JP2005335943A - エレベータ制御システム - Google Patents

エレベータ制御システム Download PDF

Info

Publication number
JP2005335943A
JP2005335943A JP2004161297A JP2004161297A JP2005335943A JP 2005335943 A JP2005335943 A JP 2005335943A JP 2004161297 A JP2004161297 A JP 2004161297A JP 2004161297 A JP2004161297 A JP 2004161297A JP 2005335943 A JP2005335943 A JP 2005335943A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor
elevator
information
floor information
user
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004161297A
Other languages
English (en)
Inventor
Osamu Suwa
修 諏訪
Original Assignee
Nec Computertechno Ltd
エヌイーシーコンピュータテクノ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Computertechno Ltd, エヌイーシーコンピュータテクノ株式会社 filed Critical Nec Computertechno Ltd
Priority to JP2004161297A priority Critical patent/JP2005335943A/ja
Publication of JP2005335943A publication Critical patent/JP2005335943A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 利用階床情報以外の情報を参照せず、一般の施設に設置されたエレベータを制御するエレベータ制御システムを提供することを目的とする。
【解決手段】 エレベータの運行を制御するエレベータ運行管理システム1を備えるエレベータ制御システムにおいて、エレベータの各利用者に携帯され、利用者が利用する階を示す情報を含む情報である利用階床情報を送信する利用階床情報送信機器4と、エレベータの近傍に設けられ、利用者が行きたい階がある方向を指定するボタンであるケージ呼びボタン3と、利用階床情報送信機器4から送信された利用階床情報を収集し、エレベータ運行管理システム1に送信する利用階床情報収集装置2と、を備える。
【選択図】 図1

Description

本発明は、エレベータ制御システムに関し、特に、より効率よくエレベータを運行させることができるエレベータ制御システムに関する。
図6は、従来のエレベータ制御システムの一例の構成を示す図である。
図6において、エレベータ制御機器11は、制御受送信装置12から送信される情報を用いて、エレベータの運行を演算し指令する装置である。
制御受送信装置12は、エレベータ制御機器11の演算結果を送信し、出入り口及び各階からの情報を受信する。各階に設けられた受送信機13は、制御送受信装置12からの情報を受信し、さらに各階からのケージ呼情報と無線受送信機からの情報を送信する。
ケージ呼びボタン15は、無線受送信機器17を有していない場合に利用する。
出入り口の扉制御装置16は、無線受送信機器17に発信命令を出す。その指令に従って、無線受送信機器17は、携帯するものの情報を送信する。
特許文献1には、エレベータの利用を宣言(利用者IDを送信)したにもかかわらず、利用者が、その場を離れたことを検出できるため、運行キャンセルなどの処置ができることから、運行管理の効率化が図れる技術が開示されている。
特許文献2には、あらかじめ登録された個人情報によって、入退室管理とエレベータ管理を実現しようとする技術について開示されている。
特開2003−226473号公報 特開2003−276957号公報
しかしながら、上記した従来のエレベータ制御システムでは、以下のような点で課題があった。
第1の課題は、エレベータの運行に関してセキュリティを確保しているため、エレベータ制御機11及び無線受送信機器17に、資格、所属、部署及びエレベータの行き先等の情報をあらかじめ登録しなくてはならなかった。
このことは、あらかじめ登録された情報がないとエレベータの利用ができないということである。
また、第2の課題は、ホテルなどの利用を想定しており、エレベータ利用階床情報のほかに部屋情報を利用するため、一般のエレベータでは利用できないということである。
そこで、本発明は、利用階床情報以外の情報を参照せず、一般の施設に設置されたエレベータを制御するエレベータ制御システムを提供することを目的とする。
また、エレベータのケージ呼びボタンは、現在いる階から、上層階又は下層階のいずれかに移動するのかということを指示するボタンしかない。このため、ケージへ搭乗してから、利用階を指示するため、ケージの運行管理が逐次処理となってしまう。
また、公共の施設などは、身体障害者用に低い位置に操作ボタンのあるエレベータが普及しているが、すべてのエレベータにこの身体障害者ボタンが設置されているわけではない。
また、あらかじめ登録された個人情報によって入退室管理とエレベータ管理とを実現しようとする技術では、あらかじめ登録された情報が必要なこの方式では、利用者が一人のときには、非常に運行管理が効率的になると思われるが、利用階が異なる複数の利用者が乗り合わせた場合には、通常のエレベータ管理と違い、効率的にはならなかった。
そこで、本発明は、上記の課題を解決することも目的とする。
本発明は、上記課題を解決するための手段として、エレベータの運行を制御するエレベータ運行管理システムを備えるエレベータ制御システムにおいて、前記エレベータの各利用者に携帯され、利用者が利用する階を示す情報を含む情報である利用階床情報を送信する利用階床情報送信機器と、前記エレベータの近傍に設けられ、前記利用者が行きたい階がある方向を指定するボタンであるケージ呼びボタンと、前記利用階床情報送信機器から送信された前記利用階床情報を収集し、前記エレベータ運行管理システムに送信する利用階床情報収集装置と、を備えることを特徴とする。
また、本発明は、前記利用階床情報収集装置は、前記エレベータの入り口の上部に設けられることを特徴とする。
また、本発明は、前記利用階床情報収集装置は、前記エレベータの入り口の床に設けられることを特徴とする。
また、本発明は、前記利用階床情報送信機器は、RFIDの問い合わせに対し反応する利用階床情報発信機器であることを特徴とする。
また、本発明は、前記利用者が所定の前記利用階床情報を記憶したRFIDタグを携帯していて、一階の前記利用階床情報収集装置が当該RFIDタグを認識した場合は、当該一階の利用階床情報収集装置は当該RFIDタグに記憶された利用階床情報に従って、前記利用階床情報を前記エレベータ運行管理システムに送信することを特徴とする。
また、本発明は、前記利用者が前記RFIDタグに記録されている利用階床情報に含まれる階床と同じ階床から利用している場合は、前記利用階床情報収集装置は一階への利用と判断して、前記利用階床情報を前記エレベータ運行管理システムに送信することを特徴とする。
本発明によれば、利用者がケージに搭乗する前に、利用階床を指示するので、効率よくエレベータを運行させることが可能となる。
本発明によれば、利用者が利用階床情報送信機器4などの携帯端末で、あらかじめ利用階床を指示するため、ケージへ搭乗後奥にのってしまい、ケージ内の利用階床ボタンを押すことが困難になっても、利用階床を指示する必要がなくなった。
また、本発明によれば、物理的な動作を伴わずに、エレベータ制御システムに利用階床情報を通知するので、利用階床情報を通知することが困難な人が利用する場合でも、目的の利用階へ移動することが容易となる。
さらに、本発明によれば、利用階床情報を送信しなくても、利用階床情報収集装置2が利用階床情報を自動的に収集するので、利用者がわざわざ利用階床情報を送信しなくてもよくなった。
以下、添付図面を参照して本発明を実施するための最良の実施の形態を説明する。
[第1の実施の形態]
[構成の説明]
図1は、本発明の第1の実施の形態としてのエレベータ制御システムの構成を示すブロック図であり、図2は所定階におけるエレベータの構成を斜視図である。
図1に示すように、本実施の形態のエレベータ制御システムは、エレベータ運行管理システム1と、利用階床情報収集装置2と、ケージ呼びボタン3と、利用階床情報送信機器4と、を備えている。
利用階床情報送信機器4は、エレベータの各利用者に携帯され、利用者が指定する階を示す情報を含む利用階床情報を利用階床情報収集装置2に送信する。
また、ケージ呼びボタン3は、エレベータ近傍の側壁に設けられていて、利用者が行きたい階がある方向を指定するボタンである。利用者が利用階床情報送信機器4を持たない場合は、ケージ呼びボタン3を利用して、ケージを呼び出す。
利用階床情報収集装置2は、利用階床情報送信機器4から利用階床情報を収集すると、収集した利用階床情報をエレベータ運行管理システム1へ送信する。
エレベータ運行管理システム1は、利用階床情報収集装置2が収集した利用階床情報又はケージ呼びボタン3が押された情報に基づいて、ケージを制御し効率よく運行させる。
図2に示すように、利用階床情報収集装置2は、エレベータ入り口の上部に設けられている。
ケージ呼びボタン3は、各階のエレベータ入り口の側部に設けられている。
上記の説明では、エレベータ運行管理システム1の詳細な構成を説明していないが、この構成は当業者によく知られた構成であり、本発明に直接関係しないので省略する。
なお、上記の実施の形態では、利用階床情報収集装置2の動作については、受信のみを行なう装置として説明したが、送受信可能な装置としてもよい。
また、上記の実施の形態では、利用階床情報収集装置2をエレベータ入り口の上部に設ける構成を示したが、エレベータの入り口の床や側面に設けてもよい。
[動作の説明]
図3は、本発明の第1の実施の形態の動作を示すフローチャートである。
図3に示すように、エレベータの運行が開始されると(ステップS1/Yes)、利用者が現在いる階が何階かという情報を受信する(ステップS2)。
利用階床情報送信機器4がエレベータの利用者が利用したい階の情報を送信したか否かを確認する(ステップS3)。
利用階床情報を送信していない場合(ステップS3/No)、ケージ呼びボタン3が押されたか否かを確認する(ステップS5)。
ケージ呼びボタン3が押されていない場合(ステップS5/No)、利用階床情報が送信されたか否かを確認するステップであるステップS3に戻る。
ケージ呼びボタン3が押された場合(ステップS5/Yes)、ケージ呼びボタン3が押された階に利用者がいることになるので、ケージ呼びボタン3が押された旨をエレベータ運行管理システム1に送信する(ステップS7)。
また、利用階床情報が送信された場合(ステップS3/Yes)、利用者が現在いる階と利用したい階が同じか否かを確認する(ステップS4)。
利用者が現在いる階と利用したい階が同じである場合(ステップS4/Yes)、再び利用階床情報を収集する。
また、利用者が現在いる階と利用したい階が違う場合(ステップS4/No)、利用階床情報をエレベータ運行管理システム1に送信し(ステップS7)、ケージを運行制御する。
[第2の実施の形態]
[構成の説明]
図4は、本発明の第2の実施の形態としてのエレベータ制御システムの所定階におけるエレベータの構成を示す斜視図である。
図4に示すように、本実施の形態の構成は、第1の実施の形態とほぼ同じであるが、利用階床情報送信機器4は、RFID(Radio Frequency−Identification)などの問い合わせに対し反応する利用階床情報発信機器6である。
RFIDとは、微小な無線チップにより人やモノを識別・管理する仕組みのこという。流通業界でバーコードに代わる商品識別・管理技術として研究が進められてきたが、それに留まらず社会のIT化・自動化を推進する上での基盤技術として注目が高まっている。耐環境性に優れた数cm程度の大きさのタグにデータを記憶し、電波や電磁波で読み取り器と交信する。
利用階床情報発信機器6は、利用者がエレベータの入り口にいるか否かを一定間隔で発信する。利用者は特定の階情報を記録したRFIDタグを携帯する。
RFIDタグとは、アンテナ側からの非接触電力伝送技術により、電池を持たない半永久的に利用可能なものである。RFIDタグには、ラベル型、カード型、コイン型、スティック型など様々な形状があり、用途に応じて選択される。通信距離は数mm程度のものから数mのものがあり、これも用途に応じて使い分けられる。将来的にはすべての商品に微小なRFIDタグが添付される可能性がある。食品を買ってきて冷蔵庫に入れると自動的に識別し、保持している食品のリストを作ったり消費期限を知らせたりするインテリジェント冷蔵庫などのIT家電が構想されている。製品にID情報を振るための規格では、米マサチューセッツ工科大学(MIT)が中心となって進めている「Auto−ID Center」の取り組みが先行している。これには、Wal−Mart Stores社やProcter and Gamble社など大手流通業者や消費財メーカーのほか、バーコード管理団体のUCC(Uniform Code Council)や国際EAN協会が参加している。また、日本でも、東京大学の坂村健教授などが中心となって「ユビキタスIDセンター」が設立され、大手電機メーカーなどが参加している。
一階の利用階床情報収集装置2が、RFIDタグを認識した場合には、そのRFIDタグの情報に従って、利用階をエレベータ運行管理システム1に送信する。
また、RFIDタグに記録されている階と同じ階からの利用であるときは、基本的に一階への利用とみなし、利用階を一階としてエレベータ運行管理システム1に通知する。
一階以外の階を利用する場合は、ケージ内部に設置されている利用階通知ボタンにて、正しい利用階床情報を通知する。これにより、一階とみなした利用階床情報は、エレベータ運行管理システム1にてキャンセルされる。
[動作の説明]
図5は、本発明の第2の実施の形態の動作を示すフローチャートである。
図5に示すように、エレベータの運行が開始されると(ステップS11/Yes)、利用者が現在いる階が何階かという情報を受信する(ステップS12)。
利用階床情報発信機器6がエレベータの利用者が利用したい階の情報を送信したか否かを確認する(ステップS13)。
利用階床情報を送信していない場合(ステップS13/No)、ケージ呼びボタン3が押されたか否かを確認する(ステップS15)。
ケージ呼びボタン3が押されていない場合(ステップS15/No)、利用階床情報が送信されたか否かを確認するステップであるステップS13に戻る。
ケージ呼びボタン3が押された場合(ステップS15/Yes)、ケージ呼びボタン3が押された階に利用者がいることになるので、ケージ呼びボタン3が押された旨をエレベータ運行管理システム1に送信する(ステップS17)。
また、利用階床情報が送信された場合(ステップS13/No)、利用者が現在いる階と利用したい階が同じか否かを、確認する(ステップS14)。
利用者が現在いる階と利用したい階が同じである場合(ステップS14/Yes)、一階を利用する旨の利用階床情報とみなし(ステップS16)、その旨の利用階床情報をエレベータ運行管理システム1に送信する(ステップS17)。
利用者が現在いる階と利用したい階が違う場合(ステップS14/No)、利用階床情報をエレベータ運行管理システム1に送信する(ステップS17)。
本実施の形態によれば、利用階床情報を送信しなくても、利用階床情報収集装置2が利用階床情報を自動的に収集するので、利用者がわざわざ利用階床情報を送信しなくてもよくなった。
本発明の第1の実施の形態としてのエレベータ制御システムの構成を示すブロック図である。 本発明の第1の実施の形態の所定階におけるエレベータの構成を斜視図である。 本発明の第1の実施の形態の動作を示すフローチャートである。 本発明の第2の実施の形態としてのエレベータ制御システムの所定階におけるエレベータの構成を示す斜視図である。 本発明の第2の実施の形態の動作を示すフローチャートである。 従来のエレベータ制御システムの一例の構成を示す図である。
符号の説明
1 エレベータ運行管理システム
2 利用階床情報収集装置
3 ケージ呼びボタン
4 利用階床情報送信機器
6 利用階床発信機器

Claims (6)

  1. エレベータの運行を制御するエレベータ運行管理システムを備えるエレベータ制御システムにおいて、
    前記エレベータの各利用者に携帯され、利用者が利用する階を示す情報を含む情報である利用階床情報を送信する利用階床情報送信機器と、
    前記エレベータの近傍に設けられ、前記利用者が行きたい階がある方向を指定するボタンであるケージ呼びボタンと、
    前記利用階床情報送信機器から送信された前記利用階床情報を収集し、前記エレベータ運行管理システムに送信する利用階床情報収集装置と、を備えることを特徴とするエレベータ制御システム。
  2. 前記利用階床情報収集装置は、前記エレベータの入り口の上部に設けられることを特徴とする請求項1記載のエレベータ制御システム。
  3. 前記利用階床情報収集装置は、前記エレベータの入り口の床に設けられることを特徴とする請求項1記載のエレベータ制御システム。
  4. 前記利用階床情報送信機器は、RFIDの問い合わせに対し反応する利用階床情報発信機器であることを特徴とする請求項1から3のいずれか1項記載のエレベータ制御システム。
  5. 前記利用者が所定の前記利用階床情報を記憶したRFIDタグを携帯していて、
    一階の前記利用階床情報収集装置が当該RFIDタグを認識した場合は、当該一階の利用階床情報収集装置は当該RFIDタグに記憶された利用階床情報に従って、前記利用階床情報を前記エレベータ運行管理システムに送信することを特徴とする請求項4記載のエレベータ制御システム。
  6. 前記利用者が前記RFIDタグに記録されている利用階床情報に含まれる階床と同じ階床から利用している場合は、前記利用階床情報収集装置は一階への利用と判断して、前記利用階床情報を前記エレベータ運行管理システムに送信することを特徴とする請求項5記載のエレベータ制御システム。









JP2004161297A 2004-05-31 2004-05-31 エレベータ制御システム Pending JP2005335943A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004161297A JP2005335943A (ja) 2004-05-31 2004-05-31 エレベータ制御システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004161297A JP2005335943A (ja) 2004-05-31 2004-05-31 エレベータ制御システム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005335943A true JP2005335943A (ja) 2005-12-08

Family

ID=35489925

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004161297A Pending JP2005335943A (ja) 2004-05-31 2004-05-31 エレベータ制御システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005335943A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008069009A (ja) * 2006-09-12 2008-03-27 Inventio Ag エレベータシステムの制御を最新化するための方法
JP5874829B2 (ja) * 2012-07-18 2016-03-02 三菱電機株式会社 エレベータ装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008069009A (ja) * 2006-09-12 2008-03-27 Inventio Ag エレベータシステムの制御を最新化するための方法
JP5874829B2 (ja) * 2012-07-18 2016-03-02 三菱電機株式会社 エレベータ装置
US9790053B2 (en) 2012-07-18 2017-10-17 Mitsubishi Electric Corporation Elevator device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101205244B1 (ko) 엘리베이터 장치
KR20180017003A (ko) 예측 호출 발생을 갖는 리프트 시스템
JP3966199B2 (ja) データ通信システム、リーダ・ライタ装置、及び、リーダ・ライタ装置制御プログラム
CA2487525C (en) State remote reading device, and uses thereof
JP2006072672A (ja) 入退場管理システム
JP2015140226A (ja) エレベータの呼び登録システム
JP2003323490A (ja) 被管理者の居場所管理システム
EP1921576A2 (en) Location identifcation/management system, card reader, and location identification/management method
JP2005335943A (ja) エレベータ制御システム
Shieh et al. An emergency care system using RFID and Zigbee techniques
CN106715305B (zh) 电梯组群管理装置
CN111422708A (zh) 无接触乘坐公共电梯的方法及系统
JP4013779B2 (ja) 情報配信システム、情報処理端末、データ通信装置、非接触識別タグ、情報処理端末制御プログラム、データ通信装置制御プログラム、及び、非接触識別タグ制御プログラム
CN110980452A (zh) 一种远程电梯呼叫方法及系统
JP4816609B2 (ja) 所在管理システムならびにそれに用いられる読取り装置および端末器
JP2011253227A (ja) 情報提供システム
JP2018065682A (ja) エレベーター制御システム及びプログラム
JP2000143106A (ja) エレベータ制御システム
JP2015104648A (ja) ナースコールシステム
JP2008183355A (ja) ナースコールシステム
KR20200090704A (ko) 매장 내 주문 정보 송수신 지원 시스템
KR20200090705A (ko) 서비스 요청 신호 송신 및 고객 응대 지원 시스템
KR102159116B1 (ko) 매장 서비스 품질 정보 통계 시스템
KR102159115B1 (ko) 서비스 요청 사항 관리 및 전송 시스템
JP2010160685A (ja) タグシステムおよびタグ

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070711

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070717

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070918

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20071029