JP2005065862A - 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体 - Google Patents

遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体 Download PDF

Info

Publication number
JP2005065862A
JP2005065862A JP2003297828A JP2003297828A JP2005065862A JP 2005065862 A JP2005065862 A JP 2005065862A JP 2003297828 A JP2003297828 A JP 2003297828A JP 2003297828 A JP2003297828 A JP 2003297828A JP 2005065862 A JP2005065862 A JP 2005065862A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
lottery
special game
winning
special
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003297828A
Other languages
English (en)
Inventor
Takahiro Ito
隆洋 伊藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Olympia KK
Original Assignee
Olympia KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Olympia KK filed Critical Olympia KK
Priority to JP2003297828A priority Critical patent/JP2005065862A/ja
Publication of JP2005065862A publication Critical patent/JP2005065862A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

【課題】 遊技状態が徐々に格上げされていく遊技形態を作りだし、遊技がより多くの利益を付与する方向に「成長する」ような印象を遊技者に持たせる。
【解決手段】 遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を実行可能な変更抽選手段(122)を有し、前記変更抽選手段(122)の決定に基づいて、特殊遊技を実行可能に形成した。
【選択図】 図1

Description

この発明は、遊技者に付与可能な利益の大きさが異なる複数種類の特殊遊技を行わせることができる遊技機に関するものである。
従来より、当選役に係る抽選を行い、遊技として、通常遊技と、通常遊技とは異なる特殊遊技とを有し、特定の条件に該当する場合に特殊遊技を開始させる遊技機は知られている。この特殊遊技は、特定の当選又は抽選結果に基づいて行われるものであるが、ただ特殊遊技が行われるだけでは面白味に欠けるので、特殊遊技が開始されるまで行われていた遊技の遊技内容を、特殊遊技終了後変化させて遊技者の興味を引くような遊技機や(特許文献1参照)、遊技履歴に応じて特殊遊技を行わせ、遊技に興味を持たせるようにした遊技機などが考案されている(特許文献2参照)。
特開2003−126369号公報 特開2003−154064号公報
しかし、上記した従来の遊技機では、特殊遊技の内容やその後の遊技の内容を変化させることにより、遊技者の期待感を段階的に高めていく遊技形態を作り出すことはできなかった。
そこで、各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した従来の技術の有する問題点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、次の点にある。
(請求項1)
すなわち、請求項1記載の発明は、遊技中の特定条件該当を契機として、遊技状態が徐々に格上げされていく遊技形態を作りだし、遊技がより多くの利益を付与する方向に「成長する」ような印象を遊技者に持たせ、遊技を興味溢れるものにしようとするものである。
(請求項2)
請求項2記載の発明は、上記した請求項1記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
すなわち、請求項2記載の発明は、特殊遊技の実行回数に多少を設け、遊技の意外性を高めようとするものである。
(請求項3又は4)
請求項3又は4記載の発明は、上記した請求項1又は2記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
すなわち、請求項3又は4記載の発明は、特殊遊技に付加価値を付与可能とすることにより、遊技者の期待感を高めるようとするものである。
(請求項5)
請求項5記載の発明は、上記した請求項1乃至4のいずれか1項に記載の発明の目的に加え、次の点を目的とする。
すなわち、請求項5記載の発明は、遊技状態が格下げされる場合を設けることにより、遊技に緊張感を持たせようとするものである。
(請求項6又は7)
請求項6又は7記載の発明は、次の点を目的とする。
すなわち、請求項6又は7記載の発明は、前記請求項1乃至5記載の遊技機の目的を達成することができる遊技機用プログラムを提供し、またその遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体を提供することを目的とする。
各請求項にそれぞれ記載された各発明は、上記した各目的を達成するためになされたものであり、各発明の特徴点を図面に示した発明の実施の形態を用いて、以下に説明する。
なお、括弧内の符号は、発明の実施の形態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
(特徴点)
(請求項1)
請求項1記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項1記載の発明は、遊技機の作動を制御すると共に、当選役に関する抽選を行うための遊技制御装置(21)を有し、抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞となる遊技機であって、前記遊技制御装置(21)は、通常遊技を行わせるための通常遊技制御手段(70)と、通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能な特殊遊技を行わせるための特殊遊技制御手段(120)を備えた遊技機に係る。
本発明は、抽選結果が所定の役に当選した場合に、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞となる遊技機であって、例えばスロットマシンなどに適している。
ここで、「遊技状況が予め定められた態様になる」とは、スロットマシンを例にすれば、回転リール(40)や液晶画面などの図柄表示手段に表された図柄(61)が、予め定められた態様で表示されたり、所定の配列となるように停止したりすることである。
前記特殊遊技制御手段(120)は、特殊遊技の決定及び開始、実行、終了を制御するためのものである。ここで、特殊遊技は、通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能な遊技である。「付与可能」としたのは、遊技者が必ず大きな利益を得ることができるとは限らないが、その可能性が通常遊技よりも大きい遊技、例えば当選抽選手段(110)の抽選結果を所定の確率で報知するアシストタイム遊技などを含む趣旨である。
そして、前記特殊遊技制御手段(120)は、遊技者に付与可能な利益の大きさがそれぞれ異なる複数の特殊遊技を行わせることができるとともに、遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を実行可能な変更抽選手段(122)を有し、前記変更抽選手段(122)の決定に基づいて、特殊遊技を実行可能に形成されていることを特徴とする。
前記特殊遊技制御手段(120)が実行可能な複数の特殊遊技は、同種の特殊遊技であって遊技者に付与可能な利益の大きさがそれぞれ異なるものである。例えば、アシストタイム遊技について、報知確率、報知頻度、報知当選役、報知方法などが異なる遊技を実行可能とすることができる。
前記変更抽選手段(122)は、遊技中の特定条件該当により、昇格抽選を実行可能なものであり、昇格抽選以外の抽選、例えば特殊遊技の開始時期や終了時期を決定するための抽選を実行可能であっても構わない。
ここで、「昇格」とは、遊技状態が、遊技者に付与可能な利益の大きさが大きくなる遊技状態に変更されることを意味し、特殊遊技からより多くの利益を付与可能な特殊遊技への変更だけでなく、通常遊技から特殊遊技への変更も「昇格」に含まれる。アシストタイム遊技を例にすれば、通常遊技から当選報知付きの遊技への変更、当選報知付き遊技から、より報知確率の高い遊技、より報知頻度の高い遊技、入賞によりより多くの払い出しがされる当選役を報知する遊技への変更が「昇格」にあたる。なお、特殊遊技間の「昇格」は、複数段階設けてもよい。
また、「遊技中の特定条件」とは、特定の当選又は不当選、特定の入賞、特定の抽選(当選抽選手段(110)以外の手段が行う抽選)に当選、などが挙げられる。「遊技中」には、通常遊技及び特殊遊技が含まれる。
(作用)
通常遊技中に、遊技状態が特定条件に該当した場合には、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、所定の特殊遊技の実行が決定される。この特殊遊技は昇格当選を契機に開始されるものでもよいし、所定の遊技期間経過後に開始されるものでもよい。また、この特殊遊技の終了時期は、例えば「nゲーム」のように予め定められていてもよいし、n値を抽選により決定するようにしてもよい。
特殊遊技実行中に、遊技状態が特定条件に該当した場合には、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、実行中の特殊遊技よりも付与可能利益の大きい特殊遊技の実行が決定される。そして、この特殊遊技実行中に、遊技状態が特定条件に該当した場合にも、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、実行中の特殊遊技よりもさらに付与可能利益の大きい特殊遊技の実行が決定される。このようにして、遊技状態のランクが段階的に付与可能利益の大きいものへと昇格していく。なお、特殊遊技中に特定条件に該当しなかった場合には、所定の遊技回数の特殊遊技終了により通常遊技に戻る。特殊遊技中であって、設定された遊技ランクの最上級の遊技中に「特定条件」に該当したときには、変更抽選手段(122)は昇格抽選は行わない。
(請求項2)
請求項2記載の発明は、上記した請求項1記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項2記載の発明は、前記変更抽選手段(122)は、昇格に係る特殊遊技の実行回数を、抽選により決定可能に形成されていることを特徴とする。
本発明以下請求項5までの発明は、変更抽選手段(122)の実行可能な抽選、換言すれば特殊遊技に関して決定可能な事項を限定したものである。
本発明において、変更抽選手段(122)が行う特殊遊技の実行回数抽選は、昇格抽選の結果、遊技の昇格が決定した場合に行われるものであってもよいし、昇格抽選と同時に行われるものであってもよい。たとえば、昇格抽選にて、0乃至nの中から所定の数値を抽選により決定し、その数値を昇格に係る特殊遊技の実行回数とすることができる。この場合、「0」は昇格無しとすることができる。
(請求項3)
請求項3記載の発明は、上記した請求項1又は2記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項3記載の発明は、前記変更抽選手段(122)は、昇格抽選により昇格が決定した特殊遊技の開始時期を、抽選により決定可能に形成されていることを特徴とする。
本発明は、昇格抽選の結果が昇格当選の場合に、その遊技の開始時期を抽選により決定するものである。本発明によれば、昇格当選後nゲーム後に特殊遊技が開始されるようにすることができる。
(請求項4)
請求項4記載の発明は、上記した請求項1乃至3のいずれか1項に記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項4記載の発明は、前記変更抽選手段(122)は、決定している特殊遊技の実行回数について、上乗せ遊技を加算するための上乗せ抽選を実行可能に形成されていることを特徴とする。
ここで、「決定している特殊遊技の実行回数」は、予め定められている回数であってもよいし、抽選により決定された回数であってもよい。上乗せ抽選は、昇格抽選と同時に行ってもよいし、遊技中の所定条件(昇格抽選の契機以外の特定条件)該当時に行うようにしてもよい。
本発明によれば、変更抽選手段(122)は、設定された遊技ランクの最上級の遊技中に昇格抽選の契機となる「特定条件」に該当したときには、昇格抽選の代わりに当該最上級ランクの特殊遊技に関して上乗せ抽選を行うことができる。
(請求項5)
請求項5記載の発明は、上記した請求項1乃至4のいずれか1項に記載の発明の特徴点に加え、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項5記載の発明は、前記変更抽選手段(122)は、特殊遊技中に特定条件に該当した場合には、その特殊遊技を当該遊技よりも付与可能利益の少ない遊技に降格させるか否かの降格抽選を実行可能に形成されていることを特徴とする。
ここで、降格抽選には、ある特殊遊技をその一つ下のランクの特殊遊技に降格させるか否かの抽選、ある特殊遊技をその一つ以上下のランクの特殊遊技に降格させるか否かの抽選、ある特殊遊技を通常遊技に降格させるか否かの抽選が含まれる。また、降格抽選の契機となる「特定条件」は、昇格抽選の抽選契機と同一であってもよいし、異なるものであってもよい。
(請求項6)
請求項6記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項6記載の発明は、遊技機を、当選役に関する抽選を行うための当選抽選手段(110)、抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞として扱うための入賞手段、通常遊技を行わせるための通常遊技制御手段(70)、通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能であり、遊技者に付与可能な利益の大きさが異なる複数種類の特殊遊技を行わせるための特殊遊技制御手段(120)、及び、通常遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行う変更抽選手段(122)として機能させるための遊技機用プログラムである。
ここで、遊技機としては、スロットマシンなどの現実の遊技機でもよく、液晶ディスプレイやCRTなどの画像表示装置に表示させた擬似的な遊技機であってもよい。
また、前記入賞手段は、この遊技機用プログラムを用いて現実の遊技機を制御しようとする場合には、ホッパーユニット(65)を作動させて遊技者に対してメダル等対価の払い出しを行うように形成することができる。一方、この遊技機用プログラムを用いて業務用、家庭用のテレビゲーム機等を制御しようとする場合には、液晶ディスプレイやCRTなどの画像表示装置に、入賞時にメダルの払い出しがなされるような画像や、手持ちの遊技メダル数が増加するような表示や、所定の得点が加算されるような表示を行うように形成することができる。
このように、本発明は、現実の遊技機を制御するためのプログラムと、業務用、家庭用のテレビゲーム機等に読み込まれることによりそれらを遊技機として機能させるためのプログラムとの双方を含むものである。
(作用)
本発明によれば、通常遊技中に、遊技状態が特定条件に該当した場合には、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、所定の特殊遊技の実行が決定される。この特殊遊技は昇格当選を契機に開始されるものでもよいし、所定の遊技期間経過後に開始されるものでもよい。また、この特殊遊技の終了時期は、例えば「nゲーム」のように予め定められていてもよいし、n値を抽選により決定するようにしてもよい。
特殊遊技実行中に、遊技状態が特定条件に該当した場合には、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、実行中の特殊遊技よりも付与可能利益の大きい特殊遊技の実行が決定される。そして、この特殊遊技実行中に、遊技状態が特定条件に該当した場合にも、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、実行中の特殊遊技よりもさらに付与可能利益の大きい特殊遊技の実行が決定される。このようにして、遊技状態のランクが段階的に付与可能利益の大きいものへと昇格していく。なお、特殊遊技中に特定条件に該当しなかった場合には、所定の遊技回数の特殊遊技終了により通常遊技に戻る。特殊遊技中であって、設定された遊技ランクの最上級の遊技中に「特定条件」に該当したときには、変更抽選手段(122)は昇格抽選は行わない。
ところで、前記変更抽選手段(122)は、昇格に係る特殊遊技の実行回数を、抽選により決定可能に形成ことができる。また、昇格抽選により昇格が決定した特殊遊技の開始時期を、抽選により決定可能であってもよい。あるいは、決定している特殊遊技の実行回数について、上乗せ遊技を加算するための上乗せ抽選を実行可能としてもよいものである。
さらに、前記変更抽選手段(122)は、特殊遊技中に特定条件に該当した場合には、前記昇格抽選と同時に、その特殊遊技を当該遊技よりも付与可能利益の少ない遊技に降格させるか否かの降格抽選を実行可能に形成することができる。
(請求項7)
請求項7記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項7記載の発明は、遊技機を、当選役に関する抽選を行うための当選抽選手段(110)、抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞として扱うための入賞手段、通常遊技を行わせるための通常遊技制御手段(70)、通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能であり、遊技者に付与可能な利益の大きさが異なる複数種類の特殊遊技を行わせるための特殊遊技制御手段(120)、及び、通常遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行う変更抽選手段(122)として機能させるための遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体である。
本発明は、請求項6記載の遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体に係る。
(作用)
本発明によれば、通常遊技中に、遊技状態が特定条件に該当した場合には、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、所定の特殊遊技の実行が決定される。この特殊遊技は昇格当選を契機に開始されるものでもよいし、所定の遊技期間経過後に開始されるものでもよい。また、この特殊遊技の終了時期は、例えば「nゲーム」のように予め定められていてもよいし、n値を抽選により決定するようにしてもよい。
特殊遊技実行中に、遊技状態が特定条件に該当した場合には、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、実行中の特殊遊技よりも付与可能利益の大きい特殊遊技の実行が決定される。そして、この特殊遊技実行中に、遊技状態が特定条件に該当した場合にも、前記変更抽選手段(122)が昇格抽選を行う。昇格抽選に当選すると、実行中の特殊遊技よりもさらに付与可能利益の大きい特殊遊技の実行が決定される。このようにして、遊技状態のランクが段階的に付与可能利益の大きいものへと昇格していく。なお、特殊遊技中に特定条件に該当しなかった場合には、所定の遊技回数の特殊遊技終了により通常遊技に戻る。特殊遊技中であって、設定された遊技ランクの最上級の遊技中に「特定条件」に該当したときには、変更抽選手段(122)は昇格抽選は行わない。
ところで、前記変更抽選手段(122)は、昇格に係る特殊遊技の実行回数を、抽選により決定可能に形成ことができる。また、昇格抽選により昇格が決定した特殊遊技の開始時期を、抽選により決定可能であってもよい。あるいは、決定している特殊遊技の実行回数について、上乗せ遊技を加算するための上乗せ抽選を実行可能としてもよいものである。
さらに、前記変更抽選手段(122)は、特殊遊技中に特定条件に該当した場合には、前記昇格抽選と同時に、その特殊遊技を当該遊技よりも付与可能利益の少ない遊技に降格させるか否かの降格抽選を実行可能に形成することができる。
本願発明は、以下に記載されるような効果を奏する。
(請求項1)
請求項1記載の発明によれば、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項1記載の発明によれば、遊技中の特定条件該当を契機として、遊技状態が徐々にグレードアップしていく遊技形態を作りだし、遊技がより多くの利益を付与する方向に「成長する」ような印象を遊技者に持たせ、遊技を興味溢れるものとすることができる。
(請求項2)
請求項2記載の発明によれば、上記した請求項1記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項2記載の発明によれば、特殊遊技の実行回数に多少を設け、遊技の意外性を高めることができる。
(請求項3又は4)
請求項3又は4記載の発明によれば、上記した請求項1又は2記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項3又は4記載の発明によれば、特殊遊技に付加価値を付与可能とすることにより、遊技者の期待感を高めることができる。
(請求項5)
請求項5記載の発明によれば、上記した請求項1乃至4のいずれか1項に記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項5記載の発明によれば、遊技状態が格下げされる場合を設けることにより、遊技に緊張感を持たせることができる。
(請求項6又は7)
請求項又は6又は7記載の発明によれば、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項6又は7記載の発明によれば、前記請求項1乃至5記載の遊技機の効果を奏することができる遊技機用プログラム、又は当該遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体を提供することができる。
本発明の実施の形態を、遊技機としてスロットマシンを例に、図面に基づき説明する。
(図面の説明)
図1乃至図7は、本発明の実施の形態を示すものである。
図1はスロットマシンの入力、制御及び出力のブロック図、図2はスロットマシンの外観正面図、図3及び図4はスロットマシンの動作の概略のフローを示す図である。また、図5乃至図7は特殊遊技制御手段の制御の概要を示すものである。
(スロットマシン10)
スロットマシン10は、図2に示すように、四角箱状の筐体11を有する。この筐体11には、遊技者側に向かって臨む表示窓12が形成されており、さらに表示窓12には、三個の回転リール40の図柄61を見ることができる図柄表示窓13が形成されている。そして、スロットマシン10の略中央端部には、メダル投入口14が設けられている。
スロットマシン10の内部には、図示していないが、スロットマシン10の全体の動作を制御するための制御装置20(図1参照)が内蔵されている。
(制御装置20)
上記制御装置20は、図示しないが、CPUを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えている。ここでCPUは、一個に限定されず、二個以上のCPUで制御するようにしてもよい。また、CPU、ROM、RAM及びI/O等は一体化されてワンチップを構成してもよい。そして、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、次の(1)及び(2)の装置を構成する。
(1)遊技制御装置21
(2)演出制御装置22
遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を制御するためのものであり、演出制御装置22は、ランプ68やスピーカ69等の表示装置66を制御するためのものである。この遊技制御装置21及び演出制御装置22の詳細については後述する。
なお、上記制御装置20を、主制御装置と、主制御装置からの諸信号を受信して作動する副制御装置とから構成し、前記遊技制御装置21を主制御装置に、演出制御装置22を副制御装置に配置するように形成しても良い。
(入力段)
上記制御装置20の入力段には、図1に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)投入スイッチ15
(2)ベットスイッチ16
(3)精算スイッチ17
(4)スタートスイッチ30
(5)ストップスイッチ50
なお、入力段としては、上記した(1)乃至(5)のパーツに限定されるものではない。
(投入スイッチ15)
投入スイッチ15は、図2に示すように、メダル投入口14の下方に内蔵されたスイッチであって、投入された遊技メダルを検知するためのものである。
(ベットスイッチ16)
ベットスイッチ16は、図2に示すように、回転リール40の下方に位置するスイッチであって、貯留メダル数を減じてメダル投入に代えるためのものである。
(精算スイッチ17)
精算スイッチ17は、図2に示すように、回転リールの斜め下方に位置するスイッチであって、貯留した投入メダルを払い出すためのものである。
(スタートスイッチ30)
スタートスイッチ30は、図2に示すように、回転リール40の斜め下方に位置するレバーであって、遊技メダルの投入若しくはベットスイッチ16の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、リールユニット60の駆動を開始させるためのものである。
なお、ここで、「再遊技(Replay)」とは、当選抽選手段110の抽選により、「再遊技(Replay)」のフラグが成立し、「再遊技(Replay)」の図柄が入賞有効ライン上に揃うことにより、次の遊技において、遊技メダルを新たに投入することなく、再度、遊技を行うことができるものである。
(ストップスイッチ50)
ストップスイッチ50は、リールユニット60の駆動を停止させるためのものである。具体的には、ストップスイッチ50は、図2に示すように、各回転リール40に対応した三個のスイッチから構成され、各回転リール40の下方に1個ずつ配置されているものである。回転リール40に対応したストップスイッチ50の操作により、当該対応した回転リール40が回転を停止するように設定されているものである。
(出力段)
前記制御装置20の出力段には、図1に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)リールユニット60
(2)ホッパーユニット65
(3)表示装置66(演出表示部67及びランプ68及びスピーカ69)
なお、出力段としては、上記した(1)乃至(3)のパーツに限定されるものではない。
(リールユニット60)
リールユニット60は、特に図示しないが枠体に固定或いは支持された三個のモータと、各々のモータの出力軸に固定された三個の回転リール40とから構成されている。そして、各回転リール40は、合成樹脂からなる回転ドラムと、この回転ドラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテープ42とを備えている。このリールテープ42の外周面には、複数個(例えば21個)の図柄61が表示されている。
(ホッパーユニット65)
ホッパーユニット65は、図示しないが、遊技の結果に基づいて、遊技者にメダルを払い出すためのものである。
(表示装置66)
表示装置66は、演出制御装置22の制御により、遊技者に入賞等を報知させるなど、種々の演出を行うものである。具体的には、表示装置66は、演出表示部67及びランプ68及びスピーカ69から構成されている。
演出表示部67は、回転リール40の上方に設けられた窓部であり、LED、ドットマトリックス、液晶画面等を用いて、入賞の報知その他の演出を表示するためのものである。なお、演出表示部67としては上記のものに限られず、例えば演出専用の回転リールを設け、リールの図柄や文字等により演出を表示するようにしても良い。
ランプ68及びスピーカ69は、発光体の点灯又は点滅、入賞音の発生により入賞等を報知するためのものである。
(遊技制御装置21)
次に、遊技制御装置21について詳述する。
遊技制御装置21は、スタートスイッチ30及びストップスイッチ50の操作により、回転リール40の回転及び停止を制御するためのものである。そして、この遊技制御装置21は、次の(1)乃至(4)の手段として機能する。
(1)通常遊技制御手段70
(2)特別遊技制御手段80
(3)特殊遊技制御手段120
(4)当選抽選手段110
なお、遊技制御装置21としては、上記した(1)乃至(4)の手段に限定されるものではなく、他の手段を含んでいても良い。
(通常遊技制御手段70)
通常遊技制御手段70は、通常遊技を行わせるためのものである。
すなわち、メダルの投入若しくはベットスイッチ16の投入を条件に、または、「再遊技(Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、スタートスイッチ30を操作すると、リールユニット60が駆動され、三個の回転リール40が回転を開始する。
その後、ストップスイッチ50の一個を操作すると、当該対応する回転リール40の回転が停止する。
そして、ストップスイッチ50を三個全て操作し終わると、三個の回転リール40の回転が全て停止する。このとき、表示窓12の入賞有効ライン上に、予め設定された図柄61が停止すると、ホッパーユニット65を介して所定枚数のメダルが払い出される。なお、メダルを払い出す代わりに、クレジットしても良い。
当選には、入賞により遊技メダルの払い出しを伴い、遊技者に利益を付与する小役当選と、この小役当選よりもさらに大きな利益を遊技者に付与する特別当選と、遊技メダルの払い出しは無いが、遊技メダルを新たに投入することなく再度の遊技を行うことができる「再遊技(Replay)」とを備えている。そして、その抽選結果がいずれかの役に当選となった場合、その当選に対応した当選フラグが成立する。そして、抽選結果が特別当選である場合に、特別当選フラグが成立し、この特別当選フラグ成立中に、リールユニット60の回転リール40の停止図柄61の組み合わせが、予め定められた所定の特別当選図柄61(例えば、入賞有効ライン上に「7」が三個揃うもの)と一致したことを条件に入賞し、遊技者に有利な特別遊技を行わせるように形成されている。一方、抽選により特別当選フラグが成立したが、回転リール40の停止図柄61の組み合わせが特別当選図柄61と一致していない場合には、それ以後の遊技に特別当選フラグ成立の権利が持ち越されるように設定されている。なお、小役の当選フラグは、当選フラグが成立した遊技で入賞させられない場合、当選フラグ成立の権利の次の遊技への持ち越しはない。
また、いずれかの当選フラグが成立中に、対応する当選図柄61を入賞有効ライン上に揃えることができるか否かは、回転リール40の回転速度が一定の場合、ストップスイッチ50のタイミングによるものである。すなわち、遊技制御装置20は、特に図示しないが、複数の停止テーブルを有していて、回転リール40の図柄61の現在位置を把握すると共に、ストップスイッチ50の押下タイミングに応じて所定の停止テーブルを選択可能に形成されている。
ここで、停止テーブルとは、所定の図柄から何コマ回転させて回転リール40を停止させるかを、所定条件に応じ各図柄毎に規定したものである。具体的には、当選フラグが成立しているときには、その当選フラグに対応する図柄が入賞有効ライン上に揃いやすいように、予めテーブルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる引き込み設定の一種を備えているものである。また、当選フラグが成立していないときには、他の当選図柄が入賞有効ライン上に揃わないように、予めテーブルの上で停止位置が決定されてあり、いわゆる蹴飛ばし設定の一種を備えているものである。
なお、停止テーブルを、各図柄毎についてすべての位置でストップスイッチ50を操作した場合を想定して作成してもよいが、各図柄毎にすべての組み合わせを作らなければならないのでテーブル数が膨大になってしまう。そこで、停止テーブルに従って停止位置候補を決定し、候補の妥当性を判断しながら停止図柄を決定するようにしてもよい。この場合の停止制御は、当選図柄に対応したビットを、停止させるべき当選図柄と停止させてはいけない図柄とにわけてそれぞれ設け、ビットに記憶されているデータに基づいて、停止位置候補が妥当な場合にはその位置で停止させ、妥当でない場合には他の妥当な位置を決定して停止させるようにするものである。例えば、ストップスイッチ押下タイミングにより選択された停止テーブルによる停止位置候補が妥当でない場合には、当該図柄をその位置に停止させないよう回転リール40を余分に回転させる。
(特別遊技制御手段80)
特別遊技制御手段80は、抽選手段の抽選結果に基づいて、通常遊技よりも遊技者に多くの利益を付与可能な有利遊技としての特別遊技を行わせるためのものである。
上記特別遊技としては、大別すると、次のゲームがある。
(1)特定導入遊技(ビッグボーナスゲーム、以下BBゲームという)
(2)特定遊技(レギュラーボーナスゲーム、以下RBゲームという)
(3)特定当選遊技(JACゲーム)
なお、特別遊技としては、上記した(1)乃至(3)の遊技に限定されるものではない。
ここで、上記特定遊技、例えばRBゲームは、特定導入遊技、例えばBBゲーム中に行われる場合と、BBゲーム中で無いときにも単独で行われる場合がある。また、上記特定当選遊技、いわゆるJACゲームは、RBゲーム中に行われるものである。
特別遊技制御手段80は、図1に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)特定導入遊技制御手段90
(2)特定遊技制御手段100
(特定導入遊技制御手段90)
特定導入遊技制御手段90は、BBゲームを制御するためのものである。
具体的には、通常遊技において、図示しないが、例えば「7」等の図柄61が入賞有効ライン上に三個揃うと、ホッパーユニット65を介して、例えば15枚のメダルが払い出される。このとき、BBゲームが開始される。
BBゲームに移行すると、通常遊技と同様に最大3枚のメダルの投入によって開始され、3つの回転リールの回転を各々停止させた際に、入賞有効ライン上に当選図柄が揃っているか否かによって、メダルの払い出しが行われるものである。
したがって、BBゲーム中では、通常遊技と同様に小役を含めた抽選が毎回行われるものである。ただ、このBBゲーム中にRBゲームに移行するための特定当選図柄が入賞有効ライン上に揃った場合には、その後RBゲームに移行するものである。
なお、通常、BBゲーム中はRBゲームへの移行が、例えば最大3回行われることになっているために、1回目のRBゲームが終了した後は、また前述したような通常遊技と同様な抽選及び制御が行われるものである。
そして、BBゲームでは、BBゲーム中のRBゲームが所定の最大回数、例えば3回か、或いはBBゲーム中の通常遊技が所定の最大回数、例えば最大30回の終了により、BBゲームは終了するものである。
(特定遊技制御手段100)
特定遊技制御手段100は、RBゲームを制御するためのものである。
具体的には、RBゲームに移行すると、メダルが1枚投入となり、回転リール40の所定の図柄61が表示窓12のセンターライン上に揃った場合に入賞となる特定当選遊技が行われるものである。そして、RBゲームでは、入賞するか否かの特定当選遊技が最大12回行えるものであり、そのうち、最大8回の入賞が可能である。すなわち、最大8回の入賞するか、或いは最大12回の特定当選遊技の終了により、RBゲームは終了するものである。
(特殊遊技制御手段120)
特殊遊技制御手段120は、特殊遊技を制御するためのものである。特殊遊技とは、特定の開始条件該当により開始される遊技であって、前記特別遊技以外の有利遊技である。具体的には、遊技中の特定条件該当を契機に行われる昇格抽選に当選することにより開始が決定され、所定の開始条件を満たすことにより開始される遊技であり、本実施の形態においては、同種の特殊遊技について、遊技者に付与可能な利益の大きさが違う複数の特殊遊技が設けられている。
ここで、特殊遊技としては、例えば、以下のような遊技を設けることができる。
(1)アシストタイム遊技
アシストタイム遊技とは、所定期間に亘り、所定の当選図柄について、所定の確率で当選の報知が行われる遊技である。
具体的には、当選結果が例えば小役当選である場合に、当該当選図柄を演出表示部67に表示したり、ストップスイッチ50の押し順を知らせて、当選を報知するものである。遊技者は、報知された図柄61を目押しすることにより、あるいは報知されたとおりの押し順でストップスイッチ50を操作することにより、高い割合で入賞させることができ、獲得メダルを増やすことができる。
アシストタイム遊技においては、報知確率、報知頻度、報知する当選役により、遊技者の獲得可能なメダル数が変わってくる。
(2)リプレイタイム遊技
リプレイタイム遊技とは、所定期間に亘り、「再遊技」の当選確率が高く設定された遊技期間である。
具体的には、リプレイタイム遊技中は、当選抽選手段110の当選判定テーブル113として、通常遊技中の当選判定テーブルよりも「再遊技」の抽選確率を高確率に設定した当選判定テーブルを使用して当選の抽選が行われるものである。このため、リプレイタイム中は、遊技者の手持ちの遊技メダルをほとんど減らすことなく遊技を行うことが可能となり、結果として獲得メダル増加につながるものである。
リプレイタイム遊技においては、リプレイ当選確率の違いにより、遊技者の獲得可能なメダル数が変わってくる。
(3)アシストリプレイタイム遊技
アシストリプレイタイム遊技とは、所定期間に亘り、「再遊技」の当選確率が高く設定されていると共に、所定の当選図柄について、所定の確率で当選の報知が行われる遊技である。すなわち、上記アシストタイム遊技とリプレイタイム遊技を混合させた遊技である。
従って、アシストリプレイタイム遊技中は、「再遊技」に入賞すれば遊技者は手持ちの遊技メダルを投入せずに遊技を行うことが可能である一方、当選時には当選役の報知演出が行われるので入賞を狙いやすくなり、より獲得メダルを増やすことができることとなる。
(4)高確率当選遊技
高確率当選遊技とは、所定期間に亘り、小役当選の当選確率が高く設定された遊技期間である。すなわち、ハズレの確率が低く設定された遊技期間である。
高確率当選遊技中は、当選する回数が増えることで、入賞の可能性も高まり、メダル獲得につながるものである。
高確率当選遊技においては、小役当選確率の違いにより、遊技者の獲得可能なメダル数が変わってくる。
(5)ストック放出遊技
ストック放出遊技とは、所定の遊技区間、特別遊技、例えばBBが入賞し難い制御を行うことにより、複数のBB当選の権利を貯留(ストック)可能にすることを前提に、所定条件該当を契機に、BBが入賞しやすい制御に変更し、ストックされたBBを順次入賞可能とした遊技区間である。ストック放出遊技は、ストックされたBBが次々に入賞する可能性が高いので、メダル大量獲得が可能となる。
ストック放出遊技においては、放出確率の違いにより、遊技者の獲得可能なメダル数が変わってくる。
なお、特殊遊技としては、上記(1)乃至(5)の遊技に限定されるものではない。
ところで、本実施の形態においては、この特殊遊技は、遊技者に付与可能な利益の大きさの異なる複数の遊技ランクに分けられている。すなわち、同種の特殊遊技について、遊技者が獲得メダルを増やせる可能性の大きさがそれぞれ異なる複数の遊技データが設けられている。この遊技ランクは、遊技者に付与可能な利益の大きさに応じて、例えば強中弱(高中低)のように三段階に分けてあり、付与可能な利益の大きいほどランクが高く設定してある。なお、遊技ランクの設定は上記した三段階に限らない。
具体例を示すと、例えばアシストタイム遊技の場合、当選報知の発生率や、報知の確度、報知内容により、遊技者が獲得メダルを増やせる可能性が変わってくる。すなわち、報知回数が多いほど、あるいは報知の確度が高いほど、遊技者は入賞させやすくなり、払い出し枚数の多い役の当選を報知するほど、遊技者の獲得利益は増大する。従って、当選報知の発生率や、報知の確度、報知する当選役に応じて、遊技をランク分けすることができる。
ここで、当選報知の発生率とは、所定回数の遊技中、当選報知が行われる割合を示すものであり、例えば弱アシストタイム遊技は6分の1、中アシストタイム遊技は2分の1、強アシストタイム遊技は1分の1とすることができる。また、報知の確度とは、報知の信頼度、すなわち虚偽の報知が行われない度合いのことであり、例えば弱アシストタイム遊技は虚偽の報知が80%、中アシストタイム遊技は50%、強アシストタイム遊技は0%、のように設定することができる。さらに、当選報知の発生率、確度は一定に設定し、弱アシストタイム遊技は5枚役、中アシストタイム遊技は10枚役、強アシストタイム遊技は15枚役の当選報知を行うように設定することもできる。
さて、特殊遊技制御手段120は、図1に示すように、以下の手段を有している。
(1)特定条件判定手段121
(2)変更抽選手段122
(3)遊技データ記憶手段123
以下、これらの手段について説明する。なお、特殊遊技制御手段120としては、上記以外の手段を有していてもかまわない。
(特定条件判定手段121)
特定条件判定手段121は、遊技状態が変更抽選手段122の抽選契機となる特定の条件に該当しているか否かを判定するためのものである。ここで、特定条件としては、特定の当選、特定の入賞などが挙げられる。例えば、BB当選、特定の小役当選、特定の小役入賞などである。また、当選抽選の結果がハズレの場合を抽選契機としてもよい。この他、毎遊技ごとに昇格抽選等の抽選を行うか否かの抽選を行い、その結果が当選であるときを抽選契機としてもよい。
(変更抽選手段122)
変更抽選手段122は、前記特定条件判定手段121の判定に基づいて、特殊遊技の開始、昇格、上乗せ等に関する抽選を行うためのものである。
この変更抽選手段122の行う抽選には、昇格抽選、上乗せ抽選、移行抽選がある。そこで、これらの具体例を、通常遊技及び特殊遊技の昇格の概要を示した図6及び図7に基づいて以下に述べる。
(1)昇格抽選
昇格抽選とは、遊技ランクを昇格させるか否かの抽選である。ここで、特殊遊技は通常遊技よりも遊技者に付与可能な利益が大きい有利遊技であるので、弱ランク特殊遊技は通常遊技よりもランクが上となるものであり、昇格には、特殊遊技間の昇格だけでなく、通常遊技から特殊遊技への昇格も含むものである。
まず、図6に示すように、通常遊技中に前記特定条件判定手段121が特定条件該当と判定した場合には、通常遊技から弱ランク特殊遊技に昇格するか否かの抽選を行う。この昇格抽選に当選すると、所定回数、例えばNゲームの弱ランク特殊遊技が開始される。この場合、N値は予め定められていてもよいし、昇格抽選時に抽選により決定してもよい(以下、M、Lについても同じ)。また、図示したように、昇格当選後すぐに(次ゲームから)弱ランク特殊遊技を開始してもよいし、所定回数の遊技終了後又は所定の遊技区間(例えばBB)終了後に開始させてもよい。
弱ランク特殊遊技中に前記特定条件判定手段121が特定条件該当と判定した場合には、弱ランク特殊遊技から中ランク特殊遊技に昇格するか否かの抽選を行う。この昇格抽選に当選すると、所定回数、例えばMゲームの中ランク特殊遊技が開始される。同様に、中ランク特殊遊技中に前記特定条件判定手段121が特定条件該当と判定した場合には、中ランク特殊遊技から強ランク特殊遊技に昇格するか否かの抽選を行う。この昇格抽選に当選すると、所定回数、例えばLゲームの強ランク特殊遊技が開始される。この場合、図6に示したように、実行中の弱ランク又は中ランク特殊遊技を中止して中ランク又は強ランク特殊遊技に移行するようにしてもよいし、弱ランク特殊遊技Nゲーム又は中ランク特殊遊技Mゲームの終了後に、中ランク特殊遊技Mゲー又は強ランク特殊遊技Lゲームを開始するようにしてもよい。なお、昇格抽選に当選しなかった場合には、そのまま弱ランク特殊遊技Nゲーム又は中ランク特殊遊技Mゲームが行われる。
ここで、特殊遊技を昇格当選と同時に行わない場合には、例えば図7(A)に示すように、ある特殊遊技(昇格当選1により決定した弱ランク1の特殊遊技)の開始前に、前記特定条件判定手段121が特定条件該当と判定し昇格抽選が行われることもある。この昇格抽選の結果が昇格当選(昇格当選2)となった場合には、次の特殊遊技(昇格当選2により決定した弱ランク2の特殊遊技)を、前記弱ランク1の特殊遊技の終了後に開始させることができる。あるいは、弱ランク2の特殊遊技を中ランクに昇格し、前記弱ランク1の特殊遊技の終了後に開始させてもよい。また、弱ランク1の特殊遊技中に昇格抽選が行われ昇格当選(昇格当選3)となったときには、当該弱ランク1の残りの遊技数を中ランクに昇格し、次に実行を約束されている弱ランク2の特殊遊技も中ランクに昇格させるようにしてもよい。
さらに、ある特殊遊技の開始前に次の特殊遊技の実行が決定している場合であって、先の特殊遊技終了後、次の特殊遊技が開始されていない(潜伏している)ときに、前記特定条件判定手段121が特定条件該当と判定した場合には、潜伏している特殊遊技を昇格させるか否かの昇格抽選を行う。この昇格抽選に当選すると、潜伏中の特殊遊技は本来行われるはずの遊技ランクよりも一ランク上のランクで開始される(図7(B)参照)。未実行の特殊遊技が複数ある場合には、それら全てが昇格される。
なお、強ランク特殊遊技中に前記特定条件判定手段121が特定条件該当と判定した場合には、それ以上昇格できないので、昇格抽選は行わない。この場合、昇格抽選の代わりに、以下に述べる上乗せ抽選を行うことにより、遊技者に何らかの特典を付与するようにすることができる(図6参照)。
(2)上乗せ抽選
上乗せ抽選とは、予め定められている、又は一度決定した特殊遊技の回数を、所定回数増やすか否かの抽選である。上乗せ回数は予め定められていてもよいし、上乗せ回数も抽選により決定するようにしてもよい。
具体的には、図7(B)に示すように、所定ランクの特殊遊技(弱ランク2)が潜伏しているときに、前記特定条件判定手段121が特定条件該当と判定した場合に、未実行の特殊遊技について、遊技回数を上乗せするかどうかの抽選を行う。この上乗せ抽選は、昇格抽選とは別個に行うので、昇格抽選に外れても、上乗せ抽選に当選すれば、遊技ランクの昇格なしに所定回数、例えばP回分ゲームが上乗せされる。昇格抽選に当選し、上乗せ抽選にも当選した場合には、遊技ランクが昇格した上、P回分ゲームの上乗せ遊技も実行される。
なお、未実行の特殊遊技が複数ある場合には、それら全てに遊技の上乗せがされる。
(3)移行抽選
移行抽選とは、昇格抽選の抽選結果が「昇格当選」となり昇格が決定した特殊遊技を、いつ開始させるかの抽選である。これは、昇格当選に係る特殊遊技の開始時期が予め定められていない場合のみ行われる抽選である。
例えば、所定ランク特殊遊技が昇格当選した場合、当選後所定回数の遊技終了後に開始させるようにし、その開始までの遊技数を抽選により決定するものである。
このように、特殊遊技は、遊技中に行われる昇格抽選により、段階的に高いランクに移行可能に形成されているので、遊技者には、特殊遊技が成長していくイメージを与えることができるものである。この遊技パーターンを効果的に演出するために、遊技ランク表示手段140が設けられているが、これについては後述する。
(遊技データ記憶手段123)
遊技データ記憶手段123は、前記変更抽選手段122の抽選結果に基づいて、実行されるべき特殊遊技の実行遊技データ、すなわち遊技ランク、遊技回数、開始時期などを記憶し、記憶している実行遊技データに基づいて特殊遊技を行わせるためのものである。
具体的には、遊技データ記憶手段123は、通常遊技中における変更抽選手段122の抽選結果が「昇格当選」の場合には弱ランク、弱ランク特殊遊技中における変更抽選手段122の抽選結果が「昇格当選」の場合には中ランク、中ランク特殊遊技中における変更抽選手段122の抽選結果が「昇格当選」の場合には強ランクの遊技データを、それぞれ選択し記憶するように形成されている。さらに、変更抽選手段122の抽選結果に応じた開始時期、遊技回数等も記憶し、所定の開始条件に該当したら、当該実行遊技データに応じた特殊遊技を開始させる。なお、実行遊技データは、特殊遊技の実行前又は実行中における昇格抽選で当選となり、ランク、遊技回数等が変更された場合には、新しいデータに書き換えられる。そして、記憶された遊技データに係る特殊遊技が終了したら、当該遊技データはクリアされる。
また、遊技データ記憶手段123は、複数の特殊遊技についての実行遊技データを記憶可能である。すなわち、ある特殊遊技の実行前に昇格抽選が行われ、昇格当選となった場合には、先の昇格当選に係る特殊遊技と、次の昇格当選に係る特殊遊技の双方の実行遊技データを別個に記憶可能である。
(当選抽選手段110)
当選抽選手段110は、予め定めた抽選確率に基づいて当選役に係わる抽選を行うものである。そして、当選抽選手段110による抽選の結果、所定の当選役に当選である場合に当選フラグが成立し、この当選フラグ成立中に、回転リール40の停止図柄の組み合わせが予め定められた当選図柄と一致したことを条件に入賞し、遊技者にメダルの払い出しや、特別遊技等の利益が付与されるように設定されている。
上記当選抽選手段110は、図1に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)乱数発生手段111
(2)乱数抽出手段112
(3)当選判定テーブル113
(4)判定手段114
なお、当選抽選手段110としては、上記した(1)乃至(4)に限定されるものではない。
(乱数発生手段111)
乱数発生手段111は、当選抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進数で0〜65535)で発生させるものである。
(乱数抽出手段112)
乱数抽出手段112は、乱数発生手段111が発生する乱数を、所定の条件(例えば、スタートスイッチ30の操作)で抽出するものである。なお、この抽出した乱数を抽出乱数データとする。
なおここで、「乱数発生手段」としては、ソフト乱数としての平均採中法等で乱数を発生させることができるものの他に、一定範囲の数字を高速で1づつ加算するカウンタを用いて構成することもできる。例えば、0〜16383の範囲の数字を、1秒間に700万回程度順次繰り返すようにしたカウンタが考えられる。そして、「乱数抽出手段」としては、スタートスイッチを押したタイミングでカウンタの数字を読みとることなる。
このように形成すると、「乱数発生手段」では乱数を発生しているわけではないものの、「乱数抽出手段」によって抽出される数字は、あたかも乱数のような分布となる。このように、結果として乱数のような分布を示す数字が得られる手段を、ここでは「乱数発生手段」あるいは「乱数抽出手段」に含めて考えるものとする。
(当選判定テーブル113)
当選判定テーブル113は、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中、各当選項目の当選領域を有するものである。
(判定手段114)
判定手段114は、乱数抽出手段112が抽出した抽出乱数データと、当選判定テーブル113の抽選確率データを基に、乱数発生手段111がとる乱数の全領域中の各当選項目の当選領域からなる当選判定領域データとを照合し、当該抽出乱数データが属する当選領域に対応する当選を決定するものである。
(演出制御装置22)
演出制御装置22は、遊技制御装置21からの出力信号を受信して、遊技に付随する演出やその他の演出を行わせるためのものである。そして、演出制御装置22は、図1に示すように、当選報知手段130及び遊技ランク表示手段140を有している。
(当選報知手段130)
当選報知手段130は、所定の確率で当選確定告知の報知を行わせるためのものである。すなわち、当選報知手段130は、当選抽選手段110の抽選結果が所定の当選役に当選の場合には、遊技制御装置21からの当選信号を受信して、当選であることを表示装置66を用いて遊技者に報知するものである。ただし、この報知は必ず行わせるものとは限らず、例えば、報知を行うか否かの抽選結果基づいて行わせるものとすることができ、また、虚偽の報知を行わせることもできる。
なお、特殊遊技のうちアシストタイム遊技は、この当選報知手段130の制御により行われる。すなわち、特殊遊技制御手段120からの出力信号、具体的には、特殊遊技開始要請信号を受信して、遊技データ記憶手段123の記憶している遊技データら対応する回数、ランクの当選報知を行わせるものである。
(遊技ランク表示手段140)
遊技ランク表示手段140は、特殊遊技の遊技ランクを遊技者に報知するためのものである。すなわち、昇格抽選により遊技が昇格したことを遊技者に知らせることができるものであり、特に図示しないが、特殊遊技の各ランクに応じた演出データを記憶していると共に、特殊遊技制御手段120からの出力信号、具体的には、昇格当選信号を受信して、当該遊技ランクに対応する演出データを選択して、演出表示部67などに出力する。
この遊技ランク表示演出の具体例としては、特殊遊技が昇格するのにあわせて、液晶表示画面に表示されるストーリーが展開していくようなものが考えられる。例えば、RPG形式で敵を倒すと昇格するとか、植物や動物が昇格にあわせて成長する設定などとすることができる。
(スロットマシン10の動作)
次に、上記構成を備えたスロットマシンの動作の概略について、図3及び図4に示したフローを用いて説明する。
先ず、図3に示すステップ100において、スタートスイッチ30が操作されることにより、スタートスイッチ30がONとなる。そして、次のステップ101に進む。
ステップ101において、当選抽選手段110により抽選処理が行われる。そして、次のステップ102に進む。
ステップ102において、回転リール40の回転が開始する。そして、次のステップ103に進む。
ステップ103において、ストップスイッチ50が操作されることにより、ストップスイッチ50がONとなる。そして、次のステップ104に進む。
ステップ104において、回転リール40の回転停止処理が行われる。そして、次のステップ105に進む。
ステップ105において、三個の回転リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われたか否かが判定される。そして、三個の回転リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われたと判定された場合、次のステップ106に進む。
ステップ106において、当選フラグ成立中に当該当選フラグに対応する当選図柄が入賞有効ライン上に揃ったか否か、すなわち、入賞したか否かが判定される。そして、入賞したと判定された場合、次のステップ107に進む。
ステップ107において、当選図柄に相当するメダルが払い出される。そして、遊技が終了する。
前記ステップ105において、三個の回転リール40に対応するストップスイッチ50の操作が行われていないと判定された場合、ステップ103に戻る。
前記ステップ106において、入賞していないと判定された場合、ステップ107を飛び越して、遊技が終了する。
上述したステップ101の抽選処理について、図4のフローを用いて説明する。
ステップ200において、当選抽選手段110の乱数発生手段111により発生された乱数の中から乱数抽出手段112により乱数が抽出される。そして、次のステップ201に進む。
ステップ201において、抽出された乱数が乱数抽出手段112の内部に記憶される。そして、次のステップ202に進む。
ステップ202において、判定手段114により、抽出された乱数と、当選判定テーブル113の当選判定領域データとの比較が行われる。そして、次のステップ203に進む。
ステップ203において、判定手段114により、抽出された乱数が、当選判定テーブル113のどの当選領域に含まれるか決定され、抽選処理の評価が決定される。そして、抽選処理が終了する。
なお、抽選結果が所定の当選の場合には、当選フラグ成立手段120が抽選結果に応じた当選フラグを成立させる。そして、停止制御手段130がストップスイッチ50の押下位置と当選フラグの有無に基づいて、所定の停止テーブルを取得し、所得した停止テーブルに基づいて、回転リール40の停止制御を行う。
(特殊遊技の昇格抽選)
次に、特殊遊技制御手段120の制御について、図5のフローを用いて説明する。
まず、ステップ300において、特殊遊技の開始条件に該当しているかどうかを判断する。具体的には、昇格抽選に当選しており、かつ所定の特殊遊技開始条件(例えば、昇格当選後所定遊技区間の終了、実行中の所定遊技区間の終了など)に該当しているかどうかを判断する。特殊遊技の開始条件に該当すると判断した場合には、次のステップ301に進む。
ステップ301において、遊技データ記憶手段123の記憶している実行遊技データに基づいて、特殊遊技を開始する。そして、次のステップ302に進む。
前記ステップ300において、特殊遊技の開始条件に該当しないと判断した場合には、ステップ301を飛び越して、ステップステップ302に進む。
ステップ302において、昇格抽選を行うための特定条件に該当するかどうかを判断する。特定条件に該当しないと判断した場合には、次のステップ303に進む。
ステップ303において、実行中の特殊遊技が終了したかどうかを判断する。実行中の特殊遊技が終了しない場合、あるいは特殊遊技の実行中でない場合には、ステップステップ300に戻る。一方、実行中の特殊遊技が終了した場合には、次のステップ304に進む。
ステップ304において、遊技データ記憶手段123に記憶されている、終了した特殊遊技に係る実行遊技データをクリアする。そしてステップ300に戻る。
前記ステップ302において、特定条件に該当すると判断した場合には、ステップ305に進む。
ステップ305において、特定条件に該当したのが特殊遊技の潜伏中かどうかを判断する。すなわち、前回終了した特殊遊技の開始前に実行が決定している特殊遊技であって、未実行の特殊遊技が存在するかどうかを判断する。特殊遊技が潜伏中でないと判断した場合には、次のステップ306に進む。
ステップ306において、現在の遊技ランクが最高ランクの特殊遊技中、すなわち強ランク特殊遊技中であるかどうかを判断する。最高ランクの特殊遊技中でない場合、つまり通常遊技中もしくは弱ランク特殊遊技中又は中ランク特殊遊技中の場合には、次のステップ307に進む。
ステップ307において、変更抽選手段122が昇格抽選及び上乗せ抽選を行う。すなわち、通常遊技中の場合には弱ランク特殊遊技に昇格するか否か、弱ランク特殊遊技中又は中ランク特殊遊技中の場合には、中ランク特殊遊技中又は強ランク特殊遊技にそれぞれ昇格するか否かの抽選と、上乗せ遊技を行わせるか否かの抽選を行う。なおこのとき、各特殊遊技の遊技回数や昇格した特殊遊技をいつ開始するかの移行抽選を行ってもよい。そして、ステップ310に進む。
前記ステップ305において、特殊遊技が潜伏中と判断した場合には、ステップ308に進む。
ステップ308において、昇格抽選及び上乗せ抽選を行う。すなわち、潜伏中の特殊遊技を昇格させるか否か、及び上乗せ遊技を行わせるか否かの抽選を行う。このとき、上乗せ回数の抽選を行ってもよい。そして、ステップ310に進む。
前記ステップ306において、現在の遊技ランクが最高ランクの特殊遊技中であると判断した場合には、ステップ309に進む。
ステップ309において、上乗せ抽選を行う。すなわち、現在行われている最高ランクの特殊遊技に上乗せ遊技を付け足すか否かの抽選を行う。そして、次のステップ310に進む。
ステップ310において、変更抽選手段122の抽選の結果、遊技ランクや遊技回数が変更になったかどうかを判断する。遊技ランクや遊技回数が変更された場合、すなわち昇格抽選又は上乗せ抽選のいずれかもしくは双方に当選した場合には、次のステップ311に進む。
ステップス311において、遊技データ記憶手段123に記憶されている実行遊技データを、抽選結果に対応したものに書き換える。実行遊技データがクリアされている場合には、新たに書き込む。このとき、遊技ランクが昇格したことを報知する演出を行う。そして、特殊遊技の昇格抽選処理を終了する。
前記ステップ310において、変更抽選手段122の抽選の結果、遊技ランクや遊技回数が変更がない場合、すなわち昇格抽選にも上乗せ抽選にも当選しなかった場合には、そのまま特殊遊技の昇格抽選処理を終了する。
以上のように、本実施の形態によれば、遊技中の特定条件該当を契機に、遊技状態を段階的にランクアップさせていくことにより、どこまでアップさせることができるかという遊技に対する挑戦心を喚起することができ、さらに遊技が「成長する」というランクアップに対応した演出を行うことにより、より遊技者の興味をひくものとすることができる。
なお、上記の制御によれば、上乗せ抽選は特殊遊技の潜伏中又は強ランク特殊遊技中の場合のみ行われるようになっているが、それ以外の時、すなわち通常遊技中もしくは弱ランク特殊遊技中又は中ランク特殊遊技中における昇格抽選時にも、昇格に係る特殊遊技に上乗せ遊技を付加するか否かの抽選を行ってもよい。
(他の実施の形態)
上記した実施の形態は、遊技中の特定条件該当により、遊技ランクが徐々に昇格していくように形成したものであったが、遊技ランクが降格される場合を設けてもよいものである。
具体的には、変更抽選手段122に、遊技ランクを降格させるか否かの降格抽選を行わせ、抽選結果が降格当選の場合には、実行中の特殊遊技を付与可能な利益の少ない特殊遊技へと降格させるものである。なお、降格には、特殊遊技間の降格だけでなく、特殊遊技から通常遊技への降格も含む。だたし、通常遊技中は、降格抽選は行わない。降格抽選の契機は、昇格抽選と同時であってもよいし、降格抽選の契機とは別に降格抽選の契機を設け、その条件該当時に降格抽選を行うようにしてもよい。
遊技ランクの降格は、例えば強ランク特殊遊技中に降格当選したら中ランク特殊遊技に移行させるというように、段階的に降格させるものでもよいし、強ランクから弱ランクに降格する場合を設けてもよい。あるいは、通常遊技に降格される場合を設けてもよい。
このように、遊技ランクの降格を設けることにより、遊技者が緊張感を持って遊技を行える。ただし、せっかく通常遊技から特殊遊技に昇格したのに、すぐに降格して通常遊技に戻ってしまうのでは遊技者の興趣を削ぐので、降格は強ランク特殊遊技においてのみ行うようにしたり、降格当選となる確率を極めて低くするなどの配慮をするのが好ましい。
ところで、このスロットマシン10は、遊技機を、当選役に関する抽選を行うための当選抽選手段110、抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞として扱うための入賞手段、通常遊技を行わせるための通常遊技制御手段70、通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能であり、遊技者に付与可能な利益の大きさが異なる複数種類の特殊遊技を行わせるための特殊遊技制御手段120、及び、通常遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行う変更抽選手段122として機能させるための遊技機用プログラムによって制御することができる。
さらに、前記遊技用プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を用いて制御することができる。
前記入賞手段としては、前記遊技機用プログラムを用いてスロットマシンを制御する場合には、ホッパーユニット65を介して遊技者にメダルを払い出すように形成することができる。一方、前記遊技機用プログラムを用いて、業務用若しくは家庭用のテレビゲーム機を制御しようとする場合には、現実の遊技メダルの払い出しは行えないので、例えば液晶ディスプレイやCRT等の画像表示装置に、獲得メダル数の枚数表示をしたり、メダルの増減がわかるような絵(動画でも静止画でもよい)を表示するように形成することができる。
本発明の実施の形態であって、スロットマシンの入力、制御及び出力を示すブロック図である。 本発明の実施の形態であって、スロットマシンを示す外観正面図である。 本発明の実施の形態であって、スロットマシンの動作の概略を示すフローである。 本発明の実施の形態であって、スロットマシンの動作のうち、抽選処理の概略を示すフローである。 本発明の実施の形態であって、特殊遊技制御手段の作動の概略を示すフローである。 本発明の実施の形態であって、特殊遊技の昇格の概要を示す図である。 本発明の実施の形態であって、特殊遊技の昇格の概要を示す図である。
符号の説明
10 スロットマシン 11 筺体
12 表示窓 13 図柄表示窓
15 投入スイッチ 16 ベットスイッチ
17 精算スイッチ 20 制御装置
21 遊技制御装置 22 演出制御装置
30 スタートスイッチ 40 回転リール
42 リールテープ 50 ストップスイッチ
60 リールユニット 65 ホッパーユニット
66 表示装置 67 演出表示部
68 ランプ 69 スピーカ
70 通常遊技制御手段 80 特別遊技制御手段
90 特定導入遊技制御手段 100 特定遊技制御手段
110 当選抽選手段 111 乱数発生手段
112 乱数抽出手段 113 当選判定テーブル
114 判定手段
120 特殊遊技制御手段 121 特定条件判定手段
122 変更抽選手段 123 遊技データ記憶手段
130 当選報知手段 140 遊技ランク表示手段

Claims (7)

  1. 遊技機の作動を制御すると共に、当選役に関する抽選を行うための遊技制御装置を有し、抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞となる遊技機であって、
    前記遊技制御装置は、通常遊技を行わせるための通常遊技制御手段と、通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能な特殊遊技を行わせるための特殊遊技制御手段を備える遊技機において、
    前記特殊遊技制御手段は、
    遊技者に付与可能な利益の大きさがそれぞれ異なる複数の特殊遊技を行わせることができるとともに、
    遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を実行可能な変更抽選手段を有し、
    前記変更抽選手段の決定に基づいて、特殊遊技を実行可能に形成されていることを特徴とする遊技機。
  2. 前記変更抽選手段は、昇格に係る特殊遊技の実行回数を、抽選により決定可能に形成されていることを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 前記変更抽選手段は、昇格抽選により昇格が決定した特殊遊技の開始時期を、抽選により決定可能に形成されていることを特徴とする請求項1又は2記載の遊技機。
  4. 前記変更抽選手段は、決定している特殊遊技の実行回数について、上乗せ遊技を加算するための上乗せ抽選を実行可能に形成されていることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の遊技機。
  5. 前記変更抽選手段は、特殊遊技中に特定条件に該当した場合には、その特殊遊技を当該遊技よりも付与可能利益の少ない遊技に降格させるか否かの降格抽選を実行可能に形成されていることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の遊技機。
  6. 遊技機を、
    当選役に関する抽選を行うための当選抽選手段、
    抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞として扱うための入賞手段、
    通常遊技を行わせるための通常遊技制御手段、
    通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能であり、遊技者に付与可能な利益の大きさが異なる複数種類の特殊遊技を行わせるための特殊遊技制御手段、
    及び、通常遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行う変更抽選手段として機能させるための遊技機用プログラム。
  7. 遊技機を、
    当選役に関する抽選を行うための当選抽選手段、
    抽選の結果、所定の当選役に当選し、かつ、遊技状況が予め定められた態様になることにより入賞として扱うための入賞手段、
    通常遊技を行わせるための通常遊技制御手段、
    通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能であり、遊技者に付与可能な利益の大きさが異なる複数種類の特殊遊技を行わせるための特殊遊技制御手段、
    及び、通常遊技中の特定条件該当により、通常遊技から特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行い、特殊遊技中の特定条件該当により、その特殊遊技からさらに大きな利益を付与可能な特殊遊技に昇格させるか否かの昇格抽選を行う変更抽選手段として機能させるための遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。

JP2003297828A 2003-08-21 2003-08-21 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体 Pending JP2005065862A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003297828A JP2005065862A (ja) 2003-08-21 2003-08-21 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003297828A JP2005065862A (ja) 2003-08-21 2003-08-21 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005065862A true JP2005065862A (ja) 2005-03-17

Family

ID=34403548

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003297828A Pending JP2005065862A (ja) 2003-08-21 2003-08-21 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005065862A (ja)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007105375A (ja) * 2005-10-17 2007-04-26 Heiwa Corp 遊技機
JP2007319319A (ja) * 2006-05-31 2007-12-13 Aruze Corp 遊技機
JP2007319318A (ja) * 2006-05-31 2007-12-13 Aruze Corp 遊技機
JP2009005818A (ja) * 2007-06-27 2009-01-15 Samii Kk スロットマシン
JP2009005817A (ja) * 2007-06-27 2009-01-15 Samii Kk スロットマシン
JP2009060957A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2009060963A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2009178339A (ja) * 2008-01-31 2009-08-13 Taiyo Elec Co Ltd 回胴式遊技機
JP2011160844A (ja) * 2010-02-05 2011-08-25 Fujishoji Co Ltd 回胴式遊技機
JP2014144334A (ja) * 2014-01-17 2014-08-14 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014144335A (ja) * 2014-01-17 2014-08-14 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014180441A (ja) * 2013-03-19 2014-09-29 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2015047396A (ja) * 2013-09-03 2015-03-16 株式会社ニューギン 遊技機
JP2015112246A (ja) * 2013-12-11 2015-06-22 株式会社ソフイア スロットマシン
JP2016005708A (ja) * 2015-09-11 2016-01-14 株式会社三洋物産 遊技機
JP2016073781A (ja) * 2016-01-08 2016-05-12 株式会社三洋物産 遊技機
JP2019069212A (ja) * 2014-01-31 2019-05-09 株式会社三洋物産 遊技機

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007105375A (ja) * 2005-10-17 2007-04-26 Heiwa Corp 遊技機
JP2007319319A (ja) * 2006-05-31 2007-12-13 Aruze Corp 遊技機
JP2007319318A (ja) * 2006-05-31 2007-12-13 Aruze Corp 遊技機
JP2009005818A (ja) * 2007-06-27 2009-01-15 Samii Kk スロットマシン
JP2009005817A (ja) * 2007-06-27 2009-01-15 Samii Kk スロットマシン
JP2009060957A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2009060963A (ja) * 2007-09-04 2009-03-26 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2009178339A (ja) * 2008-01-31 2009-08-13 Taiyo Elec Co Ltd 回胴式遊技機
JP2011160844A (ja) * 2010-02-05 2011-08-25 Fujishoji Co Ltd 回胴式遊技機
JP2014180441A (ja) * 2013-03-19 2014-09-29 Newgin Co Ltd 遊技機
JP2015047396A (ja) * 2013-09-03 2015-03-16 株式会社ニューギン 遊技機
JP2015112246A (ja) * 2013-12-11 2015-06-22 株式会社ソフイア スロットマシン
JP2014144334A (ja) * 2014-01-17 2014-08-14 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2014144335A (ja) * 2014-01-17 2014-08-14 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2019069212A (ja) * 2014-01-31 2019-05-09 株式会社三洋物産 遊技機
JP2016005708A (ja) * 2015-09-11 2016-01-14 株式会社三洋物産 遊技機
JP2016073781A (ja) * 2016-01-08 2016-05-12 株式会社三洋物産 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005065862A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2005065863A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP3905336B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP3751228B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記憶媒体
JP2009066279A (ja) 遊技機
JP2007209427A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2005296210A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2005066032A (ja) スロットマシン、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2007050014A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2007185339A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び、遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP4275076B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP3751234B2 (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2004236841A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読みとり可能な記録媒体
JP2009219820A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2003000809A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP4203429B2 (ja) 遊技機
JP2005143527A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2005027757A (ja) スロットマシン、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2007252691A (ja) 遊技機
JP2007209425A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体
JP2006255146A (ja) 遊技機、遊技機用プログラム、及び、遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2006175259A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP4047076B2 (ja) 遊技機、遊技機用プログラム及び遊技機用プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
JP2005118338A (ja) 遊技機又はプログラム
JP2006204545A (ja) 遊技機及び遊技機用プログラム及び記録媒体

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071004

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20071005

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071203

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080228