JP2004512100A - Medicine ejection device having a telescopic piston rod - Google Patents

Medicine ejection device having a telescopic piston rod Download PDF

Info

Publication number
JP2004512100A
JP2004512100A JP2002537366A JP2002537366A JP2004512100A JP 2004512100 A JP2004512100 A JP 2004512100A JP 2002537366 A JP2002537366 A JP 2002537366A JP 2002537366 A JP2002537366 A JP 2002537366A JP 2004512100 A JP2004512100 A JP 2004512100A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
piston rod
telescopic
telescopic piston
cartridge
ejection device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002537366A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
プレウトン、ヤン・ハラルド
Original Assignee
ノボ ノルディスク アクティーゼルスカブNovo Nordisk Aktie Selsxab
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to DKPA200001608 priority Critical
Application filed by ノボ ノルディスク アクティーゼルスカブNovo Nordisk Aktie Selsxab filed Critical ノボ ノルディスク アクティーゼルスカブNovo Nordisk Aktie Selsxab
Priority to PCT/DK2001/000697 priority patent/WO2002034315A1/en
Publication of JP2004512100A publication Critical patent/JP2004512100A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/14Infusion devices, e.g. infusing by gravity; Blood infusion; Accessories therefor
    • A61M5/142Pressure infusion, e.g. using pumps
    • A61M5/145Pressure infusion, e.g. using pumps using pressurised reservoirs, e.g. pressurised by means of pistons
    • A61M5/1452Pressure infusion, e.g. using pumps using pressurised reservoirs, e.g. pressurised by means of pistons pressurised by means of pistons
    • A61M5/14566Pressure infusion, e.g. using pumps using pressurised reservoirs, e.g. pressurised by means of pistons pressurised by means of pistons with a replaceable reservoir for receiving a piston rod of the pump

Abstract

【課題】 【Task】
【解決手段】薬剤吐出装置は、流体の薬剤を収容したコンテナを有する。 A medicine ejection device has a container containing a fluid medicament. 薬剤は、カートリッジ内のエラストマーピストンを前進させることによってこのコンテナから放出される。 Agent is released from the container by advancing the elastomeric piston in the cartridge. このピストンは、コンテナの中心にもしくは偏心的に位置された入れ子式ピストンロッドによって前進される。 The piston is advanced by centered or eccentrically positioned been telescoping piston rod of the container. 入れ子式ピストンロッドの一端部は、これ自身によってか付加的なプレートを介してエラストマーピストンに当接する。 One end of the telescopic piston rod abuts the elastomeric piston via an additional plate or by which itself. この当接には、入れ子式ピストンロッドの下部の回転を防止するために十分に大きな摩擦が伴われる。 This abutting, sufficiently large friction is accompanied to prevent rotation of the lower part of the telescopic piston rod. エラストマーピストンのコンテナ内での回転を防止するために、第2の入れ子式ピストンロッドが第1の入れ子式ピストンロッドと平行に設けられる。 In order to prevent rotation within the elastomeric piston container, the second telescoping piston rod is disposed in parallel with the first telescopic piston rod.

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、薬剤もしくは他の流体を哺乳動物の体内に吐出するための薬剤吐出装置に関する。 The present invention is a drug or other fluid related medicine ejection device for ejecting the body of a mammal.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
薬剤吐出装置は、哺乳動物の体内に、この体の中に挿入された導管を介して流体の薬剤を吐出するために、健康セクターで幅広く使用されている。 Medicine ejection device, the body of a mammal, for discharging the fluid medicament through the inserted conduit in the body, are widely used in health sector. 一般に、2つのタイプの薬剤吐出装置がある。 In general, there are two types of medicine ejection device. 第1のタイプは、注射器タイプで、この注射器が駆動されると選択された量の流体薬剤を哺乳動物の体内に注射するものである。 The first type is a syringe-type, the fluid medicament in an amount which the injector is selected to be driven is to injection into the body of a mammal. 他のタイプは、点滴装置で、この装置は、重力か、通常は電気モーターによって発生される圧力かによって、一定量の薬剤を哺乳動物の体内に吐出する。 Other types with an infusion device, the device, or gravity, usually by either the pressure generated by the electric motor, for discharging a constant amount of the drug into the body of a mammal.
【0003】 [0003]
糖尿病を患っている人は、毎日数回の注射によって、もしくは、一定の点滴によって、インシュリンを体の中に吐出されることが必要である。 A person suffering from diabetes, the number of times of daily injections, or by constant infusion, it is necessary to be discharged insulin in the body.
【0004】 [0004]
予め選択された投与量の流体薬剤を体の中に注射するための薬剤吐出装置が、WO90.09202号によって公知である。 Medicine ejection device for injecting a fluid medicament preselected dose in the body is known from Patent WO90.09202. この公報に示された薬剤吐出装置は、外側部分と内側部分とを備えたピストンロッドを有する。 The medicine ejection apparatus shown in this publication has a piston rod with an outer portion and an inner portion. この内側部分は、外側スレッドを有し、駆動機構によって回転される。 The inner portion has an outer thread, is rotated by a drive mechanism. 外側部分は、内側部分のスレッドと係合する内側スレッドを有し、内側部分が回転されているときは外側部分が前進するように、回転をロックされている。 The outer portion has an inner thread which threads engage the inner portion, when the inner part is rotated such that the outer portion advances, is locked to rotate. 外側部分はこれの先端部でカートリッジのエラストマーピストンに当接しているので、このエラストマーピストンが、内側部分が回転されると前進され、かくして、カートリッジ中に収容された所定量の薬剤を放出する。 Since the outer portion is in contact with the elastomeric piston of the cartridge in which the tip portion, the elastomeric piston is advanced and the inner part is rotated, thus releasing a predetermined amount of the drug contained in the cartridge. 空のカートリッジを満たすために、ピストンロッドの外側部分の長さは、カートリッジの長さに少なくとも等しくなくてはならない。 To meet the empty cartridge, the length of the outer portion of the piston rod shall not without at least equal to the length of the cartridge. かくして、注射器の全長さは、カートリッジの長さの少なくとも2倍でなくてはならない。 Thus, the total length of the syringe should be at least twice the length of the cartridge.
【0005】 [0005]
薬剤吐出装置をカートリッジの長さの2倍よりも短く作るために、入れ子式ピストンロッドが開発された。 To make the medicine ejection device shorter than twice the length of the cartridge, telescopic piston rod has been developed. このような入れ子式ピストンロッドは、WO97.00091号に示されており、注射器内で用いられている。 Such telescopic piston rod is shown in JP WO97.00091, it is used in the syringe. この公知のピストンロッドは、互いに係合するスレッドによって互いに接続された複数のピース即ち部品を有する。 This known piston rod has a plurality of pieces i.e. components connected together by threads which engage each other. 入れ子式ピストンロッドの先端部は、カートリッジのエラストマーピストンに接続され、また、この入れ子式ピストンロッドを囲む複数のブシュによって回転を止められ、薬剤吐出装置のハウジングにしっかりと接続されている。 Tip of the telescopic piston rod is connected to the elastomeric piston of the cartridge, also stopped the rotation by a plurality of bushings surrounding the telescopic piston rod is rigidly connected to the housing of the drug discharge device. 駆動部が入れ子式ピストンロッドの基端部を回転させると、先端部が前進し、かくして、カートリッジ内に収容された薬剤が放出される。 Driving unit rotates the proximal end of the telescopic piston rod, the tip portion is advanced, thus, the drug contained in the cartridge is released.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
示された入れ子式ピストンロッドが正確に重なり、開かれなくてはならない場合、最も小さな直径を有するブシュは、WO97.00091号に示されているように、入れ子式ピストンロッドの最も大きな直径を有する部品を囲まなくてはならない。 Indicated telescopic piston rod overlap exactly, if must be opened, bush having the smallest diameter, as shown in No. WO97.00091, has the largest diameter of the telescopic piston rod It must be surrounded by the parts. 続いて、最も小さな直径を有するブシュは、少なくとも1つの他の比較的大きな直径を有するブシュ中に適合できなくてはならない。 Subsequently, the bushing having a smallest diameter, must be able to fit in a bush having at least one other relatively large diameter. 最終的に、カートリッジの内径は、最も大きなブシュの直径よりも大きくなくてはならない。 Finally, the inner diameter of the cartridge must be greater than the diameter of the largest bush. この結果、特に多数の部品からなる入れ子式ピストンロッドを有する長いカートリッジが必要とされる場合には、カートリッジの直径は、相当の大きさを有さなくてはならない。 As a result, when the long cartridge having a telescopic piston rod consisting of particularly large number of parts are required, the diameter of the cartridge must have a considerable size.
【0007】 [0007]
先行技術の薬剤吐出装置の他の欠点は、カートリッジからはみ出す(protrude)最も大きなブシュの部品は、カートリッジの内径に等しい全体の直径を有さなくてはならず、薬剤吐出装置の残りの部品のために、ハウジング内に限られたスペースしか残らないことである。 Another disadvantage of the medicine ejection device of the prior art, protrude from the cartridge (protrude) the largest bushing part, have no overall diameter of equal to the inner diameter of the cartridge must not, of the remaining parts of the medicine ejection device in order, it is that it does not remain only a limited space within the housing.
【0008】 [0008]
本発明の目的は、カートリッジの直径が最小にされ、ハウジング内の利用可能なスペースが最大にされる、先行技術の薬剤吐出装置の欠点を有さない薬剤吐出装置を提供することである。 An object of the present invention, the diameter of the cartridge is minimized, it is that the available space within the housing is maximized to provide a medicine ejection device which does not have the drawbacks of the medicine ejection device of the prior art.
【0009】 [0009]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
この目的は、所定量の薬剤が入ったカートリッジを収容しているハウジングを有する、薬剤もしくは他の流体を哺乳動物の体内に吐出するための薬剤吐出装置であって、 This object is achieved by a medicine ejection device for having the drug or other fluid discharges within the body of a mammal a housing accommodating the cartridge containing a predetermined amount of the drug,
前記カートリッジ内に動作可能に設けられるエラストマーピストンを具備し、このエラストマーピストンは、第1の入れ子式ピストンロッドの少なくとも1つの部品を回転させることによって、カートリッジの基端部からカートリッジの先端部へと動かされ、この第1の入れ子式ピストンロッドは、エラストマーピストンに当接する先端の部品と、前記ハウジング内に回転可能に設けられる基端の部品と、これらの間の複数の部品とを有し、これら部品は、互いに係合するスレッドによって互いに順次接続されており、また、 Comprising an elastomeric piston provided operable in said cartridge, the elastomeric piston, by rotating at least one component of the first telescopic piston rod, and the proximal end of the cartridge to the distal end of the cartridge wheeled, the first telescoping piston rod has a tip part in contact with the elastomer piston, and parts of the end groups which are rotatably provided in the housing, and a plurality of parts between them, these components are sequentially connected to each other by a thread engaging each other,
エラストマーピストンがカートリッジ内で前進されて、所定量の薬剤を放出するように、第1の入れ子式ピストンロッドを回転させるための駆動手段と、 Elastomeric piston is advanced within the cartridge, so as to release a predetermined amount of the drug, and drive means for rotating the first telescopic piston rod,
第1の入れ子式ピストンロッドの部品が回転されているときにエラストマーピストンの回転を防止する手段とを具備する、本発明に係る薬剤吐出装置において、 And means for preventing rotation of the elastomeric piston when the components of the first telescoping piston rod is rotated, the medicine ejection device according to the present invention,
第1の入れ子式ピストンロッドの少なくとも部品が回転されているときにエラストマーピストンの回転を防止する手段は、ハウジング内に位置される基端部とエラストマーピストンに当接する先端部とを有する付加的な入れ子式ピストンロッドを有することを特徴とする薬剤吐出装置によって果たされる。 Means for preventing rotation of the elastomeric piston when at least part of the first telescopic piston rod is rotated, a additional having a tip that abuts on the base end portion and the elastomeric piston is positioned within the housing played by medicine ejection apparatus characterized by having a telescopic piston rod.
【0010】 [0010]
入れ子式ピストンロッドが使用されている場合には、エラストマーピストンは、カートリッジ内の前進されるように回転を防止されていなくてはならない。 When the telescopic piston rod is used, an elastomeric piston must not be prevented from rotating as advanced in the cartridge. エラストマーピストンに当接する付加的なピストンロッドがカートリッジ内に位置されている場合、これは、第1のピストンロッドが膨張されているときのエラストマーピストンの回転を効果的に防止する。 If additional piston rod abutting the elastomeric piston is located within the cartridge, which effectively prevents the rotation of the elastomeric piston when the first piston rod is expanded. 両ピストンロッドは、これら両方が同時に標準的なカートリッジの内部に適合されるように、非常に小さな直径を有するように形成され得る。 Both the piston rod, so that both of these are adapted to the internal standard cartridge simultaneously, may be formed to have a very small diameter. これらが両方とも同じカートリッジ中に適合されることから、両入れ子式ピストンロッドの直径の合計は、カートリッジの内径よりも実質的に小さく、かくして、薬剤吐出装置のカートリッジとハウジング両方の中に幾分かのスペースが残される。 Somewhat from that they are adapted in the same cartridge Both total diameter of both telescopic piston rod is substantially smaller than the inner diameter of the cartridge, thus into the cartridge and the housing both medicine ejection device Kano space is left.
【0011】 [0011]
本文脈では、'エラストマーピストン'という用語は、カートリッジの内壁にしっかりと適合される移動可能なプレートもしくはシリンダーを意味するとされている。 In the present context, the term 'elastomer piston' is taken to mean a movable plate or cylinder is firmly adapted to the inner wall of the cartridge. エラストマーピストンの1つの面は、反対側の面がピストンロッドに接触されている間、カートリッジの内容物と接触される。 One face of the elastomeric piston, while the surface on the opposite side is in contact with the piston rod, is contacted with the contents of the cartridge.
【0012】 [0012]
本文脈では、'ピストンロッド'という用語は、エラストマーピストンが動かされて、カートリッジの内容物が放出されるように、エラストマーピストンの表面に圧力を加えるために使用される部材を意味するとされている。 In the present context, the term 'piston rod' is an elastomeric piston is moved, so that the contents of the cartridge is released, there is a meaning member used to apply pressure to the surface of the elastomeric piston .
【0013】 [0013]
'入れ子式ピストンロッド'という用語は、円形の断面を有するのが好ましいが必要に応じて所望の形状を有してもよい複数の個々の部品即ちピースから成るピストンロッドを意味するとされている。 The term 'telescopic piston rod' is taken to mean a piston rod of individual component or piece which may more have the desired shape preferred but if necessary have a circular cross-section. 全てのピースは、最も先端の部品即ちピースは堅くてもよいが、中空形状を有し、各ピース即ち部品内に内区画を規定することが望ましい。 All pieces are most tip component or piece may be rigid, but have a hollow shape, it is desirable to define an inner partition each piece i.e. the part. この区画は、入れ子式ピストンロッドが、入れ子式ピストンロッドが全てのピースが隣接するピースの区画内に収容されている状態から、全てのピースが区画からもしくはこれの殆どから引き出されている状態へと変えられるように、隣接したピースをこの区画中に適合させるのに十分に大きな直径もしくは幅を有する。 This region, telescopic piston rod, from a state in which telescopic piston rod all the pieces are housed in a compartment of an adjacent piece, to a state where all the pieces are drawn from most this or from compartment as can be changed and have a sufficiently large diameter or width to fit the adjacent pieces in this compartment. 第1の状態では、入れ子式ピストンロッドの全長さは、最も長いピース即ち部品の長さに幾分等しく、また、引き出された状態では、入れ子式ピストンロッドの長さは、複数のピースの長さの合計に等しい。 In the first state, the total length of the telescopic piston rod is somewhat equivalent to the longest piece That part length of, and in a state drawn, the length of the telescoping piston rod, a plurality of pieces length equal to the sum of the.
【0014】 [0014]
本文脈では、'エラストマーピストンに当接する'もしくは'エラストマーピストン…ピストンロッドと接触される'という用語は、ピストンロッドが可動エラストマーピストンに固定されてもされなくてもよいことを意味するとされている。 In the present context, the term 'contacts the elastomeric piston' or 'is contacted with the elastomeric piston ... piston rod' is the piston rod is to mean that may or may not be fixed to the movable elastomeric piston . どちらの場合にも、ピストンロッドは、エラストマーピストンを少なくともカートリッジの放出口の方向に動かす能力を有する。 In either case, the piston rod has the ability to move in the direction of the outlet of at least the cartridge elastomeric piston.
【0015】 [0015]
請求項2に開示されているように、付加的な入れ子式ピストンロッドが、ハウジング内に回転可能に設けられている場合、第1の入れ子式ピストンロッドに等しい入れ子式ピストンロッドが、付加的な入れ子式ピストンロッドとして用いられ得ることが確実にされる。 As disclosed in claim 2, additional telescopic piston rod, if provided rotatably within the housing, telescopic piston rod is equal to the first telescoping piston rod, additional it is ensured that can be used as a telescoping piston rod.
【0016】 [0016]
請求項3に開示されているように、付加的な入れ子式ピストンロッドが、カートリッジ内において第1のピストンロッドと平行に延びている場合、ベアリング構造は単純に維持され得ることが確実にされる。 As disclosed in claim 3, additional telescopic piston rod, when running parallel with the first piston rod in the cartridge, it is ensured that the bearing structure can be simply maintained . 入れ子式ピストンロッドの回転部品を支持するベアリングは、例えば示されているようなボールベアリングか、入れ子式ピストンロッドの基端部に位置されるボールベアリングとニードルベアリングとの組み合わせでよい。 Bearings supporting the rotating parts of telescoping piston rod, or a ball bearing as shown for example, be a combination of ball bearings and needle bearings which are located on the proximal portion of the telescopic piston rod. 2つの入れ子式ピストンロッドがカートリッジ内で互いに行き違う場合、もしくは、これらが何らかの方法で平行でなく維持される場合、ベアリングの設計は、より複雑にされる。 If two telescopic piston rod Yukichigau each other within the cartridge, or, if they are maintained not parallel in some way, bearing design is more complex.
【0017】 [0017]
請求項4に開示されているように、第1の入れ子式ピストンロッドと付加的な入れ子式ピストンロッドとが、これら両入れ子式ピストンロッドが同じ回転速度で回転するように同期するギヤを介して互いに接続され、2つの入れ子式ピストンロッドの一方は、この一方の入れ子式ピストンロッドを駆動ギヤを介して駆動する電気モーターによって回転される場合、電気モーターは2つの入れ子式ピストンロッドの一方のみを駆動するが、2つのロッドの両方が同じ回転速度で回転されることが確実にされる。 As disclosed in claim 4, the additional telescopic piston rod and the first telescoping piston rod, via a gear to be synchronized so that these two telescopic piston rod are rotated at the same rotational speed are connected to each other, one of the two telescopic piston rod, when rotated by an electric motor for driving the telescopic piston rod of the one through the driving gear, the electric motor only one of the two telescopic piston rod While driving, that both of the two rods are rotated at the same rotational speed is ensured. 入れ子式ピストンロッドのピースを互いに接続するスレッドのピッチが、どちらの入れ子式ピストンロッドの場合も同じ場合は、両入れ子式ピストンロッドの先端部が同じ速度で動くことが確実にされる。 Thread pitch of connecting piece telescopic piston rod to each other, are also the same in case of both telescopic piston rod, the tip portions of the telescopic piston rod is ensured to move at the same speed. 示されているように、同期化に2つのギヤホイールのみが使用される場合、第1の入れ子式ピストンロッドと付加的な入れ子式ピストンロッドとは、夫々異なる方向に回転する。 As shown, only two gear wheels synchronization may be used, with the additional telescopic piston rod and the first telescoping piston rod, rotate in mutually different directions. 2つの入れ子式ピストンロッドが夫々異なる方向に動く場合、電気モーターによって駆動される一方の入れ子式ピストンロッドからエラストマーピストンに伝えられる運動量が、他方の入れ子式ピストンロッドから伝えられる運動量と等しくなる。 If two telescopic piston rod moves in different respective directions, the momentum imparted to the elastomeric piston from one telescopic piston rod driven by an electric motor is equal to the momentum transmitted from the other telescopic piston rod. この結果、エラストマーピストンに働く運動量はゼロである。 As a result, the momentum acting on the elastomeric piston is zero. 奇数のギヤホイールが用いられる場合は、2つの入れ子式ピストンロッドが、同じ方向に回転し、これら2つの入れ子式ピストンロッドがハウジング内に固定されているところに運動量が発生する。 If an odd number of gear wheels are used, two telescopic piston rod, rotating in the same direction, momentum is generated at these two telescopic piston rod is fixed to the housing.
【0018】 [0018]
本発明に係る薬剤吐出装置の実施形態では、第1の入れ子式ピストンロッドと付加的な入れ子式ピストンロッドとの各々は、3つの部品を有する。 In an embodiment of the medicine ejection device according to the present invention, each of the additional telescopic piston rod and the first telescoping piston rod has three parts. このうちの第1の部品は、内側スレッドを有し、第3の部品は、外側スレッドを有し、第2の中間部品は、第1の部品の内側スレッドと係合する外側スレッドと、第3の部品の外側スレッドと係合する内側スレッドとを有する。 The first part of this has an inner thread, the third part has an outer thread, the second intermediate part includes an outer thread for the inside thread and the engagement of the first component, the and an inner thread to outer thread engages the third component. 3つの部品から成る入れ子式ピストンロッドを有すると、薬剤吐出装置に適した長さと安定性とを提供できることが分かっている。 When having a telescopic piston rod consisting of three parts it has been found to be able to provide and the stability length suitable for medicine ejection device.
【0019】 [0019]
請求項6に開示されているように、第1の入れ子式ピストンロッドの第1の部品と、付加的な入れ子式ピストンロッドの第1の部品とは、カートリッジの基端部に位置され、第1の入れ子式ピストンロッドの第3の部品と付加的な入れ子式ピストンロッドの第3の部品とは、カートリッジの先端部の方へ動く場合は、最も大きな直径を有し、入れ子式ピストンロッドの他のピースを収容し得る入れ子式ピストンロッドのピースは、薬剤吐出装置の最も基端部に位置されるピースであることが確実にされる。 As disclosed in claim 6, the first part of the first telescopic piston rod, and the first part of the additional telescopic piston rod, is located at the proximal end of the cartridge, the of the third component with additional telescoping piston rod of the first telescopic piston rod and the third component, if the move towards the distal end of the cartridge has the largest diameter, the telescopic piston rod piece telescopic piston rod capable of accommodating the other piece, is ensured that a piece of the most is located on the proximal portion of the medicine ejection device.
【0020】 [0020]
入れ子式ピストンロッドを構成するピースに形成されたスレッドのピッチの方向が、第1のピースが回転されているときに入れ子式ピストンロッドが動く方向を決定する。 Direction of the pitch of the threads formed in the pieces which constitute the telescopic piston rod is telescopic piston rod to determine the direction of movement when the first piece is rotated. 本発明に係る薬剤吐出装置の実施形態では、第1の入れ子式ピストンロッドと付加的な入れ子式ピストンロッドとのスレッドの方向は、2つの入れ子式ピストンロッドの一方が回転されると両入れ子式ピストンロッドの先端部がカートリッジ内で同じ方向に動くように設定されている。 In an embodiment of the medicine ejection device according to the present invention, the direction of the threads of the additional telescopic piston rod and the first telescoping piston rod, and one of the two telescopic piston rod is rotated two telescoping the distal end of the piston rod is configured to move in the same direction within the cartridge. 請求項8に開示されているように、第1の入れ子式ピストンロッドと付加的な入れ子式ピストンロッド)とが、同じ方向に回転する場合、両入れ子式ピストンロッドのスレッドは同じ方向に回転される。 As disclosed in claim 8, the first telescoping piston rod additional telescopic piston rod), but, when rotating in the same direction, the thread of the two telescopic piston rod are rotated in the same direction that. これに対して、請求項9に開示されているように、第1の入れ子式ピストンロッドと付加的な入れ子式ピストンロッドとが反対方向に回転する場合は、両入れ子式ピストンロッドは反対方向に回転される。 In contrast, as disclosed in claim 9, when the first telescopic piston rod and additional telescopic piston rod is rotated in the opposite direction, both telescopic piston rod in the opposite direction It is rotated.
【0021】 [0021]
請求項10に開示されているように、第1の入れ子式ピストンロッドがこれの先端部で、好ましくはカートリッジ内のエラストマーピストンに当接している円形プレートを介して、付加的な入れ子式ピストンロッドの先端部に接続されている場合、2つの入れ子式ピストンロッドが、互いにロックされ、運動量が、2つの入れ子式ピストンロッドの間で適当に釣り合うようにされることが確実にされる。 As disclosed in claim 10, in the first telescoping piston rod which in the tip, preferably via a circular plate in contact with the elastomeric piston in the cartridge, additional telescopic piston rod If the connected to the distal end, two telescopic piston rod are locked together, momentum, be so balanced suitably between the two telescopic piston rod is ensured.
【0022】 [0022]
本発明は、好ましい実施形態に関連して、図面を参照して、十分に以下に説明される。 The present invention, in conjunction with the preferred embodiments, with reference to the drawings and will be described fully below.
【0023】 [0023]
図面は、明らかにするために概略的かつ単純にされ、本発明を理解するのに不可欠な細部を示しているが、他の細部は省略されている。 Drawings are schematically and simply to clarify, but demonstrates the essential details for understanding the present invention, the other details are omitted. 全体に渡って、同じ参照符号が、同じか類似した部品を示すのに用いられている。 Throughout, the same reference numerals are used to indicate the same or similar parts.
【0024】 [0024]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
最初に、都合が良いように以下のように定義する。 First, it defined as follows in order to be more convenient. ハウジング1、カートリッジ2の“先端部(distal end)”という用語は、薬剤が吐出されるように通る導管を支持する端部を指し、これに対して、“基端部(proximal end)”という用語は、駆動機構を支持する前記先端部とは反対側の端部を指すとする。 The housing 1, the term "distal end (distal end)" of the cartridge 2, refer to the end which supports the conduit through which such drug is discharged, whereas, a "proximal end (proximal end The)" term and refer to the end opposite to the tip portion for supporting the drive mechanism.
【0025】 [0025]
図1乃至3は、吐出される流体の薬剤が入ったカートリッジ2を収容しているハウジング1を有する薬剤吐出装置を示す。 Figure 1-3 shows a medicine ejection device having a housing 1 in which the fluid medicament is accommodated a cartridge 2 containing ejected. エラストマーピストン3が、カートリッジ2内に動作可能に設けられている。 Elastomeric piston 3 is provided operable in the cartridge 2. 流体の薬剤は、可動エラストマーピストン3が薬剤吐出装置の先端に向けて動かされると、吐出される。 Agent fluid, when the movable elastomeric piston 3 is moved toward the tip of the medicine ejection device, is discharged.
【0026】 [0026]
エラストマーピストン3は、3つの部品5、6、7から成る第1の入れ子式ピストンロッド4によって前進される。 Elastomeric piston 3 is advanced by the first telescopic piston rod 4 consisting of three parts 5,6,7. 第1の部品5は、第2の中間部品6の外側スレッドと係合する内側スレッドを有する。 The first component 5 has an inner thread which outer thread engages the second intermediate part 6. 第2の中間部品6は、これに加えて、第3の部品7の外側スレッドと係合する内側スレッドを有する。 The second intermediate part 6, in addition, has an inner thread which outer thread engages the third component 7. 第1の部品5が回転されると、第1の入れ子式ピストンロッド4の第3の部品7とエラストマーピストン3とが、回転をロックされ、第2の中間部品6と第3の部品7とが、互いに係合するスレッドによって先端方向に動かされる。 When the first part 5 is rotated, the third component 7 and the elastomer piston 3 of the first telescopic piston rod 4 is locked to rotate, and the second intermediate part 6 and the third part 7 but it moved in the distal direction by threads engaging each other. これによって、エラストマーピストン3は、先端方向へ動かされ、カートリッジ2中に入った薬剤を吐出させる。 Thus, the elastomeric piston 3 is moved in the distal direction, to expel medicament entering into the cartridge 2.
【0027】 [0027]
第1の入れ子式ピストンロッド4の第1の部品5の回転は、第1の入れ子式ピストンロッド4の第1の部品5に複数のギヤホイール9、10、11を介して結合された電気モーター8によって駆動される。 First rotation of the first part 5 of the telescopic piston rod 4, the first telescoping piston rod 4 of the first part 5 electrically coupled through a plurality of gearwheels 9, 10, 11 to the motor It is driven by 8. 入れ子式ピストンロッドの第1の部品5は、複数のボールベアリング12によってハウジング1内に回転可能に取着されている。 The first part 5 of the telescopic piston rod is rotatably mounted in the housing 1 by a plurality of ball bearings 12. 他のタイプのベアリングも、所望の場合には、言うまでもなく使用可能である。 Other types of bearings may, if desired, is of course usable.
【0028】 [0028]
エラストマーピストン3と入れ子式ピストンロッド4の第1の部品5との回転は、様々の方法でロックされ得る。 Rotation of the first part 5 of the elastomeric piston 3 and telescopic piston rod 4 can be locked in a variety of ways. 図面に示された実施形態では、このロックは、付加的な入れ子式ピストンロッド14を設けることによって果たされている。 In the embodiment shown in the drawings, the lock has been achieved by providing an additional telescopic piston rod 14. この付加的なピストンロッド14は、第1の入れ子式ピストンロッド4と同じ方法で形成されており、互いに係合するスレッドによって互いに順次接続された3つの部品15、16、17を有する。 This additional piston rod 14 is formed in the same manner as the first telescopic piston rod 4, has three parts 15, 16, 17 that are sequentially connected to each other by a thread engaged with each other.
【0029】 [0029]
付加的なピストンロッド14の第3の部品17は、先端部で、エラストマーピストン3に当接する先端面を有する円形プレート18を介して第1の入れ子式ピストンロッド4に接続されている。 The third part 17 of the additional piston rod 14, at the tip, which is connected to the first telescopic piston rod 4 through the circular plate 18 to the elastomer piston 3 has a contact with the tip surface. 付加的な入れ子式ピストンロッド14の第1の部品15は、複数のボールベアリング19によってハウジング1内に回転可能に取着されている。 The first part 15 of an additional telescopic piston rod 14 is rotatably mounted in the housing 1 by a plurality of ball bearings 19.
【0030】 [0030]
付加的な入れ子式ピストンロッド14の特別な目的は、第1の入れ子式ピストンロッド4の第1の部品5が回転されるときに、エラストマーピストン3と第1の入れ子式ピストンロッド4の第3の部品とが回転するのを防止することである。 Special Purpose additional telescopic piston rod 14, when the first part 5 of the first telescopic piston rod 4 is rotated, the elastomeric piston 3 and the third of the first telescopic piston rod 4 it is that the component is prevented from rotating. この付加的な入れ子式ピストンロッド14は、第1の入れ子式ピストンロッド4の長手方向の動きに従うダミースレーブ(dummy slave)として形成されるか、第1の入れ子式ピストンロッド4と十分に同期され得る。 This additional telescopic piston rod 14 is either formed as a dummy slave according to the first longitudinal movement of the telescopic piston rod 4 (dummy slave), fully synchronized with the first telescopic piston rod 4 obtain.
【0031】 [0031]
付加的な入れ子式ピストンロッド14がダミースレーブとして形成されている場合は、スレッドなしで形成され、円形プレート18を通してのみ、もしくは、第1の入れ子式ピストンロッド4から付加的な入れ子式ピストンロッド14に長手方向の動きを伝える他の手段によってのみ接続されていることが好ましい。 If additional telescopic piston rod 14 is formed as a dummy slaves is formed without threads, only through the circular plate 18, or an additional telescopic piston rod from the first telescopic piston rod 4 14 it is preferably connected only by other means of conveying longitudinal movement. 長手方向の動きのみが伝えられることから、付加的な入れ子式ピストンロッド14の第1のピース15は、ハウジング1内に回転可能に設けられる必要がない。 Since only longitudinal movement is transmitted, a first piece 15 additional telescopic piston rod 14 need not be provided rotatably in the housing 1.
【0032】 [0032]
付加的な入れ子式ピストンロッド14が第1の入れ子式ピストンロッド4と同期される場合、この同期化は、第1の入れ子式ピストンロッド4と付加的なピストンロッド14とに、第1の入れ子式ピストンロッド4に接続された第1のギヤホイール20と、付加的な入れ子式ピストンロッド14に接続された第2のギヤホイール21とから成って、これら2つのギヤホイール20、21が相互連結されている同期ギヤを設けることによって果たされる。 If additional telescopic piston rod 14 is synchronized with the first telescopic piston rod 4, this synchronization, to the additional piston rod 14 and the first telescoping piston rod 4, the first nested a first gear wheel 20 connected to the formula piston rod 4, additional telescoping consist second gear wheel 21 for being connected to a piston rod 14, the two gearwheels 20, 21 interconnected It fulfilled by providing a synchronizing gear being.
【0033】 [0033]
同期化が、相互連結された2つのギヤホイール20、21のみを用いる場合、第1の入れ子式ピストンロッド4と付加的なピストンロッド14とが夫々異なった方向に回転する。 Synchronization is, in the case of using only two gear wheels 20 and 21 which are interconnected to rotate in a first telescoping piston rod 4 with an additional piston rod 14 Togaotto s different directions. これによって、円形プレート18に結果的に働く運動量がゼロとなるように、第1の入れ子式ピストンロッド4から伝えられる運動量が付加的な入れ子式ピストンロッド14から伝えられる運動量によってこれと等しくされる。 Thus, as the momentum acting consequently circular plate 18 becomes zero, the momentum imparted from the first telescopic piston rod 4 is equal to This momentum transferred from the additional telescopic piston rod 14 .
【0034】 [0034]
付加的な入れ子式ピストンロッド14が、第1の入れ子式ピストンロッド4の長手方向の動きに従うダミースレーブとして形成されている場合、もしくは、付加的なギヤホイールが、第1の入れ子式ピストンロッド4と付加的な入れ子式ピストンロッド14とが同じ方向に回転するように、2つのギヤホイール20、21の間に設けられている場合には、ストレスが、付加的な入れ子式ピストンロッド14内に発生し、運動量が、付加的な入れ子式ピストンロッド14がハウジング1内に固定されているところで生じる。 If additional telescopic piston rod 14 is formed as a dummy slave according to longitudinal movement of the first telescoping piston rod 4, or an additional gear wheel, the first telescoping piston rod 4 as the additional telescopic piston rod 14 is rotated in the same direction as, if provided between the two gearwheels 20 and 21, stress, the additional telescoping piston rod 14 occurs, momentum, additional telescopic piston rod 14 occurs at which is fixed in the housing 1. しかし、このような望ましくない運動量は、第1の入れ子式ピストンロッド4と付加的な入れ子式ピストンロッド14とを反対方向に回転させることによって、簡単に防止され得る。 However, such undesirable movement amount by rotating the first telescopic piston rod 4 with an additional telescopic piston rod 14 in the opposite direction, can be easily prevented.
【0035】 [0035]
第1の入れ子式ピストンロッド4の3つの部品5、6、7を接続するように係合するスレッドと、付加的な入れ子式ピストンロッド14の3つの部品15、16、17を接続するように係合するスレッドとは、第1の入れ子式ピストンロッド4の第1の部品5が回転されるときに、第1の入れ子式ピストンロッド4の先端部と付加的な入れ子式ピストンロッド14との両方がカートリッジ内で先端方向に動かされる方向にされていなくてはならない。 To connect the thread that engages so as to connect the three parts 5, 6, 7 of the first telescopic piston rod 4, the three parts 15,16,17 additional telescopic piston rod 14 the thread engages, when the first part 5 of the first telescopic piston rod 4 is rotated, the first telescoping piston rod 4 of the tip with additional telescopic piston rod 14 both must have been in the direction to be moved in the distal direction within the cartridge.
【0036】 [0036]
図4は、WO97.00091号の図3(B)に示された先行技術の薬剤吐出装置の断面図を示す。 Figure 4 shows a cross-sectional view of a medicine ejection device of the prior art which is shown in FIG. 3 (B) of No. WO97.00091. 見られるように、外側ブシュ23(bushing)の外径は、カートリッジ24の内径にほぼ等しい。 As can be seen, the outer diameter of the outer bushing 23 (bushing) is approximately equal to the inner diameter of the cartridge 24. 外側ブシュの外径は、薬剤吐出装置のハウジング1中へとはみ出しており、薬剤吐出装置の残りの部品のための空間が全く残っていない。 The outer diameter of the outer bushing is protruded into the housing 1 of the medicine ejection device, is no remaining space for the remaining part of the drug discharge device.
【0037】 [0037]
図5は、本発明の薬剤吐出装置の断面図を示す。 Figure 5 shows a cross-sectional view of a medicine ejection device of the present invention. 両入れ子式ピストンロッド4、14が同じカートリッジ2中に適合されていることから、各入れ子式ピストンロッド4、14の最も大きな外径は、カートリッジ2の内径よりも実質的に小さくされていなくてはならない。 Since both telescopic piston rod 4, 14 are adapted in the same cartridge 2, the greatest outer diameter of the telescopic piston rod 4 and 14, if they are not substantially smaller than the inner diameter of the cartridge 2 It should not be. 各入れ子式ピストンロッド4、14の最も大きな外径がハウジング1中にはみ出していることから、先行技術の薬剤吐出装置と比べてかなり大量のハウジング1内のスペースが利用可能である。 Since the largest outer diameter of the telescopic piston rod 4, 14 is overrunning into the housing 1, a space of considerable mass of the housing 1 as compared with the prior art drug ejection device is available.
【0038】 [0038]
幾つかの好ましい実施形態が前述部で示されてきたが、本発明はこれらの実施形態に限定されるものではなく、請求項に規定された手段の範囲内で他の方法により実施され得ることを、強調したい。 It some preferred embodiments have been shown in the foregoing part, the present invention is not limited to these embodiments, which may be implemented in other ways within the scope of the means as defined in claim a, I want to emphasize.
【0039】 [0039]
本発明は、注射器型に関連して説明されているが、請求項の範囲は、このような注射器型の装置に限定されない。 The present invention has been described in connection with a syringe type, the scope of the claims is not limited to such a syringe-type device. また、例えば液状の薬剤の連続的な吐出のための薬剤ポンプを有してもよい。 It may also have a drug pump for continuous discharge of such as liquid agents.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明に係る薬剤吐出装置の斜視図を示す。 It shows a perspective view of a medicine ejection device according to the invention; FIG.
【図2】図3のB−B線に沿った断面図を示す。 2 shows a cross-sectional view taken along line B-B of FIG.
【図3】図2のA−A線に沿った断面図を示す。 3 shows a cross-sectional view taken along line A-A of FIG.
【図4】先行技術の薬剤吐出装置の断面図を示す。 4 shows a cross-sectional view of a medicine ejection device of the prior art.
【図5】本発明に係る薬剤吐出装置の断面図を示す。 Figure 5 shows a cross-sectional view of a medicine ejection device according to the present invention.

Claims (10)

  1. 所定量の薬剤が入ったカートリッジ(2)を収容しているハウジング(1)を有する、薬剤もしくは他の流体を哺乳動物の体内に吐出するための薬剤吐出装置であって、 Having a housing (1) accommodating the cartridge (2) containing a predetermined amount of the drug, the drug or other fluid to a medicine ejection device for ejecting the body of a mammal,
    前記カートリッジ(2)内に動作可能に設けられるエラストマーピストン(3)を具備し、このエラストマーピストン(3)は、第1の入れ子式ピストンロッド(4)の少なくとも1つの部品(5)を回転させることによって、カートリッジ(2)の基端部からカートリッジ(2)の先端部へと動かされ、この前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)は、エラストマーピストン(3)に当接する先端の部品(7)と、前記ハウジング(1)内に回転可能に設けられる基端の部品(5)と、これらの間の複数の部品(6)とを有し、これら部品(5、6、7)は、互いに係合するスレッドによって互いに順次接続されており、また、 Wherein comprises a cartridge elastomeric piston provided operable in (2) (3), the elastomeric piston (3) is rotated at least one component (5) of the first telescopic piston rod (4) by, it moved from a proximal end of the cartridge (2) to the distal end of the cartridge (2), the said first telescoping piston rod (4) is the elastomeric piston (3) abuts the distal end part ( 7), and the housing (1) rotatably provided is a base end part in (5), and a plurality of parts between them (6), these components (5, 6, 7) is are sequentially connected to each other by a thread engaging each other,
    前記エラストマーピストン(3)がカートリッジ内で前進されて、所定量の薬剤を放出するように、前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)を回転させるための駆動手段(8、9、10、11)と、 It said elastomeric piston (3) is advanced within the cartridge, so as to release a predetermined amount of drug, driving means for rotating the first telescopic piston rod (4) (8, 9, 10, 11 )When,
    前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)の部品(5)が回転されているときにエラストマーピストン(3)の回転を防止する手段とを具備する薬剤吐出装置において、 In medicine ejection and means for preventing rotation of the elastomeric piston (3) when the first telescopic piston part of the rod (4) (5) is rotated,
    前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)の少なくとも部品(5)が回転されているときにエラストマーピストン(3)の回転を防止する手段は、ハウジング(1)内に位置される基端部とエラストマーピストン(3)に当接する先端部とを有する付加的な入れ子式ピストンロッド(14)を有することを特徴とする薬剤吐出装置。 Means for preventing rotation of the elastomeric piston (3) when the first telescopic least part of the piston rod (4) (5) is rotated, a proximal end which is positioned in the housing (1) medicine ejection apparatus characterized by the elastomeric piston (3) with an additional telescopic piston rod having a tip that abuts (14).
  2. 前記付加的な入れ子式ピストンロッド(14)は、ハウジング(1)内に回転可能に設けられることを特徴とする請求項1の薬剤吐出装置。 It said additional telescopic piston rod (14), the drug ejection device according to claim 1, characterized in that rotatably mounted in the housing (1).
  3. 前記付加的な入れ子式ピストンロッド(14)は、カートリッジ(2)内において第1のピストンロッド(4)と平行に延びていることを特徴とする請求項1もしくは2の薬剤吐出装置。 It said additional telescopic piston rod (14), the cartridge (2) the first piston rod (4) that extends parallel to the claim 1 or 2 of the medicine ejection device, characterized in within.
  4. 前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)と付加的な入れ子式ピストンロッド(14)とは、これら両入れ子式ピストンロッド(4、14)が同じ回転速度で回転するように同期するギヤ(20、21)を介して互いに接続され、また、2つの入れ子式ピストンロッド(4、14)の一方は、この一方の入れ子式ピストンロッドを駆動ギヤ(9、10、11)を介して駆動する電気モーター(8)によって回転されることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1の薬剤吐出装置。 Wherein the first telescoping piston rod (4) and the additional telescopic piston rod (14), a gear these two telescopic piston rod (4, 14) is synchronized to rotate at the same rotational speed (20 , are connected to each other via the 21), also one of the two telescopic piston rod (4, 14), the electrical driving the telescopic piston rod of the one through the drive gear (9, 10, 11) any one of the medicine ejection device according to claim 1 to 3, characterized in that it is rotated by a motor (8).
  5. 前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)と付加的な入れ子式ピストンロッド(14)との各々は、3つの部品(5、6、7、15、16、17)を有し、このうちの第1の部品(5、15)は、内側スレッドを有し、第3の部品(7、17)は、外側スレッドを有し、第2の中間部品(6、16)は、第1の部品(5、15)の内側スレッドと係合する外側スレッドと、第3の部品(7、17)の外側スレッドと係合する内側スレッドとを有することを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1の薬剤吐出装置。 The first of each of the telescopic piston rod (4) and the additional telescopic piston rod (14) has three parts (5,6,7,15,16,17) of the the first component (5, 15) has an inner thread, the third component (7, 17) has an outer thread, a second intermediate part (6, 16), the first part (5,15) and an outer thread that inner thread engage in any of claims 1 to 4, characterized in that it has an inner thread which outer thread engages the third component (7, 17) 1 drug discharge device.
  6. 前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)の第1の部品(5)と、付加的な入れ子式ピストンロッド(14)の第1の部品(15)とは、カートリッジ(2)の基端部に位置され、第1の入れ子式ピストンロッド(4)の第3の部品(7)と付加的な入れ子式ピストンロッド(14)の第3の部品(17)とは、カートリッジ(2)の先端部の方へ動くことを特徴とする請求項5の薬剤吐出装置。 Wherein a first of the first part of the telescopic piston rod (4) (5), the first part of the additional telescopic piston rod (14) (15), the proximal end portion of the cartridge (2) It is located, and the third component of the first third part of the telescopic piston rod (4) and (7) an additional telescopic piston rod (14) (17), the tip of the cartridge (2) medicine ejection device according to claim 5, characterized in that moving towards the parts.
  7. 前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)と付加的な入れ子式ピストンロッド(14)とのスレッドの方向は、2つの入れ子式ピストンロッド(4、14)の先端部が、これら入れ子式ピストンロッド(4、14)の一方が回転されるとカートリッジ(2)内で同じ方向に動くように設定されていることを特徴とする請求項5もしくは6の薬剤吐出装置。 Said first direction of threads with telescopic piston rod (4) and the additional telescopic piston rod (14), the tip portions of the two telescopic piston rod (4, 14) is, these telescopic piston rod (4, 14) of one the is rotated cartridge (2) in a medicine ejection device according to claim 5 or 6, characterized in that it is set to move in the same direction.
  8. 前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)と付加的な入れ子式ピストンロッド(14)とは、同じ方向に回転することを特徴とする請求項7の薬剤吐出装置。 Wherein the first telescoping piston rod (4) and the additional telescopic piston rod (14), medicine ejection device according to claim 7, characterized in that rotate in the same direction.
  9. 前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)と付加的な入れ子式ピストンロッド(14)とは、反対方向に回転することを特徴とする請求項7の薬剤吐出装置。 Wherein the first telescoping piston rod (4) and the additional telescopic piston rod (14), medicine ejection device according to claim 7, characterized in that rotate in opposite directions.
  10. 前記第1の入れ子式ピストンロッド(4)は、これの先端部で、好ましくはカートリッジ(2)内のエラストマーピストン(3)に当接している円形プレート(18)を介して、付加的な入れ子式ピストンロッド(14)の先端部に接続されていることを特徴とする請求項1乃至9のいずれか1の薬剤吐出装置。 Said first telescoping piston rod (4), here the tip, preferably via a circular plate (18) which is in contact with the elastomeric piston in the cartridge (2) (3), additional nesting any one of the medicine ejection device according to claim 1 to 9, characterized in that it is connected to the tip of the formula piston rod (14).
JP2002537366A 2000-10-27 2001-10-23 Medicine ejection device having a telescopic piston rod Pending JP2004512100A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DKPA200001608 2000-10-27
PCT/DK2001/000697 WO2002034315A1 (en) 2000-10-27 2001-10-23 A medication delivery device with telescopic piston rod

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004512100A true JP2004512100A (en) 2004-04-22

Family

ID=8159808

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002537366A Pending JP2004512100A (en) 2000-10-27 2001-10-23 Medicine ejection device having a telescopic piston rod

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP1333872A1 (en)
JP (1) JP2004512100A (en)
AU (1) AU1209002A (en)
WO (1) WO2002034315A1 (en)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010540156A (en) * 2007-10-02 2010-12-24 ラモデル エルティーディー External drug pumps
USD702834S1 (en) 2011-03-22 2014-04-15 Medimop Medical Projects Ltd. Cartridge for use in injection device
US8915882B2 (en) 2010-01-19 2014-12-23 Medimop Medical Projects Ltd. Needle assembly for drug pump
US9011164B2 (en) 2013-04-30 2015-04-21 Medimop Medical Projects Ltd. Clip contact for easy installation of printed circuit board PCB
US9072827B2 (en) 2012-03-26 2015-07-07 Medimop Medical Projects Ltd. Fail safe point protector for needle safety flap
US9259532B2 (en) 2010-01-19 2016-02-16 Medimop Medical Projects Ltd. Cartridge interface assembly
US9345836B2 (en) 2007-10-02 2016-05-24 Medimop Medical Projects Ltd. Disengagement resistant telescoping assembly and unidirectional method of assembly for such
US9421323B2 (en) 2013-01-03 2016-08-23 Medimop Medical Projects Ltd. Door and doorstop for portable one use drug delivery apparatus
US9452261B2 (en) 2010-05-10 2016-09-27 Medimop Medical Projects Ltd. Low volume accurate injector
US9572926B2 (en) 2009-09-15 2017-02-21 Medimop Medical Projects Ltd. Cartridge insertion assembly
US9656019B2 (en) 2007-10-02 2017-05-23 Medimop Medical Projects Ltd. Apparatuses for securing components of a drug delivery system during transport and methods of using same
US9987432B2 (en) 2015-09-22 2018-06-05 West Pharma. Services IL, Ltd. Rotation resistant friction adapter for plunger driver of drug delivery device
US10071198B2 (en) 2012-11-02 2018-09-11 West Pharma. Servicees IL, Ltd. Adhesive structure for medical device
US10071196B2 (en) 2012-05-15 2018-09-11 West Pharma. Services IL, Ltd. Method for selectively powering a battery-operated drug-delivery device and device therefor
US10149943B2 (en) 2015-05-29 2018-12-11 West Pharma. Services IL, Ltd. Linear rotation stabilizer for a telescoping syringe stopper driverdriving assembly
US10293120B2 (en) 2015-04-10 2019-05-21 West Pharma. Services IL, Ltd. Redundant injection device status indication
US10420880B2 (en) 2007-10-02 2019-09-24 West Pharma. Services IL, Ltd. Key for securing components of a drug delivery system during assembly and/or transport and methods of using same

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102966625A (en) * 2012-06-20 2013-03-13 苏州世力源科技有限公司 Anti-rotation structure and method for hydraulic cylinder
WO2015165992A1 (en) 2014-05-02 2015-11-05 Novo Nordisk A/S Telescopic drive arrangement for drug delivery device

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CA2097709C (en) * 1990-12-14 1998-12-15 William H. Smedley Variable proportion dispenser
CH685461B5 (en) * 1993-01-05 1996-01-31 Jean Claude Berney liquid substances therapeutic infusion sets and portable device comprising such a device.
WO1997000091A1 (en) * 1995-06-14 1997-01-03 Berney Jean Claude Linear-transmission syringe plunger
WO2000015280A1 (en) * 1998-09-15 2000-03-23 Njc Innovations Devices with power-driven syringe for administering therapeutic substances

Cited By (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9345836B2 (en) 2007-10-02 2016-05-24 Medimop Medical Projects Ltd. Disengagement resistant telescoping assembly and unidirectional method of assembly for such
US10413679B2 (en) 2007-10-02 2019-09-17 West Pharma. Services IL, Ltd. External drug pump
US10384017B2 (en) 2007-10-02 2019-08-20 West Pharma. Services IL, Ltd. Anti-rotation feature for infusion pump cartridge
US9861759B2 (en) 2007-10-02 2018-01-09 Medimop Medical Projects Ltd. External drug pump
US9782545B2 (en) 2007-10-02 2017-10-10 Medimop Medical Projects Ltd. External drug pump
US9656019B2 (en) 2007-10-02 2017-05-23 Medimop Medical Projects Ltd. Apparatuses for securing components of a drug delivery system during transport and methods of using same
JP2010540156A (en) * 2007-10-02 2010-12-24 ラモデル エルティーディー External drug pumps
US9173997B2 (en) 2007-10-02 2015-11-03 Medimop Medical Projects Ltd. External drug pump
US10420880B2 (en) 2007-10-02 2019-09-24 West Pharma. Services IL, Ltd. Key for securing components of a drug delivery system during assembly and/or transport and methods of using same
US9572926B2 (en) 2009-09-15 2017-02-21 Medimop Medical Projects Ltd. Cartridge insertion assembly
US9522234B2 (en) 2010-01-19 2016-12-20 Medimop Medical Projects Ltd. Needle assembly for drug pump
US8915882B2 (en) 2010-01-19 2014-12-23 Medimop Medical Projects Ltd. Needle assembly for drug pump
US9764092B2 (en) 2010-01-19 2017-09-19 Medimop Medical Projects Ltd. Needle assembly for drug pump
US9149575B2 (en) 2010-01-19 2015-10-06 Medimop Medical Projects Ltd. Needle assembly for drug pump
US9492610B2 (en) 2010-01-19 2016-11-15 MEDIMOP Projects Ltd. Needle assembly for drug pump
US9259532B2 (en) 2010-01-19 2016-02-16 Medimop Medical Projects Ltd. Cartridge interface assembly
US9452261B2 (en) 2010-05-10 2016-09-27 Medimop Medical Projects Ltd. Low volume accurate injector
USD702834S1 (en) 2011-03-22 2014-04-15 Medimop Medical Projects Ltd. Cartridge for use in injection device
USD747799S1 (en) 2011-03-22 2016-01-19 Medimop Medical Projects Ltd. Cartridge
US9511190B2 (en) 2012-03-26 2016-12-06 Medimop Medical Projects Ltd. Fail safe point protector for needle safety flap
US9393365B2 (en) 2012-03-26 2016-07-19 Medimop Medical Projects Ltd. Fail safe point protector for needle safety flap
US9072827B2 (en) 2012-03-26 2015-07-07 Medimop Medical Projects Ltd. Fail safe point protector for needle safety flap
US10071196B2 (en) 2012-05-15 2018-09-11 West Pharma. Services IL, Ltd. Method for selectively powering a battery-operated drug-delivery device and device therefor
US10071198B2 (en) 2012-11-02 2018-09-11 West Pharma. Servicees IL, Ltd. Adhesive structure for medical device
US9421323B2 (en) 2013-01-03 2016-08-23 Medimop Medical Projects Ltd. Door and doorstop for portable one use drug delivery apparatus
US9011164B2 (en) 2013-04-30 2015-04-21 Medimop Medical Projects Ltd. Clip contact for easy installation of printed circuit board PCB
US9166313B2 (en) 2013-04-30 2015-10-20 Medimop Medical Projects Power supply contact for installation of printed circuit board
US10293120B2 (en) 2015-04-10 2019-05-21 West Pharma. Services IL, Ltd. Redundant injection device status indication
US10149943B2 (en) 2015-05-29 2018-12-11 West Pharma. Services IL, Ltd. Linear rotation stabilizer for a telescoping syringe stopper driverdriving assembly
US9987432B2 (en) 2015-09-22 2018-06-05 West Pharma. Services IL, Ltd. Rotation resistant friction adapter for plunger driver of drug delivery device

Also Published As

Publication number Publication date
WO2002034315A1 (en) 2002-05-02
AU1209002A (en) 2002-05-06
EP1333872A1 (en) 2003-08-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2401354T3 (en) Improvements in and related to actuator mechanisms suitable for use in drug discharge devices
DE60014279T2 (en) Pen-shaped syringe medication
US9022991B2 (en) Injection device
US6656158B2 (en) Dispenser for patient infusion device
EP1124601B1 (en) Autoinjector
RU2438719C2 (en) Multi-cartridge device for liquid introduction
ES2542010T3 (en) Injection device
JP4249297B2 (en) Injection length varying pen needle
CN1255192C (en) Medical arrangement
RU2098141C1 (en) Osmotic pump
JP3068132B2 (en) Peristaltic pump
RU2433840C2 (en) Injection device with means for blocking function
CA2261475C (en) Multi-featured medication delivery pen
CN102448520B (en) Means delivery of a liquid medicament
CA2262143C (en) Vial retainer interface to a medication delivery pen
ES2710438T3 (en) Method of mounting devices for the administration of medicines
US7918832B2 (en) Drive mechanisms suitable for use in drug delivery devices
CN100457209C (en) Improvements in and relating to drive mechanisms suitable for use in drug delivery devices.
JP4638609B2 (en) METHOD syringe apparatus and its operation
RU2155609C2 (en) Filling device for jet injector container
JP4224702B2 (en) Medical delivery system accommodating a cartridge and the cartridge
JP4922172B2 (en) Drive mechanism for drug delivery device
EP1372767B1 (en) Drive mechanism for an injection device
CN101583392B (en) Dosing and drive mechanism for drug delivery device
AU2004286732B2 (en) Device for the administration of an injectable product