JP2004534626A - Carving small sled - Google Patents

Carving small sled Download PDF

Info

Publication number
JP2004534626A
JP2004534626A JP2003513652A JP2003513652A JP2004534626A JP 2004534626 A JP2004534626 A JP 2004534626A JP 2003513652 A JP2003513652 A JP 2003513652A JP 2003513652 A JP2003513652 A JP 2003513652A JP 2004534626 A JP2004534626 A JP 2004534626A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sliding
curved
vehicle
straight
carving
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003513652A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ジェイムス・デーヴィッド・アラン
ラングフォード・ジョスリン
Original Assignee
サイエンティフィック ジェネリクス リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to GB0117385A priority Critical patent/GB0117385D0/en
Priority to GB0129608A priority patent/GB0129608D0/en
Application filed by サイエンティフィック ジェネリクス リミテッド filed Critical サイエンティフィック ジェネリクス リミテッド
Priority to PCT/GB2002/003267 priority patent/WO2003008051A2/en
Publication of JP2004534626A publication Critical patent/JP2004534626A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63CSKATES; SKIS; ROLLER SKATES; DESIGN OR LAYOUT OF COURTS, RINKS OR THE LIKE
    • A63C1/00Skates
    • A63C1/30Skates with special blades
    • A63C1/36Skates with special blades with several blades
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63CSKATES; SKIS; ROLLER SKATES; DESIGN OR LAYOUT OF COURTS, RINKS OR THE LIKE
    • A63C17/00Roller skates; Skate-boards
    • A63C17/01Skateboards
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63CSKATES; SKIS; ROLLER SKATES; DESIGN OR LAYOUT OF COURTS, RINKS OR THE LIKE
    • A63C5/00Skis or snowboards
    • A63C5/03Mono skis; Snowboards
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63CSKATES; SKIS; ROLLER SKATES; DESIGN OR LAYOUT OF COURTS, RINKS OR THE LIKE
    • A63C5/00Skis or snowboards
    • A63C5/04Structure of the surface thereof
    • A63C5/0405Shape thereof when projected on a plane, e.g. sidecut, camber, rocker
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63CSKATES; SKIS; ROLLER SKATES; DESIGN OR LAYOUT OF COURTS, RINKS OR THE LIKE
    • A63C5/00Skis or snowboards
    • A63C5/04Structure of the surface thereof
    • A63C5/048Structure of the surface thereof of the edges
    • A63C5/0485Complementary or supplementary ski edges
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62BHAND-PROPELLED VEHICLES, e.g. HAND CARTS OR PERAMBULATORS; SLEDGES
    • B62B13/00Sledges with runners
    • B62B13/02Sledges with runners characterised by arrangement of runners
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62BHAND-PROPELLED VEHICLES, e.g. HAND CARTS OR PERAMBULATORS; SLEDGES
    • B62B17/00Accessories or details of sledges
    • B62B17/02Runners

Abstract

雪上等を移動するための乗り物(1)であって、真っ直ぐな滑走手段(19)、および、前記平らな滑走手段の方向に出っ張る1以上の湾曲した滑走手段(21、23、25)を備えたもの、を開示する。かかる乗り物が水平である場合、平らな滑走手段上を直線に移動する。かかる乗り物を片側に回転させると、湾曲した滑走手段の一つが雪と接し、乗り物は、その半径が滑走部の半径によって決定されるカービングターンを行う。乗り物の回転角度を変更することにより、異なる旋回半径を選択することができる。雪および氷上で用いられる実施形態が述べられるとともに、固い表面で用いられるホイールを使用するバージョンも開示する。
【選択図】図1
A vehicle (1) for traveling on snow or the like, comprising a straight sliding means (19) and one or more curved sliding means (21, 23, 25) projecting in the direction of the flat sliding means. To disclose. If such a vehicle is level, it will move in a straight line on flat skiing means. When such a vehicle is rotated to one side, one of the curved sliding means contacts the snow and the vehicle makes a carving turn whose radius is determined by the radius of the run. By changing the rotation angle of the vehicle, different turning radii can be selected. Embodiments described for use on snow and ice are described, as well as versions that use wheels used on hard surfaces.
[Selection diagram] Fig. 1

Description

【技術分野】
【0001】
本発明は、アイススケートならびに小型そり(toboggans)に関し、それに限定されないが、基本的には雪上で用いられる種類のボード(スノーデッキとして知られるもの)に関する。ここで、スノーデッキは、雪上で用いられる種類のスケートボード、あるいは、ビンデイングなしのスノーボードを指す。
【0002】
【特許文献1】
フランス特許2383679、米国デザイン特許448、441
【0003】
【非特許文献1】
なし
【背景技術】
【0004】
小型そりは、従来からよく知られているが、その操縦性が悪いという問題があった。乗り手は、自身の足を突き出すことにより、そりの片側でブレーキをかける等、何種類かの操縦を行うことが出来るが、スキー又はスノーボードによって可能な動作には遠く及ばない。スキーは、スキーヤーに、その操縦を可能にするが、スキーには、初心者にとってそれを効率的に用いるのは困難であるという問題がある。スノーボードも、その乗り手に、その操縦を可能にするが、スキーと同様、初心者にとってそれを効率的に用いるのは困難であるという問題がある。これに対し、小型そりは、簡単に使用できるが、スキー又はスノーボードのような旋回能力を得ることはできない。
【0005】
スキーならびにスノーボードは、カービングするので、効果的なターンを行うことができる。ここで、カービングとは、雪上のスキー又はスノーボードの軌跡が円弧をなすようスキー又はスノーボードがユーザーにより変形されること、を意味する。スキー又はスノーボードの前部が雪上を移動するにつれ、雪に溝が形成され、スキー又はスノーボードの後部は、実質的にその溝を通過する。当該軌跡が、ターンに必要な円弧形状を十分に形成していないか、あるいは、当該軌跡が、円弧以外の形状を有する場合、前記後部は、かかる溝を通過することができない。かかる場合、前記後部は、溝の形状を変更するので、スキー又はスノーボードと雪との間の摩擦が大きくなってしまう。極端な場合、前記後部は、かろうじて前記溝をたどり、雪を横切ってスリップしてしまう。
【0006】
スキーならびにスノーボードを使用するに際して、重要な要素は、動的安定性である。乗り手が一定速度でターンを始めるには、自身が片側に寄りかかるので、瞬間的に不安定になる。乗り手が寄りかかるにつれ、自身も傾斜し、雪上でその軌跡が円弧になるようスキー又はスノーボードを撓ませる。かかる円弧形状は、乗り手に円形経路を通過させ、かかる円形経路によって発生した遠心力が、乗り手の傾斜との均衡を保つ。したがって、かかる乗り手は、片側に寄りかかっていても非常に安定した状態にあり、倒れることがない。かかる乗り手は、適切な速度で、雪上の適切な円形経路を通過する限り、無制限に片側に寄りかかることができる。
【0007】
スキー又はスノーボードの軌跡を無意識に適切な形状にすること、および、倒れないで動的安定性を保つ必要があること、がスキーならびにスノーボードを難しくする要因である。
【0008】
したがって、雪をカービングし、容易にターンを行うことを可能にする装置が必要である。スケートボーディングは、一般的な娯楽になり、雪上でのスケートボーディング体験を楽しむ装置が考え出され、スケートボーダー達が、彼らの娯楽を、ウインタースポーツとして楽しむことができるようになった。かかる装置は、スケートボードの旋回能力をまねることができないので、雪上で効果的なターンを行い得る装置が必要とされる。
【0009】
フランス特許(FR)2383679は、雪上で用いる装置であって、長手方向ならびに横方向の両方に湾曲した底面を有するもの、を開示する。かかる装置の底面に設けられた複数の長手ガイドは、長手軸に近いガイドの方が、縦軸から遠いガイドよりも湾曲が浅くなるよう湾曲している。
【0010】
米国デザイン特許(US D)448、441は、平らな底面を有するとともに、真っ直ぐな長手方向の溝を有する雪上滑走装置、を開示する。
【発明の開示】
【0011】
本発明のある側面においては、雪、砂あるいは氷等のカービング可能な媒体の上を移動するための乗り物であって、前記媒体の表面に対し、その回りを前記乗り物が回転可能な縦軸を有するもの、が提供される。かかる乗り物は、それが前記媒体に対し、第1の所定回転角度にある場合に、前記媒体上をほぼ直線(90a)で移動するための真っ直ぐな滑走手段ならびに前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張る湾曲滑走部、を備えている。かかる第1湾曲滑走部は、前記乗り物が前記媒体に対して、第2の所定回転角度にある場合に、前記媒体をカービングすることにより前記媒体上をほぼ円形の経路で移動させるため、第1の半径を有するほぼ円弧の弓形部、を備えている。
【0012】
前記真っ直ぐな滑走手段は、真っ直ぐな滑走部を備えることが好ましいが、それに代えて、反対側に湾曲する一対の滑走部を備えるようにしてもよい。
【0013】
別の実施形態において、前記乗り物は、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の側面であって、前記第1湾曲滑走部の逆側に配置され、前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張る第2湾曲滑走部、を備えている。かかる第2湾曲滑走部は、前記乗り物が前記媒体に対して、第3の所定回転角度にある場合に、前記媒体をカービングすることにより前記媒体上をほぼ円形の経路で移動するため、第2の半径を有するほぼ円弧の弓形部を備えるようにしてもよい。
【0014】
さらに、別の実施形態において、前記第1および第2半径は、等しく、前記第1湾曲滑走部と前記第2湾曲滑走部は、前記真っ直ぐな滑走手段に対して対称であることが最も好ましい。
【0015】
前記乗り物は、前記真っ直ぐな滑走手段の片側あるいは両側に配置される複数の湾曲滑走部、を備えるようにしてもよい。
【0016】
かかる乗り物の利点は、当該乗り物を傾斜あるいは回転させることにより、乗り手は、所望の半径でのターンを行うために適切なカービング面を選ぶことができること、である。
【0017】
かかる乗り物の他の利点は、カービング面を選択するのに必要な傾斜角度あるいは回転角度は、選択されたカービング面の曲率に対応するので、乗り手は、うまいカービングターンを行うのに要求される動的なバランスをより簡単に取ることができる、ことである。傾斜角度と曲率間の対応関係は、自転車に乗る者の傾き角度と乗車者がたどる経路の曲率との間の対応関係と同じである。ほとんどの人が自転車に乗ることができるので、前記乗り物は、これらの人々が雪の上で上手にカービングターンを行うようにすることが可能である。
【0018】
ある実施形態において、前記乗り物は、スケートボードのそれに似た形状を有する。他の実施形態において、前記装置は、小型そりあるいはアイススケートとして用いられる。
【0019】
ここで、本発明の好ましい実施形態について、例示し、添付の図面を参照しつつ説明する。
【発明を実施するための形態】
【0020】
本発明の実施形態について、添付の図面を参照しつつ説明する。
【0021】
図1は、乗り手3により雪上のスロープを滑降するスノーデッキ1、ならびに、かかるスノーデッキ1により作られた軌跡7を示す。本実施形態において、前記スノーデッキ1は、雪に接するポリエチレン製の船体9を備えている。かかる船体上には、乗り手3を支える合板のデッキ11が取り付けられる。本実施形態において、スノーデッキ1は、長さが81.3cm(32インチ)で、その中央部分における幅が20.3cm(8インチ)、であり、高さが7cm(2 3/4インチ)である。本実施形態では、デッキ11と船体9に固定するため、各固定領域13においてそれぞれ4本のボルト14が用いられる。この実勢形態において、デッキ11の上面は、グリップ力を増加させ、これにより乗り手3が落ちる危険性を減少させるため、フォームラバーで覆われている。また、本実施形態においては、スノーデッキ1を乗り手3の足首に取り付けるためのロープ(tether)4を使用可能にするよう取り付けポイント2が設けられている。かかるロープ4は、スノーデッキ1が乗り手3を乗せずに滑降してしまうのを防止するため、滑降コース上で用いてもよい。
【0022】
乗り手3は、自身がスノーデッキ1の片側に寄りかかることで、スノーデッキ1を操縦することができ、より深く寄りかかることにより、ターンが鋭くなる。このことについては、図9及び図10参照しつつ詳細に説明する。
【0023】
図2、3、4及び5は、それぞれ、スノーデッキ1の底面の斜視図、底面の平面図、スノーデッキ1の端面図、ならびに、その側面図、を示している。明らかなように、スノーデッキ1は、その回りで、当該スノーデッキ1の2の側面が対称である、対称な垂直平面を有するとともに、かかる平面内に縦軸15を有する。また、かかるスノーデッキ1は、その周囲で、当該スノーデッキ1の2の終端が対称である、対称な垂直平面を有するとともに、かかる平面内に横軸17を有する。
【0024】
スノーデッキ1は、当該スノーデッキ1が直線で乗られる場合に、乗り手の体重のほとんどを支える真っ直ぐな中央面19を有する。スノーデッキ1の各側面には、3つの突出したカービング面21、23、25が設けられており、スノーデッキの中心線に向けられた面により、カービング面21、23、25のいずれか一つを選択するためにスノーデッキ1を傾斜させることにより、乗り手3は、雪上でカービングターンを行うことができる。真っ直ぐな面19ならびにカービング面21、23、25の形状については、図6から図8との関連で詳細に説明する。
【0025】
船体9は、カヌーに似た形状を有する。図2との関連から、図5で最もよく表されるように、船体9の各終端部27は、丸みが付けられ、水平面に対し角度αを形成するよう上方に傾斜している。本実施形態において、角度αは、約38°である。一般に、角度αは、30°から45°の範囲であることが好ましい。終端部27によって、船体9は、溝等の雪上の比較的小さい凹凸を、かかる凹凸に嵌り込まずに乗り越えることができる。終端部27によりもたらされる他の利点としては、十分なスキルを持つ乗り手3にスケートボードで行われるのと同様の”特殊な(trick)”操縦をスノーデッキ1で行うことを可能にすることである。かかる特殊な操縦には、通常、他端が上方に上昇するようデッキ11の一端を踏むこと、あるいは、それにより、デッキ1の全体が、雪5から跳ね上がること、が含まれる。真っ直ぐな面19ならびにカービング面21、23、25が、終端部27まで伸びている場合、船体9は、雪5の表面の小さな凹凸を乗り越えるよりも雪5をかき分ける(cut into)傾向があるので、かかる操縦を行うことは、かなり困難となる。
【0026】
図3には、終端部27の曲線のため、船体9の形状が変わる前の、船体9の最も広い部分を横切る軸37が示されている。縦軸15、横軸17ならびに軸37が、真っ直ぐな面19の直下にあるよう図3から図5に示されている。
【0027】
各カービング面21、23、25は、図4および5で明かなように、ほぼ下方を向く各滑走面31、33、35を有して設けられている。かかる滑走面31、33、35は、湾曲し、それらの各カービング面21、23、25の下端とほぼ直角に交わる。滑走面は、他の角度でそれらの各カービング面と交わってもよいが、かかる角度は、エッジが弱くなるのであまり鋭いものであってはならないし、エッジのカービング効果を損なうのであまり鈍いものであってはならない。75°から105°の角度が予想されるが、85°から95°の角度が好ましい。かかる角度は、スノーデッキの長さによって変更してもよい。図6から図8に関連して滑走面31、33、35の詳細について説明する。
【0028】
図3との関連から図2に最もよく表されるように、スノーデッキ1の各側面上には、カービング面21、23、25と一体となって、(船体9内に)縦溝(longitudinal grooves)を定義する3つの凹面41、43、45が存在する。2つの凹面41のそれぞれは、真っ直ぐな面19の各側面に存する。各凹面41は、真っ直ぐな面19のエッジと各カービング面21の上方エッジを接続する。同様に、2の凹面43のぞれぞれは、滑走面31の外側のエッジと次の外側のカービング面23の上方エッジを接続し、同様に、2の凹面45のぞれぞれは、滑走面33の外側のエッジとカービング面25の上方エッジを接続する。船体9の側面が、側面47を構成する。
【0029】
図6及び図7は、カービング面21、23、25、滑走面31、33、35、ならびに、凹面41、43、45の構成を詳細に示している。図6は、図3の平面XX’におけるスノーデッキ1の断面図を示している。かかる平面XX’は、終端部27の曲線のため船体9の形状が変わる前の、スノーデッキ1の最も広い部分である。図7は、図3の平面YY’におけるスノーデッキ1の断面図を示している。かかるYY’平面は、スノーデッキ1の最も狭い部分であり、横軸17を含んでいる。
【0030】
図6から見て取れるように、この部分の船体9の底面は、半径がroxであって、スノーデッキ1の対称に存する縦平面上にその中心oxがある、ほぼ弓形の断面形状を有している。本実施形態において、roxは18.5cmである。軸37は、真っ直ぐな面19の中央の下方にある点txにおいて半径roxによって定義される円弧51Xに対し、接線の方向にある (tangential to)。平面XX’において、2のカービング面21は、それぞれ、垂線から角度bだけ逸れた2の半径61の一部に沿って伸びている。同様に、2のカービング面23は、それぞれ、垂線から角度cだけ逸れた2の半径63の一部に沿って伸び、2のカービング面25は、それぞれ、垂線から角度dだけ逸れた2の半径65の一部のセグメントである。本実施形態において、角度b、c並びにdは、それぞれ、11°、18.4°及び30°である。
【0031】
それぞれの半径61、63、65に沿って測定を行うと、カービング面21、23、25は、船体9のかかる部分で15mmの”高さ”を有している。
【0032】
滑走面31、33、35は、図6において、円弧51Xに対し、接線の方向にあることが判る。本実施形態において、滑走面31、33、35は、それぞれ、4mmの幅を有する(滑走面31、33、35の長さは、船体9に沿う、それぞれのカービング面21、23、25の長さに対応する)。
【0033】
カービング面21、23、25は、半径61、63および65に沿ってそれぞれ存在するが、平面XX’において、かかるカービング面21、23、25は、その全てがシリンダー面の一部分でもある。このことは、カービング面21、23、25が、スノーデッキの中央(横軸17)にある平面YY’に近付くにつれ、集まる(bunch together)状態を示す図7から明らかである。線71、73、75(平面YY’における)は、カービング面21、23、25が線71、73、75の一部に沿って存在する点で、平面XX’における半径61、63、65にそれぞれ対応する。かかる線71、73、75は、共通の点において交わることはないが、デッキ11上の異なった高さにおいて対となって交わる。
【0034】
図7は、カービング面21、23、25の表面が、その一部となるシリンダーの各半径r1、r2、r3をも示している。これらのシリンダーの軸は、平面YY’内に存在し、それぞれ、角度b、c並びにdでスノーデッキの対称平面の方向に傾斜する。本実施形態において、r1は、4.7mであり、r2は、1.9mで、r3は、0.7mである。(その図面は断面図のYY’平面ではないので、図6には、半径r1、r2、r3は示されていない事に注意すべきである)。
【0035】
図8は、カービング面21、23、25が、シリンダー面の一部であることを理解するための他の方法を提供する。ここで示された半径r3は半径roxよりも小く示されているが、実際の半径r3は、半径roxの3.8倍大きいので、図8を、ページ上にうまく適合させるには、図8が正確な縮尺ではないことに注意すべきである。図8は、その一部がカービング面25である、半径がr3の2のシリンダ81を示し、また、船体9あるいはデッキ11の残りを表していないカービング面25を示している。
【0036】
図示したように、2のシリンダ81の軸83は、垂線から角度dだけ逸れており、図7の断面図と同じ平面YY’内(横軸17を含む)にある。かかる2本の軸83は、スノーデッキ1の縦軸15上方であって、デッキ11よりもox (また、oxとoyは、デッキから同じ高さなので、oyだけ高い)高いポイントIにおいて交差する。各シリンダー81のジェネレーター(generators)の長さlは、15mmであり、これはカービング面の高さと同じである。図示したように、カービング面25の最も低いエッジは、平面XX’における円弧51X上にある。
【0037】
図7は、滑走面31、33、特に35が、円弧51Yを超えて突出していることも示している。このことは、円弧51Xの半径65、ならびに、異なる平面に存在する平面YY’におけるシリンダー面25のジェネレーターの延長である線75を示す図8を参照すること、ならびに、デッキ11よりも、線75の交差ポイントzだけ高い、ポイントoxにおいて半径65が交差すること、により理解されよう。円弧51Yは、円弧51Xの半径と同じ半径royを有し、真っ直ぐな面19の中央の下方にあるポイントTyにおいて接線方向に横軸17と交わる。(図8に示すように、TxおよびTyは、いずれも、縦軸15上に存在する)。これにより、実際のところ、ox ならびにoyは、縦軸15を横切る平面における船体19の断面形状に対応するシリンダーの一部、を定義する。終端面27は、このシリンダーの端部から上方に傾斜する。
【0038】
図6からみられるように、船体9は、終端面27近傍の断面においてほぼ弓形形状であるが、図7から見てとれるように、船体9の中央部近傍においては、より平らな断面構造を有している。このように、船体9の構造を、長手方向の位置に応じて変化させるよう構成することで、様々な効果が生じる。
【0039】
一番目の効果として、乗り手3は、通常、自身の重心がスノーデッキ1の中心に位置するようスノーデッキ1を用い、これにより、スノーデッキ1の中央面19は、雪5の表面と平行になる。乗り手3の重心が、スノーデッキ1の後方に存する場合、船体9の最後尾部分が乗り手の体重のほとんどを支え、前部あるいは中間部分よりも雪5に押し下げられる。これにより、乗り手が休憩状態から出発する(move off from rest)のを容易にする。
【0040】
二番目の効果としては、中央部にかけて比較的平らな構造を採っているので、静止時にスノーデッキ1が雪5に沈む範囲が最小になる。これにより、乗り手3は、スノーデッキ1が雪5に深く沈まないので、立った姿勢で出発することができる。スノーデッキ1が、一旦動きだすと、雪5の上を滑走し続ける。
【0041】
図9aは、それが真っ直ぐな面19で滑走し、雪5の上に直線軌道90aを形成するよう、乗り手3がスノーデッキ1を傾斜させずにz軸を移動する状態を示している。さらに、真っ直ぐな面19の瞬間的な軌跡19’が示されている。
【0042】
図9bは、カービング面21が雪5と接するよう、乗り手3が、スノーデッキ1を小さい角度bで傾斜させてカーブ軌跡に沿って移動する状態を示している。これにより、スノーデッキ1は、半径r1の曲線に沿って移動し、雪5の上にゆるい曲線軌道90bを形成する。図示したように、ここで、カービング面21は、垂直であり、乗り手3の体重を支えていない。このとき、乗り手3の体重は 凹面43とともに、水平な滑走面31によって支えられている。また、カービング面21の瞬間的な軌跡21’、滑走面31ならびに凹面43が示されている。
【0043】
同様に、図9cは、カービング面23が雪5と接するとともに、半径r2の曲線に沿って移動し、これにより、雪5に中くらいの曲線軌道90cを形成するよう、スノーデッキ1を中くらいの角度cで傾斜させ、より急な”カーブ”経路に沿って乗り手3が移動する状態を示している。図示したように、ここで、カービング面23は、垂直であり、乗り手3の体重を支えていない。このとき、乗り手3の体重は、凹面45とともに、水平な滑走面33によって支えられている。また、カービング面23の瞬間的な軌跡23’、滑走面33ならびに凹面45が示されている。
【0044】
最後に、図9dは、カービング面25が雪5と接するとともに、半径r3の曲線に沿って移動し、これにより、雪5の上に大きな曲線軌道90dを形成するよう、乗り手3が、スノーデッキ1を大きな角度dで傾斜させ、急なカーブ軌跡に沿って移動する状態を示している。図示したように、ここで、カービング面25は、垂直であり、乗り手3の体重を支えていない。このとき、乗り手3の体重は、船体9の凹面47とともに、水平な滑走面35によって支えられている。また、カービング面25の瞬間的な軌跡25’、滑走面35ならびに凹面47が示されている。
【0045】
軌跡25’は、軌跡19’よりも細く、短く示されており、真っ直ぐな面19は、図3から、カービング面25よりも長く、幅広であることが明らかである。
【0046】
図10aは、左ターン101、その次に直線部分、最後に右ターン103を有する”S”字経路100に沿って乗り手3がスノーデッキ1に乗っている状態を示している。乗り手3が直線部分近付くにつれ、前記左ターン101は、徐々にゆるやかになる。乗り手3が直線部分102を離れるにつれ、右ターン103は、徐々に急になる。軌跡100に続き、スノーデッキ1が雪5に作る軌跡の詳細を、図10bに示す。
【0047】
左ターン101の最初の部分は、急なカーブ軌跡90dを雪に形成するよう、大きな角度dで傾斜したスノーデッキによって作られる。乗り手3が、スノーデッキ1の傾斜を中くらいの角度cへと緩和するにつれ、乗り手の体重は、カービング面25、滑走面35および再度エッジ47から、カービング面23、滑走面33および凹面47へと徐々に移動する。乗り手の体重が移動するにつれ、カービング面23および25の両方が、雪に接する時期があり、図10bに示すように、この間、軌跡90dおよび90cが、それぞれ、同時に形成される。この間、カービング面23あるいは25は、垂直ではなく、いずれの面も本当の意味で雪を”カービング”せず、したがって、スノーデッキ1と雪5間の抵抗が大きくなること、に注意すべきである。
【0048】
スノーデッキ1の傾斜が中くらいの角度cまで小さくなると、カービング面23のみが垂直となり、1の軌跡のみが雪5に残される。乗り手3が、スノーデッキ1の傾斜を減少させ続けると、スノーデッキ1は、軌跡90bのみならず90cをゆっくりと形成する。スノーデッキ1の傾斜を、さらに、角度bまで小さくすると、軌跡90bのみが形成される。次に、傾斜角度が角度bより小さくされるにつれ、真っ直ぐな19がより多く雪と接し、スノーデッキが水平な場合には、直線軌跡90aのみが形成される。
【0049】
右ターン103を行うため、乗り手3がスノーデッキ1を徐々に右に傾斜させるにつれて、各円周の円弧である軌跡90b、90cならびに90dを雪上に形成するため、カービング面がボードの右側にあり、ボードが雪と徐々に接する状態で、上記移動は、逆の順序で行われる。これらの円周は、図10bの右ターン部分により明確に示されている。
【0050】
簡易化のため、スノーデッキ1により作られた軌跡であって、前述の図9ならびに図10に示されたものにおいては、2以上のカービング面21、23および25が、同時に雪5に接しないこととする。実際には、乗り手3の体重、雪5の質や硬さ、ならびに、船体9の底面の表面、等の様々な要因に応じ、複数のカービング面が雪と接する。乗り手3が重いと、船体9が雪5に深く沈むので、乗り手3が軽い場合に比べ、より多くのカービング面が接する。例えば、滑降面31、33、35、あるいは、真っ直ぐな面19を広くしたり長くしたりして、船体が、十分大きい表面を有するよう構成された場合、乗り手3の体重は、広い領域に分散され、雪5に沈む船体9の量が最小化される。
【0051】
ここで、スノーデッキ1のカービング面21、23および25の傾斜角度b、c、dが、その各半径r1、r2、r3に対応するようにする方法について説明する。カービング面21、23、25の傾斜角度ならびにカービング面の曲率は、所定の速度との関連において以下の式(1)により選択される。
【0052】
【数1】
【0053】
ここで、重力は、9.8m/秒であり、スロープは斜面(piste)の傾斜である。
【0054】
スノーデッキ1用のカービング面のセットを設計するためにまず必要となるのは、ターンが行われる際の速度についての知識である。かかる速度は、スノーデッキ1における通常の速度を実験的に測定することにより、容易に決定することができる。船体9の形状が乗り手3が達成する速度に影響するので、いくつかの設計プロセスを反復することが必要である。スノーデッキ1用としては、毎秒3m、毎秒2.5mならびに毎秒2mの速度で有効なカービング面21、23、25、がそれぞれ設計されている。実際のところ、各カービング面は、速度を超えた範囲でも有効である。
【0055】
カービング面を外側に設けた場合に比べ、高速ならびにターンにおけるより大きい半径に対応するため、カービング面を内側に設けた利点としては、これにより得られたスノーデッキが、一定範囲で乗り手3の傾斜エラーを補償し、使用をより容易にする点である。乗り手3が、特定カービング面の速度範囲を超えた場合、乗り手3に作用する遠心力は、乗り手3が、より中央にあるカービング面を用いるようスノーデッキ1を傾斜するよう働きかける。他方、乗り手3が、特定のカービング面により、あまりにゆっくりと移動した場合、乗り手3に作用する遠心力は、自身がよりかかっている場合に乗り手3の体重とのバランスを取るのに不十分である。この場合、スノーデッキ1は、乗り手が真ん中にあるカービング面を用いないよう乗り手3の傾きを増加させ、これにより、速度、ターンの半径、ならびに、乗り手3の傾きとのバランスをとる。
【0056】
カービング面用に所望の速度が選択されると、それに対する傾斜角度を選択することができる。かかる傾斜角度は、カービング面が互いにじゃまにならないよう、それら(その対応する滑走面および凹面とともに)が十分に間隔を開けて船体に配置されるよう選択されるべきである。例えば、2°、4°ならびに6°の傾斜角度では、船体の狭い領域においてカービング面が近接してしまうので、ほとんどの場合、満足な結果が得られないであろう。最大の傾斜角度は、スノーデッキ1の幅ならびに船体9の軌跡上のデッキ1の高さによって決まる。幅広で高いスノーデッキは、乗り手3が、より大きい傾斜角度を達成することを可能にする。スノーデッキ1用として、カービング面21、23、25の角度は、それぞれ11°、18.4°ならびに30°が選択された。式(1)により、それぞれ、半径4.7m、1.9mならびに0.7mが得られる。ほとんどの斜面は、カービング面の曲率を計算する際に、COS(スロープ)の項がほとんど無視できる位に十分小さい、約15°の角度で傾斜している。
【0057】
カービング面21、23、25の高さは、本実施形態のスノーデッキ1では、15mmに設定されている。この値は、カービング面21、23、25の高さにより、十分な横方向のグリップ力を確実に供給するとともに、船体9の横断面構造が、船体9を雪に深く沈めないようにするため、凹面41、43、45の断面構造について選択されたものである。船体が雪に沈みすぎてしまうと、船体の裏面全体が雪5と接することになり、摩擦が過剰な水準に達してしまう。
【0058】
図11は、スノーデッキを形成するため、従来のスケートボードに取り付け可能な船体111を示す。かかる船体111の底面は、船体111がカービングターンをするため用いることが出来るよう、船体9と同じ形状を有している。リブ兼補強剤(Ribs and stiffeners)112は、船体111の剛性を増加させるとともに、乗り手3の体重をスケートボード(図示せず)から船体111に移動させることを可能にする。
【0059】
スケートボードの車輪は、一般に、”トラック”と呼ばれる取り付け具に取り付けられており、2のトラックのそれぞれは、スケートボードデッキの一端に取り付けられている。通常、各トラックは、スケートボードを貫通してトラックに到達する4本のボルトを用いて固定される。
【0060】
前記船体111は、従来のスケートボードに船体111を直ちに取り付けできるよう、その一端に取り付け穴113を有し、他端にスロット114を有して設けられる。取り付け穴113は、これらが、トラックをスケートボードデッキに固定するために用いる取り付け穴の標準パターンに適合するよう、間隔が開けられている。しかし、スケートボードの長さは、通常、76cm(30インチ)から86cm(34インチ)の範囲であり、異なる長さに応じて間隔があけられた、それら自身の一組のトラック固定穴、を有している。船体111は、前記範囲内で、異なる長さのスケートボードデッキに取り付けられることが望ましい。スロット114は、セルフタッピンねじ(self tapping scres)等の取り付けボルトが、スロット114の全長にわたりどこにでも挿入可能にし、これにより、船体111を、所定範囲の長さを有するスケートボードに固定することができる。異なる長さのスケートボードは、一組のトラック固定穴の間で異なる距離を有しており、スロット114は、かかる距離の差を吸収することができる。かかる船体111は、フォーム・コアの周囲に射出成形あるいは回転成形されるポリエチレンから構成されることが好ましい。雪の侵入を防止するため、スケートボードデッキの底面に船体111を取り付けるのに、弾性の取り付けガスケット(図示せず)を用いることが好ましい。
【0061】
かかる船体111は、スケートボードをスノーデッキに転用するため、車輪あるいは中心軸に固定するよう適用してもよい。この変更例における船体は、工具を用いることなく、スケートボードの車輪あるいは車軸へ取り付けるための取り付け部とともに設けられることが好ましい。
【0062】
図12aは、乗り手がカービング小型そり120に乗っている状態を示している。ここでは、複数の滑走部122上に取り付けられたプラットフォーム121の上に乗り手3がいる状態が示されている。かかる滑走部122は、スノーデッキ1のカービング面21、23、25ならびに滑走面31、33、35に似てはいるが、カービング面、滑走面ならびに凹面の機能を結合させたものである。かかる滑走部122は、スペースフレーム123によってプラットフォーム121に取り付けられている。スノーデッキ1とは違い、船体は、滑走部122の表面の移動(displacement)により滑走部122が雪に沈み過ぎないようにする必要がない。乗り手3がプラットフォーム121上に座っているので、乗り手3の重心は、比較的低い位置にある。これにより、乗り手3は、スノーデッキで可能となる角度よりもより大きい角度で傾斜させることが可能となる。例えば、滑走部122を、垂直から55°外れた傾斜角で用いるよう設けてもよい。かかるカービング小型そり120は、一般のスノーデッキよりも長く、乗り手3が座っていることを考え合わせると、カービング小型そり120を、傾斜が急な斜面上で用いることができ、これにより、スノーデッキよりも高速となる。高速ならびに急な傾斜角度は、滑走部122の曲率に反映される。
【0063】
図12bは、乗り手3が立っても座っても用いることが出来るカービング小型そり125を示している。乗り手3が立ち上がった際に、乗り手3をカービング小型そり125に固定しておくための脚ストラップ126が設けられている。
【0064】
図13は、直線を移動するため真っ直ぐなブレード131、ならびに、ターンを行うためのカービングブレード132、が設けられたアイススケートブーツ130を示している。スノーデッキ1の船体9は、それが雪に沈むのを最小限にする形状にされていたが、氷は雪よりも硬いので、ブレード131および132は、さほど氷に沈むことはない。カービングブレード132の曲率とその傾斜角間の対応関係は、カービングブレード132の半径を反映する、氷上での速度がかなり早いことを除いて、第1の実施形態で述べられたものと同様である。
【0065】
他の実施形態
船体9は、終端27付近において、弓形の断面形状を有し、船体9の中央においてはより平らな構造を有することが述べられていた。他の実施形態において、船体は、中央部において弓形の断面形状を有するよう設計してもよく、その結果、終端付近において、より顕著な(すなわち、中央部分よりより鋭く曲がり、これにより、第1実施形態の船体9よりもカヌーに似た)弓形の断面形状を有することになる。かかる実施形態は、特定の状況では好ましいかもしれないが、(雪上を滑走するというよりも)雪を掘ってしまい、そのため、抵抗が大きくなってしまうので、一般に好ましくない。
既に、船体9は、終端27方向に弓形の断面形状を有し、船体9の中央においてより平らな構造を有すると述べた。他の実施形態において、船体は、サークルの一部である弓形の断面形状を有する必要はないが、その代わりに、楕円形状等の他の形状に湾曲するようにしてもよい。いずれの形状が選ばれるにしろ、経験を積んだ乗り手用としては、湾曲が比較的深いものがより高い性能を得ることができるが、初心者用には比較的平らな断面が安定的であり適している。
【0066】
船体9は、異なる速度用に設計されたカービング面21、23、25を有していた。他の実施形態においては、船体は、共通の速度で用いられるよう設計されたカービング面を有して設けられている。かかる船体は、通常、乗り手が、異なる半径、比較的一定の前進速度でカービングターンを行うことを所望する”スラローム”タイプの斜面上で用いられるのが好ましい。
【0067】
既に、船体9は、縦軸15に沿って対称であると述べた。他の実施形態においては、船体は、片側に、他の側と異なる、カービングエッジを有している。かかるカービングエッジは、傾斜角を異ならせ、速度を異ならせるため、あるいは、傾斜角ならびに速度を異ならせるために設計してもよい。かかる船体は、乗り手の乗り方にあわせるため、左利きおよび右利きバージョンのいずれをも生産することができる。これから類推すると、スノーボードは、従来の右利きが乗る方法(”レギュラー”として知られる、乗り手の左肩がスロープの下に位置する)によって、あるいは、左利きが乗る方法(”グーフィー”として知られる)によっても乗ることができる。
【0068】
既に、船体9の両端面は、横軸17に対し対称であると述べた。他の実施形態においては、カービング面の傾斜、およびその曲率の角度は、船体2の反対の端面において異なる。かかる実施形態は、初心者、ならびに、より上級者に適したスノーデッキを提供するために用いることもできる。初心者は、カービング面の傾斜し曲率した領域を初心者に適するよう用いるため、ボードの”低速”端部に自身の重心を乗せる。より上級者は、傾斜し曲率したカービング面の領域を上級者に適するよう用いるため、船体の”高速”端部に自身の重心を乗せる。本実施形態の他の利点は、スラロームを行う乗り手(通常、高速かつ一定速度で移動する者)が、デッキに対して前方又は後方に重心を移動することによりターンの半径を(一定速度で移動中に)変更可能であることである。かかる実施形態において、船体の各端面におけるカービング面のセットは、それぞれの半径ならびに傾斜を有している。船体の中央部において、2つのセットのカービング面は、一つになり、反対の端面で用いられる半径並びに傾斜との間でスムーズな移行が行われる。したがって、本実施形態において、カービング面は、1のシリンダーの一部ではなくなるが、2の異なる端面間の移行部分を有する2の異なるシリンダーの一部の組み合わせである。
【0069】
上述の船体9は、1の真っ直ぐな面19、ならびに、面19の各側面に3つのカービング面21、23、25を有していた。他の実施形態においては、縦軸15の各側面に、より少数あるいはより多数のカービング面を用いるようにしてもよい。また、他の実施形態においては、縦軸15の各側面に1のカービング面が設けられている。さらに他の実施形態においては、1の真っ直ぐな面、ならびに、ターンを行うための1(又はそれ以上)のカービング面(面19と同じ側面に位置するもの)を有する”左側のへのターンのみ”可能な船体("left hand turn only" hull)が設けられている。これらの実施形態は、乗り手によってボードの方向が180°反転された場合にのみ、右方向へのカービングターンを行うことができる。
【0070】
前記船体9は、1の比較的広い真っ直ぐな面19を有していた。他の実施形態において、かかる真っ直ぐな面19を、真っ直ぐで平行な2のカービング兼滑走面に置き換えてもよい。これに代え、かかる2のカービング面は、若干湾曲してもよく、その1は左側に非常にゆるいターンを行うためのものであり、他方が右側に非常にゆるいターンを行うためのものである。かかる実施形態において、船体が直線で移動している場合、かかる2の中央の若干カーブしたカービング面は、一定の範囲で互いに邪魔しあい、抵抗を増加させる。しかし、かかる若干カーブしたカービング面を設けることにより、別の実施形態において、高速操縦性を向上させることができる。前記船体9は、カービング面ならびに滑走面を組み込んで形成されると述べている。他の実施形態においては、それらが過度に摩耗するか、あるいは、雪に対する最良の性能を得るため(例えば、雪がパウダー状あるいは踏み固められたものであるか)の選択の余地を与えるため、カービング面ならびに滑走面の素材を選択できるよう、カービング面ならびに滑走面は、それらを新しくするため交換可能である。ある状況下において、例えば、船体の軌跡を変更し、これにより、雪に沈む深さを変更するため、凹面を交換可能にすることも好ましい。カービング面、滑走面あるいは凹面は、前記複数の面に対して一片の素材を固定すること、船体と一体形成するのではなく、それに取り付けられる交換可能な滑走部(runner)を用いること、のいずれかにより交換可能である。交換可能な滑走部は、通常、カービング面、滑走面ならびに凹面を備えている。交換可能な滑走部を用いることにより、初心者が滑走部の性能を向上させることを可能とし、これにより、彼らのスキルのレベルが向上するにつれ、傾斜および湾曲が一定の範囲で調整可能となる。また、交換可能な滑走部を用いることにより、砂等の摩擦が激しい媒体上においても船体を用いることが可能となる。
【0071】
既に、滑走面31、33、35は、カービング面21、23、25と直角に交わると、説明されている。他の実施形態において、かかる角度は、90°よりも小さいか、あるいは、大きくてもよい。また別の実施形態において、凹面がそれぞれのカービング面と鋭角(acute angle)で交わるよう、滑走面を省いてもよい。かかる別の実施形態においては、カービング面および凹面を簡易化しているが、カービング面と滑走面が交わる場所のエッジは、非常に壊れやすいので、これらを鋼鉄等の金属で形成する必要がある。
【0072】
凹面41、43、45は、それらそれぞれカービング面と滑走面との間で直線を形成するよう図6および図7に示されている。他の実施形態においては、凹面は、横断面において湾曲してもよい。かかる湾曲は、船体が雪に沈む範囲を制御するのに有利に働くよう用いることができる。カービング面および滑走面は、直線であることが好ましいが、図6及び図7において見える平面XX’ならびにYY’において、同様に、カービング面および滑走面を湾曲させるようにしてもよい。カービング面、滑走面ならびに凹面を、例えば、横断面において半月形等の他の形状になるよう組み合わせるようにしてもよい。ここで重要なのは、どのような形状が用いられようとも、滑走部により乗り手の体重を支持することができ、乗り手に及ぼされる遠心力および実質に働く力に対抗する反作用を発揮させことができること、である。
【0073】
船体9は、ポリエチレンから形成されていると述べている。プラスチックを選択した場合、低温いおいて非常に脆いという点に注意すれば、ポリプロピレン、他のプラスチック、木材、あるいは、金属等の他の素材であってもよい。ナイロンは、雪との摩擦が大きいので、好ましくない。アイススケートブーツ130のブレード131、132、あるいは、カービング小型そり120のそれらは、ステンレス鋼等の金属、あるいは、木材によってもうまく形成することができる。
【0074】
一対のアイススケートブーツ130がペアとして用いられる場合、通常、各ブーツ上のブレード131、132は、左右のブーツ間の相違点が左右それぞれの足にフィットすることを除いて同じである。他の実施形態において、一対のアイススケートブーツのブレード131、132は、互いに、鏡で写したようにまったく同一に形成される。これにより、ターン能力を向上させることが可能となる。例えば、アイススケーターが右回りの円形経路を進んでいる状況を考えてみる。右足のスケートは、左足のスケートによって描かれる円より少し小さい半径を有する円形経路を進む。したがって、この実施形態において、右足の右側にあるカービングブレード132は、左足の右側にあるカービングブレード132より、少し小さい半径の湾曲を有して設けられる。
【0075】
図12aおよび12bにカービング小型そりが示されている。他の実施形態において、カービング小型そりの滑走部122は、それらがブレードとなるよう狭められ、これにより、ボブスレー・トラック上で用いられるカービングボブスレーを提供する。
【0076】
他の実施形態において、改良されたカービング小型そりが、スキードゥー (skidoo)あるいはスノーモービルに適合する前方スキーとして用いられるので、それが取り付けられたスキードゥーあるいはスノーモービルの操縦性が向上する。かかる改良済みカービング小型そりは、自身が交換可能なように、取り付け金具を有して設けてもよく、これにより、スキードゥーあるいはスノーモービルの前方スキーの性能を向上させることができる。
【0077】
”インライン”スケートは、草あるいはコンクリート上で用いられ、前後に、平行な軸を有する複数の小さな車輪を備えていることがよく知られている。以前の実施形態は、雪、砂および氷等の媒体に適しているが、他の実施形態において、かかる実施形態は、それを適切に傾斜することにより、傾斜ホイールが、草あるいはコンクリート等の上でターンを行うことができるよう用いられている。かかる他の実施形態において、前述の真っ直ぐな面19は、インラインホイールに置き換えられ、カービング面21、23、25、ならびに、それらと関連する滑走面31、33、35は、直線状ではなく、その軸が円弧と正接するよう角度が付けられた複数のホイールに置き換えられる。すでに述べたように、これらの円弧は、この実施形態のユーザーが、かかる実施形態を傾斜されることによってターンを行うことができるよう傾斜しており、インライン・ホイールは、地面から離れ、その代わりに、装置は、円弧の周囲に配置されたホイールのセットにより支えられる。
【図面の簡単な説明】
【0078】
【図1】図1は、本発明にかかるスノーデッキであって、乗り手が乗るもの、の斜視図を示している。
【図2】図2は、前記スノーデッキの底面の斜視図を示している。
【図3】図3は、前記スノーデッキの底面の平面図を示している。
【図4】図4は、前記スノーデッキの端面図を示している。
【図5】図5は、前記スノーデッキの側面図を示している。
【図6】図6は、前記スノーデッキの一端側に位置する平面の断面図を示している。
【図7】図7は、前記スノーデッキの中央に位置する平面の断面図を示している。
【図8】図8は、正確な縮尺ではないが、前記スノーデッキのカービング面を表す部分斜視図を示している。
【図9a】図9aは、乗り手および前記スノーデッキの断面図を示し、さらに、スノーデッキにより雪に残されたカーブの軌跡とともに、乗り手とスノーデッキの平面図を示している。
【図9b】図9bは、乗り手および小さい角度で傾斜する前記スノーデッキの断面図、ならびに、小さく傾斜したスノーデッキによって雪に残るカーブの軌跡を示している。
【図9c】図9cは、乗り手、および、中くらいの角度で傾斜する前記スノーデッキの断面図、ならびに、中くらいに傾斜したしたスノーデッキによって雪に残るカーブの軌跡を示している。
【図9d】図9dは、乗り手、および、大きい角度で傾斜する前記スノーデッキの断面図、ならびに、大きく傾斜したスノーデッキによって雪に残るカーブの軌跡を示している。
【図10a】図10aは、左ターン、直線部、その後に右ターンを備えた’S’字経路を通過するスノーデッキおよび乗り手、を示している。
【図10b】図10bは、図10aに示す経路を通過することにより作られた雪に残る軌跡の詳細を示している。
【図11】図11は、スノーデッキを形成するためスケートボードに取り付けられる船体を示している。
【図12a】図12aは、本発明にかかるカービング小型そりの斜視図を示している。
【図12b】図12bは、乗り手がカービング小型そり上に立っており、脚ストラップによって、そりに固定されている状態の斜視図を示している。
【図13】図13は、本発明にかかるアイススケート用ブーツの斜視図を示している。
【Technical field】
[0001]
The present invention relates to ice skates as well as to small sledges (toboggans), but not exclusively, to boards of the type basically used on snow (known as snow decks). Here, the snow deck refers to a skateboard of the type used on snow or a snowboard without binding.
[0002]
[Patent Document 1]
French Patent 2383679, US Design Patent 448,441
[0003]
[Non-patent document 1]
None
[Background Art]
[0004]
Small sleds have been well known, but have the problem of poor maneuverability. The rider can perform several types of maneuvers, such as applying brakes on one side of the sled, by protruding his or her feet, but is far from what is possible with skiing or snowboarding. While skiing allows skiers to maneuver it, skiing has the problem that it is difficult for beginners to use it efficiently. Snowboarding also allows the rider to control it, but, like skiing, has the problem that it is difficult for beginners to use it efficiently. On the other hand, small sleds are easy to use, but do not provide the turning capability of skiing or snowboarding.
[0005]
Skiing and snowboarding are carving, so that effective turns can be performed. Here, carving means that the ski or snowboard is deformed by the user so that the trajectory of the ski or snowboard on the snow forms an arc. As the front of the ski or snowboard moves over the snow, a groove is formed in the snow, and the rear of the ski or snowboard passes substantially through the groove. If the trajectory does not sufficiently form the arc shape required for the turn, or if the trajectory has a shape other than an arc, the rear portion cannot pass through such a groove. In such a case, since the rear portion changes the shape of the groove, the friction between the ski or snowboard and the snow increases. In extreme cases, the rear part barely follows the groove and slips across the snow.
[0006]
An important factor in using skis and snowboards is dynamic stability. When the rider starts a turn at a constant speed, he leans on one side and becomes momentarily unstable. As the rider leans, it also leans, deflecting the ski or snowboard so that its trajectory is circular on snow. Such an arc shape allows the rider to pass through the circular path, and the centrifugal force generated by the circular path balances the rider's inclination. Therefore, even if the rider leans on one side, it is in a very stable state and does not fall down. Such riders can lean on one side indefinitely as long as they pass the appropriate circular path on the snow at the appropriate speed.
[0007]
Unconsciously shaping the ski or snowboard trajectory and the need to maintain dynamic stability without falling down are factors that make skiing and snowboarding difficult.
[0008]
Therefore, there is a need for a device that can carve snow and make it easy to turn. Skateboarding has become a popular pastime, and devices have been devised to enjoy the skateboarding experience on the snow, allowing skateboarders to enjoy their pastime as a winter sport. Since such a device cannot mimic the turning ability of a skateboard, there is a need for a device that can make an effective turn on snow.
[0009]
French Patent (FR) 2383679 discloses a device for use on snow having a bottom surface that is curved both longitudinally and laterally. The plurality of longitudinal guides provided on the bottom surface of such a device are curved such that a guide closer to the longitudinal axis has a smaller curvature than a guide farther from the longitudinal axis.
[0010]
U.S. Design Patent (USD) 448,441 discloses a snow skiing device having a flat bottom surface and having straight longitudinal grooves.
DISCLOSURE OF THE INVENTION
[0011]
In one aspect of the invention, there is provided a vehicle for moving over a carvable medium, such as snow, sand or ice, wherein a longitudinal axis on which the vehicle is rotatable relative to the surface of the medium. Is provided. Such a vehicle, when it is at a first predetermined angle of rotation with respect to the medium, protrudes in the direction of the straight sliding means for traveling in a substantially straight line (90a) over the medium and in the direction of the straight sliding means. A curved sliding section. When the vehicle is at a second predetermined rotation angle with respect to the medium, the first curved sliding section moves the medium along the substantially circular path by carving the medium. A substantially arcuate portion having a radius of
[0012]
The straight sliding means preferably comprises a straight sliding part, but may alternatively comprise a pair of sliding parts curving in opposite directions.
[0013]
In another embodiment, the vehicle is a second curved run located on the side of the straight runner (19), opposite the first curved runner, and protruding in the direction of the straight runner. Part. When the vehicle is at a third predetermined rotation angle with respect to the medium, the second curved sliding section moves on the medium in a substantially circular path by carving the medium. May have a substantially arcuate bow having a radius of.
[0014]
Further, in another embodiment, the first and second radii are preferably equal and the first curved runner and the second curved runner are most preferably symmetrical with respect to the straight sliding means.
[0015]
The vehicle may include a plurality of curved slides disposed on one or both sides of the straight sliding means.
[0016]
An advantage of such a vehicle is that by tilting or rotating the vehicle, the rider can select an appropriate carving surface to make a turn at the desired radius.
[0017]
Another advantage of such a vehicle is that the angle of inclination or rotation required to select the carving surface corresponds to the curvature of the selected carving surface, so that the rider is able to perform the required movements to perform a good carving turn. Balance can be more easily achieved. The correspondence between the inclination angle and the curvature is the same as the correspondence between the inclination angle of the cyclist and the curvature of the route followed by the rider. Since most people can ride a bicycle, the vehicle can allow these people to make good carving turns on the snow.
[0018]
In one embodiment, the vehicle has a shape similar to that of a skateboard. In another embodiment, the device is used as a mini sled or ice skate.
[0019]
The preferred embodiments of the present invention will now be illustrated and described with reference to the accompanying drawings.
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
[0020]
Embodiments of the present invention will be described with reference to the accompanying drawings.
[0021]
FIG. 1 shows a snow deck 1 down a slope on snow by a rider 3, and a trajectory 7 created by such a snow deck 1. In the present embodiment, the snow deck 1 includes a hull 9 made of polyethylene and in contact with snow. A plywood deck 11 for supporting the rider 3 is mounted on the hull. In the present embodiment, the snow deck 1 is 81.3 cm (32 inches) long, 20.3 cm (8 inches) wide at its center, and 7 cm (23/4 inches) high. It is. In the present embodiment, four bolts 14 are used in each fixing area 13 to fix the bolts 14 to the deck 11 and the hull 9. In this embodiment, the upper surface of the deck 11 is covered with foam rubber to increase grip and thereby reduce the risk of the rider 3 falling. In the present embodiment, an attachment point 2 is provided so that a rope (tether) 4 for attaching the snow deck 1 to the ankle of the rider 3 can be used. Such a rope 4 may be used on a downhill course in order to prevent the snow deck 1 from going down without riding the rider 3.
[0022]
The rider 3 can steer the snow deck 1 by leaning on one side of the snow deck 1, and leans deeper to sharpen the turn. This will be described in detail with reference to FIGS. 9 and 10.
[0023]
2, 3, 4, and 5 respectively show a perspective view of the bottom surface of the snow deck 1, a plan view of the bottom surface, an end view of the snow deck 1, and a side view thereof. As can be seen, the snow deck 1 has a symmetrical vertical plane around which the two sides of the snow deck 1 are symmetrical and has a longitudinal axis 15 in such a plane. In addition, the snow deck 1 has a symmetrical vertical plane around which the ends of the snow deck 1 are symmetrical, and has a horizontal axis 17 in such a plane.
[0024]
The snow deck 1 has a straight central surface 19 that supports most of the rider's weight when the snow deck 1 rides in a straight line. Each side surface of the snow deck 1 is provided with three protruding carving surfaces 21, 23, 25, and one of the carving surfaces 21, 23, 25 depends on a surface facing the center line of the snow deck. The rider 3 can make a carving turn on the snow by inclining the snow deck 1 to select. The shape of the straight surface 19 and the carving surfaces 21, 23, 25 will be described in detail in connection with FIGS.
[0025]
The hull 9 has a shape similar to a canoe. 2, each end 27 of the hull 9 is rounded and inclined upward to form an angle α with the horizontal, as best seen in FIG. In the present embodiment, the angle α is about 38 °. Generally, it is preferred that the angle α be in the range of 30 ° to 45 °. The terminal portion 27 allows the hull 9 to get over relatively small irregularities on snow, such as grooves, without fitting into such irregularities. Another advantage provided by the termination 27 is that it allows a skilled rider 3 to perform a "trick" maneuver on the snowdeck 1 similar to that performed on a skateboard. is there. Such special maneuvers typically include stepping on one end of the deck 11 so that the other end rises upwards, or the entire deck 1 thereby jumping off the snow 5. If the straight surface 19 and the carving surfaces 21, 23, 25 extend to the end 27, the hull 9 tends to cut into the snow 5 rather than overcoming small irregularities on the surface of the snow 5. Performing such maneuvers is quite difficult.
[0026]
FIG. 3 shows an axis 37 across the widest part of the hull 9 before the shape of the hull 9 changes, due to the curve of the end 27. The vertical axis 15, the horizontal axis 17 and the axis 37 are shown in FIGS. 3 to 5 as being directly below the straight surface 19.
[0027]
Each carving surface 21, 23, 25 is provided with a respective generally downwardly facing sliding surface 31, 33, 35, as is evident in FIGS. Such running surfaces 31, 33, 35 are curved and intersect approximately at right angles with the lower ends of their respective carving surfaces 21, 23, 25. The running surfaces may intersect with their respective carving surfaces at other angles, but such angles should not be too sharp as the edges become weaker and too dull as they impair the carving effect of the edges. There must not be. Angles of 75 ° to 105 ° are expected, with angles of 85 ° to 95 ° being preferred. Such an angle may vary depending on the length of the snow deck. The details of the running surfaces 31, 33, 35 will be described with reference to FIGS.
[0028]
As best shown in FIG. 2 in connection with FIG. 3, on each side of the snow deck 1 there is a longitudinal groove (within the hull 9) integral with the carving surfaces 21, 23, 25. There are three concave surfaces 41, 43, 45 that define grooves. Each of the two concave surfaces 41 lies on each side of the straight surface 19. Each concave surface 41 connects the edge of the straight surface 19 and the upper edge of each carving surface 21. Similarly, each of the two concave surfaces 43 connects the outer edge of the sliding surface 31 to the upper edge of the next outer carving surface 23, and similarly, each of the two concave surfaces 45 The outer edge of the running surface 33 and the upper edge of the carving surface 25 are connected. The side surface of the hull 9 constitutes a side surface 47.
[0029]
6 and 7 show in detail the configuration of the carving surfaces 21, 23, 25, the sliding surfaces 31, 33, 35, and the concave surfaces 41, 43, 45. FIG. 6 shows a cross-sectional view of the snow deck 1 in a plane XX ′ of FIG. Such a plane XX ′ is the widest part of the snow deck 1 before the shape of the hull 9 changes due to the curve of the end portion 27. FIG. 7 is a cross-sectional view of the snow deck 1 taken along a plane YY ′ in FIG. The YY ′ plane is the narrowest part of the snow deck 1 and includes the horizontal axis 17.
[0030]
As can be seen from FIG. 6, the bottom surface of the hull 9 in this portion has a radius of ro x And its center o on the symmetrical vertical plane of the snow deck 1. x Has a generally arcuate cross-sectional shape. In the present embodiment, ro x Is 18.5 cm. The axis 37 has a radius ro at a point tx below the center of the straight surface 19. x Is tangential to the arc 51X defined by In the plane XX ′, the two carving surfaces 21 each extend along a part of the two radii 61 deviated by an angle b from the perpendicular. Similarly, the two carving surfaces 23 each extend along a portion of the two radii 63 deviating from the perpendicular by an angle c, and the two carving surfaces 25 each include two radii deviating from the perpendicular by an angle d. 65 are some segments. In the present embodiment, the angles b, c and d are 11 °, 18.4 ° and 30 °, respectively.
[0031]
When measured along respective radii 61, 63, 65, the carving surfaces 21, 23, 25 have a “height” of 15 mm at this point of the hull 9.
[0032]
It can be seen that the sliding surfaces 31, 33, 35 are tangential to the arc 51X in FIG. In the present embodiment, the running surfaces 31, 33, 35 each have a width of 4 mm (the length of the running surfaces 31, 33, 35 is the length of the respective carving surfaces 21, 23, 25 along the hull 9). Corresponding to).
[0033]
The carving surfaces 21, 23, 25 lie along radii 61, 63, and 65, respectively, but in the plane XX ', all such carving surfaces 21, 23, 25 are also part of the cylinder surface. This is evident from FIG. 7, which shows the carving surfaces 21, 23, 25 bunch together as they approach the plane YY 'at the center of the snow deck (horizontal axis 17). The lines 71, 73, 75 (in the plane YY ') correspond to the radii 61, 63, 65 in the plane XX' at the point where the carving surfaces 21, 23, 25 lie along part of the lines 71, 73, 75. Each corresponds. The lines 71, 73, 75 do not intersect at a common point, but intersect in pairs at different heights on the deck 11.
[0034]
FIG. 7 also shows the respective radii r1, r2, r3 of the cylinders of which the carving surfaces 21, 23, 25 are a part. The axes of these cylinders lie in the plane YY 'and are inclined at angles b, c and d, respectively, in the direction of the plane of symmetry of the snowdeck. In the present embodiment, r1 is 4.7 m, r2 is 1.9 m, and r3 is 0.7 m. (Note that radii r1, r2, and r3 are not shown in FIG. 6 because the drawing is not a YY 'plane of the cross-sectional view).
[0035]
FIG. 8 provides another way to understand that the carving surfaces 21, 23, 25 are part of the cylinder surface. The radius r3 shown here is the radius ro x Although smaller than the actual radius r3, the radius ro x It should be noted that FIG. 8 is not to scale so that FIG. 8 fits well on the page because it is 3.8 times larger. FIG. 8 shows a carving surface 25, a portion of which is a carving surface 25, a cylinder 81 having a radius of r3, and which does not represent the rest of the hull 9 or deck 11.
[0036]
As shown, the axis 83 of the two cylinders 81 deviates from the perpendicular by an angle d and lies in the same plane YY ′ (including the horizontal axis 17) as the cross-sectional view of FIG. The two shafts 83 are located above the longitudinal axis 15 of the snow deck 1 and o x (Also o x And o y Is the same height from the deck, so o y At the high point I). The length l of the generators of each cylinder 81 is 15 mm, which is equal to the height of the carving surface. As shown, the lowest edge of the carving surface 25 is on the arc 51X in the plane XX '.
[0037]
FIG. 7 also shows that the running surfaces 31, 33, in particular 35, protrude beyond the arc 51Y. This refers to FIG. 8 which shows the radius 65 of the arc 51X and the line 75 which is an extension of the generator of the cylinder surface 25 in the plane YY 'lying in a different plane, and also to the line 75 rather than the deck 11. Point o higher by the intersection point z x It is understood that the radii 65 intersect at. The arc 51Y has the same radius ro as the radius of the arc 51X. y And a point T below the center of the straight surface 19 y Intersects the horizontal axis 17 in the tangential direction at. (As shown in FIG. 8, T x And T y Are on the vertical axis 15). This allows, in effect, o x And o y Defines a part of the cylinder corresponding to the cross-sectional shape of the hull 19 in a plane crossing the longitudinal axis 15. The end surface 27 slopes upward from the end of the cylinder.
[0038]
As can be seen from FIG. 6, the hull 9 has a substantially arcuate cross section near the end surface 27, but as can be seen from FIG. 7, has a flatter cross-sectional structure near the center of the hull 9. are doing. As described above, various effects are produced by changing the structure of the hull 9 according to the position in the longitudinal direction.
[0039]
As a first effect, the rider 3 usually uses the snow deck 1 so that its center of gravity is located at the center of the snow deck 1, so that the center plane 19 of the snow deck 1 is parallel to the surface of the snow 5. Become. When the center of gravity of the rider 3 is behind the snow deck 1, the rearmost portion of the hull 9 supports most of the rider's weight and is pushed down by the snow 5 more than the front or middle part. This makes it easier for the rider to move off from rest.
[0040]
As a second effect, since a relatively flat structure is adopted toward the center, the range in which the snow deck 1 sinks in the snow 5 at rest is minimized. This allows the rider 3 to start in a standing posture because the snow deck 1 does not sink deeply into the snow 5. Once the snow deck 1 starts moving, it continues to slide on the snow 5.
[0041]
FIG. 9 a shows a situation in which the rider 3 moves in the z-axis without tilting the snow deck 1 so that it slides on a straight surface 19 and forms a straight track 90 a on the snow 5. Further, an instantaneous trajectory 19 'of the straight surface 19 is shown.
[0042]
FIG. 9B shows a state in which the rider 3 moves the snow deck 1 along a curve locus while inclining the snow deck 1 at a small angle b so that the carving surface 21 contacts the snow 5. As a result, the snow deck 1 moves along the curve having the radius r1 and forms a gentle curved track 90b on the snow 5. As shown, here the carving surface 21 is vertical and does not support the weight of the rider 3. At this time, the weight of the rider 3 is supported by the horizontal sliding surface 31 together with the concave surface 43. Also, the instantaneous trajectory 21 ′ of the carving surface 21, the sliding surface 31 and the concave surface 43 are shown.
[0043]
Similarly, FIG. 9c shows that the snow deck 1 has a medium radius such that the carving surface 23 contacts the snow 5 and moves along a curve of radius r2, thereby forming a medium curved track 90c in the snow 5. And the rider 3 moves along a steeper "curve" path. As shown, here the carving surface 23 is vertical and does not support the weight of the rider 3. At this time, the weight of the rider 3 is supported by the horizontal sliding surface 33 together with the concave surface 45. Also, the instantaneous trajectory 23 'of the carving surface 23, the sliding surface 33 and the concave surface 45 are shown.
[0044]
Finally, FIG. 9d shows that the rider 3 moves the snow deck so that the carving surface 25 contacts the snow 5 and moves along a curve of radius r3, thereby forming a large curved track 90d on the snow 5. 1 shows a state in which 1 is inclined at a large angle d and moves along a steep curve locus. As shown, here the carving surface 25 is vertical and does not support the weight of the rider 3. At this time, the weight of the rider 3 is supported by the horizontal sliding surface 35 together with the concave surface 47 of the hull 9. Also, the instantaneous trajectory 25 ′ of the carving surface 25, the sliding surface 35 and the concave surface 47 are shown.
[0045]
The trajectory 25 'is shown thinner and shorter than the trajectory 19', and it is clear from FIG. 3 that the straight surface 19 is longer and wider than the carving surface 25.
[0046]
FIG. 10 a shows the rider 3 riding on the snow deck 1 along an “S” path 100 having a left turn 101, then a straight section, and finally a right turn 103. As the rider 3 approaches the straight line portion, the left turn 101 becomes gradually gentler. As the rider 3 leaves the straight section 102, the right turn 103 becomes steeper. Following the trajectory 100, details of the trajectory that the snow deck 1 makes on the snow 5 are shown in FIG. 10b.
[0047]
The first part of the left turn 101 is made by a snow deck inclined at a large angle d so as to form a steep curve locus 90d in the snow. As the rider 3 relaxes the slope of the snow deck 1 to a medium angle c, the rider's weight is transferred from the carving surface 25, the running surface 35 and again the edge 47 to the carving surface 23, the running surface 33 and the concave surface 47. And gradually move. As the rider's weight shifts, there is a time when both carving surfaces 23 and 25 come into contact with snow, during which trajectories 90d and 90c, respectively, are simultaneously formed, as shown in FIG. 10b. It should be noted that during this time, the carving surfaces 23 or 25 are not vertical and neither surface truly "carves" the snow, thus increasing the resistance between the snow deck 1 and the snow 5. is there.
[0048]
When the inclination of the snow deck 1 is reduced to a middle angle c, only the carving surface 23 becomes vertical, and only one trajectory remains on the snow 5. As the rider 3 continues to reduce the slope of the snow deck 1, the snow deck 1 slowly forms the trajectory 90b as well as the trajectory 90b. When the inclination of the snow deck 1 is further reduced to the angle b, only the trajectory 90b is formed. Next, as the inclination angle is made smaller than the angle b, the straight line 19 comes into contact with snow more, and when the snow deck is horizontal, only the straight track 90a is formed.
[0049]
As the rider 3 gradually inclines the snow deck 1 to the right to make a right turn 103, the carving surface is on the right side of the board to form trajectories 90b, 90c and 90d, which are arcs of each circumference, on the snow. With the board gradually in contact with the snow, the above movements are performed in reverse order. These circumferences are more clearly indicated by the right-turn part in FIG. 10b.
[0050]
For the sake of simplicity, in the trajectory made by the snow deck 1 and shown in FIGS. 9 and 10 described above, two or more carving surfaces 21, 23 and 25 do not touch the snow 5 at the same time. It shall be. Actually, a plurality of carving surfaces come into contact with snow according to various factors such as the weight of the rider 3, the quality and hardness of the snow 5, and the surface of the bottom surface of the hull 9. If the rider 3 is heavy, the hull 9 sinks deeply in the snow 5, so that more carving surfaces come into contact than when the rider 3 is light. For example, if the hull is configured to have a sufficiently large surface by widening or lengthening the downhill surfaces 31, 33, 35 or the straight surface 19, the weight of the rider 3 is spread over a wide area. The amount of the hull 9 sinking in the snow 5 is minimized.
[0051]
Here, a method will be described in which the inclination angles b, c, and d of the carving surfaces 21, 23, and 25 of the snow deck 1 correspond to the respective radii r1, r2, and r3. The inclination angles of the carving surfaces 21, 23, 25 and the curvature of the carving surfaces are selected by the following formula (1) in relation to a predetermined speed.
[0052]
(Equation 1)
[0053]
Here, gravity is 9.8 m / sec. 2 And the slope is the slope of the piste.
[0054]
The first thing needed to design a set of carving surfaces for the snowdeck 1 is knowledge of the speed at which the turn will take place. Such a speed can be easily determined by experimentally measuring a normal speed in the snow deck 1. Since the shape of the hull 9 affects the speed achieved by the rider 3, several design processes need to be repeated. For the snow deck 1, effective carving surfaces 21, 23, 25 are designed at speeds of 3 m / s, 2.5 m / s and 2 m / s, respectively. As a matter of fact, each carving surface is effective even beyond the speed.
[0055]
The advantage of providing the carving surface on the inside in order to accommodate the higher radii at high speeds and turns as compared to the case where the carving surface is provided on the outside is that the resulting snow deck has a certain range of inclination of the rider 3. Compensating for errors and making it easier to use. If the rider 3 exceeds the speed range of the particular carving surface, the centrifugal force acting on the rider 3 will cause the rider 3 to tilt the snow deck 1 to use the more central carving surface. On the other hand, if the rider 3 moves too slowly due to a particular carving surface, the centrifugal force acting on the rider 3 will not be enough to balance the rider's 3 weight when he is heavier. is there. In this case, the snow deck 1 increases the inclination of the rider 3 so that the rider does not use the carving surface in the middle, thereby balancing the speed, the radius of the turn, and the inclination of the rider 3.
[0056]
Once the desired speed is selected for the carving surface, the angle of inclination can be selected. Such an angle of inclination should be chosen such that they (along with their corresponding running surfaces and concave surfaces) are sufficiently spaced on the hull so that the carving surfaces do not interfere with each other. For example, tilt angles of 2 °, 4 ° and 6 ° will not give satisfactory results in most cases, as the carving surfaces will be close together in a small area of the hull. The maximum inclination angle is determined by the width of the snow deck 1 and the height of the deck 1 on the trajectory of the hull 9. The wide and high snow deck allows the rider 3 to achieve a larger angle of inclination. For the snow deck 1, the angles of the carving surfaces 21, 23 and 25 were selected to be 11 °, 18.4 ° and 30 °, respectively. Equation (1) gives a radius of 4.7 m, 1.9 m and 0.7 m, respectively. Most slopes are inclined at an angle of about 15 °, where the COS (slope) term is small enough to be almost negligible when calculating the curvature of the carving surface.
[0057]
The height of the carving surfaces 21, 23, 25 is set to 15 mm in the snow deck 1 of the present embodiment. This value is used to ensure that a sufficient lateral grip force is provided by the height of the carving surfaces 21, 23, 25 and that the cross-sectional structure of the hull 9 prevents the hull 9 from sinking deeply into snow. , Concave sections 41, 43 and 45. If the hull sinks too much in the snow, the entire back surface of the hull comes into contact with snow 5 and the friction reaches an excessive level.
[0058]
FIG. 11 shows a hull 111 that can be attached to a conventional skateboard to form a snow deck. The bottom surface of the hull 111 has the same shape as the hull 9 so that the hull 111 can be used for carving turns. The ribs and stiffeners 112 increase the rigidity of the hull 111 and allow the weight of the rider 3 to be transferred from the skateboard (not shown) to the hull 111.
[0059]
The skateboard wheels are mounted on fixtures, commonly referred to as "tracks," and each of the two tracks is mounted on one end of a skateboard deck. Typically, each track is secured using four bolts that penetrate the skateboard and reach the track.
[0060]
The hull 111 has a mounting hole 113 at one end and a slot 114 at the other end so that the hull 111 can be immediately attached to a conventional skateboard. The mounting holes 113 are spaced so that they conform to the standard pattern of mounting holes used to secure the truck to the skateboard deck. However, skateboard lengths typically range from 76 cm (30 inches) to 86 cm (34 inches), and include their own set of track fixing holes, spaced for different lengths. Have. It is desirable that the hull 111 be attached to skateboard decks of different lengths within the above range. Slot 114 allows a mounting bolt, such as a self tapping scres, to be inserted anywhere along the length of slot 114, thereby securing hull 111 to a skateboard having a range of lengths. it can. Skateboards of different lengths have different distances between a set of track fixing holes, and the slots 114 can accommodate such distance differences. The hull 111 is preferably made of polyethylene that is injection molded or rotationally molded around the foam core. In order to prevent snow from entering, it is preferable to use an elastic mounting gasket (not shown) for mounting the hull 111 on the bottom surface of the skateboard deck.
[0061]
Such a hull 111 may be applied so as to be fixed to wheels or a center axis in order to convert a skateboard to a snow deck. The hull in this modification is preferably provided with a mounting portion for mounting to a wheel or axle of a skateboard without using a tool.
[0062]
FIG. 12 a shows a state in which the rider is riding on a small carving sled 120. Here, a state is shown in which the rider 3 is on a platform 121 mounted on a plurality of sliding parts 122. Such a running portion 122 is similar to the carving surfaces 21, 23, 25 and the running surfaces 31, 33, 35 of the snow deck 1, but combines the functions of the carving surface, the running surface and the concave surface. The sliding section 122 is attached to the platform 121 by a space frame 123. Unlike the snow deck 1, the hull does not need to keep the runway 122 from sinking too much in the snow due to the displacement of the surface of the runway 122. Since the rider 3 is sitting on the platform 121, the center of gravity of the rider 3 is at a relatively low position. As a result, the rider 3 can be inclined at a larger angle than is possible with a snow deck. For example, the sliding portion 122 may be provided to be used at an inclination angle deviated from the vertical by 55 °. Such a small carving sled 120 is longer than a general snow deck, and in consideration of the fact that the rider 3 is sitting, the small carving sled 120 can be used on a steep slope. Faster than The high speed and the steep inclination angle are reflected in the curvature of the sliding section 122.
[0063]
FIG. 12b shows a small carving sled 125 that can be used when the rider 3 is standing or sitting. A leg strap 126 is provided for fixing the rider 3 to the small carving sled 125 when the rider 3 stands up.
[0064]
FIG. 13 shows an ice skate boot 130 provided with a straight blade 131 for moving in a straight line and a carving blade 132 for making a turn. Although the hull 9 of the snowdeck 1 was shaped to minimize it from sinking into snow, the blades 131 and 132 do not sink much as ice is harder than snow. The correspondence between the curvature of the carving blade 132 and its angle of inclination is similar to that described in the first embodiment, except that the speed on ice, which reflects the radius of the carving blade 132, is much faster.
[0065]
Other embodiments
It was stated that the hull 9 had an arcuate cross-sectional shape near the end 27 and a flatter structure in the center of the hull 9. In other embodiments, the hull may be designed to have an arcuate cross-sectional shape at the center, such that it is more pronounced near the end (i.e., bends more sharply than the center, thereby providing the first section). It will have an arcuate cross-sectional shape (similar to a canoe than the hull 9 of the embodiment). While such an embodiment may be preferred in certain situations, it is generally not preferred because it digs the snow (rather than gliding over the snow), which increases resistance.
It has already been mentioned that the hull 9 has an arcuate cross-sectional shape in the direction of the end 27 and has a flatter structure in the center of the hull 9. In other embodiments, the hull need not have an arcuate cross-sectional shape that is part of a circle, but may instead be curved to another shape, such as an elliptical shape. Whichever shape is chosen, for experienced riders, those with a relatively deep curvature can achieve higher performance, but for beginners a relatively flat cross section is stable and suitable. ing.
[0066]
The hull 9 had carving surfaces 21, 23, 25 designed for different speeds. In another embodiment, the hull is provided with a carving surface designed to be used at a common speed. Such hulls are preferably used on slopes of the "slalom" type, which typically require the rider to make carving turns at different radii and a relatively constant forward speed.
[0067]
We have already stated that the hull 9 is symmetrical along the longitudinal axis 15. In another embodiment, the hull has a different carving edge on one side than the other. Such carving edges may be designed for different inclination angles and different velocities, or for different inclination angles and different velocities. Such a hull can produce both left-handed and right-handed versions to suit the way the rider rides. By analogy, snowboarding can be done by the traditional right-handed riding method (known as "regular", with the rider's left shoulder located below the slope) or the left-handed riding method (known as "goofy"). Can also ride.
[0068]
It has already been stated that both end faces of the hull 9 are symmetric with respect to the horizontal axis 17. In other embodiments, the inclination of the carving surface, and the angle of its curvature, are different at the opposite end face of the hull 2. Such embodiments can also be used to provide a snow deck suitable for beginners as well as more advanced players. Beginners place their center of gravity on the "slow" end of the board in order to use the sloped and curved area of the carving surface for beginners. More advanced users place their center of gravity on the "fast" end of the hull in order to use the area of the sloping and curved carving surface suitable for advanced users. Another advantage of this embodiment is that the slalom rider (usually a person moving at high speed and constant speed) moves the center of gravity forward or backward relative to the deck to change the radius of the turn (moving at a constant speed). During the change). In such an embodiment, the set of carving surfaces at each end of the hull has a respective radius and slope. At the center of the hull, the two sets of carving surfaces become one, providing a smooth transition between the radius used at the opposite end surface as well as the slope. Thus, in this embodiment, the carving surface is no longer part of one cylinder, but is a combination of parts of two different cylinders with a transition between two different end faces.
[0069]
The hull 9 described above had one straight surface 19 and three carving surfaces 21, 23, 25 on each side of the surface 19. In other embodiments, fewer or more carving surfaces may be used on each side of the longitudinal axis 15. In another embodiment, one carving surface is provided on each side surface of the vertical axis 15. In yet another embodiment, only turns to the left having one straight surface and one (or more) carving surface (located on the same side as surface 19) to make the turn A "left hand turn only" hull is provided. In these embodiments, a carving turn to the right can be made only if the direction of the board is reversed by 180 ° by the rider.
[0070]
The hull 9 had one relatively wide straight surface 19. In another embodiment, such a straight surface 19 may be replaced by two straight and parallel carving and sliding surfaces. Alternatively, the two carving surfaces may be slightly curved, one for making a very loose turn on the left and one for making a very loose turn on the right. . In such an embodiment, if the hull is moving in a straight line, the slightly curved carving surfaces at the center of the two will interfere with each other to a certain extent and increase resistance. However, by providing such a slightly curved carving surface, in another embodiment, high-speed maneuverability can be improved. It is stated that the hull 9 is formed by incorporating a carving surface and a gliding surface. In other embodiments, carving may be used to allow for excessive wear or choice for best performance against snow (e.g., whether the snow is powdered or compacted). The carving and running surfaces are interchangeable to make them new, so that the surface and running surface material can be selected. Under certain circumstances, it may also be desirable to make the concave surface replaceable, for example, to change the trajectory of the hull, thereby changing the depth of sinking in the snow. The carving surface, the sliding surface, or the concave surface may be any of fixing a piece of material to the plurality of surfaces, using an exchangeable runner attached to the hull, instead of being integrally formed with the hull. It can be replaced depending on the situation. Interchangeable runners typically have a carving surface, a running surface as well as a concave surface. The use of interchangeable runners allows beginners to improve the performance of the runners, which allows their tilt and curvature to be adjusted to a certain extent as their skill level increases. In addition, by using the replaceable sliding portion, the hull can be used even on a medium with high friction such as sand.
[0071]
It has already been described that the running surfaces 31, 33, 35 intersect the carving surfaces 21, 23, 25 at right angles. In other embodiments, such angles may be less than 90 degrees or greater. In yet another embodiment, the gliding surface may be omitted so that the concave surface intersects the respective carving surface at an acute angle. In such an alternative embodiment, the carving surface and the concave surface are simplified, but the edges where the carving surface and the sliding surface intersect are very fragile and need to be made of metal such as steel.
[0072]
The concave surfaces 41, 43, 45 are shown in FIGS. 6 and 7 respectively to form a straight line between the carving surface and the gliding surface. In other embodiments, the concave surface may be curved in cross section. Such curvature can be used to advantage to control the extent to which the hull sinks into snow. The carving surface and the running surface are preferably straight, but the carving surface and the running surface may be similarly curved in the planes XX ′ and YY ′ seen in FIGS. The carving surface, the sliding surface and the concave surface may be combined so as to have another shape such as, for example, a half-moon shape in a cross section. What is important here is that no matter what shape is used, the gliding portion can support the weight of the rider and can exert a reaction against the centrifugal force and the substantial force exerted on the rider, It is.
[0073]
The hull 9 is stated to be formed from polyethylene. If plastic is chosen, it may be other materials such as polypropylene, other plastics, wood or metal, taking note that it is very brittle at low temperatures. Nylon is not preferred because of its high friction with snow. The blades 131, 132 of the ice skate boot 130, or those of the carving mini sled 120, can also be successfully formed of metal, such as stainless steel, or wood.
[0074]
When a pair of ice skate boots 130 are used as a pair, the blades 131, 132 on each boot are typically the same except that the differences between the left and right boots fit the right and left feet. In another embodiment, the blades 131, 132 of a pair of ice skate boots are formed identically to each other as mirrored. This makes it possible to improve the turn ability. For example, consider a situation where an ice skater is following a clockwise circular path. The right foot skate follows a circular path with a radius slightly smaller than the circle drawn by the left foot skate. Therefore, in this embodiment, the carving blade 132 on the right side of the right foot is provided with a slightly smaller radius of curvature than the carving blade 132 on the right side of the left foot.
[0075]
Carving mini-sleds are shown in FIGS. 12a and 12b. In another embodiment, the carving mini sled runners 122 are narrowed so that they become blades, thereby providing a carving bobsleigh for use on a bobsleigh track.
[0076]
In other embodiments, the improved carving mini sled is used as a forward ski that fits a skidoo or snowmobile, thereby improving the maneuverability of the skidoo or snowmobile to which it is attached. Such improved carving sleds may be provided with mountings so that they can be replaced, thereby improving the performance of the skis or skis in front of a snowmobile.
[0077]
"In-line" skates are used on grass or concrete and are well known for having a plurality of small wheels with parallel axes in front and back. While previous embodiments are suitable for media such as snow, sand, and ice, in other embodiments, such embodiments provide that by appropriately tilting it, the tilt wheel can It is used so that you can make a turn with. In such other embodiments, the aforementioned straight surface 19 is replaced by an in-line wheel, and the carving surfaces 21, 23, 25, and their associated running surfaces 31, 33, 35 are not straight, but instead It is replaced by a number of wheels whose axes are tangent to the arc. As already mentioned, these arcs are inclined so that the user of this embodiment can make a turn by tilting such an embodiment, the in-line wheel moves away from the ground and instead In addition, the device is supported by a set of wheels arranged around an arc.
[Brief description of the drawings]
[0078]
FIG. 1 is a perspective view of a snow deck according to the present invention, on which a rider rides.
FIG. 2 is a perspective view of a bottom surface of the snow deck.
FIG. 3 is a plan view of a bottom surface of the snow deck.
FIG. 4 shows an end view of the snow deck.
FIG. 5 shows a side view of the snow deck.
FIG. 6 is a sectional view of a plane located at one end of the snow deck.
FIG. 7 is a sectional view of a plane located at the center of the snow deck.
FIG. 8 shows a partial perspective view, not to scale, of a carved surface of the snow deck.
FIG. 9a shows a cross section of the rider and the snow deck, and further shows a plan view of the rider and the snow deck, along with the trajectory of the curve left in the snow by the snow deck.
FIG. 9b shows a cross-section of the rider and the snow deck leaning at a small angle, and the trajectory of the curve remaining in the snow due to the small sloped snow deck.
FIG. 9c shows a cross section of the rider and the snow deck leaning at a medium angle, and the trajectory of the curve remaining in the snow due to the medium slope snow deck.
FIG. 9d shows a cross section of the rider and the snow deck leaning at a large angle, and the trajectory of the curve remaining in the snow due to the snow deck leaning heavily.
FIG. 10a shows a snow deck and rider passing an 'S' path with a left turn, a straight section, followed by a right turn.
FIG. 10b shows details of a trajectory remaining on the snow created by passing through the path shown in FIG. 10a.
FIG. 11 shows a hull attached to a skateboard to form a snow deck.
FIG. 12a shows a perspective view of a small carving sled according to the present invention.
FIG. 12b shows a perspective view of the rider standing on a small carving sled and secured to the sled by leg straps.
FIG. 13 is a perspective view of an ice skating boot according to the present invention.

Claims (54)

  1. 雪、砂あるいは氷等の媒体(5)上を移動するための乗り物(1)であって、前記媒体の表面に対し、その回りを前記乗り物が回転可能な縦軸を有しており、かかる乗り物は、
    それが、前記媒体に対し、第1の所定回転角度にある場合に、前記媒体上をほぼ直線(90a)で移動するための真っ直ぐな滑走手段(19)、および、
    前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張る第1湾曲滑走部、を備えており、
    前記第1湾曲滑走部が、前記媒体に対し、第2の所定回転角度(b、c、d)にある場合に、前記媒体をカービングすること(by carving)により前記媒体上をほぼ円形の経路(90b、90c、90d)で移動するため、第1の半径(r1、r2、r3)を有するほぼ円弧の弓形部(21、23、25)を備えること、を特徴とするもの。
    A vehicle (1) for traveling on a medium (5), such as snow, sand or ice, having a longitudinal axis around which the vehicle can rotate with respect to the surface of the medium. The vehicles are
    Straight sliding means (19) for moving in a substantially straight line (90a) over the medium when at a first predetermined rotation angle with respect to the medium; and
    A first curved sliding portion projecting in the direction of the straight sliding means,
    A substantially circular path on the medium by carving the medium when the first curved runner is at a second predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the medium; (90b, 90c, 90d) for providing a substantially arcuate arcuate portion (21, 23, 25) having a first radius (r1, r2, r3).
  2. 請求項1にかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段(19)は、真っ直ぐな面(19)を備えること、を特徴とするもの。2. A vehicle according to claim 1, wherein said straight skid means (19) comprises a straight surface (19).
  3. 請求項1にかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段(19)は、互いに出っ張り、逆に湾曲する一対の滑走部、を備えること、を特徴とするもの。Vehicle according to claim 1, characterized in that the straight sliding means (19) comprise a pair of sliding parts projecting from each other and curving in reverse.
  4. 請求項1から請求項3のいずれかにかかる乗り物において、さらに、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の側面であって、前記第1湾曲滑走部の逆側に配され、前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張る第2湾曲滑走部を備えており、前記第2湾曲滑走部が、前記媒体に対し、第3の所定回転角度(b、c、d)にある場合に、前記媒体をカービングすることにより前記媒体上をほぼ円形の経路(90b、90c、90d)で移動するため、第2の半径(r1、r2、r3)を有するほぼ円弧の弓形部(21、23、25)を備えること、を特徴とするもの。The vehicle according to any one of claims 1 to 3, further comprising a side surface of the straight sliding means (19), which is arranged on a side opposite to the first curved sliding portion, and wherein Carving the medium when the second curved slide is at a third predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the medium. A substantially arcuate arc (21, 23, 25) having a second radius (r1, r2, r3) for traveling on said medium in a substantially circular path (90b, 90c, 90d); Characterized by:
  5. 請求項4にかかる乗り物において、前記第1および前記第2半径は、等しいこと、を特徴とするもの。5. The vehicle according to claim 4, wherein the first and second radii are equal.
  6. 請求項5にかかる乗り物において、前記第1および前記第2湾曲滑走部は、前記真っ直ぐな滑走手段(19)に対し、対称に配置されること、を特徴とするもの。Vehicle according to claim 5, characterized in that the first and second curved slides are arranged symmetrically with respect to the straight sliding means (19).
  7. 請求項4、請求項5又は請求項6にかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の片側に配置される複数の湾曲滑走部を備え、前記湾曲滑走部は、それぞれ、前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張っており、前記媒体に対し、それぞれ所定の回転角度(b、c、d)にある場合に、前記媒体をカービングすることにより前記媒体上を、その半径によりほぼ円形の経路(90b、90c、90d)で移動するため、それぞれ所定の半径(r1、r2、r3)を有する円弧の弓形部(21、23、25)を備えること、を特徴とするもの。7. The vehicle according to claim 4, 5 or 6, comprising a plurality of curved slides arranged on one side of the straight sliding means (19), wherein each of the curved slides is the straight slide. Projecting in the direction of the means, and at a predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the medium, the medium is carved to form a substantially circular path on the medium by the radius thereof ( 90b, 90c, and 90d), each of which has an arcuate bow (21, 23, 25) having a predetermined radius (r1, r2, r3).
  8. 請求項7にかかる乗り物において、前記複数の湾曲滑走部の各所定回転角度(b、c、d)は、異なっていること、を特徴とするもの。8. The vehicle according to claim 7, wherein the predetermined rotation angles (b, c, d) of the plurality of curved sliding portions are different.
  9. 請求項8にかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段(19)近傍の湾曲滑走部の前記各所定回転角度(b、c、d)は、前記真っ直ぐな滑走手段から離れた湾曲滑走部の所定回転角度より小さいこと、を特徴とするもの。9. The vehicle according to claim 8, wherein each of the predetermined rotation angles (b, c, d) of the curved slide near the straight sliding means (19) is a predetermined rotation of the curved slide away from the straight sliding means. Smaller than an angle.
  10. 請求項4、請求項5又は請求項6にかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の各側面に配置される複数の湾曲滑走部を備え、前記各湾曲滑走部が、前記媒体に対し、それぞれ所定の回転角度(b、c、d)にある場合に、前記媒体をカービングすることにより、前記媒体上を、その半径によりほぼ円形の経路(90b、90c、90d)で移動するため、それぞれ所定の半径(r1、r2、r3)のほぼ円弧の弓形部(21、23、25)を備えること、を特徴とするもの。A vehicle according to claim 4, 5 or 6, comprising a plurality of curved slides arranged on each side of the straight sliding means (19), each curved slide being relative to the medium. When the medium is at a predetermined rotation angle (b, c, d), the medium is carved to move on the medium in a substantially circular path (90b, 90c, 90d) according to its radius. Each is provided with a substantially arcuate arcuate portion (21, 23, 25) having a predetermined radius (r1, r2, r3).
  11. 請求項10にかかる乗り物において、前記複数の湾曲滑走部は、前記真っ直ぐな滑走手段(19)に対し、対称に配置されること、を特徴とするもの。11. The vehicle according to claim 10, wherein the plurality of curved slides are arranged symmetrically with respect to the straight sliding means (19).
  12. 請求項4、請求項5、請求項7から請求項11のいずれかにかかる乗り物において、前記円弧弓形部(21、23、25)は、それぞれ、当該円弧弓形部に関する所定半径(r1、r2、r3)と乗じられる前記円弧弓形部に関する前記所定回転角度(b、c、d)のタンジェントにより定義される、傾斜半径の積(tilt-radius product)を有しており、前記円弧弓形部の前記傾斜半径の積は、ほぼ等しいこと、を特徴とするもの。In the vehicle according to any one of claims 4, 5, and 7 to 11, the arcuate portions (21, 23, 25) each have a predetermined radius (r1, r2, r3) having a tilt-radius product defined by the tangent of the predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the arcuate part multiplied by r3), wherein the tilt-radius product is The product of the inclination radii is approximately equal.
  13. 請求項4、請求項5、請求項7から請求項11のいずれかにかかる乗り物において、前記円弧弓形部(21、23、25)は、それぞれ、当該円弧弓形部に関する所定半径(r1、r2、r3)と乗じられる前記円弧弓形部に関する前記所定回転角度(b、c、d)のタンジェントにより定義される、傾斜半径の積(tilt-radius product)を有しており、異なる関連所定半径を有するいずれか2つの前記円弧弓形部については、小さい関連所定回転角度を有する前記円弧弓形部の傾斜半径の積が、大きい所定回転角度を有する前記円弧弓形部の傾斜半径の積よりも大きいこと、 を特徴とするもの。In the vehicle according to any one of claims 4, 5, and 7 to 11, the arcuate portions (21, 23, 25) each have a predetermined radius (r1, r2, r3) having a tilt-radius product defined by the tangent of the predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the arcuate part multiplied by r3) and having a different associated predetermined radius For any two of the arcuate segments, the product of the sloping radii of the arcuate segments having a small associated predetermined rotation angle is greater than the product of the sloping radii of the arcuate segments having a large predetermined rotation angle. Features.
  14. 請求項13にかかる乗り物において、請求項7から請求項11のいずれかに従属する場合、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の側面に配置される3つの円弧弓形部(21、23、25)を備え、前記3つの円弧弓形部の前記傾斜−半径の積は、ほぼ9対6対3の比率であること、を特徴とするもの。In a vehicle according to claim 13, when dependent on any one of claims 7 to 11, three arcuate sections (21, 23, 25) arranged on the side of said straight sliding means (19). And wherein the slope-radius product of the three arcuate portions is in a ratio of approximately 9: 6: 3.
  15. 請求項14にかかる乗り物において、前記3つの円弧弓形部(21、23、25)の前記傾斜−半径の積は、その関連する所定半径(r1、r2、r3)をメートルで測定した場合、ほぼ、0.9、0.6および0.4であること、を特徴とするもの。15. The vehicle according to claim 14, wherein the slope-radius product of the three arcuate portions (21, 23, 25) is approximately equal to the associated predetermined radius (r1, r2, r3) measured in meters. , 0.9, 0.6 and 0.4.
  16. 前述のいずれかの請求項にかかる乗り物において、前記湾曲滑走部あるいは滑走部は、曲率の中心が異なる第1および第2円弧弓形部、を備えること、を特徴とするもの。The vehicle according to any one of the preceding claims, wherein the curved sliding portion or the sliding portion includes first and second arcuate portions having different centers of curvature.
  17. 前記いずれかの請求項にかかる乗り物において、前記縦軸に対して、前記真っ直ぐな滑走手段(19)および一以上の前記湾曲滑走部は、中間部(図7)および2の終端部(図6)を備え、前記縦軸を横切る終平面(XX’)における端部で見た場合、前記真っ直ぐな滑走手段および前記一以上の湾曲滑走部は、円弧(51X)に構成され、前記縦軸を横切る中間平面(YY’)における中間部で見た場合、前記真っ直ぐな滑走手段および前記一以上の湾曲滑走部は、ほぼ円弧(51Y)に構成され、前記終端部における前記円弧は、前記中間部における円弧よりも鋭い角度で湾曲していること、を特徴とするもの。6. A vehicle according to any of the preceding claims, wherein, with respect to the longitudinal axis, the straight sliding means (19) and one or more of the curved sliding parts comprise an intermediate part (Fig. 7) and an end part of two (Fig. 6). ), The straight sliding means and the one or more curved slides, when viewed at the end in the end plane (XX ′) transverse to the longitudinal axis, are configured in an arc (51X), When viewed at an intermediate portion in a transverse intermediate plane (YY '), the straight sliding means and the one or more curved sliding portions are configured to be substantially arcs (51Y), and the arc at the end portion is defined by the intermediate portion. Characterized by being curved at a sharper angle than the arc in.
  18. 前記いずれかの請求項にかかる乗り物において、前記縦軸に対して、前記真っ直ぐな滑走手段(19)および一以上の前記湾曲滑走部は、中間部(図7)および2の終端部(図6)を備え、前記縦軸を横切る終平面(XX’)における端部で見た場合、前記真っ直ぐな滑走手段および前記一以上の湾曲滑走部は、ほぼ円弧弓形(51X)に構成されること、を特徴とするもの。6. A vehicle according to any of the preceding claims, wherein, with respect to the longitudinal axis, the straight sliding means (19) and one or more of the curved sliding parts comprise an intermediate part (Fig. 7) and an end part of two (Fig. 6). ) Wherein said straight skid means and said one or more curved skids are substantially arcuate arched (51X) when viewed at the end in the end plane (XX ') transverse to said longitudinal axis; Characterized by:
  19. 前記いずれかの請求項にかかる乗り物において、前記湾曲滑走部あるいは前記滑走部の前記円弧弓形部は、シリンダー状のカービング面(21、23、25)を備えること、を特徴とするもの。Vehicle according to any one of the preceding claims, characterized in that the curved slide or the arcuate section of the slide comprises a cylindrical carving surface (21, 23, 25).
  20. 請求項19にかかる乗り物において、前記湾曲滑走部あるいは滑走部の前記円弧弓形部は、エッジにおいてカービング面(21、23、25)と交わる円弧弓形滑走面(31、33、35)を備えること、を特徴とするもの。20. The vehicle according to claim 19, wherein the curved run or the arcuate portion of the run comprises an arcuate runway (31, 33, 35) which intersects a carving surface (21, 23, 25) at an edge. Characterized by:
  21. 請求項20にかかる乗り物において、前記滑走面は75度から105度の角度で、前記カービング面と交わること、を特徴とするもの。21. The vehicle according to claim 20, wherein the running surface intersects the carving surface at an angle of 75 to 105 degrees.
  22. 請求項21にかかる乗り物において、前記滑走面は、90度の角度で前記カービング面と交わること、を特徴とするもの。22. The vehicle according to claim 21, wherein the gliding surface intersects the carving surface at a 90 degree angle.
  23. 前記いずれかの請求項にかかる乗り物において、デッキ(11)および船体(hull)(9)を備え、前記デッキは、前記船体に取り付けられ、前記船体は、前記真っ直ぐな滑走手段(19)および前記一以上の湾曲滑走部と一体に形成されること、を特徴とするもの。A vehicle according to any of the preceding claims, comprising a deck (11) and a hull (9), the deck being mounted on the hull, the hull being provided with the straight sliding means (19) and the hull (9). It is formed integrally with one or more curved runners.
  24. 請求項23にかかる乗り物において、前記船体(9)は、ほぼシリンダー状の中央部分、および、一対の、上方に傾斜した先細の終端(27)を備えること、を特徴とするもの。24. The vehicle according to claim 23, wherein the hull (9) has a substantially cylindrical central portion and a pair of upwardly tapering tapered ends (27).
  25. 請求項24にかかる乗り物において、前記先細の終端(27)は、30°から45°の範囲の角度(α)で上方に傾斜すること、を特徴とするもの。25. The vehicle according to claim 24, wherein the tapered end (27) slopes upward at an angle (α) in the range of 30 ° to 45 °.
  26. 請求項25にかかる乗り物において、前記先細の終端(27)は、38°の角度(α)で上方に傾斜すること、を特徴とするもの。26. The vehicle according to claim 25, wherein the tapered end (27) slopes upward at an angle (α) of 38 °.
  27. 前記いずれかの請求項にかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の少なくとも一部、あるいは、前記一以上の湾曲滑走部は、取り替え可能であること、を特徴とするもの。Vehicle according to any of the preceding claims, characterized in that at least a part of the straight sliding means (19) or the one or more curved slides is replaceable.
  28. 前記いずれかの請求項にかかる乗り物において、さらに、紐(leash)用の取り付けポイント(2)を備えること、を特徴とするもの。Vehicle according to any of the preceding claims, further comprising a mounting point (2) for a leash.
  29. 請求項23から請求項28のいずれかにかかる乗り物用の船体(9)であること、を特徴とするもの。A hull (9) for a vehicle according to any of claims 23 to 28.
  30. 請求項29にかかる船体において、当該船体は、成形されたプラスチック素材により形成されること、を特徴とするもの。30. The hull according to claim 29, wherein the hull is formed of a molded plastic material.
  31. デッキ(111)に取り付けるための請求項29又は請求項30にかかる船体であって、当該船体は、デッキを貫通する固定具により前記デッキに当該船体を取り付けるための2の取り付け領域(113、114)を備えること、を特徴とするもの。31. A hull according to claim 29 or claim 30 for attaching to a deck (111), wherein the hull comprises two mounting areas (113, 114) for attaching the hull to the deck by means of fasteners penetrating the deck. ).
  32. 請求項31にかかる船体において、前記取り付け領域の一つは、複数の取り付け穴(113)を備え、前記取り付け領域の他方は、前記船体の長手方向に延びる一対のスロット(114)を備えること、を特徴とするもの。32. The hull according to claim 31, wherein one of the mounting areas comprises a plurality of mounting holes (113) and the other of the mounting areas comprises a pair of slots (114) extending in a longitudinal direction of the hull. Characterized by:
  33. 請求項29又は請求項30にかかる船体において、さらに、前記船体をスケートボードに取り付けるための取り付け手段、を備えること、を特徴とするもの。31. The hull according to claim 29, further comprising mounting means for mounting the hull on a skateboard.
  34. 請求項33にかかる船体において、前記船体は、スケートボードの車輪にはめ込むことにより当該スケートボードに取り付け可能であること、を特徴とするもの。34. The hull according to claim 33, wherein the hull is attachable to a skateboard by fitting the wheel into a wheel of the skateboard.
  35. 請求項33にかかる船体において、当該船体は、スケートボードの中心軸(axles)にはめ込むことにより当該スケートボードに取り付け可能であること、を特徴とするもの。34. The hull according to claim 33, wherein the hull is attachable to the skateboard by fitting into a central axis (axles) of the skateboard.
  36. 請求項1から請求項22のいずれかにかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段(19)は、スペースフレーム(123)により前記一以上の湾曲滑走部に取り付けられること、を特徴とするもの。23. A vehicle according to any of the preceding claims, wherein the straight sliding means (19) is attached to the one or more curved runs by a space frame (123).
  37. アイススケートブーツ(130)であって、
    前記ブーツが、氷に対し、第1の所定回転角度にある場合に、前記氷の上をほぼ直線に移動するための真っ直ぐな滑走手段、および
    前記滑走手段の方向に出っ張る第1湾曲滑走部、を備えており、
    前記第1湾曲滑走部は、前記ブーツが前記氷に対して、第2の所定回転角度にある場合に、前記氷をカービングすることにより前記氷の上をほぼ円形の経路で移動するため、第1の半径を有するほぼ円弧の弓形部を備えること、
    Ice skating boots (130),
    A straight sliding means for moving substantially linearly on the ice when the boot is at a first predetermined angle of rotation with respect to the ice, and a first curved slide protruding in the direction of the sliding means; With
    When the boot is at a second predetermined rotation angle with respect to the ice, the first curved sliding portion moves on the ice in a substantially circular path by carving the ice, Having a generally arcuate arc having a radius of 1;
  38. 請求項37にかかるブーツにおいて、さらに、前記真っ直ぐな滑走手段の側面であって、前記第1湾曲滑走部の逆側に配され、前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張る第2湾曲滑走部を備えており、前記第2湾曲滑走部は、前記ブーツが前記媒体に対して、第3の所定回転角度にある場合に、前記媒体をカービングすることにより前記媒体上をほぼ円形の経路で移動するため、第2の半径を有するほぼ円弧の弓形部を備えること、を特徴とするもの。38. The boot according to claim 37, further comprising a second curved sliding part disposed on a side surface of the straight sliding means and opposite to the first curved sliding part and protruding in the direction of the straight sliding means. And the second curved sliding portion moves on the medium in a substantially circular path by carving the medium when the boot is at a third predetermined rotation angle with respect to the medium. , A substantially arcuate arc having a second radius.
  39. 請求項38にかかるブーツにおいて、前記真っ直ぐな滑走手段の片側に配置される複数の湾曲滑走部を備え、前記湾曲滑走部は、それぞれ、前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張っており、前記ブーツが前記氷に対して、それぞれ所定の回転角度にある場合に、前記氷をカービングすることにより前記氷の上を、その半径によりほぼ円形の経路で移動させるため、それぞれ所定の半径のほぼ円弧の弓形部を備えること、を特徴とするもの。39. The boot according to claim 38, comprising a plurality of curved slides disposed on one side of the straight slide means, wherein each of the curved slides protrudes in the direction of the straight slide means, When the ice is at a predetermined rotation angle with respect to the ice, the ice is carved to move on the ice in a substantially circular path according to its radius. Comprising a unit.
  40. 請求項39にかかるブーツにおいて、前記湾曲滑走部は、前記真っ直ぐな滑走手段に対し、対称に配置されること、を特徴とするもの。40. The boot according to claim 39, wherein the curved sliding portion is arranged symmetrically with respect to the straight sliding means.
  41. 請求項39にかかる一対のブーツにおいて、前記湾曲滑走部の湾曲は、前記ブーツが同じ回転角度で傾斜している場合、前記2のブーツの前記湾曲滑走部が、氷の上で、それぞれ異なる半径の円を描いてカービングするよう構成されること、を特徴とするもの。40. The pair of boots according to claim 39, wherein the curvature of the curved sliding portion is such that when the boots are inclined at the same rotation angle, the curved sliding portions of the two boots have different radii on ice. And carving by drawing a circle.
  42. 雪上を移動するためのスノーモービル用のスキーであって、前記スキーは、その回りを当該スキーが回転可能な縦軸を有しており、当該スキーは、それが、前記雪に対し、第1の所定回転角度にある場合に、前記雪の上をほぼ直線(90a)で移動するための真っ直ぐな滑走手段(19)、および、
    前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張る第1湾曲滑走部、を備えており、
    前記第1湾曲滑走部は、前記スキーが前記雪に対して、第2の所定回転角度(b、c、d)にある場合に、前記雪をカービングすることにより前記媒体上をほぼ円形の経路(90b、90c、90d)で移動するため、第1の半径を有するほぼ円弧の弓形部(21、23、25)を備えること、を特徴とするもの。
    A snowmobile ski for traveling on snow, the ski having a longitudinal axis about which the ski is rotatable, wherein the ski has a first longitudinal axis relative to the snow. Straight sliding means (19) for moving in a substantially straight line (90a) on said snow when at a predetermined rotation angle of:
    A first curved sliding portion projecting in the direction of the straight sliding means,
    The first curved runner includes a substantially circular path on the medium by carving the snow when the ski is at a second predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the snow. (90b, 90c, 90d) for providing a substantially arcuate arcuate portion (21,23,25) having a first radius.
  43. 表面上を移動するための乗り物であって、その回りを当該乗り物が回転可能な縦軸を有しており、前記乗り物は、
    それが、前記表面に対し、第1の所定回転角度にある場合に、前記表面上をほぼ直線で移動するための車輪列を備えた真っ直ぐな滑走手段、および
    前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張るとともに、前記乗り物が前記表面に対して、第2の所定回転角度(b、c、d)にある場合に、前記表面上をほぼ円形の経路(90b、90c、90d)で移動するため、第1の半径を有するほぼ円形形状の円弧に配置された弓状の車輪列を備えた第1湾曲滑走部、を備えること、を特徴とするもの。
    A vehicle for traveling on a surface, the vehicle having a longitudinal axis about which the vehicle is rotatable, the vehicle comprising:
    When it is at a first predetermined angle of rotation with respect to the surface, it protrudes in the direction of the straight sliding means with a train of wheels for moving in a substantially straight line over the surface, and in the direction of the straight sliding means. In addition, when the vehicle is at a second predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the surface, the vehicle moves on the surface along a substantially circular path (90b, 90c, 90d). A first curved run with a row of arcuate wheels arranged in a substantially circular arc having a radius of one.
  44. 請求項43にかかる乗り物において、さらに、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の側面であって、前記第1湾曲滑走部の逆側に配置され、前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張るとともに、前記乗り物が前記表面に対して、第3の所定回転角度(b、c、d)にある場合に、前記表面上をほぼ円形の経路で移動させるため、第2の半径を有するほぼ円形形状で円弧に配置された弓状の車輪列を備えた第2湾曲滑走部、を備えること、を特徴とするもの。44. The vehicle according to claim 43, further comprising a side surface of the straight skid means (19), opposite the first curved run, protruding in the direction of the straight skid means and the vehicle. Is at a third predetermined rotation angle (b, c, d) with respect to the surface, so as to move on the surface along a substantially circular path, so as to form an arc with a substantially circular shape having a second radius. A second curved sliding portion provided with an arranged row of arcuate wheels.
  45. 雪(5)等の媒体の上を移動するためのスノーデッキ(1)であって、
    ほぼ平らな中央部分ならびに、上方に湾曲した終端部(27)を有する細長いデッキ(11)、前記デッキの長手方向の中央に設けられた真っ直ぐな滑走部(19)を有するとともに、前記中央の真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張る複数の湾曲滑走部のペアであって、前記真っ直ぐな滑走部に対し、対称に配置されたもの、を有する船体(9)、
    前記各湾曲滑走部は、前記中央の真っ直ぐな滑走手段に対向する、一部がシリンダー状のカービング面(21、23、25)を有し、前記カービング面は、その中央軸がデッキの長手方向に対して直角な平面に存在するシリンダーの一部となるとともに、デッキのほぼ中間点に位置し、前記各ペアの前記カービング面の前記中央軸は、前記デッキの長手方向の中央線の上方にある点において交差すること、を特徴とするもの。
    A snow deck (1) for moving over a medium such as snow (5),
    An elongated deck (11) having a generally flat central portion and an upwardly curved end (27); a straight runway (19) provided in the longitudinal center of the deck; A hull (9), comprising a pair of curved runners projecting in the direction of a suitable runner, symmetrically arranged with respect to said straight runner;
    Each curved sliding section has a partially cylindrical carving surface (21, 23, 25) facing the central straight sliding means, the carving surface having a central axis extending in the longitudinal direction of the deck. And a part of the cylinder present in a plane perpendicular to the deck, and located at approximately the midpoint of the deck, wherein the central axis of the carving surface of each pair is above a longitudinal centerline of the deck. Intersecting at a certain point.
  46. 請求項45にかかるスノーデッキにおいて、少なくとも一の湾曲滑走部のペアは、さらに、デッキ(11)から離れた位置で、それらの各カービング面(21、23、25)のエッジに沿って伸びる弓形滑走面(31、33、35)をそれぞれ備えること、を特徴とするもの。46. The snow deck according to claim 45, wherein the at least one pair of curved runners further comprises an arcuate shape extending along the edge of their respective carving surface (21, 23, 25) at a location remote from the deck (11). A sliding surface (31, 33, 35).
  47. 請求項46にかかるスノーデッキにおいて、前記弓形滑走面(31、33、35)は、それらにそれぞれ近接するカービング面(21、23、25)に対し、ほぼ直角であること、を特徴とするもの。47. The snow deck according to claim 46, wherein the arcuate running surfaces (31, 33, 35) are substantially at right angles to the carving surfaces (21, 23, 25) respectively adjacent thereto. .
  48. 請求項45から請求項47のいずれかにかかるスノーデッキにおいて、3つのペアの湾曲滑走面を備えること、を特徴とするもの。The snow deck according to any one of claims 45 to 47, comprising three pairs of curved sliding surfaces.
  49. カービング可能な媒体の上を移動するための乗り物(1)であって、
    前記媒体上をほぼ直線(90a)で移動するための、ほぼ平面である真っ直ぐな滑走手段(19)、
    前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張るとともに、前記媒体上をほぼ円形の経路(90b、90c、90d)で移動するための平坦な滑走面(31、33、35)を有する第1の湾曲滑走部、を備えており、前記平坦滑走面の平面は、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の平面と平行ではないこと、を特徴とするもの。
    A vehicle (1) for moving over a carvable medium,
    A substantially planar straight sliding means (19) for traveling in a substantially straight line (90a) over said medium;
    A first curved runner projecting in the direction of the straight runner means and having a flat runway surface (31, 33, 35) for traveling on the medium in a substantially circular path (90b, 90c, 90d); , Wherein the plane of the flat running surface is not parallel to the plane of the straight running means (19).
  50. 請求項49にかかる乗り物において、前記平坦滑走面(31、33、35)は、円弧弓形のエッジであること、を特徴とするもの。50. The vehicle according to claim 49, wherein the flat running surface (31, 33, 35) is an arcuate arc-shaped edge.
  51. 請求項49にかかる乗り物において、前記平坦滑走面(31、33、35)は、滑走面(31、33、35)であること、を特徴とするもの。50. The vehicle according to claim 49, wherein the flat running surface (31, 33, 35) is a running surface (31, 33, 35).
  52. 請求項49から請求項51のいずれかにかかる乗り物であって、前記真っ直ぐな滑走手段の方向に出っ張るとともに、平坦な滑走面(31、33、35)を有する第2の湾曲滑走部を備えており、前記第2湾曲滑走部の前記平坦滑走面の前記平面は、前記真っ直ぐな滑走手段(19)の平面と平行ではなく、前記第1湾曲滑走部の前記平坦滑走面の前記平面と平行でもないこと、を特徴とするもの。52. A vehicle according to any one of claims 49 to 51, comprising a second curved sliding part protruding in the direction of said straight sliding means and having a flat sliding surface (31, 33, 35). And the plane of the flat running surface of the second curved running section is not parallel to the plane of the straight running means (19), but is also parallel to the flat running surface of the first curved running section. There is no.
  53. 請求項49から請求項52のいずれかにかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段は、真っ直ぐな滑走部(19)を備えること、を特徴とするもの。53. The vehicle according to any of claims 49 to 52, wherein said straight sliding means comprises a straight sliding section (19).
  54. 請求項49から請求項52のいずれかにかかる乗り物において、前記真っ直ぐな滑走手段は、互いの方向に出っ張るとともに、逆に湾曲する一対の滑走部、を備えること、を特徴とするもの。53. The vehicle according to any one of claims 49 to 52, wherein the straight sliding means includes a pair of sliding portions projecting in the directions of each other and curving in the opposite direction.
JP2003513652A 2001-07-17 2002-07-17 Carving small sled Pending JP2004534626A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB0117385A GB0117385D0 (en) 2001-07-17 2001-07-17 Carving toboggan
GB0129608A GB0129608D0 (en) 2001-12-11 2001-12-11 Runner configuration for controlled travel over snow sand or grass
PCT/GB2002/003267 WO2003008051A2 (en) 2001-07-17 2002-07-17 Carving toboggan

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004534626A true JP2004534626A (en) 2004-11-18

Family

ID=26246316

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003513652A Pending JP2004534626A (en) 2001-07-17 2002-07-17 Carving small sled

Country Status (6)

Country Link
US (1) US20040262884A1 (en)
EP (1) EP1406706A2 (en)
JP (1) JP2004534626A (en)
AU (1) AU2002345234A1 (en)
CA (1) CA2454053A1 (en)
WO (1) WO2003008051A2 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4502283B1 (en) * 2009-01-06 2010-07-14 友隆 森屋 Planing equipment
KR20160001957A (en) * 2014-06-30 2016-01-07 이지하 Snow sliding device
JPWO2015063958A1 (en) * 2013-10-29 2017-03-09 美徹 佐野 Ice skate shoes

Families Citing this family (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2841479B1 (en) * 2002-06-26 2007-04-13 Salomon Sa Sliding gear comprising two walls
FR2854081A1 (en) * 2003-04-23 2004-10-29 Maxime Joyez Multi-surface curved skating board for e.g. snow gliding, has curve giving angular turn trajectory, grooves supporting trajectory during gliding, and larger edges ends producing friction to reset board in line
DE10359228A1 (en) * 2003-12-17 2005-07-14 Kneissl Tirol Gmbh Snow glider, especially carving skis
EP1607302A1 (en) * 2004-06-18 2005-12-21 Chung-Hsiu Su Sled with a braking mechanism
NO20050221D0 (en) * 2005-01-13 2005-01-13 Hiturn As Snowboard for rails
US20070278753A1 (en) * 2006-06-06 2007-12-06 Candler Robert A Snowboard
US20100013191A1 (en) * 2008-07-15 2010-01-21 Mckeever Nathaniel W Performance enhanced snowboard
ES2370480B1 (en) * 2009-12-24 2012-08-30 Ulf Morgan Friberg Applicable singing of skis, snowboards and ice skates.
FR2955262B1 (en) * 2010-01-21 2011-12-30 Rossignol Sa Snow surf board
AT11735U3 (en) * 2010-08-13 2011-11-15 Paul Steinbach SLIDING BODIES, ESPECIALLY SPORTS EQUIPMENT, FOR SLIDING ON A TRACK, PREFERABLY ON SNOW OR ICE
US8517410B2 (en) * 2010-10-04 2013-08-27 Tech 4 Kids, Inc. Steerable and/or convertible sport boards
DE202011101868U1 (en) * 2011-06-16 2011-10-24 Veljo Strucl Quad-V-servo profile with multiple kinked sliding surface
EP3362306A4 (en) * 2015-10-16 2019-06-19 Globe International Nominees Pty Ltd. Motorized wheel assembly with quick release
GB2544319A (en) * 2015-11-12 2017-05-17 Qualia Boards Ltd Snowboard
US10576357B2 (en) 2017-04-18 2020-03-03 Christopher Donald Pembridge Bindingless snowboard

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2764417A (en) * 1952-06-09 1956-09-25 Corlise M Sweet Ice skate with stabilizing runners
DE2711930C2 (en) * 1977-03-18 1988-01-21 Wiedermann-Riedel Gmbh, Salzburg, At
DE2801859A1 (en) * 1978-01-17 1979-07-19 Manfred Dipl Ing Meyer Monoski with control runners - brought into contact with snow by changes in weight distribution
US4561664A (en) * 1982-06-30 1985-12-31 Luckit Pty. Limited Toboggan
US6012728A (en) * 1993-08-12 2000-01-11 Noble; James K. Snowmobile steering ski
US5553874A (en) * 1994-09-06 1996-09-10 Schouten; Pieter Truck assembly for roller board apparatus
DE19504464C1 (en) * 1995-02-10 1996-05-15 Alexander Lavecchia Sports equipment
USD448441S1 (en) * 2001-02-20 2001-09-25 Andrew Wolf Snow-gliding apparatus

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4502283B1 (en) * 2009-01-06 2010-07-14 友隆 森屋 Planing equipment
JP2010158272A (en) * 2009-01-06 2010-07-22 Tomotaka Moriya Sliding apparatus
JPWO2015063958A1 (en) * 2013-10-29 2017-03-09 美徹 佐野 Ice skate shoes
KR20160001957A (en) * 2014-06-30 2016-01-07 이지하 Snow sliding device
KR101636927B1 (en) 2014-06-30 2016-07-20 이지하 Snow sliding device

Also Published As

Publication number Publication date
US20040262884A1 (en) 2004-12-30
EP1406706A2 (en) 2004-04-14
WO2003008051A2 (en) 2003-01-30
CA2454053A1 (en) 2003-01-30
AU2002345234A1 (en) 2003-03-03
WO2003008051A3 (en) 2003-04-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1485172B1 (en) Snow scooter and method of using snow scooter
US3827706A (en) Wheeled skis
US8308171B2 (en) Personal transportation device for supporting a user's foot having multiple transportation attachments
US20150246278A1 (en) Splitboard Bindings
US4804200A (en) Sliding device, particularly alpine ski
US7073810B2 (en) Ski with tunnel and enhanced edges
US4334691A (en) Sledge with tiltable runners
US6857641B2 (en) Device for gliding over snow
RU2273588C2 (en) Skibob
US7823905B2 (en) Splitboard bindings
EP0500991A1 (en) Rollerboard for road-skiing
US6139031A (en) Snow scooter
US4951960A (en) Snowboard
US4194753A (en) Ski-shoe-attachment apparatus for skateboards
US6736414B2 (en) Snow skiiing device
US20050006859A1 (en) Personal transportation device for supporting a user's foot having multiple transportation attachments
WO2013103729A1 (en) Skateboard truck
US5868405A (en) Sporting good
EP2247352B1 (en) Snow glider with elevated chatter-absorbing rider deck
US20090250906A1 (en) Splitboard bindings
US4460187A (en) Roller ski having a bridle
US5971419A (en) Rotational binding for a free style snowboard
US7040634B1 (en) Snowskateboard
CA1279073C (en) Alpine ski
US3947049A (en) Mono-ski

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20050331