JP2005073049A - 立体映像再生装置および立体映像再生方法 - Google Patents

立体映像再生装置および立体映像再生方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2005073049A
JP2005073049A JP2003301471A JP2003301471A JP2005073049A JP 2005073049 A JP2005073049 A JP 2005073049A JP 2003301471 A JP2003301471 A JP 2003301471A JP 2003301471 A JP2003301471 A JP 2003301471A JP 2005073049 A JP2005073049 A JP 2005073049A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
parallax
video data
amount
3d video
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003301471A
Other languages
English (en)
Inventor
Naoki Ishihara
Ryuji Kitaura
Toshio Nomura
Kazuto Ohara
竜二 北浦
一人 大原
直樹 石原
敏男 野村
Original Assignee
Sharp Corp
シャープ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sharp Corp, シャープ株式会社 filed Critical Sharp Corp
Priority to JP2003301471A priority Critical patent/JP2005073049A/ja
Publication of JP2005073049A publication Critical patent/JP2005073049A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N13/00Stereoscopic video systems; Multi-view video systems; Details thereof
    • H04N13/10Processing, recording or transmission of stereoscopic or multi-view image signals
    • H04N13/106Processing image signals
    • H04N13/128Adjusting depth or disparity

Abstract

【課題】 3次元映像を種々の表示装置に表示した場合、表示装置のサイズが大きい場合、又は表示装置の解像度が低くなった場合に、視差量が拡大されるため、立体視できない状態で表示してしまう。
【解決手段】 3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、前記3次元映像データの表示に最適な表示装置における視差量よりも大きくなるか否かを、前記制御情報に含まれる基準情報に基づいて判定する判定手段と、視差量を変更するための画像処理を施す画像処理手段とを備えており、3次元映像を表示する上で基準となる表示装置のドット間ピッチと自端末のドット間ピッチの比に応じて、3次元映像の視差量を調節する。
【選択図】 図1

Description

本発明は、3次元映像を立体視できるように再生する立体映像再生装置および立体映像再生方法に関するものである。

従来、3次元映像を表示する様々な方法が提案されてきた。その中でも一般的に用いられているのは両眼視差を利用する、2眼式と呼ばれるものである。すなわち、両眼視差を持った左眼用映像と右眼用映像を用意し、それぞれ独立に左右の眼に投影することにより立体視を行うことができる。このような3次元映像は、両眼視差の大きさ(以下、視差量と呼ぶ)により得られる立体感が異なる。したがって、同じ3次元映像であっても、画面に表示される表示サイズが異なると、視差量が変化して見え方が異なってくる。つまり、同一の表示装置を用いる場合でも、映像の表示サイズを拡大した場合に視差量が大きくなる。また、異なる表示装置では、サイズの大きい表示装置で表示すると視差量が大きくなる場合がある。

図7はこれを示したものであり、図においてw<Wである。図7(a)に示すように、右眼用映像701と左眼用映像702の立体像が位置703に融合している場合に、図7(b)に示すように、映像の表示サイズが大きくなると、図7(a)に示す状態ではwであった視差量がWへと大きくなる。Wが大きくなりすぎると両眼による立体視ができなくなる。画像処理により拡大する場合には、端末側の処理により拡大されるため、予め立体視できなくなる可能性について予見することができるが、表示装置の違いにより拡大される場合には、端末側では正確に把握できないという問題があった。

このような問題を解決するために、特許文献1では、3次元映像をそのまま供給しても好適な立体感の得られる表示装置のサイズに関する情報を、3次元映像データと共に受け取り、ユーザ端末の表示装置においても良好な立体感が得られるように、3次元映像の視差量を変更する技術が開示されている。
特開平10−150608号公報

しかしながら、前記従来の技術では、異なる表示装置の間でサイズのみが異なる場合しか考慮しておらず、解像度が異なる場合が考慮されていないという問題がある。

図8はサイズおよび解像度の異なる表示装置の例を示す図である。図8(a)に示す表示装置と図8(b)に示す表示装置はサイズが異なるが、解像度が同じであり、図8(b)と図8(c)に示す表示装置は、サイズは同じだが、解像度が異なる。なお、図中の点線はドットの区切りを表している。また、図8(a)と図8(b)では映像が全画面に表示されており、図8(c)では、中央部分に表示されている状態を表している。

図8(a)に示す表示装置と図8(b)に示す表示装置を比較すると、表示装置のサイズが大きくなり、解像度が変化しない場合には、表示装置のドットの間隔が広くなるため、表示される映像は空間的に引き伸ばされる。しかし、図8(a)に示す表示装置と図8(c)に示す表示装置のように、サイズに応じて解像度が高くなるような場合には、必ずしも映像の表示サイズが大きくなるとは限らない。

また、表示装置のサイズが変化しない場合であっても、解像度が低くなった場合には、映像が拡大されて表示されるため、視差量が大きくなる。以上のように、表示装置のサイズのみを考慮するだけでは不十分である。

本発明は、以上のような問題点を解決するためになされたものであって、その目的は、表示装置のサイズと解像度に応じて、3次元映像を立体視可能に表示することのできる立体映像再生装置および立体映像再生方法を提供することにある。

本発明に係る立体映像再生装置は、3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生装置であって、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、前記3次元映像データを基準となる表示装置に表示した際の表示画面における視差量よりも大きくなるか否かを、前記制御情報に基づいて判定する判定手段と、視差量を変更するための画像処理を施す画像処理手段とを備え、前記判定手段により視差量が大きくなると判定された場合に、前記画像処理手段による画像処理を行うことを特徴とする。

より好ましくは、前記画像処理手段は、前記3次元映像データを構成する所定の視点の映像を水平方向に移動して視差量を調整する視差量調整手段であることを特徴とする。

より好ましくは、前記画像処理手段は、映像のサイズを変更するサイズ変更手段を備えることを特徴とする。

より好ましくは、前記制御情報は、前記基準となる表示装置の分解能に関する情報を含むことを特徴とする。

より好ましくは、前記制御情報は、前記基準となる表示装置において、前記3次元映像データを表示した際の表示サイズに関する情報を含むことを特徴とする。

本発明に係る立体映像再生装置は、3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生装置であって、前記制御情報に応じて、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、立体視可能な値であるか否かを判定する判定手段と、前記3次元映像データの画像サイズを変更するサイズ変更手段とを備え、前記判定手段により立体視可能な値でないと判定された場合に、前記拡大及び縮小率を制限することを特徴とする。

より好ましくは、前記制御情報は、重要な被写体の視差量を含み前記3次元映像データの視差量を表す視差情報を含むことを特徴とする。

本発明に係る立体映像再生方法は、3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生方法であって、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、前記3次元映像データを基準となる表示装置に表示した際の表示画面における視差量よりも大きくなるか否かを、前記制御情報に基づいて判定する判定ステップと、視差量を変更するための画像処理を施す画像処理ステップとを備え、前記判定ステップにより視差量が大きくなると判定された場合に、前記画像処理ステップによる画像処理を行うことを特徴とする。

より好ましくは、前記画像処理ステップは、前記3次元映像データを構成する所定の視点の映像を水平方向に移動して視差量を調整することを特徴とする。

より好ましくは、前記画像処理ステップは、前記3次元映像データの画像サイズを変更することを特徴とする。

より好ましくは、前記制御情報は、前記基準となる表示装置の分解能に関する情報を含むことを特徴とする。

より好ましくは、前記制御情報は、前記基準となる表示装置において、前記3次元映像データを表示した際の表示サイズを含むことを特徴とする。

3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生方法であって、前記制御情報に応じて、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、立体視可能な値となるように拡大及び縮小率を制限して前記3次元映像データの画像サイズを変更することを特徴とする。
本発明に係る立体映像再生方法は、3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生方法であって、前記制御情報に応じて、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、立体視可能な値であるか否かを判定する判定ステップと、前記3次元映像データの画像サイズを変更するサイズ変更ステップとを備え、前記判定ステップにより立体視可能な値でないと判定された場合に、前記拡大及び縮小率を制限することを特徴とする。

より好ましくは、前記制御情報は、重要な被写体の視差量を含み前記3次元映像データの視差量を表す視差情報を含むことを特徴とする。

本発明によれば、1つの3次元映像データを異なる表示装置において表示させる場合に、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、前記3次元映像データの表示に最適な表示装置における視差量よりも大きくなる場合に、前記3次元映像の視差量を調整することにより、3次元映像を立体視できない状態で表示してしまうといった問題を解決すことができるという有利な効果が得られる。

また、本発明によれば、表示装置の画面上に表示される視差量や映像の実際の表示サイズに応じて画像の拡大/縮小率を制限することで、視差量が限度を越えて大きくなり、立体視ができない状態で3次元映像データを表示してしまうという問題を解決することができるという有利な効果が得られる。

以下、本発明を実施するための最良の形態について、図面を参照しながら説明する。
<第1の実施の形態>

図1は本発明の第1の実施形態による立体映像再生装置の構成例を示すブロック図である。図1において、立体映像再生装置10は、分離手段11、復号手段12、制御手段13(判定手段)、画像処理手段14、表示手段15から構成される。図示しないが、分離手段11は、記録媒体からデータを読み出す手段や、通信路を介してデータを受信する手段に接続される。

分離手段11は、映像データや音声データ、制御情報などの複数種類のデータを所定の方式により多重化した多重化データをそれぞれの構成要素のデータに分離する。多重化の方式としては、MPEG−2システム規格で定められたトランスポートストリームなどが知られている。なお、分離手段11を用いずに、映像データと制御情報を別々に入力するようにしてもよい。
制御情報には、映像データが3次元映像であることを示す情報や、基準情報が含まれている。基準情報とは、視差量の変化を判定するための基準となる情報であり、ここでは、3次元映像をそのまま表示した際に、好適な立体感の得ることのできる基準ディスプレイの分解能に関する情報(ディスプレイサイズと解像度。以下、それぞれを基準ディスプレイサイズ、基準解像度と呼ぶ)である。

復号手段12は、所定の方式により符号化されている映像データを復号する。一般に映像データを伝送あるいは記録する際には、データ量を圧縮するために符号化されている。動画像の符号化方式としては、MPEG−2ビデオ、MPEG−4ビデオ、Motion−JPEGなどが、静止画像の符号化方式としてはJPEGなどが知られている。
制御手段13は、制御情報等により映像データが適切に再生されるように各手段を制御する。制御手段13には、表示手段15のディスプレイサイズと解像度が入力されている。ディスプレイサイズや解像度が異なる表示手段15に変更された場合における3次元映像データのサイズの変更や視差量の調整等については、詳細に後述する。このディスプレイサイズと解像度は、表示手段15が該立体映像再生装置に固定されている場合は予め定められているが、外部の表示装置に接続される場合には、ユーザにより設定されることもある。

画像処理手段14は、映像データを構成するフレーム単位で画像処理を施す。図2に画像処理手段14の構成例を示す。図2に示すように、画像処理手段14は映像データの拡大処理または縮小処理を行うサイズ変更手段141と、3次元映像の視差量を調整する視差量調整手段142と、映像を表示手段15の表示形式に変換するための表示映像生成手段143から構成される。

表示手段15は3次元映像を表示することのできる表示装置であり、フィールドシーケンシャル方式や視差バリア方式などの表示装置が知られている。本実施形態においては、視差バリア方式の表示装置を用いる場合について述べるが、本発明はこれに限定されるものではなく、その他の方式の表示装置についても適用することができる。

視差バリア方式について、図3を用いて説明する。図3(a)は、視差バリア方式によって視差が生じる原理を示す図であり、映像表示パネル301の前面に視差バリア302が置かれている。図3(b)は、視差バリア方式で表示される画面の表示形式を示す図であり、左眼用映像と右眼用映像が水平方向1画素おきに交互に並んだ形に配置されている。

視差バリア方式では、図3(b)に示すような映像を、映像表示パネル301に表示し、同一視点の画素の間隔よりも狭い間隔でスリットを持つ視差バリア302を介することにより、左眼用映像は左眼303だけで、右眼用映像は右眼304だけで観察することになり、立体視を行うことができる。

なお、図1には図示しないが、多重化データに音声データが含まれている場合には、分離手段11により分離されて復号処理された後、スピーカから出力される。

以上のように構成された立体映像再生装置10の動作について、図4を参照しながら説明する。図4は立体映像再生装置10に多重化データが供給されてから、映像が表示されるまでの処理の流れを示す図である。

分離手段11には、映像データと音声データと制御情報とが多重化された多重化データが入力される。分離手段11は入力された多重化データを分離する(ステップST101)。

復号手段12は、分離手段11により分離された映像データが所定の符号化方式により符号化されている場合に、該符号化方式により規定されるデータの書式を解釈して、映像データを復号する(ステップST102)。一般に符号化された映像データには、映像データのサイズに関する情報(映像1フレームの画素数である画像サイズ情報)が符号化されている。復号された映像データの画像サイズ情報が制御手段13に出力される。なお、前記映像データの画像サイズ情報は必ずしも復号手段12から取得する必要はなく、他の手段により別途制御手段13に入力するようにしてもよい。映像データが符号化されていない場合には、ステップST102は省略される。

制御手段13は、分離手段11から入力された制御情報を解釈し、このうち基準ディスプレイサイズと基準解像度から基準ドット間ピッチDP1を算出する。さらに、表示手段15のディスプレイサイズと解像度から表示手段15のドット間ピッチDP2を計算する(ステップST103)。
ドット間ピッチは、例えば、表示手段15のサイズが12.1インチで、解像度が1024×768ドットの場合、約0.24mmと計算される。なお、ドット間ピッチを計算する際には、両眼視差に関係するのは水平方向のみであることから、水平方向のドット間ピッチのみを考慮するようにしてもよい。

次いで、サイズ変更処理の有無に応じて処理が分岐する(ステップST104)。サイズ変更処理を行う場合には、処理がステップST105に進む。サイズ変更処理を行わない場合には、処理がステップST107に進む。ここで、サイズ変更処理とは画像の拡大処理または縮小処理である。例えば、図8(a)に示した表示装置が基準ディスプレイであり、図8(c)に示した表示装置が表示手段15であるとする。この場合、表示手段15のディスプレイサイズが基準ディスプレイサイズよりも大きく、解像度も基準解像度よりも高くなっており、基準となるディスプレイで画面全体に表示されていた映像が、表示手段15では画面の所定部分に表示される。このような場合に、映像データを画面全体に表示するには拡大処理が行われる。また、表示手段15の解像度が基準となるディスプレイの解像度よりも低い場合には、基準となるディスプレイで画面全体に表示できていた映像データが、表示部15では表示画面に収まりきらない。このような場合に、映像データを画面全体に表示するには縮小処理が行われる。サイズ変更処理の有無は内部フラグとして、予め設定されているか、ユーザにより設定される。サイズ変更処理の有無は制御信号Aとして画像処理手段14に入力される。

ステップST105では、次の処理が行われる。まず、制御手段13は映像データの画像サイズ情報と、表示手段15の解像度から拡大/縮小率を計算する。ここでは水平方向について、サイズ変更処理を行う前と後の映像データの解像度の比を計算した値を拡大/縮小率とする。拡大/縮小率が画像処理手段14に入力され、画像処理手段14のサイズ変更手段141によりサイズ変更処理が行われる。ステップST106では、制御手段13は表示手段15のドット間ピッチDP2に、前記拡大/縮小率を掛けて、ドット間ピッチDP2を補正する。これは、映像を拡大処理して表示した結果が、ドット間ピッチが大きくなった場合と等価であると考えられるためである。

制御手段13は、標準ドット間ピッチDP1と表示手段15のドット間ピッチDP2の大小を比較し、3次元映像を基準ディスプレイに表示した際の視差量よりも、表示手段15に表示した際の視差量が大きくなるか否かを判定する(ステップST107)。DP2がDP1以下の場合には、視差量が変わらないか、小さくなるため補正の必要がないので、処理がステップST109に進む。DP2がDP1よりも大きい場合には、視差量が大きくなるため、視差量の調整が必要であると判断され、処理がステップST108に進む。視差量調整処理の有無は、制御信号Bとして画像処理手段14に入力され、視差量調整手段142により視差量の調整処理が行われる(ステップST108)。ステップST109では、制御手段13は、映像データの種別(2次元/3次元)を、制御信号Cとして画像処理手段14と表示手段15に対して出力する。
映像データが3次元映像である場合には、画像処理手段14の表示画像生成手段143により、表示手段15における3次元映像の表示形式に変換されて、表示手段15に表示される。

ここで、視差量調整処理について、図5を用いて説明する。図5はディスプレイに表示される3次元映像を観察する様子を上方から見下ろした構図となっている。図5(a)において、右眼用映像の画素R1は表示位置501に表示され、対応する左眼用映像の画素L1は表示位置502に表示される。これらの画素は位置503に結像するため、ディスプレイ面よりも奥行きをもって観察される。

右眼用映像の画素R1の表示位置を左に移動して位置501から位置504に変更した状態が図5(b)である。ここで、位置503に像を結んでいた映像が位置505に見えるようになる。位置505は位置503と比べて手前にあるため、表示面に近づいて見えるようになる。図示しないが、逆に画素R1を501よりも右に移動させると、位置503に像を結んでいた映像が表示面よりも奥に見えるようになる。

図7(b)で示したように、視差量が大きくなりすぎる場合には、右眼用画像を右方向に移動するか、あるいは左眼用画像を左方向に移動させて視差量を調整する。視差量調整値は、上記位置501から位置504までの移動量を指定するものであり、ドット間ピッチDP1、DP2の比に応じて、予め決められた値を使用する。また、左右の映像をそれぞれ反対方向に、前記視差量調整値の半分だけ移動するようにしてもよい。

ここで、上記の処理を具体例により補足する。ここで、基準ディスプレイサイズが10インチ、基準解像度が640×480ドットである3次元映像を、12.1インチ、1024×768ドットのディスプレイを備えた立体映像再生装置で再生する場合を考える。基準ドット間ピッチDP1と立体映像再生装置の表示装置におけるドット間ピッチDP2を計算すると、DP1≒0.32mm、DP2≒0.24mmである。サイズ変更処理を行わない場合、DP1>DP2であるので視差量の調整をせずに表示する。
サイズ変更処理を行う場合、全画面表示をするために拡大処理をすると、映像データを水平方向、垂直方向とも1.6倍にする必要がある。ドット間ピッチDP2を補正すると、DP2≒0.38となる。この場合、DP1<DP2であるので視差量の調整を行う。

このように、表示部15の分解能に応じて、適応的に視差量を調整することにより、視差量が限度を越えて大きくなり、立体視ができない状態で3次元映像データを表示してしまうという問題を解決することができる。

なお、上記の実施形態では、視差量調整処理を行う際に、視差量調整値は予め定められた値を使用しているが、3次元映像の最大視差量、または最も重要な被写体の視差量などの視差情報を制御情報に含むかたちで受け取り、ドット間ピッチDP1、DP2の比に応じて前記視差情報を変更するようにしてもよい。

また、上記の実施形態では、基準情報として用いる基準ディスプレイの分解能に関する情報として、ディスプレイサイズと解像度が制御情報に含まれている場合について述べたが、これらの代わりに基準となるドット間ピッチや単位面積当りのドット数が制御情報に含まれる場合にも、同様にして前述の効果が得られる。または、分解能に関する情報の代わりに基準ディスプレイ上における表示サイズが制御情報に含まれていてもよく、この場合、映像データの画像サイズ情報で割ることにより、ドット間ピッチに変更すればよい。

また、上記の実施形態では、ステップST108において視差量調整処理を行っているが、ドット間ピッチDP2をDP1で割った値を縮小率として、サイズ変更処理を行うようにしてもよい。映像データを縮小することにより、視差量が減少するために、前述の視差量調整処理と同様の効果が得られる。

また、上記の実施形態では、拡大/縮小率は計算により求めているが、ユーザ指定により、拡大/縮小率を指定できるようにしてもよい。この場合、指定された拡大/縮小率に応じて視差量を補正するようにする。また、この場合に限らず、制御手段13におけるサイズ変更処理の有無や視差量調整処理の有無をユーザに通知する手段を別途設けて、ユーザに映像データが拡大または縮小されていることや、視差量が調整されている旨を表示し、合せて基準ディスプレイサイズと基準解像度を表示するようにしてもよい。こうすることで、ユーザがサイズ変更処理の有無や視差量調整処理の有無を知ることができるだけでなく、例えば、一般に普及しているパーソナルコンピュータのように複数の解像度が選択できる場合に、解像度を切替えることにより所望の視差量で映像データを表示することができるため、利便性を向上させることができる。
<第2の実施の形態>

さらに、本発明による別の実施形態について説明する。本実施形態における立体映像再生装置は、3次元映像の最大視差量や最も重要な被写体の視差量などの視差情報を制御情報に含むかたちで受け取り、表示手段15に映し出される3次元映像の視差量を調整するものである。ここで、視差情報はドット単位でもよく、ミリメートル単位などの絶対量でもよい。

図6は、このときの処理の流れを示す図である。図6において、ステップST201とステップST202の処理はそれぞれ、前述の実施形態におけるステップST101とステップST102と同様であるため、ここでの説明は省略する。

制御手段13は、サイズ変更処理を行う前と後の映像データのサイズから拡大/縮小率を計算し(ステップST203)、前記視差情報に乗ずることで実際の視差量を計算する(ステップST204)。このとき、入力された前記視差情報がドット単位である場合には、表示手段15におけるドット間ピッチDPを計算し、前記視差情報にドット間ピッチDPを乗ずる。
次いで、ステップST204の視差量と所定の制限値を比較し、前記視差量が制限値を越える場合には、処理がステップST206に進み、それ以外の場合には処理がステップST207に進む(ステップST205)。ここで前記制限値は、3次元映像が立体像として融合可能な範囲内に収まるように決定される。視差量が人の両眼の間の距離よりも大きくなると立体視が困難になることが知られており、例えば制限値はおよその両眼の間の距離である6.5cm程度としてもよい。
ステップST206では、実際の視差量が制限値を越えないように、拡大/縮小率を制限する。こうして計算した拡大/縮小率を画像処理手段14に出力する。

画像処理手段14において、制限された拡大/縮小率を用いてサイズ変更処理を行い(ステップST207)、表示手段15で表示することのできる表示形式に変換する(ステップST208)。このように、画像の拡大/縮小率を制限することで、視差量が限度を越えて大きくなり、立体視ができない状態で、3次元映像データを表示してしまうという問題を解決することができる。

また、前記視差情報以外に映像データを実際に画面に表示する際のサイズ(ミリメートル単位)が制御情報に含まれている映像データを再生するようにしてもよい。この場合にも、指定された表示サイズを守ることで、視差量が限度を越えて大きくなることがなくなり、立体視ができない状態で、3次元映像データを表示してしまうという問題を解決することができる。

また、拡大/縮小率が制限されたことをユーザに通知する手段を別途設けて、ユーザに拡大/縮小率が制限された旨を表示し、合せて拡大/縮小率を表示することで、ユーザがこの表示を参考に、所望の拡大/縮小率で映像データを表示することができるため、利便性を向上させることができる。

以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明の立体映像再生装置は、上記の実施形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において、種々の変更を加えうることは勿論である。

本発明の第1の実施形態による立体映像再生装置の構成例を示すブロック図である。 本発明の第1の実施形態による立体映像再生装置の画像処理手段の構成例を示すブロック図である。 視差バリア方式の表示装置を説明するための図である。 本発明の第1の実施形態による立体映像再生装置の処理の流れを示す図である。 視差量調整処理を説明するための図である。 本発明の第2の実施形態による立体映像再生装置の処理の流れを示す図である。 拡大による視差量の変化を説明する図である。 表示装置の違いによる表示の例を示す図である。

符号の説明

10 立体映像再生装置
11 分離手段
12 復号手段
13 制御手段(判定手段)
14 画像処理手段
15 表示手段
141 サイズ変更手段
142 視差量調整手段
143 表示映像生成手段
301 映像表示パネル
302 視差バリア
303 左眼
304 右眼
501 表示位置
502 表示位置
503 位置
504 表示位置
505 位置
701 右眼用映像
702 左眼用映像
703 位置

Claims (14)

  1. 3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生装置であって、
    前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、前記3次元映像データを基準となる表示装置に表示した際の表示画面における視差量よりも大きくなるか否かを、前記制御情報に基づいて判定する判定手段と、
    前記視差量を変更するための画像処理を施す画像処理手段とを備え、
    前記判定手段により前記視差量が大きくなると判定された場合に、前記画像処理手段による画像処理を行うことを特徴とする立体映像再生装置。
  2. 前記画像処理手段は、前記3次元映像データを構成する所定の視点の映像を水平方向に移動して視差量を調整する視差量調整手段を備えることを特徴とする請求項1に記載の立体映像再生装置。
  3. 前記画像処理手段は、前記3次元映像データの画像サイズを変更するサイズ変更手段を備えることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の立体映像再生装置。
  4. 前記制御情報は、前記基準となる表示装置の分解能に関する情報を含むことを特徴とする請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の立体映像再生装置。
  5. 前記制御情報は、前記基準となる表示装置において、前記3次元映像データを表示した際の表示サイズに関する情報を含むことを特徴とする請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の立体映像再生装置。
  6. 3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生装置であって、
    前記制御情報に応じて、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、立体視可能な値であるか否かを判定する判定手段と、
    前記3次元映像データの画像サイズを変更するサイズ変更手段とを備え、
    前記判定手段により立体視可能な値でないと判定された場合に、前記拡大及び縮小率を制限することを特徴とする立体映像再生装置。
  7. 前記制御情報は、重要な被写体の視差量を含み前記3次元映像データの視差量を表す視差情報を含むことを特徴とする請求項6に記載の立体映像再生装置。
  8. 3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生方法であって、
    前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、前記3次元映像データを基準となる表示装置に表示した際の表示画面における視差量よりも大きくなるか否かを、前記制御情報に基づいて判定する判定ステップと、
    視差量を変更するための画像処理を施す画像処理ステップとを備え、
    前記判定ステップにより視差量が大きくなると判定された場合に、前記画像処理ステップによる画像処理を行うことを特徴とする立体映像再生方法。
  9. 前記画像処理ステップは、前記3次元映像データを構成する所定の視点の映像を水平方向に移動して視差量を調整することを特徴とする請求項8に記載の立体映像再生方法。
  10. 前記画像処理ステップは、前記3次元映像データの画像サイズを変更することを特徴とする請求項8又は請求項9に記載の立体映像再生方法。
  11. 前記制御情報は、前記基準となる表示装置の分解能に関する情報を含むことを特徴とする請求項8から請求項10のいずれか1項に記載の立体映像再生方法。
  12. 前記制御情報は、前記基準となる表示装置において、前記3次元映像データを表示した際の表示サイズを含むことを特徴とする請求項8から請求項10のいずれか1項に記載の立体映像再生方法。
  13. 3次元映像データの表示を制御するための制御情報に基づいて、3次元映像を再生する立体映像再生方法であって、
    前記制御情報に応じて、前記3次元映像データを表示した際の表示画面における視差量が、立体視可能な値であるか否かを判定する判定ステップと、
    前記3次元映像データの画像サイズを変更するサイズ変更ステップとを備え、
    前記判定ステップにより立体視可能な値でないと判定された場合に、前記拡大及び縮小率を制限することを特徴とする立体映像再生方法。
  14. 前記制御情報は、重要な被写体の視差量を含み前記3次元映像データの視差量を表す視差情報を含むことを特徴とする請求項13に記載の立体映像再生方法。
JP2003301471A 2003-08-26 2003-08-26 立体映像再生装置および立体映像再生方法 Pending JP2005073049A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003301471A JP2005073049A (ja) 2003-08-26 2003-08-26 立体映像再生装置および立体映像再生方法

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003301471A JP2005073049A (ja) 2003-08-26 2003-08-26 立体映像再生装置および立体映像再生方法
KR1020067003516A KR100820129B1 (ko) 2003-08-26 2004-07-16 입체 영상 재생 장치 및 입체 영상 재생 방법
PCT/JP2004/010203 WO2005020591A1 (ja) 2003-08-26 2004-07-16 立体映像再生装置および立体映像再生方法
EP04747669A EP1662809A4 (en) 2003-08-26 2004-07-16 3-dimensional video reproduction device and 3-dimensional video reproduction method
CN 200480024145 CN1864415B (zh) 2003-08-26 2004-07-16 立体视频再生装置及立体视频再生方法
US10/567,521 US8035683B2 (en) 2003-08-26 2004-07-16 Stereoscopic image reproducing apparatus and stereoscopic image reproducing method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005073049A true JP2005073049A (ja) 2005-03-17

Family

ID=34213897

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003301471A Pending JP2005073049A (ja) 2003-08-26 2003-08-26 立体映像再生装置および立体映像再生方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8035683B2 (ja)
EP (1) EP1662809A4 (ja)
JP (1) JP2005073049A (ja)
KR (1) KR100820129B1 (ja)
CN (1) CN1864415B (ja)
WO (1) WO2005020591A1 (ja)

Cited By (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100667810B1 (ko) 2005-08-31 2007-01-11 삼성전자주식회사 3d 영상의 깊이감 조정 장치 및 방법
JP2009516447A (ja) * 2005-11-17 2009-04-16 ノキア コーポレイション 3次元画像データを生成、転送および処理するための方法および装置
JP2010045584A (ja) * 2008-08-12 2010-02-25 Sony Corp 立体画像補正装置、立体画像補正方法、立体画像表示装置、立体画像再生装置、立体画像提供システム、プログラム及び記録媒体
JP2010506476A (ja) * 2006-10-05 2010-02-25 エシロール アンテルナシオナル (コンパニー ジェネラル ドプティック) 立体視用表示システム
JP2010098479A (ja) * 2008-10-15 2010-04-30 Sony Corp 表示装置、表示方法及び表示システム
JP2010102137A (ja) * 2008-10-24 2010-05-06 Fujifilm Corp 3次元撮影装置および方法並びにプログラム
JP2010171608A (ja) * 2009-01-21 2010-08-05 Nikon Corp 画像処理装置、プログラム、画像処理方法、記録方法および記録媒体
WO2010090150A1 (en) * 2009-02-05 2010-08-12 Fujifilm Corporation Three-dimensional image output device and three-dimensional image output method
JP2010183154A (ja) * 2009-02-03 2010-08-19 Casio Hitachi Mobile Communications Co Ltd 端末装置及びプログラム
JP2010263342A (ja) * 2009-05-01 2010-11-18 Fujifilm Corp 3次元表示装置及びデジタルズーム補正方法
JP2010278878A (ja) * 2009-05-29 2010-12-09 Fujifilm Corp 立体画像表示装置及びその表示画像切替方法
JP2011024003A (ja) * 2009-07-16 2011-02-03 Fujifilm Corp 立体動画記録方法および装置、動画ファイル変換方法および装置
JP2011091481A (ja) * 2009-10-20 2011-05-06 Sony Corp 画像処理装置、および画像処理方法、並びにプログラム
WO2011129242A1 (ja) * 2010-04-14 2011-10-20 ソニー株式会社 データ構造、画像処理装置、画像処理方法、およびプログラム
WO2011136191A1 (ja) * 2010-04-28 2011-11-03 富士フイルム株式会社 立体画像再生装置及び方法、立体撮像装置、立体ディスプレイ装置
WO2011136190A1 (ja) * 2010-04-28 2011-11-03 富士フイルム株式会社 立体画像再生装置及び方法、立体撮像装置、立体ディスプレイ装置
JP2011223640A (ja) * 2011-08-09 2011-11-04 Toshiba Corp 電子機器及び画像出力方法
WO2011162037A1 (ja) * 2010-06-25 2011-12-29 富士フイルム株式会社 立体画像再生装置、立体画像再生システム及び立体画像再生方法
CN102316332A (zh) * 2010-07-09 2012-01-11 Tcl集团股份有限公司 一种立体图像信号的处理方法
JP2012029169A (ja) * 2010-07-26 2012-02-09 Olympus Imaging Corp 表示装置
JP2012044308A (ja) * 2010-08-16 2012-03-01 Sharp Corp 3d画像出力装置及び3d画像表示装置
US8159530B2 (en) 2008-03-26 2012-04-17 Fujifilm Corporation Method and apparatus for displaying stereoscopic images
WO2012050040A1 (ja) * 2010-10-12 2012-04-19 シャープ株式会社 立体映像変換装置及び立体映像表示装置
WO2012132424A1 (ja) * 2011-03-31 2012-10-04 パナソニック株式会社 立体視映像の奥行きを変更することができる映像処理装置、システム、映像処理方法、映像処理プログラム
JP2013500673A (ja) * 2009-07-27 2013-01-07 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド 3次元映像の再生のための付加情報が挿入された3次元映像データストリーム生成方法及びその装置、3次元映像の再生のための付加情報が挿入された3次元映像データストリーム受信方法及びその装置
JP2013501474A (ja) * 2009-08-06 2013-01-10 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated トランスポート・プロトコルに従って3次元ビデオデータをカプセル化すること
JP2013081133A (ja) * 2011-10-05 2013-05-02 Canon Inc 画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム
JP2013524608A (ja) * 2010-03-31 2013-06-17 トムソン ライセンシングThomson Licensing 3d視差マップ
JP2013531440A (ja) * 2010-06-28 2013-08-01 トムソン ライセンシングThomson Licensing 立体コンテンツの3次元効果をカスタマイズする方法及び装置
JP2013533672A (ja) * 2010-05-28 2013-08-22 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated 三次元画像処理
JP2014204299A (ja) * 2013-04-05 2014-10-27 キヤノン株式会社 撮像装置および撮像装置の制御方法
WO2015019656A1 (ja) * 2013-08-06 2015-02-12 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント 3次元画像生成装置、3次元画像生成方法、プログラム及び情報記憶媒体
US8957950B2 (en) 2010-03-30 2015-02-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Electronic apparatus and image output method
JP2015521407A (ja) * 2012-05-02 2015-07-27 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ 3d映像を処理するための品質メトリク
WO2016208246A1 (ja) * 2015-06-24 2016-12-29 ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社 医療用立体観察装置、医療用立体観察方法、及びプログラム
US9600923B2 (en) 2011-05-26 2017-03-21 Thomson Licensing Scale-independent maps
JP2017525198A (ja) * 2014-06-10 2017-08-31 ビッタニメイト インコーポレイテッド 立体視深度調節及び焦点調節

Families Citing this family (55)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4630150B2 (ja) * 2005-07-26 2011-02-09 オリンパスイメージング株式会社 立体画像記録装置及びプログラム
KR100739730B1 (ko) 2005-09-03 2007-07-13 삼성전자주식회사 3d 입체 영상 처리 장치 및 방법
KR101185870B1 (ko) 2005-10-12 2012-09-25 삼성전자주식회사 3d 입체 영상 처리 장치 및 방법
TWI331872B (en) * 2006-12-29 2010-10-11 Quanta Comp Inc Method for displaying stereoscopic image
CN101237590B (zh) 2007-02-01 2010-05-19 广达电脑股份有限公司 立体影像显示方法
KR100991804B1 (ko) * 2008-06-10 2010-11-04 유한회사 마스터이미지쓰리디아시아 이동 기기용 입체영상생성칩 및 이를 이용한입체영상표시방법
KR101340102B1 (ko) 2008-07-31 2013-12-10 미쓰비시덴키 가부시키가이샤 영상 부호화 장치, 영상 부호화 방법, 영상 재생 장치 및 영상 재생 방법
ES2537073T3 (es) * 2008-11-18 2015-06-02 Panasonic Corporation Dispositivo de reproducción, método de reproducción y programa para reproducción estereoscópica
US8335425B2 (en) * 2008-11-18 2012-12-18 Panasonic Corporation Playback apparatus, playback method, and program for performing stereoscopic playback
US20100265315A1 (en) * 2009-04-21 2010-10-21 Panasonic Corporation Three-dimensional image combining apparatus
JP4576570B1 (ja) * 2009-06-08 2010-11-10 Necカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社 端末装置及びプログラム
JP4587237B1 (ja) * 2009-06-17 2010-11-24 Necカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社 端末装置及びプログラム
JP5503438B2 (ja) * 2009-07-21 2014-05-28 富士フイルム株式会社 3次元画像表示装置及び3次元画像表示方法
US9330434B1 (en) * 2009-09-01 2016-05-03 Disney Enterprises, Inc. Art-directable retargeting for streaming video
US8717390B2 (en) * 2009-09-01 2014-05-06 Disney Enterprises, Inc. Art-directable retargeting for streaming video
US8373802B1 (en) * 2009-09-01 2013-02-12 Disney Enterprises, Inc. Art-directable retargeting for streaming video
BR112012005588A2 (pt) * 2009-09-16 2019-09-24 Koninl Philips Electronics Nv dispositivo para processar dados de imagem tridimensional (3d) para exibição em um monitor 3d para um espectador em uma configuração de visualização espacial alvo, método para processar dados de imagem tridimensional (3d) para exibição em um monitor 3d para um espectador em uma configuração de visualização espacial alvo, sinal de imagem 3d para trnsferir dados de magem tridimensional (3d) para exibição em um monitor 3d para um espectador em uma configuração de visualização espacial alvo, portadora de registro e produto de programa de computador para processar dados de imagem tridimensional (3d) para exibição em um monitor 3d para um espectador
US9066076B2 (en) * 2009-10-30 2015-06-23 Mitsubishi Electric Corporation Video display control method and apparatus
JP2011109294A (ja) * 2009-11-16 2011-06-02 Sony Corp 情報処理装置、情報処理方法、表示制御装置、表示制御方法、およびプログラム
JP2011138354A (ja) * 2009-12-28 2011-07-14 Sony Corp 情報処理装置および情報処理方法
GB2477333B (en) * 2010-01-29 2014-12-03 Sony Corp A method and apparatus for creating a stereoscopic image
JP5444452B2 (ja) 2010-03-05 2014-03-19 パナソニック株式会社 立体撮像装置および立体撮像方法
US9128367B2 (en) 2010-03-05 2015-09-08 Panasonic Intellectual Property Management Co., Ltd. 3D imaging device and 3D imaging method
WO2011108277A1 (ja) 2010-03-05 2011-09-09 パナソニック株式会社 立体撮像装置および立体撮像方法
JP2011223482A (ja) * 2010-04-14 2011-11-04 Sony Corp 画像処理装置、画像処理方法、およびプログラム
JPWO2011135857A1 (ja) * 2010-04-28 2013-07-18 パナソニック株式会社 画像変換装置
WO2011136137A1 (ja) * 2010-04-28 2011-11-03 富士フイルム株式会社 立体撮像装置及びその制御方法
KR101685343B1 (ko) * 2010-06-01 2016-12-12 엘지전자 주식회사 영상표시장치 및 그 동작방법
JP5186715B2 (ja) * 2010-06-14 2013-04-24 任天堂株式会社 表示制御プログラム、表示制御装置、表示制御方法、および、表示制御システム
KR101719980B1 (ko) * 2010-06-22 2017-03-27 엘지전자 주식회사 3차원 컨텐츠를 출력하는 디스플레이 기기의 영상 처리 방법 및 그 방법을 채용한 디스플레이 기기
US8446461B2 (en) 2010-07-23 2013-05-21 Superd Co. Ltd. Three-dimensional (3D) display method and system
CN101895779B (zh) * 2010-07-23 2011-10-05 深圳超多维光电子有限公司 立体显示方法和系统
CN101895780B (zh) * 2010-07-23 2012-07-25 深圳超多维光电子有限公司 立体显示方法和立体显示装置
KR20120015165A (ko) * 2010-08-11 2012-02-21 엘지전자 주식회사 영상의 깊이감 조절 방법 및 이를 이용하는 이동 단말기
JP5324538B2 (ja) * 2010-09-06 2013-10-23 富士フイルム株式会社 立体画像表示制御装置ならびにその動作制御方法およびその動作制御プログラム
JP2012060318A (ja) * 2010-09-07 2012-03-22 Sony Corp 表示制御装置、表示制御方法、及びプログラム
KR101640404B1 (ko) * 2010-09-20 2016-07-18 엘지전자 주식회사 휴대 단말기 및 그 동작 제어방법
JP5681588B2 (ja) * 2010-09-30 2015-03-11 富士フイルム株式会社 立体画像編集装置および立体画像編集方法
US8941724B2 (en) * 2010-10-01 2015-01-27 Hitachi Maxell Ltd. Receiver
US9247240B2 (en) * 2010-10-08 2016-01-26 Lg Electronics Inc. Three-dimensional glasses, three-dimensional image display apparatus, and method for driving the three-dimensional glasses and the three-dimensional image display apparatus
KR101763686B1 (ko) * 2010-11-15 2017-08-01 삼성전자 주식회사 입체 영상 처리 장치 및 그 처리 방법
WO2012068724A1 (zh) * 2010-11-23 2012-05-31 深圳超多维光电子有限公司 立体图像获取系统及方法
KR101727899B1 (ko) * 2010-11-26 2017-04-18 엘지전자 주식회사 휴대 단말기 및 그 동작 제어방법
KR20120062589A (ko) * 2010-12-06 2012-06-14 삼성전자주식회사 3d 디스플레이 장치 및 그 방법
JP5486697B2 (ja) * 2011-02-03 2014-05-07 富士フイルム株式会社 立体動画再生装置、立体動画再生プログラムならびにその記録媒体、立体ディスプレイ装置、立体撮像装置及び立体動画再生方法
US20120200676A1 (en) * 2011-02-08 2012-08-09 Microsoft Corporation Three-Dimensional Display with Motion Parallax
JP2012204852A (ja) * 2011-03-23 2012-10-22 Sony Corp 画像処理装置および方法、並びにプログラム
JP5052683B1 (ja) * 2011-04-19 2012-10-17 株式会社東芝 電子機器および映像表示方法
KR101789624B1 (ko) * 2011-06-20 2017-10-25 엘지전자 주식회사 휴대 단말기 및 그 제어방법
JP5978573B2 (ja) * 2011-09-06 2016-08-24 ソニー株式会社 映像信号処理装置および映像信号処理方法
CN102427542B (zh) * 2011-09-28 2014-07-30 深圳超多维光电子有限公司 一种立体图像处理方法、图像处理装置和相应的终端设备
WO2013047007A1 (ja) * 2011-09-29 2013-04-04 富士フイルム株式会社 視差量調整装置およびその動作制御方法
WO2013047217A1 (ja) * 2011-09-30 2013-04-04 富士フイルム株式会社 撮像装置、撮像方法、プログラム及び記録媒体
KR101878808B1 (ko) * 2012-01-20 2018-07-19 엘지전자 주식회사 영상표시장치 및 그 동작 방법
CN102685369B (zh) * 2012-04-23 2016-09-07 Tcl集团股份有限公司 消除左右眼图像重影的方法、重影消除器及3d播放器

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN1043062A (zh) 1988-11-28 1990-06-13 中国人民解放军沈阳军区军训模拟器材研究所 分幅式立体电视系统及其高低视角图像增大方法
JP3157384B2 (ja) * 1994-06-20 2001-04-16 三洋電機株式会社 立体映像装置
JP3653790B2 (ja) * 1995-05-23 2005-06-02 松下電器産業株式会社 立体電子ズーム装置及び立体画質制御装置
US6005607A (en) * 1995-06-29 1999-12-21 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Stereoscopic computer graphics image generating apparatus and stereoscopic TV apparatus
JP2848291B2 (ja) * 1995-08-24 1999-01-20 松下電器産業株式会社 立体tv装置
JPH10150608A (ja) 1996-11-19 1998-06-02 Sanyo Electric Co Ltd デジタル放送システムのユーザ側端末
JP3461135B2 (ja) * 1999-01-28 2003-10-27 日本電信電話株式会社 立体画像入出力装置
JP2002095018A (ja) * 2000-09-12 2002-03-29 Canon Inc 画像表示制御装置及び画像表示システム、並びに画像データの表示方法

Cited By (58)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100667810B1 (ko) 2005-08-31 2007-01-11 삼성전자주식회사 3d 영상의 깊이감 조정 장치 및 방법
JP2009516447A (ja) * 2005-11-17 2009-04-16 ノキア コーポレイション 3次元画像データを生成、転送および処理するための方法および装置
US8619121B2 (en) 2005-11-17 2013-12-31 Nokia Corporation Method and devices for generating, transferring and processing three-dimensional image data
JP2010506476A (ja) * 2006-10-05 2010-02-25 エシロール アンテルナシオナル (コンパニー ジェネラル ドプティック) 立体視用表示システム
US8159530B2 (en) 2008-03-26 2012-04-17 Fujifilm Corporation Method and apparatus for displaying stereoscopic images
US8289379B2 (en) 2008-08-12 2012-10-16 Sony Corporation Three-dimensional image correction device, three-dimensional image correction method, three-dimensional image display device, three-dimensional image reproduction device, three-dimensional image provision system, program, and recording medium
US8723933B2 (en) 2008-08-12 2014-05-13 Sony Corporation Three-dimensional image correction device, three-dimensional image correction method, three-dimensional image display device, three-dimensional image reproduction device, three-dimensional image provision system, program, and recording medium
JP2010045584A (ja) * 2008-08-12 2010-02-25 Sony Corp 立体画像補正装置、立体画像補正方法、立体画像表示装置、立体画像再生装置、立体画像提供システム、プログラム及び記録媒体
JP2010098479A (ja) * 2008-10-15 2010-04-30 Sony Corp 表示装置、表示方法及び表示システム
JP2010102137A (ja) * 2008-10-24 2010-05-06 Fujifilm Corp 3次元撮影装置および方法並びにプログラム
US8675048B2 (en) 2009-01-21 2014-03-18 Nikon Corporation Image processing apparatus, image processing method, recording method, and recording medium
JP2010171608A (ja) * 2009-01-21 2010-08-05 Nikon Corp 画像処理装置、プログラム、画像処理方法、記録方法および記録媒体
JP2010183154A (ja) * 2009-02-03 2010-08-19 Casio Hitachi Mobile Communications Co Ltd 端末装置及びプログラム
US8120606B2 (en) 2009-02-05 2012-02-21 Fujifilm Corporation Three-dimensional image output device and three-dimensional image output method
WO2010090150A1 (en) * 2009-02-05 2010-08-12 Fujifilm Corporation Three-dimensional image output device and three-dimensional image output method
JP2010263342A (ja) * 2009-05-01 2010-11-18 Fujifilm Corp 3次元表示装置及びデジタルズーム補正方法
JP2010278878A (ja) * 2009-05-29 2010-12-09 Fujifilm Corp 立体画像表示装置及びその表示画像切替方法
JP2011024003A (ja) * 2009-07-16 2011-02-03 Fujifilm Corp 立体動画記録方法および装置、動画ファイル変換方法および装置
JP2013500673A (ja) * 2009-07-27 2013-01-07 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド 3次元映像の再生のための付加情報が挿入された3次元映像データストリーム生成方法及びその装置、3次元映像の再生のための付加情報が挿入された3次元映像データストリーム受信方法及びその装置
US9392256B2 (en) 2009-07-27 2016-07-12 Samsung Electronics Co., Ltd. Method and apparatus for generating 3-dimensional image datastream including additional information for reproducing 3-dimensional image, and method and apparatus for receiving the 3-dimensional image datastream
JP2013501474A (ja) * 2009-08-06 2013-01-10 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated トランスポート・プロトコルに従って3次元ビデオデータをカプセル化すること
US9131279B2 (en) 2009-08-06 2015-09-08 Qualcomm Incorporated Preparing video data in accordance with a wireless display protocol
US8878912B2 (en) 2009-08-06 2014-11-04 Qualcomm Incorporated Encapsulating three-dimensional video data in accordance with transport protocols
JP2011091481A (ja) * 2009-10-20 2011-05-06 Sony Corp 画像処理装置、および画像処理方法、並びにプログラム
US8957950B2 (en) 2010-03-30 2015-02-17 Kabushiki Kaisha Toshiba Electronic apparatus and image output method
JP2013524608A (ja) * 2010-03-31 2013-06-17 トムソン ライセンシングThomson Licensing 3d視差マップ
KR101825761B1 (ko) * 2010-03-31 2018-03-22 톰슨 라이센싱 3d 디스패리티 맵들
WO2011129242A1 (ja) * 2010-04-14 2011-10-20 ソニー株式会社 データ構造、画像処理装置、画像処理方法、およびプログラム
US8736671B2 (en) 2010-04-28 2014-05-27 Fujifilm Corporation Stereoscopic image reproduction device and method, stereoscopic image capturing device, and stereoscopic display device
WO2011136191A1 (ja) * 2010-04-28 2011-11-03 富士フイルム株式会社 立体画像再生装置及び方法、立体撮像装置、立体ディスプレイ装置
US9560341B2 (en) 2010-04-28 2017-01-31 Fujifilm Corporation Stereoscopic image reproduction device and method, stereoscopic image capturing device, and stereoscopic display device
CN102860019B (zh) * 2010-04-28 2015-07-29 富士胶片株式会社 立体图像再生装置及方法、立体摄像装置、立体显示器装置
CN102860019A (zh) * 2010-04-28 2013-01-02 富士胶片株式会社 立体图像再生装置及方法、立体摄像装置、立体显示器装置
WO2011136190A1 (ja) * 2010-04-28 2011-11-03 富士フイルム株式会社 立体画像再生装置及び方法、立体撮像装置、立体ディスプレイ装置
US8970672B2 (en) 2010-05-28 2015-03-03 Qualcomm Incorporated Three-dimensional image processing
JP2013533672A (ja) * 2010-05-28 2013-08-22 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated 三次元画像処理
US8866881B2 (en) 2010-06-25 2014-10-21 Fujifilm Corporation Stereoscopic image playback device, stereoscopic image playback system, and stereoscopic image playback method
CN102959973A (zh) * 2010-06-25 2013-03-06 富士胶片株式会社 立体图像重放设备、立体图像重放系统以及立体图像重放方法
WO2011162037A1 (ja) * 2010-06-25 2011-12-29 富士フイルム株式会社 立体画像再生装置、立体画像再生システム及び立体画像再生方法
JP5546633B2 (ja) * 2010-06-25 2014-07-09 富士フイルム株式会社 立体画像再生装置、立体画像再生システム及び立体画像再生方法
CN102959973B (zh) * 2010-06-25 2015-01-21 富士胶片株式会社 立体图像重放设备、立体图像重放系统以及立体图像重放方法
JP2013531440A (ja) * 2010-06-28 2013-08-01 トムソン ライセンシングThomson Licensing 立体コンテンツの3次元効果をカスタマイズする方法及び装置
US10154243B2 (en) 2010-06-28 2018-12-11 Interdigital Madison Patent Holdings Method and apparatus for customizing 3-dimensional effects of stereo content
CN102316332A (zh) * 2010-07-09 2012-01-11 Tcl集团股份有限公司 一种立体图像信号的处理方法
JP2012029169A (ja) * 2010-07-26 2012-02-09 Olympus Imaging Corp 表示装置
JP2012044308A (ja) * 2010-08-16 2012-03-01 Sharp Corp 3d画像出力装置及び3d画像表示装置
JP2012085102A (ja) * 2010-10-12 2012-04-26 Sharp Corp 立体映像変換装置及び立体映像表示装置
WO2012050040A1 (ja) * 2010-10-12 2012-04-19 シャープ株式会社 立体映像変換装置及び立体映像表示装置
WO2012132424A1 (ja) * 2011-03-31 2012-10-04 パナソニック株式会社 立体視映像の奥行きを変更することができる映像処理装置、システム、映像処理方法、映像処理プログラム
US9600923B2 (en) 2011-05-26 2017-03-21 Thomson Licensing Scale-independent maps
JP2011223640A (ja) * 2011-08-09 2011-11-04 Toshiba Corp 電子機器及び画像出力方法
JP2013081133A (ja) * 2011-10-05 2013-05-02 Canon Inc 画像処理装置、画像処理方法、及びプログラム
JP2015521407A (ja) * 2012-05-02 2015-07-27 コーニンクレッカ フィリップス エヌ ヴェ 3d映像を処理するための品質メトリク
JP2014204299A (ja) * 2013-04-05 2014-10-27 キヤノン株式会社 撮像装置および撮像装置の制御方法
WO2015019656A1 (ja) * 2013-08-06 2015-02-12 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント 3次元画像生成装置、3次元画像生成方法、プログラム及び情報記憶媒体
US10484661B2 (en) 2013-08-06 2019-11-19 Sony Interactive Entertainment Inc. Three-dimensional image generating device, three-dimensional image generating method, program, and information storage medium
JP2017525198A (ja) * 2014-06-10 2017-08-31 ビッタニメイト インコーポレイテッド 立体視深度調節及び焦点調節
WO2016208246A1 (ja) * 2015-06-24 2016-12-29 ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社 医療用立体観察装置、医療用立体観察方法、及びプログラム

Also Published As

Publication number Publication date
CN1864415A (zh) 2006-11-15
KR100820129B1 (ko) 2008-04-08
WO2005020591A1 (ja) 2005-03-03
US20060290778A1 (en) 2006-12-28
KR20060087511A (ko) 2006-08-02
CN1864415B (zh) 2010-04-28
EP1662809A4 (en) 2012-01-18
US8035683B2 (en) 2011-10-11
EP1662809A1 (en) 2006-05-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101545008B1 (ko) 3d 비디오 신호를 인코딩하기 위한 방법 및 시스템, 동봉된 3d 비디오 신호, 3d 비디오 신호용 디코더에 대한 방법 및 시스템
US6108005A (en) Method for producing a synthesized stereoscopic image
KR100768837B1 (ko) 3차원 화상 작성 장치, 3차원 화상 재생 장치, 3차원 화상 처리 장치, 3차원 화상 처리 프로그램을 기록한 기록 매체
US7844001B2 (en) Process and system for encoding and playback of stereoscopic video sequences
JP5577348B2 (ja) 内容順応情報を有する3次元動画提示方法及びシステム
JP5328082B2 (ja) 映像送信及び受信方法と装置、及びその伝送ストリーム構造
EP2315454B1 (en) 3-D image display device
US20080152241A1 (en) Stereoscopic image encoding and decoding device multiplexing high resolution added images
US20050062846A1 (en) Stereoscopic video encoding/decoding apparatuses supporting multi-display modes and methods thereof
JP3978392B2 (ja) 立体映像信号生成回路及び立体映像表示装置
US8564642B2 (en) Communication method, communication system, transmission method, transmission apparatus, receiving method and receiving apparatus
JP2004274125A (ja) 画像処理装置および方法
JP2004357156A (ja) 映像受信装置および映像再生装置
US8780173B2 (en) Method and apparatus for reducing fatigue resulting from viewing three-dimensional image display, and method and apparatus for generating data stream of low visual fatigue three-dimensional image
JP4393151B2 (ja) 画像データ表示装置
US20100026783A1 (en) Method and apparatus to encode and decode stereoscopic video data
JP4421940B2 (ja) 動画像符号化装置および方法、並びに動画像復号化装置および方法
JPWO2006019039A1 (ja) 画像データ表示装置
US20050248561A1 (en) Multimedia information generation method and multimedia information reproduction device
EP3059948A1 (en) Stereoscopic video and audio recording method, stereoscopic video and audio reproducing method, stereoscopic video and audio recording apparatus, stereoscopic video and audio reproducing apparatus, and stereoscopic video and audio recording medium
US20100238274A1 (en) Method of displaying three-dimensional image data and an apparatus of processing three-dimensional image data
KR20100002031A (ko) 3차원 비디오 영상 처리 방법 및 장치
JP5363610B2 (ja) カメラパラメータを利用した多視点画像の生成方法
US20110018966A1 (en) Receiving Device, Communication System, Method of Combining Caption With Stereoscopic Image, Program, and Data Structure
US20080170806A1 (en) 3D image processing apparatus and method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050810

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080219

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080624