JP2004516067A - Bioactive agent delivery apparatus and method - Google Patents

Bioactive agent delivery apparatus and method Download PDF

Info

Publication number
JP2004516067A
JP2004516067A JP2002550890A JP2002550890A JP2004516067A JP 2004516067 A JP2004516067 A JP 2004516067A JP 2002550890 A JP2002550890 A JP 2002550890A JP 2002550890 A JP2002550890 A JP 2002550890A JP 2004516067 A JP2004516067 A JP 2004516067A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
prosthesis
material
method
step
agent
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002550890A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
カムダー,カーティ,ピー
クラム,キャサリン,ジェイ
バークレイ,ブルース,ジェイ
Original Assignee
ヴァスキュラー・アーキテクツ・インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US09/740,597 priority Critical patent/US20020077693A1/en
Priority to US09/910,703 priority patent/US20020082682A1/en
Application filed by ヴァスキュラー・アーキテクツ・インコーポレイテッド filed Critical ヴァスキュラー・アーキテクツ・インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2001/049178 priority patent/WO2002049544A1/en
Publication of JP2004516067A publication Critical patent/JP2004516067A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/82Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/86Stents in a form characterised by the wire-like elements; Stents in the form characterised by a net-like or mesh-like structure
    • A61F2/88Stents in a form characterised by the wire-like elements; Stents in the form characterised by a net-like or mesh-like structure the wire-like elements formed as helical or spiral coils
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/82Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/856Single tubular stent with a side portal passage
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/95Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts
    • A61F2/954Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts for placing stents or stent-grafts in a bifurcation
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/95Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts
    • A61F2002/9505Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts having retaining means other than an outer sleeve, e.g. male-female connector between stent and instrument
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/95Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts
    • A61F2002/9505Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts having retaining means other than an outer sleeve, e.g. male-female connector between stent and instrument
    • A61F2002/9511Instruments specially adapted for placement or removal of stents or stent-grafts having retaining means other than an outer sleeve, e.g. male-female connector between stent and instrument the retaining means being filaments or wires
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2250/00Special features of prostheses classified in groups A61F2/00 - A61F2/26 or A61F2/82 or A61F9/00 or A61F11/00 or subgroups thereof
    • A61F2250/0058Additional features; Implant or prostheses properties not otherwise provided for
    • A61F2250/0067Means for introducing or releasing pharmaceutical products into the body

Abstract

患者の中空体構造内で使用されるプロテーゼ(122)は、径方向延出開口部(113)を備えるコイル状体(105)を有し、該コイル状体は、径方向収縮状態と径方向拡張状態との間で移動可能である。 The prosthesis used in the hollow body structure of the patient (122) has a coil-shaped body (105) having radially extending opening (113), said coiled body is radially contracted state and a radially it is movable between an expanded state. 前記コイル状体に沿ったコイル状経路に沿って材料(124)が延出している。 It said material along a coiled path along the coiled body (124) is extended. 投与可能生物活性薬剤(M、147)が、前記コイル状体と前記材料との少なくとも一方に結合されている。 Administrable biologically active agent (M, 147) is coupled to at least one of said said coiled material. 前記材料は、内側面と外側面(124B、124A)を備える材料のコイル状スリーブとして構成することができ、前記内側面は、前記コイル状体のスリーブ内部(124C)を形成している。 The material may be configured as a coiled sleeve material having inner and outer surfaces (124B, 124A), the inner surface forms an inner sleeve of the coiled body (124C). 前記投与可能剤は、たとえば、前記材料の前記外側面上に設けられたり、あるいは前記材料内に組み込まれて薬剤/材料マトリクスを形成したり、または、前記材料の前記内側面上、もしくは前記スリーブ内部内に設けることができる。 The administrable agent, for example, the outer surface or provided on, or in or to form a drug / matrix of material incorporated in said material, or, on the inner surface of the material or the sleeve of the material It may be provided within the interior. 前記薬剤の前記患者への移動を遅延させるために構造体を使用することができる。 You can use a structure for delaying the movement to the patient of the drug.

Description

【0001】 [0001]
発明の背景本発明は、コイル状プロテーゼ、典型的には、被覆されたコイル状ステント、によって、生物活性薬剤を、患者の中空体構造内(特に、血管狭窄や再狭窄等の心血管および末梢血管疾患、切開、ならびにその他の組織分離状態、動脈瘤等の処置のための血管系内)の標的部位へ送達するための装置と方法とを提供する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is coiled prosthesis is typically coated coiled stent, by the bioactive agent, the hollow body structure of the patient (especially, such as vascular stenosis and restenosis cardiovascular and peripheral vascular disease, providing incisions, and other tissues separated state, the apparatus and method for delivering to a target site within the vasculature) for the treatment of such aneurysms.
【0002】 [0002]
バルーン脈管形成術後の冠状動脈再狭窄の原因とその可能な治療法を見出すために研究が行われている。 Cause of coronary artery restenosis after balloon angioplasty and research to find its possible treatments are performed. バルーン脈管形成術後の再狭窄は、血管の弾性的反跳、血栓形成、および細胞壁成長を含む、複数の原因から生じるものと考えられている。 Restenosis after balloon angioplasty is elastic recoil of the vessel, thrombosis, and cell wall growth, is believed to occur from multiple causes. Chan,AW,Chew,DPおよびLincoff,AM,Update on Pharmacology for Restenosis、Current Interventional Cardiology Reports 2001,3:149−155は、再狭窄が相変わらず経皮的冠状動脈介入にとっての主要な問題であり、そして、薬剤溶出ステントが有効であると判るかもしれないが、より大規模な臨床試験が必要であると結論付けている。 Chan, AW, Chew, DP and Lincoff, AM, Update on Pharmacology for Restenosis, Current Interventional Cardiology Reports 2001,3: 149-155 is, restenosis is a major problem for the usual percutaneous coronary intervention, and , drug-eluting stents might be seen to be effective, but concluded that there is a need for more extensive clinical trials.
【0003】 [0003]
しかしながら、本発明の装置と方法とは、尿管、尿道、気管支、胆道、胃腸管、等のその他の中空体構造に、その体腔内で補強または保護構造と共に生物活性薬剤を導入することから利益を得うるその他の状態の治療のために、プレースメントされるのにも有用である。 However, the apparatus and method of the present invention, ureter, urethra, bronchus, biliary tract, gastrointestinal tract, other hollow structure etc., benefit from the introduction of bioactive agent with reinforcing or protective structure in the body cavity for the treatment of other conditions that can give useful also for being placement. 前記プロテーゼは、管腔内的にプレースメントされる。 The prosthesis is intraluminal manner placements. ここで、「管腔内的」とは、経皮的または静脈切開処置によってプレースメントされることを意味し、ここで、プロテーゼは、離間位置から体腔内の標的部位へと体腔を通して経腔的に送り込まれる。 Here, "endoluminally" it means that it is the placement by percutaneous or cutdown procedures where prosthesis transluminal through the cavity from the separated position to the target site within the body cavity It is fed into. 血管処置において、プロテーゼは、通常、蛍光またはその他の撮像システムの案内で、ガイドワイヤ上にカテーテルを使用して「血管内的」に導入される。 In vascular procedures, the prosthesis usually with the guide of the fluorescence or other imaging system, is introduced using a catheter over the guidewire to the "vascular inner". 前記カテーテルおよびガイドワイヤは、前記標的部位へのアクセスのために、大腿動脈、または、上腕動脈、鎮骨下動脈等の、血管系への通常のアクセス部位を介して導入することができる。 The catheter and guidewire for access to the target site, the femoral artery, or brachial artery, such 鎮骨 artery, can be introduced via the usual access site into the vasculature.
管腔内プロテーゼは、通常、少なくとも1つの、径方向に拡張可能な通常は円筒体のセグメントを有する。 Intraluminal prosthesis, generally of at least one, is expandable normally radially with the segment of the cylinder. ここで、「径方向に拡張可能」とは、前記円筒体セグメントを、小径形状(管腔内プレースメント用)から、径方向に拡張された状態(通常は、プロテーゼが所望の標的部位に移植された時に達成される円筒形状)へと変換することが可能である、ということを意味する。 Here, the "radially expandable", implanting the cylinder segments, from the small diameter shape (for intraluminal placement), expanded state (usually in the radial direction, the prosthesis within a desired target site can be converted into a cylindrical shape) that is achieved when, it means that. 前記プロテーゼは、非弾性(たとえば、展性)を有するものとすることができ、従って、標的部位においてそれを拡張させるためには内力を必要とする。 The prosthesis is inelastic (e.g., malleability) can be assumed to have, therefore, in order to extend it in the target site requires internal force. 通常、この拡張力は、血管処置用の脈管形成術用バルーンなどの、バルーンカテーテルによって提供することができる。 Normally, the extension forces, such as angioplasty balloons for vascular procedures, can be provided by a balloon catheter. あるいは、プロテーゼは自動拡張式にすることも可能である。 Alternatively, the prosthesis can be in auto-expanding. このような自動拡張式構造は、一旦、適切な温度に達すると、自然に径方向拡張状態となる、感温性超弾性材料(たとえば、ニチノール)によって提供することができる。 Such automatic expanding structure, once it reaches the appropriate temperature, can be provided by a radially expanded state naturally temperature-sensitive superelastic material (e.g., nitinol). 前記適切な温度は、たとえば、正常な体温よりも僅かに低い温度とすることができ、もしも、その適切な温度が正常体温より高い場合には、構造体を加熱するためのなんらかの方法を使用しなければならない。 The suitable temperature is, for example, be a slightly lower temperature than normal body temperature, if, when the appropriate temperature is higher than normal body temperature, using any method for heating the structure There must be. 別のタイプの自動拡張式構造は、ステンレス鋼または超弾性合金などの弾性材料を使用して、前記体セグメントを、非拘束状態時(たとえば、シースの径方向拘束力から解除されたとき)に、その所望の径方向拡張径を得るように構成するものである。 Another type of automatic expanding structure, using an elastic material such as stainless steel or superelastic alloy, the body segments, when unconstrained (e.g., when released from the radially constraining forces of the sheath) are those configured to obtain the desired radially expanded diameter. 前記体腔内で固定状態に留まるために、プロテーゼは、前記体腔によって部分的に拘束された状態に留まる。 To remain in a fixed state in the body cavity, the prosthesis remains in a state of being partially constrained by the body cavity. 前記自動拡張式プロテーゼは、その径方向拘束状態において、たとえば、プロテーゼを送達シースまたはチューブ内にプレースメントし、そのシースを標的部位において退避させることによって送達することができる。 The automatic expanding prosthesis in its radially constrained state, for example, and placement of the prosthesis in the delivery sheath or a tube, the sheath can be delivered by retracting at the target site. 構造のそのような一般的態様と送達形式は当該技術において周知である。 Delivery form with such general aspect of the construction are well known in the art.
【0004】 [0004]
典型的な血管内プロテーゼの寸法は、その意図される用途に応じたものとなる。 The dimensions of a typical intravascular prosthesis, the one corresponding to its intended use. 通常、プロテーゼは、血管用として、0.5cm〜10cm、通常は、0.8cm〜5cmの範囲の長さを有するものとなる。 Usually, the prosthesis, as a blood vessel, 0.5Cm~10cm, usually comes to have a length in the range of 0.8Cm~5cm. 筒状プロテーゼの小径(径方向に座屈した状態)は、血管用として、通常、約1mm〜10mm、より一般的には、1.5mm〜6mmである。 Diameter of the tubular prosthesis (state buckled in the radial direction), as a blood vessel, usually, about 1 mm to 10 mm, more generally, it is 1.5 mm to 6 mm. その拡張径は、通常、約2mm〜50mmであり、好ましくは、血管用として、約3mm〜15mm、そして大動脈用として、約25mm〜45mmの範囲である。 Its expanded diameter is generally about 2Mm~50mm, preferably, as a blood vessel, about 3mm~15mm and for the aorta, in the range of about 25Mm~45mm.
【0005】 [0005]
1つのタイプの血管内プロテーゼは、ステント部材と、移植皮弁タイプのカバー部材との両方を有する。 One type of endovascular prosthesis includes a stent member, both of the cover member of transplant flap type. これらの血管内プロテーゼは、多くの場合、ステント移植皮弁(stent grafts)と称される。 These intravascular prosthesis, often referred to as stent-graft (stent grafts). ステント移植皮弁は、通常、ステントと移植皮弁との両方を収縮縮径状態にして、カテーテルを使用して導入される。 The stent-graft is typically to both the stent and the graft flap contracted diameter reduced state, is introduced using a catheter. 標的部位に達すると、前記ステントと移植皮弁とを拡張させる。 Upon reaching the target site, to expand the said stent and graft flap. 拡張後、ステント移植皮弁を標的部位に残した状態でカテーテルを血管から引き出す。 After the extension, pull out the catheter from the blood vessel stent-graft valve in a state in which the left to the target site. 移植皮弁は、たとえば、PTFE、ePTFEまたはDacron(登録商標)ポリエステルから形成することができる。 -Graft, for example, can be formed PTFE, from ePTFE or Dacron (R) polyester.
【0006】 [0006]
移植皮弁は、怪我、疾患または動脈瘤によって生じ得るものなどの血管の損傷または疾患部位の治療等の様々な理由で体内に使用される。 -Graft, injuries, are used in the body for a variety of reasons, such as the treatment of vascular injury or disease site, such as those that may occur by the disease or aneurysm. 移植皮弁の壁上における組織の内成長を提供すために移植皮弁の壁に穴を設けることが有効であることが判っている。 It has been found that the wall of the graft flap in order to provide an inner tissue growth on the walls of the graft flap be provided a hole is effective. より大径の移植皮弁の場合、織物移植皮弁材料が多く使用される。 For larger diameter implantation flap, woven grafts materials are often used. 小径および大径の血管において、ePTFE等の多孔性フルオロポリマが有用であることが判っている。 In small and large diameter vessels, porous fluoropolymers such as ePTFE has been found to be useful.
【0007】 [0007]
コイル状ステントは、配置のために、カテーテル軸回りで捻り圧縮された状態で巻回することができる。 Coiled stent for placement, can be wound while being torsion compressed catheter axis. コイル状ステントは、このコイル状ステントの両端部をカテーテル軸上に位置固定することによって、この捻り圧縮状態に維持することができる。 Coiled stent, by position fixing both ends of the coiled stent on the catheter shaft can be maintained in the torsion compression. 標的部位に達すると、前記両端部は、たとえば、ワイヤを引っ張ることによって解除される。 Upon reaching the target site, the opposite end portions, for example, it is released by pulling the wire. たとえば、米国特許第5,372,600号および同5,476,505号を参照。 For example, see U.S. Pat. Nos. And Nos 5,476,505 No. 5,372,600. あるいは、前記血管内プロテーゼは、その縮径状態にスリーブによって保持することができ、このスリーブは、プロテーゼを解除するべく選択的に退避させることができる。 Alternatively, the intravascular prosthesis, can be held by the sleeve in its reduced diameter state, the sleeve may be selectively retracted to release the prosthesis. 第3のアプローチが最も一般的であるバルーンを使用してプロテーゼを標的部位において拡張させる。 The prosthesis using a balloon third approach is the most common dilate at the target site. 前記ステントは、通常、それがバルーンが収縮されて除去された後においてその拡張状態に留まるように、その弾性限界を超えて拡張される。 The stent is typically such that it remains in its expanded state after the balloon has been removed is contracted, is extended beyond its elastic limit. バルーンによって拡張可能なステントの一例は、Johnson & Johnson社のCordis Divisonから市販されているPalmaz−Schatzステントである。 One example of an expandable stent by a balloon is Palmaz-Schatz stent, which is commercially available from Johnson & Johnson company Cordis Divison. ステントは、カリフォルニア州サンタローザのMedtronic AVE社、およびインディアナ州インディアナポリスのGuidant Corporationからも市販されている。 The stent, California Santa Rosa of Medtronic AVE, Inc., and are also commercially available from Guidant Corporation of Indianapolis, Indiana.
【0008】 [0008]
発明の要旨ここで使用される意味において、生物活性薬剤は、撮像および/または治療に使用される放射線放出剤等の診断および治療剤、抗炎症剤、抗血せん/抗血小板剤、および抗増殖剤等の再狭窄の防止を補助するために使用される組成物、アポトーシス剤、DNAまたはRNA鎖にインターカレート(8−メトキシプソラレン)、DNAまたはRNA鎖に架橋(8−メトキシプソラレンと紫外線)、または、光によって活性化された時にアポトーシス(フタロシニン(phthalocynine))または、壊死(スズエチルエチオプルプリン(etiopurpurin))を引き起こす光で活性化する薬剤を含む。 In summary the sense used herein the invention, biologically active agents, diagnostic and therapeutic agents of the radiation-emitting agent for use in imaging and / or therapy, anti-inflammatory agents, anti-thrombotic / anti-platelet agents, and anti-proliferative compositions used to assist in the prevention of restenosis, such as agents, apoptotic agents, intercalating (8-methoxy-flop psoralen) to DNA or RNA strands, and crosslinking the DNA or RNA strand (8-methoxy-flop psoralen UV), or comprising an agent that activates a light trigger apoptosis (Futaroshinin (Phthalocynine)) or necrosis (tin ethyl etiopurpurin (etiopurpurin)) when activated by light. 以下は、これらのグループの薬剤のいくつかの具体例である。 The following are some specific examples of these groups agents.
【0009】 [0009]
抗炎症剤: Anti-inflammatory agents:
アスピリンまたはアセチルサリチル酸経口コルチコステロイド(括弧付の商標が後につく一般名称)− Aspirin or acetylsalicylic acid oral corticosteroids (generic name to get later trademark parenthesis) -
プレドニゾン(Deltasone)、メチルプレニゾロン(Medrol)、プレドニソロン溶液(Pediapred,Prelone) Prednisone (Deltasone), methylprednisolone two pyrazolone (Medrol), prednisolone solution (Pediapred, Prelone)
吸入コルチコステロイド(括弧付の商標が後につく一般名称)− Inhaled corticosteroids (generic name to get to the later trademark with parentheses) -
フルニソリド(AeroBid,AeroBid−M)、トリアムシノロン(Azmacort)、ベクロメタゾン(Beclovent,Vanceril)、ブデソニド(Pulmicort)、フルティカゾン(fluticasone)(Flovent)、ネドクロミリナトリウム(Nedocromil sodium)(Tilade)、クロモリンナトリウム(Intal) Flunisolide (AeroBid, AeroBid-M), triamcinolone (Azmacort), beclomethasone (Beclovent, Vanceril), budesonide (Pulmicort), Furutikazon (fluticasone) (Flovent), Ne skull millimeter sodium (Nedocromil sodium) (Tilade), cromolyn sodium (Intal)
【0010】 [0010]
非ステロイド性抗炎症剤(一般名称): Non-steroidal anti-inflammatory drugs (common name):
1. 1. ジクロフェナク2. Diclofenac 2. ジフルニサル§ Diflunisal §
3. 3. エトドラク† Etodolac †
4. 4. フェノプロフェン§ Fenoprofen §
5. 5. フロクタフェニン* Floctafenine *
6. 6. フルルビプロフェン§ Flurbiprofen §
7. 7. イブプロフェン§ Ibuprofen §
8. 8. インドメタシン§ Indomethacin §
9. 9. ケトプロフェン§ Ketoprofen §
10. 10. メクロフェナム酸塩†§ Meclofenamate † §
11. 11. メフェナム酸12. Mefenamic acid 12. メロキシカム(Meloxicam)§ Meloxicam (Meloxicam) §
13. 13. ナブメトン14. Nabumetone 14. ナプロキセン§ Naproxen §
15. 15. オキサプロジン16. Oxaprozin 16. フェニルブタゾン§ Phenylbutazone §
17. 17. ピロキシカム§ Piroxicam §
18. 18. ロフェコキシブ(Rofecoxib) Rofecoxib (Rofecoxib)
19. 19. スリンダク§ Sulindac §
20. 20. テノキシカム* Tenoxicam *
21. 21. チアプロフェン酸* Tiaprofenic acid *
22. 22. トルメチン§ Tolmetin §
* 米国では市販されていない† カナダでは市販されていない§ その一般名称製品は米国で入手可能【0011】 * § the general name products that are not commercially available in the † Canada that are not commercially available in the United States is available in the United States [0011]
抗血せん剤(一般名称): Antithrombotic agent (generic name):
アニシンジオン表示:塞栓症、肺;塞栓症、肺、予防処置; Anisindione Display: embolism, pulmonary; embolism, lung, preventive actions;
血栓症、血栓症、予防抗トロビン剤III(ヒト)表示;塞栓症、血栓症アルガトロバン(Argatroban)表示:血栓症、血小板減少症、ヘパリンに次ぐ、 Thrombosis, thrombosis, prophylactic anti-thrombin agent III (human) display; embolism, thrombosis argatroban (Argatroban) Display: thrombosis, thrombocytopenia, second only to heparin,
ジクマロール表示:塞栓症、肺;塞栓症、肺、予防処置;繊維形成、心房、補助;閉塞、冠状動脈、補助、血栓症、血栓症、予防ヘパリンナトリウム表示:凝血異常、肺結核(consumption)、血液透析、補助、塞栓症、肺、塞栓症、肺、防止;繊維形成、心房、補助;外科手術、補助、血栓症、血栓症、予防、輸血、補助レピルジン(Lepirudin)(rDNA)表示:血小板減少症、ヘパリンに次ぐ、血栓症【0012】 Dicumarol Display: embolism, pulmonary; embolism, pulmonary, prophylactic treatment; fibrosis, atrial, auxiliary; occlusion, coronary artery, auxiliary, thrombosis, thrombosis, prophylaxis sodium heparin Display: coagulopathy, pulmonary tuberculosis (Consumption), blood dialysis, auxiliary, embolism, pulmonary embolism, pulmonary, prevention; fibrosis, atrial, auxiliary; surgery, auxiliary, thrombosis, thrombosis, prevention, blood transfusion, auxiliary lepirudin (lepirudin) (rDNA) display: thrombocytopenia disease, second only to heparin, thrombosis [0012]
抗増殖剤 (括弧付の商標が後につく一般名称): Anti-proliferative agent (generic name to get to the later trademark with parentheses):
テラゾシン−(Hytrin)抗高血圧剤、良性前立腺肥大症治療剤、 Terazosin - (Hytrin) antihypertensive agents, benign prostatic hyperplasia therapy agent,
フィナステライド(Finasteride)(Systemic)−(propecia,Proscar)良性前立腺肥大症治療剤、毛髪成長刺激剤、脱毛アンドロゲン(systemic) Finasteride (Finasteride) (Systemic) - (propecia, Proscar) benign prostatic hyperplasia therapy agent, hair growth stimulants, hair loss androgen (systemic)
ドキサゾシン(Systemic)−(Cardura)抗高血圧剤、良性前立腺肥大症治療剤タムスロシン(Tamsulosin)(Systemic)−(Flomax)良性前立腺肥大治療剤プラゾシン(Systemic)−(Minipress)麦角アルカロイド中毒に対する消毒薬、抗高血圧剤、良性前立腺肥大症治療剤、血管拡張剤、鬱血心不全、血管痙攣治療補助抗増殖剤(括弧付の商標が後につく一般名称)のさらに別の具体例は、以下の通りである。 Doxazosin (Systemic) - (Cardura) antihypertensive agents, benign prostatic hyperplasia therapy agent tamsulosin (Tamsulosin) (Systemic) - (Flomax) benign prostatic hypertrophy agents prazosin (Systemic) - (Minipress) disinfectants for ergot alkaloid addiction, anti hypertensive agent, benign prostatic hyperplasia agents, vasodilators, yet another embodiment of congestive heart failure, vasospasm therapeutic aid antiproliferative agents (generic name to get later trademark parenthesized) are as follows.
注射用マイトマイシン(Mutamycin);注射用硫酸ブレオマイシン(Blenoxane);注射用塩酸ドキソルビシン(AdriamycinまたはRubexまたは塩酸Doxorubicin);塩酸ダウノルビシン(Cerubidine);注射用ダクチノマイシン(Cosmegen);注射用クエン酸ダウノルビシン(リポソーム)(DaunoXome);注射用塩酸ドキソルビシン(リポソーム)(Doxil);注射用塩酸エピルビシン(epirubicin)(Ellence);注射用塩酸イダルビシン(idarubicin)(Idamycin);プリカマイシン(plicamycin)(Mithracin);注射用ペントスタチン(Nipent);注射用ミトキサントロン(Novan Injectable mitomycin (Mutamycin); injection bleomycin sulfate (Blenoxane); injectable doxorubicin hydrochloride (Adriamycin or Rubex or hydrochloric Doxorubicin); daunorubicin hydrochloride (Cerubidine); Injectable dactinomycin (COSMEGEN); injection of citric acid daunorubicin (liposomal ) (DaunoXome); injectable doxorubicin hydrochloride (liposomes) (Doxil); injection epirubicin hydrochloride (epirubicin) (Ellence); injectable idarubicin hydrochloride (idarubicin) (Idamycin); plicamycin (plicamycin) (Mithracin); injectable pent statins (Nipent); injectable mitoxantrone (Novan rone)およびバルルビシン(valrubicin)(Valstar)。 rone) and valrubicin (valrubicin) (Valstar).
【0013】 [0013]
本発明の第1の態様は、患者の中空体構造内で使用されるプロステーゼに関する。 A first aspect of the present invention relates to Purosuteze used within a hollow body structure of the patient. 前記プロテーゼは、径方向延出開口部を備えるコイル状体を有し、該コイル状体は、径方向収縮状態と径方向拡張状態との間で移動可能である。 The prosthesis has a coiled body with an opening out radially extending, the coil-like member is movable between a radially contracted state and a radially expanded state. 前記コイル状体に沿ったコイル状経路に沿って材料が延出している。 Material extends along a coiled path along the coiled body. 投与可能生物活性薬剤が、前記コイル状体と前記材料との少なくとも一方に結合(associated)されている。 Administrable biologically active agent is coupled (the Associated) to at least one of said said coiled material. 投与可能薬剤は、患者の中空体構造内に投与可能である。 Administrable medicament can be administered in the hollow body structure of the patient. 前記材料は、内側面と外側面を備える材料のコイル状スリーブを含むことができ、前記内側面は、前記コイル状体を含むスリーブ内部を形成している。 The material may comprise a coiled sleeve material having an inner surface and an outer surface, the inner surface forms an inner sleeve including the coiled body. 前記投与可能薬剤は、たとえば、前記材料の前記外側面上に設けられたり、前記材料内に組み込まれて薬剤/材料マトリクスを形成したり、または、前記材料の前記内側面上、もしくは、前記スリーブ内部内に設けることができる。 The administrable agent, for example, or provided on the outer surface of said material, or to form a drug / matrix of material incorporated in said material, or, on the inner surface of the material or the sleeve It may be provided within the interior. 前記プロテーゼは、前記径方向拡張状態時にそれらの間に空隙を形成するか、もしくは、前記径方向拡張状態時に互いに接触する複数のターンを備えることができる。 The prosthesis, or to form a gap therebetween when the radially expanded state, or can comprise a plurality of turns in contact with each other at the radially expanded state. 前記生物活性薬剤は、即座に投与してもよいし、または、遅延後に投与することもできる。 The biologically active agent may be administered immediately or may be administered after a delay.
【0014】 [0014]
本発明の別の態様は、生物活性薬剤を患者の中空体構造内の標的部位に送達する方法に関する。 Another aspect of the present invention relates to a method of delivering a bioactive agent to a target site within a hollow body structure of the patient. この方法は、コイル状プロテーゼを径方向収縮状態に維持しながら標的部位に送達する工程を有し、前記プロテーゼは、径方向延長開口部が貫通形成されたコイル状体と、前記全コイル状体に沿ったコイル状経路に沿って延出する材料と、前記コイル状体と材料との少なくとも一方に結合された投与可能生物活性薬剤とを有する。 This method has the step of delivering to the target site while maintaining the coiled prosthesis radially contracted state, the prosthesis has a coiled body is radially extended openings formed therethrough, wherein the total coiled body along a coiled path along with the material extending, and administrable biologically active agent coupled to at least one of the coiled body and the material. 前記プロテーゼは、このプロテーゼを、前記中空体構造の壁に対して押し付けるべく、前記径方向拡張状態へと拡張される。 The prosthesis, the prosthesis, so pressed against the wall of the hollow body structure, is extended to the radially expanded state. この薬剤は、前記中空体構造に放出される。 This agent is released into the hollow structure. 前記プロテーゼは、前記材料が、内側面と外側面とを備えた材料のコイル状スリーブを含み、前記内側面が前記コイル状体全体を収納するスリーブ内部を形成するように、選択することができる。 The prosthesis, said material comprises a material coiled sleeve having an inner surface and an outer surface, so as to form an internal sleeve in which the inner surface is for accommodating the entire coiled body can be selected . 前記薬剤は、たとえば、前記材料の前記外側面上に設けたり、前記材料内に組み込まれて薬剤/材料マトリクスを形成したり、または、前記材料の前記内側面上もしくは前記スリーブ内部内に設けることができる。 Said agent, for example, may be provided on the outer surface of the material, or incorporated within said material to form a drug / matrix of material, or be provided in the inner surface or on the sleeve within the interior of said material can. 前記投与可能薬剤は、抗炎症剤、抗血せん/抗血小板剤、および抗増殖剤から成るグループから選択可能である。 The administrable agent, anti-inflammatory agents, can be selected from the group consisting of antithrombotic / antiplatelet agents, and antiproliferative agents. 前記投与可能薬剤は、抗再狭窄剤とすることができる。 The administrable agent, an anti-restenotic agent.
【0015】 [0015]
本発明のさらに別の態様は、患者の中空体構造内の標的部位で使用するためのプロテーゼを製造する方法に関する。 Yet another aspect of the present invention relates to a method of producing a prosthesis for use at the target site in the hollow body structure of the patient. この方法は、患者のために少なくとも1つの治療法を決定する工程と、前記少なくとも1つの治療法に適したプロテーゼを選択する工程とを有する。 This method includes a step of selecting and determining at least one treatment for a patient, the prosthesis is suitable for the at least one therapy. 前記プロテーゼは、径方向に延出する開口部を備えたコイル状体と、このコイル状体全体に沿ったコイル状経路に沿って延出する材料と、前記治療法用の第1および第2の投与可能な生物活性薬剤とを有し、これら第1および第2薬剤は、前記コイル状体と前記材料との少なくとも一方に結合されている。 The prosthesis has a coiled body having an opening extending radially, the material that extends along a coiled path along the entire coiled body, first and second for the therapy and a administrable biologically active agent, the first and second agent is coupled to at least one of said said coiled material. 前記選択工程は、前記第1薬剤の少なくとも一部が、前記標的部位における前記第2薬剤の放出の開始前に、前記中空体構造内の前記標的部位において放出可能となるように行われる。 The selection step, at least a portion of the first agent, prior to the start of release of the second drug in the target site is performed to allow release in the target site of said hollow body structure.
【0016】 [0016]
本発明のさらに別の態様は、患者の中空体構造内の標的部位で使用するためのプロテーゼを製造する方法に関する。 Yet another aspect of the present invention relates to a method of producing a prosthesis for use at the target site in the hollow body structure of the patient. この方法は、長手材料を、キャリアと投与可能生物活性薬剤との混合物と接触させる工程を有する。 This method, the length of material, comprising the step of contacting a mixture of a carrier and administerable bioactive agent. 少なくとも前記キャリアの大部分は、薬剤を、薬剤坦持材料(agent−laden material)を形成するべく、前記材料と接触状態にしたままで前記混合物から除去される。 At least a major portion of the carrier, the drug, to form the drug carrying material (agent-laden material), is removed from the mixture while still in contact with the material. 次に、前記薬剤坦持材料は、径方向拡張可能ステントと組み合わせられて、患者の中空体構造内での使用に適したプロテーゼが形成される。 Next, the drug carrying material, combined with radial expandable stent prosthesis suitable for use within the hollow structure of the patient is formed. 前記材料は、ePTFE等の多孔性物質とすることができる。 The material may be a porous material such as ePTFE. 前記方法は、さらに、前記多孔性材料として、長手多孔性スリーブ材料を選択する工程を含むことができ、前記多孔性材料スリーブは、内側面と外側面とを備え、前記内側面は、前記組み合わせ工程後に、前記ステント全体を含むスリーブ内部を形成する。 The method further as the porous material may comprise the step of selecting the longitudinal porous sleeve material, the porous material sleeve includes an inner surface and an outer surface, the inner surface, the combination after step to form an inner sleeve including the entire stent. 前記プレースメント工程は、前記混合物を前記スリーブ内部にプレースメントすることによって行うことができ、その後、前記除去工程を、前記混合物の余剰分を除去し、その後、前記長手材料を少なくとも部分的に乾燥させることによって行うことができる。 The placement step, the mixture can be done by placement within said sleeve, then the removing step, removing the excess of said mixture, at least partially drying said length of material it can be done by. 前記投与可能薬剤は、抗炎症剤、抗血せん/抗血小板剤、および抗増殖剤から成るグループから選択可能である。 The administrable agent, anti-inflammatory agents, can be selected from the group consisting of antithrombotic / antiplatelet agents, and antiproliferative agents. 前記投与可能薬剤は、抗再狭窄剤とすることができる。 The administrable agent, an anti-restenotic agent.
【0017】 [0017]
本発明の1つの利点は、前記ステント/移植皮弁の他方の面には前記生物活性薬剤が存在しない状態に維持しながら、その一方の面を生物活性薬剤によってコーティングすることが可能であることにある。 It One advantage of the present invention, the other surface of the stent / graft flaps while maintaining the state in which no said biologically active agent, the one surface may be coated with bioactive agent It is in. 治療される管腔の壁に密接に接触する装置の面のみをコーティングすることによって、装置をより効率的なものにすることができる。 By coating only the surface of the device in intimate contact with the wall of the lumen to be treated can be a device more efficient. 血管用の場合、血管の流れる血液と密接に接触する前記装置の表面にコーティングされた前記生物活性材料は、無駄な材料である。 If for vessels, it said biologically active material coated on the surface of the device in intimate contact with the blood flowing the blood vessel is a waste material. なぜならば、それは、装置の前記表面から「洗い流され」て、治療されない体の領域へ流れるからである。 Because it is because flow from the surface of the device Te "flushed", to the area of ​​the treated non body. 装置の片側をコーティングすることは、生物活性薬剤の送達の効率を高めるであろう。 Coating the one side of the device will increase the efficiency of delivery of the bioactive agent.
【0018】 [0018]
本発明のもう1つの利点は、それは、被覆されたステントを非常にフレキシブルに使用する薬剤送達を提供することにある。 Another advantage of the present invention, it is to provide a drug delivery to be used for very flexible the coated stent. このフレキシビリティは、少なくとも部分的には、使用される前記ステントのコイル特性によって提供される。 This flexibility, at least in part, provided by the coil characteristics of the stent to be used. これによって、たとえば、そうでない場合は不可能である薬剤送達のための血管の支流管からのアクセスが可能となる。 Thus, for example, it is possible to vascular access from branch pipe of for drug delivery is not possible otherwise. 移植皮弁材によって被覆された径方向延出開口部を備えたステント本体を使用することによって、プロテーゼが中空体構造内に恒久的に移植された時に、中実のステント本体と比較して、良好な組織内成長が促進される。 By using the stent body having an opening out radially extending covered by implantation flap member, when the prosthesis is permanently implanted in the hollow body structure, as compared with a solid stent body, good tissue ingrowth is promoted.
【0019】 [0019]
さらに別の利点は、前記ステント移植皮弁の管の内壁と密接に接触する表面の面積が、標準的なステントよりも遥かに大きなものとなるが、但し、移植皮弁の場合のように、側方支管を被覆するほどではないことにある。 Yet another advantage is that the area of ​​the stent-graft valve inner wall of the tube and in intimate contact surface, but becomes much larger than the standard stent, however, as in the case of transplantation flap, is that not enough to cover the lateral branch pipe. この面積の増大によって、より多くの薬剤を送達することができ、従って、薬剤溶出ステントは、標準的な薬剤送達ステントよりも、より効率的なものとすることができる(不要な領域に送達される薬剤を減らして標的部位により多くの薬剤を送達する)。 This increase in area can deliver more drug, thus, drug eluting stents, than the standard drug delivery stents, are more capable of efficient ones (delivered to unwanted areas that the drug was reduced to deliver many drugs by target site).
【0020】 [0020]
本発明のさらに別の態様は、外側面を備えた、コイル状径方向拡張可能プロテーゼ本体を有する被覆コイル状薬剤送達プロテーゼに関する。 Yet another aspect of the present invention, with an outer surface, about the coated coiled drug delivery prosthesis having a coiled radially expandable prosthesis body. 前記外側面上には多孔性カバーが施される。 Porous covering is subjected on the outer surface. 前記薬剤は、前記多孔性カバーと様々な方法で結合させることができる。 The agent can be combined in the porous covering a variety of ways. その1つの方法は、前記多孔性カバーと薬剤とによって、多孔性のカバー/薬剤マトリクスを形成する方法である。 One method is the by the porous cover and drug, a method of forming a porous cover / drug matrix. その他の方法としては、前記薬剤を、前記多孔性カバーの上方または下方の層として構成する方法が含まれる。 Other methods, the agent includes a method configured as above or below the layer of the porous cover. 前記薬剤の患者への移動を遅延させるための何らかのタイプの構造を使用することができる。 It can be used any type of structure for delaying the movement of the patient of the drug. これを行う1つの方法は、前記プロテーゼ本体、多孔性カバー、および薬剤をカバーする保護層を使用することである。 One way to do this, the prosthesis body, is to use a protective layer covering the porous covering material, and a drug. この保護層は、生分解性とするか、または、前記構造から少なくとも部分的に剥離されることによって除去することができる。 The protective layer, either biodegradable or can be removed by being at least partially detached from the structure. 前記薬剤を、生分解性材の全体部分として構成して、薬剤が、生分解性材が生物分解した時にのみ露出されるように構成することも可能である。 It said agent, configured as a whole part of the biodegradable material, drug, can be biodegradable material is configured to be exposed only when biodegradation. 前記薬剤は、また、生分解性マイクロカプセル化材内に収納することも可能である。 The agent also can be stored in biodegradable microencapsulated material within.
【0021】 [0021]
本発明のさらに別の態様は、薬剤を患者に送達する方法に関する。 Yet another aspect of the present invention relates to a method of delivering an agent to a patient. この方法は、コイル状径方向拡張可能プロテーゼ上にプレースメントされた多孔性カバーと結合された薬剤を含む、被覆されたコイル状薬剤送達プロテーゼを、標的部位に向けることによって行うことができる。 The method comprises a drug combined with a porous cover which is placements coiled radially expandable prosthesis on the coated coiled drug delivery prosthesis can be done by directing to the target site. これに続いて、前記薬剤をシールドしている前記保護材を待ち、前記プロテーゼサブアセンブリから有効に除去され、それにより、前記薬剤を露出させる。 Following this, the agent waiting the protective material that is shielded, is effectively removed from the prosthesis subassembly, thereby exposing the drug. 次いで、薬剤は、患者との作用のために、前記プロテーゼサブアセンブリから移動することが許容される。 Then, the agent for interaction with the patient, it is allowed to move from the prosthesis subassembly.
【0022】 [0022]
本発明の1つの利点は、それは、被覆されたプロテーザを非常にフレキシブルに使用する薬剤送達を提供することにある。 One advantage of the present invention, it is to provide a drug delivery to be used for very flexible the coated Puroteza. このフレキシビリティは、少なくとも部分的には、使用される前記プロテーゼのコイル特性によって提供される。 This flexibility, at least in part, provided by the coil characteristics of the prosthesis to be used. これによって、たとえば、そうでない場合は不可能である、薬剤送達のための血管の支流管からのアクセスが可能となる。 Thus, for example, it is not possible otherwise, it is possible to vascular access from branch pipe of for drug delivery.
【0023】 [0023]
本発明のその他の特徴および利点は、好適実施例が添付の図面を参照して詳細に説明された以下の記載から明らかになるであろう。 Other features and advantages of the present invention, preferred embodiments will be apparent from reference to the following description which is described in detail with the accompanying drawings.
【0024】 [0024]
具体的実施例の説明図1は、図3、4および5Aに図示されているものに類似のコイル状ステントを構成するために使用されるステントブランク104を図示している。 Illustration 1 of a specific embodiment illustrates the stent blank 104 used to construct a similar coiled stent to what is shown in FIGS. 3, 4 and 5A. このステントブランク104は、主本体部106と、第1および第2端部108とを備える。 The stent blank 104 includes a main body portion 106, and first and second end 108. 主本体部106は、接続部材または横棒部材112によって接続されて開口部113を貫通形成する、側方エッジまたはレール部材110を有する。 The main body portion 106 has a connecting member or being connected through an opening 113 by the cross bar 112, the lateral edge or rail member 110. 前記横棒部材112は、図1に図示されているように、ステントブランク104がコイル状ステントに形成されて、図7Aに示されているように、導入カテーテル回りに強固に巻きつけられた時に、横棒部材112が、軸心方向に延出してそれらがより強固に巻回されるべくフラットになるように、レール部材110に対して角度が付けられている。 The cross bar 112, as illustrated in Figure 1, stent blank 104 is formed in a coiled stent, as shown in Figure 7A, when the wound firmly on introducer catheter around , cross bar 112, so that the flat so they extend in the axial direction is more strongly wound, angled to the rail member 110.
【0025】 [0025]
端部108は、主本体部106よりも薄く、従って、よりフレキシブルである。 End 108 is thinner than the main body portion 106, thus, are more flexible. さらに、これら端部108は、鈍頭先端部115で終端する内側テーパ部114を有する。 In addition, these end 108 has an inner tapered portion 114 that terminates at a blunt tip 115. 本体部106と比較して、端部108の前記形状と、これら端部の低い剛性とは、使用中において組織に対する外傷を防止するのに役立つ。 Compared to the main body portion 106, and the shape of the end portion 108, and the low stiffness of these ends, it helps prevent trauma to tissue during use. 端部108が主本体部106よりも剛性が低いこのタイプのコイル状ステントは、切開部、フラップまたは偽管腔の場合などのような患者の体内の外傷性部位を安定化するのに特に有用となり得る。 End 108 is the type of the coiled stent less rigid than the main body portion 106, particularly useful for stabilizing incision in the body wound site of a patient, such as when the flaps or Nisekan腔It can become. 端部108は、また、主本体部よりも剛性の高いものとすることも可能であり、この実施例は、たとえば、支流管のいずれかの側部の閉塞性疾患を治療する場合に有用となり得る。 End 108, also it is also possible to have high rigidity than the main body portion, this embodiment, for example, be useful when treating occlusive disease of either side of the branch pipe obtain.
【0026】 [0026]
図2は、図1のステントブランク104に類似してはいるが、その主本体部106Aが三種類の径方向の剛性を有するステントブランク104Aを図示している。 Although FIG. 2 is similar to the stent blank 104 in FIG. 1, the main body portion 106A is illustrated a stent blank 104A having a rigid three types of radial. すなわち、主本体部106Aは、第1の比較的剛性の高い中央長手部分116と、この第1部分116の各側方の第2および第3長手部分118、120とを有する。 That is, the main body portion 106A has a high central longitudinal portion 116 of the first relatively rigid, and second and third longitudinal portions 118, 120 of each side of the first portion 116. 部分118、120は、ステントブランク104Aがコイル状ステントに形成されたときに、厚み漸進的に減少し、従って、漸進的に低下する径方向の剛性を有する。 Portions 118 and 120, when the stent blank 104A is formed in the coiled stent, decreased thickness progressively, thus, has a stiffness in the radial direction progressively decreases. 端部108Aは、この実施例においてすべての部分の内で最も径方向剛性の低い第4長手部分として作用する。 End 108A acts as a lowest radial stiffness fourth longitudinal portion among all portions in this embodiment. 一般的に別々の径方向剛性の組を使用する代わりに、前記径方向剛性は、ステントブランク104Aの長さの少なくとも一部に沿って、従って、最終的に得られるステント本体に沿って、連続的に変化するように構成することも可能である。 Instead of using a set of generally separate radial stiffness, the radial stiffness along at least a portion of the length of the stent blank 104A, therefore, along the finally obtained stent body, continuous it is also possible to configure so as to change to.
【0027】 [0027]
より外傷性の低い端部108、108Aを提供することに加えて、ステントブランク104、104Aのいずれかから形成されるコイル状プロテーゼは、ほどかれたときに、中央のそのより高い剛性により、先ずその中央部分で開放され、次に、両端部で開放される傾向を有するものとなる。 In addition to providing a more traumatic lower end 108, 108a, coiled prostheses formed from any of a stent blank 104,104A, upon being unwound, due to its higher stiffness of the central, first is open at its central part, then, it comes to have a tendency to be open at both ends. これは、プロテーゼが解除されたときに、端部108、108Aが、血管またはその他の中空体構造の表面に沿って引きずられる度合いを減少させるのに役立つ。 This means that when the prosthesis is released, the end 108,108A is, help to reduce the dragged degree along the surface of blood vessels or other hollow structure.
【0028】 [0028]
図1A−1Dは、4種類の構成のステントブランク104B−104Eを図示している。 Figure 1A-1D illustrate a stent blank 104B-104E of the four configurations. これらの異なるステントブランクのそれぞれは、少なくとも三つのレール部材110を有し、これらレール部材間には、接続部材または横棒部材112が延出している。 Each of these different stent blank has at least three rail member 110, between these rail members, the connecting member or cross bar 112 is extended. 図1A−1Cの実施例において、接続部材112は揃えられ、これに対して図1Dの実施例では、それらはオフセットされている。 In the embodiment of FIG. 1A-1C, connecting members 112 are aligned, in the embodiment of FIG. 1D contrary, they are offset. これら接続部材72の角度は、ステントブランクが導入中に強固なコイルに形成されるときに、接続部材112が、ほぼ軸心方向に延出して、それらがより強固な巻回のために平坦になるように構成されている。 Angles of the connecting member 72, when the stent blank is formed into rigid coil during introduction, the connection member 112, extends substantially axially, flat due to their more robust winding It is configured to be. 図1Eは、展開を容易にするために使用される1つ以上の放射線不透過性マーカ12を備えるステントブランク104Cから形成されるコイル状ステント105Cを図示している。 Figure 1E illustrates a coiled stent 105C formed from stent blank 104C comprising one or more radiopaque markers 12 are used to facilitate deployment. ステントブランク104B−104Eは、コイル状ステントがそれらがその内部にプレースメントされる中空体器官の壁に対して与えることができる径方向の力を増大するべく比較的幅広に形成されている。 The stent blank 104B-104E is coiled stent is relatively widely formed so they increase the radial forces that can be given to the wall of the hollow body organ to be placement therein. 同じ軸方向の長さを有するステント移植皮弁においてそのターンの数を減らすことは、プレースメント中におけるステント移植皮弁の使用者のコントロール性を増大させるのに役立つことがわかっている。 Reducing the number of turns in the stent-graft having a length of the same axial direction has been found to help increase the control of the user of the stent-graft valve during placement. これは、切開部、特に、図11に図示され、後述する大動脈切開部などの血管切開部を処理する場合などのある種の状況において重要である。 This incision, in particular, is shown in Figure 11, is important in certain situations, such as when processing a blood vessel incision such as aortic incision to be described later. また、上述したように、ステントブランク104B−104Eの端部は、ステントの端部における血管の変形を防止するのに役立つように、ステントの端部にかかる径方向の力を減少させるべく、丸みを帯びた形状でもよいし、厚みが減少した形状としてもよい。 Further, as described above, the ends of the stent blank 104B-104E is to help prevent deformation of the vessel at the end of the stent in order to reduce the radial force applied to the ends of the stent, rounded may be a shape tinged, it may have a shape in which the thickness is reduced.
【0029】 [0029]
前記ステントブランクがコイル状にされたとき、コイル状プロテーゼの本体として作用するために、図3−5Cに図示されているように、ステントの前記開口部113は、図1Eに図示されているように径方向に延出する開口部となる。 When the stent blank is coiled, to act as the body of the coiled prosthesis, as illustrated in FIG. 3-5C, the opening 113 of the stent, as shown in FIG. 1E the opening extending radially. なお、これら開口部113は、ほぼ四辺形状の開口部として図示されているが、それらは、楕円形状、円形状、または、直線と曲線の組み合わせを有する八角形状などのその他の形状にすることも可能である。 Note that these openings 113 are illustrated as an opening of the substantially quadrilateral shape, they, elliptical, circular, or may be other shapes such as octagonal shape having a combination of straight lines and curves possible it is.
【0030】 [0030]
図3、4、5および5Aは、4つのステント移植皮弁の実施例122、122A、122B、122Cを図示している。 FIGS. 3, 4, 5 and 5A are examples 122,122A four stent-graft valves, 122B, are illustrated 122C. ステント移植皮弁122は、ステントブランク104から形成され、筒状移植皮弁材料124によってカバーされたラダー式コイル状ステントを含む。 The stent-graft 122 is formed from the stent blank 104 includes a ladder type coiled stent covered by a tubular-graft material 124. すなわち、移植皮弁材料124(図3Aを参照)は、外側面124Aと内側面124Bとを備えた材料のスリーブとして作用し、前記内側面は、ステント104A全体を収納するスリーブ内部124Cを形成する。 In other words, grafts material 124 (see FIG. 3A) acts as a material sleeve having an outer surface 124A and inner surface 124B, the inner surface forms a sleeve internal 124C for housing the entire stent 104A . 移植皮弁材料124は、好ましくは、多孔性PTFEまたはePTFEまたはDacron(登録商標)ポリエステルである。 -Graft material 124 is preferably a porous PTFE or ePTFE or Dacron (R) polyester. この移植皮弁材料124の端部126は、たとえば、移植皮弁材料124の層の間に、接着剤を使用したりまたはFEP(ふっ素化エチレンプロピレン)またはその他の熱可塑性材料などの適切な熱シール材を配置して、熱と圧力を付与することによって、封止されている。 End 126 of the graft flap material 124 is, for example, between layers of grafts material 124, using an adhesive or or FEP (fluorinated ethylene propylene) or other suitable heat, such as a thermoplastic material by placing a sealing material, by applying heat and pressure, it is sealed. 前記移植皮弁材料の多孔性によって、PTFEの不活性特性にも拘わらず、このような封止が可能である。 The porosity of said grafts material, despite the inert characteristics of PTFE, it is possible such sealing. さらに、焼成として知られている処理によって、PTFEのそれ自身に対する直接接合も使用可能である。 Furthermore, by the process known as calcination, direct bonding for itself PTFE can also be used. 端部126の封止にその他の方法を使用することも可能であろう。 It would also be possible to use other methods for sealing the ends 126. 前記外側および内側面124A、124Bの一方または両方を、コーティングするか、または、移植皮弁材料124をその他の方法で処理して、その表面を、それに対する血液の通過に対して実質的に不浸透性とすることも可能であろう。 Said outer and inner surfaces 124A, one or both of 124B, or coating, or by processing the grafts material 124 otherwise, the surface is substantially not to the passage of blood to it it would also be possible to permeability. 現時点においては、移植皮弁材124がステントを完全に取り囲むことが好適とされるが、移植皮弁材料を1つの層として、ステントのコイル状本体の片側のみに沿ったコイル状通路に沿って延出するように構成することも可能である。 At present, the transplanted skin valve member 124 but it is to be preferred that completely surrounds the stent, the grafts material as one layer, along a coiled path along only one side of the coiled body of the stent it is also possible to configure so as to extend.
【0031】 [0031]
図3−5Cのステント移植皮弁は、所望の場合、生物活性薬剤を送達するために構成することができる。 The stent-graft of Figure 3-5C is, if desired, can be configured to deliver biologically active agents. そのような被覆されたコイル状薬剤送達用ステントは、いくつかの方法で構成することができる。 Such coated coiled drug delivery stent may be configured in several ways. その1つの方法は、図3Aに図示されている材料スリーブ124の外側および内側面124A、124Bの一方または両方上に1つ以上の生物活性薬剤を配置する方法である。 One method is a method of placing one or more bioactive agents outer and inner surface 124A, on one or both 124B material sleeve 124 depicted in Figure 3A. 生物活性薬剤は、内側面124B上に配置したり、あるいは、スリーブ内部124C内に収納したりすることも可能であり、そのような薬剤は、たとえば、ステント上にコーティングしたり、または、ステントと内側面124B間で捕捉することも可能である。 Bioactive agents, or disposed on the inner surface 124B, or it is also possible to or accommodated in the sleeve interior 124C, such agents, for example, or coated onto the stent or the stent it is also possible to capture between the inner surface 124B. もう1つの方法は、薬剤を移植皮弁材料124に組み込んで薬剤/材料マトリクスを形成する方法である。 Another method is to form a drug / matrix of material incorporating a drug-graft material 124. そのようなマトリクスは、移植皮弁材料124として多孔性材料を使用することによって構成することができる。 Such matrix can be constructed by using a porous material as grafts material 124. 次に、この多孔性移植皮弁材料を、水またはアルコールなどのキャリアと、1つ以上の薬剤との混合物で飽和させる。 Next, the porous-graft material, and a carrier such as water or alcohol, and saturated with a mixture of one or more agents. これを行う1つの方法が図3Bに図示されている。 One way to do this is shown in Figure 3B. 移植皮弁材料スリーブ124は、この移植皮弁材料124を前記混合物Mを充填するために注射器Sを使用している間に、その端部124Fを閉鎖するために結節された一端部124Fを有する。 It grafts material sleeve 124, while using the syringe S the grafts material 124 to fill the mixture M, with a knot has been end 124F for closing the end portion 124F . 前記混合物が完全に飽和した移植皮弁材料124を有する場合(これは、混合物が移植皮弁材料124の穴から滲み出ることによって通常明らかになる)、余分な混合物を除去し、すぐに薬剤が充填された移植皮弁材料を、少なくとも部分的に乾燥させる。 When having grafts material 124 in which the mixture has completely saturated (which is usually manifested by the mixture oozes from the hole of the grafts material 124), to remove excess mixture, immediately drug the filled-graft material, at least partially dried. もう1つの方法は、前記移植皮弁材料を、1つ以上の薬剤がその内部に分散された状態で製造する方法である。 Another method, the grafts material, a method of producing in a state in which one or more agents are dispersed therein. これら薬剤は、たとえば、その薬剤の徐放機能を提供するべく、マイクロカプセル化することができる。 These agents, for example, so as to provide slow functionality of the agent can be microencapsulated. 徐放は、外側面124Aを、適切な生物生分解性材料でコーティングすることによっても達成することができる。 Sustained release, the outer surface 124A, can also be achieved by coating with a suitable biologically biodegradable material.
【0032】 [0032]
生物活性薬剤を送達するもう1つの方法について、図5D−5Iを参照して説明する。 For another method of delivering a bioactive agent, it is described with reference to FIG. 5D-5I. 図5D−5Iは、被覆したコイル状薬剤送達用ステント145−145Eの非常に大きく拡大した断面図である。 Figure 5D-5I are cross-sectional views enlarged very large coated coiled drug delivery stent 145-145E. 図5Dは、多孔性カバー141によって被覆された外側面139Aを備えるステント壁139を図示し、前記多孔性カバーは、保護コーティング143によって被覆されている。 Figure 5D illustrates the stent wall 139 having an outer surface 139A, which is covered by a porous cover 141, the porous covering is covered by a protective coating 143. 前記多孔性カバーは、この実施例において、好ましくは、多孔性カバーとしてePTFEを使用した多孔性カバー/薬剤マトリクスから構成されている。 The porous covering, in this embodiment, preferably is composed of a porous cover / drug matrix using ePTFE as the porous cover. 保護コーティング143は、好ましくは、生分解性ポリマーである。 The protective coating 143 is preferably a biodegradable polymer. 被覆されると、コイル状薬剤送達用ステント145は、患者の体内に位置決めされ、保護コーティング143は、分解を始めて、所定時間後、薬剤が前記マトリクスから患者へと移動を開始する。 Once coated, coiled drug delivery stent 145 is positioned within the patient, the protective coating 143 is started decomposition, after a predetermined time, the agent starts to move the patient from the matrix.
【0033】 [0033]
図5Eは、前記被覆コイル状薬剤送達用ステント145Aの別実施例を示し、ここで、類似の参照符号は類似の部材を示している。 Figure 5E shows another embodiment of the coating coiled drug delivery stent 145A, wherein like reference numerals designate like elements. 図5Eの実施例の多孔性コーティング141Aは、ePTFEからなり、これは、薬剤層147によって被覆され、さらに、この薬剤層147は、保護コーティング143によって被覆されている。 Porous coating 141A of the embodiment of FIG. 5E consists ePTFE, which is covered by a drug layer 147, further, the agent layer 147 is covered by a protective coating 143. 図5Fの実施例において、多孔性コーティング141Aと薬剤層147の配置は、図5Eのものと逆転されており、その結果、薬剤層147は、ステント壁139と多孔性コーティング141Aとの間に位置している。 In the embodiment of FIG. 5F, the arrangement of the porous coating 141A and the drug layer 147 is reversed from that of FIG. 5E, as a result, the drug layer 147 is positioned between the stent wall 139 and the porous coating 141A doing. これらの各ケースにおいて、前記保護コーティング143が十分に分解して薬剤を露出させたあと、患者に対して相互作用するべく、薬剤はステント145、145A、145Bから移動を許容される。 In each of these cases, after the protective coating 143 is sufficiently decomposed to expose the drug to interact for a patient, the agent is allowed to move stent 145,145A, from 145B. 図5Dおよび5Fの実施例において、多孔性コーティング141は、薬剤がそれを通過することを許容するのに十分な多孔性を有する。 In the embodiment of FIGS. 5D and 5F, the porous coating 141 is of sufficient porosity to allow the drug to pass therethrough. 図5G、5Hおよび5Iは、図5D、5Eおよび5Fに類似しているが、保護コーティング143が省略された実施例を図示している。 Figure 5G, 5H and 5I is similar to FIG. 5D, 5E and 5F, the protective coating 143 is illustrated omitted examples.
【0034】 [0034]
薬剤層147は、たとえば、NO生成元、パクリタキセル(paclitaxel)、スタチン(statins)、タクソール、種々の形態、すなわち、低分子量のヘパリン、チエノピリジン、糖蚤白質IIb/IIIbインヒビタ、抗血小板剤、線維素溶解薬、抗凝血剤、血栓溶解剤、abciximab、ラパマイシン、ヒルジン、VEGF、Hirulog、チクロピジン、クロピドグレル、さらに、上述した生物活性薬剤を含む種々のタイプの治療および診断用薬剤を含むことができる。 Agent layer 147, for example, NO origin, paclitaxel (paclitaxel), statins (statins), taxol, various forms, i.e., low molecular weight heparin, thienopyridine, Tonomishiroshitsu IIb / IIIb inhibitors, antiplatelet agents, fibrin lytic agent, anticoagulant, thrombolytic agents may include abciximab, rapamycin, hirudin, VEGF, Hirulog, ticlopidine, clopidogrel, further, various types of therapeutic and diagnostic agents comprising bioactive agents described above. ステント145、145Aまたは145Bは、薬剤送達用ステントを患者体内の標的部位に向け、最初薬剤をシールドしている保護材料が、ステントから効果的に除去されるのを待ち、それによって薬剤を露出させるように構成される。 The stent 145,145A or 145B is a drug delivery stent toward a target site in a patient, the protective material the first drug are shields, waiting to be effectively removed from the stent, thereby thereby exposing the drug configured. これに続いて、薬剤は、患者に作用するべくステントから移動することを許容される。 Following this, the agent is allowed to move from the stent in order to act on the patient.
【0035】 [0035]
いくつかの状況においては、少なくとも第1および第2の生物活性薬剤がプロテーゼによって坦持されるようにプロテーザを構成することが望ましく、また、第2薬剤の放出の開始前において、第1薬剤の少なくとも一部(たとえば、少なくともその半分)が放出されるように放出されてもよい。 In some situations, it is desirable to configure the Puroteza such that at least first and second bioactive agents are carrying the prosthesis, also, before the start of the release of the second agent, the first agent at least a portion (e.g., at least half) may be released as is released. これは、いくつかの方法によって達成することができる。 This can be accomplished by several methods. 前記生物活性薬剤の層の間に保護コーティング143を配設することができる。 It can be disposed a protective coating 143 between the layers of the bioactive agent. 前記第1薬剤は、第2薬剤をカバーし、それによって初期において第2薬剤の放出を防止するべく、第2薬剤の上に塗布することができる。 Wherein the first agent, the second agent covered, thereby to prevent the release of the second drug in the initial, can be applied over the second agent. 前記薬剤の一方または両方を、所定時間の経過後のみに放出されるように、生分解性カバー内にカプセル化することも可能である。 One or both of the agents, to be released only after a predetermined time, it is also possible to encapsulate the biodegradable cover.
【0036】 [0036]
コイル状ステント移植皮弁122は、それらの間にほぼ螺旋状の空隙130を形成する互いに離間した複数のターン128を有する。 Coiled stent-graft 122 has a plurality of turns 128 spaced from each other to form a generally helical gap 130 therebetween. 前記螺旋状空隙130の平均幅は、ターン128の平均幅の約0%〜1200%に等しい。 The average width of the spiral gap 130 is equal to about 0% 1200% of the average width of the turns 128. いくつかの用途においては、前記空隙130の平均幅は、ステント移植皮弁122が展開されたとき、ターン128の平均幅の約50%〜800%である。 In some applications, the average width of the gap 130, when the stent-graft 122 has been deployed, from about 50% to 800% of the average width of the turns 128. 後述する切開部でのプレースメントなどの、その他の用途においては、空隙130は、閉じられている、すなわち、約0%である。 Such as placement in the incision to be described later, in other applications, the gap 130 is closed, i.e., from about 0%.
【0037】 [0037]
ステント移植皮弁122は、その中央領域を除いて、ほぼ一定のピッチを有する。 The stent-graft 122, except for its central region, has a substantially constant pitch. ステント移植皮弁122の中央ターン132のピッチは、図7A−7Cを参照してより詳細に説明する、主管すなわち第1管と、支流管との交差点におけるステント移植皮弁122のプレースメントに適合するようにその隣接するターン128のピッチよりも大幅に大きい。 The pitch of the middle turn 132 of the stent-graft 122, with reference to FIG. 7A-7C will be described in more detail, main i.e. a first tube, adapted to the placement of the stent-graft 122 at the intersection with the branch pipe to so much greater than the pitch of the adjacent turns 128.
【0038】 [0038]
図4は、中央ターン132Aがさらに、隣接ターン128Aとは対照的に大きなピッチを有するステント移植皮弁122Aを図示している。 Figure 4 is a central turn 132A further, the adjacent turns 128A illustrates a stent-graft 122A having opposed large pitch. しかしながら、中央ターン132Aの片側のターンは、小径の血管と大径の血管との間の遷移に適合するべく、他方の側のターンよりもより大きな完全に拡張された径を有する。 However, one side of the turns of the central turn 132A, in order to fit the transition between the small diameter blood vessels and large diameter vessels have greater fully expanded diameter than the other side turn.
【0039】 [0039]
図5は、その隣接するターン128Bよりも遥かに大きなピッチを有する端部ターン134を備えてプレースメントされるように構成されたステント移植皮弁122Bを図示している。 Figure 5 illustrates the configuration stent-graft 122B as placements includes a end turns 134 having a much larger pitch than turns 128B thereof adjacent. このステント移植皮弁122Bは、そのステント移植皮弁の一端部が、主血管と支流血管との間の交差部において、ステント移植皮弁が、図3および4の実施例のような両側とは対照的に、前記交差部の片側に延出するように位置決めされる場合に使用される。 The stent-graft 122B, one end of the stent-graft valve, at the intersection between the main vessel and the branch vessel stent-graft valve, both sides as in the embodiment of FIGS. 3 and 4 in contrast, as used if it is positioned so as to extend on one side of the intersection. 図5Aは、ほぼ均一に離間したターン128Cを備える、分岐点以外の位置に使用可能なステント移植皮弁122Cを図示している。 Figure 5A illustrates a substantially uniformly provided with spaced turns 128C, stent-graft 122C available at a position other than the branch point.
【0040】 [0040]
図5Bおよび5Cは、それぞれが図1Cのステントブランク104Dから作られるステント移植皮弁122C、122Dを図示している。 5B and 5C, the stent-graft 122C, each made from stent blank 104D in FIG. 1C, illustrates the 122D. これらステント移植皮弁122C、122Dは、互いに隣接する隣接ターン137のエッジ135を有するように構成され、意図されている。 These stents grafts 122C, 122D is configured to have an edge 135 of the adjacent turns 137 adjacent to each other, it is intended. 図5B、5Cのようなステント移植皮弁は、大動脈切開部の治療用に意図されている。 5B, the stent-graft, such as 5C is intended for the treatment of aortic incision. それぞれのターンが、径方向拡張状態における直径と比較して比較的大きな幅を有していることと、当接または重なる隣接エッジを使用することとの組み合わせによって、全表面の被覆とより大きな外方径方向の力が望ましいときに有用なこのようなステント移植皮弁を構成する。 Each turn, the fact that a relatively large width compared to the diameter at the radially expanded state, by a combination of the use of contact or overlap adjacent edges, a larger outside and the coating of the total surface constituting such a stent-graft valves useful when Ho径 force is desirable. ターン137の幅は、エッジ135に対して垂直に測定される。 The width of the turn 137 is measured perpendicular to the edge 135. また、ターンの数を減らすことによって、ステント移植皮弁のコントロールが容易になり、カテーテル136からの解除の前に必要な軸138、142の回転の数が減る。 Moreover, by reducing the number of turns, the control of the stent-graft valve is facilitated, it decreases the number of rotation of the shaft 138, 142 is required before the release from the catheter 136. ステント移植皮弁122C、122Dは、それらの径方向拡張状態において、約0.1対1から約2.4対1のターン−幅比に対する平均直径を有することによって特徴付けることができる。 The stent-graft 122C, 122D may, in their radially expanded state, from about 0.1 to 1 to about 2.4: 1 turn - can be characterized by having an average diameter to width ratio. ステント移植皮弁122C、122Dは、また、それらの径方向拡張状態において、約1対1から約1対4のステント移植皮弁長さ比に対する平均ターン−幅を有することによって特徴付けることができる。 The stent-graft 122C, 122D are also in their radially expanded condition, of about 1: 1 the average turn for about 1 to 4 stent-graft length ratio - it can be characterized by having a width. いくつかの状況においては、接続部112が、強固に巻回された径方向収縮状態時に軸心方向に延出することが不要または望ましくないかもしれない。 In some situations, the connection portion 112, it may be not required or desirable to firmly extend during wound radially contracted state in the axial direction. いくつかのケースにおいて、接続部112は、波型または起伏形状コネクタ、V形状コネクタ、x形状コネクタ、等のその他の形状のコネクタによって置き換えることが可能であろう。 In some cases, the connecting portion 112 is corrugated or undulating shape connector, V-shaped connector, it would be possible to replace x-shaped connector, the other shapes of connectors and the like.
【0041】 [0041]
図6A−6Bは、図3および4のステント移植皮弁を展開するために使用されるカテーテル136を図示している。 Figure 6A-6B illustrate a catheter 136 that is used to deploy the stent-graft valve of FIGS. このカテーテル136は、それぞれが遠端部144、146、148を備える、外側、中間および内側回転テレスコピック軸138、140、142を有する。 The catheter 136 has each comprising a distal end 144, 146, 148, the outer, intermediate and inner rotating telescopic shaft 138, 140. これらの軸のそれぞれは、その遠端部144、146、148にプロテーゼ部ホルダ150、150A、150Bを備えている。 Each of these axes, a prosthesis part holder 150 and 150a, the 150B at its distal end 144, 146, 148. これらプロテーゼ部ホルダ150、150A、150Bは、引っ張りワイヤ152、152A、152Bを備え、これらワイヤは、軸138、140、142の本体に形成された軸心方向延出管腔154、154A、154Bに沿って、出口穴156、156A、156Bから出て、空隙158、158A、158Bを横切り、再挿入開口部160、160A、160Bへと戻っている。 These prostheses unit holders 150 and 150a, 150B may pull wire 152, 152a, includes a 152B, the wires are axial extension formed in the body of the shaft 138, 140, 142 extraction tube lumen 154,154A, the 154B along the outlet hole 156,156A, out 156B, across the air gap 158,158A, the 158B, re-insertion opening 160,160A, are returned to 160B. 引っ張りワイヤ152、152A、152Bは、たとえば、ステント移植皮弁122の異なる部分、を通過して係合し、ステント移植皮弁のそれらの部分を、軸138、140、142に固定している。 Pull wire 152, 152a, 152B, for example, different portions of the stent-graft 122, through the engagement, those portions of the stent-graft valves are fixed to the shaft 138, 140. 図7Aに図示されているように、内側軸142の遠端部148のプロテーゼ部ホルダ150Bは、ステント移植皮弁122の遠端部166に係合している。 As illustrated in Figure 7A, the prosthesis unit holder 150B of the distal end 148 of inner shaft 142 is engaged with a distal end 166 of stent-graft 122. 外側および中間軸138、140の遠端部144、144Aのホルダ150、150Aは、それぞれ、ステント移植皮弁122の近端部168と中央ターン132とに係合している。 Holder 150,150A far-end 144,144A of the outer and intermediate shaft 138, 140, respectively, are engaged with the proximal end 168 and the central turn 132 of the stent-graft 122. 回転を補助するべく捻り剛性を高めるために、これらの軸138、140、142の内の1つ以上を、編組構造にすることも可能である。 To increase the torsional rigidity in order to assist the rotation, one or more of these axes 138, 140, 142, it is also possible to braid structure.
【0042】 [0042]
図6Cは、二つの軸、すなわち、外側軸138Aと内側軸142Aのみを備えるカテーテル136Aの遠端部を図示している。 6C is two axes, i.e., illustrates the distal end of the catheter 136A having only outer shaft 138A and an inner shaft 142A. このカテーテル136Aは、通常、図5、5A、5Bおよび5Cのもののような、拡大ピッチを備える中央ターンを有さず、従って、中間軸を備えるカテーテルを必要としないタイプの血管内プロテーゼをプレースメントするときに使用されるものである。 The catheter 136A is normally Figure 5, 5A, such as 5B and 5C ones, without a central turn comprising an enlarged pitch, therefore, place the endovascular prosthesis of the type that does not require a catheter with an intermediate shaft instrument are those used when.
【0043】 [0043]
図6Dは、図6Cのカテーテル136Aの近端部に取り付けられた近端部アダプタ170を簡略して図示している。 Figure 6D illustrates in simplified the proximal end adapter 170 attached to the proximal end of the catheter 136A in FIG. 6C. この近端部アダプタ170は、カテーテル136Aが通過する遠端および近端部172、176を有する。 The proximal end adapter 170 has a distal end and a proximal end 172, 176 of the catheter 136A passes. 近端部アダプタ170は、前記部分176に取り付けられたサムホイール174を操作することによる前記軸138A、142Aの一方または両方の回転を提供する。 Proximal end adapter 170, the shaft 138A by operating the thumbwheel 174 which is mounted to the portion 176, to provide a rotation of one or both of 142A. 遠端部172からフリップレバー175が演出し、これは、軸138A、142Aを互いに固定するか、もしくは、これら両軸138A、142Aが、互いに対して軸心方向に移動することを許容するべく、固定位置と解除位置との間で移動可能である。 Distal end 172 flip lever 175 is directed from this, the shaft 138A, or 142A to be fixed to each other, or, to these two axes 138A, 142A may be allowed to move axially relative to each other, it is movable between a locked position and an unlocked position. 前記引っ張りワイヤ152、152Bは、通常は、展開ノブ178、180によって、そのそれぞれの軸138A、142Aに固定されており、前記展開ノブ178、180を引っ張ると、引っ張りワイヤ152、152Bがそれぞれ解除されて、これら引っ張りワイヤが、引っ張られて、前記血管内プロテーゼを適切なホルダ150、150Bから解除することを許容する。 The pull wires 152,152B is usually by the deployment knob 178, the respective axes 138A, is fixed to 142A, pulling the deployment knob 178, pull wire 152,152B is released respectively Te, pull wire is pulled and allows to release the endovascular prosthesis from a suitable holder 150,150B.
【0044】 [0044]
図6Fおよび6Gは、図6Aおよび6Bの三軸実施例に類似の本発明のさらなる三軸実施例を図示している。 Figure 6F and 6G illustrate additional triaxial embodiment of the present invention similar to the three-axis embodiment of Figures 6A and 6B. 引っ張りワイヤ152を収納するために管腔154を使用する代わりに、筒状部材162、162A、162B、通常は、ハイポチューブ(hypotubes)を、軸138B、140B、142Bの外側に固定することも可能である。 Instead of using a lumen 154 to accommodate a pull wire 152, tubular member 162,162A, 162B, usually, a hypotube (hypotubes), the shaft 138B, 140B, it is also possible to fix the outer 142B it is. これらハイポチューブ162、162A、162Bの遠端部には空隙または破断部が設けられて、前記空隙158、158A、185Bを形成している。 These hypotube 162,162A, the distal end of 162B voids or broken portion is provided, the gap 158,158A, form a 185B.
【0045】 [0045]
図7Aは、カテーテル136の回りに強固に巻回された図3のステント移植皮弁122を図示している。 Figure 7A illustrates a stent-graft 122 of FIG. 3 which is wound tightly wound around the catheter 136. このステント移植皮弁122の遠端部166、近端部168および中央ターン132は、プロテーゼ部ホルダ150によって、内側、外側および中間軸142、138、140の遠端部148、144および146に固定されている。 Distal end 166 of the stent-graft 122, proximal end 168 and the central turn 132 is the prosthesis unit holder 150, fixed inside the distal end 148,144 and 146 of the outer and intermediate shaft 142,138,140 It is. ステント移植皮弁122は、中央ターン132が、主血管182と支血管186との交差部184と合わせられた状態で、主血管182内に収納されている。 The stent-graft 122 has a central turn 132 in a state in which keyed the intersection 184 of the main vessel 182 and 支血 tube 186 is housed in a main vessel 182. 中央ターン132の交差部184における適切なプレースメントを確実なものとするために、ステント移植皮弁122は、ターン132に、またはこのターンに近接して1つ以上の遠隔可視化マーカを備えている。 To the proper placement at the intersection 184 of the central turn 132 made reliable, stent-graft 122 has a turn 132, or one or more remote visualization marker in proximity to this turn . 図8において、ステント196の中央ターン194の遠端、中間および近端部に、放射線不透過性マーカ188、190、192が図示されている。 8, the distal end of the central turn 194 of the stent 196, the intermediate and proximal end, the radiopaque markers 188, 190, 192 is illustrated. 放射線不透過性マーカは、カテーテル上のステント196の位置と向きとの両方に関する情報を提供するように形成することができる。 Radiopaque markers may be formed so as to provide information on both the position and orientation of the stent 196 on the catheter. たとえば、図9の放射線不透過性マーカ190Aは、レール部材110とアーム部190Cとの間においてレール部材110に沿って延出する広い中央部190Bを有し、これによって、マーカ190Aは、ステント196Aの回りの位置と向きとの両方の情報を提供することが可能となっている。 For example, the radiopaque marker 190A of Figure 9 has a wide central portion 190B extending along the rail member 110 between the rail member 110 and the arm portion 190C, thereby, the marker 190A the stent 196A it is possible to provide both information and around the position and orientation of the. 向きマーカ190Aは、それを見る者が、ターンがその者に向いているのか、それとも、離れているのかを、マーカの向きに基づいて判断することが可能であるように構成されている。 Orientation marker 190A is a person to see it, whether the turn is oriented to that person, or, whether away, and is configured so as to be able to determine based on the orientation of the marker. 位置と向きとの両方を提供するためのその他種々のマーカ形状も使用可能である。 Other various marker shape to provide both the position and orientation can also be used.
【0046】 [0046]
放射線不透過性マーカは、また、前記プレースメント用カテーテル自身に使用することも可能である。 Radiopaque markers, it is also possible to use the catheter itself for the placement. たとえば、放射線不透過性マーカ191、193、195は、図6Fに図示されているように、ホルダの位置を示すように、そのそれぞれのホルダ150、150A、150Bと位置合わせされた軸138B、140B、142B上に使用されている。 For example, radiopaque markers 191,193,195, as illustrated in Figure 6F, to indicate the position of the holder, the respective holders 150 and 150a, 150B and aligned shaft 138B, 140B , it has been used on the 142B. 放射線不透過性マーカ193は、プロテーゼの適切なプレースメントを補助するための向き特定マーカとして構成された状態で図示されている。 Radiopaque marker 193 is shown as being configured as orientation specifying a marker to aid proper placement of the prosthesis. 図10は、図6A、6Cおよび6Eの実施例の1つ以上のホルダ150の、たとえば、軸138、140、142上にプレースメント可能な向き特定放射線不透過性マーカ197の形状を例示している。 10, FIG. 6A, one or more holders 150 of the embodiment of 6C and 6E, for example, illustrates the shape of the placement possible orientations specific radiopaque marker 197 on the shaft 138, 140, 142 there. プレースメントカテーテルの各端部またはそれに沿った位置等の、血管内プロテーゼに沿ったその他の位置に、放射線不透過性またはその他の遠隔可視化マーカを使用することも可能である。 Position such that along each end or placement catheter, other locations along the endovascular prosthesis, it is also possible to use a radiopaque or other remote visualization marker.
【0047】 [0047]
図7Bは、ステント移植皮弁122の近端部168の解除を図示しているのに対して、図7Cは、それに続くステント移植皮弁122の遠端部166の解除を図示している。 Figure 7B is that the illustrates the release of the proximal end 168 of stent-graft 122, Figure 7C illustrates the release of the distal end 166 of stent-graft 122 that follows. 中央ターン132が中央軸140に固定されつつ、ステント移植皮片122の遠端部および近端部166、168が、中央ターン122の開放領域が交差部184と向かい合ったままであることを確実にするために解除され、主血管182と支血管186との間の実質的に制限されない流体流を保証することを助けることに留意すべきである。 While the central turn 132 is fixed to the central shaft 140, distal end and a proximal end 166, 168 of the stent-graft strip 122, the open area of ​​the central turn 122 to ensure that remain opposite the intersection 184 is released for, it should be noted that help to ensure substantially unrestricted fluid flow between the main vessel 182 and 支血 tube 186. また、ステント移植皮弁の解除の前に、軸138、140、142の相対回転によって、ターンの数を増加または減少させることが可能であることにも留意すべきである。 Further, prior to release of the stent-graft valves, by the relative rotation of the shaft 138, 140, 142, it should be noted that the number of turns it is possible to increase or decrease. さらに、ステント移植皮弁122の長さは、前記外側、中間および内側軸138、140、142間の相対軸心方向摺動によって、変化させることができる。 Further, the length of the stent-graft 122, the outer, the relative axial direction sliding between the intermediate and inner shaft 138, 140, 142, can be varied. たとえば、単純に、ステント移植皮弁122の近端部168を図7Bに図示されている位置へと解除する代わりに、ステント移植皮弁の解除の前に、このステント移植皮弁が、適切に位置決めされていることを確保するために、ステント移植皮弁の近端部側半分をとくように中間および内側軸140、142を静止状態に維持しながら、外側軸を中間軸140に対して回転させることが望ましいかもしれない。 For example, simply, instead of releasing into the position shown the proximal end 168 of stent-graft 122 in FIG. 7B, before the release of the stent-graft valve, the stent-graft valves, appropriately in order to ensure that it is positioned, while maintaining the intermediate and inner shaft 140, 142 so as to solve the near-end side half of the stent-graft valves stationary, rotation of the outer shaft relative to the intermediate shaft 140 it may be desirable to. 同様に、ステント移植皮弁のいずれかの部分を解除する前に、図7の拡張径状態を作り出すべく、中間軸を静止状態に維持しながら、外側軸と内側軸との両方を回転させることができる。 Similarly, before releasing any portion of the stent-graft, to produce an expanded diameter state shown in FIG. 7, while maintaining the intermediate shaft stationary, rotating both the outer shaft and the inner shaft can. このようにして、医師は、ステント移植皮弁122が、特に中央ターン132に関して、適切に位置決めされることを確保することができる。 In this way, the physician may stent-graft 122, in particular with respect to the central turn 132 to ensure that it is properly positioned. もしも必要または望ましいならば、中央ターン132の適切な位置決めまたは再位置決めを補助するべく、たとえば、中間軸140を、外側および内側軸138、142に対して回転させることも可能であろう。 If if necessary or desirable, in order to assist the proper positioning or repositioning of the central turn 132, for example, the intermediate shaft 140, it would also be possible to rotate relative to the outer and inner shaft 138, 142.
【0048】 [0048]
図7Aは、また、特定の外径のプレースメントカテーテルに対して、側部部材110に対する接続部材112の角度を適切に選択することによって、いかに、図7Aにおいて破線によって示されている接続部材112が、ステント移植皮弁122の軸心に対してほぼ平行に配置されるかも図示している。 7A is also relative placement catheter of a particular outer diameter, by properly selecting the angle of the connecting member 112 relative to the side members 110, how, connections are shown by dashed lines in FIG. 7A member 112 There are illustrated may be disposed substantially parallel to the axis of the stent-graft 122. これにより、接続部材112は、カテーテル136に近接して位置して、その収縮した縮径状態において、そのような状態においてこれら接続部材が前記軸心に対してほぼ平行ではない場合においてよりも、遥かにスムースな包囲を提供することを可能にする。 Thus, the connection member 112 is positioned in proximity to the catheter 136, in its contracted diameter state, than in the case of these connecting members are not substantially parallel to the axis in such a state, far it makes it possible to provide a smooth siege. この軸心方向の向きは、図7Cの拡大径状態時の接続部材112のオフ軸心向きと対照的であり得る。 The axial direction of the orientation may be contrasted with off axis direction of the connection member 112 at the time of expanding diameter state shown in FIG. 7C. ステント移植皮弁122の外面がスムースであることによって、ステント移植皮弁の、血管182等の中空体器官内への挿入がさらに容易になる。 By the outer surface of the stent-graft 122 is smooth, the stent-graft valves, inserted into the hollow body organ such as a blood vessel 182 is further facilitated.
【0049】 [0049]
図7Dは、図6Cのプレースメントカテーテル136A回りに強固に巻回された図5Cのステント移植皮弁122Dを図示し、このステント移植皮弁122Dの近端部は、外側カテーテル軸183Aに固定され、このステント移植皮弁122Dの遠端部は内側カテーテル軸142Aに固定されている。 Figure 7D illustrates a stent-graft 122D in Figure 5C which is wound tightly around the placement catheter 136A around FIG. 6C, the proximal end of the stent-graft 122D is fixed to the outer catheter shaft 183A , the distal end of the stent-graft 122D is fixed to the inner catheter shaft 142A. 図7Eは、ステント移植皮弁122Dの遠端部を解除するために引っ張りワイヤ152Bが引っ張られた後の、図7Dの構造を図示している。 Figure 7E, after 152B pull wire is pulled in order to release the distal end of the stent-graft 122D, illustrates the structure of Figure 7D. その直後、引っ張りワイヤ152を引っ張って、ステント移植皮弁122Dの近端部を外側カテーテル軸138Aから解除する。 Immediately thereafter, pulling the pull wire 152 to release the proximal end of the stent-graft 122D from the outer catheter shaft 138A. ステント移植皮弁122Dの各ターンの幅により、各引っ張りワイヤ152、152Bは、ステント移植皮弁122Dの端部に沿った二つの位置199を通過して、これにより、送出し中において、ステント移植皮弁が、カテーテル136Aに対してしっかりと接当するようにする。 The width of each turn of the stent-graft 122D, each pull wire 152,152B passes through the two positions 199 along the ends of the stent-graft 122D, thereby, in a sent, stent implantation flap is, so firmly to Setto relative to the catheter 136A.
【0050】 [0050]
上述したように、ステント移植皮弁122Dは、内側および外側カテーテル軸138A、142Aを互いに相対回転させることによって、径方向収縮状態とされる。 As described above, the stent-graft 122D, the inner and outer catheter shaft 138A, by relative rotation to each other 142A, it is radially contracted state. 展開用に位置決めされると、カテーテル軸138A、142Aを互いに対して回転させて、ステント移植皮弁122Dを開放する。 Once positioned for deployment, the catheter shaft 138A, 142A to rotate relative to each other to release the stent-graft 122D. 軸138A、142Aは、また、作業者が、ピッチを変化させ、ステント移植皮弁122のターン137のエッジ135が、多くの場合望ましいように、完全に展開された時に互いに対して隣接させることを保証するように、互いに対して長手方向(軸方向)に移動させることも可能である。 Shaft 138A, 142A is also the operator, changing the pitch, the edge 135 of the turn 137 of the stent-graft 122, as desired in many cases to be adjacent to one another when it is fully deployed as guaranteed and it is possible to move in the longitudinal direction (axial direction) relative to each other. いずれの時点においても、作業者は、ステント移植皮弁122Dを締め直して、それを径方向収縮状態として、引っ張りワイヤ152、152Bがステント移植皮弁の端からまだ取り除かれていない限り、ステント移植皮弁を再位置決めするか、またはピッチを変更することができる。 At any time, the operator, re-tighten the stent-graft 122D, as radially contracted state it, as long as the pull wire 152,152B has not yet removed from the end of the stent-graft valves, stent implantation or reposition the flap, or to change the pitch. エッジが互いに対して隣接することの確保を含めて、移植皮弁122Dの適切なプレースメントは、放射線不透過性マーカ121の使用によって補助することができる。 Edges, including ensuring that adjacent to one another, proper placement of grafts 122D may be assisted by the use of a radiopaque marker 121. 図1Eを参照。 Referring to Figure 1E.
【0051】 [0051]
図11は、大動脈切開部208によって形成された偽管腔206への入口204をカバーするべく、大動脈弓202の真管腔200内におけるステント移植皮弁122Cのプレースメントを例示している。 11, in order to cover the inlet 204 into the false lumen 206 formed by the aortic incision 208 illustrates the placement of the stent-graft 122C in the true lumen 200 of the aortic arch 202. 大動脈切開部は、様々なタイプのものがあるが、これらはすべて、前記偽管腔内への分離ライニングを通して形成される入口とともに、前記中空体構造の壁212等の、壁の残りの部分からの、内膜ライニング210等のライニングの分離によって生じる偽管腔を有する。 Aortic incisions, there are various types, an inlet they are formed through all the separation lining to the false lumen, the wall 212 or the like of the hollow structure, from the remainder of the wall of having a false lumen caused by the separation of the lining, such as intimal lining 210. 大動脈切開部、またその他の切開部は、1つの入口204を備えるタイプのものや、あるいは、たとえば、入口と出口、とを備えるものであってよい。 Aortotomy or other incisions, one or the type comprising one inlet 204, or, for example, inlet and outlet may be one with a capital. 別の切開部208Aが、図11中破線によって示唆されており、これは、実線部分から、分岐部216の近傍の出口214までの、大動脈切開部の延出部分を示している。 Another incision 208A is has been suggested by the dashed line in FIG. 11, which is from the solid portion, to the exit 214 in the vicinity of the bifurcation 216, shows an extending portion of the aorta incision. 1つ以上のステント移植皮弁を使用して入口204と出口214との両方を閉鎖することも可能であるが、それは不要または望ましくないかもしれない。 It is also possible to close both the inlet 204 and outlet 214 using one or more stent implantation flap, but it may not be unnecessary or undesirable. また、切開部を効果的に治療するために、ステント移植皮弁によって、偽管腔への前記入口および/または出口のいずれかをカバーすることも不要であるかもしれない。 Furthermore, to treat incision effectively, by the stent-graft, it might also be unnecessary to cover any of the inlet and / or outlet to the false lumen. ステント移植皮弁122Cも、ステントのレール部材110と接続部材112の位置を示す破線を有する。 The stent-graft 122C also has a dashed line indicating the position of the connection between the rail members 110 of the stent member 112.
【0052】 [0052]
ステント移植皮弁122Cは、胸部レベルの大動脈切開に使用される。 The stent-graft 122C is used on the chest level of the aortic dissection. ステント移植皮弁は、腹部レベル220等の大動脈218に沿った、あるいは弓222に沿った、その他のレベルの切開部に使用することができる。 The stent-graft is along the aorta 218 such as abdominal level 220, or along the bow 222, may be used for incision of the other level. ステント移植皮弁が弓222または1つ以上の支管を有するその他の中空体領域で使用されるとき時は、1つ以上の拡大された空隙を有するステント移植皮弁(図3、4および7Cを参照)を、支血管の妨害を防ぐことを助けるために使用することができる。 When When the stent-graft valves are used in other hollow body region having a bow 222, or one or more branch pipes, the stent-graft (FIGS. 3, 4 and 7C having one or more enlarged gap see), it can be used to help prevent interference 支血 tube.
【0053】 [0053]
図5Bおよび5Cのもののようなステント移植皮弁は、大動脈切開部以外の種々の切開部の修復を補助するために使用することができる。 The stent-graft such as that of Figure 5B and 5C can be used to assist the various incision repair other than aortic incision. 特に、このようなステント移植皮弁は、その他のタイプの血管切開部および、その内部に切開部が見出され得るその他の中空体器官の切開部に使用することができる。 In particular, such stent-graft, other types of vascular incision and may be used for incision of the other hollow body organ may incision found therein. 切開部は、非貫通性外傷の結果として、または、侵襲性外傷、さらに、疾患、ストレス、先天的障害等の生物学的理由によっても生じ得る。 Incision, as a result of the non-penetrating trauma or invasive trauma, further diseases, stress, can also occur by biological reasons such birth defects.
【0054】 [0054]
特許請求の範囲に定義される本発明の趣旨から逸脱することなく、上述した発明には、さまざまな改変、変形を行うことが可能である。 Without departing from the spirit of the invention as defined in the appended claims, the invention described above, it is possible to perform various modifications, variations. たとえば、接続部材112を、レール部材110に対して垂直に向けたり、移植皮弁材料124を、その下のステントの一部上にのみ、または、その下のステントの片側上にのみプレースメントすることも可能である。 For example, the connecting member 112, or oriented perpendicular to the rail member 110, the grafts material 124, only on a portion of the stent underlying, or placements only on one side of the stent underlying it is also possible. プレースメント用カテーテル136のテレスコピック回転可能軸の数は増加または減少させることができる。 The number of telescopic rotatable shaft of the placement catheter 136 may be increased or decreased. これらテレスコピック軸は、その内部で、または互いに摺動可能な同心軸である必要はないが、たとえば、並置された中実および/または筒状長手部材とすることができる。 These telescopic axis therein, or need not be slidable coaxially with each other, for example, it can be juxtaposed solid and / or tubular elongate member. ホルダ150の構造は異なったものとすることができ、たとえば、プロテーゼの解除の順序が判っている場合は、三本の別々の引っ張りワイヤの代わりに、一本の引っ張りワイヤを使用することが可能である。 Structure of the holder 150 can be made to different, e.g., if you know the order of release of the prosthesis, instead of three separate pull wire, it can be used single pull wire it is.
【0055】 [0055]
上述したすべての特許、出願および刊行物を参考として援用する。 All patents mentioned above, which is incorporated by reference applications and publications as reference.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 [Figure 1]
図1は、図3、4および5Aに図示されたものなどの、コイル状ステントを形成するために使用されるステントブランクを図示している。 1, such as those illustrated in FIGS. 3, 4 and 5A, illustrates a stent blank used to form the coiled stent.
【図1A】 [Figure 1A]
図1Aは、別構成のステントブランクを図示している。 Figure 1A illustrates the stent blank of another configuration.
【図1B】 [Figure 1B]
図1Bは、別構成のステントブランクを図示している。 Figure 1B illustrates the stent blank of another configuration.
【図1C】 [Figure 1C]
図1Cは、別構成のステントブランクを図示している。 Figure 1C illustrates the stent blank of another configuration.
【図1D】 [FIG. 1D]
図1Dは、別構成のステントブランクを図示している。 Figure 1D illustrates the stent blank of another configuration.
【図1E】 [Figure 1E]
図1Eは、図1Bのステントブランクから作られたコイル状ステントを図示している。 Figure 1E illustrates a coiled stent made from the stent blank of Fig. 1B.
【図2】 [Figure 2]
図2は、図1のものに類似してはいるが、その長さに沿って異なる厚みを有するステントブランクを図示している。 Although FIG. 2 is similar to that of FIG. 1 illustrates a stent blank having different thicknesses along its length.
【図3】 [Figure 3]
図3は、径方向拡張状態のステント移植皮弁を図示し、このステント移植皮弁は、多孔性移植皮弁材のスリーブによってカバーされた、図1に図示したものに類似のステントを有し、前記ステント移植皮弁は、分岐部でのプレースメント用に大幅な増大されたピッチを有する中央ターンを有する。 Figure 3 illustrates the stent-graft valves radially expanded state, the stent-graft is covered by a sleeve of porous graft flap material have similar stent to that shown in Figure 1 the stent-graft has a central turns having a pitch which is a significant increase for the placement of the branch portion.
【図3A】 [FIG. 3A]
図3Aは、図3の3A−3A線に沿ったプロテーゼの拡大断面図である。 Figure 3A is an enlarged cross-sectional view of the prosthesis taken along line 3A-3A of FIG. 3.
【図3B】 FIG. 3B]
図3Bは、キャリアと生物活性薬剤との混合物の、多孔性移植皮弁材のスリーブの内部への導入を図示する簡略化側面図である。 3B is a carrier and a mixture of the bioactive agent is a simplified side view illustrating the introduction into the interior of the sleeve of the porous graft flap material.
【図4】 [Figure 4]
図4は、図3のものに類似してはいるが、様々な内径を有する管を収納するべく、ステント移植皮弁の一端部が、その他端部よりも遥かに大きな径方向拡張径を有するステント移植皮弁を図示している。 Although FIG. 4 is similar to that of FIG. 3, in order to house a tube having a varying inner diameter, one end of the stent-graft valve has a large radial expansion diameter much than the other end It illustrates a stent-graft valve.
【図5】 [Figure 5]
図5は、前記ステント移植皮弁が、大きな拡大径を有するとともに、このステント移植皮弁の一端部において大きなピッチを有する1つのターンを備えている、図3のステント移植皮弁の別実施例を図示している。 5, the stent-graft valve, which has a larger expanded diameter, another embodiment of this at one end of the stent-graft valve comprises a single turn with a large pitch, the stent-graft valve of FIG. 3 It is illustrated.
【図5A】 [Figure 5A]
図5Aは、図3のものに類似しているが、ほぼ均一な間隔のターンを備えるステント移植皮弁を図示している。 Figure 5A is similar to that of FIG. 3 illustrates a stent-graft valve comprising a turn substantially uniform intervals.
【図5B】 [Figure 5B]
図5Bは、図1Cのステント移植皮弁から作られたステント移植皮弁を図示している。 Figure 5B illustrates a stent-graft valves made from the stent-graft valve of FIG. 1C.
【図5C】 FIG. 5C
図5Cは、図1Cのステント移植皮弁から作られたステント移植皮弁を図示している。 Figure 5C illustrates a stent-graft valves made from the stent-graft valve of FIG. 1C.
【図5D】 FIG. 5D
図5Dは、三種類の、被覆したコイル状薬剤送達ステントの三つの拡大部分断面図である。 Figure 5D, the three, a three enlarged fragmentary sectional view of the coated coiled drug delivery stents.
【図5E】 FIG. 5E]
図5Eは、三種類の、被覆したコイル状薬剤送達ステントの三つの拡大部分断面図である。 FIG. 5E, the three, a three enlarged fragmentary sectional view of the coated coiled drug delivery stents.
【図5F】 FIG. 5F]
図5Fは、三種類の、被覆したコイル状薬剤送達ステントの三つの拡大部分断面図である。 FIG. 5F, the three, a three enlarged fragmentary sectional view of the coated coiled drug delivery stents.
【図5G】 FIG. 5G]
図5Gは、三種類の、被覆したコイル状薬剤送達ステントの三つの拡大部分断面図である。 Figure 5G is a three, a three enlarged fragmentary sectional view of the coated coiled drug delivery stents.
【図5H】 FIG. 5H]
図5Hは、三種類の、被覆したコイル状薬剤送達ステントの三つの拡大部分断面図である。 Figure 5H is a three, a three enlarged fragmentary sectional view of the coated coiled drug delivery stents.
【図5I】 FIG. 5I]
図5Iは、三種類の、被覆したコイル状薬剤送達ステントの三つの拡大部分断面図である。 Figure 5I is a three, a three enlarged fragmentary sectional view of the coated coiled drug delivery stents.
【図6A】 FIG. 6A]
図6Aは、図3−5のステント移植皮弁を展開するために使用される三軸展開カテーテルの遠端部の全体図。 6A is an overall view of the distal end portion of the triaxial deployment catheter used to deploy the stent-graft valve in Figure 3-5.
【図6B】 FIG. 6B]
図6Bは、6Aの軸の端面図。 Figure 6B is an end view of the shaft of 6A.
【図6C】 [Figure 6C]
図6Cは、図6Aのカテーテルに類似しているが、内側および外側軸のみを備える実施例。 Figure 6C is similar to the catheter of FIG. 6A, embodiment with only the inner and outer axes.
【図6D】 [Fig. 6D]
図6Dは、図6Cのカテーテルの近端部に取り付けられた近端部アダプタを図示している。 Figure 6D illustrates the proximal end adapter that is attached to the proximal end of the catheter of FIG. 6C.
【図6E】 [Figure 6E]
図6Eは、図6Cのカテーテルの別実施例を図示している。 Figure 6E illustrates another embodiment of the catheter of FIG. 6C.
【図6F】 FIG. 6F]
図6Fは、図6Aおよび6Bのカテーテルのさらに別の実施例の簡略化側面図である。 Figure 6F is a simplified side view of yet another embodiment of the catheter of FIGS. 6A and 6B.
【図6G】 FIG. 6G]
図6Gは、図6Aおよび6Bのカテーテルのさらに別の実施例の簡略化断面図である。 Figure 6G is a simplified cross-sectional view of yet another embodiment of the catheter of FIGS. 6A and 6B.
【図7A】 FIG. 7A]
図7Aは、図6Aおよび6Bのカテーテルの遠端部に強固に巻回され、かつ、主血管と支血管との交差部においてステント移植皮弁の中間部とともに血管内にプレースメントされた図3のステント移植皮弁を図示している。 7A is 3 wound tightly around the distal end of the catheter of FIGS. 6A and 6B, and which is placement in a blood vessel with an intermediate portion of the stent-graft at the intersection of the main vessel and 支血 tube It illustrates a stent-graft valve.
【図7B】 [Figure 7B]
図7Bは、前記ステント移植皮弁の近端部側半部分の解除を図示している。 Figure 7B illustrates the release of the proximal end side half portion of the stent-graft valve.
【図7C】 [Figure 7C]
図7Cは、前記カテーテル軸の除去の前の、ステント移植皮弁の遠端部側半部分の解除を図示している。 Figure 7C before the removal of the catheter shaft, illustrates the release of the distal end side half portion of the stent-graft valve.
【図7D】 [Figure 7D]
図7Dは、プレースメントカテーテルの回りに強固に巻回された図5Cのステント移植皮弁を図示している。 Figure 7D illustrates a stent-graft valve of Figure 5C which is wound tightly wound around the placement catheter.
【図7E】 [Figure 7E]
図7Eは、そのステント移植皮弁の遠端部がカテーテルから解除され、かつ、ステント移植皮弁の近端部が二つの位置においてカテーテルに解除可能に固定された状態の、図7Dのステント移植皮弁を図示している。 Figure 7E, the distal end of the stent-graft valve is released from the catheter, and, in a state where the proximal end of the stent-graft valve is releasably secured to the catheter at the two positions, stent implantation in Figure 7D It illustrates the flap.
【図8】 [Figure 8]
図8は、大幅に増大されたピッチを有する中央ターンを備えるコイル状ラダー式ステントに沿った異なる位置の放射線不透過性マークのプレースメントを図示している。 Figure 8 illustrates the placement of radiopaque mark different locations along the coiled ladder stent with a central turn having greatly increased pitch.
【図9】 [9]
図9は、大幅に増大されたピッチを有する中央ターンを備えるコイル状ラダー式ステントに沿った異なる位置の放射線不透過性マークのプレースメントを図示している。 Figure 9 illustrates the placement of radiopaque mark different locations along the coiled ladder stent with a central turn having greatly increased pitch.
【図10】 [Figure 10]
図10は、前記プロテーゼの向きと、さらに、その位置との決定を可能にするように形成された放射線不透過性マークの一例を図示している。 10, and orientation of the prosthesis, further illustrates an example of a formed radiopaque marks to allow determination of its position.
【図11】 [11]
図11は、大動脈切開部の入口の大動脈弓の真管腔内の図5Bのステント移植皮弁を図示し、別の大動脈切開部は破線で示されている。 Figure 11 illustrates a stent-graft valve of Figure 5B true lumen of the aortic arch of the entrance of the aortic incision, another aortic incision is indicated in broken lines.

Claims (127)

  1. 患者の中空体構造内で使用されるプロテーゼであって、以下: A prosthesis for use in a hollow body structure of the patient, the following:
    径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体であって、径方向収縮状態と径方向拡張状態との間で移動可能であるコイル状体と、 A radially extending coiled body having an opening formed therethrough, a coil-like body is movable between a radially contracted state and a radially expanded state,
    前記コイル状体全体に沿ったコイル状経路に沿って延出する材料と、 A material extending along a coiled path along the entire coiled body,
    前記コイル状体と前記材料との少なくとも一方と結合されている投与可能な生物活性薬剤であって、患者の中空体構造内へと投与可能な生物活性薬剤とを含むプロテーゼ。 Prosthesis comprising a least one bioactive agent can be administered coupled, and a biologically active agent that can be administered to the patient in the hollow structure in between the said coiled material.
  2. 請求項1のプロテーゼであって、さらに、前記投与可能薬剤の前記中空体構造内への放出を遅延させるための前記投与可能薬剤と結合された遅延放出材料を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, further prosthesis comprising delayed release material the coupled and administrable agent for delaying the release into the administrable said hollow structure within the drug.
  3. 請求項2のプロテーゼであって、前記遅延放出材料は、生分解性遅延放出層を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 2, wherein the delayed release material comprises a biodegradable delayed release layer prosthesis.
  4. 請求項1のプロテーゼであって、前記投与可能薬剤は、前記薬剤の前記プロテーゼからの移動を遅延させるべく生分解性カプセル化材料を使用してマイクロカプセル化されているプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, wherein the administrable agents are microencapsulated using a biodegradable encapsulating material to delay the transfer from the prosthesis of the drug prosthesis.
  5. 請求項1のプロテーゼであって、さらに、前記コイル状体および前記材料から保護層を除去し、これにより、除去されたときに、前記投与可能薬剤は前記プロテーゼから移動可能となるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, further wherein the protective layer is removed from the coiled body and the material, thereby, when it is removed, the administrable drug is movable from said prosthesis prosthesis.
  6. 請求項5のプロテーゼであって、前記保護層は、この保護層が生分解したときに除去されるように生分解性材料を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 5, wherein the protective layer is, prostheses the protective layer comprises a biodegradable material to be removed upon biodegradation.
  7. 請求項5のプロテーゼであって、前記保護層は、前記コイル状体から引き抜き可能なシースと、前記保護層をそこから除去するための材料とを含むプロテーゼ。 It prosthesis A prosthesis of claim 5, wherein the protective layer comprising a sheath capable withdrawal from the coiled body, and a material for removing therefrom the protective layer.
  8. 請求項1のプロテーゼであって、前記コイル状体は、長手方向延出側部部材と、これら側部部材を接続する横部材とを有するプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, wherein the coiled body, the prosthesis having a transverse member connecting the longitudinal extending side members, these side members.
  9. 請求項1のプロテーゼであって、前記コイル状体は、金属製であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, wherein the coiled body is made of metal prostheses.
  10. 請求項1のプロテーゼであって、前記プロテーゼは、前記径方向拡張状態時にそれらの間に空隙を形成する離隔したターンを含むプロテーゼ。 Prosthesis A prosthesis according to claim 1, wherein the prosthesis, comprising spaced turns forming voids therebetween when the radially expanded state.
  11. 請求項1のプロテーゼであって、前記プロテーゼは、複数のターンを有し、これらターンのうちの隣接するものは、前記径方向拡張状態時に互いに接触するプロテーゼ。 It prosthesis A prosthesis according to claim 1, wherein the prosthesis has a plurality of turns, which adjacent of these turns, in contact with each other at the radially expanded state.
  12. 請求項1のプロテーゼであって、前記材料は、内側面と外側面とを備える材料のコイル状スリーブを含み、前記内側面は、前記コイル状体全体を含むスリーブ内部を形成しているプロテーゼ。 It prosthesis A prosthesis according to claim 1, wherein the material comprises a coiled sleeve material comprising an inner surface and an outer surface, the inner surface includes forming the inner sleeve including the entire coiled body.
  13. 請求項12のプロテーゼであって、前記薬剤が少なくとも次の位置、すなわち、前記材料の外側面上(この外側面は、前記コイル状体が前記径方向拡張状態にある場合に前記中空体構造に対して配置可能であり、前記材料は前記中空体構造と密接に接触する位置のみに配置されかつその位置から投与可能である)に配置されかつその位置から投与可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 12, wherein the agent at least the following positions, i.e., the outer surface on (the outer surface of said material, said hollow body structure when the coiled body is in the radially expanded state is positionable against said material can be administered from the arrangement and having its position to the disposed only at a position in close contact with the hollow structure and can be administered from its position) prosthesis.
  14. 請求項12のプロテーゼであって、前記薬剤が少なくとも次の位置、すなわち、前記材料に組み込まれ、薬剤/材料マトリクスを形成する位置に配置されかつその位置から投与可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 12, wherein the agent at least the following positions, i.e., incorporated into the material can be administered from the arrangement and having its position in a position to form a drug / matrix of material prosthesis.
  15. 請求項12のプロテーゼであって、前記薬剤が少なくとも次の位置、すなわち、前記材料の内側面上に配置されかつその位置から投与可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 12, wherein the agent at least the following positions, i.e., can be administered from the arrangement and having its position on the inner surface of said material prosthesis.
  16. 請求項12のプロテーゼであって、前記薬剤が少なくとも次の位置、すなわち、前記スリーブの内側内に配置されかつその位置から投与可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 12, wherein the agent at least the following positions, i.e., can be administered from the arrangement and having its position in the inner of the sleeve prosthesis.
  17. 請求項1のプロテーゼであって、前記材料は、径方向内向き内側面と径方向外向き外側面とを有し、前記材料は、前記コイル状体をこのコイル状体に近接する前記内側面によって包囲するとともに、前記外側面は、前記コイル状体が前記径方向拡張状態時に前記中空体構造に対して配置可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, wherein the material has a radially inwardly extending inner surface and radially outwardly outer surface, said material, said inner surface proximate said coiled body to the coil body with surrounding said outer surface, said coiled member is positionable relative to the hollow structure during the radially expanded state the prosthesis by.
  18. 請求項12のプロテーゼであって、前記薬剤は、前記材料の外側面に配置されかつその位置から投与可能であり、それにより、前記中空体構造と密接に接触する位置のみに配置されかつその位置から投与可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 12, wherein the medicament is disposed on an outer surface of the material and can be administered from its position, thereby disposed and having its position only in the position in intimate contact with said hollow structure the prosthesis can be administered from.
  19. 請求項1のプロテーゼであって、さらに、第1および第2の投与可能薬剤を有するプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, further prosthesis having first and second administrable drug.
  20. 請求項19のプロテーゼであって、前記第1薬剤は、前記2薬剤の上に積層されているプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 19, wherein the first agent is laminated on the second agent prosthesis.
  21. 請求項19のプロテーゼであって、前記第1薬剤は、前記第2薬剤の投与の開始前に投与可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 19, wherein the first agent can be administered prior to the onset of administration of the second agent prosthesis.
  22. 請求項19のプロテーゼであって、前記第1薬剤の少なくとも半分は、前記第2薬剤の投与開始前に投与可能であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 19, wherein at least half of the first agent can be administered prior to initiation of treatment with the second agent prosthesis.
  23. 請求項1のプロテーゼであって、前記材料は多孔性材料であるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, wherein the material is a porous material prostheses.
  24. 請求項23のプロテーゼであつて、前記多孔性材料は多孔性PTFEを含むプロテーゼ。 Shall apply in prosthesis of claim 23, wherein the porous material prostheses comprising a porous PTFE.
  25. 請求項23のプロテーゼであって、前記多孔性材料は、それを通る血液の通過に対して実質的に不透過性である内側面を有するプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 23, wherein the porous material, the prosthesis having an inner surface which is substantially impermeable to the passage of blood therethrough.
  26. 請求項1のプロテーゼであって、前記投与可能薬剤は、抗炎症剤、抗血せん/抗血小板剤、および抗増殖剤、アポトーシス誘発剤、光活性化剤、および生物学的物質から成るグループから選択されるプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, wherein the administrable drug, anti-inflammatory agents, anti-thrombotic / anti-platelet agents, and antiproliferative agents, apoptosis-inducing agents, photoactive agents, and from the group consisting of biological material prosthesis is selected.
  27. 請求項1のプロテーゼであって、前記投与可能薬剤は、抗再狭窄剤を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 1, wherein the administrable drug, prosthesis comprising an anti-restenotic agent.
  28. 患者の中空体構造内で使用されるプロテーゼであって、以下: A prosthesis for use in a hollow body structure of the patient, the following:
    径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体であって、径方向収縮状態と径方向拡張状態との間で移動可能であるコイル状体と、 A radially extending coiled body having an opening formed therethrough, a coil-like body is movable between a radially contracted state and a radially expanded state,
    コイル状経路に沿って延出する材料のコイル状スリーブであって、前記材料は、内側面と、外側面とを有し、かつ、前記コイル状体を収納する前記スリーブ内部を形成するコイル状スリーブと前記材料の前記外側面上に設けられた投与可能生物活性薬剤であって、患者の中空体構造内へと投与可能である投与可能薬剤とを含むプロテーゼ。 A coiled sleeve material extending along a coiled path, the material has an inner surface and an outer surface, and coiled to form the sleeve interior for accommodating the coiled body a administrable biologically active agent provided on the outer surface of the sleeve and the material, the prosthesis comprising a administrable medicament can be administered to a patient of a hollow structure inside.
  29. 請求項28のプロテーゼであって、前記投与可能薬剤は、抗再狭窄剤を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 28, wherein the administrable drug, prosthesis comprising an anti-restenotic agent.
  30. 請求項28のプロテーゼであって、さらに、前記投与可能薬剤の前記中空体構造内への放出を遅延させるべく前記投与可能薬剤に結合された遅延放出材料を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 28, further prosthesis comprising delayed release material bonded to the administrable medicament to delay the release of the said administrable said hollow structure within the drug.
  31. 請求項28のプロテーゼであって、前記プロテーゼは、前記径方向拡張状態時に、それらの間に空隙を形成する離間したターンを有するプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 28, wherein the prosthesis, when the radially expanded state, the prosthesis having spaced apart turns to form a gap therebetween.
  32. 請求項28のプロテーゼであって、前記材料は多孔性PTFEを含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 28, the prosthesis said material comprising a porous PTFE.
  33. 患者の中空体構造内で使用されるプロテーゼであって、以下: A prosthesis for use in a hollow body structure of the patient, the following:
    径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体であって、径方向収縮状態と径方向拡張状態との間で移動可能であるコイル状体と、 A radially extending coiled body having an opening formed therethrough, a coil-like body is movable between a radially contracted state and a radially expanded state,
    コイル状経路に沿って延出する材料のコイル状スリーブであって、前記材料は、内側面と、外側面とを有し、かつ、前記コイル状体を収納する前記スリーブ内部を形成するコイル状スリーブと、 A coiled sleeve material extending along a coiled path, the material has an inner surface and an outer surface, and coiled to form the sleeve interior for accommodating the coiled body and the sleeve,
    前記材料内に組み込まれ薬剤/材料マトリクスを形成する投与可能生物活性薬剤であって、患者の中空体構造内へと投与可能である投与可能薬剤とを含むプロテーゼ。 A administrable biologically active agent to form an incorporated drug / material matrix in said material, the prosthesis comprising a administrable medicament can be administered to a patient of a hollow structure inside.
  34. 請求項33のプロテーゼであって、前記投与可能薬剤は、抗再狭窄剤を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 33, wherein the administrable drug, prosthesis comprising an anti-restenotic agent.
  35. 請求項33のプロテーゼであって、さらに、前記投与可能薬剤の前記中空体構造内への放出を遅延させるべく前記投与可能薬剤に結合された遅延放出材料を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 33, further prosthesis comprising delayed release material bonded to the administrable medicament to delay the release of the said administrable said hollow structure within the drug.
  36. 請求項33のプロテーゼであって、前記プロテーゼは、前記径方向拡張状態時に、それらの間に空隙を形成する離間したターンを有するプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 33, wherein the prosthesis, when the radially expanded state, the prosthesis having spaced apart turns to form a gap therebetween.
  37. 請求項33のプロテーゼであって、前記材料は多孔性PTFEを含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 33, the prosthesis said material comprising a porous PTFE.
  38. 患者の中空体構造内で使用されるプロテーゼであって、以下: A prosthesis for use in a hollow body structure of the patient, the following:
    径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体であって、径方向収縮状態と径方向拡張状態との間で移動可能であるコイル状体と、 A radially extending coiled body having an opening formed therethrough, a coil-like body is movable between a radially contracted state and a radially expanded state,
    コイル状経路に沿って延出する材料のコイル状スリーブであって、前記材料は、内側面と、外側面とを有し、かつ、前記コイル状体を収納する前記スリーブ内部を形成するコイル状スリーブと、 A coiled sleeve material extending along a coiled path, the material has an inner surface and an outer surface, and coiled to form the sleeve interior for accommodating the coiled body and the sleeve,
    前記材料の前記内側面上または前記スリーブ内部内に設けられた投与可能生物活性薬剤であって、患者の中空体構造内へと投与可能である投与可能薬剤とを含むプロテーゼ。 It said A administrable biologically active agent provided on or in said sleeve internal side surface, the prosthesis comprising a administrable medicament can be administered to a patient of a hollow structure within the material.
  39. 請求項38のプロテーゼであって、前記投与可能薬剤は、抗再狭窄剤を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 38, wherein the administrable drug, prosthesis comprising an anti-restenotic agent.
  40. 請求項38のプロテーゼであって、さらに、前記投与可能薬剤の前記中空体構造内への放出を遅延させるべく前記投与可能薬剤に結合された遅延放出材料を含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 38, further prosthesis comprising delayed release material bonded to the administrable medicament to delay the release of the said administrable said hollow structure within the drug.
  41. 請求項38のプロテーゼであって、前記プロテーゼは、前記径方向拡張状態時に、それらの間に空隙を形成する離間したターンを有するプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 38, wherein the prosthesis, when the radially expanded state, the prosthesis having spaced apart turns to form a gap therebetween.
  42. 請求項38のプロテーゼであって、前記材料は多孔性PTFEを含むプロテーゼ。 A prosthesis according to claim 38, the prosthesis said material comprising a porous PTFE.
  43. 患者の中空体構造内の標的部位に生物活性薬剤を送達する方法であって、以下: A method of delivering a bioactive agent to a target site within a hollow body structure of the patient, the following:
    コイル状プロテーゼを、このプロテーゼを径方向収縮状態にして、患者の中空体構造内の標的部位へ送達する工程であって、前記プロテーゼは、径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体と、前記コイル状体全体に沿ったコイル状経路に沿って延出する材料と、前記コイル状体と前記材料との少なくとも1つに結合された投与可能生物活性薬剤とを含む工程と、 The coiled prosthesis, and the prosthesis radially contracted state, a step of delivering to a target site within a hollow body structure of the patient, the prosthesis is coiled body in which an opening is formed through out radially extending When a step of including a material extending along a coiled path along the entire coiled body, and administrable biologically active agent coupled to at least one of the said coiled material,
    前記プロテーゼを前記中空体構造の壁に対して押し付けるべく、前記プロテーゼを前記径方向収縮状態から径方向拡張状態へと径方向に拡張させる工程と、 To pressing the prosthesis against the wall of the hollow structure, and a step of expanding radially and the prosthesis from the radially contracted condition to a radially expanded condition,
    前記薬剤を前記中空体構造内へ放出する工程とを包含する方法。 The method comprises a step of releasing the drug into the hollow body structure.
  44. 請求項43の方法であって、さらに、長手方向に延出する側方部材と、これら側方部材を接続する横部材とを有するコイル状体を備えたプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 43, further methods including the side members extending in the longitudinal direction, the step of selecting a prosthesis having a coiled body and a transverse member which connects these side member.
  45. 請求項43の方法であって、前記径方向拡張工程は、前記径方向拡張状態時にそれらの間に空隙を形成する離間したターンを有するプロテーゼによって行われる方法。 The method of claim 43, wherein the radial expansion process, the method performed by the prosthesis having spaced apart turns to form a gap therebetween when the radially expanded state.
  46. 請求項43の方法であって、前記径方向拡張工程は、前記径方向拡張状態時に互いに接触するターンを有するプロテーゼによって行われる方法。 The method of claim 43, wherein the radial expansion process, the method performed by the prosthesis having a turn in contact with each other at the radially expanded state.
  47. 請求項43の方法であって、さらに、前記材料が材料のコイル状スリーブを含み、前記材料のコイル状スリーブが、内側面と外側面とを有し、前記内側面が前記コイル状体全体を収納するスリーブ内部を形成する、プロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 43, further comprising a coiled sleeve of the material is a material, the coiled sleeve of the material, and an inner surface and an outer surface, the inner surface is the entire coiled body to form an inner sleeve for accommodating a method comprising the step of selecting a prosthesis.
  48. 請求項43の方法であって、さらに、前記薬剤が第1および第2の投与可能薬剤を含むプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 43, further method comprising the step of said agent to select a prosthesis comprising first and second administrable drug.
  49. 請求項48の方法であって、さらに、前記第1薬剤が前記第2薬剤の上に積層されているプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 48, further method comprises the step of selecting a prosthesis the first agent is laminated on the second agent.
  50. 請求項48の方法であって、前記放出工程は、前記第1薬剤の少なくとも一部が、前記第2薬剤の放出の開始前に放出されるように行われる方法。 METHOD The method of claim 48, wherein the releasing step includes at least a portion of the first agent, is performed to be released before the start of the release of the second agent.
  51. 請求項48の方法であって、前記制御可能放出工程は、前記第1薬剤の少なくとも半分が、前記第2薬剤の放出の開始前に放出されるように行われる方法。 METHOD The method of claim 48, wherein the controllable release process, in which at least half of the first agent, is performed to be released before the start of the release of the second agent.
  52. 請求項43の方法であって、さらに、前記材料として多孔性材料を含むプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 43, further method comprises the step of selecting a prosthesis comprising a porous material as the material.
  53. 請求項52の方法であって、前記選択工程は、前記多孔性材料がePTFEを含むプロテーゼを選択することによって行われる方法。 The method of claim 52, wherein the selecting step, the method of porous material is effected by selecting a prosthesis comprising ePTFE.
  54. 請求項52の方法であって、前記選択工程は、前記多孔性材料が、それを通る血液の通過に対して実質的に不透過性である面を有するプロテーゼを選択することによって行われる方法。 The method of claim 52, wherein the selection step, wherein said porous material is carried out by selecting a prosthesis having a surface which is substantially impermeable to the passage of blood therethrough.
  55. 請求項43の方法であって、さらに、前記投与可能薬剤と結合された遅延放出材料を有するプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 43, further method comprises the step of selecting a prosthesis having a delayed release material bonded to the administrable medicament.
  56. 請求項55の方法であって、前記選択工程は、前記遅延放出材料が、生分解性遅延放出材料を含むプロテーゼ選択することによって行われる方法。 METHOD The method of claim 55, wherein the selection step, wherein the delayed release material is performed by the prosthesis selection comprises a biodegradable delayed release material.
  57. 請求項55の方法であって、前記選択工程は、前記遅延放出材料が、前記投与可能薬剤を被覆する遅延放出層を含むプロテーゼを選択することによって行われる方法。 METHOD The method of claim 55, wherein the selection step, wherein the delayed release material is effected by selecting a prosthesis comprising a delayed release layer covering the administrable medicament.
  58. 請求項55の方法であって、前記選択工程は、前記遅延放出材料が、前記投与可能薬剤と前記遅延放出材料とのマトリクスの1成分であるプロテーゼを選択することによって行われる方法。 METHOD The method of claim 55, wherein the selection step, wherein the delayed release material is effected by selecting a prosthesis which is one component of the matrix of the administrable drug with said delayed release material.
  59. 請求項55の方法であって、前記選択工程は、前記遅延放出材料が生分解性ポリマーを含むプロテーゼを選択することによって行われる方法。 The method of claim 55, wherein the selection step, wherein said delayed release material is performed by selecting a prosthesis comprising a biodegradable polymer.
  60. 請求項55の方法であって、前記遅延放出材料は、保護層を含み、前記方法は、さらに、前記保護層を材料と共に前記コイル状体から除去し、それによって前記コイル状体を材料とともに露出させる工程を包含する方法。 The method of claim 55 exposed, the delayed release material comprises a protective layer, the method further the protective layer was removed from the coiled body with the material, the coiled body with the material thereby the method comprising the step of.
  61. 請求項43の方法であって、さらに、抗炎症剤、抗血せん/抗血小板剤、抗増殖剤、アポトーシス誘発剤、光活性化剤、および生物学的物質から成るグループから選択される投与可能薬剤を有するプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 43, further anti-inflammatory agent, anti-thrombotic / anti-platelet agent, an antiproliferative agent, an apoptosis inducing agent, photoactive agents, and can be administered is selected from the group consisting of biological material the method includes the step of selecting a prosthesis having a drug.
  62. 請求項43の方法であって、さらに、前記投与可能薬剤として抗再狭窄剤を選択する工程を包含する方法。 The method of claim 43, further method comprises the step of selecting an anti-restenotic agent as the administrable medicament.
  63. 患者の中空体構造内の標的部位に生物活性薬剤を送達する方法であって、以下: A method of delivering a bioactive agent to a target site within a hollow body structure of the patient, the following:
    コイル状プロテーゼを、このプロテーゼを径方向収縮状態にして、患者の中空体構造内の標的部位へ送達する工程であって、前記プロテーゼは、径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体と、コイル状経路に沿って延出し、内側面と外側面とを有し、その内側面が前記コイル状体全体を収納するスリーブ内部を形成する材料のコイル状スリーブと、前記材料の前記外側面に設けられた投与可能生物活性薬剤とを含む工程と、 The coiled prosthesis, and the prosthesis radially contracted state, a step of delivering to a target site within a hollow body structure of the patient, the prosthesis is coiled body in which an opening is formed through out radially extending When extends along a coiled path, and an inner surface and an outer surface, and a coiled sleeve of the material forming the inner sleeve inner surface thereof for accommodating the entire coiled body, the outer of said material a step of including an administrable biologically active agent provided on the side surface,
    前記プロテーゼを前記壁に対して押し付けるべく、前記プロテーゼを前記径方向収縮状態から径方向拡張状態へと径方向に拡張させる工程と、 To pressing said prosthesis with respect to said wall, a step of radial expansion and the prosthesis from the radially contracted condition to a radially expanded condition,
    前記薬剤を前記材料の前記外側面から前記中空体構造内へ放出する工程とを包含する方法。 The method comprises a step of releasing the medicament from the outer surface of said material to said hollow body structure.
  64. 請求項63の方法であって、さらに、前記投与可能薬剤として抗再狭窄剤を選択する工程を包含する方法。 The method of claim 63, further method comprises the step of selecting an anti-restenotic agent as the administrable medicament.
  65. 請求項63の方法であって、前記放出工程は、前記薬剤を前記中空体構造内に一時的制御可能に放出する工程を包含する方法。 The method of claim 63, wherein the releasing step, the method includes the step of temporarily controllably releasing the drug into the hollow body structure.
  66. 請求項63の方法であって、前記径方向拡張工程は、前記径方向拡張状態時にそれらの間に空隙を形成する離間ターンを有するプロテーゼによって行われる方法。 METHOD The method of claim 63, wherein the radial expansion process, performed by the prosthesis having spaced apart turns for forming a gap therebetween when the radially expanded state.
  67. 請求項63の方法であって、さらに、前記材料として多孔性PTFEを有するプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 63, further method comprises the step of selecting a prosthesis having a porous PTFE as the material.
  68. 患者の中空体構造内の標的部位に生物活性薬剤を送達する方法であって、以下: A method of delivering a bioactive agent to a target site within a hollow body structure of the patient, the following:
    コイル状プロテーゼを、このプロテーゼを径方向収縮状態にして、患者の中空体構造内の標的部位へ送達する工程であって、前記プロテーゼは、径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体と、コイル状経路に沿って延出し、内側面と外側面とを有し、その内側面が前記コイル状体全体を収納するスリーブ内部を形成する材料のコイル状スリーブと、前記材料内に組み込まれて薬剤/材料マトリクスを形成する投与可能生物活性薬剤とを有する工程と、 The coiled prosthesis, and the prosthesis radially contracted state, a step of delivering to a target site within a hollow body structure of the patient, the prosthesis is coiled body in which an opening is formed through out radially extending When extends along a coiled path, and an inner surface and an outer surface, and a coiled sleeve of the material forming the inner sleeve inner surface thereof for accommodating the entire coiled body, incorporated in said material a step of having an administrable biologically active agent to form a drug / matrix of material which,
    前記プロテーゼを前記壁に対して押し付けるべく、前記プロテーゼを前記径方向収縮状態から径方向拡張状態へと径方向に拡張させる工程と前記薬剤を前記薬剤/材料マトリクスから前記中空体構造内へ放出する工程とを包含する方法。 To pressing said prosthesis to said wall, releasing the drug and the step of expanding the prosthesis and the radial direction from the radially contracted condition to a radially expanded state from the drug / matrix of material into the hollow structure in the method includes a step.
  69. 請求項68の方法であって、さらに、前記投与可能薬剤として抗再狭窄剤を選択する工程を包含する方法。 The method of claim 68, further method comprises the step of selecting an anti-restenotic agent as the administrable medicament.
  70. 請求項68の方法であって、前記放出工程は、前記薬剤を前記中空体構造内に一時的制御可能に放出する工程を包含する方法。 The method of claim 68, wherein the releasing step, the method includes the step of temporarily controllably releasing the drug into the hollow body structure.
  71. 請求項68の方法であって、前記径方向拡張工程は、前記径方向拡張状態時にそれらの間に空隙を形成する離間ターンを有するプロテーゼによって行われる方法。 METHOD The method of claim 68, wherein the radial expansion process, performed by the prosthesis having spaced apart turns for forming a gap therebetween when the radially expanded state.
  72. 請求項68の方法であって、さらに、前記材料として多孔性PTFEを有するプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 68, further method comprises the step of selecting a prosthesis having a porous PTFE as the material.
  73. 請求項68の方法であって、さらに、前記材料が材料のコイル状スリーブを含み、前記材料のコイル状スリーブが、内側面と外側面とを有し、前記内側面が前記コイル状体に対向し、前記内側面はコイル状体全体を収納するスリーブ内部を形成する、プロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 68, further wherein the material comprises a coiled sleeve material, the coiled sleeve of the material, and an inner surface and an outer surface, opposite the inner surface is in said coiled body and, wherein the inner surface forms an inner sleeve which houses the entire coiled body, the method comprising the step of selecting a prosthesis.
  74. 患者の中空体構造内の標的部位に生物活性薬剤を送達する方法であって、以下: A method of delivering a bioactive agent to a target site within a hollow body structure of the patient, the following:
    コイル状プロテーゼを、このプロテーゼを径方向収縮状態にして、患者の中空体構造内の標的部位へ送達する工程であって、前記プロテーゼは、径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体と、前記コイル状経路に沿って延出し、内側面と外側面とを有し、その内側面が前記コイル状体全体を収納するスリーブ内部を形成する材料のコイル状スリーブと、前記材料の前記内側面上または前記スリーブ内部に設けられた投与可能生物活性薬剤とを有する工程と、 The coiled prosthesis, and the prosthesis radially contracted state, a step of delivering to a target site within a hollow body structure of the patient, the prosthesis is coiled body in which an opening is formed through out radially extending When extends along the coiled path, and an inner surface and an outer surface, and a coiled sleeve of the material forming the inner sleeve inner surface thereof for accommodating the entire coiled body, wherein the material a step of having an administrable biologically active agent provided inside or on the sleeve inner surface,
    前記プロテーゼを前記壁に対して押し付けるべく、前記プロテーゼを前記径方向収縮状態から径方向拡張状態へと径方向に拡張させる工程と、 To pressing said prosthesis with respect to said wall, a step of radial expansion and the prosthesis from the radially contracted condition to a radially expanded condition,
    前記薬剤を前記材料の前記内面から前記中空体構造内へ放出する工程とを包含する方法。 The method comprises a step of releasing the medicament from the inner surface of said material to said hollow body structure.
  75. 請求項74の方法であって、さらに、前記投与可能薬剤として抗再狭窄剤を選択する工程を包含する方法。 The method of claim 74, further method comprises the step of selecting an anti-restenotic agent as the administrable medicament.
  76. 請求項74の方法であって、前記放出工程は、前記薬剤を前記中空体構造内に一時的制御可能に放出する工程を包含する方法。 The method of claim 74, wherein the releasing step, the method includes the step of temporarily controllably releasing the drug into the hollow body structure.
  77. 請求項74の方法であって、前記径方向拡張工程は、前記径方向拡張状態時にそれらの間に空隙を形成する離間ターンを有するプロテーゼによって行われる方法。 METHOD The method of claim 74, wherein the radial expansion process, performed by the prosthesis having spaced apart turns for forming a gap therebetween when the radially expanded state.
  78. 請求項74の方法であって、さらに、前記材料として多孔性PTFEを有するプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 74, further method comprises the step of selecting a prosthesis having a porous PTFE as the material.
  79. 患者の中空体構造内の標的部位に使用されるプロテーゼを製造する方法であって、以下: A method of manufacturing a prosthesis to be used to a target site in the hollow body structure of the patient, the following:
    患者のための少なくとも1つの治療法を決定する工程と、 And determining at least one therapy for the patient,
    前記少なくとも1つの治療法に適したプロテーゼを選択する工程であって、該プロテーゼは、径方向延出開口部が貫通形成されたコイル状体と、前記コイル状体全体に沿ったコイル状経路に沿って延出する材料と、前記治療法用の第1および第2の投与可能生物活性薬剤とを有し、前記第1および第2薬剤は、前記コイル状体と前記材料との少なくとも1つに結合されている工程とを包含し、 A process of selecting a prosthesis the appropriate at least one treatment, the prosthesis includes a coiled body in which an opening is formed through out radially extending, coiled path along the entire coiled body a material extending along said first and for the treatment a second administrable and a bioactive agent, said first and second agent, at least one of the said coiled material includes a step of being coupled to,
    前記選択工程は、前記第1薬剤の少なくとも一部が、標的部位において前記第2薬剤の放出の開始前に患者の中空体構造内の前記標的部位で放出可能であるように行われる方法。 The selection process, wherein at least a portion of the first agent, is carried out as before the start of the release of the second drug at the target site can be released at the target site in the hollow body structure of the patient.
  80. 請求項79の方法であって、前記選択工程は、前記材料として多孔性材料を有するプロテーゼを選択することによって行われる方法。 The method of claim 79, wherein the selection step is a method performed by selecting a prosthesis having a porous material as the material.
  81. 請求項80の方法であって、前記選択工程は、ePTFEを含む前記多孔性材料で行われる方法。 The method of claim 80, wherein the selection step, the method performed in the porous material comprising ePTFE.
  82. 請求項80の方法であって、前記選択工程は、前記多孔性材料が、それを通る血液の通過に対して実質的に不透過性である表面を備えるプロテーゼを選択することによって行われる方法。 The method of claim 80, wherein the selection step, wherein said porous material is carried out by selecting a prosthesis comprising a surface which is substantially impermeable to the passage of blood therethrough.
  83. 請求項79の方法であって、前記選択工程は、前記第1薬剤が前記第2薬剤の上に積層されているプロテーゼを選択することによって行われる方法。 The method of claim 79, wherein the selection step is a method performed by selecting the prosthesis the first agent is laminated on the second agent.
  84. 請求項79の方法であって、前記選択工程は、前記第1薬剤が第1期間において放出可能で、前記第2薬剤が第2期間において放出可能で、これら第1および第2期間が少なくとも部分的に重なり合っているように行われる方法。 The method of claim 79, wherein the selection step, the first agent is capable of emitting in the first period, the second agent is capable of emitting in the second period, at least part of these first and second periods method is performed as overlapping the basis.
  85. 請求項79の方法であって、前記選択工程は、前記第1薬剤および第2薬剤の少なくとも一方と結合された遅延放出材料を有するプロテーゼを選択することによって行われる方法。 METHOD The method of claim 79, wherein the selecting step is performed by selecting a prosthesis having a first agent and at least one a combined delayed release material of the second agent.
  86. 請求項85の方法であって、前記選択工程は、前記遅延放出材料が、生分解性遅延放出層を含むプロテーゼを選択することによって行われる方法。 The method of claim 85, wherein the selection step, wherein said delayed release material is effected by selecting a prosthesis comprising a biodegradable delayed release layer.
  87. 請求項79の方法であって、前記選択工程は、抗炎症剤、抗血せん/抗血小板剤、抗増殖剤、アポトーシス誘発剤、光活性化剤、および生物学的物質から成るグループから選択される投与可能薬剤を有するプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 79, wherein the selection step, anti-inflammatory agents, anti-thrombotic / anti-platelet agent, an antiproliferative agent, an apoptosis inducing agent, photoactive agent, and is selected from the group consisting of biological material the method includes the step of selecting a prosthesis having administrable drug that.
  88. 請求項79の方法であって、さらに、前記投与可能薬剤として抗再狭窄剤を選択する工程を包含する方法。 The method of claim 79, further method comprises the step of selecting an anti-restenotic agent as the administrable medicament.
  89. 請求項79の方法であって、前記選択工程は、前記材料が、内側面と外側面とを有し、その内側面が前記コイル状体全体を収納するスリーブ内部を形成する材料のコイル状スリーブを含むプロテーゼを選択する工程を包含し、前記選択工程は、前記薬剤が、前記材料の前記外側面、薬剤/材料マトリクスを形成するべく前記材料内に導入された位置、前記材料の前記内側面上、および前記スリーブ内部内、の少なくとも1つの位置から放出可能な状態で行われる方法。 The method of claim 79, wherein the selection step, said material, and an inner surface and an outer surface, the coiled sleeve of the material forming the inner sleeve inner surface thereof for accommodating the entire coiled body comprising the step of selecting a prosthesis containing said selection step, wherein the agent is the outer surface, the drug / matrix of material introduced positioned in the material to form the said inner surface of said material of said material on, and methods performed in a releasable state from at least one position of the sleeve interior.
  90. 請求項79の方法であって、前記選択工程は、前記径方向拡張状態時においてそれらの間に空隙を形成する離間ターンを有するプロテーゼを選択する工程を包含する方法。 The method of claim 79, wherein the selection step, the method includes the step of selecting a prosthesis having spaced apart turns for forming a gap between them at the time of the radially expanded state.
  91. 患者の中空体構造内の標的部位に使用されるプロテーゼを製造する方法であって、以下: A method of manufacturing a prosthesis to be used to a target site in the hollow body structure of the patient, the following:
    長手材料を、キャリアと投与可能生物活性薬剤との混合物の接触状態で配置する工程と、 The length of material, placing in contact with the mixture of the carrier and administerable biologically active agent,
    前記薬剤を前記材料と接触状態にしたまま前記混合物から前記キャリアの少なくとも大部分を除去して薬剤充填材料を形成する工程と、 Forming a drug filling material the agent from leaving the mixture was in contact with the material to remove at least a major portion of the carrier,
    前記薬剤充填材料を径方向拡張可能ステントと組み合わせて、患者の中空体構造内で使用されるのに適したプロテーゼを形成する工程とを包含する方法。 The method comprises a step of the drug filling material in combination with a radially expandable stent, to form a prosthesis that is suitable for use in a hollow body structure of the patient.
  92. 請求項91の方法であって、前記配置工程は、前記材料として多孔性材料を使用して行われる方法。 The method of claim 91, wherein the arranging step, the method is performed using a porous material as the material.
  93. 請求項92の方法であって、前記配置工程は、ePTFEを含む前記多孔性材料で行われる方法。 The method of claim 92, wherein the arranging step, the method performed in the porous material comprising ePTFE.
  94. 請求項92の方法であって、さらに、前記多孔性材料として長手多孔性スリーブ材料を選択する工程を包含し、前記多孔性スリーブ材料は、内側面と外側面とを有し、その内側面は、前記組み合わせ工程後に、前記ステント全体を収納するスリーブ内部を形成する方法。 The method of claim 92, further comprising the step of selecting the longitudinal porous sleeve material as the porous material, the porous sleeve material, and an inner surface and an outer surface, the inner surface thereof , after said combining step, the method of forming the inner sleeve for accommodating the entire stent.
  95. 請求項94の方法であって、前記配置工程は、前記混合物を前記スリーブ内部に配置することによって行われる方法。 The method of claim 94, wherein the arranging step, the method performed by placing the mixture inside the sleeve.
  96. 請求項95の方法であって、前記選択工程は、開口端部を備えたスリーブ材料を使用して行われ、そして、前記配置工程は、前記開口端部の1つを少なくとも一時的に封止する工程を包含する方法。 The method of claim 95, wherein the selecting step is performed using a sleeve material with an open end, and the arrangement step, one of said open end at least temporarily sealing the method includes the step of.
  97. 請求項91の方法であって、前記除去工程は、前記混合物の過剰分を除去し、その後、前記長手材料を少なくとも部分的に乾燥させることによって行われる方法。 METHOD The method of claim 91, wherein the removal step of removing the excess of said mixture, carried out by at least partially drying the length of material.
  98. 請求項91の方法であって、さらに、抗炎症剤、抗血せん/抗血小板剤、抗増殖剤、アポトーシス誘発剤、光活性化剤、および生物学的物質から成るグループから選択される薬剤を選択する工程を包含する方法。 The method of claim 91, further anti-inflammatory agent, anti-thrombotic / anti-platelet agent, an antiproliferative agent, an apoptosis inducing agent, photoactive agent, and an agent selected from the group consisting of biological material the method includes the step of selecting.
  99. 請求項91の方法であって、さらに、前記生物活性薬剤として抗再狭窄剤を選択する工程を包含する方法。 The method of claim 91, further method comprises the step of selecting an anti-restenotic agent as the bioactive agent.
  100. 請求項91の方法であって、前記組み合わせ工程は、前記径方向拡張状態時にそれらの間に空隙を形成する離間ターンを有するプロテーゼによって行われる方法。 METHOD The method of claim 91, wherein the combining step is performed by the prosthesis having spaced apart turns for forming a gap therebetween when the radially expanded state.
  101. 被覆コイル状薬剤送達ステントであって、以下: A coated coiled drug delivery stents, the following:
    外側面を有するコイル状径方向拡張可能ステント本体と、 A coiled radially expandable stent body having an outer surface,
    前記外側面を被覆する多孔性カバーと、 A porous cover covering the outer surface,
    前記多孔性カバーに結合された薬剤とを含み、 And a drug coupled to the porous cover,
    前記ステント、多孔性カバーおよび薬剤は、ステントサブアセンブリを構成するステント。 The stent, porous covering and drug, the stent constituting the stent subassembly.
  102. 請求項101の被覆ステントであって、前記ステント本体は、接続部材によって結合された離間した平行な側部部材を有するステント。 A covered stent of claim 101, wherein the stent body, the stent having parallel side members spaced joined by connecting members.
  103. 請求項101の被覆ステントであって、前記ステント本体は金属製であるステント。 A covered stent of claim 101, wherein the stent body is made of metal stents.
  104. 請求項101の被覆ステントであって、前記ステント本体は、ニッケルチタン製である。 A covered stent of claim 101, wherein the stent body is made of nickel titanium.
  105. 請求項101の被覆ステントであって、前記多孔性カバーはePTFEを含むステント。 A covered stent of claim 101, wherein the porous cover stent comprising ePTFE.
  106. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤と前記多孔性カバーとは、薬剤/多孔性カバーマトリクスを含むステント。 A covered stent of claim 101, wherein the porous cover the drug, the stent comprising a drug / porous covering matrix.
  107. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤は、前記外側面と前記多孔性カバーとの間に位置するステント。 A covered stent of claim 101, wherein the medicament is a stent positioned between the porous covering and the outer side surface.
  108. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤は、前記多孔性カバーの上に配置されるステント。 A covered stent of claim 101, wherein the medicament is a stent disposed on said porous cover.
  109. 請求項101の被覆ステントであって、さらに、前記薬剤の前記ステントサブアセンブリからの移動を遅延させるための手段を有するステント。 A covered stent of claim 101, further, the stent having means for delaying the transfer from the stent subassembly of the drug.
  110. 請求項109の被覆ステントであって、前記薬剤移動遅延手段は、前記薬剤が生分解性材料内に分散された薬剤/生分解性材料マトリクスを含むステント。 A covered stent of claim 109, wherein the medicament moving delay means, stents said agent comprises a drug / biodegradable material matrix dispersed within a biodegradable material.
  111. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤は、前記薬剤の前記ステントサブアセンブリからの移動を遅延させるために、生分解性カプセル化材料を使用してマイクロカプセル化されているステント。 A covered stent of claim 101, wherein the agent is to delay the transfer from the stent subassembly of the drug, stents are microencapsulated using a biodegradable encapsulating material.
  112. 請求項101の被覆ステントであって、さらに、それが除去された時に、前記薬剤が前記ステントサブアセンブリから移動可能となるように、前記ステントサブアセンブリを被覆する除去可能な保護層を有する。 A covered stent of claim 101, further, when it is removed, so that the drug can move from the stent subassembly has a removable protective layer covering the stent subassembly.
  113. 請求項112の被覆ステントであって、前記保護層は、それが生分解する時に前記保護層が除去されるように生分解性材料を含むステント。 A covered stent of claim 112, wherein the protective layer is a stent comprising a biodegradable material such that the protective layer is removed as it biodegrades.
  114. 請求項113の被覆ステントであって、前記生分解性材料は、生分解性ポリマーを含むステント。 A covered stent of claim 113, wherein said biodegradable material, the stent comprising a biodegradable polymer.
  115. 請求項112の被覆ステントであって、前記保護層は、前記ステントサブアセンブリから保護層を除去するべく前記ステントサブアセンブリから引き抜き可能なシースを含むステント。 A covered stent of claim 112, wherein the protective layer is a stent comprising abstractable sheath from the stent subassembly in order to remove the protective layer from the stent subassembly.
  116. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤は下記: A covered stent of claim 101, wherein the drug following:
    NO生成元、パクリタキセル、スタチン、タクソール、種々の形態(すなわち低分子量)のヘパリン、チエノピリジン、糖蚤白質IIb/IIIbインヒビタ、抗血小板剤、抗血せん剤、線維素溶解薬、抗凝血剤、血栓溶解剤、abciximab、ラパマイシン(rapamycin)、ヒルジン、VEGF、Hirulog、チクロピジン、クロピドグレルの1つ以上を含むステント。 NO origin, paclitaxel, statins, taxol, heparin various forms (i.e. low molecular weight), thienopyridine, Tonomishiroshitsu IIb / IIIb inhibitors, antiplatelet agents, antithrombotic agents, fibrinolytics, anticoagulants, thrombolytic agents, abciximab, rapamycin (rapamycin), stent comprising hirudin, VEGF, Hirulog, ticlopidine, one or more of clopidogrel.
  117. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤は、タクソールを含むステント。 A covered stent of claim 101, wherein the medicament is a stent comprising taxol.
  118. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤は、ヘパリンを含むステント。 A covered stent of claim 101, wherein the medicament is a stent containing heparin.
  119. 請求項101の被覆ステントであって、前記薬剤は、ラパマイシンを含むステント。 A covered stent of claim 101, wherein the medicament is a stent comprising rapamycin.
  120. 被覆コイル状薬剤送達ステントであって、以下: A coated coiled drug delivery stents, the following:
    接続部材によって結合された離間平行側方部材と外側面とを有するコイル状径方向拡張可能ステント本体と、 A coiled radially expandable stent body having a joined by connecting members a spaced parallel side members and the outer surface,
    前記外側面上に重ねられたePTFEを含む多孔性カバーと、 A porous cover comprises ePTFE superimposed on said outer surface,
    前記多孔性カバーに結合された薬剤と、 And agents coupled to the porous cover,
    (ここで、前記ステント本体、多孔性カバーおよび前記薬剤は、ステントサブアセンブリを構成する) (Wherein the stent main body, a porous cover and the drug constitute the stent subassembly)
    その保護層が生分解する時に、前記薬剤が前記ステントサブアセンブリから移動可能となるように、前記ステントサブアセンブリを被覆する生分解性保護層と を含むステント。 When the protective layer is biodegradable, the so medicament is movable from the stent subassembly, stent comprising a biodegradable protective layer covering the stent subassembly.
  121. 患者に対して薬剤を送達する方法であって、以下: A method of delivering a drug to a patient comprising:
    コイル状径方向拡張可能プロテーゼ上に配置された多孔性カバーに結合された薬剤を含む被覆コイル状ステントサブアセンブリを、患者体内の標的部位に案内する工程と、 The coated coiled stent subassembly comprising an agent coupled to the arrangement porous cover coiled radially expandable prosthesis on the steps of guiding a target site within the patient,
    前記ステントアセンブリから有効に除去するべく前記薬剤をまず遮蔽し、それにより前記薬剤を露出させる保護部材を待つ工程と、 First shield the medicament to be effectively removed from the stent assembly, comprising the steps of thereby waiting for protection member to expose the medicament,
    前記薬剤が前記患者に対して相互作用するべく前記ステントサブアセンブリから移動することを許容する工程とを包含する方法。 The method comprises a step of allowing said agent to move from the stent subassembly so as to interaction with the patient.
  122. 請求項121の方法であって、前記案内工程は、以下: The method of claim 121, wherein the guiding step comprises:
    NO生成元、ヒルジン、パクリタキセル、ラプマイシン、スタチン、タクソール、種々の形態(すなわち、低分子量)のヘパリン、チエノピリジン、糖蚤白質IIb/IIIbインヒビタ、抗血小板剤、アンチトロンビン、線維素溶解薬、抗凝血剤、血栓溶解剤、abciximab、ラパマイシン、ヒルジン、VEGF、Hirulog、チクロピジン、およびクロピドグレルの少なくとも1つを含む薬剤を使用して行われる方法。 NO origin, hirudin, paclitaxel, Rapumaishin, statins, taxol, various forms (i.e., low molecular weight) heparin, thienopyridine, Tonomishiroshitsu IIb / IIIb inhibitors, antiplatelet agents, antithrombin, fibrinolytics, coagulation anti Chizai, thrombolytic agents, abciximab, rapamycin, hirudin, VEGF, Hirulog, ticlopidine, and methods carried out using an agent comprising at least one of clopidogrel.
  123. 請求項121の方法であって、前記案内工程は、次の位置:前記多孔性カバーの下、前記多孔性カバーの上、および前記多孔性カバーに組み込まれて薬剤/多孔性カバーマトリクスを形成する位置のうちの少なくとも1つの前記薬剤によって行われる方法。 The method of claim 121, wherein the guiding step comprises the following positions: under the porous cover, the top of the porous cover, and the incorporated into the porous covering material to form a drug / porous covering matrix method performed by at least one of said agents of the position.
  124. 請求項121の方法であって、前記待ち工程は、最初前記薬剤を覆っている生分解性材料が生分解して、それによって前記薬剤を露出させる待ち工程を含む方法。 The method of claim 121, wherein the waiting step, biodegradable material covering the first said agent is biodegradable, methods whereby comprising a waiting step of exposing the drug.
  125. 請求項121の方法であって、前記待ち工程は、前記サブアセンブリを被覆する保護層が生分解するのを待つ工程を含む方法。 The method of claim 121, wherein the waiting step, the method of the protective layer covering the subassembly comprising the step of waiting for the biodegradation.
  126. 請求項121の方法であって、前記待ち工程は、前記サブアセンブリを被覆している保護カバーが、少なくとも部分的に前記ステントから引き剥がされるのを待つ工程を含む方法。 The method of claim 121, wherein the waiting step, a method of protective cover covering the sub-assembly includes the step of waiting to be peeled from the at least partially the stent.
  127. 請求項121の方法であって、さらに、前記許可工程後に、前記ステントサブアセンブリを前記患者から除去する工程を包含する方法。 The method of claim 121, further, after the authorization process, the method comprising the step of removing the stent subassembly from the patient.
JP2002550890A 2000-12-19 2001-12-18 Bioactive agent delivery apparatus and method Granted JP2004516067A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US09/740,597 US20020077693A1 (en) 2000-12-19 2000-12-19 Covered, coiled drug delivery stent and method
US09/910,703 US20020082682A1 (en) 2000-12-19 2001-07-20 Biologically active agent delivery apparatus and method
PCT/US2001/049178 WO2002049544A1 (en) 2000-12-19 2001-12-18 Biologically active agent delivery apparatus and method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004516067A true JP2004516067A (en) 2004-06-03

Family

ID=27113705

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002550890A Granted JP2004516067A (en) 2000-12-19 2001-12-18 Bioactive agent delivery apparatus and method

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1343436A4 (en)
JP (1) JP2004516067A (en)
AU (1) AU3105802A (en)
WO (1) WO2002049544A1 (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004357986A (en) * 2003-06-05 2004-12-24 Terumo Corp Stent and its manufacturing method
JP2012527317A (en) * 2009-05-18 2012-11-08 ヌームアールエックス・インコーポレーテッド Cross method of modification during deploying the elongate lung volume reduction device
US9173669B2 (en) 2008-09-12 2015-11-03 Pneumrx, Inc. Enhanced efficacy lung volume reduction devices, methods, and systems
US9402971B2 (en) 2006-03-13 2016-08-02 Pneumrx, Inc. Minimally invasive lung volume reduction devices, methods, and systems
US9402632B2 (en) 2006-03-13 2016-08-02 Pneumrx, Inc. Lung volume reduction devices, methods, and systems
US9402633B2 (en) 2006-03-13 2016-08-02 Pneumrx, Inc. Torque alleviating intra-airway lung volume reduction compressive implant structures

Families Citing this family (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB0020491D0 (en) 2000-08-18 2000-10-11 Angiomed Ag Stent with attached element and method of making such a stent
GB0402736D0 (en) * 2004-02-06 2004-03-10 Tayside Flow Technologies Ltd A drug delivery device
GB0609841D0 (en) 2006-05-17 2006-06-28 Angiomed Ag Bend-capable tubular prosthesis
GB0609911D0 (en) 2006-05-18 2006-06-28 Angiomed Ag Bend-capable stent prosthesis
US9561351B2 (en) * 2006-05-31 2017-02-07 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Drug delivery spiral coil construct
GB0616579D0 (en) 2006-08-21 2006-09-27 Angiomed Ag Self-expanding stent
GB0616999D0 (en) 2006-08-29 2006-10-04 Angiomed Ag Annular mesh
US8500793B2 (en) 2006-09-07 2013-08-06 C. R. Bard, Inc. Helical implant having different ends
GB0622465D0 (en) 2006-11-10 2006-12-20 Angiomed Ag Stent
GB0624419D0 (en) 2006-12-06 2007-01-17 Angiomed Ag Stenting ring with marker
GB0706499D0 (en) 2007-04-03 2007-05-09 Angiomed Ag Bendable stent
GB0717481D0 (en) 2007-09-07 2007-10-17 Angiomed Ag Self-expansible stent with radiopaque markers

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
SE450809B (en) * 1985-04-10 1987-08-03 Medinvent Sa Plant emne for the manufacture of a spiralfjeder lemplig for transluminal implantation and derav made spiralfjeder
US5500013A (en) * 1991-10-04 1996-03-19 Scimed Life Systems, Inc. Biodegradable drug delivery vascular stent
US5441515A (en) * 1993-04-23 1995-08-15 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Ratcheting stent
US5605696A (en) * 1995-03-30 1997-02-25 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Drug loaded polymeric material and method of manufacture
CA2178541C (en) * 1995-06-07 2009-11-24 Neal E. Fearnot Implantable medical device
US5824054A (en) * 1997-03-18 1998-10-20 Endotex Interventional Systems, Inc. Coiled sheet graft stent and methods of making and use
US6273913B1 (en) * 1997-04-18 2001-08-14 Cordis Corporation Modified stent useful for delivery of drugs along stent strut
US6241691B1 (en) * 1997-12-05 2001-06-05 Micrus Corporation Coated superelastic stent
US6248122B1 (en) * 1999-02-26 2001-06-19 Vascular Architects, Inc. Catheter with controlled release endoluminal prosthesis
EP1156758B1 (en) * 1999-02-26 2008-10-15 LeMaitre Vascular, Inc. Coiled stent

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004357986A (en) * 2003-06-05 2004-12-24 Terumo Corp Stent and its manufacturing method
US10226257B2 (en) 2006-03-13 2019-03-12 Pneumrx, Inc. Lung volume reduction devices, methods, and systems
US9782558B2 (en) 2006-03-13 2017-10-10 Pneumrx, Inc. Minimally invasive lung volume reduction devices, methods, and systems
US9474533B2 (en) 2006-03-13 2016-10-25 Pneumrx, Inc. Cross-sectional modification during deployment of an elongate lung volume reduction device
US9402633B2 (en) 2006-03-13 2016-08-02 Pneumrx, Inc. Torque alleviating intra-airway lung volume reduction compressive implant structures
US9402971B2 (en) 2006-03-13 2016-08-02 Pneumrx, Inc. Minimally invasive lung volume reduction devices, methods, and systems
US9402632B2 (en) 2006-03-13 2016-08-02 Pneumrx, Inc. Lung volume reduction devices, methods, and systems
US9192403B2 (en) 2008-09-12 2015-11-24 Pneumrx, Inc. Elongated lung volume reduction devices, methods, and systems
US9173669B2 (en) 2008-09-12 2015-11-03 Pneumrx, Inc. Enhanced efficacy lung volume reduction devices, methods, and systems
US10058331B2 (en) 2008-09-12 2018-08-28 Pneumrx, Inc. Enhanced efficacy lung volume reduction devices, methods, and systems
US10285707B2 (en) 2008-09-12 2019-05-14 Pneumrx, Inc. Enhanced efficacy lung volume reduction devices, methods, and systems
JP2016025923A (en) * 2009-05-18 2016-02-12 ヌームアールエックス・インコーポレーテッド Implant for treatment of patient's lungs
JP2012527317A (en) * 2009-05-18 2012-11-08 ヌームアールエックス・インコーポレーテッド Cross method of modification during deploying the elongate lung volume reduction device

Also Published As

Publication number Publication date
EP1343436A4 (en) 2008-05-28
AU3105802A (en) 2002-07-01
WO2002049544A1 (en) 2002-06-27
WO2002049544A9 (en) 2004-04-15
EP1343436A1 (en) 2003-09-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9107742B2 (en) Removable stent-graft
US6899727B2 (en) Deployment system for intraluminal devices
US5797952A (en) System and method for delivering helical stents
US5779732A (en) Method and apparatus for implanting a film with an exandable stent
US5776142A (en) Controllable stent delivery system and method
JP5081226B2 (en) Prosthesis comprising a guide lumen
ES2313882T3 (en) Endovascular Prosthesis woven bifurcated and trifurcated and method for manufacturing the same.
CA2287408C (en) Endolumenal stent-graft with leak-resistant seal
EP2211788B1 (en) Stent made of wire having a spiral channel for drug delivery
US6331191B1 (en) Layered endovascular graft
JP4762228B2 (en) Rapid exchange interventional device and method
JP5156936B2 (en) Fenestrated stent graft with the methods of the sizing
US6818013B2 (en) Intravascular stent device
ES2241615T3 (en) Bioresorbable stent.
US6056775A (en) Bifurcated endovascular stents and method and apparatus for their placement
US8236041B2 (en) Noncylindrical stent deployment system for treating vascular bifurcations
US6254627B1 (en) Non-thrombogenic stent jacket
JP4601738B2 (en) The self-expanding stent for feeder
US5649978A (en) Temporary inflatable intravascular prosthesis
EP1485043B1 (en) Guidewire loaded stent for delivery through a catheter
US8414635B2 (en) Plain woven stents
JP4945714B2 (en) System and method for deploying supplying an occlusion device into conduit
EP1781204B1 (en) Deployment system for intraluminal devices
JP4143749B2 (en) Intraluminal vascular prosthesis
JP4610842B2 (en) Endovascular stent device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20041217

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041217

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20070403

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20080124

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20080423

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20080501

A601 Written request for extension of time

Effective date: 20080523

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20080530

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080821