剤送達システムと共に、またはその一部として、および自立型ユニットとして使用することができる。薬剤容器から独立した自立型ユニットには、時計、ペンダント、キーチェーン、または腕時計として、あるいはそれらの一部としての使用が含まれる。他の自立型の応用例には、ポケットベルまたは携帯電話に使用されるものと同様の構成、あるいは人が容易に持ち運ぶことのできる任意の他の構成が含まれる。デバイスを薬剤容器に取り付けること、または薬剤容器の一部として組み込むことに加えて、本発明では、ブリスタ包装、薬剤キャビネット、丸薬入れ、または薬剤配布用の任意の他の容器と共に、またはそれらの一部として使用可能な、服薬遵守デバイスについて説明する。さらにデバイスは、キャビネット、カート、あるいは機関設定での薬剤または療法の施与と共に使用される他の同様の装置に組み込むか、またはそれらと共に使用することもできる。
【0076】
アラーム
前述のように、デバイスは、薬剤を服用する時間であることを患者に警告する回路をトリガする。これらのアラーム機能には、聴覚的および視覚的信号に加えて、バイブレータまたは類似モードの信号などの触覚信号、録音またはデジタル生成により達成される音声信号、および、2次デバイス(たとえば、アラーム、患者補助機器など)のトリガを起動するため、あるいは医療スタッフまたは他のスタッフに何らかの形の処置(たとえば薬剤または療法の提供)を講じるべきであると警告するために、無線出力を変換要素として使用することが含まれる。服薬遵守デバイスがユーザに情報を伝えるときに使用する手段には、触覚視覚、および聴覚信号の発信が含まれる。
【0077】
ポケットベルで使用されるバイブレータなどの触覚刺激、または何らかの同様の刺激は、社内の他の人々に警告することなくユーザに警告できる、不連続な信号をユーザに提供することになる。触覚刺激のオペレーションは、視覚および聴覚刺激について述べたものに類似した方法で発生する。
【0078】
本発明によるデバイスには、ユーザに識別および/または指示情報を提供するために録音された信号を使用することも含まれる。服薬デバイは、がこれらの機能を達成するために、マイクロフォン、スピーカ、およびソリッドステート録音デバイスを備えることができる。録音モードでは、ユーザは、薬剤の識別および/または適切な用法に関する音声入力を提供することができる。ユーザ(または医療看護提供者)が録音した情報の使用は、デバイスのマイクロプロセッサレベルで使用された論理によって発生し、ユーザが録音したものに加えて事前に録音された情報を組み込むこともできる。したがって、記載された複数薬剤デバイスでは、特定レジスタ内の論理を使用して、「午後10時、黄色い錠剤を食事と一緒に服用」などの、録音されたシーケンスを再生指示することができる。こうしたシーケンスは、ユーザが録音した信号および事前に録音された信号を組み合わせて、療法の識別、使用時間、特別な指示、および該当する可能性のある任意の他のパラメータをユーザに警告することができる。こうしたシーケンスが複数薬剤デバイスの特定のレジスタ内で適切に使用されると、その結果として、特定の薬剤を正しく使用するための適切なタイミングおよび実際的なアドバイスが、ユーザに提供される。
【0079】
さらに、ユーザがアクションを開始すると、視覚的または録音された識別および指示情報の表示が要求される場合がある。そこで服薬遵守デバイスは、第1に聴覚、視覚、または触覚的な刺激を発し、次にユーザによるアクションによって、該当する聴覚および/または視覚情報をデバイスに表示させる。こうした聴覚または視覚情報の表示は、こうした情報が見られたり聞かれたりすることのない、ユーザのプライバシーを保護するような方法(たとえばイヤフォン)で実施することができる。
【0080】
デバイスは、好ましくは6つの異なるアラーム音を含むように構成される。たとえば、薬剤の服用時間になると、アラーム1は10分ごとにおよそ15秒間鳴る。ユーザが薬剤を服用できない場合、いずれかのボタンを押すとアラームは鳴り止む。TAKE表示も、新しい服用アラームまたは時計アラームが生じたときに、最新のTAKEを表示するように更新される。アラーム2は、TAKE 61キーを選択することによって服用イベントが記録されたときに発生する。アラーム3は、SKIP 62キーを押すことによってスキップイベントが記録されたときに生じる。SELECT 53キーを押すことによって任意のメニューまたは他の選択が実行されると、アラーム4が鳴る。アラーム5は、ユーザにバッテリの交換または処方箋の再調剤を通知するために生成される。アラーム6は、ユーザにアラーム時計がアクティブであることを通知するために生成される。アラームタイプの選択は、「服用」イベントの時間にどのタイプのアラームが起動されるかのみを決定するものであることに留意されたい。他の聴覚アラーム(アラーム2からアラーム5は、バイブレーションアラームが選択されている場合でも、どちらのケースについてもアクティブである)。
【0081】
アラーム1は1つは短く1つは長い電子音が繰り返され、アラーム2は2つの短い電子音、アラーム3は長い電子音、アラーム4は1つの小さな電子音、アラーム5は2つの長い電子音、およびアラーム6は5つの短い電子音が3回繰り返される。すべてのアラーム音は、好ましくは、デバイスの電力障害またはバッテリ交換時には6秒間使用不能である。他のアラーム音も使用可能である。
【0082】
服用スケジュール
表1は、朝、昼、午後などの服用の時間間隔をまとめたものである。通常、患者は14時間起きており、この間隔に、患者が所与の1日の内で処方された薬剤を服用する可能性が最も高い。14時間の1日が、患者が薬剤を服用することが望ましい一連の時間間隔に分けられる。あるいは、服用時間間隔を食事時間に対応させること(朝食、昼食と一緒、前、後など)も可能である。
【0083】
【表1】
【0084】
図9は、服用する薬剤をユーザが簡単に調整できるようにする、追加の投薬計画プログラミングを示す図である。
【0085】
表1に示されたような行列で生成された特定の時間を使用することにより、図9で投薬計画1、2、3、および4として識別された最も一般的な投薬計画の下で、患者が薬剤を服用するのに適した時間を単純に定義することができる。これらの簡単な投薬計画によって処方されたものでない薬剤は、追加の投薬計画で対処することができる。投薬計画0は、たとえば1日の内で薬剤が服用される9つまでの特定の時間を定義することができる、完全なユーザ設定型投薬計画である。投薬計画5は、処方された間隔で服用しなければならない薬剤向けに設計され、99時間までの間隔に対処可能である。投薬計画6は、薬剤を服用した後、別の服用を行わなければならない時間までの特定の間隔を定義するように動作する。投薬計画7は、薬剤を服用するための月単位のサイクルを定義する(すなわち、患者は、1ヶ月または他のサイクルにわたって、薬剤を服用するときおよび服用しないときのアドバイスを受ける)。投薬計画8、9、および10は、食事と共に服用する予定の薬剤に使用するものである。これらの投薬計画は、デフォルトで午前8時、午後12時30分、および午後6時の時間を有するが、患者は自分独自のスケジュールに合わせて時間を設定することができる。投薬計画11は、空腹時に服用する予定の薬剤に使用するものである。投薬計画12は薬剤服用の固定サイクルを定義し、投薬計画13は、選択された投薬計画を開始および終了する予定の開始日および終了日を定義し、投薬計画14は、薬剤が服用されるように選択された曜日を定義する。投薬計画15は、イベントボタンの起動のみが記録される記録専用モードである。
【0086】
図9に示された投薬計画のプログラミングは、第1および第2の実施形態で説明したプログラミングステップと同様である。簡潔に言えば、図9の投薬計画のうちの1つをプログラムするためには、ユーザは現在の日付を設定して、所望の投薬計画の番号を選択する。投薬計画0をプログラムするためには、T1〜T9の時間を設定する。時間のチェーンは0:00と設定することによって終わらせることができる。投薬計画1〜4の場合、最初の服用予定の時間が設定されると、服用時間は適宜自動的に計算される。
【0087】
投薬計画5の場合、最初の服用予定時間および所望の時間間隔が設定される。時間間隔は、0から100までの任意の数を設定するか、または1、2、3、4、6、8、12、24、36、48、60、72、84、96時間のシーケンスから選択することができる。服用時間は、最初の服用時間または以前に計算された服用時間に時間間隔を追加することによって、自動的に計算される。
【0088】
投薬計画6の場合、時間間隔は0から100までの任意の数として設定されるか、または1、2、3、4、6、8、12、24、36、48、60、72、84、96時間のシーケンスから選択することができる。服用時間は、最初の時間または以前に計算された服用時間に時間間隔を追加することによって、自動的に計算される。ユーザがこの投薬計画を選択した場合、時間単位の最小間隔を設定するオプションが与えられる。投薬計画が設定されるかまたは適切に起動されると、薬剤を服用するためのウィンドウがアクティブになる。薬剤が服用されると、デバイスは服用ウィンドウが再度開くまでの時間積分をカウントする。asNEEDED投薬計画(投薬計画6)に関連付けられた服用イベントの視覚アラームは、OK TAKEと表示することができる。
【0089】
投薬計画7の場合、最初の服用予定時間が設定される。次に対象日数(すなわち、処方薬を服用すべき連続した日数)が設定される。サイクル中の日数(すなわち、月内の日または日数)、および現在の日付またはサイクル中の日数が設定される。サイクル中の開始日が設定されると、服用時間が自動的に計算される。さらにデバイスは、サイクル中のどの日に薬剤を服用すべきかを、ユーザにアドバイスする。ユーザが新しいサイクル中の最初の服用時間を入力すると、デバイスはサイクル中のその日の新しい値を入力するようにユーザに指示する。たとえば、ユーザが各月の16日から25日まで薬剤を服用することを希望し、現在4月9日であると想定する。この場合、Day ON=10、Days in Cycle=30、Current Date=9、およびStarting Date=16である。これらの服用日は、服用イベントがどの月も28日より後には発生しないという前提で、毎月繰り返される。デバイスに電子万年暦が装備されている場合、毎月の開始日および終了日を入力するだけで、同じ結果が得られる。
【0090】
投薬計画8の場合、朝食(8:00AM)、昼食(12:00PM)、または夕食(5:00PM)のユーザ設定またはデフォルトの時間は、患者が薬剤を服用するように指示された時間である。この範囲は、たとえば食事時間の15分前から60分後までで設定される。
【0091】
投薬計画9の場合、ユーザは朝食(08:00AM)、昼食(12:30PM)、または夕食(6:00PM)のデフォルト時間をスキャンして選択し(およびデフォルト時間を変更することが可能であり)、選択した食事時間に2時間追加することによって、服用時間が自動的に計算される。
【0092】
投薬計画10の場合、ユーザは朝食(08:00AM)、昼食(12:30PM)、または夕食(6:00PM)のデフォルト時間をスキャンし(およびデフォルト時間を変更することが可能であり)、選択した食事時間から1時間差し引くことによって、服用時間が自動的に計算される。
【0093】
投薬計画11の場合、服用時間は、食事時間プラス2時間で、許容範囲は-15分から+60分である。EMPTY STOMACHおよびWITH FOOD投薬計画では、代替の服用時間および服用投薬計画は等しく受入れ可能である。EMPTY STOMACHまたはWITH FOODのいずれかの投薬計画が選択されると、ユーザは任意の所与の食事について、この投薬計画をONにするかOFFにするかを選択することができる。ユーザは、任意の食事に関連して1日に1回、任意の2回の食事に関連して1日に2回、または3回の食事すべてに関連して1日に3回の中から選択することができる。デバイス内の食事時間の設定は、朝食と昼食の間の最小間隔が4時間、昼食と夕食の間の最小間隔が5時間であるように構成され、すべての食事時間が14時間以内に発生するという追加の機能を備える。
【0094】
投薬計画12の場合、ユーザには服用する日としない日の反復プロトコルを作成するオプションが与えられる。これは、サイクル中の合計日数、薬剤の服用予定サイクルの最初の日に開始すること、および固定サイクルのうち今日の日付はどれであるかを選択するオプションを、ユーザに与えることによって達成される。このデータが入力されると、ユーザには、薬剤を服用予定の1日のうちの時間を選択するオプションが与えられる。服用範囲はプラスマイナス4時間である。
【0095】
投薬計画13の場合、ユーザには、任意の他の投薬計画に関する開始日および時間ならびに終了日および時間を指定するオプションが与えられる。この投薬計画が選択されると、ユーザには、投薬計画を開始する月、日、時間を入力するオプションが与えられ、さらに投薬計画を終了する月、日、時間を設定するオプションも与えられる。これらのパラメータが選択されると、ユーザには使用可能ないくつかの投薬計画の中から選択するオプションが得られる。それに続く投薬計画のプログラミングは、その投薬計画の通常のデータ入力シーケンスによって達成される。
【0096】
投薬計画14の場合、ユーザは薬剤を服用する曜日を選択するオプションが与えられる。この投薬計画が選択されると、ユーザには、曜日(すなわち日曜から土曜まで)をスキャンするオプション、および各曜日についてONまたはOFFを選択するオプションが与えられる。これらのパラメータが入力されると、ユーザには、薬剤が服用される予定の時間を選択するオプションが与えられる。服用範囲はプラスマイナス4時間である。
【0097】
次に図10を見ると、本発明の第4の実施形態に従った服薬遵守デバイス50の構成図が示されている。図に示されるように、図5に示された表示フィールドF1〜F8が、第4の実施形態に従ってデバイス50でも使用される。ただし、キーパッド52'には追加のキー、TIME 60、TAKE 61、SKIP 62、およびRESET 63が含まれる。これらのキーは第4の実施形態ではデバイスのプログラミングおよびオペレーティングに使用されるものであり、次に、これについて図11を参照しながら説明する。
【0098】
より詳細には、図11は、MENU 54キーを押すことによってスクロール可能な、ユーザが使用できる選択肢を示す図である。メニュー選択肢は表示フィールドF1(図10を参照)に表示され、NEXT(ステップS200)、BAT-Low(ステップS202)、EARLY(ステップS204)、VIEW(ステップS206)、MED(ステップS208)、ALARM BUZZ(ステップS210)、ALARM CLOCK(ステップS212)、TRIP(ステップS214)、SET TIME(ステップS216)、USER(ステップS218)のオプションを含む。ユーザは、MENU 54キーを押すことによってオプションをスクロールし、SELECT 53キーで所望のオプションを選択することができる。次に、ユーザが各メニューオプションのステップS200〜S218でどのように操作するかについて説明する。
【0099】
より詳細には、図12A〜図12Bは、NEXTメニューオプションが選択された場合の情報を表示するフィールドF5およびF7を示す図である。図に示されるように、利尿剤は次に月曜日の午後3時に服用される予定である。バッテリ電力が低下した場合には、NEXTメニューオプションはステップS202で示されるように表示されることに留意されたい(すなわち、バッテリ電力が低下したことを表示フィールドF1が示す)。バッテリインジケーションは、バッテリが最後に交換されたときから、またはたとえばバッテリ電力低下状況が物理的に測定されたときから、一定の日数が経過した後に発生する。したがって、ユーザには、バッテリを交換するかまたは再充電するかのいずれかのオプションが与えられる。薬剤服用のアラームがアクティブになると、図12Bに示されたF7およびF8の情報が表示される。デバイスが薬剤を服用するように警告すると、F&のTAKEが点滅して、視覚アラームへの注意を促す。アラームが起動された時間が表示される。
【0100】
図13A〜図13Eは、EARLYメニューオプションのステップS204のオペレーションを示す図である。図13Aに示されるように、EARLYメニューオプションが選択されると、表示フィールドF4、F5、およびF7は、1つまたは複数の薬剤が可能な早期服用領域内にあること、または1つまたは複数の薬剤を補充する必要がある可能性があることを示す。UPおよびDOWNキー55、56を押すと、ユーザは早期に服用が可能であるか、または補充が必要な、薬剤のリストをスクロールすることができる。図13Bは、現在早期服用範囲内にある薬剤がないこと、ただし、補充が必要な少なくとも1つの薬剤があることを示す。表示フィールドF4にプロンプト「MULTI」も表示された場合(図13Dを参照)、これは、複数の薬剤が補充される予定であることを示す。MULTIプロンプトは、補充が必要な最後の薬剤で消える(図13Eを参照)。
【0101】
図13Cは、早期服用範囲内にどんな薬剤もない、または補充が必要などんな薬剤もないことを示す図である。ユーザがEARLY服用モードにあるときにMENU 54キーが押されると、デバイスはステップS204に示されたEARLYメニューオプションに戻る。TIME 60キーが選択されると、解除されるまで30秒間、表示フィールドF5に現在時刻を表示し、その後デバイスは、最後に表示されたフィールドに戻ることに留意されたい。たとえば20秒以内に他のキーが押されなければ、表示フィールドF1はTAKEメニューオプションまたは他の適切なデフォルトオプションに戻る。NEXT画面がアクティブな場合、TIMEを押すと、TIMEまたはMENUがされるまで、またはアラームがアクティブになるまで、現在時刻が連続して表示されることになる。
【0102】
前述のように、図13Dは、補充される薬剤が他にもあることを示す。さらに、早期に服用可能な複数の薬剤がある場合には、複数の表示が現われる。ユーザは、所望に応じてTAKEまたはSKIPのいずれかのキーを押すことによって、デバイスに服用またはスキップイベントを入力する。エラーを最小限にするために、ユーザはキーを2回押して確認する必要がある。これが実行されると、デバイスは、早期服用がアクティブな次の薬剤、または補充警告に進む。図13Eは、これが補充リストの最後の薬剤であることを示す(MULTIプロンプトが表示されないことに留意)。
【0103】
次に図14を見ると、VIEWメニューオプションのステップS206のオペレーションを示す。より詳細には、VIEWメニューオプションを選択すると、フィールドF4、F5、およびF7の情報が、図14に示されるように表示される。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、ユーザは、適切な時間および薬剤情報を含む、時間的な昇順で配列された薬剤を服用するためのスケジュールを表示することができる。たとえば、以後7日間にわたって発生する最大99までの将来の服用イベントを表示することができる。20秒のタイムアウト(すなわち、UPまたはDOWNキー55、56が15秒の間押されない)によって、NEXT表示オプションのステップS200または他の適切な画面に戻る。他のタイムアウト値も使用可能である。MENU 54キーを押すと、デバイスはVIEW表示オプションのステップS206に戻る。
【0104】
次に、図15A〜図18Bを参照しながら、MEDメニューオプションのステップS208に進む。より詳細には、図15Aは、MEDメニューオプションが最初に選択されたときの情報表示を示す。図に示されるように、フィールドF4はPICK MEDを表示し、フィールドF7は利尿剤の頭字語を示す。UPおよびDOWNキー55、56は、様々な薬剤をスキャンする際に使用することができる。SELECT 53キーでフィールドF7に表示された薬剤のうちの1つが選択されると、図15Bに示された情報が表示される。次にユーザは、選択された薬剤に関する様々な情報を見ることができる(これについては、後で詳細に論じる)。
【0105】
図15C〜図15Fは、図15Bに加えてスクロール可能な様々なオプションを示す図である。具体的に言えば、図15Aに示された選択されたPICK MEDオプションのサブオプションに、薬剤に関する情報(図15B)、薬剤の状況(図15C)、薬剤が補充されるか否か(図15D)、手動オプションに関する情報(図15E)、または薬剤および適切な投薬計画のプログラミングを可能にするモードに入ること(図15F)が含まれる。デバイスがロックされていると、状況、補充、および手動のサブオプションを表示できないこと、ならびに、デバイスがロックされていると好ましくはプログラムオプションが使用不能であることに留意されたい。
【0106】
図16A〜図16Rは、図15Bに示されたINFO MEDサブオプションに関して実行される様々なオプションを示す図である。より詳細には、図15Bに示されたサブオプションINFO MEDを選択すると、結果として図16Aに示された表示となる。図に示されるように、利尿剤が最後に服用された時間は、フィールドF4、F5、およびF7で定義されたように月曜日の午前8:27であった。最後のイベントが7暦日より前に発生したものである場合、図16Bに示された情報が表示される。図に示されるように、フィールドF5は、最後の利尿剤が11月18日に服用されたことを示す。あるいは、表示が、最後の利尿剤が服用されてから経過した日数を示すこともできる。
【0107】
さらに、図16Aおよび図16Bに示された最後のMEDサブオプションに誤った情報が入力されるのを防ぐために、所与のMEDプログラムの始動、リセット、または修正時に、図16Cおよび図16Dに示された情報が表示される。さらに、UPまたはDOWNキー55、56を使用すると、その結果として図16Eに示されるような投薬計画のタイプが表示される。図に示されるように、特定の薬剤について投薬計画のタイプがフィールドF5に表示され、これは1日に3回の投薬計画#3(図9に図示)を表示する。投薬計画に応じて、UPまたはDOWNキー55、56を連続して入力すると、その結果として図16Fに示された情報が表示される。図に示されるように、情報には、フィールドF4、F5、およびF7に示されるような特定の選択された投薬計画に関する範囲値が含まれる。図16G〜図16Iには、固定サイクルの投薬計画に関する合計日数、固定サイクルの投薬計画で薬剤が服用される予定の日数、および固定サイクルのどの日が今日の日付であるかが、それぞれ示される。
【0108】
図16Jおよび図16Kは、図9に示された投薬計画#7のMONTH CYCLEに関して表示される情報を示す図である。より詳細には、図16Jは薬剤が服用される予定のMONTH CYCLEの開始日を示し、図16Kは、指定された日を含めて薬剤が服用される予定のMONTH CYCLEの最終日を示す。上記の投薬計画の表示に続き、図16Lおよび16Mに示された状況表示のいずれかがユーザに提供される。具体的に言えば、図16Lには、薬剤がONであり、薬剤アラーム時間に服用しなければならないことを示す情報が示される。この表示でUPキー55を使用すると、(図16Nに示されたような)薬剤が服用される予定の1日のうちの最初の回を示す表示に進む。さらに、薬剤が補充される予定の場合、(図16Rに示されるように)適切な補充情報が表示される。図16Mは、薬剤アラームが使用不能(すなわちOFF)であることを示す。図16O〜図16Qは、薬剤の次の10回の服用時間を表示する、UPキー55の連続した入力を示す図である。図16Qは、今後7日間より後に服用が発生することを示していることに留意されたい。フィールドF5に示されている23日は、薬剤を服用する日数が今日から何日間であるかを示す。したがって、図16Qを参照すると、ユーザは23日以内に薬剤を服用しなければならないことがわかる。図16Rには、今日から何日後に薬剤を補充する必要があるかを示す情報が示されている。補充アラームは、たとえば補充日の午前0時00に起動される。したがって、図16Rを参照すると、ユーザは薬剤を12日以内に補充しなければならないと判断することができる。この情報は、補充オプションがオンになっている場合にのみ表示される。
【0109】
図17は、図15Cに示されたSTATUS MEDサブオプションが選択されたときに表示される情報を示す図である。図に示されるように、図17の表示フィールドF5は、状況がOFFであることを示す。状況はUPおよびDOWNキー55、56を使用して、ONとOFFの状況を切り替えることができる。SELECT 53キーを押してONまたはOFFを選択し、電子音が鳴ると選択が実施される。薬剤がOFF状態からON状態に移行した場合、次の服用アラームは現在時刻に照らして再度計算される。
【0110】
次に、図15Dに示されたRENEW MEDサブオプションに進む。RENEW MEDサブオプションを選択すると、図18Aに示された情報が表示される。図に示されるように、RENEW MEDサブオプションはOFF状態にある。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、ONとOFFの状況を切り替えることができる。SELECT 53キーでOFF状態を選択すると、アラーム4が鳴り、表示は図11に示されたNEXTオプションのステップS200または他の該当する表示に戻る。補充オプションがONであって選択されると、アラーム4が鳴り、図18Bに示された情報が表示される。フィールドF5の00は、現在登録されている補充を通知するまでの日数を指定する。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、この数を0から99までの間で調整することができる。SELECT 53キーを押すと、指定された数が選択される。したがって、ユーザは図18Aおよび図18Bを使用して、薬剤を補充する予定の特定の日数を設定すること、およびこの機能のONまたはOFFを切り替えることができる。図15Eおよび図15Fに示されたMANUAL MEDおよびPRGM MEDサブオプションについては、後で説明する。
【0111】
次に図19A〜図19Dを見ると、図11に示されたALARM BUZZメニューオプションのステップS210のさまざまなオプションが示されている。ALARM MENUのブザーオプションを選択すると、図19Aおよび図19Bに示された表示のうちの1つが表示される。図に示されたように、ユーザはアラーム音の大、小、またはバイブレーションの設定を切り替えること、およびアラームのONまたはサイレントを選択することができる。図19Cに示されるように、ユーザはUPおよびDOWNキー55、56を使用して、アラーム音の所望のトーンを設定することができる。図19Dは、ユーザがアラーム音の音量を調整することのできるオプションを示す。
【0112】
次に、図20A〜図20Dは、図11に示されたALARM CLOCKメニューオプションのステップS212の様々なオペレーションを示す図である。ALARM CLOCKオプションを選択すると、アラーム4が鳴り、図20Aに示された表示になる。フィールドF7に表示された時間は、アラームが設定された最新の時間であり、アラームがフィールドF4で1回または毎日表示するように設定されたかどうかに関する情報である(図20Aは、アラームが1回表示するように設定されていることに留意されたい)。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、フィールドF5のON、OFF、およびSETオプションをスキャンすることが可能であり、SELECT 53キーを使用して、フィールドF5のオプションのうちの1つを選択することが可能である。OFFオプションを選択するとアラームがOFFになり、オプションSETを選択すると、図20Bに示された情報が表示される。図に示されるように、ユーザにはフィールドF5のONCEまたはDAILYオプションをスキャンするオプションが与えられる。フィールドF5でどちらのオプションを選択しても、図20Cに示された情報が表示される(フィールドF4に示されるように、ユーザはDAILYオプションを選択した)。ユーザは、UPおよびDOWNキー55、56を使用して、アラームが鳴る時間を設定することもできる。図20Dでは、ユーザはアラームが毎日午前6:45に鳴り始めるように設定していることに留意されたい。このアラームは、薬剤が不適切に服用されたときに鳴るアラームとは異なることに留意されたい。
【0113】
図21A〜図21Dは、図11に示されたTRIPメニューオプションのステップS214に関する様々なオプションを示す図である。TRIPオプションは、2つの日付の間で指定された期間にわたって必要な薬剤の量(服用量)を計算する。TRIPメニューオプションを選択すると、アラーム4が鳴り、図21Aに示された表示になる。ユーザはUPおよびDOWNキー55、56を使用して、開始日を選択することができる。同様に、図21Bに示されるように、ユーザは最終日を選択することができる。最終日を選択すると、図21Cに示された情報が表示される。次にユーザは、UPおよびDOWNキー55、56を使用して、それぞれのON薬剤について、計算された服用数をスキャンすることができる。たとえば、図21Cに示されるように、ユーザは、デバイスに入力された開始日と最終日の間に、112回の服用が必要であることがわかる。これは、休暇または旅行が計画されている場合に、特に有利である。さらに、図21Dに示されるように、ユーザは旅行を開始する前に薬剤を補充しなければならないことがわかる。好ましいことに、服用数は、開始日の午前0時から最終日の次の日の午前0時1秒前までが計算される。
【0114】
次に図22A〜図22Mを見ると、図11に示されたSET TIMEメニューオプションのステップS216の様々なオプションが示されている。この機能は、デバイスがLOCKモードの場合には使用できないことに留意されたい。SET TIMEオプションを使用すると、ユーザは日付および時刻を変更することができる。SET TIMEオプションを選択すると、図22Aに示された表示になる。図22Aに表示された情報は、ユーザが時間を設定するには、TIME 60キーとSELECT 53キーを同時に押す、ということを示す。これらのキーを押すと、図22Bに示された情報が表示される。ここでユーザは、UPおよびDOWNキー55、56を使用して、フィールドF7に示された24時間およびAM/PMの選択をスクロールすることができる。24Hオプションは、すべての時間を軍用時間として(すなわち、1:15PMは13:15として表示される)表示する。フィールドF5に示されたCLOCKオプションを選択すると、図22Cに示された情報が表示される。ここでユーザは、年を選択することができる。
【0115】
年を選択すると、ユーザは図22Dおよび図22Eに示されたように適切な月および日を選択することができる。次に、図22Fおよび図22Gに示されたように、ユーザは1日のうちの時間を選択することができる(図22Fは時間が標準的なAM/PMで表されており、図22Gは時間が軍用時間で表されている)。さらに、図22Hおよび図22Iは、デバイスの電源を入れたときから時間を変更するのが初めてでない場合を示す(上記図22A〜図22Eは、デバイスの電源を最初に入れたときの時間の設定を示す)。図22Hは、標準的なAM/PM時間の場合を示し、図22Iは軍用時間の場合を示す。このモードでは、好ましくは時フィールドがどちらの方向にも4時間を超える変更はできないこと、およびUPおよびDOWNキー55、56は4時間の限度で無視されることに留意されたい。また好ましいことに、日付および曜日は、12:xxAMより後方に、または11:xxPMより前方に進んだ場合に自動的に変更される。図22Jおよび図22Kは、分の変更を示す図である。したがって、図22H〜図22Kを参照すると、ユーザは時間の時および分を変更することができる。これらの値が選択されるとアラーム4が鳴り、図22Lに示された情報が表示される。ここでユーザは、図22Lから図22Mまでを切り替えて、時間を編集または時間を保存することができる。
【0116】
次に図23A〜図23Fを見ると、図11に示されたUSERメニューオプションのステップS218で、ユーザがUPおよびDOWNキー55、56を使用してスクロールできる様々なユーザオプションが示されている。より詳細には、ユーザはUPおよびDOWNキー55、56を使用して、NAME(図23A)、PHONE(図23B)、MEALS(図23C)、LOCK(図23D)、EVENT(図23E)、およびCOMM(図23E)を含むオプションをプログラムすることができる。一部のUSER機能は好ましくは専門家のみが使用するように限定されており、デバイスがLOCKEDの場合には実行できないことに留意されたい。プログラミングが示されているように、図23Aに示されたNAMEサブメニューオプションを選択すると、図23Gに示された表示になる。ここでユーザは、SELECT 53キーと共にUPおよびDOWNキー55、56を使用して、自分の名前を入力することができる。
【0117】
図24Aは、図23Dに示されたLOCKサブメニューオプションの選択を示す図である。LOCKオプションは、UPおよびDOWNキー55、56を使用して、フィールドF5のLOCKEDまたはUNLOCKEDを切り替えることによって高度な機能への制限されたアクセスを制御するものである。さらに、デバイスをLOCKまたはUNLOCKするためには3桁のコード(パスワード)が必要である。コードが入力されると、図24BのUNLOCKEDまたは図24CのLOCKEDを選択することができる。
【0118】
図25Aは図23Gと同様であり、図23Aに示されたNAMEサブメニューオプションに対応する。図25Aでこの情報が入力されると、ユーザは、図25Bに示されたように、UPおよびDOWNキー55、56を使用してこの情報の編集を続行またはこの情報を保存することができる。
【0119】
次に、図23Cに示されたMEALSサブメニューオプションに進む。図25Cは、アクティブな食事投薬計画がない(すなわち、ユーザが時間を設定する必要がある)、図23CのMEALサブメニューオプションの選択を示す図である。SELECT 53キーを押すと、図25Fに示された表示が生成される。いずれかの薬剤に食事時間と投薬計画の関連がある場合、図25Dに示された情報が表示される。ユーザは、デバイスをプログラムする前にマニュアルを読むように警告されることに留意されたい。SELECT 53キーを押すと、図25Eに示された表示が生成される。この表示は、TIME CHANGE表示と同じ方法で機能するものであり、図25Fおよび図25Iに示された食事時間の編集を続行するためには、TIMEおよびSELECTキー53、60を同時に押す必要がある。図25F〜図25Iに示されるように、ユーザは食事を取る時間を修正することができる。すなわち、ユーザは朝食を8AMに設定することができる。これに対して、夜勤で働くユーザは、たとえば朝食時間を11PMに変更することができる。
【0120】
図25Jは、入力された食事時間情報の編集を続行するか、またはこの情報を保存することができるオプションを示す図である。デバイスがロックされた状態の場合、図25Cに示されたように読み取られる間にSELECT 53キーを押すことによって食事時間が表示されるが、編集することはできない。好ましくは、朝食は昼食の少なくとも4時間前、夕食は昼食の少なくとも5時間後であれば、いつでも可能である。好ましくは、すべての食事は14時間以内に発生し、朝食時間を選択すると、デバイスは規則に反した昼食および夕食時間の選択は行わないことが好ましい。
【0121】
次に図25Kおよび図25Lを見ると、図23Eに示されたEVENTユーザサブメニューオプションのオペレーションが示されている。EVENTユーザサブメニューオプションを選択すると、ユーザがこのように服用した薬剤のログを見ることができることを示す、図25Kに示された表示になる。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、ログイベントをスクロールすることができる。好ましいことに、2399よりも大きいイベント番号は、ログが2400イベントを超えて折り返したために初期のログイベントが失われたことを示す。ログされたイベントには、たとえばTAKE、SKIP、MISS(TAKE時間制限を超えた薬剤がない場合)、MCHG(手動による薬剤編集)、NTIM(SAVEでの表示回数)、およびTCHG(EDIT時間開始時の時間を表示)が含まれる。薬剤ログ時間は、イベントが発生したときの時間順に保存される。図25Lに示されるように、ユーザは、EVENTログの最終入力が金曜8:34AM、Viagraであることがわかる。EVENTログはIRインターフェースを使用するコンピュータによって消去可能であり、RESET機能による影響を受けないことが好ましい。その結果、図23A〜図23Fに示されたユーザサブオプションの記述となる。
【0122】
次に投薬計画をプログラムするためのオペレーション(すなわち、図15Fに示されたPRGM MEDサブメニューオプション)に進む。個々の薬剤に関する投薬計画のプログラミングは、第1に図11に示されたMEDメニューオプションのステップS208を選択し、次に図15Aに示されたように薬剤を選択し、その後図15Fに示されたPRGM MEDサブメニューオプションを選択することによって実施される。PRGM MEDサブメニューオプションを選択すると、図26Aに示された表示になる。この時点で、ユーザは薬剤の名前の頭字語を入力することができる。薬剤名を選択した後、ユーザは図9に示された投薬計画オプションをスキャンすることができる。図26Bは、図9に示された1日1回の投薬計画#1の選択を示す図である。投薬計画#1を選択した後、ユーザは図27A〜図27Bに示されたように、薬剤を服用する1日のうちの時間を入力することができる。薬剤を服用する1日のうちの時間の入力を完了すると、図27C〜図27Dに示されたように、ユーザは入力した情報をさらに編集するか、または入力した情報を保存することができる。
【0123】
図28は、図9のAS-NEEDED投薬計画#6について入力された情報を示す図である。図28に示されるように、ユーザはこの投薬計画の時間間隔を入力することができる。時間間隔を入力した後、ユーザは、図27A〜図27Bに示されているのと同様に、1日のうちの時間を選択することができる。図29A〜図29Bは、図9に示されたDAY of WEEK投薬計画#14をプログラムするためのオペレーションを示す図である。図29Aに示されるように、ユーザには、指定された曜日の適切なON/OFF指定を選択するオプションが与えられ、図29Bに示されたように曜日をスクロールすることができる。この選択プロセスは、各曜日について適切な指定が入力されるまで繰り返される。最終日の情報が入力された後、ユーザは図27A〜図27Bに示されているのと同様に、薬剤が服用される予定の1日のうちの時間を入力することができる。
【0124】
食物と一緒、食後、および食前の投薬計画(すなわち、図9の投薬計画#8、9、10、および11)は、特定の投薬計画を選択することによってプログラムされる。どの食事が選択されるかに応じて選択が可能であることに留意されたい。ユーザは、朝食、昼食、および夕食のうちのいずれかまたはすべてを選択することができる(図29Aおよび図29Bで実行される方法と同様)。投薬計画が選択されると、図27Cに示されたものと同様の表示が提供され、ユーザはデータ入力プロセスを完了することができる。空腹時および食物と一緒の投薬計画#11および#8のみを使用することも可能であることに留意されたい。
【0125】
次に図30A〜図30Fを見ると、図9に示されたFIXED CYCLE投薬計画#12およびMONTH CYCLE投薬計画#7をプログラムするためのオペレーションが示されている。CYCLEを選択すると、図30Aに示された表示になる。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、1ヶ月間のサイクルか固定期間のサイクルか(すなわち、それぞれF5およびF7フィールドのMONTHまたはFIXED)を選択することができる。FIXED期間オプションが選択されると、図30Bに示された表示になる。この表示では、ユーザは固定サイクル中の合計服用日数を選択することができる。この値が選択されると、図30Cに示された表示に服用日数を入力することができる。服用日数を選択すると、ユーザは固定サイクルに今日の日付を入力する。図30Dに示されるように、ユーザは、今日の日付が固定サイクルの最初の日であると入力している。
【0126】
この値を選択すると、ユーザは図27Cに示されたEDIT/SAVE表示を介して、この情報の編集を続行するかまたは保存することができる。図30Eおよび図30Fは、図9に示されたMONTHサイクル投薬計画#7のプログラミングを示す図である。図に示されるように、ユーザは図30Eのその月の最初の服用日を入力し、この値が選択されると、ユーザは図30Fのその月の最終服用日を入力する。次にユーザは、前述のように、この情報を保存するかまたは編集を続行することができる。
【0127】
図31A〜図31Dは、図9に示されたユーザ設定型投薬計画#0をプログラムするためのオペレーションを示す。図に示されるように、ユーザ設定型投薬計画が選択されると、ユーザは図31Aおよび図31Bに示されるように、最初の服用時間を入力することができる。好ましいことに、可能な分の範囲は、前の服用より1時間以上前、またはその日の最初の服用から1時間以内と表示されることはない。UPおよびDOWNキー55、56およびSELECT 53キーを使用して、最初に時、次に分の順で適切な服用時間をスキャンおよび選択することができる。最初の服用時分が選択された後、次に最も早い服用時間が、時の点滅によって表示される。時および分の両方を選択すれば、服用の選択が終了したことを示す。10回の入力、11PMまたはそれ以降の服用時間の入力、あるいは00:00AMの入力を行うと、シーケンスが停止し、図31Cに示された情報が表示される。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、たとえば0.25時間、すなわち15分のプラス範囲内で時間をスキャンすることができる。可能な範囲は0.25時間ごとの増分であり、2回の服用間の最低時間を超えないことが好ましい。SELECTキー53でプラス時間の数が選択されると、図31Dに示された情報が表示される。
【0128】
ユーザは再度、たとえば0.25時間のマイナス範囲内で時間をスキャンすることができる。可能な範囲は、0.25時間ごとの増分であり、2回の服用間の最低時間の4分の1または4時間のうちのどちらか少ない方を超えないことが好ましい。情報が選択されると、ユーザは前述のようにこのプログラムの編集を続行するかまたは保存することができる。さらに、プラスまたはマイナスの間隔が所与のユーザ設定型投薬計画のすべての設定に対して保持されることに留意されたい。2回の服用間の最低間隔は好ましくは1時間であり、プラス/マイナスの最低範囲は0.25時間である。
【0129】
次に、図32Aに示されたMANUAL TAKEサブメニューオプションに進む。MANUAL TAKEオプションは、図11のMEDオプションのステップS208を選択し、次に図15AのPICK MEDサブメニューオプションを使用して薬剤を選択することによって、選択することができる。これらのオプションを選択すると、図15Aに示された表示になる。図15Eのオプションを選択すると図32Aに示された表示になり、TAKE 61キーを押すと図32Bに示された表示になる。したがってユーザは手動で、月曜2:10AMに青い錠剤を服用し、同様の服用を記録することができる。MANUAL TAKEが記録されると、アラーム2が鳴り、適切な表示に戻る。さらに、MANUAL TAKEは、ON/OFF状況に関係なく、すべての薬剤でオペレーション可能であることが好ましい。MANUAL TAKEシーケンスを使用すると、不揮発性メモリおよび図16Aに示されたLAST MEDICATIONサブメニューオプションに、イベントが記録される。好ましいことに、デバイスがロック状態にあるとMANUAL TAKEのデフォルトは使用不能になるが、IRインターフェースを使用すれば、たとえデバイスがロックされていてもこのオプションを使用することができる。
【0130】
次に、図32Cを見ると、図16Aに示された表示でLASTとして格納されたデータが、薬剤が服用されるごとに更新されることを示す。薬剤の服用が記録された後、LAST MEDは、薬剤が最後に服用された曜日および時間を表示する。最後の薬剤が服用されてから7日より多く経過した場合、表示には経過した日数が示される。7日が経過した後、LAST MED表示は手動の服用に関する情報の提供を停止する。
【0131】
図33A〜図33Cは、図33Aのバッテリ交換、図33Bのバッテリ再充電、および図33Cの薬剤補充を含む、ユーザに与えられる特別な通知が示される。これらのアラームは、TAKEおよびEARLYイベントの近くに表示され、これによってユーザの注意がデバイスに注がれている間に、他の役立つ情報がユーザに与えられる。したがって、バッテリ交換、処方薬の補充、またはバッテリの再充電に関する通知を、TAKEイベントと共に表示することができる。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、この情報をスクロールすることができる。
【0132】
図34A〜図34Fは、図10のRESET 63キーが押されたときに実行されるオペレーションを示す図である。RESET 63キーは、すべてのハンドヘルドユニットのオプション設定を消去することになり、実際のユーザ名の設定(「NAME」ユーザサブメニューオプションから変更できるが、以前設定されたNAMEを維持する)を除いて、TIMEは内部クロックのスタート時点にリセットされる。PCのレベルで入力された記述情報およびTAKEイベントデータエントリは維持される。リセット63キーが起動すると、ユーザには図34Aに示された情報が提示される。この時点では、SELECT 53キーのみがアクティブである。SELECT 53キーを押すと、ユーザは図34B〜図34Cに示されたように自分の名前および電話番号を入力するように要求される。電話番号はUPおよびDOWNキー55、56およびSELECT 53キーを使用して入力することができる。情報が入力されると、ユーザには前述のように、入力された情報の編集または保存オプションが与えられる。次に、上記および図34Dに示されたように現在のDATEおよびTIMEが設定される。所望の食事時間も、図34Eおよび上記に示したように設定される。図34Fに示されるように、フィールドF7には「NO TAKES」が表示される。RESETボタンの使用は、ハンドヘルドユニットのロック機能の影響を受けない。さらに、RESET機能を起動するには、クリップまたは他の同様のデバイスを使用する必要があり、以前に入力した名前および電話番号などの任意のパラメータは、RESET機能では変更されない。この特徴により、リセット機能で新しい記録が使用されることに留意されたい。したがって、新しいユーザがこのデバイスを引き継ぐ場合、新しいデータを入力することができる。ただし、同じユーザがデバイスをリセットすると、そのユーザはすべての情報を再入力しなくてもよい。EVENTログ内の以前のどんなイベントも、保存されたまま残ることになる。単一の時間変更(新しい時間)イベントのみが、TIME EDIT/SAVEイベント時に記録される。
【0133】
前述の「選択する」などの語句は、SELECT 53キーを押すことに対応していることに留意されたい。
【0134】
さらに、前述のように、デバイスにはPCインターフェースを備えたIRインターフェースが含まれる。インターフェースと共に、自立型デバイスは格納された情報をPCにダウンロードすることが可能であり、PCはオペレーションパラメータに関して情報を自立型ユニットにダウンロードする能力を有する。自立型ユニットとPCとの間のデータの交換は、たとえば、データがデバイスからPCにアップロードされているときには好ましくは1分未満、データがデバイスにダウンロードされているときには30秒以下で実施することができる。
【0135】
自立型ユニットには、たとえばTAKEイベント情報、患者/提供者特有の情報、および薬剤特有の情報を格納する、不揮発性メモリも含まれる。TAKEイベント情報には、薬剤が最後に服用された曜日および時間を計算するのに十分な時間データ、薬剤の識別子、ならびに、TAKE、SKIP、MANUAL TAKE、またはABORT(時間ウィンドウを閉じる)のいずれかを示すフラグも含まれる。不揮発性メモリは、たとえばこうした情報の少なくとも60日間相当、および1日に最大40イベントを格納することができるため、デバイスは60x40=2400イベントを格納する容量を有することになる。時間変更イベントはイベント2つ分のスペースを使用し、時間変更イベントに関しては、時間が変更された時点を記録することに加えて、時間がこれまでに変更された量を格納する必要があることに留意されたい。メモリは、好ましくは自立型ユニットでは消去不能であるが、PCからの命令によってTAKEイベントデータを消去するオプションが存在する。さらに好ましくは、生成された各自立型ユニットは、それに関連付けられた固有の識別子を有する。
【0136】
さらに、自立型ユニットのレベルで入力された患者情報には、たとえば8文字の英数字識別子、食事時間、および再計算時間が含まれる。追加の患者特有の情報をPCからデバイスにダウンロードすることができる。このデータには、名前、ID番号、追加のID番号、日中の電話番号などが含まれる。プロバイダに関して、PCは電子メールアドレス、ファックス電話番号、グループID番号などを含む情報をダウンロードすることができる。
【0137】
さらに、薬剤特有の情報には、自立型ユニットのレベルで生成可能であり、前述のように薬剤の頭字語、投薬計画、および投薬計画特有のパラメータを含む情報が含まれる。PCは、薬剤名、NDC番号、および薬剤の強さを含めるために、追加の薬剤特有のデータもダウンロードする。さらに、各自立型ユニットおよびソフトウェアパッケージが、格納可能な固有の識別子を有することに留意されたい。PCのレベルで、メカニズムはPCと自立型ユニットの間に存在する可能性のある、矛盾する任意のデータを評価することができる。さらにPCは、自立型ユニットのオペレーションにどんな悪影響も与えることなく、いくつかのパラメータの起動または非活動化を命令することができる。これらのパラメータには、たとえばSTATUS、MANUAL TAKE、RENEW、およびSET TIMEが含まれる。これらのパラメータのデフォルトモードは、機能がDISABLEDなことである。個々の機能を制御することに加えて、機能を使用不能にするためには、LOCK状況をLOCKED状況にすることが必要である。
【0138】
次に図35A〜図35Fを見ると、PCとの通信を開始するためのオペレーションが示されている。PCと通信するために、デバイスは、図23Fに示された表示でSELECTキー53を押すことによって、通信(COMM)モードに入る。このサブメニューオプションを選択すると、図35Aに示された情報が表示される。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、SET BAUDとSTARTのオプションを切り替えることができる。STARTオプションの点滅中にSELECTキー53を押すと、デバイスは通信モードに入り、PCからのコマンドを待つ。PCからの「通信コマンドの終わり」で、たとえば120秒間何のコマンドも受け取られない場合、またはMENU 54キーが押された場合、デバイスは通信モードから出て、たとえばデフォルト画面に戻る。
【0139】
デバイスがPCと通信している間、図35Bに示されたメッセージが表示される。PCまたはMENU 54キーからの任意の手段、タイムアウトなどによってCOMMモードが終了すると、図35Cに示された情報がたとえば少なくとも2秒間表示される。この間、IRインターフェースを介してプログラムされたすべての薬剤は、それらの投薬スケジュールを計算させる。PCとの通信が試行され、バッテリ電力低下状態によるデバイスの電力障害または再起動が発生した場合には、上記図面のいずれかに加えて、図35Dおよび図35Eに示された情報も表示される可能性がある。この表示は、電力障害が発生したときにたとえすでに図35Cに示されたEXIT SYNCであっても、図35Dに示されたIN PROGRESS表示を経ることになる。SET BAUDオプションの点滅中にSELECT 53キーを押すと、図35Fに示された表示が現われる。UPおよびDOWNキー55、56を使用して、適切なボーレートのリストをスクロールすることができる。その後ユーザは、所望のボーレートを選択することができる。
【0140】
第1、第2、第3、および第4の実施形態で示されたイベントスイッチは、高齢者にも起動しやすいサイズであると同時に、誤って起動してしまわないような安全対策がなされていなければならない。リセットボタンは、誤ってデバイスをオフにしてしまわないように安全対策がなされた、起動のために細い針状の物を必要とするようなサイズである。
【0141】
本発明は、ユーザが(たとえば、夏時間などにより)現在時刻を変更する場合、次のTAKE時間が適切に再計算されることを保証するように実施される、時間変更アルゴリズムも含む。すなわち、夏時間、東海岸から西海岸への旅行などに関連して、デバイスの時計時間を変更する場合には、薬剤の服用間の時間間隔が適切に維持されることを保証するために様々なプログラム投薬計画を適宜再調整することが必要である。この目的を達成するために、本発明に従ったアルゴリズムは、薬剤の服用間で最小限の時間間隔を維持することを保証するように実施される。アルゴリズムは、時間変更と共に、各薬剤がLAST服用に基づいて新しいTAKE時間を再計算するかどうかを試験する。たとえば、以下のアルゴリズムを使用することができる。
1)LT=最後に薬剤が服用された時間。服用されていない場合は0
2)KR=投薬計画特有の定数。服用間の最小間隔
3)TN1=第1に計算された次の服用時間
4)TNX=連続して計算された次の服用時間
5)NT=オペレーション可能な次の服用時間
6)TD=LT+KR
7)NT=TN1 (TD<TN1またはTD=TN1の場合)
8)NT=TNX (TD<TNXまたはTD=TNXの場合)
【0142】
したがって、薬剤の最後のTAKEからNEXTの服用時間までの間隔が投薬計画特有の最小間隔定数より短いかまたは等しい場合、次のTAKEは、時間変更の前にあらかじめ計算されていた時間となる。ただし間隔が、投薬計画特有の間隔で指定されたものより短い場合、最後の服用時間から次のTAKE時間までが、投薬計画特有の最小時間間隔定数(KR)に等しいかまたは長い間隔だけ離れているという条件に合致するまで、NEXTの計算された服用時間で引き続き計算が実行される。KRは投薬計画によって異なる場合があり、好ましくは投薬計画の2回の薬剤服用間の時間間隔の1.0から0.01倍までの範囲の値を有することができる。現在の実施形態では、KRはそれぞれの投薬計画に以下のように割り当てられる。
【0143】
1/DAY、withFOOD(1日1回服用)、emptSTOM(1日1回服用)、CYCLE FIXED、およびCYCLE MONTH-16HR;2/D-8hr;3/DAY-5hr;4/DAY-3hr;朝食および夕食時withFOOD、およびemptSTOM-3hr;D of W、XXHR、および2回の薬剤服用間の最小間隔のCUST-2/3倍。KR値はデバイスに永続的に格納することができるか、または所与の薬剤に特有のKR値を、データ入力手順によりPC-IRインターフェースを介して自立型ユニットに割り当てることができる。
【0144】
時間が変更される間隔は、所与の薬剤の適切な服用に関する時間の計算に重大な影響を与える可能性もある。そのため、時間変更の間隔はプラスマイナス24時間を超えないという制約が設定されている。現在の実施形態では、最大時間変更はプラスマイナス4時間に制限されている。これは、デバイスが24時間より長い服用の投薬計画を提供しているため、および固定されたKR値が永続的に割り当てられるためである。これらの制約が変更されれば、時間変更制限の拡張が可能である。時間制限値と計算用のKR値の両方を課すことは、デバイスが患者に対して、薬剤を医学的に危険なほど近い間隔で服用するような誤ったアドバイスをしないようにすることによって、患者の安全を保証することを目的としている。
【0145】
時間変更と共に、早期服用ウィンドウを開くための時間が評価され、必要であれば、以下で述べるような要件に従って再計算される。これらの計算は、経過時間に基づいて行われることに留意されたい。
【0146】
本発明に従った早期服用ウィンドウの調整は、薬剤が服用ウィンドウの早い時間の最後の地点で服用され、次に、次の服用ウィンドウの最も早い時間に服用されることが可能であって、その結果、薬剤が近すぎる間隔で服用されることになるような状況を避けるためのものである。より詳細には、服薬遵守デバイスは、計算された服用時間の前(早い服用)から計算された服用時間の後(遅い服用)の時間まで延在する時間ウィンドウの中で薬剤を服用するように、患者の生活スタイルに幅を持たせるものである。ただし薬剤が、遅い服用時間で服用され、次に早い服用時間で服用されることにより、KR値によって定義された最小間隔要件を侵害するような状況が発生する可能性がある。そのため、薬剤を服用した後に早期服用ウィンドウを開く時間がテストされ、以下のアルゴリズムを適用することで再計算される。
9)TE=デフォルトの早期ウィンドウオープン時間
10)ET=オペレーション可能な早期ウィンドウオープン時間
11) ET=TD (TD>TEの場合)
12) ET=TE (TD<TEまたはTD=TEの場合)
したがって、早期服用ウィンドウのオープニングは、最後の服用時間プラスKR値の合計がデフォルトよりも遅い時間になる場合、この合計値に調整される。最後の時間プラスKRの値がデフォルトよりも早い場合は、そのデフォルト時間に早期ウィンドウが開く。
【0147】
本発明は、非常駐服用機能にも関する。この機能は、IRインターフェースおよびPCを使用することによって提供される。たとえば、医療提供者または薬剤師はユーザまたは患者に薬剤を与え、患者ができるだけ早くその薬剤の服用を開始することを望む。非常駐服用機能を使用すると、医療提供者は、薬剤の服用を即時に開始するようにデバイスをプログラムし、その後、プログラムされた投薬計画のうちの1つを慎重に始めることができる。たとえば子供が重い病気であり、毎日抗生物質を服用する必要があると想定する。子供がたとえば午後4時に処方箋を受け取り、病状が重いためすぐに薬剤を服用する必要がある場合、薬剤師は子供が抗生物質を午後4時に服用できるようにデバイスをプログラムし、その後次の服用時間を、午前8時ではなく午前10時に設定することができる。それ以降の日には、子供が毎日午前8時に薬剤を服用するように、投薬計画を実施することができる。この機能を使用すると、薬剤師は、患者が一定の医療処置などが完了した後に薬剤を服用するように信号で通知するように、デバイスをプログラムすることもできる。たとえば、患者が体のある部分の抜糸が済んだ後に抗生物質の服用を開始するものと想定する。この機能を使用すると、薬剤師または医療提供者は、薬剤の服用を5日以内(抜糸が行われた後)に開始し、特定の日付に終了するようにデバイスをプログラミングすることができる。
【0148】
より詳細には、医療提供者がPCインターフェースを介して服薬遵守デバイスをプログラミングする場合は、ユーザが特定のスケジュールを進められるように、または特定の薬剤の服用を忘れないように、服用時間が設定されることが望ましい。そのため、特定の服用時間をデバイスにプログラミングするための、非常駐服用アルゴリズムが開発されてきた。PC側では、各薬剤について様々な服用イベントを評価し、調整が望ましいかどうかを判定する機会がオペレータに与えられる。調整が望ましい場合、医療提供者は、標準の投薬計画論理から離れた薬剤の服用予定時間を入力する。医療提供者は、1つまたはいくつかの今後の服用イベントをスキップするように、服薬遵守デバイスに命じるオプションも与えられる。服薬遵守デバイスのファームウェアは、インターフェースを介して通信しながらこれらの命令を実施するように構成される。
【0149】
図36A〜図36Bは、それぞれ、第4の実施形態に従った服薬遵守デバイスの前面および側面を示す図である。
【0150】
図36Aに示されるように、デバイスには、図10に示されたものと同様の表示フィールドF1、F5、およびF7が含まれる。また、TIME 60キー、SKIP 62キー、TAKE 61キー、MENU 54キー、UPおよびDOWNキー55、56、ならびにSELECT 53キーも含まれる。図36Bは、デバイスを見やすい角度にする折りたたみ式スタンド99を示す図である。図36A〜図36Bに示された実施形態は図8A〜図8Cに示されたデバイスとは異なるものであり、図36A〜図36Bに示されたデバイスは自立型デバイスであって、薬剤ボトルなどには取り付けられないという点に留意されたい。
【0151】
本発明は、医療情報の収集にも使用することができる。PCインターフェースを介して、医師の名前、関係、および医療提供者などの医療緊急情報、ならびに適切な連絡先情報、医療条件、医療履歴、アレルギーおよび任意の他の情報を含む緊急時に医療提供者にとって重要なものとなる可能性のある患者の医療状況を入力することができる。この情報には、デバイス自体のレベルで、またはPCインターフェースを介しての、いずれかでアクセスすることもできる。
【0152】
現在、人々は携帯用情報端末、携帯電話、ポケット計算器、音楽用記憶、再生および受信装置などの、さまざまな電子補助器具を使用している。本発明によれば、服薬遵守デバイスの機能を携帯電話に組み込むことができる。こうした医療用電話は、携帯電話と服薬遵守デバイスの両方を単一ユニットとして持ち運ぶようにするオプションを、ユーザに提供するものである。これにより、ケース、LCD、バッテリ、充電器、電子回路構成要素、およびマイクロプロセッサなどの構成要素をこの2つの機器間で共用することができるため、ユーザに利便性だけでなく、大幅な経費節減をもたらすことになる。
【0153】
他の特徴には、服薬遵守デバイスを携帯用情報端末と組み合わせることが含まれる。この利点は、電話と組み合わせることによってもたらされる利点と同様である。携帯電話、携帯用情報端末、および服薬遵守デバイスを、利点および節約性をさらに向上させる単一ユニットとして統合することも可能である。同様に、服薬遵守デバイスを携帯用音楽デバイスと組み合わせることでも、利点がもたらされる。
【0154】
多用途デバイスは、電話などで服薬遵守デバイスの機能を実施しながら、その人が薬剤を服用しているという事実を隠すという点で、特に有利である。すなわち、エイズなどの病気を持つ人々の場合、1日にいくつかの薬剤を服用しなければならない。そこで、たとえば病気の人が公共エリア(駅など)にいる場合、その人が投薬デバイスを使用すれば、その周囲にいる誰の目にも明らかになってしまう。ただし、本発明によれば、プログラミング遵守デバイスの投薬機能を携帯電話で実施することができる。これによって、その人が薬剤を服用しているという事実が隠されるため、人目を気にすることも少なくなる。また、高齢者は携帯電話を持つことに興味がない可能性があり、これは、高齢の親をもつ息子や娘など、1日を通じて親の状況を確認したいと考える人にとって問題となる場合がある。ただし、本発明によれば、服薬遵守デバイスのプログラミングオプションを携帯電話に組み込むことが可能であり、これによって、携帯電話を持ちたがらない高齢者が服薬遵守デバイスとして携帯電話を使用することにつながる。そこで、高齢者が携帯電話を使用するようになることで、彼らといつでも簡単に連絡がとれるようになる。その結果、携帯電話の製造業者が携帯電話の売上を伸ばすことにもなる。
【0155】
さらに、本発明は、医療情報または任意の他の情報を記録する点で、特に有利でもある。すなわち、行動を起こさなければならない誰かに警告するようにデバイスを設定することが可能であり、アラームは、あらかじめ設定された投薬計画を使用して設定するか、またはユーザ設定型の投薬計画を使用して設定することができる。スケジュール化された行動には、何らかのデータを集めることが含まれてもよい。医療関係の場合には、数値および/または文字のデータの入力を必要とする、体温、血糖、血圧、脈拍、または他の同様のものを測定することであってよい。たとえば、医者が患者に対して、バイアグラ丸薬を服用した後、1時間ごとに自分の血圧を測らせたいと想定する。本発明の服薬遵守デバイスによれば、自分の血圧を測定するかまたは他のデータを集めるよう警告するように、アラームを設定することができる。
【0156】
デバイスは、ユーザに関連するデータを入力する機会も与える。このために、前述の名前および電話番号の入力に関して使用された手順と同様の手順を使用することができる。そのように日常的に記録されたデータをPCにダウンロードして、分析することもできる。あるいは、デバイス(すなわち、イベントログ機能を使用する)を使用してログデータを表示することができる。デバイスはデータの入力に加えて、再検討が可能なリストを格納することも可能であり、はいまたはいいえの答えを出して記録することもできる。医療的には、これは頭痛、背中痛、腕の痛みなどに実行できる。すなわち、ユーザは、薬剤に関して考えられる副作用を入力することが可能であり、これを使用して様々な人の様々な副作用を分析することができる。さらに、警備員がオープン、点灯、アラーム設定などを実行できる。GI、神経、血管を介したアクセスを容易にするオプションを積み重ね、アイテムを選択した後、サブアイテムに対処することができる。前述の方法と同様に、この機能からのデータに指示を与え、記録し、処理することができる。また、データ入力プロトコルをデバイスのファームウェアに格納することができる。あるいは、データ入力容量をデバイスのファームウェアに格納し、後にPCを使用して調整することもできる。アラームは、数値データを入力するようにユーザに警告することができる。PCは、何のデータが入力されたかを示すための画面表示を指定し、数値を入力するフィールドを提供する。メニュー駆動データを使用して、トピックに関する情報を入力し、前述のメニューと同様のメニューを介して行うように、ユーザに警告する。
【0157】
電子的構成およびプログラミングパラメータ
本発明は、コンピュータ分野の技術者であれば明らかなように、本明細書の教示に従ってプログラムされた従来の汎用デジタルコンピュータまたはマイクロプロセッサを使用して便利なように実施することができる。ソフトウェア分野の技術者であれば明らかなように、適切なソフトウェアコーディングは、本開示の教示に基づいて、熟練したプログラマが容易に作成することができる。本発明は、当分野の技術者であれば容易に明らかなように、アプリケーション特有の集積回路を準備すること、または従来の構成要素回路の適切なネットワークを相互接続することによっても実施することができる。
【0158】
本発明は、本発明のプロセスを実行するようにコンピュータをプログラムする際に使用可能な命令を含む記憶媒体である、コンピュータプログラム製品を含む。記憶媒体には、フロッピィディスク、光ディスク、CD-ROMおよび光磁気ディスク、ROM、RAM、EPROM、EEPROM、磁気または光カード、あるいは電子命令を格納するのに好適な任意のタイプの媒体を含む、任意のタイプのディスクを含むことができるが、これらに限定されるものではない。
【0159】
上記の教示に鑑みて明らかなように、本発明の様々な修正および変形が可能である。本発明の説明と共に言及した特定のパラメータは、例示の目的で述べたものに過ぎず、いかなる場合にも本発明の範囲を限定するものではない。したがって、本発明は、本明細書に特に記載のない限り、添付の特許請求の範囲内で実施可能であることを理解されよう。
【図面の簡単な説明】
【0160】
【図1】本発明の第1の実施形態に従った服薬遵守デバイスを示す図である。
【図2】図1の服薬遵守デバイスを示す構成図である。
【図3A】服薬遵守デバイスのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図3B】服薬遵守デバイスのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図3C】服薬遵守デバイスのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図3D】服薬遵守デバイスのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図3E】服薬遵守デバイスのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図4】服薬遵守デバイスにプログラム可能な一般的な薬剤の投薬計画の例を記載した表である。
【図5】本発明の第2の実施形態に従った服薬遵守デバイスを示す図である。
【図6A】ユーザが使用可能なメニューの選択肢を示す流れ図である。
【図6B】図6Aに示されたメニューオプションのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図6C】図6Bに示されたメニューオプションのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図6D】図6Cに示されたメニューオプションのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図6E】図6Dに示されたメニューオプションのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図6F】図6Eに示されたメニューオプションのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図6G】図6Fに示されたメニューオプションのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図6H】図6Gに示されたメニューオプションのオペレーション時に従うステップを示す流れ図である。
【図7】薬剤服用を記録するためのメモリおよび無線プログラミング機能を含む、服薬遵守デバイスを示す構成図である。
【図8A】本発明に従った服薬遵守デバイスを自立型デバイスとして示す図である。
【図8B】本発明に従った服薬遵守デバイスおよびアタッチメント機構を示す上面図である。
【図8C】本発明に従ってボトルに取り付けられた服薬遵守デバイスを示す断面図である。
【図9】服薬遵守デバイスにプログラム可能な一般的な薬剤の投薬計画の例を記載した他の表である。
【図10】本発明の第4の実施形態に従った服薬遵守デバイスを示す図である。
【図11】ユーザが使用できるメニュー選択肢を示す流れ図である。
【図12A】NEXTおよびTAKEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図12B】NEXTおよびTAKEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図13A】EARLYメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図13B】EARLYメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図13C】EARLYメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図13D】EARLYメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図13E】EARLYメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図14】VIEWメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図15A】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図15B】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図15C】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図15D】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図15E】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図15F】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16A】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16B】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16C】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16D】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16E】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16F】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16G】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16H】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16I】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16J】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16K】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16L】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16M】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16N】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16O】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16P】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16Q】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図16R】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図17】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図18A】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図18B】MEDメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図19A】ALARM BUZZメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図19B】ALARM BUZZメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図19C】ALARM BUZZメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図19D】ALARM BUZZメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図20A】ALARM CLOCKメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図20B】ALARM CLOCKメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図20C】ALARM CLOCKメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図20D】ALARM CLOCKメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図21A】TRIPメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図21B】TRIPメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図21C】TRIPメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図21D】TRIPメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22A】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22B】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22C】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22D】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22E】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22F】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22G】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22H】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22I】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22J】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22K】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22L】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図22M】SET TIMEメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図23A】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図23B】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図23C】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図23D】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図23E】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図23F】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図23G】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図24A】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図24B】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図24C】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25A】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25B】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25C】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25D】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25E】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25F】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25G】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25H】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25I】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25J】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25K】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図25L】USERメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図26A】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図26B】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図27A】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図27B】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図27C】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図27D】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図28】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図29A】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図29B】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図30A】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図30B】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図30C】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図30D】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図30E】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図30F】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図31A】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図31B】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図31C】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図31D】投薬計画をプログラムするためのオペレーションを示す図である。
【図32A】MANUAL TAKEサブメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図32B】MANUAL TAKEサブメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図32C】MANUAL TAKEサブメニューオプションのオペレーションを示す図である。
【図33A】ユーザに提供される特別な通知を示す図である。
【図33B】ユーザに提供される特別な通知を示す図である。
【図33C】ユーザに提供される特別な通知を示す図である。
【図34A】リセットオペレーション中に実行されるオペレーションを示す図である。
【図34B】リセットオペレーション中に実行されるオペレーションを示す図である。
【図34C】リセットオペレーション中に実行されるオペレーションを示す図である。
【図34D】リセットオペレーション中に実行されるオペレーションを示す図である。
【図34E】リセットオペレーション中に実行されるオペレーションを示す図である。
【図34F】リセットオペレーション中に実行されるオペレーションを示す図である。
【図35A】PCとの通信を開始するためのオペレーションを示す図である。
【図35B】PCとの通信を開始するためのオペレーションを示す図である。
【図35C】PCとの通信を開始するためのオペレーションを示す図である。
【図35D】PCとの通信を開始するためのオペレーションを示す図である。
【図35E】PCとの通信を開始するためのオペレーションを示す図である。
【図35F】PCとの通信を開始するためのオペレーションを示す図である。
【図36A】第4の実施形態に従った服薬遵守デバイスの前面および側面をそれぞれ示す図である。
【図36B】第4の実施形態に従った服薬遵守デバイスの前面および側面をそれぞれ示す図である。
【符号の説明】
【0161】
1 服薬遵守デバイス
2a 機能ボタン
2b リセットボタン
3 ディスプレイ
4 イベントスイッチ

Claims (117)

  1. 服薬遵守デバイスであって、
    マイクロコントローラと、
    複数の事前にプログラムされ一般的に処方された薬剤服用の投薬計画を表すデータを格納するプログラムメモリと、
    前記投薬計画のうちの1つを選択し、それに従って前記デバイスをプログラミングするセレクタと、
    ディスプレイとを含み、
    前記セレクタは、患者がそれぞれの薬剤服用の投薬計画に対応する薬剤の服用を行うことに関連して、前記薬剤の服用を記録するために起動されるイベントスイッチを含み、前記イベントスイッチは、前記セレクタによって選択された投薬計画に従って、次の薬剤服用予定が計画された時間の表示を前記マイクロコントローラに実行させるものであって、
    マイクロコントローラは、薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤の服用が行われた最後の時間に基づいて次の服用時間を再計算する、服薬遵守デバイス。
  2. 薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つは、それぞれ、患者が薬剤の次の服用を、薬剤が次に服用される時間よりも医療上受入れ可能な時間だけ早く、および遅く実行できるようにする、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウのうちの少なくとも1つを含む、請求項1に記載のデバイス。
  3. マイクロコントローラは、薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤が最後に服用された時間に基づいて、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウを再計算する、請求項1に記載のデバイス。
  4. 服薬遵守デバイスは携帯電話または携帯用情報端末(PDA)に組み込まれる、請求項1に記載のデバイス。
  5. 送受信機と、
    入力デバイスに接続されるように構成された外部送受信機とをさらに含み、前記外部送受信機は、前記投薬計画のうちの1つを選択し、それに従って遠隔位置から前記デバイスをプログラムするために、無線リンクを介して前記送受信機と通信する、請求項1に記載のデバイス。
  6. 次の薬剤服用時間は遠隔位置を介して調整可能である、請求項5に記載のデバイス。
  7. 前記入力デバイスはパーソナルコンピュータである、請求項5に記載のデバイス。
  8. 前記無線リンクは赤外線リンクである、請求項5に記載のデバイス。
  9. 開始日から終了日までの間に必要な薬剤の服用数、および終了日までに補充が必要な薬剤があるかどうかを示すように構成された旅行機能をさらに含む、請求項1に記載のデバイス。
  10. 患者が薬剤の次の服用をスキップできるように構成されたスキップ機能をさらに含む、請求項1に記載のデバイス。
  11. デバイスは、薬剤の次の服用とは異なるタスクを実行するよう患者に警告するようにプログラムされた、請求項1に記載のデバイス。
  12. 服用またはスキップされた薬剤および患者によって入力された関連情報を記録するように構成されたログデータベースをさらに含む、請求項1に記載のデバイス。
  13. 複数の事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つが、前記患者が前記薬剤を服用するように計画されている受入れ可能な時間を計算し、
    計算される時間が、
    1)患者が薬剤を最初に服用する日の好ましい時間と、
    2)薬剤の服用と服用の間の、投薬計画特有の所定の時間間隔と、
    3)患者の薬剤の服用に関して医療上受入れ可能な、投薬計画特有の所定の時間範囲との要素に基づくものである、請求項1に記載のデバイス。
  14. 実行された追加のタスクに対応して患者によって入力された情報を記録するように構成されたログデータベースをさらに含む、請求項11に記載のデバイス。
  15. 前記患者が薬剤を服用するように計画された時間に前記患者に警告するアラーム回路をさらに含む、請求項1に記載のデバイス。
  16. 前記イベントスイッチは投薬計画およびプログラミングオプションをスキャンするために起動され、前記セレクタは、
    前記デバイスをオンおよびオフにするリセットボタンと、
    適切な投薬計画およびプログラムオプションを選択する選択ボタンとをさらに含む、請求項1に記載のデバイス。
  17. 前記投薬計画はそれぞれ、前記薬剤が毎日服用される時間または前記薬剤が服用されるイベントを指示するものであり、前記プログラミングオプションは、
    薬剤が最初に服用される1日のうちの時間または選択された投薬計画に従ったデフォルト時間の指定を含む、請求項16に記載のデバイス。
  18. 前記プログラミングオプションは、
    前記患者の前記イベントについて指定された時間と、
    処方箋内の服用回数をさらに含む、請求項17に記載のデバイス。
  19. 前記ディスプレイは、
    薬剤の名前を表示する第1の表示領域と、
    前記薬剤を次に服用する曜日を表示する第2の表示領域と、
    前記薬剤を次に服用する時間またはイベントを表示する第3の表示領域と
    前記薬剤を次に服用する時間の午前または午後の指定を表示する第4の表示領域と、
    前記第1から第4までの表示領域内に現在表示されている情報の性質を示すアイコンを表示する第5の表示領域とを含む、請求項1に記載のデバイス。
  20. さらに前記第3の表示領域は現在時刻を表示する、請求項19に記載のデバイス。
  21. さらに前記第3の表示領域は処方箋の残りの服用回数を表示する、請求項20に記載のデバイス。
  22. 前記ディスプレイは液晶ディスプレイである、請求項1に記載のデバイス。
  23. 前記マイクロコントローラは、測定された電圧が所定の低電圧値よりも低い場合、前記ディスプレイにバッテリ電力低下のインジケーションを表示させる、請求項1に記載のデバイス。
  24. 前記アラーム回路は、可聴信号を発することによって前記患者に警告する、請求項15に記載のデバイス。
  25. 前記アラーム回路は、可視信号を発することによって前記患者に警告する、請求項15に記載のデバイス。
  26. 前記イベントスイッチが起動されたときに前記患者が薬剤を服用する時間を記録する不揮発性メモリをさらに含み、前記メモリの内容には前記無線リンクを介してアクセス可能である、請求項5に記載のデバイス。
  27. 前記不揮発性メモリは電気的消去可能プログラム可能読取り専用メモリ(EEPROM)である、請求項26に記載のデバイス。
  28. 複数の薬剤は、複数の事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つを使用する、請求項1に記載のデバイス。
  29. さらに前記イベントスイッチは、前記事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画に基づいて処方箋情報を表示するために起動される、請求項28に記載のデバイス。
  30. 前記患者が前記複数の薬剤のうちの少なくとも1つを服用するように計画された時間に、前記患者に警告するアラーム回路をさらに含む、請求項28に記載のデバイス。
  31. 服薬遵守情報は前記複数の事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画に基づいて生成され、前記服薬遵守情報は記録される、請求項28に記載のデバイス。
  32. 前記複数の事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つは、所定の時間間隔および前記薬剤が最初に服用される時間に基づいて、患者が前記複数の薬剤のうちの少なくとも1つを服用するように計画された時間を計算する、請求項28に記載のデバイス。
  33. 聴覚、視覚、音声、およびバイブレーションのインジケーションのうちの少なくとも1つを提供するアラーム回路をさらに含む、請求項1に記載のデバイス。
  34. 送受信機と、
    第2のデバイスに接続されるように構成された外部送受信機とをさらに含み、前記送受信機は、前記第2のデバイスを起動して、アラームを生成すること、前記薬剤を調剤すること、および前記事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画に基づいて処方箋情報を少なくとも第3のデバイスに伝送することのうちの少なくとも1つを実行するために、無線リンクを介して前記外部送受信機と通信する、請求項1に記載のデバイス。
  35. 前記ディスプレイは、
    警告、アラームおよび通知、メニュー選択、ならびに2次情報を交互に表示する第1の表示領域と、
    薬剤の名前、投薬計画の名前、および2次情報を交互に表示する第2の表示領域と、
    曜日および時刻、ならびに2次情報を交互に表示する第3の表示領域と、
    特別な警告メッセージおよび2次情報を提供する第4の表示領域とを含み、
    2次情報は、暦日、患者名、患者の電話番号、他の表示領域に現在表示されている情報の性質を示すアイコン、午前午後の指定、メモリに格納された履歴データ、表示された情報を記述するコード、ならびに薬剤の服用方法に関するアドバイスのうちの少なくとも1つを含む、請求項1に記載のデバイス。
  36. 服薬遵守デバイスであって、
    制御手段と、
    複数の事前にプログラムされ一般的に処方された薬剤服用の投薬計画を表すデータを格納するためのプログラムメモリ手段と、
    前記投薬計画のうちの1つを選択し、それに従って前記デバイスをプログラミングするための選択手段と、
    ディスプレイ手段とを含み、
    前記選択手段は、患者がそれぞれの薬剤服用の投薬計画に対応する薬剤の服用を行うことに関連して、前記薬剤の服用を記録するために起動されるイベントスイッチを含み、前記イベントスイッチは、前記選択手段によって選択された投薬計画に従って、次の薬剤服用予定が計画された時間の表示を前記制御手段に実行させるものであって、
    制御手段は、薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤の服用が行われた最後の時間に基づいて次の服用時間を再計算するものである、服薬遵守デバイス。
  37. 薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つは、それぞれ、患者が薬剤の次の服用を、薬剤が次に服用される時間よりも医療上受入れ可能な時間だけ早く、および遅く実行できるようにする、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウのうちの少なくとも1つを含む、請求項36に記載のデバイス。
  38. マイクロコントローラは、薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤が最後に服用された時間に基づいて、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウを再計算する、請求項36に記載のデバイス。
  39. 服薬遵守デバイスは携帯電話または携帯用情報端末(PDA)に組み込まれる、請求項36に記載のデバイス。
  40. 送受信機と、
    入力デバイスに接続された外部送受信機手段とをさらに含み、前記外部送受信機は、前記投薬計画のうちの1つを選択し、それに従って遠隔位置から前記デバイスをプログラムするために、無線リンクを介して前記送受信機と通信する、請求項36に記載のデバイス。
  41. 次の薬剤服用時間は遠隔位置を介して調整可能である、請求項40に記載のデバイス。
  42. 前記入力デバイスはパーソナルコンピュータである、請求項40に記載のデバイス。
  43. 前記無線リンクは赤外線リンクである、請求項40に記載のデバイス。
  44. 開始日から終了日までの間に必要な薬剤の服用数、および終了日までに補充が必要な薬剤があるかどうかを示すための旅行手段をさらに含む、請求項36に記載のデバイス。
  45. 患者が薬剤の次の服用をスキップできるようにするためのスキップ手段をさらに含む、請求項36に記載のデバイス。
  46. デバイスは、薬剤の次の服用に加えてタスクを実行するよう患者に指示するようにプログラムされた、請求項36に記載のデバイス。
  47. 服用またはスキップされた薬剤および患者によって入力された関連情報を記録するためのログ手段をさらに含む、請求項36に記載のデバイス。
  48. 複数の事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つが、前記患者が前記薬剤を服用するように計画されている受入れ可能な時間を計算し、
    計算される時間が、
    1)患者が薬剤を最初に服用する日の好ましい時間と、
    2)薬剤の服用と服用の間の、投薬計画特有の所定の時間間隔と、
    3)患者の薬剤の服用に関して医療上受入れ可能な、投薬計画特有の所定の時間範囲との要素に基づくものである、請求項36に記載のデバイス。
  49. 実行された追加のタスクに対応して患者によって入力された情報を記録するためのログ手段をさらに含む、請求項46に記載のデバイス。
  50. 前記無線リンクは赤外線リンクである、請求項40に記載のデバイス。
  51. 前記入力デバイスはパーソナルコンピュータである、請求項40に記載のデバイス。
  52. 前記イベントスイッチが起動されたときに前記患者が薬剤を服用する時間を記録するための不揮発性メモリ手段をさらに含み、前記メモリ手段の内容には前記無線リンクを介してアクセス可能である、請求項40に記載のデバイス。
  53. 前記不揮発性メモリ手段は電気的消去可能プログラム可能読取り専用メモリ(EEPROM)である、請求項52に記載のデバイス。
  54. 前記イベントスイッチは投薬計画およびプログラミングオプションをスキャンするために起動され、前記選択手段は、
    前記デバイスをオンおよびオフにするためのリセットボタンと、
    適切な投薬計画およびプログラムオプションを選択するための機能ボタンとをさらに含む、請求項36に記載のデバイス。
  55. 前記投薬計画はそれぞれ、前記薬剤が毎日服用される時間または前記薬剤が服用されるイベントを指示するものであり、前記プログラミングオプションは、
    薬剤が最初に服用される1日のうちの時間または選択された投薬計画に従ったデフォルト時間の指定を含む、請求項54に記載のデバイス。
  56. 前記プログラミングオプションは、
    前記患者の前記イベントについて指定された時間と、
    処方箋内の服用回数をさらに含む、請求項55に記載のデバイス。
  57. 前記ディスプレイ手段は、
    薬剤の名前を表示する第1の表示領域と、
    前記薬剤を次に服用する曜日を表示する第2の表示領域と、
    前記薬剤を次に服用する時間またはイベントを表示する第3の表示領域と
    前記薬剤を次に服用する時間を表示する第4の表示領域と、
    前記第1から第4までの表示領域内に現在表示されている情報の性質を示すアイコンを表示する第5の表示領域とを含む、請求項36に記載のデバイス。
  58. さらに前記第3の表示領域は現在時刻を表示する、請求項57に記載のデバイス。
  59. さらに前記第3の表示領域は処方箋の残りの服用回数を表示する、請求項58に記載のデバイス。
  60. 前記ディスプレイ手段は液晶ディスプレイを含む、請求項36に記載のデバイス。
  61. 前記患者が薬剤を服用するように計画された時間に前記患者に警告するためのアラーム手段をさらに含む、請求項36に記載のデバイス。
  62. 前記制御手段は、測定された電圧が所定の低電圧値よりも低い場合、前記ディスプレイ手段にバッテリ電力低下のインジケーションを表示させる、請求項36に記載のデバイス。
  63. 前記アラーム手段は、可聴信号を発することによって前記患者に警告する、請求項61に記載のデバイス。
  64. 前記アラーム手段は、可視信号を発することによって前記患者に警告する、請求項61に記載のデバイス。
  65. 前記ディスプレイ手段は、
    警告、アラームおよび通知、メニュー選択、ならびに2次情報を交互に表示する第1の表示領域と、
    薬剤の名前、投薬計画の名前、および2次情報を交互に表示する第2の表示領域と、
    曜日および時刻、ならびに2次情報を交互に表示する第3の表示領域と、
    特別な警告メッセージおよび2次情報を提供する第4の表示領域とを含み、
    2次情報は、暦日、患者名、患者の電話番号、他の表示領域に現在表示されている情報の性質を示すアイコン、午前午後の指定、メモリに格納された履歴データ、表示された情報を記述するコード、ならびに薬剤の服用方法に関するアドバイスのうちの少なくとも1つを含む、請求項36に記載のデバイス。
  66. 服薬遵守デバイスを操作する方法であって、
    (a)前記デバイスをセットアップ状態に切り替えるステップと、
    (b)現在時刻を前記デバイスにプログラムするステップと、
    (c)複数の事前にプログラムされた一般的に処方された薬剤服用の投薬計画のうちの1つを選択するステップと、
    (d)選択された投薬計画に従って薬剤を最初に服用する1日のうちの時間をプログラムするステップと、
    (e)前記デバイスをセットアップ状態からオペレーション状態に切り替えるステップと、
    (f)前記デバイスに、薬剤が服用されたことを示すステップと、
    (g)薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤が最後に服用された時間に基づいて、次の服用時間を再計算するステップとを含む方法。
  67. 薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つは、それぞれ、患者が薬剤の次の服用を、薬剤が次に服用される時間よりも医療上受入れ可能な時間だけ早く、および遅く実行できるようにする、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウのうちの少なくとも1つを含む、請求項66に記載の方法。
  68. 前記ステップ(g)は、薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤が最後に服用された時間に基づいて、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウを再計算する、請求項66に記載の方法。
  69. 服薬遵守デバイスは携帯電話または携帯用情報端末(PDA)に組み込まれる、請求項66に記載の方法。
  70. 前記投薬計画のうちの1つを選択し、それに従って遠隔位置から前記デバイスをプログラムするために、無線リンクを介してデバイスの送受信機と通信するステップをさらに含む、請求項66に記載の方法。
  71. 次の薬剤服用時間は遠隔位置を介して調整可能である、請求項70に記載の方法。
  72. 前記入力デバイスはパーソナルコンピュータである、請求項70に記載の方法。
  73. 前記無線リンクは赤外線リンクである、請求項70に記載の方法。
  74. 開始日から終了日までの間に必要な薬剤の服用数、および終了日までに補充が必要な薬剤があるかどうかを示すステップをさらに含む、請求項66に記載の方法。
  75. 患者が薬剤の次の服用をスキップできるようにするステップをさらに含む、請求項66に記載の方法。
  76. 薬剤の次の服用に加えてタスクを実行するよう患者に指示するステップをさらに含む、請求項66に記載の方法。
  77. 服用またはスキップされた薬剤および患者によって入力された関連情報を記録するステップをさらに含む、請求項66に記載の方法。
  78. 複数の事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つが、前記患者が前記薬剤を服用するように計画されている受入れ可能な時間を計算し、
    計算された時間が、
    1)患者が薬剤を最初に服用する日の好ましい時間と、
    2)薬剤の服用と服用の間の、投薬計画特有の所定の時間間隔と、
    3)患者の薬剤の服用に関して医療上受入れ可能な、投薬計画特有の所定の時間範囲との要素に基づくものである、請求項66に記載の方法。
  79. (h)前記薬剤が最初に服用される曜日をプログラミングするステップと、
    (i)処方箋の服用回数をプログラミングするステップと、
    (j)前記処方箋がほぼ満了した後に前記デバイスをオペレーション状態からオフ状態に切り替えるステップとをさらに含む、請求項66に記載の方法。
  80. 前記ステップ(b)は、ディスプレイ上に表示された時間をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された現在時刻を選択するために選択ボタンを起動することによって実行される、請求項66に記載の方法。
  81. 前記ステップ(c)は、ディスプレイ上に表示された前記事前にプログラムされた投薬計画をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された際に適切な投薬計画を選択するために選択ボタンを起動することによって実行される、請求項66に記載の方法。
  82. 前記ステップ(d)は、ディスプレイ上に表示された時間またはイベントをスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された際に適切な時間またはイベントを選択するために選択ボタンを起動すること、または選択された投薬計画に従って事前にプログラムされたデフォルトの時間を指定するためにイベントスイッチを起動することによって実行される、請求項66に記載の方法。
  83. 前記ステップ(h)は、ディスプレイ上に表示された曜日をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された際に適切な曜日を選択するために機能ボタンを起動することによって実行される、請求項79に記載の方法。
  84. 前記ステップ(i)は、ディスプレイ上に表示された数字をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された際に適切な数字を選択するために選択ボタンを起動することによって実行される、請求項79に記載の方法。
  85. 前記ステップ(e)は、前記投薬計画のうちの1つが選択され、前記デバイスがプログラムされた後に、イベントスイッチを起動することによって実行される、請求項66に記載の方法。
  86. 前記ステップ(f)は、前記薬剤が次に服用される時間を前記デバイスに表示させるように、薬剤が服用された後にイベントスイッチを起動することによって実行される、請求項66に記載の方法。
  87. 前記ステップ(a)〜(j)は、前記服薬遵守デバイスと通信する入力デバイスを起動することによって実行される、請求項79に記載の方法。
  88. 前記入力デバイスは無線リンクを介して前記服薬遵守デバイスと通信する、請求項87に記載の方法。
  89. 前記無線リンクは赤外線リンクである、請求項88に記載の方法。
  90. 前記イベントスイッチが起動されたときに薬剤を服用する時間を記録するステップをさらに含む、請求項88に記載の方法。
  91. 前記無線リンクを介して記録された時間にアクセスするステップをさらに含む、請求項90に記載の方法。
  92. 服薬遵守デバイスを操作するためのコンピュータプログラム製品であって、
    (a)前記デバイスをセットアップ状態に切り替えるように構成された第1のコンピュータコードと、
    (b)現在時刻を前記デバイスにプログラムするように構成された第2のコンピュータコードと、
    (c)複数の事前にプログラムされた一般的に処方された薬剤服用の投薬計画のうちの1つを選択するように構成された第3のコンピュータコードと、
    (d)選択された投薬計画に従って薬剤を最初に服用する1日のうちの時間をプログラムするように構成された第4のコンピュータコードと、
    (e)前記デバイスをセットアップ状態からオペレーション状態に切り替えるように構成された第5のコンピュータコードと、
    (f)前記デバイスに、薬剤が服用されたことを示すように構成された第6のコンピュータコードと、
    (g)薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤が最後に服用された時間に基づいて、次の服用時間を再計算するように構成された第7のコンピュータコードとを含むコンピュータプログラム製品。
  93. 薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つは、それぞれ、患者が薬剤の次の服用を、薬剤が次に服用される時間よりも医療上受入れ可能な時間だけ早く、および遅く実行できるようにする、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウのうちの少なくとも1つを含む、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  94. 前記第7のコンピュータコードは、薬剤の服用と服用の間に維持される医療上受入れ可能な最低時間間隔を保証するために、服薬遵守デバイスの時間変更に関連して、薬剤が最後に服用された時間に基づいて、早期服用ウィンドウおよび遅延服用ウィンドウを再計算する、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  95. 服薬遵守デバイスは携帯電話または携帯用情報端末(PDA)に組み込まれる、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  96. 前記投薬計画のうちの1つを選択し、それに従って遠隔位置から前記デバイスをプログラムするために、無線リンクを介してデバイスの送受信機と通信するように構成された第8のコンピュータコードをさらに含む、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  97. 次の薬剤服用時間は遠隔位置を介して調整可能である、請求項96に記載のコンピュータプログラム製品。
  98. 前記入力デバイスはパーソナルコンピュータである、請求項96に記載のコンピュータプログラム製品。
  99. 前記無線リンクは赤外線リンクである、請求項96に記載のコンピュータプログラム製品。
  100. 開始日から終了日までの間に必要な薬剤の服用数、および終了日までに補充が必要な薬剤があるかどうかを示すように構成された第8のコンピュータコードをさらに含む、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  101. 患者が薬剤の次の服用をスキップできるようにするように構成された第8のコンピュータコードをさらに含む、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  102. 薬剤の次の服用に加えてタスクを実行するよう患者に示すように構成された第8のコンピュータコードをさらに含む、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  103. 服用またはスキップされた薬剤および患者によって入力された関連情報を記録するように構成された第8のコンピュータコードをさらに含む、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  104. 複数の事前にプログラムされた薬剤服用の投薬計画のうちの少なくとも1つが、前記患者が前記薬剤を服用するように計画されている受入れ可能な時間を計算し、
    計算された時間が、
    1)患者が薬剤を最初に服用するのに好ましい時間と、
    2)薬剤の服用と服用の間の、投薬計画特有の所定の間隔と、
    3)患者の薬剤の服用に関して医療上受入れ可能な、投薬計画特有の所定の時間範囲との要素に基づくものである、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  105. (h)前記薬剤が最初に服用される曜日をプログラミングするように構成された第8のコンピュータコードと、
    (i)処方箋の服用回数をプログラミングするように構成された第9のコンピュータコードと、
    (j)前記処方箋がほぼ満了した後に前記デバイスをオペレーション状態からオフ状態に切り替えるように構成された第10のコンピュータコードとをさらに含む、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  106. 前記第2のコンピュータコードは、ディスプレイ上に表示された時間をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された現在時刻を選択するために選択ボタンを起動することによって実行される、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  107. 前記第3のコンピュータコードは、ディスプレイ上に表示された前記事前にプログラムされた投薬計画をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された適切な投薬計画を選択するために選択ボタンを起動することによって実行される、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  108. 前記第4のコンピュータコードは、ディスプレイ上に表示された時間またはイベントをスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された際に適切な時間またはイベントを選択するために選択ボタンを起動すること、または選択された投薬計画に従って事前にプログラムされたデフォルトの時間を指定するためにイベントスイッチを起動することによって実行される、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  109. 前記第8のコンピュータコードは、ディスプレイ上に表示された曜日をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された際に適切な日を選択するために機能ボタンを起動することによって実行される、請求項105に記載のコンピュータプログラム製品。
  110. 前記第9のコンピュータコードは、ディスプレイ上に表示された数字をスキャンするためにイベントスイッチを起動すること、および表示された際に適切な数字を選択するために選択ボタンを起動することによって実行される、請求項105に記載のコンピュータプログラム製品。
  111. 前記第5のコンピュータコードは、前記投薬計画のうちの1つが選択され、前記デバイスがプログラムされた後に、イベントスイッチを起動することによって実行される、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  112. 前記第6のコンピュータコードは、前記薬剤が次に服用される時間を前記デバイスに表示させるように、薬剤が服用された後にイベントスイッチを起動することによって実行される、請求項92に記載のコンピュータプログラム製品。
  113. 前記第1から第10のコンピュータコードは、前記服薬遵守デバイスと通信する入力デバイスを起動することによって実行される、請求項105に記載のコンピュータプログラム製品。
  114. 前記入力デバイスは無線リンクを介して前記服薬遵守デバイスと通信する、請求項113に記載のコンピュータプログラム製品。
  115. 前記無線リンクは赤外線リンクである、請求項114に記載の方法。
  116. 前記イベントスイッチが起動されたときに薬剤を服用する時間を記録するステップをさらに含む、請求項114に記載の方法。
  117. 前記無線リンクを介して記録された時間にアクセスするように構成された第11のコンピュータコードをさらに含む、請求項116に記載の方法。
JP2003507667A 2001-06-22 2002-06-24 服薬遵守デバイスおよびデバイスの使用方法 Pending JP2005500099A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US29976101P true 2001-06-22 2001-06-22
PCT/US2002/019940 WO2003001337A2 (en) 2001-06-22 2002-06-24 Prescription compliance device and method of using device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005500099A true JP2005500099A (ja) 2005-01-06

Family

ID=23156176

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003507667A Pending JP2005500099A (ja) 2001-06-22 2002-06-24 服薬遵守デバイスおよびデバイスの使用方法

Country Status (6)

Country Link
US (4) US7330101B2 (ja)
EP (1) EP1407328A4 (ja)
JP (1) JP2005500099A (ja)
AU (1) AU2002312577A1 (ja)
CA (1) CA2450930A1 (ja)
WO (1) WO2003001337A2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200470044Y1 (ko) * 2012-02-02 2013-11-26 김창재 환자에게 약 복용시간을 알려주는 표시판
JP2014030720A (ja) * 2012-07-31 2014-02-20 Evondos Oy 投薬ディスペンサからの医薬の計量分配を制御する方法及びシステム
WO2018092771A1 (ja) * 2016-11-15 2018-05-24 株式会社湯山製作所 薬剤包装装置
WO2019188909A1 (ja) * 2018-03-28 2019-10-03 富士フイルム株式会社 血液検査支援装置、血液検査支援システム、血液検査支援方法、及びプログラム
US10532878B2 (en) 2014-09-17 2020-01-14 Nec Corporation Pill case
WO2021235558A1 (ja) * 2020-05-22 2021-11-25 ノーベルファーマ株式会社 服薬支援プログラム、服薬支援装置および服薬支援方法

Families Citing this family (102)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9566148B2 (en) 2000-05-12 2017-02-14 Vactronix Scientific, Inc. Self-supporting laminated films, structural materials and medical devices manufactured therefrom and methods of making same
AU2002312577A1 (en) * 2001-06-22 2003-01-08 Ronald D. Sekura Prescription compliance device and method of using device
JP5594935B2 (ja) * 2004-06-03 2014-09-24 メドトロニック ミニメド インコーポレイテッド 生理的特徴のモニタリングのためのシステム
US8412297B2 (en) 2003-10-01 2013-04-02 Covidien Lp Forehead sensor placement
EP1549165B8 (en) 2002-10-01 2010-10-06 Nellcor Puritan Bennett LLC Use of a headband to indicate tension and system comprising an oximetry sensor and a headband
JP4297724B2 (ja) * 2003-05-02 2009-07-15 有限会社セルフセキュリティ 服薬管理支援装置
US7047056B2 (en) 2003-06-25 2006-05-16 Nellcor Puritan Bennett Incorporated Hat-based oximeter sensor
US20050021367A1 (en) * 2003-07-25 2005-01-27 Deborah Saeger Medication administration system
DE102004013415B4 (de) * 2004-03-18 2011-12-08 Disetronic Licensing Ag Drehbare Anzeige eines medizinischen, pharmazeutischen oder kosmetischen Geräts
AU2004319427B2 (en) * 2004-04-24 2011-04-21 Inrange Systems, Inc. Integrated, non-sequential, remote medication management and compliance system
DE602005018518D1 (de) * 2004-10-21 2010-02-04 Novo Nordisk As Injektionsvorrichtung mit einem prozessor zur sammlung von ausstossinformationen
WO2006045523A1 (en) * 2004-10-21 2006-05-04 Novo Nordisk A/S Medication delivery system with a detector for providing a signal indicative of an amount of an ejected dose of drug
US8202217B2 (en) * 2004-12-20 2012-06-19 Ip Venture, Inc. Healthcare base
US7706671B2 (en) 2005-03-16 2010-04-27 B2M Asset Management, Llc Multi-function liquid container
US7793836B2 (en) * 2005-04-12 2010-09-14 Cybersoft, Inc. Medicine management methods and apparatus
US7440817B2 (en) * 2005-10-20 2008-10-21 Liang Fu Method and control unit for medication administering devices
US20070183266A1 (en) * 2006-02-07 2007-08-09 Han Young J Universal time display
AU2007228715B2 (en) * 2006-03-20 2011-11-17 Novo Nordisk A/S Electronic module for mechanical medication delivery devices
TWI334080B (ja) * 2007-03-09 2010-12-01 Acer Inc
US20090005726A1 (en) * 2007-06-27 2009-01-01 Steven Paul Jones Insulin Pump Having Expected Bolus Interval and an Early Bolus Interval
US8068015B2 (en) * 2007-08-22 2011-11-29 Panasonic Corporation Medication dispenser respecting the physiological clock of patients
AT555591T (de) * 2008-02-28 2012-05-15 Leeds Richard Verfahren und system für benachrichtigungs- und telekommunikationsmanagement
US20090242452A1 (en) * 2008-03-27 2009-10-01 Perry Keith Apparatuses and methods for easy read recommended dosage reminder
US7993055B2 (en) * 2008-03-28 2011-08-09 Lloyd Cleveland Nurse Method and apparatus for alerting a person at medicine dosing times
US9007875B2 (en) 2009-05-14 2015-04-14 Lloyd Cleveland Nurse Medicine station and alert device
DE102008036940A1 (de) * 2008-08-08 2010-02-11 Medisana Ag Vorrichtung zur Therapiebegleitung und zur Kontrolle von Medikationen beim Menschen
US8257274B2 (en) * 2008-09-25 2012-09-04 Nellcor Puritan Bennett Llc Medical sensor and technique for using the same
US8364220B2 (en) 2008-09-25 2013-01-29 Covidien Lp Medical sensor and technique for using the same
US8515515B2 (en) 2009-03-25 2013-08-20 Covidien Lp Medical sensor with compressible light barrier and technique for using the same
US8781548B2 (en) 2009-03-31 2014-07-15 Covidien Lp Medical sensor with flexible components and technique for using the same
US8284068B2 (en) * 2009-07-14 2012-10-09 Sam Johnson Activity monitor to alleviate controlled substance abuse
US10650660B2 (en) 2009-07-14 2020-05-12 Sam Johnson Container with content monitoring and reporting capabilities
US10026295B2 (en) 2009-07-14 2018-07-17 Sam Johnson Motion or opening detector
US8279076B2 (en) 2009-07-14 2012-10-02 Sam Johnson Motion or opening detector
US20110103193A1 (en) * 2009-11-02 2011-05-05 Denis Jimenez Personal Alert System with Adhesive Fixation
US20110137680A1 (en) * 2009-12-01 2011-06-09 Patientsafe Solutions, Inc. Hospital administration system and method
US9558596B2 (en) 2010-12-06 2017-01-31 Lloyd Cleveland Nurse Alerting patient at dosing times and tracking medicine use
US20120055317A1 (en) * 2010-09-03 2012-03-08 Oliver Sir Switch with sounds
US8725291B2 (en) 2010-09-13 2014-05-13 Ipcomm Method and apparatus for remote monitoring of daily dispensing of medication
WO2012051278A1 (en) 2010-10-12 2012-04-19 Tanis Kevin J Medical device
KR20120072110A (ko) * 2010-12-23 2012-07-03 한국전자통신연구원 약복용 순응률 관리 시스템 및 그 방법
US9443276B2 (en) 2011-01-19 2016-09-13 Walter Richard Barry, III Event-based asset tracking, order adherence, and rewards management with NFC-enabled electronic devices
US8830795B2 (en) * 2011-02-15 2014-09-09 Harris Rubin Apparatus for tracking time for contact lenses
US10445846B2 (en) 2011-04-14 2019-10-15 Elwha Llc Cost-effective resource apportionment technologies suitable for facilitating therapies
US10853819B2 (en) 2011-04-14 2020-12-01 Elwha Llc Cost-effective resource apportionment technologies suitable for facilitating therapies
US9750295B2 (en) 2011-05-12 2017-09-05 Lincoln Global, Inc. Welding helmet configuration providing real-time fume exposure warning capability
US20120286958A1 (en) * 2011-05-12 2012-11-15 Lincoln Global, Inc. Welding helmet configuration providing real-time fume exposure warning capability
US10442028B2 (en) 2011-05-12 2019-10-15 Lincoln Global, Inc. Welding helmet configuration providing real-time fume exposure warning capability
US8816814B2 (en) 2011-08-16 2014-08-26 Elwha Llc Systematic distillation of status data responsive to whether or not a wireless signal has been received and relating to regimen compliance
US20130134180A1 (en) * 2011-11-30 2013-05-30 Shaahin Cheyene Digital Pill Dispenser
US8799016B1 (en) 2011-12-28 2014-08-05 Express Scripts, Inc. Methods and systems for managing drug usage
US10679309B2 (en) 2011-12-30 2020-06-09 Elwha Llc Evidence-based healthcare information management protocols
US10475142B2 (en) 2011-12-30 2019-11-12 Elwha Llc Evidence-based healthcare information management protocols
US10559380B2 (en) 2011-12-30 2020-02-11 Elwha Llc Evidence-based healthcare information management protocols
US10528913B2 (en) 2011-12-30 2020-01-07 Elwha Llc Evidence-based healthcare information management protocols
US10552581B2 (en) 2011-12-30 2020-02-04 Elwha Llc Evidence-based healthcare information management protocols
US20130173296A1 (en) 2011-12-30 2013-07-04 Elwha LLC, a limited liability company of the State of Delaware Evidence-based healthcare information management protocols
US10340034B2 (en) 2011-12-30 2019-07-02 Elwha Llc Evidence-based healthcare information management protocols
US8727180B2 (en) 2012-02-02 2014-05-20 Compliance Meds Technologies, Llc Smart cap system
US9588496B2 (en) 2012-03-14 2017-03-07 Tom Kodat Device for assisting user in consumption of a substance at a correct time interval
US20140219065A1 (en) * 2012-06-21 2014-08-07 James Hahn Novak Digital Timer
US20130343164A1 (en) * 2012-06-21 2013-12-26 James Hahn Novak Daily Timer
EP2863971B1 (en) 2012-06-25 2020-09-16 Gecko Health Innovations, Inc. Devices, systems, and methods for adherence monitoring and patient interaction
EP2680177A1 (en) 2012-06-29 2014-01-01 Evondos Oy Method for monitoring the filling of a medication dispenser, and medication dispenser
KR102072120B1 (ko) * 2012-08-03 2020-02-03 삼성전자주식회사 서버, 서버의 제어 방법, 사용자 단말 장치 및 사용자 단말 장치의 제어 방법
US9081885B2 (en) 2012-08-24 2015-07-14 Elwha Llc Computational systems and methods for monitoring medication events including a camera and identified time intervals
US9035777B2 (en) 2012-08-24 2015-05-19 Elwha Llc Computational systems and methods for monitoring medication events including use of a camera and data comparison
US8797167B2 (en) 2012-08-24 2014-08-05 Elwha Llc Computational systems and methods for monitoring medication events
EP2704112A1 (en) 2012-08-31 2014-03-05 Evondos Oy Method for operating a medication dispenser, and medication dispenser
EP2704042A1 (en) * 2012-08-31 2014-03-05 Evondos Oy Method for a medication administration system and a medication administration system
US10124940B2 (en) 2012-09-11 2018-11-13 Zolo Solutions, Inc. Systems, methods, and devices for dispensing one or more substances
US9870450B2 (en) 2012-09-11 2018-01-16 Zolo Solutions, Inc. Drug delivery regulator
US20140098645A1 (en) * 2012-10-04 2014-04-10 Baidan Pty Ltd Method, system, and device for a medication regimen
US9037578B2 (en) 2012-12-03 2015-05-19 Wellclub, Llc Content suggestion engine
EP2740459A1 (en) 2012-12-10 2014-06-11 Evondos Oy Method for dispensing medications, and medication dispenser
EP2953670A4 (en) * 2013-02-05 2016-10-05 Lilly Co Eli DONOR FOR MEDICINAL PRODUCTS
GB2511541B (en) * 2013-03-06 2015-01-28 Toshiba Res Europ Ltd Field effect transistor device
US9953140B2 (en) 2013-03-15 2018-04-24 Intent Solutions, Inc. Systems, methods, and apparatuses for securely dispensing one or more prescribed substances to a securely identified intended user
WO2014145074A1 (en) 2013-03-15 2014-09-18 Makefield Llc Functional desiccants
US9280888B2 (en) * 2013-05-02 2016-03-08 Time Warner Cable Enteprises LLC Systems and methods of notifying a patient to take medication
EP3611109B1 (en) * 2013-07-19 2022-04-06 Sony Group Corporation Signal processing device, seal-opening detection module, program, seal-opening detection method, and article-packaging material
ITGE20130072A1 (it) * 2013-07-26 2015-01-27 H & S Qualita Nel Software S P A Metodo per monitorare la compliance di un paziente ad una terapia medica
EP3035904B1 (en) 2013-08-20 2019-02-27 Baxalta Incorporated Device for encouraging adherence to medication schedule and proper administration technique
WO2015031472A1 (en) 2013-08-28 2015-03-05 Gecko Health Innovations, Inc. Devices, systems, and methods for adherence monitoring and devices, systems, and methods for monitoring use of consumable dispensers
US20150154378A1 (en) * 2013-12-03 2015-06-04 Xerox Corporation Apparatus and method for dispensing medications
EP3123744B1 (en) * 2014-03-28 2018-11-14 Bellman & Symfon Europe AB Alerting system for deaf or hard of hearing people and application software to be implemented in an electronic device
US20160039553A1 (en) 2014-08-05 2016-02-11 Makefield Llc Dispensable unit identification
US9805590B2 (en) 2014-08-15 2017-10-31 iHear Medical, Inc. Hearing device and methods for wireless remote control of an appliance
US9769577B2 (en) 2014-08-22 2017-09-19 iHear Medical, Inc. Hearing device and methods for wireless remote control of an appliance
US10097933B2 (en) 2014-10-06 2018-10-09 iHear Medical, Inc. Subscription-controlled charging of a hearing device
US20160134742A1 (en) 2014-11-11 2016-05-12 iHear Medical, Inc. Subscription-based wireless service for a canal hearing device
US9607261B1 (en) 2014-12-03 2017-03-28 Compliance Meds Technologies Llc Counter using an inductive sensor for determining the quantity of articles in a receptacle
KR20160098719A (ko) * 2015-02-11 2016-08-19 엘지전자 주식회사 약통을 위한 디지털 캡 및 모바일 디바이스의 제어 방법
US10765863B2 (en) * 2015-02-24 2020-09-08 Elira, Inc. Systems and methods for using a transcutaneous electrical stimulation device to deliver titrated therapy
WO2016164187A1 (en) 2015-04-04 2016-10-13 Intent Solutions, Inc. Systems and methods for portable pill dispensers
US20180177453A1 (en) * 2015-06-17 2018-06-28 The Board Of Regents Of The University Of Texas System Medication or treatment monitoring device
US10380327B1 (en) * 2016-03-02 2019-08-13 Rachel E. Bradley Medication tracking and notification device
US10176663B2 (en) 2016-07-06 2019-01-08 Spencer Health Solutions, Llc System and method for loading a dispensing cassette useful in a system for dispensing pre-packaged pharmaceuticals
US10429798B2 (en) * 2017-05-09 2019-10-01 Lenovo (Singapore) Pte. Ltd. Generating timer data
FR3066384B1 (fr) * 2017-05-18 2021-08-27 Medissimo Dispositif de notification de moments de prise de medicaments et de mesure du taux d’observance
US11241365B2 (en) 2017-12-27 2022-02-08 Intent Solutions, Inc. Systems and methods for portable pill dispensers with various dispensing mechanisms
US10635053B1 (en) 2019-05-03 2020-04-28 Tim Nilson Timer device and method

Citations (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55500803A (ja) * 1978-10-10 1980-10-16
JPS5784945U (ja) * 1980-11-13 1982-05-26
US4504153A (en) * 1983-08-08 1985-03-12 R. Dean Seeman Pharmacist-programmable medication prompting system and method
US4588303A (en) * 1984-06-25 1986-05-13 Mediminder Development Limited Partnership Medical timer apparatus
US4626105A (en) * 1986-03-04 1986-12-02 Miller Larry D Medication organizer
JPS63160898A (en) * 1986-12-25 1988-07-04 Toshiba Corp Ic card for prescribing medicine
JPH0329661A (en) * 1989-06-28 1991-02-07 Toshiko Takahashi Medicine container
JPH05111526A (ja) * 1991-08-09 1993-05-07 Noel E Zeller 薬用容器
JPH06511183A (ja) * 1992-08-19 1994-12-15
US5703786A (en) * 1995-08-14 1997-12-30 Profile Systems, Llc Medication dispensing and timing system utilizing time reference message
US5724021A (en) * 1996-07-09 1998-03-03 Stephen C. Perrone Self-contained, programmable, time interval alarm reminder device for eyedrop medication administration and a means for affixing such to eyedrop/medication container
JPH10509606A (ja) * 1994-10-28 1998-09-22 アラディグム コーポレーション インシュリンのエアロゾル化製剤の製造
US6018289A (en) * 1995-06-15 2000-01-25 Sekura; Ronald D. Prescription compliance device and method of using device
EP1016399A2 (fr) * 1998-12-16 2000-07-05 CSEM Centre Suisse d'Electronique et de Microtechnique SA Procédé d'assistance pour l'administration de médicaments conformément à une prescription médicale et dispositif pour la mise en application de ce procédé

Family Cites Families (49)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5784945A (en) 1980-11-14 1982-05-27 Mitsubishi Heavy Ind Ltd Operation control method of air conditioner
US4768176A (en) 1984-07-06 1988-08-30 Kehr Bruce A Apparatus for alerting a patient to take medication
US4768177A (en) 1984-07-06 1988-08-30 Kehr Bruce A Method of and apparatus for alerting a patient to take medication
US5088056A (en) 1985-02-19 1992-02-11 Kenneth B. McIntosh Medication clock
US4725997A (en) 1986-08-22 1988-02-16 Aprex Corporation Contingent dosing device
US4748600A (en) 1986-08-22 1988-05-31 Aprex Corporation Interactive drug dispenser
US4939705A (en) 1988-11-23 1990-07-03 Aprex Corporation Drug dispensing event detector
US4971221A (en) 1988-11-23 1990-11-20 Aprex Corporation Drug dispenser having means for detecting dispensing events
US5020037A (en) 1989-01-26 1991-05-28 Raven Malcolm R Alarm pill box
US5642731A (en) 1990-01-17 1997-07-01 Informedix, Inc. Method of and apparatus for monitoring the management of disease
US5200891A (en) 1990-01-17 1993-04-06 Bruce A. Kehr Electronic medication dispensing method
US5752235A (en) 1990-01-17 1998-05-12 Informedix, Inc. Electronic medication monitoring and dispensing method
US5347453A (en) * 1992-03-30 1994-09-13 Maestre Federico A Portable programmable medication alarm device and method and apparatus for programming and using the same
US6168563B1 (en) 1992-11-17 2001-01-02 Health Hero Network, Inc. Remote health monitoring and maintenance system
US5899855A (en) 1992-11-17 1999-05-04 Health Hero Network, Inc. Modular microprocessor-based health monitoring system
US7624028B1 (en) 1992-11-17 2009-11-24 Health Hero Network, Inc. Remote health monitoring and maintenance system
US5960403A (en) 1992-11-17 1999-09-28 Health Hero Network Health management process control system
US5625334A (en) * 1993-07-01 1997-04-29 Compton; Karen A. Indicating device for warning a user that a prescribed interval of the time after event has not elapsed
US5554967A (en) * 1994-07-08 1996-09-10 Smithkline Beecham Corp. Reminder device
US5522525A (en) 1994-12-02 1996-06-04 Nu-Box, Inc. Medication dispenser station
JP3618169B2 (ja) * 1996-05-16 2005-02-09 カシオ計算機株式会社 電子機器および当該電子機器を用いたシステム
US5805051A (en) * 1996-10-07 1998-09-08 Intellimed, Inc. Interactive medication reminder/dispenser device
US5832448A (en) 1996-10-16 1998-11-03 Health Hero Network Multiple patient monitoring system for proactive health management
US6102855A (en) 1996-10-22 2000-08-15 Informedix, Inc. Variable capacity medication container and labeling system for medical monitoring device
US6529446B1 (en) * 1996-12-20 2003-03-04 Telaric L.L.C. Interactive medication container
US5933136A (en) 1996-12-23 1999-08-03 Health Hero Network, Inc. Network media access control system for encouraging patient compliance with a treatment plan
US6151586A (en) 1996-12-23 2000-11-21 Health Hero Network, Inc. Computerized reward system for encouraging participation in a health management program
US5956501A (en) 1997-01-10 1999-09-21 Health Hero Network, Inc. Disease simulation system and method
EP1011606A1 (en) * 1997-03-26 2000-06-28 Innocreate N.V. Timer apparatus for alerting at times for taking medicines
US6968375B1 (en) 1997-03-28 2005-11-22 Health Hero Network, Inc. Networked system for interactive communication and remote monitoring of individuals
US6101478A (en) 1997-04-30 2000-08-08 Health Hero Network Multi-user remote health monitoring system
US5997476A (en) 1997-03-28 1999-12-07 Health Hero Network, Inc. Networked system for interactive communication and remote monitoring of individuals
US6270455B1 (en) 1997-03-28 2001-08-07 Health Hero Network, Inc. Networked system for interactive communications and remote monitoring of drug delivery
US5954641A (en) 1997-09-08 1999-09-21 Informedix, Inc. Method, apparatus and operating system for managing the administration of medication and medical treatment regimens
US6421650B1 (en) * 1998-03-04 2002-07-16 Goetech Llc Medication monitoring system and apparatus
US6198695B1 (en) * 1998-04-13 2001-03-06 Raymond Eduardo Kirton Event monitoring device
US5990782A (en) 1998-05-27 1999-11-23 Hago Limited Electronic pillbox for administering a multiple-drug therapy
US6169707B1 (en) * 1998-11-30 2001-01-02 Douglas A. Newland Medication storage and reminder device
US6161095A (en) 1998-12-16 2000-12-12 Health Hero Network, Inc. Treatment regimen compliance and efficacy with feedback
US6335907B1 (en) * 1999-07-23 2002-01-01 Robert Momich Package with integrated circuit chip embedded therein and system for using same
US6687190B2 (en) * 1999-07-23 2004-02-03 Robert Momich Method and apparatus for clinical trials
EP1087322A3 (en) 1999-09-23 2001-10-10 RXVP, Inc. Method and apparatus for monitoring patient activity
DE29918709U1 (de) * 1999-10-23 2000-01-20 Riek Siegfried Handy mit Schaltung mit welcher Medikamente virtuell verwaltet und über ein Signal zur Einnahme gemeldet werden können
US6560165B1 (en) 2000-03-28 2003-05-06 Diane K. Barker Medical information appliance
US20030036683A1 (en) 2000-05-01 2003-02-20 Kehr Bruce A. Method, system and computer program product for internet-enabled, patient monitoring system
US6961285B2 (en) * 2000-07-07 2005-11-01 Ddms Holdings L.L.C. Drug delivery management system
AU2002312577A1 (en) * 2001-06-22 2003-01-08 Ronald D. Sekura Prescription compliance device and method of using device
US20030221687A1 (en) * 2002-05-09 2003-12-04 William Kaigler Medication and compliance management system and method
US7945461B2 (en) * 2007-02-15 2011-05-17 Vivonex, L.L.C. Prescription compliance monitoring system

Patent Citations (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS55500803A (ja) * 1978-10-10 1980-10-16
JPS5784945U (ja) * 1980-11-13 1982-05-26
US4504153A (en) * 1983-08-08 1985-03-12 R. Dean Seeman Pharmacist-programmable medication prompting system and method
US4588303A (en) * 1984-06-25 1986-05-13 Mediminder Development Limited Partnership Medical timer apparatus
US4626105A (en) * 1986-03-04 1986-12-02 Miller Larry D Medication organizer
JPS63160898A (en) * 1986-12-25 1988-07-04 Toshiba Corp Ic card for prescribing medicine
JPH0329661A (en) * 1989-06-28 1991-02-07 Toshiko Takahashi Medicine container
JPH05111526A (ja) * 1991-08-09 1993-05-07 Noel E Zeller 薬用容器
JPH06511183A (ja) * 1992-08-19 1994-12-15
JPH10509606A (ja) * 1994-10-28 1998-09-22 アラディグム コーポレーション インシュリンのエアロゾル化製剤の製造
US6018289A (en) * 1995-06-15 2000-01-25 Sekura; Ronald D. Prescription compliance device and method of using device
US5703786A (en) * 1995-08-14 1997-12-30 Profile Systems, Llc Medication dispensing and timing system utilizing time reference message
US5724021A (en) * 1996-07-09 1998-03-03 Stephen C. Perrone Self-contained, programmable, time interval alarm reminder device for eyedrop medication administration and a means for affixing such to eyedrop/medication container
EP1016399A2 (fr) * 1998-12-16 2000-07-05 CSEM Centre Suisse d'Electronique et de Microtechnique SA Procédé d'assistance pour l'administration de médicaments conformément à une prescription médicale et dispositif pour la mise en application de ce procédé

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR200470044Y1 (ko) * 2012-02-02 2013-11-26 김창재 환자에게 약 복용시간을 알려주는 표시판
JP2014030720A (ja) * 2012-07-31 2014-02-20 Evondos Oy 投薬ディスペンサからの医薬の計量分配を制御する方法及びシステム
JP2018075455A (ja) * 2012-07-31 2018-05-17 エヴォンドス オサケユキチュア 投薬ディスペンサからの医薬の計量分配を制御する方法及びシステム
US10532878B2 (en) 2014-09-17 2020-01-14 Nec Corporation Pill case
WO2018092771A1 (ja) * 2016-11-15 2018-05-24 株式会社湯山製作所 薬剤包装装置
US11208219B2 (en) 2016-11-15 2021-12-28 Yuyama Mfg. Co., Ltd. Drug packaging device
WO2019188909A1 (ja) * 2018-03-28 2019-10-03 富士フイルム株式会社 血液検査支援装置、血液検査支援システム、血液検査支援方法、及びプログラム
JPWO2019188909A1 (ja) * 2018-03-28 2021-04-15 富士フイルム株式会社 血液検査支援装置、血液検査支援システム、血液検査支援方法、及びプログラム
JP7002637B2 (ja) 2018-03-28 2022-01-20 富士フイルム株式会社 血液検査支援装置、血液検査支援システム、血液検査支援方法、及びプログラム
WO2021235558A1 (ja) * 2020-05-22 2021-11-25 ノーベルファーマ株式会社 服薬支援プログラム、服薬支援装置および服薬支援方法

Also Published As

Publication number Publication date
AU2002312577A1 (en) 2003-01-08
US20050041531A1 (en) 2005-02-24
US20100045466A1 (en) 2010-02-25
CA2450930A1 (en) 2003-01-03
US7944342B2 (en) 2011-05-17
US7330101B2 (en) 2008-02-12
US20080215289A1 (en) 2008-09-04
WO2003001337A3 (en) 2003-05-01
US7639120B2 (en) 2009-12-29
WO2003001337A2 (en) 2003-01-03
US20110193705A1 (en) 2011-08-11
EP1407328A2 (en) 2004-04-14
EP1407328A4 (en) 2008-11-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005500099A (ja) 服薬遵守デバイスおよびデバイスの使用方法
CA2287935C (en) Prescription compliance device and method of using device
US6075755A (en) Medical reminder system and messaging watch
US6332100B1 (en) Apparatus and method for medication dispensing and messaging
US6085752A (en) Method, apparatus and operating system for managing the administration of medication and medical treatment regimens
US6102855A (en) Variable capacity medication container and labeling system for medical monitoring device
US6507275B2 (en) Pill dispensing reminder system for indicating when to take a specific pill
US7428189B2 (en) Electronic assistant and method
US5408443A (en) Programmable medication dispensing system
JP5156824B2 (ja) 錠剤ディスペンサシステム
US20070135790A1 (en) Mobile phone medicament container and communication system
US20040179430A1 (en) Pill dispensing reminder capable of communicating with a remotely situated computer
WO1999060983A1 (en) Electronic pillbox for administering a multiple-drug therapy
KR100786170B1 (ko) 약물투약 알람 시스템
JP2000331080A (ja) 服薬管理方法及びその装置
JP3215391B2 (ja) 薬剤分配システム
EA006618B1 (ru) Сигнальное устройство для упрощения приема лекарственных препаратов
WO1997000502A1 (en) Prescription compliance device and method of using device
WO2005106733A1 (en) Pill dispensing reminder capable of communicating with a remotely situated computer
JP2000217888A (ja) 内蔵表示装置を備えた個人用薬送出し監視システム

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050609

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080722

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081020

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090217

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090512

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090519

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20090609

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20090616

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20091117