JP2005223522A - Path calculation method, path calculation control apparatus, and path calculation program - Google Patents

Path calculation method, path calculation control apparatus, and path calculation program Download PDF

Info

Publication number
JP2005223522A
JP2005223522A JP2004028228A JP2004028228A JP2005223522A JP 2005223522 A JP2005223522 A JP 2005223522A JP 2004028228 A JP2004028228 A JP 2004028228A JP 2004028228 A JP2004028228 A JP 2004028228A JP 2005223522 A JP2005223522 A JP 2005223522A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
path
network
layer
upper layer
route calculation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004028228A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Michihiro Aoki
Rie Hayashi
Takashi Kurimoto
Takashi Miyamura
崇 宮村
理恵 林
崇 栗本
道宏 青木
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a path calculation method for designing a network wherein a superordinate layer can reliably be restored even on the occurrence of a fault in a subordinate layer link while enhancing a traffic accommodation efficiency in the network wherein one or more user groups exist. <P>SOLUTION: The path calculation method is used for the network wherein at least two routers having functions of traffic transfer or the like and connected to switches of the subordinate layers and a plurality of user groups exist in the network having the superordinate and subordinate layers. Paths are set wherein prescribed information of the superordinate layer for only users belonging to an objective user group is taken into account, the traffic accommodation efficiency is excellent only between users belonging to the same user group on the basis of the information, any layer existing in the network copes with a fault by any method on the occurrence of the fault in the subordinate layer and the superordinate layer can reliably be restored. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、経路計算方法、経路計算制御装置および経路計算プログラムに係わり、特に、MPLS(Multi Protocol Label Switching:マルチプロトコルラベルスイッチング)やATM(Asynchronous Transfer Mode:非同期転送モード)などのパケットネットワークと、TDM(Time Division Multiplexing:時分割多重)やWDM(Wavelength Division Multiplexing:波長分割多重)の光ネットワークの両方を考慮した経路計算方法に関する。 The present invention relates to a path calculating method, the route calculation control device and route calculation program, in particular, MPLS (Multi Protocol Label Switching: Multiprotocol Label Switching) or ATM (Asynchronous Transfer Mode: Asynchronous Transfer Mode) and packet networks, such as, TDM (Time division multiplexing: time-division multiplexing) and WDM: for route calculation method considering both optical network (wavelength division multiplexing).

近年、IPトラフィックが爆発的に増大している。 In recent years, IP traffic has increased explosively. 多数のルーターを経由してトラフィックを運ぶ従来のコネクションレス型の方式では、増大するIPトラフィックを転送するコアネットワークの設備コストが増加してしまうという問題がある。 In many conventional connectionless system via a router carrying traffic, there is a problem that the equipment cost of the core network to forward IP traffic increasing increases.
その為、波長やTDMといった、コネクション型のネットワークでIP(レイヤ3)やEthernet(レイヤ2)のトラフィックをパススルーすることで、トラフィックの収容効率を上げ、その結果ネットワークの経済化を実現する方法が登場した。 Therefore, such a wavelength and TDM, by pass-through traffic IP connection-oriented network (Layer 3) and Ethernet (Layer 2), increases the accommodation efficiency of the traffic, a method of realizing the economies resulting network It appeared in.
このような方法で、大容量IPトラフィック・ネットワークサービス経済化を実現するコアネットワークも提案されている(例えば、非特許文献1参照)。 In this way, it has also been proposed core network to realize large-capacity IP traffic network service economy (for example, see Non-Patent Document 1).
多数のルーターを経由してトラフィックを運ぶ従来のコネクションレス型のネットワークに対して、コネクションを張ってパススルーを行うコネクション型のネットワークでは、トラフィックを流すのに先立ってパスを確立する必要があり、そのための経路を事前に計算しなければならない。 Via a number of routers to a conventional connectionless network carrying traffic, the connection-oriented network for passthrough Put the connection, it is necessary to establish a path prior to flowing traffic, therefore It must be calculated in advance the path of.
限りある帯域を効率良く利用して膨大な情報に対処できるような経路を設定するために、ネットワーク内のサーバー又はルーターには、CSPF(Constrained Shortest Path First)機能が用意されている。 To set the path as a band of limited cope efficiently vast information using, the server or router in the network, CSPF (Constrained Shortest Path First) function is provided.

CSPF機能とは、シグナリング情報をやり取りするモジュールなど外部からの要求に基づいて、制約を満たすパスの経路を計算し、外部に対して経路を回答する機能、つまり制約付き最短経路計算機能である。 The CSPF function, based on a request from the outside, such as modules for exchanging signaling information, to calculate the route of a path that satisfies the constraints, the ability to respond to route to the outside, that is, constrained shortest path calculation function.
これまでに、非常に多くのCSPFアルゴリズムが提案されてきた。 So far, it has been proposed very many CSPF algorithm. それぞれのCSPFアルゴリズムは機能・性能が異なるため、要求されている制約によって適切なものを選ぶ必要がある。 Because each CSPF algorithm and the functions and performance different, it is necessary to select an appropriate one by the constraints being requested.
使用するCSPFアルゴリズムが異なると、例えば、ネットワークにかかるコストやトラフィック収容効率、エンドユーザーに対する信頼性など様々なものが影響を受ける。 When CSPF algorithm to be used is different, for example, cost and traffic accommodation efficiency according to the network, are various and reliability for end users affected. つまり、適切なCSPFアルゴリズムを用いることで、ネットワーク構築コストが下げられるなど、目的に叶ったパスの設計が可能となる。 That is, by using an appropriate CSPF algorithms, network construction cost can be lowered, it is possible to design the path sensible.
CSPFアルゴリズムは設定するパスの属性・制約によってアルゴリズムが異なり、IPネットワーク、光ネットワークなど、レイヤが異なれば最適なアルゴリズムも異なる。 CSPF algorithm has a different algorithm by attribute-constraints of the path to be set, IP network, such as an optical network, also different optimal algorithms Different layer.
光ネットワークにおいては、経路計算アルゴリズムに加え、波長割り当てアルゴリズムも必要となる。 In optical networks, in addition to the route calculation algorithm also requires wavelength assignment algorithm.
代表的な経路計算アルゴリズムとしては、k-shortest path heuristicや線形計画法、がある(例えば、非特許文献2参照)。 Typical route calculation algorithms, k-shortest path heuristic and linear programming, there are (for example, see Non-Patent Document 2).

従来のCSPFアルゴリズムは、IPネットワークのみ、光ネットワークのみといった1つのレイヤに閉じたものであり、1つのレイヤのみを考慮して経路計算を行っていた。 Conventional CSPF algorithm, IP networks only, which was closed in one layer only such optical networks has been performed route calculation taking into account only one layer.
ところが、前述したようなパススルーを行って経済化を図るコアネットワークにおいては、上位レイヤと下位レイヤで別々のCSPFアルゴリズムを適用し、独立に経路計算を行っていては、帯域利用効率のいいパス切り替えを行うことが出来ず、効率的なネットワークが構築出来ない。 However, in the core network to reduce the economy by performing pass-through as described above, to apply different CSPF algorithms upper and lower layers, it is going route calculation independently, good path switching the bandwidth utilization can not be performed, efficient network can not be built.
さらに、光ネットワーク網には複数本の光ファイバが束ねて敷設されているリンクがあり、このようなリンクばかりを経路に設定してしまうと、このリンクの障害時に非常に多くの通信が中断してしまう。 Furthermore, the optical network system has a link to a plurality of optical fibers are laid by bundling and thus set such a link only to the path, so many communications interrupted in the event of a failure of the link and will.
そのため、上位レイヤのパスが、下位(物理)レイヤの特定のリンクに集中せず互いに重ならない経路を通過するために、2つのレイヤを相互に考慮しながら経路計算する必要がある。 Therefore, the path of the upper layer, to pass a path do not overlap with each other not concentrated to the lower (physical) specific link layer, it is necessary to route calculating taking into account the two layers to each other.
このような状況から、上位レイヤと下位レイヤの両方を考慮する必要性が認識され始め、最近になり、上位レイヤと下位レイヤの両方を考慮して経路計算を行うことができるマルチレイヤ用CSPFアルゴリズムが注目され始めた。 Under such circumstances, we need to consider both the upper and lower layers are beginning to be recognized, More recently, CSPF algorithm for multi layer both upper and lower layers can be carried out route calculation taking into account There began to be noticed.
ここでマルチレイヤとは、回線交換ネットワークのようなコネクション型ネットワークにパケットネットワークのようなコネクションレス型ネットワークが収容されているネットワークのことを言う。 Here, the multi-layer refers to a network connectionless networks such as packet network in connection-oriented networks such as a circuit-switched network is accommodated.

マルチレイヤを考慮したCSPFで代表的なものとして2つ挙げる。 In CSPF Considering multilayer mentioned two as representative.
(1)BXCQ(Branch eXchange with Quality-of-service Constraint)法 上位レイヤパスと下位レイヤのトラフィック量を考慮した動的な経路制御を行うことを目的としている。 (1) BXCQ are intended to be performed (Branch eXchange with Quality-of-service Constraint) method dynamic routing Considering the Traffic of higher layer path and the lower layer.
上位レイヤのパスのトラフィック情報をノード間で交換し、その情報をもとに下位レイヤパスのトポロジーを設定し、また動的に変更することで、トラフィック需要の変動に適応的なネットワーク構築が可能になる。 To exchange traffic information of the path of the upper layer between nodes, it sets the topology of the lower layer path based on the information, also by dynamically changing, to be capable of adaptive networking to fluctuations in traffic demand Become. 実際の経路計算にはBXCQ法が用いられている。 BXCQ method is used in the actual path computation.
このCSPFアルゴリズムは、ネットワークのトラフィック収容効率を第1に優先してパスの設定を行いたい場合に適用すると有効である(例えば、非特許文献3参照)、 The CSPF algorithm is effective when applied to a case where the traffic accommodation efficiency of the network in preference to the first want to set the path (for example, see Non-Patent Document 3),
(2)SLA(Survivable Layout Algorithm)法 下位レイヤの任意のリンクに障害が起きた場合でも、上位レイヤの各ノード同士は障害が起きたリンクから影響を受けない何らかの迂回経路を予め用意することでつながりを保ち、上位レイヤネットワークの接続は保障されるようなパス設計を行うことを目的としている。 (2) SLA (Survivable Layout Algorithm) method any link of the lower layer even if a failure occurs, each node between the upper layer by beforehand preparing some detour path that is not affected by the link failure has occurred maintaining the connection, connection of the upper layer network is intended to perform a path designed as guaranteed.
下位レイヤのリンク1本1本に対して、障害が起きた場合の上位レイヤが受ける影響を調べ、必要があれば経路の再計算を行うことで、下位レイヤの障害に対して上位レイヤのみで復旧できるようなネットワークを構築することができる。 Against one by one link in the lower layer, it examined the upper layer will be affected when a failure occurs, by performing recalculation of the path if necessary, only the upper layer with respect to failures of the lower layer it is possible to build a network, such as can be recovered. 実際の経路計算にはSLA法が用いられている。 SLA method is used in the actual path computation.
このアルゴリズムは、ネットワークに障害が起きた場合でもノード間の接続は保障されるような信頼性の高さを第1に優先してパスの設定を行いたい場合に適用すると有効である(例えば、非特許文献4参照)。 This algorithm, connections between nodes even if the network fails is effectively applied when it is desired to configure the path by giving priority to high reliability as guaranteed in the first (e.g., non Patent Document 4).

しかしながら、前述のマルチレイヤを考慮したCSPFには、実際の網に適用する場合に問題となる要素もある。 However, the CSPF on Multi-layer described above, there is also a problem when applied to an actual network element.
例えば、BXCQ法の場合、上位レイヤのトラフィック量を考慮してパスを確立するため、トラフィック収容効率が上がり経済的なネットワークが実現できる。 For example, if the BXCQ method for establishing a path in consideration of the traffic of the upper layer can be realized economical network raises the traffic accommodation efficiency.
しかし、下位レイヤでリンク障害が起きた場合の復旧手段を全く考慮していないため、実際にネットワーク内で故障が起きた場合には多くの通信が中断してしまうか、専用のプロテクションパスを用意する必要があるためにコストがかかってしまうという問題がある。 However, because it does not take into account the recovery means in the case of a link failure occurs in the lower layer at all, actually do in case of failure in the network has occurred is a lot of communication will be interrupted, a dedicated protection path there is a problem in that it takes cost due to the need to.
もう1つのマルチレイヤ用CSPFであるSLA法では、下位レイヤの任意のリンクに障害が起きた場合でも、上位レイヤの各ノード同士は障害が起きたリンクから影響を受けない何らかの迂回経路を予め用意してつながりを保つことで、上位レイヤネットワークの信頼性を提供できる。 The SLA method is CSPF for another multi-layer, prepared even if a failure on any link of the lower layer occurred, each node between the upper layer any detour path that is not affected by the link failure has occurred previously by keeping the connection to, possible to provide a reliable higher layer network.
しかし、ノード間のトラフィック量を考慮していないため、トラフィック収容効率のいいパスの張り方が出来ず、トラフィックを運ぶ際に遅延が生じる、パスを確立するためのコストが高くなるなどの問題が出てくる。 However, it does not take into account the amount of traffic between nodes, can not stretch the way of a good path of traffic accommodation efficiency, resulting in a delay in the time to carry the traffic, such as the cost of order to establish a path increases the problem Come out.

そして、両方のアルゴリズムに共通する問題として、ネットワーク内に複数のユーザーグループが存在する場合を想定していない事が挙げられる。 Then, a problem common to both algorithms, it can be mentioned that not assumed a case where a plurality of user groups in the network exists.
ネットワークの収容効率が上がり、多くのユーザーにサービスを提供できる環境がある場合、同一企業間や同一地域内といったグループが複数存在する状況が考えられる。 Up accommodation efficiency of the network, if there is environment that can provide service to many users, groups such same company and between the same local is considered a situation in which there are multiple.
この場合、同じユーザーグループに属するユーザー同士は通信を行うが、異なるユーザーグループに属するユーザーとは通信を行わない。 In this case, the same user belonging to a user group communicate, it does not communicate to the users that belong to different user groups. 更に、グループ内のユーザー情報が別のユーザーグループに漏れないように保障しなければならない。 In addition, the user information in the group must ensure so that it does not leak to another user group.
そのため、ネットワーク内のユーザー情報を把握し、同ユーザーグループに属するユーザー間でのみパスを確立するような方法が必要である。 Therefore, to understand the user information in a network, there is a need for a method that establishes a path only between users belonging to the same user group.
先に挙げた従来型マルチレイヤCSPFは、このような複数ユーザーが存在するネットワークに対応していない。 Traditional multilayer listed above CSPF does not correspond to a network that exists such multiple users.

本発明は、前記従来技術の問題点を解決するためになされたものであり、本発明の目的は、1つ以上のユーザーグループが存在するネットワークにおいて、トラフィック収容効率の改善を図りつつ、下位レイヤリンクに障害が起きた場合でも何らかの方法で上位レイヤが確実に復旧できるようなネットワーク網を設計するための経路計算方法、経路計算制御装置を提供することにある。 The present invention, wherein has been made to the prior art solving the problems of technology, object of the present invention, in a network in which one or more user groups are present, while achieving improvement of the traffic accommodation efficiency, the lower layer route calculation method for designing networks network such as the upper layer can be recovered reliably somehow even if link fails to provide a route calculation control device.
また、本発明の他の目的は、前述の経路計算方法をコンピュータに実行させるための経路計算プログラムを提供することにある。 Another object of the present invention is to provide a route calculation program for executing a route calculation method described above to the computer.
本発明の前記ならびにその他の目的と新規な特徴は、本明細書の記述及び添付図面によって明らかにする。 The above and other objects and novel features of the present invention will become apparent from the description of this specification and the accompanying drawings.

本願において開示される発明のうち、代表的なものの概要を簡単に説明すれば、下記の通りである。 Among the inventions disclosed in this application will be briefly described typical ones are as follows.
上述した問題点を解決するために、本発明では、上位レイヤと下位レイヤが存在するネットワーク内にトラフィック転送等の機能を持ち、下位レイヤのスイッチと接続されるルーターが少なくとも2つ以上存在し、ユーザーグループが複数存在する場合の経路計算方法において、対象となるユーザーグループに属するユーザーのみの上位レイヤの所定の情報を考慮することで、その情報をもとに同じユーザーグループに属するユーザー間のみで、トラフィック収容効率がよく下位レイヤで障害が起きた場合にネットワーク内に存在する何れかのレイヤにおいて何らかの方法でその障害に対処し、上位レイヤが確実に復旧することができるようなパス設定を行うことを特徴とする。 In order to solve the aforementioned problems, the present invention has a function of traffic forwarding or the like in a network upper layer and the lower layer is present, the router that is connected to the switch of the lower layer is present at least two, in route calculation method when the user group there are a plurality, to consider the predetermined information of the upper layer of only users belonging to the target user group, only between users who belong to the same user group on the basis of the information , then responds to the disorders in some way in any of the layers in the network, a path set as the upper layer can be recovered reliably performed if the traffic accommodation efficiency occurs a failure in good lower layer it is characterized in.
また、本発明では、前記下位レイヤは、波長やTDMのコネクション型ネットワークを含み、前記上位レイヤは、MPLSのコネクション型ネットワークを含むことを特徴とする。 In the present invention, the lower layer includes a connection-oriented network wavelength and TDM, the upper layer, characterized in that it comprises a MPLS connection-oriented network.
また、本発明では、前記下位レイヤは、波長やTDMのコネクション型ネットワークを含み、前記上位レイヤは、パケットネットワークのコネクションレス型ネットワークを含むことを特徴とする。 In the present invention, the lower layer includes a connection-oriented network wavelength and TDM, the upper layer, characterized in that it comprises a connectionless network packet networks.

また、本発明では、下位レイヤで障害が起きた場合に、上位と下位の両方のレイヤにおいて、それぞれのレイヤで可能な復旧方法によってその障害に対処し、上位レイヤが確実に復旧することができるようなパス設定を行うことを特徴とする。 Further, in the present invention, if the occurred failure in the lower layer, the upper and lower both layers, it is possible to deal with the failure by the recovery method capable in each layer, the upper layer is recovered reliably and performing path setting as.
また、本発明では、下位レイヤで障害が起きた場合に、上位レイヤのみで可能な復旧方法によってその障害に対処し、上位レイヤが確実に復旧することができるようなパス設定を行うことを特徴とする。 In the present invention, characterized in that when that occurred failure in the lower layer, to deal with the failure by the recovery process possible only at the upper layer, the path setting as the upper layer can be recovered reliably to.
また、本発明では、上位レイヤの情報として、トラフィックマトリクスを用いてパス設定を行うことを特徴とする。 Further, in the present invention, as the information of the upper layer, and performs path setting using traffic matrix.
また、本発明では、上位レイヤの情報として、将来のトラフィック需要予測を用いてパス設定を行うことを特徴とする。 Further, in the present invention, as the information of the upper layer, and performs path setting using future traffic demand forecasts.

また、本発明では、前記上位レイヤの情報として、リンクコストを用い、前記リンクコストの基準となる条件として、上位レイヤのパスが同じ下位レイヤリンクを用いないように考慮してパス設定を行うことを特徴とする。 Further, in the present invention, as the information of the upper layer, using the link costs, as a condition to be a reference of the link cost, to perform the path set in consideration as the path of the upper layer does not use the same lower layer link the features.
また、本発明では、上位レイヤの所定の情報を考慮することでトラフィック収容効率がよく、下位レイヤで障害が起きた場合にネットワーク内に存在する何れかのレイヤにおいて何らかの方法でその障害に対処し、上位レイヤが確実に復旧することができるようなパス設定を行った後で、この時点で設定した下位レイヤパスを基にして再度上位レイヤのパス設定を行い、遅延が最小化するようなパス設定を行うことを特徴とする。 In the present invention, traffic accommodation efficiency by considering the predetermined information of the upper layer well, to cope with the failure in some way in any of the layers in the network if the occurred failure lower layer , after performing the path set that can be the upper layer is recovered reliably performs path setting again the upper layer and the lower layer path is set at this time based on the path set as the delay is minimized and performing.
また、本発明では、前述のパス設定方法を実行する経路計算制御装置が、ネットワーク内の各ノードを一括して集中的に管理・制御する目的で専用に使用される。 In the present invention, the route calculation control device executing the path setting method described above, it is used exclusively for the purpose of centralized management and control of each node in the network collectively.
また、本発明では、前述のパス設定方法を実行する経路計算制御装置が、ネットワーク内の各ノードに付属してノードを管理・制御する。 In the present invention, the route calculation control device executing the path setting method described above, manages and controls the nodes included with each node in the network.
また、本発明は、前述の経路計算方法をコンピュータに実行させるための経路計算プログラムである。 Further, the present invention is a route calculation program for executing a route calculation method described above to the computer.

本願において開示される発明のうち代表的なものによって得られる効果を簡単に説明すれば、下記の通りである。 To briefly explain advantageous effects obtained by typical ones of the inventions disclosed in this specification, it is as follows.
本発明によれば、上位レイヤのパスが下位レイヤのパスに収容され、上位レイヤと下位レイヤの連携を取るネットワークにおいて、帯域利用効率がよく、下位レイヤで障害が発生した場合に上位レイヤで再ルーティングを行うことで障害復旧を行うことができるという信頼性の高い経路設計が可能となる。 According to the present invention, the path of the upper layer is received in the path of the lower layer, in a network to take the cooperation of the upper and lower layers, an upper layer when good bandwidth utilization efficiency, a failure in the lower layer occurred again reliable path design that can perform failure recovery by performing routing is possible.

以下、図面を参照して本発明の実施例を詳細に説明する。 It will be described in detail embodiments of the present invention with reference to the drawings.
なお、実施例を説明するための全図において、同一機能を有するものは同一符号を付け、その繰り返しの説明は省略する。 In all the drawings for explaining the embodiments, parts having identical functions are given same symbols and their repeated explanation is omitted.
[実施例1] [Example 1]
先ず、本発明の実施例1の経路計算制御装置が適用されるネットワーク構造について説明する。 First, a description will be given network structure route calculation control device of the first embodiment of the present invention is applied.
図1は、本実施例の経路計算制御装置が適用されるネットワークの概念図であり、回線交換ネットワークにパケットネットワークが収容されているネットワークの概念図である。 Figure 1 is a conceptual diagram of a network path computation control apparatus of the present embodiment is applied is a conceptual diagram of a network packet network to a circuit-switched network is accommodated.
図1に示すネットワークは、スイッチ(A1,B1,C1,D1)と、ルーター(A2,B2,C2,D2)と、経路計算制御装置10から構成される。 Network 1 includes a switch (A1, B1, C1, D1), a router (A2, B2, C2, D2), composed of the route calculation control unit 10.
各スイッチ(A1,B1,C1,D1)は、波長やTDMのデータを転送する役割を持つ。 Each switch (A1, B1, C1, D1) is responsible for transferring the wavelength and TDM data. 各スイッチ同士は物理リンクで接続され、回線交換ネットワークを構成する。 Each switch each other are connected by a physical link constituting the circuit-switched network.
各ルーター(A2,B2,C2,D2)は、スイッチ(A1,B1,C1,D1)と接続していて、各スイッチ(A1,B1,C1,D1)にデータを受け渡すことでパケットを転送する機能を持つ。 Each router (A2, B2, C2, D2) are forward packets passing though connected to the switch (A1, B1, C1, D1), receives the data on the switches (A1, B1, C1, D1) It has the ability to. 各ルーター同士は下位レイヤのパスを設定することで提供される論理パスで接続され、パケットネットワークを構成する。 Each router each other are connected by a logical path provided by setting the path of the lower layer, constituting a packet network.
経路計算制御装置10は、ネットワーク内にユーザーグループが複数存在する場合に、対象となるユーザーグループに属するユーザーのみの何らかの情報を収集し、その情報をもとに同じユーザーグループに属するユーザー間のみでパス設計を行うための経路計算を行う機能を持ち、各ルーターとパス設定に必要な情報をやり取りする。 Route calculation control unit 10, when the user group in the network there are multiple, collects some information only users belonging to the target user group, only between users who belong to the same user group on the basis of the information It has a function to perform route calculation for performing the path design, exchanging information necessary for each router and a path setting.

図1に示すようなネットワークでは、上位レイヤが下位レイヤに収容され、下位レイヤが上位レイヤヘ仮想トポロジーを提供する。 In the network shown in FIG. 1, the upper layer is received in the lower layer, the lower layer provides a higher Reiyahe virtual topology.
なお、上位レイヤとは、自ネットワークより相対的に下位に位置するネットワークに収容されるコネクションレス型またはコネクション型ネットワークを意味し、下位レイヤとは、自ネットワークより相対的に上位に位置するネットワークを収容するコネクション型ネットワークを意味する。 Note that the upper layer, means connectionless or connection-oriented networks are accommodated in a network located in a relatively lower than its own network, and the lower layer, a network which is located relatively higher than its own network It refers to the connection-oriented network to accommodate.
上位レイヤとしては、IPやEthernet、又はIPのパケットにラベルをつけて転送するMPLSのネットワーク、下位レイヤとしてはTDMやWDMネットワークを対象とする。 The upper layer, MPLS network for transferring Label the IP, Ethernet, or or IP packets, as the lower layer to target TDM and WDM networks.
次に、本実施形態で必要な情報について定義する。 Next, define the information required in this embodiment.
(1)リンクコスト トラフィックを運ぶのに必要な距離又はホップ数に基づき設定されるコスト。 (1) link cost is set based on the distance or the number of hops required to carry the cost traffic. 通常、距離やホップ数が大きくなるとリンクコストは高くなる。 Typically, the link cost increases as the distance and the number of hops increases.
(2)残余帯域 下位レイヤのリンク中で、残っている帯域の量。 (2) in the link residual bandwidth lower layer, the amount of remaining bandwidth. 光パスの場合であれば、使用可能な波長数。 In the case of the light paths, the number of available wavelengths.
(3)トラフィックマトリクス 上位レイヤのノード同士で交換されるトラフィック量の情報。 (3) traffic volume of information exchanged node between traffic matrix upper layer.

図2は、図1に示す経路計算制御装置10の概略構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing a schematic configuration of a path calculation control unit 10 shown in FIG.
図2に示すように、経路計算制御装置10は、経路計算部11と、パス情報記憶部12と、ルーティング情報記憶部13と、メンバーシップ情報記憶部14と、上位レイヤ情報記憶部15と、パス情報制御部16と、外部装置との制御インターフェース17と、ルーティング情報制御部18とを備える。 As shown in FIG. 2, the route calculation control unit 10, a route calculating unit 11, a path information storage unit 12, a routing information storage unit 13, a membership information storage unit 14, and the upper-layer information storage unit 15, It includes a path information control unit 16, a control interface 17 with an external device, and a routing information control unit 18.
各部の機能や、上述したアルゴリズムを実施するのに必要な情報が機能ブロックにどのように対応しているかを、図3の表に示す。 Each unit function or, if the information necessary to implement the algorithm described above corresponds to what the functional blocks, shown in the table of FIG.
(1)経路計算部11は、ネットワークのパス計算を行う。 (1) route calculating unit 11 performs the path calculation network.
(2)パス情報記憶部12は、ネットワーク内の上位/下位レイヤのパス情報、上位レイヤのパスが使用している下位レイヤリンク情報、上位レイヤのパスのトラフィック情報を収集し、格納する。 (2) the path information storage unit 12 collects the path information of the upper / lower layers in the network, the lower layer link information paths upper layer is using the traffic information of the path of the upper layer is stored.
(3)ルーティング情報記憶部13は、上位/下位レイヤのトポロジー情報や、リンクコスト・残余帯域情報を格納する。 (3) routing information storage unit 13, and topology information of the upper / lower layer, and stores a link cost residual bandwidth information.
(4)メンバーシップ情報記憶部14は、ユーザー情報を管理、格納する。 (4) membership information storage unit 14, manages the user information, and stores.
(5)上位レイヤ情報記憶部15は、パス情報記憶部12とメンバーシップ情報記憶部14の情報から、ユーザー毎の上位レイヤ情報を作成し、内部のデータベース151に格納する。 (5) upper-layer information storage unit 15, from the information of the path information storing unit 12 and the membership information storage unit 14, creates the upper layer information for each user is stored in internal database 151.
(6)パス情報制御部16は、上位レイヤ、下位レイヤのパス確立の流れを制御する。 (6) the path information control unit 16 controls the upper layer, the flow path established in the lower layer.
(7)外部装置との制御インターフェース17は、パス確立・解除の命令、それに伴う情報を外部装置(ここでは、ルーター)に送出する。 (7) control interface 17 with an external device, the path establishment and release of the instruction, the external device (here, a router) information associated with it is sent to.
(8)ルーティング情報制御部18は、ネットワーク内のリンクにコストをつけるための情報を収集し、経路計算に必要なリンクコスト情報をルーティング情報記憶部13に伝える。 (8) the routing information control unit 18 collects information for applying the cost to the link in the network, transmit a link cost information necessary for route computation to the routing information storage unit 13.

これまでのマルチレイヤ経路計算アルゴリズムでは、上位レイヤのトラフィックを考慮して下位レイヤのパスを確立するものや、下位レイヤの任意のリンクが切断された場合でも上位レイヤのネットワークは接続が保たれるようにパス設計を行うものがあった。 In previous multi-layer path calculation algorithm, and those that establish the path of the lower layer in consideration of the traffic of the upper layer, the network of the upper layer even if any link in the lower layer is disconnected connection is maintained there was to perform a path designed to.
しかしながら、これらのアルゴリズムはトラフィック収容効率を考慮するか、又は障害時の上位レイヤ接続性を保障するかのどちらかに特化しており、この両方を満たすようなアルゴリズムが存在しないという問題があった。 However, these algorithms or to consider the traffic accommodation efficiency, or have specialized in either or guarantee the higher layer connectivity failure, the algorithms that satisfies both a problem that does not exist .
本実施形態では、マルチレイヤを考慮して経路計算を行う際に、上位レイヤの所定の情報に基づき経路計算を行うことでトラフィック収容効率を上げると同時に、下位レイヤに障害が発生した場合でも上位レイヤの接続性を保障するように予めパス設計を行うことで、前述の問題を解決する。 Top In the present embodiment, when performing the route calculation taking into account the multi-layer, even if at the same time increasing the traffic accommodation efficiency by performing the route calculation based on predetermined information of the upper layer, a failure in the lower layer occurs by performing the advance path designed to guarantee the connectivity layer, to solve the aforementioned problems.
図4は、本発明の実施例の経路計算方法を説明するためのフローチャートであり、マルチレイヤネットワークの経路決定の動作を説明するためのフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart for explaining a path calculating method of the embodiment of the present invention, it is a flowchart for explaining the operation of the route of a multi-layer network.
先ず、上位レイヤの所定の情報に基づき、どのノード間に下位レイヤのパスを確立するかを決め、下位レイヤトポロジーを決定する(ステップ101)。 First, based on predetermined information of the upper layer, which nodes decide to establish the path of the lower layer between, determines the lower layer topology (step 101).
ここで、上位レイヤの情報としては、トラフィックマトリクス、将来のトラフィック需要予測、ネットワークユーザーが支払う使用料金、又は何らかの条件で重み付けされたリンクコストなどを用いる。 Here, the information of the upper layer, the traffic matrix, the future traffic demand forecasts, network users pay toll, or the like link cost weighting in some conditions.
次に、ステップ101で決定した下位レイヤパスに上位レイヤのパスを収容することで、上位レイヤのトポロジーを決定する(ステップ102)。 Then, by housing the path of the upper layer to the lower layer path determined in step 101, to determine the topology of the upper layer (step 102).

この時、制約付きDijkstraアルゴリズムを用いて経路を決定しても良いし、通るリンクを明示的に指定しても良い。 In this case, it may be to determine the route by using a constrained Dijkstra algorithm, a link that passes through may be explicitly specified. また、各上位パスで使用されるリンクが重複しないように、リンクコストのつけ方を上手く工夫してもよい。 In addition, links that are used in each of the upper path so as not to overlap, may be successfully devised assigning a link cost.
このようにリンクの付け方を工夫することで、上位レイヤのパスが下位レイヤの特定のリンクに集中することなく分散されるため、下位レイヤのリンクに障害が起きた場合でも通信の中断による被害範囲が抑えられる。 By devising the method for assigning this way link, because the path of the upper layer is dispersed without being concentrated on a specific link in the lower layer, the damage range of the interruption of the communication even when a failure occurs in the link of the lower layer It is suppressed.
また、次ステップの接続性をチェックする段階で、追加すべきパス数を抑えることができる。 Further, at the stage of checking the connectivity of the next step, it is possible to suppress the number of paths to be added. このコストのつけ方に関する詳細は後述する。 For more information about assigning a this cost will be described later.
更に、任意の下位レイヤリンクに障害が起きた場合でも上位レイヤの接続が保たれるかどうかを下位レイヤリンクに対して調べる(ステップ103)。 Furthermore, it is checked whether the connection of the upper layer even if a failure occurs in any of the lower layer link is maintained to the lower layer link (step 103).
この時、全ての下位レイヤ物理リンクに対して調べてもよいし、特定の物理リンクに対してのみ調べてもよい。 In this case, it may be checked for all the lower layer physical links, may be examined only for certain physical link.
このように、全ての、又は重要なものを選択した特定の物理リンクに対して障害が起こった場合を考慮することで、起こりうる下位レイヤ障害を最大限に考慮することになるため、下位レイヤに障害が起こった場合の上位レイヤ信頼性を向上させることができる。 Thus, all, or to consider the case where a failure has occurred for a particular physical link selected critical ones, because that would be considered to maximize the lower layer possible failure, the lower layer it can be a failure to improve the upper layer reliability when occurred.
最後に、必要があれば、上位レイヤパスに対する下位レイヤの経路を再計算するか、又は下位レイヤのパスを追加するなどして、上位レイヤの接続が常に保たれるような迂回経路を確保しておく(ステップ104)。 Finally, if necessary, whether to recalculate the route of the lower layer for the upper layer path, or such as adding the path of the lower layer, to secure the detour path as the connection of the upper layer is always maintained put (step 104).
このような経路計算の結果、最終的にはトラフィック収容効率が良く、下位レイヤ障害時でも上位レイヤ接続性が保障されるようなトポロジーが完成する。 As a result of such route calculation, and ultimately traffic accommodate efficient, topology such as higher layer connectivity even in the lower layer failure is guaranteed to complete.
なお、ステップ104の後に、前述の各ステップにより設定した下位レイヤパスを基にして、再度上位レイヤのパス設計を行い、遅延が最小化するようなパス設定を行うようにしてもよい。 Incidentally, after step 104, based on the lower layer path set by the steps described above, performs path design of the upper layer again, it may be performed path setting such a delay is minimized.

この経路計算アルゴリズムの詳細について次に述べる。 Described below for details of the route calculation algorithm.
上位レイヤ、下位レイヤのトポロジーを決定するためには、上位レイヤの所定の情報を利用する。 To determine the upper layer, the topology of the lower layer utilizes predetermined information of the upper layer.
図5は、本発明の実施例の経路計算方法において、上位レイヤの所定の情報を収集した後に、上位、下位各レイヤのパス経路を決定するアルゴリズムを説明するためのフローチャートである。 Figure 5 is the route calculation method according to an embodiment of the present invention, after collecting the predetermined information of the upper layer is a flowchart illustrating an algorithm for determining the upper, the path route of the lower individual layers.
この時利用する上位レイヤの情報は、経路計算制御装置10のメンバーシップ情報記憶部14が記憶しているユーザーグループ情報を用いて、ネットワーク内に存在する複数ユーザーグループの中から、サービスを提供する対象となるグループに属するユーザーの情報のみを収集して利用する。 Information of the upper layer to use at this time, by using the user group information membership information storage unit 14 of the route calculation control unit 10 has stored, from the plurality groups of users in the network, providing service to use to collect only the user of the information belonging to the group of interest.
上位レイヤの情報としては、トラフィックマトリクス、将来のトラフィック需要予測、ネットワークユーザーが支払う使用料金、又は何らかの条件で重み付けされたリンクコストなどを用いる。 The information of the upper layer, the traffic matrix, the future traffic demand forecasts, network users pay toll, or the like link cost weighting in some conditions.
先ず、上位レイヤの所定の情報に基づき、どのノード間に下位レイヤのパスを確立するかを決め、下位レイヤトポロジーを決定する(ステップ111)。 First, based on predetermined information of the upper layer, which nodes decide to establish the path of the lower layer between, determines the lower layer topology (step 111).
この時、下位レイヤリンクにつけるコストを工夫することで、ある特定の物理リンクに下位レイヤパスが集中することを避けられ、その結果、上位レイヤパスが同じ下位レイヤリンクを通る可能性が低くなり、下位レイヤ障害時の上位レイヤ信頼性を向上させることができる。 At this time, by devising the costs attached to the lower layer link it is inevitable that the lower layer path is concentrated on a specific physical link, as a result, a possibility that the upper layer path passes through the same lower layer link is low, the lower it is possible to improve the upper layer reliability at the time of layer failure.

このコストのつけ方の例として2つ挙げる。 It listed two as an example of assigning the cost.
(1)コスト例1 (1) cost Example 1
始めに、1本の下位レイヤのパスを張った時点で、そのパスの始終端ノードに直接接続している下位レイヤリンクに対してコストを付け加える。 First, at the time of stretched one lower layer path, it adds cost to the lower layer link that is directly connected to the starting and end nodes of the path. 2本目の下位レイヤパスを張り終えた時点で再び同様なコストを付け加える。 Add again the same cost at the time you have finished span the two eyes of the lower layer path.
これを繰り返すことで、次に張ろうとするパスの経路は、今まで張ったパスと重ならないような経路となる可能性が高くなる。 By repeating this, the route of a path to be followed halo, can be a path not overlapping such paths strung ever higher. そのため、ある特定の物理リンクに下位レイヤパスが集中することが避けられる。 Therefore, it is avoided that the lower layer paths are concentrated on a particular physical link.
(2)コスト例2 (2) cost Example 2
始めに、1本の下位レイヤのパスを張った時点で、このパスが経由した下位レイヤリンク全てにコストをつける。 First, at the time of stretched the path of one of the lower layer, put the cost to all the lower layer link that this path has been through.
2本目以降の下位レイヤパスにも、下位レイヤリンクに対して同様なコストの付け方をする。 Also two subsequent lower layer path, to the method for assigning the same cost for the lower layer link. これを繰り返すことで、次に張ろうとするパスの経路は、今まで張ったパスと重ならないような経路となる可能性が高くなる。 By repeating this, the route of a path to be followed halo, can be a path not overlapping such paths strung ever higher.
そのため、ある特定の物理リンクに下位レイヤパスが集中することが避けられる。 Therefore, it is avoided that the lower layer paths are concentrated on a particular physical link.

次に、上位レイヤパスを下位レイヤパスに収容するために、各上位レイヤパスが通る下位レイヤパスの最短経路を計算する(ステップ112)。 Next, in order to accommodate the higher layer path to a lower layer path, to calculate the shortest path of the lower layer paths through which the upper layer path (step 112).
この計算は、経路計算制御装置10の経路計算部11で行われる。 This calculation is performed by the route calculation unit 11 of the route calculation control unit 10.
この時、下位レイヤ経路の計算は、上位レイヤパスで何らかの順番を決めて、順番が早い上位レイヤパスから順に計算される。 In this case, the calculation of the lower layer path, decided some kind of order in the upper layer path, the order is calculated from the early upper layer path in order. 順番としては、トラフィック量やユーザーが支払う使用料、などを元に決定する。 The order determines the amount of traffic and users pay fees, and the like based on. 最短経路の計算には、Dijkstra Algorithmなどが利用できる。 The calculation of the shortest route, such as Dijkstra Algorithm is available.
コストをつける場合には、経路計算制御装置10のルーティング情報記憶部13が格納している残余帯域や距離に関する情報や、上位レイヤパスがなるべく同じ下位レイヤパスを通らないなどを考慮しても良い。 When attaching a cost, and information about the remaining band and the distance routing information storage unit 13 of the route calculation control unit 10 stores the upper layer paths may be considering the possible does not pass through the same lower layer path.
この時、下位レイヤパスにつけるコストを工夫することで、ある特定の下位レイヤパスに上位レイヤパスが集中することを避けられ、その結果、上位レイヤパスが同じ下位レイヤパスを通る可能性が低くなり、下位レイヤ障害時の上位レイヤ信頼性を向上させることができる。 At this time, by devising the costs attached to the lower layer paths is avoided that the upper layer path is concentrated on a specific lower layer path, as a result, possibility is low that the higher layer path passes through the same lower layer path, the lower layer failure it is possible to improve the upper layer reliability of the time.
上位レイヤパスがなるべく同じ下位レイヤパスを通らないようなコストのつけ方としては、始めに1本上位レイヤパスを張った後に、その上位レイヤパスを収容している下位レイヤパスにコストを付け加える。 The wear side of the cost, such as the upper layer path is not as much as possible go through the same lower layer path, after which stretched a single upper layer paths at the beginning, add the cost to the lower layer path that houses the upper layer path. 2本目以降の上位レイヤパスにも、下位レイヤパスに対して同様なコストの付け方をする。 To be the second or subsequent upper layer path, to the method for assigning the same cost for the lower layer path.
これを繰り返すことで、次に張ろうとするパスの経路は、今まで張ったパスと重ならないような経路となる可能性が高くなる。 By repeating this, the route of a path to be followed halo, can be a path not overlapping such paths strung ever higher.
そのため、ある特定の下位レイヤパスに上位レイヤパスが集中することが避けられる。 Therefore, it is avoided that the higher layer path to a specific lower layer path is concentrated.

次に、探した最短経路にトラフィックを流せるだけの利用可能な帯域が存在するかどうかを判定する(ステップ113)。 Next, it is determined whether the available bandwidth enough to carry traffic to the shortest path looking exists (step 113).
利用可能な帯域としては、波長やタイムスロットがある。 The available bandwidth, wavelength or time slot. 波長を割り当てる場合には、fixed-order法やMax-Sum法などの波長割り当てアルゴリズムを用いる。 When assigning wavelengths using the wavelength assignment algorithm, such as fixed-order method and Max-Sum method.
ステップ113において、利用可能な帯域が存在しなければ、他にも上位レイヤパスが通る下位レイヤパスの経路があるかどうかを判定し(ステップ115)、ステップ115で上位レイヤパスが通る下位レイヤパスの他の経路がある場合には、次に最適な下位レイヤパスの最短経路を計算し(ステップ117)、ステップ113からの処理を繰り返す。 In step 113, if there is available bandwidth, to determine whether there is a path of lower layer path through which higher layer path to the other (step 115), other routes of lower layer path through which the upper layer path in step 115 If there has, the shortest path next best lower layer path calculated (step 117) and repeats the process from step 113.
また、ステップ115で、上位レイヤパスが通る下位レイヤパス他の経路がない場合には、このノード間を直接つなぐパスは存在しないので、対象パスを張ることを断念し(ステップ116)、次の上位レイヤを選択し(ステップ118)、次の上位レイヤパスを対象にしてステップ112からの処理を繰り返す。 Further, in step 115, if there is no lower layer path other path through the upper layer path, since the path connecting between the node directly does not exist, abandoned that span the target path (step 116), the next higher layer select (step 118), directed to the next higher layer path repeats the process from step 112.
一方、ステップ113で、帯域が存在していれば、上位レイヤの全パスに対して下位レイヤの最短経路を計算したかどうかを判定し(ステップ114)、全ての上位レイヤパスに対して計算が終了していなければ、次の上位レイヤを選択し(ステップ118)、次の上位レイヤパスを対象にしてステップ112からの処理を繰り返す。 On the other hand, in step 113, if the band is present, it is determined whether to calculate the shortest path of the lower layer with respect to the total path of the upper layer (step 114), is calculated for all of the upper layer path termination if not, select the next higher layer (step 118), directed to the next higher layer path repeats the process from step 112.
また、ステップ(114)において、全ての上位レイヤパスに対して下位レイヤパスの最短経路を計算したら、終了する。 Further, in step (114), when to calculate the shortest path of the lower layer paths to all higher layer path ends.
以上が上位レイヤパスを提供する下位レイヤのコネクション経路を決定する方法の詳細である。 The above is the details of the method for determining a connection path of the lower layer to provide an upper layer path. この時、MILP(Mixed Integer Linear Program)法を用いて同様な計算をしても良い。 At this time, it may be the same calculation using the MILP (Mixed Integer Linear Program) method.

次に、下位レイヤの任意のリンクが切断した場合でも、上位レイヤのルーターの接続が保障されるようなパス設計のアルゴリズムについて説明する。 Then, even if any link in the lower layer is disconnected, to describe the path design of the algorithm as guaranteed connections of the upper layer router.
図6は、このアルゴリズムを説明するためのフローチャートである。 Figure 6 is a flow chart for explaining the algorithm.
先ず、図5で説明した方法で、上位、下位レイヤトポロジーが完成した後に、下位レイヤのリンクに順番をつける(ステップ121)。 First, the method described in FIG. 5, the upper, after the lower layer topology is completed, put the order link the lower layer (step 121).
この順番は、パスを確立する以前に予め手動で割り振っていても良い。 This order may be allocated in advance manually before to establish a path.
この順番に従って、該下位レイヤのリンクを使用している下位レイヤのパスを調べ、それらのパスを削除した下位レイヤトポロジーを作成する(ステップ122)。 In accordance with this order, determine the path of the lower layer using the link of the lower level layer, creating a lower layer topology remove them pass (step 122).
この時、ネットワークから孤立するノードが存在するかどうかを判定し(ステップ123)、ステップ123でネットワークから孤立するノードが存在しない場合には、次の下位レイヤのリンクを選択し(ステップ129)、次の下位レイヤのリンクを対象としてステップ122からの処理を繰り返す。 At this time, it is determined whether the node to be isolated from the network is present (step 123), if the node isolated from the network does not exist in step 123, select the link of the next lower layer (step 129), the process is repeated from step 122 as the target link of the next lower layer.
ここで、ネットワークから孤立したノードとは、同じ上位レイヤネットワーク内にある他のノードと、トラフィックをやり取りするための上位レイヤパスを1本も持たないノードのことを言う。 Here, the isolated node from the network, the other nodes in the same higher layer network refers to a node that does not have even a single upper layer paths for exchanging traffic.

ネットワークから孤立するノードが存在する場合には、該下位レイヤのリンクを除外した下位レイヤトポロジーを作成し、それを元に孤立しているノードとその他のノードを接続する下位レイヤパスが存在するかどうかを判定し(ステップ124)、ステップ124で孤立しているノードをネットワークに接続できるものが存在しない場合(即ち、適当なパスが発見できない場合)には、該物理リンクに対するネットワークの接続性は保障されないまま、次の下位レイヤのリンクを選択し(ステップ129)、次の下位レイヤのリンクを対象としてステップ122からの処理を繰り返す。 If the node to be isolated from the network is present, whether to create a lower layer topology that excludes the link of the lower level layer, the lower layer path is present for connecting nodes and other nodes are isolated based on its determines (step 124), if those nodes that are isolated can be connected to the network does not exist in step 124 (i.e., if an appropriate path can not be found), the connectivity of the network for the physical link guarantees without being to select the link in the following lower layer (step 129), it repeats the process from step 122 as the target link of the next lower layer.
なお、このようなパスに対しては、計算の結果、ネットワークの接続性が保たれないことが分かった後に、新たに1+1のプロテクションパスを用意することで対処してもよい。 Incidentally, with respect to such a path, the result of the calculation, after it is found that network connectivity is not maintained, it may be addressed by providing a new 1 + 1 protection paths.
ステップ124で、孤立しているノードとその他のノードを接続する下位レイヤパスが存在する場合には、下位レイヤパスとしては、一番コストの低いものでも良いし、一番初めに見つけたものでもよい。 In step 124, if the lower layer path connecting nodes and other nodes are isolated are present, the lower layer path, may be one the most cost low, may be those found in the very first.
ステップ124で、孤立しているノードとその他のノードを接続する下位レイヤパスが存在する場合には、その下位レイヤ経路(物理リンク)に利用可能な帯域が存在するかどうかを判定する(ステップ125)。 In step 124, when there is a lower layer path connecting nodes and other nodes are isolated determines whether there is available bandwidth on the lower layer path (physical link) (step 125) .
波長リソースがあるかどうか調べる場合には、fixed-order法やMax-Sum法などの波長割り当てアルゴリズムを用いる。 In examining whether there is a wavelength resource, using the wavelength assignment algorithm, such as fixed-order method and Max-Sum method.

ステップ125で、当該下位レイヤ経路に利用可能な帯域が存在しない場合、他の下位レイヤ経路が存在するか否かを調べ(ステップ130)、ステップ130で他の下位レイヤ経路が存在する場合には、ステップ125に戻り、同様に利用可能な帯域が存在するかどうかを調べる。 In step 125, if the available bandwidth to the lower layer path does not exist, it is checked whether another lower layer path exists (step 130), when the other lower layer path in step 130 is present , the process returns to step 125 to check whether Likewise available bandwidth exists.
ステップ125で、該下位レイヤ経路の帯域が存在せず、ステップ130で他には下位レイヤ経路がない場合は、該物理リンクに対するネットワークの接続性は保障されないまま、次の下位レイヤのリンクを選択し(ステップ129)、次の下位レイヤのリンクを対象としてステップ122からの処理を繰り返す。 In step 125, there is no band of the lower level layer Path, if there is no lower layer path to the other in step 130, while network connectivity is not guaranteed for the physical links, select the link of the next lower layer (step 129), it repeats the process from step 122 as the target link of the next lower layer.
このようなパスに対しては、計算の結果、ネットワークの接続性が保たれないことが分かった後に、新たに1+1のプロテクションパスを用意することで対処してもよい。 For such paths, the result of the calculation, after it is found that network connectivity is not maintained, it may be addressed by providing a new 1 + 1 protection paths.
ステップ125で、利用可能な帯域が存在する場合には、該上位レイヤパスの下位レイヤ経路を変更するか、もとの経路を残しておきながら新しい経路を1+1プロテクションパスとして用意しておき、ステップ122のトポロジーに追加する(ステップ126)。 In step 125, if the available bandwidth is present, change the lower layer path said upper layer path prepares a new route while leave the original route as 1 + 1 protection path, step 122 Add to the topology (step 126).
この時、経路変更の要因となった下位レイヤリンクを記憶しておき、以後同パスが経路変更の対象となった場合に該下位レイヤリンクを使用しないように計算しても良い。 At this time, it stores the lower layer link that caused the route change, may be calculated so as not to use the lower level layer link in the case where the path has become the target of the route change thereafter.
ステップ122で作成した下位レイヤパストポロジーにステップ126で追加したパスを加えた下位レイヤパストポロジーを作成し、このトポロジーを元に、ネットワークから孤立するノードが存在するかどうか判定し(ステップ127)、まだ孤立するノードが存在する場合には、他の下位レイヤ経路が存在するか否かを調べる(ステップ130)。 Create a lower layer path topology plus the added path in step 126 to a lower layer path topology created in step 122, based on this topology, it determines whether the node to be isolated from the network is present (step 127), If there is a node that already isolated checks whether another lower layer paths exist (step 130).
ステップ127で、ネットワークから孤立するノードが存在しない場合には、下位レイヤの全リンク、又は調べるべき特定のリンクに対して上記の計算を行ったかどうかを判定し(ステップ128)、ステップ128でまだ考慮していない下位レイヤリンクが存在すれば、次の下位レイヤのリンクを対象としてステップ122からの処理を繰り返す。 In step 127, if the node isolated from the network does not exist, determines whether or not subjected to the above calculations for all the links or a particular link to be examined, the lower layer (step 128), still in step 128 if there is a lower layer links is not considered, the process is repeated from step 122 as the target link of the next lower layer.
また、ステップ128で全ての物理レイヤリンクを考慮していれば、終了する。 Also, if taking into account all of the physical layer link in step 128 and ends.
以上がアルゴリズムの詳細である。 The above is the details of the algorithm.

なお、前述の経路計算方法は、コンピュータに実行させることも可能であり、その場合には、コンピュータ内のハードディスクなどに格納される経路計算プログラムを、コンピュータが実行することにより行われる。 Incidentally, the route calculation method described above, it is also possible to be executed by a computer, in which case, the route calculation program stored in a hard disk in the computer, is performed by a computer executing.
この経路計算プログラムは、CD−ROMなどの記録媒体、あるいは、インターネット等のネットワークや電話回線等の通信回線のように情報を伝送する機能を有する伝送媒体により供給される。 The route calculation program, a recording medium such as a CD-ROM, or supplied by a transmission medium having a function of transmitting information, such as a communication line such as a network or a telephone line such as the Internet.
また、この経路計算プログラムは、上述した処理の一部を実現するためのものであってもよい。 Also, the route calculation program may be one for implementing part of the above-described processing. さらに、上述した処理を別の装置に既に記録されているプログラムとの組み合わせで実現できるもの、いわゆる差分ファイル(差分プログラム)であってもよい。 Furthermore, what can be achieved in combination with a program already recorded in another device the above processing, it may be a differential file (differential program).
このように、本実施例によれば、上位レイヤのパスが下位レイヤのパスに収容され、上位レイヤと下位レイヤの連携を取るネットワークにおいて、上位レイヤの所定の情報に基づき上位レイヤのパスを確立し、引き続き、任意の下位レイヤのリンクに障害が起きた場合でも上位レイヤの接続性が保たれるように必要があれば経路の再計算を行うため、帯域利用効率がよく、下位レイヤで障害が発生した場合に上位レイヤで再ルーティングを行うことで障害復旧を行うことができるという信頼性の高い経路設計が可能である。 Thus, according to this embodiment, the path of the upper layer is received in the path of the lower layer, in a network to take the cooperation of the upper and lower layers, establishes a path for the upper layer based on predetermined information of the upper layer and, subsequently, for performing any route recalculation, if necessary as a link lower layer failure is maintained connectivity of the upper layer even if that happened, the bandwidth utilization efficiency is good, failure lower layer There is possible a high path design reliability that can perform failure recovery by performing rerouting upper layer in the event of.
なお、本実施例では、上位レイヤ、下位レイヤ共に障害復旧機能を持つものとする。 In the present embodiment, it is assumed to have the upper layer, a disaster recovery to a lower layer both. この方法により、経済的かつエンドユーザーが障害を気にせず、ネットワークを使用し続けることができるようなネットワークが実現できる。 In this way, economical and end users without worrying about failure, network like can continue using the network can be realized.

[実施例2] [Example 2]
前述の実施例1では、複数ユーザーが収容されているネットワークに対して、前述の経路計算方法、経路計算プログラムを適用していた。 In Example 1 described above, the network where multiple users are accommodated, has been applied route calculation method described above, the route calculation program.
この経路計算方法は、ネットワーク内のノードが全て同じグループに属する場合にも適用可能である。 The route calculation method is also applicable when a node in the network are all in the same group. この場合に、経路計算制御装置10は図7に示すような構成となる。 In this case, the path calculation control unit 10 is constructed as shown in FIG.
図7に示すように、本実施例の経路計算制御装置10は、経路計算部11と、パス情報記憶部12と、ルーティング情報記憶部13と、上位レイヤ情報記憶部15と、パス情報制御部16と、外部装置との制御インターフェース17と、ルーティング情報制御部18とを備える。 As shown in FIG. 7, the route calculation control device 10 of the present embodiment, the route calculation unit 11, a path information storage unit 12, a routing information storage unit 13, and the upper-layer information storage unit 15, the path information control unit It includes a 16, a control interface 17 with an external device, and a routing information control unit 18.
各部の機能や、上述したアルゴリズムを実施するのに必要な情報が機能ブロックにどのように対応しているかを、図8の表に示す。 Each unit function or, if the information necessary to implement the algorithm described above corresponds to what the functional blocks, shown in the table of FIG. 8.

(1)経路計算部11は、ネットワークのパス計算を行う。 (1) route calculating unit 11 performs the path calculation network.
(2)パス情報記憶部12は、ネットワーク内の上位/下位レイヤのパス情報、上位レイヤのパスが使用している下位レイヤリンク情報、上位レイヤのパスのトラフィック情報を収集し、格納する。 (2) the path information storage unit 12 collects the path information of the upper / lower layers in the network, the lower layer link information paths upper layer is using the traffic information of the path of the upper layer is stored.
(3)ルーティング情報記憶部13は、上位/下位レイヤのトポロジー情報や、リンクコスト・残余帯域情報を格納する。 (3) routing information storage unit 13, and topology information of the upper / lower layer, and stores a link cost residual bandwidth information.
(4)上位レイヤ情報記憶部15は、パス情報記憶部とメンバーシップ情報記憶部の情報から、ユーザー毎の上位レイヤ情報を作成し、内部のデータベース151に格納する。 (4) upper-layer information storage unit 15, from the information in the path information storage section and the membership information storage unit, to create a higher layer information for each user is stored in internal database 151.
(5)パス情報制御部16は、上位レイヤ、下位レイヤのパス確立の流れを制御する。 (5) the path information control unit 16 controls the upper layer, the flow path established in the lower layer.
(6)外部装置との制御インターフェース17は、パス確立・解除の命令、それに伴う情報を外部装置(ここでは、ルーター)に送出する。 Control interface 17 and (6) the external device, the path establishment and release of the instruction, the external device (here, a router) information associated with it is sent to.
(7)ルーティング情報制御部18は、ネットワーク内のリンクにコストをつけるための情報を収集し、経路計算に必要なリンクコスト情報をルーティング情報記憶部13に伝える。 (7) the routing information control unit 18 collects information for applying the cost to the link in the network, transmit a link cost information necessary for route computation to the routing information storage unit 13.
本実施例のように、扱うユーザーグループを1つのみにすることで、前述の実施例1の経路計算制御装置10のメンバーシップ情報記憶部14が不要になり、また複数必要であった上位レイヤ情報記憶部15のデータベース151が1つで済むので、実装を簡素化することが可能である。 As in this embodiment, by a user group to be handled in only one upper layer membership information storage unit 14 of the route calculation control unit 10 of the first embodiment described above is not required, also a plurality necessary since the database 151 of the information storage unit 15 requires only one, it is possible to simplify the implementation.

[実施例3] [Example 3]
前述の実施例1、実施例2では、経路計算制御装置10は、ネットワーク内の各ノードを一括して集中的に管理・制御する目的で専用に使用される。 Example 1 described above, in Example 2, the route calculation control unit 10, is used exclusively for the purpose of centralized management and control of each node in the network collectively.
本実施例では、経路計算制御装置10は、各ルーターの内部に配置した実施例である。 In this embodiment, the route calculation control unit 10 is an embodiment example in which the interior of each router.
図9は、本実施例のネットワークの概念図であり、同図に示すように、本実施例では、ルーター(A2,B2,C2,D2)は経路計算機能付きのルーターとされる。 Figure 9 is a conceptual diagram of a network of this embodiment, as shown in the figure, in this embodiment, a router (A2, B2, C2, D2) is a router with a route calculation function.
このように、本実施例では、経路計算制御装置は、各ルーター(A2,B2,C2,D2)の内部に配置され、ネットワーク内の各ノードに付属してノードを管理・制御する。 Thus, in the present embodiment, the route calculation control unit is disposed within each router (A2, B2, C2, D2), manages and controls the nodes included with each node in the network.
本実施例において、経路計算方法、経路計算制御装置10は、実施例1、実施例2と同様のものを使用することが可能であり、同様に、本実施例の経路計算方法は、経路計算プログラムにより、コンピュータに実行させることも可能である。 In the present embodiment, the route calculation method, the path calculation control unit 10, Example 1, it is possible to use the same as in Example 2, similarly, the route calculation method of this embodiment, the route calculation the program, it is also possible to execute the computer.
以上、本発明者によってなされた発明を、前記実施例に基づき具体的に説明したが、本発明は、前記実施例に限定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲において種々変更可能であることは勿論である。 Although the invention made by the present inventors has been concretely described based on the embodiments, the present invention, the present invention is not limited to the embodiments, and various modifications are possible within a scope not departing from the gist thereof it is a matter of course.

本発明の実施例1の経路計算制御装置が適用されるネットワークの概念図である。 Is a conceptual diagram of a network path calculation control device is applied in the first embodiment of the present invention. 本発明の実施例1の経路計算制御装置の概略構成を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a schematic configuration of a path calculation control device of the first embodiment of the present invention. 本発明の実施例1の経路計算制御装置における各部の扱う情報や、各部の機能を説明する図である。 Information and handled by each unit in the route calculation control device of the first embodiment of the present invention, is a diagram for explaining the function of each part. 本発明の実施例1の経路計算方法を説明するためのフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a path calculating method of Example 1 of the present invention. 本発明の実施例1の経路計算方法において、上位レイヤの所定の情報を収集した後に、上位、下位各レイヤのパス経路を決定するアルゴリズムを説明するためのフローチャートである。 In route calculation method of Example 1 of the present invention, after collecting the predetermined information of the upper layer is a flowchart illustrating an algorithm for determining the upper, the path route of the lower individual layers. 本発明の実施例1の経路計算方法において、下位レイヤの任意のリンクが切断した場合でも、上位レイヤのルーターの接続が保障されるようなパス設計のアルゴリズムを説明するためのフローチャートである。 In route calculation method of Example 1 of the present invention, it is a flowchart for explaining the path design algorithm such as even when any link lower layer is disconnected, the connection of the upper layer router is ensured. 本発明の実施例2の経路計算制御装置の概略構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing a schematic configuration of a path calculation control apparatus according to a second embodiment of the present invention. 本発明の実施例2の経路計算制御装置における各部の扱う情報や、各部の機能を説明する図である。 Information and handled by each unit in the route calculation control device of Example 2 of the present invention, is a diagram for explaining the function of each part. 本発明の実施例3の経路計算制御装置が適用されるネットワークの概念図である。 Is a conceptual diagram of a network path calculation control device is applied in the third embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 経路計算制御装置 11 経路計算部 12 パス情報記憶部 13 ルーティング情報記憶部 14 メンバーシップ情報記憶部 15 上位レイヤ情報記憶部 16 パス情報制御部 17 外部装置との制御インターフェース 18 ルーティング情報制御部18 10 route calculation control unit 11 route calculation unit 12 path information storage unit 13 the routing information storage unit 14 membership information storage unit 15 upper-layer information storage unit 16 the path information control section 17 controls interface with an external device 18 routing information control unit 18
151 データベース A1,B1,C1,D1 スイッチ A2,B2,C2,D2 ルーター 151 database A1, B1, C1, D1 switches A2, B2, C2, D2 router


Claims (20)

  1. 自ネットワークより相対的に下位に位置するネットワークに収容されるコネクションレス型またはコネクション型ネットワークを上位レイヤ、自ネットワークより相対的に上位に位置するネットワークを収容するコネクション型ネットワークを下位レイヤとするとき、上位レイヤと下位レイヤが存在し、下位レイヤのスイッチと接続される上位レイヤのルーターが少なくとも2つ有するネットワークであって、当該ネットワーク内に同じグループに属するユーザーとのみトラフィックをやり取りして、他のグループに属するユーザーとはトラフィックのやり取りを行わないと定義されたユーザーグループが少なくとも1個存在するネットワークにおける、同じユーザーグループに属するユーザー間のみでパス設計を行う経路計算方法であって When connectionless or connection-oriented network upper layer is accommodated in the network which is located relatively lower than its own network, the connection-oriented network that accommodates a network located relatively higher than its own network and the lower layer, there are upper and lower layers, a router of the upper layer which is connected to the switch of the lower layer is at least two with the network, by exchanging only traffic between users belonging to the same group in the network, other the users belonging to the group a route calculation method for performing path design only between users who belong in a network user group defined not to perform exchange of traffic exists at least one, the same user group
    上位レイヤの所定の情報に基づき、どのノード間に下位レイヤのパスを確立するかを決定し、下位レイヤトポロジーを決定するステップ1と、 Based on predetermined information of the upper layer, to determine whether to establish a path of lower layers between which nodes the step 1 of determining a lower layer topology,
    前記ステップ1で決定した下位レイヤパスに上位レイヤのパスを収容し、上位レイヤのトポロジーを決定するステップ2と、 Accommodate the path of the upper layer to the lower layer path determined in the step 1, and step 2 of determining the topology of the upper layer,
    任意の下位レイヤリンクに障害が起きた場合でも上位レイヤの接続が保たれるかどうかを下位レイヤリンクに対して調べるステップ3とを備えることを特徴とする経路計算方法。 Route calculation method characterized by comprising the steps 3 to check whether the connection of the upper layer even if a failure occurs in any of the lower layer link is maintained for the lower layer link.
  2. 前記ユーザーグループがネットワーク内に1つのみ存在する場合に、前記ユーザーグループ内の全ユーザーにおける上位レイヤの所定の情報を収集しパス設定を行うことを特徴とする請求項1に記載の経路計算方法。 When said user group there is only one in the network, the route calculation method according to claim 1, characterized in that the collected path setting predetermined information of the upper layer in the all users in the user group .
  3. 前記下位レイヤは、波長やTDMのコネクション型ネットワークを含み、 The lower layer comprises a connection-oriented network wavelength and TDM,
    前記上位レイヤは、MPLSのコネクション型ネットワークを含むことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の経路計算方法。 The upper layer, the route calculation method according to claim 1 or claim 2, characterized in that it comprises a MPLS connection-oriented network.
  4. 前記下位レイヤは、波長やTDMのコネクション型ネットワークを含み、 The lower layer comprises a connection-oriented network wavelength and TDM,
    前記上位レイヤは、パケットネットワークのコネクションレス型ネットワークを含むことを特徴とする請求項1または請求項2に記載の経路計算方法。 The upper layer, the route calculation method according to claim 1 or claim 2, characterized in that it comprises a connectionless network packet networks.
  5. 下位レイヤで障害が起きた場合に、上位と下位の両方のレイヤにおいて、それぞれのレイヤで可能な復旧方法によってその障害に対処し、上位レイヤが確実に復旧することができるようなパス設定を行うことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載の経路計算方法。 If the lower-layer fails, the upper and lower both layers, deal with the failure by the recovery method capable in each layer, performing the path set that can be the upper layer is recovered reliably route calculation method according to any one of claims 1 to 4, characterized in that.
  6. 下位レイヤで障害が起きた場合に、上位レイヤのみで可能な復旧方法によってその障害に対処し、上位レイヤが確実に復旧することができるようなパス設定を行うことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれか1項に記載の経路計算方法。 If the lower-layer fails to address the failure by the recovery process possible only at the upper layer, claims 1, characterized in that setting up a path that can be the upper layer is recovered reliably route calculation method according to any one of claims 4.
  7. 前記上位レイヤの情報は、トラフィックマトリクスであることを特徴とする請求項1ないし請求項6のいずれか1項に記載の経路計算方法。 Information of the upper layer, the route calculation method according to any one of claims 1 to 6, characterized in that a traffic matrix.
  8. 前記上位レイヤの情報は、将来のトラフィック需要予測であることを特徴とする請求項1ないし請求項6のいずれか1項に記載の経路計算方法。 Information of the upper layer, the route calculation method according to any one of claims 1 to 6 characterized in that it is a future traffic demand forecasts.
  9. 前記上位レイヤの情報は、リンクコストであり、 Information of the upper layer is a link cost,
    前記リンクコストの基準となる条件として、上位レイヤのパスが同じ下位レイヤリンクを用いないように考慮してパス設計を行うことを特徴とする請求項1ないし請求項6のいずれか1項に記載の経路計算方法。 As a condition to be a reference of the link cost, according to any one of claims 1 to 6 paths upper layer and performing considered to pass designed not using the same lower layer link route calculation method.
  10. 前記ステップ3において、任意の下位レイヤリンクに障害が起きた場合でも上位レイヤの接続が保たれるかどうかを下位レイヤリンクに対して調べる際に、全ての下位レイヤ物理リンクに対して行うことを特徴とする請求項1ないし請求項9のいずれか1項に記載の経路計算方法。 In step 3, when examining whether the connection of the upper layer even if a failure occurs in any of the lower layer link is maintained for the lower layer link, to be performed for all the lower layer physical links route calculation method according to any one of claims 1 to 9, characterized.
  11. 前記ステップ3において、任意の下位レイヤリンクに障害が起きた場合でも上位レイヤの接続が保たれるかどうかを下位レイヤリンクに対して調べる際に、特定の物理リンクに対してのみ行うことを特徴とする請求項1ないし請求項9のいずれか1項に記載の経路計算方法。 In step 3, when examining whether the connection of the upper layer even if a failure occurs in any of the lower layer link is maintained for the lower layer link, characterized in that only for certain physical link route calculation method according to any one of claims 1 to 9,.
  12. 前記ステップ3の後に、前記ステップ1ないし前記ステップ3により設定した下位レイヤパスを基にして、再度上位レイヤのパス設計を行い、遅延が最小化するようなパス設定を行うステップ4を有することを特徴とする請求項1ないし請求項11のいずれか1項に記載の経路計算方法。 Characterized after the step 3, based on the lower layer path is set in the step 1 to step 3 performs path design of the upper layer again, to have a step 4 for path setting such a delay is minimized route calculation method according to any one of claims 1 to 11 and.
  13. 前記請求項1ないし請求項12のいずれか1項に記載の経路計算方法を、コンピュータに実行させるための経路計算プログラム。 Claim 1 or the route calculation method according to any one of claims 12, route calculation program to be executed by a computer.
  14. 自ネットワークより相対的に下位に位置するネットワークに収容されるコネクションレス型またはコネクション型ネットワークを上位レイヤ、自ネットワークより相対的に上位に位置するネットワークを収容するコネクション型ネットワークを下位レイヤとするとき、上位レイヤと下位レイヤが存在し、下位レイヤのスイッチと接続される上位レイヤのルーターが少なくとも2つ有するネットワークであって、当該ネットワーク内に同じグループに属するユーザーとのみトラフィックをやり取りして、他のグループに属するユーザーとはトラフィックのやり取りを行わないと定義されたユーザーグループが少なくとも1個存在するネットワークにおける、同じユーザーグループに属するユーザー間のみでパス設計を行う経路計算制御装置であ When connectionless or connection-oriented network upper layer is accommodated in the network which is located relatively lower than its own network, the connection-oriented network that accommodates a network located relatively higher than its own network and the lower layer, there are upper and lower layers, a router of the upper layer which is connected to the switch of the lower layer is at least two with the network, by exchanging only traffic between users belonging to the same group in the network, other in a network user group to which the user a is defined not to perform exchange of traffic belonging to the group is present at least one route calculation controller der performing inter-user only path design belonging to the same user group て、 Te,
    ネットワークのパス計算を行う経路計算部と、 A route calculator for performing path computation in a network,
    ユーザー毎の上位レイヤ情報を記憶する上位レイヤ情報記憶部とを有し、 And an upper-layer information storage unit that stores the upper layer information for each user,
    前記経路計算部は、前記上位レイヤ情報記憶部に記憶された上位レイヤの所定の情報に基づき、どのノード間に下位レイヤのパスを確立するかを決定し、下位レイヤトポロジーを決定する手段1と、 The route calculation unit, based on said predetermined information of the upper upper layer stored in the layer information storage unit, determines whether to establish a path of lower layers between which nodes, a means 1 for determining the lower layer topology ,
    前記手段1で決定した下位レイヤパスに上位レイヤのパスを収容し、上位レイヤのトポロジーを決定する手段2と、 Accommodate the path of the upper layer to the lower layer path determined by said means 1, a means 2 for determining the topology of the upper layer,
    任意の下位レイヤリンクに障害が起きた場合でも上位レイヤの接続が保たれるかどうかを下位レイヤリンクに対して調べる手段3とを備えることを特徴とする経路計算制御装置。 Route calculation control device, characterized in that it comprises a means 3 for examining whether the connection of the upper layer even if a failure occurs in any of the lower layer link is maintained for the lower layer link.
  15. 前記上位レイヤの情報は、トラフィックマトリクスであることを特徴とする請求項14に記載の経路計算制御装置。 Information of the upper layer, the route calculation control apparatus according to claim 14, characterized in that the traffic matrix.
  16. 前記上位レイヤの情報は、将来のトラフィック需要予測であることを特徴とする請求項14に記載の経路計算制御装置。 Information of the upper layer, the route calculation control apparatus according to claim 14, which is a future traffic demand forecasts.
  17. 前記上位レイヤの情報は、リンクコストであり、 Information of the upper layer is a link cost,
    前記リンクコストの基準となる条件として、上位レイヤのパスが同じ下位レイヤリンクを用いないように考慮してパス設計を行うことを特徴とする請求項14に記載の経路計算制御装置。 Wherein as a condition for the link cost criteria, the route calculation control apparatus according to claim 14, the path of the upper layer and performs the path designed taking into account so as not to use the same lower layer links.
  18. 前記経路計算部は、前記手段1ないし前記手段3により設定した下位レイヤパスを基にして、再度上位レイヤのパス設計を行い、遅延が最小化するようなパス設定を行う手段4を有することを特徴とする請求項14ないし請求項17のいずれか1項に記載の経路計算制御装置。 The route calculation unit, characterized in that it has based on the lower layer path that is set by the means 1 to the means 3 performs the path design of the upper layer again, the means 4 for setting up a path that delay is minimized route calculation control device according to any one of claims 14 to 17,.
  19. 前記経路計算制御装置は、ネットワーク内の各ルーターと接続され、ネットワーク内の各ノードを一括して集中的に管理・制御することを特徴とする請求項14ないし請求項18のいずれか1項に記載の経路計算制御装置。 The route calculation control device is connected to each router in the network, to any one of claims 14 to 18 for each node in the network collectively characterized by centrally managing and controlling route calculation control apparatus according.
  20. 前記経路計算制御装置は、ネットワーク内の各ルーター内に配置され、ネットワーク内の各ノードに付属してノードを管理・制御することを特徴とする請求項14ないし請求項18のいずれか1項に記載の経路計算制御装置。 The route calculation control device, located in each router in the network, to any one of claims 14 to 18 provided with each node in the network, characterized in that manages and controls node route calculation control apparatus according.
JP2004028228A 2004-02-04 2004-02-04 Path calculation method, path calculation control apparatus, and path calculation program Pending JP2005223522A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004028228A JP2005223522A (en) 2004-02-04 2004-02-04 Path calculation method, path calculation control apparatus, and path calculation program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004028228A JP2005223522A (en) 2004-02-04 2004-02-04 Path calculation method, path calculation control apparatus, and path calculation program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005223522A true true JP2005223522A (en) 2005-08-18

Family

ID=34998834

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004028228A Pending JP2005223522A (en) 2004-02-04 2004-02-04 Path calculation method, path calculation control apparatus, and path calculation program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005223522A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008211551A (en) * 2007-02-27 2008-09-11 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Virtual network topology designing apparatus and virtual network topology design method
JP2013504227A (en) * 2009-09-02 2013-02-04 中興通訊股▲ふん▼有限公司 Method and apparatus for route search and wavelength assignment in an optical network
JP2013062628A (en) * 2011-09-12 2013-04-04 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Path rearrangement method and device
WO2014054691A1 (en) * 2012-10-03 2014-04-10 日本電気株式会社 Communication system, control apparatus, control method, and program
JP2015106858A (en) * 2013-11-29 2015-06-08 富士通株式会社 Tunnel management device, communication controller, tunnel management method and tunnel management program

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008211551A (en) * 2007-02-27 2008-09-11 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Virtual network topology designing apparatus and virtual network topology design method
JP4621220B2 (en) * 2007-02-27 2011-01-26 日本電信電話株式会社 Virtual topology design apparatus and virtual topology design method
JP2013504227A (en) * 2009-09-02 2013-02-04 中興通訊股▲ふん▼有限公司 Method and apparatus for route search and wavelength assignment in an optical network
US8977122B2 (en) 2009-09-02 2015-03-10 Zte Corporation Route search and wavelength allocation method in optical network and device thereof
JP2013062628A (en) * 2011-09-12 2013-04-04 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Path rearrangement method and device
WO2014054691A1 (en) * 2012-10-03 2014-04-10 日本電気株式会社 Communication system, control apparatus, control method, and program
JPWO2014054691A1 (en) * 2012-10-03 2016-08-25 日本電気株式会社 Communication system, control apparatus, control method, and program
US9906437B2 (en) 2012-10-03 2018-02-27 Nec Corporation Communication system, control apparatus, control method and program
JP2015106858A (en) * 2013-11-29 2015-06-08 富士通株式会社 Tunnel management device, communication controller, tunnel management method and tunnel management program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7218851B1 (en) Communication network design with wavelength converters
US7398321B2 (en) Segment protection scheme for a network
US20030065811A1 (en) Methods and apparatus for allocating working and protection bandwidth in a network
US20020191247A1 (en) Fast restoration in optical mesh network
US20090296719A1 (en) Method for Configuring an Optical Network
US20020181503A1 (en) Dynamic communication channel allocation method and system
Li et al. Efficient distributed restoration path selection for shared mesh restoration
Ellinas et al. Routing and restoration architectures in mesh optical networks
US20040004937A1 (en) Method, device and software for establishing protection paths on demand and revertive protection switching in a communications network
Fumagalli et al. IP restoration vs. WDM protection: Is there an optimal choice?
US20040208547A1 (en) QoS based protection of mesh-based intelligent optical networks
US7283741B2 (en) Optical reroutable redundancy scheme
US7113481B2 (en) Informed dynamic path protection for optical networks
Ye et al. On joint protection/restoration in IP-centric DWDM based optical transport networks
US20090304380A1 (en) Quality of service in an optical network
US7324453B2 (en) Constraint-based shortest path first method for dynamically switched optical transport networks
US20030198227A1 (en) Optical path communication network, node, and optical path setup method
US20110116790A1 (en) Wavelength path communication node apparatus, wavelength path communication control method, program, and recording medium
US20040186701A1 (en) Methods for co-modelling and analyzing packet networks operating over optical networks
Doverspike et al. Challenges for MPLS in optical network restoration
Chiu et al. Network design and architectures for highly dynamic next-generation IP-over-optical long distance networks
Mouftah et al. Optical networks: architecture and survivability
Maier et al. Optical network survivability: protection techniques in the WDM layer
US7168044B1 (en) Apparatus and method for automatic network connection provisioning
US20030169692A1 (en) System and method of fault restoration in communication networks

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060406

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080116

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080325

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080526

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080617