JP2004295262A - Execution method for script, and server client system - Google Patents

Execution method for script, and server client system Download PDF

Info

Publication number
JP2004295262A
JP2004295262A JP2003083910A JP2003083910A JP2004295262A JP 2004295262 A JP2004295262 A JP 2004295262A JP 2003083910 A JP2003083910 A JP 2003083910A JP 2003083910 A JP2003083910 A JP 2003083910A JP 2004295262 A JP2004295262 A JP 2004295262A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
server
script
client terminal
processing
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003083910A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hirohisa Mori
洋久 森
Original Assignee
Toudai Tlo Ltd
株式会社東京大学Tlo
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toudai Tlo Ltd, 株式会社東京大学Tlo filed Critical Toudai Tlo Ltd
Priority to JP2003083910A priority Critical patent/JP2004295262A/en
Publication of JP2004295262A publication Critical patent/JP2004295262A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/10Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications in which an application is distributed across nodes in the network

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for efficiently executing a script.
SOLUTION: A client terminal executes a first script requiring processing in a first server (step 2-1). Before a processing result returns from the first server, an interpreter of the client terminal produces a mark to store it into a data storage part (step 2-2). When the marks returns, the script of the client terminal temporarily handles it as the result from the server. Next, the client terminal executes a second script requiring processing to a second server (step 2-3). Because producing the mark as the temporary result, the client terminal can execute the second script before an actual result returns from the first server. When the actual result corresponding to the mark returns from the server, the client terminal replaces it with the mark, and executes the script.
COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、スクリプトの実行方法に関するものである。 The present invention relates to run scripts.
【0002】 [0002]
【発明の背景】 BACKGROUND OF THE INVENTION
サーバ・クライアントシステムにおいては、クライアントまたはサーバにあるスクリプトによって、ランデブーが行われる。 In the server-client system, the script in the client or server, the rendezvous is performed. ランデブーとは、サーバがクライアント端末からの要求を受け付けて実行結果を返すまで、クライアント端末が待ち続けることである。 Rendezvous and is that the server before returning the execution result request accepted from the client terminal, waits the client terminal. このランデブーにより、サーバとクライアント端末の実行動作を同期させることができる。 This rendezvous, it is possible to synchronize the execution operation of the server and the client terminal. このようなランデブーを行うときには、ネットワークの通信オーバヘッドにより、スクリプトの実行が、長い時間にわたって待ちの状態になる。 When performing such rendezvous, the network communication overhead, script execution, a state of waiting for a long time. このため、従来のシステムでは、スクリプトの実行効率が非常に低くなる場合がある。 Therefore, in conventional systems, there is a case where execution efficiency of the script is very low.
【0003】 [0003]
例えば、クライアントCが、サーバS,T,Uとランデブーする状況を考える。 For example, consider a client C is, the server S, T, a situation in which U and rendezvous. クライアントC上で以下のようなスクリプトを動作させる。 On the client C to operate the script, such as the following.
(func (Func
(remote S (rv−S)) (Remote S (rv-S))
(remote T (rv−T)) (Remote T (rv-T))
(remote U (rv−U))) (Remote U (rv-U)))
このスクリプトをアプリカティブ・オーダで解釈すると以下のような実行の順番になる。 And to interpret this script in Apurika Restorative-order becomes the order of execution, such as the following.
1. 1. rv−S をサーバS上で実行し、結果を得る。 The rv-S running on the server S, to obtain the results. ネットワークをも含めた実行時間をd_Sとする。 The execution time, including the network and d_S.
2. 2. rv−T をサーバT上で実行し、結果を得る。 The rv-T running on a server T, obtaining a result. 同様実行時間をd_Tとする。 And d_T the same execution time.
3. 3. rv−U をサーバT上で実行し、結果を得る。 The rv-U running on a server T, obtaining a result. 同様実行時間をd_Uとする。 And d_U the same execution time.
4. 4. 以上三つの結果をfuncに与え、結果を得る。 Given to func the three results or to obtain a result. その実行時間d_funcとする。 And its execution time d_func.
【0004】 [0004]
以上の全プロセスにかかる時間は、 Time is applied to the or more of the total process,
d_S + d_T + d_U + d_func d_S + d_T + d_U + d_func
となる。 To become.
【0005】 [0005]
しかし、時間d_S + d_T + d_Uの間は、サーバ側の処理が行われており、クライアントCはほとんどアイドル状態であると言える。 However, during the time d_S + d_T + d_U, the processing of the server side is made, it can be said that the client C is almost idle.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明は、前記の事情に鑑みてなされたものである。 The present invention has been made in view of the above circumstances. 本発明の目的は、スクリプトを効率よく実行する技術を提供することである。 An object of the present invention is to provide a technique to run scripts efficiently.
【0007】 [0007]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明に係るスクリプトの実行方法は、以下のステップを備えている: Run scripts according to the present invention includes the following steps:
(1)第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトをクライアント端末が実行するステップ; (1) step of the first script for requesting the processing in the first server client terminal executes;
(2)前記クライアント端末は、第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) the client terminal, storing to generate a mark before the processing result is returned from the first server;
(3)前記クライアント端末は、前記ステップ(2)の後、第2サーバまたはクライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) the client terminal, after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or a client terminal itself;
(4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトをクライアント端末が実行するステップ。 (4) after said processing result for the first and second scripts back to the client terminal, the step of the third script to use these as the result of the client terminal to execute.
【0008】 [0008]
本発明に係るスクリプトの実行方法は、次のステップを備えていてもよい: Run scripts according to the present invention may comprise the following steps:
(1)クライアント端末から送られた、第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを第1サーバが実行するステップ; (1) sent from the client terminal, the step of the first script for requesting the processing in the second server is the first server to execute;
(2)前記第1サーバは、前記第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) the first server, the second to generate a mark before the server from the processing result is returned, storing in the data storage unit in the first server;
(3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを第1サーバが実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, the step of the second script for requesting the processing in the third server or the first server itself first server executes.
【0009】 [0009]
本発明に係るシステムは、クライアント端末、第1サーバおよび第2サーバを備えている。 System according to the present invention includes a client terminal, the first and second servers. さらに、クライアント端末は、以下のステップを実行するものである: Further, the client terminal is to perform the following steps:
(1)前記第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) executing a first script for requesting process in the first server;
(2)前記第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) storing generate a mark before the processing result from the first server is returned;
(3)前記ステップ(2)の後、前記第2サーバまたは前記クライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or said client terminal itself;
(4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトを実行するステップ。 (4) After the processing result for the first and second script returned to the client terminal, performing a third script to take advantage of these processing results.
【0010】 [0010]
本発明に係る他のシステムは、クライアント端末、第1サーバ、第2サーバおよび第3サーバを備えており、前記第1サーバは以下のステップを実行するものである: Another system according to the present invention, the client terminal, the first server includes a second server and the third server, the first server is to perform the following steps:
(1)前記クライアント端末から送られた、前記第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) said sent from the client terminal, performing a first script for requesting process in the second server;
(2)前記第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) the second to generate a mark before the server from the processing result is returned and stored in the data storage unit in the first server step;
(3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, performing a second script for requesting the processing in the third server or the first server itself.
【0011】 [0011]
このシステムにおいて、前記第2サーバと前記第3サーバとは同一のサーバであってもよい。 In this system, it may be the same server from the second server and said third server.
【0012】 [0012]
本発明に係るクライアント端末は、以下のステップを実行するものである: The client terminal according to the present invention is to perform the following steps:
(1)第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) executing a first script for requesting the processing in the first server;
(2)第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) storing generate a mark before the processing result from the first server is returned;
(3)前記ステップ(2)の後、第2サーバまたはクライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or a client terminal itself;
(4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトを実行するステップ。 (4) After the processing result for the first and second script returned to the client terminal, performing a third script to take advantage of these processing results.
【0013】 [0013]
本発明に係る第1サーバは、以下のステップを実行するものである: The first server according to the present invention is to perform the following steps:
(1)クライアント端末から送られた、第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) sent from the client terminal, performing a first script for requesting the processing in the second server;
(2)第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) to generate a mark before the processing result from the second server is returned and stored in the data storage unit in the first server step;
(3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, performing a second script for requesting the processing in the third server or the first server itself.
【0014】 [0014]
本発明に係るクライアント端末用プログラムは、以下のステップを実行するものである: Program client terminal according to the present invention is to perform the following steps:
(1)第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) executing a first script for requesting the processing in the first server;
(2)第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) storing generate a mark before the processing result from the first server is returned;
(3)前記ステップ(2)の後、第2サーバまたはクライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or a client terminal itself;
(4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトを実行するステップ。 (4) After the processing result for the first and second script returned to the client terminal, performing a third script to take advantage of these processing results.
【0015】 [0015]
本発明に係る第1サーバ用プログラムは、以下のステップを実行するものである: First program server according to the present invention is to perform the following steps:
(1)クライアント端末から送られた、第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) sent from the client terminal, performing a first script for requesting the processing in the second server;
(2)第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) to generate a mark before the processing result from the second server is returned and stored in the data storage unit in the first server step;
(3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, performing a second script for requesting the processing in the third server or the first server itself.
【0016】 [0016]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
(第1実施形態…請求項1に対応) (First Embodiment ... corresponding to claim 1)
本発明の第1実施形態に係るスクリプトの実行方法を以下に説明する。 How to execute the script according to a first embodiment of the present invention will be described below. ここでスクリプトとは、サーバやクライアント端末において解釈されて実行されるプログラムをいい、その長さや言語を問わない。 Here, the script refers to a program that is executed by being interpreted in the server and the client terminal, it does not matter the length or language. まず、この方法に用いるクライアント・サーバシステムを図1に基づいて説明する。 First, a description will be given of a client server system used in the method in FIG. このシステムは、クライアント端末CとサーバSとサーバTとサーバUとこれらを接続するネットワークNとを備えている。 The system includes a network N for connecting the client terminal C and a server S and a server T and a server U them.
【0017】 [0017]
クライアント端末Cは、制御部10と記憶部11とインタフェース部12とネットワークインタフェース部13とを備えている。 The client terminal C, and a control unit 10 and the storage unit 11 and the interface unit 12 and a network interface unit 13. 記憶部11は、プログラム記憶部111とデータ記憶部112とを備えている。 Storage unit 11, and a program storage unit 111 and the data storage unit 112.
【0018】 [0018]
制御部10は、プログラム記憶部111に格納されたプログラムに従う動作を行うものである。 Control unit 10 performs an operation according to a program stored in the program storage unit 111.
【0019】 [0019]
プログラム記憶部111は、クライアント端末用のインタプリタその他の、クライアント端末の動作に必要なプログラムを格納している。 The program storage unit 111, an interpreter of other client terminals stores a program necessary for the operation of the client terminal. プログラムの動作は後述する。 Program of the operation will be described later. データ記憶部112は、スクリプトの実行(後述)において生成されるマーク等のデータを格納するものである。 Data storage unit 112 is for storing data such as marks generated in the execution of the script (described later).
【0020】 [0020]
インタフェース部12は、入出力装置を接続する部分である。 Interface unit 12 is a part for connecting the input and output device. 入出力装置としては、例えばディスプレイやプリンタやキーボードである。 As output device is, for example, a display or a printer and a keyboard.
【0021】 [0021]
ネットワークインタフェース部13は、クライアント端末CがネットワークNに接続するための部分である。 Network interface unit 13 is a part for the client terminal C is connected to the network N.
【0022】 [0022]
サーバSは、制御部20と記憶部21とネットワークインタフェース部23とを有している。 Server S includes a control unit 20 and the storage unit 21 and the network interface unit 23. 制御部20は、プログラム記憶部211に格納されたプログラムに従う動作を行うものである。 Control unit 20 performs an operation according to a program stored in the program storage unit 211.
【0023】 [0023]
記憶部21は、プログラム記憶部211とデータ記憶部212とを備えている。 Storage unit 21, and a program storage unit 211 and a data storage unit 212. プログラム記憶部211は、サーバS用のインタプリタその他の、サーバSの動作に必要なプログラムを格納している。 The program storage unit 211, the server S interpreter other stores programs necessary for the operation of the server S. プログラムの動作は後述する。 Program of the operation will be described later. データ記憶部212は、スクリプトの実行(後述)において生成されるマーク等のデータを格納するものである。 Data storage unit 212 is for storing data such as marks generated in the execution of the script (described later).
【0024】 [0024]
ネットワークインタフェース部23は、サーバSがネットワークNに接続するための部分である。 Network interface unit 23 is a part for the server S is connected to the network N.
【0025】 [0025]
サーバSは、インタフェース部をさらに備えていてもよい。 Server S may further include an interface unit.
【0026】 [0026]
サーバTおよびサーバUは、それぞれ、制御部30・40と記憶部31・41とネットワークインタフェース部33・43とを有している。 Server T and server U, respectively, and a control unit 30 · 40 and the storage unit 31, 41 and the network interface unit 33, 43. 記憶部31・41は、プログラム記憶部311・411とデータ記憶部312・412とを備えている。 Storage unit 31, 41 is provided with a program storage unit 311, 411 and the data storage unit 312, 412. プログラム記憶部311・411は、各サーバ用のインタプリタその他の、サーバの動作に必要なプログラムを格納している。 Program storage unit 311, 411, interpreter other for each server, and stores a program necessary for the server operation. その他の構成は、基本的にサーバSと同様なので、詳細な説明は省略する。 Other configurations are the same as the basic server S, a detailed description thereof will be omitted.
【0027】 [0027]
前記したクライアント端末CおよびサーバS,T,Uは、適宜なコンピュータや周辺装置を用いて構成することができる。 The client terminal C and the server S and the, T, U, can be constructed using an appropriate computer and peripheral devices.
【0028】 [0028]
ネットワークNは、クライアント端末CやサーバS等の各要素が相互に通信するための適宜な通信網であって、例えばインターネットである。 The network N, the elements, such as the client terminal C and the server S is a suitable communications network to communicate with each other, for example the Internet. ただし、ネットワークNは、TCP/IP以外のプロトコルを用いていてもよい。 However, the network N may be using a protocol other than TCP / IP.
【0029】 [0029]
つぎに、前記システムを用いたスクリプトの実行方法について説明する。 Next, how to perform a script using the system. このスクリプトの実行は、前記したクライアント端末CおよびサーバS,T,Uに格納されたプログラム(インタプリタ)によって行われる。 Execution of the script, the client terminal C and the server S and the, T, is performed by a program stored in the U (interpreter).
【0030】 [0030]
スクリプトの具体例として、前記した(func Specific examples of the script, and the (func
(remote S (rv−S)) (Remote S (rv-S))
(remote T (rv−T)) (Remote T (rv-T))
(remote U (rv−U))) (Remote U (rv-U)))
というスクリプトを仮定する。 Assume a script called. このスクリプトがクライアント端末Cに入力されたとする。 With this script has been input to the client terminal C. クライアント端末Cは、インタプリタによりこのスクリプトを評価し、次の動作を行う。 The client terminal C, the interpreter by evaluating this script performs the following operation.
【0031】 [0031]
サーバS(第1サーバ)における処理を要求する第1スクリプト(remote S (rv−S))をクライアント端末Cが実行する(図2のステップ2−1)。 Server S first script for requesting process in the (first server) (remote S (rv-S)) to the client terminal C is executed (step 2-1 in FIG. 2). サーバSには、(rv−S)というスクリプトが送られ、この命令がサーバS上で実行される(ステップ2−2)。 The server S, is sent script called (rv-S), this instruction is executed on the server S (step 2-2).
【0032】 [0032]
一方、クライアント端末Cは、サーバS(第1サーバ)から処理結果が返る前に、マークを生成して、データ記憶部112に格納する(ステップ2−2)。 On the other hand, the client terminal C, before the processing result is returned from the server S (first server) generates a mark, and stores in the data storage unit 112 (step 2-2). つまり、第1スクリプトを実行すると、直ちに、インタプリタがマークを返す。 That is, when executing a first script, immediately interpreter returns mark. このとき、マークとサーバとを対応させて格納することが好ましい。 In this case, it is preferable to store in correspondence a mark and a server. マークの生成とサーバSへのスクリプト送信は、どちらが先でも良い。 Generation and script sent to the server S of the mark, which may be in the previous. マークとは、仮の結果を意味するデータ型で定義されているデータである。 The mark is data that is defined with a data type which means the result of the temporary. つまり、インタプリタ側で、そのようなデータ型が定義されている。 In other words, the interpreter side, is defined such data types. このようなデータ型は、例えば整数型や実数型と同様に定義することができる。 Such data types can be defined similarly to the example integer type or real. クライアント端末Cのスクリプトは、マークが返ると、それをサーバSからの結果として仮に扱う。 Script of the client terminal C, the mark is returned, even if dealing with it as a result from the server S.
【0033】 [0033]
クライアント端末Cは、ステップ2−2の後、サーバT(第2サーバ)に対して処理を要求する第2スクリプト(remote T (rv−T))を実行する(ステップ2−3)。 The client terminal C, after step 2-2, to perform server T second script for requesting processing to the (second server) (remote T (rv-T)) (Step 2-3). 第2サーバは第1サーバと同じであっても良い。 The second server may be the same as the first server. また、第2スクリプトは、クライアント端末C自身が実行して結果を算出するものであっても良い。 The second script may be configured to calculate the output from running the client terminal C itself. マークを仮の結果として生成しているので、このような処理が可能となる。 Since generated as a result of the temporary marks, such processing is possible.
【0034】 [0034]
そして、クライアント端末Cは、サーバT(第2サーバ)から処理結果が返る前に、前記と同様にしてマークを生成し、データ記憶部112に格納する(ステップ2−4)。 Then, the client terminal C, before returning the processing result from the server T (second server), the same manner as above to produce a mark, and stores in the data storage unit 112 (step 2-4). マークの生成とサーバSへのスクリプト送信は、どちらが先でも良い。 Generation and script sent to the server S of the mark, which may be in the previous.
【0035】 [0035]
この実施形態では、さらに、クライアント端末Cは、サーバU(第2サーバ)に対して処理を要求する第3スクリプト(remote U (rv−U))を実行する。 In this embodiment, furthermore, the client terminal C executes the server U third script for requesting processing to the (second server) (remote U (rv-U)). そして、クライアント端末Cは、前記と同様に、サーバUから処理結果が返る前に、マークを生成して、データ記憶部112に格納する。 Then, the client terminal C, similar to the above, before the processing result is returned from the server U, and generates a mark, and stores in the data storage unit 112.
【0036】 [0036]
ついで、第1〜第3スクリプトに対する処理結果がクライアント端末Cに返った後、各結果を、各サーバに対応して格納されたマークと置換する。 Then, the processing result for the first to third script after returning to the client terminal C, and each result, to replace the mark stored corresponding to each server. ついで、これらの処理結果を利用する第3スクリプト(func)をクライアント端末Cが実行する。 Next, a third script to use these processing result (func) the client terminal C executes. これにより、前記したスクリプト全体を実行することができる。 Thus, it is possible to run the entire script described above. マークは、仮データを示すデータ型なので、実際の結果が返ってくるまで、インタプリタは第3スクリプトの処理を待つ。 Mark, since the data type to indicate a provisional data, to come back the actual result, the interpreter waits for the processing of the third script. また、クライアント端末Cは、第3スクリプトを実行した後、その結果をインタフェース部12に出力する。 The client terminal C, after performing the third script, and outputs the result to the interface unit 12.
【0037】 [0037]
従来の実行方法では、サーバSでの処理が終わってからサーバTでの処理を行い、その後、サーバUでの処理を行っている。 In the conventional execution method, performs processing in the server T after the end of treatment with the server S, after that, performing the processing of the server U. このため、各サーバでの処理時間と、各サーバにおける結果を用いたクライアント端末での処理時間との合計時間が、スクリプトの処理時間となる。 Therefore, the processing time for each server, the total time of the processing time of the client terminal using the results of each server, the script processing time.
【0038】 [0038]
これに対して、この実施形態の方法によれば、クライアント端末Cは、マークを生成後、直ちに次のスクリプトの処理に移ることができる。 On the other hand, the method of this embodiment, the client terminal C, can proceed after generating a mark, immediately the following script processing. このため、スクリプトの処理時間を大幅に短縮することが可能である。 Therefore, it is possible to significantly reduce the script processing time. スクリプトの処理時間を図3により概念的に説明する。 Conceptually illustrated by Figure 3 the script processing time. 前記した通り、クライアント端末Cから各サーバにスクリプトの処理要求が送信される。 As described above, the script processing request to each server from the client terminal C is transmitted. サーバSでの処理時間(通信オーバヘッド含む)を時間d_Sとする。 The processing time in the server S (including communication overhead) time and D_S. 同様に、サーバTでの処理時間を時間d_Tとし、サーバUでの処理時間を時間d_Uとする。 Similarly, the processing time at the server T time D_t, and the processing time in the server U time D_U. さらに、クライアント端末での処理時間を時間d_funcとする。 Further, the processing time of the client terminal time D_func. 従来であれば、合計の処理時間は、 If the conventional, the total processing time is,
d_S + d_T + d_U + d_func d_S + d_T + d_U + d_func
であった。 Met. しかし、この実施形態では、合計処理時間はmax ( d_S + d_T + d_U ) + d_func However, in this embodiment, the total treatment time max (d_S + d_T + d_U) + d_func
となる。 To become. もし、各サーバにおけるスクリプトの実行時間がほぼ等しく、かつ、時間d_funcが無視できる大きさであれば、実行時間は、従来に較べて、およそ3分の1になる。 If substantially equal execution time of the script of each server, and if it is large enough to be negligible time D_func, execution time, compared to the conventional case to about one third.
【0039】 [0039]
(第2実施形態…請求項2に対応) (Second Embodiment ... corresponding to claim 2)
次に、本発明の第2実施形態に係るスクリプトの実行方法を説明する。 Next, explaining how to run the script according to a second embodiment of the present invention. この方法においても、第1実施形態と同様なシステムを用いる。 In this method, using the same system as the first embodiment. ただし、サーバSおよびTのデータ記憶部212および213には、キュー212aおよび213aが実装されているものとする。 However, the data storage unit 212 and 213 of the server S and T, it is assumed that the queue 212a and 213a are mounted. 他の構成は、第1実施形態と同様なので、同一の符号を用いることで説明を省略する。 Other configurations are the same as the first embodiment, the description thereof is omitted by using the same reference numerals.
【0040】 [0040]
第2実施形態は、主に、サーバSの動作に関するものである。 The second embodiment is mainly related to the operation of the server S. まず、次のスクリプトを仮定する。 First, it is assumed that the next script. サーバS上のスクリプト定義は(Define (rv1−1) some−sequence and The script defined on the server S (Define (rv1-1) some-sequence and
return (remote T (rv2−1))) return (remote T (rv2-1)))
(Define (rv1−2) some−sequence and (Define (rv1-2) some-sequence and
return (remote T (rv2−2))) return (remote T (rv2-2)))
であるとする。 And it is. ここで、some−sequenceとは、サーバ側で実行される任意のスクリプトを意味する。 Here, the some-sequence, means any script that runs on the server side. サーバにおいては、通常、このような任意のスクリプトが実行された後、return命令以降のスクリプトが実行される。 In the server, usually after any such script is executed, return of instructions after the script is executed.
【0041】 [0041]
さらに、クライアントCは、以下のスクリプトを実行することとする。 Furthermore, client C, and performing the following script.
(func (Func
(remote S (rv1−1)) (Remote S (rv1-1))
(remote S (rv1−2))) (Remote S (rv1-2)))
この状態では、サーバSとサーバTとがカスケードしている。 In this state, the server S and the server T are cascaded. また、クライアント端末Cは、前記第1実施実施形態と同様の方法を実行するものとする。 The client terminal C is assumed to perform the same method as the first exemplary embodiment.
【0042】 [0042]
以下の説明においては、ネットワーク上の動作を示す図6と、サーバSの動作を主に示す図5を主に参照する。 In the following description, as in FIG. 6 showing the operation of the network, referring to FIG. 5 showing mainly the operation of the server S mostly. また、以下の説明では、図6におけるステップ毎に区切って説明する。 In the following description, it separated for each step in FIG.
【0043】 [0043]
(図6のステップH) (Step H in Fig. 6)
まず、クライアント端末Cは、スクリプト(remote S (rv1−1))を実行し、サーバSにスクリプト(rv1−1)を送る。 First, the client terminal C executes the script (remote S (rv1-1)), and sends a script (rv1-1) to the server S. このとき、クライアント端末Cは、第1実施形態と同様にして、マークを生成する。 At this time, the client terminal C, and in the same manner as in the first embodiment, to produce a mark. 続いて、クライアントCは、(remote S (rv1−2))を実行し、第1実施形態と同様にマークを生成してから、スクリプト(rv1−2)をサーバSに送る。 Subsequently, the client C executes the (remote S (rv1-2)), and sends the generated marks as in the first embodiment, script (rv1-2) to the server S.
【0044】 [0044]
(図6のステップI) (Step I in Fig. 6)
サーバS(第1サーバ)は、クライアント端末Cから送られた、サーバT(第2サーバ)における処理を要求するスクリプト(rv1−1)を受領する(図5のステップ5−1)。 Server S (first server), sent from the client terminal C, and receives the script (Rv1-1) requesting processing in the server T (second server) (step 5-1 in FIG. 5). スクリプト(rv1−1)は、その定義の中に、本発明の第1スクリプトに対応する(remote T (rv2−1))を含んでいる。 Script (rv1-1) is in its definition includes corresponding to the first script of the present invention (remote T (rv2-1)). さらに、サーバS(第1サーバ)は、クライアント端末Cから送られた、サーバT(第3サーバ)における処理を要求する第2スクリプト(rv1−2)を受領する(ステップ5−1)。 Furthermore, the server S (first server), sent from the client terminal C, and receives the second script for requesting the processing in the server T (third server) (rv1-2) (Step 5-1). スクリプト(rv1−2)は、その定義の中に、本発明の第2スクリプトに対応する(remote T (rv2−2))を含んでいる。 Script (rv1-2) is in its definition includes corresponding to the second script the present invention (remote T (rv2-2)). なお、この実施形態では、本発明における第3サーバを、第2サーバと同じくサーバTとしたが、第3サーバはサーバUその他のサーバであってもよい。 In this embodiment, the third server in the present invention, has been the same server T and the second server, the third server may be a server U other servers. また、第2スクリプトは、サーバS(第1サーバ)自身が処理して結果を算出するものであっても良い。 The second script may be one server S (first server) itself calculates the results processing.
【0045】 [0045]
ついで、サーバSは、スクリプト(rv1−1)を実行する。 Then, the server S, to run the script (rv1-1). これにより、サーバSは、この実施形態では、まず、some−sequenceに記載されたスクリプトを実行する(ステップ5−2)。 Thus, the server S, in this embodiment first executes the script described in some-sequence (step 5-2). その後、サーバSは、第1スクリプト(remote T (rv2−1))を実行して、サーバTにスクリプト(rv2−1)を送信し、その処理を要求する(ステップ5−3)。 Thereafter, the server S executes the first script (remote T (rv2-1)), and sends a script (Rv2-1) server T, and requests the processing (step 5-3). なお、第1スクリプトの実行は、第2スクリプトの受領前であってもよい。 The execution of the first script may be before receipt of the second script.
【0046】 [0046]
さらに、サーバS(第1サーバ)は、サーバT(第2サーバ)から第1スクリプトに対応する処理結果が返る前に、マークを生成して、このマークを第1サーバにおけるデータ記憶部212のキュー212aに格納する(ステップ5−3)。 Furthermore, the server S (first server), before the processing result corresponding to the first script from the server T (second server) is returned, generates a mark, the data storage unit 212 of the mark in the first server stored in the queue 212a (step 5-3). この動作は、サーバTへのスクリプト送信の前であっても後であっても良い。 This operation, may be later even before the script sent to the server T.
【0047】 [0047]
(図6のステップJ) (Step J in Fig. 6)
その後、サーバTは、スクリプト(rv2−1)を実行する。 Thereafter, the server T is, to run the script (rv2-1).
【0048】 [0048]
(図6のステップK) (Step K in Fig. 6)
ついで、サーバSは、第2スクリプト(rv1−2)を実行する。 Then, the server S executes the second script (rv1-2). これにより、サーバSは、この実施形態では、some−sequenceに記載されたスクリプトを実行する(ステップ5−4)。 Thus, the server S, in this embodiment, executes the script described in some-sequence (step 5-4). その後、サーバSは、第2スクリプト(remote T (rv2−2))を実行して、サーバTにスクリプト(rv2−2)を送信し、その処理を要求する(ステップ5−5)。 Thereafter, the server S executes the second script (remote T (rv2-2)), and sends a script (Rv2-2) server T, and requests the processing (step 5-5). この実施形態では、マークをキュー212aに格納することとしたので、サーバTにおける処理結果が返ってくる前であっても、サーバSが第2スクリプトを実行できる。 In this embodiment, since it was decided to store the mark in the queue 212a, even before coming back processing result in the server T, the server S can perform the second script. これにより、サーバSにおける待ち時間が少なくなり、処理時間の短縮を図ることができる。 Thus, the waiting time is reduced in the server S, it is possible to shorten the processing time.
【0049】 [0049]
(図6のステップL) (Step L in Fig. 6)
その後、サーバT(第2サーバ)から、スクリプト(rv2−1)についての処理結果がサーバS(第1サーバ)に返る(ステップ5−6)。 Then, from the server T (second server), the processing results for the script (Rv2-1) is returned to the server S (first server) (step 5-6). つまり、サーバSは、サーバTでの処理結果を受け取る。 That is, the server S receives the processing result of the server T. ついで、サーバSは、この処理結果を、キュー212aに格納されているマークと置換し、命令(return)を実行する。 Then, the server S, the processing result, and replaced with marks stored in the queue 212a, executing instructions (return). これにより、サーバSは、第1スクリプトの結果をクライアント端末Cに送る(ステップ5−7)。 Thus, the server S sends the results of the first script to the client terminal C (step 5-7).
【0050】 [0050]
(図6のステップM) (Step M in FIG. 6)
サーバT(第3サーバ)からスクリプト(rv2−2)についての処理結果が返ると、前記と同様に、サーバSは、処理結果を、キュー212aに格納されているマークと置換して、クライアント端末Cに送る。 When the processing results for the script (Rv2-2) from the server T (third server) is returned, similar to the above, the server S, the processing result, to replace the mark stored in the queue 212a, the client terminal and sends it to the C.
【0051】 [0051]
(図6のステップN) (Step N in FIG. 6)
クライアント端末Cが生成したマークに対応した実際の結果が各サーバから戻ると、クライアント端末Cは、スクリプト(func)を実行し、その結果をインタフェース部12に出力する(ステップ5−8)。 When the actual result of the client terminal C corresponds to the mark generated returns from the server, the client terminal C, and executes the script (func), and outputs the result to the interface unit 12 (step 5-8).
【0052】 [0052]
第1実施形態の方法をカスケードに適用すると、サーバSでは、第1スクリプトの処理が終わるまで、第2スクリプトの処理に移れない。 Applying the method of the first embodiment in a cascade, the server S, until the first script processing is completed, not Turning to the second script processing. これは、サーバTから処理結果が戻るまでに使われるマークが、あくまで仮データであり、その処理結果をクライアント端末Cに返すことができないからである。 This mark is used until the processing result from the server T returns are merely temporary data, it is impossible to return the processing result to the client terminal C. これに対して、第2実施形態の方法によれば、前記したとおり、第1スクリプトの処理が終わる前に、サーバSにおいて第2スクリプトの処理に移ることができる。 On the other hand, the method of the second embodiment, as described above, before the first script processing is completed, it is possible to move to the second script processing in the server S. このため、スクリプトの処理時間を短縮することができるという利点がある。 Therefore, there is an advantage that it is possible to shorten the script processing time.
【0053】 [0053]
なお、前記実施形態および実施例の記載は単なる一例に過ぎず、本発明に必須の構成を示したものではない。 Incidentally, the description of embodiments and examples merely examples, does not show the essential structure of the present invention. 各部の構成は、本発明の趣旨を達成できるものであれば、上記に限らない。 Configuration of each part, as long as it can achieve the purpose of the present invention is not limited to the above. 例えば、クライアント端末は複数であっても良い。 For example, the client terminal may be plural. また、サーバの数が多数であってもよい。 The number of servers may be numerous.
【0054】 [0054]
また、前記した各実施形態における構成要素は、機能要素として存在していればよい。 Further, components in the embodiments described above, may exist as a functional element. 一つの機能要素は、他の要素と統合されていてもよく、また、複数の部品やソフトによって一つの要素が実現されていてもよい。 One functional element may be integrated with other elements, also one of the elements may be implemented by a plurality of components and software. さらに機能要素の実現方法としては、ハードウエアを用いても、コンピュータソフトウエアを用いてもよい。 As further method of realizing the functional elements, also by using hardware, or using computer software. さらに機能要素相互の接続形態は、ネットワークを介したものであってもよい。 Further functional elements interconnections form may be via a network. つまり、複数の機能要素が互いに離間した位置に存在していても良い。 That may be present at a position where a plurality of functional elements are spaced apart from each other.
【0055】 [0055]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、スクリプトを効率よく実行することが可能となる。 According to the present invention, it is possible to execute the script efficiently.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の第1実施形態に係るサーバ・クライアントシステムの概略的な構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a schematic configuration of a server-client system according to a first embodiment of the present invention.
【図2】第1実施形態におけるスクリプトの実行方法を説明するためのフローチャートである。 2 is a flowchart for explaining how to run the script in the first embodiment.
【図3】第1実施形態におけるスクリプトの実行方法を説明するための説明図である。 3 is an explanatory diagram for explaining how to run the script in the first embodiment.
【図4】本発明の第2実施形態に係るサーバ・クライアントシステムにおけるデータ記憶部を示すブロック図である。 Is a block diagram showing a data storage unit in the server-client system according to a second embodiment of the present invention; FIG.
【図5】第2実施形態におけるスクリプトの実行方法を説明するためのフローチャートである。 5 is a flowchart for explaining how to run a script in the second embodiment.
【図6】第2実施形態におけるスクリプトの実行方法を説明するための説明図である。 6 is an explanatory diagram for explaining how to run a script in the second embodiment.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
C クライアント端末S・T・U サーバ10・20・30・40 制御部11・21・31・41 記憶部111・211・311・411 プログラム記憶部112・212・312・412 データ記憶部12 インタフェース部13・23・33・43 ネットワークインタフェース部 C client terminal S-T-U server 10, 20, 30, 40 controller 11, 21, 31, 41 storage unit 111, 211, 311, 411 program storage unit 112, 212, 312, 412 data storage unit 12 interface unit 13, 23, 33, 43 network interface unit

Claims (9)

  1. 以下のステップを備えるスクリプトの実行方法: The method of execution script comprising the following steps:
    (1)第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトをクライアント端末が実行するステップ; (1) step of the first script for requesting the processing in the first server client terminal executes;
    (2)前記クライアント端末は、第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) the client terminal, storing to generate a mark before the processing result is returned from the first server;
    (3)前記クライアント端末は、前記ステップ(2)の後、第2サーバまたはクライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) the client terminal, after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or a client terminal itself;
    (4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトをクライアント端末が実行するステップ。 (4) after said processing result for the first and second scripts back to the client terminal, the step of the third script to use these as the result of the client terminal to execute.
  2. 以下のステップを備えるスクリプトの実行方法: The method of execution script comprising the following steps:
    (1)クライアント端末から送られた、第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを第1サーバが実行するステップ; (1) sent from the client terminal, the step of the first script for requesting the processing in the second server is the first server to execute;
    (2)前記第1サーバは、前記第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) the first server, the second to generate a mark before the server from the processing result is returned, storing in the data storage unit in the first server;
    (3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを第1サーバが実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, the step of the second script for requesting the processing in the third server or the first server itself first server executes.
  3. クライアント端末、第1サーバおよび第2サーバを備えており、前記クライアント端末は以下のステップを実行するシステム: The client terminal includes a first server and a second server, the client terminal system to perform the following steps:
    (1)前記第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) executing a first script for requesting process in the first server;
    (2)前記第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) storing generate a mark before the processing result from the first server is returned;
    (3)前記ステップ(2)の後、前記第2サーバまたは前記クライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or said client terminal itself;
    (4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトを実行するステップ。 (4) After the processing result for the first and second script returned to the client terminal, performing a third script to take advantage of these processing results.
  4. クライアント端末、第1サーバ、第2サーバおよび第3サーバを備えており、前記第1サーバは以下のステップを実行するシステム: Client terminal, the first server, the system comprises a second server, and third server, the first server to perform the following steps:
    (1)前記クライアント端末から送られた、前記第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) said sent from the client terminal, performing a first script for requesting process in the second server;
    (2)前記第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) the second to generate a mark before the server from the processing result is returned and stored in the data storage unit in the first server step;
    (3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, performing a second script for requesting the processing in the third server or the first server itself.
  5. 前記第2サーバと前記第3サーバとは同一のサーバであることを特徴とする請求項4記載のシステム。 The system of claim 4, wherein the the second server and the third server is the same server.
  6. 以下のステップを実行するクライアント端末: Client terminal to perform the following steps:
    (1)第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) executing a first script for requesting the processing in the first server;
    (2)第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) storing generate a mark before the processing result from the first server is returned;
    (3)前記ステップ(2)の後、第2サーバまたはクライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or a client terminal itself;
    (4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトを実行するステップ。 (4) After the processing result for the first and second script returned to the client terminal, performing a third script to take advantage of these processing results.
  7. 以下のステップを実行する第1サーバ: The first server to perform the following steps:
    (1)クライアント端末から送られた、第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) sent from the client terminal, performing a first script for requesting the processing in the second server;
    (2)第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) to generate a mark before the processing result from the second server is returned and stored in the data storage unit in the first server step;
    (3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, performing a second script for requesting the processing in the third server or the first server itself.
  8. 以下のステップを実行するクライアント端末用プログラム: Program for the client terminal to perform the following steps:
    (1)第1サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) executing a first script for requesting the processing in the first server;
    (2)第1サーバから処理結果が返る前にマークを生成して格納するステップ; (2) storing generate a mark before the processing result from the first server is returned;
    (3)前記ステップ(2)の後、第2サーバまたはクライアント端末自身に対して処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ; (3) after the step (2), performing a second script for requesting processing to the second server or a client terminal itself;
    (4)前記第1および第2スクリプトに対する処理結果が前記クライアント端末に返った後、これらの処理結果を利用する第3スクリプトを実行するステップ。 (4) After the processing result for the first and second script returned to the client terminal, performing a third script to take advantage of these processing results.
  9. 以下のステップを実行する第1サーバ用プログラム: The first server program to perform the following steps:
    (1)クライアント端末から送られた、第2サーバにおける処理を要求する第1スクリプトを実行するステップ; (1) sent from the client terminal, performing a first script for requesting the processing in the second server;
    (2)第2サーバから処理結果が返る前にマークを生成して、前記第1サーバにおけるデータ記憶部に格納するステップ; (2) to generate a mark before the processing result from the second server is returned and stored in the data storage unit in the first server step;
    (3)前記クライアント端末から送られた、第3サーバまたは第1サーバ自身における処理を要求する第2スクリプトを実行するステップ。 (3) the sent from the client terminal, performing a second script for requesting the processing in the third server or the first server itself.
JP2003083910A 2003-03-25 2003-03-25 Execution method for script, and server client system Pending JP2004295262A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003083910A JP2004295262A (en) 2003-03-25 2003-03-25 Execution method for script, and server client system

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003083910A JP2004295262A (en) 2003-03-25 2003-03-25 Execution method for script, and server client system
PCT/JP2004/004014 WO2004086243A1 (en) 2003-03-25 2004-03-24 Script execution method and server-client system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004295262A true JP2004295262A (en) 2004-10-21

Family

ID=33094975

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003083910A Pending JP2004295262A (en) 2003-03-25 2003-03-25 Execution method for script, and server client system

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2004295262A (en)
WO (1) WO2004086243A1 (en)

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02118841A (en) * 1988-10-28 1990-05-07 Nec Corp Input queue control system
GB2313524A (en) * 1996-05-24 1997-11-26 Ibm Providing communications links in a computer network
US6035324A (en) * 1997-08-28 2000-03-07 International Business Machines Corporation Client-side asynchronous form management
JPH11232294A (en) * 1998-02-16 1999-08-27 Ntt Communication Ware Kk Www system and session managing method in www system

Also Published As

Publication number Publication date
WO2004086243A1 (en) 2004-10-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100590655C (en) Instruction parser, graphic processing unit and method thereof
Spitznagel et al. Architecture-based performance analysis
US7216257B2 (en) Remote debugging
CA2346028C (en) Event management in a system with separate application and graphical user interface processing
EP1559004B1 (en) Session coupling
US7047530B2 (en) Method and system for cross platform, parallel processing
CA2657233C (en) Distributing services in graph-based computations
CN101754466B (en) Mobile virtualized base installation and mobile virtualized base platform
US7966405B2 (en) Session multiplex protocol
KR100737298B1 (en) Method, system and program product for asynchronously processing requests
EP1003101A2 (en) An apparatus and system for efficient delivery and deployment of an application
US20060184535A1 (en) Suspension and resuming of sessions
CN101176079B (en) Assignment calculation method between the server and the client and the distributed computer system
US8549106B2 (en) Leveraging remote server pools for client applications
CN102413150B (en) Server and virtual desktop control method and virtual desktop control system
US6043898A (en) Method and system for concurrently executing multiple spooling systems in a networked computer system
Morgan et al. The Ring Array Processor: A multiprocessing peripheral for connectionist applications
US7975001B1 (en) Bi-directional communication in a parallel processing environment
JP2000515278A (en) Call object asynchronously, a method and apparatus for processing
CN100545851C (en) Remote system administration using command line environment
Woodside et al. Tutorial introduction to layered modeling of software performance
JP5186565B2 (en) Aggregation on the client side for contextual request results
CN101305551B (en) Method, system, network node and device for the construction and execution of a distributed workflow in a communication system
FR2843210B1 (en) Method for migration of connections in a multi-computer architecture, method for performing operating continuity using the method of migration, and multi-computer system thus equipped
US6901425B1 (en) Computer apparatus and method including a disconnect mechanism for communicating between software applications and computers on the world-wide web

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Effective date: 20060324

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

A621 Written request for application examination

Effective date: 20060324

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20060324

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081110

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090309