JP2005242850A - File management system, method, and program - Google Patents

File management system, method, and program Download PDF

Info

Publication number
JP2005242850A
JP2005242850A JP2004053949A JP2004053949A JP2005242850A JP 2005242850 A JP2005242850 A JP 2005242850A JP 2004053949 A JP2004053949 A JP 2004053949A JP 2004053949 A JP2004053949 A JP 2004053949A JP 2005242850 A JP2005242850 A JP 2005242850A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
binder
file
group
files
means
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004053949A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4400254B2 (en
Inventor
Toru Izumitani
徹 泉谷
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, 富士ゼロックス株式会社 filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP2004053949A priority Critical patent/JP4400254B2/en
Publication of JP2005242850A publication Critical patent/JP2005242850A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4400254B2 publication Critical patent/JP4400254B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a user who is editing a file in a binder to manage a version of the file by enabling a plurality of users to perform in parallel edit work of a plurality of files constituting the binder.
SOLUTION: In response to a file acquisition request from a client 100, a file table management part 121 is accessed so as to confirm whether a file control server 110 holds a right of access. It is confirmed whether check-out is finished by a group to which the user who has made the acquisition request belongs. When the check-out is finished and the file requested is not locked by other users in the file table management part 121, lock is permitted. Also, the files is unlocked and, when configuration files of the binder are all unlocked, check-in is made to be possible.
COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、複数のファイルを束ねたバインダーでファイルを管理するファイル管理システムおよび方法およびプログラムに関し、特に、複数のファイルを束ねたバインダーに対してグループ単位でのアクセスを可能にし、グループ単位でバインダーに対して排他制御を行い、該バインダーにアクセス可能なグループに所属するユーザがバインダーを構成するファイルに対しても排他制御を行う多重排他制御を可能にしたファイル管理システムおよび方法およびプログラムに関する。 The present invention relates to a file management system and method, and program for managing files in binder bundling a plurality of files, particularly, to enable access by group with respect to the binder a bundle of a plurality of files, the binder in groups It performs exclusive control over, about the file management system and method, and program the user has enabled multiple exclusive control exclusive control against files that make up the binder belonging accessible groups in the binder.

一般に、ファイルを複数人で編集を行う場合には、複数のユーザによって同時にファイルを編集することがないように排他制御を行っている。 Generally, when editing a file with more than one person, it is performed exclusively controlled so as not to edit the file simultaneously by multiple users. 排他制御を行っている該当ファイルに対しては当ユーザ以外のユーザは操作することはできない。 Users other than those user can not be operated for corresponding file doing exclusive control. 操作することが許可されている場合でも更新・削除などは行えず、参照することだけに限定されている。 Can not be performed is such as updating and deleting even if that operation is allowed, it is limited only to the reference.

このため、一人のユーザが編集している間は他のユーザは編集することができないので編集効率や操作性、相互運用性に満足することはできない。 For this reason, the editing efficiency and operability it is not possible to edit other users, can not be satisfied with the interoperability between one user is editing.

そこで、編集するファイルを部分的に排他制御し、一つのファイルを複数人で編集を行うことを可能にしている従来技術として、特許文献1に開示されたものがある。 Therefore, the file to be edited partially exclusive control, the prior art that allows the editing of one file or more persons, is disclosed in Patent Document 1.

この特許文献1に開示された従来技術においては、編集作業時に変更対象の被編集ファイルの部分領域と変更対象でない関連部分領域との情報の整合性を保つことも可能である。 In this patent document 1 to the disclosed prior art, it is also possible to maintain the consistency of information with related partial area to be edited file partial area of ​​the change target not the change target during editing.

また、ページ単位での排他制御を可能にした従来技術としては、特許文献2に開示されたものがある。 Further, as the prior art that enables exclusive control in page units, it is disclosed in Patent Document 2.

この特許文献2に開示された従来技術においては、管理装置はその更新に伴う情報をその文書ファイルをオープンしている全ての編集装置に通知することも可能にしている。 In Patent Document 2 to the disclosed prior art, the management unit which enables also notify all of the editing device is open the document file information associated with the update.
特開平06−12310 JP-A-06-12310 特開平08−16553 JP-A-08-16553

しかしながら、特許文献1に示された従来技術においては、排他制御を行っていない文書個所についてはまったく制限をかけることができず誰でも編集を行うことができてしまうという問題がある。 However, in the conventional technique disclosed in Patent Document 1 has a problem that the document location not subjected to exclusive control will be able to perform anyone editing can not be applied at all limited.

また、特許文献2に示された従来技術では、排他制御を行っていないページについてはまったく制限をかけることができず誰でも編集を行うことができてしまうという問題がある。 In addition, in the prior art disclosed in Patent Document 2 technology, there is a problem that for the page that has not been the exclusive control she can be carried out anyone editing can not be applied at all limits.

そこで、本発明は、複数のファイルから構成されるバインダーによってファイルを管理することで、ユーザ自身がバインダーに排他制御を行わなくてもユーザが所属するグループで排他制御を行うことができる。 Accordingly, the present invention is to manage the files by constituted binder of a plurality of files, can be a group that the user himself user belongs without performing exclusive control binder exclusive control. つまり、ユーザ自身が故意に排他制御を行わなくてもバインダー内の共有文書はバインダーを排他制御したグループに所属するユーザによってしか操作、編集が行えないという排他制御を行うことができ、さらに、排他制御を行ったバインダーを構成するファイルに対してユーザが排他制御を行えるようにした。 That is, the operation only by a user by the user himself in the group shared document that exclusive control of binder in the binder even without intentionally exclusive control, it is possible to perform exclusive control that editing can not be performed, and further, the exclusive user to perform the exclusive control for the file constituting the control was conducted binder.

これにより意図しないユーザによる編集を防ぐことができるばかりではなく、作業効率の向上と協働してファイルを操作する際の操作性が向上することができるようにしたファイル管理システムおよび方法およびプログラムを提供することを目的とする。 Thus not only can prevent editing by unintended users, the file management system and method and a program that make it possible to improve the operability when operating the file in cooperation with the improvement in work efficiency an object of the present invention is to provide.

上記目的を達成するため、請求項1の発明は、複数のファイルを束ねたバインダーでファイルを管理するファイル管理システムにおいて、前記バインダーに対して複数のユーザを含むグループ単位でチェックアウト可能にするグループチェックアウト手段と、前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトされたバインダー内の複数のファイルに対して前記グループに属するユーザが排他的にロックおよびアンロックを可能にするロックアンロック手段と、前記ロックアンロック手段により当該バインダー内の複数のファイルの全ての文書がアンロック状態にされていることを条件に該バインダーのチェックインを前記グループ単位で許可するグループチェックイン手段とを具備することを特徴とする。 Group To achieve the above object, the invention according to claim 1, which in the file management system for managing files in binder bundling a plurality of files, to be checked out in groups containing a plurality of users with respect to the binder and check-out means, a lock unlocking means for a user to enable exclusive lock and unlock belonging to the group for a plurality of files in a binder that is checked out by the group checkout means, said unlock and characterized by including a group check-means for permitting all the documents to check in the binder on the condition that it is in the unlocked state of the plurality of files in the binder in the group unit by the locking means to.

また、請求項2の発明は、請求項1の発明において、前記ロックアンロック手段は、前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトしたバインダー内の複数のファイルのロック、アンロック状態を示すロックアンロック情報をそれぞれ取得するロックアンロック情報取得手段と、前記グループチェックアウト手段により当該バインダーをチェックアウトしたグループの構成ユーザを示すグループ情報を取得するグループ情報取得手段と、前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトしたバインダー内の所望のファイルをロックするに際して、前記ロックアンロック情報取得手段により取得したロックアンロック情報に基づき該ロックするファイルがアンロック状態にあると判別され、かつ、該ファイルをロックするユーザ Further, the invention of claim 2, in the invention of claim 1, wherein the locking unlocking means, lock the plurality of files in a binder that is checked out by the Group checkout means, lock unlocking information indicating the unlock state and a lock unlocking information obtaining means for obtaining respectively, and group information acquisition means for acquiring the group information indicating the configuration user group who checked out the binder by the group checkout unit, checked out by the group checkout means in locking the desired file in the binder, the lock unlocking information to the lock on the basis of the acquired lock unlocking information by the acquiring means file is determined to be in the unlocked state, and the user to lock the file グループ情報取得手段により取得したグループ情報に基づき当該グループの構成ユーザであることを条件に当該ファイルのロックを許可するロック許可手段とを具備することを特徴とする。 Characterized by comprising a lock permitting means for permitting the locking of the file on condition that the configuration user of the group based on the acquired group information by the group information acquisition means.

また、請求項3の発明は、請求項1の発明において、前記ロックアンロック手段は、バインダーをチェックアウトしたグループの構成ユーザによりファイルをロックアウトするときにバージョンを管理するバージョン管理手段とを具備し、前記バージョン管理手段により管理された以前のバージョンのファイルをロック、アンロックできることを特徴とする。 Further, the invention of claim 3, comprising in the invention of claim 1, wherein the locking unlocking means, and a version management means for managing the version when locked out files by the configuration user groups who checked out the binder and, a lock, characterized in that it unlock the previous versions of the managed by the management means the version of the file.

また、請求項4の発明は、複数のファイルを束ねたバインダーでファイルを管理するファイル管理方法において、前記バインダーに対して複数のユーザを含むグループ単位でグループチェックアウト手段によりチェックアウト可能にし、前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトされたバインダー内の複数のファイルに対して前記グループに属するユーザが排他的にロックおよびアンロックをロックアンロック手段により可能にし、前記ロックアンロック手段により当該バインダー内の複数のファイルの全ての文書がアンロック状態にされていることを条件に該バインダーのチェックインを前記グループ単位で許可することを特徴とする。 The invention of claim 4 is the file management method for managing files in binder bundling a plurality of files, to be checked out by a group checkout means in groups containing a plurality of users with respect to the binder, the allowing a plurality of users belonging to the group for the file lock unlocking means exclusively locking and unlocking of the binder that is checked out by a group checkout means, by said locking unlocking means in the binder characterized in that all of the documents of the plurality of files to allow a check-in of the binder on the condition that it is unlocked by the group unit.

また、請求項5の発明は、複数のファイルを束ねたバインダーでファイルを管理するファイル管理プログラムであって、前記バインダーに対して複数のユーザを含むグループ単位でチェックアウト可能にするステップと、該チェックアウトされたバインダー内の複数のファイルに対して前記グループに属するユーザが排他的にロックおよびアンロックを可能にするステップと、当該バインダー内の複数のファイルの全ての文書がアンロック状態にされていることを条件に該バインダーのチェックインを前記グループ単位で許可するステップとを含むことを特徴とする。 The invention of claim 5 includes the steps of a file management program for managing files in binder bundling a plurality of files, to be checked out in groups containing a plurality of users with respect to the binder, the a step of the user belonging to the group for a plurality of files in a binder that is checked out to allow the exclusively locked and unlocked, all documents of the plurality of files in the binder is in the unlocked state and check-in of the binder on condition that it is characterized in that it comprises the step of permitting at the group level.

本発明によれば、複数のファイルを束ねたバインダーに対してグループ単位での排他アクセスを可能にし、該グループに所属するユーザのみがバインダーを構成するファイルに排他アクセスできるような多重排他制御を行うように構成したので、バインダーを構成する複数のファイルの編集作業を限定された複数のユーザによって並行進行することを可能にし、バインダー内のファイルを編集しているユーザによるファイルのバージョン管理が可能になるという効果を奏する。 According to the present invention allows for exclusive access by group with respect to the binder a bundle of a plurality of files, performing multiple exclusive control that allows exclusive access to the file only users belonging to the group constitutes a binder since it is configured so as make it possible to proceed in parallel by a plurality of users a limited editing of a plurality of files constituting the binder, as is user file versioning by editing a file in the binder an effect that becomes.

以下、本発明に係わるファイル管理システムおよび方法およびプログラムの一実施形態を踏まえた実施例を添付図面を参照して詳細に説明する。 Hereinafter, an embodiment in which light of an embodiment of a file management system and method and program according to the present invention with reference to the accompanying drawings will be described in detail.

図1は、本発明に係わるファイル管理システムのシステム構成の一例を示す図である。 Figure 1 is a diagram illustrating an example of a system configuration of the file management system according to the present invention.

図1において、このファイル管理システムは、ファイルの編集を行うクライアント100、クライアント100で編集を行うファイルに対して排他制御を行うファイル制御サーバ110、ファイルを管理するファイル管理データベース120を具備して構成される。 In Figure 1, the file management system, the client 100 edits the file, the file control server 110 performs the exclusive control for the file to be edited in the client 100, comprises a file management database 120 that manages the file structure It is.

ファイル制御サーバ110では、クライアント100からのファイル取得要求を受け付けるインタフェース111、ファイルに対して制御する制御部112、複数のファイルを束ねたバインダーに対して複数のユーザを含むグループ単位でチェックアウトを行うバインダー制御部113、チェックアウトされたバインダー内の複数のファイルに対してバインダーをチェックアウトしたグループの構成ユーザが排他的にロックおよびアンロックを可能にするファイル制御部114、バインダーをチェックアウトしたグループの構成ユーザによりファイルをロックアウトするときにバージョンを管理するバージョン管理部115、排他制御されているバインダーの構成ファイルをチェックアウトしたグループの構成ユーザによりロックされている The file control server 110, a check-out in groups containing a plurality of users for receiving interface 111, a control unit 112 for controlling the file, binder bundling a plurality of files a file acquisition request from the client 100 binder control unit 113, check-out group configuration user group who checked out the binder file control unit 114 allowing exclusive lock and unlock, you check out a binder for a plurality of files in a binder version manager 115 for managing a version when locked out files by the configuration user is locked by a group of structure user who checked out the configuration files of the binder being exclusive control 態を検知する検知部116、バインダーやファイルを排他制御できるかチェックするためにファイル管理データベース120上のテーブルにアクセスするテーブルアクセス部117、排他制御する実ファイルに対してアクセスを行うファイルアクセス部118を具備して構成されている。 Detection unit 116 for detecting the status, the table access part 117 accesses the file management database 120 on the table to check whether a binder and files can be exclusive control, file access unit 118 for accessing the real file exclusive control It is configured by including the.

ファイル管理データベース120では、データベーステーブルとしてファイルのロック状態を管理するファイルテーブル管理部121、データベーステーブルとしてバインダーのチェックアウト状態を管理するバインダーテーブル管理部122、チェックアウトされたグループに所属するユーザによってロックされるファイルを保管しておくファイル保存部123を具備して構成される。 In the file management database 120, file table management unit 121 for managing a lock state of a file as a database table, a binder table management unit 122 for managing the checkout status of the binder as a database table, locked by a user belonging to the check-out group constructed comprises a file storage unit 123 to keep a file to be.

ここで、クライアント100からのファイル取得要求に応じて、ファイル制御サーバ110では、ユーザから要求されたファイルにユーザがアクセス権を保持しているか確認するために、制御部112内のファイル制御部114からテーブルアクセス部117を介してファイルテーブル管理部121にアクセスを行う。 Here, according to the file acquisition request from the client 100, the file control server 110, in order to confirm whether the user is holding the access right to the requested file from the user, the file controller 114 in the control unit 112 It accesses the file table management unit 121 via the table access part 117 from.

ファイルテーブル管理部121では、バインダーテーブル管理部122に対して該ファイルが構成要素となっているバインダーが取得要求を出したユーザが所属するグループによりチェックアウトされているか確認し、上記チェックアウトがされており、且つファイルテーブル管理部121で、要求されたファイルが他のユーザによりロックされていなければロックを許可する。 In the file table management unit 121 checks whether it is checked out by a group user binder the binder table management section 122 the file is in the component issuing the acquisition request belongs, it is the above checkout and has, and in the file table management unit 121, the requested file is allowed to lock if it is not locked by another user. もし、ユーザが取得要求したファイルがユーザが所属しているグループ以外のグループによりチェックアウトされている場合には、チェックインされるまでファイルを編集することができない。 If the file obtained by the user request has been checked out by a group other than the group to which the user belongs will not be able to edit the file until it is checked in.

そして、ユーザにより編集されたファイルのアンロックを行い、チェックアウトを行ったバインダーの構成ファイルが全てアンロックされている場合にのみチェックインを行うことができる。 Then, a unlock files that have been edited by the user, it is possible to perform the check-in only if the configuration file of the binder you check out are all unlocked. これによりユーザによってファイル単位でバージョン管理が行え、さらにはグループによってバインダー単位のバージョン管理が行うことができる。 Thus can be versioned in file units by the user, yet may versioning binder units carried out by the group.

図2は、本発明に係わるファイル管理システムのファイル管理処理を示すイメージ図である。 Figure 2 is a schematic diagram showing a file management processing in the file management system according to the present invention.

図2においては、チェックアウトが行われていない複数のファイルを束ねているバインダー200、バインダーによってひと括りにされているファイル201(ファイル1)、ファイル202(ファイル2)、ファイル203(ファイル3)、上記バインダー200のチェックアウト状態であるバインダー210を示している。 In Figure 2, binder 200 that bundling a plurality of files are checked out not carried out, the file 201 that is to enclose human by a binder (file 1), file 202 (file 2), the file 203 (file 3) shows the binder 210 is checked out of the binder 200.

チェックアウト状態のバインダー210内のファイル201(ファイル1)、ファイル202(ファイル2)、ファイル203(ファイル3)に対して、例えば、ファイル201(ファイル1)をユーザAがロックし(状態211)、続いてファイル202(ファイル2)をユーザBがロックした状態(状態213)で、先ほどロックアウトしたファイル201(ファイル1)をユーザAがアンロックし(状態212)、同様にファイル202(ファイル2)をユーザBがアンロックを行った状態(状態214)であり、ファイル203(ファイル3)においては処理を施していない状態である場合には、バインダーの全構成ファイルがロック状態でない場合に限り、バインダーのチェックインをチェックアウトしたグループによって行うこ File 201 in the binder 210 checkout status (file 1), the file 202 (file 2), the file 203 (file 3), for example, file 201 (file 1) the user A is locked (211) followed by the file 202 (file 2) while the user B is locked (state 213), the file 201 has been locked out earlier (file 1) user a unlock (state 212), as file 202 (file 2) a state in which the user B the unlock (state 214), if the file 203 (file 3) a state not subjected to treatment, when all the configuration files of the binder is not in a locked state As long as this be done by the check-out group the check-in of the binder ができることを示している。 It is shown that it is.

図3は、本発明に係わるファイル管理システムにおけるテーブル間の関連を示す図(E-R図)である。 Figure 3 is a diagram showing the relationship between the tables in the file management system according to the present invention (E-R diagram).

図3においては、バインダーエンティティ301、グループエンティティ302、ファイルエンティティ303、ユーザエンティティ304の関連を示している。 In Figure 3, the binder entity 301, a group entity 302, a file entity 303 shows the association of user entity 304.

図3に示す例において、バインダーエンティティ301は、「バインダーID、バインダー名称、作成日、作成者、チェックアウトフラグ、チェックアウトグループ、備考」を属性として持つ。 In the example shown in FIG. 3, the binder entity 301 has "Binder ID, a binder name, creation date, creator, checkout flag, check-out group, remarks" as attributes. さらに属性の中でバインダーIDが主キーであることを示している。 Further binders ID in the attribute indicates that the primary key.

さらに、ファイルエンティティ303は、「ファイルID、ファイル名称、ロックフラグ、ユーザID、バインダーID、チェックアウトフラグ、グループID、備考」を属性としてもち、ファイルIDが主キーであることを示し、ユーザIDとバインダーIDとグループIDが外部キーであることを示している。 In addition, the file entity 303, shows that have "file ID, file name, lock flag, user ID, binder ID, check out the flag, group ID, remarks" as the attribute, the file ID is the primary key, user ID It indicates that binder and group ID is a foreign key and.

このとき、バインダーエンティティ301とファイルエンティティ303の関連は、「1対多」の関係を持つことを示している。 In this case, the relevant binder entities 301 and file entity 303 indicates that it has a relationship of "one-to-many". エンティティ間が関連することで排他制御を実現している。 Between entities is realized exclusive control be associated. もちろん、テーブル構造の正規化を促進するため、ファイルエンティティ303に上記チェックアウトフラグやチェックアウトを行ったグループを属性として保持することなく、バインダーエンティティ301でファイルのチェックアウト状態を再度確認するような構成にしても良い。 Of course, in order to facilitate the normalization of the table structure, without holding the group subjected to the check-out flag and check out a file entity 303 as an attribute, such as confirmed in the binder entity 301 the checkout status of files again it may be configured.

図4は、本発明に係わるファイル管理システムのバインダーアクセス処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 4 is a sequence diagram showing an example of a binder access process of the file management system according to the present invention.

図4には、グループAに所属するユーザ1、ユーザ2からバインダー1内のファイルA、ファイルBに対してアクセスを行う手順の一例を示している。 4 shows a user 1 in the group A, it shows an example of a procedure for access from the user 2 file A in the binder 1, the file B. ここに示す例では、グループAによってファイルが束ねられているバインダー1に対し、チェックアウト要求(S401)を行い、チェックアウト要求を受けたバインダー1はチェックアウトを許可できるか確認のためにバインダーのチェックアウト状態が記録されているバインダーテーブルに対して確認処理(S402)を行う。 In the example shown, relative to the binder 1 files are bundled by a group A, checkout request performed (S401), check-out request receiving binder 1 binder to confirm it can allow the checkout Check-out state performs confirmation processing (S402) on the binder table recorded.

バインダーテーブルでは要求してきたバインダー1がチェックアウトを許可できる状態にあるか確認し、応答(S403)をバインダー1に対して返す。 Binder 1 which has been required in the binder table is checked ready to allow check-out, it returns a response (S403) the binder 1. バインダー1は結果を受けてグループAに対してチェックアウト許可(S404)し、チェックアウトを行う。 The binder 1 is permitted check-outs to (S404) to the group A receives the results, performs checkout.

グループAに所属するユーザ1またはユーザ2はバインダー1がチェックアウトされたので、バインダー1内のファイルAまたはファイルBに対してロック要求(S405)を行い、ロックアウト要求を受けたグループAによってチェックアウトされたバインダー1内のファイルAは、ロックアウトを許可できるかファイルテーブルに確認(S406)し、ファイルテーブルではグループAに所属するユーザ1に対してロックを許可できるか確認して応答(S407)する。 Since the user 1 or user 2 belong to Group A binder 1 has checked out, perform lock request (S405) to the file A or file B in the binder 1, the check by a group A which has received the lockout request the file a-out the binder 1, confirmation of whether a file table can be permitted lockout (S406) and, in response to see if it permits the lock to the user 1 in the group a in the file table (S407 ) to.

このとき、図3に示すE−R図のファイルエンティティ303の属性に、チェックアウト状態を示すチェックアウトフラグとチェックアウトを実行しているグループを識別するグループIDを持たせるように構成したので、図4の処理のファイルテーブルからバインダーテーブルにチェックアウト状態の確認を行う必要がなくなり処理速度の向上が見込まれる。 At this time, the attribute of the file entity 303 of E-R diagram shown in FIG. 3, since it is configured so as to have a group ID for identifying a group that performs a check-out flag and check-out showing a checkout state, improvement of it is unnecessary processing speed to confirm the check-out state in a binder table from the file table of the processing of FIG. 4 can be expected. もちろん、データの冗長性を排除し、データの一貫性と整合性を図るためにテーブル構造の正規化を促進するように構成しても良い。 Of course, eliminating data redundancy may be configured to facilitate normalization table structure to achieve data consistency and integrity.

そして、チェックアウト許可の応答結果を受けてファイルAはユーザ1に対してロックアウト許可し、ロック(S408)する。 Then, file A in response to the response result of the check-out permission to lock out authorized for the user 1, the lock (S408) to. 上記処理を行うことによりグループAに所属するユーザ1はバインダー1内のファイルAに対して編集を行うことができるようになる。 User 1 belonging to group A by performing the above-described processing will be able to edit the file A in the binder 1.

また、グループBが上記処理によってグループAがチェックアウト状態にあるバインダー1に対して同様にチェックアウト処理を要求(S409)した場合、バインダー1はバインダーテーブルにチェックアウトを許可できる状態にあるか確認(S410)し、バインダーテーブルではグループAによってチェックアウトを行っていることが記されているため、その旨を盛り込んだ応答(S411)を確認にきたバインダー1に対して行う。 Also, check whether group B if requested (S409) the checkout process similarly for binder 1 with group A in the check-out state by the above-described processing, the binder 1 is ready to allow the checkout to binder table (S410) and, since the binder table it has marked that performs checkout by a group a, carried out on the binder 1 came to verify response incorporating to that effect (S411). 応答を受けたバインダー1はグループBに対してチェックアウト拒否(S412)する。 Binder 1 which has received the response checkout rejected (S412) to the group B to.

そのため、グループBに所属するユーザ3またはユーザ4はバインダー1内のファイルAまたはファイルBに対して更新はもとより参照も許可しない専有ロックによってアクセスすることができない。 Therefore, the user 3 or the user 4 belonging to the group B can not be accessed by the exclusive lock update does not allow even see well the file A or file B in the binder 1. このとき、更新はできないが参照は認める共有ロックを適用してもよい。 In this case, it may be applied to a shared lock can not update references to admit.

図5は、本発明に係わるファイル管理システムのファイルアクセス処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 5 is a sequence diagram showing an example of a file access process in the file management system according to the present invention.

図5においては、ユーザ1の所属するグループAがバインダー1に対してチェックアウト処理を行う前に、直接文書Aにロックアウト要求を送った場合の処理例を示している。 In Figure 5, before Member A of the user 1 performs a checkout process with respect to the binder 1 shows a processing example in a case that sent the lockout request to direct document A. ここではグループAに所属するユーザ1がバインダー1内のファイルAに対して直接、ロック要求(S501)を送出した場合、ファイルAはユーザ1にアクセス許可することができるかファイルテーブルに確認(S502)を行う。 Here direct user 1 belonging to group A with respect to file A in the binder 1, when sending a lock request (S501), the file A is checked on whether the file table can access permission to the user 1 (S502 )I do.

ファイルテーブルではファイルAへのアクセスが初めてなどの理由によりチェックアウトフラグが空白である場合にファイルAが構成するバインダー1に対してチェックアウトが行われているかをバインダーテーブル上で確認(S503)を行う。 Check the file table checkout being performed with respect to the binder 1 in which access to the file A checkout flag for reasons such as the first time configuration file A in the case of the blank on binder table (S503) do.

バインダーテーブルではファイルテーブルに応答(S504)し、その結果を踏まえてファイルテーブルからファイルAに対して応答(S505)を返す。 The binder table in response (S504) to the file table, returns a response (S505) from the file table based on the results to the file A.

ファイルAではファイルテーブルまたはバインダーテーブルで確認後、アクセスしたユーザ1に対してロック応答(S506)を行う。 After confirmation by the file A, the file table or the binder table, to lock response (S506) to the user 1 who accessed.

次に、本ファイル管理システムのファイル管理について説明する。 Next, a description will be given of the file management of this file management system.

図6は、本発明に係わるバインダの構成ファイルをロックする処理を示すフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart showing a process of locking the configuration file of the binder according to the present invention.

図6において、ユーザがバインダーの構成ファイルをロックするときに処理が開始され、ロックを行うファイルがロック状態にあるか判定を行い(ステップ601)、ロック状態の場合(ステップ601でYES)には、エラー表示する(ステップ608)。 6, the processing is started when the user locks the configuration file of the binder, file to be locked makes a determination whether the locked state (step 601), when the lock state (YES in step 601) is , an error display (step 608).

ロック状態でない場合(ステップ601でNO)には、ファイルを束ねているバインダーのチェックアウト状態を取得(ステップ602)し、バインダーがチェックアウト状態かどうかの判定を行い(ステップ603)、チェックアウト状態でない場合(ステップ603でNO)には、エラー表示する(ステップ608)。 If not locked state (in step 601 NO), obtains the checkout status of binders that bundles the file (step 602), the binder do judgment whether checked out (step 603), checked out If not in the (in step 603 nO), an error display (step 608). チェックアウト状態である場合(ステップ603でYES)には、バインダーをチェックアウトしているグループまたはユーザを取得する(ステップ604)。 If it is checked out (YES in step 603), acquires the group or user has checked out the binder (step 604).

バインダーをチェックアウトしているのがグループ単位であるか判定(ステップ605)し、グループ単位でチェックアウトを行っていない場合(ステップ605でNO)には、エラー表示する(ステップ608)。 Determining whether they check out the binder is a group basis (step 605), if not performing checkout in groups (NO in step 605), an error display (step 608).

グループ単位でチェックアウトを行っている場合(ステップ605でYES)には、チェックアウトしたグループに構成ファイルのロックを行うユーザが含まれているかの判定を行い(ステップ606)、ユーザが含まれていない場合(ステップ606でNO)には、エラー表示する(ステップ608)。 In the case (YES at step 605) that is performing the checkout in groups, do judgment contains user to perform locking of the configuration file to a group checked out (step 606), contains the user If it is not (at step 606 nO), an error display (step 608). ユーザがグループに含まれている場合(ステップ606でYES)には、バインダーをチェックアウトしているユーザまたはグループを取得する(ステップ607)。 If the user is included in a group (YES in step 606), it acquires the user or group to check out the binder (step 607).

これらの処理フローによりファイルをユーザがロックすることができるようになる。 These process flow file users will be able to lock.

図7は、本発明に係わるバインダーのチェックイン実行時の処理を示すフローチャートである。 Figure 7 is a flowchart illustrating a check-runtime processing of the binder according to the present invention.

図7において、ユーザがバインダーをチェックインするときに処理が開始され、ファイルのロック状態を確認するために該当バインダー構成ファイル数だけ以下の処理(ステップ701〜ステップ704)のループを行う(ステップ701)。 7, the processing is started when the user checks in the binder, performs loop of appropriate binders configuration file number only following processing in order to confirm the lock state of a file (steps 701 704) (step 701 ).

該当バインダーの構成ファイル状態を取得(ステップ702)し、該構成ファイルがロック状態にあるかどうかの判定を行い(ステップ703)、ロック状態にある場合(ステップ703でYES)には、バインダーのチェックアウトが行えない旨のエラー表示(ステップ706)を行い、処理を終了する。 Get the configuration file status of the corresponding binder (step 702), a determination is made whether the configuration file is locked (step 703), when in the locked state (YES at step 703), the check of the binder It performs error display to the effect that can not be performed out (step 706), the processing is terminated. ロック状態になければ(ステップ703でNO)、次のファイルに処理が遷移する。 If the locked state (in step 703 NO), the processing to the next file is changed.

該当バインダーの全構成ファイルに対して上記処理(ステップ701〜ステップ704)を行い、全構成ファイルがいずれのユーザにもロックされていない場合(ステップ703でNO)、該当バインダーのチェックイン(ステップ705)を行って処理を終了する。 Perform the above process (steps 701 704) for all the configuration files for the appropriate binder, if the total configuration file is not locked to any user (NO in step 703), check in the appropriate binder (step 705 ) to end the processing carried out.

以上の処理によって、本発明のファイル管理システムでは、複数のファイルから構成されるバインダーに対して複数のユーザからが所属するグループで排他制御ができ、さらにバインダー内のファイルに対して排他制御を行ったグループに所属するユーザのみが排他制御を行うことができる。 By the above processing, in the file management system of the present invention can exclusive control group to which belongs a plurality of users with respect composed binder of a plurality of files, performs exclusive control over more files in the binder only users belonging to the group that it is possible to perform the exclusive control.

また、全ユーザのロック状態を確認後、バインダーのチェックインを行うことによりバージョンの管理も行うことができるようになる。 Moreover, after confirming the locked state of all the users, it is possible to also manages versions by performing check-binder.

これによって、複数のファイルから構成されるバインダーを限定された複数のユーザによってのみ操作が可能となり、バインダーをチェックアウトしたグループに所属しないユーザからは自ら排他制御を行わなくてもアクセスを拒否することが可能になる。 Thereby, only enables operation by a plurality of users limited comprised binder of a plurality of files, to deny access even without his exclusive control from a user not belonging to the group have checked out the binder It becomes possible.

従って、本発明を適用することにより、対象となるファイルを編集するユーザを限定した上で、バインダーを構成する個々のファイルの編集を並行して進めることができるという効果を期待でき、全ユーザのロック状態を確認後、バインダーのチェックインを行うことによりユーザによって編集された個所の特定ができるようになり編集効率の向上が行えるという効果を期待できる。 Therefore, by applying the present invention, after a limited user to edit the file in question, it can be expected an effect of editing of individual files constituting the binder may proceed in parallel, for all users after confirming the locked state, it can be expected an effect of enabling an improvement in editing efficiency will be able to identify the locations that have been edited by the user by performing a check-in binder.

なお、上記図6と図7のフローチャートに示す処理は、コンピュータにより実行可能なファイル管理プログラムによっても実現できる。 The process shown in the flowchart of FIG. 6 and 7, can be realized by executable file management by a computer.

本発明は、上記し、且つ図面に示す実施例に限定することなく、その要旨を変更しない範囲内で適宜変形して実施できるものである。 The present invention, described above, and without limitation to the embodiment shown in drawings, and can be modified and implemented as appropriate within a range not changing the gist thereof.

例えば、上記実施例では、図3に示すようなテーブル構造となっているが、処理を効率化するために、また保守性や生産性を向上する目的にそれぞれに合わせて、複数のテーブル構造を形成したり、1つのテーブル構造によって構成してもよい。 For example, in the above embodiment, and has a table structure as shown in FIG. 3, in order to streamline the process, also in accordance with the respective purpose of improving the maintainability and productivity, a plurality of table structure formed or may be formed by a single table structure.

また、図3のユーザエンティティに所属グループIDを1つだけ保持させることによりユーザを特定のグループにのみ所属させるように構成しているが、ユーザを同時に複数のグループに所属させるように構成し、グループエンティティとの関連を「多対多」の関係としてもよい。 Further, although configured to belong only to a specific group of users by holding only one assigned group ID to a user entity in FIG. 3, and configured to simultaneously belong to more than one group of users, the relationship between the group entity may be a relationship of "many-to-many".

本発明は、ファイルの編集を複数のユーザによって同時に行うときの同時実行制御(排他制御)を行うファイル管理システムに適用でき、複数のファイルから構成されるバインダーに対してグループ単位で排他制御ができ、さらに、バインダーの構成ファイルに対してもバインダーを編集できるグループの構成ユーザによって排他制御を行うことができるので、バインダーの構成ファイルをグループの構成ユーザのみで並行して編集することを実現するのに有効である。 The present invention are applicable to a file management system for simultaneous execution control (exclusive control) when carried out simultaneously editing a file by multiple users, it is exclusive control in group units against constituted binder of a plurality of files further, it is possible to perform exclusive control by a configuration user groups that can edit binder also the configuration file of the binder, to realize editing in parallel configuration file binder only on a group of configuration user it is effective in.

本発明に係わるファイル管理システムのシステム構成の一例を示す図。 It illustrates an example of a system configuration of the file management system according to the present invention. 本発明に係わるファイル管理システムのファイル管理処理を示すイメージ図。 Image diagram showing a file management processing in the file management system according to the present invention. 本発明に係わるファイル管理システムにおけるテーブル間の関連を示すE-R図。 E-R diagram showing the relationship between the tables in the file management system according to the present invention. 本発明に係わるファイル管理システムのバインダーアクセス処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a binder access process of the file management system according to the present invention. 本発明に係わるファイル管理システムのファイルアクセス処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram illustrating an example of the file access processing in the file management system according to the present invention. 本発明に係わるバインダの構成ファイルをロックする処理を示すフローチャート。 Flowchart illustrating a process of locking the configuration file of the binder according to the present invention. 本発明に係わるバインダーのチェックイン実行時の処理を示すフローチャート。 Flowchart illustrating a check-runtime processing of the binder according to the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100 クライアント 110 ファイル制御サーバ 111 インタフェース 112 制御部 113 バインダー制御部 114 ファイル制御部 115 バージョン管理部 116 検知部 117 テーブルアクセス部 118 ファイルアクセス部 120 ファイル管理データベース 121 ファイルテーブル管理部 122 バインダーテーブル管理部 123 ファイル保存部 200 チェックアウト前バインダー 201 バインダー構成ファイル1 100 Client 110 file control server 111 interface 112 controller 113 binder controller 114 file controller 115 version managing unit 116 detecting unit 117 table access part 118 file access unit 120 file management database 121 file table management unit 122 Binder table management unit 123 file storage unit 200 check-out before binder 201 binder configuration file 1
202 バインダー構成ファイル2 202 Binder configuration file 2
203 バインダー構成ファイル3 203 binder configuration file 3
210 チェックアウト状態バインダー 301 バインダーエンティティ 302 グループエンティティ 303 ファイルエンティティ 304 ユーザエンティティ 210 checked out Binder 301 Binder entity 302 groups entity 303 File Entity 304 user entity

Claims (5)

  1. 複数のファイルを束ねたバインダーでファイルを管理するファイル管理システムにおいて、 In the file management system for managing files in binder bundling a plurality of files,
    前記バインダーに対して複数のユーザを含むグループ単位でチェックアウト可能にするグループチェックアウト手段と、 And groups checkout means enabling checkout in groups containing a plurality of users with respect to the binder,
    前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトされたバインダー内の複数のファイルに対して前記グループに属するユーザが排他的にロックおよびアンロックを可能にするロックアンロック手段と、 A lock unlocking means for a user to enable exclusive lock and unlock belonging to the group for a plurality of files in a binder that is checked out by the Group checkout means,
    前記ロックアンロック手段により当該バインダー内の複数のファイルの全ての文書がアンロック状態にされていることを条件に該バインダーのチェックインを前記グループ単位で許可するグループチェックイン手段と を具備することを特徴とするファイル管理システム。 That comprises all the document and the group check-means for permitting the check-in of the binder on the condition that it is unlocked by the group unit of the plurality of files of the inner binder by the locking unlocking means file management system according to claim.
  2. 前記ロックアンロック手段は、 The lock unlock means,
    前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトしたバインダー内の複数のファイルのロック、アンロック状態を示すロックアンロック情報をそれぞれ取得するロックアンロック情報取得手段と、 A lock unlocking information acquisition unit that acquires the lock of the plurality of files in a binder checked out, the lock unlocking information indicating the unlocked state respectively by the group checkout means,
    前記グループチェックアウト手段により当該バインダーをチェックアウトしたグループの構成ユーザを示すグループ情報を取得するグループ情報取得手段と、 And group information acquisition means for acquiring the group information indicating the configuration user group who checked out the binder by the group checkout means,
    前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトしたバインダー内の所望のファイルをロックするに際して、前記ロックアンロック情報取得手段により取得したロックアンロック情報に基づき該ロックするファイルがアンロック状態にあると判別され、かつ、該ファイルをロックするユーザがグループ情報取得手段により取得したグループ情報に基づき当該グループの構成ユーザであることを条件に当該ファイルのロックを許可するロック許可手段と を具備することを特徴とする請求項1記載のファイル管理システム。 Wherein when locking the desired file in the binder checked out by the group checkout unit, said lock unlocking information to the lock on the basis of the acquired lock unlocking information by the acquiring means file is determined to be in the unlocked state, and, wherein the user to lock the file includes a lock permitting means for permitting the locking of the file on condition that the configuration user of the group based on the acquired group information by the group information acquiring means file management system of claim 1, wherein.
  3. 前記ロックアンロック手段は、 The lock unlock means,
    バインダーをチェックアウトしたグループの構成ユーザによりファイルをロックアウトするときにバージョンを管理するバージョン管理手段と を具備し、 The configuration user groups binder was checked out and a version management means for managing the version when lockout files,
    前記バージョン管理手段により管理された以前のバージョンのファイルをロック、アンロックできる ことを特徴とする請求項1記載のファイル管理システム。 The versioning locking an earlier version of a file managed by unit, the file management system according to claim 1, wherein the can unlock.
  4. 複数のファイルを束ねたバインダーでファイルを管理するファイル管理方法において、 In the file management method for managing files in binder bundling a plurality of files,
    前記バインダーに対して複数のユーザを含むグループ単位でグループチェックアウト手段によりチェックアウト可能にし、 To be checked out by a group checkout means in groups containing a plurality of users with respect to the binder,
    前記グループチェックアウト手段によりチェックアウトされたバインダー内の複数のファイルに対して前記グループに属するユーザが排他的にロックおよびアンロックをロックアンロック手段により可能にし、 Allowing the locking unlocking means multiple users belonging to the group exclusively locking and unlocking with respect to files in the binder that is checked out by the Group checkout means,
    前記ロックアンロック手段により当該バインダー内の複数のファイルの全ての文書がアンロック状態にされていることを条件に該バインダーのチェックインを前記グループ単位で許可する ことを特徴とするファイル管理方法。 File management method and permits all the documents of the plurality of files in the binder checking in the binder on the condition that they are unlocked by said locking unlocking means by the group unit.
  5. 複数のファイルを束ねたバインダーでファイルを管理する管理制御をコンピュータにより実行させるファイル管理プログラムであって、 A file management program for executing management control for managing files in a binder a bundle of a plurality of files by a computer,
    前記バインダーに対して複数のユーザを含むグループ単位でチェックアウト可能にするステップと、 A step of enabling checkout in groups containing a plurality of users with respect to the binder,
    該チェックアウトされたバインダー内の複数のファイルに対して前記グループに属するユーザが排他的にロックおよびアンロックを可能にするステップと、 A step that enables a user exclusive lock and unlock belonging to the group for a plurality of files in a binder that is the checked-out,
    当該バインダー内の複数のファイルの全ての文書がアンロック状態にされていることを条件に該バインダーのチェックインを前記グループ単位で許可するステップと を含むことを特徴とするファイル管理プログラム。 File management program which comprises the steps of all of the documents of the plurality of files in the binder permits the check in the binder on the condition that it is unlocked by the group unit.
JP2004053949A 2004-02-27 2004-02-27 File management apparatus and a file management program Active JP4400254B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004053949A JP4400254B2 (en) 2004-02-27 2004-02-27 File management apparatus and a file management program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004053949A JP4400254B2 (en) 2004-02-27 2004-02-27 File management apparatus and a file management program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005242850A true JP2005242850A (en) 2005-09-08
JP4400254B2 JP4400254B2 (en) 2010-01-20

Family

ID=35024502

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004053949A Active JP4400254B2 (en) 2004-02-27 2004-02-27 File management apparatus and a file management program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4400254B2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007115131A (en) * 2005-10-21 2007-05-10 Canon Inc Information processor and its control method, information processing system, computer program, and storage medium
JP2009134365A (en) * 2007-11-28 2009-06-18 Fuji Xerox Co Ltd Data processor and data processing program

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007115131A (en) * 2005-10-21 2007-05-10 Canon Inc Information processor and its control method, information processing system, computer program, and storage medium
JP2009134365A (en) * 2007-11-28 2009-06-18 Fuji Xerox Co Ltd Data processor and data processing program
JP4530031B2 (en) * 2007-11-28 2010-08-25 富士ゼロックス株式会社 Data processing apparatus and data processing program
US8190589B2 (en) 2007-11-28 2012-05-29 Fuji Xerox Co., Ltd. System and method for controlling access to a document being edited

Also Published As

Publication number Publication date
JP4400254B2 (en) 2010-01-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100338543C (en) File access control in a multi-protocol file server
US7191195B2 (en) Distributed file sharing system and a file access control method of efficiently searching for access rights
Pfaff et al. The open vSwitch database management protocol
JP4788711B2 (en) Workflow execution system, a workflow execution method, and a program
US5132900A (en) Method and apparatus for limiting manipulation of documents within a multi-document relationship in a data processing system
AU2004258516B2 (en) System and method for electronically managing privileged and non-privileged documents
US5720033A (en) Security platform and method using object oriented rules for computer-based systems using UNIX-line operating systems
US7921452B2 (en) Defining consistent access control policies
JP5432888B2 (en) Authorization of access to the web service resources
DE60301177T2 (en) Program, method and apparatus for privacy
US7661127B2 (en) Instrument access control system
US7200593B2 (en) Document management system
Chadwick et al. RBAC policies in XML for X. 509 based privilege management
CN103109298B (en) Id authentication federation system and device provider
JP4069905B2 (en) Shared file management system and the server
US6151583A (en) Workflow management method and apparatus
JP3972683B2 (en) Cutlist generation system, the center server, advertisement production terminal, computer program, storage medium, and the center server of the cut list generation method.
US7562215B2 (en) System and method for electronic document security
US6978381B1 (en) Enhancement to a system for automated generation of file access control system commands
US7424586B2 (en) Data processing method with restricted data arrangement, storage area management method, and data processing system
US8925035B2 (en) System and method for document isolation
JP2011044178A (en) System, method, and computer program product for allowing access to enterprise resources using biometric devices
JPH07111688B2 (en) Copying apparatus and method, and a data processing device
CN101218590A (en) Enforcing native access control to indexed documents
JP2003513370A (en) Systems and methods for gene profiling and banking

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20070119

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090616

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090817

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091006

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20091019

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121106

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121106

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131106

Year of fee payment: 4