JP2005022439A - Vehicle window structure - Google Patents

Vehicle window structure

Info

Publication number
JP2005022439A
JP2005022439A JP2003187068A JP2003187068A JP2005022439A JP 2005022439 A JP2005022439 A JP 2005022439A JP 2003187068 A JP2003187068 A JP 2003187068A JP 2003187068 A JP2003187068 A JP 2003187068A JP 2005022439 A JP2005022439 A JP 2005022439A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
window
molding
vehicle
plate
main
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003187068A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tomoaki Okano
智章 岡野
Original Assignee
Hashimoto Forming Ind Co Ltd
橋本フォーミング工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vehicle window structure capable of suppressing displacements of window molding or recessing of a lip without exposures of an adhesive agent to achieve excellent appearance.
SOLUTION: The window molding 10 for a vehicle is provided with a molding main body 11 abutting on the end edge 1c of a window plate 1, a lip 12 extending to the vehicle panel 3 side from the molding main body 11, a supporting part 13 formed closer to the cabin 9 side than to the lip 12, and a protrusion 14 protruded from the molding main body 11 along the backside 1b of the window plate 1. It is stuck to the window plate 1 by a double-coated pressure-sensitive adhesive tape 6 interposed between the backside 1b of the window plate 1 and the protrusion 14.
COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、車両用ウインドウ構造に関する。 The present invention relates to a window structure for a vehicle.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
車両のウインドウにおいて、ウインドウプレートを車体パネルの開口部に取り付ける方法としては、ウインドウプレートの周縁部の一部または全周に、合成樹脂またはゴムからなる長尺状または環状(ループ状)のウインドウモールディングを取り付けて、車体パネルの開口部の周縁部と、ウインドウプレートの周縁部との隙間を塞ぐようにする構造が、広く用いられている。 In the window of the vehicle, as the method of attaching the window plate in the opening portion of the vehicle body panel, a part or the entire circumference of the peripheral edge of the window plate, window moldings of the elongate or annular made of synthetic resin or rubber (loop) the attached, a peripheral portion of the opening portion of the vehicle body panel, the structure so as to close the gap between the peripheral edge of the window plate, are widely used.
この場合、ウインドウプレートとウインドウモールディングとの固着構造として、例えば、特許文献1には、両面粘着テープにより、ウインドウモールディングをウインドウプレートの裏面に固着した構成が記載されている。 As a fixing structure of this case, the window plate and the window moldings, for example, Patent Document 1, the double-sided adhesive tape, construction which is fixed a window molding on the rear surface of the window plate is described. また、特許文献2には、ホットメルトなどの接着剤を介してウインドウプレート上にウインドウモールディングを押出成形する方法が記載されている。 Further, Patent Document 2, a method of extruding the window molding to the window plate through an adhesive such as hot melt is described.
【0003】 [0003]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特開2002−347438号公報【特許文献2】 JP 2002-347438 Publication [Patent Document 2]
特開2002−178382号公報【0004】 Japanese Unexamined Patent Publication No. 2002-178382 Publication [0004]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
特許文献1に記載の構造の場合、ウインドウプレートの裏面にウインドウモールディングを位置決めする方法がないため、ウインドウモールディングのリップがウインドウプレートの周縁部から突出する突出量を、ウインドウプレートの周縁部と車体パネルの開口部周縁の縦壁部との間隔に合わせて設定することが困難であり、ウインドウモールディングをウインドウプレートに取り付ける位置がずれると、前記リップと車体パネルの縦壁部との間に隙間が生じたり、逆にリップの突出量が大きすぎて、ウインドウプレートを車体パネルの所定の位置に取り付けられないおそれがあった。 For the structure described in Patent Document 1, since there is no way to position the window molding on the rear surface of the window plate, the protrusion amount of the lip of the window molding protrudes from the periphery of the window plate, the peripheral edge portion and the vehicle body panel window plate it is difficult to set according to the distance between the vertical wall portion of the peripheral edge of the opening portion, the position to attach the window molding to the window plate is shifted, a gap is generated between the vertical wall portion of the lip and the body panel or, conversely is too large amount of protrusion of the lip, there may not be attached to the window plate to a predetermined position of the vehicle body panel. 位置決めのための治具を用いてウインドウモールディングをウインドウプレートに位置決めして貼着することができるが、位置決め作業が面倒であった。 Can be bonded to position the window molding to the window plate by using a jig for positioning, the positioning work is troublesome.
また、車両のユーザ等が、清掃時などにリップをタオルや手指などで押してしまったときに、リップが裏面側に押し込まれてしまうおそれがあった。 The user of the vehicle or the like, when had pressing lip like a towel or fingers, such as during cleaning, lip there is a fear that pushed on the back side. この場合、リップの少なくとも一部がへこんだような外観になり、見栄えが悪い。 In this case, at least in part the appearance, such as dented lip, appearance is bad. しかも、リップの向きを元に戻すにしても、ウインドウプレートの周縁部と車体パネルの開口部周縁の縦壁部との間隔は、リップの裏面側に手指の先を掛けられるほどには広く形成されていないことが通常であるので、先端が鉤状の工具を用いてリップを引き起こすなどの作業が必要となり、不都合であった。 Moreover, even in the undo orientation of the lip, the distance between the vertical wall portion of the opening peripheral edge of the peripheral portion and the vehicle body panel window plate is wider to the extent multiplied the fingers ahead on the back side of the lip since is it not is in the normal, leading edge work such as causing lip is required using a hook-shaped tool was inconvenient.
【0005】 [0005]
特許文献2に記載の製造方法の場合、ウインドウモールディングとウインドウプレートとの境界に介在する接着剤層の端縁がウインドウプレートの表側に露出されているので、接着剤層が光ってウインドウモールディングとの外観の連続性を損ね、品質感を悪くするおそれがあった。 For the manufacturing method described in Patent Document 2, the edge of the adhesive layer interposed boundary between the window molding and the window plate because it is exposed on the front side of the window plate, the window molding glowing adhesive layer impair the continuity of the appearance, there is a possibility of deteriorating the feeling of quality. また、ウインドウプレートの端縁には、不透明着色層が形成されていないので、ウインドウプレートごしに接着剤層が視認されてしまい、美観や商品性に劣る。 Also, the edge of the window plate, since no opaque colored layer is formed, the adhesive layer will be visible in the window plate over, poor appearance and marketability.
【0006】 [0006]
本発明は、上記問題点を解決するためなされたものであって、ウインドウモールディングの位置ずれやリップのへこみを抑制することができるとともに、接着剤の露出がなく、美観に優れた車両用ウインドウ構造を提供することを課題とする。 The present invention was made to solve the above problems, it is possible to suppress dents misalignment and the lip of the window molding, there is no exposure of the adhesive, the window for aesthetically pleasing vehicle structure it is an object of the present invention to provide a.
【0007】 [0007]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
前記課題を解決するため、本発明は、車体パネルの開口部の周縁部に取り付けられるウインドウプレートと、前記ウインドウプレートと前記車体パネル開口部の周縁部との間に形成された間隙に取り付けられる車両用ウインドウモールディングとを有する車両用ウインドウ構造であって、 To solve the above problems, the present invention provides a vehicle mounted in the gap formed between the window plate which is attached to the peripheral edge of the opening in the vehicle body panel, said window plate and the peripheral portion of the vehicle body panel opening a window structure for a vehicle having a use window molding,
前記ウインドウモールディングは、前記ウインドウプレートの端縁に当接するように形成されたモールディング本体と、該モールディング本体から前記車体パネル側に延出するリップと、前記リップよりも車室側に形成された支え部と、前記モールディング本体から前記ウインドウプレートの裏面に沿うように突出する突出部とを有し、 Said window molding is a molding body formed so as to contact the edge of the window plate, which is formed with a lip extending from the molding body to the vehicle body panel side, the cabin side of the lip support includes a part, and a projection projecting from the molding body so as to extend along the back surface of the window plate,
前記ウインドウプレートの裏面と前記突出部との間に介在された両面粘着テープにより前記ウインドウプレートに貼着されていることを特徴とする車両用ウインドウ構造を提供する。 To provide a vehicle window structure characterized in that it is attached to the window plate by interposed double sided adhesive tape between the back and the projecting portion of the window plate.
上記車両用ウインドウ構造において、前記支え部は、少なくとも前記リップより硬度が高い硬質性材料から、先端部が前記リップ側に屈曲形成され、かつ車両に装着された状態において、車体パネルに当接しない長さに形成されている構成が可能である。 In the window structure for the vehicle, the support portion is at least the hard material is higher hardness than the lip, in the state where the tip portion is bent to the lip side, and is mounted on the vehicle, it does not contact the vehicle body panel configuration that is formed in the length are possible.
本願において、車両用ウインドウとは、ウインドウシールド、リアウインドウ、車両側面のサイドウインドウ、車両上部のサンルーフ等、車体パネルに形成された開口部に、接着剤やクリップなどの固着手段により固着され、かつ、開閉動作を伴わないウインドウをいうものとする。 In the present application, the window for a vehicle, windshield, rear window, a vehicle side surface of the side window, the upper carriage of the sunroof or the like, the opening formed in the vehicle body panel, is fixed by fixing means such as an adhesive or clips, and , it is assumed that refers to a window that does not involve the opening and closing operation.
【0008】 [0008]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、実施の形態に基づいて、本発明を詳しく説明する。 Hereinafter, based on the embodiments, the present invention is described in detail.
図1は、本発明の車両用ウインドウ構造の一実施の形態を示す断面図である。 Figure 1 is a sectional view showing an embodiment of a vehicle window structure of the present invention. 図2は、図1に示すウインドウモールディングの支え部の作用を説明する概略図である。 Figure 2 is a schematic diagram illustrating the operation of supporting portion of the window molding shown in FIG. 図3は、図1に示すウインドウモールディングを車体パネルに取り付ける前の状態の一例を示す概略構成図である。 Figure 3 is a schematic diagram showing an example of a state before attaching the window molding shown in FIG. 1 to the vehicle body panel.
【0009】 [0009]
図1に示すように、開口部5の周縁部4は、車体パネル3の一般面3aよりも、縦壁部4bを介して車室9側に向かって一段低く形成されたフランジ部4aを有する。 As shown in FIG. 1, the peripheral edge portion 4 of the opening 5, than the general surface 3a of the vehicle body panel 3 has a flange portion 4a formed one step lower toward the vehicle compartment 9 side through the vertical wall portion 4b .
ウインドウプレート1は、無機ガラスや有機ガラス(アクリル樹脂、ポリカーボネート樹脂など、透明性に優れた合成樹脂を無機ガラスの代替として使用するものをいう)などからなり、無色で透明性に優れるか若しくは着色されて透明性に優れるものである。 Window plate 1, an inorganic glass or organic glass (acrylic resin, polycarbonate resin, refers to the use of synthetic resin having excellent transparency as a substitute for inorganic glass) made such, whether or coloring excellent transparency colorless is excellent in transparency are. ウインドウプレート1の車室9側に向けられる裏面1bの周縁部1dには、セラミックなどからなる黒色や暗色の不透明着色層1eが形成されている。 The peripheral edge portion 1d of the rear surface 1b directed into the passenger compartment 9 side of the window plate 1, black or dark-colored opaque colored layer 1e made of a ceramic is formed.
【0010】 [0010]
ウインドウモールディング10は、ウインドウプレート1の端縁1cに沿うように長尺あるいは枠状のモールディング本体11と、モールディング本体11の前記ウインドウプレート1の端縁1cに対する当接面11aと反対側である外周面11bから延出するリップ12と、前記リップ12の裏面12b側に形成された支え部13と、前記モールディング本体11から前記ウインドウプレート1の裏面1bに沿うように突出する突出部14とを有する。 The window molding 10 is a molding main body 11 elongated or frame-shaped along the edge 1c of the window plate 1, the contact surface 11a with respect to the window plate 1 edge 1c of the molding main body 11 opposite to the outer periphery has a lip 12 extending from the surface 11b, a supporting portion 13 formed on the back surface 12b side of the lip 12, and a projecting portion 14 projecting from the molding main body 11 along the back surface 1b of the window plate 1 . ウインドウモールディング10は、合成樹脂などを押出成形や射出成形などの手法で成形することにより製造することができる。 The window molding 10 can be made by molding a synthetic resin by a technique such as extrusion molding or injection molding. 本発明によるウインドウモールディングの場合、押出成形により成形する方がコスト的に有利であるが、射出成形により成形することも無論可能である。 If the window molding according to the present invention, but is better to molding by extrusion molding is cost-effective, it is of course possible to be formed by injection molding.
【0011】 [0011]
ウインドウモールディング10は、突出部14とウインドウプレート1の裏面1bとの間に介在された両面粘着テープ6により、ウインドウプレート1に貼着(固着)されている。 The window molding 10, the double-sided adhesive tape 6 interposed between the back surface 1b of the projecting portion 14 and the window plate 1, is bonded (fixed) to the window plate 1. また、ウインドウプレート1と車体パネル3のフランジ部4aとの固着は、ダムラバー7で開口部5側に流出しないように堰き止められたウレタン系接着剤などの接着剤層8(接着)により行われている。 Also, fixing of the flange portion 4a of the window plate 1 and the vehicle body panel 3 is effected by the adhesive layer 8 (adhesive), such as urethane adhesive dammed so as not to flow out to the opening 5 side dam rubber 7 ing.
両面粘着テープ6、ダムラバー7、および接着剤層8は、いずれもウインドウプレート1の不透明着色層1eの裏側に設けられている。 Double-sided adhesive tape 6, dam rubber 7 and adhesive layer 8, is either provided on the back side of the opaque colored layer 1e of the window plate 1.
【0012】 [0012]
図3に示すように、ウインドウモールディング10のリップ12がウインドウプレート1の端縁1cから突出する突出量は、ウインドウプレート1の端縁1cと車体パネル3の開口周縁部4の縦壁部4bとの間隔よりも長く設定されている。 As shown in FIG. 3, the projecting amount of the lip 12 of the window molding 10 is projected from the edge 1c of the window plate 1, and a vertical wall portion 4b of the opening edge 4 of the end edge 1c and the vehicle body panel 3 of the window plate 1 It is set to be longer than the interval. リップ12は柔軟性および弾性変形性を有し、縦壁部4bに接触すると湾曲して、該縦壁部4bに弾接するようになっている。 Lip 12 is flexible and resilient deformability, and curved in contact with the vertical wall portion 4b, so that the elastic contact in said longitudinal wall portion 4b.
【0013】 [0013]
本実施の形態において、支え部13は、図3に示すように、モールディング本体11の外周面11bから延出し、リップ12とほぼ等しい突出量を有する第2のリップとして形成されており、リップ12の裏側に該リップ12とほぼ平行に形成されている。 In this embodiment, support portion 13, as shown in FIG. 3, extend from the outer peripheral surface 11b of the molding main body 11 is formed as a second lip having a substantially equal amount of protrusion and lip 12, the lip 12 It is formed substantially parallel to the said lip 12 on the back side of the. 第2のリップである支え部13は、例えば、リップ12と同質であり、こすれ音を発生しない材料で形成することができる。 Supporting portion 13 is a second lip, for example, a lip 12 of the same quality can be formed of a material that does not generate rubbing sound.
図1に示すように、支え部13は、ウインドウプレート1を車体パネル3に取り付けた状態において、車体パネル3の縦壁部4bに湾曲状態で弾接し、リップ12の裏面12bに近接または当接するようになっている。 As shown in FIG. 1, support portion 13, in a state of attaching the window plate 1 on the vehicle body panel 3, in elastic contact with the curved state the vertical wall portion 4b of the vehicle body panel 3, to close or abut the rear surface 12b of the lip 12 It has become way.
【0014】 [0014]
次に、上述の車両用ウインドウ構造2を構成する手順を例示して説明する。 Next, a description illustrates the steps for configuring a vehicle window structure 2 described above.
図3に示すように、まず、モールディング10の突出部14の取付面14aに両面粘着テープ6を貼着する。 As shown in FIG. 3, first, adhering the double-sided adhesive tape 6 on the mounting surface 14a of the protrusion 14 of the molding 10. 必要に応じて、両面粘着テープ6の貼着の前に、取付面14aの脱脂やプライマーの塗布などを施してもよい。 If necessary, prior to adhering the double-sided adhesive tape 6 it may be subjected to coating or the like of degreasing and primers of the mounting surface 14a.
次いで、モールディング10を前記両面粘着テープ6により、ウインドウプレート1の裏面1bに貼着する。 Then, by the double-sided adhesive tape 6 a molding 10, is stuck to the back surface 1b of the window plate 1. 必要に応じて、両面粘着テープ6の貼着の前に、ウインドウプレート1の裏面1bの所定の箇所(両面粘着テープ6が貼着される箇所)に、脱脂やプライマーの塗布などを施してもよい。 If necessary, prior to adhering the double-sided adhesive tape 6, a predetermined portion of the back surface 1b of the window plate 1 (locations double-sided adhesive tape 6 is stuck), be subjected to degreasing and primer coating good.
さらに、ダムラバー7をウインドウプレート1の裏面1bに密着させてから、ダムラバー7とモールディング10との間に、接着剤8をダムラバー7よりも高く盛り上げる。 Furthermore, it makes good contact with dam rubber 7 on the rear surface 1b of the window plate 1, between the dam rubber 7 and the molding 10, enliven adhesive 8 dam rubber 7 higher than. 接着剤8の盛り付けは、ウインドウプレート1の裏面1b側を上向きにしてから行うことにより、接着剤8の垂れ落ちもなく、容易に作業できる。 Serve the adhesive 8, by performing the back surface 1b side of the window plate 1 from the upward, no dripping adhesive 8 can work easily. そして、ウインドウプレート1の表面1aに吸盤などの治具を用いることにより、ウインドウプレート1を持ち上げて車体パネル3に押し付ける。 Then, by using a jig such as a suction cup on the surface 1a of the window plate 1 is pressed against the vehicle body panel 3 by lifting the window plate 1. この際、リップ12が車体パネル3の縦壁部4bに弾接して隙間を塞ぐとともに、ウインドウプレート1の自重により接着剤8が圧せられて車体パネル3のフランジ部4a上に広がる。 At this time, with the lip 12 blocks the gap elastic contact with the vertical wall portion 4b of the vehicle body panel 3, spread on the flange portion 4a of the vehicle body panel 3 adhesive 8 is assay by the weight of the window plate 1. 接着剤8が硬化すると、車体パネル3とウインドウプレート1およびウインドウモールディング10が、水密に密着された状態で接着される。 The adhesive 8 is hardened, the body panel 3 and the window plate 1 and the window molding 10 is bonded in a state of being in close contact with the watertight.
【0015】 [0015]
以上のように構成された車両用ウインドウ構造2によれば、以下の効果が得られる。 According to the vehicle window structure 2 constructed as described above has the following advantages.
ウインドウモールディング10は、モールディング本体11の内周面である当接面11aをウインドウプレート1の端縁1cに当接させることにより、簡単に位置決めすることができるので、リップ12のウインドウプレート1の端縁1cからの突出量を一定に設定することができる。 The window molding 10, by abutting the abutting surface 11a is an inner circumferential surface of the molding main body 11 to the end edge 1c of the window plate 1, it is possible to easily position the end of the window plate 1 of the lip 12 it is possible to set the protruding amount from the edge 1c constant. これにより、リップ12が、ウインドウプレート1と車体パネル3との間に、ぴったりと隙間なく配置されるようになり、ウインドウプレート1の表面1aとリップ12の表面12aとの段差が少ないので目立ちにくく、面の連続性により一体感のある意匠が得られ、美観に優れる。 Thus, the lip 12, between the window plate 1 and the vehicle body panel 3, To come to be arranged without any gap snugly, inconspicuous since the step between the surface 12a of the surface 1a and the lip 12 of the window plate 1 is small , design is obtained with a sense of unity with the continuity of the surface, excellent appearance. また、モールディング10付近の隙間や凹凸が少ないので、風切り音の発生を抑制して、車両の快適性を向上できる。 Further, since a small gap or irregularities in the vicinity of molding 10, to suppress the occurrence of wind noise and improve the comfort of the vehicle.
【0016】 [0016]
また、車両のユーザ等が、清掃時などにリップをタオルや手指などで押してしまって、リップ12の表面12aに押込み力が作用した場合、図2に示すように、支え部13がリップ12の裏面12bに接触して、リップ12の凹みを阻止するように機能する。 The user of the vehicle is gone press lips, such as during cleaning, such as a towel or fingers, if the pushing force is applied to the surface 12a of the lip 12, as shown in FIG. 2, support portion 13 of the lip 12 in contact with the back surface 12b, functions to prevent indentation of the lip 12. 支え部13が当初からリップ12の裏面12bに接触していた場合には、リップ12の表面12aは殆どへこむことがなく、また、支え部13とリップ12の裏面12bとに若干の隙間があった場合にも、リップ12の車室9側への後退量をごくわずかにできるので、手指などでリップ12を伸ばして、容易にならすことができる。 When the support portion 13 is in contact from the beginning to the rear surface 12b of the lip 12, the surface 12a of the lip 12 is hardly dented that no, also there is a slight clearance and back surface 12b of the support portion 13 and the lip 12 even if, because the retraction amount of the vehicle compartment 9 side of the lip 12 can be very slightly, stretched out lip 12 in such fingers can be easily leveled.
【0017】 [0017]
ウインドウモールディング10とウインドウプレート1との固着を、不透明着色層1eの裏面に配置された両面接着テープ6により行っているので、接着剤がウインドウプレート1の表側に露出されることがない。 The fixing of the window molding 10 and the window plate 1, so that performed by double-sided adhesive tape 6 arranged on the rear surface of the opaque colored layer 1e, is not the adhesive is exposed on the front side of the window plate 1. また、ウインドウプレート1の端縁1cは、接着剤を介在させることなく、ぴったりとウインドウモールディング10に当接しているので、ウインドウプレート1ごしに接着剤が視認されることもない。 Also, the edge 1c of the window plate 1, without intervening adhesive, since snugly in the window molding 10 abuts the window plate 1 adhesive is being nor visible in your teeth. 従って、高い品質感とともに、優れた美観や商品性を呈するものとなる。 Therefore, along with the high quality feeling, the one that exhibits the excellent appearance and marketability.
【0018】 [0018]
図4は、上記車両用ウインドウ構造の改変例として、本発明の車両用ウインドウ構造の第2例を示す図である。 Figure 4 is a modification of the vehicle window structure is a diagram showing a second example of a vehicle window structure of the present invention. 図4において、図1〜図3で用いたものと同一の符号は、図1〜図3に示す構成と同一または同様のものであることを示し、重複する符号を省略する。 4, the same reference numerals as those used in FIGS. 1 to 3 indicates that those configuration that is the same or similar as shown in FIGS. 1 to 3, without redundant code.
本実施の形態のウインドウモールディング20では、リップ12の表面12aがウインドウプレート1の端縁1cから表面1aに若干重なる程度まで、リップ12の厚みが厚く形成されている。 In the window molding 20 of the present embodiment, to the extent that the surface 12a of the lip 12 overlaps slightly the surface 1a from the edge 1c of the window plate 1, the thickness of the lip 12 is formed thick. このことを除いては、図1に示すウインドウモールディング10と同様に構成されている。 This except is configured similarly to the window molding 10 shown in FIG. ウインドウモールディング20を用いた車両用ウインドウ構造2を構成する方法も、すでに説明したものと同様でよく、ウインドウモールディング20は合成樹脂により形成され、適度な弾性を有しているので、突出部14の取付面14aに取り付けた両面粘着テープ6をウインドウプレート1の裏面1bに貼着することは困難ではない。 How to configure the vehicle window structure 2 with window molding 20 also may be similar to that already described, the window molding 20 is formed of a synthetic resin, since it has a moderate elasticity, the projecting portion 14 it is not difficult to adhere the double-sided adhesive tape 6 attached to the mounting surface 14a on the rear surface 1b of the window plate 1.
このウインドウモールディング20によれば、リップ12とウインドウプレート1との段差が小さく、フラッシュな外観となる。 According to the window molding 20, the step between the lip 12 and the window plate 1 is small, a flash appearance. このため、風切り音の発生を少なくできるとともに、見栄えがよい。 Therefore, it is possible to reduce the occurrence of wind noise, a good appearance. もちろん、支え部13によりリップ12の凹みを抑制できる。 Of course, it is possible to suppress a recess lip 12 by the support section 13.
【0019】 [0019]
図5は、本発明の車両用ウインドウ構造の第3例を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing a third example of a vehicle window structure of the present invention. 図5において、図1〜図3で用いたものと同一の符号は、図1〜図3に示す構成と同一または同様のものであることを示し、重複する符号を省略する。 5, the same reference numerals as those used in FIGS. 1 to 3 indicates that those configuration that is the same or similar as shown in FIGS. 1 to 3, without redundant code.
本実施の形態のウインドウモールディング30では、支え部33が、モールディング本体11の外周面11bから突出し、先端部33aがリップ12の裏面12bに臨むようにリップ12側に屈曲形成された断面鉤状の部材となっている。 In the window molding 30 of the present embodiment, support portion 33, from the outer peripheral surface 11b of the molding main body 11 protrudes the tip 33a of section hook shape formed by bending the lip 12 side so as to face the back surface 12b of the lip 12 It has become a member. 支え部33は、リップ12より硬質にしておくと、リップ12の支えとしての剛性に優れ、好ましい。 Supporting portion 33 idea to the lip 12 on the hard, excellent in rigidity as support for the lip 12, preferably. また、支え部33は、車体パネル3の縦壁部4bに接触(当接)させないほうが異音を発生させないので好ましい。 Further, support portion 33 is preferred since contact with the vertical wall portion 4b of the vehicle body panel 3 should not (contact) let does not generate abnormal noise.
本ウインドウモールディング30は、例えばあらかじめ支え部33を押出成形などにより形成しておき、この支え部33と接合するように、モールディング本体11やリップ12等を一体にモールドすることにより製造することができる。 This window molding 30, for example previously formed by extrusion molding in advance support portion 33, to interface with the supporting portion 33, the molding body 11 and the lip 12 or the like can be produced by integrally molded . このような構成の支え部33を有するウインドウモールディング30によれば、リップ12に押込み力が作用した場合でも、支え部33により該リップ12の凹みを抑制できる。 According to the window molding 30 having a support portion 33 having such a configuration, even when a pushing force acts on the lip 12, can suppress the recess of the lip 12 by the support section 33. この他、上述のウインドウモールディング10,20と同様の作用効果を奏する。 In addition, the same effects as the window molding 10, 20 described above.
【0020】 [0020]
図6は、本発明の車両用ウインドウ構造の第4例を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing a fourth example of a vehicle window structure of the present invention. 図6において、図1〜図3で用いたものと同一の符号は、図1〜図3に示す構成と同一または同様のものであることを示し、重複する符号を省略する。 6, the same reference numerals as those used in FIGS. 1 to 3 indicates that those configuration that is the same or similar as shown in FIGS. 1 to 3, without redundant code.
本実施の形態のウインドウモールディング40では、支え部43が、リップ12の裏面12bから車体パネル3のフランジ部4aに向かって突出した部材となっており、リップ12の長手方向に沿って、長手方向の少なくとも一部に設けられている。 In the window molding 40 of the present embodiment, support section 43, which consists of the rear surface 12b of the lip 12 and the member projecting toward the flange portion 4a of the vehicle body panel 3 along the longitudinal direction of the lip 12, longitudinal It is provided on at least a part of. 支え部43の先端部43aは、車体パネル3のフランジ部4aに少なくとも一部で当接していてもよく、また、一定以下の隙間を介して離れていてもよい。 Tip 43a of the support portion 43 may not contact at least in part to the flange portion 4a of the vehicle body panel 3, also may be separated through a certain following clearance.
【0021】 [0021]
支え部43は、特に限定されないが、例えば発泡体などリップ12よりも柔軟性や弾力性に富む材料で成形することができる。 Supporting portion 43 is not particularly limited, it can be molded with a material e.g. rich in flexibility and elasticity than the foam such as lip 12. また、支え部43は、例えば、接着剤層や両面粘着テープなどの固着手段43bなどによってリップ12に固着することにより、リップ12に一体化することができる。 Further, support portion 43, for example, by fixing the lip 12 such as by fastening means 43b such as an adhesive layer or double-sided adhesive tape, it may be integrated into the lip 12. もちろん、固着手段43bを介せずに、リップ12と一体成形により形成してもよい。 Of course, without through the fixing means 43 b, it may be formed by integrally molding a lip 12.
このような構成の支え部43を有するウインドウモールディング30によれば、リップ12に押込み力が作用した場合、支え部43の先端部43aが、車体パネル3のフランジ部4aに当接して、リップ12の凹みを抑制することができる。 According to the window molding 30 having a support portion 43 having such a configuration, if the pushing force is applied to the lip 12, the distal end portion 43a of the support portion 43 abuts against the flange portion 4a of the vehicle body panel 3, the lip 12 it is possible to suppress the depressions. この他、上述のウインドウモールディング10,20と同様の作用効果を奏する。 In addition, the same effects as the window molding 10, 20 described above.
【0022】 [0022]
以上、本発明を好適な実施の形態に基づいて説明してきたが、本発明はこの実施の形態のみに限定されるものではなく本発明の要旨を逸脱しない範囲で種々の改変が可能である。 Having thus described the present invention based on preferred embodiments, the present invention is susceptible to various modifications without departing from the scope of the present invention is not limited only to this embodiment.
【0023】 [0023]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、モールディング本体をウインドウプレートの端縁に当接させるだけで位置決めができるので、ウインドウモールディングをウインドウプレートに取り付ける作業が容易にできる。 According to the present invention, since it is only by positioning is brought into contact with molding body to the edge of the window plate, the work of attaching the window molding to the window plate can be easily. また、位置ずれもなく、リップの突出量も正確に設定できる。 Further, positional displacement without any amount of protrusion of the lip can also be accurately set.
前記リップよりも車室側に、リップを支えうる支え部を設けたので、リップに押込み力が加わったとしても、リップが支え部により裏側から支えられるようになり、リップのへこみが抑制できる。 The cabin side of the lip, is provided with the support portion can support the lip, even pushing force is applied to the lips, become supported from the back side by lip support section, indentation of the lip can be suppressed.
ウインドウプレートの裏面に沿って突出する突出部を設け、両面粘着テープによってウインドウプレートの裏面に前記突出部を貼着するようにしたので、接着剤がウインドウプレートの表側から視認されることがない。 The protrusion protruding along the rear surface of the window plate is provided. Thus stuck the projecting portion by a double-sided adhesive tape on the back surface of the window plate, the adhesive is prevented from being visually recognized from the front side of the window plate.
従って、外観が美しく、商品性に優れたものとなる。 Therefore, the appearance is beautiful, and is excellent in marketability.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の車両用ウインドウ構造の一実施の形態を示す断面図である。 1 is a cross-sectional view showing an embodiment of a vehicle window structure of the present invention.
【図2】図1に示すウインドウモールディングの支え部の作用を説明する概略図である。 2 is a schematic diagram illustrating the operation of supporting portion of the window molding shown in FIG.
【図3】図1に示すウインドウモールディングを車体パネルに取り付ける前の状態の一例を示す概略構成図である。 Figure 3 is a schematic diagram showing an example of a state before attaching the window molding shown in FIG. 1 to the vehicle body panel.
【図4】本発明の車両用ウインドウ構造の第2例を示す断面図である。 4 is a sectional view showing a second example of a vehicle window structure of the present invention.
【図5】本発明の車両用ウインドウ構造の第3例を示す断面図である。 5 is a cross-sectional view showing a third example of a vehicle window structure of the present invention.
【図6】本発明の車両用ウインドウ構造の第4例を示す断面図である。 6 is a sectional view showing a fourth example of a vehicle window structure of the present invention.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…ウインドウプレート、1b…ウインドウプレートの裏面、1c…ウインドウプレートの端縁、2…車両用ウインドウ構造、3…車体パネル、4…開口部の周縁部、5…開口部、6…両面粘着テープ、9…車室、10,20,30,40…ウインドウモールディング、11…モールディング本体、12…リップ、13,33,43…支え部、14…突出部。 1 ... window plate, the back surface of the 1b ... window plate, 1c ... of the window plate edge, the window structure for a 2 ... vehicle, 3 ... vehicle body panel, the peripheral edge portion of 4 ... opening, 5 ... opening, 6 ... double-sided adhesive tape , 9 ... cabin, 10, 20, 30, 40 ... window moldings, 11 ... molding body, 12 ... lip, 13,33,43 ... support portion, 14 ... protruding portion.

Claims (2)

  1. 車体パネルの開口部の周縁部に取り付けられるウインドウプレートと、前記ウインドウプレートと前記車体パネル開口部の周縁部との間に形成された間隙に取り付けられる車両用ウインドウモールディングとを有する車両用ウインドウ構造であって、 And the window plate which is attached to the peripheral edge of the opening in the vehicle body panel, in the vehicle window structure having a vehicle window molding that is attached to the formed gap between the window plate and the body panel opening of the peripheral portion there,
    前記ウインドウモールディングは、前記ウインドウプレートの端縁に当接するように形成されたモールディング本体と、該モールディング本体から前記車体パネル側に延出するリップと、前記リップよりも車室側に形成された支え部と、前記モールディング本体から前記ウインドウプレートの裏面に沿うように突出する突出部とを有し、 Said window molding is a molding body formed so as to contact the edge of the window plate, which is formed with a lip extending from the molding body to the vehicle body panel side, the cabin side of the lip support includes a part, and a projection projecting from the molding body so as to extend along the back surface of the window plate,
    前記ウインドウプレートの裏面と前記突出部との間に介在された両面粘着テープにより前記ウインドウプレートに貼着されていることを特徴とする車両用ウインドウ構造。 Vehicle window structure characterized in that it is attached to the window plate by interposed double sided adhesive tape between the back and the projecting portion of the window plate.
  2. 前記支え部は、少なくとも前記リップより硬度が高い硬質性材料から、先端部が前記リップ側に屈曲形成され、かつ車両に装着された状態において、車体パネルに当接しない長さに形成されていることを特徴とする請求項1に記載の車両用ウインドウ構造。 The support portion is at least the hard material hardness is higher than the lip, in the state where the tip portion is bent to the lip side, and mounted on a vehicle, and is formed to a length that does not contact the vehicle body panel the vehicle window structure according to claim 1, characterized in that.
JP2003187068A 2003-06-30 2003-06-30 Vehicle window structure Pending JP2005022439A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003187068A JP2005022439A (en) 2003-06-30 2003-06-30 Vehicle window structure

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003187068A JP2005022439A (en) 2003-06-30 2003-06-30 Vehicle window structure

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005022439A true true JP2005022439A (en) 2005-01-27

Family

ID=34186031

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003187068A Pending JP2005022439A (en) 2003-06-30 2003-06-30 Vehicle window structure

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005022439A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8000315B2 (en) 2005-01-31 2011-08-16 Panasonic Corporation Communication method and wireless communication device having a frame which is exchanged between nodes

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8000315B2 (en) 2005-01-31 2011-08-16 Panasonic Corporation Communication method and wireless communication device having a frame which is exchanged between nodes

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20070085361A1 (en) Injection molded parts for vehicles and other devices
US5319883A (en) Sealing device for window frame with sliding or fixed pane
US5752352A (en) Window molding for automobiles
US6814385B2 (en) Molded articles for vehicles
US6643984B2 (en) Frame-attached window panel
JP2003118386A (en) Window edge molding assembly
JP2002211439A (en) Cowl cover
US5590926A (en) Structure for attachment of weather strip
US7523982B2 (en) Sealing structure
JP2003267263A (en) Mounting structure of terminal pieces of cowl louver
JPH1044776A (en) Tip part structure of door sash molding
JP2000085434A (en) Arm rest for vehicle
JP2007002507A (en) Corner guard
JP2002274285A (en) Weather strip and its fitting structure
US20060032181A1 (en) Vehicle glazing edge seal with embedded stiffener
JP2008195198A (en) Exterior part for vehicle
JP2004243792A (en) Weather strip for automobile
US20020153743A1 (en) Window with a profiled bead comprising a covering attachment
JPH06340221A (en) Panel for automobile
JP2002362161A (en) Seal parts for vehicle
JP2002347438A (en) Mounting structure of window panel
EP1280675A1 (en) Sealing system for vehicle window panes
JP5330561B2 (en) Visor for automobiles
US20110018303A1 (en) Pane arrangement
JP2004074830A (en) Weather strip of door for vehicle

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20051111

A621 Written request for application examination

Effective date: 20060630

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20071219

A977 Report on retrieval

Effective date: 20081110

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20081219

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Effective date: 20090204

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090331

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090804