JP2005009216A - 車両用ドアのアウトハンドル装置 - Google Patents

車両用ドアのアウトハンドル装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2005009216A
JP2005009216A JP2003176015A JP2003176015A JP2005009216A JP 2005009216 A JP2005009216 A JP 2005009216A JP 2003176015 A JP2003176015 A JP 2003176015A JP 2003176015 A JP2003176015 A JP 2003176015A JP 2005009216 A JP2005009216 A JP 2005009216A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
handle
electrodes
circuit board
covering
cover
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2003176015A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4104496B2 (ja
Inventor
Yasuto Fujiwara
Masakatsu Nitawaki
政勝 仁田脇
泰斗 冨士原
Original Assignee
Honda Lock Mfg Co Ltd
株式会社ホンダロック
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Honda Lock Mfg Co Ltd, 株式会社ホンダロック filed Critical Honda Lock Mfg Co Ltd
Priority to JP2003176015A priority Critical patent/JP4104496B2/ja
Priority claimed from PCT/JP2004/008920 external-priority patent/WO2004113652A1/ja
Publication of JP2005009216A publication Critical patent/JP2005009216A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4104496B2 publication Critical patent/JP4104496B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】ハンドル本体と、ハンドル本体の外側を覆うカバーとから成るとともに車両用ドアの外面側に配置される操作ハンドル内に、一対の電極と、両電極間の静電容量の変化を検出する検出回路が設けられる回路基板と、両電極をカバー側から覆うグランドプレートとが収容される車両用ドアのアウトハンドル装置において、操作ハンドルに内蔵される電気部品の防水性を確保しつつ組付け性も向上せしめる。
【解決手段】両電極43および回路基板44と、合成樹脂により形成されて両電極43および回路基板44を覆う被覆部48とを備えるセンサユニット42が、カバー23側に開口してハンドル本体22に形成される収容凹部41に収容、固定される。
【選択図】 図3

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、操作ハンドルに車両ユーザの手が接近、もしくは接触したときの静電容量の変化によって車両ユーザの解錠意志を確認することを可能とした車両用ドアのアウトハンドル装置に関し、特に、合成樹脂から成るハンドル本体と、合成樹脂により形成されて前記ハンドル本体の外側を覆うカバーとから成るとともに車両用ドアの外面側に配置される操作ハンドル内に、一対の電極と、両電極間の静電容量の変化を検出する検出回路が設けられる回路基板と、前記両電極を前記カバー側から覆うグランドプレートとが収容される車両用ドアのアウトハンドル装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、車両ユーザによるドアの解錠意志を確認するものとして、たとえば特許文献1等で開示されたものが知られており、このものでは、静電容量センサが操作ハンドル内に配設され、操作ハンドルに車両ユーザの手が接近、もしくは接触したときの静電容量の変化によって車両ユーザの解錠意志を確認するようにしている。
【0003】
【特許文献1】
特開平7−189538号公報
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
ところで、このようなアウトハンドル装置では、操作ハンドルが車外に配置され、しかも頻繁に開閉操作されるものであるので、堅牢であることが必要であるだけでなく、操作ハンドルへの内蔵電気部品の防水性を充分に確保する必要があり、しかもそのような防水性の確保のために組付性が低下することは回避したい。
【0005】
本発明は、かかる事情に鑑みてなされたものであり、操作ハンドルに内蔵される電気部品の防水性を確保しつつ組付け性も向上させるようにした車両用ドアのアウトハンドル装置を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するために、請求項1記載の発明は、合成樹脂から成るハンドル本体と、合成樹脂により形成されて前記ハンドル本体の外側を覆うカバーとから成るとともに車両用ドアの外面側に配置される操作ハンドル内に、一対の電極と、両電極間の静電容量の変化を検出する検出回路が設けられる回路基板と、前記両電極を前記カバー側から覆うグランドプレートとが収容される車両用ドアのアウトハンドル装置において、前記両電極および前記回路基板と、合成樹脂により形成されて両電極および前記回路基板を覆う被覆部とを備えるセンサユニットが、前記カバー側に開口して前記ハンドル本体に形成される収容凹部に収容、固定されることを特徴とする。
【0007】
このような請求項1記載の発明の構成によれば、操作ハンドルに車両ユーザが触れることによって一対の電極間の静電容量が変化することを、検出回路で検出することになり、車両ユーザの解錠もしくは施錠意思を適確に確認することができる。またハンドル本体の収容凹部内に、一対の電極と、検出回路が設けられる回路基板とを合成樹脂から成る被覆部で覆ったセンサユニットが収容、固定されるので、検出回路が設けられる回路基板および一対の電極を操作ハンドル内に容易に組付けることができる上に、回路基板および両電極の防水性を高めることができる。
【0008】
また請求項2記載の発明は、上記請求項1記載の発明の構成に加えて、前記両電極および前記回路基板が、前記センサユニットの一部を構成するようにして前記被覆部で大部分が覆われるホルダに取付けられることを特徴とし、かかる構成によれば、両電極および回路基板を覆うようにして被覆部を型成形する際に、電極および回路基板をホルダで位置決め支持することができ、被覆部の型成形が容易となる。
【0009】
請求項3記載の発明は、上記請求項2記載の発明の構成に加えて、前記センサユニットの一部を構成する前記グランドプレートが、前記両電極を覆って前記ホルダに取付けられるとともに前記被覆部で覆われることを特徴とし、かかる構成によれば、グランドプレートのセンサユニットへの組み込みを容易とし、グランドプレートのハンドル本体への組付け性を高めることができる。
【0010】
さらに請求項4記載の発明は、上記請求項2または3記載の発明の構成に加えて、前記被覆部からの前記ホルダの突出部が、前記ハンドル本体に設けられた取付け座に取付けられることを特徴とし、かかる構成によれば、ホルダがハンドル本体の所定位置に取付けられることにより、操作ハンドル内での両電極の位置を、前記ホルダに両電極を取り付けることで容易に設定することができる。
【0011】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の実施の形態を、添付の図面に示した本発明の一実施例に基づいて説明する。
【0012】
図1〜図7は本発明の一実施例を示すものであり、図1は車両用ドアの一部側面図、図2は図1の2−2線断面図、図3は図1の3−3線断面図、図4は図2の4部拡大図、図5は図2の5部拡大図、図6は一対の電極、ホルダ、回路基板およびグランドプレートの分解斜視図、図7はセンサユニットの被覆部を型成形する金型装置の型開き状態での縦断面図である。
【0013】
先ず図1〜図3において、たとえば乗用車両が備えるサイドドアである車両用ドア11のアウターパネル12には、アウトハンドル装置が取り付けられており、該アウトハンドル装置は、アウターパネル12に取付けられるハンドルケース13と、車両の前後方向(図1および図2の左右方向)に延びるとともにその長手方向一端側が前記ハンドルケース13に回動可能に支承される操作ハンドル14と、該操作ハンドル14の一端側で前記ハンドルケース13に取付けられるベース部材15とを備える。
【0014】
図4および図5を併せて参照して、アウターパネル12には開口部16が設けられており、その開口部16を塞ぐようにして合成樹脂により形成されるハンドルケース13の周縁部は、前記開口部16の周縁全周でアウターパネル12の外面に当接される。しかもハンドルケース13の裏面側の複数箇所たとえば2箇所には、ナット17…をモールド結合せしめた円筒状のボス部13a,13bが一体に設けられており、各ナット17…に装着されたキャップ状のシート部材18…を介して前記ナット17…に当接する金属製のプロテクトカバー19が、該プロテクトカバー19に挿通されるボルト20…を前記ナット17…に螺合して締めつけることにより、ハンドルケース13の裏面側に取付けられる。しかもプロテクトカバー19は、前記開口部16の周縁の一部でアウターパネル12の裏面に当接するものであり、ハンドルケース13は、前記プロテクトカバー19との間にアウターパネル12を挟むようにして該アウターパネル12に取付けられる。
【0015】
操作ハンドル14は、硬質の合成樹脂により形成されて車両の前後方向に延びるハンドル本体22と、合成樹脂により形成されてハンドル本体22の外側を覆うカバー23とが、複数たとえば一対のねじ部材24,25で相互に締結されて成るものである。
【0016】
ハンドル本体22は、アウターパネル12とは外方側に開いた略U字状の横断面形状を有して車両の前後方向に延びる把持部22aと、該把持部22aの一端部に一体に設けられて略L字状に形成される支持腕部22bと、前記把持部22aの他端部に一体に設けられるガイド腕部22cとを一体に備える。またカバー23は、ハンドル本体22の把持部22aを嵌合させるようにしてハンドル本体22側に開いた略U字状の横断面形状を有して車両の前後方向に延びるように形成される。
【0017】
ハンドルケース13には、前記ハンドル本体22の把持部22aとの間に車両ユーザの手を差し込み得る差し込み凹部26を形成するための彎曲部13cがアウターパネル12の内方に入り込む側に膨らむようにして設けられ、前記彎曲部13cよりも前方(図2,図4の右方)でハンドルケース13には、前記ハンドル本体22の支持腕部22bを挿入させる挿入孔27が設けられるとともに、該挿入孔27からアウターパネル12の内方側に挿入された前記支持腕部22bを両側から挟むハンドル支持部13dが一体に設けられており、前記支持腕部22bはハンドル支持部13dに支持ピン28を介して回動可能に支承される。これにより操作ハンドル14の一端部が、ハンドルケース13に回動可能に支承されることになる。
【0018】
また前記彎曲部13cよりも後方(図2,図5の左方)で前記ハンドルケース13には、アウターパネル12の内方側に延びるガイド筒部13eが一体に設けられており、ハンドル本体22の他端側のガイド腕部22cが、ガイド筒部13e内に移動可能に挿入される。またガイド筒部13eには、操作ハンドル14の回動軸線すなわち支持ピン28の軸線に直交する軸線まわりに回動可能としてベルクランク29が回動可能に支承され、ガイド筒部13eに設けられている係合孔30にベルクランク29の一端部が係合される。すなわち操作ハンドル14がベルクランク29に連結されることになる。
【0019】
ベルクランク29およびガイド筒部13e間にはねじりばね31が設けられており、このねじりばね31のばね力により、ベルクランク29は係合しているガイド腕部22cをアウターパネル12の内方側に押し込む方向に付勢される。
【0020】
合成樹脂から成るベース部材15は、前記ハンドルケース13のうち前記ガイド筒部13eよりも後方側を覆うようにして、ねじ部材32によりハンドルケース13に取付けられるものであり、非操作状態にある操作ハンドル14の他端部に、外観上違和感を感じさせないように、わずかな間隙を介して滑らかに連なる形状に形成される。
【0021】
ベース部材15で覆われる部分で前記ハンドルケース13には、円筒状のナット33がモールド結合されており、このナット33に装着されたキャップ状のシート部材34をナット33との間に介在せしめた金属製の支持板35が、該支持板35に挿通されたボルト36をナット33に螺合して締めつけることにより、ハンドルケース13に取付けられる。前記支持板35は、シリンダ錠37を支持するものであり、前記ベース部材15に設けられたキー挿入孔38に一端を臨ませるようにして前記シリンダ錠37がハンドルケース13に取付けられる。
【0022】
ところで、ベルクランク29の他端部は図示しないラッチ機構に連結されるものであり、シリンダ錠37が解錠状態に在るときに、操作ハンドル14を操作しない場合にベルクランク29は図2および図5で示す非作動位置に在り、このとき前記ラッチ機構で車両用ドア11の閉状態が保持される。また操作ハンドル14を操作することによるガイド腕部22cの作動により、ベルクランク29が図5の位置から作動位置に回動したときに、前記ラッチ機構は、車両用ドア11の閉状態を解除することになり、操作ハンドル14の操作により車両用ドア11を開放することが可能となる。
【0023】
操作ハンドル14におけるハンドル本体22には、カバー23側に開放した矩形の収容凹部41が形成されており、該収容凹部41には、センサユニット42が収容、固定される。
【0024】
図6を併せて参照して、前記センサユニット42は、一対の電極43,43と、両電極43,43間の静電容量の変化を検出する検出回路45が設けられる回路基板44と、両電極43,43および回路基板44が取付けられるホルダ46の大部分と、両電極43,43および回路基板44をカバー23側から覆うようにして前記ホルダ46に取付けられるグランドプレート47とが、合成樹脂から成る被覆部48で覆われて成るものである。
【0025】
ホルダ46は、カバー23側に開口した矩形の箱形に形成されるとともに被覆部48で覆われるホルダ主部46aと、該ホルダ主部46aの前端部から前方に張り出して前記被覆部48から突出する第1腕部46bと、前記ホルダ主部46aの後端から後方に張り出して前記被覆部48から突出する第2腕部46cとを一体に有して硬質の合成樹脂により形成される。
【0026】
回路基板44は、前記ホルダ主部46aの開口端を覆うように配置されるものであり、回路基板44の前後方向に間隔をあけた2箇所の両側に設けられる半円状の位置決め凹部49,49…のうち一方の組の位置決め凹部49,49に嵌合する円形の位置決め突部50,50が前記ホルダ主部46aに突設される。
【0027】
グランドプレート47は、前記ホルダ46のホルダ主部46aおよび回路基板44をカバー23側から覆うようにして略U字状の横断面形状を有するように形成される。前記ホルダ46のホルダ主部46aには、前記両位置決め突部50,50間に配置される取付けボス51が、前記検出回路45が設けられる側と反対側で前記回路基板44に接触するようにして一体に突設され、前記グランドプレート47には、前記取付けボス51との間に前記回路基板44を挟む取付け板部47aが、グランドプレート47の一部を切り起こすことにより形成され、取付けボス51および取付け板部47a間に挟まれる部分で回路基板44には挿通孔52が設けられる。而して取付け板部47aおよび挿通孔52に挿通されるねじ部材53を取付けボス51に螺合して締めつけることにより、回路基板44およびグランドプレート47がホルダ46に取付けられる。しかも前記取付け板部47aは、回路基板44上のグランドパターンに接触するものであり、前記ねじ部材53の締めつけにより、グランドプレート47が回路基板44上のグランドパターンに電気的に接続されることになる。
【0028】
前記両電極43,43は、たとえば銅箔から成るものであり、前記ホルダ46におけるホルダ主部46aの底部外面に、相互に平行に並んで接着される。しかも両電極43,43は、前記ホルダ主部46aの底部に設けられた貫通孔54…を貫通して回路基板44側に突出する接続端子43a,43aを一体に備えており、回路基板44には前記両接続端子43a,43aを挿通せしめるとともに検出回路45にハンダ付けにより接続するための接続孔55,55が設けられる。
【0029】
また前記回路基板44の検出回路45には、3本の導線56,57,58がハンダ付けにより接続されるものであり、これらの導線56〜58は、ホルダ主部46aの前部に設けられた引き出し孔62からホルダ主部46aの外方に引き出され、ホルダ46の第1腕部46bに装着されるグロメット61に挿通、保持される。前記各導線56〜58を纏めたハーネス59は、ハンドル本体22における支持腕部22bに設けられた導出孔60から外部に導出される。
【0030】
ところで、ホルダ46の第1および第2腕部46b,46cは被覆部48から突出するのであるが、収容凹部41の前方側でハンドル本体22には、第1腕部46bの先端部を当接させる第1取付け座63が設けられ、収容凹部41の後方側でハンドル本体22には、第2腕部46cの先端部を当接させる第2取付け座64が設けられ、第1腕部46bはねじ部材65により第1取付け座63に取付けられ、第2腕部46cはねじ部材66により第2取付け座64に取付けられる。
【0031】
図7を併せて参照して、一対の電極43…、回路基板44およびグランドプレート47が組付けられるとともに、第1腕部46bに装着されたグロメット61に回路基板44に接続された導線56〜58を挿通、保持した状態にあるホルダ46を、金型67,68間に挿入した状態での型成形により、被覆部48が形成されるとともにセンサユニット42が構成されるのであるが、前記ホルダ46が備える第1および第2腕部46b,46cは被覆部48から突出するものであるので、金型67,68による被覆部48の型成形時に前記両腕部46b,46cは、金型67,68内でのホルダ46の位置決め、支持機能を果たすことになる。
【0032】
このような型成形により、被覆部48は、ハンドル本体22の収容凹部41に収容し得る形状に形成されるが、センサユニット42を収容凹部41に収容した状態で、被覆部48と収容凹部41の底壁との間には、ハンドル本体22およびセンサユニット42間に水が浸入して両電極43…間の静電容量に影響を及ぼすことを防止するためのスポンジ等の防水シール69が介装され、この防水シール69は、たとえば両面テープ等によって被覆部48に接着される。
【0033】
次にこの実施例の作用について説明すると、操作ハンドル14内に、一対の電極43…と、両電極43…間の静電容量の変化を検出する検出回路45が設けられる回路基板44と、両電極43…をカバー23側から覆うグランドプレート47とが収容されるので、操作ハンドル14に車両ユーザが触れることによって一対の電極43…間の静電容量が変化することを、検出回路45で検出することになり、車両ユーザの解錠もしくは施錠意思を適確に確認することができる。
【0034】
しかも一対の電極43…および回路基板44と、合成樹脂により形成されて両電極43…および回路基板45を覆う被覆部48とを備えるセンサユニット42が、カバー23側に開口してハンドル本体22に形成される収容凹部41に収容、固定されるので、回路基板44および一対の電極43…を操作ハンドル14内に容易に組付けることができる上に、回路基板44および両電極43…の防水性を高めることができる。
【0035】
また両電極43…および回路基板44が、センサユニット42の一部を構成するようにして被覆部48で大部分が覆われるホルダ46に取付けられるので、両電極43…および回路基板44を覆うようにして被覆部48を型成形する際に、電極43…および回路基板44をホルダ46で位置決め支持することができ、被覆部48の型成形が容易となる。
【0036】
またセンサユニット42の一部を構成するグランドプレート47が、両電極43…を覆ってホルダ46に取付けられるとともに被覆部48で覆われるので、グランドプレート47のセンサユニット42への組み込みを容易とし、グランドプレート47のハンドル本体22への組付け性を高めることができる。
【0037】
さらに被覆部48からのホルダ46の突出部、すなわち第1および第2腕部46b,46cが、ハンドル本体に設けられた第1および第2取付け座63,64に取付けられるので、ホルダ46がハンドル本体22の所定位置に取付けられることになり、操作ハンドル14内での両電極43…の位置を、ホルダ46に両電極43…を取り付けることで容易に設定することができる。これにより、ハンドル本体22の表面および両電極43…間の間隔を一定に保持することができ、静電容量の変化を安定的に検出することができる。
【0038】
以上、本発明の実施例を説明したが、本発明は上記実施例に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された本発明を逸脱することなく種々の設計変更を行うことが可能である。
【0039】
【発明の効果】
以上のように請求項1記載の発明によれば、回路基板および一対の電極を操作ハンドル内に容易に組付けることができる上に、回路基板および両電極の防水性を高めることができる。
【0040】
また請求項2記載の発明によれば、被覆部の型成形が容易となる。
【0041】
請求項3記載の発明によれb、グランドプレートのセンサユニットへの組み込みを容易とし、グランドプレートのハンドル本体への組付け性を高めることができる。
【0042】
さらに請求項4記載の発明によれば、ホルダがハンドル本体の所定位置に取付けられることにより、操作ハンドル内での両電極の位置を、前記ホルダに両電極を取り付けることで容易に設定することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】車両用ドアの一部側面図である。
【図2】図1の2−2線断面図である。
【図3】図1の3−3線断面図である。
【図4】図2の4部拡大図である。
【図5】図2の5部拡大図である。
【図6】一対の電極、ホルダ、回路基板およびグランドプレートの分解斜視図である。
【図7】センサユニットの被覆部を型成形する金型装置の型開き状態での縦断面図である。
【符号の説明】
11・・・車両用ドア
14・・・操作ハンドル
22・・・ハンドル本体
23・・・カバー
41・・・収容凹部
42・・・センサユニット
43・・・電極
44・・・回路基板
45・・・検出回路
46・・・ホルダ
47・・・グランドプレート
48・・・被覆部
63,64・・・取付け座

Claims (4)

  1. 合成樹脂から成るハンドル本体(22)と、合成樹脂により形成されて前記ハンドル本体(22)の外側を覆うカバー(23)とから成るとともに車両用ドア(11)の外面側に配置される操作ハンドル(14)内に、一対の電極(43)と、両電極(43)間の静電容量の変化を検出する検出回路(45)が設けられる回路基板(44)と、前記両電極(43)を前記カバー(23)側から覆うグランドプレート(47)とが収容される車両用ドアのアウトハンドル装置において、前記両電極(43)および前記回路基板(44)と、合成樹脂により形成されて両電極(43)および前記回路基板(44)を覆う被覆部(48)とを備えるセンサユニット(42)が、前記カバー(23)側に開口して前記ハンドル本体(22)に形成される収容凹部(41)に収容、固定されることを特徴とする車両用ドアのアウトハンドル装置。
  2. 前記両電極(43)および前記回路基板(44)が、前記センサユニット(42)の一部を構成するようにして前記被覆部(48)で大部分が覆われるホルダ(46)に取付けられることを特徴とする請求項1記載の車両用ドアのアウトハンドル装置。
  3. 前記センサユニット(42)の一部を構成する前記グランドプレート(47)が、前記両電極(43)を覆って前記ホルダ(46)に取付けられるとともに前記被覆部(48)で覆われることを特徴とする請求項2記載の車両ドアのアウトハンドル装置。
  4. 前記被覆部(48)からの前記ホルダ(46)の突出部が、前記ハンドル本体(22)に設けられた取付け座(63,64)に取付けられることを特徴とする請求項2または3記載の車両用ドアのアウトハンドル装置。
JP2003176015A 2003-06-20 2003-06-20 車両用ドアのアウトハンドル装置 Active JP4104496B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003176015A JP4104496B2 (ja) 2003-06-20 2003-06-20 車両用ドアのアウトハンドル装置

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003176015A JP4104496B2 (ja) 2003-06-20 2003-06-20 車両用ドアのアウトハンドル装置
PCT/JP2004/008920 WO2004113652A1 (ja) 2003-06-20 2004-06-18 車両用ドアのアウトハンドル装置
DE112004001103T DE112004001103T5 (de) 2003-06-20 2004-06-18 Fahrzeugtür-Außengriffsystem
GB0601214A GB2421799B (en) 2003-06-20 2004-06-18 Vehicle door outer handle system
US10/559,795 US7931314B2 (en) 2003-06-20 2004-06-18 Vehicle door outer handle system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005009216A true JP2005009216A (ja) 2005-01-13
JP4104496B2 JP4104496B2 (ja) 2008-06-18

Family

ID=34099008

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003176015A Active JP4104496B2 (ja) 2003-06-20 2003-06-20 車両用ドアのアウトハンドル装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4104496B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008057199A (ja) * 2006-08-31 2008-03-13 Io Industry Co Ltd 車両用ドアハンドル装置およびその製造方法
WO2012023585A1 (ja) 2010-08-19 2012-02-23 株式会社アルファ 車両用ドアハンドル装置
WO2012164983A1 (ja) * 2011-05-27 2012-12-06 株式会社ホンダロック 車両用ドアのアウトハンドル装置
US9108591B2 (en) 2006-09-13 2015-08-18 Aisin Seiki Kabushiki Kaisha Door handle apparatus for vehicle
EP3012391A4 (en) * 2013-06-21 2016-07-20 Aisin Seiki Vehicle door handle

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5276409B2 (ja) * 2008-10-21 2013-08-28 株式会社アルファ グリップ式操作ハンドル

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008057199A (ja) * 2006-08-31 2008-03-13 Io Industry Co Ltd 車両用ドアハンドル装置およびその製造方法
US9108591B2 (en) 2006-09-13 2015-08-18 Aisin Seiki Kabushiki Kaisha Door handle apparatus for vehicle
WO2012023585A1 (ja) 2010-08-19 2012-02-23 株式会社アルファ 車両用ドアハンドル装置
US9164125B2 (en) 2010-08-19 2015-10-20 Alpha Corporation Vehicle door handle apparatus
WO2012164983A1 (ja) * 2011-05-27 2012-12-06 株式会社ホンダロック 車両用ドアのアウトハンドル装置
CN103562476A (zh) * 2011-05-27 2014-02-05 本田制锁有限公司 车门的外把手装置
US9556643B2 (en) 2011-05-27 2017-01-31 Kabushiki Kaisha Honda Lock External handle device for vehicle door
EP3012391A4 (en) * 2013-06-21 2016-07-20 Aisin Seiki Vehicle door handle
US10501966B2 (en) 2013-06-21 2019-12-10 Aisin Seiki Kabushiki Kaisha Vehicle door handle

Also Published As

Publication number Publication date
JP4104496B2 (ja) 2008-06-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7199317B2 (en) Vehicle door handle apparatus
RU2222455C2 (ru) Пульт управления велосипеда
US7300190B2 (en) Vehicle door handle device
US7428140B2 (en) Electronic apparatus
US8169786B2 (en) Ruggedized housing and components for a handled device
DE60211173T2 (de) Griff für kraftfahrzeugflügel
US7066772B2 (en) Plug connector
DE60200404T2 (de) Wetterfeste Schaltvorrichtung
US20040125545A1 (en) Door handle device
KR100875862B1 (ko) 방진성이 향상된 커넥터
JP2012112222A (ja) アンテナユニット及びこれを備えたドアハンドル装置
JP5627388B2 (ja) ドアロック装置
US9556655B2 (en) Outer handle device for vehicle door
KR100186787B1 (ko) 차량 도어 잠금장치용 액츄에이터
JP2006230046A (ja) アクチュエータ装置
JP3945986B2 (ja) 電子機器
US20020024800A1 (en) Housing for an electronic control device in vehicles
DE102009016756B4 (de) Abschirmverbinderstruktur
DE102004019627B4 (de) Fahrzeugtürgriffvorrichtung
JP2006099550A (ja) 電子機器
KR940006799B1 (ko) 기능을 확장하기위한 옵션 부품을 갖는 휴대형 전자장치
EP1096083A2 (de) Elektronischer Flachschlüssel
DE10224753B4 (de) Elektrisches Verbindergehäuse mit Schutzfunktion
JP2008270023A (ja) タッチセンサを備えたスイッチ
US6817643B2 (en) Vehicle console assembly

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050712

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A132

Effective date: 20071212

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080212

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080305

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080325

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4104496

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110404

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110404

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120404

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130404

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130404

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140404

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250