JP2004500724A - At frequencies in a wireless communication system division duplex - Google Patents

At frequencies in a wireless communication system division duplex Download PDF

Info

Publication number
JP2004500724A
JP2004500724A JP2000521605A JP2000521605A JP2004500724A JP 2004500724 A JP2004500724 A JP 2004500724A JP 2000521605 A JP2000521605 A JP 2000521605A JP 2000521605 A JP2000521605 A JP 2000521605A JP 2004500724 A JP2004500724 A JP 2004500724A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
base station
frame
time
time slots
uplink
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2000521605A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
シェン, クン
レンゾ, マイケル
Original Assignee
エリクソン インコーポレイテッドEricsson Inc.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US6579997P priority Critical
Priority to US09/189,807 priority patent/US6587444B1/en
Application filed by エリクソン インコーポレイテッドEricsson Inc. filed Critical エリクソン インコーポレイテッドEricsson Inc.
Priority to PCT/US1998/024250 priority patent/WO1999026362A1/en
Publication of JP2004500724A publication Critical patent/JP2004500724A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Images

Abstract

フレキシブルチャネル機構は全二重、PWTあるいはDECT基地局のような基地局と遠隔端末局グループ間の無線周波数通信をサポートする。 Flexible channel mechanism supports radio frequency communication between the base station and the remote terminal station group such as full duplex, PWT or DECT base station. 基地局から端末局への通信は第1周波数を有する無線周波数キャリヤにより、端末局から基地局への通信は第2周波数を有する第2無線周波数キャリヤによる。 The communication from the base station to the terminal station a radio frequency carrier having a first frequency, the communication from the terminal station to the base station by the second radio frequency carrier having a second frequency. 各キャリヤはN時間スロット時分割多重アクセスデータストリーム(Nは整数)を提供するために構成され、そうすることによって2つのキャリヤは2N時間スロットシステムを提供する。 Each carrier during N time slots division multiple access data streams (N is an integer) is configured to provide, in two carrier by doing so to provide a 2N time slots system. 各データフレーム内において、基地局から端末局へのデータが第1半フレーム中の第1キャリヤ上で送信され、端末局から基地局へのデータが残りの半フレーム中の第2キャリヤ上で送信される。 Within each data frame, data from the base station to the terminal stations are transmitted on the first carrier of the first in half-frame, the transmission data from the terminal station to the base station on the second carrier in the remaining half-frame It is. 更に、第1基地局が受信中に送信されるように構成される、あるいはその逆で構成される補基地局は、基地局によってサービスされる受信可能エリア内で全時間かつスペクトル効果を与える第1基地局と一緒に配置することができる。 Further configured such that the first base station is transmitted during the reception, or the complement base station configured in its reverse, first give a total time and spectral efficiency in receivable within the area served by a base station it can be located with the first base station.

Description

【0001】 [0001]
発明の分野 Field of the invention
本発明は無線通信システムに関するものであり、特に、時分割多重アクセス(TDMA)システムにおける二重スキームに関するものである。 The present invention relates to wireless communication systems, and more particularly, to a dual scheme in division multiple access (TDMA) system time.
【0002】 [0002]
発明の背景 Background of the Invention
ほとんどの時分割多重アクセス無線通信システムは、アップリンク及びダウンリンク通信を分けるために、時分割二重(TDD)スキームあるいは周波数分割二重(FDD)スキームのどちらか一方を採用する。 Most of the time division multiple access wireless communication system, to separate the uplink and downlink communication, when adopting either the division duplex (TDD) scheme or frequency division duplex (FDD) scheme. 両二重スキームは、ある長所と短所を与え、両スキームは、無線通信用途において日常的に利用されている。 Both dual scheme gives certain advantages and disadvantages, both schemes are routinely utilized in wireless communications applications.
【0003】 [0003]
例えば、パーソナル無線通信(PWT)基準において時分割二重を有する時分割多重アクセスは、周波数配列化ばかりでなく、信号パケット及び時間スロット割当に対しても使用される。 For example, time division multiple access with a split dual time in personal wireless communications (PWT) standard, not only frequency sequencing, also used for the signal packet and time slot allocation. 時分割多重アクセス/時分割二重スキームは、多くのビジネス無線通信用途(例えば、マイクロあるいはピコセルを有する小キャンパスシステム)に対しよく適している。 Time division multiple access / time division duplex scheme, many business wireless communication applications (e.g., small campus systems with micro or pico cells) are well suited to.
【0004】 [0004]
一方、時分割二重あるいは周波数分割二重のどちらか一方を有する時分割多重アクセスは、消費者需要及び市場要求に依存して、認可されたパーソナル通信サービス(PCS)周波数帯域に対して好適にすることができる。 On the other hand, time division multiple access with either the division duplex or frequency division duplex time, consumer demand and depending on the market demand, licensed personal communication service (PCS) suitably for the frequency band can do. 換言すれば、パーソナル通信システムサービスシステムの構造は、本質的に取得された周波数スペクトルの一部を有するサービスプロバイダによって決定されるので、そのようなシステムで実現される技術及び周波数の使用は、消費者要求また合法的で実用的な制約条件によって最終的に行われる。 In other words, since the structure of the personal communication system services system is determined by the service provider with part of the essentially obtained frequency spectrum, the use of technologies and frequencies are implemented in such a system, consumer 's demand also ultimately carried out by legal and practical constraints. 第1の消費者は、特定ビジネス無線用途に対し時分割多重アクセス/時分割二重システムを要求している一方で、第2の消費者は、無線ローカルループ用途に対し時分割多重アクセス/周波数分割二重システムを必要としている。 The first consumer, while requesting division multiple access / time division duplex system when for a particular business wireless application, a second consumer division multiple access / frequency when the wireless local loop applications It is in need of division duplex system.
【0005】 [0005]
つまり、商品及びサービスプロバイダは、頻繁に二重スキーム間の変換が要求されている。 That is, goods and service providers, often convert between duplex schemes is required. しかしながら、スキーム間の変換は、典型的には二重化の労力を必要とし、それゆえ、多大の時間とリソースを浪費する。 However, conversion between schemes typically require the effort of duplication, therefore, consuming a lot of time and resources. 例えば、従来の時分割二重スキームと周波数分割二重スキームは基本的に異なるので、一般的には、両方のタイプのシステムに対し共通ハードウェアプラットフォームを使用することは実現することはできない。 For example, since the conventional time division duplex scheme and a frequency division duplex scheme fundamentally different, in general, it can not be achieved using both types of systems to a common hardware platform. その結果、典型的には2つの開発部隊が割り当てられ、時分割二重及び周波数分割二重手段を提供するために2つの異なる製造ラインが通常確立されている。 As a result, typically assigned two development units, two different production lines in order to provide division duplex and frequency division duplex unit when is normally established.
【0006】 [0006]
つまり、通信システムに、基本システムハードウェア機構の変更を必要とすることなく、変化する消費者要求を満足するために適合されることを可能にするフレキシブル二重スキームに対する要求がある。 That is, the communication system, without requiring modification of basic system hardware mechanism, there is a need for a flexible double scheme that allows it to be adapted to satisfy consumer demand changes.
発明の要約 Summary of the Invention
本発明は、時分割多重アクセス通信システムにおけるフレキシブル二重メカニズムを提供することによって上述した要求及び他の要求を満足する。 The present invention satisfies the requirements and other requirements described above by providing a flexible dual mechanism in the time division multiple access communication system. より具体的には、開示されたシステムは合成あるいはハイブリッドの分割二重メカニズムを利用し、そうすることによって、アップリンク及びダウンリンク送信は周波数が異なっており、一方で、送信及び受信に関連する時間スロットも時間が異なっている。 More specifically, the disclosed system utilizes time division duplex mechanisms synthesis or hybrid, by doing so, the uplink and downlink transmission are different frequencies, on the other hand, associated with the transmission and reception It has different time and time slot. ハイブリッド二重スキームは、本明細書では周波数時分割二重(FTDD)と称し、基本システムハードウェア機構の変形を必要とせずに、通信システム内で選択的に実現することを別の分割二重メカニズムに可能にする。 Hybrid duplex schemes, referred to as frequency time division duplex (FTDD) herein, without requiring modification of basic system hardware mechanism, another division duplex that selectively implemented within a communication system to enable the mechanism.
【0007】 [0007]
有利な点としては、開示されたシステムは、時分割二重あるいは周波数分割二重のどちらか一方が好ましい用途に対する単一プラットフォームを利用できる。 Advantageously, the disclosed system, either time division duplex or frequency division duplex can utilize a single platform for the preferred application. 本実施形態に従えば、開示されたシステムは、アップリンク及びダウンリンク送信の両方に対し同じ周波数帯域が使用される純粋な時分割二重システムではなく、また、アップリンク及びダウンリンク送信の両方が同時に発生する純粋な周波数分割二重システムでもない。 According to the present embodiment, the disclosed system, both the uplink and not the downlink transmission pure time division duplex system where the same frequency band for both is used for, and the uplink and downlink transmission but not a pure frequency division duplex system occur at the same time. むしろ、開示されたシステムは、アップリンク及びダウンリンク通信に対し異なる周波数帯域を利用し、また、異なる時間スロットを利用する。 Rather, the disclosed system may utilize a different frequency band to uplink and downlink communications, also utilizes a different time slot. つまり、時分割多重アクセス/時分割二重システム用に設計された初期のハードウェアプラットフォームは、著しいハードウェア変更なしに、時分割多重アクセス/周波数分割二重システム用に容易に適合でき、逆も同様である。 That is, time division multiple access / time division duplex initial hardware platform designed for systems without significant hardware changes, easily adapted for time division multiple access / frequency division duplex system, and vice versa it is the same. 本発明のこの特徴は、より少ない非再帰的技術及びより短いシステム開発時間をもたらす。 This feature of the invention, result in less non-recursive techniques and shorter system development time.
【0008】 [0008]
また、アップリンク及びダウンリンク通信は周波数及び時間の両方で異なるので、開示されたシステムは従来のシステムと比べてクロスチャネル干渉が少ない。 Moreover, since the uplink and downlink communications is different for both frequency and time, the disclosed system is less cross-channel interference as compared to conventional systems. また、単一ハードウェア経路は、基地局及び端末局の両方でのアップリンク及びダウンリンク送信の両方に対し使用できるので、本発明の実施形態は、 Further, since a single hardware path can be used for both uplink and downlink transmissions at both the base station and the terminal stations, embodiments of the present invention,
従来の時分割二重システムに通常関連する低コスト及び電力消費の利点を維持する。 Maintaining low cost and advantages in power consumption normally associated with conventional time division duplex system. また、本発明は、周波数時分割システムにスペクトル効果の損失なしに動作することを可能にする方法及び装置を提供する。 Further, the present invention provides a method and apparatus which makes it possible to operate without loss of spectral efficiency in the frequency time division system.
【0009】 [0009]
実施形態に従えば、無線通信システムは複数の移動局と基地局を含んでいる。 According to an embodiment, a wireless communication system includes a plurality of mobile stations and a base station. 基地局は、第1キャリヤ周波数を介して移動局へダウンリンク通信信号を送信し、かつ第2キャリヤ周波数を介して移動局からアップリンク通信信号を受信するように構成され、ダウンリンク及びアップリンク通信信号は、それぞれのフレームが複数の時間スロットを含む連続時分割多重アクセスフレームを介して送信及び受信される。 The base station is configured to via a first carrier frequency to transmit downlink communication signals to the mobile station, and to receive uplink communications signals from the mobile station via the second carrier frequency, downlink and uplink communication signal, each frame is transmitted and received via successive time division multiple access frames including a plurality of time slots. 基地局及び移動局間で確立される各アクティブ通信リンクに対し(例えば、各発呼に対し)、各フレーム内の第1時間スロットはダウンリンク通信に対し割り当てられ、各フレーム内の第2時間スロットはアップリンク通信に対し割り当てられ、割り当てられた第1及び第2時間スロットは固定時間オフセットの時間間隔が空けられている。 For each active communications link established between the base station and the mobile station (e.g., for each call), a first time slot in each frame is assigned to downlink communications, a second time within each frame slots are allocated to uplink communication, the first and second time slots allocated time interval of the fixed time offset is empty. 実施形態に従えば、各フレーム内の時間スロットの第1部分は基地局から移動局へのダウンリンク通信に対し予約されており、各フレーム内の時間スロットの第2部分は移動局から基地局へのアップリンク通信に対し予約されている。 According to the embodiment, the first portion of the time slots in each frame are reserved to downlink communications from the base station to the mobile station, a second portion of the time slots in each frame base station from the mobile station It is reserved for uplink communication to.
【0010】 [0010]
また、通信システムは、第1基地局と一緒に配置された追加基地局を含むことができ、かつ第1キャリヤ周波数を介して移動局へダウンリンク通信信号を送信し、かつ第2キャリヤ周波数を介して移動局からアップリンク通信信号を受信するように同様に構成され、追加基地局のそれぞれのダウンリンク及びアップリンク通信信号は、それぞれのフレームが複数の時間スロットを含む連続時分割多重アクセスフレームを介して送信及び受信される。 The communication system can include an additional base station located together with the first base station transmits a down-link communication signal and to the mobile station via the first carrier frequency and the second carrier frequency is similarly configured to receive the uplink communication signal from a mobile station via each of the downlink and uplink communication signals of the additional base station, continuous time division multiple access frames each frame comprising a plurality of time slots sent and received via a. 追加基地局と移動局間で確立された各アクティブ通信リンクに対し、追加基地局の各フレーム内の第1時間スロットは追加基地局からのダウンリンク通信に対し割り当てられ、追加基地局の各フレーム内の第2時間スロットは基地局へのアップリンク通信に対し割り当てられ、割り当てられた第1及び第2時間スロットは固定時間オフセットの時間間隔が空けられている。 For each active communication link established between the mobile and the additional base station station, the first time slot in each frame of the additional base station is assigned to the downlink communication from the additional base station, each frame of the additional base stations second time slot of the inner is allocated to uplink communication to the base station, the first and second time slots allocated time interval of the fixed time offset is empty. 追加基地局の各フレーム内の時間スロットの第1部分はアップリンク通信に対し予約されており、追加基地局の各フレーム内の時間スロットの第2部分はダウンリンク通信に対し予約されている。 The first part of the time slots in each frame of the additional base station is reserved to the uplink communication, the second portion of the time slots in each frame of the additional base station is reserved to downlink communications. 一緒に配置された2つの基地局によってサービスを受ける受信可能エリアに対する全時間及びスペクトル効果を提供するために、各基地局のフレームの第1及び第2部分が、各フレーム内の各時間スロットに対し、1つの基地局だけが第1キャリヤ周波数上で送信することが可能になり、かつ1つの基地局だけが第2キャリヤ周波数上で受信することが可能になるように構成される。 In order to provide full time and spectral efficiency by two base stations located together for coverage area to receive the service, the first and second part of the frame of each base station, each time slot in each frame contrast, only one base station it is possible to transmit on a first carrier frequency, and only one base station is configured so as to be able to receive on a second carrier frequency.
【0011】 [0011]
本発明の上述及び他の特徴は、図面と一緒に示される説明を参照する本明細書の詳細で説明される。 These and other features of the present invention will be a detailed description of the specification, which makes reference to the description given in conjunction with the drawings. 説明及び理解を明確にするために実施形態が説明され、多数の同等実施形態が本明細書で意図されていることが当業者には理解されるであろう。 Description and the description embodiments for purposes of clarity of understanding, it will be a large number of equivalent embodiments are contemplated herein will be understood to those skilled in the art.
実施形態の詳細な説明 Detailed description of the embodiments
図1は本発明で実行できる技術における無線通信システム100を示している。 Figure 1 shows a wireless communication system 100 in the art that can be performed in the present invention. 図示されるように、典型的な無線システムは、10個のセルあるいは受信可能エリアC1−C10、10個の基地局B1−B10、タイミングマスタTM及び10個の移動局M1−M10を含んでいる。 As shown, a typical wireless system includes ten cells or coverage areas C1-C10,10 BTSs B1-B10, a timing master TM and ten mobile stations M1-M10 . このような無線システムは、例えば、パーソナル無線通信(PWT)基準に従って構成でき、それゆえ、例えば、ビル内、あるいは多くのビル及び開放エリアを含むキャンパスを通して移動体通信を提供するために使用することができる。 Such wireless systems, for example, can be configured according to personal wireless communication (PWT) standard, therefore, for example, be used to provide a mobile communication through campus including a building, or many buildings and open areas can. 一般に、無線システムは、10個のセル、10個の基地局、10個の移動局よりもはるかに多いが、説明のためには、これらはそれぞれ10個で十分である。 In general, a wireless system, ten cells, ten base stations, but far more than ten mobile station, for purposes of explanation, it is sufficient 10 respectively.
【0012】 [0012]
図示されるように、1つ以上の基地局は、各セル内に位置できる。 As shown, one or more base stations may be located in each cell. 図1はセルの中央に位置する基地局を示しているが、各基地局はセル内のどこにでも位置することができる。 Figure 1 illustrates a base station located in the center of the cell, each base station may be located anywhere within the cell. セルの中央に位置する基地局は、典型的には全方向性アンテナを採用し、一方で、セル境界に向かって位置する基地局は、典型的には指向性アンテナを採用している。 Base stations located in the center of the cell typically employ an omnidirectional antenna, while the base stations located toward a cell boundary typically employ directional antennas. タイミングマスタTMあるいは無線交換機は、周知の技術で基地局間のタイミング同期を維持する。 Timing master TM, or radio exchange, maintains timing synchronization between base stations in a known technology. タイミングマスタは、ケーブル、無線リンクあるいはその両方によって基地局に接続することができる。 The timing master cable can be connected to a base station by a radio link, or both.
【0013】 [0013]
各基地局及び各移動局は、空間インタフェースを介する通信信号の送受信を行う送受信機を含んでいる。 Each base station and each mobile station includes a transceiver for transmitting and receiving communication signals through space interface. 典型的には、基地局及び移動局は、時間、周波数あるいは周知の技術である符号分割多重アクセス(即ち、TDMA、FDMAあるいはCDMA)の形式を使用して通信する。 Typically, base stations and mobile stations, time, code division multiple access is a frequency or known techniques (i.e., TDMA, FDMA or CDMA) to communicate using the format. セル内及びセルからセルへ移動局が移動する場合、少なくとも1つの基地局との通信は常に可能である。 If the mobile station moves from cell and cell to cell, communication with at least one base station is always possible. その結果、移動局ユーザは、システムの全受信可能エリア内のどこにでも位置し、受信し、かつ発呼を行うことができる。 As a result, the mobile station user, located anywhere in the entire receivable area of ​​the system, received, and it is possible to perform a call.
【0014】 [0014]
ハイブリッドの特徴及び利点を明らかにするために、本発明の周波数時分割二重(FTDD)スキーム、従来の時分割二重(TDD)スキーム及び周波数分割二重(FDD)スキームは、本明細書では、図2A、図2B、図3A及び図3Bで説明する。 To clarify the features and advantages of the hybrid frequency time division duplex (FTDD) schemes of the present invention, conventional time division duplex (TDD) scheme and a frequency division duplex (FDD) scheme, herein , 2A, 2B, described in FIGS. 3A and 3B. 普遍性の損失がない状態では、パーソナル無線通信基準のチャネル定義は、従来の時分割多重アクセス(TDMA)/TDDシステムを示すために使用される。 In the absence of loss of generality, the channel definition of personal wireless communication standard is used to indicate the division multiple access (TDMA) / TDD system when conventional. チャネル定義は基準間で異ならせることができるが、根源的な多重化及び二重化概念は同じである。 Channel definition can be made different between the reference, fundamental multiplexing and duplexing concepts are the same.
【0015】 [0015]
図2Aは従来のTDDスキームに従うアップリンク及びダウンリンク通信を示している。 Figure 2A shows the uplink and downlink communications according to a conventional TDD scheme. 図示されるように、TDD基地局B20からTDDハンドセットM20へ送信される信号と、TDDハンドセットM20からTDD基地局へ送信される信号は、時間間隔が空けられている。 As shown, a signal transmitted from the TDD base station B20 to the TDD handset M20, signals transmitted from the TDD handset M20 to the TDD base station is spaced time intervals. 図2Bに示されるように、所定時間間隔Tが単一のTDMA/TDDフレームT20の期間を表している場合、アップリンク及びダウンリンク送信間の間隔は、典型的には、所定時間間隔TあるいはT/2の半分となる。 As shown in Figure 2B, when the predetermined time interval T represents the duration of a single TDMA / TDD frame T20, the uplink and the spacing between the downlink transmission is typically or a predetermined time interval T the half of T / 2. パーソナル無線通信システムでは、各フレームは10ミリ秒の間隔であり、24個のデータスロットを含んでいる。 The personal wireless communication system, each frame is the spacing 10 ms includes 24 data slots. データフレーム内では、12個の時間スロットは送信用(TDD基地局B20からTDDハンドセットM20)に使用され、残りの12個のタイムスロットは受信用(即ち、TDDハンドセットM20からTDD基地局B20への送信)に使用される。 The data frame, twelve time slots are used (TDD handset M20 the TDD base station B20) for transmission and the remaining twelve time slots for reception (i.e., the TDD handset M20 to the TDD base station B20 It is used to send). 送信及び受信はある固定(あるいは可変)時間空けられており、これらは共通周波数帯域を共有する。 The transmission and reception are spaced a fixed (or variable) time, we share a common frequency band. それゆえ、このようなシステムのチャネルは、所定周波数及び時間参照ペアによって定義される。 Therefore, the channel of such a system is defined by a predetermined frequency and time reference pair.
【0016】 [0016]
このようなTDMA/TDDシステムは、様々な無線通信用途に対し広く適合されている。 Such TDMA / TDD system is adapted widely to a variety of wireless communication applications. これらのシステムの利点は、アップリンク及びダウンリンク送信の両方で共通周波数キャリヤを使用するような周波数効果の利点がある。 The advantage of these systems have the advantage of frequency effects, such as using a common frequency carrier for both uplink and downlink transmission. 加えて、送信及び受信は時間間隔が空けられているので、単一ハードウェア経路(フィルタ、局所発振器等を含む)で両機能に対し使用することができる。 In addition, since the transmission and reception are spaced time intervals, it can be used for both functions in a single hardware path (including filters, local oscillators, etc.). その結果、TDDシステムは相対的に低コストである。 As a result, TDD systems are relatively low cost. また、受信ハードウェアは、送信中に切断できる(かつ送信ハードウェアが受信中に切断できる)ので、TDDシステムは相対的に電力消費は小さい。 The receiving hardware, since it cut during transmission (and transmitting hardware can be cut during reception), TDD systems is relatively power consumption is small.
【0017】 [0017]
これに対し、周波数分割二重(FDD)システムは、アップリンク及びダウンリンク通信に対し別々の周波数帯域を必要とする。 In contrast, the frequency division duplex (FDD) systems require separate frequency bands to uplink and downlink communications. これは、異なる周波数で受信及び送信動作が同時に実行されるという事実からくるものである。 This is what comes from the fact that the reception and transmission operating at different frequencies are performed simultaneously. つまり、FDDシステムにおけるチャネルは、動作周波数によって定義される。 That is, the channel in the FDD system is defined by the operating frequency. 図3Aは従来のFDD基地局B30及び従来のFDDハンドセットM30間のアップリンク及びダウンリンク通信を示し、図3Bは典型的なTDMA/FDDフレームT30を示している。 Figure 3A shows the uplink and downlink communications between a conventional FDD base station B30 and a conventional FDD handset M30, Figure 3B shows a typical TDMA / FDD frame T30. 送信及び受信の両方は同時に達成されるので、基地局及び端末局の両方で、それぞれのハードウェア経路が必要とされる。 Since both transmit and receive are accomplished simultaneously, in both the base station and the terminal station, each of the hardware paths are required. その結果、FDDシステムは、典型的には、コストが高くなり、従来のTDDシステムに比べてより多くの電力を消費する。 As a result, FDD systems are typically cost becomes high, consumes more power than the conventional TDD system. しかしながら、FDDシステムは、相対的に小さいクロスチャネル干渉を持ち、時には、内部システムのから好ましい。 However, FDD system has a relatively small cross-channel interference, sometimes preferable from the internal system. 換言すれば、FDDスキームは、周波数スペクトルの隣接部分を使用する近似システムと互換性があるシステムを構成することが必要とされても良い。 In other words, FDD scheme, it may be necessary to configure the system with approximate system compatible to use the adjacent portion of the frequency spectrum. その結果、FDDシステムもまた無線通信用途の広範囲に適合する。 As a result, FDD systems are also extensively compatible wireless communication applications.
【0018】 [0018]
TDD及びFDDシステムの両方はある利点を与えるが、理想的にすべての無線通信用途に対し適応するわけではない。 Both TDD and FDD systems provide certain advantages, but not adapted to ideally all wireless communications applications. また、上述したように、TDDとFDD間の基本的な違いは、特定用途仕様に順応するためにそれらの内の1つあるいはもう一方に対して具体的に構成されるシステムに適合させることを難しくしている。 As described above, the basic differences between TDD and FDD is to adapt to the specifically configured system against one or the other of them in order to accommodate a particular application specification It has been difficult. 有利な点としては、本発明は、ハイブリッドで、周波数時分割二重(FTDD)スキームを提供し、これは、従来の両タイプのシステムのある利点を提供し、また、単一ハードウェア構成で、仮想的に任意の無線通信用途に合うように容易に適合させることを可能にする。 Advantageously, the present invention is a hybrid, provides frequency time division duplex (FTDD) schemes, which may provide the advantage that a conventional both types of systems, and in a single hardware configuration , it makes it possible to readily adapted to fit any wireless communication applications virtually.
【0019】 [0019]
図4Aは本発明のTDMA/FTDDスキームに従って通信するFTDD基地局B40及びFTDDハンドセットM40を示している。 Figure 4A shows a FTDD base station B40 and FTDD handset M40 communicating according to TDMA / FTDD scheme of the present invention. 図示されるように、FTDD基地局B40からFTDDハンドセットM40へ送信される信号と、FTDDハンドセットM40からFTDD基地局M40へ送信される信号は、時間及び周波数の両方で異なっている。 As shown, a signal transmitted from the FTDD base station B40 to the FTDD handset M40, signals transmitted from the FTDD handset M40 to the FTDD base station M40 is different in both time and frequency.
【0020】 [0020]
TDMA/FTDDスキームに対する一般的なチャネル定義は、「無線通信システムにおけるフレキシブル周波数時分割二重」という名称で、本願と同日に出願された、ともに審査中である米国特許出願第_______号に記述されており、これは、参照することによってその全部が本明細書に組み込まれる。 Common channel definition for TDMA / FTDD schemes, entitled "time flexible frequency in a wireless communication system division duplex", present and filed on the same day, is described in U.S. Patent Application No. _______ No. are both under review and, which, in its entirety by reference is incorporated herein. 一般的なチャネル定義は適応度が大きく、一方で、本発明は、複雑さが削減されたハードウェア及びオーバヘッドが削減されたソフトウェアに関するある利点を、いくつかの適合性を放棄することによって達成できることを教示している。 Common channel definition large fitness, while the present invention can be achieved by hardware and overhead complexity is reduction certain advantages related to reduced software, give up some compatibility It teaches. 具体的には、本発明は、ある利点がTDMA/FTDDフレームを分割し、アップリンクあるいはダウンリンク送信のいずれか一方に対しある時間スロットを予約することによって導出されることを教示している。 Specifically, the present invention teaches that it is derived by certain advantages divides the TDMA / FTDD frame, to reserve time slots in respect either uplink or downlink transmission.
【0021】 [0021]
本発明のスキームに従う2つの典型的なチャネル定義T40a及びT40bはそれぞれ、図4B及び図4Cに示されている。 Each typical channel definition T40a and T40b 2 one according to the scheme of the present invention is shown in FIGS. 4B and 4C. 普遍性の損失なしで、図4B及び図4Cのチャネル定義に対するデータフレームは、2N時間スロット(Nは整数)を含むように定義されている。 Without loss of generality, a data frame for the channel definitions of Figures 4B and 4C are, 2N time slots (N is an integer) is defined to include. スロットの半分(即ち、第1Nスロット)は基地局から端末局への送信用に予約され、スロットの残りの半分(即ち、第2Nスロット)は端末局から基地局への送信用に予約されている。 Half of the slot (i.e., a 1N slot) is reserved by the base station for transmission to the terminal station, the remaining half of the slot (i.e., a 2N slots) are reserved for transmission to the base station from the terminal station there. ダウンリンク及びアップリンクの時間間隔がそれぞれd及びuによって与えられると仮定すると、周波数時分割二重スキーム内の単一フレームの期間TはT=N(d+u)で与えられる。 If the time interval of the downlink and uplink are assumed to be given by d and u, respectively, the period T of a single frame frequency time division duplex in scheme is given by T = N (d + u).
【0022】 [0022]
図4Bのチャネル定義T40aに従えば、上位周波数帯域はハンドセット送信に対する基地局に対し予約され、下位周波数帯域は基地局送信に対するハンドセットに対し予約されている。 According to the channel definition T40a of Figure 4B, the upper frequency band is reserved to the base station for the handset transmission, the lower frequency band are reserved to the handset to the base station transmission. つまり、フレーム内の第1N時間スロットはダウンリンク通信用に用いられ、第2N時間スロットはアップリンク通信用に用いられている。 In other words, the 1N time slots in a frame is used for downlink communications, the 2N time slots are used for uplink communications. 逆に、図4Cの別に提供されているチャネル定義に従えば、第2N時間スロットはダウンリンク通信用に予約され、第1N時間スロットはアップリンク通信用に予約されている。 Conversely, according to the channel definition provided in another figure 4C, the 2N time slots are reserved for downlink communications, a 1N time slot is reserved for uplink communication. 送信及び受信時間スロットが同じ期間の時間スロットである場合、フレームTあるいはT/2の半分はダウンリンク信号に対し予約され、残りの半分はアップリンク信号に対し予約されている。 If transmit and receive time slot is the time slot of the same time period, half of the frame T or T / 2 is reserved to the downlink signal, the other half is reserved to the uplink signal. 図4Bのチャネル定義に従って動作する第1基地局と図4Cのチャネル定義に従って動作する第2基地局とを一緒に配置することによって、全時間及びスペクトル効果は特定受信可能エリアに対し提供できる。 By arranging the second base station operating in conjunction according to the channel definition of the first base station and 4C which operates according to the channel definition of Figure 4B, the total time and spectral effect can be provided for a particular coverage area. 換言すれば、各TDMA時間スロット内の両周波数は、アップリンクあるいはダウンリンク送信用に使用できる。 In other words, both frequencies in each TDMA time slot can be used for transmitting uplink or downlink.
【0023】 [0023]
本発明に従って構築される全システムが適切に動作することを保証するために、基地局間のタイミング調整が維持される。 In order to ensure that the entire system constructed in accordance with the present invention to operate properly, the timing adjustment between the base stations is maintained. 具体的には、個々の基地局は基本参照に関連して時間シフトされる。 Specifically, individual base stations are time shifted with respect to the base reference. 例えば、基地局の第1グループはゼロオフセットを採用して図4Bのチャネル定義に従って動作し、基地局の別のグループは半フレームオフセット(即ち、T/2)を採用して図4Cのチャネル定義に従って動作する。 For example, the channel definition of the first group operates according to the channel definition of Figure 4B with a zero offset, a different group of base stations half frame offset (i.e., T / 2) is adopted to Figure 4C of the base station It operates in accordance with. つまり、基地局の第2グループに対しアップリンク及びダウンリンク送信は、第1グループ内の基地局のアップリンク及びダウンリンク送信に対しT/2のオフセットがある。 That is, the uplink and downlink transmissions for the second group of base stations, to uplink and downlink transmission of the base stations in the first group there is an offset of T / 2. 共通位置(例えば、無線受信可能エリア内の)での各グループから1つ以上の基地局を組み合わせることによって、本発明に従うシステムは、個々の基地局に対し全能力を維持しながら周波数及び時間効果を達成できる。 Common position (e.g., the wireless coverage area) by combining one or more base stations from each group, the system according to the invention, the frequency and time effects while maintaining full capacity for individual base stations It can be achieved.
【0024】 [0024]
上述した基地局間のタイミング関係は図5に示される。 Timing relationship between the above-mentioned base station is shown in FIG. 図示されるように、2つの開始時参照クロックはT/2のオフセットがある。 As shown, two start reference clock is offset T / 2. 基地局B40aの第1グループは基地参照クロック(ゼロオフセット)に接続され、一方、基地局B40bの第2グループはオフセット参照(T/2オフセット)に接続されている。 The first group of base stations B40a are connected to the base reference clock (zero offset), while the second group of base stations B40b are connected to a reference offset (T / 2 offset). 追加オフセットは、調節された個々の発呼を継続するためにネットワークレベルで維持されている。 Additional offset is maintained at the network level to continue a controlled individual call. つまり、FTDD動作中(即ち、異なるアップリンク周波数及びダウンリンク周波数が使用されている場合)、基地局B40aの第1グループは図4Bのチャネル定義に従って動作し、一方、基地局B40bの第2グループは図4Cのチャネル定義に従って動作する。 In other words, during FTDD operation (i.e., if different uplink frequency and downlink frequencies are used), the first group of base stations B40a operates in accordance with the channel definition of Figure 4B, while the second group of base stations B40b operates according to the channel definition of Figure 4C.
【0025】 [0025]
半フレーム参照オフセットの使用が基地局間のスロット同期を維持し、ハンドセットとの同期通信を基地局の両グループに対し可能にすることに注意されたい。 The use of half-frame reference offset maintains slot synchronization between base stations, it should be noted that to enable synchronous communication between the handset for both groups of base stations. つまり、その結果として得られるシステムは、時分割二重モードで動作する場合には個々の基地局の能力を維持し、一方で、周波数時分割二重モードで動作する場合には一緒に配置された基地局に全スペクトル及び時間効果を復元することを可能にする。 That is, the system obtained as a result, when operating in division duplex mode time maintaining the ability of the individual base stations, whereas, when operating in frequency time division duplex mode is placed together It makes it possible to restore the entire spectrum and time effects to the base station.
【0026】 [0026]
つまり、最適な基地局同期に伴って、ハンドセットに対し全システムにおける任意の基地局との通信を実行することを可能にする。 That, along with the synchronization optimal base station, makes it possible to perform communications with any base station in the overall system to the handset. 具体的には、ハンドセットは、両方のタイプの基地局との同時通信を別々に維持しながら、時間スロットがアップリンク及びダウンリンク送信間のそれぞれの半フレームで対にされる規則に準拠することだけが必要である。 Specifically, the handset while maintaining simultaneous communications with both types of base stations separately, to comply with the rules time slots are paired with respective half frames between uplink transmission and downlink it is only necessary. つまり、全システムの全基地局間でシームレスなハンドオーバが達成される。 That is, seamless handover is achieved between all base stations of the entire system. 上述したタイミングが既存のシステムのソフトウェアを直接変形することで達成できることが当業者には理解されるであろう。 Would be achievable by the aforementioned timing is deformed directly software existing system is understood by those skilled in the art.
【0027】 [0027]
また、グループ間の半フレームオフセットを有する基地局からなる2つのグループを採用するシステムが本発明の単なる実施例の1つであることが当業者に理解されるであろう。 Also, it would be a system employing two groups of base stations with half-frame offset between groups is one of mere embodiment of the present invention will be understood by those skilled in the art. 一般的には、任意数の基地局グループは、グループ間の最適な固定時間スロットオフセットを使用することができる。 In general, the base station group of any number can be used an optimal fixed time slot offset between the groups. 例えば、基地局の4つのグループは、グループ間の1/4フレームオフセットを使用して実現できる。 For example, four groups of the base station may be realized using a 1/4 frame offset between groups. この場合、各グループは、アップリンク送信に対し各TDMAフレーム内の時間スロットの1/4を予約し、ダウンリンク送信に対し各TDMAフレーム内の時間スロットの別の1/4を予約する。 In this case, each group reserves one quarter of the time slots in each TDMA frame, to uplink transmission, to reserve another quarter of the time slots in each TDMA frame, to the downlink transmission. フレームは各グループに対し予約されているので、どんな時にでも、基地局のグループの多くとも1つはダウンリンク周波数で送信でき、基地局のグループの多くとも1つはアップリンク周波数で受信できる。 Since frames are reserved for each group, in any case, the most one of the group of base stations can be transmitted in the downlink frequency, with one number of groups of base stations can receive the uplink frequency. つまり、一緒に配置された4つの基地局、即ち、4つのグループの各グループの基地局は、特定受信可能エリアに対し全時間及びスペクトル効果を提供できる。 In other words, the four base stations located together, i.e., the base station of each group of four groups, can provide full time and spectral efficiency for a particular coverage area.
【0028】 [0028]
特定のタイプの基地局に対するアップリンク及びダウンリンク送信に対し予約された時間スロットは、TDMAフレーム内の連続した時間スロットは必要とされない。 Time slots reserved to an uplink and downlink transmission for a particular type of base station, consecutive time slots in a TDMA frame is not required. 例えば、図4B、図4C及び図5で示されるような2つのグループのシステムでは、基地局の第1グループはダウンリンク通信に対し偶数番号の時間スロットかつアップリンク通信に対し奇数番号の時間スロットを予約でき、一方、基地局の第2グループはダウンリンク通信に対し奇数番号の時間スロットかつアップリンク通信に対し偶数番号の時間スロットを予約する。 For example, 4B, 4C and the two groups of system as shown in Figure 5, time slot of the first group are odd-number for the time slot and the uplink communication of the even number for downlink communications of the base station the Book, while the second group of base stations to reserve time slot of the even number for the time slot and the uplink communications odd number for down-link communication. 時間スロットの構成にはあらゆる組み合わせが可能であることが当業者は直ちに理解するであろう。 Those skilled in the art that the configuration of the time slots are possible all combinations will immediately appreciate. 時間スロットの特定部分が基地局の1つのグループによるアップリンクあるいはダウンリンク送信に対し一旦予約されると、その特定部分内の時間スロットも基地局の別のグループによる同種の送信に対し使用できないことだけが重要である。 When a particular portion of the time slot is once reserved to uplink or downlink transmission by one group of base stations, it can not be used to send the same type by the another group of time slots even in the base station specific part it is only important. 実際には、各基地局グループに対するアップリンク送信及びダウンリンクに対し予約された時間スロットは、TDMAフレーム全体に不規則に配置される。 In practice, the time slots reserved to an uplink transmission and downlink for each base station group is randomly distributed throughout the TDMA frames.
【0029】 [0029]
上述したように、アップリンク及びダウンリンク送信は異なる時間で発生するので、本発明のFTDDスキームを利用するシステムは、基地局及び端末局の両方の送信経路及び受信経路が従来の時分割二重システム内で共有されるように構築できる。 As described above, since the uplink and downlink transmissions occur at different times, a system utilizing the FTDD scheme of the present invention, time division duplex transmission path and reception path of both base stations and the terminal stations are conventional It can be constructed to be shared in the system. その結果、本発明に従って構築されるシステムは相対的に低コスト及び少ない低電力消費の利点を提供する。 As a result, the system constructed in accordance with the present invention offers the advantage of relatively low cost and small low power consumption. 本発明の構成は、図6に示される。 Configuration of the present invention is shown in FIG.
【0030】 [0030]
図6では、典型的な基地局送受信機600は、送信信号処理経路及び受信信号処理経路を含んでいる。 In Figure 6, an exemplary base station transceiver 600 includes a transmit signal processing path and a receive signal processing path. 図示されるように、送信信号処理経路は第1送信ブロック610、第2送信ブロック620、第1送信/受信ブロック630、第2送信/受信ブロック640、局所発振器650、アンテナ共用器660及びアンテナ670を含んでいる。 As shown, the transmit signal processing path the first transmission block 610, the second transmission block 620, the first transmission / reception block 630, a second transmission / reception block 640, local oscillator 650, an antenna duplexer 660 and the antenna 670 It contains. 加えて、受信信号処理経路は、局所発振器650、アンテナ共用器660及びアンテナ670、更に、第1受信ブロック680及び第2受信ブロック690を含んでいる。 In addition, the received signal processing path, the local oscillator 650, an antenna duplexer 660 and the antenna 670 further includes a first receiving block 680 and the second receiving block 690.
【0031】 [0031]
第1送信ブロック610は、例えば、従来の上方変換器を含むことができ、第2送信ブロック602は、例えば、電力増幅器及びミキサを含むことができる。 The first transmission block 610, for example, can include a conventional upconverter, second transmission block 602, for example, it may include a power amplifier and a mixer. 加えて、第1受信ブロック680は、例えば、低ノイズ増幅器(LNA)及びミキサを含むことができ、第2受信ブロック690は、例えば、従来のダウンコンバータ及びリミッタを含むことができる。 In addition, the first receiver block 680, for example, can include a low noise amplifier (LNA) and a mixer, the second receiving block 690, for example, can include a conventional down converter and the limiter. 第1送信/受信ブロック630は、例えば、モデムを含むことができ、第2送信/受信ブロック640は、例えば、帯域通過フィルタを含むことができる。 The first transmission / reception block 630, for example, it can include a modem, a second transmission / reception block 640, for example, may include a bandpass filter. アンテナ共用器660は、例えば、2経路フィルタあるいはスイッチであり得る。 Antenna duplexer 660 may be, for example, 2 path filter or switch.
【0032】 [0032]
ダウンリンク送信中は、アンテナ共用器660は第2送信ブロック620とアンテナ670を接続し、第1受信ブロック680とアンテナ670は切り離されている。 Transmitting downlink antenna duplexer 660 connects the second transmission block 620 and the antenna 670, the first receiving block 680 and the antenna 670 is disconnected. 基本帯域送信信号は、アンテナ670を介する送信の前に、第1送信/受信ブロック630によって処理され、次に、ブロック610で上方変換され、ブロック640でフィルタ化され、ブロック620で増幅される。 The baseband transmit signal, prior to transmission over the antenna 670, processed by the first transmit / receive block 630, then up-converted in block 610, filtered of block 640, is amplified in block 620. 逆に、アップリンク受信中は、アンテナ共用器660は第1受信ブロック680とアンテナ670を接続し、第2送信ブロックとアンテナ670は切り離されている。 Conversely, in the uplink reception, the antenna duplexer 660 connects the first receiving block 680 and the antenna 670, the second transmission block and the antenna 670 is disconnected. 無線周波数信号は、第1送信/受信ブロック630によって処理される前に、アンテナ670で受信され、ブロック680で増幅され、ブロック640でフィルタ化され、ブロック690で下方変換される。 Radio frequency signal before being processed by the first transmit / receive block 630 is received by antenna 670 is amplified at block 680, the filter of block 640 is down converted in block 690. 送信及び受信処理経路はある構成要素(即ち、第1送信/受信ブロック630及び第2送信/受信ブロック640内のこれらの構成要素は、典型的にはかなり高価である)を共有するので、本発明に従って構築される基地局送受信器は、従来のTDMA/FDD送受信器に比べてより小さくかつコストを減らして作成できる。 Transmit and receive processing paths are components (i.e., those components of the first transmission / reception block 630 and the second transmission / reception block 640 is typically quite expensive it) since sharing, the base station transceiver constructed in accordance with the invention can be prepared by reducing a smaller and cost compared to conventional TDMA / FDD transceivers.
【0033】 [0033]
開示された周波数時分割二重スキームは純粋な周波数分割二重システムではなく、送信及び受信は同時に実行されないが、それにもかかわらず、周波数時分割二重スキームはシステム内干渉の観点から周波数分割二重スキームとするシステムに近いものになる。 The disclosed frequency time division duplex scheme is not a pure frequency division duplex system is not performed transmission and reception simultaneously, nevertheless, frequency division dual frequency time division duplex scheme from the perspective of system interference It becomes close to a system for a heavy scheme. つまり、周波数時分割二重スキームを利用するシステムは、周波数分割二重スキームが好ましいコンテキスト内で実現できる。 That is, the system that utilizes frequency time division duplex scheme can be implemented by a frequency division duplex scheme is preferred in the context. また、周波数時分割スキームを実行するために構成されるハードウェアは、時分割二重を好ましいものに利用することができる。 The hardware configured to perform a frequency-time division scheme can be utilized in preferred division duplex time. 換言すれば、アップリンク周波数及びダウンリンク周波数の1つあるいは両方をシフトするために単純なソフトウェア切替を行うことができ(即ち、対応キャリヤを生成するために使用される局所発振器の周波数を切り替えることによって)、そうすることによって、アップリンク及びダウンリンク周波数は同じとなり、システムは純粋な時分割二重システムとして動作する。 In other words, it is possible to perform a simple software switch to shift one or both of the uplink frequency and downlink frequency (i.e., switching the frequency of the local oscillator used to generate the corresponding carrier by), by doing so, the uplink and downlink frequencies are the same, and the system operates as a pure time division duplex system.
【0034】 [0034]
つまり、本発明に従って構築される時分割多重アクセスシステムは、時分割二重スキームあるいは疑似周波数分割二重スキームのどちらか一方を使用するために容易に構築できる。 That is, division multiple access system when constructed in accordance with the present invention can be easily constructed to use one or the other of the division duplex scheme or a pseudo frequency-division duplex scheme when. また、時分割二重を使用するために独創的に構築されたシステムは周波数分割二重を使用するために容易に変換でき、必要とあれば、その逆もできる。 Further, ingeniously constructed system to use the division duplex time can be easily converted to use frequency division duplex, if necessary, vice versa. 有利な点としては、そのような変換は、機構の変更なしにすぐにかつ費用をかけずに達成できる。 Advantageously, such a conversion can be achieved without the immediate and cost without changing the mechanism.
【0035】 [0035]
総じて、本発明はフレキシブル時分割二重メカニズムを有する時分割多重アクセスシステムを提供する。 Overall, the present invention provides a division multiple access system when a flexible time division duplex mechanisms. 本発明に従えば、既存の時分割多重アクセス/時分割二重ハードウェアが、周波数分割二重が好ましいあるいは必要とされる用途に対し利用できる。 According to the present invention, the existing time division multiple access / time division duplex hardware is available to applications in which the frequency division duplex is preferred or required. 開示されたシステムは、アップリンク及びダウンリンク通信に対し共通の周波数帯域あるいは二重周波数のいずれか一方を使用することを許容する。 The disclosed system allows the use of either the common frequency band or dual frequency to uplink and downlink communications. 有利な点としては、低ハードウェアコスト及び低電力消費の恩恵があるように、時分割二重能力が維持される。 Advantageously, as there is a benefit of low hardware cost and low power consumption, time division duplex capability is maintained. システムは、著しいハードウェア変更なしに、時分割二重及び周波数分割二重の両方に対し繰り返し変更できる。 System, without significant hardware changes, can be repeatedly changed for both division duplex and frequency division duplex time.
【0036】 [0036]
図の説明のために本明細書で説明された特定の典型的な実施形態に本発明が限定されないことは当業者は理解するであろう。 The present invention is not limited to the particular exemplary embodiments described herein for purposes of illustration in FIG. Those skilled in the art will appreciate. それゆえ、添付される請求項によって定義される本発明の範囲は、上述の説明よりも、請求項の意味と一致するあらゆる等価表現が本明細書に受け入られるものである。 Therefore, the scope of the invention as defined by the appended claims, rather than the foregoing description, in which any equivalent expressions that match the meaning of claims are entered received herein.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 [Figure 1]
本発明で実現できる技術における典型的な無線通信システムを示す図である。 Is a diagram illustrating an exemplary wireless communication system in the art which can be realized in the present invention.
【図2A】 [Figure 2A]
従来の時分割多重アクセス/時分割二重スキームに従って通信する基地局及び端末局を示す図である。 It is a diagram illustrating a base station and a terminal station communicating according to a conventional time division multiple access / time division duplex scheme.
【図2B】 [FIG. 2B]
従来の時分割多重アクセス/時分割二重システムにおける典型的な時間スロット構成を示す図である。 It is a diagram showing a typical time slot structure in division multiple access / time division duplex system when conventional.
【図3A】 [FIG. 3A]
従来の時分割多重アクセス/周波数分割二重スキームに従って通信する基地局及び端末局を示す図である。 It is a diagram illustrating a base station and a terminal station communicating according to a conventional time division multiple access / frequency division duplex scheme.
【図3B】 FIG. 3B]
従来の時分割多重アクセス/周波数分割二重システムにおける典型的な時間スロット構成を示す図である。 It is a diagram showing a typical time slot structure in division multiple access / frequency division duplex system when conventional.
【図4A】 [Fig. 4A]
本発明によって教示される時分割多重アクセス/周波数時分割二重スキームに従って通信する基地局及び端末局を示す図である。 Is a diagram illustrating a base station and a terminal station communicates according to division multiple access / frequency time division duplex scheme when it is taught by the present invention.
【図4B】 [Fig. 4B]
本発明に従う時分割多重アクセス/周波数時分割二重システムにおける典型的な時間スロット構成を示す図である。 Is a diagram showing a typical time slot structure in division multiple access / frequency time division duplex system when in accordance with the present invention.
【図4C】 [Fig. 4C]
本発明に従う時分割多重アクセス/周波数時分割二重システムにおける別の典型的な時間スロット構成を示す図である。 Illustrates another typical time slot structure in division multiple access / frequency time division duplex system when in accordance with the present invention.
【図5】 [Figure 5]
本発明に従う典型的な時分割多重アクセス/周波数時分割二重システムにおける基地局の2つのグループ間の参照タイミングを示す図である。 It shows a reference timing between the two groups of base stations in a typical time division multiple access / frequency time division duplex system according to the present invention.
【図6】 [Figure 6]
本発明に従って構築される典型的な基地局送受信器を示す図である。 It is a diagram illustrating an exemplary base station transceiver constructed in accordance with the present invention.

Claims (20)

  1. 複数の移動局を有する無線通信システムで使用する基地局であって、 A base station for use in a wireless communications system having a plurality of mobile stations,
    第1キャリヤ周波数を介して前記移動局へダウンリンク通信信号を送信し、かつ第2キャリヤ周波数を介して前記移動局へアップリンク通信信号を受信するように構成された送受信機と、各々のフレームが複数の時間スロットを含む連続時分割多重アクセスフレームを介して前記ダウンリンク通信信号は送信され、かつ前記アップリンク通信信号は受信され、 Via a first carrier frequency to transmit downlink communications signals to said mobile station, and a transceiver configured to via a second carrier frequency to receive the uplink communication signal to the mobile station, each frame There is a down-link communication signals through the continuous time division multiple access frames including a plurality of time slots are transmitted, and the uplink communications signals are received,
    前記基地局と特定移動局間のアクティブ通信リンクの各々に対し、各フレーム内の第1時間スロットは前記特定移動局へのダウンリンク通信に対し割り当てられ、かつ各フレーム内の第2時間スロットは前記特定移動局からのアップリンク通信に対し割り当てられ、前記割り当てられた第1及び第2時間スロットは固定時間オフセット分の時間が空けられており、 For each active communication link between a particular mobile station and the base station, the first time slot in each frame is assigned to downlink communication to the particular mobile station, and second time slots in each frame the assigned to uplink communications from a particular mobile station, the allocation first and second time slots are is spaced time for a fixed time offset,
    各フレーム内の前記時間スロットの第1部分は、前記基地局から前記移動局へのダウンリンク通信に対し予約されており、各フレーム内の前記時間スロットの第2部分は、前記移動局から前記基地局へのアップリンク通信に対し予約されていることを特徴とする基地局。 The first portion of time slots in each frame, the are reserved to downlink communications from the base station to the mobile station, the second portion of the time slots in each frame, said from the mobile station base station, wherein the reserved to an uplink communication to the base station.
  2. 各フレーム内の前記時間スロットの第1半時間スロットはダウンリンク通信に対し予約されており、各フレーム内の前記時間スロットの第2半時間スロットはアップリンク通信に対し予約されていることを特徴とする請求項1に記載の基地局。 The first half hour slot of the time slots in each frame are reserved to the downlink communication, characterized in that the second half-time slot of the time slots in each frame are reserved to uplink communications the base station according to claim 1,.
  3. 各フレーム内において、ダウンリンク通信に対して予約された前記時間スロットの各々は、アップリンク通信に対して予約された前記時間スロットの各々よりも時間的に前に位置していることを特徴とする請求項2に記載の基地局。 Within each frame, each of said time slots reserved for downlink communication, and being located in front temporally than each of the time slots reserved for uplink communication the base station of claim 2,.
  4. 各フレーム内において、ダウンリンク通信に対して予約された前記時間スロットの各々は、アップリンク通信に対して予約された前記時間スロットの各々よりも時間的に後に位置していることを特徴とする請求項2に記載の基地局。 Within each frame, each of said time slots reserved for downlink communication, and being located temporally after than each of the time slots reserved for uplink communication the base station of claim 2.
  5. 各フレーム内において、連続時間スロットは、ダウンリンク及びアップリンク通信に対し交互に予約されていることを特徴とする請求項2に記載の基地局。 Within each frame, continuous time slots, the base station according to claim 2, characterized in that the cell is reserved alternately to downlink and uplink communications.
  6. 正整数Nと2Nより小さいあるいは等しい正整数Mに対し、2NはMで割り切れる値に等しく、各フレームは、2N時間スロット、ダウンリンク通信に対し予約されている時間スロットの第1の2N/M時間スロット及びアップリンク通信に対し予約されている時間スロットの第2の2N/M時間スロットを含むことを特徴とする請求項1に記載の基地局。 To positive integers N and 2N less than or equal to a positive integer M, 2N is equal to the value divisible by M, each frame, 2N first 2N / M time slots, the time slots reserved to downlink communications the base station according to claim 1, characterized in that it comprises a second 2N / M time slots of time slots reserved to time slots and uplink communications.
  7. 前記固定時間オフセットの期間は、各アクティブ通信リンクに対し同一であることを特徴とする請求項1に記載の基地局。 The base station of claim 1, wherein the duration of the fixed time offset is the same for each active communication link.
  8. 各フレームは期間Tのフレームであり、2N個の時間スロットを含み、各時間スロットは期間T/2Nの時間スロットであり、各アクティブ通信リンクに対する前記固定時間オフセットの期間はT/2であることを特徴とする請求項7に記載の基地局。 It Each frame is a frame period T, includes 2N number of time slots, each time slot is the time slot of period T / 2N, the period of the fixed time offset for each active communications link is a T / 2 the base station of claim 7, wherein the.
  9. 前記送受信機のダウンリンク信号処理経路及びアップリンク信号処理経路は、共通信号処理構成要素を共有することを特徴とする請求項1に記載の基地局。 The base station of claim 1 downlink signal processing path and an uplink signal processing path of said transceiver, characterized in that share a common signal processing components.
  10. 前記共有された信号処理構成要素は、フィルタ、局所発振器及びモデムの内の少なくとも1つを含むことを特徴とする請求項9に記載の基地局。 The base station of claim 9 wherein the shared signal processing components, filters, characterized in that it comprises at least one of a local oscillator and a modem.
  11. 無線通信システムであって、 A wireless communication system,
    複数の移動局と、 And a plurality of mobile stations,
    第1キャリヤ周波数を介して前記移動局へダウンリンク通信信号を送信し、かつ第2キャリヤ周波数を介して前記移動局へアップリンク通信信号を受信するように構成された第1基地局と、各々のフレームが複数の時間スロットを含む連続時分割多重アクセスフレームを介して前記ダウンリンク通信信号は送信され、かつ前記アップリンク通信信号は受信され、 A first base station configured to via a first carrier frequency to transmit downlink communications signals to said mobile station, and receives the uplink communication signal to the mobile station via the second carrier frequency, respectively frame is the downlink communication signals over a continuous time division multiple access frames including a plurality of time slots are transmitted, and the uplink communications signals are received,
    前記第1基地局と移動局間のアクティブ通信リンクの各々に対し、各フレーム内の第1時間スロットはダウンリンク通信に対し割り当てられ、かつ各フレーム内の第2時間スロットはアップリンク通信に対し割り当てられ、前記割り当てられた第1及び第2時間スロットは固定時間オフセット分の時間が空けられており、 For each active communication link between the mobile station and the first base station, a first time slot in each frame is assigned to downlink communications, and second time slots in each frame to uplink communications assigned, the assigned first and second time slots are is spaced time for a fixed time offset,
    各フレーム内の前記時間スロットの第1部分は、前記第1基地局から前記移動局へのダウンリンク通信に対し予約されており、各フレーム内の前記時間スロットの第2部分は、前記移動局から前記第1基地局へのアップリンク通信に対し予約されていることを特徴とする無線通信システム。 The first portion of time slots in each frame, the first is reserved to downlink communications from the base station to the mobile station, the second portion of the time slots in each frame, the mobile station wireless communication system, characterized in that it is reserved to the uplink communications to the first base station from.
  12. 各フレーム内の前記時間スロットの第1半時間スロットはダウンリンク通信に対し予約されており、各フレーム内の前記時間スロットの第2半時間スロットはアップリンク通信に対し予約されていることを特徴とする請求項11に記載の無線通信システム。 The first half hour slot of the time slots in each frame are reserved to the downlink communication, characterized in that the second half-time slot of the time slots in each frame are reserved to uplink communications the wireless communication system according to claim 11,.
  13. 正整数Nと2Nより小さいあるいは等しい正整数Mに対し、2NはMで割り切れる値に等しく、各フレームは、2N時間スロット、ダウンリンク通信に対し予約されている時間スロットの第1の2N/M時間スロット及びアップリンク通信に対し予約されている時間スロットの第2の2N/M時間スロットを含むことを特徴とする請求項11に記載の無線通信システム。 To positive integers N and 2N less than or equal to a positive integer M, 2N is equal to the value divisible by M, each frame, 2N first 2N / M time slots, the time slots reserved to downlink communications the wireless communication system according to claim 11, characterized in that it comprises a second 2N / M time slots of time slots reserved to time slots and uplink communications.
  14. 前記固定時間オフセットの期間は、各アクティブ通信リンクに対し同一であることを特徴とする請求項11に記載の無線通信システム。 The duration of the fixed time offset, a wireless communication system according to claim 11, wherein for each active communication link is the same.
  15. 各フレームは期間Tのフレームであり、2N個の時間スロットを含み、各時間スロットは期間T/2Nの時間スロットであり、各アクティブ通信リンクに対する前記固定時間オフセットの期間はT/2であることを特徴とする請求項14に記載の無線通信システム。 It Each frame is a frame period T, includes 2N number of time slots, each time slot is the time slot of period T / 2N, the period of the fixed time offset for each active communications link is a T / 2 the wireless communication system according to claim 14, wherein.
  16. 前記第1基地局のダウンリンク信号処理経路及びアップリンク信号処理経路は、共通信号処理構成要素を共有することを特徴とする請求項11に記載の無線通信システム。 It said downlink signal processing path and an uplink signal processing path of the first base station, a radio communication system according to claim 11, characterized in that share a common signal processing components.
  17. 前記共有された信号処理構成要素は、フィルタ、局所発振器及びモデムの内の少なくとも1つを含むことを特徴とする請求項16に記載の無線通信システム。 The wireless communication system according to claim 16 wherein the shared signal processing components, characterized in that it comprises filter, at least one of a local oscillator and a modem.
  18. 前記第1キャリヤ周波数を介して前記移動局へダウンリンク通信信号を送信し、かつ前記第2キャリヤ周波数を介して前記移動局からアップリンク通信信号を受信するように構成され、かつ前記第1基地局と一緒に配置される少なくとも1つの追加基地局を更に備え、各々のフレームが複数の時間スロットを含む連続時分割多重アクセスフレームを介して前記ダウンリンク通信信号は送信され、かつ前記アップリンク通信信号は受信され、 The first via the carrier frequency to transmit downlink communications signals to said mobile station, and is configured to receive the uplink communication signal from the mobile station via the second carrier frequency, and wherein the first base station further comprising at least one additional base station is arranged together, the down-link communication signals through the continuous time division multiple access frames, each frame including a plurality of time slots are transmitted, and the uplink communications signal is received,
    追加基地局と移動局間の各アクティブ通信リンクの各々に対し、前記追加基地局の各フレーム内の第1時間スロットは前記追加基地局からのダウンリンク通信に対し割り当てられ、かつ前記追加基地局の各フレーム内の第2時間スロットは前記追加基地局へのアップリンク通信に対し割り当てられ、前記割り当てられた第1及び第2時間スロットは固定時間オフセット分の時間が空けられており、 For each of the active communication link between the additional base station and the mobile station, the first time slot in each frame of said additional base station is assigned to the downlink communication from the additional base station, and the additional base station the second time slot in each frame of the allocated to the uplink communications to the additional base station, said assigned first and second time slot is spaced time for a fixed time offset,
    前記追加基地局の各々の各フレーム内の前記時間スロットの第1部分は、アップリンク通信に対し予約されており、前記追加基地局の各々の各フレーム内の前記時間スロットの第2部分は、ダウンリンク通信に対し予約され、 The first portion of time slots in each frame of each of said additional base station is reserved to the uplink communication, the second portion of the time slots in each frame of each of said additional base station, It is reserved for downlink communication,
    前記基地局の各々のフレームの第1及び第2部分は、各フレーム内の各時間スロットに対し、前記基地局の1つだけが前記第1キャリヤ周波数上で送信でき、かつ前記基地局の1つだけが前記第2キャリヤ周波数上で受信できるように構成されることを特徴する請求項11に記載の無線通信システム。 The first and second portions of each frame of the base station for each time slot in each frame, only one of the base stations can be transmitted on the first carrier frequency, and 1 of the base station the wireless communication system according to claim 11 only One is characterized in that it is configured to be received on the second carrier frequency.
  19. 前記第1基地局は、単一追加基地局と一緒に配置され、 Wherein the first base station is located with the single additional base station,
    前記第1基地局の各フレームの前記時間スロットの第1及び第2半時間スロットはそれぞれ、前記単一追加基地局の各フレームの第1及び第2半フレームと一致し、 Each of the first and second half-time slot of the time slot of each frame of the first base station coincides with the first and second half-frame of each frame of said single additional base station,
    前記第1基地局の各フレームの前記時間スロットの第1及び第2半時間スロットはそれぞれ、前記第1基地局からのダウンリンク通信および前記基地局へのアップリンク通信に対し予約され、 Each of the first and second half-time slot of the time slot of each frame of said first base station is reserved to uplink communications to downlink communications and the base station from the first base station,
    前記単一追加基地局の各フレームの前記時間スロットの第1及び第2半時間スロットはそれぞれ、前記単一追加基地局へのアップリンク通信及び前記単一追加基地局からのダウンリンク通信に対し予約されていることを特徴とする請求項18に記載の無線通信システム。 To downlink communications from the respective single additional first and second half-time slot of the time slot of each frame of the base station, wherein said single additional uplink to the base station communication, and the single additional base station the wireless communication system according to claim 18, characterized in that it is reserved.
  20. 無線通信システムの基地局及び移動局間の通信を行う方法であって、 A method for communicating between base stations and mobile stations of a wireless communication system,
    少なくとも2つの基地局を一緒に配置する工程と、 Placing together at least two base stations,
    各々のフレームが複数の時間スロットを含む時分割多重アクセスフレームを使用して前記一緒に配置された基地局と前記移動局間の通信信号を送信する工程と、前記一緒に配置された基地局からのダウンリンク通信信号は、第1キャリヤ周波数を介して送信され、前記一緒に配置された基地局からのアップリンク通信信号は第2キャリヤ周波数を介して送信され、 A step of each frame to transmit the communication signals between the mobile station and a base station which is disposed in said together using time division multiple access frame when including a plurality of time slots, from the arrangement base stations said together downlink communications signals are transmitted via the first carrier frequency, uplink communication signals from the arrangement base stations said together are sent via a second carrier frequency,
    前記一緒に配置された基地局の各々に対し、任意の間隔で、前記一緒に配置された基地局の多くとも1つは前記第1キャリヤ周波数を介して送信し、かつ前記一緒に配置された基地局の多くとも1つは前記第2キャリヤ周波数を介して受信するように、ダウンリンク及びアップリンク通信に対する各フレーム内の時間スロットの第1及び第2部分を予約する工程とを備えることを特徴とする方法。 For each base station located in said together, at any interval, at most one of the base stations located the combined is transmitted via the first carrier frequency, and which is disposed above together most of the base station as one receives via the second carrier frequency, further comprising the step of reserving the first and second portions of time slots in each frame for the downlink and uplink communications wherein.
JP2000521605A 1997-11-14 1998-11-13 At frequencies in a wireless communication system division duplex Withdrawn JP2004500724A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US6579997P true 1997-11-14 1997-11-14
US09/189,807 US6587444B1 (en) 1997-11-14 1998-11-12 Fixed frequency-time division duplex in radio communications systems
PCT/US1998/024250 WO1999026362A1 (en) 1997-11-14 1998-11-13 Frequency-time division duplex in radio communications systems

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004500724A true JP2004500724A (en) 2004-01-08

Family

ID=26746006

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000521605A Withdrawn JP2004500724A (en) 1997-11-14 1998-11-13 At frequencies in a wireless communication system division duplex

Country Status (6)

Country Link
EP (1) EP1031194A1 (en)
JP (1) JP2004500724A (en)
CN (1) CN1290432A (en)
BR (1) BR9814962A (en)
CA (1) CA2309713A1 (en)
ID (1) ID25841A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003023430A (en) * 2001-07-10 2003-01-24 Hitachi Kokusai Electric Inc Radio communication system
JP2011024256A (en) * 2003-02-11 2011-02-03 Ipwireless Inc Method, base station and mobile station for tdd operation in communication system

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005347846A (en) 2004-05-31 2005-12-15 Kyocera Corp Base station device and method for controlling the same
US7929484B2 (en) 2004-11-11 2011-04-19 Pine Valley Investments, Inc. Wireless communication network providing multi-hop communications
CN100589332C (en) 2006-02-22 2010-02-10 中兴通讯股份有限公司 Base station, mobile terminal and method for comprehensive using paired and nonpaired spectrum

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003023430A (en) * 2001-07-10 2003-01-24 Hitachi Kokusai Electric Inc Radio communication system
JP2011024256A (en) * 2003-02-11 2011-02-03 Ipwireless Inc Method, base station and mobile station for tdd operation in communication system
JP2011041303A (en) * 2003-02-11 2011-02-24 Ipwireless Inc Method for tdd operation in communication system, base station, and mobile station
JP2013243727A (en) * 2003-02-11 2013-12-05 Sony Corp Tdd operation method, base station, and mobile station in communication system

Also Published As

Publication number Publication date
BR9814962A (en) 2000-10-03
CA2309713A1 (en) 1999-05-27
ID25841A (en) 2000-11-09
EP1031194A1 (en) 2000-08-30
CN1290432A (en) 2001-04-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8369309B2 (en) Wireless communication system
KR960008609B1 (en) Shared-carrier frequency-hopping system
US7020106B2 (en) Radio communication system
EP1106026B1 (en) Multiple frequency allocation radio frequency device and method
CA2133735C (en) Digital fixed radio access system providing local mobility
US8472465B2 (en) Method and an apparatus for determining the radio frame structure of time division duplex system
KR101050522B1 (en) A method for physical layer random access in a wideband tdd mobile communication system, device and terminal
JP3828936B2 (en) The operating method of the communication system
KR100866334B1 (en) Apparatus and method for supporting multi link in multi-hop relay cellular network
US8085691B2 (en) Wireless communication system, wireless communication control apparatus and wireless communication control method, and computer program
US6957042B2 (en) Packet based backhaul channel configuration for a wireless repeater
EP1931155B1 (en) Wireless relay communication system and method
JP5418455B2 (en) The method for tdd operation in a communication system, a base station and mobile station
US6130886A (en) Coexisting communication systems
EP1924107B1 (en) Integrating communication networks
JP3871147B2 (en) Method and apparatus for formatting synchronous and asynchronous data
US8326309B2 (en) Resource allocation in co-existence mode
JP2992670B2 (en) Mobile communication device
EP1259092B1 (en) Mobile communication systems
KR100913977B1 (en) Techniques for interference reduction in wireless communications networks
JP5110169B2 (en) Frame structure for a wireless communication system
JP3043958B2 (en) Network communication system based on wireless communication
JP3234602B2 (en) Cellular system
KR100757260B1 (en) Method for implementing scatter-net in wireles personal area network
FI108268B (en) The accessory interface multichannel radio device

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20060207