JP2004364169A - Network node, network system, and communication state adjustment method - Google Patents

Network node, network system, and communication state adjustment method Download PDF

Info

Publication number
JP2004364169A
JP2004364169A JP2003162626A JP2003162626A JP2004364169A JP 2004364169 A JP2004364169 A JP 2004364169A JP 2003162626 A JP2003162626 A JP 2003162626A JP 2003162626 A JP2003162626 A JP 2003162626A JP 2004364169 A JP2004364169 A JP 2004364169A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
network
communication state
transmission
network node
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003162626A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Katsuji Oi
勝司 大井
Original Assignee
Daikin Ind Ltd
ダイキン工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a network node, a network system and a communication condition adjusting method which effectively utilizes the communication capacity of a network. <P>SOLUTION: The network node 30 comprises a transmission interval changer 31, a transmitter 39, a communication state detector 32 and a communication condition decider 33. The transmission interval changer 31 changes the interval of heartbeat transmission. The heartbeat transmission is performed periodically. The transmitter 39 makes the heartbeat transmission with the heartbeat transmission interval changed by the changer 31 via a LonWorks network 10. The communication state detector 32 detects the bandwidth duty cycle of the LonWorks network 10 after the transmitter 39 performs the heartbeat transmission. The communication state decider 33 decides the state of the bandwidth duty cycle of the network 10 on the basis of the result detected by the communication state detector 32. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、ネットワークノード、ネットワークシステム及び通信状態調整方法に関する。 The present invention is a network node, a network system and communication control method.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
ネットワークにおける通信形態として、データの変化があった場合に送信が行われるデータ駆動型の送信と周期的に送信が行われる周期送信とがある。 As a communication mode in the network, there is a period transmission transmission transmission and to periodically transmit data-driven, which is performed when a change in data is performed. この周期送信は、例えば、ネットワークにより接続された機器の間の接続状態を検出する場合などに使用されることがある(例えば、特許文献1参照。)。 This cycle transmission, for example, are sometimes used, such as in the case of detecting the connection state between the devices connected by a network (e.g., see Patent Document 1.). また、周期送信は、故障した機器を検出する場合などに使用されることがある(例えば、特許文献2参照。)。 The period transmission may be used for example, to detect a failed device (e.g., see Patent Document 2.). すなわち、リアルタイムに管理制御するのが望ましいデータ項目などについて、周期送信は使用されることがある。 That is, for such desired data item to manage real-time control, periodic transmission may be used.
【0003】 [0003]
一般に、周期送信の間隔を小さくすればネットワークの通信状態は悪化するが、周期送信されるデータのリアルタイム性は向上する傾向がある。 In general, by reducing the interval of the periodic transmission communication state of the network is deteriorated, real-time data that is periodically transmitted will tend to increase. 周期送信の間隔を大きくすればネットワークの通信状態は良好になるが、周期送信されるデータのリアルタイム性は劣化する傾向がある。 By increasing the distance between the periodic transmission communication state of the network becomes good, real-time data that is periodically transmitted will tend to deteriorate. つまり、周期送信されるデータのリアルタイム性とネットワークの通信状態とはトレードオフの関係になる。 In other words, a trade-off between the communication state of real-time and network data which is periodically transmitted. ただし、両者の関係は線形的な関係ではなく、周期送信の間隔を短くしていくとあるところから急激にネットワークの通信状態が悪化する傾向にある。 However, the relationship between them is not a linear relationship, the communication state of rapid network from where there As you shorten the interval of the periodic transmission tends to deteriorate.
【0004】 [0004]
従来は、そのような周期送信の間隔をネットワーク管理者又はシステム構築者(System Integrator)が自己の経験に基づいて設定していた(例えば、非特許文献1参照。)。 Conventionally, the spacing of such periodic transmission network administrator or system builder (System Integrator) has set on the basis of its experience (e.g., see Non-Patent Document 1.).
【0005】 [0005]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特開2000−67022号公報(第11−12項、図12) JP 2000-67022 JP (No. 11-12 Section 12)
【0006】 [0006]
【特許文献2】 [Patent Document 2]
特開平10−78944号公報(第5−6項、図3) JP-10-78944 discloses (5-6 Section 3)
【0007】 [0007]
【非特許文献1】 Non-Patent Document 1]
「設備と管理6月別冊 LonWorks(登録商標)ネットワークシステム導入の手引き」オーム社出版、2002年6月10日、p. "Facilities and Management June separate LonWorks (R) network system Getting Started Guide" Ohm-sha Publishing, June 10, 2002, p. 60 60
【0008】 [0008]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかし、従来の技術では、ネットワークに対する負荷が最大になる時を基準に、周期送信の間隔が固定的に設定される傾向にあった。 However, in the prior art, based on when the load on the network is maximized, the interval of the periodic transmission tended to be fixedly set. そのため、ネットワークに対する負荷が小さいときには、周期送信の間隔を小さくして周期送信されるデータのリアルタイム性を向上させる余地があるにもかかわらず、ネットワークの通信容量を有効活用できない傾向があった。 Therefore, when the load on the network is small, despite the room for improving the real-time data that is periodically transmitted by reducing the interval of the periodic transmission, it tended to not be effectively utilized communications capacity of the network.
【0009】 [0009]
そこで、本発明の課題は、ネットワークの通信容量を有効活用することができるネットワークノード、ネットワークシステム及び通信状態調整方法を提供することにある。 An object of the present invention, the network node can be effectively used the communication capacity of the network is to provide a network system and a communication control method.
【0010】 [0010]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
請求項1に係るネットワークノードは、送信間隔変更部と、送信部と、通信状態検出部と、通信状態判断部とを備える。 Network node according to claim 1 is provided with a transmission interval changing unit, a transmission unit, a communication status detection unit, and a communication state determination unit. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit changes the interval of the periodic transmission. 周期送信は、周期的に行う送信である。 Cycle transmission is a transmission which periodically performed. 送信部は、送信間隔変更部が変更した周期送信の間隔で周期送信をネットワーク経由で送信する。 Transmission unit transmits the periodic transmission over the network at intervals of cycle transmission transmission interval changing unit has changed. 通信状態検出部は、送信部が周期送信を送信した後のネットワークの通信状態を検出する。 Communication state detection unit, the transmission unit detects a communication state of the network after sending the periodic transmission. 通信状態判断部は、通信状態検出部が検出した結果に基づき、ネットワークの通信状態を判断する。 Communication state determining unit, based on the result of the communication state detection unit detects, it determines the communication state of the network.
【0011】 [0011]
このネットワークノードでは、送信間隔変更部は、周期送信の間隔を変更する。 This network node, the transmission interval changing unit changes the interval of the periodic transmission. 送信部は、送信間隔変更部が変更した周期送信の間隔で周期送信をネットワーク経由で送信する。 Transmission unit transmits the periodic transmission over the network at intervals of cycle transmission transmission interval changing unit has changed. 通信状態検出部は、送信部が周期送信を送信した後のネットワークの通信状態を検出する。 Communication state detection unit, the transmission unit detects a communication state of the network after sending the periodic transmission. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態に関する目標値を取得することができる。 Communication state determining unit can acquire the target value relating to the communication state of the network. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、ネットワークの通信状態と目標値との比較を行い、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit acquires information of the communication state of the network from the communication state detection unit, compares the communication state and the target value of the network, and the communication state of the network is determined whether the close to the target value .
【0012】 [0012]
したがって、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
なお、送信部は、周期送信のみを行ってもよいし、データ項目に応じて周期送信とデータ駆動型の送信とを行ってもよい。 The transmitting unit may be performed only periodically sending may be performed and transmission cycle transmission and data-driven according to the data item. 通信状態は、ネットワークノードが接続されたネットワーク全体の通信状態だけでなく、ネットワークノードが接続されたネットワークにおいてネットワークノードが送受信するデータの通信状態も含む。 Communication state, not only the communication state of the entire network to which the network node is connected, also includes a communication state of the data network node in a network which the network nodes are connected to transmit and receive. 通信状態は、例えば、帯域幅使用率・コリジョン発生率・不良データ発生率・ディスカード発生率・平均遅延時間などを含む。 Communication status includes, for example, a bandwidth usage Collision incidence-bad data generation rate, discard incidence, the average delay time.
【0013】 [0013]
請求項2に係るネットワークノードは、請求項1に記載のネットワークノードであって、送信間隔判断部をさらに備える。 Network node according to claim 2 is the network node according to claim 1, further comprising a transmission interval determination section. 送信間隔判断部は、通信状態判断部が判断した結果に基づき、周期送信の間隔を変更すべきか否かの判断を行う。 Transmission interval determination unit, based on a result of the communication state determining unit determines, determines whether or not to change the interval of the periodic transmission.
このネットワークノードでは、送信間隔判断部は、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を通信状態判断部から取得する。 This network node, the transmission interval determination section acquires determines whether the communication state of the network is close to the target value from the communication status determination unit. 送信間隔判断部は、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたと通信状態判断部が判断した場合、周期送信の間隔を変更すべきでないと判断する。 Transmission interval determination unit, when the communication status of the network communication state determining unit that approaches the target value is determined, it is determined that it should not change the interval of the periodic transmission. 送信間隔判断部は、ネットワークの通信状態が目標値に近づいていないと通信状態判断部が判断した場合、周期送信の間隔を変更すべきであると判断する。 Transmission interval determination section determines that the communication state of the network when the communication state determining unit not to close to the target value is determined, should change the interval of the periodic transmission. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔を変更すべきでないと送信間隔判断部が判断した場合、周期送信の間隔を変更しない。 Transmission interval changing unit, when the transmission interval determination section should not change the interval of the periodic transmission is determined not to change the interval of the periodic transmission. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔を変更すべきであると送信間隔判断部が判断した場合、周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit, when the transmission interval determination section should change the interval of the periodic transmission is determined to change the interval of the periodic transmission.
【0014】 [0014]
したがって、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
請求項3に係るネットワークノードは、請求項2に記載のネットワークノードであって、相関関係記憶部をさらに備える。 Network node according to claim 3, a network node according to claim 2, further comprising a correlation memory unit. 相関関係記憶部は、送信間隔変更部が変更した結果と通信状態検出部が検出した結果とに基づき、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を記憶する。 Correlation storage portion, based on the results transmission interval changing unit is a communication state detection unit and a result of changing the detected stores the correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network interval period transmission. 送信間隔判断部は、通信状態検出部が検出した結果に基づき、相関関係記憶部を参照することにより、周期送信の間隔の変更すべき量を決定する。 Transmission interval determination unit, based on a result of the communication state detection unit detects, by referring to the correlation storage section, to determine the amount to be changed in the interval of the periodic transmission.
【0015】 [0015]
このネットワークノードでは、相関関係記憶部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、周期送信の間隔の変更量の情報を送信間隔変更部から取得し、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を記憶する。 This network node correlation storage unit, acquires the information of the communication state of the network from the communication status detection unit obtains the information on the change amount of spacing of the periodic transmission from the transmission interval changing unit, changing the interval of the periodic transmission storing the correlation between the amount and the amount of change in the communication state of the network. 送信間隔判断部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、目標値とネットワークの通信状態との差分を計算し、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を相関関係記憶部から取得し、周期送信の間隔の変更すべき量を決定する。 Transmission interval determination section acquires the information of the communication state of the network from the communication status detection unit, a difference between the communication state of the target value and the network is calculated and the amount of change in distance between the periodic transmission and the amount of change in the communication state of the network the correlation obtained from the correlation storing section and to determine the amount to be changed in the interval of the periodic transmission. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔の変更すべき量を送信間隔判断部から取得し、周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit obtains the amount to be changed in the interval of the periodic transmission from the transmission interval determination section changes the interval of the periodic transmission.
【0016】 [0016]
したがって、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を学習することができるので、周期送信の間隔を最適に設定することができる。 Therefore, it is possible to learn the correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network interval period transmission, it is possible to optimally set the interval between periodic transmission.
請求項4に係るネットワークノードは、請求項1から3のいずれかに記載のネットワークノードであって、目標値入力部をさらに備える。 Network node according to claim 4 is the network node according to any one of claims 1 to 3, further comprising a target value input unit. 目標値入力部は、目標値を入力する。 Target value input unit inputs the target value.
【0017】 [0017]
このネットワークノードでは、目標値入力部は、目標値を入力する。 In this network node, the target value input unit inputs the target value. 通信状態判断部は、目標値を目標値入力部から取得し、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得する。 Communication state determining unit obtains a target value from the target value input unit, acquires the information of the communication state of the network from the communication state detection unit. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態と目標値との比較を行い、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determination unit performs a comparison between the communication state and the target value of the network, it is determined whether the communication state of the network is close to the target value.
【0018】 [0018]
したがって、ネットワークの許容される通信状態を容易に設定することができる。 Therefore, the acceptable communication state of the network can be easily set.
なお、目標値入力部は、あらかじめ設定された目標値を受け付けてもよいし、キーボードなどの入力装置から目標値を受け付けてもよいし、ネットワークノードとは別の場所に設定された目標値をネットワーク経由で取得してもよい。 The target value input unit may be receiving a preset target value, may be accepted target value from an input device such as a keyboard, a the network node is set to a different location target value it may be obtained via the network.
【0019】 [0019]
請求項5に係るネットワークノードは、請求項1から4のいずれかに記載のネットワークノードであって、判断結果出力部をさらに備える。 Network node according to claim 5 is the network node according to any one of claims 1 to 4, further comprising a determination result output unit. 判断結果出力部は、通信状態判断部が判断した結果を出力する。 Determination result output unit outputs a result of the communication state determining unit has determined.
このネットワークノードでは、判断結果出力部は、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を通信状態判断部から取得し、通信状態判断部が判断した結果を出力する。 This network node, the judgment result output unit acquires the communication status of the network is determined whether the close to the target value from the communication status determination unit, a communication state determining unit outputs a result of the determination.
【0020】 [0020]
したがって、ネットワークの通信容量が有効活用されているか否かを容易に確認することができる。 Therefore, it is possible communication capacity of the network to easily confirm whether or not effectively used.
なお、判断結果出力部が出力する方法は、表示画面に映し出される方法などだけでなく、印字装置により印字される方法などを含む。 A method of outputting the determination result output unit, not only a method to be displayed on the display screen, including methods to be printed by the printing apparatus.
請求項6に係るネットワークノードは、請求項4又は5のいずれかに記載のネットワークノードであって、通信状態判断部は、ネットワークの通信状態が目標値に対して一定の範囲内になった場合は、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたと判断する。 Network node according to claim 6 is the network node according to claim 4 or 5, the communication state determining unit, when the communication state of the network becomes within a predetermined range with respect to the target value determines that the communication state of the network is close to the target value.
【0021】 [0021]
このネットワークノードでは、通信状態判断部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、ネットワークの通信状態と目標値とを比較する。 In this network node, the communication state determining unit acquires information of the communication state of the network from the communication status detection unit, compares the communication status of the network and the target value. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態が目標値に対して一定の範囲内になった場合すなわちネットワークの通信状態と目標値との差分の絶対値が一定の値以下になった場合、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたと判断する。 Communication state determining unit, when the absolute value of the difference between the communication state and the target value, namely the network communication state of the network becomes within a predetermined range with respect to the target value is equal to or less than a predetermined value, the network it is determined that the communication state is close to the target value.
【0022】 [0022]
したがって、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かを容易に判断することができる。 Therefore, it is possible to communicate the status of the network to easily judge whether or not close to the target value.
請求項7に係るネットワークノードは、請求項1から6のいずれかに記載のネットワークノードであって、変化パターン記憶部をさらに備える。 Network node according to claim 7, a network node according to any one of claims 1 to 6, further comprising a change pattern storage unit. 変化パターン記憶部は、通信状態検出部が検出した結果に基づき、ネットワークの通信状態における一定期間の変化のパターンを記憶する。 Change pattern storage unit, based on the result of the communication state detection unit detects and stores a pattern of change in a certain period in the communication state of the network.
【0023】 [0023]
このネットワークノードでは、変化パターン記憶部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、ネットワークの通信状態における一定期間の変化のパターンを記憶する。 This network node, the change pattern storage unit acquires information of the communication state of the network from the communication state detection unit, and stores the pattern of change in a certain period in the communication state of the network. 相関関係記憶部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、周期送信の間隔の変更量の情報を送信間隔変更部から取得し、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を記憶する。 Correlation storage unit, acquires the information of the communication state of the network from the communication status detection unit obtains the information on the change amount of spacing of the periodic transmission from the transmission interval changing unit, changing the amount of distance between the periodic transmission and a communication network storing a correlation between the state of variation. 送信間隔判断部は、ネットワークの通信状態における一定期間の変化のパターンを変化パターン記憶部から取得し、ネットワークの通信状態における変化のパターンからネットワークの通信状態を推定することができる。 Transmission interval determination section acquires the pattern of change in a certain period in the communication state of the network from the change pattern storage unit, can be a pattern of change in the communication state of the network estimates the communication state of the network. 送信間隔判断部は、目標値とネットワークの通信状態の推定値との差分を計算し、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を相関関係記憶部から取得し、周期送信の間隔の変更すべき量を決定する。 Transmission interval determination section, a difference between the estimated value of the communication state of the target value and the network calculates and obtains the correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network interval period sent from the correlation storage section to determine the amount to be changed in the interval of the periodic transmission. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔の変更すべき量を送信間隔判断部から取得し、周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit obtains the amount to be changed in the interval of the periodic transmission from the transmission interval determination section changes the interval of the periodic transmission.
【0024】 [0024]
したがって、ネットワークの通信状態における一定期間の変化のパターンに応じて周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信状態を検出しなくても、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission in accordance with the pattern of change in a certain period in the communication state of the network, without having to detect the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network .
なお、「一定期間」は、あらかじめ設定されていてもよいし、ユーザが入力して設定してもよいし、ネットワークの通信状態における変化の様子に応じて自動的に設定されてもよい。 Incidentally, "a period of time" may be set in advance, may be set by entering a user may be automatically set according to the state of a change in the communication state of the network.
【0025】 [0025]
請求項8に係るネットワークノードは、請求項1から7のいずれかに記載のネットワークノードであって、通信状態は、帯域幅使用率又はコリジョン発生率である。 Network node according to claim 8 is a network node according to any one of claims 1 to 7, the communication state is the bandwidth utilization or collision occurrence rate.
このネットワークノードでは、通信状態は、帯域幅使用率又はコリジョン発生率である。 In this network node, the communication state is the bandwidth utilization or collision occurrence rate. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit changes the interval of the periodic transmission. 通信状態検出部は、送信間隔変更部により周期送信の間隔が変更されたネットワークの帯域幅使用率又はコリジョン発生率を検出する。 Communication state detection unit, the spacing of the period transmission to detect bandwidth utilization or collision occurrence rate of the modified network by transmission interval changing unit. 通信状態判断部は、ネットワークの帯域幅使用率又はコリジョン発生率の情報を通信状態検出部から取得し、ネットワークの帯域幅使用率又はコリジョン発生率と目標値との比較を行い、ネットワークの帯域幅使用率又はコリジョン発生率が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit obtains information of bandwidth utilization or collision occurrence of the network from the communication state detection unit, compares the bandwidth utilization or collision occurrence rate and the target value of the network, network bandwidth utilization or collision occurrence rate determines whether or not close to the target value.
【0026】 [0026]
したがって、ネットワークの帯域幅使用率又はコリジョン発生率を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the bandwidth utilization or collision occurrence of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
請求項9に係るネットワークノードは、請求項1から8のいずれかに記載のネットワークノードであって、ネットワークは、分散制御ネットワークである。 Network node according to claim 9 is a network node according to any of claims 1 to 8, the network is a distributed control network.
【0027】 [0027]
ここでは、ネットワークは、分散制御ネットワークである。 Here, the network is a distributed control network. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit changes the interval of the periodic transmission. 送信部は、送信間隔変更部が変更した周期送信の間隔で周期送信を分散制御ネットワーク経由で送信する。 Transmission unit transmits the periodic transmission via distributed control network at intervals of cycle transmission transmission interval changing unit has changed. 通信状態検出部は、送信部が周期送信を送信した後の分散制御ネットワークの通信状態を検出する。 Communication state detection unit, the transmission unit detects a communication state of the distributed control network after transmission of the periodic transmission. 通信状態判断部は、分散制御ネットワークの通信状態に関する目標値を取得することができる。 Communication state determining unit can acquire the target value relating to communication of the distributed control network. 通信状態判断部は、分散制御ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、分散制御ネットワークの通信状態と目標値との比較を行い、分散制御ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit obtains information of the communication status of the distributed control network from the communication state detection unit, compares the communication state and the target value of the distributed control network, whether the communication state of the distributed control network is close to the target value It carried out as to whether or not the decision.
【0028】 [0028]
したがって、分散制御ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、分散制御ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the distributed control network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of a distributed control network.
なお、分散制御ネットワーク経由で送信することには、送信側の出力用ネットワーク変数を介して送信することを含む。 Note that the to be transmitted via the distributed control network includes transmitting via the output network variable of the sender.
【0029】 [0029]
請求項10に係るネットワークノードは、請求項1から8のいずれかに記載のネットワークノードであって、ネットワークは、集中制御ネットワークである。 Network node according to claim 10 is the network node according to any of claims 1 to 8, the network is a centralized control network.
ここでは、ネットワークは、集中制御ネットワークである。 Here, the network is a centralized control network. 周期送信の間隔は、管理制御装置において設定されている。 Interval periods transmission is set in the management controller. 送信間隔変更部は、周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit changes the interval of the periodic transmission. 送信部は、送信間隔変更部が変更した周期送信の間隔で周期送信を集中制御ネットワーク経由で送信する。 Transmission unit transmits the periodic transmission via centralized control network at intervals of cycle transmission transmission interval changing unit has changed. 通信状態検出部は、送信部が周期送信を送信した後の集中制御ネットワークの通信状態を検出する。 Communication state detection unit, the transmission unit detects the communication status of the centralized control network after transmission of the periodic transmission. 通信状態判断部は、集中制御ネットワークの通信状態に関する目標値を取得することができる。 Communication state determining unit can acquire the target value for communication status of the centralized control network. 通信状態判断部は、集中制御ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、集中制御ネットワークの通信状態と目標値との比較を行い、集中制御ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit obtains information of the communication status of the centralized control network from the communication state detection unit, compares the communication state and the target value of the centralized control network, or communication state of the centralized control network is close to the target value It carried out as to whether or not the decision.
【0030】 [0030]
したがって、集中制御ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、集中制御ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication status of the centralized control network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the centralized control network.
なお、周期送信の間隔は、管理制御装置でなく、ネットワークノードに設定されていてもよい。 The distance of the period transmission, not the management controller may be set to a network node.
【0031】 [0031]
請求項11に係るネットワークシステムは、請求項1から9に記載のネットワークノードと、ネットワークとを備える。 Network system according to claim 11 comprises a network node according to claims 1 to 9, and a network. ネットワークノードは、周期送信の間隔が設定されている。 Network node interval period transmission is set. ネットワークは、ネットワークノードに接続されている。 Network is connected to the network node.
このネットワークシステムでは、ネットワークノードは、周期送信の間隔が設定されている。 In this network system, the network node interval period transmission is set. 送信間隔変更部は、ネットワークノードに設定されている周期送信の間隔を変更する。 Transmission interval changing unit changes the interval of the periodic transmission set in the network node. 送信部は、ネットワークノードに設定されている周期送信の間隔を取得し、送信間隔変更部が変更した周期送信の間隔で周期送信をネットワーク経由で送信する。 Transmitting unit obtains the interval period transmission set in the network node, it transmits the periodic transmission over the network at intervals of cycle transmission transmission interval changing unit has changed. 通信状態検出部は、送信部が周期送信を送信した後のネットワークの通信状態を検出する。 Communication state detection unit, the transmission unit detects a communication state of the network after sending the periodic transmission. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態に関する目標値を取得することができる。 Communication state determining unit can acquire the target value relating to the communication state of the network. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、ネットワークの通信状態と目標値との比較を行い、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit acquires information of the communication state of the network from the communication state detection unit, compares the communication state and the target value of the network, and the communication state of the network is determined whether the close to the target value .
【0032】 [0032]
したがって、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
請求項12に係るネットワークシステムは、請求項1から8のいずれか又は請求項10に記載のネットワークノードと、管理制御装置と、ネットワークとを備える。 Network system according to claim 12 comprises a network node according to any one or claims 10 to claims 1 to 8, and the management control unit, and a network. 管理制御装置は、ネットワークノードを管理制御する。 Management controller manages control network node. ネットワークは、ネットワークノードと管理制御装置とを接続する。 Network, for connecting the network nodes and the management control unit.
【0033】 [0033]
このネットワークシステムでは、周期送信の間隔は、管理制御装置又はネットワークノードにおいて設定されている。 In this network system, the interval of the periodic transmission is set in the management controller or network node. 送信間隔変更部は、管理制御装置にネットワークを介して命令することにより、周期送信の間隔を変更することができる。 Transmission interval changing unit by instructions over a network to a management controller, it is possible to change the interval of the periodic transmission. あるいは、送信間隔変更部は、ネットワークノードに設定されている周期送信の間隔を変更する。 Alternatively, the transmission interval changing unit changes the interval of the periodic transmission set in the network node. 送信部は、送信間隔変更部が変更した周期送信の間隔で周期送信をネットワーク経由で送信する。 Transmission unit transmits the periodic transmission over the network at intervals of cycle transmission transmission interval changing unit has changed. 通信状態検出部は、送信部が周期送信を送信した後のネットワークの通信状態を検出する。 Communication state detection unit, the transmission unit detects a communication state of the network after sending the periodic transmission. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態に関する目標値を取得することができる。 Communication state determining unit can acquire the target value relating to the communication state of the network. 通信状態判断部は、ネットワークの通信状態の情報を通信状態検出部から取得し、ネットワークの通信状態と目標値との比較を行い、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit acquires information of the communication state of the network from the communication state detection unit, compares the communication state and the target value of the network, and the communication state of the network is determined whether the close to the target value .
【0034】 [0034]
したがって、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
請求項13に係る通信状態調整方法は、送信間隔変更ステップと、送信ステップと、通信状態検出ステップと、相関関係記憶ステップと、決定ステップとを備える。 Communication state adjustment method according to claim 13 is provided with a transmission interval changing step, a transmission step, the communication state detection step, the correlation storage step, and a determination step. 送信間隔変更ステップでは、周期送信の間隔が変更される。 The transmission interval changing step, the interval of the periodic transmission is changed. 周期送信は、周期的に行う送信である。 Cycle transmission is a transmission which periodically performed. 送信ステップでは、送信間隔変更ステップにおいて変更された周期送信の間隔で周期送信がネットワーク経由で送信される。 In transmitting step cycle transmission is sent over the network at intervals of a modified cycle transmitted in a transmission interval changing step. 通信状態検出ステップでは、送信ステップにおいて周期送信が送信された後のネットワークの通信状態が検出される。 The communication state detection step, the communication state of the network after a period transmitted is transmitted in the transmitting step is detected. 相関関係記憶ステップでは、送信間隔変更ステップにおいて変更された結果と通信状態検出ステップにおいて検出された結果とに基づき、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係が記憶される。 Correlation in the relationship storage step, based on the result detected in the modified result as the communication state detection step in the transmission interval changing step, the correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network interval period transmission storage It is. 決定ステップでは、通信状態検出ステップにおいて検出された結果に基づき、相関関係記憶ステップにおいて記憶された相関関係により、周期送信の間隔の変更すべき量が決定される。 In decision step, based on a result detected in the communication state detection step, the correlation stored in the correlation storage step, the amount should be changed in the interval of the periodic transmission is determined.
【0035】 [0035]
この通信状態調整方法では、送信間隔変更ステップにおいて、周期送信の間隔が変更される。 In this communication state adjustment method, the transmission interval changing step, the interval of the periodic transmission is changed. 送信ステップにおいて、送信間隔変更ステップで変更された周期送信の間隔で周期送信がネットワーク経由で送信される。 In the transmission step, cycle transmission is sent over the network at intervals of changed periodically transmitted at the transmission interval changing step. 通信状態検出ステップにおいて、送信ステップで周期送信が送信された後のネットワークの通信状態が検出される。 In the communication state detection step, the communication state of the network after a period transmission has been transmitted at the transmitting step is detected. 相関関係記憶ステップにおいて、通信状態検出ステップで検出されたネットワークの通信状態の情報が取得され、送信間隔変更ステップで変更された周期送信の間隔の変更量の情報が取得され、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係が記憶される。 In correlation storage step, the communication state of the detected communication state detection step the network information is acquired, the acquired change amount of information of the changed cycle transmission intervals in the transmission interval changing step, the spacing of the periodic transmission correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network are stored. 決定ステップにおいて、ネットワークの通信状態に関する目標値が取得され得る。 In decision step, the target value for communication status of the network may be obtained. 決定ステップにおいて、通信状態検出ステップで検出されたネットワークの通信状態の情報が取得され、目標値とネットワークの通信状態との差分が計算され、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係記憶ステップで記憶された相関関係が参照され、周期送信の間隔の変更すべき量が決定される。 In decision step, information of the communication state of the network detected by the communication state detection step is obtained, are calculated the difference between the communication state of the target value and the network, the change of the communication state of the change amount and the network distance cycle transmission the amount correlated stored in correlation storage step is referred to, the amount should be changed in the interval of the periodic transmission is determined.
【0036】 [0036]
したがって、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を学習することにより、周期送信の間隔を最適に設定することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 Therefore, by learning the correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network interval period transmission, it is possible to optimally set the interval for periodic transmission, to effectively utilize the communication capacity of the network can.
なお、送信部は、周期送信のみを行ってもよいし、データ項目に応じて周期送信とデータ駆動型の送信とを行ってもよい。 The transmitting unit may be performed only periodically sending may be performed and transmission cycle transmission and data-driven according to the data item. 通信状態は、ネットワークノードが接続されたネットワーク全体の通信状態だけでなく、ネットワークノードが接続されたネットワークにおいてネットワークノードが送受信するデータの通信状態も含む。 Communication state, not only the communication state of the entire network to which the network node is connected, also includes a communication state of the data network node in a network which the network nodes are connected to transmit and receive. 通信状態は、例えば、帯域幅使用率・コリジョン発生率・不良データ発生率・ディスカード発生率・平均遅延時間などを含む。 Communication status includes, for example, a bandwidth usage Collision incidence-bad data generation rate, discard incidence, the average delay time.
【0037】 [0037]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
[第1実施形態] First Embodiment
図1に、本発明の第1実施形態にかかるネットワークシステム1の構成図を示す。 Figure 1 shows a block diagram of a network system 1 according to a first embodiment of the present invention. ネットワークシステム1では、LonWorks(登録商標)技術が採用されている。 In the network system 1, LonWorks (R) technology is employed.
【0038】 [0038]
<ネットワークシステム1の全体構成> <Overall configuration of a network system 1>
図1に示すネットワークシステム1は、主としてLonWorks(登録商標)ネットワーク10とLonWorks(登録商標)ノード20とネットワークノード30とを備える。 Network system 1 shown in FIG. 1 mainly includes a LonWorks (R) network 10 and the LonWorks (R) node 20 and network node 30. ここで、LonWorks(登録商標)ネットワークとは、LonWorks(登録商標)技術を採用したネットワークである。 Here, the LonWorks (R) network, a LonWorks network employing (R) technology. LonWorks(登録商標)ノードとは、LonWorks(登録商標)ネットワークに接続された機器のことである。 The LonWorks (R) node, is that the devices connected to LonWorks (R) network. なお、ネットワークノード30も一種のLonWorks(登録商標)ノードであるが、LonWorks(登録商標)ノード20と区別するために、名称を変えてある。 Although the network node 30 is also a kind of LonWorks (R) nodes, in order to distinguish it from the LonWorks (R) node 20, are renamed.
【0039】 [0039]
LonWorks(登録商標)ノード20とネットワークノード30とは、LonWorks(登録商標)ネットワーク10により接続されている。 LonWorks is a (R) node 20 and network node 30 are connected by LonWorks (R) network 10.
<ネットワークノード30の構成> <Configuration of the network node 30>
図1に示すネットワークノード30は、主として送信間隔変更部31と通信状態検出部32と通信状態判断部33と送信間隔判断部34と目標値入力部35と送信部39と送信間隔記憶部41とニューロンチップ38とを備える。 Network node 30 shown in Figure 1, mainly the transmission interval changing unit 31 and the communication state detection unit 32 and the communication state determination unit 33 and the transmission interval determination section 34 and a target value input unit 35 and the transmitting unit 39 and the transmission interval storage unit 41 and a neuron chip 38. ここで、ニューロンチップとは、LonWorks(登録商標)技術が採用されたネットワーク用ICである。 Here, the neuron chip and is an IC for LonWorks (R) technology was adopted network. このニューロンチップにより、LonTalk(登録商標)プロトコルに従った通信がなされる。 The Neuron chip communications in accordance with LonTalk (TM) protocol is performed.
【0040】 [0040]
目標値入力部35は、帯域幅使用率の目標値の入力を受け付ける。 Target value input section 35 accepts an input of a target value of the bandwidth utilization. 送信間隔変更部31は、送信間隔記憶部41にアクセスして、LonWorks(登録商標)ネットワーク10を介して送信部39から周期的に行われる送信(以下、ハートビート送信と呼ぶ)が送信される時間間隔のコンフィギュレーション・プロパティの値(以下、ハートビートCP値と呼ぶ。)を変更する。 Transmission interval changing unit 31 accesses the transmission interval storage unit 41, LonWorks (R) transmission periodically performed from the transmitting unit 39 through the network 10 (hereinafter, referred to as a heartbeat transmission) is transmitted the value of the configuration property of the time interval (hereinafter referred to as the heartbeat CP value.) to change the. ここで、コンフィギュレーション・プロパティとは、ネットワークノード30の設定値や制御用パラメータを定義するものである。 Here, the configuration properties, and it defines the set values ​​and control parameters of the network node 30. ハートビートCP値は送信間隔記憶部41に記憶されている。 Heartbeat CP value is stored in the transmission interval storage unit 41. LonWorks(登録商標)ネットワーク10を介して変更後のハートビートCP値の送信間隔でハートビート送信が送信部39から送信された後、LonWorks(登録商標)ネットワーク10における帯域幅使用率が通信状態検出部32により検出される。 LonWorks (R) after the heartbeat transmitted at transmission intervals heartbeat CP value after the change through the network 10 is transmitted from the transmitting unit 39, LonWorks (R) bandwidth utilization in the network 10 is a communication status detection It is detected by the parts 32. 通信状態判断部33は、通信状態検出部32から帯域幅使用率の情報を受け取り、目標値入力部35から帯域幅使用率の目標値の情報を受け取り、帯域幅使用率と目標値との比較を行い、LonWorks(登録商標)ネットワーク10における帯域幅使用率が目標値に近づいたか否か判断する。 Comparison of the communication state determining unit 33 receives the information of the bandwidth utilization of the communication state detection unit 32 receives the information of the target value of the bandwidth utilization from the target value input unit 35, a bandwidth usage and the target value was carried out, LonWorks (R) bandwidth utilization in the network 10 determines whether or not close to the target value. 送信間隔判断部34は、その判断の情報を通信状態判断部33から受け取り、ハートビートCP値を変更するか否かを判断する。 Transmission interval determination section 34 receives the information of the determination from the communication status determination unit 33 determines whether to change the heartbeat CP value.
【0041】 [0041]
<LonWorks(登録商標)ノード20の構成> <Configuration of the LonWorks (R) node 20>
図1に示すLonWorks(登録商標)ノード20は、主としてニューロンチップ22を備える。 LonWorks (R) node 20 illustrated in Figure 1, mainly comprises a neuron chip 22.
このニューロンチップ22により、LonTalk(登録商標)プロトコルに従った通信がなされる。 The Neuron chip 22, a communication in accordance with the LonTalk (R) protocol is performed.
【0042】 [0042]
<LonWorks(登録商標)ネットワーク10の構成> <Configuration of the LonWorks (R) network 10>
図1に示すように、LonWorks(登録商標)ネットワーク10は、LonWorks(登録商標)ノード20とネットワークノード30とを接続している。 As shown in FIG. 1, LonWorks (R) network 10, LonWorks connects the (R) node 20 and network node 30.
図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10では、図3に示すネットワーク変数(出力NVa,出力NVb,・・・,入力NVc,入力NVd,・・・)を介して情報の送受信が行われ得る。 In LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1, the network variables shown in FIG. 3 (output NVa, output NVb, · · ·, input NVc, input NVd, · · ·) of transmitting and receiving information via a may be carried out . ここで、ネットワーク変数とは、LonTalk(登録商標)プロトコルに従って情報の送受信が行われる際に、仲介を行う変数である。 Here, a network variable, when the transmission and reception of information is performed according LonTalk (R) protocol, which is a variable an intermediary. すなわち、送信側のLonWorks(登録商標)ノードにおける出力用ネットワーク変数に送信すべき情報が代入されると、受信側のLonWorks(登録商標)ノードにおけるバインディングされた入力用ネットワーク変数でその情報が受信される。 That is, the information to be transmitted to the output network variable on the transmission side of the LonWorks (R) node is assigned, the information is received by the input network variables binding at the receiving side of the LonWorks (R) node that. つまり、ネットワーク変数は情報を伝送するための入れ物である。 That is, the network variables are containers for transmitting information. LonWorks(登録商標)ネットワークにおける情報の通信では、イーサネット(登録商標)とは異なり、情報の送受信の際に、送信先アドレスは指定されない。 In the communication of information in LonWorks (R) network, unlike Ethernet, upon reception of information, the destination address is not specified. あらかじめ行われているバインディングにより、送信先アドレスが、出力用ネットワーク変数(出力NVa,出力NVb,・・・)に設定されているからである。 The binding is performed in advance, destination address, output network variable (output NVa, output NVb, · · ·) is because it is set to.
【0043】 [0043]
<ネットワークシステム1がLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を調整する処理の流れ> <Flow of processing network system 1 adjusts the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10>
図1に示すネットワークシステム1がLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を調整する処理の流れを、図2に示すフローチャートを用いて説明する。 Network system 1 shown in FIG. 1 is a process flow for adjusting the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 will be described with reference to the flowchart shown in FIG.
【0044】 [0044]
図2に示すステップS1では、図1に示すネットワークノード30の目標値入力部35に帯域幅使用率の目標値が入力され、帯域幅使用率の目標値の情報がネットワークノード30の目標値入力部35から通信状態判断部33に渡される。 In step S1 shown in FIG. 2, the target value of the bandwidth usage to the target value input unit 35 of the network node 30 shown in FIG. 1 is input, the target value of the information network node 30 the target value of the bandwidth utilization Input It passed to the communication state determining unit 33 from the section 35. 帯域幅使用率の目標値は、ネットワークが飽和する直前の値を用いるのが望ましい。 Target value of the bandwidth utilization, to use the value immediately before the network is saturated is preferable. ネットワークが飽和する帯域幅使用率の値は経験的に70%であると言われているので、目標値を60%としてもよい。 Since the network is the value of the bandwidth usage of saturation is said to be 70% empirically, the target value may be 60%. 図2に示すステップS2では、図1に示す送信間隔記憶部41に記憶されたハートビートCP値が送信部39により参照され、ハートビートCP値の間隔で送信部39によりハートビート送信が行われる。 At step S2 shown in FIG. 2, the heartbeat CP value stored in the transmission interval storage unit 41 shown in FIG. 1 is referred by the transmitting unit 39, a heartbeat transmission is performed by the transmitting unit 39 at intervals of the heartbeat CP value . 図2に示すステップS3では、図1に示すネットワークノード30の通信状態検出部32によりLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が検出され、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の情報がネットワークノード30の通信状態判断部33に渡される。 In step S3 shown in FIG. 2, LonWorks (R) bandwidth utilization of the network 10 is detected by the communication state detection unit 32 of the network node 30 shown in FIG. 1, LonWorks (R) bandwidth utilization of the network 10 information is passed to the communication state determining unit 33 of the network node 30. 図2に示すステップS4では、図1に示すネットワークノード30の通信状態判断部33により(帯域幅使用率の目標値)−(実際の帯域幅使用率)=(目標値との差分)・・・(式1) In step S4 shown in FIG. 2, (a target value of the bandwidth usage) by the communication state determination unit 33 of the network node 30 shown in FIG. 1 - (actual bandwidth utilization) = (difference between the target value) ... · (equation 1)
が計算される。 There is calculated. ここで、帯域幅使用率の目標値は、図2に示すステップS1において図1に示すネットワークノード30の目標値入力部35から通信状態判断部33に渡された、LonWorks(登録商標)ネットワーク10における帯域幅使用率の目標値の情報である。 Here, the target value of the bandwidth utilization, passed to the communication state determining unit 33 from the target value input unit 35 of the network node 30 shown in FIG. 1 in a step S1 shown in FIG. 2, LonWorks (R) network 10 is information of a target value of the bandwidth utilization in. 実際の帯域幅使用率は、図2に示すステップS3において図1に示すネットワークノード30の通信状態検出部32から通信状態判断部33に渡された、LonWorks(登録商標)ネットワーク10における帯域幅使用率の情報である。 The actual bandwidth utilization, passed to the communication state determining unit 33 from the communication status detection unit 32 of the network node 30 shown in FIG. 1 in step S3 shown in FIG. 2, the bandwidth used in LonWorks (R) network 10 is the rate information. 図2に示すステップS5では、図1に示すネットワークノード30の通信状態判断部33により式1における目標値との差分の絶対値が一定の値以下(5%以下)であるか否かが検出され、実際の帯域幅使用率が帯域幅使用率の目標値に近づいたか否かが判断される。 In step S5 shown in FIG. 2, whether or not detection is the absolute value of the difference between the target value in Equation 1 is less than a predetermined value by the communication state determination unit 33 of the network node 30 shown in FIG. 1 (5%) is, whether the actual bandwidth utilization is close to the target value of the bandwidth utilization is determined. 実際の帯域幅使用率が帯域幅使用率の目標値に近づいたと判断された場合は、その判断が図1に示すネットワークノード30の通信状態判断部33から送信間隔判断部34へ渡され、送信間隔判断部34によりハートビートCP値を変更すべきでないと判断され処理が終了される。 If the actual bandwidth utilization is determined to close to the target value of the bandwidth utilization, it passed the decision from the communication state determining unit 33 of the network node 30 shown in FIG. 1 to the transmission interval determination section 34, transmission and processed determined not to be changed heartbeat CP value is terminated by the distance determination section 34. 実際の帯域幅使用率が帯域幅使用率の目標値に近づいていないと判断された場合は、その判断が図1に示すネットワークノード30の通信状態判断部33から送信間隔判断部34へ渡され、送信間隔判断部34によりハートビートCP値を変更すべきであると判断され図2に示すステップS6へ処理が進められる。 If the actual bandwidth utilization is determined not approaching the target value of the bandwidth utilization, passed the decision from the communication state determining unit 33 of the network node 30 shown in FIG. 1 to the transmission interval determination section 34 , to step S6 shown in to Figure 2 determining to change the heartbeat CP value is advanced by the transmission interval determination section 34. 図2に示すステップS6では、式1における目標値との差分の情報が図1に示すネットワークノード30の通信状態判断部33から送信間隔判断部34へ渡され、変更すべきハートビートCP値が1秒に決定される。 In step S6 shown in FIG. 2, is passed from the communication state determining unit 33 of the network node 30 to the information of the difference between the target value in Equation 1 is shown in FIG. 1 to the transmission interval determining unit 34, a heartbeat CP value to be changed It is determined to be 1 second. 送信間隔判断部34では、式1における目標値との差分が正の値のときは、ハートビートCP値を変更すべきハートビートCP値すなわち1秒だけ減少すべきであると決定される。 In transmission interval determination section 34, the difference between the target value in Equation 1 is when the positive value, it is determined that it should be decreased by heartbeat CP value, i.e. 1 second to change the heartbeat CP value. 逆に、式1における目標値との差分が負の値のときは、ハートビートCP値を変更すべきハートビートCP値すなわち1秒だけ増加すべきであると決定される。 Conversely, the difference between the target value in Equation 1 is when a negative value is determined that it should increase by heartbeat CP value should change the heartbeat CP value i.e. 1 second. 図2に示すステップS7では、ハートビートCP値の変更すべき量の情報が図1に示すネットワークノード30の送信間隔判断部34から送信間隔変更部31へ渡され、ハートビートCP値が変更すべきハートビートCP値すなわち1秒だけ変更される。 At step S7 shown in FIG. 2, the amount of information to be changed heartbeat CP value is passed from the transmission interval determination section 34 of the network node 30 shown in FIG. 1 to the transmission interval changing unit 31, change the heartbeat CP value It is changed by the heartbeat CP value, that one second should.
【0045】 [0045]
<ネットワークシステム1において情報が送受信される動作> <Operation of Information in the network system 1 are exchanged>
図1に示すネットワークシステム1において情報が送受信される動作を、図3に示す概念図を用いて説明する。 The operation information in the network system 1 are transmitted and received as shown in FIG. 1 will be described with reference to the conceptual diagram shown in FIG. 図3においてネットワーク変数(出力NVa,出力NVb,・・・,入力NVc,入力NVd,・・・)は白抜きの矢印で示され、その矢印の方向によって情報の伝達の方向が表される。 Network Variables 3 (output NVa, output NVb, · · ·, input NVc, input NVd, · · ·) are indicated by hollow arrows, the direction of the arrow the direction of transmission of information represented. ネットワーク変数(出力NVa,出力NVb,・・・,入力NVc,入力NVd,・・・)の間を接続している実線は、実際の配線を表しているのではなく、ネットワーク変数間のバインドの状態を表している。 Network variable (output NVa, output NVb, · · ·, input NVc, input NVd, · · ·) is the solid line which connects between, rather than represent the actual wiring, the bindings between network variables it represents the state.
【0046】 [0046]
図1に示すネットワークノード30がLonWorks(登録商標)ノード20に情報を送信する場合を考える。 Network node 30 shown in FIG. 1 Consider the case of transmitting the information to the LonWorks (R) node 20. ここで、ネットワークノード30において、出力用ネットワーク変数(出力NVa)はハートビート送信されるように設定されており、出力用ネットワーク変数(出力NVb)はデータ駆動型の送信が行われるように設定されているものとする。 Here, at the network node 30, the output network variable (output NVa) is configured to send heartbeat, output network variable (output NVb) is set so that the transmission of data-driven is performed and those are. ネットワークノード30において、出力用ネットワーク変数(出力NVa)には、状態の変化がなくてもハートビートCP値に設定された時間間隔でネットワークノード30の送信部39により情報が代入され、その情報はLonWorks(登録商標)ノード20へ送信される。 In the network node 30, the output network variable (output NVa), information the transmitting unit 39 of the network nodes 30 in the time interval set for the heartbeat CP value without a change in state is assigned, the information LonWorks sent to (R) node 20. その情報は、LonWorks(登録商標)ノード20の入力用ネットワーク変数(入力NVc)に受け取られ、LonWorks(登録商標)ノード20に受信される。 The information is received in the LonWorks input network variable (R) nodes 20 (input NVc), it is received in the LonWorks (R) node 20. 一方、出力用ネットワーク変数(出力NVb)には、出力用ネットワーク変数(出力NVb)に対応する状態の変化があった場合にネットワークノード30の送信部39により情報が代入され、その情報はLonWorks(登録商標)ノード20へ送信される。 On the other hand, the output network variable (output NVb), information the transmitting unit 39 of the network node 30 is assigned if there is a change in the state corresponding to the output network variable (output NVb), the information LonWorks ( is transmitted to the registered trademark) node 20. その情報は、LonWorks(登録商標)ノード20の入力用ネットワーク変数(入力NVd)に受け取られ、LonWorks(登録商標)ノード20に受信される。 The information is received in the LonWorks input network variable (R) nodes 20 (input NVd), it is received in the LonWorks (R) node 20.
【0047】 [0047]
<ネットワークシステム1に関する特徴> <Features of network system 1>
(1) (1)
ここでは、図1に示すネットワークノード30の送信間隔変更部31は、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更する。 Here, the transmission interval changing unit 31 of the network node 30 shown in Figure 1, changes the heartbeat CP value of the network node 30. ネットワークノード30の送信部39は、ネットワークノード30のハートビートCP値の間隔でハートビート送信をLonWorks(登録商標)ネットワーク10経由で送信する。 Transmission unit 39 of the network node 30 transmits a heartbeat transmitted at intervals of heartbeat CP value of the network nodes 30 LonWorks via (TM) network 10. ネットワークノード30の通信状態検出部32は、送信部39がハートビートCP値の間隔でハートビート送信を送信した後のLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を検出する。 Communication state detection unit 32 of the network node 30, the transmission unit 39 detects the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 after sending a heartbeat transmitted at intervals of the heartbeat CP value. ネットワークノード30の通信状態判断部33は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の情報を通信状態検出部32から取得し、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の目標値の情報を目標値入力部35から取得し、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率と目標値との比較を行い、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit 33 of the network node 30, LonWorks (R) obtains information bandwidth usage of the network 10 from the communication state detection unit 32, LonWorks (R) target value of the bandwidth utilization of the network 10 acquires information from the target value input unit 35, performs a comparison between bandwidth usage and the target value of the LonWorks (R) network 10, the bandwidth utilization of LonWorks (R) network 10 approaches the target value Taka carried out as to whether or not the decision. ネットワークノード30の送信間隔判断部34は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたか否かの判断をネットワークノード30の通信状態判断部33から取得する。 Transmission interval determination section 34 of the network node 30 acquires the LonWorks (R) determines whether the bandwidth utilization of the network 10 has approached the target value from the communication state determining unit 33 of the network node 30. ネットワークノード30の送信間隔判断部34は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたとネットワークノード30の通信状態判断部33が判断した場合、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更すべきでないと判断する。 Transmission interval determination section 34 of the network node 30, LonWorks (R) when the communication state determining unit 33 of the network node 30 and the bandwidth usage is approaching the target value of the network 10 is determined, heartbeat CP network node 30 it is determined that it should not change the value. ネットワークノード30の送信間隔判断部34は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいていないとネットワークノード30の通信状態判断部33が判断した場合、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更すべきであると判断する。 Transmission interval determination section 34 of the network node 30, LonWorks (R) when the communication state determining unit 33 of the bandwidth utilization of the network 10 is not close to the target value network node 30 determines, network node 30 Heart it is determined that it should change the beat CP value. ネットワークノード30の送信間隔変更部31は、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更すべきでないとネットワークノード30の送信間隔判断部34が判断した場合、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更しない。 Transmission interval changing unit 31 of the network node 30, if the should not change the heartbeat CP value of the network node 30 the transmission interval determination section 34 of the network node 30 determines not to change the heartbeat CP value of the network nodes 30 . ネットワークノード30の送信間隔変更部31は、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更すべきであるとネットワークノード30の送信間隔判断部34が判断した場合、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更する。 Transmission interval changing unit 31 of the network node 30, if that should change the heartbeat CP value of the network node 30 the transmission interval determination section 34 of the network node 30 determines, change the heartbeat CP value of the network nodes 30 to.
【0048】 [0048]
したがって、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を見ながらネットワークノード30のハートビートCP値が変更されるので、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の通信容量が有効活用される。 Therefore, since the heartbeat CP value of the network node 30 while looking at the percentage of bandwidth LonWorks (R) network 10 is changed, the communication capacity of the LonWorks (R) network 10 is effectively used.
(2) (2)
ここでは、図1に示すネットワークノード30の目標値入力部35は、目標値を入力する。 Here, the target value input unit 35 of the network node 30 shown in Figure 1, inputs the target value. ネットワークノード30の通信状態判断部33は、ネットワークノード30の目標値入力部35から目標値を取得し、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の情報をネットワークノード30の通信状態検出部32から取得する。 Communication state determining unit of the network node 30 33 obtains the target value from the target value input unit 35 of the network node 30, LonWorks (R) communication state detection unit of the network node 30 the information of the bandwidth utilization of the network 10 32 to retrieve from. ネットワークノード30の通信状態判断部33は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率と目標値との比較を行い、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Whether the communication state determining unit 33 of the network node 30 compares the bandwidth usage and the target value of the LonWorks (R) network 10, the bandwidth utilization of LonWorks (R) network 10 has approached the target value It carried out as to whether or not the decision.
【0049】 [0049]
したがって、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の許容される帯域幅使用率が容易に設定される。 Therefore, LonWorks (R) acceptable bandwidth utilization of the network 10 can be easily set.
(3) (3)
ここでは、図1に示すネットワークノード30の通信状態判断部33は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の情報をネットワークノード30の通信状態検出部32から取得し、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率と目標値とを比較する。 Here, the communication status determination unit 33 of the network node 30 shown in Figure 1, obtains information bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 from the communication status detection unit 32 of the network node 30, LonWorks (R ) comparing the bandwidth utilization of the network 10 and the target value. ネットワークノード30の通信状態判断部33は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に対して一定の範囲内になった場合すなわちネットワークの通信状態と目標値との差分の絶対値が一定の値以下(5%以下)になった場合、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたと判断する。 Communication state determining unit 33 of the network node 30, LonWorks (R) absolute of the difference between the communication state and the target value, namely the network bandwidth utilization falls within a predetermined range with respect to the target value of the network 10 If the value becomes a certain value or less (5% or less), the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 is determined to close to the target value.
【0050】 [0050]
したがって、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたか否かが容易に判断される。 Therefore, the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 whether close to the target value can be easily determined.
(4) (4)
ここでは、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10は、分散制御ネットワークである。 Here, LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 is a distributed control network. ネットワークノード30のハートビートCP値は、ネットワークノード30の送信間隔記憶部41に記憶されている。 Heartbeat CP value of the network node 30 is stored in the transmission interval storage unit 41 of the network node 30. ネットワークノード30の送信間隔変更部31は、送信間隔記憶部41にアクセスすることにより、ネットワークノード30の送信間隔記憶部41に記憶されたハートビートCP値を変更する。 Transmission interval changing unit 31 of the network node 30, by accessing the transmission interval storage unit 41, changes the heartbeat CP value stored in the transmission interval storage unit 41 of the network node 30. ネットワークノード30の送信部39は、送信間隔変更部31が変更したハートビートCP値でハートビート送信をLonWorks(登録商標)ネットワーク10経由で送信する。 Transmission unit 39 of the network node 30 transmits the heartbeat transmission LonWorks via ™ network 10 heartbeat CP value by the transmission interval changing unit 31 has changed. ネットワークノード30の通信状態検出部32は、送信部39がハートビート送信を送信した後のLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を検出する。 Communication state detection unit 32 of the network node 30, the transmission unit 39 detects the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 after sending a heartbeat transmission. ネットワークノード30の通信状態判断部33は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の情報をネットワークノード30の通信状態検出部32から取得し、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率と目標値との比較を行い、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたか否かの判断を行う。 Communication state determining unit 33 of the network node 30 acquires the LonWorks (R) information bandwidth utilization of the network 10 from the communication status detection unit 32 of the network node 30, the bandwidth use of LonWorks (R) network 10 makes a comparison between the rate and the target value, it performs a LonWorks (R) determines whether the bandwidth utilization of the network 10 is close to the target value.
【0051】 [0051]
したがって、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を見ながらネットワークノード30の送信間隔記憶部41に記憶されたハートビートCP値を変更することができるので、ネットワークノード30の送信間隔記憶部41に記憶されたハートビートCP値が最適に設定される。 Therefore, it is possible to change the LonWorks (R) heartbeat CP value stored in the transmission interval storage unit 41 of the network node 30 while looking at the bandwidth utilization of the network 10, the transmission interval storage unit of the network node 30 heartbeat CP value stored in 41 it is optimally set.
<第1実施形態の変形例> <Modification of First Embodiment>
(A)図1に示すネットワークノード30は、相関関係記憶部37をさらに備えていてもよい。 (A) network node 30 shown in FIG. 1 may be further provided with a correlation storage section 37. この場合、図2に示すステップS1で図1に示すネットワークノード30の相関関係記憶部37により送信間隔記憶部41がアクセスされ、ネットワークノード30のハートビートCP値が相関関係記憶部37に記憶される。 In this case, the transmission interval storage unit 41 is accessed by the correlation storage section 37 of the network node 30 shown in FIG. 1 in step S1 shown in FIG. 2, the heartbeat CP value of the network node 30 is stored in the correlation storage section 37 that. 図2に示すステップS3で図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が測定された際に、その測定値が相関関係記憶部37に記憶される。 When the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 in step S3 shown in FIG. 2 is measured, the measured value is stored in the correlation storage section 37. 図2に示すステップS7で図1に示すネットワークノード30のハートビートCP値が変更された際に、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更した値が相関関係記憶部37に記憶される。 When a heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1 in step S7 shown in FIG. 2 is changed, the changed values ​​heartbeat CP value of the network node 30 is stored in the correlation storage section 37.
【0052】 [0052]
図2に示すステップS2からステップS7のルーチンを繰り返す結果、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率とネットワークノード30のハートビートCP値との図4に示す相関図が得られる。 The results from the step S2 shown in FIG. 2 repeats the routine of step S7, resulting correlation diagram shown in Figure 4 the heartbeat CP value of bandwidth utilization and network node 30 of LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 It is. すなわち、図1に示すネットワークノード30のハートビートCP値を小さくするに従って、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率は増加する。 That is, according to reduce the heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1, the bandwidth utilization of LonWorks (R) network 10 is increased. ところが、ネットワークノード30のハートビートCP値を図4に示すX1(秒)よりも小さくすると、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率は図4に示すY1(%)からほとんど増加しなくなる。 However, from X1 indicates a heartbeat CP value of the network node 30 in FIG. 4 Smaller than (in seconds), Y1 (%) shown in FIG. 4 bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 most will not increase. すなわち、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10が飽和する直前の状態に相当するのは、図4に示す点P1である。 That is, the LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 corresponds to a state immediately before the saturation is a point P1 shown in FIG. これより、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の図4に示す目標値Y1(%)が導かれる。 From this, the target value Y1 (%) shown in FIG. 4 of the bandwidth utilization of the LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 is derived.
【0053】 [0053]
図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の図4に示す目標値Y1(%)が明確になる程度に図4に示す相関図が得られた場合を考える。 Consider the case where the correlation diagram shown in Figure 4 to the extent that LonWorks (R) target value Y1 shown in FIG. 4 of the bandwidth utilization of the network 10 (%) is clarified shown in FIG. 1 was obtained. この場合、図2に示すステップS3で帯域幅使用率が測定された結果図4に示すY2(%)だったとする。 In this case, the bandwidth utilization was Y2 (%) shown in the results Figure 4 measured in step S3 shown in FIG. 次に、ステップS4及びステップS5の処理に代わって、図1に示す相関関係記憶部37に記憶された図4に示す相関図が参照される。 Then, instead of the processing of step S4 and step S5, the correlation diagram shown in Figure 4, which is stored in the correlation storage section 37 shown in FIG. 1 is referred to. その結果、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の現在の状態は、図4に示す点P2に相当することが分かる。 As a result, the current state of the LonWorks (R) network 10 shown in Figure 1, it can be seen that correspond to the point P2 shown in FIG. 点P2に対応するハートビートCP値がX2であることが導かれる。 Heartbeat CP value corresponding to the point P2 is guided to be X2. 図2に示すステップS6では、変更すべきハートビートCP値は、 In step S6 shown in FIG. 2, the heartbeat CP value to be changed,
X1−X2=(変更すべきハートビートCP値) ・・・(式2) X1-X2 = (heartbeat CP value to be changed) (Equation 2)
の式により決定される。 It is determined by the formula. 図2に示すステップS7では、図1に示すネットワークノード30のハートビートCP値が式2における変更すべきハートビートCP値だけ変更される。 At step S7 shown in FIG. 2, the heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1 is changed by the heartbeat CP value to be changed in Formula 2. その結果、ハートビートCP値は、図4に示すX1(秒)となり、相関図上でX1(秒)に相当する点P1に到達し、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率は図4に示す目標値Y1(%)となる。 As a result, the heartbeat CP value, X1 (in seconds) and shown in FIG. 4, reaches the point P1 corresponding to X1 (s) in the correlation diagram, the bandwidth of the LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 utilization is the target value Y1 (%) shown in FIG. あるいは、図2に示すステップS7において、図1に示すネットワークノード30のハートビートCP値が変更される代わりに、式2における変更すべきハートビートCP値が図1に示す後述の判断結果出力部36により推奨値として出力されるようにしてもよい。 Alternatively, in step S7 shown in FIG. 2, instead of the heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1 is modified, the judgment result output unit described later heartbeat CP value to be changed in the equation 2 is shown in FIG. 1 it may be output as the recommended value by 36. これにより、図2に示すステップS2からステップS7のルーチンの回数を減らすことができる。 Thus, it is possible to reduce the number of routine of step S7 from step S2 shown in FIG.
(B)図1に示すネットワークノード30は、相関関係記憶部37と変化パターン記憶部40とをさらに備えていてもよい。 (B) the network node 30 shown in FIG. 1 may be further provided with a correlated storage unit 37 and the change pattern storage unit 40. この場合、図2に示すステップS2からステップS7のルーチンを繰り返す結果、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率とネットワークノード30のハートビートCP値との図4に示す相関図が得られる。 In this case, the result of repeating the routine of step S7 from step S2 shown in FIG. 2, the correlation shown in FIG. 4 the heartbeat CP value of bandwidth utilization and network node 30 of LonWorks (R) network 10 shown in FIG. 1 Figure is obtained. また、図2に示すステップS2からステップS7のルーチンを1日だけ繰り返す結果、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率における図5に示す1日の変化パターンが得られる。 As a result of repeated by daily routine in step S7 from step S2 shown in FIG. 2, the change pattern of the day as shown in FIG. 5 in bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 is obtained. 図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の図4に示す目標値Y1(%)が明確になる程度に図4に示す相関図が得られ、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を推定できる程度に図5に示す1日の変化パターンが得られた場合を考える。 Correlation diagram shown in Figure 4 to the extent that LonWorks (R) target value Y1 shown in FIG. 4 of the bandwidth utilization of the network 10 (%) is clarified shown in FIG. 1 is obtained, LonWorks (registration shown in FIG. 1 R) consider the case where the change pattern of the day as shown in FIG. 5 enough to estimate the bandwidth utilization of the network 10 is obtained. この場合、図1に示すネットワークシステム1がLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を調整する処理の流れは、図6に示すような処理になる。 In this case, the network system 1 shown in FIG. 1 is LonWorks (R) flow of processing for adjusting the bandwidth utilization of the network 10 will process shown in FIG. 図6において、図2に示すフローチャートと同様の処理は同じ番号で示してある。 6, the same processing as the flowchart shown in FIG. 2 are indicated by the same numbers.
【0054】 [0054]
図6に示すステップS8では、図1に示す送信間隔判断部34により現在の時刻が測定される。 In step S8 shown in FIG. 6, the current time is measured by the transmission interval determination section 34 shown in FIG. 図6に示すステップS9では、図1に示す送信間隔判断部34により変化パターン記憶部40がアクセスされ、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率における図5に示す1日の変化パターンが参照される。 In step S9 shown in FIG. 6, it is accessed change pattern storage unit 40 by the transmission interval determination section 34 shown in FIG. 1, the change pattern of the day as shown in FIG. 5 in bandwidth utilization LonWorks (R) network 10 It is referenced. 図6に示すステップS10では、図1に示す送信間隔判断部34により現在の時刻からLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が推定される。 In step S10 shown in FIG. 6, the bandwidth utilization of LonWorks (R) network 10 to the current time by the transmission interval determination section 34 shown in FIG. 1 is estimated. 例えば、図5に示すように、現在時刻が5:00であれば点P7の状態なので帯域幅使用率はY2(%)と推定され、現在時刻が12:00であれば点P6の状態なので帯域幅使用率はY5(%)と推定される。 For example, as shown in FIG. 5, the estimated current time bandwidth usage and the state of the point P7 if 5:00 Y2 and (%), the current time is a state of the point P6 as long 12:00 bandwidth utilization is estimated to Y5 (%). 図6に示すステップS12では、図1に示す送信間隔判断部34により相関関係記憶部37がアクセスされ、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率とネットワークノード30のハートビートCP値との図4に示す相関図が参照される。 In step S12 shown in FIG. 6, is accessed correlation storage section 37 by the transmission interval determination section 34 shown in FIG. 1, LonWorks and (R) heartbeat CP value of bandwidth utilization and network nodes 30 of the network 10 correlation diagram shown in Figure 4 is referred to. 図6に示すステップS13では、図1に示すネットワークノード30のハートビートCP値の変更すべき量が決定される。 In step S13 shown in FIG. 6, the amount should be changed heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1 is determined. 例えば、図4に示すように、帯域幅使用率がY2(%)と推定された場合は点P2の状態なので変更すべきハートビートCP値は、上述の式2により決定される。 For example, as shown in FIG. 4, the heartbeat CP value to be changed because the state at the point P2 if the bandwidth utilization is estimated to Y2 (%) is determined by equation 2 above. 帯域幅使用率がY5(%)と推定された場合は点P5の状態なので変更すべきハートビートCP値は、 Heartbeat CP value to be changed because if bandwidth usage was estimated to Y5 (%) of the state at the point P5 is
X1−X5=(変更すべきハートビートCP値) ・・・(式4) X1-X5 = (heartbeat CP value to be changed) (Equation 4)
の式により決定される。 It is determined by the formula.
【0055】 [0055]
したがって、ネットワークの通信状態における1日の変化のパターンに応じてハートビートCP値を変更することができるので、LonWorks(登録商標)ネットワーク10における帯域幅使用率を測定することなく、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の通信容量を有効活用することができる。 Therefore, it is possible to change the heartbeat CP value according to the pattern of change in one day in the communication state of the network, without measuring the bandwidth usage in LonWorks (R) network 10, LonWorks (R ) can be effectively used communication capacity of the network 10. すなわち、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の立ち上げ時のみネットワークノード30に通信状態検出部32を備えておき、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の運用が始まったらネットワークノード30から通信状態検出部32を外しておくような使い方ができる。 That, LonWorks (R) advance with the launch only when the communication state detection unit 32 to the network node 30 of the network 10, the LonWorks (R) communication state detection unit 32 from the network node 30 When the starting operation of the network 10 You can use, such as keep it out.
【0056】 [0056]
なお、変化パターンを取得する期間である「1日」は、あらかじめ設定されていてもよいし、ユーザが入力して設定してもよいし、ネットワークの通信状態における変化の様子に応じて自動的に設定されてもよい。 Incidentally, a period for obtaining a change pattern "1 day" may be set in advance, may be set by entering a user, automatically in response to state changes in the communication conditions of the network it may be set to. また、変化パターン記憶部40に記憶されるのは、1日の変化パターンとしたが、1週間の変化パターンでもいいし、1ヶ月の変化パターンでもいいし、1年間の変化パターンでもいいし、どのような期間の変化パターンであってもよい。 Also, what is stored in the change pattern storage unit 40 has been a change in the pattern of the day, You can either in the week of change pattern, You can either a change pattern of one month, to good in a year of change pattern, a change pattern of any period may be. その場合、図6に示すステップS8において現在時刻だけでなく、曜日や月日なども測定されることになる。 In that case, not only the current time in step S8 shown in FIG. 6, so that the day of the week and date are also measured.
(C)図1に示すネットワークノード30の通信状態検出部32は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の代わりに、LonWorks(登録商標)ネットワーク10のコリジョン発生率を検出してもよい。 (C) the communication status detection unit 32 of the network node 30 shown in Figure 1, instead of the bandwidth utilization of the LonWorks (R) network 10, also detect the collision incidence of LonWorks (R) network 10 good. この場合、図1に示すニューロンチップ38の代わりに、汎用のCPUデバイスにLonTalk(登録商標)プロトコル処理プログラムを組み込んだネットワークインターフェース38aを用いることができる。 In this case, it is possible to use instead, network interface 38a incorporating LonTalk (TM) protocol processing program to a general-purpose CPU device neuron chip 38 shown in FIG. ニューロンチップは正常に受信できたパケットについてのみアプリケーションにデータを渡すため、通信制御装置30にニューロンチップを用いると、コリジョンのように正常に受信できないパケットを検出することが困難になるからである。 To pass data to the application only neurons chips were successfully received packets, the use of neuron chip to the communication control apparatus 30, since to be detected normally not be received packets as collision becomes difficult. LonWorks(登録商標)ネットワーク10のコリジョン発生率を見ながらネットワークノード30のハートビートCP値を変更することにより、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の通信容量を有効活用することができる。 By changing the heartbeat CP value of the network node 30 while looking at the collision incidence of LonWorks (R) network 10, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the LonWorks (R) network 10.
【0057】 [0057]
図1に示すネットワークノード30は、相関関係記憶部37をさらに備えていてもよい。 Network node 30 shown in FIG. 1 may be further provided with a correlation storage section 37. この場合、図2に示すステップS2からステップS7のルーチンを繰り返す結果、図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10のコリジョン発生率とネットワークノード30のハートビートCP値との図7に示す相関図が得られる。 In this case, the result of repeating the routine of step S7 from step S2 shown in FIG. 2, the correlation diagram shown in Figure 7 of the LonWorks (R) collision incidence of network 10 and the heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1 It is obtained. 図2に示すステップS3でコリジョン発生率が測定された結果図7に示すY4(回/秒)だったとする。 And was Y4 (times / second) as shown in Results Figure 7 a collision incidence measured in step S3 shown in FIG. 次に、図2に示すステップS4及びステップS5の処理に代わって、図1に示す相関関係記憶部37に記憶された図7に示す相関図が参照される。 Then, instead of the processing of step S4 and step S5 shown in FIG. 2, the correlation diagram shown in Figure 7, which is stored in the correlation storage section 37 shown in FIG. 1 is referred to. その結果、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の現在の状態は、点P4に相当することが分かる。 As a result, the current state of the LonWorks (R) network 10 is found to correspond to a point P4. 点P4に対応するハートビートCP値がX4(秒)であることが導かれる。 Heartbeat CP value corresponding to the point P4 is guided to be a X4 (in seconds). 図2に示すステップS6では、変更すべきハートビートCP値は、 In step S6 shown in FIG. 2, the heartbeat CP value to be changed,
X3−X4=(変更すべきハートビートCP値) ・・・(式5) X3-X4 = (heartbeat CP value to be changed) (Equation 5)
の式により決定される。 It is determined by the formula. 図2に示すステップS7で図1に示すネットワークノード30のハートビートCP値が式5における変更すべきハートビートCP値だけ変更される。 Heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1 in step S7 shown in FIG. 2 is changed by the heartbeat CP value to be changed in Formula 5. その結果、ハートビートCP値は、図7に示すX3(秒)となり、図7に示す相関図上でX3(秒)に相当する点P3に到達し、LonWorks(登録商標)ネットワーク10のコリジョン発生率は目標値Y3(回/秒)となる。 As a result, the heartbeat CP value, X3 (in seconds) and shown in FIG. 7, reaches a point P3 corresponding to X3 (s) in the correlation diagram shown in Figure 7, LonWorks (R) a collision occurrence of the network 10 the rate is the target value Y3 (times / second). あるいは、図2に示すステップS7において、図1に示すネットワークノード30のハートビートCP値が変更される代わりに、式5における変更すべきハートビートCP値が図1に示す後述の判断結果出力部36により推奨値として出力されるようにしてもよい。 Alternatively, in step S7 shown in FIG. 2, instead of the heartbeat CP value of the network node 30 shown in FIG. 1 is modified, the judgment result output unit described later heartbeat CP value to be changed in the equation 5 is shown in FIG. 1 it may be output as the recommended value by 36. これにより、図2に示すステップS2〜ステップS7のルーチンの回数を減らすことができる。 Thus, it is possible to reduce the number of routine steps S2~ step S7 shown in FIG.
(D)図1に示すネットワークノード30の通信状態検出部32は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率の代わりに、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の不良データ発生率・ディスカード発生率・平均遅延時間などを検出してもよい。 (D) the communication status detection unit 32 of the network node 30 shown in Figure 1, LonWorks instead of the bandwidth usage (registered trademark) network 10, LonWorks (R) bad data generation rate of the network 10 - discard occurs such as rate, average delay time may be detected. この場合、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の不良データ発生率・ディスカード発生率・平均遅延時間などを見ながらネットワークノード30のハートビートCP値を変更することにより、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の通信容量を有効活用することができる。 In this case, LonWorks by (R) to change the heartbeat CP value of the network node 30 while looking at such bad data generation rate, discard incidence, the average delay time of the network 10, LonWorks (R) network 10 it is possible to effectively utilize the communication capacity. LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率等は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10全体の帯域幅使用率等であってもよいし、ネットワークノード30が接続されたLonWorks(登録商標)ネットワーク10においてネットワークノード30が送受信するデータの帯域幅使用率等すなわち図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10aの帯域幅使用率等であってもよい。 LonWorks bandwidth utilization, etc. (registered trademark) network 10 may be a LonWorks (R) bandwidth utilization of the entire network 10 or the like, LonWorks network node 30 is connected (registered trademark) network 10 network node 30 may be a LonWorks (R) bandwidth utilization of the network 10a or the like shown in bandwidth utilization, etc. that is, FIG. 1 of the data to be received in.
(E)図1に示すネットワークノード30の目標値入力部35は、あらかじめ設定された目標値を受け付けてもよいし、キーボードなどの入力装置から目標値を受け付けてもよいし、ネットワークノード30とは別の場所に設定された目標値をLonWorks(登録商標)ネットワーク10経由で取得してもよい。 (E) a target value input unit 35 of the network node 30 shown in FIG. 1 may be accepted a preset target value, it may be accepted target value from an input device such as a keyboard, a network node 30 You may obtain the set target value to another location via LonWorks (R) network 10.
【0058】 [0058]
また、ネットワークノード30の目標値入力部35は、ハートビートCP値の変更可能範囲又は変更の可否を受け付けてもよい。 The target value input unit 35 of the network nodes 30 may receive the possibility of changing range or change the heartbeat CP value. この場合、目標値入力部35に変更可能範囲外の目標値が入力されるとエラーとなり、目標値が受け付けられない。 In this case, the target value of the changeable range in the target value input unit 35 is input, an error occurs, no target value is accepted. 目標値入力部35に変更可能範囲内の目標値が入力されると、目標値が受け付けられる。 When the target value within the changeable range in the target value input unit 35 is input, the target value is accepted. 目標値入力部35に変更不可の目標値が入力されるとエラーとなり、目標値が受け付けられない。 When the target value can not be changed to the target value input unit 35 is input, an error occurs, no target value is accepted. 目標値入力部35に変更可能の目標値が入力されると、目標値が受け付けられる。 When the target value of the possible changes to the target value input unit 35 is input, the target value is accepted. したがって、目標値についてユーザの使用条件などに応じてカスタマイズすることができる。 Therefore, it can be customized depending on a user's use conditions for the target value.
(F)図1に示すネットワークノード30は、判断結果出力部36をさらに備えていてもよい。 (F) network node 30 shown in FIG. 1 may be further provided with a determination result output unit 36. この場合、ネットワークノード30の判断結果出力部36は、LonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率が目標値に近づいたか否かの判断をネットワークノード30の通信状態判断部33から取得し、ネットワークノード30の通信状態判断部33が判断した結果を出力する。 In this case, the judgment result output unit 36 ​​of the network node 30 acquires the LonWorks (R) determines whether the bandwidth utilization of the network 10 has approached the target value from the communication state determining unit 33 of the network node 30, and it outputs the result of the communication state determining unit 33 of the network node 30 determines. したがって、ネットワークノード30ハートビートCP値が最適に設定されたか否かを容易に確認することができる。 Therefore, whether the network node 30 heartbeats CP value is optimally set it can be easily confirmed.
【0059】 [0059]
また、前述のように、図2に示すステップS8で、図1に示すネットワークノード30ハートビートCP値が変更される代わりに、ネットワークノード30のハートビートCP値の変更すべき量が判断結果出力部36により推奨値として出力されるようにしてもよい。 Further, as described above, in step S8 shown in FIG. 2, instead of the network node 30 heartbeats CP values ​​shown in FIG. 1 is modified, changed to be an amount judgment result output heartbeat CP value of the network nodes 30 it may be output as the recommended value by part 36. この場合は、変更すべき量が妥当か否かを確認してから、ネットワークノード30のハートビートCP値を変更することができる。 In this case, it is possible to after confirming whether reasonable amount to be changed, it changes the heartbeat CP value of the network node 30.
【0060】 [0060]
あるいは、図1に示すネットワークノード30の目標値入力部35に複数の目標値が入力され、ネットワークノード30のハートビートCP値の変更すべき量が判断結果出力部36により目標値ごとに推奨値として出力されるようにしてもよい。 Alternatively, a plurality of target values ​​in the target value input unit 35 of the network node 30 shown in FIG. 1 is input, the recommended value for each desired value by the heartbeat result of the change amount to be is determined CP value output unit 36 ​​of the network nodes 30 it may be output as. この場合、状況に応じて、目標値を選択することができる。 In this case, it is possible according to circumstances, to select a target value.
なお、ネットワークノード30の判断結果出力部36が出力する方法は、表示画面に映し出される方法などでもよいし、印字装置により印字される方法などでもよい。 The method for determination result output unit 36 ​​of the network node 30 is output may be a a method to be displayed on the display screen, may be a method to be printed by the printing apparatus.
(G)図1に示すネットワークノード30の送信部39は、図3に示すようにハートビート送信とデータ駆動型の送信とを行ってもよいし、ハートビート送信のみを行ってもよい。 Transmission unit 39 of the network node 30 shown in (G) Figure 1 may perform the transmission of the heartbeat transmitting and data-driven, as shown in FIG. 3 may be performed only heartbeat transmission.
(H)図1に示すLonWorks(登録商標)ネットワーク10は、他の分散制御ネットワークでもよい。 (H) LonWorks shown in FIG. 1 (registered trademark) network 10 may be other distributed control network. LonWorks(登録商標)ノード20やネットワークノード30は複数存在してもよい。 LonWorks (R) node 20 and network node 30 there may be a plurality.
【0061】 [0061]
[第2実施形態] Second Embodiment
本発明の第2実施形態にかかるネットワークシステム100を図8に示す。 The network system 100 according to the second embodiment of the present invention shown in FIG. 図8において、図1のネットワークシステム1の構成要素と同様の構成要素は同じ番号で示してある。 8, components similar to components of the network system 1 of Figure 1 are indicated by the same numbers.
このネットワークシステム100は、基本的な構造は第1実施形態と同様であり、機器120とネットワークノード130とがイーサネット(登録商標)110により接続されている点も第1実施形態と同様であるが、イーサネット(登録商標)110が集中制御ネットワークである点で異なる。 The network system 100, the basic structure is the same as the first embodiment, although the device 120 and the network node 130 is the same as also the first embodiment that are connected by the Ethernet (registered trademark) 110 differs in Ethernet (registered trademark) 110 is a centralized control network. すなわち、図8に示すように、イーサネット(登録商標)110に管理制御装置50がさらに接続され、ネットワークノード130の送信部39からの周期送信の送信間隔が管理制御装置50の送信間隔記憶部51に記憶されている点で第1実施形態と異なっている。 That is, as shown in FIG. 8, an Ethernet (registered trademark) is 110 in the management controller 50 is further connected, transmission interval storage unit 51 of the transmission interval management controller 50 of the periodic transmission from the transmitting unit 39 of the network node 130 It is different from the first embodiment in that it is stored in. また、管理制御装置50と機器120とネットワークノード130とは、ニューロンチップ38,22の代わりに、イーサネット(登録商標)プロトコルに対応したネットワークインターフェース52,131,121を備えている点で第1実施形態と異なっている。 Further, a management controller 50 and the device 120 and the network node 130, instead of the neuron chip 38,22, Ethernet first embodiment in that it includes a network interface 52,131,121 corresponding to (R) protocol It is different from the form.
【0062】 [0062]
ネットワークノード130の通信状態検出部32がイーサネット(登録商標)110の帯域幅使用率を見ながら、ネットワークノード130の送信間隔変更部31がネットワークノード130の送信部39からの周期送信の送信間隔を変更する点も第1実施形態と同様である。 While the communication status detection unit 32 of the network node 130 viewed bandwidth utilization Ethernet 110, the transmission interval of period the transmission of the transmission interval changing unit 31 of the network node 130 from the transmitting unit 39 of the network node 130 also that the change is the same as in the first embodiment. したがって、このようなネットワークシステム100によっても、イーサネット(登録商標)110の通信容量が有効活用される。 Therefore, even by such a network system 100, the communication capacity of the Ethernet (registered trademark) 110 is effectively used.
【0063】 [0063]
<第2実施形態の変形例> <Modification of Second Embodiment>
(A)イーサネット(登録商標)110は、トークンリング・トークンバス・FDDI(Fiber Distributed Data Interface)・TDMA(Time Division Multiple Access)・ATM(Asynchronous Transfer Mode)など他の方式の集中制御ネットワークであってもよい。 (A) Ethernet 110 is a Token Ring Token Bus · FDDI (Fiber Distributed Data Interface) · TDMA (Time Division Multiple Access) · ATM (Asynchronous Transfer Mode) centralized control network of another type such as it may be.
(B)図8に示す管理制御装置50が送信間隔記憶部51を備えずに、ネットワークノード130が送信間隔記憶部群41を備えてもよい。 (B) management controller 50 shown in FIG. 8 is not provided with a transmission interval storage unit 51, the network node 130 may comprise a transmission interval storage portion group 41. 機器120やネットワークノード130は複数存在してもよい。 Device 120 and network node 130 there may be a plurality.
【0064】 [0064]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
請求項1に係るネットワークノードでは、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network node according to claim 1, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
請求項2に係るネットワークノードでは、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network node according to claim 2, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
【0065】 [0065]
請求項3に係るネットワークノードでは、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を学習することができるので、周期送信の間隔を最適に設定することができる。 The network node according to claim 3, it is possible to learn the correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network interval period transmission, it is possible to optimally set the interval between periodic transmission.
請求項4に係るネットワークノードでは、ネットワークの許容される通信状態を容易に設定することができる。 Network node according to claim 4, the acceptable communication state of the network can be easily set.
【0066】 [0066]
請求項5に係るネットワークノードでは、ネットワークの通信容量が有効活用されているか否かを容易に確認することができる。 The network node according to claim 5, it is possible communication capacity of the network to easily confirm whether or not effectively used.
請求項6に係るネットワークノードでは、ネットワークの通信状態が目標値に近づいたか否かを容易に判断することができる。 The network node according to claim 6, it is possible to communicate the status of the network to easily judge whether or not close to the target value.
請求項7に係るネットワークノードでは、ネットワークの通信状態における一定期間の変化のパターンに応じて周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信状態を検出しなくても、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network node according to claim 7, it is possible to change the interval of the periodic transmission in accordance with the pattern of change in a certain period in the communication state of the network, without having to detect the communication state of the network, the communication capacity of the network it can be effectively used.
【0067】 [0067]
請求項8に係るネットワークノードでは、ネットワークの帯域幅使用率又はコリジョン発生率を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network node according to claim 8, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the bandwidth utilization or collision occurrence of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
請求項9に係るネットワークノードでは、分散制御ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、分散制御ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network node according to claim 9, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the distributed control network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of a distributed control network.
【0068】 [0068]
請求項10に係るネットワークノードでは、集中制御ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、集中制御ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network node according to claim 10, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication status of the centralized control network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the centralized control network.
請求項11に係るネットワークシステムでは、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network system according to claim 11, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
【0069】 [0069]
請求項12に係るネットワークシステムでは、ネットワークの通信状態を見ながら周期送信の間隔を変更することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The network system according to claim 12, it is possible to change the interval of the periodic transmission while viewing the communication state of the network, it is possible to effectively utilize the communication capacity of the network.
請求項13に係る通信状態調整方法では、周期送信の間隔の変更量とネットワークの通信状態の変化量との相関関係を学習することにより、周期送信の間隔を最適に設定することができるので、ネットワークの通信容量を有効活用することができる。 The communication state adjustment method according to claim 13, by learning the correlation between the change amount and the change amount of the communication state of the network interval period transmission, it is possible to optimally set the interval of the periodic transmission, the communication capacity of the network can be effectively used.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の第1実施形態によるネットワークシステムシステム1の構成図。 Figure 1 is a configuration diagram of a network system system 1 according to the first embodiment of the present invention.
【図2】ネットワークシステム1がLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を調整する処理の流れを示すフローチャート。 Figure 2 is a flowchart network system 1 showing the flow of processing for adjusting the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10.
【図3】ネットワークシステム1において情報が送受信される動作を示す概念図。 Figure 3 is a conceptual diagram illustrating the operation of the information in the network system 1 is received.
【図4】ネットワークシステム1におけるLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率とネットワークノード30のハートビートCP値との相関図。 [4] correlation diagram between heartbeats CP value of LonWorks (R) bandwidth utilization and network nodes 30 of the network 10 in the network system 1.
【図5】ネットワークシステム1におけるLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率における1日の変化パターンを示す図。 5 is a diagram showing a change pattern of one day in the percentage of bandwidth LonWorks (R) network 10 in the network system 1.
【図6】ネットワークシステム1がLonWorks(登録商標)ネットワーク10の帯域幅使用率を調整する処理の流れを示すフローチャート。 FIG. 6 is a flowchart network system 1 showing the flow of processing for adjusting the bandwidth utilization LonWorks (R) network 10.
【図7】ネットワークシステム1におけるLonWorks(登録商標)ネットワーク10のコリジョン発生率とネットワークノード30のハートビートCP値との相関図。 [7] Correlation diagram between LonWorks (R) collision incidence of network 10 and the heartbeat CP value of the network nodes 30 in the network system 1.
【図8】本発明の第2実施形態によるネットワークシステム100の構成図。 Figure 8 is a configuration diagram of a network system 100 according to a second embodiment of the present invention.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1,100 ネットワークシステム10 LonWorks(登録商標)ネットワーク20 LonWorks(登録商標)ノード30,130 ネットワークノード50 管理制御装置110 イーサネット(登録商標) 1,100 network system 10 LonWorks (R) network 20 LonWorks (R) node 30, 130 network node 50 management control device 110 Ethernet (registered trademark)
120 機器 120 equipment

Claims (13)

  1. 周期的に行う送信である周期送信の間隔を変更する送信間隔変更部(31)と、 Transmission interval changing unit for changing the spacing of the periodic transmission is a transmission which periodically performed (31),
    前記送信間隔変更部(31)が変更した前記周期送信の間隔で前記周期送信をネットワーク(10,110)経由で送信する送信部(39)と、 Transmitter configured to transmit the periodic transmission over the network (10, 110) at the transmission interval of the periodic transmission interval changing unit (31) was changed to (39),
    前記送信部(39)が前記周期送信を送信した後の前記ネットワーク(10,110)の通信状態を検出する通信状態検出部(32)と、 The transmission unit (39) is a communication state detection unit that detects a communication state of said network (10, 110) after sending the periodic transmission (32),
    前記通信状態検出部(32)が検出した結果に基づき、前記ネットワーク(10,110)の前記通信状態を判断する通信状態判断部(33)と、 Wherein based on the communication state detection unit (32) result detects the network (10, 110) the communication state determining unit that determines a communication state (33),
    を備えたネットワークノード(30,130)。 Network nodes with (30, 130).
  2. 前記通信状態判断部(33)が判断した結果に基づき、前記周期送信の間隔を変更すべきか否かの判断を行う送信間隔判断部(34)をさらに備えた、 Based on the results the communication state determining unit (33) is determined, further comprising a transmission interval determination section that performs determination of whether or not to change the interval of the periodic transmission (34),
    請求項1に記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to claim 1 (30, 130).
  3. 前記送信間隔変更部(31)が変更した結果と前記通信状態検出部(32)が検出した結果とに基づき、前記周期送信の間隔の変更量と前記ネットワーク(10,110)の前記通信状態の変化量との相関関係を記憶する相関関係記憶部(37)をさらに備え、 Based on the results the transmission interval changing unit (31) the communication status detection unit and a result of changing (32) detects, of the communication state of said the change amount of the periodic transmission interval network (10, 110) further comprising correlation storing unit for storing a correlation between the amount of change (37),
    前記送信間隔判断部(34)は、前記通信状態検出部(32)が検出した結果に基づき、前記相関関係記憶部(37)を参照することにより、前記周期送信の間隔の変更すべき量を決定する、 The transmission interval determination section (34), based on a result of the communication state detection unit (32) detects, by referring to the correlation storage section (37), the amount to be changed in the period transmission interval decide,
    請求項2に記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to claim 2 (30, 130).
  4. 前記目標値を入力する目標値入力部(35)をさらに備えた、 Wherein further comprising a target value input unit for inputting a target value (35),
    請求項1から3のいずれかに記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to any of claims 1 to 3, (30, 130).
  5. 前記通信状態判断部(33)が判断した結果を出力する判断結果出力部(36)をさらに備えた、 The communication state determining unit (33) is further provided with a determination result output unit for outputting the result of the determination (36),
    請求項1から4のいずれかに記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to any one of claims 1 to 4 (30, 130).
  6. 前記通信状態判断部(33)は、前記ネットワーク(10,110)の前記通信状態が前記目標値に対して一定の範囲内になった場合は、前記ネットワーク(10,110)の前記通信状態が前記目標値に近づいたと判断する、 The communication state determining unit (33), when said communication state of the network (10, 110) has become within a predetermined range with respect to the target value, wherein the communication state of the network (10, 110) is it is determined that close to the target value,
    請求項4又は5のいずれかに記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to claim 4 or 5 (30, 130).
  7. 前記通信状態検出部(32)が検出した結果に基づき、前記ネットワーク(10,110)の前記通信状態における一定期間の変化のパターンを記憶する変化パターン記憶部(40)をさらに備える、 Wherein based on the communication state detection unit (32) result detects, further comprising a change pattern storage unit that stores a pattern of change in a certain period in the communication state of said network (10, 110) (40),
    請求項1から6のいずれかに記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to any one of claims 1 to 6 (30, 130).
  8. 前記通信状態は、帯域幅使用率又はコリジョン発生率である、 Wherein the communication state is the bandwidth utilization or collision occurrence rate,
    請求項1から7のいずれかに記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to any one of claims 1 to 7 (30, 130).
  9. 前記ネットワーク(10,110)は、分散制御ネットワーク(10)である、 Said network (10, 110) is a distributed control network (10),
    請求項1から8のいずれかに記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to any one of claims 1 to 8 (30, 130).
  10. 前記ネットワーク(10,110)は、集中制御ネットワーク(110)である、 It said network (10, 110) is a centralized control network (110),
    請求項1から8のいずれかに記載のネットワークノード(30,130)。 Network node according to any one of claims 1 to 8 (30, 130).
  11. 前記周期送信の間隔が設定されている請求項1から9に記載のネットワークノード(30)と、 A network node (30) according to claim 1 to 9, the interval of the periodic transmission is set,
    前記ネットワークノード(30)に接続されているネットワーク(10)と、を備えたネットワークシステム(1)。 Network system comprising a network (10) connected to said network node (30) (1).
  12. 請求項1から8のいずれか又は請求項10に記載のネットワークノード(130)と、 A network node (130) according to any one or claims 10 to claims 1 to 8,
    前記ネットワークノード(130)を管理制御する管理制御装置(50)と、 Management control device for managing and controlling the network node (130) and (50),
    前記ネットワークノード(130)と前記管理制御装置(50)とを接続するネットワーク(110)と、 A network (110) for connecting the network node (130) and said management controller (50),
    を備えたネットワークシステム(100)。 Network system with a (100).
  13. 周期的に行う送信である周期送信の間隔が変更される送信間隔変更ステップと、 A transmission interval changing step of spacing of the periodic transmission is changed is transmitted periodically performed,
    前記送信間隔変更ステップにおいて変更された前記周期送信の間隔で前記周期送信がネットワーク(10,110)経由で送信される送信ステップと、 A transmission step of the periodic transmission change intervals of the periodic transmission in the transmission interval changing step are sent over a network (10, 110),
    前記送信ステップにおいて前記周期送信が送信された後の前記ネットワーク(10,110)の通信状態が検出される通信状態検出ステップと、 A communication state detection step in which the communication condition is detected in the network (10, 110) after the period transmitted has been transmitted in said transmitting step,
    前記送信間隔変更ステップにおいて変更された結果と前記通信状態検出ステップにおいて検出された結果とに基づき、前記周期送信の間隔の変更量と前記ネットワーク(10,110)の前記通信状態の変化量との相関関係が記憶される相関関係記憶ステップと、 Based on the result detected in said communication state detecting step and the results were changed in the transmission interval changing step, and the change in the communication status of the the change amount of the periodic transmission interval network (10, 110) a correlation storage step of correlation is stored,
    前記通信状態検出ステップにおいて検出された結果に基づき、前記相関関係記憶ステップにおいて記憶された前記相関関係により、前記周期送信の間隔の変更すべき量が決定される決定ステップと、 Based on the result detected in said communication state detecting step, by the correlation stored in said correlation storage step, a determination step of an amount to be changed in the period transmission interval is determined,
    を備えた通信状態調整方法。 Communication state adjustment method comprising the.
JP2003162626A 2003-06-06 2003-06-06 Network node, network system, and communication state adjustment method Pending JP2004364169A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003162626A JP2004364169A (en) 2003-06-06 2003-06-06 Network node, network system, and communication state adjustment method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003162626A JP2004364169A (en) 2003-06-06 2003-06-06 Network node, network system, and communication state adjustment method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004364169A true true JP2004364169A (en) 2004-12-24

Family

ID=34054717

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003162626A Pending JP2004364169A (en) 2003-06-06 2003-06-06 Network node, network system, and communication state adjustment method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004364169A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008211382A (en) * 2007-02-23 2008-09-11 Fujitsu Ltd Reception control method and reception control system
US8214823B2 (en) 2007-03-30 2012-07-03 Fujitsu Limited Cluster system, process for updating software, service provision node, and computer-readable medium storing service provision program
JP2013070329A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Hitachi Ltd Transfer device and network system
US8811209B2 (en) 2011-01-26 2014-08-19 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Communication device, computer readable recording medium, communication method and communication system
WO2015029238A1 (en) * 2013-08-30 2015-03-05 ニューロネット株式会社 Communication quality measurement control apparatus, communication apparatus, and program

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008211382A (en) * 2007-02-23 2008-09-11 Fujitsu Ltd Reception control method and reception control system
JP4499123B2 (en) * 2007-02-23 2010-07-07 富士通株式会社 Admission control method and admission control system
US8214823B2 (en) 2007-03-30 2012-07-03 Fujitsu Limited Cluster system, process for updating software, service provision node, and computer-readable medium storing service provision program
US8811209B2 (en) 2011-01-26 2014-08-19 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Communication device, computer readable recording medium, communication method and communication system
JP2013070329A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Hitachi Ltd Transfer device and network system
WO2015029238A1 (en) * 2013-08-30 2015-03-05 ニューロネット株式会社 Communication quality measurement control apparatus, communication apparatus, and program
JP6002953B2 (en) * 2013-08-30 2016-10-05 ニューロネット株式会社 Communication quality measurement control device, a communication device, and program
US9930565B2 (en) 2013-08-30 2018-03-27 Neuronet Inc. Controlling apparatus for communication-quality measuring, communication apparatus, and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Xiong et al. Comparative analysis of quality of service and memory usage for adaptive failure detectors in healthcare systems
Zats et al. DeTail: reducing the flow completion time tail in datacenter networks
US5446733A (en) Congestion processing mode and congestion processing circuit in frame relay exchange apparatus
US6026075A (en) Flow control mechanism
US20030152034A1 (en) Peer-to-peer method of quality of service (Qos) probing and analysis and infrastructure employing same
US7184945B1 (en) Service distribution device
US20050232227A1 (en) Method and apparatus for characterizing an end-to-end path of a packet-based network
Wang et al. Achieving bounded fairness for multicast and TCP traffic in the Internet
Cai et al. Performance analysis of TCP-friendly AIMD algorithms for multimedia applications
US6031821A (en) Apparatus and method for generating a pause frame in a buffered distributor based on lengths of data packets distributed according to a round robin repeater arbitration
Zhang et al. JetMax: scalable max–min congestion control for high-speed heterogeneous networks
Aweya et al. A control theoretic approach to active queue management
US6445681B1 (en) Method for measuring delay parameters in a network
US20080198746A1 (en) Switch fabric end-to-end congestion avoidance mechanism
US20030048754A1 (en) Latency evaluation in a ring network
US20090113069A1 (en) Apparatus and method for providing a congestion measurement in a network
US7319696B2 (en) Communication apparatus and relay apparatus for performing packet priority control
US20020044557A1 (en) Controlling method of priority class setup of communication packet and system of the same
US20070097865A1 (en) Method for measuring end-to-end delay in asynchronous packet transfer network, and asynchronous packet transmitter and receiver
US20100302949A1 (en) Frame loss measurement method, system, and apparatus
US7324507B1 (en) Ethernet automatic fiber/copper media selection logic
US20090225773A1 (en) Methods and systems for controlling network communication parameters
US20130016620A1 (en) Network Transmission Capacity Measurement
US20120144018A1 (en) Dynamic Rate Heartbeating for Inter-Node Status Updating
Yang et al. Predicting internet end-to-end delay: an overview