JP2005334337A - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP2005334337A
JP2005334337A JP2004157660A JP2004157660A JP2005334337A JP 2005334337 A JP2005334337 A JP 2005334337A JP 2004157660 A JP2004157660 A JP 2004157660A JP 2004157660 A JP2004157660 A JP 2004157660A JP 2005334337 A JP2005334337 A JP 2005334337A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
variable display
display
flag
symbol
display result
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004157660A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4275007B2 (en
Inventor
Shohachi Ugawa
詔八 鵜川
Masanori Kinoshita
真紀 木下
Original Assignee
Sankyo Kk
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Kk, 株式会社三共 filed Critical Sankyo Kk
Priority to JP2004157660A priority Critical patent/JP4275007B2/en
Publication of JP2005334337A publication Critical patent/JP2005334337A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4275007B2 publication Critical patent/JP4275007B2/en
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To prevent the drop in values under the upgraded probability state while preventing the players from perceiving the generation of the jackpot game state beforehand even if a plurality of variable display devices are installed. <P>SOLUTION: When the judgment is given to the effect that the result of the display of the special pattern game with the second variable display device should present the variable probability jackpot before the judgment to the effect that the result of the display of the special pattern game with the first variable display device should present the normal jackpot, the CPU compares the timer value of a first variable display time timer with the timer value equivalent to the total variable display time T2i of the variable display pattern to be used for the second variable display device. Then, based on the result of the comparison, the timer value of the first variable display time timer is adjusted by being reduced or extended or in other manners as required to derive and display the result of the display of the normal jackpot earlier than the result of the display of the variable probability jackpot. Thus, the pachinko game machine can effectively prevent the drop in the values under the upgraded probability state otherwise caused when a plurality of variable display devices are installed. <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

本発明は、パチンコ遊技機等の遊技機に係り、詳しくは、第1の始動条件が成立した後に第1の開始条件が成立したことに基づいて各々が識別可能な複数種類の識別情報を可変表示する第1の可変表示手段と、第2の始動条件が成立した後に第2の開始条件が成立したことに基づいて該識別情報を可変表示する第2の可変表示手段と、を備え、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の表示結果である第1の表示結果、又は前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示の表示結果である第2の表示結果が該特定表示結果となったときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機に関する。   The present invention relates to a gaming machine such as a pachinko gaming machine, and more specifically, a plurality of types of identification information that can be identified based on the fact that the first start condition is satisfied after the first start condition is satisfied. First variable display means for displaying, and second variable display means for variably displaying the identification information based on the fact that the second start condition is satisfied after the second start condition is satisfied, The first display result that is the display result of the variable display of the identification information by the first variable display means, or the second display result that is the display result of the variable display of the identification information by the second variable display means is specified. The present invention relates to a gaming machine that controls a specific gaming state advantageous to a player when a display result is obtained.

パチンコ遊技機等の遊技機においては、液晶表示装置(以下LCD:Liquid Crystal Display)等の表示装置上に所定の識別情報(以下、表示図柄)を更新表示やスクロール表示させることで可変表示を行い、その表示結果により所定の遊技価値を付与するか否かを決定する、いわゆる可変表示ゲームによって遊技興趣を高めたものが数多く提供されている。   In gaming machines such as pachinko machines, variable display is performed by updating or scrolling predetermined identification information (hereinafter referred to as display symbols) on a display device such as a liquid crystal display (hereinafter referred to as LCD). There are a number of games that are enhanced by a so-called variable display game that determines whether to give a predetermined game value based on the display result.

可変表示ゲームの1つとして行われる特図ゲームは、始動入賞口を通過する遊技球の検出(可変表示の始動条件が成立したこと)に基づいて表示図柄の可変表示を行い、表示図柄の可変表示が完全に停止した際の停止図柄態様が予め定められた特定表示態様となった場合を「大当り」とするゲームである。この特図ゲームにおいて「大当り」となると、大入賞口又はアタッカーと呼ばれる特別電動役物を開放状態とし、遊技者に対して遊技球の入賞が極めて容易となる状態を一定時間継続的に提供する。こうした状態を「特定遊技状態」あるいは「大当り遊技状態」という。   A special figure game that is performed as one of the variable display games is a variable display of a display symbol based on the detection of a game ball passing through the start winning opening (that the variable display start condition is satisfied). In this game, a case where the stop symbol pattern when the display is completely stopped becomes a predetermined specific display pattern is a “hit”. In this special figure game, when a “hit” is made, a special electric accessory called a big prize opening or an attacker is opened, and a state in which a game ball can be won extremely easily is provided to a player for a certain period of time. . Such a state is referred to as a “specific game state” or a “hit game state”.

こうした特図ゲームと同様の可変表示ゲームを実行可能とした遊技機としては、同一の遊技領域内に複数(例えば2個)の図柄表示装置を設けて表示図柄と同様の役割を担う図柄を各々可変表示可能として、その各々の図柄表示装置に対応した大入賞口をそれぞれ備えた遊技機において、複数の当りが同時に発生することを防止するものが提案されている(例えば、特許文献1)。
特開2001−62081号公報
As a gaming machine that can execute a variable display game similar to such a special game, a plurality of (for example, two) symbol display devices are provided in the same game area, and each of the symbols plays the same role as the display symbol. A game machine that can be variably displayed and that prevents a plurality of wins from occurring at the same time has been proposed in gaming machines each having a large winning opening corresponding to each symbol display device (for example, Patent Document 1).
JP 2001-62081 A

しかしながら、特許文献1に開示された技術では、2個の図柄表示装置のうちの一方の図柄表示装置において大当りとなる図柄の可変表示を行う場合、他方の図柄表示装置での図柄の可変表示を中止していた。このため、遊技者は、大当りの発生を事前に悟ってしまうので、以後の図柄の可変表示に興味を持てず、興ざめしてしまうおそれがあった。   However, in the technique disclosed in Patent Document 1, when one of the two symbol display devices performs variable display of the symbol that is a big hit, the variable display of the symbol on the other symbol display device is performed. It was cancelled. For this reason, since the player realizes the occurrence of the big hit in advance, there is a possibility that the player will not be interested in the variable display of the subsequent symbols and may be awakened.

また、2個の図柄表示装置のうち、一方の図柄表示装置による特図ゲームの表示結果として確変大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了した直後に、他方の図柄表示装置にて通常大当り図柄が導出表示されると、確率向上状態に制御される時間が極端に短くなってしまうため、本来有利である確率向上状態に意味合いがなくなってしまうおそれがあった。   In addition, immediately after the jackpot gaming state based on the fact that the probability variation big win symbol is derived and displayed as a display result of the special symbol game by one of the two symbol display devices, the other symbol display device When the normal jackpot symbol is derived and displayed, the time for controlling to the probability improvement state becomes extremely short, and there is a possibility that the probability improvement state, which is inherently advantageous, loses its meaning.

この発明は上記実状に鑑みてなされたものであり、複数の可変表示装置を備える場合であっても、大当り遊技状態の発生が事前に悟られることを防止すると共に、確率向上状態の価値の低下を防止することができる遊技機を提供することを目的とする。   The present invention has been made in view of the above circumstances, and even when a plurality of variable display devices are provided, it is possible to prevent the occurrence of a big hit gaming state from being realized in advance and to reduce the value of the probability improvement state. It is an object of the present invention to provide a gaming machine that can prevent the above.

上記目的を達成するため、本願の請求項1に記載の遊技機は、第1の始動条件(例えば第1の普通可変入賞球装置61への入賞)が成立した後に第1の開始条件(例えば第1の可変表示装置41における前回の可変表示及び大当り遊技状態の終了)が成立したことに基づいて、各々が識別可能な複数種類の識別情報(例えば特別図柄)を可変表示する第1の可変表示手段(例えば第1の可変表示装置41)と、第2の始動条件(例えば第2の普通可変入賞球装置62への入賞)が成立した後に第2の開始条件(例えば第2の可変表示装置42における前回の可変表示及び大当り遊技状態の終了)が成立したことに基づいて該識別情報を可変表示する第2の可変表示手段(例えば第2の可変表示装置42)と、を備え、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の表示結果である第1の表示結果、又は前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示の表示結果である第2の表示結果が特定表示結果(例えば特別図柄が同一図柄で揃った表示結果)となったときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態(例えば大当り遊技状態)に制御する遊技機(例えばパチンコ遊技機1)であって、前記第1の開始条件が成立したことに基づいて、前記第1の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定すると共に、該特定表示結果のうちで該特定遊技状態が終了した後に該特定表示結果となる確率が通常遊技状態時よりも高い高確率状態に制御されるときに表示する特別表示結果(例えば特別図柄が図柄番号が奇数の同一図柄で揃った表示結果)とするか否かを判定する第1の表示結果判定手段(例えばCPU103がステップS226の処理やステップS243の処理を実行する部分)と、前記第1の表示結果手判定段による判定結果に基づいて、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示時間である第1の可変表示時間を設定する第1の可変表示時間設定手段(例えばCPU103がステップS113の第1の可変表示パターン設定処理を実行する部分)と、前記第2の開始条件が成立したことに基づいて、前記第2の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定すると共に、前記特別表示結果とするか否かを判定する第2の表示結果判定手段(例えばCPU103がステップS426の処理やステップS443の処理を実行する部分)と、前記第2の表示結果判定手段による判定結果に基づいて、前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示時間である第2の可変表示時間を設定する第2の可変表示時間設定手段(例えばCPU103がステップS133の第2の可変表示パターン設定処理を実行する部分)と、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされ(例えばCPU103がステップS226の処理にてYesと判定した後、ステップS243の処理にてYesと判定し)、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を該特別表示結果とはならない特定表示結果である非特別表示結果(例えば特別図柄が図柄番号が偶数の同一図柄で揃った表示結果)とする旨の判定がなされたときに(例えばCPU103がステップS426の処理にてYesと判定した後、ステップS443の処理にてNoと判定したときに)、該第1の表示結果が導出表示される前に該第2の表示結果が導出表示されるように、前記第1の可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間と前記第2の可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間とのうち、先に設定された可変表示時間を調整する可変表示時間調整手段(例えばCPU103がステップS276〜S287の処理やステップS476〜S487の処理を実行する部分)と、を備える、ことを特徴とする。   In order to achieve the above object, the gaming machine according to claim 1 of the present application has a first start condition (for example, a first start condition (for example, winning to the first ordinary variable winning ball apparatus 61)). A first variable that variably displays a plurality of types of identification information (for example, special symbols) each identifiable based on the establishment of the previous variable display and end of jackpot gaming state in the first variable display device 41. After the display means (for example, the first variable display device 41) and the second start condition (for example, winning to the second ordinary variable winning ball device 62) are established, the second start condition (for example, the second variable display) Second variable display means (for example, the second variable display device 42) that variably displays the identification information based on the establishment of the previous variable display and end of jackpot gaming state in the device 42, First variable display means Accordingly, the first display result that is the display result of the variable display of the identification information or the second display result that is the display result of the variable display of the identification information by the second variable display means is the specific display result (for example, the special symbol is A gaming machine (for example, a pachinko gaming machine 1) that controls to a specific gaming state (for example, a big hit gaming state) that is advantageous to the player when the display results are aligned in the same pattern, and the first start condition Whether or not the first display result is set as the specific display result is determined based on the fact that is established, and the specific display result is obtained after the specific gaming state is ended in the specific display result. A first determination is made as to whether or not a special display result is displayed when the probability is controlled to a higher probability state than in the normal gaming state (for example, a special symbol is a display result of the same symbols with odd symbol numbers). Table of 1 Based on the result determination means (for example, the part where the CPU 103 executes the processing of step S226 or step S243) and the determination result by the first display result manual determination stage, the identification information of the first variable display means First variable display time setting means for setting a first variable display time which is a variable display time (for example, a portion where the CPU 103 executes the first variable display pattern setting process in step S113), and the second start condition Based on the fact that the second display result is established, it is determined whether or not the second display result is the specific display result, and second display result determination means for determining whether or not the special display result is used (for example, CPU 103 performs the process of step S426 and the process of step S443) and the determination result by the second display result determination means, Second variable display time setting means for setting a second variable display time which is a variable display time of identification information by the second variable display means (for example, the CPU 103 executes the second variable display pattern setting process in step S133). Part) and the first display result determination means determines that the first display result is the special display result (for example, after the CPU 103 determines Yes in step S226, the process proceeds to step S243. In the processing, it is determined as Yes), and the second display result determination means makes the second display result a non-special display result that is not a special display result (for example, a special symbol has an even symbol number) (When the CPU 103 determines Yes in the process of step S426, for example, The first variable display time setting means so that the second display result is derived and displayed before the first display result is derived and displayed when it is determined No in the processing of step S443). Variable display time adjusting means for adjusting the previously set variable display time among the first variable display time set by the second variable display time and the second variable display time set by the second variable display time setting means. (For example, the CPU 103 executes the processing of steps S276 to S287 and the processing of steps S476 to S487).

請求項2に記載の遊技機においては、前記可変表示時間調整手段は、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされたことに基づいて前記第1の可変表示手段が識別情報の可変表示を開始した後に、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を前記非特別表示結果とする旨の判定がなされたときには(例えばCPU103がステップS461の処理にてYesと判定した後、ステップS476の処理にてNoと判定し、さらにステップS483の処理にてYesと判定したときには)、該第2の表示結果が導出表示された後に該第1の表示結果が導出表示されるように、前記第1の可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間を延長する(例えばCPU103がステップS484〜S487の処理を実行する)。   In the gaming machine according to claim 2, the variable display time adjusting means is based on the fact that the first display result determining means determines that the first display result is the special display result. After the first variable display means starts variable display of identification information, when the second display result determination means determines that the second display result is the non-special display result ( For example, when the CPU 103 determines Yes in the process of step S461, determines No in the process of step S476, and further determines Yes in the process of step S483), the second display result is derived and displayed. After that, the first variable display time set by the first variable display time setting means is extended so that the first display result is derived and displayed (for example, the CPU 103). The process of step S484~S487 to run).

請求項3に記載の遊技機においては、前記可変表示時間調整手段は、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を前記非特別表示結果とする旨の判定がなされたことに基づいて前記第2の可変表示手段が識別情報の可変表示を開始した後に、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされたときには(例えばCPU103がステップS261,S276及びS277の処理にてYesと判定した後に、ステップS278の処理にてNoと判定したときには)、該第1の表示結果が導出表示された前に該第2の表示結果が導出表示されるように、前記第2の可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間を短縮する(例えばCPU103がステップS279〜S282の処理を実行する)。   In the gaming machine according to claim 3, the variable display time adjusting means determines that the second display result determining means determines that the second display result is the non-special display result. On the basis of the second variable display means, after the first display result determination means determines that the first display result is the special display result after starting the variable display of the identification information ( For example, when the CPU 103 determines Yes in the processing of steps S261, S276, and S277 and then determines No in the processing of step S278), the second display is performed before the first display result is derived and displayed. The second variable display time set by the second variable display time setting means is shortened so that the result is derived and displayed (for example, the CPU 103 performs steps S279 to S2). To perform two of the process).

請求項4に記載の遊技機においては、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の実行中に、前記第2の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたとき(例えばCPU103がステップS501の処理を実行した後、ステップS503の処理にてYesと判定したとき)、該特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態が終了するまで(例えばCPU103がステップS522の処理を実行するまで)、前記第1の可変表示時間を延長する可変表示時間延長手段(例えばCPU103がステップS291の処理にてYesと判定して、ステップS292〜S294の処理をスキップする部分など)をさらに備える。   In the gaming machine according to claim 4, when the specific display result is derived and displayed as the second display result during execution of variable display of the identification information by the first variable display means (for example, the CPU 103 After executing the process of step S501, when it is determined Yes in the process of step S503, until the specific gaming state based on the derivation display of the specific display result (for example, the CPU 103 performs the process of step S522) Variable display time extending means for extending the first variable display time (for example, a portion where the CPU 103 determines Yes in the process of step S291 and skips the processes of steps S292 to S294). Further prepare.

請求項5に記載の遊技機においては、前記第1の表示結果手判定段による判定結果と前記可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間とに基づいて、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を制御すると共に、前記第2の表示結果判定手段による判定結果と該可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間に基づいて、前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示とを制御する可変表示制御手段(例えばCPU103がステップS114の第1の可変表示制御処理を実行する部分やステップS134の第2の可変表示制御処理を実行する部分)をさらに備え、前記可変表示制御手段は、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の実行中に、前記第2の表示結果として前記特定表示結果を導出表示したとき、該第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を、該特定表示結果ではない表示結果(例えば特別図柄が異なる図柄となった表示結果)を表示して停止する可変表示停止手段(例えばCPU103がステップS1293の処理を実行する部分など)と、前記第2の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態が終了したとき、前記可変表示停止手段により停止された前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を再開する可変表示再開手段(例えばCPU103がステップS1296の処理を実行する部分など)と、を含む。   In the gaming machine according to claim 5, the first variable based on the determination result by the first display result hand determination stage and the first variable display time set by the variable display time setting means. The variable display of the identification information by the display means is controlled and the second variable display time is set based on the determination result by the second display result determination means and the second variable display time set by the variable display time setting means. Variable display control means for controlling the variable display of the identification information by the display means (for example, the part where the CPU 103 executes the first variable display control process in step S114 and the part where the second variable display control process in step S134 is executed) The variable display control means includes the specific display result as the second display result during execution of variable display of the identification information by the first variable display means. When the derived display is performed, the variable display of the identification information by the first variable display means is stopped to display the display result that is not the specific display result (for example, the display result in which the special symbol is different). When the specific gaming state based on the means (for example, the part where the CPU 103 executes the process of step S1293) and the specific display result is derived and displayed as the second display result, the variable display stop means Variable display restarting means for restarting variable display of the identification information by the first variable display means stopped by (for example, a portion where the CPU 103 executes the process of step S1296).

請求項6に記載の遊技機においては、遊技領域に遊技媒体を発射することにより、遊技を行う遊技機であって、所定の数値データ(例えばランダムR1など)を更新する数値データ更新手段(例えばCPU103がステップS13の処理を実行する部分)と、遊技媒体が流下する遊技領域に設けられた第1の始動領域(例えば第1の普通可変入賞球装置61)にて該遊技媒体を検出する第1の始動検出手段(例えば第1の始動検出スイッチ)と、前記第1の始動検出手段により遊技媒体が検出されたときに(例えば第1の始動検出スイッチからの検出信号がオン状態になったときに)、前記第1の始動条件が成立したものと判定する第1の始動条件成立判定手段(例えばCPU103がステップS101の処理を実行する部分)と、前記第1の始動条件成立判定手段により前記第1の始動条件が成立したものと判定されたとき(例えばCPU103がステップS101の処理にてYesと判定したとき)、前記数値データ更新手段により更新される数値データを抽出する第1の数値データ抽出手段(例えばCPU103がステップS203の処理を実行する部分)と、前記第1の数値データ抽出手段により抽出された数値データを前記第1の始動条件の成立順に記憶する第1の保留記憶手段(例えばCPU103がステップS204の処理を実行する部分)と、前記遊技領域に設けられた第2の始動領域(例えば第2の普通可変入賞球装置62)にて該遊技媒体を検出する第2の始動検出手段(例えば第2の始動検出スイッチ)と、前記第2の始動検出手段により遊技媒体が検出されたときに(例えば第2の始動検出スイッチからの検出信号がオン状態になったときに)、前記第2の始動条件が成立したものと判定する第2の始動条件成立判定手段(例えばCPU103がステップS121の処理を実行する部分)と、前記第1の始動条件成立判定手段により前記第1の始動条件が成立したものと判定されたとき(例えばCPU103がステップS121の処理にてYesと判定したとき)、前記数値データ更新手段により更新される数値データを抽出する第2の数値データ抽出手段(例えばCPU103がステップS403の処理を実行する部分)と、前記第2の数値データ抽出手段により抽出された数値データを前記第2の始動条件の成立順に記憶する第2の保留記憶手段(例えばCPU103がステップS404の処理を実行する部分)と、前記第1の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が所定の上限値に達したとき(例えばCPU103がステップS205の処理にてYesと判定したとき)、前記第2の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が該所定の上限値と合致するか否かを判定する保留記憶個数判定手段(例えばCPU103がステップS206の処理を実行する部分)と、前記保留記憶個数判定手段により前記第2の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が前記所定の上限値に合致しないと判定されたとき(例えばCPU103がステップS206の処理にてNoと判定したとき)、前記第2の始動領域へ向けての遊技媒体の発射を促す報知演出を実行する報知演出実行手段(例えばCPU103がステップS805の処理を実行する部分など)と、をさらに備え、前記第1の表示結果判定手段は、前記第1の開始条件が成立したことに基づいて、前記第1の保留記憶手段から前記第1の始動条件の成立順が最先の数値データを読み出し(例えばCPU103がステップS211の処理を実行し)、該読み出した数値データが所定の判定値(例えば「3」)と合致する否かを判定することにより、前記第1の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定し、前記第2の表示結果判定手段は、前記第2の開始条件が成立したことに基づいて、前記第2の保留記憶手段から前記第2の始動条件の成立順が最先の数値データを読み出し(例えばCPU103がステップS211の処理を実行し)、該読み出した数値データが前記所定の判定値と合致する否かを判定することにより、前記第2の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定する。   The gaming machine according to claim 6 is a gaming machine that plays a game by launching a game medium into the gaming area, and updates numerical data updating means (for example, random R1) (for example, random R1). CPU 103 executes the process of step S13) and a first start area provided in the game area where the game medium flows down (for example, the first ordinary variable winning ball device 61) detects the game medium. 1 start detection means (for example, a first start detection switch) and when a game medium is detected by the first start detection means (for example, a detection signal from the first start detection switch is turned on) A first start condition satisfaction determination means (for example, a portion where the CPU 103 executes the process of step S101) that determines that the first start condition is satisfied, and the first When it is determined by the start condition establishment determination means that the first start condition is satisfied (for example, when the CPU 103 determines Yes in the process of step S101), the numerical data updated by the numerical data update means is First numerical data extraction means to be extracted (for example, a portion where the CPU 103 executes the process of step S203) and numerical data extracted by the first numerical data extraction means are stored in the order in which the first start condition is satisfied. The game medium in the first holding storage means (for example, the part where the CPU 103 executes the process of step S204) and the second starting area (for example, the second ordinary variable winning ball device 62) provided in the game area. The second start detection means (for example, the second start detection switch) for detecting the game medium and the second start detection means detect the game medium. (For example, when the detection signal from the second start detection switch is turned on), the second start condition satisfaction determining means (for example, the CPU 103 determines that the second start condition is satisfied). When the first start condition satisfaction determining means determines that the first start condition is satisfied (for example, the CPU 103 determines Yes in the process of step S121). 2), the second numerical data extracting means for extracting numerical data updated by the numerical data updating means (for example, the part where the CPU 103 executes the process of step S403), and the second numerical data extracting means. Second hold storage means (for example, the CPU 103 performs the process of step S404) for storing the numerical data stored in the order in which the second start conditions are satisfied. And when the number of numerical data stored in the first holding storage means reaches a predetermined upper limit (for example, when the CPU 103 determines Yes in step S205). , A reserved storage number determining means for determining whether or not the number of numerical data stored in the second reserved storage means matches the predetermined upper limit value (for example, a portion where the CPU 103 executes the process of step S206) ), And when the number of numerical data stored in the second reserved storage means does not match the predetermined upper limit value (for example, the CPU 103 performs the process of step S206). Notification effect execution means (for example, CPU 10) for executing a notification effect that prompts the player to launch the game medium toward the second start area. The first display result determination unit is configured to execute the processing from the first hold storage unit based on the fact that the first start condition is satisfied. The first numerical value in the order of establishment of the first start condition is read (for example, the CPU 103 executes the process of step S211), and whether or not the read numerical data matches a predetermined determination value (for example, “3”). By determining whether or not the first display result is the specific display result, and the second display result determination means is based on the fact that the second start condition is satisfied, The numerical data with the earliest establishment order of the second start condition is read from the second holding storage means (for example, the CPU 103 executes the process of step S211), and the read numerical data is the predetermined judgment. By determining whether or not to match the value determines the second display results whether the said specific display results.

本願の請求項1乃至6に記載の発明は、以下に示す効果を有する。   The inventions according to claims 1 to 6 of the present application have the following effects.

請求項1に記載の構成によれば、前記可変表示時間調整手段は、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされ、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を前記非特別表示結果とする旨の判定がなされたときに、該第1の表示結果が導出表示される前に該第2の表示結果が導出表示されるように、前記第1の可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間と前記第2の可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間とのうち、先に設定された可変表示時間を調整する。このため、前記遊技機は、前記第1の表示結果と前記第2の表示結果とが共に前記特定表示結果となる場合でも、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示と前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示とのうち、いずれか一方を停止する必要がなくなる。これにより、遊技者が前記第1の表示結果と前記第2の表示結果とが前記特定表示結果になることを事前に悟ってしまうことを防止することができる。また、前記特別表示結果となる第1の表示結果が導出表示される前に前記非特別表示結果となる第2の表示結果が導出表示させることで、該特別表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態が終了して前記高確率状態へと移行した直後に、該非特別表示結果が導出表示され、該高確率状態が直ぐに終了してしまうことを防止することができる。これにより、前記可変表示手段を複数備えている場合に生じていた前記高確率状態の価値が低下するといった弊害を効果的に防止することができる。   According to the configuration of claim 1, the variable display time adjustment unit determines that the first display result determination unit uses the first display result as the special display result, and the second display result determination unit performs the second display result determination unit. When the display result determination unit determines that the second display result is the non-special display result, the second display result is derived before the first display result is derived and displayed. Of the first variable display time set by the first variable display time setting means and the second variable display time set by the second variable display time setting means so as to be displayed, Adjust the variable display time set to. For this reason, the gaming machine can perform variable display of the identification information by the first variable display means and the second display even when both the first display result and the second display result are the specific display result. There is no need to stop any one of the variable display of the identification information by the variable display means. Accordingly, it is possible to prevent the player from realizing in advance that the first display result and the second display result become the specific display result. Further, the second display result as the non-special display result is derived and displayed before the first display result as the special display result is derived and displayed, so that the special display result is derived and displayed. The non-special display result is derived and displayed immediately after the specific gaming state based on the transition to the high probability state and the high probability state can be prevented from ending immediately. As a result, it is possible to effectively prevent an adverse effect such as a decrease in the value of the high probability state that has occurred when a plurality of the variable display means are provided.

請求項2に記載の構成によれば、前記可変表示時間調整手段は、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされたことに基づいて前記第1の可変表示手段が識別情報の可変表示を開始した後に、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を前記非特別表示結果とする旨の判定がなされたときには、該第2の表示結果が導出表示された後に該第1の表示結果が導出表示されるように、前記第1の可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間を延長する。このため、前記第2の可変表示時間設定手段は、前記第1の可変表示時間設定手段により既に設定されている前記第1の可変表示時間に制約されることなく、前記第2の可変表示時間を設定することができるので、前記第2の可変表示手段による演出内容を向上させることができる。   According to the configuration of claim 2, the variable display time adjustment unit is based on the fact that the first display result determination unit determines that the first display result is the special display result. After the first variable display means starts variable display of identification information, when the second display result determination means determines that the second display result is the non-special display result, The first variable display time set by the first variable display time setting means is extended so that the first display result is derived and displayed after the second display result is derived and displayed. For this reason, the second variable display time setting means is not limited to the first variable display time already set by the first variable display time setting means, and the second variable display time setting means Can be set, so that the contents of the effect by the second variable display means can be improved.

請求項3に記載の構成によれば、前記可変表示時間調整手段は、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を前記非特別表示結果とする旨の判定がなされたことに基づいて前記第2の可変表示手段が識別情報の可変表示が開始した後に、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされたときには、該第1の表示結果が導出表示された前に該第2の表示結果が導出表示されるように、前記第2の可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間を短縮する。このため、前記第1の可変表示時間設定手段は、前記第2の可変表示時間設定手段により既に設定されている前記第2の可変表示時間に制約されることなく、前記第1の可変表示時間を設定することができるので、前記第1の可変表示手段による演出内容を向上させることができる。   According to the configuration of claim 3, the variable display time adjusting means determines that the second display result determining means determines that the second display result is the non-special display result. After the second variable display means starts the variable display of the identification information, when the first display result determination means determines that the first display result is the special display result, The second variable display time set by the second variable display time setting means is shortened so that the second display result is derived and displayed before the first display result is derived and displayed. For this reason, the first variable display time setting means is not limited to the second variable display time already set by the second variable display time setting means, and the first variable display time is set. Can be set, so that it is possible to improve the production contents by the first variable display means.

請求項4に記載の構成によれば、前記可変表示時間延長手段は、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の実行中に、前記第2の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたとき、該特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態が終了するまで、前記第1の可変表示時間を延長する。これにより、前記第1の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態と、前記第2の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態と、が同時期に発生することを防止することができる。このため、遊技者に強烈なインパクトを与えて著しい射幸心を煽ることを防止することができる。   According to the configuration of claim 4, the variable display time extending means derives the specific display result as the second display result during execution of variable display of the identification information by the first variable display means. When displayed, the first variable display time is extended until the specific gaming state based on the specific display result being derived and displayed. Thus, the specific game state based on the specific display result derived and displayed as the first display result and the specific game based on the specific display result derived and displayed as the second display result. It is possible to prevent the situation from occurring at the same time. For this reason, it is possible to prevent the player from having a strong impact and inciting significant euphoria.

請求項5に記載の構成によれば、前記可変表示停止手段は、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の実行中に、前記第2の表示結果として前記特定表示結果を導出表示したとき、該第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を、前記特定表示結果ではない表示結果を表示して停止し、前記可変表示再開手段は、該第2の表示結果として該特定表示結果が導出表示されたことに基づく該特定遊技状態が終了したとき、該可変表示停止手段により停止された該第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を再開する。これにより、前記第1の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態と、前記第2の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態と、が同時期に発生することを防止することができる。このため、遊技者に強烈なインパクトを与えて著しい射幸心を煽ることを防止することができる。   According to the configuration of claim 5, the variable display stop means derives and displays the specific display result as the second display result during execution of variable display of identification information by the first variable display means. Then, the variable display of the identification information by the first variable display means is stopped by displaying the display result that is not the specific display result, and the variable display resuming means is the specific display as the second display result. When the specific gaming state based on the derived display is completed, the variable display of the identification information by the first variable display means stopped by the variable display stop means is resumed. Thus, the specific game state based on the specific display result derived and displayed as the first display result and the specific game based on the specific display result derived and displayed as the second display result. It is possible to prevent the situation from occurring at the same time. For this reason, it is possible to prevent the player from having a strong impact and inciting significant euphoria.

請求項6に記載の構成によれば、前記保留記憶個数判定手段は、前記第1の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が所定の上限値に達したとき、前記第2の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が該所定の上限値と合致するか否かを判定し、前記報知演出実行手段は、該保留記憶個数判定手段により該第2の保留記憶手段に記憶されている該数値データの個数が該所定の上限値に合致しないと判定されたとき、前記第2の始動領域へ向けての遊技媒体の発射を促す報知演出を実行する報知演出を実行する。このように、前記第1の始動領域と前記第2の始動領域とのうち、いずれの始動領域を狙うかを遊技者に報知することにより、効率的に始動条件を成立させることができる。   According to the configuration of the sixth aspect, when the number of the numerical data stored in the first reserved storage means reaches a predetermined upper limit value, the reserved stored number determination means It is determined whether or not the number of the numerical data stored in the hold storage means matches the predetermined upper limit value, and the notification effect executing means is configured to use the second hold storage means by the hold storage number determination means. When it is determined that the number of numerical data stored in the memory does not match the predetermined upper limit value, a notification effect is executed to execute a notification effect that prompts the game medium to be launched toward the second start area. To do. Thus, the start condition can be efficiently established by notifying the player which one of the first start area and the second start area is targeted.

以下、図面を参照しつつ、本発明の一実施形態を詳細に説明する。なお、以下の説明においてリーチ表示状態とは、表示結果として導出表示した図柄(リーチ図柄という)が大当り図柄の一部を構成しているときに未だ導出表示していない図柄(リーチ可変図柄という)については可変表示が行われている状態、あるいは、全て又は一部の図柄が大当り図柄の全て又は一部を構成しながら同期して可変表示している状態のことである。具体的には、予め定められた複数の表示領域に、予め定められた図柄が停止することで大当りとなる有効ラインが定められ、その有効ライン上の一部の表示領域に予め定められた図柄が停止しているときに未だ停止していない有効ライン上の表示領域において可変表示が行われている状態(例えば、左、中、右の表示領域のうち左、右の表示領域には大当り図柄の一部となる(例えば「7」)が停止表示されている状態で中の表示領域は未だ可変表示が行われている状態)、あるいは、有効ライン上の表示領域の全て又は一部の図柄が大当り図柄の全て又は一部を構成しながら同期して可変表示している状態(例えば、左、中、右の表示領域の全てで可変表示が行われてどの状態が表示されても同一の図柄が揃っている態様で可変表示が行われている状態)である。   Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the drawings. In the following description, the reach display state means a symbol that is derived and displayed as a display result (referred to as a reach symbol) and is not yet derived and displayed when the symbol is a part of the jackpot symbol (referred to as a reach variable symbol). Is a state in which variable display is being performed, or a state in which all or some of the symbols are variably displayed synchronously while constituting all or part of the jackpot symbol. Specifically, an effective line that becomes a big hit is determined in a plurality of predetermined display areas by stopping predetermined symbols, and predetermined symbols are displayed in some display areas on the effective lines. A state in which variable display is being performed in the display area on the active line that has not been stopped when the is stopped (for example, the left, right, and right display areas are jackpot symbols in the left, middle, and right display areas) (For example, “7”) is stopped and displayed, and the display area inside is still in variable display), or all or part of the display area on the active line Is a variable display that is synchronously displayed while constituting all or part of the jackpot symbol (for example, variable display is performed in all of the left, middle, and right display areas, and any state is displayed. Variable display is performed with the pattern being arranged. And is that state).

本実施例における遊技機は、LCD等からなる画像表示装置により特図ゲームを行う遊技機であり、プリペイドカードによって球貸しを行うカードリーダ(CR:Card Reader)式のパチンコ遊技機や、LCDを搭載したスロットマシン等の遊技機である。   The gaming machine in the present embodiment is a gaming machine that performs a special game with an image display device such as an LCD, and a card reader (CR: Pachinko) gaming machine that lends a ball with a prepaid card, or an LCD. It is a gaming machine such as a slot machine installed.

図1は、本実施例におけるパチンコ遊技機の正面図であり、主要部材の配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(遊技機)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤(ゲージ盤)2と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台枠)3と、から構成されている。遊技盤2にはガイドレールによって囲まれた、ほぼ円形状の遊技領域が形成されている。この遊技領域のほぼ中央位置には、各々が識別可能な識別情報として第1の特別図柄を可変表示可能に表示する第1の可変表示装置41と、第2の特別図柄を可変可能に表示する第2の可変表示装置42と、が設けられている。また、第1の可変表示装置41と第2の可変表示装置42との下方には、それぞれ、第1の特別図柄とは異なる第1の飾り図柄の可変表示などを行うことができる第3の可変表示装置43と、第2の特別図柄とは異なる第2の飾り図柄の可変表示などを行うことができる第4の可変表示装置44と、が設けられている。   FIG. 1 is a front view of a pachinko gaming machine according to the present embodiment and shows an arrangement layout of main members. A pachinko gaming machine (gaming machine) 1 is roughly divided into a gaming board (gauge board) 2 constituting a gaming board surface and a gaming machine frame (base frame) 3 for supporting and fixing the gaming board 2. . The game board 2 is formed with a substantially circular game area surrounded by guide rails. The first variable display device 41 that variably displays the first special symbol as identifiable identification information and the second special symbol are variably displayed at approximately the center position of the game area. A second variable display device 42 is provided. In addition, below the first variable display device 41 and the second variable display device 42, a third decorative display that can perform variable display of a first decorative design different from the first special design, respectively. A variable display device 43 and a fourth variable display device 44 capable of performing variable display of a second decorative design different from the second special design are provided.

第3の可変表示装置43と第4の可変表示装置44との下側には、それぞれ第1の普通可変入賞球装置(始動入賞口)61と第2の普通可変入賞球装置62とが配置されている。第1の普通可変入賞球装置61と第2の普通可変入賞球装置62の下側には、それぞれ第1の特別可変入賞球装置71と第2の特別可変入賞球装置(大入賞口)72とが設けられている。また、第1の特別可変入賞球装置71と第2の特別可変入賞球装置72との下側には、それぞれ第1の普通図柄表示器51と第2の普通図柄表示器52とが設けられている。   On the lower side of the third variable display device 43 and the fourth variable display device 44, a first ordinary variable winning ball device (start winning port) 61 and a second ordinary variable winning ball device 62 are arranged, respectively. Has been. Below the first ordinary variable winning ball device 61 and the second ordinary variable winning ball device 62, a first special variable winning ball device 71 and a second special variable winning ball device (large winning mouth) 72 are provided. And are provided. In addition, a first normal symbol display 51 and a second normal symbol display 52 are provided below the first special variable winning ball device 71 and the second special variable winning ball device 72, respectively. ing.

第1及び第2の可変表示装置41及び42は、7セグメントのLED等から構成されており、第1の可変表示装置41においては、第1の普通可変入賞球装置61に遊技球が入賞することが、第2の可変表示装置42においては、第2の普通可変入賞球装置62に遊技球が入賞することが、それぞれ可変表示の実行条件(始動条件)となる可変表示ゲーム(特図ゲーム)において、数字、文字、図柄から構成され、各々が識別可能な複数種類の識別情報として機能する表示図柄を、複数の可変表示領域にて可変表示可能に表示する。この実施の形態において、第1の可変表示装置41上と第2の可変表示装置42上とには、それぞれ3つの可変表示部がそれぞれ配置され、各可変表示部において、左・中・右の特別図柄が可変表示されるものとする。   The first and second variable display devices 41 and 42 are composed of 7-segment LEDs and the like. In the first variable display device 41, a game ball wins the first ordinary variable winning ball device 61. However, in the second variable display device 42, a variable display game (special game) in which a game ball winning in the second ordinary variable winning ball device 62 becomes a variable display execution condition (starting condition). ), Display symbols that are composed of numbers, characters, and symbols, each functioning as a plurality of types of identification information that can be identified, are variably displayed in a plurality of variable display areas. In this embodiment, three variable display portions are respectively arranged on the first variable display device 41 and the second variable display device 42, and in each variable display portion, left, middle, and right Special symbols shall be variably displayed.

第1の可変表示装置41や第2の可変表示装置42により行われる特図ゲームでは、特別図柄の可変表示を開始した後、一定時間が経過すると、特別図柄の表示結果を所定の順序で導出表示し、確定図柄(最終停止図柄)を停止表示する。そして、確定図柄の組合せが所定の特定表示結果(大当り組合せ)となったときに、このパチンコ遊技機1は、特定遊技状態(大当り遊技状態ともいう)となる。この大当り遊技状態においては、第1の特別可変入賞球装置71や第2の特別可変入賞球装置72が所定期間(例えば、29秒)あるいは所定個数(例えば、10個)の入賞球が発生するまで開成され、開成されている間、遊技盤2の表面を落下する遊技球を受け止める。そして、この開成サイクルを所定の上限回数(例えば、16回)まで繰り返すことができる。   In a special game played by the first variable display device 41 or the second variable display device 42, after a specific time has elapsed after starting the variable display of the special symbols, the display results of the special symbols are derived in a predetermined order. Display and stop display the finalized symbol (final stop symbol). And when the combination of a fixed symbol becomes a predetermined specific display result (a big hit combination), this pachinko gaming machine 1 becomes a specific gaming state (also called a big hit gaming state). In the big hit gaming state, the first special variable winning ball device 71 and the second special variable winning ball device 72 generate a predetermined number (for example, 29 seconds) or a predetermined number (for example, ten) of winning balls. The game ball that falls on the surface of the game board 2 is received. The opening cycle can be repeated up to a predetermined upper limit number (for example, 16 times).

この実施の形態では、左可変表示部に特別図柄として可変表示される第1の左図柄、中可変表示部に特別図柄として可変表示される第1の中図柄、右可変表示部に特別図柄として可変表示される第1の右図柄、左可変表示部に特別図柄として可変表示される第2の左図柄、中可変表示部に特別図柄として可変表示される第2の中図柄、右可変表示部に特別図柄として表示される第2の右図柄、それぞれ9図柄であり、各図柄には「1」〜「9」の図柄番号が付されている。例えば、左・中・右の各可変表示部では、特図ゲーム中に特別図柄の可変表示が開始されると、図柄番号が小さい特別図柄から大きい特別図柄へと更新表示が行われ、図柄番号が「9」の特別図柄が表示されると、次に図柄番号が「1」の特別図柄が表示される。   In this embodiment, a first left symbol variably displayed as a special symbol on the left variable display portion, a first middle symbol variably displayed as a special symbol on the middle variable display portion, and a special symbol on the right variable display portion 1st right symbol variably displayed, 2nd left symbol variably displayed as a special symbol on the left variable display portion, 2nd middle symbol variably displayed as a special symbol on the middle variable display portion, right variable display portion The second right symbols displayed as special symbols are 9 symbols, and symbols “1” to “9” are assigned to the symbols. For example, in each of the left, middle, and right variable display sections, when variable display of a special symbol is started during a special symbol game, an updated display is performed from a special symbol with a smaller symbol number to a special symbol with a larger symbol number. When the special symbol with “9” is displayed, the special symbol with the symbol number “1” is displayed next.

また、図柄番号が偶数である特別図柄を通常大当り図柄とし、図柄番号が奇数である特別図柄を確変大当り図柄とする。すなわち、第1の可変表示装置41又は第2の可変表示装置42による特図ゲームにおいて、特別図柄の可変表示を開始した後、左・中・右の各可変表示部にて同一の特別図柄が表示結果として導出表示されて確定したときには、パチンコ遊技機1は、大当り遊技状態となる。また、第1可変表示装置41又は第2の可変表示装置42による特図ゲームにおいて、特別図柄の可変表示を開始した後、左・中・右の各可変表示部にて同一の確変大当り図柄が表示結果として導出表示されて確定したときには、パチンコ遊技機1は大当り遊技状態の終了に続いて特別遊技状態(確率向上状態)となり、以後、所定条件が成立するまで特図ゲームにおける表示結果が大当り組合せとなる確率が向上する。また、確率向上状態では、第1の普通可変入賞球装置61や第2の普通可変入賞球装置62の開放時間が通常遊技状態よりも長くなるとともに、その開放回数が通常遊技状態のときよりも増加するなど、大当り遊技状態とは異なる遊技者にとって有利な状態となる。なお、通常遊技状態とは、大当り遊技状態や確率向上状態以外の遊技状態のことである。   In addition, a special symbol having an even symbol number is a normal jackpot symbol, and a special symbol having an odd symbol number is a probability variable jackpot symbol. That is, in the special game with the first variable display device 41 or the second variable display device 42, after the variable symbol display is started, the same special symbol is displayed on the left, middle and right variable display units. When it is derived and displayed as a display result and confirmed, the pachinko gaming machine 1 enters a big hit gaming state. Also, in the special game by the first variable display device 41 or the second variable display device 42, after the variable display of the special symbol is started, the same probability variation big hit symbol is displayed on each of the left, middle and right variable display portions. When the display result is derived and confirmed, the pachinko gaming machine 1 enters a special game state (probability improvement state) following the end of the big hit game state, and thereafter, the display result in the special figure game is a big hit until a predetermined condition is satisfied. Probability of combination is improved. In the probability improvement state, the opening time of the first ordinary variable winning ball device 61 and the second ordinary variable winning ball device 62 is longer than that in the normal gaming state, and the number of times of opening is higher than that in the normal gaming state. It becomes an advantageous state for a player different from the big hit gaming state such as increasing. The normal gaming state is a gaming state other than the big hit gaming state or the probability improvement state.

第3及び第4の可変表示装置43及び44は、例えばLCD等から構成なり、それぞれ3つの可変表示部がそれぞれ配置されている。第3の可変表示装置43の各可変表示領域には、それぞれ左・中・右の飾り図柄が可変表示され、この左・中・右の飾り図柄は、第1の可変表示装置41の左・中・右の各可変表示領域にて可変表示されている特別図柄に、それぞれ対応している。また、第4の可変表示装置44の各可変表示領域にも、それぞれ左・中・右の飾り図柄が可変表示され、この左・中・右の飾り図柄は、第2の可変表示装置42の左・中・右の各可変表示領域にて可変表示されている特別図柄に、それぞれ対応している。   The third and fourth variable display devices 43 and 44 are composed of, for example, an LCD or the like, and three variable display portions are arranged respectively. In each variable display area of the third variable display device 43, left, middle, and right decorative symbols are variably displayed. The left, middle, and right decorative symbols are displayed on the left and middle of the first variable display device 41, respectively. It corresponds to the special symbols that are variably displayed in the middle and right variable display areas. In addition, the left, middle, and right decorative symbols are also variably displayed in the variable display areas of the fourth variable display device 44, and the left, middle, and right decorative symbols are displayed on the second variable display device 42. It corresponds to the special symbols variably displayed in the left, middle and right variable display areas.

第1の普通図柄表示器51と第2の普通図柄表示器52とは、発光ダイオード(LED)等を備えて構成され、遊技領域に設けられた第1の通過ゲートと第2の通過ゲートとをそれぞれ遊技球が通過することを始動条件とする普通図ゲームにおいて、点灯、点滅、発色などが制御される。この普通図ゲームにおいて所定の当りパターンで表示が行われると、普通図ゲームにおける表示結果が「当り」となり、第1の普通可変入賞球装置61や第2の普通可変入賞球装置62を構成する電動チューリップの可動翼片を所定時間が経過するまで傾動制御する。   The first normal symbol display 51 and the second normal symbol display 52 are configured to include a light emitting diode (LED) or the like, and include a first pass gate and a second pass gate provided in the game area. Lighting, blinking, coloring, etc. are controlled in a normal game where the starting condition is that each game ball passes. When display is performed with a predetermined winning pattern in the normal game, the display result in the normal game is “winning”, and the first ordinary variable winning ball device 61 and the second ordinary variable winning ball device 62 are configured. The movable wing piece of the electric tulip is controlled to tilt until a predetermined time elapses.

第1の普通可変入賞球装置61と第2の普通可変入賞球装置62とは、ソレノイド21(図3)とソレノイド22(図3)とによってそれぞれ垂直(通常開放)位置と傾動(拡大開放)位置との間で可動制御される一対の可動翼片を有するチューリップ型役物(普通電動役物)を備えて構成される。第1の普通可変入賞球装置61への遊技球の入賞に基づく特別図柄の可変表示と第2の普通可変入賞球装置62への遊技球の入賞に基づく特別図柄の可変表示とは、所定回数(この実施の形態では、4回)まで後述する第1の特図保留メモリ111(図5)と第2の特図保留メモリ112(図5)とにそれぞれ記憶される。なお、ここでは、普通図柄表示器を2つ設け、これらに対応する2つの普通可変入賞球装置を設けているが、普通図柄表示器を1つとして、普通可変入賞球装置も1つとして、例えば普通可変入賞球装置をチューリップ型でない入口が拡張開放しない始動入賞口としてもよい。   The first ordinary variable winning ball device 61 and the second ordinary variable winning ball device 62 are tilted (enlarged and opened) by a solenoid 21 (FIG. 3) and a solenoid 22 (FIG. 3), respectively. A tulip-shaped accessory (ordinary electric accessory) having a pair of movable wing pieces that are controlled to move between positions is configured. The variable display of the special symbol based on the winning of the game ball on the first ordinary variable winning ball device 61 and the variable display of the special symbol based on the winning of the game ball on the second ordinary variable winning ball device 62 are a predetermined number of times. The first special figure reservation memory 111 (FIG. 5) and the second special figure reservation memory 112 (FIG. 5), which will be described later, are stored up to (in this embodiment, four times). Here, two normal symbol displays are provided, and two ordinary variable winning ball devices corresponding to these are provided. However, as one normal symbol display and one ordinary variable winning ball device, For example, the normal variable winning ball apparatus may be a start winning opening in which a non-tulip entrance does not open.

第1の特別可変入賞球装置71と第2の特別可変入賞球装置72とは、それぞれソレノイド23(図3)とソレノイド24(図3)とによって入賞領域を開成・閉成制御する開閉板を備える。この開閉板は、通常時には閉成し、第1の普通可変入賞球装置61への遊技球の入賞に基づいて第1の可変表示装置41による特図ゲームや第2の普通可変入賞球装置62への遊技球の入賞に基づいて第2の可変表示装置42による特図ゲームが行われた結果、大当り遊技状態となった場合に、ソレノイド23やソレノイド24によって入賞領域を所定期間(例えば、29秒)あるいは所定個数(例えば、10個)の入賞球が発生するまで開成(開成サイクル)する状態となるように設定され、その開成している間に遊技領域を落下する遊技球を受け止める。そして、この開成サイクルを例えば最高16回繰り返すことができるようになっている。第1の特別可変入賞球装置71や第2の特別可変入賞球装置72に入賞した遊技球は、所定の検出部により検出される。入賞球の検出に応答し、後述する主基板11と払出制御基板15(図2)とにより、所定数の賞球の払い出しが行われる。   The first special variable winning ball device 71 and the second special variable winning ball device 72 have an opening / closing plate that opens and closes the winning area by the solenoid 23 (FIG. 3) and the solenoid 24 (FIG. 3), respectively. Prepare. This opening / closing plate is normally closed, and based on the winning of the game ball to the first ordinary variable winning ball device 61, the special game by the first variable display device 41 and the second ordinary variable winning ball device 62. As a result of the special game played by the second variable display device 42 based on the winning of the game ball to the game, when the big hit gaming state is reached, the winning area is set for a predetermined period (for example, 29 by the solenoid 23 or solenoid 24). Second) or a predetermined number (for example, 10) of winning balls is set to be in a state of being opened (opening cycle), and a game ball falling in the game area is received during the opening. The opening cycle can be repeated up to 16 times, for example. The game balls that have won the first special variable winning ball device 71 or the second special variable winning ball device 72 are detected by a predetermined detector. In response to the detection of a winning ball, a predetermined number of winning balls are paid out by a main board 11 and a payout control board 15 (FIG. 2) which will be described later.

第1の可変表示装置41と第2の可変表示装置42との上部には、それぞれ、第1の始動入賞記憶表示器45と第2の始動入賞記憶表示器46とが設けられている。第1及び第2の始動入賞記憶表示器45,46は、例えばLED等から構成されている。第1の始動入賞記憶表示器45は、第1の特図保留メモリ111(図5)の記憶内容に基づき、第1の普通可変入賞球装置61に遊技球が入賞して第1の可変表示装置41による特図ゲームを実行するための始動条件が成立したものの、従前の特図ゲームを実行中である等の理由のために可変表示を開始するための開始条件が成立していない始動入賞記憶数(保留記憶数)を表示する。例えば、第1の始動入賞記憶表示器45では、第1の可変表示装置41による特図ゲームの保留記憶数に対応した個数のLEDが点灯される。また、第2始動入賞記憶表示器46は、第2の特図保留メモリ112(図5)の記憶内容に基づき、第2の普通可変入賞球装置62に遊技球が入賞して第2の可変表示装置42による特図ゲームを実行するための始動条件が成立したものの、従前の特図ゲームを実行中である等の理由のために可変表示を開始するための開始条件が成立していない始動入賞記憶数(保留記憶数)を表示する。例えば、第2の始動入賞記憶表示器46では、第2の可変表示装置42による特図ゲームの保留記憶数に対応したLEDが点灯される。   On the upper part of the first variable display device 41 and the second variable display device 42, a first start prize memory display 45 and a second start prize memory display 46 are provided, respectively. The first and second start winning memory indicators 45 and 46 are constituted by LEDs or the like, for example. The first start winning memory display 45 is based on the stored contents of the first special figure holding memory 111 (FIG. 5) and the first variable display is performed when a game ball wins the first ordinary variable winning ball device 61. Although the start condition for executing the special figure game by the device 41 is established, the start prize for starting the variable display is not established because the previous special figure game is being executed, etc. The number of memories (the number of reserved memories) is displayed. For example, in the first start-winning memory display 45, the number of LEDs corresponding to the number of reserved memories of the special figure game by the first variable display device 41 is lit. Further, the second start winning memory display 46 is based on the stored contents of the second special figure holding memory 112 (FIG. 5), and the second variable is obtained when the game ball wins the second ordinary variable winning ball device 62. Start where the start condition for executing the special display game by the display device 42 is satisfied, but the start condition for starting the variable display is not satisfied due to the reason that the previous special figure game is being executed, etc. Displays the number of winning memories (the number of reserved memories). For example, in the second start winning memory display 46, an LED corresponding to the number of reserved games stored in the special figure game by the second variable display device 42 is turned on.

また、遊技盤2の表面には、上記した構成以外にも、ランプを内蔵した風車、アウト口等が設けられている。また、パチンコ遊技機1には、点灯又は点滅する遊技効果ランプ9や効果音を発生するスピーカ8L,8Rが設けられている。   In addition to the above-described configuration, the surface of the game board 2 is provided with a windmill with a built-in lamp, an outlet, and the like. In addition, the pachinko gaming machine 1 is provided with a game effect lamp 9 that lights or flashes and speakers 8L and 8R that generate sound effects.

図2は、パチンコ遊技機1の背面図であり、主要基板の配置レイアウトを示す。本実施例におけるパチンコ遊技機1は、主として、電源基板10と、主基板11と、表示制御基板12と、音声制御基板13と、ランプ制御基板14と、払出制御基板15と、情報端子基板16と、を備え、それぞれ適所に配設されている。なお、表示制御基板12、音声制御基板13及びランプ制御基板14は、それぞれ独立した基板として、例えば、パチンコ遊技機1の裏面において、1つのボックスに収容された状態で配置されてもよい。さらに、表示制御基板12、音声制御基板13及びランプ制御基板14を、まとめて1つの基板として構成してもよい。   FIG. 2 is a rear view of the pachinko gaming machine 1 and shows an arrangement layout of main boards. The pachinko gaming machine 1 in this embodiment mainly includes a power supply board 10, a main board 11, a display control board 12, a sound control board 13, a lamp control board 14, a payout control board 15, and an information terminal board 16. And are arranged at appropriate positions. In addition, the display control board 12, the audio | voice control board 13, and the lamp | ramp control board 14 may be arrange | positioned in the state accommodated in one box, for example in the back surface of the pachinko gaming machine 1, as an independent board | substrate, for example. Furthermore, the display control board 12, the sound control board 13, and the lamp control board 14 may be configured as a single board.

電源基板10は、パチンコ遊技機1内の各回路に所定の電力を供給するものである。   The power supply board 10 supplies predetermined power to each circuit in the pachinko gaming machine 1.

主基板11は、メイン側の制御基板であり、パチンコ遊技機1における遊技の進行を制御するための各種回路が搭載されている。主基板11は、主として、所定位置に配設されたスイッチ等からの信号の入力を行う機能、表示制御基板12と音声制御基板13とランプ制御基板14と払出制御基板15となどからなるサブ側の制御基板に対して、それぞれ指令情報の一例となる制御データを出力して送信する機能や、ホールの管理コンピュータに対して各種情報を出力する機能等を備えている。   The main board 11 is a main-side control board on which various circuits for controlling the progress of the game in the pachinko gaming machine 1 are mounted. The main board 11 is a sub-side mainly composed of a function of inputting a signal from a switch or the like disposed at a predetermined position, a display control board 12, a voice control board 13, a lamp control board 14, a payout control board 15, and the like. Each control board has a function of outputting and transmitting control data, which is an example of command information, and a function of outputting various information to the hall management computer.

また、主基板11は、第1の可変表示装置41及び第2の可変表示装置42を構成する各セグメントの点灯/消灯制御を行うことにより、第1の可変表示装置41及び第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を制御すると共に、第1の普通図柄表示器51及び第2の普通図柄表示器52の点灯/消灯制御を行う。   In addition, the main board 11 performs the lighting / extinguishing control of each segment constituting the first variable display device 41 and the second variable display device 42, so that the first variable display device 41 and the second variable display are performed. The special symbol variable display by the device 42 is controlled, and the first normal symbol display 51 and the second normal symbol display 52 are turned on / off.

主基板11から表示制御基板12へ送信される制御コマンドは表示制御コマンドである。図3は、主基板11における回路構成及び主基板11から表示制御基板12に送信される表示制御コマンドの信号線等を示すブロック図である。図3に示すように、この実施の形態では、表示制御コマンドが、表示制御信号CD0〜CD7の8本の信号線で主基板11から表示制御基板12に対して送出される。また、主基板11と表示制御基板12との間には、ストローブ信号(表示制御コマンドの取込タイミングを指定するための信号)を送受するための表示制御INT信号の信号線も配線されている。   The control command transmitted from the main board 11 to the display control board 12 is a display control command. FIG. 3 is a block diagram illustrating a circuit configuration of the main board 11 and signal lines of a display control command transmitted from the main board 11 to the display control board 12. As shown in FIG. 3, in this embodiment, a display control command is sent from the main board 11 to the display control board 12 through eight signal lines of display control signals CD0 to CD7. Further, between the main board 11 and the display control board 12, a signal line for a display control INT signal for transmitting / receiving a strobe signal (a signal for designating a timing for taking in a display control command) is also wired. .

図4は、この実施の形態で用いられる主基板11から表示制御基板12に対して送出される表示制御コマンドの内容の一例を示す説明図である。表示制御コマンドは2バイト構成であり、1バイト目はMODE(コマンドの分類)を表し、2バイト目はEXT(コマンドの種類)を表す。MODEデータの先頭ビットは必ず「1」とされ、EXTデータの先頭ビットは「0」とされる。なお、図4に示されたコマンド形態は一例であって、他のコマンド形態を用いてもよい。また、この例では、1つの制御コマンドが2つの制御信号で構成されることになるが、1つの制御コマンドを構成する制御信号数は、1であってもよいし、3以上の複数であってもよい。   FIG. 4 is an explanatory diagram showing an example of the content of a display control command sent from the main board 11 to the display control board 12 used in this embodiment. The display control command is composed of 2 bytes, the first byte represents MODE (command classification), and the second byte represents EXT (command type). The first bit of MODE data is always “1”, and the first bit of EXT data is “0”. Note that the command form shown in FIG. 4 is an example, and other command forms may be used. In this example, one control command is composed of two control signals. However, the number of control signals constituting one control command may be one or a plurality of three or more. May be.

図4に示す例において、コマンド8000(h)は、第1の普通可変入賞球装置(始動入賞口)61への入賞を促す報知演出の開始を指令する報知演出開始コマンドであり、コマンド8100(h)は、第2の普通可変入賞球装置(始動入賞口)62への入賞を促す報知演出の開始を指令する報知演出開始コマンドである。コマンド9000(h)は、この報知演出の終了を指令する報知演出終了コマンドであり、コマンド9100(h)は、この報知演出の終了を指令する報知演出終了コマンドである。表示制御基板12の側では、報知演出コマンドに含まれるMODEデータに対応して、入賞を促す普通可変入賞球装置を特定することができる。   In the example shown in FIG. 4, the command 8000 (h) is a notification effect start command for instructing the start of a notification effect that prompts the first ordinary variable winning ball device (start winning prize opening) 61 to win. h) is a notification effect start command for instructing the start of a notification effect that prompts the player to win a prize in the second ordinary variable winning ball device (start winning prize opening) 62. Command 9000 (h) is a notification effect end command for instructing the end of the notification effect, and command 9100 (h) is a notification effect end command for instructing the end of the notification effect. On the display control board 12 side, it is possible to specify a normal variable winning ball apparatus that promotes winning according to the MODE data included in the notification effect command.

コマンドA0XX(h)は、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示の開始を指令する可変表示開始コマンドであり、コマンドA1XX(h)は、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示の開始を指令する可変表示開始コマンドである。なお、以下では、XX(h)が不特定の16進数であることを示し、表示制御コマンドによる指示内容に応じて任意に設定される値であるものとする。表示制御基板12の側では、可変表示開始コマンドに含まれるMODEデータに対応して、飾り図柄の可変表示を行う可変表示装置を特定することができ、また、EXTデータに対応して、飾り図柄の総可変表示時間、可変表示の表示結果が特定表示結果になるか否かの判定結果やリーチとするか否かの判定結果などを特定することができる。   The command A0XX (h) is a variable display start command for instructing start of variable display of the decorative symbols by the third variable display device 43, and the command A1XX (h) is a command of decorative symbols by the fourth variable display device 44. This is a variable display start command for instructing start of variable display. In the following, it is assumed that XX (h) is an unspecified hexadecimal number, and is a value that is arbitrarily set according to the instruction content by the display control command. On the display control board 12 side, it is possible to specify a variable display device that performs variable display of decorative symbols corresponding to the MODE data included in the variable display start command. Also, decorative symbols corresponding to the EXT data can be specified. The total variable display time, the determination result of whether or not the display result of the variable display becomes the specific display result, the determination result of whether or not to reach, and the like can be specified.

コマンドA200(h)は、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示時間の短縮を指令する可変表示時間短縮コマンドであり、コマンドA300(h)は、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示時間の短縮を指令する可変表示時間短縮コマンドである。また、コマンドA400(h)は、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示時間の延長を指令する可変表示時間延長コマンドであり、コマンドA500(h)は、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示時間の延長を指令する可変表示時間延長コマンドである。   The command A200 (h) is a variable display time shortening command for instructing to shorten the variable display time of the decorative symbols by the third variable display device 43, and the command A300 (h) is a decoration by the fourth variable display device 44. This is a variable display time shortening command for commanding to shorten the symbol variable display time. The command A 400 (h) is a variable display time extension command for instructing extension of the decorative symbol variable display time by the third variable display device 43, and the command A 500 (h) is the fourth variable display device 44. This is a variable display time extension command for instructing extension of the variable display time of the decorative pattern by.

なお、可変表示時間延長コマンドや可変表示時間短縮コマンドは、具体的に何秒延長するかや何秒短縮するかを指令するものであってもよい。この場合、例えば、可変表示時間延長コマンドや可変表示時間短縮コマンドのEXTデータをXX(h)にし、XX(h)に飾り図柄の可変表示の延長時間や短縮時間を設定するようにすればよい。その際、他方の可変表示装置による飾り図柄の残り可変表示時間を参照して、適宜、それよりも一定時間だけ長くしたり、短くしたりすればよい。   It should be noted that the variable display time extension command and the variable display time reduction command may be commands that specifically specify how many seconds or how many seconds to shorten. In this case, for example, the EXT data of the variable display time extension command or the variable display time reduction command is set to XX (h), and the extension time or reduction time of the variable display of the decorative design may be set in XX (h). . At that time, referring to the remaining variable display time of the decorative pattern by the other variable display device, it may be made longer or shorter as appropriate.

コマンドB0XX(h),B1XX(h)及びB2XX(h)は、第3の可変表示装置43にて可変表示される飾り図柄の左・中・右確定図柄を指定する図柄指定コマンドであり、コマンドC0XX(h),C1XX(h)及びC2XX(h)は、第4の可変表示装置44にて可変表示される飾り図柄の左・中・右確定図柄を指定する図柄指定コマンドである。各図柄指定コマンドでは、XX(h)に第1及び第2の飾り図柄の図柄番号が設定される。また、コマンドD000(h)は、第1の飾り図柄の可変表示の停止を指示する飾り図柄確定コマンドであり、コマンドD100(h)は、第2の飾り図柄の可変表示の停止を指示する飾り図柄確定コマンドである。また、コマンドD000(h)は、大当り遊技状態の終了を指示する大当り終了コマンドである。   The commands B0XX (h), B1XX (h), and B2XX (h) are symbol designation commands for designating the left / middle / right fixed symbols of the decorative symbols variably displayed on the third variable display device 43. C0XX (h), C1XX (h), and C2XX (h) are symbol designation commands for designating the left, middle, and right determined symbols of the decorative symbols that are variably displayed on the fourth variable display device 44. In each symbol designating command, the symbol numbers of the first and second decorative symbols are set in XX (h). The command D000 (h) is a decoration design confirmation command for instructing stop of variable display of the first decorative design, and the command D100 (h) is a design for instructing stop of variable display of the second decorative design. This is a symbol confirmation command. The command D000 (h) is a jackpot end command for instructing the end of the jackpot gaming state.

その他、表示制御コマンドとしては、大当り遊技状態が開始される旨を示す大当り開始コマンド、大当り遊技状態が終了するときに確変制御が開始されることを示す確変開始コマンド、大当り遊技状態が終了するときに時短制御が開始されることを示す時短開始コマンド、確変制御が終了されることを示す確変終了コマンドや時短制御が終了されることを示す時短終了コマンドなどが用意されていてもよい。   Other display control commands include a jackpot start command indicating that the jackpot gaming state is started, a probability change start command indicating that the probability variation control is started when the jackpot gaming state is ended, and when the jackpot gaming state is ended. In addition, a time-short start command indicating that the time-short control is started, a probability change end command indicating that the time-varying control is ended, a time-short end command indicating that the time-short control is ended may be prepared.

主基板11には、図3に示すように、始動入賞口である第1及び第2の普通可変入賞球装置61及び62、大入賞口である第1及び第2の特別可変入賞球装置71及び72やその他の入賞口への遊技球の入賞等を検出するための各入賞口スイッチ70からの配線も接続されている。さらに、主基板11には、第1及び第2の普通可変入賞球装置61及び62における可動翼片の可動制御や第1及び第2の特別可変入賞球装置71及び72における開成・閉成制御を行うためのソレノイド21,22,23及び24への配線が接続されている。   As shown in FIG. 3, the main board 11 has first and second ordinary variable winning ball devices 61 and 62 that are start winning ports, and first and second special variable winning ball devices 71 that are large winning ports. In addition, wiring from each winning opening switch 70 for detecting the winning of a game ball to 72 and other winning openings is also connected. Further, the main board 11 has movable control of the movable blades in the first and second ordinary variable winning ball devices 61 and 62 and opening / closing control in the first and second special variable winning ball devices 71 and 72. Wirings to solenoids 21, 22, 23 and 24 for performing the above are connected.

主基板11は、遊技制御用マイクロコンピュータ100、スイッチ回路107、ソレノイド回路108などを搭載して構成される。遊技制御用マイクロコンピュータ100は、例えば1チップマイクロコンピュータであり、ゲーム制御用のプログラムを記憶するROM(Read Only Memory)101と、ワークメモリとして使用されるRAM(Random Access Memory)102と、遊技制御用プログラム110に従って制御動作を行うCPU(Central Processing Unit)103と、I/O(Input/Output)ポート104と、を含んでいる。   The main board 11 includes a game control microcomputer 100, a switch circuit 107, a solenoid circuit 108, and the like. The game control microcomputer 100 is, for example, a one-chip microcomputer, and includes a ROM (Read Only Memory) 101 for storing a game control program, a RAM (Random Access Memory) 102 used as a work memory, and a game control. A CPU (Central Processing Unit) 103 that performs a control operation in accordance with the application program 110 and an I / O (Input / Output) port 104 are included.

また、遊技制御用マイクロコンピュータ100は、図5に示すように、第1の特図保留メモリ111と、第2の特図保留メモリ112と、ランダムカウンタ113と、大当り判定用テーブルメモリ114と、図柄決定用テーブルメモリ115と、可変表示パターン決定用テーブルメモリ116と、確変カウンタ117と、フラグメモリ118と、可変表示時間タイマ119と、を備えている。   As shown in FIG. 5, the game control microcomputer 100 includes a first special figure holding memory 111, a second special figure holding memory 112, a random counter 113, a jackpot determination table memory 114, A symbol determination table memory 115, a variable display pattern determination table memory 116, a probability variation counter 117, a flag memory 118, and a variable display time timer 119 are provided.

第1の特図保留メモリ111は、遊技球が第1の普通可変入賞球装置61に入賞して特別図柄の可変表示(特図ゲーム)を実行するための条件(始動条件)が成立したが、従前の可変表示を実行中である等の理由のために可変表示を実際に開始するための条件(開始条件)が成立していない保留状態を記憶するためのメモリであり、第2の特図保留メモリ112は、遊技球が第2の普通可変入賞球装置62に入賞して始動条件が成立したが、開始条件が成立していない保留状態を記憶するためのメモリである。   The first special figure holding memory 111 has established a condition (starting condition) for a game ball to win the first ordinary variable winning ball apparatus 61 and execute a variable display of special symbols (special game). , A memory for storing a pending state in which a condition (start condition) for actually starting variable display is not satisfied because the previous variable display is being executed. The figure holding memory 112 is a memory for storing a holding state in which a game ball has won the second ordinary variable winning ball device 62 and the start condition is satisfied but the start condition is not satisfied.

第1の特図保留メモリ111と第2の特図保留メモリ112とには、それぞれ4つのエントリと読出領域とが設けられている。第1の特図保留メモリ111の各エントリには、第1の普通可変入賞球装置61への入賞順に保留番号とその入賞により抽出された乱数値(後述するランダムR1の値)が、第2の特図保留メモリ112の各エントリには、第2の普通可変入賞球装置62への入賞順に保留番号とその入賞により抽出された乱数値が、それぞれ対応付けて格納される。特別図柄及び飾り図柄の可変表示の可変表示が1回終了したり、大当り遊技状態が終了したりするごとに、最上位の情報に基づいた可変表示の開始条件が成立し、最上位の情報に基づいた可変表示が実行される。このとき、第2位以下の登録情報が1位ずつ繰り上がる。また、特別図柄及び飾り図柄の可変表示中等に遊技球が第1の普通可変入賞球装置61や第2の普通可変入賞球装置62に新たに入賞した場合には、その入賞による乱数値が最上位の空エントリに登録される。   Each of the first special figure reservation memory 111 and the second special figure reservation memory 112 is provided with four entries and a reading area. In each entry of the first special figure holding memory 111, a holding number and a random number value (random R1 value to be described later) extracted by the winning order in the winning order to the first ordinary variable winning ball apparatus 61 are stored in the second. Each entry in the special figure holding memory 112 stores a holding number and a random value extracted by winning in association with the second ordinary variable winning ball device 62 in the order of winning. Each time the variable display of the variable display of special symbols and decorative symbols ends or the big hit gaming state ends, the variable display start condition based on the highest level information is established, and the highest level information is displayed. Based on the variable display is executed. At this time, the second and lower registration information is moved up by one place. In addition, when a game ball newly wins the first ordinary variable winning ball device 61 or the second ordinary variable winning ball device 62 while the special symbol and the decorative symbol are variably displayed, the random value resulting from the winning is the highest. Registered in the upper empty entry.

ランダムカウンタ113は、遊技制御に用いられる判定用乱数や表示用乱数のカウントを行うものである。図6は、ランダムカウンタ113によりカウントされる各乱数を示す説明図である。ランダムカウンタ113は、図6に示すように、ランダムR1〜R5のカウントを行う。ランダムR1は、大当りを発生させてパチンコ遊技機1を特定遊技状態とするか否かを決定する大当り判定用の乱数であり、「0」〜「299」の範囲の値をとる。ランダムR2は、ハズレ時にリーチとするか否かを決定するリーチ判定用の乱数であり、「0」〜「1530」の範囲の値をとる。ランダムR3は、特別図柄の可変表示に用いる可変表示パターンを決定するための表示用の乱数であり、「0」〜「149」の範囲の値をとる。   The random counter 113 counts random numbers for determination and display random numbers used for game control. FIG. 6 is an explanatory diagram showing each random number counted by the random counter 113. The random counter 113 counts random R1 to R5 as shown in FIG. Random R1 is a random number for jackpot determination that determines whether or not the pachinko gaming machine 1 is brought into a specific gaming state by generating a jackpot, and takes a value in the range of “0” to “299”. Random R2 is a reach determination random number that determines whether or not to reach when losing, and takes a value in the range of “0” to “1530”. Random R3 is a display random number for determining a variable display pattern used for variable display of a special symbol, and takes a value in the range of “0” to “149”.

ランダムR4−1は、大当り時における特別図柄の確定図柄と、ハズレ時に左図柄における確定図柄と、を決定する乱数であり、「0」〜「106」の範囲の値をとる。ランダムR4−2は、ハズレ時に中図柄における確定図柄を決定する乱数であり、「0」〜「162」の範囲の値をとる。ランダムR4−3は、リーチとしない通常ハズレ時に右図柄における確定図柄を決定する乱数であり、「0」〜「72」の範囲の値をとる。ランダムR5は、パチンコ遊技機1を大当り遊技状態とした後に確率向上状態へと移行する確率変動制御(確変制御)を行うか否かを決定するための乱数であり、「0」〜「9」の範囲の値をとる。   Random R4-1 is a random number that determines a fixed symbol of the special symbol at the time of big hit and a fixed symbol of the left symbol at the time of losing, and takes a value in the range of “0” to “106”. Random R4-2 is a random number that determines a fixed symbol in the middle symbol at the time of losing, and takes a value in the range of “0” to “162”. Random R4-3 is a random number that determines a fixed symbol in the right symbol at the time of a normal loss that is not reached, and takes a value in the range of “0” to “72”. Random R5 is a random number for deciding whether or not to perform probability variation control (probability variation control) for shifting to the probability improvement state after putting the pachinko gaming machine 1 into the big hit gaming state, and is “0” to “9”. Take a value in the range.

この実施の形態において、ランダムR1〜R5は、第1の可変表示装置41による特図ゲームにも、第2の可変表示装置42による特図ゲームにも、共通して用いられる。なお、第1の可変表示装置41による特図ゲームと第2の可変表示装置42による特図ゲームとにそれぞれ別個の乱数を用いることも考えられるが、このようにすると、ランダムカウンタ113がカウントする乱数の数が増え、乱数の更新や初期値へのシフトなど乱数の管理によるCPU103の処理負担が増大してしまうため、適切ではない。   In this embodiment, the random R1 to R5 are commonly used for both the special game by the first variable display device 41 and the special game by the second variable display device 42. Note that it is possible to use separate random numbers for the special game by the first variable display device 41 and the special game by the second variable display device 42. In this case, the random counter 113 counts. This is not appropriate because the number of random numbers increases and the processing load on the CPU 103 due to random number management such as updating of random numbers and shifting to initial values increases.

図5に示す大当り判定用テーブルメモリ114は、CPU103が特図ゲームにおける表示結果を大当りとするか否かを判定するために設定される複数の大当り判定用テーブルを記憶する。具体的には、大当り判定用テーブルメモリ114は、図7(A)に示す通常時大当り判定用テーブル120と、図7(B)に示す確変時大当り判定用テーブル121と、を格納する。   The jackpot determination table memory 114 shown in FIG. 5 stores a plurality of jackpot determination tables that are set in order for the CPU 103 to determine whether or not the display result in the special figure game is a jackpot. Specifically, the big hit determination table memory 114 stores a normal big hit determination table 120 shown in FIG. 7A and a probabilistic change big hit determination table 121 shown in FIG. 7B.

図7(A)に示す通常時大当り判定用テーブル120と、図7(B)に示す確変時大当り判定用テーブル121と、は、第1の可変表示装置41や第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果を大当りとするか否かを判定するためのテーブルである。各大当り判定用テーブル120及び121では、ランダムR1の値と特図ゲームの表示結果を示す設定データとが対応付けて格納されている。そして、確変時大当り判定用テーブル121では、通常時大当り判定用テーブル120に比べてより多くのランダムR1の値が、「大当り」の表示結果と対応付けられている。すなわち、確変時大当り判定用テーブル121を用いて特図ゲームの表示結果を決定することで、通常遊技状態のときよりも大当り遊技状態となる確率が高い確率向上状態とすることができる。   The normal big hit determination table 120 shown in FIG. 7A and the probability change big hit determination table 121 shown in FIG. 7B are based on the first variable display device 41 and the second variable display device 42. It is a table for determining whether the display result of a special figure game is a big hit. In each of the big hit determination tables 120 and 121, the value of the random R1 and the setting data indicating the display result of the special figure game are stored in association with each other. In the probability change big hit determination table 121, more random R1 values are associated with the display result of “big hit” than in the normal big hit determination table 120. That is, by determining the display result of the special figure game using the probability change jackpot determination table 121, it is possible to achieve a probability improvement state in which the probability of a big hit gaming state is higher than that in the normal gaming state.

図5に示す図柄決定用テーブルメモリ115は、第1の可変表示装置41や第2の可変表示装置42にて可変表示される特別図柄の確定図柄を決定するために用いられる複数種類の図柄決定用テーブルを記憶する。具体的には、図柄決定用テーブルメモリ115は、図8(A)に示す第1の通常大当り図柄決定用テーブル130と、図8(B)に示す第1の確変大当り図柄決定用テーブル131と、図8(C)に示す第1の左図柄決定用テーブル132と、図8(D)に示す第1の中図柄決定用テーブル133と、図8(E)に示す第1の右図柄決定用テーブル134と、を格納する。また、図柄決定用テーブルメモリ115は、図9(A)に示す第2の通常大当り図柄決定用テーブル140と、図9(B)に示す第2の確変大当り図柄決定用テーブル141と、図9(C)に示す第2の左図柄決定用テーブル142と、図9(D)に示す第2の中図柄決定用テーブル143と、図9(E)に示す第2の右図柄決定用テーブル144と、を格納する。   The symbol determination table memory 115 shown in FIG. 5 determines a plurality of types of symbols used to determine a fixed symbol of a special symbol variably displayed on the first variable display device 41 or the second variable display device 42. Store the table. Specifically, the symbol determination table memory 115 includes a first normal jackpot symbol determination table 130 shown in FIG. 8 (A) and a first probability variable jackpot symbol determination table 131 shown in FIG. 8 (B). 8C, the first left symbol determination table 132 shown in FIG. 8C, the first middle symbol determination table 133 shown in FIG. 8D, and the first right symbol determination table shown in FIG. 8E. A table 134 for storage. The symbol determining table memory 115 includes a second normal jackpot symbol determining table 140 shown in FIG. 9A, a second probability variable jackpot symbol determining table 141 shown in FIG. 9B, and FIG. The second left symbol determination table 142 shown in FIG. 9D, the second middle symbol determination table 143 shown in FIG. 9D, and the second right symbol determination table 144 shown in FIG. 9E. And store.

図8(A)に示す第1の通常大当り図柄決定用テーブル130は、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果として左・中・右で同一の通常大当り図柄を導出表示するときに、各々の特別図柄の確定図柄(第1の通常大当り図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第1の通常大当り図柄決定用テーブル130には、確定図柄として選択決定される通常大当り図柄としての特別図柄の図柄番号と、ランダムR4−1の値と、が対応付けて格納されている。   The first normal jackpot symbol determination table 130 shown in FIG. 8A is used when the same normal jackpot symbol is displayed on the left, middle, and right as the display result of the special figure game by the first variable display device 41. FIG. 10 is a table for determining a definite symbol (first normal jackpot symbol) for each special symbol. For example, in the first normal jackpot symbol determination table 130, a symbol number of a special symbol as a normal jackpot symbol selected and determined as a confirmed symbol and a value of random R4-1 are stored in association with each other. .

図8(B)に示す第1の確変大当り図柄決定用テーブル131は、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果として左・中・右で同一の確変大当り図柄を導出表示するときに、各々の特別図柄の確定図柄(第1の確変大当り図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第1の確変大当り図柄決定用テーブル131には、確定図柄として選択決定される第1の確変大当り図柄としての特別図柄の図柄番号と、ランダムR4−1の値と、が対応付けて格納されている。   The first probability variation jackpot symbol determination table 131 shown in FIG. 8B is used to display the same probability variation jackpot symbol on the left, middle, and right as the display result of the special figure game by the first variable display device 41. 7 is a table for determining a definite symbol (first probability variation big hit symbol) of each special symbol. For example, in the first probability variation big hit symbol determination table 131, the symbol number of the special symbol as the first probability variation big hit symbol selected and determined as the confirmed symbol and the value of the random R4-1 are stored in association with each other. Has been.

図8(C)に示す第1の左図柄決定用テーブル132は、第1の可変表示装置41による特図ゲームにて大当りとすることなくハズレの表示結果を導出表示するときに、第1の左可変表示部41aにおける確定図柄(第1の左確定図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第1の左図柄決定用テーブル132には、第1の左可変表示部41aにおける確定図柄となる特別図柄の図柄番号と、ランダムR4−1の値と、が対応付けて格納されている。   The first left symbol determination table 132 shown in FIG. 8C is used when the display result of losing is derived and displayed without making a big hit in the special game by the first variable display device 41. It is a table for determining the fixed symbol (1st left fixed symbol) in the left variable display part 41a. For example, in the first left symbol determination table 132, a symbol number of a special symbol that is a confirmed symbol in the first left variable display portion 41a and a value of random R4-1 are stored in association with each other. .

図8(D)に示す第1の中図柄決定用テーブル133は、第1の可変表示装置41による特図ゲームにてハズレの表示結果を導出表示するときに、第1の中可変表示部41bにおける確定図柄(第1の中確定図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第1の中図柄決定用テーブル133には、第1の左確定図柄の図柄番号に対する加算値と、ランダムR4−2の値と、が対応付けて格納されている。すなわち、大当りとしないハズレときには、ランダムカウンタ113から抽出されるランダムR4−2の値に基づき第1の中図柄決定用テーブル133を用いて決定した加算値を、第1の左図柄決定用テーブル132を用いて決定した第1の左確定図柄の図柄番号に加算することで、第1の中確定図柄を決めることができる。なお、リーチとした後に大当りとすることなくハズレの表示結果を導出表示するときに、第1の中図柄決定用テーブル133を用いて決定された加算値が「0」である場合には、導出される表示結果をハズレとするために、第1の中確定図柄の図柄番号を1加算するなどしてもよい。   The first medium symbol determination table 133 shown in FIG. 8D is a first medium variable display unit 41b when the display result of the loss is derived and displayed in the special game by the first variable display device 41. This is a table for determining a confirmed symbol (first medium confirmed symbol). For example, in the first medium symbol determination table 133, the addition value for the symbol number of the first left determined symbol and the value of random R4-2 are stored in association with each other. That is, at the time of losing without a big hit, the first left symbol determination table 132 is added to the added value determined using the first medium symbol determination table 133 based on the value of the random R4-2 extracted from the random counter 113. By adding to the symbol number of the first left determined symbol determined using, the first medium defined symbol can be determined. When the display result of losing is derived without reaching a big hit after reaching, if the added value determined using the first medium symbol determination table 133 is “0”, derivation is performed. In order to make the display result to be lost, 1 may be added to the symbol number of the first medium fixed symbol.

図8(E)に示す第1の右図柄決定用テーブル134は、第1の可変表示装置41による特図ゲームにてハズレの表示結果を導出表示するときに、第1の右可変表示部41cにおける確定図柄(第1の右確定図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第1の右図柄決定用テーブル134には、左確定図柄の図柄番号に対する加算値と、ランダムR4−3の値と、が対応付けて格納されている。   The first right symbol determination table 134 shown in FIG. 8E is a first right variable display portion 41c when the display result of the loss is derived and displayed in the special game by the first variable display device 41. This is a table for determining a confirmed symbol (first right confirmed symbol). For example, in the first right symbol determination table 134, the added value for the symbol number of the left confirmed symbol and the value of the random R4-3 are stored in association with each other.

図9(A)に示す第2の通常大当り図柄決定用テーブル140は、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果として左・中・右で同一の通常大当り図柄を導出表示するときに、各々の特別図柄の確定図柄(第2の通常大当り図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第2の通常大当り図柄決定用テーブル140には、確定図柄として選択決定される通常大当り図柄としての特別図柄の図柄番号と、ランダムR4−1の値と、が対応付けて格納されている。   The second normal jackpot symbol determination table 140 shown in FIG. 9A is used when the same normal jackpot symbol is displayed on the left, middle and right as the display result of the special game on the second variable display device 42. And a table for determining a definite symbol (second normal jackpot symbol) for each special symbol. For example, in the second normal jackpot symbol determination table 140, a symbol number of a special symbol as a normal jackpot symbol that is selected and determined as a confirmed symbol and a value of random R4-1 are stored in association with each other. .

図9(B)に示す第2の確変大当り図柄決定用テーブル141は、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果として左・中・右で同一の確変大当り図柄を導出表示するときに、各々の特別図柄の確定図柄(第2の確変大当り図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第2の確変大当り図柄決定用テーブル141には、確定図柄として選択決定される確変大当り図柄としての特別図柄の図柄番号と、ランダムR4−1の値と、が対応付けて格納されている。   The second probability variation jackpot symbol determination table 141 shown in FIG. 9B is used to derive and display the same probability variation jackpot symbol on the left, middle, and right as the display result of the special figure game by the second variable display device 42. FIG. 10 is a table for determining a definite symbol (second probability variation big hit symbol) of each special symbol. For example, in the second probability variation jackpot symbol determination table 141, a symbol number of a special symbol as a probability variation jackpot symbol selected and determined as a confirmed symbol and a value of random R4-1 are stored in association with each other. .

図9(C)に示す第2の左図柄決定用テーブル142は、第2の可変表示装置42による特図ゲームにて大当りとすることなくハズレの表示結果を導出表示するときに、第2の左可変表示部42aにおける確定図柄(第2の左確定図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第2の左図柄決定用テーブル142には、第2の左可変表示部42aにおける確定図柄となる特別図柄の図柄番号と、ランダムR4−1の値と、が対応付けて格納されている。   When the second left symbol determination table 142 shown in FIG. 9C is used to derive and display the display result of the losing without making a big hit in the special game by the second variable display device 42, It is a table for determining the fixed symbol (2nd left fixed symbol) in the left variable display part 42a. For example, in the second left symbol determination table 142, a symbol number of a special symbol that is a confirmed symbol in the second left variable display section 42a and a value of random R4-1 are stored in association with each other. .

図9(D)に示す第2の中図柄決定用テーブル143は、第2の可変表示装置42による特図ゲームにてハズレの表示結果を導出表示するときに、第2の中可変表示部42bにおける確定図柄(第2の中確定図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第2の中図柄決定用テーブル143には、左確定図柄の図柄番号に対する加算値と、ランダムR4−2の値と、が対応付けて格納されている。すなわち、大当りとしないハズレのときには、ランダムカウンタ113から抽出されるランダムR4−2の値に基づき第2の中図柄決定用テーブル143を用いて決定した加算値を、第2の左図柄決定用テーブル142を用いて決定した第2の左確定図柄の図柄番号に加算することで、第2の中確定図柄を決めることができる。なお、リーチとした後に大当りとすることなくハズレの表示結果を導出表示するときに、第2の中図柄決定用テーブル143を用いて決定された加算値が「0」である場合には、導出される表示結果をハズレとするために、第2の中確定図柄の図柄番号を1加算するなどしてもよい。   The second middle symbol determination table 143 shown in FIG. 9D is a second middle variable display section 42b when the display result of the losing is derived and displayed in the special game by the second variable display device 42. It is a table for determining the fixed symbol (2nd medium fixed symbol). For example, in the second medium symbol determination table 143, the addition value for the symbol number of the left determined symbol and the value of random R4-2 are stored in association with each other. That is, in the case of a loss that is not a big hit, the added value determined using the second medium symbol determination table 143 based on the value of the random R4-2 extracted from the random counter 113 is used as the second left symbol determination table. By adding to the symbol number of the second left determined symbol determined using 142, the second medium defined symbol can be determined. When the display result of losing is derived without reaching a big hit after reaching, if the added value determined using the second medium symbol determination table 143 is “0”, the derivation is performed. In order to make the display result to be lost, 1 may be added to the symbol number of the second medium fixed symbol.

図9(E)に示す第2の右図柄決定用テーブル144は、第2の可変表示装置42による特図ゲームにてハズレの表示結果を導出表示するときに、第2の右可変表示部42cにおける確定図柄(第2の右確定図柄)を決定するためのテーブルである。例えば、第2の右図柄決定用テーブル144には、左確定図柄の図柄番号に対する加算値と、ランダムR4−3の値と、が対応付けて格納されている。   The second right symbol determination table 144 shown in FIG. 9E is the second right variable display section 42c when the display result of the loss is derived and displayed in the special game by the second variable display device 42. This is a table for determining a confirmed symbol (second right confirmed symbol). For example, in the second right symbol determination table 144, the added value for the symbol number of the left confirmed symbol and the value of the random R4-3 are stored in association with each other.

図5に示す可変表示パターン決定用テーブルメモリ116は、特図ゲームで使用される複数の可変表示パターンを記憶する。具体的には、可変表示パターン決定用テーブルメモリ116は、図10(A)に示す第1の通常時可変表示パターン決定用テーブル150、図10(B)に示す第1のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル151と、図10(C)に示す第1の大当り時可変表示パターン決定用テーブル152と、を格納する。また、可変表示パターン決定用テーブルメモリ116は、図11(A)に示す第2の通常時可変表示パターン決定用テーブル160、図11(B)に示す第2のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル161と、図11(C)に示す第2の大当り時可変表示パターン決定用テーブル162と、   The variable display pattern determination table memory 116 shown in FIG. 5 stores a plurality of variable display patterns used in the special figure game. Specifically, the variable display pattern determination table memory 116 includes a first normal variable display pattern determination table 150 shown in FIG. 10A and a first reach variable display pattern shown in FIG. A determination table 151 and a first jackpot variable display pattern determination table 152 shown in FIG. 10C are stored. The variable display pattern determination table memory 116 includes a second normal variable display pattern determination table 160 shown in FIG. 11A and a second reach variable display pattern determination table shown in FIG. 161, a second jackpot variable display pattern determination table 162 shown in FIG.

図10(A)に示す第1の通常時可変表示パターン決定用テーブル150は、第1の可変表示装置41による特図ゲームにてリーチとすることなくハズレの確定図柄を導出表示する可変表示パターンを選択するためのテーブルである。図10(B)に示す第1のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル151は、第1の可変表示装置41による特図ゲームにてリーチとした後に当りとすることなくハズレの確定図柄を導出表示する可変表示パターンを選択するためのテーブルである。   The first normal variable display pattern determination table 150 shown in FIG. 10A is a variable display pattern for deriving and displaying a fixed symbol of the lose without reaching in the special game by the first variable display device 41. Is a table for selecting. The first reach variable display pattern determination table 151 shown in FIG. 10 (B) derives and displays the fixed symbol of the lose without winning after reaching the special figure game by the first variable display device 41. It is a table for selecting the variable display pattern to perform.

図10(C)に示す第1の大当り時可変表示パターン決定用テーブル152は、第1の可変表示装置41による特図ゲームにて特別図柄の可変表示における表示結果を大当りとする可変表示パターンを選択するためのテーブルである。   The first jackpot variable display pattern determination table 152 shown in FIG. 10C is a variable display pattern in which the display result of the variable symbol special display in the special game by the first variable display device 41 is a jackpot. It is a table for selecting.

図11(A)に示す第2の通常時可変表示パターン決定用テーブル160は、第2の可変表示装置42による特図ゲームにてリーチとすることなくハズレの確定図柄を導出表示する可変表示パターンを選択するためのテーブルである。図11(B)に示す第2のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル161は、第2の可変表示装置42による特図ゲームにてリーチとした後に当りとすることなくハズレの確定図柄を導出表示する可変表示パターンを選択するためのテーブルである。   The second normal variable display pattern determination table 160 shown in FIG. 11 (A) is a variable display pattern for deriving and displaying a fixed symbol of losing without reaching in the special game by the second variable display device 42. Is a table for selecting. The second reach variable display pattern determination table 161 shown in FIG. 11 (B) derives and displays the fixed symbols of the lose without hitting after reaching the special figure game by the second variable display device 42. It is a table for selecting the variable display pattern to perform.

図11(C)に示す第2の大当り時可変表示パターン決定用テーブル162は、第2の可変表示装置42による特図ゲームにて特別図柄の可変表示における表示結果を大当りとする可変表示パターンを選択するためのテーブルである。   The second jackpot variable display pattern determination table 162 shown in FIG. 11C is a variable display pattern in which the display result of the special symbol variable display in the special game by the second variable display device 42 is a jackpot. It is a table for selecting.

各可変表示パターン決定用テーブル150〜152及び160〜162には、例えば、複数の可変表示パターンと、ランダムR3の値と、可変表示時間タイマ119が計測する特別図柄の総可変表示時間と、可変表示開始コマンドのEXTデータとして設定される制御コードと、が対応付けて格納されている。ランダムカウンタ113より抽出されるランダムR3の値に基づいて、各可変表示パターン決定用テーブル150〜152及び160〜162のうちからは、特図ゲームにて特別図柄を可変表示させる際に実行する可変表示パターンが選択決定される。   Each of the variable display pattern determination tables 150 to 152 and 160 to 162 includes, for example, a plurality of variable display patterns, a random R3 value, a total variable display time of a special symbol measured by the variable display time timer 119, and a variable. A control code set as EXT data of the display start command is stored in association with each other. Based on the value of random R3 extracted from the random counter 113, the variable display pattern determination tables 150 to 152 and 160 to 162 are executed when the special symbol is variably displayed in the special game. A display pattern is selected and determined.

主基板11から表示制御基板12に対して送出される可変表示開始コマンドは、特別図柄の可変表示における可変表示パターンを、EXTデータにより指定する。また、表示結果をハズレとするか、大当りとするか、に応じて、異なる可変表示パターンが用いられる。このため、表示制御基板12の側では、主基板11から送信された可変表示開始コマンドにより、第1の可変表示装置41や第2の可変表示装置42にて可変表示される特別図柄に対応する飾り図柄を第3の可変表示装置43や第4の可変表示装置44にて可変表示させることが可能となると共に、この飾り図柄の可変表示における表示結果を特定表示結果とするか否かを特定することができる。   The variable display start command sent from the main board 11 to the display control board 12 specifies the variable display pattern in the variable display of the special symbol by the EXT data. Also, different variable display patterns are used depending on whether the display result is lost or a big hit. For this reason, on the display control board 12 side, it corresponds to a special symbol variably displayed on the first variable display device 41 or the second variable display device 42 by the variable display start command transmitted from the main board 11. The decorative design can be variably displayed on the third variable display device 43 or the fourth variable display device 44, and whether or not the display result in the variable display of the decorative design is used as the specific display result is specified. can do.

また、第1の可変表示装置41にて特別図柄の可変表示を行うか、第2の可変表示装置42にて特別図柄の可変表示を行うか、に応じて、異なる可変表示パターン決定用テーブルが設定される。このため、表示制御基板12の側では、主基板11から送信された可変表示開始コマンドにより、特図ゲームを行う可変表示装置を特定することができる。   Depending on whether the first variable display device 41 performs variable display of the special symbol or the second variable display device 42 performs variable display of the special symbol, different variable display pattern determination tables are provided. Is set. For this reason, on the display control board 12 side, the variable display device that performs the special figure game can be specified by the variable display start command transmitted from the main board 11.

第1及び第2の通常時可変表示パターン決定用テーブル150及び160を用いて選択される通常A,通常Bの可変表示パターンは、リーチ態様を伴わない可変表示パターンである。第1及び第2のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル151及び161を用いて選択されるリーチA(ハズレ)の可変表示パターンは、リーチ態様を伴うが可変表示結果(確定図柄)が大当りを生じさせるものとならない可変表示パターンである。他方、第1及び第2の大当り時可変表示パターン決定用テーブル152及び162を用いて選択されるリーチA(大当り)の可変表示パターンは、リーチ態様を伴い、可変表示結果が大当りを生じさせる可変表示パターンである。   The normal A and normal B variable display patterns selected using the first and second normal variable display pattern determination tables 150 and 160 are variable display patterns that do not involve reach. The variable display pattern of reach A (lost) selected using the first and second variable display pattern determination tables 151 and 161 has a reach mode, but the variable display result (determined symbol) produces a big hit. This is a variable display pattern that cannot be made to occur. On the other hand, the variable display pattern of reach A (big hit) selected using the first and second jackpot variable display pattern determination tables 152 and 162 has a reach mode, and the variable display result is a variable that causes a big hit. It is a display pattern.

リーチBの可変表示パターンは、リーチAとは異なるリーチ態様を持つ可変表示パターンである。ここで、リーチ態様が異なるとは、リーチとなった後に異なる可変表示態様(特別図柄の可変表示速度や回転方向等)やキャラクタ等が現れることをいう。例えば、リーチAでは、単に1種類の可変表示態様によってリーチ態様が実現されるのに対して、リーチBでは、特別図柄の可変表示速度や回転方向が異なる複数の可変表示態様を含むリーチ態様が実現される。   The variable display pattern of reach B is a variable display pattern having a reach form different from reach A. Here, “reach mode is different” means that after reaching reach, a different variable display mode (variable display speed or rotation direction of a special symbol, etc.), a character, or the like appears. For example, in the reach A, the reach mode is realized by only one type of variable display mode, whereas in the reach B, the reach mode including a plurality of variable display modes having different variable display speeds and rotation directions of special symbols is provided. Realized.

また、リーチCの可変表示パターンは、リーチA及びリーチBとは異なるリーチ態様を持つ可変表示パターンである。そして、リーチDの可変表示パターンは、リーチA〜リーチCとは異なり、動画像によるリーチ演出表示が行われる可変表示パターンである。なお、リーチA〜リーチDでは、大当りとなる場合と大当りにならない場合とがある。   In addition, the variable display pattern of reach C is a variable display pattern having a reach form different from reach A and reach B. Unlike the reach A to reach C, the variable display pattern of reach D is a variable display pattern in which reach effect display by moving images is performed. In Reach A to Reach D, there are cases where a big hit and cases where a big hit is not made.

さらに、リーチ時可変表示パターン決定用テーブル151及び161と、大当り時可変表示パターン決定用テーブル152及び162と、を比べると、各可変表示パターン(リーチの種類)に対するランダムR3の値の割当が異なっている。すなわち、特図ゲームにおける表示結果が大当りとなるか否かに応じて、選択されるリーチ種類の割合が異なるものとなっている。これにより、特図ゲーム中に出現するリーチの種類に応じて、表示結果が大当りとなる確率は異なるものとなる。   Further, when the reach variable display pattern determination tables 151 and 161 and the big hit variable display pattern determination tables 152 and 162 are compared, the assignment of the random R3 value to each variable display pattern (reach type) is different. ing. That is, the percentage of reach types to be selected differs depending on whether the display result in the special figure game is a big hit. Thereby, the probability that the display result will be a big hit differs depending on the type of reach that appears in the special figure game.

図10及び図11に示す例では、表示結果がハズレとなる場合にリーチAの可変表示パターンが用いられる割合は、リーチDの可変表示パターンが用いられる割合よりも高くなっている。一方で、表示結果が大当りとなる場合にリーチAの可変表示パターンが用いられる割合は、リーチDの可変表示パターンが用いられる割合よりも低くなっている。このため、特図ゲーム中にリーチDの可変表示パターンによるリーチが出現した場合には、リーチAの可変表示パターンによるリーチが出現した場合よりも、表示結果が大当りとなる確率が高くなる。こうしたリーチの種類ごとに決められる表示結果が大当りとなる確率は、リーチの大当り信頼度、あるいは単に、リーチの信頼度と称される。   In the example shown in FIGS. 10 and 11, when the display result is lost, the ratio at which the reach A variable display pattern is used is higher than the ratio at which the reach D variable display pattern is used. On the other hand, when the display result is a big hit, the ratio at which the reach A variable display pattern is used is lower than the ratio at which the reach D variable display pattern is used. For this reason, when reach by the variable display pattern of reach D appears in the special figure game, the probability that the display result will be a big hit is higher than when reach by the variable display pattern of reach A appears. The probability that the display result determined for each type of reach is a big hit is referred to as a reach big hit reliability, or simply as a reach reliability.

図5に示す確変カウンタ117は、確変制御が行われる確率向上状態にて実行可能な特図ゲームの残り回数をカウントするためのものである。確変カウンタ117には、第1の可変表示装置41による特図ゲームや第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果が確変大当りとなるときに、確率向上状態にて実行可能として予め定められた特図ゲームの回数である「100」を示すデータが初期値として設定される。そして、確率向上状態にて表示結果が大当りとなることなく特図ゲームにおける特別図柄の可変表示が終了するごとに、確変カウンタ117のカウント値が1減算される。   The probability variation counter 117 shown in FIG. 5 is for counting the remaining number of special figure games that can be executed in the probability improvement state where probability variation control is performed. In the probability variation counter 117, when the display result of the special figure game by the first variable display device 41 or the special figure game by the second variable display device 42 is a probability variation big hit, the probability variation counter 117 is determined in advance to be executable in the probability improvement state. Data indicating “100”, which is the number of special figure games, is set as an initial value. Each time the special symbol variable display in the special figure game is finished without the display result being a big hit in the probability improvement state, the count value of the probability variation counter 117 is decremented by one.

フラグメモリ118は、パチンコ遊技機1における遊技の進行を制御するために用いられる複数種類のフラグを設定するためのものである。例えば、フラグメモリ118には、第1及び第2の特別図柄プロセスフラグ、第1及び第2の普通図柄プロセスフラグ、第1及び第2の大当り状態フラグ、第1及び第2の確変確定フラグ、確変中フラグ、確変終了フラグ、第1及び第2の可変表示時間タイマ停止フラグ、入力状態フラグ、エラーフラグ及びタイマ割込フラグなどが設けられている。   The flag memory 118 is for setting a plurality of types of flags used for controlling the progress of the game in the pachinko gaming machine 1. For example, the flag memory 118 includes first and second special symbol process flags, first and second normal symbol process flags, first and second jackpot state flags, first and second probability change confirmation flags, A probability changing flag, a probability changing end flag, first and second variable display time timer stop flags, an input status flag, an error flag, a timer interrupt flag, and the like are provided.

第1の特別図柄プロセスフラグは、後述する第1の特別図柄プロセス処理(図20)において、どの処理を選択・実行すべきかを指示する。第2の特別図柄プロセスフラグは、後述する第2の特別図柄プロセス処理(図30)において、どの処理を選択・実行すべきかを指示する。第1の普通図柄プロセスフラグは、第1の普通図柄プロセス処理において、どの処理を選択・実行すべきかを指示する。第2の普通図柄プロセスフラグは、第2の普通図柄プロセス処理において、どの処理を選択・実行すべきかを指示する。   The first special symbol process flag indicates which process should be selected and executed in the first special symbol process (described later) (FIG. 20). The second special symbol process flag indicates which processing should be selected and executed in the second special symbol process (described later) (FIG. 30). The first normal symbol process flag indicates which process should be selected and executed in the first normal symbol process. The second normal symbol process flag indicates which process should be selected and executed in the second normal symbol process.

第1の大当り状態フラグは、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果が大当りとなるときにオン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了するときにクリアされてオフ状態となる。第2の大当り状態フラグは、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果が大当りとなるときにオン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了するときにクリアされてオフ状態となる。   The first big hit state flag is set to an on state when the display result of the special figure game by the first variable display device 41 is a big hit, and is cleared to an off state when the big hit gaming state is finished. The second big hit state flag is set to the on state when the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is a big hit, and is cleared to the off state when the big hit gaming state is finished.

第1の確変確定フラグは、第1の可変表示装置41による特図ゲームを開始するときに、その特図ゲームにおける可変表示結果が確変大当りとなる旨の判定がなされると、オン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了するときにクリアされてオフ状態になる。第2の確変確定フラグは、第2の可変表示装置42による特図ゲームを開始するときに、その特図ゲームにおける可変表示結果が確変大当りとなる旨の判定がなされると、オン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了するときにクリアされてオフ状態になる。   The first certainty change confirmation flag is set to the on state when it is determined that the variable display result in the special figure game is a probable big hit when the special variable game is started by the first variable display device 41. And cleared when the big hit gaming state ends. The second certainty change confirmation flag is set to the on state when it is determined that the variable display result in the special figure game is a probable big hit when the special variable game is started by the second variable display device 42. And cleared when the big hit gaming state ends.

確変中フラグは、大当り遊技状態が終了する場合に第1及び第2確変確定フラグのいずれかがオンとなっているときに、オン状態にセットされ、確変カウンタ117におけるカウント値が「0」となったときや、通常大当りとなったことに基づく大当り遊技状態となるとき等にクリアされてオフ状態となる。確変終了フラグは、後述する第1及び第2の入賞処理(図21,図31)にて確率向上状態を終了させる旨の判定がなされたとき、オン状態にセットされ、確率向上状態が終了するときにクリアされてオフされる。   The probability change flag is set to an on state when either of the first and second probability change confirmation flags is on when the big hit gaming state ends, and the count value in the probability change counter 117 is “0”. It is cleared and turned off when it becomes a big hit gaming state based on a normal big hit. The probability variation end flag is set to the on state when the probability improvement state is determined to end in the first and second winning processes (FIGS. 21 and 31) described later, and the probability improvement state ends. When cleared it is turned off.

入力状態フラグは、I/Oポート104に入力される各種信号の状態や各入賞口スイッチ70から入力される検出信号の状態等に応じて各々セットあるいはクリアさせる複数ビットからなるフラグである。エラーフラグは、パチンコ遊技機1において各種のエラーが発生したときに、発生したエラーの種類に対応するビットがセットされる複数ビットからなるフラグである。タイマ割込フラグは、所定時間が経過してタイマ割込みが発生するごとにオン状態にセットされる。   The input state flag is a flag composed of a plurality of bits that are set or cleared according to the state of various signals input to the I / O port 104, the state of the detection signal input from each winning prize switch 70, and the like. The error flag is a flag composed of a plurality of bits in which bits corresponding to the type of error that has occurred when various errors occur in the pachinko gaming machine 1. The timer interrupt flag is set to the on state every time a predetermined time elapses and a timer interrupt is generated.

第1の可変表示時間タイマ停止フラグは、第1の可変表示装置41による特図ゲームの実行中に、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了したときにクリアされてオフ状態となる。第2の可変表示時間タイマ停止フラグは、第2の可変表示装置42による特図ゲームの実行中に、第1の可変表示装置41にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了したときにクリアされてオフ状態となる。   The first variable display time timer stop flag is set to the ON state when a big hit symbol is derived and displayed on the second variable display device 42 during execution of the special game by the first variable display device 41. When the big hit gaming state is finished, it is cleared and turned off. The second variable display time timer stop flag is set to an on state when a big hit symbol is derived and displayed on the first variable display device 41 during execution of the special game by the second variable display device 42. When the big hit gaming state is finished, it is cleared and turned off.

図5に示す可変表示時間タイマ119は、第1の可変表示時間タイマと、第2の可変表示時間タイマと、を含んでいる。第1の可変表示時間タイマは、第1の可変表示装置41による特図ゲームの実行時間である可変表示時間をメイン側で計測するためのダウンカウンタであり、第2の可変表示時間タイマは、第2の可変表示装置42による特図ゲームの実行時間である可変表示時間をメイン側で計測するためのダウンカウンタである。第1及び第2の可変表示時間タイマは、主基板11から表示制御基板12に対して可変表示開始コマンドが送出されるに際して、可変表示パターンで指定される総可変表示時間に対応するカウント値が初期値として設定される。   The variable display time timer 119 shown in FIG. 5 includes a first variable display time timer and a second variable display time timer. The first variable display time timer is a down counter for measuring on the main side the variable display time that is the execution time of the special figure game by the first variable display device 41, and the second variable display time timer is It is a down counter for measuring the variable display time which is the execution time of the special figure game by the 2nd variable display apparatus 42 by the main side. When the variable display start command is sent from the main board 11 to the display control board 12, the first and second variable display time timers have count values corresponding to the total variable display time specified by the variable display pattern. Set as initial value.

図3に示すスイッチ回路107は、各入賞口スイッチ70からの検出信号を取り込んで、遊技制御用マイクロコンピュータ100に伝達する。ソレノイド回路108は、遊技制御用マイクロコンピュータ100からの指令に従って各ソレノイド21,22,23及び24を駆動する。ソレノイド21は、リンク機構を介して第1の普通可変入賞球装置61の可動翼片に連結されている。ソレノイド22は、リンク機構を介して第2の普通可変入賞球装置62の可動翼片に連結されている。ソレノイド23は、リンク機構を介して第1の特別可変入賞球装置71の開閉板に連結されている。ソレノイド24は、リンク機構を介して第2の特別可変入賞球装置72の開閉板に連結されている。   The switch circuit 107 shown in FIG. 3 takes in the detection signal from each winning opening switch 70 and transmits it to the game control microcomputer 100. The solenoid circuit 108 drives each of the solenoids 21, 22, 23, and 24 in accordance with a command from the game control microcomputer 100. The solenoid 21 is connected to the movable wing piece of the first ordinary variable winning ball apparatus 61 via a link mechanism. The solenoid 22 is connected to the movable wing piece of the second ordinary variable winning ball apparatus 62 through a link mechanism. The solenoid 23 is connected to the opening / closing plate of the first special variable winning ball device 71 via a link mechanism. The solenoid 24 is connected to the opening / closing plate of the second special variable winning ball apparatus 72 via a link mechanism.

表示制御基板12は、主基板11とは独立して可変表示ゲームにおける画像処理のための表示制御を行うものである。表示制御基板12は、主基板11から出力される表示制御コマンドに基づいて、可変表示ゲームに用いられる画像を第3の可変表示装置43や第4の可変表示装置44上に表示させる。すなわち、表示制御基板12は、主基板11からの制御コマンドに基づいて第3の可変表示装置43や第4の可変表示装置44の表示動作を制御することによって、遊技の進行に関わる画像表示による演出を制御する。   The display control board 12 performs display control for image processing in the variable display game independently of the main board 11. The display control board 12 displays an image used for the variable display game on the third variable display device 43 and the fourth variable display device 44 based on the display control command output from the main board 11. That is, the display control board 12 controls the display operation of the third variable display device 43 and the fourth variable display device 44 based on the control command from the main board 11, thereby displaying images related to the progress of the game. Control the production.

図12は、表示制御基板12のハードウェア構成例を示すブロック図である。表示制御基板12は、発振回路200と、リセット回路201と、表示制御用のCPU202と、ROM203と、RAM204と、GCL(Graphic Control LSI)205と、CGROM206と、VRAM(Video RAM)207と、を備えている。   FIG. 12 is a block diagram illustrating a hardware configuration example of the display control board 12. The display control board 12 includes an oscillation circuit 200, a reset circuit 201, a display control CPU 202, a ROM 203, a RAM 204, a GCL (Graphic Control LSI) 205, a CGROM 206, and a VRAM (Video RAM) 207. I have.

発振回路200は、CPU202及びGCL205に基準クロック信号を出力するものであり、リセット回路201は、CPU202及びGCL205をリセットするためのリセット信号を出力するものである。CPU202は、主基板11から表示制御コマンドを受信するとRAM204を作業領域として用いながらROM203から表示制御を行うための制御データを読み出す。また、CPU202は、読み出した制御データに基づいてGCL205に描画命令を送る。ROM203は、CPU202によって利用される各種制御プログラム等を格納する半導体メモリであり、RAM204は、CPU202によって作業領域として利用される半導体メモリである。   The oscillation circuit 200 outputs a reference clock signal to the CPU 202 and the GCL 205, and the reset circuit 201 outputs a reset signal for resetting the CPU 202 and the GCL 205. When the CPU 202 receives a display control command from the main board 11, the CPU 202 reads control data for performing display control from the ROM 203 while using the RAM 204 as a work area. Further, the CPU 202 sends a drawing command to the GCL 205 based on the read control data. The ROM 203 is a semiconductor memory that stores various control programs used by the CPU 202, and the RAM 204 is a semiconductor memory used as a work area by the CPU 202.

GCL205は、画像表示を行うための表示装置制御機能及び高速描画機能を有し、CPU202からの描画命令に従って動作する。また、CPU202とは独立した二次元のアドレス空間を持ち、そこにVRAM207をマッピングしている。CGROM206は、第3の可変表示装置43や第4の可変表示装置44にて画像表示を行うための各種画像データを記憶しておくためのものである。例えば、CGROM206には、第3の可変表示装置43や第4の可変表示装置44に表示される画像の中で使用頻度の高いキャラクタ画像データ、具体的には、人物、動物、又は、文字、図形もしくは記号等が予め記憶されている。VRAM207は、GCL205によって生成された画像データを展開するためのフレームバッファメモリである。   The GCL 205 has a display device control function for performing image display and a high-speed drawing function, and operates in accordance with a drawing command from the CPU 202. Further, it has a two-dimensional address space independent of the CPU 202, and the VRAM 207 is mapped there. The CGROM 206 is for storing various image data for displaying images on the third variable display device 43 and the fourth variable display device 44. For example, in the CGROM 206, character image data frequently used among images displayed on the third variable display device 43 and the fourth variable display device 44, specifically, a person, an animal, or a character, Figures or symbols are stored in advance. A VRAM 207 is a frame buffer memory for expanding image data generated by the GCL 205.

また、表示制御基板12は、図13に示すように、ランダムカウンタ211と、表示制御パターンテーブルメモリ212と、報知演出パターン決定用テーブルメモリ213と、フラグメモリ214と、各種タイマ215と、を備えている。   Further, as shown in FIG. 13, the display control board 12 includes a random counter 211, a display control pattern table memory 212, a notification effect pattern determination table memory 213, a flag memory 214, and various timers 215. ing.

ランダムカウンタ211は、第3の可変表示装置43や第4の可変表示装置44における表示による演出内容を決定するために用いられる各種乱数のカウントを行うものである。図14は、ランダムカウンタ211によりカウントされる各乱数を示す説明図である。ランダムカウンタ211は、図14に示すように、ランダムR10のカウントを行う。ランダムR10は、表示制御パターンテーブルメモリ212に格納された複数種類の表示制御パターンのうちから今回の飾り図ゲームで使用するものを決定するための乱数であり、「0」〜「9」の範囲の値をとる。   The random counter 211 counts various random numbers that are used to determine the contents of effects produced by the display on the third variable display device 43 and the fourth variable display device 44. FIG. 14 is an explanatory diagram showing each random number counted by the random counter 211. The random counter 211 counts random R10 as shown in FIG. Random R10 is a random number for determining which one of the plurality of types of display control patterns stored in the display control pattern table memory 212 is to be used in the current decoration drawing game, and ranges from “0” to “9”. Takes the value of

表示制御パターンテーブルメモリ212は、主基板11から受けた表示制御コマンドに基づいて選択される複数の表示制御パターンテーブルを記憶する。具体的には、表示制御パターンテーブルメモリ212は、図15に示すように、図柄表示制御パターンテーブル220と、第1の報知演出表示制御パターンテーブル221と、第2の報知演出表示制御パターンテーブル222と、を含んで構成される。   The display control pattern table memory 212 stores a plurality of display control pattern tables selected based on the display control command received from the main board 11. Specifically, as shown in FIG. 15, the display control pattern table memory 212 includes a symbol display control pattern table 220, a first notification effect display control pattern table 221, and a second notification effect display control pattern table 222. And including.

図15に示す図柄表示制御パターンテーブル220は、複数種類の図柄表示制御パターンを格納する。各図柄表示制御パターンは、図16に示すように、図柄表示制御プロセスタイマ設定値、図柄表示制御データなど、飾り図柄の表示状態を制御するためのデータからなり、時系列的に飾り図柄の可変表示速度や表示する図柄の大きさ、その表示状態での表示期間、キャラクタの切替タイミング等が設定されている。   The symbol display control pattern table 220 shown in FIG. 15 stores a plurality of types of symbol display control patterns. As shown in FIG. 16, each symbol display control pattern includes data for controlling the display state of a decorative symbol such as a symbol display control process timer setting value, symbol display control data, and the like. The display speed, the size of the pattern to be displayed, the display period in the display state, the character switching timing, and the like are set.

図15に示す第1の報知演出表示制御パターンテーブル221は、複数種類の第1の報知演出表示制御パターンを格納する。各第1の報知演出表示制御パターンは、第1の普通可変入賞球装置61への入賞を促す報知情報を第3の可変表示装置43に表示させることにより出力するための制御データからなる。各々の第1の報知演出表示制御パターンは、主基板11から第1の報知演出開始コマンド8000(h)を受信したときに、ランダムカウンタ211より抽出されたランダムR10の値に基づいて選択される。第1の報知演出制御パターンに従って第3の可変表示装置43における表示動作を制御することにより、第1の普通可変入賞球装置61への入賞を狙うべきことを遊技者に報知するための演出が行われる。   The first notification effect display control pattern table 221 shown in FIG. 15 stores a plurality of types of first notification effect display control patterns. Each first notification effect display control pattern includes control data for outputting the notification information for prompting the first ordinary variable winning ball device 61 to be displayed on the third variable display device 43. Each first notification effect display control pattern is selected based on the value of random R10 extracted from the random counter 211 when the first notification effect start command 8000 (h) is received from the main board 11. . By controlling the display operation in the third variable display device 43 according to the first notification effect control pattern, there is an effect for notifying the player that the player should aim to win the first ordinary variable winning ball device 61. Done.

また、第2の報知演出表示制御パターンテーブル222は、複数種類の第2の報知演出表示制御パターンを格納する。各第2の報知演出表示制御パターンは、第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知情報を第4の可変表示装置44に表示させることにより出力するための制御データからなる。各々の第2の報知演出表示制御パターンは、主基板11から第2の報知演出開始コマンド8100(h)を受信したときに、ランダムカウンタ211より抽出されたランダムR10の値に基づいて選択される。第1の報知演出制御パターンに従って第4の可変表示装置44における表示動作を制御することにより、第2の普通可変入賞球装置62への入賞を狙うべきことを遊技者に報知するための演出が行われる。   The second notification effect display control pattern table 222 stores a plurality of types of second notification effect display control patterns. Each second notification effect display control pattern includes control data for outputting the notification information for prompting the second ordinary variable winning ball device 62 to be displayed on the fourth variable display device 44. Each of the second notification effect display control patterns is selected based on the value of the random R10 extracted from the random counter 211 when the second notification effect start command 8100 (h) is received from the main board 11. . By controlling the display operation in the fourth variable display device 44 in accordance with the first notification effect control pattern, an effect for notifying the player that the player should aim to win the second ordinary variable winning ball device 62 is provided. Done.

図13に示す報知演出表示制御パターン決定用テーブルメモリ213は、CPU202が報知演出表示制御パターンを選択決定するために設定される複数種類のテーブルを記憶する。報知演出表示制御パターン決定用テーブルメモリ213は、図17(A)に示す第1の報知演出表示制御パターン決定用テーブル230と、図17(B)に示す第2の報知演出表示制御パターン決定用テーブル231と、を格納する。   The notification effect display control pattern determination table memory 213 shown in FIG. 13 stores a plurality of types of tables set for the CPU 202 to select and determine the notification effect display control pattern. The notification effect display control pattern determination table memory 213 has a first notification effect display control pattern determination table 230 shown in FIG. 17A and a second notification effect display control pattern determination table shown in FIG. The table 231 is stored.

図17(A)に示す第1の報知演出表示制御パターン決定用テーブル230には、ランダムR10の値と、第1の報知演出表示制御パターンと、を対応付ける設定データが格納されており、CPU202がランダムカウンタ211より抽出したランダムR10の値に基づいて、第1の報知演出表示制御パターンを選択決定できるように構成されている。   The first notification effect display control pattern determination table 230 shown in FIG. 17A stores setting data for associating the value of the random R10 with the first notification effect display control pattern. Based on the value of random R10 extracted from the random counter 211, the first notification effect display control pattern can be selected and determined.

図17(B)に示す第2の報知演出表示制御パターン決定用テーブル231には、ランダムR10の値と、第2の報知演出表示制御パターンと、を対応付ける設定データが格納されており、CPU202がランダムカウンタ211より抽出したランダムR10の値に基づいて、第2の報知演出表示制御パターンを選択決定できるように構成されている。   The second notification effect display control pattern determination table 231 shown in FIG. 17B stores setting data for associating the value of the random R10 with the second notification effect display control pattern. The second notification effect display control pattern can be selected and determined based on the value of the random R10 extracted from the random counter 211.

フラグメモリ214は、第3及び第4の可変表示装置43及び44における表示状態や主基板11からのコマンド受信に応じて各々セットあるいはクリアされる複数種類のフラグを設定するためのものである。例えば、フラグメモリ214には、第1及び第2の表示制御プロセスフラグ、第1及び第2の報知演出開始フラグ、第1及び第2の可変表示開始フラグ、第1及び第2の有効フラグ、第3及び第4の可変表示時間タイマ停止グラグ及びタイマ割込フラグなどが設けられている。   The flag memory 214 is for setting a plurality of types of flags that are set or cleared in response to the display state in the third and fourth variable display devices 43 and 44 and the reception of a command from the main board 11. For example, the flag memory 214 includes first and second display control process flags, first and second notification effect start flags, first and second variable display start flags, first and second valid flags, Third and fourth variable display time timer stop flags, a timer interrupt flag, and the like are provided.

第1の表示制御プロセスフラグは、後述する第1の飾り図柄表示制御プロセス処理(図43)において、どの処理を選択・実行すべきかを指示する。第2の表示制御プロセスフラグは、後述する第2の飾り図柄表示制御プロセス処理(図48)において、どの処理を選択・実行すべきかを指示する。   The first display control process flag indicates which process should be selected and executed in the first decorative symbol display control process (described later) (FIG. 43). The second display control process flag indicates which process should be selected and executed in the second decorative symbol display control process (FIG. 48) described later.

第1の報知演出開始フラグは、主基板11から第1の報知演出開始コマンド8000(h)を受信したときにオン状態にセットされ、第2の報知演出開始フラグは、主基板11から第2の報知演出開始コマンド8100(h)を受信したときにオン状態にセットされる。第1の報知演出終了フラグは、主基板11から第1の報知演出終了コマンド9000(h)を受信したときにオン状態にセットされ、第2の報知演出終了フラグは、主基板11から第2の報知演出終了コマンド9100(h)を受信したときにオン状態にセットされる。   The first notification effect start flag is set to the on state when the first notification effect start command 8000 (h) is received from the main board 11, and the second notification effect start flag is set to the second value from the main board 11. Is turned on when the notification effect start command 8100 (h) is received. The first notification effect end flag is set to the on state when the first notification effect end command 9000 (h) is received from the main board 11, and the second notification effect end flag is set to the second value from the main board 11. When the notification effect end command 9100 (h) is received, it is set to the on state.

第1の可変表示開始フラグは、主基板11から第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)を受信したときにオン状態にセットされ、第2の可変表示開始フラグは、第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)を受信したときにオン状態にセットされる。   The first variable display start flag is set to an on state when the first variable display start command A0XX (h) is received from the main board 11, and the second variable display start flag is set to the second variable display start flag. Set to ON when command A1XX (h) is received.

第1の可変表示時間短縮フラグは、第1の可変表示時間短縮コマンドA200(h)を受信したときにオン状態にセットされ、第2の可変表示短縮フラグは、第2の可変表示時間短縮フラグは、第2の可変表示時間短縮コマンドA300(h)を受信したときにオン状態にセットされる。第1の可変表示時間延長フラグは、第1の可変表示時間延長コマンドA400(h)を受信したときにオン状態にセットされ、第2の可変表示延長フラグは、第2の可変表示時間延長フラグは、第2の可変表示時間短縮コマンドA500(h)を受信したときにオン状態にセットされる。   The first variable display time shortening flag is set to an on state when the first variable display time shortening command A200 (h) is received, and the second variable display time shortening flag is the second variable display time shortening flag. Is set to the on state when the second variable display time reduction command A300 (h) is received. The first variable display time extension flag is set to an on state when the first variable display time extension command A400 (h) is received, and the second variable display time extension flag is the second variable display time extension flag. Is set to the on state when the second variable display time reduction command A500 (h) is received.

第1の有効フラグは、主基板11から第1の左・中・右図柄指定コマンドB0XX(h),B1XX(h)及びB2XX(h)を受信したときにオン状態にセットされ、第2の有効フラグは、主基板11から第2の左・中・右図柄指定コマンドC0XX(h),C1XX(h)及びC2XX(h)を受信したときにオン状態にセットされる。   The first valid flag is set to ON when the first left / middle / right symbol designation commands B0XX (h), B1XX (h), and B2XX (h) are received from the main board 11, and the second valid flag The valid flag is set to ON when the second left / middle / right symbol designation commands C0XX (h), C1XX (h), and C2XX (h) are received from the main board 11.

第3の可変表示時間タイマ停止フラグは、第3の可変表示装置43による特図ゲームの実行中に、第4の可変表示装置44にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了したときにクリアされてオフ状態となる。第4の可変表示時間停止フラグは、第4の可変表示装置44による特図ゲームの実行中に、第3の可変表示装置43にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、大当り遊技状態が終了したときにクリアされてオフ状態となる。タイマ割込フラグは、所定時間が経過してタイマ割込みが発生するごとにオン状態にセットされる。   The third variable display time timer stop flag is set to an on state when a big hit symbol is derived and displayed on the fourth variable display device 44 during execution of the special game by the third variable display device 43. When the big hit gaming state is finished, it is cleared and turned off. The fourth variable display time stop flag is set to an on state when a big hit symbol is derived and displayed on the third variable display device 43 while the special variable game is being executed by the fourth variable display device 44. When the jackpot gaming state ends, it is cleared and turned off. The timer interrupt flag is set to the on state every time a predetermined time elapses and a timer interrupt is generated.

図13に示す各種タイマ215は、第3の可変表示装置43や第4の可変表示装置44の表示制御に用いられる複数種類のタイマを含んで構成される。例えば、各種タイマ215は、第1及び第2の図柄表示制御プロセスタイマ、第3及び第4の可変表示時間タイマや第1及び第2の監視タイマを含んでいる。第1の図柄表示制御プロセスタイマは、図柄表示プロセステーブルに設定されているプロセスタイマ値をカウントダウンすることにより、第3の可変表示装置43にて飾り図柄を表示制御パターンに従った態様で可変表示させる可変表示期間を計測し、第2の図柄表示制御プロセスタイマは、第4の可変表示装置44にて飾り図柄を表示制御パターンに従った態様で可変表示させる可変表示期間を計測する。   Various timers 215 shown in FIG. 13 include a plurality of types of timers used for display control of the third variable display device 43 and the fourth variable display device 44. For example, the various timers 215 include first and second symbol display control process timers, third and fourth variable display time timers, and first and second monitoring timers. The first symbol display control process timer variably displays the ornament symbol in a manner according to the display control pattern on the third variable display device 43 by counting down the process timer value set in the symbol display process table. The second symbol display control process timer measures the variable display period in which the fourth variable display device 44 variably displays the decorative symbols in a manner according to the display control pattern.

各種タイマ215に含まれる第3の可変表示時間タイマは、第3の可変表示装置43による飾り図ゲームの実行時間である可変表示時間をサブ側で計測するためのダウンカウンタであり、第4の可変表示時間タイマは、第4の可変表示装置44による飾り図ゲームの実行時間である可変表示時間をサブ側で計測するためのダウンカウンタである。第1の監視タイマは、第3の可変表示時間タイマがタイムアウトしてからの経過時間を計測するためのものであり、第2の監視タイマは、第4の可変表示時間タイマがタイムアウトしてからの経過時間を計測するためのものである。第1及び第2の監視タイマは、主基板11から表示制御コマンドを所定時間以上受信しなかったときにタイムアウトする。   The third variable display time timer included in the various timers 215 is a down counter for measuring the variable display time, which is the execution time of the decoration drawing game by the third variable display device 43, on the sub side. The variable display time timer is a down counter for measuring the variable display time, which is the execution time of the decoration drawing game by the fourth variable display device 44, on the sub side. The first monitoring timer is for measuring an elapsed time after the third variable display time timer times out, and the second monitoring timer is after the fourth variable display time timer times out. It is for measuring the elapsed time. The first and second monitoring timers time out when a display control command is not received from the main board 11 for a predetermined time.

図2に示す音声制御基板13、ランプ制御基板14は、主基板11から送信される制御コマンドに基づいて、音声出力制御、ランプ出力制御を、それぞれ主基板11とは独立して実行するサブ側の制御基板である。すなわち、音声制御基板13は、主基板11からの制御コマンドに基づいてスピーカ8L,8Rによる音声出力動作を制御することによって、遊技の進行に関わる音声による演出を制御する。また、ランプ制御基板14は、主基板11からの制御コマンドに基づいて遊技効果ランプ9の点灯/消灯動作を制御することによって、遊技の進行に関わるランプの点灯、点滅あるいは消灯による演出を制御する。払出制御基板15は、遊技球の貸出や賞球等の払出制御を行うものである。情報端子基板16は、各種の遊技関連情報を外部に出力するためのものである。   The audio control board 13 and the lamp control board 14 shown in FIG. 2 execute the audio output control and the lamp output control independently of the main board 11 based on the control command transmitted from the main board 11. This is a control board. In other words, the audio control board 13 controls the audio output operation by the speakers 8L and 8R based on the control command from the main board 11, thereby controlling the production by the sound related to the progress of the game. In addition, the lamp control board 14 controls the lighting / flashing operation of the game-related lamp 9 based on the control command from the main board 11 to control the effect of lighting, blinking, or turning off the lamp related to the progress of the game. . The payout control board 15 performs payout control for game balls, prize balls, and the like. The information terminal board 16 is for outputting various game-related information to the outside.

次に、本実施例におけるパチンコ遊技機1の動作(作用)を説明する。図18は、主基板11に搭載された遊技制御用マイクロコンピュータ100が実行する遊技制御メイン処理を示すフローチャートである。主基板11では、電源基板10からの電源電圧が供給されると、遊技制御用マイクロコンピュータ100が起動し、CPU103は、まず、図18のフローチャートに示す遊技制御メイン処理を実行する。遊技制御メイン処理を開始すると、CPU103は、割込禁止に設定した後(ステップS1)、必要な初期設定を行う(ステップS2)。この初期設定では、例えば、RAM102がクリアされる。また、遊技制御用マイクロコンピュータ100に内蔵されたCTC(カウンタ/タイマ回路)のレジスタ設定を行うことにより、定期的(例えば、2ミリ秒ごと)にタイマ割込を発生させる。初期設定が終了すると、割込を許可した後(ステップS3)、ループ処理に入る。   Next, the operation (action) of the pachinko gaming machine 1 in this embodiment will be described. FIG. 18 is a flowchart showing a game control main process executed by the game control microcomputer 100 mounted on the main board 11. In the main board 11, when the power supply voltage from the power supply board 10 is supplied, the game control microcomputer 100 is activated, and the CPU 103 first executes the game control main process shown in the flowchart of FIG. When the game control main process is started, the CPU 103 performs the necessary initial setting (step S2) after setting the interrupt prohibition (step S1). In this initial setting, for example, the RAM 102 is cleared. Further, by setting a register of a CTC (counter / timer circuit) built in the game control microcomputer 100, a timer interrupt is generated periodically (for example, every 2 milliseconds). When the initial setting is completed, interrupt processing is permitted (step S3), and then loop processing is started.

こうした遊技制御メイン処理の実行により、2ミリ秒ごとに繰り返しタイマ割込が発生するように設定され、タイマ割込が発生すると、CPU103は、図19のフローチャートに示す遊技制御割込処理を実行する。   By executing the game control main process, the timer interrupt is set to be repeatedly generated every 2 milliseconds. When the timer interrupt occurs, the CPU 103 executes the game control interrupt process shown in the flowchart of FIG. .

図19のフローチャートに示す遊技制御割込処理を開始すると、CPU103は、まず、所定のスイッチ処理を実行することにより、スイッチ回路107を介して各入賞口スイッチ70から入力される検出信号の状態を判定する(ステップS11)。続いて、所定のエラー処理を実行することにより、パチンコ遊技機1の異常診断を行い、その診断結果に応じて必要ならば警告を発生可能とする(ステップS12)。この後、ランダムカウンタ113によりカウントされる判定用乱数であるランダムR1,R2及びR5を更新する判定用乱数更新処理と(ステップS13)、表示用乱数であるランダムR3やR4を更新する表示用乱数更新処理と、を順次実行する(ステップS14)。   When the game control interrupt process shown in the flowchart of FIG. 19 is started, the CPU 103 first executes a predetermined switch process, thereby changing the state of the detection signal input from each winning port switch 70 via the switch circuit 107. Determination is made (step S11). Subsequently, by executing predetermined error processing, abnormality diagnosis of the pachinko gaming machine 1 is performed, and if necessary, warning can be generated according to the diagnosis result (step S12). Thereafter, a determination random number update process for updating random numbers R1, R2, and R5 that are determination random numbers counted by the random counter 113 (step S13), and a display random number for updating random numbers R3 and R4 that are display random numbers. The update process is sequentially executed (step S14).

次に、CPU103は、第1の特別図柄プロセス処理(ステップS15)と第2の特別図柄プロセス処理(ステップS16)とを順次実行する。第1の特別図柄プロセス処理と第2の特別図柄プロセス処理とでは、遊技状態に応じてパチンコ遊技機1を所定の順序で制御するために、フラグメモリ118に設けられた第1の特別図柄プロセスフラグや第2の特別図柄プロセスフラグに従って、それぞれ該当する処理が選択されて実行される。続いて、CPU103は、第1の普通図柄プロセス処理(ステップS17)と第2の普通図柄プロセス処理(ステップS18)とを順次実行する。第1の普通図柄プロセス処理と第2の普通図柄プロセス処理とでは、第1の普通図柄表示器51や第2の普通図柄表示器52を所定の順序で制御するために、第1の普通図柄プロセスフラグや第2の普通図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選択されて実行される。   Next, the CPU 103 sequentially executes the first special symbol process (step S15) and the second special symbol process (step S16). In the first special symbol process and the second special symbol process, the first special symbol process provided in the flag memory 118 for controlling the pachinko gaming machine 1 in a predetermined order according to the gaming state. Each corresponding process is selected and executed according to the flag or the second special symbol process flag. Subsequently, the CPU 103 sequentially executes the first normal symbol process (step S17) and the second normal symbol process (step S18). In the first normal symbol process and the second normal symbol process, the first normal symbol display 51 and the second normal symbol display 52 are controlled in a predetermined order in order to control the first normal symbol display 51 and the second normal symbol display 52. Corresponding processing is selected and executed according to the process flag and the second normal symbol process flag.

さらに、CPU103は、所定のコマンド制御処理を実行することにより、主基板11から表示制御基板12等のサブ側の制御基板に対して制御コマンドを送出し、遊技状態に合わせた動作制御を指示する(ステップS19)。このコマンド制御処理により主基板11から送出された表示制御コマンドを表示制御基板12のCPU202が受け取り、その表示制御コマンドに従って第3及び第4の可変表示装置43及び44の表示制御などが行われる。   Further, the CPU 103 executes a predetermined command control process, thereby sending a control command from the main board 11 to a sub-side control board such as the display control board 12 and instructing an operation control in accordance with the gaming state. (Step S19). The CPU 202 of the display control board 12 receives the display control command sent from the main board 11 by this command control processing, and the display control of the third and fourth variable display devices 43 and 44 is performed according to the display control command.

また、CPU103は、所定の情報出力処理を実行することにより、各種出力データの格納領域の内容をI/Oポート104に含まれる各出力ポートに出力する(ステップS20)。この情報出力処理では、主基板11から情報端子基板16に、大当り情報、始動情報、確率変動情報などをホール管理用コンピュータに対して出力する指令の送出も行われる。   In addition, the CPU 103 executes predetermined information output processing to output the contents of the storage area for various output data to each output port included in the I / O port 104 (step S20). In this information output process, a command for outputting jackpot information, starting information, probability variation information, etc. to the hall management computer is also sent from the main board 11 to the information terminal board 16.

続いて、CPU103は、所定のソレノイド出力処理を実行することにより、所定の条件が成立したときに第1及び第2の普通可変入賞球装置61及び62における可動翼片の可動制御や第1及び第2の特別可変入賞球装置71及び72における開閉板の開閉駆動を行う(ステップS21)。この後、所定の賞球処理を実行することにより、各入賞口スイッチ70から入力された検出信号に基づく賞球数の設定などを行い、払出制御基板15に対して払出制御コマンドを出力可能とする(ステップS22)。   Subsequently, the CPU 103 executes a predetermined solenoid output process to control the movement of the movable blade pieces in the first and second ordinary variable winning ball devices 61 and 62 when the predetermined condition is satisfied. Opening and closing drive of the opening and closing plates in the second special variable winning ball devices 71 and 72 is performed (step S21). Thereafter, by executing predetermined prize ball processing, the number of prize balls can be set based on the detection signal input from each prize opening switch 70, and a payout control command can be output to the payout control board 15. (Step S22).

図20は、ステップS15にて実行される第1の特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。第1の特別図柄プロセス処理を開始すると、CPU103は、まず、遊技球が第1の普通可変入賞球装置61に入賞したか否かを、各入賞口スイッチ70に含まれる第1の始動球検出スイッチから入力される検出信号や、フラグメモリ118に設けられた入力状態フラグなどをチェックすることにより、判別する(ステップS101)。遊技球が入賞して第1の始動球検出スイッチからの検出信号がオン状態となった場合(ステップS101;Yes)、第1の入賞処理を実行する(ステップS102)。一方、遊技球が入賞していない場合(ステップS101;No)には、第1の入賞処理をスキップする。   FIG. 20 is a flowchart showing the first special symbol process executed in step S15. When the first special symbol process is started, the CPU 103 first detects whether or not a game ball has won the first ordinary variable winning ball device 61 by detecting the first starting ball included in each winning opening switch 70. A determination is made by checking a detection signal input from the switch, an input state flag provided in the flag memory 118, and the like (step S101). When the game ball is won and the detection signal from the first start ball detection switch is turned on (step S101; Yes), the first winning process is executed (step S102). On the other hand, if the game ball has not won (step S101; No), the first winning process is skipped.

図21は、ステップS102の第1の入賞処理を示すフローチャートである。この第1の入賞処理において、CPU103は、まず、第1の特図保留メモリ111が記憶している始動入賞記憶数が最大値の4であるか否かを判別する(ステップS201)。   FIG. 21 is a flowchart showing the first winning process in step S102. In the first winning process, the CPU 103 first determines whether or not the starting winning memory number stored in the first special figure reservation memory 111 is the maximum value of 4 (step S201).

始動入賞記憶数が4であるときには(ステップS201;Yes)、今回の入賞による始動検出は無効として、そのまま第1の入賞処理が終了する。一方、始動入賞記憶数が4未満であるときには(ステップS201;No)、第1の特図保留メモリ111の始動入賞記憶数を1加算し(ステップS202)、ランダムカウンタ113よりランダムR1の値を抽出し(ステップS203)、抽出したランダムR1の値を第1の特図保留メモリ111の空エントリの先頭にセットする(ステップS204)。このとき、第1の始動入賞記憶表示器45にて消灯されているLEDのうちの1つ(一例として、消灯されているLEDのうち左端のLED)を点灯させるなど、第1の始動入賞記憶表示器45の点灯制御を行う。   When the start winning memory number is 4 (step S201; Yes), the start detection by the current winning is invalidated, and the first winning process is ended as it is. On the other hand, when the starting winning memory number is less than 4 (step S201; No), 1 is added to the starting winning memory number of the first special figure reservation memory 111 (step S202), and the value of the random R1 is determined from the random counter 113. Extraction (step S203), and the value of the extracted random R1 is set at the head of the empty entry in the first special figure reservation memory 111 (step S204). At this time, the first start-winning memory, such as turning on one of the LEDs turned off in the first start-winning memory display 45 (for example, the leftmost LED among the turned-off LEDs) is used. Lighting control of the display 45 is performed.

この後、CPU103は、ステップS204の処理の結果、第1の特図保留メモリ111が記憶する始動入賞記憶数が最大値である4に達したか否かを判定する(ステップS205)。始動入賞記憶数が4に達していないときには(ステップS205;No)、そのまま第1の入賞処理を終了する。一方、始動入賞記憶数が4に達したときには(ステップS205;Yes)、フラグメモリ118に設けられた第1の報知演出フラグがオン状態にあるか否かを判定する(ステップS206)。この第1の報知演出フラグをチェックすることにより、CPU103は、第2の特図保留メモリ112が記憶する始動入賞記憶数が最大値である4に達しているか否かや、第3の可変表示装置43にて第1の普通入賞球装置61への入賞を促す報知演出が実行されているか否かを、判定することができる。   Thereafter, the CPU 103 determines whether or not the number of start winning memories stored in the first special figure reservation memory 111 has reached the maximum value of 4 as a result of the process of step S204 (step S205). When the start winning memory number has not reached 4 (step S205; No), the first winning process is ended as it is. On the other hand, when the start winning memory number reaches 4 (step S205; Yes), it is determined whether or not the first notification effect flag provided in the flag memory 118 is in the on state (step S206). By checking the first notification effect flag, the CPU 103 determines whether or not the number of start winning memories stored in the second special figure holding memory 112 has reached the maximum value of 4, and the third variable display. It can be determined whether or not a notification effect that prompts the player to win the first ordinary winning ball device 61 is being executed by the device 43.

第1の報知演出フラグがオン状態にあるとき(ステップS206;Yes)、CPU103は、第1の特図保留メモリ111によりも先に第2の特図保留メモリ112の始動入賞記憶数が最大値である4に達し、第3の可変表示装置43にて第1の普通入賞球装置61への入賞を促す報知演出が実行されていたものと判別し、この報知演出を終了させるべく、第1の報知演出フラグをクリアしてオフすると共に(ステップS207)、第1の報知演出終了コマンドを表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS208)。   When the first notification effect flag is in the on state (step S206; Yes), the CPU 103 sets the maximum number of start winnings stored in the second special figure holding memory 112 earlier than the first special figure holding memory 111. 4 is determined, the third variable display device 43 determines that the notification effect for urging the first ordinary winning ball device 61 has been executed, and the first variable effect is ended to end the notification effect. The notification effect flag is cleared and turned off (step S207), and the first notification effect end command is set to be able to be sent to the display control board 12 (step S208).

第1の報知演出フラグがオフ状態にあるとき(ステップS206;No)、CPU103は、第2の特図保留メモリ112の始動入賞記憶数が未だ最大値である4に達していないものと判別し、第4の可変表示装置44にて第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出を実行すべく、第2の報知演出フラグをオン状態にセットすると共に(ステップS209)、第2の報知演出開始コマンドを表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS210)。   When the first notification effect flag is in the OFF state (step S206; No), the CPU 103 determines that the start winning memory number of the second special figure reservation memory 112 has not yet reached the maximum value of 4. The second variable display device 44 sets the second notification effect flag to the on state in order to execute a notification effect that prompts the player to win the second ordinary variable winning ball device 62 (step S209). 2 is set so as to be capable of being sent to the display control board 12 (step S210).

続いて、CPU103は、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグがオンとなっているか否かを判別し(ステップS211)、オフとなっているときは(ステップS211;No)、そのまま第1の入賞処理を終了する。一方、確変中フラグがオンとなっているときには(ステップS211;Yes)、ランダムカウンタ113よりランダムR5の値を抽出し(ステップS212)、抽出したランダムR5の値に基づいて、確率向上状態を終了するか否かを判別する(ステップS213)。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the probability changing flag provided in the flag memory 118 is turned on (step S211), and when it is turned off (step S211; No), the first change is made as it is. The winning process is terminated. On the other hand, when the probability variation flag is on (step S211; Yes), the random counter 113 extracts the value of the random R5 (step S212), and the probability improvement state is terminated based on the extracted random R5 value. It is determined whether or not to perform (step S213).

確率向上状態を終了するときには(ステップS213;Yes)、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグをオン状態にセットする(ステップS214)。一方、確率向上状態を終了しないときには(ステップS213;No)、そのまま第1の入賞処理を終了する。   When the probability improvement state ends (step S213; Yes), the probability changing flag provided in the flag memory 118 is set to the on state (step S214). On the other hand, when the probability improvement state is not finished (step S213; No), the first winning process is finished as it is.

この後、CPU103は、フラグメモリ118に設けられている第1の特別図柄プロセスフラグの値に基づいて、図20に示すステップS110〜S118の9個の処理のいずれかを選択する。以下に、ステップS110〜S118の各処理について説明する。   Thereafter, the CPU 103 selects one of the nine processes of steps S110 to S118 shown in FIG. 20 based on the value of the first special symbol process flag provided in the flag memory 118. Below, each process of step S110-S118 is demonstrated.

ステップS110の第1の特別図柄通常処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が初期値「0」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、第1の特図保留メモリ111が記憶している保留記憶数が「0」であるか否かを判別する。ここで、第1の特図保留メモリ111において、保留番号「1」に対応した乱数値等の各種データが記憶されていない場合には、保留記憶数が「0」であると判別される。保留記憶数が「0」であれば、表示制御基板12を介して第3の可変表示装置43上にデモンストレーション画面を表示するなどして、特別図柄通常処理を終了する。一方、保留記憶数が「0」ではないと判別すると、第1の特別図柄プロセスフラグの値を第1の大当り判定処理に対応した値である「1」に更新する。   The first special symbol normal process of step S110 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is the initial value “0”. In this process, the CPU 103 determines whether or not the number of reserved memories stored in the first special figure reservation memory 111 is “0”. Here, in the first special figure reservation memory 111, when various data such as a random number value corresponding to the reservation number “1” is not stored, it is determined that the storage number is “0”. If the number of reserved memories is “0”, the special symbol normal process is terminated by displaying a demonstration screen on the third variable display device 43 via the display control board 12. On the other hand, if it is determined that the number of reserved memories is not “0”, the value of the first special symbol process flag is updated to “1” which is a value corresponding to the first jackpot determination process.

ステップS111の第1の大当り判定処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「1」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図22に示すように、まず、第1の特図保留メモリ111から保留番号「1」に対応して格納されているランダムR1の値を読み出す(ステップS221)。この際、保留記憶数を1減算し、かつ、第1の特図保留メモリ111の第2〜第4エントリ(保留番号「2」〜「4」)に格納されたランダムR1の値を1エントリずつ上位にシフトする(ステップS222)。   The first jackpot determination process in step S111 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “1”. In this process, as shown in FIG. 22, the CPU 103 first reads the value of the random R1 stored in correspondence with the hold number “1” from the first special figure hold memory 111 (step S221). At this time, 1 is subtracted from the reserved storage number, and the random R1 value stored in the second to fourth entries (holding numbers “2” to “4”) of the first special figure holding memory 111 is set to one entry. The information is shifted up one by one (step S222).

続いて、CPU103は、確率向上状態(確変中)であるか否かを判別し(ステップS223)、確変中ではなければ(ステップS223;No)、通常遊技状態であると判断し、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果を大当りとするか否かを判定するためのテーブルとして、図7(A)に示すような通常時大当り判定用テーブル120を設定する(ステップS224)。これに対して、確変中であれば(ステップS223;Yes)、図7(B)に示すような確変時大当り判定用テーブル121を設定する(ステップS225)。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the probability improvement state (probability change is in progress) (step S223). If the probability change is not in progress (step S223; No), the CPU 103 determines that the game state is the normal game state. A normal big hit determination table 120 as shown in FIG. 7A is set as a table for determining whether or not the display result of the special figure game by the variable display device 41 is a big hit (step S224). On the other hand, if the probability change is in progress (step S223; Yes), the probability change big hit determination table 121 as shown in FIG. 7B is set (step S225).

CPU103は、ステップS221の処理にて読み出したランダムR1の値に基づき、ステップS224又はS225の処理にて設定した大当り判定用テーブル120又は121を用いて、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果を大当りとするか否かを判定する(ステップS226)。そして、大当りとすることに決定した場合には(ステップS226;Yes)、フラグメモリ118に設けられた第1の大当り状態フラグをオン状態にセットし(ステップS227)、ハズレとすることに決定した場合には(ステップS226;No)、第1の大当り状態フラグをクリアしてオフ状態とする(ステップS228)。この後、第1の特別図柄プロセスフラグの値を第1の確定図柄決定処理に対応した値である「2」に更新する(ステップS229)。   The CPU 103 uses the jackpot determination table 120 or 121 set in the process of step S224 or S225 based on the value of the random R1 read in the process of step S221, and the special game by the first variable display device 41. It is determined whether or not the display result is a big hit (step S226). If it is determined to be a big hit (step S226; Yes), the first big hit state flag provided in the flag memory 118 is set to the on state (step S227), and it is determined to be lost. In such a case (step S226; No), the first big hit state flag is cleared and turned off (step S228). Thereafter, the value of the first special symbol process flag is updated to “2” which is a value corresponding to the first confirmed symbol determination process (step S229).

図20に示すステップS112の第1の確定図柄決定処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「2」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図23及び図24に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第1の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS231)。第1の大当り状態フラグがオフであるときには(ステップS231;No)、ランダムカウンタ113よりランダムR2の値を抽出し(ステップS232)、リーチとするか否かを決定する(ステップS233)。例えば、ステップS232の処理にて抽出したランダムR2の値が「105」〜「1530」のいずれかであるときには、リーチとしないことを決定し、「0」〜「104」のいずれかであるときには、リーチとすることを決定する。また、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグがオンとなっているか否かに応じてリーチとするランダムR2の値が異なるテーブルを用意しておき、確変中フラグの状態に応じて選択したテーブルを用いてリーチとするか否かを決定してもよい。   The first determined symbol determination process in step S112 shown in FIG. 20 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “2”. In this process, as shown in FIGS. 23 and 24, the CPU 103 first determines whether or not the first big hit state flag provided in the flag memory 118 is on (step S231). When the first big hit state flag is off (step S231; No), the value of the random R2 is extracted from the random counter 113 (step S232), and it is determined whether or not to reach (step S233). For example, when the value of random R2 extracted in the process of step S232 is any one of “105” to “1530”, it is determined not to reach, and when it is any one of “0” to “104”. And decide to reach. Further, a table having different random R2 values to be reached depending on whether or not the probability changing flag provided in the flag memory 118 is on is prepared, and the table selected according to the state of the probability changing flag. It may be determined whether or not to reach by using.

ステップS233の処理にてリーチとしないことを決定したとき(ステップS233;No)、CPU103は、フラグメモリ118に設けられた第1のリーチ状態フラグをクリアしてオフ状態とする(ステップS234)。そして、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−1の値に基づき、図8(C)に示す第1の左図柄決定用テーブル132を用いて第1の左確定図柄を決定する(ステップS235)。また、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−2の値に基づき、図8(B)に示す第1の中図柄決定用テーブル133を用いて第1の中確定図柄を決定すると共に(ステップS236)、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−3の値に基づき、図8(C)に示す第1の右図柄決定用テーブル134を用いて第1の右確定図柄を決定する(ステップS237)。この後、ステップS251の処理に進む。   When it is determined not to reach in the process of step S233 (step S233; No), the CPU 103 clears the first reach state flag provided in the flag memory 118 and sets it to the off state (step S234). Then, based on the value of the random R4-1 extracted from the random counter 113, the first left determined symbol is determined using the first left symbol determining table 132 shown in FIG. 8C (step S235). Further, based on the value of the random R4-2 extracted from the random counter 113, the first medium symbol determination table 133 is determined using the first medium symbol determination table 133 shown in FIG. 8B (step S236). Based on the value of the random R4-3 extracted from the random counter 113, the first right determined symbol is determined using the first right symbol determining table 134 shown in FIG. 8C (step S237). Thereafter, the process proceeds to step S251.

また、ステップS233の処理にてリーチとすることを決定したとき(ステップS233;Yes)、CPU103は、第1のリーチ状態フラグをオン状態にセットし(ステップS238)、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−1の値に基づき、第1の左図柄決定用テーブル132を用いて第1の左確定図柄を決定する(ステップS239)。また、第1の左確定図柄と同一の図柄番号である特別図柄を第1の右確定図柄とすることを決定し(ステップS240)、第1の左・右確定図柄とは異なる任意の特別図柄を第1の中確定図柄とすることを決定する(ステップS241)。この後、ステップS251に進む。   Further, when it is determined to reach in the process of step S233 (step S233; Yes), the CPU 103 sets the first reach state flag to the on state (step S238), and the random number extracted from the random counter 113 is set. Based on the value of R 4-1, the first left determined symbol is determined using the first left symbol determining table 132 (step S 239). Further, it is determined that a special symbol having the same symbol number as the first left determined symbol is set as the first right determined symbol (step S240), and any special symbol different from the first left / right determined symbols is determined. To be the first medium-determined symbol (step S241). Thereafter, the process proceeds to step S251.

上述したステップS231の処理にて大当り状態フラグがオンであると判別したとき(ステップS231;Yes)、CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR5の値を抽出し(ステップS242)、大当り遊技状態が終了した後に確率向上状態へと移行する確率変動制御を行うか否かを決定する(ステップS243)。例えば、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR5の値が奇数であるときには確率変動制御を行うことを決定し、偶数であるときには確率変動制御を行わないことを決定する。   When it is determined that the big hit state flag is on in the process of step S231 described above (step S231; Yes), the CPU 103 extracts the value of the random R5 from the random counter 113 (step S242), and the big hit gaming state ends. After that, it is determined whether or not to perform the probability variation control for shifting to the probability improvement state (step S243). For example, when the value of the random R5 extracted from the random counter 113 is an odd number, it is determined that the probability variation control is performed, and when it is an even number, it is determined that the probability variation control is not performed.

ステップS243の処理にて確率変動制御を行わないことを決定したとき(ステップS243;No)、CPU103は、フラグメモリ113に設けられた第1の確変確定フラグをクリアしてオフ状態とし(ステップS244)、大当りの可変表示結果となる特別図柄の確定図柄を決定するためのテーブルとして、図8(A)に示す第1の通常大当り図柄決定用テーブル130を設定する(ステップS245)。また、ステップS243の処理にて確率変動制御を行うことを決定したときには(ステップS243;Yes)、第1の確変確定フラグをオン状態にセットすると共に(ステップS246)、特別図柄の確定図柄を決定するためのテーブルとして、図8(B)に示す第1の確変大当り図柄決定用テーブル131を設定する(ステップS247)。   When it is determined that the probability variation control is not performed in the process of step S243 (step S243; No), the CPU 103 clears the first probability variation confirmation flag provided in the flag memory 113 and sets the off state (step S244). ), A first normal jackpot symbol determination table 130 shown in FIG. 8 (A) is set as a table for determining a confirmed symbol of a special symbol that is a variable display result of jackpot (step S245). When it is determined that the probability variation control is to be performed in the process of step S243 (step S243; Yes), the first probability variation confirmation flag is set to the on state (step S246), and the confirmed symbol of the special symbol is determined. As a table for this, the first probability variation big hit symbol determination table 131 shown in FIG. 8B is set (step S247).

ステップS245又はS247の処理を実行した後、CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR4−1の値を抽出し(ステップS248)、抽出したランダムR4−1の値に基づき、ステップS245又はS247の処理にて設定した図柄決定用テーブル130又は131を用いて左・中・右で同一となる大当り用の確定図柄を決定する(ステップS249)。   After executing the process of step S245 or S247, the CPU 103 extracts the value of the random R4-1 from the random counter 113 (step S248), and performs the process of step S245 or S247 based on the extracted value of the random R4-1. Using the symbol determination table 130 or 131 set as described above, the determined symbol for the big hit that is the same for the left, middle, and right is determined (step S249).

そして、ステップS249の処理にて決定した特別図柄の確定図柄に対応する制御データを所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第1の左・中・右図柄指定コマンドB0XX(h),B1XX(h)及びB2XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS250)。この後、CPU103は、第1の特別図柄プロセスフラグの値を第1の可変表示パターン設定処理に対応した値である「3」に更新して、第1の確定図柄決定処理を終了する(ステップS251)。   Then, the first left / middle / right symbol designation commands B0XX (h), B1XX are set by setting control data corresponding to the confirmed symbol of the special symbol determined in step S249 in a predetermined command transmission table. (H) and B2XX (h) are set to be sendable to the display control board 12 (step S250). Thereafter, the CPU 103 updates the value of the first special symbol process flag to “3”, which is a value corresponding to the first variable display pattern setting process, and ends the first fixed symbol determination process (step S1). S251).

図20に示すステップS113の第1の可変表示パターン設定処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「3」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図25及び図26に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第1の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS261)。第1の大当り状態フラグがオフであるときには(ステップS261;No)、上記ステップS112の第1の確定図柄決定処理にてリーチとすることが決定されたか否かを判別する(ステップS262)。   The first variable display pattern setting process in step S113 shown in FIG. 20 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “3”. In this process, as shown in FIGS. 25 and 26, the CPU 103 first determines whether or not the first big hit state flag provided in the flag memory 118 is on (step S261). When the first big hit state flag is OFF (step S261; No), it is determined whether or not reach is determined in the first determined symbol determination process in step S112 (step S262).

リーチとしない場合には(ステップS262;No)、可変表示パターンを選択するためのテーブルとして、図10(A)に示す第1の通常時可変表示パターン決定用テーブル150を設定し(ステップS263)、一方、リーチとする場合には(ステップS262;Yes)、可変表示パターンを選択するためのテーブルとして、図10(B)に示す第1のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル151を設定する(ステップS264)。   When not reaching (step S262; No), the first normal variable display pattern determination table 150 shown in FIG. 10A is set as a table for selecting the variable display pattern (step S263). On the other hand, when the reach is set (step S262; Yes), the first reach variable display pattern determination table 151 shown in FIG. 10B is set as a table for selecting the variable display pattern ( Step S264).

CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR3の値を抽出し(ステップS265)、抽出したランダムR3の値に基づいて、ステップS263又はS264の処理にて設定した可変表示パターン決定用テーブルのうちから、今回の特図ゲームで使用する可変表示パターンを決定する(ステップS266)。   The CPU 103 extracts the value of the random R3 from the random counter 113 (step S265), and based on the extracted value of the random R3, from the variable display pattern determination table set in the process of step S263 or S264, this time The variable display pattern used in the special figure game is determined (step S266).

この後、CPU103は、ステップS266の処理にて決定した可変表示パターンに対応する制御データを、所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS267)。そして、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を開始させると共に(ステップS268)、この可変表示パターンに対応する総可変表示時間を可変表示時間タイマ119に設けられた第1の可変表示時間タイマに設定し(ステップS269)、その後、ステップS288の処理へと進む。   Thereafter, the CPU 103 performs display control of the first variable display start command A0XX (h) by setting control data corresponding to the variable display pattern determined in step S266 in a predetermined command transmission table. It is set to be able to send to the substrate 12 (step S267). Then, the variable display of the special symbol is started by the first variable display device 41 (step S268), and the total variable display time corresponding to this variable display pattern is displayed in the first variable display provided in the variable display time timer 119. The time timer is set (step S269), and then the process proceeds to step S288.

また、ステップS261の処理にて第1の大当り状態フラグがオンであるときには(ステップS261;Yes)、可変表示パターンを選択するためのテーブルとして、図10(C)に示す第1の大当り時可変表示パターン決定用テーブル152を設定する(ステップS270)。   When the first big hit state flag is ON in the process of step S261 (step S261; Yes), the first big hit time variable shown in FIG. 10C is used as a table for selecting a variable display pattern. The display pattern determination table 152 is set (step S270).

CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR3の値を抽出し(ステップS271)、抽出したランダムR3の値に基づいて、ステップS270の処理にて設定した可変表示パターン決定用テーブルのうちから、今回の特図ゲームで使用する可変表示パターンを決定する(ステップS272)。   The CPU 103 extracts the value of the random R3 from the random counter 113 (step S271), and based on the extracted value of the random R3, from the variable display pattern determination table set in the process of step S270, A variable display pattern used in the figure game is determined (step S272).

この後、CPU103は、ステップS272の処理にて決定した可変表示パターンに対応する制御データを、所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS273)。そして、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を開始させると共に(ステップS274)、この可変表示パターンに対応する総可変表示時間を可変表示時間タイマ119に設けられた第1の可変表示時間タイマに設定する(ステップS275)。   Thereafter, the CPU 103 performs display control of the first variable display start command A0XX (h) by setting control data corresponding to the variable display pattern determined in the process of step S272 in a predetermined command transmission table. It is set to be able to send to the substrate 12 (step S273). Then, the variable display of the special symbol is started by the first variable display device 41 (step S274), and the total variable display time corresponding to this variable display pattern is displayed in the first variable display provided in the variable display time timer 119. The time timer is set (step S275).

その後、CPU103は、フラグメモリ118に設けられている第1の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS276)。第1の確変確定フラグがオンとなっているときには(ステップS276;Yes)、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果が確変大当りとなるものと判定し、続いて、フラグメモリ118に設けられている第2の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS277)。第2の大当り状態フラグがオンとなっているときには(ステップS277;Yes)、さらに、フラグメモリ118に設けられている第2の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS278)。   Thereafter, the CPU 103 determines whether or not the first certainty change confirmation flag provided in the flag memory 118 is on (step S276). When the first probability change confirmation flag is on (step S276; Yes), it is determined that the display result of the special figure game by the first variable display device 41 is a probability change big hit, and then the flag memory 118. It is determined whether or not the second big hit state flag provided in is turned on (step S277). When the second big hit state flag is on (step S277; Yes), it is further determined whether or not the second certainty change confirmation flag provided in the flag memory 118 is on (step S278). ).

第2の確変確定フラグがオフであるときには(ステップS278;No)、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果が通常大当りとなるものと判定し、可変表示時間タイマ119に設けられている第2の可変表示時間タイマの現在のタイマ値と、ステップS272の処理にて決定した可変表示パターンに対応する総可変表示時間T2i(i=0,1,2,3)に相当するタイマ値と、を比較する(ステップS279)。このようにして、CPU103は、第2の可変表示装置42にて行われている表示結果を確変大当りとする特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr2と、第1の可変表示装置41にて行われる表示結果を通常大当りとする特図ゲームにおける特別図柄の総可変表示時間T3iと、を比較することができる。   When the second probability change confirmation flag is off (step S278; No), it is determined that the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is usually a big hit, and is provided in the variable display time timer 119. The timer corresponding to the current timer value of the second variable display time timer and the total variable display time T2i (i = 0, 1, 2, 3) corresponding to the variable display pattern determined in step S272. The values are compared (step S279). In this way, the CPU 103 sets the remaining variable display time Tr2 of the special symbol in the special symbol game in which the display result being performed on the second variable display device 42 is a probable big hit and the first variable display device 41. It is possible to compare the total variable display time T3i of the special symbol in the special symbol game in which the display result that is normally performed is a big hit.

ステップS279の処理にて比較した結果、第2の可変表示装置42にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr2が、第1の可変表示装置41による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも長い場合には(ステップS280;Yes)、表示制御基板12に対して第2の可変表示時間短縮コマンドA300(h)を送出するための設定を行うと共に(ステップS281)、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当するタイマ値に変更する(ステップS282)。   As a result of the comparison in the process of step S279, the remaining variable display time Tr2 of the special symbol in the special symbol game performed on the second variable display device 42 is the total variable of the special symbol by the first variable display device 41. If it is longer than the display time T2i (step S280; Yes), a setting is made to send the second variable display time shortening command A300 (h) to the display control board 12 (step S281). The timer value of the variable display time timer 2 is changed to a timer value corresponding to the shortened variable display time T30 (step S282).

この短縮可変表示時間T30は、図10(C)に示す第1の大当り時可変表示パターン決定用テーブル152や図11(C)に示す第2の大当り時可変表示パターン決定用テーブル162の各可変表示パターンに設定されている総可変表示時間T2iのいずれよりも短くなるように設定されている。   This shortened variable display time T30 is variable in each of the first big hit variable display pattern determining table 152 shown in FIG. 10C and the second big hit variable display pattern determining table 162 shown in FIG. It is set to be shorter than any of the total variable display times T2i set in the display pattern.

このため、第2の可変表示装置42にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr2が、第1の可変表示装置41による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも長い場合でも、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当するタイマ値に変更することにより、第1の可変表示装置41による確変大当り図柄の導出表示よりも先に第2の可変表示装置42にて通常大当り図柄を導出表示することができる。   For this reason, when the remaining variable display time Tr2 of the special symbol in the special game played on the second variable display device 42 is longer than the total variable display time T2i of the special symbol by the first variable display device 41. However, by changing the timer value of the second variable display time timer to a timer value corresponding to the shortened variable display time T30, the second variable display device 41 can display the second variable display device 41 prior to the derivation display of the probability variation big hit symbol. The normal big hit symbol can be derived and displayed on the variable display device 42.

これにより、第1の可変表示装置41で確変大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了し、確率向上状態になった直後に、第2の可変表示装置42で通常大当り図柄が導出表示され、確変向上状態が直ぐに終了してしまうことを防止することができる。これにより、可変表示装置を複数備えた場合に、確変向上状態の価値が低下するといった弊害を防止することができる。   As a result, immediately after the big hit gaming state based on the fact that the first variable display device 41 has derived and displayed the probability variation big hit symbol, the normal variable big hit symbol is displayed on the second variable display device 42 immediately after the probability increasing state is reached. Derived and displayed, and the probability variation improving state can be prevented from ending immediately. Thereby, when a plurality of variable display devices are provided, it is possible to prevent the adverse effect that the value of the probability variation improved state is lowered.

一方、ステップS279の処理にて比較した結果、第2の可変表示装置42にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr2が、第1の可変表示装置41による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも短い場合には(ステップS280;No)、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を変更することなく、ステップS288の処理へと進む。   On the other hand, as a result of the comparison in the process of step S279, the remaining variable display time Tr2 of the special symbol in the special symbol game being executed on the second variable display device 42 is the special symbol by the first variable display device 41. If it is shorter than the total variable display time T2i (step S280; No), the process proceeds to step S288 without changing the timer value of the second variable display time timer.

また、ステップS277の処理にて第2の大当り状態フラグがオフであるとき(ステップS277;No)や第2の確変確定フラグがオンとなっているときには(ステップS278;Yes)、ステップS279〜S282の処理をスキップして、ステップS288の処理へと進む。   Further, when the second big hit state flag is off in the process of step S277 (step S277; No), or when the second probability change confirmation flag is on (step S278; Yes), steps S279 to S282 are performed. The process of step S288 is skipped and the process proceeds to step S288.

一方、第1の確変確定フラグがオフであるときには(ステップS276;No)、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果が通常大当りとなるものと判定し、続いて、フラグメモリ118に設けられている第2の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS283)。第2の確変確定フラグがオンとなっているときには(ステップS283;Yes)、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果が確変大当りとなるものと判定し、可変表示時間タイマ119に設けられている第2の可変表示時間タイマのタイマ値と、ステップS272の処理にて決定した可変表示パターンに対応する総可変表示時間T2i(i=0,1,2,3)に相当するタイマ値と、を比較する(ステップS284)。   On the other hand, when the first certainty change confirmation flag is off (step S276; No), it is determined that the display result of the special figure game by the first variable display device 41 is usually a big hit, and subsequently, the flag memory 118 It is determined whether or not the second certainty change confirmation flag provided in is turned on (step S283). When the second probability change confirmation flag is ON (step S283; Yes), it is determined that the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is a probability change big hit, and the variable display time timer 119 is set. Timer value corresponding to the total variable display time T2i (i = 0, 1, 2, 3) corresponding to the timer value of the second variable display time timer provided and the variable display pattern determined in the process of step S272 The values are compared (step S284).

ステップS284の処理にて比較した結果、第2の可変表示装置42にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr2が、第1の可変表示装置41による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも短い場合には(ステップS285;Yes)、表示制御基板12に対して第2の可変表示時間延長コマンドA500(h)を送出するための設定を行うと共に(ステップS286)、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当するタイマ値に変更する(ステップS287)。   As a result of the comparison in the process of step S284, the remaining variable display time Tr2 of the special symbol in the special symbol game being played on the second variable display device 42 is the total variable of the special symbol by the first variable display device 41. If it is shorter than the display time T2i (step S285; Yes), a setting is made to send the second variable display time extension command A500 (h) to the display control board 12 (step S286). The timer value of the variable display time timer 2 is changed to a timer value corresponding to the extended variable display time T40 (step S287).

この延長可変表示時間T40は、図10(C)に示す第1の大当り時可変表示パターン決定用テーブル152や図11(C)に示す第2の大当り時可変表示パターン決定用テーブル162の各可変表示パターンに設定されている総可変表示時間T2iのいずれよりも長くなるように設定されている。   This extended variable display time T40 is variable in each of the first big hit variable display pattern determination table 152 shown in FIG. 10C and the second big hit variable display pattern determination table 162 shown in FIG. It is set to be longer than any of the total variable display time T2i set in the display pattern.

このため、第2の可変表示装置42にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr2が、第1の可変表示装置41による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも短い場合でも、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当するタイマ値に変更することにより、第2の可変表示装置42による確変大当り図柄の導出表示よりも先に第1の可変表示装置41にて通常大当り図柄を導出表示することができる。   Therefore, when the remaining variable display time Tr2 of the special symbol in the special game played on the second variable display device 42 is shorter than the total variable display time T2i of the special symbol by the first variable display device 41. However, by changing the timer value of the second variable display time timer to a timer value corresponding to the extended variable display time T40, the first variable display device 42 can display the first variable probability winning symbol by the second variable display device 42 before the first variable display. Usually, the big hit symbol can be derived and displayed on the variable display device 41.

これにより、第2の可変表示装置42で確変大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了し、確率向上状態になった直後に、第1の可変表示装置41で通常大当り図柄が導出表示され、確変向上状態が直ぐに終了してしまうことを防止することができる。これにより、可変表示装置を複数備えた場合に、確変向上状態の価値が低下するといった弊害を防止することができる。   As a result, immediately after the big hit gaming state based on the fact that the probability variable big hit symbol is derived and displayed on the second variable display device 42, and the probability improved state, the normal big hit symbol is displayed on the first variable display device 41. Derived and displayed, and the probability variation improving state can be prevented from ending immediately. Thereby, when a plurality of variable display devices are provided, it is possible to prevent the adverse effect that the value of the probability variation improved state is lowered.

一方、ステップS284の処理にて比較した結果、第2の可変表示装置42にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr2が、第1の可変表示装置41による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも長い場合には(ステップS285;No)、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を変更することなく、ステップS288の処理へと進む。   On the other hand, as a result of the comparison in the process of step S284, the remaining variable display time Tr2 of the special symbol in the special symbol game being played on the second variable display device 42 is the special symbol by the first variable display device 41. If it is longer than the total variable display time T2i (step S285; No), the process proceeds to step S288 without changing the timer value of the second variable display time timer.

また、ステップS283の処理にて第2の確変確定がオフであるときには(ステップS283;No)、ステップS284〜S287の処理をスキップして、ステップS288の処理へと進む。   When the second certainty change determination is OFF in the process of step S283 (step S283; No), the process of steps S284 to S287 is skipped and the process proceeds to step S288.

この後、CPU103は、第1の特別図柄プロセスフラグの値を第1の可変表示制御処理に対応した値である「4」に更新する(ステップS288)。   Thereafter, the CPU 103 updates the value of the first special symbol process flag to “4” that is a value corresponding to the first variable display control process (step S288).

図20に示すステップS114の第1の可変表示制御処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「4」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図27に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第1の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS291)。第1の可変表示時間タイマ停止フラグがオフになっているときには(ステップS291;No)、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS292)。   The first variable display control process of step S114 shown in FIG. 20 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “4”. In this process, as shown in FIG. 27, the CPU 103 first determines whether or not the first variable display time timer stop flag provided in the flag memory 118 is turned on (step S291). When the first variable display time timer stop flag is off (step S291; No), the timer value is updated by subtracting 1 from the timer value of the first variable display time timer (step S292).

そして、更新された第1の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS293)。第1の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS293;Yes)、第1の特別図柄プロセスフラグの値を可変表示停止時処理に対応した値である「5」に更新する(ステップS294)。一方、ステップS293の処理にて第1の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS293;No)、第1の特別図柄プロセスフラグを更新することなく第1の可変表示制御処理を終了する。   Then, it is determined whether or not the timer value of the updated first variable display time timer is “0” (step S293). When the timer value of the first variable display time timer becomes “0” (step S293; Yes), the value of the first special symbol process flag is a value corresponding to the variable display stop time process “5”. To "" (step S294). On the other hand, when it is determined in step S293 that the timer value of the first variable display time timer is other than “0” (step S293; No), the first special symbol process flag is not updated. 1 variable display control processing is terminated.

また、ステップS291の処理にて第1の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているときには(ステップS291;Yes)、ステップS292〜S294の処理をスキップして、そのまま第1の可変表示制御処理を終了する。これにより、第1の可変表示時間タイマ停止フラグがオンされてから再びオフされるまで、第1の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができ、この結果、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を継続したまま、特別図柄の可変表示時間を延長することができる。   When the first variable display time timer stop flag is turned on in step S291 (step S291; Yes), the processing in steps S292 to S294 is skipped and the first variable display control process is performed as it is. Exit. Thereby, the countdown of the timer value of the first variable display time timer can be stopped until the first variable display time timer stop flag is turned on again after being turned on. As a result, the first variable display time timer can be stopped. While the variable display of the special symbol by the device 41 is continued, the variable display time of the special symbol can be extended.

ステップS115の第1の可変表示停止時処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「5」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図28に示すように、まず、第1の可変表示装置41にて特別図柄の確定図柄を導出表示させて、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を終了すると共に(ステップS301)、主基板11から表示制御基板12に対して第1の飾り図柄確定コマンドD0XX(h)を送出するための設定を行う(ステップS302)。具体的には、第1の飾り図柄確定コマンドD0XX(h)に対応する制御データを、所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第1の飾り図柄確定コマンドD0XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する。   The first variable display stop process in step S115 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “5”. In this process, as shown in FIG. 28, the CPU 103 first displays and displays the fixed symbol of the special symbol on the first variable display device 41, and displays the variable symbol of the special symbol on the first variable display device 41. Upon completion (step S301), settings are made to send the first decorative symbol determination command D0XX (h) from the main board 11 to the display control board 12 (step S302). Specifically, the control data corresponding to the first decorative symbol determination command D0XX (h) is set in a predetermined command transmission table, and the first decorative symbol determination command D0XX (h) is displayed on the display control board. 12 is set to be sendable.

続いて、CPU103は、フラグメモリ118に設けられた第1の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS303)。第1の大当り状態フラグがオフであるときには(ステップS303;No)、続いて、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS304)。確変中フラグがオフであるときには(ステップS304;No)、ステップS310の処理へと進む。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the first big hit state flag provided in the flag memory 118 is turned on (step S303). When the first big hit state flag is off (step S303; No), it is subsequently determined whether or not the probability changing flag provided in the flag memory 118 is on (step S304). When the probability changing flag is off (step S304; No), the process proceeds to step S310.

一方、確変中フラグがオンであるときには(ステップS304;Yes)、さらに、フラグメモリ118に設けられた確変終了フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS305)。確変終了フラグがオンであるときには(ステップS305;Yes)、確変中フラグ及び確変終了グラグをクリアしてオフ状態にすると共に、確変カウンタ117をクリアしてカウント値を「0」に初期化した後(ステップS306)、ステップS310の処理へと進む。   On the other hand, when the probability change flag is on (step S304; Yes), it is further determined whether or not the probability change end flag provided in the flag memory 118 is on (step S305). When the probability variation end flag is on (step S305; Yes), the probability variation in progress flag and the probability variation end flag are cleared and turned off, and the probability variation counter 117 is cleared and the count value is initialized to “0”. (Step S306), the process proceeds to Step S310.

一方、確変終了フラグがオフであるときには(ステップS305;No)、確変カウンタ117のカウント値を1減算し(ステップS307)、確変カウンタ117のカウント値が「0」となっているか否かを判別する(ステップS308)。確変カウンタ117のカウント値が「0」となっていないときには(ステップS308;No)、ステップS310の処理へと進む。   On the other hand, when the probability variation end flag is off (step S305; No), the count value of the probability variation counter 117 is decremented by 1 (step S307), and it is determined whether or not the count value of the probability variation counter 117 is “0”. (Step S308). When the count value of the probability variation counter 117 is not “0” (step S308; No), the process proceeds to step S310.

一方、確変カウンタ117のカウント値が「0」となっているときには(ステップS308;Yes)、確変中フラグをクリアする(ステップS309)。この後、CPU103は、第1の特別図柄プロセスフラグの値を「0」に更新する(ステップS310)。   On the other hand, when the count value of the probability variation counter 117 is “0” (step S308; Yes), the probability variation flag is cleared (step S309). Thereafter, the CPU 103 updates the value of the first special symbol process flag to “0” (step S310).

また、ステップS303の処理にて第1の大当り状態フラグがオンであるときには(ステップS303;Yes)、フラグメモリ118に設けられている第2の可変表示時間タイマ停止フラグをオン状態にセットし(ステップS311)、その後、第1の特別図柄プロセスフラグの値を第1の大入賞口開放前処理に対応する値である「6」に更新する(ステップS312)。   Further, when the first big hit state flag is on in the process of step S303 (step S303; Yes), the second variable display time timer stop flag provided in the flag memory 118 is set to the on state ( After that, the value of the first special symbol process flag is updated to “6” that is a value corresponding to the first pre-opening process for the winning opening (step S312).

ステップS116の第1の大入賞口開放前処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「6」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、大入賞口としての第1の特別可変入賞球装置71を開放する制御を開始するための設定を行う。そして、第1の特別可変入賞球装置71を開放する制御を開始するとともに、第1の特別図柄プロセスフラグの値を第1の大入賞口開放中処理に対応した値である「7」に更新する。   The first big winning opening releasing process in step S116 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “6”. In this process, the CPU 103 performs setting for starting control for opening the first special variable winning ball apparatus 71 as a big winning opening. Then, the control for opening the first special variable winning ball apparatus 71 is started, and the value of the first special symbol process flag is updated to “7”, which is a value corresponding to the first big prize opening opening process. To do.

ステップS117の第1の大入賞口開放中処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「7」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、開成された第1の特別可変入賞球装置71への遊技球の入賞検出、賞球の払出指令、開成時間の計測及び開成サイクルのラウンド数表示のための表示制御コマンド設定等を行う。そして、例えば、1回の大当りについて、第1の特別可変入賞球装置71の開成回数をカウントし、開成回数が例えば16回に達していれば、特定遊技状態(大当り遊技状態)を終了する条件が終了したとして第1の特別図柄プロセスフラグの値を大当り終了処理に対応した値である「8」に更新する。一方、開成回数が16回に達していなければ、第1の特別可変入賞球装置71を一旦閉成した後、所定時間が経過するのを待って再度開成する。   The first big prize opening opening process of step S117 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “7”. In this process, the CPU 103 performs display control commands for detecting the winning of a game ball to the opened first special variable winning ball device 71, a prize ball payout command, measuring the opening time, and displaying the round number of the opening cycle. Make settings. For example, the number of opening of the first special variable winning ball apparatus 71 is counted for one jackpot, and if the number of opening reaches, for example, 16, the condition for ending the specific gaming state (jackpot gaming state) Is completed, the value of the first special symbol process flag is updated to “8” which is a value corresponding to the jackpot end process. On the other hand, if the number of opening times has not reached 16, the first special variable winning ball apparatus 71 is once closed and then opened again after a predetermined time has elapsed.

ステップS118の第1の大当り終了処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が「8」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図29に示すように、まず、表示制御基板12に対して大当り終了コマンドE000(h)を送出するための設定を行うなどして、大当り遊技状態を終了させると共に(ステップS321)、フラグメモリ118に設けられた第1の大当り状態フラグ及び第2の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフ状態とする(ステップS322)。これにより、フラグメモリ118に設けられた第2の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンが再開される。   The first jackpot end process in step S118 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is “8”. In this process, as shown in FIG. 29, the CPU 103 first ends the jackpot gaming state by making a setting for sending a jackpot end command E000 (h) to the display control board 12 ( In step S321), the first big hit state flag and the second variable display time timer stop flag provided in the flag memory 118 are cleared and turned off (step S322). Thereby, the countdown of the timer value of the second variable display time timer provided in the flag memory 118 is resumed.

このように、第2の可変表示時間タイマ停止フラグは、ステップS115の第1の可変表示停止時処理からステップS118の第1の大当り終了処理までの間、オン状態となるため、第2の可変表示装置42は、第1の可変表示装置41にて大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態となった後、この大当り遊技状態が終了するまで、表示結果の導出表示が規制される。この結果、第1の可変表示装置41にて大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態の継続中に、第2の可変表示装置42にも大当り図柄が導出表示されて、2つの大当り遊技状態が同時期に発生することを防止することができる。   As described above, the second variable display time timer stop flag is in the ON state from the first variable display stop time process of step S115 to the first big hit end process of step S118. In the display device 42, after the big hit symbol is derived and displayed on the first variable display device 41 and enters the big hit gaming state, the display display of the display result is restricted until the big hit gaming state ends. As a result, the jackpot symbol is also derived and displayed on the second variable display device 42 while the jackpot gaming state is based on the fact that the jackpot symbol is derived and displayed on the first variable display device 41, and the two jackpot symbols are displayed. It is possible to prevent the gaming state from occurring at the same time.

続いて、CPU103は、第1の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判定し(ステップS323)、オンとなっているときには(ステップS323;Yes)、第1の確変確定フラグをクリアしてオフ状態にする共に、確変中フラグをオン状態にセットする(ステップS324)。さらに、確変カウンタ117に確変中可変表示回数初期値となるカウント初期値をセットする(ステップS325)。ここで、確変中可変表示回数初期値は、高確率状態にて実行可能な特図ゲームの残回数初期値(例えば「100」)である。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the first certainty change confirmation flag is on (step S323), and when it is on (step S323; Yes), clears the first certainty confirmation flag. The probability changing flag is set to the ON state (step S324). Further, a count initial value that is a variable display count initial value during probability variation is set in the probability variation counter 117 (step S325). Here, the initial value of the variable display count during probability change is the initial value (for example, “100”) of the remaining number of special figure games that can be executed in a high probability state.

一方、ステップS323の処理にて第1の確変確定フラグがオフであるときには(ステップS323;No)、確変中フラグをクリアしてオフ状態にすると共に、確変カウンタ117をクリアしてカウント値を「0」に初期化する(ステップS326)。すなわち、通常大当りに基づく大当り遊技状態となるときには、高確率状態が終了して通常遊技状態に戻る。そして、第1の特別図柄プロセスフラグの値を「0」に更新する(ステップS327)。   On the other hand, when the first certainty change confirmation flag is off in the process of step S323 (step S323; No), the certainty changing flag is cleared and turned off, and the certainty counter 117 is cleared and the count value is set to “ It is initialized to “0” (step S326). That is, when the big hit gaming state based on the normal big hit is reached, the high probability state ends and the normal gaming state is restored. Then, the value of the first special symbol process flag is updated to “0” (step S327).

ここで、この実施の形態において、大当りが確率変動を伴わないものであったときには、大当り終了時に確変中フラグをクリアするようにしたが、大当りが開始されたときに、必ず確変中フラグを一旦クリアして、大当り終了時に、大当りが確率変動を伴うものであるか否かを判定して、判定結果が伴うものであったときには、再度確変中フラグをセットするようにしてもよい。   Here, in this embodiment, when the big hit is not accompanied by a probability fluctuation, the probability changing flag is cleared at the end of the big hit, but when the big hit is started, the probability changing flag is always set once. It is cleared, and at the end of the big hit, it is determined whether or not the big hit is accompanied by a probability fluctuation, and if the result of the determination is accompanied, the probability changing flag may be set again.

図30は、ステップS16にて実行される第2の特別図柄プロセス処理を示すフローチャートである。第1の特別図柄プロセス処理を開始すると、CPU103は、まず、遊技球が第2の普通可変入賞球装置62に入賞したか否かを、各入賞口スイッチ70に含まれる第2の始動球検出スイッチから入力される検出信号や、フラグメモリ118に設けられた入力状態フラグなどをチェックすることにより、判別する(ステップS121)。遊技球が入賞して第2の始動球検出スイッチからの検出信号がオン状態となった場合(ステップS121;Yes)、第2の入賞処理を実行する(ステップS122)。一方、遊技球が入賞していない場合(ステップS121;No)には、第2の入賞処理をスキップする。   FIG. 30 is a flowchart showing the second special symbol process executed in step S16. When the first special symbol process is started, the CPU 103 first detects whether or not the game ball has won the second normal variable winning ball device 62 by detecting the second starting ball included in each winning opening switch 70. The determination is made by checking a detection signal input from the switch, an input state flag provided in the flag memory 118, or the like (step S121). When the game ball is won and the detection signal from the second starting ball detection switch is turned on (step S121; Yes), the second winning process is executed (step S122). On the other hand, if the game ball has not won (step S121; No), the second winning process is skipped.

図31は、ステップS122の第2の入賞処理を示すフローチャートである。この第2の入賞処理において、CPU103は、まず、第2の特図保留メモリ112が記憶している始動入賞記憶数が最大値の4であるか否かを判別する(ステップS401)。   FIG. 31 is a flowchart showing the second winning process in step S122. In the second winning process, the CPU 103 first determines whether or not the starting winning memory number stored in the second special figure holding memory 112 is the maximum value of 4 (step S401).

始動入賞記憶数が4であるときには(ステップS401;Yes)、今回の入賞による始動検出は無効として、そのまま第2の入賞処理が終了する。一方、始動入賞記憶数が4未満であるときには(ステップS401;No)、第2の特図保留メモリ112の始動入賞記憶数を1加算し(ステップS402)、ランダムカウンタ113よりランダムR1の値を抽出し(ステップS403)、抽出したランダムR1の値を第2の特図保留メモリ112の空エントリの先頭にセットする(ステップS404)。このとき、第2の始動入賞記憶表示器46にて消灯されているLEDのうちの1つ(一例として、消灯されているLEDのうち左端のLED)を点灯させるなど、第2の始動入賞記憶表示器46の点灯制御を行う。   When the start winning memory number is 4 (step S401; Yes), the start detection by the current winning is invalidated, and the second winning process is finished as it is. On the other hand, when the starting winning memory number is less than 4 (step S401; No), the starting winning memory number of the second special figure holding memory 112 is incremented by 1 (step S402), and the value of the random R1 is calculated from the random counter 113. Extraction (step S403), and the value of the extracted random R1 is set to the head of the empty entry in the second special figure reservation memory 112 (step S404). At this time, the second start-winning memory, such as turning on one of the LEDs that is turned off in the second start-up winning memory display 46 (for example, the leftmost LED among the LEDs that are turned off). Lighting control of the display 46 is performed.

この後、CPU103は、ステップS404の処理の結果、第2の特図保留メモリ112が記憶する始動入賞記憶数が最大値である4に達したか否かを判定する(ステップS405)。始動入賞記憶数が4に達していないときには(ステップS405;No)、そのまま第2の入賞処理を終了する。一方、始動入賞記憶数が4に達したときには(ステップS405;Yes)、フラグメモリ118に設けられた第2の報知演出フラグがオン状態にあるか否かを判定する(ステップS406)。この第2の報知演出フラグをチェックすることにより、CPU103は、第1の特図保留メモリ111が記憶する始動入賞記憶数が最大値である4に達しているか否かや、第4の可変表示装置44にて第2の普通入賞球装置62への入賞を促す報知演出が実行されているか否かを、判定することができる。   Thereafter, the CPU 103 determines whether or not the number of start winning memories stored in the second special figure holding memory 112 has reached the maximum value of 4 as a result of the process of step S404 (step S405). When the start winning memorization number has not reached 4 (step S405; No), the second winning process is finished as it is. On the other hand, when the start winning memory number has reached 4 (step S405; Yes), it is determined whether or not the second notification effect flag provided in the flag memory 118 is in the on state (step S406). By checking the second notification effect flag, the CPU 103 determines whether or not the start winning memory number stored in the first special figure holding memory 111 has reached the maximum value of 4, and the fourth variable display. It can be determined whether or not a notification effect that prompts the player to win the second normal winning ball device 62 is being executed by the device 44.

第2の報知演出フラグがオン状態にあるとき(ステップS406;Yes)、CPU103は、第2の特図保留メモリ112によりも先に第1の特図保留メモリ111の始動入賞記憶数が最大値である4に達し、第4の可変表示装置44にて第2の普通入賞球装置62への入賞を促す報知演出が実行されていたものと判別し、この報知演出を終了させるべく、第2の報知演出フラグをクリアしてオフすると共に(ステップS407)、第2の報知演出終了コマンドを表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS408)。   When the second notification effect flag is in the ON state (step S406; Yes), the CPU 103 has the maximum number of start winnings stored in the first special figure reservation memory 111 earlier than the second special figure reservation memory 112. 4 is determined, the fourth variable display device 44 determines that the notification effect that prompts the player to win the second normal winning ball device 62 has been executed, and the second variable display device 44 determines that the notification effect is ended. The notification effect flag is cleared and turned off (step S407), and the second notification effect end command is set to be able to be sent to the display control board 12 (step S408).

第2の報知演出フラグがオフ状態にあるとき(ステップS406;No)、CPU103は、第1の特図保留メモリ111の始動入賞記憶数が未だ最大値である4に達していないものと判別し、第3の可変表示装置43にて第1の普通可変入賞球装置61への入賞を促す報知演出を実行すべく、第1の報知演出フラグをオン状態にセットすると共に(ステップS409)、第1の報知演出開始コマンドを表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS410)。   When the second notification effect flag is in the off state (step S406; No), the CPU 103 determines that the start winning memory number of the first special figure reservation memory 111 has not yet reached the maximum value of 4. The first notification effect flag is set to the on state in order to execute the notification effect that prompts the first variable variable winning ball device 61 to be awarded by the third variable display device 43 (step S409). 1 notification effect start command is set to be able to be sent to the display control board 12 (step S410).

続いて、CPU103は、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグがオンとなっているか否かを判別し(ステップS411)、オフとなっているときは(ステップS411;No)、そのまま第2の入賞処理を終了する。一方、確変中フラグがオンとなっているときには(ステップS411;Yes)、ランダムカウンタ113よりランダムR5の値を抽出し(ステップS412)、抽出したランダムR5の値に基づいて、確率向上状態を終了するか否かを判別する(ステップS413)。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the probability changing flag provided in the flag memory 118 is turned on (step S411). When the flag is turned off (step S411; No), the second processing is continued. The winning process is terminated. On the other hand, when the probability changing flag is on (step S411; Yes), the random R5 value is extracted from the random counter 113 (step S412), and the probability improvement state is terminated based on the extracted random R5 value. It is determined whether or not to perform (step S413).

確率向上状態を終了するときには(ステップS413;Yes)、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグをオン状態にセットする(ステップS414)。一方、確率向上状態を終了しないときには(ステップS413;No)、そのまま第2の入賞処理を終了する。   When the probability improvement state ends (step S413; Yes), the probability changing flag provided in the flag memory 118 is set to the on state (step S414). On the other hand, when the probability improvement state is not finished (step S413; No), the second winning process is finished as it is.

この後、CPU103は、フラグメモリ118に設けられている第2の特別図柄プロセスフラグの値に基づいて、図30に示すステップS130〜S138の9個の処理のいずれかを選択する。以下に、ステップS130〜S138の各処理について説明する。   Thereafter, the CPU 103 selects one of nine processes of steps S130 to S138 shown in FIG. 30 based on the value of the second special symbol process flag provided in the flag memory 118. Below, each process of step S130-S138 is demonstrated.

ステップS130の第2の特別図柄通常処理は、第1の特別図柄プロセスフラグの値が初期値「0」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、第2の特図保留メモリ112が記憶している保留記憶数が「0」であるか否かを判別する。ここで、第2の特図保留メモリ112において、保留番号「1」に対応した乱数値等の各種データが記憶されていない場合には、保留記憶数が「0」であると判別される。保留記憶数が「0」であれば、表示制御基板12を介して第4の可変表示装置44上にデモンストレーション画面を表示するなどして、特別図柄通常処理を終了する。一方、保留記憶数が「0」ではないと判別すると、第2の特別図柄プロセスフラグの値を第2の大当り判定処理に対応した値である「1」に更新する。   The second special symbol normal process of step S130 is a process executed when the value of the first special symbol process flag is the initial value “0”. In this process, the CPU 103 determines whether or not the number of reserved memories stored in the second special figure reservation memory 112 is “0”. Here, in the second special figure reservation memory 112, when various data such as a random number value corresponding to the reservation number “1” is not stored, it is determined that the number of stored storage is “0”. If the number of reserved memories is “0”, the special symbol normal process is terminated by displaying a demonstration screen on the fourth variable display device 44 via the display control board 12. On the other hand, if it is determined that the number of reserved memories is not “0”, the value of the second special symbol process flag is updated to “1” which is a value corresponding to the second jackpot determination process.

ステップS131の第2の大当り判定処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「1」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図32に示すように、まず、第2の特図保留メモリ112から保留番号「1」に対応して格納されているランダムR1の値を読み出す(ステップS421)。この際、保留記憶数を1減算し、かつ、第2の特図保留メモリ112の第2〜第4エントリ(保留番号「2」〜「4」)に格納されたランダムR1の値を1エントリずつ上位にシフトする(ステップS422)。   The second jackpot determination process in step S131 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “1”. In this process, as shown in FIG. 32, the CPU 103 first reads the value of the random R1 stored in correspondence with the hold number “1” from the second special figure hold memory 112 (step S421). At this time, 1 is subtracted from the reserved memory number, and the random R1 value stored in the second to fourth entries (holding numbers “2” to “4”) of the second special figure holding memory 112 is set to one entry. The information is shifted up one by one (step S422).

続いて、CPU103は、確率向上状態(確変中)であるか否かを判別し(ステップS423)、確変中ではなければ(ステップS423;No)、通常遊技状態であると判断し、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果を大当りとするか否かを判定するためのテーブルとして、図7(A)に示すような通常時大当り判定用テーブル120を設定する(ステップS424)。これに対して、確変中であれば(ステップS423;Yes)、図7(B)に示すような確変時大当り判定用テーブル121を設定する(ステップS425)。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the probability improvement state (probability change is in progress) (step S423). If the probability change is not in progress (step S423; No), the CPU 103 determines that the game state is normal, and the second A normal big hit determination table 120 as shown in FIG. 7A is set as a table for determining whether or not the display result of the special figure game by the variable display device 42 is a big hit (step S424). On the other hand, if the probability change is in progress (step S423; Yes), the probability change big hit determination table 121 as shown in FIG. 7B is set (step S425).

CPU103は、ステップS421の処理にて読み出したランダムR1の値に基づき、ステップS424又はS425の処理にて設定した大当り判定用テーブル120又は121を用いて、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果を大当りとするか否かを判定する(ステップS426)。そして、大当りとすることに決定した場合には(ステップS426;Yes)、フラグメモリ118に設けられた第2の大当り状態フラグをオン状態にセットし(ステップS427)、ハズレとすることに決定した場合には(ステップS426;No)、第2の大当り状態フラグをクリアしてオフ状態とする(ステップS428)。この後、第2の特別図柄プロセスフラグの値を第2の確定図柄決定処理に対応した値である「2」に更新する(ステップS429)。   The CPU 103 uses the jackpot determination table 120 or 121 set in the process of step S424 or S425 based on the value of the random R1 read out in the process of step S421, and the special game by the second variable display device 42. It is determined whether or not the display result is a big hit (step S426). If it is determined to be a big hit (step S426; Yes), the second big hit state flag provided in the flag memory 118 is set to the on state (step S427), and it is determined to be lost. In such a case (step S426; No), the second big hit state flag is cleared and turned off (step S428). Thereafter, the value of the second special symbol process flag is updated to “2” which is a value corresponding to the second determined symbol determination process (step S429).

図30に示すステップS132の第2の確定図柄決定処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「2」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図33及び図34に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第2の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS431)。第2の大当り状態フラグがオフであるときには(ステップS431;No)、ランダムカウンタ113よりランダムR2の値を抽出し(ステップS432)、リーチとするか否かを決定する(ステップS433)。例えば、ステップS432の処理にて抽出したランダムR2の値が「105」〜「1530」のいずれかであるときには、リーチとしないことを決定し、「0」〜「104」のいずれかであるときには、リーチとすることを決定する。また、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグがオンとなっているか否かに応じてリーチとするランダムR2の値が異なるテーブルを用意しておき、確変中フラグの状態に応じて選択したテーブルを用いてリーチとするか否かを決定してもよい。   The second determined symbol determination process in step S132 shown in FIG. 30 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “2”. In this process, as shown in FIGS. 33 and 34, the CPU 103 first determines whether or not the second big hit state flag provided in the flag memory 118 is on (step S431). When the second big hit state flag is OFF (step S431; No), the value of the random R2 is extracted from the random counter 113 (step S432), and it is determined whether or not to reach (step S433). For example, when the value of the random R2 extracted in the process of step S432 is any one of “105” to “1530”, it is determined not to reach, and when it is any one of “0” to “104”. And decide to reach. Further, a table having different random R2 values to be reached depending on whether or not the probability changing flag provided in the flag memory 118 is on is prepared, and the table selected according to the state of the probability changing flag. It may be determined whether or not to reach by using.

ステップS433の処理にてリーチとしないことを決定したとき(ステップS433;No)、CPU103は、フラグメモリ118に設けられた第2のリーチ状態フラグをクリアしてオフ状態とする(ステップS434)。そして、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−1の値に基づき、図9(C)に示す第2の左図柄決定用テーブル142を用いて第2の左確定図柄を決定する(ステップS435)。また、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−2の値に基づき、図9(D)に示す第2の中図柄決定用テーブル143を用いて第2の中確定図柄を決定すると共に(ステップS436)、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−3の値に基づき、図9(E)に示す第2の右図柄決定用テーブル144を用いて第2の右確定図柄を決定する(ステップS437)。この後、ステップS451の処理に進む。   When it is determined not to reach in the process of step S433 (step S433; No), the CPU 103 clears the second reach state flag provided in the flag memory 118 and sets it to the off state (step S434). Then, based on the value of the random R4-1 extracted from the random counter 113, the second left determined symbol is determined using the second left symbol determining table 142 shown in FIG. 9C (step S435). Further, based on the value of the random R4-2 extracted from the random counter 113, the second medium determined symbol is determined using the second medium symbol determining table 143 shown in FIG. 9D (step S436). Based on the value of the random R4-3 extracted from the random counter 113, the second right determined symbol is determined using the second right symbol determining table 144 shown in FIG. 9E (step S437). Thereafter, the process proceeds to step S451.

また、ステップS433の処理にてリーチとすることを決定したとき(ステップS433;Yes)、CPU103は、第2のリーチ状態フラグをオン状態にセットし(ステップS438)、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR4−1の値に基づき、第2の左図柄決定用テーブル142を用いて第2の左確定図柄を決定する(ステップS439)。また、第1の左確定図柄と同一の図柄番号である特別図柄を第2の右確定図柄とすることを決定し(ステップS440)、第2の左・右確定図柄とは異なる任意の特別図柄を第1の中確定図柄とすることを決定する(ステップS441)。この後、ステップS451に進む。   Further, when it is determined to reach in the process of step S433 (step S433; Yes), the CPU 103 sets the second reach state flag to the on state (step S438), and the random number extracted from the random counter 113 is set. Based on the value of R4-1, the second left symbol determination is determined using the second left symbol determination table 142 (step S439). Further, it is determined that the special symbol having the same symbol number as the first left determined symbol is set as the second right determined symbol (step S440), and any special symbol different from the second left / right determined symbol is determined. To be the first medium-determined symbol (step S441). Thereafter, the process proceeds to step S451.

上述したステップS431の処理にて大当り状態フラグがオンであると判別したとき(ステップS431;Yes)、CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR5の値を抽出し(ステップS442)、大当り遊技状態が終了した後に確率向上状態へと移行する確率変動制御を行うか否かを決定する(ステップS443)。例えば、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR5の値が奇数であるときには確率変動制御を行うことを決定し、偶数であるときには確率変動制御を行わないことを決定する。   When it is determined in the process of step S431 that the big hit state flag is on (step S431; Yes), the CPU 103 extracts the value of random R5 from the random counter 113 (step S442), and the big hit gaming state is ended. After that, it is determined whether or not to perform probability variation control for shifting to the probability improvement state (step S443). For example, when the value of the random R5 extracted from the random counter 113 is an odd number, it is determined that the probability variation control is performed, and when it is an even number, it is determined that the probability variation control is not performed.

ステップS443の処理にて確率変動制御を行わないことを決定したとき(ステップS443;No)、CPU103は、フラグメモリ113に設けられた第2の確変確定フラグをクリアしてオフ状態とし(ステップS444)、大当りの可変表示結果となる特別図柄の確定図柄を決定するためのテーブルとして、図9(A)に示す第2の通常大当り図柄決定用テーブル140を設定する(ステップS445)。また、ステップS443の処理にて確率変動制御を行うことを決定したときには(ステップS443;Yes)、第2の確変確定フラグをオン状態にセットすると共に(ステップS446)、特別図柄の確定図柄を決定するためのテーブルとして、図9(B)に示す第2の確変大当り図柄決定用テーブル141を設定する(ステップS447)。   When it is determined in the process of step S443 that the probability variation control is not to be performed (step S443; No), the CPU 103 clears the second probability change confirmation flag provided in the flag memory 113 and sets the off state (step S444). ), A second normal jackpot symbol determination table 140 shown in FIG. 9A is set as a table for determining the fixed symbol of the special symbol that is a variable display result of the jackpot (step S445). When it is determined that the probability variation control is to be performed in the process of step S443 (step S443; Yes), the second certainty change confirmation flag is set to the on state (step S446), and the confirmed symbol of the special symbol is determined. As a table for this purpose, the second probability variation big hit symbol determination table 141 shown in FIG. 9B is set (step S447).

ステップS445又はS447の処理を実行した後、CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR4−1の値を抽出し(ステップS448)、抽出したランダムR4−1の値に基づき、ステップS445又はS447の処理にて設定した図柄決定用テーブル140又は141を用いて左・中・右で同一となる大当り用の確定図柄を決定する(ステップS449)。   After executing the process of step S445 or S447, the CPU 103 extracts the value of the random R4-1 from the random counter 113 (step S448), and performs the process of step S445 or S447 based on the extracted value of the random R4-1. Using the symbol determination table 140 or 141 set in the above, the determined symbol for big hit that is the same for the left, middle and right is determined (step S449).

そして、ステップS449の処理にて決定した特別図柄の確定図柄に対応する制御データを所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第2の左・中・右図柄指定コマンドC0XX(h),C1XX(h)及びC2XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS450)。この後、CPU103は、第2の特別図柄プロセスフラグの値を第2の可変表示パターン設定処理に対応した値である「3」に更新して、第2の確定図柄決定処理を終了する(ステップS451)。   Then, the second left / middle / right symbol designation commands C0XX (h), C1XX are set by, for example, setting control data corresponding to the confirmed symbol of the special symbol determined in step S449 in a predetermined command transmission table. (H) and C2XX (h) are set to be sendable to the display control board 12 (step S450). Thereafter, the CPU 103 updates the value of the second special symbol process flag to “3”, which is a value corresponding to the second variable display pattern setting process, and ends the second determined symbol determination process (step S1). S451).

図30に示すステップS133の第2の可変表示パターン設定処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「3」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図35及び図36に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第2の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS461)。第2の大当り状態フラグがオフであるときには(ステップS461;No)、上記ステップS112の第2の確定図柄決定処理にてリーチとすることが決定されたか否かを判別する(ステップS462)。   The second variable display pattern setting process of step S133 shown in FIG. 30 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “3”. In this processing, as shown in FIGS. 35 and 36, the CPU 103 first determines whether or not the second big hit state flag provided in the flag memory 118 is on (step S461). When the second big hit state flag is off (step S461; No), it is determined whether or not reach is determined in the second determined symbol determination process in step S112 (step S462).

リーチとしない場合には(ステップS462;No)、可変表示パターンを選択するためのテーブルとして、図11(A)に示す第2の通常時可変表示パターン決定用テーブル160を設定し(ステップS463)、一方、リーチとする場合には(ステップS462;Yes)、可変表示パターンを選択するためのテーブルとして、図11(B)に示す第2のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル161を設定する(ステップS464)。   When not reaching (step S462; No), the second normal variable display pattern determination table 160 shown in FIG. 11A is set as a table for selecting the variable display pattern (step S463). On the other hand, when the reach is set (step S462; Yes), the second reach variable display pattern determination table 161 shown in FIG. 11B is set as a table for selecting the variable display pattern ( Step S464).

CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR3の値を抽出し(ステップS465)、抽出したランダムR3の値に基づいて、ステップS463又はS464の処理にて設定した可変表示パターン決定用テーブルのうちから、今回の特図ゲームで使用する可変表示パターンを決定する(ステップS466)。   The CPU 103 extracts the value of the random R3 from the random counter 113 (step S465), and based on the extracted value of the random R3, this time from the variable display pattern determination table set in the process of step S463 or S464. The variable display pattern used in the special figure game is determined (step S466).

この後、CPU103は、ステップS466の処理にて決定した可変表示パターンに対応する制御データを、所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS467)。そして、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を開始させると共に(ステップS468)、この可変表示パターンに対応する総可変表示時間を可変表示時間タイマ119に設けられた第2の可変表示時間タイマに設定し(ステップS469)、その後、ステップS488の処理へと進む。   Thereafter, the CPU 103 controls the display of the second variable display start command A1XX (h) by setting control data corresponding to the variable display pattern determined in the process of step S466 in a predetermined command transmission table. It is set to be able to send to the substrate 12 (step S467). Then, the variable display of the special symbol is started by the second variable display device 42 (step S468), and the total variable display time corresponding to the variable display pattern is displayed in the second variable display provided in the variable display time timer 119. The time timer is set (step S469), and then the process proceeds to step S488.

また、ステップS461の処理にて第2の大当り状態フラグがオンであるときには(ステップS461;Yes)、可変表示パターンを選択するためのテーブルとして、図11(C)に示す第2の大当り時可変表示パターン決定用テーブル162を設定する(ステップS470)。   When the second big hit state flag is ON in the process of step S461 (step S461; Yes), the second big hit time variable shown in FIG. 11C is used as a table for selecting a variable display pattern. The display pattern determination table 162 is set (step S470).

CPU103は、ランダムカウンタ113よりランダムR3の値を抽出し(ステップS471)、抽出したランダムR3の値に基づいて、ステップS470の処理にて設定した可変表示パターン決定用テーブルのうちから、今回の特図ゲームで使用する可変表示パターンを決定する(ステップS472)。   The CPU 103 extracts the value of the random R3 from the random counter 113 (step S471), and based on the extracted value of the random R3, from the variable display pattern determination table set in the process of step S470, A variable display pattern used in the figure game is determined (step S472).

この後、CPU103は、ステップS472の処理にて決定した可変表示パターンに対応する制御データを、所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する(ステップS473)。そして、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を開始させると共に(ステップS474)、この可変表示パターンに対応する総可変表示時間を可変表示時間タイマ119に設けられた第2の可変表示時間タイマに設定する(ステップS475)。   Thereafter, the CPU 103 performs display control of the second variable display start command A1XX (h) by setting control data corresponding to the variable display pattern determined in step S472 in a predetermined command transmission table. It is set to be able to send to the substrate 12 (step S473). Then, the variable display of the special symbol is started by the second variable display device 42 (step S474), and the total variable display time corresponding to this variable display pattern is displayed in the second variable display provided in the variable display time timer 119. The time timer is set (step S475).

その後、CPU103は、フラグメモリ118に設けられている第2の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS476)。第2の確変確定フラグがオンとなっているときには(ステップS476;Yes)、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果が確変大当りとなるものと判定し、続いて、フラグメモリ118に設けられている第1の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS477)。第1の大当り状態フラグがオンとなっているときには(ステップS477;Yes)、さらに、フラグメモリ118に設けられている第1の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS478)。   Thereafter, the CPU 103 determines whether or not the second certainty change confirmation flag provided in the flag memory 118 is on (step S476). When the second probability change confirmation flag is on (step S476; Yes), it is determined that the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is a probability change big hit, and then the flag memory 118. It is determined whether or not the first big hit state flag provided in is turned on (step S477). When the first big hit state flag is on (step S477; Yes), it is further determined whether or not the first probability change confirmation flag provided in the flag memory 118 is on (step S478). ).

第1の確変確定フラグがオフであるときには(ステップS478;Yes)、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果が通常大当りとなるものと判定し、可変表示時間タイマ119に設けられている第1の可変表示時間タイマのタイマ値と、ステップS472の処理にて決定した可変表示パターンに対応する総可変表示時間T2i(i=0,1,2,3)に相当するタイマ値と、を比較する(ステップS479)。このようにして、CPU103は、第1の可変表示装置41にて行われている表示結果を確変大当りとする特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1と、第2の可変表示装置42にて行われる表示結果を通常大当りとする特図ゲームにおける特別図柄の総可変表示時間T3iと、を比較することができる。   When the first certainty change confirmation flag is off (step S478; Yes), it is determined that the display result of the special figure game by the first variable display device 41 is usually a big hit, and the variable display time timer 119 is provided. The timer value of the first variable display time timer, and the timer value corresponding to the total variable display time T2i (i = 0, 1, 2, 3) corresponding to the variable display pattern determined in step S472. Are compared (step S479). In this way, the CPU 103 sets the remaining variable display time Tr1 of the special symbol and the second variable display device 42 in the special symbol game in which the display result performed on the first variable display device 41 is a probable big hit. It is possible to compare the total variable display time T3i of the special symbol in the special symbol game in which the display result that is normally performed is a big hit.

ステップS479の処理にて比較した結果、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも長い場合には(ステップS480;Yes)、表示制御基板12に対して第1の可変表示時間短縮コマンドA200(h)を送出するための設定を行うと共に(ステップS481)、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当するタイマ値に変更する(ステップS482)。   As a result of comparison in the process of step S479, the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special symbol game being played on the first variable display device 41 is the total variable of the special symbol by the second variable display device 42. If it is longer than the display time T2i (step S480; Yes), a setting for sending the first variable display time shortening command A200 (h) to the display control board 12 is made (step S481). The timer value of 1 variable display time timer is changed to a timer value corresponding to the shortened variable display time T30 (step S482).

このため、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも長い場合でも、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当するタイマ値に変更することにより、第2の可変表示装置42による確変大当り図柄の導出表示よりも先に第1の可変表示装置41にて通常大当り図柄を導出表示することができる。   Therefore, when the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special game played on the first variable display device 41 is longer than the total variable display time T2i of the special symbol by the second variable display device 42. However, by changing the timer value of the first variable display time timer to a timer value corresponding to the shortened variable display time T30, the first variable display device 42 can display the first variable variation winning symbol by the first variable display device 42 prior to the derivation display. Usually, the big hit symbol can be derived and displayed on the variable display device 41.

これにより、第2の可変表示装置42で確変大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了し、確率向上状態になった直後に、第1の可変表示装置41で通常大当り図柄が導出表示され、確変向上状態が直ぐに終了してしまうことを防止することができる。これにより、可変表示装置を複数備えた場合に、確変向上状態の価値が低下するといった弊害を防止することができる。   As a result, immediately after the big hit gaming state based on the fact that the probability variable big hit symbol is derived and displayed on the second variable display device 42, and the probability improved state, the normal big hit symbol is displayed on the first variable display device 41. Derived and displayed, and the probability variation improving state can be prevented from ending immediately. Thereby, when a plurality of variable display devices are provided, it is possible to prevent the adverse effect that the value of the probability variation improved state is lowered.

一方、ステップS479の処理にて比較した結果、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも短い場合には(ステップS480;No)、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を変更することなく、ステップS488の処理へと進む。   On the other hand, as a result of the comparison in the process of step S479, the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special symbol game being played on the first variable display device 41 is equal to the special symbol by the second variable display device 42. If it is shorter than the total variable display time T2i (step S480; No), the process proceeds to step S488 without changing the timer value of the first variable display time timer.

また、ステップS477の処理にて第1の大当り状態フラグがオフであるとき(ステップS477;No)や第1の確変確定フラグがオンとなっているときには(ステップS478;Yes)、ステップS479〜S482の処理をスキップして、ステップS488の処理へと進む。   Further, when the first big hit state flag is off in the process of step S477 (step S477; No) or when the first probability change confirmation flag is on (step S478; Yes), steps S479 to S482. The process of step S488 is skipped and the process proceeds to step S488.

一方、第2の確変確定フラグがオフであるときには(ステップS476;No)、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果が通常大当りとなるものと判定し、続いて、フラグメモリ118に設けられている第1の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS483)。第1の確変確定フラグがオンとなっているときには(ステップS483;Yes)、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果が確変大当りとなるものと判定し、可変表示時間タイマ119に設けられている第1の可変表示時間タイマのタイマ値と、ステップS472の処理にて決定した可変表示パターンに対応する総可変表示時間T2i(i=0,1,2,3)に相当するタイマ値と、を比較する(ステップS484)。   On the other hand, when the second certainty change confirmation flag is off (step S476; No), it is determined that the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is usually a big hit, and subsequently, the flag memory 118. It is determined whether or not the first certainty change confirmation flag provided in is on (step S483). When the first probability change confirmation flag is on (step S483; Yes), it is determined that the display result of the special figure game by the first variable display device 41 is a probability change big hit, and the variable display time timer 119 is set. Timer value corresponding to the total variable display time T2i (i = 0, 1, 2, 3) corresponding to the timer value of the first variable display time timer provided and the variable display pattern determined in step S472. The values are compared (step S484).

ステップS484の処理にて比較した結果、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも短い場合には(ステップS485;Yes)、表示制御基板12に対して第1の可変表示時間延長コマンドA400(h)を送出するための設定を行うと共に(ステップS486)、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当するタイマ値に変更する(ステップS487)。   As a result of the comparison in the process of step S484, the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special symbol game being played on the first variable display device 41 is the total variable of the special symbol by the second variable display device 42. If it is shorter than the display time T2i (step S485; Yes), a setting is made to send the first variable display time extension command A400 (h) to the display control board 12 (step S486). The timer value of 1 variable display time timer is changed to a timer value corresponding to the extended variable display time T40 (step S487).

このため、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも短い場合でも、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T50に相当するタイマ値に変更することにより、第1の可変表示装置41による確変大当り図柄の導出表示よりも先に第2の可変表示装置42にて通常大当り図柄を導出表示することができる。   Therefore, when the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special game played on the first variable display device 41 is shorter than the total variable display time T2i of the special symbol by the second variable display device 42. However, by changing the timer value of the first variable display time timer to a timer value corresponding to the extended variable display time T50, the second variable display device 41 performs the second display before the probability variable big hit symbol derivation display. The normal big hit symbol can be derived and displayed on the variable display device 42.

これにより、第1の可変表示装置41で確変大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了し、確率向上状態になった直後に、第2の可変表示装置42で通常大当り図柄が導出表示され、確変向上状態が直ぐに終了してしまうことを防止することができる。これにより、可変表示装置を複数備えた場合に、確変向上状態の価値が低下するといった弊害を防止することができる。   As a result, immediately after the big hit gaming state based on the fact that the first variable display device 41 has derived and displayed the probability variation big hit symbol, the normal variable big hit symbol is displayed on the second variable display device 42 immediately after the probability increasing state is reached. Derived and displayed, and the probability variation improving state can be prevented from ending immediately. Thereby, when a plurality of variable display devices are provided, it is possible to prevent the adverse effect that the value of the probability variation improved state is lowered.

一方、ステップS484の処理にて比較した結果、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも長い場合には(ステップS485;No)、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を変更することなく、ステップS488の処理へと進む。   On the other hand, as a result of the comparison in the process of step S484, the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special symbol game being executed on the first variable display device 41 is the special symbol by the second variable display device 42. If it is longer than the total variable display time T2i (step S485; No), the process proceeds to step S488 without changing the timer value of the first variable display time timer.

また、ステップS483の処理にて第1の確変確定がオフであるときには(ステップS483;No)、ステップS484〜S487の処理をスキップして、ステップS488の処理へと進む。   Further, when the first certainty change confirmation is OFF in the process of step S483 (step S483; No), the process of steps S484 to S487 is skipped and the process proceeds to step S488.

この後、CPU103は、第2の特別図柄プロセスフラグの値を第2の可変表示制御処理に対応した値である「4」に更新する(ステップS488)。   Thereafter, the CPU 103 updates the value of the second special symbol process flag to “4” which is a value corresponding to the second variable display control process (step S488).

図30に示すステップS134の第2の可変表示制御処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「4」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図37に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第2の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS491)。第2の可変表示時間タイマ停止フラグがオフになっているときには(ステップS491;No)、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS492)。   The second variable display control process of step S134 shown in FIG. 30 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “4”. In this process, as shown in FIG. 37, the CPU 103 first determines whether or not the second variable display time timer stop flag provided in the flag memory 118 is turned on (step S491). When the second variable display time timer stop flag is off (step S491; No), the timer value is updated by subtracting 1 from the timer value of the second variable display time timer (step S492).

そして、更新された第2の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS493)。第2の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS493;Yes)、第2の特別図柄プロセスフラグの値を可変表示停止時処理に対応した値である「5」に更新する(ステップS494)。一方、ステップS493の処理にて第2の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS493;No)、第2の特別図柄プロセスフラグを更新することなく第1の可変表示制御処理を終了する。   Then, it is determined whether or not the timer value of the updated second variable display time timer is “0” (step S493). When the timer value of the second variable display time timer becomes “0” (step S493; Yes), the value of the second special symbol process flag is a value corresponding to the variable display stop time process “5”. (Step S494). On the other hand, when it is determined in step S493 that the timer value of the second variable display time timer is other than “0” (step S493; No), the second special symbol process flag is not updated. 1 variable display control processing is terminated.

また、ステップS491の処理にて第2の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているときには(ステップS491;Yes)、ステップS492〜S494の処理をスキップして、そのまま第2の可変表示制御処理を終了する。これにより、第2の可変表示時間タイマ停止フラグがオンされてから再びオフされるまで、第2の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができ、この結果、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を継続したまま、特別図柄の可変表示時間を延長することができる。   When the second variable display time timer stop flag is turned on in the process of step S491 (step S491; Yes), the processes of steps S492 to S494 are skipped and the second variable display control process is performed as it is. Exit. Thereby, the countdown of the timer value of the second variable display time timer can be stopped until the second variable display time timer stop flag is turned on again after being turned on. As a result, the second variable display time timer can be stopped. While the variable display of the special symbol by the device 42 is continued, the variable display time of the special symbol can be extended.

図30に示すステップS135の第2の可変表示停止時処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「5」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図38に示すように、まず、第2の可変表示装置42にて特別図柄の確定図柄を導出表示させて、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を終了すると共に(ステップS501)、主基板11から表示制御基板12に対して第2の飾り図柄確定コマンドD0XX(h)を送出するための設定を行う(ステップS502)。具体的には、第2の飾り図柄確定コマンドD0XX(h)に対応する制御データを、所定のコマンド送信テーブルに設定するなどして、第2の飾り図柄確定コマンドD0XX(h)を表示制御基板12に対して送出可能に設定する。   The second variable display stop process in step S135 shown in FIG. 30 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “5”. In this process, as shown in FIG. 38, first, the CPU 103 first causes the second variable display device 42 to derive and display the fixed symbol of the special symbol, and the second variable display device 42 performs variable display of the special symbol. Upon completion (step S501), settings are made to send the second decorative symbol determination command D0XX (h) from the main board 11 to the display control board 12 (step S502). Specifically, the control data corresponding to the second decorative symbol determination command D0XX (h) is set in a predetermined command transmission table, and the second decorative symbol determination command D0XX (h) is displayed on the display control board. 12 is set to be sendable.

続いて、CPU103は、フラグメモリ118に設けられた第2の大当り状態フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS503)。第2の大当り状態フラグがオフであるときには(ステップS503;No)、続いて、フラグメモリ118に設けられた確変中フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS504)。確変中フラグがオフであるときには(ステップS504;No)、ステップS510の処理へと進む。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the second big hit state flag provided in the flag memory 118 is on (step S503). When the second big hit state flag is off (step S503; No), it is subsequently determined whether or not the probability changing flag provided in the flag memory 118 is on (step S504). When the probability changing flag is off (step S504; No), the process proceeds to step S510.

一方、確変中フラグがオンであるときには(ステップS504;Yes)、さらに、フラグメモリ118に設けられた確変終了フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS505)。確変終了フラグがオンであるときには(ステップS505;Yes)、確変中フラグ及び確変終了フラグをクリアしてオフ状態にする共に、確変カウンタ117をクリアしてカウント値を「0」に初期化した後(ステップS506)、ステップS510の処理へと進む。   On the other hand, when the probability change flag is on (step S504; Yes), it is further determined whether or not the probability change end flag provided in the flag memory 118 is on (step S505). When the probability variation end flag is on (step S505; Yes), after the probability variation flag and the probability variation end flag are cleared and turned off, the probability variation counter 117 is cleared and the count value is initialized to “0”. (Step S506), the process proceeds to Step S510.

一方、確変終了フラグがオフであるときには(ステップS505;No)、確変カウンタ117のカウント値を1減算し(ステップS507)、確変カウンタ117のカウント値が「0」となっているか否かを判別する(ステップS508)。確変カウンタ117のカウント値が「0」となっていないときには(ステップS508;No)、ステップS510の処理へと進む。   On the other hand, when the probability variation end flag is off (step S505; No), the count value of the probability variation counter 117 is decremented by 1 (step S507), and it is determined whether or not the count value of the probability variation counter 117 is “0”. (Step S508). When the count value of the probability variation counter 117 is not “0” (step S508; No), the process proceeds to step S510.

一方、確変カウンタ117のカウント値が「0」となっているときには(ステップS508;Yes)、確変中フラグをクリアする(ステップS509)。この後、CPU103は、第2の特別図柄プロセスフラグの値を「0」に更新する(ステップS510)。   On the other hand, when the count value of the probability variation counter 117 is “0” (step S508; Yes), the probability variation flag is cleared (step S509). Thereafter, the CPU 103 updates the value of the second special symbol process flag to “0” (step S510).

また、ステップS503の処理にて第2の大当り状態フラグがオンであるときには(ステップS503;Yes)、フラグメモリ118に設けられている第1の可変表示時間タイマ停止フラグをオン状態にセットし(ステップS511)、その後、第2の特別図柄プロセスフラグの値を第2の大入賞口開放前処理に対応する値である「6」に更新する(ステップS512)。   Further, when the second big hit state flag is on in the process of step S503 (step S503; Yes), the first variable display time timer stop flag provided in the flag memory 118 is set to the on state ( After that, the value of the second special symbol process flag is updated to “6” that is a value corresponding to the second pre-opening process for the special winning opening (step S512).

図30に示すステップS136の第2の大入賞口開放前処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「6」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、大入賞口としての第2の特別可変入賞球装置72を開放する制御を開始するための設定を行う。そして、第2の特別可変入賞球装置72を開放する制御を開始するとともに、第2の特別図柄プロセスフラグの値を第2の大入賞口開放中処理に対応した値である「7」に更新する。   The second big winning opening opening pre-processing in step S136 shown in FIG. 30 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “6”. In this process, the CPU 103 performs setting for starting control for opening the second special variable winning ball device 72 as a big winning opening. Then, the control for opening the second special variable winning ball apparatus 72 is started, and the value of the second special symbol process flag is updated to “7” which is a value corresponding to the second big winning opening opening process. To do.

ステップS137の第2の大入賞口開放中処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「7」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、開成された第2の特別可変入賞球装置72への遊技球の入賞検出、賞球の払出指令、開成時間の計測及び開成サイクルのラウンド数表示のための表示制御コマンド設定等を行う。そして、例えば、1回の大当りについて、第2の特別可変入賞球装置72の開成回数をカウントし、開成回数が例えば16回に達していれば、特定遊技状態(大当り遊技状態)を終了する条件が終了したとして第2の特別図柄プロセスフラグの値を大当り終了処理に対応した値である「8」に更新する。一方、開成回数が16回に達していなければ、第2の特別可変入賞球装置72を一旦閉成した後、所定時間が経過するのを待って再度開成する。   The second big prize opening opening process of step S137 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “7”. In this process, the CPU 103 performs display control commands for detecting the winning of a game ball to the opened second special variable winning ball device 72, giving a prize ball, measuring the opening time, and displaying the round number of the opening cycle. Make settings. And, for example, the number of opening of the second special variable winning ball device 72 is counted for one big hit, and if the number of opening reaches, for example, 16 times, the condition for ending the specific gaming state (big hit gaming state) Is completed, the value of the second special symbol process flag is updated to “8”, which is a value corresponding to the jackpot end process. On the other hand, if the number of opening times has not reached 16, the second special variable winning ball apparatus 72 is once closed and then opened again after a predetermined time has elapsed.

ステップS138の第2の大当り終了処理は、第2の特別図柄プロセスフラグの値が「8」のときに実行される処理である。この処理において、CPU103は、図39に示すように、まず、表示制御基板12に対して大当り終了コマンドE000(h)を送出するための設定を行うなどして、大当り遊技状態を終了させると共に(ステップS521)、フラグメモリ118に設けられた第2の大当り状態フラグ及び第1の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフ状態とする(ステップS522)。これにより、フラグメモリ118に設けられた第1の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンが再開される。   The second jackpot end process in step S138 is a process executed when the value of the second special symbol process flag is “8”. In this process, as shown in FIG. 39, the CPU 103 first ends the jackpot gaming state by making a setting for sending the jackpot end command E000 (h) to the display control board 12 ( In step S521), the second big hit state flag and the first variable display time timer stop flag provided in the flag memory 118 are cleared and turned off (step S522). Thereby, the countdown of the timer value of the first variable display time timer provided in the flag memory 118 is resumed.

このように、第1の可変表示時間タイマ停止フラグは、ステップS135の第2の可変表示停止時処理からステップS138の第2の大当り終了処理までの間、オン状態となるため、第1の可変表示装置41は、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態となった後、この大当り遊技状態が終了するまで、表示結果の導出表示が規制される。この結果、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態の継続中に、第1の可変表示装置41にも大当り図柄が導出表示されて、2つの大当り遊技状態が同時期に発生することを防止することができる。   Thus, the first variable display time timer stop flag is in the ON state from the second variable display stop time process in step S135 to the second jackpot end process in step S138. In the display device 41, after the big hit symbol is derived and displayed on the second variable display device 42 to be in the big hit gaming state, the display display of the display result is restricted until the big hit gaming state is ended. As a result, during the continuation of the big hit gaming state based on the fact that the big variable symbol is derived and displayed on the second variable display device 42, the big variable symbol is also derived and displayed on the first variable display device 41. It is possible to prevent the gaming state from occurring at the same time.

続いて、CPU103は、第2の確変確定フラグがオンとなっているか否かを判定し(ステップS523)、オンとなっているときには(ステップS523;Yes)、第2の確変確定フラグをクリアしてオフ状態にする共に、確変中フラグをオン状態にセットする(ステップS524)。さらに、確変カウンタ117に確変中可変表示回数初期値となるカウント初期値をセットする(ステップS525)。ここで、確変中可変表示回数初期値は、高確率状態にて実行可能な特図ゲームの残回数初期値(例えば「100」)である。   Subsequently, the CPU 103 determines whether or not the second certainty change confirmation flag is on (step S523), and when it is on (step S523; Yes), the second certainty change confirmation flag is cleared. The probability changing flag is set to the ON state (step S524). Further, the count initial value that is the initial value of the variable display count during probability variation is set in the probability variation counter 117 (step S525). Here, the initial value of the variable display count during probability change is the initial value (for example, “100”) of the remaining number of special figure games that can be executed in a high probability state.

一方、ステップS523の処理にて第2の確変確定フラグがオフであるときには(ステップS523;No)、確変中フラグをクリアしてオフ状態にすると共に、確変カウンタ117をクリアしてカウント値を「0」に初期化する(ステップS526)。すなわち、通常大当りに基づく大当り遊技状態となるときには、高確率状態が終了して通常遊技状態に戻る。そして、第2の特別図柄プロセスフラグの値を「0」に更新する(ステップS527)。   On the other hand, when the second certainty change confirmation flag is off in the process of step S523 (step S523; No), the certainty changing flag is cleared and turned off, and the certainty counter 117 is cleared and the count value is set to “ It is initialized to “0” (step S526). That is, when the big hit gaming state based on the normal big hit is reached, the high probability state ends and the normal gaming state is restored. Then, the value of the second special symbol process flag is updated to “0” (step S527).

次に、表示制御基板12における動作を説明する。図40は、表示制御基板12に搭載された表示制御用のCPU202が実行する表示制御メイン処理を示すフローチャートである。表示制御メイン処理を開始すると、まず、所定の初期化処理を実行することにより、RAM204のクリアや各種初期値の設定、また表示制御の起動間隔を決めるための33ミリ秒タイマの初期設定等を行う(ステップS31)。   Next, the operation in the display control board 12 will be described. FIG. 40 is a flowchart showing a display control main process executed by the display control CPU 202 mounted on the display control board 12. When the display control main process is started, first, a predetermined initialization process is executed to clear the RAM 204, set various initial values, and initialize a 33 millisecond timer for determining the display control activation interval. This is performed (step S31).

その後、CPU202は、フラグメモリ214に設けられたタイマ割込フラグを監視し、タイマ割込フラグがセットされるまでループ処理を実行する(ステップS32;No)。この実施の形態では、CPU202にて33ミリ秒ごとにタイマ割込みが発生し、このタイマ割込みが発生すると、所定のタイマ割込処理を実行することにより、フラグメモリ214に設けられたタイマ割込フラグがセットされる。   Thereafter, the CPU 202 monitors a timer interrupt flag provided in the flag memory 214, and executes a loop process until the timer interrupt flag is set (step S32; No). In this embodiment, a timer interrupt occurs every 33 milliseconds in the CPU 202, and when this timer interrupt occurs, a predetermined timer interrupt process is executed, so that a timer interrupt flag provided in the flag memory 214 is obtained. Is set.

CPU202では、33ミリ秒ごとに発生するタイマ割込みとは別に、主基板11からの表示制御コマンドを受信するための割込みが発生する。この割込みは、主基板11からの表示制御INT信号がオン状態となることにより発生する割込みである。表示制御INT信号がオン状態となることによる割込みが発生すると、CPU202は、自動的に割込禁止状態に設定するが、自動的に割込禁止状態にならないCPUを用いている場合には、割込禁止命令(DI命令)を発行することが好ましい。   In the CPU 202, an interrupt for receiving a display control command from the main board 11 is generated separately from the timer interrupt generated every 33 milliseconds. This interrupt is an interrupt that occurs when the display control INT signal from the main board 11 is turned on. When an interrupt occurs due to the display control INT signal being turned on, the CPU 202 automatically sets the interrupt disabled state. However, if a CPU that does not automatically enter the interrupt disabled state is used, the CPU 202 It is preferable to issue an insertion prohibition instruction (DI instruction).

主基板11からの表示制御INT信号がオン状態となることによりCPU202において割込みが発生することで、CPU202は、表示制御コマンドデータの入力に割り当てられている入力ポートから、データを読み込む。そして、2バイト構成である表示制御コマンドのMODEデータ、EXTデータを順次に受信し、受信したコマンドを所定の受信コマンドバッファに格納する。こうして受信コマンドバッファに主基板11から送信された表示制御コマンドが格納される一方で、図40に示すステップS32にてタイマ割込みの発生が確認される。このタイマ割込みの発生が確認されると(ステップS32;Yes)、CPU202は、フラグメモリ214に設けられたタイマ割込フラグをクリアしてオフ状態とした後に、コマンド解析処理を実行することにより、受信した表示制御コマンドを解析する(ステップS33)。   When the display control INT signal from the main board 11 is turned on, an interruption occurs in the CPU 202, so that the CPU 202 reads data from an input port assigned to input of display control command data. Then, MODE data and EXT data of a display control command having a 2-byte structure are sequentially received, and the received command is stored in a predetermined reception command buffer. In this way, the display control command transmitted from the main board 11 is stored in the reception command buffer, while occurrence of a timer interrupt is confirmed in step S32 shown in FIG. When the occurrence of this timer interrupt is confirmed (step S32; Yes), the CPU 202 clears the timer interrupt flag provided in the flag memory 214 and turns it off, and then executes a command analysis process. The received display control command is analyzed (step S33).

コマンド解析処理が終了すると、CPU202は、ランダムカウンタ210がカウントするランダムR10を更新するためのカウンタ更新処理を実行した後(ステップS34)、第1の飾り図柄表示制御プロセス処理(ステップS35)と第2の飾り図柄表示制御プロセス処理(ステップS36)とを順次実行する。第1の飾り図柄表示制御プロセス処理では、表示状態に応じて第1の可変表示装置41における表示動作を所定の順序で制御するために、フラグメモリ214に設けられた第1の表示制御プロセスフラグの値に従って該当する処理が選択されて実行される。また、第2の飾り図柄制御プロセス処理では、表示状態に応じて第2の可変表示装置42における表示動作を所定の順序で制御するために、第2の表示制御プロセスフラグの値に従って該当する処理が選択されて実行される。第1及び第2の飾り図柄表示制御プロセス処理が終了すると、ステップS32の処理にリターンする。   When the command analysis process ends, the CPU 202 executes a counter update process for updating the random R10 counted by the random counter 210 (step S34), and then performs the first decorative symbol display control process process (step S35) and the first process. The decorative pattern display control process process 2 (step S36) is sequentially executed. In the first decorative symbol display control process, a first display control process flag provided in the flag memory 214 in order to control the display operation in the first variable display device 41 in a predetermined order according to the display state. The corresponding process is selected and executed according to the value of. Further, in the second decorative design control process, a process corresponding to the value of the second display control process flag in order to control the display operation in the second variable display device 42 in a predetermined order according to the display state. Is selected and executed. When the first and second decorative symbol display control process processes are completed, the process returns to the process of step S32.

図41及び図42は、ステップS33のコマンド解析処理を示すフローチャートである。このコマンド解析処理を開始すると、CPU202は、まず、主基板11から受信した表示制御コマンドがあるか否かを確認する(ステップS601)。例えば、受信コマンドバッファに受信コマンドが格納されているなどして、受信コマンドがあることを確認したときには(ステップS601;Yes)、受信コマンドを読み出し(ステップS602)、そのコマンドが第1の左・中・右図柄指定コマンドB0XX(h),B1XX(h)及びB2XX(h)であるか否かを判別する(ステップS603)。   41 and 42 are flowcharts showing the command analysis processing in step S33. When the command analysis process is started, the CPU 202 first checks whether or not there is a display control command received from the main board 11 (step S601). For example, when it is confirmed that there is a received command because the received command is stored in the received command buffer (step S601; Yes), the received command is read (step S602). It is determined whether or not the middle / right symbol designation commands B0XX (h), B1XX (h), and B2XX (h) (step S603).

ステップS602の処理にて読み出した受信コマンドが第1の左・中・右図柄指定コマンドB0XX(h),B1XX(h)及びB2XX(h)であれば(ステップS603;Yes)、そのコマンドのEXTデータをRAM204に確保された飾り図柄用の第1の左・中・右図柄格納エリアに格納するとともに(ステップS604)、フラグメモリ214に設けられた第1の有効フラグをオン状態にセットする(ステップS605)。第1の左・中・右図柄指定コマンドB0XX(h),B1XX(h)及びB2XX(h)のEXTデータは、飾り図柄の図柄番号を示すデータとなっている。これに対して、ステップS602の処理にて読み出した受信コマンドが第1の左・中・右図柄指定コマンドB0XX(h),B1XX(h)及びB2XX(h)ではないときには(ステップS603;No)、そのコマンドが第2の左・中・右図柄指定コマンドC0XX(h),C1XX(h)及びC2XX(h)であるか否かを判別する(ステップS606)。   If the received command read in the process of step S602 is the first left / middle / right symbol designation command B0XX (h), B1XX (h) and B2XX (h) (step S603; Yes), the EXT of the command The data is stored in the first left / middle / right symbol storage area for decorative symbols secured in the RAM 204 (step S604), and the first valid flag provided in the flag memory 214 is set to the on state (step S604). Step S605). The EXT data of the first left / middle / right symbol designation commands B0XX (h), B1XX (h), and B2XX (h) is data indicating the symbol number of the decorative symbol. On the other hand, when the received command read in the process of step S602 is not the first left / middle / right symbol designation command B0XX (h), B1XX (h) and B2XX (h) (step S603; No) Then, it is determined whether or not the command is the second left / middle / right symbol designation command C0XX (h), C1XX (h) and C2XX (h) (step S606).

ステップS602の処理にて読み出した受信コマンドが第2の左・中・右図柄指定C0XX(h),C1XX(h)及びC2XX(h)であれば(ステップS606;Yes)、そのコマンドのEXTデータをRAM204に確保された飾り図柄用の第2の左・中・右図柄格納エリアに格納するとともに(ステップS607)、フラグメモリ214に設けられた第2の有効フラグをオン状態にセットする(ステップS608)。第2の左・中・右図柄指定コマンドC0XX(h),C1XX(h)及びC2XX(h)のEXTデータは、飾り図柄の図柄番号を示すデータとなっている。これに対して、ステップS602にて読み出した受信コマンドが第2の左・中・右図柄指定C0XX(h),C1XX(h)及びC2XX(h)ではないときには(ステップS606;No)、そのコマンドがそのコマンドが第1の可変表示開始コマンド90XX(h)であるか否かを判別する(ステップS609)。   If the received command read in the process of step S602 is the second left / middle / right symbol designation C0XX (h), C1XX (h), and C2XX (h) (step S606; Yes), the EXT data of the command Are stored in the second left / middle / right symbol storage area for decorative symbols secured in the RAM 204 (step S607), and the second valid flag provided in the flag memory 214 is set to ON (step S607). S608). The EXT data of the second left / middle / right symbol designation commands C0XX (h), C1XX (h) and C2XX (h) is data indicating the symbol number of the decorative symbol. On the other hand, when the received command read in step S602 is not the second left / middle / right symbol designation C0XX (h), C1XX (h) and C2XX (h) (step S606; No), the command It is determined whether or not the command is the first variable display start command 90XX (h) (step S609).

ステップS602の処理にて読み出した受信コマンドが第1の可変表示開始コマンド90XX(h)であれば(ステップS609;Yes)、そのコマンドのEXTデータをRAM204に確保された第1の可変表示パターン格納エリアに格納してセーブするとともに(ステップS610)、フラグメモリ214に設けられた第1の可変表示開始受信フラグをオン状態にセットする(ステップS611)。これに対して、ステップS602にて読み出した受信コマンドが第1の可変表示開始コマンド90XX(h)ではないときには(ステップS609;No)、そのコマンドが第2の可変表示開始コマンド91XX(h)であるか否かを判別する(ステップS612)。   If the received command read in the process of step S602 is the first variable display start command 90XX (h) (step S609; Yes), the first variable display pattern storage in which the EXT data of the command is secured in the RAM 204 is stored. The area is stored and saved (step S610), and the first variable display start reception flag provided in the flag memory 214 is set to an on state (step S611). On the other hand, when the received command read in step S602 is not the first variable display start command 90XX (h) (step S609; No), the command is the second variable display start command 91XX (h). It is determined whether or not there is (step S612).

ステップS602の処理にて読み出した受信コマンドが第2の可変表示開始コマンド82XX(h)であれば(ステップS612;Yes)、そのコマンドのEXTデータをRAM204に確保された第2の可変表示パターン格納エリアに格納してセーブするとともに(ステップS613)、フラグメモリ214に設けられた第2の可変表示開始受信フラグをオン状態にセットする(ステップS614)。また、読み出した受信コマンドがその他の表示制御コマンド(例えば第1及び第2の飾り図柄確定コマンド)であるときには((ステップS612;No)、フラグメモリ214にて受信した表示制御コマンドに対応するコマンド受信フラグをセットし(ステップS615)、ステップS601の処理にリターンする。こうして全ての受信コマンドが読み出されると(ステップS601;No)、コマンド解析処理が終了する。   If the received command read in the process of step S602 is the second variable display start command 82XX (h) (step S612; Yes), the second variable display pattern storage in which the EXT data of the command is secured in the RAM 204 is stored. The area is stored and saved (step S613), and the second variable display start reception flag provided in the flag memory 214 is set to the on state (step S614). When the received reception command is another display control command (for example, the first and second decorative symbol determination commands) (step S612; No), the command corresponding to the display control command received by the flag memory 214 The reception flag is set (step S615), and the process returns to the process of step S601.When all reception commands are read in this way (step S601; No), the command analysis process ends.

図43は、ステップS35の第1の飾り図柄表示制御プロセス処理を示すフローチャートである。この第1の飾り図柄表示制御プロセス処理において、CPU202は、フラグメモリ214に設けられている第1の表示制御プロセスフラグの値に基づいて、図43に示すステップS620〜S626の7個の処理のいずれかを選択する。以下に、ステップS620〜S626の各処理について説明する。   FIG. 43 is a flowchart showing the first decorative symbol display control process in step S35. In the first decorative symbol display control process, the CPU 202 performs seven processes of steps S620 to S626 shown in FIG. 43 based on the value of the first display control process flag provided in the flag memory 214. Choose one. Below, each process of step S620-S626 is demonstrated.

ステップS620の第1の可変表示開始コマンド受信待ち処理は、第1の表示制御プロセスフラグの値が初期値「0」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図44に示すように、まず、フラグメモリ214に設けられた第1の可変表示開始フラグがセットされているか否かを判別する(ステップS701)。上述したコマンド解析処理において、可変表示時間を特定可能な第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)が受信コマンドバッファから読み出されたときには、第1の可変表示開始フラグがセットされる。   The first variable display start command reception waiting process in step S620 is a process executed when the value of the first display control process flag is the initial value “0”. In this process, as shown in FIG. 44, the CPU 202 first determines whether or not the first variable display start flag provided in the flag memory 214 is set (step S701). In the command analysis process described above, when the first variable display start command A0XX (h) that can specify the variable display time is read from the reception command buffer, the first variable display start flag is set.

第1の可変表示開始フラグがセットされていないときには(ステップS701;No)、さらに、主基板11から第1の報知演出開始コマンド8000(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第1の報知演出開始フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS702)。第1の報知演出開始コマンド8000(h)を受信していないときには(ステップS702;No)、そのまま第1の可変表示制御開始コマンド受信待ち処理を終了する。   When the first variable display start flag is not set (step S701; No), it is further provided in the flag memory 214 whether or not the first notification effect start command 8000 (h) has been received from the main board 11. A determination is made by checking the first notification effect start flag that has been received (step S702). When the first notification effect start command 8000 (h) is not received (step S702; No), the first variable display control start command reception waiting process is ended as it is.

一方、第1の報知演出開始コマンド8000(h)を受信しているときには(ステップS702;Yes)、第1の報知演出開始フラグをクリアした後、ランダムカウンタ211からランダムR10の値を抽出し(ステップS703)、図15に示す第1の報知演出表示制御パターンテーブル221を用いて第1の報知演出表示制御パターンを選択決定する(ステップS704)。   On the other hand, when the first notification effect start command 8000 (h) is received (step S702; Yes), the value of the random R10 is extracted from the random counter 211 after clearing the first notification effect start flag ( In step S703), the first notification effect display control pattern is selected and determined using the first notification effect display control pattern table 221 shown in FIG. 15 (step S704).

そして、ステップS704の処理にて選択決定した第1の報知演出表示制御パターンに従った描画命令をGCL205に対して送出するなどして、第3の可変表示装置43にて第1の普通可変入賞球装置61への入賞を促す報知演出の表示を開始するための設定を行う(ステップS705)。   Then, a drawing command according to the first notification effect display control pattern selected and determined in the process of step S704 is sent to the GCL 205, etc., and the third variable display device 43 performs the first ordinary variable winning. Settings for starting display of a notification effect that prompts the player to win the ball device 61 are performed (step S705).

また、ステップS701の処理にて第1の可変表示開始フラグがセットされているときには(ステップS701;Yes)、第1の可変表示開始フラグをクリアした後、主基板11から第1の報知演出終了コマンド9000(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第1の報知演出終了フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS706)。   When the first variable display start flag is set in the process of step S701 (step S701; Yes), after the first variable display start flag is cleared, the first notification effect ends from the main board 11. It is determined whether or not the command 9000 (h) has been received, for example, by checking the first notification effect end flag provided in the flag memory 214 (step S706).

第1の報知演出終了コマンド9000(h)を受信しているときには(ステップS706;Yes)、第3の可変表示装置43にて実行されている第1の普通可変入賞球装置61への入賞を促す報知演出の表示を終了するための設定を行う(ステップS707)。第1の報知演出終了コマンド9000(h)を受信していないときには(ステップS706;No)、ステップS707の処理をスキップする。   When the first notification effect end command 9000 (h) has been received (step S706; Yes), the first variable winning ball apparatus 61 that is being executed by the third variable display device 43 is awarded. Settings are made to end the display of the prompt notification effect (step S707). When the first notification effect end command 9000 (h) is not received (step S706; No), the process of step S707 is skipped.

そして、第1の表示制御プロセスフラグの値を表示制御設定処理に対応した値である「1」に更新する(ステップS708)。   Then, the value of the first display control process flag is updated to “1”, which is a value corresponding to the display control setting process (step S708).

ステップS621の第1の表示制御設定処理は、第1の表示制御プロセスフラグの値が「1」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、RAM204の可変表示パターン記憶エリアにセーブされた可変表示パターンに応じた図柄表示制御パターンを選択決定し、図柄表示制御パターンテーブル220から読み出す。そして、第1の表示制御プロセスフラグの値を第1の可変表示開始前処理に対応した値である「2」に更新する。   The first display control setting process in step S621 is a process executed when the value of the first display control process flag is “1”. In this process, the CPU 202 selects and determines a symbol display control pattern corresponding to the variable display pattern saved in the variable display pattern storage area of the RAM 204, and reads it from the symbol display control pattern table 220. Then, the value of the first display control process flag is updated to “2” which is a value corresponding to the first variable display start pre-processing.

ステップS622の第1の可変表示開始前処理は、第1の表示制御プロセスフラグの値が「2」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、GCL205に指令を送り、第3の可変表示装置43の可変表示部にて飾り図柄を徐々に加速する態様で表示させて、飾り図柄の可変表示を開始させる。また、可変表示パターンに対応した総可変表示時間に相当するカウント初期値を、各種タイマ215に含まれる第3の可変表示時間タイマにセットしてカウントダウン動作を開始させることにより、可変表示時間の計測を開始させる。そして、第1の表示制御プロセスフラグの値を第1の可変表示中処理に対応する値である「3」に更新する。   The first variable display start pre-process in step S622 is a process executed when the value of the first display control process flag is “2”. In this process, the CPU 202 sends a command to the GCL 205 and causes the variable display unit of the third variable display device 43 to display the decorative symbol in a mode of gradually accelerating to start variable display of the decorative symbol. In addition, the count initial value corresponding to the total variable display time corresponding to the variable display pattern is set in the third variable display time timer included in the various timers 215 to start the countdown operation, thereby measuring the variable display time. To start. Then, the value of the first display control process flag is updated to “3” which is a value corresponding to the first variable display processing.

ステップS623の第1の可変表示中処理は、第1の表示制御プロセスフラグの値が「3」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図45に示すように、まず、主基板11から第1の可変表示時間短縮コマンドA200(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第1の可変表示時間短縮フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS711)。第1の可変表示時間短縮コマンドA200(h)を受信しているときには(ステップS711;Yes)、第1の可変表示時間短縮フラグをクリアした後、第3の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当する値に変更する(ステップS712)。   The first variable display in-process in step S623 is a process executed when the value of the first display control process flag is “3”. In this process, as shown in FIG. 45, the CPU 202 first determines whether or not the first variable display time reduction command A200 (h) has been received from the main board 11 in the first memory provided in the flag memory 214. This is determined by checking the variable display time reduction flag (step S711). When the first variable display time shortening command A200 (h) is received (step S711; Yes), after clearing the first variable display time shortening flag, the timer value of the third variable display time timer is shortened. The value is changed to a value corresponding to the variable display time T30 (step S712).

一方、第1の可変表示時間短縮コマンドA200(h)を受信していないときには(ステップS711;No)、続いて、主基板11から第1の可変表示時間延長コマンドA400(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第1の可変表示時間延長フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS713)。第1の可変表示時間延長コマンドA400(h)を受信しているときには(ステップS713;Yes)、第1の可変表示時間延長フラグをクリアした後、第3の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当する値に変更する(ステップS714)。   On the other hand, when the first variable display time shortening command A200 (h) is not received (step S711; No), is the first variable display time extending command A400 (h) received from the main board 11? It is determined by checking the first variable display time extension flag provided in the flag memory 214 (step S713). When the first variable display time extension command A400 (h) is received (step S713; Yes), after clearing the first variable display time extension flag, the timer value of the third variable display time timer is extended. The value is changed to a value corresponding to the variable display time T40 (step S714).

第1の可変表示時間延長コマンドA400(h)を受信していないときには(ステップS713;No)、ステップS714の処理をスキップする。   When the first variable display time extension command A400 (h) is not received (step S713; No), the process of step S714 is skipped.

その後、CPU103は、フラグメモリ214に設けられた第3の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS715)。第3の可変表示時間タイマ停止フラグがオフになっているときには(ステップS715;No)、第3の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS716)。   Thereafter, the CPU 103 determines whether or not the third variable display time timer stop flag provided in the flag memory 214 is turned on (step S715). When the third variable display time timer stop flag is OFF (step S715; No), the timer value is updated by subtracting 1 from the timer value of the third variable display time timer (step S716).

そして、更新された第3の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS717)。第3の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS717;Yes)、各種タイマ215に含まれる第1の監視タイマに対して予め定められたカウント初期値を設定し(ステップS718)、その第1の監視タイマのカウントダウンをスタートさせると共に、第1の表示制御プロセスフラグの値を第1の飾り図柄停止待ち処理に対応する値である「4」に更新する(ステップS719)。一方、ステップS717の処理にて第3の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS717;No)、第1の表示制御プロセスフラグを更新することなく第1の可変表示中処理を終了する。   Then, it is determined whether or not the timer value of the updated third variable display time timer is “0” (step S717). When the timer value of the third variable display time timer becomes “0” (step S717; Yes), a predetermined count initial value is set for the first monitoring timer included in the various timers 215. (Step S718), the countdown of the first monitoring timer is started, and the value of the first display control process flag is updated to “4” which is a value corresponding to the first decorative symbol stop waiting process ( Step S719). On the other hand, when it is determined in step S717 that the timer value of the third variable display time timer is other than “0” (step S717; No), the first display control process flag is not updated. The process during variable display 1 is terminated.

また、ステップS715の処理にて第3の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているときには(ステップS715;Yes)、ステップS716〜S719の処理をスキップして、そのまま第1の可変表示中処理を終了する。これにより、第3の可変表示時間タイマ停止フラグがオンされてから再びオフされるまで、第3の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができ、この結果、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示時間を、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示時間と同様に、延長することができる。   If the third variable display time timer stop flag is turned on in the process of step S715 (step S715; Yes), the processes of steps S716 to S719 are skipped and the first variable display in-process is performed as it is. Exit. Thereby, the countdown of the timer value of the third variable display time timer can be stopped until the third variable display time timer stop flag is turned on again after being turned on. As a result, the third variable display time timer can be stopped. The variable display time of the decorative symbol by the device 43 can be extended in the same manner as the variable display time of the special symbol by the first variable display device 41.

ステップS624の第1の飾り図柄停止待ち処理は、第1の表示制御プロセスフラグの値が「4」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図46に示すように、まず、主基板11から送信された第1の飾り図柄確定コマンドD000(h)を表示制御コマンドとして受信したか否かを判別する(ステップS721)。第1の飾り図柄確定コマンドD000(h)を受信していないときには(ステップS721;No)、第1の監視タイマがタイムアウトしたか否かを判別し(ステップS722)、タイムアウトしていなければ(ステップS722;No)、そのまま第1の飾り図柄停止待ち処理が終了する。   The first decorative symbol stop waiting process in step S624 is a process executed when the value of the first display control process flag is “4”. In this process, as shown in FIG. 46, the CPU 202 first determines whether or not the first decorative symbol determination command D000 (h) transmitted from the main board 11 has been received as a display control command (step S721). ). When the first decorative symbol determination command D000 (h) has not been received (step S721; No), it is determined whether or not the first monitoring timer has timed out (step S722). S722; No), the first decorative symbol stop waiting process is finished as it is.

一方、第1の監視タイマがタイムアウトしたとき(ステップS722;Yes)、CPU202は、何らかの異常が発生したと判断して、第3の可変表示装置43上に所定のエラー画面を表示する制御を行う(ステップS723)。この後、ステップS727の処理へと進む。   On the other hand, when the first monitoring timer times out (step S722; Yes), the CPU 202 determines that some abnormality has occurred, and performs control to display a predetermined error screen on the third variable display device 43. (Step S723). Thereafter, the process proceeds to step S727.

また、ステップS721の処理にて第1の飾り図柄確定コマンドを受信したと判別したとき(ステップS721;Yes)、CPU202は、第3の可変表示装置43にて実行中である飾り図柄の可変表示を終了させ、各図柄における確定図柄を停止表示する制御を行い(ステップS724)、各図柄の表示結果が特定表示結果である大当りとなったか否かを判別する(ステップS725)。大当りではないときには(ステップS725;No)、ステップS727の処理に進み、大当りであるときには(ステップS725;Yes)、フラグメモリ214に設けられている第4の可変表示時間タイマ停止フラグをオン状態にセットする(ステップS726)。その後、CPU202は、ステップS728の処理へと進む。   When it is determined in step S721 that the first decorative symbol determination command has been received (step S721; Yes), the CPU 202 variably displays the decorative symbol being executed by the third variable display device 43. Is performed, and the control of stopping and displaying the confirmed symbols in each symbol is performed (step S724), and it is determined whether or not the display result of each symbol is a big hit which is a specific display result (step S725). When it is not a big hit (step S725; No), the process proceeds to step S727. When a big hit is made (step S725; Yes), the fourth variable display time timer stop flag provided in the flag memory 214 is turned on. Set (step S726). Thereafter, the CPU 202 proceeds to the process of step S728.

ステップS727の処理において、CPU202は、第1の表示制御プロセスフラグの値を「0」に更新して、第1の飾り図柄停止待ち処理を終了する。また、ステップS728においては、第1の表示制御プロセスフラグの値を第1の大当り表示処理に対応する値である「5」に更新して、第1の飾り図柄停止待ち処理が終了する。   In the process of step S727, the CPU 202 updates the value of the first display control process flag to “0” and ends the first decorative symbol stop waiting process. In step S728, the value of the first display control process flag is updated to “5”, which is a value corresponding to the first jackpot display process, and the first decorative symbol stop waiting process ends.

ステップS625の第1の大当り表示処理は、第1の表示制御プロセスフラグの値が「5」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、第3の可変表示装置43を制御することにより、大当り遊技状態に応じた画像を表示する制御を行う。例えば、主基板11から送出された所定の大当りラウンド数指示コマンドに対応したラウンド数を、第3の可変表示装置43上に表示させることにより、遊技者に対して報知可能とする。そして、大当り遊技状態において実行されるラウンド遊技が最終ラウンド(例えば、16回目)になると、第1の表示制御プロセスフラグの値を第1の大当り終了表示処理に対応した値である「6」に更新する。   The first jackpot display process in step S625 is a process executed when the value of the first display control process flag is “5”. In this process, the CPU 202 controls the third variable display device 43 to display an image corresponding to the big hit gaming state. For example, the number of rounds corresponding to a predetermined jackpot round number command sent from the main board 11 is displayed on the third variable display device 43 so that the player can be notified. When the round game executed in the big hit gaming state becomes the final round (for example, the 16th round), the value of the first display control process flag is set to “6” which is a value corresponding to the first big hit end display process. Update.

ステップS626の第1の大当り終了表示処理は、第1の表示制御プロセスフラグの値が「6」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図47に示すように、まず、主基板11から大当り終了コマンドE000(h)を受信したことに応答して、第3の可変表示装置43にて大当り遊技状態が終了したことを報知する演出表示の制御を行う(ステップS731)。また、CPU202は、フラグメモリ214に設けられている第4の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフ状態にする(ステップS732)。これにより、フラグメモリ214に設けられた第4の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンが再開される。そして、大当り遊技状態が終了したことを報知する演出表示が終了すると、第1の表示制御プロセスフラグの値を「0」に更新する(ステップS733)。   The first jackpot end display process in step S626 is a process executed when the value of the first display control process flag is “6”. In this process, as shown in FIG. 47, the CPU 202 first ends the jackpot gaming state in the third variable display device 43 in response to receiving the jackpot end command E000 (h) from the main board 11. An effect display for notifying the user that the event has been performed is controlled (step S731). In addition, the CPU 202 clears the fourth variable display time timer stop flag provided in the flag memory 214 and turns it off (step S732). Thereby, the countdown of the timer value of the fourth variable display time timer provided in the flag memory 214 is resumed. Then, when the effect display for notifying that the big hit gaming state has ended, the value of the first display control process flag is updated to “0” (step S733).

図48は、ステップS36の第2の飾り図柄表示制御プロセス処理を示すフローチャートである。この第2の飾り図柄表示制御プロセス処理において、CPU202は、フラグメモリ214に設けられている第1の表示制御プロセスフラグの値に基づいて、ステップS630〜S636の7個の処理のいずれかを選択する。以下に、ステップS630〜S636の各処理について説明する。   FIG. 48 is a flowchart showing the second decorative symbol display control process in step S36. In the second decorative symbol display control process, the CPU 202 selects one of the seven processes of steps S630 to S636 based on the value of the first display control process flag provided in the flag memory 214. To do. Below, each process of step S630-S636 is demonstrated.

ステップS630の第2の可変表示開始コマンド受信待ち処理は、第2の表示制御プロセスフラグの値が初期値「0」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図49に示すように、まず、フラグメモリ214に設けられた第2の可変表示開始フラグがセットされているか否かを判別する(ステップS801)。上述したコマンド解析処理において、可変表示時間を特定可能な第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)が受信コマンドバッファから読み出されたときには、第2の可変表示開始フラグがセットされる。   The second variable display start command reception waiting process in step S630 is a process executed when the value of the second display control process flag is the initial value “0”. In this process, as shown in FIG. 49, the CPU 202 first determines whether or not the second variable display start flag provided in the flag memory 214 is set (step S801). In the command analysis process described above, when the second variable display start command A1XX (h) that can specify the variable display time is read from the reception command buffer, the second variable display start flag is set.

第2の可変表示開始フラグがセットされていないときには(ステップS801;No)、さらに、主基板11から第2の報知演出開始コマンド8100(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第2の報知演出開始フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS802)。第2の報知演出開始コマンド8100(h)を受信していないときには(ステップS802;No)、そのまま第2の可変表示制御開始コマンド受信待ち処理を終了する。   When the second variable display start flag is not set (step S801; No), it is further provided in the flag memory 214 whether or not the second notification effect start command 8100 (h) is received from the main board 11. A determination is made by checking the second notification effect start flag that has been given (step S802). When the second notification effect start command 8100 (h) is not received (step S802; No), the second variable display control start command reception waiting process is ended as it is.

一方、第2の報知演出開始コマンド8100(h)を受信しているときには(ステップS802;Yes)、第2の報知演出開始フラグをクリアした後、ランダムカウンタ211からランダムR10の値を抽出し(ステップS803)、図15に示す第2の報知演出表示制御パターンテーブル222を用いて第2の報知演出表示制御パターンを選択決定する(ステップS804)。   On the other hand, when the second notification effect start command 8100 (h) is received (step S802; Yes), the value of the random R10 is extracted from the random counter 211 after clearing the second notification effect start flag ( Step S803), a second notification effect display control pattern is selected and determined using the second notification effect display control pattern table 222 shown in FIG. 15 (Step S804).

そして、ステップS804の処理にて選択決定した第2の報知演出表示制御パターンに従った描画命令をGCL205に対して送出するなどして、第4の可変表示装置44にて第1の普通可変入賞球装置61への入賞を促す報知演出の表示を開始するための設定を行う(ステップS805)。   Then, a drawing command according to the second notification effect display control pattern selected and determined in the process of step S804 is sent to the GCL 205, and the first variable variable device 44 makes the first ordinary variable prize. A setting for starting display of a notification effect for prompting a winning to the ball device 61 is performed (step S805).

また、ステップS801の処理にて第2の可変表示開始フラグがセットされているときには(ステップS801;Yes)、第2の可変表示開始フラグをクリアした後、主基板11から第2の報知演出終了コマンド9100(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第2の報知演出終了フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS806)。   When the second variable display start flag is set in the process of step S801 (step S801; Yes), after the second variable display start flag is cleared, the second notification effect ends from the main board 11. It is determined whether or not the command 9100 (h) has been received, for example, by checking the second notification effect end flag provided in the flag memory 214 (step S806).

第1の報知演出終了コマンド9100(h)を受信しているときには(ステップS806;Yes)、第4の可変表示装置44にて実行されている第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出の表示を終了するための設定を行う(ステップS807)。第2の報知演出終了コマンド9100(h)を受信していないときには(ステップS806;No)、ステップS807の処理をスキップする。   When the first notification effect end command 9100 (h) has been received (step S806; Yes), the winning to the second ordinary variable winning ball device 62 executed by the fourth variable display device 44 is made. Settings are made to end the display of the prompt notification effect (step S807). When the second notification effect end command 9100 (h) is not received (step S806; No), the process of step S807 is skipped.

そして、第2の表示制御プロセスフラグの値を表示制御設定処理に対応した値である「1」に更新する(ステップS808)。   Then, the value of the second display control process flag is updated to “1” which is a value corresponding to the display control setting process (step S808).

ステップS631の第2の表示制御設定処理は、第2の表示制御プロセスフラグの値が「1」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、RAM204の可変表示パターン記憶エリアにセーブされた可変表示パターンに応じた図柄表示制御パターンを選択決定し、図柄表示制御パターンテーブル220から読み出す。そして、第2の表示制御プロセスフラグの値を第2の可変表示開始前処理に対応した値である「2」に更新する。   The second display control setting process in step S631 is a process executed when the value of the second display control process flag is “1”. In this process, the CPU 202 selects and determines a symbol display control pattern corresponding to the variable display pattern saved in the variable display pattern storage area of the RAM 204, and reads it from the symbol display control pattern table 220. Then, the value of the second display control process flag is updated to “2”, which is a value corresponding to the second variable display start pre-processing.

ステップS632の第2の可変表示開始前処理は、第2の表示制御プロセスフラグの値が「2」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、GCL205に指令を送り、第4の可変表示装置44の可変表示部にて飾り図柄を徐々に加速する態様で表示させて、飾り図柄の可変表示を開始させる。また、可変表示パターンに対応した総可変表示時間に相当するカウント初期値を、各種タイマ215に含まれる第4の可変表示時間タイマにセットしてカウントダウン動作を開始させることにより、可変表示時間の計測を開始させる。そして、第2の表示制御プロセスフラグの値を第2の可変表示中処理に対応する値である「3」に更新する。   The second variable display start pre-process in step S632 is a process executed when the value of the second display control process flag is “2”. In this process, the CPU 202 sends a command to the GCL 205 and causes the variable display unit of the fourth variable display device 44 to display the decorative symbols in a manner that gradually accelerates, thereby starting the variable display of the decorative symbols. In addition, the count initial value corresponding to the total variable display time corresponding to the variable display pattern is set in the fourth variable display time timer included in the various timers 215 to start the countdown operation, thereby measuring the variable display time. To start. Then, the value of the second display control process flag is updated to “3” which is a value corresponding to the second variable display processing.

ステップS633の第2の可変表示中処理は、第2の表示制御プロセスフラグの値が「3」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図50に示すように、まず、主基板11から第2の可変表示時間短縮コマンドA300(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第2の可変表示時間短縮フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS811)。第2の可変表示時間短縮コマンドA300(h)を受信しているときには(ステップS811;Yes)、第2の可変表示時間短縮フラグをクリアした後、第4の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当する値に変更する(ステップS812)。   The second variable display in-process in step S633 is a process executed when the value of the second display control process flag is “3”. In this processing, as shown in FIG. 50, the CPU 202 first determines whether or not the second variable display time reduction command A300 (h) has been received from the main board 11 in the second memory provided in the flag memory 214. This is determined by checking the variable display time reduction flag (step S811). When the second variable display time shortening command A300 (h) is received (step S811; Yes), after clearing the second variable display time shortening flag, the timer value of the fourth variable display time timer is shortened. The value is changed to a value corresponding to the variable display time T30 (step S812).

一方、第2の可変表示時間短縮コマンドA300(h)を受信していないときには(ステップS811;No)、続いて、主基板11から第2の可変表示時間延長コマンドA500(h)を受信したか否かを、フラグメモリ214に設けられた第2の可変表示時間延長フラグをチェックするなどして、判別する(ステップS813)。第2の可変表示時間延長コマンドA500(h)を受信しているときには(ステップS813;Yes)、第2の可変表示時間延長フラグをクリアした後、第4の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当する値に変更する(ステップS814)。   On the other hand, when the second variable display time shortening command A300 (h) is not received (step S811; No), whether the second variable display time extending command A500 (h) is subsequently received from the main board 11 or not. It is determined whether or not the second variable display time extension flag provided in the flag memory 214 is checked (step S813). When the second variable display time extension command A500 (h) is received (step S813; Yes), after clearing the second variable display time extension flag, the timer value of the fourth variable display time timer is extended. The value is changed to a value corresponding to the variable display time T40 (step S814).

第2の可変表示時間延長コマンドA500(h)を受信していないときには(ステップS813;No)、ステップS814の処理をスキップする。   When the second variable display time extension command A500 (h) is not received (step S813; No), the process of step S814 is skipped.

その後、CPU103は、フラグメモリ214に設けられた第4の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS815)。第4の可変表示時間タイマ停止フラグがオフになっているときには(ステップS815;No)、第4の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS816)。   Thereafter, the CPU 103 determines whether or not a fourth variable display time timer stop flag provided in the flag memory 214 is turned on (step S815). When the fourth variable display time timer stop flag is off (step S815; No), the timer value is updated by subtracting 1 from the timer value of the fourth variable display time timer (step S816).

そして、更新された第4の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS817)。第4の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS817;Yes)、各種タイマ215に含まれる第2の監視タイマに対して予め定められたカウント初期値を設定し(ステップS818)、その第2の監視タイマのカウントダウンをスタートさせると共に、第2の表示制御プロセスフラグの値を第2の飾り図柄停止待ち処理に対応する値である「4」に更新する(ステップS819)。一方、ステップS817の処理にて第4の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS817;No)、第2の表示制御プロセスフラグを更新することなく第2の可変表示中処理を終了する。   Then, it is determined whether or not the timer value of the updated fourth variable display time timer is “0” (step S817). When the timer value of the fourth variable display time timer becomes “0” (step S817; Yes), a predetermined count initial value is set for the second monitoring timer included in the various timers 215. (Step S818), the countdown of the second monitoring timer is started, and the value of the second display control process flag is updated to “4” which is a value corresponding to the second decorative symbol stop waiting process ( Step S819). On the other hand, when it is determined in step S817 that the timer value of the fourth variable display time timer is other than “0” (step S817; No), the second display control process flag is not updated. 2 variable display in-process is terminated.

また、ステップS815の処理にて第4の可変表示時間タイマ停止フラグがオンになっているときには(ステップS815;Yes)、ステップS816〜S819の処理をスキップして、そのまま第2の可変表示中処理を終了する。これにより、第4の可変表示時間タイマ停止フラグがオンされてから再びオフされるまで、第4の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができ、この結果、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示時間を、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示時間と同様に、延長することができる。   When the fourth variable display time timer stop flag is turned on in step S815 (step S815; Yes), the processing in steps S816 to S819 is skipped and the second variable display in-process is performed as it is. Exit. As a result, the countdown of the timer value of the fourth variable display time timer can be stopped until the fourth variable display time timer stop flag is turned on again after being turned on. As a result, the fourth variable display time timer can be stopped. The variable display time of the decorative symbol by the device 44 can be extended in the same manner as the variable display time of the special symbol by the second variable display device 42.

ステップS634の第2の飾り図柄停止待ち処理は、第2の表示制御プロセスフラグの値が「4」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図51に示すように、まず、主基板11から送信された第2の飾り図柄確定コマンドD100(h)を表示制御コマンドとして受信したか否かを判別する(ステップS821)。第2の飾り図柄確定コマンドD100(h)を受信していないときには(ステップS821;No)、第2の監視タイマがタイムアウトしたか否かを判別し(ステップS822)、タイムアウトしていなければ(ステップS822;No)、そのまま第2の飾り図柄停止待ち処理が終了する。   The second decorative symbol stop waiting process in step S634 is a process executed when the value of the second display control process flag is “4”. In this process, as shown in FIG. 51, the CPU 202 first determines whether or not the second decorative symbol determination command D100 (h) transmitted from the main board 11 has been received as a display control command (step S821). ). When the second decorative symbol determination command D100 (h) has not been received (step S821; No), it is determined whether or not the second monitoring timer has timed out (step S822). S822; No), the second decorative symbol stop waiting process is finished as it is.

一方、第2の監視タイマがタイムアウトしたとき(ステップS822;Yes)、CPU202は、何らかの異常が発生したと判断して、第4の可変表示装置44上に所定のエラー画面を表示する制御を行う(ステップS823)。この後、ステップS827の処理へと進む。   On the other hand, when the second monitoring timer times out (step S822; Yes), the CPU 202 determines that some abnormality has occurred, and performs control to display a predetermined error screen on the fourth variable display device 44. (Step S823). Thereafter, the process proceeds to step S827.

また、ステップS821の処理にて第2の飾り図柄確定コマンドを受信したと判別したとき(ステップS821;Yes)、CPU202は、第4の可変表示装置44にて実行中である飾り図柄の可変表示を終了させ、各図柄における確定図柄を停止表示する制御を行い(ステップS824)、各図柄の表示結果が特定表示結果である大当りとなったか否かを判別する(ステップS825)。大当りではないときには(ステップS825;No)、ステップS827の処理に進み、大当りであるときには(ステップS825;Yes)、フラグメモリ214に設けられている第3の可変表示時間タイマ停止フラグをオン状態にセットする(ステップS826)。その後、CPU202は、ステップS828の処理へと進む。   When it is determined in step S821 that the second decorative symbol determination command has been received (step S821; Yes), the CPU 202 variably displays the decorative symbol being executed by the fourth variable display device 44. Is terminated, and the control for stopping and displaying the fixed symbol in each symbol is performed (step S824), and it is determined whether or not the display result of each symbol is a big hit which is a specific display result (step S825). When it is not a big hit (step S825; No), the process proceeds to step S827. When a big hit is made (step S825; Yes), the third variable display time timer stop flag provided in the flag memory 214 is turned on. Set (step S826). Thereafter, the CPU 202 proceeds to the process of step S828.

ステップS827の処理において、CPU202は、第2の表示制御プロセスフラグの値を「0」に更新して、第2の飾り図柄停止待ち処理を終了する。また、ステップS828においては、第2の表示制御プロセスフラグの値を第2の大当り表示処理に対応する値である「5」に更新して、第2の飾り図柄停止待ち処理が終了する。   In the process of step S827, the CPU 202 updates the value of the second display control process flag to “0”, and ends the second decorative symbol stop waiting process. In step S828, the value of the second display control process flag is updated to “5”, which is a value corresponding to the second jackpot display process, and the second decorative symbol stop waiting process ends.

ステップS635の第2の大当り表示処理は、第2の表示制御プロセスフラグの値が「5」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、第4の可変表示装置44を制御することにより、大当り遊技状態に応じた画像を表示する制御を行う。例えば、主基板11から送出された所定の大当りラウンド数指示コマンドに対応したラウンド数を、第4の可変表示装置44上に表示させることにより、遊技者に対して報知可能とする。そして、大当り遊技状態において実行されるラウンド遊技が最終ラウンド(例えば、16回目)になると、第2の表示制御プロセスフラグの値を第2の大当り終了表示処理に対応した値である「6」に更新する。   The second jackpot display process in step S635 is a process executed when the value of the second display control process flag is “5”. In this process, the CPU 202 controls the fourth variable display device 44 to display an image corresponding to the big hit gaming state. For example, the number of rounds corresponding to a predetermined jackpot round number command sent from the main board 11 is displayed on the fourth variable display device 44 so that the player can be notified. Then, when the round game executed in the big hit gaming state becomes the final round (for example, the 16th round), the value of the second display control process flag is set to “6” which is a value corresponding to the second big hit end display process. Update.

ステップS636の第2の大当り終了表示処理は、第2の表示制御プロセスフラグの値が「6」のときに実行される処理である。この処理において、CPU202は、図52に示すように、まず、主基板11から大当り終了コマンドE000(h)を受信したことに応答して、第4の可変表示装置44にて大当り遊技状態が終了したことを報知する演出表示の制御を行う(ステップS831)。また、CPU202は、フラグメモリ214に設けられている第3の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフ状態にする(ステップS832)。これにより、フラグメモリ214に設けられた第3の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンが再開される。そして、大当り遊技状態が終了したことを報知する演出表示が終了すると、第2の表示制御プロセスフラグの値を「0」に更新する(ステップS833)。   The second jackpot end display process in step S636 is a process executed when the value of the second display control process flag is “6”. In this process, as shown in FIG. 52, the CPU 202 first ends the big hit gaming state in the fourth variable display device 44 in response to receiving the big hit end command E000 (h) from the main board 11. An effect display for informing the user that the event has been made is controlled (step S831). In addition, the CPU 202 clears the third variable display time timer stop flag provided in the flag memory 214 and turns it off (step S832). Thereby, the countdown of the timer value of the third variable display time timer provided in the flag memory 214 is resumed. Then, when the effect display notifying that the big hit gaming state has ended, the value of the second display control process flag is updated to “0” (step S833).

続いて、各可変表示装置41〜44における表示動作を制御する表示制御例について説明する。まず、第1の可変表示装置41にて表示結果を確変大当りとする特図ゲームが開始された後、第2の可変表示装置42にて表示結果を通常大当りとする特図ゲームが開始された場合の表示制御例を説明する。   Subsequently, a display control example for controlling the display operation in each of the variable display devices 41 to 44 will be described. First, after a special figure game with a display result as a big hit is started on the first variable display device 41, a special figure game with a display result as a normal big hit is started on the second variable display device 42. An example of display control in this case will be described.

図53は、各可変表示装置41〜44における表示制御プロセス(画像表示の状態)を示す説明図である。図54は、この場合の各可変表示装置41〜44における表示動作例を示すタイミングチャートであり、図55は、各可変表示装置41〜44における特別図柄及び飾り図柄の可変表示態様を示す図である。   FIG. 53 is an explanatory diagram showing a display control process (image display state) in each of the variable display devices 41 to 44. FIG. 54 is a timing chart showing an example of display operation in each of the variable display devices 41 to 44 in this case, and FIG. 55 is a diagram showing variable display modes of special symbols and decorative designs in each of the variable display devices 41 to 44. is there.

この表示制御例では、第1の可変表示装置41による特図ゲームにて使用される可変表示パターンとして、可変表示パターン#22(リーチB大当り)が選択決定されている(ステップS273)。主基板11のCPU103は、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を開始させると共に、第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS274及びS275)。このとき、CPU103は、選択決定した可変表示パターン#22に従って、第1の可変表示装置41の左、中、右可変表示部に表示されている特別図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   In this display control example, the variable display pattern # 22 (reach B big hit) is selected and determined as the variable display pattern used in the special figure game by the first variable display device 41 (step S273). The CPU 103 of the main board 11 starts the variable display of the special symbol by the first variable display device 41 and sends the first variable display start command A0XX (h) to the display control board 12 (Steps S274 and S274). S275). At this time, the CPU 103 starts accelerating display by the process a for the special symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the first variable display device 41 according to the selected variable display pattern # 22. Let Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

また、第2の特図保留メモリ112の始動入賞記憶数が最大値である4に達していない場合(ステップS206;No)、表示制御基板12に対しては、さらに、第2の報知演出開始コマンド8100(h)が送出される(ステップS210)。   When the number of start winning memories in the second special figure holding memory 112 has not reached the maximum value of 4 (step S206; No), the second notification effect is started for the display control board 12. Command 8100 (h) is transmitted (step S210).

そして、表示制御基板12のCPU202は、主基板11から送出された第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)を受信したことに応答して(ステップS701;Yes)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第3の可変表示装置43において、飾り図柄の可変表示を開始させる(ステップS622)。このとき、GCL205は、CPU202からの描画命令に従った画像処理を実行し、第3の可変表示装置43の左、中、右可変表示部に表示されている飾り図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   Then, the CPU 202 of the display control board 12 responds to the reception of the first variable display start command A0XX (h) sent from the main board 11 (step S701; Yes), and performs a predetermined drawing on the GCL 205. By sending a command or the like, the third variable display device 43 starts variable display of decorative symbols (step S622). At this time, the GCL 205 executes image processing in accordance with the drawing command from the CPU 202, and applies the process a to the decorative symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the third variable display device 43. Start accelerating display. Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

また、CPU202は、主基板11から送出された第2の報知演出開始コマンド8100(h)を受信したことに応答して(ステップS802;Yes)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第4の可変表示装置44において、第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出の表示を開始させる(ステップS805)。GCL205は、CPU202からの描画命令に従った画像処理を実行し、第4の可変表示装置44上に、プロセスdによる報知演出表示を開始させる。   Further, in response to receiving the second notification effect start command 8100 (h) sent from the main board 11 (step S802; Yes), the CPU 202 sends a predetermined drawing command to the GCL 205, etc. Then, in the fourth variable display device 44, display of a notification effect for prompting the player to win the second ordinary variable winning ball device 62 is started (step S805). The GCL 205 executes image processing in accordance with a drawing command from the CPU 202 and starts a notification effect display by the process d on the fourth variable display device 44.

これにより、第1の可変表示装置41では、図55(A)及び図55(B)に示すように、タイミングt0において、停止表示されていた特別図柄の可変表示が開始されると共に、第3の可変表示装置43では、停止表示されていた飾り図柄の可変表示が開始される。また、第4の可変表示装置44では、飾り図柄に代えて、第2の可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出表示が開始される。   As a result, in the first variable display device 41, as shown in FIGS. 55A and 55B, at the timing t0, variable display of the special symbol that has been stopped is started, and the third variable display device 41 The variable display device 43 starts variable display of the decorative symbols that have been stopped. In addition, in the fourth variable display device 44, a notification effect display that prompts a player to win the second variable winning ball device 62 is started instead of the decorative symbol.

その後、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示中に、第2の可変入賞球装置62に遊技球が入賞して、第2の特別図柄保留メモリ112の始動入賞記憶数が最大値である4に達すると(ステップS405;Yes,ステップS406;Yes)、表示制御基板12に対して第2の報知演出終了コマンド9100(h)が送出される(ステップS408)。   Thereafter, during the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, the game ball wins the second variable winning ball device 62, and the start winning memory number of the second special symbol holding memory 112 is the maximum value. Is reached (step S405; Yes, step S406; Yes), a second notification effect end command 9100 (h) is sent to the display control board 12 (step S408).

そして、ステップS131及びS132の処理にて第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果を通常大当りとする旨の決定がなされ(ステップS426;Yes、ステップS443;No)、第2の可変表示装置42による特図ゲームにて使用される可変表示パターンとして、可変表示パターン#22(リーチC大当り)が選択決定される(ステップS473)。   Then, in the processes of steps S131 and S132, it is determined that the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is a normal jackpot (step S426; Yes, step S443; No), and the second variable. As a variable display pattern used in the special game by the display device 42, the variable display pattern # 22 (reach C big hit) is selected and determined (step S473).

主基板11のCPU103は、この選択決定した可変表示パターン#22に従って、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を開始させると共に、第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS474及びS475)。このとき、CPU103は、選択決定した可変表示パターンに従って、第1の可変表示装置41の左、中、右可変表示部に表示されている特別図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   The CPU 103 of the main board 11 starts the variable display of the special symbol by the second variable display device 42 according to the selected variable display pattern # 22, and controls the display of the second variable display start command A1XX (h). It sends out to the substrate 12 (steps S474 and S475). At this time, the CPU 103 starts the accelerated display by the process a on the special symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the first variable display device 41 according to the variable display pattern selected and determined. Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

また、CPU103は、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T22よりも短い場合には(ステップS485;Yes)、表示制御基板12に対して第1の可変表示時間延長コマンドA400(h)を送出すると共に(ステップS486)、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当するタイマ値に変更する(ステップS487)。   In addition, the CPU 103 determines that the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special game played on the first variable display device 41 is greater than the total variable display time T22 of the special symbol by the second variable display device 42. If it is shorter (step S485; Yes), the first variable display time extension command A400 (h) is sent to the display control board 12 (step S486), and the timer value of the first variable display time timer is set. The timer value corresponding to the extended variable display time T40 is changed (step S487).

表示制御基板12のCPU202は、主基板11から送出された第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)と第2の報知演出終了コマンド9100(h)とを受信したことに応答して(ステップS801;Yes,ステップS806;Yes)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第4の可変表示装置44において、第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出の表示を終了させると共に(ステップS807)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第4の可変表示装置44において、飾り図柄の可変表示を開始させる(ステップS632)。このとき、GCL205は、CPU202からの描画命令に従った画像処理を実行し、第4の可変表示装置44の左、中、右可変表示部に表示されている飾り図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   The CPU 202 of the display control board 12 responds to the reception of the second variable display start command A1XX (h) and the second notification effect end command 9100 (h) sent from the main board 11 (step S801). Yes, step S806; Yes), a predetermined rendering command is sent to the GCL 205, etc., and the fourth variable display device 44 provides a notification effect that prompts the second ordinary variable winning ball device 62 to win a prize. The display is terminated (step S807), and a predetermined drawing command is sent to the GCL 205, and the fourth variable display device 44 starts variable display of decorative symbols (step S632). At this time, the GCL 205 executes image processing in accordance with a drawing command from the CPU 202, and applies the process a to the decorative symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the fourth variable display device 44. Start accelerating display. Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

これにより、第2の可変表示装置42では、図55(C)に示すように、タイミングt1において、特別図柄の可変表示が開始され、第4の可変表示装置44では、飾り図柄の可変表示が開始される。   Thereby, in the second variable display device 42, as shown in FIG. 55C, the special symbol variable display is started at the timing t1, and in the fourth variable display device 44, the decorative symbol variable display is performed. Be started.

また、CPU202は、第1の可変表示時間延長コマンドA400(h)を受信したことに応答して(ステップS713;Yes)、第3の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当する値に変更する(ステップS714)。   Further, in response to the reception of the first variable display time extension command A400 (h) (step S713; Yes), the CPU 202 corresponds the timer value of the third variable display time timer to the extended variable display time T40. To a value to be changed (step S714).

その後、第2の可変表示装置42と第4の可変表示装置44とでは、図55(D)及び図55(E)に示すように、左図柄、右図柄の順で仮停止表示がなされる。   Thereafter, the second variable display device 42 and the fourth variable display device 44 perform temporary stop display in the order of the left symbol and the right symbol as shown in FIGS. 55 (D) and 55 (E). .

そして、タイミングt1から総可変表示時間T22後のタイミングt2において、主基板11のCPU103は、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を終了させ、通常大当り図柄を導出表示すると共に(ステップS501)、第2の飾り図柄確定コマンドD1XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS502)。また、CPU103は、第1の可変表示時間タイマ停止フラグをオンにセットして(ステップS511)、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示時間の計測を停止する。   Then, at timing t2 after the total variable display time T22 from timing t1, the CPU 103 of the main board 11 ends the variable display of the special symbol by the second variable display device 42 and derives and displays the normal jackpot symbol (step). S501), a second decorative symbol determination command D1XX (h) is sent to the display control board 12 (step S502). In addition, the CPU 103 sets the first variable display time timer stop flag to ON (step S511), and stops the measurement of the special symbol variable display time by the first variable display device 41.

一方、表示制御基板12のCPU202は、タイミングt2において、第4の可変表示装置44にて通常大当り図柄を導出表示させ、主基板11から第2の飾り図柄確定コマンドD1XXを受信したことに応答して、プロセスcによる完全に停止した状態で表示する(ステップS824)。また、CPU103は、第3の可変表示時間タイマ停止フラグをオンにセットして(ステップS826)、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示時間の計測を停止する。   On the other hand, at the timing t2, the CPU 202 of the display control board 12 causes the fourth variable display device 44 to display and display the normal jackpot symbol, and responds to the reception of the second decorative symbol determination command D1XX from the main substrate 11. Thus, the process c is displayed in a completely stopped state (step S824). In addition, the CPU 103 sets the third variable display time timer stop flag to ON (step S826), and stops the measurement of the decorative symbol variable display time by the third variable display device 43.

これにより、第2の可変表示装置42と第4の可変表示装置44とでは、図55(F)に示すように、通常大当り図柄が確定表示され、パチンコ遊技機1は、図55(G)に示すように、大当り遊技状態へと移行する。この間、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、第1の可変表示時間タイマのタイマ値と第3の可変表示時間タイマのタイマ値とのカウントダウンが停止されて、プロセスbによる一定速表示が実行され続ける。   As a result, the second variable display device 42 and the fourth variable display device 44 confirm and display the normal jackpot symbol as shown in FIG. 55 (F), and the pachinko gaming machine 1 is shown in FIG. 55 (G). As shown in FIG. Meanwhile, in the first variable display device 41 and the third variable display device 43, the countdown of the timer value of the first variable display time timer and the timer value of the third variable display time timer is stopped, and the process The constant speed display by b continues to be executed.

そして、大当り遊技状態が終了するタイミングT3において、主基板11のCPU103は、大当り終了コマンドE000(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS511)。また、CPU103は、第1の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフし(ステップS522)、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示時間の計測を再開する。   Then, at the timing T3 when the big hit gaming state ends, the CPU 103 of the main board 11 sends a big hit end command E000 (h) to the display control board 12 (step S511). Further, the CPU 103 clears and turns off the first variable display time timer stop flag (step S522), and restarts the measurement of the special symbol variable display time by the first variable display device 41.

一方、表示制御基板12のCPU202は、主基板11より送出された大当り終了コマンドE000(h)を受信したことに応答して、図55(H)に示すように、大当り終了報知演出表示を行う(ステップS831)。また、CPU103は、第3の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフし(ステップS832)、第3の可変表示装置43による特別図柄の可変表示時間の計測を再開する。   On the other hand, in response to receiving the jackpot end command E000 (h) sent from the main board 11, the CPU 202 of the display control board 12 performs a jackpot end notification effect display as shown in FIG. 55 (H). (Step S831). In addition, the CPU 103 clears and turns off the third variable display time timer stop flag (step S832), and restarts the measurement of the special symbol variable display time by the third variable display device 43.

その後、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、図55(I)及び(J)に示すように、左図柄、右図柄の順で仮停止表示がなされる。そして、タイミングT4において、主基板11のCPU103は、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を終了させ、確変大当り図柄を導出表示させると共に(ステップS301)、第1の飾り図柄確定コマンドD0XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS302)。   Thereafter, the first variable display device 41 and the third variable display device 43 perform temporary stop display in the order of the left symbol and the right symbol as shown in FIGS. 55 (I) and (J). At timing T4, the CPU 103 of the main board 11 terminates the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, derives and displays the probability variation big winning symbol (step S301), and the first decorative symbol confirmation command. D0XX (h) is sent to the display control board 12 (step S302).

また、表示制御基板12のCPU202は、タイミングT4において、第3の可変表示装置43にて確変大当り図柄を導出表示させ、主基板11から第1の飾り図柄確定コマンドD0XXを受信したことに応答して、プロセスcによる完全に停止した状態で表示する(ステップS724)。   Further, the CPU 202 of the display control board 12 responds to the fact that the third variable display device 43 derives and displays the probable big hit symbol at timing T4 and receives the first decorative symbol determination command D0XX from the main board 11. Thus, the process c is displayed in a completely stopped state (step S724).

これにより、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、図55(K)に示すように、確変大当り図柄が確定表示され、パチンコ遊技機1は、大当り遊技状態へと移行し、終了後、確率向上状態へと移行する。   Thereby, as shown in FIG. 55 (K), the first variable display device 41 and the third variable display device 43 confirm and display the probability variation big hit symbol, and the pachinko gaming machine 1 enters the big hit gaming state. Transition to the probability improvement state after completion.

次に、第1の可変表示装置41にて表示結果を通常大当りとする特図ゲームが開始された後、第2の可変表示装置42にて表示結果を確変大当りとする特図ゲームが開始された場合の表示制御例を説明する。   Next, after the first variable display device 41 starts the special figure game with the display result as a normal big hit, the second variable display device 42 starts the special figure game with the display result as the probable big hit. An example of display control in the case of failure will be described.

図56は、この場合の各可変表示装置41〜44における表示動作例を示すタイミングチャートであり、図57は、各可変表示装置41〜44における特別図柄及び飾り図柄の可変表示態様を示す図である。   FIG. 56 is a timing chart showing an example of display operation in each of the variable display devices 41 to 44 in this case, and FIG. 57 is a diagram showing a variable display mode of special symbols and decorative symbols in each of the variable display devices 41 to 44. is there.

この表示制御例では、第1の可変表示装置41による特図ゲームにて使用される可変表示パターンとして、可変表示パターン#24(リーチD大当り)が選択決定されている(ステップS273)。主基板11のCPU103は、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を開始させると共に、第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS274及びS275)。このとき、CPU103は、選択決定した可変表示パターン#24に従って、第1の可変表示装置41の左、中、右可変表示部に表示されている特別図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   In this display control example, the variable display pattern # 24 (reach D big hit) is selected and determined as the variable display pattern used in the special figure game by the first variable display device 41 (step S273). The CPU 103 of the main board 11 starts the variable display of the special symbol by the first variable display device 41 and sends the first variable display start command A0XX (h) to the display control board 12 (Steps S274 and S274). S275). At this time, the CPU 103 starts accelerating display by the process a for the special symbols displayed on the left, middle and right variable display portions of the first variable display device 41 according to the selected variable display pattern # 24. Let Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

また、第2の特図保留メモリ112の始動入賞記憶数が最大値である4に達していない場合(ステップS206;No)、表示制御基板12に対しては、さらに、第2の報知演出開始コマンド8100(h)が送出される(ステップS210)。   When the number of start winning memories in the second special figure holding memory 112 has not reached the maximum value of 4 (step S206; No), the second notification effect is started for the display control board 12. Command 8100 (h) is transmitted (step S210).

そして、表示制御基板12のCPU202は、主基板11から送出された第1の可変表示開始コマンドA0XX(h)を受信したことに応答して(ステップS701;Yes)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第3の可変表示装置43において、飾り図柄の可変表示を開始させる(ステップS622)。このとき、GCL205は、CPU202からの描画命令に従った画像処理を実行し、第3の可変表示装置43の左、中、右可変表示部に表示されている飾り図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   Then, the CPU 202 of the display control board 12 responds to the reception of the first variable display start command A0XX (h) sent from the main board 11 (step S701; Yes), and performs a predetermined drawing on the GCL 205. By sending a command or the like, the third variable display device 43 starts variable display of decorative symbols (step S622). At this time, the GCL 205 executes image processing in accordance with the drawing command from the CPU 202, and applies the process a to the decorative symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the third variable display device 43. Start accelerating display. Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

また、CPU202は、主基板11から送出された第2の報知演出開始コマンド8100(h)を受信したことに応答して(ステップS802;Yes)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第4の可変表示装置44において、第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出の表示を開始させる(ステップS805)。GCL205は、CPU202からの描画命令に従った画像処理を実行し、第4の可変表示装置44上に、プロセスdによる報知演出表示を開始させる。   Further, in response to receiving the second notification effect start command 8100 (h) sent from the main board 11 (step S802; Yes), the CPU 202 sends a predetermined drawing command to the GCL 205, etc. Then, in the fourth variable display device 44, display of a notification effect for prompting the player to win the second ordinary variable winning ball device 62 is started (step S805). The GCL 205 executes image processing in accordance with a drawing command from the CPU 202 and starts a notification effect display by the process d on the fourth variable display device 44.

これにより、第1の可変表示装置41では、図57(A)及び図57(B)に示すように、タイミングt10において、停止表示されていた特別図柄の可変表示が開始されると共に、第3の可変表示装置43では、停止表示されていた飾り図柄の可変表示が開始される。また、第4の可変表示装置44では、飾り図柄に代えて、第2の可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出表示が開始される。   Thereby, in the first variable display device 41, as shown in FIGS. 57A and 57B, at the timing t10, variable display of the special symbol that has been stopped is started, and The variable display device 43 starts variable display of the decorative symbols that have been stopped. In addition, in the fourth variable display device 44, a notification effect display that prompts a player to win the second variable winning ball device 62 is started instead of the decorative symbol.

その後、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示中に、第2の可変入賞球装置62に遊技球が入賞して、第2の特別図柄保留メモリ112の始動入賞記憶数が最大値である4に達すると(ステップS405;Yes,ステップS406;Yes)、表示制御基板12に対して第2の報知演出終了コマンド9100(h)が送出される(ステップS408)。   Thereafter, during the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, the game ball wins the second variable winning ball device 62, and the start winning memory number of the second special symbol holding memory 112 is the maximum value. Is reached (step S405; Yes, step S406; Yes), a second notification effect end command 9100 (h) is sent to the display control board 12 (step S408).

そして、ステップS131及びS132の処理にて第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果を確変大当りとする旨の決定がなされ(ステップS426;Yes、ステップS443;Yes)、第2の可変表示装置42による特図ゲームにて使用される可変表示パターンとして、可変表示パターン#21(リーチA大当り)が選択決定される(ステップS473)。   Then, in the processes of steps S131 and S132, it is determined that the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is a probable big hit (step S426; Yes, step S443; Yes), and the second variable. As a variable display pattern used in the special game by the display device 42, the variable display pattern # 21 (reach A big hit) is selected and determined (step S473).

主基板11のCPU103は、この選択決定した可変表示パターン#31に従って、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を開始させると共に、第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS474及びS475)。このとき、CPU103は、選択決定した可変表示パターンに従って、第1の可変表示装置41の左、中、右可変表示部に表示されている特別図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   The CPU 103 of the main board 11 starts the variable display of the special symbol by the second variable display device 42 according to the variable display pattern # 31 selected and determined, and controls the display of the second variable display start command A1XX (h). It sends out to the substrate 12 (steps S474 and S475). At this time, the CPU 103 starts the accelerated display by the process a on the special symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the first variable display device 41 according to the variable display pattern selected and determined. Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

また、CPU103は、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T22よりも長い場合には(ステップS480;Yes)、表示制御基板12に対して第1の可変表示時間短縮コマンドA200(h)を送出すると共に(ステップS481)、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当するタイマ値に変更する(ステップS482)。   In addition, the CPU 103 determines that the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special game played on the first variable display device 41 is greater than the total variable display time T22 of the special symbol by the second variable display device 42. If it is long (step S480; Yes), the first variable display time shortening command A200 (h) is sent to the display control board 12 (step S481), and the timer value of the first variable display time timer is set. The timer value corresponding to the shortened variable display time T30 is changed (step S482).

表示制御基板12のCPU202は、主基板11から送出された第2の可変表示開始コマンドA1XX(h)と第2の報知演出終了コマンド9100(h)とを受信したことに応答して(ステップS801;Yes、ステップS806;Yes)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第4の可変表示装置44において、第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出の表示を終了させると共に(ステップS807)、GCL205に対して所定の描画命令を送出する等して、第4の可変表示装置44において、飾り図柄の可変表示を開始させる(ステップS632)。このとき、GCL205は、CPU202からの描画命令に従った画像処理を実行し、第4の可変表示装置44の左、中、右可変表示部に表示されている飾り図柄に対して、プロセスaによる加速表示を開始させる。そして、プロセスaにより全図柄が所定速度まで加速した時点で、プロセスbによる一定速表示が行われる。   The CPU 202 of the display control board 12 responds to the reception of the second variable display start command A1XX (h) and the second notification effect end command 9100 (h) sent from the main board 11 (step S801). ; Yes, step S806; Yes), a predetermined rendering command is sent to the GCL 205, and the like, in the fourth variable display device 44, a notification effect that prompts the player to win the second ordinary variable winning ball device 62. The display is terminated (step S807), and a predetermined drawing command is sent to the GCL 205, and the fourth variable display device 44 starts variable display of decorative symbols (step S632). At this time, the GCL 205 executes image processing in accordance with a drawing command from the CPU 202, and applies the process a to the decorative symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the fourth variable display device 44. Start accelerating display. Then, when all symbols are accelerated to a predetermined speed by the process a, a constant speed display by the process b is performed.

これにより、第2の可変表示装置42では、図57(C)に示すように、タイミングt11において、特別図柄の可変表示が開始され、第4の可変表示装置44では、飾り図柄の可変表示が開始される。   Thereby, in the second variable display device 42, as shown in FIG. 57C, variable display of the special symbol is started at the timing t11, and in the fourth variable display device 44, variable display of the decorative symbol is started. Be started.

また、CPU202は、第1の可変表示時間短縮コマンドA200(h)を受信したことに応答して(ステップS711;Yes)、第3の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当する値に変更する(ステップS712)。   Further, in response to receiving the first variable display time shortening command A200 (h) (step S711; Yes), the CPU 202 corresponds to the timer value of the third variable display time timer corresponding to the shortened variable display time T30. To a value to be changed (step S712).

その後、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、図57(D)及び(E)に示すように、左図柄、右図柄の順で仮停止表示がなされる。   Thereafter, the first variable display device 41 and the third variable display device 43 perform temporary stop display in the order of the left symbol and the right symbol as shown in FIGS. 57 (D) and (E).

そして、タイミングt11から短縮可変表示時間T30後のタイミングt12において、主基板11のCPU103は、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を終了させ、通常大当り図柄を導出表示すると共に(ステップS301)、第2の飾り図柄確定コマンドD1XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS302)。また、CPU103は、第2の可変表示時間タイマ停止フラグをオンにセットして(ステップS311)、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示時間の計測を停止する。   Then, at timing t12 after the shortened variable display time T30 from timing t11, the CPU 103 of the main board 11 ends the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, and derives and displays the normal jackpot symbol (step). In step S301, the second decorative design determination command D1XX (h) is sent to the display control board 12 (step S302). In addition, the CPU 103 sets the second variable display time timer stop flag to ON (step S311), and stops the measurement of the special symbol variable display time by the second variable display device.

一方、表示制御基板12のCPU202は、タイミングt12において、第3の可変表示装置43にて通常大当り図柄を導出表示させ、主基板11から第2の飾り図柄確定コマンドD1XXを受信したことに応答して、プロセスcによる完全に停止した状態で表示する(ステップS724)。また、CPU103は、第4の可変表示時間タイマ停止フラグをオンにセットして(ステップS726)、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示時間の計測を停止する。   On the other hand, at the timing t12, the CPU 202 of the display control board 12 causes the third variable display device 43 to derive and display the normal jackpot symbol and responds to the reception of the second decorative symbol determination command D1XX from the main substrate 11. Thus, the process c is displayed in a completely stopped state (step S724). Further, the CPU 103 sets the fourth variable display time timer stop flag to ON (step S726), and stops the measurement of the decorative symbol variable display time by the fourth variable display device 44.

これにより、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、図57(F)に示すように、通常大当り図柄が確定表示され、パチンコ遊技機1は、図57(G)に示すように、大当り遊技状態へと移行する。この間、第2の可変表示装置42と第4の可変表示装置44とでは、第2の可変表示時間タイマのタイマ値と第4の可変表示時間タイマのタイマ値とのカウントダウンが停止されて、プロセスbによる一定速表示が実行され続ける。   Thereby, as shown in FIG. 57 (F), the first jackpot symbol is displayed on the first variable display device 41 and the third variable display device 43, and the pachinko gaming machine 1 is shown in FIG. 57 (G). As shown in FIG. Meanwhile, in the second variable display device 42 and the fourth variable display device 44, the countdown of the timer value of the second variable display time timer and the timer value of the fourth variable display time timer is stopped, and the process The constant speed display by b continues to be executed.

そして、大当り遊技状態が終了するタイミングt13において、主基板11のCPU103は、大当り終了コマンドE000(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS321)。また、CPU103は、第2の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフし(ステップS322)、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示時間の計測を再開する。   Then, at timing t13 when the big hit gaming state ends, the CPU 103 of the main board 11 sends a big hit end command E000 (h) to the display control board 12 (step S321). Further, the CPU 103 clears and turns off the second variable display time timer stop flag (step S322), and restarts the measurement of the special symbol variable display time by the second variable display device.

一方、表示制御基板12のCPU202は、主基板11より送出された大当り終了コマンドE000(h)を受信したことに応答して、図57(H)に示すように、大当り終了報知演出表示を行う(ステップS731)。また、CPU103は、第4の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフし(ステップS732)、第4の可変表示装置44による特別図柄の可変表示時間の計測を再開する。   On the other hand, in response to receiving the jackpot end command E000 (h) sent from the main board 11, the CPU 202 of the display control board 12 performs a jackpot end notification effect display as shown in FIG. 57 (H). (Step S731). In addition, the CPU 103 clears and turns off the fourth variable display time timer stop flag (step S732), and restarts the measurement of the special symbol variable display time by the fourth variable display device 44.

その後、第2の可変表示装置42と第4の可変表示装置44とでは、図57(I)及び図57(J)に示すように、左図柄、右図柄の順で仮停止表示がなされる。そして、タイミングt14において、主基板11のCPU103は、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を終了させ、確変大当り図柄を導出表示させると共に(ステップS501)、第2の飾り図柄確定コマンドD1XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS502)。   Thereafter, the second variable display device 42 and the fourth variable display device 44 perform temporary stop display in the order of the left symbol and the right symbol as shown in FIGS. 57 (I) and 57 (J). . At timing t14, the CPU 103 of the main board 11 ends the variable display of the special symbol by the second variable display device 42, derives and displays the probability variation big hit symbol (step S501), and the second decorative symbol confirmation command. D1XX (h) is sent to the display control board 12 (step S502).

また、表示制御基板12のCPU202は、タイミングt14において、第4の可変表示装置44にて確変大当り図柄を導出表示させ、主基板11から第2の飾り図柄確定コマンドD0XXを受信したことに応答して、プロセスcによる完全に停止した状態で表示する(ステップS824)。   Further, the CPU 202 of the display control board 12 responds to the fact that the fourth variable display device 44 derives and displays the probable big hit symbol at timing t14 and receives the second decorative symbol determination command D0XX from the main board 11. Thus, the process c is displayed in a completely stopped state (step S824).

これにより、第2の可変表示装置42と第4の可変表示装置44とでは、図57(K)に示すように、確変大当り図柄が確定表示され、パチンコ遊技機1は、大当り遊技状態へと移行し、終了後、確率向上状態へと移行する。   As a result, the second variable display device 42 and the fourth variable display device 44, as shown in FIG. 57 (K), display the probability variable big hit symbol, and the pachinko gaming machine 1 enters the big hit gaming state. Transition to the probability improvement state after completion.

以上説明したように、この実施の形態によれば、主基板11のCPU103は、ステップS111及び112の処理にて、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果を確変大当りとする旨の判定がなされ、その特図ゲームによる特別図柄の可変表示が開始された後に、ステップS131及び132の処理にて、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果を通常大当りとする旨の判定がなされた場合、第1の可変表示時間タイマのタイマ値と、第2の可変表示装置42にて使用する可変表示パターンに対応する総可変表示時間T2i(i=0,1,2,3)に相当するタイマ値と、を比較する。   As described above, according to this embodiment, the CPU 103 of the main board 11 determines that the display result of the special figure game by the first variable display device 41 is a probable big hit in the processes of steps S111 and S112. After the determination is made, and the variable symbol display of the special symbol game is started, the display result of the special symbol game by the second variable display device 42 is set to the normal jackpot in the processing of steps S131 and S132. Is determined, the timer value of the first variable display time timer and the total variable display time T2i corresponding to the variable display pattern used in the second variable display device 42 (i = 0, 1, 2, The timer value corresponding to 3) is compared.

そして、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも短い場合には、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を延長可変表示時間T40に相当するタイマ値に変更することにより、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示時間を延長して、第1の可変表示装置41による確変大当り図柄の導出表示よりも先に第2の可変表示装置42にて通常大当り図柄が導出表示されるようにする。   Then, when the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special game played on the first variable display device 41 is shorter than the total variable display time T2i of the special symbol by the second variable display device 42. Changes the timer value of the first variable display time timer to a timer value corresponding to the extended variable display time T40, thereby extending the variable display time of the special symbol by the first variable display device 41. Prior to the derivation display of the probability variation jackpot symbol by the variable display device 41, the normal jackpot symbol is derived and displayed by the second variable display device.

一方、ステップS111及び112の処理にて、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果を通常大当りとする旨の判定がなされ、その特図ゲームによる特別図柄の可変表示が開始された後に、ステップS131及び132の処理にて、第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果を確変大当りとする旨の判定がなされた場合も、同様に、CPU103は、第1の可変表示時間タイマのタイマ値と、第2の可変表示装置42にて使用する可変表示パターンに対応する総可変表示時間T2i(i=0,1,2,3)に相当するタイマ値と、を比較する。   On the other hand, in the processing of steps S111 and S112, it is determined that the display result of the special figure game by the first variable display device 41 is a normal jackpot, and the special symbol variable display by the special figure game is started. Later, when it is determined in steps S131 and S132 that the display result of the special figure game by the second variable display device 42 is a probable big hit, the CPU 103 similarly performs the first variable display. The timer value of the time timer is compared with the timer value corresponding to the total variable display time T2i (i = 0, 1, 2, 3) corresponding to the variable display pattern used in the second variable display device 42. .

そして、第1の可変表示装置41にて行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間Tr1が、第2の可変表示装置42による特別図柄の総可変表示時間T2iよりも長い場合には、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を短縮可変表示時間T30に相当するタイマ値に変更することにより、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示時間を短縮して、第2の可変表示装置42による確変大当り図柄の導出表示よりも先に第1の可変表示装置41にて通常大当り図柄が導出表示されるようにする。   Then, when the remaining variable display time Tr1 of the special symbol in the special game played on the first variable display device 41 is longer than the total variable display time T2i of the special symbol by the second variable display device 42. Changes the timer value of the first variable display time timer to a timer value corresponding to the shortened variable display time T30, thereby shortening the variable display time of the special symbol by the first variable display device 41, the second The first variable display device 41 is configured to derive and display the normal jackpot symbol prior to the derivation display of the probability variation jackpot symbol by the variable display device 42.

このように既に行われている特図ゲームにおける特別図柄の残り可変表示時間を必要に応じて調整することにより、確変大当りの表示結果よりも先に、通常大当りの表示結果を導出表示することができる。このため、一方の可変表示装置にて確変大当りとなる表示結果が導出表示され、これに基づく大当り遊技状態が終了し、確率向上状態へと移行した直後に、他方の可変表示装置にて通常大当りとなる表示結果が導出表示され、この確率向上状態が直ぐに終了してしまうことを防止することができる。この結果、可変表示装置を複数備えている場合に生じていた確率向上状態に価値が低下するといった弊害を効果的に防止することができる。   In this way, by adjusting the remaining variable display time of the special symbol in the special figure game that has already been performed as necessary, the normal big hit display result can be derived and displayed prior to the display result of the probability variable big hit. it can. Therefore, a display result that is a probable big hit is derived and displayed on one of the variable display devices, and immediately after the big hit gaming state based on this is finished and the state shifts to the probability improvement state, the normal big hit is obtained on the other variable display device. The display result is derived and displayed, and it is possible to prevent the probability improvement state from ending immediately. As a result, it is possible to effectively prevent the adverse effect that the value is reduced to the probability improvement state that occurs when a plurality of variable display devices are provided.

また、既に設定した第1の可変表示装置41による特図ゲームの総可変表示時間に制約されることなく、第2の可変表示装置42による特図ゲームの総可変表示時間を設定することができるので、可変表示装置上で行われる演出内容を向上させることができる。   Further, the total variable display time of the special figure game by the second variable display device 42 can be set without being restricted by the total variable display time of the special figure game by the first variable display device 41 already set. Therefore, the content of the effect performed on the variable display device can be improved.

さらに、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示の実行中に、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されたとき、CPU103は、第1の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止し、この大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了すると、タイマ値のカウントダウンを再開する。このようにして、CPU103は、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了するまで、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を継続したまま、可変表示時間を延長する。   Further, when the jackpot symbol is derived and displayed on the second variable display device 42 during execution of the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, the CPU 103 determines the timer of the first variable display time timer. The countdown of the value is stopped, and when the jackpot gaming state based on the fact that the jackpot symbol is derived and displayed, the timer value countdown is resumed. In this way, the CPU 103 continues the variable display of the special symbol on the first variable display device 41 until the big hit gaming state based on the fact that the big hit symbol is derived and displayed on the second variable display device 42 is completed. Continue to extend the variable display time.

これにより、第1の可変表示装置41にて大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態と、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態と、が同時期に発生することを防止することができる。このため、遊技者に強烈なインパクトを与えて著しい射幸心を煽ることを防止することができる。   As a result, a jackpot gaming state based on the fact that the first jackpot symbol is derived and displayed on the first variable display device 41, and a jackpot gaming state based on the jackpot symbol being derived and displayed on the second variable display device 42, , Can be prevented from occurring at the same time. For this reason, it is possible to prevent the player from having a strong impact and inciting significant euphoria.

また、この実施の形態に係る遊技機は、第1の可変表示装置41による特図ゲームの表示結果と第2の可変表示装置42による特図ゲームの表示結果とが共に、大当りとなる場合でも、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示と第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示とのうちの、いずれか一方を停止する必要がないため、遊技者が特図ゲームの表示結果が大当りとなることを事前に悟ってしまうことを防止することができる。   In addition, the gaming machine according to the present embodiment is a case where the display result of the special figure game by the first variable display device 41 and the display result of the special figure game by the second variable display device 42 are both big hits. Since it is not necessary to stop one of the variable display of the special symbol by the first variable display device 41 and the variable display of the special symbol by the second variable display device 42, the player can display the special game. It is possible to prevent the user from realizing in advance that the display result will be a big hit.

さらに、第1の特図保留メモリ111の始動入賞記憶数が最大値である4に達したときに、第2の特図保留メモリ112の始動入賞記憶数が最大値である4に達していない場合、主基板11のCPU103は、表示制御基板12に対して第1の報知演出開始コマンドを送出し、これを受信した表示制御基板12のCPU202は、第4の可変表示装置44上に、第2の普通可変入賞球装置62への入賞を促す報知演出表示を実行する。   Furthermore, when the starting winning memory number of the first special figure holding memory 111 reaches the maximum value of 4, the starting winning memory number of the second special figure holding memory 112 does not reach the maximum value of 4 In this case, the CPU 103 of the main board 11 sends the first notification effect start command to the display control board 12, and the CPU 202 of the display control board 12 that has received the command displays the fourth variable display device 44 on the fourth variable display device 44. The notification effect display for prompting the player to enter the second ordinary variable winning ball device 62 is executed.

このように、第1の普通可変入賞球装置61と第2の普通可変入賞球装置62とのうち、いずれの普通可変入賞球装置を狙って遊技球を打ち込むべきかを、遊技者に報知することにより、無駄のない効率的な入賞を実現することができる。   In this way, the player is informed of which of the first ordinary variable winning ball devices 61 and the second ordinary variable winning ball device 62 is targeted for the game ball. As a result, it is possible to realize an efficient winning without waste.

なお、この発明は、上記の実施の形態に限られず、種々の変形、応用が可能である。以下、この発明に適用可能な上記の実施の形態の変形態様について説明する。   In addition, this invention is not restricted to said embodiment, A various deformation | transformation and application are possible. Hereinafter, modifications of the above-described embodiment applicable to the present invention will be described.

上記実施の形態において、第1及び第2の可変表示装置41及び42のうち、一方の可変表示装置にて大当り図柄が導出表示されて大当り遊技状態が開始した後、この大当り遊技状態が終了するまでの間、他方の可変表示装置では、特別図柄及び飾り図柄が、一定速可変表示されていた。しかしながら、本発明は、これに限定されず、この間、他方の可変表示装置にハズレ図柄を一時停止表示しておいてもよい。   In the above-described embodiment, after the big hit symbol is derived and displayed on one of the first and second variable display devices 41 and 42 and the big hit gaming state is started, this big hit gaming state is ended. In the meantime, in the other variable display device, the special symbol and the decorative symbol were variably displayed at a constant speed. However, the present invention is not limited to this, and during this time, the losing symbol may be temporarily displayed on the other variable display device.

この変形例において、遊技制御用マイクロコンピュータ100のフラグメモリ118には、第1及び第2の可変表示時間タイマ停止フラグに代えて、第1及び第2の可変表示一時停止フラグ、第1及び第2の一時停止表示中フラグ、及び第1及び第2の可変表示再開フラグが設けられている。   In this modification, the flag memory 118 of the game control microcomputer 100 includes first and second variable display pause flags, first and second variables instead of the first and second variable display time timer stop flags. Two temporary stop display flags and first and second variable display restart flags are provided.

第1の可変表示一時停止フラグは、第1の可変表示装置41による特図ゲームの実行中に、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、クリアされてオフ状態となる。第2の可変表示一時停止フラグは、第2の可変表示装置42による特図ゲームの実行中に、第1の可変表示装置41にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、クリアされてオフ状態となる。   The first variable display pause flag is set to the on state when the big variable symbol is derived and displayed on the second variable display device 42 during execution of the special game by the first variable display device 41. When the variable display of the special symbol by the first variable display device 41 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbol is started, it is cleared and turned off. The second variable display pause flag is set to an on state when a big hit symbol is derived and displayed on the first variable display device 41 during execution of the special game by the second variable display device 42. When the variable display of the special symbol by the second variable display device 42 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbol is started, it is cleared and turned off.

第1の一時停止表示中フラグは、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、オン状態にセットされ、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。第2の一時停止表示中フラグは、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、オン状態にセットされ、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。   The first temporary stop display flag is set to an on state when the variable display of the special symbol by the first variable display device 41 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbol is started. When the variable display of the special symbol by the variable display device 41 is resumed, it is cleared and turned off. The second temporary stop display flag is set to an on state when the variable display of the special symbol by the second variable display device 42 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbol is started. When the variable display of the special symbol by the variable display device 42 is resumed, it is cleared and turned off.

第1の可変表示再開フラグは、第2の可変表示装置42に大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了したときに、オン状態にセットされ、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。第2の可変表示再開フラグは、第1の可変表示装置41に大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了したときに、オン状態にセットされ、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。   The first variable display restart flag is set to the on state when the big hit gaming state based on the fact that the big hit symbol is derived and displayed on the second variable display device 42, and is set by the first variable display device 41. When the special symbol variable display is resumed, it is cleared and turned off. The second variable display restart flag is set to the on state when the big hit gaming state based on the fact that the big hit symbol is derived and displayed on the first variable display device 41, and is set by the second variable display device 42. When the special symbol variable display is resumed, it is cleared and turned off.

また、表示制御基板12のフラグメモリ214には、第3及び第4の可変表示時間タイマ停止フラグに代えて、第3及び第4の可変表示一時停止フラグ、第3及び第4の一時停止表示中フラグ、及び第3及び第4の可変表示再開フラグが設けられている。   In addition, the flag memory 214 of the display control board 12 replaces the third and fourth variable display time timer stop flags with the third and fourth variable display pause flags, and the third and fourth pause displays. A middle flag and third and fourth variable display restart flags are provided.

第3の可変表示一時停止フラグは、第3の可変表示装置43による特図ゲームの実行中に、第4の可変表示装置44にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、クリアされてオフ状態となる。第4の可変表示一時停止フラグは、第4の可変表示装置44による特図ゲームの実行中に、第3の可変表示装置43にて大当り図柄が導出表示されたときに、オン状態にセットされ、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、クリアされてオフ状態となる。   The third variable display pause flag is set to an on state when a big hit symbol is derived and displayed on the fourth variable display device 44 during execution of the special game by the third variable display device 43. When the variable display of the decorative symbol by the third variable display device 43 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbol is started, it is cleared and turned off. The fourth variable display pause flag is set to an on state when a big hit symbol is derived and displayed on the third variable display device 43 during execution of the special game by the fourth variable display device 44. When the variable display of the decorative symbols by the fourth variable display device 44 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbols is started, it is cleared and turned off.

第3の一時停止表示中フラグは、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、オン状態にセットされ、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。第4の一時停止表示中フラグは、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示が一時停止されて、ハズレ図柄の停止表示が開始されたときに、オン状態にセットされ、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。   The third temporary stop display flag is set to the on state when the variable display of the decorative symbol by the third variable display device 43 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbol is started. When the variable display of the decorative design by the variable display device 43 is resumed, it is cleared and turned off. The fourth temporary stop display flag is set to the on state when the variable display of the decorative symbol by the fourth variable display device 44 is temporarily stopped and the stop display of the lost symbol is started. When the variable display of the decorative symbols by the variable display device 44 is resumed, it is cleared and turned off.

第3の可変表示再開フラグは、第4の可変表示装置44に大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了したときに、オン状態にセットされ、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。第4の可変表示再開フラグは、第3の可変表示装置43に大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態が終了したときに、オン状態にセットされ、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示が再開されたときに、クリアされてオフ状態となる。   The third variable display restart flag is set to the on state when the big hit gaming state based on the fact that the big hit symbol is derived and displayed on the fourth variable display device 44, and is set by the third variable display device 43. When the decorative display variable display is resumed, it is cleared and turned off. The fourth variable display restart flag is set to the on state when the big hit gaming state based on the fact that the big hit symbol is derived and displayed on the third variable display device 43, and is set by the fourth variable display device 44. When the decorative display variable display is resumed, it is cleared and turned off.

図58は、この場合における第1の可変表示制御処理を示すフローチャートである。この第1の可変表示制御処理において、CPU103は、図58に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第1の一時停止表示中フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS1291)。   FIG. 58 is a flowchart showing the first variable display control process in this case. In the first variable display control process, as shown in FIG. 58, the CPU 103 first determines whether or not the first pause display flag provided in the flag memory 118 is on (step). S1291).

第1の一時停止表示中フラグがオフになっているときには(ステップS1291;No)、続いて、フラグメモリ118に設けられた第1の可変表示一時停止フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1292)。第1の可変表示一時停止フラグがオフとなっているときには(ステップS1292;No)、ステップS1298の処理へと進む。一方、第1の可変表示一時停止フラグがオンとなっているときには(ステップS1292;Yes)、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を停止して、ハズレ図柄の一時停止表示を開始する(ステップS1293)。その後、CPU103は、第1の可変表示一時停止フラグをクリアしてオフすると共に、第1の一時停止表示中フラグをオンにセットする(ステップS1294)。   When the first pause display flag is off (step S1291; No), it is subsequently determined whether or not the first variable display pause flag provided in the flag memory 118 is on. (Step S1292). When the first variable display pause flag is off (step S1292; No), the process proceeds to step S1298. On the other hand, when the first variable display pause flag is on (step S1292; Yes), the variable display of the special symbol by the first variable display device 41 is stopped and the pause symbol temporary display is started. (Step S1293). Thereafter, the CPU 103 clears the first variable display pause flag and turns it off, and sets the first pause display flag to on (step S1294).

また、ステップS1291の処理にて、第1の一時停止表示中フラグがオンになっているときには(ステップS1291;Yes)、続いて、フラグメモリ118に設けられた第1の可変表示再開フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1295)。一方、第1の可変表示再開フラグがオンとなっているときには(ステップS1295;Yes)、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を再開すると共に(ステップS1296)、第1の可変表示再開フラグと第1の一時停止表示中フラグとをクリアしてオフする(ステップS1297)。   If the first pause display flag is turned on in step S1291 (step S1291; Yes), then the first variable display restart flag provided in the flag memory 118 is turned on. It is determined whether or not (step S1295). On the other hand, when the first variable display restart flag is on (step S1295; Yes), the variable display of the special symbol by the first variable display device 41 is restarted (step S1296), and the first variable display is performed. The restart flag and the first pause display flag are cleared and turned off (step S1297).

その後、CPU103は、第1の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS1298)。そして、更新された第1の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS1299)。第1の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS1299;Yes)、第1の特別図柄プロセスフラグの値を可変表示停止時処理に対応した値である「5」に更新する(ステップS1300)。一方、ステップS1299の処理にて第1の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS1299;No)、第1の特別図柄プロセスフラグを更新することなく第1の可変表示制御処理を終了する。   Thereafter, the CPU 103 updates the timer value by subtracting 1 from the timer value of the first variable display time timer (step S1298). Then, it is determined whether or not the timer value of the updated first variable display time timer is “0” (step S1299). When the timer value of the first variable display time timer becomes “0” (step S1299; Yes), the value of the first special symbol process flag is a value corresponding to the variable display stop process “5”. (Step S1300). On the other hand, when it is determined in step S1299 that the timer value of the first variable display time timer is other than “0” (step S1299; No), the first special symbol process flag is not updated. 1 variable display control processing is terminated.

また、ステップS1295の処理にて第1の可変表示再開フラグがオフとなっているときには(ステップS1295;No)、ステップS1296〜S1300の処理をスキップして、そのまま第1の可変表示制御処理を終了する。これにより、第1の一時停止表示中フラグがオンされてから再びオフされるまで、第1の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができると共に、この間、第1の可変表示装置41にてハズレ図柄の一時停止表示を行うことができる。   When the first variable display restart flag is off in the process of step S1295 (step S1295; No), the processes of steps S1296 to S1300 are skipped and the first variable display control process is ended as it is. To do. Thus, the count-down of the timer value of the first variable display time timer can be stopped until the first pause display flag is turned off after being turned on, and during this time, the first variable display device is stopped. At 41, the pause symbol can be displayed.

図59は、この場合における第1の可変表示停止時処理を示すフローチャートであり、図60は、第1の大当り終了処理を示すフローチャートである。この第1の可変表示停止時処理において、CPU103は、図59に示すように、ステップS303の処理にて第1の大当り状態フラグがオンとなっているとき(ステップS303;Yes)、第2の可変表示時間タイマ停止フラグに代えて、第2の可変表示一時停止フラグをオンにセットする(ステップS1311)。また、第1の大当り終了処理において、CPU103は、図60に示すように、第2の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフする代わりに、第2の可変表示再開フラグをオンにセットする(ステップS1322)。   FIG. 59 is a flowchart showing the first variable display stop process in this case, and FIG. 60 is a flowchart showing the first jackpot end process. In the first variable display stop process, as shown in FIG. 59, when the first big hit state flag is on in the process of step S303 (step S303; Yes), the CPU 103 Instead of the variable display time timer stop flag, the second variable display pause flag is set to ON (step S1311). Further, in the first jackpot end process, as shown in FIG. 60, the CPU 103 sets the second variable display restart flag to on instead of clearing and turning off the second variable display time timer stop flag. (Step S1322).

図61は、この場合における第2の可変表示制御処理を示すフローチャートである。この第2の可変表示制御処理において、CPU103は、図61に示すように、まず、フラグメモリ118に設けられた第2の一時停止表示中フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS1491)。   FIG. 61 is a flowchart showing the second variable display control process in this case. In the second variable display control process, as shown in FIG. 61, the CPU 103 first determines whether or not the second pause display flag provided in the flag memory 118 is on (step). S1491).

第2の一時停止表示中フラグがオフになっているときには(ステップS1491;No)、続いて、フラグメモリ118に設けられた第2の可変表示一時停止フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1492)。第2の可変表示一時停止フラグがオフとなっているときには(ステップS1492;No)、ステップS1498の処理へと進む。一方、第2の可変表示一時停止フラグがオンとなっているときには(ステップS1492;Yes)、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を停止して、ハズレ図柄の一時停止表示を開始する(ステップS1493)。その後、CPU103は、第2の可変表示一時停止フラグをクリアしてオフすると共に、第2の一時停止表示中フラグをオンにセットする(ステップS1494)。   When the second pause display flag is off (step S1491; No), it is subsequently determined whether or not the second variable display pause flag provided in the flag memory 118 is on. (Step S1492). When the second variable display pause flag is off (step S1492; No), the process proceeds to step S1498. On the other hand, when the second variable display pause flag is on (step S1492; Yes), the variable display of the special symbol by the second variable display device 42 is stopped, and the pause symbol temporary display is started. (Step S1493). Thereafter, the CPU 103 clears and turns off the second variable display pause flag, and sets the second pause display flag to ON (step S1494).

また、ステップS1491の処理にて、第2の一時停止表示中フラグがオンになっているときには(ステップS1491;Yes)、続いて、フラグメモリ118に設けられた第2の可変表示再開フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1495)。一方、第2の可変表示再開フラグがオンとなっているときには(ステップS1495;Yes)、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を再開すると共に(ステップS1496)、第2の可変表示再開フラグと第2の一時停止表示中フラグとをクリアしてオフする(ステップS1497)。   If the second temporary stop display flag is turned on in step S1491 (step S1491; Yes), then the second variable display restart flag provided in the flag memory 118 is turned on. It is determined whether or not (step S1495). On the other hand, when the second variable display restart flag is on (step S1495; Yes), the variable display of the special symbol by the second variable display device 42 is restarted (step S1496), and the second variable display is performed. The restart flag and the second pause display flag are cleared and turned off (step S1497).

その後、CPU103は、第2の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS1498)。そして、更新された第2の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS1499)。第2の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS1499;Yes)、第2の特別図柄プロセスフラグの値を可変表示停止時処理に対応した値である「5」に更新する(ステップS1500)。一方、ステップS1499の処理にて第2の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS1499;No)、第2の特別図柄プロセスフラグを更新することなく第2の可変表示制御処理を終了する。   Thereafter, the CPU 103 updates the timer value by subtracting 1 from the timer value of the second variable display time timer (step S1498). Then, it is determined whether or not the timer value of the updated second variable display time timer is “0” (step S1499). When the timer value of the second variable display time timer becomes “0” (step S1499; Yes), the value of the second special symbol process flag is a value corresponding to the variable display stop time process “5”. (Step S1500). On the other hand, when it is determined in step S1499 that the timer value of the second variable display time timer is other than “0” (step S1499; No), the second special symbol process flag is not updated. 2 variable display control processing is terminated.

また、ステップS1495の処理にて第2の可変表示再開フラグがオフとなっているときには(ステップS1495;No)、ステップS1496〜S1500の処理をスキップして、そのまま第2の可変表示制御処理を終了する。これにより、第2の一時停止表示中フラグがオンされてから再びオフされるまで、第2の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができると共に、この間、第2の可変表示装置42にてハズレ図柄の一時停止表示を行うことができる。   If the second variable display restart flag is off in the process of step S1495 (step S1495; No), the processes of steps S1496 to S1500 are skipped and the second variable display control process is terminated. To do. Thereby, the countdown of the timer value of the second variable display time timer can be stopped until the second pause display flag is turned off again after being turned on, and during this time, the second variable display device is stopped. At 42, it is possible to display a temporary stop of the lost symbol.

図62は、この場合における第2の可変表示停止時処理を示すフローチャートであり、図63は、第2の大当り終了処理を示すフローチャートである。この第2の可変表示停止時処理において、CPU103は、図62に示すように、ステップS503の処理にて第2の大当り状態フラグがオンとなっているとき(ステップS503;Yes)、第1の可変表示時間タイマ停止フラグに代えて、第1の可変表示一時停止フラグをオンにセットする(ステップS1511)。また、第2の大当り終了処理において、CPU103は、図63に示すように、第1の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフする代わりに、第1の可変表示再開フラグをオンにセットする(ステップS1522)。   FIG. 62 is a flowchart showing the second variable display stop process in this case, and FIG. 63 is a flowchart showing the second jackpot end process. In the second variable display stop process, as shown in FIG. 62, when the second big hit state flag is turned on in the process of step S503 (step S503; Yes), the CPU 103 Instead of the variable display time timer stop flag, the first variable display pause flag is set to ON (step S1511). Further, in the second jackpot end process, as shown in FIG. 63, the CPU 103 sets the first variable display restart flag to on instead of clearing and turning off the first variable display time timer stop flag. (Step S1522).

図64及び図65は、この場合における第1の可変表示中処理を示すフローチャートである。この第3の可変表示中処理において、CPU202は、図65に示すように、図64のステップS711〜S714の処理(図45のステップS711〜S714の処理と同じ処理)に続いて、フラグメモリ214に設けられた第3の一時停止表示中フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS1715)。   64 and 65 are flowcharts showing the first variable display processing in this case. In the third variable display processing, as shown in FIG. 65, the CPU 202 continues the processing of steps S711 to S714 of FIG. 64 (the same processing as the processing of steps S711 to S714 of FIG. 45). It is determined whether or not the third temporary stop display flag provided in is turned on (step S1715).

第3の一時停止表示中フラグがオフになっているときには(ステップS1715;No)、続いて、フラグメモリ214に設けられた第3の可変表示一時停止フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1716)。第3の可変表示一時停止フラグがオフとなっているときには(ステップS1716;No)、ステップS1722の処理へと進む。一方、第3の可変表示一時停止フラグがオンとなっているときには(ステップS1716;Yes)、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示を停止して、ハズレ図柄の一時停止表示を開始する(ステップS1717)。その後、CPU202は、第3の可変表示一時停止フラグをクリアしてオフすると共に、第3の一時停止表示中フラグをオンにセットする(ステップS1718)。   When the third pause display flag is off (step S1715; No), it is subsequently determined whether the third variable display pause flag provided in the flag memory 214 is on. (Step S1716). When the third variable display pause flag is off (step S1716; No), the process proceeds to step S1722. On the other hand, when the third variable display pause flag is on (step S1716; Yes), the variable display of the decorative symbols by the third variable display device 43 is stopped and the pause symbol pause display is started. (Step S1717). Thereafter, the CPU 202 clears and turns off the third variable display pause flag, and sets the third pause display flag to ON (step S1718).

また、ステップS1715の処理にて、第3の一時停止表示中フラグがオンになっているときには(ステップS1715;Yes)、続いて、フラグメモリ214に設けられた第3の可変表示再開フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1719)。一方、第3の可変表示再開フラグがオンとなっているときには(ステップS1719;Yes)、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示を再開すると共に(ステップS1720)、第3の可変表示再開フラグと第3の一時停止表示中フラグとをクリアしてオフする(ステップS1721)。   If the third temporary stop display flag is turned on in step S1715 (step S1715; Yes), the third variable display restart flag provided in the flag memory 214 is turned on. It is determined whether or not (step S1719). On the other hand, when the third variable display restart flag is on (step S1719; Yes), the variable display of decorative symbols by the third variable display device 43 is restarted (step S1720), and the third variable display. The restart flag and the third pause display flag are cleared and turned off (step S1721).

その後、CPU202は、第3の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS1722)。そして、更新された第3の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS1723)。第3の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS1723;Yes)、各種タイマ215に含まれる第1の監視タイマに対して予め定められたカウント初期値を設定し(ステップS1724)、その第1の監視タイマのカウントダウンをスタートさせると共に、第1の表示制御プロセスフラグの値を第1の飾り図柄停止待ち処理に対応する値である「4」に更新する(ステップS1725)。一方、ステップS1723の処理にて第3の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS1723;No)、第1の表示制御プロセスフラグを更新することなく第1の可変表示中処理を終了する。   Thereafter, the CPU 202 updates the timer value by subtracting 1 from the timer value of the third variable display time timer (step S1722). Then, it is determined whether or not the timer value of the updated third variable display time timer is “0” (step S1723). When the timer value of the third variable display time timer becomes “0” (step S <b> 1723; Yes), a predetermined count initial value is set for the first monitoring timer included in the various timers 215. (Step S1724), the countdown of the first monitoring timer is started, and the value of the first display control process flag is updated to “4” which is a value corresponding to the first decorative symbol stop waiting process ( Step S1725). On the other hand, when it is determined in step S1723 that the timer value of the third variable display time timer is other than “0” (step S1723; No), the first display control process flag is not updated. The process during variable display 1 is terminated.

また、ステップS1719の処理にて第3の可変表示再開フラグがオフとなっているときには(ステップS1719;No)、ステップS1720〜S1725の処理をスキップして、そのまま第1の可変表示中処理を終了する。これにより、第3の一時停止表示中フラグがオンされてから再びオフされるまで、第3の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができると共に、この間、第3の可変表示装置43にてハズレ図柄の一時停止表示を行うことができる。   When the third variable display restart flag is off in the process of step S1719 (step S1719; No), the processes of steps S1720 to S1725 are skipped and the first variable display in-process is terminated as it is. To do. Thus, the countdown of the timer value of the third variable display time timer can be stopped until the third pause display flag is turned on again after being turned on, and during this time, the third variable display device is stopped. At 43, it is possible to perform a pause display of the lost symbol.

図66は、この場合における第1の飾り図柄停止待ち処理を示すフローチャートであり、図67は、第1の大当り終了表示処理を示すフローチャートである。この第1の飾り図柄停止待ち処理において、CPU202は、図66に示すように、ステップS725の処理にて大当りであるときには(ステップS725;Yes)、第4の可変表示時間タイマ停止フラグに代えて、第4の可変表示一時停止フラグをオンにセットする(ステップS1726)。また、第1の大当り終了表示処理において、CPU202は、図67に示すように、第4の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフする代わりに、第4の可変表示再開フラグをオンにセットする(ステップS1732)。   FIG. 66 is a flowchart showing the first decorative symbol stop waiting process in this case, and FIG. 67 is a flowchart showing the first jackpot end display process. In this first decorative symbol stop waiting process, as shown in FIG. 66, when the CPU 202 is a big hit in the process of step S725 (step S725; Yes), it replaces with the fourth variable display time timer stop flag. Then, the fourth variable display pause flag is set to ON (step S1726). In the first jackpot end display process, as shown in FIG. 67, the CPU 202 sets the fourth variable display restart flag to on instead of clearing and turning off the fourth variable display time timer stop flag. (Step S1732).

図68及び図69は、この場合における第2の可変表示中処理を示すフローチャートである。この第2の可変表示中処理において、CPU202は、図69に示すように、図68のステップS811〜S814の処理(図50のステップS811〜S814の処理と同じの処理)に続いて、フラグメモリ214に設けられた第4の一時停止表示中フラグがオンになっているか否かを判別する(ステップS1815)。   68 and 69 are flowcharts showing the second variable display processing in this case. In this second variable display processing, as shown in FIG. 69, the CPU 202 continues the flag memory following the processing in steps S811 to S814 in FIG. 68 (the same processing as in steps S811 to S814 in FIG. 50). It is determined whether or not the fourth temporary stop display flag provided at 214 is on (step S1815).

第4の一時停止表示中フラグがオフになっているときには(ステップS1815;No)、続いて、フラグメモリ214に設けられた第4の可変表示一時停止フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1816)。第4の可変表示一時停止フラグがオフとなっているときには(ステップS1816;No)、ステップS1822の処理へと進む。一方、第4の可変表示一時停止フラグがオンとなっているときには(ステップS1816;Yes)、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示を停止して、ハズレ図柄の一時停止表示を開始する(ステップS1817)。その後、CPU202は、第4の可変表示一時停止フラグをクリアしてオフすると共に、第4の一時停止表示中フラグをオンにセットする(ステップS1818)。   When the fourth pause display flag is off (step S1815; No), it is subsequently determined whether or not the fourth variable display pause flag provided in the flag memory 214 is on. (Step S1816). When the fourth variable display pause flag is off (step S1816; No), the process proceeds to step S1822. On the other hand, when the fourth variable display pause flag is on (step S1816; Yes), the variable display of the decorative symbol by the fourth variable display device 44 is stopped, and the pause symbol temporary display is started. (Step S1817). Thereafter, the CPU 202 clears and turns off the fourth variable display pause flag, and sets the fourth pause display flag to on (step S1818).

また、ステップS1815の処理にて、第4の一時停止表示中フラグがオンになっているときには(ステップS1815;Yes)、続いて、フラグメモリ214に設けられた第4の可変表示再開フラグがオンとなっているか否かを判別する(ステップS1819)。一方、第4の可変表示再開フラグがオンとなっているときには(ステップS1819;Yes)、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示を再開すると共に(ステップS1820)、第4の可変表示再開フラグと第4の一時停止表示中フラグとをクリアしてオフする(ステップS1821)。   In addition, when the fourth pause display flag is turned on in step S1815 (step S1815; Yes), the fourth variable display restart flag provided in the flag memory 214 is turned on. It is determined whether or not (step S1819). On the other hand, when the fourth variable display restart flag is on (step S1819; Yes), the variable display of the decorative symbols by the fourth variable display device 44 is restarted (step S1820), and the fourth variable display. The resume flag and the fourth pause display flag are cleared and turned off (step S1821).

その後、CPU202は、第4の可変表示時間タイマのタイマ値を1減算してタイマ値の更新を行う(ステップS1822)。そして、更新された第4の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となっているか否かを判定する(ステップS1823)。第4の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」となった場合には(ステップS1823;Yes)、各種タイマ215に含まれる第2の監視タイマに対して予め定められたカウント初期値を設定し(ステップS1824)、その第2の監視タイマのカウントダウンをスタートさせると共に、第2の表示制御プロセスフラグの値を第2の飾り図柄停止待ち処理に対応する値である「4」に更新する(ステップS1825)。一方、ステップS1823の処理にて第4の可変表示時間タイマのタイマ値が「0」以外であると判定されたときには(ステップS1823;No)、第2の表示制御プロセスフラグを更新することなく第2の可変表示中処理を終了する。   Thereafter, the CPU 202 updates the timer value by subtracting 1 from the timer value of the fourth variable display time timer (step S1822). Then, it is determined whether or not the timer value of the updated fourth variable display time timer is “0” (step S1823). When the timer value of the fourth variable display time timer becomes “0” (step S1823; Yes), a predetermined count initial value is set for the second monitoring timer included in the various timers 215. (Step S1824), the countdown of the second monitoring timer is started, and the value of the second display control process flag is updated to “4” which is a value corresponding to the second decorative symbol stop waiting process ( Step S1825). On the other hand, when it is determined in step S1823 that the timer value of the fourth variable display time timer is other than “0” (step S1823; No), the second display control process flag is not updated. 2 variable display in-process is terminated.

また、ステップS1819の処理にて第4の可変表示再開フラグがオフとなっているときには(ステップS1819;No)、ステップS1820〜S1825の処理をスキップして、そのまま第2の可変表示中処理を終了する。これにより、第4の一時停止表示中フラグがオンされてから再びオフされるまで、第4の可変表示時間タイマのタイマ値のカウントダウンを停止することができると共に、この間、第4の可変表示装置44にてハズレ図柄の一時停止表示を行うことができる。   If the fourth variable display restart flag is off in step S1819 (step S1819; No), the processes in steps S1820 to S1825 are skipped and the second variable display in-process is terminated. To do. Accordingly, the countdown of the timer value of the fourth variable display time timer can be stopped until the fourth pause display flag is turned off after being turned on, and during this time, the fourth variable display device is stopped. At 44, it is possible to perform a pause display of the lost symbol.

図70は、この場合における第2の飾り図柄停止待ち処理を示すフローチャートであり、図71は、第2の大当り終了表示処理を示すフローチャートである。この第2の飾り図柄停止待ち処理において、CPU202は、図70に示すように、ステップS825の処理にて大当りであるときには(ステップS825;Yes)、第3の可変表示時間タイマ停止フラグに代えて、第3の可変表示一時停止フラグをオンにセットする(ステップS1826)。また、第2の大当り終了表示処理において、CPU202は、図71に示すように、第3の可変表示時間タイマ停止フラグをクリアしてオフする代わりに、第3の可変表示再開フラグをオンにセットする(ステップS1832)。   FIG. 70 is a flowchart showing the second decorative symbol stop waiting process in this case, and FIG. 71 is a flowchart showing the second jackpot end display process. In the second decorative symbol stop waiting process, as shown in FIG. 70, when the CPU 202 is a big hit in the process of step S825 (step S825; Yes), it replaces with the third variable display time timer stop flag. Then, the third variable display pause flag is set to ON (step S1826). In the second jackpot end display process, as shown in FIG. 71, the CPU 202 sets the third variable display restart flag to on instead of clearing and turning off the third variable display time timer stop flag. (Step S1832).

続いて、この場合における各可変表示装置41〜44における表示動作を制御する表示制御例について説明する。まず、第1の可変表示装置41にて表示結果を確変大当りとする特図ゲームが開始された後、第2の可変表示装置42にて表示結果を通常大当りとする特図ゲームが開始された場合の表示制御例を説明する。   Next, a display control example for controlling the display operation in each of the variable display devices 41 to 44 in this case will be described. First, after a special figure game with a display result as a big hit is started on the first variable display device 41, a special figure game with a display result as a normal big hit is started on the second variable display device 42. An example of display control in this case will be described.

図72は、この場合における各可変表示装置41〜44における表示動作例を示すタイミングチャートであり、図73は、各可変表示装置41〜44における特別図柄及び飾り図柄の可変表示態様を示す図である。なお、図中、プロセスeは、ハズレ図柄の一時停止表示を行う表示制御プロセスである。   72 is a timing chart showing an example of display operation in each of the variable display devices 41 to 44 in this case, and FIG. 73 is a diagram showing variable display modes of special symbols and decorative symbols in each of the variable display devices 41 to 44. is there. In the figure, process e is a display control process for displaying a suspended symbol temporarily.

この表示制御例では、タイミングt2において、主基板11のCPU103は、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を終了させ、通常大当り図柄を導出表示すると共に(ステップS501)、第2の飾り図柄確定コマンドD1XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS502)。また、CPU103は、第1の可変表示一時停止フラグをオンにセットして(ステップS1511)、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を停止し、第1の可変表示装置41の左、中、右可変表示部に表示されている特別図柄に対して、プロセスeによるハズレ図柄の一時停止表示が開始させる。   In this display control example, at the timing t2, the CPU 103 of the main board 11 ends the variable display of the special symbol by the second variable display device 42, derives and displays the normal jackpot symbol (step S501), and the second A decorative symbol determination command D1XX (h) is sent to the display control board 12 (step S502). Further, the CPU 103 sets the first variable display pause flag to ON (step S1511), stops the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, and moves the left of the first variable display device 41 to the left. For the special symbol displayed in the middle, right variable display section, the display of the pause symbol of the lost symbol by the process e is started.

一方、表示制御基板12のCPU202は、タイミングt2において、第4の可変表示装置44にて通常大当り図柄を導出表示させ、主基板11から第2の飾り図柄確定コマンドD1XXを受信したことに応答して、プロセスcによる完全に停止した状態で表示する(ステップS824)。また、CPU103は、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示を停止し、第3の可変表示装置43の左、中、右可変表示部に表示されている飾り図柄に対して、プロセスeによるハズレ図柄の一時停止表示が開始させる(ステップS1826)。   On the other hand, at the timing t2, the CPU 202 of the display control board 12 causes the fourth variable display device 44 to display and display the normal jackpot symbol, and responds to the reception of the second decorative symbol determination command D1XX from the main substrate 11. Thus, the process c is displayed in a completely stopped state (step S824). In addition, the CPU 103 stops the variable display of the decorative symbols by the third variable display device 43, and processes the decorative symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the third variable display device 43. A pause display of a lost symbol by e is started (step S1826).

これにより、第2の可変表示装置42と第4の可変表示装置44とでは、図73(F)に示すように、通常大当り図柄が確定表示され、パチンコ遊技機1は、図73(G)に示すように、大当り遊技状態へと移行する。この間、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、プロセスcによるハズレ図柄の一時停止表示がされる。   Thereby, in the second variable display device 42 and the fourth variable display device 44, as shown in FIG. 73 (F), the normal big hit symbol is confirmed and displayed, and the pachinko gaming machine 1 is shown in FIG. 73 (G). As shown in FIG. During this time, the first variable display device 41 and the third variable display device 43 display a pause symbol of the lost symbol by the process c.

そして、大当り遊技状態が終了するタイミングT4において、主基板11のCPU103は、大当り終了コマンドE000(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS511)。また、CPU103は、第1の可変表示再開フラグをオンにセットし(ステップS1522)、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を再開する。   Then, at timing T4 when the big hit gaming state ends, the CPU 103 of the main board 11 sends a big hit end command E000 (h) to the display control board 12 (step S511). In addition, the CPU 103 sets the first variable display restart flag to ON (step S1522), and restarts the variable display of the special symbol by the first variable display device 41.

一方、表示制御基板12のCPU202は、主基板11より送出された大当り終了コマンドE000(h)を受信したことに応答して、図73(H)に示すように、大当り終了報知演出表示を行う(ステップS831)。また、CPU103は、第3の可変表示再開フラグをオンし(ステップS1832)、第3の可変表示装置43による飾り図柄の可変表示を再開する。   On the other hand, in response to receiving the jackpot end command E000 (h) sent from the main board 11, the CPU 202 of the display control board 12 performs a jackpot end notification effect display as shown in FIG. 73 (H). (Step S831). Further, the CPU 103 turns on the third variable display restart flag (step S1832), and restarts the variable display of decorative symbols by the third variable display device 43.

次に、第1の可変表示装置41にて表示結果を通常大当りとする特図ゲームが開始された後、第2の可変表示装置42にて表示結果を確変大当りとする特図ゲームが開始された場合の表示制御例を説明する。   Next, after the first variable display device 41 starts the special figure game with the display result as a normal big hit, the second variable display device 42 starts the special figure game with the display result as the probable big hit. An example of display control in the case of failure will be described.

図74は、この場合の各可変表示装置41〜44における表示動作例を示すタイミングチャートであり、図75は、各可変表示装置41〜44における特別図柄及び飾り図柄の可変表示態様を示す図である。   FIG. 74 is a timing chart showing an example of display operation in each of the variable display devices 41 to 44 in this case, and FIG. 75 is a diagram showing variable display modes of special symbols and decorative symbols in each of the variable display devices 41 to 44. is there.

この表示制御例では、タイミングt12において、主基板11のCPU103は、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を終了させ、通常大当り図柄を導出表示すると共に(ステップS301)、第2の飾り図柄確定コマンドD1XX(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS302)。また、CPU103は、第2の可変表示一時停止フラグをオンにセットして(ステップS1311)、第1の可変表示装置41による特別図柄の可変表示を停止し、第1の可変表示装置41の左、中、右可変表示部に表示されている特別図柄に対して、プロセスeによるハズレ図柄の一時停止表示が開始させる。   In this display control example, at timing t12, the CPU 103 of the main board 11 terminates the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, derives and displays the normal jackpot symbol (step S301), and the second A decorative symbol determination command D1XX (h) is sent to the display control board 12 (step S302). Further, the CPU 103 sets the second variable display pause flag to ON (step S1311), stops the variable display of the special symbol by the first variable display device 41, and sets the left of the first variable display device 41 to the left. For the special symbol displayed in the middle, right variable display section, the display of the pause symbol of the lost symbol by the process e is started.

一方、表示制御基板12のCPU202は、タイミングt12において、第3の可変表示装置43にて通常大当り図柄を導出表示させ、主基板11から第2の飾り図柄確定コマンドD1XXを受信したことに応答して、プロセスcによる完全に停止した状態で表示する(ステップS724)。また、CPU103は、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示を停止し、第4の可変表示装置44の左、中、右可変表示部に表示されている飾り図柄に対して、プロセスeによるハズレ図柄の一時停止表示が開始させる(ステップS1726)。   On the other hand, at the timing t12, the CPU 202 of the display control board 12 causes the third variable display device 43 to derive and display the normal jackpot symbol and responds to the reception of the second decorative symbol determination command D1XX from the main substrate 11. Thus, the process c is displayed in a completely stopped state (step S724). Further, the CPU 103 stops the variable display of the decorative symbols by the fourth variable display device 44, and processes the decorative symbols displayed on the left, middle, and right variable display portions of the fourth variable display device 44. A pause display of a lost symbol by e is started (step S1726).

これにより、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、図75(F)に示すように、通常大当り図柄が確定表示され、パチンコ遊技機1は、図75(G)に示すように、大当り遊技状態へと移行する。この間、第1の可変表示装置41と第3の可変表示装置43とでは、プロセスcによるハズレ図柄の一時停止表示がされる。   Thereby, in the first variable display device 41 and the third variable display device 43, as shown in FIG. 75 (F), the normal big hit symbol is confirmed and displayed, and the pachinko gaming machine 1 is shown in FIG. 75 (G). As shown in FIG. During this time, the first variable display device 41 and the third variable display device 43 display a pause symbol of the lost symbol by the process c.

そして、大当り遊技状態が終了するタイミングt13において、主基板11のCPU103は、大当り終了コマンドE000(h)を表示制御基板12に対して送出する(ステップS321)。第2の可変表示再開フラグをオンにセットし(ステップS1322)、第2の可変表示装置42による特別図柄の可変表示を再開する。   Then, at timing t13 when the big hit gaming state ends, the CPU 103 of the main board 11 sends a big hit end command E000 (h) to the display control board 12 (step S321). The second variable display restart flag is set to ON (step S1322), and the special symbol variable display by the second variable display device 42 is restarted.

一方、表示制御基板12のCPU202は、主基板11より送出された大当り終了コマンドE000(h)を受信したことに応答して、図75(H)に示すように、大当り終了報知演出表示を行う(ステップS731)。また、CPU103は、第4の可変表示再開フラグをオンし(ステップS1732)、第4の可変表示装置44による飾り図柄の可変表示を再開する。   On the other hand, in response to receiving the jackpot end command E000 (h) sent from the main board 11, the CPU 202 of the display control board 12 performs a jackpot end notification effect display as shown in FIG. 75 (H). (Step S731). In addition, the CPU 103 turns on the fourth variable display restart flag (step S1732), and restarts the variable display of decorative symbols by the fourth variable display device 44.

このようにしても、上記実施の形態と同様に、第1の可変表示装置41にて大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態と、第2の可変表示装置42にて大当り図柄が導出表示されたことに基づく大当り遊技状態と、が同時期に発生することを防止することができるため、遊技者に強烈なインパクトを与えて著しい射幸心を煽るといった弊害を防止することができる。   Even in this case, similarly to the above embodiment, the big hit gaming state based on the derivation display of the big hit symbol on the first variable display device 41 and the big hit symbol on the second variable display device 42 Since it is possible to prevent the big hit gaming state based on the derivation display from occurring at the same time, it is possible to prevent an adverse effect such as exerting a strong impact on the player and inciting a significant amount of happiness.

また、第1,第2,第3及び第4の可変表示装置41〜44の配置は、上記実施の形態の配置に限定されるものではなく、パチンコ遊技機1の構成や仕様などに応じて任意に変更可能である。さらに、第1,第2,第3及び第4の可変表示装置41〜44は、独立した表示装置として構成される必要はなく、例えば1つの表示装置が有する4つの表示領域において、上述の第1,第2,第3及び第4の可変表示装置41〜44と実質的に同一の表示が行われるものであってもよい。   In addition, the arrangement of the first, second, third and fourth variable display devices 41 to 44 is not limited to the arrangement of the above-described embodiment, but depends on the configuration and specifications of the pachinko gaming machine 1. It can be changed arbitrarily. Furthermore, the first, second, third, and fourth variable display devices 41 to 44 do not need to be configured as independent display devices. For example, in the four display areas of one display device, the above-described first display device is provided. Substantially the same display as that of the first, second, third, and fourth variable display devices 41 to 44 may be performed.

また、2つの表示装置のそれぞれが、上述した第1及び第2の可変表示装置41、42のいずれかとして、入れ替わり可能に動作するものであってもよい。例えば、パチンコ遊技機1が電力の供給を受けて動作している期間を第1の期間と第2の期間とに分割し、第1の期間では、2つの表示装置の一方が第1の可変表示装置41として動作するとともに他方が第2の可変表示装置42として動作する。これに対して、第2の期間では、2つの表示装置の一方が第2の可変表示装置42として動作するとともに他方が第1の可変表示装置41として動作する。また、この場合、第3及び第4の可変表示装置43、44を、第1及び第2の可変表示装置41、42に対応して、入れ替わり動作させてもよい。   In addition, each of the two display devices may operate as one of the first and second variable display devices 41 and 42 described above so as to be interchangeable. For example, a period in which the pachinko gaming machine 1 is operating with power supply is divided into a first period and a second period, and one of the two display devices is the first variable in the first period. It operates as the display device 41 and the other operates as the second variable display device 42. On the other hand, in the second period, one of the two display devices operates as the second variable display device 42 and the other operates as the first variable display device 41. In this case, the third and fourth variable display devices 43 and 44 may be switched and operated corresponding to the first and second variable display devices 41 and 42.

あるいは、2つの表示装置のうちで先に特図ゲームを開始する条件が成立して特別図柄の可変表示が開始されたものが、上述した第1の可変表示装置41として動作してもよい。そして、その特図ゲームの実行中に特別図柄が停止表示されている他方の表示装置による特図ゲームを開始する条件が成立したときに、当該他方の表示装置を、上述した第2の可変表示装置42として動作させるものであってもよい。   Alternatively, of the two display devices, the one in which the condition for starting the special figure game is established first and the special symbol variable display is started may operate as the first variable display device 41 described above. Then, when a condition for starting the special figure game by the other display device on which the special symbol is stopped and displayed during execution of the special figure game is established, the other display device is set to the second variable display described above. The device 42 may be operated.

また、第1及び第2の可変表示装置41、42が第3及び第4の可変表示装置43,44としての機能を備え、第1及び第2可変表示装置41、42にて上述の第3及び第4の可変表示装置43,44と同様の演出表示が行われるようにしてもよい。   Further, the first and second variable display devices 41 and 42 have functions as the third and fourth variable display devices 43 and 44, and the first and second variable display devices 41 and 42 have the above-described third function. And the effect display similar to the 4th variable display apparatuses 43 and 44 may be performed.

上記実施の形態では、ステップS15の第1の特別図柄プロセス処理とステップS16の第2の特別図柄プロセス処理とが、別個の処理として実行されるものとして説明した。しかしながら、この発明はこれに限定されるものではなく、第1及び第2の特別図柄プロセス処理として、第1及び第2の可変表示装置41、42のそれぞれに共通した処理が実行されるものであってもよい。また、遊技制御割込処理が実行されるごとに第1及び第2の特別図柄プロセス処理がいずれも1回ずつ実行されるものとして説明したが、これに限定されるものではなく、遊技制御割込処理が実行されるごとに、第1及び第2の特別図柄プロセス処理のいずれか一方のみが交互に1回ずつ実行されるものであってもよい。   In the above embodiment, the first special symbol process in step S15 and the second special symbol process in step S16 have been described as being executed as separate processes. However, the present invention is not limited to this, and a process common to the first and second variable display devices 41 and 42 is executed as the first and second special symbol process. There may be. In addition, although it has been described that the first and second special symbol process processes are executed once each time the game control interrupt process is executed, the game control interrupt process is not limited to this. Each time the loading process is executed, only one of the first and second special symbol process processes may be alternately executed once.

上記実施の形態では、始動入賞口として第1及び第2の普通可変入賞球装置61、62が設けられるものとして説明した。すなわち、始動入賞口が、2つの可変表示装置に対応して2つずつ設けられるものとして説明した。しかしながら、この発明はこれに限定されるものではなく、例えば第1及び第2の可変表示装置41、42の双方に対応する始動入賞口が1つ設けられたものであってもよい。   In the above-described embodiment, the first and second ordinary variable winning ball devices 61 and 62 are described as starting winning ports. That is, it has been described that two start winning openings are provided corresponding to the two variable display devices. However, the present invention is not limited to this, and for example, one start winning opening corresponding to both the first and second variable display devices 41 and 42 may be provided.

この場合、1つの始動入賞口に入賞した遊技球が始動入賞口スイッチによって検出されたときには、例えばランダムカウンタ113などによって更新される大当り判定用乱数であるランダムR1の値を抽出し、第1及び第2の可変表示装置41、42のそれぞれに対応して設けられた第1及び第2の特図保留メモリ111,112のいずれかにおける空エントリの先頭に記憶させる。このときには、例えば第1の特図保留メモリ111に空エントリがある場合には、抽出したランダムR1の値を、第1の特図保留メモリ111に対して優先的に記憶させるようにしてもよい。そして、第1の特図保留メモリ111における保留記憶数が上限値となって空エントリがない場合にのみ、抽出したランダムR1を、第2の特図保留記憶部121Bに記憶させるようにしてもよい。   In this case, when a game ball won in one start winning opening is detected by the start winning opening switch, for example, a random R1 value that is a big hit determination random number updated by the random counter 113 or the like is extracted, and the first and It is stored at the head of the empty entry in one of the first and second special figure reservation memories 111 and 112 provided corresponding to each of the second variable display devices 41 and 42. At this time, for example, when there is an empty entry in the first special figure reservation memory 111, the value of the extracted random R1 may be preferentially stored in the first special figure reservation memory 111. . The extracted random R1 is stored in the second special figure reservation storage unit 121B only when the number of reserved storage in the first special figure reservation memory 111 is the upper limit value and there is no empty entry. Good.

あるいは、ランダムR1の値を抽出するごとに、第1及び第2の特図保留メモリ111、112のいずれかに対して交互に記憶させるようにしてもよい。また、ランダムR1の値を抽出するときに、所定の振分け判定用乱数を抽出し、その振分け判定用乱数の値に応じて、抽出したランダムR1の値を、第1及び第2の特図保留メモリ111、112のいずれかに記憶させるようにしてもよい。また、この振分けは、パチンコ遊技機1の遊技状態に応じて、その率が変動するものであってもよい。例えば、通常遊技状態においては、第1の特図保留メモリ111に対して、優先的に振り分けるようにしておき、確率向上状態においては、第1及び第2の特図保留メモリ111、特図保留メモリ112に均等に振り分けるようにしてもよい。   Alternatively, each time the value of the random R1 is extracted, it may be alternately stored in one of the first and second special figure reservation memories 111 and 112. Further, when extracting the value of the random R1, a predetermined random number for sorting determination is extracted, and the extracted random R1 value is stored in the first and second special figure hold according to the value of the random number for sorting determination. You may make it memorize | store in either memory 111,112. In addition, the rate of this distribution may vary depending on the gaming state of the pachinko gaming machine 1. For example, in the normal gaming state, the first special figure holding memory 111 is preferentially allocated, and in the probability improvement state, the first and second special figure holding memory 111 and the special figure holding are reserved. You may make it distribute to the memory 112 equally.

さらに、ランダムカウンタ113より抽出したランダムR1の値に基づいて、第1及び第2の特図保留メモリ111,112のいずれに記憶させるのかを決定するようにしてもよい。例えば、ランダムR1の値が「0」〜「599」の範囲の値をとるものとする。この場合に、始動入賞口への遊技球の入賞に応じて抽出したランダムR1の値が「0」〜「299」の範囲内であるときには、そのランダムR1の値を、第1の特図保留メモリ111に記憶させる。他方、抽出したランダムR1の値が「300」〜「599」の範囲内であるときには、そのランダムR1の値を、第2の特図保留メモリ112に記憶させる。この場合には、例えばランダムR1の値が「3」であるときに、第1の可変表示装置41による特図ゲームにおける可変表示の表示結果を大当り組合せとする旨の判定を行い、ランダムR1の値が「303」であるときに、第2の可変表示装置42による特図ゲームにおける可変表示の表示結果を大当り組合せとする旨の判定を行うようにしてもよい。   Further, based on the value of the random R1 extracted from the random counter 113, it may be determined which of the first and second special figure reservation memories 111 and 112 is to be stored. For example, it is assumed that the value of the random R1 takes a value in the range of “0” to “599”. In this case, when the value of the random R1 extracted in accordance with the winning of the game ball at the start winning opening is within the range of “0” to “299”, the value of the random R1 is set as the first special figure hold. Store in the memory 111. On the other hand, when the value of the extracted random R1 is within the range of “300” to “599”, the value of the random R1 is stored in the second special figure reservation memory 112. In this case, for example, when the value of the random R1 is “3”, it is determined that the display result of the variable display in the special game by the first variable display device 41 is a jackpot combination, and the random R1 When the value is “303”, it may be determined that the display result of the variable display in the special figure game by the second variable display device 42 is the jackpot combination.

また、第1及び第2の可変表示装置41、42のそれぞれに対応して第1及び第2の普通可変入賞球装置61、62が設けられている場合において、第1及び第2の普通可変入賞球装置61、62のいずれかに遊技球が入賞したときには、例えばランダムカウンタ113などによって1種類の大当り判定用乱数として更新されているランダムR1の値を抽出し、第1及び第2の普通可変入賞球装置61、62のいずれに遊技球が入賞したかに対応して、抽出したランダムR1の値を第1及び第2の特図保留メモリ111,112のいずれかに記憶させるものであってもよい。   Further, when the first and second ordinary variable winning ball devices 61 and 62 are provided corresponding to the first and second variable display devices 41 and 42, respectively, the first and second ordinary variable devices are provided. When a game ball wins one of the winning ball apparatuses 61 and 62, for example, the random counter 113 or the like extracts the value of the random R1 updated as one kind of big hit determination random number, and the first and second ordinary The value of the extracted random R1 is stored in one of the first and second special figure holding memories 111 and 112 in accordance with which of the variable winning ball devices 61 and 62 has won the game ball. May be.

このように、第1及び第2の可変表示装置41,42の双方に対応する始動入賞口が1つ設けられている場合には、その1つの始動入賞口に入賞した遊技球が始動入賞口スイッチによって検出されたときに、第1及第2の可変表示装置41、42のいずれによる特図ゲームの始動条件が成立したかを特定可能とする外部信号を出力するようにしてもよい。例えば、主基板11に搭載されたCPU103が、所定の信号出力処理プログラムを実行するなどして、ランダムカウンタ113などから抽出されたランダムR1の値を、第1及び第2の特図保留メモリ111、112のいずれに記憶させたかに応じて、異なる種類の外部信号を生成して出力するようにしてもよい。   As described above, when one start winning opening corresponding to both the first and second variable display devices 41 and 42 is provided, the game ball that has won a prize in the one starting winning opening is the start winning opening. When detected by the switch, an external signal may be output that makes it possible to specify which of the first and second variable display devices 41 and 42 is used to establish the start condition of the special figure game. For example, the CPU 103 mounted on the main board 11 executes a predetermined signal output processing program, and the random R1 value extracted from the random counter 113 is used as the first and second special figure reservation memories 111. , 112 may generate and output different types of external signals depending on which of them is stored.

上記実施の形態では、大入賞口として第1及び第2の特別可変入賞球装置71、72が設けられるものとして説明した。すなわち、大入賞口が、2つの可変表示装置に対応して2つずつ設けられるものとして説明した。しかしながら、この発明はこれに限定されるものではなく、例えば第1及び第2の可変表示装置41、42の双方に対応する大入賞口が1つ設けられたものであってもよい。   In the embodiment described above, the first and second special variable winning ball devices 71 and 72 are described as the big winning openings. In other words, the description has been given on the assumption that two winning prize openings are provided corresponding to the two variable display devices. However, the present invention is not limited to this, and for example, one big winning opening corresponding to both the first and second variable display devices 41 and 42 may be provided.

また、大入賞口としての第1及び第2の特別可変入賞球装置71、72を、それぞれ第1及び第2の可変表示装置41、42に対応させて設けていたが、これに限定されるものではなく、大当り遊技状態において、ラウンド毎に第1及び第2の特別可変入賞球装置71、72を交互に開成する態様であってもよい。例えば奇数ラウンドでは、第1の特別可変入賞球装置71を開成すると共に第2の特別可変入賞球装置72を閉成し、偶数ラウンドでは、第1の特別可変入賞球装置71を閉成すると共に第2の特別可変入賞球装置72を開成してもよい。   In addition, the first and second special variable winning ball devices 71 and 72 as the special winning opening are provided corresponding to the first and second variable display devices 41 and 42, respectively, but the present invention is not limited thereto. Instead, the first and second special variable winning ball devices 71 and 72 may be alternately opened for each round in the big hit gaming state. For example, in the odd round, the first special variable winning ball device 71 is opened and the second special variable winning ball device 72 is closed, and in the even round, the first special variable winning ball device 71 is closed. The second special variable winning ball device 72 may be opened.

上記実施の形態では、第1及び第2の始動入賞記憶表示器45、46の点灯/消灯制御を主基板11の側で行うものとして説明した。これに対して、第1及び第2の始動入賞記憶表示器45,46の点灯/消灯制御を、表示制御基板12の側で行うようにしてもよい。この場合、主基板11に搭載されたCPU103は、第1及び第2の特図保留メモリ111,112の保留記憶数が1加算あるいは1減算されるなどして変更されたときに、第1及び第2の特図保留メモリ111,112のそれぞれに対応した保留記憶数を示す表示制御コマンドを表示制御基板12に対して送信するための設定を行う。そして、表示制御基板12に搭載されたCPU202が、主基板11からの表示制御コマンドで示された保留記憶数に従って、第1及び第2の始動入賞記憶表示器45、46の点灯/消灯制御を行うようにしてもよい。   In the above-described embodiment, it has been described that the on / off control of the first and second start winning memory indicators 45 and 46 is performed on the main board 11 side. On the other hand, the on / off control of the first and second start winning memory indicators 45 and 46 may be performed on the display control board 12 side. In this case, when the CPU 103 mounted on the main board 11 is changed by adding or subtracting 1 from the number of reserved memories in the first and second special figure reservation memories 111 and 112, A setting is made to transmit a display control command indicating the number of reserved memories corresponding to each of the second special figure reservation memories 111 and 112 to the display control board 12. Then, the CPU 202 mounted on the display control board 12 performs on / off control of the first and second start winning memory display units 45 and 46 according to the number of reserved memories indicated by the display control command from the main board 11. You may make it perform.

また、第1及び第2の始動入賞記憶表示器45、46が第1及び第2の可変表示装置41、42の上部に設けられるものとして説明したが、これに限定されるものではなく、例えば第1及び第2の始動入賞記憶表示器45、46と同様に第1及び第2の普通可変入賞球装置61,62のそれぞれに対する始動入賞記憶数を特定可能にする表示を、第3及び第4の可変表示装置43,44に設けた所定の表示領域において行うようにしてもよい。さらには、第1及び第2の始動入賞記憶表示器45,46における始動入賞記憶数の表示と、第3及び第4の可変表示装置43,44における始動入賞記憶数の表示を、両方とも行うようにしてもよい。   In addition, the first and second start winning memory indicators 45 and 46 have been described as being provided on the upper portions of the first and second variable display devices 41 and 42, but the present invention is not limited thereto. Similar to the first and second start winning memory indicators 45 and 46, the third and third displays that make it possible to specify the start winning memory numbers for the first and second ordinary variable winning ball devices 61 and 62, respectively. The display may be performed in a predetermined display area provided in the four variable display devices 43 and 44. Furthermore, both the display of the start winning memory number on the first and second start winning memory indicators 45 and 46 and the display of the start winning memory number on the third and fourth variable display devices 43 and 44 are both performed. You may do it.

さらに、上記実施の形態では、各可変表示装置41〜44にて導出表示する特別図柄によって、遊技者に大当り遊技状態終了後、確率向上状態へと移行することや、この確率向上状態が終了することを報知していた。しかしながら、本発明は、これに限定されるものではなく、特別図柄の可変表示に付随して行われる別の演出によって、確率向上状態の発生や終了を報知してもよい。また、この確率向上状態の発生や終了を報知する演出は、特別図柄の可変表示の実行中に行われるものであってもよいし、或いは、確定図柄の導出表示後に行われてもよい。さらに、確率向上状態の発生を報知する演出については、大当り遊技状態に行ってもよい。   Furthermore, in the above embodiment, the special symbol derived and displayed on each of the variable display devices 41 to 44 causes the player to shift to the probability improvement state after the big hit gaming state, or to end the probability improvement state. I was informed. However, the present invention is not limited to this, and the occurrence or end of the probability improvement state may be notified by another effect accompanying the variable symbol variable display. In addition, the effect of notifying the occurrence or termination of the probability improvement state may be performed during execution of variable symbol special display, or may be performed after derivation display of a fixed symbol. Further, the effect of notifying the occurrence of the probability improvement state may be performed in the big hit gaming state.

また、本発明の遊技機は、パチンコ遊技機等の弾球遊技機であってもよく、画像表示装置を有するものであれば、例えば、一般電役機、又はパチコンと呼ばれる確率設定機能付き弾球遊技機等であっても構わない。さらには、プリペイドカードによって球貸しを行うCR式パチンコ遊技機だけではなく、現金によって球貸しを行うパチンコ遊技機にも適用可能である。すなわち、LCD等からなる画像表示装置を有し、識別情報としての図柄を可変表示することが可能な遊技機であれば、どのような形態のものであっても構わない。   Further, the gaming machine of the present invention may be a ball and ball game machine such as a pachinko game machine, and if it has an image display device, for example, a general electric machine or a bullet with a probability setting function called a pachi-kon. It may be a ball game machine or the like. Furthermore, it is applicable not only to a CR-type pachinko gaming machine that lends a ball with a prepaid card, but also to a pachinko gaming machine that lends a ball with cash. In other words, any type of gaming machine may be used as long as it has an image display device such as an LCD and can variably display symbols as identification information.

さらに、図1及び図2に示した装置構成、図3,図5,図12及び図13に示すブロック構成、図7〜図11及び図15〜図17に示すテーブル構成や、図18〜図52及び図58〜図71に示すフローチャート構成は、発明の趣旨を逸脱しない範囲で任意に変更及び修正が可能である。また、図55,図57,図73及び図75の表示例も一例として示したものであり、同一の動画像データを用いた動画再生を行うときに表示される文字列画像の種類に応じて大当りとなる確率を異ならせることができるものであれば、任意に変更されたものであってもよい。   Further, the apparatus configuration shown in FIGS. 1 and 2, the block configuration shown in FIGS. 3, 5, 12 and 13, the table configurations shown in FIGS. 7 to 11 and 15 to 17, and FIGS. The flowchart configurations shown in FIG. 52 and FIGS. 58 to 71 can be arbitrarily changed and modified without departing from the spirit of the invention. In addition, the display examples of FIGS. 55, 57, 73, and 75 are also shown as an example, depending on the type of character string image that is displayed when moving image playback using the same moving image data is performed. As long as the probability of winning a big hit can be made different, it may be arbitrarily changed.

また、パチンコ遊技機1の動作をシミュレーションするゲーム機などにも本発明を適用することができる。本発明を実現するためのプログラム及びデータは、コンピュータ装置等に対して、着脱自在の記録媒体により配布・提供される形態に限定されるものではなく、予めコンピュータ装置等の有する記憶装置にプリインストールしておくことで配布される形態を採っても構わない。さらに、本発明を実現するためのプログラム及びデータは、通信処理部を設けておくことにより、通信回線等を介して接続されたネットワーク上の、他の機器からダウンロードすることによって配布する形態を採っても構わない。   The present invention can also be applied to a game machine that simulates the operation of the pachinko gaming machine 1. The program and data for realizing the present invention are not limited to a form distributed and provided on a computer device or the like by a detachable recording medium, but preinstalled in a storage device such as a computer device or the like in advance. You may take the form distributed by keeping it. Further, the program and data for realizing the present invention are distributed by downloading from other devices on a network connected via a communication line or the like by providing a communication processing unit. It doesn't matter.

そして、ゲームの実行形態も、着脱自在の記録媒体を装着することにより実行するものだけではなく、通信回線等を介してダウンロードしたプログラム及びデータを、内部メモリ等にいったん格納することにより実行可能とする形態、通信回線等を介して接続されたネットワーク上における、他の機器側のハードウェア資源を用いて直接実行する形態としてもよい。さらには、他のコンピュータ装置等とネットワークを介してデータの交換を行うことによりゲームを実行するような形態とすることもできる。   The game execution mode is not only executed by attaching a detachable recording medium, but can also be executed by temporarily storing the downloaded program and data via a communication line or the like in an internal memory or the like. It is also possible to execute directly using hardware resources on the other device side on a network connected via a communication line or the like. Furthermore, the game can be executed by exchanging data with other computer devices or the like via a network.

また、本発明は、入賞球の検出に応答して所定数の賞球を払い出す払出式遊技機に限定されるものではなく、遊技球を封入し入賞球の検出に応答して得点を付与する封入式遊技機にも適用することができる。   In addition, the present invention is not limited to a payout type gaming machine that pays out a predetermined number of prize balls in response to detection of a winning ball, but encloses a game ball and gives a score in response to detection of the winning ball It can also be applied to an enclosed game machine.

本発明の実施の形態におけるパチンコ遊技機の正面図である。It is a front view of the pachinko gaming machine in the embodiment of the present invention. 本発明の実施の形態におけるパチンコ遊技機の背面図である。It is a rear view of the pachinko gaming machine in the embodiment of the present invention. 主基板における回路構成等を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the circuit structure etc. in a main board | substrate. 表示制御コマンドの内容の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the content of a display control command. 遊技制御用マイクロコンピュータの構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structural example of the microcomputer for game control. ランダムカウンタによりカウントされる各乱数の例を示す図である。It is a figure which shows the example of each random number counted by a random counter. 大当り判定用テーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of the table for jackpot determination. 第1の図柄決定用テーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of the 1st symbol determination table. 第2の図柄決定用テーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of the 2nd symbol determination table. 第1の可変表示パターン決定用テーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of the 1st variable display pattern determination table. 第2の可変表示パターン決定用テーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of the 2nd variable display pattern determination table. 表示制御基板におけるハードウェア構成の一例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows an example of the hardware constitutions in a display control board. 表示制御基板の構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structural example of a display control board. ランダムカウンタによりカウントされる乱数の例を示す図である。It is a figure which shows the example of the random number counted by a random counter. 表示制御パターンテーブルメモリの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of a display control pattern table memory. 図柄表示制御パターンテーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of a symbol display control pattern table. 報知演出表示制御パターン決定用テーブルの構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of the notification effect display control pattern determination table. 遊技制御メイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a game control main process. 遊技制御割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a game control interruption process. 図19に示す第1の特別図柄プロセス処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st special symbol process process shown in FIG. 図20に示す第1の入賞処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st winning process shown in FIG. 図20に示す第1の大当り判定処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st jackpot determination process shown in FIG. 図20に示す第1の確定図柄決定処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st definite symbol determination process shown in FIG. 図20に示す第1の確定図柄決定処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st definite symbol determination process shown in FIG. 図20に示す第1の可変表示パターン設定処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 21 is a flowchart showing details of a first variable display pattern setting process shown in FIG. 20. FIG. 図20に示す第1の可変表示パターン設定処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 21 is a flowchart showing details of a first variable display pattern setting process shown in FIG. 20. FIG. 図20に示す第1の可変表示制御処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 21 is a flowchart showing details of a first variable display control process shown in FIG. 20. FIG. 図20に示す第1の可変表示停止時処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the process at the time of the 1st variable display stop shown in FIG. 図20に示す第1の大当り終了処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st jackpot end process shown in FIG. 図19に示す第2の特別図柄プロセス処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 2nd special symbol process process shown in FIG. 図30に示す第2の入賞処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 31 is a flowchart showing details of a second winning process shown in FIG. 30. FIG. 図30に示す第2の大当り判定処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 2nd jackpot determination process shown in FIG. 図30に示す第2の確定図柄決定処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 2nd definite symbol determination process shown in FIG. 図30に示す第2の確定図柄決定処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 2nd definite symbol determination process shown in FIG. 図30に示す第2の可変表示パターン設定処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 31 is a flowchart showing details of a second variable display pattern setting process shown in FIG. 30. FIG. 図30に示す第2の可変表示パターン設定処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 31 is a flowchart showing details of a second variable display pattern setting process shown in FIG. 30. FIG. 図30に示す第2の可変表示制御処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 31 is a flowchart showing details of a second variable display control process shown in FIG. 30. FIG. 図30に示す第2の可変表示停止時処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 31 is a flowchart showing details of a second variable display stop time process shown in FIG. 30. FIG. 図30に示す第2の大当り終了処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 2nd big hit end process shown in FIG. 表示制御メイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a display control main process. 図40に示すコマンド解析処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the command analysis process shown in FIG. 図40に示すコマンド解析処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the command analysis process shown in FIG. 図40に示す第1の飾り図柄表示制御プロセス処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st decoration symbol display control process process shown in FIG. 図43に示す第1の可変表示開始コマンド受信待ち処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 44 is a flowchart showing details of first variable display start command reception waiting processing shown in FIG. 43. FIG. 図43に示す第1の可変表示中処理の詳細を示すフローチャートである。44 is a flowchart showing details of a first variable display in-process shown in FIG. 43. 図43に示す第1の飾り図柄停止待ち処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st decoration symbol stop waiting process shown in FIG. 図43に示す第1の大当り終了表示処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 1st jackpot end display process shown in FIG. 図40に示す第2の飾り図柄表示制御プロセス処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 2nd decoration symbol display control process process shown in FIG. 図48に示す第2の可変表示開始コマンド受信待ち処理の詳細を示すフローチャートである。49 is a flowchart showing details of second variable display start command reception waiting processing shown in FIG. 48. 図48に示す第2の可変表示中処理の詳細を示すフローチャートである。49 is a flowchart showing details of a second variable display in-process shown in FIG. 48. 図48に示す第2の飾り図柄停止待ち処理の詳細を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the detail of the 2nd decoration symbol stop waiting process shown in FIG. 図48に示す第2の大当り終了表示処理の詳細を示すフローチャートである。FIG. 49 is a flowchart showing details of second big hit end display processing shown in FIG. 48. FIG. 各表示制御パターンを構成するプロセスを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the process which comprises each display control pattern. 第1の可変表示装置にて表示結果を確変大当りとする特図ゲームが開始された後に、第2の可変表示装置にて表示結果を通常大当りとする特図ゲームが開始された場合の表示制御例を示すタイミングチャートである。Display control in the case where a special figure game whose display result is normally a big hit is started on the second variable display apparatus after a special figure game whose display result is a big hit in the first variable display apparatus is started It is a timing chart which shows an example. 図54に示す表示制御例における特別図柄の可変表示例を示す図である。It is a figure which shows the variable display example of the special symbol in the display control example shown in FIG. 第1の可変表示装置にて表示結果を通常大当りとする特図ゲームが開始された後に、第2の可変表示装置にて表示結果を確変大当りとする特図ゲームが開始された場合の表示制御例を示すタイミングチャートである。Display control when a special figure game whose display result is a promiscuous big hit is started on the second variable display apparatus after a special figure game whose display result is a normal big hit is started on the first variable display apparatus It is a timing chart which shows an example. 図56に示す表示制御例における特別図柄の可変表示例を示す図である。FIG. 57 is a diagram showing a variable display example of special symbols in the display control example shown in FIG. 56. 図27に示す第1の可変表示制御処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the 1st variable display control process shown in FIG. 図28に示す第1の可変表示停止時処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the process at the time of the 1st variable display stop shown in FIG. 図29に示す第1の大当り終了処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the 1st jackpot end process shown in FIG. 図37に示す第2の可変表示制御処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the 2nd variable display control process shown in FIG. 図38に示す第2の可変表示停止時処理の変形例を示すフローチャートである。FIG. 39 is a flowchart showing a modification of the second variable display stop time process shown in FIG. 38. FIG. 図39に示す第2の大当り終了処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the 2nd big hit end process shown in FIG. 図45に示す第1の可変表示中処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the process during the 1st variable display shown in FIG. 図45に示す第1の可変表示中処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the process during the 1st variable display shown in FIG. 図46に示す第1の飾り図柄停止待ち処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the 1st decoration symbol stop waiting process shown in FIG. 図47に示す第1の大当り終了表示処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the 1st big hit end display process shown in FIG. 図50に示す第2の可変表示中処理の変形例を示すフローチャートである。51 is a flowchart showing a modification of the second variable display in-process shown in FIG. 50. 図50に示す第2の可変表示中処理の変形例を示すフローチャートである。51 is a flowchart showing a modification of the second variable display in-process shown in FIG. 50. 図51に示す第2の飾り図柄停止待ち処理の変形例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the modification of the 2nd decoration symbol stop waiting process shown in FIG. 図52に示す第2の大当り終了表示処理の変形例を示すフローチャートである。FIG. 53 is a flowchart showing a modification of the second jackpot end display process shown in FIG. 52. FIG. 図54に示す表示制御の変形例を示すタイミングチャートである。FIG. 55 is a timing chart showing a modification of the display control shown in FIG. 54. FIG. 図72に示す表示制御例における特別図柄の可変表示例を示す図である。FIG. 73 is a diagram showing a variable display example of special symbols in the display control example shown in FIG. 72. 図56に示す表示制御の変形例を示すタイミングチャートである。FIG. 57 is a timing chart showing a modification of the display control shown in FIG. 56. FIG. 図74に示す表示制御例における特別図柄の可変表示例を示す図である。FIG. 75 is a diagram showing a variable display example of special symbols in the display control example shown in FIG. 74.

符号の説明Explanation of symbols

1 … パチンコ遊技機
2 … 遊技盤
3 … 遊技機用枠
8L,8R … スピーカ
9 … 遊技効果ランプ
10 … 電源基板
11 … 主基板
12 … 表示制御基板
13 … 音声制御基板
14 … ランプ制御基板
15 … 払出制御基板
16 … 情報端子基板
21−24 … ソレノイド
41 … 第1の可変表示装置
42 … 第2の可変表示装置
43 … 第3の可変表示装置
44 … 第4の可変表示装置
45 … 第1の始動入賞記憶表示器
46 … 第2の始動入賞記憶表示器
51 … 第1の普通図柄表示器
52 … 第2の普通図柄表示器
61 … 第1の普通可変入賞球装置
62 … 第2の普通可変入賞球装置
70 … 各入賞口スイッチ
71 … 第1の特別可変入賞球装置
72 … 第2の特別可変入賞球装置
100 … 遊技制御用マイクロコンピュータ
101,203 … ROM
102,204 … RAM
103,202 … CPU
104 … I/Oポート
107 … スイッチ回路
108 … ソレノイド回路
111 … 第1の特図保留メモリ
112 … 第2の特図保留メモリ
113,211 … ランダムカウンタ
114 … 大当り判定用テーブルメモリ
115 … 図柄決定用テーブルメモリ
116 … 可変表示パターン決定用テーブルメモリ
117 … 確変カウンタ
118,214 … フラグメモリ
119 … 可変表示時間タイマ
120 … 通常時大当り判定用テーブル
121 … 確変時大当り判定用テーブル
130 … 第1の通常大当り図柄決定用テーブル
131 … 第1の確変大当り図柄決定用テーブル
132 … 第1の左図柄決定用テーブル
133 … 第1の中図柄決定用テーブル
134 … 第1の右図柄決定用テーブル
140 … 第2の通常大当り図柄決定用テーブル
141 … 第2の確変大当り図柄決定用テーブル
142 … 第2の左図柄決定用テーブル
143 … 第2の中図柄決定用テーブル
144 … 第2の右図柄決定用テーブル
150 … 第1の通常時可変表示パターン決定用テーブル
151 … 第1のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル
152 … 第1の大当り時可変表示パターン決定用テーブル
160 … 第2の通常時可変表示パターン決定用テーブル
161 … 第2のリーチ時可変表示パターン決定用テーブル
162 … 第2の大当り時可変表示パターン決定用テーブル
200 … 発振回路
201 … リセット回路
205 … GCL
206 … CGROM
207 … VRAM
212 … 表示制御パターンテーブルメモリ
213 … 報知演出表示制御パターン決定用テーブルメモリ
215 … 各種タイマ
220 … 図柄表示制御パターンテーブル
221 … 第1の報知演出表示制御パターンテーブル
222 … 第2の報知演出表示制御パターンテーブル
230 … 第1の報知演出表示制御パターン決定用テーブル
231 … 第2の報知演出表示制御パターン決定用テーブル
1 ... Pachinko machine
2… Game board
3 ... Frame for gaming machine 8L, 8R ... Speaker
9 ... Game effect lamp
10… Power supply board
11 ... Main board
12 ... Display control board
13 ... Voice control board
14 ... Lamp control board
15 ... Dispensing control board
16 ... Information terminal board 21-24 ... Solenoid
41. First variable display device
42 ... Second variable display device
43 ... Third variable display device
44. Fourth variable display device
45 ... 1st start winning memory indicator
46 ... Second start winning memory indicator
51 ... 1st normal symbol indicator
52 ... Second normal symbol display
61: First ordinary variable winning ball apparatus
62 ... Second ordinary variable winning ball apparatus
70… Each prize opening switch
71: First special variable winning ball apparatus
72 ... Second special variable winning ball device 100 ... Game control microcomputers 101, 203 ... ROM
102, 204 ... RAM
103, 202 ... CPU
104 ... I / O port 107 ... Switch circuit 108 ... Solenoid circuit 111 ... First special figure reservation memory 112 ... Second special figure reservation memory 113, 211 ... Random counter 114 ... Big hit determination table memory 115 ... For symbol determination Table memory 116... Variable display pattern determination table memory 117... Probability change counter 118, 214. Flag memory 119. Symbol determining table 131... First probability big hit symbol determining table 132... First left symbol determining table 133... First middle symbol determining table 134 .. First right symbol determining table 140. Standard jackpot design table 141 ... Second probability big hit symbol determination table 142 ... Second left symbol determination table 143 ... Second middle symbol determination table 144 ... Second right symbol determination table 150 ... First normal variable display Pattern determination table 151... First reach variable display pattern determination table 152... First big hit variable display pattern determination table 160... Second normal variable display pattern determination table 161. Variable display pattern determination table 162 ... Second big hit variable display pattern determination table 200 ... Oscillator circuit 201 ... Reset circuit 205 ... GCL
206 ... CGROM
207 ... VRAM
212 ... Display control pattern table memory 213 ... Notification effect display control pattern determination table memory 215 ... Various timers 220 ... Symbol display control pattern table 221 ... First notification effect display control pattern table 222 ... Second notification effect display control pattern Table 230 ... First notification effect display control pattern determination table 231 ... Second notification effect display control pattern determination table

Claims (6)

第1の始動条件が成立した後に第1の開始条件が成立したことに基づいて各々が識別可能な複数種類の識別情報を可変表示する第1の可変表示手段と、第2の始動条件が成立した後に第2の開始条件が成立したことに基づいて該識別情報を可変表示する第2の可変表示手段と、を備え、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の表示結果である第1の表示結果、又は前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示の表示結果である第2の表示結果が該特定表示結果となったときに、遊技者にとって有利な特定遊技状態に制御する遊技機であって、
前記第1の開始条件が成立したことに基づいて、前記第1の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定すると共に、該特定表示結果のうちで該特定遊技状態が終了した後に該特定表示結果となる確率が通常遊技状態時よりも高い高確率状態に制御されるときに表示する特別表示結果とするか否かを判定する第1の表示結果判定手段と、
前記第1の表示結果手判定段による判定結果に基づいて、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示時間である第1の可変表示時間を設定する第1の可変表示時間設定手段と、
前記第2の開始条件が成立したことに基づいて、前記第2の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定すると共に、前記特別表示結果とするか否かを判定する第2の表示結果判定手段と、
前記第2の表示結果判定手段による判定結果に基づいて、前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示時間である第2の可変表示時間を設定する第2の可変表示時間設定手段と、
前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされ、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を該特別表示結果とはならない特定表示結果である非特別表示結果とする旨の判定がなされたときに、該第1の表示結果が導出表示される前に該第2の表示結果が導出表示されるように、前記第1の可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間と前記第2の可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間とのうち、先に設定された可変表示時間を調整する可変表示時間調整手段と、を備える、
ことを特徴とする遊技機。
First variable display means for variably displaying a plurality of types of identification information each identifiable based on the first start condition being satisfied after the first start condition is satisfied, and the second start condition is satisfied And a second variable display means for variably displaying the identification information based on the fact that the second start condition has been established, and the display result of the variable display of the identification information by the first variable display means. When the first display result or the second display result that is the display result of the variable display of the identification information by the second variable display means becomes the specific display result, the specific game state is advantageous to the player. A gaming machine to control,
After determining whether the first display result is the specific display result based on the establishment of the first start condition, and after the specific gaming state is ended in the specific display result A first display result determining means for determining whether or not a special display result is displayed when the probability of the specific display result is controlled to a higher probability state than in the normal gaming state;
First variable display time setting means for setting a first variable display time, which is a variable display time of identification information by the first variable display means, based on a determination result by the first display result hand determination stage; ,
Based on the establishment of the second start condition, it is determined whether or not the second display result is the specific display result and whether or not the special display result is the second Display result determination means;
Second variable display time setting means for setting a second variable display time, which is a variable display time of identification information by the second variable display means, based on a determination result by the second display result determination means;
The first display result determining means determines that the first display result is the special display result, and the second display result determining means determines the second display result as the special display result. The second display result is derived and displayed before the first display result is derived and displayed when it is determined that the non-special display result is a specific display result that should not be obtained. Of the first variable display time set by the first variable display time setting means and the second variable display time set by the second variable display time setting means, the previously set variable display time is Variable display time adjusting means for adjusting,
A gaming machine characterized by that.
前記可変表示時間調整手段は、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされたことに基づいて前記第1の可変表示手段が識別情報の可変表示を開始した後に、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を前記非特別表示結果とする旨の判定がなされたときには、該第2の表示結果が導出表示された後に該第1の表示結果が導出表示されるように、前記第1の可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間を延長する、
ことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
The variable display time adjusting unit is configured to identify the first variable display unit based on the fact that the first display result determining unit determines that the first display result is the special display result. When the second display result determination means determines that the second display result is the non-special display result after the variable display is started, the second display result is derived and displayed. Extending the first variable display time set by the first variable display time setting means so that the first display result is derived and displayed later;
The gaming machine according to claim 1.
前記可変表示時間調整手段は、前記第2の表示結果判定手段により前記第2の表示結果を前記非特別表示結果とする旨の判定がなされたことに基づいて前記第2の可変表示手段が識別情報の可変表示を開始した後に、前記第1の表示結果判定手段により前記第1の表示結果を前記特別表示結果とする旨の判定がなされたときには、該第1の表示結果が導出表示された前に該第2の表示結果が導出表示されるように、前記第2の可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間を短縮する、
ことを特徴とする請求項1又は2の記載の遊技機。
The variable display time adjusting means is identified by the second variable display means based on the fact that the second display result determining means determines that the second display result is the non-special display result. After the variable display of information is started, when the first display result determination means determines that the first display result is the special display result, the first display result is derived and displayed. Shortening the second variable display time set by the second variable display time setting means so that the second display result is derived and displayed before;
The gaming machine according to claim 1 or 2, characterized in that
前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の実行中に、前記第2の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたとき、該特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態が終了するまで、前記第1の可変表示時間を延長する可変表示時間延長手段をさらに備える、
ことを特徴とする請求項1,2又は3に記載の遊技機。
When the specific display result is derived and displayed as the second display result during execution of variable display of the identification information by the first variable display means, the specific based on the specific display result being derived and displayed Variable display time extending means for extending the first variable display time until the gaming state ends;
The gaming machine according to claim 1, 2, or 3.
前記第1の表示結果手判定段による判定結果と前記可変表示時間設定手段により設定された第1の可変表示時間とに基づいて、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を制御すると共に、前記第2の表示結果判定手段による判定結果と該可変表示時間設定手段により設定された第2の可変表示時間に基づいて、前記第2の可変表示手段による識別情報の可変表示とを制御する可変表示制御手段をさらに備え、
前記可変表示制御手段は、前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示の実行中に、前記第2の表示結果として前記特定表示結果を導出表示したとき、該第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を、該特定表示結果ではない表示結果を表示して停止する可変表示停止手段と、
前記第2の表示結果として前記特定表示結果が導出表示されたことに基づく前記特定遊技状態が終了したとき、前記可変表示停止手段により停止された前記第1の可変表示手段による識別情報の可変表示を再開する可変表示再開手段と、を含む、
ことを特徴とする請求項1,2又は3に記載の遊技機。
The variable display of the identification information by the first variable display means is controlled based on the determination result by the first display result manual determination stage and the first variable display time set by the variable display time setting means. At the same time, the variable display of the identification information by the second variable display means is controlled based on the determination result by the second display result determination means and the second variable display time set by the variable display time setting means. Further comprising variable display control means,
When the specific display result is derived and displayed as the second display result during execution of variable display of the identification information by the first variable display means, the variable display control means uses the first variable display means. Variable display stopping means for displaying the display result that is not the specific display result and stopping the variable display of the identification information;
Variable display of identification information by the first variable display means stopped by the variable display stop means when the specific gaming state based on the specific display result derived and displayed as the second display result is ended. Variable display restarting means for restarting
The gaming machine according to claim 1, 2, or 3.
遊技領域に遊技媒体を発射することにより、遊技を行う遊技機であって、
所定の数値データを更新する数値データ更新手段と、
遊技媒体が流下する遊技領域に設けられた第1の始動領域にて該遊技媒体を検出する第1の始動検出手段と、
前記第1の始動検出手段により遊技媒体が検出されたときに、前記第1の始動条件が成立したものと判定する第1の始動条件成立判定手段と、
前記第1の始動条件成立判定手段により前記第1の始動条件が成立したものと判定されたとき、前記数値データ更新手段により更新される数値データを抽出する第1の数値データ抽出手段と、
前記第1の数値データ抽出手段により抽出された数値データを前記第1の始動条件の成立順に記憶する第1の保留記憶手段と、
前記遊技領域に設けられた第2の始動領域にて前記遊技媒体を検出する第2の始動検出手段と、
前記第2の始動検出手段により遊技媒体が検出されたときに、前記第2の始動条件が成立したものと判定する第2の始動条件成立判定手段と、
前記第2の始動条件成立判定手段により前記第2の始動条件が成立したものと判定されたとき、前記数値データ更新手段により更新される数値データを抽出する第2の数値データ抽出手段と、
前記第2の数値データ抽出手段により抽出された数値データを前記第2の始動条件の成立順に記憶する第2の保留記憶手段と、
前記第1の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が所定の上限値に達したとき、前記第2の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が該所定の上限値と合致するか否かを判定する保留記憶個数判定手段と、
前記保留記憶個数判定手段により前記第2の保留記憶手段に記憶されている前記数値データの個数が前記所定の上限値に合致しないと判定されたとき、前記第2の始動領域へ向けての遊技媒体の発射を促す報知演出を実行する報知演出実行手段と、をさらに備え、
前記第1の表示結果判定手段は、前記第1の開始条件が成立したことに基づいて、前記第1の保留記憶手段から前記第1の始動条件の成立順が最先の数値データを読み出し、該読み出した数値データが所定の判定値と合致する否かを判定することにより、前記第1の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定し、
前記第2の表示結果判定手段は、前記第2の開始条件が成立したことに基づいて、前記第2の保留記憶手段から前記第2の始動条件の成立順が最先の数値データを読み出し、該読み出した数値データが前記所定の判定値と合致する否かを判定することにより、前記第2の表示結果を前記特定表示結果とするか否かを判定する、
ことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の遊技機。
A gaming machine that plays a game by launching a game medium into the game area,
Numerical data updating means for updating predetermined numerical data;
First start detection means for detecting the game medium in a first start area provided in the game area where the game medium flows down;
First start condition satisfaction determining means for determining that the first start condition is satisfied when a game medium is detected by the first start detection means;
First numerical data extracting means for extracting numerical data updated by the numerical data updating means when the first starting condition satisfaction determining means determines that the first starting condition is satisfied;
First holding storage means for storing numerical data extracted by the first numerical data extraction means in the order in which the first start condition is satisfied;
Second start detection means for detecting the game medium in a second start area provided in the game area;
Second start condition establishment determination means for determining that the second start condition is established when a game medium is detected by the second start detection means;
Second numerical data extracting means for extracting numerical data updated by the numerical data updating means when the second starting condition satisfaction determining means determines that the second starting condition is satisfied;
Second holding storage means for storing numerical data extracted by the second numerical data extraction means in the order in which the second start condition is satisfied;
When the number of numerical data stored in the first hold storage means reaches a predetermined upper limit value, the number of numerical data stored in the second hold storage means becomes the predetermined upper limit value. Holding memory number determination means for determining whether or not the
When the number of numerical data stored in the second reserved storage means is determined not to match the predetermined upper limit value by the reserved storage number determination means, a game toward the second start area A notification effect executing means for executing a notification effect for prompting the medium to be launched,
The first display result determination means reads the numerical data with the earliest establishment order of the first start condition from the first holding storage means based on the establishment of the first start condition, By determining whether or not the read numerical data matches a predetermined determination value, it is determined whether or not the first display result is the specific display result;
The second display result determining means reads the numerical data with the earliest establishment order of the second start condition from the second holding storage means based on the establishment of the second start condition, It is determined whether or not the second display result is the specific display result by determining whether or not the read numerical data matches the predetermined determination value.
The gaming machine according to any one of claims 1 to 5, characterized in that:
JP2004157660A 2004-05-27 2004-05-27 Game machine Expired - Fee Related JP4275007B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004157660A JP4275007B2 (en) 2004-05-27 2004-05-27 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004157660A JP4275007B2 (en) 2004-05-27 2004-05-27 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005334337A true JP2005334337A (en) 2005-12-08
JP4275007B2 JP4275007B2 (en) 2009-06-10

Family

ID=35488532

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004157660A Expired - Fee Related JP4275007B2 (en) 2004-05-27 2004-05-27 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4275007B2 (en)

Cited By (34)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007014655A (en) * 2005-07-11 2007-01-25 Samii Kk Pinball game machine
JP2008043373A (en) * 2006-08-10 2008-02-28 Samii Kk Pinball game machine
JP2009066262A (en) * 2007-09-14 2009-04-02 Olympia:Kk Game machine, program and storage medium
JP2009066263A (en) * 2007-09-14 2009-04-02 Olympia:Kk Game machine, program and storage medium
JP2009165861A (en) * 2009-04-28 2009-07-30 Sammy Corp Pinball game machine
JP2009297560A (en) * 2009-09-30 2009-12-24 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148939A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148938A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148941A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148949A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148937A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148946A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148947A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148944A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148948A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148936A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148945A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148940A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148942A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148943A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010172718A (en) * 2010-03-30 2010-08-12 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011083647A (en) * 2011-02-03 2011-04-28 Sammy Corp Pachinko game machine
JP2011177552A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177555A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177554A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177553A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177551A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2013075187A (en) * 2012-12-21 2013-04-25 Sammy Corp Pinball game machine
JP2020202936A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202937A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202941A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202940A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202938A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202939A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine

Cited By (57)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007014655A (en) * 2005-07-11 2007-01-25 Samii Kk Pinball game machine
JP4725971B2 (en) * 2006-08-10 2011-07-13 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP2008043373A (en) * 2006-08-10 2008-02-28 Samii Kk Pinball game machine
JP2009066262A (en) * 2007-09-14 2009-04-02 Olympia:Kk Game machine, program and storage medium
JP2009066263A (en) * 2007-09-14 2009-04-02 Olympia:Kk Game machine, program and storage medium
JP2009165861A (en) * 2009-04-28 2009-07-30 Sammy Corp Pinball game machine
JP4553162B2 (en) * 2009-04-28 2010-09-29 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP2009297560A (en) * 2009-09-30 2009-12-24 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148942A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148949A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148937A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148946A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148947A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148944A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148948A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148936A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148945A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148940A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148941A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010148943A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2010172718A (en) * 2010-03-30 2010-08-12 Sammy Corp Pinball game machine
JP4544483B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-15 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4544485B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-15 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4544484B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-15 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4544486B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-15 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4544488B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-15 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4544487B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-15 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4548745B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-22 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4548748B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-22 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4548744B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-22 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4548746B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-22 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4548747B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-22 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4548749B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-22 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4553165B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-29 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP2010148939A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP4553164B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-29 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP4553163B2 (en) * 2010-03-30 2010-09-29 サミー株式会社 Bullet ball machine
JP2010148938A (en) * 2010-03-30 2010-07-08 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011083647A (en) * 2011-02-03 2011-04-28 Sammy Corp Pachinko game machine
JP2011177552A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177555A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177554A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177553A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2011177551A (en) * 2011-05-16 2011-09-15 Sammy Corp Pinball game machine
JP2013075187A (en) * 2012-12-21 2013-04-25 Sammy Corp Pinball game machine
JP2020202941A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202937A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202936A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202940A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP7001926B2 (en) 2019-06-14 2022-01-20 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202939A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP7001928B2 (en) 2019-06-14 2022-01-20 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP7001929B2 (en) 2019-06-14 2022-01-20 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP7001925B2 (en) 2019-06-14 2022-01-20 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP7001924B2 (en) 2019-06-14 2022-01-20 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP7001927B2 (en) 2019-06-14 2022-01-20 サミー株式会社 Pachinko game machine
JP2020202938A (en) * 2019-06-14 2020-12-24 サミー株式会社 Pachinko game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP4275007B2 (en) 2009-06-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4275007B2 (en) Game machine
JP4251560B2 (en) Game machine
JP5685397B2 (en) Game machine
JP2008212365A (en) Game machine
JP4778867B2 (en) Game machine
JP6306841B2 (en) Game machine
JP2006320556A (en) Game machine
JP5121562B2 (en) Game machine
JP4275008B2 (en) Game machine
JP4251561B2 (en) Game machine
JP5345282B2 (en) Game machine
JP2013116384A (en) Game machine
JP6306839B2 (en) Game machine
JP4791709B2 (en) Game machine
JP6306838B2 (en) Game machine
JP6381251B2 (en) Game machine
JP6306840B2 (en) Game machine
JP6472943B2 (en) Game machine
JP4266187B2 (en) Game machine
JP2006320557A (en) Game machine
JP2015147083A (en) Game machine
JP6280447B2 (en) Game machine
JP6401497B2 (en) Game machine
JP6306860B2 (en) Game machine
JP6247056B2 (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081021

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081222

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090224

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090303

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120313

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120313

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120313

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130313

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130313

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140313

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees