JP2005117967A - 生鮮食品鮮度保持盆 - Google Patents

生鮮食品鮮度保持盆

Info

Publication number
JP2005117967A
JP2005117967A JP2003357003A JP2003357003A JP2005117967A JP 2005117967 A JP2005117967 A JP 2005117967A JP 2003357003 A JP2003357003 A JP 2003357003A JP 2003357003 A JP2003357003 A JP 2003357003A JP 2005117967 A JP2005117967 A JP 2005117967A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
food
freshness
fresh
keeping
tray
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003357003A
Other languages
English (en)
Inventor
Shinzo Shioda
真三 塩田
Original Assignee
Koden:Kk
株式会社広電
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

【課題】家庭用として手軽に、本発明の鮮度保持装置を提供するのが目的である。
【解決手段】樹脂又は木製の盆に、小形マイナス高圧ブロックと電極を組み入れた構成のものである。
【選択図】図1

Description

発明の詳細な説明

本発明は特願2001−3617(特開2002−204680)の一連の特許出願で、家庭にて手軽に使用可能な装置の発明に関し、一般家庭用への応用面に属するものである。

電気冷蔵庫の発達で従来より食品の鮮度保持には、冷蔵庫に入れる方法が広く普及しているが、食品の中には常温にて保存する方が良い物も多く、そのような場合夏場には早く食べる以外方法がなかった。

発明が解決しょうとする課題

本発明が解決しょうとする課題は、ローコストにて各家庭で、手軽に使用可能な装置を提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

この課題を解決するための手段として、本発明のものは、小形マイナス高圧ブロックよりの微小電流のマイナス高圧を電極に接続し、これを盆型の容器内部に組み込んだ製品を提供するものである。

本発明の装置は、食品の長期間放置をカバー出来るものでは無く、客に見せながら展示販売するような場合を含み、各家庭に於いて室温保存の食品の鮮度を、従来よりも長く鮮度保持を可能とする装置を提供するものである。

図により説明すれば、図1の1は樹脂の盆内部に本発明の装置を組み入れたもので、図2は図1の断面図を示すものである。
図1盆1の2は内部に小形高圧ブロック4を組み入れた部分で、その出力を電極板5に接続し、この電極5を盆1に組み入れたものである。
又電源には家庭用の100V電源を使用する、それに接続するためにコード3を使用する。
この盆1に生ずるマイナスイオンは空気イオンでは無いので、イオンカウンターにて測定するのに、イオンカウンターの空気吸入孔を本発明の盆1の5mmまで近づけ、3分間測定した平均値が−l8,154個/ccという、多量のマイナスイオン量を検出した。

図3は本発明の盆1の食品鮮度保持効果を確認するために、室温にて桃7を容器6に入れこれを盆1に置いてテストした、参考資料として添付した写真のように、室内にそのまま置くものを(A)容器6とし、本発明の盆1に置いたものを赤シールを付け(B)容器6とした。

当初テスト開始の数日は目立った変化が無いと考えていたのが、テスト1日目の室温が32.8℃・湿度52〜62%と云う高温多湿の状態で、予想外にテストに使用した桃7の傷みが早く、急遽2日目から記録写真を撮影する事にした。

2日目は室温32.8℃・湿度54〜63%で写真でも解るように、(A)容器6の桃7に多少傷みの進行が見られ、(B)容器6の桃7には何ら変化は無かった、
このテストには桃7と共にブドーも使用したが、ブドーの方は傷みが遅く桃7のテスト中に結果が出なかった。

3日目は室温33.0℃・湿度53〜61%で(A)容器6の桃7の傷みがより進み、そりに対して(B)容器6の桃7には変化が認められなかった。

4日目は室温32.0℃・湿度52〜60%で、(A)容器6の桃7の傷みが激しく、(B)容器6の桃7には依然として変化がなかった、5日目は室温30.0℃・湿度59〜61%で、(A)容器6の桃7にカビが発生し始めテストを中止した、(B)容器6の桃7には変化がなかった、テスト後(A)容器6の桃7は食用には無理で廃棄処理、それに反して(B)容器6の桃7は、食べても異常を感じなかった。

発明の効果

参考資料のように本発明のイオン盆には、生鮮食品の鮮度保持に効果の有ることが確認出来た、又冷蔵庫等にも扉にクッションの有るものには、コード付の本発明の盆の使用も可能であり、寿司ネタ等を入れるケースへの使用も可能である。

本発明のイオン盆の外観を示す図である。 図1の盆の断面図を示す図である。 桃を使用しての効果テストを示す図である。

符号の説明

1 盆
2 高圧内臓部
3 電源コード
4 小形マイナス高圧ブロック
5 電極板
6 テスト商品を入れる容器
7 テスト用桃

Claims (1)

  1. 樹脂又は木製の盆1に、小形で微小電流のマイナス高圧ブロック4及び電極板5を内蔵させた、生鮮食品鮮度保持盆。
JP2003357003A 2003-09-09 2003-09-09 生鮮食品鮮度保持盆 Pending JP2005117967A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003357003A JP2005117967A (ja) 2003-09-09 2003-09-09 生鮮食品鮮度保持盆

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003357003A JP2005117967A (ja) 2003-09-09 2003-09-09 生鮮食品鮮度保持盆

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005117967A true true JP2005117967A (ja) 2005-05-12

Family

ID=34614040

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003357003A Pending JP2005117967A (ja) 2003-09-09 2003-09-09 生鮮食品鮮度保持盆

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005117967A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8168000B2 (en) 2005-06-15 2012-05-01 International Rectifier Corporation III-nitride semiconductor device fabrication

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8168000B2 (en) 2005-06-15 2012-05-01 International Rectifier Corporation III-nitride semiconductor device fabrication

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Al‐Shahib et al. Dietary fibre content of dates from 13 varieties of date palm Phoenix dactylifera L.
van den Brandt et al. Salt intake, cured meat consumption, refrigerator use and stomach cancer incidence: a prospective cohort study (Netherlands)
Evans et al. A campylobacter outbreak associated with stir-fried food
CN102078007A (zh) 一种冷却风干肉制品的加工方法
Fista et al. Effect of leek and onion on processing and quality characteristics of Greek traditional sausages
CN101715983A (zh) 醉珍珠蚌肉精深加工工艺
Stoven et al. Celiac disease: advances in treatment via gluten modification
CN101140130A (zh) 带有食品信息管理装置的冰箱及其控制方法
CN101361503A (zh) 河豚鱼的生鲜加工方法
Cheng et al. Feasibility assessment of vacuum cooling of cooked pork ham with water compared to that without water and with air blast cooling
CN101444291A (zh) 一种辣椒酱的制备方法
O'BRIEN Domestic refrigerator air temperatures and the public's awareness of refrigerator use
CN1723759A (zh) 一种即食食用菌的生产工艺
CN1517033A (zh) 一种薄片猪肉食品的生产方法
JP2003102408A (ja) ダイエット米及びその製造方法
Taitano et al. Thermodynamic analysis of moisture adsorption isotherms of raw and blanched almonds
CN102919911A (zh) 一种补气活血、滋补养颜保健养生汤
Van Schothorst Sampling plans for Listeria monocytogenes
CN103070280A (zh) 一种裹衣花生及其制备方法
CN102038206A (zh) 一种浓汤速食鸡的制作方法
CN101040045A (zh) 嫩化肉品的组合物和方法
CN103141654A (zh) 一种杞子马蹄糕
CN201775505U (zh) 串烧烘烤装置
KR100883048B1 (ko) 음식물의 국물 맛을 내기 위한 육수용 쇠고기 가공식품의제조방법
CN101720802A (zh) 海鲜饼的制作方法

Legal Events

Date Code Title Description
RD05 Notification of revocation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7425

Effective date: 20070222

A072 Dismissal of procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A072

Effective date: 20071009