JP2004524903A - Colon overtube - Google Patents

Colon overtube Download PDF

Info

Publication number
JP2004524903A
JP2004524903A JP2002569023A JP2002569023A JP2004524903A JP 2004524903 A JP2004524903 A JP 2004524903A JP 2002569023 A JP2002569023 A JP 2002569023A JP 2002569023 A JP2002569023 A JP 2002569023A JP 2004524903 A JP2004524903 A JP 2004524903A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
overtube
colon
characterized
colonoscope
according
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002569023A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ジル,エアイブヒーン
バトラー,ジョン
ブレナン,エドモンド
ボナジオ,フランク
Original Assignee
アトロポス・リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to IE20010220 priority Critical
Priority to IE20010916 priority
Application filed by アトロポス・リミテッド filed Critical アトロポス・リミテッド
Priority to PCT/IE2002/000029 priority patent/WO2002069841A2/en
Publication of JP2004524903A publication Critical patent/JP2004524903A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00147Holding or positioning arrangements
    • A61B1/00154Holding or positioning arrangements using guide tubes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00064Constructional details of the endoscope body
    • A61B1/00071Insertion part of the endoscope body
    • A61B1/00078Insertion part of the endoscope body with stiffening means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/00131Accessories for endoscopes
    • A61B1/00137End pieces, e.g. caps, seals, forceps plugs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B1/00Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor
    • A61B1/31Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes; Illuminating arrangements therefor for the rectum, e.g. proctoscopes, sigmoidoscopes, colonoscopes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2210/00Anatomical parts of the body
    • A61M2210/10Trunk
    • A61M2210/1042Alimentary tract
    • A61M2210/1064Large intestine
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M25/0021Catheters; Hollow probes characterised by the form of the tubing

Abstract

S状結腸を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブ(1)は、結腸の外部に配置される近位端(2)と結腸内に挿入される遠位端(3)を有する。 Colon overtube for maintaining the S-shaped colon linear shape (1) has a proximal end disposed outside of the colon (2) and a distal end that is inserted into the colon (3). 結腸内視鏡ルーメン(4)がオーバーチューブ(1)内に延在して、オーバーチューブ(1)を結腸内視鏡の上に挿通することを容易にする。 Colonoscopy lumen (4) extending in the over-tube (1) within the over tube (1) to facilitate the insertion on the colonoscope. オーバーチューブ(1)は、その近位端(2)から遠位端(3)までの全長にわたって延在する渦巻き形の波形部(5)を有する。 Overtube (1) has its proximal end (2) from the distal end (3) spiral-shaped corrugations extending over the entire length up to (5). オーバーチューブ(1)の波形部がオーバーチューブを結腸内で前進させる際に実質的にねじりを生じさせずに湾曲させ得るように、オーバーチューブに横方向の柔軟性を与えている。 As corrugations of the overtube (1) may be curved without causing torsion substantially in advancing the overtube in the colon, giving a lateral flexibility in the overtube. 薄膜材料からなる管状のシリコーン製鞘状部(6)の形態をなす柔軟なシールが、オーバーチューブ(1)と結腸内視鏡ルーメン(4)を通して延在する結腸内視鏡との間を密封するべくオーバーチューブ(1)の遠位端(3)に設けられる。 Flexible seal in the form of silicone sheath portion of the tubular formed of a thin film material (6) is sealed between the overtube and (1) and the colonoscope extending through the colonoscope lumen (4) provided at the distal end of the overtube (1) (3) in order to. シール(6)の柔軟な性質によって、結腸内視鏡ルーメン(4)内に延在する結腸内視鏡のサイズにシール(6)を適合させて、結腸内視鏡のサイズに拘わりなく、オーバーチューブと結腸内視鏡との間に確実で効果的な密封を達成することが可能となる。 The flexible nature of the seal (6), the size of the colonoscope extending into endoscope lumen (4) in the colon by fitting a seal (6), regardless of the size of the colonoscope, over it is possible to achieve a reliable and effective seal between the tube and the colonoscope.

Description

【技術分野】 【Technical field】
【0001】 [0001]
本発明は、S状結腸のような結腸の部分を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブに関するものである。 The present invention relates to colonic overtube for maintaining the part of the colon, such as S-shaped colon in a linear shape.
【背景技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
【0002】 [0002]
下部消化管は、直腸、大腸または結腸を含む。 Lower digestive tract, including the rectum, colon or colon. 結腸は、ヒトの解剖学の教科書的配置では、右下腹部から上向きに延び、横隔膜の直下を横方向に横断し、次に腹部の左側に沿って下方に延び、結腸及び肛門にぶつかる前に前側を逆行する形でループをなすように延びる。 Colon, in the textbook layout of anatomy of human, extends upwardly from the right lower quadrant, across directly below the diaphragm laterally extending downward then along the left side of the abdomen, before striking the colon and anal extending so as to form a loop in the form of reversing the front.
【0003】 [0003]
そのような教科書的配置にあったとしても、結腸内視鏡の柔軟な性質及び結腸の柔らかい性質のために、大腸内に結腸内視鏡を挿入することには困難を伴う。 Even in such a textbook arrangement for flexible nature and soft nature of colon colonoscope, difficulty in inserting the colonoscope into the colon. このことについては、実際の患者における現実の生体組織では一層困難を伴うことになる。 In this regard it would involve more difficult in the real biological tissue in the actual patient.
【0004】 [0004]
人によってはS状結腸が非常に長く、腸間膜によるものを除いて固定されないので、結腸内視鏡を押し込む際にループが形成されてしまう傾向が生じ、このためカニューレ挿入が非常に困難となることがある。 Very long S-shaped colon by human, because it is not fixed except by mesentery, resulting tendency to loop will be formed when pressing the colonoscope, Therefore cannulation very difficult It made it there is. S状結腸及び横行結腸内で結腸内視鏡がループを形成するが、これらの領域に結腸内視鏡を通す際の問題を悪化させる。 Colonoscope form a loop in the S-shaped colon and transverse colon but exacerbates the problem of passing the colonoscope in these areas.
【0005】 [0005]
従来の結腸内視術では、結腸内視鏡を柔らかいS状結腸を通して下行結腸の近位端に至るまで前進させる。 In conventional colonoscopy, it is advanced up to the proximal end of the descending colon of the colonoscope through soft S-shaped colon. そして結腸内視鏡をS状結腸を前進させる際にループが形成されることが多い。 And often the loop is formed in which the colonoscope is advanced S-shaped colon. 従って、S状結腸自体がループ形状であることから、結腸内視鏡をさらに前進させることが困難となる。 Therefore, since the S-shaped colon itself is loop-shaped, it is difficult to further advance the colon endoscope. さらに結腸内視鏡を押し込んでも、下行結腸まで前進せずS状結腸内で旋回数が増えるのみとなる。 Further also pushes the colonoscope, the only number pivot the S-shaped colon without advanced to the descending colon is increased.
【0006】 [0006]
一般的には、結腸内視鏡を操作することによってS状結腸を直線的形状にしている。 In general, it is in a linear shape the S-shaped colon by manipulating the colonoscope. しかし、結腸内視鏡をさらに下行結腸まで前進させると、柔らかいS状結腸内でのループが再度形成されることがある。 However, if advanced to further descending colon colon endoscope, the loop of a soft in S-shaped colon which may be formed again.
【0007】 [0007]
オーバーチューブを用いてS状結腸を直線的形状にする添え木の役目を果たさせることにより、ループの再形成を防止することが知られている。 By play a role of splint to linear shape S-shaped colon with overtube, it is known to prevent the reformation of the loop. そのオーバーチューブは、一般的にはオーバーチューブの遠位端が下行結腸の近位端に達するまで結腸内視鏡の上を進められる。 Its overtube is typically proceeds over the colonoscopy to the distal end of the overtube reaches the proximate end of the descending colon. 次いでオーバーチューブはS状結腸を直線的形状に維持して、結腸内視鏡をさらに下行結腸にまで前進させる際にS状結腸内でループが再形成されるの防止する。 Then overtube maintained in a linear shape the S-shaped colon, it prevents the loop in the S-shaped colon when advanced to a further descending colon colon endoscope is re-formed.
【発明の開示】 SUMMARY OF THE INVENTION
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
【0008】 [0008]
しかし、結腸を通した経路が曲がりくねったものとなり得ることから、オーバーチューブのねじれを生じさせることなく結腸内視鏡の上にオーバーチューブを前進させるのは多くの場合困難である。 However, since that could cause those tortuous route through the colon, is often difficult to advance the overtube on the colonoscope without causing torsion of the overtube.
【0009】 [0009]
さらに、オーバーチューブを結腸内視鏡の上で前進させる際に、結腸の内壁の部分が結腸内視鏡とオーバーチューブとの間に挟まれることがある。 Furthermore, when advancing the overtube on the colonoscope, is the portion of the inner wall of the colon is sandwiched between the colonoscope and overtube. このことによって、結腸壁の挟まれた部分が切れたり、結腸壁に孔が開くことがある。 This allows, or expired sandwiched portion of the colon wall, which may open a hole in the colon wall.
【0010】 [0010]
加えて、ある種の結腸内視術、例えば多重ポリープ切除術では、結腸内視鏡を数回出し入れする必要がある。 In addition, certain colonoscopy, for example, in multiple polyps resection, it is necessary to out several times colonoscope. このためには結腸内視鏡を扱う者の高い技術を必要とし、かつ非常に長い時間がかかる。 Therefore the required high who handle colonoscope technology, and take a very long time.
【0011】 [0011]
本発明は、上記の問題的のうち少なくとも幾つかを解決する結腸オーバーチューブを提供することをその目的とする。 The present invention is to provide a colonic overtube to solve some at least of the above problems specifically with that purpose.
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
【0012】 [0012]
本発明によれば、結腸の部分を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブであって、 According to the present invention, there is provided a colonic overtube for maintaining the part of the colon in a linear shape,
結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するための前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 Proximal end and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the over tube for inserting the overtube on the colonoscope disposed outside of the colon and a lumen,
前記オーバーチューブの少なくとも一部分が横方向に柔軟で、結腸を通して前記オーバーチューブを前進させる際に実質的にねじりを生じさせずに前記オーバーチューブを曲げさせることを容易にしていることを特徴とする結腸オーバーチューブが提供される。 Colon, characterized in that at least a portion of the overtube is flexible in the transverse direction, is it easy to make bending the overtube without causing torsion substantially in advancing the overtube through the colon overtube is provided.
【0013】 [0013]
本発明のオーバーチューブの横方向に柔軟な性質によって、オーバーチューブを曲がりくねったものであり得る結腸内の経路を通してねじりを生じさせることなく前進させることが可能となる。 The flexible nature laterally of the overtube of the present invention, it is possible to advance without causing twisting through path in the colon that can be those tortuous overtube. このことが特に有益となるのは、オーバーチューブが結腸内の曲がりの急な部分を前進するとき、例えばオーバーチューブが、左結腸曲若しくは右結腸曲またはS状結腸を通して前進するときである。 This of is particularly beneficial when the overtube is advanced steeper portion of the bend in the colon, for example, overtube, it is time to move forward through the splenic flexure or right colic flexure or S-shaped colon.
【0014】 [0014]
本発明の或る実施態様では、前記オーバーチューブの前記横方向に柔軟な部分が、前記オーバーチューブの全体にわたって延在する。 In one embodiment of the invention, the laterally flexible portion of the overtube, extends throughout the overtube.
【0015】 [0015]
本発明の別の実施態様では、前記オーバーチューブが前記オーバーチューブに沿って間隔をおいて設けられた2以上の横方向に柔軟な部分を有する。 In another embodiment of the present invention, having two or more laterally flexible portion provided the overtube at intervals along the overtube.
【0016】 [0016]
前記横方向に柔軟な部分が、少なくとも1つの波形部によって構成されていてもよい。 Flexible portion in the transverse direction, may be constituted by at least one corrugated portion. 好ましくは、前記波形部が、前記オーバーチューブに沿って渦巻き形に延在する。 Preferably, the corrugations extend in a spiral shape along the overtube.
【0017】 [0017]
前記波形部が、少なくとも部分的に前記オーバーチューブの周囲で周方向に延在してもよい。 The corrugations may extend circumferentially about at least a part on the overtube.
【0018】 [0018]
本発明の好ましい実施態様では、前記オーバーチューブが、複数の波形部を有する。 In a preferred embodiment of the present invention, the overtube has a plurality of corrugations. 理想的には、前記波形部が、前記オーバーチューブの内側面上に設けられる。 Ideally, the waveform portion is provided on an inner surface of the overtube. 最も好ましくは、前記オーバーチューブの外面が平滑である。 Most preferably, the outer surface of the overtube is smooth.
【0019】 [0019]
本発明の別の実施態様では、前記オーバーチューブが、潤滑材料のコーティングを有する。 In another embodiment of the present invention, the overtube has a coating of lubricious material.
【0020】 [0020]
前記オーバーチューブが、複合材料を含んでもよい。 The overtube may comprise a composite material. 好ましくは、前記オーバーチューブが、多層構造である。 Preferably, the overtube is a multi-layer structure. 理想的には、前記オーバーチューブが、強化手段を有する。 Ideally, the overtube has a reinforcing means. 前記強化手段が、前記オーバーチューブに埋め込まれていてもよい。 It said reinforcing means may be embedded in the overtube.
【0021】 [0021]
或る場合には、前記強化手段が、コイルを含んでいてもよい。 In one case the reinforcement means may comprise a coil. 別の実施態様では、前記強化手段が、網状組織を含む。 In another embodiment, the reinforcing means comprises a network. 前記強化手段が、組み紐構造であってもよい。 It said reinforcing means may be a braid structure.
【0022】 [0022]
望ましくは、前記強化手段が、金属材料製である。 Preferably, the reinforcing means is made of metal material.
【0023】 [0023]
本発明の好ましい実施態様では、前記オーバーチューブが、使用時に熱的に安定な材料製である。 In a preferred embodiment of the present invention, the overtube is made of thermally stable material during use. 理想的には、前記オーバーチューブが、ポリテトラフルオロエチレン製である。 Ideally, the over tube is made of polytetrafluoroethylene.
【0024】 [0024]
別の好ましい実施態様では、前記オーバーチューブが、結腸の少なくとも一部分に挿入するための伸張形態と収縮形態との間で伸縮自在である。 In another preferred embodiment, the overtube is telescopic between a stretched form and contracted configuration for inserting at least a portion of the colon.
【0025】 [0025]
前記オーバーチューブが、その前記遠位端において、前記オーバーチューブと前記結腸内視鏡ルーメンを通して延在する結腸内視鏡との間を密封するための柔軟なシールを有していてもよい。 The overtube is at its said distal end may have a flexible seal for sealing between the colonoscope extending through said overtube the colonoscope lumen.
【0026】 [0026]
本発明の別の側面では、結腸の部分を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブであって、 In another aspect of the present invention, there is provided a colonic overtube for maintaining the part of the colon in a linear shape,
結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するための前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 Proximal end and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the over tube for inserting the overtube on the colonoscope disposed outside of the colon and a lumen,
前記オーバーチューブが、その前記遠位端において、前記オーバーチューブと前記結腸内視鏡ルーメンを通して延在する結腸内視鏡との間を密封するための柔軟なシールを有することを特徴とする結腸オーバーチューブが提供される。 The overtube is at its said distal end, colon over, characterized in that it comprises a flexible seal for sealing between the colonoscope extending through said overtube the colonoscope lumen tube is provided.
【0027】 [0027]
本発明の結腸オーバーチューブは、オーバーチューブの遠位端において柔軟なシールを有する。 Colon overtube of the present invention has a flexible seal at the distal end of the overtube. このシールにより、オーバーチューブが結腸内視鏡の上を前進する際にオーバーチューブと結腸内視鏡との間に結腸の部分が挟まることを防止することが確実となる。 This seal ensures that the to prevent the sandwiched portions of the colon between the overtube and colonoscopy when overtube is advanced over the colonoscopy. この構成により、結腸壁の挟まれた部分が切れたり或いは結腸壁に孔が開くことが防止される。 This configuration is prevented from opening a hole in a portion sandwiched by expired or or colon walls colon wall.
【0028】 [0028]
ある種の結腸内視術では、空気または他の気体を用いて、結腸内に気体を吹き込み、例えば結腸壁の突出した部分に気体を吹き付けてオーバーチューブ及び/または結腸内視鏡が結腸を通してさらに前進するための通路を障害のない状態にする。 In certain colonoscopy, using air or other gas, blowing gas into the colon, for example by blowing air over tube and / or colonoscopy the protruding portion of the colon wall further through the colon the passage for advancing the state of no failure. 前記シールの別の利点は、このシールが吹き込みのための空気が結腸内視鏡とオーバーチューブとの間から近位側に漏れ出すことを防止できる点である。 Another advantage of the seal is that the air for blowing this seal can be prevented from leaking proximally from between the colonoscope and overtube.
【0029】 [0029]
加えて、このシールの柔軟な性質によって、様々な異なったサイズの結腸内視鏡を用いる場合でも前記シールを結腸内視鏡のサイズに適合させてオーバーチューブと結腸内視鏡との間に効果的な密封をなすことが可能となる。 In addition, the effect between the flexible nature of the seal, a variety of different sizes of the seal even when using a colonoscope adapt to the size of the colonoscope overtube and a colonoscope it is possible to form a specific sealing.
【0030】 [0030]
好ましくは、前記シールが、薄膜材料を含む。 Preferably, the seal comprises a thin film material. 前記シールが、薄膜材料の鞘状部を含んでいてもよい。 The seal may include a sheath-shaped portion of the thin film material. 理想的には、前記シールが、内側シール層と、前記内側シール層を外囲する外側シール層とを有する。 Ideally, the seal has an inner sealing layer, an outer sealing layer to the outer circumference of the inner sealing layer. 最も好ましくは、前記シールが、前記オーバーチューブの外面に取付けられる。 Most preferably, the seal is attached to the outer surface of the overtube. 前記シールが、前記オーバーチューブと前記結腸内視鏡ルーメンを通して延在する結腸内視鏡との間を密封するべく内部に延在していてもよい。 The seal may extend to the inside in order to seal between the colonoscope extending through the colonoscope lumen and the overtube. 望ましくは、前記シールが、前記オーバーチューブの前記遠位端から外側に延出する。 Preferably, the seal, extending outwardly from said distal end of said overtube.
【0031】 [0031]
本発明の別の側面によれば、結腸の部分を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブであって、 According to another aspect of the present invention, there is provided a colonic overtube for maintaining the part of the colon in a linear shape,
結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するための前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 Proximal end and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the over tube for inserting the overtube on the colonoscope disposed outside of the colon and a lumen,
前記オーバーチューブが、使用時に熱的に安定な材料製であることを特徴とする結腸オーバーチューブが提供される。 The overtube, colonic overtube, characterized in that it is made of thermally stable material during use is provided.
【0032】 [0032]
オーバーチューブが熱的に安定な材料製であることから、オーバーチューブの硬さは、結腸内への挿入を容易にするに十分な柔軟性を有し、かつ例えばS状結腸等の結腸の部分に直線的形状に維持するために十分な硬さを結腸内で維持できるように選択され得る。 Since the overtube is made of thermally stable material, the hardness of the overtube, having sufficient flexibility, and for example, part of the colon, such as S-shaped colon to facilitate insertion into the colon It may be selected to be maintained in the colon sufficient rigidity to maintain a linear shape.
【0033】 [0033]
前記オーバーチューブが、ポリテトラフルオロエチレン製であってもよい。 The overtube may also be made of polytetrafluoroethylene.
【0034】 [0034]
好ましくは、前記オーバーチューブが、結腸の少なくとも一部分に挿入するための伸張形態と収縮形態との間で伸縮自在である。 Preferably, the overtube is telescopic between a stretched form and contracted configuration for inserting at least a portion of the colon.
【0035】 [0035]
本発明の更に別の側面によれば、結腸オーバーチューブであって、 According to yet another aspect of the present invention, there is provided a colonic overtube,
結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するための前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 Proximal end and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the over tube for inserting the overtube on the colonoscope disposed outside of the colon and a lumen,
前記オーバーチューブが、結腸の少なくとも一部分に挿入するための伸張形態と収縮形態との間で伸縮自在であることを特徴とする結腸オーバーチューブが提供される。 The overtube, colon overtube is provided, which is a retractable between an extension form a contracted configuration for inserting at least a portion of the colon.
【0036】 [0036]
本発明によるオーバーチューブは、長く扱いにくい長さのチューブを結腸の外部に出す必要なく盲腸の遠位側の位置まで結腸内に挿入するための、人間工学的効率を考えた容易に使用できる手段を提供する。 Overtube according to the present invention, a long unwieldy for insertion into the colon the length of the tube to a position distal of the necessary without cecal issuing outside the colon, easily means that can be used considering the ergonomic efficiency I will provide a.
【0037】 [0037]
本発明の或る実施態様によれば、前記収縮形態において、前記オーバーチューブの少なくとも一部分が、蛇腹式に縮められる。 According to one embodiment of the present invention, in the retracted configuration, at least a portion of the overtube is reduced to bellows.
【0038】 [0038]
本発明の別の実施態様によれば、前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブを前記伸張形態に伸ばすべく互いに相対移動可能な複数のオーバーチューブ部分を有する。 According to another embodiment of the present invention, the overtube has a plurality of overtube portions movable relative to each other to extend the overtube to the stretch form. 前記オーバーチューブ部分が、前記オーバーチューブを前記伸張形態に伸ばすべく互いに着脱自在であってもよい。 The over tube portion may be detachable from one another to stretch the overtube to the stretch form.
【0039】 [0039]
別の形態では、前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブを装着状態で前記伸張形態に伸ばすためのアクチュエータを有する。 In another form, the overtube has an actuator for extending the extension forms the overtube in the mounted state. 好ましくは、前記アクチュエータが、結腸の外部から動かせるものである。 Preferably, the actuator is intended to move from the outside of the colon. 理想的には、前記アクチュエータが、結腸内の前記オーバーチューブから結腸の外部の位置まで伸ばすためのコネクタを含む。 Ideally, the actuator includes a connector for extending from said overtube in the colon to the outside of the position of the colon. 最も好ましくは、前記コネクタが、前記オーバーチューブの前記遠位端から延びる。 Most preferably, the connector extends from the distal end of the overtube. 前記コネクタが、前記オーバーチューブに固定されてもよい。 The connector may be fixed to the overtube. 好ましくは、前記コネクタが、引き紐を含む。 Preferably, the connector includes a drawstring. 理想的には、前記引き紐が、結腸内視鏡の作業チャネルを通して結腸内視鏡の外部の位置までループをなすような形状に設けられる。 Ideally, the drawstrings are provided shaped to form a loop through the working channel of the colonoscope to the outside of the position of the colonoscope.
【0040】 [0040]
本発明の別の実施態様では、前記オーバーチューブが、その前記遠位端に、前記オーバーチューブを周囲に損傷を与えることなく結腸を通して前進させるための丸められた先端部を有する。 In another embodiment of the present invention, the overtube, to the said distal end has a rounded tip for advancing through the colon without damaging the overtube around. 前記先端部が、前記オーバーチューブに取付けられてもよい。 The tip may be attached to the overtube. 好ましくは、前記先端部が、前記オーバーチューブの外面に取付けられる。 Preferably, the tip is attached to the outer surface of the overtube. 理想的には、前記先端部が、前記オーバーチューブの前記遠位端で折り返し、前記結腸内視鏡ルーメンの内部に少なくとも部分的に延在する。 Ideally, the tip, turned back at the distal end of the overtube, extending at least partially inside the colonoscope lumen.
【0041】 [0041]
オーバーチューブの遠位端における丸められた先端部によって、オーバーチューブが結腸を通して前進する際に周囲に損傷を与えないことが確実となる。 The tip rounded at the distal end of the overtube, it is ensured that no damage to the surroundings when the overtube is advanced through the colon. オーバーチューブの遠位端と結腸の内壁との間で不注意な接触が生じたとしても、結腸に損傷を与えることが無くなるのである。 Even inadvertent contact occurs between the distal end and the colon the inner wall of the overtube, it is the no can damage the colon.
【0042】 [0042]
好ましい形態では、前記オーバーチューブが、少なくとも1つの交換ルーメンを有し、前記交換ルーメンを通して流体及び/または医療器具が交換される。 In a preferred embodiment, the overtube has at least one exchange lumens, fluid and / or medical instrument is exchanged through the exchange lumen. 前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブの外部から結腸内を観察するための手段を有し、前記観察するための手段が、前記交換ルーメン内に少なくとも部分的に設けられてもよい。 The overtube has a means for observing the inside of the colon from the outside of the overtube, said means for viewing may be provided at least in part on the exchange lumen. 前記オーバーチューブが、結腸に流体を吹き込むための手段を有し、前記交換ルーメンがその流体の吹き込みのためのチャネルを提供してもよい。 The overtube has a means for injecting fluid into the colon, the exchange lumen may provide a channel for blowing the fluid. 好ましくは、前記オーバーチューブが、結腸に液体を吹き付けるための手段を有し、前記交換ルーメンがその液体の吹き付けのためのチャネルを提供する。 Preferably, the overtube has a means for blowing fluid to the colon, it said switching lumen provides a channel for spraying of the liquid. 理想的には、前記オーバーチューブが、結腸内を照明するための手段を有し、前記照明するための手段が、前記交換ルーメン内に少なくとも部分的に設けられる。 Ideally, the overtube has a means for illuminating the inside of the colon, said means for illumination, is at least partially provided in the exchange within the lumen.
【0043】 [0043]
本発明の別の実施態様では、前記オーバーチューブが、結腸内に完全に挿入されるのを防止するための規制手段を有する。 In another embodiment of the present invention, the overtube has a regulating means for preventing from being fully inserted into the colon. 前記規制手段の前記オーバーチューブ上での位置を調節可能であってもよい。 It may be adjustable position on the overtube of the regulating means. 好ましくは、前記規制手段が、前記オーバーチューブに着脱自在に取付けられる。 Preferably, the regulating means are detachably attached to the overtube. 理想的には、前記規制手段が、前記オーバーチューブに螺着される。 Ideally, the regulating means is screwed into the overtube. 最も好ましくは、前記規制手段が、フランジを含む。 Most preferably, the regulating means comprises a flange.
【0044】 [0044]
本発明の好ましい実施態様では、前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に通すことを容易にするために不連続な内面を有する。 In a preferred embodiment of the present invention, the overtube has a discontinuous inner surface of the overtube to facilitate passing over the colonoscope. 理想的には、前記オーバーチューブが、前記内面上に設けられた、1又は複数の結腸内視鏡に接触するための内向き突出要素を有する。 Ideally, the overtube, the provided on the inner surface, having inwardly projecting elements for contacting to one or more of the colonoscope. 前記突出要素が、波形部を含んでいてもよい。 The projecting elements may include corrugations. 別の態様では、前記突出要素が、突出帯状部を含む。 In another embodiment, the projecting element comprises a protruding strip portion.
【0045】 [0045]
前記突出要素が、前記オーバーチューブに沿って長手方向に延在してもよい。 The projecting elements may extend longitudinally along the overtube. 前記突出要素が、少なくとも部分的に前記オーバーチューブの周囲で周方向に延在してもよい。 The projecting elements may extend circumferentially about at least a part on the overtube. 前記突出要素が、前記オーバーチューブに沿って渦巻き形に延在していてもよい。 The projecting elements may extend in a spiral shape along the overtube.
【0046】 [0046]
本発明の或る実施態様では、前記突出要素が、複数の分離して配置された突出部を含む。 In one embodiment of the invention, the projecting element comprises a protruding portion disposed a plurality of separation.
【0047】 [0047]
本発明の好ましい実施態様では、結腸オーバーチューブがS状結腸を直線的形状に維持するためのものである。 In a preferred embodiment of the present invention is for colonic overtube to maintain a linear shape S-shaped colon.
【0048】 [0048]
本発明のさらに別の側面では、結腸内視術を実施する方法であって、 In yet another aspect of the present invention, there is provided a method of performing a colonoscopy,
結腸内に結腸内視鏡を挿入し、前記結腸内視鏡を少なくとも前記結腸の部分を通して前進させる過程と、 Comprising the steps of inserting a colonoscope, it is advanced through at least part of the colon the colonoscope into the colon,
前記結腸の部分を直線的形状に伸ばす過程と、 A step of stretching the straight shape portion of the colon,
前記結腸の部分を直線的形状に維持するべく、前記結腸内視鏡の上で結腸オーバーチューブを前進させる過程と、 To maintain a portion of the colon in a linear shape, a step of advancing the colon overtube over the colonoscope,
直線的形状にされた前記結腸の部分の外側の位置まで前記結腸内視鏡を前進させる過程と、 A process of advancing the colonoscope to the position of the outer portion of the colon which is in a linear shape,
直線的形状にされた前記結腸の部分の外側の位置まで前記オーバーチューブを前記結腸内視鏡の上で前進させる過程とを有することを特徴とする方法が提供される。 Method characterized by having the steps of advancing the overtube on the colonoscope to the position of the outer portion of the colon which is in a linear shape is provided.
【0049】 [0049]
本発明の或る実施態様では、前記方法が、前記オーバーチューブを前記結腸内の一定の位置に維持したまま、前記結腸から前記結腸内視鏡を引き抜く過程を含む。 In one embodiment of the invention, the method, while maintaining the overtube in a fixed position within said colon, including the step of withdrawing the colonoscope from the colon. 前記方法は、直線的形状にされた前記結腸の部分の外側の位置にアクセスするべく、医療器具を前記オーバーチューブを通して前進させる過程を含んでもよい。 The method, in order to access the outside of the position of the portion of the colon which is in a linear shape, and may include the step of advancing the medical device through the overtube.
【0050】 [0050]
好ましくは、前記方法が、前記結腸内視鏡を前記結腸内に挿入する前に、前記オーバーチューブを前記結腸内視鏡に取付ける過程を含む。 Preferably, the method, prior to inserting the colonoscope into the colon, including the step of attaching the overtube into the colonoscope.
【0051】 [0051]
或る場合には、前記オーバーチューブを収縮形態から伸張形態に伸ばすことによって前記オーバーチューブを前進させる。 In some cases, advancing the overtube by extending the extended form of the overtube from the contracted configuration. 前記結腸の外部から前記オーバーチューブを押すことによって前記オーバーチューブを前進させてもよい。 It may be advanced to the overtube by pushing the overtube from the outside of the colon.
【0052】 [0052]
好ましい形態では、直線的形状にされた前記結腸の部分が、S状結腸である。 In a preferred form, portions of the colon that are linearly shaped, S-shaped colon.
【0053】 [0053]
理想的には、前記オーバーチューブを、下行結腸の外側の位置まで前進させる。 Ideally, the overtube is advanced to a position outside of the descending colon.
【発明の効果】 【Effect of the invention】
【0054】 [0054]
本発明のオーバーチューブは、柔らかいS状結腸を間にはさんだ固定された直腸と固定された下行結腸との間でのブリッジを提供し、これによってS状結腸内でループが再形成されることを防止する。 Overtube of the present invention is to provide a bridge between the descending colon, which is fixed with fixed rectal sandwiched between a soft S-shaped colon, this by the loop in the S-shaped colon is reshaped the to prevent. さらに、このオーバーチューブは、柔らかい横行結腸を間にはさんだ固定された下行結腸と固定された上行結腸との間でのブリッジを形成し、これによって横行結腸内でループが再形成されるのを防止する。 Furthermore, the overtube, to form a bridge between the ascending colon after being fixed with a fixed descending colon sandwiched between the soft transverse colon, this by the loop is re-formed in the transverse colon To prevent. 本発明のオーバーチューブを用いることにより、結腸を通して盲腸に至るまで結腸内視鏡を前進させることがより容易かつ速やかに行えるようになり、患者に与える不快感を減らすことが可能となる。 By using the overtube of the present invention, advancing the colonoscope until the cecum through colon should be able to easily and quickly, it is possible to reduce the discomfort to the patient.
【0055】 [0055]
直線的形状にされたS状結腸の添え木の役目を果たすオーバーチューブの場合、その硬さは、結腸内視鏡を結腸内視鏡ルーメンを通して結腸内でさらに前進させる際にS状のループが再形成されるのを防止するために必要な最小の硬さよりも硬くなければならない。 For overtube serve splint S-shaped colon, which is in a linear shape, its hardness, the S-shaped loop colonoscope upon to further advance in the colon through the colonoscope lumen re It must be harder than the minimum hardness required to be prevented from being formed.
【0056】 [0056]
しかし、「直線的形状にされた」S状結腸とは完全に直線的な形状ではないことから、オーバーチューブの硬さが増すと摩擦によってオーバーチューブの挿入が一層困難になるので、オーバーチューブは過剰に硬いものでないことも必要である。 However, since it is not completely linear shape and S-shaped colon "is a linear shape", since the insertion of the overtube by friction and hardness of the overtube is increased it becomes more difficult, the overtube it is also necessary not the one too hard. 結局、完全に柔軟性を有していないオーバーチューブを結腸内視鏡の上に嵌着することはほぼ不可能である。 After all, it is almost impossible to fit the overtube not fully have the flexibility on the colonoscope. オーバーチューブには或る程度のコンプライアンスも必要である。 In the over-tube it is also required some degree of compliance.
【0057】 [0057]
室温で測定したオーバーチューブが直線的形状にされたS状結腸の添え木の役目を果たすために十分な硬さを有していたとしても、体温において同様であるとは限らない。 Even had sufficient hardness for overtube measured at room temperature serves splint S-shaped colon, which is in a linear shape, not necessarily the same in body temperature. 既知のオーバーチューブ材料は、周囲温度と体温との間では硬さが著しく低減する。 Known overtube material hardness significantly reduced between ambient temperature and body temperature. このような材料製のオーバーチューブがS状結腸を固定するためには多少過剰な硬さを持つように作製し、体温においてもS状ループの再形成防止に必要な最小の硬さより硬く維持されるようにしなければならない。 Some were prepared to have excessive hardness, it is also maintained harder than the minimum hardness necessary for the re-formation prevention of S-shaped loop at body temperature to such materials made of overtube fixing the S-shaped colon It must be so that. この過剰な硬さをもたせることによって、摩擦による深刻な挿入の困難さの問題が生ずる。 By to have the excessive hardness, problems difficulty serious insertion occurs due to friction. 或いは、そのような材料でできたオーバーチューブをより硬さが少なくなるように作製した場合は、挿入は容易となり得るが、体温においては、直線的形状にされたS状結腸を固定する添え木の役目を果たさせるために十分な硬さを維持できないことがある。 Alternatively, the splint when prepared overtube made of such materials as more stiffness is reduced, but the insertion can be facilitated, in the body temperature, to fix the S-shaped colon, which is in a linear shape it may not be maintained sufficiently hard in order to play a role.
【0058】 [0058]
本発明のオーバーチューブは、比較的に熱的に安定な材料から構成されている。 Overtube of the present invention is constructed from relatively thermally stable material. このように、室温(挿入時の温度)でのオーバーチューブは、結腸内視鏡の上から結腸内に容易に挿入できる十分なコンプライアンスを有する、即ち柔らかさを有するように選択される。 Thus, the over-tube at room temperature (temperature at the time of insertion), has sufficient compliance that can be easily inserted into the colon from the top of the colonoscope, i.e. chosen to have a softness. さらに、周囲の室温と体温との間での硬さの低下が他の材料と比較して最小限で抑えられており、従って、このオーバーチューブは、体温においてはS状ループが再形成されるのを防止するために必要な最小の硬さよりも硬いものとなる。 Furthermore, it was suppressed minimal compared reduction in hardness between the ambient room temperature and body temperature and other materials, therefore, the overtube is remodeling S-shaped loop at body temperature It becomes harder than the minimum hardness required to prevent.
【0059】 [0059]
このオーバーチューブの他の二つの特徴、即ち(a)内視鏡と摩擦接触を最小限にする波形部、及び(b)その構造部において用いられる非常に摩擦係数の小さいPTFE材料は、挿入プロセスの助けとなるものである。 Two other features of the overtube, i.e. corrugations to minimize frictional contact with (a) endoscope, and (b) small PTFE material very friction coefficients used in the structure section, the insertion process it is intended to help the.
【発明を実施するための最良の形態】 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
【0060】 [0060]
本発明は、以下の単なる例示として提示した実施例の説明を、添付の図面とともに参照することにことにより、より明確に理解されよう。 The present invention, a description of the following examples, which are presented by way of example only, by that reference with the accompanying drawings, will be more clearly understood.
【0061】 [0061]
初めに、図1乃至図17を参照すると、本発明による、結腸の部分(この場合は特にS状結腸)を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブ1が図示されている。 First, referring to FIGS. 1 through 17, according to the present invention, colon overtube 1 for maintaining part of the colon (in this case in particular S-shaped colon) into a linear shape is illustrated. オーバーチューブ1は、使用時に結腸の外部に配置される近位端2と、結腸内に挿入される遠位端3を有する。 Overtube 1 has a proximal end 2 disposed outside of the colon in use, the distal end 3 to be inserted into the colon. オーバーチューブ1の典型的な長さは0.5mである。 Typical length of the overtube 1 is 0.5 m.
【0062】 [0062]
結腸内視鏡ルーメン4は、オーバーチューブ1内に延在し、オーバーチューブを結腸内視鏡の上に嵌着するのを容易にしている。 Colonoscope lumen 4 extends into the overtube 1, and the overtube to facilitate fitting onto the colonoscope. オーバーチューブ1の少なくとも一部分は、横方向に柔軟な部分である。 At least a portion of the overtube 1 is a flexible portion in the lateral direction. このようにしてオーバーチューブ1は、結腸内にオーバーチューブ1が前進する際に実質的にねじりを生じることなく湾曲し得る。 Such over-tube 1 in the may bend without causing torsion substantially in the overtube 1 is advanced into the colon. この場合、図1及び図2に示すように、オーバーチューブ1はその近位端2から遠位端3までの全長さにわたって延在する渦巻き形の波形部5を有する。 In this case, as shown in FIGS. 1 and 2, the overtube 1 has corrugations 5 of the spiral-shaped extending over the entire length from the proximal end 2 to the distal end 3. オーバーチューブ1の波形部によって、オーバーチューブ1が結腸を通して結腸内視鏡の上を前進する際に、オーバーチューブ1のねじれを生ずる可能性が最小限となる。 The corrugations of the overtube 1, when the overtube 1 is advanced over the colonoscopy through the colon, are minimized possibility of causing twisting of the over-tube 1. 特に図2に示すように、この場合には、波形部5はオーバーチューブ1の内面及び外面の両面に設けられる。 In particular, as shown in FIG. 2, in this case, the waveform portion 5 is provided on both sides of the inner and outer surfaces of the overtube 1.
【0063】 [0063]
オーバーチューブ1と結腸内視鏡ルーメン4を通して延在する結腸内視鏡との間の密封を達成するために、オーバーチューブの遠位端3に柔軟なシールが設けられる。 To achieve a seal between the colonoscope extending through the overtube 1 and the colonoscope lumen 4, a flexible seal is provided at the distal end 3 of the overtube. このシールは、この場合にはシリコーン製の薄膜材料の鞘状部6の形態であり、熱収縮チューブ7の一部分によってオーバーチューブ1の遠位端3においてオーバーチューブ1の外面に固定される。 The seal in this case is in the form of a sheath portion 6 of the silicone thin film material is secured to the outer surface of the overtube 1 by a portion of the heat shrinkable tube 7 at the distal end 3 of the overtube 1. 図2に示すように、鞘状部6はオーバーチューブ1の遠位端において内向きに延在し、オーバーチューブ1と結腸内視鏡との間の密封を達成し、かつオーバーチューブ1の遠位端3から外向きに延出している。 As shown in FIG. 2, the sheath portion 6 extends inwardly at the distal end of the overtube 1, to achieve a seal between the over-tube 1 and the colonoscope, and the overtube 1 Far It extends outwardly from the proximal end 3.
【0064】 [0064]
密封用鞘状部6は、結腸内視鏡をオーバーチューブ1に対して動かしたとき、その外向きに延出した形態から内向きに延在する形態へとめくり返ることができる。 Sealing sheath portion 6, when moving the colonoscope against the overtube 1 can be returned turn into a form extending inwardly from a form extending to the outward. これによって、鞘状部6と結腸内視鏡との間の比較的大きい面積での接触が確保されて、結腸内視鏡とオーバーチューブ1との間の確実な密封が達成される。 Thus, the contact of a relatively large area between the sheath portion 6 and the colonoscope is secured, reliable seal between the colonoscope and overtube 1 is achieved.
【0065】 [0065]
鞘状部6は折畳まれて、内側シール層9と内側シール層を外囲する外側シール層8とを形成する。 Sheath portion 6 is folded to form an outer seal layer 8 to the outer circumference of the inner sealing layer 9 and the inner seal layer. 熱収縮チューブ7は、内側層9及び外側層8の間に設けられる(図2)。 Heat-shrinkable tube 7 is provided between the inner layer 9 and the outer layer 8 (FIG. 2).
【0066】 [0066]
シール6の柔軟な性質によって、結腸内視鏡ルーメン4を通して延在する結腸内視鏡のサイズにシールを適合させることが可能となる。 The flexible nature of the seal 6, it is possible to adapt the seal to the size of the colonoscope extending through colonoscopic lumen 4. このようにして、結腸内視鏡のサイズや直径の範囲に関わりなく、オーバーチューブと結腸内視鏡との間に確実で効果的な密封が達成される。 In this way, irrespective of the range of size and diameter of the colonoscope, reliable and effective seal is achieved between the overtube and a colonoscope. 加えて、この薄膜シール6は非常に小さい断面を有しており、これによって結腸を通して結腸内視鏡の上にオーバーチューブを通すことがより容易になるとともに、患者に与える不快感を最小限に抑えることができる。 In addition, the thin film seal 6 has a very small cross section, whereby with be passed through overtube onto the colonoscope through the colon easier, to minimize discomfort to the patient it can be suppressed.
【0067】 [0067]
オーバーチューブ1は、その遠位端3において外面に固定された熱収縮チューブ10の別の部分を含む。 Overtube 1 includes another portion of the heat shrinkable tube 10 that is fixed to the outer surface at its distal end 3. チューブ10はオーバーチューブ1の遠位端の周囲に延在し、部分的に結腸内視鏡ルーメン4内まで延在してオーバーチューブ1の遠位端3における丸められた先端部を形成している。 Tube 10 extends around the distal end of the overtube 1, partly to form a tip rounded extends to the endoscope lumen within 4 colon at the distal end 3 of the overtube 1 there. このようにして、丸められた先端部のチューブ10により、オーバーチューブ1の遠位端3が、オーバーチューブ1を周囲に損傷を与えることなく結腸を通して前進させるための丸められた端部となることが確実となる。 In this manner, the tube 10 of the rounded tip, the distal end 3 of the overtube 1, the rounded ends for advancing the overtube 1 through the colon without damaging the surrounding It is ensured. オーバーチューブ1の遠位端3は、例えば着脱自在な先端部を用いたり、或いは製造プロセスにおいて形成する等の様々な異なった方法によって丸めることができる。 The distal end 3 of the overtube 1 can be rounded for example, by the use of a removable tip, or by a variety of different ways, such as forming in the manufacturing process.
【0068】 [0068]
オーバーチューブ1は、結腸で使用される際に熱的に安定な材料で作られる。 Overtube 1 is made of thermally stable materials when used in the colon. この場合、オーバーチューブ1のために用いられる熱的に安定な材料としては、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)がある。 In this case, the thermally stable material used for the overtube 1, there polytetrafluoroethylene (PTFE).
【0069】 [0069]
このように、オーバーチューブ1は過剰に硬いものではなく、結腸へオーバーチューブ1を挿入し、オーバーチューブ1を結腸を通して案内することが不都合な困難さを伴わず、かつ患者に不都合な不快感を与えることなく達成できる。 Thus, the over-tube 1 is not excessively rigid, insert the overtube 1 to the colon, the overtube 1 without the disadvantages difficulties that guides through the colon, and discomfort inconvenient to the patient It can be achieved without giving. しかし、結腸に挿入されても、オーバーチューブ1の硬さは結腸の部分を直線的形状に維持するのに必要な最小の硬さより硬く維持されて、結腸内視鏡を結腸内視鏡ルーメン4を通す際にS状ループが再形成されることを防止する。 However, be inserted into the colon, the hardness of the overtube 1 is maintained harder than the minimum hardness required to maintain a portion of the colon in a linear shape, colonoscope and colonoscopy lumen 4 to prevent that the S-shaped loop is re-formed when passing.
【0070】 [0070]
例えばシリコーンまたはポリテトラフルオロエチレン(PTFE)のゲルのようなゲル等の潤滑材料のコーティングを、使用前にオーバーチューブ1の内面若しくは外面またはその両方に塗布して、オーバーチューブ1を結腸内視鏡に関して及び/または結腸に関して通すことを容易にすることができる。 For example, silicone or poly tetrafluoroethylene coating of a lubricating material such as a gel, such as gel (PTFE), is applied to the inner surface or the outer surface or both of the over-tube 1 before use, the colonoscope overtube 1 the passing respect terms and / or colon can be facilitated. 或いは、潤滑材料のコーティングを、例えばコーティング材をオーバーチューブ1に固着させることにより、或いはコーティング材料をオーバーチューブ1に一体的に設けることによって、オーバーチューブの一部分として設けることもできる。 Alternatively, a coating of lubricating material, for example, by fixing the coating material to the overtube 1, or a coating material to the overtube 1 by providing integrally, could be provided as part of the overtube.
【0071】 [0071]
オーバーチューブの製造について図3乃至図7を参照して説明する。 For the preparation of the overtube will be described with reference to FIGS. 3-7. オーバーチューブ1は、その近位端2から遠位端3に至るまでオーバーチューブ1に沿って延在する渦巻き形の波形部5を備えた、典型的には0.5mの長さのものに押出し成形される。 Overtube 1, with corrugations 5 of the spiral-shaped extending along the overtube 1 from its proximal end 2 up to the distal end 3, typically a length of the 0.5m It is extruded. 熱収縮チューブ10の部分は、オーバーチューブ1の遠位端3の周囲に遠位端に部分的に重なり合うように配置され、心棒11は遠位端3から結腸内視鏡ルーメン4の内部に部分的に挿入される(図3)。 Portion of the heat shrinkable tube 10 is partially disposed so as to overlap the distal end about the distal end 3 of the overtube 1, mandrel 11 is partially from the distal end 3 inside the colonoscope lumen 4 the inserted in manner (Figure 3). 熱を加えて、チューブ10が、部分的にはオーバーチューブ1の外面の上に、部分的には心棒11の上に被さるように収縮させる。 By applying heat, the tube 10 is, in part, on the outer surface of the overtube 1, the partially deflated so as to cover over the mandrel 11. 心棒11を回転させながら結腸内視鏡ルーメン4のなかにさらに動かす(図4)。 While rotating the mandrel 11 is moved further Some colonoscope lumen 4 (FIG. 4). 心棒11を近位側に動かすことによって、チューブ10がオーバーチューブ1の遠位端を覆い結腸内視鏡ルーメン4内に部分的に入り込むように折畳まれ、心棒11を回転させることのよって、チューブ10が心棒11から外れる。 By moving the mandrel 11 proximally, tube 10 is folded to penetrate partially into the colonoscope lumen 4 covers the distal end of the overtube 1, by the rotating the mandrel 11, tube 10 is disengaged from the mandrel 11. 次いで心棒11を結腸内視鏡ルーメン4から取り外す。 Then removing the mandrel 11 from colonoscopic lumen 4.
【0072】 [0072]
管状の鞘状部6の近位端12を内向きに巻き込み、鞘状部6がオーバーチューブの遠位端3を巻き込み、部分的に遠位端3と重なり合うように位置させる。 Winding the proximal end 12 of the tubular sheath portion 6 inward, sheath portion 6 entrainment distal end 3 of the overtube, it is positioned so as to overlap partially the distal end 3. 管状の鞘状部6はオーバーチューブ1より小さい直径を有し、従って鞘状部6は伸びてオーバーチューブ1の遠位端3の周囲に位置することになる。 Sheath portion 6 of the tubular has overtube 1 smaller diameter, thus will be located about the distal end 3 of the overtube 1 sheath portion 6 extends. 熱収縮チューブ7の部分を鞘状部6の巻かれた近位端12の外側の周囲に配置させ(図5)、熱を加えることによって、チューブ7を鞘状部6の上に収縮させ、鞘状部6をオーバーチューブ1の外面に固定させる(図6)。 The portion of the heat shrinkable tube 7 is disposed around the outside of the proximal end 12 wound with a sheath portion 6 (FIG. 5), by the application of heat, to shrink the tube 7 over the Sayajo section 6, fixing the sheath portion 6 on the outer surface of the overtube 1 (FIG. 6). 次に、巻かれた近位端12を、チューブ7の上に被せるともに、オーバーチューブ1の遠位端3の先まで延ばして、内側シール層9の周囲に外側シール層8を形成する(図7)。 Then, a proximal end 12 that is wound together cover the top of the tube 7, it is extended until the previous distal end 3 of the overtube 1, to form an outer seal layer 8 around the inner sealing layer 9 (FIG. 7).
【0073】 [0073]
組立てられた結腸オーバーチューブ1は、この状態で使用可能となる。 Colon overtube 1 assembled becomes available in this state. 生体適合性の潤滑剤13をオーバーチューブ1の外部及び内Bの両側に塗布し、オーバーチューブ1を結腸内視鏡に対して動かすこと、及び/または結腸に対して挿入することを容易にする。 Biocompatible lubricant 13 is applied to both sides of the outer and inner B of the overtube 1, to facilitate insertion of the overtube 1 to move relative to the colonoscope, and / or for colon . 結腸内視鏡14をオーバーチューブ1の近位端2において結腸内視鏡ルーメン4に挿入し、結腸内視鏡14の遠位端15がオーバーチューブ1の遠位端3から密封用鞘状部6を通して外に出るまで、結腸内視鏡をルーメン4を通して前進させる(図9)。 It was inserted into the colonoscope lumen 4 at the proximal end 2 of the overtube 1 and colonoscope 14, sealing sheath portion distal end 15 of the colonoscope 14 from the distal end 3 of the overtube 1 through 6 until exits, to advance the colonoscope through the lumen 4 (Figure 9).
【0074】 [0074]
結腸内視鏡14は、結腸内視鏡14の近位端17に電源/光源16を有し、オーバーチューブ1は、その近位端2が電源/光源16に隣接するまで結腸内視鏡14の上を近位側に動かされる(図10)。 Colonoscope 14, the proximal end 17 of the colonoscope 14 has a power supply / source 16, the overtube 1, colonoscope 14 until its proximal end 2 is adjacent to the power supply / source 16 It moved over the proximally (FIG. 10).
【0075】 [0075]
この状態で結腸内視鏡14は患者の結腸内に挿入可能な状態となっている。 Colonoscope 14 has a insertable state into the colon of a patient in this condition. 典型的な結腸18は図11に示されており、ここでは直腸19が肛門20からS状結腸21まで延びている。 Typical colon 18 is shown in Figure 11, rectum 19 here extends from the anus 20 to S-shaped colon 21. S状結腸21の冗長性は図11に見られる。 Redundancy S-shaped colon 21 can be seen in Figure 11. 下行結腸22はS状結腸21から横行結腸23まで延びている。 Descending colon 22 extends from the S-shaped colon 21 to the transverse colon 23.
【0076】 [0076]
結腸内視鏡14の遠位端15を肛門20を通して直腸19内に挿入し、結腸内視鏡14をS状結腸21内に前進させる(図12)。 The distal end 15 of the colonoscope 14 inserted through the anus 20 into the rectum 19, to advance the colonoscope 14 into S-shaped colon 21 (FIG. 12). 結腸内視鏡14が柔らかいS状結腸21を通して前進するとS状結腸においてループが形成されることがあり、これによりS状結腸21が結合している腸間膜24が伸びることがある(図13)。 May loop at S-shaped colon when advanced colonoscope 14 through soft S-shaped colon 21 is formed, thereby sometimes mesentery 24 expands the S-shaped colon 21 is bonded (Fig. 13 ). 結腸内視鏡14の遠位端15が下行結腸22の近位端に達すると、遠位端15は、固定された下行結腸22に固着され、S状結腸21は結腸内視鏡14を操作することによって直線的形状にされる(図14)。 When the distal end 15 of the colonoscope 14 reaches the proximate end of the descending colon 22, the distal end 15 is fixed to the descending colon 22 fixed, S-shaped colon 21 operates the colonoscope 14 It is in a linear shape by (Figure 14). S状結腸21が直線的形状にされたとき、固着部分は外される(図15)。 When S-shaped colon 21 is in a linear shape, anchoring part is removed (FIG. 15).
【0077】 [0077]
次いでオーバーチューブ1の遠位端3は肛門20を通して直腸19内に挿入され、オーバーチューブ1はその遠位端3が下行結腸22の近位端に達するまで直線的形状とされたS状結腸を通して前進される(図16)。 Then the distal end 3 of the overtube 1 is inserted through the anus 20 into the rectum 19, the overtube 1 through S-shaped colon, which is a linear shape to its distal end 3 reaches the proximate end of the descending colon 22 is advanced (FIG. 16). 次に図16に示すように、オーバーチューブ1を結腸18を通して結腸内視鏡14の上を前進させる。 Next, as shown in FIG. 16, the overtube 1 is advanced over the colonoscope 14 through colon 18. このようにして、結腸内視鏡14は、オーバーチューブ1が結腸18を前進する際、その案内トラックの役目を果たす。 In this way, the colonoscope 14, when the overtube 1 is advanced colon 18, serves for the guiding track.
【0078】 [0078]
鞘状部6は、オーバーチューブ1とその遠位端3における結腸内視鏡14と間の二層シールの役目を果たす。 Sheath portion 6 serves as a two-layer seal between the over-tube 1 and the colonoscope 14 at its distal end 3. このシールによって、オーバーチューブ1を結腸内視鏡14の上で前進させる際に、結腸18の内壁の部分が結腸内視鏡14とオーバーチューブ1との間に挟み込まれて結腸壁の部分が切れたり、結腸壁に孔が開いたり、或いは結腸の内壁に他の損傷を与えることを防止することができるようになる。 This seal, the overtube 1 when advancing on the colonoscope 14, cutting portions of the sandwiched by colon wall between the parts colonoscope 14 and overtube 1 of the inner wall of the colon 18 or, it is possible to prevent giving pores to open in the colon wall, or other damage to the inner wall of the colon. 密封用鞘状部6は、糞便や他の体内物質が、肛門を通して近位側に引き出されるオーバーチューブ1と結腸内視鏡14との間に漏れることも防止する。 Sealing sheath portion 6, feces or other body materials, also prevents leakage between the overtube 1 and the colonoscope 14 drawn proximally through the anus.
【0079】 [0079]
図16に示すように、直線的形状にされたS状結腸21を通してオーバーチューブ1が延在している場合、結腸内視鏡14を下行結腸22を通して遠位側に前進させ、横行結腸23内に進めることができる(図17)。 As shown in FIG. 16, when the over-tube 1 extends through the S-shaped colon 21 which is in a linear shape, is advanced distally colonoscope 14 through the descending colon 22, the transverse colon 23 We can proceed (Figure 17). オーバーチューブ1はS状結腸21を直線的形状に維持する添え木の役目を果たす。 Overtube 1 serves as a splint to keep the linear shape S-shaped colon 21.
【0080】 [0080]
オーバーチューブ1が添え木の役目を果たし、結腸内視鏡14がS状結腸においてループを再形成するのを防止することによって、結腸内視鏡を下行結腸22を通して横行結腸23内にさらに前進させることが可能となる。 Overtube 1 plays a role of splint, by colonoscope 14 is prevented from re-forming a loop in the S-shaped colon, be further advanced into the transverse colon 23 colon endoscope through the descending colon 22 it is possible. このようにして、オーバーチューブ1は、この処置の際に患者に与えられる苦痛や不快感を最小にする。 In this way, the overtube 1, the pain and discomfort given to the patient during this treatment to a minimum.
【0081】 [0081]
加えて、図29に示すように、オーバーチューブ1に添って渦巻き形に延在する波形部5によって、オーバーチューブ1の不連続な内面211が形成される。 In addition, as shown in FIG. 29, the corrugations 5 extending in a spiral shape along the overtube 1, discontinuous inner surface 211 of the overtube 1 is formed. 波形部5は、結腸内視鏡ルーメン4において結腸内視鏡14が接触するように内向きに突出する。 Corrugations 5 protrudes inwardly so colonoscope 14 in colonoscope lumen 4 is in contact. 従って、結腸内視鏡14がオーバーチューブ1を通して前進する際の、結腸内視鏡14と波形部を設けたオーバーチューブ1との間の接触面積が、図30に示すような連続的な内面210の場合より小さくなる。 Therefore, when the colonoscope 14 is advanced through the overtube 1, the contact area between the overtube 1 provided with the colonoscope 14 and corrugations, continuous inner surface 210 as shown in FIG. 30 It is smaller than in the case of. 結腸内視鏡14と波形部を設けたオーバーチューブ1との接触面積が小さいことから、結腸内視鏡14と波形部を設けたオーバーチューブ1との間に生ずる摩擦力も小さくなる。 Since the contact area between the overtube 1 provided with the colonoscope 14 and corrugations is small, the frictional force generated between the overtube 1 provided with the colonoscope 14 and corrugations also small. このようにして、波形部を設けたオーバーチューブ1により、オーバーチューブ1の結腸内視鏡ルーメン4を通して結腸内視鏡14を通すことを一層容易にすることができる。 In this way, the over-tube 1 provided with corrugations, the passing colonoscope 14 may be more easily through the colonoscope lumen 4 of the overtube 1.
【0082】 [0082]
図29に示すように、オーバーチューブ1の外面212は平滑であり得る。 As shown in FIG. 29, the outer surface 212 of the overtube 1 can be smoothed. この平滑な外面212によって、内側面211の波形部5の低摩擦特性及び耐ねじれ特性を維持しつつ、結腸内視術の際に患者に与える不快感及び/または苦痛を低減することができる。 This smooth outer surface 212, it is possible while maintaining low friction characteristics and kink characteristics of the corrugations 5 of the inner surface 211, to reduce discomfort and / or pain given to the patient during the colonoscopy.
【0083】 [0083]
本発明のオーバーチューブの内面の不連続形状は適切な方式で形成され得ることは理解されよう。 The discontinuous shape of the inner surface of the overtube of the present invention may be formed in a suitable manner it will be appreciated. 例えば、図31に示すように、オーバーチューブには、突出する帯状部220の形態の1個または複数の内向き突出要素を設けることができる。 For example, as shown in FIG. 31, the overtube can be provided with one or more inward protruding element in the form of a strip portion 220 that protrudes. 帯状部220はオーバーチューブに沿って長手方向に、またはオーバーチューブに沿って渦巻き形に延在するか、或いは少なくとも部分的にオーバーチューブの周囲で周方向に延在し得る。 Strip portion 220 may extend longitudinally along the overtube, or extend in a spiral shape along the overtube, or circumferentially around the at least partially over the tube. 或いは、図32に示すように、内向き突出要素は、複数の分離して配置された突出部222の形態で設けることもできる。 Alternatively, as shown in FIG. 32, the inwardly projecting elements can also be provided in the form of a protrusion 222 disposed in a plurality of separation. 結腸内視鏡ルーメン4において結腸内視鏡を接触させることにより、内向き突出要素220、222は、オーバーチューブと結腸内視鏡との間の摩擦力を低減し、オーバーチューブを結腸内視鏡の上で移動させることを容易にする。 By contacting the colonoscope in colonoscopy lumen 4, the inwardly projecting elements 220 and 222 reduces the frictional force between the overtube and a colonoscope, colonoscopy overtube facilitating moving on.
【0084】 [0084]
波形部を設けたオーバーチューブが、上述のものとは別の形態で設けられ得るということは理解されよう。 Overtube provided with corrugations, it will be understood that the one described above may be provided in another form. 例えば、オーバーチューブ上の波形部は、少なくとも部分的にオーバーチューブの周囲で周方向に延在するか、及び/またはオーバーチューブ上に2箇所以上の波形部が設けられてもよい。 For example, corrugations on the overtube may either extend circumferentially about at least a partially overtube, and / or corrugations of two or more locations on the overtube is provided.
【0085】 [0085]
図33は、本発明による別の結腸オーバーチューブ230を示しており、このオーバーチューブ230はオーバーチューブ1に類似し、図33における類似の要素には同一の符号を付してある。 Figure 33 shows another colonic overtube 230 according to the present invention, the overtube 230 is similar to the overtube 1, and similar elements in Fig. 33 are denoted by the same reference numerals. この実施例では、オーバーチューブ230は、オーバーチューブ230の壁232内に埋め込まれた金属材料のコイル231の形態の強化手段を含む。 In this embodiment, the overtube 230 includes a reinforcing means in the form of a coil 231 of metal material embedded within the wall 232 of the overtube 230. この複合構造により、オーバーチューブ230は、曲がりくねったものとなり得る結腸内の経路に沿って前進する際に、実質的にねじれを生じさせることなく横方向に曲がることが可能である。 This composite structure, the overtube 230, when advanced along the path in the colon that may be those tortuous, it is possible to bend the lateral direction without substantially produces the torsion.
【0086】 [0086]
強化手段は、網状構造または組み紐構造のような任意の適切な形態で設けられ得ることは理解されよう。 Reinforcing means may be obtained provided in any suitable form, such as a network or braid structure is understood. 別形態では、複合構造のオーバーチューブは、多層構造を有し得る。 In another embodiment, the overtube of the composite structure may have a multilayer structure.
【0087】 [0087]
オーバーチューブの他の形状または構造も、結腸を通してオーバーチューブが前進する際に実質的にねじれを生ずることなくオーバーチューブが曲がることを容易にする横方向の柔軟性を有する構造であれば可能であることを理解されたい。 Other shapes or structures of the overtube is also possible as long as a structure having a lateral flexibility that facilitates bending without overtube to produce substantially twisted when the overtube is advanced through the colon it is to be understood that.
【0088】 [0088]
2箇所以上の横方向に柔軟な部分を、オーバーチューブに沿って間隔をおいて設けてもよい。 A flexible portion in the lateral direction more than two portions may be provided at intervals along the overtube. 横方向に柔軟な部分の位置及び/または数は、所望の耐ねじれ性を達成するように選択され得る。 Position and / or number of flexible portions in the lateral direction may be selected to achieve the desired kink resistance.
【0089】 [0089]
図25乃至図27を参照すると、結腸18内にオーバーチューブ1が完全に挿入されるのを防止するためにオーバーチューブ1で用いられ得るフランジ200が示されている。 25 to Referring to FIG. 27, the flange 200 that may be used in the over-tube 1 in order to prevent the over-tube 1 in the colon 18 is fully inserted are indicated. フランジ200はオーバーチューブ1の上に、この場合は、ねじ式構造201によって着脱自在に取付けられる。 Flange 200 on the overtube 1, this case is detachably attached by a threaded structure 201.
【0090】 [0090]
図26及び図27に示すように、このねじ式取付け構造により、フランジ200をオーバーチューブ1に対して単に回転させることで、フランジ200のオーバーチューブ1上の位置を調節することが可能となる。 As shown in FIGS. 26 and 27, by the threaded mounting structure, by simply rotating the flange 200 against the overtube 1, it is possible to adjust the position of the overtube 1 of the flange 200. フランジの位置が調節可能であることから、結腸内視術実施者は、速やかかつ効果的にフランジ200を位置を、処置を受ける結腸18の特定の性質に適合するように直接することができる。 Since the position of the flange is adjustable, colonoscopy practitioner, quickly and effectively position the flanges 200, can be directly to suit the particular nature of the colon 18 being treated.
【0091】 [0091]
フランジ200は、オーバーチューブ1上の位置を調節する他の手段及び/またはオーバーチューブ1に着脱自在に取付けるための他の手段を備えた形態でも提供され得るということが理解されよう。 Flange 200, it will be understood that may be provided in the form provided with other means for mounting detachably the other means and / or the overtube 1 to adjust the position of the overtube 1. 或いは、フランジ200はオーバーチューブ1の近位端2の側にオーバーチューブ1に固定される形で、或いは一体的に設けられ得る。 Alternatively, the flange 200 is in the form of being fixed to the overtube 1 proximally end 2 side of the overtube 1, or may be provided integrally. さらに、規制手段はフランジとは異なる形態でも設けられ得る。 Furthermore, regulating means may be provided in different forms the flange.
【0092】 [0092]
図18乃至23を参照すると、本発明による、結腸に挿入するための別の結腸オーバーチューブ100が示されている。 Referring to FIGS. 18 through 23, according to the present invention, another colonic overtube 100 for insertion into the colon are shown. オーバーチューブ100は、図1乃至図17のオーバーチューブ1に類似しており、図18乃至図23において類似の要素には同一の符号を付してある。 Overtube 100 is similar to the overtube 1 of FIGS. 17, similar elements in FIGS. 18 through 23 are assigned the same reference numerals. オーバーチューブ100は、結腸18の少なくとも一部分に挿入するため、特に下行結腸22の遠位側の点まで結腸18にカニューレ挿入するために、図18乃至図20に示すような短縮形態と、図21乃至図23に示すよな伸張形態との間で伸縮自在である。 Overtube 100 for inserting at least a portion of the colon 18, to cannulation into the colon 18, especially to a point distal of the descending colon 22, the truncated form shown in FIGS. 18 to 20, 21 or a stretchable between Do stretching form by FIG 23. この場合、オーバーチューブ100の部分101は、短縮形態(図18)における蛇腹形状と、伸張形状(図21)における平坦化形状とを有する。 In this case, the portion 101 of the overtube 100 has a bellows shape in truncated form (Fig. 18), and a flattened shape in the stretched shape (FIG. 21). 蛇腹部分101は、オーバーチューブ101の近位端2に設けられる。 Bellows portion 101 is provided at the proximal end 2 of the overtube 101.
【0093】 [0093]
使用時に、オーバーチューブ100は、結腸18内に結腸内視鏡2を挿入する前に、部分101が蛇腹形状に収縮した形で結腸内視鏡14に取付けられる。 In use, the overtube 100, prior to insertion of the colonoscope 2 in the colon 18, the portion 101 is attached to the colonoscope 14 in the form of contracted bellows. 結腸内視鏡14の結腸18内への挿入、S状結腸21の直線的形状への引き伸ばし、オーバーチューブ100の結腸内視鏡14上での前進は、図12乃至図17を参照して先に説明したと同様に行われる。 Insertion into the endoscope 14 colon 18 colon, forward stretching, on colonoscope 14 of the overtube 100 to the linear shape of the S-shaped colon 21, with reference to FIGS. 12 to 17 above It is performed in the same manner as described.
【0094】 [0094]
オーバーチューブ100は、S状結腸を直線的形状に維持するための添え木の役目を果たす。 Overtube 100 serves splint to maintain the S-shaped colon linear shape. 従って、結腸内視鏡14は横行結腸23を通して右結腸曲25に至るまで容易に前進させることができる(図18)。 Therefore, colonoscope 14 may be easily advanced up to the right hepatic flexure 25 through the transverse colon 23 (FIG. 18). 横行結腸23は、当業者が通常行うような方式で直線的形状にされ(図19)、結腸内視鏡4は、上行結腸26内にさらに進められる(図20)。 The transverse colon 23, those skilled in the art is in a linear shape in such a manner as to perform the normal (FIG. 19), colonoscope 4 is further advanced to the ascending colon 26 (FIG. 20).
【0095】 [0095]
次に、オーバーチューブ100を結腸18の外部で外向きに押すことによって、オーバーチューブ100の蛇腹部分101を収縮形態から伸張形態に伸ばす。 Then, extending the overtube 100 by pressing outwardly outside the colon 18, the extension forms a bellows portion 101 of the overtube 100 from the contracted configuration. このようにして、オーバーチューブ100は、オーバーチューブ100の遠位端3が盲腸の遠位側の結腸18内の目的の位置に達するまで、下行結腸22及び横行結腸23を通して結腸内視鏡14の上を進められる(図21)。 In this way, the overtube 100, the distal end 3 of the overtube 100 reaches the desired position of the distal side in the colon 18 of the cecum, colon endoscope 14 through the descending colon 22 and transverse colon 23 advanced over (Figure 21).
【0096】 [0096]
本発明のオーバーチューブ100は結腸挿管としての役目を果たし、S状結腸21や横行結腸23のような通常は形状を維持しない結腸18の部分を直線的形状に維持する。 Overtube 100 of the present invention serve as colon intubation, usually such as S-shaped colon 21 and transverse colon 23 maintains the portion of the colon 18 which does not maintain its shape in a linear shape. これによって、結腸18を、図21に示すような疑問符の形状にすることができる。 Thus, a colon 18, may be a question mark in the shape as shown in FIG. 21. 結腸内視鏡14は、オーバーチューブ100を挿管された結腸18内の一定の位置に残した状態で、結腸18から結腸内視鏡ルーメン4を通して取り出すことができる(図22)。 Colonoscope 14, the overtube 100 while leaving a predetermined position within the colon 18 intubated, can be taken out through the colonoscope lumen 4 colon 18 (FIG. 22). また、オーバーチューブ100を用いることによって、例えば上行結腸23からポリープを除去するための器具103(図23)のような内視鏡的な器具をオーバーチューブを通して用意に挿入できるようにしたり、或いはオーバーチューブ100を用いて結腸内視鏡の再挿入を容易にすることができる。 Further, by using the overtube 100, or to allow insertion of endoscopic instruments, such as instruments for removing polyps from the ascending colon 23 103 (FIG. 23) to prepare through the overtube example, or over the reinsertion of the colonoscope can be facilitated by using a tube 100.
【0097】 [0097]
結腸18内の次の目的の領域がオーバーチューブ100の遠位端の近位側または遠位側にある場合は、オーバーチューブ100をその遠位端3が目的の領域に達するまで短縮または伸張させることができる。 If the next region of interest in the colon 18 is proximal or distal to the distal end of the overtube 100, to shorten or stretched to the overtube 100 is a distal end 3 reaches the region of interest be able to. オーバーチューブ100の短縮或いは引き出しは、単にオーバーチューブ100を結腸18から引き出すことによって達成することができ、一方オーバーチューブ100の前進或いは伸張は、好ましくは結腸18に挿入された状態の結腸内視鏡14を用いることによって達成される。 Shortening or withdrawal of the overtube 100 is simply the overtube 100 can be accomplished by withdrawing from colon 18, whereas the forward or extension of the overtube 100 preferably colonoscope in a state of being inserted into the colon 18 It is achieved by using 14.
【0098】 [0098]
結腸内視鏡14がオーバーチューブ100から取り外されたとき、オーバーチューブ100は結腸18を通る大きな作業チャネルを提供し、任意の器具をこれを通して入れ、盲腸より遠位側にある結腸18内の任意の位置にアクセスすることが速やかかつ容易にできるようになる。 When colonoscope 14 is removed from the overtube 100, overtube 100 may provide a large working channel through the colon 18, put any instrument through this, any in the colon 18 which is distal to cecum it will be able to quickly and easily access the position. 従って、オーバーチューブ100により器具/結腸内視鏡の挿入または引き出しの際に結腸18の内壁と器具/結腸内視鏡との間に接触が生じなくなることから、器具及び/または結腸内視鏡の交換を、速やかに患者に与える苦痛がより少ない形で容易に行えるようになる。 Therefore, since no longer occur in the contact between the inner wall and the instrument / colonoscope colon 18 during insertion or withdrawal of the instrument / colonoscopy by the overtube 100, the instrument and / or colonoscopy the exchange quickly so easily with less shape pain to the patient. 加えて、オーバーチューブ100は、一般的な結腸内視鏡作業チャネルの直径より非常に大きい直径を有する。 In addition, the overtube 100 has a much larger diameter than the diameter of a typical colonoscope working channel. 従って、オーバーチューブ100を用いると、結腸内視術に際してより大きな器具を用いることができる。 Therefore, the use of the overtube 100 can be used a larger instrument during colonoscopy. また、オーバーチューブ100を用いることによって、より大きなサンプルを取り出すことができる。 Further, by using the overtube 100 may retrieve the larger sample.
【0099】 [0099]
伸張した部分101を短縮形態に収縮させ、かつオーバーチューブ100を結腸18から近位側に引き抜くことによって、オーバーチューブ100は結腸18から取り出される。 By pulling the extension portion 101 is contracted in truncated form, and the overtube 100 from colon 18 proximally, the overtube 100 is removed from the colon 18. オーバーチューブ100を取り出しを容易にするために、結腸内視鏡14を結腸18内に再挿入する必要はない。 To facilitate removal of the overtube 100, it is not necessary to re-insert the colonoscope 14 into the colon 18. 或いは、結腸18における一定の位置に結腸内視鏡14を残した状態で、オーバーチューブ100を結腸18から引き抜いてもよい。 Alternatively, while leaving the colonoscope 14 in a fixed position in the colon 18, the overtube 100 may be withdrawn from colon 18. この場合、後に結腸内視鏡14を結腸18から引き出して、この結腸内視鏡14の引き抜きの際に結腸18全体を検査することもできる。 In this case, after the colonoscope 14 is pulled out from the colon 18, the entire colon 18 can be inspected during the withdrawal of the colonoscope 14.
【0100】 [0100]
オーバーチューブを様々な別の方式で伸張させることも可能であることは理解されよう。 Also be possible to stretch the overtube in a variety of different methods it will be understood. 例えば、オーバーチューブを、煙突掃除用ブラシを伸ばすのと類似の方式で細長い形状に伸ばすことが可能な、互いに着脱可能な複数のオーバーチューブ部分を含む形で構成することができ、更に別の形態も可能である。 For example, the overtube, which can be extended in an elongated shape in a similar manner as extend the chimney cleaning brush, can be configured in a form comprising a plurality of overtube portions detachable from each other, yet another form it is also possible. 更に別の可能性としては、オーバーチューブを1以上の振り出し式に伸縮自在の部分を有する形で構成するいこともできる。 Still another possibility, the overtube can be configured Surui be in a form having a portion of the retractable into one or more square one formula.
【0101】 [0101]
別形態では、引き紐等の結合手段を結腸内視鏡の作業チャネルを遠位側に通して、結腸内視鏡14の遠位端15から出し、オーバーチューブ100の遠位端3に取付けてもよい。 In another embodiment, the coupling means, such as a drawstring through the working channel of a colonoscope distally, out of the distal end 15 of the colonoscope 14, attached to the distal end 3 of the overtube 100 it may be. この場合、結腸内視鏡14の位置を固定された状態に維持し、結腸18の外部から結合手段を近位側に引っ張ることによってオーバーチューブ100の遠位端3を結腸内視鏡2の上で前進させて、オーバーチューブ100の蛇腹部分101を伸ばすことができる。 In this case, maintaining a state position is fixed colonoscope 14, on the distal end 3 of the overtube 100 in colonoscope 2 by pulling from the outside of the colon 18 coupling means proximally in is advanced, it is possible to extend the bellows portion 101 of the overtube 100.
【0102】 [0102]
結腸の外部からオーバーチューブのアクチュエータを動かす他の手段を用いて、オーバーチューブを使用状態で伸張形態に伸ばすこともできる。 Using other means for moving the actuator of the overtube from the outside of the colon can also be extended to the stretched form of the overtube in use. 例えば、オーバーチューブはエネルギーで駆動されるポリマーを少なくとも部分的に有するように構成し得る。 For example, the overtube can be configured to have at least partially a polymer that is driven by energy. この場合、オーバーチューブの前後の電位差等のエネルギーを与えることにより、オーバーチューブの一部分を伸ばすことができる。 In this case, by providing energy such as before and after the potential difference of the overtube, it is possible to extend the portion of the overtube.
【0103】 [0103]
オーバーチューブ100は、図1の波形部を設けた構成及び/または図33の複合構造に類似した、オーバーチューブ100の沿って間隔をおいた複数の横方向に柔軟な部分を備える構成とすることができる。 Overtube 100, it is configured with a flexible portion in a plurality of transversely similar to the composite structure, spaced along the overtube 100 configuration and / or 33 provided with corrugations in FIG can. これらの横方向に柔軟な部分は、左結腸曲及び右結腸曲等の結腸内の曲がりの急な部分を案内する助けとなり得る。 Flexible portions of these lateral may help to guide the steeper portion of the bend in the colon, such as the splenic flexure and right colon song.
【0104】 [0104]
図24は、図1乃至図17のオーバーチューブ1に類似した、本発明による別の結腸オーバーチューブ110を示す。 Figure 24 is similar to the overtube 1 of FIGS. 17 illustrates another colonic overtube 110 according to the present invention. オーバーチューブ110は、結腸内視鏡ルーメン108の他に、オーバーチューブ110内を通して延在する、少なくとも1つ(この場合は3つ)の交換ルーメン105、106、107を有する。 Overtube 110, in addition to the colonoscope lumen 108 extends through the overtube 110 within, with exchangeable lumen 105, 106 and 107 of at least one (in this case three). 交換ルーメン105、106、107は、それを通して流体または医療器具を交換するのに適している。 Exchange lumens 105, 106 and 107, are suitable for exchanging fluids or medical devices therethrough. 例えば、ルーメン105を結腸18の外部から結腸18内を観察するための手段を提供するチャネルとするために用い、ルーメン106を結腸18を照明するための手段を提供し得るチャネルとするために用いることができる。 For example, used to the channel may provide a means for using the lumen 105 to the channel to provide a means for observing the inside of the colon 18 from the outside of the colon 18, the lumen 106 to illuminate the colon 18 be able to.
【0105】 [0105]
結腸18を通してオーバーチューブ100を前進させる際にオーバーチューブ100の遠位端3に腸が巻き込まれないことを確実にするために、オーバーチューブ100の外側から内部の目視を可能にする経路を設けて、オーバーチューブ100を前進させることは非常に有益である。 To ensure that the intestines are not involved in the distal end 3 of the overtube 100 when advancing the overtube 100 through colon 18, from the outside of the overtube 100 to provide a path that allows the interior of the eye , it is very beneficial to advance the overtube 100.
【0106】 [0106]
さらに別の形態として、ルーメン107を結腸18への流体の吹き込みや吹き付けのため経路を提供するために用いて、例えば結腸18を通してオーバーチューブ100を安全に前進させるために経路の障害を取り除くべく結腸18の突出した部分に流体の吹き付けを行うことができる。 In yet another aspect, colon to the lumen 107 used to provide a path for blowing or spraying of fluids to the colon 18, unblock the path in order to safely advance the overtube 100 through such as colon 18 it is possible to perform spraying fluid 18 protruding portion.
【0107】 [0107]
図24のオーバーチューブ110の場合、交換ルーメン105、106、107は、オーバーチューブ110の内面において結腸内視鏡ルーメン108の内側に延出する形で設けられている。 For overtube 110 in FIG. 24, exchange lumens 105, 106 are provided in a form which extends inside the colonoscope lumen 108 in the inner surface of the overtube 110. 別形態として、交換ルーメンはオーバーチューブ110の外面上に外向きに延出する形で設けられ得るということは理解されよう。 As another mode, that exchange lumen may be provided in a form extending outward on an outer surface of the overtube 110 is understood.
【0108】 [0108]
結腸内視鏡ルーメン4は、本実施例の場合、約15mmの直径を有し、この直径は典型的な結腸内視鏡作業チャネルより非常に大きい断面積を有するものである。 Colonoscope lumen 4, in this embodiment, has a diameter of about 15 mm, the diameter is one having a typical cross-sectional area much greater than the colonoscope working channel.
【0109】 [0109]
本発明のオーバーチューブが結腸内視鏡14上を結腸18内に前進することを助けてそれが速やかに行われるようにするため、例えば国際特許出願PCT/IE01/00039に記載のガイド装置のような案内装置を用いてもよい。 Since the overtube of the present invention is to allow the endoscope 14 on colon help to advance within the colon 18 it is promptly performed, for example, as a guide device described in International Patent Application PCT / IE01 / 00039 it may be used Do not guide device. 前記国際特許出願の該当部分は、ここで引用したことにより本明細書の一部とする。 That part of the international patent application is incorporated herein by cited here.
【0110】 [0110]
本発明のオーバーチューブは、S状結腸以外の結腸の部分を直線的形状に維持するために用いることもできる。 Overtube of the present invention can also be used to maintain the portion of the colon other than S-shaped colon in a linear shape. 実際、このオーバーチューブは医療器具が挿入される他の人体の管状部に挿入するために用いることも可能である。 In fact, the overtube can be used for insertion into the tubular portion of the other of the human body medical instrument is inserted.
【0111】 [0111]
本発明は、添付の図面を参照して説明した上の実施例に限定されず、その構成及び細部を変更したものも包含される。 The present invention is not limited to the embodiments above described with reference to the accompanying drawings, also included a modification of the construction and detail.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【0112】 [0112]
【図1】本発明による結腸オーバーチューブの斜視図。 Perspective view of the colon overtube according to the invention; FIG.
【図2】図1のオーバーチューブの遠位端の部分断面側面図。 Figure 2 is a partial cross-sectional side view of the distal end of the overtube FIG.
【図3】図2のオーバーチューブの製造を示す部分断面側面図。 Figure 3 is a partial cross-sectional side view illustrating the manufacturing of the overtube in Fig.
【図4】図2のオーバーチューブの製造を示す部分断面側面図。 Figure 4 is a partial cross-sectional side view illustrating the manufacturing of the overtube in Fig.
【図5】図2のオーバーチューブの製造を示す部分断面側面図。 Figure 5 is a partial cross-sectional side view illustrating the manufacturing of the overtube in Fig.
【図6】図2のオーバーチューブの製造を示す部分断面側面図。 Figure 6 is a partial cross-sectional side view illustrating the manufacturing of the overtube in Fig.
【図7】図2のオーバーチューブの製造を示す部分断面側面図。 Figure 7 is a partial cross-sectional side view illustrating the manufacturing of the overtube in Fig.
【図8】図1及び図2のオーバーチューブの潤滑を示す略図。 [8] Figure 1 and schematic representation of the overtube lubricating FIG.
【図9】図1のオーバーチューブを通して延在する結腸内視鏡の斜視図。 Figure 9 is a perspective view of a colonoscope which extends through the overtube in Fig.
【図10】図1のオーバーチューブを通して延在する結腸内視鏡の斜視図。 Figure 10 is a perspective view of a colonoscope which extends through the overtube in Fig.
【図11】結腸の模式図。 FIG. 11 is a schematic diagram of the colon.
【図12】図11の結腸において用いられている図9及び図10のオーバーチューブ及び結腸内視鏡の略図。 [12] overtube and schematic diagram of the colonoscope in FIGS. 9 and 10 are used in the colon of FIG.
【図13】図11の結腸において用いられている図9及び図10のオーバーチューブ及び結腸内視鏡の略図。 [13] overtube and schematic diagram of the colonoscope in FIGS. 9 and 10 are used in the colon of FIG.
【図14】図11の結腸において用いられている図9及び図10のオーバーチューブ及び結腸内視鏡の略図。 [14] overtube and schematic diagram of the colonoscope in FIGS. 9 and 10 are used in the colon of FIG.
【図15】図11の結腸において用いられている図9及び図10のオーバーチューブ及び結腸内視鏡の略図。 [15] overtube and schematic diagram of the colonoscope in FIGS. 9 and 10 are used in the colon of FIG.
【図16】図11の結腸において用いられている図9及び図10のオーバーチューブ及び結腸内視鏡の略図。 [16] overtube and schematic diagram of the colonoscope in FIGS. 9 and 10 are used in the colon of FIG.
【図17】図11の結腸において用いられている図9及び図10のオーバーチューブ及び結腸内視鏡の略図。 [Figure 17] overtube and schematic diagram of the colonoscope in FIGS. 9 and 10 are used in the colon of FIG.
【図18】図11の結腸において用いられている本発明による別の結腸オーバーチューブの略図。 [Figure 18] Another schematic representation of the colon overtube according to the invention, which is used in the colon of FIG.
【図19】図11の結腸において用いられている本発明による別の結腸オーバーチューブの略図。 [Figure 19] Another schematic representation of the colon overtube according to the invention, which is used in the colon of FIG.
【図20】図11の結腸において用いられている本発明による別の結腸オーバーチューブの略図。 [Figure 20] Another schematic representation of the colon overtube according to the invention, which is used in the colon of FIG.
【図21】図11の結腸において用いられている本発明による別の結腸オーバーチューブの略図。 [Figure 21] Another schematic representation of the colon overtube according to the invention, which is used in the colon of FIG.
【図22】図11の結腸において用いられている本発明による別の結腸オーバーチューブの略図。 [Figure 22] Another schematic representation of the colon overtube according to the invention, which is used in the colon of FIG.
【図23】図11の結腸において用いられている本発明による別の結腸オーバーチューブの略図。 [Figure 23] Another schematic representation of the colon overtube according to the invention, which is used in the colon of FIG.
【図24】本発明によるさらに別の結腸オーバーチューブの遠位端の斜視図。 Perspective view of a distal end of yet another colonic overtube according to Figure 24 the present invention.
【図25】オーバーチューブに取付けられた規制手段を備えたオーバーチューブ及び結腸内視鏡の斜視図。 Figure 25 is a perspective view of the overtube and a colonoscope equipped with a regulating means attached to the overtube.
【図26】図25の規制手段、オーバーチューブ、及び結腸内視鏡の部分断面側面図。 [Figure 26] regulating means 25, partial cross-sectional side view of the overtube, and colonoscopy.
【図27】図25の規制手段、オーバーチューブ、及び結腸内視鏡の部分断面側面図。 [Figure 27] regulating means 25, partial cross-sectional side view of the overtube, and colonoscopy.
【図28】図9のオーバーチューブを通して前進する図9の結腸内視鏡の部分断面側面図。 Figure 28 is a partial cross-sectional side view of the colonoscope of Figure 9 to move forward through the overtube in Fig.
【図29】図28のオーバーチューブ及び結腸内視鏡の部分の拡大部分断面側面図。 Figure 29 is an enlarged partial cross-sectional side view of the overtube and part of the colon endoscope of FIG 28.
【図30】別のオーバーチューブを通して前進する図29の結腸内視鏡の部分断面側面図。 [Figure 30] is advanced through another overtube partial cross-sectional side view of the colonoscope of Figure 29.
【図31】本発明による別のオーバーチューブの部分切欠き斜視図。 Figure 31 is a partial cutaway perspective view of another of the overtube according to the present invention.
【図32】本発明による別のオーバーチューブの部分切欠き斜視図。 Figure 32 is a partial cutaway perspective view of another of the overtube according to the present invention.
【図33】本発明による別のオーバーチューブの部分断面側面図。 Figure 33 is a partial cross-sectional side view of another of the overtube according to the present invention.

Claims (76)

  1. 結腸の部分を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブであって、 A colonic overtube for maintaining the part of the colon in a linear shape,
    結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するために前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 A proximal end disposed outside of the colon, and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the overtube the overtube for passing on the colonoscope and a lumen,
    前記オーバーチューブの少なくとも一部分が横方向に柔軟で、結腸を通して前記オーバーチューブを前進させる際に実質的にねじりを生じさせずに前記オーバーチューブを曲げさせることを容易にしていることを特徴とする結腸オーバーチューブ。 Colon, characterized in that at least a portion of the overtube is flexible in the transverse direction, is it easy to make bending the overtube without causing torsion substantially in advancing the overtube through the colon overtube.
  2. 前記オーバーチューブの前記横方向に柔軟な部分が、前記オーバーチューブの全体にわたって延在していることを特徴とする請求項1に記載のオーバーチューブ。 The laterally flexible portion, the over-tube according to claim 1, characterized in that extending throughout the overtube of the overtube.
  3. 前記オーバーチューブが前記オーバーチューブに沿って間隔をおいて設けられた2以上の横方向に柔軟な部分を有することを特徴とする請求項1に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 1, characterized in that it comprises a flexible portion to two or more laterally the overtube is provided at intervals along the overtube.
  4. 前記横方向に柔軟な部分が、少なくとも1つの波形部によって構成されていることを特徴とする請求項1乃至3の何れかに記載のオーバーチューブ。 The laterally flexible portion, at least one of the overtube according to any one of claims 1 to 3, characterized in that it is constituted by the corrugations.
  5. 前記波形部が、前記オーバーチューブに沿って渦巻き形に延在していることを特長とする請求項4に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 4, wherein the corrugations, featuring that extends in a spiral shape along the overtube.
  6. 前記波形部が、少なくとも部分的に前記オーバーチューブの周囲で周方向に延在することを特徴とする請求項4若しくは5に記載のオーバーチューブ。 The corrugations, the overtube of claim 4 or 5, characterized in that extending circumferentially about at least a part on the overtube.
  7. 前記オーバーチューブが、複数の波形部を有することを特徴とする請求項4乃至6の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube according to any one of claims 4 to 6, characterized in that it has a plurality of corrugations.
  8. 前記波形部が、前記オーバーチューブの内側面上に設けられることを特徴とする請求項4乃至7の何れかに記載のオーバーチューブ。 The corrugations, the overtube according to any one of claims 4 to 7, characterized in that provided on the inner surface of the overtube.
  9. 前記オーバーチューブの外面が平滑であることを特徴とする請求項1乃至8の何れかに記載のオーバーチューブ。 Overtube according to any one of claims 1 to 8 the outer surface of the overtube is characterized by a smooth.
  10. 前記オーバーチューブが、潤滑材料のコーティングを有することを特徴とする請求項1乃至9の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube according to any one of claims 1 to 9, characterized in that it has a coating of lubricious material.
  11. 前記オーバーチューブが、複合材料を含むことを特徴とする請求項1乃至10の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube according to any one of claims 1 to 10, characterized in that it comprises a composite material.
  12. 前記オーバーチューブが、多層構造であることを特徴とする請求項11に記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube of claim 11, characterized in that a multi-layer structure.
  13. 前記オーバーチューブが、強化手段を有することを特徴とする請求項11若しくは12に記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube of claim 11 or 12, characterized in that it has a reinforcing means.
  14. 前記強化手段が、前記オーバーチューブに埋め込まれていることを特徴とする請求項13に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 13, wherein the reinforcing means, characterized in that embedded in the overtube.
  15. 前記強化手段が、コイルを含むことを特徴とする請求項13若しくは14に記載のオーバーチューブ。 It said reinforcing means, the overtube of claim 13 or 14, characterized in that it comprises a coil.
  16. 前記強化手段が、網状組織を含むことを特徴とする請求項13若しくは14に記載のオーバーチューブ。 It said reinforcing means, the overtube of claim 13 or 14, characterized in that it comprises a network.
  17. 前記強化手段が、組み紐構造であることを特徴とする請求項13若しくは14に記載のオーバーチューブ。 It said reinforcing means, the overtube of claim 13 or 14, characterized in that a braid structure.
  18. 前記強化手段が、金属材料製であることを特徴とする請求項13乃至17の何れかに記載のオーバーチューブ。 It said reinforcing means, the overtube according to any of claims 13 to 17, characterized in that it is made of metallic material.
  19. 前記オーバーチューブが、使用時に熱的に安定な材料製であることを特徴とする請求項1乃至18の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube according to any one of claims 1 to 18, characterized in that it is made of thermally stable material during use.
  20. 前記オーバーチューブが、ポリテトラフルオロエチレン製であることを特徴とする請求項19に記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube of claim 19, characterized in that it is made of polytetrafluoroethylene.
  21. 前記オーバーチューブが、結腸の少なくとも一部分に挿入するための伸張形態と収縮形態との間で伸縮自在であることを特徴とする請求項1乃至20の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube according to any one of claims 1 to 20, characterized in that retractable between an extension form a contracted configuration for inserting at least a portion of the colon.
  22. 前記オーバーチューブが、その前記遠位端において、前記オーバーチューブと前記結腸内視鏡ルーメンを通して延在する結腸内視鏡との間を密封するための柔軟なシールを有することを特徴とする請求項1乃至21の何れかに記載のオーバーチューブ。 Claim wherein the overtube is at its said distal end, characterized by having a flexible seal for sealing between the colonoscope extending through said overtube the colonoscope lumen overtube according to any of 1 to 21.
  23. 結腸の部分を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブであって、 A colonic overtube for maintaining the part of the colon in a linear shape,
    結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するための前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 Proximal end and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the over tube for inserting the overtube on the colonoscope disposed outside of the colon and a lumen,
    前記オーバーチューブが、その前記遠位端において、前記オーバーチューブと前記結腸内視鏡ルーメンを通して延在する結腸内視鏡との間を密封するための柔軟なシールを有することを特徴とする結腸オーバーチューブ。 The overtube is at its said distal end, colon over, characterized in that it comprises a flexible seal for sealing between the colonoscope extending through said overtube the colonoscope lumen tube.
  24. 前記シールが、薄膜材料を含むことを特徴とする請求項23に記載のオーバーチューブ。 The seal, over-tube according to claim 23, characterized in that it comprises a thin film material.
  25. 前記シールが、薄膜材料の鞘状部を含むことを特徴とする請求項24に記載のオーバーチューブ。 The seal, over-tube according to claim 24, characterized in that it comprises a sheath portion of the thin film material.
  26. 前記シールが、内側シール層と、前記内側シール層を外囲する外側シール層とを有することを特徴とする請求項23乃至25の何れかに記載のオーバーチューブ。 The seal, over-tube according to any one of claims 23 to 25, characterized in that it has an inner sealing layer, an outer sealing layer to the outer circumference of the inner sealing layer.
  27. 前記シールが、前記オーバーチューブの外面に取付けられることを特徴とする請求項23乃至26の何れかに記載のオーバーチューブ。 The seal, over-tube according to any one of claims 23 to 26, characterized in that attached to the outer surface of the overtube.
  28. 前記シールが、前記オーバーチューブと前記結腸内視鏡ルーメンを通して延在する結腸内視鏡との間を密封するべく内部に延在することを特徴とする請求項27に記載のオーバーチューブ。 The seal, over-tube according to claim 27, characterized in that extending into in order to seal between the colonoscope extending through the colonoscope lumen and the overtube.
  29. 前記シールが、前記オーバーチューブの前記遠位端から外側に延出することを特徴とする請求項23乃至28の何れかに記載のオーバーチューブ。 The seal, over-tube according to any one of claims 23 to 28, characterized in that extending outwardly from said distal end of said overtube.
  30. 結腸の部分を直線的形状に維持するための結腸オーバーチューブであって、 A colonic overtube for maintaining the part of the colon in a linear shape,
    結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するための前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 Proximal end and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the over tube for inserting the overtube on the colonoscope disposed outside of the colon and a lumen,
    前記オーバーチューブが、使用時に熱的に安定な材料製であることを特徴とする結腸オーバーチューブ。 Colonic overtube the overtube, characterized in that it is made of thermally stable material during use.
  31. 前記オーバーチューブが、ポリテトラフルオロエチレン製であることを特徴とする請求項30に記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube of claim 30, characterized in that it is made of polytetrafluoroethylene.
  32. 前記オーバーチューブが、結腸の少なくとも一部分に挿入するための伸張形態と収縮形態との間で伸縮自在であることを特徴とする請求項30若しくは31に記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube of claim 30 or 31, characterized in that retractable between an extension form a contracted configuration for inserting at least a portion of the colon.
  33. 結腸オーバーチューブであって、 A colon over the tube,
    結腸の外部に配置される近位端と、結腸内に挿入される遠位端と、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に挿通するための前記オーバーチューブ内に延在する結腸内視鏡ルーメンとを有し、 Proximal end and a distal end that is inserted into the colon, colonoscopy extending into the over tube for inserting the overtube on the colonoscope disposed outside of the colon and a lumen,
    前記オーバーチューブが、結腸の少なくとも一部分に挿入するための伸張形態と収縮形態との間で伸縮自在であることを特徴とする結腸オーバーチューブ。 The overtube, colonic overtube, which is a retractable between an extension form a contracted configuration for inserting at least a portion of the colon.
  34. 前記収縮形態において、前記オーバーチューブの少なくとも一部分が、蛇腹式に縮められることを特徴とする請求項33に記載のオーバーチューブ。 In the contracted configuration, the over-tube according to claim 33 wherein at least a portion of the over tube, characterized in that it is reduced to bellows.
  35. 前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブを前記伸張形態に伸ばすべく互いに相対移動可能な複数のオーバーチューブ部分を有することを特徴とする請求項33に記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube of claim 33, the overtube and having a plurality of overtube portions movable relative to each other to extend in the extension mode.
  36. 前記オーバーチューブ部分が、前記オーバーチューブを前記伸張形態に伸ばすべく互いに着脱自在であることを特徴とする請求項35に記載のオーバーチューブ。 The overtube portion, the overtube of claim 35, wherein the overtube is detachable together to extend the stretch form.
  37. 前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブを装着状態で前記伸張形態に伸ばすためのアクチュエータを有することを特徴とする請求項33に記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube of claim 33, characterized in that it comprises an actuator for extending the extension forms the overtube in the mounted state.
  38. 前記アクチュエータが、結腸の外部から動かせることを特徴とする請求項37に記載のオーバーチューブ。 Wherein the actuator, the overtube of claim 37, characterized in that move from the outside of the colon.
  39. 前記アクチュエータが、結腸内の前記オーバーチューブから結腸の外部の位置まで伸ばすためのコネクタを含むことを特徴とする請求項38に記載のオーバーチューブ。 Wherein the actuator, the overtube of claim 38, characterized in that it comprises a connector for extending from said overtube in the colon to the outside of the position of the colon.
  40. 前記コネクタが、前記オーバーチューブの前記遠位端から延びることを特徴する請求項39に記載のオーバーチューブ。 The connector, the overtube according to claim 39, characterized in that extending from the distal end of the overtube.
  41. 前記コネクタが、前記オーバーチューブに固定されることを特徴とする請求項39若しくは40に記載のオーバーチューブ。 The connector, the overtube of claim 39 or 40, characterized in that it is fixed to the overtube.
  42. 前記コネクタが、引き紐を含むことを特徴とする請求項39乃至41の何れかに記載のオーバーチューブ。 The connector, the overtube according to any one of claims 39 to 41, characterized in that it comprises a drawstring.
  43. 前記引き紐が、結腸内視鏡の作業チャネルを通して結腸内視鏡の外部の位置までループをなすような形状に設けられることを特徴とする請求項42に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 42, wherein the drawstrings, characterized in that provided in the shape so as to form a loop through the working channel of the colonoscope to the outside of the position of the colonoscope.
  44. 前記オーバーチューブが、その前記遠位端に、前記オーバーチューブを周囲に損傷を与えることなく結腸を通して前進させるための丸められた先端部を有することを特徴とする請求項1乃至43の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, to the said distal end, to any one of claims 1 to 43, characterized in that it has a rounded tip for advancing through the colon without damaging the overtube around over-tube according.
  45. 前記先端部が、前記オーバーチューブに取付けられることを特徴とする請求項44に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 44, wherein the tip portion, characterized in that attached to the overtube.
  46. 前記先端部が、前記オーバーチューブの外面に取付けられることを特徴とする請求項45に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 45, wherein the tip portion, characterized in that attached to the outer surface of the overtube.
  47. 前記先端部が、前記オーバーチューブの前記遠位端で折り返し、前記結腸内視鏡ルーメンの内部に少なくとも部分的に延在することを特徴する請求項46に記載のオーバーチューブ。 The tip, turned back at the distal end of the overtube, the overtube of claim 46, characterized in that extending at least partially inside the colonoscope lumen.
  48. 前記オーバーチューブが、少なくとも1つの交換ルーメンを有し、前記交換ルーメンを通して流体及び/または医療器具が交換されることを特徴とする請求項1乃至47の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube has at least one exchange lumens, the overtube according to any one of claims 1 to 47 fluid and / or medical instruments through the exchange lumens, characterized in that it is replaced.
  49. 前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブの外部から結腸内を観察するための手段を有し、前記観察するための手段が、前記交換ルーメン内に少なくとも部分的に設けられることを特徴とする請求項48に記載のオーバーチューブ。 The overtube has a means for observing the inside of the colon from the outside of the overtube, said means for observation, claim 48, characterized in that provided at least in part on the exchange lumen over-tube according to.
  50. 前記オーバーチューブが、結腸に流体を吹き込むための手段を有し、前記交換ルーメンがその流体の吹き込みのためのチャネルを提供することを特徴とする請求項48若しくは49に記載のオーバーチューブ。 The overtube has a means for injecting fluid into the colon, the overtube of claim 48 or 49 wherein the replacement lumen and providing a channel for blowing the fluid.
  51. 前記オーバーチューブが、結腸に液体を吹き付けるための手段を有し、前記交換ルーメンがその液体の吹き付けのためのチャネルを提供することを特徴とする請求項48乃至50の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube has a means for blowing fluid to the colon, the overtube according to any one of claims 48 to 50 wherein the replacement lumen and providing a channel for the blowing of the liquid .
  52. 前記オーバーチューブが、結腸内を照明するための手段を有し、前記照明するための手段が、前記交換ルーメン内に少なくとも部分的に設けられることを特徴とする請求項48乃至51の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube has a means for illuminating the inside of the colon, said means for illumination, in any one of claims 48 to 51, characterized in that it is at least partially provided in the exchange within the lumen over-tube according.
  53. 前記オーバーチューブが、結腸内に完全に挿入されるのを防止するための規制手段を有することを特徴とする請求項1乃至52の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube according to any one of claims 1 to 52, characterized in that it has a regulating means for preventing from being fully inserted into the colon.
  54. 前記規制手段の前記オーバーチューブ上での位置を調節可能であることを特徴とする請求項53に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 53, characterized in that it is capable of adjusting the position on the overtube of the regulating means.
  55. 前記規制手段が、前記オーバーチューブに着脱自在に取付けられることを特徴とする請求項53若しくは54に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 53 or 54 wherein the regulating means, characterized in that it is detachably attached to the overtube.
  56. 前記規制手段が、前記オーバーチューブに螺着されることを特徴とする請求項55に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 55, wherein the regulating means, characterized in that it is screwed into the overtube.
  57. 前記規制手段が、フランジを含むことを特徴とする請求項53乃至56の何れかに記載のオーバーチューブ。 The regulating means, the over-tube according to any one of claims 53 to 56, characterized in that it comprises a flange.
  58. 前記オーバーチューブが、前記オーバーチューブを結腸内視鏡の上に通すことを容易にするために不連続な内面を有することを特徴とする請求項1乃至57の何れかに記載のオーバーチューブ。 The overtube, the overtube according to any one of claims 1 to 57 the overtube and having a discontinuous inner surface to facilitate passing over the colonoscope.
  59. 前記オーバーチューブが、前記内面上に設けられた、1又は複数の結腸内視鏡に接触するための内向き突出要素を有することを特徴とする請求項58に記載のオーバーチューブ。 The overtube, wherein provided on the inner surface, the over-tube according to claim 58, characterized in that it has an inward projecting elements for contacting to one or more of the colonoscope.
  60. 前記突出要素が、波形部を含むことを特徴とする請求項59に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 59 wherein the protruding element, characterized in that it comprises corrugations.
  61. 前記突出要素が、突出帯状部を含むことを特徴とする請求項59に記載のオーバーチューブ。 The overtube according to claim 59 wherein the protruding element, characterized in that it comprises a protruding strip portion.
  62. 前記突出要素が、前記オーバーチューブに沿って長手方向に延在することを特徴とする請求項60若しくは61に記載のオーバーチューブ。 The projecting element, the over-tube according to claim 60 or 61, characterized in that extending longitudinally along the overtube.
  63. 前記突出要素が、少なくとも部分的に前記オーバーチューブの周囲で周方向に延在することを特徴とする請求項60若しくは61に記載のオーバーチューブ。 The projecting element, the over-tube according to claim 60 or 61, characterized in that extending circumferentially about at least a part on the overtube.
  64. 前記突出要素が、前記オーバーチューブに沿って渦巻き形に延在していることを特長とする請求項60若しくは61に記載のオーバーチューブ。 The projecting element, the over-tube according to claim 60 or 61, featuring that extends in a spiral shape along the overtube.
  65. 前記突出要素が、複数の分離して配置された突出部を含むことを特徴とする請求項59に記載のオーバーチューブ。 The projecting element, the over-tube according to claim 59, characterized in that it comprises a projecting portion disposed in a plurality of separation.
  66. S状結腸を直線的形状に維持するためのものであることを特徴とする請求項1乃至65の何れかに記載の結腸オーバーチューブ。 Colon overtube according to any one of claims 1 to 65, characterized in that is used to maintain the S-shaped colon linear shape.
  67. 明細書及び添付の図面に記載された結腸オーバーチューブ。 Specification and the accompanying colonic overtube with the drawings.
  68. 結腸内視術を実施する方法であって、 A method of performing a colonoscopy,
    結腸内に結腸内視鏡を挿入し、前記結腸内視鏡を少なくとも前記結腸の部分を通して前進させる過程と、 Comprising the steps of inserting a colonoscope, it is advanced through at least part of the colon the colonoscope into the colon,
    前記結腸の部分を直線的形状に伸ばす過程と、 A step of stretching the straight shape portion of the colon,
    前記結腸の部分を直線的形状に維持するべく、前記結腸内視鏡の上で結腸オーバーチューブを前進させる過程と、 To maintain a portion of the colon in a linear shape, a step of advancing the colon overtube over the colonoscope,
    直線的形状にされた前記結腸の部分の外側の位置まで前記結腸内視鏡を前進させる過程と、 A process of advancing the colonoscope to the position of the outer portion of the colon which is in a linear shape,
    直線的形状にされた前記結腸の部分の外側の位置まで前記オーバーチューブを前記結腸内視鏡の上で前進させる過程とを有することを特徴とする方法。 Method characterized by having the steps of advancing the overtube on the colonoscope to the position of the outer portion of the colon which is in a linear shape.
  69. 前記オーバーチューブを前記結腸内の一定の位置に維持したまま、前記結腸から前記結腸内視鏡を引き抜く過程を含むことを特徴とする請求項68に記載の方法。 The method of claim 68, wherein the overtube while maintaining a fixed position within said colon, characterized in that it comprises a step of withdrawing the colonoscope from the colon.
  70. 直線的形状にされた前記結腸の部分の外側の位置にアクセスするべく、医療器具を前記オーバーチューブを通して前進させる過程を含むことを特徴とする請求項69に記載の方法。 In order to access the outside of the position of the portion of the colon which is in a linear shape, a method according to claim 69, characterized in that it comprises the step of advancing the medical device through the overtube.
  71. 前記結腸内視鏡を前記結腸内に挿入する前に、前記オーバーチューブを前記結腸内視鏡に取付ける過程を含むことを特徴とする請求項68乃至70の何れかに記載の方法。 Before inserting the colonoscope into the colon, the method according to any one of claims 68 to 70, characterized in that it comprises the step of attaching the overtube into the colonoscope.
  72. 前記オーバーチューブを収縮形態から伸張形態に伸ばすことによって前記オーバーチューブを前進させることを特徴とする請求項68乃至71の何れかに記載の方法。 The method according to any one of claims 68 to 71, characterized in that advancing the overtube by extending the extended form of the overtube from the contracted configuration.
  73. 前記結腸の外部から前記オーバーチューブを押すことによって前記オーバーチューブを前進させることを特徴とする請求項68乃至72の何れかに記載の方法。 The method according to any one of claims 68 to 72, characterized in that advancing the overtube by pushing the overtube from the outside of the colon.
  74. 直線的形状にされた前記結腸の部分が、S状結腸であることを特徴とする請求項68乃至73の何れかに記載の方法。 Portion of the colon which is in a linear shape The method according to any one of claims 68 to 73, characterized in that an S-shaped colon.
  75. 前記オーバーチューブを、下行結腸の外側の位置まで前進させることを特徴とする請求項68乃至74の何れかに記載の方法。 The method according to any one of claims 68 to 74 the overtube, characterized in that advanced to a position outside of the descending colon.
  76. 明細書及び添付の図面に記載された結腸内視術を実施する方法。 How to implement the specification and colonoscopy, which is described in the accompanying drawings.
JP2002569023A 2001-03-08 2002-03-08 Colon overtube Pending JP2004524903A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
IE20010220 2001-03-08
IE20010916 2001-10-18
PCT/IE2002/000029 WO2002069841A2 (en) 2001-03-08 2002-03-08 Inserting device for colonoscopes

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004524903A true JP2004524903A (en) 2004-08-19

Family

ID=26320313

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002569023A Pending JP2004524903A (en) 2001-03-08 2002-03-08 Colon overtube

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1385415A2 (en)
JP (1) JP2004524903A (en)
AU (1) AU2002238816A1 (en)
WO (1) WO2002069841A2 (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007032085A1 (en) * 2005-09-16 2007-03-22 Olympus Medical Systems Corp. Insertion aid
WO2007032055A1 (en) * 2005-09-12 2007-03-22 Olympus Medical Systems Corp. Propulsion force generation means, insertion aid, and endoscope system
JP2008259856A (en) * 2007-04-10 2008-10-30 Invendo Medical Gmbh Method for reducing friction of medico-technical rubber tube
JP2009511144A (en) * 2005-10-11 2009-03-19 インベンド メディカル ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツンク Medical technology devices, including the self-lubricating element
JP2010005388A (en) * 2008-06-25 2010-01-14 Tyco Healthcare Group Lp Access assembly
WO2015186664A1 (en) * 2014-06-05 2015-12-10 オリンパス株式会社 Insertion tool and insertion system

Families Citing this family (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8574243B2 (en) 1999-06-25 2013-11-05 Usgi Medical, Inc. Apparatus and methods for forming and securing gastrointestinal tissue folds
US8888688B2 (en) 2000-04-03 2014-11-18 Intuitive Surgical Operations, Inc. Connector device for a controllable instrument
US8517923B2 (en) 2000-04-03 2013-08-27 Intuitive Surgical Operations, Inc. Apparatus and methods for facilitating treatment of tissue via improved delivery of energy based and non-energy based modalities
US6468203B2 (en) 2000-04-03 2002-10-22 Neoguide Systems, Inc. Steerable endoscope and improved method of insertion
US6858005B2 (en) 2000-04-03 2005-02-22 Neo Guide Systems, Inc. Tendon-driven endoscope and methods of insertion
US6610007B2 (en) 2000-04-03 2003-08-26 Neoguide Systems, Inc. Steerable segmented endoscope and method of insertion
US7338505B2 (en) 2002-01-09 2008-03-04 Neoguide Systems, Inc. Apparatus and method for endoscopic colectomy
US6783491B2 (en) 2002-06-13 2004-08-31 Vahid Saadat Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US7041052B2 (en) 2002-06-13 2006-05-09 Usgi Medical Inc. Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US7637905B2 (en) 2003-01-15 2009-12-29 Usgi Medical, Inc. Endoluminal tool deployment system
US8882657B2 (en) 2003-03-07 2014-11-11 Intuitive Surgical Operations, Inc. Instrument having radio frequency identification systems and methods for use
EP1559361B1 (en) 2004-01-30 2011-04-27 FUJIFILM Corporation Endoscope applicator and endoscope apparatus
US7703459B2 (en) 2004-03-09 2010-04-27 Usgi Medical, Inc. Apparatus and methods for mapping out endoluminal gastrointestinal surgery
EP1958294A4 (en) 2005-11-23 2011-09-21 Neoguide Systems Inc Non-metallic, multi-strand control cable for steerable instruments
WO2007137208A2 (en) 2006-05-19 2007-11-29 Neoguide Systems, Inc. Methods and apparatus for displaying three-dimensional orientation of a steerable distal tip of an endoscope
US8287447B2 (en) 2007-08-29 2012-10-16 Minos Medical Outer tube for natural orifice surgery
US9220398B2 (en) 2007-10-11 2015-12-29 Intuitive Surgical Operations, Inc. System for managing Bowden cables in articulating instruments
US8182418B2 (en) 2008-02-25 2012-05-22 Intuitive Surgical Operations, Inc. Systems and methods for articulating an elongate body

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE4113265A1 (en) * 1989-10-23 1992-03-12 Bauerfeind Peter Introduction appts. for fibre optic colon scope - has pliable insertion part with outwardly sealed intermediary space between inner and outer walls
DE3935256C1 (en) * 1989-10-23 1991-01-03 Bauerfeind, Peter, Dr., 8264 Waldkraiburg, De
GB2306111A (en) * 1995-10-14 1997-04-30 William Barrie Hart Expandable hydraulic oversleeve for advancing an endoscope into a body cavity
DE19729499A1 (en) * 1997-07-10 1999-01-14 Friedrich Schiller Uni Jena Bu Guide for flexible endoscope, with reinforcements
US6083152A (en) * 1999-01-11 2000-07-04 Welch Allyn, Inc. Endoscopic insertion tube

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007032055A1 (en) * 2005-09-12 2007-03-22 Olympus Medical Systems Corp. Propulsion force generation means, insertion aid, and endoscope system
WO2007032085A1 (en) * 2005-09-16 2007-03-22 Olympus Medical Systems Corp. Insertion aid
JP2009511144A (en) * 2005-10-11 2009-03-19 インベンド メディカル ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツンク Medical technology devices, including the self-lubricating element
JP2008259856A (en) * 2007-04-10 2008-10-30 Invendo Medical Gmbh Method for reducing friction of medico-technical rubber tube
JP2010005388A (en) * 2008-06-25 2010-01-14 Tyco Healthcare Group Lp Access assembly
WO2015186664A1 (en) * 2014-06-05 2015-12-10 オリンパス株式会社 Insertion tool and insertion system
US10194785B2 (en) 2014-06-05 2019-02-05 Olympus Corporation Insertion device and insertion system

Also Published As

Publication number Publication date
WO2002069841A3 (en) 2003-11-27
WO2002069841A2 (en) 2002-09-12
AU2002238816A1 (en) 2002-09-19
EP1385415A2 (en) 2004-02-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2293984T3 (en) Handheld device and method improved insertion.
CN100464798C (en) A guide wire used for inserting into an internal space
US7815565B2 (en) Endcap for use with an endoscope
US8092374B2 (en) Variably flexible insertion device and method for variably flexing an insertion device
JP5129914B2 (en) Catheter introducer system for probing the body cavity
US7431694B2 (en) Method of guiding medical devices
CA2309151C (en) Video rectoscope
US5571114A (en) Mechanism to advance or withdraw objects in lumens or cavities of mammals
JP6214695B2 (en) Device attached to the device that includes a stator and the rotating member and the cover, medical devices, drives, device for transmitting rotary motion to the rotor
US20060161044A1 (en) Inflatable member for an endoscope sheath
EP1426073B1 (en) Catheter with extendable track
US20060235457A1 (en) Instruments having a rigidizable external working channel
JP4647168B2 (en) Endoscopic instrument with reduced backlash during insertion
US5531741A (en) Illuminated stents
JP4009519B2 (en) Endoscope
US20130237755A1 (en) Flexible visually directed medical intubation instrument and method
JP4437076B2 (en) How to promote the instrument through shape lockable devices and unsupported anatomy.
US8109872B2 (en) Endoscopic apparatus having an improved catheter
ES2260275T3 (en) Coating body cavity.
US6962564B2 (en) Systems and methods for providing gastrointestinal pain management
US7128708B2 (en) Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US7041052B2 (en) Shape lockable apparatus and method for advancing an instrument through unsupported anatomy
US20090318798A1 (en) Flexible visually directed medical intubation instrument and method
US7955253B2 (en) Apparatus and methods for achieving endoluminal access
US6984203B2 (en) Endoscope with adjacently positioned guiding apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050228

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080408

A02 Decision of refusal

Effective date: 20080909

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02