JP2005046613A - Golf ball with water vapor barrier layer and its manufacturing method - Google Patents

Golf ball with water vapor barrier layer and its manufacturing method Download PDF

Info

Publication number
JP2005046613A
JP2005046613A JP2004193172A JP2004193172A JP2005046613A JP 2005046613 A JP2005046613 A JP 2005046613A JP 2004193172 A JP2004193172 A JP 2004193172A JP 2004193172 A JP2004193172 A JP 2004193172A JP 2005046613 A JP2005046613 A JP 2005046613A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
golf ball
barrier layer
core
inches
weight
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004193172A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005046613A5 (en
Inventor
Christopher Cavallaro
Matthew F Hogge
Michael D Jordan
Constantine A Kondos
カバラロ クリストファー
エイ. コンドス コンスタンチン
ディー. ジョーダン マイケル
エフ. ホッジ マチュー
Original Assignee
Acushnet Co
アクシュネット カンパニーAcushnet Company
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US10/611,833 priority Critical patent/US7004854B2/en
Application filed by Acushnet Co, アクシュネット カンパニーAcushnet Company filed Critical Acushnet Co
Publication of JP2005046613A publication Critical patent/JP2005046613A/en
Publication of JP2005046613A5 publication Critical patent/JP2005046613A5/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a solid core golf ball capable of preventing deterioration of ball characteristics caused by absorbing water vapor or moisture. <P>SOLUTION: The golf ball has a core, a barrier layer for wrapping the core, and a cover for wrapping the barrier layer. The barrier layer has water vapor permeability lower than that of the cover. The barrier layer contains a thermoplastic or thermosetting composition formed by dispersing microparticles in a binder. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

この発明はゴルフボールに関し、特に、ゴルフボールの新規な配合物および構造に関する。 This invention relates to golf balls and, more particularly, to novel formulations and for a golf ball.

合衆国ゴルフ協会(「USGA」)は、ゴルフボールの一貫性を保持するために5つの規則を設けている。 United States Golf Association ( "USGA") is provided with a five rules in order to maintain the consistency of the golf ball. 特に、ゴルフボールの重量は1.62オンス(45.9g)未満でなければならず、その寸法は直径で1.68インチ(4.27cm)未満でなければならない。 In particular, the weight of the golf ball must be less than 1.62 ounces (45.9g), the size must be less than 1.68 inches in diameter (4.27cm). 設定クラブヘッド速度でUSGAのマシンでテストしたときにボールの初速度が255ft/秒(77.7m/秒)を超えてはならない。 Initial velocity of the ball when tested in USGA machine set club head speed should not exceed 255ft / sec (77.7m / s). USGAが指定したドライバで160ft/秒(48.8m/秒)で10度の打ち出し角度でテストしたボールの全体の飛距離が296.8ヤード(271.4m)を超えてはならない。 USGA is the entire distance of the test at the launch angle of 10 degrees at 160ft / sec (48.8m / s) with the specified driver ball shall not exceed 296.8 yards (271.4m). さらに、USGAが管理する対称性テストに通らなければならない。 In addition, it must pass the symmetry test the USGA is managed. これらのガイドラインのもと、当業者は、ボールの種々の部分の配合物、構造および表面形態を変更して、所定の組み合わせの性能特性を実現できる。 Under these guidelines, those skilled in the art, the formulation of the various parts of the ball, by changing the structure and surface morphology, it is possible to realize performance characteristics of a given combination.

ソリッドコアゴルフボールはこの分野では周知であり、ポリブタジエンゴム材料により製造され、このポリブタジエンゴム材料がその高架橋密度とともにゴルフボールの弾力性の源泉となる。 Solid core golf balls are well known in the art, manufactured by polybutadiene rubber material, polybutadiene rubber material is resilient source of the golf ball with its high crosslink density. ソリッドコア、たとえば過酸化物および/または亜鉛ジアクリレートで架橋したポリブタジエン(複数種)をベースとするソリッドコアの欠点として、水蒸気や湿気を吸収に対して好ましくない変化を伴い、これにより、コアの弾力性が減少し、他のボール特性たとえば圧縮率、初速度、反発係数(Coefficient Of Restitution)を劣化させる。 Solid core, as disadvantages of solid core based on cross-linked polybutadiene (s), for example peroxide and / or zinc diacrylate, accompanied by undesirable changes with respect to the absorption of water vapor and moisture, thereby, the core elasticity is reduced, the other ball properties such as compression ratio, deteriorates the initial velocity, coefficient of restitution (coefficient of restitution). このため、ソリッドコアは通常ではカバーで包まれ湿気の進入からシールドし、ボール特性を最適に保持するようになっている。 Thus, solid core is normally shielded from the ingress of moisture wrapped with a cover, so as to optimally retain the ball properties. 通常のカバー材料には、バラタ(ポリイソプレン)、アイオノマー樹脂、ポリウレタン、ポリ尿素、その他が含まれる。 A typical cover material, balata (polyisoprene), include ionomer resins, polyurethanes, polyureas, and other. ポリウレタンおよびポリ尿素のカバーはその柔らかさの点で好ましが、湿気バリヤ特性が劣っている。 Cover polyurethanes and polyureas preferable in terms of its softness, but moisture barrier properties are poor. したがって、ポリブタジエンコアとポリウレタンまたはポリ尿素のカバーとからなるボールを長期に渡って高密度高温下に置くときに重大な問題が生じる。 Thus, a significant problem when a ball comprising a cover polybutadiene core and a polyurethane or polyurea for a long time placed under high density and high temperature occurs.

いくつかの先行特許が水蒸気吸収問題を扱っている。 Some of the prior patents are dealing with water vapor absorption problem. 米国特許第5,820,488号は、カバーより水蒸気透過率が低いバリア層を開示している。 U.S. Patent No. 5,820,488, the water vapor permeability discloses a lower barrier layer than the cover. このバリア層は、ポリビニリデンクロライド、バーミキュライト、または、それ自体の反応を通じてコア上に被着されるバリア生成材料から形成される。 The barrier layer is polyvinylidene chloride, vermiculite, or is formed from the barrier generating material is deposited on the core via reaction itself. 米国特許第5,875,891号は、ゴルフボールが保管時に水分を吸収するのを制約する不浸透性のパッケージングを開示している。 US Pat. No. 5,875,891, the golf ball is disclosed a impermeable packaging to constrain to absorb moisture during storage. 米国特許第5,885,172号および同第6,132,324号は、ボールの他の特性に悪影響を与えることなく水蒸気が浸透するのをある程度阻止する、薄く、硬い、アイオノマーベースの内側カバーを開示している。 No. 5,885,172 and EP 6,132,324, to some extent to prevent the penetrating moisture without adversely affecting other properties of the ball, thin, hard, ionomer-based inner cover It discloses. 米国特許第6,232,389号は、空気充填またはガス充填のゲームボール用のバリア層を開示しており、これは、エラストマーの水溶液、分散掘削層フィラー、および界面活性剤から生成される。 U.S. Patent No. 6,232,389 discloses a barrier layer for a game ball of air-filled or gas-filled, which is an aqueous solution of the elastomer is produced from distributed excavation layer filler, and a surfactant. 米国特許第6,398,668号はエチレンビニルアルコールコポリマーから構成された酸素バリア層を開示している。 U.S. Patent No. 6,398,668 discloses an oxygen barrier layer composed of an ethylene-vinyl alcohol copolymer.

しかしながら、バリア層が改善された他のボールが依然として求められ、またゴルフボールにおいてそのようなバリア層を被着する改善された方法が依然として求められている。 However, the barrier layer is required other balls improved still also an improved method of depositing such a barrier layer in the golf ball is still a need.

この発明は、コア、このコアを包むバリア層、および、このバリア層を包み込むカバーを具備し、カバーよりバリア層の方が小さな水蒸気透過率を有するゴルフボールに向けられている。 The present invention, the core, barrier layer enveloping the core, and, equipped with a cover encasing the barrier layer, towards the barrier layer from the cover is directed to a golf ball having a small water vapor transmission rate. バリア層は、マイクロ粒子、例えば、ファイバー、ウィスカー、金属フレーク、雲母粒子、ナノ粒子、またはそれらの組み合わせを、合成ゴム、天然ゴム、ポリオレフィン、スチレンポリマー、単一サイト触媒ポリマー、またはこれらの組み合わせを含むバインダ中に分散させた、熱可塑性または熱硬化性配合物から生成される。 Barrier layer, microparticles, for example, fibers, whiskers, metal flakes, mica particles, nanoparticles, or combinations thereof, synthetic rubber, natural rubber, polyolefins, styrene polymers, single-site catalyzed polymer, or a combination thereof It is dispersed in a binder containing, produced from a thermoplastic or thermoset formulation. 適切なスチレンポリマーには、スチレン−ブタジエンコポリマー、ポリ(スチレン−コ−無水マレイン酸)、アクリロニトリル−ブチレン−スチレンコポリマー、スチレン−オレフィンブロックコポリマー、ポリ(スチレンスルフォネート)、および、これらの組み合わせが含まれ、スチレン−オレフィンブロックコポリマーがとくに好ましい。 Suitable styrenic polymers include styrene - butadiene copolymers, poly (styrene - co - maleic anhydride), acrylonitrile - butylene - styrene copolymer, styrene - olefin block copolymers, poly (styrene sulfonate), and combinations thereof including, styrene - olefin block copolymer is particularly preferred. 適切な金属フレーク(好ましくはリーフィング)にはアルミニウムフレーク、酸化鉄フレーク、銅フレーク、青銅フレーク、およびこれらの組み合わせが含まれ、とくに酸化アルミニウムを含むアルミニウムフレークが好ましい。 Suitable metal flakes (preferably leafing) The aluminum flakes, iron oxide flakes, copper flakes, bronze flakes, and include a combination of these, in particular aluminum flake containing aluminum oxide are preferable. 撥水性の曲がりくねったパスをバリア層を横切って生成するための手段として、約4ミクロンから約335ミクロンの粒子サイズのマイクロ粒子がバインダに対して重量で約50phrから約250phrを用いる。 The serpentine repellent paths as means for generating across the barrier layer, the micro-particles having a particle size of from about 4 microns to about 335 microns using about 250phr about 50phr by weight with respect to the binder. 好ましくは粒子対バインダの重量比は約1対約2である。 Preferably the weight ratio of particles to binder is from about 1 to about 2.

バリア層の配合物は、架橋剤と一体にでき、熱硬化性となる。 Formulation of the barrier layer, the crosslinking agent and can be integrated, the thermosetting. 適切な架橋剤には、ポリオレフィンポリオール、例えば水素化(hydrogenated)ポリブタジエンポリオールが含まれる。 Suitable crosslinking agents include polyolefin polyols, such as hydrogenated (hydrogenated) polybutadiene polyol. これは、バインダ100重量部に対して、少なくとも約10部、好ましくは少なくとも約20部存在する。 This means that for 100 parts by weight of the binder, of at least about 10 parts, preferably present at least about 20 parts. 配合物はさらに触媒、カップリング剤または双方を含んでも良い。 Formulation further catalyst may include a coupling agent, or both. カップリング剤を用いて、マイクロ粒子をゴムバインダにバインドしたり、下側の基体(コアまたは層)、および/または、バリア層の上方に配されたカバーまたは層に直接に固着させる。 Using a coupling agent, or bind the microparticles Gomubainda, lower side of the substrate (core or layer), and / or to fix directly to the cover or layer disposed over the barrier layer. バリア層の厚さは好ましくは約0.02インチより小さく、好ましくは約0.001から約0.01インチであり、最も好ましくは約0.002インチから約0.007インチである。 The thickness of the barrier layer is preferably less than about 0.02 inches, preferably from about 0.001 about 0.01 inches, and most preferably from about 0.002 inches to about 0.007 inches.

バリア層は、このような配合物から生成され、好ましくは、その水蒸気透過率は約0.95グラム・mm/(平方メートル・日)より小さく、より好ましくは0.65グラム・mm/(平方メートル・日)より小さく、スオード(Sward)硬度は約5から約20であり、鉛筆硬度は約5Bから約Fであり、比重は約1g/ccから約1.5g/ccであり、より好ましくはコアの比重より少なくとも約0.1g/ccだけ大きい。 Barrier layer, such generated from a formulation, preferably, the water vapor transmission rate is less than about 0.95 g · mm / (square meter-day), more preferably 0.65 g · mm / (square meter, day) than smaller, Sward (Sward) hardness of from about 5 to about 20, pencil hardness was about 5B about F, specific gravity of about 1 g / cc to about 1.5 g / cc, more preferably core of at least about 0.1g / cc greater than the specific gravity. バリア層を被覆する好ましい方法には、スプレイまたは浸漬が含まれ、この場合、配合物は、芳香族炭化水素、ケトン、アセテート、アルコール、エステルまたはこれらの組み合わせを含む非水溶液溶媒系に分散される。 A preferred method for coating the barrier layer, include spray or immersion, in this case, the formulation is dispersed in a non-aqueous solvent system comprising aromatic hydrocarbons, ketones, acetates, alcohols, esters, or combinations thereof . 溶媒担持の分散体は、好ましくは少なくとも約15%、より好ましくは少なくとも約30%の固形内容物を含み、粘度は好ましくは約300cpsから約1500cpsである。 Dispersion of the solvent-bearing preferably comprises at least about 15%, more preferably at least about 30% of the solids content, viscosity is preferably from about 300cps to about 1500 cps.

好ましい実施例では、コアの直径は少なくとも約1.55インチであり、好ましくは約1.62インチであり、バリア層の厚さは約0.02インチよりも小さく、カバーの厚さは約0.08インチよりも小さく、好ましくは約0.03インチよりも小さい。 In a preferred embodiment, at least about 1.55 inches in diameter of the core, preferably about 1.62 inches, the thickness of the barrier layer is less than about 0.02 inches, the thickness of the cover is about 0 .08 less than inch, less than preferably about 0.03 inches. コアは単一ピースのソリッドコアでよく、これは、ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエンと、ポリブタジエン100重量部に対して約15部より多くの量の架橋剤と、オプションの可塑剤とから成る。 The core may be a solid core of a single piece, which consists of a Mooney viscosity of about 35 greater than polybutadiene, and amounts of crosslinking agent than about 15 parts per polybutadiene 100 parts by weight, an optional plasticizer . 単一ピースのコアの直径は好ましくは1.62インチから約1.64インチであり、圧縮率は約100より小さく、100kg時の撓み量は約1.5mmより大きく、反発係数は約0.78より大きく、比重は約1.4g/ccより小さく、周囲の硬度は中央の硬度より少なくとも約5ショアCだけ大きい。 A core preferably about 1.64 inches from 1.62 inches in diameter single piece, the compression ratio is less than about 100, the deflection amount at the time of 100kg is greater than about 1.5 mm, the coefficient of restitution of about 0. greater than 78, a specific gravity of less than about 1.4 g / cc, around the hardness is greater by at least about 5 Shore C than the center hardness.

代替的には、コアはセンタおよびこのセンタを包む外側コア層を含む。 Alternatively, the core comprises an outer core layer surrounding the center and the center. センタは、ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエンと、ポリブタジエン100重量部に対して約15部から約40部の量の架橋剤と、リグリンドまたはフィラーと、オプションの可塑剤とから成る。 Center consists of a Mooney viscosity of about 35 greater than polybutadiene, and cross-linking agent of from about 15 parts in the amount of about 40 parts per polybutadiene 100 parts by weight, and the regrind or filler, an optional plasticizer. センタの直径は約0.5インチから約1.6インチであり、その圧縮率は約10から約100であり、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きい。 The diameter of the center is from about 0.5 inches about 1.6 inches, the compression ratio is from about 10 to about 100, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm. 外側コア層は約60ショアCより大きな材料硬度を有し、ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエンと、ポリブタジエン100重量部に対して約25部から約55部の量の架橋剤と、リグリンドまたはポリイソプレンまたはフィラーと、オプションの可塑剤とから成る。 Outer core layer has a greater material hardness than about 60 Shore C, a Mooney viscosity of about 35 greater than polybutadiene, the amount of crosslinking agent from about 25 parts to about 55 parts per polybutadiene 100 parts by weight, regrind or poly It consists of isoprene or filler, an optional plasticizer.

カバーは、好ましくは、熱可塑性ポリウレタン、熱硬化性ポリウレタン、熱可塑性ポリ尿素、または、熱硬化性ポリ尿素からなる配合物を含む。 The cover preferably comprises thermoplastic polyurethane, thermoset polyurethane, thermoplastic polyurea, or a formulation comprising a thermosetting polyurea. カバー配合物は、好ましくは、約25ショアDから約65ショアDの材料硬度を有し、その曲げ弾性率は少なくとも約2000psiである。 Cover formulation, preferably from about 25 Shore D has a material hardness of about 65 Shore D, the flexural modulus is at least about 2000 psi. カバーはその最外表面に好ましくは約250から約450のディンプルを有する。 The cover preferably has between about 250 to about 450 dimples on its outermost surface. 生成されたゴルフボールは、好ましくは、約110より小さい圧縮率を有し、その反発係数は約0.79より大きく、その慣性モーメントは約84g・平方cmより小さく、そして、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きい。 The generated golf ball, preferably, has about 110 less than the compression ratio is greater than a coefficient of restitution of about 0.79, its moment of inertia is less than about 84 g · sq cm, and, the amount of deflection at 100Kg greater than about 1.5mm.

[定義] [Definition]

用語「ポリアール」(polyahl)または「反応性ポリアール」は、ここでは、分子あたり複数の活性水素成分を含む任意の1の化合物または化合物の混合物を指す。 The term "polyahl" (polyahl) or "reactive polyahl" is used herein refers to a mixture of any one compound or a compound containing a plurality of active hydrogen components per molecule. そのような活性水素成分の説明的な例は、−OH(ヒドロキシ基)、−SH(チオール基)、−COOH(カルボキシル基)、−NHR(アミン基)であり、Rは、水素、アルキル、アリール、またはエポキシであり、それらはすべて一次または二次である。 Illustrative examples of such active hydrogen component is -OH (hydroxy group), - SH (thiol group), - COOH (carboxyl group), - a NHR (amine group), R is hydrogen, alkyl, aryl, or epoxy, they are all primary or secondary. これら活性水素成分は、遊離イソシアネート基と反応してウレタン、尿素、チオ尿素またはここの反応する活性水素成分に応じた対応する結合を生成する。 These active hydrogen component generates urethane react with free isocyanate groups, urea, the corresponding coupling according to thiourea or reaction to active hydrogen component here. ポリアールは、モノマー、ホモオリゴマー、コ−オリゴマー、ホモポリマー、または、コポリマであってよい。 Polyahl is a monomer, homo- oligomers, co - oligomer, homopolymer, or may be a copolymer. 主鎖の各末端に少なくとも1つのNCO−反応基を持つオリゴマーおよびポリマのポリアールは、典型的には、ポリ尿素およびポリウレタンのような反応生成物中でソフトセグメントとして採用される。 Polyahl oligomers and polymers having at least one NCO- reactive groups at each end of the main chain are typically employed as a soft segment in the reaction product, such as polyurea and polyurethane. 末端の基に応じて、オリゴマーおよびポリマのポリアールは、ポリオール(−OH末端のみ)、ポリアミン(−NHR末端のみ)またはアミノアルコールオリゴマーまたはポリマ(−OHおよび−NHR末端の双方)として認識される。 Depending on the end of the group, polyahl oligomers and polymers, polyols (-OH terminus only), it is recognized as a polyamine (-NHR terminal only) or amino alcohols oligomer or polymer (both -OH and -NHR ends). このような比較的低分子量(約5000より小さい)のポリアールおよび広範囲のモノマーポリアールは硬化剤として使用される。 Polyahl and extensive monomers polyahls such relatively low molecular weight (about less than 5000) are used as the curing agent. ポリアールは、一般的には、液体、または比較的低い温度で溶解する個体である。 Polyahl is generally a solid that dissolves the liquid or at relatively low temperatures.

用語「飽和」または「実質的な飽和」は、ここでは、対象の化合物または材料が十分に飽和している(すなわち、二重結合、三重結合または芳香族環構造を含まない)ことを意味し、または、非飽和の程度が無視できること例えばASTM E234−98に従った臭素価が10より小さく、好ましくは5より小さいことを意味する。 The term "saturated" or "substantial saturation" as used herein, compounds or materials of interest are sufficiently saturated (i.e., the double bond, do not contain triple bonds or aromatic ring structure) that means or, a bromine number in accordance with that example ASTM E234-98 degree of non-saturation is negligible is less than 10, it means that preferably less than 5. 飽和化合物には、脂肪族、脂環式、全水酸化(fully hydrogenated)の化合物が含まれる。 The saturated compounds, aliphatic, cycloaliphatic, include compounds of the total hydroxide (fully hydrogenated).

用語「パーセントNCO」または「%NCO」は、ここでは、遊離、反応性、未反応のイソシアネート官能基の、イソシアネート官能分子または材料中の重量パーセントを指す。 The term "percent NCO" or "% NCO" is used herein refers to the free, reactive, isocyanate functional groups unreacted, the weight percent of the isocyanate functional molecules or materials. 分子または材料中のすべてのNCO基の全式量が、その全分子量で割られ、100を乗じたものが、パーセントNCOに等しい。 All formula weight of all the NCO groups of the molecule or material is divided by the total molecular weight, is multiplied by 100 equals percent NCO.

用語「等価」は、ここでは、材料の所定量中の官能基のモル数で定義され、材料の重量を等価重量で割ったものから計算される。 The term "equivalent" is used herein is defined by the number of moles of functional groups in a given amount of material is calculated from a value obtained by dividing the weight of the material at the equivalent weight. 後者は官能基あたりの分子量を指す。 The latter refers to the molecular weight per functional group. イソシアネートについては、等価重量は(4210グラム)/%NCOであり、ポリオールについては、(56100グラム)/OH#である。 For the isocyanate, the equivalent weight is (4210 g) /% NCO, for the polyols, (56100 g) / OH #.

用語「曲げ弾性率」または「係数」は、ここでは、材料の弾性限度(曲げモードで測定されるときの)内の歪みに対する応力の比率を意味し、引っ張り弾性率と類似である。 The term "flexural modulus" or "factor" is here meant the ratio of stress to strain in the (when measured in the bending mode) elastic limit of the material, which is similar to the tensile modulus. この特性は、材料の曲げ剛性を示すのに使用される。 This property is used to indicate the flexural rigidity of the material. 曲げ弾性率は、典型的にはパスカル(「Pa」)または平方インチ当たりのポンド(pounds per squre inches。psi)で報告され、ASTM D6267−02により導出される。 Flexural modulus is typically reported in Pascals ( "Pa") or pounds per square inch (pounds per squre inches.psi), is derived by ASTM D6267-02.

用語「水蒸気透過率」(Water Vapor Transition Rate。「WPTR」)は、ここでは、所定厚さの材料を通じて単位面積、単位時間、特定の温度、湿度さのもとで拡散する水蒸気の量を指す。 The term "water vapor transmission rate" (Water Vapor Transition Rate. "WPTR") is that a given thickness unit area through the material of the unit time refers to the amount of water vapor diffusion under specific temperature, humidity of . WVTRの標準的なテストには、ASTM E96−00、ASTM F1249−90、ASTM F372−99等が含まれる。 The standard test of WVTR, ASTM E96-00, ASTM F1249-90, include ASTM F372-99 like.

用語「アスペクト比」は、ここでは、小平板(platelet)粒子の横方向寸法の厚さに対する比である。 The term "aspect ratio" herein is the ratio of the thickness of the lateral dimension of Kodaira plate (platelet) particles. 用語「実効アスペクト比」はラバーやポリマー組織のようなバインダ中に分散したフレーク粒子のアスペクト比を指す。 The term "effective aspect ratio" refers to aspect ratios of dispersed flake particles in a binder such as rubber and polymer systems. フレークは、単一のフレークとして分離されているのではなく、むしろ、多くの形態、例えば、アグロメレート(集塊)として知られる、数10または数100の塊(バンドル)として存在するであろう。 Flakes, rather than being isolated as a single flake, but rather, many forms, for example, known as agglomerates (agglomerates) will be present as a number 10 or number 100 mass (bundle). バンドルすなわちアグロメレートのアスペクト比(すなわち、実効アスペクト比)は、単一のフレークのそれより通常かなり小さくなり、バインダ中のフレークのバリア特性に直接影響を与える。 The aspect ratio of the bundle i.e. agglomerates (i.e., the effective aspect ratio) is usually much smaller than that of a single flake, directly affects the barrier properties of the flakes in the binder.

用語「材料硬度」は、ここでは、スラブまたはボタンの形をした非金属材料の押込み硬度であり、ジュロメータで測定される。 The term "material hardness" here is the indentation hardness of the non-metallic material in the form of slabs or button, it is measured by a durometer. ジュロメータは、バネ荷重の圧子を具備し、この圧子がスラブに押込み荷重を架け、その硬度を測定する。 Durometer may comprise an indenter spring loaded, this indenter applying a pushing force to the slab, measuring its hardness. 材料硬度は、他の材料特性、例えば、引っ張り弾性率、レジリエンス、可塑性、圧縮抵抗および弾性に間接的に影響を与える。 Material hardness, other material properties, for example, provide the tensile modulus, resilience, plasticity, indirectly affecting the compression resistance and elasticity. 材料硬度の標準測定には、ASTM D2240−02bが含まれる。 The standard measure of material hardness include ASTM D2240-02b. とくに言及しない場合には、材料硬度はショアD単位で表される。 Especially if not to mention, the material hardness is expressed in Shore D units. 材料硬度は、ゴルフボール表面で(または他の球鏡面で)直接に測定される、ゴルフボール部分の硬度とは区別される。 Material hardness, golf ball surface (or other sphere mirror) is measured directly, it is distinguished from the hardness of the golf ball portion. 数値上の相違は、主に、ゴルフボール部品(すなわちセンタ、コアおよび/または層)の当該部分の根底にある構造、大きさ、厚さ、および材料組成に基づく。 Difference numerical mainly golf ball components (i.e. center core and / or layer) structure that underlie the portion of the size, based on the thickness and material composition. 当業者にとっては、材料硬度とボール上で測定した硬度とが相互に関連するものでもなく、換算可能なものでないことも容易に理解できる。 Those skilled in the art, neither ones and hardness measured on the material hardness and the ball correlated, it is also easily understood that not capable terms.

用語「圧縮」は、ここでは、「ATTI圧縮」や「PGA圧縮」としても知られているおり、圧縮テスタ(Compression Tester。ATTI Engineering Company、Union city、ニュージャージー)から得られるポイントを示し、また、対象物の相対圧縮を決定するためのスケールとして当分野では周知である。 The term "compression" as used herein is also known as "ATTI compression" or "PGA Compression" compression tester (Compression Tester.ATTI Engineering Company, Union city, New Jersey) indicates points obtained from, also, as a scale for determining the relative compression of the object are well known in the art. 圧縮は、ゴルフボール構造上で測定される材料特性(すなわちオン・ボール特性)であり、材料自体の特性ではない。 Compression is a material property that is measured on a golf ball structure (i.e. on-ball property), is not a characteristic of the material itself.

ゴルフボールの「反発係数」(coefficient of restitution)または「COR」という用語は、ここでは、ボールが空気発射器から堅い垂直なプレートに打ち出されたとき、初期入力速度に対するボールの跳ね返り速度の比として定義される。 The term "coefficient of restitution" (coefficient of restitution) or "COR" of a golf ball, wherein, when the ball is struck to a rigid vertical plate from the air launchers, as the ratio of the rebound velocity of the ball relative to the initial input speed It is defined. ゴルフボールがより早く跳ね返れば、そのボールのCORはより大きな値となり、プレイにおいて達成される距離も通常長くなる。 If the golf ball is Hanekaere more quickly, COR of the ball becomes a larger value, also usually a long distance to be achieved in the play. 初期速度は約50ft/sから約200ft/sであり、とくにことわらない限り、通常125ft/sと理解される。 The initial rate was about 50ft / s to about 200 ft / s, unless otherwise particularly, is usually understood to 125 ft / s. ゴルフボールは、初期速度が異なれば、異なるCORを持つ。 Golf balls, different initial speed, with different COR.

用語「約」は、ここで、1の数、より多くの数、または数の範囲との関連で用いられるように、そのようなすべての数やその範囲のすべての数を指すと理解されたい。 The term "about" is used herein, 1 number, increased number or to be used in connection with numerical ranges, should be understood to refer to all numbers of all such number and its scope . これらお範囲は連続しているので、最小および最大の間の任意ですべての値を含む。 These contact ranges are continuous, optionally including all values ​​between minimum and maximum.

発明の詳細な説明 Detailed Description of the Invention

この発明のゴルフボールコアは、ソリッドでも、液体充填でも、気体充填でもよく、単一ピース構造、2ピース構造またはマルチピース構造を有しても良い。 Golf ball cores of the present invention, even a solid, in liquid filling may be a gas-filled, single piece construction, may have a two-piece structure or a multi-piece structure. コアは、センタおよび外側コア層を具備しても良い。 The core may include a center and an outer core layer. 外側コア層は、一体ソリッド、糸巻層、成型または巻き付けられた別個の層であってもよい。 Outer core layer may be an integral solid, wound layer, molded or separate layer wound. 2またはより多くの糸巻層を具備するときには、各々が、化学的、物理的または機械的に相互に異なる。 When comprising two or more winding layers, each chemical, physical or mechanical mutually different. 糸巻層(複数)は種々のサイズの糸により形成され、その材料には、これに限定されないが、天然ゴム、ポリエーテル尿素(DuPont社のLyca。商標)、ポリエステル尿素、ポリエステルブロックコポリマ(DuPont社のHytel。商標)、ポリエチレン、ポリアミド、ポリケトン、ポリ(p−フェニレンテレフタルアミド)(DuPont社のKevlar。商標)、ポリイソプレン等が含まれる。 Wound layer (s) formed by the thread of various sizes, in the material thereof, but are not limited to, natural rubber, polyether urea (DuPont Co. Lyca. Trademark), polyester urea, polyester block copolymers (DuPont Co. of Hytrel. trademark), polyethylene, polyamides, polyketones, poly (p- phenylene terephthalamide) (DuPont Co. Kevlar. trademark), polyisoprene and the like. 糸巻層は種々の張力で巻かれて異なる硬度を実現できる。 Wound layer can be achieved a hardness different wound in a variety of tension. 液体充填コアに利用できる適切な液状物質には、水溶液、液体、ゲル、ゴムベースのゲル、フォーム、ホットメルト、ペースト、コロイド懸濁液、反応性液体系、その他、またはこれらの組み合わせが含まれる。 The appropriate liquid substance that can be used for liquid-filled core, aqueous solutions, liquids, gels, rubber based gels, foams, hot melt, paste, a colloidal suspension, reactive liquid systems, other, or a combination thereof . 液状物質の例は、水中の塩、コーンシロップ、グリコール、オイル、クレイ、バライト、ゼラチンゲル、ヒドロゲル、メチルセルロースゲル、パラフィンまたはナフタリンオイル中のスチレン−ブタジエン−スチレンゴム、ワックス、シリケートゲル、寒天ゲル、過酸化物硬化ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、過酸化物硬化液体ポリブタジエンゴム、反応性ポリウレタンまたはポリ尿素、シリコーンおよびポリエステル、SAE 10 オイル、SAE 30 オイル、メタノール、エタノール、アンモニア、グリセリン、および炭化テトラクロライドである。 Examples of the liquid substance, water salt, corn syrup, glycol, oils, clay, barytes, gelatin gels, hydrogels, cellulose gel, styrene paraffin or naphthalene in oil - butadiene - styrene rubber, wax, silicates gel, agar gel, peroxide curing polyester resins, epoxy resins, peroxide cured liquid polybutadiene rubber, a reactive polyurethane or polyurea, silicone and polyester, SAE 10 oil, SAE 30 oil, methanol, ethanol, ammonia, glycerin, and carbide tetrachloride is there.

ソリッドコアは、当業者に知られている適切なコア材料から製造され、これらには、熱硬化性プラスチックおよび熱可塑性プラスチック例えば天然ゴム、ポリブタジエン、ポリイソプレン、スチレンブタジエンジおよびスチレンプロピレンジエンゴム、アイオノマー樹脂、ポリアミド、ポリエステル、ポリウレタン、ポリ尿素、AtoFina Chemicals Inc. Solid core is fabricated from a suitable core material known to those skilled in the art, these include thermosetting plastics and thermoplastics such as natural rubber, polybutadiene, polyisoprene, styrene-butadiene di- and styrene-propylene-diene rubber, ionomer resins, polyamides, polyesters, polyurethanes, polyureas, AtoFina Chemicals Inc. からのPebax(商標)、E. Pebax from the (trademark), E. I. I. Du Pont de Nemours and CompanyからのHytrel(商標)、および、Shell Chemical CompanyからのKraton(商標)が含まれる。 Hytrel from Du Pont de Nemours and Company (TM), and include Kraton (trademark) from Shell Chemical Company. コア材料は注型適正(castable)材料からも製造できる。 The core material can also be produced from castable (castable) material. 適切な注型適正材料には、ポリウレタン、ポリ尿素、エポキシ、シリコーン、相互侵入ポリマーネットワーク等が含まれる。 Suitable castable materials include polyurethanes, polyureas, epoxy, silicone, and interpenetrating polymer network, or the like. さらに、適切なコア材料には、反応射出成型(reaction injection mold。RIM)されたポリウレタンまたはポリ尿素が含まれ、好ましくは有核バージョンであり、この場合、窒素のようなガスが、密閉型への成型器に注入される前に反応混合物に攪拌され、層が形成される。 Furthermore, suitable core materials include reaction injection molding (reaction injection mold.RIM) polyurethane or polyurea, preferably nucleated version, in this case, gas such as nitrogen, to the sealed stirred the reaction mixture prior to injection into the molding machine, the layer is formed. 当業者であれば、この発明の範囲および精神を逸脱することなくコア材料として他のエラストマーを採用できることを理解する。 Those skilled in the art will recognize that the invention can be adopted other elastomeric as the core material without departing from the scope and spirit of the invention.

ソリッドコア用の好ましい配合物は、ベースゴム、架橋剤、および、遊離基開始剤を含む。 Preferred formulations for solid core, the base rubber, a crosslinking agent, and a free radical initiator. ベースゴムは典型的には天然または合成ゴムである。 Base rubber is typically a natural or synthetic rubber. 好ましいベースゴムは、約40%から約100%のシス−1,4内容量のポリブタジエンであり、少なくとも約35のムーニー粘度を有し、少なくとも約150,000の分子量を有し、さらに約4未満の多分散性をする。 Preferred base rubber is a polybutadiene of about 40% to about 100% of cis-1,4 content weight, at least about 35 Mooney viscosity, has a molecular weight of at least about 150,000, even less than about 4 the polydispersity of. 好ましいポリブタジエンゴムの例には、BayerからのBUNA(商標)CB22とCB23、Ube IndustriesからのUbepol(商標)360Lおよび150L、およびShel ChemicalからのCariflex(商標)BCP820とBCP824が含まれる。 Examples of preferred polybutadiene rubber include BUNA from Bayer (TM) CB22 and CB23, Ubepol from Ube Industries (TM) 360 L and 150L, ​​and Cariflex from Shel Chemical (TM) BCP820 and BCP824. そのようなポリブタジエンを2つ以上のブレンドがソリッドコアに好ましい。 Such polybutadiene is more than one blend preferred solid core. 1実施例では、約50から約150のムーニー粘度のコバルトまたはニッケル触媒ポリブタジエンを、約30から約100のムーニー粘度のネオジム触媒ポリブタジエンと混合する。 In one embodiment, a cobalt or nickel catalyst polybutadiene from about 50 to about 150 Mooney viscosity, mixing about 30 neodymium catalyst polybutadiene about 100 Mooney viscosity. 2つのポリブタジエンの重量比は約5:95から約95:5の範囲にできる。 The weight ratio of the two polybutadiene from about 5:95 to about 95: can range 5. ポリブタジエンは、また、天然ゴム、ポリイソプレンゴム、および/またはスチレン−ブタジエンゴムとしてこの分野で知られている他のエラストマーを、コアの特性を修正するために混合してもよい。 Polybutadiene, also natural rubber, polyisoprene rubber, and / or styrene - other elastomers known in the art as a butadiene rubber may be mixed in order to modify the properties of the core.

ポリブタジエンベースのソリッドコア用に適切な架橋剤には、モノアクリレート、ジアクリレート、モノメタクリレート、およびジメタクリレートのような、3から8の炭素原子を有する不飽和脂肪酸の金属塩が含まれる。 Suitable crosslinking agents for the polybutadiene-based solid core monoacrylate, diacrylate, such as monomethacrylate and dimethacrylate, include metal salts of unsaturated fatty acids having 3 to 8 carbon atoms. 金属はマグネシウム、カルシウム、亜鉛、アルミニウム、ナトリウム、リチウム、またはニッケルとすることができる。 Metal may be magnesium, calcium, zinc, aluminum, sodium, lithium or nickel. 好ましい架橋剤には、亜鉛ジアクリレート、亜鉛ジメタクリレートおよびこれらのブレンドが含まれる。 Preferred crosslinking agents include zinc diacrylate, zinc dimethacrylate and blends thereof. 亜鉛ジアクリレートは、ゴルフボールの初速度を高くする点で好ましいが、この発明はこれに限定されない。 Zinc diacrylate is preferable from the viewpoint of increasing the initial velocity of a golf ball, the invention is not limited thereto. 架橋剤は、好ましくは基材ポリマーの100重量部(「phr」)に対して少なくとも約15部の量だけ存在し、より好ましくは約15phrから約40phr存在する。 Crosslinking agent is preferably present in an amount of at least about 15 parts per 100 parts by weight of the base polymer ( "phr"), more preferably in about 15phr about 40 phr. 製造工程においては、他の成分を付加する前に、ある程度の架橋剤をベースゴムにマスターバッチ中で予めブレンドしておくことが有益である。 In the manufacturing process, before the addition of other ingredients, it is useful to preliminarily blended in the master batch base rubber a degree of cross-linking agent.

遊離基開始剤を用いてベースゴムおよび架橋剤の間の架橋作用を促進する。 Using a free radical initiator to promote the cross-linking action between the base rubber and crosslinking agent. 好ましい遊離基開始剤には、過酸化物開始剤のような熱的開始剤と、UV放射、可視光放射、赤外光放射、マイクロ波放射、電子ビーム放射、X線放射およびγ線放射のようなエネルギ源に反応する光学的な開始剤とが含まれる。 Preferred free radical initiators, thermal initiators, such as peroxide initiators, UV radiation, visible radiation, infrared radiation, microwave radiation, electron beam radiation, X-ray radiation and γ-radiation It includes the optical initiators that react to the energy source, such as. 過酸化物開始剤は当業界で周知であり、硬化サイクルにおいて加熱されて分解する、任意の既知の過酸化物およびそのブレンドであってよい。 Peroxide initiators are well known in the art, it decomposes is heated in the curing cycle may be any known peroxide and blends thereof. 適切な過酸化物開始剤には、有機ペルオキシド化合物たとえばジクミルペルオキシド、ジ−t−ブチルペルオキシド、1,1−ジ(t−ブチルペルオキシ)−3,3,5−トリメチルシクロヘキサン、α,α−ビス(t−ブチルペルオキシ)ジイソプロピルベンセン、2,5−ジメチル−2,5−ジ(t−ブチルペルオキシ)−ヘキサン等、および、これらのブレンドが含まれる。 Suitable peroxide initiators include organic peroxide compounds e.g. dicumyl peroxide, di -t- butyl peroxide, 1,1-di (t-butylperoxy) -3,3,5-trimethylcyclohexane, alpha, alpha- bis (t-butylperoxy) diisopropyl benzene, 2,5-dimethyl-2,5-di (t-butylperoxy) - hexane, and blends thereof. 商業的に入手可能な例は、これには限定されないが、AtoFinaからのVarox(商標)231XLおよびDCP−R、Akzo NobelからのPerkadox(商標)BCおよび14、Rhein ChemieからのElastochem(商標) DCP−70が含まれる。 Commercially available examples include, but this is not limited, Varox from AtoFina (TM) 231XL and DCP-R, Perkadox (TM) from Akzo Nobel BC and 14, Elastochem from Rhein Chemie (TM) DCP -70 are included. これらの純粋な形態では、開始剤は、基材ポリマーに対して少なくとも約0.25pphの量だけ存在し、好ましくは、約0.5pphと約2.5pphの間である。 In these pure form, the initiator is present in an amount of at least about 0.25pph against the base polymer, preferably between about 0.5pph and about 2.5 pph. 開始剤の活性および濃度に応じてその量が調整されることは当業者に容易に理解できるであろう。 It will be readily understood by those skilled in the art that the amount is adjusted according to activity and concentration of the initiator.

この発明のポリブタジエンベースのソリッドコアにおいては、可塑剤、具体的には、ハロゲン化チオフェノールまたはその金属塩のようなハロゲン化有機硫黄化合物を混合してコアの柔らかさやレジリエンスを改善することが好ましい。 In the polybutadiene-based solid core of the present invention, a plasticizer, specifically, it is preferable to improve the softness and resilience of the core by mixing halogenated thiophenol or halogenated organosulfur compounds such as metal salts thereof . ハロゲン化チオフェノール、好ましくは、ペンタクロロチオフェノール(PCTP)またはZnPCTPが部分的にシス−トランス触媒として機能してポリブタジエンのシス−1,4結合をトランス−1,4結合に変換する。 Halogenated thiophenols, preferably, pentachlorothiophenol (PCTP) or ZnPCTP partially cis - converting functional to polybutadiene cis-1,4 bond as trans catalyst in trans-1,4 bonds. ゴルフボール中にPCTPやZnPCTPのようなハロゲン化有機硫黄化合物を用いて柔らかくて速いコアを生成することは、米国特許出願09/951,963に開示されており、参照してその全内容をここ含める。 Generating a soft and fast cores using a halogenated organic sulfur compounds such as PCTP and ZnPCTP during a golf ball is disclosed in U.S. patent application 09 / 951,963, referring to the entire contents here include. PCTPは、Struktol(商標)の下でアメリカのStruktol Companyから入手可能であり、ZnPCTPはeChinaChemから入手可能である。 PCTP is available from the United States of Struktol Company under the Struktol (trademark), ZnPCTP is available from eChinaChem. ハロゲン化有機硫黄化合物はベースゴムに対して少なくとも約0.1pphの量、存在し、より好ましくは、約0.1pphおよび約2pphの間の量でけ存在する。 Halogenated organic sulfur compounds in an amount of at least about 0.1pph the base rubber, there, more preferably, present only in an amount of between about 0.1pph and about 2 pph. 代替的には、ハロゲン化チオフェノール化合物の利用量が少なくとも約2pphであり、好ましくは約2.3pphから約5pphの間である。 Alternatively, at least about 2pph use of the halogenated thiophenol compound is preferably between about 2.3pph to about 5 pph.

ソリッドコアは、また、そのコアの硬度、強度、弾性率(modulus)、重さ、密度および/または比重を調整するためにフィラーを含んでもよい。 Solid core, also, the hardness of the core, strength, modulus of elasticity (modulus), weight may include a filler to adjust the density and / or specific gravity. 好ましいフィラーには、金属または合金粉末、金属酸化物および塩、セラミック、微粒子、炭質材料、ポリマー材料、ガラス微小球およびこれらのブレンドが含まれる。 Preferred fillers, metal or alloy powder, metal oxides and salts, ceramics, particulate, carbonaceous materials, polymeric materials, glass microspheres and blends thereof. これらフィラーは一体物でも穴空きでも、充填、非充填、表面処理済み、非表面処理でもよい。 These fillers also perforated in one piece, filling, unfilled, surface treated, may be non-surface treated. コア用の具体的なフィラーには、タングステン粉末、タングステンカーバイド、酸化亜鉛、酸化スズ、酸化タングステン、硫酸バリウム、硫酸亜鉛、炭酸バリウム、炭酸カルシウム、炭酸亜鉛、シリカおよびクレイのアレイ、リグリンド(典型的には約30メッシュの粒子に粉砕したリサイクルのコア材料)、および、高ムーニー粘度のゴムリグリンドが含まれる。 Specific fillers for the core, tungsten powder, tungsten carbide, zinc oxide, tin oxide, tungsten oxide, barium sulfate, zinc sulfate, barium carbonate, calcium carbonate, zinc carbonate, silica and clay array, regrind (typically the core material of recycled ground to particles of about 30 mesh) to and include rubber regrind high Mooney viscosity. ある種のフィラー例えば酸化亜鉛は、他のコア成分の架橋反応のコエージェントとしても加えられる。 Certain fillers such as zinc oxide can be added as co-agent of the crosslinking reaction of the other core ingredients.

ゴルフボール用の他の追加の添加剤は、この業界では周知であり、その特別な目的および所期の効果実現するのにたるでけ、コアに混合される。 Other additional additives for golf balls are well known in the industry, only a barrel to realize that special purpose and intended effect, are mixed in the core. そのような添加剤には、ゴム化合物の早期架橋または任意の分子破壊を阻止する酸化防止剤、重合反応を促進する促進剤、流体または混合特性に影響する処理促進オイル、ステアリン酸亜鉛のような活性剤、発泡剤、シス−トランス触媒、接着剤、カップリング剤、潤滑剤、遊離基安定剤、ラジカル捕獲剤、スコーチ(早期加硫)防止剤、およびこれらのブレンドが含まれる。 Such additives include antioxidants to prevent premature crosslinking or any molecule destruction of the rubber compounds, accelerators to accelerate the polymerization reaction, Waste oil affecting fluid or mixing properties, such as zinc stearate active agents, foaming agents, cis - trans catalysts, adhesives, coupling agents, lubricants, free radical stabilizers, radical scavengers, scorch (premature vulcanization) inhibitor, and blends thereof.

この発明の単一ピースコアの直径は、好ましくは、約1.64インチ未満であり、その比重は約1.4g/cc未満であり、圧縮率は約100未満であり、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きく、反発係数(COR)は少なくとも約0.78であり、硬度が周囲からセンタに向けて小さくなる。 The diameter of a single piece core of the present invention is preferably less than about 1.64 inches, a specific gravity is less than about 1.4 g / cc, a compression ratio is less than about 100, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm, the coefficient of restitution (COR) is at least about 0.78, the hardness becomes smaller toward the center from the periphery. より好ましくは、コアの周囲の硬度は、センタの硬度より少なくとも約5ショアCだけ大きい。 More preferably, the hardness of the surrounding core may be at least about 5 Shore C only greater than the hardness of the center. 2ピース(デュアル)コアまたはマルチコアは、センタおよび少なくとも1つの外側コア層に異なる組成および性質を有する。 2 piece (dual) core or multi-core has a center and at least one different compositions and properties to the outer core layer. センタは、ZDAレベルで約15phrおよび約40phrの間であり、少なくともリグリンドまたはフィラーを含有し、オプションとしてZnPCTPのような可塑剤をブレンドする。 Center is between about 15phr and about 40phr at ZDA level, contains at least regrind or filler, blended plasticizers such as ZnPCTP optional. センタの直径は好ましくは約0.5インチから約1.6インチであり、その圧縮率は約10から約100であり、その100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きい。 The diameter of the center is preferably from about 0.5 inches about 1.6 inches, the compression ratio is from about 10 to about 100, the amount of deflection is greater than about 1.5mm at its 100 Kg. 外側コア層のZDA量は約25phrおよび約55phrの間であり、外側コア層はリグリンド、バラタまたはフィラーのうちの少なくとも1つを含有し、オプションとして可塑剤をブレンドする。 ZDA amount of the outer core layer is between about 25phr and about 55 phr, the outer core layer regrind, contains at least one of balata or filler, blended with a plasticizer as optional. 外側コア層の材料硬度は少なくとも約60ショアCである。 Material hardness of the outer core layer is at least about 60 Shore C. センタおよび外側コア層を具備するコアの直径は約1.64インチ未満であり、その圧縮率は約100未満であり、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きく、CORは少なくとも約0.78である。 The diameter of the core having a center and an outer core layer is less than about 1.64 inches, the compression ratio is less than about 100, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm, COR at least about 0. it is 78. 1実施例では、コアの直径は約1.62インチより大きい。 In one embodiment, the diameter of the core is greater than about 1.62 inches. 圧縮成型のような通常の方法およぎ技術を用いて、ここに開示したベース配合物からソリッドコアを製造できる。 Using conventional methods such as compression molding swimming technique can produce a solid core from the base formulation disclosed herein.

水分、典型的には水蒸気がコアに侵入するのを防止し、またはそれを最小化するために、バリア層がコアおよびカバーの間に、好ましくはコアの周りに直接に、配される。 Water, in order to typically steam prevented from entering the core, or to minimize it, while the barrier layer is the core and the cover, directly to preferably around the core, are arranged. バリア層はカバーのMVTRより小さなMVTRを有し、その値は好ましくは約0.95グラム・mm/(平方m・日)より小さい。 Barrier layer has a smaller MVTR than MVTR of the cover, the value is preferably about 0.95 g · mm / (sq m · day) smaller. この発明のバリア層は、薄く柔らかなゴム層を含み、オプションとしてゴム材料中に分散したマイクロ粒子を含む。 Barrier layer of this invention comprises a thin soft rubber layer, containing dispersed microparticles in the rubber material as an option. これら粒子は好ましくは疎水性を有し、バリア層を横切る、曲がりくねった(ランダムで非線形)パスを形成してそのMVTRを小さくする。 These particles preferably have a hydrophobic, cross the barrier layer, winding to form a (random nonlinear) path to reduce the MVTR. この発明のマイクロ粒子は、数百ミクロンまたはそれより小さなオーダーのサイズの粒子を指し、数ナノmから約1ミクロンより小さな大きさまでのサイズのナノ粒子を含む。 Microparticles of the present invention refers to several hundred microns or more sized particles of small orders, including nanoparticles size from a few nano m to smaller size than about 1 micron. 適切なマイクロ粒子は、着色されていてもいなくてもよく、ファイバー、ウィスカー、およびフレーク金属(リーフィングでもそのでなくてもよい)例えばアルミニウムフレーク、酸化鉄フレーク、銅フレーク、青銅フレーク、その他、またはそれらの2つ以上の組み合わせを含む。 Suitable microparticles may or may not be colored, fibers, whiskers and flakes metal (may not be the in leafing) such as aluminum flakes, iron oxide flakes, copper flakes, bronze flakes, other, or those containing two or more combinations. リーフィング(薄片)金属フレークはこの発明に使用して好適である。 Leafing (flakes) metal flake is suitable for use with the present invention. 好ましい金属フレークは、アルミニウムフレークであり、より好ましくは、酸化アルミニウムフレークである。 Preferred metal flakes are aluminum flakes, more preferably, aluminum oxide flakes. 好ましくは約4ミクロンから約335ミクロンのサイズ、より好ましくは約5から約50ミクロンのサイズ、最も好ましくは約8ミクロンから約32ミクロンのサイズのマイクロ粒子が用いられる、フレークのアスペクト比は少なくとも約25であり、高々、約30000であり、好ましくは約100から約20000であり、より好ましくは約100から約10000である。 Preferably the size of about 4 microns to about 335 microns, more preferably sizes from about 5 to about 50 microns, most preferably micro-particles in the size from about 8 microns to about 32 microns is used, the aspect ratio of the flakes of at least about it is 25 at most, about 30000, preferably about 100 about 20,000, more preferably from about 100 to about 10,000. バリア層中に含まれるマイクロ粒子の量はラバー材料100重量部(「phr」)に対して少なくとも約10部であり、好ましくは約50phrから約250phrであり、より好ましくは約70phrおよび約125phrの間である。 Amounts rubber material 100 parts by weight of the microparticles contained in the barrier layer is at least about 10 parts per ( "phr"), preferably from about 50phr about 250 phr, more preferably from about 70phr and about 125phr it is between. バリア層は単一層を含んでも、複数のサブ層を含んでも良い。 The barrier layer can comprise a single layer may comprise a plurality of sub-layers.

バリア層に適したゴム材料には、これに限定されないが、合成または天然ゴム、例えばポリオレフィン、スチレンポリマー、単一サイト触媒ポリマー、アクリル樹脂等が含まれる。 The rubber material suitable for the barrier layer include, but are not limited to, synthetic or natural rubber, such as polyolefins, styrene polymers, single-site catalyst polymers include acrylic resin. ポリオレフィンおよびコポリマーまたはそれらのブレンドには、バラタ、ポリエチレン、塩化ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリブチレン、ブチルベースのゴム、イソプレンゴム、トランスポリイソプレン、ネオプレン、エチレン−プロピレンゴム、エチレン−ブチレンゴム、および、エチレン−プロピレン−(非コンジュゲートジエン)ターポリマーが含まれる。 The polyolefins and copolymers or blends thereof, balata, polyethylene, chlorinated polyethylene, polypropylene, polybutylene, butyl-based rubber, isoprene rubber, trans-polyisoprene, neoprene, ethylene - propylene rubbers, ethylene - butylene rubber, and ethylene - propylene - (unconjugated diene) terpolymers. スチレンポリマーには、ポリスチレンおよびそのコポリマー、例えばスチレン−ブタジエンコポリマー、ポリ(スチレン−コ−無水マレイン酸)、アクリロニトリル−ブチレン−スチレンコポリマー、スチレン−オレフィンブロックコポリマー(例えばShell ChemicalからのKraton(商標))、および、ポリ(スチレンスルフォネート)が含まれる。 The styrene polymers, polystyrene and its copolymers, such as styrene - butadiene copolymers, poly (styrene - co - maleic anhydride), acrylonitrile - butylene - styrene copolymer, styrene - olefin block copolymer (Kraton from e.g. Shell Chemical (TM)) , and include poly (styrene sulfonate) it is. スチレン−オレフィンブロックコポリマーは米国特許第4,501,842号および同第6,190,816号に開示されている。 Styrene - olefin block copolymers are disclosed in U.S. Pat. No. 4,501,842 and EP 6,190,816. これら特許の開示内容全体をこれを参照してここに含ませる。 The entire disclosure of these patents is included herein by reference. 単一サイト触媒ポリマーにはホモポリマーおよびコポリマー例えば移植性または非移植性のメタローセン触媒ポリオレフィンが含まれる。 The single-site catalyst polymers include homopolymers and copolymers as transplantation or non-portability of metallocene-catalyzed polyolefin. 相溶性付加剤(compatibilizer)をブレンドに付加しても良い。 Compatibility additional agent (compatibilizers) may be added to the blend. 相溶性付加剤の材料は、多く、ブロックコポリマーであり、ここで、各ブロックが相溶化すべきブレンド成分の1つとのみ親和性を有する。 Compatible materials additional agent often is a block copolymer, wherein, having one of the observed affinity of the blend components each block to be compatibilized. 相溶性付加剤は、境界にわたってポリマーブレンド中の相分離された領域間を関係づけるものと考えられる。 Compatible addition agent is believed to relate between phase-separated regions in the polymer blend over boundaries. これを用いて、複数の領域を一緒に結合させ、相溶化された材料の構造上の一体性や機械特性を向上させる。 Using this, to bind the plurality of areas together, improve the integrity and mechanical properties structural compatibilizing material. オプションとして、これら熱可塑性ゴムまたはそのブレンドを架橋剤に混ぜて熱硬化性ゴム材料を生成する。 Optionally, to produce these thermoplastic rubbers or thermoset rubber material mixed with a crosslinking agent blend. 適切な架橋剤には、ここに開示される高分子ポリアール、とくに、ポリオレフィンポリオール例えば水素化(hydrogenated)ポリブタジエンポリオール(例えば、日本国東京、Mitsubishi Kaseiから入手できるPlytail(商標)HおよびPlytail(商標)HA、テキサス州ヒューストン、Kraton Polymerから入手できるKraton(商標)L−2203)が含まれる。 Suitable crosslinking agents, polymer polyahl disclosed herein, in particular, polyolefin polyols such as hydrogenated (hydrogenated) polybutadiene polyol (e.g., Tokyo, Japan, available from Mitsubishi Kasei Plytail (TM) H and Plytail (TM) HA, Houston, Texas, include Kraton, available from Kraton Polymer (TM) L-2203). 架橋剤の量はゴム材料の100重量部に対して少なくとも約10部であり、より好ましくは、少なくとも約20phrである。 The amount of the crosslinking agent is at least about 10 parts per 100 parts by weight of the rubber material, more preferably at least about 20 phr. バリア層の他の添加剤には、これに限定されないが、触媒例えば第3アミン、および、カップリング剤例えばシランが含まれ、これによりフィラーをポリマー組織中に結合する。 Other additives of the barrier layer, but not limited to, catalysts such as tertiary amines and, include coupling agents such as silanes, thereby coupling the filler into the polymer structure. カップリング剤は、また、バリア層を基体例えばゴルフボールコアまたは外側コア層に接着させたり、バリア層が直接接して生成されるカバーや中間層のような層に接着させるのに役立つ。 Coupling agents may also serve a barrier layer to adhere to the layers such as the substrate for example or adhered to a golf ball core or outer core layer, the cover and the intermediate layer a barrier layer is produced in direct contact.

アルミニウムフレークのようなマイクロ粒子の存在により、バリア層の比重をコアの比重より大きくすることができ、その結果、ゴルフボールの慣性モーメントを大きくできる。 The presence of micro-particles such as aluminum flake, could be the specific gravity of the barrier layer larger than the specific gravity of the core, so that it increases the moment of inertia of the golf ball. バリア層の粒子・バインダ重量比(「P/B」)は約0.5から約2.5であり、好ましくは、約1から約2である。 Particle binder weight ratio of the barrier layer ( "P / B") of from about 0.5 about 2.5, preferably from about 1 to about 2. バリア層の比重は好ましくは約1g/ccから約1.5g/ccであり、より好ましくは約1.2g/ccから約1.35g/ccである。 The specific gravity of the barrier layer is preferably from about 1 g / cc to about 1.5 g / cc, more preferably from about 1.2 g / cc to about 1.35 g / cc. バリア層およびコアの間の比重の差は、約0.1g/ccより大きなものとすることができる。 The difference in specific gravity between the barrier layer and the core may be a larger than about 0.1 g / cc. コアの直径は約1.5インチまたはこれより大きくでき、好ましくは約1.55インチより大きくでき、より好ましくは約1.62インチから約1.65インチである。 The diameter of the core can be about 1.5 inches or greater than this, preferably be greater than about 1.55 inches, more preferably from about 1.62 inches to about 1.65 inches. バリア層の厚さは約0.2インチより小さくできるが、好ましくは、約0.02インチより小さく、より好ましくは約0.001インチから約0.01インチであり、最も好ましくは、約0.002インチから約0.007インチである。 The thickness of the barrier layer can be less than about 0.2 inches, preferably less than about 0.02 inches, more preferably from about 0.001 inches to about 0.01 inches, and most preferably, from about 0 from .002 inch is about 0.007 inch. バリア層のスオード硬度は好ましくは約5および約20の間である。 Sward hardness of the barrier layer is preferably between about 5 and about 20. バリア層の鉛筆硬度は好ましくは約5Bおよび約Fの間である。 Pencil hardness of the barrier layer is preferably between about 5B and about F.

この発明のバリア層は、好ましくは、MVTRを減少させたい任意の部分の周りに配され、またはその中に埋め込まれる。 Barrier layer of the present invention, preferably, disposed around any portion to reduce the MVTR, or embedded therein. そのような部分は、それに限定されないが、コア、コア内のセンタ、コアの外側コア層、糸巻層、コアおよびカバーの間の中間層、および、カバーの内側カバー層である。 Such moieties include, but are not limited to, core, center in the core, the outer core layer of the core, winding layers, an intermediate layer between the core and the cover, and a inner cover layer of the cover. 同一または異なる組成の2つまたはそれ以上のバリア層をゴルフボール中に用いても良い。 Two or more barrier layers of the same or different composition may be used in a golf ball. これは、2つまたはそれ以上の部分に水分吸収問題がある場合である。 This two or more portions which when there is moisture absorption problems. 有益なことに、各バリア層は、ゴルフボールの予め定められた部分を防護して、水蒸気が外側バリア層を通り抜けても、内側バリア層によりその内側層は防護状態となっている。 Advantageously, each barrier layer is to protect the predetermined portion of the golf ball, even water vapor pass through the outer barrier layer, the inner layer by the inner barrier layer is a protective state. バリア層はゴルフボール部分に隣接して配置され、その部分の外側表面を覆って、実質的にその部分をカプセル化する。 Barrier layer is disposed adjacent to the golf ball portion to cover the outer surface of the part, encapsulating the substantially part thereof. オプションとして、接着またはカップリング剤を用いてバリア層をその部分に固着しても良い。 Optionally, using an adhesive or a coupling agent may be fixed to the barrier layer in that portion. 代替的には、その反応自体により、バリア層とその部分との直接的な化学結合が生成される。 Alternatively, by the reaction itself, direct chemical bonding of the barrier layer and the part is generated. バリア層は、好ましくは、下地のゴルフボール部分と隣接しており、より好ましくは、連続的である。 Barrier layer, preferably, a golf ball portion of the base and are adjacent, and more preferably, is continuous. 液体コアを採用したときには、水蒸気バリア層は、水蒸気が液体コアから外気に出るのを防ぐ役割も有する。 When employing a liquid core, the water vapor barrier layer has a role to prevent the exit to the outside air steam from the liquid core.

バリア層は多くの方法で製造できる。 Barrier layer can be prepared in many ways. 例えば、バリア層配合物を半硬化シェルにプレフォームする。 For example, to preform the barrier layer formulation semi-curing the shell. 具体的には、バリア層の分量を圧縮成型器に入れ、十分な圧力、温度、時間で成型し、半硬化、半堅固なシェル半体を生成する。 Specifically, putting amount of the barrier layer to the compression molding machine, and molded at a sufficient pressure, temperature, time, semi-cured, to produce a semi-rigid shell halves. シェル半体は、コアまたはサブアッセンブリの周りに配され、2回目の圧縮成型により所望のサイズとなる。 Shell half is disposed around the core or sub-assembly, by compression molding the second the desired size. シュリンクラップ法では、バリア材料の薄いシートストックが圧縮成型プレスの上下のプラテンの成型キャビティ壁部に真空吸着により強く押しつけられる。 The shrink wrapping method, a thin sheet stock of barrier material is strongly pressed by the vacuum suction mold cavity walls of the upper and lower platens of a compression molding press. コアまたはサブアッセンブリを成型キャビティ中に、シートストックの間の配置で挿入する。 The core or sub-assembly during the molding cavity, inserted in the arrangement between the sheet stock. プレスが圧縮成型器を閉じ、バリア層を硬化させる。 Press closes compression molding machine, to cure the barrier layer. 射出成型法では、バリア材料の混合されたストックが射出成型バレルおよびスクリューに供給され、ノズルを介して成型キャビティに射出され、コアまたはサブアッセンブリを囲む。 In the injection molding method, mixed stock of a barrier material is fed to an injection molding barrel and screw, is injected into mold cavity through the nozzle, surrounding the core or sub-assembly. 熱および圧力が成型器に加えられバリア層が硬化する。 Barrier heat and pressure are applied to the molding machine layer is cured.

この発明のバリア層を製造する、より好ましい方法は、スプレイであり、ここでは、バリア層の個体配合物が非水溶液溶媒系に分散され、この分散液がゴルフボール前躯体例えばコアに噴霧され、その後、乾燥される。 Producing a barrier layer of the present invention, more preferred method is a spray, wherein the solid formulation of the barrier layer is dispersed in a non-aqueous solvent system, the dispersion is sprayed into a golf ball precursor e.g. core, then, it is dried. バインダゴムおよび粒子を分散させるのに適切な溶媒には、これに限定されない場、芳香族炭化水素、例えばキシレン(CAS#1330−20−7)およびトルエン(CAS#108−88−3);ケトン例えばメチルエチルケトン(MEK,CAS#110−43−0)、メチルイソブチル(MIBK,CAS#108−10−1)、メチルn−アミルケトン(MAK,CAS#110−43−0)およびジイソブチルケトン(DIBK,CAS#108−83−8);アセテート、例えば、n−ブチルアセテート(CAS#123−86−4)およびエチルアセテート(CAS#141−78−6);アルコール例えばn−アミルアルコール(CAS#71−41−0);エステル;またはこれらの混合物である。 Suitable solvents for dispersing Baindagomu and particles, this place is not limited, aromatic hydrocarbons, such as xylene (CAS # 1330-20-7) and toluene (CAS # 108-88-3); ketones such as methyl ethyl ketone (MEK, CAS # 110-43-0), methyl isobutyl (MIBK, CAS # 108-10-1), methyl n- amyl ketone (MAK, CAS # 110-43-0) and diisobutyl ketone (DIBK, CAS # 108-83-8); acetates such, n- butyl acetate (CAS # 123-86-4) and ethyl acetate (CAS # 141-78-6); alcohols such as n- amyl alcohol (CAS # 71-41- 0); or mixtures thereof; esters. 処理を容易にするために、ゴム材料は、最初に、溶媒中に分散させられ、比較的大きな粘度(約20000cpsから約50000cps)で比較的固体量が多い(少なくとも約30%)中間生成物を生成する。 To facilitate processing, the rubber material is first being dispersed in a solvent, the relatively relatively solid large amount (at least about 30%) in a large viscosity (about 20000cps about 50000 cps) Intermediate generated. ゴム中間生成物はつぎにより多くの溶媒中に粒子とともに分散され、噴霧可能な分散体を生成する。 Rubber intermediate product is dispersed with particles in many solvents by the following, to produce a sprayable dispersion. これは好ましくは約300cpsから約1500cpsの粘度、より好ましくは約500cpsから約1000cpsの粘度、最も好ましくは約700cpsから約900cpsの粘度を持つ。 This is preferably a viscosity of about 300cps to about 1500 cps, more preferably a viscosity of about 500cps to about 1000 cps, and most preferably has a viscosity of from about 700cps to about 900 cps. 溶媒担持の噴霧可能な分散体は、少なくとも約10%の固体量を有し、より好ましくは少なくとも約15%、最も好ましくは約15%から約40%の固体量を有する。 Sprayable dispersions of solvent-bearing has at least about 10% solids, more preferably at least about 15%, from about 15% to about 40% and most preferably solids.

噴霧によりバリア層を生成する機械のセットアップには典型的には当業者に周知のゴルフボールコーターシステムを利用する。 The machine setup for generating a barrier layer by spraying typically utilize well-known golf ball coater system to those skilled in the art. コーターラインはコアを回転させる役割を果たし、コートステーションにコアを引き渡す。 Coater line serves to rotate the core, passing the core into coating station. コートステーションにおいて、トップスプレイガンおよびボトムスプレイガンがセットアップされて、コアの上方半球および下部半球をそれぞれスプレイする。 In coating station, top spray gun and bottoms play gun is set up to spray the upper hemisphere and lower hemisphere of the core, respectively. 両スプレイガンは静止してコアの赤道から約45°をなすように配置される。 Both spray gun is located from the equator of the core at rest so as to form an approximately 45 °. 噴霧可能な分散体が圧縮ポット中に案内され、このポットが分散体をスプレイガンに供給する。 Sprayable dispersion is guided during the compression pot, supplying the dispersion to the spray gun pot. 順次に、コーターラインが起動してコアを移動、回転させ、スプレイガンがコアに分散体をスプレイ開始する。 Sequentially, moving the core coater line is activated to rotate, spray gun the dispersion starts spraying the core. コーターシステムの各部品のパラメータ範囲は以下の例で詳述される。 Parameter range of each component of the coater system is detailed in the following examples.

熟練者は、所望の結果を得るために、コーターシステムの各種部品やパラメータを調整することを理解するであろう。 The skilled person will appreciate that in order to obtain the desired result, adjusting the various components and parameters of the coater system. 彼らは、さらに、この発明の分散体を被着する他の適切な製造手法を知っており、これには、浸漬(dipping)、真空被着、反応性射出成型、その他が含まれる。 They further knows other suitable manufacturing technique for depositing a dispersion of the present invention, These include immersion (dipping), wearing a vacuum to be, reaction injection molding, and other. 分散体を被着したのち、それにより生成されたバリア層は約5分から約10分の内に、雰囲気温度で、半硬化乾燥状態(tack free)となる。 After depositing the dispersion barrier layer produced thereby within about 5 minutes to about 10 minutes, at ambient temperature, the semi-cured dry (tack free). 好ましくは、バリア層付きのコアは乾燥させられ、例えば、熱対流炉(convention oven)中で、約180°F(約82°C)から約250°F(約121°C)の温度で、約10分から約60分の時間だけ、乾燥させられる。 Preferably, the core with a barrier layer was dried, for example, a convection oven (Convention oven) in, at a temperature of about 180 ° F (approximately 82 ° C) to about 250 ° F (about 121 ° C), only about 10 minutes to about 60 minutes of time, allowed to dry. アリア層の乾燥重量は分散体の固体配合物や下地コアのサイズに依存する。 Dry weight of Aria layer depends on the size of the solid formulation or the underlying core of the dispersion. 好ましくは、バリア層の乾燥重量は、ゴルフボール当たり少なくとも約0.3グラムである。 Preferably, the dry weight of the barrier layer is at least about 0.3 grams per golf ball. 乾燥後に、カバーを被着するまえに、オプションとして、バリア層に対して表面処理、例えば、プラズマ、コロナ、シラン浸漬、またはこれらの組み合わせを実行する。 After drying, before depositing the cover, optionally, a surface treatment with respect to the barrier layer, for example, to execute plasma, corona, silane dipping, or a combination thereof.

この発明のゴルフボールカバーは好ましくは丈夫で、切断抵抗が大きく、また、ゴルフボールとして用いられる通常の材料から、所望の性能に応じて選択される。 Golf ball covers of the present invention preferably durable, cutting resistance is large, the conventional materials used as golf balls, is selected according to the desired performance. カバーは、1またはそれ以上の層を含んで良く、例えば、外側コア層および1またはそれ以上の内側カバー層を含んで良い。 The cover may include one or more layers, for example, may include an outer core layer and one or more of the inner cover layer. 内側カバー層は糸巻層またはフープ応力層でもよい。 The inner cover layer may be a wound layer or hoop stress layer. 適切なカバー材料には:非アイオノマー酸コポリマー、例えば、E. Suitable cover materials: non-ionomeric acid copolymers such, E. I. I. Du Pont de Nemours and CompanyからNucrel(商標)として入手でき、ExxonMobileからEscar(商標)として入手できる、約2%から約50%の酸分を有する、エチレン(メス)アクリル酸コポリマーおよびターポリマー;陰イオン性(anionic)および陽イオン性(cationic)アイオノマー、例えば、E. Available from Du Pont de Nemours and Company as Nucrel (TM), available as Escar (TM) from ExxonMobile, from about 2% with about 50% acid content of ethylene (female) acrylic acid copolymers and terpolymers; negative ionic (anionic) and cationic (cATIONIC) ionomers, e.g., E. I. I. Du Pont de Nemours and CompanyからSurlyn(商標)として入手できであり、ExxonMobileからIotek(商標)として入手できる、有機または無機陽イオンにより約1%から約100%またはそれ以上だけ部分的または完全に中和された酸コポリマー;熱可塑性または熱硬化性(硫化)合成または天然ゴル、例えば、ポリオレフィンおよびコポリマーまたはそのブレンド、ポリスチレンおよびそのコポリマー、および単一サイト触媒例えばメタローセンにより生成されたポリマー;熱可塑性または熱硬化性ポリウレタン;熱可塑性または熱硬化性ポリ尿素;脂肪族または芳香族熱可塑性樹脂、例えば、ポリエステル(E.I.Du Pont de Nemours and CompanyからのH And a available from Du Pont de Nemours and Company as Surlyn (TM), available as Iotek (TM) from ExxonMobile, about 100% to about 1% by an organic or inorganic cation, or more simply partially or totally Medium sum has been acid copolymer; thermoplastic or thermosetting (sulfide) synthetic or natural Gol, for example, polyolefins and copolymers or blends thereof, polystyrene and copolymers thereof, and single-site catalysts such as polymers produced by metallocene; thermoplastic or thermosetting polyurethane; thermoplastic or thermoset polyurea, aliphatic or aromatic thermoplastic resins, eg, H from polyester (E.I.Du Pont de Nemours and Company ytel(商標)およびGeneral Electric CompanyからのLomod(商標))、ポリカーボネート、ポリアセタール;ポリイミド、ポリエーテルケトン、ポリアミドイミド、ブロックコポリマー(Shell ChemicalからのKraton(商標)、および、コ−ポリエーテルアミド(AtoFinaからのPebax(商標));ビニル樹脂例えばポリビニルアルコールコポリマーおよびPVDC;ポリアミド例えばポリ(ヘキサメチレンアジパミド)およびジアミン、脂肪酸、二塩基酸およびアミノ酸から準備された他のもの;アクリル酸樹脂;合成または天然硫化ゴム例えばバラタ;およびブレンドおよびアロイ例えばポリカーボネートおよびアクリロニトリル−ブチレン−スチレンのブレンド、ポリ Ytel (TM) and Lomod from General Electric Company (TM)), polycarbonates, polyacetals; polyimides, polyether ketone, polyamideimide, block copolymers (Kraton from Shell Chemical (TM), and, co - polyetheramide (AtoFina Pebax from (R)); vinyl resins such as polyvinyl alcohol copolymer and PVDC; polyamides such as poly (hexamethylene adipamide) and diamine, fatty acids, dibasic acids and others have been prepared from amino acids; acrylic resin; synthetic or natural sulfide rubber eg balata; and blends and alloys such as polycarbonate and acrylonitrile - butylene - blends of styrene, poly ーボネートとポリウレタンのブレンド、およびポリビニルクロライドのアクリロニトリル−ブチレン−スチレンまたはエチレンビニルアセテートによるブレンドが含まれる。 Blends of Boneto and polyurethane, and polyvinyl chloride acrylonitrile - butylene - include blends according styrene or ethylene vinyl acetate.

好ましくは、ゴルフボールカバーは、ポリアール、イソシアネートおよびオプションとして硬化剤から生成された反応生成物を含むポリウレタンまたはポリ尿素配合物を含んでいる。 Preferably, the golf ball cover polyahl comprises a polyurethane or polyurea formulation comprising the reaction product generated from the curing agent as isocyanate and optional. ポリアールは好ましくは反応生成物の1または複数の柔かのセグメント中に一体化され、硬いセグメント中には実質的に存在しない。 Polyahl is preferably integrated in one or more of softness segments of the reaction product does not substantially present in the hard segment. 適切なポリアール例えばポリオールおよびポリアミドは、有機、変性有機、飽和、脂肪族、脂環式、非飽和、アラリファチック(aralipatic)、芳香族、置換、非置換、またはアイオノマー(ionomeric)であって、分子あたり2およびそれ以上の反応性水素基例えば一次または二次水素基またはアミン基を有するものである。 Suitable polyahl such as polyols and polyamides, organic, modified organic, saturated, aliphatic, cycloaliphatic, non-saturated, araliphatic (aralipatic), aromatic, substituted, unsubstituted, or a ionomer (ionomeric), for example 2 and more reactive hydrogen groups per molecule are those having a primary or secondary hydrogen group or an amine group. イソシアネート反応性ヒドロキシおよび/またはアミン基はオリゴマーまたはポリマーの主鎖の末端基または側基でもよく、第2アミン基の場合には、主鎖に埋め込まれていても良い。 Isocyanate-reactive hydroxyl and / or amine groups may be terminal groups or side groups of the main chain of the oligomer or polymer, in the case of the secondary amine groups, may be embedded in the main chain.

当業者に利用可能な任意のイソシアネートはこの発明に適切に用いることができる。 Any isocyanate available to those skilled in the art may suitably be used in the present invention. イソシアネートは、有機、変性有機、飽和、脂肪族、脂環式、非飽和、アラリファチック(aralipatic)、芳香族、置換、非置換のジイソシアネートまたはポリイソシアネートモノマーであって、2またはそれ以上の遊離反応性イソシアネート(「NCO」)基を有するもの;そのアイソマー;その変性誘導体;その二重体;その三重体;またはそのイソシアヌレートであってよい。 Isocyanates, organic, modified organic, saturated, aliphatic, cycloaliphatic, non-saturated, araliphatic (aralipatic), aromatic, substituted, an unsubstituted di- or polyisocyanates monomers, two or more free reactive isocyanate ( "NCO") has a group; isomers thereof; a modified derivative; its dimer; may be or isocyanurate; the triplets. イソシアネートは、また、任意のイソシアネート末端マルチメリック添加物、オリゴマー、ポリマー、プレポリマー、低遊離モノマーのプレポリマー、準プレポリマー、および、上述のイソシアネートおよびポリイソシアネートから誘導された変性ポリイソシアネートであってよい。 Isocyanates, also, any isocyanate-terminated multi Merrick additives, oligomers, polymers, prepolymers, low free monomer prepolymer, quasi-prepolymer, and a derived modified polyisocyanates from the above isocyanates and polyisocyanates good. 低遊離モノマーのプレポリマーは、遊離イソシアネートモノマーのレベルが0.5重量パーセントより小さいプレポリマーを指す。 Prepolymers low free monomer, the level of free isocyanate monomer refers to a smaller prepolymer than 0.5 wt%. 硬化剤は、カバー配合物中に連鎖伸長および/または架橋用に用いられる、モノマー、オリゴマーまたはポリマーの化合物である。 Curing agents are used for chain extension and / or crosslinking in the cover formulation, the monomer is an oligomeric or polymeric compounds. この発明に適切な硬化剤には、ポリアールおよびエポキシが含まれ、好ましくは、分子量が約50から約5000のヒドロキシ硬化剤、アミン硬化剤、およびアミノアルコール硬化剤が含まれる。 Suitable curing agents in this invention, include polyahl and epoxy, preferably, molecular weight hydroxy hardener from about 50 to about 5000, amine curing agents, and amino alcohol hardeners.

最良の光安定性を実現するために、ポリウレタンまたはポリ尿素配合物中にいれる、ポリアール(複数)、イソシアネート(複数)等の反応剤、および、硬化剤は、実質的に飽和されている。 To achieve the best light stability, put in the polyurethane or polyurea formulations, polyahl (s), reactants such as an isocyanate (s), and the curing agent is substantially saturated. ステアリン酸の高いレベルの封鎖を伴う封鎖二次ジアミン、例えば、Dorf Ketal Chemical LLCからのClearLink(商標)1000(4,4'−ビス(sec−ブチルアミノ)−ジシクロヘキシルメタン)を、硬化処理の遅らせるのに有益に用いることができる。 Sequestering secondary diamines with blockade of high stearic acid levels, e.g., Dorf Ketal Chemical CLEARLINK from LLC (TM) 1000 (4,4'-bis (sec-butylamino) - dicyclohexylmethane) the delays of the curing process it can be used beneficially to.

種々の添加物をオプションとしてこの発明のカバー層配合物中に十分な所要量だけ入れて個々の目的や効果を実現することができる。 Various additives were placed in the cover layer formulations of the present invention sufficient requirements with the optionally can realize individual objects and advantages. 例えば、ジブチル錫ジラウレート(Dabco(商標)T−12)のような触媒を、全配合の約0.001重量%から約5重量%の量だけ入れて、硬化剤とプレポリマーとの間の反応を促進することができる。 For example, reaction between a catalyst such as dibutyltin dilaurate (Dabco (TM) T-12), put an amount of from about 0.001% to about 5% by weight of the total formulation, the curing agent and prepolymer it can be promoted. UV吸収剤、光安定剤(好ましくは封鎖アミン光安定剤)および酸化防止剤を用いて光学的な劣化によるカバー黄色化および表面ひび割れを防止する。 UV absorbers, preventing the cover yellowing and surface cracking due to optical degradation with light stabilizers (preferably blocked amine light stabilizers) and antioxidants. 他の添加物には、これに限定されないが、反応促進剤、フィラー、粘度集成材、離型剤、可塑剤、相溶化剤、カップリング剤、分散剤、顔料および色素を含む着色剤、光学漂白剤、表面活性剤、潤滑剤、安定剤、金属、加工助剤またはオイル、発泡剤、氷点硬化剤、および当業者に知られている他の任意の改質剤が含まれる。 Other additives include, but are not limited to, reaction accelerators, fillers, viscosity laminated timber, mold release agents, plasticizers, compatibilizing agents, coupling agents, dispersing agents, colorants including pigments and dyes, optical bleaches, surfactants, lubricants, stabilizers, metal, processing aids or oils, foaming agents, freezing point curing agent, and other optional known to those skilled modifier. 分散剤は、陽イオン、陰イオン、非イオンでよく、その他の均等(leveling)剤、乳化剤、発泡防止剤、湿潤剤、界面活性剤等として知られているものも含まれる。 Dispersants, cationic, anionic, often in a non-ionic, other equivalent (leveling), emulsifiers, antifoams, wetting agents also include what are known as surfactants. 顔料は、蛍光、自動蛍光、発光、または化学発光でもよく、また酸化チタンおよび酸化亜鉛のような白色顔料も含まれる。 Pigments, fluorescent automated fluorescent, luminescent, or may be a chemiluminescent, also white pigment, such as titanium oxide and zinc oxide is also included. フィラーを用いて特性例えば密度すなわち比重、曲げ弾性率、伸長弾性率、強度、慣性モーメント、硬度、耐摩耗性、耐気候性、容積、重量等を調整する。 Characteristics example density or specific gravity by using a filler, flexural modulus, elongation modulus, strength, moment of inertia, hardness, abrasion resistance, weather resistance, volume, adjusting the weight or the like. フィラーは、一様な分散を行なうために、好ましくはナノスケールまたはマイクロスケールの粉末、ファイバー、フィラメント、フレーク、ウィスカー、ワイヤー、チューブ、または粒子の形態をとる。 Filler, in order to perform a uniform dispersion, preferably take powder nanoscale or microscale fibers, filaments, flakes, whiskers, wires, the form of a tube or particles.

カバー層の曲げ弾性率は好ましくは少なくとも約2000psiであり、その材料硬度は約25ショアDおよび約65ショアDの間であり、ボール表面上で測定した硬度は約80ショアDよりも小さい。 Flexural modulus of the cover layer is preferably at least about 2000 psi, the material hardness is between about 25 Shore D and about 65 Shore D, hardness measured on the ball surface is less than about 80 Shore D. 1実施例では、カバー層のショアD硬度は約30から約60であり、曲げ弾性率は約10000psiから約80000psiである。 In one embodiment, a Shore D hardness of the cover layer is from about 30 to about 60, a flexural modulus of from about 10000psi about 80,000 psi. 厚さが約0.01インチから約0.04インチの薄いカバー層がスイング速度が大きい競技者には好まれるが、0.04インチより大きく約0.08インチまでの厚さ、より好ましくは約0.05インチから約0.07インチまでの厚さの比較的厚いカバー層が、そこそこのスイング速度の競技者に好まれる。 The thickness is thin cover layer of about 0.01 inches with about 0.04 inch being preferred for athlete swing speed is high, from greater to about 0.08 inches above 0.04 inches thick, more preferably relatively thick cover layer having a thickness of from about 0.05 inches to about 0.07 inches, are preferred reasonable swing speed of the athlete. この発明のゴルフボールは、ティーからの距離を出すために大きなエネルギで大きなPBDのコアを持ち、より大きなスピン、フィール、グリーン側での向上したプレイ特性を持ち、これは後者の競技者にとって有益であり、これは、比較的厚い熱硬化性ポリウレタンまたはポリ尿素カバーに起因し、しかも、通常のウレタンカバーのPBDコアゴルフボールでは通常不可避であった水分吸収問題を解消している。 Golf balls of the present invention has a core of large PBD in large energy in order to get the distance from the tee, has improved playing characteristics of a larger spin, feel, green side, this is beneficial to the latter of the athlete , and the this is due to the relatively thick thermoset polyurethane or polyurea cover, moreover, in a normal PBD core golf ball of urethane cover normally to eliminate the moisture absorption problem was unavoidable. 好ましい実施例では、カバーの厚さは約0.03インチより小さい。 In a preferred embodiment, the thickness of the cover is less than about 0.03 inches.

この発明のカバー層を製造するために、当業者に公知のいずれの方法も使用することができる。 To produce the cover layer of the present invention, any method known to those skilled in the art may also be used. ワンショット法は、イソシアネート、ポリエーテルポリアール及び硬化剤を同時に混合するもので、実用的であるが、得られる混合物は非均一であり、制御が困難である。 One-shot process is for mixing the isocyanate, polyether polyahls and curing agent at the same time, it is practical, the resulting mixture is non-uniform and difficult to control. 上述のプレポリマー法が、より均一な混合物が得られ、その結果よりコンシステントなポリマー配合物が得られるので、最も好ましい。 Prepolymer method described above, a more homogeneous mixture is obtained, so consistent polymer blend is obtained from a result, the most preferable. プレポリマーは、ジオールまたは第2ジアミンと反応して熱可塑性材料を生成でき、またトリオール、テトラオール、第1ジアミン、トリアミン、テトラミンと反応して熱硬化性材料を生成することができる。 Prepolymer reacts with the diol or secondary diamine can produce a thermoplastic material, also triol, tetraol, first diamine, triamine, can be reacted with tetramine to produce a thermoset material. 層を製造する他の適切な方法には、反応射出成形(“RIM”)、液状射出成形(“LIM”)、射出圧縮成型、成分を予め反応させて射出成形可能な熱可塑性ポリウレタンを製造し次いで射出成形する方法や、これらの組み合わせが含まれる。 Other methods suitable for forming the layers, reaction injection molding ( "RIM"), liquid injection molding ( "LIM"), injection compression molding, to produce a thermoplastic polyurethane injection moldable by previously reacting the components then a method of injection molding, combinations thereof. 例えば、RIM/圧縮成型、射出/圧縮成型、累進的(progressive)圧縮成型等である。 For example, RIM / compression molding, injection / compression molding, a progressive (progressive) compression molding or the like. 熱可塑配合物は注型可能であり、射出成型可能であり、噴霧可能であり、または積層形態で被着可能であり、その他公知の手法により被着可能であろう。 Thermoplastic blends are capable cast, are possible injection molding, a sprayable, or stacking form is possible deposition, it could be applied by other known techniques. 注型可能な反応性液体材料例えばポリ尿素、ポリウレタン、およびポリウレタン/ポリ尿素複合体は非常に薄い層例えば外側カバー層を実現でき、これはゴルフボールに求められるものである。 Castable reactive liquid material for example polyurea, polyurethanes, and polyurethane / polyurea complex can achieve a very thin layer for example outer cover layer, which are those required for the golf balls. 他の手法には、噴霧、浸漬、スピンコート、またはフローコート法が含まれる。 Other techniques, spraying, dipping, spin coating or flow coating.

オプションとして中間層をコアおよびカバーの間に、好ましくは、コアおよびバリア層の間に配置することができる。 An intermediate layer between the core and the cover optionally, preferably, may be disposed between the core and the barrier layer. 中間層は、外側コア層としてコアの一部でもあり得、内側カバー層としてカバーの一部でもあり得る。 Intermediate layer can also be part of the core as the outer core layer may also be part of the cover as the inner cover layer. ゴルフボールの中間層は、非アイオノマーの酸ポリマーまたはそのアイオノマー誘導体、ポリアミド、ポリオレフィン、ポリウレタン、ポリ尿素、エポキシ、ポリエーテル、ポリエステル、ポリエーテルエステル、例えば、DiPontからのHytel(商標)、ポリエーテルアミド、例えば、AtoFinaからのPebax(商標)、ナイロン、メタローセン触媒ポリマー、スチレンブロックコポリマー、例えばShell ChemicalからのKraton(商標)、アクリロニトリル−ブタジエン−スチレンコポリマー(「ABS」)、ポリビニルクロライド、ポリビニルアルコールコポリマー、ポリカーボネート、ポリエステルアミド、ポリアミド、ポリイミド、ポリエーテルケトン、ポリアミドイミド、シリコーン、脂肪酸 Intermediate layer of the golf ball, acid polymer or its ionomer derivatives non-ionomeric, polyamides, polyolefins, polyurethanes, polyureas, epoxy, polyether, polyester, polyetherester, for example, Hytrel from DiPont (TM), polyether amide , for example, Pebax from AtoFina (TM), nylon, metallocene-catalyzed polymers, styrene block copolymers, for example, from Shell Chemical Kraton (TM), acrylonitrile - butadiene - styrene copolymer ( "ABS"), polyvinyl chloride, polyvinyl alcohol copolymers, polycarbonates, polyesters, polyamides, polyimides, polyether ketone, polyamideimide, silicone, fatty acids の金属塩、およびこれらの組み合わせである。 Metal salts, and combinations thereof. 例えば、ポリカーボネートおよびアクリロニトリル−ブタジエン−スチレンのブレンド、ポリカーボネートおよびポリウレタンのブレンドである。 For example, polycarbonate and acrylonitrile - butadiene - blends of styrene, a blend of polycarbonate and polyurethane. これらの材料の2またはより多くを一緒にブレンドして中間層を生成しても良い。 Two or more than of these materials were blended together may generate an intermediate layer.

中間層は弾性率増強用のフィラーまたは比重改質用のフィラーを入れて好ましい物理的および機械的な特性を実現することが可能である。 The intermediate layer is capable of realizing a preferred physical and mechanical properties putting filler filler or specific gravity modifying the elastic modulus enhancement. 中間層の配合物の弾性率は、約1000psiから約150000psiでよく、材料硬度は約20ショアCから約80ショアDであって良く、また厚さは約0.005インチから約0.6インチであってよい。 Modulus of the formulations of the intermediate layer is about 1000psi be about 150000psi from material hardness of about 20 well-Shore C from about 80 Shore D, and the thickness is from about 0.005 inches to about 0.6 inches it may be at. 中間層の配合物は、液体、粉末、分散体、ラッカー、ペースト、ゲル、メルト、または固体のシェル半体として被着されて良い。 Composition of the intermediate layer liquid, powder, dispersion, lacquers, pastes, gels, melt or may be deposited as a shell halves solid. 中間層はコアの周りに、またはカバーの内側に、生成されてよく、生成は、シートストックすなわち真空シュリンクラップ、圧縮成型、射出成型、真空蒸着、RIM、積層、注型、噴霧、浸漬、粉末コート、または他の任意の被着手段による。 The intermediate layer around the core, or on the inside of the cover may be generated, created, sheet stock i.e. vacuum shrink wrap, compression molding, injection molding, vacuum deposition, RIM, lamination, casting, spraying, dipping, powder coat or by any other deposition means. 好ましくは、これら手法を組み合わせて用いる。 Preferably, use a combination of these techniques. 例えば、射出/圧縮成型、RIM/圧縮成型、プレフォーム/圧縮成型、射出成型/研磨、射出/累進的圧縮成型、コ−インジェクション成型、または単一ブロック材料の簡略型注型である。 For example, injection / compression molding, RIM / compression molding, the preform / compression molding, injection molding / polishing, injection / progressive compression molding, co - injection molding, or a simplified form casting of a single block of material.

生成されたゴルフボールは、上述のとおり、コア、バリア層、オプションとしての中間層、およびカバーを含み、好ましくは、そのCORは約0.79より大きく、圧縮率は約110より小さく、慣性モーメントは約84g・平方cmより小さく、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きい。 The generated golf ball, as described above, the core, barrier layer, an intermediate layer of an optional, and includes a cover, preferably, the COR is greater than about 0.79, the compression ratio is less than about 110, the moment of inertia greater than less than about 84 g · sq cm, the deflection amount at the time of 100Kg about 1.5 mm. ゴルフボールの全体の直径は好ましくは少なくとも約1.68インチであり、より好ましくは、約1.68インチから1.76インチである。 Overall diameter of a golf ball is preferably at least about 1.68 inches, more preferably 1.76 inches to about 1.68 inches. 好ましい実施例にいては、ポリウレタンまたはポリ尿素のカバーが直接にバリア層の周りに配置され、それらが相互に連続する。 Iterator to a preferred embodiment, the cover of polyurethane or polyurea is placed around the directly to the barrier layer, they are continuous with each other. バリア層に用いられているカップリング剤が、その機能から、カバーの成分と直接的な結合を形成し、この結果、2層の間の接着性を向上させる。 Coupling agents used in the barrier layer, from the function, to form a direct bond with the cover component, the result, to improve the adhesion between the two layers. ゴルフボールの最も外側の表面の少なくとも60%は、約250から約450の同一または異なるサイズ、形状のディンプルにより覆われている。 Golf least 60% of the outermost surface of the ball may be the same or different sizes from about 250 to about 450, are covered by the shape of the dimple. 好ましいディンプルパターンは懸垂曲線であり、この発明のゴルフボールの好ましい揚力および抗力特性については、出願中の米国特許出願第09/989,191および10/096,852にそれぞれ開示されており、参照してその内容をここに取り込むことにする。 Preferred dimple pattern is catenary curve, the preferred lift and drag characteristics of the golf balls of the present invention are disclosed, respectively of U.S. Patent pending 09 / 989,191 and 10 / 096,852, referenced It will be to incorporate the contents of which are hereby Te.

この発明のバリア層およびそのゴルフボールへの被着について、以下の非制限的でない例においてさらに説明する。 For the barrier layer and deposition to that golf balls of the present invention, further described in the following example which is not non-limiting. バリア層配合物の例は、ペンシルベニア州、ピッツバーグのPPG Industriesから入手でき、以下の表1に示す。 Examples of the barrier layer formulation, Pennsylvania, available from Pittsburgh PPG Industries, shown in Table 1 below.
(1)E30Bはある種のアルミニウムベースのリーフィングフレークであり、平均粒子サイズは約13ミクロンであり、オハイオ州ペインスビルのECKART Americaから入手できる。 (1) E30B are some aluminum-based leafing flake, the average particle size is about 13 microns, available from ECKART America Ohio Peinsubiru.
(2)FB1901Xはテキサス州ヒューストンのShell ChemicalからのKraton(商標)ゴムである。 (2) FB1901X is Kraton (TM) rubber from Houston, Texas Shell Chemical.
(3)Polytail(商標)Hは、日本国、東京のMitsubishi Kaseiからの架橋剤である。 (3) Polytail (TM) H is, of Japan, is a cross-linking agent from Tokyo of Mitsubishi Kasei.
(4)この配合物はさらに2.5部の第3アミン触媒(ルイジアナ州バトンルージュのAlbemarleからのArmeen(商標)DM12D)および0.7部のカップリング剤(ウェストバージニア州サウスチャールストンのCrompton Corporation−OSi SpecialitiesからのSilquest(商標)A−1100)を含む。 (4) a tertiary amine catalyst (Armeen (TM from Albemarle in Baton Rouge, Louisiana) DM12D) and 0.7 parts of coupling agent (WV South Charleston Crompton Corporation of the formulation further 2.5 parts including Silquest (TM) a-1100) from -OSi Specialties.

配合物02−005−108Aを生成するために、75%トルエンおよび25%MIBKをブレンドした溶媒に1ガロンのKraton(商標)FG1901Xを約33%の固形量で入れた中間物が最初に生成され、処理を容易にする。 To produce a blend 02-005-108A, intermediate product was placed in a gallon of Kraton (TM) FG1901X a solid content of about 33% in a solvent blend of 75% toluene and 25% MIBK is first generated , to facilitate the process. Cowles攪拌機を用いて、900グラムのKraton(商標)FG1901X樹脂(ビーズ形態)を1ガロンコンテナ中の1350グラムのトルエンおよび450グラムのMIBKの溶媒ブレンド中にゆっくりと混入させていき、その後、高速攪拌により溶解させていく。 Using Cowles stirrer 900 grams of Kraton (TM) FG1901X resin will be mixed slowly in a solvent blend of MIBK toluene and 450 grams of 1350 grams of the (bead form) in one gallon container, then high speed agitation It will be dissolved by. Cowlesブレードの剪断動作により可燃性の溶媒ブレンドが高熱になっていくので、予防措置として溶媒温度を約140°F(約60°C)より低くなるように、例えば、水ジャケットまたは空気冷却により、制御する。 Since flammable solvent blend will become high heat by shearing operation Cowles blade, to be lower than the solvent temperature about 140 ° F (approximately 60 ° C) as a precaution, for example, by a water jacket or air cooling, Control. Kraton(商標)の中間物の粘度は約24°Cで約28000cpsから約35000cpsであった。 The viscosity of the intermediate product of Kraton (TM) was about 28000cps at about 24 ° C to about 35000Cps. また、固形量が約65%の615.2グラムのEckart(商標)E30Bのリーフィングアルミニウム顔料は400グラムのリーフィングフレークを含み、これを、Cowles攪拌機を用いて、640グラムのAromatic 100(CAS#64742−95−6)および100グラムのMIBKの溶媒ブレンドに1ガロンの他のコンテナにおいてゆっくりと完全に混入させた。 Further, leafing aluminum pigments of Eckart (TM) E30B of 615.2 grams solids weight of about 65% contains 400 g leafing flake, this using a Cowles stirrer 640 grams of Aromatic 100 (CAS # 64742 -95-6) and slowly in 100 g other containers of one gallon solvent blend of MIBK were allowed to fully mixed. 混合は典型的には15分中間的に攪拌でアグロメレートすなわち凝集したフレークがコンテナの側壁を介して見えなくなるまで行なった。 Mixing is typically conducted until 15 minutes intermediately agglomerates i.e. agglomerated flakes in a stirred disappears through the side wall of the container. その後、1200グラムのKraton(商標)中間物を、ゆっくりと、つぎの15分の間、中間的な攪拌で混入した。 Then, 1200 grams of Kraton (TM) intermediate, slowly, during 15 minutes following were mixed in intermediate agitation. この結果、配合物02−005−108AのP/Bは1.0であった。 As a result, P / B formulations 02-005-108A was 1.0.

コア上にバリア層を形成するために、配合物2−005−108Aをいれたガロンサイズのコンテナをまず塗料シェーカー上の約7分間置いて噴霧可能な分散体が均一になるようにし、その後、密封された圧力ポットに入れた。 To form the barrier layer on the core, as sprayable dispersion becomes uniform containers gallon size put formulations 2-005-108A first placed about 7 minutes on the paint shaker, then, It was placed in a sealed pressure pot. 好ましくは、圧力ポットは攪拌機能を有し分散の一様性を維持させるようにする。 Preferably, the pressure pot so as to maintain the uniformity of a stirring function distribution. 2−005−108A配合物の粘度の測定結果は、約600cpsから約850cpsであった。 Measurement results of the viscosity of 2-005-108A formulation was about 600cps to about 850Cps. この分散体は被着のまえに更に希釈する必要はなく、雰囲気温度で用いた。 This dispersion does not need to be further diluted before the deposition, it was used at ambient temperature. 用いた具体的なスプレイガンはイリノイ州グレンデールハイツのITW Industries Finishingから入手できる空気動作スプレイガンBrinks(商標)Model95ARであり、スプレイノズル68PB、流体ノズル68SS(2.8mmのオリフィス直径)およびニードルステム768と組み合わせた。 Specific spray gun used was air operation the spray gun Brinks (TM) Model95AR available from ITW Industries Finishing Illinois Glendale Heights, spray nozzle 68PB, (orifice diameter of 2.8 mm) fluid nozzle 68SS and needle stem 768 in combination with. 代替的に、同一のスプレイガンをスプレイノズル67PB、流体ノズル67SS(2.2mmのオリフィス直径)およびニードルステム767と組み合わせて用いることができる。 Alternatively, the same spray gun can be used in combination with spray nozzles 67PB, (orifice diameter of 2.2 mm) fluid nozzle 67SS and needle stem 767. グループ1−3のゴルフボール前躯体を準備するために用いた圧力ポット、コーターライン、トップスプレイガン、および、ボトムスプレイガンの種々のパラメータを以下の表IIに示す。 The pressure pot is used to prepare a golf ball precursor groups 1-3 coater line, top spray gun, and are shown in Table II below various parameters of bottoms play cancer.
配合物02−005−81Aを生成するために、400グラムのビーズ状のKraton(商標)1901Xを2000グラムのトルエンに高速なCowlesの攪拌の下で1ガロンのコンテナ中で混入・溶解して、まず、固体量が約16.7%のKraton(商標)FG1901Xの中間物を生成した。 To produce a blend 02-005-81A, mixed and dissolved in a 1 gallon container 400 grams of beaded Kraton (TM) 1901X under fast stirring Cowles toluene 2000 grams, first, the solid amount is produced about 16.7% of Kraton (TM) FG1901X intermediate product. また、Polytail(商標)Hの固形量約10.8%の中間物が、300グラムのPolytail(商標)Hを5リットルのフラスコ中で2476.5グラムのトルエンに攪拌させながら溶解させて、生成された。 Further, POLYTAIL (TM) solids content of about 10.8% of the intermediate product H is dissolved with stirring 300 grams of POLYTAIL (TM) H 5 liter 2476.5 g of toluene in a flask, generation It has been. フラスコは95°F(約35°C)に加熱され、その後130°F(約54°C)に加熱され3時間経過した。 The flask was heated to 95 ° F (approximately 35 ° C), it passed then 130 ° F is heated (about 54 ° C) 3 hours. Polytail(商標)Hを室内温度まで冷却する前に、130°F(約54°C)でさらに2時間攪拌し、冷却後、5ミクロンバッグで濾過されて1ガロンコンテナに入れられた。 Polytail (TM) H before cooling to room temperature, stirred for a further 2 hours at 130 ° F (approximately 54 ° C), cooled, placed in one gallon container is filtered through a 5 micron bag. その後、461.4グラムのEskart(商標)E30Bのリーフィングアルミニウム顔料を、特別の1ガロンコンテナ中で、663グラムのKraton(商標)の中間物および277.7グラムのPolytail(商標)の中間物を混入した。 Thereafter, the leafing aluminum pigment of 461.4 g of Eskart (TM) E30B, in particular one gallon container, the intermediate of intermediate and 277.7 g of POLYTAIL (TM) 663 grams of Kraton (TM) entrained. 中間的なCowlesの攪拌を約30分行い、リーフィングアルミニウムアグロメレート(集塊)を溶媒樹脂ブレンド中に十分に分散させた。 It performs agitation of intermediate Cowles about 30 minutes, to sufficiently disperse the leafing aluminum agglomerate (agglomeration) in a solvent a resin blend. この後、3.75グラムのArmeen(商標)DM12Dおよび1.05グラムのSilquest(商標)A−1100をゆっくりと添加した。 This was slowly added 3.75 grams of Armeen (TM) DM12D and 1.05 grams of Silquest (TM) A-1100. 約30秒で、粘度が著しく上昇した。 In about 30 seconds, the viscosity increased markedly. 最後に、1350グラムのトルエンを加えて02−005−81Aの配合物を生成した。 Finally, to produce a blend of 02-005-81A added 1350 grams of toluene. そのP/Bは約2であり、固形量は約16%であった。 Its P / B is about 2, the solid content was about 16%.

バリア層の被着を試すために、5グループのゴルフボール前駆体が製造された。 To try deposition of the barrier layer, 5 golf ball precursor group is manufactured. コアグループは12個のポリブタジエンベースの直径約1.55インチのコアが含まれていた。 Core group included the twelve polybutadiene Base diameter about 1.55 inch core. グループ1、2および3の各々は、それぞれ厚さ約0.0035インチ、約0.0045インチ、約0.0069インチで、02−005−81Aの配合物で生成されたバリア層でカプセル化されたコアグループとしてコアを有する12個の前駆体を含んでいた。 Each group 1, 2 and 3, a thickness of about 0.0035 inches, respectively, about 0.0045 inches, about 0.0069 inches, are encapsulated in barrier layer produced with the formulation of 02-005-81A It contained 12 precursor having a core as the core group. コントロールグループは、厚さ約0.035インチのSurlyn(商標)アイオノマーのマントル層中にカプセル化されたコアグループとしてコアを有する12個の前駆体を含んでいた。 Control group contained 12 precursor having a core as encapsulated core group mantle layer of about 0.035 inches thick Surlyn (TM) ionomers. 02−005−81A配合物は約0.65グラム・mm/(平方m・日)未満のMVTRを実現した。 02-005-81A formulation to achieve a MVTR less than about 0.65 g · mm / (sq m · day). 水分吸収による、重量変化および付随的な圧縮率変化を調べるために、5グループすべてが約100%の湿度、約100°F(約38°C)の湿分ボックス中に3度の連続したサイクルで配置された。 Due to moisture absorption, in order to examine the change in weight and concomitant compression ratio changes, five groups all about 100% humidity, about 100 ° F (approximately 38 ° C) successive cycles of 3 times during moisture box in is located. 各サイクル後の結果を以下の表IIIに示す。 The results after each cycle are shown in the following Table III. この表は、種々の厚さのバリア層が、PBDベースのゴルフボール中に水蒸気を吸収することに起因する重量増加および圧縮率増大を抑制するのに有効であることを示す。 This table shows that the barrier layer of different thickness, it is effective in suppressing the weight gain and compression ratio increases due to absorption of water vapor into the PBD based golf ball. バリア層は、それを伴わないコアと比較して、少なくとも約30%の量の、好ましくは少なくとも約50%の量の、より好ましくは約60%を超える量のコア水分吸収の減少を実現する。 Barrier layer, as compared to the core without it, and the realization of at least about 30% of the amount, preferably at least about 50% of the amount, the decrease in core water absorption amount and more preferably greater than about 60% . 薄いバリア層は比較的厚いアイオノマー層より水蒸気の不浸透性に優れており、水分吸収は少なくとも約20%減少し、好ましくは少なくとも約40%減少する。 Thin barrier layer is excellent in impermeability of steam from the relatively thick ionomer layer, water absorption is reduced by at least about 20%, preferably at least about 40%. この発明のバリア層による、圧縮率の増大を抑制効果は、それを伴わないコアと比較した場合、約20%から約60%の範囲である。 By the barrier layer of the present invention, suppression of increase in compression ratio, when compared to the core without it ranges from about 20% to about 60%.
1具体例において、2ピースゴルフボールは、コア、カバー、これらコアおよびカバーの間に配されたこの発明のバリア層を含む。 In one embodiment, two-piece golf ball comprising a core, a cover, a barrier layer of the present invention disposed between these cores and the cover. コアは、ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエン、開始剤、および約15phrまたはそれ以上のレベルのZDAから製造される。 The core has a Mooney viscosity of about 35 greater than the polybutadiene is prepared from an initiator, and about 15phr or more levels of ZDA. オプションとして、コアはZnPCTPを含む。 As an option, the core comprises a ZnPCTP. コアの直径は約1.64インチ未満であり、その比重は約1.4g/cc未満であり、圧縮率は約100未満であり、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きく、CORは約0.78より大きい。 The core diameter is less than about 1.64 inches, a specific gravity is less than about 1.4 g / cc, a compression ratio is less than about 100, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm, COR is greater than about 0.78. コアの外側は内側より硬く、周囲の硬度はセンタの硬度より少なくとも約5ショアD大きい。 Outer core harder than the inner, surrounding hardness of at least about 5 Shore D greater than the hardness of the center. バリア層は、P/Bが約1から約2でバインダ中に分散させた粒子から製造される。 Barrier layer is made from particles which are dispersed in a binder at P / B of from about 1 to about 2. 好ましくは、粒子は、アルミニウムの、より好ましくは酸化アルミニウムの、リーフィングフレークであり、バインダはShell ChemicalからのKraton(商標)のようなスチレンゴムを含む。 Preferably, the particles comprise aluminum, more preferably aluminum oxide, a leafing flake, a styrene rubber such as Kraton (TM) from binder Shell Chemical. バリア層の厚さは約0.02インチより薄く、そのMVTRはDuPontによるSurlyn(商標)より小さい。 The thickness of the barrier layer is thinner than about 0.02 inches, the MVTR is Surlyn (TM) smaller by DuPont. カバーは熱可塑性または熱硬化性ポリウレタンまたはポリ尿素から製造され、その材料硬度は約25ショアDから約65ショアDであり、曲げ弾性率は約2000psiより大きい。 The cover is manufactured from a thermoplastic or thermoset polyurethane or polyurea, the material hardness is about 25 Shore D to about 65 Shore D, a flexural modulus of greater than about 2000 psi. 好ましくは、カバーは、バリア層に入れられたカップリング剤によりバリア層に直接に接着する。 Preferably, the cover is directly bonded to the barrier layer with a coupling agent which is put into the barrier layer. 生成されたゴルフボールは約250個から約450個のディンプルに覆われ、その圧縮率は約110より小さく、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きく、慣性モーメントは約84g・平方cmより小さく、反発係数(COR)は約0.79より大きい。 The generated golf ball is covered from about 250 to about 450 dimples, the compression ratio is less than about 110, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm, the moment of inertia than about 84 g · cm square small, coefficient of restitution (COR) is greater than about 0.79.

他の具体例において、3ピースゴルフボールは、二重コア、カバー、これら二重コアおよびカバーの間に配されたバリア層を含む。 In another embodiment, three-piece golf ball includes a dual core, a cover, a barrier layer disposed between the dual core and a cover. 二重コアはセンタおよびこのセンタの周りに配された外側コア層から生成されている。 Dual core is produced from the center and outer core layer disposed around the center. センタは、ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエン、開始剤、および約15phrから約40のレベルのZDAから製造される。 Center, a Mooney viscosity of about 35 greater than the polybutadiene is prepared from an initiator, and about 15phr to about 40 levels of ZDA. センタはさらにリグリンドまたはタングステン金属粉末のようなフィラーを含む。 Center further comprises a regrind or filler such as tungsten metal powder. センタの直径は約0.5インチから約1.6インチであり、その圧縮率は約10から約100であり、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きい。 The diameter of the center is from about 0.5 inches about 1.6 inches, the compression ratio is from about 10 to about 100, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm. 外側コア層は、ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエン、開始剤、および約25phrから約55phrのレベルのZDAから製造される。 Outer core layer has a Mooney viscosity of about 35 greater than the polybutadiene is prepared from an initiator, and ZDA about 25phr level of approximately 55 phr. 外側コア層はさらにリグリンド、バラタのようなポリイソプレン、またはタングステン金属粉末のようなフィラーを含む。 The outer core layer includes further regrind, a filler such as polyisoprene or tungsten metal powder, such as balata. オプションとして、コア、外側コア層、またはその双方は、はZnPCTPを含んでもよい。 Optionally, the core, the outer core layer, or both, can may comprise ZnPCTP. 生成された二重コアの直径は約1.64インチ未満であり、圧縮率は約100未満であり、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きく、周囲硬度は約60ショアCより大きく、CORは約0.78より大きい。 The diameter of the generated double core is less than about 1.64 inches, the compression ratio is less than about 100, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm, surrounding hardness greater than about 60 Shore C, COR is greater than about 0.78. バリア層は、P/Bが約1から約2でバインダ中に分散させた粒子から製造される。 Barrier layer is made from particles which are dispersed in a binder at P / B of from about 1 to about 2. 好ましくは、粒子は、アルミニウムの、より好ましくは酸化アルミニウムの、リーフィングフレークであり、バインダはShell ChemicalからのKraton(商標)のようなスチレンゴムを含む。 Preferably, the particles comprise aluminum, more preferably aluminum oxide, a leafing flake, a styrene rubber such as Kraton (TM) from binder Shell Chemical. バリア層の厚さは約0.02インチより薄く、そのMVTRはDuPontによるSurlyn(商標)より小さい。 The thickness of the barrier layer is thinner than about 0.02 inches, the MVTR is Surlyn (TM) smaller by DuPont. カバーは熱可塑性または熱硬化性ポリウレタンまたはポリ尿素から製造され、その材料硬度は約25ショアDから約65ショアDであり、曲げ弾性率は約2000psiより大きい。 The cover is manufactured from a thermoplastic or thermoset polyurethane or polyurea, the material hardness is about 25 Shore D to about 65 Shore D, a flexural modulus of greater than about 2000 psi. 好ましくは、カバーは、バリア層に入れられたカップリング剤によりバリア層に直接に接着する。 Preferably, the cover is directly bonded to the barrier layer with a coupling agent which is put into the barrier layer. 3ピースゴルフボールは約250個から約450個のディンプルに覆われ、その圧縮率は約110より小さく、100Kg時の撓み量は約1.5mmより大きく、慣性モーメントは約84g・平方cmより小さく、反発係数(COR)は約0.79より大きい。 3 piece golf balls covered about 250 to about 450 dimples, the compression ratio is less than about 110, the deflection amount at the time of 100Kg is greater than about 1.5 mm, the moment of inertia is less than about 84 g · cm square , coefficient of restitution (COR) is greater than about 0.79.

以上の説明で参照した特許および特許出願の内容はこれを参照することにより明確にここに含ませる。 Clearly included herein by reference thereto the contents of the referenced patents and patent applications in the above description.

ここで説明し請求する発明の技術的な範囲は、ここに開示した具体的な実施例により限定されない。 The technical scope of the claimed invention described herein is not limited by the specific embodiments disclosed herein. これら実施例は、この発明の多くの側面を例示することのみを意図するからである。 These examples, because intended only to illustrate many aspects of this invention. 当業者に自明な等価な実施例や変更はこの発明の技術的な範囲に含まれることが意図される。 Obvious equivalent embodiments and changes to those skilled in the art are intended to be within the technical scope of the invention. さらにこの発明の種々の特徴は単独でも組み合わせても採用できることは容易に理解できる。 Furthermore various features of this invention can be readily understood that can be employed singly or in combination. また、センタはさらにリグリンドまたはタングステン金属粉末のようなフィラーを含む。 The center further comprises a regrind or filler such as tungsten metal powder. そのような修正や組み合わせは添付の特許請求の範囲に含まれる。 Such modifications and combinations are within the scope of the appended claims.

Claims (47)

  1. コア、このコアを包むバリア層、および、このバリア層を包むカバーを具備するゴルフボールにおいて、 Core, a barrier layer surrounding the core, and a golf ball having a cover enclosing the barrier layer,
    上記バリア層は上記カバーより小さな水蒸気透過率を有し、 The barrier layer has a small water vapor transmission rate than the cover,
    上記バリア層は、合成ゴム、天然ゴム、ポリオレフィン、スチレンポリマー、または単一サイト触媒ポリマーからなるバインダ中に、マイクロ粒子を分散させた熱可塑性または熱硬化性配合物からなることを特徴とするゴルフボール。 The barrier layer may golf to synthetic rubber, natural rubber, polyolefin, styrene polymer or binder in comprising a single-site catalyzed polymer, characterized by comprising a thermoplastic or thermoset formulation dispersed microparticles ball.
  2. 上記バインダは、スチレンポリマーを有し、上記スチレンポリマーは、スチレン−ブタジエンコポリマー、ポリ(スチレン−コ−無水マレイン酸)、アクリロニトリル−ブチレン−スチレンコポリマー、スチレン−オレフィンブロックコポリマー、またはポリ(スチレンスルフォネート)を有する請求項1記載のゴルフボール。 The binder has a styrene polymer, the styrene polymer, styrene - butadiene copolymers, poly (styrene - co - maleic anhydride), acrylonitrile - butylene - styrene copolymer, styrene - olefin block copolymer or a poly (styrene sulphoxide, the golf ball of claim 1, further comprising a titanate).
  3. 上記スチレンポリマーは、少なくとも1つのスチレン−オレフィンブロックコポリマーを有する請求項2記載のゴルフボール。 The styrene polymer is at least one styrene - golf ball of claim 2, further comprising an olefin block copolymer.
  4. 上記マイクロ粒子はファイバー、ウィスカー、金属フレーク、雲母粒子またはナノ粒子である有する請求項1記載のゴルフボール。 The microparticle fibers, whiskers, metal flakes, golf ball of claim 1, further comprising mica particles or nanoparticles.
  5. 上記金属フレークには、アルミニウムフレーク、酸化鉄フレーク、銅フレーク、または青銅フレークが含まれる請求項4記載のゴルフボール。 The aforementioned metal flakes, aluminum flakes, iron oxide flakes, copper flakes or golf ball of claim 4, wherein that contain bronze flake.
  6. 上記アルミニウムフレークには酸化アルミニウムフレークが含まれる請求項5記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 5 wherein the said aluminum flakes include aluminum oxide flakes.
  7. 上記マイクロ粒子の粒子サイズは約4ミクロンから約335ミクロンである請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1, wherein the particle size is from about 4 microns to about 335 microns of the microparticle.
  8. 上記マイクロ粒子が上記バインダ100重量部に対して約50重量部から約250重量部存在する請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1 wherein said micro-particles are present from about 250 parts to about 50 parts by weight based on the binder 100 parts by weight.
  9. 上記配合物の粒子対バインダの重量比は約1対約2である請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1 wherein the weight ratio of particles to binder of the formulation is from about 1 to about 2.
  10. 上記バインダは熱硬化性であり、さらに架橋剤を含む請求項1記載のゴルフボール。 The binder is a thermosetting, golf ball of claim 1 comprising further a crosslinking agent.
  11. 上記架橋剤には、ポリオレフィンポリオールが含まれ、上記ポリオレフィンポリオールには水素化ポリブタジエンポリオールが含まれる請求項10記載のゴルフボール。 The above crosslinking agents include polyolefin polyols, golf ball of claim 10 wherein the said polyolefin polyol include hydrogenated polybutadiene polyol.
  12. 上記架橋剤は、上記バインダ100重量部に対して、少なくとも約10重量部の量存在する請求項11記載のゴルフボール。 The crosslinking agent, relative to the binder 100 parts by weight, the golf ball of claim 11, wherein present in an amount of at least about 10 parts by weight.
  13. 上記架橋剤は、上記バインダ100重量部に対して、少なくとも約20重量部の量存在する請求項11記載のゴルフボール。 The crosslinking agent, relative to the binder 100 parts by weight, the golf ball of claim 11, wherein present in an amount of at least about 20 parts by weight.
  14. 上記配合物はさらに触媒またはカップリング剤を含む請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1 comprising the formulation further catalyst or coupling agent.
  15. 上記バリア層は上記カバーに上記カップリング剤により直接に結合される請求項14記載のゴルフボール。 The barrier layer golf ball of claim 14, wherein the directly coupled to the above coupling agent to the cover.
  16. 上記バリア層の厚さは約0.00254cm(約0.001インチ)から約0.0254cm(約0.01インチ)である請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1, wherein the thickness of the barrier layer is about 0.00254 cm (about 0.001 inches) to about 0.0254 cm (about 0.01 inches).
  17. 上記バリア層の厚さは約0.00508cm(約0.002インチ)から約0.0178cm(約0.007インチ)である請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1, wherein the thickness of the barrier layer is about 0.00508Cm (about 0.002 inches) to about 0.0178Cm (about 0.007 inches).
  18. 上記バリア層の水蒸気透過率は約0.95グラム・mm/(平方メートル・日)より小さい請求項1記載のゴルフボール。 The water vapor permeability of the barrier layer is about 0.95 g · mm / (square meter-day) smaller claim 1 golf ball according.
  19. 上記バリア層の水蒸気透過率は約0.65グラム・mm/(平方メートル・日)より小さい請求項1記載のゴルフボール。 The water vapor permeability of the barrier layer is about 0.65 g · mm / (square meter-day) smaller claim 1 golf ball according.
  20. 上記バリア層のスオード(Sward)硬度は約5から約20である請求項1記載のゴルフボール。 Sward (Sward) hardness of the barrier layer golf ball of claim 1 wherein from about 5 to about 20.
  21. 上記バリア層の鉛筆硬度は約5Bから約Fである請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1, wherein the pencil hardness of the barrier layer is from about 5B about F.
  22. 蒸気バリア層の比重は約1g/ccから約1.5g/ccである請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1, wherein the specific gravity of the vapor barrier layer is from about 1 g / cc to about 1.5 g / cc.
  23. 上記バリア層の比重はコアの比重より少なくとも約0.1g/ccだけ大きい請求項1記載のゴルフボール。 At least about 0.1 g / cc as large claim 1 golf ball according specific gravity than the specific gravity of the core of the barrier layer.
  24. 上記配合物は、芳香族炭化水素、ケトン、アセテート、アルコール、またはエステルを含む非水溶液溶媒系に分散される請求項1記載のゴルフボール。 The above formulations are aromatic hydrocarbons, ketones, acetates, alcohols or golf ball of claim 1, wherein dispersed in a non-aqueous solvent system comprising esters.
  25. 上記溶媒担持の分散体は、少なくとも約15%の固体量を含む請求項24記載のゴルフボール。 Dispersion of the solvent-bearing The golf ball of claim 24 further comprising at least about 15% solids.
  26. 上記溶媒担持の分散体は、少なくとも約30%の固体量を含む請求項24記載のゴルフボール。 Dispersion of the solvent-bearing The golf ball of claim 24 further comprising at least about 30% solids.
  27. 上記溶媒担持の分散体の粘度は約300cpsから約1500cpsである請求項24記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 24, wherein the viscosity of the dispersion of the solvent-bearing is about 300cps to about 1500 cps.
  28. 上記溶媒担持の分散体の粘度は約500cpsから約1000cpsである請求項24記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 24, wherein the viscosity of the dispersion of the solvent-bearing is about 500cps to about 1000 cps.
  29. 上記溶媒担持の分散体の粘度は約700cpsから約900cpsである請求項24記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 24, wherein the viscosity of the dispersion of the solvent-bearing is about 700cps to about 900 cps.
  30. 上記バリア層はスプレイまたは浸漬を用いて被着される請求項1記載のゴルフボール。 The barrier layer golf ball of claim 1, wherein is deposited using a spray or dip.
  31. コア、このコアを包むバリア層、および、このバリア層を包むカバーを具備するゴルフボールにおいて、 Core, a barrier layer surrounding the core, and a golf ball having a cover enclosing the barrier layer,
    上記バリア層は上記カバーより小さな水蒸気透過率を有し、 The barrier layer has a small water vapor transmission rate than the cover,
    上記バリア層は、アルミニウムフレークを含み、このアルミニウムフレークは酸化アルミニウムを含むことを特徴とするゴルフボール。 Golf ball the barrier layer comprises aluminum flakes, aluminum flakes which comprises an aluminum oxide.
  32. コア、このコアを包むバリア層、および、このバリア層を包むカバーを具備するゴルフボールにおいて、 Core, a barrier layer surrounding the core, and a golf ball having a cover enclosing the barrier layer,
    上記バリア層は上記カバーより小さな水蒸気透過率を有し、 The barrier layer has a small water vapor transmission rate than the cover,
    上記バリア層は、このバリア層を横切って疎水性の曲がりくねったパスを構成する手段を含むことを特徴とするゴルフボール。 The barrier layer is a golf ball which comprises a means for configuring a path tortuous hydrophobic across this barrier layer.
  33. 少なくとも約1.62インチの直径のコアと、 A core diameter of at least about 1.62 inches,
    上記コアを包む、約0.0508cm(約0.02インチ)より薄いバリア層と、 Wrapping the core, the thinner the barrier layer about 0.0508 cm (about 0.02 inches),
    上記バリア層を包む、約0.0762cm(約0.03インチ)より薄いカバーとを有し、 Wrapping the barrier layer, and a thin cover than about 0.0762 cm (about 0.03 inches),
    上記バリア層は上記カバーより小さな水蒸気透過率を有することを特徴とするゴルフボール。 Golf ball The barrier layer is characterized by having a small water vapor transmission rate than the cover.
  34. 上記バインダはバインダ中にマイクロ粒子を分散させた熱可塑性または熱硬化性配合物を含む請求項33記載のゴルフボール。 The binder golf ball of claim 33 further comprising a thermoplastic or thermosetting formulations containing dispersed microparticles in a binder.
  35. 上記マイクロ粒子は、酸化アルミニウムを含むアルミニウムフレークを含み、上記バインダは少なくとも1のスチレンポリマーを含む請求項34記載のゴルフボール。 The micro-particles comprise aluminum flake containing aluminum oxide, golf ball of claim 34 wherein said binder comprises at least one styrene polymer.
  36. 上記配合物はさらに架橋剤、触媒またはカップリング剤を含む請求項34記載のゴルフボール。 Said formulation further crosslinking agent, a golf ball of claim 34 further comprising a catalyst or coupling agent.
  37. 上記配合物は、芳香族炭化水素、ケトン、アセテート、アルコール、またはエステルを含む非水溶液溶媒系に分散される請求項34記載のゴルフボール。 The above formulations are aromatic hydrocarbons, ketones, acetates, alcohols or golf ball of claim 34, wherein dispersed in a non-aqueous solvent system comprising esters.
  38. 上記配合物の粒子対バインダの重量比は約0.5対約2.5である請求項34記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 34 wherein the weight ratio of particles to binder of the formulation is from about 0.5 to about 2.5.
  39. 上記バリア層の水蒸気透過率は約0.95グラム・mm/(平方メートル・日)より小さい請求項1記載のゴルフボール。 The water vapor permeability of the barrier layer is about 0.95 g · mm / (square meter-day) smaller claim 1 golf ball according.
  40. 上記バリア層の厚さは約0.00504cm(約0.002)から約0.0178cm(約0.007インチ)である請求項1記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 1, wherein the thickness of the barrier layer is about 0.00504cm (about 0.002) to about 0.0178Cm (about 0.007 inches).
  41. 上記コアは、 The core is,
    約4.11cm(約1.62インチ)から約4.17cm(約1.64インチ)の直径と、 From about 4.11cm (about 1.62 inches) and a diameter of about 4.17cm (about 1.64 inches),
    約100未満の圧縮率と、 And less than about 100 compression ratio,
    約1.5mmより大きい100Kg時撓み量と、 And about 1.5mm greater than 100Kg at the amount of deflection,
    約0.78より大きい反発係数と、 About 0.78 greater than the coefficient of restitution,
    約1.4g/cc未満の比重とを有する請求項33記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 33 further comprising a specific gravity of less than about 1.4 g / cc.
  42. 上記コアは、 The core is,
    ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエンと、 Mooney viscosity of about 35 greater than polybutadiene,
    上記ポリブタジエン100重量部に対して約15重量部より多くの量の架橋剤と、 And amounts of crosslinking agent than about 15 parts by weight based on the polybutadiene 100 parts by weight,
    オプションの可塑剤とを有する請求項33記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 33, further comprising and an optional plasticizer.
  43. 上記コアは、 The core is,
    センタであって、その直径が約1.27cm(約0.5インチ)から約4.06cm(約1.6インチ)であり、その圧縮率が約10から約100であり、100Kg時の撓み量が約1.5mmより大きいものと、 A center, a diameter of about 1.27 cm (about 0.5 inches) to about 4.06 cm (about 1.6 inches), about 100 from the compression ratio of about 10, the deflection at the time of 100Kg and what amount is greater than about 1.5mm,
    上記センタを包む外側コア層とを有する請求項33記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 33, further comprising an outer core layer surrounding the said center.
  44. 上記センタは、 The above center,
    ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエンと、 Mooney viscosity of about 35 greater than polybutadiene,
    上記ポリブタジエン100重量部に対して約重量15部から約重量40部の量の架橋剤と、 And amount of crosslinking agent from about weight 15 parts to about weight 40 parts with respect to the polybutadiene 100 parts by weight,
    リグリンドまたはフィラーと、 A regrind or filler,
    オプションの可塑剤とを有する請求項43記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 43, further comprising and an optional plasticizer.
  45. 上記外側コア層は、 The outer core layer,
    ムーニー粘度が約35より大きいポリブタジエンと、 Mooney viscosity of about 35 greater than polybutadiene,
    上記ポリブタジエン100重量部に対して約25重量部から約55重量部の量の架橋剤と、 A crosslinking agent of from about 25 parts by weight in an amount of about 55 parts by weight based on the polybutadiene 100 parts by weight,
    リグリンド、ポリイソプレンまたはフィラーと、 Regrind, polyisoprene or filler,
    オプションの可塑剤とを有し、 And an option of a plasticizer,
    上記外側コア層は約60ショアCより大きな材料硬度を有する請求項43記載のゴルフボール。 The outer core layer golf ball of claim 43, further comprising a greater material hardness than about 60 Shore C.
  46. 上記カバーは、約250から約450のディンプルが占める最外表面を有し、かつ、 The cover has an outermost surface of about 250 occupies about 450 dimples, and,
    熱可塑性ポリウレタン、熱硬化性ポリウレタン、熱可塑性ポリ尿素、または、熱硬化性ポリ尿素からなる配合物を有し、 Thermoplastic polyurethanes, thermoset polyurethanes, thermoplastic polyurea, or a formulation comprising a thermosetting polyurea,
    上記配合物は、約25ショアDから約65ショアDの材料硬度と、少なくとも約2000psiの曲げ弾性率を有する請求項33記載のゴルフボール。 The above formulation, about 25 Shore D and material hardness of about 65 Shore D, a golf ball of claim 33, wherein a flexural modulus of at least about 2000 psi.
  47. 約110より小さい圧縮率と、 About 110 less than the compression ratio,
    約0.79より大きい反発係数と、 About 0.79 greater than the coefficient of restitution,
    約84g・平方cmより小さい慣性モーメントと 約1.5mmより大きい00Kg時の撓み量とを有する請求項33記載のゴルフボール。 The golf ball of claim 33, further comprising and about 84 g · cm square is less than the moment of inertia and the bending amount at the time of about 1.5mm greater than 00Kg.
JP2004193172A 2001-10-09 2004-06-30 Golf ball with water vapor barrier layer and its manufacturing method Pending JP2005046613A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US10/611,833 US7004854B2 (en) 2001-10-09 2003-07-01 Golf ball with vapor barrier layer and method of making same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005046613A true JP2005046613A (en) 2005-02-24
JP2005046613A5 JP2005046613A5 (en) 2007-08-09

Family

ID=34273209

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004193172A Pending JP2005046613A (en) 2001-10-09 2004-06-30 Golf ball with water vapor barrier layer and its manufacturing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005046613A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007130473A (en) * 2005-11-09 2007-05-31 Acushnet Co Highly neutralized acid polymer compositions having low moisture vapor transmission rate and their use in golf balls
JP2008055174A (en) * 2006-08-31 2008-03-13 Acushnet Co Multilayer golf ball having thick inner cover
JP2008055176A (en) * 2006-08-31 2008-03-13 Acushnet Co Highly-neutralized acid polymer having low moisture vapor transmission rate and its use in golf ball
JP2008114069A (en) * 2006-11-01 2008-05-22 Acushnet Co Multi-layer golf ball provided with cover layer with increased moisture resistance
JP2008126062A (en) * 2006-11-17 2008-06-05 Acushnet Co Multilayer golf ball containing at least three core layers, at least one intermediate barrier layer, and at least one cover layer
JP2010214110A (en) * 2009-03-13 2010-09-30 Acushnet Co Golf ball with ionomeric inner cover, stiff tpu intermediate cover, and cast thermoset outer cover
US8454455B2 (en) 2001-10-09 2013-06-04 Acushnet Company Multilayer golf ball containing at least three core layers, at least one intermediate barrier layer, and at least one cover layer
JP2016027090A (en) * 2014-06-30 2016-02-18 ダンロップスポーツ株式会社 Resin composition for golf ball and golf ball
JP2018158093A (en) * 2017-03-23 2018-10-11 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Golf ball incorporating thin thermoformed pre-forms having low normalized moisture vapor transmission rate

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002239032A (en) * 2001-02-19 2002-08-27 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
US20030069082A1 (en) * 2001-10-09 2003-04-10 Sullivan Michael J. Golf ball with polysulfide rubber layer
JP2003154036A (en) * 2001-10-09 2003-05-27 Acushnet Co Golf ball with steam barrier layer and production method thereof

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002239032A (en) * 2001-02-19 2002-08-27 Sumitomo Rubber Ind Ltd Golf ball
US20030069082A1 (en) * 2001-10-09 2003-04-10 Sullivan Michael J. Golf ball with polysulfide rubber layer
JP2003154036A (en) * 2001-10-09 2003-05-27 Acushnet Co Golf ball with steam barrier layer and production method thereof

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8454455B2 (en) 2001-10-09 2013-06-04 Acushnet Company Multilayer golf ball containing at least three core layers, at least one intermediate barrier layer, and at least one cover layer
JP2007130473A (en) * 2005-11-09 2007-05-31 Acushnet Co Highly neutralized acid polymer compositions having low moisture vapor transmission rate and their use in golf balls
JP2008055174A (en) * 2006-08-31 2008-03-13 Acushnet Co Multilayer golf ball having thick inner cover
JP2008055176A (en) * 2006-08-31 2008-03-13 Acushnet Co Highly-neutralized acid polymer having low moisture vapor transmission rate and its use in golf ball
JP2008114069A (en) * 2006-11-01 2008-05-22 Acushnet Co Multi-layer golf ball provided with cover layer with increased moisture resistance
JP2008126062A (en) * 2006-11-17 2008-06-05 Acushnet Co Multilayer golf ball containing at least three core layers, at least one intermediate barrier layer, and at least one cover layer
JP2010214110A (en) * 2009-03-13 2010-09-30 Acushnet Co Golf ball with ionomeric inner cover, stiff tpu intermediate cover, and cast thermoset outer cover
JP2016027090A (en) * 2014-06-30 2016-02-18 ダンロップスポーツ株式会社 Resin composition for golf ball and golf ball
JP2018158093A (en) * 2017-03-23 2018-10-11 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Golf ball incorporating thin thermoformed pre-forms having low normalized moisture vapor transmission rate

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3974473B2 (en) Golf ball comprising a highly neutralized acidic polymer
US5779562A (en) Multi-core, multi-cover golf ball
US8785561B2 (en) Polyalkenamer compositions and golf balls prepared therefrom
US8915800B2 (en) Multi-layer core golf ball
US7001287B2 (en) Golf ball with small inner core
US7134973B2 (en) Golf ball with large inner core
US20020151381A1 (en) Three-layer-cover golf ball
US20050059756A1 (en) Golf balls incorporating nanofillers
US6852784B2 (en) Non-conforming golf balls comprising highly-neutralized acid polymers
US6913547B2 (en) Thin-layer-covered multilayer golf ball
US7601079B2 (en) Golf ball with multiple cover layers
US20070100085A1 (en) Amide-modified polymer compositions and sports equipment made using the compositions
US8337331B2 (en) Very-low melt flow thermoplastic composition for golf ball core layers
US8177665B2 (en) Multi-layer golf ball
US7652086B2 (en) Highly-neutralized thermoplastic copolymer center for improved multi-layer core golf ball
US7879968B2 (en) Polymer compositions and golf balls with reduced yellowing
US7230045B2 (en) Golf balls comprising highly-neutralized acid polymers
US7458905B2 (en) Functionalized, crosslinked, rubber nanoparticles for use in golf ball cores
US7635312B2 (en) Multi-layer golf ball having velocity gradient from faster center to slower cover
US7279529B2 (en) Non-ionomeric silane crosslinked polyolefin golf ball layers
US8357060B2 (en) Golf ball with soft feel
US9713749B2 (en) Multi-layer core golf ball
US7331878B2 (en) Multi-layer golf ball having velocity gradient from slower center to faster cover
US8764586B2 (en) Golf ball having cross-core hardness differential and method for making it
US9604105B2 (en) Highly-neutralized thermoplastic copolymer center for improved multi-layer core golf ball

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070622

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070622

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090804

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20091104

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20091109

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20091202

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20091207

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20091225

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100202

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100406