JP2004514977A - Systems, methods, and multi-user e-mail computer program product for system - Google Patents

Systems, methods, and multi-user e-mail computer program product for system

Info

Publication number
JP2004514977A
JP2004514977A JP2002545319A JP2002545319A JP2004514977A JP 2004514977 A JP2004514977 A JP 2004514977A JP 2002545319 A JP2002545319 A JP 2002545319A JP 2002545319 A JP2002545319 A JP 2002545319A JP 2004514977 A JP2004514977 A JP 2004514977A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002545319A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ロス,ジュニア.ロバート シー.
Original Assignee
シャンテ コーポレーション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q10/00Administration; Management
    • G06Q10/10Office automation, e.g. computer aided management of electronic mail or groupware; Time management, e.g. calendars, reminders, meetings or time accounting
    • G06Q10/107Computer aided management of electronic mail

Abstract

複数のユーザが一台のコンピュータ上の電子メールシステムへアクセスできる方法、システム、コンピュータ用プログラム製品が開示されている。 How multiple users can access the e-mail system on a single computer system, program product for a computer is disclosed.
システムは、マルチユーザ304、306、308に対し、同時には一人であるが、一台のコンピュータ302を用いてEメールアカウントに基づく個人の秘密保持された作業環境へのアクセス権を提供することができる。 The system, for multi-user 304, 306, 308, but it is one person at the same time, to provide the access rights of individuals to the work environment, which is confidentiality based on the E-mail account using a single computer 302 it can. Eメールアカウントに基づく各作業環境は、受信ボックスと、送信ボックスと、受信メールを格納する少なくとも一つの個人用ファイルフォルダを含むことができる。 Each work environment based on the E-mail account, and the inbox, it is possible to include a transmission box, at least one of the personal file folder to store the incoming mail. マルチEメールアカウントに基づく各作業環境は、全て1台のコンピュータに格納することができる。 Each work environment based on multi E-mail account, it is possible to store all on a single computer. コンピュータは、単独でもよいし、当該コンピュータ上に存在しないEメールアカウントを有するユーザ宛のEメールを配信するインターネットのような、ネットワークへのインタフェースを含むこともできる。 The computer may be used singly, such as the Internet to deliver E-mail addressed to the user with E-mail accounts that do not exist on the computer it may also include an interface to the network.
【選択図】図3 .Field

Description

【0001】 [0001]
(発明の属する技術分野) (Field of the Invention)
本発明は、電子メール(Eメールともいう)システムに係わり、特にマルチユーザ電子メールシステムに関する。 The present invention (also referred to as E-mail) email relates to systems, more particularly to a multi-user e-mail system.
【0002】 [0002]
(従来の技術) (Prior art)
Eメールとしても知られている電子メールは、コンピュータのような通信機器の間で通信を行うのに広く用いられている通信方法である。 E-mail, also known as E-mail is a communication method that is widely used to communicate between a communication device such as a computer. 従来のEメールシステムは、発信元から宛先への従来の郵便物とよく似た方法でEメール記録やEメールメッセージを送信できるようになっている。 Conventional E-mail system is adapted to send E-mail recording and E-mail messages in much the same way as conventional postal from source to destination. 例えば、送信者は、コンピュータに接続されたネットワークを介し、受信者向けの返信用Eメールアドレスを含むEメールメッセージを他のコンピュータ上の受信者宛てに送ることができる。 For example, a sender may send through the network connected to the computer, the E-mail message containing the reply E-mail address for the recipient recipients on other computers. Eメールシステムは、従来の郵便に対して、例えば、準備時間の短縮、迅速な配信時間、名前、町名、私書箱、市、州や県名、郵便番号などに替わる簡単なアドレス方法の提供、およびローコスト化などのいくつかの利点がある。 E-mail system, with respect to conventional mail, for example, shortening of preparation time, fast delivery time, name, street address, post office box, city, state or province name, provides a simple address an alternative to, such as zip code, and there are a number of advantages, such as low cost. Eメールシステムは、企業やビジネスの内部および外部へ情報を配信する有効な手段を備えることができる。 E-mail system may be provided with effective means to deliver information to internal and external companies and business. しかしながら、従来のEメールシステムは、例えば製造工場、または例えば病院や小売ビジネスのような生産環境などで用いる場合には制約がある。 However, the conventional E-mail system, for example in the case of use in such production plants, or such as a hospital or a manufacturing environment such as a retail business, there are limitations. 例えば、従来のEメールシステムは、Eメールシステムにアクセスするために、ユーザ毎にコンピュータが必要である。 For example, conventional E-mail system, to access the E-mail systems require computer for each user. 生産や製造環境において、コンピュータへアクセスしようとしない機械のオペレータがいることがある。 In the production and manufacturing environment, there is that there are machine operator that does not attempt to access to the computer. また、例えば重要な操作を監視中のような仕事を実行中の場合や、例えば重い機械類を操作する作業者や病院の看護婦などのように、特定の環境下でメールに気をとられるようなことを許すことは安全上問題である。 Also, be taken and if it is running a job, such as being monitored, for example, critical operations, such as workers and hospital nurses to operate, for example, heavy machinery, attention to the e-mail under certain circumstances allowing such as is a safety problem. 従来のEメールシステムにおける制約により、組織内の多くのユーザがEメールを通じて最も効果的に配布される重要な組織情報にアクセスすることができなかった。 The limitations in the conventional E-mail system, many users in an organization could not access the important organizational information that are most effectively distributed through E-mail.
【0003】 [0003]
通常、Eメールメッセージには主としてテキスト文が含まれている。 Usually, it contains mainly text statement in the E-mail message. 時としてユーザはEメールのテキストメッセージに配布用のファイルを添付することができた。 Sometimes the user was able to attach a file for distribution to the E-mail text message. このような添付されたファイルは、時に「アタッチメント=添付物」と呼ばれる。 Such attached file is sometimes referred to as "attachment = attachment". 多くのEメールシステムは、一つのEメールメッセージに対し複数のドキュメントの添付をサポートしている。 Many of the E-mail system, support to the accompanying multiple documents for one of the E-mail message. 都合の悪いことに、Eメールユーザが添付物を転送したい時、従来この添付物は、添付物を含んだメッセージと一緒に転送されるが、これは、添付物付き転送Eメールは新しいEメールの中に組み込まれるようになっていることによる。 Unfortunately, when you want to transfer the E-mail user attachments, conventional this attachment, but is transferred along with the containing attachments message, this is, with attachments transfer E-mail is a new E-mail due to the fact that is adapted to be incorporated into the.
【0004】 [0004]
Eメールシステムの一つの形態として、クライアント/サーバ型Eメールシステムがある。 In one form of the E-mail system, a client / server type E-mail system. このEメールシステムは、クライアントのEメールユーザが所属するネットワークの、いずれかの場所に設置されたサーバ上に常駐する統合郵便ボックスを利用することができる。 The E-mail system, it is possible to use the integrated mail box by the client of E-mail users of belonging to a network, residing either on a server installed that in place. この郵便ボックスは、送信者からのEメールメッセージを格納し、その後、時には未接続となる受信者アドレスに転送することができる。 The postal box stores E-mail message from a sender, can then be transferred to the recipient address sometimes becomes unconnected. この統合郵便ボックスは、またEメールメッセージを基準周期でバックアップすることができる。 The integrated mail box, also can back up the E-mail message in the reference period. クライアント/サーバ型のEメールシステムにおいて、Eメールの生成プログラムの一部は、クライアントのコンピュータ(送信者または受信者のコンピュータ)上に常駐させることができ、システムの他のプログラムは、サーバコンピュータ上に常駐させることができる。 In client / server E-mail system, a portion of the E-mail generation program can reside on the client computer (sender or recipient's computer), other programs in the system are on the server computer it is possible to reside in. Eメールのアプリケーションソフトは、各種のオペレーティングシステム上およびコンピュータシステムのプラットフォーム上で実行させることができる。 E-mail application software can be run on various operating systems and the computer system platform. 従来、Eメールメッセージは、統合サーバコンピュータ上に格納され、クライアントのユーザコンピュータによってアクセスされる。 Conventionally, E-mail messages are stored on the integrated server computer and accessed by a user of the client computer.
【0005】 [0005]
他の形態のクライアント/サーバ型Eメールシステムとして、「グループウェア」とよばれるシステムが知られている。 As other forms of client / server type E-mail system, a system called "groupware" has been known. グループウェアは、Eメールの通信能力に加えて、例えばプロジェクトマネージメント、場所に依存しない共同作業、および情報アクセスリンク機能などを可能としている。 Groupware, in addition to the communication capability of the E-mail, for example project management, thereby enabling collaboration does not depend on the location, and information access link function and the like.
【0006】 [0006]
Eメールシステムの例として、例えば、IBM社提供のLotus Mail (ロータスメール);米国ワシントン州レドモンドのマイクロソフト社提供のOutlook(アウトルック), Exchange(エクスチェンジ), MS Mail(MSメール);米国ニューヨーク州アンノンクのIBM社提供のPROFS(プロフス)およびOFFICEVISION(オフィスビジョン);米国テキサス州ヒューストンのコンパック社提供のAll−In−One(オールインワン);オンラインサービスプロバイダ提供のEメールシステム、例えば米国バージニア州ビエンナのアメリカオンライン社(AOL)提供のもの;IBM社提供のロータスノーツに組み込まれたグループウェア;マイクロソフト社提供のエクスチェンジ;イ As an example of E-mail system, for example, IBM-supplied Lotus Mail (Lotus-mail); Redmond of Microsoft's offer of Outlook (Outlook), Exchange (Exchange), MS Mail (MS Mail); the United States, New York An'nonku IBM's offer of PROFS (Purofusu) and OFFICEVISION (office vision); Houston, Texas, USA Compaq offer of the All-in-One (all-in-one); online service providers providing E-mail system, for example the United States Virginia Bien'na of America online, Inc. (AOL) provides things; group is incorporated in the Lotus Notes of IBM-supplied hardware; Microsoft's offer of exchange; Lee ターネットプロトコルの簡単メール送信プロトコル(SMPT);ジュノ社またはネットゼロ社提供の各種インタネットベースEメールシステム;ネットスケープ社提供のコラブラシェア;ノーベル社提供のグループワイズなどがある。 And the like Nobel providing group-wise; simple mail transfer protocol (SMPT) for Internet Protocol; Juno Corp. or net zero-provided various Internet-based E-mail system; Netscape provide Koraburashea.
【0007】 [0007]
初期のEメールシステムは、イントラネットとして知られる組織内のユーザにEメールメッセージを送っていたが、他組織のEメールシステムやネットワークと交信することは殆ど考慮されていなかった。 Initial E-mail system, which had sent the user E-mail messages in the tissue, known as an intranet, it is not considered nearly to communicate with E-mail systems or networks of other tissues. イントラネットとは、送信者と受信者とが互いに関係のある、例えば商業的な企業の従業員を包含する単独のネットワークやネットワークグループを表現するのによく用いられる言葉である。 Intranet and is a term often used to the sender and receiver are related to each other, represent a single network or network group include, for example, employees of commercial enterprises.
【0008】 [0008]
いくつかのイントラネットEメールシステムは、他のEメールシステムと相互交信する機能が備わっている。 Some of the intranet E-mail system, is equipped with the ability to communicate with each other and the other E-mail system. ネットワークと接続されたコンピュータは、通信ソフトウェアプログラム、言い換えると通信言語または「プロトコル」を用いて通信を行う。 Network and connected computers communicate using communication software programs, a communication language or "protocol" in other words. いくつかのEメールシステムは、例えば伝送制御プロトコル/インターネットプロトコル(TCP/IP)のような「オープンシステム」通信方式と呼ばれる方式を用いて実行される。 Some E-mail systems is performed using, for example, a method called "open system" communication method such as Transmission Control Protocol / Internet Protocol (TCP / IP). このTCP/IPプロトコルは、前述のSMPTEメール機能を有している。 The TCP / IP protocol includes a SMPTE mail function described above.
【0009】 [0009]
一般インターネット(即ち小文字付きの”internet”)とは、二つのネットワークを互いに結合するネットワークのことである。 The general Internet (i.e. lower case with the "internet"), is that of a network for coupling together the two networks. グローバルインターネット(即ち大文字付きの”Internet”)とは、米国の国防総省国防高等研究事業局(DARPA)プロジェクトから成長した一般インターネットのことである。 The global Internet (ie, with a capital letter "Internet"), is that of the general Internet that has grown from the US Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) project. このプロジェクトの初期の目的は、それぞれの居場所にかかわらず、研究者が計算資源の共有と情報の交換を図ることであり、弾力的な耐障害性のある軍事通信用の広域ネットワーク(WAN)を創造することであった。 The initial objective of this project, regardless of the respective whereabouts, researchers is that the attempt to exchange the shared information computing resources, resilient fault-tolerant wide area network for military communication (WAN) It was to create. このグローバルインターネットは、TCP/IPプロトコルを用いて通信が行われる。 The global Internet communications using TCP / IP protocol is performed.
【0010】 [0010]
オンラインサービスプロバイダは、当初からモデム接続を介して個々にアクセスするEメールシステムを備えていた。 Online service provider, was equipped with an E-mail system to access the individual via a modem connection from the beginning. オンラインサービスプロバイダとしては、例えば、アメリカンオンライン社(AOL)、コンピュサーブ社、プロディジ社などがある。 The online service provider, for example, American Online, Inc. (AOL), CompuServe, Inc., and the like Purodiji company. オンラインサービス社は、伝統的にホームコンピュータユーザをターゲットとした製品を創造してきた。 Online service company, traditionally the home computer user has to create products that target. これらのプロバイダは、時にユーザ顧客同士を互いに接続する専売のEメールシステムを提供してきた。 These providers, has provided proprietary E-mail system to connect the user customers to each other each other in time. やがて、専売のオンラインサービスを受けているユーザが、グローバルインタネットを介して、他のEメールサービスを受けているユーザにEメールメッセージを送れるようになってきた。 Before long, a user receiving a proprietary online service, via the global Internet, has come to send an E-mail message to a user who has received the other E-mail service.
【0011】 [0011]
1990年代中ごろには、営利企業や個人が増加し、グローバルインタネットに接続する利点が発見され、最終的に巨大市場が実現することになった。 In the mid-1990s, increased commercial enterprises and individuals, the advantage of connection is found in the global Internet, and finally huge market has become to be realized. 今日、ある地域ではアクセスが制約されているが、殆どの国々がグローバルインタネットに接続されるようになった。 Today, although access in some areas is constrained, began to most of the countries are connected to the global Internet. かくして、グローバルインタネットは、ばらばらなEメールシステムを用いているユーザ同士を、広範囲に標準化された相互接続により、接続できるようになった。 Thus, the global Internet is a user with each other are used disparate E-mail systems, the extensive interconnection standardized, it was able to connect.
【0012】 [0012]
小規模、中規模のビジネスでは、Eメールを送信したり受信したりするコンピュータへのアクセス権を持たない多くのユーザを抱えている。 Small scale, in the medium-sized business, have many users who do not have access to the computer or to receive or send E-mail. 各種の職業、例えば、病院や小売のヘルスケア労働者を含む労働者は、彼らの仕事上の理由から、従来のEメールシステムへのアクセス権を持っていないことが多い。 A variety of occupations, for example, workers, including health care workers in hospitals and retail, for reasons of their work, often do not have access to conventional E-mail system. 例えば雇用者から被雇用者への必要な情報を十分伝達するためには、事業に関わる全ての被雇用者に対し、Eメール資源へのアクセス権を与えることが望ましい。 For example the employer in order to sufficiently transmit the necessary information to the employee, for all employees involved in operations, it is desirable to provide access to the E-mail resources. 多くの場合、雇用者にとって、被雇用者それぞれが利用するコンピュータの調達が不要でることが望ましい。 In many cases, for the employers, it is desirable that the procurement of computers that each employee to use is in no need. また、雇用者にとって、被雇用者に対して送られる、「スパム」として広く知られる迷惑メールを排除できることも望ましい。 In addition, for the employers, are sent to the employees, it is also desirable to be able to eliminate the junk e-mail that is widely known as "spam". また、労働生産性を高く維持するためには、例えば、小売商売、生産、病院などの作業に従事する被雇用者が、常時自由に彼らのEメールシステムにアクセスできないようにすることも望ましい。 In addition, in order to maintain high labor productivity, for example, retail trade, production, employees engaged in work such as hospitals, it is also desirable to not allow free access to their E-mail system at all times.
【0013】 [0013]
このように、パーソナルコンピュータへの個人的なアクセス権がなく、現在はEメール機能や他の有用な機能へアクセスできない、例えばヘルスケア、小売や他の職業のような、生産や作業環境下の各種ユーザに対し、アクセス権を与えることができる改良型のEメールシステムが望まれている。 In this way, there is no personal access to the personal computer, it does not have access to the current E-mail function and other useful functions, such as health care, such as retail and other professions, production and work environment to various users, E-mail system improved in that it is possible to grant access is desired.
【0014】 [0014]
(発明の概要) (Summary of the Invention)
パスワード認証機能、安全で定義可能なファイルフォルダ記憶領域、およびユーザアクセスの優先順位表示機能などを有する1台の共用コンピュータを用いて、複数のユーザが電子メールシステムへアクセスすることを可能とする、方法、システム、コンピュータ用プログラム製品が提案されている。 Password authentication function, using a single shared computer with such priority display function of a safe and definable file folder storage area, and user access, multiple users and allowing access to the electronic mail system, method, system, program product for a computer has been proposed.
【0015】 [0015]
本発明の一つの実施例において、電子メールシステムは、例えば、人材情報の通信機能、統計用ツール、入出力の時間クロック、受信メール用フィルタ機能、電子メールの遅延受信機能、メッセージの遅延送信機能、自動応答機能、自動転送機能、暗号化機能、公開鍵の自動送信機能、バナー広告表示機能、組込みボイスメールや添付用画像の添付機能、組込み文字の除去機能、添付映像の直接参照機能、添付物の直接送信機能、スペルチェック機能、シソーラス参照機能、テキスト映像変換機能(HTMLまたは基本テキスト)、個人メモ生成機能、アドレス帳機能、名前の数文字入力によるアドレスのスマート名変換機能、ユーザ選択可能なホットキー機能、ウェッブインタフェースを介するファイルフォルダへのリモートログオン、パ In one embodiment of the present invention, an electronic mail system, for example, a communication function of personnel information, statistical tools, time clock, incoming mail filter function of the input and output, the delay function of receiving e-mail, the delay transmission function of a message , automated attendant, automatic transfer function, encryption function, automatic transmission function of the public key, banner advertisement display function, the accompanying function of the built-in voice mail and attachments for the image, removal function of the built-in character, direct reference function of the accompanying video, attached direct transmission function of things, spell check function, thesaurus reference function, text video conversion function (HTML or basic text), personal notes generation function, address book function, smart name conversion function of the address by the number character input of the name, user-selectable a hot key functions, remote logon, path to a file folder through the web interface ワード設定・安全フォルダ・フィルタリング等の管理機能などの、各種の新しい有用な機能を有している。 Such as word setting and safety folder filtering management functions, and has a variety of new and useful functions.
【0016】 [0016]
本発明の各実施例の構成および動作に加え、本発明のさらなる特徴や利点について、添付の図面を参照しながら以下に詳細を説明する。 In addition to the construction and operation of each embodiment of the present invention, for further features and advantages of the present invention will be described in detail below with reference to the accompanying drawings. 図面において、通常異なる番号で識別する参照番号は、機能的に同一なもの、および、または構造的に同じものは同一の番号としている。 In the drawings, reference number identifying the usual different numbers, functionally identical ones, and or structurally identical are the same number. 図において、同一のエレメントに対する参照番号の再左端の桁の数が、最初に現れるものからの順番を示している。 In the figure, the number of re leftmost digit reference numbers for the same elements, shows the order from those first appears.
【0017】 [0017]
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
以上説明した本発明の特徴と利点は、以下に添付の図面に示されるように、本発明の望ましい実施の形態におけるより詳細な記載により明らかになるであろう。 The above-described features and advantages of the present invention, as illustrated in the accompanying drawings, will become apparent from the detailed description that in the preferred embodiment of the present invention.
【図1A】 [Figure 1A]
流通しているクライアント/サーバ型のEメールシステムのブロック図である。 Distribution to have a block diagram of a client / server E-mail system.
【図1B】 [Figure 1B]
コンピュータハードウェアおよびオペレーティングシステム上で動作するEメール用アプリケーションプログラムの代表的な実施例のブロック図である。 It is a block diagram of an exemplary embodiment of the E-mail application program that runs on computer hardware and operating systems.
【図2】 [Figure 2]
従来のEメールの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a conventional E-mail.
【図3】 [Figure 3]
本発明によるマルチユーザ共用電子メールシステムの一実施例を示すブロック図である。 It is a block diagram showing an embodiment of a multi-user shared electronic mail system according to the present invention.
【図4】 [Figure 4]
本発明による電子メールシステム用のコンピュータの代表的な実施例を示すブロック図である。 Representative examples of the computer for the electronic mail system according to the present invention is a block diagram showing.
【図5】 [Figure 5]
本発明によるマルチユーザ共用電子メールシステムにおけるグラフィカルユーザインタフェースの代表的な実施例を示す図である。 It is a diagram illustrating an exemplary embodiment of a graphical user interface in a multi-user shared electronic mail system according to the present invention.
【図6】 [Figure 6]
本発明による電子メールシステムの個人用ファイルの代表的な実施例を示す図である。 Is a diagram illustrating an exemplary embodiment of the personal files of the electronic mail system according to the present invention.
【図7】 [7]
本発明による電子メールシステムの読出し受領レポートの代表的な実施例を示す図である。 It is a diagram illustrating an exemplary embodiment of a read receipt report e-mail system according to the present invention.
【図8A】 FIG. 8A]
公開鍵と個人鍵を用いた公開鍵基盤(PKI)プロセスの代表的な設定手順を示す図である。 It is a diagram showing a typical configuration procedures of the public key infrastructure (PKI) process using a public key and a private key.
【図8B】 [Figure 8B]
本発明による電子メールシステムの公開鍵と個人鍵を構成するための改良されたセットアップ手順の代表的な実施例を示す図である。 Is a diagram illustrating an exemplary embodiment of an improved setup procedure for configuring a public key and private key of the electronic mail system according to the present invention.
【図8C】 [Figure 8C]
本発明による電子メールシステムの自動組込みされた公開鍵を含むEメールのソースコードの代表的な実施例を示すソースコード図である。 It is a source code showing an exemplary embodiment of the source code of the E-mail including an automatic built public key of the e-mail system according to the present invention.
【0018】 [0018]
(発明の詳細な説明) (Detailed Description of the Invention)
本発明の望ましい実施例により実施の形態の詳細を以下に説明する。 The details of the embodiments by a preferred embodiment of the present invention will be described below. ここでは具体例が記載されているが、これはあくまで図示するためのものである。 Here it is described the specific example, which is for only shown. 本発明の主旨と目的に逸脱しない範囲において、当業者が他の要素や構成を採用し得ることはいうまでもない。 Made without departing from the spirit and purpose of the present invention, it goes without saying that those skilled in the art may employ other elements and configurations.
【0019】 [0019]
(発明の概要) (Summary of the Invention)
多くの生産、小売、ヘルスケア、病院、製造業、または他の環境において、従業員はコンピュータやEメールシステムへのアクセス権を持っておらず、スケジュール時間に従って休息場所で休息する。 Many of the production, retail, health care, hospital, in manufacturing or other environment, employees do not have access to a computer and E-mail system, to rest in a resting place according to the schedule time. 本発明は、1台の共用コンピュータにアクセスして、複数のユーザがEメールメッセージを送信し、受信し、格納することを可能とするシステム、方法、およびコンピュータプログラム製品を提供することを目標とするものである。 The present invention may access one shared computer, multiple users send the E-mail message, the received system capable of storing, methods, and the goal of providing a computer program product it is intended to. 本システムは、リアルタイムの作業環境で絶えず使用できるものである。 This system is one that constantly available in real-time work environment.
【0020】 [0020]
本発明の一実施例において、1台の共用コンピュータによるEメールシステムは、複数のユーザがその共用コンピュータを見ることを許可し、ユーザのうちの幾人かに新しいEメールが着信したかどうかを、ユーザインタフェースを介して識別させることができる。 In one embodiment of the present invention, E-mail system according to one of the shared computer is to allow multiple users view the shared computer, whether a new E-mail or several of whom users arrives it can be identified through the user interface.
【0021】 [0021]
本発明の一実施例において、ユーザは、システムに対してユーザ自身を識別させるために、タッチスクリーンを用いることができ、システムは、ユーザを認証するために、パスワードの入力を要求することができる。 In one embodiment of the present invention, the user, in order to identify the user himself to the system, it is possible to use a touch screen, the system can be to authenticate the user and prompts for a password . 別の方法として、従来のディスプレイモニタがステータス情報を表示するために使用でき、また、マウスや他のポインティングデバイス、キーボードなどが入力デバイスとして使用できる。 Alternatively, a conventional display monitor can be used to display status information, In addition, a mouse or other pointing device, such as a keyboard can be used as an input device.
【0022】 [0022]
他の実施例において、本システムは、ユーザインタフェースを介して新しく受信したEメールの優先レベルを識別することができ、複数のユーザのうち、誰が最初に共用コンピュータのアクセス権を獲得すべきかの優先順位を付与することができる。 In another embodiment, the system may identify the priority level of the E-mail newly received via the user interface, among a plurality of users, the priority of who should gain access first shared computer it is possible to grant the order. 例えば、優先レベルは、Eメールの緊急性に応じて彩色する、例えば名前、ボタン、アルファニューメリック、あるいはランク表のような他の優先順位表示を、彩色する、あるいは点滅させるなどの方法により識別することができる。 For example, priority levels are colored according to the urgency of the E-mail, identifying for example the name, buttons, alphanumeric, or other priority display such as rank table is colored, or by a method such as by blinking be able to.
【0023】 [0023]
本発明の一実施例において、最も高い優先順位をもつユーザは、共用Eメールシステムに最初に優先的にアクセスする権利がある。 In one embodiment of the present invention, the user with the highest priority, the right to first priority access to the shared E-mail system. そこでEメールメッセージに最も高い優先順位をもつユーザは、自分自身のEメールを選択し、開くことができる。 Where the user with the highest priority to the E-mail message, select the E-mail of their own, it can be opened.
【0024】 [0024]
本発明の一実施例において、例えば、マウス、キー、輝度を高くした名前、カーソル付きボタンなどを用い、ユーザはユーザ名を選択してメールを開くことができる。 In one embodiment of the present invention, for example, a mouse, a key, a name and a high luminance, buttons and the like with a cursor using, the user can open the mail by selecting the username. 本発明の一実施例において、ユーザは、個人的なEメールの作業環境へのアクセス権を得るために、例えば、パスワード、および、または、社章などの認証情報を入力するように指示される。 In one embodiment of the present invention, the user, in order to gain access to personal E-mail of the working environment, for example, a password, and or be instructed to enter authentication information such as a company emblem .
【0025】 [0025]
本発明の一実施例において、ユーザの個人的なEメールの作業環境は、例えば、受信箱、送信箱、および受信メッセージが格納できる少なくとも一つのユーザ定義可能なファイルフォルダを含むことができる。 In one embodiment of the present invention, personal E-mail of the working environment of the user, for example, inbox can outbox, and receiving messages including at least one user-definable file folder can be stored. 本発明の一実施例において、本システムは、メッセージの送信者によって名付けられたファイルフォルダにメッセージを格納することができ、あるいはユーザが例えば「パーソナル」のような名前のフォルダを作ることを許容している。 In one embodiment of the present invention, the system allows to make the folder name like can store messages in a file folder named by the sender of the message, or the user, for example, "Personal" ing. 本発明の一実施例において、ファイルフォルダは、例えば特別のファイルフォルダにアクセスするためのパスワードのような別の安全機能を含むことができる。 In one embodiment of the present invention, a file folder, for example it may include other safety features, such as the password to access the special file folder.
【0026】 [0026]
メッセージの内容に対する未認証の不正アクセスを防止するために、Eメールのメッセージ内容の暗号化と解読のために暗号化機能を用いることができる。 To prevent unauthorized access unauthorized to the contents of the message, it can be used an encryption function for encrypting and decrypting the message content of E-mail. 一実施例において、メールに添付された公開鍵を自動的に送信することができる。 In one embodiment, it is possible to send a public key attached to the mail automatically. 例えば、公開鍵をメールの先頭に組み込むことができる。 For example, it is possible to incorporate a public key to the beginning of the e-mail. 公開鍵を交換することの有利なことは、2人のユーザが公開鍵付きEメールを互いに送ることができることである。 It is advantageous thing to replace the public key is that it can be two users send a public key with E-mail each other.
【0027】 [0027]
本発明の一実施例において、全ユーザのうちの第一のサブセットを有する第一のグループは、第一の共用コンピュータを使用することができ、全ユーザのうちの第二のサブセットを有する第二のグループは、第二の共用コンピュータを使用することができる。 In one embodiment of the present invention, a first group having a first subset of the total users, it is possible to use the first shared computer, the second having a second subset of the total users groups, can be used a second shared computer.
【0028】 [0028]
本発明の一実施例において、共用Eメールシステムのユーザに対して広告や他の関連情報を表示するために、画面上にバナーを含むことができる。 In one embodiment of the present invention, in order to display advertisements and other related information to a user of the shared E-mail system may include a banner on the screen. このバナーは、例えば広告情報を表示するために用いられると、Eメールシステムを商用として無料にするか割引することができて便利である。 This banner, for example, used to display the advertisement information, it is convenient to be able to discount or not to free the E-mail system as a commercial.
【0029】 [0029]
本共用Eメールシステムは、他の有効な追加機能として、例えば、スペルチェックのための辞書機能、百科事典機能、文法チェッカー機能、マルチ標準応答、または標準応答リスト機能(例えば情報応答、ビジネスまたは儀礼応答など)、宛先選択のためのアドレス帳機能、特殊テキスト参照機能(例えばHTML参照機能など)、スマートネーム機能(例えば名前の数文字を入力すると、それらの文字を有するアドレス帳、名前リスト、またはファンクションキーと連動するアドレス帳インタフェースなどを参照する機能)、ユーザ設定可能なファンクション機能(例えば、ユーザが特定機能とキーとを連動するように割当てる、例えば、Alt−kキーをアドレス帳読出しに割当てる機能)、メモ機能(即ち各自短いメモの作成を可能と This shared E-mail system, as other useful additional functions, for example, a dictionary function for spell check, encyclopedia function, grammar checker function, multi-standard response, or standard response list function (for example, information response, business or rituals responses, etc.), address book function for the destination selection, and special text reference function (e.g. HTML reference function), entering a smart name function (for example, the number of name characters, address book with those characters, name list or, ability to reference address book interface backed with function keys), configurable function features a user (e.g., assign the user to interlock the specific function and a key, for example, assign Alt-k keys in the address book reading function), memo function (that allows the creation of their own short notes and る機能)などがある。 That function), and the like.
【0030】 [0030]
本発明の別の実施例において、ユーザは、各自のEメールの作業環境に対し、インターネットのワールドワイドウェッブからアクセスすることができる。 In another embodiment of the present invention, the user can to their E-mail work environment, access from the Internet's World Wide Web. 一例として、ユーザのEメールの作業環境の記憶領域はワールドワイドウェッブ上にミラー設置され、そこに同時に記憶保持される。 As an example, the storage area of ​​the E-mail of the working environment of the user is mirrored placed on the World Wide Web, there is simultaneously stored and held. 一実施例において、ユーザは、ウェッブインタフェースを介してメッセージを受信し、送信し、フォルダに記憶し、消去することができる。 In one embodiment, the user receives a message via the web interface, transmitted, and stored in the folder can be deleted. 一実施例において、本メールシステムは、標準POP3メールアプリケーションを、共用メールシステムの特別機能用に変更したバージョンを使用することができる。 In one embodiment, the mail system, a standard POP3 mail application can use the version that was modified for special function of the shared mail system.
【0031】 [0031]
本発明は、人材管理機能を含むことができる。 The present invention can include a personnel management functions. 例えば、本発明の一例として、ユーザは本システムにより出勤時間、退勤時間を記録する自動タイムレコーダを提供することができる。 For example, as an example of the present invention, the user attendance time by the present system, it is possible to provide an automatic time clock to record the clock-out times.
【0032】 [0032]
他の人材管理機能として、本システムを介してユーザデータを収集することにより、例えば、従業員数、時間あたりの、男女別従業員の数、勤務時間、人の出入りなどの、ユーザの統計データを追跡することができる。 Other human resources functions, by collecting user data through the system, for example, employees, per hour, the number of gender employees, working hours, such as out of a person, the statistical data of the user it can be tracked.
【0033】 [0033]
本発明の他の人材管理機能として、全社的なEメールシステム、例えば、全従業員へのイベント、会社の政策などの通知の提供を含んでいる。 Other human resource management functions of the present invention, contains a company-wide E-mail system, for example, the event to all employees, to provide notification of such policy of the company. 一つの実施例において、本発明は、各従業員にEメール(例えば会社の政策など)を読んだ確認を要求することができる。 In one embodiment, the present invention, it is possible to request a confirmation that I read the E-mail to each employee (for example, such as a company policy). 本システムは、どの従業員がEメールを開き、どの従業員が開いていないかを示す全従業員の記録を自動的に編集することができる。 The system may be any employee to open the E-mail, edit a record of all employees to indicate which employees are not open automatically. このような読出し受領レポートとして参照されるレポートが作成され、送信したファイルにどの受信者がアクセスしたか追跡することができる。 Such reports referenced creation as a read receipt report, which receiver the transmitted file can track whether accessed. 一実施例において、アクセスの日付と時間についても追跡できる。 In one embodiment, it can also track the date and time of access. 一実施例において、読出し受領レポートは、連続的に更新することができる。 In one embodiment, the read receipt report may be continuously updated.
【0034】 [0034]
本発明は、一般的なEメールシステムに適用可能な他のいくつかの機能を備えている。 The present invention is provided with some common features applicable to other E-mail systems. 例えば、本発明は、他のEメールシステムからの転送Eメールに組み込まれる記号「>」を、Eメールシステムから自動的に削除する機能を有するEメールシステムを含むことができる。 For example, the present invention, the symbol ">", which is incorporated in the transfer E-mail from another E-mail system, an E-mail system having a function of automatically deleted from the E-mail system.
【0035】 [0035]
別のEメールの機能として、開かれたEメールの内容を表すウィンドインタフェース機能、転送Eメールと添付物を階層的に表示するグラフィックディスプレイ機能を含む。 As a function of another E-mail, including wind interface functions representing the contents of opened E-mail, the graphic display function of hierarchically displaying the transfer E-mail and attachments. グラフィックディスプレイ機能を使用すると、転送されたEメールと添付物の内容のみを転送することができるので便利である。 When you use the graphic display function, which is convenient because it is possible to transfer only the contents of the transferred E-mail and attachments.
【0036】 [0036]
本発明の別の実施例において、インターネットの指定場所のリスト(例えば、アドレスまたはドメイン名)から得られたEメールのフィルタリングを行うことができるが、リストは管理者によって管理することができる(単一ユーザバージョンの場合、管理者とユーザとは同一でもよい)。 In another embodiment of the present invention, the Internet specified list of locations (e.g., address or domain name) can be carried out E-mail filtering obtained from, the list can be managed by an administrator (single for one user version, it may be the same as the administrator and user). 本発明の一つの実施例において、いわゆる「非迷惑メール」リストを維持管理しておくことにより、フィルタリングで特定の場所からの迷惑メールの受信を拒否することができる。 In one embodiment of the present invention, by previously maintains the so-called the "non-junk mail" list, it is possible to reject the reception of unsolicited e-mail from a specific location in the filtering. 管理者が設定した、例えばEメールや添付物のサイズ制限などの基準に基づき、フィルタリングにより、他のEメールを保護することができる。 Administrator sets, e.g., based on criteria such as size limits E-mail and attachments, by filtering, it is possible to protect other E-mail.
【0037】 [0037]
本発明の一つの実施例において、受信Eメールは、待ち行列が作られ、特定の時間、例えば休息時間、昼食時間、または終業後などのみに受信人であるEメールユーザへ転送することができる。 In one embodiment of the present invention, the received E-mail, the queue is created, can be transferred a certain time, for example rest time, lunch time, or the like only after closing the E-mail user is a recipient . この機能は、従業員が休息時間以外にこっそりEメールのチェックを行うことを防止することができる。 This feature, it is possible to prevent the secretly carrying out a check of E-mail in addition to the employees rest time. 本発明の別の実施例において、ユーザのEメール受信箱へのアクセスは、従業員がEメールのチェックに誘惑されないように、一日のうちの特定の時間のみに制限することができる。 In another embodiment of the present invention, access to the E-mail inbox of the user may be employees so as not to be tempted to check the E-mail is limited to certain times of day.
【0038】 [0038]
本発明の別の実施例において、メッセージの送信は、Eメールの作成時に送信日付と時間とを入力することにより、与えられた時間まで送信を遅らせることができる。 In another embodiment of the present invention, the transmission of the message by inputting a transmission date and time when creating the E-mail, it is possible to delay the transmission until a given time. このEメールの遅延送信機能は、誕生日祝いのEメールが従業員の誕生日に送られるように、早期入力が可能となるので便利である。 Delay transmission function of this E-mail, as birthday celebration of the E-mail is sent to the birthday of the employee, it is convenient because the early input becomes possible.
【0039】 [0039]
本発明の別の実施例において、Eメール送信者のユーザID(即ち、一般的にユーザ名、スクリーン名、またはEメールアドレスなども参照可能である)に基づくタイトル名をデフォルトとしてフォルダに設定し、そこに受信Eメールを格納する機能を備えることができる。 In another embodiment of the present invention, it sets E-mail sender user ID (i.e., typically the user name, screen name, or E-mail address can also be see etc.) title based on a folder as the default It may include a function of storing received E-mail therein. ユーザは、そのフォルダ名を、例えば、送信者の会社名、部課名、または他の特定名称、例えば「個人用」あるいは「親展」などと変更することができる。 The user, the folder name, for example, the company name of the sender, department name or other specific name, can be changed, for example, a "personal" or "confidential".
【0040】 [0040]
本発明の別の実施例において、本システムは、ユーザのEメールが予め設定可能な所定の時間動作しない場合、ユーザのEメールへの不正なアクセスを防止するために、ユーザのEメールの時間切れを自動的に検出し終了させることができる。 In another embodiment of the present invention, the system, if the E-mail users do not work in advance a predetermined time that can be set, in order to prevent unauthorized access to the E-mail of the user, time of E-mail users cut it is possible to automatically detect and terminate.
【0041】 [0041]
(本発明の代表的な実施例) (Exemplary embodiment of the present invention)
図1Aは典型的な従来のクライアント/サーバ型のコンピュータを含むEメールシステム環境100のブロック図を示す。 Figure 1A shows a block diagram of a E-mail system environment 100 including a typical prior art client / server computer. Eメールシステム環境100は、Eメールメッセージを受信側ユーザ104に送信する送信側ユーザ102を含む。 E-mail system environment 100 includes a transmitting user 102 to send E-mail message to the receiving user 104. 送信側ユーザ102は、クライアントコンピュータ106上にEメールを生成する。 Sending user 102 generates an E-mail on the client computer 106. クライアントコンピュータ106は、Eメールを送信側ユーザ102から別のクライアントコンピュータ110上の受信側ユーザ104へ送信する。 The client computer 106 transmits the E-mail from the transmitting user 102 to the receiving user 104 on another client computer 110. Eメールメッセージは、クライアントコンピュータ106のメールクライアント116を介して生成され、通信ネットワーク114を介してサーバ112上のメールサーバ118を経由する交信により送られる。 E-mail message is generated via the email client 116 of the client computer 106, via the communication network 114 sent by communication to a mail server 118 on the server 112. Eメール200は、その送信元、即ち送信側ユーザ102から送信される状態を示す図2を参照して後述されるように、通信ネットワークを介して他のコンピュータ(図示せず)を通過して進行し、クライアントコンピュータ110へ配送されて最終宛先である受信側ユーザ104によって受信される。 E-mail 200, that source, i.e. with reference to FIG. 2 showing a state that is transmitted from the transmission-side user 102 as described below, and through the communication network through the other computer (not shown) progress, is received by the receiving-side user 104 is delivered to the final destination to the client computer 110. 一つの実施例において、通信ネットワーク114は、イントラネットを含む。 In one embodiment, the communication network 114 includes an intranet. 別の実施例において、通信ネットワーク114は、グローバルインターネットを含む。 In another embodiment, the communication network 114 includes a global Internet. 当業者にとって、本発明の機能はいずれのEメールシステム環境および構成においても適用可能であることは自明であろう。 Those skilled in the art, that the function of the present invention can be applied in any of the E-mail system environments and configurations will be apparent.
【0042】 [0042]
図1Bは、クライアントコンピュータ106のコンピュータ環境120の典型例を示す。 1B shows a typical example of a computing environment 120 of the client computer 106. クライアントコンピュータ110およびサーバ112が、コンピュータ環境120と同様に図示できることは当業者には自明であろう。 The client computer 110 and server 112, can be illustrated in the same manner as the computer environment 120 will be apparent to those skilled in the art. コンピュータ環境120は、ハードウェア122、オペレーティングシステム124、およびアプリケーションプログラム126、128、130を有する。 Computer environment 120 includes hardware 122, operating system 124 and application program 126, 128, 130. オペレーティングシステム124は、ハードウェア122にアクセスするためのアプリケーションプログラム126、128、130に対する統合インタフェースであるアプリケーションプログラミングインタフェース(APLS)を備える。 Operating system 124 includes an application programming interface (APLS) is an integrated interface for the application program 126, 128, 130 to access the hardware 122. アプリケーションプログラムの典型例は、Eメール応用プログラムであるメールプログラム132である。 Typical examples of the application program is a mail program 132 is an E-mail application program. メールプログラム132は、メールクライアント116およびメールサーバ118の例でもある。 Email program 132 is also an example of the mail client 116 and the mail server 118. 別の方法として、メールプログラム134を、オペレーティングシステム124の一部として組み込み、アプリケーションプログラム126、128、130に対するメール機能を働かせることも可能である。 Alternatively, the email program 134, built as part of the operating system 124, it is possible to exert a mail function for an application program 126, 128, 130.
【0043】 [0043]
図1Aを再参照し、メールクライアント116は、ユーザ102からパスワードを受け取り、ユーザ102とそのEメールアカウントへのアクセス権を有効にさせる認証入力モジュール108を備えることができる。 Re 1A, the mail client 116 receives the password from the user 102, may comprise an authentication input module 108 for enabling user access rights 102 to the E-mail account. 認証入力モジュール108は、メールサーバ118の認証サーバモジュール136と連携し、ユーザ102の個人メール受信箱へのアクセス権をユーザ102に認証すべきかどうかを判定することができる。 Authentication input module 108, in cooperation with the authentication server module 136 of the mail server 118 may determine whether to authenticate access to personal mail inbox of the user 102 to user 102. ユーザ102の認証後、認証サーバモジュール136は、記憶モジュール138を介し、Eメールストレージ140内のユーザ102用個人メール受信箱へのアクセスを、ユーザ102に提供することができる。 After authentication of the user 102, the authentication server module 136 via a storage module 138, access to a user 102 personal mail inbox in E-mail storage 140 can be provided to the user 102.
【0044】 [0044]
図2は、従来のEメール200の例を示す。 Figure 2 shows an example of a conventional E-mail 200. Eメール200は、各種のデータコンポーネントを含んでいる。 E-mail 200 includes a variety of data components. Eメール200に含まれるデータコンポーネントの例として、生成情報部202、本体部204、アドレス情報部206、および件名部208などがある。 Examples of data components included in E-mail 200, generating information unit 202, the main body portion 204, the address information unit 206, and the like subject 208.
【0045】 [0045]
一実施例において、生成情報部202は、例えば送信側のユーザ102から受信側のユーザ104へ送られた日付および時間などを含むことができる。 In one embodiment, generating information unit 202 may be, for example, the user 102 on the transmission side including the date and time sent to the user 104 on the receiving side. Eメール200の本体部204は、例えばテキスト部210と組込対象部212を含むことができる。 The body portion 204 of the E-mail 200 may include, for example, a text portion 210 and the embedded object part 212. 組込対象部212は、例えば添付物(添付書類)214を含むことができる。 Embedded object 212, for example, can include attachment (attachment) 214. 他の組込対象部212は、例えばビットマップイメージ、グラフィックオブジェクト、実行プログラム、圧縮テキスト、アプレットなどを含むことができる。 Other embedded object part 212 may include, for example, bitmap image, graphic objects, executables, compressed text, applet, and the like. 組込対象部212として、転送用Eメール200も含むことができる。 As embedded object part 212 may also include a transfer E-mail 200. アドレス情報部206は、Eメール200の送信側ユーザ102および受信側のユーザ104のメールアドレスを含むことができる。 Address information 206 may include an email address of the user 104 of the sending user 102 and the receiving of the E-mail 200.
【0046】 [0046]
添付物214は、また他の組込対象部212を含むことができる。 Attachment 214, and may include other embedded object part 212. 件名部208は、Eメール200の短信を含むことができる。 Subject 208 may include Statements of E-mail 200. Eメール200が、件名の一覧表を含むことが可能なことは当業者には自明であろう。 E-mail 200, that that can include a list of the subject will be apparent to those skilled in the art.
【0047】 [0047]
図3は、本発明におけるEメールシステム300を含む構成の一実施例を示す。 Figure 3 illustrates one embodiment of a configuration including an E-mail system 300 of the present invention. Eメールシステム300は、ユーザ304、306、308と通信するコンピュータ302を含むことができる。 E-mail system 300 can include a computer 302 that communicates with a user 304, 306, and 308. コンピュータ302は、マルチユーザ電子メールシステム310を有する。 Computer 302 has a multi-user e-mail system 310. マルチユーザ電子メールシステム310の好ましい実施例として、米国アラバマ州モバイルのザンテ社の完全子会社であるポイントクリアネット社提供のポイントクリアEメールシステムがある。 Multiuser a preferred embodiment of the electronic mail system 310, there is a Alabama Mobile Zante Inc. points clear net Company Presentation Point Clear E-mail system, a wholly owned subsidiary of. マルチユーザ電子メールシステム310は、一実施例において、優先順位モジュール312、認証モジュール314、記憶モジュール316、Eメール記憶モジュール318、入力待ち行列部326および出力待ち行列部328を有することができる。 Multi-user e-mail system 310, in one embodiment, can have a priority module 312, authentication module 314, storage module 316, E-mail storage module 318, the input queue unit 326 and an output queue 328.
【0048】 [0048]
マルチユーザ電子メールシステム310は一つのコンピュータ302上で動作するので、同時にはユーザ304、306、308のうちの一人のみがコンピュータ302にアクセスすることができる。 Since multi-user e-mail system 310 runs on a single computer 302, at the same time can only one person of the user 304, 306, 308 to access the computer 302. コンピュータ302へのアクセスは、優先順位モジュール312を用いて優先順位がつけられる。 Access to the computer 302, are prioritized using priority module 312. 優先順位モジュール312は、コンピュータ302とマルチユーザ電子メールシステム310に対し、ユーザ304、306、308のうちの誰が優先権をもつべきか指定することができる。 Priority module 312 to the computer 302 and multi-user e-mail system 310 can be anyone of the users 304, 306, 308 specifying should have priority. 一つの実施例として、Eメールメッセージの緊急度を優先度の形態で表示することができる。 As one example, it is possible to display the urgency of E-mail messages with priority mode. 例えば、特別なEメールアドレス、例えば会社の社長からのメールを最も高い優先順位に指定することができる。 For example, it is possible to specify a special E-mail address, for example, the e-mail from the company president to the highest priority. 優先順位の他の指定方法として、Eメールメッセージの受信順、新しい受信Eメールメッセージがあるか、ないか、などによってもよい。 Another method of specifying priority, order of reception E-mail message, if there is a new incoming E-mail messages, or no, may the like. 略式として、ライン労働者より監督者が、逆にパートタイム労働者よりライン労働者が高い優先順位を得ることができる。 Informal as, supervisors from the line workers, it is possible to line workers than part-time workers on the contrary obtain a high priority.
【0049】 [0049]
もし最も優先順位の高いユーザをユーザ304とすると、ユーザ304は、認証工程へと進むことができ、認証モジュール314を用いて例えばパスワードを入力して記憶環境320にアクセスすることができる。 If the highest priority user with the user 304, user 304, can proceed to the authentication process, it is possible to access the storage environment 320 for example by entering the password using the authentication module 314.
【0050】 [0050]
適正な認証情報が提供されると、記憶モジュール316は、ユーザ304が記憶モジュール316を介してEメール記憶モジュール318の記憶環境320にアクセスできるようにしている。 When the proper credentials are provided, the storage module 316, the user 304 has to access the storage environment 320 for E-mail storage module 318 via the storage module 316.
【0051】 [0051]
ユーザ304が他のユーザにEメールを送信する場合、Eメールは出力待ち行列部328を介して最終宛先へと配送することができる。 If the user 304 to send E-mail to other users, E-mail can be delivered to the final destination via the output queue unit 328.
【0052】 [0052]
ユーザ304が他のユーザからEメールを受信する場合、Eメールは入力待ち行列部326に待たせることができる。 If the user 304 to receive E-mail from other users, E-mail may be waiting in the input queue unit 326.
【0053】 [0053]
一実施例において、入力待ち行列部326と出力待ち行列部328とは、フィルタリング操作を行うために送信と受信とを遅らせることができる。 In one embodiment, the input queue unit 326 and an output queue unit 328 may delay the transmission and reception in order to perform the filtering operation.
【0054】 [0054]
本発明は、マルチユーザ電子メールアカウントのステータスがモニタできるとともに、各ユーザが名前スクリーン上で識別された後、単一のコンピュータからアクセスできるようになっている。 The present invention, it is possible status monitor multi-user e-mail account, after each user has been identified on the name screen, which is accessible from a single computer. 本発明におけるマルチユーザインタフェースの代表的な実施例として、図表500を示す図5以下が参照される。 Representative examples of a multi-user interface of the present invention, reference is made below Figure 5 shows a diagram 500. 図5における代表的な実施例は、本発明におけるマルチユーザインタフェースに対応するグラフィカルユーザインタフェース(GUI)の応用例、アプレット、またはブラウザインタフェースを示している。 Representative examples of FIG. 5, application of a graphical user interface corresponding to the multi-user interface of the present invention (GUI), shows an applet or browser interface. 本発明によるマルチユーザ電子メールシステムを組み込んだ代表的な実施例として、米国アラバマ州モバイルのザンテ社の完全子会社であるポイントクリアネット社より提供可能のポイントクリアシステムがある。 As a typical example incorporating a multi-user e-mail system according to the present invention, there is Alabama, USA Mobile Zante company can provide point clear system of than wholly owned subsidiary point clear net Inc., a of.
【0055】 [0055]
一実施例において、単一の共用コンピュータ用のマルチユーザEメールシステムは、7人のユーザより多く、64人のユーザまでを単一のコンピュータ上でサポートしている。 In one embodiment, a multi-user E-mail system for a single shared computer, more than seven users and supports up to 64 users on a single computer. 他の実施例では図表500に示すように、本発明によるマルチユーザ電子メールシステムのマルチユーザインタフェースを用いて4列16行分のユーザを表示することができる。 As shown in Figure 500 in other embodiments, it is possible to display the four columns 16 rows of user using the multi-user interface of a multi-user electronic mail system according to the present invention.
【0056】 [0056]
一実施例において、システム管理ツールは、会社における各Eメールアカウントを構築するために用いられる。 In one embodiment, the system management tool is used to build each E-mail account in the company.
【0057】 [0057]
一実施例において、名前スクリーンは、当該コンピュータに関連するユーザ毎のEメールアカウントを一覧表表示するマルチEメールシステムのデフォルトのスクリーンである。 In one embodiment, the name screen is the default screen of the multi E-mail system that displays a list of E-mail account for each user associated with the computer.
【0058】 [0058]
一実施例において、電子タイムクロックを提供するタイムクロック機能を備えている。 In one embodiment, a time clock function to provide an electronic time clock. 一実施例において、例えば、システム管理者は、時間労働者を識別することができ、例えばログイン、ログアウト、時間オーバー、人材の報告、および管理者警告などの記録を要する特別な機能をセットアップすることができる。 In one embodiment, for example, the system administrator can identify the time workers, for example login, logout, time-over, to set up the special features that require recording of human resources reporting, and administrator warning can.
【0059】 [0059]
他の実施例において、もしEメール環境のウィンドウが開かれたままで放置され、所定の時間経過すると、個々のEメールウィンドウはシステムからログアウトされる。 In another embodiment, if the window E-mail environment is left remain open, when a predetermined time has elapsed, individual E-mail window is logged out of the system. ログアウトは、例えば、時間の経過、または他の基準に基づいて行われる。 Log out, for example, based on the course or other criteria, the time. この機能は、ユーザがログアウトしないでコンピュータシステムを離れた後の、開かれて放置されたコンピュータへの不正アクセスを防止することができる。 This function can be prevented after the user leaves the computer system without logging out, unauthorized access to the opened and left computer.
【0060】 [0060]
一実施例において、本発明によるシステムは、もしユーザが広告を見てもよいと思うならば、無料あるいはディスカウントされて提供されることもある。 In one embodiment, the system according to the present invention, if you think that the user may look at the ads, may also be provided free or discounted. 無料の評価使用も適用可能である。 Free evaluation use can also be applied. 無料の評価使用では、使用ができなくなる日付が識別されている。 In the free evaluation use, the date can not be used has been identified. 特別基準の適用完了後、保持されていたファイルフォルダのアクセスは再び可能となる。 After application of the special criteria is complete, access the file folder that has been held becomes possible again. 一実施例において、広告用バナーの組み込みが可能であり、所定の場所に配置される。 In one embodiment, it is possible the incorporation of advertising banners, is arranged at a predetermined location. 一実施例において、広告はスポンサー等から提供される。 In one embodiment, the advertisement is provided from the sponsor or the like.
【0061】 [0061]
他の実施例において、他のアプリケーションプログラムからアドレスリストを組込むためにアドレス帳組込み部を備えることができる。 In other embodiments, it may comprise an address book built unit to incorporate an address list from another application program.
【0062】 [0062]
本発明の一実施例において、全てのタイプの添付物が、Eメールに添付可能であり、Eメールからフォルダに格納可能であり、Eメールから削除可能であり、Eメールから実行可能であり、Eメールとして転送可能でもある。 In one embodiment of the present invention, all types of attachment, is capable attached to E-mail, it can be stored from the E-mail to a folder, and can be deleted from the E-mail, and can execute from E-mail, there is also a possible transfer as E-mail. Eメールはまた、添付物としても転送可能である。 E-mail It is also possible transfer as an attachment. 一実施例において、Eメールが複数の添付物を有する場合、ユーザは複数の添付物の中から転送するために選択した添付物をハイライトさせることにより選択することができ、選択された添付物のみを転送する構成とすることができる。 In one embodiment, if E-mail has a plurality of attachment, the user can select by highlighting the attachment selected for transfer from a plurality of attachment, selected attachment only it can be configured to transfer.
【0063】 [0063]
一実施例において、迷惑メール除去部が、受け入れ難い迷惑メールの送信先を識別可能なEメールアドレスリストをダイナミックに維持する構成とすることができる。 In one embodiment, it is possible spam removal unit, a structure for maintaining the destination of unacceptable junk mail E-mail address list can be identified dynamically. 迷惑メール除去部は、Eメールアドレス、ドメイン名、または他の識別子に基づいてフィルタとして機能する。 Spam removal unit is configured to function as a filter on the basis of E-mail address, the domain name or other identifier,.
【0064】 [0064]
一実施例において、オンラインヘルプを備えることができる。 In one embodiment, can be provided on-line help.
【0065】 [0065]
他の実施例において、アドレス帳はEメールユーザとして複数のグループを含むことができる。 In another embodiment, the address book may include a plurality of groups as an E-mail user.
【0066】 [0066]
他の実施例において、Eメールフォルダ用のセキュリティーを備えることが可能であり、記憶フォルダへのアクセスを、当該フォルダに関連づけられたパスワードなどの認証基準を入力したユーザのみに制限することができる。 In another embodiment, it is possible to provide security for the E-mail folders, access to the storage folder can be only limited user who inputs the certification standards, such as a password associated with the folder.
【0067】 [0067]
他の実施例において、スペルチェック機能を備えることができる。 In other embodiments, it can comprise a spell check function.
【0068】 [0068]
他の実施例において、Eメールメッセージは、緊急のマークをつけるか(ホットまたはホットメールともいう)メール本体に組み込むか、または優先順位識別情報を組み込むことなどにより優先レベルを識別する構成とすることができる。 In another embodiment, E-mail messages (also referred to as hot or Hotmail) emergency or mark or incorporated into the email body or priority, such as by incorporating identifying information be configured to identify the priority level can. 一実施例において、緊急メールを受信すると、例えばビジュアル、グラフィカル、またはオーディオなどの指示による緊急信号を発生させることができる。 In one embodiment, upon receiving an emergency mail, for example visual, it is possible to generate an emergency signal by the instruction, such as graphical or audio. 図5の図表500は、例えばエンベロープアイコン512、508により緊急メールを図示している。 Chart 500 of FIG. 5 illustrates the emergency mail by, for example, envelope icon 512,508. マルチユーザによって参照待ちのメールの緊急度は、例えば色分けにより、最も緊急度の高いメールは赤508、次の中程度の緊急度は黄色512、最も緊急度の低いメールは白504などのように指示することができる。 Urgency of the reference waiting messages by a multi-user, for example by color coding, the highest degree of emergency mail red 508, yellow 512 urgency about the next middle, lowest urgency mail, such as white 504 it is possible to instruct. これとは別の色分けも可能である。 Another color-coded is that this is also possible. これらとは別に、オーディオ、ビジュアル、アイコン、数字、英数字、または他の方法による優先順位の表示なども可能である。 Apart from these, audio, visual, icon, the numbers, it is also possible such as the display of priority by alphanumeric or other methods. また、より優先順位の高い場合、オーディオアラーム、または無線警報をトリガーすることもできる。 Also, if a higher priority, it is also possible to trigger an audio alarm or radio alarm. 新メールがない状態504としてマルチユーザインタフェースを色のない状態とすることも可能である。 It is also possible to multi-user interface and the absence of color as a new mail is no state 504.
【0069】 [0069]
本発明の他の実施例において、例えば特定のワードとフレーズがメール本体または件名部に含まれる場合、ワードとフレーズのリストを参照することにより、これら特定のワードとフレーズを含むメールを受信に先立って認識でき、このEメールを拒否する構成とすることができる。 In another embodiment of the present invention, for example, if a particular word and phrase is included in the mail body or subject unit, by referring to the list of words and phrases, prior messages containing certain of these words and phrases in the received can be recognized Te, it can be to reject configure this E-mail. Eメールメッセージの送信者に対し、何が起こったのか、またはそのようなEメール送信の影響を警告する自動応答機能を起動することもできる。 To the sender of the E-mail message, what happened, or can also be used to trigger an automatic response function to warn the effects of such E-mail transmission.
【0070】 [0070]
本発明の他の実施例において、Eメールメッセージの遅延送信機能により、Eメールメッセージの送信日付と送信時間の指定を行わせることができる。 In another embodiment of the present invention, the delay transmission function of E-mail messages, it is possible to perform the designation of transmission date and the transmission time of the E-mail message.
【0071】 [0071]
本発明の他の実施例において、Eメールアカウントは、受信したEメールを別のEメールアドレスに自動転送するようにセットアップする構成とすることができる。 In another embodiment of the present invention, E-mail account may be configured to set up to automatically forward received E-mail to another E-mail address. 別に、Eメールの送信者によって、受信者が例えばEメールにアクセスしたか、受信したか、または開いたかなどを確認できる自動受領通知機能をイネーブル状態にすることができる。 Separately, it is possible by the sender of the E-mail, it has access to the recipient, for example, E-mail, has been received, or to enable the state automatic acknowledgment function, or the like can check whether open. 代表的な実施例において、読出し受領レポートは、表示することができる。 In an exemplary embodiment, the read receipt report may be displayed. 読出し受領レポートは、例えば図7に示されるようなものであり、後述される。 Read receipt report, for example, it is such as shown in FIG. 7, described below.
【0072】 [0072]
本発明の他の実施例において、暗号化機能は、送信者と受信者との間のEメールへのアクセスを制御する個人用暗号鍵の入力を可能とする構成とすることができる。 In another embodiment of the present invention, the encryption function may be configured to enable input of personal cryptographic key to control access to E-mail between the sender and receiver. 暗号化のために複数のアルゴリズムがサポートされている。 A plurality of algorithms for encryption are supported. 一実施例において、新しいアルゴリズムが開発されても、古いアルゴリズムも引き続いてサポートされると便利である。 In one embodiment, even new algorithms have been developed, it is convenient to be supported subsequently also old algorithm. 第一のアルゴリズムでセットアップされたEメールシステムの修正前のバージョンのユーザは、例えデフォルトのプログラムが10版のアルゴリズムであるとしても、第一のアルゴリズムを使い続けることができる。 User unmodified version of the setup has been E-mail system in the first algorithm, as is the default program 10 edition algorithm example, it is possible to continue to use the first algorithm. 本発明によれば、適合するユーザの公開鍵は自動的生成される。 According to the present invention, the public key of the matching user is automatically generated. 一実施例において、公開鍵は、送信されるEメールメッセージに自動的に組み込まれる。 In one embodiment, the public key is automatically included in E-mail messages sent. 図8Aは、従来からの公開鍵のプロセス基盤の図の例、図8Bは、本発明による公開鍵の交換方法を示す図、図8Cは、本発明によるEメールの先頭部に組み込まれた公開鍵を示すソースコード図である。 8A is an example of diagram of process infrastructure public key conventional, FIG. 8B illustrates a method of replacing the public key according to the invention, FIG. 8C, published incorporated in the head portion of the E-mail according to the present invention it is a source code showing the key. ユーザは、従来要求されたような、複雑なセットアッププロセスは不要であるので便利である。 The user conventionally required as complex setup process is convenient because it is unnecessary.
【0073】 [0073]
本発明の一実施例において、例えばEメールが作成され、宛先アドレスフィールドが書き込まれる時、Eメールの送信者のキー操作に基づいてEメールの受信者として最も可能性の高い名前候補のリストが分析されるように構成することができる。 In one embodiment of the present invention, for example, E-mail is created, when the destination address field is written, a list of most likely name candidates as the recipient of the E-mail based on the sender's key operation E-mail it can be configured to be analyzed. 一実施例として、文字をタイプする毎に、選択される名前候補の選択範囲が狭められる。 As an example, for each type of character is narrowed selection of name candidates to be selected. キー操作との連動により、キー操作毎に可能性の高い候補者リストが更新表示されるので、ユーザはその中から選択するだけでよい。 By interlocking with the key operation, since the high candidate list could each key operation is updated and displayed, the user only needs to choose from.
【0074】 [0074]
本発明の一実施例において、キーまたはキーの組合わせと、ユーザによって実行されるタスクとを関連づけることができる。 In one embodiment of the present invention, it is possible to associate a combination of keys or key, and tasks performed by the user. この機能により、ユーザは希望するアクションを、例えばファンクションキー、または別のキーとコントロールキーとの組合わせとして割当てることができる。 This feature allows a user to assign a combination of a desired action, such as a function key or another key and the control key.
【0075】 [0075]
本発明の一実施例においては、ユーザがEメールを作成しながらEメールに音声メールを挿入する構成とすることができる。 In one embodiment of the present invention, a user can configured to insert a voice mail to the E-mail while creating a E-mail.
【0076】 [0076]
本発明の一実施例においては、ユーザが、Eメールにオーディオ/ビデオ記録を挿入する構成とすることができる。 In one embodiment of the present invention, a user can be configured to insert an audio / video recording to E-mail.
【0077】 [0077]
本発明の一実施例においては、個人的な注意メモをEメールユーザの作業環境内に生成するように構成することができる。 In one embodiment of the present invention, a personal care note may be configured to generate the working environment of the E-mail user.
【0078】 [0078]
他の実施例において、Eメールを受信した場合、Eメールの送信者を自動的、またはプロンプト指示によりアドレス帳に追加するように構成することができる。 In another embodiment, when receiving the E-mail, it can be configured to add the sender of the E-mail automatically, or by prompting the address book.
【0079】 [0079]
本発明の他の実施例においては、Eメールが大なる記号”>”を含む場合、文列の先頭の全ての大なる記号”>”を削除する機能を含むように構成することができる。 In another embodiment of the present invention, if the E-mail includes a sign ">" large becomes, can be configured to include the ability to remove all large consisting symbol ">" at the beginning of Bunretsu. この文字は、通常Eメールメッセージを転送する場合にEメールシステムによって付加されてしまう。 This character will be added by E-mail system when transferring normal E-mail message. この大なる記号”>”は、多くのEメールシステムではデフォルトの文字となっているが、別のシステムとしては、削除または他の文字に変更するように構成することもできる。 This large becomes symbol ">" is, but in many of the E-mail system has become a default character, as another system, can also be configured to change to delete or other characters. 従って、別の実施例としては、この文字を削除するように指定することができる。 Thus, as another embodiment, it is possible to specify to delete the character.
【0080】 [0080]
図6は、本発明による個人用ファイリングシステム600の代表的な実施例を示すユーザインタフェースの図である。 Figure 6 is an illustration of a user interface that shows an exemplary embodiment of a personal filing system 600 according to the present invention. 個人用ファイリングシステム600は、ファイルキャビネット602を有するユーザのEメールの作業環境を含む構成とすることができる。 Personal filing system 600 may be configured to include the user's E-mail of the working environment with a file cabinet 602. ファイルキャビネット602は、入れ子となるサブフォルダを作成するように位置づけられたフォルダであり、そのサブフォルダの中にユーザは入力するEメールおよび出力するEメールを整理することができる。 File cabinet 602 is a folder that is positioned to create a subfolder as a nest, you can organize E-mail user to E-mail and an output and inputs in its subfolders. 一実施例において、ユーザは、このファイルキャビネットに関係するEメールの送信、受信のプロパティを設定することができる。 In one embodiment, the user can set the E-mail transmission, reception Properties relating to the file cabinet. 例えば、送信側ユーザから送信される全てのEメールは、送信側ユーザのファイルキャビネット602内の個人用フォルダに自動的に格納される構成とすることができる。 For example, all of the E-mail sent from the transmitting user may be configured to be automatically stored in a personal folder in a file cabinet 602 of the sending user. 代表的な実施例において、Eメールは、受信者のEメールアドレスまたはユーザ名にちなんで名づけられたファイルフォルダに格納される。 In an exemplary embodiment, E-mail is stored in a file folder named after the E-mail address or the user name of the recipient. 代表的な実施例において、常時更新される読出し受領レポートファイルは、割り当てられたフォルダに格納される。 In an exemplary embodiment, the read receipt report file is constantly updated is stored in the folder assigned. ユーザは、送信時に送信されるEメールが格納されるフォルダを変更することができる。 The user can change the folder to E-mail to be sent at the time of transmission is stored. 同様に、送信者から受信者に受信されたメールに関し、当該Eメールは割り当てられたフォルダ、例えば送信側ユーザのEメールアドレスまたはユーザ名にちなんで設定可能なフォルダに自動的に格納されるようにすることができる。 Similarly, relates mail received from the sender to the recipient, the E-mail folders assigned, for example, to be automatically stored in a configurable folder named after the E-mail address or the user name of the sending user it can be. 代表的な実施例において、Eメールの受信に当り、受信者は、単一ボタンの選択により、当該メールを割り当てられたフォルダに自動的に格納させるようにすることができる。 In an exemplary embodiment, hit the reception of E-mail, the recipient, the selection of a single button can be made to be automatically stored in a folder that is assigned the mail.
【0081】 [0081]
本発明の一実施例においては、ユーザのEメール構成をサーバ上にミラー配置することができ、そのミラーサーバにウェッブブラウザまたはメールシステムのリモートバージョンからアクセスする構成とすることができる。 In one embodiment of the present invention, it is possible to mirror arrangement the E-mail configuration of the user on the server can be configured to access the remote version of the web browser or e-mail system to the mirror server. このためのインタフェースは、ユーザがあたかもマルチユーザ共用Eメールシステムコンピュータの前に座っているかのように、ユーザのアドレス帳や全てのユーザのフォルダにアクセスできるようにすることができる。 Interface for this, the user can as if multi-user as to whether or sitting in front of the shared E-mail system computer, to allow access to the user's address book and folders of all users. Eメールを送信し、受信するユーザは、Eメールの読出し受領レポートにより、受信者の机に届いたかどうか確認することができる。 To send E-mail, the receiving user can be by the read receipt report of E-mail, to confirm whether or not arrived in the recipient's desk.
【0082】 [0082]
本発明は、独立したコンピュータのプラットフォームである。 The present invention is an independent computer platform. 望ましい実施例におけるクライアントコンピュータ106は、ウィンドウズ(登録商標)、Mac/OS、またはUNIX(登録商標)のようなオペレーティングシステムが動作するパーソナルコンピュータ(PC)システムで構成される。 The client computer 106 in the preferred embodiment, Windows (registered trademark), and a Mac / OS, or UNIX personal computer (PC) system operating system operates, such as (R). しかし、本発明は、このプラットフォームに限定されるものではない。 However, the present invention is not limited to this platform. かわりに本発明は、適正なオペレーティングシステムが動作する適正なコンピュータシステム上に構成可能である。 The present invention instead, proper operating system can be constructed on an appropriate computer system to operate. オペレーティングシステムには、例えばSolaris, Irix, Linux, HPUX, OSF, Windows(登録商標), Windows(登録商標) NT, OS/2, Mac/OSなどがある。 The operating system, for example, Solaris, Irix, Linux, HPUX, OSF, Windows (registered trademark), Windows (registered trademark) NT, there is such as OS / 2, Mac / OS. 一実施例において、本発明は、ここに記載したようなコンピュータシステム上に構成される。 In one embodiment, the present invention is configured on a computer system as described herein. 別の実施例において、本発明は、例えばハンディーデバイス、双方向ページャー、セルラフォン、時計、無線デバイス、ラップトップ、ノートブック、またはサブノートコンピュータ、他のタイプのコンピュータデバイス、例えばマイクロコンピュータ、ミニコンピュータ、メインフレームコンピュータのようなハードウェア上に構成することができる。 In another embodiment, the present invention is, for example handy device, a two-way pager, a cellular phone, a watch, a wireless device, a laptop, notebook or sub-notebook computer, other types of computing devices, for example, a microcomputer, minicomputer, it can be configured on hardware such as the mainframe computer.
【0083】 [0083]
図4は、代表的なクライアントコンピュータ106のコンピュータシステムを示す。 Figure 4 illustrates a computer system of a typical client computer 106. 本発明による他のコンポーネント、例えばクライアントコンピュータ110、コンピュータ302、および、またはサーバ112なども図4に示されるようなコンピュータを用いて構成される。 Other components according to the present invention, e.g., client computer 110, and using a computer such as computer 302, and, or a server 112 shown in FIG.
【0084】 [0084]
コンピュータシステム106は、例えばプロセッサ402のような一つまたは複数のプロセッサを含んでいる。 Computer system 106 includes one or more processors, such as processor 402. プロセッサ402は、通信バス404に接続されている。 The processor 402 is connected to a communication bus 404.
【0085】 [0085]
クライアントコンピュータ106は、望ましくはランダムアクセスメモリ(RAM)であるメインメモリ406および補助メモリ408を含む。 The client computer 106, preferably includes a main memory 406 and secondary memory 408 is a random access memory (RAM). 補助メモリ408は、例えばハードディスクドライブ410、および、または、フロッピー(登録商標)ドライブ、磁気テープドライブ、コンパクトディスクドライブなどのリムーバブル記憶ドライブ412を含む。 Auxiliary memory 408 may include for example, a hard disk drive 410, and, or, a floppy drive, a magnetic tape drive, a removable storage drive 412, such as a compact disk drive. リムーバブル記憶ドライブ412は、良く知られた方法でリムーバブル記憶ユニット414からデータの読出し、および、または書込みを行う。 Removable storage drive 412, well-known reading of data from the removable storage unit 414 in a manner, and, or perform writing.
【0086】 [0086]
リムーバブル記憶ユニット414は、またプログラム記憶デバイスとかコンピュータプログラム製品とも呼ばれ、主にフロッピー(登録商標)ディスク、磁気テープ、コンパクトディスクなどある。 Removable storage unit 414, also called the program storage device Toka computer program product, mainly floppy disks, magnetic tapes, such as a compact disc. リムーバブル記憶ユニット414は、コンピュータで利用可能な記憶媒体を含み、コンピュータソフトウェア、および、または、データ、例えば目的の方法やデータをそこに格納させることができる。 Removable storage unit 414 includes a storage medium usable by a computer, computer software, and, or, the data, for example, it is possible to store the object of the method and data therein.
【0087】 [0087]
クライアントコンピュータ106は、例えば(ただしこれに制限されるものではないが)、マウス416や他のデバイス、例えばデジタイザ、キーボード418、その他の入力デバイスを含む。 The client computer 106, for example (but but are not limited to), a mouse 416 or other device, for example a digitizer, a keyboard 418, and other input devices. クライアントコンピュータ106は、また、例えばディスプレイ420などの出力デバイスを含むが、これはタッチ入力可能なモニタでもよい。 The client computer 106 also, for example, include an output device such as a display 420, which may be a touch input can be monitored. クライアントコンピュータ106は、また、ネットワークインタフェースカード422、および、または、モデム424を含み、これによりネットワーク114にアクセスすることができる。 The client computer 106 also a network interface card 422, and, or, comprises a modem 424, which makes it possible to access the network 114.
【0088】 [0088]
コンピュータプログラム(コンピュータ制御ロジックとも呼ばれる)は、オブジェクト指向コンピュータプログラムを含み、メインメモリ406、および、または補助メモリ408、および、または、コンピュータプログラム製品とも呼ばれるリムーバブル記憶ユニット414などに記憶される。 Computer programs (also called computer control logic) comprises an object-oriented computer program, a main memory 406 and, or the auxiliary memory 408 and, or, are stored in such removable storage units 414, also referred to as computer program product. このようなコンピュータプログラムは、実行される場合、コンピュータシステム106に以下に述べるような本発明の特徴的な機能を実行させることができる。 Such computer programs, when executed, it is possible to execute the characteristic features of the present invention as described below in the computer system 106. 特に、コンピュータプログラムは、実行される場合、プロセッサ402に本発明の特徴的な機能を実行させる。 In particular, the computer programs, when executed, to execute the characteristic function of the present invention to the processor 402. 従って、このようなコンピュータプログラムは、コンピュータシステム106のコントローラとして働く。 Accordingly, such computer programs, acts as a controller of the computer system 106.
【0089】 [0089]
別の実施例において、本発明は、コントロールロジック(コンピュータソフトウェア)をその中に格納した、コンピュータ読出し可能な記憶媒体を含むコンピュータプログラム製品の提供を目標としている。 In another embodiment, the present invention was stored control logic (computer software) therein, with the goal of providing a computer program product comprising computer readable storage medium. コントロールロジックは、プロセッサ402によって実行される場合、プロセッサ402が以下に述べる本発明による機能を実行するように働く。 Control logic, when executed by processor 402, processor 402 is operative to perform the functions according to the present invention described below.
【0090】 [0090]
さらに別の実施例において、本発明は、例えば一つまたは複数のステートマシンを用いたハードウェアに組み込まれる。 In yet another embodiment, the present invention is incorporated in hardware using for example one or more state machines. これらのステートマシンの組み込みにより、以下に記載する機能を実行できることは、当業者には自明であろう。 The incorporation of these state machines, the ability to perform the functions described below, will be apparent to those skilled in the art.
【0091】 [0091]
図5はマルチユーザ用のグラフカルユーザインタフェース(GUI)500の代表的な実施例を示し、複数の異なるユーザのEメールアカウントのステータス表示機能を含んでいる。 Figure 5 shows an exemplary embodiment of a graph Cal user interface (GUI) 500 for multi-user, and includes a status display function of E-mail account of a plurality of different users. 図のGUIは、パーソナルコンピュタベースソフトウェアのアプリケーションプログラムである。 GUI of the figure is a personal Konpyuta based software application program. GUIは、実に扱い易いワークステーション用アプリケーションであり、UNIX(登録商標)用アプリケーションであり、JAVA(登録商標)アプレットであり、インターネットまたはワールドワイドウェッブ(WWWまたはweb)ブラウザベースのホームページ、またはアプレットGUIである。 GUI is a really easy to handle for the workstation application, is an application for UNIX (registered trademark), a JAVA (registered trademark) applet, the Internet or World Wide Web (WWW or web) browser-based home page or applet GUI, it is. 代表的な実施例において、優先順位の表示機能を含むことができる。 In an exemplary embodiment, it may include a priority display function. 例えば、どのメールアカウントが優先されるべきなのかの優先順位を表示するために、優先順位表示機能を備えることができる。 For example, to which mail account to view the priority of how such should be prioritized, may comprise a priority display function. 一実施例においてはビジュアル表示指示機能を用いることができる。 It can be used a visual display indicating function in one embodiment. さらに、オーディオ指示機能も備えることができる。 Further, it may also include audio instruction function. 一実施例において、図示されているように、最も優先順位の低い白色部502、504を含むカラーの図柄を用いることができる。 In one embodiment, as shown, may be used a pattern of colors including the lowest precedence white section 502. アイコン付き図柄508、512またはアイコン無し図柄504が、マルチユーザアカウントの一つが新メールを受信したかどうかを示すために用いることができる。 Icons with symbols 508, 512 or icon without symbol 504, one of the multi-user accounts can be used to indicate whether it has received a new email. 優先順位付け機能を備えることにより、黄色着色図柄510、512が、中程度の優先順位を強調することができる。 By providing the prioritization can be yellow colored pattern 510 and 512 is to emphasize the priority of medium. 代表的な実施例において、優先度の高いEメールメッセージ506、508は、赤に彩色することで強調することができる。 In an exemplary embodiment, high priority E-mail messages 506, 508 can be emphasized by color to red. 優先順位の低いEメールメッセージは、白に彩色することができる。 Low priority E-mail messages can be painted white. タッチスクリーンによるユーザアカウントの選択、または、マウスや他の入力デバイス、例えばキーボード、リモコン、カーソルキーなどによるユーザアカウントの選択により、そのユーザが、例えばパスワード、生体情報、または他の識別情報などの認証条件を備えていると仮定すると、当該Eメールアカウントに基づく作業環境をオープンすることができる。 Selection of user accounts by a touch screen, or mouse or other input devices such as a keyboard, a remote control, the selection of the user account by a cursor key, the user, for example a password, authentication, such biometric information, or other identifying information, assuming that includes a condition, it is possible to open the work environment based on the E-mail account.
【0092】 [0092]
図6は、個人用ファイルシステム600の代表的な実施例を示す。 Figure 6 shows an exemplary embodiment of a personal file system 600. 個人用ファイルシステム600は、送信、または受信Eメールを格納する複数の個人用フォルダ602〜640を有することができる。 Personal files system 600 may have a plurality of personal folders 602-640 for storing transmit or receive E-mail. 図6は、本発明による個人用ファイルシステム600の代表的な実施例を表すユーザインタフェースを示す。 Figure 6 illustrates a user interface representing an exemplary embodiment of a personal file system 600 according to the present invention. 個人用ファイルシステム600は、ファイルキャビネット602を有するユーザのEメールの作業環境を含む構成とすることができる。 Personal files system 600 may be configured to include the user's E-mail of the working environment with a file cabinet 602. ファイルキャビネット602は、入れ子となるサブフォルダを作成するように位置づけられたフォルダであり、ユーザは、そのサブフォルダの中に、入力するEメールおよび出力するEメールを整理する構成とすることができる。 File cabinet 602 is a folder that is positioned to create a subfolder as a nest, the user can in its subfolders, and configured to organize the E-mail and outputs E-mail to be entered. 一実施例においては、ユーザは、このファイルキャビネットに関係するEメールの送信、受信のプロパティを設定することができる。 In one embodiment, the user can set the E-mail transmission, reception Properties relating to the file cabinet. 例えば、送信側ユーザから送信される全てのEメールを、送信側ユーザのファイルキャビネット602内の個人用フォルダに自動的に格納する構成とすることができる。 For example, it is possible to all the E-mail sent from the transmitting user, and configured to automatically store in a personal folder in a file cabinet 602 of the sending user. 代表的な実施例において、Eメールは、受信者のEメールアドレスまたはユーザ名にちなんで名づけられたファイルフォルダに格納される。 In an exemplary embodiment, E-mail is stored in a file folder named after the E-mail address or the user name of the recipient. 代表的な実施例において、常時更新される読出し受領レポートファイルは、割り当てられたフォルダに格納される。 In an exemplary embodiment, the read receipt report file is constantly updated is stored in the folder assigned. ユーザは、送信時にEメールが格納されるフォルダを変更することができる。 The user can change the folder that E-mail is stored at the time of transmission. 同様に、送信者から受信者への受信Eメールに関し、当該Eメールは割り当てられたフォルダ、例えば送信側ユーザのEメールアドレスまたはユーザ名にちなんで設定可能なフォルダに自動的に格納される構成とすることができる。 Similarly, configuration relates receive E-mail from the sender to the recipient, the E-mail that is automatically stored in the assigned folder, for example configurable folders named after the E-mail address or the user name of the sending user it can be. 代表的な実施例において、Eメールの受信に当り、受信者は、単一ボタンの選択により、当該メールを割り当てられたフォルダに自動的に格納させる構成とすることもできる。 In an exemplary embodiment, hit the reception of E-mail, the recipient, the selection of a single button can also be configured to automatically stored in a folder that is assigned the mail.
【0093】 [0093]
図7は、割り当てられた読出し受領レポート用フォルダ内の読出し受領レポート700の代表的な実施例を示す。 Figure 7 shows a representative embodiment of a read receipt report 700 in the assigned folder for reading receipt report. 読出し受領レポート700は、名前部706、メール受信者のEメールアドレス部708を含んでいる。 Read receipt report 700 includes a name section 706, E-mail address section 708 of the mail recipient. 受信者がEメールにアクセスする場合、読出し受領レポート700は、例えば日付とアクセス時間712、アクセスタイプ710などを記録するように自動的に更新される。 If the recipient to access the E-mail, read receipt report 700, for example, the date and access time 712 is automatically updated to record and access type 710. 読出し受領レポート700は、記録部702に各種の情報タイプを記録することができる。 Read receipt report 700 may record a variety of information types in the recording unit 702. Eメールがまだ未読の場合、ブランクレコード704が記録される。 E If the mail is still unread, blank record 704 is recorded.
【0094】 [0094]
図8Aは、従来の公開鍵基盤(PKI)プロセス800を示し、代表的なユーザ1 802が、公開/個人鍵プロバイダ804と接続されている。 Figure 8A is a conventional shows a public key infrastructure (PKI) processes 800, exemplary user 1 802 is connected to a public / private key provider 804. 公開/個人鍵プロバイダ804は、ユーザ2 806からも情報を調達し、ユーザ1、2 802、806間の通信を提供することができる。 Public / private key provider 804 can procure information from the user 2 806, provides a communication between the user 1 and 2 802 and 806.
【0095】 [0095]
図8Aに示されるように、従来のプロセス800は、ステップ808から始めることができる。 As shown in Figure 8A, a conventional process 800 may begin with step 808.
【0096】 [0096]
ステップ808において、ユーザ1 802は、暗号化用の公開/個人鍵プロバイダ804により、メールアカウントをセットアップする。 In step 808, the user 1 802 is a public / private key provider 804 for encryption to set up an email account. プロセス800は、ステップ808からステップ810を引き続き実行する。 Process 800 will continue to execute step 810 from step 808.
【0097】 [0097]
ステップ810において、ユーザ2 806は、暗号化用の公開/個人鍵プロバイダ804によりメールアカウントをセットアップする。 In step 810, the user 2 806, to set up a mail account with a public / private key provider 804 for encryption. ユーザ1 802が暗号化されたEメールメッセージをユーザ2 806に送りたいと仮定する。 Assume you want to send the E-mail message that the user 1 802 is encrypted to the user 2 806. プロセス800は、ステップ810からステップ812を引き続き実行する。 Process 800 will continue to perform the step 812 from step 810.
【0098】 [0098]
ステップ812において、ユーザ1 802は、暗号化用の公開/個人鍵プロバイダ804と通信してユーザ2 806の公開鍵を確認しなければならず、ユーザ2 806の公開鍵を求めてサーチし、さらにユーザ1 802のEメールアドレス帳にユーザ2 806に関する鍵情報を加えなければならない。 In step 812, the user 1 802 communicates with the public / private key provider 804 for encryption must verify the public key of the user 2 806, and searches seeking public key of the user 2 806, further the E-mail address book of the user 1 802 must be added to the key information about the user 2 806.
【0099】 [0099]
ユーザ2 806もまた暗号化されたEメールメッセージをユーザ1 802へ送信したいと仮定する。 User 2 806 is also assumed to want to send E-mail messages that are encrypted to the user 1 802. プロセス800は、ステップ814を引き続き実行する。 Process 800 will continue to perform the step 814.
【0100】 [0100]
ステップ814において、ユーザ2 806は、暗号化用の公開/個人鍵プロバイダ804と通信してユーザ1 802の公開鍵を確認しなければならず、ユーザ1 802を求めてサーチし、さらにユーザ2 806のEメールアドレス帳にユーザ1 802に関する鍵情報を加えなければならない。 In step 814, the user 2 806 has to check the public key of the user 1 802 is communicating with the public / private key provider 804 for encryption searches seeking user 1 802, further user 2 806 It must be added the key information about the user 1 802 in E-mail address book. プロセス800は、ステップ814からステップ816を引き続き実行する。 Process 800 will continue to execute step 816 from step 814.
【0101】 [0101]
ステップ816において、ユーザ1 802およびユーザ2 806は、最終的に暗号化されたEメールメッセージを互いに送受信することができる。 In step 816, the user 1 802 and user 2 806, eventually can transmit and receive each other encrypted E-mail message.
【0102】 [0102]
図8Aのシステムが適用可能な従来システムの例として、米国ワシントン州レドモンドのマイクロソフト社提供のマイクロソフトアウトルックエクスプレスがある。 Examples of systems applicable conventional system of Figure 8A, there is a Microsoft Outlook Express Microsoft Corporation provides the Redmond, Washington. このような従来型のシステムは、既に詳述したように本発明とは異なり、ユーザ用特注加工の拡張処理を要するので、大変やっかいなものである。 Such conventional systems, unlike previously described the way the present invention, it takes an extended processing of custom machining user, but very troublesome. 例えば、マイクロソフトアウトルックエクスプレスのヘルプインデックスには、公開/個人鍵暗号化機能をアウトルックにセットアップする難しい手順が記載されている。 For example, the Help Index of Microsoft Outlook Express, difficult procedure to set up a public / private key encryption function in Outlook have been described. 下記の引用からわかるように、図8Aに示されるような従来の解決策の困難さを例証するものである。 As can be seen from the following citation, it illustrates the difficulty of the conventional solutions, such as shown in Figure 8A.
【0103】 [0103]
安全なメッセージの送信多くの人々がEメールで秘密情報を送るようになってきたので、Eメールで送られた文書が偽造されていないと確信できること、また送ろうとするEメールメッセージが送信者以外の他人に傍受されて読まれるようなことがないこと、などがますます重要になってきている。 Because the transmission Many people secure message has come to send secret information in the E-mail, you can be confident that the document sent by E-mail has not been forged, and E-mail messages that try to send other than the sender that there is no such thing as read are intercepted by others, such as it is becoming more and more important.
【0104】 [0104]
アウトルックエクスプレスで「デジタルID」を使用すると、小切手を現金に替えるような場合に運転免許証を提示することと同様に、あなたは電子取引における自分の身分を証明することができる。 When you use the "Digital ID" in Outlook Express, as well as to present a driver's license in the case, such as changing the check to cash, you may be able to prove their identity in electronic trading. デジタルIDを使用することで、あなたはEメールメッセージの暗号化とその秘密の保持ができる。 By using a digital ID, you can encrypt and its secret of retention of E-mail messages. デジタルIDは、電子メールの安全のためのS/MIME仕様を組み込む。 Digital ID incorporates the S / MIME specifications for e-mail security.
【0105】 [0105]
デジタルIDの仕組みデジタルIDは、公開鍵、個人鍵、およびデジタル署名で構成されている。 How digital ID of the digital ID, the public key, and a private key, and a digital signature. Eメールメッセージにあなたのデジタル署名を行う場合、あなたのデジタル署名と公開鍵がEメールメッセージに付加される。 If the E-mail message do your digital signature, public key and your digital signature is added to the E-mail message. デジタル署名と公開鍵との組合わせは「許可証」と呼ばれることもある。 The combination of a digital signature and public key is sometimes referred to as a "permit".
【0106】 [0106]
受信者は、あなたのデジタル署名であなたの身分を確認し、あなたの公開鍵を用いてあなた宛てに暗号化した暗号化メールを送信するが、この暗号化メールはあなたの個人鍵を用いてのみ読むことができる。 Recipient, to verify your identity with your digital signature, but to send the encrypted encrypted mail to you addressed using your public key, the encrypted e-mail using your private key only it can be read. 暗号化Eメールメッセージを送信するために、あなたのアドレス帳には受信者のデジタルIDを記録保持しておかなければならない。 To send an encrypted E-mail message, it must be recorded holding the digital ID of the recipient in your address book. このようにして、あなたは、相手の公開鍵を用いて相手に送るEメールメッセージの暗号化を行うことができる。 In this way, you can perform the encryption of E-mail messages to be sent to the other party using the public key of the other party. 受信者が暗号化されたEメールメッセージを受信する場合、暗号化Eメールメッセージは受信者の個人鍵を用いてを解読され、読むことができる。 If the recipient is to receive an E-mail message that has been encrypted, the encrypted E-mail message is decrypted using the private key of the recipient, it can be read.
【0107】 [0107]
あなたがデジタル署名したEメールメッセージを送信する前に、まずデジタルIDを取得し、あなたのメールアカウントをセットアップしておかなければならない。 Before sending the E-mail message that you have a digital signature, first obtain a digital ID, it must be kept to set up your e-mail account. あなたが暗号化Eメールメッセージを送信する場合、あなたのアドレス帳には相手の受信者毎のデジタルIDを記録保持しておかなければならない。 If you want to send an encrypted E-mail message, it must be recorded holding a digital ID for each recipient of the other party to your address book.
【0108】 [0108]
ディジタルIDの入手方法ディジタルIDは、独立の認証当局に申請される。 How digital ID to obtain the digital ID is application independent of the authentication authority. 認証当局のウェッブサイトにデジタルIDを申請する場合、当局は、IDを発行する前に申請者の身分を確認する。 If you want to apply for a digital ID to the web site of the certification authorities, the authorities, to verify the identity of the applicant before issuing the ID. デジタルIDには異なる複数のクラスがあり、それぞれ異なる信用レベルを保証する。 There are several different classes for digital ID, and guarantees different trust levels, respectively. より詳細な情報は、認証当局のウェッブサイトのヘルプを参照すること。 For more information, referring to the help of the web site of the certification authorities.
【0109】 [0109]
誰かの別の人のディジタルIDを取得するために、あなたは相手にディジタル署名されたメールを送るように要求するか、または、認証当局のウェッブサイトのディジタルIDデータベースを検索するか、のいずれかによって取得できる。 In order to obtain a digital ID of another person of someone, do you send a request for the e-mail that has been digitally signed to the other party, or, to search for digital ID database of the web site of the certification authorities, one of the It can be acquired by.
【0110】 [0110]
デジタル署名の確認方法デジタル署名されたEメールメッセージについて、「解約チェック」でその有効性を確認することができる。 How to verify digitally signed E-mail message of the digital signature, it is possible to confirm the validity of the "churn check". このチェックを行う場合、アウトルックエクスプレスは、適切な認証当局からデジタルIDに関する情報の提供を要請することができる。 When performing this check, Outlook Express, it is possible to request the provision of information relating to the digital ID from the appropriate certification authority. 認証当局は、当該IDが解約されたかどうかを含むデジタルIDの状況に関する情報を返信する。 Authentication authority sends back information on the status of the digital ID, including whether the ID has been canceled. 認証当局は、死亡や終了した人の「許可証」の履歴を継続して追跡している。 Certification authorities, are tracking to continue the history of the "permit" of the person who died and the end.
【0111】 [0111]
図8Bは、安全な公開/個人鍵構成方法818である、改善された構成方法の代表的な実施例を示す。 8B is a secure public / private key arrangement method 818 illustrates an exemplary embodiment of the improved construction method. ステップ824で、ユーザ1 820は、ユーザ2 822にメッセージを送信する。 In step 824, the user 1 820 transmits a message to the user 2 822. ステップ826で、ユーザ2 822は、Eメールをユーザ1 820へ送信する。 In step 826, the user 2 822, transmits the E-mail to the user 1 820. 本発明によれば、ユーザ820、822は、公開鍵を自動的にメールに組み込むことができるので、公開鍵の交換が図示されたように行われ、公開鍵をEメールメッセージの受信者へ自動的に提供することができる。 According to the present invention, a user 820, 822, it is possible to incorporate a public key automatically to the mail, performed as exchange of public keys is shown, automatically a public key to the recipient of the E-mail message it is possible to provide to.
【0112】 [0112]
本発明を採用するに当り、公開鍵の交換を意図する2人のユーザは、以下のステップを実行することができる。 Per in employing the present invention, two users intended for the exchange of public keys may perform the following steps.
1. 1. 送信者と受信者の双方は、それぞれのシステムまたはコンピュータにポイントクリアを利用できるようにする。 Both sender and receiver to be able to utilize a point clear to each system or computer.
2. 2. ユーザ1 820は、Eメールメッセージをユーザ2 822へ送信する。 User 1 820, to send an E-mail message to the user 2 822.
3. 3. ユーザ2 822は、Eメールメッセージをユーザ1 820へ送信する。 User 2 822, to send an E-mail message to the user 1 820.
【0113】 [0113]
代表的な実施例において、上記のステップは、米国アラバマ州モバイルのポイントクリアネット社のポイントクリアEメールプログラムを用いることで実行できる。 In an exemplary embodiment, the above steps may be performed by using a point clear E-mail program points clear net Inc. of Alabama Mobile.
【0114】 [0114]
図8Cは、本発明による公開鍵を組み込んだEメールのソースコード図828の代表的な実施例を示す。 8C shows an exemplary embodiment of the source code view 828 incorporating E-mail the public key according to the present invention. この公開鍵を組み込んだEメールにより、ユーザの公開鍵は、暗号化通信による通信を用いて、他のユーザに容易に提供することができる。 The E-mail incorporating the public key, the public key of the user may be using a communication by encrypting the communication, easily provided to other users. ソースコード図828は、Eメールのソースコードを示す図である。 Source code view 828 is a diagram showing the source code of the E-mail.
【0115】 [0115]
以上、本発明による各種の実施例について述べたが、これら各種の実施例はあくまで説明のためにのみ開示されたものであって、限定するためのものでないことは自明であろう。 Having described various embodiments of the present invention, examples of these various are be those disclosed only merely for illustration and not intended to limit will be obvious. 従って、本発明の範囲や目的は、上記の代表的な実施例のいずれによっても制限すべきではなく、クレームとそれと等価な内容に基づいてのみ判断するべきである。 Accordingly, the scope and purpose of the present invention should not be limited by any of the exemplary embodiments described above, it should be determined only on the basis of the claims and its equivalent contents.

Claims (18)

  1. 一台のコンピュータ上で動作するマルチユーザ共用電子メールシステムであって、 A multi-user shared electronic mail system running on a single computer,
    複数のユーザが共用する共用コンピュータと、 A shared computer in which a plurality of users to share,
    前記共用コンピュータ上で動作し、同時にはいずれか一人のユーザがアクセスできる、前記複数のユーザが共用可能なマルチユーザ電子メールシステムと、 Operating on the shared computer, can access any one of the users at the same time, the plurality of users and multi-user e-mail system sharable,
    前記複数のユーザのマルチ電子メールアカウントの現在の状態であるステータスを同時に表示し、前記複数のユーザのうち、同時にはいずれか1人のユーザのみに前記マルチ電子メールアカウントに基づく前記マルチユーザ電子メールシステム上の作業環境にアクセスすることを認証し許可するマルチユーザ用グラフィカルユーザインタフェース(GUI)と、 Said display a plurality of users of a multi-e-mail account, which is the current state status at the same time, the multi-user e-mail said one of the plurality of users, at the same time is based on the multi-e-mail account only to any one of the users with a graphical user interface for multi-user to allow to authenticate to access the work environment on the system (GUI),
    前記共用コンピュータに接続され、前記マルチユーザ電子メールシステムには属さない他のシステムの宛先アドレスに電子メールを送信可能とするネットワーク用インタフェースとを備え、 Connected to said shared computer, and a network interface that can transmit an e-mail to the destination address of the multi-user electronic mail system without other belong system,
    前記1人のユーザは、認証され前記共用コンピュータへのアクセスを許可されたとき、前記1人のユーザの前記マルチ電子メールユーザアカウントに基づく前記作業環境のみにアクセスできるとともに、それぞれの前記作業環境は、受信ボックスと、送信ボックスと、少なくとも一つの個人用ファイルフォルダとを有することを特徴とするマルチユーザ共用電子メールシステム。 Said one user, when is authenticated has been granted access to the shared computer, it is possible to the work only to access environment based on the multi-e-mail user account of the one user, each of the working environment , multi-user shared electronic mail system to the inbox, and outbox, characterized in that it has at least one personal file folder.
  2. 前記マルチユーザ用グラフィカルユーザインタフェースは、前記複数のユーザに対して前記共用コンピュータへのアクセスの優先順位づけを行うとともに、前記マルチユーザ電子メールシステムに受信された電子メールの優先順位の表示を行う表示機能を有することを特徴とする請求項1に記載のマルチユーザ共用電子メールシステム。 Graphical user interface for the multi-user display performs prioritization access to the shared computer to the plurality of users, and displays the priority of the multi-user electronic mail system received email multiuser shared electronic mail system according to claim 1, characterized in that it has a function.
  3. 前記優先順位の表示は、オーディオ表示、ビジュアル表示、カラー表示、アイコン表示、通信機器表示、ページャ用ページ表示、数値表示、アルファベット表示、文章表示、文字表示、警報表示、無線警報表示のうちの少なくとも一つを含むことを特徴とする請求項2に記載のマルチユーザ共用電子メールシステム。 The display of the priority, the audio display, visual display, color display, icon display, communication device display, pager page display, numerical value display, Alphabetic, text display, character display, alarm display, at least one of the radio alarm display multiuser shared electronic mail system according to claim 2, characterized in that it comprises a single.
  4. 前記マルチユーザ共用電子メールシステムは、製造、業務、健康管理、小売、病院、看護環境のうちの少なくとも一つの分野で用いられることを特徴とする請求項1に記載のマルチユーザ共用電子メールシステム。 The multi-user shared electronic mail system, production, operations, health care, retail, hospitals, multi-user shared electronic mail system according to claim 1, characterized in that used in at least one area of ​​the care environment.
  5. 複数のユーザが共用する共用コンピュータ上で動作し、前記複数のユーザのマルチ電子メールアカウントの現在の状態であるステータスを同時に表示するステータスモジュールを備えることを特徴とするマルチユーザ用リアルタイムグラフィカルユーザインタフェース。 Operates on shared computer multiple users to share the real-time graphical user interface for multi-user, characterized in that it comprises a status module for displaying the current status is the status of the multi-electron-mail accounts of the plurality of users simultaneously.
  6. 前記ステータスモジュールは、前記共用コンピュータにアクセスするための優先順位を表示する優先順位表示部を備えることを特徴とする請求項5に記載のマルチユーザ用リアルタイムグラフィカルユーザインタフェース。 The status module, real-time graphical user interface for multi-user according to claim 5, characterized in that it comprises the priority display for displaying the priority for accessing the shared computer.
  7. 前記優先順位表示部は、ビジュアル表示器、オーディオ表示器、カラー表示器、数値表示器、アルファベット表示器、アルファニューメリック表示器、アイコン表示器、通信内容表示器、通信機器表示器、警報表示器、無線警報表示器、ページ表示器のうちの少なくとも一つを備えることを特徴とする請求項6に記載のマルチユーザ用リアルタイムグラフィカルユーザインタフェース。 The priority display unit, a visual indicator, an audio indicator, a color indicator, numeric display device, alphabetical display, alphanumeric display, icon display, communication content display, communication device display, alarm indicator, radio alarm indicator, real-time graphical user interface for multi-user according to claim 6, characterized in that it comprises at least one of a page display.
  8. 前記ステータスモジュールは、前記共用コンピュータを共用する前記複数のユーザのうちの一人宛への新規メールが到着したことを表示する表示機能を有することを特徴とする請求項5に記載のマルチユーザ用リアルタイムグラフィカルユーザインタフェース。 The status module, real-time multi-user according to claim 5, characterized in that it comprises a display function for displaying that the new mail to one person addressed of the plurality of users sharing the shared computer arrives a graphical user interface.
  9. 個別にユーザへの割当が可能な個人用ファイルフォルダを備えることを特徴とする電子メールシステム。 E-mail system, characterized in that it comprises a personal file folder that can be assigned to individual users.
  10. 少なくともいずれか一人の送信者から送信された、または受信された電子メールを、前記個人用ファイルフォルダのうちのいずれか一つ、または複数に対して自動的に格納するようにしたことを特徴とする請求項9に記載の電子メールシステム。 And wherein at least transmitted from any one of the sender, or received e-mail, you automatically store any one of the personal file folder, or to multiple electronic mail system according to claim 9.
  11. 前記個人用ファイルフォルダは、受信電子メールの送信者の電子メールアドレスおよび送信メールの受信者の電子メールアドレスに基づいて自動的に分類されることを特徴とする請求項10に記載の電子メールシステム。 Electronic mail system according to claim 10 wherein the personal files folders, characterized in that the automatically classified on the basis of the sender's e-mail address and outgoing mail recipient's e-mail address of the received e-mail .
  12. 前記個人用ファイルフォルダは、電子メールの送信者のシステムに格納される、送信メールの読出し状態を動的に示す読出し受領レポートを備えることを特徴とする請求項9に記載の電子メールシステム。 Electronic mail system according to claim 9 wherein the personal file folder is stored in the e-mail sender system, characterized in that it comprises a dynamically indicating read receipt report read state of the outgoing mail.
  13. 前記読出し受領レポートは、複数の受信者のうち、どの受信者が電子メールを読み、どの受信者が電子メールを未読であるかの受信リードステータスを示す少なくとも一つのファイルを備えることを特徴とする請求項12に記載の電子メールシステム。 The read receipt report, among a plurality of recipients, which the recipient to read the e-mail, which the recipient characterized in that it comprises at least one file indicating whether the received read status is unread e-mail electronic mail system according to claim 12.
  14. 前記複数の受信者のうちのいずれか一人がアクセスした日付および時刻を追跡する追跡工程を備えることを特徴とする請求項13に記載の電子メールシステム。 Electronic mail system according to claim 13 in which any one of the plurality of recipients, characterized in that it comprises a tracking step that tracks the date and time when the access.
  15. 電子メールを暗号化する、または、電子メールにディジタル署名を行う電子メール方法であって、(a)前記電子メールのメッセージに公開鍵を組み込む工程と、(b)公開鍵を組み込まれた前記電子メールの前記メッセージを第一のユーザから第二のユーザに送信する工程とを備えることを特徴とする電子メール方法。 Encrypting the e-mail or an electronic mail method for performing a digital signature to an e-mail, (a) a step of incorporating a public key to the electronic mail message, said electronic incorporated with (b) a public key email method characterized by comprising the mail of the message from the first user and transmitting to the second user.
  16. 前記公開鍵を組み込む工程(a)は、自動的に組み込む工程と、送信側ユーザとの対話形式により組み込む工程と、プロンプト指示に基づいて組み込む工程のうちの少なくともいずれか一つの工程を実行する工程を含むことを特徴とする請求項15に記載の電子メール方法。 Step wherein the step of incorporating a public key (a) is to perform a step of automatically incorporating a step of incorporating the interactive and sending user, at least one of steps of the step of incorporating based on prompted email method of claim 15, which comprises a.
  17. 送信側は、個人鍵を用いて前記電子メールの暗号化を行い、受信側は、前記電子メールに組み込まれた前記公開鍵を用いて前記電子メールの解読を行うようにしたことを特徴とする請求項16に記載の電子メール方法。 Sender, encrypts the e-mail by using a private key, the receiver is characterized in that to perform the decryption of the electronic mail by using the public key embedded in the email email method of claim 16.
  18. 受信側は、前記電子メールに組み込まれた前記公開鍵を用いて前記電子メールの解読を行うようにしたことを特徴とする請求項16に記載の電子メール方法。 Receiving side, email method according to claim 16, characterized in that to perform the decryption of the electronic mail by using the public key embedded in the email.
JP2002545319A 1999-11-19 2001-11-13 Systems, methods, and multi-user e-mail computer program product for system Granted JP2004514977A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US09714997 US7421472B1 (en) 1999-11-19 2000-11-20 System, method, and computer program product for providing a multi-user e-mail system
PCT/US2001/043060 WO2002042860A3 (en) 2000-11-20 2001-11-13 System, method, and computer program product for providing a multi-user e-mail system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004514977A true true JP2004514977A (en) 2004-05-20

Family

ID=24872293

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002545319A Granted JP2004514977A (en) 1999-11-19 2001-11-13 Systems, methods, and multi-user e-mail computer program product for system

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP1340156A4 (en)
JP (1) JP2004514977A (en)
WO (1) WO2002042860A3 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7451187B2 (en) * 2000-05-04 2008-11-11 At&T Intellectual Property I, L.P. Viewing attachments to electronic communications via pushing the attachment to a networked viewing site
US8316128B2 (en) * 2004-01-26 2012-11-20 Forte Internet Software, Inc. Methods and system for creating and managing identity oriented networked communication
EP1775924A1 (en) * 2005-10-14 2007-04-18 Research In Motion Limited Using separate icons for invoking a computer program for presenting distinct sets of service-specific electronic mail messages stored at a wireless communication device

Family Cites Families (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4868877A (en) * 1988-02-12 1989-09-19 Fischer Addison M Public key/signature cryptosystem with enhanced digital signature certification
US5093918A (en) * 1988-12-22 1992-03-03 International Business Machines Corporation System using independent attribute lists to show status of shared mail object among respective users
DE69017686D1 (en) * 1990-10-24 1995-04-13 Omnisec Ag Regensdorf Cryptographic system with the possibility of encrypted communication between users with secure key, which is determined without user interaction.
US5283856A (en) * 1991-10-04 1994-02-01 Beyond, Inc. Event-driven rule-based messaging system
US5513126A (en) * 1993-10-04 1996-04-30 Xerox Corporation Network having selectively accessible recipient prioritized communication channel profiles
CN1138927A (en) * 1994-01-13 1996-12-25 银行家信托公司 Cryptographic system and method with key escrow feature
US5528745A (en) * 1994-10-28 1996-06-18 King; C. David Method and system for the display of scheduling information for users within a single viewport
US5675637A (en) * 1995-05-16 1997-10-07 Inventions, Inc. Method for automatically obtaining and presenting data from multiple data sources
US5956486A (en) * 1995-12-20 1999-09-21 Hickman; Paul Lawrence Method and apparatus for monitoring multiple electronic mail systems
US5867822A (en) * 1996-06-26 1999-02-02 Sun Microsystems, Inc. Method and apparatus for management of electronic calendars throughout an enterprise and management of events in a distributed system
US6108420A (en) * 1997-04-10 2000-08-22 Channelware Inc. Method and system for networked installation of uniquely customized, authenticable, and traceable software application
US5960406A (en) * 1998-01-22 1999-09-28 Ecal, Corp. Scheduling system for use between users on the web

Also Published As

Publication number Publication date Type
WO2002042860A3 (en) 2003-03-06 application
EP1340156A2 (en) 2003-09-03 application
WO2002042860A2 (en) 2002-05-30 application
EP1340156A4 (en) 2007-06-20 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6549950B2 (en) Method for automatically tallying voting data in e-mail systems
US5995939A (en) Automated networked service request and fulfillment system and method
US6865268B1 (en) Dynamic, real-time call tracking for web-based customer relationship management
US7496632B2 (en) Method and system for distributing a public information release authorization (PIRA) form over an intranet
US5870548A (en) Method and apparatus for altering sent electronic mail messages
US7133833B1 (en) Lightweight directory access protocol workflow management system
US6732157B1 (en) Comprehensive anti-spam system, method, and computer program product for filtering unwanted e-mail messages
Tyler et al. When can I expect an email response? A study of rhythms in email usage
US6311191B1 (en) Method and apparatus for improved contact and activity management and planning
US20070150299A1 (en) Method, system, and apparatus for the management of the electronic files
US20020035584A1 (en) icFoundation web site development software and icFoundation biztalk server 2000 integration
US20020059418A1 (en) Method of and system for recording and displaying electronic mail statistics
US7890405B1 (en) Method and system for enabling collaboration between advisors and clients
US20090013043A1 (en) Method of populating a collaborative workspace and a system for providing the same
US20030097361A1 (en) Message center based desktop systems
US20110145564A1 (en) Systems and methods for secure short messaging service and multimedia messaging service
US20030229672A1 (en) Enforceable spam identification and reduction system, and method thereof
US20020087479A1 (en) Information management system
US20050216771A1 (en) Information management system
US20010013029A1 (en) Method of constructing and displaying an entity profile constructed utilizing input from entities other than the owner
US7689563B1 (en) Electronic record management system
US20030229722A1 (en) Methods and apparatus for processing an instant message
US20060069599A1 (en) Workflow tasks in a collaborative application
US20040064734A1 (en) Electronic message system
US7213030B1 (en) Web-enabled transaction and collaborative management system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040924

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040924

A977 Report on retrieval

Effective date: 20070521

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070529

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20070829

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20070910

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20071001

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20071009

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20071029

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20071105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071129

A02 Decision of refusal

Effective date: 20080108

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02