JP2004232506A - 水ポンプ - Google Patents

水ポンプ Download PDF

Info

Publication number
JP2004232506A
JP2004232506A JP2003019837A JP2003019837A JP2004232506A JP 2004232506 A JP2004232506 A JP 2004232506A JP 2003019837 A JP2003019837 A JP 2003019837A JP 2003019837 A JP2003019837 A JP 2003019837A JP 2004232506 A JP2004232506 A JP 2004232506A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cylindrical
fixed
ball bearing
ring
pulley
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003019837A
Other languages
English (en)
Inventor
Mitsuru Ueda
満 上田
Original Assignee
Koyo Seiko Co Ltd
光洋精工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Koyo Seiko Co Ltd, 光洋精工株式会社 filed Critical Koyo Seiko Co Ltd
Priority to JP2003019837A priority Critical patent/JP2004232506A/ja
Publication of JP2004232506A publication Critical patent/JP2004232506A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】玉軸受の組み込みによるすきまの変化を小さくし、アキシアルすきまおよび角すきまを小さくして、異音、短寿命、ベルトの脱落などを防止できる水ポンプを提供する。
【解決手段】水ポンプは、ともに鋼板のプレス加工により形成された内側の固定側部材2の円筒部2aと外側の回転側部材3の円筒状プーリ部3cの間に玉軸受5が介在させられているものであって、玉軸受5の外輪5bが回転側部材3のプーリ部3cの内周にしまりばめにより固定され、玉軸受5の内輪5aが固定側部材2の円筒部2aの外周にすきまばめによりはめられており、固定側部材2の円筒部2aの先端部に、玉軸受5の内輪5aの抜け止め突起17が設けられ、固定側部材2の円筒部2aに、突起17が設けられた部分の縮径を可能にするスリット16が形成されている。
【選択図】 図1

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
この発明は、自動車用エンジンの冷媒循環などに使用される水ポンプに関する。
【0002】
【従来の技術】
水ポンプは、シャフト、プーリおよびインペラを含む回転部分が固定部分であるハウジングに対して回転するようになっており、従来は、回転部分のシャフトの部分が2列の玉軸受によってハウジングに回転支持されていた。
【0003】
近年、水ポンプの小型化、軽量化、低コスト化を図るため、回転部分をプレス加工により成形した部材により構成し、プレス加工により成形した固定側部材を固定部分に固定し、内側の固定側部材の円筒部に対し、外側の回転部分の円筒状のプーリ部を1列の玉軸受で回転支持するものが提案されている(特許文献1・特許文献2)。
【0004】
【特許文献1】
特開2002−089486号公報
【0005】
【特許文献2】
特開2002−155893号公報
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
上記の従来の水ポンプでは、玉軸受の軌道輪は、脱落を防止するため、円筒部に圧入により固定されている。
【0007】
水ポンプに使用される玉軸受については、プーリ部にかけられたベルトのばたつき、せり出しなどを抑えるとともに、メカニカルシールのシール性を十分に発揮させるために、アキシアルすきまおよび角すきまを小さくする必要がある。一方、玉軸受の異音防止、寿命の面より、玉軸受のすきまが負にならないようにすることが必要である。ところが、上記の従来の水ポンプの場合、円筒部がプレス成形されたもので、精度が悪く、寸法ばらつきが大きいため、次に説明するように、組み込み後の軸受すきまの調整が困難である。
【0008】
軌道輪を円筒部に圧入すると、軌道輪が変形して、すきまが変化するが、円筒部の寸法ばらつきが大きいため、玉軸受の初期ラジアルすきまが同じであっても、組み込み後のすきまにばらつきが生じる。玉軸受のアキシアルすきまおよび角すきまを小さくするには、組み込み前の初期ラジアルすきまを小さくすればよいが、初期ラジアルすきまをあまり小さくすると、円筒部の寸法のばらつきのために、すきまが負になって、とくにグリースが硬い低温雰囲気において軸受転がり音が増加することがある。これを避けるためには、円筒部の寸法ばらつきを考慮して、玉軸受の初期ラジアルすきまをある程度大きくする必要があるが、そうすると、玉軸受のアキシアルすきまおよび角すきまが過大になって、異音、短寿命、プーリ部からのベルトの脱落などの問題が生じることがある。
【0009】
この発明の目的は、上記の問題を解決し、玉軸受の組み込みによるすきまの変化を小さくし、アキシアルすきまおよび角すきまを小さくして、異音、短寿命、ベルトの脱落などを防止できる水ポンプを提供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段および発明の効果】
この発明による水ポンプは、ともに金属板のプレス加工により形成された内側の固定側部材の円筒部と外側の回転側部材の円筒部の間に玉軸受が介在させられている水ポンプにおいて、玉軸受の外輪が回転側部材の円筒部の内周にしまりばめにより固定され、玉軸受の内輪が固定側部材の円筒部の外周にすきまばめによりはめられており、固定側部材の円筒部の先端部に、玉軸受の内輪の抜け止め突起が設けられ、固定側部材の円筒部に、突起が設けられた部分の縮径を可能にするスリットが形成されていることを特徴とするものである。
【0011】
玉軸受の内輪はすきまばめによって固定側部材の円筒部の外周にはめられているが、円筒部の先端部に内輪の抜け止め突起が形成されているので、内輪が円筒部から脱落することがない。抜け止め突起は、その機能上、内輪の内周面より外側に位置しているが、円筒部に突起が設けられた部分の縮径を可能にするスリットが形成されているので、突起が設けられた部分を縮径させて、円筒部の外周に内輪をはめることができる。
【0012】
この発明の水ポンプによれば、玉軸受の内輪が固定側部材の円筒部の外周にすきまばめによりはめられているので、組み込みによる内輪の寸法変化がなく、したがって、軸受すきまの変化が小さい。このため、圧入部の寸法、すなわち,玉軸受の内径および外径、固定側部材の円筒部の外径、回転側部材の円筒部の内径の精度は現状のままで、初期ラジアルすきまを小さくして、アキシアルすきまおよび角すきまを小さくすることができ、したがって、過大なすきまによる異音、短寿命、ベルトの脱落などを防止することができる。
【0013】
抜け止め突起は、円筒部のスリットを除く部分の全体に形成されてもよいし、上記部分の一部に複数の突起が形成されてもよい。
【0014】
スリットは、複数形成されるのが好ましい。
【0015】
この発明の水ポンプにおいて、たとえば、回転側部材の円筒部がプーリ部である。
【0016】
このようにすれば、プーリ部の直径が玉軸受の外径より少し大きくなるだけで、回転部分を小型化することができる。
【0017】
上記の水ポンプにおいて、たとえば、回転側部材が、一端が閉鎖して他端が開口した円筒状のシャフト部と、シャフト部の開口端部の外側に一体に形成されたフランジ部と、フランジ部の外周部のシャフト部閉鎖端側に形成された円筒状のプーリ部とからなり、シャフト部の閉鎖端部に、インペラの円筒部が圧入により固定されている。
【0018】
このようにすれば、回転側部材とインペラを含む回転部分を軽量化することができる。
【0019】
たとえば、回転側部材は、大径円筒部であるプーリ部と、プーリ部の一端部の内側に一体に形成されたフランジ部と、フランジ部の内周部に一体に形成された小径円筒部とからなり、小径円筒部がシャフトの一端部に圧入により固定され、プーリ部の内周に玉軸受の外輪が圧入により固定される。その場合、シャフト部とインペラがプレス加工により一体に形成されてもよい。
【0020】
このようにした場合も、プーリ部、シャフト部およびインペラを含む回転部分を軽量化することができる。
【0021】
たとえば、回転側部材において、内周に軸受の外輪が固定される小径の円筒部の外側に、ベルトをかけるためのプーリ部がフランジ部を介して一体に形成される。
【0022】
このようにすれば、プーリ部の外径が玉軸受の外径に制約されることがなく、プーリ部の外径の設定の自由度が大きくなる。
【0023】
【発明の実施の形態】
以下、図面を参照して、この発明の実施形態について説明する。
【0024】
図1は、水ポンプの全体構成を示している。以下の説明において、図1の左右を左右とする。
【0025】
図1に示すように、水ポンプは、固定部分であるハウジング(1)、ハウジング(1)に固定された固定側部材(2)、回転部分を構成する回転側部材(3)およびインペラ(4)、固定側部材(2)に対して回転側部材(3)を回転支持する1列の密封型玉軸受(5)、ならびに固定側部材(2)と回転側部材(3)の間をシールするシール部材(6)を備えている。
【0026】
ハウジング(1)には、左端が開口した水室(10)が設けられている。固定側部材(2)は、冷間圧延鋼板やSPCCなどの鋼板をプレス成形することにより一体に形成されたものであり、左右方向の水平軸を中心とする小径円筒部(2a)、円筒部(2a)の右端部の外側に一体に形成された内側フランジ部(2b)、小径円筒部(2a)と同心となるようにフランジ部(2b)の外周部の右側に一体に形成された大径円筒部(2c)、および円筒部(2c)の右端部の外側に一体に形成された外側フランジ部(2d)よりなる。そして、外側フランジ部(2d)が、水室(10)の開口部の周囲のハウジング(1)の左端面にシール(11)を介して固定されている。
【0027】
回転側部材(3)は、固定側部材(2)と同様の鋼板をプレス成形することにより一体に形成されたものであり、左右方向の水平軸を中心とし右端部が閉鎖して左端部が開口した比較的長い有底円筒状のシャフト部(3a)、シャフト部(3a)の左端部の外側に一体に形成されフランジ部(3b)、およびシャフト部(3a)と同心となるようにフランジ部(3b)の外周部の右側に一体に形成された円筒状のプーリ部(円筒部)(3c)よりなる。回転側部材(3)は、固定側部材(2)と同心となるように配置されている。シャフト部(3a)は、固定側部材(2)の小径円筒部(2a)の内側に左側から挿入され、これらの間にシール部材(6)が介在させられている。シャフト部(3a)の右端部は、ハウジング(1)の水室(10)内に位置している。フランジ部(3b)は、固定側部材(2)の小径円筒部(2a)の左端部に近接している。プーリ部(3c)は、固定側部材(2)の小径円筒部(2a)の外側に位置しており、これらの間に玉軸受(5)が介在させられている。回転側部材(3)のフランジ部(3b)には、シール部材(6)を通過してきた水(水蒸気)を逃がすための複数の開口(12)が形成されている。図示は省略したが、プーリ部(3c)には、回転側部材(3)に回転駆動力を伝達するためのベルトがかけられる。
【0028】
インペラ(4)は、鋼板をプレス成形することにより一体に形成されたものであり、左右方向の水平軸を中心とし右端部が閉鎖して左端部が開口した比較的短い有底円筒部(4a)、円筒部(4a)の左端部の外側に一体に形成されたフランジ部(4b)、およびフランジ部(4b)の右側に一体に形成された複数の羽根(4c)よりなる。インペラ(4)の円筒部(4a)が、回転側部材(3)のシャフト部(3a)の右端部外側に右側から圧入されて固定されており、インペラ(4)全体がハウジング(1)の水室(10)内に位置している。
【0029】
玉軸受(5)は深みぞ玉軸受であり、SUJ2などの軸受鋼製の内輪(5a)、外輪(5b)、およびこれらの間に介在させられた複数の玉(5c)を備えている。内輪(5a)は、固定側部材(2)の小径円筒部(2a)の外周にすきまばめによりはめられている。外輪(5b)は、回転側部材(3)のプーリ部(3c)の内周にしまりばめ(圧入)により固定されている。
【0030】
シール部材(6)は、詳細な説明は省略したが、公知のメカニカルシールであり、内周側部分が回転側部材(3)のシャフト部(3a)の外周に圧入により固定され、外周側部分が固定側部材(2)の小径円筒部(2a)の内周に圧入により固定されている。
【0031】
図2は、固定側部材(2)と、組み込み前の玉軸受(5)を拡大して示したものである。
【0032】
固定側部材(2)の小径円筒部(2a)を周方向に等分する2箇所に、その左端部から右端端部近くまでのびるスリット(16)が形成され、スリット(16)の部分を除く円筒部(2a)の左端部外周全体に、2箇所で不連続になった略環状の内輪抜け止め突起(17)が形成されている。図2に実線で示すように、自然状態における円筒部(2a)の突起(17)の部分の外径は、玉軸受(5)の内径すなわち内輪(5a)の内径より少し大きい。また、円筒部(2a)をスリット(16)の部分で弾性変形させることにより、突起(17)の部分の外径を内輪(5a)に内径より小さい状態に縮径させることができるようになっている。そして、このように円筒部(2a)の突起(17)の部分を縮径させた状態で、円筒部(2a)の外周に内輪(5a)がはめられ、円筒部(2a)を元の自然状態に戻すことにより、突起(17)の部分の外径が内輪(5a)の内径より大きくなって、内輪(5a)の円筒部(2a)からの脱落が防止される。
【0033】
上記の水ポンプでは、プーリ部(3c)にかけられたベルトにより、回転側部材(3)およびインペラ(4)が回転させられ、玉軸受(5)の外輪(5b)が内輪(5a)に対して回転する。
【0034】
玉軸受(5)の内輪(5a)が固定側部材(2)の円筒部(2a)の外周にすきまばめによりはめられているので、組み込みによる内輪(5a)の寸法変化がなく、したがって、軸受すきまの変化が小さい。このため、圧入部の寸法、すなわち、玉軸受(5)の内径および外径、固定側部材(2)の円筒部(2a)の外径、回転側部材(3)のプーリ部(3c)の内径の精度は現状のままで、初期ラジアルすきまを小さくして、アキシアルすきまおよび角すきまを小さくすることができ、したがって、組み込み後のラジアルすきまは+0μm〜+20μmに維持され、過大なすきまによる異音、短寿命、ベルトの脱落などを防止することができる。
【0035】
上記実施形態では、シャフト部とプーリ部が一体にプレス成形されて回転側部材を構成しているが、プーリ部だけで回転側部材を構成するようにしてもよい。その場合、たとえば、回転側部材は、大径円筒部であるプーリ部と、プーリ部の一端部の内側に一体に形成されたフランジ部と、フランジ部の内周部に一体に形成された小径円筒部とからなり、小径円筒部がシャフトの一端部に圧入により固定され、プーリ部の内周に玉軸受の外輪が圧入により固定される。その場合、シャフト部とインペラがプレス加工により一体に形成されてもよい。
【0036】
また、上記実施形態では、玉軸受(5)の外輪(5b)が固定される円筒部がプーリ部(3c)となっているが、玉軸受の外輪が固定される小径の円筒部の外側に、ベルトをかけるためのプーリ部がフランジ部を介して一体に形成されてもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】図1は、この発明の実施形態を示す水ポンプの主要部の縦断面図である。
【図2】図2は、図1の固定側部材および組み込み前の玉軸受を拡大して示す拡大縦断面図である。
【符号の説明】
(2) 固定側部材
(2a) 円筒部
(3) 回転側部材
(3a) シャフト部
(3b) フランジ部
(3c) プーリ部
(4) インペラ
(5) 玉軸受
(5a) 内輪
(5b) 外輪
(16) スリット
(17) 内輪抜け止め突起

Claims (3)

  1. ともに金属板のプレス加工により形成された内側の固定側部材の円筒部と外側の回転側部材の円筒部の間に玉軸受が介在させられている水ポンプにおいて、
    玉軸受の外輪が回転側部材の円筒部の内周にしまりばめにより固定され、玉軸受の内輪が固定側部材の円筒部の外周にすきまばめによりはめられており、固定側部材の円筒部の先端部に、玉軸受の内輪の抜け止め突起が設けられ、固定側部材の円筒部に、突起が設けられた部分の縮径を可能にするスリットが形成されていることを特徴とする水ポンプ。
  2. 回転側部材の円筒部がプーリ部であることを特徴とする請求項1の水ポンプ。
  3. 回転側部材が、一端が閉鎖して他端が開口した円筒状のシャフト部と、シャフト部の開口端部の外側に一体に形成されたフランジ部と、フランジ部の外周部のシャフト部閉鎖端側に形成された円筒状のプーリ部とからなり、シャフト部の閉鎖端部に、インペラの円筒部が圧入により固定されていることを特徴とする請求項2の水ポンプ。
JP2003019837A 2003-01-29 2003-01-29 水ポンプ Pending JP2004232506A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003019837A JP2004232506A (ja) 2003-01-29 2003-01-29 水ポンプ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003019837A JP2004232506A (ja) 2003-01-29 2003-01-29 水ポンプ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004232506A true JP2004232506A (ja) 2004-08-19

Family

ID=32949618

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003019837A Pending JP2004232506A (ja) 2003-01-29 2003-01-29 水ポンプ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004232506A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102425568A (zh) * 2011-12-16 2012-04-25 山东八一煤电化有限公司 旧叶轮改造的清水泵

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102425568A (zh) * 2011-12-16 2012-04-25 山东八一煤电化有限公司 旧叶轮改造的清水泵

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006226400A (ja) シャフト装置
KR101301075B1 (ko) 휠 베어링용 실링 캡
JP2003262233A (ja) ウォーターポンプ軸受シール装置
JP2003148499A (ja) 車両用軸受装置
JPH11210771A (ja) 複列軸受装置
US8262291B2 (en) Coreless seal and rolling bearing
JP2004232506A (ja) 水ポンプ
JP2004232683A (ja) 水ポンプ用玉軸受装置
JP2004232505A (ja) 水ポンプ
JP4123836B2 (ja) プーリユニットの封止構造
JP3854338B2 (ja) プーリ
JP2004324561A (ja) 水ポンプ
JP2004084813A (ja) 転がり軸受
JP6772544B2 (ja) 転がり軸受装置
JP2009074589A (ja) 密封装置
JPH11101128A (ja) 過給機、その組立方法ならびに過給機に用いる軸受ユニット
JP2004232504A (ja) 水ポンプ
JP2004324541A (ja) 水ポンプおよびその製造方法
JP2009024809A (ja) 密封装置および転がり軸受装置
JP2005256992A (ja) 転がり軸受の密封構造
JP2001263456A (ja) ドライブシャフト支持軸受装置
JP2004232507A (ja) 水ポンプ
JP2007132428A (ja) 転がり軸受
JP5834551B2 (ja) 転がり軸受の製造方法
JP2003287031A (ja) 玉軸受

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050926

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20071113

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071120

A521 Written amendment

Effective date: 20080121

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080212