JP2004223185A - 弾球遊技機 - Google Patents

弾球遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP2004223185A
JP2004223185A JP2003039823A JP2003039823A JP2004223185A JP 2004223185 A JP2004223185 A JP 2004223185A JP 2003039823 A JP2003039823 A JP 2003039823A JP 2003039823 A JP2003039823 A JP 2003039823A JP 2004223185 A JP2004223185 A JP 2004223185A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
game
area
ball
change
time
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003039823A
Other languages
English (en)
Inventor
Koji Yamashita
耕司 山下
Takashi Kondo
尚 近藤
Original Assignee
Sansei R & D:Kk
株式会社サンセイアールアンドディ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2002347123 priority Critical
Application filed by Sansei R & D:Kk, 株式会社サンセイアールアンドディ filed Critical Sansei R & D:Kk
Priority to JP2003039823A priority patent/JP2004223185A/ja
Publication of JP2004223185A publication Critical patent/JP2004223185A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】画像変動時間の長短の選択率を任意に変化させることを可能にすることにより、各弾球遊技機間で一定期間内の画像変動回数を変化させ、結果的に各弾球遊技機における特別遊技の発生回数に差をつけ易くする。
【解決手段】遊技盤の遊技領域に打ち込まれた遊技球が前記遊技領域の始動入賞領域に入球あるいは通過したことを検出する始動入賞領域検出手段と、前記始動入賞領域検出手段による遊技球の検出に起因して前記画像の変動時間を複数の変動時間の中から選択する変動時間選択手段と、第1変動時間と該第1変動時間よりも長い変動時間の第2変動時間とを少なくとも有する弾球遊技機において、任意に作動可能な選択率変更手段と、前記変動時間選択手段によって選択される少なくとも第1変動時間と第2変動時間に対する選択率を前記選択率変更手段の作動により変更制御する選択率変更制御手段とを備えた。
【選択図】 図5

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、パチンコ遊技機等に代表される弾球遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、パチンコ遊技機等のような弾球遊技機にあっては、画像を可変表示可能な表示装置と、前記画像を変動表示させた後に停止表示する画像表示制御手段と、前記表示装置に予め定められた画像態様が停止した場合、遊技者に通常時よりも有利な特別遊技を発生させる特別遊技実行制御手段と、遊技領域に打ち込まれた遊技球が始動入賞領域に入球又は通過したことを検出する始動入賞領域検出手段と、前記始動入賞領域検出手段によるランダムな遊技球の検出に起因して前記画像の変動時間を複数の変動時間の中から選択する変動時間選択手段と、前記複数の変動時間として、第1変動時間と該第1変動時間よりも長い変動時間の第2変動時間とを少なくとも有するものがある。
【0003】
また、先の所定回数分の図柄変動時間を累積してその累積時間に基づいて変動時間の選択率を変更するものがある(特許文献1参照。)。
【0004】
【特許文献1】特開2002−210119号公報
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、従来のように構成された弾球遊技機を複数台遊技店に設置した場合にあっては、前記のように各弾球遊技機において画像変動時間の選択がランダムな入賞による変動時間の決定に基づき行われるため、一定期間内(例えば、遊技店の1日の営業時間)(例えば13時間)における各画像変動時間の選択率が、最終的に各弾球遊技機間でぼぼ同じ値に落ち着き、前記一定期間内における画像の変動回数に大差を生じることが殆どなくなってしまう。また、画像の変動回数に大差がない故に、結局前記画像変動後に予め定められた画像態様で停止した場合に発生する特別遊技の回数も、各弾球遊技機間で大差なくなってしまい、遊技者による弾球遊技機の台選びに対する期待、すなわち弾球遊技機ごとに変動回数や特別遊技の発生し易さが異なるという遊技者の期待感が減少し、遊技の興趣が損なわれることになる。
【0006】
そこで、各弾球遊技機間で一定期間(例えば、遊技店の1日の営業時間)(例えば13時間)の変動回数や特別遊技の発生回数に差を与えるため、遊技店側の釘調整により弾球遊技機1台ごとに前記始動入賞領域への入球率を調整することが行われているが、調整が面倒な問題がある。
【0007】
本発明は、前記の点に鑑みなされたもので、画像変動時間の長短の選択率を任意に変更することを可能にすることにより、同じ機種の弾球遊技機間で画像変動開始の起因となる始動入賞領域への入球又は通過(入賞)に対する確率が同じ場合であっても、選択率を変更した弾球遊技機と選択率を変更しない弾球遊技機間で一定期間内の画像変動回数を変化させ、結果的に各弾球遊技機における特別遊技の発生回数に差を付け易くすることを目的とする。
【0008】
【課題を解決するための手段】
請求項1の発明は、画像を可変表示可能な表示装置と、前記画像を変動表示させた後に停止表示する画像表示制御手段と、前記表示装置に予め定められた画像態様が停止した場合、遊技者に通常時よりも有利な特別遊技を発生させる特別遊技実行制御手段と、遊技盤の遊技領域に打ち込まれた遊技球が前記遊技領域の始動入賞領域に入球あるいは通過したことを検出する始動入賞領域検出手段と、前記始動入賞領域検出手段による遊技球の検出に起因して前記画像の変動時間を複数の変動時間の中から選択する変動時間選択手段と、前記複数の変動時間として、第1変動時間と該第1変動時間よりも長い変動時間の第2変動時間とを少なくとも有する弾球遊技機において、任意に作動可能な選択率変更手段と、前記選択率変更手段の作動により少なくとも前記第1変動時間と前記第2変動時間とに対する前記変動時間選択手段による選択率を変更制御する選択率変更制御手段とを備えたことを特徴とする。
【0009】
請求項2の発明は、請求項1において、前記選択率変更手段を弾球遊技機の裏面側に設けたことを特徴とする。
【0010】
請求項3の発明は、画像を可変表示可能な表示装置と、前記画像を変動表示させた後に停止表示する画像表示制御手段と、前記表示装置に予め定められた画像態様が停止した場合、遊技者に通常時よりも有利な特別遊技を発生させる特別遊技実行制御手段と、遊技盤の遊技領域上に第1領域が設けられ、前記遊技領域に打ち込まれた遊技球が前記第1領域に入球あるいは通過したことを検出する第1領域検出手段と、前記第1領域検出手段による遊技球の検出に起因して前記画像の変動時間を複数の変動時間の中から選択する変動時間選択手段と、前記複数の変動時間として、第1変動時間と該第1変動時間よりも長い変動時間の第2変動時間とを少なくとも備えた弾球遊技機であって、前記遊技領域上の第1領域とは異なる位置の第2領域と、前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過したことを検出する第2領域検出手段と、前記変動時間選択手段によって選択される少なくとも前記第1変動時間と前記第2変動時間に対する選択率を前記第2領域検出手段による遊技球の検出により変更制御する選択率変更制御手段とを備えたことを特徴とする。
【0011】
請求項4の発明は、請求項1から3の何れか一項において、前記弾球遊技機の初期設定を行う初期設定制御手段を備え、前記初期設定時における前記第1変動時間の選択率を前記第2変動時間の選択率よりも低く設定したことを特徴とする。
【0012】
請求項5の発明は、請求項1から4の何れか一項において、前記選択率変更制御手段による変動時間の選択率変更によって前記第1変動時間の選択率を前記第2変動時間の選択率よりも高くすることを特徴とする。
【0013】
請求項6の発明は、請求項3から5の何れか一項において、前記第1領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性よりも前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性を低く設定したことを特徴とする。
【0014】
請求項7の発明は、請求項6において、前記第1領域及び前記第2領域の周囲には各々の領域への遊技球の入球あるいは通過の障害又は助勢となる突起体を複数設けると共に、前記突起体の配列により、前記第1領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性よりも前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性を低くしたことを特徴とする。
【0015】
請求項8の発明は、請求項3から7の何れか一項において、前記第1領域への遊技球の入球あるいは通過に起因して遊技の当たり外れを判定する当否判定手段を備え、前記判定結果を示す判定図柄を前記画像として前記表示装置で表示することを特徴とする。
【0016】
請求項9の発明は、請求項3から8の何れか一項において、前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過したことに起因して遊技球を賞球として払い出す賞球払出手段と、遊技者が遊技を実行していることを検出する遊技実行検出手段とを備え、前記遊技実行検出手段により遊技者の遊技実行が検出されていない状態において、少なくとも前記第2領域への遊技球の入球あるいは通過に起因する賞球の払い出しを取り消す賞球払出取消手段を備えたことを特徴とする。
【0017】
請求項10の発明は、請求項1から9の何れか一項において、前記変動時間選択手段が、前記第1変動時間と前記第2変動時間を、各々に設定された選択率にしたがって選択することを特徴とする。
【0018】
請求項11の発明は、請求項1から10の何れか一項において、前記変動時間選択手段による前記選択率の変更は、前記画像の変動中及び前記特別遊技の実行中の何れでもない遊技待機中に行われた場合に有効とすることを特徴とする。
【0019】
請求項12の発明は、請求項1から11の何れか一項において、前記選択率の変更を報知する選択率変更報知手段を設けたことを特徴とする。
【0020】
【発明の実施の形態】
以下、添付の図面に基づき本発明の好適な実施形態を説明する。図1は本発明の一実施例に係る弾球遊技機全体について遊技盤の釘を省略して示す正面図、図2は遊技盤の拡大正面図、図3は同弾球遊技機の電気制御を簡略に示すブロック図、図4は同弾球遊技機の表示制御回路のブロック図である。
【0021】
図1に示すこの実施例の弾球遊技機1は、遊技媒体として遊技球を用いるパチンコ遊技機であって、図2にも示すように、遊技盤3の縁に遊技球の外側ガイドレール4及び内側ガイドレール5が略円形に立設され、前記内側ガイドレール5によって囲まれた遊技領域6の中心線上にその上部から下部に向かって順に表示装置9、始動入賞口10、特別電動役物である大入賞口15、アウト口16が配設され、また中央左側にはランプ風車17、中央右側に普通図柄変動開始用第1ゲート18、前記大入賞口15の左右に普通図柄変動開始用第2ゲート19及び普通図柄変動開始用第3ゲート21、さらにその外側に左袖入賞口23と右袖入賞口25、さらには前記大入賞口15の両側に左落とし入賞口27と右落とし入賞口29が配設されている。前記右落とし入賞口29は、本発明における第2領域に相当する。前記種々の入賞口に遊技球が入賞すると所定数の遊技球が賞球(賞品球)として払い出される。なお、後に詳述する大当たりになると大入賞口15が開放され、遊技球が入賞し易い、遊技者に有利な大当たり状態となって特別遊技が実行される。
【0022】
また、前記弾球遊技機1の前面側には、ランプ表示器35、払い出された遊技球を受けるための上側球受け皿36、該上側球受け皿36の飽和時に遊技球を受けるための下側球受け皿37、効果音等を発するスピーカ38、遊技者の発射操作に応じて遊技球を遊技領域6に向けて弾発発射する発射装置91等がそれぞれ組み付けられている。以下、所要の各部についてさらに詳述する。
【0023】
前記表示装置9は、その上部の普通図柄表示装置41と中央の特別図柄表示装置42とよりなる。前記普通図柄表示装置41では普通図柄が変動表示及び停止表示可能とされている。また前記特別図柄表示装置42では、判定図柄としての特別図柄と、前記特別図柄(判定図柄、以下同様。)とは異なる背景図柄(キャラクタ、背景、文字)等からなる画像が、可変表示可能とされている。前記普通図柄及び特別図柄としては、数字、アルファベット、記号或いは絵(キャラクタ)等が用いられている。
【0024】
前記普通図柄表示装置41は、前記普通図柄を変動表示及び停止表示可能な7セグメントLED等で構成されている。この実施例における前記普通図柄表示装置41に変動及び停止表示される普通図柄は、『0,1,2,3,4,5,6,7,8,9』の10通りの図柄とされている。
【0025】
前記特別図柄表示装置42は、画像の表示状態が可変な表示装置で構成され、具体的には液晶、ドットマトリックス若しくはLED表示装置等からなり、この実施例では、カラー表示可能な液晶表示器(TFT−LCDモジュール)等からなり、前記特別図柄及び背景図柄からなる画像が変動表示及び停止可能になっている。また、前記特別図柄表示装置42における画像の変動態様は、前記画像の変動時間や変動方法等が異なる複数の変動態様の中から選択されるようになっている。この実施例では変動態様1から6が設けられている。また、この実施例では、前記変動態様1に設定されている第1変動時間(この例では5秒に設定)よりも前記変動態様2に設定されている第2変動時間(この例では10秒に設定)の方が長い時間に設定されている。さらに、この実施例では、前記第1変動時間を有する変動態様1と前記第2変動時間を有する変動態様2との選択率が互いに異なる選択率テーブルAと選択率テーブルBの2種類を備え、後述の選択率変更手段の作動によって選択率変更制御手段により前記選択率テーブルA,Bの何れかを選択し、前記第1変動時間の選択率と前記第2変動時間の選択率を変更できるようになっている。
【0026】
前記特別図柄表示装置42の表示画面に表示される特別図柄は、前記表示画面の左側表示領域で変動及び停止表示される左特別図柄、中央表示領域で変動及び停止表示される中特別図柄、右側表示領域で変動及び停止表示される右特別図柄で構成され、前記左、中、右の各特別図柄は、この例では『0,1,2,3,4,5,6,7,8,9、10,11』の12通りの図柄とされている。この実施例における左、中、右特別図柄のそれぞれの変動方向は上下方向(正確には上から下方向)である。
【0027】
前記始動入賞口10は、本発明の始動入賞領域及び第1領域に相当し、2つの可動片10a,10bが、前記遊技盤3の背面の始動入賞口用ソレノイドにより略垂直にされて前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に遊技球の入球し難い入賞領域狭小状態と、略V字形(逆ハの字形)にされて入球のし易い入賞領域拡大状態間を変化可能に制御されている。前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10の入賞領域拡大は、前記普通図柄表示装置41で普通図柄が変動開始した後に特定の図柄で確定停止表示されて小当たり(普通図柄当たり)が成立した時に行われる。
【0028】
また、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に関し、前記遊技盤3の背面には、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に入球した遊技球を検出する特別図柄変動開始スイッチ(本発明における始動入賞領域検出手段及び第1領域検出手段に相当する。)が入賞球用通路に設けられており、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に入球(入賞)した遊技球の検出に起因して、前記特別図柄表示装置42で特別図柄の変動を開始し遊技の演出を行うようになっている。その際、前記特別図柄が変動している遊技演出中に前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10で検出された入賞回数については、最高4回記憶され、前記特別図柄表示装置42の上方に設けられているLED等からなる特別図柄変動数記憶表示器51に、保留回数として表示されるようになっている。
【0029】
前記普通図柄開始用第1ゲート18、前記普通図柄変動開始用第2ゲート19及び普通図柄変動開始用第3ゲート21は、該ゲート18,19,21を通過する遊技球を検出する普通図柄変動開始スイッチを備え、該普通図柄変動開始スイッチで遊技球を検出することによって前記普通図柄表示装置41で普通図柄変動を開始させるようになっている。前記普通図柄開始用第1ゲート18、普通図柄変動開始用第2ゲート19及び普通図柄変動開始用第3ゲート21の何れかを遊技球が通過することによって発生する普通図柄の変動開始の数は、最高4回記憶され、前記普通図柄表示装置41の上部両側に設けられたLED等からなる普通図柄変動数記憶表示器47に、保留回数として表示するようになっている。また、前記左袖入賞口23と右袖入賞口25には入賞球(入球)を検出する左袖入賞口用検出スイッチと右袖入賞口用検出スイッチが、他方前記左落とし入賞口27と右落とし入賞口29には入賞球(入球)を検出する左落とし入賞口用検出スイッチと右落とし入賞口用検出スイッチが、それぞれ対応する遊技盤背面に設けられている。前記右落とし入賞口(第2領域)29に設けられている前記右落とし入賞口用検出スイッチは、本発明における第2領域検出手段に相当する。また、この実施例において前記第2領域検出手段は、本発明の選択率変更手段に相当し、前記第2領域検出手段で遊技球が検出されることにより、後述の選択率変更制御手段で前記選択率テーブルA,Bの何れかを選択できるようになっている。
【0030】
前記大入賞口15は、遊技盤背面の大入賞口開放用ソレノイドによって開閉する開閉板61を備えている。この大入賞口15は、通常は開閉板61が閉じた状態とされ、当該大入賞口15の一部には、該大入賞口15が開いた際に開口して入賞可能にする特定領域入賞口(図示せず)を有する。さらに、前記特定領域入賞口には、所定条件時に特定領域開放用ソレノイドにより開閉される開閉扉(図示せず)が設けられている。また、前記特定領域入賞口には特定入賞球を検出する特定入賞球検出スイッチが設けられ、該入賞球の検出により大入賞口15を再度開ける継続権利が成立するようにされている。前記大入賞口15内の略中央には、前記大入賞口15に入賞し、かつ前記特定領域入賞口に入賞しなかった入賞球を検出する入賞球数カウントスイッチが設けられている。
【0031】
また、前記前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に遊技球が入球(入賞)する可能性よりも、前記右落とし入賞口(第2領域)29に遊技球が入球(入賞)する可能性の方が低く設定されている。前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10よりも前記右落とし入賞口(第2領域)29への遊技球の入球(入賞)可能性を低くする方法は、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10及び前記右落とし入賞口(第2領域)29の周囲に前記遊技球の入球(入賞)の障害又は助勢となる突起体を複数設け、前記突起体の配列により行うのが簡単で好ましい。前記突起体として、この実施例では、前記遊技盤3の盤面に立設される遊技球誘導用の釘K(図2に示す)を用い、前記釘Kの配列調整によって、遊技球を前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10よりも前記前記右落とし入賞口(第2領域)29に集まり難くしたり、入球(入賞)し難くしたりしている。なお、前記突起体は釘Kに限られるものではなく、前記遊技盤3の盤面に配設される役物やその他突設した物で構成してもよい。
【0032】
前記発射装置91は、操作レバー92の操作により弾球遊技機内側の発射モータが作動して遊技球を遊技領域6へ向けて弾発発射するようになっている。前記発射装置91により発射された発射球は、前記遊技盤面に立設された外側誘導レール4と内側誘導レール5間で構成される発射球誘導路を介して遊技領域6に誘導される。前記遊技領域6に誘導された遊技球は、転動しつつ下方へ落下し、前記入賞口に入賞(入球)するか、或いは何処にも入賞しなければ前記アウト口16から遊技盤3の裏側へ排出されるように構成されている。なお、この例の弾球遊技機1はプレイペイドカードユニット93が接続されている。
【0033】
また、前記弾球遊技機1の裏側には、遊技を制御するための複数の制御装置が設けられている。図3のブロック図は同弾球遊技機の電気制御を簡略に示すものであり、前記制御装置として、主制御回路70、表示制御回路90、発光体制御回路88、払出制御回路110、音声制御回路120等が示されている。
【0034】
前記主制御回路70は、メインプログラムに従って制御動作を行うCPU72、該CPU72のワーク用メモリとして機能するRAM73、遊技制御用プログラムを記憶するROM74を備えたワンチップマイクロコンピュータ71、該ワンチップコンピュータ71と表示制御回路90等を結ぶI/O(入出力)バス75,76、出力ポート77、ドライバ78、バッファゲート79、インターフェイス80等により構成されている。なお、前記主制御回路70は、本発明における特別遊技実行制御手段にも相当する。
【0035】
前記CPU72は、制御部、演算部、各種レジスタ、各種フラグ等を備え、演算制御を行う他、遊技の制御に使用する乱数値の生成、例えば、大当たり(特別遊技状態)の発生確率や普通図柄による当たり(始動入賞口10の入賞領域拡大)の発生確率を定める乱数、さらには他の制御装置に対する制御指令信号等をメインプログラムに従って生成する。
【0036】
前記RAM73は特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)の検出信号及び普通図柄変動開始スイッチの検出信号用の記憶領域、前記CPU72で生成される各種乱数用の記憶領域、各種データを一時的に記憶する記憶領域やフラグ、並びに前記CPU72の作業領域を備えている。また、前記ROM74には、遊技上の制御プログラムや制御データ、制御コマンドが書き込まれている他、大当たり及び普通図柄による当たりの判定値、選択率テーブルA,B内の選択率等が書き込まれている。
【0037】
その他、前記ワンチップマイクロコンピュータ71には、弾球遊技機1の電源投入時に各種制御情報を初期化する初期リセット回路と、ワンチップマイクロコンピュータ71のROM74に記憶されている遊技制御用プログラムを定期的(この例では2msec毎)に実行させる定期リセット回路が設けられている。
【0038】
前記主制御回路70から出力される制御指令信号(コマンド)は、前記I/Oバス75や出力ポート77、ドライバ78を介して種々の装置を制御する。すなわち、前記ドライバ78には始動入賞口10、大入賞口15、情報出力回路83等が接続され、前記出力ポート77には表示制御回路90と発光体制御回路88が接続され、前記I/Oバス75には音声制御回路120が接続されている。なお、前記情報出力回路83には、ホストコンピュータであるホール用の管理装置84が接続され、大当たり情報や図柄確定情報、確率変動情報等の各種遊技情報が出力される。
【0039】
前記表示制御回路90は、前記主制御回路70から表示制御指令信号(コマンド)を受信し、受信した表示制御指令信号に基づいて所定の表示制御処理を行うサブ制御回路であって画像表示制御手段に相当し、この表示制御回路90に接続されている前記普通図柄表示装置41、前記普通図柄変動数記憶表示器47、前記特別図柄表示装置42、前記特別図柄変動数記憶表示器51、前記発光体制御回路88、前記音声制御回路120の制御を行う。
【0040】
前記表示制御回路90は、図4に示す構成からなり、前記特別図柄表示装置42に表示する画像(特別図柄(判定図柄)、背景図柄)の表示制御を行うための異なる制御データを記憶する制御データROMA92Aと制御データROMB92B、前記制御データを書き換え可能に記憶する制御データRAM93、異なる画像データを記憶する画像データROMA96Aと画像データROMB96B、前記制御データROMA92A、前記制御データROMB92B及び制御データRAM93の制御データに従って演算及び制御等する表示制御用CPU(制御部、演算部、各種制御部、演算部、各種レジスタ、各種フラグ等を備え、演算制御を行う他に遊技の制御に使用する乱数の生成を行う共に、前記受信データの判断手段として機能する。)91、前記表示制御用CPU91からの指令に基づいて画像データROMA96A、画像データROMB96Bから必要なデータを読み出し、前記特別図柄や背景図柄等のマップデータを生成するVDP94、該VDP94で生成したデータを格納するVRAM95及び初期リセット回路98からなる。前記表示制御回路90のVDP94からの信号は特別図柄表示装置42等に送信され、特別図柄表示装置42で画像を表示する。
【0041】
前記発光体制御回路88には前記ランプ表示器35が接続され、前記発光体制御回路88によって前記ランプ表示器35の発光が制御される。また、前記払出制御回路110は、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1入賞領域)10や前記右落とし入賞口(第2領域)29等への入賞(入球)に対して遊技球を賞球(賞品球)として払い出す賞球払出装置(賞球払出手段、図16の符号113で示す。)と、遊技者によるカードユニット93の操作による貸球要求に従い遊技球を貸球として払い出す貸球払出装置(貸球払出手段、図16の符号115で示す。)が接続され、遊技媒体(賞球や貸球)の払い出しを制御する。
【0042】
前記音声制御回路120は音声制御手段に相当し、音声発生手段としてのスピーカ38が接続され、前記主制御回路70及び表示制御回路90から受信した音声制御指令信号(コマンド)に基づいて前記スピーカ38からの音声を制御する。
【0043】
また、前記主制御回路70のインターフェィス80には、特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)、普通図柄変動開始スイッチ、右落とし入賞口用検出スイッチ(選択率変更手段、第2領域検出手段)、特定入賞球検出スイッチ、入賞球数カウントスイッチ、その他の入賞口用検出スイッチ等が接続され、各検出スィッチ等から出力される検出信号が前記インターフェイス80を介してワンチップマイクロコンピュータ71に送信されるようになっている。
【0044】
その他、前記主制御回路70には、電源回路87と、前記発射装置91による遊技球の発射を制御するための発射制御回路100が接続されている。
【0045】
前記主制御回路70に設けられる複数のカウンタ(乱数)として、この実施例では表1に示す8種類がある。なお、前記カウンタとしてはこれに限定されることなく、適宜のカウンタを設けてもよい。各カウンタの内容について次に示す。
【0046】
【表1】
【0047】
ラベル−TRND−Aは、遊技者にとって有利な遊技状態である大当たり遊技状態(特別遊技状態)への移行となる大当たりを判定する当否判定手段に用いられる。このラベル−TRND−Aの数値Q1は、弾球遊技機1の電源投入時、‘0’から始まり、所定時間(この例では2msec)ごとに1ずつ加算され、数値が‘629’に至ると、次に‘0’に書き換えられて前記加算を繰り返すようになっている。前記ラベル−TRND−Aの数値Q1は、遊技球が前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に入賞して前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)によって検出された時に取得され、予め決定されている大当たり数値、この実施例では平常時(低確率状態時)には‘5’,‘500’と対比され、確率変動状態時(高確率状態時)には‘5’,‘50’,‘100’,‘200’,‘300’,‘350’,400’,‘450’,‘500’,‘600’と対比されて大当たりか否か判断される。
【0048】
ラベル−TRND−R1は、前記ラベル−TRND−Aによる大当たり当否判定結果が外れとなる場合において、リーチ状態を経るリーチ変動となるか否かを決めるリーチ変動有無決定用のものである。前記リーチ変動とは、前記特別図柄表示装置42で特別図柄が変動表示開始された後、確定停止表示される前段階において、特定の図柄態様、つまり大当たりの組合せが表示されやすい可変表示態様になったと遊技者に思わせるリーチ状態を経る変動方法をいう。前記リーチ状態の1つとして、前記特別図柄表示装置42の各表示領域の内、最終停止図柄を表示する表示領域だけを残して、残りの2つの表示領域で特別図柄が特定の組合せ(例えば同一図柄)となるように停止表示する場合を挙げることができる。この例では、前記特別図柄表示装置42で特別図柄が変動表示開始した後、確定停止表示される前段階において、中央表示領域だけを残して、残りの2つの表示領域で図柄が特定の組合せ(例えば同一図柄)となるように停止表示する場合がリーチ状態として設定されている。
【0049】
前記ラベル−TRND−R1は、弾球遊技機1の電源投入時、‘0’から始まり、所定時間(2msec)ごとに1ずつ加算され、数値が‘49’に至ると、次に‘0’に書き換えられて前記加算を繰り返すようになっている。当該ラベル−TRND−R1の数値Q2は、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10への入賞球が前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)によって検出された時に取得され、大当たり当否判定結果が外れの場合に、その数値が予め決定されているリーチ成立数値と対比されてリーチ変動有無が判断される。なお、この実施例では、前記ラベル−TRND−Aによる大当たり当否判定結果が大当たりとなる場合には、必ずリーチ状態が成立するようになっているので、このラベル−TRND−R1は使用されない。
【0050】
ラベル−TRND−T1は、前記特別図柄表示装置42で表示される特別図柄等の変動態様を決定するのに使用され、さらにこの実施例では変動時間選択手段にも使用される。前記ラベル−TRND−T1の数値Q3は、弾球遊技機1の電源投入時、‘0’から始まり、所定時間(2msec)ごとに1ずつ加算され、数値が‘35’に至ると、次に‘0’に書き換えられて再び前記加算を繰り返すようになっている。前記ラベル−TRND−T1の数値は、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10への入賞球が前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)によって検出された時に取得される。前記ラベル−TRND−T1の取得乱数値に基づいて、後述のように変動態様1〜8の中から変動態様が決定される。
【0051】
ラベル−TRND−AZ1は、大当たり成立時、前記特別図柄表示装置42の左側表示領域、中央表示領域、右側表示領域に確定停止して揃う確定大当たり停止図柄組合せ(大当たり表示態様であり、本発明における予め定められた画像態様に相当する。)を決定するものである。このラベル−TRND−AZ1の数値Q4は、電源投入時に‘0’から始まって所定時間(2msec)ごとに‘1’ずつ加算され、‘11’に至ると、次に‘0’に書き換えられて前記加算を繰り返すようになっている。ラベル−TRND−AZ1の数値は、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10への入賞球が前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)によって検出された時に取得される。前記ラベル−TRND−AZ1の数値には、各数値に対応する大当たり停止図柄組合せが予め割り当てられている。実施例においては、前記ラベル−TRND−AZ1の数値が‘0’の場合には‘0,0,0’となる0のぞろ目、‘1’の場合には‘1,1,1’となる1のぞろ目、‘2’の場合には‘2,2,2’となる2のぞろ目、‘3’の場合には‘3,3,3’となる3のぞろ目というように、各数値のぞろ目が大当たり停止図柄組合せとなっている。
【0052】
なお、この実施例の弾球遊技機1は確率変動機能を備えた機種であり、大当たり成立時における大当たり停止図柄組合せが確変図柄である‘1’、‘3’、‘5’、‘7’、‘9’、‘11’の何れかの奇数のぞろ目であるときには、大当たり(特別遊技)の発生に加えて、大当たり終了後に確率変動が生じ、次回の大当たり発生確率が平常時における通常遊技状態(低確率状態、1/315)よりも高い確率変動状態(高確率状態、5/315)に移行し、次回の大当たりまで高確率状態が継続するようになっている。また、大当たり成立時における大当たり停止図柄組合せが通常図柄である‘0’、‘2’、‘4’、‘6’、‘8’、‘10’の何れかの偶数のぞろ目であるときには、大当たり終了後、通常遊技状態(低確率状態、1/315)とされ、次回の大当たりまで低確率状態が継続するようになっている。
【0053】
ラベル−TRND−B1〜B3は、前記ラベル−TRND−Aによる大当たり当否判定結果が外れとなる場合において、前記特別図柄表示装置42に確定停止表示する外れ図柄組合せ(外れ表示態様)の決定に用いられるものである。前記ラベル−TRND−B1の数値Q5は左側表示領域の左特別図柄、ラベル−TRND−B2の数値Q6は右側表示領域の右特別図柄、ラベル−TRND−B3の数値Q7は中央表示領域(最終停止図柄表示領域)の中特別図柄(最終停止特別図柄)にそれぞれ対応する。
【0054】
前記ラベル−TRND−B1の数値は、電源投入時に‘0’から始まって所定時間(2msec)ごとに‘1’ずつ加算され、‘11’に至ると、次に‘0’に書き換えられて再び前記加算が繰り返される。また、前記ラベル−TRND−B2の数値は、電源投入時に‘0’から始まって、前記ラベル−TRND−B1の数値が‘0’に書き換えられる際に‘1’ずつ加算され、‘11’に至ると、次に‘0’に書き換えられて再び前記加算が繰り返される。さらに、前記ラベル−TRND−B3は、電源投入時に‘0’から始まって、前記ラベル−TRND−B2の数値が‘0’に書き換えられる際に‘1’ずつ加算され、‘11’に至ると、次に‘0’に書き換えられて再び前記加算が繰り返される。これによって、ラベル−TRND−B1〜B3の各数値範囲が同一であっても、当該ラベル−TRND−B1〜B3の数値が同期(同一の組合せで加算)するのを避けることができる。
【0055】
前記ラベル−TRND−B1〜B3の各数値が‘0’の場合には0、‘1’の場合には1、‘2’の場合には2というように、前記ラベル−TRND−B1〜B3の各数値が、遊技の外れ時に前記特別図柄表示装置42の左側表示領域、右側表示領域、中央表示領域に表示される確定停止表示図柄として設定されている。そして、前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)によって入賞球が検出されるごとにラベル−TRND−B1〜B3から取得される数値の組合せによって、外れ時に前記特別図柄表示装置42の左側表示領域、中央表示領域、右側表示領域に表示される確定停止図柄が定まる。
【0056】
前記取得されたQ1〜Q7の乱数値については、それぞれ最大4個、前記主制御回路70のRAM73における該当領域に格納され、順次使用される。
【0057】
ラベル−FRND−Aは、前記普通図柄表示装置41に停止表示する普通図柄を決定するとともに普通図柄の当たり及び外れを判定するもので、弾球遊技機1の電源投入時、‘0’から始まって所定時間(2msec)ごとに‘1’ずつ加算され、‘9’に至ると、次に‘0’に書き換えられて再び前記加算が繰り返される。このラベル−FRND−Aの数値Q8は、前記普通図柄変動開始用第1ゲート18、前記普通図柄変動開始用第2ゲート19及び普通図柄変動開始用第3ゲート21を通過した遊技球を前記普通図柄変動開始スイッチで検出するごとに取得され、最大4個まで前記主制御回路70のRAM73の普通図柄数値記憶領域に格納される。
【0058】
また、前記ラベル−FRND−Aの数値Q8には、各数値に対応する普通図柄が予め割り当てられている。実施例においては、ラベル−FRND−Aの取得乱数値が‘1’のときは普通図柄表示装置41に停止表示する普通図柄が‘1’となる等、ラベル−FRND−Aの取得乱数値がそのまま普通図柄表示装置41に停止表示する普通図柄として割り当てられている。前記普通図柄の変動開始から停止までに要する時間は約6秒である。
【0059】
なお、この実施例では、普通図柄の当たり確率は1/2となっており、具体的には、前記ラベル−FRND−Aの取得乱数値Q8が奇数である場合、普通図柄の当たりとなり、0.3秒間の始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10の入賞領域拡大を1回行うようになっている。また、前記ラベル−FRND−Aの取得乱数値Q8がその他の場合には普通図柄の外れとなり、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10が前記入賞領域狭小状態のままとされる。さらに、この実施例では、前記確率変動状態(高確率状態)時に普通図柄が当たりとなった場合には、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10の入賞領域拡大回数を通常の1回から3回に増大させると共に、入賞領域拡大時間を通常の0.3秒から1.7秒に増加させるようになっている。
【0060】
また、前記主制御回路70に設けられる主なフラグとして、この実施例では大当たり(特別遊技)フラグA1、確率変動フラグB1、リーチフラグR等が挙げられる。これらのフラグは、初期設定時には全て0にセットされる。
【0061】
表2に前記画像の変動態様1〜8の選択率を示す。前記変動態様1〜8は、リーチの有無、大当たりか否か等によって選択可能な変動態様が決められており、テーブルAとテーブルBの二つの群に分けられている。この実施例では、前記変動態様1と変動態様2については、前記特別図柄がリーチ状態になることなく外れ結果になるリーチ無し外れの場合にのみ選択されるように設定され、さらにテーブルAとテーブルBとで、変動態様1と変動態様2の選択率が異なっている。具体的には、第1変動時間(この例では5秒)の変動態様1に対する選択率はテーブルAで15/36、テーブルBで21/36とされ、第2変動時間(この例では10秒)の変動態様2に対する選択率はテーブルBで21/36、テーブルBで15/36に設定されている。なお、変動態様3〜8に対する選択率は、テーブルAとテーブルBで同一に設定されている。
【0062】
この実施例では前記選択率は、前記変動態様決定用カウンタ(ラベル−TRND−T1)の数値Q3(‘0’〜‘35’)における前記テーブルAとテーブルBに対する選択数値範囲を予め設定しておくことによって決められている。すなわち、例えば、前記選択テーブルAが選択されている場合には、前記始動入賞口10に遊技球が入賞して特別図柄変動スイッチで入賞球が検出された時に取得された前記変動態様決定用カウンタ(ラベル−TRND−T1)の数値Q3が‘0’〜‘14’であれば、前記大当たりに対する判定結果が外れでリーチ無しのときに変動態様1(第1変動時間;5秒)が選択され、前記取得数値Q3の値が15〜35であれば、前記大当たりに対する判定結果が外れでリーチ無しのときに変動態様2(第2変動時間;10秒)が選択される。一方、前記テーブルBが選択されている場合には、前記変動態様決定用カウンタ(ラベル−TRND−T1)の取得数値Q3が‘0’〜‘20’であれば、前記大当たりに対する判定結果が外れでリーチ無しのときに変動態様1(第1変動時間;5秒)が選択され、前記取得数値Q3の値が‘21’〜‘35’であれば、前記大当たりに対する判定結果が外れでリーチ無しのときに変動態様2(第2変動時間;10秒)が選択される。また、前記変動態様決定用カウンタ(ラベル−TRND−T1)の数値Q3における前記テーブルAとテーブルBに対する設定数値範囲を変更することにより、前記選択率の変更が可能である。
【0063】
【表2】
【0064】
ここで、前記弾球遊技機1が行う遊技について説明する。前記弾球遊技機1では、前記発射装置91により遊技領域6へ向けて発射された遊技球が、前記種々の入賞口に入賞すると所定数の遊技球が賞球として上側球受け皿36に払い出される。また、前記普通図柄変動開始用第1ゲート18、前記普通図柄変動開始用第2ゲート19及び普通図柄変動開始用第3ゲート21の何れかに遊技球が入賞し、前記普通図柄変動開始スイッチで遊技球が検出されると、前記主制御回路70へ入賞信号が送られ、それに伴って、主制御回路70のラベル−FRND−Aの数値(Q8)が取得され、その取得乱数値が主制御回路70のRAM73の普通図柄数値記憶領域に一旦格納される。そして、当該格納された数値に基づいて普通図柄の当たりの判定が行われ、その判定に基づき前記主制御回路70から前記表示制御回路90へ制御信号が送信される。さらに、前記制御信号に基づいて前記普通図柄表示装置41で普通図柄が変動を開始し、前記普通図柄が当たりの場合には前記普通図柄が当たり図柄で停止、この例では奇数で停止し、始動入賞口(始動入賞得領域、第1領域)10が入賞領域拡大状態になり、遊技球が入賞し易くなる。そして、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に遊技球が入賞(入球)すると、所定数の遊技球が賞球として払い出される。
【0065】
また、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に遊技球が入賞(入球)し、前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞検出手段、第1領域検出手段)によって入賞球が検出されると、前記主制御回路70へ入賞信号が送られ、それに伴って、前記主制御回路70のラベル−TRND−A,ラベル−TRND−R1,ラベル−TRND−T1,ラベル−TRND−AZ1,ラベル−TRND−B1〜B3等の各種数値(Q1〜Q7等)が取得され、その取得乱数値が前記主制御回路70におけるRAM73の該当する記憶領域に一旦格納される。そして、当該格納された各数値に基づいて大当たりの判定、リーチ変動の有無決定、選択率テーブル、変動態様の決定、停止図柄組合せの決定等が行われ、前記特別図柄表示装置42で、左側表示領域、中央表示領域、右側表示領域で、左特別図柄、中特別図柄、右特別図柄が上下方向に変動を開始する。また、前記特別図柄表示装置42には、前記変動態様の種類に応じた背景図柄も表示される。
【0066】
前記特別図柄の変動開始から所定時間変動後、特別図柄が停止して、停止図柄が確定表示される。この例では、前記特別図柄表示装置42の左表示領域、中央表示領域、右表示領域で前記特別図柄が同時に変動を開始し、前記左表示領域、右表示領域、中央表示領域の順で特別図柄が変動停止して、停止図柄が確定表示される。その際、前記ラベル−TRND−R1の取得乱数値によっては、前記リーチ変動が行われ、前記リーチ状態を経た後に前記特別図柄が最終停止して確定表示されることがある。
【0067】
前記特別図柄表示装置42で停止表示された特別図柄が、前記ラベル−TRND−AZ1の取得乱数値に従う特定の組み合わせである当たり停止図柄組合せ、この例ではぞろ目であると、大当たりになり、特別遊技状態に移行する。前記特別遊技状態になると、前記大入賞口15の開閉板61が開いて前記遊技領域6の表面を落下してくる遊技球を受け止め、前記大入賞口15へ入賞可能にし、該大入賞口15への入賞があると、賞球払出装置(賞球払出手段、図16の符号113で示す。)により所定数の遊技球が賞球として払い出される。前記開閉板61は、所定時間(例えば29.5秒)経過後、或いは前記入賞球数カウントスイッチで検出された入賞球数が所定個数(例えば10個)となった時点で閉じるようにされている。なお、前記入賞球数カウントスイッチで検出された入賞球数は、前記特別図柄表示装置42に、0〜10までの数字又は棒グラフのように表示されるようになっている。
【0068】
また、前記大入賞口15の開放中又は大入賞口15が閉じてから約2秒以内に、前記特定領域入賞口への入賞球を特定入賞球検出スイッチが検出すると、前記大当たりを再度繰り返す継続権利が発生し、所定最高回数(例えば最高15回又は13回)、前記開閉板61の開放を繰り返すようになっている。
【0069】
前記大当たりの際に、前記大当たり停止図柄組合せが確変図柄である‘1’、‘3’、‘5’、‘7’、‘9’、‘11’の何れかの奇数のぞろ目であるときには、大当たり終了後に、次回の大当たり発生確率が通常遊技状態(低確率状態、1/315)よりも高い確率変動状態(高確率状態、5/315)に移行する。
【0070】
前記確率変動状態(高確率状態)時に普通図柄が当たりとなると、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10の入賞領域拡大回数を通常の1回から3回に増大させると共に、入賞領域拡大時間を通常の0.3秒から1.7秒に増加させる。
【0071】
さらにこの実施例の弾球遊技機1においては、前記特別遊技中および特別図柄変動中の何れでもない遊技待機中(前記特別図柄表示装置42がいわゆる遊技客待ち画面)となっている最中に、前記右落とし入賞口(第2領域)29に遊技球が入球(入賞)して前記右落とし入賞口用検出スイッチ(選択率変更手段、第2領域検出手段)で検出されると、前記選択率テーブルの変更が行われ、前記第1変動時間の変動態様1と前記第2変動時間の変動態様2に対する選択率が変更される。前記右落とし入賞口(第2領域)29への遊技球の入球は、前記遊技待機中に、遊技者の発射遊技球によって行うことが可能であるのみならず、遊技店側が前記弾球遊技機1における前面のガラス枠Gを開けて行うこともできる。さらにこの実施例では、前記表示装置9の特別図柄表示装置42を選択率変更報知手段として使用し、前記選択率の変更時、前記特別図柄表示装置42に選択率変更を報知する表示、例えば『選択率変更』の文字等を表示している。なお、前記遊技待機中の右落とし入賞口(第2領域)29への遊技球の入球のみ前記選択率テーブルの変更を有効とし、例えば、特別図柄変動中に右落とし入賞口(第2領域)29へ遊技球が入球しても前記選択率変更テーブルの変更はされないようになっているため、前記始動入賞口10へ入賞し特別図柄が変動するよりも前に右落とし入賞口(第2領域)29に入賞させることが、遊技者に困難に構成されていると、前記遊技待機中に右落とし入賞口(第2領域)29へ確実に入球させて選択率を変更できるのは、結局ガラス枠Gを開け、任意に右落とし入賞口(第2領域)29に入球させることが可能な遊技店側となる。
【0072】
次に、前記遊技を制御する主制御回路70が実行する処理について詳述する。前記主制御回路70のCPU72は、所定の割り込み時間(この例では2msec)ごとに、前記主制御回路70のROM74に記憶されている各プログラムに従いメイン処理Mを行う。図5はメイン処理Mのフローチャートである。
【0073】
メイン処理Mでは、まず今回電源が投入されたか否か判断され(S10)、今回電源投入された場合には、初期設定処理(S20)が行われる。
初期設定処理(S20)は、本発明における初期設定制御手段に相当し、スタックの設定、割り込み時間(この例では2msec)の設定、CPUの設定、SIO、PIO、CTC、前記画像の変動態様ごとに変動時間の選択率を定めた選択率テーブルを、第1変動時間の変動態様1に対する選択率の低い選択率テーブルAにする設定等が行われる。このメイン処理Mは割り込み時間ごとに繰り返し行われるが、初期設定処理(S20)については、電源投入時のみに必要な処理であり、最初の1巡目のみに実行され、その後は実行されずに次の入力処理(S30)に移る。
【0074】
入力処理(S30)では、各種の検出スイッチで検出された検出情報、各基板からの情報が入力される。前記検出スイッチには、前記普通図柄変動開始用第1ゲート18、前記普通図柄変動開始用第2ゲート19及び普通図柄変動開始用第3ゲート21の遊技球通過を検出する普通図柄変動開始スイッチ、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10に入賞(入球)した球を検出する特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)、前記大入賞口15における入賞球を検出する入賞球数カウントスイッチ、前記右落とし入賞口(第2領域)29に入球(入賞)した遊技球を検出する右落とし入賞口用検出スイッチ(選択率変更手段、第2領域検出手段)等を挙げることができる。
【0075】
選択率変更処理(S40)では、変動時間選択手段による選択率の変更が、画像の変動中及び特別遊技の実行中の何れでもない遊技待機中に行われた場合に、前記選択率の変更を有効とする。この処理では、図6に示すように、特別遊技実行中及び特別図柄変動中の何れでも無いか確認され(S41,S42)、何れでも無い場合、すなわち遊技待機中の場合には選択率変更手段の作動が有ったか否か、すなわち前記右落とし入賞口用検出スイッチ(選択率変更手段、第2領域検出手段)で遊技球を検出したか否か確認される(S43)。そして、前記選択率変更手段の作動が有った場合、すなわち前記右落とし入賞口用検出スイッチ(選択率変更手段、第2領域検出手段)で遊技球の検出があった場合、次に、現在設定されている選択率テーブルが選択率テーブルAか否か判断される(S44)。そして、現在選択率テーブルAに設定されている場合、前記選択率テーブルAからBに変更設定、すなわち前記第1変動時間を有する変動態様1に対する選択率が低(15/36)から高(21/36)に変更設定され、また前記第2変動時間を有する変動態様2に対する選択率が高(21/36)から低(15/36)に変更設定される(S45)。それに対して、前記S44で現在の選択率テーブルが選択率テーブルBであると判断された場合、前記選択率テーブルBからAに変更設定、すなわち前記第1変動時間を有する変動態様1に対する選択率が高(21/36)から低(15/36)に変更設定され、また前記第2変動時間を有する変動態様2に対する選択率が低(15/36)から高(21/36)に変更設定される(S46)。なお、特別遊技実行中(S41)、特別図柄変動中(S42)、前記選択率変更手段の作動無し(前記右落とし入賞口用検出スイッチの検出無し)(S43)の何れかの場合には、直ちにこの選択率変更処理(S40)は終了する。なお、この選択率変更処理(S40)は、本発明における選択率変更制御手段に相当する。
【0076】
乱数更新処理(S50)では、前記ラベル−TRND−A、ラベル−TRND−R1、ラベル−TRND−T1、ラベル−TRND−AZ1、ラベル−TRND−B1〜B3、ラベル−FRND−Aの各数値Q1〜Q8に対して更新が繰り返される。この乱数更新処理(S50)は、前記メイン処理Mの実行時間毎に必ず1回行われる。
【0077】
図7は、前記乱数更新処理(S50)のフローチャートである。この乱数更新処理(S50)では、まず、各カウンタ(ラベル−TRND−B2及びラベル−TRND−B3を除く。)の各数値Qn(n=1〜5,8)が前記所定時間(2msec)ごとに1ずつ加算され(S51)、前記各数値Qnが前記所定最大値Xに至ると、次に再び‘0’に戻る繰り返しを行う(S52,S53)。そして、各カウンタの更新数値が主制御回路70のRAM73の各カウンタと対応する乱数記憶エリアにそれぞれ一旦記憶される(S54)。なお、図7中における『Qn’』は、加算される前の各カウンタの数値を意味する。また、ラベル−TRND−B2及びラベル−TRND−B3については、前記したようにラベル−TRND−B1と関連したタイミングで数値が加算され、前記RAM73の乱数記憶エリアにそれぞれ記憶されるようになっている。
【0078】
乱数取得処理(S60)では、図8に示すように、前記始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)10への遊技球の入賞(入球)が前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)により検出されたか否かが確認される(S61)。入賞(入球)が無かった場合、この乱数取得処理(S60)は直ちに終了されるが、入賞(入球)が前記特別図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)により検出された場合には、前記主制御回路70のRAM73に記憶されている前記各種更新乱数値Q1〜Q7が読み出されて取得され(S62)、前記主制御回路70のRAM73に記憶される(S63)。なお、前記普通図柄当たり判定・普通図柄決定用のラベル−FRND−Aの数値Q8は、前記普通図柄変動開始用第1ゲート18、普通図柄変動開始用第2ゲート19及び普通図柄変動開始用第3ゲート21の何れかを遊技球が通過して普通図柄変動開始スイッチで検出されたときに取得される。
【0079】
前記乱数取得処理(S60)の後、大当たり当否判定条件が成立しているか否かが確認される(S70)。前記大当たり当否判定条件が成立しているとは、現在特別遊技実行中ではない、或いは特別図柄変動中ではないことをいう。そして、前記大当たり当否判定条件成立と判断された場合には、大当たり当否判定処理(S80)、リーチ有無決定処理(S90)、確定停止特別図柄決定処理(S100)、変動態様決定処理(S120)等が実行される。一方、前記S70で大当たり当否判定条件不成立と判断された場合には、特別図柄停止処理(S150)にジャンプする。
【0080】
大当たり当否判定処理(S80)では、図9に示すように、まず、確率変動フラグB1が1か否か確認され(S81)、該確率変動フラグB1が1ではなく0の場合、すなわち低確率状態時(1/315)では、前記ラベル−TRND−Aの取得乱数値Q1が大当たり数値である‘5’,‘500’と対比され(S82)、前記取得乱数値Q1が前記大当たり数値の何れかであれば大当たりとなり、大当たりフラグA1が1にセットされると共に、該大当たりフラグA1(=1)が主制御回路70のRAM73内に格納される(S83)。一方、前記確率変動フラグB1が1の場合、すなわち高確率状態時(5/315)では、前記取得乱数値Q1が大当たり数値である‘5’,‘50’,‘100’,‘200’,‘300’,‘350’,‘400’,‘450’,‘500’,‘600’と対比され(S84)、前記取得乱数値Q1が前記大当たり数値の何れかと一致すれば大当たりとなり、大当たりフラグA1が1にセットされると共に、該大当たりフラグA1(=1)が主制御回路70のRAM73内に記憶される(S83)。なお、前記大当たり当否判定処理は、本発明の当否判定手段に相当する。
【0081】
リーチ有無決定処理(S90)では、前記特別図柄表示装置42でリーチ変動を行うか否かの決定がなされる。図10に示すように、このリーチ有無決定処理(S90)では、大当たりフラグA1が1か否か確認され(S91)、大当たりフラグA1が1ではなく0、つまり大当たり不成立となる場合、前記ラベル−TRND−R1の記憶取得乱数値Q2が読み出され、その取得乱数値Q2が‘24’又は‘49’であるか否か判断される(S92)。そして、前記取得乱数値Q2が‘24’又は‘49’ではない場合、リーチなしに決まり、このリーチ有無決定処理(S90)は終了する。一方、前記取得乱数値Q2が‘24’又は‘49’である場合(S92)、リーチ有りに決定され、リーチフラグRが1にセットされると共に、該リーチフラグR(=1)が主制御回路70のRAM73内に格納される(S93)。また、前記S91で大当たりフラグA1が1の場合、つまり大当たり(特別遊技実行可)となる場合、リーチ有りと決定され、リーチフラグRが1にセットされると共に、該リーチフラグR(=1)が主制御回路70のRAM73内に格納される(S93)。
【0082】
確定停止特別図柄決定処理(S100)では、前記大当たり当否判定処理(S80)に基づき前記特別図柄表示装置42に確定(最終)停止表示する特別図柄の決定が行われる。図11に示すように、この確定停止特別図柄決定処理(S100)では、まず、前記大当たりフラグA1の値が1か否か確認される(S101)。A1の値が1と判断された場合、すなわち大当たり(特別遊技実行可)となる場合、前記ラベル−TRND−AZ1の記憶取得乱数値Q4が読み出され、その取得乱数値Q4に対して予め決められている図柄の組合せ(図柄態様)が、前記特別図柄表示装置42に確定停止表示される確定大当たり図柄組合せ(図柄態様)として決定される(S102)。
【0083】
それに対して、前記S101で大当たりフラグA1の値が1でない、すなわち前記値が0と確認され、外れと判定された場合には、前記ラベル−TRND−B1〜B3の記憶取得乱数値Q5〜Q7が読み出され、その取得乱数値Q5〜Q7が一致するか否か判断され(S103)、取得乱数値Q5〜Q7が一致する場合、続いてリーチ有り(リーチ外れ)か否か、ここでは前記リーチフラグRが1か否か確認される(S104)。そして、リーチなしと判断された場合、前記ラベル−TRND−B2(右特別図柄用)の取得乱数値Q6を1加算し、その値とラベル−TRND−B1,B3の取得乱数値Q5,Q7に対して予め決められている図柄が、特別図柄表示装置42の左側表示領域、中央表示領域、右側表示領域に確定停止表示される外れ図柄として決定される(S105)。一方、前記S104で、リーチ有りと判断された場合、前記ラベル−TRND−B3(中特別図柄用)の取得乱数値Q7を1加算し、その値とラベル−TRND−B1,B2の取得乱数値Q5,Q6に対して予め決められている図柄が各表示領域に確定停止表示される外れ図柄として決定される(S106)。
【0084】
また、前記S103で、ラベル−TRND−B1〜B3の取得乱数値Q5〜Q7の内、少なくとも1つが異なる数値となる場合には、ラベル−TRND−B1の取得乱数値Q5とラベル−TRND−B2の取得乱数値Q6が一致するか否か判断され(S107)、両値が一致する場合、さらにリーチ有りか否か判断される(S108)。そして、リーチなしの場合、前記ラベル−TRND−B2の取得乱数値Q6を1加算し、その値とラベル−TRND−B1,B3の取得乱数値Q5,Q7に対して予め決められている図柄が各表示領域に確定停止表示される外れ図柄として決定される(S105)。一方、リーチ有りの場合、ラベル−TRND−B1〜B3の取得乱数値Q5〜Q7に対して予め決められている図柄が各表示領域に確定停止表示される外れ図柄として決定される(S109)。
【0085】
さらに、前記S107でラベル−TRND−B1の取得乱数値Q5とラベル−TRND−B2の取得乱数値Q6が一致しない場合、続いてリーチ有りか否か判断される(S110)。そして、リーチ有りと判断された場合には、ラベル−TRND−B2の取得乱数値Q6を強制的にラベル−TRND−B1の取得乱数値Q5と同一数値に変更し、かつラベル−TRND−B3の取得乱数値Q7を強制的に前記ラベル−TRND−B1の取得乱数値Q5に1加算した数値に変更し、それらの数値とラベル−TRND−B1の取得乱数値Q5に対して予め決められている図柄が各表示領域に確定停止表示される外れ図柄として決定される(S111)。一方、前記S110で、リーチなしと判断された場合、ラベル−TRND−B1〜B3の取得乱数値Q5〜Q7に対して予め決められている図柄が各表示領域に確定停止表示される外れ図柄として決定される(S109)。
【0086】
変動態様決定処理(S120)では、前記特別図柄表示装置42における特別図柄及び背景図柄の変動態様が決定される。また、前記変動態様には変動時間も含まれているため、この変動態様決定処理(S120)は、本発明における変動時間選択手段に相当する。図12及び図13に示すように、まず、大当たりフラグA1が1か否かが判断される(S121)。S121において、大当たりフラグA1が1ではなく0の場合、つまり大当たり不成立となる場合には、次にリーチフラグRが1か否かが確認される(S122)。S122において、前記リーチフラグRが1ではなく0の場合、つまりリーチ不成立となる場合には、現在の選択率テーブルが選択率テーブルAか否か判断され(S123)、選択率テーブルAの場合には前記変動態様決定用カウンタの取得数値Q3の値が‘0’〜‘14’か‘15〜35’か否か判断され(S124)、‘0’〜‘14’の場合にはリーチなし外れの変動態様1(第1変動時間;5秒)に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S125)。それに対して、前記取得数値Q3の値が‘0’〜‘14’ではなく‘15’〜‘35’の場合にはリーチなし外れの変動態様2(第2変動時間;10秒)に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S126)。
【0087】
前記S123で現在の選択率テーブルが選択率テーブルAではない、すなわち選択率テーブルBの場合、前記取得数値Q3の値が‘0’〜‘20’か‘21’〜‘35’か否か判断され(S127)、‘0’〜‘20’の場合にはリーチなし外れの変動態様1(第1変動時間;5秒)に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S128)。それに対して、前記取得数値Q3の値が‘0’〜‘20’ではなく‘21’〜‘35’の場合にはリーチなし外れの変動態様2(第2変動時間;10秒)に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S129)。前記変動態様が決定され、送信バッファに格納されると、この変動態様決定処理(S120)は終了する。なお、この実施例では、前記変動時間の短い第1変動時間を有する変動態様の選択率が、前記選択率テーブルAよりも選択率テーブルBの方で高になっているため、前記選択率テーブルBが選択された場合には、一定期間(例えば遊技店の1日の営業時間)(例えば13時間)における前記特別図柄表示装置42による特別図柄の平均変動回数及び停止回数が、前記選択率テーブルAの場合と比べて多くなり、大当たりに対するチャンスが多くなる。
【0088】
前記S122でリーチフラグRが1の場合、つまりリーチ成立となる場合には、次に変動態様決定用カウンタであるラベル−TRND−T1の取得乱数値Q3が、‘0’〜‘20’,‘21’〜‘30’,‘31’〜‘35’の何れの範囲に属するかが判断される(S130,S131)。前記取得乱数値Q3が‘0’〜‘20’の範囲に属する場合には、変動時間20秒のリーチ有り外れ変動態様3に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S132)。また、前記取得乱数値Q3が‘21’〜‘30’の範囲に属する場合には、変動時間30秒のリーチ有り外れ変動態様4に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S133)。さらに、前記取得乱数値Q3が‘31’〜‘35’の範囲に属する場合には、変動時間40秒のリーチ有り外れ変動態様5に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S134)。なお、前記変動態様が決定され、送信バッファに格納された(S132,S133,S134)後、前記リーチフラグRが0にセットされて(S140)、この変動態様決定処理(S120)が終了する。
【0089】
一方、前記S121において、前記大当たりフラグA1が1の場合、すなわち大当たりの場合には、次に変動態様決定用カウンタであるラベル−TRND−T1の取得乱数値Q3が、‘0’〜‘2’,‘3’〜‘15’,‘16’〜‘35’の何れの範囲に属するかが判断される(S135,S136)。前記取得乱数値Q3が‘0’〜‘2’の範囲に属する場合には、変動時間が28秒のリーチ有り大当たり変動態様6に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S137)。また、前記取得乱数値Q3が‘3’〜‘15’の範囲に属する場合には、変動時間38秒のリーチ有り大当たり変動態様7に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S138)。また、前記取得乱数値Q3が‘16’〜‘35’の範囲に属する場合には、変動時間48秒のリーチ有り大当たり変動態様8に決定され、その決定変動態様が前記主制御回路70の送信バッファに格納される(S139)。なお、前記変動態様が決定され、送信バッファに格納された(S137,S138,S139)後は、前記リーチフラグRが0にセットされると共に大当たりフラグA1が0にセットされて(S141)、この変動態様決定処理(S120)が終了する。
【0090】
特別図柄停止処理(S150)では、特別図柄変動時間が終了したか否か判断され(S151)、終了していれば特別図柄停止信号が前記主制御回路70の送信バッファに格納されて(S152)、この特別図柄停止処理(S150)が終了する。それに対して前記S151で特別図柄変動時間が終了していないと判断された場合には、直ちにこの特別図柄停止処理(S150)が終了する。
【0091】
出力処理(S160)では、前記各処理で決定され、前記主制御回路70の送信バッファに格納された送信データやコマンドが、対応する制御回路(基板)、例えば前記表示制御回路90や払出制御回路110等へ送信され、そのデータやコマンドを受信した制御回路(基板)において実行される。
【0092】
その他の処理(S170)では、前記特別遊技を実行するための特別遊技実行処理、払出処理、エラー処理等、遊技状態時に必要となるその他の処理(小当たりに関する処理等)が行われる。払出処理を除く他の処理については本発明に特に関わりない部分であり、詳しい説明を省略する。
【0093】
図15は払出処理(S171)に関するフローチャートである。払出処理(S171)は、本発明における賞球払出取消手段に相当する。この払出処理では、まず、前記右落とし入賞口(第2領域)29への入球(入賞)が前記右落とし入賞口用検出スイッチ(第2領域検出手段)により検出されたか否か判断され(S172)、前記右落とし入賞口(第2領域)への入球(入賞)が検出された場合には、前記発射装置91の発射モータが駆動しているか否か、すなわち遊技球が発射されているか否かが判断される(S173)。そして、発射モータが駆動中の場合には、前記入球(入賞)に対する遊技球の払出数が前記主制御回路70の送信バッファに格納され(S174)、この払出処理(S171)が終了する。前記送信バッファに格納された払出数の信号は、次回のメイン処理時に前記出力処理(S160)により前記払出制御回路110へ送信される。それに対し、前記発射装置91の発射モータが駆動していないと判断されると、前記入球(入賞)に対する遊技球の払出数を前記主制御回路70の送信バッファに格納することなく、すなわち前記入球(入賞)に対する賞球払出を取り消して、この払出処理(S171)を終了する。したがって、遊技者が遊技をしていないのに賞球払出が行われることがない。しかも、遊技店側が前記右落とし入賞口(第2領域)29に入球(入賞)させて前記選択率テーブルの変更を行う場合に遊技球が払い出されるのを防ぐことができるので、払い出された遊技球を回収しなくても良くなる。
【0094】
一方、前記S172で右落とし入賞口(第2領域)29への入球(入賞)が検出されていないと判断された場合、直ちにこの払出処理(S171)は終了される。
【0095】
また、前記選択率変更に関し、前記表示制御回路90では、前記主制御回路70から送信される信号に基づき、前記表示装置9の特別図柄表示装置42に、前記のように選択率変更の表示を行う。
【0096】
前記実施例では、選択率テーブルの変更、すなわち選択率の変更は、前記遊技領域6に設けた第2領域への遊技球の入球(入賞)を、第2領域検出手段で検出することにより行っているが、前記弾球遊技機1の裏面側に任意に作動可能な選択率変更手段(例えば切り替えスイッチ)を設け、前記弾球遊技機裏面側の選択率変更手段で行うようにしてもよい。図16は、切換スイッチ式の選択率変更手段52を、前記弾球遊技機1の裏面側における主制御回路基板用ケース70Cの裏面に設けた例である。
【0097】
また、前記特別図柄の変動時間の変更に代えてあるいは加えて前記普通図柄の変動時間を変更制御する場合も、本発明に含まれる。前記普通図柄の変動時間を変更制御する例として、前記普通図柄変動開始用第1ゲート18、前記普通図柄変動開始用第2ゲート19及び前記普通図柄変動開始用第3ゲート21を始動入賞領域及び第1領域とし、かつ前記普通図柄変動開始スイッチを始動入賞領域検出手段及び第1領域検出手段とし、また前記左落とし入賞口27を第2領域とし、かつ前記左落とし入賞口用検出スイッチを第2領域検出手段とする例を挙げる。その場合、前記普通図柄変動開始用第1ゲート18、前記普通図柄変動開始用第2ゲート19及び前記普通図柄変動開始用第3ゲート21(始動入賞口、第1領域)の何れかを遊技球が通過して前記普通図柄変動開始スイッチ(始動入賞領域検出手段、第1領域検出手段)により検出されると、初期設定時の状態では、表3に示す選択率テーブルAから普通図柄の変動態様が普通図柄の変動時間と共に選択され、また、前記左落とし入賞口27(第2領域)に遊技球が入賞して前記左落とし入賞口用検出スイッチ(第2領域検出手段)で検出されると、現在選択されている選択率テーブルとは異なる選択率テーブル、すなわち、前記表3における選択率テーブルBから普通図柄の変動態様が普通図柄の変動時間と共に選択される。また、その後に前記左落とし入賞口用検出スイッチ(第2領域検出手段)で入賞球が検出されると、現在選択されている選択率テーブルとは異なる選択率テーブル、すなわち、前記表3における選択率テーブルAから普通図柄の変動態様が普通図柄の変動時間と共に選択される。
【表3】
【0098】
前記表3における選択率テーブルAと選択率テーブルBは、普通図柄の第1変動時間と第2変動時間の選択率が互いに異なっている。すなわち、表3の選択率テーブルAは、前記通常遊技状態(低確率状態)時に、変動態様1(第1変動時間;40秒)の選択率が0/10、変動態様2(第2変動時間;50秒)の選択率が10/10に設定され、また前記確率変動状態(高確率状態)時に、変動態様3(第1変動時間;4秒)の選択率が0/10、変動態様4(第2変動時間;5秒)の選択率が10/10に設定されている。それに対し、前記選択率テーブルBは、前記通常遊技状態(低確率状態)時に、変動態様1(第1変動時間;40秒)の選択率が6/10、変動態様2(第2変動時間;50秒)の選択率が4/10に設定され、また前記確率変動状態(高確率状態)時に、変動態様3(第1変動時間;4秒)の選択率が6/10、変動態様4(第2変動時間;5秒)の選択率が4/10に設定されている。なお、この場合、請求項1の通常時よりも有利な特別遊技は、前記普通図柄の当たり時に行われる前記始動入賞口10の2つの可動片10a,10bによる入賞領域拡大が相当する。また、前記普通図柄の変動時間(変動態様)に関する選択率テーブル(この実施例では前記表3の選択率テーブルAと選択率テーブルB)を切り替える選択率変更手段(スイッチ等)を弾球遊技機の裏側に設けてもよい。
【0099】
このように、前記選択率テーブルBに設定されると、選択可能な変動時間に変動時間の短い変動態様(第1変動時間)が含まれるため、結果的に単位時間(例えば1日の遊技店の営業時間)における普通図柄の変動開始及び停止回数(普通図柄の判定回数)が多くなる。逆に、前記選択率テーブルAに設定されると、変動時間の長い変動態様(第2変動時間)のみが選択されるため、結果的に単位時間(例えば1日の遊技店の営業時間)における普通図柄の変動開始及び停止回数(普通図柄の判定回数)が少なくなる。前記実施例では、前記普通図柄の当たり確率は変わらないので、普通図柄の変動開始及び停止回数が多くなる選択率テーブルBに設定されると、遊技者は前記始動入賞口10の入賞領域拡大の機会を多く獲得することができるようになる。これにより、同じ遊技機でも、単位時間(例えば1日の遊技店の営業時間)における前記始動入賞口10への入球回数が変化し、それによる大当たり回数が変化する可能性が高くなる。したがって、遊技店側がお客さんへの感謝日等のために、初期設定後に前記左落とし入賞口27へ遊技球を予め入賞させることにより、あるいは前記弾球遊技機裏面に前記選択率変更手段(スイッチ等)がある場合には前記選択率変更手段を切り替えることにより、前記選択率テーブルBに設定しておくと、単位時間(例えば1日の遊技店の営業時間)における前記始動入賞口10の入賞領域拡大の機会が増え、結果的に前記始動入賞口10に遊技球が入り易くなって、1日の大当たり判定回数が増加し、大当たりの回数が増加することになる。
【0100】
なお、前記表3の例では、前記通常遊技状態時と前記確率変動状態時の場合で選択率テーブルが共通しており、前記通常遊技状態時と前記確率変動状態時とで選択率テーブルを異ならせることができないが、前記通常遊技状態時と前記確率変動状態時とで選択率テーブルを異ならせるようにしてもよい。例えば、前記通常遊技状態時には選択率テーブルAを、前記確率変動状態時には選択率テーブルBを選択可能にしてもよい。また、前記選択率テーブルAでは通常遊技状態時に前記第2変動時間(この例では変動時間;50秒)のみが選択されるようになっているが、前記第1変動時間(この例では変動時間;40秒)も選択率に従って選択されるようになっていてもよい。
【0101】
なお、本発明は、前記実施例に限定されるものではなく、発明の趣旨を逸脱しない範囲において構成の一部を適宜に変更して実施することができる。たとえば、前記実施例においては、前記始動入賞領域、第1領域、第2領域の構成が遊技球の入球する構成になっているが、本発明は、遊技盤前面において前記始動入賞領域、第1領域、第2領域を遊技球が通過する構造であってもよい。さらに、前記実施例では、画像の変動時間に対する選択率の変更対象を、第1変動時間と第2変動時間の2種類にしているが、本発明では前記選択率の変更対象を第1変動時間と第2変動時間の2種類に限るものではない。さらにまた、前記選択率変更を報知する選択率変更報知手段は、前記実施例における表示装置に限られず、スピーカ等による音声、あるいはランプ等による発光・点滅等で行ってもよい。また、変動時間を前記変動時間選択手段によって変更する画像は、前記特別図柄や前記普通図柄に限定されるものではなく、その他の画像であってもよい。さらにまた、前記通常時よりも有利な特別遊技については、前記大入賞口の開閉や前記始動入賞口の入賞領域拡大に関するものに限られず、その他の入賞口の開閉や入賞領域の拡大等に関するもの等、あるいは前記入賞口の開閉や入賞領域の拡大等以外のものであってもよく、遊技者にとって通常時よりも有利となる遊技状態のものであればよい。
【0102】
【発明の効果】
以上図示し説明したように、請求項1の発明によれば、選択率変更手段を任意に作動させることにより、画像変動時間に対する選択率を、少なくとも第1変動時間の選択率と、前記第1変動時間よりも長い第2変動時間の選択率とについて変更することができるので、同じ種類の弾球遊技機でしかも同じ入賞確率の場合においても、選択率を変更した弾球遊技機と変更しない弾球遊技機の間で、一定期間(例えば1日の遊技店の営業時間)の画像変動回数に差を生じさせることが、意図的にかつ容易に可能である。また、同じ種類の弾球遊技機でしかも同じ入賞確率の場合においても、選択率を変更した弾球遊技機と変更しない弾球遊技機の間で画像変動回数に差を設けることができるため、結果的に一定期間(例えば1日の営業時間)内に発生する特別遊技の回数を異ならせることが可能になり、遊技者による弾球遊技機に対する魅力を高めることができる。
【0103】
請求項2の発明によれば、前記第1変動時間の選択率と第2変動時間の選択率を変更するための選択率変更手段を弾球遊技機の裏面側に設けたため、裏面が遊技者側から隠れている遊技店において、遊技者が選択率変更手段を操作するのを防ぐことができる。
【0104】
請求項3の発明によれば、遊技領域上の第2領域に遊技球を入球あるいは通過させることにより、画像変動時間に対する選択率を、少なくとも第1変動時間の選択率と、前記第1変動時間よりも長い第2変動時間の選択率とについて変更することができるので、同じ種類の弾球遊技機でしかも同じ入賞確率の場合においても、選択率を変更した弾球遊技機と変更しない弾球遊技機の間で、一定期間(例えば1日の遊技店の営業時間)の画像変動回数に差を生じさせることが、意図的にかつ容易に可能である。また、同じ種類の弾球遊技機でしかも同じ入賞確率の場合においても、選択率を変更した弾球遊技機と変更しない弾球遊技機の間で画像変動回数に差を設けることができるため、結果的に一定期間(例えば1日の営業時間)内に発生する特別遊技の回数を異ならせることが可能になり、遊技者による弾球遊技機に対する魅力を高めることができる。さらに、遊技領域上の第2領域に遊技球が入球あるいは通過したことを検出する第2領域検出手段を、前記第1変動時間の選択率と第2変動時間の選択率を変更するための選択率変更手段とするため、遊技領域上の第2領域に付随する第2領域検出手段を利用して選択率変更手段を弾球遊技機に設けることができる。
【0105】
請求項4の発明によれば、弾球遊技機の初期設定時、第2変動時間よりも変動時間の短い第1変動時間の選択率を、第2変動時間の選択率よりも低く設定するため、初期設定のままにすれば、弾球遊技機における画像の変動回数を少なくすることができ、その結果特別遊技の発生回数を少なくすることができる。また、
【0106】
請求項5の発明によれば、選択率変更制御手段による変動時間の選択率変更によって第1変動時間の選択率を第2変動時時間の選択率よりも高くするため、結果的に一定期間(例えば1日の営業時間)の画像変動回数を増やすことができ、特別遊技の発生回数を増加させることが可能になる。
【0107】
請求項6の発明によれば、画像の変動開始の起因となる第1領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性よりも第2領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性の方が低く設定されているため、第2領域への遊技球の入球あるいは通過による選択率の変化が、画像の変動開始ほど発生せず、遊技の興趣を損なうおそれがない。
【0108】
請求項7の発明によれば、第1領域及び前記第2領域の周囲に遊技球の入球あるいは通過の障害又は助勢となる突起体を複数設けると共に、前記突起体の配列により、第1領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性よりも第2領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性を低くしたため、第2領域への遊技球の入球あるいは通過による選択率の変化が、画像の変動開始ほど発生せず、頻繁な選択率変更により遊技の興趣を損なうおそれがない。
【0109】
請求項8の発明によれば、第1領域への遊技球の入球あるいは通過に起因して遊技の当たり外れを判定する当否判定手段を備え、判定結果を示す判定図柄を前記画像として前記表示装置で表示するため、同じ種類の弾球遊技機でしかも同じ入賞確率の場合においても、判定結果表示までの時間を変化させることができる。
【0110】
請求項9の発明によれば、遊技者の遊技実行が検出されていない状態において、少なくとも前記第2領域への遊技球の入球あるいは通過に起因する賞球の払い出しを取り消すことができるため、遊技者が遊技をしていないのに第2領域に対する賞球払出が行われるのを防ぐことができる。
【0111】
請求項10の発明によれば、変動時間選択手段が、前記第1変動時間と前記第2変動時間を、各々に設定された選択率にしたがって選択するため、選択率の数値をランダムに変更するのと比べ、選択率の変更後の画像回転回数が予測し易く、遊技状態や特別遊技の回数等の管理が容易である。
【0112】
請求項11の発明によれば、変動時間選択手段による選択率の変更を、画像の変動中及び前記特別遊技の実行中の何れでもない遊技待機中に行われた場合に有効とするため、遊技に支障を生じるおそれがない。また、頻繁に選択率の変更がなされることを防ぐことができる。
【0113】
請求項12の発明によれば、選択率の変更を報知する選択率変更報知手段を設けたため、選択率の変更を容易に確認することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例に係る弾球遊技機全体について釘を省略して示す正面図である。
【図2】同弾球遊技機における遊技盤の正面図である。
【図3】同弾球遊技機の電気制御を簡略に示すブロック図である。
【図4】同弾球遊技機の表示制御を簡略に示すブロック図である。
【図5】同弾球遊技機におけるメイン処理に関するフローチャートである。
【図6】同弾球遊技機における選択率変更処理に関するフローチャートである。
【図7】同弾球遊技機における乱数更新処理に関するフローチャートである。
【図8】同弾球遊技機における乱数取得処理に関するフローチャートである。
【図9】同弾球遊技機における大当たり当否判定処理に関するフローチャートである。
【図10】同弾球遊技機におけるリーチ有無決定処理に関するフローチャートである。
【図11】同弾球遊技機における確定停止特別図柄決定処理に関するフローチャートである。
【図12】同弾球遊技機における変動態様決定処理に関する第1フローチャートである。
【図13】同弾球遊技機における変動態様決定処理に関する第2フローチャートである。
【図14】同弾球遊技機における特別図柄停止処理に関するフローチャートである。
【図15】同弾球遊技機におけるその他の処理の払出処理に関するフローチャートである。
【図16】弾球遊技機の裏面側に選択率変更手段を設けた例を示す弾球遊技機裏側の図である。
【符号の説明】
1 弾球遊技機
3 遊技盤
6 遊技領域
9 表示装置
10 始動入賞口(始動入賞領域、第1領域)
29 右落とし入賞口(第2領域)
42 特別図柄表示装置
52 選択率変更手段
70 主制御回路
90 表示制御回路
110 払出制御回路

Claims (12)

  1. 画像を可変表示可能な表示装置と、
    前記画像を変動表示させた後に停止表示する画像表示制御手段と、
    前記表示装置に予め定められた画像態様が停止した場合、遊技者に通常時よりも有利な特別遊技を発生させる特別遊技実行制御手段と、
    遊技盤の遊技領域に打ち込まれた遊技球が前記遊技領域の始動入賞領域に入球あるいは通過したことを検出する始動入賞領域検出手段と、
    前記始動入賞領域検出手段による遊技球の検出に起因して前記画像の変動時間を複数の変動時間の中から選択する変動時間選択手段と、
    前記複数の変動時間として、第1変動時間と該第1変動時間よりも長い変動時間の第2変動時間とを少なくとも有する弾球遊技機において、
    任意に作動可能な選択率変更手段と、
    前記選択率変更手段の作動により少なくとも前記第1変動時間と前記第2変動時間とに対する前記変動時間選択手段による選択率を変更制御する選択率変更制御手段と、
    を備えたことを特徴とする弾球遊技機。
  2. 前記選択率変更手段を弾球遊技機の裏面側に設けたことを特徴とする請求項1に記載の弾球遊技機。
  3. 画像を可変表示可能な表示装置と、
    前記画像を変動表示させた後に停止表示する画像表示制御手段と、
    前記表示装置に予め定められた画像態様が停止した場合、遊技者に通常時よりも有利な特別遊技を発生させる特別遊技実行制御手段と、
    遊技盤の遊技領域上に第1領域が設けられ、前記遊技領域に打ち込まれた遊技球が前記第1領域に入球あるいは通過したことを検出する第1領域検出手段と、
    前記第1領域検出手段による遊技球の検出に起因して前記画像の変動時間を複数の変動時間の中から選択する変動時間選択手段と、
    前記複数の変動時間として、第1変動時間と該第1変動時間よりも長い変動時間の第2変動時間とを少なくとも備えた弾球遊技機であって、
    前記遊技領域上の前記第1領域とは異なる位置の第2領域と、
    前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過したことを検出する第2領域検出手段と、
    前記変動時間選択手段によって選択される少なくとも前記第1変動時間と前記第2変動時間に対する選択率を前記第2領域検出手段による遊技球の検出により変更制御する選択率変更制御手段と、
    を備えたことを特徴とする弾球遊技機。
  4. 前記弾球遊技機の初期設定を行う初期設定制御手段を備え、前記初期設定時における前記第1変動時間の選択率を前記第2変動時間の選択率よりも低く設定したことを特徴とする請求項1から3の何れか一項に記載の弾球遊技機。
  5. 前記選択率変更制御手段による変動時間の選択率変更によって前記第1変動時間の選択率を前記第2変動時間の選択率よりも高くすることを特徴とする請求項1から4の何れか一項に記載の弾球遊技機。
  6. 前記第1領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性よりも前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性を低く設定したことを特徴とする請求項3から5の何れか一項に記載の弾球遊技機。
  7. 前記第1領域及び前記第2領域の周囲には各々の領域への遊技球の入球あるいは通過の障害又は助勢となる突起体を複数設けると共に、前記突起体の配列により、前記第1領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性よりも前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過する可能性を低くしたことを特徴とする請求項6に記載の弾球遊技機。
  8. 前記第1領域への遊技球の入球あるいは通過に起因して遊技の当たり外れを判定する当否判定手段を備え、前記判定結果を示す判定図柄を前記画像として前記表示装置で表示することを特徴とする請求項3から7の何れか一項に記載の弾球遊技機。
  9. 前記第2領域に遊技球が入球あるいは通過したことに起因して遊技球を賞球として払い出す賞球払出手段と、
    遊技者が遊技を実行していることを検出する遊技実行検出手段とを備え、
    前記遊技実行検出手段により遊技者の遊技実行が検出されていない状態において、少なくとも前記第2領域への遊技球の入球あるいは通過に起因する賞球の払い出しを取り消す賞球払出取消手段を備えたことを特徴とする請求項3から8の何れか一項に記載の弾球遊技機。
  10. 前記変動時間選択手段が、前記第1変動時間と前記第2変動時間を、各々に設定された選択率にしたがって選択することを特徴とする請求項1から9の何れか一項に記載の弾球遊技機。
  11. 前記変動時間選択手段による前記選択率の変更は、前記画像の変動中及び前記特別遊技の実行中の何れでもない遊技待機中に行われた場合に有効とすることを特徴とする請求項1から10の何れか一項に記載の弾球遊技機。
  12. 前記選択率の変更を報知する選択率変更報知手段を設けたことを特徴とする請求項1から11の何れか一項に記載の弾球遊技機。
JP2003039823A 2002-11-29 2003-02-18 弾球遊技機 Pending JP2004223185A (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002347123 2002-11-29
JP2003039823A JP2004223185A (ja) 2002-11-29 2003-02-18 弾球遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003039823A JP2004223185A (ja) 2002-11-29 2003-02-18 弾球遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004223185A true JP2004223185A (ja) 2004-08-12

Family

ID=32910935

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003039823A Pending JP2004223185A (ja) 2002-11-29 2003-02-18 弾球遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004223185A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010148544A (ja) * 2008-12-24 2010-07-08 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012075616A (ja) * 2010-09-30 2012-04-19 Sansei R&D:Kk 遊技機
JP2012170534A (ja) * 2011-02-18 2012-09-10 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2013039302A (ja) * 2011-08-19 2013-02-28 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2019097703A (ja) * 2017-11-29 2019-06-24 株式会社ソフイア 遊技機

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010148544A (ja) * 2008-12-24 2010-07-08 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012075616A (ja) * 2010-09-30 2012-04-19 Sansei R&D:Kk 遊技機
JP2012170534A (ja) * 2011-02-18 2012-09-10 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ遊技機
JP2013039302A (ja) * 2011-08-19 2013-02-28 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2019097703A (ja) * 2017-11-29 2019-06-24 株式会社ソフイア 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4573739B2 (ja) 遊技機
JP2008036292A (ja) 遊技機
JP2017042334A (ja) 遊技機
JP2008113885A (ja) 遊技機
JP2003117114A (ja) 遊技機
JP2003164587A (ja) 遊技機
JP2005192854A (ja) 遊技機
JP2017205228A (ja) 遊技機
JP2004223185A (ja) 弾球遊技機
JP2011167535A (ja) 遊技機
JP2005211407A (ja) 弾球遊技機
JP2017127509A (ja) 遊技機
JP2007167147A (ja) 遊技機
JP4907633B2 (ja) 遊技機
JP2019217201A (ja) 遊技機
JP2019146743A (ja) 遊技機
JP6674919B2 (ja) 遊技機
JP6669480B2 (ja) 遊技機
JP2007301161A (ja) 遊技機
JP2012249767A (ja) 遊技機
JP4385596B2 (ja) 遊技機
JP2004113447A (ja) 遊技機
JP2018082957A (ja) 遊技機
JP6354998B2 (ja) 遊技機
JP2020048755A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040824

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041221