JP2004227558A - Virtual control unit and method for controlling data migration - Google Patents

Virtual control unit and method for controlling data migration Download PDF

Info

Publication number
JP2004227558A
JP2004227558A JP2003205895A JP2003205895A JP2004227558A JP 2004227558 A JP2004227558 A JP 2004227558A JP 2003205895 A JP2003205895 A JP 2003205895A JP 2003205895 A JP2003205895 A JP 2003205895A JP 2004227558 A JP2004227558 A JP 2004227558A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
information
storage device
volume
host computer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2003205895A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4606711B2 (en
JP2004227558A5 (en
Inventor
Kiyoshi Honda
Naoko Iwami
Hajime Serizawa
直子 岩見
聖志 本田
一 芹沢
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2002340276 priority Critical
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP2003205895A priority patent/JP4606711B2/en
Publication of JP2004227558A publication Critical patent/JP2004227558A/en
Publication of JP2004227558A5 publication Critical patent/JP2004227558A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4606711B2 publication Critical patent/JP4606711B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To perform data migration processing among a plurality of storage media without changing identification information of a volume which a host computer recognizes as an object to be accessed. <P>SOLUTION: A virtual control unit connected to a plurality of storage devices each of which has a storage area and to the host computer for transmitting and receiving data stored in the storage areas owned by each of the storage devices controls the data migration among the plurality of storage devices. The virtual control unit controls the data migration processing among the plurality of storage devices and, after the data migration processing, the host computer controls so that it can identify the volume of a destination of the data migration by using the same identification information as the one to be used for identifying the volume of an original location of the data migration. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、複数の記憶装置間でデータ移行処理を実行する方法及び装置に関する。 The present invention relates to a method and apparatus for performing data migration processing between a plurality of storage devices. 特に、記憶装置に対してアクセス要求を発行するホストコンピュータにデータ移行処理を意識させることなく、複数の記憶装置間でデータを移行する方法及び装置に関する。 In particular, without being conscious of the data migration processing in the host computer issues an access request to the storage device, a method and apparatus for migrating data between a plurality of storage devices.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
データ移行制御技術として、ディスクアレイサブシステムの様に複数のボリュームが一つの制御装置によって制御される記憶装置サブシステム内において、アクセス頻度の高いデータはアクセス速度の速いボリュームへ、アクセス頻度の低いデータはアクセス速度の遅いボリュームへ移行する技術がある。 As the data migration control technique, in the storage subsystem having a plurality of volumes as a disk array subsystem is controlled by a single control device, the access frequency to a higher data fast access speed volume, low access frequency data there is a technology to migrate to slow volume access speed. また、あるアプリケーションによって使用されるボリュームが各々異なる制御装置によって制御される複数の記憶領域にまたがって設けられるシステムにおいて、特定のアプリケーションによって使用されるボリューム内のデータを優先的に移行することにより、効率的なデータ移行を実現する技術が特許文献1に開示されている。 Further, in a system provided across a plurality of storage areas volumes used by an application is controlled by each different control device, by transferring the data in the volumes used by the application priority, techniques to achieve efficient data transfer is disclosed in Patent Document 1.
【0003】 [0003]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
米国特許出願公開第2001/0054133号明細書【0004】 US Patent Application Publication No. 2001/0054133 [0004]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
記憶装置サブシステム内におけるデータ移行は、記憶装置サブシステムを制御する制御装置によって実行され、制御装置は、制御装置に接続するホストコンピュータに対してデータ移行処理を隠すことができる。 Data migration in the storage device subsystem is performed by the control unit for controlling the storage subsystem, the controller is able to hide the data migration processing to the host computer connected to the controller. しかし、記憶装置サブシステムをまたいだデータ移行については考慮されていない。 However, no consideration is given straddling data migration storage subsystem. 従って、ある記憶装置サブシステム内に格納されているデータを他の記憶装置サブシステムに移行する場合は、制御装置はデータ移行処理に伴ってアクセス先の記憶装置サブシステムが変わる旨をホストコンピュータに通知する必要があり、データ移行処理をホストコンピュータに隠すことはできない。 Therefore, when migrating data stored in a certain storage subsystem to another storage subsystem, the control device to the effect that changes the access destination storage subsystem with the data migration processing in the host computer should be notified, it is impossible to hide the data migration processing in the host computer. また、特許文献1にもデータ移行処理をホストコンピュータに対して隠しこむ技術は開示されていない。 The technique in Patent Document 1 Komu hidden data migration processing to the host computer is not disclosed. 従ってホストコンピュータは、データ移行処理を契機として一旦自身の処理を中断しアクセス対象の記憶装置やボリュームを指定しなおす必要がある。 Therefore, the host computer needs to re-specify once its own storage device and the volume of the processing to interrupt the access target data migration processing in response.
【0005】 [0005]
近年企業データが爆発的に増加し、また記憶装置に対する24時間連続アクセスの要求が高まっていること考慮すると、複数の記憶装置を跨いだデータ移行処理は今後頻繁に発生すると予想され、ホストコンピュータの処理を中断することなく記憶装置を跨いだデータ移行が可能な技術が必要とされる。 Recently corporate data increases explosively, also considering that there is an increasing demand for 24-hour continuous access to the storage device, the data migration processing straddling a plurality of storage devices is expected in the future frequently occurs, the host computer that allows data migration straddling without storage interrupting the processing techniques are required.
【0006】 [0006]
また、記憶装置内の記憶領域を管理し、ホストコンピュータから記憶領域へのアクセス要求を転送する制御装置が交換されたり、新たな制御装置が導入された場合には、ホストコンピュータにはアクセス先の記憶領域が変更されたものと認識されてしまうので、複数の記憶装置間でデータ移行処理が実行された場合と同様、ホストコンピュータは一旦処理を中断してアクセス対象を指定しなおす必要がある。 It also manages the storage area in the storage device, when or control device for transferring an access request from the host computer to the storage area are exchanged, the new control system is introduced, the host computer to be accessed since the storage area from being recognized to have been changed, as in the case where the execution data migration processing between a plurality of storage devices, the host computer needs to re-specify the access target is interrupted once processing. 尚、ここでいう中断とは、アクセス対象の記憶装置やボリュームの識別情報の再設定のために発生するホストコンピュータの再起動処理等による、ホストコンピュータにおける通常の処理の中断を意味する。 Note that the interrupted here, by the restart process or the like of the host computer, caused by the resetting of the identification information of the accessed storage device or volume, means the interruption of the normal processing in the host computer.
【0007】 [0007]
本発明の目的は、記憶装置間を跨いだデータ移行処理を、ホストコンピュータに意識させることなく実行することができる制御装置及びデータ移行方法を提供することである。 An object of the present invention, the data migration processing straddling between memory device is to provide a control apparatus and a data migration method can be performed without being conscious to the host computer.
【0008】 [0008]
また、本発明の他の目的は、制御装置の交換や新たな制御装置の導入を、ホストコンピュータに意識させることなく行うことができる制御装置及びデータ移行方法を提供することである。 Another object of the present invention, the introduction of replacement or a new control unit of the control device is to provide a control apparatus and a data migration method can be performed without being conscious of the host computer.
【0009】 [0009]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明では、複数の記憶装置と接続される仮想化制御装置が、複数の記憶装置間でのデータ移行を制御する。 In the present invention, virtualization control apparatus connected to a plurality of storage devices, and controls the data transfer between a plurality of storage devices. 仮想化制御装置は、ホストコンピュータがデータ移行元のボリュームを識別するために使用していた識別情報と同じ識別情報を用いて、データ移行先のボリュームを識別できるよう制御する。 Virtualization controller uses the same identification information as the identification information by the host computer was used to identify the data migration source volume is controlled so as to identify the data migration destination volume.
【0010】 [0010]
また、仮想化制御装置が交換された場合や、仮想化制御装置が新たに導入された場合には、新しい仮想化制御装置は、仮想化制御装置の交換や導入以前にホストコンピュータがアクセス先のボリュームを識別するために使用していた識別情報と同じ識別情報を用いて、仮想化制御装置の交換や導入後もホストコンピュータが同じボリュームにアクセスできるよう、フレームの転送を制御する。 Further, and when the virtualization controller is replaced, when the virtualization controller is newly introduced, new virtualization controller, the host computer is accessed to the exchange and before the introduction of the virtualization controller using the same identification information as the identification information used to identify the volume, exchange and introduced after the host computer of the virtualization controller is to be able to access the same volume, controls the transfer of the frame.
【0011】 [0011]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明の実施形態を以下に説明する。 Embodiments of the present invention will be described below. 尚、これにより本発明が限定されるものではない。 Incidentally, thereby not limit the present invention.
[第一の実施形態]本発明の第一の実施形態を、図1〜12を用いて説明する。 The First Embodiment The first embodiment of the present invention will be described with reference to FIG. 1-12.
【0012】 [0012]
図1は、本発明が適用される計算機システムの一例を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an example of a computer system to which the present invention is applied. 計算機システムは、複数台のホストコンピュータ1と、複数台の記憶装置3と、ホストコンピュータ1と記憶装置3とに接続される仮想化制御装置2と、仮想化制御装置2に接続される管理装置4とを有する。 The computer system includes a plurality of host computer 1, and a plurality of storage devices 3, the virtualization controller 2 connected to the host computer 1 and the storage device 3, the management apparatus connected to the virtualization controller 2 and a 4. 尚、ホストコンピュータ1および記憶装置3はネットワーク5を介して仮想化制御装置2と接続され、管理装置4はネットワーク6を介して仮想化制御装置2と接続される。 The host computer 1 and the storage device 3 is connected to the virtualization controller 2 via the network 5, the management apparatus 4 is connected to the virtualization controller 2 via the network 6. ネットワーク5及びネットワーク6において使用されるプロトコルは同一のネットワークプロトコルでも異なるネットワークプロトコルでも良い。 Protocol used in the network 5 and the network 6 may be either different network protocols on the same network protocol. また、ネットワーク5において使用されるプロトコルも同一のプロトコルに限定されるものではなく、記憶装置と仮想化制御装置間のネットワークで使用されるプロトコルと、ホストコンピュータと仮想化制御装置間のネットワークで使用されるプロトコルは異なるネットワークプロトコルであっても良い。 The protocol used in the network 5 is also not limited to the same protocol, and protocol used in the network between the virtualization controller and a storage device, used in the network between the virtualization controller with a host computer protocol may be a different network protocol. また記憶装置毎、ホストコンピュータ毎に異なるネットワークプロトコルを用いて仮想化制御装置に接続しても良い。 Also each storage device may be connected to the virtualization controller using the network protocol that is different for each host computer.
【0013】 [0013]
ホストコンピュータ1は、アプリケーションプログラムを実行するCPU10、アプリケーションプログラムが格納されるメモリ11、記録媒体12、ネットワーク5に接続してデータを送受信するポート13を有する。 The host computer 1, CPU 10 executing the application program, a memory 11, a recording medium 12, the port 13 for transmitting and receiving data by connecting to a network 5 which application programs are stored.
【0014】 [0014]
管理装置4は、仮想化制御装置2を管理するための管理プログラムを実行するCPU40、管理プログラムが格納されるメモリ41、ネットワーク6に接続してデータを送受信するポート43、記録媒体42を有する。 Management device 4, the port 43 for transmitting and receiving data by connecting CPU40 executes a management program for managing the virtualization controller 2, a memory 41 for management program is stored, to the network 6, and a recording medium 42.
【0015】 [0015]
記憶装置3は、ネットワーク5に接続してデータを送受信するポート33と、複数のディスク装置35から構成されるディスク装置群34と、個々のディスク装置35との間でデータの転送処理を行うディスクインタフェース制御部(図1ではHDD I/Fとして示す。)32と、ホストコンピュータ1からのアクセス要求に基づきディスク装置35への個々のアクセスを制御するCPU30と、ホストコンピュータ1とディスク装置35との間で転送されるデータを格納するバッファ部31を有する。 Storage device 3, the disk for performing a port 33 for transmitting and receiving data by connecting to the network 5, a disk device group 34 including a plurality of disk devices 35, the data transfer process between the individual disk devices 35 interface control unit (shown as Figure 1, HDD I / F.) 32 and, and the CPU30 which controls the individual access to the disk device 35 based on the access request from the host computer 1, the host computer 1 and the disk device 35 and a buffer unit 31 for storing data to be transferred between.
【0016】 [0016]
仮想化制御装置2はホストコンピュータ1と記憶装置3との間で送受信されるフレームを転送するスイッチである。 Virtualization controller 2 is a switch for transferring a frame to be transmitted and received between the host computer 1 and the storage device 3. 仮想化制御装置2は、ホストコンピュータ1或いは記憶装置3との間でデータの転送処理を行う複数のポート23と、複数のポート23間のパス選択を制御するパス制御部22と、管理装置4との間でデータの転送処理を行う管理ポート25と、パス選択制御部22を制御し、又管理装置4との間で送受信されたデータに基づき仮想化制御装置を制御するメイン制御部20を有する。 Virtualization controller 2 includes a plurality of ports 23 for transferring process data between the host computer 1 or the storage device 3, the path control unit 22 for controlling the path selection between a plurality of ports 23, the management apparatus 4 a management port 25 for transferring process data between the main control unit 20 controls the path selection control unit 22, also controlling the virtualization controller based on the transmitted and received data between the management device 4 a. 尚、メイン制御部20は、後述するプログラムや情報が格納されるメモリ51や記録媒体52と、これらの情報を用いてプログラムを実行するCPU50を有する。 The main control unit 20 includes a memory 51 or a recording medium 52 a program or information to be described later is stored, the CPU50 which executes a program using these information. 又、図1においてはパス制御部22とメイン制御部20が有するCPU50、メモリ51、記憶媒体52とは直接バスで接続されている例を示したが、パス制御部22とメイン制御部20がブリッジを介して接続される構成であっても良い。 Further, CPU 50 included in the path control unit 22 and the main control unit 20 in FIG. 1, a memory 51, although the storage medium 52 shows an example that is connected by direct bus, path control unit 22 and the main control unit 20 is bridge may be connected to the structure via.
【0017】 [0017]
図1には、ホストコンピュータ1、記憶装置3、管理装置4はそれぞれ1つのポートを持つ例を示したが、これに限定されるものではなく、複数のポートを持つことも可能である。 FIG 1, the host computer 1, a storage device 3, although the management apparatus 4 is an example, each with one port, it is not limited thereto, it is also possible to have multiple ports. 更に仮想化制御装置のポート23は、異なるネットワークプロトコルに対応可能であることから、ポート23を管理用ポートとして使用することも可能である。 Further ports 23 of the virtualization controller, since it is adaptable to different network protocols, it is also possible to use port 23 as an administration port.
【0018】 [0018]
また記憶装置3は少なくともネットワーク5に接続してデータを送受信するポート33と、ホストコンピュータ1からアクセスされるデータを格納する記憶部を有すれば良く、例えば単体のディスク装置等であっても良い。 The storage device 3 includes a port 33 for transmitting and receiving data by connecting at least to the network 5 may if it has a storage unit for storing data accessed by the host computer 1 may be, for example, single disk device or the like .
【0019】 [0019]
図2は、管理装置4の記録媒体42に格納されており、メモリ41に読み込まれてCPU40によって実行されるプログラム、及び管理装置4の記録媒体42に格納される管理情報の一例を示す。 Figure 2 shows is stored in a recording medium 42 of the management device 4, a program executed by the CPU40 loaded into memory 41, and an example of management information stored in the recording medium 42 of the management apparatus 4.
【0020】 [0020]
ボリューム管理プログラム414は、仮想化制御装置2から後述するボリュームマッピング情報515を読み出して出力装置に出力し、ボリュームマッピング情報を管理者に通知し、又ボリュームマッピング情報515に新たに登録する情報やボリュームマッピング情報の更新情報を入力装置を介して管理者から受け付けて仮想化制御装置2に送信し、管理者から受け付けた情報をボリュームマッピング情報515に設定する処理を実行するためのプログラムである。 Volume management program 414 outputs to the output device reads out the volume mapping information 515 to be described later from the virtualization controller 2, information or volume notify volume mapping information to the administrator, and to be newly registered in the volume mapping information 515 the update information of the mapping information through the input device and transmits received from the administrator to the virtualization controller 2, a program for executing a process for setting information received from the administrator to the volume mapping information 515. また、ボリュームマッピング管理情報411は、仮想化制御装置2から読み出したボリュームマッピング情報515や、管理者から受け付けた登録情報、更新情報を有する。 Further, the volume mapping management information 411 includes, volume mapping information 515 read from the virtualization controller 2, the registration information received from the administrator, the update information. 尚、管理装置4のCPU40がボリュームマッピング管理情報411を用いてボリューム管理プログラム414を実行することによってボリューム管理部401が実現される。 Incidentally, CPU 40 of the management apparatus 4 volume management unit 401 is realized by executing the volume management program 414 using a volume mapping management information 411.
【0021】 [0021]
ここでボリュームとは、個々の記憶装置(仮想化された記憶装置も含む)で管理される記憶領域のことであり、一台の記憶装置が複数のボリュームを管理することも可能である。 Here, the volume refers to a storage area managed by the individual storage devices (including virtualized storage device), it is also possible to single storage device manages a plurality of volumes. 更に、記憶装置3で管理されるボリュームを実ボリューム、仮想化制御装置2で管理されるボリュームを仮想ボリュームとして、以後区別するものとする。 Furthermore, the volumes managed by the storage device 3 real volume, the volumes managed by the virtualization controller 2 as a virtual volume, and what distinguishes hereinafter.
【0022】 [0022]
記憶装置管理プログラム415は、仮想化制御装置2から後述する記憶装置状態管理情報512を読み出して出力装置に出力し、記憶装置の状態を管理者に通知し、又管理者から記憶装置状態管理情報512への登録情報や更新情報を受け付けて、これらの情報を仮想化制御装置2に設定するために実行されるプログラムである。 Storage device management program 415 outputs to the output device reads the storage device state management information 512 to be described later from the virtualization controller 2 notifies the state of the storage device to the administrator, and the storage device state management information from the administrator It accepts registration information and updates to 512, a program that is executed to set the information to the virtualization controller 2. また記憶装置管理情報412は、仮想化制御装置2から受信した記憶装置状態管理情報512や、管理者から受け付けた登録情報、更新情報を有する。 The storage device management information 412 includes, a storage device state management information 512 received from the virtualization controller 2, the registration information received from the administrator, the update information. 尚、管理装置4のCPU40が記憶装置管理情報412を利用して記憶装置管理プログラム415を実行することによって、記憶装置管理部402が実現される。 Incidentally, by executing the storage management program 415 CPU 40 of the management device 4 by using the storage device management information 412, the storage management unit 402 is realized.
【0023】 [0023]
データ移行管理プログラム416は、仮想化制御装置2が管理する複数のボリューム間でデータ移行を実行するためにデータ移行制御情報413を生成し、データ移行制御情報413を有するデータ移行要求を仮想化制御装置2に対して発行し、仮想化制御装置2からデータ移行処理の結果を受信して、これを管理者に通知するために実行されるプログラムである。 Data migration management program 416 generates data transfer control information 413 to perform the data migration across multiple volumes virtualization controller 2 is managed, virtualization control data migration request with a data transfer control information 413 issued to device 2, receives the result of the data migration processing from the virtualization controller 2, a program that is run to notify the administrator this. 尚、管理装置4のCPU40がデータ移行管理プログラム416を実行することによって、データ移行管理部403が実現される。 Incidentally, CPU 40 of the management device 4 executes the data migration management program 416, the data transfer management section 403 is realized.
【0024】 [0024]
図3は、仮想化制御装置2の記録媒体52に格納されており、メモリ51に読み込まれてCPU50によって実行されるプログラムと、仮想化制御装置2の記録媒体52に格納されている管理情報の一例を示す図である。 Figure 3 is stored in the recording medium 52 of the virtualization controller 2, a program executed by the CPU50 loaded into memory 51, the management information stored in the recording medium 52 of the virtualization controller 2 is a diagram illustrating an example.
【0025】 [0025]
ルーティング処理部501は,ホストコンピュータ1と記憶装置3との間で送受信されるフレームデータのルーティング処理として,以下の二通りのルーティング処理を実行する。 Routing processor 501, a routing process of the frame data transmitted and received between the host computer 1 and the storage device 3, executes routing processing of the following two ways.
【0026】 [0026]
尚ここでいうフレームデータとは、ホストコンピュータ1から記憶装置3に対して送信されるアクセス要求情報、記憶装置3からホストコンピュータ1に対して送信されるステータス情報、及びアクセス要求情報に基づきホストコンピュータ1と記憶装置3との間で送受信されるデータ等の全ての情報を含むものとする。 Note the frame data here, the access request information sent from the host computer 1 to the storage device 3, the status information sent from the storage device 3 to the host computer 1, and the host computer based on the access request information It is intended to include all the information such as the data transmitted and received between 1 and the storage device 3.
【0027】 [0027]
まず実ルーティング処理部504は、ネットワーク5に接続された装置の結線情報であるルーティング情報514に基づき、ホストコンピュータ1と記憶装置3との間で直接送受信されるフレームデータのルーティング処理を制御する。 Real routing processor 504 first, based on the routing information 514 is a connection information of the devices connected to the network 5, controls the routing process of the frame data transmitted and received directly between the host computer 1 and the storage device 3. 即ち、実ルーティング処理部504は、パス制御部22にフレームデータの転送に使用するパスを指示する。 That is, the actual routing processor 504 instructs the path used to transfer the frame data to the path control unit 22. パス制御部22は、実ルーティング処理部504の指示に基づいて、フレームデータを転送する。 Path control unit 22 based on the instruction of the real routing processor 504 transfers the frame data. 尚実ルーティング処理部504は、仮想化制御装置2のCPU50が、ルーティング情報514に基づいてメモリ51に読み込まれたルーティングプログラム516を実行することによって実現される。 Note actual routing processing unit 504, CPU 50 of the virtualization controller 2 is realized by executing the routing program 516 read into the memory 51 based on the routing information 514.
【0028】 [0028]
次に仮想化ルーティング処理部(以下、仮想化処理部と称する。)505は、後述のボリュームマッピング情報515に基づき、ホストコンピュータ1から受信したフレームデータに対し後述の加工を施して記憶装置3に対して転送し、又、記憶装置3から受信したフレームデータに対し後述の加工を実施して、ホストコンピュータ1に転送する処理を実行する。 Then virtualization routing processor (hereinafter, referred to as a virtual processing unit.) 505, based on the volume mapping information 515 to be described later, the storage device 3 performs the processing described below with respect to the frame data received from the host computer 1 transfer for, also by performing the processing described below with respect to the frame data received from the storage device 3, executes processing of transferring to the host computer 1. 尚、仮想化処理部505は、仮想化制御装置2のCPU50が、ボリュームマッピング情報515に基づいて、メモリ51に読み込まれた仮想化ルーティングプログラム517を実行することによって実現される。 The virtual processing unit 505, CPU 50 of the virtualization controller 2, based on the volume mapping information 515, are implemented by executing the virtualization routing program 517 read into the memory 51.
【0029】 [0029]
尚、図1及び図2においては、仮想化制御装置2がメイン制御部20を1つ有し、このメイン制御部20において仮想化処理を含むルーティング処理を実施する場合を示している。 Incidentally, in FIG. 1 and FIG. 2 shows a case where the virtualization controller 2 has one main control unit 20 performs a routing process that includes virtualization process in the main control unit 20. しかし本発明はこれに限られるものではなく、例えば各ポート23毎にプロセッサを設け、このプロセッサがルーティング処理を実行することとしても良い。 However, the present invention is not limited thereto, for example, a processor is provided for each port 23, the processor may be performed routing processing. これによって、ルーティング処理をポート毎に並列に実施することができるので、仮想化制御装置2の性能を向上することができる。 Thus, it is possible to implement in parallel a routing processing for each port, it is possible to improve the performance of the virtualization controller 2. また、ルーティング処理部は、ハードウェアのみで構成されるものとすることもできる。 The routing processor may also be assumed to be configured only by hardware.
【0030】 [0030]
記憶装置監視部502は、仮想化制御装置2が仮想化制御の対象とする個々の記憶装置3の状態を監視し、監視結果を記憶装置状態管理情報512として保持し、記憶装置3の状態の変更を検出したことを契機に管理装置4に対して状態の変更通知し、又管理装置4から受信した記憶装置管理情報412に基づき自身が保持する記憶装置状態管理情報512を更新する処理を実行する。 Storage device monitoring unit 502, the virtualization controller 2 monitors the individual states of the memory device 3 as a target of virtualization control, monitoring result holds as the storage device state management information 512, the storage device 3 in the state executes processing to notify the state change to the management device 4 in response to the detection of the change, and itself based on the storage device management information 412 received from the management apparatus 4 updates the storage device state management information 512 for holding to. 尚、記憶装置監視部502は、仮想化制御装置2のCPU50が、記憶装置監視プログラム518を実行することにより実現される。 The storage device monitoring unit 502, CPU 50 of the virtualization controller 2 is realized by executing the storage device monitoring program 518.
【0031】 [0031]
データ移行処理部503は、管理装置4から受信したデータ移行要求に含まれるデータ移行制御情報413を、仮想化制御装置2のメモリ51若しくは記憶媒体52にデータ移行制御情報513として格納し、データ移行制御情報513に基づき、仮想化制御装置2が管理する複数のボリューム間でのデータ移行処理を実行する。 Data migration processing unit 503 stores the data transfer control information 413 included in the data transfer request received from the management apparatus 4, as the data transfer control information 513 in the memory 51 or the storage medium 52 of the virtualization controller 2, data migration based on the control information 513, executes the data migration processing between a plurality of volumes virtualization controller 2 manages. データ移行処理部503は、仮想化制御装置2のCPU50が、データ移行処理プログラム519を実行することにより実現される。 Data migration processing unit 503, CPU 50 of the virtualization controller 2 is realized by executing the data migration processing program 519. 尚、データ移行処理の手順の詳細は、後述する。 Details of the procedure of the data migration process will be described later.
【0032】 [0032]
図4は、仮想化制御装置2で管理されるボリュームマッピング情報515の一例を示す図である。 Figure 4 is a diagram showing an example of a volume mapping information 515 managed by the virtualization controller 2. ボリュームマッピング情報515は、仮想ボリュームと実ボリュームとのマッピングを示す制御情報である。 Volume mapping information 515 is control information indicating the mapping between the virtual volume and the real volume. 仮想ボリューム管理情報520としては、仮想ボリュームを識別するための情報と、仮想ボリュームの状態を表す情報とが含まれる。 The virtual volume management information 520 includes information for identifying a virtual volume, information indicating the status of the virtual volume. 仮想ボリュームを識別するための情報としては、ネットワークで固有の値を有するPort ID、ポート毎に固有の値を有するPort Name、装置内で固有の情報であるLUN (Logical Unit Number)等が含まれる。 The information for identifying the virtual volume includes Port ID with a unique value in the network, Port Name having a unique value for each port, LUN is unique information in the device (Logical Unit Number) and the like . 仮想ボリュームの状態を表す情報には、仮想ボリュームの容量を表すSize、仮想ボリュームのステータス情報等が含まれる。 The information indicating the status of the virtual volume, Size representing the capacity of the virtual volume includes status information of the virtual volume. 実ボリューム管理情報521には、仮想ボリュームに対応する実ボリュームを識別するための情報と、実ボリュームの状態を表す情報とが含まれる。 The real volume management information 521 includes information indicating the information for identifying the real volume corresponding to the virtual volume, the state of the real volume. 実ボリュームを識別するための情報には、ネットワークで固有の値を有するPort ID、ポート毎に異なる値を有するPort Name、装置内で固有の値を有するLUN 等の情報が含まれる。 The information for identifying the real volume, Port ID with a unique value in the network, Port Name have different values ​​for each port includes information LUN or the like having a unique value within the device. また、実ボリュームの状態を表す情報には、実ボリュームの容量を表すSize、実ボリュームのステータス情報等が含まれる。 Also, the information representing the state of the real volume, Size representing the capacity of the real volumes, include status information of the real volume.
【0033】 [0033]
ここで仮想ボリュームを識別するための情報のであるPort ID、Port Nameは、仮想化制御装置2がホストコンピュータ1に対して仮想的に見せる記憶装置(以下、仮想記憶装置)の仮想的なポート(以下、仮想ポート)に割当てられた識別子情報である。 Here than is information for identifying a virtual volume Port ID, Port Name is a virtual port of the storage device virtualization controller 2 is virtually show the host computer 1 (hereinafter, virtual storage) ( hereinafter, an identifier information assigned to the virtual port). 例えば、ホストコンピュータが仮想ポートのPort IDと仮想ボリュームのLUNを指定してフレームデータを送信した場合、実際には仮想化制御装置2の仮想化処理部505がボリュームマッピング情報515に基づいて、Port IDとLUNが示す仮想ボリュームに対応する実ボリュームを有する記憶装置にフレームデータを転送するよう制御する。 For example, if the host computer has sent the frame data by specifying a LUN of the virtual volume and Port ID of virtual port, actually based virtualization processing unit 505 of the virtualization controller 2 is the volume mapping information 515, Port controlling to transfer the frame data in a storage device having a real volume corresponding to the virtual volume indicated by ID and LUN. しかしホストコンピュータには、自身が指定したPort IDが示すポートを有する記憶装置にアクセスしているように認識される。 However, in the host computer, it is recognized as access the storage device having a port indicated by the Port ID that it has specified.
【0034】 [0034]
尚図4においては、Port ID=V_Pid_1、Port Name=V_Pname_1で識別される仮想ポートからアクセスされるLUN=0で識別される仮想ボリュームが、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1で識別される実ポートからアクセスされるLUN=0で識別される実ボリュームにマッピングされている(対応付けられている)例を示している。 Real In Naozu 4, Port ID = V_Pid_1, virtual volume identified by LUN = 0 to be accessed from the virtual port identified by Port Name = V_Pname_1 is, the Port ID = P_Pid_1, identified by Port Name = P_Pname_1 port is mapped to a real volume identified by LUN = 0 to be accessed from the shows (association are being) example.
【0035】 [0035]
仮想ポートが複数の仮想ボリュームを持つことも可能である。 It is also possible to virtual port has a plurality of virtual volumes. 図4においては、Port ID=V_Pid_2、Port Name=V_Pname_2で識別される仮想ポートは、LUN=0(5GB)、LUN=1(5GB)の2つの仮想ボリュームを持ち、それぞれ,Port ID=P_Pid_2、Port Name=P_Pname_2、LUN=0(5GB)及びPort ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=1(5GB)で識別される実ボリュームにマッピングされている例を示している。 In FIG. 4, Port ID = V_Pid_2, virtual port identified by Port Name = V_Pname_2, has two virtual volumes LUN = 0 (5GB), LUN = 1 (5GB), respectively, Port ID = P_Pid_2, Port Name = P_Pname_2, LUN = 0 (5GB) and Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, shows an example that is mapped to the real volume identified by LUN = 1 (5GB).
【0036】 [0036]
尚、ステータス情報を用いた制御例については後述する。 It will be described later control example using the status information.
【0037】 [0037]
図5は、仮想化制御装置2で管理される記憶装置状態管理情報512の一例を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing an example of a storage device state management information 512 managed by the virtualization controller 2. 記憶装置状態管理情報512は、記憶装置監視部502によって検出された記憶装置及びこの記憶装置が管理する実ボリュームの、識別情報等を有する。 Storage device state management information 512 has the storage device is detected by the monitoring unit 502 storage device and the storage device is a real volume for managing the identification information and the like. 具体的には、記憶装置のポートに対して割当てられるネットワークで固有のPort ID、各ポート毎に固有の値を有するPort Name、記憶装置毎に固有の値を有するNode Name、記憶装置内の各実ボリュームに割り当てられる記憶装置内で固有のLUN 等の識別情報と、実ボリュームのSize等の実ボリュームの状態情報が、記憶装置状態管理情報512に含まれる。 Specifically, unique Port ID on the network assigned to the port of the storage device, Port Name having a unique value for each port, Node Name having a unique value for each storage device, each of the storage devices and identification information such as unique LUN in the storage device allocated to the real volume, the state information of the real volume Size such real volume is included in the storage device state management information 512. 尚図5では、記憶装置状態管理情報512として、Port ID、Port Name、Node Name、LUN 、Size情報を例示しているが、記憶装置状態管理情報512は、これに限定されるものではない。 In Naozu 5, as the storage device state management information 512, Port ID, Port Name, Node Name, LUN, is exemplified a Size information storage device state management information 512 is not limited thereto. 例えば実ボリュームに接続される仮想化制御装置2のポート情報を、記憶装置状態管理情報512として登録することも可能である。 For example the port information of the virtualization controller 2 connected to the actual volume, it is also possible to register as a storage device state management information 512.
【0038】 [0038]
図5においては、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、Node Name=P_Nname_1で識別されるポートが、LUN=0(10GB)、LUN=1(5GB)で識別される実ボリュームを、Port ID=P_Pid_2、Port Name=P_Pname_2、Node Name=P_Nname_2で識別されるポートが、LUN=0(5GB)で識別される実ボリュームを、更にPort ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、Node Name=P_Nname_3で識別されるポートが、LUN=1(10GB)で識別される実ボリュームを持つことを示している。 In FIG. 5, Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, the port identified by the Node Name = P_Nname_1 is, the real volume identified by LUN = 0 (10GB), LUN = 1 (5GB), Port ID = P_Pid_2, port Name = P_Pname_2, ports identified by Node Name = P_Nname_2, the real volume identified by LUN = 0 (5GB), identified further port ID = P_Pid_3, port Name = P_Pname_3, in Node Name = P_Nname_3 port, shows that with a real volume identified by LUN = 1 (10GB) that.
【0039】 [0039]
ここで、実ボリュームの識別情報(LUN)や、実ボリュームを持つ各ポートの識別情報(Port ID、Port Name、Node Name)は、ボリュームマッピング情報515の実ボリューム管理情報521のエントリ、或いはルーティング情報514のエントリとして使用することができる。 Here, and identification information of the real volume (LUN), identification information of each port with the real volume (Port ID, Port Name, Node Name), the entry of the real volume management information 521 of the volume mapping information 515 or routing information, it can be used as a 514 entry. 更に、記憶装置状態管理情報512は管理装置4から設定できるようにしておくことが望ましい。 Furthermore, the storage device state management information 512, it is desirable to be able to set from the management apparatus 4. 本発明においては上述のように、管理装置4のCPU40が記憶装置管理プログラム415を実行することによって、管理装置4が記憶装置状態管理情報512を設定することができる。 As described above in the present invention, by the CPU40 of the management apparatus 4 executes the storage management program 415 can manage device 4 sets the storage device state management information 512.
【0040】 [0040]
また、新たな記憶装置が仮想化制御装置2に接続された場合、仮想化制御装置2のCPU50は、記憶装置監視プログラム518を実行することにより、新たに接続された記憶装置からPort ID、Port Name、Node Name、LUN、Size情報等を取得し記憶装置状態管理情報512に登録すると共に、管理装置4に新たな装置の検出を通知する。 Also, when a new storage device is connected to the virtualization controller 2, CPU 50 of the virtualization controller 2 executes the storage monitoring program 518, Port ID from a newly connected storage device, Port Name, Node Name, LUN, and registers the acquired the Size information such as the storage device state management information 512, and notifies the detection of a new device to the management device 4. 尚、管理装置4においてボリューム管理プログラム414が実行され、管理装置4がボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520のステータス情報を設定するまでは、仮想化制御装置2は新たに接続された装置へのルーティング処理を実施しない(ルーティング情報514のエントリに登録しない)ことが望ましい。 Incidentally, it runs the volume management program 414 in the management apparatus 4, to the management apparatus 4 sets the status information of the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515, the virtualization controller 2 to the newly connected device not performed routing processing (not registered in the entry of the routing information 514) is desirable.
【0041】 [0041]
また既に仮想化制御装置2に接続されている記憶装置との接続が遮断された場合、或いは記憶装置からの応答がないなどの障害を仮想化制御装置2が検出した場合には、仮想化制御装置2は記憶装置状態管理情報512に登録されている情報を更新すると共に、管理装置4に記憶装置の状態の変化を通知する。 Also if already connected to the storage device connected to the virtualization controller 2 is interrupted, or when a failure such as no response from the storage device virtualization controller 2 detects the virtualization control device 2 updates the information registered in the storage device state management information 512, and notifies the change of state of the storage device to the management device 4. この際、仮想化制御装置2は、ボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520を参照し、ステータス情報がある条件を満たす場合にのみ(例えば、ステータス情報がActiveに設定された装置の状態が変化した場合のみ等)状態の変化を通知することが望ましい。 In this case, virtualization controller 2 refers to the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515 only when satisfying the condition that the status information (e.g., state change of the device status information is set to Active it is desirable to notify a change in the body, etc.) condition in the case of.
【0042】 [0042]
尚、図5においては省略しているが、一台の記憶装置が複数のポートを持つ場合もある。 Although not shown in FIG. 5, there is a case where a single storage device has a plurality of ports.
【0043】 [0043]
図6は、ホストコンピュータ1が仮想化制御装置2において仮想化された記憶装置(仮想記憶装置)にアクセスする場合の、アクセス要求の処理の概要を示す。 6, when the host computer 1 to access the virtualized storage device (virtual storage apparatus) in the virtualization controller 2, an overview of processing of the access request. 図6では、ホストコンピュータ1は、仮想化制御装置2において仮想化された複数の仮想ボリュームから構成される仮想ボリューム群60のうち、Port ID=V_Pid_1、Port Name=V_Pname_1で識別される仮想ポートの仮想ボリュームLUN=0(10GB)に対するアクセス要求を発行する。 In Figure 6, the host computer 1, among the virtualized plurality of virtual volumes virtual volume group 60 composed of the virtualization controller 2, Port ID = V_Pid_1, virtual port identified by Port Name = V_Pname_1 issues an access request to the virtual volume LUN = 0 (10GB).
【0044】 [0044]
ホストコンピュータ1から発行される仮想ボリュームに対するアクセス要求は、ルーティング処理部501によって、仮想記憶装置に対するアクセス要求であることが検出される。 Access request to the virtual volume that is issued from the host computer 1, by the routing processing unit 501, it is detected that the access request to the virtual storage device. 具体的には、ルーティング処理部が、アクセス要求に含まれるPort IDがボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報に含まれることを検出することによって、仮想記憶装置に対するアクセス要求であることが分かる。 Specifically, the routing processing unit, by Port ID included in the access request is detected to be included in the virtual volume management information of the volume mapping information 515, it can be seen that an access request to the virtual storage device. すると、仮想化処理部505によってアクセス要求に含まれるPort ID、LUNが参照され、このPort ID、LUNと対応付けられてボリュームマッピング情報515に登録されている実ボリュームに対するアクセス要求にアクセス要求が変換された後、変換後のアクセス要求が記憶装置3に対して発行される。 Then, Port ID included in the access request by the virtual processing unit 505, LUN is referenced, the Port ID, access request to the access request to the real volume is registered in the volume mapping information 515 associated with the LUN is converted after being, access requests after conversion is issued to the storage device 3. 尚、アクセス要求の変換は、ホストコンピュータ1が発行したアクセス要求に含まれるPort ID、LUNを、このPort ID、LUNと対応付けられてボリュームマッピング情報515に登録されている実ボリュームのPort ID、LUNに、仮想化処理部505が変換することによって行われる。 The conversion of the access request, Port ID, the LUN, the Port ID, Port ID of the real volume is registered in the volume mapping information 515 associated with the LUN contained in the access request by the host computer 1 issues, the LUN, the virtual processing unit 505 is performed by converting.
【0045】 [0045]
以降ホストコンピュータ1から受信したアクセス要求に基づく、ホストコンピュータ1と記憶装置3間のデータの送受信、並びにステータス情報の送信等、一連の処理は、仮想化制御装置2を介して実行される。 Later based on the access request received from the host computer 1, transmits and receives data between the host computer 1 and the storage device 3, and transmits such status information, a series of processing is executed via the virtualization controller 2. 尚、データの送受信処理、或いはステータス情報の送信処理等において、ホストコンピュータ1と記憶装置3との間で送受信されるデータも、仮想化処理部505によってフレームデータの変換処理が実施される。 Incidentally, transmission and reception processing of data, or in the transmission processing of the status information, the data transmitted and received between the host computer 1 and the storage device 3 also, the conversion processing of the frame data is performed by the virtual processing unit 505. 但し、ここで言う変換処理とは、データそのものの変換ではなく、データに付加された情報である送信先識別子情報(D_ID)、送信元識別子情報(S_ID)、エラー検出コードであるCRC(Cyclic Redundancy Check)等の変換処理である。 However, here the term conversion process and is not the conversion of the data itself, a destination identifier information is information added to data (D_ID), the source identifier information (S_ID), an error detection code CRC (Cyclic Redundancy Check) is a conversion process or the like. 例えばホストコンピュータ1からD_ID=V_Pid_1が設定されたアクセス要求を仮想化制御装置2が受信した場合には、ルーティング処理部501がボリュームマッピング情報を用いてD_IDをP_Pid_1に変換し、新たにCRCを生成してフレームデータに付与して、記憶装置3に変換後のフレームデータを送信する。 For example, when an access request D_ID = V_Pid_1 from the host computer 1 has been set virtualization controller 2 receives converts the D_ID to P_Pid_1 using routing processor 501 volume mapping information, generates a new CRC imparted to the frame data, and transmits the frame data after conversion to the storage device 3. 逆に記憶装置3からS_ID=P_Pid_1が設定されたフレームデータを仮想化制御装置2が受信した場合には、ルーティング処理部501がS_IDをV_Pid_1に変換し、フレームデータ中のCRCを新たに生成したCRCに置換えて、ホストコンピュータにフレームデータを送信する。 If the frame data S_ID = P_Pid_1 is set from the storage device 3 conversely virtualization controller 2 has received the routing processor 501 converts the S_ID to V_Pid_1, newly generates a CRC in a frame data It replaced the CRC, and transmits the frame data to the host computer.
【0046】 [0046]
図7は、仮想化制御装置2がホストコンピュータに提供している仮想ボリュームに対応付けられる記憶装置3の実ボリュームを、他の異なる記憶装置の実ボリュームに変更し、仮想ボリュームと実ボリュームのマッピングを変更する際の処理の概要を示す図である。 7, the real volume of the storage device 3 associated with the virtual volume virtualization controller 2 is provided to the host computer, and change the actual volume of the other different storage devices, the virtual volume and the real volume mapping is a diagram showing an outline of processing when changing the. この際、今まで仮想ボリュームに対応付けられてきた旧実ボリュームから、新たにこの仮想ボリュームに対応付けられることになった新実ボリュームへ、データの移行処理が実行される。 At this time, the old real volume that has been associated with the virtual volume ever, to the newly Nimi volumes had to be associated with this virtual volume migration processing of the data is performed.
【0047】 [0047]
図7は、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=0で識別される実ボリュームに格納されていたデータを、Port ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1で識別される実ボリュームに格納する(移行する)要求が何らかの条件を契機として発生し、管理者が管理装置4を介して仮想化制御装置2にデータ移行要求を発行した場合の処理を示している。 Figure 7 real volume, the Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, the data stored in the real volume identified by LUN = 0, Port ID = P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, identified by LUN = 1 storing (shifts) the request indicates the processing when generating a some condition triggered, the administrator issues a data transfer request to the virtualization controller 2 via the management device 4. 管理装置から発行されるデータ移行要求は、データ移行元及びデータ移行先の実ボリュームを識別するための情報(Port Data migration request issued from the management apparatus, information for identifying the real volume of the data migration source and the data migration destination (Port
ID、Port Name、LUN等)を含むデータ移行制御情報413を有する。 With ID, Port Name, the data transfer control information 413 including the LUN, etc.).
【0048】 [0048]
データ移行要求を受信した仮想化制御装置2では、メイン制御部20のデータ移行処理部503がデータ移行制御情報を解析し、解析結果に基づいてデータ移行処理を実行する。 The virtualization controller 2 has received the data transfer request, data transfer processing unit 503 of the main control unit 20 analyzes the data transfer control information, executes the data migration processing based on the analysis result. 即ち、図7に示す例においては、データ移行処理部503の制御によって、仮想化制御装置2からPort ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=0で識別される実ボリュームを持つ記憶装置3に対し、データ移行(copy)要求が発行される。 That is, in the example shown in FIG. 7, the control of the data migration processing unit 503, Port ID = P_Pid_1 from the virtualization controller 2, Port Name = P_Pname_1, the storage device 3 having the real volume identified by LUN = 0 against, data migration (copy) request is issued. このデータ移行要求には、データ移行先の実ボリュームを識別する情報(図7に示す例においては、Port ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1)が含まれる。 This data migration request, (in the example shown in FIG. 7, Port ID = P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, LUN = 1) information identifying the real volume of the data migration destination are included. データ移行要求を受信したP_Pid_1で識別されるポートを持つ記憶装置は、LUN=0で識別される実ボリュームに格納されているデータを、P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1で識別される実ボリュームに宛てて送信する。 Storage device having a port identified by P_Pid_1 receiving data migration request, the actual the data stored in the real volume identified by LUN = 0, P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, identified by LUN = 1 to send addressed to the volume. P_Pid_3で識別されるポートを持つ記憶装置はP_Pid_1で識別されるポートを持つ記憶装置から受信したフレームデータをLUN=1で識別される実ボリュームに格納する。 Storage device having a port identified by P_Pid_3 is stored in the real volume identified frame data received from the storage device having a port identified by P_Pid_1 in LUN = 1. このように、P_Pid_1で識別されるポートを持つ記憶装置とP_Pid_3で識別されるポートを持つ記憶装置との間でデータのコピーを行うことによって、データ移行処理が実現される。 In this way, by performing a copy of the data between the storage device having a port identified by the storage and P_Pid_3 with port identified by P_Pid_1, data migration processing can be realized.
【0049】 [0049]
データ移行処理の完了後、データ移行処理部503はボリュームマッピング情報515にデータ移行先の実ボリュームを登録するとともに、仮想ボリューム管理情報520の仮想ボリュームのステータス情報を更新、登録する。 After completion of the data migration processing, data migration processing unit 503 registers the real volume of the data migration destination volume mapping information 515, status information of the virtual volume in the virtual volume management information 520 update registers. 係る情報の更新、登録がされた後のボリュームマッピング情報515の一例を図8に示す。 Updating of such information, an example of the volume mapping information 515 after being registered is shown in Fig.
【0050】 [0050]
図8は、図7に示すデータ移行に伴い、Port ID=V_Pid_1、Port Name=V_Pname_1、LUN=0で識別される仮想ボリュームにマッピングされる(対応付けられている)実ボリュームが、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=0で識別される実ボリューム(データ移行元の実ボリューム)から、Port ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1で識別される実ボリューム(データ移行先の実ボリューム)に変更された場合の、変更後のボリュームマッピング情報515の一例を示す図である。 8, as the data migration shown in FIG. 7, Port ID = V_Pid_1, Port Name = V_Pname_1, the real volume is mapped to the virtual volume (associated with) is that identified by LUN = 0, Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, from the real volume identified by LUN = 0 (data migration source real volume), Port ID = P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, real volume (data migration destination identified by LUN = 1 when it is changed to the real volume) is a diagram showing an example of the volume mapping information 515 after the change.
【0051】 [0051]
図8では、Port ID=V_Pid_1、Port Name=V_Pname_1、LUN=0で識別される仮想ボリュームにマッピングされる(対応する)実ボリュームとして、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=0で識別される実ボリューム(データ移行元の実ボリューム)と、Port ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1で識別される実ボリューム(データ移行先の実ボリューム)が登録されている。 In Figure 8, Port ID = V_Pid_1, Port Name = V_Pname_1, and the (corresponding) mapped to the virtual volume identified by LUN = 0 as the real volume, Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, identified by LUN = 0 a real volume (data migration source real volume) being, Port ID = P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, real volume identified by LUN = 1 (real volume of data migration destination) are registered. 更に仮想ボリューム管理情報520のステータス情報は、Port ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1で識別される実ボリュームがActiveであり、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=0で識別される実ボリュームがInactiveであることを示している。 Further status information of the virtual volume management information 520, Port ID = P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, a real volume Active identified by LUN = 1, Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, identified by LUN = 0 indicating that the real volume is is Inactive. 仮想ボリュームに対するアクセス要求は、ステータス情報がactiveである実ボリュームに対して実行される。 Access request to the virtual volume, the status information is performed for the real volume is active. 例えば図8に示すボリュームマッピング情報515に従ってルーティング処理部がアクセス要求やフレームデータを転送する場合、Port ID=V_Pid_1、Port Name=V_Pname_1、LUN=0で識別される仮想ボリュームに対するアクセス要求、或いはこのアクセス要求に基づくデータの転送処理は、仮想ボリューム管理情報520のステータス情報に基づき、Port ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1で認識される実ボリュームに対して実行される。 For example, when the routing processor in accordance with the volume mapping information 515 shown in FIG. 8 transfers the access request and the frame data, Port ID = V_Pid_1, Port Name = V_Pname_1, an access request to the virtual volume identified by LUN = 0, or the access transfer processing of data based on the request, based on the status information of the virtual volume management information 520, Port ID = P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, is performed on the real volume that is recognized by the LUN = 1.
【0052】 [0052]
このように、ある記憶装置が有する実ボリューム内のデータが、他の記憶装置が有する実ボリュームに移行された場合、本実施形態においては仮想ボリュームと実ボリュームとの間のマッピング(対応関係)がデータ移行処理部503によって変更される。 Thus, the data in the real volume in the storage device has is, when it is migrated to real volume other storage device has a mapping (correspondence) between the virtual volume and the real volume in this embodiment It is changed by the data migration processing unit 503. しかし、ホストコンピュータがボリュームにアクセスするために使用する識別情報は、仮想ボリュームの識別情報(仮想ポートのPort ID、Port Name、及び仮想ボリュームのLUN)であり、この識別情報はデータ移行が実行されても変化しない。 However, the identification information by the host computer uses to access the volume is identification information of the virtual volume (Port ID of virtual port, Port Name, and virtual volume LUN), the identification information is data migration is executed even if does not change. 例えば図7に示すデータ移行が実行される場合について考える。 For example, consider the case where data migration shown in FIG. 7 is executed. ホストコンピュータがPort ID=V_Pid_1、Port Name=V_Pname_1、LUN=0で識別される仮想ボリュームに対するアクセス要求を発行した場合、データ移行前は、仮想化処理部505は図4に示すボリュームマッピング情報515に基づいて、このアクセス要求をPort ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=0で識別される実ボリュームに宛てて送信する。 Host computer Port ID = V_Pid_1, Port Name = V_Pname_1, when issuing an access request to the virtual volume identified by LUN = 0, the previous data transfer, the virtual processing unit 505 in the volume mapping information 515 shown in FIG. 4 based on the access request Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, transmits the control information to the real volume identified by LUN = 0. データ移行後は、仮想化処理部505は図8に示すボリュームマッピング情報515に基づいて、このアクセス要求をPort ID=P_Pid_3、Port Name=P_Pname_3、LUN=1で認識される実ボリュームに宛てて送信する。 After the data migration, the virtual processing unit 505 on the basis of the volume mapping information 515 shown in FIG. 8, sends the access request Port ID = P_Pid_3, Port Name = P_Pname_3, addressed to the real volume that is recognized by the LUN = 1 to. したがって、本実施例によれば、ホストコンピュータがアクセス対象として認識するボリュームの識別情報を変更することなく、複数の記憶装置間でのデータ移行を実行することができる。 Therefore, according to this embodiment, it is possible to host computer without changing the identity of the recognized volume as an access target, it executes the data migration between the plurality of storage devices.
【0053】 [0053]
図8に示すボリュームマッピング情報515には、実ボリュームに対して発行された未完了のコマンドを識別する情報も登録される。 The volume mapping information 515 shown in FIG. 8, the information identifying the uncompleted commands issued to the real volume is also registered. 図8では、P_Pid_1、P_Pname_1、LUN=0で識別されるデータ移行元の実ボリュームには、未完了のコマンドとしてC_id_0、C_id_1、C_id_2が、P_Pid_3、P_Pname_3、LUN=1で識別されるデータ移行先の実ボリュームには、未完了のコマンド(データ移行処理部503がデータ移行元の実ボリュームにデータ移行要求を送信した後に、仮想化制御装置2がホストコンピュータから受信したデータ移行対象となっている仮想ボリュームへのコマンド)としてC_id_3、C_id_4が登録されている。 In Figure 8, P_Pid_1, P_Pname_1, the data migration source real volume identified by LUN = 0, C_id_0 as a command uncompleted, C_id_1, is C_id_2, P_Pid_3, P_Pname_3, data migration destination identified by LUN = 1 the real volume of, after incomplete commands (data migration processing unit 503 transmits a data migration request to the data migration source real volume, the virtualization controller 2 is in the data transfer target received from the host computer C_id_3 as a command) to the virtual volume, C_id_4 are registered. コマンドは、仮想化制御装置2がホストコンピュータからコマンドを受信したのを契機に仮想化制御装置2によってボリュームマッピング情報に登録され、仮想化制御装置2が記憶装置からコマンドに応じた処理の終了を通知する終了ステータス等を受信した場合に削除される。 Command, the virtualization controller 2 is registered in the volume mapping information by the virtualization controller 2 in response to the command is received from the host computer, the completion of processing virtualization controller 2 according to the command from the storage device It is deleted if it receives the exit status or the like to be notified. 但し仮想化制御装置2は、データ移行要求をデータ移行元の実ボリュームに送信したことを契機に、ホストコンピュータ1から受信したデータ移行対象の仮想ボリュームに対するコマンドを、データ移行先の実ボリュームのエントリに登録する。 However virtualization controller 2, triggered by the transmission data migration request to the data migration source real volume, the command to the virtual volume data migration target received from the host computer 1, the data migration destination real volume entry to register to. また仮想化制御装置2は、データ移行元の実ボリュームにデータ移行要求を送信した後に、データ移行元の記憶装置3からデータライト系コマンドの終了ステータスを受信した場合には、未完了コマンドの登録を削除せずコマンドが完了したことのみをボリュームマッピング情報515に設定する。 The virtualization controller 2, after sending the data transfer request to the data migration source real volume, if the data migration source storage apparatus 3 receives the end status of the data write system command register incomplete command of deleting not command sets only be complete volume mapping information 515. 尚、図8では省略しているが、ボリュームマッピング情報515は、未完了のコマンドを識別するための情報以外に、コマンド情報を保持することも可能である。 Incidentally, although omitted in FIG. 8, the volume mapping information 515, in addition to information for identifying the unfinished command, it is possible to hold the command information.
【0054】 [0054]
尚、図7及び図8では、データ移行の単位としてボリュームを用い、ボリューム単位でデータ移行を実行する例を示したが、本発明はこれに限られるものではない。 In FIG. 7 and FIG. 8, using the volume as a unit of data migration, the example of performing data migration in volume units, the present invention is not limited thereto. ボリュームマッピング情報515が、データ移行元の記憶装置の開始/終了アドレス情報とデータ移行先の記憶装置の開始/終了アドレス情報を保持すれば、ブロックアドレス単位でデータ移行を実行することも可能である。 Volume mapping information 515, if holding the start / end address information of the start / end address information and the data migration destination storage device of the data migration source storage device, it is also possible to perform data migration by block address basis .
また図7及び図8では、データ移行処理部503が一台の記憶装置に対してデータ移行要求を発行することにより、データ移行が実行される例を示したが、これに限られるものではない。 In FIG. 7 and FIG. 8, by the data migration processing unit 503 issues a data transfer request to a single storage device, an example in which data migration is executed is not limited thereto . 例えばデータ移行処理部503がデータ移行元の記憶装置にはリード要求を、データ移行先の記憶装置にはライト要求をそれぞれ発行することによって、データ移行を実行することも可能である。 For example, the data migration processing unit 503 a read request to the migration source storage device data, the data migration destination storage device by issuing each write request, it is also possible to execute the data migration.
【0055】 [0055]
尚、仮想ボリューム管理情報520のステータス情報は、管理装置4のボリューム管理部401によって設定・更新が可能であることが望ましい。 Incidentally, the status information of the virtual volume management information 520, it is desirable to be set and updated by the volume management unit 401 of the management apparatus 4.
【0056】 [0056]
図9は、仮想化制御装置2のルーティング処理部501によって実行される、フレームデータの転送処理の一例を示す図である。 Figure 9 is performed by the routing processing unit 501 of the virtualization controller 2, a diagram illustrating an example of a transfer process of the frame data. 本処理は、ホストコンピュータ1或いは記憶装置3から仮想化記憶装置2がフレームデータを受信したことを契機として開始される(100)。 This process, the virtualization storage device 2 from the host computer 1 or the storage device 3 is started in response to a reception of the frame data (100). フレームデータを受信したルーティング処理部501は、フレームデータに含まれるフレームデータの送信元/送信先の識別情報(送信元のPort ID、送信先のPort ID等)、及び必要な場合はフレームデータに含まれるフレームデータの種別情報、及びフレームのペイロードに含まれる各種情報(送信先のLUN等)を用いて、仮想化処理が必要か否かを判別する(101)。 Routing processor 501 which has received the frame data, the source / destination of the identification information of the frame data included in the frame data (the source of the Port ID, destination Port ID, etc.), and if necessary the frame data type information of the frame data included, and using various information (destination LUN, etc.) contained in the payload of the frame to determine whether it is necessary to virtualization processor (101). 具体的には、送信先のPort IDやLUNが、ボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520に登録されている場合には、そのフレームデータは仮想化処理が必要なフレームデータであると判定される。 Specifically, Port ID and LUN of the destination, if it is registered in the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515, the frame data is determined to be frame data necessary virtualization process that.
【0057】 [0057]
仮想化処理が必要な場合、以下に示す仮想化処理(102)を仮想化処理部505が実行する。 If the virtual process is needed, the virtualization processing (102) the virtual processing unit 505 executes shown below.
1. 1. 受信したフレームデータが、ホストコンピュータから仮想記憶装置へのフレームデータである場合仮想化処理部505は、ボリュームマッピング情報515に基づきフレームデータ中の送信先識別情報が示す仮想記憶装置に対応する記憶装置を検出する。 Received frame data, when the frame data to the virtual storage device from the host computer virtualization processing unit 505, a storage device corresponding to the virtual memory device shown destination identification information in the frame data based on the volume mapping information 515 to detect. そしてホストコンピュータから受信したフレームデータをこの記憶装置宛てのフレームデータに変換する為、フレームデータに含まれるフレームデータの送信先識別情報(D_ID)をこの記憶装置のPort IDに変換する。 And for converting the frame data received from the host computer to the frame data of the storage device addressed, converts the destination identification information of the frame data included in the frame data (D_ID) to Port ID of the storage device. また受信したフレームデータ中のCRCを新たな送信先識別情報に基づくCRCに変換する。 The converting the CRC of the frame in data received CRC based on the new destination identification information. そして変換後のフレームデータは、ポート23を介して記憶装置3に向けて送信される。 The frame data after conversion is transmitted to the storage device 3 via the port 23.
2. 2. 受信したフレームデータが、仮想記憶装置にマッピングされた(対応づけられた)記憶装置からホストコンピュータに対するフレームデータである場合仮想化処理部505は、ボリュームマッピング情報515に基づきフレームデータ送信元の記憶装置に対応する仮想記憶装置を検出する。 Received frame data, (was correlated) has been mapped to the virtual storage device if the storage device is a frame data to the host computer virtualization processing unit 505, a frame data transmission source storage device based on the volume mapping information 515 detecting a virtual storage device corresponding to the. そして記憶装置から受信したフレームデータを、この仮想記憶装置からのフレームデータに変換する為、フレームデータ内の送信元識別情報(S_ID)を仮想記憶装置のPort IDに置き換える。 Then the frame data received from the storage device, for converting the frame data from the virtual storage device, replacing the source identification information in the frame data (S_ID) to Port ID of the virtual storage device. 又、フレームデータ内のCRCを、新たな送信元識別情報に基づくCRCに置換える。 Further, the CRC of the frame data, replaces to the CRC based on a new source identification information. そして、送信元識別情報とCRCが置き換えられたフレームデータは、ポート23を介してホストコンピュータ1に対して送信される。 Then, frame data transmission source identification information and CRC have been replaced is sent to the host computer 1 via the port 23.
【0058】 [0058]
図9に示す仮想化処理要否の判別において(101)、ルーティング処理部501が仮想化処理は不要と判別した場合、実ルーティング処理部504がルーティング情報514に基づいて、受信したフレームデータのルーティング処理を実行する(103)。 In the determination of virtualization processing necessity shown in FIG. 9 (101), when the routing processing unit 501 of the virtual treatment is determined not necessary, the actual routing processing unit 504 based on the routing information 514, routing of received frame data process is executed (103).
【0059】 [0059]
図10は、仮想化制御装置2のデータ移行処理部503が実行する、データ移行処理の一例を示す図である。 Figure 10 is a data migration processing unit 503 of the virtualization controller 2 executes a diagram showing an example of the data migration processing.
【0060】 [0060]
データ移行処理は、管理装置4から仮想化制御装置2がデータ移行要求を受信した場合に開始される(110)。 Data migration processing, the virtualization controller 2 starts when receiving the data transfer request from the management apparatus 4 (110). データ移行要求を受信したデータ移行処理部503は、データ移行要求が有するデータ移行元及びデータ移行先の実ボリュームを示す情報に基づいて、データ移行制御情報513を生成する。 Data migration processing unit 503 which has received the data transfer request, based on information indicating the actual volume of the data migration source and the data migration destination data transfer request has to generate the data transfer control information 513. 尚、データ移行制御情報は、少なくともデータ移行元及びデータ移行先の実ボリュームを識別するための情報(Port ID、 LUN等)を有する。 Note that the data transfer control information includes information (Port ID, LUN, etc.) for identifying the real volume of at least the data migration source and the data migration destination. そしてデータ移行処理部503は、データ移行制御情報513に基づき、データ移行元の実ボリュームを有する記憶装置3に対して、アクセス要求(データ移行要求)を発行する(111)。 The data migration processing unit 503, based on the data transfer control information 513, the storage device 3 having the data migration source real volume, issues an access request (data transfer request) (111).
【0061】 [0061]
データ移行要求の発行後データ移行処理部503は、アクセス要求を発行した個々の記憶装置3から終了報告を受信するのを待つ(112)。 Issued after the data migration processing unit 503 of the data transfer request waits for the individual storage devices 3 which has issued an access request to receive the completion report (112). そして、データ移行処理部503は、データ移行要求を発行した記憶装置3からの終了報告が、全て正常終了を通知する終了報告であるかを確認する(113)。 Then, the data migration processing unit 503, completion report from the storage device 3 which has issued the data transfer request, checks whether a termination report all notifying normal termination (113). 尚、データ移行処理部503が異常終了を通知する終了報告を受信した場合には、データ移行処理部503が、この終了報告の発行元の記憶装置に対して、個別にアクセス要求(データ移行要求)の発行処理(111)から終了報告の確認処理(113)までの処理を再実行することが望ましい。 In the case where the data migration processing unit 503 receives the completion report notifying the abnormal end, the data migration processing unit 503, with respect to issuing memory device of the end report, individually access request (data transfer request it is desirable to re-execute the processing until the confirmation processing of the completion report (113) from the issuing process (111) of).
【0062】 [0062]
データ移行処理部503が、データ移行要求の発行先記憶装置3全てから正常終了を示す終了報告を受信した場合は、データ移行処理部503は仮想ボリューム管理情報520に、データ移行先の実ボリュームを登録すると共に、仮想ボリューム管理情報のステータス情報を更新し(114)、データ移行処理の終了を管理装置4に対して報告する(115)。 Data migration processing unit 503, when receiving the completion report from the issuance destination storage device 3 all data transfer request indicating success, the data migration processing unit 503 to the virtual volume management information 520, the real volume of the data migration destination and registers, updates the status information of the virtual volume management information (114), reports the completion of data migration processing to the management apparatus 4 (115).
【0063】 [0063]
尚、図10に示すデータ移行処理においては、仮想化制御装置2からデータ移行要求を受信するデータ移行元の記憶装置3が以下の様な機能を有することによって、仮想ボリューム管理情報520のステータス情報が更新される時点で、移行元の実ボリュームに対するアクセス要求は全て完了していることが保証される。 Incidentally, in the data migration processing shown in FIG. 10, by the data migration source storage device 3 for receiving the data transfer request from the virtualization controller 2 has the following such functions, the status information of the virtual volume management information 520 There at the time it is updated, it is ensured that all completed access requests for migration source real volume.
【0064】 [0064]
データ移行元の記憶装置3は、データ移行処理中にホストコンピュータ1からライトコマンドを受信した場合、ライトコマンドに従って記憶媒体35にデータを書き込むと共に、ライトデータを一時的に保持するための記憶領域(退避ボリューム)に、書き込まれたライトデータを格納する。 Data migration source storage device 3, when receiving the write command in the data migration processing from the host computer 1 writes the data in the storage medium 35 in accordance with the write command, the storage area for temporarily storing the write data ( to save volume), and stores the write data written. 尚退避ボリュームは、記憶装置3が有する記憶媒体中の記憶領域である。 Incidentally save volume is a storage area in the storage medium storage device 3 has. そして、データ移行処理の一環としてデータ移行元の記憶装置3は、退避ボリュームに格納されたデータを、データ移行先の記憶装置3に送信する。 Then, the data migration source storage device 3 as part of a data migration process, the data stored in the save volume data, and transmits the data migration destination storage device 3. 従って、データ移行元の記憶装置3が仮想化制御装置2のデータ移行処理部503に終了報告を送信する際には、データ移行元の実ボリュームに対する未完了のコマンドは存在せず、かつデータ移行処理中に実行されたライト処理によって変更されたデータは、データ移行先の記憶装置にも既に送信されていることとなる。 Therefore, when the data migration source storage device 3 transmits an end report to the data migration processing unit 503 of the virtualization controller 2 commands uncompleted for data migration source real volume is not present, and data migration data changed by been write process execution during processing, so that the already transmitted to the data migration destination storage device. このため、データ移行処理部503が仮想ボリューム管理情報520を更新する時点で、データ移行元の実ボリュームに対するアクセス要求は全て処理済みであることが保証される。 Therefore, when the data migration processing unit 503 updates the virtual volume management information 520, the access request for the data migration source real volume is guaranteed to be all processed. 従って、実ボリューム間でデータを移行し、仮想ボリュームにマッピングされる実ボリュームをデータ移行元の実ボリュームからデータ移行先の実ボリュームに変更する際に、データの整合性を保証することができる。 Therefore, to migrate data between real volumes, you can when changing the actual volume mapped to the virtual volume from the data migration source real volume to the real volume of the data migration destination, to ensure data integrity.
【0065】 [0065]
以上に説明したデータ移行処理により、複数の記憶装置間におけるデータ移行処理を制御する仮想化制御装置は、個々の記憶装置の持つ機能を活用することによって、データ移行処理に要する処理負荷を軽減することができる。 The data migration processing described above, virtualization controller that controls the data migration processing between a plurality of storage devices, by utilizing the functions of individual storage devices, to reduce the processing load required for the data migration processing be able to.
【0066】 [0066]
尚、データの整合性を保証するための他の方法として、以下の方法を用いることもできる。 As another way to ensure data integrity, it is also possible to use the following method. 仮想化制御装置2のボリュームマッピング情報515に、実ボリューム毎に受信したコマンドを登録するためのエントリを持たせる。 The volume mapping information 515 of the virtualization controller 2, to have an entry for registering a command received for each real volume. 仮想化制御装置2のルーティング処理部501は、ホストコンピュータから記憶装置3宛てのコマンドを受信する度に、このコマンドの転送先の実ボリュームに対応するエントリにコマンドの内容を登録する。 Routing processor 501 of the virtualization controller 2, every time it receives a command of the storage apparatus 3 addressed to the host computer, registers the contents of the command to the entry corresponding to the real volume of transfer destination of the command. また、仮想化制御装置2が記憶装置からコマンドに応じた処理の終了報告を受信した際には、ルーティング処理部501は、ボリュームマッピング情報515に登録したコマンドを削除する。 Furthermore, when the virtualization controller 2 receives the completion report of the process according to the command from the storage device, the routing processing unit 501 deletes the command registered in the volume mapping information 515. この様に、仮想化制御装置2が未完了なコマンドの存在を把握できるよう、ボリュームマッピング情報515を構成した上で、仮想化制御装置2のデータ移行処理部503が記憶装置3にデータ移行要求を送信した後は、ホストコンピュータ1からデータ移行対象の仮想ボリュームに対するコマンドを受信した仮想化制御装置2のルーティング処理部501は、このコマンドを仮想化制御装置2が有する記憶媒体52に一時的に格納する。 Thus, as the virtualization controller 2 can recognize the presence of incomplete command, after constitutes the volume mapping information 515, the data transfer request to the storage device 3 the data migration processing unit 503 of the virtualization controller 2 after sending the, the routing processing unit 501 of the virtualization controller 2 receives the command for the data migration target virtual volume from the host computer 1 is temporarily in the storage medium 52 to the command virtualization controller 2 has Store. そして、仮想化制御装置2がデータ移行元の記憶装置3からデータ移行完了報告を受信した場合には、仮想化制御装置2のルーティング処理部は、記憶媒体52に格納していたコマンドを、データ移行先の実ボリュームに対して転送する。 When the virtualization controller 2 receives the data migration completion report from the data migration source storage device 3, the routing processor of the virtualization controller 2, a command which has been stored in the storage medium 52, data to transfer to the destination of the real volume. 係る方法を用いることによって、仮想化制御装置2がデータ移行元の記憶装置3にデータ移行要求を送信してから、この記憶装置3から終了報告を受信するまでの時間を短縮することができる。 By using the method according may virtualization controller 2 from the transmission of the data transfer request to the data migration source storage device 3, to shorten the time until receiving the completion report from the storage device 3.
【0067】 [0067]
尚、前述の通り、データ移行処理部503が仮想ボリューム管理情報520のステータス情報を更新した後は、仮想ボリュームに対するアクセス要求或いはアクセス要求に基づくデータの転送等は、仮想ボリューム管理情報520のステータス情報に基づき、Activeな実ボリュームに対して実行される。 Incidentally, as described above, after the data migration processing unit 503 updates the status information of the virtual volume management information 520, the transfer of data based on the access request or an access request to the virtual volume, the status information of the virtual volume management information 520 based on, it is performed on the real volume of Active.
【0068】 [0068]
以上に説明したように、仮想化制御対象の記憶装置間でデータ移行を実行する場合、仮想化制御装置2がボリュームマッピング情報515を更新することによって、ホストコンピュータ1がアクセス対象として認識する仮想ボリュームの識別情報を変更することなく,仮想ボリュームにマッピングされる実ボリュームをダイナミックに変更することができる。 As described above, when performing data migration between the virtualization control target storage device, a virtual volume recognized by the virtualization controller 2 updates the volume mapping information 515, the host computer 1 as the access target without changing the identification information, it is possible to change the actual volume to be mapped to the virtual volume dynamically. 従って、ホストコンピュータ1は、記憶装置(実ボリューム)間でデータ移行が実行されたことを意識することなく、仮想ボリュームに対するアクセス処理を継続することができる。 Thus, the host computer 1 without being aware that the data migration is performed between the storage device (actual volume), it is possible to continue the process of accessing the virtual volume.
【0069】 [0069]
ところで、上述の実施形態では、仮想化制御装置2からデータ移行要求を受信した記憶装置3(データ移行元)の機能を用いてデータの整合性(仮想ボリューム管理情報520の更新時に、変更前の実ボリュームに対する全てのアクセス要求が完了していること)を保証している。 Incidentally, in the above embodiment, when updating the virtualization controller using the function data integrity second storage device receives the data transfer request from the 3 (data migration source) (virtual volume management information 520, before the change guarantee) all requests for access to the real volume is completed. しかし、本発明はこれに限定されるものではない。 However, the present invention is not limited thereto.
【0070】 [0070]
以下に、データ移行処理の他のバリエーションとして、仮想化制御装置2が有する機能のみを用いて、変更前の実ボリュームに対するアクセス要求が全て完了したことを検出する方法を説明する。 Hereinafter, as another variation of the data migration processing, using only the function of the virtualization controller 2, a method of detecting the completion of all the access requests to the real volume before the change.
【0071】 [0071]
この方法においては、仮想化制御装置2のボリュームマッピング情報515に、実ボリューム毎に受信したコマンドを登録するためのエントリを持たせる。 In this method, the volume mapping information 515 of the virtualization controller 2, to have an entry for registering a command received for each real volume. 仮想化制御装置2は、ホストコンピュータから仮想ボリューム若しくは実ボリューム宛てのコマンドを受信する度に、このコマンドの転送先の実ボリュームに対応するエントリにコマンドの内容を登録する。 Virtualization controller 2, every time it receives a virtual volume or the command of the real volume addressed by the host computer, registers the contents of the command to the entry corresponding to the real volume of transfer destination of the command. また、仮想化制御装置2が記憶装置からコマンドに応じた処理の終了ステータスを受信した際には、ボリュームマッピング情報515に登録したコマンドを削除する。 Further, upon receiving the processing end status of the virtualization controller 2 according to the command from the storage device deletes the commands registered in the volume mapping information 515. 尚、エントリに登録されているコマンド自体は、仮想化制御装置2が記憶媒体52内に保持する。 Incidentally, the command itself registered in the entry, the virtualization controller 2 is held in the storage medium 52.
【0072】 [0072]
仮想化制御装置2は、データ移行要求を記憶装置3に送信したことを契機に、ホストコンピュータ1から受信したデータ移行対象の仮想ボリュームに対するコマンドを、データ移行先の実ボリュームに対応するエントリに登録する。 Virtualization controller 2 registers triggered by the send data migration request to the storage device 3, the command to the virtual volume data migration target received from the host computer 1, the entry corresponding to the real volume of the data migration destination to. 更に仮想化制御装置2は、データ移行要求を送信した後に,データ移行元の記憶装置3からデータライト系コマンドの終了ステータスの報告を検出した場合は、ボリュームマッピング情報に登録されているコマンドを削除せず、コマンドに対する処理が完了したことのみをボリュームマッピング情報に登録する。 Furthermore virtualization controller 2, after sending the data transfer request, when detecting the report of completion status of the data-write command from the data migration source storage device 3, remove the commands that are registered in the volume mapping information without the registers only the processing for the command has completed the volume mapping information.
【0073】 [0073]
仮想化制御装置2は、データ移行元の実ボリュームに対する未完了のコマンドが無くなったことを条件として(データ移行元の実ボリュームに対応付けられてボリュームマッピング情報515に登録されているコマンド全てについて、処理済みを示す情報が登録されていることを条件として)、仮想化制御装置2が一時的に保持しているデータライト系コマンド(ボリュームマッピング情報515に完了を示す情報が登録され、未削除のコマンド)に基づき、データ移行元の実ボリュームとデータ移行先の実ボリュームとの間でのデータの更新処理を実行する。 Virtualization controller 2 for all command on condition that the uncompleted command for the data migration source real volume is gone to (associated with the data migration source real volume is registered in the volume mapping information 515, on condition that the information indicating the processed has been registered), information indicating the completion to the data write system commands (volume mapping information 515 to the virtualization controller 2 is temporarily held it is registered, undeleted based on the command), it executes the update processing of the data between the data migration source real volume and the data migration destination real volume.
即ち、データ移行要求送信後にライト系コマンドに基づいてデータ移行元の実ボリュームで実行されたデータの更新を、データ移行先の実ボリュームにも反映するため、仮想化制御装置2は、データ移行元の実ボリュームで更新されたデータをデータ移行先の実ボリュームに書き込むようデータ移行元及びデータ移行先の記憶装置を制御する。 That is, the updating of data performed by the data migration source real volume based after data migration request sent to the write system command, to reflect to the real volume of the data migration destination, the virtualization controller 2, data migration source controlling the data migration source and the data migration destination storage device to write the data updated in the real volume of the actual volume of the data migration destination.
【0074】 [0074]
更に仮想化制御装置2は、データ移行元の実ボリュームとデータ移行先の実ボリューム間でデータ更新処理が完了したのを契機に、ボリュームマッピング情報515に登録されている、データ移行要求送信後に受信した仮想ボリュームに対するコマンドを、データ移行先の実ボリュームに対して送信する。 Furthermore virtualization controller 2 receives the response to the data update processing between real volumes of the data migration source real volume and the data migration destination is completed, which is registered in the volume mapping information 515, after the data migration request transmission a command for the virtual volumes, and transmits to the data migration destination real volume.
【0075】 [0075]
尚、データ移行処理において、仮想化制御装置2がデータライト系コマンドの処理状態を監視することとしても良い。 Incidentally, in the data migration processing, the virtualization controller 2 may monitor the processing state of the data write system command. 例えば仮想化制御装置2は、データ移行要求発行前にデータ移行元の実ボリュームに対して発行されたライト系コマンドに基づくライト処理が、データ移行処理開始後にも未だ実行されていない場合(データ移行元の記憶装置と仮想化制御装置2との間でのライトコマンドに基づくライトデータ転送が開始されていない場合)は、データ移行元に対してライト処理のアボート処理を実行する。 For example virtualization controller 2, the data transfer request issuing before write processing based on the issued write-system command to the data migration source real volume is, if even after data migration processing start not yet performed (data migration If the write data transfer based on the write command between the original storage and the virtualization controller 2 is not started) performs the abort processing of the write processing to the data migration source. 即ち、仮想化制御装置2は、データ移行元の実ボリュームに対して発行されたライトコマンドをキャンセルする要求をこの実ボリュームに対して発行し、キャンセルされたライトコマンドと同一のライトコマンドをデータ移行処理完了後にデータ移行先の実ボリュームに対して発行する。 That is, virtualization controller 2 issues a request to cancel the write command issued to the data migration source real volume to the actual volume, the write command and the same write command is canceled data migration issued to data migration destination real volume after treatment completion. 係る処理により、オーバヘッドの少ないデータ移行処理を実現することができる。 The process according, it is possible to realize a small data migration processing overheads.
【0076】 [0076]
以上の処理により、仮想ボリュームにマッピングされる実ボリュームを変更した場合にも、変更前の実ボリュームと変更後の実ボリュームとの間でデータの整合性を保証することができる。 By the above processing, even if you change the actual volume to be mapped to the virtual volume, it is possible to ensure the integrity of data between the real volume after the change the real volume before the change.
【0077】 [0077]
図11は、仮想化制御装置2の記憶装置監視処理部502によって実行される記憶装置の接続状態監視処理の一例を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing an example of a connection state monitoring processing of the storage device to be executed by the storage device monitoring unit 502 of the virtualization controller 2. 仮想化制御装置2の記憶装置監視処理部502は、ポート23に接続される記憶装置の接続状態を監視し、接続状態の変化を検出した際に図11に示す処理を開始する(120)。 Memory monitoring unit 502 of the virtualization controller 2 monitors the connection status of the storage device connected to the port 23, starts the process shown in FIG. 11 upon detecting a change in the connection status (120).
【0078】 [0078]
尚、仮想化制御装置2に接続される記憶装置3は各々自己の状態を仮想化制御装置に通知するためのソフトウェアを記憶装置3が有するメモリに格納している。 Incidentally, it is stored in the memory of the virtualization controller memory device is connected to the 2 3 storage software for each notifying the self state to the virtualization control unit 3. このソフトウェアが記憶装置のCPU30によって実行されることによって、記憶装置は仮想化制御装置の記憶装置監視処理部502に記憶装置のNode Name、Port Name、Port ID、記憶装置が有する実ボリュームのLUN、サイズ等の管理情報を送信する。 By this software is executed by the CPU30 of the storage device, the storage device Node Name of the storage device in the storage device monitoring processing unit 502 of the virtualization controller, Port Name, Port ID, the real volume of the LUN storage device has, It transmits the management information such as the size. 従って、記憶装置監視処理部502は、記憶装置から受信する管理情報から接続状態を検出することができる。 Therefore, the storage device monitoring processing unit 502 can detect the connection state from the management information received from the storage device. また、仮想化制御装置2は、ポート23に記憶装置が接続されている場合にはその旨を検出することができ、又ポート23から記憶装置が切り離された場合にもその旨を検出することができる。 Also, the virtualization control unit 2, when the storage device in the port 23 is connected to be able to detect this fact, also possible to detect this fact when the storage device is disconnected from the port 23 can. 従って、記憶装置監視処理部502は、ポートと記憶装置との接続状態を自身で検出することによっても、接続状態の変化を検出することができる。 Therefore, the storage device monitoring processing unit 502, by detecting a connection state between the port and the memory device itself, it is possible to detect a change in connection state.
【0079】 [0079]
接続状態の変化を検出した記憶装置監視部502は、先ず接続状態の変化が、新たな記憶装置の追加によるものなのか、それ以外の変化、例えばポート23と記憶装置との間の接続が切断されることによるものなのかを判別する(121)。 Storage device monitoring unit 502 detects a change in the connection state, the change in first connection state, seemingly due to addition of a new storage device, the change otherwise, for example, the connection is disconnected between the port 23 and the storage device It is the a of or to determine due to (121).
【0080】 [0080]
新たな記憶装置が追加された場合には、記憶装置監視部502はこの記憶装置から記憶装置のポートの識別情報としてNode Name(装置毎に固有)情報、Port ID(ネットワークで固有)情報、Port Name(ポート毎に固有)情報を、また更に記憶装置が管理する実ボリュームの管理情報としてLUN (Logical Unit Number:装置内で固有)情報等の情報を取得する。 When a new storage device is added, the storage device monitoring unit 502 Node Name (unique to each device) information as the identification information of the port of the storage device from the storage device, (unique in the network) Port ID information, Port Name a (unique to each port) information and further storage device LUN as the management information of the real volumes managed: acquiring information such as information (Logical unit Number unique within the device). そして記憶装置監視部502は、記憶装置ごとに固有の情報であるNode Nameや、記憶装置のポートに固有の識別子情報であるPort Nameが既に記憶装置状態管理情報512に登録済みであるか否かを判別し(122)、判別結果に基づき以下の処理を実行する。 The storage device monitoring unit 502, Node Name and is unique information for each storage device, whether the ports of the storage device which is a unique identifier information Port Name is already registered in the storage device state management information 512 determine (122), it executes the following processing based on the determination result.
【0081】 [0081]
取得したNode NameやPort Nameが既に記憶装置状態管理情報512に登録されている場合は、記憶装置監視部502が登録済みの記憶装置が接続されたことを管理装置4に対して報告し(123)、一連の記憶装置監視処理を終了する。 If the acquired Node Name and Port Name is already registered in the storage device state management information 512, report that storage device monitoring unit 502 is registered in the storage device is connected to the management apparatus 4 (123 ), and it ends the series of storage monitoring process. 尚、記憶装置から取得したNode NameやPort Nameに対応付けられたPort ID(ネットワークで固有)情報が既に管理装置4によって記憶装置状態管理情報512に登録されている場合には、仮想化制御装置2が記憶装置にこの登録済みのPort IDを設定することが望ましい。 Incidentally, when acquired from the storage device Node Name and Port Name to the associated Port ID of (unique in the network) information has already been registered in the storage device state management information 512 by the management apparatus 4, the virtualization controller 2 it is desirable to set the registered Port ID to the storage device. またPort IDが登録されていない場合は、仮想化制御装置がPort IDを記憶装置に割当ててこの記憶装置に設定し、記憶装置状態管理情報512に記憶装置に設定したPort IDを登録すると共に、管理装置4にこのPort IDを報告することが望ましい。 In the case where Port ID is not registered, the virtualization controller is assigned a Port ID to the storage device is set in this storage device, registers the Port ID which is set in the storage device in the storage device state management information 512, it is desirable that the management device 4 reports the Port ID. 更に、記憶装置から記憶装置監視処理部502が取得した実ボリュームの管理情報と、記憶装置状態管理情報512に登録済みの管理情報とが異なる場合は、記憶装置監視部502が記憶装置状態管理情報512を取得した管理情報を用いて更新し,管理装置4に報告することが望ましい。 Furthermore, the management information of the real volume storage device monitoring unit 502 acquires from the storage device, if the registered management information to the storage device state management information 512 is different from, the storage device monitoring unit 502 is a storage device state management information 512 updated using the acquired management information, it is desirable to report to the management apparatus 4.
【0082】 [0082]
記憶装置から記憶装置監視処理部502が取得したNode NameやPort Name情報が、記憶装置状態管理情報512に登録されていない場合、記憶装置監視処理部502は取得した情報を記憶装置状態管理情報512に登録し(124)、管理装置4に報告し(123)、一連の記憶装置監視処理を終了する。 Node Name and Port Name information storage device monitoring unit 502 acquires from the storage device, the storage device state management if the information 512 is not registered in the storage device monitoring unit 502 storage device state management information acquired information 512 registered (124), and report to the management apparatus 4 (123), and ends the series of storage monitoring process.
【0083】 [0083]
ステップ121において、新たな記憶装置の追加以外(例えば,記憶装置の削除等)による接続状態の変化であると記憶装置監視部502が判断した場合には、記憶装置監視部502が、接続状態が変化した記憶装置が仮想化制御の対象であるか否かを判別し(125)、判別結果に基づき以下の処理を実行する。 In step 121, other than addition of a new storage device (e.g., deletion of the storage device) when the storage device monitoring unit 502 that the change in the connection state due determines the a storage device monitoring unit 502, the connection state altered storage device determines whether the virtualization control object (125), executes the following processing based on the determination result.
【0084】 [0084]
仮想化制御の対象となる記憶装置である場合は、記憶装置監視部502は検出した接続状態の変化を管理装置4に対して報告し(123)、一連の記憶装置監視処理を終了する。 If a storage device as a virtualization control object, a storage device monitoring unit 502 to report a change of the detected connection status to the management apparatus 4 (123), and ends the series of storage monitoring process. 仮想化制御の対象外の記憶装置である場合には、記憶装置監視部502は,ネットワークプロトコルの規定に基づいた処理(例えば,Fibre ChannelにおけるRSCN (Registered State Change Notification)の通知)を実施し(126)、一連の記憶装置監視処理を終了する。 If it is outside the scope of storage virtualization control storage device monitoring unit 502, the processing based on the provisions of the network protocol (alert e.g., RSCN in Fibre Channel (Registered State Change Notification)) performed ( 126), and ends the series of storage monitoring process.
【0085】 [0085]
以上の処理によって、仮想化制御装置2に接続される記憶装置3各々について、仮想化制御装置2が接続状態を監視し、接続状態が変化した場合には変化を管理装置に通知するよう制御することができる。 With the above processing, the memory device 3 each connected to the virtualization controller 2, the virtualization controller 2 monitors the connection status, and controls to notify the management apparatus changes when the connection status changes be able to. また、仮想化制御装置2に接続される各記憶装置3について、記憶装置3が仮想化制御対象であるか否かに基づき、接続状態の変更通知を制御することができる。 Further, each storage device 3 connected to the virtualization controller 2, the storage device 3 is based on whether the virtual controlled object, it is possible to control the change notification of the connection status.
[第二の実施形態](パーソナル情報を用いた記憶装置の識別) [Second Embodiment] (identification of the storage device using the personal information)
第一の実施形態においては、記憶装置3のポート33を識別する情報として、Port ID、Port Nameが用いられる。 In the first embodiment, as information for identifying the port 33 of the storage device 3, Port ID, the Port Name used. しかし、本発明はこれに限られるものでは無く、記憶装置3のポート33を識別することができる情報であれば他の情報であっても良い。 However, the present invention is not limited to this, and may be any information that can identify the port 33 of the storage device 3 be other information. 第一の実施形態においては、記憶装置3を識別する情報としてNode Nameが用いられたが、これも記憶装置3を識別することができる情報であれば他の情報でも良い。 In the first embodiment, Node Name is used as information for identifying the storage device 3, which also may be other information as long as information that can identify the storage device 3. 例えば記憶装置3を識別するための情報として、SCSI (Small Computer System Interface)で規定するVital product dataのDevice Identification page (83h)で用いられる識別子情報を用いることもできる。 For example as the information for identifying the storage device 3, it can also be used identifier information used in the SCSI (Small Computer System Interface) defined in the Vital product data of Device Identification page (83h). また、任意のボリュームを識別するための情報として、ベンダ独自の識別子情報(以下,パーソナル情報)を用いることもできる。 Further, as information for identifying the arbitrary volume, the vendor unique identifier information (hereinafter, personal information) can also be used.
【0086】 [0086]
以下、パーソナル情報によって、記憶装置3が有する実ボリュームや、仮想化制御装置がホストコンピュータに提供する仮想ボリュームが識別される場合における、データ移行方法について、図12〜14を用いて説明する。 Hereinafter, the personal information, and the real volume with the storage device 3, the virtualization controller when the virtual volume to the host computer is identified, the data migration method will be described with reference to FIG. 12-14.
【0087】 [0087]
図12は、パーソナル情報を登録するためのエントリを有するボリュームマッピング情報515の一例を示す図である。 Figure 12 is a diagram showing an example of a volume mapping information 515 has an entry for registering personal information. 図12は、P_Pid_1 (LUN=0/1)、P_Pid_2 (LUN=0)、P_Pid_3 (LUN=0)で識別される各実ボリューム各々がパーソナル情報を保持する例であり、仮想ボリュームも実ボリュームと同様に、パーソナル情報を保持している。 12, P_Pid_1 (LUN = 0/1), P_Pid_2 (LUN = 0), an example in which the real volume, each holding a personal information identified by P_Pid_3 (LUN = 0), the virtual volume is also a real volume Similarly, it holds personal information.
【0088】 [0088]
ここで仮想ボリュームにつけられたパーソナル情報は、V_Pid_2 (LUN=0)で識別される仮想ボリュームに付けられているパーソナル情報“DDD_01”のように、対応する実ボリュームのパーソナル情報“BBB_01”と一致する必要は無い。 Here the personal information assigned to the virtual volume, as V_Pid_2 (LUN = 0) personal information are attached to the virtual volume identified by "DDD_01", consistent with the personal information of the corresponding real volume "BBB_01" it is not necessary. 仮想ボリュームに割り当てられるパーソナル情報は、仮想化制御装置2が生成し、仮想ボリュームを識別するための情報としてボリュームマッピング情報515に登録されることとしてもよい。 Personal information allocated to the virtual volume, generated by the virtualization controller 2, may be registered in the volume mapping information 515 as information for identifying the virtual volume. 又、実ボリュームがパーソナル情報を持たない場合にも、仮想化制御装置2が仮想ボリュームに対するパーソナル情報を生成してボリュームマッピング情報515に登録することができる。 Further, even when the actual volume has no personal information, it is possible to virtualization controller 2 is registered in the volume mapping information 515 to generate the personal information to the virtual volume. 尚、V_Pid_2 (LUN=1)で識別される仮想ボリュームに付けられているパーソナル情報“AAA_00”のように、対応する実ボリュームのパーソナル情報“AAA_00”と同じパーソナル情報を仮想ボリュームに割り当てることもできる。 Incidentally, as V_Pid_2 personal information are attached to the virtual volume identified by (LUN = 1) "AAA_00", it is also possible to assign the same personal information as the personal information "AAA_00" corresponding real volume to the virtual volume .
【0089】 [0089]
更に、仮想ボリュームにつけられるパーソナル情報は、仮想ボリュームに対応付けられている実ボリュームが変更され、データ移行が実行されても、変更する必要はない。 Furthermore, personal information given to the virtual volume is changed real volume associated with the virtual volume, even if the data migration is executed, need not be changed. 従って、例えばV_Pid_1 (LUN=0、 Active)に付けられているパーソナル情報“AAA_01”は、対応する実ボリュームのパーソナル情報“CCC_01”には一致しないが、データ移行前の実ボリュームのパーソナル情報“AAA_01”とは一致している。 Thus, for example V_Pid_1 personal information are attached to (LUN = 0, Active) "AAA_01" does not match the personal information "CCC_01" of the corresponding real volume, personal information of the real volume before data migration "AAA_01 "it is coincident with. これは、V_Pid_1 (LUN=0、 Active)で識別される仮想ボリュームが、データ移行前は対応する実ボリュームと同じパーソナル情報を有していおり、データ移行後もパーソナル情報を変更することなくデータ移行元の実ボリュームと同一のパーソナル情報を引き継いでいるからである。 This is a virtual volume identified by V_Pid_1 (LUN = 0, Active) is, before data migration and have the same personal information as the corresponding real volume, data transfer without changing the after data migration also personal information since taking over the original same personal information and the real volume.
【0090】 [0090]
図13は、パーソナル情報を用いてボリュームを識別するホストコンピュータ1が、仮想化制御装置2を介してボリュームにアクセスする際に実行される処理の一例を示す。 13, the host computer 1 to identify the volume by using the personal information is an example of a process executed when accessing the volume through the virtualization controller 2.
【0091】 [0091]
尚、第二の実施形態におけるホストコンピュータ1は、第一の実施形態における構成に加え更に記憶装置識別処理部15を有する。 The host computer 1 of the second embodiment further includes a storage device identification processor 15 in addition to the configuration of the first embodiment. 記憶装置識別処理部15は、ホストコンピュータのメモリ11に格納されているプログラムがCPU10に実行されることによって実現され、パーソナル情報を用いてホストコンピュータがアクセスするボリューム及び記憶装置を識別する。 Storage device identification processing unit 15 is realized by the program stored in the memory 11 of the host computer are executed in CPU 10, identifies the volume and storage device host computer accesses using a personal information. 即ち、記憶装置識別処理部15は、記憶装置にアクセスする際にまず、ホストコンピュータとネットワークを介して接続される記憶装置各々に対して、記憶装置内の実ボリュームを識別するためのパーソナル情報を送信するよう要求し、各記憶装置からパーソナル情報を受信する。 That is, the storage device identification processor 15 first when accessing the storage device, the storage device each connected via a host computer and a network, the personal information for identifying the real volume in the storage device requests to send and receive personal information from the respective storage devices. そして記憶装置識別処理部15は、ホストコンピュータのメモリ11に格納されているアクセス対象の実ボリュームのパーソナル情報と、各記憶装置から受信したパーソナル情報を照合する。 The storage device identification processor 15 collates the personal information of the real volume to be accessed which is stored in the memory 11 of the host computer, the personal information received from the storage devices. 記憶装置識別処理部15は、アクセス対象の実ボリュームのパーソナル情報と同一のパーソナル情報を送信した記憶装置を、アクセス対象の記憶装置であると判別する。 Storage device identification processor 15, a storage device that has transmitted the same personal information and personal information of the real volume to be accessed, it is determined that a storage device to be accessed. 以上の記憶装置識別処理によって、アクセス対象の記憶装置が特定されると、ホストコンピュータは特定された記憶装置に対してアクセス要求を発行する。 According to the above storage device identification process, when the access target storage device is specified, the host computer issues an access request to the specified storage device.
【0092】 [0092]
図13では、ホストコンピュータ1がパーソナル情報“AAA_01”で識別される実ボリュームにアクセスする例を示す。 In Figure 13, shows an example of accessing the real volume host computer 1 is identified by the personal information "AAA_01".
【0093】 [0093]
まず、ホストコンピュータ1が記憶装置3と仮想化制御装置2を介さずに接続している場合を考える。 First, consider the case where the host computer 1 is connected without a storage device 3 the virtualization controller 2. 図13においては、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1で識別される記憶装置3のポートから、パーソナル情報“AAA_01”を有する実ボリュームにアクセスすることができる。 In Figure 13, Port ID = P_Pid_1, from the port of the storage apparatus 3 identified by Port Name = P_Pname_1, can access the actual volume having personal information "AAA_01". 従って記憶装置識別処理部14は、このポートを有する記憶装置3からパーソナル情報“AAA_01”を受信することとなり、この記憶装置3をアクセス対象として特定する。 Therefore the storage device identification processor 14, will receive the personal information "AAA_01" from the storage unit 3 with the port, it identifies the memory device 3 as an access target. すると、ホストコンピュータは、パーソナル情報“AAA_01”を受信した際受信フレームに含まれている送信元のアドレス情報(Port ID=P_Pid_1)や実ボリュームの識別情報(LUN=0)を用いて、アクセス対象の記憶装置3にアクセス要求を発行する。 Then, the host computer uses the source address information contained in the received frame upon receiving the personal information "AAA_01" (Port ID = P_Pid_1) and identification information of the real volume (LUN = 0), accessed It issues an access request to the storage device 3. 以降、このアクセス要求に基づくホストコンピュータから記憶装置とへのデータの送信は、Port ID=P_Pid_1、LUN=0の識別情報を有するフレームによって行われる。 Thereafter, transmission of data to a storage device from the host computer based on the access request, Port ID = P_Pid_1, performed by a frame having the identification information of the LUN = 0.
【0094】 [0094]
次に図13に示すように、ホストコンピュータ1と記憶装置3とが仮想化制御装置2を介して接続され、且、記憶装置3が仮想化制御対象である場合を考える。 Next, as shown in FIG. 13, the host computer 1 and the storage device 3 is connected through a virtualization controller 2, a case 且, a storage device 3 is a virtualization control object. 仮想化制御装置2の仮想化処理部505は、記憶装置3が有する実ボリュームに仮想ボリュームを割り当て、(ボリュームマッピング情報515に実ボリュームと対応付けて仮想ボリュームの識別情報を登録し)、実ボリュームのパーソナル情報“AAA_01”と同一のパーソナル情報を仮想ボリュームのパーソナル情報としてボリュームマッピング情報515に設定する。 Virtualization processing unit 505 of the virtualization controller 2 allocates the virtual volume to the real volume storage device 3 has, (registered identification information of the virtual volume in correspondence with the real volume in the volume mapping information 515), the real volume set the volume mapping information 515 of the same personal information as the personal information "AAA_01" as personal information of the virtual volume.
【0095】 [0095]
仮想化処理部505が係る処理を実行することによって、ホストコンピュータ1の記憶装置識別処理部15が、ネットワークを介して接続する装置に対してパーソナル情報を送信するよう要求すると、仮想化制御装置2がパーソナル情報“AAA_01”をホストコンピュータ1に送信することになる。 By executing the processing by the virtual processing unit 505 according, the storage device identification processor 15 of the host computer 1, requesting transmission of personal information to the device connected via a network, virtualization controller 2 There will transmit the personal information "AAA_01" to the host computer 1. 従って、ホストコンピュータの記憶装置識別処理部15は、仮想化制御装置2からパーソナル情報“AAA_01”を受信した際、受信フレームに含まれている送信元のアドレス情報(Port ID=V_Pid_1)及び仮想ボリュームの識別情報(LUN=0)で識別される仮想記憶装置の仮想ボリュームをアクセス対象のボリュームと判別する。 Therefore, the storage device identification processor 15 of the host computer, when receiving the personal information "AAA_01" from the virtualization controller 2, source address information contained in the received frame (Port ID = V_Pid_1) and virtual volumes to determine the virtual volume of the virtual storage device identified by the identification information (LUN = 0) and the access target volume. そして、ホストコンピュータは、Port ID=V_Pid_1、LUN=0の識別情報を有するフレームを送信することによって、アクセス対象の仮想ボリュームへアクセス要求やデータを送信する。 Then, the host computer, Port ID = V_Pid_1, by sending a frame having an identification of LUN = 0, transmits an access request and data to the access target virtual volume. Port ID=V_Pid_1、LUN=0の識別情報を有するフレームは、仮想化制御装置2の仮想化ルーティング処理部505によって、Port ID=P_Pid_1、LUN=0で識別される実ボリューム宛のフレームに変換された後、Port ID=P_Pid_1で識別されるポートを有する記憶装置3に向けて送信される。 Port ID = V_Pid_1, the frame having the identification information of the LUN = 0, is converted by the virtualization routing processor 505 of the virtualization controller 2, Port ID = P_Pid_1, the frame addressed to the real volume identified by LUN = 0 after, it is transmitted to the storage device 3 having the port identified by port ID = P_Pid_1. 尚、ホストコンピュータがアクセス対象の記憶装置を検出(判別)した後の処理については、第一の実施形態と同一であるので詳細な説明は省略する。 The processing after the host computer detects (determines) the storage device to be accessed, the detailed description thereof is omitted because it is identical to the first embodiment.
【0096】 [0096]
以上に示したように、ホストコンピュータ1の記憶装置識別処理部15は、記憶装置3が仮想化制御装置2の仮想化制御対象下に置かれた場合でも、Port ID=V_Pid_1、Port Name=V_Pname_1で識別される仮想ポートが持つ仮想ボリュームに設定されたパーソナル情報“AAA_01”を用いて、アクセス対象の記憶装置やボリュームを検出することができる。 As shown above, the storage device identification processor 15 of the host computer 1, even if the storage device 3 is placed under the virtualization control target virtualization controller 2, Port ID = V_Pid_1, Port Name = V_Pname_1 in using a personal information "AAA_01" set in the virtual volume which the virtual port has to be identified, it is possible to detect the access target storage device or volume.
【0097】 [0097]
尚、図13において、ホストコンピュータ1と記憶装置3との間にルーティング処理のみを行うスィッチ(仮想化ルーティング処理部505を備えていないスイッチ)が介在しても上述の処理と同様の処理によって、ホストコンピュータは仮想ボリュームをアクセス対象のボリュームであると認識することができ、仮想化制御装置2はホストコンピュータからのフレームデータを仮想ボリュームに対応付けられている実ボリュームに転送することができる。 In FIG. 13, the same processing as the processing described above also switch performs only routing processing (switch without a virtualization routing processor 505) is interposed between the host computer 1 and the storage device 3, the host computer can be recognized as a virtual volume to be accessed volume virtualization controller 2 can be transferred to the real volume associated frame data from the host computer to the virtual volume.
【0098】 [0098]
また、図13においては、実ボリュームに対応するPort ID (P_Pid_1)と仮想ボリュームに対応するPort ID (V_Pid_1)とは異なる値を有する。 Further, in FIG. 13 has a value different from the Port ID (V_Pid_1) corresponding to the virtual volume and Port ID (P_Pid_1) corresponding to the actual volume. しかし本発明はこれに限定されるものではなく、仮想ポートのPort IDは仮想化制御装置2が割り当てることができる情報であるから、例えば仮想ボリュームに対応するPort IDをこの仮想ボリュームに対応する実ボリュームにアクセスするために用いられる実ポートのPort IDと同じ値(即ちPort ID=P_Pid_1)となるよう設定することもできる。 However, the present invention is not limited to this, the actual corresponding from Port ID of the virtual port is information that can virtualization controller 2 allocates the Port ID which corresponds to the example virtual volume to the virtual volume It may be set to the same value as the port ID of the actual port used to access the volume (i.e. port ID = P_Pid_1).
【0099】 [0099]
図14は、仮想化制御対象である記憶装置間でデータ移行が実施される時の、パーソナル情報の制御例を示す図である。 14, when the data transfer is performed between a virtualization control target storage device, is a diagram showing a control example of the personal information.
【0100】 [0100]
図14は、Port ID=P_Pid_1、パーソナル情報“AAA_01”で識別される実ボリュームに格納されているデータを、Port ID=P_Pid_3、パーソナル情報“CCC_01”で識別される実ボリュームに移行する場合を示している。 Figure 14 shows a case of migrating Port ID = P_Pid_1, the data stored in the real volume identified by the personal information "AAA_01", Port ID = P_Pid_3, the real volume identified by the personal information "CCC_01" ing. 図14においては、仮想ボリュームのパーソナル情報として、この仮想ボリュームに対応づけられている実ボリュームのパーソナル情報と同一の情報(AAA_01)を用いている。 14, as the personal information of the virtual volume, and a personal information identical to the information of the real volumes associated with the virtual volume (AAA_01). そして、データ移行が実行された場合には、仮想化制御装置2の仮想化処理部505はデータ移行によって仮想ボリュームに対応づけられている実ボリュームが変更されても仮想ボリュームのパーソナル情報は変更することなく、仮想ボリュームのパーソナル情報としてデータ移行元の実ボリュームのパーソナル情報“AAA_01”を引き継ぐ。 When the data migration is executed, the personal information of the virtual volume be changed real volumes associated with the virtual volume virtualization processing unit 505 of the virtualization controller 2 by the data migration change not take over the personal information "AAA_01" data migration source real volume as the personal information of the virtual volume.
【0101】 [0101]
以上の処理、即ちデータ移行処理前に仮想ボリュームに設定したパーソナル情報をデータ移行処理後も引き継ぐことによって,ホストコンピュータ1がパーソナル情報を用いてボリュームを識別する場合でも、記憶装置間でのデータ移行処理をホストコンピュータに対して隠蔽することができ、ホストコンピュータは、データ移行前にホストコンピュータが使用していたアクセス先ボリュームの識別情報を用いてデータ移行後のアクセス先ボリュームを識別することができる。 Above process, namely by the personal information taken over after the data transfer process set in the virtual volume before the data migration processing, the host computer 1 even identify the volume by using the personal information, data migration between storage devices process can be hidden with the host computer, the host computer can identify the access destination volume after the data migration using the identification information of the access destination volume before data migration host computer was used . この結果、ホストコンピュータは記憶装置間でデータ移行処理が実行されても、ホストコンピュータで実行されている処理を中断することなく、処理を継続することができる。 As a result, the host computer also a data migration processing between storage devices is performed without interrupting the process that is running on the host computer, it is possible to continue processing. 尚、仮想ボリュームに設定したパーソナル情報の引継ぎ処理以外については、第一の実施形態と同一であるので説明は省略する。 Note that description is omitted except for takeover processing of the personal information set to a virtual volume is the same as the first embodiment.
【0102】 [0102]
更に、仮想ボリュームに設定したパーソナル情報を、複数の仮想化制御装置間で引き継ぐことができるようにすれば、ホストコンピュータ1がパーソナル情報を用いてボリュームの識別を行う場合、仮想化制御装置の交換をホストコンピュータに対して隠蔽することができる。 Further, the personal information set to a virtual volume, if so can take over between a plurality of virtualization controller, when the host computer 1 performs the identification of the volume by using the personal information, the exchange of the virtualization controller it can be concealed to the host computer. この結果、ホストコンピュータは自身が実行する処理を中断することなく継続することが可能となる。 As a result, the host computer is enabled to continue without interruption the process itself is executed. 仮想ボリュームのパーソナル情報は、ボリュームマッピング情報515の一部として仮想化制御装置2のルーティング処理部501が管理装置4のボリューム管理部401に通知し、管理装置4にボリュームマッピング管理情報411として保存されている。 Personal information of the virtual volume, the routing processing unit 501 of the virtualization controller 2 notifies the volume management unit 401 of the management device 4, is stored in the management apparatus 4 as the volume mapping management information 411 as a part of the volume mapping information 515 ing. 従って、仮想化制御装置が交換される場合には、管理装置4のボリューム管理部401が新たな仮想化制御装置2に対して、旧仮想化制御装置2のボリュームマッピング管理情報411を通知し、これを新たな仮想化制御装置2のボリュームマッピング情報515に設定すれば、複数の仮想化制御装置間でパーソナル情報を引き継ぐことができる。 Therefore, when the virtualization controller is replaced, the volume management unit 401 a new virtualization controller 2 of the management device 4, notifies the volume mapping management information 411 of the former virtualization controller 2, by setting this to the volume mapping information 515 of the new virtualization controller 2 can take over the personal information among a plurality of virtualization controller.
【0103】 [0103]
尚仮想化制御装置を交換する場合には、仮想化制御装置が管理する仮想ポートの識別子情報も交換後の仮想化制御装置に引継げるように構成することが望ましい。 Note When replacing the virtualization controller is preferably configured to take over so the virtualization controller also after replacement identifier information of the virtual port virtualization controller manages. また、仮想化制御装置2が、仮想ボリュームに設定されたパーソナル情報をデータ移行処理後も変更せず、従前のパーソナル情報を引継ぐか否か(データ移行元のパーソナル情報を用いる)、或いは新たなパーソナル情報を設定するか否か等について、管理者が管理装置4を介して仮想化制御装置2に設定できるよう構成することが望ましい。 Also, the virtualization controller 2, without changing the personal information set in the virtual volume after the data migration processing, whether take over the previous personal information (using data migration source personal information), or a new whether such sets the personal information, it is desirable that the administrator configured for setting the virtualization controller 2 via the management device 4.
【0104】 [0104]
尚第二の実施形態では、記憶装置3や仮想化制御装置2がボリューム毎にパーソナル情報を保持する(即ち、ボリュームごとにパーソナル情報が割り当てられる)ものとしているが、これに限定されるものではない。 Note In the second embodiment, the storage device 3 and the virtualization controller 2 holds the personal information for each volume (i.e., personal information is assigned to each volume), but it is assumed, to be limited to this Absent. 例えば記憶装置3や仮想化制御装置2がパーソナル情報を記憶装置単位で保持することも可能である。 For example, it is also possible to store device 3 and the virtualization controller 2 holds the personal information storage unit. 更に第二の実施形態では、Port ID、Port Nameと、パーソナル情報とからポートを識別するものとしているが、これに限られるものではない。 Further in the second embodiment, Port ID, and Port Name, although it is assumed that identifies the port from a personal information is not limited thereto. ポートを一意に識別できる方法であればどのような情報を用いても良く、更に各識別情報のうち任意の情報の組合せでポートを識別するものとしても良い。 May ports with any information as long as the method can be uniquely identified, may identifies the port further combination of any of the information among the identification information.
【0105】 [0105]
図17に、ホストコンピュータと記憶装置が各々複数のポートを有する場合の計算機システムの構成を示す。 17 shows a configuration of a computer system when the host computer and the storage device each have a plurality of ports. 図17に示すホストコンピュータ1は、図13に示すホストコンピュータ1に、更に複数のポート13(Hid_1、Hid_2)を備えた構成を有している。 The host computer 1 shown in FIG. 17, the host computer 1 shown in FIG. 13 has further a plurality of ports 13 (Hid_1, Hid_2) a configuration comprising a. また、図17に示す記憶装置3は、図13に示す記憶装置3に更に複数のポート33(P_Pid1、P_Pid2)を備えた構成を有している。 The storage device 3 shown in FIG. 17, further plurality of ports 33 (P_Pid1, P_Pid2) in the storage device 3 shown in FIG. 13 has a structure equipped with.
【0106】 [0106]
記憶装置が複数のポートを有するので、ホストコンピュータ1の記憶装置識別処理部15が記憶装置3にパーソナル情報を送信するよう要求すると、複数のポートから同じ値のパーソナル情報が送信されることとなる。 Since the storage device has a plurality of ports, the request that the storage device identification processor 15 of the host computer 1 transmits the personal information to the storage device 3, so that the personal information of the same value from a plurality of ports are transmitted . そこで記憶装置識別情報処理部15は同じパーソナル情報を送信した複数のポートをボリューム管理情報としてメモリ11に格納して管理する。 Therefore the storage device identification information processing unit 15 stores and manages the memory 11 a plurality of ports that has sent the same personal information as the volume management information.
【0107】 [0107]
図18は、ホストコンピュータ1のメモリ11に格納されるボリューム管理情報の一例を示す図である。 Figure 18 is a diagram showing an example of the volume management information stored in the memory 11 of the host computer 1. ボリューム管理情報はホストコンピュータが各記憶装置からパーソナル情報を受信した際に記憶装置識別処理部15によって作成される。 Volume management information is created by the storage device identification processor 15 when the host computer receives the personal information from the respective storage devices. ボリューム管理情報は、記憶装置毎に作成され、記憶装置が有する実ボリュームのボリューム番号、実ボリュームのパーソナル情報、ホストコンピュータ1から実ボリュームをアクセスする際に使用されるパス、及び実ボリュームのステータス情報が登録される。 Volume management information is created for each storage device, the volume number of the real volume storage device has, personal information of the real volume, the status information of the path, and the real volume is used to access the actual volume from the host computer 1 There are registered. ここで、パス情報としては、プライマリパスとセカンダリパスの2つの情報が登録される。 Here, the path information, the two information for the primary and secondary paths are registered. ホストコンピュータは通常はプライマリパスを用いて実ボリュームにアクセスするが、プライマリパスに障害が生じたり、プライマリパスが切断された場合には、ホストコンピュータはパスを切り替え、セカンダリパスを用いて実ボリュームにアクセスすることができる。 The host computer typically has access to real volume by using the primary path, or cause failure in the primary path, if the primary path is disconnected, the host computer switches the path, the actual volume using a secondary path it is possible to access.
【0108】 [0108]
図17を用いて、ホストコンピュータと記憶装置とが仮想化制御装置を介さずに接続している計算機システムにおいて、ホストコンピュータが実行している処理を中断することなくホストコンピュータと記憶装置の間に仮想化制御装置を接続し、記憶装置の実ボリュームを仮想化制御装置が仮想化してホストコンピュータに提供するよう計算機システムを変更するために実行される処理を説明する。 With reference to FIG. 17, in a computer system with a host computer and the storage device is connected without a virtualization controller, between a host computer and a storage device without interrupting the processing of the host computer is running connect the virtualization controller, illustrating the process of the real volume of the storage device virtualization controller is executed to change the computer system to provide the host computer with virtualization.
【0109】 [0109]
まず、ホストコンピュータ1のポートHid_1と記憶装置3のポートP_Pid_1とがパス5−aで接続されており、ホストコンピュータのポートHid_2と記憶装置1のポートP_Pid_2がパス5−bで接続されている場合を考える。 First, and port Hid_1 the host computer 1 and the port P_Pid_1 storage device 3 is connected by a path 5-a, if the port P_Pid_2 port Hid_2 the host computer and the storage device 1 is connected in the path 5-b think of. ホストコンピュータ1のメモリ11には図18に示すボリューム管理情報が記憶されており、このボリューム管理情報に従って、ホストコンピュータはパーソナル情報AAA_01で識別される実ボリュームをアクセスする場合にはポートHid_1とポートP_Pid_1を経由するプライマリパス5−aを使用し、パーソナル情報AAA_02で識別される実ボリュームをアクセスする場合にはポートHid_2とポートP_Pid_2を経由するプライマリパス5−bを使用する。 The memory 11 of the host computer 1 are stored in the volume management information shown in FIG. 18, in accordance with the volume management information, the host computer port is a port Hid_1 when accessing the real volume identified by the personal information AAA_01 P_Pid_1 using the primary path 5-a passing through the, use the primary path 5-b passing through the port Hid_2 and port P_Pid_2 when accessing the real volume identified by the personal information AAA_02.
【0110】 [0110]
次に上述の様な計算機システムにおいて、パス5−bを切断して、仮想化制御装置2を導入する場合に実行される処理を説明する。 In next above such a computer system, and cut the path 5-b, illustrating a procedure that is executed when introducing the virtualization controller 2.
1. 1. パス5−bは切断されるので、ホストコンピュータはAAA_02で識別される実ボリュームをアクセスするために用いるパスをパス5−bからパス5−aに変更する必要がある。 Since the path 5-b is disconnected, the host computer needs to change the path used to access the real volume identified by AAA_02 from the path 5-b to the path 5-a. そこで記憶装置識別処理部15は、一時的にAAA_02で識別される実ボリュームへのアクセスを中止するため、ボリューム管理情報中のこの実ボリュームのステータス情報にInactiveを登録する。 Therefore storage device identification processor 15, to stop the access to the actual volume is temporarily identified by AAA_02, registers the Inactive status information of the real volume in the volume management information. そして、ホストコンピュータのCPU10の制御により、ボリューム管理情報にセカンダリパスとして登録されているパス5−aを用いてAAA_02で識別される実ボリュームにアクセスするようパスを変更する。 By CPU10 of the control of the host computer, to change the path to access the actual volume identified by AAA_02 by using the path 5-a which is registered as a secondary path to the volume management information. パスの変更後、記憶装置識別処理部15はボリューム管理情報中のAAA_02で識別される実ボリュームのステータス情報をactiveに戻す。 Changed the path, the storage device identification processor 15 returns the status information of the real volume identified by AAA_02 in the volume management information to active. 尚、以上の処理は、ホストコンピュータが、キーボード等の入力装置を介してホストコンピュータのユーザからの指示を受け付け、この指示に基づいてCPU10が実行する。 Incidentally, the above processing, the host computer receives an instruction from a user of the host computer through an input device such as a keyboard, CPU 10 is executed based on the instruction. また、記憶装置識別処理部15が自動的に係る処理を実行することとしても良い。 Further, it is also possible that the storage device identification processor 15 executes automatically according treatment. 即ち、記憶装置処理部15が、ボリューム管理情報を参照して、自動的にプライマリパスからセカンダリパスへの変更を実行しても良い。 That is, the storage device unit 15, by referring to the volume management information may be performed automatically changes from the primary path to the secondary path.
2. 2. 次に、パス5−bを切断し、ホストコンピュータ1と記憶装置3との間に仮想化制御装置2を接続する。 Then cut the path 5-b, connects the virtualization controller 2 between the host computer 1 and the storage device 3. 具体的にはホストコンピュータのポートHid_2と仮想化制御装置2のポート23をパス5−cで接続し、記憶装置3のポートP_Pid_2と仮想化制御装置2のポート23をパス5−dで接続する。 Connect Specifically port Hid_2 host computer port 23 of the virtualization controller 2 the path 5-c, to connect the port P_Pid_2 storage device 3 virtualization controller 2 ports 23 in the path 5-d .
3. 3. 仮想化制御装置2が計算機システムに接続されたら、仮想化制御装置のボリュームマッピング情報515を設定する。 When the virtualization controller 2 is connected to the computer system, to set the volume mapping information 515 of the virtualization controller. 具体的には、仮想化制御装置2の仮想化処理部505が、記憶装置3が有するAAA_02で識別される実ボリュームに対応する仮想ボリュームを設定するため、この実ボリュームに対応付けて仮想Port ID(Port ID=V_Pid_1)、仮想Port Name(Pname=V_Pname_1)をボリュームマッピング情報515に登録する。 Specifically, to set the virtual volume virtualization processing unit 505 of the virtualization controller 2, which corresponds to the real volume identified by AAA_02 having a storage device 3, a virtual Port ID in association with the real volume (Port ID = V_Pid_1), registers the virtual Port Name (Pname = V_Pname_1) the volume mapping information 515. また、この仮想ボリュームには、対応する実ボリュームのパーソナル情報AAA_02と同一のパーソナル情報が仮想化処理部505によって割り当てられ、ボリュームマッピング情報515に登録される。 Further, this virtual volume, the personal information AAA_02 same personal information and the corresponding real volume allocated by the virtual processing unit 505, are registered in the volume mapping information 515. 尚、ボリュームマッピング情報の設定は、管理装置4がユーザから受け付けた入力情報に従って行われる。 The setting of the volume mapping information management apparatus 4 is performed in accordance with input information received from the user. 即ち、管理情報4がユーザから受け付けた情報は、ボリューム管理部401の制御により仮想化制御装置2の仮想化処理部505に送信され、この入力情報に基づいて仮想化処理部505がボリュームマッピング情報を設定する。 That is, the information management information 4 is received from the user is transmitted to the virtual processing unit 505 of the virtualization controller 2 under the control of the volume management unit 401, a virtual processing unit 505 volume mapping information based on the input information to set.
4. 4. ボリュームマッピング情報515が設定された後、ホストコンピュータ1はユーザからの指示を受け付けて、自装置が接続する他の装置に対してパーソナル情報を送信するよう要求する。 After volume mapping information 515 is set, the host computer 1 receives an instruction from the user, requesting transmission of personal information to another device when the device itself connected. すると、この要求を受信した仮想化制御装置2は、パーソナル情報AAA_02をホストコンピュータに送信する。 Then, the virtualization controller 2 which has received the request, sends the personal information AAA_02 to the host computer.
5. 5. パーソナル情報AAA_02を仮想化制御装置2から受信したホストコンピュータ1は、受信フレームに含まれている送信元アドレス(Port ID=V_Pid_1等)から、新しい装置からパーソナル情報を受信したことを検出する。 Host computer 1 that has received the personal information AAA_02 from the virtualization controller 2, the source address contained in the received frame (Port ID = V_Pid_1 etc.), detects the reception of the personal information from the new device. すると、記憶装置識別処理部15は、再度AAA_02で識別される実ボリュームのステータス情報をInactiveに変更する。 Then, the storage device identification processor 15 changes the status information of the real volume identified by AAA_02 again Inactive. そして、記憶装置識別処理部15は、ボリューム管理情報に登録されているAAA_02で識別される実ボリュームにアクセスするためのプライマリパスを、受信フレームに含まれる送信元アドレスに基づいて、ポートHid_2及びポートP_Pid_2経由のパスから、ポートHid_2及びポートV_Pid_1(仮想ポート)経由のパスに変更する。 Then, the storage device identification processor 15, a primary path to access the actual volume identified by AAA_02 registered in the volume management information, based on the source address included in the received frame, the port Hid_2 and port from the path of via P_Pid_2, to change the path of the through port Hid_2 and port V_Pid_1 (virtual port). そして、ホストコンピュータのCPU10の制御により、プライマリパスを用いてAAA_02で識別される実ボリュームにアクセスするよう、アクセス用パスを変更する。 By CPU10 of the control of the host computer, to access the actual volume identified by AAA_02 using primary path, it changes the access path. パスの変更後、記憶装置識別処理部15は、AAA_02で識別される実ボリュームのステータス情報をActiveに戻す。 Changed the path, the storage device identification processor 15 returns the real volume status information identified by AAA_02 to Active.
【0111】 [0111]
上記ボリューム管理情報の一例として,ボリューム毎のステータス情報を保持する場合を例に説明したがこれに限定されるものではない。 As an example of the volume management information, does not have been described as an example is not limited to this case that holds the status information for each volume. 例えば,プライマリパス・セカンダリパス等のアクセスパス毎に,実ボリュームへのアクセス可否を示すステータス情報を保持し,ホストコンピュータの記憶装置識別処理部がどのアクセスパスを用いて実ボリュームへのアクセスを行うかの制御を実行することも可能である。 For example, for each access path, such as a primary path secondary path, it holds the status information indicating the accessibility to a real volume, and accesses the actual volume using any access path storage device identification processor of the host computer it is also possible to perform the Kano control. 尚,上記実ボリュームへのアクセス可否を示すステータス情報は,ホストコンピュータが前述の管理装置における記憶装置管理部と同等の機能を持つことによって実現可能である。 Incidentally, the status information indicating access permission to the real volume, the host computer can be achieved by having the same function as the storage device manager in the above management device.
【0112】 [0112]
以上の処理が実行されることによって、ホストコンピュータ1は仮想化制御装置2が接続された後も、記憶装置3の実ボリュームを、仮想化制御装置2が接続される前と同じパーソナル情報(AAA_02)を用いて識別することができる。 By the above processing is performed, the host computer 1 after the virtualization controller 2 is connected, the real volume of the storage device 3, the same personal information as before the virtualization controller 2 is connected (AAA_02 ) can be identified using. 従って、新たに仮想化制御装置2が計算機システムに導入され、ホストコンピュータが仮想ボリュームに対しアクセス要求を発行する場合にも、パーソナル情報をホストコンピュータに設定しなおす必要がない。 Therefore, new virtualization controller 2 is introduced into the computer system, when the host computer issues an access request to the virtual volume is also not necessary to reset the personal information to the host computer. このため、ホストコンピュータが実行している処理を中断する必要がない。 Therefore, there is no need to interrupt the process of the host computer is running.
[第三の実施形態](複数の記憶装置から一つの仮想ボリュームを構成) [Third Embodiment] (Configuration of a virtual volume from a plurality of storage devices)
第一の実施形態及び第二の実施形態では、一つの実ボリュームから一つの仮想ボリュームを構成する例を説明したが、本発明はこれに限られるものでは無く、複数の実ボリュームから一つの仮想ボリュームが構成される場合にも適用することができる。 In the first embodiment and the second embodiment has described the example in which the one virtual volume from one of the real volume, the present invention is not limited to this, one virtual plurality of real volumes volume can be applied to a case constituted.
【0113】 [0113]
複数の実ボリュームから一つの仮想ボリュームが構成される場合について、図15、図16を用いて説明する。 Case one virtual volume from a plurality of real volumes are configured, 15, will be described with reference to FIG. 16.
【0114】 [0114]
図15は、Port ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=3(5GB)で識別される実ボリュームと、Port ID=P_Pid_2、Port Name=P_Pname_2、LUN=1(5GB)で識別される実ボリュームから、Port ID=V_Pid_3、Port Name=V_Pname_3、LUN=0(10GB)で識別される一つの仮想ボリュームを構成する場合の、ボリュームマッピング情報515の一構成例を示す図である。 15 real volume, Port ID = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, the real volume identified by LUN = 3 (5GB), the Port ID = P_Pid_2, Port Name = P_Pname_2, identified by LUN = 1 (5GB) from, Port ID = V_Pid_3, Port Name = V_Pname_3, for configuring one virtual volume identified by LUN = 0 (10GB), is a diagram showing an example of the configuration of a volume mapping information 515. 図15に示すボリューム管理テーブルは、図12に示すボリューム管理テーブルと比べて、一つの仮想ボリュームに対して二つの実ボリュームが割当てられていること、仮想ボリューム管理情報520のエントリとして実ボリュームに対応するアドレス情報が追加されていることが異なるのみで、他は同一である。 Volume management table shown in FIG. 15, as compared to the volume management table shown in FIG. 12, the two real volumes is assigned to one virtual volume, corresponding to the real volume as the entry of the virtual volume management information 520 it is only different to the address information has been added, others are the same. また図15においては、Port ID=V_Pid_3、Port Name=V_Pname_3、LUN=0で識別される仮想ボリュームのパーソナル情報としてPort ID=P_Pid_1、Port Name=P_Pname_1、LUN=3で識別される実ボリュームのパーソナル情報を用いている。 In Figure 15 also, Port ID = V_Pid_3, Port Name = V_Pname_3, LUN = 0 at Port ID as personal information of the virtual volume identified = P_Pid_1, Port Name = P_Pname_1, personal real volume identified by LUN = 3 and using the information.
【0115】 [0115]
図16は、二つの実ボリュームから一つの仮想ボリュームが構成される計算機システムの一例を示す図である。 Figure 16 is a diagram showing an example of a virtual volume is configured computer system from the two real volumes. 図16に示す計算機システムにおいても、仮想化制御装置2において実行される、データ移行処理、並びに記憶装置監視処理については、実施形態1及び実施形態2に記載した処理と同一の処理によって実行できるので、以下ルーティング処理について説明する。 Even in the computer system shown in FIG. 16, is executed in the virtualization controller 2, the data migration processing, as well as for storage monitoring process, it is possible to perform the same processing as that described in Embodiments 1 and 2 , routing processing will be described below.
(ルーティング処理) (Routing process)
ルーティング処理は、仮想化制御装置2がホストコンピュータ1或いは記憶装置3からのフレームデータを受信した場合に開始される。 Routing processing, the virtualization controller 2 starts when receiving the frame data from the host computer 1 or the storage device 3. フレームデータを受信したルーティング処理部501は、フレームデータを構成する送信元/送信先の識別情報、更に必要な場合はフレームデータの種別情報及びフレーム中のペイロードを構成する各種情報(LUN等)を用いて、仮想化処理が必要か否かの判別を行う。 Routing processor 501 which has received the frame data, the source / destination of the identification information constituting the frame data, a variety of information if more necessary to configure the payload in the type information and the frame of the frame data (LUN, etc.) using, makes a decision as to whether or not requires a virtual process. 具体的には、送信元/送信先の識別情報(Port ID等)やフレームのペイロードに含まれる情報(LUN)がボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520に登録されている場合には、ルーティング処理部501は仮想化処理が必要であると判断する。 Specifically, if the information contained in the source / destination identification information (Port ID, etc.) and a frame payload (LUN) are registered in the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515, routing processor 501 determines that it is necessary to virtualization process.
【0116】 [0116]
ルーティング処理部501が仮想化処理が必要であると判別した場合、以下の仮想化処理を仮想化処理部505が実行する。 If routing processor 501 has determined that it is necessary to virtualize process, the following virtualization processor virtualization processing unit 505 executes.
1. 1. 受信したフレームデータが、ホストコンピュータから仮想記憶装置に対するフレームデータである場合先ず受信したフレームデータがリード/ライト系のアクセス要求情報か否かを仮想化処理部505が判断する。 Received frame data, frame data received first when the frame data to the virtual storage device from the host computer whether the access request information read / write system virtualization processing unit 505 determines. フレームデータがリード/ライト系のアクセス要求情報である場合、ボリュームマッピング情報515と、アクセス要求情報(特に受信フレームのペイロード)に含まれるアドレス情報及びデータ転送長情報に基づき、仮想化処理部505は、フレームデータ送信先の仮想記憶装置に対応する記憶装置を特定する。 If the frame data is an access request information read / write system, a volume mapping information 515, based on the address information and data transfer length information included in the access request information (in particular received frame payload), the virtual processing unit 505 , to identify the memory device corresponding to the virtual memory of the frame data destination. そして受信したフレームを特定された記憶装置に対するフレームに変換する為、フレームデータを構成する送信先識別情報(D_ID)と、CRC情報を、特定された記憶装置のポートを示す送信先識別情報と、新しい送信先識別情報に基づくCRCとに置き換える。 And for converting the frame for the identified the received frame store, the destination identification information constituting the frame data (D_ID), the CRC information, the destination identification information indicating the port of the identified storage device, replaced with a CRC based on the new destination identification information. 更に必要な場合、アクセス要求情報を構成する新たなアドレス情報及びデータ転送長情報を生成する。 If further necessary, to generate a new address information and data transfer length information constituting the access request information. そして変換後のフレームは、仮想化制御装置のポート23を介して記憶装置3に送信される。 The frame after the conversion is transmitted to the storage device 3 via the port 23 of the virtualization controller. 尚、アクセス要求が二台の記憶装置に対して送信されるもの(アドレス989680hを跨いでのアクセス要求)である場合には、仮想化処理部505が、個々の記憶装置に対するアクセス要求を生成し個々の記憶装置にこのアクセス要求を送信する。 Note that when the access request is intended to be transmitted to the secondary storage units (access request across address 989680H), the virtual processing unit 505 generates an access request for the individual storage devices transmitting the access request to the individual storage devices.
【0117】 [0117]
仮想化制御装置2が受信したフレームデータが、リード/ライト系のアクセス要求情報以外のデータである(ライトデータである)場合、ボリュームマッピング情報515と、必要な場合にはライトデータ受信前に仮想化制御装置が受信したライトアクセス要求情報を構成するアドレス情報及びデータ転送長情報と、ライトデータのオフセット情報とに基づき、仮想化処理部505がフレームデータ送信先の仮想記憶装置に対応する記憶装置を検出する。 Frame data virtualization controller 2 is received, the data other than the access request information read / write system (a write data), then the volume mapping information 515, if necessary virtual before the write data received of control and address information and data transfer length information constitutes a write access request information received, based on the offset information of the write data, the storage device virtualization processing unit 505 corresponds to the virtual memory of the frame data destination to detect. そして受信したフレームを、検出された記憶装置に対するフレームに変換する為、仮想化処理505は、フレームデータを構成する送信先識別情報(D_ID)とCRCを、検出された記憶装置を特定するための識別情報とこの識別情報に基づく新たなCRCとに置き換える。 Then the received frame, to convert frame for the detected storage device, the virtualization process 505, the destination identification information constituting the frame data and (D_ID) the CRC, the detected storage device for identifying the replaced with a new CRC based on the identification information and the identification information. そして仮想化制御装置2は、ポート23を介して検出された記憶装置3に対してフレームを送信する。 The virtualization controller 2 transmits a frame to the detected storage device 3 via the port 23.
2. 2. 受信したフレームが、仮想記憶装置にマッピングされた記憶装置からホストコンピュータに対するフレームである場合先ず受信したフレームデータがリードデータか否かを判別し、フレームデータの種類に応じた処理を仮想化処理部505が実行する。 Received frame is first received frame data if a frame is determined whether or not the read data to the host computer from the storage device mapped to the virtual storage device, the virtualization processing unit processing corresponding to the type of the frame data 505 to be executed. 例えばフレームデータがリードデータである場合、仮想化処理部505は、フレームデータ送信元の記憶装置に対応する仮想記憶装置を特定する。 For example, when the frame data is read data, the virtual processing unit 505 identifies the virtual storage apparatus corresponding to the frame data transmission source storage device. そして、受信したフレームを特定された仮想記憶装置からのフレームに変換する為、仮想化処理部505は、フレームデータの送信元識別情報(S_ID)とCRCを、仮想記憶装置の識別情報と、新たな送信先識別情報に基づくCRCに置き換える。 Then, in order to convert the frame from the virtual storage device specified frames received, virtualization processing unit 505, the transmission source identification information (S_ID) and CRC of the frame data, the identification information of the virtual storage device, a new replacing the CRC based on the Do destination identification information. そして、仮想化制御装置2はポート23を介してフレームデータをホストコンピュータ1に送信する。 The virtualization controller 2 transmits the frame data via the port 23 to the host computer 1.
【0118】 [0118]
一つのリード系アクセス要求に基づくリードデータの送信処理が、二台の記憶装置で同時に実行される場合には、仮想化制御装置2は、一方の記憶装置から受信するリードデータをホストコンピュータに転送する処理が完了するまで、他方の記憶装置から受信したリードデータの転送処理を保留させることが望ましい。 Transmission processing of the read data based on one of the read system access request, when executed concurrently in two sets of storage devices, virtualization controller 2 transfers the read data to be received from one memory device to the host computer until processing is completed, it is desirable to hold the transfer process of the read data received from the other storage device. 例えば、P_Pid_1,P_Pname_1,LUN=3(5GB)で識別される実ボリュームを持つ記憶装置と、P_Pid_2,P_Pname_2,LUN=1(5GB)で識別される実ボリュームを持つ記憶装置からリードデータを受信した場合には、仮想化制御装置2がP_Pid_2,P_Pname_2,LUN=1(5GB)で識別される実ボリュームを持つ記憶装置からのリードデータを一時的に保存することで、リードデータの転送処理を保留できる。 For example, P_Pid_1, P_Pname_1, a storage device with a real volume identified by LUN = 3 (5GB), P_Pid_2, P_Pname_2, receiving a read data from the storage device with the real volume identified by LUN = 1 (5GB) in this case, the virtualization controller 2 P_Pid_2, P_Pname_2, by temporarily storing the read data from the storage device with the real volume identified by LUN = 1 (5GB), pending transfer processing of the read data it can.
【0119】 [0119]
また,一つのリード系アクセス要求に基づくレスポンスデータの送信処理が、二台の記憶装置で並列に実行される場合には、仮想化制御装置2は、二台の記憶装置から受信したレスポンスデータを用いてホストコンピュータに対する一つのレスポンスデータを生成し送信するものである。 Further, the transmission processing of the response data based on one of the read system access request, when executed in parallel in two sets of storage devices, virtualization controller 2, the response data received from the two storage units it is to generate a single response data transmitted to the host computer using.
【0120】 [0120]
尚、上述のような、複数の実ボリュームから一つの仮想ボリュームが構成される計算機システムにおいても、第一の実施形態及び第二の実施形態と同様、ホストコンピュータがアクセス対象として認識するボリュームの識別情報を変更することなく、仮想化制御対象の記憶装置間でデータ移行処理を実行することができる。 Incidentally, as described above, even in one virtual volume configured computer system from a plurality of real volumes, as in the first embodiment and the second embodiment, the identification of the volume recognized host computer as an access target without changing the information, it is possible to execute the data migration processing between the virtualization control target storage device. 即ち、記憶装置間でデータ移行処理が実行された場合には、第一の実施形態若しくは第二の実施形態と同様、仮想化制御装置2がボリュームマッピング情報515を更新し、仮想ボリュームに対応付けられている実ボリュームをデータ移行元の実ボリュームからデータ移行先の実ボリュームに変更することによって、ホストコンピュータ1がアクセス対象として認識するボリュームの識別情報を変更することなく、仮想ボリュームにマッピングされる実ボリュームをダイナミックに変更することができる。 That is, when the data migration processing is executed between storage devices, as in the first embodiment or the second embodiment, the virtualization controller 2 updates the volume mapping information 515, correspondence to the virtual volume by changing the actual volumes that are the data migration source real volume to the real volume of the data migration destination, without the host computer 1 changes the identification information of the recognized volume as an access target is mapped to the virtual volume it is possible to change the real volume dynamically. 従ってホストコンピュータ1は、記憶装置(実ボリューム)間で実行されるデータ移行を意識することなく処理を継続することができる。 Therefore, the host computer 1 is able to continue the process without being aware of the data migration to be executed between the storage device (real volume).
[第四の実施形態](Intelligent Portでの仮想化制御、Storage機能提供) [Fourth Embodiment] (virtualization control in Intelligent Port, Storage functions provide)
上述の各実施形態では、スイッチとしての機能を提供する仮想化制御装置2のメイン制御部20において,本発明に係る各処理を一括して実施する例を説明したが、本発明はこれに限られるものではなく、ポート23毎にプロセッサを設け、このプロセッサがルーティング処理を実施することが可能である。 In the embodiments described above, the main control unit 20 of the virtualization controller 2 to provide a function as a switch, but the processes according to the present invention has been described an example be carried out collectively, the invention is limited thereto not be, a processor is provided for each port 23, this processor is capable of carrying out the routing process.
【0121】 [0121]
更に仮想化制御装置2は、ポート23とパス制御部22とメイン制御部20とからのみ構成されるものに限られるものではない。 Furthermore virtualization controller 2 is not limited to those composed only from the port 23 and a path control unit 22 and the main control unit 20. 例えばディスクアレイ装置が有するディスクアレイ制御装置のように、複数の物理的なディスク装置を例えば一つの論理的な記憶装置としてホストコンピュータに見せる制御や、ホストコンピュータがアクセスするデータに対して冗長データとしてパリティデータを付加してディスクに格納し、任意の一台のディスク装置に障害が発生してもパリティデータを用いてホストコンピュータとの間のデータ転送処理を可能とする一連のパリティ制御等を実行するストレージ制御部を仮想化制御装置2が有し、仮想化制御装置2がストレージ制御機能を一機能として有していても良い。 For example, as a disk array controller with the disk array device, control or show a plurality of physical disk devices to the host computer as a single logical storage devices, such as redundant data to the data by the host computer to access stored in the disk by adding parity data, executes a series of parity control or the like for enabling data transfer processing between the host computer using the parity data even if a failure occurs at any one disk units the storage control unit which has the virtualization controller 2, the virtualization controller 2 may have a storage control function as one function. 更には、ストレージ制御部と、ディスク装置等の複数の記憶装置から構成される記憶装置群とを仮想化制御装置2が有することによって、仮想化制御装置2がストレージ装置自体の機能(ストレージ機能)を一機能として有していても良い。 Furthermore, a storage control unit, by the virtualization control unit 2 has a configured storage device group from a plurality of storage devices of the disk device, the virtualization controller 2 of the storage device itself function (storage function) the may have as one function.
【0122】 [0122]
以下、ストレージ制御部と記憶装置群とを有し、ストレージ機能も提供する仮想化制御装置が、各処理を夫々の構成部位で分担して処理する場合について、図19〜図22を用いて説明する。 Hereinafter, has a storage controller and a storage device group, virtualization controller that also provides storage capabilities, the case of processing by sharing the processing with component parts each, with reference to FIGS. 19 to 22 described to.
【0123】 [0123]
図19は、本発明が適用される計算機システムの一例を示す図である。 Figure 19 is a diagram showing an example of a computer system to which the present invention is applied. 尚、同図において,仮想化制御装置2以外は図1と同様の構成を有する。 In the figure, it has the same configuration as FIG. 1 except the virtualization controller 2.
【0124】 [0124]
仮想化制御装置2においては、一つ以上のポート部8と、一つ以上のストレージ制御部7−1/2と、メイン制御部20とが、バックプレーン9を介して接続され,更にストレージ制御部7−1は、複数のディスク装置35と接続される。 In the virtualization controller 2 includes one or more ports 8, and one or more storage controller 7-1 / 2, and the main control unit 20 is connected via the back plane 9, further storage control parts 7-1 are connected to a plurality of disk devices 35.
【0125】 [0125]
ポート部8は、ホストコンピュータ1或いは記憶装置3と接続されるネットワーク5を制御するインタフェース制御部81(図中,SN I/F)と、仮想化制御装置2内の他の部位とを接続するバックプレーン9を制御するインタフェース制御部82(図中,BP I/F)と、後述するプログラムや情報を格納するメモリ85と、これらの情報を用いてプログラムを実行するCPU84とを有する。 Port portion 8 is connected (in the figure, SN I / F) interface control unit 81 for controlling the network 5 connected to the host computer 1 or the storage device 3 and, and other portions of the virtualization control unit 2 having (in the figure, BP I / F) interface control unit 82 for controlling the backplane 9 and a memory 85 for storing programs and information to be described later, the CPU84 which executes a program using these information.
【0126】 [0126]
ストレージ制御部7−1は、バックプレーン9を制御するインタフェース制御部73(以下、BP I/Fと呼ぶ。)と,複数のディスク装置35との間でのデータ転送処理を行うインタフェース制御部72(以下、HDD I/Fと呼ぶ)と、ディスク装置35或いは記憶装置3との間で転送されるデータを格納するキャッシュ71と、各処理及び後述のプログラムを実行するCPU70とを有する。 Storage controller 7-1, the interface control unit 73 for controlling the backplane 9 (hereinafter, referred to as BP I / F.) And, the interface control unit 72 that performs data transfer processing between the plurality of disk devices 35 (hereinafter, referred to as HDD I / F) having a, a cache 71 for storing data to be transferred between the disk device 35 or the storage device 3, and a CPU70 for executing the process and later in the program.
【0127】 [0127]
ストレージ制御部7−2は、ディスク装置35との間でのデータ転送処理を行うインタフェース制御部72を有さないことを除いて,上記ストレージ制御部7−1と同様の構成を有する。 Storage controller 7-2, except that no interface control unit 72 that performs data transfer processing between the disk device 35 has the same configuration as the storage controller 7-1.
【0128】 [0128]
メイン制御部20は、管理用ポート25を含み、バックプレーン9を制御するインタフェース制御部53を有すること以外は、図1のメイン制御部20と同様の構成を有する。 The main control unit 20 includes a management port 25, except that it has an interface controller 53 for controlling the back plane 9 has the same configuration as the main control unit 20 of FIG. 1. 尚、CPU50で実行されるプログラムについては後述する。 It will be described later program executed by CPU 50.
【0129】 [0129]
図19では、ホストコンピュータ1、記憶装置3、管理装置4,仮想化制御装置2のポート部8は、それぞれ1つのポートを持つ例を示したが、これに限定されるものではなく、複数のポートを持つことも可能である。 In Figure 19, the host computer 1, a storage device 3, the management apparatus 4, the port portion 8 of the virtualization controller 2, an example, each with one port, it is not limited thereto, a plurality of it is also possible to have the port.
【0130】 [0130]
同様に仮想化制御装置2を構成する各部位は,バックプレーン9を制御するインタフェース制御部82(図中,BP I/F)を複数持つことが可能であり、各構成部位は複数のバックプレーンを介して相互に接続されることが望ましい。 Different parts of the virtualization controller 2 Similarly, (in the figure, BP I / F) interface control unit 82 for controlling the backplane 9 it is possible to have multiple, respective component parts are a plurality of backplanes it is preferably connected to one another via a.
【0131】 [0131]
更に,仮想化制御装置2のポート部8は、異なる複数のネットワークプロトコルに対応可能であることから、ポート部8を管理用ポートとして使用することも可能である。 Furthermore, the port portion 8 of the virtualization controller 2, since it is compatible with a plurality of different network protocols, it is also possible to use a port portion 8 as a management port.
【0132】 [0132]
図20は、仮想化制御装置2が有する何れかの部位のCPUによって実行されるプログラムと、管理情報の一例を示す図であり、仮想化処理部505が仮想化ルーティング制御情報530を新たに有すること、仮想化ルーティング処理プログラム517がコマンドフレームの転送処理を実行するプログラム(図中,コマンド転送処理プログラム)531、レスポンスフレームの転送処理を実行するプログラム(図中,レスポンス転送処理プログラム)532、及び上記以外のフレームデータの転送処理を実行するプログラム(その他の転送処理プログラム)533とを有すること、更に装置内記憶装置アクセス処理部506を仮想化制御装置2が新たに有し、装置内記憶装置アクセス処理部506として、仮想化制御装置2が有する記憶装置 Figure 20 includes a program executed by any part of the CPU included in the virtualization controller 2, a diagram showing an example of the management information, the virtual processing unit 505 is new virtualization routing control information 530 it, (in the figure, the command transfer processing program) program virtualization routing processing program 517 executes a transfer process of the command frame 531, (in the figure, the response transfer processing program) the program for executing the transfer processing of the response frame 532 and, having a program (other transfer processing program) 533 for executing transfer processing of the frame data other than the above, further device memory access processing unit 506 virtualization controller 2 newly includes, device storage as the access processor 506, the virtualization controller 2 has a storage device 5の構成情報を保持する装置内記憶装置構成管理情報508と実際にフレームデータの転送処理を実行するための装置内記憶装置アクセス制御処理プログラム507とを有すること以外は、プログラム及び管理情報は図3と同様である。 But having a device memory configuration management information 508 that holds configuration information 5 and actually frame data transfer process execution to for device storage access control processing program 507, the program and management information Figure 3 is the same as that.
【0133】 [0133]
尚、装置内記憶装置アクセス処理部506では,複数の物理的なディスク装置を例えば一つの論理的な記憶装置としてホストコンピュータに見せる制御、更にホストコンピュータがアクセスするデータに冗長データとしてパリティデータを付加してディスク装置に格納し、任意の一台のディスク装置に障害が発生してもパリティデータを用いてホストコンピュータとの間でのデータ転送処理を可能とする一連のパリティ制御等を実行することが望ましい。 Note that adds parity data as the device memory access processing unit 506, a control to show a plurality of physical disk devices to the host computer for example as one logical storage device, the redundancy further data by the host computer to access data it is stored in the disk device, it executes a series of parity control or the like for enabling data transfer processing between the host computer using the parity data even when a failure occurs in any single disk device and It is desirable 但し本発明とは直接関係が無いことからその詳細な説明は省略する。 However the detailed description because it is not directly related to the present invention will be omitted.
【0134】 [0134]
尚、仮想化ルーティング制御情報530、コマンド転送処理プログラム531、レスポンス転送処理プログラム532、その他の転送処理プログラム533の詳細については後述する。 Incidentally, the virtualization routing control information 530, the command transfer processing program 531 will be described in detail later response transfer processing program 532, other transfer program 533.
【0135】 [0135]
更に図3及び図20においては、仮想化制御装置2の初期化処理に係るプログラム等の記載を省略しているが、少なくとも電源投入を条件に各種管理情報の初期化処理を実行する初期化処理プログラム、或いは管理装置4等からの指示を契機に初期化処理あるいは診断処理等を実行するプログラム群を、仮想化制御装置が有していても良い。 Further in FIG. 3 and FIG. 20 does not have the description of the programs according to the initialization of the virtualization controller 2, an initialization process for executing the initialization processing of various management information on condition of least power-on programs, or programs that execution timing of initialization processing or diagnostic treatment or the like to an instruction from the management unit 4 or the like, may have the virtualization controller.
【0136】 [0136]
図21は、本実施形態におけるホストコンピュータと記憶装置との間のアクセス経路の主な三つのバリエーションを示す図である。 Figure 21 is a diagram showing a main three variations of the access path between the host computer in the present embodiment the storage device.
【0137】 [0137]
尚、図21において仮想化制御装置2を構成する記憶装置群34を内部記憶装置、仮想化制御装置2とネットワーク5を介して接続される記憶装置3を外部記憶装置と呼ぶこととし、更にホストコンピュータ1と接続されるポート部8をIn Port、外部ストレージ3と接続されるポート部8をOut Portと呼ぶこととする。 Incidentally, the storage device group 34 constituting the virtualization controller 2 internal storage device, and is referred to the storage device 3 connected via the virtualization controller 2 and the network 5 and the external storage device 21, further host the port portion 8 which is connected to the computer 1 an In port, and the port portion 8 which is connected to the external storage 3 is referred to as Out port.
【0138】 [0138]
第一のアクセス経路のタイプは、ホストコンピュータ1と内部記憶装置34がポート部8(In Port)とストレージ制御部7−1とを介して接続される経路である。 Type of the first access path is a path host computer 1 and the internal storage device 34 is connected via the port portion 8 and (an In Port) and the storage controller 7-1.
【0139】 [0139]
第二のアクセス経路のタイプは、ホストコンピュータ1と外部記憶装置3がポート部8(In Port)とストレージ制御部7−2とポート部8(Out Port)とを介して接続される経路である。 Type of the second access path is the path that the host computer 1 and an external storage device 3 is connected via the port section 8 (In Port) and the storage controller 7-2 and the port portion 8 (Out Port) .
【0140】 [0140]
第三のアクセス経路のタイプは、ホストコンピュータ1と外部記憶装置3がポート部8(In Port)とポート部8(Out Port)とを介して接続される経路である。 Type of the third access path is a path host computer 1 and an external storage device 3 is connected via the port section 8 (In Port) and port section 8 (Out Port).
【0141】 [0141]
図22は、本実施形態で用いられるボリュームマッピング情報515の一例を示す図である。 Figure 22 is a diagram showing an example of a volume mapping information 515 used in this embodiment. 前述の図4の構成に対し、後述の仮想化処理を実行する部位の識別子情報を管理する仮想化処理モジュール管理情報523と、実ボリュームが外部記憶装置3内に存在する場合に当該外部記憶装置3と接続するためのポートの識別子を管理する外部ボリューム接続モジュール管理情報254を新たに有する構成としている。 To the preceding configuration of Figure 4, the virtualization processing module management information 523 for managing the identifier information of the member which executes virtualization process to be described later, the external storage device when the real volume is present in the external storage device 3 the external volume connection module management information 254 for managing the identifier of ports for connection 3 to be configured to have the new. 尚、図22中Storage Control part #1は図19におけるストレージ制御部7−1の識別情報であり、Storage Control Part #2は図19におけるストレージ制御部7−2の識別情報である。 Incidentally, FIG. 22 in Storage Control part # 1 is the identification information of the storage controller 7-1 in FIG. 19, Storage Control Part # 2 is the identification information of the storage controller 7-2 in FIG.
【0142】 [0142]
同22においては、ボリュームの状態を示すSizeやステータスの情報は省略しているが、これらの情報も管理することが望ましく、更に内部記憶装置34に関する実ボリューム管理情報は装置内記憶装置構成管理情報507にその詳細が登録されているものとして,ここでの説明は省略するものとする。 In the 22, although information of Size and status indicating the state of the volume is omitted, it is desirable to also manage these information, further real volume management information on the internal storage device 34 is apparatus in storage configuration management information as those whose details are registered in 507, the description herein will be omitted.
【0143】 [0143]
尚本実施形態においては、ボリュームマッピング情報515を構成する各情報を仮想化制御装置2を構成する全ての部位各々で保持管理する必要は無く、各部位毎に当該部位が実行する処理において必要となる情報のみを保持管理することが望ましい。 Incidentally in this embodiment, it is necessary to hold and manage the respective information constituting the volume mapping information 515 in all of the sites each constituting the virtualization controller 2 without requiring the processing of the site is performed for each site it is desirable to keep managing only becomes information.
【0144】 [0144]
図23は、仮想化制御装置2を構成する部位毎に管理される仮想化ルーティング制御情報530の一例を示す図である。 Figure 23 is a diagram showing an example of virtualization routing control information 530 that is managed for each site constituting the virtualization controller 2. 仮想化ルーティング制御情報530は、仮想化制御装置2を構成する各部位が後述のフレームデータの転送処理を実行する際に、生成、参照、又は更新される情報であり、送信元管理情報534として送信元の識別情報と送信元指定のコマンド識別情報、送信先管理情報535として送信先識別情報と自身が指定したコマンド識別情報とを有する。 Virtualization routing control information 530, when the different parts of the virtualization controller 2 executes a process of transferring the frame data to be described later, generation, see, or information that is updated as the transmission source management information 534 source command specifying identification information and transmission source identification information, and a command identification information transmission destination identification information and its own designated as the destination management information 535.
【0145】 [0145]
尚コマンド識別情報とは、送信元と送信先との間で送受信されるフレームデータがどのコマンドに関連するものかを識別する為、個々のフレームデータに付加される情報である。 Note The command identification information, for identifying whether related to any command frame data transmitted and received between the source and destination is information that is added to each frame data. またフレームデータの構成についての詳細な説明は省略しているが、少なくともフレームデータの送信元/送信先を識別する情報(送信元/送信先識別情報)と、フレームデータの種別を示す種別情報と、コマンド識別情報とを有するヘッダ情報と、アクセス要求情報或いはステータス情報或いはデータ等を有するペイロード情報とを、フレームデータは有するものとする。 The detailed description of the configuration of the frame data is omitted, the information (source / destination identification information) for identifying the source / destination of at least the frame data, and type information indicating the type of frame data and header information including a command identification information, and a payload information with the access request information or status information or data, and that frame data has.
【0146】 [0146]
尚図23においては、ホストコンピュータ1と接続されるポート部8(In Port)が保持管理する仮想化ルーティング制御情報530の一例として、Host_Pid_1で識別されるホストコンピュータからポート部8がHost_Tag_1、Host_Tag_2、及びHost_Tag_3で識別される3つのコマンドを受信し、夫々について自身が指定したコマンド識別子情報InPort_Tag_1、InPort_Tag_2、InPort_Tag_3を付加し、これら各々を夫夫ストレージ制御部7−1(図23ではSC#1と記載。)、ストレージ制御部7−2(図23ではSC#2と記載。)、ポート部8(図23ではOut Portと記載)に転送した状態であることを示している。 In Naozu 23, as an example of the virtualization routing control information 530 the host computer 1 and the port section 8 connected to (an In Port) is held and managed, the port portion 8 from the host computer identified by Host_Pid_1 is Host_Tag_1, Host_Tag_2, and receive three commands identified by Host_Tag_3, command identifier information about each own designated InPort_Tag_1, InPort_Tag_2, adding InPort_Tag_3, these each severally storage controller 7-1 (in FIG. 23 SC # 1 wherein.), the storage control unit 7-2 (Fig. 23 SC # 2 and described.), indicating a state of being forwarded to port unit 8 (described as in FIG. 23 Out port).
【0147】 [0147]
図24は、仮想化制御装置2を構成する任意の構成部位によって実行されるフレームデータの転送処理の一例を示す図である。 Figure 24 is a diagram showing an example of a transfer process of the frame data to be performed by any structure portion constituting the virtualization controller 2. 従って本処理は、ポート部8、ストレージ制御部7−1、ストレージ制御部7−2のいずれにおいても実行され得る。 Thus, the present process, the port portion 8, the storage controller 7-1 can be performed in any of the storage controller 7-2. 尚本処理は、ホストコンピュータ1或いは内部記憶装置34或いは外部記憶装置3からのフレームデータの受信、又は、仮想化制御装置2を構成する各部位間においてのフレームデータの受信を契機として開始される。 Note that the present process, the reception of frame data from the host computer 1 or the internal storage device 34 or the external storage device 3, or is initiated in response to reception of frame data between different parts of the virtualization controller 2 . 以下、図24を用いて本実施形態におけるフレームデータの転送処理の一例を説明する。 Hereinafter, an example of a transfer process of the frame data in the present embodiment will be described with reference to FIG 24.
【0148】 [0148]
フレームデータを受信した仮想化制御装置2の部位は先ず、後述の仮想化処理が必要か否かの判別を実施する(130)。 Site of the virtualization controller 2 receives the frame data is first carried out to determine whether required virtualization process described below (130). 以下に、仮想化処理が必要なフレームデータであると判定される具体的な条件の一例を示す。 Hereinafter, an example of a specific condition is determined to be frame data necessary virtualization process.
(1)フレームデータに含まれる送信先識別情報が、ボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520に登録されている。 (1) destination identification information included in the frame data is registered in the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515.
(2)フレームデータに含まれる送信元識別情報が、ボリュームマッピング情報515の実ボリューム管理情報521に登録されている。 (2) transmission source identification information included in the frame data is registered in the real volume management information 521 of the volume mapping information 515.
(3)フレームデータに含まれるコマンド識別情報が、仮想化ルーティング制御情報530の送信元管理情報534或いは送信先管理情報535に登録されている。 (3) command identification information included in the frame data is registered in the transmission source management information 534 or the destination management information 535 of the virtualization routing control information 530.
【0149】 [0149]
尚、上記仮想化処理要否の判定条件は一例でありこれに限定されるものではない。 Incidentally, the virtual process necessity determination conditions are not limited thereto only an example. また、仮想化処理が不要と判別した場合の実ルーティング処理(131)については図9に示す処理と同様であることから説明を省略する。 Also, the description thereof is omitted because the actual routing processing when the virtual process is determined to unnecessary (131) is the same as the processing shown in FIG.
【0150】 [0150]
次に、仮想化処理が必要と判別された場合には、当該部位は受信したフレームデータに含まれるフレームデータの種別情報を用いてフレームデータの種別を検出する。 Then, if it is determined that the required virtualization process, the site detects the type of the frame data using the type information of the frame data included in the received frame data.
[コマンドフレームの場合] [In the case of command frame]
受信したフレームデータがコマンドフレームであることを検出した場合(132)、コマンド転送処理プログラム531が以下のコマンドフレームの転送処理を実行する。 If the received frame data is detected to be a command frame (132), the command transfer processing program 531 executes the transfer processing following command frame.
1. 1. コマンド変換処理要否の判定(133) Command conversion processing necessity judgment (133)
受信したフレームデータに含まれるフレームデータの送信先識別情報、及び必要な場合は受信したフレームデータのペイロードに含まれる各種情報(送信先のLUN等)とボリュームマッピング情報515とを用いて、コマンド転送処理プログラム531は後述のコマンド変換処理を自身で実施するか否かを判別する。 Received frame data transmission destination identification information of the frame data included in, and if needed, the various information contained in the payload of the received frame data (destination LUN, etc.) using a volume mapping information 515, command transfer processing program 531 determines whether or not to perform themselves the command conversion processing will be described later. 判別方法の一例としては、例えば送信先のPort IDやLUNが、ボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520に登録され、且つ仮想化処理モジュール管理情報523に自身の識別情報が登録されている場合には、そのコマンドは自身でのコマンド変換処理が必要なフレームデータであると判定される。 As an example of the determination method, for example Port ID and LUN of the destination, is registered in the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515, and if the own identification information to the virtualization processing module management information 523 is registered the, it is determined that the command is a frame data necessary command conversion process itself.
2. 2. コマンド変換処理(134) Command conversion processing (134)
自身でのコマンド変換処理が必要と判別された場合、コマンド転送処理プログラム531は、ボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520と実ボリューム管理情報521とを用いて、受信したコマンドフレームに含まれる送信先識別情報を実ボリュームに対応した識別情報に、送信元識別情報を自身の識別情報に、LUN等のアクセス要求(コマンド)情報を実ボリュームに対応したLUN等のアクセス要求情報に置き換える処理をコマンド変換処理として実施する。 If the command conversion process itself is determined to require transmission, the command transfer processing program 531 using the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515 and the real volume management information 521, contained in the received command frame the above identification information to the identification information corresponding to the real volume, the identification information of its own transmission source identification information, the process of replacing LUN, etc. of the access request (command) information to the access request information, such as LUN corresponding to the real volume command implemented as a transformation process.
【0151】 [0151]
尚、ステップ133において自身でコマンド変換処理を実行する必要がないと判別された場合には、コマンド変換処理(134)は実行されることなく、ステップ135に進む。 Incidentally, if it is determined that it is not necessary to execute the command conversion processing by itself in step 133, the command conversion processing (134) without being executed, the process proceeds to step 135.
3. 3. コマンドフレーム転送先検出(135) Command frame forwarding detection (135)
自身でのコマンド変換処理が不要と判別された場合、或いは上記コマンド処理を実行した後、コマンド転送処理プログラム531は、ボリュームマッピング情報515の仮想化処理モジュール管理情報523(In Portの場合)或いは外部ボリューム接続モジュール管理情報524(ストレージ制御装置の場合)或いは実ボリューム管理情報521(Out Portの場合)を用いてコマンドフレームの転送先を検出する。 If the command conversion process itself is judged unnecessary, or after executing the command processing, the command transfer processing program 531 (the case of an In Port) virtualization processing module management information 523 of the volume mapping information 515 or the external detecting a transfer destination of the command frame with the volume connection module management information 524 (when the storage control apparatus) or the real volume management information 521 (when the Out Port).
4. 4. 仮想化ルーティング制御情報登録(136) Virtualization routing control information registration (136)
次にコマンド転送処理プログラム531は、受信したコマンドフレームに含まれる送信元識別情報とコマンド識別情報と、コマンドフレームの転送先を識別する送信先識別情報と、自身が生成したコマンド識別情報とを仮想化ルーティング制御情報530の送信元管理情報534、送信先管理情報535として登録する。 Then the command transfer processing program 531, the virtual transmission source identification information and the command identification information included in the received command frame, a destination identification information for identifying the destination of the command frame, and a command identification information generated by itself source management information 534 of the routing control information 530 is registered as the destination management information 535.
5. 5. コマンド転送(137) Command transfer (137)
更にコマンド転送処理プログラム531は、受信したコマンドフレームに含まれるコマンド識別情報を自身が生成したコマンド識別情報に置き換え、上記検出したコマンドフレームの転送先に送信することで一連のコマンドフレーム転送処理を終了する(137)。 Further command transfer processing program 531 replaces the command identification information to command identification information itself is generated that is included in the received command frame, it ends the series of command frame transfer process by sending to the destination of the command frame the detected to (137).
[レスポンスフレームの場合] [In the case of response frame]
ステップ132において受信したフレームデータがコマンドフレームでないことを検出し,更に受信したフレームデータがレスポンスフレームであることを検出した場合(138)、レスポンス転送処理プログラム532が以下のレスポンス転送処理を実行する。 Frame data received in step 132 detects that it is not a command frame, further if the received frame data is detected to be a response frame (138), the response transfer program 532 executes the response transfer processing described below.
1. 1. レスポンス生成処理要否の判定(139) Response generation processing necessity judgment (139)
レスポンス転送処理プログラム532は、受信したレスポンスフレームに含まれるコマンド識別情報とボリュームマッピング情報515とを用いて、自身でのレスポンス生成処理が必要か否かを判別する。 Response transfer program 532, by using the command identification information and volume mapping information 515 included in the response frame received, determines whether it is necessary to response generation process itself. 判別の方法の一例としては、例えば受信したレスポンスフレームに含まれる送信元の識別情報が、ボリュームマッピング情報515の実ボリューム管理情報521に登録され、且つ仮想化処理モジュール管理情報523に自身の識別情報が登録されている場合には、そのレスポンスフレームは自身でのレスポンス生成処理が必要なフレームデータであると判定される。 As an example of a method of discrimination, for example, a transmission source of the identification information included in the response frame received is registered in the real volume management information 521 of the volume mapping information 515, and its own identification information to the virtualization processing module management information 523 There if it is registered, the response frame is determined to be the frame data necessary response generation process itself.
2. 2. レスポンス生成処理(140) The response generating processing (140)
自身でのレスポンス生成処理が必要と判別された場合、レスポンス転送処理プログラム532は、ボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520を用いて、受信したレスポンスフレームに含まれる送信元識別情報を仮想ボリュームに対応した識別情報に、送信先識別情報を対応するホストコンピュータの識別情報に置き換える処理と、受信したレスポンスフレームに含まれるステータス情報に基づき必要な場合には新たなステータス情報を生成し置き換える処理とをレスポンス生成処理として実施する。 If the response generation process itself is determined to need, a response transfer processing program 532 using the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515, the transmission source identification information included in the response frame received virtual volume the corresponding identification information, a process of replacing the destination identification information to the identification information of the corresponding host computer, and replace generates new status information processing if necessary based on the status information included in the response frame received implemented as a response generation process.
3. 3. レスポンスフレーム転送先検出(141) Response frame forwarding detection (141)
更に、レスポンス転送処理プログラム532は、受信したフレームデータに含まれるコマンド識別情報と仮想化ルーティング制御情報530を用いて、レスポンスフレームの転送先を検出する。 Furthermore, the response transfer program 532 uses the virtualization routing control information 530 and command identification information included in the received frame data, detects a destination of the response frame. 検出方法の一例としては、受信したフレームデータに含まれるコマンド識別情報と一致する仮想化ルーティング制御情報530の送信先管理情報535のコマンド管理情報を検出し,当該コマンド管理情報に対応する送信元管理情報534の送信元識別情報をレスポンスフレームの転送先として検出する。 As an example of the detection method detects a command management information of the destination management information 535 of the virtualization routing control information 530 that matches the command identification information included in the received frame data, the transmission source management corresponding to the command management information detecting the transmission source identification information of the information 534 as a transfer destination of the response frame.
4. 4. レスポンス転送(142) Response Transfer (142)
次にレスポンス転送処理プログラム532は、受信したレスポンスフレームに含まれるコマンド識別情報を、仮想化ルーティング制御情報530の送信元管理情報534の対応する送信元コマンド識別情報とに置き換え、ステップ141において検出したレスポンスフレームの転送先に送信する。 Then the response transfer program 532, the command identification information included in the response frame received is replaced with the corresponding source command identification information of the transmission source management information 534 of the virtualization routing control information 530, detected in step 141 to send to the destination of the response frame.
5. 5. 仮想化ルーティング制御情報更新(143) Virtualization routing control information updating (143)
更にレスポンス転送処理プログラム532は、受信したレスポンスフレームに含まれるコマンド識別情報に基づき、仮想化ルーティング制御情報530の対応するエントリ(送信先/送信元管理情報)を削除して一連のレスポンスフレーム転送処理を終了する。 Further the response transfer program 532, based on the command identification information included in the response frame received, the corresponding entries (destination / transmission source management information) to remove a series of response frame transmission processing of the virtualization routing control information 530 to end the.
[上記以外のフレームの場合] [In the case of frame other than the above]
受信したフレームデータが上記(コマンド、スポンス)以外のフレームデータ(例えば,データ)である場合、その他の転送処理プログラム533が以下のフレームデータ転送処理を実行する。 Received frame data is the (command, Suponsu) other than the frame data (e.g., data), then the other transfer program 533 executes the frame data transfer process follows.
1. 1. 自身での仮想化処理要否の判定(144) Virtualization processing necessity of the determination in itself (144)
受信したフレームデータに含まれるフレームデータの送信先/送信元識別情報及びコマンド識別情報と、ボリュームマッピング情報515及び仮想化ルーティング制御情報530とを用いて、その他の転送処理プログラム533は自身での仮想化処理の要否を判別する。 A received frame destination / transmission source identification information and command identification information of the frame data included in the data, by using the volume mapping information 515 and virtualization routing control information 530, the other transfer program 533 virtual itself determine the necessity of treatment. 判別の一例としては、例えば送信先識別情報或いは送信元識別情報が、ボリュームマッピング情報515の実ボリューム管理情報521或いは仮想ボリューム管理情報520に登録され、且つ仮想化処理モジュール管理情報523に自身の識別情報が登録されている場合に、その他の転送処理プログラム533は自身での仮想化処理が必要なフレームデータであると判定する。 An example of discrimination, for example, the destination identification information or the transmission source identification information, is registered in the real volume management information 521 or the virtual volume management information 520 of the volume mapping information 515, and identification of own virtualization processing module management information 523 when the information is registered, the other transfer program 533 determines that the frame data necessary virtualization process in itself.
2. 2. 仮想化(送信元/送信先識別情報変換)処理(145) Virtualization (source / destination identification information conversion) processing (145)
自身での仮想化(送信元/送信先識別情報変換)処理が必要と判別した場合,ボリュームマッピング情報515の仮想ボリューム管理情報520と実ボリューム管理情報521を用いて、その他の転送処理プログラム533は受信したフレームデータに含まれる送信元の識別情報或いは送信先の識別情報を仮想ボリュームの識別情報或いは実ボリュームの識別情報に置き換える処理を仮想化処理として実施する。 If the virtualized (source / destination identification information conversion) process itself is determined to need, using the virtual volume management information 520 and the real volume management information 521 of the volume mapping information 515, the other transfer program 533 implementing received frame of the transmission source identification information or the destination included in the data processing for replacing the identification information in the identification information or the identification information of the real volume of the virtual volume as a virtual process. 処理の一例としては、受信したフレームデータに含まれる送信先の識別情報が仮想ボリュームの識別情報と一致する場合(ホストコンピュータから仮想化制御装置)、送信先の識別情報を実ボリュームの識別情報に、受信したフレームデータに含まれる送信元の識別情報が実ボリュームの識別情報と一致する場合(仮想化制御装置からホストコンピュータ)、送信元の識別情報を仮想ボリュームの識別情報に置き換える処理を、その他の転送処理プログラム533は実施する。 An example of a process, when the identification information of the destination included in the received frame data matches the identification information of the virtual volume (the virtualization controller from the host computer), the identification information of the destination identification information of the real volume , if the transmission source identification information included in the received frame data matches the identification information of the real volume (host computer from the virtualization control unit), processing for replacing the sender identification information to the identification information of the virtual volume, and other transfer processing program 533 is carried out.
3. 3. その他のフレームデータ転送先検出(146) Other frame data transfer destination detection (146)
更にその他の転送処理プログラム533は、受信したフレームデータに含まれるコマンド識別情報と、仮想化ルーティング制御情報530を用いてフレームデータの転送先を検出する。 Still other transfer program 533, the command identification information included in the received frame data, detects a destination of the frame data using virtualization routing control information 530.
【0152】 [0152]
検出処理の一例としては、受信したフレームデータに含まれるコマンド識別情報と一致する仮想化ルーティング制御情報530の送信元管理情報534のコマンド管理情報をその他の転送処理プログラム533が検出し、当該コマンド管理情報に対応する送信先管理情報535の送信先識別情報をフレームデータの転送先とすることが考えられる。 As an example of the detection process detects the other transfer program 533 commands the management information of the transmission source management information 534 of the virtualization routing control information 530 that matches the command identification information included in the received frame data, the command management it is conceivable that the destination identification information of the destination management information 535 corresponding to the information and forward the frame data.
4. 4. フレームデータ転送(147) Frame data transfer (147)
次にその他の転送処理プログラム533は、受信したフレームデータに含まれるコマンド識別情報を仮想化ルーティング制御情報530の送信元管理情報534の対応する送信元コマンド識別情報に置き換え、ステップ156で検出したフレームデータの転送先に送信することで一連の処理を終了する。 Frame Next Other transfer processing program 533, which replaces the command identification information included in the frame data received in corresponding source command identification information of the transmission source management information 534 of the virtualization routing control information 530, detected in step 156 and it ends the series of processing by transmitting to the data transfer destination.
【0153】 [0153]
尚上記説明においては説明を簡略にする為、ポート部の識別情報を外部(ホストコンピュータ或いは記憶装置との間で用いる識別情報)と内部(仮想化制御装置内の他の部位との間で用いる識別情報)とを同一であるものとして説明したが、本発明はこれに限定されるものではない。 Incidentally order to simplify the explanation in the above description, used between the identification information for ports and external (identification information used in the host computer or a storage device) and other parts of the interior (within the virtualization controller It described the identification information) as being the same, but the present invention is not limited thereto. ポートの識別情報が外部と内部とで異なる場合には、それらを関連付ける情報を仮想化制御装置2が持てば良いことは言うまでも無い。 If the port identification information is different from the external and the internal is needless to say that the information associating them may be able to have virtualization controller 2.
【0154】 [0154]
次に,ホストコンピュータと実ボリュームを提供する記憶装置とのアクセス経路として複数のバリエーションを持つ本実施形態におけるデータ移行処理について説明する。 Next, a description will be given of a data migration processing in the embodiment having a plurality of variations as an access path between a storage device for providing a host computer and the real volume. 本実施形態においては、ポート部8、ストレージ制御部7−1、ストレージ制御部7−2のいずれかがデータ移行処理を実行し、データ移行に伴いボリュームマッピング情報の更新を実行する。 In the present embodiment, the port portion 8, the storage controller 7-1, one of the storage controller 7-2 performs the data migration processing, executes the updating of the volume mapping information with the data migration. いずれの部位がこれらの処理を実行するかは、ボリュームマッピング情報515の仮想化処理モジュール管理情報に基づいて決定される。 Either site to perform these processes is determined based on the virtualization processing module management information of the volume mapping information 515. 即ち、仮想化処理モジュールとして仮想化処理モジュール管理情報523に登録されている部位が、対応する仮想ボリュームに関するデータ移行処理を実行し、ボリュームマッピング情報を更新する。 That is, the site that is registered in the virtualization processing module management information 523 as virtual processing module executes the data migration processing for the corresponding virtual volume, updates the volume mapping information. 例えば図22に示すボリュームマッピング情報515であれば、Port ID = V_Pid_2、 Port Name = V_Pname_2、LUN=0で識別される仮想ボリュームに関するデータ移行処理及びボリュームマッピングテーブルの更新は、ストレージ制御部7−2によって実行される。 If the volume mapping information 515 shown in FIG. 22 for example, Port ID = V_Pid_2, Port Name = V_Pname_2, updates the data migration processing and volume mapping table for the virtual volume identified by LUN = 0, the storage controller 7-2 It is executed by. 尚、本実施形態におけるデータ移行処理やボリュームマッピングテーブルの更新方法は、前述の第一の実施形態と同様の方法である。 The update process of data migration processing and volume mapping table in the present embodiment is the same method as the first embodiment described above.
【0155】 [0155]
本実施形態では、更に、仮想化処理モジュールが変更される場合がある。 In the present embodiment, further, there is a case where the virtualization processing module is changed. そこで仮想化処理モジュールの変更を伴うデータ移行処理について以下に説明する。 Therefore the data migration processing involving a change of the virtualization processing module will be described below.
【0156】 [0156]
尚仮想化処理モジュールの変更を伴うデータ移行としては、アクセス経路(第一/第二/第三のアクセス経路)のタイプが変更される場合と、アクセス経路のタイプは同一であっても仮想化処理モジュールが変更される場合とが有る。 Note The data transfer involving a change of the virtualization processing module, the access path to the case (first / second / third access path) type is changed, the virtualization be the type of access path is the same and when the processing module is changed there. 以下アクセス経路のタイプが第二のアクセス経路のタイプから第三のアクセス経路のタイプに変更される場合を例に説明する。 The following types of access path is described as an example to change the type of the second access path to the type of the third access path.
【0157】 [0157]
図25はデータ移行処理が実行される前に、仮想化制御装置2のポート部8(In Port)とが有する実ボリュームマッピング情報515の一例、図26はデータ移行処理が実行される前にストレージ制御装置7−2が有する実ボリュームマッピング情報515の一例、図27はデータ移行処理が実行される前にポート部8(Out Port)が有する実ボリュームマッピング情報515の一例を示す図である。 Figure 25 is before the data migration processing is executed, storage before an example of the real volume mapping information 515 having a port portion 8 of the virtualization controller 2 (In Port) is, FIG. 26 is the data migration processing is executed an example of a real volume mapping information 515 to the controller 7-2 has, FIG 27 is a diagram showing an example of the real volume mapping information 515 to the port section 8 (Out port) has before the data migration processing is executed.
【0158】 [0158]
図25にはポート部8(In port)が管理する仮想化ボリューム管理情報として、V_Pid_1、V_Pid_2、及びV_Pid_3が登録されている。 As virtualized volume management information port section 8 (an In port) managed in Figure 25, V_Pid_1, V_Pid_2, and V_Pid_3 are registered. これは、ポート部8(In Port)が、仮想化制御装置2がホストコンピュータに対して提供する三つの仮想ボリューム(V_Pid_1、V_Pid_2、及びV_Pid_3)のアクセス経路を構成していることを示している。 This port section 8 (In Port) have shown that the virtualization controller 2 constitutes the access path of the three virtual volume to be provided to the host computer (V_Pid_1, V_Pid_2, and V_Pid_3) . 同様に図26によれば、ストレージ制御部7−2は、仮想ボリュームV_Pid_2に対するアクセス経路を構成し、図27によればポート部8(Out Port)は二つの仮想ボリューム(V_Pid_2及びV_Pid_3)に対するアクセス経路を構成していることを示している。 Similarly, according to the Figure 26, the storage control unit 7-2 constitutes an access path to the virtual volume V_Pid_2, according For port section 8 (Out Port) 27 is access to two virtual volumes (V_Pid_2 and V_Pid_3) It indicates that constitutes a pathway.
【0159】 [0159]
更に図25、図26及び図27の仮想化処理モジュール管理情報によれば、V_Pid_1で識別される仮想ボリュームの仮想化処理はストレージ制御部7−1、仮想ボリュームV_Pid_2に対する仮想化処理はストレージ制御部7−2(SC #2)、仮想ボリュームV_Pid_3に対する仮想化処理はOut Portで実施されることが分る。 Further, FIG. 25, according to the virtualization processing module management information in FIGS. 26 and 27, the virtualization process of the virtual volume identified by V_Pid_1 the storage controller 7-1, the virtualization process to the virtual volume V_Pid_2 storage controller 7-2 (SC # 2), the virtualization processing for the virtual volume V_Pid_3 is seen to be carried out in Out Port.
【0160】 [0160]
従って、仮想ボリュームV_Pid_1とホスト間のアクセスパスは、In Portからバックプレーン9を経由してストレージ制御部7−1に到達し、ストレージ制御部7−1にて仮想化処理が実行される第一のタイプであり、仮想ボリュームV_Pid_2とホスト間のアクセスパスはIn Portからバックプレーン9を経由してストレージ制御部7−2に到達し、ストレージ制御部7−2にて仮想化処理が実行された後更にOut Portを通って外部記憶装置に到達する第二のタイプであり、仮想ボリュームV_Pid_3とホスト間のアクセスパスはIn Portからバックプレーンを経由してストレージ制御部を経由することなくOut Portに到達し、Out Portにて仮想化処理が実行された後外部記憶装置に到 Therefore, the access path between the virtual volume V_Pid_1 and the host, via the backplane 9 In Port reaches the storage controller 7-1, the first virtualization processing is executed by the storage controller 7-1 a type, access path between the virtual volume V_Pid_2 and the host reaches the storage controller 7-2 via the backplane 9 an in Port, virtualization processing is executed by the storage controller 7-2 after addition is a second type to reach the external storage device through the Out Port, access path between the virtual volume V_Pid_3 and hosts the Out Port without passing through the storage control unit over the backplane from in Port reached, arrival in the external storage device after the virtual process is executed by Out Port する第三のタイプであることが分る。 It can be seen that the third is of a type that.
【0161】 [0161]
図28から図30は図25から図27で示した仮想ボリューム(V_Pid_2)へのアクセス経路を、第二のタイプのアクセス経路から第三のタイプのアクセス経路に変更し、更に外部記憶装置3間でのデータ移行処理(P_Pid_2 及び LUN0で識別される実ボリュームからP_Pid_3 及び LUN1で識別される実ボリュームへデータを移行する処理)を実施した後に、仮想化制御装置2のポート部8(In Port)、ストレージ制御装置7−2、ポート部8(Out Port)各々が有するボリュームマッピング情報515の一例を示す図である。 Figure 30 is an access path from the 25 to the virtual volume (V_Pid_2) shown in FIG. 27 from FIG. 28, to change from the second type of access paths to a third type of access paths, between 3 further external storage device data migration processing in the after performing (P_Pid_2 and processing for migrating data to a real volume identified by P_Pid_3 and LUN1 from the real volume identified by LUN0), the port portion 8 of the virtualization controller 2 (in port) is a diagram illustrating an example of a storage controller 7-2, the port section 8 (Out port) volume mapping information 515, each having.
【0162】 [0162]
図28はポート部8(In Port)、図30はポート部8(Out Port)が有するボリュームマッピング情報である。 Figure 28 is the port section 8 (In Port), FIG. 30 is a volume mapping information included in the port section 8 (Out Port). 図28及び図30では、V_Pid_2で識別される仮想ボリュームに対応する実ボリュームの識別情報がデータ移行先の実ボリュームの識別情報であるP_Pid_3、P_Pname_3、LUN1に書き換えられ、更に仮想化処理モジュール管理情報が、新たなアクセス経路(第三のタイプのアクセス経路)において仮想化処理を実行するOut Portに書き換えられている。 In FIGS. 28 and 30, identification information of the real volume corresponding to the virtual volume identified by V_Pid_2 is identification information of the real volume of the data migration destination P_Pid_3, P_Pname_3, rewritten in LUN1, further virtualization processing module management information but it has been rewritten in the Out Port for performing virtualization processing in the new access path (third type of access path). また図29はストレージ制御部7−2が有するボリュームマッピング情報であるが、第三のタイプのアクセス経路においては、ストレージ制御部はホストコンピュータに仮想ボリュームを提供する際のアクセス経路を構成しないことから、V_Pid_2で識別される仮想ボリュームに関するエントリーが削除される。 Although FIG. 29 is a volume mapping information of the storage controller 7-2, in the third type of access path, since the storage controller is not configured to access paths in providing virtual volume to a host computer , entry is deleted for the virtual volume identified by V_Pid_2.
【0163】 [0163]
尚本実施形態におけるデータ移行処理は、仮想化制御装置2の適当な部位(例えば本実施形態においてデータ移行処理前に仮想化処理を実施している部位)で前述の実施形態におけるデータ移行処理を実施することによって実現可能であることからその詳細説明は省略する。 Note the data migration processing in the present embodiment, the data migration processing in the above embodiments a suitable site of the virtualization controller 2 (such as site that implement virtualization process before the data migration processing in the present embodiment) It omitted the detailed description because it can be realized by implementing.
【0164】 [0164]
ここで、ボリュームマッピング情報515の更新に関しては、仮想化制御装置2を構成する部位間で同期して実施されることが望ましいことから、前述の実施形態と同様に記憶装置間でのデータ移行処理の完了を契機として仮想化制御装置2のメイン制御部20を介して実施されることが望ましい。 Here, with respect to the updating of the volume mapping information 515, the virtualization controller from it it is desirable to be performed synchronously between portions constituting the 2, data migration processing between the storage device similar to the embodiment described above is performed via the main control unit 20 of the virtualization controller 2 of completion as a trigger, it is desirable.
【0165】 [0165]
即ち記憶装置間でのデータ移行処理を実施する部位は、データ移行処理の完了をメイン制御部20に通知し、該通知を受けたメイン制御部20によって関連する部位のボリュームマッピング情報515が更新されることが望ましい。 That part of implementing the data migration processing between the storage device notifies the completion of data migration processing to the main control unit 20, the volume mapping information 515 sites related by the main control unit 20 that has received the notification updates Rukoto is desirable.
【0166】 [0166]
尚アクセス経路のみが変更され、記憶装置間でのデータ移行処理を伴わない場合のボリュームマッピング情報515の更新に関しても同様である。 Note only the access path is changed, the same applies with respect to updating of the volume mapping information 515 when without data migration processing between storage devices.
【0167】 [0167]
尚、上述の説明においては、ホストコンピュータ1と接続されるポート部(In Port)と外部ストレージ3と接続されるポート部(Out Port)を、異なるポート部で実現する場合を例に説明を行ってきたが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば同一のポート部8においてホストコンピュータ1と外部ストレージ3との接続を同時に実現することも可能である。 In the above description, the port unit connected ports to be connected to the host computer 1 and (an In Port) and the external storage 3 (Out Port), been described as an example case of realizing a different port unit and has, but the present invention is not limited thereto, it is also possible to simultaneously realize the connection between the host computer 1 and the external storage 3 in the same port portion 8.
【0168】 [0168]
更に上述の説明において仮想ボリュームを識別するための情報であるPort ID、Port Nameは、仮想化制御装置2がホストコンピュータ1に対して提供する仮想的なポートに割当てた識別子情報として説明してきたが,これに限定されるものではなく、特に本実施形態においては、仮想化制御装置2のポート部8に割当てられた実際の識別子情報を仮想ボリュームの管理情報として用いることが可能である。 Moreover Port ID is information for identifying a virtual volume in the above description, Port Name is virtualization controller 2 has been described as identifier information assigned to a virtual port to be provided to the host computer 1 , it is not limited to this, particularly in the present embodiment, it is possible to use the actual identifier information assigned to the port portion 8 of the virtualization controller 2 as management information of the virtual volume.
【0169】 [0169]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、ホストコンピュータがアクセス対象のボリュームを識別するために用いる識別情報を変更することなく、複数の記憶装置間でのデータ移行処理を実行することができる。 According to the present invention, it is possible to host computer without changing the identification information used to identify the access target volume, executes the data migration processing between a plurality of storage devices. この結果、ホストコンピュータの処理を中断することなくデータ移行処理を実行することができる。 As a result, it is possible to execute the data migration processing without interrupting the processing of the host computer.
【0170】 [0170]
また、本発明においては、計算機システムに仮想化制御装置が新たに導入されたり、仮想化制御装置が交換された場合にも、ホストコンピュータはアクセス対象のボリュームを識別するために用いる識別情報を変更することなく、データにアクセスすることができる。 In the present invention, or virtualization controller is newly introduced to the computer system, even when the virtualization controller is replaced, the host computer changes the identification information used to identify the access target volume without, it is possible to access the data. この結果、ホストコンピュータの処理を中断することなく、仮想化制御装置を計算機システムに導入したり、仮想化制御装置を交換することができる。 As a result, without interrupting the processing of the host computer, or introducing a virtualization controller to the computer system, it is possible to replace the virtualization controller.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明を適用する計算機システムの一例を示す図である。 1 is a diagram showing an example of a computer system according to the present invention.
【図2】管理装置の記憶媒体に格納されているプログラム及び情報の一例を示す図である。 2 is a diagram illustrating an example of programs and information stored in a storage medium management apparatus.
【図3】仮想化制御装置の記憶媒体に格納されているプログラム及び情報の一例を示す図である。 3 is a diagram illustrating an example of programs and information stored in a storage medium virtualization controller.
【図4】第一の実施形態における、仮想化制御装置で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [4] in the first embodiment, it is a diagram showing an example of a volume mapping information managed by the virtualization controller.
【図5】第一の実施形態における、仮想化制御装置で管理される記憶装置状態管理情報の一例を示す図である。 [5] in the first embodiment, it is a diagram illustrating an example of a storage device state management information managed by the virtualization controller.
【図6】第一の実施形態における、ホストコンピュータから仮想記憶装置に対するアクセス要求の処理の概要を示す図である。 [6] in the first embodiment, it is a diagram showing an outline of processing of the access request to the virtual storage device from the host computer.
【図7】第一の実施形態における、記憶装置間でのデータ移行処理の概要を示す図である。 [7] in the first embodiment, it is a diagram showing an outline of data migration processing between storage devices.
【図8】第一の実施形態における、仮想化制御装置で管理されるボリュームマッピング情報の他の一例を示す図である。 [8] in the first embodiment and showing another example of the volume mapping information managed by the virtualization controller.
【図9】第一の実施形態における、仮想化制御装置のルーティング処理部が実行する処理の一例を示す図である。 [9] in the first embodiment, it is a diagram illustrating an example of processing routing processor of the virtualization controller executes.
【図10】第一の実施形態における、仮想化制御装置のデータ移行処理部が実行する処理の一例を示す図である。 [10] in the first embodiment and showing an example of processing the data migration processing portion of the virtualization controller executes.
【図11】第一の実施形態における、仮想化制御装置の記憶装置監視処理部が実行する処理の一例を示す図である。 [11] in the first embodiment and showing an example of a process memory monitoring unit of the virtualization controller executes.
【図12】第二の実施形態における、仮想化制御装置で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [12] in the second embodiment and showing an example of a volume mapping information managed by the virtualization controller.
【図13】第二の実施形態における、ホストコンピュータから仮想記憶装置に対するアクセス処理の概要を示す図である。 [13] in the second embodiment, showing the outline of the process of accessing the virtual storage device from the host computer.
【図14】第二の実施形態における、記憶装置間でのデータ移行処理の概要を示す図である。 [14] in the second embodiment, showing the outline of data migration processing between storage devices.
【図15】第三の実施形態における、仮想化制御装置で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [15] in the third embodiment and showing an example of a volume mapping information managed by the virtualization controller.
【図16】第三の実施形態における、仮想ボリュームの構成の一例を示す図である。 [16] in the third embodiment and showing an example of the configuration of the virtual volume.
【図17】第二の実施形態における、計算機システムに仮想化制御装置を導入する場合に実行される処理の一例を示す図である。 17 is a diagram showing an example of processing executed when the in the second embodiment, to introduce a virtualization controller to the computer system.
【図18】第二の実施形態における、ホストコンピュータが管理するボリューム管理情報の一例を示す図である。 [18] in the second embodiment and showing an example of the volume management information by the host computer manages.
【図19】第四の実施形態における計算機システムの一例を示す図である。 19 is a diagram showing an example of a computer system in a fourth embodiment.
【図20】第四の実施形態における、仮想化制御装置の記憶媒体に格納されているプログラム及び情報の一例を示す図である。 [Figure 20] in the fourth embodiment, showing an example of programs and information stored in a storage medium virtualization controller.
【図21】第四の実施形態における、ホストコンピュータと記憶装置とのアクセス経路のバリエーションを示す図である。 [21] in the fourth embodiment, showing a variation of an access path between the host computer and the storage device.
【図22】第四の実施形態における、仮想化制御装置で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [Figure 22] in the fourth embodiment, showing an example of a volume mapping information managed by the virtualization controller.
【図23】第四の実施形態における、仮想化制御装置で管理されるルーティング制御情報の一例を示す図である。 [Figure 23] in the fourth embodiment, showing an example of the routing control information managed by the virtualization controller.
【図24】第四の実施形態における、フレームデータのルーティング処理の一例を示す図である。 In FIG. 24 a fourth embodiment, showing an example of a routing process of the frame data.
【図25】第四の実施形態における、ポート部(In Port)で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [Figure 25] in the fourth embodiment, showing an example of a volume mapping information managed by the port section (In Port).
【図26】第四の実施形態における、ストレージ制御装置で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [Figure 26] in the fourth embodiment, showing an example of a volume mapping information managed by the storage controller.
【図27】第四の実施形態における、ポート部(Out Port)で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [27] in the fourth embodiment, showing an example of a volume mapping information managed by the port portion (Out Port).
【図28】第四の実施形態における、ポート部(In Port)で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [Figure 28] in the fourth embodiment, showing an example of a volume mapping information managed by the port section (In Port).
【図29】第四の実施形態における、ストレージ制御装置で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [29] in the fourth embodiment, showing an example of a volume mapping information managed by the storage controller.
【図30】第四の実施形態における、ポート部(Out Port)で管理されるボリュームマッピング情報の一例を示す図である。 [Figure 30] in the fourth embodiment, showing an example of a volume mapping information managed by the port portion (Out Port).
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…ホストコンピュータ2…仮想化制御装置3…記憶装置4…管理装置5…ネットワーク20…メイン制御部501…ルーティング処理部502…記憶装置監視部503…データ移行処理部504…実ルーティング処理部505…仮想ルーティング処理部 1 ... host computer 2 ... virtualization controller 3 ... storage device 4 ... management apparatus 5 ... network 20 ... main control unit 501 ... routing processing unit 502 ... storage device monitoring unit 503 ... data migration processing unit 504 ... actual routing processor 505 ... virtual routing processing unit

Claims (15)

  1. 各々記憶領域を有する複数の記憶装置と、前記複数の記憶装置各々との間で、該各々の記憶装置が有する記憶領域に格納されるデータを送受信するホストコンピュータとに接続される仮想化制御装置であって、 A plurality of storage devices each having a storage area, between said plurality of storage devices each, the virtualization control device connected to a host computer for transmitting and receiving the data stored in the storage area to which the respective storage devices have there is,
    前記複数の記憶装置と接続するための複数の第一のポートと、 A plurality of first port for connection to the plurality of storage devices,
    前記ホストコンピュータと接続するための第二のポートと、 A second port for connection to the host computer,
    プロセッサと、 And a processor,
    メモリとを有し、 And a memory,
    前記メモリは、前記ホストコンピュータが前記複数の記憶装置のいずれかが有する第一の記憶領域にアクセスするために使用する第一の識別情報と、該第一の識別情報を含むデータを受信した場合に仮想化制御装置が該データに付与する前記第一の記憶領域を識別するための第二の識別情報とを関連付けたボリュームマッピング情報を記憶しており、 Wherein the memory when the host computer receives data including a first identification information, said first identification information to be used to access the first memory area with one of the plurality of storage devices virtualization controller is storing the second volume mapping information which associates the identification information for identifying the first storage area to be assigned to the data,
    前記第一の記憶領域に格納されているデータが、前記複数の記憶装置のいずれかが有する第二の記憶領域に移行された場合に、前記プロセッサは、前記第一の識別情報と前記第二の記憶領域を識別するための第三の識別情報とを対応付けて、前記ボリュームマッピング情報に登録するよう制御することを特徴とする仮想化制御装置。 Data stored in said first storage area, when it is migrated to a second storage area of ​​one of the plurality of storage devices, wherein the processor and the first identification information second in association with a third identification information for identifying the storage area of ​​the virtualization control unit, characterized by controlling so as to be registered in the volume mapping information.
  2. 請求項1記載の仮想化制御装置において、 In virtualization controller according to claim 1,
    前記メモリは更に前記仮想化制御装置と前記複数の記憶装置及び前記ホストコンピュータとの接続関係を示すルーティング情報を格納しており、 The memory stores a routing information further indicating the connection relationship between the virtualization controller and the plurality of storage devices and the host computer,
    前記プロセッサは、前記ホストコンピュータ若しくは前記複数の記憶装置のいずれかからデータを受信した場合に、前記ボリュームマッピング情報に格納されている識別情報に基づいて、該データに識別情報を付与するか否かを判別し、 Wherein the processor, when receiving data from one of said host computer or said plurality of storage devices, based on the identification information stored in the volume mapping information, whether or not to give identification information to the data to determine the,
    識別情報を付与しない場合に、前記ルーティング情報に基づいて、受信したデータを前記ホストコンピュータ若しくは前記複数の記憶装置のいずれかに転送するよう制御することを特徴とする仮想化制御装置。 If no grant identification information, based on the routing information, the virtualization control unit and controls so as to transfer the received data to one of said host computer or said plurality of storage devices.
  3. 請求項1記載の仮想化制御装置において、 In virtualization controller according to claim 1,
    前記第一の記憶領域と前記第二の記憶領域は、異なる記憶装置が有する記憶領域であることを特徴とする仮想化制御装置。 Wherein the first storage area the second storage area, virtualization controller which is a storage area different from the storage apparatus.
  4. 請求項1記載の仮想化制御装置において、 In virtualization controller according to claim 1,
    前記プロセッサは、前記ボリュームマッピング情報を他の仮想化制御装置に通知するよう制御することを特徴とする仮想化制御装置。 Wherein the processor, the virtualization control unit and controls to notify the volume mapping information to other virtualization controller.
  5. 請求項1記載の仮想化制御装置において、 In virtualization controller according to claim 1,
    更に、仮想化制御装置を制御する管理装置と接続するための第三のポートを有し、 Further comprising a third port for connection with the management device for controlling the virtualization controller,
    前記プロセッサは、前記複数の第一のポートを介して接続される複数の記憶装置との間の接続状態を監視し、接続状態の変化を検出した場合に、前記管理装置に該接続状態の変化を通知するよう制御することを特徴とする仮想化制御装置。 Wherein the processor, when monitoring the connection state between the plurality of storage devices connected via a plurality of first ports, detects a change in the connection state, the change of the connection status to the management apparatus virtualization controller, characterized by controlling so as to notify.
  6. 請求項3記載の仮想化制御装置において、 In virtualization controller according to claim 3,
    前記第一の記憶領域に格納されているデータを前記第二の記憶領域に移行する移行処理が開始された場合に、前記プロセッサは、前記ホストコンピュータから受信した前記第一の記憶領域に対するアクセス要求を保持し、 If the migration process to migrate data stored in the first storage area to said second storage area is started, the processor is an access request to said first storage area received from the host computer holding the,
    前記移行処理が完了した場合に、前記プロセッサは保持した前記アクセス要求を前記第二の記憶領域を有する記憶装置に宛てて転送することを特徴とする仮想化制御装置。 Said transition when the process is completed, the virtualization controller wherein the processor is characterized in that to transfer addressed to the access request held in the storage device having the second storage area.
  7. 一又は複数の計算機と接続される計算機システムであって、 A computer system connected to one or more computers,
    各々記憶領域を有する複数の記憶装置と、 A plurality of storage devices each having a storage area,
    前記複数の記憶装置及び、前記一又は複数の計算機と接続されるスイッチとを有し、 The plurality of storage devices and a switch connected to said one or more computers,
    前記スイッチは、 Said switch,
    複数の記憶装置と接続するための複数の第一のポートと、 A plurality of first port for connection to a plurality of storage devices,
    前記一又は複数の計算機と接続するための一又は複数の第二のポートと、 And one or more second port for connecting to the one or more computers,
    計算機が前記複数の記憶装置のいずれかが有する第一の記憶領域にアクセスするために使用する第一の識別情報と、該第一の記憶領域を識別するための第二の識別情報との対応情報を格納したメモリと、 Correspondence between the first identification information by the computer is used to access the first memory area with one of the plurality of storage devices, and second identification information for identifying said first storage area a memory for storing the information,
    前記対応情報に基づいて、計算機から受信した前記第一の識別情報を有するデータを前記第二の識別情報を有するデータに変換して、前記第一の記憶領域を有する記憶装置に転送するルーティング処理部とを有し、 Based on the correspondence information, and converts the data having the first identification information received from the computer to the data having the second identification information, routing processing to be transferred to the memory device having the first storage area and a part,
    前記第一の記憶領域に格納されているデータが、前記複数の記憶装置のいずれかが有する第二の記憶領域に移行された場合に、前記ルーティング処理部は、前記第一の識別情報を有するデータを、前記第二の記憶領域を識別するための第三の識別情報を有するデータに変換して、前記第二の記憶領域を有する記憶装置に転送することを特徴とする計算機システム。 Data stored in said first storage area, when it is migrated to a second storage area of ​​one of the plurality of storage devices, the routing processor has the first identification information the data is converted into data having a third identification information for identifying the second storage area, the computer system characterized in that it transferred to the storage device having the second storage area.
  8. 請求項7記載の計算機システムにおいて、 In claim 7, wherein the computer system,
    前記スイッチは更に、前記複数の記憶装置のいずれかが有する記憶領域に格納されたデータを、前記複数の記憶領域のいずれかが有する他の記憶領域に移行するデータ移行処理を制御する、データ移行処理部を有し、 It said switch further the data stored in the storage area in which any of the plurality of storage devices having, controls the data migration processing for migrating to another storage area having either of the plurality of storage areas, the data migration It includes a processing unit,
    前記データ移行処理部は、前記第一の記憶領域に格納されているデータが、前記第二の記憶領域に移行された場合に、前記第一の識別情報と前記第三の識別情報を対応付けて、前記対応情報に登録することを特徴とする計算機システム。 The data migration processing unit, data stored in the first storage area, when it is migrated to the second storage area, associates said third identification information and the first identification information Te, and registers the correspondence information computer system.
  9. 請求項8記載の計算機システムにおいて、 In a computer system according to claim 8, wherein,
    前記第一の記憶領域と前記第二の記憶領域は、異なる記憶装置が有する記憶領域であることを特徴とする計算機システム。 Computer system, wherein the said the first memory area the second storage area is a storage area different storage apparatus.
  10. 請求項8記載の計算機システムにおいて、 In a computer system according to claim 8, wherein,
    更に、前記スイッチと接続される管理装置を有し、 Further comprising a management apparatus connected to the switch,
    前記管理装置は、前記対応情報を前記スイッチに送信して前記スイッチに設定するボリューム管理部を有することを特徴とする計算機システム。 The management device, the computer system characterized by having a volume management unit transmits the correspondence information to said switch is set to said switch.
  11. 請求項8記載の計算機システムにおいて、 In a computer system according to claim 8, wherein,
    前記ルーティング処理部は、前記第一の記憶領域に格納されているデータを前記第二の記憶領域に移行するデータ移行処理が開始された場合に、ホストコンピュータから受信した前記第一の記憶領域に対するアクセス要求を保持し、 The routing processing unit, when the data migration processing for migrating data stored in the first storage area to said second storage area is started, for the first storage area received from the host computer It holds the access request,
    前記データ移行処理が完了した場合に、保持した前記アクセス要求を前記第二の記憶領域を有する記憶装置に宛てて転送することを特徴とする仮想化制御装置。 Virtualization controller, characterized by transferring said when the data migration processing is complete, the access request held addressed to a storage device having the second storage area.
  12. ホストコンピュータから第一の識別情報を有するデータを受信して、該データに第二の識別情報を付与して、該第二の識別情報が示す第一の記憶装置に宛てて該データを送信するスイッチが、第一の記憶装置に格納されているデータを、第ニの記憶装置に移行するデータ移行処理を制御する方法であって、 Receiving data having a first identification information from the host computer, and applying a second identification information to the data and transmits the data addressed to the first storage device indicated by said second identification information switch, the data stored in the first storage device, a method for controlling the data migration processing for migrating the second storage device,
    前記第一の記憶装置にデータ移行要求を発行するステップと、 And issuing a data transfer request to the first storage device,
    前記第一の記憶装置からデータ移行処理の完了を通知するための報告を受信するステップと、 Receiving a report for notifying the completion of the data migration processing from the first storage device,
    ホストコンピュータから第一の識別情報を有するデータを受信した場合に、該データに第三の識別情報を付与して、該第三の識別情報が示す前記第二の記憶装置に宛てて該データを送信するステップを有することを特徴とするデータ移行制御方法。 When receiving data having a first identification information from the host computer, and applying a third identification information to the data, the data addressed to the second storage device indicated by said third identification information data transfer control method characterized by comprising the step of transmitting.
  13. 請求項12記載のデータ移行制御方法において、 In the data transfer control method according to claim 12, wherein,
    前記スイッチは、前記第一の識別情報と前記第二の識別情報を対応付けて格納したメモリを有しており、 The switch has a memory storing in association with the second identification information and the first identification information,
    更に、前記第一の識別情報と前記第三の識別情報とを対応付けて前記メモリに格納するステップと、 Further comprising the steps of: storing in said memory in association with the first identification information and the third identification information,
    前記メモリに格納された情報に基づいて、ホストコンピュータから受信した前記第一の識別情報を有するデータを、前記第三の識別情報を有するデータに変換するステップとを有することを特徴とするデータ移行制御方法。 Based on the information stored in the memory, data migration, characterized in that a step of the data with the first identification information received from the host computer, converts the data having the third identification information control method.
  14. 請求項12記載のデータ移行制御方法において、 In the data transfer control method according to claim 12, wherein,
    更に、前記データ移行要求の発行後にホストコンピュータから受信した前記第一の記憶装置に対するアクセス要求を保持するステップと、 Further, a step of holding an access request for the first storage device received from the host computer after the issuance of the data transfer request,
    前記データ移行処理の完了を通知するための報告を受信した後に、保持している前記アクセス要求を前記第二の記憶装置に宛てて送信するステップとを有することを特徴とするデータ移行制御方法。 The report for notifying the completion of data migration processing after receiving, the data transfer control method characterized by a step of transmitting the access request held addressed to the second storage device.
  15. ホストコンピュータが有する第一のポートと記憶装置が有する第一のポートとに接続される第一のパスと、ホストコンピュータが有する第二のポートと記憶装置が有する第二のポートとに接続される第二のパスとを介して接続される、ホストコンピュータと記憶装置との間に、ホストコンピュータから受信したフレームを記憶装置に転送する仮想化制御装置を接続する方法であって、 A first path connected to a first port having the first port and a storage device included in the host computer is connected to a second port having a second port and a storage device included in the host computer is connected via a second path, between the host computer and the storage device, a method for connecting the virtualization controller to forward frames received from the host computer to the storage device,
    前記ホストコンピュータから前記記憶装置が有する記憶領域に前記第一のパスを介してアクセスするよう設定するステップと、 And setting to access via the first path from the host computer to the storage area of ​​said storage device,
    前記第二のパスを切断するステップと、 A step of cutting the second path,
    前記ホストコンピュータが有する第二のポートと前記仮想化制御装置を第三のパスを介して接続するステップと、 Connecting said virtualization controller and a second port that the host computer has via a third path,
    前記仮想化制御装置と前記記憶装置が有する第二のポートを第四のパスを介して接続するステップと、 And connecting the second port to the virtualization controller and the storage device has via the fourth path,
    前記仮想化制御装置に、前記ホストコンピュータが前記記憶領域を識別するために使用している識別情報と、前記記憶装置が有する第二のポートの識別情報と、仮想的なポート識別情報とを対応付けて設定するステップと、 The virtualization controller, corresponding the identification information by the host computer is used to identify said storage area, and identification information of the second port of the storage device has, and a virtual port identification information a step of setting put,
    前記仮想化制御装置が前記ホストコンピュータに、該ホストコンピュータが前記記憶領域を識別するために使用している前記識別情報と前記仮想的なポート識別情報を送信するステップと、 Transmitting the virtualization controller said host computer, and the identification information which the host computer is used to identify said storage area said virtual port identification information,
    前記ホストコンピュータが、前記仮想的なポート識別情報を有するアクセス要求を、該ホストコンピュータが有する前記第二のポートを介して送信するステップと、 It said host computer, sending an access request having a virtual port identification information, via said second port to which the host computer has,
    前記仮想化制御装置が、前記仮想的なポート識別情報を有するデータを受信した場合に、該データを前記第四のパスへ送信するステップを有することを特徴とする仮想化制御装置の接続方法。 The virtualization controller, when receiving the data having the virtual port identification information, the connection method of the virtualization control apparatus characterized by comprising sending the data to the fourth pass.
JP2003205895A 2002-11-25 2003-08-05 Virtualization control device and data migration control method Active JP4606711B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002340276 2002-11-25
JP2003205895A JP4606711B2 (en) 2002-11-25 2003-08-05 Virtualization control device and data migration control method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003205895A JP4606711B2 (en) 2002-11-25 2003-08-05 Virtualization control device and data migration control method

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2004227558A true JP2004227558A (en) 2004-08-12
JP2004227558A5 JP2004227558A5 (en) 2006-12-28
JP4606711B2 JP4606711B2 (en) 2011-01-05

Family

ID=32910837

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003205895A Active JP4606711B2 (en) 2002-11-25 2003-08-05 Virtualization control device and data migration control method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4606711B2 (en)

Cited By (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006059119A (en) * 2004-08-19 2006-03-02 Hitachi Ltd Transfer method, management device and management program of storage network, and storage network system
JP2006099763A (en) * 2004-09-29 2006-04-13 Hitachi Ltd Method for managing volume group considering storage tier
JP2006285464A (en) * 2005-03-31 2006-10-19 Hitachi Ltd Computer system, storage, and device control method
JP2006302258A (en) * 2005-04-21 2006-11-02 Hitachi Ltd System and method for managing disk space in thin-provisioned storage subsystem
JP2007018455A (en) * 2005-07-11 2007-01-25 Hitachi Ltd Data migration method or data migration system
JP2007115221A (en) * 2005-09-20 2007-05-10 Hitachi Ltd Volume transfer method and storage network system
JP2007122432A (en) * 2005-10-28 2007-05-17 Hitachi Ltd Method for taking over information for identifying virtual volume, and storage system using the method
JP2007199756A (en) * 2006-01-23 2007-08-09 Hitachi Ltd Computer system and data copying method
JP2007213466A (en) * 2006-02-13 2007-08-23 Hitachi Ltd Virtual storage system and its control method
JP2008047156A (en) * 2004-08-30 2008-02-28 Hitachi Ltd Storage system, and data rearrangement controller
JP2008065561A (en) * 2006-09-06 2008-03-21 Hitachi Ltd Storage system and control method for storage system
JP2009163703A (en) * 2007-12-18 2009-07-23 Hitachi Ltd Avoidance of use of network between units in storage system which has two or more storage control units
JP2009217620A (en) * 2008-03-11 2009-09-24 Hitachi Ltd Storage control device and method
JP2009223400A (en) * 2008-03-13 2009-10-01 Toshiba Corp Computer system
JP2009230742A (en) * 2008-03-21 2009-10-08 Hitachi Ltd High availability and low capacity thin provisioning
JP2010073202A (en) * 2008-09-16 2010-04-02 Hitachi Ltd Method and apparatus for storage migration
JP2010231567A (en) * 2009-03-27 2010-10-14 Fujitsu Broad Solution & Consulting Inc Storage switch and method for changing storage area size
JP2011039577A (en) * 2009-08-06 2011-02-24 Yahoo Japan Corp Database server, data distribution method, and server system
US8078690B2 (en) 2007-12-13 2011-12-13 Hitachi, Ltd. Storage system comprising function for migrating virtual communication port added to physical communication port
JP2012048682A (en) * 2010-08-30 2012-03-08 Ntt Docomo Inc Disk management system, disk management apparatus, memory device, and disk management method
WO2012066594A1 (en) 2010-11-16 2012-05-24 Hitachi, Ltd. Computer system and storage migration method
JP2012108869A (en) * 2010-11-18 2012-06-07 Hitachi Ltd Multi-pass switching of plurality of storage systems
US8230038B2 (en) 2004-08-30 2012-07-24 Hitachi, Ltd. Storage system and data relocation control device
US8327094B2 (en) 2005-09-20 2012-12-04 Hitachi, Ltd. Logical volume transfer method and storage network system
US8510517B2 (en) 2008-09-09 2013-08-13 Hitachi, Ltd. Storage device and control method for managing resources of a storage system
US8534216B2 (en) 2008-06-10 2013-09-17 Roundpeg Innovations Pty Ltd. Device and method for boarding an aircraft
JP2014044590A (en) * 2012-08-27 2014-03-13 Ntt Data Corp Data transmission device, data transmission system, data transmission method, and program
JP2014048883A (en) * 2012-08-31 2014-03-17 Fujitsu Ltd Storage system, virtualization control device, information processing device, and control method for storage system

Cited By (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006059119A (en) * 2004-08-19 2006-03-02 Hitachi Ltd Transfer method, management device and management program of storage network, and storage network system
JP4504762B2 (en) * 2004-08-19 2010-07-14 株式会社日立製作所 Storage network migration method, management apparatus, management program, and storage network system
US8230038B2 (en) 2004-08-30 2012-07-24 Hitachi, Ltd. Storage system and data relocation control device
JP2008047156A (en) * 2004-08-30 2008-02-28 Hitachi Ltd Storage system, and data rearrangement controller
US8799600B2 (en) 2004-08-30 2014-08-05 Hitachi, Ltd. Storage system and data relocation control device
JP2006099763A (en) * 2004-09-29 2006-04-13 Hitachi Ltd Method for managing volume group considering storage tier
JP2006285464A (en) * 2005-03-31 2006-10-19 Hitachi Ltd Computer system, storage, and device control method
JP2006302258A (en) * 2005-04-21 2006-11-02 Hitachi Ltd System and method for managing disk space in thin-provisioned storage subsystem
JP2007018455A (en) * 2005-07-11 2007-01-25 Hitachi Ltd Data migration method or data migration system
JP2007115221A (en) * 2005-09-20 2007-05-10 Hitachi Ltd Volume transfer method and storage network system
US8327094B2 (en) 2005-09-20 2012-12-04 Hitachi, Ltd. Logical volume transfer method and storage network system
US8700870B2 (en) 2005-09-20 2014-04-15 Hitachi, Ltd. Logical volume transfer method and storage network system
JP2007122432A (en) * 2005-10-28 2007-05-17 Hitachi Ltd Method for taking over information for identifying virtual volume, and storage system using the method
JP2007199756A (en) * 2006-01-23 2007-08-09 Hitachi Ltd Computer system and data copying method
US8595436B2 (en) 2006-02-13 2013-11-26 Hitachi, Ltd. Virtual storage system and control method thereof
US8161239B2 (en) 2006-02-13 2012-04-17 Hitachi, Ltd. Optimized computer system providing functions of a virtual storage system
JP2007213466A (en) * 2006-02-13 2007-08-23 Hitachi Ltd Virtual storage system and its control method
JP2008065561A (en) * 2006-09-06 2008-03-21 Hitachi Ltd Storage system and control method for storage system
US8078690B2 (en) 2007-12-13 2011-12-13 Hitachi, Ltd. Storage system comprising function for migrating virtual communication port added to physical communication port
US8937965B2 (en) 2007-12-13 2015-01-20 Hitachi, Ltd. Storage system comprising function for migrating virtual communication port added to physical communication port
JP2009163703A (en) * 2007-12-18 2009-07-23 Hitachi Ltd Avoidance of use of network between units in storage system which has two or more storage control units
JP2009217620A (en) * 2008-03-11 2009-09-24 Hitachi Ltd Storage control device and method
JP2009223400A (en) * 2008-03-13 2009-10-01 Toshiba Corp Computer system
JP2009230742A (en) * 2008-03-21 2009-10-08 Hitachi Ltd High availability and low capacity thin provisioning
US8534216B2 (en) 2008-06-10 2013-09-17 Roundpeg Innovations Pty Ltd. Device and method for boarding an aircraft
US8510517B2 (en) 2008-09-09 2013-08-13 Hitachi, Ltd. Storage device and control method for managing resources of a storage system
JP2010073202A (en) * 2008-09-16 2010-04-02 Hitachi Ltd Method and apparatus for storage migration
JP2010231567A (en) * 2009-03-27 2010-10-14 Fujitsu Broad Solution & Consulting Inc Storage switch and method for changing storage area size
JP2011039577A (en) * 2009-08-06 2011-02-24 Yahoo Japan Corp Database server, data distribution method, and server system
JP2012048682A (en) * 2010-08-30 2012-03-08 Ntt Docomo Inc Disk management system, disk management apparatus, memory device, and disk management method
US8762669B2 (en) 2010-11-16 2014-06-24 Hitachi, Ltd. Computer system and storage migration method utilizing acquired apparatus specific information as virtualization information
WO2012066594A1 (en) 2010-11-16 2012-05-24 Hitachi, Ltd. Computer system and storage migration method
JP2012108869A (en) * 2010-11-18 2012-06-07 Hitachi Ltd Multi-pass switching of plurality of storage systems
JP2014044590A (en) * 2012-08-27 2014-03-13 Ntt Data Corp Data transmission device, data transmission system, data transmission method, and program
JP2014048883A (en) * 2012-08-31 2014-03-17 Fujitsu Ltd Storage system, virtualization control device, information processing device, and control method for storage system
US9524251B2 (en) 2012-08-31 2016-12-20 Fujitsu Limited Storage system, virtualization control apparatus, information processing apparatus, and method for controlling storage system

Also Published As

Publication number Publication date
JP4606711B2 (en) 2011-01-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7447197B2 (en) System and method of providing network node services
US7529816B2 (en) System for providing multi-path input/output in a clustered data storage network
EP1171820B1 (en) Methods and systems for implementing shared disk array management functions
US7051121B2 (en) Method for controlling storage system, and storage control apparatus
US6446141B1 (en) Storage server system including ranking of data source
US8041909B2 (en) Disk array system and method for migrating from one storage system to another
US6654830B1 (en) Method and system for managing data migration for a storage system
US7337351B2 (en) Disk mirror architecture for database appliance with locally balanced regeneration
US7287116B2 (en) Storage virtualization system and method having a virtualization switch
US6078990A (en) Volume set configuration using a single operational view
JP4567125B2 (en) Method and apparatus for transferring write cache data in data storage and data processing system
CN101741831B (en) Dynamic physical and virtual multipath input/output method, system and device
JP5755026B2 (en) Multipath switching in multiple storage systems
US6640278B1 (en) Method for configuration and management of storage resources in a storage network
JP3992427B2 (en) File system
US6957303B2 (en) System and managing method for cluster-type storage
US7536508B2 (en) System and method for sharing SATA drives in active-active RAID controller system
EP1686473B1 (en) Computer system, computer, storage system, and control terminal
US6832289B2 (en) System and method for migrating data
JP4252301B2 (en) Storage system and data backup method thereof
US7506120B2 (en) Data transfer virtualization system
JP4551096B2 (en) Storage subsystem
CN100445966C (en) Control method of device in storage system for virtualization
US7587551B2 (en) Virtual path storage system and control method for the same
US7313636B2 (en) Methods and structure for supporting persistent reservations in a multiple-path storage environment

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20051227

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20060420

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20061012

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20061012

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061110

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20061110

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20061114

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20061220

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061226

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20070118

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070223

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070329

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070528

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070719

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070919

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071012

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071026

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20071101

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20081003

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20090210

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100813

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101006

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4606711

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131015

Year of fee payment: 3