JP2004525921A - Patch for transcutaneous immunization - Google Patents

Patch for transcutaneous immunization Download PDF

Info

Publication number
JP2004525921A
JP2004525921A JP2002573032A JP2002573032A JP2004525921A JP 2004525921 A JP2004525921 A JP 2004525921A JP 2002573032 A JP2002573032 A JP 2002573032A JP 2002573032 A JP2002573032 A JP 2002573032A JP 2004525921 A JP2004525921 A JP 2004525921A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
patch
antigen
protein
skin
formulation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002573032A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
アダムス、クリストファー、エル
グレン、グレゴリー、エム
ヘイマー、マーヴィン、エル
ミランダ、ジーザス
ユ、ジャンメイ
Original Assignee
イオマイ コーポレイシヨン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US27649701P priority Critical
Application filed by イオマイ コーポレイシヨン filed Critical イオマイ コーポレイシヨン
Priority to PCT/US2002/008099 priority patent/WO2002074325A1/en
Publication of JP2004525921A publication Critical patent/JP2004525921A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/42Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L15/58Adhesives
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7038Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer
    • A61K9/7046Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds
    • A61K9/7053Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds obtained by reactions only involving carbon to carbon unsaturated bonds, e.g. polyvinyl, polyisobutylene, polystyrene
    • A61K9/7061Polyacrylates
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7038Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer
    • A61K9/7046Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds
    • A61K9/7069Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon to carbon unsaturated bonds, e.g. polysiloxane, polyesters, polyurethane, polyethylene oxide
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/22Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons containing macromolecular materials
    • A61L15/32Proteins, polypeptides; Degradation products or derivatives thereof, e.g. albumin, collagen, fibrin, gelatin

Abstract

少なくとも4種の成分を用いる、経皮免疫のための接着剤中タンパク質パッチが記載されている:(i)裏当て層;(ii)裏当て層に付着している感圧接着層;(iii)少なくとも1種のタンパク質が、接着剤と接触するように、裏当て層とは反対側で感圧接着層に施与されるか、かつ/又は感圧接着層に導入される、免疫原性処方物の少なくとも1種の免疫的に活性なタンパク質;及び(iv)周囲条件下に、少なくとも1種のタンパク質の免疫活性を維持する安定剤。 Using at least four components, proteins patches in the adhesive for transdermal immunization have been described: (i) backing layer; (ii) pressure-sensitive adhesive layer adhered to the backing layer; (iii ) at least one protein, into contact with the adhesive, or the backing layer is applied to the pressure-sensitive adhesive layer on the opposite side, and is introduced into / or pressure-sensitive adhesive layer, immunogenic at least one immunologically active protein of the formulation; in and (iv) under ambient conditions, stabilizers to maintain the immunoreactivity of at least one protein.

Description

【技術分野】 【Technical field】
【0001】 [0001]
本出願は、2001年3月19日に提出された米国仮出願第60/276497号による利益を主張する。 This application claims the benefit of US Provisional Application No. 60/276497, filed on March 19, 2001.
【0002】 [0002]
本発明は、経皮(transcutaneous)免疫のための接着剤中タンパク質パッチ(protein−in−adhesive patch)、疾患を治療するためのその使用及びその製造に関する。 The present invention, transdermal (transcutaneous) protein patch adhesive (protein-in-adhesive patch) for immunization, their use and their preparation for the treatment of diseases.
【背景技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
【0003】 [0003]
様々な抗原が、抗原特異的免疫応答を誘発するために経皮免疫(TCI)により有効に投与されている。 Various antigens are effectively administered transdermally immunization (TCI) to induce an antigen-specific immune response. WO第98/20734号、WO第99/43350号及びWO第00/61184号;米国特許第5910306号及び同第5980898号;及び米国特許出願第09/257188号、同第09/309881号、同第09/311720号、同第09/316069号、同第09/337746号及び同第09/545417号参照。 No. WO 98/20734, No. WO 99/43350 and WO No. 00/61184; U.S. Patent No. 5,910,306 No. and the second 5,980,898; and U.S. Patent Application No. 09/257188, the No. 09/309881, the No. 09/311720, the No. 09/316069, see Nos. No. 09/337746 item and the second 09/545417. 免疫応答は、アジュバント(例えば、ADPリボシル化外毒素)の使用を必要とすることもある。 Immune response, an adjuvant (e.g., ADP-ribosylating exotoxin) may require the use of. 腸内、粘膜、経皮又は他の非経口経路(例えば、皮下、筋内、腹腔内、動脈内、静脈内)により投与される場合の数種のアジュバントの使用に伴う欠点に比べて、皮膚表面から(epicutaneously)投与されると、ワクチンは安全で有効である。 Intestinal, mucosal, transdermal or other parenteral routes (e.g., subcutaneous, intramuscular, intraperitoneal, intraarterial, intravenous) compared to drawbacks associated with the use of several adjuvants when administered by the skin When the surface (epicutaneously) are administered, the vaccine is safe and effective. 皮膚抗原提示細胞は活性化され、抗原は、望ましくない免疫反応(例えば、アトピー、皮膚炎、湿疹、乾癬及び他のアレルギー性又は過敏性反応)を誘発することなく処理することができる。 Skin antigen-presenting cells are activated, antigen can undesired immune reaction (e.g., atopic, dermatitis, eczema, psoriasis and other allergic or hypersensitivity reactions) be treated without inducing. ここで、我々は、タンパク質抗原が、免疫されるべきヒト又は動物の皮膚と接触する接着成分に導入されている、経皮免疫用パッチを記載する。 Here, we protein antigen has been introduced into the adhesive component in contact with the skin of a human or animal to be immunized, describes a patch for transcutaneous immunization.
【0004】 [0004]
接着剤中薬物パッチは記載されているが、その多くは、全身循環に導入される小さい分子量の薬物(例えば、アンドロゲン、ニコチン、ニトログリセリン)の経皮(transdermal)投与に限られている。 Although the drug in the adhesive patch have been described, many small molecular weight drugs to be introduced into the systemic circulation (e.g., androgen, nicotine, nitroglycerin) transdermal (transdermal) are limited to administration. しかし、前記の薬物よりもはるかに大きく、化学的及び物理的構造がより不安定なタンパク質の経皮免疫用パッチの粘着部分内への導入は、記載されていない。 However, the much larger than the drug, introduction into the chemical and physical structure of the less stable through patches transdermal immune protein adhesive in part has not been described. タンパク質アジュバント及び抗原は、変性及び劣化される。 Protein adjuvant and antigen is denatured and degraded. ここで、我々は、本発明によるパッチとその免疫原性タンパク質の両方がそれぞれ機械的及び化学的に安定であることを示す。 Here, we show that both patches and their immunogenic protein according to the invention is mechanically and chemically stable, respectively. さらに、室温での長期貯蔵の後でも、免疫原性タンパク質の生物活性は維持され、微生物汚染は回避される。 Moreover, even after prolonged storage at room temperature, the biological activity of the immunogenic protein is maintained, microbial contamination is avoided.
【発明の開示】 SUMMARY OF THE INVENTION
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
【0005】 [0005]
経皮免疫のために使用される接着剤中タンパク質パッチ、さらにこれを製造及び使用するためのプロセスをここでは、開示する。 Adhesive proteins patches used for transcutaneous immunization, wherein the process for further manufacture and use this disclosure. 特に、この処方物中でのタンパク質の安定性及びTCIでのパッチの使用を証明する。 In particular, to demonstrate the use of a patch in stability and TCI of proteins in the formulation. 1種又は複数の安定剤の使用により、タンパク質の凝集、劣化、変性又はこれらの組合せを回避することができる。 The use of one or more stabilizers, protein aggregation can be avoided degradation degeneration or combinations thereof. 本発明の他の利点は下記で検討するか、ここでの開示から明らかであろう。 Another advantage of the present invention is either discussed below, it will be apparent from the disclosure herein.
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
【0006】 [0006]
経皮免疫のための接着剤中タンパク質パッチは、少なくとも4種の成分(i)裏当て層、(ii)裏当て層に付着している感圧接着層、(iii)少なくとも1種のタンパク質が接着剤と接触しているように、裏当て層とは反対側で感圧接着層に施与されているか、かつ/又は感圧接着層に導入されている免疫原性処方物の少なくとも1種の免疫活性タンパク質及び(iv)周囲条件下に、少なくとも1種のタンパク質の免疫活性を維持する安定剤からなる。 Protein patches in the adhesive for transdermal immunization, at least four components (i) backing layer, (ii) pressure-sensitive adhesive layer adhered to the backing layer, at least one protein (iii) as being in contact with the adhesive, at least one of the backing layer are either applied to the pressure-sensitive adhesive layer on the opposite side, and / or immunogenic formulation has been introduced into the pressure-sensitive adhesive layer the immunoreactivity protein and (iv) under ambient conditions, comprising a stabilizer to maintain the immunoreactivity of at least one protein.
【0007】 [0007]
裏当て層は、閉鎖性又は半閉鎖性(例えば、包帯)であってよい。 Backing layer may be occlusive or semi-occlusive (e.g., bandages). 付加的な剥離性ライナーが含まれてもよい。 Additional release liner may be included. 周囲条件下での貯蔵に十分なパッケージング材料中にパッチを封入することにより、単一のユニットを製造することができる。 By encapsulating the patch in sufficient packaging material storage under ambient conditions, it is possible to manufacture a single unit.
【0008】 [0008]
感圧接着層は、少なくとも1種の水性接着剤(例えば、アクリレート又はシリコーン)を含有してよい。 Pressure-sensitive adhesive layer may contain at least one aqueous adhesives (e.g., acrylate or silicone). 安定剤は、タンパク質を保護するための糖又はポリマーであってよい;例えば、非還元二糖、スクロース又はトレハロースを使用することができる。 Stabilizer protein may be a sugar or polymer to protect; for example, it is possible to use a non-reducing disaccharide, sucrose or trehalose. 可塑剤、粘着性付与剤、増粘剤などの他の賦形剤を、接着剤、アジュバント又は抗原を含有する処方物に含ませることができる。 Plasticizers, tackifiers, other excipients such as thickening agents, adhesives, may be included in formulations containing adjuvants or antigen. 可塑剤は、短鎖クエン酸トリアルキルであってよい。 Plasticizers may be a short-chain trialkyl citrates. 粘着性付与剤は、グリコール及び/又はコハク酸であってよい。 Tackifier may be a glycol and / or succinic acid. 増粘剤は、短鎖ヒドロキシアルキルセルロース又はデンプンであってよい。 Thickener may be a short chain hydroxyalkyl cellulose or starch.
【0009】 [0009]
タンパク質は、アジュバント活性、抗原活性又はこれら両方を有してよい。 Proteins, adjuvant activity may have antigenic activity, or both. タンパク質は、免疫応答がこれに対して誘発される抗原であってよいか、これは、非対応抗原により誘発される免疫応答を刺激するアジュバントとして作用してよい。 Proteins may either be an antigen that the immune response is elicited against this, which may act as an adjuvant to stimulate the immune response elicited by the non-compliant antigen. ADPリボシル化外毒素(例えば、コレラ毒素、ジフテリア毒素、E.coli易熱性エンテロトキシン、シュードモナス(Pseudoomnas)外毒素A、百日咳毒素)、ケモカイン、サイトカイン、他の知られているアジュバント又はこれらの誘導体が、該タンパク質であってよい。 ADP-ribosylating exotoxin (e.g., cholera toxin, diphtheria toxin, E. coli heat-labile enterotoxin, Pseudomonas (Pseudoomnas) exotoxin A, pertussis toxin), chemokines, cytokines, adjuvants or their derivatives other known, it may be the protein. 誘導体の例は、アジュバント活性を有する断片(化学的に複合しているか、野生型アジュバントの一部分と遺伝的に融合しているものを含む)又は突然変異体(自然に生じる変異体又はアミノ酸配列中の他の変化、挿入又は欠失を含む)である。 Examples of derivatives, fragments having adjuvant activity (either chemically complexed, including those that are genetically fused to a portion of the wild-type adjuvant) or mutant (variant or an amino acid sequence naturally occurring other changes in, the insertion or a deletion).
【0010】 [0010]
有効量のタンパク質を、パッチに供給する。 An effective amount of a protein, supplied to the patch. 例えば、パッチは、1μgから1mg、5μgから500μg、10μgから100μgあるいはこの中間範囲のタンパク質の量を含んでよい。 For example, patch, 1 mg of 1 [mu] g, 500 [mu] g from 5 [mu] g, may contain 100μg or amount of protein in the intermediate range of 10 [mu] g. タンパク質の免疫活性に応じて、特定のタンパク質の有効量は変動しうる。 Depending on the immune activity of the protein, the effective amount of a particular protein may vary.
【0011】 [0011]
抗原特異的免疫応答、存在する疾患の治療又は患者がリスクを示している疾患の予防のために、経皮免疫は使用することができる。 Antigen-specific immune response, for the treatment or the patient's existing disease prevention of diseases which indicates the risk, transcutaneous immunization can be used. パッチを使用する部位の皮膚を水和又は浸透させると、抗原特異的免疫応答を高めるか、望ましくない免疫応答を防ぐことができる。 When hydrating or penetration of the skin of the site by using a patch, or enhance the antigen-specific immune responses, it is possible to prevent unwanted immune responses. 抗原の活性化及び/又は提示のための可能なターゲットは、皮膚の下に位置する樹状細胞である。 Possible targets for activation and / or presentation of the antigen is a dendritic cell that is located under the skin.
【0012】 [0012]
接着剤及び安定化タンパク質を含有する湿潤ブレンドを処方することができ、次いでこれを、パッチを製造するために使用することができる。 The wet blend containing adhesive and stabilizing protein may be formulated, then this can be used to produce a patch. タンパク質は、接着層の表面に施与するか、懸濁液としての、又は溶液の形の接着剤に導入するか、あるいは接着剤及びタンパク質含有処方物を別々に製造し、次いで、一緒に混合又は積層させることができる。 Protein, or applied to the surface of the adhesive layer, as a suspension, or introduced in the form of the adhesive solution or an adhesive and protein-containing formulation prepared separately and then mixed together or it may be laminated. 注型、コーティング、押出し、積層及びプリントを使用して、タンパク質を接着剤と接触させることができる。 Casting, coating, extrusion, using lamination and printing, the protein can be contacted with adhesive.
【0013】 [0013]
1つ又は複数の臨床又は実験室基準、健康に関する代理マーカー又は罹患率又は死亡率基準により、有効性を評価することができる。 One or more clinical or laboratory criteria, the surrogate marker or morbidity or mortality criteria for health, it is possible to evaluate the efficacy. 本発明のさらなる態様は、以下の詳細な説明及び請求項及びこれを一般化することにより、当技術分野の専門家には明らかであろう。 A further aspect of the present invention, by the detailed description and claims and generalize this follows, will be apparent to those skilled in the art.
【発明を実施するための最良の形態】 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
【0014】 [0014]
経皮免疫で使用される1種又は複数の活性な免疫原性タンパク質は、非変性条件下に安定剤を用いてタンパク質を分散又は可溶化することにより、パッチの接着部分又は接着処方物自体に付与及び/又は導入することができる。 One or more active immunogenic protein for use in transcutaneous immunization, by dispersing or solubilizing a protein with a stabilizing agent in a non-denaturing conditions, the adhered portion or adhesive formulation itself Patch it can be imparted and / or introduced. シロップ又は他の粘着性の溶液とは対照的に、接着剤は、感圧性である。 In contrast to the syrup or other tacky solution, the adhesive is a pressure sensitive. タンパク質含有免疫原性処方物は、劣化並びにアジュバント及び/又は抗原活性の損失に対して安定化される。 Protein-containing immunogenic formulations are stabilized against loss of degradation and adjuvants and / or antigenic activity. 水性接着剤中に可溶性でなくとも、安定化されたタンパク質又は安定化されたタンパク質を含有する粒子を、スラリー又は懸濁液として加えることができる。 Without soluble in the aqueous adhesive, the particles containing stabilized protein or stabilized protein can be added as a slurry or suspension. 我々は、これを、「接着剤中タンパク質」(PIA;Protein−in−adhesive)パッチと称する。 We have this, "protein in the adhesive"; referred to as a (PIA Protein-in-adhesive) patch.
【0015】 [0015]
接着剤中薬剤(DIA)製品で通常使用される処方物は、タンパク質のためには許容することができない。 Formulations that are normally used in adhesive agent (DIA) products for protein is not acceptable. それというのも、DIA中の接着剤の可溶化は通常、保護されていないタンパク質には適さないと考えられている有機溶剤中で行われるためである。 Also because it is due to solubilization of the adhesive in the DIA usually takes place in an organic solvent which is considered to be unsuitable for a protein that is not protected. 接着剤のベースを水性接着剤処方物に変え、タンパク質を水性接着剤処方物に導入すると、経皮免疫のための活性成分を、パッチの接着部分又は接着処方物自体に導入することができる。 Based adhesives instead of the aqueous adhesive formulation, when the protein is introduced into the aqueous adhesive formulation can be introduced active ingredient for transdermal immunization, the adhesive portion or adhesive formulation itself patch.
【0016】 [0016]
DIAのコンセプトは、経皮薬物送達で使用されてきたが、これは、いくつかの特徴により経皮免疫とは異なる(Glenn et al.、Exp.Opin.Invest.Drugs、8:797−805、1999)。 DIA of the concept, has been used in transdermal drug delivery, this is, by some of the features different from the transcutaneous immunization (Glenn et al, Exp.Opin.Invest.Drugs, 8:. 797-805, 1999). したがって、経皮免疫のためにPIA処方物及びパッチを使用することは、新規の、自明ではない発明を示している。 Therefore, the use of PIA formulations and patches for transdermal immunization indicates a new, non-obvious invention.
【0017】 [0017]
接着剤は、1つ又は複数の次の目的のために使用することができる。 The adhesive can be used for one or more of the following purposes. 即ち、対象の定位置にパッチを維持するために、付加的な皮膚浸透増強化学薬品又は非活性成分などの処方物の他の成分を導入するために、処方物の不安定な成分を安定化するために、さらに、当業者に知られている他の目的のために使用することができる。 That is, in order to maintain the patch in place on the target, additional to introduce other components of the dermal penetration enhancer chemicals or formulations, such as inactive ingredients, stabilizing unstable component of the formulation to further be used for other purposes known to those skilled in the art. 経皮免疫の目的での接着パッチの使用により、ワクチンを投与するための簡便で実用的な方法がもたらされる。 The use of adhesive patches for the purpose of transcutaneous immunization, simple and practical method for administering a vaccine is provided.
【0018】 [0018]
皮膚構造及び免疫生物学最も広範なヒトの器官である皮膚は、感染因子による侵入及び有害物質との接触に対する防御において重要な役割を果たしている。 An organ of the skin structure and immunobiology broadest human skin plays an important role in the defense against contact between the penetration and hazardous substances by infectious agents. しかし、皮膚のこのバリア機能こそが、経皮免疫により、ワクチンを投与するための腸内、粘膜及び他の非経口経路に対する有効な代替案が得られると当技術分野が認めることを阻んでいたようである。 However, it is this barrier function of the skin, the transcutaneous immunization, the intestines for administering the vaccine, effective alternative to mucosal and other parenteral routes were hampered to admit the art and to obtain It is the case. 最近、ワクチンの皮膚表面への投与は、特殊抗原提示細胞をターゲットとし、強い免疫応答をもたらすことが示されている。 Recently, administration to a vaccine of the skin surface is shown to the special antigen presenting cells targeted, resulting in a strong immune response.
【0019】 [0019]
解剖学的に、皮膚は3つの層からなる:表皮、真皮及び皮下脂肪。 Anatomically, skin is composed of three layers: epidermis, dermis and subcutaneous fat. 表皮は、基底層、有棘層、顆粒層及び角化層からなる;角質層は、角化層及び脂質からなる。 Epidermis, the basal layer, spinous, granulocyte layer and keratinocytes layer; stratum corneum is composed of a cornified layer and lipid. 皮膚の主な抗原提示細胞であるランゲルハンス細胞は、ヒトでは表皮の中部から上部有棘層にあると報告されている。 Langerhans cells are the major antigen presenting cells of the skin, it has been reported to the person from middle of the epidermis in the upper stratum spinosum. 真皮は主に、結合組織を含有する。 The dermis is mainly, containing the connective tissue. 血管及びリンパ管は、真皮及び皮下脂肪に限られている。 Blood and lymph vessels is limited to the dermis and subcutaneous fat.
【0020】 [0020]
死んでいる皮膚細胞及び脂質の層である角質層は慣例的に、角質層下の生細胞から微生物及び有害物質を排除する、危険性のある外界に対するバリアと見なされてきた。 Stratum corneum is a layer of skin cells and lipids is dead customarily eliminates the microorganisms and harmful substances from the viable cells below the stratum corneum, it has been regarded as a barrier against the outside world at risk. さらに角質層は、皮膚からの水分の損失に対するバリアとして役立つ;比較的乾いた角質層は、5%から15%の含水率を有し、より深部の表皮及び真皮層は、85%から90%の含有率で比較的良好に水和されていると報告されている。 Further stratum corneum serves as a barrier to loss of moisture from the skin; relatively dry stratum corneum, has a 15% moisture content from 5%, more epidermal and dermal layers of the deep, 90% 85% It is reported to have been relatively well hydrated with content of. 皮膚のバリア機能は、角質細胞(corneocyte)間の広範な架橋により強化されている。 Barrier function of the skin is enhanced by wide bridge between corneocytes (corneocyte). 最近になって初めて、抗原提示細胞(例えば、ランゲルハンス細胞)によりもたらされる二次的保護が認められた。 It was not until recently, antigen-presenting cells (for example, Langerhans cells) secondary protection provided by was observed. さらに、皮膚活性アジュバントを使用する、浸透強化を伴う、又は伴わない皮膚を介しての免疫(即ち、経皮免疫)の可能性も、最近になって初めて記載された。 Furthermore, using the skin active adjuvant involves penetration enhancers, or without through the skin immune (i.e., transcutaneous immunization) possibility of, was first described recently. アトピー及び皮膚炎などの望ましくない皮膚反応は、当技術分野で知られているが、経皮免疫の治療的利点の認識は、これまで認められていなかった。 Undesirable skin reactions such as atopy and dermatitis is known in the art, recognition of the therapeutic advantages of transcutaneous immunization has not been recognized until now. それというのも、皮膚は、約500ダルトンよりも大きい分子の通過に対するバリアになっていると考えられていたためである(Bos et al.、Exp.Dermatol.、9:165−169、2000)。 Also since, skin is because it has been considered that has become a barrier to the passage of molecules larger than about 500 Daltons (Bos et al, Exp.Dermatol, 9:.. 165-169,2000).
【0021】 [0021]
表皮は、主に角化細胞からなるが、生角化細胞に分布しているランゲルハンス細胞(LC)と称される免疫監視細胞の重要な占有率(約1%から3%)を有する。 The epidermis is mainly consists keratinocytes has significant occupancy of immunosurveillance cells called Langerhans cells (LC) are distributed in living keratinocytes (from about 1% to 3%). LCは比較的、皮膚中で細胞の低い占有率ではあるが、これらは、ヒトの全皮膚表面積の25%を占めている。 LC is relatively albeit at low cell occupancy in the skin, they accounted for 25% of the total skin surface area of ​​a human. ランゲルハンス細胞は、ワクチン送達のための牽引ターゲットを作る免疫細胞の広範で表面的なネットワークバリアを示している。 Langerhans cells, making traction target for vaccine delivery shows extensive superficial network barrier of immune cells. これらは、骨髄由来樹状細胞であり、これは、上皮表面へと移動して、そこで、免疫監視を行う。 These are bone marrow-derived dendritic cells, which is moved to the epithelial surface, where, perform immune surveillance. 正常な環境下では、皮膚から排出性(draining)リンパ節へLCの基準量が送達されている。 Under normal circumstances, the reference amount of LC to the discharge resistance (draining) lymph nodes are delivered through the skin. 感染性微生物などの刺激に直面すると、皮膚外へと移動するLCの数が著しく増大して、抗原提示細胞の免疫監視機能を果たす。 In the face of stimuli such as infectious organisms, the number of LC to move to the outside of the skin is significantly increased, it fulfills the immune surveillance function of antigen-presenting cells. 微生物、異物又はアジュバントとの相互作用により生じた危険信号に刺激されたランゲルハンス細胞は、その抗原提示機能により生じた非常に特異的で増幅された応答を介して、リンパ節中でエフェクター免疫応答を組織化する。 Microorganisms, Langerhans cells stimulated in danger signal generated by the interaction between the foreign substance or adjuvant via a response that is highly specific amplification caused by the antigen presenting function, the effector immune response in the lymph nodes to organize.
【0022】 [0022]
ヒト又は動物で免疫応答(例えば、抗原に特異的な液性及び/又は細胞性エフェクター)を誘発する経皮免疫(TCI)のためのシステムが得られる。 Immune response in humans or animals (e.g., antigen-specific humoral and / or cellular effectors) system is obtained for the inducing transcutaneous immunization (TCI). この送達システムは、少なくとも1種のアジュバント及び1種又は複数の抗原からなる処方物のヒト又は動物対象の皮膚への簡単な経皮投与をもたらす(Glenn et al.、J.Immunol.、161:3211−3214、1998a;Glenn et al.、Nature、391:851、1998b;Glenn et al.、Nature Med.、6:1403−1406、2000;Hammond et al.、Adv.Drug Deliv.Rev.、43:45−55、2000;Scharton−Kersten et al.、Infect.Immun.、68:5306−5313、2000)。 .. The delivery system provides a simple transdermal administration to at least one adjuvant and one or more human or animal subject's skin of the formulation consisting of antigen (Glenn et al, J.Immunol, 161: 3211-3214,1998a; Glenn et al, Nature, 391:.. 851,1998b; Glenn et al, Nature Med, 6:... 1403-1406,2000; Hammond et al, Adv.Drug Deliv.Rev, 43 :.. 45-55,2000; Scharton-Kersten et al, Infect.Immun, 68: 5306-5313,2000). したがって、皮膚が、真皮層を介して貫通していない限りは、抗原特異的免疫応答は、化学的及び/又は物理的浸透増強を伴って、又は伴わずに誘発される。 Therefore, the skin, unless penetrate through the dermal layer, antigen-specific immune response, with a chemical and / or physical penetration enhancement, or induced without. さらにこの送達系は、腸内、粘膜又は他の非経口免疫技術と組み合わせて使用することができる。 Further, this delivery system may be used in combination with enteral, mucosal, or other parenteral immunization techniques. したがって、ここに記載のパッチ技術は、例えば、免疫療法及び免疫保護などのヒト及び動物の治療で使用することができるであろう:治療的には、存在する疾患を治療するために、保護的には、疾患を予防するために、疾患の重度及び/又は期間を低減するために、疾患の1つ又は複数の症状を緩和するために、又はこれらの組合せで。 Thus, patch technology described herein, for example, could be used in the treatment of humans and animals such as immunotherapy and immunoprotection: Therapeutic, to treat diseases present, protective the, in order to prevent disease, to reduce the severity and / or duration of disease, to alleviate one or more symptoms of a disease, or a combination thereof.
【0023】 [0023]
角質層を通過するために抗原が利用する送達経路は、現在のところ知られていない。 Route of delivery antigen is used to pass through the stratum corneum is not known at present. 角質層(SC)は、皮膚を通しての薬物及び抗原の送達に対する主なバリアである。 The stratum corneum (SC) is a major barrier to the delivery of drugs and antigen through the skin. 極性薬物の経皮薬物送達は幅広く、角化細胞の間に生じる水性細胞間チャネルを介して生じ続ける(Transdermal and Topical Drug Delivery Systems、Eds.Ghosh et al.、Buffalo Grove:Interpharm Press、1997)。 Wide Transdermal drug delivery polar drugs, continue to occur through the aqueous intercellular channels that occur during keratinocytes (Transdermal and Topical Drug Delivery Systems, Eds.Ghosh et al, Buffalo Grove:. Interpharm Press, 1997). SCは、浸透のための制限的なバリアであるが、これは、毛包及び汗管によって破られている。 SC is a limiting barrier for penetration, which is broken by hair follicles and sweat ducts. 抗原がSCに直接的に浸透するか、表皮付属器を介して浸透するかは、多数の要因に依存している。 Or antigen directly penetrate the SC, or penetrate through the skin appendages is dependent on a number of factors. これらの付属物は、経皮薬物送達では目立たない役割しかはたしていないと考えられている(Barry et al.、J.Control Rel.、6:85−97、1987)。 These appendages, in transdermal drug delivery have been considered not to play only a role inconspicuous (Barry et al, J.Control Rel, 6:.. 85-97,1987). DNAを使用する経皮免疫は、皮膚浸透のための経路として毛包を使用することができるというマウスでのいくつかの証拠にも関わらず(Fan et al.、Nature Biotechnol.、17:870−872、1999)、強い免疫応答は、より多くの皮膚表面積を使用するようである。 .. Transcutaneous immunization using DNA, despite some evidence of a mouse that can be used hair follicles as a pathway for skin penetration (Fan et al, Nature Biotechnol, 17: 870- 872,1999), a strong immune response is to use more of the skin surface area. SCバリアの破壊は、皮膚の簡単な水和によって達成することができるので(Roberts et al.、In:Pharmaceutical Skin Penetration Enhancement、Eds.Walters et al.、New York;Marcel Dekker、1993)、これは、経皮免疫のために使用することができる。 Destruction of SC barrier, since it is possible to achieve by simple hydration of the skin (Roberts et al, In:.. Pharmaceutical Skin Penetration Enhancement, Eds.Walters et al, New York; Marcel Dekker, 1993), which , it can be used for transcutaneous immunization.
【0024】 [0024]
1種又は複数のアジュバント、抗原及び抗原提示細胞(APC)の活性化は、免疫応答の誘発を促進する。 One or more adjuvants, activation of antigen and antigen presenting cells (APC) promotes the induction of immune responses. APCは、抗原を処理し、次いで、リンパ球に対して1種又は複数のエピトープを提示する。 APC processes the antigen and then presents one or more epitopes against lymphocytes. 活性化は、処方物とAPC(例えば、ランゲルハンス細胞、他の樹状細胞、マクロファージ、Bリンパ球)との間の接触、APCによる処方物の接種、APCによる抗原の処理及び/又はエピトープの提示、APCの移動及び/又は分化、APCとリンパ球との間の相互作用あるいはこれらの組合せを促進することができる。 Activation, formulations and APC (e.g., Langerhans cells, other dendritic cells, macrophages, B lymphocytes) contact between the inoculum of the formulation by the APC, presentation of processed and / or epitopes of antigens by APC , migration and / or differentiation of APC, it can facilitate interaction, or a combination thereof between the APC and the lymphocyte. アジュバント自体も、APCを活性化しうる。 Adjuvant itself, it can activate APC. 例えば、ケモカインは、抗原提示細胞を1つの部位に集め、かつ/又は活性化させることができる。 For example, chemokines, attracted antigen-presenting cells in one site, and / or can be activated. 特に、抗原提示細胞は、皮膚からリンパ節へと移動し、次いで、抗原をリンパ球に提示して、抗原特異的応答を誘発する。 In particular, antigen-presenting cells migrate from the skin to the lymph nodes, then the antigen was presented to the lymphocytes, inducing an antigen-specific response. さらに、処方物は、抗原を認識して、抗原特異的免疫応答を誘発するリンパ球と直接的に接触することができる。 Further, the formulation can recognize an antigen, in direct contact with lymphocytes to induce an antigen-specific immune response.
【0025】 [0025]
抗体及び細胞障害性リンパ球(CTL)を含む抗原特異的B細胞及び/又はT細胞集団の活性化及び/又は拡大をもたらす免疫反応を引き出すことに加えて、本発明は、抗原特異性ヘルパー(Th1及び/又はTh2)又は遅延型過敏症T細胞サブセット(T DTH )に影響を及ぼす経皮免疫を使用することにより、免疫系の1つ又は複数の成分をプラスに、かつ/又はマイナスに調整することもできる。 In addition to elicit an immune response leading to activation and / or expansion of antigen-specific B cells and / or T cell population comprising the antibody and cytotoxic lymphocytes (CTL), the present invention provides antigen-specific helper ( the use of impact transcutaneous immunization to Th1 and / or Th2) or delayed-type hypersensitivity T-cell subsets (T DTH), adjust one or more components of the immune system in positive and / or negative it is also possible to. 誘発される望ましい免疫応答は好ましくは、全身的又は局所的(例えば、粘膜)であるが、これは、通常望ましくない免疫応答(例えば、アトピー、皮膚炎、湿疹、乾癬及び他のアレルギー性又は過敏性反応)ではない。 The immune response desired to be induced, preferably, systemic or local (e.g., mucosal), but this is usually undesirable immune responses (e.g., atopy, dermatitis, eczema, psoriasis and other allergic or hypersensitivity not a sexual response). ここで分かるように、誘発される免疫応答は、疾患を治療するために有効な治療的又は予防的免疫応答をもたらす量及び質のものである。 As seen, the immune response elicited are of the quantity and quality results in effective therapeutic or prophylactic immune response to treat the disease.
【0026】 [0026]
処方物を経皮投与する前、その間、又はその直後に無損傷又は貫通された皮膚を水和することが好ましく、いくつかの場合又は多くの場合に必要である。 Before transdermal administration of the formulation, during, or hydrating the intact or through skin immediately thereafter preferably, required when or if many several. 例えば、水和により、皮膚(例えば、角質層又は浸透増強技術により露出された表面表皮層)の最上層の含水率が25%、50%又は75%以上に高まる。 For example, by hydration, skin (e.g., the stratum corneum or penetration-enhancing surface skin layer exposed by techniques) uppermost moisture content of 25%, increased to 50% or 75% or more. 皮膚は、グリセロール10%、イソプロピルアルコール70%及び水20%からなる水溶液で水和させることができる。 Skin, glycerol 10%, can be hydrated with an aqueous solution consisting of 70% isopropyl alcohol and 20% water. 閉鎖性包帯の付加又は半液体処方物(例えば、クリーム、エマルション、ゲル、ローション、ペースト)の使用により、皮膚の水和を高めることもできる。 Addition or semi-liquid formulations occlusive dressing (e.g., creams, emulsions, gels, lotions, pastes) the use of, it is also possible to increase the skin hydration. 例えば、脂質ベシクル又は糖を処方物に加えて、溶液又は懸濁液を増粘することもできる。 For example, lipid vesicles or a sugar in addition to the formulation, it is also possible to thicken the solution or suspension. 真皮が穿孔されない限り、水和は、可能ならば、表皮の一部を伴う処方物の適用部位のところの角質層の全て又は少なくとも一部の破壊を伴って、又は伴わずに生じる。 As long as the dermis is not perforated, hydration, if possible, with all or at least part of the destruction of the stratum corneum at the application site of the formulation with a portion of the epidermis, or occurs without. この意図は、処方物の一部は遠位でも作用しうるが、処方物の免疫活性な成分を全身循環に導入する代わりに、処方物を、皮膚の抗原提示細胞に作用させることである。 The intent is, part of the formulation but may also act distally, the immune active ingredient of the formulation, instead of introducing into the systemic circulation, the formulation is to act on antigen-presenting cells of the skin.
【0027】 [0027]
皮膚を、水和又は化学的浸透剤を含有する塗布具(例えば、パッド又はスティック状の吸着材)で拭くか、これらを直接、皮膚に塗布する。 The skin applicator containing hydrated or chemical penetrants (for example, a pad or stick adsorbent) or wipe, these directly applied to the skin. 例えば、水溶液(例えば、水、生理食塩水、他の緩衝液)、アセトン、アルコール(例えば、イソプロピルアルコール)、界面活性剤(例えば、硫酸ドデシルナトリウム)、脱毛剤又は角質溶解剤(keratinolytic agent)(例えば、水酸化カルシウム、サリチル酸、尿素)、湿潤剤(例えば、グリセロール、他のグリコール)、ポリマー(例えば、ポリエチレン又はプロピレングリコール、ポリビニルピロリドン)又これらの組合せを、処方物中で使用するか、又は処方物に導入することができる。 For example, an aqueous solution (e.g., water, saline, other buffers), acetone, alcohols (e.g., isopropyl alcohol), surfactants (e.g., sodium dodecyl sulfate), depilatory or keratolytic agent (Keratinolytic agent) ( for example, calcium hydroxide, salicylic acid, urea), wetting agents (e.g., glycerol, other glycols), polymers (e.g., polyethylene or propylene glycol, polyvinyl pyrrolidone) also combinations thereof, or used in the formulation, or it can be introduced into the formulation. 同様に、皮膚の擦過(例えば、エメリーボード(emery board)又はエメリー紙、紙やすり、線維パッド、軽石などの研磨材)、皮膚の表皮層の除去(例えば、粘着テープでのピーリング又はストリッピング)、エネルギー源(例えば、熱、光、音波、電気、磁気)又はバリア破壊装置(例えば、ブレード、ニードル、発射体、スプレー、尖叉)を使用する皮膚の微細孔処理(microporating)あるいはこれらの組合せは、物理的浸透増強法として作用しうる。 Similarly, skin scrapings (e.g., emery board (emery board) or emery paper, sandpaper, fiber pads, abrasives such as pumice), removing the epidermal layer of the skin (e.g., peeling or stripping with an adhesive tape) an energy source (e.g., heat, light, sound waves, electric, magnetic) or a barrier disruption device (e.g., a blade, needle, projectile, sprays, tines) microporation of the skin using the (Microporating) or combinations thereof It may act as a physical penetration enhancement methods. ミクロブレード又はミクロニードル、癌又はスプレーインジェクタに関し、さらに経皮免疫に適するであろう皮膚の微細孔処理及び技術に関する、WO第98/29134号、WO第01/34185号及びWO第02/07813号;米国特許第5445611号、同第6090790号、同第6142939号、同第6168587号、同第6312612号、同第6322808号及び同第6334856号参照。 Micro blade or micro needles, relates cancer or spray injector further be suitable for transcutaneous immunization relates microporation and techniques of the skin, No. WO 98/29134, No. WO 01/34185 and No. WO 02/07813 ; U.S. Patent No. 5445611, the No. 6090790, the No. 6142939, the No. 6168587, the No. 6312612, see Nos. No. 6322808 Patent and the second 6,334,856. TCIに関連する化学的又は物理的浸透増強の目的は、少なくとも角質層又は表皮又は深部表皮層を、真皮層を越えて皮膚を穿孔することなしに除去することである。 The purpose of chemical or physical penetration enhancement associated with TCI is to remove at least the stratum corneum or epidermis or deep skin layers beyond the dermis layer without perforating the skin. このことは好ましくは、ヒト又は動物対象に対して多くても、僅かな不快だけで、部位の出血を伴うことなく達成する。 This is preferably at most to the human or animal subject, only slight discomfort, achieved without bleeding site. 例えば、無損傷皮膚への処方物の投与は、角質層又は表皮以下までの皮膚層を穿孔するための熱的、光学的、音波的又は電磁エネルギーを必要とするか、必要としないでよい。 For example, the administration of the formulation to intact skin, thermal for perforating the skin layer up to below the stratum corneum or epidermis, optical, or require sonic or electromagnetic energy, may not need.
【0028】 [0028]
WO第98/20734号及び同第99/43350号で行われている経皮免疫の間の差は、角質層の全てか、又は少なくとも一部が破壊されているかどうかである。 The difference between the transcutaneous immunization being done in No. WO 98/20734 and the No. 99/43350, either all of the stratum corneum, or at least a part is whether it is corrupt. ここで使用する場合の「浸透増強剤」との用語は、処方物中に、適用の前、適用の間又は適用の後に施与されると、このような破壊をもたらす化学薬品のことである。 The term "penetration enhancers" as used herein, in the formulation, prior to application, if it is applied after during application or applications, is that chemicals cause such disruption . 数種の化学薬品(例えば、アルコール)は、どの程度強く、これらが適用されるか(例えば、十分な圧力で拭くか、こする)に応じて、角質層を破壊することができるか、破壊しない。 Several chemicals (e.g., alcohol), how much stronger, or they are applied (e.g., wipe with sufficient pressure, rub) depending on whether it is possible to disrupt the stratum corneum, destruction do not do. 例えば、処方物中にアルコール、O/W又はW/Oエマルジョン、脂質ミセル又脂質ベシクルが含まれると、角質層の検出可能な破壊を伴うことなしに、無損傷皮膚にわたって同じ処方物の1種又は複数の免疫活性成分の浸透を強めることができる。 For example, the alcohol in the formulation, O / W or W / O emulsion, when include lipid micelles also lipid vesicles, without involving detectable disruption of the horny layer, one of the same formulation for intact skin or penetration of more immune active ingredient can be enhanced.
【0029】 [0029]
ワクチン接種で有用な処方物も、これを製造する方法と同様に提供される。 Formulations useful in vaccination are also provided as well as methods for making the same. 処方物は、液体又は半液体の形であってよい。 Formulations may be in the form of liquid or semi-liquid. 例えば、処方物は、液体;クリーム、エマルション、ゲル、ローション、軟膏、ペースト、溶液、懸濁液又他の液体の形として提供することができる。 For example, the formulation liquid; cream, it is possible to provide an emulsion, gel, lotion, ointment, paste, solution, in the form of a suspension also other liquids. 処方物は、風乾させるか、高温で乾燥させるか、凍結乾燥又は噴霧乾燥させるか、固体物質の上に塗布又は噴霧し、次いで乾燥させるか、固体物質上に散布し、迅速に凍結させ、次いで、真空下に徐々に乾燥させるか、これらを組み合わせて、低い含水率にすることができる。 Formulation, or air dried or dried at an elevated temperature, either by freeze-drying or spray-drying, coating or sprayed onto the solid material, then either dried, sprayed on the solid material, rapidly frozen, then or is gradually dried under vacuum, a combination thereof, can be low water content. 開始剤、加速剤又は減速剤(decelerator)及び停止剤を適切に選択することにより、接着処方物を所望量の架橋まで硬化させることができる。 Initiator, by appropriately selecting the acceleration, or deceleration agent (decelerator) and terminating agent, can be cured adhesive formulation to the desired amount of crosslinking.
【0030】 [0030]
「パッチ」とは、固体基材(例えば、閉鎖性又非閉鎖性包帯)、さらに少なくとも1種の活性成分を含有する製品のことである。 The "patch", a solid substrate (e.g., occlusive or non-occlusive dressing), is that more of the product containing at least one active ingredient. 液体又は半液体処方物を、パッチに導入することもできる。 The liquid or semi-liquid formulation can also be introduced into the patch. この場合、パッチは、裏当て層、感圧接着層及び免疫原性処方物を含む。 In this case, the patch comprises a backing layer, a pressure sensitive layer and immunogenic formulations. 固体基材は、少なくとも裏当て層であるが、適切に乾燥し、硬化するならば、接着剤及び免疫原性処方物が、固体基材の一部を形成していてもよい。 The solid substrate is at least the backing layer, suitably dried, if cured, adhesive and immunogenic formulations may also form part of the solid substrate. 免疫原性処方物の1種又は複数の活性成分は、粘着層上に施与されるか、粘着層中に導入されるか、これらの組合せであってよい。 One or more active ingredient of the immunogenic formulation, either applied to the adhesive layer, or is introduced into the adhesive layer, a combination of these. 複数の層を形成して、相互に付着又は積層させることもできる。 Forming a plurality of layers can be adhered or laminated to each other.
【0031】 [0031]
接着層の含水率は、0.5%より多く、1%より多く、2%より多く、10%未満、5%未満、2%未満であってよく、これらの中間範囲であってよい。 The water content of the adhesive layer is more than 0.5%, more than 1%, more than 2%, less than 10%, less than 5%, may be less than 2%, may be these intermediate ranges. パッチは、約1cm 2から約100cm 2の柔軟で平面の基材であってよい。 Patch may be from about 1 cm 2 substrate flexible plan about 100 cm 2. タンパク質の有効量が、単一のパッチにより供給される。 Effective amount of the protein is provided by a single patch. 例えば、パッチは、1μgから1mg、5μgから500μg、10μgから100μg又はこの中間範囲のタンパク質の量を含有してよい。 For example, patch, 1 mg of 1 [mu] g, from 5 [mu] g 500 [mu] g, may contain an amount of a protein of 100μg or the intermediate range of 10 [mu] g. タンパク質の免疫活性に応じて、有効量の特定タンパク質は変動しうる。 Depending on the immune activity of the protein, the effective amount of the specific protein may vary. パッチは、防湿包装(例えば、ブリスターパック、フォイルパウチ)中で、室温(例えば、20℃から30℃)で少なくとも1年又は2年間、パッチの当初活性の85%から115%の免疫活性で貯蔵することができる。 Patches, dry pack (e.g., a blister pack, foil pouches) in room temperature (e.g., 30 ° C. from 20 ° C.) stored for at least 1 year or 2 years, 115% of the immunoreactivity initial 85% of the activity of patches can do.
【0032】 [0032]
液体又は半液体の形の処方物を、1種又は複数のアジュバント及び/又は抗原と共に、同じ又は別々の部分で、又は同時に、又は頻繁な繰り返し適用で投与することができる。 The formulation in the form of a liquid or semi-liquid, together with one or more adjuvants and / or antigens, the same or different parts, or simultaneously, or may be administered at frequent repeated applications. パッチは、制御放出用貯留部又は速度制御マトリックスを含んでよいか、アジュバント及び/又は抗原の段階的放出を可能にする膜を使用することができる。 Patch, or may comprise a controlled release reservoir or speed control matrix, can be used a membrane that allows for gradual release of adjuvant and / or antigen. これは、アジュバント及び/又は抗原を有する単一の貯留部を、又は別々の個々の抗原及びアジュバントのための複数の貯留部を含む。 This includes single reservoir with adjuvant and / or antigen, or a plurality of reservoir for separate individual antigens and adjuvants. パッチの施与が、複数の抗原に対する免疫応答を誘発するように、パッチは、付加的な抗原を含んでもよい。 Applying patches, to induce an immune response against multiple antigens, the patch may include additional antigens. このような場合には、抗原は、同じ源から由来してもよいか、由来しなくてもよく、これらは、異なる化学的構造を有して、様々な抗原に特異的な免疫応答を誘発する。 In such a case, antigens, or may be derived from the same source, may not be derived, these, have different chemical structures, induce an immune response specific for different antigens to. 複数のパッチを同時に施与することもできる;単一のパッチが、複数の貯留部を含んでもよい。 A plurality of patches may be simultaneously applied; single patch may include a plurality of reservoir. 有効な治療のために、複数のパッチを、間隔をおいて、又は継続的に、一定期間にわたって施与することもできる;これらは、異なる時間に、重複する期間、又は同時に施与することもできる。 For effective treatment, multiple patches, at intervals, or continuously, it may be applied over a period of time; these at different times, the period of overlap, or be applied simultaneously it can.
【0033】 [0033]
固体(例えば、ナノメートル又はマイクロメートル寸法の粒子)を、処方物中に導入することもできる。 Solid (e.g., particles of nanometer or micrometer dimensions) may also be introduced in the formulation. 固体形(例えば、ナノ粒子又はマイクロ粒子)により、活性成分の分散又は可溶化を促進し、皮膚の表在層を通して処方物を運ぶのを助け;アジュバント、抗原又はその両方のための付着ポイントを基材にもたらし、これは、抗原提示細胞又はその組合せによりオプソニン処理されうる。 Solid forms (e.g., nanoparticles or microparticles) by promotes dispersion or solubilization of active ingredients, helps carry the formulation through superficial layers of the skin; adjuvants, adhesion points for antigen, or both It brought to the substrate, which may be opsonized by antigen presenting cells, or combinations thereof. 水性溶液に不溶性であるか、可溶性の乏しい成分は、エマルション、脂質ベシクル又はミセルの形で処方することができる。 Or is insoluble in aqueous solution, poorly soluble components, the emulsion can be formulated in the form of lipid vesicles or micelles.
【0034】 [0034]
処方物は、生物学的製剤及びワクチンに関する適切な規制官庁(例えば、米国食品薬品局)に許容されうる条件下に製造することができる。 Formulations suitable regulatory agencies regarding biologicals and vaccines (e.g., the US Food and Drug Administration) can be produced under conditions that are acceptable to. 場合によって、結合剤、緩衝剤、着色剤、乾燥剤、希釈剤、湿潤剤、防腐剤、安定剤、他の賦形剤、接着剤、可塑剤、粘着性付与剤、増粘剤、パッチ材料又はこれらの組合せなどの成分を、これらが免疫的に不活性であっても、処方物中に含有させることができる。 Optionally, binding agents, buffering agents, colorants, desiccants, diluents, wetting agents, preservatives, stabilizers, other excipients, bonding agents, plasticizers, tackifiers, thickeners, patch material or components, such as combinations thereof, even these are immunologically inert, it can be included in the formulation. しかしながら、これらは、処方物の有効性を改善する他の望ましい特性又は特徴を有することもできる。 However, it may also have other desirable properties or characteristics that improve the effectiveness of the formulation.
【0035】 [0035]
投与に適した処方物の単一又は単位用量を提供する。 It provides a single or unit dose of formulation suitable for administration. 単位用量中のアジュバント又は抗原の量は大体、約0.001μgから約10mgの広い範囲内である。 The amount of adjuvant or antigen in the unit dose generally is within the broad range of from about 0.001μg of about 10 mg. この範囲は、約0.1μgから約1mgであってもよく、より狭い範囲は、約5μgから約500μgである。 This range may be from about 0.1μg to about 1 mg, more narrow range is from about 5μg to about 500 [mu] g. 他の適切な範囲は、約1μgから約10μg、約10μgから約50μg、約50μgから約200μg、約1mgから約5mgである。 Other suitable ranges are from about 1μg to about 10 [mu] g, from about 10 [mu] g to about 50 [mu] g, from about 50 [mu] g to about 200 [mu] g, from about 1mg to about 5 mg. 毒素での好ましい用量は、約50μg又は100μg又はそれ未満である(例えば、約1μgから約50μg又は100μg)。 Preferred dosages for a toxin is about 50μg, or 100 [mu] g or less (e.g., from about 1μg to about 50μg or 100 [mu] g). 抗原とアジュバントとの比は、約1:1であってよいが(例えば、抗原とアジュバントの両方である場合、ADPリボシル化外毒素)、乏しい抗原では、より高い比が適しており(例えば、約1:10又はそれ未満)、あるいは、アジュバントに対してより低い比の抗原を使用することもできる(例えば、約10:1以上)。 The ratio between antigen and adjuvant, about 1: 1 but (for example, if it is both antigen and adjuvant, ADP-ribosylating exotoxin), the poor antigen, and higher ratios are suitable (e.g., about 1:10 or less), or may be used antigens lower for adjuvant ratio (e.g., about 10: 1 or higher).
【0036】 [0036]
アジュバント及び抗原又はポリヌクレオチドを含有する処方物は、ヒト又は動物対象の皮膚に施与することができ、抗原を免疫細胞に提示し、抗原特異的免疫応答を誘発させる。 Formulation containing adjuvant and antigen or polynucleotide may be applied to the skin of a human or animal subject, antigen is presented to immune cells, thereby inducing an antigen-specific immune response. これは、病原体による感染の前、その間、又その後に行うことができる。 This can be done prior to infection by a pathogen, during which time, also thereafter. 処方物の免疫原性が、アジュバント活性が必要でないほど十分である場合には、抗原又は抗原をコードするポリヌクレオチドのみが必要で、付加的なアジュバントは必要でなくてもよい。 Immunogenicity of the formulation, if enough not required adjuvant activity is sufficient, only the polynucleotide encoding the antigen or antigens are required, additional adjuvants may not be necessary. 処方物は、処方物の施与が複数抗原(即ち、多価)に対する免疫応答を誘発するように、付加的な抗原を含有してもよい。 Formulation, applied several antigens of the formulation (i.e., multivalent) to induce an immune response against, may contain additional antigens. このような場合、抗原は、同じ源から由来してよいか、由来しなくてもよいが、抗原は、異なる抗原に対して特異的な免疫応答を誘発するように様々な化学的構造を有する。 In such a case, antigens, or may be derived from the same source, but may not be derived, antigens have different chemical structures so as to induce an immune response specific for the different antigens . 抗原特異性リンパ球は、免疫応答に関与し、Bリンパ球の関与の場合には、抗原特異性抗体は、免疫応答の一部をなしている。 Antigen-specific lymphocytes are involved in immune response, in the case of the involvement of B lymphocytes, antigen-specific antibodies, are part of the immune response. 前記の処方物は、結合剤、緩衝剤、着色剤、乾燥剤、希釈剤、湿潤剤、防腐剤、安定剤、他の賦形剤、接着剤、可塑剤、粘着性付与剤、増粘剤及び当技術分野で知られているパッチ材料を含んでもよい。 Formulations of said binding agents, buffering agents, colorants, desiccants, diluents, wetting agents, preservatives, stabilizers, other excipients, bonding agents, plasticizers, tackifiers, thickeners and it may comprise a patch materials known in the art.
【0037】 [0037]
本発明を使用して、対象(例えば、疾患の予防、感染の効果からの保護、現存する疾患又は症状の治療又はこれらの組合せなどの処置を必要とするヒト又は動物)を治療する。 Using the present invention, the subject (e.g., prevention of the disease, protection from effects of infection, a human or animal in need of treatment, such as treatment or combination of existing disease or condition) treating. 感染以外の疾患には、癌、アレルギー及び自己免疫が含まれる。 Diseases other than infection, cancer, allergy, and autoimmunity. 抗原が病原体に由来する場合には、治療は、病原体による感染に対してか、毒素分泌により誘発されるもののようなその病原効果に対して対象をワクチン接種することができる。 When the antigen is derived from a pathogen, treatment, or against infection by a pathogen, a target for the pathogenic effects such as those induced by toxin secretion can be vaccinated. 本発明は、治療的には現存する疾患を治療するために、予防的には疾患を予防するために、疾患の重度及び/又は期間を低減するために、疾患の症状を軽減するために、又はこれらの組合せのために使用することができる。 The present invention can be used to treat a disease existing in therapeutic, for the prophylactic to prevent disease, to reduce the severity and / or duration of disease, to alleviate the symptoms of the disease, or it can be used for these combinations.
【0038】 [0038]
適用部位を、起こりうる局所皮膚反応を低減するか、免疫応答のタイプを変更するためのヒドロコルチゾン、トリアムシノロン及びモメタゾン(mometazone)又は非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)などの抗炎症性コルチコステロイドで保護することができる。 The application site, or to reduce the Possible local skin reaction, an anti-inflammatory corticosteroid, such as hydrocortisone for changing the type of immune response, triamcinolone and mometasone (mometazone) or a non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAID) it can be protected. 同様に、抗炎症性ステロイド又はNSAIDが、パッチ材料又は液体又は固体処方物中に含まれていてよく;コルチコステロイド又はNSAIDは、免疫の後に適用することもできる。 Similarly, anti-inflammatory steroid or NSAID is may be included in the patch material, or liquid or solid formulations; corticosteroids or NSAID may be applied after immunization. IL−10、TNF−α、他の免疫調節剤を、抗炎症剤の代わりに使用することもできる。 IL-10, TNF-α, other immunomodulators may be used instead of the anti-inflammatory agent. さらに、処方物を、単一又は複数の適用を使用して、1つよりも多い排出性リンパ節の上に位置する皮膚に適用することもできる。 Furthermore, the formulation and using a single or multiple applications may also be applied to the skin overlying the more than one discharge lymph nodes. 適用が複数抗原に対する免疫応答を誘発するように、処方物は、付加的な抗原を含有してもよい。 As applied to induce an immune response against multiple antigens, the formulation may contain additional antigens. このような場合には、抗原は、同じ源から由来してもよいか、由来しなくてもよいが、これらは、様々な抗原に特異的な免疫応答を誘発するように、異なる化学的構造を有することになろう。 In such a case, either the antigen may be derived from the same source, but may not be derived, it is to induce an immune response specific for different antigens, different chemical structures It will have a. それぞれの室が、異なる抗原提示細胞を包含するので、多室パッチにより、多価ワクチンのより有効な送達が可能である。 Each chamber is therefore to encompass different antigen presenting cells, by a multi-chamber patch, it is possible to more effective delivery of multivalent vaccines. こうすると、抗原提示細胞は、1種のみの抗原(アジュバントを伴うか、伴わずに)に直面し、したがって、抗原競合が排除され、したがって、多価ワクチン中の個々の抗原に対する応答が増強される。 In this way, the antigen-presenting cell, faced with antigen alone (with and adjuvant without), therefore, antigen competition is eliminated, therefore, the response to individual antigens in the multivalent vaccine is enhanced that.
【0039】 [0039]
浸透技術を用いて、又は用いずに、免疫応答を開始させるか、増加させるために、処方物を皮膚表面から皮膚に、又は免疫の他の経路に適用することができる。 Using osmotic techniques, or without, whether to initiate an immune response, in order to increase the formulation can be applied to the skin from the skin surface, or other routes of immunization. 単一又は複数の適用を用いる経皮免疫(TCI)による開始の後に、同じ又は別の抗原での免疫を増大させるための腸内、粘膜、経皮及び/又は他の非経口技術を続けることもできる。 After initiation by transcutaneous immunization (TCI) using single or multiple applications, enteral for increasing the immunization with the same or another antigen, mucosal, continuing the transdermal and / or other parenteral techniques It can also be. 単一又は複数の適用を用いる腸内、粘膜、経皮及び/又は他の非経口経路による開始の後に、同じ又は別の抗原での免疫を増大させるための経皮技術を続けることもできる。 Intestine using a single or multiple applications, mucous membranes, after starting transdermal and / or other parenteral routes may also be followed by percutaneous techniques for increasing the immunization with the same or another antigen. TCIは、粘膜又は経皮免疫などの慣用の局所技術とは異なることを特記する。 TCI is otherwise different from the local art conventional, such as transmucosal or transdermal immunization. それというのも、前者は、皮膚中には存在しない粘膜(例えば、肺、口腔、鼻、直腸)を必要とするが、後者は、真皮を通しての皮膚の穿孔を必要とするためである。 Also since, the former, mucosa, which is not present in the skin (e.g., lung, mouth, nose, rectum) requires a latter is to require perforation of the skin through the dermis. 皮膚への適用が、複数の抗原に対する免疫応答を誘発するように、処方物は、付加的な抗原を含有してもよい。 Application to the skin, to induce an immune response against multiple antigens, the formulation may contain additional antigens.
【0040】 [0040]
抗原及びアジュバントに加えて、処方物は賦形剤を含有してもよい。 In addition to antigen and adjuvant, the formulation may contain an excipient. 例えば、処方物は、AQUAPHOR、Freund、Ribi又はSyntexエマルション;油中水型エマルション(例えば、水性クリーム、ISA−720)、水中油型エマルション(例えば、油性クリーム、ISA−51、MF59)、マイクロエマルション、乾燥脂質及び水中油型エマルション、他のタイプのエマルション;ゲル、脂肪、ワックス、オイル、シリコーン及び湿潤剤(例えば、グリセロール)を含有してもよい。 For example, the formulation, Aquaphor, Freund, Ribi, or Syntex emulsion; water-in-oil emulsion (e.g., aqueous creams, ISA-720), oil-in-water emulsions (e.g., oily creams, ISA-51, MF59), microemulsions , dried lipids and oil-in-water emulsions, other types of emulsions; gels, fats, waxes, oils, silicones, and humectants (e.g., glycerol) may contain.
【0041】 [0041]
抗原は、ヒト又は動物対象に感染する病原体(例えば、細菌、ウイルス、カビ又は原生動物)、アレルゲン及び自己抗原から由来してよい。 Antigens, pathogen that infects a human or animal subject (e.g., bacterium, virus, fungus or protozoan), may be derived from the allergen and autoantigens. 抗原の化学構造は、1種又は複数の炭水化物、脂肪酸及びタンパク質(例えば、糖脂質、糖タンパク質、リポタンパク質)として記載することができる。 The chemical structure of the antigen, one or more carbohydrates, fatty acids and proteins (e.g., glycolipids, glycoproteins, lipoproteins) can be described as. タンパク様抗原が好ましい。 Proteinaceous antigen is preferred. 抗原の分子量は、500ダルトン、800ダルトン、1000ダルトン、10キロダルトン、100キロダルトン又は1000キロダルトンよりも大きくてよい(これらの中間範囲も含まれる)。 The molecular weight of the antigen, 500 daltons, 800 daltons, 1000 daltons 10 kilodaltons, (also includes these intermediate ranges) which may be larger than 100 kilodaltons, or 1000 kilodaltons. 化学的又は物理的浸透増強が、細胞、ウイルス粒子及び1メガダルトンよりも大きな分子などの高分子構造には好ましいが、水和及び溶剤を用いる消毒などの技術が、皮膚に免疫を誘発するために十分である。 Chemical or physical penetration enhancement, cells, preferred for macromolecular structures such as molecules larger than virus particles and 1 mega daltons, techniques such as disinfection using hydration and solvent, for eliciting an immune skin to be sufficient. 抗原は、組換え技術、化学合成又は、天然源からの少なくとも部分的な精製により得ることができる。 Antigens, recombinant techniques, chemical synthesis or can be obtained by at least partial purification from a natural source. これは、化学的又は組み合え複合体であってもよい;例えば、化学的に反応性の基の間の結合又はタンパク質融合。 This may be a chemical or Kumiae complex; e.g., binding or protein fusion between chemically reactive groups. 抗原は、生細胞又はウイルス、弱毒化生細胞又はウイルス、死細胞又は不活化ウイルスとして提供することができる。 Antigen may be provided as a live cell or virus, an attenuated live cell or virus, dead cells, or inactivated virus. もしくは、抗原を、細胞不含な形に、少なくとも部分的に精製することができる(例えば、細胞又はウイルス溶解産物、膜又は他の細胞内画分)。 Or the antigen, the cell-free form, may be at least partially purified (e.g., cell or viral lysate, membrane or other subcellular fraction). 多くのアジュバントが、免疫原活性を有し、抗原と見なされるので、アジュバントも、抗原の前記の特性及び特徴を有すると予測される。 Many adjuvants have immunogenic activity, since are considered antigens, adjuvants are also expected to have the properties and characteristics of antigens. 例えば、アジュバント及び抗原を、同じ技術を使用して調製することができる(前記参照)。 For example, the adjuvant and antigen may be prepared using the same technique (see above).
【0042】 [0042]
アジュバントを選択することにより、免疫応答の強化又は調節することができる。 By selecting an adjuvant may enhance or modulate the immune response. さらに、適切なアジュバントを選択することにより、液性又は細胞性免疫応答、特異的抗体アイソタイプ(例えば、IgM、IgD、IgA1、IgA2、IgE、IgG1、IgG2、IgG3及び/又はIgG4)及び/又は特異的T細胞サブセット(例えば、CTLl、Th1、Th2及び/又はT DTH )の優先的な誘発をもたらすことができる。 Further, by selecting a suitable adjuvant, humoral or cellular immune response, specific antibody isotypes (e.g., IgM, IgD, IgA1, IgA2, IgE, IgG1, IgG2, IgG3 and / or IgG4), and / or specificity T cell subsets (e.g., CTLl, Th1, Th2 and / or T DTH) can result in preferential induction of. アジュバントは好ましくは、化学的に活性か(例えば、タンパク分解的に消化されている)、遺伝的に活性な(例えば、融合、欠失又はポイント突然変異体)ADPリボシル化外毒素又はそのBサブユニットである。 Adjuvants are preferably either chemically active (e.g., being proteolytically digested), genetically active (e.g., fusion, deletion or point mutants) ADP-ribosylating exotoxin or a B sub it is a unit.
【0043】 [0043]
「抗原」は、免疫又はワクチン接種の後にヒト又は動物対象の免疫系により特異的に認識される処方物の活性成分である。 An "antigen" is an active ingredient that is specifically recognized formulation by the immune system of a human or animal subject after immunization or vaccination. 抗原は、B細胞受容体(即ち、分泌されるか、膜結合されている抗体)又はT細胞受容体により認識される単一又は複数免疫原性エピトープを含む。 Antigens include the B cell receptor single or multiple immunogenic epitopes recognized by (i.e., either secreted, membrane-bound and has antibody) or T cell receptor. T細胞受容体により認識されるタンパク質様エピトープは、特有の長さを有し、主な組織適合性複合体(MHC)I群又はII群分子によって抗原提示細胞上に結合されているかどうかに応じて、保存されたアミノ酸基を有する。 Proteinaceous epitopes recognized by T cell receptors have a specific length, depending on whether it is bound to the antigen-presenting cells by major histocompatibility complex (MHC) I group or II group molecule Te, have a conserved amino acid groups. 対照的に、抗体により認識されるタンパク質様エピトープは、短鎖で延在したオリゴペプチド及びもっと長い折り畳まれたポリペプチドを含む様々な長さからなってよい。 In contrast, proteinaceous epitopes recognized by antibodies, may consist of various lengths, including oligopeptides and longer folded polypeptide extending a short chain. エピトープ間の単一アミノ酸の差は、明らかである。 The difference in a single amino acid between the epitope is evident. 抗原は、病原体、アレルゲン物質又は哺乳類ホスト(例えば、自己抗原、癌抗原、免疫系の分子)の分子に対して免疫応答を誘発しうる。 Antigens, pathogen, allergens or mammalian host (e.g., self antigens, cancer antigens, molecules of the immune system) may induce an immune response against the molecule. 免疫調整のために、分子は、アレルゲン、自己抗原、その内部イメージ又は免疫系の他の成分であってよい(例えば、B又はT細胞受容体、補助受容体又そのリガンド、可溶性メディエータ又はその受容体)。 For immunoregulation, molecules, allergens, self antigens may be other components of the internal image or the immune system (e.g., B or T cell receptor, co-receptor also its ligand, soluble mediators or their receptors body). したがって、抗原は通常、同一であるか、少なくとも、分子の化学的構造に由来するが、このような化学構造に僅かにしか類似していない模擬物質(mimetics)も、有利に使用することができる。 Thus, antigen is usually either identical, at least, are derived from the chemical structure of the molecule, such chemical structure slightly only similar simulated material (mimetics) may also be advantageously used .
【0044】 [0044]
「アジュバント」は、抗原に対する免疫応答の誘発を補助するための処方物の活性成分である。 "Adjuvant" is an active ingredient of the formulation to assist in inducing an immune response to an antigen. アジュバント活性とは、アジュバント自体を処方物中に含有させることにより、又は処方物の他の成分又は特別な免疫技術と組み合わせて、非対応抗原(即ち、アジュバントとは別の化学構造である抗原)に対する免疫応答を増大させる能力である。 An adjuvant activity, by incorporating the adjuvant itself in a formulation or in combination with other components or special immunization techniques of the formulation, non-corresponding antigen (i.e., antigen and adjuvant is another chemical structure) it is the ability to increase the immune response to. 前記のように、分子は、抗原とアジュバントとの化学的な複合により、あるいは抗原及びアジュバントのコード領域の遺伝的な融合により、抗原及びアジュバント活性の両方を含有しうる;したがって、処方物は、1種のみの材料又は成分を含有するだけでもよい。 As mentioned above, molecules, by chemical conjugation of an antigen and an adjuvant, or by genetic fusion of the coding region of the antigen and adjuvant may contain both antigen and adjuvant activity; Therefore, formulation, It may only contain materials or components of only one kind. CT及びLTなどのいくつかの天然タンパク質は、アジュバント及び抗原特性の両方を有する;いくつかの組換えタンパク質は、同様の特性(LeIF)を有すると知られている;いくつかの非タンパク質アジュバントも、LPS又は脂質Aなどのそれ自体に対する抗体を誘発しうる。 Some of the native protein such as CT and LT have both adjuvant and antigen properties; some recombinant proteins are known to have similar properties (LeIF); a number of non-protein adjuvant It can induce antibodies against itself, such as LPS or lipid a. アジュバントと抗原特色の組合せを使用して、防御免疫応答を誘発させることができる。 Using a combination of adjuvant and antigen spot may induce a protective immune response. 例えば、LT抗体は、ETECに対して防御的であり、LeIF免疫応答は、リーシュマニア症の形質発現で有効であり、LPS抗体は、グラム陰性生物体により誘発される疾患に対する保護において防御的でありうる。 For example, LT antibodies are protective against ETEC, LeIF immune response is effective in gene expression of leishmaniasis, LPS antibodies, a protective in the protection against diseases induced by gram-negative organisms There can.
【0045】 [0045]
「有効量」との用語は、抗原特異的免疫応答を誘発するアジュバント又は抗原の量を記載していることを意味している。 The term "effective amount" means that which describes the amount of adjuvant or antigen to induce an antigen-specific immune response. 「サブユニット」免疫原又はワクチンは、組換え技術、化学合成又は天然源からの少なくとも部分的な精製により、病原体の他の細胞又はウイルス成分(例えば、内毒素などの膜又は多糖類成分)から単離された活性成分(例えば、アジュバント、抗原)からなる処方物である。 "Subunit" immunogen or vaccine, recombinant techniques, by at least partial purification from chemical synthesis or natural sources, from other cellular or viral components of the pathogen (e.g., membrane or polysaccharide components like endotoxin) isolated active ingredient (e.g., adjuvant, antigen) is a formulation consisting of.
【0046】 [0046]
免疫応答の誘発により、例えば、免疫保護、脱感作、免疫抑制、自己免疫疾患の調節、癌免疫監視の強化、疾患を予防するための予防的ワクチン接種及び生じた疾患を軽減するための治療的ワクチン接種などの、対象の治療がもたらされる。 The induction of an immune response, for example, immunoprotection, desensitization, immunosuppression, modulation of autoimmune disease, enhancement of cancer immunosurveillance, treatment to reduce the prophylactic vaccination and resulting diseases to prevent disease vaccination, such as treatment of a subject is provided. その存在又は不在が、免疫応答の規模及び/又は動態に統計的に重要な変化をもたらす場合、生成物又は方法は、免疫系の誘発された要素の変化(例えば、液性vs.細胞性、Th1 vs.Th2);疾患症状の数及び/又は重度に対する効果;対象の健康及び快適さに対する効果(即ち、罹患率及び死亡率);又はこれらの組合せをもたらす。 Its presence or absence, can lead to statistically significant change in the size and / or kinetics of the immune response, product or method, changes in the induced elements of the immune system (e.g., humoral vs. cellular, Th1 Vs.Th2); effects on the number and / or severity of disease symptoms; effects on health and comfort of the subject (i.e., morbidity and mortality); or bring these combinations.
【0047】 [0047]
本発明で使用する場合の「排出性リンパ節領域」との用語は、一組の定義されたリンパ節(例えば、頚部、腋窩、鼠径部、上腕骨の内側上顆、膝窩、腹部及び胸部のもの)を介して、集められたリンパ液が濾過される解剖学的領域を意味している。 The term "discharge lymph node region" when used in the present invention, a set of defined lymph nodes (e.g., cervical, axillary, inguinal, medial epicondyle of the humerus, popliteal, abdomen and chest via one), collected lymph means the anatomical region to be filtered. したがって、免疫の部位及び時間が、処方物の異なる成分を一緒に送達するために適切に間を空けられている場合には(例えば、単独では有効ではない場合には、アジュバント又は抗原を有する2つのパッチを同時に、近くに位置させるのが有効である)、抗原提示細胞がリンパ節に移動するために必要とされる数日間は、同じ排出性リンパ節界が、免疫のターゲットとなりうる(例えば、腸内、粘膜、経皮、経皮、他の非経口)。 Thus, two-site and time of immunization, the case if the spaced between appropriately to deliver different components of the formulation together (e.g., not effective alone, with an adjuvant or antigen One of the patch at the same time, it is effective to close), several days antigen presenting cells are required to move to the lymph nodes, the same discharge lymph node boundaries can be the immune target (e.g. , intestinal, mucosal, transdermal, percutaneous, other non-oral). 例えば、経皮技術によりアジュバントを送達するパッチを、慣用のワクチンを注射された同じ腕に貼って、高齢、小児又他の免疫学的に易感染性人口でのその有効性を強化することができる。 For example, a patch to deliver an adjuvant by transdermal technology, stuck on the same arm that has been injected with the conventional vaccine, elderly, is possible to enhance its effectiveness in children also other immunologically compromised population it can. 対照的に、他方の肢にパッチを適用することで、アジュバント含有パッチが、抗原のみを含有するパッチの有効性を強化するのを防ぐことができる。 In contrast, by applying the patch to the other limb, it is possible to prevent adjuvanted patch, a to enhance the effectiveness of a patch containing only antigen.
【0048】 [0048]
本発明の実施に関して特定の理論と結びつけることはせずに、我々の観察に関する説明を提供するためにのみ、我々は、この経皮送達系は抗原を、免疫応答が誘発される免疫系の細胞に運ぶと仮定する。 Without to be bound to a specific theory regarding the implementation of the present invention, in order to provide an explanation of our observation alone, we the transdermal delivery system antigen, the cells of the immune system which an immune response is elicited It assumed to carry on. 抗原は、皮膚の通常は存在する保護外側層(即ち、角質層)を通過して、直接に、あるいはリンパ球に処理抗原を提示する表皮中の抗原提示細胞集団(例えば、マクロファージ、組織マクロファージ、ランゲルハンス細胞、他の樹状細胞、Bリンパ球又はクッパー細胞)を介して免疫応答を誘発する。 Antigens, protective outer layer is usually of the skin present (i.e., stratum corneum) through the directly or lymphocyte antigen presenting cell population in the epidermis presenting the processed antigen (e.g., macrophages, tissue macrophages, Langerhans cells, other dendritic cells, B lymphocytes or Kupffer cells) via elicit an immune response. したがって、透過増強技術を用いて、又は用いずに、皮下注射又は経皮技術でのように、TCIでは、真皮を穿孔しない。 Thus, using the permeation enhancing technologies, or without, as in subcutaneous injection or transdermal techniques, the TCI, not perforate the dermis. 場合によって、抗原は、毛包又は皮膚器官(例えば、汗腺、油腺)を介して角質層を通過しうる。 Optionally, antigen, hair follicle or skin organs (e.g., sweat gland, oil gland) can pass through the stratum corneum through.
【0049】 [0049]
実施例のような細菌性ADPリボシル化外毒素(bARE)での経皮免疫は、抗原提示細胞(APC)のうちで最も有効であると知られている表皮ランゲルハンス細胞をターゲットとしうる。 Transdermal immunization with bacterial ADP-ribosylating exotoxin (bARE) as in Example can target the epidermal Langerhans cell, known to be the most effective among the antigen presenting cell (APC). APCの成熟は、形態学及び表現型によって判断することができる(例えば、MHC II群分子、CD83又は同時刺激性(co−stimulatory)分子の発現)。 Maturation of APC may be determined by morphology and phenotype (e.g., MHC II group molecule, CD83 or costimulatory (co-stimulatory) Expression of the molecule). 我々は、bAREは、無損傷皮膚に表皮的に適用されると、ランゲルハンス細胞を活性化するようであることを発見した。 We, bARE, once skin applicable to the intact skin has been discovered that appears to activate the Langerhans cell. トリプシン分割されたbAREなどのアジュバントは、ランゲルハンス細胞活性を増強させる。 Adjuvants such as trypsin divided bARE may enhance Langerhans cell activation. リンパ球に抗原を提示するAPCとして作用して、強力な抗体応答を誘発する場合、ランゲルハンス細胞は、抗原の食細胞活動を介して特異的免疫応答及びリンパ節への移動を指示とする。 Act as APC to present the antigen to lymphocytes, may induce strong antibody responses, Langerhans cells, and instructs the mobile to specific immune responses and lymph nodes via the phagocytosis of the antigen. 皮膚は通常、病原体に対するバリアと考えられているが、このバリアの不完全さは、皮膚を介して侵入する微生物に対する免疫応答を統合するように設計されている表皮に分布している数多くのランゲルハンス細胞によって証明されている。 Although skin is generally considered a barrier to pathogens, a number of Langerhans this imperfection of barrier distributed in the epidermis that are designed to integrate the immune response against invading microorganisms through the skin It has been demonstrated by the cells. Udeyによると(Clin.Exp.Immunol.、107:s6−s8、1997): According to the Udey (Clin.Exp.Immunol, 107:. S6-s8,1997):
「ランゲルハンス細胞は、骨髄由来細胞であり、これは、全ての哺乳動物の重層扁平上皮に存在している。これは、補助細胞活性の全てを含み、これは、非炎症性表皮に存在し、最近のパラダイムでは、外皮的に適用される抗原を対象とする免疫応答の開始及び伝播に必須である。ランゲルハンス細胞は、強力な補助細胞(「樹状細胞」)ファミリーの一員であり、これは、稀にしか現れないが、表皮及び固体器官、さらにリンパ組織に広く分布している。 "Langerhans cells are bone marrow-derived cells, which are present in stratified squamous epithelia of all mammals. It includes all of the auxiliary cell activity, which is present in non-inflammatory skin, recent paradigm are essential for the initiation and propagation of immune responses to target antigens that are skin applied. Langerhans cells are potent accessory cells ( 'dendritic cells') is a member of the family, which is Although not appear infrequently, skin and solid organs, are widely distributed in more lymphoid tissue.
現在は、ランゲルハンス細胞(及び、おそらく他の樹状細胞)は、少なくとも2つの異なる段階を伴うライフサイクルを有する。 Currently, Langerhans cells (and presumably other dendritic cells) have a life cycle with at least two different stages. 表皮に位置するランゲルハンス細胞は、抗原捕捉性「歩哨(sentinel)」細胞の規則的なネットワークを構成している。 Langerhans cells located in the epidermis constitute a regular network of antigen-trapping property "sentry (sentinel)" cells. 表皮ランゲルハンス細胞は、微生物を含む粒子状物質を摂取することができ、複合抗原の有効なプロセッサである。 Epidermal Langerhans cells can ingest particulates, including microorganisms, it is a valid processor antigen complex. しかしながら、これらは、僅かなレベルのみのMHC I及びII群抗原及び同時刺激分子(ICAM−1、B7−1及びB7−2)を発現し、抗原刺激を受けていないT細胞の僅かな刺激物質である。 However, they, MHC I and II antigen group and costimulatory molecules only minor levels expressed (ICAM-1, B7-1 and B7-2), a small T-cells that have not undergone antigenic stimulation irritant it is. 抗原と接触した後に、いくつかのランゲルハンス細胞は活性化されて、表皮を出て、局所リンパ節のT細胞依存領域へと移動し、ここで、成熟樹状細胞として局在化する。 After contact with antigen, some Langerhans cells are activated, exit the epidermis and migrate to T-cell dependent regions of regional lymph nodes, where the localized as mature dendritic cells. 表皮を出て、リンパ節に移動する過程で、抗原を有する表皮ランゲルハンス細胞(ここでは、「メッセンジャー」)は、形態、表面表現型及び機能に関して劇的な変化を示す。 Exits the skin, in the process of moving to the lymph nodes (here, "Messenger") epidermal Langerhans cells with antigen, forms, show a dramatic change in terms of surface phenotype and function. 表皮ランゲルハンス細胞とは異なり、リンパ球樹状細胞は主に、非貪食性で、タンパク質抗原は不十分にしか処理しないが、高レベルのMHC I群及びII群抗原及び様々な共同刺激分子を発現し、同定されている未刺激T細胞の最も強力な刺激物質である」。 Unlike epidermal Langerhans cells, mainly lymphocytes dendritic cells, non-phagocytic, but the protein antigen is not processed poorly, express MHC I group and group II antigens and various costimulatory molecules high levels It was the most potent stimulators of naive T cells that have been identified. "
【0050】 [0050]
ランゲルハンス細胞の強力な抗原提示能は、経皮送達される免疫原及びワクチンのために利用することができる。 Potent antigen presenting ability of Langerhans cells can be utilized for an immunogen and vaccine to be delivered transdermally. 皮膚免疫系を使用する免疫応答は、処方物を角質層(即ち、角化細胞及び脂質からなる皮膚の最上層)中のランゲルハンス細胞のみに送達し、次いで、ランゲルハンス細胞を活性化させて、抗原を摂取させ、B細胞小胞及び/又はT細胞依存領域に移動させ、B及び/又はTリンパ球に抗原を提示させる。 Immune response using the skin immune system, the formulation stratum corneum (i.e., the uppermost layer of the skin consisting of cornified cells and lipids) and only the delivery Langerhans cells in, then, by activating the Langerhans cells, the antigen is ingested, is moved to the B cell follicles and / or T-cell dependent regions, B and / or T lymphocytes to present antigen to. bARE以外の抗原(例えば、毒素、コロニー形成又は病原性因子)が、ランゲルハンス細胞によって貪食される場合には、これらの抗原も、Tリンパ球に提示するためのリンパ節に移動し、次いで、その抗原に対して特異的な免疫応答を誘発するであろう。 Antigens other than bARE (e.g., a toxin, colonization or virulence factor), when they are phagocytosed by Langerhans cells, also these antigens, moves to the lymph nodes for presentation to T-lymphocytes, then, the It will elicit a specific immune response against the antigen. したがって、TCIの形態は、おそらくbARE又はその誘導体、ケモカイン、サイトカイン、PAMP又は、接触感作物質及びアジュバントを含む他のランゲルハンス細胞活性化物質によるランゲルハンス細胞の活性化である。 Thus, TCI forms, perhaps bARE or derivatives thereof, chemokines, cytokines, PAMP, or is the activation of Langerhans cells by other Langerhans cell activating substance including contact sensitizers and adjuvants. ランゲルハンス細胞の皮膚占有率のサイズ又はその活性化状態を高めることにより、免疫応答の増強も期待される(例えば、アセトン前処理)。 By increasing the size or an activated condition of the skin occupancy of Langerhans cells, it is also expected enhancement of the immune response (e.g., acetone pretreatment). 老齢対象又はランゲルハンス細胞欠損皮膚(即ち、UVダメージにより)では、ランゲルハンス細胞の占有率を補充することも可能である(例えば、トレチノイン前処理)。 Aged subjects or Langerhans cell-deficient skin (i.e., UV by damage), the it is possible to replenish the occupancy of Langerhans cells (e.g., tretinoin pretreatment).
【0051】 [0051]
bAREなどのアジュバントは、全身的に注射又は投与すると、毒性が高いことが知られている。 Adjuvants such as bARE, when systemically injected or administered, are known to be highly toxic. 真皮内注射も、LTがアジュバントとして含まれている場合には、持続的な結節をもたらすことが判明している(Guy et al.、Vaccine、17:1130−1135、1999)。 Intradermal injections are also when LT is contained as adjuvants, it has been found to provide sustained nodules (Guy et al, Vaccine, 17:. 1130-1135,1999). しかし、無損傷皮膚の表面に(即ち、皮膚表面に)置かれると、これらは、全身的な毒性を誘発しないようである。 However, on the surface of intact skin (i.e., skin surface) when placed, they are unlikely to induce systemic toxicity. したがって、経皮経路によって、全身的な毒性を伴うことなく、アジュバントの利点が可能となる。 Thus, the transdermal route, without systemic toxicity, it is possible to benefit of adjuvant. 皮膚が、角質下まで(即ち、表皮付近又は表皮)しか侵入を受けず、真皮を貫通されない場合に、同様に毒性が発現しないと予想される。 Skin, until horny under (i.e., the epidermis near or epidermis) only invaded, if not penetrate the dermis is expected to toxicity is not expressed in the same manner. したがって、皮膚を介して免疫系の活性化を誘発できることにより、全身毒性を伴わずに強い免疫応答が誘発される。 Therefore, the ability to induce activation of the immune system through the skin, strong immune responses without systemic toxicity is induced.
【0052】 [0052]
親和性成熟及び、主にIgG抗体にスイッチするイソタイプによって誘発される抗体応答の強さは通常、T細胞の助けによって達成され、Th1及びTh2経路の両方の活性化は、IgG1及びIgG2aの産生により触発される。 Affinity maturation and primarily the strength of the antibody response induced by isotype switching to IgG antibodies is typically accomplished with the aid of T cells, activation of both Th1 and Th2 pathways, by the production of IgG1 and IgG2a It is inspired. もしくは、広い抗体応答は、胸腺非依存性抗原1型(Ti−1)によって誘発されることもあり、これは直接に、Bリンパ球を活性化させるか、MHC II群、CD25、CD40、B7−1/CD80、B7−2/CD86及びICAM−1分子のアップレギュレーションなどのBリンパ球に対する同様の活性化効果を有しうる。 Or, broad antibody responses are sometimes induced by thymus-independent antigens type 1 (Ti-1), which is directly, or activate B lymphocytes, MHC II group, CD25, CD40, B7 -1 / CD80, it may have the same activation effect on B lymphocytes such as up-regulation of B7-2 / CD86 and ICAM-1 molecule.
【0053】 [0053]
一般に知られている皮膚免疫応答のスペクトルは、アトピー及び接触皮膚炎に代表される。 Spectrum of skin immune responses is generally known, is represented by atopy and contact dermatitis. ランゲルハンス細胞活性化の病原性発現である接触皮膚炎は、ランゲルハンス細胞により支配され、これは、抗原を貪食し、リンパ節に移動させ、抗原に提示し、皮膚に移動するTリンパ球を感作し、侵された皮膚部位の所で生じる激しい破壊性細胞応答を誘発する。 Contact dermatitis pathogenic expression of Langerhans cell activation, is dominated by the Langerhans cells, which phagocytose antigen, it is moved to the lymph nodes, present antigen, sensitize T lymphocytes that move to the skin and induces severe destructive cellular response that occurs at the affected skin site place. このような応答は通常、抗原特異性IgG抗体と関連しているとは知られていない。 Such a response normally is to be associated with antigen-specific IgG antibodies is not known. アトピー性皮膚炎も同様に、ランゲルハンス細胞を利用しうるが、Th2細胞と同定されており、通常、高レベルのIgE抗体と関連している。 Similarly atopic dermatitis, but can utilize Langerhans cells, it has been identified and Th2 cells, usually associated with high levels of IgE antibodies.
【0054】 [0054]
他方で、bAREでの経皮免疫は、有効かつ望ましい免疫応答をもたらす。 On the other hand, transcutaneous immunization with bARE provides a useful and desirable immune response. 普通、誘発される高レベルのIgGにより生じるアトピー又は接触皮膚炎に典型的な所見は存在しない。 Normally, typical findings occurring atopic or contact dermatitis by the high levels of IgG induced is not present. 皮膚表面に適用された毒素又はE. Applied toxin or E. the skin surface coli易熱性エンテロトキシンは、免疫の24、48及び120時間後に、リンパ球浸潤の不在下に免疫を達成することができる。 coli heat labile enterotoxin can be achieved after 24, 48 and 120 hours of immunization, the immunized in the absence of lymphocyte infiltration. 臨床前及び臨床試験で見られた僅かな皮膚反応性は、簡単に治療することができた。 Slight skin reactivity seen in preclinical and clinical trials, could be easily treated. このことは、経皮免疫がランゲルハンス細胞を用いることを示している。 This transcutaneous immunization have shown the use of Langerhans cells. それというのも、これらは、「非炎症表皮に存在する補助細胞活性の全てを含み、最近のパラダイムでは、経皮的に適用された抗原を対象とする免疫応答の開始及び伝播に必須である」(Udey、1997)ためである。 Also since, it is "include all accessory cell activity that is present in the non-inflamed skin, recent paradigm are essential to the initiation and propagation of immune responses directed to a percutaneously applied antigen "it (Udey, 1997) for. この場合、経皮免疫応答の独自性は、高レベルの抗原特異性IgG抗体並びに産生される抗体のタイプ(例えば、IgM、IgG1、IgG2a、IgG2b、IgG3及びIgA)及び通常は抗原特異性IgE抗体の不在の両方によっても示される。 In this case, the uniqueness of the transcutaneous immune response, the type of the antibody antigen specific IgG antibodies as well as production of high levels (e.g., IgM, IgG1, IgG2a, IgG2b, IgG3 and IgA) and generally antigen-specific IgE antibodies also indicated by the both absent. アトピー又接触皮膚炎と同時に存在して、抗原提示細胞及びTリンパ球の十分な活性化が経皮応答で生じた場合には、経皮免疫は、皮膚炎症と協力して生じると考えることができる。 Exist at the same time as atopic also contact dermatitis, if sufficient activation of antigen presenting cells and T lymphocytes occurs in the transdermal response, transcutaneous immunization may be considered to occur in concert with skin inflammation it can.
【0055】 [0055]
ランゲルハンス細胞の経皮ターゲッティングは、その抗原提示機能の全て又は一部を不活性化する抗原と協力して使用して、免疫を調節するか、感作を予防することもできる。 Transdermal targeting of Langerhans cells may also be all or part of the antigen presentation function using in conjunction with an antigen to inactivate, or modulate the immune, preventing sensitization. ランゲルハンス活性化又は他の皮膚免疫細胞を調節するための技術には例えば、抗炎症ステロイド又は非ステロイド薬(NSAID);シクロスポリン、FK506、ラパマイシン、シクロホスファミド、グルココルチコイド又は他の免疫抑制剤;インターロイキン−10;インターロイキン−1モノクローナル抗体(mAB)又は可溶性受容体アンタゴニスト(RA);インターロイキン変換酵素(ICE)阻害剤;又はスーパー抗原を介して、例えば表皮ランゲルハンス細胞枯渇により誘発されるブドウ球菌エンテロトキシンA(SEA)を介しての枯渇が含まれる。 The techniques for regulating the Langerhans activation or other skin immune cells For example, anti-inflammatory steroid or non-steroidal agents (NSAID); cyclosporine, FK506, rapamycin, cyclophosphamide, glucocorticoids, or other immunosuppressants; interleukin-10; interleukin-1 monoclonal antibodies (mAB) or soluble receptor antagonists (RA); interleukin converting enzyme (ICE) inhibitor; or via a superantigen, such as grapes induced by epidermal Langerhans cell depletion They include depletion of through enterotoxin a (SEA). 同様の化合物を、ランゲルハンス細胞の自然免疫応答を調節し、異なるTヘルパー応答(Th1又はTh2)を誘発するために使用することができるか、免疫の強い副作用を低減するために皮膚炎症応答を調節することができる。 Similar compounds modulate the natural immune response of Langerhans cells, modulate skin inflammatory responses to it can be used to induce different T-helper responses (Th1 or Th2), to reduce the strong immune side effect can do. 同様に、免疫抑制剤を別に投与することにより、又は処方物と共に免疫抑制剤を同時投与することにより、免疫の前、その間又はその後に、リンパ球を免疫抑制することができる。 Similarly, by separately administering an immunosuppressive agent, or by co-administration of immunosuppressant with the formulation, prior to immunization, it can be during or after, immunosuppressive lymphocytes. 例えば、ICEの抑制剤を加えることで、不利な皮膚反応を軽減することができるが、アレルギー性又は刺激性接触過敏性を通常はもたらす薬剤で、有効な全身保護免疫応答を誘発することができる。 For example, the addition of ICE inhibitors, may alleviate adverse skin reactions, allergic or irritant contact hypersensitivity to normally bring the drug can induce effective systemic protective immunity response .
【0056】 [0056]
抗原経皮免疫系は、免疫応答をもたらす特殊な細胞(例えば、抗原提示細胞、リンパ球)に対する作用物質を送達する。 Antigen transcutaneous immunization system delivers agents against specialized cells leading to immune response (e.g., antigen presenting cells, lymphocytes). 群としてこれらの作用物質は、抗原と称される。 These agents as a group are referred to as antigens. 抗原は、例えば、炭水化物、糖脂質、糖タンパク質、脂質、リポタンパク質、リン脂質、ポリペプチド、これらの複合体又は、免疫応答を誘発すると知られている他の物質などの化学的構造からなってよい。 Antigens, for example, carbohydrates, glycolipids, glycoproteins, lipids, lipoproteins, phospholipids, polypeptides, these complexes or, taken from a chemical structure, such as other substances known to induce an immune response good. 抗原は、キャリヤと複合していてもよい。 Antigen may be combined with the carrier. 抗原は、例えば、細菌又はビリオンなどの全生物体として提示されてもよく;抗原は、全細胞又は膜のみからの抽出物又は溶解産物から得ることもできるか;抗原は、組換え技術により化学的に合成又は生産することもできる。 Antigens, for example, may be presented as whole organisms, such as bacteria or virion; antigen, or may be obtained from an extract or lysate from only whole cells or membranes; antigens, chemical recombinantly It can be synthesized or produced. 抗原は、可溶化又は分散により、処方物に導入することができる。 Antigen may be by solubilization or dispersion, it is introduced into the formulation.
【0057】 [0057]
本発明の抗原は、好ましくは親和性タグ又はエピトープタグとの融合体として、組換え技術により発現することができる。 Antigens of the invention, preferably as a fusion with an affinity tag or an epitope tag can be expressed by recombinant techniques. 遊離の、又はキャリヤタンパク質に複合したオリゴペプチドの化学合成を、本発明の抗原を得るために使用することもできる。 Free, or complexed with an oligopeptide to the carrier protein chemical synthesis may be used to obtain antigen of the present invention. 糖ペプチドは、ポリペプチドの1タイプと考えられる。 Glycopeptide is considered a type of polypeptide. 6基から20基からなるオリゴペプチド長さが好ましい。 Oligopeptides length from six of 20 groups are preferred. ポリペプチドも、分枝鎖構造として合成することができる。 Polypeptides can also be synthesized as branched structures. 抗原性ポリペプチドには例えば、合成又は組換えB細胞及びT細胞エピトープ、普遍的(universal)T細胞エピトープ及び1種の生体又は疾患からの混合T細胞エピトープ及び別の生体又は疾患からのB細胞エピトープが含まれる。 The antigenic polypeptide for example, synthetic or recombinant B-cell and T-cell epitopes, B cell from universal (universal) T-cell epitope and one mixed T cell epitope and another biological or disease from the organism or disease It includes epitopes. 組換え技術又はペプチド合成を介して得られる抗原、さらに天然源又は抽出物から得られた抗原を、抗原の物理的及び化学的特性により、好ましくは分割又はクロマトグラフィにより精製することができる。 Antigen obtained through recombinant technology or peptide synthesis, further antigens derived from natural sources or extracts, the physical and chemical properties of the antigen can preferably be purified by division or chromatography. 組換え体は、抗原断片と組み合わせるか、それと融合させて、キメラにすることができる。 Recombinants, or combined with an antigen fragment, therewith fused, it can be chimeric. 多価抗原処方物を使用して、同時に、1個より多い抗原に対する免疫応答を誘発させることができる。 Use multivalent antigen formulation, at the same time, it is possible to elicit an immune response against more than one antigen. 複合体を使用して、複数抗原に対する免疫応答を誘発させるか、免疫応答を強化するか、その両方を行うことができる。 Use complex, or to elicit an immune response against multiple antigens, or to enhance the immune response, it is possible to do both. 経皮免疫を使用して、経口、鼻又は他の非経口経路などによる他の免疫系路により初めは誘発された応答を強化することができる。 Use transcutaneous immunization, oral, initially by other immune system path due nasal or other parenteral routes may enhance the induced response. このような経口/経皮又は経皮/経口免疫は、粘膜免疫が防御と関連している疾患で粘膜免疫を強化するために特に重要である。 Such oral / transcutaneous or transcutaneous / oral immunization is particularly important to enhance mucosal immunity in diseases where mucosal immunity is associated with protection.
【0058】 [0058]
抗原を、緩衝液又は水又はアルコール又はDMSOなどの有機溶剤中に可溶化するか、ゲル、エマルション、脂質ミセル又はベシクル及びクリームに導入することができる。 Antigen, or solubilized in an organic solvent such as a buffer or water or alcohol or DMSO, may be introduced gels, emulsions, lipid micelles or vesicles and creams. 適切な緩衝液には、これらに限らないが、Ca ++ /Mg ++不含のリン酸緩衝食塩水、リン酸緩衝食塩水、正常食塩水(水中に150mMのNaCl)及びHepes又はトリス緩衝液が含まれる。 Suitable buffers include, but are not limited to, Ca ++ / Mg ++ free phosphate buffered saline, phosphate buffered saline, normal saline (150 mM of NaCl in water) and Hepes or Tris buffer It includes a liquid. 中性緩衝液に可溶性ではない抗原は、10mMの酢酸中で可溶化して、PBSなどの中性緩衝液で所望の容量に希釈することができる。 Antigen not soluble in neutral buffer can be solubilized in 10mM acetic acid, it can be diluted to the desired volume with a neutral buffer such as PBS. 酸性pHでのみ可溶性な抗原の場合には、酸性pHのPBS酢酸塩を、希酢酸中で可溶化した後に、希釈剤として使用することができる。 In the case of soluble antigen only at acidic pH is a PBS acetate salt of an acidic pH, after solubilized in dilute acetic acid, can be used as a diluent. ジメチルスルホキシド及びグリセロールが、本発明で使用するために適した非水性緩衝液である。 Dimethylsulfoxide and glycerol, a non-aqueous buffer suitable for use in the present invention.
【0059】 [0059]
疎水性抗原は、洗浄剤又は界面活性剤、例えば、膜貫通(membrane−spanning)ドメインを含有するポリペプチド中で可溶化することができる。 Hydrophobic antigen, detergents or surfactants, for example, can be solubilized in a polypeptide containing the transmembrane (membrane-spanning) domain. さらに、リポソームを含有する処方物では、洗浄剤溶液中の抗原(例えば、細胞膜抽出物)を、脂質と混合し、次いで希釈、透析又はカラムクロマトグラフィにより界面活性剤を除去することにより、リポソームを生じさせることができる。 Moreover, the formulations containing liposomes, an antigen in detergent solution (e.g., a cell membrane extract), mixed with a lipid, then diluted, by removing the detergent by dialysis or column chromatography, resulting liposomes it can be. 一定の抗原(例えば、膜タンパク質)は、それ自体可溶性である必要はないが、脂質膜(例えば、ヴィロソーム)、ビリオン単独の懸濁液、あるいは抗原提示細胞を活性化することにより取り込むことができる熱不活化細菌又は微小球の懸濁液(例えば、オプソニン作用)中に直接挿入することができる。 Certain antigens (e.g., membrane proteins) need not be itself soluble, lipid membrane (e.g., virosomes), can be incorporated by activating the suspension, or the antigen-presenting cells of the virion alone heat-inactivated bacteria or microspheres suspension (e.g., opsonization) can be inserted directly into the. 抗原を、WO第99/43350号に記載されている浸透増強剤と混合することもできる。 Antigen may be mixed with a penetration enhancer as described in WO 99/43350.
【0060】 [0060]
ヒト又は動物対象のワクチン接種に使用することができ、特定の病原体に対して特異的な免疫応答を誘発する多くの抗原、さらに、抗原を調製し、抗原の適切な容量を決定し、免疫応答を誘発するためにアッセイし、病原体(例えば、細菌、ウイルス、カビ又は原生動物)による感染を治療する方法は、当技術分野で知られている。 Can be used for vaccination of a human or animal subject, a number of antigens to induce a specific immune response against a particular pathogen, further preparing antigen, determining a suitable volume of antigen, immune response assayed to induce pathogen (e.g., bacteria, viruses, fungi or protozoa) methods of treating infection by are known in the art. 環境及び食品アレルゲン、さらに、哺乳類ホスト(例えば、ヒト、動物)の自己抗原が、病原体に由来しない抗原の例である。 Environmental and food allergens, further mammalian host (e.g., human, animal) are autoantigens, are examples of antigens that are not derived from a pathogen. 経皮免疫のための処方物及びワクチンを製造するために使用される抗原は、天然製品そのもの、その遺伝的に改変又は化学的に合成された形、その断片、融合体又は複合体であってよい。 The antigen used to produce the formulations and vaccine for transcutaneous immunization is a natural product itself, its genetically modified or chemically synthesized forms, a fragment thereof, fusion or conjugate good. 免疫応答は通常、抗原の一部のみを認識する(例えば、1個又は複数の免疫原性エピトープ)。 The immune response typically recognize only a portion of the antigen (e.g., one or more immunogenic epitopes).
【0061】 [0061]
Plotkin及びMortimer(Vaccine、2nd Ed.、Philadephia:W.B.Saunders、1994)は、特定の病原体に特異的な免疫応答を誘発するためにヒト又は動物にワクチン接種するために使用することができる抗原、さらに、抗原を調製し、抗原の適切な用量を決定し、免疫応答の誘発をアッセイし、病原体による感染を治療するための方法を提供する。 Plotkin and Mortimer (Vaccine, 2nd Ed, Philadephia:. W.B.Saunders, 1994) can be used to vaccinate a human or animal to induce an immune response specific for particular pathogens antigen, further preparing antigen, determining a suitable dose of antigen, the induction of immune responses were assayed, provides a method for treating an infection by a pathogen.
【0062】 [0062]
細菌には例えば、炭疽(anthrax)、カンピロバクター(Campylobacter)、コレラ菌(Vibrio cholera)、クロストリジウムディフィシレ(Clostridium difficile)を含むクロストリジウム属、ジフテリア(Diphtheria)、腸管出血性大腸菌(enterohemorrhagic E.coli)、毒素原性大腸菌(enterotoxigenic E.coli)、ジアルジア(Giardia)、淋菌(gonococcus)、ヘリコバクターピロリ(Helicobacter pylori)、ヘモフィルスインフルエンザB(Hemophilus influenza B)、型別不能ヘモフィルスインフルエンザ(Hemophilus influenz The bacteria for example, anthrax (anthrax), Campylobacter (Campylobacter), cholera (Vibrio cholera), Clostridium species including Clostridium difficile (Clostridium difficile), diphtheria (Diphtheria), enterohemorrhagic Escherichia coli (enterohemorrhagic E.coli), enterotoxigenic E. coli (enterotoxigenic E.coli), Giardia (Giardia), Neisseria gonorrhoeae (gonococcus), Helicobacter pylori (Helicobacter pylori), Haemophilus influenza B (hemophilus influenza B), type-specific non-Haemophilus influenzae (hemophilus influenz nontypeable)、レジオネラ(Legionella)、髄膜炎菌(meningococcus)、結核、ヒト型結核をもたらす微生物を含むミコバクテリア(Mycobacteria)、百日咳、肺炎球菌(pneumococcus)、サルモネラ(salmonella)、シゲラ(shigella)、スタヒロコッカス(Staphylococcus)、A群β溶血ストレプトコッカス(Group A beta−hemolytic streptococcus)、ストレプトコッカスB(StreptococcusB)、テタヌス(tetanus)、ボレリアブルクドルフィ(Borrelia burgdorfi)及びエルシニア(Yersinia)が含まれる。 Nontypeable), Legionella (Legionella), Neisseria meningitidis (meningococcus), tuberculosis, mycobacteria containing microorganisms resulting in tuberculosis (Mycobacteria), whooping cough, pneumococcus (pneumococcus), Salmonella (salmonella), Shigella (Shigella), Staphylococcus (Staphylococcus), A group β hemolytic Streptococcus (group A beta-hemolytic streptococcus), Streptococcus B (StreptococcusB), tetanus (tetanus), include Borrelia Burg Gandolfi (Borrelia burgdorfi) and Yersinia (Yersinia). これらの産物を抗原として使用することもできる。 These products can also be used as an antigen. 抗原には例えば、毒素、トキソイド、そのサブユニット又はこれらの組合せ;ビルレンス又は定着因子;及び産物が含まれる。 The antigen for example, toxins, toxoids, subunits thereof, or combinations thereof; include and products; virulence or colonization factor.
【0063】 [0063]
ウイルスには例えば、アデノウイルス、デングセロタイプ1から4、エボラ、エンテロウイルス、ハンタウイルス、肝炎セロタイプAからE、単純ヘルペスウイルス1又は2、ヒト免疫不全ウイルス、ヒトパピローマウイルス、インフルエンザ、麻疹、ノーウォーク、日本ウマ脳炎、パピローマウイルス、パルボウイルスB19、ポリオ、狂犬病、RSウイルス、ロタウイルス、風疹、はしか、セントルイス脳炎、ワクシニア、マラリア抗原などの他の抗原をコードする遺伝子を含有するウイルス発現ベクター、水痘及び黄熱が含まれる。 The virus, for example, adenovirus, dengue serotypes 1 to 4, Ebola, enterovirus, hantavirus, E from hepatitis serotypes A, herpes simplex virus 1 or 2, human immunodeficiency virus, human papilloma virus, influenza, measles, Norwalk, Japan equine encephalitis, papilloma virus, parvovirus B19, polio, rabies, RS virus, rotavirus, rubella, viral expression vectors containing measles, St. Louis encephalitis, vaccinia, genes encoding other antigens such as malaria antigens, varicella, and It includes yellow fever. これらのウイルス産物又は誘導体を、抗原のための源として使用することができる。 These viral products or derivatives, may be used as a source for antigen.
【0064】 [0064]
カビには、体部白癬、爪白癬、スポロトリクム症、アスペルギルス症、カンジダをもたらす実体及び他の病原性カビが含まれる。 The mold, tinea corporis, tinea unguium, sporotrichosis include aspergillosis, entity leads to Candida and other pathogenic fungi. そのカビ産物又は誘導体を、抗原のための源として使用することができる。 The mold product or derivative, can be used as a source for antigen.
【0065】 [0065]
原生動物には例えば、赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)、プラスモジウム(Plasmodium)、リーシュマニア(Leishmania)及び蠕虫(Helminthes);住血吸虫(Schistosomes);及びこれらの産物が含まれる。 The protozoa e.g., Entamoeba histolytica (Entamoeba histolytica), Plasmodium (Plasmodium), Leishmania (Leishmania) and helminths (Helminthes); include and their products; Schistosoma (Schistosomes). その原生動物産物又は誘導体を、抗原のための源として使用することができる。 The protozoa products or derivatives thereof may be used as a source for antigen.
【0066】 [0066]
粘膜表面上で、又はそれを介して侵入する病原体、例えば、細菌のアクチノマイセス属の病原体種、エロモナス(Aeromonas)、バシラス(Bacillus)、バクテロイデス(Bacteroides)、ボルデテラ(Bordetella)、ブルセラ(Brucella)、カンピロバクター(Campylobacter)、キャプノサイトファガ(Capnocytophaga)、クラミジア(Clamydia)、クロストリジウム(Clostridium)、コリネバクテリウム(Corynebacterium)、エイケネラ(Eikenella)、エリジペロスリックス(Erysipelothrix)、エシェリキア(Escherichia)、フソバクテリウム(Fusobacterium On the mucosal surface, or invading pathogens through it, for example, pathogenic bacteria of the species of actinomycetes, Aeromonas (Aeromonas), Bacillus (Bacillus), Bacteroides (Bacteroides), Bordetella (Bordetella), Brucella (Brucella) , Campylobacter (Campylobacter), capture Roh site file moth (Capnocytophaga), Chlamydia (Clamydia), Clostridium (Clostridium), Corynebacterium (Corynebacterium), Eikenera (Eikenella), Erysipelothrix (Erysipelothrix), Escherichia (Escherichia), Fusobacterium (Fusobacterium 、ヘモフイルス(Hemophilus)、クレブシエラ(Klebsiella)、レジオネラ(Legionella)、レプトスピラ(Leptospira)、リステリア(Listeria)、マイコバクテリア(Mycobacterium)、マイコプラズマ(Mycoplasma)、ナイセリア(Neisseria)、ノカルジア(Nocardia)、パスツレラ(Pasteurella)、プロテウス(Proteus)、シュードモナス(Pseudomonas)、リケッチア(Rickettsia)、サルモネラ(Salmonella)、セレノモナス(Selenomonas)、シゲラ(Shigella)、スタヒロコッカス(Staphylococcus)、ストレプトコッカス(Str , Hemofuirusu (Hemophilus), Klebsiella (Klebsiella), Legionella (Legionella), Leptospira (Leptospira), Listeria (Listeria), mycobacteria (Mycobacterium), Mycoplasma (Mycoplasma), Neisseria (Neisseria), Nocardia (Nocardia), Pasteurella (Pasteurella ), Proteus (Proteus), Pseudomonas (Pseudomonas), rickettsia (rickettsia), Salmonella (Salmonella), Serenomonasu (Selenomonas), Shigella (Shigella), Staphylococcus (Staphylococcus), Streptococcus (Str ptococcus)、トレポネーマ(Treponema)、ビブリオ(Vibrio)及びヴェルシニア(Versinia);アデノウイルス群からの病原性ウイルス株、コロナウイルス(Coronavirus)、ヘルペスウイルス、オルソミクソウイルス(Orthomyxovirus)、ピコルノウイルス(Picornovirus)、ポックスウイルス(Poxvirus)、レオウイルス(Reovirus)、レトロウイルス(Retrovirus)、ロタウイルス、アスペルギルス属からの病原性カビ、ブラストミセス、カンジダ、コクシジオイデス(Coccidiodes)、クリプトコッカス(Cryptococcus)、ヒストプラスマ(Histoplasma)及びフィコマイス(phycom Ptococcus), Treponema (Treponema), Vibrio (Vibrio) and Vel Senior (Versinia); pathogenic virus strain from the adenovirus group, coronavirus (coronavirus), herpes virus, orthomyxovirus (Orthomyxovirus), peak Corno virus (Picornovirus ), pox virus (poxvirus), reovirus (reovirus), retroviral (retrovirus), rotavirus, pathogenic fungi, blastomycosis from the genus Aspergillus, Candida, Coccidioides (Coccidiodes), Cryptococcus (Cryptococcus), histoplasmosis (Histoplasma) and Fikomaisu (phycom yces)及びアイメリア、エントアメーバ、ギアリダ及びトリコモナス属の病原性原生生物が、特に重要である。 Yces) and Eimeria, Entamoeba, Giarida and Trichomonas spp pathogenic protozoa are of particular interest.
【0067】 [0067]
癌、アレルギー及び自己免疫疾患の治療として、ワクチン接種を使用することもできる。 Cancer, as a treatment for allergy and autoimmune diseases, vaccination can also be used. 例えば、腫瘍抗原(例えば、HER2、前立腺特異的抗原)のワクチン接種は、抗体、CTL及びリンパ球増殖の形の免疫応答を誘発し、これにより、腫瘍細胞を認識し、撲滅する体の免疫系が可能となる。 For example, tumor antigen (e.g., HER2, prostate specific antigen) vaccination is to elicit antibodies, CTL and the immune response in the form of lymphocyte proliferation, thereby, recognize the tumor cells, the immune system of eradication to the body it is possible. ワクチン接種のために使用することができる腫瘍抗原が、白血病、リンパ腫及び黒色腫に関して記載されている。 Tumor antigens which can be used for vaccination, leukemia, have been described for lymphoma and melanoma. 動物(例えば、トリ、ネコ、イヌ、げっ歯類)、ゴキブリ、ノミ、ダニ及び植物花粉(例えば、草、樹木)が、アレルゲンとして知られている。 Animals (e.g., birds, cats, dogs, rodents), cockroaches, fleas, mites and pollen (eg, grasses, trees) are known as allergens. T細胞受容体又は自己抗原(例えば、すい島抗原)のワクチン接種は、自己免疫疾患の進行を停止させる免疫応答を誘発しうる。 Vaccination of T cell receptor or autoantigen (for example, islet antigen) may induce an immune response to stop the progression of autoimmune diseases.
【0068】 [0068]
アジュバント処方物は、アジュバントを含有するが、単一の分子が、アジュバントと抗原特性の両方を有してもよい(例えば、ADPリボシル化外毒素)。 Adjuvant formulations is comprises an adjuvant, single molecules, may have both adjuvant and antigen properties (e.g., ADP-ribosylating exotoxin). 大抵のアジュバントは、免疫原活性を有し、抗原と見なされるので、アジュバントも、抗原の前記の特性及び特徴を有すると予測される。 Most adjuvants have immunogenic activity, since are considered antigens, adjuvants are also expected to have the properties and characteristics of antigens. 例えば、アジュバント及び抗原を、同じ技術を使用して調製することができる(前記参照)。 For example, the adjuvant and antigen may be prepared using the same technique (see above).
【0069】 [0069]
アジュバントは、おそらく抗原提示細胞(例えば、皮膚の様々な層中の樹状細胞、特に、ランゲルハンス細胞)の活性化を介して、特異的に、又は非特異的に抗原特異的免疫応答を強化するために使用することができる物質である。 Adjuvants, possibly antigen presenting cells (e.g., dendritic cells of the various layers of the skin, especially Langerhans cells) via activation of, specifically, or non-specifically enhance the antigen-specific immune response it is a substance that can be used for. Elson et al. Elson et al. も参照(Handbook of Mucosal Immunology、Academic Press、1994)。 See also (Handbook of Mucosal Immunology, Academic Press, 1994). 活性化は当初、表皮又は真皮中で生じうるが、効果は、リンパ系及び循環を介しての樹状細胞移動として持続しうる。 Activation initially may occur in the epidermis or dermis, but the effect can persist as the dendritic cells move through the lymphatic system and the circulation. アジュバントを処方し、抗原と共に、又はこれを伴わずに適用するが、通常、アジュバントによる抗原提示細胞の活性化は、抗原の提示前に生じる。 Prescribe adjuvant, with an antigen, or will be applied without this, normally, activation of antigen presenting cells by adjuvant occurs prior presentation of antigen. もしくは、これらは、短い時間間隔内で別々に提示されるが、同じ解剖学的領域をターゲットとしてよい(例えば、同じ排出性リンパ節界)。 Or, they are presented separately within a short time interval, the same anatomical region may as a target (e.g., the same discharge lymph node field).
【0070】 [0070]
アジュバントには例えば、ケモカイン(例えば、デフェンシン、HCC−1、HCC−4、MCP−1、MCP−3、MCP−4、MIP−1α、MIP−1β、MIP−1δ、MIP−3α、MIP−2、RANTES);ケモカイン受容体の他のリガンド(例えば、CCR1、CCR−2、CCR−5、CCR−6、CXCR−1);サイトカイン(例えば、IL−1β、IL−2、IL−6、IL−8、IL−10、IL−12;IFN−γ、TNF−α;GM−CSF);これらのサイトカインのための受容体の他のタンパク質リガンド、熱ショックタンパク質及びその誘導体;elF4aのリーシュマニア同族体及びその誘導体;細菌ADPリボシル化外毒素及びその誘導体(例えば、遺伝突然変異体、A及び/又はBサブユニット含 The adjuvants for example, chemokines (e.g., defensins, HCC-1, HCC-4, MCP-1, MCP-3, MCP-4, MIP-1α, MIP-1β, MIP-1δ, MIP-3α, MIP-2 , RANTES); chemokines other ligands of the receptor (e.g., CCR1, CCR-2, CCR-5, CCR-6, CXCR-1); cytokines (e.g., IL-1β, IL-2, IL-6, IL -8, IL-10, IL-12; IFN-γ, TNF-α; GM-CSF); Leishmania homolog of ElF4a; other protein ligands, heat shock proteins and derivatives of the receptor for these cytokines body and derivatives thereof; bacterial ADP-ribosylating exotoxin and derivatives thereof (e.g., genetic mutations, A and / or B subunit-containing 断片、化学的にトキソイド化した変異型);細菌ADPリボシル化外毒素又はその誘導体を含有する化学的複合体又遺伝的組換え体;C3dタンデム配列;及びスーパー抗原が含まれる。 Fragments, chemically toxoided by mutant); included and superantigens; chemical complex The genetic recombinants containing a bacterial ADP-ribosylating exotoxin or a derivative thereof; C3d tandem array. 他の有効なアジュバントに関しては、Nohria et al. For other effective adjuvant, Nohria et al. (Biotherapy、7:261−269、1994)及びRichards et al. (Biotherapy, 7: 261-269,1994) and Richards et al. (in Vaccine Design、Eds.Powell et al.、Plenum Press、1995)も参照。 (In Vaccine Design, Eds.Powell et al., Plenum Press, 1995) see also.
【0071】 [0071]
抗体又は細胞性エフェクター、特異的抗体アイソタイプ(例えば、IgM、IgD、IgA1、IgA2、分泌性IgA、IgE、IgG1、IgG2、IgG3及び/又はIgG4)又は特異的T細胞サブセット(例えば、CTL、Th1、Th2及び/又はT DTH )が優先的に誘発されるように、アジュバントを選択することができる。 Antibody or cellular effectors, specific antibody isotypes (e.g., IgM, IgD, IgAl, IgA2, secretory IgA, IgE, IgG1, IgG2, IgG3 and / or IgG4), or specific T-cell subsets (e.g., CTL, Th1, as Th2 and / or T DTH) is preferentially induced, can be selected adjuvant. 例えば、抗原提示細胞は、クラスII制限的抗原を前駆体CD4+T細胞を提示し、Th1又はTh2経路に侵入しうる。 For example, antigen-presenting cells, the class II restriction antigen presenting precursor CD4 + T cells can invade the Th1 or Th2 pathway. 活発にサイトカインを分泌するTヘルパー細胞が主な、エフェクター細胞であり;これは、静止している場合には、免疫記憶細胞である。 T helper cells is primarily to actively secrete cytokines, be effector cells; this, when at rest are immune memory cells. 免疫記憶細胞の再活性化により、免疫記憶エフェクター細胞が産生される。 The reactivation of immune memory cells, immune memory effector cells are produced. Th1は特徴的にIFN−γを分泌し(TNF−β及びIL−2も分泌されうる)、細胞性免疫の「ヘルプ」に関連し、Th2は特徴的にIL−4を分泌し(IL−5及びIL−13も分泌されうる)、液性免疫の「ヘルプ」に関連している。 Th1 is associated with characteristically secrete IFN-γ (TNF-β and IL-2 may also be secreted), cellular immunity "Help", Th2 characteristically secrete IL-4 (IL- 5 and IL-13 may also be secreted) are associated with "help" for humoral immunity. 疾患病理に依存して、Th2応答(例えば、抗原特異性抗体)に対してTh1応答(例えば、抗原特異性細胞溶解細胞)を選ぶように、アジュバントを選択することができる。 Depending on the disease pathology, Th2 response (e.g., antigen-specific antibody) Th1 response to (e.g., antigen-specific cytolytic cells) to choose a, can be selected adjuvant.
【0072】 [0072]
大抵のADPリボシル化外毒素(bARE)は、A:Bへテロ二量体として構成されており、この際、Bサブユニットは、受容体結合活性を有し、Aサブユニットは、ADPリボシルトランスフェラーゼ活性を有する。 Most ADP-ribosylating exotoxins (bARE) are A: is configured as a heterodimer to B, this time, B sub-unit includes a receptor binding activity, A subunit ADP ribosyltransferase having the activity. 代表的なbAREには、コレラ毒素(CT)、E. Typical bARE, cholera toxin (CT), E. coli易熱性エンテロトキシン(LT)、ジフテリア毒素、シュードモナス外毒素A(ETA)、百日咳毒素(PT)、C. coli heat-labile enterotoxin (LT), diphtheria toxin, Pseudomonas exotoxin A (ETA), pertussis toxin (PT), C. ボツリヌス毒素C2、C. Botulinum toxin C2, C. ボツリヌス毒素C3、C. Botulinum toxin C3, C. リモスム外酵素、B. Rimosumu outside the enzyme, B. セレウス外酵素、シュードモナス外毒素S、S. Cereus extracellular enzymes, Pseudomonas exotoxin S, S. オーレウス(S.aureus)EDIN及びB. Aureus (S.aureus) EDIN and B. スファエリクス(B.sphaericus)毒素が含まれる。 Sphaericus (B.sphaericus) contains the toxin. 例えば、トリプシン分割部位の突然変異を含む突然変異bARE(例えば、Dickenson et al.、Infect Immun、63:1617−1623、1995)又はADPリボシル化に影響を及ぼす突然変異(例えば、Douce et al.、Infect Immun、65:28221−282218、1997)を使用することができる。 For example, mutation comprises a mutation of trypsin cleavage site bARE (e.g., Dickenson et al, Infect Immun, 63:. 1617-1623,1995) or mutations affecting ADP-ribosylation (e.g., Douce et al,. Infect Immun, 65: 28221-282218,1997) can be used.
【0073】 [0073]
TCIは、CT、LT又そのサブユニット(例えば、CTB又はLTB)のガングリオシドGM 1結合活性を介して達成することができる。 TCI is, CT, LT or its subunits (e.g., CTB or LTB) can be achieved via the ganglioside GM 1 binding activity. ガングリオシドGM 1は、全ての哺乳動物細胞中に存在する汎存性(ubiquitous)細胞膜糖脂質である。 Ganglioside GM 1 is a ubiquitous property (ubiquitous) cell membrane glycolipid present in all mammalian cells. ペンタマーCTBサブユニットは、細胞表面に結合し、親水性細孔が生じて、これにより、Aサブユニットが、脂質二重層へと挿入しうる。 Pentameric CTB subunit binds to the cell surface, it caused hydrophilic pores, thereby, A subunit, can be inserted into the lipid bilayer. APC上の他の結合ターゲットを使用することもできる(例えば、ETAは、α 2 −マクログロブリン受容体−低密度リポタンパク質受容体関連タンパク質と結合する)。 It is also possible to use other binding targets on the APC (e.g., ETA is, alpha 2 - macroglobulin receptor - binding and low density lipoprotein receptor-related protein). LTBサブユニットは、ガングリオシドGM 1 、加えて、他のガングリオシドに結合し、その結合活性によって、LTが、皮膚上で極めて免疫原性であるという事実が説明される。 LTB subunits, ganglioside GM 1, in addition, linked to other gangliosides, by its binding activity, LT is the fact that it is very immunogenic are described on the skin.
【0074】 [0074]
bARE又はBサブユニット含有断片又その複合体を伴うTCIは、そのガングリオシドGM 1結合活性を必要とする。 bARE or B subunit-containing fragments also TCI with the complex requires the ganglioside GM 1 binding activity. マウスをCT、CTA及びCTBで経皮的に免疫化する場合、免疫応答を誘発するためにCT及びCTBを必要とした。 Mice CT, when the percutaneously immunized with CTA and CTB, were required CT and CTB to elicit an immune response. CTAは、ADPリボシル化外毒素活性を有するが、結合活性を有するCT及びCTBだけが、免疫応答を誘発することができ、このことは、Bサブユニットが、皮膚を介しての免疫には必要かつ十分であることを示している。 CTA has the ADP-ribosylating exotoxin activity, only CT and CTB has a binding activity, able to induce an immune response, this is, B subunits required for immunization through the skin indicating that and is sufficient. CTBがその細胞表面に結合することにより、ランゲルハンス細胞又は他のAPCは活性化されて、経皮免疫応答が生ずると、我々は結論付ける。 By CTB to bind to its cell surface, Langerhans cells or other APC may be activated, the transdermal immune response occurs, we conclude.
【0075】 [0075]
異なる細胞結合部位を有するにも関わらず、CT、LT、ETA及びPTは、IgG抗体を誘発するが、IgE抗体は誘発しない経皮免疫のための強力なアジュバントである。 Despite having different cellular binding sites, CT, LT, ETA and PT, which induces IgG antibodies, IgE antibodies are potent adjuvants for transcutaneous immunization does not induce. CTを伴わないCTBも、IgG抗体を誘発しうる。 CTB without CT also can induce IgG antibody. したがって、bARE及びその誘導体の両方が、皮膚に経皮的に適用されると有効に免疫しうる。 Thus, both bARE and a derivative thereof can effectively immunize when percutaneously applied to the skin. しかしながら、アジュバント及び抗原としての天然LTは明らかに、天然CTほど強力ではない。 However, apparent native LT as an adjuvant and antigen, not as strong as natural CT. しかし活性化bAREは、経皮免疫系での弱い免疫原性抗原のためのアジュバントとして作用しうる。 But activated bARE can act as adjuvants for weakly immunogenic antigens in transcutaneous immunization system. したがって、1種又は複数の抗原を用いての治療的免疫を、予防的又は治療的免疫応答を誘発する抗原提示細胞の免疫刺激と別々に、又はそれと一緒に使用することができる。 Therefore, it is possible to therapeutic immunization with one or more antigens separately and prophylactic or immunization therapeutic immune antigen presenting cells to elicit a response stimulation, or to use it together.
【0076】 [0076]
通常、毒素を、化学的に不活化して、免疫原性のままではあるが毒性は低いトキソイドを生じさせることができる。 Usually, toxins, chemically inactivated, albeit remain immunogenic toxicity can cause low toxoid. 毒素ベースの免疫原及びアジュバントを使用する経皮免疫系により、これらの疾患に対する保護に適した抗毒素レベルが達成されると、我々は考えている。 The transcutaneous immunization system using toxin-based immunogens and adjuvants, the antitoxin levels suitable for protection against these diseases is achieved, we believe. 抗毒素抗体を、毒素又はその遺伝的に解毒されたトキソイドを用いる、あるいはトキソイド及びアジュバントを用いる免疫を介して誘発することができる。 The anti-toxin antibodies, using toxins or genetically detoxified toxoids, or can be induced through immunization with toxoid and adjuvant. 変更されたADPリボシル化外毒素活性又はトリプシン分割部位を有するが、結合活性は有しない遺伝的にトキソイド化された毒素は、経皮免疫で使用される抗原提示細胞の非毒性活性化物質として特に有効であり、毒素使用に対する懸念を低減しうると考えられる。 Have altered ADP-ribosylating exotoxin activity or trypsin cleavage site, genetically toxoided toxin without the binding activity, especially as a non-toxic activators of antigen presenting cells used in transcutaneous immunization is valid, considered may reduce concerns over toxin use.
【0077】 [0077]
bAREは、経皮免疫を介して抗原特異性CTLを誘発するためのアジュバントとしても作用しうる。 bARE can also act as an adjuvant to induce antigen-specific CTL through transcutaneous immunization. bAREアジュバントを、例えば、炭水化物、ポリペプチド、糖脂質及び糖タンパク質抗原を含む他の抗原と化学的に複合させることができる。 The bARE adjuvant, for example, carbohydrates, polypeptides, can be other antigens and chemically complex containing glycolipids and glycoproteins antigens. 毒素、そのサブユニット又はトキソイドとこれらの抗原との化学的複合は、経皮的に適用された場合のこれらの抗原に対する免疫応答を増強すると予測される。 Toxins, chemical conjugation with its subunits, or toxoids with these antigens would be expected to enhance the immune response to these antigens when it is applied dermally. 毒素の毒性に関する問題を克服し(例えば、ジフテリア毒素は、1分子が細胞を殺しうるほどの毒性を有することが知られている)、破傷風のような強力な毒素を用いて作業するという問題を克服するために、数人の従事者が、遺伝的に製造されたトキソイドに対する組換え手法に取り組んできた。 To overcome the problems on the toxicity of the toxin (such as diphtheria toxin, 1 molecules are known to have a toxic enough can kill cells), the problem of working with potent toxins as tetanus in order to overcome, several of the workers, it has been working on a recombinant approach to genetically manufactured toxoid. これは、遺伝的欠失によりADPリボシルトランスフェラーゼの触媒活性を不活化することに基づく。 This is based on inactivating the catalytic activity of the ADP-ribosyl transferase by genetic deletion. これらの毒素は、そのままの毒素の結合能は保持しているが、毒性は欠いている。 These toxins, but retains binding ability of intact toxins, toxic lacks. このような遺伝的にトキソイド化された外毒素は、経皮免疫応答を誘発し、アジュバントとして作用すると予測される。 Such genetically toxoided been exotoxin induces transdermal immune response, is expected to act as an adjuvant. これらは、経皮免疫系の利点はもたらしうるが、その際、安全性に関する懸念は生じない。 These are may result advantage of transcutaneous immunization system, this time, there is no safety concerns. それというのも、トキソイドは、毒性を有するとは考えられないためである。 Also since, toxoids is because not considered toxic. しかしながら、トリプシン分割などの技術を介しての活性化により、トリプシン様酵素を欠いている皮膚を介してのLTのアジュバント品質が増強されると予測される。 However, activation through a technique such as trypsin division, is expected to adjuvant quality LT through the skin which lacks trypsin-like enzyme is enhanced. 加えて、毒素を化学的に変性するためのいくつかの技術が存在し、これらは、同じ問題に取り組んでいる。 Additionally, the toxin is present chemically modified to several techniques for, they are working on the same problem. これらの技術は、特定の適用、特に小児適用で重要であり、この際、摂取された毒素は、不利な反応をもたらしうる。 These techniques, certain applications, is particularly important in pediatric applications, this time, ingested toxins may lead to adverse reactions.
【0078】 [0078]
アジュバントを、天然源から生化学的に精製するか(例えば、pCT又pLT)、組換えにより製造することができる(例えば、rCT又はrLT)。 Adjuvant, or biochemically purified from a natural source (e.g., pCT also pLT), it can be produced recombinantly (e.g., rCT or rLT). ADPリボシル化外毒素を、タンパク質分解(即ち、活性化)の前又は後に精製することができる。 ADP ribosylation exotoxin, proteolysis (i.e., activation) may be purified before or after. ADPリボシル化外毒素のBサブユニットを使用することもでき;タンパク質分解の後に天然酵素から精製するか、酵素の全体コード領域の断片から製造することができる。 The use of B subunits of ADP-ribosylating exotoxin may be; either purified from the native enzyme after proteolysis, it can be prepared from fragments of the entire coding region of the enzyme. ADPリボシル化外毒素のサブユニットは、別々に(例えば、CTB又はLTB)、又は一緒に(例えば、CTA−LTB、LTA−CTB)、化学的複合又遺伝的融合により使用することができる。 Subunits of ADP-ribosylating exotoxins, separately (e.g., CTB or LTB), or together can be used (e.g., CTA-LTB, LTA-CTB), by chemical complex The genetic fusion. その細胞膜受容体に結合する能力を保持しているADPリボシル化外毒素の断片を生化学的に精製又は組換えにより生産し、次いで、Bサブユニットの代わりに使用することもできる。 Fragments of ADP-ribosylating exotoxin in the cell membrane receptors that retain the ability to bind produced by biochemical purification or recombinant, and then can be used in place of the B subunit.
【0079】 [0079]
点突然変異(例えば、1回、2回又は3回アミノ酸置換)、欠失(例えば、プロテアーゼ認識部位)及びADPリボシル化外毒素の単離された機能領域を、アジュバントとして使用することもできる。 Point mutations (e.g., once, twice or three times amino acid substitutions), deletions (for example, protease recognition sites) isolated functional areas and ADP-ribosylating exotoxin, it may also be used as adjuvants. 毒性が低いか、そのADPリボシル化活性を失っているが、そのアジュバント活性を保持している誘導体は、記載されている。 Toxic or low, but have lost their ADP-ribosylation activity, derivatives which retain their adjuvant activity have been described. E. E. coli易熱性エンテロトキシンの特異的突然変異体には、LT−K63、LT−R72、LT(H44A)、LT(R192G)、LT(R192G/L211A)及びLT(Δ192〜194)が含まれる。 coli The specific mutant heat labile enterotoxin, LT-K63, LT-R72, LT (H44A), LT (R192G), include LT (R192G / L211A), and LT (Δ192~194). 毒性は、Y−1副腎皮質細胞アッセイでアッセイすることができる(Clements and Finkelstein、Infect.Immun.、24:760−769、1979)。 Toxicity may be assayed in Y-1 adrenal cell assay (Clements and Finkelstein, Infect.Immun, 24:. 760-769,1979). ADPリボシル化は、NADアグマチンADP−リボシルトランスフェラーゼアッセイでアッセイすることができる(Moss et al.、J.Biol.Chem.、268:6383−6387、1993)。 ADP-ribosylation may be assayed in NAD agmatine ADP- ribosyltransferase assay (Moss et al, J.Biol.Chem, 268:.. 6383-6387,1993). 特殊なADPリボシル化外毒素、その誘導体及びその製造プロセス及び特徴は、米国特許第4666837号、同第4935364号、同第5308835号、同第5785971号、同第6019982号、同第6033673号及び同第6149919号に記載されている。 Special ADP-ribosylating exotoxin, derivatives thereof and its production process and features, U.S. Patent No. 4666837, the No. 4935364, the No. 5308835, the No. 5785971, the No. 6019982, Nos. No. 6033673 and the It is described in No. 6,149,919.
【0080】 [0080]
ランゲルハンス細胞の活性化物質を、アジュバントとして使用することもできる。 The activator of Langerhans cells may also be used as adjuvants. このような活性化物質の例には、ケモカイン、サイトカイン、分化因子及び成長因子(例えば、TGFβスーパーファミリーの一員)が含まれる。 Examples of such activators include chemokines, cytokines, differentiation factors and growth factors (e.g., TGF [beta superfamily member of).
【0081】 [0081]
抗原及びアジュバントの両方であるLTの場合のように、免疫化抗原が、十分なランゲルハンス細胞活性化能を有する場合には、別のアジュバントは必要とされない。 As in the case of LT which is both antigen and adjuvant, immunization antigen, if it has sufficient Langerhans cell activating ability, another adjuvant is not required. もしくは、このような抗原は、アジュバントを必要とするとは考えられない。 Or, such antigens are not considered to require an adjuvant. それというのも、これらは、十分に免疫原性であるためである。 Also since, they are because it is sufficiently immunogenic. 皮膚病変を誘発することなく、免疫応答を誘発するために、低濃度のランゲルハンス細胞活性化物質を使用することもできる。 Without inducing skin lesions, in order to elicit an immune response, it is also possible to use low concentrations of Langerhans cell activating substance.
【0082】 [0082]
ADPリボシル化因子によりADPリボシル化外毒素のアジュバント活性を増強するために、処方物に界面活性剤及び/又はリン脂質を加えるなどの、アジュバントの活性を増強するための他の技術も有効でありうる。 The ADP ribosylation factor to enhance adjuvant activity of ADP-ribosylating exotoxin, such as adding a surfactant and / or phospholipid in the formulation, other techniques for enhancing activity of adjuvants may be effective sell. 1種又は複数のADPリボシル化因子(ARF)を、bAREのアジュバント活性を増強するために使用することができる(例えば、ARF1、ARF2、ARF3、ARF4、ARF5、ARF6、ARD1)。 One or more ADP-ribosylation factor (ARF), can be used to enhance the adjuvanticity of bARE (e.g., ARF1, ARF2, ARF3, ARF4, ARF5, ARF6, ARD1). 同様に、1種又は複数のARFを、そのアジュバント活性を増強するためにADPリボシル化外毒素と共に使用することもできる。 Similarly, one or more ARF, can also be used with ADP ribosylating exotoxin to enhance its adjuvant activity.
【0083】 [0083]
望ましくない特性又は有害な副作用(例えば、アレルギー性又は過敏性反応;アトピー、接触皮膚炎又は湿疹;全身毒性)を、経皮免疫でのその有効性を破壊することなく、修飾により低減することができる。 Undesirable properties or harmful side effects (e.g., allergic or hypersensitivity reactions; atopy, contact dermatitis, or eczema; systemic toxicity), and without destroying its effectiveness in transcutaneous immunization, it is reduced by modification it can. 修飾は、例えば、可逆的化学修飾(例えば、タンパク質分解)の除去又は、処方物の1種又は複数の成分を免疫系から可逆的に隔離するコーティング中へのカプセル封入を伴う。 Modification involves, for example, reversible chemical modification (e.g., proteolysis) removal or encapsulation of one or more components of the formulation into a coating which reversibly isolates from the immune system. 脂質ベシクル中へのカプセル封入は、経皮免疫のためには必要なく、マイナスの効果を有すると明らかになっているが、例えば、処方物の1種又は複数の成分を、送達のために粒子中にカプセル封入することができる(例えば、マイクロスフェア、ナノ粒子)。 Encapsulation into the lipid vesicles is not required for transcutaneous immunization, but revealed to have a negative effect, for example, particles of one or more components of the formulation, for delivery it can be encapsulated in (e.g., microspheres, nanoparticles). 粒子の食細胞活動は単独で、MHC I群及び/又はII群分子及び/又は共同刺激分子(例えば、CD40、CD80及びCD86などのB7ファミリー員)の発現をアップレギュレーションすることにより、抗原提示細胞の活性化を増強することができる。 Phagocytosis of the particles by itself, by upregulating the expression of MHC I group and / or group II molecules and / or costimulatory molecules (e.g., CD40, CD80 and B7 family member, such as CD86), antigen-presenting cells it is possible to enhance the activation. 抗原提示細胞を活性化することによりこのような分子をアップレギュレーションする別の方法も知られている(前記参照)。 Another way to upregulate such molecules by activating the antigen presenting cells are also known (see above).
【0084】 [0084]
処方薬剤処方物を製造するためのプロセスはよく知られている。 Process for manufacturing a formulation agent formulation are well known. 処方物の成分を、薬剤学的に許容されるキャリヤ又は溶剤と、さらに、場合による添加物(例えば、少なくとも1種の結合剤、緩衝剤、着色剤、乾燥剤、希釈剤、湿潤剤、防腐剤、安定剤、他の賦形剤又これらの組合せ)の組合せと組み合わせることができる。 The components of the formulation, the pharmaceutically acceptable carrier or solvent, further additives by the case (for example, at least one binder, buffering agents, colorants, desiccants, diluents, wetting agents, preservatives agents, stabilizers, may be combined with other combinations of excipients also combinations thereof). 一般に、Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry、6 th Ed. In general, Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, 6 th Ed. (electronic edition、1998);Remington's Pharmaceutical Sciences、22 nd (Gennaro、1990、Mack Publishing);Pharmaceutical Dosage Forms、2 nd Ed. (Electronic edition, 1998); Remington 's Pharmaceutical Sciences, 22 nd (Gennaro, 1990, Mack Publishing); Pharmaceutical Dosage Forms, 2 nd Ed. (various editors、1989−1998、Marcel Dekker);及びPharmaceutical Dosage Forms and Drug Delivery Systems(Ansel et al.、1994、Williams & Wilkins)参照。 (Various editors, 1989-1998, Marcel Dekker); (. Ansel et al, 1994, Williams & Wilkins) and Pharmaceutical Dosage Forms and Drug Delivery Systems reference.
【0085】 [0085]
良好な製造実施が、薬剤工業では知られており、官庁により規制されている(例えば、米国食品薬品局)。 Good manufacturing practices are, in the drug industry is known, are regulated by agencies (e.g., U.S. Food and Drug Administration). 処方物の所定の成分を十分な量の適切な溶剤に溶解させることにより、液体処方物を調製することができる。 By dissolving the specified ingredients in the formulation a sufficient amount of a suitable solvent, can be prepared a liquid formulation. 通常、処方物の様々な成分を、分散媒体を含有する賦形剤に導入することにより、分散液を調製する。 Normally, the various components of the formulation is introduced into a vehicle which contains the dispersion medium to prepare a dispersion. 液体処方物から固体形を製造するために、溶剤を室温又はオーブン中で蒸発させることができる。 To produce the solid form from a liquid formulation, solvent can be evaporated at room temperature or in an oven. 表面上に窒素又は空気流を吹き付けることにより、乾燥を促進する;もしくは、真空乾燥又は凍結乾燥を使用することができる。 By blowing nitrogen or air flow over the surface, to facilitate drying; or, it may be a vacuum-drying or freeze-drying.
【0086】 [0086]
様々な剤形を製造し、パッチを生産するために適した手順は知られている。 To produce a variety of dosage forms, the procedure suitable for producing a patch are known. 各用量サイズ及び対象への投与間隔を利用して、容器、区画又はチャンバーの適切なサイズ及び形を決定することができる。 Using the dosing interval to each dose size and the subject, the container can be used to determine the appropriate size and shape of the compartment or chamber. ヒト又は動物に投与するために適した薬剤学的に許容される組成物を提供することができるようなキャリヤ又は適切な量の溶剤と共に、有効量の活性成分(例えば、少なくとも1種のアジュバント及び/又は1種又は複数の抗原)を処方物は含有する。 Along with the carrier or a suitable amount of solvent such that it can provide a pharmaceutically acceptable composition suitable for administration to a human or animal, the effective amount of the active ingredient (e.g., at least one adjuvant and / or one or more antigens) formulation of contains. 賦形剤を含有する処方物は、クリーム、エマルション、ゲル、ローション、軟膏、ペースト、溶液、懸濁液又は当技術分野で知られている他の液体形であってよく、特に、皮膚水和を増強するものである。 Formulations containing excipients, creams, emulsions, gels, lotions, ointments, pastes, solutions, may be other liquid form known in the suspension or the art, in particular, skin hydration it is intended to enhance. パッチでは、処方物の連続的なコーティングを、基材に適用することができるか、いくつかの処方物を含有する層を、積層して、活性成分のためのその能力を高めることができる。 The patch, a continuous coating of the formulation, it can be applied to a substrate, a layer containing a number of formulations, are stacked, it is possible to enhance the ability for the active ingredient.
【0087】 [0087]
用量及び投与スケジュール内での活性成分の相対量を、対象(例えば、動物又はヒト)への有効な投与のために適切に調整することができる。 The relative amounts of active ingredients at dosages and administration schedules, the subject (e.g., animal or human) can be appropriately adjusted for effective administration to the. この調整は、対象の特定の疾患又は状態に、さらに治療又は予防が意図されているかどうかに依存してよい。 This adjustment, a particular disease or condition of the subject may depend on whether or not they treatment or prevention are contemplated. 対象への処方物の投与を簡単にするために、各単位用量は、免疫の1回ラウンドのために予め決定された量で、活性成分を含有する。 To simplify administration of the formulation to a subject, each unit dose is a predetermined amount for a single round of immunization, containing the active ingredient.
【0088】 [0088]
タンパク質不安定性、加水分解及び変性を含む劣化には、数多くの原因が存在する。 Protein instability, hydrolysis and degradation, including denaturation, there are a number of causes. 変性の場合には、タンパク質の立体配座が妨害され、タンパク質が、通常の球状構造から開いてしまう。 In the case of modification, conformation of the protein is disturbed, protein, resulting in open from the normal spherical structure. その本来の立体配座に再び戻るよりもむしろ、疎水性相互作用によって、分子同士が集中(即ち、凝集)するか、又は不自然な立体配座に再び戻る。 Rather than its returns to the original conformation, by hydrophobic interactions, between molecules is concentrated (i.e., aggregation) to or returns to an unnatural conformation. これらの結果のいずれかは、抗原又はアジュバント活性の減損又は損失を伴いうる。 Any of these results may involve an impairment or loss of antigenic or adjuvant activity. 安定剤を加えて、このような問題を少なくするか、防止することができる。 Added stabilizer, or to reduce such problems can be prevented.
【0089】 [0089]
処方物又はその製造の際の中間体を、保護剤(即ち、凍結保護物質及び乾燥安定剤)で予め処理し、次いで、氷晶形成を最低化するような冷却速度及び最終温度にする。 The formulation or intermediates in their preparation, protective agents (i.e., cryoprotectants and dry stabilizers) previously treated with, then the cooling rate and the final temperature such that a minimum of ice crystal formation. 凍結保護因子を適切に選択し、予め選択された乾燥パラメーターを使用することにより多くの場合に、処方物を、適切な所望の最終用途のために乾燥させることができる。 Proper selection of cryoprotective agents, often by the use of preselected drying parameters, the formulation can be dried for suitable desired end use.
【0090】 [0090]
次の検討では、結合剤、緩衝液、着色剤、乾燥剤、希釈剤、湿潤剤、防腐剤及び安定剤などの付加的な添加剤を、その機能によって記載することを理解されたい。 In the next study, binding agents, buffers, coloring agents, desiccants, diluents, wetting agents, additional additives such as preservatives and stabilizers, it is to be understood that the described by their function. したがって、特定の化学薬品が、前記のいくつかの組合せとして作用することもある。 Thus, certain chemicals, may act as some combination of the. このような化学薬品は、免疫学的に不活性とみなされる。 Such chemicals are considered immunologically inert. それというのも、これらは、免疫応答を直接的には誘発せずに、抗原又はアジュバントの免疫活性を増強することにより、例えば、抗原又はアジュバントの変質あるいは乾燥及び水和サイクルの間の変性を低減することにより、応答を高めるからである。 Also since, they are without inducing the direct immune response, by enhancing the immune activity of the antigen or adjuvant, for example, the denaturation of between deterioration or drying and hydration cycle of the antigen or adjuvant by reducing, because increasing the response.
【0091】 [0091]
安定剤には、デキストラン及びデキストリンが含まれ;グリコール、アルキレングリコール、ポリアルカングリコール及びポリアルキレングリコール、糖及びデンプン、及びこれらの誘導体が適している。 Stabilizers, include dextran and dextrin; glycols, alkylene glycols, poly alkane glycols and polyalkylene glycols, sugars and starches, and derivatives thereof are suitable. 好ましい添加剤は、非還元糖及びポリオールである。 Preferred additives are non-reducing sugars and polyols. 特に、トレハロース、ヒドロキシメチル又ヒドロキシエチルセルロース、エチレン又はプロピレングリコール、トリメチルグリコール、ビニルピロリドン及びこれらのポリマーを加えることができる。 Particularly, trehalose, hydroxymethyl also hydroxyethylcellulose, ethylene or propylene glycol, trimethyl glycol, may be added vinylpyrrolidone and of these polymers. アルカリ金属塩、硫酸アンモニウム、塩化マグネシウム及び界面活性剤(例えば、非イオン性界面活性剤)は、タンパク質様アジュバント又は抗原を安定化し;場合によって、キャリヤ(例えば、寒天、アルブミン、ゼラチン、グリコーゲン、ヘパリン)を加え、凍結乾燥すると、さらに安定性を増強することができる。 Alkali metal salts, ammonium sulfate, magnesium chloride and a surfactant (e.g., nonionic surfactant) stabilizes the proteinaceous adjuvants or antigen; optionally, a carrier (e.g., agar, albumin, gelatin, glycogen, heparin) It was added, and freeze drying, it is possible to further enhance stability. 例えば、単糖類、二糖類、糖アルコール及びこれらの混合物(例えば、アラビノース、フルクトース、ガラクトース、グルコース、ラクトース、マルトース、マンニトール、マンノース、ソルビトール、スクロース、キシリトール)などの糖と接触させることにより、ポリペプチドを安定化することもできる。 For example, monosaccharides, disaccharides, sugar alcohols and mixtures thereof (e.g., arabinose, fructose, galactose, glucose, lactose, maltose, mannitol, mannose, sorbitol, sucrose, xylitol) by contacting a sugar, such as polypeptides it is also possible to stabilize. ポリオールは、ポリペプチドを安定化することができ、水混和性又は水溶性である。 Polyols may stabilize a polypeptide, a water-miscible or water-soluble. アミノ酸、脂肪酸及びリン脂質、金属、還元剤及び金属キレート化剤を含む様々な他の賦形剤も、ポリペプチドを安定化しうる。 Amino acids, fatty acids and phospholipids, metal, also various other excipients containing a reducing agent and a metal chelating agent, may stabilize the polypeptide. 安定剤は、接着処方物に対して、0.1%(w/v)から10%(w/v)又は1%(w/v)から5%(w/v)であってよい。 Stabilizer, relative to the adhesive formulation may be a 0.1% (w / v) to 10% (w / v) or 1% (w / v) from 5% (w / v).
【0092】 [0092]
安定剤又は他の賦形剤を適切に選択することにより、単一用量処方物を、ポリ(乳酸)(PLA)及びポリ(ラクチド−コ−グリコリド)(PLGA)マイクロスフェア中で安定化することができる。 By proper selection of the stabilizers or other excipients, a single dose formulation, poly (lactic acid) (PLA) and poly (lactide - co - glycolide) (PLGA) to be stabilized in microspheres can. 添加剤としてトレハロースを使用するのが有利である。 It is advantageous to use trehalose as an additive. それというのも、これは、非還元糖であり、したがって、タンパク質などのアミノ基を有する物質とアミノカルボニル反応を起こさないためである。 Also since, this is the non-reducing sugar, therefore, in order not to cause the material and aminocarbonyl reactions with amino groups such as proteins. 高濃度の糖などの安定剤は、細菌及びカビなどの微生物の成長を撲滅するが、防腐剤は、微生物の成長を活発に除去するか(例えば、殺菌)、微生物の成長を低減する(例えば、静菌)する典型的な抗菌物質である。 Stabilizers such as high concentrations of sugar, is to eradicate the growth of microorganisms such as bacteria and fungi, the preservative, either actively removing the growth of microorganisms (e.g., sterilization), to reduce the growth of microorganisms (e.g. a typical antimicrobial agent that bacteriostatic). 酸化防止剤を、処方物の活性成分の酸化を防止するために使用することもできる。 Antioxidants may also be used to prevent oxidation of the active ingredient of the formulation.
【0093】 [0093]
乾燥した非液体(即ち、固体)の形で対象に投与することができる処方物又はパッチは、コールドチェーンを必要としない状態での貯蔵を可能にすると考えられる。 The dried non-liquid (i.e., solid) formulation or patch may be administered to a subject in the form of, would allow storage in conditions that do not require a cold chain. 抗原を、異種アジュバントと混合し、包帯の上に置いてパッチを生じさせ、完全に乾燥させることができる。 Antigen was mixed with different adjuvants, causing patches placed on the dressing, it is possible to completely dry. 次いで、この乾燥パッチを、一定期間、皮膚に直接接触させて、包帯と共に皮膚の上に置き、閉鎖性裏当て層(例えば、プラスチック又はワックスフィルム)でカバーして一定の場所に保持することができる。 Then, the dried patch, a period of time, in direct contact with the skin, the bandage with placed on the skin, occlusive backing layer (e.g., a plastic or wax film) be covered and with it held in a fixed location it can.
【0094】 [0094]
パッチ材料は、不織布又は織布であってよい(例えば、ガーゼ包帯)。 Patch material can be a non-woven or woven fabric (e.g., gauze bandages). 層は、処理の間に積層することもできる。 Layers can also be stacked during processing. これは、非閉鎖性又は閉鎖性であってよいが、後者は、裏当て層には好ましい。 This may be a non-occlusive or occlusive, while the latter, the backing layer preferably. 付加的な放出ライナーは、可能ならばシリコーン又はフルオロカーボンでフィルムを処理することによって、著しい量の処方物を吸収しないのが好ましい。 Additional release liner by processing the film, if possible with a silicone or fluorocarbon, preferably does not absorb significant amounts of the formulation. パッチを好ましくは、貯蔵のために、気密封止する(例えば、ホイル包装)。 Preferably the patch, for storage, hermetically sealed (e.g., foil packet). パッチを皮膚の上に保持して、パッチの成分を、様々な接着剤を使用して一緒に保持することができる。 The patch held on the skin, the components of the patch can be held together using various adhesives. アジュバント及び/又は抗原の1種又は複数を、パッチの接着部分に適用及び/又は導入することができる。 One or more adjuvants and / or antigens, may be applied and / or introduced into the adhesive part of the patch. 通常、パッチは、平坦かつ柔軟で、均一な形で製造することができる。 Usually, the patch can be produced in a flat and flexible, uniform shape. 付加的な添加剤は、パッチの柔軟性を維持するための可塑剤、パッチと皮膚との付着を補助するための粘着性付与剤及び少なくとも処理の間、処方物の粘度を増加させるための増粘剤である。 Additional additives include plasticizers to maintain the flexibility of the patch during the tackifier and at least processing for assisting the adhesion between the patch and skin, increasing to increase the viscosity of the formulation it is a viscous agent.
【0095】 [0095]
金属ホイル、セルロース、布(例えば、アセテート、木綿、レーヨン)、アクリルポリマー、エチレン酢酸ビニルコポリマー、ポリアミド(例えば、ナイロン)、ポリエステル(例えば、ポリエチレンナフタレート、テレフタル酸エチレン)、ポリオレフィン(例えば、ポリエチレン、ポリプロピレン)、ポリウレタン、塩化ポリビニリデン(SARAN)、天然又は合成ゴム、シリコーンエラストマー及びこれらの組合せが、パッチ材料(例えば、包帯、裏当て層、放出ライナー)の例である。 Metal foil, cellulose, fabrics (e.g., acetate, cotton, rayon), acrylic polymer, ethylene-vinyl acetate copolymers, polyamides (e.g., nylon), polyesters (e.g., polyethylene naphthalate, ethylene terephthalate), polyolefin (e.g., polyethylene, polypropylene), polyurethane, polyvinylidene chloride (SARAN), natural or synthetic rubber, silicone elastomer, and combinations thereof, the patch material (e.g., bandages, backing layer, an example of a release liner).
【0096】 [0096]
接着剤は、水性接着剤(例えば、アクリレート又はシリコーン)であってよい。 The adhesive may be a water based adhesive (e.g., acrylate or silicone). アクリル接着剤は、複数の商業的源から入手することができる。 Acrylic adhesives are available from several commercial sources. アクリルポリマーは、C4〜C18脂肪族アルコールとメタクリル酸アルキルエステルとのコポリマーあるいはC4〜C18アルキルを有するメタクリル酸アルキルエステル、メタクリル酸及び又他の官能性モノマーからなるコポリマーであってよい。 Acrylic polymer, a methacrylic acid alkyl ester having a copolymer or C4~C18 alkyl of C4~C18 aliphatic alcohols and methacrylic acid alkyl esters, may be a copolymer of methacrylic acid and also other functional monomers. メタクリル酸アルキルエステルの例には、アクリル酸ブチル、アクリル酸イソブチル、アクリル酸ヘキシル、アクリル酸オクチル、アクリル酸2−エチルヘキシル、アクリル酸イソオクチル、アクリル酸デシル、アクリル酸イソデシル、アクリル酸ラウリル、アクリル酸ステアリル、メタクリル酸メチル、メタクリル酸エチル、メタクリル酸ブチル、メタクリル酸イソブチル、メタクリル酸2−エチルヘキシル、メタクリル酸イソオクチル、メタクリル酸デシルなどが含まれる。 Examples of alkyl methacrylate, butyl acrylate, isobutyl acrylate, hexyl acrylate, octyl acrylate, 2-ethylhexyl acrylate, isooctyl acrylate, decyl acrylate, isodecyl acrylate, lauryl acrylate, stearyl acrylate , methyl methacrylate, ethyl methacrylate, butyl methacrylate, isobutyl methacrylate, 2-ethylhexyl methacrylate, isooctyl methacrylate, and the like decyl methacrylate.
【0097】 [0097]
官能性モノマーの例には、ヒドロキシル基を含有するモノマー、カルボキシル基を含有するモノマー、アミド基を含有するモノマー、アミノ基を含有するモノマーが含まれる。 Examples of functional monomers include monomers containing a hydroxyl group, a monomer containing a carboxyl group, a monomer containing an amide group, a monomer containing an amino group. ヒドロキシル基を含有するモノマーには、メタクリル酸2−ヒドロキシエチル、メタクリル酸ヒドロキシプロピルなどのメタクリル酸ヒドロキシアルキルが含まれる。 The monomer containing a hydroxyl group, 2-hydroxyethyl methacrylate include methacrylic acid hydroxyalkyl such as hydroxypropyl methacrylate. カルボキシル基を含有するモノマーには、アクリル酸、メタクリル酸など;リンゴ酸ブチルなどのマレイン酸モノアルキルエステル;マレイン酸;フマル酸;クロトン酸など;及び乾燥マレイン酸などのα−β不飽和カルボン酸が含まれる。 The monomer containing a carboxyl group, acrylic acid, and methacrylic acid; alpha-beta-unsaturated carboxylic acids such as and drying maleic acid; crotonic acid; maleic acid; fumaric acid monoalkyl maleate such as butyl malate It is included. アミド基を含有するモノマーの例は、アクリルアミド、ジメチルアクリルアミド、ジエチルアクリルアミドなどのアルキルメタクリルアミド;ブトキシメチルアクリルアミド、エトキシメチルアクリルアミドなどのアルキルエチルメチロールメタクリルアミド;ジアセトンアクリルアミド;ビニルピロリドン;ジメチルアミノアクリレートが含まれる。 Examples of monomers containing an amide group include acrylamide, dimethylacrylamide, alkyl methacrylamides, such as diethyl acrylamide; include dimethylamino acrylate; diacetone acrylamide; vinylpyrrolidone-butoxymethyl acrylamide, alkyl ethyl methylol methacrylamide such as ethoxymethyl acrylamide It is. 共重合のための前記のモノマーに加えて、酢酸ビニル、スチレン、α−メチルスチレン、塩化ビニル、アクリロニトリル、エチレン、プロピレン、ブタジエンなどを使用することもできる。 In addition to the monomers for copolymerization include vinyl acetate, styrene, alpha-methyl styrene, vinyl chloride, acrylonitrile, ethylene, propylene, also be used, such as butadiene.
【0098】 [0098]
市販のアクリル接着剤は、商品名AROSET、DUROTAK、EUDRAGIT、GELVA及びNEOCRYLで販売されている。 Commercially available acrylic adhesive, trade name AROSET, DUROTAK, EUDRAGIT, are sold in GELVA and NEOCRYL. EUDRAGITポリマーは、ポリマーの多様なファミリーを生じさせ、その一般的な形態は、胃腸管と相容性のポリアクリル酸又はポリメタクリル酸バックボーンであり、これは、薬剤調製で、特に錠剤のためのコーティングとして幅広く使用されているが、他の薬物装置のためのコーティングとしても使用されている。 EUDRAGIT polymers gives rise to diverse family of polymers, the common form is a polyacrylic acid or polymethacrylic acid backbone of the gastrointestinal tract compatible, this is a drug preparation, in particular for tablets has been widely used as a coating, it has also been used as a coating for other drug device. EUDRAGITポリマーは、(1)遊離カルボキシル基とエステル基との比がほぼ1:1である、メタクリル酸とメタクリル酸メチルをベースとするアニオンコポリマー、(2)遊離カルボキシル基とエステル基との比がほぼ1:2である、メタクリル酸とメタクリル酸メチルをベースとするアニオンコポリマー、(3)アンモニウム基と残りの中性メタクリル酸エステルとのモル比が1:20である、低含有率の4級アンモニウム基を有するアクリル酸エステル及びメタクリル酸エステルをベースとするコポリマー及び(4)アンモニウム基と残りの中性メタクリル酸エステルとのモル比が1:40である、低含有率の4級アンモニウム基を有するアクリル酸エステル及びメタクリル酸エステルをベースとするコポリマーとして特徴付け EUDRAGIT polymers are (1) the ratio of free carboxyl groups to ester groups is approximately 1: 1, anionic copolymer based on methacrylic acid and methyl methacrylate, the ratio of (2) free carboxyl groups to ester groups approximately 1: 2, anionic copolymer based on methacrylic acid and methyl methacrylate, (3) the molar ratio of ammonium groups to the remaining neutral methacrylic acid esters is 1:20, a low content of quaternary the molar ratio of the copolymer based on acrylic acid esters and methacrylic acid esters and (4) ammonium groups to the remaining neutral methacrylic acid esters having an ammonium group is 1:40, a quaternary ammonium group of the low-content characterized as copolymers based on acrylic acid esters and methacrylic acid esters having れる。 It is. これらのコポリマーは、商品名EUDRAGIT L、EUDRAGIT S、EUDRAGIT RL及びEUDRAGIT RSで販売されている。 These copolymers, product name EUDRAGIT L, EUDRAGIT S, are sold under the EUDRAGIT RL and EUDRAGIT RS. EUDRAGIT Eは、ジエチルアミノエチルメタクリレート及び中性メタクリル酸エステルをベースとするカチオンコポリマーであり;EUDRAGIT NEは、ポリメタクリレートの中性コポリマーである。 EUDRAGIT E is a cation copolymer based on diethylaminoethyl methacrylate and neutral methacrylic acid ester; EUDRAGIT NE is a neutral copolymer of polymethacrylate. メタクリレート又はアクリレートポリマーでは、EUDRAGIT RS、EUDRAGIT RL及びEUDRAGIT NEが存在し;EUDRAGIT RS−100、EUDRAGIT L−90、EUDRAGIT NE−30、EUDRAGIT L−100、EUDRAGIT S−100、EUDRAGIT E−100、EUDRAGIT RL−100、EUDRAGIT RS−100、EUDRAGIT RS−30D、EUDRAGIT E−100R及びEUDRAGIT RTMを入手することができる。 The methacrylate or acrylate polymer, EUDRAGIT RS, there are EUDRAGIT RL and EUDRAGIT NE; EUDRAGIT RS-100, EUDRAGIT L-90, EUDRAGIT NE-30, EUDRAGIT L-100, EUDRAGIT S-100, EUDRAGIT E-100, EUDRAGIT RL -100, it is possible to obtain EUDRAGIT RS-100, EUDRAGIT RS-30D, the EUDRAGIT E-100R and EUDRAGIT RTM.
【0099】 [0099]
さらに、接着層の水分吸収能を高めるか、低下させる目的のために、アクリルポリマーを、親水性モノマー、カルボキシル基を含有するモノマー、アミド基を含有するモノマー、アミノ基を含有するモノマーなどと共重合させることができる。 Furthermore, either increasing the water absorption capacity of the adhesive layer, for the purpose of reducing, co acrylic polymer, a hydrophilic monomer, a monomer containing a carboxyl group, a monomer containing an amide group, and the like monomers containing amino groups it can be polymerized. ゴム状又はシリコーン樹脂を、接着樹脂として使用することもでき;これらを、粘着付与剤又は他の添加剤を有する接着層に導入することもできる。 The gum or silicone resin, can also be used as an adhesive resin; these may be introduced into the adhesive layer having a tackifier or other additives.
【0100】 [0100]
もしくは、接着層の水分吸収能を、その中に高吸水性ポリマー、ポリオール及び吸水性無機物質を導入することにより調節することもできる。 Or, the water absorption capacity of the adhesive layer can also be adjusted by introducing superabsorbent polymer therein, a polyol and water-absorbing inorganic substance. 高吸水性樹脂の例には、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸などのムコ多糖類;キチン、キチン誘導体、デンプン及びカルボキシメチルセルロースなどの分子中に多数の親水基を有するポリマー;及びポリアクリル酸、ポリオキシエチレン、ポリビニルアルコール及びポリアクリロニトリルなどの高吸水性ポリマーが含まれる。 Examples of superabsorbent polymers, hyaluronic acid, chondroitin sulfate, mucopolysaccharides such as dermatan sulfate; chitin, chitin derivatives, polymers having multiple hydrophilic groups in the molecule, such as starch and carboxymethylcellulose; and polyacrylic acid, polyoxyethylene, it includes superabsorbent polymers such as polyvinyl alcohol and polyacrylonitrile. 吸水能を調節するために接着層に導入することができる吸水性無機物質の例は、粉末シリカ、ゼオライト、粉末セラミックなどが含まれる。 Examples of the water-absorbing inorganic substance which can be introduced into the adhesive layer in order to adjust the water absorption capacity include powdered silica, zeolites, such as a powder ceramic.
【0101】 [0101]
可塑剤は、例えば、アセチルクエン酸トリブチル(ATBC)、アセチルクエン酸トリエチル(ATEC)及びクエン酸トリエチル(TEC)などのクエン酸トリアルキルであってよい。 Plasticizers, for example, acetyl tributyl citrate (ATBC), or a trialkyl citrates, such as acetyl triethyl citrate (ATEC) and triethyl citrate (TEC). 可塑剤は、接着処方物の0.001%(w/v)から5%(w/v)であってよい。 Plasticizers may be 0.001% adhesion formulation (w / v) from 5% (w / v). 接着層の柔軟性を選択し、脆性を回避することにより、適切な濃度を経験的に決定することができる。 Select the flexibility of the adhesive layer, by avoiding brittleness, it is possible to determine the appropriate concentration empirically.
【0102】 [0102]
代表的な粘着性付与剤はグリコールであり(例えば、グリセロール、1,3ブタンジオール、プロピレングリコール、ポリエチレングリコール);200、300、400、800、3000などの平均分子量を、ポリアルキレングリコールでは利用することができる。 Exemplary tackifiers are glycols (e.g., glycerol, 1,3-butanediol, propylene glycol, polyethylene glycol); the average molecular weight of such 200,300,400,800,3000, Use a polyalkylene glycol be able to. コハク酸は、別の粘着性付与剤である。 Succinate is another tackifier. 粘着性付与剤は、接着処方物の0.1%(w/v)から10%(w/v)であってよい。 Tackifier can be a 0.1% adhesive formulation (w / v) from 10% (w / v). 接着層の脆性を回避すること及びその柔軟性により、適切な濃度を経験的に決定することができる。 By and flexibility to avoid brittleness of the adhesive layer, it is possible to determine the appropriate concentration empirically.
【0103】 [0103]
接着剤又免疫原性処方物の粘度を高めるために、増粘剤を加えることができる。 Adhesive also to increase the viscosity of the immunogenic formulation may be added a thickener. 増粘剤は、ヒドロキシアルキルセルロース又はデンプン、あるいは水溶性ポリマー;例えば、ポロキサマー、ポリエチレンオキシド及びその誘導体、ポリエチレンイミン、ポリエチレングリコール及びポリエチレングリコールエステルであってよい。 Thickeners, hydroxyalkyl cellulose or starch or a water-soluble polymer; for example, poloxamer, polyethylene oxide and its derivatives, polyethylene imine, may be polyethylene glycol and polyethylene glycol esters. しかし、溶液の粘度を高めるために役立つ分子であれば、パッチを製造している間の処方物の取り扱いを改善するために適している。 However, if the molecule that helps to increase the viscosity of the solution, are suitable to improve the handling of the formulations during the production of the patch. 例えば、ヒドロキシエチル又はヒドロキシプロピルセルロースは、接着剤又は免疫原性処方物の1%(w/v)から10%(w/v)であってよい。 For example, hydroxyethyl or hydroxypropyl cellulose, it may be one percent of the adhesive or immunogenic formulation (w / v) from 10% (w / v). 層としての処方物は、フィルムキャスティング又は押出しすることができ、次いで、層を、パッチを製造する間に被覆又は積層することができる。 Formulation as a layer may be a film casting or extrusion, then it is possible to layer a covering or lamination during the production of the patch. 複数の薄い接着層を一緒に連続して塗布又は積層することにより、タンパク質の容積を高めることができる。 By applying or laminating consecutively a plurality of thin adhesive layers together, it is possible to increase the volume of the protein. もしくは、アジュバント又は抗原などの免疫的に活性な成分の損失を最小にしつつ、粘性処方物を基材(例えば、裏当て層又は粘着層)の上に広げることができる。 Or, while minimizing the loss of immunologically active ingredients, such as adjuvants or antigen, it can be spread on top of the viscous formulations substrate (e.g., the backing layer or the adhesive layer). 増粘剤は、NATROSOLヒドロキシエチルセルロース及びKLUCELヒドロキシプロピルセルロースとして販売されている。 Thickeners, are sold as NATROSOL hydroxyethyl cellulose and KLUCEL hydroxypropyl cellulose.
【0104】 [0104]
ゲル及びエマルション系を、パッチ送達系に導入するか、パッチとは別に製造するか、ヒト又は動物対象に適用する前にパッチに施与することができる。 Gels and emulsion systems, or introduced into the patch delivery system, either manufactured separately from the patch can be applied to the patch prior to application to a human or animal subject. ゲル又はエマルションは、最小限の損失で容易に取り扱うことができる粘性の処方物をもたらすことにより、製造を簡単にする同じ目的のために役立つ。 Gel or emulsion, by providing a formulation of viscosity can be handled easily with minimal losses, useful for the same purposes of simplicity of manufacture. 「ゲル」との用語は、共有結合しているか、非架橋ヒドロゲルマトリックスのことである。 The term "gel" are either covalently linked, is that the non-crosslinked hydrogel matrix. ヒドロゲルは、PIAパッチのための免疫活性を有する少なくとも1種のタンパク質と共に処方することができる。 Hydrogels can be formulated with at least one protein having immunoreactivity for PIA patch. 付加的な賦形剤を、ゲル系に加えることができ、これにより、抗原/アジュバント送達、皮膚水和及びタンパク質安定性を増強することができる。 Additional excipients can be added to the gel system, which makes it possible to enhance antigen / adjuvant delivery, the skin hydration and protein stability. 「エマルション」との用語は、油中水型クリーム、水中油型クリーム、軟膏及びローションなどの処方物に関する。 The term "emulsion" water-in-oil creams, oil-in-water cream, to formulations such as ointments and lotions. エマルション系は、ミセルベース、脂質ベシクルベースあるいはミセル及び脂質ベシクルの両方のベースであってよい。 Emulsion system, micelles base, may be based both lipid vesicles based or micelles and lipid vesicles. エマルション系は、タンパク質接着剤系として少なくとも1種のアジュバント及び/又は抗原と共に処方することができる。 Emulsion system can be formulated together with at least one adjuvant and / or antigen as a protein adhesive system. 付加的な賦形剤をエマルション系に加えることができ、これにより、抗原/アジュバント送達、皮膚水和及びタンパク質安定性を増強することができる。 Additional excipients can be added to the emulsion system, which makes it possible to enhance antigen / adjuvant delivery, the skin hydration and protein stability.
【0105】 [0105]
処方物をパッチと共に、対象の皮膚と接触させて適用することができる。 The formulation with the patch can be applied in contact with the skin of a subject. これは、非閉鎖性又は閉鎖性裏当て層で覆うことができ、後者は、適用部位での水分の蒸発を防ぎ、閉じ込める。 This can be covered with a non-occlusive or occlusive backing layer, the latter is to prevent evaporation of moisture at the site of application, confine. このような処方物を、1箇所又は複数の箇所に、1本又は複数本の肢に、又は大きな表面積の皮膚に適用することができる。 Such formulations, at one location or multiple locations, may be applied to one or a plurality of limbs, or to the skin of large surface area. 使用することができる他の基材は、アクリル、ポリイソブチレン及びシリコーンなどの感圧接着剤である。 Other substrates that can be used is a pressure sensitive adhesive such as acrylic, polyisobutylene, and silicones. 処方物を、多孔性パッド(例えば、コットンガーゼ)又は胆汁性(bilious)細片(例えば、セルロース紙)に吸着させる代わりに、場合によって接着剤自体を伴うこのような基材に直接導入することができる。 The formulations, porous pad (e.g., cotton gauze) or bilious (Bilious) strip (e.g., cellulose paper) instead of adsorbing to, be introduced directly into such substrates with an adhesive itself optionally can.
【0106】 [0106]
接着剤及び免疫原性処方物を少なくとも部分的に混合するか、十分にブレンドし、次いで、裏当て層に付着させることができる。 At least partially mixing either the adhesive and immunogenic formulation, thoroughly blended and then can be attached to the backing layer. 免疫活性な成分を処方物中に分散又は溶解させることができる。 It can be dispersed or dissolved immune active ingredient in the formulation. もしくは、Meyerロッドを使用して接着剤の上にコーティング又は展開するか、層をキャスティングし、次いでローラーを使用して接着剤と緊密に並置させて積層するか、グラビア印刷などを使用して接着剤を印刷することにより、免疫原性処方物を接着層の表面に施与することができる。 Or, either coated or expanded onto the adhesive using a Meyer rod, or casting the layers, then laminating closely juxtaposed so the adhesive using a roller, using a gravure printed adhesive agent by printing, it is possible to applied the immunogenic formulation on the surface of the adhesive layer. 接着剤を、剥離性ライナーと接触させることができる。 The adhesive can be contacted with the release liner. 装置を処方物でコーティングするか、それに浸漬させて、乾燥させるか、あるいは、装置に処方物を噴霧することにより、接着剤及び免疫原性処方物を、顕微ブレード(microblade)又は顕微針アレイ又は顕微針の歯先と接触させることもできる。 Or coating the device with the formulation, is immersed in it, either by drying or by spraying the formulation into unit, adhesives and immunogenic formulations, microscopic blade (MicroBlade) or microneedle array or It can be contacted with the tooth tips of the microneedles.
【0107】 [0107]
処方物に加えられたポリマーは、活性成分の安定剤又は他の賦形剤として作用し、活性成分の少なくとも部分的に乾燥された形(即ち、乾燥又は半流動体)を水和するために使用されている溶液を飽和させて、活性成分の濃度を低下させることができる。 Polymers added to the formulation, acts as a stabilizer or other excipients of the active ingredient, at least partially dried form of the active ingredient (i.e., dry or semi-liquid) in order to hydrate the the solution to saturate in use, it is possible to reduce the concentration of the active ingredient. ポリマーは、溶剤中の「空の」スペースを満たすことにより、有効自由体積を減らすので、このような低減が起こる。 Polymer, by satisfying the "empty" space in the solvent, so reducing the effective free volume, such reduction occurs. こうすると、アジュバント/抗原の量を、飽和溶液の量を低減することなく節約することができる。 In this way, the amount of adjuvant / antigen can be conserved without reducing the amount of saturated solution. 重要な熱力学的な問題点は、飽和溶液中の活性成分が、低濃度の領域で「駆動」することである(例えば、皮膚を介して)。 An important thermodynamic problem, the active ingredient of a saturated solution is, is to "drive" in low concentration in the region (e.g., through the skin). 少なくとも1種のアジュバント及び/又は1種又は複数の抗原を分散又は溶解させるために、ポリマーで、処方物のこれらの成分のアジュバント/抗原活性を安定化することができる。 To disperse or dissolve at least one adjuvant and / or one or more antigens, in a polymer, it is possible to stabilize the adjuvant / antigen activity of these components of the formulation. このようなポリマーには、エチレン又はプロピレングリコール、ビニルピロリドン及びβ−シクロデキストリンポリマー及びコポリマーが含まれる。 Such polymers include ethylene or propylene glycol, vinyl pyrrolidone, and β- cyclodextrin polymers and copolymers.
【0108】 [0108]
経皮送達処方物の経皮送達は、ランゲルハンス細胞をターゲットとし、したがって、有効かつ有能な免疫を達成することができる。 Transdermal delivery of the transdermal delivery formulation, Langerhans cells targeted, therefore, it is possible to achieve effective and efficient immunization. 細胞は、皮膚に大量に存在し、T細胞記憶及び強力な免疫応答をもたらしうる有能な抗原提示細胞(APC)である。 Cells are present in large quantities in the skin, which is competent antigen presenting cells may lead to T-cell memory and potent immune responses (APC). 皮膚中に大量のランゲルハンス細胞が存在するので、経皮送達の有効性は、抗原及びアジュバントにさらされる表面積に関連している。 Since there is a large amount of Langerhans cells in the skin, the effectiveness of transdermal delivery is related to the surface area exposed to antigen and adjuvant. 実際に、経皮免疫がこのように有効である理由は、これが、筋肉内免疫よりも大量のこれら有効な抗原提示細胞をターゲットとしていることである。 In fact, the reason transcutaneous immunization is effective in this way, this is, is that you are targeting a large number of these effective antigen-presenting cells than intramuscular immunization.
【0109】 [0109]
化学的又は物理的浸透を伴う、又は伴わない無損傷皮膚への、場合によって閉鎖性包帯で覆われている抗原及びアジュバントからなる簡単な処方物の皮膚表面への適用を使用して、又は他のパッチ技術を使用することにより、免疫を達成することができる。 Involve chemical or physical penetration, or without to intact skin, when using application to the skin surface of a simple formulation consisting of antigen and adjuvant are covered with occlusive dressing, or by other the use of patch technology, it is possible to achieve immunity. 本発明による経皮免疫は、抗原及びアジュバントを免疫系、特に皮膚の下に位置する特殊な抗原提示細胞(例えば、ランゲルハンス細胞などの樹状細胞)に送達することができる方法をもたらす。 Transdermal immunization with the present invention provides a method capable of delivering the antigen and adjuvant to the immune system, especially specialized antigen presenting cells located under the skin (e.g., dendritic cells such as Langerhans cells). パッチを、一時的に、30秒;1分から5分;1時間、2時間、4時間、6時間、8時間、12時間、15時間、18時間、24時間又は48時間未満装着することができる。 Patches, temporarily, 30 seconds; 1 minute to 5 minutes; 1 hour, 2 hours, 4 hours, 6 hours, 8 hours, 12 hours, 15 hours, 18 hours, can be mounted for less than 24 hours or 48 hours . 薬物を送達する経皮パッチとは異なり、本発明のパッチの放出特性は、一定又は長時間である必要はない。 Unlike transdermal patch delivering drug release characteristics of the patches of the present invention need not be constant or long. 免疫活性タンパク質を、迅速かつ定量的に放出するのが好ましい。 Immunoreactive proteins, quickly and preferably quantitatively released.
【0110】 [0110]
さらに、経皮免疫は、皮下注射針を使用する免疫よりも優れている。 Moreover, transcutaneous immunization may be superior to immunization using hypodermic needles. それというのも、皮膚の大きな表面積をターゲットとする複数位置を使用することにより、より多い免疫細胞をターゲットとすることができるであろう為である。 Also since, by using a plurality of positions to target a large surface area of ​​the skin, it is because that would a greater immune cells can be targeted. 免疫応答を誘発するために十分な抗原の治療的に有効な量を、単一の皮膚位置で、又は排出性リンパ節界(例えば、頚部、腋窩、鼠径部、上腕骨の内側上顆、膝窩、腹部及び胸部のもの)を覆っている皮膚面上で経皮的に送達することができる。 A therapeutically effective amount of sufficient antigen to elicit an immune response, in a single skin location, or discharged lymph node fields (e.g., cervical, axillary, inguinal, medial epicondyle of the humerus, knee fossa, those of the abdomen and thorax) may be delivered percutaneously the overlying on the skin surface. 体全体位置する数多くの異なるリンパ節に近接しているこのような位置は、少量の抗原を、真皮内、皮下又は筋肉内注射により単一の位置に注射するよりも、免疫系に広範な刺激をもたらす。 Number of different such positions in proximity to the lymph nodes located throughout the body, the small amounts of antigen, in the dermis, than injected at a single location by subcutaneous or intramuscular injection, extensive stimulation to the immune system bring.
【0111】 [0111]
皮膚への、又は皮膚を介して通過した抗原は、抗原を処理する抗原提示細胞と遭遇し、一部では、免疫応答を誘発する。 To the skin, or an antigen which has passed through the skin, encounter antigen presenting cells which process the antigen, in part, to elicit an immune response. 複数の免疫部位は、より大量の抗原提示細胞を集め、集められた抗原提示細胞のより高い集団が、免疫応答のより高い誘発をもたらす。 More immune sites collect greater amounts of antigen presenting cells, higher population of antigen-presenting cells collected results in a higher induction of immune responses. 皮膚の使用は、抗原を、例えば樹状細胞、ランゲルハンス細胞、マクロファージ及び他の皮膚抗原提示細胞などの皮膚の食細胞へと送達することができ、抗原は、血流又はリンパ球を介して抗原提示細胞として役立つと考えられている肝臓、脾臓及び骨髄の食細胞へと送達される。 The use of skin antigen, such as dendritic cells, Langerhans cells, can be delivered to phagocytic cells of the skin, such as macrophages and other skin antigen presenting cells, the antigen via the blood stream or lymphocyte antigen liver is believed to serve as a presenting cell, it is delivered to the spleen and bone marrow of phagocytes.
【0112】 [0112]
そのアシアログリコプロテイン受容体、マンノース受容体、Fcy受容体CD64、IgEの高親和性受容体又は他の高発現膜タンパク質を使用して、ランゲルハンス細胞、他の樹状細胞、マクロファージ又はこれらの組合せを特異的にターゲットとすることができる。 Its asialoglycoprotein receptor, mannose receptor, using a high-affinity receptor or other highly expressed membrane proteins Fcy receptor CD64, IgE, Langerhans cells, other dendritic cells, macrophages or combinations thereof it can be specifically targeted. これらの受容体のいずれかに特異的なリガンド又は抗体は、アジュバント、抗原又はその両方と複合させるか、タンパク質融合体として組換えにより製造することができる。 Any specific ligands or antibodies of these receptors, adjuvant, or is complexed with the antigen, or both, may be produced recombinantly as protein fusions. さらに、アジュバント、抗原又はその両方を、Bリンパ球の表面免疫グロブリンをターゲットとするために、タンパク質A又はタンパク質Gと複合させるか、タンパク質融合体として組換えにより製造することができる。 Furthermore, adjuvant, antigen, or both, the surface immunoglobulin of B lymphocytes to target, or is complexed with a protein A or protein G, it may be produced recombinantly as protein fusions. 想定される結果は、達成されたとしても、現行の免疫実施では稀な、抗原提示細胞への抗原の幅広い分布である。 Results envisaged, even been achieved, rare in the current immunization embodiment, an antigen broad distribution to antigen presenting cells.
【0113】 [0113]
特異的免疫応答は、液性(即ち、抗原特異的抗体)及び/又は細胞性(即ち、Bリンパ球、CD4 + T細胞、CD8 + T細胞、CTL、Th1細胞、Th2細胞及び/又はT DTH細胞などの抗原特異的リンパ球)エフェクターアームを含む。 Specific immune response, humoral (i.e., antigen-specific antibodies) and / or cellular (i.e., B lymphocytes, CD4 + T cells, CD8 + T cells, CTL, Th1 cells, Th2 cells and / or T DTH It involves an antigen-specific lymphocytes) effector arm of such cells. さらに、免疫応答は、NK細胞及び、抗体依存性細胞仲介細胞毒性(ADCC)を仲介する他の白血球を含む。 Furthermore, the immune response, NK cells and include other leukocytes that mediate antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity (ADCC).
【0114】 [0114]
本発明の処方物により誘発された免疫応答には、抗原特異的抗体及び/又はリンパ球の誘発が含まれる。 To the immune response elicited by the formulation of the present invention include induction of antigen-specific antibodies and / or lymphocytes. 抗体は、イムノアッセイ技術により検出することができる。 Antibodies can be detected by immunoassay techniques. 様々な抗体アイソタイプ(例えば、IgM、IgD、IgA1、IgA2、分泌IgA、IgE、IgG1、IgG2、IgG3又はIgG4)の検出は、全身又は部分免疫応答を示す。 Various antibody isotypes (e.g., IgM, IgD, IgAl, IgA2, secretory IgA, IgE, IgG1, IgG2, IgG3 or IgG4) shows the detection, systemically or partially immune response. 免疫応答は、中和アッセイにより検出することもできる。 Immune responses can also be detected by neutralization assay. 抗体は、Bリンパ球により産生される保護タンパク質である。 Antibodies are protective proteins produced by B lymphocytes. これらは、高次に特異的で、通常、抗原の1つのエピトープをターゲットとする。 These are specific to higher, usually targeting one epitope of an antigen. 免疫は、アレルゲン、細胞侵入(cell−entry)受容体、成長因子受容体又は毒素の生物活性を中和する抗体を誘発することができる。 Immunization, allergens, cell entry (cell-entry) receptor, is capable of eliciting antibodies that neutralize the biological activity of growth factor receptors or toxin. 例えば、抗体の誘発は、病原体又は癌に由来する抗原(例えば、コレラ毒、HER2、インフルエンザヘマグルチニン)と特異的に反応することにより、疾患を治療することができる。 For example, induction of antibodies, antigens (e.g., cholera toxin, HER2, influenza hemagglutinin) derived from a pathogen or cancer by specifically reactive with, can be used to treat diseases. 病原体による感染又は毒素の投与を使用するホストでの攻撃研究、免疫された集団と対照集団との罹患率又は死亡率の比較、あるいは他の臨床判定基準(例えば、高い抗体力価又は粘膜中でのIgA抗体分泌細胞の産生を、代理マーカーとして使用することができる)の測定により、疾患に対する保護又は存在する疾患の治療を証明することができる。 Challenge studies of a host with an administration of infection or toxin by pathogens, comparison of morbidity or mortality and immunized and control populations, or other clinical criteria (e.g., at high antibody titers or mucosa of the production of IgA antibody secreting cells, by measuring can be used) as a surrogate marker, it is possible to prove the treatment of a disease to protect or exists for the disease.
【0115】 [0115]
CTLは、病原体による感染に対して保護するために産生される免疫細胞である。 CTL are immune cells produced to protect against infection by a pathogen. これらも、高次に特異的である。 These are also, it is specific to high order. 免疫は、自己−主要組織適合複合体抗原に関連して、抗原に特異的なCTLを誘発しうる。 Immunization, self - in conjunction with major histocompatibility complex antigen can induce CTL specific for an antigen. 経皮送達系で免疫により誘発されるCTLは、病原体感染細胞又は癌を撲滅しうる。 CTL induced by immunization with transdermal delivery systems may eradicate a pathogen-infected cells or cancer. 抗体及びCTLでの応答の強化、抗原に刺激されたリンパ球培養の増殖及び抗原単独の真皮内皮膚攻撃に対する遅延型過敏性(DTH)応答により示されるように、免疫は、記憶応答をもたらしうる。 Strengthening of the response with antibodies and CTL, as shown by delayed type hypersensitivity (DTH) response to growth and antigen alone intradermal skin attack stimulated antigen lymphocyte culture, immunization may lead to memory response .
【0116】 [0116]
次いで、本発明を詳述するが、次の実施例によって、本発明の実施は、なんらの制限又は制約を受けることはない。 Then, although the present invention is described in detail, the following examples, embodiments of the present invention is not subjected to any limitations or restrictions.
【実施例】 【Example】
【0117】 [0117]
接着剤中リゾチーム処方物の安定性多くのタンパク質及び大きな生体分子が、pHファクター又は様々な化合物との非相容性により、熱不安定性、さらに化学的不安定性を示す。 Stability many proteins and large biomolecules adhesive lysozyme formulation, the incompatibility with pH factor or various compounds, thermolabile further shows chemical instability. 多くの接着系が、薬物安定性に対して有害な溶剤中で溶媒和化される。 Many adhesive systems are solvated in a deleterious solvent to the drug stability. これらの接着ポリマーの多くが、多くの反応性分子と非相容性の官能基を有する。 Many of these adhesive polymer has many reactive molecule incompatible functional groups. 加えて、慣用の技術は往々にして、乾燥、押出し又は接着ブレンドの設定のために、高温を必要とする。 In addition, conventional techniques can be often dry, for setting the extrusion or adhesive blend, which requires high temperatures. したがって、これらの化合物で、接着剤中薬物系を処方及び加工することは、非常に困難である。 Therefore, in these compounds, be formulated and processed in the adhesive drug system is very difficult. ここに記載の処方物及びプロセスにより、これらの不安定な分子の熱的又は化学的変化を伴うことなく、接着剤中タンパク質(PIA)系を製造することができる。 The formulations and processes described herein, without thermal or chemical changes in these unstable molecules, it is possible to produce a protein (PIA) system in the adhesive. 水にさらされると生体分子の放出を可能にする接着ポリマーの水溶性特性により、この処方は、大きな分子量の生体分子に特に適している。 The water-soluble properties of the adhesive polymer which permits release of exposure are the biomolecules in water, this formulation is particularly suitable for biomolecules large molecular weight.
【0118】 [0118]
リゾチームを、PIA処方物のためのモデルタンパク質として使用した。 Lysozyme was used as a model protein for PIA formulation. タンパク質は、熱又は様々な溶剤又は反応性化学的部位を受けると、凝集、劣化又は変性する化学的に不安定な化合物である。 Proteins, when subjected to heat or various solvents or reactive chemical sites, coagulation, chemically unstable compounds which degrade or denature. リゾチーム及びその酵素的活性のアッセイにより、これは、安定化に必要なタンパク質の良好なモデルとなる。 The assay of lysozyme and its enzymatic activity, which is a good model of the protein required for stabilization.
【0119】 [0119]
リゾチームを、2種の水性接着剤を用いて製造されたパッチに適用し;リゾチームを、パッチ上のシリコーン接着剤又はアクリル接着剤に適用した。 Lysozyme, applying the patch prepared using two water-based adhesive; lysozyme, was applied to a silicone adhesive or an acrylic adhesive on the patch. タンパク質を、水20mL中の接着剤から1時間抽出した。 Protein was extracted for 1 hour from the adhesive in water 20 mL. 室温で貯蔵されたか、40℃で一晩貯蔵されたシリコーン接着剤パッチ、さらに室温で貯蔵されたアクリル接着剤パッチからの、リゾチーム回収率は、約85%から90%であった。 Or stored at room temperature, silicone adhesive was stored overnight at 40 ° C. patch, from an acrylic adhesive patch further stored at room temperature, lysozyme recovery was about 85% 90%. ベースのリゾチームを、約95%の回収率及び約107%の活性を有する陽性対照としてアッセイした(生体活性を、UV分光法及びミクロコッカスリゾデイクティクス(Micrococcus lysodeikticus)でのリゾチームの反応動態の走査監視によりアッセイした)。 The base of lysozyme was assayed as a positive control with about 95% recovery and about 107% activity (the biological activity, the reaction kinetics of lysozyme in UV spectroscopy and Micrococcus lyso Day click caustics (Micrococcus lysodeikticus) It was assayed by the scanning monitor). パッチの接着剤から抽出されたリゾチームでの活性は、もともとの約100%から110%であった。 Activity in lysozyme extracted from the adhesive patch was 110% from the original about 100%.
【0120】 [0120]
メタクリレート接着剤−KLUCEL増粘剤エマルションを、液体可塑剤及び乳化剤を用い、一次溶剤として水を使用して室温で調製した。 Methacrylate adhesive -KLUCEL thickener emulsion, using a liquid plasticizer and emulsifier, was prepared at room temperature by using water as the primary solvent. 湿潤ブレンド中でのリゾチームの安定性を、7日間にわたって証明した。 The stability of lysozyme in a moist blend was proved for 7 days. 湿潤なブレンドを、調製の後に直ぐに覆い、次いで、接着剤表面のすぐ近くで発泡させた室温の空気又は窒素を使用して乾燥させた。 The wet blend, immediately covered after preparation and then dried using a room temperature air or nitrogen was bubbled in the immediate vicinity of the adhesive surface. 生じた部分的に乾燥した接着剤中タンパク質は、リゾチーム生体活性により示されるように、室温で30日間にわたる安定性を証明した。 The resulting partially dried adhesive protein, as indicated by lysozyme bioactivity was demonstrated stability over 30 days at room temperature. これは、許容可能な接着及び着用特性を有した。 It had an acceptable adhesion and wear properties.
【0121】 [0121]
接着剤中E. In the adhesive E. coli熱安定性エンテロトキシン(LT)処方物LTは、Tulane大学のJohn Clements博士から得た(LTc)。 coli heat-stable enterotoxin (LT) formulation LT was obtained from Dr. John Clements of Tulane University (LTc). この物質は、NaCl200mMを含有するTRIS緩衝液から凍結乾燥された乾燥粉末として得られた。 This material was obtained as a dry powder which is lyophilized from TRIS buffer containing NaCl200mM. このLTは、ラクトースに曝されることはなかった。 The LT is never exposed to lactose. 特に記載のない限り、これが、この実施例を通して使用されたLT源である。 Unless otherwise stated, this is the LT source that is used throughout this example. LTは、SSVI−Berne(LTs)から得た。 LT was obtained from SSVI-Berne (LTs). この物質は、ラクトース5%を含有するリン酸緩衝食塩水(PBS)処方物から凍結乾燥された乾燥粉末として得た。 This material was obtained as a dry powder which is lyophilized from phosphate-buffered saline (PBS) formulations containing 5% lactose. LT R192G又はLT(R192G)突然変異タンパク質は、LTの単一アミノ酸基突然変異である:192位のアルギニンが、グルタミンに突然変異している。 LT R192G or LT (R192G) mutant protein is a single amino acid groups mutations LT: 192 arginine at position has mutated to glutamine. PBS x 、pH7.4は、pH7.4を有する10mMのリン酸緩衝食塩水であり;下付き文字xは、NaClの濃度を示している(例えば、PBS 200 、pH7.4は、200mMのNaClを有する)。 PBS x, pH 7.4 is an 10mM phosphate buffered saline with pH 7.4; the subscript x indicates the concentration of NaCl (e.g., PBS 200, pH 7.4 is 200 mM of NaCl the have).
【0122】 [0122]
KLUCEL EF増粘剤は、Herculesにより製造された粘度増強剤であるヒドロキシプロピルセルロースであり、水中に20%(w/w)ストックとして調製した。 KLUCEL EF thickener is hydroxypropyl cellulose having a viscosity enhancing agent produced by Hercules, was prepared as a 20% (w / w) stock in water. NATROSOL 250L NFは、Herculesにより製造された粘度増強剤であるヒドロキシエチルセルロースであり、水中に12%(w/w)ストックとして調製した。 NATROSOL 250L NF is a hydroxyethylcellulose having a viscosity enhancing agent produced by Hercules, was prepared as a 12% (w / w) stock in water.
【0123】 [0123]
接着剤処方物は、非揮発性成分(NVC)37.4%を含有する水中のEUDRAGIT EPOポリマー(Rohm)の懸濁液である。 The adhesive formulation is a suspension of non-volatile components (NVC) of water containing 37.4% EUDRAGIT EPO polymer (Rohm). 改質接着剤処方物は、グリセロール6%(w/w)及び1,3−ブタンジオール4%(w/w)を加えられた標準接着剤処方物である。 Modifying the adhesive formulation is glycerol 6% (w / w) and 1,3-butanediol 4% (w / w) standard adhesive formulations applied. 最終懸濁液は、NVC43.7%を含有する。 The final suspension, containing NVC43.7%. EUDRAGIT接着剤の硬化膜の可塑性及び粘着性を増加させるために、これらの添加剤を加える。 In order to increase the plasticity and stickiness of the cured film of EUDRAGIT adhesive, addition of these additives.
【0124】 [0124]
接着剤処方物は、その中で、LTが良好な安定性及び回収性を示すと同定されている。 The adhesive formulation, in which, LT has been identified to exhibit good stability and recovery properties. 湿潤なブレンドは、LT約500μg/gm、二糖類(例えば、スクロース、トレハロース)5%及びKLUCEL増粘剤3%を含有する。 Wet blend, LT about 500 [mu] g / gm, disaccharides (e.g., sucrose, trehalose) containing 5% and KLUCEL thickener 3%. EUDRAGIT接着剤とpH7.4に緩衝されているタンパク質溶液(非還元糖としての二糖類及びKLUCEL増粘剤)とを約1:1の質量比で混合することにより、このブレンドを調製する。 EUDRAGIT adhesive and protein solution is buffered to pH 7.4 (disaccharides and KLUCEL thickener as a non-reducing sugar) and about 1: by mixing at a mass ratio, to prepare the blend. 5℃での優れた安定性及び室温での良好な安定性(回収されたタンパク質の若干の損失が存在する)が、6から7週間にわたって観察された。 Excellent stability and good stability at room temperature of at 5 ° C. (slight loss of the recovered protein is present) it has been observed over 6-7 weeks.
【0125】 [0125]
タンパク質溶液(二糖類含有)を約1:1の質量比で標準EUDRAGIT接着剤と組み合わせることにより、パッチを製造した。 Protein solution (disaccharide content) of about 1: Combined with standard EUDRAGIT adhesive at a mass ratio, to produce a patch. これらの湿潤なブレンドを次いで、0.0254mm(8ミル)ナイフを使用して1012プラスチック製裏当て上に薄膜としてキャスティングした。 Following these wet blend was cast as a thin film 0.0254 mm (8 mils) using a knife 1012 on plastic backing. 塗膜を放置して、室温で空気乾燥させ、次いで、剥離性ライナーで覆った。 Was allowed to coating, air dried at room temperature, then covered with a release liner. 約1cm 2の面積を有するパッチを、1.11125cm(7/16インチ)直径の多用途パンチで打ち抜いた。 A patch having an area of about 1 cm 2, were punched versatile punch 1.11125cm (7/16 inch) in diameter. パッチを、5mlガラス凍結乾燥バイアル(口径20mm)に入れ、窒素下に密閉した。 The patch, put in a 5ml glass freeze-dried vials (diameter 20mm), and sealed under nitrogen. 密閉されたバイアルを、インキュベーションし、間隔をおいてサンプリングした。 The sealed vial was incubated and sampled at intervals.
【0126】 [0126]
パッチを、ddH 2 Oで再水和し、サンプルを調製し、次の手順に従って分析した。 Patches, rehydrated ddH 2 O, the sample was prepared and analyzed according to the following procedure. EUDRAGIT接着剤は、酸性条件下に可溶性である。 EUDRAGIT adhesive is soluble in acidic conditions. この手順を、ddH 2 O、PBS 20 、pH7.4又は再水和緩衝液としてSE−HPLC緩衝液(リン酸Na200mM、pH7.2)を使用することができる。 This procedure, ddH 2 O, PBS 20, it is possible to use the SE-HPLC buffer as pH7.4 or rehydration buffer (Na200mM phosphate, pH 7.2). 剥離性ライナーを有さない2つのパッチを、1.7mlEPPENDORF遠心分離管に入れた。 Two patches having no release liner was placed in 1.7mlEPPENDORF centrifuge tube. 再水和緩衝液約0.5mLを加え、パッチを、時折手動で攪拌(ほぼ30分毎)しながら数時間、室温で緩衝液中で再水和することができた。 The rehydration buffer about 0.5mL was added, patches, occasional manual stirring (approximately 30 minutes each) while a few hours, could be rehydrated in buffer at room temperature. EPPENDORF管を、14000g、4℃で5分間遠心分離した。 The EPPENDORF tube and centrifuged for 5 min at 14000 g, 4 ° C.. 上澄みを回収し、HPLC分析のために使用した。 The supernatant was collected and used for HPLC analysis.
【0127】 [0127]
逆相高速液体クロマトグラフィ(RP−HPLC)を使用して、LT及びLT R192Gなどのタンパク質の劣化を検出した。 Using reverse-phase high performance liquid chromatography (RP-HPLC), and detecting deterioration of a protein such as LT and LT R192G. 緩衝液AではddH 2 O中のトリフルオロ酢酸(TFA)0.1%(w/v)、緩衝液Bではアセトニトリル95%(v/v)中のTFA0.1%(w/v)からなる勾配を使用して、0.3ml/分の速度で、Vydacカラム(ID2.1mm×25cmを有するProtein & Peptide C4)から、タンパク質サブユニットを溶離した。 Consisting of trifluoroacetic acid (TFA) 0.1% buffer ddH 2 in O in A (w / v), buffer 95% acetonitrile in B (v / v) TFA0.1% in (w / v) using a gradient, in 0.3 ml / min, from Vydac column (protein & Peptide C4 having ID2.1mm × 25cm), and eluted protein subunits. 劣化プロテイン及び凝集タンパク質のピークに伴って、LTのサブユニットA及びBの両方が分解された。 With the peak of degradation protein and aggregated proteins, both subunits A and B of LT was degraded.
【0128】 [0128]
変性ポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS−PAGE)は、14%分離ゲルと5%スタッキングゲルからなった。 Denaturing polyacrylamide gel electrophoresis (SDS-PAGE) consisted 14% separating gel and 5% stacking gel. β−メルカプトエタノールを含有する緩衝液中で5分間サンプルを沸騰させることにより、タンパク質サンプルを減らした。 By boiling the sample for 5 minutes in a buffer containing β- mercaptoethanol, reduced protein samples. SDS−PAGEを用いるA及びBサブユニットの分離を使用して、RP−HPLC結果を確認した。 Use separation of the A and B subunits using SDS-PAGE, and confirmed RP-HPLC results.
【0129】 [0129]
一連の1Aパッチを、SSVI BerneからのLTを使用して調製した。 A series of 1A patches were prepared using the LT from SSVI Berne. 凍結乾燥させたサンプルを、ddH 2 Oの推奨容量の半分で再構成して、公称でLT2mg/ml及びPBS中のラクトース10%を有する溶液を得た。 The samples were lyophilized, and reconstituted with half the recommended volume of ddH 2 O, to give a solution having a lactose 10% in LT2mg / ml and PBS at nominal. トレハロースをこの溶液に溶かし、最終濃度5%(w/v)にした。 Dissolved trehalose solution to a final concentration of 5% (w / v).
【0130】 [0130]
一連の2Aパッチを、Tulane大学のClements研究室からのLTcを使用して調製した。 A series of 2A patch, was prepared using the LTc from Clements laboratory of Tulane University. LTcをddH 2 Oを使用して再構成し、次いで、PBS 150 、pH7.4中で透析した。 The LTc reconstituted using ddH 2 O, then, PBS 0.99, were dialyzed in pH 7.4. 30000MW カットオフCENTRICONユニットを使用して、透析されたLTcを濃縮した。 Use 30000MW cutoff CENTRICON unit to concentrate the dialyzed LTC. トレハロースを濃縮LTc中に溶かして、PBS 150 、pH7.4中にLTc1.2mg/ml及びトレハロース5%(w/v)を有する最終溶液を得た。 Trehalose was dissolved in concentrated LTc, PBS 150, to obtain a final solution having a LTc1.2mg / ml and trehalose 5% (w / v) in pH 7.4.
【0131】 [0131]
一連の1Aパッチを、40℃で1カ月間インキュベーションした。 A series of 1A patches were one month incubation at 40 ° C.. 一連の2Aパッチを、40℃で2カ月間インキュベーションした。 A series of 2A patches were 2 months incubation at 40 ° C.. LTcは、より良好に二糖類により安定化され;トレハロース5%(w/v)は、ラクトース10%(w/v)よりもこのタンパク質ではより良好な安定剤であった。 LTc is stabilized by better disaccharide; trehalose 5% (w / v) was better stabilizers in this protein than lactose 10% (w / v). クロマトグラムのピーク高さは、より低く、A及びBサブユニット生成物でのピーク面積の間の比は、ラクトースではより多い劣化が存在することを示していた。 Peak height of the chromatogram is lower, the ratio between the peak area at A and B subunits product, the lactose showed that greater impairment exists.
【0132】 [0132]
標準EUDRAGIT接着剤を、他の成分(LTを伴い、トレハロースを伴うか、伴わず、KLUCEL増粘剤を伴うか、伴わないPBS緩衝液)と、KLUCEL増粘剤を伴うブレンドでは質量比約1:1.2、KLUCEL増粘剤を伴わないブレンドでは質量比約1:1でブレンドした。 Standard EUDRAGIT adhesive, other ingredients (with the LT, with and trehalose, without, with and KLUCEL thickener, PBS buffer without) a weight ratio of about 1 in blends with KLUCEL thickener : 1.2, in the blend without KLUCEL thickener weight ratio of about 1: was blended with 1. 湿潤ブレンド中の最終濃度は、KLUCEL増粘剤3%(w/w)、二糖類(存在する場合)5%(w/v)及びLT410μg/gmから460μg/gmであった。 The final concentration in the wet blend, KLUCEL thickener 3% (w / w), was disaccharide (if any) 5% (w / v) and LT410μg / gm from 460μg / gm.
【0133】 [0133]
トレハロースを含有する処方物と、トレハロースを含有しない処方物との比較により、トレハロースが存在すると、60℃のような高温でもLTの安定性が劇的に高まることが明らかに示されている。 A formulation containing trehalose, by comparison with the formulation containing no trehalose and trehalose is present, the stability of the LT that increases dramatically shown clearly at high temperatures such as 60 ° C.. トレハロースが存在しなくても、標準EUDRAGIT接着剤を使用して調製されたパッチは、改質EUDRAGIT接着剤を使用して調製されたものよりも高いLT安定性を示した。 Even in the absence of trehalose, the patch prepared by using standard EUDRAGIT adhesive showed high LT stability than those prepared using the modified EUDRAGIT adhesive. EUDRAGIT接着剤を改質する目的は、部分的に乾燥された膜の粘着性及び展性を高めることである。 Purpose of modifying the EUDRAGIT adhesive is to increase the tack and malleability of the partially dried membrane. トレハロースを含有する標準EUDRAGIT接着剤の膜は、パッチ裏当て基材を崩壊させ、剥げさせる傾向を有した。 Film standard EUDRAGIT adhesive containing trehalose, disrupt the patch backing substrate had a tendency to cause peeling. しかしながら、この剥がれやすさは、高温でインキュベーションした後に劇的に低減した(又は、完全に消失した)。 However, this peeling easiness was dramatically reduced after incubation at high temperatures (or completely disappeared). KLUCEL増粘剤が存在すると、一貫した膜をキャスティングすることができる。 When KLUCEL thickener is present, it is possible to cast a consistent film. KLUCEL増粘剤を伴わないブレンド処方物からの膜は、一貫性を伴ってキャスティングされない。 Film from a blend formulations without KLUCEL thickener is not cast with consistency.
【0134】 [0134]
2種のブレンドされた接着剤及び免疫活性なタンパク質組成物を研究した;スクロース又はトレハロースを有するKLUCEL。 Two blended adhesive and were studied immunological active protein composition; KLUCEL with sucrose or trehalose. 改質EUDRAGIT接着剤を、他の成分(LT、二糖類及びKLUCEL増粘剤を有するPBS緩衝液)と質量比約1:1.3でブレンドした。 The modifier EUDRAGIT adhesives, other ingredients (LT, PBS buffer with a disaccharide and KLUCEL thickener) and a mass ratio of about 1: was blended with 1.3. KLUCEL増粘剤及び二糖類の湿潤ブレンド中での最終濃度は、それぞれ2.6%及び5%及びLT約450μg/gmであった。 The final concentration of at KLUCEL thickeners and humid blend of disaccharides was 2.6% and 5% and LT about 450 [mu] g / gm. 各ブレンド組成物からのパッチを5℃、室温、40℃又は60℃でインキュベーションした。 Patches from each blend composition 5 ° C., and incubated at room temperature, 40 ° C. or 60 ° C..
【0135】 [0135]
各サンプル(即ち、4種の異なる温度でインキュベーションされたスクロース又はトレハロースを有するKLUCEL増粘剤−感圧接着剤処方物)から抽出されたタンパク質でのRP−HPLCからの溶離プロファイルのクロマトグラムを分析した。 Each sample (i.e., KLUCEL thickener having a sucrose or trehalose were incubated at four different temperatures - sensitive adhesive formulation) analyzing the chromatogram of elution profile from RP-HPLC of proteins extracted from did. インキュベーション時間に伴う、ピーク面積比及び標準ピーク面積の変化をプロットした。 Due to the incubation time was plotted the change of the peak area ratio and standard peak areas. 二糖類5%(w/v)を加えると、少量の二糖類が存在するか、二糖類が存在しない条件に比較すると、40℃でも、LTの安定性が高まった。 The addition of a disaccharide 5% (w / v), or a small amount of disaccharide present, when compared to the conditions no disaccharide, even 40 ° C., has increased stability of the LT is. トレハロースは、これらの条件下では、スクロースよりも良好な安定剤である。 Trehalose, under these conditions, a good stabilizer than sucrose. 5℃では、試験されたインキュベーション時間にわたって、両方の二糖類で、タンパク質は安定化された。 At 5 ° C., over incubation time tested, in both disaccharides, proteins were stabilized. しかし、LTは、60℃では安定化されず;この温度での1週間後には、LTは回収されなかった。 However, LT is at 60 ° C. is not stabilized; After 1 week at this temperature, LT was recovered.
【0136】 [0136]
5種のブレンド組成物を、改質EUDRAGIT接着剤を用いて研究した;KLUCEL増粘剤及び二糖類なし、KLUCEL増粘剤及びスクロース、KLUCEL増粘剤及びトレハロース、NATROSOL増粘剤及びスクロース並びにNATROSOL増粘剤及びトレハロース。 Five blend compositions were studied using the modified EUDRAGIT adhesive; KLUCEL thickeners and disaccharides No, KLUCEL thickeners and sucrose, KLUCEL thickeners and trehalose, NATROSOL thickeners and sucrose and NATROSOL thickeners and trehalose. KLUCEL増粘剤を含有するパッチでは、改質EUDRAGIT接着剤を、他の成分(LTを有し、二糖類及びKLUCEL増粘剤を有するか、有さないPBS緩衝液)と1:1の質量比でブレンドした。 The patch containing the KLUCEL thickener, a modified EUDRAGIT adhesives, other ingredients (having LT, or with a disaccharide and KLUCEL thickeners, have not PBS buffer) and 1: 1 mass It was blended at a ratio. NATROSOL増粘剤を含有するパッチでは、これを、約1:1.4の質量比でブレンドした。 The patch containing the NATROSOL thickener, which, about 1: was blended at a weight ratio of 1.4. 増粘剤及び二糖類(存在する場合)からなる湿潤ブレンド中の最終濃度は、KLUCELパッチではそれぞれ3%及び0.4%、NATROSOLパッチではそれぞれ3.5%及び0.3%であった。 The final concentration in the wet blend consisting of (if present) thickeners and disaccharides, respectively 3% by KLUCEL patch and 0.4%, the NATROSOL patch were respectively 3.5% and 0.3%. 湿潤ブレンド中のLTの最終濃度は、約500μg/gmであった。 The final concentration of LT in the wet blend was about 500μg / gm. 5種のブレンドそれぞれからのパッチを、室温、40℃又は60℃でインキュベーションした。 Five patches from each blend was incubated at room temperature, 40 ° C. or 60 ° C..
【0137】 [0137]
各サンプル(即ち、3種の異なる温度でインキュベーションされたKLUCEL増粘剤又はNATROSOL増粘剤−感圧接着剤処方物)から抽出されたタンパク質でのRP−HPLCからの溶離プロファイルのクロマトグラムを分析した。 Each sample (i.e., Three incubated at different temperatures was KLUCEL thickener or NATROSOL thickener - pressure sensitive adhesive formulation) analyzing the chromatogram of elution profile from RP-HPLC on extracted from the protein did. インキュベーション時間に伴うピーク面積比及び標準ピーク面積の変化をプロットした。 Peak area ratio due to the incubation time and the change of the standard peak areas were plotted. 二糖類5%(w/v)が含まれていると、二糖類が少量存在するか、存在しない条件に比較して、LTの安定性が、かなり増強された。 When disaccharides 5% (w / v) is included, disaccharide is present in small amounts or, in comparison to the non-existent condition, the stability of the LT were significantly enhanced. 処方物成分の粘度を高めて、これを均一な膜としてキャスティングすることができるように、増粘剤を使用する。 To increase the viscosity of the formulation components, so it is possible to cast this as uniform film, using a thickener. これらの条件下では、NATROSOL増粘剤よりも、KLUCEL増粘剤が好ましい。 Under these conditions, than NATROSOL thickener, KLUCEL thickener is preferred. それというのも、NATROSOL増粘剤が存在するよりも、KLUCEL増粘剤が存在する場合に、LTがより安定性であるようであるためである。 Also since, than NATROSOL thickener is present, when the KLUCEL thickener is present, because LT appear to be more stable. 低い濃度の二糖類では(即ち、0.3%から0.4%)、1週間インキュベーションした後に、付加的な安定性がLTに与えられることはないようである。 At low concentrations of disaccharides (i.e., 0.4% to 0.3%), after incubation for one week, additional stability is so is not given to the LT. したがって、より高い二糖類濃度が好ましい。 Thus, higher disaccharide concentration is preferred.
【0138】 [0138]
増粘剤(例えば、KLUCELヒドロキシプロピルセルロース)約3%(w/v)及び非還元糖(例えば、トレハロース)約5%(w/v)をさらに含有する接着剤−タンパク質処方物が好ましい。 Thickeners (e.g., KLUCEL hydroxypropylcellulose) about 3% (w / v) and non-reducing sugars (e.g., trehalose) about 5% (w / v) and further comprising adhesive - protein formulations are preferred. 高温(40℃から60℃)での硬化の時間を使用して、少なくとも部分的に乾燥されたフィルムが砕け、剥離する問題に対処する。 Using time of curing at high temperature (60 ° C. from 40 ° C.), a film that is at least partially drying broken, addresses the problem of peeling. タンパク質を不安定にしない程度に低い(例えば、最終湿潤ブレンド中でグリセロール及び/又は1,3−ブタンジオール1%以下を、出発点として、約5%、10%又は15%までを使用することができる)が、部分的に乾燥された感圧接着層に展性及び粘着をもたらすには十分な濃度のグリコールを含有することもできる。 Low enough not to destabilize the protein (e.g., glycerol and / or 1,3-butanediol or below 1% in the final wet blend, as a starting point, about 5%, the use of up to 10% or 15% It can) may also contain a sufficient concentration of glycol to bring the malleability and adhesion to the pressure-sensitive adhesive layer which is partially dried. 二糖類3%(w/v)から5%(w/v)を含有する標準EUDRAGIT接着剤及び緩衝液からなる湿潤ブレンドをキャスティングし、乾燥させることにより調製された薄膜は、パッチに使用される裏当て層から剥離する傾向を有し、それほどの粘着特性は有しない。 Casting a wet blend consisting of standard EUDRAGIT adhesive and buffer containing 5% disaccharide 3% (w / v) (w / v), a thin film prepared by drying is used in the patch It has a tendency to peel from the backing layer, so the adhesive properties does not have. 展性及び付着力を改善するために、グリセロール(約6%まで)及び1,3−ブタンジオール(約4%まで)を加えて、標準EUDRAGIT接着剤を改質することができる。 In order to improve the ductility and adhesion, in addition to glycerol (up to about 6%) and 1,3-butanediol (up to about 4%), it is possible to modify the standard EUDRAGIT adhesive. これらの可塑剤を加えることにより、展性及び付着力において所望の硬化を達成することができるが、これらは、LT安定性には有害である。 By adding these plasticizers can achieve the desired curing in the malleable and adhesion, which are harmful to LT stability.
【0139】 [0139]
二糖類を含有する緩衝液中の標準EUDRAGIT接着剤及びタンパク質からなるブレンドからキャスティングされたパッチは、パッチからパッチへの非常に均一な塗布量をもたらした。 Patches cast from a blend consisting of standard EUDRAGIT adhesives and protein in buffer containing disaccharide resulted in very uniform coating weight of the patch from the patch. 最終湿潤ブレンド中にKLUCEL又はNATROSOL増粘剤約3%(w/w)が含まれると、均一な被膜をキャスティングする能力が著しく高まることが判明した。 When included KLUCEL or NATROSOL thickeners about 3% in the final wet blend (w / w) is the ability to cast a uniform coating that increases remarkably found.
【0140】 [0140]
LTがその中では良好な安定性及び回収性を示すと、パッチ組成物は同定された。 LT is the show good stability and recovery properties therein, patch composition was identified. 湿潤なブレンドされた処方物は、LT約500μg/gm、二糖類(例えば、スクロース、トレハロース)5%(w/v)及びKLUCEL増粘剤3%(w/v)を含有する。 Formulations which are wet blend, LT about 500 [mu] g / gm, containing disaccharides (e.g., sucrose, trehalose) 5% (w / v) and KLUCEL thickener 3% (w / v). EUDRAGIT接着剤及び緩衝タンパク質溶液(pH7.4;二糖類及びKLUCEL増粘剤を含有する)を質量比約1:1で混合することにより、ブレンドを調製した。 EUDRAGIT adhesive and buffered protein solution (pH 7.4; disaccharides and containing KLUCEL thickener) a mass ratio of about 1: by mixing 1 to prepare a blend. 5℃で優れた安定性が存在した。 5 excellent stability at ℃ were present. 6から7週間にわたって観察されたように、室温で良好な安定性が存在した。 As observed from 6 for 7 weeks, there was good stability at room temperature.
【0141】 [0141]
5%(w/v)の高濃度で、二糖類(例えば、スクロース、トレハロース)である安定剤を加えることによって、凝集、劣化及び変性に対して保護することができる。 A high concentration of 5% (w / v), disaccharides (e.g., sucrose, trehalose) by adding a stabilizer which is, can be protected aggregation, against degradation and degeneration. この構造的安定性は、生物活性の維持と関連している。 The structural stability is associated with the maintenance of biological activity. トレハロースは、スクロースよりもやや高い安定性をもたらすようだが、ラクトースは、パッチ中でのLT安定性には有害である。 Trehalose seems bring slightly higher stability than sucrose, lactose is detrimental to LT stability in the patch. グリセロール及び1,3−ブタンジオールなどの賦形剤も、少なくとも部分的に乾燥されたパッチ中でのLT安定性に多少、有害でありうる。 Excipients such as glycerol and 1,3-butanediol is also somewhat LT stability in patch that is at least partially dried, can be detrimental.
【0142】 [0142]
市場供給者からのLT及びLT R192G処方物中のラクトースの存在は、可溶性に対して有害な効果を有する。 The presence of lactose LT and LT R192G formulation from the market supplier has a detrimental effect on solubility. ラクトース(SSVIから得られるもののような)中に処方されたLTは、ラクトース不含溶液中に非常に僅かしか可溶性を有さない。 Lactose LT was formulated in (such as those obtained from SSVI) does not have a very little soluble in lactose-free solution. 加えて、ラクトース不含LT接着剤処方物に比較して、ラクトース処方されたLTから生じた断片中に14原子質量単位の差を示す質量分析法の結果に示されるように、ラクトースは、タンパク質を化学的に改質しうる。 In addition, compared to the lactose-free LT adhesive formulation, as shown in the results of the mass spectrometry indicated a difference between 14 atomic mass units in a fragment resulting from LT which is lactose formulation, lactose, protein It can be chemically modified to.
【0143】 [0143]
KLUCEL増粘剤を加えると、ナイフを使用して一貫して均一な塗膜をキャスティングすることができる。 The addition of KLUCEL thickeners, casting the uniform coating consistently using a knife. 二糖類及びKLUCEL増粘剤の濃度を増やすと徐々に、塗膜は、砕けやすいか、剥離しやすく、粘着特性を失う。 Gradually increasing the concentration of disaccharide and KLUCEL thickeners, coatings, or friable, easily peeled off, lose adhesive properties. グリセロール及び1,3−ブタンジオールなどの賦形剤(最終湿潤ブレンド中に、それぞれ約3%及び2%の濃度で)を含有することによるEUDRAGIT粘着剤の改質は、塗膜の展性及び粘着性の大部分を復活させる。 Glycerol and 1,3-butanediol excipient such as (in the final wet blend at a concentration of about 3% and 2%, respectively) modification of EUDRAGIT adhesive due to containing the coating film malleable and revive a large portion of the adhesive. しかしながら、これらの添加は、タンパク質安定性に対しては有害である。 However, these additives are detrimental to the protein stability. 約1週間の高温(40℃)でのインキュベーションは、展性及び塗膜粘着性の回復を示した。 Incubation of about 1 week of hot (40 ° C.) exhibited ductility and the coating adhesion of recovery. このことは、高温(40℃から50℃)で数時間未満の短期間、塗膜を「硬化」させることは、タンパク質安定性に有害な賦形剤を加えることを必要とせずに、膜展性及び結合性を回復する実行可能な手段となりうる。 This is a high temperature (40 ° C. from 50 ° C.) of less than a few hours in a short period of time, thereby a coating film is "cured", without requiring the addition of deleterious excipient protein stability, film exhibition It can be a viable means of recovering sexual and binding. 新たに調製されたEUDRAGIT接着剤は、ポリマー間の過剰な架橋を回避するために使用するべきである。 Freshly prepared EUDRAGIT adhesive should be used to avoid excessive cross-linking between polymer.
【0144】 [0144]
経皮面形のための接着剤中LT処方物次の水性接着剤を、感圧接着層のために使用した。 The adhesive in the LT formulation following water-based adhesive for Keikawamenkatachi were used for pressure-sensitive adhesive layer. アクリレート接着剤を、可塑剤としてのアセチルクエン酸トリブチル(ATBC)及び粘着性付与剤としてのコハク酸とブレンドする。 The acrylate adhesive is blended with succinic acid as acetyl tributyl citrate (ATBC) and tackifier as a plasticizer.
【0145】 [0145]
【表1】 [Table 1]
【0146】 [0146]
乾燥重量%は、そのそれぞれのNVC%を掛けた全ての成分の全重量で割った、NVC%を掛けた成分の全重量である。 Dry weight percent, divided by the total weight of all components multiplied by NVC% of respectively the total weight of the components multiplied by NVC%. この接着剤処方物を、タンパク質含有エマルションを製造するために使用する。 The adhesive formulation used to produce the protein-containing emulsion.
【0147】 [0147]
【表2】 [Table 2]
【0148】 [0148]
5種のブレンドを、接着剤中アジュバント処方物を使用して製造した: Five blends were prepared using an adhesive in the adjuvant formulations:
ブレンド1は、表2に示したようなものである。 Blend 1 is as shown in Table 2.
ブレンド2は、グリセロールを含有した(乾燥重量5.4%)。 Blend 2 contained glycerol (dry weight 5.4%).
ブレンド3は、1,3ブタンジオールを含有した(乾燥重量5.4%)。 Blend 3 contained 1,3-butanediol (dry weight 5.4%).
ブレンド4は、NATROSOL増粘剤の代わりにKLUCEL増粘剤を使用した。 Blend 4, it was used KLUCEL thickener in place of NATROSOL thickener.
ブレンド5及び6は、グラビア印刷により塗布され、感圧アクリレート又はシリコーン接着層に積層されたブレンド1であった。 Blend 5 and 6 is applied by gravure printing was a blend 1 laminated to a pressure sensitive acrylate or silicone adhesive layer.
【0149】 [0149]
【表3】 [Table 3]
【0150】 [0150]
2種のブレンドを、接着剤中アジュバント処方物を使用して製造した: Two blends were prepared using an adhesive in the adjuvant formulations:
ブレンド7は、表3に示したようなものである。 Blend 7 is as shown in Table 3.
ブレンド8は、グラビア印刷により塗布され、LTのみのドローダウンに積層されているCS6 26.6mg/ml及びブレンド3の1:1混合物であった。 Blend 8 is applied by gravure printing, the first LT CS6 are stacked in drawdown of only 26.6 mg / ml and blending 3: 1 mixture.
【0151】 [0151]
次の処方物を製造した: The following formulations were prepared:
A EUDRAGIT EPO接着剤/NATROSOL増粘剤3.2%/Tween0.5%中に処方されたLT、 A EUDRAGIT EPO adhesive / NATROSOL thickener 3.2% / Tween0.5% LT was formulated in,
B EUDRAGIT EPO接着剤/NATROSOL増粘剤3.0%/グリセロール5%/Tween0.4%中に処方されたLT、 B EUDRAGIT EPO adhesive / NATROSOL thickener 3.0% / glycerol 5% / Tween0.4% LT was formulated in,
C EUDRAGIT EPO接着剤/NATROSOL増粘剤3.2%/1,3ブタンジオール5%/Tween0.4%中に処方されたLT、 C EUDRAGIT EPO adhesive / NATROSOL thickener 3.2% / 1,3-butanediol 5% / Tween0.4% LT was formulated in,
D EUDRAGIT EPO接着剤/KLUCEL増粘剤3.2%/Tween0.5%中に処方されたLT、 D EUDRAGIT EPO adhesive / KLUCEL thickener 3.2% / Tween0.5% LT was formulated in,
E EUDRAGIT EPO接着剤/NATROSOL増粘剤3.2%/Tween0.4%中に処方されたLT及びCS6。 E EUDRAGIT EPO adhesive / NATROSOL thickener 3.2% / Tween0.4% LT and formulated in CS6.
【0152】 [0152]
処方物AからEの化学的安定性を、逆相HPLCにより決定し、物理的安定性を、ゲルろ過HPLCにより決定した。 The chemical stability of E from the formulation A, was determined by Reverse Phase HPLC, the physical stability was determined by gel filtration HPLC. 逆相クロマトグラフィにより、結合親和性に基づきタンパク質を分離し、タンパク質劣化をもたらす断片を検出することができる。 By reverse phase chromatography, it is possible to detect the fragments were separated proteins on the basis of binding affinity, results in protein degradation. ゲルろ過クロマトグラフィにより、細孔の通過に基づきタンパク質を分離し、凝集、解離サブユニット、沈殿物及び開いたポリペプチド鎖を検出することができた。 By gel filtration chromatography to separate proteins on the basis of the passage of the pores, aggregation, dissociation subunits could be detected the precipitate and polypeptide chains open. サンプルを、15℃、25℃又は40℃で1週間貯蔵した。 The samples, 15 ° C., and stored for 1 week at 25 ° C. or 40 ° C.. LT−AサブユニットからのLT−Bサブユニット(ペンタマー)の解離が、処方物Bでのみ検出された。 Dissociation of LT-B subunit from LT-A subunit (pentamer) were detected only in formulations B.
【0153】 [0153]
マウスを、以前に書かれたように経皮免疫した(Scharton−Kersten et al.、Infect.Immun.、68:5306−5313、2000)。 Mice were transcutaneously immunized as previously written (Scharton-Kersten et al, Infect.Immun, 68:.. 5306-5313,2000). 簡単には、動物を背の所で、皮膚に目に見える刺激又は変化を残さないNo. Briefly, the animal in the back of the place, do not leave a stimulus or change visible on the skin No. 40クリッパで剃毛し、48時間休ませた。 40 were shaved with a clipper, was allowed to rest for 48 hours. 自己グルーミングを防止するために、免疫手順の間、ケタミン/キシラジン(xylazine)混合物を用いて、大腿の後ろの筋肉内(IM)で、又は腹腔内(IP)でマウスに麻酔をかけた。 To prevent self-grooming, during immune procedure with ketamine / xylazine (xylazine) mixture, intramuscularly behind the thigh (IM), or mice were anesthetized with intraperitoneal (IP). 露出している皮膚表面を、グリセロール10%、イソプロピルアルコール70%及び水20%からなる水溶液で水和し;角質層を、少なくとも部分的に、サンドペーパーで破壊した。 The exposed portion of the skin surface, 10% glycerol, hydrated with aqueous solution of 70% isopropyl alcohol and 20% water; the stratum corneum, at least partially, destroyed with sandpaper. パッチを動物の上に肯定するためにパッチの上に置かれた粘着テープを用いて、タンパク質10μg/cm 2を有するパッチ1cm 2を24時間皮膚表面に適用した。 Using adhesive tape placed on the patch to affirm the patch on the animal, the patch 1 cm 2 having a protein 10 [mu] g / cm 2 was applied for 24 hours the skin surface. パッチを剥がした後に、水道の流水で約30秒間、動物を広汎に尾の先まで洗い、叩いて乾かし、再び洗った。 After peeling off the patch, about 30 seconds under running tap water, wash up extensively tail of the previous animals, pat dry with, and washed again.
【0154】 [0154]
抗原特異的免疫応答の誘発を、LT又はCS6に対する抗体のELISAによりアッセイした。 The induction of antigen-specific immune responses were assayed by ELISA for antibodies to LT or CS6. IMMULON−2ポリスチレンプレート(Dynex Laboratories)を抗原0.1μg/ウェルで被覆し、室温で一晩インキュベーションし、PBS中の0.5%カゼイン緩衝液でブロックし、洗浄し、試験体の系列希釈を適用し、プレートを、室温で2時間インキュベーションした。 IMMULON-2 polystyrene plates (Dynex Laboratories) were coated with antigen 0.1 [mu] g / well, and incubated overnight at room temperature, then blocked with 0.5% casein buffer in PBS, washed, serial dilutions of the test body applied, the plates were incubated at room temperature for 2 hours. IgG(H+L)抗体を、HRP−結合ヒツジ抗マウスIgG(H+L)(Biorad)を使用して1時間検出した。 The IgG (H + L) antibody was detected 1 hour using HRP- conjugated sheep anti-mouse IgG (H + L) (Biorad). 2,2'−アジノ−ジ(3−エチルベンズチアゾリンスルホン酸)基質(ABTS;Kirkegaard and Perry)を使用して、結合した抗体を明らかにし、30分後に、1%SDS溶液を使用して、反応を停止させた。 2,2'-azino - di (3-ethylbenzthiazoline sulfonic acid) substrate; using (ABTS Kirkegaard and Perry), reveal the bound antibody, after 30 minutes, using a 1% SDS solution, the reaction was stopped. プレートを、405nmで読み取った。 The plates were read at 405nm. 抗体価の結果を、OD(405nm)又はELISAユニットで報告するが、これらは、1.0の光学密度(OD)をもたらす血清の逆希釈として定義される。 The antibody titer results are reported in OD (405 nm) or ELISA units, which are defined as the inverse dilution of serum resulting in 1.0 optical density (OD).
【0155】 [0155]
【表4】 [Table 4]
【0156】 [0156]
LT含有溶液を1cm 2 Nu−ガーゼ裏当て層に加えることにより、ガーゼパッチを製造した。 By adding LT containing solution 1 cm 2 Nu- gauze backing layer was prepared gauze patch. 基材を、1片の粘着テープと共にマウスの一定の位置に保持する。 The substrate is held in a fixed position of the mouse with adhesive tape piece.
【0157】 [0157]
経皮免疫のための接着剤中タンパク質処方物これらの接着剤中タンパク質処方物は、接着処方物に1種又は複数のETECサブユニット抗原を導入することにより、毒素原性E. Adhesive in protein formulations these adhesives in a protein formulation for transcutaneous immunization, by introducing one or more ETEC subunit antigens into the adhesive formulation, enterotoxigenic E. coli(ETEC)を治療することを目している。 It has eyes to treat coli (ETEC). この処方物は、LTアジュバントを用いて、又は用いずに、死ETEC全細胞(1用量当たり〜10 4から10 8死細胞)を導入するためにも適している。 This formulation was prepared using the LT adjuvant, or without, are also suitable for introducing (1 dose per 10 4 10 8 dead cells) dead ETEC whole cells. 次いでブレンドを、薄膜としての閉鎖性(又は半閉鎖性)裏当てシートの上にキャスティングする。 The blend is then enclosed in a thin film (or semi-occlusive) is cast onto a backing sheet. 塗膜が少なくとも部分的に乾燥するまで(含水率は、0.5%から5%で変動してよい;約1%又は2%未満が、本発明によるパッチには好ましい)、処方物を放置して、硬化させる(室温又は40℃から60℃)。 Until the coating is at least partially dry (water content may vary with 5% 0.5%; less than about 1% or 2%, preferably in the patch according to the present invention), leaving the formulation to and cured (60 ° C. from room temperature or 40 ° C.). キャスト膜を、ダイカストから切り離して、所望のサイズ及び形にすることができる。 The cast film, separately from the die-casting, may be a desired size and shape. 次いで、パッチを遮光性の防水性プラスチック又は金属フォイルパウチに密閉することができる。 Then, it is possible to seal the patch to shielding of waterproof plastic or metal foil pouch. こうして製造されたパッチを、冷蔵で、又は室温(例えば、20℃から30℃)で貯蔵することができる。 The patch thus produced, refrigerated or may be stored at room temperature (e.g., 30 ° C. from 20 ° C.). 接着剤中タンパク質は柔軟で、この際、1種又は多種の抗原及びアジュバントの様々な量及び比を導入するために多価ワクチンブレンドを変動させることができる。 Protein in the adhesive is flexible, this time, it is possible to vary the multivalent vaccine blend to introduce different amounts and ratios of one or a variety of antigens and adjuvants. 加えて、パッチサイズを、用量に合わせて変動させることができる。 In addition, the patch size can be varied to suit the dose. 個々人の年齢に応じて、パッチサイズ(用量)を、子供及び老人で使用するために変動させることもできる。 Depending on the individual's age, patch size (dose) can also be varied for use in children and the elderly.
【0158】 [0158]
接着剤中タンパク質処方物は柔軟で、これによって独自に、複数のワクチンを層状に被覆することができる。 Protein formulations in the adhesive is flexible, thereby independently, can be coated a plurality of vaccines in layers. 各ワクチン成分が別々に、パッチ裏当て上で層になるように、これらのパッチを製造する。 In each vaccine component separately, so that the layer on the patch backing, making these patches. 接着処方物が裏当て層に接着していて、第1の免疫原性処方物が、接着処方物の上に施与されていて、第2の免疫原性処方物が、第1の免疫原性かつ粘着性の処方物の上に施与されていて、剥離性ライナーが、裏当て層に対して最も遠位の層であるような多層膜を製造することが、この目的である。 Adhesive formulations have adhered to the backing layer, the first immunogenic formulations, have been applied on the adhesive formulation, the second immunogenic formulation, the first immunogen sex and have been applied on the adhesive formulation, the release liner may be produced a multilayer film such that the most distal layer against the backing layer, is this purpose. この手法の利点は、これが、処方物に柔軟性を与えることである(即ち、抗原を含有する第1の免疫原性処方物とアジュバントを含有する第2の免疫原性処方物の様々な比を使用して、同じプロセスからパッチを製造することができるか、1種又は2種の活性成分のみを含有するように、パッチを製造する)。 The advantage of this approach is that this provide flexibility to the formulation (i.e., different ratios of the second immunogenic formulation containing first immunogenic formulations and adjuvants that contain an antigen use, capable of being prepared patches from the same process, so as to contain only one or two active ingredients, to produce a patch). 多層パッチは、各抗原及びアジュバントの放出速度を制御する利点も有する。 Multilayer patch also has the advantage of controlling the rate of release of the antigen and an adjuvant. 場合によって、他の抗原の放出前に、皮膚樹状細胞(例えば、ランゲルハンス細胞)に予め初回抗原刺激を与えるために、直ちに放出されるLTアジュバントを有することが望ましい。 Optionally, prior to release of other antigens, skin dendritic cells (e.g., Langerhans cells) in order to provide a pre-priming, it is desirable to have a LT adjuvant released immediately. 次いで、LT初回抗原刺激を受けたランゲルハンス細胞は、毒素及び定着因子抗原をより有効に補足及び処理することができる。 Then, Langerhans cells that have undergone LT priming can be supplemented and processed toxins and colonization factor antigens more effectively. 制御送達は、アジュバント及び抗原のより効率的な使用であり、これにより、用量をさらに減らすことができる。 Controlled delivery is a more efficient use of adjuvant and antigen, thereby, it is possible to further reduce the dose.
【0159】 [0159]
接着剤と接触している、少なくともアジュバント及び/又は抗原活性を有するタンパク質を安定化するために適している処方物を記載する。 In contact with the adhesive, it describes a formulation which is suitable for stabilizing a protein having at least an adjuvant and / or antigenic activity. 以下は、このような処方物の例であって、処方物を限定することを意図したものではない。 The following are examples of such formulations, not intended to limit the formulation.
【0160】 [0160]
ETECサブユニットワクチン(CS3、CS6、CFA/I、ST及びLT)及び死ETEC全細胞を送達するためのゲル処方物ゲルは、十分に水和されているか、湿潤なバッチの例である。 ETEC subunit vaccines (CS3, CS6, CFA / I, ST and LT) and death ETEC gel formulation gel for the delivery of whole cells are either fully hydrated, it is an example of a wet batch. これらの処方物は、ゲルマトリックス内に閉じ込められた1種又は複数のETECサブユニット抗原を導入することを意図している。 These formulations are intended to introduce one or more ETEC subunit antigens entrapped within the gel matrix. この処方物は、LTを伴う、又は伴わない死ETEC全細胞(用量当たり〜10 4から10 8死細菌)の経皮送達にも適している。 This formulation involves LT, or is also suitable for transdermal delivery of dead ETEC whole cells (dose per 10 4 to 10 8 death bacteria) without. 抗原を含有する溶液を、所望の量及び比で、カルボマー、プルロニック又はこれら2種のゲル成分の混合物とブレンドすることにより、ワクチンを処方する(下記参照)。 The solution containing the antigen, in the desired amounts and ratios, carbomer, by blending a mixture of Pluronic or these two gel components, formulating a vaccine (see below). 次いで、ゲル含有免疫原性処方物を、こぼすことなくその位置にゲルを保持する細片(strip)上に塗布する。 Then, the gel-containing immunogenic formulation is applied onto the strip (strip) that holds the gel in position without spilling. 材料が、処方物中のタンパク質に関して低い結合能を有することが重要である。 Material, it is important to have a low binding capacity for proteins in the formulation. 細片は、前記のようなパッチ材料を含んでよい。 Strip may comprise a patch material as described above. 細片は、単一層又は1つよりも多い層からなる積層であってよい。 Strip can be a laminate consisting of a single layer or more than one layer. 通常、細片は、実質的に水不透過性であり、皮膚を水和条件に留めるために役立つ。 Usually, strips are substantially water impermeable, help to keep the skin hydrated condition. 材料は、必要な柔軟性及びタンパク質に関して低い結合能を満たすいずれのタイプのポリマーであってもよい。 Material may be any type of polymer that meets the low binding capacity with respect to the required flexibility and proteins. 好ましいポリマーには、これらに限らないが、ポリエチレン、ビニル酢酸エチル、エチルビニルアルコール、ポリエステル又はテフロン(登録商標)が含まれる。 Preferred polymers include, but are not limited to, polyethylene, ethyl vinyl acetate, ethyl vinyl alcohol, polyester or Teflon. ゲルを保持する材料からなる細片は、1mm厚未満、好ましくは0.05mm厚未満、さらに好ましくは0.001から0.03mm厚である。 Strip of material for holding the gel is less than 1mm thick, preferably less than 0.05mm thickness, 0.03 mm thickness and still more preferably from 0.001.
【0161】 [0161]
ゲル負荷細片は、様々なサイズ及び形であってよい。 Gel loading strips may be of various sizes and shapes. 適用を容易にするために、角が丸いことが好ましい。 To facilitate application, it is preferable rounded corners. 細片の長さは変動してよく、所定の使用者に応じる(即ち、子供又は成人)。 The length of the strip may vary, responsive to predetermined user (i.e., children or adults). これは、約2cmから約12cmであってよく、好ましくは、約4cmから約9cmである。 This may be from about 2cm to about 12cm, preferably from about 4cm to about 9cm. 細片の幅は、変動してよいが、約0.5cmから約4cmであってよい。 The width of strip, may vary and may be from about 0.5cm to about 4 cm. 細片は、ゲルのための貯留部として、浅いポケット又は窪みを有してもよい。 Strips, as reservoir for the gel may have a shallow pocket or recess. 一定の位置に保持するために、ゲル含有処方物を、細片の上に塗布する場合には、ゲルを、貯留部に充填すべきである。 To hold in a fixed position, a gel containing formulation, when applied on the strip, the gel should be filled into the reservoir. 浅いポケットは、幅約0.4mm及び深さ約0.1mmであってよい。 Shallow pockets may be the width of about 0.4mm and a depth of about 0.1 mm. ゲル負荷パッチは、約1mm厚であり、好ましい厚さは、約0.5mm未満である。 Gel loading patch is about 1mm thick, the preferred thickness is less than about 0.5 mm. 感圧接着剤層に付着させることにより、ゲル負荷細片を一定の位置に保持し、その際、ゲル表面は、接着剤とは反対を向いている。 By adhering to the pressure-sensitive adhesive layer to hold the gel loading strip in a fixed position, in which, the gel surface is oriented opposite to the adhesive. 裏当て材料は、閉鎖性又は半閉鎖性であってよい(例えば、TEGADERM包帯)。 Backing material may be occlusive or semi-occlusive (e.g., TEGADERM bandages).
【0162】 [0162]
ゲルと皮膚との間に最大接触が維持されるべきなので、曲げ剛性は重要である。 The maximum contact between the gel and skin such to be maintained, the bending stiffness is important. 細片は、パッチが適用される解剖学的位置(例えば、三角筋、手掌の前腕(volar foream)、首、耳の後ろ又は他の位置の上の皮膚)の輪郭に一致するべきである。 Strips, anatomical location where the patch is applied (e.g., deltoid, palmar forearm (volar Foream), neck, skin over the back or other location of the ear) should match the contour of the. 曲げ剛性は、Handle−O−Meter(Thwing Albert Instruments)を用いて測定することができる。 Bending stiffness can be measured using a Handle-O-Meter (Thwing Albert Instruments). 曲げ剛性は、5gm/cm未満、さらに好ましくは3gm/cm未満であるべきである。 Bending stiffness is less than 5 gm / cm, more preferably it should be less than 3 gm / cm. 比較的低い剛性により、材料からなる細片で、輪郭を示した表面の上をほとんど力を掛けずに覆うことができる。 The relatively low stiffness, in strips of material can be covered without applying a little force over the surface showing the outline. 裏当て層を、パッチを一定の位置に保持するように設計して、皮膚とゲルとの間に最大接触を維持し、着用している間にゲルが脱水するのを防ぐ。 The backing layer, and designed to hold the patch in a fixed position, to maintain maximum contact between the skin and the gel, preventing the gel is dehydrated while wearing.
【0163】 [0163]
貯蔵及び取り扱いの間に湿潤なパッチが脱水することを防ぐために、かなり硬い不活性なプラスチック細片の上にこれを置くこともできる。 To prevent wet patch during storage and handling is dehydrated, it is also possible to put this on a fairly stiff inert plastic strip. ゲル表面は、プラスチック細片と直接接触していて、ゲル/プラスチック界面は、低い剥離力を有し、これによって、プラスチック細片からのゲル細片の分離が容易になる。 Gel surface is in direct contact with the plastic strip, gel / plastic interface has low peel force, This facilitates the separation of the gel strip from the plastic strip. プラスチック細片は、ポリエチレン又は同様の材料からなってよい。 Plastic strip may consist of polyethylene or similar material. ゲル含有パッチを、遮光性及び水密性プラスチック又はフォイルパウチ内に包装することができる。 The gel-containing patch can be packaged in a light-shielding and watertight plastic or foil pouch. パウチを、室温で、又は冷蔵庫内で貯蔵することができる。 The pouch can be stored at room temperature or in a refrigerator.
【0164】 [0164]
次は、水和ゲル処方物の例を意図しており、これを制限することは意図していない:カルボマー1342 1%;カルボマー940 1.5%;カルボマー934 1.5%;カルボマー940 1.5%、スクロース2%、イソプロピルアルコール10%、グリセロール10%;Pluronic F87 50%及びPluronic F108 30%。 The following is intended to examples of the hydrated gel formulation and are not intended to limit it: carbomer 1342 1%; Carbomer 940 1.5%; Carbomer 934 1.5%; carbomer 940 1. 5% sucrose 2%, 10% isopropyl alcohol, glycerol 10%; Pluronic F87 50% and Pluronic F 108 30%.
【0165】 [0165]
カルボマーポリマーは、高分子量のアクリル酸ベースのポリマーであり、これは、アリルスクロース又はアリルペンタエリトリトールと架橋することができるか、かつ/又はアクリル酸C10〜C30アルキルで改質することができる。 Carbomer polymers are polymers of acrylic acid-based high molecular weight, this is an allyl sucrose or can be modified with allyl pentaerythritol and it can be crosslinked and / or acrylic acid C10~C30 alkyl. これらは、パッチ中に導入してよいか、しなくてもよいか、当技術分野で知られている他の手段により皮膚中に送達することができる。 These can either be introduced into the patch, or may not, can be delivered into the skin by other means known in the art.
【0166】 [0166]
処方物は、様々な平均分子量のカルボマーを含有してよい。 Formulations may contain carbomer various average molecular weight. 例えば、ポリマーは、カルボマー1342(例えば、1×PBS中、カルボマー1342 1%、LT0.6mg/ml、メチルパラベン0.3%、プロピルパラベン0.1%、ラクトース2.5%);カルボマー934(例えば、1×PBS中、カルボマー934 1.5%、LT0.6mg/ml、メチルパラベン0.3%、プロピルパラベン0.1%、ラクトース2.5%);又はカルボマー940(例えば、1×PBS中、カルボマー940 1.5%、LT0.6mg/ml、メチルパラベン0.3%、プロピルパラベン0.1%、ラクトース2.5%)であってよい。 For example, the polymer, carbomer 1342 (e.g., in 1 × PBS, carbomer 1342 1%, LT0.6mg / ml, methylparaben 0.3%, 0.1% propylparaben, lactose 2.5%); carbomer 934 (e.g. in 1 × PBS, carbomer 934 1.5%, LT0.6mg / ml, methylparaben 0.3%, 0.1% propylparaben, lactose 2.5%); or carbomer 940 (e.g., in 1 × PBS, carbomer 940 1.5%, LT0.6mg / ml, methylparaben 0.3%, 0.1% propyl paraben, may be lactose 2.5%). 各処方物を、リン酸緩衝生理食塩水中で調製し、これは、LTを約0.6mg/ml又はそれ未満で含有するが、抗原及びアジュバントは、約0.001mg/mlから約0.6mg/ml又は約0.6mg/mlから約6mg/mlから処方することもできる。 Each formulation was prepared in phosphate buffered saline, which is contained at about 0.6mg / ml or less of the LT, the antigen and the adjuvant is from about 0.001 mg / ml to about 0.6mg / ml or about 0.6 mg / ml can be formulated from about 6 mg / ml. 加えて、メチルパラベン及びプロピルパラベンなどの抗菌物質を含んでもよい。 In addition, it may include antimicrobials such as methylparaben and propylparaben.
【0167】 [0167]
カルボマー940及びPluronic F87からなる組合せ(例えば、1×PBS中、カルボマー940 1.5%、Pluronic F87 0.5%、LT0.6mg/ml、メチルパラベン0.3%、プロピルパラベン0.1%、ラクトース2.5%)を使用することもできる。 Combinations of carbomer 940 and Pluronic F87 (e.g., in 1 × PBS, Carbomer 940 1.5%, Pluronic F87 0.5%, LT0.6mg / ml, methylparaben 0.3%, 0.1% propylparaben, lactose 2.5%) can also be used. Pluronicは、別の群のヒドロゲルであり、これは、酸化エチレン−酸化プロピレン−酸化エチレンの繰り返しセグメントを含有する。 Pluronic is a hydrogel of another group, which is an ethylene oxide - propylene oxide - containing repeating segments of ethylene oxide. 処方物中のLT及び抗菌物質の量は、同一である。 The amount of LT and antimicrobial agents in the formulation are the same.
【0168】 [0168]
他の処方物は、浸透増強剤及びカルボマーを使用して、送達を増強することができる。 Other formulations using penetration enhancers and carbomers, it is possible to enhance delivery. 例えば、ゲルは、Pharmasolveと共にカルボマー940を含んでよく(例えば、1×PBS中、カルボマー940 1.5%、Pharmasolve10%、LT0.6mg/ml、メチルパラベン0.3%、プロピルパラベン0.1%、ラクトース2.5%)、最終ゲルは、カルボマー940、グリセロール及びイソプロパノールを含有してよい(例えば、1×PBS中、カルボマー940 1.5%、グリセロール10%、イソプロパノール10%、LT0.6mg/ml、メチルパラベン0.3%、プロピルパラベン0.1%、ラクトース2.5%)。 For example, a gel may comprise Carbomer 940 with Pharmasolve (e.g., in 1 × PBS, Carbomer 940 1.5%, Pharmasolve10%, LT0.6mg / ml, methylparaben 0.3%, 0.1% propylparaben, lactose 2.5%), the final gel, carbomer 940, may contain glycerol and isopropanol (e.g., in 1 × PBS, carbomer 940 1.5%, 10% glycerol, 10% isopropanol, LT0.6mg / ml , methylparaben 0.3%, 0.1% propylparaben, lactose 2.5%). LT及び抗菌物質の濃度は、前記の処方と同一なままであってよいか、他の特別な範囲であってよい。 The concentration of LT and antimicrobial agents, the prescription and either may remain identical, may be other special range.
【0169】 [0169]
前記の参考文献の全て(例えば、論文、書籍、特許及び特許出願)は、当技術分野の専門家のレベルを示しており、参照して援用することができる。 All of the references (e.g., articles, books, patents and patent applications) are indicative of the level of those skilled in the art can refer to reference.
【0170】 [0170]
請求項の意図及びその法的同等物の範囲内での変更及び置き換えは全て、その範囲内に包含されるべきである。 All changes which come within the scope of the spirit and their legal equivalents claims and replacement are to be embraced within their scope. 接続句(transition)「含む」を使用する請求項は、請求項の範囲内である他の要素の包含を許容する;本発明は、接続フレーズ「主に〜からなる」(即ち、本発明の実施に実質的に影響を及ぼさない場合に、請求項の範囲内である他の要素の包含を許容する)及び「含む」との用語の代わりに、接続句「〜からなる」(即ち、本発明に通常関連する不純物又は多少の活量以外は、請求項に挙げられた要素のみを許容する)を使用するような請求項によっても記載されている。 Claim the use of connection clause (transition) "comprising" allows the inclusion of other elements to be within the scope of the claims; the invention, "consisting primarily ~" connections phrase (i.e., the present invention If that do not substantially affect the implementation, instead of the term to allow the inclusion of other elements to be within the scope of the claims) and "comprising", "consisting of" connection clause (i.e., the except normally associated with impurities or some activity of the invention are described by claims such as using allowing only elements listed in a claim). 請求項中に明らかに関連が記載されていない限り、請求項間で、又は請求項内に特別な関連は意図されていない(例えば、物質請求項中での成分の配置、又は方法請求項中でのステップの順序は、そのように特に記載されていない限り、請求項の制限ではない)。 Unless clearly related in a claim is not listed, among claims, wherein no special relevance is contemplated within the term (e.g., the arrangement of the components in the material according to claim, or the method in claim sequence of steps is, so long as not specifically described, not the claims limit). したがって、ここに開示されている個々の要素の全ての可能な組合せ又は並べ替えは、本発明の考慮される部分である。 Thus, all possible combinations or permutations of individual elements disclosed herein is a portion to be considered in the present invention.
【0171】 [0171]
前記から、本発明は、その意図又は基本的な特徴から逸脱することなく、他の特殊な形態で実施することができることは、当技術分野の専門家には明らかであろう。 From the present invention without departing from its spirit or essential characteristics, it can be implemented in other specific forms, it will be apparent to those skilled in the art. 本発明に与えられる法的保護の範囲は、この明細書によってではなく添付の請求項によって示されているので、前記の実施形態は、例示としてのみ考慮されるべきで、制限的なものではない。 The scope of legal protection given to this invention, since being indicated by the appended claims rather than by this specification, the embodiments are to be considered only as illustrative and not restrictive .
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【0172】 [0172]
【図1】接着剤中タンパク質(PIA)パッチ10の部分断面図を示す図である。 1 is a diagram showing a partial cross-sectional view of the adhesive protein (PIA) patch 10. 裏当て層12及び感圧接着層14が相互に付着している。 The backing layer 12 and the pressure-sensitive adhesive layer 14 is adhered to each other. パッチ10の皮膚側は場合によって、使用前には剥離性ライナー18で被われている。 Optionally skin side of the patch 10 is covered with a release liner 18 prior to use. 感圧接着層14の皮膚側に施与されていることにより、免疫原性処方物16は、パッチ10の露出側に位置する。 By being applied to the skin side of the pressure-sensitive adhesive layer 14, an immunogenic formulation 16 is positioned on the exposed side of the patch 10. これは必ずしも、一定の比率に縮小されて示されてはいない。 This necessarily and are not shown as being reduced to a predetermined ratio.
【図2】接着剤中タンパク質(PIA)パッチ20の部分断面図を示す図である。 2 is a diagram showing a partial cross-sectional view of the adhesive protein (PIA) patch 20. 裏当て層22及び感圧接着層24が相互に付着している。 Backing layer 22 and pressure sensitive adhesive layer 24 is adhered to each other. パッチ20の皮膚側は場合によって、使用前には剥離性ライナー28で被われている。 Optionally skin side of the patch 20 is covered with a release liner 28 prior to use. 感圧接着層24中に導入されていることにより、免疫原性処方物26は、パッチ20の露出側に位置する。 By being introduced into the pressure-sensitive adhesive layer 24, an immunogenic formulation 26 is positioned on the exposed side of the patch 20. これは必ずしも、一定の比率に縮小されて示されてはいない。 This necessarily and are not shown as being reduced to a predetermined ratio.

Claims (25)

  1. 経皮免疫用パッチであって、少なくとも4種の成分: A patch for transdermal immunization, at least four components:
    (a)裏当て層、 (A) a backing layer,
    (b)裏当て層に付着している感圧接着層並びに感圧接着層に施与及び/又は導入されている、次の(c)及び(d)を含有する免疫原性処方物、 (B) pressure-sensitive adhesive layer adhered to the backing layer and is applied and / or introduced into the pressure-sensitive adhesive layer, an immunogenic formulation containing the following (c) and (d),
    (c)該当する少なくとも1種のタンパク質が免疫活性である、感圧接着層の接着剤に接触している少なくとも1種のタンパク質、及び(d)接着剤の存在下に少なくとも1種のタンパク質の免疫活性を維持する安定剤、 (C) appropriate at least one protein is immunologically active, at least one is in contact with the adhesive of the pressure-sensitive adhesive layer protein, and (d) at least one protein in the presence of an adhesive stabilizers to maintain immune activity,
    を含み、 It includes,
    パッチは、皮膚に付着する感圧接着層及び皮膚に対して遠位の裏当て層と共に皮膚表面から対象の皮膚に貼られ、その結果、有効量の少なくとも1種のタンパク質が、経皮免疫により患者内で抗原特異的免疫応答をもたらす、 Patch is affixed to the skin from the skin surface of the subject with the distal backing layer against the pressure-sensitive adhesive layer and skin adhering to the skin, so that at least one protein of the effective amount, by transcutaneous immunization resulting in an antigen-specific immune response in a patient,
    上記経皮免疫用パッチ。 The transcutaneous immunization for the patch.
  2. 裏当て層が閉鎖性である請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein the backing layer is occlusive.
  3. 接着剤が水性接着剤である請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein the adhesive is a water-based adhesive.
  4. 接着剤がアクリレート接着剤である請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein the adhesive is an acrylate adhesive.
  5. 少なくとも1種のタンパク質がアジュバント活性を有する請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein at least one protein with adjuvant activity.
  6. 少なくとも1種のタンパク質が、ADPリボシル化外毒素、その断片又はその突然変異体である請求項1記載のパッチ。 At least one protein, ADP-ribosylating exotoxin, a patch of claim 1 wherein the fragment or mutant thereof.
  7. 少なくとも1種のタンパク質が、E. At least one protein, E. coli易熱性外毒素、その断片又はその突然変異体である請求項1記載のパッチ。 coli heat labile exotoxin, patch according to claim 1, which is a fragment or a mutant thereof.
  8. 少なくとも1種のタンパク質が、抗原特異的免疫応答がそれに対して誘発される抗原である請求項1記載のパッチ。 At least one protein, a patch of claim 1, wherein the antigen is an antigen specific immune response elicited against it.
  9. 少なくとも1種のタンパク質が1μgから100μg存在する請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein at least one protein is present 100μg from 1 [mu] g.
  10. 安定剤が非還元糖である請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein the stabilizer is a non-reducing sugar.
  11. 安定剤がスクロース又はトレハロースである請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein the stabilizer is sucrose or trehalose.
  12. 第5の成分(e)である剥離性ライナーをさらに備え、剥離性ライナーを剥がすと、感圧接着層が露出し、パッチを、皮膚表面から対象の皮膚に、皮膚に対して遠位の裏当て層と共に貼ることができるように、感圧接着層が裏当て層と剥離性ライナーとの間に位置する請求項1記載のパッチ。 Further comprising a release liner according to a fifth component (e), when peeling off the release liner to expose the pressure-sensitive adhesive layer, the patch, to the skin of a subject from the skin surface, the back distal to the skin as can be affixed together against layer, the patch of claim 1, wherein the pressure-sensitive adhesive layer is located between the release liner and backing layer.
  13. 少なくとも1種のタンパク質が、経皮免疫により少なくとも2年間、対象に抗原特異的免疫応答を誘発するに有効であるように、単一のパッチが包装されている請求項1記載のパッチ。 At least one protein, at least 2 years by transcutaneous immunization, to be effective in eliciting an antigen-specific immune response in a subject, the patch of claim 1, wherein the single patch has been packaged.
  14. 感圧接着層がさらに、少なくとも1種の可塑剤及び少なくとも1種の粘着性付与剤を含む請求項1記載のパッチ。 Pressure-sensitive adhesive layer further patch of claim 1, further comprising at least one plasticizer and at least one tackifier.
  15. 可塑剤がクエン酸トリアルキルである請求項14記載のパッチ。 Patch of claim 14 wherein the plasticizer is citric acid trialkyl.
  16. 粘着性付与剤が1種又は複数のグリコール及び/又はコハク酸である請求項14記載のパッチ。 Patch of claim 14 wherein the tackifier is one or more glycol and / or succinic acid.
  17. 免疫原性処方物がさらに増粘剤を含有する請求項1記載のパッチ。 Patch according to claim 1, wherein the immunogenic formulation further comprises a thickening agent.
  18. 増粘剤がヒドロキシアルキルセルロース又はデンプンである請求項17記載のパッチ。 Patch of claim 17 wherein the thickener is a hydroxyalkyl cellulose or starch.
  19. 抗原特異的免疫応答を誘発するための、請求項1〜18のいずれか一項に記載のパッチの使用。 To induce an antigen-specific immune responses, the use of a patch according to any one of claims 1 to 18.
  20. 疾患に伴う1つ又は複数の症状を治療及び/又は予防するための、請求項1〜18のいずれか一項に記載のパッチの使用。 For one or more treat the symptoms of and / or prophylaxis associated with a disease, the use of a patch according to any one of claims 1 to 18.
  21. パッチを貼る前に、皮膚を水和することをさらに含む請求項19又は20に記載の使用。 Before affixing the patch Use according to claim 19 or 20 further comprising hydrating the skin.
  22. パッチを貼る前に、皮膚の真皮を穿孔することなく、角質層を破壊するための化学的及び/又は物理的エネルギーにより、皮膚の浸透を高めることをさらに含む請求項19又は20に記載の使用。 Before affixing the patch without piercing the dermis of the skin, by chemical and / or physical energy to disrupt the stratum corneum, Use according to claim 19 or 20 further comprising increasing the penetration of the skin .
  23. 経皮免疫を目的とする請求項1〜18のいずれか一項に記載のパッチを製造する方法において、(a)少なくとも1種の免疫活性なタンパク質を含む免疫原、及び(b)感圧接着剤との懸濁液又は溶液中で、少なくとも1種の該タンパク質の免疫活性を維持する安定剤を含有する免疫原性処方物を、感圧接着層に施与及び/又は導入し、かつ感圧接着層は裏当て層に付着していることを特徴とする方法。 A method for producing a patch according to any one of claims 1 to 18 for the purpose of transcutaneous immunization, (a) immunogen comprising at least one immunologically active protein, and (b) pressure sensitive in suspension or solution of the agent, the immunogenic formulation containing the stabilizer to maintain the immunoreactivity of at least one of said protein, and applied and / or introduced into the pressure-sensitive adhesive layer, and sensitive adhesive layer and wherein the adhering to the backing layer.
  24. (a)感圧接着剤、(b)少なくとも1種の免疫活性なタンパク質を含有する免疫原、及び(c)感圧接着剤との懸濁液又は溶液中で、少なくとも1種の該タンパク質の免疫活性を維持する安定剤を含有する処方物。 (A) pressure sensitive adhesive, (b) an immunogen which contains at least one immunologically active protein, and suspension or solution of the (c) pressure-sensitive adhesive, of at least one of said protein formulations containing a stabilizer to maintain the immunoreactivity.
  25. 裏当て層に処方物を付着させることにより、経皮免疫用パッチを製造するための、請求項24記載の処方物の使用。 By attaching a formulation backing layer, for manufacturing a patch for transcutaneous immunization, the use of claim 24 formulations described.
JP2002573032A 2001-03-19 2002-03-19 Patch for transcutaneous immunization Pending JP2004525921A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US27649701P true 2001-03-19 2001-03-19
PCT/US2002/008099 WO2002074325A1 (en) 2001-03-19 2002-03-19 Patch for transcutaneous immunization

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004525921A true JP2004525921A (en) 2004-08-26

Family

ID=23056879

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002573032A Pending JP2004525921A (en) 2001-03-19 2002-03-19 Patch for transcutaneous immunization

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP1381381A1 (en)
JP (1) JP2004525921A (en)
CN (1) CN1516595A (en)
CA (1) CA2445486A1 (en)
WO (1) WO2002074325A1 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006321720A (en) * 2005-05-17 2006-11-30 Life Kea Giken Kk Plaster
WO2008105504A1 (en) * 2007-03-01 2008-09-04 Cosmed Pharmaceutical Co., Ltd. Transdermal immune preparation, method for production of the same, and transdermal immunization method using the same
JP2014004077A (en) * 2012-06-22 2014-01-16 Toppan Printing Co Ltd Manufacturing method for needle-like body and needle-like body

Families Citing this family (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2822049B1 (en) 2001-03-13 2003-08-01 Dbv Medica 1 Patch intended particularly finders has awareness of the state of a subject is an allergen, and method for making use
US7635488B2 (en) 2001-03-13 2009-12-22 Dbv Technologies Patches and uses thereof
WO2004030696A2 (en) * 2002-10-02 2004-04-15 Nordic Vaccine Technology A/S Composition for vaccination
GB0307989D0 (en) * 2003-04-07 2003-05-14 Mcewen Lab Ltd Therapeutic composition
EP1663090A4 (en) 2003-09-12 2010-07-21 Z Medica Corp Calcium zeolite hemostatic agent
WO2005027834A2 (en) 2003-09-12 2005-03-31 Z-Medica Corporation Partially hydrated hemostatic agent
US20060178609A1 (en) 2005-02-09 2006-08-10 Z-Medica, Llc Devices and methods for the delivery of molecular sieve materials for the formation of blood clots
CN101160143A (en) 2005-02-15 2008-04-09 弗吉尼亚大学 Mineral technologies (mt) for acute hemostasis and for the treatment of acute wounds and chronic ulcers
US9326995B2 (en) 2005-04-04 2016-05-03 The Regents Of The University Of California Oxides for wound healing and body repair
TW200806315A (en) * 2006-04-26 2008-02-01 Wyeth Corp Novel formulations which stabilize and inhibit precipitation of immunogenic compositions
US8938898B2 (en) 2006-04-27 2015-01-27 Z-Medica, Llc Devices for the identification of medical products
US7968114B2 (en) 2006-05-26 2011-06-28 Z-Medica Corporation Clay-based hemostatic agents and devices for the delivery thereof
US7604819B2 (en) 2006-05-26 2009-10-20 Z-Medica Corporation Clay-based hemostatic agents and devices for the delivery thereof
FR2921562B1 (en) * 2007-10-01 2012-06-15 Dbv Tech An adhesive for cutaneous application
FR2924350B1 (en) 2007-12-03 2010-08-13 Dbv Tech Method and compositions for vaccination dermal
FR2924349B1 (en) 2007-12-03 2010-01-01 Dbv Tech Methode desensibilitation to allergens
ES2711927T3 (en) * 2009-03-13 2019-05-08 Dbv Tech Method to treat eczema
US8858969B2 (en) 2010-09-22 2014-10-14 Z-Medica, Llc Hemostatic compositions, devices, and methods
ES2690826T3 (en) 2012-06-22 2018-11-22 Z-Medica, Llc hemostatic devices
CN103356511B (en) * 2013-06-20 2015-03-25 海南光宇生物科技有限公司 Protein drug transdermal drug delivery patch
EP3146964A4 (en) * 2014-05-20 2018-01-10 Alcare Co., Ltd. Adhesive agent composition for skin and patch material for skin
ITUA20164065A1 (en) * 2016-06-01 2017-12-01 Probiotical Spa Compositions in gel for topical applications based on bacteria, preparation of the same and their uses.

Family Cites Families (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5260066A (en) * 1992-01-16 1993-11-09 Srchem Incorporated Cryogel bandage containing therapeutic agent
US5756117A (en) * 1992-04-08 1998-05-26 International Medical Asscociates, Inc. Multidose transdermal drug delivery system
AU676430B2 (en) * 1994-03-07 1997-03-06 Theratech, Inc. Drug-containing adhesive composite transdermal delivery device
US5536263A (en) * 1994-03-30 1996-07-16 Lectec Corporation Non-occulusive adhesive patch for applying medication to the skin
IL113034A (en) * 1994-04-05 2000-02-17 Astra Ab Topical dressing
DE4416927C1 (en) * 1994-05-13 1995-08-31 Lohmann Therapie Syst Lts Device for release of active agents from melt-type adhesive
US5505958A (en) * 1994-10-31 1996-04-09 Algos Pharmaceutical Corporation Transdermal drug delivery device and method for its manufacture
CA2183960E (en) * 1994-12-24 2001-08-21 Jung Ju Kim Medicinal patches for percutaneous administration
US5780050A (en) * 1995-07-20 1998-07-14 Theratech, Inc. Drug delivery compositions for improved stability of steroids
US6033684A (en) * 1996-08-28 2000-03-07 Jonor, Inc. Compositions and methods for wound management
US5910306A (en) * 1996-11-14 1999-06-08 The United States Of America As Represented By The Secretary Of The Army Transdermal delivery system for antigen
US5980898A (en) * 1996-11-14 1999-11-09 The United States Of America As Represented By The U.S. Army Medical Research & Material Command Adjuvant for transcutaneous immunization
US6348450B1 (en) * 1997-08-13 2002-02-19 The Uab Research Foundation Noninvasive genetic immunization, expression products therefrom and uses thereof
BR9908278A (en) * 1998-02-25 2002-01-02 Iomai Corp Use of agents for improving penetration and disruption of the skin barrier, enhance the transcutaneous immune response induced by ADP etoxina of ribosilatação
SE510908C2 (en) * 1998-05-28 1999-07-05 Moelnlycke Health Care Ab Wound dressing or affixing tape for skin comprising a plastic film layer coated with a tacky elastomer containing particulate anchoring element
AT264098T (en) * 1998-12-07 2004-04-15 Elan Pharma Int Ltd Patches for transdermal administration of volatile liquid ingredients
AT529130T (en) * 1999-04-08 2011-11-15 Intercell Usa Inc Dry formulation for transcutaneous immunization
US6348212B2 (en) * 1999-05-18 2002-02-19 Lectec Corporation Treating traumatic burns or blisters of the skin
WO2000074714A2 (en) * 1999-06-03 2000-12-14 Glenn Gregory M Indicators for monitoring the technique of transcutaneous immunization

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006321720A (en) * 2005-05-17 2006-11-30 Life Kea Giken Kk Plaster
WO2008105504A1 (en) * 2007-03-01 2008-09-04 Cosmed Pharmaceutical Co., Ltd. Transdermal immune preparation, method for production of the same, and transdermal immunization method using the same
JP2014004077A (en) * 2012-06-22 2014-01-16 Toppan Printing Co Ltd Manufacturing method for needle-like body and needle-like body

Also Published As

Publication number Publication date
CN1516595A (en) 2004-07-28
WO2002074325A1 (en) 2002-09-26
EP1381381A1 (en) 2004-01-21
CA2445486A1 (en) 2002-09-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Glenn et al. Transcutaneous immunization and immunostimulant strategies: capitalizing on the immunocompetence of the skin
KR101501780B1 (en) Technology for preparation of macromolecular microspheres
AU2003213091C1 (en) Stabilized Synthetic Immunogen Delivery System
Wilson‐Welder et al. Vaccine adjuvants: current challenges and future approaches
KR101061975B1 (en) Array including a drug delivery and rapid dissolution accelerator type micro perforation for other purposes,
US20050112135A1 (en) Ultrasound assisted transdermal vaccine delivery method and system
AU2003216851B2 (en) Imidazoquinoline adjuvants for vaccines
JP4765020B2 (en) Physiological delivery of agents in-situ comprising anionic polysaccharides
US5910306A (en) Transdermal delivery system for antigen
AU745849B2 (en) Antigen delivery system comprising monoglyceride or diglyceride derivatives as adjuvant
Christensen et al. Cationic liposomes as vaccine adjuvants
US20030185835A1 (en) Adjuvant for vaccines
CN1230151C (en) Non-invasive transdermal vaccination
CA2437150C (en) Ph-sensitive mucoadhesive film-forming gels and wax-film composites
US9308252B2 (en) Extracellular matrix materials as vaccine adjuvants for diseases associated with infectious pathogens or toxins
Mikszta et al. Protective immunization against inhalational anthrax: a comparison of minimally invasive delivery platforms
Vogel et al. A compendium of vaccine adjuvants and excipients
KR100517028B1 (en) Formulation for transcutaneous immunization
Husband Novel vaccination strategies for the control of mucosal infection
CA2317066A1 (en) A prolamine-plant polar lipid composition, its method of preparation and applications thereof
JP2004504120A (en) vaccine
Hammond et al. Transcutaneous immunization: T cell responses and boosting of existing immunity
HU228144B1 (en) The use of active ingredient for producing medicament, for transdermal delivery using needleless syringe
US20050220854A1 (en) Apparatus and method for transdermal delivery of influenza vaccine
CA2473132A1 (en) Vaccination and vaccine and drug delivery by topical application of vectors and vector extracts recombinant vectors, and noninvasive genetic immunization, expression products therefrom,and uses thereof

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050316

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080610

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090106