JP2005133333A - 太陽電池モジュールの取付構造 - Google Patents

太陽電池モジュールの取付構造 Download PDF

Info

Publication number
JP2005133333A
JP2005133333A JP2003367711A JP2003367711A JP2005133333A JP 2005133333 A JP2005133333 A JP 2005133333A JP 2003367711 A JP2003367711 A JP 2003367711A JP 2003367711 A JP2003367711 A JP 2003367711A JP 2005133333 A JP2005133333 A JP 2005133333A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
solar cell
cell module
roof
mounting
wire
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003367711A
Other languages
English (en)
Inventor
Katsunori Onishi
Ryoichi Suzuki
克則 大西
良一 鈴木
Original Assignee
Sekisui Chem Co Ltd
積水化学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sekisui Chem Co Ltd, 積水化学工業株式会社 filed Critical Sekisui Chem Co Ltd
Priority to JP2003367711A priority Critical patent/JP2005133333A/ja
Publication of JP2005133333A publication Critical patent/JP2005133333A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/70Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules with means for adjusting the final position or orientation of supporting elements in relation to each other or to a mounting surface; with means for compensating mounting tolerances
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/10Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules extending in directions away from a supporting surface
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/50Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules comprising elongate non-rigid elements, e.g. straps, wires or ropes
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/60Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules
    • F24S25/61Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules for fixing to the ground or to building structures
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24SSOLAR HEAT COLLECTORS; SOLAR HEAT SYSTEMS
    • F24S25/00Arrangement of stationary mountings or supports for solar heat collector modules
    • F24S25/60Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules
    • F24S2025/6006Fixation means, e.g. fasteners, specially adapted for supporting solar heat collector modules by using threaded elements, e.g. stud bolts
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B10/00Integration of renewable energy sources in buildings
    • Y02B10/10Photovoltaic [PV]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B10/00Integration of renewable energy sources in buildings
    • Y02B10/20Solar thermal
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/40Solar thermal energy, e.g. solar towers
    • Y02E10/47Mountings or tracking

Abstract

【課題】 フラット屋根(陸屋根)の方位にかかわらず、太陽電池モジュールを最適な方向へ向けて取付けられることができ、発電効率の向上を図ることのできる太陽電池モジュールの取付構造を提供すること。
【解決手段】 太陽電池モジュール10をフラット屋根(陸屋根)50に取付ける太陽電池モジュールの取付構造において、太陽電池モジュール10がフラット屋根50の任意の位置、方向に設置可能な3本以上の脚23を備えた自立式の取付架台20に取付けられ、該取付架台20の両側面に設けられたワイヤグリップ27に各々ワイヤ30をかけて各々屋根50の一方側から屋根50の他方側に固定している。
【選択図】図1

Description

この発明は、建物のフラット屋根(陸屋根)面に太陽電池モジュールを配列する太陽電池モジュールの取付構造に関する。
近年、太陽電池モジュールを屋根に固定した太陽電池付き屋根が普及している。これに伴い、屋根面へ太陽電池モジュールを取り付ける際の施工性の改良や取付構造などの多数の提案がなされている。
例えば、太陽電池モジュールを屋根に取り付ける場合に、フラット屋根の方位にかかわらず、太陽電池モジュールを最適な方向へ向けて取付けることにより、発電効率の優れた太陽電池モジュールの取付構造が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。
また、家屋の屋根表面の横方向に平行に2本の溝型鋼の架台に太陽電池を搭載し、該溝型鋼の端部に設けられた孔部を前記溝型鋼に直交するよう貫通し、両端部が前記屋根表面より離間するよう折り曲げられた2本の角パイプとを有し、前記2本の角パイプの、前記屋根の棟側の両端部及び軒側の両端部をそれぞれワイヤで挿通して、各々前記屋根の棟側及び軒側に固定することにより、風圧強度に十分耐え、しかも太陽電池全体に対して均等な張力がかかる高信頼性の設置架台が提案されている(例えば、特許文献2参照。)。
特開2001−193231号公報 特許第2975508号公報
しかしながら、特許文献1記載の太陽電池モジュールの取付構造では、屋根固定金具が波形屋根材の山部を挟持して固定する構造であり、陸屋根等の平らな屋根面に対するものではない。
又、特許文献2記載の太陽電池設置架台では、傾斜屋根面に架台を設置し、4隅をワイヤで引張って固定する仕様であり、太陽電池の傾斜角度、方位が屋根勾配・配置に準じてしまい発電効率の最適化を図ることが難しい。又、太陽電池が風圧強度に耐えるには、ワイヤ張力は屋根構造が負担する構造であるので、過大な負荷が発生した場合には、屋根部が変形する恐れがある。
又、シート防水仕上陸屋根面にアンカーを施して太陽電池モジュールを固定する方法もあるが、アンカーを施した仕様ではアンカー部のコストが高く、また、太陽電池モジュールを積載し、風圧力を負担する架台も更に必要となりコストの高いものになる。
そこで、本発明では、上記の問題点を解消し、フラット屋根(陸屋根)の方位にかかわらず、太陽電池モジュールを最適な方向へ向けて取付けられることができ、発電効率の向上を図ることのできる太陽電池モジュールの取付構造を提供することを目的とする。
前記課題を解決するため、請求項1に記載された発明では、太陽電池モジュールをフラット屋根(陸屋根)に取付ける太陽電池モジュールの取付構造において、太陽電池モジュールがフラット屋根の任意の位置、方向に設置可能な3本以上の脚を備えた自立式の取付架台に取付けられ、該取付架台の両側面に設けられたワイヤグリップに各々ワイヤをかけて各々屋根の一方側から屋根の他方側に固定したことを特徴としている。
請求項2に記載された発明では、前記取付架台は太陽電池モジュールの受光面の角度調整が可能な取付金具を備えたことを特徴としている。
請求項3に記載された発明では、前記取付架台は矩形の形状をした太陽電池モジュールを受ける矩形状の架台と太陽電池モジュールの受光面の角度を調整する取付金具とフラット屋根に固定する3本以上の脚とからなり、該脚は各々伸縮可能で、フラット屋根面の不陸、傾斜を調整し、各脚裏にはズレ防止材が貼付されていることを特徴としている。
請求項4に記載された発明では、太陽電池モジュールをフラット屋根に取付ける太陽電池モジュールの取付構造において、前記取付架台の両側面に設けられたワイヤグリップに各々ワイヤをかけて各々屋根の一方側から屋根の他方側に固定し、ワイヤ張力により生じた水平力を屋根の一方側から屋根の他方側に取付けられた反力梁により負担させたことを特徴としている。
請求項1記載にかかる発明によれば、太陽電池モジュールを3本以上の脚を備えた自立式の取付架台でフラット屋根の任意の位置、方向に設置できるので、太陽電池モジュールを受光方向に対して最適の方向に設置できるので、発電効率を向上することができる。
又、該取付架台の両側面に設けられたワイヤグリップに各々ワイヤをかけて各々屋根の一方側から屋根の他方側に固定するので風圧力に十分対抗することができ、安定して固定することができる。
請求項2記載にかかる発明によれば、角度調整が可能な取付金具を用いることにより、簡単且つ自由に太陽電池モジュールを受光方向に対して最適な勾配に設置することができる。
請求項3記載にかかる発明によれば、フラット屋根に固定する3本以上の脚は各々伸縮可能で、フラット屋根面の不陸、傾斜を調整し、各脚裏にはズレ防止材が貼付されているので、フラット屋根面の不陸、傾斜を容易に調整することができる。また、各脚裏に貼付されたズレ防止材(塩ビ系)はフラット屋根の塩ビ系防水シート仕上げと良く馴染み密着性が良く設置の安定性、信頼性が向上する。
請求項4記載にかかる発明によれば、前記取付架台の両側面に設けられたワイヤグリップに各々ワイヤをかけて各々屋根の一方側から屋根の他方側に固定し、ワイヤの引張りにより生じた水平力は屋根の一方側から屋根の他方側に取付けられた反力梁により負担する構造であるのでパラペット等の屋根構造に過大な負担がかかることが無くパラペット等への補強は軽微で済みコスト的に有利である。
以下、本発明の具体的な実施の形態について、塩ビ系防水シート仕上げの陸屋根の住宅に太陽電池モジュールを取付けた一例として図1〜図4を用いて説明する。
図1(a)は陸屋根の上に太陽電池モジュールを自立式取付架台により設置された断面図を示し、(b)は図1(a)のイのパラペット部分を拡大して示す断面図、(c)は図1(a)のロの取付架台部分を拡大して示す断面図、(d)は図1(c)のワイヤグリップ部分を拡大して示す斜視図である。図2は陸屋根の上に太陽電池モジュールの取付状況を示す全体平面図である。図3は太陽電池モジュールの受光角度を取付金具の伸縮により調整する構造を示す断面図である。図4(a)はワイヤ張力により発生する反力の状況を説明する模式図、(b)はワイヤ張力により発生する取付架台の押下力の状況を説明する模式図である。
図1(a)に示すように、太陽電池モジュール10,10,10は塩ビ系防水シート仕上げの陸屋根50の上に取付架台20,20,20により設置されている。取付架台20,20,20は陸屋根50の一方のパラペット40に設けられた接続仕口42に一端を固定したワイヤ30を取付架台20,20,20のワイヤグリップ27,27,27の間を通し他方のパラペット40に設けられた接続仕口42に張力をかけて固定する。又ワイヤ張力により生じた水平力を負担する反力梁35もワイヤ30と同じように、一方のパラペットに設けられた接続仕口42から他方のパラペット40に設けられた接続仕口42に固定される。
図1(b)に示すように、陸屋根50は75mmの軽量気泡コンクリート(ALC)製の屋根材52の上に塩ビ系防水シート51仕上げからなり、陸屋根50の四周は手摺壁であるパラペット40が設けられている。
図2に示すように、太陽光の向き200に最適な方向に太陽電池モジュール10,10・・・を設置し、ワイヤ30,30・・をパラペット40の両端(図2において上下)側に設けられた接続仕口42,42・・に固定する。このように、建物100の設置方向に影響されること無く、太陽光200に最適な向きに設置できるよう、パラペット40の適宜な位置に接続仕口42を設けることができる。
接続仕口42は、図1(b)に示すように、天井梁60の上に梁上支持材41をボルト44等により固定し、梁上支持材41の上部はパラペット40の上に設けた接続仕口42とバックアップ材46、シーリング材45等を介してボルト43により固定されている。
そして、接続仕口42にはターンバックル31により6.0mmφのSUS製のワイヤの一端が固定されている。また、接続仕口42には60×60×2.3mm厚みの角パイプの反力梁35の一端も固定されている。
図1(c)に示すように、太陽電池モジュール10を設置する取付架台20は自立式の4本の脚23(図中断面図では2本)を備えている。脚23は取付架台20の陸屋根の不陸等の高さを調整するアジャスター部231、接地部脚24及び陸屋根の塩ビ係防水シート仕上げとの間のズレ防止の塩ビ製底板25とで構成されている。取付架台20の本体部22の両側側面にはワイヤ30を係止するワイヤグリップ27が取付けられている。
ワイヤグリップ27は図1(d)に示すように、ワイヤ30を通し保持する保持部273と円形状の本体部271とで構成され、本体部271が取付架台の本体部22にボルト272により固定されている。
太陽電池モジュール10は取付架台20の本体部22に受光面を最適にし、発電効率の向上を図ることができるように、太陽電池モジュール10の傾斜角度を調整する取付金具21が取付けられている。取付金具21は太陽光200に対して太陽電池モジュール10の前側に脚長の短い取付金具21a、後側に脚長の長い取付金具21bが取付けられる。
脚長の長い取付金具21bは数種類用意されても良く、あるいは図3に示すように、伸縮可能な構造とされても良い。
図3においては、伸縮可能な太陽電池モジュール10の後側の脚長の長い取付金具21cの構造を示している。取付金具21cは太陽電池モジュール10側にボルト215で固定された脚211の他端側に複数の取付孔213を有し、取付架台20の本体22側にボルト216で固定された脚212の他端側に複数の取付孔213を有し、脚211の他端側に脚212の他端側を挿入し、適当な角度になる位置で勘合し各々の取付孔213をボルト214で固定する。このようにして太陽電池モジュール10の受光面を最適にし、発電効率の向上を図ることができる取付構造が得られる。
本発明の太陽電池モジュールの取付構造においては、図4(b)に示すように、ワイヤ30を太陽電池モジュール10の取付架台20の本体部22側面のワイヤグリップ27に通して両側301,301方向に引張ることにより、取付架台20の本体部22に下方の押下力302が生じ、風圧力等に十分耐えられる構造となる。又、この押下力302により取付架台20の脚23の塩ビ製底板25と塩ビ系防水シート仕上げの陸屋根50とのスベリ防止効果も確実なものとなる。
そして、図4(a)に示すように、ワイヤ30はパラペット40に設けられた接続仕口42,42に引張状態で固定され、パラペット40に引張力の水平反力401,401の負荷が生じるが、この負荷401,401は反力梁35が受け持つので、パラペット40に設けられた接続仕口42部には比較的小さい鉛直力402,402だけが躯体である接続仕口部42や梁上支持体41に伝達されるので躯体への補強は軽微で済み、コスト的な負担が少なくて済む。
以上、本発明の実施の形態を図面により詳述したが、本発明の具体的な構成はこの実施の形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計の変更等があっても本発明に含まれる。
例えば、自立式の脚は4本に限定されるものではなく、矩形の取付架台の3方向に脚があれば自立できるので、3本以上の脚で取付けられたものであっても良い。
(a)は陸屋根の上に太陽電池モジュールを自立式取付架台により設置された断面図、(b)は図1(a)のイのパラペット部分を拡大して示す断面図、(c)は図1(a)のロの取付架台部分を拡大して示す断面図、(d)は図1(c)のワイヤグリップ部分を拡大して示す斜視図である。 陸屋根の上に太陽電池モジュールの取付状況を示す全体平面図である。 太陽電池モジュールの受光角度を取付金具の伸縮により調整する構造を示す断面図である。 (a)はワイヤ張力により発生する反力の状況を説明する模式図、(b)はワイヤ張力により発生する取付架台の押下力の状況を説明する模式図である。
符号の説明
10 太陽電池モジュール
20 取付架台
21 取付金具
22 本体部
23 脚
231 アジャスター部
24 接地脚部
25 塩ビ製底板
27 ワイヤグリップ
30 ワイヤ
31 ターンバックル
35 反力梁
40 パラペット
41 梁上支持材
42 接続仕口
50 陸屋根
51 塩ビ系防止シート仕上
52 ALC
100 建物
200 太陽光

Claims (4)

  1. 太陽電池モジュールをフラット屋根(陸屋根)に取付ける太陽電池モジュールの取付構造において、太陽電池モジュールがフラット屋根の任意の位置、方向に設置可能な3本以上の脚を備えた自立式の取付架台に取付けられ、該取付架台の両側面に設けられたワイヤグリップに各々ワイヤをかけて各々屋根の一方側から屋根の他方側に固定したことを特徴とする太陽電池モジュールの取付構造。
  2. 前記取付架台は太陽電池モジュールの受光面の角度調整が可能な取付金具を備えたことを特徴とする請求項1記載の太陽電池モジュールの取付構造。
  3. 前記取付架台は矩形の形状をした太陽電池モジュールを受ける矩形状の架台と太陽電池モジュールの受光面の角度を調整する取付金具とフラット屋根に固定する3本以上の脚とからなり、該脚は各々伸縮可能で、フラット屋根面の不陸、傾斜を調整し、各脚裏にはズレ防止材が貼付されていることを特徴とする請求項1、または2記載の太陽電池モジュールの取付構造。
  4. 太陽電池モジュールをフラット屋根に取付ける太陽電池モジュールの取付構造において、前記取付架台の両側面に設けられたワイヤグリップに各々ワイヤをかけて各々屋根の一方側から屋根の他方側に固定し、ワイヤ張力により生じた水平力を屋根の一方側から屋根の他方側に取付けられた反力梁により負担させたことを特徴とする請求項1,2,3に記載の太陽電池モジュールの取付構造。
JP2003367711A 2003-10-28 2003-10-28 太陽電池モジュールの取付構造 Pending JP2005133333A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003367711A JP2005133333A (ja) 2003-10-28 2003-10-28 太陽電池モジュールの取付構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003367711A JP2005133333A (ja) 2003-10-28 2003-10-28 太陽電池モジュールの取付構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005133333A true JP2005133333A (ja) 2005-05-26

Family

ID=34645640

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003367711A Pending JP2005133333A (ja) 2003-10-28 2003-10-28 太陽電池モジュールの取付構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005133333A (ja)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007285042A (ja) * 2006-04-19 2007-11-01 Agata Denshi Kk 太陽電池パネルの設置構造
KR101080153B1 (ko) 2011-03-30 2011-11-07 주식회사 에너솔라 태양전지모듈 지지구조물
JP2011231597A (ja) * 2010-04-30 2011-11-17 Sekisui Chem Co Ltd 積載物の屋根への支持構造
KR101098931B1 (ko) 2011-03-30 2011-12-27 주식회사 에너솔라 태양전지모듈 지지구조물
CZ303100B6 (cs) * 2008-09-10 2012-04-04 Horánek@Petr Pevná i polohovací nosná konstrukce fotovoltaických zarízení
WO2012062242A3 (de) * 2010-06-09 2012-07-12 Thomas Zorn Solarmoduleinheit zur aufbringung auf einem flachdach sowie verfahren zur fixierung einer solarmoduleinheit auf einem flachdach
ITVR20110013A1 (it) * 2011-01-24 2012-07-25 Gaetano Alberto Di Dispositivo di ancoraggio per strutture di supporto di pannelli
EP2505935A1 (de) * 2011-03-28 2012-10-03 SunStrom GmbH Befestigungssystem und Verfahren zum Befestigen flächiger Elemente an einen Körper
WO2012133991A1 (ko) * 2011-03-30 2012-10-04 (주)아이파워 태양전지모듈 지지구조물
CN102916063A (zh) * 2012-10-15 2013-02-06 东莞市中海光电材料有限公司 太阳能电池板组件、太阳能电池板安装系统及其安装方法
KR101318912B1 (ko) 2011-11-07 2013-10-17 주식회사 에너솔라 태양전지 모듈 시스템
JP2014025210A (ja) * 2012-07-24 2014-02-06 Hiroaki Ishihara 太陽光発電パネル用架台の施工方法
JP2014105519A (ja) * 2012-11-28 2014-06-09 Sb Energy Corp 陸屋根に設ける太陽光パネル設置架台構造
JP2014173245A (ja) * 2013-03-06 2014-09-22 Misawa Homes Co Ltd 太陽電池パネルの設置構造
JP2015059360A (ja) * 2013-09-19 2015-03-30 株式会社テクネット ソーラーパネルの支持構造
JP2015177586A (ja) * 2014-03-13 2015-10-05 株式会社福永博建築研究所 田畑間移設用太陽光発電設備
EP2773911B1 (en) * 2011-11-04 2018-09-12 Solixi Oy Solar energy harvesting

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007285042A (ja) * 2006-04-19 2007-11-01 Agata Denshi Kk 太陽電池パネルの設置構造
CZ303100B6 (cs) * 2008-09-10 2012-04-04 Horánek@Petr Pevná i polohovací nosná konstrukce fotovoltaických zarízení
JP2011231597A (ja) * 2010-04-30 2011-11-17 Sekisui Chem Co Ltd 積載物の屋根への支持構造
WO2012062242A3 (de) * 2010-06-09 2012-07-12 Thomas Zorn Solarmoduleinheit zur aufbringung auf einem flachdach sowie verfahren zur fixierung einer solarmoduleinheit auf einem flachdach
ITVR20110013A1 (it) * 2011-01-24 2012-07-25 Gaetano Alberto Di Dispositivo di ancoraggio per strutture di supporto di pannelli
WO2012101055A1 (en) * 2011-01-24 2012-08-02 Alberto Di Gaetano Anchoring device for panel supporting structures
US8931222B2 (en) 2011-01-24 2015-01-13 Di Gaetano Alberto Anchoring device for panel supporting structures
CN103477159A (zh) * 2011-01-24 2013-12-25 阿尔贝托·迪加埃塔诺 面板支撑结构的锚固装置
EP2505935A1 (de) * 2011-03-28 2012-10-03 SunStrom GmbH Befestigungssystem und Verfahren zum Befestigen flächiger Elemente an einen Körper
KR101098931B1 (ko) 2011-03-30 2011-12-27 주식회사 에너솔라 태양전지모듈 지지구조물
WO2012133991A1 (ko) * 2011-03-30 2012-10-04 (주)아이파워 태양전지모듈 지지구조물
KR101080153B1 (ko) 2011-03-30 2011-11-07 주식회사 에너솔라 태양전지모듈 지지구조물
US9117951B2 (en) 2011-03-30 2015-08-25 Enersolar Co., Ltd. Solar cell module support structure
EP2773911B1 (en) * 2011-11-04 2018-09-12 Solixi Oy Solar energy harvesting
KR101318912B1 (ko) 2011-11-07 2013-10-17 주식회사 에너솔라 태양전지 모듈 시스템
JP2014025210A (ja) * 2012-07-24 2014-02-06 Hiroaki Ishihara 太陽光発電パネル用架台の施工方法
CN102916063A (zh) * 2012-10-15 2013-02-06 东莞市中海光电材料有限公司 太阳能电池板组件、太阳能电池板安装系统及其安装方法
JP2014105519A (ja) * 2012-11-28 2014-06-09 Sb Energy Corp 陸屋根に設ける太陽光パネル設置架台構造
JP2014173245A (ja) * 2013-03-06 2014-09-22 Misawa Homes Co Ltd 太陽電池パネルの設置構造
JP2015059360A (ja) * 2013-09-19 2015-03-30 株式会社テクネット ソーラーパネルの支持構造
JP2015177586A (ja) * 2014-03-13 2015-10-05 株式会社福永博建築研究所 田畑間移設用太陽光発電設備

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8894033B2 (en) Slider clip and photovoltaic structure mounting system
US9328942B1 (en) Solar panel racking system
US8156697B2 (en) Photovoltaic module mounting system
JP4684874B2 (ja) 太陽電池モジュール枠体
US8234821B2 (en) Strut runner member and assembly using same for mounting arrays on rooftops and other structures
US5687512A (en) Hurricane lockdown system
US8273981B2 (en) Structure for securing solar cell modules and frame and securing member for solar cell modules
US20140353435A1 (en) Direct Rooftop Mounting Apparatus for Solar Panels
US8291653B2 (en) Modular structural framing system
EP1617008B1 (en) Complex system of vegetation and solar cell
JP2015071937A (ja) 光起電アレイ
US20140150251A1 (en) Unitized photovoltaic assembly
US9157664B2 (en) Support structure and systems including the same
US8615939B2 (en) Photovoltaic module mounting system
US8464496B2 (en) Support system for solar panels
KR101355881B1 (ko) 태양전지 모듈의 고정구조, 태양전지 모듈용의 프레임 및 고정부재
JP4178066B2 (ja) 太陽電池付き建築用板および太陽電池装置
US20100237029A1 (en) Support System For Solar Panels
US20110219720A1 (en) Adjustable floor to wall connectors for use with bottom chord and web bearing joists
US20040000334A1 (en) Photovoltaic tiles, roofing system, and method of constructing roof
US20120216466A1 (en) Solar support structure
US20110197418A1 (en) String Solar Panel Mounting System
US20080087275A1 (en) Solar Installation System
JP4202401B1 (ja) 構造物設置架台、その組立方法、太陽電池モジュール、及び構造物設置架台を用いた施工構造
JP4562793B2 (ja) 構造物設置架台、及び太陽電池システム

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060719

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20081030

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090624

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20091021