JP2005124459A - 組立式プランター - Google Patents

組立式プランター Download PDF

Info

Publication number
JP2005124459A
JP2005124459A JP2003362757A JP2003362757A JP2005124459A JP 2005124459 A JP2005124459 A JP 2005124459A JP 2003362757 A JP2003362757 A JP 2003362757A JP 2003362757 A JP2003362757 A JP 2003362757A JP 2005124459 A JP2005124459 A JP 2005124459A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plate
retaining
corner
planter
edge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2003362757A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4174410B2 (ja
Inventor
Tomiichi Osaka
富一 大坂
Akihiro Mori
明博 毛利
Original Assignee
Yagikuma:Kk
株式会社八木熊
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yagikuma:Kk, 株式会社八木熊 filed Critical Yagikuma:Kk
Priority to JP2003362757A priority Critical patent/JP4174410B2/ja
Publication of JP2005124459A publication Critical patent/JP2005124459A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4174410B2 publication Critical patent/JP4174410B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A30/00Adapting or protecting infrastructure or their operation
    • Y02A30/24Structural elements or technologies for improving thermal insulation
    • Y02A30/254Roof garden systems; Roof coverings with high solar reflectance
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B80/00Architectural or constructional elements improving the thermal performance of buildings
    • Y02B80/32Roof garden systems

Abstract

【課題】 運搬が容易で、かつ、敷地の大きさや形状に合わせてレイアウト自在に簡単に組み立てることができ、しかも、軽量でありながら形態安定性にも優れた組立式プランターを提供すること。
【解決手段】 コーナー擁壁板1Aの内側裾部に踏み板11が突成された隅部材Aと、
単擁壁板1Bの内側裾部に踏み板11が突成された縁部材Bとを組み合わせて包囲される収容部分の底面において、表面に排水孔21が形成された方形板体のメッシュパレット2・2…が敷設可能であって、かつ、前記隅部材Aと縁部材Bの各擁壁板1の側縁対向面12には係合片13aが設けられており、当該両対向面12・12を対向せしめて形成される係合部13にジョイント部材3を挿入して当該両役物成形物を連結可能に構成されており、
前記メッシュパレット2が前記擁壁板1の踏み板11を踏み付けることによって擁壁板1の起立性および形態性を安定ならしめるという技術的手段を採用した。
【選択図】 図5

Description

本発明は、花壇・菜園などに用いるプランターの改良、更に詳しくは、運搬が容易で、かつ、敷地の大きさや形状に合わせてレイアウト自在に簡単に組み立てることができ、しかも、軽量でありながらレイアウト形態安定性にも優れた組立式プランターに関するものである。
周知のとおり、近年では、「ヒートアイランド現象(人工排熱の増加、人工被覆の増加および自然空間の喪失という都市における人工化の過剰な進展から生ずる、熱大気汚染をいう。)」が環境問題となっており、熱中症などの健康影響や二酸化炭素排出量の増加などの影響をもたらすおそれがあるため、その対策として、ビルディングの屋上に花壇などを設置する緑化運動が盛んに行われている。
ところで、かかる花壇や、一般家庭にて行われる菜園などは、通常、重たいコンクリートブロックなどで囲って積み上げることによって築造されているため(例えば、特許文献1参照)、その作業には大変な労力が必要である。また、かかる組立式のものは、臨時のイベント会場などにおいて仮設的に使用する場合も多く、設置および撤去作業が頻繁であるので、その労力は甚大である。
しかしながら、いくら組立式の分割構造にして構成部材を軽量にしたとしても、結局、プランターの安定性を確保させるためには、ある程度の重石が必要であり、この重石となるだけの重量物を運搬せねばならないという不満がある。
特開2001− 69851号公報(第2−4頁、図6)
本発明は、従来のプランターに上記のような問題があったことに鑑みて為されたものであり、その目的とするところは、運搬が容易で、かつ、敷地の大きさや形状に合わせてレイアウト自在に簡単に組み立てることができ、しかも、軽量でありながらレイアウト形態安定性にも優れた組立式プランターを提供することにある。
本発明者が上記課題を解決するために採用した手段を添付図面を参照して説明すれば次のとおりである。
即ち、本発明は、役物成形物の組合せから成る花壇・菜園などに用いるプランターであって、
角部の立設部材であって、コーナー擁壁板1Aの内側裾部に踏み板11が突成された隅部材Aと、
単擁壁板1Bの内側裾部に踏み板11が突成された縁部材Bとを組み合わせて包囲される収容部分の底面において、表面に排水孔21が形成された方形板体のメッシュパレット2・2…が敷設可能であって、かつ、前記隅部材Aと縁部材Bの各擁壁板1の側縁対向面12には係合片13aが設けられており、当該両対向面12・12を対向せしめて形成される係合部13にジョイント部材3を挿入して当該両役物成形物を連結可能に構成されており、
前記メッシュパレット2が前記擁壁板1の踏み板11を踏み付けることによって擁壁板1の起立性およびレイアウト形態性を安定ならしめるという技術的手段を採用した。
また、本発明は、上記課題を解決するために、必要に応じて上記手段に加え、メッシュパレット2の裏面に脚部リブ22が形成され、かつ、擁壁板1の踏み板11の上面には掛止部11aが形成されており、これら両部材が掛合することによって、メッシュパレット2が確実に位置決めされるようにするという技術的手段を採用した。
また、本発明は、角部の立設部材であって、コーナー擁壁板1Aの内側裾部に踏み板11が突成された隅部材Aと、
単擁壁板1Bの内側裾部に踏み板11が突成された縁部材Bとを組み合わせて包囲される収容部分の底面において、透水性不織布マット4・4…が敷設可能であって、かつ、前記隅部材Aと縁部材Bの各擁壁板1の側縁対向面12には係合片13aが設けられており、当該両対向面12・12を対向せしめて形成される係合部13にジョイント部材3を挿入して当該両役物成形物を連結可能に構成されており、
前記透水性不織布マット4が前記擁壁板1の踏み板11を踏み付けることによって擁壁板1の起立性およびレイアウト形態性を安定ならしめるという技術的手段を採用した。
また、本発明は、上記課題を解決するために、必要に応じて上記手段に加え、透水性不織布マット4を密度勾配構造または多層構造を有するようにするという技術的手段を採用した。
更にまた、本発明は、上記課題を解決するために、必要に応じて上記手段に加え、擁壁板1の下部内壁面と踏み板11上面とに亙り補強リブ11bを形成するという技術的手段を採用した。
更にまた、本発明は、上記課題を解決するために、必要に応じて上記手段に加え、擁壁板1を、頭部から脚部に亙り逓増的に増厚して形成するという技術的手段を採用した。
本発明にあっては、各役物成形物を組立式に構成したことによって、運搬が容易で、かつ、敷地の大きさや形状に合わせてレイアウト自在に簡単に組み立てることができる。また、擁壁板の裾部に踏み板を形成したことにより、メッシュパレットまたは透水性不織布マットが前記踏み板を踏み付けることによって、軽量でありながら擁壁板の起立性およびレイアウト形態性を安定ならしめることができる。
このように構成された本発明のプランターを使用することによって、ビルディングの屋上緑化を促進することができ、ヒートアイランド現象の緩和に貢献することができることから、産業上における利用価値は頗る高いと云える。
本発明の実施形態を具体的に図示した図面に基いて更に詳細に説明すると次のとおりである。
本発明の実施形態を図1から図8に基いて説明する。図中、符号1で指示するものは擁壁板であり、この擁壁板1はプランター周縁を包囲するように立設されている。また、符号2で指示するものはメッシュパレットであり、このメッシュパレット2は表面に排水孔21が形成された方形板体である(図3および図4参照)。更にまた、符号3で指示するものはジョイント部材であり、このジョイント部材3は隣接する役物成形物を連結するために前記擁壁板1の係合部13に挿入する部材である。
しかして、本実施形態の組立式プランターを構成するにあっては、角部の立設部材であって、コーナー擁壁板1Aの内側裾部に踏み板11が突成された隅部材A(図1参照)と、単擁壁板1Bの内側裾部に踏み板11が突成された縁部材B(図2参照)とを組み合わせて包囲される収容部分の底面において、表面に排水孔21が形成された方形板体のメッシュパレット2・2…が敷設できるようにする。なお、本実施形態では、前記踏み板11は、各擁壁板1(1A・1B)から一体に持出成形したものを採用するけれども、当該擁壁板1に対し、ネジ止めや嵌合などによる着脱式に構成することもでき、必要に応じて、踏み代のサイズを変更せしめて安定度を調整することが可能である。
これらの役物成形物およびメッシュパレット2は、本実施形態では、合成樹脂(本実施形態では、ポリエチレン)のような軽量で成形性の良い材料で作製することが好ましく、そして、図5に示すように組み合わせて配置することによって、花壇・菜園などに用いるプランターを構成することができる。
また、前記隅部材Aと縁部材Bの各擁壁板1(1A・1B)の側縁対向面12には係合片13aが設けられており、当該両対向面12・12を対向せしめて形成される係合部13にジョイント部材3を挿入して当該両役物成形物を連結することができる。この際、必要に応じて、このジョイント部材3に抜け止め突起を設けることにより、係合部13から抜け難くすることができ、両部材を確実強固に結合することができる。
そして、前記メッシュパレット2が前記擁壁板1の踏み板11を踏み付けることによって擁壁板1の起立性およびレイアウト形態性を安定ならしめる。また、本実施形態では、図4に示すように、メッシュパレット2の裏面に脚部リブ22を形成し、かつ、擁壁板1の踏み板11の上面には掛止部11aを形成し、これら両部材が掛合することによって、メッシュパレット2が確実に位置決めすることができる。前記メッシュパレット2の脚部リブ22によって、裏面が直接接地せずにスペースが作出されることにより、例えば、設置面がアスファルトやコンクリートなどの高温になるおそれのある地表であっても、地熱の影響を軽減して根枯れを防止することもできる。
本実施形態では、図6に示すように、擁壁板1の下部内壁面と踏み板11上面とに亙り補強リブ11bを形成することができ、擁壁板1に強い力がかかったとしても、補強されて破損し難くすることができる。この際、補強リブ11bは、メッシュパレット2に干渉しない位置に形成すべきである。
なお、本実施形態では、前記擁壁板1を、頭部から脚部に亙り逓増的に増厚して形成することにより、土圧に対する抵抗力を付与するとともに、プランターを安定化させることもできる。
また、図7中において、符号4で指示するものは透水性不織布マットであり、この透水性不織布マットは、例えば、ポリエステル製のスポンジ状であって、密度勾配を有するものや多層構造を有するもの、例えば、堅牢性を備えた保護層、目の細かいフィルター層、剛性強度を備えた排水・貯水槽というように分けることができる。
しかして、前記隅部材Aと縁部材Bとを組み合わせて包囲される収容部分の底面において、当該透水性不織布マット4・4…が敷設可能であり、前述のメッシュパレット2を敷設した場合と同様に、優れた排水効果を有するとともに、透水性不織布マット4が前記擁壁板1の踏み板11を踏み付けることによって擁壁板1の起立性およびレイアウト形態性を安定ならしめることができる。
また、図示しないが、擁壁板1の上部に形成された差込孔14に支持棒材を挿入して被覆部材を掛架可能であり、ビニールハウスなどを簡単に構成することができる。また、植栽物の茎や蔓などを支持する支柱や棚などを設置することもできるし、擁壁板1の上部に補足堰板を継足し設置可能にすることにより、植栽の背丈に応じて土壌の分量を調節することもできる。
本発明は概ね上記のように構成されるが、図示の実施形態に限定されるものでは決してなく、「特許請求の範囲」の記載内において種々の変更が可能であって、例えば、図8に示すように、擁壁板1の側縁対向面12の切出し形状を変更し、擁壁板同士の対向角度を適宜変更して組み合わせることにより、プランターをその場に応じた複雑な形状のレイアウトに構成することを可能にする。この際、ジョイント部材3の掛合部分の形状は作出された係合部13の形状に合わせて設計変更すれば良い。
また、メッシュパレット2は、軽石などの粒材を凝結して作製したものを採用することも可能であるし、更にまた、プランター内への動物侵入する防止するための防護柵などを設置することも可能であり、何れのものも本発明の技術的範囲に属する。
本発明の実施形態の隅部材の構造を表わす斜視図である。 本発明の実施形態の縁部材の構造を表わす斜視図である。 本発明の実施形態のメッシュパレットの構造を表わす斜視図である。 本発明の実施形態のメッシュパレットの構造を表わす斜視図である。 本発明の実施形態における各役物成形物を組合わせた状態を表わす全体斜視図である。 本発明の実施変形例の構造を表わす斜視説明図である。 本発明の実施変形例における各役物成形物を組合わせた状態を表わす全体斜視図である。 本発明の実施変形例の構造を表わす上面説明図である。
符号の説明
1 擁壁板
1A コーナー擁壁板
1B 単擁壁板
11 踏み板
11a 掛止部
11b 補強リブ
12 側縁対向面
13 係合部
13a 係合片
14 差込孔
2 メッシュパレット
21 排水孔
22 脚部リブ
3 ジョイント部材
4 透水性不織布マット
A 隅部材
B 縁部材

Claims (6)

  1. 役物成形物の組合せから成る花壇・菜園などに用いるプランターであって、
    角部の立設部材であって、コーナー擁壁板1Aの内側裾部に踏み板11が突成された隅部材Aと、
    単擁壁板1Bの内側裾部に踏み板11が突成された縁部材Bとを組み合わせて包囲される収容部分の底面において、表面に排水孔21が形成された方形板体のメッシュパレット2・2…が敷設可能であって、かつ、前記隅部材Aと縁部材Bの各擁壁板1の側縁対向面12には係合片13aが設けられており、当該両対向面12・12を対向せしめて形成される係合部13にジョイント部材3を挿入して当該両役物成形物を連結可能に構成されており、
    前記メッシュパレット2が前記擁壁板1の踏み板11を踏み付けることによって擁壁板1の起立性およびレイアウト形態性を安定ならしめることを特徴とする組立式プランター。
  2. メッシュパレット2の裏面に脚部リブ22が形成され、かつ、擁壁板1の踏み板11の上面には掛止部11aが形成されており、これら両部材が掛合することによって、メッシュパレット2が確実に位置決めされることを特徴とする請求項1記載の組立式プランター。
  3. 役物成形物の組合せから成る花壇・菜園などに用いるプランターであって、
    角部の立設部材であって、コーナー擁壁板1Aの内側裾部に踏み板11が突成された隅部材Aと、
    単擁壁板1Bの内側裾部に踏み板11が突成された縁部材Bとを組み合わせて包囲される収容部分の底面において、透水性不織布マット4・4…が敷設可能であって、かつ、前記隅部材Aと縁部材Bの各擁壁板1の側縁対向面12には係合片13aが設けられており、当該両対向面12・12を対向せしめて形成される係合部13にジョイント部材3を挿入して当該両役物成形物を連結可能に構成されており、
    前記透水性不織布マット4が前記擁壁板1の踏み板11を踏み付けることによって擁壁板1の起立性およびレイアウト形態性を安定ならしめることを特徴とする組立式プランター。
  4. 透水性不織布マット4が密度勾配構造または多層構造を有することを特徴とする請求項3に記載の組立式プランター。
  5. 擁壁板1の下部内壁面と踏み板11上面とに亙り補強リブ11bが形成されていることを特徴とする請求項1〜4の何れか一つに記載の組立式プランター。
  6. 擁壁板1が、頭部から脚部に亙り逓増的に増厚して形成されていることを特徴とする請求項1〜5の何れか一つに記載の組立式プランター。
JP2003362757A 2003-10-23 2003-10-23 組立式プランター Expired - Fee Related JP4174410B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003362757A JP4174410B2 (ja) 2003-10-23 2003-10-23 組立式プランター

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003362757A JP4174410B2 (ja) 2003-10-23 2003-10-23 組立式プランター

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005124459A true JP2005124459A (ja) 2005-05-19
JP4174410B2 JP4174410B2 (ja) 2008-10-29

Family

ID=34642279

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003362757A Expired - Fee Related JP4174410B2 (ja) 2003-10-23 2003-10-23 組立式プランター

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4174410B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101164891B1 (ko) 2010-01-11 2012-08-23 임상일 조립식 화단
JP2012165693A (ja) * 2011-02-15 2012-09-06 Yagikuma:Kk 組立式プランター

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101164891B1 (ko) 2010-01-11 2012-08-23 임상일 조립식 화단
JP2012165693A (ja) * 2011-02-15 2012-09-06 Yagikuma:Kk 組立式プランター

Also Published As

Publication number Publication date
JP4174410B2 (ja) 2008-10-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100527359B1 (ko) 식물 재배 매트
JP3813934B2 (ja) 緑化体
JP2008043241A (ja) 草木用の植栽装置と植栽構造
KR20100105608A (ko) 식재용 구조체, 및, 이것을 이용한 부설체
JP4818870B2 (ja) 土砂又は植物の敷設ユニット
JP2005124459A (ja) 組立式プランター
JP2005006610A (ja) 集中排水式組立プランター
JP2009077687A (ja) 緑化駐車場
JP2007167018A (ja) 植栽設備及び植栽コンテナ
JP2006169957A (ja) 土木構築物用ブロック及び土木構築物用ブロック部品
KR101169351B1 (ko) 가드닝 플랜터
JP2008019643A (ja) 勾配屋根用植栽パンおよびこれを用いた勾配屋根の緑化構造
KR100448984B1 (ko) 묘상용 지지틀
JP2005304310A (ja) 植栽設備
JP2004197476A (ja) レンガ状構築要素
JP2006246830A (ja) 緑化エリアの仕切材及び仕切構造、緑化設備
JP2008237056A (ja) 緑化及び雑草抑制のための施工用パネルと、緑化及び雑草抑制のための施工方法
JP4921586B1 (ja) タイル枠
JP5557551B2 (ja) 緑化用パネル
JP2006197865A (ja) 緑化ユニット
JP2004049153A (ja) 屋上緑化用容器、枠体、ユニット及びユニット連結体
JP4962895B2 (ja) 折版屋根緑化構造及び緑化折版屋根
JP2006094792A (ja) 屋上等の緑化システム
JP5011199B2 (ja) 屋上緑化施工用パネル、及びその屋上緑化施工用パネルを用いた屋上緑化の施工システム
JP2013139683A (ja) 連結構造

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061019

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080304

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080501

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080625

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080722

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080818

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110822

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110822

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120822

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130822

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees