JP2005204797A - 発光飾り装置 - Google Patents

発光飾り装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2005204797A
JP2005204797A JP2004013148A JP2004013148A JP2005204797A JP 2005204797 A JP2005204797 A JP 2005204797A JP 2004013148 A JP2004013148 A JP 2004013148A JP 2004013148 A JP2004013148 A JP 2004013148A JP 2005204797 A JP2005204797 A JP 2005204797A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cover
light
light source
attached
source lamp
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004013148A
Other languages
English (en)
Inventor
Yukari Takahashi
由加理 高橋
Yosuke Ueda
陽介 上田
Original Assignee
Samii Kk
サミー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Samii Kk, サミー株式会社 filed Critical Samii Kk
Priority to JP2004013148A priority Critical patent/JP2005204797A/ja
Publication of JP2005204797A publication Critical patent/JP2005204797A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 簡単な構成により、光源ランプにLED等の点光源を用いても、効果的な電飾をなし得る発光飾り装置を提供する。
【解決手段】 パチンコ機PMの前面側に設けられて所定の遊技条件下で発光するように構成された発光飾り装置20であって、パチンコ機PMの前面側に設けられ、遊技中に所定の遊技条件下で点灯もしくは点滅する光源ランプ21と、光源ランプ21の前面側に取り付けられ、光透過性を有するカバー部材22と、カバー部材22において前面側及び裏面側の相対する位置に貼付され、光透過性及び光拡散性を有する1対のフィルム23(23a,23b)と、カバー部材22の前面側に貼付されたフィルム23aを覆うようにカバー部材22に取り付けられ、光透過性を有するレンズ部材24とを有して構成されている。
【選択図】 図2

Description

本発明は、パチンコ機に代表される弾球遊技機のように遊技球を用いて行われる遊技機や、スロットマシンのようにメダルを用いて行われる遊技機において、所定の遊技条件下で発光する発光飾り装置に関する。なお、これら遊技球、メダル等を総称して遊技媒体と称する。
例えば、パチンコ機は、遊技領域内に複数の入賞装置を備えた遊技盤と、遊技球を遊技領域内に発射する発射装置と、この発射装置から遊技球が入賞装置へ入賞したときに所定の数の賞品球を球皿に払い出す処理を行う球払い出し機構とを有して構成され、遊技者は発射装置を操作して遊技球を入賞装置に入賞させることを楽しむように構成されている。このように遊技を行っているときに、遊技者の興味を引きつけたり、遊技者を楽しませたり、遊技球が入賞装置に入賞したことを遊技者に知らせたりするため、パチンコ機にはLED等の光源ランプを用いた種々の発光飾り装置が遊技盤上に配設されている。
従来、このような発光飾り装置としては、遊技中に点灯もしくは点滅する光源ランプを遊技盤の前面側に設け、この光源ランプの上を覆うように遊技盤にカバー部材を取り付けて構成されているものがあり、その一例として、カバー部材の一部を縮み印刷により形成して光源ランプから発せられた光を散乱させるように構成されたものが開示されている(例えば、特許文献1を参照)。
特開2002−210091号公報
ところで、発光飾り装置に用いられる光源ランプは、LEDや豆ランプ等のいわゆる点光源であり、これらは発光面積が小さく、装飾性が乏しい。そこで、このような発光飾り装置において、遊技者の関心を引くような発光表示をするために、例えば、光源ランプやレンズ等の構成部品を増やすと、遊技盤上の配置(スペース)取りが困難になる、遊技盤の組み立て工数が多くなるといった問題があった。さらに、光源ランプを増やすと、多量の電力を消費する、光源ランプの交換作業が面倒である、といった問題があった。
本発明はこのような問題に鑑みたもので、簡単な構成により、光源ランプにLED等の点光源を用いても、効果的な電飾をなし得る発光飾り装置を提供することを目的としている。
このような目的達成のため、本発明は、所定の遊技媒体を用いて行われる遊技機において、前記遊技機の前面側に設けられて所定の遊技条件下で発光するように構成された発光飾り装置であって、前記遊技機の前面側に設けられ、遊技中に所定の遊技条件下で点灯もしくは点滅する光源ランプと、前記光源ランプの前面側に取り付けられ、光透過性を有するカバー部材と、前記カバー部材において前面側及び裏面側の相対する位置に貼付され、光透過性及び光拡散性を有する1対のフィルムと、前記カバー部材の前面側に貼付された前記フィルムを覆うように前記カバー部材に取り付けられ、光透過性を有するレンズ部材とを有して構成されている。
なお、前記レンズ部材は、前記光源ランプからの光の照射方向に向けて前記カバー部材から突出した球面形状を有し、中心部の厚さが周辺部の厚さよりも厚く構成されていることが好ましい。
また、前記カバー部材は、該カバー部材の前面側及び裏面側の相対する位置に凹部を有し、前記凹部の内壁の周囲径は、貼付される前記フィルムの外径寸法に対応するように形成され、前記フィルムは、前記凹部の内部に貼付されることが好ましい。
本発明は、光源ランプからの光を、カバー部材の両面に貼付された1対の光拡散性を有するフィルム及びレンズ部材を通過させることにより、光を十分に拡散して、レンズ部材全体を均等に光らせることができるように構成されている。これにより、本発明は、簡単な構成ながら、光源ランプにLED等の点光源を用いても、効果的な電飾をなし得る発光飾り装置を提供することが可能となる。
なお、カバー部材は、該カバー部材の全面にわたって光透過性を有してもよいし、一部だけあってもよい。すなわち、カバー部材においてフィルムを貼付する部分を光透過性部材で構成して、他の部分を光非透過性部材で構成するようにしてもよい。あるいは、カバー部材全体を光透過性部材で構成した上で、フィルムを貼付する部分以外を光非透過性部材で覆うように構成してもよい。
また、本発明では、前記レンズ部材は、前記光源ランプからの光の照射方向に向けて前記カバー部材から突出した球面形状を有し、中心部の厚さが周辺部の厚さよりも厚く構成されていることが好ましい。これにより、光源ランプの光をより十分に拡散させて、レンズ部材全体を均等に、且つ、柔らか味が感じられる発光表示が可能となる。
また、本発明では、前記カバー部材は、該カバー部材の前面側及び裏面側の相対する位置に凹部を有し、前記凹部の内壁の周囲径は、貼付される前記フィルムの外径寸法に対応するように形成され、前記フィルムは、前記凹部の内部に貼付されることが好ましい。これにより、フィルムを貼付する位置が明確となり、遊技盤の組み立て作業をより迅速且つ的確に行うことができる。
なお、上記のような本発明の発光飾り装置が用いられる遊技機としては、例えば、遊技領域内に複数の入賞装置を備えた遊技盤と、遊技球(遊技媒体)を遊技領域内に発射する発射装置と、この発射装置から発射された遊技球が入賞装置へ入賞したときに所定の数の賞品球を球皿に払い出す処理を行う球払い出し機構とを有して構成される弾球遊技機(パチンコ機)がある。
以下、図面を参照して本発明の好ましい実施形態について説明する。本発明に係る発光飾り装置を有してなるパチンコ機の一例を図4及び図5に示している。なお、図4はパチンコ機PMの全体正面図であり、図5はパチンコ機PMの遊技盤正面図である。
このパチンコ機PMには、外郭方形枠サイズに構成された縦向きの固定保持枠をなす外枠1の開口前面に、これに合わせた方形枠サイズに構成された前枠2が互いの正面左側に配設されたヒンジ機構3a、3bで横開き開閉及び着脱が可能に取り付けられ、正面右側に設けられた施錠装置4を利用して常には外枠1と係合された閉鎖状態に保持される。
この前枠2の各部に必要な遊技構成部材として、前枠2の前面域に合わせた方形状のガラス扉5、ガラス扉5の背後には前枠2と一体に繋がって前後二重枠形態に形成された方形枠サイズの収容枠(図示せず)、球受け皿7及び遊技球の発射操作を行う発射ハンドル8が取り付けられている。さらに、パチンコゲームを展開し得る遊技盤10が、収容枠の収容面域に対して水平姿勢・位置の縦向きで裏面側から着脱交換可能にセット保持されていて、前面の遊技領域11をガラス扉5の正面に臨ませている。一方、前枠2の裏側には、図示しない裏セット盤が装備されている。
遊技盤10は、収容枠の収容面域の内法に合わせた方形サイズで裏側から着脱されるようになっており、裏面の収容面域の周囲に配設された係合レバー(図示せず)により固定保持されるようになっている。遊技盤10の前面におけるレール15に囲まれて略円形の遊技領域11が区画形成され、遊技領域11には各種の遊技部品(液晶表示装置12や大小の入賞具13や発光飾り装置20と、図示しない多数本の遊技釘や風車とを含む)が取り付けられている。また、遊技領域11の下部には、いずれの入賞具13に入賞せずに落下した遊技球を遊技盤10の裏面側に排出させるアウト口16が設けられている。
その他の構成として、図示しないが、発射ハンドル8の回動操作に応じて遊技球を打ち出す遊技球の発射装置、球払出装置から払い出された遊技球のうち球受け皿7に排出しきれない遊技球を一時貯留する貯留ケース、遊技球の発射装置によって打ち出された遊技球のうち遊技領域11に到達できずに戻ってきたファール球を(貯留ケースを介して)球受け皿7に回収処理するファール球回収通路などが設けられている。
このパチンコ機PMの裏面側には裏セット盤が着脱可能に取り付けられている。裏セット盤には、遊技球を貯留する球貯留タンクや、遊技盤10における入賞状態に基づいて遊技球を払い出す球払出装置、球払出装置から払い出された遊技球を貯留ケースに導く払出通路などの賞球機構などが設けられている。さらに、裏セット盤には、遊技盤10の前面に配設された発光飾り装置20等におけるランプ類の点灯制御、液晶表示装置12の表示制御、賞品球の払い出し制御等を行うための制御基板が取り付けられている。
本例のパチンコ機PMにおいては発光飾り装置20に本発明を適用しており、この発光飾り装置20について図1〜図3,図5を参照して説明する。なお、図1は発光飾り装置20の正面図であり、図2(a)は発光飾り装置20を図1の矢印II−IIに沿って示す断面図であり、図2(b)は図2(a)におけるカバー部材22を拡大した断面図であり、図3は発光飾り装置20の構成を説明する斜視図である。但し、図2(b)では、カバー部材22の凹部22a,22bを明確にするために、両面に貼付されたフィルム23を鎖線にて示している。
発光飾り装置20は、図示しないが遊技領域11を形成する基板となるベニヤ板の開口領域に入り込むように取り付けられており、この開口領域に位置してカバー部材22の背面側に取り付けられているランプ取付基板17に実装された光源ランプ21と、光源ランプ21の前面側に配置され遊技盤10に取り付けられたカバー部材22と、カバー部材22において前面側及び裏面側の相対する位置に貼付された1対のフィルム23(23a,23b)と、カバー部材22の前面側に貼付されたフィルム23aを覆うようにカバー部材22に取り付けられたレンズ部材24と、レンズ部材24の前面側に配置されて(カバー部材22を介して)遊技盤10に取り付けられた飾り枠25とから構成されている。
光源ランプ21は、赤色に発光する赤色LED、緑色に発光する緑色LED及び青色に発光する青色LEDの3種類のLEDを内蔵し、それらの点灯状態を制御することによってカラー表示を行うことができる多色LED(発光ダイオード)から構成されている。
カバー部材22は、部材全体が光透過性を有する材料(例えば、ポリカーボネート)を用いて、該部材の表面におけるフィルム23を貼付する部分である凹部22a,22b以外を光非透過性部材(例えば、所定の図柄が描かれている熱転写フィルム)で覆うようにインモールド成形されて作られている。凹部22a,22bは、カバー部材22の略中央の前面側及び裏面側の相対する位置に設けられ、これら凹部22a,22bの内壁の周囲径は貼付されるフィルム23a,23bの外径寸法にそれぞれ対応するように形成されている。このような凹部22a,22bを設けることによって、カバー部材22へのフィルム23の貼付作業を効率良く行うことが可能となる。また、カバー部材22には、飾り枠25の取付部25pと嵌合する3個の取付孔22pと、レンズ部材24を取り付けるためのネジが挿通される2個のネジ孔22qとが形成されている。
フィルム23は、光透過性及び光拡散性を有するフィルムの表面に光拡散性のインクが塗布されたものであり、カバー部材22に形成された前面側の凹部22aの内部に貼付される前面側フィルム23aと裏面側の凹部22bの内部に貼付される裏面側フィルム23bとから構成されている。このように1対のフィルム23a,23bをカバー部材22の両面に貼付することにより、本発明は(カバー部材22の片面のみにフィルムを貼付する場合と比較して)光の拡散性を高めて、電飾効果を上げることを可能としている。
レンズ部材24は、光透過性を有する材料(例えば、アクリル)を用いて射出成形されて作られており、光源ランプ21からの光の照射方向に向けてカバー部材22から突出した球面形状を有して中心部の厚さが周辺部の厚さよりも厚く構成されているレンズ24aと、レンズ24aの下部左右から突出して略中央部にネジ穴を有する取付片24qとから構成されている(図2参照)。そして、係合片24aのネジ孔24qに挿通されてカバー部材22のネジ孔22qを貫くネジにより、レンズ部材24はカバー部材22の所定位置に固定される。
飾り枠25は、表面側に所定の図柄が設けられた熱転写フィルムを位置させて樹脂材料によりインモールド成形されて作られており、その表面は所望の曲面上の凹凸を有する形状をしている。また、飾り枠25には、円筒状になって後方に突出する3個の取付部25pが形成されており(図3参照)、この取付部25pをカバー部材22の取付孔22pに嵌合して遊技盤10にネジ止めすることにより、飾り枠25は(フィルム23及びレンズ部材24を有する)カバー部材22を介して遊技盤10の所定位置に固定される。なお、このとき、カバー部材22は、光源ランプ21から発せられた光をより多くレンズ部材24へ到達させるため、光源ランプ21から光の照射方向側に所定角度(例えば、15度)の傾斜を有して遊技盤10に取り付けられている。
このように構成された発光飾り装置20において、光源ランプ21から発せられた光は、カバー部材22の裏面側に貼付されたフィルム23b内に拡散し、カバー部材22の光透過性を有する部分を透過して、カバー部材22の前面側に貼付されたフィルム23a内に拡散し、さらに球面形状を有するレンズ部材24によって広範囲にわたって拡散して、レンズ部材24の表面全体を均等に発光表示することができる。その結果、本発明は、簡単な構成であるが、光源ランプ21にLED等の点光源を用いても、効果的な電飾をなし得る発光飾り装置20を提供することが可能となる。さらに、本発明は、レンズ部材24が中心部の厚さが周辺部の厚さよりも厚い球面形状を有しているため、光を十分に拡散させて、レンズ部材24全体において柔らか味が感じられる発光表示が可能となる。
なお、本発明は、上記実施形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲であれば適宜改良可能である。例えば、光源ランプ21において、上記実施形態では赤・緑・青のLEDからなる多色LEDを用いているが、多色LEDを構成するLEDの色の組み合わせはこれに限定されるものではない。また、光源ランプ21には、多色LEDではなく単色LEDを用いてもよい。また、光源ランプ21には、LEDではなく、豆ランプ等を使用することも可能である。さらに、光源ランプ21には、複数のランプを配置することも可能である。また、飾り枠25とレンズ部材24との間に光透過性部材(例えば、透明樹脂製の埃よけ用のカバー等)を配置することも可能である。
本発明に係る発光飾り装置の正面図である。 本発明に係る発光飾り装置を図1の矢印II−IIに沿って示す断面図である。 本発明に係る発光飾り装置の構成を説明する斜視図である。 本発明に係る発光飾り装置を有したパチンコ機の正面図である。 本発明に係る発光飾り装置を有したパチンコ機の遊技盤前面を示す正面図である。
符号の説明
PM パチンコ機(遊技機)
1 外枠
2 前枠
3a,3b ヒンジ機構
4 施錠装置
5 ガラス扉
7 球受け皿
8 発射ハンドル
10 遊技盤
11 遊技領域
12 液晶表示装置
13 入賞具
15 レール
16 アウト口
17 ランプ取付基板
20 発光飾り装置
21 光源ランプ
22 カバー部材
23 フィルム
24 レンズ部材
25 飾り枠

Claims (3)

  1. 所定の遊技媒体を用いて行われる遊技機において、前記遊技機の前面側に設けられて所定の遊技条件下で発光するように構成された発光飾り装置であって、
    前記遊技機の前面側に設けられ、遊技中に所定の遊技条件下で点灯もしくは点滅する光源ランプと、
    前記光源ランプの前面側に取り付けられ、光透過性を有するカバー部材と、
    前記カバー部材において前面側及び裏面側の相対する位置に貼付され、光透過性及び光拡散性を有する1対のフィルムと、
    前記カバー部材の前面側に貼付された前記フィルムを覆うように前記カバー部材に取り付けられ、光透過性を有するレンズ部材とを有して構成されていることを特徴とする発光飾り装置。
  2. 前記レンズ部材は、前記光源ランプからの光の照射方向に向けて前記カバー部材から突出した球面形状を有し、中心部の厚さが周辺部の厚さよりも厚く構成されていることを特徴とする請求項1に記載の発光飾り装置。
  3. 前記カバー部材は、該カバー部材の前面側及び裏面側の相対する位置に凹部を有し、
    前記凹部の内壁の周囲径は、貼付される前記フィルムの外径寸法に対応するように形成され、
    前記フィルムは、前記凹部の内部に貼付されることを特徴とする請求項1又は2に記載の発光飾り装置。
JP2004013148A 2004-01-21 2004-01-21 発光飾り装置 Pending JP2005204797A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004013148A JP2005204797A (ja) 2004-01-21 2004-01-21 発光飾り装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004013148A JP2005204797A (ja) 2004-01-21 2004-01-21 発光飾り装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005204797A true JP2005204797A (ja) 2005-08-04

Family

ID=34899318

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004013148A Pending JP2005204797A (ja) 2004-01-21 2004-01-21 発光飾り装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005204797A (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008167878A (ja) * 2007-01-10 2008-07-24 Kyoraku Sangyo Kk 装飾装置、電飾ユニット、電飾装置、遊技盤及びパチンコ遊技機
JP2009050637A (ja) * 2007-08-29 2009-03-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機の電飾装置
JP2009268551A (ja) * 2008-05-01 2009-11-19 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2010069148A (ja) * 2008-09-19 2010-04-02 Newgin Co Ltd 遊技機の可動演出装置
JP2012002857A (ja) * 2010-06-14 2012-01-05 Kyoraku Sangyo Kk イルミネーションユニット、遊技盤ユニット、及びパチンコ遊技機
JP2012135401A (ja) * 2010-12-27 2012-07-19 Sammy Corp 演出ユニット及び遊技機
JP2013176580A (ja) * 2013-04-26 2013-09-09 Universal Entertainment Corp 遊技機
JP2013255754A (ja) * 2012-06-14 2013-12-26 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技部材、およびそれを備えた遊技機

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01167285U (ja) * 1988-05-16 1989-11-24
JPH09103542A (ja) * 1995-10-12 1997-04-22 Heiwa Corp 遊技機の電飾装置
JP2001137436A (ja) * 1999-11-16 2001-05-22 Takeya Co Ltd 発光表示装置
JP2003310873A (ja) * 2002-04-25 2003-11-05 Santekkusu:Kk 遊技機の装飾体

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01167285U (ja) * 1988-05-16 1989-11-24
JPH09103542A (ja) * 1995-10-12 1997-04-22 Heiwa Corp 遊技機の電飾装置
JP2001137436A (ja) * 1999-11-16 2001-05-22 Takeya Co Ltd 発光表示装置
JP2003310873A (ja) * 2002-04-25 2003-11-05 Santekkusu:Kk 遊技機の装飾体

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008167878A (ja) * 2007-01-10 2008-07-24 Kyoraku Sangyo Kk 装飾装置、電飾ユニット、電飾装置、遊技盤及びパチンコ遊技機
JP2009050637A (ja) * 2007-08-29 2009-03-12 Kyoraku Sangyo Kk 遊技機の電飾装置
JP4733087B2 (ja) * 2007-08-29 2011-07-27 京楽産業.株式会社 遊技機の電飾装置
JP2009268551A (ja) * 2008-05-01 2009-11-19 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2010069148A (ja) * 2008-09-19 2010-04-02 Newgin Co Ltd 遊技機の可動演出装置
JP2012002857A (ja) * 2010-06-14 2012-01-05 Kyoraku Sangyo Kk イルミネーションユニット、遊技盤ユニット、及びパチンコ遊技機
JP2012135401A (ja) * 2010-12-27 2012-07-19 Sammy Corp 演出ユニット及び遊技機
JP2013255754A (ja) * 2012-06-14 2013-12-26 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技部材、およびそれを備えた遊技機
JP2013176580A (ja) * 2013-04-26 2013-09-09 Universal Entertainment Corp 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005204797A (ja) 発光飾り装置
JP2008250067A (ja) 電気装飾装置
JP2006288599A (ja) 遊技機における装飾表示装置
JP5878801B2 (ja) 遊技機
JP2006136535A (ja) 遊技機
JP4803585B2 (ja) 弾球遊技機の電飾装置
JP2007054481A (ja) 装飾装置及び遊技機
JP4901361B2 (ja) 電飾装置
JP2005087356A (ja) パチンコ機
JP2007267891A (ja) 遊技機用の電飾装置
JP4729597B2 (ja) 弾球遊技機
JP2006288596A (ja) 遊技機における装飾表示装置
JP5228302B2 (ja) 遊技機
JP2007267892A (ja) 遊技機用の電飾装置
JP6181024B2 (ja) 遊技機
JP4294636B2 (ja) 遊技機
JP6263101B2 (ja) 遊技機
JP2017164402A (ja) 遊技機
JP6773315B2 (ja) 遊技機
JP2006288597A (ja) 遊技機における装飾表示装置
JP2002301206A (ja) 発光飾り装置
JP5660427B2 (ja) 遊技機用照明装置及び遊技機
JP2008295830A (ja) 遊技機
JP4272637B2 (ja) スロットマシン
JP2006288598A (ja) 遊技機における装飾表示装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070117

A977 Report on retrieval

Effective date: 20091029

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20091030

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Effective date: 20100312

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02