JP2005130258A - Point to multi-point mpls communication method - Google Patents

Point to multi-point mpls communication method Download PDF

Info

Publication number
JP2005130258A
JP2005130258A JP2003364769A JP2003364769A JP2005130258A JP 2005130258 A JP2005130258 A JP 2005130258A JP 2003364769 A JP2003364769 A JP 2003364769A JP 2003364769 A JP2003364769 A JP 2003364769A JP 2005130258 A JP2005130258 A JP 2005130258A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
p2mp
path
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2003364769A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4148099B2 (en
Inventor
Koji Sugisono
Masanaga Yasukawa
正祥 安川
幸司 杉園
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP2003364769A priority Critical patent/JP4148099B2/en
Publication of JP2005130258A publication Critical patent/JP2005130258A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4148099B2 publication Critical patent/JP4148099B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To copy P2MP traffic at an optimum branch point in a provider network so as to copy the optimum P2MP traffic in the whole network by extending the MPLS signaling protocol of RSVP-TE. <P>SOLUTION: When a multi-cast label switching path is set, P2MP session information is designated, which designates P2MP LSP of a setting object in the path message of RSVP-TE. A plurality of path messages holding ERO information for designating the partial P2P path of P2MP to be set are transmitted for the portion of P2P path constituting a P2MP path. The branch setting of a data plane is performed by an intermediate tree branch node. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、ポイントツーマルチポイントMPLS通信方法に係り、特に、MPLS転送技術における、P2MPコミュニケーション用のトラヒックをネットワークで効率的にTE(Traffic Engineering)しながら、QoS(Quality of Service)保証してMPLS転送するためのマルチポイントMPLS技術の、ポイントツーマルチポイントMPLS転送経路を設定するMPLS通信プロトコル技術及びそのシステム化技術のためのポイントツーマルチポイントMPLS通信方法に関する。 The present invention relates to a point-to-multipoint MPLS communication method, in particular, in the MPLS forwarding technology, while P2MP communication for traffic efficiently TE with network (Traffic Engineering), QoS (Quality of Service) guaranteed to MPLS multipoint MPLS technique for transferring, to a point-to-multipoint MPLS communication method for MPLS communication protocol technology and system technology to set a point-to-multipoint MPLS forwarding path.

MPLS(マルチプロトコルラベルスイッチング)のシグナリングプロトコルとしては、RSVP(Resource ReSerVation Protocol)−TEがあり、P2PのLSPを設定するMPLSシグナリングプロトコルがある(例えば、非特許文献1参照)。 MPLS The signaling protocol (Multiprotocol Label Switching), there is RSVP (Resource ReSerVation Protocol) -TE, there is MPLS signaling protocol to set the P2P LSP (for example, see Non-Patent Document 1).

しかしながら、RSVP−TEは、P2P(ポイントツーポイント)のLSP(ラベルスイッチングパス)を設定するMPLSシグナリングプロトコルであるため、P2MP(ポイントツーマルチポイント)のコミュニケーショントラヒックを転送しようとすると、送信PE(プロバイダエッジ)ノードでP2MPコミュニケーションの宛先である複数の受信PEノード迄P2PのLSPを複数本設定して、送信PEノードで受信トラヒックをコピーし、複数の設定されたP2PのLSPにコピーして載せ替える必要が生じるため、送信PEノードでのコピー性能を圧迫し、ネットワークの転送効率を下げる問題がある。 However, RSVP-TE are the MPLS signaling protocol to set the LSP for P2P (Point-to-Point) (label switched path), an attempt to transfer the communication traffic P2MP (point-to-multipoint), sending PE (Provider in edge) node until a plurality of receiving PE node is a P2MP communication destination of the P2P LSP to a plurality of settings, copy the received traffic at the transmitting PE node, reloaded by copying the plurality of set the P2P LSP since it is necessary to compress the copying functions at the transmitting PE node, there is a problem of lowering the transfer efficiency of the network.

本発明は、上記の点に鑑みなされたもので、RSVP−TEのMPLSシグナリングプロトコルを拡張して、プロバイダネットワーク内の最適な分岐ポイントでP2MPトラヒックをコピー可能でネットワーク全体で最適なP2MPトラヒックのコピーが可能となるポイントツーマルチポイントMPLS通信方法を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above, to extend the MPLS signaling protocol RSVP-TE, copy of the appropriate optimal P2MP traffic across copyable a network P2MP traffic at decision point in the provider network and to provide a point-to-multipoint MPLS communication method is possible.

本発明は、マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)通信ネットワークにおいて、MPLSネットワークの境界に配置されたプロバイダエッジ(PE)ノードがIPマルチキャストトラヒックを含むポイントツーマルチポイント(P2MP)コミュニケーショントラヒックを複数該境界に配置されたプロバイダエッジ(PE)ノードまでMPLS転送するポイントツーマルチポイントMPLS通信方法において、 The present invention provides a multi-protocol label switching (MPLS) communications network, arranged to point-to-multipoint (P2MP) communication traffic provider edge (PE) node disposed in the boundary of the MPLS network comprises an IP multicast traffic to multiple boundary in point-to-multipoint MPLS communication method for MPLS forwarding to the provider edge (PE) nodes,
送信PEノードが、複数の受信PEノードまで、MPLSシグナリングプロトコルを用いてプロバイダエッジ内の複数の中継ノードにコピーポイントを設置してP2MPのツリー形状のラベルスイッチパス(LSP)を設定することでMPLS転送経路を設定する処理を行い、 MPLS by sending PE node to a plurality of receiving PE node, sets a label switched path P2MP tree shape by installing a copy points to a plurality of relay nodes in the provider edge using MPLS signaling protocol (LSP) It performs a process of setting a transfer path,
P2MPのツリー形状のラベルスイッチングパス(P2MP LSP)を設定するときに、マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)プロトコルであるRSVP−TE(RFC3209)をベースにして、P2MPトラヒックのP2MPセッションを識別するために、P2MP LSPの送信PEアドレスとトンネル識別子、さらに、該トンネル識別子の拡張としてP2MPトンネル識別子、シーケンス番号で構成されるP2MPセッションオブジェクトを定義し、 When setting the P2MP tree shape of label switched path (P2MP LSP), Multiprotocol Label Switching (MPLS) is a protocol RSVP-TE (RFC3209) in the base, in order to identify the P2MP session P2MP traffic, P2MP LSP sending PE address and tunnel identifier of the further, P2MP tunnel identifier as an extension of the tunnel identifier, to define a P2MP session object consisting of a sequence number,
さらに、PEノードは、 Furthermore, PE node,
P2MP LSP形状を指定するために、設定対象のP2MP LSPの送信PEから複数の受信リーフPEノードまでのツリー状の経路を送信PEノードから各受信PEノード迄のポイントツーポイント(P2P)のMPLS転送経路で分解する処理を行い、 To specify the P2MP LSP shape, MPLS forwarding setting target of P2MP LSP point-to-point until the receiving PE node tree-like path to the plurality of received leaf PE node from the transmitting PE node from the transmitting PE of (P2P) It performs a process of decomposing the path,
分解した、P2P経路をRSVP−TE(RFC3209)で定義されたP2Pの転送経路指示オブジェクトであるEROオブジェクトにより経路指定する処理を行い、 Decomposed, performs a process of routing the ERO object is a P2P transfer routing objects defined in the P2P path RSVP-TE (RFC3209),
P2MP LSPを設定する時に、送信PEノードが外部からのP2MP LSP経路指示、または、内部のIPルーティングプロトコルのトラヒックエンジニアリング拡張機能との連携により送信PE間と複数の受信PEノード間の設定すべきP2MP LSP経路計算を行うことにより、設定すべきP2MP LSP経路を把握したときに、ツリー経路をP2P経路に分解する手段により、P2MP LSP設定経路に変換する処理を行い、 When setting the P2MP LSP, P2MP LSP routing from the sending PE node outside, or, to be set between the transmission PE between a plurality of receiving PE node in cooperation with traffic engineering extension of the interior of the IP routing protocols P2MP by performing the LSP route calculation, when they grip the P2MP LSP path to be set, by decomposing means tree route the P2P path, performs a process of converting the P2MP LSP setting path,
送信PEノードは、P2MP LSP設定時にパスメッセージとして共通ヘッダ、定義したP2MPセッションオブジェクトに設定対象のP2MPツリーを指定するP2MP_LSP_idとそのツリー形式のために必要となる複数のメッセージの送出番号を指定するシーケンス番号を0に指定し、RSVP_HOPオブジェクト、TIME_VALUESオブジェクト、分解した第1のP2P経路を指定するEROオブジェクト、LABEL_REQUESTオブジェクト、SENDERオブジェクト、SENDER_TEMPLATEオブジェクト、SENDER_TSPECオブジェクトを含んだパスメッセージを送信PEノードから設定すべきP2MP LSPを構成する最隣接する下流ノードに送出する処理を行い、 Sending PE node, a sequence which specifies the transmission number of the plurality of messages needed for P2MP_LSP_id and the tree format for specifying P2MP tree to be set common header as the path message to the P2MP LSP setting, the P2MP session object defined Specifies the number 0, to be set RSVP_HOP objects, TIME_VALUES object, ERO object that specifies the first P2P path decomposed, LABEL_REQUEST objects, SENDER objects, SENDER_TEMPLATE object, the path message containing SENDER_TSPEC object from the sending PE node It performs a process of sending the most adjacent downstream node constituting the P2MP LSP,
送信PEノードは、設定すべきP2MPのツリー状の経路が複数のP2P経路で設定されて、第1のP2P経路以外にもP2P経路が複数存在する場合には、第2のP2P経路を指定するEROを用意して、パスメッセージとして共通ヘッダ、定義したP2MPセッションオブジェクトに設定対象のP2MPツリーを指定するP2MP_LSP_idとそのツリー形式のために必要となるシーケンス番号を1に指定し、RSVP_HOPオブジェクト、TIME_VALUESオブジェクト、分解した第2のP2P経路を指定するEROオブジェクト、LABEL_REQUESTオブジェクト、SENDER_TEMPLATEオブジェクト、SENDER_TSPECオブジェクトを含んだパスメッセージを送信PEノードから設定すべきP2MP LSPを構成する最隣接する下流ノードに送出する処理を行い、 Sending PE node is set tree-like path of the P2MP be set in a plurality of P2P path, if the P2P path other than the first P2P path there are a plurality, specifies the second P2P path We are prepared ERO, common header as the path message, specify a sequence number required for P2MP_LSP_id and the tree format for specifying P2MP tree to be set to P2MP session object as defined 1, RSVP_HOP object, TIME_VALUES object , ERO object that specifies the second P2P path decomposed, LABEL_REQUEST objects, SENDER_TEMPLATE objects, the process of sending the most adjacent downstream node constituting the P2MP LSP to be set to path message including SENDER_TSPEC object from the sending PE node done,
送信PEノードは、上記の手順をP2MPのツリー状の経路を構成する最終P2P経路まで設定を繰り返し、最終P2P経路を指定するEROを用意して、パスメッセージとして共通ヘッダ、定義したP2MPセッションオブジェクトに設定対象のP2MPツリーを指定するP2MP_LSP_idとそのツリー形成のために必要となるシーケンス番号に(繰り返し番号―1)、さらに、End指定ビットを設定し、該パスメッセージが最終パスメッセージであることを指定し、RSVP_HOPオブジェクト、TIME_VALUESオブジェクト、分解した最終のP2P経路を指定するEROオブジェクト、LABEL_REQUESTオブジェクト、SENDER_TEMPLATEオブジェクト、SENDER_TSPECオブジェクトを含んだパスメッセージ送信PEノードから設定すべきP2MP LSPを構成する最隣接する下流ノードに送出する処理を行い、 Sending PE node, repeat the setting of the above steps until the final P2P path constituting a tree-like path of the P2MP, are prepared ERO specifying the final P2P path, common header as the path message, the P2MP session object defined P2MP_LSP_id specifying the P2MP tree to be set and the sequence number necessary for its tree formation (repetition number -1), further sets the end designation bits, specifies that the path message is the last path message and, RSVP_HOP objects, TIME_VALUES object, ERO object specifying the degraded final P2P path, LABEL_REQUEST objects, SENDER_TEMPLATE objects, most adjacent downstream node constituting the P2MP LSP to be set from the path message sending PE node containing SENDER_TSPEC object It performs the processing to be sent to,
パスメッセージを受信した下流ノードは、 The downstream node receiving the path message,
その登録されているPathステート情報を検索し、該パスメッセージが新規受信パスメッセージである場合、パスメッセージよりセッション情報を抽出し、設定要求のパスが設定可能な場合には、Pathステート情報として新たに登録する処理を行い、 Search for Path state information is the registered, if the path message is newly received path message, extracts the session information from the path message, if the path setting request is reconfigurable, new as Path state information It performs a process of registering to,
さらに、パスメッセージよりP2MP LSPの部分P2P経路として設定すべきEROを抽出し、さらに、ERO情報から自身のノードアドレスの次のホップとして定義されている下流次ホップアドレスを抽出する処理を行い、 Further, to extract the ERO to be set as P2MP LSP portion P2P path than the path message, further, a process of extracting a downstream next hop address defined as the next hop node address of its own from the ERO information,
パスメッセージを受信した下流ノードは、 The downstream node receiving the path message,
上流ノードが複数のパスメッセージを送出するときには、該受信パスメッセージより、該パスメッセージが同一のP2MPセッションに対してのP2MP LSP経路設定要求メッセージであることを判定し、該パスメッセージが格納しているERO情報により次に設定すべきP2MP LSPの部分P2P経路をEROとして抽出し、さらに、該ERO情報から自身のノードアドレスの次のホップとして定義されている下流次ホップアドレスを抽出する処理を行い、 When the upstream node sends multiple path message, from the received path message, it determines that the path message is P2MP LSP path setup request message to the same P2MP session, the path message is stored are the P2MP LSP portion P2P path to be set in the next extracted as ERO by ERO information, further performs a process of extracting a downstream next hop address defined as the next hop node address of its own from the ERO information ,
パスメッセージを受信する下流ノードは上流からのパスメッセージのP2MPセッションオブジェクトにP2MP設定経路の最終部分P2P経路設定用のパスメッセージであることを指示するEndビット設定のパスメッセージを受信するまで、上記の処理を繰り返し、Endビットが設定されている最終パスメッセージを受信すると、上記と同様に、そのパスメッセージを保持する、最終P2P経路をEROとして抽出する処理と同時に、次ホップアドレスを特定する処理を行い、 Until the downstream node receiving the path message to receive End bit set in the path message indicating that it is a path message for the final part P2P routing of P2MP session object in P2MP the set route of a path message from the upstream, of the process repeated receives the final path message end bit is set, in the same manner as described above, holds the path message, at the same time as the process for extracting the final P2P path as ERO, the process of specifying the next-hop address done,
さらに、各ERO情報から抽出した次ホップ情報を抽出すると同時に自身のノードアドレスを各ERO情報から削除し、次ホップアドレスが各ERO情報の先頭格納情報となるようにERO情報を整形する処理、さらに、共通の次ホップアドレスグループが複数存在する場合には、同一の次ホップアドレスを持つERO情報をグルーピングする処理を行い、 Further, the node address at the same time its own when to extract next hop information extracted from each ERO information deleted from the ERO information, processing for shaping the ERO information as the next hop address is the head information stored in the respective ERO information, further , when the common next hop address group there are multiple, performs a process of grouping the ERO information having the same next-hop address,
上記の処理の後に、次ホップに対応する下流ノード毎に当該下流ノードを宛先にする再度グルーピングされたパスメッセージを該下流ノード配下の部分P2MP LSPを指定する再構築されたERO情報を格納して下流の次ホップノードに上記の同一のP2MP_LSP_id情報に対してシーケンス番号を付与して、最終パスメッセージについては、Endビットを設定して送出する処理を行い、 After the above processing, it stores the ERO information reconstructed again grouped path message to the downstream node for each downstream node corresponding to the next hop to the destination specifying portion P2MP LSP subordinate downstream node by applying a sequence number to the above identical P2MP_LSP_id information downstream next hop node, the final path message, performs processing of transmitting by setting the end bit,
Pathステート情報の登録、パスメッセージの再グルーピング化とグループ毎のシーケンス番号を指定した次下流ノードへの転送を繰り返し、当該処理を最下流のリーフノードである受信PEノード迄パスメッセージが到達するまで繰り返し、P2MP LSP経路上のノードにPathステートを登録して、全受信リーフPEノードがパスメッセージを受信すると、受信リーフPEノードは、自身がP2MP LSPのリーフエッジノードであることを判定し、該受信ノードが要求されたP2MP LSPを設定可能な場合には、“Resvステート”を登録後、該受信ノードが上流ノードよりP2MPトラヒックをラベル転送受信するために使用するラベル値を自ノードのラベル空間より付与し、さらに、P2MP LSP内データフォワーディングを可能にするために、ラベル交換関係をILMテーブル Registration of the Path state information, and transfer is repeated to the next downstream node, which specifies the sequence number of each regrouping of the groups of path message, until the path message the process until receiving PE node that is the most downstream of the leaf node is reached repeatedly registers the path state to nodes on the P2MP LSP path, when all the received leaf PE node receives a path message, the receiving leaf PE node determines that itself is a leaf edge node of P2MP LSP, the If the receiving node capable of setting a P2MP LSP that is required after registering a "Resv state", the label value used for the receiving node label forwarding receives a P2MP traffic than upstream node of the own node label space more grant, further, in order to allow the P2MP LSP in the data forwarding, ILM table label exchange relationship NHLFEテーブルに登録する処理を行い、さらに、上流に付与したラベル値とLABELオブジェクトに、P2MP LSPの設定経路情報を示すRROオブジェクトに自身のノードアドレスを格納して、さらに、SESSIONオブジェクトにP2MP_LSP_id識別子、シーケンス番号0番とEndビットを設定して格納し、それらをResvメッセージに格納し、パスメッセージが転送された上流のPHOPノードにResvメッセージを即座に送信する処理を行い、 It performs a process of registering the NHLFE table, further, the label value and LABEL object granted to upstream, and stores the node address of the own RRO object indicating the setting path information of P2MP LSP, further P2MP_LSP_id identifier SESSION object, stored by setting the sequence number 0 and End bit, they were stored in the Resv message, performs processing path message sends the Resv message immediately PHOP node upstream transferred,
PHOPノードは、Resvメッセージを初めて受信した場合には、該Resvメッセージに対応する、下流ノードに対して設定されたP2MP LSPの転送経路記録を表すRRO情報、下流ノードにP2MPトラヒックを転送する場合にパケットに付与すべきラベル値を含む“Resvステート”を登録する処理を行い、 PHOP node, when receiving the first time the Resv message, corresponding to the Resv message, RRO information representative of the transfer path recording of P2MP LSP set for the downstream node, when forwarding the P2MP traffic downstream node It performs a process of registering a "Resv state" includes a label value to be assigned to the packet,
“Resvステート”登録後、PHOPノードは、さらに上流のPHOPノードとの間でP2MPトラヒックをラベル転送受信するために使用するラベル値を自ノードのラベル空間より付与し、P2MP LSP内のP2MPデータフォワーディングを可能にするために、ラベル交換関係をILMテーブル及びNHLFEテーブルに登録する処理を行い、 "Resv state" After registration, PHOP node further label value used to label forwarding receive P2MP traffic between the upstream PHOP node grants from the label space of its own node, P2MP data forwarding in P2MP LSP to enable performs a process of registering a label switched relationship ILM table and NHLFE table,
さらに上流に付与したラベル値とP2MP LSPの設定経路情報をRROに自身のノードアドレスを先頭に付与し、さらに、P2MPセッションオブジェクトには、P2MP_LSP_idと、初めてのResvメッセージを示すシーケンス番号0番を付与し、さらに、当該ノードの下流に既に複数のパスメッセージを送出している場合には、Endビットを設定せずに、当該下流ノードに対して単一のパスメッセージしか送信していない場合には、Endビットを設定して、それらをResvメッセージに格納して、上流のPHOPノードにResvメッセージとして即座に転送する処理を行い、 Further Grant applied label value and P2MP LSP setting path information upstream to the head node address of its own to RRO, further, the P2MP session object, applying a P2MP_LSP_id, first the sequence number 0 indicating the Resv message and further, when the downstream of the node has already sent a plurality of path message, if without setting the End bit, not only sends a single path message to the downstream node , by setting the End bit, and stores them in the Resv message, performs processing of transferring immediately upstream of PHOP node as Resv message,
さらに、当該ノードが複数の下流ノードを持ち、同一の設定対象のP2MP LSPの異なる下流ノードから初期のResvメッセージ以外のResvメッセージを受信すると、Resvメッセージのセッション情報により既設定済みの“Resvステート”を検索し、既に登録されたResvステート情報に当該対応する、下流ノードに対して設定されたP2MP LSPの転送経路記録であるRRO情報を含む追加情報を追加登録する処理を行い、 Further, the node has multiple downstream nodes, upon receiving the Resv message other than the initial Resv message from a different downstream node of the same set target P2MP LSP, previously configured by the session information Resv message "Resv State" searching, already the corresponding to the Resv state information registered, a process for additionally registering the additional information including RRO information is a transfer path recording of P2MP LSP set for a downstream node,
Resvメッセージを受信したノードは、 The node receiving the Resv message,
登録されたResvステート情報より設定すべきP2MP LSPの上流のPHOPのLSPが設定されていることを判定すると、上流に付与されたMPLSラベルを特定する処理を行い、 When it is determined that the upstream PHOP the LSP of P2MP be set from Resv state information registered LSP is set, it performs a process of identifying the MPLS label assigned to the upstream,
さらに、対象とするP2MP LSPに対して新たに受信したResv方路に対して新規にP2MP LSPのMPLSフォワーディングを可能にするために、既に設定されているILMテーブルとNHLFEテーブルに対して、上流に付与したラベルを該ILMテーブルから特定し、そのエントリである該NHLFEテーブルに受信したResvメッセージから特定した下流MPLS転送用のラベル値を新エントリとして新規に登録する処理を行い、 Furthermore, in order to enable MPLS forwarding new P2MP LSP respect Resv route newly received against P2MP LSP of interest for ILM table and NHLFE table that has already been set, the upstream imparted label specified from the ILM table, performs a process of registering the new label values ​​for downstream MPLS forwarding identified from Resv message received in the NHLFE table is the entry as a new entry,
さらに、先に抽出した上流PHOPに使用するMPLSラベル値と、当該ノード配下に設定された設定ツリー情報を記録するために、新規に受信した方路配下に設定されたツリーベースのRRO情報に当該ノードアドレス情報を先頭に付与することにより、新たに設定された部分ツリー情報をRRO情報として加工する処理を行い、 Moreover, the the MPLS label value used upstream PHOP the previously extracted, to the to node record configuration tree information set under, tree-based RRO information set to route under the newly received by applying the node address information at the beginning, a process for processing the partial tree information newly set as RRO information,
加工されたRRO情報をResvステート情報に追加登録する処理を行い、 The processed RRO information performs a process of additionally registered in the Resv state information,
さらに、既に設定されており、上流のラベル転送に使用されるMPLSラベル値を特定して、一緒にResvメッセージに格納する処理を行い、 Furthermore, already it has been set, to identify the MPLS label value used for upstream label transfer, a process of storing in the Resv message together,
Resvメッセージを設定されたツリーの状態変化(新規部分P2MP LSP追加)を通知するために上流のPHOPノードに瞬時に転送する処理を行い、 It performs a process of transferring instantaneously upstream of PHOP node to notify the state change of the tree that has been set the Resv message (new part P2MP LSP added),
Resvメッセージを上流に通知する場合、2番目以降の下流ノードへの設定情報を通知する場合には、先に送付した一番のResvメッセージのP2MPセッション情報のP2MP_LSP_idを保持し、そのシーケンス番号を1増加させて通知する処理を行い、 When notifying the Resv message upstream, to notify the setting information to the second and subsequent downstream node maintains a P2MP_LSP_id of P2MP session information best Resv message sent earlier, the sequence number 1 It performs a process of notification is increased,
Resvメッセージが当該ノードから下流に設定した最後のP2MP経路のResvメッセージである場合には、当該Resvメッセージを上流のPHOPに通知するときに、シーケンス番号を1増加させるのみならず、Endビットも設定して送出する処理を行い、 If Resv message is a Resv message of the last P2MP path set downstream from the node, when notifying the Resv message to the upstream of PHOP, not only is incremented by one sequence number, also End bit set It performs a process of sending and,
Resvメッセージを受信したノードは、 The node receiving the Resv message,
設定すべきP2MP LSPに対して初めてResvメッセージを受信した場合には、新規にResvステート情報を登録する処理を行い、 When receiving the first Resv message to the P2MP LSP to be set, it performs a process of registering the Resv state information new,
さらに、上流のPHOPとの間でラベル転送に使用するMPLSラベルを自身のラベル空間から抽出し、さらに、MPLSラベル転送を可能にするためにフォワーディング部分のILMテーブルとNHLFEテーブルにラベル交換関係を新規に登録し、さらに上流とのラベル転送に使用するラベル値と、さらに自身のノードアドレスを経路登録情報RROに追加する処理を行い、 Further, to extract the MPLS label used to label transfer between the upstream PHOP from its label space, further, a new label switched relationship ILM table and NHLFE table forwarding portion to allow MPLS label forwarding performed to register a label value further used to label forwarding the upstream, the process of adding further node address of its own to the route registration information RRO to,
さらに、ラベル値と修正されたRRO情報をResvメッセージに格納して上流のPHOPに対して瞬時に転送する処理を行い、 Furthermore, a process of transferring an instant the upstream of PHOP stores the RRO information modified with a label value to the Resv message,
さらに、当該受信ノードが、既に別の下流ノードよりResvメッセージを受信してResv処理を上流へのResvメッセージ送信を完了して部分P2MP LSPを設定している場合、新たに設定されたP2MP LSPに対して、別の下流の方路よりResvメッセージを受信した場合には、登録されているResvステート情報より対応するResvステート情報を特定し、新規追加設定した下流部分P2MP LSP経路を示すRRO情報をResvメッセージにより抽出し、Resvステート情報に登録されている既設定されているRRO情報を修正し、追加設定し、同時に、上流のラベル転送に付与されているMPLSラベルを特定し、先の新規追加に対応するRROをResvメッセージに格納し、この新規追加部分が当該ノードの下流経路の最終経路である場合には、P2MPセッションオブジェクトのEndビットを設 Further, the receiving node, if the already set up another part P2MP LSP Complete Resv message transmission from the downstream node receives the Resv message upstream the Resv process, the P2MP LSP newly set in contrast, when receiving another downstream route from Resv message identifies the Resv state information corresponding than Resv state information registered, the RRO information indicating the downstream portion P2MP LSP path the newly added set extracted with Resv message, modifies the RRO information that is previously set is registered in the Resv state information, and additional configuration, at the same time, identifies the MPLS label provided to the upstream label transfer, add new previous storing the corresponding RRO to the Resv message, if the new additional part is the last path of the downstream path of the node is set to end bit P2MP session object 定して即座に上流のPHOPに対して転送する処理を行い、 It performs a process of transferring to the constant and immediately upstream of PHOP,
上記の処理を設定すべきP2MP LSPの全てのノードでResvメッセージが送信PEノード迄到達するまで繰り返し、 Repeat until Resv message reaches up to send PE nodes in all nodes of the P2MP LSP to be set to the above process,
送信PEノードは、設定すべきP2MP LSPに対して初めてResvメッセージを受信した場合には、Resvメッセージより下流のMPLSラベル転送に必要なラベル値を抽出するのと同時に、設定された下流の経路情報RROを抽出し、Resvステート情報に登録する処理を行い、 Sending PE node, when receiving a first Resv message to the P2MP LSP to be set, at the same time to extract downstream label value required for MPLS label transferred from the Resv message, the downstream route information set extract the RRO, performs a process to be registered in the Resv state information,
さらに、設定されたP2MP LSPに対してMPLSフォワーディングを可能にするために、入PEのFTNテーブル及び、NHLFEテーブルにラベル転送関係を登録する処理を行い、 Furthermore, in order to enable MPLS forwarding against P2MP LSP that has been set, input PE FTN table and performs a process of registering a label transfer relationship NHLFE table,
さらに、送信PEノードは、異なる下流ノードから設定すべきP2MP LSPに対するResvメッセージを受信した場合には、登録された対応するResvステート情報を特定し、新規に追加された下流の部分P2MP LSPに対応するRRO情報を抽出し、登録されているRRO情報に追加修正し、現段階での既設定ツリー登録情報となるように加工修正すると同時に、MPLSフォワーディングを可能にするためにFTNテーブル及び、NHLFEテーブルに新規に追加された部分ツリー向けのラベル交換関係を追記する処理を行い、 Furthermore, transmission PE node, when receiving the Resv message for P2MP LSP to be set from a different downstream node, identifies the corresponding Resv state information registered corresponding to the downstream portion P2MP LSP that newly added the RRO information extracted by adding modified RRO information registered, and at the same time machining modified to a pre-set tree registration information at this stage, and FTN table to allow MPLS forwarding, NHLFE table new performs a process to append the label exchange relationship for the added portions tree in,
送信PEノードは、パスメッセージとして設定したP2MP LSPに対して、MPLSシグナリングを用いて当該送信PEノードから、複数の受信PEノードまで、全てのP2MP LSPを構成するノードに対して、P2MPのラベル交換関係を設定すると、受信したパケットを設定したP2MP LSPに従って、当該送信PEノードから複数の受信PEノードまでP2MPベースでラベルスイッチングする処理を行い、 Sending PE node, to the P2MP LSP is set as the path message from the transmission PE nodes using MPLS signaling, to a plurality of receiving PE node to the node that constitutes all the P2MP LSP, the label exchange P2MP setting the relationship, in accordance with P2MP LSP set the received packet, performs processing for label switching in P2MP base from the transmission PE node to a plurality of receiving PE node,
P2MP LSP確立後は、ノード間の“Pathステート”と“Resvステート”との周期的なリフレッシュ用のPath・Resvメッセージの交換により、周期的なリフレッシュにおいては、上流ノードと下流ノードの間で下流ノード配下に複数の受信リーフPEノードが存在する場合には、受信リーフPEノード分の複数のPath・Resvメッセージの交換で、単一のPath・Resvメッセージが設定されているP2MP LSPの部分状態の保持・交換を実施する処理を行い、 P2MP LSP established after, the periodic replacement of the Path · Resv message for refreshing the "Path State" and "Resv state" between nodes in a periodic refresh, downstream between the upstream and downstream nodes when there are a plurality of received leaf PE node to the controlled node is the replacement of the received leaf PE nodes worth of multiple Path · Resv message, the P2MP LSP partial state single Path · Resv message is set It performs a process to implement the holding and exchange,
最終情報がPath・Resvメッセージと共にEndビットが設定されることにより最終状態の交換を行う処理を行うことにより、状態メインテナンスを実行する処理を行う。 By performing the process for exchanging the final state by final information End bits are set with Path · Resv message, it performs a process for performing state maintenance.

また、本発明は、送信PEノードにおいて、既に設定されたP2MP LSPに部分P2MP LSPを設定する場合に、 Further, the present invention provides a transmission PE node, when setting the partial P2MP LSP to P2MP LSP already set,
初期ツリー設定情報と同じように追加する部分ツリーを構成する送信PEノードから部分ツリーの複数の受信リーフPEノードグループのうち、受信リーフPEノードまでのEROによって経路を指示し、当該追加P2MP LSPの部分経路であるEROの宛先までの{ERO}s集合を部分追加用のERO(Graft)情報として、既設定されたP2MPセッションオブジェクトで指定されている同一のP2MP_LSP_idを用いて、ERO情報が複数ある場合には、先に設定されたP2MP LSPの最終部分ツリーを構成するP2P経路用に指定された、最終シーケンス番号を1増加させて、最初の部分追加用のERO情報を含むパスメッセージに追加して、当該修正されたP2MPセッション情報と新規のERO情報を含むパスメッセージを送出する処理と、 Of the transmission PE nodes of the subtree to add like initial tree configuration information of the plurality of received leaf PE node group of the partial tree, instructs the route by ERO to receive a leaf PE node, such Additional P2MP LSP the {ERO} s set up ERO destination is a partial path as ERO (Graft) information for partial additional, using the same P2MP_LSP_id specified in P2MP session object are preset, are a plurality ERO information in this case, previously designated for P2P path constituting the P2MP final part tree of the LSP that has been set, with the last sequence number is incremented by one, and added to the path message containing the ERO information for the first portion added Te, the process of sending the path message containing the P2MP session information corresponding fixes and new ERO information,
部分追加用のERO情報を含むパスメッセージをP2MPセッションオブジェクトのP2MP_LSP_idを保持しながら、シーケンス番号を1ずつインクリメントして、部分追加用の最終ERO情報になるまで、隣接下流ノードに送出する処理と、 While the path message containing the ERO information for partial additional holds P2MP_LSP_id of P2MP session object, the process increments the sequence number by one, to a final ERO information for partial additional, and sends to the adjacent downstream node,
さらに、最終ERO情報となると、最終シーケンス番号にパスメッセージがP2MP LSPの最終状態要素であることを通知するEndビットを設定して該パスメッセージを近接下流ノードに送付する処理と、 Furthermore, when a final ERO information, the process of sending the path message to the proximity downstream node by setting the End bit indicates that it is the final state element of the last sequence number Path message P2MP LSP,
パスメッセージを受信した下流近接ノードにおいて、 Downstream neighbor node receiving the path message,
受信したパスメッセージが、既に受信したパスメッセージが保持する、P2MP_LSP_idに対して、より大きなシーケンス番号を含むことを検出することにより、当該パスメッセージが新規のパスメッセージであることを特定する場合には、P2MP LSPを設定する処理に応じて、新規の受信したパスメッセージ群のみを下流隣接ノードに即座に転送して、P2MP LSPを設定する処理と、 Received path message, the path message already received to hold, with respect P2MP_LSP_id, by detecting that include larger sequence numbers, if the path message identifies that the new path message , a process in accordance with the process of setting a P2MP LSP, and forwards immediately only new received path message group to the downstream neighbor node, sets the P2MP LSP,
パスメッセージを受信したノードにおいて、 The node receiving the path message,
受信パスメッセージが、同一のP2MP_LSP_idを保持し、既に設定されたシーケンス番号以下のシーケンス番号を持つ場合には、当該パスメッセージの情報内容が登録されたPathステート情報と比較して、その情報要素に変化がない場合には、周期的なパスメッセージのメインテナンス状態に移行する処理と、 Receive path message, and retains the same P2MP_LSP_id, if you already have the following sequence numbers set sequence number is compared to Path state information information content of the path message is registered, the information element If there is no change, the process moves to the maintenance state of the periodic path message,
抽出したセッション情報に変化がある場合には、セッション情報の変化を反映すべき経路に対してパスメッセージを即座に転送する処理と、 When the extracted session information is changed, the process of transferring the path message immediately to the path should reflect the change in the session information,
即座に転送されたパスメッセージを受信したリーフPEノードにおいて、 In the leaf PE node that received the path message transferred in real
上流のとのPHOPとのMPLS転送に使用するラベル付与、自身のノードの“Resvステート”の更新、ラベル交換関係の更新を実施する処理と、からなる追加処理を行う。 Labeling for use in the MPLS forwarding between PHOP the upstream of the updating of "Resv state" of its own node, and processes to be performed to update the label exchange relationship, additional processing consisting of performing.

また、本発明は、既に設定されたP2MPから部分P2MP LSPを削除する場合に、 Further, the present invention is to remove a portion P2MP LSP from P2MP already set,
既設定された経路情報{ERO}s集合から部分P2MP LSPとして削除する部分に対応するP2MPツリーに対応する削除対象経路{ERO}s集合を特定する処理と、 A preset route information {ERO} process of identifying a deletion path {ERO} s set corresponding to P2MP tree corresponding to the portion to be deleted as a partial P2MP LSP from s set,
削除対象の部分P2MP LSPに対応する{ERO}s集合を新たにPathTearメッセージに拡張・格納する処理と、 A process of expanding to and stored in the new PathTear message corresponding {ERO} s set for deletion of part P2MP LSP,
拡張・格納されたPathTearメッセージのP2MPセッション情報には、P2MP_LSP_idを保持して、削除対象の部分P2PLSPに対応する既設定のERO情報に対応するシーケンス番号を格納されているPathステート情報より抽出し、P2MPセッション情報に格納し、PathTearメッセージに格納する処理と、 The P2MP session information of the extension-stored PathTear message holds the P2MP_LSP_id, extracted from Path state information stored sequence number corresponding to the ERO information preset corresponding to deleted portions P2PLSP, stored in the P2MP session information, and the process of storing the PathTear message,
削除対象のP2MP転送経路を下流に備える隣接下流ノードにPathTearメッセージを送信PEノードが送出する処理と、 The PathTear message to the adjacent downstream node comprising a P2MP transfer path for deletion downstream and processing transmitting PE node sends,
パスメッセージを受信した下流ノードにおいて、受信したPathTearメッセージのP2MPセッション情報より、既に設定されているPathステート情報に格納されている削除対象部分P2MP LSPを含むP2MP LSPを特定し、該Pathステート情報より、削除対象の部分ツリー情報に対応するERO情報を削除する処理と、 In the downstream node receiving the path message, from the P2MP session information PathTear message received, already identified a P2MP LSP containing the deleted portion P2MP LSP stored in the Path state information set, from the Path state information , a process of deleting the ERO information corresponding to the partial tree information to be deleted,
対応するERO情報を削除したノードにおいて、PathTearメッセージに含まれる、ERO情報から自ノードアドレス情報を削除して、新たに下流方向の削除対象ルートを指定するERO情報に変更する処理と、 In node deleting the corresponding ERO information, contained in PathTear message, and processing to delete its own node address information from ERO information is newly changed to ERO information specifying a downstream direction to be deleted route,
変更したERO情報を先に指定された、同一のP2MPセッション情報を持つPathTearメッセージに格納しなおし、隣接する下流ノードに対して即座に転送する処理と、 The modified ERO information previously specified, the same P2MP again stored in PathTear message with the session information, and the process of transferring in real relative to the adjacent downstream node,
PathTearメッセージの送出により、下流ノードにおける削除対象のP2MP部分LSPを構成するPathステート情報を削除する処理と、 The delivery of PathTear message, the process of deleting a Path state information constituting the P2MP portion LSP for deletion in the downstream node,
PathTearメッセージを削除対象の部分P2MP LSPの受信リーフPEノードに到達させる処理と、 A process to reach the PathTear message received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP,
当該複数のPathTearメッセージが削除対象の部分P2MP LSPの全受信リーフPEノードに到達することで、全削除対象の部分P2MP LSPを削除する処理と、からなる削除処理を行う。 By the plurality of PathTear message reaches the total received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP, performed a process of deleting all the deleted portion P2MP LSP, the deletion process consisting.

また、本発明は、送信PEノードにおいて、既に設定されたP2MP LSPに部分P2MP LSPを設定する場合に、 Further, the present invention provides a transmission PE node, when setting the partial P2MP LSP to P2MP LSP already set,
初期ツリー設定情報と同じように追加する部分ツリーを構成する送信PEノードから部分ツリーの複数の受信リーフPEノードグループのうち、受信リーフPEノードまでのEROによって経路を指示し、当該追加P2MP LSPの部分経路であるEROの宛先までの集合{ERO}sを部分追加用のERO(Graft)情報として、既設定されたP2MPセッションオブジェクトで指定されている同一のP2MP_LSP_idを用いて、ERO情報が複数ある場合には、先に設定されたP2MP LSPの最終部分ツリーを構成するP2P経路用に指定された、最終シーケンス番号を1増加させて、最初の部分追加用のERO情報を含むパスメッセージに追加して、当該修正されたP2MPセッション情報、と新規のERO情報を含むパスメッセージを送出する処理と、 Of the transmission PE nodes of the subtree to add like initial tree configuration information of the plurality of received leaf PE node group of the partial tree, instructs the route by ERO to receive a leaf PE node, such Additional P2MP LSP the set {ERO} s up ERO destination is a partial path as ERO (Graft) information for partial additional, using the same P2MP_LSP_id specified in P2MP session object are preset, are a plurality ERO information in this case, previously designated for P2P path constituting the P2MP final part tree of the LSP that has been set, with the last sequence number is incremented by one, and added to the path message containing the ERO information for the first portion added Te, the process of sending the modified P2MP session information, and a path message containing the new ERO information,
部分追加用のERO情報を含むパスメッセージをP2MPセッションオブジェクトのP2MP_LSP_idを保持しながら、シーケンス番号を1ずつインクリメントして、部分追加用の最終ERO情報になるまで、隣接下流ノードに送出する処理と、 While the path message containing the ERO information for partial additional holds P2MP_LSP_id of P2MP session object, the process increments the sequence number by one, to a final ERO information for partial additional, and sends to the adjacent downstream node,
さらに、最終ERO情報となると、最終シーケンス番号にパスメッセージがP2MP LSPの最終状態要素であることを通知するEndビットを設定して該パスメッセージを近接下流ノードに送付する処理と、 Furthermore, when a final ERO information, the process of sending the path message to the proximity downstream node by setting the End bit indicates that it is the final state element of the last sequence number Path message P2MP LSP,
パスメッセージを受信した下流近接ノードにおいて、 Downstream neighbor node receiving the path message,
受信したパスメッセージが、既に受信したパスメッセージが保持する、P2MP_LSP_idに対して、より大きなシーケンス番号を含むことを検出することにより、当該パスメッセージが新規のパスメッセージであることを特定する場合には、P2MP LSPを設定する処理に応じて、新規の受信したパスメッセージ群のみを下流隣接ノードに即座に転送して、P2MP LSPを設定する処理と、 Received path message, the path message already received to hold, with respect P2MP_LSP_id, by detecting that include larger sequence numbers, if the path message identifies that the new path message , a process in accordance with the process of setting a P2MP LSP, and forwards immediately only new received path message group to the downstream neighbor node, sets the P2MP LSP,
パスメッセージを受信したノードにおいて、 The node receiving the path message,
受信パスメッセージが、同一のP2MP_LSP_idを保持し、既に設定されたシーケンス番号以下のシーケンス番号を持つ場合には、当該パスメッセージの情報内容が登録されたPathステート情報と比較して、その情報要素に変化がない場合には、周期的なパスメッセージのメインテナンス状態に移行する処理と、 Receive path message, and retains the same P2MP_LSP_id, if you already have the following sequence numbers set sequence number is compared to Path state information information content of the path message is registered, the information element If there is no change, the process moves to the maintenance state of the periodic path message,
抽出したセッション情報に変化がある場合には、セッション情報の変化を反映すべき経路に対してパスメッセージを即座に転送する処理と、 When the extracted session information is changed, the process of transferring the path message immediately to the path should reflect the change in the session information,
即座に転送されたパスメッセージを受信したリーフPEノードにおいて、 In the leaf PE node that received the path message transferred in real
上流のとのPHOPとのMPLS転送に使用するラベル付与、自身のノードの“Resvステート”の更新、ラベル交換関係の更新を実施する処理と、からなるP2MP LSPの追加処理と、 Labeling for use in the MPLS forwarding between PHOP the upstream of the updating of "Resv state" of its own node, and processes to be performed to update the label exchange relationship, P2MP and additional processing of LSP consisting
既に設定されたP2MPから部分P2MP LSPを削除する場合に、 If you want to delete a part P2MP LSP from the P2MP that have already been set,
既設定された経路情報{ERO}s集合から部分P2MP LSPとして削除する部分に対応するP2MPツリーに対応する削除対象経路{ERO}s集合を特定する処理を行い、 Perform pre-set route information {ERO} s collection processing of specifying a deletion path {ERO} s set corresponding to P2MP tree corresponding to the portion to be deleted as a partial P2MP LSP from
削除対象の部分P2MP LSPに対応する{ERO}s集合を新たにPathTearメッセージに拡張格納する処理と、 A process of expansion enclosure newly PathTear message corresponding {ERO} s set for deletion of part P2MP LSP,
拡張格納されたPathTearメッセージのP2MPセッション情報には、P2MP_LSP_idを保持して、削除対象の部分P2PLSPに対応する既設定のERO情報に対応するシーケンス番号を格納されているPathステート情報より抽出し、P2MPセッション情報に格納し、PathTearメッセージに格納する処理と、 The P2MP session information of the extension stored PathTear message holds the P2MP_LSP_id, extracted from Path state information stored sequence number corresponding to the ERO information preset corresponding to deleted portions P2PLSP, P2MP stored in the session information, and the process of storing the PathTear message,
削除対象のP2MP転送経路を下流に備える隣接下流ノードにPathTearメッセージを送信PEノードが送出する処理と、 The PathTear message to the adjacent downstream node comprising a P2MP transfer path for deletion downstream and processing transmitting PE node sends,
パスメッセージを受信した下流ノードにおいて、受信したPathTearメッセージのP2MPセッション情報より、既に設定されているPathステート情報に格納されている削除対象部分P2MP LSPを含むP2MP LSPを特定し、該パステート情報より、削除対象の部分ツリー情報に対応するERO情報を削除する処理と、 In the downstream node receiving the path message, from the P2MP session information PathTear message received, already identified a P2MP LSP containing the deleted portion P2MP LSP stored in the Path state information set, from the Pasuteto information, a process of deleting the ERO information corresponding to the partial tree information to be deleted,
対応するERO情報を削除したノードにおいて、PathTearメッセージに含まれる、ERO情報から自ノードアドレス情報を削除して、新たに下流方向の削除対象ルートを指定するERO情報に変更する処理と、 In node deleting the corresponding ERO information, contained in PathTear message, and processing to delete its own node address information from ERO information is newly changed to ERO information specifying a downstream direction to be deleted route,
変更したERO情報を先に指定された、同一のP2MPセッション情報を持つPathTearメッセージに格納しなおし、隣接する下流ノードに対して即座に転送する処理と、 The modified ERO information previously specified, the same P2MP again stored in PathTear message with the session information, and the process of transferring in real relative to the adjacent downstream node,
PathTearメッセージの送出により、下流ノードにおける削除対象のP2MP部分LSPを構成するPathステート情報を削除する処理と、 The delivery of PathTear message, the process of deleting a Path state information constituting the P2MP portion LSP for deletion in the downstream node,
PathTearメッセージを削除対象の部分P2MP LSPの受信リーフPEノードに到達させる処理と、 A process to reach the PathTear message received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP,
当該複数のPathTearメッセージが削除対象の部分P2MP LSPの全受信リーフPEノードに到達することで、全削除対象の部分P2MP LSPを削除する処理と、からなるP2MP LSPの削除処理と、を同時に行う。 By the plurality of PathTear message reaches the total received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP, performed a process of deleting all the deleted portion P2MP LSP, and deletion processing of P2MP LSP consisting simultaneously.

また、本発明は、複数のパスメッセージを受信した中間ノードが、該複数のパスメッセージに含まれるTERO情報から次ホップ集合情報を特定するときに、次ホップ情報にLoose指定されているアドレス情報が含まれている場合、該Loose指定されているアドレスグループに対してP2MPのツリーベースのLSP拡張を可能にする処理を行う。 Further, the present invention, the intermediate node receiving the multiple paths message, when the TERO information included in the plurality of path message identifying the next hop set information, address information that is Loose designated next hop information If it does, it performs a process of allowing the tree-based LSP extension P2MP the address group that is the Loose specified.

上記のように、本発明は、マルチキャストラベルスイッチング経路を設定する時に、RSVP−TEのパスメッセージに設定対象のP2MP LSPを指定するP2MPセッション情報を指定し、設定するP2MPの部分P2P経路を指定するERO情報を保持した複数のパスメッセージを、P2MP経路を構成するP2P経路分送信して、中間のツリー分岐ノードがデータプレーンの分岐設定を行うため、{ERO}s集合に設定したいP2MP経路を記述することにより容易にP2MP LSPの転送経路をネットワーク内にコピー分岐ポイントを設定しながら設定できる点を主要な特徴とする。 As described above, the present invention is, when setting the multicast label switching path, specifies the P2MP session information that specifies the P2MP LSP to be set to the path message RSVP-TE, to specify the portion P2P path P2MP to set a plurality of path message holding the ERO information, and transmit P2P path component constituting the P2MP path, because the tree branch node of intermediate a branch set of data plane, describing the P2MP path to be set to {ERO} s set easily and mainly characterized by that it can set while setting the copy decision point transfer path P2MP LSP in the network by.

従来の技術とは、P2PのLSPのみならず、同一のプロトコルを用いて、P2MPのLSPを任意の転送経路でトラヒックエンジニアリングして設定できる点、P2MPだけでなく、P2MPとP2PのLSPを同時に設定できる点が大きく異なる。 The prior art, not only the P2P LSP, using the same protocol, a point that can be set by the traffic engineering LSP of P2MP in any transfer path, P2MP well, P2MP and the P2P of LSP simultaneously setting can point is greatly different.

さらに、ツリーベースの経路情報がP2PのMPLSの経路指定情報であるEROによって構成されるため、設定すべきP2MP LSPのツリー形状を指定するときにツリー全体を送信PEから複数受信リーフPEまでのP2P経路の重ね合わせてとして指定できるため、直感的な経路指定を可能にする点、さらに、既存のP2Pで既に実装されているEROを保持したパスメッセージ機構を用いて、P2MP LSPを設定可能なため、既存のP2PのRSVP−TEの実装資産を用いて容易にP2MPの拡張が可能となる。 Furthermore, since the path information of the tree base is constituted by the ERO is routing information P2P of MPLS, the whole tree from the transmission PE to multiple received leaf PE when specifying the P2MP LSP tree shape to be set P2P because that can be specified as superimposed with the path, that it allows intuitive routing, further using a path message mechanism holding the ERO that have already been implemented in existing P2P, because it can set the P2MP LSP , easily allows expansion of the P2MP using mounting assets existing P2P of RSVP-TE.

本発明によれば、P2MPトラヒックを効率的に、高性能でマルチキャスト転送可能なMPLS転送網を構築することができる。 According to the present invention, a P2MP traffic efficiently, it is possible to construct a multicast transferable MPLS transfer network with high performance.

以下、図面と共に本発明の実施の形態を説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention in conjunction with the accompanying drawings.

[第1の実施の形態] First Embodiment
本実施の形態では、マルチキャストラベルスイッチングの通信経路設定方法とパケット転送メカニズムについて説明する。 In this embodiment, a description will be given multicast label switching communication path setting method and packet forwarding mechanism.

図1は、本発明の第1の実施の形態におけるP2MPセッションオブジェクトを示す。 Figure 1 shows a P2MP session object in the first embodiment of the present invention.

P2MPのLSPを設定する場合には、P2MPセッションとして、トンネル識別子とトンネルの送信者アドレスを使用する。 To set the LSP for P2MP as P2MP session, using the sender address of the tunnel identifier and the tunnel. 図1は、IPv4のP2MPセッションオブジェクトを示している。 Figure 1 shows a P2MP session object in IPv4. また、図1に示すようにP2MPセッションオブジェクトにはP2MP LSPを特定するために必要となる、P2MPTunnel ID情報、同一のP2MP LSPに対して異なる複数のPath/Resvメッセージオペレーションを可能にするsequence ID, Path/Resvメッセージの最終オペレーションを指定するEndビットも含まれている。 Further, it is necessary to identify the P2MP LSP for P2MP session object as shown in FIG. 1, P2MPTunnel ID information, sequence ID that allows different Path / Resv message operations on the same P2MP LSP, Path / also including end bits that specify the final operations of the Resv message.

図2は、本発明の第1の実施の形態におけるP2MP LSPの例である。 Figure 2 is an example of a P2MP LSP in the first embodiment of the present invention. 同図では、送信PEノードAから4つの受信PEリーフノードG,F,C,DまでのP2MP転送経路の例を示す。 In the same figure, it shows an example of four receiving PE leaf nodes G, F, C, P2MP transfer path to D from the transmitting PE node A. このTERO情報は、異なるP2P転送経路の重ね合わせとして表現できる。 The TERO information can be represented as a superposition of different P2P transfer path. 例えば、図2の場合には、送信PEノードAより受信PEリーフノードGまでの転送経路は、P2P経路1:{A,B,E,G}、同様に送信PEノードAより受信PEリーフノードFまでの転送経路は、P2P経路2:{A,B,E,F}で、同様に送信PEノードAより受信PEリーフノードDまでの転送経路はP2P経路3:{A,B,D}で、また、同様に、送信PEノードAより受信PEリーフノードCまでの転送経路はP2P経路4:{A,B,C}で表現することが可能である。 For example, in the case of Figure 2, the transfer route to the receiving PE leaf node G from the transmitting PE node A, P2P path 1: {A, B, E, G}, similarly received from the transmitting PE node A PE leaf node transfer route to F is, P2P path 2: {a, B, E, F}, the transfer route to the receiving PE leaf node D than similarly transmitted PE node a P2P path 3: {a, B, D} in, Similarly, the transfer route to the receiving PE leaf node C from the transmission PE node a P2P path 4: can be expressed by {a, B, C}. 従って、図2のP2MP転送経路であるツリーベースの転送経路情報TEROは、P2Pの転送経路情報であるEROの集合として表現できるため、{ERO}s={ERO1(A,B,E,G)、ERO2(A,B,D),ERO4(A,B,C)}として表現できる。 Therefore, P2MP transfer path in a tree-based transfer route information TERO of Figure 2, since that can be represented as a set of ERO is P2P transfer path information, {ERO} s = {ERO1 (A, B, E, G) It can be expressed as ERO2 (A, B, D), eRO4 (A, B, C)}.

次に、本発明で使用するパスメッセージ、Resvメッセージについて説明する。 Next, the path message used in the present invention, the Resv message is described. パスメッセージは、 The path message,
<Path Message> ::<Common Header> [<INTEGRITY>] <Path Message> :: <Common Header> [<INTEGRITY>]
[[<MESSAAGE_ID_ACK>│<MESSAGE_ID_NACK>]. [[<MESSAAGE_ID_ACK> │ <MESSAGE_ID_NACK>]. . . ]
[<MESSAGE_ID>]<P2MP_SESSION><RSVP_HOP> [<MESSAGE_ID>] <P2MP_SESSION> <RSVP_HOP>
<TIME_VALUES><EXPLICIT_ROUTE> <TIME_VALUES> <EXPLICIT_ROUTE>
<LABEL_REQUEST>[<PROTECTION>] <LABEL_REQUEST> [<PROTECTION>]
[<LABEL_SET>][<SESSION_ATTRIBUTE>] [<LABEL_SET>] [<SESSION_ATTRIBUTE>]
[<NOTIFY_REQUEST>][<ADMIN_STATUS>] [<NOTIFY_REQUEST>] [<ADMIN_STATUS>]
[<POLICY_DATA>. [<POLICY_DATA>. . . ]<sender descriptor> ] <Sender descriptor>
<sender descriptor>::=<SENDER_TEMPLATE><SENDER_TSPEC> <Sender descriptor> :: = <SENDER_TEMPLATE> <SENDER_TSPEC>
のフォーマットで表現される。 It is expressed in the format. 従来のP2PのRSVP−TEとの大きな違いは、前述したようにP2MPのLSPのオペレーションを可能にするためにP2MPSESSIONオブジェクトフォーマットを定義している点が異なる。 The main difference between RSVP-TE conventional P2P is that it defines a P2MPSESSION object format to enable LSP operations of P2MP as described above are different. また、Resvメッセージは、 In addition, Resv message,
<Resv Message>::=<Common Header>[<INTEGRITY>] <Resv Message> :: = <Common Header> [<INTEGRITY>]
[[<MESSAGE_ID_ACK>│<MESSAGE_ID_NACK>]…] [[<MESSAGE_ID_ACK> │ <MESSAGE_ID_NACK>] ...]
[<MESSAGE_ID>]<P2MP_SESSION><RSVP_HOP> [<MESSAGE_ID>] <P2MP_SESSION> <RSVP_HOP>
<TIME_VALUES>[<RSVP_CONFIRM>][<SCOPE>] <TIME_VALUES> [<RSVP_CONFIRM>] [<SCOPE>]
[<NOTIFY_REQUEST>][<ADMIN_STATUS >] [<NOTIFY_REQUEST>] [<ADMIN_STATUS>]
[<POLICY_DATA>…]<STYLE><flow descriptor list> [<POLICY_DATA> ...] <STYLE> <flow descriptor list>
<flow descriptor list>::=<FF flow descriptor list>│<SE flow descriptor> <Flow descriptor list> :: = <FF flow descriptor list> │ <SE flow descriptor>
<FF flow descriptor list>::=<FLOWSPEC><FILTER_SPEC> <FF flow descriptor list> :: = <FLOWSPEC> <FILTER_SPEC>
<LABEL>[<RECORD_ROUTE>] <LABEL> [<RECORD_ROUTE>]
│<FF flow descriptor list><FF flow descriptor> │ <FF flow descriptor list> <FF flow descriptor>
<FF flow descriptor>::=[<FLOWSPEC>]<FILTER_SPEC> <FF flow descriptor> :: = [<FLOWSPEC>] <FILTER_SPEC>
<LABEL>[<RECORD_ROUTE>] <LABEL> [<RECORD_ROUTE>]
<SE flow descriptor>::=<FLOWSPEC><SE filter spec list> <SE flow descriptor> :: = <FLOWSPEC> <SE filter spec list>
<SE filter spec list>::=<SE filter spec> <SE filter spec list> :: = <SE filter spec>
│<SE filter spec list><SE filter spec> │ <SE filter spec list> <SE filter spec>
<SE filter spec>::=<FILTER_SPEC><LABEL>[<TREE_RECORD_ROUTE>] <SE filter spec> :: = <FILTER_SPEC> <LABEL> [<TREE_RECORD_ROUTE>]
のフォーマットで表現される。 It is expressed in the format. 従来のP2PのRSVP−TEとの大きな違いは、P2MPSESSIONオブジェクトが異なる。 The main difference between RSVP-TE of the conventional P2P is, P2MPSESSION object is different.

次に、図2,3を用いて、P2MP LSPの基本設定メカニズムを説明する。 Next, with reference to FIGS. 2 and 3, illustrating a basic mechanism for setting P2MP LSP.

図2では、送信PEノードが受信PEリーフノードであるC,D,F,GまでP2MP LSPを設定する例を示している。 In Figure 2, C sends PE node is the receiving PE leaf node, D, F, shows an example of setting the P2MP LSP to G.

設定されるP2MP LSP経路は、図2の転送経路に従う。 P2MP LSP path to be set, according to the transfer path of FIG. 送信PEノードAは、設定すべきP2MP LSPの転送経路を決定すると、その転送経路情報を転送経路情報{ERO}s集合として管理する。 Transmitting PE Node A determines the transfer route of the P2MP LSP to be set, to manage the transfer route information as the transfer path information {ERO} s collection.

この例では、{ERO}s={ERO(A,B,C),ERO(A,B,D),ERO(A,B,E,F),ERO(A,B,E,G)}となっている。 In this example, {ERO} s = {ERO (A, B, C), ERO (A, B, D), ERO (A, B, E, F), ERO (A, B, E, G)} It has become. さらに、送信PEノードは、設定すべきP2MP LSPのTunnel IDと、P2MPTunnel IDをP2MP SESSIONオブジェクトに格納する。 Furthermore, transmission PE node stores a Tunnel ID of P2MP LSP to be set, the P2MPTunnel ID to P2MP SESSION object. 同時に、LSPIDをSENDER TEMPLATEで指定する。 At the same time, to specify the LSPID in the SENDER TEMPLATE. この後、送信PEノードAは、パスメッセージにCommon Header、P2MP SESSIONにTunnel IDとP2MP Tunnel IDを指定すると同時に、設定すべきP2MP LSPのツリー情報を構成する{ERO}s集合から始めのP2P経路情報ERO(A,B,C)を特定して、その情報用にP2MP SESSIONのシーケンス番号0(初期値)を設定し、Endビットを指定しない。 Thereafter, the transmitting PE node A, Common Header path message, P2MP SESSION to Tunnel ID and simultaneously specifying a P2MP Tunnel ID, the beginning of the P2P path from the P2MP LSP constituting the tree information {ERO} s set to be set information ERO (a, B, C) to identify a set sequence number 0 (initial value) of the P2MP SESSION for that information, it does not specify the End bit. さらに、RSVP-HOP、TIME_VALUE、先に指定したERO(B,C)、LABEL_REQUEST、SENDER_TSPEC、RECORD_ROUTEオブジェクトをパスメッセージに格納して、下流ノードBに転送する。 Further, RSVP-HOP, TIME_VALUE, ERO the previously specified (B, C), LABEL_REQUEST, SENDER_TSPEC, stores RECORD_ROUTE object path message and forwards to the downstream node B.

このとき、送信PEノードAはさらに、設定すべきP2MP LSPの第2の部分P2P経路である、ERO(A,B,D)を特定して、パスメッセージにCommon Header、P2MP SESSIONにTunnel IDとP2MP Tunnel IDを指定すると同時に、設定すべき、P2MP LSPの部分経路ERO(A,B,C)のために、P2MP SESSIONのシーケンス番号1(インクリメント)を設定し、Endビットは指定しない。 At this time, the transmission PE node A are further second portion P2P path P2MP LSP to be set, ERO (A, B, D) to identify the a Tunnel ID in the path message Common Header, a P2MP SESSION and at the same time specify a P2MP Tunnel ID, to be set, P2MP LSP partial paths ERO (a, B, C) for, set the P2MP SESSION sequence number 1 (increment), End bits are not specified. さらに、RSVP_HOP、TIME_VALUE、先に指定したERO(B,D)、LABEL_REQUEST、SENDER_TEMPULATE、SENDER_TSPEC、RECORD_ROUTEオブジェクトをパスメッセージに格納して、下流ノードBに送信する。 Furthermore, RSVP_HOP, TIME_VALUE, ERO the previously specified (B, D), and stores LABEL_REQUEST, SENDER_TEMPULATE, SENDER_TSPEC, the RECORD_ROUTE objects in the path message and sends to the downstream node B.

このとき、送信PEノードAは、さらに設定すべきP2MP LSPの第3の部分のP2P経路である、ERO(A,B,E,F)を特定して、パスメッセージにCommon Header、P2MPSESSIONにTunnel IDとP2MPTunnel IDを指定すると同時に、設定すべき、P2MP LSPの部分経路ERO(A,B,E,F)のために、P2MPSESSIONのシーケンス番号2(インクリメント)を設定し、Endビットは指定しない。 At this time, the transmission PE node A is a further P2P path of the third portion of the P2MP LSP to be set, ERO (A, B, E, F) to identify, Tunnel the path message Common Header, a P2MPSESSION at the same time specify the ID and P2MPTunnel ID, to be set, P2MP LSP partial paths ERO (a, B, E, F) for, set the sequence number 2 (increment) of P2MPSESSION, End bits are not specified. さらに、RSVP_HOP、TIME_VALUE、先に指定したERO(B,E,F)、LABEL_REQUEST、SENDER_TEMPULATE、SENDER_TSPEC、RECORD_ROUTEオブジェクトをパスメッセージに格納して、下流ノードBに送信する。 Furthermore, RSVP_HOP, TIME_VALUE, ERO the previously specified (B, E, F), LABEL_REQUEST, SENDER_TEMPULATE, SENDER_TSPEC, stores RECORD_ROUTE object path message to the downstream node B.

このとき、送信PEノードAは、さらに設定すべきP2MP LSPの第4の(最後)の部分P2P経路である、ERO(A,B,E,G)を特定して、パスメッセージにCommon Header、P2MPSESSIONにTunnel IDとP2MPTunnel IDを指定すると同時に、設定すべきP2MP LSPの部分経路ERO(A,B,E,G)のために、P2MPSESSIONのシーケンス番号3(インクリメント)を設定し、さらに、この部分経路は設定対象のP2MP LSPを構成する最後の部分P2P経路となるから、Endビットを指定して、さらに、RSVP_HOP、TIME_VALUE、先に指定したERO(B、E,G)、LABEL_REQUEST、SENDER_TEMPULATE、SENDER_TSPEC、RECORD_RUTEオブジェクトをパスメッセージに格納して、下流ノードBに送信する。 At this time, the transmission PE node A is the moiety P2P path further to be the P2MP LSP fourth setting (last), ERO (A, B, E, G) to identify, Common Header path message, P2MPSESSION to simultaneously specify a Tunnel ID and P2MPTunnel ID, P2MP LSP partial paths ERO to be set (a, B, E, G) for, set the sequence number 3 of P2MPSESSION (increment), further, the portion since the path is the last part P2P path constituting a P2MP LSP to be set, by specifying the end bit, further, RSVP_HOP, TIME_VALUE, ERO the previously specified (B, E, G), LABEL_REQUEST, SENDER_TEMPULATE, SENDER_TSPEC , stores the RECORD_RUTE object path message to the downstream node B.

当該パスメッセージを受信したノードBは、記憶手段からそのPathステート情報を検索し、当該P2MPセッションが新規のP2MPセッションであることを判定すると(前述のERO(B,C)を含む初めてのパスメッセージを受信した場合)、さらに、当該パス設定要求のP2MP LSPが当該ノードに設定可能な場合には、そのPathステートにセッション情報として、SESSION、RSVP_HOP、LABEL_REQUEST、SENDER_TEMPLATE、RECORD_ROUTEオブジェクトとして情報登録を実施する。 First path message Node B that has received the path message includes retrieves the Path state information from the storage means, when the P2MP session to determine that it is a novel P2MP session (aforementioned ERO (B, C) when receiving a), further, when P2MP LSP in the path setting request can be set in the node, as session information in the path state, carried sESSION, RSVP_HOP, LABEL_REQUEST, SENDER_TEMPLATE, the information registered as RECORD_ROUTE object .

図2の例では、その後当該ノードBは、2番目のERO(B,D)経路、Seq=1のパスメッセージを受信する。 In the example of FIG. 2, then the node B is the second ERO (B, D) path, receives the Seq = 1 the path message. 当該ノードBは、当該パスメッセージを既に受信して当該ノードBの記憶手段のPathステートに登録されているPathステート内のP2MP LSP向けのメッセージであることをそのP2MPセッション情報により特定できるので、記憶手段に登録されているPathステート情報を検索し、登録されている情報を、当該設定要求されているP2MP LSPが設定可能と判定した場合には新たに設定要求された情報、ERO(B,D)をその対応するPathステート情報に登録する。 The node B, so that the message of the P2MP for LSP in Path states by receiving the path message has already been registered in the Path state storage means of the node B can be identified by their P2MP session information storage Search for Path state information registered in unit, the information the information registered, P2MP LSP that is the setting request newly set request when it is determined that can be set, ERO (B, D ) is registered in the Path state information its corresponding.

このとき、さらに、図2の例では、その後、当該ノードBは3番目のERO(B,E,F)経路、Seq=2番のパスメッセージを受信する。 At this time, further, in the example of FIG. 2, then, the node B receives the third ERO (B, E, F) pathway, Seq = 2 No. path message. 当該ノードBは、当該パスメッセージが既に受信して当該ノードの記憶手段のPathステートに登録されているPathステート内のP2MP LSP向けのメッセージであることを、そのP2MPセッション情報により特定できるので、登録されているPathステート情報を検索し、登録されている情報、当該設定要求されているP2MP LSPが設定可能と判定した場合には、新たに設定要求された情報ERO(B,E,F)をその対応するPathステート情報に登録する。 The Node B that the message of the P2MP for LSP in Path state in which the path message is already registered in the Path state storage means for receiving and the node, so can be identified by their P2MP session information, registration Search for Path state information is information that is registered, when the P2MP LSP that is the setting request is determined to be set, the newly set requested information ERO (B, E, F) and It is registered in the Path state information its corresponding.

このとき、さらに、図2の例では、その後当該ノードBは、4番目(最後)のERO(B,E,G)経路、seq=3番のパスメッセージを受信する。 At this time, further, in the example of FIG. 2, then the Node B, ERO the fourth (last) receive (B, E, G) route, the seq = 3 No. path message. このパスメッセージが設定要求の最終メッセージであることは当該パスメッセージに包含されているP2MPセッション情報のEndビットが設定されていることにより判定される。 This path that the message is the last message of the setting request is determined by the End bit P2MP session information that is included in the path message is set. 当該ノードは、当該パスメッセージが既に受信して当該ノードのPathステートに登録されているPathステート内のP2MP LSP向けのメッセージであることを、そのP2MPセッション情報により特定できるので、記憶手段に登録されているPathステート情報を検索し、登録されている情報、当該設定要求されているP2MP LSPが設定可能と判定した場合には、新たに設定要求された情報、ERO(B,E,G)をその対応するPathステート情報に登録する。 The node that the message of the P2MP for LSP in Path state in which the path message is registered in the Path state of the node already received, so can be identified by their P2MP session information is registered in the storage means Search for Path state information is information that is registered, the information P2MP LSP that is the setting request when it is determined that the possible settings, the newly set request, ERO (B, E, G) and It is registered in the Path state information its corresponding.

この後、当該ノードBは、記憶手段に登録されたPathステート情報から設定すべき、P2MP LSPに対して、次ホップとしてパスメッセージを送出しなければならない対象を判定する。 Thereafter, the node B determines to be set from the Path state information registered in the storage means, with respect to P2MP LSP, a subject must send a path message as the next hop. まず、そのPathステート情報を検索して、当該設定対象のP2MP_LSP_idに対して、ERO(B,C、F)より次ホップ:Eを特定し、さらに、ERO(B,E,G)より次ホップE:を特定する。 First, searching for the Path state information for P2MP_LSP_id of the setting target, ERO (B, C, F) from the next hop: Identify the E, further, ERO (B, E, G) from the next-hop E: to identify. この判定により当該ノードBは、次ホップC,Dに対しては単一のパスメッセージを送付すればよいことを判定するので、それぞれ、ERO(C),ERO(D)を指定し、さらに新規シーケンス番号:0、最後のパスメッセージであるEndビットをP2MPセッションオブジェクトに指定して下流ノード、C、Eに対して即座にパスメッセージを送付する。 The node B by the determination, the next hop C, because for the D determines that it is sufficient to send a single path message, respectively, specify the ERO (C), ERO (D), further new sequence number: 0, the downstream node by specifying the end bit is the last path message to P2MP session object, C, immediately sends the path message to the E. このとき、下流ノードEに対しては、先の判定により、リーフE,Gに対して2つのパスメッセージを送付しなくてはいけないことを判定しているので、この例では、まずは、ノードFに向けてERO(E,F)を指定して、シーケンス番号:0、Endビット指定なしでP2MPセッション情報を指定してパスメッセージに格納して即座に送信し、次に、ノードGに向けてERO(E,G)を指定して、シーケンス番号:1(インクリメント)Endビット指定してP2MPセッション情報をパスメッセージに格納して即座に送信する。 At this time, with respect to the downstream node E, the previous decision, leaf E, because it determines that we have to send the two paths message to G, in this example, first, the node F specify ERO (E, F) towards the sequence number: 0, specify the P2MP session information without End bits specified transmit immediately or stored in the path message, then toward the node G ERO (E, G) by specifying the sequence number: transmits 1 (increment) End bits specified P2MP session information immediately or stored in the path message.

当該2つのパスメッセージを受信したノードEは、2つ目のパスメッセージ受信後に先に説明したメカニズムにより、Pathステート情報を記憶手段に登録し、さらに、下流のノードF、Gに向けてパスメッセージを送出する。 The two paths message node E having received the by second path message mechanism described received later previously registered Path state information in the storage means, further, downstream node F, the path message to the G sending a.

図3に当該パスメッセージを受信した各リーフの動作メカニズムを示す。 It shows the operation mechanism of the received leaf the path message in FIG. 各受信リーフノードともパスメッセージを受信して、Pathステートを登録し、さらに、当該パス設定要求に対してLSPを予約確定できる場合には、当該ノードにResvステートを登録するのと同時に、上流のPHOPとの間の転送で使用するラベル値を付与して、上流のPHOPにResvメッセージを即座に送り返す。 It receives the path message in each receiving leaf node, and registers the Path state, further, if it can be reserved determine the LSP with respect to the path setting request, at the same time as registering the Resv state to the node upstream of the by applying a label value used for transfer between PHOP, back immediately Resv message upstream of PHOP. このとき、各ノードでは、同時に内部のフォワーディングプレーンの設定が行われ、記憶手段内にILMテーブル、HNLFEテーブルの設定が行われ、上流に通知したMPLSラベルに対するフォワーディング関係が設定されている。 In this case, at each node, setting the internal forwarding plane is performed simultaneously, storage means ILM table within, is performed setting HNLFE table, forwarding relationship MPLS label informs the upstream is set.

また、図3の例では、ノードC,D,F,GがResvメッセージを送信している例を示す。 Further, in the example of FIG. 3 shows an example in which node C, D, F, G is sending the Resv message. このとき、P2MPセッションオブジェクトには同一のP2MP_LSP_idが設定されていて、シーケンス番号はResvメッセージを1メッセージ受信することでリーフからのLSPが確定するので、Seq=0、これが最後のResvメッセージであることを通知するEndビットが設定されている。 At this time, the P2MP session object have been set the same P2MP_LSP_id, since the sequence number is determined LSP is from the leaf by 1 message receiving the Resv message, Seq = 0, that this is the last Resv message End bits to notify is set. 図3の例では、まず、ノードBが、リーフC、Dより2つのResvメッセージを受信する例を示している。 In the example of FIG. 3, first, the node B, leaf C, and shows an example of receiving two Resv message from the D.

ノードBは、まず始めに、リーフCからのResvメッセージを受信してResvステートを記憶手段に登録すると同時に、上流との間で使用するラベル値の付与を実施するのと同時に、ラベル交換関係を設立するためにILMテーブルに上流に通知したラベル、NHLFEテーブルに下流から通知されたラベル値を登録し、ラベル交換関係を構築する。 Node B, first of all, and at the same time registered in the storage means Resv state receives the Resv message from the leaf C, at the same time to carry out the application of the label value to be used between the upstream, the label exchange relationship label informs the upstream ILM table to establish, to register the label value notified from the downstream NHLFE table, constructing a label exchange relationship. この動作と同時に、BC経路の確定を知らせるためにRROオブジェクトをアップデートして即座にResvメッセージにラベル、RRO情報を格納して上流に通知する。 The operation and at the same time, immediately label Resv message to update the RRO object to inform the determination of BC path, and notifies the upstream stores the RRO information. このとき、ノードBは、先のパスメッセージにより、当該Resvメッセージが設定要求のあるP2MP LSPに対して最後のResvメッセージではないことを判定しているので、Resvメッセージには、Seq=0、Endビット指定なしのP2MPセッション情報が登録されている。 By this time, the node B is the previous path message, since it is determined that the Resv message is not the last Resv message to P2MP LSP with setting request, the Resv message, Seq = 0, End P2MP session information without the bit designation has been registered. さらに、同様に、ノードBがリーフDからResvメッセージを受信すると、ノードBにおけるラベル交換関係を設定すると同時に、やはり最後のResvメッセージではないので先にノードA−B間の転送に付与されたラベル値、さらに、BD経路のRRO情報を含んだResvメッセージを上流に即座に転送する。 Furthermore, likewise, the label node B receives the Resv message from the leaf D, at the same time setting the label exchange relationship at node B, which is applied to again transfer between nodes A-B above because it is not the last Resv message value, further forwards immediately laden Resv message RRO information BD path upstream.

当該Resvメッセージを受信した送信PEノードAは、自身のResvステートを登録すると同時に、FTNテーブル、NHLFEテーブルにラベル転送関係を設定し、リーフC,Dに到達する部分的なP2MP LSPの設定が完了する。 Transmitting PE node A which has received the Resv message, and at the same time registers its Resv state, sets the label forwarding relationship FTN table, the NHLFE table leaf C, and partial P2MP LSP setting to reach D complete to.

この操作と同時に、ノードEでは、ノードBで説明したのと同様のメカニズムにより下流ノードF,GによりResvメッセージを受信している。 The operation and at the same time, in the node E, which receives the Resv message downstream node F, the G by the same mechanism as that described in the Node B. ノードEにおけるResvステートの確定、ラベル交換関係の構築の後に、ノードEは同様に2つの対応するResvメッセージを上流ノードのノードBに即座に送付する。 Determination of Resv state at the node E, after the construction of the label exchange relationship, node E will send immediately two corresponding Resv message similar to the upstream node Node B. このとき、1番目のResvメッセージはシーケンス番号:0、Endビット指定無し、2番目のResvメッセージはシーケンス番号:1で、しかも、Endビットが設定されていて、このResvメッセージが下流から最終のResvメッセージであることを示している。 At this time, the first Resv message sequence number: 0, End Bit None, second Resv message sequence number: 1, moreover, End bit is set, the final Resv the Resv message from the downstream It indicates that the message. このようにしてさらに2つのResvメッセージがノードBに下流から到達し、ノードBは対応するResvメッセージを上流に送付するが、最後の4番目のResvメッセージを送付するときには、Seqビットの更新と共にEndビットが設定されて送信される。 In this way, two more Resv message reaches the downstream node B, node B is sending a corresponding Resv message upstream, when sending the last 4 th Resv message, End with updating of Seq bit bits are transmitted is set.

以上のメカニズムを通じてエンド・エンドでP2MPのMPLS転送経路が設定される。 MPLS forwarding path P2MP is set in end-to-end through the above mechanisms.

図4には、ノードA−B間のPath/Resvステートメンテナンス状態におけるメッセージ交換シーケンスを示す。 FIG. 4 shows a message exchange sequence in the Path / Resv state maintenance state between the nodes A-B.

先に述べたように当実施の形態では、4つのリーフノードC,D,F,Gに対してP2MP LSPが設定されているので、ノードAは、ノードBに対して自身が保持しているステート情報に基づいて、4つのパスメッセージを図に示す形態で送出している。 In those embodiments as mentioned above, four leaf nodes C, D, F, since P2MP LSP is set for G, the node A is held therein to the node B based on the state information, it is sent in the form shown in FIG four path message. 同図にあるように、各リーフに向けた部分情報保持用にシーケンス番号が振られており、最後の部分情報である(B,E,G)の状態情報交換時には最終状態であることを示すEndビットが付与されて状態保持が実施されている。 As in the figure, and the sequence number is swung partial information holding towards each leaf, indicating that it is the last partial information (B, E, G) when the state information exchange is the final state End bit is applied state holding is implemented. さらに、このパスメッセージに呼応して、部分状態確認のResvメッセージが送信される。 Further, in response to this path message, partial state confirmation Resv message is transmitted. こちらも同様に最後の部分状態メッセージについて(B,E,G)については同じくEndビットが付与されている。 This likewise for the last partial state message (B, E, G) also End bit is assigned for.

[第2の実施の形態] Second Embodiment
本実施の形態では、図5、図6を用いて本発明の部分P2MP LSPツリーの追加処理であるGraftingメカニズムについて説明する。 In the present embodiment, FIG. 5, for Grafting mechanism is further processing of the partial P2MP LSP tree of the present invention will be described with reference to FIG.

図5の例では、既に設定されたツリーに対して、ノードE配下にノードHまでのリーフLSP:EHをGrafting処理する例を示す。 In the example of FIG. 5, with respect to pre-set tree leaf LSP of the controlled node E to node H: shows an example of Grafting processes EH.

リーフLSP:EHをGraftingするために送信PEノードAは、追加受信リーフHまでの指定経路ERO=(A,B,E,H)を用意する。 Leaf LSP: sending PE node A to Grafting the EH prepares a specified route to additional received leaf H ERO = (A, B, E, H). その後、送信ノードは既に設定されているP2MP LSPに対して部分状態が何個あるかを特定する。 Thereafter, the transmission node identifies whether partial state is how many relative P2MP LSP that has already been set. この場合、リーフノードC、D,F,Gと4つの部分情報が存在しており、送信PEノードは、当該P2MP LSPを設定するのに、既にそのP2MPセッション情報のシーケンス番号として0〜3の値を使用しているものとする(3がEndビット指定された最後のオペレーション)。 In this case, the leaf node C, D, F, there exists a G and four partial information, transmitting PE node to set the P2MP LSP, 0 to 3 already as a sequence number of the P2MP session information assumed to use the value (last operation 3 is designated end bits). 送信PEノードAは、この情報を保持しているので、P2MP LSPのパスメンテナンスだけでなく、新たな部分ツリーの追加処理のために、新規のシーケンス番号m=4を用意する。 Transmitting PE node A, since holding this information, as well as path maintenance P2MP LSP, for further processing of the new partial tree, providing a new sequence number m = 4. その後、送信ノードは、P2MPセッション情報に既に設定されていて部分P2MP LSPが追加設定されるP2MP LSPを特定するP2MP_LSP_idを用いて、さらに、新規のシーケンス番号M=4を特定して、さらに、この場合EHの1本のみのLSP追加なので、Endビットを設定したP2MPセッションオブジェクトと、EROとしてERO(B,E,H)をパスメッセージに格納して下流ノードBに即座に送信する。 Thereafter, the transmitting node, using P2MP_LSP_id identifying the P2MP LSP that P2MP already partially P2MP LSP have been set in the session information is additionally set, further identify the new sequence number M = 4, In addition, this If so LSP adding only one EH, it transmits a P2MP session object, setting the End bit, ERO as ERO (B, E, H) immediately downstream node B stored in the path message.

ノードBは、当該パスメッセージを受信すると、当該パスメッセージが状態メインテナンス用のパスメッセージではなくて、ツリー変更要求のメッセージであることをそのシーケンス番号mにより判定するので、Pathステート情報を検索して、新規情報を登録するのと同時に、当該パスメッセージを、その保持するERO情報を解析し、対応する下流ノードであるノードEに即座に転送する。 Node B receives the path message, the path message is not a path message for state maintenance, since determining that the message of the tree changes required by the sequence number m, searches the Path state information at the same time as registering the new information, the path message, it analyzes the ERO information that holds and immediately transferred to the corresponding node E is the downstream node. このとき、ノードB,E間では既に2つのパスメッセージ(部分情報が登録されているので)当該パスメッセージのP2MPセッションのシーケンス番号は「2」に設定される。 In this case, Node B, (the portion information is registered) already two paths messages between E sequence number of the P2MP session of the path message is set to "2".

さらに、当該パスメッセージを受信したノードEは、ノードE−Hの部分LSP追加要求情報であることを判定して、ノードEH方向に新たにパスメッセージを送信する。 Further, the node has received the path message E, it is determined that it is a part LSP addition request information nodes EH, newly transmits a path message to the node EH direction. このP2MPセッションオブジェクトのシーケンス番号は「0」、Endビットは設定されていることに注意されたい。 The sequence number of the P2MP session object is "0", End bit is noted that it is set. こうし、パスメッセージがリーフHに到達すると、図6にあるようにリーフHは当該部分LSP追加要求が許容可能な場合には、Resvメッセージを即座に上流に送信することにより、P2MP LSPを確定する。 Confucius, the path message reaches the leaf H, when the leaf H as in Figure 6 the portions LSP addition request is acceptable by sending upstream immediately Resv message, confirm the P2MP LSP to. このとき、ノードE−H間では、先に述べたように初めての部分情報なので、シーケンス番号:0でEndビット設定されて上流に通知される。 In this case, between the nodes E-H, so first partial information as mentioned above, the sequence number: 0 is End bit set is notified to the upstream. さらに、ノードB−E間では、3つ目の部分情報の登録となるので、Seq=2、Endビット設定されて上流に即座に通知される。 Further, between the nodes B-E, since the registration of the third partial information is immediately notified is Seq = 2, End bit set in the upstream. さらに、ノードA−B間では、5つ目の部分情報の追加となるので、Seq=4、Endビット設定されて上流に通知される。 Further, the node in between A-B, since the additional fifth partial information, Seq = 4, is End bit set is notified to the upstream.

[第3の実施の形態] Third Embodiment
本実施の形態では、図7を用いてマルチキャストMPLSPruningについて説明する。 In this embodiment, the multicast MPLSPruning be described with reference to FIG.

図7の例では、既設定されたP2MP LSPのノードE配下からリーフLSP:EHをPruning処理する例を示している。 In the example of FIG. 7, the leaf LSP from subordinate node E of P2MP LSP that are preset: shows an example of Pruning handle EH.

送信ノードAは既に設定されているP2MP LSPのツリーベースの経路設定情報を表す{ERO}s情報から削除すべきリーフに対するサブツリー情報であるERO(A,B,E,H)を特定する。 The transmitting node A is subtree information for previously leaf to be removed from the P2MP LSP {ERO} s information representing a tree-based routing information that has been set ERO (A, B, E, H) to identify. ノードAは、削除対象の{ERO}情報、AB間におけるERO(B,E,H)情報の既に設定されているシーケンス番号を特定する。 Node A identifies {ERO} information to be deleted, ERO between AB (B, E, H) already sequence number set of information. この例では、先のGraftingの例で示したように、ノードAB間では、ERO(B,E、H)は、seq=4として登録されている。 In this example, as shown in the example of the previous Grafting, in between nodes AB, ERO (B, E, H) is registered as seq = 4. このシーケンス番号を特定すると送信PEノードAは、P2MPセッション情報として部分LSPを削除する対象となるP2MP LSPを識別するP2MP_LSP_id情報を用いて、先のSeq=4を用いて、さらにオペレーションはこの一つなので、Endビットを設定してPathTearメッセージのP2MPセッション情報として、さらに削除する対象経路であるERO(B,E,H)の情報を付与して、PathTearメッセージに格納して下流のノードBに送付する。 Transmitting PE node A and identifies the sequence number, by using the P2MP_LSP_id information identifying the P2MP LSP target to delete portions LSP as P2MP session information, using the preceding Seq = 4, one further operations this so, sending a P2MP session information PathTear message by setting the End bit, a target route to further remove ERO (B, E, H) to impart information to the downstream node B stored in PathTear message to. ノードBは、その受信したPathTearのセッション情報より対応するPathステートを特定して、そのERO(B,E,H)情報を削除すると共に、削除対象ツリーを含む下流ノードEを特定する。 Node B, identifies the Path state corresponding from the session information of PathTear that the received, its ERO (B, E, H) deletes the information, identifies a downstream node E containing deleted tree. このときノードB−E間では、BEHはSeq=2で管理されているので、Seq=2を指定して、さらに削除オペレーションはこの1つなので、Endビットを設定して、さらにERO(E,H)を指定して、また、PathTearメッセージを下流ノードのEに即座に送付する。 Between this time node B-E, since BEH is managed by Seq = 2, by specifying Seq = 2, so further delete operations such this one, and set the End bit, further ERO (E, specify H), also sends immediately PathTear message to E of the downstream node. 当該PathTearメッセージを受信したノードEは、さらに同様に、その登録されているPathステートからEH情報を削除して、下流のHに向けてSeq=0、Endビットを設定してPathTearメッセージを送付する。 The PathTear message node E, which has received the further similarly, the Path states are the registered delete the EH information, sends the PathTear message by setting Seq = 0, End bit toward the downstream of H . この操作を上流から下流に向けて実施することにより対象とする削除ツリーが既設定ツリーより削除される。 Remove tree this from the upstream directed by implementing toward the downstream is deleted from the preset tree.

[第4の実施の形態] Fourth Embodiment
図8は、本発明の第4の実施の形態におけるルース(Loose)指定時のP2MP LSPのパスメッセージのシーケンス図である。 Figure 8 is a sequence diagram of a P2MP LSP path message fourth time Ruth (Loose) specified in the embodiment of the present invention.

同図に示すように、複数のパスメッセージを受信した中間ノードが、該複数のパスメッセージに含まれるTERO情報から次ホップ集合情報を特定するときに、次ホップ情報にLoose指定されているアドレス情報が含まれている場合、Loose指定されているアドレスグループに対してP2MPのツリーベースのLSP拡張を可能にする処理を行う。 As shown in the figure, the intermediate node receiving the multiple paths message, when the TERO information included in the plurality of path message identifying the next hop set information, address information is Loose designated next hop information If there are, processing is performed to enable tree-based LSP extension P2MP the address group that is Loose specified.

また、上記の第1〜第4の実施の形態におけるノード毎の動作をプログラムとして構築し、各ノードのコンピュータにインストールし、CPU等の制御手段により実行する、または、ネットワークを介して流通させることも可能である。 Moreover, building the operation of each node in the first to fourth embodiments described above as a program, installed on the computer of each node is performed by the control means such as a CPU, or be distributed via a network it is also possible.

さらに、構築されたプログラムを各ノードのコンピュータに接続されるハードディスクや、フレキシブルディスク、CD−ROM等の可搬記憶媒体に格納し、コンピュータにインストールして実行することも可能である。 Furthermore, a hard disk and connected to a program built into the computer of each node, a flexible disk, and stored in a portable storage medium such as a CD-ROM, it can be installed and run on the computer.

なお、本発明は、上記の実施の形態に限定されることなく、特許請求の範囲内において、種々変更・応用が可能である。 The present invention is not limited to the embodiment described above, within the scope of the appended claims, and variations and modifications may be made.

本発明は、P2MP(ポイントツーマルチポイント)コミュニケーション用のトラヒックをネットワークデーターベース効率的にTEしながら、QoS保証してMPLS転送するポイントツーマルチポイントMPLS転送経路を設定する技術に適用可能である。 The present invention, while TE traffic of P2MP (point-to-multipoint) for communications network database efficiently applicable to a technology for setting a point-to-multipoint MPLS forwarding path for MPLS forwarding and QoS guarantees.

本発明の第1の実施の形態におけるP2MPセッションオブジェクトのフォーマットである。 In the first embodiment of the present invention is a format of a P2MP session object. 本発明の第1の実施の形態におけるP2MP LSPのパスメッセージのシーケンスである。 It is a sequence of P2MP LSP path message in the first embodiment of the present invention. 本発明の第1の実施の形態におけるP2MP LSPのResvメッセージのシーケンスである。 It is a sequence of P2MP LSP of Resv message in the first embodiment of the present invention. 本発明の第1の実施の形態におけるノードA−B間のPath/Resvステートメンテナンス状態におけるメッセージ交換シーケンスである。 A message exchange sequence in the Path / Resv state maintenance state between the nodes A-B in the first embodiment of the present invention. 本発明の第2の実施の形態におけるサブツリーP2MP LSPのパスメッセージのシーケンスである。 In the second embodiment of the present invention is a sequence of path message subtree P2MP LSP. 本発明の第2の実施の形態におけるP2MP LSP grafting Resvメッセージのシーケンスである。 P2MP in the second embodiment of the present invention is a sequence of LSP grafting Resv message. 本発明の第3の実施の形態におけるサブツリーP2MP LSP Pruningのパスメッセージのシーケンスである。 Is a sequence of subtrees P2MP LSP Pruning path message according to the third embodiment of the present invention. 本発明の第4の実施の形態におけるルース(Loose)指定時のP2MP LSPのパスメッセージのシーケンス図である。 It is a sequence diagram of a P2MP LSP path message fourth time Ruth (Loose) specified in the embodiment of the present invention.

Claims (5)

  1. マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)通信ネットワークにおいて、MPLSネットワークの境界に配置されたプロバイダエッジ(PE)ノードが、IPマルチキャストトラヒックを含むポイントツーマルチポイント(P2MP)コミュニケーショントラヒックを複数該境界に配置されたプロバイダエッジ(PE)ノードまでMPLS転送するポイントツーマルチポイントMPLS通信方法において、 In Multi-Protocol Label Switching (MPLS) communications network, the provider edge (PE) node disposed in the boundary of the MPLS network, point-to-multipoint (P2MP) provider arranged to communicate traffic to multiple boundary including IP multicast traffic in point-to-multipoint MPLS communication method for MPLS forwarding to the edge (PE) node,
    送信PEノードが、複数の受信PEノードまで、MPLSシグナリングプロトコルを用いてプロバイダエッジ内の複数の中継ノードにコピーポイントを設置してP2MPのツリー形状のラベルスイッチパス(LSP)を設定することでMPLS転送経路を設定する処理を行い、 MPLS by sending PE node to a plurality of receiving PE node, sets a label switched path P2MP tree shape by installing a copy points to a plurality of relay nodes in the provider edge using MPLS signaling protocol (LSP) It performs a process of setting a transfer path,
    前記P2MPのツリー形状のラベルスイッチングパス(P2MP LSP)を設定するときに、マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)プロトコルであるRSVP−TE(RFC3209)をベースにして、P2MPトラヒックのP2MPセッションを識別するために、P2MP LSPの送信PEアドレスとトンネル識別子、さらに、該トンネル識別子の拡張としてP2MPトンネル識別子、シーケンス番号で構成されるP2MPセッションオブジェクトを定義し、 When setting the tree shape of a label switched path of the P2MP (P2MP LSP), Multiprotocol Label Switching (MPLS) is a protocol RSVP-TE (RFC3209) in the base, in order to identify the P2MP session P2MP traffic , P2MP LSP sending PE address and tunnel identifier of the further, P2MP tunnel identifier as an extension of the tunnel identifier, to define a P2MP session object consisting of a sequence number,
    さらに、前記PEノードは、 Further, the PE node,
    P2MP LSP形状を指定するために、設定対象のP2MP LSPの送信PEから複数の受信リーフPEノードまでのツリー状の経路を送信PEノードから各受信PEノード迄のポイントツーポイント(P2P)のMPLS転送経路で分解する処理を行い、 To specify the P2MP LSP shape, MPLS forwarding setting target of P2MP LSP point-to-point until the receiving PE node tree-like path to the plurality of received leaf PE node from the transmitting PE node from the transmitting PE of (P2P) It performs a process of decomposing the path,
    分解した、P2P経路をRSVP−TE(RFC3209)で定義されたP2Pの転送経路指示オブジェクトであるEROオブジェクトにより経路指定する処理を行い、 Decomposed, performs a process of routing the ERO object is a P2P transfer routing objects defined in the P2P path RSVP-TE (RFC3209),
    P2MP LSPを設定する時に、前記送信PEノードが外部からのP2MP LSP経路指示、または、内部のIPルーティングプロトコルのトラヒックエンジニアリング拡張機能との連携により送信PE間と複数の受信PEノード間の設定すべきP2MP LSP経路計算を行うことにより、設定すべきP2MP LSP経路を把握したときに、ツリー経路をP2P経路に分解する手段により、P2MP LSP設定経路に変換する処理を行い、 When setting the P2MP LSP, P2MP LSP routing from the sending PE node outside, or, to be set between the transmission PE between a plurality of receiving PE node in cooperation with traffic engineering extension of the interior of the IP routing protocol by performing P2MP LSP path computation, when they grip the P2MP LSP path to be set, by decomposing means tree route the P2P path, performs a process of converting the P2MP LSP setting path,
    前記送信PEノードは、P2MP LSP設定時にパスメッセージとして共通ヘッダ、定義した前記P2MPセッションオブジェクトに設定対象のP2MPツリーを指定するP2MP_LSP_idとそのツリー形式のために必要となる複数のメッセージの送出番号を指定するシーケンス番号を0に指定し、RSVP_HOPオブジェクト、TIME_VALUESオブジェクト、分解した第1のP2P経路を指定するEROオブジェクト、LABEL_REQUESTオブジェクト、SENDERオブジェクト、SENDER_TEMPLATEオブジェクト、SENDER_TSPECオブジェクトを含んだパスメッセージを送信PEノードから設定すべきP2MP LSPを構成する最隣接する下流ノードに送出する処理を行い、 The transmitting PE node, specify a P2MP common header at LSP set as a path message, sending the number of the plurality of messages needed for P2MP_LSP_id and the tree format for specifying P2MP tree to be set to the P2MP session object defined the sequence number is specified as zero setting, RSVP_HOP objects, TIME_VALUES object, ERO object that specifies the first P2P path decomposed, LABEL_REQUEST objects, SENDER objects, SENDER_TEMPLATE object, a path containing a message SENDER_TSPEC object from the sending PE node It performs a process of sending the most adjacent downstream node constituting should do P2MP LSP,
    前記送信PEノードは、設定すべきP2MPのツリー状の経路が複数のP2P経路で設定されて、前記第1のP2P経路以外にもP2P経路が複数存在する場合には、第2のP2P経路を指定するEROを用意して、パスメッセージとして共通ヘッダ、定義した前記P2MPセッションオブジェクトに設定対象のP2MPツリーを指定するP2MP_LSP_idとそのツリー形式のために必要となるシーケンス番号を1に指定し、RSVP_HOPオブジェクト、TIME_VALUESオブジェクト、分解した第2のP2P経路を指定するEROオブジェクト、LABEL_REQUESTオブジェクト、SENDER_TEMPLATEオブジェクト、SENDER_TSPECオブジェクトを含んだパスメッセージを送信PEノードから設定すべきP2MP LSPを構成する最隣接する下流ノードに送出する処理を行い、 The transmitting PE node is set in P2P path tree-like path plurality of P2MP to be set, if the first P2P path other than P2P path there is a plurality, the second P2P path We are prepared designation to ERO, designated common header as the path message, a sequence number required for P2MP_LSP_id and the tree format for specifying P2MP tree to be set to the P2MP session object as defined 1, RSVP_HOP object , delivery ERO object that specifies the TIME_VALUES object, decomposed second P2P path, LABEL_REQUEST objects, SENDER_TEMPLATE objects, the most adjacent downstream node constituting the P2MP LSP to be set to path message including SENDER_TSPEC object from the sending PE node It performs a process of,
    前記送信PEノードは、上記の手順をP2MPのツリー状の経路を構成する最終P2P経路まで設定を繰り返し、最終P2P経路を指定するEROを用意して、パスメッセージとして共通ヘッダ、定義した前記P2MPセッションオブジェクトに設定対象のP2MPツリーを指定するP2MP_LSP_idとそのツリー形成のために必要となるシーケンス番号に(繰り返し番号―1)、さらに、End指定ビットを設定し、該パスメッセージが最終パスメッセージであることを指定し、RSVP_HOPオブジェクト、TIME_VALUESオブジェクト、分解した最終のP2P経路を指定するEROオブジェクト、LABEL_REQUESTオブジェクト、SENDER_TEMPLATEオブジェクト、SENDER_TSPECオブジェクトを含んだパスメッセージ送信PEノードから設定すべきP2MP LSPを構成する最隣接する下流ノードに送出する処理を行い The transmitting PE node repeats the setting of the above steps until the final P2P path constituting a tree-like path of the P2MP, are prepared ERO specifying the final P2P path, common header as the path message, the P2MP sessions defined the sequence number required for P2MP_LSP_id and that tree formation to specify the P2MP tree to be set to the object (repetition number -1), further sets the end specified bit, that said path message is the last path message Specifies, RSVP_HOP objects, TIME_VALUES object, ERO object specifying the degraded final P2P path, LABEL_REQUEST object nearest to constitute the SENDER_TEMPLATE object, P2MP LSP to be set from the path message sending PE node containing SENDER_TSPEC object It performs a process of sending to the downstream node
    前記パスメッセージを受信した下流ノードは、 Downstream node that has received the path message,
    その登録されているPathステート情報を検索し、該パスメッセージが新規受信パスメッセージである場合、パスメッセージよりセッション情報を抽出し、設定要求のパスが設定可能な場合には、Pathステート情報として新たに登録する処理を行い、 Search for Path state information is the registered, if the path message is newly received path message, extracts the session information from the path message, if the path setting request is reconfigurable, new as Path state information It performs a process of registering to,
    さらに、パスメッセージよりP2MP LSPの部分P2P経路として設定すべきEROを抽出し、さらに、ERO情報から自身のノードアドレスの次のホップとして定義されている下流次ホップアドレスを抽出する処理を行い、 Further, to extract the ERO to be set as P2MP LSP portion P2P path than the path message, further, a process of extracting a downstream next hop address defined as the next hop node address of its own from the ERO information,
    前記パスメッセージを受信した下流ノードは、 Downstream node that has received the path message,
    上流ノードが複数のパスメッセージを送出するときには、該受信パスメッセージより、該パスメッセージが同一のP2MPセッションに対してのP2MP LSP経路設定要求メッセージであることを判定し、該パスメッセージが格納しているERO情報により次に設定すべきP2MP LSPの部分P2P経路をEROとして抽出し、さらに、該ERO情報から自身のノードアドレスの次のホップとして定義されている下流次ホップアドレスを抽出する処理を行い、 When the upstream node sends multiple path message, from the received path message, it determines that the path message is P2MP LSP path setup request message to the same P2MP session, the path message is stored are the P2MP LSP portion P2P path to be set in the next extracted as ERO by ERO information, further performs a process of extracting a downstream next hop address defined as the next hop node address of its own from the ERO information ,
    前記パスメッセージを受信する下流ノードは上流からのパスメッセージのP2MPセッションオブジェクトにP2MP設定経路の最終部分P2P経路設定用のパスメッセージであることを指示するEndビット設定のパスメッセージを受信するまで、上記の処理を繰り返し、Endビットが設定されている最終パスメッセージを受信すると、上記と同様に、そのパスメッセージを保持する、最終P2P経路をEROとして抽出する処理と同時に、次ホップアドレスを特定する処理を行い、 Until it receives the End bit set in the path message indicating that downstream nodes is the path message for the final part P2P routing of P2MP session object in P2MP the set route of a path message from an upstream receiving the path message, the process repeated processing, when receiving a final pass message end bit is set, in the same manner as described above, holds the path message, the final P2P path simultaneously with the processing of extracting as ERO, to identify the next hop address It was carried out,
    さらに、各ERO情報から抽出した次ホップ情報を抽出すると同時に自身のノードアドレスを各ERO情報から削除し、次ホップアドレスが各ERO情報の先頭格納情報となるようにERO情報を整形する処理、さらに、共通の次ホップアドレスグループが複数存在する場合には、同一の次ホップアドレスを持つERO情報をグルーピングする処理を行い、 Further, the node address at the same time its own when to extract next hop information extracted from each ERO information deleted from the ERO information, processing for shaping the ERO information as the next hop address is the head information stored in the respective ERO information, further , when the common next hop address group there are multiple, performs a process of grouping the ERO information having the same next-hop address,
    上記の処理の後に、次ホップに対応する下流ノード毎に当該下流ノードを宛先にする再度グルーピングされたパスメッセージを該下流ノード配下の部分P2MP LSPを指定する再構築されたERO情報を格納して下流の次ホップノードに上記の同一のP2MP_LSP_id情報に対してシーケンス番号を付与して、最終パスメッセージについては、Endビットを設定して送出する処理を行い、 After the above processing, it stores the ERO information reconstructed again grouped path message to the downstream node for each downstream node corresponding to the next hop to the destination specifying portion P2MP LSP subordinate downstream node by applying a sequence number to the above identical P2MP_LSP_id information downstream next hop node, the final path message, performs processing of transmitting by setting the end bit,
    前記Pathステート情報の登録、パスメッセージの再グルーピング化とグループ毎のシーケンス番号を指定した次下流ノードへの転送を繰り返し、当該処理を最下流のリーフノードである受信PEノード迄パスメッセージが到達するまで繰り返し、P2MP LSP経路上のノードにPathステートを登録して、全受信リーフPEノードがパスメッセージを受信すると、受信リーフPEノードは、自身がP2MP LSPのリーフエッジノードであることを判定し、該受信ノードが要求されたP2MP LSPを設定可能な場合には、“Resvステート”を登録後、該受信ノードが上流ノードよりP2MPトラヒックをラベル転送受信するために使用するラベル値を自ノードのラベル空間より付与し、さらに、P2MP LSP内データフォワーディングを可能にするために、ラベル交換関係をILMテー Registration of the Path state information, and transfer is repeated to the next downstream node, which specifies the sequence number of each regrouping of the groups of path message, the path message reaches the processing until receiving PE node that is the most downstream leaf node Repeat until registers the path state to nodes on the P2MP LSP path, when all the received leaf PE node receives a path message, the receiving leaf PE node determines that itself is a leaf edge node of P2MP LSP, If the receiving node is capable of setting a requested P2MP LSP after registering a "Resv state", the label value used for the receiving node label forwarding receives a P2MP traffic than upstream node of the own node label grant from the space, further, in order to allow the P2MP LSP in the data forwarding, ILM tape label exchange relationship ル、NHLFEテーブルに登録する処理を行い、さらに、上流に付与したラベル値とLABELオブジェクトに、P2MP LSPの設定経路情報を示すRROオブジェクトに自身のノードアドレスを格納して、さらに、SESSIONオブジェクトにP2MP_LSP_id識別子、シーケンス番号0番とEndビットを設定して格納し、それらをResvメッセージに格納し、パスメッセージが転送された上流のPHOPノードにResvメッセージを即座に送信する処理を行い、 Le, a process of registering the NHLFE table, further, the label value and LABEL object granted to upstream, and stores the node address of the own RRO object indicating the setting path information of P2MP LSP, further P2MP_LSP_id the SESSION object identifier, and stores the set sequence number 0 and End bit, they were stored in the Resv message, performs processing path message sends the Resv message immediately PHOP node upstream transferred,
    前記PHOPノードは、前記Resvメッセージを初めて受信した場合には、該Resvメッセージに対応する、下流ノードに対して設定されたP2MP LSPの転送経路記録を表すRRO情報、下流ノードにP2MPトラヒックを転送する場合にパケットに付与すべきラベル値を含む“Resvステート”を登録する処理を行い、 The PHOP node, when first receiving the Resv message, corresponding to the Resv message, RRO information representative of the transfer path recording of P2MP LSP set for a downstream node, and transfers the P2MP traffic downstream node It performs a process of registering a "Resv state" includes a label value to be assigned to the packet when,
    前記“Resvステート”登録後、前記PHOPノードは、さらに上流のPHOPノードとの間でP2MPトラヒックをラベル転送受信するために使用するラベル値を自ノードのラベル空間より付与し、P2MP LSP内のP2MPデータフォワーディングを可能にするために、ラベル交換関係を前記ILMテーブル及び前記NHLFEテーブルに登録する処理を行い、 After the "Resv state" registered, the PHOP node further label value used to label forwarding receive P2MP traffic between the upstream PHOP node grants from the label space of its own node, P2MP in P2MP LSP to enable data forwarding, it performs a process of registering a label exchange relationship to the ILM table and the NHLFE table,
    さらに上流に付与したラベル値とP2MP LSPの設定経路情報をRROに自身のノードアドレスを先頭に付与し、さらに、P2MPセッションオブジェクトには、P2MP_LSP_idと、初めてのResvメッセージを示すシーケンス番号0番を付与し、さらに、当該ノードの下流に既に複数のパスメッセージを送出している場合には、Endビットを設定せずに、当該下流ノードに対して単一のパスメッセージしか送信していない場合には、Endビットを設定して、それらをResvメッセージに格納して、上流のPHOPノードにResvメッセージとして即座に転送する処理を行い、 Further Grant applied label value and P2MP LSP setting path information upstream to the head node address of its own to RRO, further, the P2MP session object, applying a P2MP_LSP_id, first the sequence number 0 indicating the Resv message and further, when the downstream of the node has already sent a plurality of path message, if without setting the End bit, not only sends a single path message to the downstream node , by setting the End bit, and stores them in the Resv message, performs processing of transferring immediately upstream of PHOP node as Resv message,
    さらに、当該ノードが複数の下流ノードを持ち、同一の設定対象のP2MP LSPの異なる下流ノードから初期のResvメッセージ以外のResvメッセージを受信すると、Resvメッセージのセッション情報により既設定済みの“Resvステート”を検索し、既に登録されたResvステート情報に当該対応する、下流ノードに対して設定されたP2MP LSPの転送経路記録であるRRO情報を含む追加情報を追加登録する処理を行い、 Further, the node has multiple downstream nodes, upon receiving the Resv message other than the initial Resv message from a different downstream node of the same set target P2MP LSP, previously configured by the session information Resv message "Resv State" searching, already the corresponding to the Resv state information registered, a process for additionally registering the additional information including RRO information is a transfer path recording of P2MP LSP set for a downstream node,
    前記Resvメッセージを受信したノードは、 Node receiving the Resv message,
    登録されたResvステート情報より設定すべきP2MP LSPの上流のPHOPのLSPが設定されていることを判定すると、上流に付与されたMPLSラベルを特定する処理を行い、 When it is determined that the upstream PHOP the LSP of P2MP be set from Resv state information registered LSP is set, it performs a process of identifying the MPLS label assigned to the upstream,
    さらに、対象とするP2MP LSPに対して新たに受信したResv方路に対して新規にP2MP LSPのMPLSフォワーディングを可能にするために、既に設定されている前記ILMテーブルと前記NHLFEテーブルに対して、上流に付与したラベルを該ILMテーブルから特定し、そのエントリである該NHLFEテーブルに受信したResvメッセージから特定した下流MPLS転送用のラベル値を新エントリとして新規に登録する処理を行い、 Furthermore, in order to enable MPLS forwarding new P2MP LSP respect Resv route newly received against P2MP LSP of interest, relative to previously and the ILM table set the NHLFE table, the label was applied to the upstream specified from the ILM table, performs a process of registering the new label values ​​for downstream MPLS forwarding identified from Resv message received in the NHLFE table is the entry as a new entry,
    さらに、先に抽出した上流PHOPに使用するMPLSラベル値と、当該ノード配下に設定された設定ツリー情報を記録するために、新規に受信した方路配下に設定されたツリーベースのRRO情報に当該ノードアドレス情報を先頭に付与することにより、新たに設定された部分ツリー情報をRRO情報として加工する処理を行い、 Moreover, the the MPLS label value used upstream PHOP the previously extracted, to the to node record configuration tree information set under, tree-based RRO information set to route under the newly received by applying the node address information at the beginning, a process for processing the partial tree information newly set as RRO information,
    前記加工されたRRO情報をResvステート情報に追加登録する処理を行い、 It performs a process of additionally registering the processed the RRO information Resv state information,
    さらに、既に設定されており、上流のラベル転送に使用されるMPLSラベル値を特定して、一緒にResvメッセージに格納する処理を行い、 Furthermore, already it has been set, to identify the MPLS label value used for upstream label transfer, a process of storing in the Resv message together,
    前記Resvメッセージを設定されたツリーの状態変化(新規部分P2MP LSP追加)を通知するために上流のPHOPノードに瞬時に転送する処理を行い、 Performs a process of transferring instantaneously upstream of PHOP node to notify the state change of the tree the set the Resv message (new part P2MP LSP added),
    前記Resvメッセージを上流に通知する場合、2番目以降の下流ノードへの設定情報を通知する場合には、先に送付した一番のResvメッセージのP2MPセッション情報のP2MP_LSP_idを保持し、そのシーケンス番号を1増加させて通知する処理を行い、 When notifying the Resv message upstream, to notify the setting information to the second and subsequent downstream node maintains a P2MP_LSP_id of P2MP session information best Resv message sent earlier, the sequence number 1 is increased performs a process of notification,
    前記Resvメッセージが当該ノードから下流に設定した最後のP2MP経路のResvメッセージである場合には、当該Resvメッセージを上流のPHOPに通知するときに、シーケンス番号を1増加させるのみならず、Endビットも設定して送出する処理を行い、 When the Resv message is a Resv message of the last P2MP path set downstream from the node, when notifying the Resv message to the upstream of PHOP, not only is incremented by one sequence number, also End Bit It performs a process of sending set,
    前記Resvメッセージを受信したノードは、 Node receiving the Resv message,
    設定すべきP2MP LSPに対して初めてResvメッセージを受信した場合には、新規にResvステート情報を登録する処理を行い、 When receiving the first Resv message to the P2MP LSP to be set, it performs a process of registering the Resv state information new,
    さらに、上流のPHOPとの間でラベル転送に使用するMPLSラベルを自身のラベル空間から抽出し、さらに、MPLSラベル転送を可能にするためにフォワーディング部分の前記ILMテーブルと前記NHLFEテーブルにラベル交換関係を新規に登録し、さらに上流とのラベル転送に使用するラベル値と、さらに自身のノードアドレスを経路登録情報RROに追加する処理を行い、 Further, to extract the MPLS label used to label transfer between the upstream PHOP from its label space, further, the label exchange relationship to the ILM table and the NHLFE table forwarding portion to allow MPLS label forwarding was newly registered, performs further a label value to be used for label forwarding the upstream, the process of adding further node address of its own to the route registration information RRO,
    さらに、前記ラベル値と修正されたRRO情報をResvメッセージに格納して上流のPHOPに対して瞬時に転送する処理を行い、 Furthermore, a process of transferring an instant the upstream of PHOP stores the RRO information modified with the label value in the Resv message,
    さらに、当該受信ノードが、既に別の下流ノードよりResvメッセージを受信してResv処理を上流へのResvメッセージ送信を完了して部分P2MP LSPを設定している場合、新たに設定されたP2MP LSPに対して、別の下流の方路よりResvメッセージを受信した場合には、登録されているResvステート情報より対応するResvステート情報を特定し、新規追加設定した下流部分P2MP LSP経路を示すRRO情報をResvメッセージにより抽出し、Resvステート情報に登録されている既設定されているRRO情報を修正し、追加設定し、同時に、上流のラベル転送に付与されているMPLSラベルを特定し、先の新規追加に対応するRROをResvメッセージに格納し、この新規追加部分が当該ノードの下流経路の最終経路である場合には、P2MPセッションオブジェクトのEndビットを設 Further, the receiving node, if the already set up another part P2MP LSP Complete Resv message transmission from the downstream node receives the Resv message upstream the Resv process, the P2MP LSP newly set in contrast, when receiving another downstream route from Resv message identifies the Resv state information corresponding than Resv state information registered, the RRO information indicating the downstream portion P2MP LSP path the newly added set extracted with Resv message, modifies the RRO information that is previously set is registered in the Resv state information, and additional configuration, at the same time, identifies the MPLS label provided to the upstream label transfer, add new previous storing the corresponding RRO to the Resv message, if the new additional part is the last path of the downstream path of the node is set to end bit P2MP session object 定して即座に上流のPHOPに対して転送する処理を行い、 It performs a process of transferring to the constant and immediately upstream of PHOP,
    上記の処理を設定すべきP2MP LSPの全てのノードでResvメッセージが送信PEノード迄到達するまで繰り返し、 Repeat until Resv message reaches up to send PE nodes in all nodes of the P2MP LSP to be set to the above process,
    前記送信PEノードは、設定すべきP2MP LSPに対して初めてResvメッセージを受信した場合には、Resvメッセージより下流のMPLSラベル転送に必要なラベル値を抽出するのと同時に、設定された下流の経路情報RROを抽出し、Resvステート情報に登録する処理を行い、 The transmitting PE node, the first time when it receives the Resv message, at the same time to extract downstream label value required for MPLS label transferred from the Resv message, the downstream path set for P2MP LSP to be set to extract the information RRO, it performs the process to be registered in the Resv state information,
    さらに、設定されたP2MP LSPに対してMPLSフォワーディングを可能にするために、入PEのFTNテーブル及び、NHLFEテーブルにラベル転送関係を登録する処理を行い、 Furthermore, in order to enable MPLS forwarding against P2MP LSP that has been set, input PE FTN table and performs a process of registering a label transfer relationship NHLFE table,
    さらに、前記送信PEノードは、異なる下流ノードから設定すべきP2MP LSPに対するResvメッセージを受信した場合には、登録された対応するResvステート情報を特定し、新規に追加された下流の部分P2MP LSPに対応するRRO情報を抽出し、登録されているRRO情報に追加修正し、現段階での既設定ツリー登録情報となるように加工修正すると同時に、MPLSフォワーディングを可能にするために前記FTNテーブル及び、前記NHLFEテーブルに新規に追加された部分ツリー向けのラベル交換関係を追記する処理を行い、 Further, the transmitting PE node, when receiving the Resv message for P2MP LSP to be set from a different downstream node, identifies the corresponding Resv state information registered in the downstream portion P2MP LSP that newly added extracting corresponding RRO information, add corrected RRO information registered, and at the same time machining modified to a pre-set tree registration information at this stage, and the FTN table to allow MPLS forwarding, It performs a process to append a label exchange relationship newly for added subtree to the NHLFE table,
    前記送信PEノードは、パスメッセージとして設定したP2MP LSPに対して、MPLSシグナリングを用いて当該送信PEノードから、複数の受信PEノードまで、全てのP2MP LSPを構成するノードに対して、P2MPのラベル交換関係を設定すると、受信したパケットを設定したP2MP LSPに従って、当該送信PEノードから複数の受信PEノードまでP2MPベースでラベルスイッチングする処理を行い、 The transmitting PE node, to the P2MP LSP is set as the path message from the transmission PE nodes using MPLS signaling, to a plurality of receiving PE node to the node that constitutes all the P2MP LSP, the label of the P2MP setting exchange relationship, in accordance with P2MP LSP set the received packet, performs processing for label switching in P2MP base from the transmission PE node to a plurality of receiving PE node,
    P2MP LSP確立後は、ノード間の“Pathステート”と“Resvステート”との周期的なリフレッシュ用のPath・Resvメッセージの交換により、周期的なリフレッシュにおいては、上流ノードと下流ノードの間で下流ノード配下に複数の受信リーフPEノードが存在する場合には、受信リーフPEノード分の複数のPath・Resvメッセージの交換で、単一のPath・Resvメッセージが設定されているP2MP LSPの部分状態の保持・交換を実施する処理を行い、 P2MP LSP established after, the periodic replacement of the Path · Resv message for refreshing the "Path State" and "Resv state" between nodes in a periodic refresh, downstream between the upstream and downstream nodes when there are a plurality of received leaf PE node to the controlled node is the replacement of the received leaf PE nodes worth of multiple Path · Resv message, the P2MP LSP partial state single Path · Resv message is set It performs a process to implement the holding and exchange,
    最終情報がPath・Resvメッセージと共にEndビットが設定されることにより最終状態の交換を行う処理を行うことにより、状態メインテナンスを実行する処理を行うことを特徴とするポイントツーマルチポイントMPLS通信方法。 By performing the process for exchanging the final state by final information End bits are set with Path · Resv message, point-to-multipoint MPLS communication method and performing a process for executing state maintenance.
  2. 前記送信PEノードにおいて、 At the transmitting PE node,
    既に設定されたP2MP LSPに部分P2MP LSPを設定する場合に、 To set the partial P2MP LSP to P2MP LSP already set,
    初期ツリー設定情報と同じように追加する部分ツリーを構成する送信PEノードから部分ツリーの複数の受信リーフPEノードグループのうち、受信リーフPEノードまでのEROによって経路を指示し、当該追加P2MP LSPの部分経路であるEROの宛先までの集合{ERO}sを部分追加用のERO(Graft)情報として、既設定されたP2MPセッションオブジェクトで指定されている同一のP2MP_LSP_idを用いて、ERO情報が複数ある場合には、先に設定されたP2MP LSPの最終部分ツリーを構成するP2P経路用に指定された、最終シーケンス番号を1増加させて、最初の部分追加用のERO情報を含むパスメッセージに追加して、当該修正されたP2MPセッション情報と新規のERO情報を含むパスメッセージを送出する処理と、 Of the transmission PE nodes of the subtree to add like initial tree configuration information of the plurality of received leaf PE node group of the partial tree, instructs the route by ERO to receive a leaf PE node, such Additional P2MP LSP the set {ERO} s up ERO destination is a partial path as ERO (Graft) information for partial additional, using the same P2MP_LSP_id specified in P2MP session object are preset, are a plurality ERO information in this case, previously designated for P2P path constituting the P2MP final part tree of the LSP that has been set, with the last sequence number is incremented by one, and added to the path message containing the ERO information for the first portion added Te, the process of sending the path message containing the P2MP session information corresponding fixes and new ERO information,
    前記部分追加用のERO情報を含むパスメッセージをP2MPセッションオブジェクトのP2MP_LSP_idを保持しながら、シーケンス番号を1ずつインクリメントして、部分追加用の最終ERO情報になるまで、隣接下流ノードに送出する処理と、 While the path message containing the ERO information for said portions add to retain P2MP_LSP_id of P2MP session object, increments the sequence number by one, to a final ERO information for partial addition, the process of sending the neighboring downstream node ,
    さらに、最終ERO情報となると、最終シーケンス番号に前記パスメッセージがP2MP LSPの最終状態要素であることを通知するEndビットを設定して該パスメッセージを近接下流ノードに送付する処理と、 Furthermore, when a final ERO information, the process of sending the path message to the proximity downstream node by setting the End bit indicates that it is the final state element of the path message to the last sequence number P2MP LSP,
    前記パスメッセージを受信した前記下流近接ノードにおいて、 In the downstream neighbor node that has received the path message,
    受信した前記パスメッセージが、既に受信したパスメッセージが保持する、P2MP_LSP_idに対して、より大きなシーケンス番号を含むことを検出することにより、当該パスメッセージが新規のパスメッセージであることを特定する場合には、P2MP LSPを設定する処理に応じて、新規の受信したパスメッセージ群のみを下流隣接ノードに即座に転送して、P2MP LSPを設定する処理と、 Received the path message, the path message holds already received for P2MP_LSP_id, by detecting that include larger sequence numbers, if the path message identifies that the new path message It includes a process in accordance with the process of setting a P2MP LSP, and forwards immediately only new received path message group to the downstream neighbor node, sets the P2MP LSP,
    前記パスメッセージを受信したノードにおいて、 In node that has received the path message,
    受信パスメッセージが、同一のP2MP_LSP_idを保持し、既に設定されたシーケンス番号以下のシーケンス番号を持つ場合には、当該パスメッセージの情報内容が登録されたPathステート情報と比較して、その情報要素に変化がない場合には、周期的なパスメッセージのメインテナンス状態に移行する処理と、 Receive path message, and retains the same P2MP_LSP_id, if you already have the following sequence numbers set sequence number is compared to Path state information information content of the path message is registered, the information element If there is no change, the process moves to the maintenance state of the periodic path message,
    抽出したセッション情報に変化がある場合には、セッション情報の変化を反映すべき経路に対してパスメッセージを即座に転送する処理と、 When the extracted session information is changed, the process of transferring the path message immediately to the path should reflect the change in the session information,
    即座に転送された前記パスメッセージを受信したリーフPEノードにおいて、 In the leaf PE node that has received the path message transferred in real
    上流のとのPHOPとのMPLS転送に使用するラベル付与、自身のノードの“Resvステート”の更新、ラベル交換関係の更新を実施する処理からなる追加処理を行う請求項1記載のポイントツーポイントMPSL通信方法。 Labeling for use in the MPLS forwarding between PHOP the upstream of, own node update of "Resv state", point to point according to claim 1, wherein performing the additional processing from the processing to implement the update of the label exchange relationship MPSL Communication method.
  3. 前記送信PEノードにおいて、 At the transmitting PE node,
    既に設定されたP2MPから部分P2MP LSPを削除する場合に、 If you want to delete a part P2MP LSP from the P2MP that have already been set,
    既設定された経路情報{ERO}s集合から部分P2MP LSPとして削除する部分に対応するP2MPツリーに対応する削除対象経路{ERO}s集合を特定する処理と、 A preset route information {ERO} process of identifying a deletion path {ERO} s set corresponding to P2MP tree corresponding to the portion to be deleted as a partial P2MP LSP from s set,
    削除対象の部分P2MP LSPに対応する{ERO}s集合を新たにPathTearメッセージに拡張・格納する処理と、 A process of expanding to and stored in the new PathTear message corresponding {ERO} s set for deletion of part P2MP LSP,
    拡張・格納されたPathTearメッセージのP2MPセッション情報には、P2MP_LSP_idを保持して、削除対象の部分P2PLSPに対応する既設定のERO情報に対応するシーケンス番号を格納されているPathステート情報より抽出し、P2MPセッション情報に格納し、PathTearメッセージに格納する処理と、 The P2MP session information of the extension-stored PathTear message holds the P2MP_LSP_id, extracted from Path state information stored sequence number corresponding to the ERO information preset corresponding to deleted portions P2PLSP, stored in the P2MP session information, and the process of storing the PathTear message,
    削除対象のP2MP転送経路を下流に備える隣接下流ノードに前記PathTearメッセージを送出する処理と、 A process of sending the PathTear message P2MP transfer path to be deleted to the adjacent downstream node comprising downstream,
    前記パスメッセージを受信した下流ノードにおいて、 Downstream node that has received the path message,
    受信した前記PathTearメッセージのP2MPセッション情報より、既に設定されているPathステート情報に格納されている削除対象部分P2MP LSPを含むP2MP LSPを特定し、該パステート情報より、削除対象の部分ツリー情報に対応するERO情報を削除する処理と、 From the received P2MP session information of the PathTear message, already identified a P2MP LSP containing the deleted portion P2MP LSP stored in the Path state information set, from the Pasuteto information, corresponding to the partial tree information of the deleted and the process of deleting the ERO information,
    前記対応するERO情報を削除したノードにおいて、 In node deleting the corresponding ERO information,
    PathTearメッセージに含まれる、ERO情報から自ノードアドレス情報を削除して、新たに下流方向の削除対象ルートを指定するERO情報に変更する処理と、 Contained in PathTear message, and processing to delete its own node address information from ERO information is newly changed to ERO information specifying a downstream direction to be deleted route,
    変更したERO情報を先に指定された、同一のP2MPセッション情報を持つPathTearメッセージに格納しなおし、隣接する下流ノードに対して即座に転送する処理と、 The modified ERO information previously specified, the same P2MP again stored in PathTear message with the session information, and the process of transferring in real relative to the adjacent downstream node,
    前記PathTearメッセージの送出により、下流ノードにおける削除対象のP2MP部分LSPを構成するPathステート情報を削除する処理と、 The delivery of the PathTear message, the process of deleting a Path state information constituting the P2MP portion LSP for deletion in the downstream node,
    前記PathTearメッセージを削除対象の部分P2MP LSPの受信リーフPEノードに到達させる処理と、 A process to reach the PathTear message received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP,
    当該複数のPathTearメッセージが削除対象の部分P2MP LSPの全受信リーフPEノードに到達することで、全削除対象の部分P2MP LSPを削除する処理と、からなる削除処理を行う請求項1記載のポイントツーマルチポイントMPSL通信方法。 By the plurality of PathTear message reaches the total received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP, point-of claim 1, wherein performing the process of deleting all the deleted portion P2MP LSP, the deletion process consisting of multi-point MPSL communication method.
  4. 前記送信PEノードにおいて、 At the transmitting PE node,
    既に設定されたP2MP LSPに部分P2MP LSPを設定する場合に、 To set the partial P2MP LSP to P2MP LSP already set,
    初期ツリー設定情報と同じように追加する部分ツリーを構成する送信PEノードから部分ツリーの複数の受信リーフPEノードグループのうち、受信リーフPEノードまでのEROによって経路を指示し、当該追加P2MP LSPの部分経路であるEROの宛先までの集合{ERO}sを部分追加用のERO(Graft)情報として、既設定されたP2MPセッションオブジェクトで指定されている同一のP2MP_LSP_idを用いて、ERO情報が複数ある場合には、先に設定されたP2MP LSPの最終部分ツリーを構成するP2P経路用に指定された、最終シーケンス番号を1増加させて、最初の部分追加用のERO情報を含むパスメッセージに追加して、当該修正されたP2MPセッション情報、と新規のERO情報を含むパスメッセージを送出する処理と、 Of the transmission PE nodes of the subtree to add like initial tree configuration information of the plurality of received leaf PE node group of the partial tree, instructs the route by ERO to receive a leaf PE node, such Additional P2MP LSP the set {ERO} s up ERO destination is a partial path as ERO (Graft) information for partial additional, using the same P2MP_LSP_id specified in P2MP session object are preset, are a plurality ERO information in this case, previously designated for P2P path constituting the P2MP final part tree of the LSP that has been set, with the last sequence number is incremented by one, and added to the path message containing the ERO information for the first portion added Te, the process of sending the modified P2MP session information, and a path message containing the new ERO information,
    前記部分追加用のERO情報を含むパスメッセージをP2MPセッションオブジェクトのP2MP_LSP_idを保持しながら、シーケンス番号を1ずつインクリメントして、部分追加用の最終ERO情報になるまで、隣接下流ノードに送出する処理と、 While the path message containing the ERO information for said portions add to retain P2MP_LSP_id of P2MP session object, increments the sequence number by one, to a final ERO information for partial addition, the process of sending the neighboring downstream node ,
    さらに、最終ERO情報となると、最終シーケンス番号に前記パスメッセージがP2MP LSPの最終状態要素であることを通知するEndビットを設定して該パスメッセージを近接下流ノードに送付する処理と、 Furthermore, when a final ERO information, the process of sending the path message to the proximity downstream node by setting the End bit indicates that it is the final state element of the path message to the last sequence number P2MP LSP,
    前記パスメッセージを受信した前記下流近接ノードにおいて、 In the downstream neighbor node that has received the path message,
    受信した前記パスメッセージが、既に受信したパスメッセージが保持する、P2MP_LSP_idに対して、より大きなシーケンス番号を含むことを検出することにより、当該パスメッセージが新規のパスメッセージであることを特定する場合には、P2MP LSPを設定する処理に応じて、新規の受信したパスメッセージ群のみを下流隣接ノードに即座に転送して、P2MP LSPを設定する処理と、 Received the path message, the path message holds already received for P2MP_LSP_id, by detecting that include larger sequence numbers, if the path message identifies that the new path message It includes a process in accordance with the process of setting a P2MP LSP, and forwards immediately only new received path message group to the downstream neighbor node, sets the P2MP LSP,
    前記パスメッセージを受信したノードにおいて、 In node that has received the path message,
    受信パスメッセージが、同一のP2MP_LSP_idを保持し、既に設定されたシーケンス番号以下のシーケンス番号を持つ場合には、当該パスメッセージの情報内容が登録されたPathステート情報と比較して、その情報要素に変化がない場合には、周期的なパスメッセージのメインテナンス状態に移行する処理と、 Receive path message, and retains the same P2MP_LSP_id, if you already have the following sequence numbers set sequence number is compared to Path state information information content of the path message is registered, the information element If there is no change, the process moves to the maintenance state of the periodic path message,
    抽出したセッション情報に変化がある場合には、セッション情報の変化を反映すべき経路に対してパスメッセージを即座に転送する処理と、 When the extracted session information is changed, the process of transferring the path message immediately to the path should reflect the change in the session information,
    即座に転送された前記パスメッセージを受信したリーフPEノードにおいて、 In the leaf PE node that has received the path message transferred in real
    上流のとのPHOPとのMPLS転送に使用するラベル付与、自身のノードの“Resvステート”の更新、ラベル交換関係の更新を実施する処理からなるP2MP LSPの追加処理と、 Labeling for use in the MPLS forwarding between PHOP the upstream of the updating of "Resv state" of its own node, and additional processing P2MP LSP consisting of processes to be performed to update the label exchange relationship,
    既に設定されたP2MPから部分P2MP LSPを削除する場合に、 If you want to delete a part P2MP LSP from the P2MP that have already been set,
    既設定された経路情報{ERO}s集合から部分P2MP LSPとして削除する部分に対応するP2MPツリーに対応する削除対象経路{ERO}s集合を特定する処理を行い、 Perform pre-set route information {ERO} s collection processing of specifying a deletion path {ERO} s set corresponding to P2MP tree corresponding to the portion to be deleted as a partial P2MP LSP from
    削除対象の部分P2MP LSPに対応する{ERO}s集合を新たにPathTearメッセージに拡張格納する処理と、 A process of expansion enclosure newly PathTear message corresponding {ERO} s set for deletion of part P2MP LSP,
    拡張格納されたPathTearメッセージのP2MPセッション情報には、P2MP_LSP_idを保持して、削除対象の部分P2PLSPに対応する既設定のERO情報に対応するシーケンス番号を格納されているPathステート情報より抽出し、P2MPセッション情報に格納し、PathTearメッセージに格納する処理と、 The P2MP session information of the extension stored PathTear message holds the P2MP_LSP_id, extracted from Path state information stored sequence number corresponding to the ERO information preset corresponding to deleted portions P2PLSP, P2MP stored in the session information, and the process of storing the PathTear message,
    削除対象のP2MP転送経路を下流に備える隣接下流ノードにおいて、 In the adjacent downstream node comprising a P2MP transfer path to be deleted downstream,
    前記PathTearメッセージを送信PEノードが送出する処理と、 A process of sending transmitting PE node the PathTear message,
    前記パスメッセージを受信した下流ノードにおいて、 Downstream node that has received the path message,
    受信した前記PathTearメッセージのP2MPセッション情報より、既に設定されているPathステート情報に格納されている削除対象部分P2MP LSPを含むP2MP LSPを特定し、該パステート情報より、削除対象の部分ツリー情報に対応するERO情報を削除する処理と、 From the received P2MP session information of the PathTear message, already identified a P2MP LSP containing the deleted portion P2MP LSP stored in the Path state information set, from the Pasuteto information, corresponding to the partial tree information of the deleted and the process of deleting the ERO information,
    前記対応するERO情報を削除したノードにおいて、 In node deleting the corresponding ERO information,
    PathTearメッセージに含まれる、ERO情報から自ノードアドレス情報を削除して、新たに下流方向の削除対象ルートを指定するERO情報に変更する処理と、 Contained in PathTear message, and processing to delete its own node address information from ERO information is newly changed to ERO information specifying a downstream direction to be deleted route,
    変更したERO情報を先に指定された、同一のP2MPセッション情報を持つPathTearメッセージに格納しなおし、隣接する下流ノードに対して即座に転送する処理と、 The modified ERO information previously specified, the same P2MP again stored in PathTear message with the session information, and the process of transferring in real relative to the adjacent downstream node,
    前記PathTearメッセージの送出により、下流ノードにおける削除対象のP2MP部分LSPを構成するPathステート情報を削除する処理と、 The delivery of the PathTear message, the process of deleting a Path state information constituting the P2MP portion LSP for deletion in the downstream node,
    前記PathTearメッセージを削除対象の部分P2MP LSPの受信リーフPEノードに到達させる処理と、 A process to reach the PathTear message received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP,
    当該複数のPathTearメッセージが削除対象の部分P2MP LSPの全受信リーフPEノードに到達することで、全削除対象の部分P2MP LSPを削除する処理と、からなるP2MP LSPの削除処理と、 By the plurality of PathTear message reaches the total received leaf PE node to be deleted portion P2MP LSP, a process of deleting all the deleted portion P2MP LSP, and deletion processing of P2MP LSP consisting
    を同時に行う請求項1記載のポイントツーマルチポイントMPLS通信方法。 Point-to-multipoint MPLS communication method according to claim 1, wherein simultaneously.
  5. 複数のパスメッセージを受信した中間ノードが、該複数のパスメッセージに含まれるTERO情報から次ホップ集合情報を特定するときに、次ホップ情報にLoose指定されているアドレス情報が含まれている場合、該Loose指定されているアドレスグループに対してP2MPのツリーベースのLSP拡張を可能にする処理を行う請求項1乃至4記載のポイントツーマルチポイントMPSL通信方法。 If an intermediate node receiving the multiple paths message, when the TERO information included in the plurality of path message identifying the next hop set information includes address information that is Loose designated next hop information, claims 1 to 4 point-to-multipoint MPSL communication method according performs processing to allow the tree-based LSP extension P2MP the address group that is the Loose specified.
JP2003364769A 2003-10-24 2003-10-24 Point-to-multipoint mpls communication method Expired - Fee Related JP4148099B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003364769A JP4148099B2 (en) 2003-10-24 2003-10-24 Point-to-multipoint mpls communication method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003364769A JP4148099B2 (en) 2003-10-24 2003-10-24 Point-to-multipoint mpls communication method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005130258A true JP2005130258A (en) 2005-05-19
JP4148099B2 JP4148099B2 (en) 2008-09-10

Family

ID=34643655

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003364769A Expired - Fee Related JP4148099B2 (en) 2003-10-24 2003-10-24 Point-to-multipoint mpls communication method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4148099B2 (en)

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7590115B1 (en) * 2004-08-30 2009-09-15 Juniper Networks, Inc. Exchange of control information for virtual private local area network (LAN) service multicast
US7602702B1 (en) 2005-02-10 2009-10-13 Juniper Networks, Inc Fast reroute of traffic associated with a point to multi-point network tunnel
US7742482B1 (en) 2006-06-30 2010-06-22 Juniper Networks, Inc. Upstream label assignment for the resource reservation protocol with traffic engineering
US7787380B1 (en) 2006-06-30 2010-08-31 Juniper Networks, Inc. Resource reservation protocol with traffic engineering point to multi-point label switched path hierarchy
US7839850B2 (en) 2006-01-30 2010-11-23 Juniper Networks, Inc. Forming equal cost multipath multicast distribution structures
US7839862B1 (en) 2006-06-30 2010-11-23 Juniper Networks, Inc. Upstream label assignment for the label distribution protocol
US7929557B2 (en) 2008-11-14 2011-04-19 Juniper Networks, Inc. Summarization and longest-prefix match within MPLS networks
US7936780B1 (en) 2008-03-12 2011-05-03 Juniper Networks, Inc. Hierarchical label distribution protocol for computer networks
US7990965B1 (en) 2005-07-28 2011-08-02 Juniper Networks, Inc. Transmission of layer two (L2) multicast traffic over multi-protocol label switching networks
US8270395B2 (en) 2006-01-30 2012-09-18 Juniper Networks, Inc. Forming multicast distribution structures using exchanged multicast optimization data
JP2012522454A (en) * 2009-03-31 2012-09-20 テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル) Method and apparatus for point-to-multipoint traffic pass encoding
US8837479B1 (en) 2012-06-27 2014-09-16 Juniper Networks, Inc. Fast reroute between redundant multicast streams
US8917729B1 (en) 2008-12-10 2014-12-23 Juniper Networks, Inc. Fast reroute for multiple label switched paths sharing a single interface
US8953500B1 (en) 2013-03-29 2015-02-10 Juniper Networks, Inc. Branch node-initiated point to multi-point label switched path signaling with centralized path computation
US9049148B1 (en) 2012-09-28 2015-06-02 Juniper Networks, Inc. Dynamic forwarding plane reconfiguration in a network device
US9166807B2 (en) 2005-07-28 2015-10-20 Juniper Networks, Inc. Transmission of layer two (L2) multicast traffic over multi-protocol label switching networks
US9246838B1 (en) 2011-05-27 2016-01-26 Juniper Networks, Inc. Label switched path setup using fast reroute bypass tunnel
US9806895B1 (en) 2015-02-27 2017-10-31 Juniper Networks, Inc. Fast reroute of redundant multicast streams

Cited By (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7804790B1 (en) 2004-08-30 2010-09-28 Juniper Networks, Inc. Aggregate multicast trees for virtual private local area network (LAN) service multicast
US8160076B1 (en) 2004-08-30 2012-04-17 Juniper Networks, Inc. Auto-discovery of multicast virtual private networks
US7933267B1 (en) 2004-08-30 2011-04-26 Juniper Networks, Inc. Shared multicast trees for multicast virtual private networks
US7590115B1 (en) * 2004-08-30 2009-09-15 Juniper Networks, Inc. Exchange of control information for virtual private local area network (LAN) service multicast
US7602702B1 (en) 2005-02-10 2009-10-13 Juniper Networks, Inc Fast reroute of traffic associated with a point to multi-point network tunnel
US7990965B1 (en) 2005-07-28 2011-08-02 Juniper Networks, Inc. Transmission of layer two (L2) multicast traffic over multi-protocol label switching networks
US9166807B2 (en) 2005-07-28 2015-10-20 Juniper Networks, Inc. Transmission of layer two (L2) multicast traffic over multi-protocol label switching networks
US8270395B2 (en) 2006-01-30 2012-09-18 Juniper Networks, Inc. Forming multicast distribution structures using exchanged multicast optimization data
US7839850B2 (en) 2006-01-30 2010-11-23 Juniper Networks, Inc. Forming equal cost multipath multicast distribution structures
US7787380B1 (en) 2006-06-30 2010-08-31 Juniper Networks, Inc. Resource reservation protocol with traffic engineering point to multi-point label switched path hierarchy
US7742482B1 (en) 2006-06-30 2010-06-22 Juniper Networks, Inc. Upstream label assignment for the resource reservation protocol with traffic engineering
US7839862B1 (en) 2006-06-30 2010-11-23 Juniper Networks, Inc. Upstream label assignment for the label distribution protocol
US7936780B1 (en) 2008-03-12 2011-05-03 Juniper Networks, Inc. Hierarchical label distribution protocol for computer networks
US7929557B2 (en) 2008-11-14 2011-04-19 Juniper Networks, Inc. Summarization and longest-prefix match within MPLS networks
US8363667B2 (en) 2008-11-14 2013-01-29 Juniper Networks, Inc. Summarization and longest-prefix match within MPLS networks
US8917729B1 (en) 2008-12-10 2014-12-23 Juniper Networks, Inc. Fast reroute for multiple label switched paths sharing a single interface
JP2012522454A (en) * 2009-03-31 2012-09-20 テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル) Method and apparatus for point-to-multipoint traffic pass encoding
US9246838B1 (en) 2011-05-27 2016-01-26 Juniper Networks, Inc. Label switched path setup using fast reroute bypass tunnel
US8837479B1 (en) 2012-06-27 2014-09-16 Juniper Networks, Inc. Fast reroute between redundant multicast streams
US9049148B1 (en) 2012-09-28 2015-06-02 Juniper Networks, Inc. Dynamic forwarding plane reconfiguration in a network device
US8953500B1 (en) 2013-03-29 2015-02-10 Juniper Networks, Inc. Branch node-initiated point to multi-point label switched path signaling with centralized path computation
US9806895B1 (en) 2015-02-27 2017-10-31 Juniper Networks, Inc. Fast reroute of redundant multicast streams

Also Published As

Publication number Publication date
JP4148099B2 (en) 2008-09-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Striegel et al. A survey of QoS multicasting issues
JP4833292B2 (en) Ethernet gmpls control
Farrel et al. GMPLS: architecture and applications
RU2321959C2 (en) Source identifier for finding the mac-address
KR100971050B1 (en) Label switching in fibre channel networks
JP4374307B2 (en) Route control method of the label switch path
US6078590A (en) Hierarchical routing knowledge for multicast packet routing
CN100352232C (en) Corresponding method between route point and message service points in MPLS network
US8830826B2 (en) System and method for computing a backup egress of a point-to-multi-point label switched path
US20060159009A1 (en) Fast rerouting apparatus and method for MPLS multicast
EP1379036A1 (en) Method and system for automatically establishing a return label switched path
EP2540041B1 (en) System and method for computing a backup ingress of a point-to-multipoint label switched path
US8599849B2 (en) MPLS traffic engineering for point-to-multipoint label switched paths
JP4777363B2 (en) Network system and data transfer device
US7739405B2 (en) Multicast group management in infiniband
US8462635B1 (en) Resource reservation protocol with traffic engineering point to multi-point label switched path hierarchy
JP5029373B2 (en) Nodes, path control method and a path control program
CN104247371B (en) Information-centric network of name-based neighbor discovery and multi-hop service discovery
US7602702B1 (en) Fast reroute of traffic associated with a point to multi-point network tunnel
US20050094577A1 (en) Virtual private networks within a packet network having a mesh topology
US7808930B2 (en) Dynamic multipoint tree rearrangement
JP3900195B2 (en) Multicast transfer path setting method, and a multicast label switching method for realizing it
US20110199891A1 (en) System and Method for Protecting Ingress and Egress of a Point-to-Multipoint Label Switched Path
US6751190B1 (en) Multihop nested tunnel restoration
US7940698B1 (en) Point to multi-point label switched paths with label distribution protocol

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060414

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080303

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080603

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080616

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110704

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120704

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130704

Year of fee payment: 5

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees