JP2004234049A - Physical distribution cost predicting device and physical distribution cost predicting method for parts - Google Patents

Physical distribution cost predicting device and physical distribution cost predicting method for parts Download PDF

Info

Publication number
JP2004234049A
JP2004234049A JP2003018283A JP2003018283A JP2004234049A JP 2004234049 A JP2004234049 A JP 2004234049A JP 2003018283 A JP2003018283 A JP 2003018283A JP 2003018283 A JP2003018283 A JP 2003018283A JP 2004234049 A JP2004234049 A JP 2004234049A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
parts
part
component
information
costs
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2003018283A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshihiro Kuno
Tomohiro Nomi
Yoshihiro Tanaka
善弘 久野
吉弘 田中
知弘 野見
Original Assignee
Toyota Motor Corp
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyota Motor Corp, トヨタ自動車株式会社 filed Critical Toyota Motor Corp
Priority to JP2003018283A priority Critical patent/JP2004234049A/en
Publication of JP2004234049A publication Critical patent/JP2004234049A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology for predicting the physical distribution costs of parts in the planning stage of products. <P>SOLUTION: A physical distribution cost predicting device 10 is provided with: a parts information storing part 14 for storing the names of the supplier of the parts and the volumes of the parts by correlating them to parts identification information imparted to every kind of parts; a means 42 for inputting parts identification information corresponding to the parts in a planning stage whose physical distribution costs should be predicted; similar parts information extracting means 44 and 46 for performing search in the parts information storing part 14 and extracting the names of the supplier of parts and the volumes of parts stored in correlation with the parts identification information similar to the inputted parts identification information; a means 48 for calculating the distance between the extracted supplier of the parts and the delivery destination of parts; and a means 50 for predicating and calculating the physical distribution costs of the parts in the planning stage from the calculated distance, the volumes of parts and the actual value of the past physical distribution costs. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】本発明は、部品を仕入先から納入先に輸送するのに要する物流費を予測する技術に関するものである。 The present invention relates to relates to a technique to predict the distribution expenses required parts from suppliers to transportation to the delivery destination. 詳しくは、製品の企画段階において、部品の物流費を予測する技術に関するものである。 For more information, in the planning stage of the product, the present invention relates to a technique to predict the distribution costs of parts.
【0002】 [0002]
【従来の技術】自動車等の製品の生産工場へは、仕入先から製品に使用される多くの部品が輸送される。 To the Background of the Invention product of production plants, such as an automobile, a number of parts to be used from the vendor to the products are transported. 部品を輸送すると、物流費(部品の輸送費、部品の積降費等)が発生する。 When transporting parts, physical distribution cost (parts transportation costs, part of the product later expenses) occurs.
製品の開発にあたっては、その製品に使用される部品の物流費を予測する必要がある。 In the development of products, it is necessary to predict the distribution costs of components used in the product. 予測された物流費は、製品の生産コストの見積りに用いられる。 The predicted distribution costs are used to estimate the production cost of the product. 物流費の予測にあたっては、開発する製品にどのような仕様の部品を使用するかを決定し、その仕様に基づいて部品を仕入れるのに適した仕入先を選定する。 In the prediction of distribution costs, to determine whether to use the part of any specification in the product to develop, to select a vendor that is suitable for stocking parts on the basis of the specification. そして、製品を生産する工場と仕入先との距離や、製品に使用する部品の個数等を用いて物流費を予測する。 And, to predict the distribution costs by using and the distance between the plant and the supplier to produce the product, the number of parts and the like to be used in the product. 物流費を予測する技術は、例えば特許文献1に記載されている。 Technique to predict the distribution costs, for example, described in Patent Document 1.
【0003】 [0003]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特開2000−57220号公報【0004】 Japanese Unexamined Patent Publication No. 2000-57220 Publication [0004]
【発明が解決しようとする課題】製品開発の初期の段階(企画段階)では、部品の仕様が確定していない。 In the [0007] product development early stage (planning stage), parts of the specification has not been determined. 従って、製品開発が大分進捗し、部品の仕様が確定してからでないと部品の物流費を予測することができない。 Therefore, to progress product development Oita, and parts of the specification is not from to confirm it is not possible to predict the distribution costs of parts. このため、製品の企画段階おいては、製品の生産コストを精度良く見積もることができなかった。 For this reason, keep the planning stage of the product, it was not possible to estimate accurately the production cost of the product.
本発明は、かかる問題を解決するためになされたものであり、製品の企画段階において、部品の物流費を予測可能な技術を提供することを課題とする。 The present invention has been made to solve the above problems, in the planning stage of a product, and to provide a predictable technique logistics costs components.
【0005】 [0005]
【課題を解決するための手段および作用と効果】請求項1に記載の物流費予測装置は、企画段階の部品を仕入先から納入先に輸送するのに要する物流費を予測する。 Distribution costs prediction apparatus according to the challenge means and the Effects of the Invention The first aspect, it predicts the physical distribution cost required to transport the delivery destination of parts planning stage from the vendor. 本発明の物流費予測装置は、部品種類毎に付与されている部品識別情報に対応付けて、部品の仕入先と部品の容積を記憶している部品情報記憶部と、物流費を予測したい企画段階の部品に対応する部品識別情報を入力する手段と、部品情報記憶部を検索して、入力された部品識別情報と類似する部品識別情報に対応付けて記憶されている部品の仕入先と部品の容積を抽出する類似部品情報抽出手段と、抽出された部品の仕入先から部品の納入先までの距離を算出する手段と、計算された距離と、部品の容積と、過去の物流費の実績値から、企画段階の部品の物流費を予測計算する手段とを備えている。 Distribution costs predicting apparatus of the present invention in association with the part identification information assigned to each component type, a component information storage unit which stores vendor and part of the volume of the component, would like to predict the distribution costs It means for inputting the part identification information corresponding to the component of the planning stage, and searches the component information storage unit, the vendor of the components in association with the part identification information similar to the input component identification information stored and similar component information extraction means for extracting a part of the volume and, means for calculating the distance from the vendor of the extracted parts to parts delivery destination, and the calculated distance, and the part of the volume, past logistics from the actual value of the cost, and a means for predicting calculate the distribution costs of the part of the planning stage.
上記の物流費予測装置は、部品識別情報入力手段を用いて、物流費を予測したい企画段階の部品に対応する部品識別情報を入力し、類似部品情報抽出手段によって部品情報記憶部を検索する。 Additional distribution costs prediction apparatus using the component identification information inputting means, corresponding to the component of the planning stage to be predictive of distribution costs enter the part identification information, searches the component information storage unit by the similar component information extraction means. 部品情報記憶部を検索すると、入力された部品識別情報と類似する部品識別情報に対応付けて記憶されている部品の仕入先と部品の容積を抽出することができる。 When retrieving component information storage unit, it is possible to extract the vendor and part of the volume of the component in association with the part identification information similar to the input component identification information stored. このため、部品識別情報が確定していない製品企画段階であっても、その時点で判明している部品識別情報を入力することにより、その入力された部品識別情報と類似する部品識別情報に対応する部品の仕入先と部品の容積を求めることができる。 Therefore, even in product planning stage component identifying information is not determined, by entering the part identification information found at that time, corresponding to the component identification information similar to the inputted component identification information suppliers and parts of the volume of parts that can be obtained. そして、距離計算手段によって抽出された部品の仕入先から部品の納入先までの距離を算出し、予測計算手段によって、計算された距離と、部品の容積と、過去の物流費の実績値から企画段階の部品の物流費を予測計算する。 Then, it calculates the distance from the distance component suppliers extracted by calculating means to the parts of the delivery destination, the predictive calculation means, and the calculated distance, and the part of the volume, from the actual value of the past distribution costs to predict calculate the distribution costs of the part of the planning stage. よって、製品企画段階であっても、部品の物流費を予測することができる。 Thus, even in the product planning stage, it is possible to predict the distribution costs of parts.
なお、ここで物流費とは、部品の輸送費のみであってもよいし、部品の輸送費以外の費用(例えば、部品の積降費)を含んでもよい。 Here, physical distribution cost and is may be only transportation costs of the parts, the cost of other transportation costs of the part (e.g., the product of part later costs) may contain.
【0006】 [0006]
請求項1に記載の物流費予測装置において、部品識別情報は、部品番号と部品名称であることが好ましい(請求項2)。 In distribution costs predicting apparatus according to claim 1, parts identification information is preferably the part number and part name (claim 2).
上記の物流費予測装置によれば、物流費を予測したい企画段階の部品に対応する部品番号と部品名称を入力し、それらに類似した部品番号と部品名称に対応する部品の仕入先と部品の容積を抽出することができる。 According to the distribution cost prediction unit, enter the part number and part names corresponding to the component of the planning stage to be predictive of distribution costs, vendor and component parts corresponding to similar parts numbers and part names to them it is possible to extract the volume.
【0007】 [0007]
請求項1または2に記載の物流費予測装置において、部品を用いて生産する製品1台あたりに必要とされる部品個数に要する物流費を予測計算することが好ましい(請求項3)。 In distribution costs predicting apparatus according to claim 1 or 2, it is preferable to predict calculate distribution costs required for components number required for per product produced using components (Claim 3).
上記の物流費予測装置によれば、部品を用いて生産する製品1台あたりに必要とされる部品個数に要する物流費を予測計算することができる。 According to the distribution cost prediction apparatus can predict calculate distribution costs required for components number required for per product produced using components.
【0008】 [0008]
請求項1〜3のいずれかに記載の物流費予測装置において、部品情報記憶部は、部品収容箱のサイズと部品収容数とによって部品の容積を記憶していることが好ましい(請求項4)。 In distribution costs predicting apparatus according to claim 1, component information storage unit preferably stores a volume of the part by the size and the component receiving the number of component accommodating box (claim 4) .
上記の物流費予測装置の部品情報記憶部は、部品収容箱のサイズと部品収容数とによって部品の容積を記憶している。 Component information storage unit of the above-mentioned physical distribution cost prediction unit stores the volume of the part by the size and the component receiving the number of component accommodating box.
【0009】 [0009]
請求項5に記載の物流費予測方法は、企画段階の部品を仕入先から納入先に輸送するのに要する物流費を予測する。 Distribution costs prediction method according to claim 5, predicts the physical distribution cost required to transport the delivery destination of parts planning stage from the vendor. 本発明の物流費予測方法は、物流費を予測したい企画段階の部品に対応する部品識別情報を入力する工程と、入力された部品識別情報と類似する部品識別情報を持つ部品の仕入先と容積を抽出する工程と、抽出された部品の仕入先から部品の納入先までの距離を算出する工程と、計算された距離と、部品の容積と、過去の物流費の実績値から、企画段階の部品の物流費を予測計算する工程とを備えている。 Distribution costs prediction method of the present invention includes the steps of inputting the part identification information corresponding to the component of the planning stage to be predictive of distribution costs, and component suppliers with part identification information similar to the inputted component identifying information and the step of extracting the volume, and the step of calculating the distance from the vendor of the extracted parts to parts of the delivery destination, and the calculated distance, and parts of volume, from the actual values ​​of the past distribution costs, planning and a step of predicting calculate distribution costs stages of components.
上記の物流費予測方法は、物流費を予測したい企画段階の部品に対応する部品識別情報を入力し、入力された部品識別情報と類似する部品識別情報を持つ部品の仕入先と容積を抽出する。 Additional distribution costs prediction method, extracts enter the part identification information corresponding to the component of the planning stage to be predictive of distribution costs, the vendor and the volume of the part having the part identification information similar to the input component identification information to. このため、部品識別情報が確定していない製品企画段階であっても、その時点で判明している部品識別情報から、入力された部品識別情報と類似する部品識別情報を持つ部品の仕入先と容積を求めることができる。 Therefore, even in product planning stage component identifying information is not determined, the part identification information found at that time, the vendor of the part with the part identification information similar to the inputted component identifying information volume can be obtained with. そして、抽出された部品の仕入先から部品の納入先までの距離を算出し、計算された距離と、部品の容積と、過去の物流費の実績値から、企画段階の部品の物流費を予測計算する。 Then, to calculate the distance from the vendor of the extracted parts to parts of the delivery destination, and the calculated distance, and parts of volume, from the actual values ​​of the past of logistics costs, logistics costs of parts of the planning stage prediction is calculated. よって、製品の企画段階であっても、部品の物流費を予測することができる。 Thus, even in the planning stage of a product, it is possible to predict the distribution costs of parts.
【0010】 [0010]
【発明の実施の形態】後述する実施例の主要な特徴を列記する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION listed major features of embodiments described later.
(形態1) 物流費予測装置は、実績データとして記憶されている部品番号や部品名称と、入力された物流費を予測する部品の部品番号や部品名称とを照合し、部品名称や部品番号が一致、あるいは類似している部品を実績データから抽出する。 (Embodiment 1) physical distribution cost prediction unit collates the part numbers and part names stored as actual data, and a part number or part name of the part to predict the distribution expenses entered, the part name and part number matching, or extracts the components that are similar from the actual data. そして、抽出された部品を輸送するのにどのような箱が用いられたかの実績から、箱のサイズを決定する。 Then, from what achievements box is used to transport the extracted component to determine the size of the box.
(形態2) 物流費予測装置は、形態1で抽出された部品を仕入れた実績のある仕入先の工場と、物流費を予測する部品が使用される自動車が生産される予定の工場とから、仕入先の工場と自動車生産工場との距離を算出する。 (Embodiment 2) physical distribution cost prediction apparatus from the supplier factories proven that purchases part extracted in the first, scheduled factories parts of predicting physical distribution cost automobiles to be used is produced , to calculate the distance between the suppliers of the factory and automobile production plant.
(形態3) 物流費予測装置は、形態1で決定された箱のサイズ、形態2で算出された工場間の距離、単位距離当りの輸送費実績、物流費を予測する部品が自動車1台当り何個使用されるかに基づいて、輸送費を算出する。 (Embodiment 3) physical distribution cost prediction apparatus, the size of the box that has been determined in the first, the distance between the plants, which are calculated in the form 2, unit distance per freight proven parts per one car to predict the physical distribution cost based on some number is used to calculate the transport cost. 輸送費の算出にあたっては、輸送効率を考慮する。 In the calculation of the transportation costs, consider the transport efficiency.
(形態4) 物流費予測装置は、物流費を予測する部品の自動車1台当りの輸送体積を算出する。 (Embodiment 4) physical distribution cost prediction unit calculates a transport volume of one per automobile parts for predicting physical distribution cost. そして、自動車生産工場毎に体積当りの費用として記憶されている管理費、部品積降費の実績から、物流費を予測する部品の管理費、部品積降費を算出する。 The administrative costs stored as the cost per volume per automobile production plant, is calculated from the component product later costs performance, administrative costs of components to predict the distribution cost, the component product later costs.
(形態5) 物流費予測装置は、形態3で算出された輸送費と、形態4で算出された管理費、部品積降費を加算することにより、予測する物流費を算出する。 (Embodiment 5) physical distribution cost prediction apparatus, by adding the transportation costs calculated in the third, administrative expenses calculated in the fourth, the component product later costs, calculates the physical distribution cost to predict.
【0011】 [0011]
【実施例】本発明の一実施例に係る物流費予測装置10について、図面を参照しながら説明する。 For distribution costs predicting apparatus 10 according to an embodiment of the embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.
物流費予測装置10は、自動車開発の企画段階において、自動車に使用される部品の仕様が確定していなくても、その部品の物流費を予測することができる。 Distribution costs prediction apparatus 10, in the planning stage of automotive development, even if they are not fixed parts of the specification to be used in the automobile, it is possible to predict the logistics costs of its parts.
物流費とは、図1に示されているように、自動車生産工場12からトレーラ15が出発し、仕入先工場13、17に立ち寄って部品をトレーラ15に積込み、自動車生産工場12に戻って部品をトレーラ15から降ろすという一連の物流に要する費用である。 The distribution costs, as shown in Figure 1, the trailer 15 starting from automobile production plant 12, the loading parts on the trailer 15 stop by the vendor factory 13 and 17, back to the automobile production plant 12 the part is the cost required for a series of logistics of unloading from the trailer 15.
【0012】 [0012]
物流費予測装置10はコンピュータであり、図2に示されているように、情報記憶部11、情報処理/入出力部40から構成されている。 Distribution costs prediction apparatus 10 is a computer, as shown in FIG. 2, the information storage unit 11, and an information processing / output unit 40. これらのハードウェアの細部構成は、一般のコンピュータと変わらないので、これ以上の説明は省略する。 Detailed configuration of these hardware, so the same as general computer, it will not be described further.
情報記憶部11は、部品情報記憶部14、箱情報記憶部16、拠点情報記憶部18、地図ネットワーク情報記憶部19、2点間距離情報記憶部20、トレーラ情報記憶部22、輸送費実績情報記憶部26、積降費実績情報記憶部28、管理費実績情報記憶部32、予測データ記憶部33を備えている。 Information storage unit 11, component information storage unit 14, a box information storage unit 16, base information storage unit 18, among the map the network information storage unit 19, 2 points distance information storage unit 20, the trailer information storage unit 22, transport costs record information storage unit 26, the product later costs record information storage section 28, administrative expenses record information storing section 32, and a prediction data storage unit 33.
情報処理/入出力部40は、基本部品表入力部42、仕入先仮決定処理部44、箱サイズ仮決定処理部46、2点間距離算出処理部48、物流費等算出処理部50、予測物流費出力部51、実績データ入力部52、実績データ出力部56を備えている。 Information processing / output unit 40, the basic parts list input section 42, the vendor temporary determination processing unit 44, a box size temporary determining unit between 46,2 points the distance calculation processing unit 48, distribution costs such calculation processing unit 50, It predicted distribution costs output unit 51, the actual data input unit 52, and a record data output unit 56.
【0013】 [0013]
情報記憶部11の部品情報記憶部14は、図3に示されている部品情報61を記憶している。 Component information storage unit 14 of the information storage unit 11 stores parts information 61 shown in FIG. 部品情報61は、過去に生産された自動車部品について蓄積されたデータであり、部品番号、部品名称、仕入先コード、自動車生産工場、個数/台、個数/箱、箱番号、部品重量を記憶している。 Component information 61 is data that has been accumulated for automobile parts produced in the past, part number, part name, supplier code, automobile production plant, number / unit number / box, a box number, stores the parts by weight doing.
部品番号は、10桁の数字であり、上5桁は部品の種類を示し、下5桁はその部品が用いられる車種を示している。 Part number is a 10-digit number, the upper five digits indicate the type of component, the lower five digits indicate the model that the part is used. 例えば、部品情報61の1行目の部品番号「01001−00001」の上2桁「01」は、部品名称の欄にも記載されているように、「RETAINER」を示す。 For example, the first line of the part 2 digits of number "01001-00001" of the component information 61 "01", as described in the column of component names, indicating "RETAINER". 3桁〜5桁の「101」は、その「RETAINER」が「INSTRUMENT PANEL」のものであることを示す。 3-digit 5-digit "101" indicates that the "RETAINER" is of the "INSTRUMENT PANEL". 下5桁「00001」は、例えば、車種Aを示す。 Under 5 digits "00001" is, for example, shows the vehicle type A. 従って、部品番号のみからであっても、部品の種類と、その部品が用いられる車種を特定することができる。 Therefore, even from only part number, it is possible to identify the type of component, the vehicle type in which the component is used.
【0014】 [0014]
仕入先コードは、5桁の数字であり、上4桁が仕入先を示し、下1桁がその仕入先の工場を示している。 Vendor code is a 5-digit number, the upper 4 digits indicate the vendor, the lower one digit indicates the supplier factory. 例えば、部品情報61の1行目の仕入先コード「09001」の上4桁「0900」は、仕入先B社を示し、下1桁「1」はC工場を示している。 For example, the first line of the vendor code part information 61 4 digits of "09001", "0900" indicates the vendor company B, the last digit "1" indicates C factory. また、9行目の仕入先コード「09002」のように、下1桁が「2」の場合には、それは仕入先BのD工場を示している。 Further, as the vendor code "09002" in line 9, when the last digit is "2", it indicates the D factory vendor B. このようにして、仕入先コードから、仕入先と、その仕入先の工場を特定することができる。 In this way, from the vendor code, and vendor, it is possible to identify the vendor of the plant.
自動車生産工場の欄は、その部品を使用する自動車を生産した工場を示している。 Column of an automobile production plant indicates the factory produced car to use the components. 個数/台の欄は、その部品の自動車1台当りの使用個数を示している。 Number / unit column shows the number of used car per one of the part. 個数/箱の欄は、部品輸送用の箱に収容可能な部品個数を示している。 Column number / box shows can accommodate part number in a box for parts transportation. 箱番号の欄は、部品輸送用の箱に対応した箱番号を示している。 Column of the box numbers indicate the box number corresponding to the box for the component transport. 部品重量の欄は、その部品1個当りの重量を示している。 Column part weight indicates the weight of the component per.
【0015】 [0015]
箱情報記憶部16は、図4に示されている箱情報64を格納している。 Box information storage unit 16 stores box information 64 shown in FIG. 箱情報64は、輸送用の箱の箱番号、箱のL寸法(長さ寸法)、W寸法(幅寸法)、H寸法(高さ寸法)、重量を記憶している。 Box information 64, the box number, box L dimension (length dimension) of the shipping carton, W dimension (width dimension), H dimension (height dimension), and stores the weight. 寸法の単位は「m」、重量の単位は「kg」である。 Dimensions is "m", the unit of weight "kg". 例えば、1行目の箱番号「60CX」のL寸法は0.304(m)、W寸法は0.381(m)、H寸法は0.177(m)、重量は1.3kgである。 Eg, L dimensions of the first row of box number "60CX" is 0.304 (m), W dimension 0.381 (m), H dimensions are 0.177 (m), the weight is 1.3 kg.
【0016】 [0016]
拠点情報記憶部18は、図5に示されている仕入先情報65、図6に示されている生産工場情報66を記憶している。 Base information storing unit 18, supplier information 65 shown in FIG. 5, stores the production factory information 66 shown in FIG.
図5に示されているように、仕入先情報65は、仕入先コード毎に、仕入先、地域コード、住所、郵便番号、電話番号、コンタクト先を記憶している。 As shown in Figure 5, the vendor information 65, for each vendor code, vendor, area code, address, zip code, telephone number, and stores the contacts. 地域コードは県毎に割り振られており、例えば、地域コード「2」は「愛知県」であり、地域コード「5」は「静岡県」を示している。 Area code is assigned to each prefecture, for example, area code "2" is "Aichi Prefecture", the area code "5" indicates "Shizuoka Prefecture". コンタクト先とは、仕入先の担当者名である。 The contacts, which is a name of the person to the vendor.
図6に示されているように、生産工場情報66は、自動車生産工場、工場番号、地域コード、住所、郵便番号を記憶している。 As shown in Figure 6, production factory information 66, automobile production plant, factory number, it is stored area code, address, zip code. 工場番号とは、自動車生産工場毎に付された番号である。 The factory number is a number assigned to each automobile production plant.
なお、拠点情報記憶部18は、自動車生産工場と仕入先との間をトレーラ15が走行して部品を輸送するときに、トレーラ15が途中で立ち寄る中継拠点に係る情報を記憶するように構成することもできる。 Note that base information storing unit 18, between the automotive production plant and vendors when the trailer 15 is to transport the parts traveling, configured to store information related to a relay base for trailer 15 stop by on the way it is also possible to.
【0017】 [0017]
地図ネットワーク情報記憶部19は、デジタル地図によるネットワークモデルを格納している。 Map the network information storage unit 19 stores the network model by digital map. ネットワークモデルは、地図上のノード(点)と、それらを結ぶアーク(線)を記憶している。 Network model stores a node on the map (point), an arc connecting them (line). 各アークは、距離、制限速度、平均速度、道路の種別(国道/県道等)、道路の幅員等の情報を持っている。 Each arc, distance, speed limit, average speed, type of road (National Route / prefectural road, etc.), has information width or the like of the road.
2点間距離情報記憶部20は、地図ネットワーク情報記憶部19が格納しているネットワークモデルに基づいて、後述する2点間距離算出処理部48が算出した2点間距離情報67を記憶している。 Distance between two points information storage unit 20, based on the network model map the network information storage unit 19 stores, stores distance between two points information 67 calculated by two-point distance calculation processing unit 48 to be described later there. 図7に示されているように、2点間距離情報67は、仕入先を出発地とし、自動車の生産工場を到着地として、それらの間の距離を示している。 As shown in FIG. 7, the distance between two points information 67, the vendor and departure, as destination arrival automobile production plant indicates the distance between them. 距離の単位は「km」である。 Distance unit of is "km". 例えば、2点間距離情報67の2行目によれば、D工場とL工場との間の距離は40kmである。 For example, according to the second line between two points the distance information 67, the distance between the D factory and L plant is 40 km.
【0018】 [0018]
トレーラ情報記憶部22は、図8に示されているトレーラ情報68を記憶している。 Trailer information storage unit 22 stores the trailer information 68 shown in FIG. トレーラ情報68は、トレーラ15の種類に対応したトレーラコード毎に、トレーラ15の積載可能体積を記憶している。 Trailer information 68, each trailer code corresponding to the type of trailer 15 stores stackable volume of the trailer 15. 積載可能体積の単位は、「m 」である。 Units of stackable volume is "m 3". 例えば、トレーラ情報68の1行目のトレーラコード「T75」に対応したトレーラ15の積載可能体積は、75m である。 For example, stackable volume of the trailer 15 corresponding to the trailer code "T75" in the first line of the trailer information 68 is 75 m 3.
【0019】 [0019]
輸送費実績情報記憶部26は、図9に示されている輸送費実績情報69を記憶している。 Transportation costs record information storage section 26 stores the transport costs result information 69 shown in FIG. 輸送費実績情報69は、日付、ルートコード、輸送順位、輸送会社、トレーラコード、走行距離、走行コスト/距離、ガソリン代/距離、マイレージコスト(輸送原価)を記憶している。 Transportation cost performance information 69 stores date, route code, transport order, transportation company, trailer code, mileage, travel cost / distance, gasoline / distance, the mileage costs (transport cost). 日付の欄は、その輸送が行われた日付を示している。 Column date indicates the date on which the transport is performed. ルートコードの欄は、輸送ルートを示している。 Column route code indicates transportation route. 例えば、1行目のルートコード「LQDL」は、自動車を生産しているL工場を出発し、仕入先のQ工場、D工場に立ち寄り、L工場に戻ってくる輸送ルートを示している。 For example, the first line of the route code "LQDL" is starting the L plant, which manufactures automobile, suppliers of Q factory, stop by the D factory, it shows the incoming transport route back to the L factory. 輸送順位の欄は、その日の何番目の輸送であったかを示している。 Field of transport rank shows What was th of transport for the day. 例えば、輸送順位が「2」の場合には、その輸送ルートにおけるその日の2番目の輸送であったことを示している。 For example, if the transport order is "2" indicates that the day was the second transport at the transport route. 輸送会社の欄は、その輸送を行った輸送会社を示している。 Field of transport company, shows the transportation company that made the transport. トレーラコードの欄は、その輸送を行ったトレーラ15のトレーラコードを示している。 Column of the trailer code indicates the trailer code trailer 15 performing the transport. 走行距離の欄は、その輸送でトレーラ15が走行した距離を「km」単位で示している。 Column mileage indicates a distance trailer 15 has traveled in its transport by "km" units.
【0020】 [0020]
走行コスト/距離の欄は、その輸送での距離当りの走行コスト(円/km)を示している。 Column of the travel cost / distance shows a travel cost per distance in the transport (circle / miles). ここで、走行コストとは、その輸送に要した人件費等のガソリン代以外のコストである。 Here, the running cost and is the cost of non-gasoline of personnel expenses, etc. required for the transport. ガソリン代/距離の欄は、距離当りのガソリン代(円/km)を示している。 Column of gasoline / distance shows the distance per gasoline the (yen / km). マイレージコストの欄は、走行コスト/距離の欄とガソリン代/距離の欄との和を示している。 Column of mileage costs, shows the sum of the running cost / distance of the field and the gasoline / distance of the field. 例えば、1行目において、走行コスト/距離は「120(円/km)」であり、ガソリン代/距離は「22(円/km)」であるので、マイレージコストは「120+22=142(円/km)」となる。 For example, in the first row, traveling cost / distance is "120 (yen / miles)", since the gasoline / distance is "22 (yen / miles)", Mileage cost "120 + 22 = 142 (yen / the km) ".
【0021】 [0021]
積降費実績情報記憶部28は、図10に示されているように、日付、自動車生産工場、積降費に関する積降費実績情報70を記憶している。 Product descending expense record information storage section 28, as shown in FIG. 10, and stores the date, automobile production plant, a product later costs result information 70 about the product later costs. 日付の欄は、トレーラ15でその積降しが行われた日付を示している。 Column date indicates the date on which the drop-off is performed in the trailer 15. 自動車生産工場の欄は、その積降ろしが行われた自動車生産工場を示している。 Column of an automobile production plant indicates the automobile production plant unloading the product was made. 積降費は、単位体積当りの積降費(円/m )を示している。 Product Fuhi shows per unit volume product later expenses (yen / m 3). なお、仕入先で発生する積降費は、仕入先が負担するのが一般的である。 Incidentally, the product Fuhi generated by the vendor, the vendor will bear is common. 積降費実績情報70は、輸送中継拠点の積降費を記憶することもできる。 Product descending expense record information 70 may also store the product later costs transport relay bases.
管理費実績情報記憶部32は、図11に示されている管理費実績情報72を記憶している。 Administrative expenses record information storage unit 32 stores the administrative costs result information 72 shown in FIG. 11. 管理費実績情報72は、日付、自動車生産工場、管理費を記憶している。 Administrative expenses record information 72 stores date, automobile production factory, the administrative expenses. 日付の欄は、管理費算出の基となったデータを収集した日付を示している。 Column of the date indicates the date on which the data was collected, which is the basis of the administrative cost calculation. 自動車生産工場の欄は、管理費を算出した自動車生産工場を示している。 Field of automobile production plant, shows the automobile production plant to calculate the administrative expenses. 管理費の欄は、単位体積当りの管理費を(円/m )で示している。 Column administrative expenses shows per unit volume management expenses (yen / m 3). なお、ここで管理費とは、部品の在庫管理、部品の受入れスケジュールの計画作成等に要する費用を意味している。 It should be noted that the administrative expenses, inventory management of parts, which means the cost of planning, such as parts of the accepted schedule.
予測データ記憶部33は、後述する物流費予測処理S1の処理が実行されることによって算出される、輸送費、物流費等の予測値が記憶される。 Prediction data storage unit 33 is calculated by the process of distribution costs prediction step S1 to be described later is executed, transport costs, the predicted value of the distribution costs and the like are stored.
【0022】 [0022]
情報処理/入出力部40について説明する。 It will be described processing / output unit 40. 図2に示されている基本部品表入力部42は、自動車の企画段階において、物流費を算出したい部品の番号や名称を入力するために用いられる。 Basic bill input section 42 shown in FIG. 2, at the planning stage of a motor vehicle, is used to enter the number and names of the parts has to be calculated distribution costs. 仕入先仮決定処理部44は、部品の仕入先を仮決定する処理を実行する。 Vendor provisional determination processing unit 44 executes the process of temporarily determining the vendor components. 箱サイズ仮決定処理部46は、部品の輸送にどのサイズの箱を用いるかを決定する。 Box Size provisional determination processing unit 46 determines whether to use a box which size for the transport of components. 2点間距離算出処理部48は、2点間(例えば、自動車のL工場と仕入先のD工場)の距離を算出する。 Distance between two points calculation processing unit 48 calculates the distance between two points (eg, L factory and vendor D factory automobiles). 物流費等算出処理部50は、箱サイズや2点間距離等に基づいて、予測される物流費を算出する。 Distribution expenses calculation processing unit 50, based on the box sizes and the distance between two points or the like, calculates the physical distribution costs are predicted. 予測物流費出力部51は、物流費等算出処理部50が算出した物流費を出力する。 Predicted distribution costs output unit 51 outputs the physical distribution cost logistics expenses calculation processing unit 50 is calculated. 実績データ入力部52は、輸送費、積降費、管理費等の実績値を入力するために用いられる。 Actual data input unit 52, transport costs, product descending expenses used to enter actual values ​​of the management expenses. 入力された輸送費、積降費、管理費の実績値は、それぞれ輸送費実績情報記憶部26、積降費実績情報記憶部28、管理費実績情報記憶部32に記憶される。 Input transport costs, product later costs, actual value of administrative expenses, respectively transportation costs result information storage unit 26, the product later costs result information storage unit 28, is stored in the management costs result information storage unit 32. 実績データ出力部56は、輸送費実績情報記憶部26、積降費実績情報記憶部28、管理費実績情報記憶部32にそれぞれ記憶されている輸送費、積降費、管理費の実績値を出力する。 Actual data output unit 56, transport costs record information storage section 26, the product later costs record information storage section 28, transport costs are respectively stored in the management costs result information storage unit 32, the product descending costs, the actual value of the management costs Output.
以上説明した、情報処理/入出力部40が実行する具体的な処理については、後述にてフローチャート等を参照しながら詳細に説明する。 Above has been described, the specific process information processing / output unit 40 performs will be described in detail with reference to the flow charts in later.
【0023】 [0023]
物流費を予測する処理フローについて説明する。 It will be described processing flow to predict the distribution costs.
図12は、物流費予測処理S1を示すフローチャートである。 Figure 12 is a flow chart showing the distribution cost prediction process S1. 物流費予測処理S1では、まず最初に、仕入先仮決定処理S10が行われる。 In distribution costs prediction process S1, first of all, the vendor temporary determination process S10 is performed. 仕入先仮決定処理S10の詳細は、図13に示されている。 Details of vendor provisional determination processing S10, shown in Figure 13.
仕入先仮決定処理S10では、基本部品表入力部42を用いて基本部品表74の部品番号、部品名称等が入力される。 In Vendor provisional determination processing S10, part number of the basic bill 74, such as a part name is entered using the basic bill input section 42. この入力は、ハードディスク等に基本部品表74を記憶しておき、そこからデータとして読込むようにしてもよいし、人が入力するようにしてもよい。 This input may store the basic bill 74 in a hard disk or the like, may be to read useless as data therefrom, may be input by a person. 図14に示されているように、基本部品表74には、自動車の企画段階における部品の部品番号、部品名称、その部品の1台当りの使用個数、その自動車を生産する予定の工場が記載されている。 As shown in Figure 14, the basic parts table 74, the planning stage part of the part numbers in the automobile, the part name, the number of used per one of the part, plant described will produce the car It is. 自動車企画段階には、部品の仕様が確定していない。 The automobile planning stage, parts of the specification has not been determined. このため、基本部品表74には、企画されている自動車の部品に相当する、既に生産されたことがある部品の部品番号や部品名称が記載されている。 Therefore, the basic bill 74, corresponding to automobile parts that are planned, have already been described part numbers and part names of the parts that have ever been produced. また、企画段階であるので、基本部品表74の部品名称や部品番号も完全なものではない。 In addition, since there is in the planning stage, not complete even part name and part number of the basic bill of 74. 例えば、部品の種類を特定する上5桁のみの部品番号が記載されていたり、部品名称も短いものであったり間違っていたりする。 For example, it contains the 5-digit only part number on identifying the type of component, also or incorrect even be short part name. 具体的には、部品番号が「01101−*****」であったり、完全な名称が「RETAINER;INSTR PANEL」であるのに、「RETAINER;INSTR」しか記載されていなかったり、綴りが「RETEINER;INSTR PANEL」のように間違っていたりする。 More specifically, part number - or a "01101 *****", the full name is; to be "RETAINER INSTR PANEL"; or not been described only "RETAINER INSTR", is spelling or wrong as; "INSTR PANEL RETEINER".
【0024】 [0024]
仕入先仮決定処理S10では、部品情報記憶部14に記憶されている部品情報61、拠点情報記憶部18に記憶されている仕入先情報65、生産工場情報66を参照しながら、以下に記載する手順に従って仕入先が仮決定される。 In Vendor provisional determination processing S10, the part information 61 stored in the component information storage unit 14, the vendor information 65 stored in the location information storage unit 18, with reference to the production plant information 66, the following vendor is temporarily determined according to the procedure described.
S12では、基本部品表74から入力された部品番号と、部品情報61に記憶されている部品番号が完全一致しているか否かが判別される。 In S12, a part number input from the basic bill 74, whether part number stored in the component information 61 is completely match is determined. 例えば、基本部品表74の1行目に示されている部品番号「08108−00008」が入力されてS12の判別が行われた場合、それは部品情報61(図3参照)の8行目の部品番号と完全一致している。 For example, if the part number "08108-00008" shown in the first line of the basic bill 74 a determination is being input S12 is performed, it is line 8 of the part of component information 61 (see FIG. 3) It is fully consistent with the number. そして、その部品の仕入先コードは「09001」である。 Then, the vendor code of the part is "09001". このように、入力された部品番号と、部品情報61の部品番号が完全一致の場合には、S12でYESと判別され、S34が実行される。 Thus, a part number input, if part number of the component information 61 is exact match, it is determined YES in S12, S34 is executed. S34では、仕入先の仮決定が行われる。 In S34, the tentative decision of suppliers is carried out. 具体的には、S12で特定された仕入先コード「09001」を仕入先情報65(図5参照)と照合する。 Specifically, to match the "09001" specified vendor code in S12 vendor information 65 (see FIG. 5). 仕入先情報65の1行目に示されているように、仕入先コード「09001」に対応した仕入先はB社である。 As shown in the first row of the supplier information 65, the vendor corresponding to the vendor code "09001" is B company. 従って、基本部品表74に示されている部品番号「08108−00008」の仕入先として、B社が仮決定される。 Therefore, as a vendor part number "08108-00008" shown in the basic bill 74, B Company is provisionally determined.
【0025】 [0025]
S12において、入力された部品番号と、部品情報61の部品番号が完全一致していないと判別された場合(NOの場合)には、S14が実行される。 In S12, a part number input, if the part number of the component information 61 is judged to be not completely coincide (the case of NO), S14 is executed. 部品番号が完全一致しない場合とは、例えば、図14の基本部品表74の3行目に示されている部品番号「02102−00022」の上5桁「02102」は、正しいが、下5桁の「00022」が間違っていたとする。 The case where part number does not completely match, for example, part number 5 digits of "02102-00022" shown in the third line of the basic bill 74 in FIG. 14, "02102" is correct, the lower five digits and "00022" was wrong of. 図3の部品情報61の2行目に示されているように、生産されたことのある部品の番号として存在するのは「02102−00002」である。 As shown in the second line of component information 61 in FIG. 3, present as the number of parts that may have been produced it is "02102-00002". よって、部品番号「02102−00022」が入力されても、それは部品情報61に記憶されている部品番号と完全一致しない。 Therefore, even if the input part number "02102-00022", it does not exactly match the part number stored in the component information 61. このような場合には、S12においてNOと判別され、S14が実行される。 In such a case, it is determined as NO in S12, S14 is executed.
【0026】 [0026]
S14では、部品番号が部分一致しているか否かが判別される。 In S14, whether part number is partial match is determined. 部品番号が部分一致していると判別された場合(YESの場合)(例えば、入力された部品番号が「02102−00022」であり、部品情報61のそれが「02102−00002」の場合)には、S16が実行される。 If the part number is judged to be partial match (in the case of YES) (e.g., an input part number is "02102-00022", if it parts information 61 is "02102-00002") to is, S16 is executed. S14の判別において、部品番号がどの程度一致していれば部分一致であると判別するかは、自由に設定することができる。 In the determination of S14, or determines if the degree match the part number and a partial match, it can be set freely. 例えば、部品番号10桁の内の所定数(例えば、8つ)連なった番号が一致すれば部分一致と判別することもできるし、上5桁の内の所定数(例えば、4つ)連なった番号が一致すれば部分一致と判別することもできる。 For example, the predetermined number of the part number 10-digit to (e.g., eight) may be continuous number is determined to be if broad match match, a predetermined number of the upper five digits (for example, four) of continuous it is also possible number is determined to be if broad match match.
【0027】 [0027]
S16では、部分一致した部品番号が複数であるか否かが判別される。 In S16, the partial matching part number whether a plurality is determined. S16で部分一致した部品番号が複数ではないと判別された場合(NOの場合)には、S34に移行し、その部品番号に基づいて仕入先仮決定が行われる。 S16 broad match the part number in the case where it is determined not to be a multiple (in the case of NO), the process proceeds to S34, the vendor temporary decision is made based on the part number. 例えば、入力された部品番号が「02102−00022」であった場合には、それは部品情報61の2行目に示されている部品番号「02102−00002」と部分一致している。 For example, if the input part number is "02102-00022", it is partially coincident with the part number "02102-00002" shown in the second line of the component information 61. そして、その部品の仕入先コード「07013」から仕入先が仮決定される。 Then, the vendor is provisionally determined from the parts supplier code of "07013".
S16で部品番号の部分一致が複数であると判別された場合(YESの場合)には、S18に移行してそれらの部品番号の中から1つが選択される。 S16 partial match of the part number is in the case where it is determined that a plurality of (in the case of YES), but one of their part numbers proceeds to S18 is selected. この選択の基準は、例えば、複数リストアップされた部品番号の最初のものを選択したり、部品番号と設計時期とを対応付けておき、設計時期が新しい部品を選択したりする等、様々に設定することができる。 Criteria for this selection, for example, to select the first of multiple listed part numbers in advance in correspondence with the timing design and part numbers, etc. design timing or select a new component, various it can be set. また、人が部品番号を確認しながら、選択を行ってもよい。 In addition, a person while checking the part number, may be subjected to selection. S18の処理実行後、S34に移行して仕入先仮決定が行われる。 After execution of processing S18, the vendor temporary decision is made and proceeds to S34.
【0028】 [0028]
一方、S14で部品番号が部分一致ではないと判別された場合(NOの場合)には、S20が実行される。 On the other hand, part number at S14 is in the case where it is determined not to be a partial match (in the case of NO), S20 is executed.
S20では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が完全一致しているか否かが判別される。 In S20, the part name of the basic BOM 74 that is input, whether the part name of the part information 61 are completely coincident or not. 例えば、基本部品表74の2行目の部品名称「TUBE SUB−ASSY;FUEL」が入力され、S20の判別が行われたとする。 For example, the second line of the part name of the basic bill 74; be "TUBE SUB-ASSY FUEL" is input, the discrimination step S20 has been performed. 部品名称「TUBE SUB−ASSY;FUEL」は、部品情報61の4行目の部品と一致しており、その部品の製造業者コードは「08015」である。 Parts name "TUBE SUB-ASSY; FUEL" is consistent with the fourth row of the part of component information 61, the manufacturer code of the part is "08015". このように、入力された部品名称と、部品情報61の部品名称が完全一致していると判別された場合(YESの場合)には、S22が実行される。 Thus, the input part name, in a case where the part name of the part information 61 is judged to be an exact match (if YES), S22 is executed.
【0029】 [0029]
S22では、部品名称の完全一致が複数であるか否かが判別される。 In S22, exact match for part names is whether a plurality is determined. S22で部品名称の完全一致が複数ではないと判別された場合(NOの場合)には、S34に移行し、S20の処理によって特定された製造業者コード「08015」に基づいて仕入先が仮決定される。 S22 If an exact match of the part name is not determined to be the more in (NO), the process proceeds to S34, the vendor on the basis of the manufacturer code "08015" specified by the processing of S20 is tentatively It is determined.
S22で部品名称の完全一致が複数であると判別された場合(YESの場合)には、S24に移行して複数の部品名称の中から1つが選択される。 S22 exact match of the part by name within the case where it is determined that a plurality of (in the case of YES), although one out of a plurality of part names shifts are selected to S24. この選択の基準は、上述したS18の処理と同様、様々に設定することができる。 Criteria for this selection is similar to the process of S18 described above, it can be variously set. S24の処理実行後、S34に移行して仕入先仮決定が行われる。 After execution of processing S24, the vendor temporary decision is made and proceeds to S34.
【0030】 [0030]
S20で入力された部品名称と、部品情報61の部品名称が完全一致していないと判別された場合(NOの場合)には、S26が実行される。 A part name entered in S20, in a case where the part name of the part information 61 is judged to be not completely coincide (the case of NO), S26 is executed. このように判別されるのは、例えば、入力された部品名称が「TUBE SUB−ASSY」であり、部品情報61の4行目の「TUBE SUB−ASSY;FUEL」と完全一致しない場合である。 Thus being determined, for example, the input part name is "TUBE SUB-ASSY", the fourth line of the component information 61; the case where the "TUBE SUB-ASSY FUEL" does not exactly match. また、例えば、入力された部品名称が「TUVE SUB−ASSY;FUEL」のように綴りが間違っているために部品情報61のそれと完全一致しない場合にも、S20においてNOと判別される。 Further, for example, the input part name; if "TUVE SUB-ASSY FUEL" Not same exact match of parts information 61 for spelling is wrong as well, is determined as NO in S20.
【0031】 [0031]
S26では、入力された部品名称と、部品情報61の部品名称が部分一致しているか否かが判別される。 In S26, the input part name, part name of the part information 61 whether or not partial match is determined. S26で部品名称が部分一致していると判別された場合(YESの場合)(例えば、基本部品表74の部品名称が「BRACKET;EXHAUST」であり、部品情報61の部品名称が「BRACKET;EXHAUST PIPE」の場合)には、S28が実行される。 If the part name is judged to be partially coincident with S26 (the case of YES) (e.g., part names the basic bill 74; a "BRACKET EXHAUST", the part name of the part information 61 is "BRACKET; EXHAUST in the case of PIPE "), S28 is executed. 部品名称がどの程度一致していれば部分一致と判別するかは、自由に設定することができる。 If the degree to which matching component name or determines a partial match, can be set freely. 例えば、上述の部品名称「BRACKET;EXHAUST」と「BRACKET;EXHAUST PIPE」のように、2ワード以上一致していれば部分一致と判別してもよいし、部品名称を区切っているセミコロン(;)よりも前が一致していれば部分一致と判別してもよい。 For example, the above-mentioned part name; and "BRACKET EXHAUST"; as "BRACKET EXHAUST PIPE" may be determined that consistent with long as broad match two words or more, delimiting the part name semicolon (;) it may determine if partial match and they match before.
【0032】 [0032]
S28では、部品名称の部分一致が複数であるか否かが判別される。 In S28, partial match of component names whether a plurality is determined. S28で部品名称の部分一致が複数ではないと判別された場合(NOの場合)には、S34に移行して仕入先仮決定が行われる。 S28 partial match of the part by name within if it is determined not to be a multiple (in the case of NO), proceeds to the vendor temporary decision is made in S34.
S28で部品名称の部分一致が複数であると判別された場合(YESの場合)には、S32に移行して複数の部品名称の中から1つが選択される。 S28 partial match of the part by name within the case where it is determined that a plurality of (in the case of YES), although one out of a plurality of part names shifts are selected to S32. この選択の基準は、上述したS24の処理と同様、様々に設定することができる。 Criteria for this selection is similar to the process of S24 described above, it can be variously set. S28実行後、S34に移行して仕入先仮決定が行われる。 After S28 executed, the vendor temporary decision is made and proceeds to S34.
S26で部品名称が部分一致していないと判別された場合(NOの場合)には、それ以前のS12、S14、S20においてもNOと判別されたことになるので、入力された基本部品表74の部品番号も部品名称も、部品情報61と完全一致もしていないし、部分一致もしていないことになる。 If the part name is judged not to be partial match with S26 (the case of NO), it means that also is determined as NO in earlier S12, S14, S20, the basic bill entered 74 nor part number part name, do not have the parts information 61 is also completely match, so that not even a partial match. このような場合には、S32が実行され、人が部品番号や部品名称を確認しながら、適切と思われる仕入先コードをインプットする。 In such a case, S32 is executed, person while checking the part number and part name, inputting the vendor code deemed appropriate. 続いて、S34が実行され、インプットされた仕入先コードに基づいて、仕入先が仮決定される。 Subsequently, S34 is executed, based on the input by the vendor code, vendor is provisionally determined.
【0033】 [0033]
S34の次に、S36が行われる。 Next to the S34, S36 is performed. S36では、S34で仕入先を仮決定するために用いられた部品情報61に基づく部品番号や部品名称によって基本部品表74を更新する。 In S36, the updated basic BOM 74 by the part numbers and part names based on the component information 61 used to provisionally determine the vendor at S34. S36が行われると、基本部品表74の間違いや歯抜け等が是正される。 When S36 is performed, errors or toothless like basic bill 74 is corrected.
以上の処理を実行してから、仕入先仮決定処理S10を終了する。 After running the above process, and ends the vendor temporary determination processing S10.
【0034】 [0034]
図12に示されているように、仕入先仮決定処理S10に続いて箱サイズ仮決定処理S40が行われる。 As shown in FIG. 12, the box size tentatively determined process S40 following the vendor temporary determination process S10 is performed. 箱サイズ仮決定処理S40の詳細は、図15に示されている。 Details of the box size provisional determination processing S40, shown in Figure 15.
箱サイズ仮決定処理S40では、基本部品表入力部42を用いて基本部品表74の部品番号、部品名称、自動車生産工場等が入力されるとともに、部品情報記憶部14に記憶されている部品情報61、拠点情報記憶部18に記憶されている仕入先情報65や生産工場情報66、箱情報記憶部16に記憶されている箱情報64を参照しながら、以下に記載する手順に従って箱サイズが仮決定される。 In Box Size provisional determination processing S40, component information part number of the basic bill 74 using the basic bill input unit 42, a part name, together with the automobile production plant or the like is input, are stored in the component information storage section 14 61, base information storage unit 18 the vendor information 65 stored in and production factory information 66, with reference to the box information 64 stored in the box information storage unit 16, a box size according to the procedure described below It is tentatively determined.
箱サイズ仮決定処理S40の最初の処理S42では、入力された基本部品表74の部品番号と、部品情報61に記憶されている部品番号が完全一致しているか否かが判別される。 In the first process box size provisional determination processing S40 S42, and part number of the base parts table 74 is input, whether part number stored in the component information 61 is completely match is determined. 例えば、基本部品表74の4行目に示されている部品番号「07107−00007」が入力された場合には、それは部品情報61の7行目の部品番号と完全に一致している。 For example, if the part number "07107-00007" shown in the fourth row of the basic bill 74 is inputted, it is an exact match to the seventh row of the part number of the component information 61. そして、その部品番号に対応した箱番号は「60CX」である。 Then, box number corresponding to the part number is "60CX".
【0035】 [0035]
S42の判別において、入力された基本部品表74の部品番号と、部品情報61の部品番号が完全一致していると判別された場合(YESの場合)にはS82が実行される。 In the determination of S42, the part number of the basic parts table 74 is input, S82 if the part number of the component information 61 is judged to be an exact match (if YES) is executed. S82では、箱サイズが仮決定される。 In S82, the box size is provisionally determined. 具体的には、S42で特定された箱番号「60CX」を箱情報記憶部16に記憶されている箱情報64(図4参照)と照合する。 Specifically, to match the box information 64 stored the box number "60CX" specified in S42 in the box information storage unit 16 (see FIG. 4). 箱情報64の1行目に示されているように、箱番号「60CX」のL寸法は0.304(m)、W寸法は0.381(m)、H寸法は0.177(m)である。 As shown in the first line of the box information 64, the box number L dimension of "60CX" is 0.304 (m), W dimension 0.381 (m), H dimensions are 0.177 (m) it is. このようにして、部品番号「07107−00007」を収容して輸送する箱として、上記のサイズのものが仮決定される。 In this manner, as a box for transporting and accommodating a part number "07107-00007", those of the above size is provisionally determined.
S42において、入力された基本部品表74の部品番号と、部品情報61の部品番号が完全一致していないと判別された場合(NOの場合)には、S44が実行される。 In S42, the part number of the basic parts table 74 is input, if the part number of the component information 61 is judged to be not completely coincide (the case of NO), S44 is executed.
【0036】 [0036]
S44では、入力された基本部品表74の部品番号と、部品情報61の部品番号が部分一致し、かつ入力された基本部品表74の自動車生産工場と、部品情報の自動車生産工場が一致しているか否かが判別される。 In S44, the part number of the basic parts table 74 is input, part number to match partial part information 61, and a vehicle production factory basic BOM 74 that is input, an automobile production plant parts information matches dolphin whether or not. 例えば、基本部品表74の3行目に示されている部品番号「02102−00022」が入力された場合には、その部品番号は、部品情報61の2行目の部品番号「02102−00002」と部分一致しており、箱番号は「40WV」である。 For example, if the part number "02102-00022" shown in the third line of the basic bill 74 is input, the part number, the second line of the part number of the part information 61 "02102-00002" and partially consistent with, the box number is "40WV". また、その部品の自動車生産工場は、基本部品表74によれば「M工場」であり、部品情報61によっても「M工場」である。 In addition, automobile production plant of its parts, according to the basic parts table 74 is "M factory", also by the component information 61 is "M factory". 従って、基本部品表74の部品番号と、部品情報61の部品番号が部分一致しており、かつ基本部品表74の自動車生産工場と、部品情報の自動車生産工場が一致している。 Accordingly, a part number of basic parts table 74, part number of the component information 61 is partially coincident, and the automotive production plant base bill 74, automobile production plant component information matches. よって、S44ではYESと判別され、S46に移行する。 Therefore, it is determined as YES at S44, the process proceeds to S46.
S44の処理において自動車生産工場が一致するか否かを含めて判別を行うのは、同じ部品番号の部品であっても、生産工場によって使用する箱のサイズが異なる場合があるからである。 Perform determination, including whether an automobile production plant coincide in the processing at S44 can be a part of the same part number, the size of the box to be used by the production plant is because there may be different.
【0037】 [0037]
S46では、入力された基本部品表74の部品番号と、部品情報61の部品番号が部分一致しており、かつ入力された基本部品表74の自動車生産工場と、部品情報の自動車生産工場が一致している部品が複数あるか否かが判別される。 In S46, the part number of the basic parts table 74 is input, and car manufacturing plants basic BOM 74 part number has broad, and entered the component information 61, vehicle production factory component information one parts that match whether plural or not. S46で部品番号が部分一致し、かつ自動車生産工場が一致している部品が複数ないと判別された場合(NOの場合)には、S82を実行することにより箱サイズの仮決定が行われる。 Part number partially match S46, and in a case where parts automobile production plant are matched is determined not a plurality (in the case of NO), the tentative decision of the box size is performed by executing S82. 上述したように、S44で特定された部品の箱番号は「40WV」である。 As described above, the box number of the component identified in S44 is "40WV". 従って、この箱番号「40WV」を図4に示されている箱情報64と照合することにより、L寸法0.228(m)、W寸法0.228(m)、H寸法0.152(m)が仮決定される。 Therefore, by comparing a box information 64 shown with the box number "40WV" in FIG. 4, L dimension 0.228 (m), W dimension 0.228 (m), H size 0.152 (m ) is provisionally determined.
S46で部品番号が部分一致し、かつ自動車生産工場が一致している部品が複数あると判別された場合には、S48が実行される。 Part number partially match S46, and when the parts automobile production plant are matched is determined to have multiple, S48 is executed. S48では、それらの複数の部品の中から1つの部品が選択される。 In S48, 1 single component is selected from among the plurality of components. この選択の基準は、設計が新しい部品を選択する等、様々に設定することができる。 Criteria for this selection is equal to the design to select a new part can be set variously. また、人によって選択することもできる。 In addition, it can also be selected by the people. S48を実行してから、S82に移行して箱サイズが仮決定される。 S48 from running, the box size is provisionally determined to migrate to S82.
一方、S44でNOと判別された場合には、S50が行われる。 On the other hand, if it is determined that the NO in S44 is, S50 is performed.
【0038】 [0038]
S50では、部品番号が部分一致しているか否かが判別される。 In S50, whether part number is partial match is determined. S50で部品番号が部分一致していると判別された場合(YESの場合)には、S52が実行される。 Part number in S50 is the case it is determined to be partial match (if YES), S52 is executed.
S52では、部品番号が部分一致している部品が複数あるか否かが判別される。 In S52, part part number is broad match whether or not there are a plurality of or not. S52で部品番号が部分一致している部品が複数ないと判別された場合(NOの場合)には、S82に移行してその部品を輸送する箱のサイズが仮決定される。 Component S52 by part number is broad match to if it is determined not a plurality (in the case of NO), the size of the box for transporting the part goes to S82 is tentatively determined. S52で部品番号が部分一致している部品が複数あると判別された場合(YESの場合)には、S54に移行して複数の部品の中から1つが選択される。 Component S52 by part number is broad match the case where it is determined that there are a plurality (in the case of YES), although one out of a plurality of components migrate chosen S54. そして、S82に移行して箱サイズが仮決定される。 Then, the box size is provisionally determined to migrate to S82.
S50で部品番号が部分一致していないと判別された場合(NOの場合)には、S56が実行される。 Part number in S50 is the case where it is determined not to be partial match (in the case of NO), S56 is executed.
【0039】 [0039]
S56では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が完全一致し、かつ入力された基本部品表74の自動車生産工場と、部品情報61の自動車生産工場が一致しているか否かが判別される。 In S56, the part name of the basic BOM 74 that is input, the part name of the part information 61 is exact, and the automotive production plant base bill 74 which is input, automobile production plant part information 61 matches whether it has or not. S56で部品名称が完全一致しており、かつ自動車生産工場が一致している場合(YESの場合)には、S58が実行される。 S56 component name is completely matched, and in a case where an automobile production plant match (if YES), S58 is executed.
S58では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が完全一致しており、かつ入力された基本部品表74の自動車生産工場と、部品情報61の自動車生産工場が一致している部品が複数あるか否かが判別される。 In S58, the part name of the basic BOM 74 that is input, the part name of the part information 61 are fully matched, and the automotive production plant base bill 74 which is input, automobile production plant part information 61 consistent with that part whether or not there are a plurality of or not. S58で部品名称が完全一致し、かつ自動車生産工場が一致している部品が複数ないと判別された場合(NOの場合)には、S82に移行して箱サイズが仮決定される。 Part name is an exact match in S58, and in a case where parts automobile production plant are matched is determined not a plurality (in the case of NO), the box size is provisionally determined the process proceeds to S82. S58で部品名称が完全一致し、かつ自動車生産工場が一致している部品が複数あると判別された場合(YESの場合)には、S60が実行される。 Part name is an exact match in S58, and in a case where parts automobile production plant are matched is determined that there multiple (in the case of YES), S60 is executed.
S60では、複数の部品の中から1つが選択される。 In S60, one of a plurality of components is selected. そして、S82を行うことにより箱サイズが仮決定される。 Then, the box size is provisionally determined by performing the S82.
S56でNOと判別された場合には、S62が実行される。 If it is determined that NO is S56, S62 is executed.
【0040】 [0040]
S62では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が部分一致し、かつ入力された基本部品表74の自動車生産工場と、部品情報61の自動車生産工場が一致しているか否かが判別される。 In S62, the part name of the basic BOM 74 that is input, the part name is partial match of the parts information 61, and a vehicle production factory basic BOM 74 that is input, an automobile production plant part information 61 matches whether it has or not. S62で部品名称が部分一致しており(例えば、基本部品表74の部品名称が「SUPPORT;RADIATOR」であり、部品情報61の名称が「SUPPORT;RADIATOR LWR」である場合)、かつ自動車生産工場が一致している場合(YESの場合)には、S64が実行される。 S62 part name has partially match (e.g., part names the basic bill 74; a "SUPPORT RADIATOR", the name of the component information 61; if "SUPPORT RADIATOR LWR"), and automobile production plant There the If they match (in the case of YES), S64 is executed.
S64では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が部分一致し、かつ入力された基本部品表74の自動車生産工場と、部品情報の自動車生産工場が一致している部品が複数あるか否かが判別される。 In S64, the part name of the basic BOM 74 that is input, the part name is partial match of the parts information 61, and a vehicle production factory basic BOM 74 that is input, an automobile production plant parts information matches parts there are whether or not there are a plurality of or not. S64で部品名称が部分一致し、かつ自動車生産工場が一致している部品が複数ないと判別された場合(NOの場合)には、S82に移行して箱サイズが仮決定される。 Part name is partially match S64, and in a case where parts automobile production plant are matched is determined not a plurality (in the case of NO), the box size is provisionally determined the process proceeds to S82.
S64で部品名称が部分完全一致し、かつ自動車の生産工場が一致している部品が複数あると判別された場合(YESの場合)には、S66が実行される。 Part name is part perfectly matched S64, and in a case where parts automobile production plant are matched is determined that there multiple (in the case of YES), S66 is executed.
S66では、複数の部品の中から1つが選択される。 In S66, one of a plurality of components is selected. そして、S82を行うことにより箱サイズが仮決定される。 Then, the box size is provisionally determined by performing the S82.
S62でNOと判別された場合には、S68が実行される。 If it is determined that NO is S62, S68 is executed.
【0041】 [0041]
S68では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が完全一致しているか否かが判別される。 In S68, the part name of the basic BOM 74 that is input, whether the part name of the part information 61 are completely coincident or not. S68で部品名称が完全一致していると判別された場合(YESの場合)には、S70が実行される。 In the case where the part name is determined to be completely consistent with S68 (the case of YES), S70 is executed.
S70では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が完全一致している部品が複数あるか否かが判別される。 In S70, the part name of the basic bill 74 with the input component part name of the part information 61 are completely match whether or not there are a plurality of or not. S70で部品名称が完全一致している部品が複数ないと判別された場合(NOの場合)には、S82に移行して箱サイズが仮決定される。 Component part name in S70 are exact matches in if it is determined not a plurality (in the case of NO), the box size by migration is provisionally determined to S82. S70で部品名称が完全一致している部品が複数あると判別された場合(YESの場合)には、S72が実行される。 Component part name in S70 is completely match the case where it is determined that there are a plurality (in the case of YES), S72 is executed.
S72では、複数の部品の中から1つが選択される。 In S72, one of a plurality of components is selected. そして、S82を行うことにより箱サイズが仮決定される。 Then, the box size is provisionally determined by performing the S82.
S68でNOと判別された場合には、S74が実行される。 If it is determined that NO is S68, S74 is executed.
【0042】 [0042]
S74では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が部分一致しているか否かが判別される。 In S74, the part name of the basic BOM 74 that is input, the part name of the part information 61 whether or not partial match is determined. S74で部品名称が部分一致していると判別された場合(YESの場合)には、S76が行われる。 Part name in S74 is the case it is determined to be partial match (if YES), S76 is performed.
S76では、入力された基本部品表74の部品名称と、部品情報61の部品名称が部分一致している部品が複数あるか否かが判別される。 In S76, the part name of the basic bill 74 with the input component part name of the part information 61 are partial match is whether or not there are a plurality of or not. S76でNOと判別された場合には、S82に移行して箱サイズが仮決定される。 If it is determined that NO is S76, the box size and migration is provisionally determined in S82. S76でYESと判別された場合には、S78が実行される。 When it is judged as YES in S76, S78 is executed.
S78では、複数の部品の中から1つが選択される。 In S78, one of a plurality of components is selected. そして、S82を行うことにより箱サイズが仮決定される。 Then, the box size is provisionally determined by performing the S82.
S74で部品名称が部分一致していないと判別された場合(NOの場合)には、S80が実行される。 Part name in S74 is the case where it is determined not to be partial match (in the case of NO), S80 is executed.
【0043】 [0043]
S74でNOと判別された場合には、それ以前のS42、S44、S50、S56、S62、S68においてもNOと判別されている。 If it is determined NO in S74 it is determined as NO even in the previous S42, S44, S50, S56, S62, S68. 従って、この場合には、部品番号、自動車生産工場、部品名称に基づいて箱サイズを仮決定することができなかったことになる。 Therefore, in this case, part number, automobile production plant, so that it was not possible to provisionally determine the box size based on the part name. そこで、S74でNOと判別された場合に実行されるS80では、人が部品番号、自動車生産工場、部品名称を確認しながら適切と思われる箱番号をインプットする。 Therefore, in the S80 is executed when it is determined that the NO in S74, person to input a part number, automobile production factory, box number that is deemed appropriate while checking the parts name. そして、S82が実行され、インプットされた箱番号に基づいて箱サイズの仮決定が行われる。 Then, S82 is executed, the provisional determination of the box size is performed based on the input by a box number.
S82に続いて実行されるS84では、箱サイズを仮決定するために用いられた部品情報61の部品番号や部品名称で基本部品表74を更新する。 In S84 is executed subsequently to S82, and updates the basic BOM 74 as part number or part name of the part information 61 used to provisionally determine the box size. そして、箱サイズ仮決定処理S40を終了する。 Then, to end the box size provisional determination processing S40.
【0044】 [0044]
図12に示されているように、箱サイズ仮決定処理S40に続いて、企画されている自動車の計画生産台数が入力される。 As shown in FIG. 12, following the box size provisional determination processing S40, the planned production number of the car being planned is input. 次に、輸送エネルギー算出処理S102が実行される。 Then, transportation energy calculation process S102 is performed. 輸送エネルギー算出処理S102を含めて、後述する輸送費や物流費の算出に係るS112〜S132は、物流費等算出処理部S50で処理される。 Including transportation energy calculating process S102, S112~S132 according to the calculation of transportation costs and logistics costs, which will be described later, is processed in distribution expenses calculation processing unit S50.
なお、以下においては、上述した仕入先仮決定処理S10、箱サイズ仮決定処理S40が実行された結果として、部品情報61の1行目と8行目に示されている「RETAINER;INSTR PANEL(以下、リテーナと記す)」(部品番号「01101−00001」)、「ROD SUB−ASSY;ENGINE(以下、ロッドと記す)」(部品番号「08108−00008」)に基づいて、リテーナとロッドの仕入先としてB社のC工場が仮決定されているものとする。 In the following, as a result of the vendor temporary determination processing S10 described above, the box size tentatively determined process S40 is executed, is shown in the first row and the eighth row of the part information 61 "RETAINER; INSTR PANEL (hereinafter, referred to as retainer) "(part number" 01101-00001 ")," rOD SUB-ASSY; ENGINE (hereinafter, referred to as rod) "based on (part number" 08108-00008 "), the retainer rod Company B C plant is assumed to be provisionally determined as a vendor. また、リテーナを輸送する箱のサイズとしてL寸法0.304(m)、W寸法0.381(m)、H寸法0.177(m)(箱番号「60CX」)が仮決定されているとする。 Further, L size 0.304 as the size of the box to transport retainer (m), W dimension 0.381 (m), the H dimension 0.177 (m) (box number "60CX") is temporarily determined to. ロッドを輸送する箱のサイズとして、L寸法0.608(m)、W寸法0.381(m)、H寸法0.177(m)(箱番号「31CV」)が仮決定されているものとする。 As the size of the box for transporting rods, as L size 0.608 to (m), W dimension 0.381 (m), H size 0.177 (m) (box number "31CV") is temporarily determined to. 企画されている自動車の生産工場としては、M工場が入力されているものとする。 The production plants of the car that has been planned, it is assumed that the M factory has been entered. 自動車当たりの部品の使用個数は、リテーナ150個、ロッド6個が入力されているものとする。 Using the number of components per car is assumed to 150 retainer, six rods are input.
【0045】 [0045]
輸送エネルギー算出処理S102の詳細は、図16に示されている。 Details of transportation energy calculating process S102 is shown in FIG. 16. 輸送エネルギー算出処理S102の最初の処理S104では、部品当りの体積が算出される。 In the first process of transporting energy calculating process S102 S104, volume per part is calculated. リテーナを輸送する箱(箱番号「60CX」)と、ロッドを輸送する箱(箱番号「31CV」)のサイズは上述したとおりである。 A box to transport retainer (box number "60CX"), the size of the box (box number "31CV") for transporting the rod is as described above. 従って、リテーナとロッドを輸送する箱の体積は、それぞれ次のようになる。 Thus, the volume of the box for transporting the retainer and the rod, respectively as follows.
0.304×0.381×0.177=0.0205(m )(リテーナ) 0.304 × 0.381 × 0.177 = 0.0205 ( m 3) ( retainer)
0.608×0.381×0.177=0.0410(m )(ロッド) 0.608 × 0.381 × 0.177 = 0.0410 ( m 3) ( Rod)
図3の部品情報61に示されているように、リテーナは、1箱当り300個収容することができる。 As shown in part information 61 of FIG. 3, the retainer can accommodate 300 per box. ロッドは、1箱当り12個収容することができる。 Rods can accommodate twelve per box. よって、リテーナとロッドを1個輸送するのに必要とする体積(以下、輸送に要する体積を「輸送体積」と言う)は、次に示すように、箱の体積を収容個数で割ることにより求まる。 Therefore, the volume that needs to one transport retainer and the rod (hereinafter, the volume required for transporting referred to as "transport volume"), as follows, determined by dividing the volume of the box with contained numbers .
0.0205/300=0.0000683(m /個)(リテーナ) 0.0205 / 300 = 0.0000683 (m 3 / number) (retainer)
0.0410/12=0.00342(m /個)(ロッド) 0.0410 / 12 = 0.00342 (m 3 / number) (Rod)
【0046】 [0046]
S104に続くS106では、自動車当りの部品の輸送体積が算出される。 In subsequent S106 to S104, part of the transport volume per vehicle is calculated. 上述したように、リテーナとロッドは自動車当りそれぞれ150個、6個使用される。 As described above, the retainer and the rod 150 respectively per car, is six used. よって、自動車当りのリテーナとロッドの輸送体積は、1個の輸送体積と、自動車当りの使用個数の積として求まる。 Therefore, transport volume of the retainer and the rod per vehicle, and one transport volume, calculated as the product of the number of used per automobile.
0.0000683×150=0.0102(m )(リテーナ) 0.0000683 × 150 = 0.0102 (m 3 ) ( retainer)
0.00342×6=0.0205(m )(ロッド) 0.00342 × 6 = 0.0205 (m 3 ) ( Rod)
【0047】 [0047]
S108では、自動車当りの部品の輸送エネルギーが算出される。 In S108, part of the transportation energy per vehicle is calculated. 上述したように、リテーナとロッドの仕入先はB社のC工場であり、リテーナとロッドが使用される自動車が生産されるのはM工場である。 As described above, the vendor of the retainer and the rod is B company C factory, the automobile retainer and the rod is used is produced is M factory. 2点間距離情報記憶部20に記憶されている2点間距離情報67(図7参照)に示されているように、C工場とM工場間の距離は93(km)である。 Between two points in distance between two points information storage unit 20 is stored distance information 67 as shown in (see FIG. 7), the distance between C factory and M factory is 93 (miles).
2点間距離情報67が記憶している2点間距離は、地図ネットワーク情報記憶部19が記憶しているネットワークモデルが持っているノード(点)とアーク(線)を用いて2点間距離算出処理部48が算出したものである。 Distance between two points where the distance between the two points information 67 is stored, the distance between two points using node with the network model map the network information storage unit 19 stores (point) arc (line) calculation processing unit 48 and is calculated. 例えば、上述したC工場とM工場間の距離を算出する場合には、仕入先情報65と生産工場情報66とからC工場、M工場の住所を抽出する(C工場は、仕入先情報65の仕入先コード「09001」の下1桁「1」から特定される)。 For example, when calculating the distance between the C factory and M plants described above, C Plant extracts the address M factory from the vendor information 65 and production factory information 66. (C plant, vendor information is specified from 65 vendor code digit of "09001", "1"). 抽出される住所は、C工場が「静岡県浜松市A町」であり、M工場が「愛知県豊田市H町」である。 Address to be extracted is a C plant "Hamamatsu, Shizuoka Prefecture A town", M factory is "Toyota City, Aichi Prefecture H town".
これらの住所と、地図ネットワーク情報記憶部19のネットワークモデルを照合すると、ネットワークモデル上のC工場とM工場に対応したノードと、ノードどうしを結ぶアークが特定される。 And these addresses, the matching network model map network information storage unit 19, an arc connecting the C plants and the node corresponding to the M factory on the network model, the nodes each other are identified. そして、特定されたノードとアークを用いて2点間距離算出処理部48がC工場とM工場間の距離93(km)を算出する。 The distance between two points calculation processing unit 48 calculates the distance 93 (km) between the C factory and M plants using the identified nodes and arcs. このようにして算出されたC工場とM工場間の距離は、2点間距離情報記憶部20の2点間距離情報67に記憶される。 Thus the distance between the calculated C factory and M factory is stored between two points between two points distance information storage unit 20 distance information 67.
【0048】 [0048]
自動車当りの部品の輸送エネルギーは、S106で求めた自動車当りの部品の輸送体積に工場間の往復距離を乗ずることにより算出される。 Parts of transportation energy per car is calculated by multiplying the reciprocal distance between plants in transport volume parts per automobile calculated in S106.
0.0102×93×2=1.90(m ・km)(リテーナ) 0.0102 × 93 × 2 = 1.90 ( m 3 · km) ( retainer)
0.0205×93×2=3.81(m ・km)(ロッド) 0.0205 × 93 × 2 = 3.81 ( m 3 · km) ( Rod)
S108に続くS110では、仕入先/自動車当りの部品の輸送エネルギーが算出される。 In subsequent S110 to S108, part of the transportation energy suppliers / per vehicle is calculated. リテーナとロッドは、共にB社のC工場から仕入れられる。 The retainer and the rod are purchased from both company B C plant. 従って、C工場からリテーナとロッドを仕入れる場合の仕入先/自動車当りの部品の輸送エネルギーは、上記のリテーナとロッドの自動車当りの部品の輸送エネルギーの和として算出される。 Therefore, parts of the transport energy of the vendor / per car when the C factory stocking retainer and the rod is calculated as the sum of the transport energy component per car of the retainer and the rod.
1.90+3.81=5.71(m ・km) 1.90 + 3.81 = 5.71 (m 3 · km)
以上の処理を実行してから、輸送エネルギー算出処理S102を終了する。 After running the above process, and ends the transport energy calculating process S102.
【0049】 [0049]
図12に示されているように、輸送エネルギー算出処理S102に続いて、輸送効率算出処理S112が実行される。 As shown in FIG. 12, following the transport energy calculating process S102, the transport efficiency calculation process S112 is performed.
図17に詳細が示されているように、輸送効率算出処理S112は、トレーラ情報記憶部22に記憶されているトレーラ情報68と、2点間距離情報記憶部20に記憶されている2点間距離情報67を用いて、S114でミルクラン(Milk Run)係数を算出する。 As detailed in Figure 17 is shown, the transport efficiency calculation process S112 includes a trailer information 68 stored in the trailer information storage unit 22, between two points stored in the point-to-point distance information storage unit 20 using the distance information 67, calculates the milk run (Milk Run) coefficients S114. ミルクラン係数とは、理想的な輸送費に対して、現実の輸送費がどの程度になっているかを示す係数である。 The milk run coefficient, is a factor that indicates to the ideal transport costs, whether the reality of the transport costs have become what extent.
ミルクラン係数について、具体例を交えて説明する。 For milk run coefficient will be described sprinkled with specific examples. 例えば、図18に示されているように、仕入先のC工場からM工場にリテーナとロッドをトレーラ15で輸送する場合、トレーラ15は自動車を生産しているM工場を出発し、仕入先のC工場とQ工場に立ち寄って部品を積み込み、M工場に戻ってくる巡回を行うものとする。 For example, as shown in Figure 18, when the retainer and the rod M factory from the vendor of C factory transport trailer 15, the trailer 15 is departed M sites producing automobiles, suppliers loading the parts stop by the previous C factory and Q factory, it is assumed that the come patrol to return to the M factory. トレーラ15による巡回をどのようなルートで行うのかは、工場の地理的条件、輸送に用いることができるトレーラの台数等を考慮して設定される。 Or perform cyclic by trailer 15 in any route, geographical conditions of the plant, are set in consideration of the number and the like of a trailer which can be used for transportation.
なお、説明の簡略化のために、トレーラ15は工場間を直行するものとしているが、中継拠点を経由することもある。 In order to simplify the description, the trailer 15 has been assumed that the orthogonal between plants, sometimes via the relay base. トレーラ15の車種は、その積載可能体積や稼働可能台数等を考慮して、トレーラコード「T75」のものが用いられるものとする。 Model of the trailer 15, in view of its stackable volume and operable number or the like, it is assumed that the used ones of the trailer code "T75".
【0050】 [0050]
M工場とC工場、C工場とQ工場、Q工場とM工場の間の距離は、それぞれ93(km)、82(km)、140(km)である。 M Plant and C Plant C Plant and Q factory, the distance between the Q factories and M factory, respectively 93 (km), 82 (km), a 140 (miles). これらの距離は、2点間距離情報67を用いて求められる。 These distances are determined using the two-point distance information 67. トレーラ15がM工場を出発し、C工場とQ工場に立ち寄ってからM工場に戻ってくるまでの走行距離(1巡回当りの走行距離)は、工場間距離の総和である。 Trailer 15 departs M factory, the travel distance from the stop by the C factory and Q factory to come back to M Plant (travel distance per cyclic) is the sum of plant spacing.
93+82+140=315(km) 93 + 82 + 140 = 315 (km)
C工場とQ工場の1日当りの部品の生産量は、それぞれ50(m /日)、40(m /日)であるとする。 Production of 1 day parts C factory and Q factories, respectively 50 (m 3 / day), and a 40 (m 3 / day). 従って、C工場とQ工場の1日当りの生産量のトータルは、90(m /日)(50+40=90)である。 Thus, the total daily production of C plants and Q plant is 90 (m 3 / day) (50 + 40 = 90).
図8のトレーラ情報68に示されているように、トレーラコード「T75」のトレーラ15の積載可能体積は75(m )であり、C工場とQ工場の1日当りの生産量のトータルである90(m /日)以下である。 As shown in trailer information 68 in FIG. 8, stackable volume of the trailer 15 the trailer code "T75" is 75 (m 3), is the total daily production of C plants and Q Plant 90 (m 3 / day) is less than or equal to. 従って、トレーラ15は1日に2回、C工場とQ工場を巡回しないと、生産された部品を輸送することができない。 Thus, the trailer 15 is 2 times a day, unless visited C factory and Q plant, can not be transported the produced parts. よって、トレーラ15の1日当りの走行距離は、上述した1巡回当りの走行距離である315(km)の2倍の630(km)になる【0051】 Thus, daily mileage of the trailer 15 will 630 (miles) of twice a running distance per cyclic described above 315 (miles) [0051]
一方、輸送費の観点からは、図19に示されているように、トレーラ15がM工場とC工場間、M工場とQ工場間を直接往復するのが理想的である。 On the other hand, from the viewpoint of transportation costs, as shown in Figure 19, between the trailer 15 M factory and C plants, it is ideal to reciprocally directly between M factory and Q plants. なぜならば、トレーラ15がC工場とQ工場を巡回するときのC工場からQ工場へのルートが不要になるからである。 This is because the root of the C factory Q to the factory when the trailer 15 is to patrol the C factory and Q factory is because become unnecessary. M工場とC工場、M工場とQ工場の往復走行距離は、次のようになる。 M factory and C factory, round-trip mileage of M factory and Q factory is as follows.
93×2=186(km)(M工場〜C工場) 93 × 2 = 186 (km) (M factory ~C factory)
140×2=280(km)(M工場〜Q工場) 140 × 2 = 280 (km) (M factory ~Q factory)
【0052】 [0052]
また、トレーラ15は、C工場とQ工場で積載可能体積が一杯になってからM工場に戻るものとする。 Moreover, the trailer 15 is stackable volume with C Plant and Q plant is assumed to return from becoming full in M ​​factory. このように仮定すると、トレーラ15の1日当りの走行距離は、M工場とC工場、M工場とQ工場の往復距離に、C工場とQ工場それぞれの一日当りの生産量に対するトレーラ15の積載可能体積の比を乗じることにより算出される。 With this assumption, per day mileage of the trailer 15, M factory and C plants, the reciprocating distance of M factory and Q plants, can be loaded in the trailer 15 for daily production of each C factory and Q Plant It is calculated by multiplying the ratio of the volume.
186×50/75=124(km)(M工場〜C工場) 186 × 50/75 = 124 (km) (M Plant ~C Plant)
280×40/75=149(km)(M工場〜Q工場) 280 × 40/75 = 149 (km) (M factory ~Q factory)
従って、トレーラ15のM工場とC工場、M工場とQ工場についての1日当りの走行距離の和は、次の値となる。 Thus, daily sum of the travel distances for M factory and C Plant, M Plant and Q Plant trailer 15 is a next value.
124+149=273(km) 124 + 149 = 273 (km)
ミルクラン係数は、この理想的な輸送を行った場合の走行距離(273(km))で上述した現実の走行距離(630(km))を割ることにより求まり、次のようになる。 Milk run coefficient is approximated by the dividing the ideal traveling distance in the case of performing transport (273 (km)) actual travel distance described above in (630 (km)), as follows.
ミルクラン係数=630/273=2.31 Milk run coefficient = 630/273 = 2.31
輸送費は走行距離に比例する。 Transportation cost is proportional to the distance traveled. よって、理想的な輸送を行った場合に比べて、現実の輸送費は2.31倍になっている。 Thus, compared to the case of performing the ideal transport, the reality of transportation costs has become 2.31 times.
S114の処理でミルクラン係数を算出してから、輸送効率算出処理S112を終了する。 Processing after calculating the milk run coefficient of S114, finishes the transport efficiency calculation process S112.
【0053】 [0053]
図12に示されているように、輸送効率算出処理S112に続いて、輸送原価予測処理S116が行われる。 As shown in FIG. 12, following transport efficiency calculation process S112, transportation cost prediction process S116 is performed. 輸送原価予測処理S116では、輸送費実績情報記憶部26に記憶されている輸送費実績情報69(図9参照)を用いて輸送原価(マイレージコスト)を求める。 In transportation cost prediction process S116, using the transportation costs result information storage unit 26 transportation costs results stored in the information 69 (see FIG. 9) determine the transport costs (mileage costs). 具体的には、トレーラ15が巡回するルートと、トレーラ15の車種を輸送費実績情報69と照合することにより、輸送原価を求める。 Specifically, the route trailer 15 is cyclic, by matching the vehicle type of the trailer 15 and transport costs record information 69, obtains the transportation cost. 上述したように、トレーラ15は、M工場を出発し、仕入先のC工場とQ工場に立ち寄って部品を積み込み、M工場に戻ってくる巡回を行う。 As mentioned above, the trailer 15, left the M factory, loading the parts stop by C Plant and Q factories of suppliers, carry out the patrol to come back to the M factory. また、輸送に用いられるトレーラ15は、トレーラコード「T75」のものである。 Moreover, the trailer 15 for use in transport is of trailer code "T75". 図9から明らかなように、このような輸送巡回ルートとトレーラコードに合致するのは、輸送費実績情報69の2行目に示されている輸送費実績であり、その輸送原価(マイレージコスト)は「164(円/km)」である。 As apparent from FIG. 9, to conform to such transportation patrol route and trailer code is a shipping costs proven shown in the second line of transportation costs result information 69, the transport costs (mileage costs) is "164 (yen / km)".
【0054】 [0054]
S116の次に、輸送費算出処理S120が行われる。 To the next S116, transportation cost calculation processing S120 is performed. この処理では、輸送エネルギー算出処理S102(図16参照)のS110で算出された仕入先/自動車当りの部品の輸送エネルギー(5.71(m ・km))に、輸送効率算出処理S112(図17参照)のS114で算出されたミルクラン係数(2.31)が掛けられる。 In this process, the transportation energy calculating process S102 S110 calculated in the Vendor / car per parts transport energy (see FIG. 16) (5.71 (m 3 · km)), transport efficiency calculation process S112 ( milk runs coefficient calculated in S114 of FIG. 17) (2.31) is multiplied.
5.71×2.31=13.2(m ・km) 5.71 × 2.31 = 13.2 (m 3 · km)
上記の値をトレーラ15の積載可能体積(75(m ))で割ると、リテーナとロッドについての自動車1台当りの輸送エネルギーが求まる。 Dividing the above values in stackable volume of the trailer 15 (75 (m 3)) , transport the energy of the automobile per one of the retainer and the rod is obtained.
13.2/75=0.176(km/台) 13.2 / 75 = 0.176 (km / table)
そして、この輸送エネルギーに輸送原価(164(円/km)を掛けると、自動車1台当りのリテーナとロッドの輸送費が算出される。 Then, when multiplied by the transport costs to the transport energy (164 (yen / km), transportation costs of one per retainer and the rod vehicle is calculated.
0.176×164=28.9(円/台) 0.176 × 164 = 28.9 (yen / unit)
【0055】 [0055]
図12に示されているように、輸送費算出処理S120に続いて、管理費算出処理S124が実行される。 As shown in FIG. 12, following the transportation cost calculation process S120, the management cost calculation process S124 is performed. 具体的には、管理費実績情報記憶部32に記憶されている管理費実績情報72(図11参照)から、企画されている自動車の生産が予定されている自動車生産工場の体積当りの管理費を求め、その管理費に自動車1台当たりの部品の輸送体積を掛けることにより、自動車1台当たりの管理費が算出される。 Specifically, administrative expenses results information from the storage unit 32 and administrative expenses record information stored in the 72 (see FIG. 11), administrative expenses per volume of automobile production plant the production of automobiles has been planned is scheduled the calculated, by multiplying the transport volume parts per vehicle to the administrative costs, administrative costs per vehicle is calculated.
図11に示されているように、企画されている自動車が生産されことになっているM工場の管理費は、420(円/m )である。 As shown in Figure 11, administrative expenses M factory car being planned is supposed to be produced is 420 (yen / m 3). リテーナとロッドの自動車1台当たりの輸送体積は、輸送エネルギー算出処理S102のS106で算出されており、それぞれ0.0102(m )、0.0205(m )である。 Transport volume per vehicle retainer and rods, S106 are calculated in the transportation energy calculating process S102, respectively 0.0102 (m 3), which is 0.0205 (m 3). これらの和は・・・・。 These sum ....
0.0102+0.0205=0.0307(m 0.0102 + 0.0205 = 0.0307 (m 3 )
従って、リテーナとロッドを輸送するために必要な自動車1台当りの管理費は、次のようになる。 Therefore, one per administrative expenses automobiles required to transport the retainer and the rod is as follows.
420×0.0307=12.9(円/台) 420 × 0.0307 = 12.9 (yen / unit)
【0056】 [0056]
管理費算出処理S124の次に、積降費算出処理S128が行われる。 The following administrative cost calculation process S124, the product descending cost calculation process S128 is performed. 具体的には、積降費実績情報記憶部28に記憶されている積降費実績情報70(図10参照)から、企画されている自動車の生産が予定されている自動車生産工場の体積当りの積降費を求め、その積降費に自動車1台当たりの部品の輸送体積を掛けることにより、自動車1台当りの積降費が算出される。 Specifically, from the product later costs record information storage section 28 the product later costs record information 70 stored in the (see FIG. 10), per volume of automobile production plant the production of automobiles has been planned is scheduled product descending expenses calculated by multiplying the transport volume parts per vehicle to the product later costs, one per product later costs vehicle is calculated.
図10に示されているように、企画されている自動車が生産されることになっているM工場の積降費は、230(円/m )である。 As shown in FIG. 10, the product Fuhi of M factory car being planned is to be produced is 230 (yen / m 3). また、リテーナとロッドの自動車1台当たりの部品の輸送体積は、上述したように0.0307(m )である。 Moreover, transport volume parts per vehicle retainer and the rod is as described above 0.0307 (m 3).
従って、リテーナとロッドを輸送するために必要な自動車1台当りの積降費は、次のように求まる。 Therefore, the product Fuhi automobile per one needed to transport retainer and the rod is determined as follows.
230×0.0307=7.06(円/台) 230 × 0.0307 = 7.06 (yen / unit)
【0057】 [0057]
積降費算出処理S128に続いて、物流費算出処理が行われる。 Following product descending cost calculation process S128, distribution costs calculation process is performed. この処理では、輸送費算出処理S120、管理費算出処理S124、積降算出処理S128で算出された値の和が算出される。 In this process, transport costs calculation process S120, the management cost calculation process S124, the sum of the calculated values ​​by calculating process S128 product later is calculated.
輸送費=28.9(円/台) Transportation costs = 28.9 (yen / unit)
管理費=12.9(円/台) Administrative expenses = 12.9 (yen / unit)
積降費=7.06(円/台) Product later cost = 7.06 (yen / unit)
28.9+12.9+7.06=48.9(円/台) 28.9 + 12.9 + 7.06 = 48.9 (yen / unit)
この値がリテーナとロッドの自動車1台当りの物流費である。 This value is the distribution costs of one per car of the retainer and the rod.
以上の処理で算出された、輸送費、物流費、ミルクラン係数等は、予測データ記憶部33に記憶される。 Calculated in the above processing, transportation costs, distribution costs, milk-run coefficients and the like are stored in the prediction data storage unit 33.
【0058】 [0058]
自動車1台当りの物流費に入力されている計画生産台数を掛ければ、その計画生産台数を生産した場合のリテーナとロッドの物流費が求まる。 It is multiplied by the planned production number, which is input to one per distribution costs of motor vehicles, distribution costs of the retainer and the rod in the case of production of its planned production volume is obtained. 例えば、計画生産台数が10000(台/月)の場合には・・・・。 For example, ... if planned production number is 10000 (units / month).
48.9×10000=489000(円/月) 48.9 × 10000 = 489000 (yen / month)
また、企画されている自動車に使用される全ての部品に対して本物流費予測処理S1を適用すれば、自動車1台当りの部品の物流費を求めることができる。 Further, by applying the present distribution costs prediction step S1 for all components used in automobiles it has been planned, it is possible to determine the distribution costs of the parts of one per car.
算出された物流費は、予測物流費出力部51(例えば、プリンタやディスプレイ)に出力される。 Distribution costs calculated is output predicted distribution costs output unit 51 (e.g., printer or display) to.
【0059】 [0059]
S132の次に実行されるS134では、日々の部品の物流に係るオペレーションで収集されて実績データ入力部52から入力される輸送費実績や積降費実績等によって、輸送費実績情報記憶部26に記憶されている輸送費実績情報69や、積降費実績情報記憶部28に記憶されている積降費実績情報70等が更新されたり、新たに蓄積されたりする。 In S134 executed S132 in the following, by transportation costs results and product descending actual cost or the like which is input is collected in operation relating to the distribution of daily part from actual data input unit 52, the transport costs record information storage section 26 and the stored transport costs result information 69, 70 such as a product later costs record information stored in the product later costs result information storage unit 28 or updates, or newly accumulated.
輸送費実績情報記憶部26に記憶されている輸送費実績情報69や積降費実績情報記憶部28に記憶されている積降費実績情報70等は、実績データ出力部56から出力することができる。 Transportation costs record information storage section 26 the product later costs result information 70 in the transportation costs result information 69 and unloading costs record information storage section 28 which is stored stored in the like, to be output from the actual data output section 56 it can.
【0060】 [0060]
S134に続いて、評価/検証処理S136が実行される。 Following the S134, evaluation / verification process S136 is executed. 具体的には、予測データ記憶部33に記憶されている予測データ(輸送費、物流費、ミルクラン係数等)に対応した実績データが収集されて輸送費実績情報記憶部26等に記憶されたときに、予測データと実績データを比較して評価/検証する。 Specifically, the prediction data stored in the prediction data storage unit 33 (transportation costs, distribution costs, milk-run coefficient, etc.) when the actual data corresponding is stored in is collected freight record information storage unit 26, etc. to, to evaluate / verification by comparing the predicted data and actual data. この評価/検証は、人が行うこともできるし、所定のプログラムを処理することによって行うこともできる。 The evaluation / verification can either be performed by the person, it can also be carried out by treating a predetermined program. 例えば、仕入先のC工場からロッドとリテーナを仕入れる物流費を予測するのに用いたミルクラン係数が「2.31」であり、実績としてのミルクラン係数が「2.63」であった場合には、その誤差についての評価/検証が行われ、将来の物流費予測に反映される。 For example, milk run coefficient was used to predict the distribution costs from suppliers of C factory stocking rod and the retainer is "2.31", in the case milk run coefficient of as actual results is "2.63" is carried out evaluation / verification of the error, be reflected in the future of the logistics cost prediction.
以上の処理を実行してから、物流費予測処理S1を終了する。 After running the above process, and terminates the distribution cost prediction process S1.
【0061】 [0061]
以上、本発明の具体例を詳細に説明したが、これらは例示にすぎず、特許請求の範囲を限定するものではない。 Having described the embodiments of the present invention in detail, these are merely illustrative and are not intended to limit the scope of the appended claims. 特許請求の範囲に記載の技術には、以上に例示した具体例を様々に変形、変更したものが含まれる。 The technology described in the claims, various modifications of the specific examples described above, include those changes.
また、本明細書または図面に説明した技術要素は、単独であるいは各種の組み合わせによって技術的有用性を発揮するものであり、出願時の請求項記載の組み合わせに限定されるものではない。 Furthermore, the technical elements described in this specification or drawings is to exhibit technical usefulness solely or in various combinations, but the invention is not limited to the combination described in the claims as filed. また、本明細書または図面に例示した技術は複数目的を同時に達成するものであり、そのうちの一つの目的を達成すること自体で技術的有用性を持つものである。 Furthermore, the technology illustrated in the present specification or drawings achieves a plurality of objects simultaneously, and has technical utility by achieving one of these objects.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】実施例に係るトレーラが仕入先の工場から部品を仕入れる巡回ルートの説明図。 Figure 1 is an explanatory diagram of a patrol route trailer according to embodiments stocking parts from the vendor of the plant.
【図2】実施例に係る物流費予測装置の構成を示す図。 Figure 2 is a diagram showing a configuration of a physical distribution cost prediction apparatus according to the embodiment.
【図3】実施例に係る部品情報の内容を示す図。 FIG. 3 shows the contents of the part information according to the embodiment.
【図4】実施例に係る箱情報の内容を示す図。 4 is a diagram showing the contents of the box information according to the embodiment.
【図5】実施例に係る仕入先情報の内容を示す図。 5 is a diagram showing the contents of vendor information according to the embodiment.
【図6】実施例に係る生産工場情報の内容を示す図。 6 shows the contents of the production factory information according to the embodiment.
【図7】実施例に係る2点間距離情報の内容を示す図。 7 is a diagram showing the contents of a distance between two points information according to the embodiment.
【図8】実施例に係るトレーラ情報を示す図。 8 shows a trailer information according to the embodiment.
【図9】実施例に係る輸送費実績情報を示す図。 9 is a diagram showing the transportation costs record information according to the embodiment.
【図10】実施例に係る積降費実績情報の内容を示す図。 10 is a view showing the contents of the product later costs record information according to the embodiment.
【図11】実施例に係る管理費実績情報の内容を示す図。 11 is a diagram showing the contents of the management costs record information according to the embodiment.
【図12】実施例に係る物流費予測処理のフローチャート。 FIG. 12 is a flowchart of the physical distribution cost prediction processing according to the embodiment.
【図13】実施例に係る仕入先仮決定処理のフローチャート。 FIG. 13 is a flowchart of the vendor temporary determination processing according to the embodiment.
【図14】実施例に係る基本部品表の内容を示す図。 14 illustrates the contents of a basic bill according to the embodiment.
【図15】実施例に係る箱サイズ仮決定処理のフローチャート。 Figure 15 is a flowchart of the box size provisional determination processing according to the embodiment.
【図16】実施例に係る輸送エネルギー算出処理のフローチャート。 Figure 16 is a flowchart of a transportation energy calculating process according to the embodiment.
【図17】実施例に係る輸送効率算出処理のフローチャート。 Figure 17 is a flowchart of the transport efficiency calculation process according to the first embodiment.
【図18】実施例に係るミルクラン係数の説明図。 Figure 18 is an explanatory view of a milk run coefficient according to the embodiment.
【図19】同上。 [19] Ibid.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
10:物流費予測装置11:情報記憶部12:自動車生産工場13:仕入先工場14:部品情報記憶部15:トレーラ16:箱情報記憶部17:仕入先工場18:拠点情報記憶部19:地図ネットワーク情報記憶部20:2点間距離情報記憶部22:トレーラ情報記憶部26:輸送費実績情報記憶部28:積降費実績情報記憶部32:管理費実績情報記憶部33:予測データ記憶部40:情報処理/入出力部42:基本部品表入力部44:仕入先仮決定処理部46:箱サイズ仮決定処理部48:2点間距離算出処理部50:物流費等算出処理部51:予測物流費出力部52:実績データ入力部56:実績データ出力部61:部品情報64:箱情報65:仕入先情報66:生産工場情報67:2点間距離情報68:トレーラ情報69:輸送費実 10: distribution costs predictor 11: information storage unit 12: vehicle production factory 13: Vendor Factory 14: component information storage unit 15: the trailer 16: box information storage unit 17: Vendor Factory 18: base information storing unit 19 : map the network information storage unit 20: two-point distance information storage unit 22: the trailer information storage unit 26: transportation costs result information storage unit 28: the product later costs record information storage section 32: administrative costs result information storage unit 33: prediction data storage unit 40: the information processing / output unit 42: base parts list input section 44: vendor provisional determination processing unit 46: box size provisional determination processing unit 48: two-point distance calculation unit 50: physical distribution expenses calculation process part 51: predicted distribution costs output unit 52: actual data input unit 56: actual data output unit 61: component information 64: box information 65: vendor information 66: production plant information 67: two-point distance information 68: trailer information 69: transport costs real 情報70:積降費実績情報72:管理費実績情報 Information 70: product later cost performance information 72: administrative expenses results information

Claims (5)

  1. 企画段階の部品を仕入先から納入先に輸送するのに要する物流費を予測する装置であって、 An apparatus for predicting the distribution costs that require parts of the planning stage to transport to the destination of delivery from suppliers,
    部品種類毎に付与されている部品識別情報に対応付けて、部品の仕入先と部品の容積を記憶している部品情報記憶部と、 In association with the part identification information assigned to each component type, a component information storage unit which stores vendor and part of the volume of the component,
    物流費を予測したい企画段階の部品に対応する部品識別情報を入力する手段と、 And means for inputting the parts identification information corresponding to the component of the planning stage that you want to predict the distribution costs,
    部品情報記憶部を検索して、入力された部品識別情報と類似する部品識別情報に対応付けて記憶されている部品の仕入先と部品の容積を抽出する類似部品情報抽出手段と、 It searches the component information storage unit, and the similar part information extracting means for extracting vendor and part of the volume of the component in association with the part identification information similar to the inputted component identification information is stored,
    抽出された部品の仕入先から部品の納入先までの距離を算出する手段と、 It means for calculating the distance from the vendor of the extracted parts to parts delivery destination,
    計算された距離と、部品の容積と、過去の物流費の実績値から、企画段階の部品の物流費を予測計算する手段と、を備えることを特徴とする物流費予測装置。 And the calculated distance, and the part of the volume, from the actual value of the past distribution expenses, distribution costs prediction apparatus characterized by comprising, a means for predicting calculate distribution costs of the parts of the planning stage.
  2. 部品識別情報は、部品番号と部品名称であることを特徴とする請求項1に記載の物流費予測装置。 Component identification information, distribution costs prediction apparatus according to claim 1, characterized in that the part number and part name.
  3. 部品を用いて生産する製品1台あたりに必要とされる部品個数に要する物流費を予測計算することを特徴とする請求項1または2に記載の物流費予測装置。 Distribution costs prediction apparatus according to claim 1 or 2, characterized in that predictive calculation of distribution costs required for components number required for per product produced using components.
  4. 部品情報記憶部は、部品収容箱のサイズと部品収容数とによって部品の容積を記憶している請求項1〜3のいずれかに記載の物流費予測装置。 Component information storage unit, distribution costs prediction apparatus according to claim 1, by the size and component receiving the number of component accommodating box stores the volume of parts.
  5. 企画段階の部品を仕入先から納入先に輸送するのに要する物流費を予測する方法であって、 A method to predict the distribution costs that require parts of the planning stage to transport to the destination of delivery from suppliers,
    物流費を予測したい企画段階の部品に対応する部品識別情報を入力する工程と、 And the step of inputting the parts identification information corresponding to the component of the planning stage that you want to predict the distribution costs,
    入力された部品識別情報と類似する部品識別情報を持つ部品の仕入先と容積を抽出する工程と、 A step of extracting the vendor and the volume of the part having the part identification information similar to the input component identification information,
    抽出された部品の仕入先から部品の納入先までの距離を算出する工程と、 Calculating a distance from the vendor of the extracted parts to parts delivery destination,
    計算された距離と、部品の容積と、過去の物流費の実績値から、企画段階の部品の物流費を予測計算する工程と、を備えることを特徴とする物流費予測方法。 And the calculated distance, and the part of the volume, from the actual value of the past distribution expenses, distribution costs prediction method characterized by and a step of predicting calculate distribution costs of the parts of the planning stage.
JP2003018283A 2003-01-28 2003-01-28 Physical distribution cost predicting device and physical distribution cost predicting method for parts Withdrawn JP2004234049A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003018283A JP2004234049A (en) 2003-01-28 2003-01-28 Physical distribution cost predicting device and physical distribution cost predicting method for parts

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003018283A JP2004234049A (en) 2003-01-28 2003-01-28 Physical distribution cost predicting device and physical distribution cost predicting method for parts

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004234049A true JP2004234049A (en) 2004-08-19

Family

ID=32948452

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003018283A Withdrawn JP2004234049A (en) 2003-01-28 2003-01-28 Physical distribution cost predicting device and physical distribution cost predicting method for parts

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004234049A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008524714A (en) * 2004-12-17 2008-07-10 スピーゲル,ジョエル Method and system for prediction parcel shipping

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008524714A (en) * 2004-12-17 2008-07-10 スピーゲル,ジョエル Method and system for prediction parcel shipping
JP4938682B2 (en) * 2004-12-17 2012-05-23 アマゾン・テクノロジーズ・インコーポレーテッド Method and system for prediction parcel shipping
US8271398B2 (en) 2004-12-17 2012-09-18 Amazon Technologies, Inc. Method and system for anticipatory package shipping
US8615473B2 (en) 2004-12-17 2013-12-24 Amazon Technologies, Inc. Method and system for anticipatory package shipping

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Hiermann et al. The electric fleet size and mix vehicle routing problem with time windows and recharging stations
Liu et al. A two-phase heuristic method for the multi-depot location routing problem taking inventory control decisions into consideration
CA2685296C (en) System and method for categorizing credit card transaction data
US6101496A (en) Ordered information geocoding method and apparatus
Kliewer et al. A time–space network based exact optimization model for multi-depot bus scheduling
US20020073067A1 (en) Update method for geographic databases
Adulyasak et al. Optimization-based adaptive large neighborhood search for the production routing problem
US20090070035A1 (en) Method for Adaptively Constructing and Revising Road Maps
JP5661782B2 (en) Additional map generation using Gps trajectory, improvements and extensions
US8755993B2 (en) Energy consumption profiling
Khouadjia et al. A comparative study between dynamic adapted PSO and VNS for the vehicle routing problem with dynamic requests
JP4876159B2 (en) Car navigation system
US20070237152A1 (en) Path Searching System Using Multiple Groups Of Cooperating Agents And Method Thereof
EP0471405A1 (en) Method of determining the position of a vehicle, arrangement for determining the position of a vehicle, as well as a vehicle provided with such an arrangement
Avella et al. Solving a fuel delivery problem by heuristic and exact approaches
Ma et al. T-share: A large-scale dynamic taxi ridesharing service
Bianchessi et al. Heuristic algorithms for the vehicle routing problem with simultaneous pick-up and delivery
US20050246192A1 (en) Transportation management system and method for shipment planning optimization
KR100492263B1 (en) Route navigation system, client terminal, server, route navigation method, and route identicalness determination method
Zhong et al. Territory planning and vehicle dispatching with driver learning
Luo et al. Finding time period-based most frequent path in big trajectory data
Ioannou et al. A problem generator-solver heuristic for vehicle routing with soft time windows
CN1740934A (en) Quality control system for manufacturing industrial products
WO2012167174A1 (en) Systems and methods for multi-vehicle resource allocation and routing solutions
Church et al. Integrating Normative Location Models into GIS: Problems and Prospects with the p-median Model (94-5)

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051021

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20071207