JP2005230607A - ベアリング洗浄装置 - Google Patents

ベアリング洗浄装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2005230607A
JP2005230607A JP2004039798A JP2004039798A JP2005230607A JP 2005230607 A JP2005230607 A JP 2005230607A JP 2004039798 A JP2004039798 A JP 2004039798A JP 2004039798 A JP2004039798 A JP 2004039798A JP 2005230607 A JP2005230607 A JP 2005230607A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bearing
cleaning
cleaned
rotary
ring
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004039798A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshiro Takasu
俊郎 高須
Original Assignee
Kyowa Seisakusho:Kk
株式会社共和製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kyowa Seisakusho:Kk, 株式会社共和製作所 filed Critical Kyowa Seisakusho:Kk
Priority to JP2004039798A priority Critical patent/JP2005230607A/ja
Publication of JP2005230607A publication Critical patent/JP2005230607A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 被洗浄ベアリングの取付けが容易で、しかも構造が簡単な、洗浄効果の高いベアリング洗浄装置を提供する。
【解決手段】 洗浄室2内に被洗浄ベアリングの載置可能な回転テーブル3を設け、該被洗浄ベアリングに向けて洗浄水又は洗浄液を噴射するノズル9を具備したベアリング洗浄装置1において、前記回転テーブル3上に形成され、被洗浄ベアリングをその内輪において支持するベアリング支持手段の山形係止部10と、前記回転テーブル3の回転と共に回転する被洗浄ベアリングの外周面にスプリング12の弾発により圧接する押圧板11とを具備するベアリング洗浄装置とした。
【選択図】 図1

Description

本発明は車両その他の回転部材の軸受部に利用されているベアリングの洗浄装置に関する。
従来のベアリング洗浄装置として、被洗浄ベアリングを回転テーブル上に載置し、被洗浄ベアリングの内外および上下から洗浄水を噴射して洗浄を行うベアリング洗浄装置において、前記回転テーブル上にその半径方向に直径の異なる被洗浄ベアリング内輪を支承可能な拡縮自在のベアリング内輪固定装置と、前記回転テーブル外に設置され、伸縮してベアリング外筒を押さえ、かつその回転を止め、前記外筒長さ方向に移動可能なベアリング固定装置からなり、前記ベアリング固定装置から洗浄水を噴射するようにしたものが知られている(例えば特許文献1参照。)。
特開平11−138111号公報
この従来のベアリング洗浄装置によれば、ベアリング内輪固定装置が拡縮自在に形成されていると共にベアリング固定装置が前記ベアリングの外筒長さ方向に移動可能に形成されていてるので、これら内輪固定装置の拡縮及びベアリング固定装置の移動のために拡縮機構や移動機構を必要とし、構造上複雑となる問題点があった。
本発明はこのような問題点を解消し構造を簡単にしたベアリング洗浄装置を提供することを目的とする。
この目的を達成すべく本発明は洗浄室内に被洗浄ベアリングの載置可能な回転テーブルを設け、該被洗浄ベアリングに向けて洗浄水又は洗浄液を噴射するノズルを具備したベアリング洗浄装置において、前記回転テーブル上に係止し被洗浄ベアリングをその内輪において支持する支持手段と、前記回転テーブルの回転と共に回転する被洗浄ベアリングの外周面にスプリングの弾発により圧接する押圧板を具備している。
本発明によれば、回転テーブルの回転と共に該回転テーブル上の被洗浄ベアリングに公転と自転をさせて汚れ落としを短時間で行なうことができると共に、被洗浄ベアリングの前記回転テーブルへの取付け取外しが容易であり、しかも構造が簡単なベアリング洗浄装置を提供できる効果を有する。
本発明の最良の実施の形態の実施例を以下に説明する。
本発明の実施例1を図1乃至図5により説明する。
1はベアリング洗浄装置、2は該ベアリング洗浄装置1の洗浄室を示し、該洗浄室2内に回転テーブル3が軸支されており、該回転テーブル3は、図2及び図3に示す如く円形の帯状体からなる環状枠体3aと該環状枠体3aに固定した十文字形の支持杆3bと該支持杆3bに交差する格子状の板状体3cとからなり、モータと減速機からなる回転駆動ユニット(図示せず)に連動して回転するように形成されている。尚、前記板状体3cの上部には後述する山形係止部10が形成されている。
4は前記回転テーブル3の上方に配設した上側配管、5は該回転テーブル3の下方に配設した下側配管を示し、該上側配管4は中心の分配部から放射状に突出する枝管4aからなり、これら枝管4aのうち1本の枝管4aの先端部に供給管6の先端部を接続すると共に残る枝管4aの先端を閉塞した。
又前記下側配管5はT字状管継手5aの2個所の接続口に枝管5bをそれぞれ接続してL字形の配管にし、これら枝管5bのうち一方の枝管5bの先端にエルボ管継手5dを介して垂直枝管5cを接続すると共に他方の枝管5bの先端及び該垂直枝管5cの先端を閉塞し、更に前記T字状管継手5aの残る1つの接続口を前記供給管6に接続し、該供給管6の他端を給水立管を介してポンプ7の吐出口に接続すると共に該ポンプ7の吸入口を洗浄液タンク8の流出口に接続し、該洗浄液タンク8は前記洗浄室2の下方に設けた。
そして上側配管4の枝管4aはその下面に、又下側配管5の枝管5bはその上面に、又垂直枝管5c及び供給管6の垂直部はその内側側面にそれぞれ所定の間隔毎に噴射口9を設けた。
10は山形係止部を示し、複数個の山形係止部10が各々ベアリングの支持手段を形成している。
即ち山形係止部10は、十文字状に交差した前記板状体3cの交差部を上方へ向けて階段状の山形に突出させて多段の山形係止部10に形成すると共に、該山形係止部10の各段の差し渡し幅を、それぞれ内径の異なるベアリングの各内径と一致するように形成した。
尚、前記山形係止部10の各段は、それぞれ近似した内径を有する複数の種類のベアリングを支持するようにしてもよい。
又、これら山形係止部10は、前記回転テーブル3の回転中心と同心の同一円周上に配列されるようにした。これは、後述する押圧板11が各山形係止部10に係止されているベアリングの外周部に、一様に当接するようにするためである。
11は押圧板を示し、該押圧板11はその両端部において前記洗浄室2内の側面にコイルスプリング等の伸縮弾発支持材12を介して前記回転テーブル3の少許上方位置で支持されている。
該押圧板11は横長の板状で、その前面には耐油性ゴム等の弾性材料からなる摩擦材11aが貼付されている。
13は前記洗浄液タンク8の上面開口部に設置したフィルター、14は前記洗浄室2の開閉蓋、15は前記上側配管4の1本の枝管4aの先端に固定したハンドルを示し、前記上側配管4が前記供給管6との接続部において回転可能に接続され、前記ハンドル15の持ち上げ操作により前記上側配管4を起立状態にすることができる。
尚、16はミストコレクターで、該ミストコレクター16はベアリング洗浄後、洗浄室2内に浮遊する洗浄液のミストを吸引するための装置である。
次に上記洗浄装置1の作動について説明する。
予め洗浄液タンク8に所定量の洗浄液を収容しておく。その後開閉蓋14を開けてからハンドル15を持ち上げて上側配管4を起立状態にし、図5に示す如く、洗浄する玉軸受のベアリングAを回転テーブル3の各山形係止部10の上に載置する。
この時、各ベアリングAの内輪Bは、前記山形係止部10の何れかの段と係合して、安定に保持される。
その後ハンドル15を下げて上側配管4を元の水平状態にしてから開閉蓋14を閉じる。そしてスイッチパネル(図示せず)の設定温度ダイヤルを操作して洗浄液を所定の温度にしてから該スイッチパネルの洗浄スイッチをオンにする。
この操作によりモータ(図示せず)の駆動により回転テーブル3を回転させると共にポンプ7を作動して洗浄液タンク8内の昇温した洗浄液を上側配管4の枝管4aの噴射口9、下側配管5の枝管5b、5c及び供給管6の垂直部の噴射口9より前記ベアリングAに向けて噴射する。
このとき、各ベアリングAは回転テーブル3の回転により公転しながら、押圧板11の個所に至ると、各ベアリングAの外輪にコイルスプリング12の弾発力により加勢された押圧板11が押圧接触し、かくて各ベアリングAは公転しているのにもかかわらずその外輪が押圧板11の接触中回転が規制されて、その結果該外輪が相対的に自転したことになり、各ベアリングAは均等に洗浄液により付着したグリスや汚れが軟化及び流動化しながら除去して洗浄される。そして洗浄液はフィルター13を介して洗浄液タンク8内に流下する。
尚、前記山形係止部10の各段の水平部が各ベアリングの外輪と干渉しないようにしたので、前記外輪の自転がスムースに行なわれる。又、昇温した洗浄液を用いたので、ベアリングに付着したグリース類が軟化して落ち易い。
このようにして所定時間経過した後に洗浄タイマーの作動によりモータが停止して回転テーブル3を停止すると共にポンプ7の作動も停止して洗浄液の噴射も停止する。
そして、この洗浄停止と同時にミストコレクター16が前述のように洗浄液のミストを吸引するので、所定時間経過後にミストタイマーの作動によりミストの吸引を停止する頃にはベアリングAは自熱で乾燥している。
その後開閉蓋14を開けると共に上側配管4を起立状態にして洗浄したベアリングAを取り出す。
このように本発明のベアリング洗浄装置1は、回転テーブル3に係着したベアリングAが公転すると共に自転するようにしたので、ベアリングAの内部に付着した汚れの洗い出しの効果が大きく、更に又、前記回転テーブル3を格子状の孔明き構造とすると共に該回転テーブル3の上下両面及び側面から洗浄水又は洗浄液を噴射するようにしたので、短時間の内に効率良くベアリングの洗浄を行なうことができる特徴を有している。
本発明の実施例2を図6及び図7により説明する。
本実施例は、着脱可能な内輪を有する各種転がり軸受のベアリングの洗浄を行なうための装置である。
図6は内輪アタッチメント17の斜視図を示し、該内輪アタッチメント17は、内輪を取外し可能な転がり軸受のベアリングの各内輪の外径に等しい外径を有する円柱を階段状に積み重ねて、段付きの円錐状に形成されている。
図7は該内輪アタッチメント17の一部截断の側面図である。
該内輪アタッチメント17は、内側に図7に示す如き穴部17aを有して、実施例1で示したベアリング洗浄装置1の山形係止部10の上に該穴部17aで嵌着するように形成されていると共に、該内輪アタッチメント17の外周部の半径方向に複数の切欠き部(スリット)17bを有している。
そして、該切欠き部17bと前記穴部17aとが重なった部分に該内輪アタッチメント17を挿通する空隙部17cが形成されている。
次に本実施例2の使用方法について説明する。
内輪の着脱可能な転がり軸受を洗浄するときは、前記ベアリング洗浄装置1の、前記山形係止部10に内輪アタッチメント17を嵌着し、その上に内輪を外した転がり軸受のベアリングCを載置して、前記実施例1と同様の方法で洗浄作業を行なう。
内輪アタッチメント17の外周部には、複数の切欠き部17bがあって、洗浄水又は洗浄液が該切欠き部17b及び前記空隙部17cを通って流れるので、ベアリングCの洗浄が効率良く行なわれる。
尚、内輪アタッチメント17の各段の水平部の幅を、該階段部に支持されている当該ベアリングCのコロの直径の3分の1以下としたので、該コロを保持するケージと該階段の水平部とが干渉することはない。
本発明は、車両整備工場等において、車両やエンジンから取外したベアリングの洗浄に用いられる。
実施例1のベアリング洗浄装置の側面図である。 前記ベアリング洗浄装置の一部、回転テーブルの斜視図である。 前記ベアリング洗浄装置の一部の平面図である。 前記ベアリング洗浄装置の内部構造を示す説明図である。 前記ベアリング洗浄装置の使用方法の説明図である。 実施例2のベアリング洗浄装置の一部、内輪アタッチメントの斜視図である。 前記内輪アタッチメントの一部截断側面図である。
符号の説明
1 ベアリング洗浄装置
3 回転テーブル
3a 環状枠体
3b 支持杆
3c 板状体
9 ノズル
10 山形係止部
11 押圧板
11a 摩擦材
12 スプリング
17 内輪アタッチメント
17b 切欠き部


































Claims (9)

  1. 洗浄室内に被洗浄ベアリングの載置可能な回転テーブルを設け、該被洗浄ベアリングに向けて洗浄水又は洗浄液を噴射するノズルを具備したベアリング洗浄装置において、前記回転テーブル上に係止し被洗浄ベアリングをその内輪において支持する支持手段と、前記回転テーブルの回転と共に回転する被洗浄ベアリングの外周面にスプリングの弾発により圧接する押圧板を具備していることを特徴とするベアリング洗浄装置。
  2. 前記被洗浄ベアリングの支持手段は、十文字状に交差した板状体の交差部を上方へ向けて階段状の山形に突出させて多段の山形に形成すると共に、該多段の山形の各段の差し渡し幅をそれぞれ異なる内径の被洗浄ベアリングの各内径と一致するように形成した山形係止部からなることを特徴とする請求項1に記載のベアリング洗浄装置。
  3. 前記山形係止部の各段の水平部の幅は、最大でも該階段部に支持される当該ベアリングの外輪部に該水平部がかからない程度の幅としたことを特徴とする請求項2に記載のベアリング洗浄装置。
  4. 前記被洗浄ベアリングの支持手段は、前記山形係止部の複数個が前記回転テーブルと同心の同一円周上に配列されて、前記回転テーブル上に形成されていることを特徴とする請求項1乃至請求項3のいずれか1に記載のベアリング洗浄装置。
  5. 前記回転テーブルは、テーブルの外縁を形成する環状枠体と、該環状枠体内に該環状枠体を支持するように設けた支持杆と、該支持杆に交差する格子状の前記板状体とからなることを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれか1に記載のベアリング洗浄装置。
  6. 着脱可能な内輪を有する各種転がり軸受の、各内輪の外径に等しい外径を有する複数の円柱を階段状に積み重ねて段付きの円錐状の内輪アタッチメントに形成すると共に、該内輪アタッチメントを前記山形係止部に着脱可能に嵌着する構造に形成したことを特徴とする請求項1乃至請求項5のいずれか1に記載のベアリング洗浄装置。
  7. 前記内輪アタッチメントは、外周部の半径方向に複数の切欠き部を有する構造としたことを特徴とする請求項6に記載のベアリング洗浄装置。
  8. 前記内輪アタッチメントの各段の水平部の幅は、最大でも該階段部に支持される当該ベアリングのコロの直径の3分の1としたことを特徴とする請求項6又は請求項7に記載のベアリング洗浄装置。
  9. 前記押圧板の圧接面に、弾性を有する摩擦材を貼付したことを特徴とする請求項1に記載のベアリング洗浄装置。








JP2004039798A 2004-02-17 2004-02-17 ベアリング洗浄装置 Pending JP2005230607A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004039798A JP2005230607A (ja) 2004-02-17 2004-02-17 ベアリング洗浄装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004039798A JP2005230607A (ja) 2004-02-17 2004-02-17 ベアリング洗浄装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005230607A true JP2005230607A (ja) 2005-09-02

Family

ID=35014113

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004039798A Pending JP2005230607A (ja) 2004-02-17 2004-02-17 ベアリング洗浄装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005230607A (ja)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101875046A (zh) * 2010-04-21 2010-11-03 宁波达克轴承有限公司 轴承清洗机
CN101879514A (zh) * 2009-05-06 2010-11-10 大连北方铁路新技术研究所 冲洗机专用旋转盘
CN102274836A (zh) * 2011-08-12 2011-12-14 阮锦华 机加工零部件清洗装置
CN103341460A (zh) * 2013-07-17 2013-10-09 沈阳第一机床厂 复合轮毂轴承自动清洗机
CN104307789A (zh) * 2014-10-13 2015-01-28 太仓越华精密机械配件有限公司 一种轴承清洗设备
CN104874561A (zh) * 2015-05-27 2015-09-02 耐世特凌云驱动系统(芜湖)有限公司 连续通过式清洗机
CN105689308A (zh) * 2016-01-29 2016-06-22 芜湖市海联机械设备有限公司 一种应用于轴承清洗线上的集中送风系统
CN110359034A (zh) * 2019-08-21 2019-10-22 浙江安尚电气有限公司 一种零件发黑处理设备
CN110834006A (zh) * 2019-11-22 2020-02-25 湖南新达微轴承有限公司 一种精密轴承生产用清洗设备
WO2020088066A1 (zh) * 2018-11-02 2020-05-07 南京仁恒轴承滚动体有限公司 一种高效滚针清洗干燥装置

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS50158465U (ja) * 1974-06-17 1975-12-27
JPS5535963U (ja) * 1978-08-30 1980-03-07
JPS5588890U (ja) * 1978-12-11 1980-06-19
JPH0626763U (ja) * 1992-09-22 1994-04-12 株式会社リッチェル 食器類の洗浄・保管ラック
JPH11138111A (ja) * 1997-11-07 1999-05-25 Nippon Steel Corp ベアリング洗浄装置

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS50158465U (ja) * 1974-06-17 1975-12-27
JPS5535963U (ja) * 1978-08-30 1980-03-07
JPS5588890U (ja) * 1978-12-11 1980-06-19
JPH0626763U (ja) * 1992-09-22 1994-04-12 株式会社リッチェル 食器類の洗浄・保管ラック
JPH11138111A (ja) * 1997-11-07 1999-05-25 Nippon Steel Corp ベアリング洗浄装置

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101879514A (zh) * 2009-05-06 2010-11-10 大连北方铁路新技术研究所 冲洗机专用旋转盘
CN101875046A (zh) * 2010-04-21 2010-11-03 宁波达克轴承有限公司 轴承清洗机
CN101875046B (zh) * 2010-04-21 2011-10-05 宁波达克轴承有限公司 轴承清洗机
CN102274836A (zh) * 2011-08-12 2011-12-14 阮锦华 机加工零部件清洗装置
CN102274836B (zh) * 2011-08-12 2013-09-18 阮锦华 机加工零部件清洗装置
CN103341460A (zh) * 2013-07-17 2013-10-09 沈阳第一机床厂 复合轮毂轴承自动清洗机
CN103341460B (zh) * 2013-07-17 2015-07-22 沈阳第一机床厂 复合轮毂轴承自动清洗机
CN104307789A (zh) * 2014-10-13 2015-01-28 太仓越华精密机械配件有限公司 一种轴承清洗设备
CN104874561A (zh) * 2015-05-27 2015-09-02 耐世特凌云驱动系统(芜湖)有限公司 连续通过式清洗机
CN105689308A (zh) * 2016-01-29 2016-06-22 芜湖市海联机械设备有限公司 一种应用于轴承清洗线上的集中送风系统
CN105689308B (zh) * 2016-01-29 2018-08-14 芜湖市海联机械设备有限公司 一种应用于轴承清洗线上的集中送风系统
WO2020088066A1 (zh) * 2018-11-02 2020-05-07 南京仁恒轴承滚动体有限公司 一种高效滚针清洗干燥装置
CN110359034A (zh) * 2019-08-21 2019-10-22 浙江安尚电气有限公司 一种零件发黑处理设备
CN110834006A (zh) * 2019-11-22 2020-02-25 湖南新达微轴承有限公司 一种精密轴承生产用清洗设备

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100493849B1 (ko) 웨이퍼 건조 장치
CN101689491B (zh) 基板干燥的装置与方法
US7998308B2 (en) Liquid processing apparatus
CA1309929C (en) Carrier for use in etching disk-shaped objects
US6213136B1 (en) Robot end-effector cleaner and dryer
CN106400917B (zh) 一种坐便器清洁机器人
JP6366544B2 (ja) 洗浄装置及びロール洗浄部材
KR101486430B1 (ko) 디스크형 물품의 습윤 처리 장치 및 방법
KR960012623B1 (ko) 부착판 세정장치
CN101437630B (zh) 隔离的斜角边缘的清洗设备及方法
TWI448334B (zh) 基板處理裝置及基板處理方法
CN107233058B (zh) 商业用玻璃杯清洗装置
KR20060031986A (ko) 고압 펌프를 가진 생수통 세척장치
CN210325702U (zh) 一种晶圆后处理系统
JP4557715B2 (ja) 円板状物体を液体処理するための装置
TWI538044B (zh) 用來清洗基板處理裝置的清洗治具及清洗方法、與基板處理系統
CN205613756U (zh) 一种箱式轴承清洗装置
TWI596664B (zh) Substrate processing method
JP2003151943A (ja) スクラブ洗浄装置
JP3933670B2 (ja) 基板洗浄方法及び基板洗浄装置
JP5284004B2 (ja) 基板の処理装置
CN106345765B (zh) 管道内壁清洁方法
US7578887B2 (en) Apparatus for and method of processing substrate
JP2010537442A (ja) プレート状物体のウェット処理用装置
WO2001018351A8 (en) Borehole cleaning apparatus and method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070213

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090413

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090415

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090908