JP2005131372A - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2005131372A
JP2005131372A JP2004276891A JP2004276891A JP2005131372A JP 2005131372 A JP2005131372 A JP 2005131372A JP 2004276891 A JP2004276891 A JP 2004276891A JP 2004276891 A JP2004276891 A JP 2004276891A JP 2005131372 A JP2005131372 A JP 2005131372A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
opening
mounting table
housing
reel unit
gaming
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004276891A
Other languages
English (en)
Inventor
Shoji Izawa
尚司 井澤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Universal Entertainment Corp
Original Assignee
Aruze Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2003349899 priority Critical
Application filed by Aruze Corp filed Critical Aruze Corp
Priority to JP2004276891A priority patent/JP2005131372A/ja
Publication of JP2005131372A publication Critical patent/JP2005131372A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F17/00Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services
    • G07F17/32Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services for games, toys, sports, or amusements
    • G07F17/3202Hardware aspects of a gaming system, e.g. components, construction, architecture thereof
    • G07F17/3216Construction aspects of a gaming system, e.g. housing, seats, ergonomic aspects
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F17/00Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services
    • G07F17/32Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services for games, toys, sports, or amusements

Abstract

【課題】リールユニットのような遊技装置の着脱操作が容易に行なえる遊技機を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明に係るスロットマシン1は、スラント型遊技機を構成する筐体2と、この筐体2に開閉自在に設けられる開閉扉10と、筐体2内に設けられた載置台40に対して着脱自在に装着されるリールユニット5とを備えている。そして、載置台40を、開閉扉10に対して、略直角となるように筐体2内に設置したことを特徴とする。
【選択図】 図3

Description

本発明は、各種の遊技が行なえる遊技機に関し、詳細には、着座して遊技が行なえる遊技機(スラント型の遊技機と称する)に関する。
一般的に、遊技機には、その遊技の態様、及びそのような遊技を実行する遊技装置を組み込んでいる筐体に関して様々な形態のものが知られている。例えば、遊技機の一つとして知られているスロットマシンには、特許文献1に開示されているように、着座して遊技するタイプ(スラント型)や、特許文献2に開示されているように、立って遊技するタイプ(アップライト型)がある。
この種のスロットマシンは、遊技装置として、3つの回転リールを備えたリールユニット(遊技装置)を備えており、このリールユニットは、遊技者から視認されるように安定した状態で筐体内に設置されている。例えば、上記した特許文献2に開示されているようなアップライト型のスロットマシンでは、筐体内部を上下に二分するように設けられた略水平な載置台(ミドルボードと称することもある)の上に着脱可能に据え付けられている。
特開2003−67810号公報 特開2001−198265号公報
ところが、上記したスラント型の遊技機では、アップライト型と同じように載置台を水平状に設置すると、以下のような問題が生じる。
スラント型の遊技機では、遊技者は、椅子等に着座した状態で、上方から遊技領域を視認する。このため、遊技領域が形成される部分は、特許文献1に開示されているように、手前から後方に向けて次第に上昇する傾斜状に構成されている。そして、このような遊技領域が形成される部分は、通常、開閉可能な開閉扉による開閉可能構造を有し、この開閉扉を開けると、遊技装置の収容部が現れ、遊技装置を出し入れできるようになっている。すなわち、開閉扉の内側に開閉扉と同様に傾斜した開口部があり、その開口部を介して、奥側の収容部に遊技装置の出し入れを行ない、載置台に対する遊技装置の着脱操作を行なえるようになっている。
ところが、開口部が上り傾斜状になっているにもかかわらず、載置台が水平に設置されていると、有効に活用可能な収容部の大きさが狭まり、遊技装置の着脱操作が行ない難くなるという問題がある。具体的には、作業者が遊技装置を出し入れして着脱操作を行なうときは遊技装置を載置台に沿った向きに移動させる傾向がある。そのため、例えば、図6に示すように、開閉扉99を開放し、高さHpの開口部100を通して遊技装置の着脱操作を行なうときには、遊技装置を図の矢印fの方向に移動させるので、高さHpのうちの、正面から見た見かけの高さhp(開口部100から載置台102までの最短距離)分しか有効に用いることができなくなってしまう。つまり、通常、開口部100の高さHpを遊技装置の高さに対応した大きさに設定していても、遊技装置の着脱操作を行なおうとするときに載置台102が邪魔になるために、高さHpを充分に生かすことができなくなり、遊技装置の出し入れが行ない難くなるという問題があった。
本発明は、上記したように、スラント型の遊技機特有の問題点に着目してなされたものであり、リールユニットのような遊技装置の着脱操作が容易に行なえる遊技機を提供することを目的とする。
上記した目的を達成するために、請求項1に係る発明は、筐体と、この筐体に開閉自在に設けられる開閉扉と、前記筐体内に設けられた載置台に対して着脱自在に装着される遊技装置とを有するスラント型の遊技機において、前記載置台を、前記開閉扉に対して、略直角となるように筐体内に設置したことを特徴としている。
このような構成によれば、開閉扉を開けて、筐体内部に設置されている遊技装置を着脱する場合、載置台が開閉扉(開閉扉によって閉塞される開口)に対して略直角となるように設置されていることから、載置台に沿って遊技装置を移動させると、その開口幅を最大限利用することが可能となり、着脱作業が容易に行なえるようになる。すなわち、通常、作業者は、載置台に沿うようにして遊技装置を移動させることから、その開口幅全体が有効に活用されるようになる。なお、この場合、載置台は、開閉扉に対して直角に設置されている構成はもちろん、開口幅が有効に利用できて、遊技装置の引き出し操作、及び挿入操作が行ない易い程度、具体的には、直角方向に対して±30°程度以内傾いていても良い。
また、本発明に係る遊技機は、請求項2に記載されているように、遊技に必要な遊技装置を収容する筐体と、該筐体における前記遊技装置の収容部に備えられた載置台と、前記収容部の開口部を閉塞可能で上り傾斜状に配置されている開閉扉とを有しており、前記載置台が、前記開口部側よりも奥側が下る下り傾斜構造を有することを特徴とする。
このような構成によれば、遊技装置を載置する載置台が下り傾斜構造を有するので、収容部における載置台の上側の空間を広く確保することが可能となる。なお、このような構造の遊技機においても、前記載置台は、閉鎖状態にある前記開閉扉とのなす角度が略直角(90°±30°)程度に設置されていることが好ましい。このような角度に設定することで、載置台に沿って遊技装置を移動させるにあたり、開口部における開口幅を最大限利用することが可能となり、着脱作業が容易に行なえるようになる。
また、請求項3に係る発明は、前記開口部からの最短距離が、前記遊技装置の高さよりも大きくなるようにして、前記載置台が配置されていることを特徴とする。
このような構成によれば、遊技装置を出し入れするときに、遊技装置が開口部にぶつかることもなく、載置台がリールユニットの着脱操作の邪魔になることはない。
本発明の遊技機によれば、スラント型の遊技機において、開閉扉を開けて遊技装置を着脱操作する際、遊技装置の載置台が開閉扉に対して略直角に設置されていることから、開口部を最大限利用することができ、遊技装置の着脱操作が容易に行なえるようになる。
以下、本発明に係る遊技機の一実施形態を図1から図5を参照して具体的に説明する。なお、以下の実施形態では、遊技機として、スラント型のスロットマシンを例示して説明する。
これらの図において、図1は、本実施形態に係るスロットマシンの一例を示した斜視図であり、図2は、開閉扉を開けた状態を示す斜視図、図3は、開閉扉を開けてリールユニットを筐体内に組み込む状態を示す側面図、図4は、リールユニット及び載置台をスロットマシンの背面側から見た図、そして、図5は、図1に示すスロットマシンの開閉扉の閉鎖状態を示す斜視図である。
本実施形態に係るスラント型のスロットマシン1は、筐体2を備えており、この筐体内の内部空間(収容部)Sには、それぞれ図柄が描かれた3個の回転リール3L,3C,3Rを横一列に回転可能に配設したリールユニット5(遊技装置)が組み込まれている。
前記筐体2には、着座した状態で回転リール3L,3C,3Rが視認し易いように、水平方向に対して後方側が上昇するように傾斜した開閉可能な開閉扉10を備えており、前記各回転リール3L,3C,3Rは、この開閉扉10の略中央領域に形成された3つの窓部10L,10C,10Rを介して視認できるように前記収容部S内に配置されている。この場合、本実施形態の開閉扉10は、幅方向(左右方向)に開閉するように筐体2に回動可能に支持されると共に、遊技者(図示せず)がスロットマシン1の手前側に着座した状態で、上方から見下ろせる位置に配置されている。前記筐体2には、傾斜した矩形の開口部Pが形成されており、前記開閉扉10は、この開口部Pを閉塞可能な大きさを有すると共に、開放されることで開口部Pが露出するようになっている。
そして、開閉扉10は、回転リール3L,3C,3Rを視認し易いように、上側が背面方向に倒れ、手前側端部10aから後側端部10bに向かって上るような上り傾斜状に配置されている。すなわち、前記開口部Pを含む面、及び開口部Pを閉鎖する開閉扉10は、筐体2の底部2aに沿った方向(水平方向)を示す基準線Gよりも傾斜角α1(0<α1<90°)で傾斜した上り傾斜構造を有している。本実施形態におけるスロットマシン1では、傾斜角α1を約40°±10°の範囲に設定している。これは、遊技者が開閉扉10を介してリールユニット5を見易くするため、及び後述する液晶表示装置12の視野角を考慮したものである。
前記収容部Sは、横幅及び高さが共にリールユニット5よりも大きい空間であって、図5に示すように、開閉扉10の法線Jの方向に沿って開口部Pから内側に設けられている。また、収容部Sには、後述する台座部13側に載置台40が固定されている。
載置台40は、図4に示すように、収容部Sの横幅に対応した幅40aと、奥行きに対応した高さ40bとを有する概ね平板状の部材であって、図3、図5に示すように、開口部P側よりも奥側が下るような下り傾斜状に配置された下り傾斜構造を有している。すなわち、載置台40は、図3に示すように、基準線Gよりも傾斜角α2(−90°<α2<0°)で傾斜した傾斜構造を有している。
また、載置台40は、開口部Pを閉鎖している閉鎖状態の開閉扉10と略直交する方向に配置された交差構造を有している。本実施形態では、図5に示すように、載置台40は、開閉扉10の略直交する交差方向に伸びる直線Jと収容部S内で交差しないように、開閉扉10に対して略直角となるように配置されている。ただし、後述する開放角θを狭めると、載置台40が直線Jと交差することもある。さらに、図3に示すように、載置台40は、リールユニット5の高さH1よりも開口部Pの奥側の縁部P1からの最短距離H2(縁部P1から載置台40を含む平面までの垂線の長さ)が大きくなるようにして(H2>H1)、傾斜角α2が設定されている。なお、載置台40は、据え付けられるリールユニット5の安定性を考慮して平板状の構成を有している。
一方、前記筐体2は、開閉扉10の下方に、開閉扉よりも緩やかな(傾斜角α3;0<α3<α1)傾斜面を具備した台座部13を備えており、この台座部13には、遊技を行なう上で必要とされる各種の操作部材(BETボタン、リール回転ボタン、リール停止ボタン等の各種ボタンやコインを投入する投入口等)が配置されている。
前記台座部13の手前側には、略水平面を有するアームレスト15が設けられており、遊技者が図示されていない椅子に座った状態で、腕をアームレスト15に載せて台座部13に設けられた各種の操作部材が操作し易いように構成されている。
また、前記筐体2は、開閉扉10の後方側に底部2aから垂直に起立している2枚の側面パネル部17を備えており、これら側面パネル部17の間には、例えば、入賞図柄の組み合せや配当等を表示する配当表18や、遊技中に遊技の興趣を増大するため、演出用の効果音を発音するスピーカ20L,20R等が設けられている。
なお、上記したスロットマシンには、更に、遊技の興趣を増大するための各種の装置が設けられていても良く、例えば、前記開閉扉10に、回転リール3L,3C,3Rが透過して視認できる液晶表示装置12(透過型の液晶表示装置)を配置し、ここで、遊技に応じて各種の動的な演出画像を表示したり、遊技者が遊技を有利に進めるために必要な情報の表示等を行なうようにしても良い。この場合、透過型の液晶表示装置は、保護ガラス、表示板、液晶パネル、導光板、反射フィルム、蛍光ランプ、及び液晶パネル駆動用のICを搭載したテーブルキャリアパッケージ(TCP)等を具備して構成されており、窓部10L,10C,10Rに対応した領域で透過表示を行なうようになっている。
前記リールユニット5は、図2、図4に示すような各リール3L,3C,3Rを等間隔で回転可能に支持するフレーム30を備えており、このフレーム30には、各回転リールを回転駆動するためのステッピングモータや、各リールを照明する照明装置、各リールの位置を検出するセンサ装置等の各種の構成部品(図示せず)が保持されている。
前記フレーム30は、ベース部30aを具備しており、このベース部30aは、幅及び奥行きともに載置台40よりも小さい大きさを有し、載置台40に据え付けることができるようになっている。
上記したような構成によれば、スロットマシン1は収容部Sの内側に、載置台40が下り傾斜状に配置されているので、収容部Sにおいて、載置台40よりも上側に広い空間を確保することができる。従って、リールユニット5を載置台40に沿って移動させようとするときに載置台40よりも上側の広い空間を利用することができ、リールユニット5の出し入れを容易に行なうことができる。
しかも、載置台40を下り傾斜状に配置したことにより、開閉扉10と載置台40とのなす角(開放角)θが拡大されるので、開口部Pを通してリールユニット5を出し入れし、着脱操作を行なうときに、作業者は開口部Pの高さHをほぼそのまま生かすことができる。また、リールユニット5の高さH1よりも、開口部Pの奥側の縁部P1からの最短距離H2が大きくなるようにしていることから、リールユニット5を出し入れするときに、リールユニット5が開口部Pにぶつかることもなく、載置台40がリールユニット5の着脱操作の邪魔になることはない。
このように、スロットマシン1では、作業者が載置台40に沿って図3における矢印Fで示す方向にリールユニット5を移動させるときに、開口部Pの高さHを略最大限利用することが可能となって、リールユニット5の着脱作業が容易に行なえるようになる。
載置台40は、載置台40に対するリールユニット5の据え付け、及び取り外し作業の容易性を考慮すると、図5に示すように、開放角θが略90°になる(開放扉10と載置台40とが略直角)ようにして設置するのが望ましい。ただし、通常、リールユニット5は、開口部Pの大きさよりも、ある程度小さい大きさで形成されており、また、通常、作業者は、載置台40に沿ってリールユニット5の着脱操作を行なうことから、作業性が低下しない範囲であれば、開放角θを変えることができる(90°±30°程度)。
前記リールユニット5の載置台40に対する据え付け方法は、各種の方法で行なうことが可能である。例えば、図4の模式図に示すように、載置台40に複数のネジ穴41を形成すると共に、リールユニット5のベース部30aに、前記ネジ穴41に対応するように複数のネジ挿通孔30bを形成しておき、ベース部30aのネジ挿通孔30bを載置台40のネジ穴41に位置合わせした状態でネジ45を嵌め込んでネジ止めすることにより、リールユニット5を載置台40に保持する。或いは、ベース部30aにフックのような係止部材を形成しておき、これを載置台40に係止させる等しても良い。また、リールユニット5のフレーム30の形状によって、そのフレームを、載置台40や筐体内に形成された当接部(図示しない)に当て付けて保持状態を安定させるようにしても良い。
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は、上記した実施形態に限定されることは無く、例えば、以下のように構成することが可能である。
上記した実施形態では、開閉扉10は、幅方向に開くように構成したが、前後方向に開くような構成であっても良い。また、スロットマシンを構成する筐体形状は、一例を示したに過ぎず、その形状、構成部材の配置方法については、遊技機に応じて適宜変形することが可能である。また、リールユニット5(遊技装置)の載置台40に対する据付方法やリールユニット5を構成し、載置台40に対して装着されるフレーム30の形状や、載置台40の形状については、様々な形態にすることが可能である。
本発明は、上述した実施の形態で説明したようなスラント型のスロットマシンの他、開閉扉を開けることで、遊技装置を着脱可能にする様々な遊技機に適用することが可能である。
本発明に係る遊技機の一例を示す図であり、スロットマシンを示す斜視図。 図1に示すスロットマシンの開閉扉を開けた状態を示す斜視図。 リールユニットを筐体内に組み込む状態を示す側面図。 リールユニットの載置台に対する装着方法の一例を示した模式図。 図1に示すスロットマシンの開閉扉の閉鎖状態を示す側面図。 載置台が水平方向に形成されているスラント型遊技機の概略斜視図。
符号の説明
1 スロットマシン(遊技機)
2 筐体
5 リールユニット(遊技装置)
10 開閉扉
30 フレーム
30a ベース部
40 載置台
P 開口部
S 内部空間(収容部)

Claims (3)

  1. 筐体と、
    この筐体に開閉自在に設けられる開閉扉と、
    前記筐体内に設けられた載置台に対して着脱自在に装着される遊技装置と、
    を有するスラント型の遊技機において、
    前記載置台を、前記開閉扉に対して、略直角となるように筐体内に設置したことを特徴とする遊技機。
  2. 遊技に必要な遊技装置を収容する筐体と、該筐体における前記遊技装置の収容部に備えられた載置台と、前記収容部の開口部を閉塞可能で上り傾斜状に配置されている開閉扉とを有する遊技機であって、
    前記載置台が、前記開口部側よりも奥側が下る下り傾斜構造を有することを特徴とする遊技機。
  3. 前記開口部からの最短距離が、前記遊技装置の高さよりも大きくなるようにして、前記載置台が配置されていることを特徴とする請求項2に記載の遊技機。
JP2004276891A 2003-10-08 2004-09-24 遊技機 Pending JP2005131372A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003349899 2003-10-08
JP2004276891A JP2005131372A (ja) 2003-10-08 2004-09-24 遊技機

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004276891A JP2005131372A (ja) 2003-10-08 2004-09-24 遊技機
US10/960,205 US20050113174A1 (en) 2003-10-08 2004-10-08 Gaming machine
AU2004218683A AU2004218683A1 (en) 2003-10-08 2004-10-08 Gaming machine
ZA2004/08172A ZA200408172B (en) 2003-10-08 2004-10-08 Gaming machine
CNB2004100880421A CN100354018C (zh) 2003-10-08 2004-10-08 游戏机
EP04024084A EP1524633A1 (en) 2003-10-08 2004-10-08 Gaming machine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005131372A true JP2005131372A (ja) 2005-05-26

Family

ID=34380412

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004276891A Pending JP2005131372A (ja) 2003-10-08 2004-09-24 遊技機

Country Status (6)

Country Link
US (1) US20050113174A1 (ja)
EP (1) EP1524633A1 (ja)
JP (1) JP2005131372A (ja)
CN (1) CN100354018C (ja)
AU (1) AU2004218683A1 (ja)
ZA (1) ZA200408172B (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015196065A (ja) * 2014-04-03 2015-11-09 サミー株式会社 遊技機のリールユニット

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ZA200408425B (en) * 2003-10-21 2005-06-29 Aruze Corp Gaming machine
JP5077618B2 (ja) * 2005-10-31 2012-11-21 株式会社セガ ゲーム装置
US9183694B2 (en) * 2008-11-13 2015-11-10 Aruze Gaming America, Inc. Gaming machine
WO2012019218A1 (en) * 2010-08-09 2012-02-16 Ainsworth Game Technology Limited Gaming machine
CN106267564B (zh) * 2016-08-26 2018-12-18 广州三得医疗科技有限公司 一种电磁治疗仪用的机箱及与之适配的电磁治疗仪
US20180240298A1 (en) * 2017-02-23 2018-08-23 Novomatic Ag Systems and methods for gaming machines having interactive chairs
USD939632S1 (en) 2018-07-17 2021-12-28 Ags Llc Gaming machine
US10997816B2 (en) * 2018-09-19 2021-05-04 Ags Llc Gaming machine design for facilitating serviceability of attendant light assembly

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003236038A (ja) * 2002-02-19 2003-08-26 Olympia:Kk 分離型スロットマシン
JP2004275441A (ja) * 2003-03-14 2004-10-07 Oizumi Corp 遊技装置

Family Cites Families (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CH514904A (de) * 1970-05-26 1971-10-31 Meier Hans Werner Lehrautomat
US4440457A (en) * 1981-10-13 1984-04-03 Sega Electronics, Inc. Universal electronic video game cabinet
USD278069S (en) * 1982-09-30 1985-03-19 Michael Wichinsky Slot machine
USD344296S (en) * 1992-06-12 1994-02-15 Sigma Game, Inc. Slant-top gaming machine
US5456468A (en) * 1993-09-17 1995-10-10 Wms Gaming Inc. Video monitor insertion and extraction machanism for video game machines
US5423540A (en) * 1994-05-27 1995-06-13 Bally Gaming International, Inc. Adjustable slot machine reel mounting assembly
US6068101A (en) * 1996-10-11 2000-05-30 Casino Data Systems Gaming machine currency apparatus and method therefore
US5826882A (en) * 1996-11-12 1998-10-27 Vector Slot Machine Company, L.L.C. Slot cabinet and base unit therefor
US5813914A (en) * 1997-03-25 1998-09-29 Casino Data Systems Gaming machine slant top cabinet
GB2326506B (en) * 1997-06-20 2001-06-27 Barcrest Ltd Entertainment machines
US6135884A (en) * 1997-08-08 2000-10-24 International Game Technology Gaming machine having secondary display for providing video content
US6201532B1 (en) * 1998-06-30 2001-03-13 Powerhouse Technologies, Inc. Electronic gaming device with deck-mounted touchscreen
JP4265000B2 (ja) * 1998-09-21 2009-05-20 株式会社セガ ゲーム機
US6843720B2 (en) * 1999-09-13 2005-01-18 Sierra Design Group Apparatus and method for dispensing prizes
JP2001198265A (ja) * 2000-01-19 2001-07-24 Aruze Corp 回胴式遊技機
US7267613B2 (en) * 2003-07-17 2007-09-11 Cole Industries, Inc. Slant-type gaming machine
USD451968S1 (en) * 2000-07-17 2001-12-11 Sega Corporation Medal game machine
CN2469657Y (zh) * 2001-02-22 2002-01-02 洛阳卓航测控设备有限责任公司 一种控制台机柜
JP2002360776A (ja) * 2001-04-06 2002-12-17 Konami Parlor Entertainment Kk 遊技機
US6688984B2 (en) * 2001-06-05 2004-02-10 Joseph W. Cole Bar top gaming unit
JP2003067810A (ja) * 2001-08-29 2003-03-07 Aruze Corp 紙幣受領装置及びゲーム機
US7066816B2 (en) * 2003-01-08 2006-06-27 Atronic International Gmbh Bill stacker and hopper access technique for a gaming device
US7513830B2 (en) * 2004-06-09 2009-04-07 Wms Gaming Inc. Extendable display for a gaming machine
US7601067B2 (en) * 2005-03-07 2009-10-13 Spec International, Inc. Dual hinge mounting arrangement
USD548287S1 (en) * 2005-10-28 2007-08-07 Konami Digital Entertainment Co., Ltd. Operating apparatus for game machine

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003236038A (ja) * 2002-02-19 2003-08-26 Olympia:Kk 分離型スロットマシン
JP2004275441A (ja) * 2003-03-14 2004-10-07 Oizumi Corp 遊技装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2015196065A (ja) * 2014-04-03 2015-11-09 サミー株式会社 遊技機のリールユニット

Also Published As

Publication number Publication date
CN100354018C (zh) 2007-12-12
EP1524633A1 (en) 2005-04-20
AU2004218683A1 (en) 2005-04-28
ZA200408172B (en) 2005-06-29
CN1616127A (zh) 2005-05-18
US20050113174A1 (en) 2005-05-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005131372A (ja) 遊技機
JP2005261612A (ja) 遊技機
JP2005168566A (ja) スロットマシン
JP4271044B2 (ja) 遊技機
JP2003250960A (ja) スロットマシン
JP5906156B2 (ja) 遊技機
JP2009095540A (ja) 遊技機
JP5598944B2 (ja) 遊技機の基板ケース取付構造
EP1533760B1 (en) Display unit and gaming machine
JP4531727B2 (ja) 遊技機
JP2008104860A (ja) 遊技機
JP2006187362A (ja) 遊技機
JP2010273908A (ja) 遊技機
JP4782403B2 (ja) 遊技機
JP2007050029A (ja) 遊技機
JP2009095541A (ja) 遊技機
JP2005169100A (ja) 液晶表示装置および遊技機
JP2004024345A (ja) 回転式図柄表示装置における配線基板の支持構造
JP2008119093A (ja) スロットマシン
JP2008279053A (ja) 遊技機
JP5095713B2 (ja) 遊技機
JP6445726B2 (ja) 遊技機
JP4804414B2 (ja) 遊技機
JP6309387B2 (ja) 遊技機
JP2004275414A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20060814

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070705

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091214

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091216

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100408