JP2005168566A - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン Download PDF

Info

Publication number
JP2005168566A
JP2005168566A JP2003408924A JP2003408924A JP2005168566A JP 2005168566 A JP2005168566 A JP 2005168566A JP 2003408924 A JP2003408924 A JP 2003408924A JP 2003408924 A JP2003408924 A JP 2003408924A JP 2005168566 A JP2005168566 A JP 2005168566A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
liquid crystal
display unit
crystal display
locking
front door
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003408924A
Other languages
English (en)
Inventor
Minoru Kimura
実 木村
Takayuki Yonezeki
孝之 米積
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yamasa Co Ltd
Original Assignee
Yamasa Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yamasa Co Ltd filed Critical Yamasa Co Ltd
Priority to JP2003408924A priority Critical patent/JP2005168566A/ja
Publication of JP2005168566A publication Critical patent/JP2005168566A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】液晶表示ユニットの安全が確保されるとともに、液晶表示ユニットの取付作業が容易となるスロットマシンの提供。
【解決手段】液晶表示ユニット20の左右に配置された側面20A の下部に軸部32を設け、さらに、液晶表示ユニット20の上面20B に、係止突起部41と、固定用の耳部51とを設け、軸部32を前扉4側の軸受部33に支持させるとともに、係止突起部41を前扉4側の係止孔42に係止させ、これにより、液晶表示ユニット20を前扉4に仮止めできるようにする。この仮止めにより、取付作業の際に、液晶表示ユニット20を手で支持する必要がなくなるので、液晶表示ユニット20の取付作業を容易に行うことができるうえ、取付作業中に液晶表示ユニット20が落下せず、液晶表示ユニット20の安全を確保することができる。
【選択図】 図2

Description

本発明は、液晶表示ユニットが筐体の前扉に取り付けられ、その画面に様々な映像を表示することができるスロットマシンに関するものである。
従来から、人々に娯楽を提供する遊技機としてスロットマシンが利用されている。スロットマシンは、複数種類の図柄が記されるとともに回転駆動可能に設けられた複数の回転リールを備えた遊技機である。
このようなスロットマシンでは、メダルを投入してから、スタートレバー等を操作して、回転リールを一斉にスタートさせることにより、遊技が開始される。そして、回転駆動させた複数の回転リールを適宜停止させ、これらの回転リールに表示された図柄が特定の組合せとなったときに入賞となる。そして、入賞すると、入賞した役に応じた数のメダルがスロットマシンから払い出されることとなる。
また、スロットマシンとしては、その画面に様々な映像の表示が可能となった液晶表示ユニットが、その前扉に取り付けられたものが利用されている。そして、このような液晶表示ユニットが取り付けられたスロットマシンによれば、遊技中に様々な情報を遊技者に提供できるうえ、遊技者が入賞した際に、入賞役の演出に最適な画像を表示でき、遊技者をさらに遊技に没入させることが可能となる(例えば、特許文献1参照。)。
特開2001−353257号公報(図1)
前述のようなスロットマシンでは、前面パネル等の部品を前扉に取り付けるのに、ボルトやネジを利用するのが一般的である。しかしながら、前扉が開放されたスロットマシンに作業者が向き合えるように、スロットマシンを直立状態にし、直立状態にしたスロットマシンの前扉フレームに、厚みのある液晶表示ユニットをネジで取り付けるようにすると、ネジの締付作業を開始してから完了するまでの間、液晶表示ユニットが前扉から落下しないように、液晶表示ユニットを手で支持し、この状態で、ネジ止め作業を行う必要があるので、取付作業が煩雑となるという問題がある。
また、液晶表示ユニットは、前扉から落下すると壊れてしまうので、作業中に液晶表示ユニットから手を離しても、液晶表示ユニットが落下しない状態にして取付作業を行いたい、換言すれば、液晶表示ユニットの安全を確保した状態で取付作業を行いたいという要望もあった。
そこで、各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、液晶表示ユニットの安全が確保されるとともに、液晶表示ユニットの取付作業が容易となるスロットマシンを提供することである。
各請求項にそれぞれ記載された各発明は、前述の目的を達成するためになされたものである。以下に、各発明の特徴点を、図面に示した発明の実施の形態を用いて説明する。
なお、符号は、発明の実施の形態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
(請求項1)
(特徴点)
請求項1記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項1記載の発明は、様々な映像を表示するための液晶パネル(16)と、この液晶パネル(16)の表示動作を制御する表示制御基板(21)と、前記液晶パネル(16)及び前記表示制御基板(21)とを収納する箱状のケース(22)とを有する液晶表示ユニット(20)が筐体(2)の前扉(4)に取り付けられているスロットマシン(1)であって、前記液晶表示ユニット(20)の上端縁及び下端縁のいずれか一方の近傍部分を前記前扉(4)に支持させるための軸支手段(30)と、前記液晶表示ユニット(20)の上端縁及び下端縁のいずれか他方の近傍部分を前記前扉(4)に係止させる係止手段(40)と、前記係止手段(40)が係止している前記他方の近傍部分を前記前扉(4)に固定する固定手段(50)とを備え、前記軸支手段(30)は、前記液晶表示ユニット(20)及び前記前扉(4)の一方に設けられた軸部(32)と、前記液晶表示ユニット(20)及び前記前扉(4)の他方に設けられるとともに、前記軸部(32)を支持する軸受部(33)とを備え、前記軸受部(33)は、前記軸部(32)が挿通可能な開口を有する溝状の断面を有するものとされ、前記係止手段(40)は、前記液晶表示ユニット(20)及び前記前扉(4)の一方に設けられた係止突起部(41)と、前記液晶表示ユニット(20)及び前記前扉(4)の他方に設けられるとともに、その内部に挿通された前記係止突起部(41)を係止するための係止孔(42)とを備えたものであることを特徴とする。
(請求項2)
(特徴点)
請求項2記載の発明は、前述した請求項1に記載の発明において、次の特徴点を備えているものである。
すなわち、請求項2記載の発明は、前記液晶表示ユニット(20)の下端縁側が前記軸支手段(30)によって前記前扉(4)に支持され、前記液晶表示ユニット(20)の上端縁側が前記係止手段(40)によって前記前扉(4)に係止されるとともに、前記固定手段(50)により前記前扉(4)に固定されていることを特徴とする。
(請求項3)
(特徴点)
請求項3記載の発明は、前述した請求項1又は2に記載の発明において、次の特徴点を備えているものである。
すなわち、請求項3記載の発明は、前記係止突起部(41)に、前記係止孔(42)への挿通方向に沿って延びる弾性変形可能な腕部(43)と、この腕部(43)の先端に設けられている楔状の係止部(44)とが備えられ、前記係止部(44)には、前記挿通方向に対して傾斜して前記係止孔(42)の内部への挿通を案内する挿通案内面(45)と、前記挿通方向と交差して前記係止孔(42)の周囲の部位(46)に係止される係止面(47)とが設けられていることを特徴とする。
(請求項4)
(特徴点)
請求項4記載の発明は、前述した請求項1から請求項3までのいずれかに記載の発明において、次の特徴点を備えているものである。
すなわち、請求項4記載の発明は、前記筐体(2)の内部に、複数種類の図柄が記されるとともに回転駆動可能に設けられた複数の回転リール(3A)が横方向に配列され、前記前扉(4)には、前記複数の回転リール(3A)に記された図柄を外部に露出させるためのリール窓(4A)が設けられ、前記液晶表示ユニット(20)は、前記リール窓(4A)の上方に配置されていることを特徴とする。
(請求項5)
(特徴点)
請求項5記載の発明は、前述した請求項4記載の発明において、次の特徴点を備えているものである。
すなわち、請求項5記載の発明は、前記液晶表示ユニット(20)の横幅が、前記リール窓(4A)の横幅とほぼ同じ寸法となっていることを特徴とする。
(請求項1の効果)
以上のように構成されている本発明は、以下に記載されるような効果を奏する。
すなわち、請求項1記載の発明によれば、軸部を軸受部に支持させるとともに、係止突起部を係止孔に係止させることにより、液晶表示ユニットが前扉に仮止めされ、液晶表示ユニットを手で支持する必要がなく、この仮止め状態で、ネジ止め作業を行えるようになる。このため、液晶表示ユニットの取付作業が容易となるうえ、液晶表示ユニットが落下することがなくなるので、液晶表示ユニットの安全を確保した状態で取付作業が行えるようになる。
(請求項2の効果)
請求項2記載の発明によれば、上記した請求項1記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項2記載の発明によれば、液晶表示ユニットの上端縁側が固定手段により前扉に固定されるようになるので、スロットマシンを直立状態にして液晶表示ユニットの取付作業を行うにあたり、固定作業が行われる液晶表示ユニットの上端縁側は、作業員が作業箇所を見下ろして作業が行える位置、換言すれば、作業箇所を目視しながら工具等で操作するのに好適な位置となる。このため、工場や遊技場等において、多数のスロットマシンが直立状態で並べて置かれている場合に、液晶表示ユニットの取付作業が容易且つ迅速に行えるようになる。
(請求項3の効果)
請求項3記載の発明によれば、上記した請求項1又は2記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項3記載の発明によれば、係止突起部を係止孔に挿通するにあたり、係止孔の周囲の部位が係止部の挿通案内面を押圧し、当該係止部を係止孔の挿通可能位置に自動的に案内するので、係止孔に対する位置決めを正確に行わなくとも、係止突起部を係止孔に容易に挿通することができる。
また、係止突起部が所定位置まで係止孔の内部に挿通されると、係止突起部に設けられた腕部の弾性力により、係止孔の外側へ向かって係止部が移動し、その係止面が係止孔の周囲の部位に自動的に係止され、係止突起部が係止孔から抜けなくなり、係止突起部の係止孔による係止状態が確実に成立するようになる。
以上により、軸支手段の軸部を回動中心として液晶表示ユニットを所定の角度位置まで回動させるだけで、係止突起部が係止孔の周囲の部位に自動的に係止され、且つ、その係止状態が充分強固に維持されるようになるので、液晶表示ユニットの前扉への仮止めが容易且つ確実に行えるようになる。
(請求項4の効果)
請求項4記載の発明によれば、上記した請求項1から請求項3までのいずれかに記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項4記載の発明によれば、スロットマシンにおけるリール窓上方の位置は、遊技者の目の高さよりも若干の高い位置となり、この位置に液晶表示ユニットを配置すれば、遊技者は、リール窓から少し上方へ視線を移動するだけで、液晶表示ユニットに表示された内容を確実に把握することができ、液晶表示ユニットによる情報提供及び入賞役演出が効果的に行えるようになる。
この際、スロットマシンのリール窓上方の位置は、遊技者の目や耳とほぼ同じ高さとなるので、演出のために光や音を発するランプやスピーカ等の演出用装置を設置するのにも好適な位置となる。そして、このような演出用装置と液晶表示ユニットを、リール窓上方の位置に併設するにあたり、液晶表示ユニットは、軸支手段を備えているので、演出用装置のネジ止め箇所とは異なる箇所でネジ止めすることが可能となり、演出用装置の固定手段との構造的な干渉を未然に防止することができ、演出用装置と液晶表示ユニットとの併設を容易に行うことができる。
(請求項5の効果)
請求項5記載の発明によれば、上記した請求項4記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項5記載の発明によれば、複数設けられた回転リールの情報を液晶表示ユニットに表示できるうえ、液晶表示ユニットの画面に情報を表示するにあたり、該当情報を各回転リールに対応した画面位置に表示することができ、液晶表示ユニットにより、各回転リールの情報を遊技者に判りやすく伝達することができる。
この際、液晶表示ユニットの横幅を、リール窓の横幅とほぼ同じ寸法となるように拡張しても、前述のように、液晶表示ユニットは、軸支手段を備えており、演出用装置のネジ止め箇所とは異なる箇所でネジ止めすることが可能なので、演出用装置の固定手段とは構造的に干渉せず、演出用装置との併設を容易に行うことができる。
図1ないし図5は、本実施形態を示すものである。図1は、本実施形態に係る遊技機を示す正面図、図2は、本実施形態の要部を示す拡大断面図、図3は、本実施形態に係る液晶表示ユニットを示す平面図、図4は、本実施形態の液晶表示ユニットを示す側面図、図5は、本実施形態に係る液晶表示ユニットの取付手順を説明するための模式図である。
本実施形態に係るスロットマシン1は、図1の如く、直方体の箱状に形成された筐体2を備えている。この筐体2の内部には、3個の回転リール3Aが横並びに設けられたリールユニット3等の遊技用装置が設けられている。なお、回転リール3Aの各々は、リールユニット3に回転駆動可能に設けられ、且つ、それぞれの周面に複数種類の図柄が記されたものとなっている。
また、筐体2の前面開口部には、そのほぼ中央にリール窓4Aを備えた前扉4が当該前面開口部を覆うように設けられている。
リール窓4Aは、3個の回転リール3Aに記された図柄を外部に露出させるための窓であり、3個すべての回転リール3Aの回転が停止した際に、縦横3個ずつ配列された計9個の図柄が表示できるように形成されている。
具体的には、左側の回転リール3Aの回転が停止すると、リール窓4Aの左側部分の上段、中段及び下段にそれぞれ1個ずつ、合計3個の図柄が表示されるようになっている。中央及び右側の回転リール3Aについても同様に、上段、中段及び下段にそれぞれ1個ずつ、合計3個の図柄が表示されるようになっている。これにより、3個すべての回転リール3Aの回転が停止すると、リール窓4Aには、縦横各3個の計9個からなる図柄が表示可能となっている。
この際、リール窓4Aに表示された縦横各3個の計9個からなる図柄の配列パターンが、いわゆる「出目」である。
リール窓4Aの下方には、メダルが投入されるメダル投入口5、貯留メダルを1枚ずつ投入するためのベットスイッチ6、貯留メダルを3枚ずつ投入するためのマックスベットスイッチ7、回転リール3Aの回転を開始させるためのスタートスイッチ8、及び、回転リール3Aの回転を停止させるためのストップスイッチ9等が設けられている。
前扉4の下部には、入賞時にメダルを払い出すための払出口10が設けられている。この払出口10の下方には、受け皿11が設けられ、払出口10の図中左右には、演出音を発する下部左スピーカ12及び下部右スピーカ13が設けられている。
前扉4の上部には、演出音を発する上部左スピーカ12A 及び上部右スピーカ13A と、入賞時などに点滅する演出用ランプ14と、入賞役となる図柄の組合せ等を示す表示パネル15と、動画を含む様々な映像や情報を表示することができる液晶パネル16とが設けられている。そして、これらの演出音を発する上部左スピーカ12A 及び上部右スピーカ13A 、演出用ランプ14、表示パネル15、並びに、液晶パネル16は、前扉4の上端部分を構成する前扉上部パネル17に固定されている。なお、表示パネル15は、前扉上部パネル17の周縁から離間した中央部分に配置されている。
液晶パネル16は、その画面に様々な映像を表示するための表示デバイスであり、動画を含んだ映像の表示を行うための液晶表示ユニット20を構成するものである。
ここで、液晶パネル16は、リール窓4Aの上方に配置され、且つ、横幅がリール窓4Aの横幅とほぼ同じ寸法となっている。
そして、液晶パネル16と同様に、液晶表示ユニット20は、リール窓4Aの上方に配置され、且つ、横幅がリール窓4Aの横幅とほぼ同じ寸法となっている。
この液晶表示ユニット20は、図2に示すように、前述の液晶パネル16と、この液晶パネル16の表示動作を制御する表示制御基板でもあるマルチメディア処理ボード21と、これらの液晶パネル16及びマルチメディア処理ボード21を内部に収納する箱状のケースであるカバー部材22とを備えたものとなっている。
ここで、カバー部材22は、スロットマシン1の表側に配置された液晶パネル16を収納する液晶パネル室22A と、裏側のマルチメディア処理ボード21を収納する制御デバイス室22B との二つに区分された二層構造の透明な箱状部材である。
カバー部材22の表側には、室内照明等の光が液晶パネル16の画面に入射して反射するのを防止するために、筒状の画面用フードカバー23が取り付けられている。この画面用フードカバー23の表面側の開口は、液晶パネル16の画面を保護するために、平板状に形成された無色透明のシールド部材24により塞がれている。
以上において、スロットマシン1には、液晶表示ユニット20をスロットマシン1の前扉4に取り付けるための取付構造が設けられている。
この取付構造は、図2〜図4に示すように、液晶表示ユニット20の下端縁の近傍部分を前扉4に支持させるための軸支手段30と、液晶表示ユニット20の上端縁の近傍部分を前扉4に係止させる係止手段40と、係止手段40が係止している液晶表示ユニット20の上端縁の近傍部分を前扉4に固定する固定手段50とを備えたものとなっている。
ここで、前扉4は、扉としての構造を維持するのに充分な剛性を確保するために、構造体として合成樹脂製の厚肉面状フレーム31を備えている。
軸支手段30は、液晶表示ユニット20の画面左右に配置された側面20A から突出する軸部32と、厚肉面状フレーム31において軸部32と対向する部分に設けられるとともに、軸部32を支持するための軸受部33とを備えたものとなっている。
このうち、軸受部33は、軸部32が挿通可能な上向きの開口を有する溝状の断面を有するものとなっている。
係止手段40は、液晶表示ユニット20の画面上方に配置された上面20B から突出する係止突起部41と、前扉4の厚肉面状フレーム31を貫通するように設けられるとともに、その内部に挿通された係止突起部41を係止するための係止孔42とを備えたものとなっている。
このうち、係止突起部41は、短冊状に形成された平板を略L字形状に折り曲げた全体形状を有するものである。この係止突起部41には、係止孔42への挿通方向に沿って延びる弾性変形可能な腕部43と、この腕部43の先端に設けられている楔状の係止部44とが備えられている。係止部44には、係止突起部41の挿通方向に対して傾斜して係止孔42の内部への挿通を案内する挿通案内面45と、前述の挿通方向と交差して係止孔42の周囲の部位46に係止される係止面47とが設けられている。
固定手段50は、液晶表示ユニット20の上面20B の両端縁近傍に設けられた一対の耳部51と、この耳部51を貫通する挿通孔52と、この挿通孔52に挿通されるとともに、厚肉面状フレーム31の螺合孔53に螺合するネジ54とを備えたものである。
このような取付構造では、まず、図5(A)に示すように、前扉4の厚肉面状フレーム31に設けた軸受部33に、液晶表示ユニット20の軸部32を係止し、軸受部33に液晶表示ユニット20を支持させ、この状態で、軸部32を回動中心にして、液晶表示ユニット20の上端縁側が厚肉面状フレーム31に近づくように、液晶表示ユニット20の回動を開始する。
液晶表示ユニット20を回動させることにより、係止突起部41の係止部44が係止孔42に挿通され、さらに、図5(B)に示すように、係止孔42の周囲の部位46に係止部44が係止されたら、液晶表示ユニット20の回動を終了し、これにより、液晶表示ユニット20が前扉4の厚肉面状フレーム31に仮止めされる。
次に、耳部51の挿通孔52に挿通したネジ54を回転操作し、当該ネジ54を厚肉面状フレーム31の螺合孔53に螺合させ、図5(C)に示すように、液晶表示ユニット20の耳部51が厚肉面状フレーム31の表面に密着するまで、ネジ54を締め付け、耳部51が厚肉面状フレーム31の表面に密着したら、液晶表示ユニット20の前扉4へ取り付けが完了する。
前述のような本実施形態によれば、次のような効果が得られる。
すなわち、液晶表示ユニット20に軸部32及び係止突起部41を設け、軸部32を前扉4側の軸受部33に支持させるとともに、係止突起部41を前扉4側の係止孔42に係止させることにより、液晶表示ユニット20を前扉4に仮止めできるようにしたので、取り付けにあたり、液晶表示ユニット20を手で支持する必要がなく、液晶表示ユニット20の取付作業を容易にすることができるうえ、取付作業中に液晶表示ユニット20が落下せず、液晶表示ユニット20の安全を確保することができる。
また、固定手段50を形成する耳部51を液晶表示ユニット20の上面20B に設け、固定手段50により液晶表示ユニット20の上端縁側を前扉4に固定するようにしたので、スロットマシン1を直立状態にして液晶表示ユニット20の取付作業を行うにあたり、作業員が作業箇所を見下ろして作業が行える位置、換言すれば、作業箇所を目視しながら工具等で操作するのに好適な位置で取付作業が行えるようになり、多数のスロットマシン1が直立状態で並べて置かれている工場や遊技場等において、液晶表示ユニット20の取付作業を容易且つ迅速に行うことができる。
さらに、係止孔42への挿通方向に沿って延びる弾性変形可能な腕部43と、この腕部43の先端に設けられている楔状の係止部44とを係止突起部41に設け、係止孔42への挿通方向に対して傾斜して係止孔42の内部への挿通を案内する挿通案内面45と、挿通方向と交差して係止孔42の周囲の部位46に係止される係止面47とを係止部44に設け、係止突起部41を係止孔42に挿通するにあたり、係止孔42の周囲の部位46が係止部44の挿通案内面45を押圧し、当該係止部44を係止孔42の挿通可能位置に自動的に案内するので、係止孔42に対する位置決めを正確に行わなくとも、係止突起部41を係止孔42に容易に挿通することができる。
また、係止突起部41が所定位置まで係止孔42の内部に挿通されると、係止突起部41に設けられた腕部43の弾性力により、係止孔42の外側へ向かって係止部44が移動し、その係止面47が係止孔42の周囲の部位46に自動的に係止されるようにしたので、係止突起部41が係止孔42から抜けなくなり、係止突起部41の係止孔42による係止状態が確実に成立し、液晶表示ユニット20の安全を確実に確保することができる。
さらに、軸部32を回動中心として液晶表示ユニット20を所定の角度位置まで回動させるだけで、係止突起部41の係止部44が係止孔42の周囲の部位46に自動的に係止され、且つ、その係止状態が充分強固に維持されるようにしたので、液晶表示ユニット20の前扉4への仮止めを容易且つ確実に行うことができる。
また、液晶表示ユニット20をリール窓4Aの上方の位置に配置し、液晶表示ユニット20の位置をリール窓4Aの上方の位置、換言すると、遊技者の目の高さよりも若干の高い位置に設定したので、遊技者は、リール窓4Aから少し上方へ視線を移動するだけで、液晶表示ユニット20に表示された内容を確実に把握できるようになり、液晶表示ユニット20による情報提供及び入賞役演出を効果的に行うことができる。
この際、リール窓4Aとほぼ同じ幅にされた幅広の液晶表示ユニット20の両側に、上部左スピーカ12A 及び上部右スピーカ13A を設けても、液晶表示ユニット20に軸支手段を設け、上部左スピーカ12A 及び上部右スピーカ13Aとは異なる箇所でネジ止めできるようにしたので、上部左スピーカ12A 及び上部右スピーカ13A の固定手段との構造的な干渉を未然に防止することができ、リール窓4Aの上方に、上部左スピーカ12A 及び上部右スピーカ13A と、幅広の液晶表示ユニットとを容易に併設することができる。
さらに、液晶表示ユニット20の横幅をリール窓4Aの横幅とほぼ同じ寸法に設定したので、複数設けられたすべての回転リール3Aの情報を液晶表示ユニット20に表示できるうえ、液晶表示ユニット20の画面に回転リール3Aの情報を表示するにあたり、各回転リール3Aに対応した画面位置に該当する情報を表示することができ、液晶表示ユニット20により、各回転リール3Aの情報を遊技者に判りやすく伝達することができる。
なお、本発明は、前記実施形態に限定されるものではなく、本発明の目的を達成できる範囲における変形及び改良などをも含むものである。
例えば、軸支手段としては、液晶表示ユニットの下端縁の近傍部分を前扉に支持させるものに限らず、液晶表示ユニットの上端縁の近傍部分を前扉に支持させるものを採用してもよい。
ここで、液晶表示ユニットの上端縁側を支持するための軸支手段を採用する場合には、係止手段としては、液晶表示ユニットの下端縁の近傍部分を前扉に係止させるものが採用され、且つ、固定手段としては、液晶表示ユニットの下端縁側を前扉に固定するものが採用される。
また、軸支手段としては、液晶表示ユニット側に軸部が設けられるとともに、前扉側に軸受部が設けられたものに限らず、逆に、前扉側に軸部が設けられるとともに、液晶表示ユニット側に軸受部が設けられたものでもよい。
さらに、係止手段としては、液晶表示ユニット側に係止突起部が設けられるとともに、前扉側に係止孔が設けられたものに限らず、逆に、前扉側に係止突起部が設けられるとともに、液晶表示ユニット側に係止孔が設けられたものでもよい。
本発明の一実施形態に係るスロットマシンを示す正面図である。 前記実施形態の要部を示す拡大断面図である。 前記実施形態に係る液晶表示ユニットを示す平面図である。 前記実施形態の液晶表示ユニットを示す側面図である。 前記実施形態に係る液晶表示ユニットの取付手順を説明するための模式図である。
符号の説明
1 スロットマシン
2 筐体
3A 回転リール
4 前扉
4A リール窓
16 液晶パネル
20 液晶表示ユニット
21 表示制御基板としてのマルチメディア処理ボード
22 ケースとしてのカバー部材
30 軸支手段
32 軸部
33 軸受部
40 係止手段
41 係止突起部
42 係止孔
43 腕部
44 係止部
45 挿通案内面
46 係止孔の周囲の部位
47 係止面
50 固定手段

Claims (5)

  1. 様々な映像を表示するための液晶パネルと、この液晶パネルの表示動作を制御する表示制御基板と、前記液晶パネル及び前記表示制御基板とを収納する箱状のケースとを有する液晶表示ユニットが筐体の前扉に取り付けられているスロットマシンであって、
    前記液晶表示ユニットの上端縁及び下端縁のいずれか一方の近傍部分を前記前扉に支持させるための軸支手段と、
    前記液晶表示ユニットの上端縁及び下端縁のいずれか他方の近傍部分を前記前扉に係止させる係止手段と、
    前記係止手段が係止している前記他方の近傍部分を前記前扉に固定する固定手段とを備え、
    前記軸支手段は、前記液晶表示ユニット及び前記前扉の一方に設けられた軸部と、前記液晶表示ユニット及び前記前扉の他方に設けられるとともに、前記軸部を支持する軸受部とを備え、
    前記軸受部は、前記軸部が挿通可能な開口を有する溝状の断面を有するものとされ、
    前記係止手段は、前記液晶表示ユニット及び前記前扉の一方に設けられた係止突起部と、前記液晶表示ユニット及び前記前扉の他方に設けられるとともに、その内部に挿通された前記係止突起部を係止するための係止孔とを備えたものであることを特徴とするスロットマシン。
  2. 前記液晶表示ユニットの下端縁側が前記軸支手段によって前記前扉に支持され、前記液晶表示ユニットの上端縁側が前記係止手段によって前記前扉に係止されるとともに、前記固定手段により前記前扉に固定されていることを特徴とする請求項1記載のスロットマシン。
  3. 前記係止突起部は、前記係止孔への挿通方向に沿って延びる弾性変形可能な腕部と、この腕部の先端に設けられている楔状の係止部とを有し、前記係止部には、前記挿通方向に対して傾斜して前記係止孔の内部への挿通を案内する挿通案内面と、前記挿通方向と交差して前記係止孔の周囲の部位に係止される係止面とが設けられていることを特徴とする請求項1又は2記載のスロットマシン。
  4. 前記筐体の内部には、複数種類の図柄が記されるとともに回転駆動可能に設けられた複数の回転リールが横方向に配列され、前記前扉には、前記複数の回転リールに記された図柄を外部に露出させるためのリール窓が設けられ、前記液晶表示ユニットは、前記リール窓の上方に配置されていることを特徴とする請求項1から請求項3までのいずれかに記載のスロットマシン。
  5. 前記液晶表示ユニットの横幅が前記リール窓の横幅とほぼ同じ寸法となっていることを特徴とする請求項4記載のスロットマシン。

JP2003408924A 2003-12-08 2003-12-08 スロットマシン Pending JP2005168566A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003408924A JP2005168566A (ja) 2003-12-08 2003-12-08 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003408924A JP2005168566A (ja) 2003-12-08 2003-12-08 スロットマシン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005168566A true JP2005168566A (ja) 2005-06-30

Family

ID=34730472

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003408924A Pending JP2005168566A (ja) 2003-12-08 2003-12-08 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005168566A (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007181618A (ja) * 2006-01-10 2007-07-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011217872A (ja) * 2010-04-07 2011-11-04 Kita Denshi Corp 遊技機
JP2013233248A (ja) * 2012-05-08 2013-11-21 Yamasa Kk ユニットの取付構造及び遊技機
JP2014226511A (ja) * 2013-05-27 2014-12-08 京楽産業.株式会社 リールユニット
JP2015027461A (ja) * 2014-08-05 2015-02-12 山佐株式会社 ユニットの取付構造及び遊技機
JP2015160033A (ja) * 2014-02-28 2015-09-07 株式会社オリンピア 遊技機および可動役物装置の取付け方法
JP2015196064A (ja) * 2014-04-03 2015-11-09 サミー株式会社 遊技機
JP5913555B1 (ja) * 2014-12-25 2016-04-27 山佐株式会社 遊技機用ユニットの固定構造及び遊技機
JP2017213172A (ja) * 2016-05-31 2017-12-07 山佐株式会社 ユニットの取付構造及び遊技機

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007181618A (ja) * 2006-01-10 2007-07-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2011217872A (ja) * 2010-04-07 2011-11-04 Kita Denshi Corp 遊技機
JP2013233248A (ja) * 2012-05-08 2013-11-21 Yamasa Kk ユニットの取付構造及び遊技機
JP2014226511A (ja) * 2013-05-27 2014-12-08 京楽産業.株式会社 リールユニット
JP2015160033A (ja) * 2014-02-28 2015-09-07 株式会社オリンピア 遊技機および可動役物装置の取付け方法
JP2015196064A (ja) * 2014-04-03 2015-11-09 サミー株式会社 遊技機
JP2015027461A (ja) * 2014-08-05 2015-02-12 山佐株式会社 ユニットの取付構造及び遊技機
JP5913555B1 (ja) * 2014-12-25 2016-04-27 山佐株式会社 遊技機用ユニットの固定構造及び遊技機
JP2016120074A (ja) * 2014-12-25 2016-07-07 山佐株式会社 遊技機用ユニットの固定構造及び遊技機
JP2017213172A (ja) * 2016-05-31 2017-12-07 山佐株式会社 ユニットの取付構造及び遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005168566A (ja) スロットマシン
JP4658830B2 (ja) 遊技機
JP4271044B2 (ja) 遊技機
JP2005087386A (ja) スロットマシン
JP5598944B2 (ja) 遊技機の基板ケース取付構造
JP2008272348A (ja) 回胴式遊技機
JP5858075B2 (ja) 遊技機
JP2020028493A (ja) 遊技機
JP4319897B2 (ja) 液晶パネル付遊技機
JP2008119093A (ja) スロットマシン
JP2005169100A (ja) 液晶表示装置および遊技機
JP4313176B2 (ja) スロットマシンの液晶表示装置保護ユニット構造
JP4636534B2 (ja) 遊技機用制御基板アッセンブリ
JP5495379B2 (ja) 遊技機
JP5950447B2 (ja) 基板ケース
JP4804414B2 (ja) 遊技機
JP2005095207A (ja) 遊技機
JP4878115B2 (ja) 遊技機用制御基板アッセンブリ
JP4793889B2 (ja) 遊技機用基板ケース
JP4793890B2 (ja) 遊技機用基板ケース
JP2020028495A (ja) 遊技機
JP4793888B2 (ja) 遊技機用基板ケース
JP2020028496A (ja) 遊技機
JP2020028498A (ja) 遊技機
JP5030211B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050826

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081003

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081016

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090305