JP2004513670A - Vascular edge combiner - Google Patents

Vascular edge combiner Download PDF

Info

Publication number
JP2004513670A
JP2004513670A JP2001542803A JP2001542803A JP2004513670A JP 2004513670 A JP2004513670 A JP 2004513670A JP 2001542803 A JP2001542803 A JP 2001542803A JP 2001542803 A JP2001542803 A JP 2001542803A JP 2004513670 A JP2004513670 A JP 2004513670A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
clip
puller
device according
device
edge
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001542803A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
キレムニク・イド
ケレン・ディヴィル
フェルド・タンヒュム
ロシャコヴェ・アミール
Original Assignee
バイ−パス・インク.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

2つの血管縁部の間の開口部を密閉するための導管結合デバイスであって、2つの血管縁部の間の開口部の少なくとも一部を密閉するように適合された少なくとも一つのクリップ・エレメント;および体内で、前記縁部の少なくとも一つを前記クリップ・エレメント内へ引き寄せるように適合された少なくとも一つの引き具を備えるデバイス。 A conduit coupling device for sealing the opening between the two vessels edges, at least one clip element that is adapted to seal at least part of the opening between the two vessels edges ; and in the body, the device comprising at least one puller that at least one of said edges being adapted to draw to the clip within the element.

Description

【0001】 [0001]
[関連出願] [RELATED APPLICATIONS
本出願は、出願人バイパス・インク他により提出されたPCT出願、PCT/IL99/00285、PCT/IL99/00284、PCT/IL99/00674、PCT/IL99/00670、PCT/IB00/00302およびPCT/IB00/00310に関連している。 This application, PCT application filed by the applicant bypass inks other, PCT / IL99 / 00285, PCT / IL99 / 00284, PCT / IL99 / 00674, PCT / IL99 / 00670, PCT / IB00 / 00302 and PCT / IB00 / 00310 it is related to. また、本出願は、本出願と同日にPCTのイスラエル受理官庁に提出された、タイトル“吻合デバイス及び方法”、代理人ドケット088/01579である出願に関連している。 Further, this application is to the same day as the present application was filed in the Israeli Receiving Office of PCT, title "anastomotic devices and methods", associated with application is Attorney Docket 088/01579. 上記出願は何れも米国を指定しており、それらの開示内容は参照によりここに導入される。 Both the above application and designates the United States, the disclosures of are incorporated herein by reference.
【0002】 [0002]
[発明の分野] [Field of the Invention]
本発明は、特に吻合接合を行うための、血管の孔の縁部の取り扱い方に関する。 The present invention relates to the particular performing an anastomosis joining, on the handling side edges of the vessel bore.
【0003】 [0003]
[発明の背景] Background of the Invention
血管の縁部のめくり返しは、例えば米国特許5,366,462号又は5,695,504号(これらの開示内容は参照によりここへ導入される)に記載されているように、一般に体外で行われる。 Barbs turning the edges of the blood vessel, for example, U.S. Patent 5,366,462) or (No. 5,695,504, as described in (the disclosures of which are introduced here by reference), generally in vitro It takes place. しかし、動脈における孔の縁部はこのようには取り扱えない。 However, the edge of the hole in the artery are not handled in this way. なぜならば、動脈は体内に残さなければならないからである。 This is because, the artery is because must be left in the body.
【0004】 [0004]
[発明の要約] [Summary of the Invention]
本発明のいくつかの実施形態の態様は、血管内の孔の縁部を、それらが吻合コネクタ又はホール・クロージャー・デバイス(hole closure device)と係合されるように、めくり返すことに関する。 Aspect of some embodiments of the present invention, the edges of the hole in the blood vessel, so that they are engaged with the anastomotic connector or hole closure device (hole closure device), relating to return-turning. 本発明の典型的な実施形態では、コネクタ内に縁部を引き込むのに引き具が用いられる。 In an exemplary embodiment of the present invention, tool pull to draw the edge in the connector is used. オプションとして、引き具は除去可能であり、例えばデバイス・デリバリー・システムの一部である。 Optionally, the puller is removable, for example, part of a device delivery system. あるいは、引き具は接合部に残留することであってもよい。 Alternatively, it may be possible to harness the remaining joints. あるいは、引き具は用いられず、例えば、デバイス形状における変化が縁部を引き込む。 Alternatively, the puller is not used, for example, changes in device geometries draws edges. デバイス内に引き込むことに代えて、デリバリーシステム内に引き込み、その後、吻合デバイスが取り付けられる。 Instead of pulling in the device, drawn into the delivery system, then anastomosis device is attached. デリバリーシステムは、本発明のいくつかの実施形態で、引き込みをガイドする。 Delivery systems, in some embodiments of the present invention, to guide the pull.
【0005】 [0005]
引き具は、いろいろな種類の血管用デバイスで使用でき、そこで引き具は、血管の縁部を、他の縁部またはデバイスと相対的な所望の位置に運び、オプションとして、デバイスの取扱中に縁部を適所に保持し、又はそれを動かす。 Puller may be used in various types of vascular devices, where the puller is an edge of the vessel, transported to another edge or devices and relative desired position, optionally, during handling of the device holding the edges in place, or move it. 複数の引き具が備えられている場合、引き具は、例えば同時に又は順に作動することができる。 If multiple puller is provided, puller may be operated for example simultaneously or sequentially.
【0006】 [0006]
吻合デバイスは、例えば一部分、二部分、又は複数の独立した(又は細線で取り付けられた)クランプ用エレメントを有していてもよい。 Anastomotic device, for example a portion, second portion, or a plurality of (mounted in or thin lines) independent may have an element for clamping.
引き込まれた縁部は、血液の漏洩を防止するために互いに押圧されることであってもよい。 Retracted edge portion may be pressed together in order to prevent blood leakage. あるいは、それらは、デバイスの一部に押圧されることであってもよい。 Alternatively, they may be being pressed to a part of the device.
【0007】 [0007]
本発明のいくつかの実施形態の態様は、複数のクリップを用いて2つの血管を連結する方法に関する。 Aspect of some embodiments of the present invention relates to a method for connecting two blood vessels with a plurality of clips. 本発明の典型的な実施形態では、2つの血管の縁部がめくり返され、クリップが血管の外に残り、血管の間が内膜対内膜接合となるように、クリップがめくり返された部分上にクローズされる。 In an exemplary embodiment of the present invention, the edges of the two vessels is returned turning the clip remains on the outside of the vessel, as between the vessels become intimal inward membrane assembly, the clip is returned turning It is closed on the part. 本発明のいくつかの実施形態では、縁部を刺し貫くフックを用いて縁部がめくり返される。 In some embodiments of the present invention, the edge is returned turn using the hook pierces the edges. あるいは、フックは縁部を刺し貫かない。 Alternatively, the hook is not pierced edge.
【0008】 [0008]
このように、本発明の典型的な実施形態によれば、2つの血管縁部の間の開口部を密閉するための導管結合デバイスであって、 Thus, according to an exemplary embodiment of the present invention, there is provided a conduit coupling device for sealing the opening between the two vessels edges,
2つの血管縁部の間の開口部の少なくとも一部を密閉するように適合された少なくとも一つのクリップ・エレメント;および体内で、前記縁部の少なくとも一つを前記クリップ・エレメント内へ引き寄せるように適合された少なくとも一つの引き具を備えるデバイスが提供される。 At least one clip element at least part of the opening adapted to seal between the two vessels edges; In and body, to attract at least one of said edges to the clip in element device comprising at least one puller adapted is provided.
オプションとして、前記引き具は、前記デバイスに取り付けられている。 Optionally, the puller is attached to the device. あるいは、前記引き具は、前記デバイスに取り付けられていない。 Alternatively, the puller is not attached to the device.
【0009】 [0009]
本発明の典型的な実施形態では、前記引き具は、使用後に体内に残るように適合されている。 In an exemplary embodiment of the present invention, the puller is adapted to remain in the body after use. あるいは、前記引き具は、使用後に体から除去できるように適合されている。 Alternatively, the puller is adapted to be removed from the body after use.
本発明の典型的な実施形態において、前記引き具は、生体被吸収性を有する。 In an exemplary embodiment of the present invention, the puller comprises a bioabsorbable.
本発明の典型的な実施形態において、前記引き具は、前記縁部を貫入するように適合されている。 In an exemplary embodiment of the present invention, the puller is adapted to penetrate the edge. 上記に代えて又は加えて、前記引き具は、前記縁部を穿刺するように適合されている。 Instead of or in addition to the above, the puller is adapted to pierce the edges. あるいは、前記引き具は、前記縁部を貫入しないように適合されている。 Alternatively, the puller is adapted to not penetrate the edges.
【0010】 [0010]
本発明の典型的な実施形態において、前記引き具は、前記クリップにより変形されるように適合されている。 In an exemplary embodiment of the present invention, the puller is adapted to be deformed by the clip. オプションとして、前記変形は、前記密閉部からの前記引き具の除去を容易にする。 Optionally, the deformation facilitates the removal of the puller from the sealing portion.
本発明の典型的な実施形態において、前記すくなとも一つの引き具は、前記縁部の双方を引くように適合された単一の引き具を含む。 In an exemplary embodiment of the present invention, the small with one puller includes a single puller adapted to pull both of the edges. あるいは、前記少なくとも一つの引き具は、前記縁部の一つを引くように各々が適合されている2つの引き具を含む。 Alternatively, it said at least one harness comprises two puller each to pull one of the edge portions are adapted.
【0011】 [0011]
本発明の典型的な実施形態において、前記引き具は、前記引き具を後退させるための細線に取り付けられている。 In an exemplary embodiment of the present invention, the puller is attached to thin line for retracting the puller. オプションとして、前記引き具は、前記縁部を前記クリップ内に引き込んでいる間に、前記後退により変形される。 Optionally, the puller is while retracting said edge into the clip is deformed by the retraction.
【0012】 [0012]
本発明の典型的な実施形態において、前記少なくとも一つのクリップは、前記開口部を密閉するために協働する複数のクリップを含む。 In an exemplary embodiment of the present invention, the at least one clip includes a plurality of clips that cooperate to seal the opening. さらに、前記複数のクリップは互いに連結されていてもよい。 Further, the plurality of clips may be linked to each other. あるいは、前記複数のクリップは、互いに連結される。 Alternatively, the plurality of clips are connected to each other. さらに、前記複数のクリップは、互いに不動に連結されていてもよい。 Further, the plurality of clips may be immovably coupled to each other. あるいは、前記複数のクリップは、互いに柔軟に連結される。 Alternatively, the plurality of clips are flexibly connected to each other.
【0013】 [0013]
本発明の典型的な実施形態において、前記クリップは、前記密閉を達成するために変形しない。 In an exemplary embodiment of the present invention, the clip is not deformed in order to achieve the sealing. あるいは、前記クリップは、前記密閉を達成するために変形する。 Alternatively, the clip is deformed in order to achieve the sealing. 前記クリップは、前記密閉を達成するために互いの方へ曲がる2つのアームをさらに備えてもよい。 The clip, in order to achieve the sealing may further comprise two arms bent towards each other. 上記に代えて又は加えて、前記クリップは、塑性変形する。 Instead of or in addition to the above, the clip is plastically deformed. さらに、前記デバイスは、コントラ・エレメントおよび圧力エレメントを含むデリバリーシステムを備え、前記2つのエレメントがそれらの間で前記クリップを押圧することであってもよい。 Furthermore, the device comprises a delivery system comprising a contra-element and pressure element, the two elements may be to press the clip between them.
【0014】 [0014]
本発明の典型的な実施形態において、前記クリップは自動的に変形する。 In an exemplary embodiment of the present invention, the clip is automatically deformed. 前記デバイスは、自動的に変形するように前記クリップを選択的に解放するように適合された規制要素を含むデリバリーシステムをさらに備えてもよい。 The device may further comprise a delivery system comprising a adapted restricting element to automatically said clip so modified to selectively release.
本発明の典型的な実施形態において、前記クリップは、前記縁部と係合するための棘部を含む。 In an exemplary embodiment of the present invention, the clip includes a barb for engaging the edge. 上記に代えて又は加えて、前記クリップは、前記縁部と係合するための突出部を含む。 Instead of or in addition to the above, the clip includes a protrusion for engagement with said edge portion.
本発明の典型的な実施形態において、前記クリップは、前記縁部と係合するためのスロットを含む。 In an exemplary embodiment of the present invention, the clip includes a slot for engaging said edge.
【0015】 [0015]
本発明の典型的な実施形態において、前記クリップは、前記縁部同士を密閉するように適合されている。 In an exemplary embodiment of the present invention, the clip is adapted to seal the edge portions. 上記に代えて又は加えて、前記クリップは、前記クリップの一部との間で前記縁部を密閉するように適合されている。 Instead of or in addition to the above, the clip is adapted to seal the edges between the part of the clip.
本発明の典型的な実施形態において、前記クリップは、前記縁部を押圧して前記密閉を行う。 In an exemplary embodiment of the present invention, the clip may perform the sealing by pressing the edge.
【0016】 [0016]
本発明の典型的な実施形態において、前記縁部は、同じ管の縁部である。 In an exemplary embodiment of the present invention, the edge is an edge of the same tube. あるいは、前記縁部は、2つの異なる管の縁部である。 Alternatively, the edge is an edge of two different tube.
本発明の典型的な実施形態において、前記管の少なくとも一つは、インビボ血管である。 In an exemplary embodiment of the present invention, at least one of said tube, in vivo blood vessel. 上記に代えて又は加えて、前記管の少なくとも一つは、合成移植片である。 Instead of or in addition to the above, at least one of the tube is a synthetic graft.
【0017】 [0017]
本発明の典型的な実施形態によれば、血管縁部間の開口を密閉する方法であって: According to an exemplary embodiment of the present invention, there is provided a method of sealing an opening between the vessel edge:
クリップの供給; The supply of the clip;
前記クリップ内への第1の縁部の第1の引き込み;および前記クリップ内への第2の縁部の第2の引き込みを含む方法が提供される。 The clip in the first edge a first retraction of the; and second edges a second pull method comprising of the said clip is provided. この方法は、前記開口部を密閉するために前記クリップをクローズすることをさらに含むことができる。 The method may further include closing the clip to seal the opening. 前記クローズすることには、自動的に変形するように前記クリップを解放することがさらに含まれてもよい。 To the closing may be further included to release the clip to automatically deformed. 上記に代えて又は加えて、前記クローズすることには、前記クリップを塑性変形させることが含まれる。 Instead of or in addition to the above, the fact the closing, involves plastically deforming the clip.
【0018】 [0018]
本発明の典型的な実施形態において、前記第1および第2の引き込みは同時に行われる。 In an exemplary embodiment of the present invention, the first and second pull is performed at the same time. あるいは、前記第1および第2の引き込みは、単一の引き具を用いて行われる。 Alternatively, the first and second pull is performed using a single puller. さらに、前記引き具は、単一の縁部係合要素を有していてもよい。 Moreover, the puller may have a single edge engaging element. あるいは、前記引き具は、少なくとも2つの縁部係合要素を有することであってもよい。 Alternatively, the puller may be one having at least two edges engaging element.
【0019】 [0019]
本発明の典型的な実施形態において、前記第1および第2の引き込みは、少なくとも2つの引き具を用いて行われる。 In an exemplary embodiment of the present invention, the first and second pull is performed using at least two puller.
本発明の典型的な実施形態において、前記方法は、前記密閉部から前記引き具を後退させることを含む。 In an exemplary embodiment of the present invention, the method comprises retracting the puller from the sealing portion. あるいは、前記方法は、前記引き具を前記密閉部に放置することを含む。 Alternatively, the method comprises leaving the the puller to the sealing portion.
本発明の典型的な実施形態において、前記方法は、前記密閉部に薬剤を供給することを含む。 In an exemplary embodiment of the present invention, the method includes supplying an agent to said sealing portion. さらに、前記薬剤に血餅防止剤が含まれることであってもよい。 Furthermore, it may be possible to include clot inhibitor to the drug. あるいは、前記薬剤に血餅促進剤が含まれていてもよい。 Alternatively, it may be included clot promoting agent to the drug.
【0020】 [0020]
本発明の典型的な実施形態において、前記供給することには、前記薬剤を含む物質の層を供給することが含まれる。 In an exemplary embodiment of the present invention, the to supply, it includes providing a layer of material containing the drug. さらに、前記層は、前記縁部の間に供給されることであってもよい。 Furthermore, it said layer may be of being supplied between the edges.
本発明の典型的な実施形態において、前記2つの縁部は、単一の管内の開口部の縁である。 In an exemplary embodiment of the present invention, the two edges are the edge of the opening of a single tube. あるいは、前記2つの縁部は、異なる管の縁部である。 Alternatively, the two edges are the edges of the different tube.
本発明の典型的な実施形態において、前記管の少なくとも一つは、血管を含む。 In an exemplary embodiment of the present invention, at least one of said tube includes a blood vessel.
【0021】 [0021]
本発明の非限定的な実施形態が、図面と共に下記の典型的な実施形態の記述を参照しながら説明される。 Non-limiting embodiments of the present invention are described with reference to the description of the exemplary embodiments described below in conjunction with the drawings. 図面は通常縮尺を合わせて示されてはおらず、全ての値は例示であって必ずしも限定的なものではない。 The drawings are shown to fit a normal scale Orazu, all values ​​are not as necessarily limited to be illustrative. 図において、1以上の図面に現れる同一構造、要素又は部品には、それらが現れる全ての図面で同じ又は類似の番号が好ましくは付されている。 In the figure, the same structures that appear in one or more of the drawings, the elements or components, the same or similar number in all the figures in which they appear are preferably drawn.
【0022】 [0022]
[好ましい実施形態の詳細] [Details of the preferred embodiments]
図1A−1Dは、本発明の典型的な実施形態による、血管連結方法を図示している。 Figure 1A-1D, according to an exemplary embodiment of the present invention, illustrates a vascular connection method. 図1Aにおいて、血管端部100及び血管側部102がクリップ104を用いて互いに連結されている。 1A, the blood vessel end portion 100 and the blood vessel side 102 are connected to each other by means of a clip 104. クリップ104は、血管100と係合するための例えば棘部108のような第1の係合手段を有する第1のアーム106と、血管102と係合するための棘部112のような血管係合手段を有する第2のアーム110とを備える。 Clip 104 includes a first arm 106 having a first engagement means such as barbs 108 for engaging the blood vessel 100, the vessel engagement such as barbs 112 for engaging with the vessel 102 and a second arm 110 having engagement means. この及び他の実施形態において、血管及び/又は移植片は、天然の血管、合成、オートローガス(autologus)、クセノロガス(xenologus)、死体からの移植片、及び/又は他のあらゆる種類の血管の一部であってもよい。 In this and other embodiments, vessels and / or grafts, natural blood vessels, synthetic, autologous (autologus), Kusenorogasu (xenologus), graft, and / or any other type of vessels from cadavers one it may be a part.
【0023】 [0023]
図1Aにおいて、2つの血管は、血管100の縁部114が棘部108により係合され、血管102の縁部116が棘部112により係合されるように、棘部により係合される。 In FIG. 1A, 2 two vessels, the edges 114 of the vessel 100 is engaged by the barbs 108, as the edge 116 of the vessel 102 is engaged by the barbs 112, engaged by the barb. 2つの縁部は当接してもよく、又はそれらの間に空間があってもよい。 Two edges may abut, or there may be a space between them.
【0024】 [0024]
図1Bでは、クリップの2つのアームにより、2つの縁部の内膜部分が互いに押し付けられるようにクリップ104が折り曲げられている。 1B, the by the two arms of the clip, the inner membrane portions of the two edges are clip 104 is bent to be pressed against each other. 棘部は、適合変形中に血管の縁部が不用意に外れることを防ぎ、及び/又は、接合完了後を安定にする。 Barbs prevents the edges of the blood vessel be inadvertently removed during adaptation deformation, and / or, to stabilize after completion of bonding.
【0025】 [0025]
クリップの適合変形はいろいろの方法、例えば、弾性的に、超弾性的に、又は形状記憶クリップを用いて行うことができ、これらの場合には外力を必要としないであろう。 Various methods are adapted deformation of the clip, for example, elastically, super elastic, or can be carried out using shape memory clips, it would not require an external force in these cases. あるいは、クリップ104は、塑性変形される。 Alternatively, the clip 104 is plastically deformed.
【0026】 [0026]
図1Aに示されたクリップ104は、棘部を保持しているアームの間に180°より大きな角度を有しているが、いくつかの実施形態では、プライヤー又はクランプばさみでクリップを押し潰しつつクローズできるように、クリップ104は平坦又は180°より小さな角度を有する。 Clip 104 shown in FIG. 1A, has the angle greater than 180 ° between the arms holding the barbs, in some embodiments, pressing the clip with pliers or clamps shears as can be closed while collapsed, clip 104 has a smaller angle than the flat or 180 °. アーム間の角度は、棘部に血管の縁部を取り付ける難易度に影響するであろう。 Angle between the arms will affect the difficulty of attaching the edges of the blood vessel barb.
【0027】 [0027]
図1C及び1Dは、血管の縁部を棘部上へと引き寄せるための引き具の利用を図示している。 1C and 1D illustrate the use of the harness to draw the edges of the vessel onto the barb. 図1Cは、血管100の縁部114を棘部108上へと引っ張るための湾曲した先端部122を含む引き具120を示している。 Figure 1C shows a puller 120 including a curved tip portion 122 to pull the edge 114 of the vessel 100 to the upper barb 108. 図1Dは、血管102の縁部116を棘部112上へと引っ張るための湾曲した先端部126を有する引き具124を示す。 1D shows a puller 124 having a curved tip portion 126 to pull the edges 116 of the vessel 102 to the upper barb 112. 上記に代えて、手による取り付け等、他の取付方法を用いてもよい。 Instead of the above, attachment by hand or the like, may use other methods of attachment. 図1C−1Dの方法を実行するための典型的なデバイスを後述する。 Described below exemplary device for performing the method of FIG. 1C-1D.
【0028】 [0028]
本発明のいくつかの実施形態では、先端部126(及び122)が尖っている。 In some embodiments of the present invention, it has a pointed tip 126 (and 122). 上記に代えて、例えば先端部が係合している血管壁を先端部が貫くことを防止するために、先端部126が鈍っていてもよい。 Instead of the above, for example, a vessel wall distal portion is engaged in order to prevent the piercing tip portion may have tip 126 is blunt. 先端部が血管壁に過度に突き刺さることがないように、先端部126は、例えばフォーク状になっていてもよい。 As tip never stick excessively to the vessel wall, the distal end portion 126, for example, it may be made forked.
【0029】 [0029]
上記クリップは、側部対端部吻合接合に利用されているところが示されているが、これは他のタイプの接合、例えば端部対端部接合および側部対側部接合にも用いることができる。 The clip is is shown where are utilized in side Titan part anastomotic connector, which is another type of joint, for example, also be used for end Titan portion bonding and side-to-side bonding it can.
【0030】 [0030]
図1Eは、図1A−1Dに図示した方法に適したクリップの上面図である。 Figure 1E is a top view of a clip suitable for the method illustrated in FIG. 1A-1D. この典型的な実施形態において、クリップ104は、一方の側がアーム106であり、他方の側がアーム110である楕円形リングを備えている。 In this exemplary embodiment, the clip 104, one side is the arm 106, the other side is provided with an oval ring is arm 110. 棘部は、楕円の頂部に形成されている。 Barb is formed on the top of the ellipse. クリップ自体を引き具120及び124のピボット(pivot)として利用できるように、2つのクロスバー130が備えられている。 Clip itself available as a puller 120 and 124 pivot (pivot), 2 two cross bars 130 are provided. 他の実施形態では、クリップ104は棒形状をしている。 In other embodiments, the clip 104 has a bar shape. 後述するように完全な吻合では、このようなクリップを複数、すなわちマルチ・クリップ・コネクタを必要とするであろう。 A complete anastomosis as will be described later, a plurality of such clips, that would require a multi-clip connector.
【0031】 [0031]
図2A−2Bは、本発明の他の典型的な実施形態による、血管連結方法を図示している。 Figure 2A-2B, according to another exemplary embodiment of the present invention, illustrates a vascular connection method. クリップ204(図1のクリップ104と同じものであってもよい)が血管100及び102に取り付けられている。 Clip 204 (which may be the same as the clip 104 of FIG. 1) is attached to the vessel 100 and 102. 2つの別個の引き具の代わりに、(各血管に一つずつの)2つの棘部222及び226を含む一つの引き具220が示されている。 Instead of two separate harness, there is shown a single puller 220 including (, one for each vessel) two barbs 222 and 226. この引き具は、オプションとして、図1のクリップ104に血管を取り付けることに利用できる。 This puller can optionally be utilized to mount the blood vessel clip 104 of FIG. 棘部222及び226の反対側、クリップ104の後に、間に間隔を有する2つの部分を備える反作用エレメント232が配置されている。 Opposite the barbs 222 and 226, after the clip 104, counteracting element 232 comprising two parts having a gap in between are located. 引き具220が反作用エレメント232の方へ後退させられると、クリップ204が反作用エレメント部分の間に引っ張られて曲がり、これによりアームの間に2つの血管の縁部を挟む。 When the puller 220 is retracted towards the reaction element 232, bend the clip 204 is pulled between the reaction element portion, thereby sandwiching the edge of the two vessels between the arms. その結果完成した接合が図2Bに示されている。 Consequently completed connection is shown in Figure 2B. 反作用エレメント232は、オプションとして、クリップ204が過度に後退することを防止するための突出部236を一方又は双方の部分に有することができる。 Reaction element 232 may have optionally a protrusion 236 for preventing the clip 204 is retracted excessively in one or both parts. クリップ204を曲げることで吻合をさらに密閉するように、反作用エレメントを互いにより寄せることをさらに行ってもよい。 As further seal the anastomosis by bending the clip 204 may be further performed to gather further counteract elements together. クリップ204のみが体内に残るように、処理が完了した後に反作用エレメント232は取り去られるであろう。 As only the clip 204 remains in the body, counteracting element 232 after processing is completed will be removed.
【0032】 [0032]
引き具220を位置234で切断し、それにより棘部222及び226を吻合接合部の中に残すことができる。 Cutting the harness 220 at position 234, thereby leaving barbs 222 and 226 in the anastomotic junction. 通常、棘部は生体吸収性を有する。 Usually, barb portion has a bioabsorbable. 上記に代えて又は加えて、棘部は組織結合促進剤を含有する。 Instead of or in addition to the above, barbs contains tissue binding promoter. 上記に代えて又は加えて、棘部は、通常、接合領域の外側部分で血管の縁部を引き裂きながら血管から引き出される。 Alternatively or in addition, barbs is generally withdrawn from the vessel while tearing the edge of the vessel in the outer portion of the junction region. 本発明のある実施形態では、完全に裂けてしまうことがないように、棘部が血管壁の厚みより短い。 In certain embodiments of the present invention, so as not to become completely torn, barbs is shorter than the thickness of the vessel wall. 通常、棘部は体温で、又は、液体若しくは電解質環境下で柔らかくなり、引き抜けるようになる。 Usually, barbs at body temperature, or softened under liquid or electrolyte environment, so pulled out. あるいは、棘部222及び226は、バー130(図1E)により曲げ戻され、より簡単に引くことができるようになる。 Alternatively, barbs 222 and 226 are bent back by the bar 130 (FIG. 1E), it is possible to draw more easily. 上記に代えて又は加えて、棘部222及び226は鋭利ではなく、血管壁に刺さることがなく、しかし、それを引き下げるだけで、通常は変形しながら壁部をスライドして通り過ぎ、コネクタの外へ出る。 Instead of or in addition to the above, barbs 222 and 226 are not sharp, without sticking to the vessel walls, however, only lowers it, usually passes by sliding the wall while being deformed, the connector out of the out to. 上記に代えて又は加えて、引き具220は、例えば糸又はワイヤを用いて、クリップの他の部分に連結されてもよい。 Instead of or in addition to the above, the puller 220, for example using a thread or wire may be connected to other parts of the clip.
【0033】 [0033]
図2Cは、本発明の他の典型的な実施形態による、他の血管連結装置240を図示する。 Figure 2C, in accordance with an alternative exemplary embodiment of the present invention, illustrating the other vascular coupling device 240. デバイス240は、クリップ104及びクリップ204とほぼ同様にクリップ242及び引き具244を備える。 Device 240 is substantially similar to the clip 104 and clip 204 includes a clip 242 and harness 244. ただし、クリップ242は予め曲げられている。 However, the clip 242 is bent in advance. したがって、引き具244は、クリップ242の2つのアームの間に形成された狭いスペース246の中へと組織の縁部を引き込む必要がある。 Accordingly, it puller 244, it is necessary to draw the edges of the the tissue in the two narrow spaces 246 formed between the arms of the clip 242. 棘部248は、いったんスペース246に引き込まれた縁部の後退を防止できる。 Barbs 248 can prevent the once retraction of retracted edge space 246. 本発明のいくつかの実施形態では、スペースを(各縁部に一つずつの)2つの空間に分割する(不図示の)壁部をスペース246が含む。 In some embodiments of the present invention, the space (the one on each edge) comprises two dividing the space (not shown) the walls of the space 246. 壁部に代えて又は加えて、2つの縁部の間および/または縁部とデバイスの間の層として、ガーゼ、パッド(pad)または生体吸収性材料を備えることができる。 Instead of or in addition to the walls, as a layer between the between and / or edge and the device of the two edges, can comprise gauze, pads (Pad) or bioabsorbable material. 本発明の典型的な実施形態では、層は、例えば漏出血液の凝固促進もしくは血餅防止のために、ヘパリン又は他の血液凝固促進剤又は拮抗阻害体を溶出する。 In an exemplary embodiment of the present invention, the layer, for example for procoagulant or clot prevention of leakage of blood, eluting the heparin or other blood coagulation promoter or antagonist inhibitor. 他の薬をも同様に供給してもよい。 Other medicine may be supplied in the same way also. 薬は、時間と共にゆっくり放出されるように、層の中に浸漬されてもよく、又は、例えばマトリックス(matrix)内に保持されてもよい。 Drug, as released slowly over time, may be immersed in the layer, or may be retained within for example a matrix (matrix).
【0034】 [0034]
図2Dは、本発明の典型的な実施形態による他のクリップ252を図示している。 Figure 2D illustrates another clip 252 according to an exemplary embodiment of the present invention. 前述したクリップ、例えば図1Eのクリップは向かい合うアームを有する。 Aforementioned clip, for example, the clip of FIG 1E has opposed arms. しかし、これは、必須のことではない。 However, this is not essential. クリップ252は、ベース256の一方の側に一つのアーム253を、そして反対側に2つのアーム254を有する。 Clip 252 has two arms 254 of one arm 253 on one side of the base 256, and on the other side. 対応する非対称な引き具250もまた示されており、それは、糸262上に単一の引っ張り棘部260と対向する2つの引っ張り棘部260を有する。 Corresponding asymmetric puller 250 is also shown, which has two pulling barb 260 which is opposed to the single tension barbs 260 on the yarn 262. アーム253および254は、前述したのと同様に棘部を有していてもよい。 Arms 253 and 254 may have barbs in the same manner as described above. しかし、本発明の典型的な実施形態では、血管の組織が、通常はアーム253によりアーム254の間のスペースに押し込まれ、2つのアーム254の間に挟まれる。 However, in a typical embodiment of the present invention, vascular tissue, usually pushed into the space between the arm 254 by the arm 253 are sandwiched between the two arms 254. オプションとして、アームの間のスペースがよりクサビ形状となるように、アームが角度をもって延出していてもよい。 Optionally, as in the space between the arms is more wedge-shaped, the arms may be extended at an angle. アーム間の距離は、通常、ターゲットとなっている2つの血管の厚みを合わせたものよりも短い。 The distance between the arms is typically shorter than the combined thickness of the two vessels which is a target. 上記に代えて又は加えて、より肉厚の組織を収容するために、アームを弾性変形させることもできる。 Instead of or in addition to the above, in order to accommodate the more the thickness of the tissue, may also be an arm is elastically deformed.
【0035】 [0035]
図3A−3Dは、本発明の典型的な実施形態による、クリップ−引き具の組合せによるホールクロージャー・デバイス(hole closure device)300を図示している。 Figure 3A-3D, according to an exemplary embodiment of the present invention, the clip - illustrates a hole closure device (hole closure device) 300 by a combination of puller. 図1および2は、2つの異なる血管の縁部を連結することに関して描いたが、同じ血管の2つの縁部が互いに密閉される血管のホールクロージャーにも同様の原理が応用できる。 1 and 2 is depicted with respect to connecting the edges of two different vessels, the same principle also to the two vessels hole closure edges are sealed to one another in the same vessel can be applied.
【0036】 [0036]
図3Aは、ホールクロージャー・デバイス300のレイアウト図である。 Figure 3A is a layout diagram of a hole closure device 300. 図3Bにおいて、デバイス300は、ベース302および2つのアーム304を有すするように折り曲げられている。 3B, the device 300 is bent so as to have a base 302 and two arms 304. 各アームはその端部に1以上の棘部306を有する。 Each arm has one or more barbs 306 at its end.
【0037】 [0037]
図3Cは、設置されているデバイス300を示す。 Figure 3C shows a device 300 which is installed. 本発明の典型的な実施形態では、デバイス300が、コントラ・チューブ(contra−tube)320により、血管312に当てた状態で、血管内の孔310の近傍に保持される。 In an exemplary embodiment of the present invention, device 300, by Contra tube (contra-tube) 320, in a state of abutting the vessel 312 is held in the vicinity of the hole 310 in the blood vessel. コントラ・チューブ320は中空であってもよい。 Contra tube 320 may be hollow. 代替として、デバイス300はチューブ320に取り付けられてもよい。 Alternatively, the device 300 may be attached to the tube 320. 孔310は、引き具314によりデバイス300に引き込むことができる縁部318および320を有する。 Hole 310 has an edge 318 and 320 that can be drawn into the device 300 by the puller 314. 通常、引き具314は糸又はワイヤ316を用いて引かれる。 Usually, puller 314 is pulled by using the yarn or wire 316. 糸又はワイヤ316はチューブ320の中にさらに通されていてもよい。 Thread or wire 316 may be further passed into the tube 320.
【0038】 [0038]
図3Dは、引き具314が縁部318および320をデバイス300に引き込んだ後の孔310を示している。 Figure 3D is a puller 314 indicates a hole 310 after retracted the edges 318 and 320 to the device 300. (接合部に残されてもよい)引き具314は、例えば(通常は、ベース302の孔を通り、場合によってはベース302自体と接触することにより曲げ戻された後に)引き抜かれており、又は前述のように吸収されており、示されていない。 (Junction left may be) harness 314, for example (usually through the hole in the base 302, after being bent back by contact with the base 302 itself as the case may be) is withdrawn with or are absorbed as mentioned above, it is not shown. デバイス300は、種々の孔の寸法および血管の厚みに合うように寸法を定めることができる。 Device 300 may determine the dimensions to suit the size and vascular thicknesses of the various holes. 上記に代えて又は加えて、所望のホールクロージャー特性に合うように、例えば図3Aに示すような平坦なデバイスがその場で曲げられる。 Instead of or in addition to the above, to match the desired hole closure properties, for example, a flat device such as shown in FIG. 3A is bent in situ. デバイス300は2つの棘部306を各アームに備えているように示されているが、より多くの又は少数の棘部を備えていてもよく(通常は棘部は対向していない)、また、棘部の代わりに(尖っていない)突起さえ備えていてもよい。 Device 300 is a two barbs 306 is shown as being provided in each arm may comprise more or fewer barbs (usually barbs is not facing), also , instead of the barbs (not pointed) it may be even provided with protrusions. デバイスの長さは、例えば孔310の寸法に依存するであろう。 Length of the device will depend on the dimensions of for example hole 310. 上記に代えて又は加えて、複数のデバイス300が並べられて利用される。 Instead of or in addition to the above, it is utilized in a plurality of devices 300 are aligned.
【0039】 [0039]
同様に、図1−2のクリップを個々のクリップとして例えば一つずつ、又は例えば一斉配置のためのマルチクリップデリバリーシステムを用いて、供給してもよい。 Similarly, the clip, for example, one at a time as individual clips in Figure 1-2, or for example by using a multi-clip delivery systems for simultaneous placement may be supplied. 一般的に、2つの血管同士を接合するのに複数のクリップ、例えば3、4、5、6又はそれ以上のクリップが必要とされる。 Generally, a plurality of clips to join two blood vessels together, for example, 3, 4, 5, 6 or more clips are required. あるいは、単一の吻合コネクタ(又はホールクロージャーデバイス)を形成するために、例えば糸又はリングを用いて、クリップ同士をつなぎあわせることができる。 Alternatively, in order to form a single anastomotic connector (or hole closure devices), for example using a thread or ring, it is possible to Awa connect the clip together. あるいは、(例えば前述したPCT出願において)前に記載したコネクタおよびホール・クロージャー・デバイスを分割することで、例えば各々が2つの対向するスパイクおよびオプションとしてのリング部分を備えるクリップを提供してもよい。 Alternatively, it may be provided a clip comprising a by dividing the connector and hole closure device previously described (for example in the aforementioned PCT application), for example, the ring portion of the spikes and options, each two opposing .
【0040】 [0040]
スパイク/アームの曲げに代えて又は加えて、アームの回転用にトーションバー機構を備えることができる。 Instead of or in addition to the bending of the spike / arms can be provided with a torsion bar mechanism for rotating the arm. 本発明の典型的な実施形態において、クリップ252のベース256が、アーム254および253の曲げに代えて又は加えて捩れるトーションバーとして利用できる。 In an exemplary embodiment of the present invention, the base 256 of the clip 252 can be utilized as a place of the bending of the arms 254 and 253 or in addition to twisting the torsion bar. これによりクリップ252は、単に2つの血管組織に力強く接触する圧力方式クリップになることができる。 Thus the clip 252 may simply be a pressure type clips forcefully contacts the two vascular tissue.
【0041】 [0041]
図4は、本発明の典型的な実施形態による、マルチクリップ・コネクタ400を図示している。 4, according to an exemplary embodiment of the present invention, illustrates a multi-clip connector 400. コネクタ400は、複数の「側部」係合クリップアーム404および向かい側の複数の「端部」係合クリップアーム406を有するリング402を備える。 Connector 400 comprises a ring 402 having a plurality of "side" engagement clip arms 404 and a plurality of "end" engagement clip arms 406 opposite. 示されているように、向かい側のクリップアームは同じ径方向位置にある必要はないが、そうすることも可能である。 As shown, the clip arm opposite need not be in the same radial position, it is also possible to do so. 上記に代えて又は加えて、「側部」および「端部」クリップアームの数が異なっていてもよい。 Instead of or in addition to the above, the number of "side" and "end" clip arms may be different. 上記に代えて又は加えて、コネクタは2つの血管「側部」用に又は2つの血管「端部」用にも利用できる。 Alternatively or in addition, the connector can also be used for or two vessels for the two vessels "side", "end". 示されているように、クリップアームは血管壁に貫入しないようにデザインされているが、いくつかの実施形態では、少なくともいくつかのクリップアームが血管壁に貫入でき、このようなアームは、過度の貫入および/またはアームに沿った血管壁の動きを防止するためにフォーク状デザインまたはそれらの先端部から遠位にある突起を含むであろう。 As shown, the clip arms are designed so as not to penetrate the vessel wall, in some embodiments, at least some of the clip arms can penetrate the vessel wall, such arm, excessive It will from penetration and / or forked design or their tip to prevent movement of the vessel wall along the arm comprise a protrusion that is distal. 両側のクリップアームは同じまたは異なる概略デザインを有することができる。 Both sides of the clip arms can have the same or different schematic design. 上記に代えて又は加えて、リング402の同じ側にあるクリップアームもまた(示されているように)同じであってもよく、または例えばクリップアームが交互に異なるデザインを有するように異なっていてもよい。 Instead of or in addition to the above, (as illustrated) the clip arms are also located on the same side of the ring 402 may be the same or such clip arms, are different to have different designs alternately it may be.
【0042】 [0042]
図5A−5Fは、本発明の典型的な実施形態による、図4のクリップの設置方法を図示している。 Figure 5A-5F, according to an exemplary embodiment of the present invention, illustrates a method of installing the clip of FIG. これらの図において、視覚的混乱を減らすために、反復している要素はその全てを示されていない。 In these drawings, in order to reduce the visual confusion, iteratively and elements it is not shown in its entirety. システム500は、例えば切開手術、内視鏡によるまたはスロートスコピック(throactoscopic)による手術および/または径血管的なアプローチで設置できる。 System 500, for example open surgery can be placed surgery and / or 径血 pipe approach by by endoscopic or throat nanoscopic (throactoscopic).
【0043】 [0043]
図5Aは、移植片502およびコネクタ400がその中に取り付けられているデリバリーシステム500を図示している。 Figure 5A, the graft 502 and the connector 400 is illustrated delivery system 500 mounted therein. この図は、一つの「側部」アーム404および一つの「端部」アーム406の動作が明確に見られるように選択された断面図である。 This figure is a cross-sectional view of operation is selected to be clearly seen in one of the "side" arm 404 and one of the "ends" arm 406.
【0044】 [0044]
システム500は、外部コントラ・チューブ506と内部押圧チューブ504とを含む。 System 500, and an external Contra tube 506 and inner pressing tube 504. コネクタ400は、例えば弾性または摩擦で、外部コントラ・チューブ506によって保持される。 Connector 400, for example elastic or friction, is held by an external Contra tube 506. 後述するように「側部」アームをクローズするために外部ベースチューブ508が備えられている。 External base tube 508 is provided in order to close the "side" arm as described below. 外部チューブ506に形成された孔部514を介して複数の「側部」血管引き具512が備えられている。 Through a hole 514 formed in the outer tube 506 is a plurality of "side" vascular puller 512 is provided. 外部チューブ506に形成された孔部516を介して複数の「端部」血管引き具510が備えられている。 Through a hole 516 formed in the outer tube 506 is a plurality of "end" vascular puller 510 is provided. 本発明の典型的な実施形態において、アーム404および406は千鳥配置されており、その結果、アーム位置に合わるために孔部514および516も千鳥配置になっている。 In an exemplary embodiment of the invention, the arms 404 and 406 are staggered, so that the holes 514 and 516 for Awaru the arm position also becomes in a staggered arrangement. 引き具の先端部は、それらが管組織を引き込むアームと位置が合わせられていても、いなくてもよい。 Tip of the puller also have their aligned an arm and positioned to draw tubing may or may not have. いくつかの実施形態では、少なくともいくつかの引き具が平坦でない。 In some embodiments, at least some of the puller is not flat.
【0045】 [0045]
図5Bにおいて、「端部」引き具510が後退し、移植片502の縁部をクリップデバイス400の方へ引いている。 5B, the "end" puller 510 is retracted, pulling the edge of the implant 502 toward the clip device 400. このステップは体内でも体外でも行うことができる。 This step can also be carried out in vitro also in the body.
【0046】 [0046]
図5Cは、ターゲットとなっている血管側部520の近くにあるシステム500を示す。 Figure 5C illustrates a system 500 near the vessel side 520 that is a target. ターゲットの血管520は、例えば、環状動脈、人工または生体移植片、大動脈、LIMA、環状静脈、動脈または末梢血管、例えば大腿動脈または足の静脈、又は他の知られているあらゆる血管であってもよい。 Vessels 520 of the target, for example, coronary, artificial or biological graft, aortic, LIMA, cyclic vein, artery or peripheral vascular, e.g. femoral or leg vein, or even any vessels other known good. 移植片502もまたあらゆる知られている血管であってもよい。 Graft 502 may also be a vessel known any. 引き具512は、血管520の開口部に入るように前方へ伸ばされる。 Puller 512 is extended forward to enter the opening of the vessel 520. 本発明のいくつかの実施形態において、引き具512の挿入は手作業で行われる。 In some embodiments of the present invention, the insertion of the puller 512 is performed manually. 他の実施形態では、システム500と、ターゲットである血管の孔との位置合わせによりそれが容易になっている。 In other embodiments, the system 500, it is facilitated by aligning the hole in the blood vessel is targeted. なお、開口部を形成するためのパンチを外部ベースチューブ508の中を通して供給し、その後移植片供給部分と置き換えることができる。 Incidentally, it supplies a punch for forming an opening through the inside of the outer base tube 508 can be replaced with subsequent graft delivery portion. あるいは、パンチを移植片502を通して供給することができる。 Alternatively, it is possible to supply the punch through implant 502. あるいは、移植片502の中を通してパンチが供給される。 Alternatively, the punch is fed through inside of the graft 502. あるいは、別個独立の孔あけ具が利用される。 Alternatively, independently of the drilling tool is utilized. あるいは、ナイフを用いて切開がなされる。 Alternatively, the incision is made using a knife.
【0047】 [0047]
図5Dでは、引き具512が後退し、血管520の切開部の縁部をクリップ内へ引っ張り、その結果、2つの血管の縁部が近づき、互いに接触又は重なり合う。 In FIG. 5D, it retracts puller 512, pulling the edges of the incision of the blood vessel 520 into the clip, as a result, the edges of the two vessels approached, contact or overlap one another.
【0048】 [0048]
図5Eでは、ベース508の近端内向部分522が内側に押され、それによりアーム404が血管520の縁部に向けてクローズし、かつ通常はその過程でそれらをさらにめくり返しもする。 In Figure 5E, the near-end inward portion 522 of the base 508 is pushed inwardly, thereby the arm 404 is closed toward the edge of the vessel 520, and usually also further turning-back them in the process. 部分522は、所望の態様でクローズするようにアームを案内する傾斜部分526を含むことができる。 Portion 522 may include an inclined portion 526 for guiding the arm so as to close in the desired manner. 部分522を動かす典型的な方法の一つに、外部ベースチューブ508の外側に沿って外筒524を前進させることでそれを径方向に圧縮するというものがある。 One exemplary method of moving a portion 522, there is that to compress it radially by advancing the outer tube 524 along the outside of outer base tube 508. 引き具512がアーム404をクローズする間に変形するかもしれないが、これは通常重要なことではない。 Puller 512 may deform during closing the arms 404, but this is usually not critical.
【0049】 [0049]
図5Fでは、内部プッシャーチューブ504が前進し、クリップ400のアーム406をクローズする。 In Figure 5F, the internal pusher tube 504 is advanced to close the arms 406 of the clip 400. ベースチューブ508が圧力に反作用するものとして役立つであろう。 Base tube 508 will serve as to counteract the pressure. このようにして血管はアーム404及び406の間にしっかり保持され、好ましくは血液の漏洩が防止される。 Vascular this way is firmly held between the arm 404 and 406, it is preferably prevented leakage of blood.
【0050】 [0050]
本発明のいくつかの実施形態では、図5E及び5Fのステップは、同時に又は逆の順番で行われる。 In some embodiments of the present invention, the step of FIG. 5E and 5F are performed simultaneously or in reverse order. 同一側にある全てのアームを同時に処理することが好ましいが、いくつかの実施形態では、同一側にある全てのアームをいっしょにはクローズしない。 Although it is preferable to simultaneously process all the arms located on the same side, in some embodiments, not close to together all the arms located on the same side.
【0051】 [0051]
吻合が完了すると、クリップ400を解放するために、引き具512及び510を後退させ、ベースチューブ508を径方向に広げることができる。 When anastomosis is complete, in order to release the clip 400, to retract the harness 512 and 510, it is possible to widen the base tube 508 in the radial direction. クリップ400をさらに外部チューブ506から出すために内部チューブ504を前進させてもよい。 It may be advanced to the inner tube 504 in order to get further from the outer tube 506 and clip 400. あるいは、引き具は前述したように取り扱われてもよく、例えば切断して体内に残され、通常は吸収される。 Alternatively, the puller may be handled as described above, it is left in the body for example cut and, are usually absorbed.
【0052】 [0052]
上記は、塑性変形型デバイスの設置を説明した。 The above explained the installation of plastic deformation device. 弾性、形状記憶又は超弾性型デバイスでも同様のデリバリーシステムを利用できる。 Elastic, you can utilize similar delivery system in the shape memory or superelastic devices. 例えば、ベースチューブ508は、(ベースチューブ508が前進するまで)アーム404を開いた状態に維持する棘部又は内縁部を含んでいてもよく、内部チューブ504は、(内部チューブ504が後退するまで)アーム406がクローズすることを防止する拡張部を含んでいてもよい。 For example, the base tube 508 may include a barb or inner edge Maintain an open arm 404 (base tube 508 until the forward), the internal tube 504, (until the internal tube 504 is retracted ) arm 406 may include an extension portion to prevent close. 塑性変形型デバイス400においてさえ、設置中の径方向圧縮を許容するように、及び/又は、外部チューブ506により保持できるように、リング402は弾性を有していてもよい。 Even in plastic deformation type device 400, so as to permit radial compression during installation, and / or, as can be held by the outer tube 506, the ring 402 may have elasticity.
【0053】 [0053]
先の図5及び後の図6では、側部対端部吻合を記載しているが、同様の構造が斜め、側部対側部および端部対端部接合に利用できることが理解されるべきである。 In the previous figures 5 and after 6, but describes a side Titan unit anastomosis, similar structure is diagonal, to be understood that the available side-to-side and end Titan portion bonding it is. このような接合では、血管は、例えばシステムの軸に垂直な管腔通して供給することで、デリバリーシステム500の他の部分に対して非軸方向に配置することができる。 In such a joint, blood vessel, for example, by supplying to the vertical tube luminal to the axis of the system, it can be arranged in non-axial direction relative to the other parts of the delivery system 500. しかし、引き具の概略動作は同じままである。 However, general operation of the puller remains the same.
【0054】 [0054]
上記に代えて又は加えて、システム500は、移植片502からより容易に取り去ることができるように、(長手方向で2、3又はそれ以上のパーツに)分割するシステムである。 Instead of or in addition to the above, the system 500, as can be removed more easily from the implant 502, is a system for dividing (the two, three or more parts in the longitudinal direction).
【0055】 [0055]
図6A−6Bは、本発明の典型的な実施形態による、吻合接合部に複数のクリップを設置する他の方法を図示している。 Figure 6A-6B, according to an exemplary embodiment of the present invention, illustrates another method of installing a plurality of clips to the anastomotic junction.
【0056】 [0056]
図6Aは、引き具606に穿刺された縁部604を有する移植片602を示している。 Figure 6A shows an implant 602 having an edge 604 that is punctured puller 606. 移植片に取り付けられているデリバリーシステム600は、吻合コネクタ608が取り付けられている内部チューブ620を含む。 Delivery system 600 that is attached to the implant includes an internal tube 620 that anastomotic connectors 608 are mounted. コネクタ608は、例えば、リング616と複数のアーム618とを含むことができる。 Connector 608, for example, may include a ring 616 and a plurality of arms 618. 本発明の典型的な実施形態では、コネクタ608は超弾性、弾性又は形状記憶性を有し、規制部材626により中に折れ曲がることが防止されているアーム618を備える。 In an exemplary embodiment of the present invention, the connector 608 has superelastic, elastic or shape memory properties, comprising an arm 618 that is prevented from bending in the regulating member 626. 本発明の典型的な実施形態では、規制部材626の内向拡張部610が周方向に向けられた(例えば図の面から外へ出る)突出部612を含み(又は規制部材626にスロットが設けられている)、それがアーム618の径方向運動を阻止している。 In an exemplary embodiment of the present invention, slots are provided in the inward extension portion 610 (out in terms of for example FIG out) is directed in the circumferential direction comprises a protrusion 612 (or the restricting member 626 of the restriction member 626 and have), it is intercepting the radial movement of the arm 618. 規制部材626がコネクタ608と相対的に回転すると、又は規制部材626が径方向に広がると、アーム618が解放される。 When the regulating member 626 is rotated relative to the connector 608, or when the regulating member 626 spreads radially, the arm 618 is released.
【0057】 [0057]
デリバリーシステム600は、引き具606を後退させるための後退用チューブ624、及び、コネクタ608の後退を防止するコントラチューブ(contra tube)622をさらに含む。 Delivery system 600, retraction tube 624 for retracting the puller 606, and further comprising a contra tube (contra tube) 622 for preventing retraction of the connector 608.
【0058】 [0058]
図6Bでは、引き具606が切開部634(血管「側部」630に縁部632を有する)の中へ伸ばされている。 6B, the puller 606 is extended into the incision 634 (the blood vessel "side" 630 having an edge 632).
【0059】 [0059]
図6Cでは、引き具606が後退し、縁部632をめくり返し、かつ、縁部632及び縁部604を共にコネクタ608に引き込む。 In Figure 6C, puller 606 is retracted, return turning the edge 632, and draws the edges 632 and the edge 604 on both the connector 608. 規制部材626が次にアーム618を解放することで、コネクタがクローズし、移植片602及び血管630の間の接合を密閉することができる。 By regulating member 626 is then releases the arm 618 can be the connector is closed to seal the junction between the graft 602 and vessel 630. 引き具606はこれで通常は、少なくとも血管630を保持するためには、もう必要なくなる。 Puller 606 which in the normal, in order to retain at least the vessel 630, eliminates longer needed. 次にさらに引き具606を後退させることができる。 Then it is possible to further retract the harness 606. 後退により引き具はまっすぐ伸ばされるので、通常は血管に損傷が生じない。 Since the puller is straight extended by retracting normally damage to the blood vessel does not occur. コネクタ608は、例えばコントラチューブ622を前進させることでリリースすることができる。 Connector 608 can be released by causing example advancing contra tube 622. 塑性変形型の実施形態では、規制部材626が、アーム618を径方向に圧縮するためのアンビルとして作用する。 In the embodiment of the plastic deformation type, regulating member 626 acts as an anvil for compressing the arms 618 in the radial direction.
【0060】 [0060]
アーム618は、例えば縁部632及び604の一方又は双方を貫くように、示されているように、鋭利な先端部を有することができる。 Arm 618, for example, to penetrate one or both of the edges 632 and 604, as shown, may have a sharpened tip. あるいは、刺すことなく圧力を加えるように、アーム618の先端部は鈍い形状をしていてもよい。 Alternatively, as apply pressure without piercing, the tip portion of the arm 618 may have a blunt shape. あるいは、アーム618は、コネクタの上部に当てるように縁部604を、かつ、コネクタのリング部分に当てるように縁部632を保持してもよい。 Alternatively, the arm 618, the edge 604 to direct the top of the connector, and an edge portion 632 may be held to direct the ring portion of the connector.
【0061】 [0061]
なお、図5及び6は吻合コネクタを図示しているが、同様のデリバリーシステムは、単一の血管の2つの縁部を接合するために、例えばホールクロージャー(hole closure)のために、利用できる。 Although FIGS. 5 and 6 illustrates the anastomotic connector, similar delivery system, in order to join the two edges of a single vessel, eg for hole closure (hole closure), available . このような場合、コネクタは、図4に示したようなリングである代わりに、ラインコネクタ又はアームが底部にのみあり中を向いている環状コネクタであることができる。 In this case, the connector may be alternatively a ring as shown in FIG. 4, an annular connector line connector or arm is oriented in located only at the bottom.
【0062】 [0062]
図7A−7Cは、本発明の典型的な実施形態による、2つの血管の連結用の他のクリップデバイスの設置を図示している。 Figure 7A-7C, according to an exemplary embodiment of the present invention, illustrates the installation of another clip device for connecting two blood vessels.
【0063】 [0063]
図7Aにおいて、クリップ700は、折れ曲がった形状になろうとするような弾性、超弾性または形状記憶性を有する(すなわち自動的にクローズする)。 7A, the clip 700 is resilient such that to become a bent shape, (ie automatically closes) having a super-elastic or shape memory properties. 規制部材706は、例えばクリップ700のアーム708と係合するスロット付き部分712を有し、アームがクローズすることを防止する。 Regulating member 706 has, for example, a slotted portion 712 which engages the arm 708 of the clip 700, prevents the arm is closed. クリップ700の他のアーム710は、他のスロット(又はバンプ(bump))に保持されてもよい。 Another arm 710 of the clip 700 may be held in other slots (or bumps (bump)). 代替として、クリップ700は、ここではホルダ718で保持されているように示されているリング716に取り付けられた複数のクリップを含む単一のコネクタの一部である。 Alternatively, the clip 700 is here a part of a single connector that includes a plurality of clips attached to a ring 716 which is shown as being held by the holder 718.
【0064】 [0064]
使用時には、移植片702の縁部がクリップ700のアーム708に穿刺される。 In use, the edges of the implant 702 is punctured to the arm 708 of the clip 700. アーム708は、血管704の切開部(一方の側のみが示されている)の中へ挿入される。 Arm 708 is inserted into the incision of the blood vessel 704 (only one side is shown). 規制部材706がクリップ700を解放すると、クリップがクローズし、移植片702と血管704とをいっしょに密閉する。 When the regulating member 706 to release the clip 700, the clip is closed to seal the graft 702 and vessel 704 together. 塑性変形型実施形態では、規制部材706の後退によりアーム708をアーム710の方へ折り曲げることができる。 The plastic deformation type embodiment, it is possible to the retraction of the restriction member 706 bends the arm 708 towards arm 710.
【0065】 [0065]
図7Bは、本発明の他の実施形態を示し、ここではセルフ−クローズ型クリップ720が移植片702と血管704とを穿刺する。 Figure 7B shows another embodiment of the present invention, wherein the self - close type clip 720 pierces the graft 702 and vessel 704. クリップは、例えば手作業で、血管704の切開部に挿入され、次に引き戻すことにより血管壁内に埋め込むことができる。 Clips, for example by hand, is inserted into the incision of the blood vessel 704, may be embedded in the vessel wall by the next pull back. 規制用外部チューブ722を後退させると、クリップ720は自由に折れ曲がることができる。 Retracting the regulating outer tube 722, the clip 720 can be bent freely. 本発明のいくつかの実施形態では、クリップ700のようにクリップ720もまたマルチ−クリップ・コネクタの一部であることができる。 In some embodiments of the present invention, the clip 720 as the clip 700 is also a multi - may be part of a clip connector.
【0066】 [0066]
図7Cは、本発明の他の実施形態を示しており、ここでは、例えば手作業で又は(不図示の)引き具を用いて、移植片702と血管704の縁部がクリップ730内に挿入されている。 Figure 7C shows another embodiment of the present invention, wherein the insertion for example manually or by using a (not shown) harness, the edge of the graft 702 and vessel 704 within the clip 730 It is. クリップ730は、ベース736によって連結されている2つのアーム732及び734を備えている。 Clip 730 is provided with two arms 732 and 734 are connected by a base 736. 本発明の典型的な実施形態では、アーム732及び734が内向きに折れ曲がるようにクリップ730に予め応力がかけられている。 In an exemplary embodiment of the present invention, pre-stress is applied to the clip 730 as the arms 732 and 734 are folded inwardly. アーム732及び734は、ベース736を越えて伸び、それぞれ、伸張部742及び744となっている。 Arms 732 and 734 extends beyond the base 736, and is respectively, and an extended portion 742 and 744. 対向している2つの規制要素738及び740を備える規制部材が、伸張部742及び744を介して、クリップ730と係合し、適所に保持している。 Regulating member comprising two regulatory elements 738 and 740 are opposed, via the decompression unit 742 and 744, the clip 730 engages and holds in place. クリップ730は、アーム732及び734が互いの方へと閉じるセルフ−クローズ式クリップである。 Clip 730 is self-closing arms 732 and 734 toward one another - is a close-type clip. 規制要素738及び740が離されると、アーム732及び734が互いの方へと進み、移植片702及び血管704の縁部を互いに係合させ密閉する。 When restricting element 738 and 740 is released, the arms 732 and 734 proceeds toward each other to seal engaged with each other engaging the edge of the graft 702 and vessel 704. 本発明の典型的な実施形態では、アーム732及び734の間の距離を拡大し、クリップ内に血管704及び移植片702の縁部を容易に挿入できるように、規制要素738及び740がくっつけられている。 In an exemplary embodiment of the present invention to expand the distance between the arms 732 and 734, so that it can be easily inserted the edge of the vessel 704 and graft 702 in the clip, it is stuck regulation elements 738 and 740 ing. 通常、クリップ730が血管及び移植片に寄りかかるように配置され、そして規制要素が離されると、アーム732及び734の先端部が縁部に係合し、クリップ内へ移動させる。 Usually, the clip 730 is disposed so as to rest against the vessel and graft, and the restricting element is released, the distal end of the arm 732 and 734 is engaged with the edge, is moved to the clip.
【0067】 [0067]
上記デバイスは、特定種類の血管に適合させる等、種々に変形できる。 The device, such as to adapt to a particular type of vessel can be modified in various ways. 本発明のいくつかの実施形態では、デバイスは包装され、及び/又は、デバイスの寸法及び/又はデバイスが利用されるべき状況を記載した説明書と共に販売される。 In some embodiments of the present invention, the device is packaged, and / or be sold with instructions dimensions and / or devices of the device described the situation to be utilized.
【0068】 [0068]
デバイスの以下のパラメータの一つ以上を変えることができる、例えば: You can change one or more of the following parameters of the device, for example:
(a)クリップのアームにおける棘部の数。 (A) The number of barbs on the arms of the clip. 一つの棘部のみを示したのにもかかわらず、2、3又はそれ以上の棘部を備えることができる。 Despite that shown one barb only, it can comprise two, three or more barbs.
(b)アームに沿った棘部の位置。 (B) the position of the spine portion along the arm. アームの先端部に棘部を示したが、それらはより中に位置してもよい。 Showed barbs to the tip portion of the arm, they may be located in the more. 複数の棘部を備えたデバイスでは、棘部を例えば並べて、又は、他の前方に配置してもよい。 For devices with a plurality of barbs, the barbs example side by side, or it may be arranged on the other front.
(c)アームの形状。 (C) the shape of the arm. 方形、三角形、弓形、円形および部分的にまっすぐ又は曲がっている等、種々の形状を備えることができる。 Square, triangular, arcuate, etc. are circular and partially straight or curved, may comprise various shapes. アームは平坦であってもよく、あるいは、湾曲している等、ある平面から外へ伸びていてもよい。 Arms may be flat, or the like are curved, may extend from one plane to the outside.
【0069】 [0069]
(d)棘部の長さ。 (D) the length of the barb. 棘部は血管壁を穿刺するのに十分な長さを有していてもよい。 Barbs may have a length sufficient to pierce the vessel wall. あるいは、例えば血管のいくつかの層のみに貫入するように棘部をより短くしてもよい。 Alternatively, it may be shorter barbs to penetrate only a few layers of for example a blood vessel. なお、例えばターゲットとなっている血管の特性により、同じデバイス上の異なる棘部が、異なる長さまたは他の特性を有していてもよい。 Incidentally, for example, the characteristics of the blood vessel that is a target, different barbs on the same device may have different lengths or other properties. 典型的な長さには、0.1mm、0.5mm、1mm、2mm並びにより長い、より短い及び中間のサイズが含まれる。 The typical length, 0.1 mm, 0.5 mm, 1 mm, long by 2mm arrangement includes shorter and intermediate size. 棘部のデザインにおける他のパラメータ、例えばシャープネスの程度(鋭利か鈍角か)、も同様に変えられる。 Other parameters in the design of barbs, for example, the degree of sharpness (or sharp or obtuse), is changed as well.
【0070】 [0070]
(e)アームの長さ。 (E) the length of the arm. アームの長さも、ターゲット血管の特性及び接合部の形状に依存するであろう。 Length of the arm will also depend on the shape characteristics and the junction of the target blood vessel. 典型的な長さには、1mm、3mm、5mm、7mm並びにより長い、より短い及び中間のサイズが含まれる。 The typical length, 1 mm, 3 mm, 5 mm, long by 7mm arrangement includes shorter and intermediate size.
(f)ベースの存在及び寸法。 (F) the base of the presence and size. 全てのデバイスがベースを含むのではないが、ベースの長さは、例えば、1mm、3mm、5mm、7mm並びにより長い、より短い及び中間のサイズであってもよい。 It may not contain the base all the devices, the length of the base, for example, 1 mm, 3 mm, 5 mm, long by 7mm arrangement may be shorter and intermediate size. (2つのアームの間の)ベースの幅は、例えば、0.5mm、1mm、3mm、5mm並びにより大きい、より小さい及び中間のサイズであってもよい。 The width of the base (between the two arms), for example, 0.5 mm, 1 mm, 3 mm, 5 mm and greater, may be smaller and medium size.
【0071】 [0071]
(g)管腔の存在及び形状。 (G) the presence of the lumen and shape. 中央管腔を備えたデバイスでは、管腔および穿孔された孔の形状を、例えば円形、楕円形又は多角形と変えることができる。 For devices with a central lumen, it is possible to change the shape of the lumen and drilled hole, for example circular, oval or polygonal.
(f)デバイスのソリディティー(solidity)。 (F) of the device Soriditi (solidity). 本発明のいくつかの実施形態においてデバイスが連続した表面を有することができるにもかかわらず、例えば図3Aおよび1Aに示したように、デバイスの表面に1以上の孔を形成することができる。 Despite can have a surface that the device is continuous in some embodiments of the present invention, as shown in FIGS. 3A and 1A for example, it is possible to form one or more holes in the surface of the device. これにより、体内の異物の総量を減らすことができる。 As a result, it is possible to reduce the total amount of the body of foreign substances. もっとも、血流内の物質総量は、本発明のいくつかの実施形態では非常に低い又はゼロでさえありうる。 However, substances total amount in the blood stream may be even very low or zero in some embodiments of the present invention.
【0072】 [0072]
血管の取り扱いに関する上記の方法及び装置が種々の方法により変形できることが理解されるべきである。 The above methods and apparatus for handling a blood vessel can be modified by various methods is to be understood. 変形には、体の内外で行われるステップの順番、吻合接合を行う順番、各吻合内のステップの順番、吻合コネクタに用いられる正確な材料、端部対側部吻合において何れの血管が端部側で、何れの血管(又は移植片)が側部側であるか、及び/又は、接合される2つの縁部が同じ血管のものか異なる血管のものかどうか、を変えることが含まれる。 The variant, the order of the steps performed in and out of the body, the order of performing an anastomotic connector, the order of steps in each anastomosis, exact materials applied to the anastomotic connector, either the blood vessel end portion at an end-to-side anastomosis on the side, either vascular (or grafts) is either a lateral side, and / or, the two edges to be joined whether those ones or different vessels in the same vessel, includes changing the. さらに、機械的な実施形態において、相対的な動きが要求されるところで不動要素を移動要素に変える等、種々の要素の場所は、開示の範囲の思想を越えることなく変えることができる。 Further, in the mechanical embodiment, the relative or the like where the motion is required changing the immobile element moving element, the location of the various elements may be varied without exceeding the spirit of the scope of the disclosure. さらに、方法及び装置双方の種々の特徴の多様性が説明された。 Furthermore, the diversity of the various features of the method and apparatus both have been described. 異なる特徴の異なる組み合わせが可能であることが理解されるべきである。 It should be possible different combinations of different features can be understood. 特に、特定の実施形態で示された全ての特徴が、本発明の類似の各発明において必要なのではない。 In particular, all of the features shown in a particular embodiment, the not be necessary in each aspect of the invention similar. さらに、説明された種々の実施形態の特徴との組合せも、本発明の幾つかの典型的な実施形態の範囲内にある。 Furthermore, the combination of the features of the various embodiments described are also within the scope of some exemplary embodiments of the present invention. さらに、本発明の他の典型的な実施形態によれば、本明細書に記載した本発明の幾つかの特徴は、先行技術の装置と共に用いるようにすることができる。 Furthermore, according to another exemplary embodiment of the present invention, certain features of the invention described herein may be in use with prior art devices. 本発明を説明するために用いられた特定の形状は、本発明のもっとも広い態様をそれらの形状にのみ限定するものとみなすべきではない。 Particular shapes used to describe the present invention should not be considered as limited only to their shape the broadest aspects of the present invention. たとえは、円形の管腔が示されたところでは、他の実施形態では楕円形の管腔が用いられてもよい。 For example, the at circular lumen is shown, may be used oval lumen in other embodiments.
【0073】 [0073]
本発明の範囲には、単一又は少数の吻合接合を行うのに適した医療装置のセットを含む手術用キットも含まれる。 The scope of the present invention also includes a surgical kit comprising a set of medical devices suitable for performing a single or small number of anastomotic junction. 寸法は、特定のケースについての例示的な寸法としてのみ示されており、適用される正確な寸法はアプリケーションにより代わるであろう。 Dimensions are shown only as exemplary dimensions for a particular case, the exact dimensions to be applied will replace the application. クレームにおいて「備える」、「備えている」、「含む」、「含んでいる」等の用語が用いられた場合、「含むが限定しない」ことが意味される。 If "comprises", "comprising", "including", terms such as "comprising" is used in the claims, is meant "including but not limited to".
【0074】 [0074]
本発明はこれまで記載したことに限定されないことを当業者は理解するであろう。 Those skilled in the art that the present invention is not limited to that described heretofore will understand. むしろ、本発明の範囲は、クレームによってのみ限定される。 Rather, the scope of the present invention is limited only by the claims.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1A−1D】 FIG. 1A-1D]
図1A−1Dは、本発明の典型的な実施形態による血管連結方法および装置を図示している。 Figure 1A-1D illustrate a vascular coupling method and apparatus according to an exemplary embodiment of the present invention.
【図1E】 [Figure 1E]
図1Eは、図1A−1Dに図示した方法に適したクリップの上面図である。 Figure 1E is a top view of a clip suitable for the method illustrated in FIG. 1A-1D.
【図2A−2B】 FIG. 2A-2B]
図2A−2Bは、本発明の他の典型的な実施形態による血管連結方法を図示している。 Figure 2A-2B illustrate a vascular connection method according to another exemplary embodiment of the present invention.
【図2C】 [Figure 2C]
図2Cは、本発明の他の典型的な実施形態による他の血管連結デバイスを図示している。 Figure 2C illustrates the other vascular coupling device according to another exemplary embodiment of the present invention.
【図2D】 [Fig. 2D]
図2Dは、本発明の典型的な実施形態による他のクリップを図示している。 Figure 2D illustrates another clip in accordance with an exemplary embodiment of the present invention.
【図3A−3D】 FIG. 3A-3D]
図3A−3Dは、本発明の典型的な実施形態によるクリップ−引き具の組合せいよるホール・クロージャーデバイスを図示している。 Figure 3A-3D are exemplary clip according to an embodiment of the present invention - illustrates a puller combination Iyoru Hall closure device.
【図4】 [Figure 4]
図4は、本発明の典型的な実施形態によるマルチ−クリップ・コネクタを図示している。 Figure 4 is a multi accordance with an exemplary embodiment of the present invention - illustrates a clip connector.
【図5A−5F】 FIG. 5A-5F]
図5A−5Fは、本発明の典型的な実施形態による図4のクリップの設置方法を図示している。 Figure 5A-5F illustrate an exemplary clip installation method of Figure 4 according to an embodiment of the present invention.
【図6A−6C】 FIG. 6A-6C]
図6A−6Cは、本発明の典型的な実施形態による吻合接合において複数のクリップを設置する他の方法を図示している。 Figure 6A-6C illustrate another method of installing a plurality of clips in the anastomotic connector according to an exemplary embodiment of the present invention.
【図7A−7C】 FIG. 7A-7C]
図7A−7Cは、本発明の典型的な実施形態による2つの血管を連結するための他のクリップ−デバイスの設置を図示している。 Figure 7A-7C are exemplary other clip for connecting two blood vessels in accordance with an embodiment of the present invention - illustrates the installation of the device.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
104、204、252 クリップ124、220、510、512 引き具232 反作用エレメント300 ホールクロージャー・デバイス400 マルチクリップ・コネクタ 104,204,252 clip 124,220,510,512 puller 232 counteracting element 300 hole closure device 400 multi-clip connector

Claims (56)

  1. 2つの血管縁部の間の開口部を密閉するための血管結合デバイスであって、 A vascular coupling device for sealing the opening between the two vessels edges,
    2つの血管縁部の間の開口部の少なくとも一部を密閉するように適合された少なくとも一つのクリップ・エレメント;および体内で、前記縁部の少なくとも一つを前記クリップ・エレメント内へ引き寄せるように適合された少なくとも一つの引き具を備えるデバイス。 At least one clip element at least part of the opening adapted to seal between the two vessels edges; In and body, to attract at least one of said edges to the clip in element device comprising at least one puller adapted.
  2. 前記引き具は、前記デバイスに取り付けられている、 The puller is attached to the device,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  3. 前記引き具は、前記デバイスに取り付けられていない、 The puller is not attached to the device,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  4. 前記引き具は、使用後に体内に残るように適合されている、 The puller is adapted to remain in the body after use,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  5. 前記引き具は、使用後に体から除去できるように適合されている、 The puller is adapted to be removed from the body after use,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  6. 前記引き具は、生体被吸収性を有する、 The puller has a bioabsorbable,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  7. 前記引き具は、前記縁部を貫入するに適合されている、 The puller is adapted to penetrate the edge,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  8. 前記引き具は、前記縁部を穿刺するように適合されている、 The puller is adapted to pierce the edges,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  9. 前記引き具は、前記縁部を貫入しないように適合されている、 The puller is adapted to not penetrate the edges,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  10. 前記引き具は、前記クリップにより変形されるように適合されている、 The puller is adapted to be deformed by the clip,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  11. 前記変形は、前記密閉部からの前記引き具の除去を容易にする請求項10のデバイス。 The device of claim 10 wherein the deformation, to facilitate removal of the puller from the sealing portion.
  12. 前記すくなとも一つの引き具は、前記縁部の双方を引くように適合された単一の引き具を含む、 The small with one puller includes a single puller adapted to pull both of the edges,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  13. 前記少なくとも一つの引き具は、前記縁部の一つを引くように各々が適合されている2つの引き具を含む、 It said at least one harness comprises two puller each to pull one of the edge is adapted,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  14. 前記引き具は、前記引き具を後退させるための細線に取り付けられている、 The puller is attached to thin line for retracting the puller,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  15. 前記引き具は、前記縁部を前記クリップ内に引き込んでいる間に、前記後退により変形される、 The puller is while retracting said edge into the clip is deformed by the retraction,
    請求項14のデバイス。 The device of claim 14.
  16. 前記少なくとも一つのクリップは、前記開口部を密閉するために協働する複数のクリップを含む、 Wherein the at least one clip includes a plurality of clips that cooperate to seal said opening,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  17. 前記複数のクリップは互いに連結されていない請求項16のデバイス。 Wherein the plurality of clips device of claim 16 that are not connected to each other.
  18. 前記複数のクリップは、互いに連結されている、 Wherein the plurality of clips are connected to each other,
    請求項16のデバイス。 The device of claim 16.
  19. 前記複数のクリップは、互いに不動に連結されている、 Wherein the plurality of clips are immovably connected to each other,
    請求項18のデバイス。 The device of claim 18.
  20. 前記複数のクリップは、互いに柔軟に連結されている、 Wherein the plurality of clips are flexibly connected to each other,
    請求項18のデバイス。 The device of claim 18.
  21. 前記クリップは、前記密閉を達成するために変形しない、 The clip is not deformed in order to achieve the sealing,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  22. 前記クリップは、前記密閉を達成するために変形する、 The clip is deformed in order to achieve the sealing,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  23. 前記クリップは、前記密閉を達成するために互いの方へ曲がる2つのアームを備える請求項22のデバイス。 The clip device as claimed in claim 22 comprising two arms bent towards each other to achieve the sealing.
  24. 前記クリップは、塑性変形する、 The clip is plastically deformed,
    請求項22のデバイス。 The device of claim 22.
  25. 反作用・エレメントおよび圧力エレメントを含むデリバリーシステムを備え、 Comprising a delivery system comprising a reaction element and pressure element,
    前記2つのエレメントがそれらの間で前記クリップを押圧する請求項24のデバイス。 The device of claim 24, wherein the two elements to press the clip between them.
  26. 前記クリップは自動的に変形する、 The clip is automatically deformed,
    請求項22のデバイス。 The device of claim 22.
  27. 自動的に変形させるために前記クリップを選択的に解放するように適合された規制要素を含むデリバリーシステムを備える、 Comprises a delivery system comprising a adapted restricting element to automatically the clip to deform selectively released,
    請求項26のデバイス。 The device of claim 26.
  28. 前記クリップは、前記縁部と係合するための棘部を含む、 The clip includes a barb for engaging the edge,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  29. 前記クリップは、前記縁部と係合するための突出部を含む、 The clip includes a protrusion for engagement with said edge portion,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  30. 前記クリップは、前記縁部と係合するためのスロットを含む、 The clip includes a slot for engaging said edge portion,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  31. 前記クリップは、前記縁部同士を密閉するように適合されている、 The clip is adapted to seal the edge portions,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  32. 前記クリップは、前記クリップの一部との間で前記縁部を密閉するように適合されている、 The clip is adapted to seal the edges between the part of the clip,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  33. 前記クリップは、前記縁部を押圧して前記密閉を行う、 The clip carries the sealing and presses the edge portion,
    請求項1のデバイス。 Device according to claim 1.
  34. 前記縁部は、同じ管の縁部である、 Said edge portion is the edge of the same tube,
    請求項1−33のいずれか1項のデバイス。 Any one of the devices of claims 1-33.
  35. 前記縁部は、2つの異なる管の縁部である、 Said edge portion is the edge of the two different tube,
    請求項1−33のいずれか1項のデバイス。 Any one of the devices of claims 1-33.
  36. 前記管の少なくとも一つは、インビボ血管である、 At least one of the tube, in vivo blood vessel,
    請求項1−33のデバイス。 Device according to claim 1-33.
  37. 前記管の少なくとも一つは、合成移植片である、 At least one of the tube is a synthetic implant,
    請求項1−33のデバイス。 Device according to claim 1-33.
  38. 血管縁部間の開口を密閉する方法であって: A method for sealing an opening between the vessel edge:
    クリップの供給; The supply of the clip;
    前記クリップ内への第1の縁部の第1の引き込み;および前記クリップ内への第2の縁部の第2の引き込みを含む方法。 Method comprising second pull of the second edge into and said clip; first edge first retraction of the said clip.
  39. 前記開口部を密閉するために前記クリップをクローズすることを含む、 Comprising closing the clip to seal the opening,
    請求項38の方法。 The method of claim 38.
  40. 前記クローズすることには、自動的に変形するように前記クリップを解放することが含まれる、 To the closing include releasing the clip to automatically deformed,
    請求項39の方法。 The method of claim 39.
  41. 前記クローズすることには、前記クリップを塑性変形させることが含まれる、 The thing is closing, the clip involves plastic deformation,
    請求項39の方法。 The method of claim 39.
  42. 前記第1および第2の引き込みは同時に行われる、 Said first and second retraction is performed simultaneously,
    請求項38の方法。 The method of claim 38.
  43. 前記第1および第2の引き込みは、単一の引き具を用いて行われる、 It said first and second retraction is performed using a single harness,
    請求項38の方法。 The method of claim 38.
  44. 前記引き具は、単一の縁部係合要素を有する、 The puller has a single edge engaging element,
    請求項43の方法。 The method of claim 43.
  45. 前記引き具は、少なくとも2つの縁部係合要素を有する、 The puller has at least two edges engaging element,
    請求項43の方法。 The method of claim 43.
  46. 前記第1および第2の引き込みは、少なくとも2つの引き具を用いて行われる、 It said first and second retraction is performed using at least two harness,
    請求項38の方法。 The method of claim 38.
  47. 前記密閉部から前記引き具を後退させることを含む、 Comprising retracting the puller from the sealing portion,
    請求項43又は請求項46の方法。 The method of claim 43 or claim 46.
  48. 前記引き具を前記密閉部に放置することを含む、 Comprising left the puller to the sealing portion,
    請求項43又は請求項46の方法。 The method of claim 43 or claim 46.
  49. 前記密閉部に薬剤を供給することを含む、 Including providing a drug to the sealing portion,
    請求項38−46のいずれか1項の方法。 Any one of the methods of claims 38-46.
  50. 前記薬剤には、血餅防止剤が含まれる、 Wherein the agents include clot inhibitor,
    請求項49の方法。 The method of claim 49.
  51. 前記薬剤には、血餅促進剤が含まれる、 Wherein the agents include clot accelerator,
    請求項49の方法。 The method of claim 49.
  52. 供給することには、前記薬剤を含む物質の層を供給することが含まれる、 To supply, it includes providing a layer of material containing the drug,
    請求項49の方法。 The method of claim 49.
  53. 前記層は、前記縁部の間に供給される、 The layer is provided between said edges,
    請求項52の方法。 The method of claim 52.
  54. 前記2つの縁部は、単一の管内の開口部の縁である、 It said two edges are the edge of the opening of a single tube,
    請求項38−46のいずれか1項の方法。 Any one of the methods of claims 38-46.
  55. 前記2つの縁部は、異なる管の縁部である、 It said two edges are the edges of the different tube,
    請求項38−46のいずれか1項の方法。 Any one of the methods of claims 38-46.
  56. 前記管の少なくとも一つは、血管を含む、 At least one of said tube includes a blood vessel,
    請求項38−46の方法。 The method of claim 38-46.
JP2001542803A 1999-03-19 2000-09-28 Vascular edge combiner Pending JP2004513670A (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
PCT/IL1999/000670 WO2000056226A1 (en) 1999-03-19 1999-12-08 Vascular surgery
PCT/IL1999/000674 WO2000056223A1 (en) 1999-03-19 1999-12-09 Vascular closure device
PCT/IB2000/000310 WO2000056228A1 (en) 1999-03-19 2000-03-20 Low profile anastomosis connector
PCT/IB2000/000302 WO2000056227A1 (en) 1999-03-19 2000-03-20 Advanced closure device
PCT/IL2000/000611 WO2001041624A3 (en) 1999-05-30 2000-09-28 Vessel lip attachment

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004513670A true true JP2004513670A (en) 2004-05-13

Family

ID=27452005

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001542803A Pending JP2004513670A (en) 1999-03-19 2000-09-28 Vascular edge combiner
JP2001542802A Pending JP2003515416A (en) 1999-03-19 2000-09-28 Anastomosis apparatus and method

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001542802A Pending JP2003515416A (en) 1999-03-19 2000-09-28 Anastomosis apparatus and method

Country Status (3)

Country Link
EP (2) EP1259169A2 (en)
JP (2) JP2004513670A (en)
CA (2) CA2393486A1 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016179190A (en) * 2012-08-10 2016-10-13 ダブリュ.エル.ゴア アンド アソシエイツ,インコーポレイティドW.L. Gore & Associates, Incorporated Microanchors for anchoring devices to body tissues

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8308715B2 (en) * 2009-11-13 2012-11-13 Circulite, Inc. Cannula stabilizer

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016179190A (en) * 2012-08-10 2016-10-13 ダブリュ.エル.ゴア アンド アソシエイツ,インコーポレイティドW.L. Gore & Associates, Incorporated Microanchors for anchoring devices to body tissues
JP2017221763A (en) * 2012-08-10 2017-12-21 ダブリュ.エル.ゴア アンド アソシエイツ,インコーポレイティドW.L. Gore & Associates, Incorporated Microanchors for anchoring devices to body tissues

Also Published As

Publication number Publication date Type
EP1237485A2 (en) 2002-09-11 application
JP2003515416A (en) 2003-05-07 application
CA2393508A1 (en) 2001-06-14 application
EP1259169A2 (en) 2002-11-27 application
CA2393486A1 (en) 2001-06-14 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6929655B2 (en) Tamping mechanism
US6730110B1 (en) Tack device
US6077279A (en) Device and method employing adhesive for sealing blood vessels and the like
US20060106405A1 (en) Systems and methods for delivering fastener to opposed tissue structures
US20010018592A1 (en) Bridge clip tissue connector apparatus and methods
US6565581B1 (en) Apparatus and method for performing an anastomosis
US6607555B2 (en) Delivery catheter assembly and method of securing a surgical component to a vessel during a surgical procedure
US7497865B2 (en) Method and apparatus for performing anastomosis with eversion of tissue edges and joining of exposed intima of the everted tissue
US6652542B2 (en) External anastomosis operators and related systems for anastomosis
US6551334B2 (en) Externally directed anastomosis systems and externally positioned anastomosis fenestra cutting apparatus
US7160311B2 (en) Locking compression plate anastomosis apparatus
US20020029050A1 (en) Devices and methods for performing a vascular anastomosis
US20080234729A1 (en) Suture lock fastening device
US6984241B2 (en) Apparatus and methods for tendon or ligament repair
US6837893B2 (en) Multi-fastener surgical apparatus and method
US20070167898A1 (en) Methods and devices for tensioning a wrap around a blood vessel
US6569173B1 (en) Compression plate anastomosis apparatus
EP1862125A2 (en) Medical suturing tool with gripping device
US6726694B2 (en) Intraluminally directed anvil apparatus and related methods and systems
US20010004698A1 (en) Locking compression plate anastomosis apparatus
US6599302B2 (en) Aortic aneurysm treatment systems
US6682540B1 (en) Apparatus and method for placing multiple sutures
US5843126A (en) Multiple surgical suture application
US20080027468A1 (en) Suture needle, suture needle/suture assembly and suture passer device
US7575586B2 (en) Medical graft connector or plug structures, and methods of making and installing same