JP2005190315A - アカウント情報管理装置および方法 - Google Patents

アカウント情報管理装置および方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2005190315A
JP2005190315A JP2003432806A JP2003432806A JP2005190315A JP 2005190315 A JP2005190315 A JP 2005190315A JP 2003432806 A JP2003432806 A JP 2003432806A JP 2003432806 A JP2003432806 A JP 2003432806A JP 2005190315 A JP2005190315 A JP 2005190315A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
account information
device
user
driver
client
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003432806A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2005190315A5 (ja
Inventor
Masatake Iwata
正武 岩田
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, 富士ゼロックス株式会社 filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP2003432806A priority Critical patent/JP2005190315A/ja
Publication of JP2005190315A5 publication Critical patent/JP2005190315A5/ja
Publication of JP2005190315A publication Critical patent/JP2005190315A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】ユーザおよび管理者の作業を軽減するとともに、間違った設定や設定漏れによるトラブルを解消することが可能なアカウント情報管理装置および方法を提供する。
【解決手段】アカウント情報管理装置がユーザのアカウント情報を管理するとともに、デバイスに記憶保持されているアカウント情報リストを管理し、クライアントにアカウント情報が設定されているデバイスドライバを提供する。ユーザは提供された自分のアカウント情報が設定されたデバイスドライバを使用することで、デバイス−クライアント間の煩雑な認証処理を行う必要がなくなる。
【選択図】図3

Description

本発明は、アカウント情報管理装置、方法およびプログラムに関し、特に、ネットワークを介してクライアントとデバイスとが接続され、クライアントからのデバイスの利用をアカウント情報毎に制限するアカウント情報管理装置および方法に関する。

近年、LAN(Local Area Network)等のネットワーク化が進み、ネットワークを介してPC(Personal Computer)等の情報処理装置およびプリンタ等のデバイスが接続されて、デバイスの共有等が行われるようになっている。

例えば、プリンタを共有する形態としては、同ネットワーク上に接続された情報処理装置(以後、クライアントとする)上にプリンタドライバと呼ばれるソフトウェアを実行させ、各クライアントはプリンタドライバに対して印刷指示を行い、印刷データをプリンタに送信して印刷を行うプリントシステムがある。

そして、デバイスを共有したときに、部外者がネットワークを利用して、プリンタにアクセスして印刷することによる用紙やトナー等の消耗品の消費を抑制したり、プリンタの使用の混雑率を軽減するため、ユーザを制限したいという課題が挙げられる。このような課題を解決するため、ユーザ名やパスワード等のアカウント情報に基づいてデバイスのユーザ毎の利用を制限する技術が開示されている。

例えば、ユーザがクライアント上で出力したいプリンタを選択し、ユーザ名等のパラメータを取得して利用者制限サーバに印刷可否の問い合わせを行い、利用者制限サーバは、送信されてきたユーザ名をキーにしてユーザ管理テーブルを参照して印刷可否の判定を行い、登録されていると、指定のプリンタに対してクライアントのアクセス権の追加要求を行い、プリンタがアクセス制御リストに追加要求されたIPアドレスを追加し、クライアントは利用者制限サーバの印刷可否判定結果が印刷可であると、プリンタに接続要求を発行し、プリンタはクライアントのIPアドレスがアクセス制御リストに登録されているかで接続の可否を判定を行うプリンタ利用者制限システムがある(例えば、特許文献1参照。)。

更に、デバイスの利用履歴を示すジョブログを集計するため、クライアントのデバイスドライバを識別するためのID(ジョブオーナー名)を設定し集計を行っていた。
特開2002−63008号公報

しかし、上記のような方法だと、IDを設定しないユーザについては不明ユーザとなってしまい、正確なジョブログを集計することは困難である。

そこで、デバイスにユーザ情報を登録し、未登録ユーザは印刷を許可しないことで、不明ユーザの発生を解消することはできるものの、利用するデバイス全てにユーザ情報を登録しなければならず、更にユーザ情報に変更があった場合、デバイスのユーザ情報を更新するという煩雑な操作が必要になるとともに、ユーザもユーザ情報を正確にデバイスドライバに設定しなければならず、ユーザおよび管理者ともに複雑な作業を強いられてきた。

そこで、本発明は、ユーザおよび管理者の作業を軽減するとともに、間違った設定や設定漏れによるトラブルを解消することが可能なアカウント情報管理装置および方法を提供することを目的とする。

上記目的を達成するため、請求項1の発明は、デバイスおよびクライアントが接続されたネットワーク内でユーザを識別するためのアカウント情報を管理するアカウント情報管理装置において、前記デバイスの利用が許可された許可ユーザを記憶保持するデバイス情報記憶手段と、前記アカウント情報を記憶保持するアカウント情報記憶手段と、前記デバイスのドライバを記憶保持するドライバ記憶手段と、前記デバイスのドライバに該デバイスの許可ユーザのアカウント情報を設定するドライバ設定手段と、前記ドライバ設定手段でアカウント情報を設定したドライバを前記クライアントに提供するドライバ提供手段とを具備することを特徴とする。

なお、デバイス情報記憶手段は図1に示すデバイス情報データベース8に対応し、アカウント情報記憶手段は図1に示すアカウント情報データベース9に対応し、ドライバ記憶手段は図1に示すドライバ記憶部12に対応し、ドライバ設定手段およびドライバ提供手段は図1に示すドライバセットアップ作成部13に対応する。

また、請求項2の発明は、請求項1の発明において、前記デバイスに登録されている前記許可ユーザのアカウント情報を管理するアカウント情報管理手段を更に具備し、前記アカウント情報管理手段は、前記アカウント情報記憶手段に記憶保持されているアカウント情報が変更された際に、該変更されたアカウント情報を登録しているデバイスに対して該アカウント情報の変更を行うことを特徴とする。

なお、アカウント情報管理手段は図1に示すアカウント情報管理部10に対応する。

また、請求項3の発明は、請求項1の発明において、前記デバイス情報記憶手段は、前記デバイスに対応する前記許可ユーザをリスト化したデバイス情報リストを記憶保持し、前記アカウント情報記憶手段は、前記ユーザに対応する前記アカウント情報をリスト化したアカウント情報リストを記憶保持することを特徴とする。

また、請求項4の発明は、請求項3の発明において、前記ドライバ設定手段が前記ドライバにアカウント情報を設定する際に、前記アカウント情報リストを参照して該アカウント情報を認証するアカウント情報認証手段を更に具備することを特徴とする。

なお、アカウント情報認証手段は図1に示すアカウント情報認証部11に対応する。

また、請求項5の発明は、デバイスおよびクライアントが接続されたネットワーク内でユーザを識別するためのアカウント情報を管理するアカウント情報管理方法において、前記デバイスに対応する該デバイスの利用が許可された許可ユーザ、前記アカウント情報、および該デバイスのドライバを保持し、前記デバイスのドライバに該デバイスの許可ユーザのアカウント情報を設定し、前記アカウント情報を設定したドライバをクライアントに提供することを特徴とする。

また、請求項6の発明は、請求項5の発明において、前記デバイスに登録されている前記許可ユーザのアカウント情報を管理し、前記保持しているアカウント情報が変更された際には、前記変更されたアカウント情報を登録しているデバイスに対して該アカウント情報の変更を行うことを特徴とする。

また、請求項7の発明は、請求項5の発明において、前記許可ユーザの保持は、前記デバイスに対応する前記許可ユーザをリスト化したデバイス情報リストを保持することであり、前記アカウント情報の保持は、前記ユーザに対応する前記アカウント情報をリスト化したアカウント情報リストを保持することであることを特徴とする。

また、請求項8の発明は、請求項7の発明において、前記ドライバにアカウント情報を設定する際に、前記アカウント情報リストを参照して該アカウント情報を認証することを特徴とする。

本発明によれば、アカウント情報管理装置がアカウント情報およびデバイスのアカウント情報リストの管理を行うとともに、クライアントに対してアカウント情報が設定されたデバイスドライバを提供することで、ユーザが煩わしいアカウント情報の入力を行う必要がなるとともに、デバイスシステムの管理者が行うアカウント情報の管理の負担を軽減することが可能になり、更に、アカウント情報の入力間違い等によるトラブルの発生も防止することが可能になるという効果を奏する。

以下、本発明の実施の形態について添付図面を参照して詳細に説明する。なお、本実施の形態では、デバイスとクライアントとアカウント情報管理装置とがネットワークを介して接続されている構成を一例にして説明する。

図1は、本発明の実施の形態で用いるデバイスシステム1の全体構成の一例を示すブロック図である。

図1に示すように、デバイスシステム1は複数のユーザに関するユーザ名、パスワードおよびアカウントID等のアカウント情報を管理するアカウント情報管理装置2と、複数のデバイス3と、複数のクライアント4とがネットワーク5を介して接続している。

次に、アカウント情報管理装置2の機能的な構成について詳細に説明する。図1に示すように、アカウント情報管理装置2は通信制御部6、入力部7、デバイス情報データベース8、アカウント情報データベース9、アカウント情報管理部10、アカウント情報認証部11、ドライバ記憶部12、ドライバセットアップ作成部13から構成されている。なお、上記で説明したアカウント情報管理に関する構成部分以外の構成部分については図示しないため、説明は省略する。

入力部7は、デバイスシステム1の管理者により入力された種々の情報(アカウント情報等)をアカウント情報管理装置2に入力する処理を行う。

デバイス情報データベース8は、デバイスシステム1に接続されている各デバイス3の情報およびデバイス3に対する許可ユーザ(即ち、デバイス使用許可を有するユーザ)が登録されたデバイス情報リストを記憶保持している。

アカウント情報データベース9は、デバイスシステム1を利用する各ユーザのアカウント情報(ユーザ名、パスワード、アカウントID等)が登録されたアカウント情報リストを記憶保持している。

アカウント情報管理部10は、デバイス情報データベース8に記憶保持されているデバイス情報リスト、アカウント情報データベース11に記憶保持されているアカウント情報リスト、およびデバイス3が記憶保持している許可ユーザのアカウント情報リストの管理を行うとともに、クライアント4にドライバセットアップを提供する。

アカウント情報認証部11は、アカウント情報データベース9に記憶保持されているアカウント情報リストを参照することで、クライアント4から受け付けたアカウント情報の認証を行う。

ドライバ記憶部12は、デバイスシステム1に接続されている各デバイス3のデバイスドライバを記憶保持している。

ドライバセットアップ作成部13は、ユーザが希望するデバイス3のデバイスドライバをドライバ記憶部12から取得し、取得したデバイスドライバにユーザのアカウント情報を設定したドライバセットアップを作成する処理を行う。

次に、ユーザがアカウント情報を変更した際に、アカウント情報管理装置2で行われる機能的な動作について説明する。

デバイスシステム1の管理者が入力部7によりユーザの変更後アカウント情報を入力すると、アカウント情報管理部10はデバイス情報データベース8から当該ユーザを許可ユーザとしているデバイス3を検索する。当該ユーザを許可ユーザとしているデバイス3を検索すると、検索したデバイス3が記憶保持している許可ユーザのアカウント情報リスト上に登録されている当該ユーザのアカウント情報を変更するとともに、アカウント情報データベース11に記憶保持されているユーザのアカウント情報リスト上に登録されている当該ユーザのアカウント情報を変更する。

次に、ユーザに対してデバイス3のデバイスドライバを提供する際に、アカウント情報管理装置2で行われる機能的な動作について説明する。

ユーザはアカウント情報管理装置2にアクセスするために、クライアント4からアカウント情報をアカウント情報管理装置2に送信する。

アカウント情報管理部10は通信制御部6を介してクライアント4から送信されたアカウント情報を受信すると、受信したアカウント情報をアカウント情報認証部11に転送し、アカウント情報認証部11はアカウント情報を受け付けると、受け付けたアカウント情報とアカウント情報データベース9に記憶保持されているアカウント情報リスト上に登録されている当該ユーザのアカウント情報との比較処理(即ち、認証処理)を行う。ここで、アカウント情報が認証された場合、アカウント情報管理部10はアカウント情報が認証された通知を通信制御部7を介してクライアント4に送信する。また、アカウント情報が認証されない場合、アカウント情報管理部10はアカウント情報が認証されなかった通知を通信制御部7を介してクライアント4に送信する。

アカウント情報が認証されると、ユーザは希望するデバイス3のデバイスドライバの要求をクライアント4からアカウント情報管理装置2に送信する。

アカウント情報管理部10は通信制御部7を介してクライアント4から送信されたデバイスドライバの要求を受信すると、ドライバセットアップ作成部13に対してドライバセットアップ作成の指示を送出し、ドライバセットアップ作成部13はドライバセットアップ作成の指示を受け付けると、ドライバ記憶部12からユーザが希望するデバイス3のデバイスドライバを取り出すとともに、アカウント情報データベース9から当該ユーザのアカウント情報を取り出す。

ドライバセットアップ作成部13は取り出したデバイスドライバにアカウント情報を設定したドライバセットアップを作成し、作成したドライバセットアップを通信制御部7を介してクライアント4に送信する。

クライアント4はネットワーク5を介してアカウント情報管理装置2から送信されたドライバセットアップを受信し、ユーザは受信したドライバセットアップを用いてデバイスドライバをクライアント4にインストールする。

次に、ユーザがアカウント情報を変更した際に、アカウント情報管理装置2が行うアカウント情報管理処理について図2に示すフローチャートを参照して説明する。

変更されたアカウント情報が入力されると(ステップS201でYES)、アカウント情報を変更したユーザを許可ユーザとするデバイスを検索し(ステップS202)、検索したデバイスが記憶保持している許可ユーザのアカウント情報のリスト上にある当該ユーザのアカウント情報を変更し(ステップS203)、アカウント情報管理処理を終了する。

次に、ユーザがデバイスドライバの提供を要求した際に、アカウント情報管理装置2が行うデバイスドライバ提供処理について図3に示すフローチャートを参照して説明する。

クライアントからアカウント情報を受信すると(ステップS301でYES)、受信したアカウント情報を認証する(ステップS302)。

アカウント情報が認証されると(ステップS303でYES)、アカウント情報が認証されたことをクライアントに通知し(ステップS304)、クライアントからデバイスドライバの要求を受信すると(ステップS305でYES)、認証したアカウント情報を設定したドライバセットアップを作成し(ステップS306)、作成したドライバセットアップをクライアントに送信し(ステップS307)、デバイスドライバ提供処理を終了する。

アカウント情報が認証されないと(ステップS303でNO)、アカウント情報が認証されないことをクライアントに通知し(ステップS308)、デバイスドライバ提供処理を終了する。

次に、デバイス情報データベース8に記憶保持されているデバイス情報リストについて詳細に説明する。

図4は、デバイス情報リスト14の一例を示す図である。

図4に示すように、デバイス情報リスト14には、デバイスシステム1に接続されている全てのデバイス3、各デバイス3のIPアドレスおよび各デバイス3の許可ユーザが登録されている。デバイス情報リスト14を参照することで、例えば、「ユーザA」は「デバイスA」の許可ユーザであることが確認でき、「ユーザB」は「デバイスA」および「デバイスC」の許可ユーザであることが確認でき、「ユーザH」は「デバイスB」および「デバイスC」の許可ユーザであることが確認できる。

次に、アカウント情報データベース9に記憶保持されているアカウント情報リストについて詳細に説明する。

図5は、アカウント情報リスト15の一例を示す図である。

図5(a)に示すように、アカウント情報リスト15には、各ユーザのアカウント情報であるユーザ名、パスワードおよびアカウントIDが登録されている。

ここで、ユーザAがプロジェクトa、プロジェクトb、プロジェクトcという3つのプロジェクトを担当し、コスト管理のためにデバイス使用のコストもプロジェクト毎に管理する必要がある場合、アカウント情報に対してプロジェクト毎のアカウントIDを設定することで、同じユーザ名およびパスワードを用いても、プロジェクト毎にデバイス使用のコストを集計することができる。

ユーザがアカウント情報を変更すると、デバイスシステム1の管理者もアカウント情報リスト15を変更する。例えば、図5(b)に示すように、「ユーザA」のユーザ名が「ユーザa」に変更された場合はアカウント情報リスト15に登録されたユーザ名も「ユーザA」から「ユーザa」に変更し、「ユーザB」のパスワードが「D4E5F6」に変更された場合はアカウント情報リスト15に登録されたパスワードも「d4e5f6」から「D4E5F6」に変更し、「ユーザD」のアカウントID「project.e」が追加された場合はアカウント情報リスト15に登録されたアカウントIDも「project.e」を追加する。なお、デバイス3が記憶保持している許可ユーザのアカウント情報のリストは、図5に示すアカウント情報リスト15と同様のものである。

図6は、デバイス3と、クライアント4のデバイスドライバとが共通のアカウント情報を有することを示す図である。

図6に示すように、デバイス3およびクライアント4のデバイスドライバ16にはユーザAのアカウント情報17が設定されているため、ユーザAはデバイス3を使用する際に自分のアカウント情報17が設定されているデバイスドライバ16によりデバイス3を使用することができる。更に、図示しないものの、ユーザBおよびユーザCについても、自分のアカウント情報が設定されているデバイスドライバ16をクライアント4にインストールすることで、デバイス3を使用することができる。

なお、アカウント情報による許可ユーザの設定を行えないデバイス3においても、アカウント情報が設定されたデバイス3のデバイスドライバを使用することで、デバイス3にはアカウント情報付きの使用ログが蓄積するため、ユーザ別やプロジェクト別のコスト管理は容易に行うことができる。

従って、ユーザは煩わしいアカウント情報の入力を行う必要がなくなり、更にアカウント情報の入力間違い等によるトラブルの発生も防止することができる。

本発明の実施の形態で用いるデバイスシステム1の全体構成の一例を示すブロック図である。 ユーザがアカウント情報を変更した際に、アカウント情報管理装置2が行うアカウント情報管理処理を示すフローチャートである。 ユーザがデバイスドライバの提供を要求した際に、アカウント情報管理装置2が行うデバイスドライバ提供処理を示すフローチャートである。 デバイス情報リスト14の一例を示す図である。 アカウント情報リスト15の一例を示す図である。 デバイス3と、クライアント4のデバイスドライバとが共通のアカウント情報を有することを示す図である。

符号の説明

1 デバイスシステム
2 アカウント情報管理装置
3 デバイス
4 クライアント
5 ネットワーク
6 通信制御部
7 入力部
8 デバイス情報データベース
9 アカウント情報データベース
10 アカウント情報管理部
11 アカウント情報認証部
12 ドライバ記憶部
13 ドライバセットアップ作成部
14 デバイス情報リスト
15 アカウント情報リスト
16 デバイスドライバ
17 ユーザAのアカウント情報

Claims (8)

  1. デバイスおよびクライアントが接続されたネットワーク内でユーザを識別するためのアカウント情報を管理するアカウント情報管理装置において、
    前記デバイスの利用が許可された許可ユーザを記憶保持するデバイス情報記憶手段と、
    前記アカウント情報を記憶保持するアカウント情報記憶手段と、
    前記デバイスのドライバを記憶保持するドライバ記憶手段と、
    前記デバイスのドライバに該デバイスの許可ユーザのアカウント情報を設定するドライバ設定手段と、
    前記ドライバ設定手段でアカウント情報を設定したドライバを前記クライアントに提供するドライバ提供手段と
    を具備することを特徴とするアカウント情報管理装置。
  2. 前記デバイスに登録されている前記許可ユーザのアカウント情報を管理するアカウント情報管理手段
    を更に具備し、
    前記アカウント情報管理手段は、
    前記アカウント情報記憶手段に記憶保持されているアカウント情報が変更された際に、該変更されたアカウント情報を登録しているデバイスに対して該アカウント情報の変更を行う
    ことを特徴とする請求項1記載のアカウント情報管理装置。
  3. 前記デバイス情報記憶手段は、
    前記デバイスに対応する前記許可ユーザをリスト化したデバイス情報リストを記憶保持し、
    前記アカウント情報記憶手段は、
    前記ユーザに対応する前記アカウント情報をリスト化したアカウント情報リストを記憶保持する
    ことを特徴とする請求項1記載のアカウント情報管理装置。
  4. 前記ドライバ設定手段が前記ドライバにアカウント情報を設定する際に、前記アカウント情報リストを参照して該アカウント情報を認証するアカウント情報認証手段
    を更に具備することを特徴とする請求項3記載のアカウント情報管理装置。
  5. デバイスおよびクライアントが接続されたネットワーク内でユーザを識別するためのアカウント情報を管理するアカウント情報管理方法において、
    前記デバイスに対応する該デバイスの利用が許可された許可ユーザ、前記アカウント情報、および該デバイスのドライバを保持し、
    前記デバイスのドライバに該デバイスの許可ユーザのアカウント情報を設定し、
    前記アカウント情報を設定したドライバをクライアントに提供する
    ことを特徴とするアカウント情報管理方法。
  6. 前記デバイスに登録されている前記許可ユーザのアカウント情報を管理し、
    前記保持しているアカウント情報が変更された際には、前記変更されたアカウント情報を登録しているデバイスに対して該アカウント情報の変更を行う
    ことを特徴とする請求項5記載のアカウント情報管理方法。
  7. 前記許可ユーザの保持は、
    前記デバイスに対応する前記許可ユーザをリスト化したデバイス情報リストを保持することであり、
    前記アカウント情報の保持は、
    前記ユーザに対応する前記アカウント情報をリスト化したアカウント情報リストを保持することである
    ことを特徴とする請求項5記載のアカウント情報管理方法。
  8. 前記ドライバにアカウント情報を設定する際に、前記アカウント情報リストを参照して該アカウント情報を認証する
    ことを特徴とする請求項7記載のアカウント情報管理方法。
JP2003432806A 2003-12-26 2003-12-26 アカウント情報管理装置および方法 Pending JP2005190315A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003432806A JP2005190315A (ja) 2003-12-26 2003-12-26 アカウント情報管理装置および方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003432806A JP2005190315A (ja) 2003-12-26 2003-12-26 アカウント情報管理装置および方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005190315A5 JP2005190315A5 (ja) 2005-07-14
JP2005190315A true JP2005190315A (ja) 2005-07-14

Family

ID=34790397

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003432806A Pending JP2005190315A (ja) 2003-12-26 2003-12-26 アカウント情報管理装置および方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005190315A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102196122A (zh) * 2010-03-04 2011-09-21 三星电子株式会社 账户管理装置和管理账户的方法
JP2016224698A (ja) * 2015-05-29 2016-12-28 キヤノン株式会社 情報処理装置、システム、制御方法、及びプログラム
US10162894B2 (en) 2013-09-03 2018-12-25 International Business Machines Corporation Social networking information consumption gap resolution

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001222400A (ja) * 2000-01-05 2001-08-17 Hewlett Packard Co <Hp> コンピュータ・クライアントのプリンタ・ドライバ変更方法
JP2001331396A (ja) * 2000-05-24 2001-11-30 Canon Inc ネットワーク装置、その制御方法、及び記憶媒体
JP2002169673A (ja) * 2000-12-04 2002-06-14 Ricoh Co Ltd 画像形成装置管理システム
JP2003189079A (ja) * 2001-12-20 2003-07-04 Murata Mach Ltd インターネットファクシミリ装置

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001222400A (ja) * 2000-01-05 2001-08-17 Hewlett Packard Co <Hp> コンピュータ・クライアントのプリンタ・ドライバ変更方法
JP2001331396A (ja) * 2000-05-24 2001-11-30 Canon Inc ネットワーク装置、その制御方法、及び記憶媒体
JP2002169673A (ja) * 2000-12-04 2002-06-14 Ricoh Co Ltd 画像形成装置管理システム
JP2003189079A (ja) * 2001-12-20 2003-07-04 Murata Mach Ltd インターネットファクシミリ装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102196122A (zh) * 2010-03-04 2011-09-21 三星电子株式会社 账户管理装置和管理账户的方法
US10162894B2 (en) 2013-09-03 2018-12-25 International Business Machines Corporation Social networking information consumption gap resolution
JP2016224698A (ja) * 2015-05-29 2016-12-28 キヤノン株式会社 情報処理装置、システム、制御方法、及びプログラム

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6163383A (en) Method for providing print output security in a multinetwork environment
US6862103B1 (en) Network print system, and information processing apparatus and its control method
US20050257244A1 (en) Method and apparatus for role-based security policy management
JP2005014591A (ja) 認証動作システム、認証印刷システム、ネットワークプリンタ、プリンタ管理端末、プリンタ用プログラムおよび端末用プログラム、並びに認証印刷方法
EP1335265B1 (en) System and method for authorizing printing services
JP4555038B2 (ja) ネットワークシステム、利用権限判定方法、ネットワーク機器、プログラム及び記録媒体
US20070282995A1 (en) Management system, control method therefor, and computer program
KR100658024B1 (ko) 2-패스 장치 액세스 관리
US9059988B2 (en) Printing device capable of authorizing printing limitedly according to user level, printing system using the same and printing method thereof
US20070079385A1 (en) Managing user permissions in a computer system
US9235363B2 (en) Network system, interface board, method of controlling printing on an network system, and program
US20070133044A1 (en) Data processing apparatus, image processing apparatus, print job production method, and print job output method
US8130392B2 (en) Document providing system and document management server
US8130396B2 (en) Image formation management system, image formation management method, and storage medium
JP4676779B2 (ja) 情報処理装置、資源管理装置、属性変更許否判定方法、属性変更許否判定プログラム及び記録媒体
US8810825B2 (en) Enhanced cloud print system, apparatus and method
JP2009059362A (ja) 印刷システム、プリンタの自動インストールのための装置及び方法
JP2005335215A (ja) 画像形成装置およびその認証制御方法
JP2004213635A (ja) 画像処理装置および画像処理方法および制御プログラム
US20070103712A1 (en) System and method for limiting access to a shared multi-functional peripheral device based on preset user privileges
US20130222837A1 (en) Cloud print service
US7801918B2 (en) File access control device, password setting device, process instruction device, and file access control method
US8291235B2 (en) Method and system for controlling access of clients and users to a print server
JP4229735B2 (ja) 情報処理方法、情報処理システム、管理サーバ、コンピュータプログラム、及び記録媒体
US8896856B2 (en) Image processing apparatus, control method therefor, and storage medium

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061120

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090310

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090508

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100309

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100506

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20101109