JP2004167069A - Outsole structure of football shoe - Google Patents

Outsole structure of football shoe Download PDF

Info

Publication number
JP2004167069A
JP2004167069A JP2002338049A JP2002338049A JP2004167069A JP 2004167069 A JP2004167069 A JP 2004167069A JP 2002338049 A JP2002338049 A JP 2002338049A JP 2002338049 A JP2002338049 A JP 2002338049A JP 2004167069 A JP2004167069 A JP 2004167069A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
outsole
characterized
stud
structure
toe
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002338049A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3934036B2 (en )
Inventor
Takeshi Dairei
Toshiyasu Yasui
剛 大禮
敏恭 安井
Original Assignee
Mizuno Corp
美津濃株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To enable a gripping force to be transmitted consistently to a ground contact surface according to a player's movement demanded at the time of racing.
SOLUTION: In a bottom 1a of an outsole 1, a first stud 11 is arranged at a position near an intermediate position of the second toe pediphalanx joint MJ2 and the third toe pediphalanx joint MJ3 of the toe of a wearing person, a second stud 12 is arranged in a position corresponding to a first hallux distal phalanx DP1, a third stud 13 is arranged at a position near the condyle of a first hallux metatarsal bone MB1, a fourth stud 14 is arranged at a position corresponding to the third toe distal phalanx DP3, and a fifth stud 15 is arranged at a position near an intermediate position of the fourth toe pediphalanx joint MJ4 and fifth toe pediphalanx joint MJ5.
COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、フットボールシューズのアウトソール構造に関し、とくに、ラグビーシューズやサッカーシューズに好適のアウトソール構造の改良に関する。 The present invention relates to an outsole structure of football shoes, in particular, it relates to an improvement of the preferred of the outsole structure in rugby shoes and soccer shoes.
【0002】 [0002]
【従来の技術およびその課題】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来のスタッド着脱式のラグビーシューズとしては、図11(a)に示すように、前足部に4本のスタッド100が配置され、踵部に2本のスタッド101が配置された6本構造のもの(特開平7−313202号公報参照)や、同図(b)に示すように、前足部に6本のスタッド100が配置され、踵部に2本のスタッド101が配置された8本構造のものが主流であった。 A conventional stud detachable rugby shoes, as shown in FIG. 11 (a), are arranged four studs 100 to the forefoot, those six structures stud 101 of the two heel is placed (see Japanese Patent Laid-Open No. 7-313202) and, as shown in FIG. (b), are disposed six studs 100 to the forefoot, eight structure stud 101 of the two heel is placed what was the mainstream. なお、同図中の一点鎖線は、着用者の足の骨格構造を示している。 Incidentally, dashed line in the figure shows the skeletal structure of the wearer's foot.
【0003】 [0003]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特開平7−313202号公報(図2) JP-7-313202 discloses (Fig. 2)
【0004】 [0004]
本願発明に係る発明者は、とくにラグビーシューズのアウトソール構造、その中でもスタッド配置やソール剛性について見直しを図るべく、実際の競技中においてステップ時やスクラムを組んだ際にプレーヤーの足裏に作用する力についてバイオメカニクスの観点から分析を行った。 The inventors according to the present invention, in particular outsole structure of rugby shoes, in order to improve the review of the stud placement and sole rigidity among them, acting on the player's foot when he formed a step or when scrum during the actual competition It was analyzed from the point of view of biomechanics about the power.
【0005】 [0005]
その結果、これまで慣用的に行われてきたスタッド配置をさらに改良する余地のあることが判明した。 As a result, it was found that a room for further improving the stud arrangement that has been routinely performed heretofore. さらに、このようなスタッド配置に加え、スクラム時やステップ時のグリップ力をさらに向上させ、出足の一歩をさらにリードできるようにしたいとする要請もあった。 In addition to such a stud arrangement, the grip force during scram and during step further improves, was also requested to want to be able to further read step of turnout.
【0006】 [0006]
本発明は、このような従来の実情に鑑みてなされたもので、競技時に要求される競技者の動きに応じてグリップ力を確実に接地面に伝達できるアウトソール構造を提供することを目的とする。 The present invention has such has been made in view of the conventional situation, and aims to provide a outsole structure can be transmitted to ensure that the ground plane of the grip according to the athlete's movement is required during the competition to.
【0007】 [0007]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
そこで、本願発明に係る発明者は、競技中にラグビープレーヤーの足に実際に作用する足圧の分布状態を測定した。 Accordingly, the inventors of the present invention measured the distribution of foot pressure actually acting on the rugby player's foot during the competition. この測定結果を図2および図3に示す。 The measurement results are shown in FIGS. 図2はスクラム時の足圧分布図であり、図3はステップ時の足圧分布図である。 Figure 2 is a foot pressure distribution diagram during scrum, FIG. 3 is a foot pressure distribution diagram of the time step. 各図とも左足の足裏側から見た足圧分布を示しており、図中、Mは内甲側を、Lは外甲側をそれぞれ示しており、また、内側の等圧線ほど圧力が高いことを示している。 Each figure also shows a foot pressure distribution viewed from the foot back side of the left foot, in the figure, M represents the medial side, L is shows the outer lateral side, respectively, also the higher the pressure the more inner isobar shows.
【0008】 [0008]
これらの図から、スクラム時には、第1足指の末節骨から中足骨骨頭にかけての領域、ならびに第2足指の中足趾節関節およびその周囲を含む領域において、足圧が相対的に高くなっている。 From these figures, when Scrum region of subjected metatarsal caput from the distal phalanx of the first toe, and in a region including the metatarsophalangeal joints and around the second toe, the foot pressure is relatively high going on. また、ステップ時には、第1足指の末節骨から基節骨骨頭にかけての領域、第1足指から第3足指の各中足趾節関節およびその周囲を含む領域、ならびに踵部の領域において、足圧が相対的に高くなっている。 Also, during step, a region from the distal phalanx toward proximal phalanx bone head of the first toe, the metatarsophalangeal joint of the third toe of the first toe and the area including the periphery, and in the region of the heel portion , foot pressure is relatively high.
【0009】 [0009]
本発明は、このように、実際の足圧分布の測定結果を考察することによりなされたものであって、請求項1の発明に係るフットボールシューズのアウトソール構造は、アウトソールの底面において、着用者の足指の第2趾中足趾節関節および第3趾中足趾節関節の中間位置付近に対応する位置に第1のスタッドを配置したことを特徴としている。 The present invention is thus, which has been made by considering the actual measurement result of foot pressure distribution, outsole structure of a football shoe according to the invention of claim 1, the bottom surface of the outsole wear It is characterized in that the first stud is disposed at a position corresponding to the vicinity of second 趾中 metatarsophalangeal joints and an intermediate position of the third 趾中 metatarsophalangeal joint of the toe of the person.
【0010】 [0010]
図2および図3の足圧分布図から、スクラム時およびステップ時のいずれの場合においても、足裏の踏付部の略中央部分の足圧が高くなっていることが分かる。 From foot pressure distribution diagram of FIG. 2 and FIG. 3, in any case during scram and during step, it can be seen that the foot pressure of the substantially central portion of the 踏付 portion of the sole is high. 第1のスタッドは、この踏付部の略中央部分の足圧が高い位置に対応して配置されている。 The first stud, the foot pressure of the substantially central portion of the 踏付 portion are arranged corresponding to the high position. すなわち、図4および図5のアウトソール底面図に示すように、第1のスタッド11は、足指の第2趾中足趾節関節MJ および第3趾中足趾節関節MJ の中間位置付近(つまり中間位置およびその近傍を含む領域)に対応する位置に配置されている。 That is, as shown in the outsole bottom view of FIG. 4 and FIG. 5, the first stud 11, intermediate second趾中metatarsophalangeal joints MJ 2 and third趾中metatarsophalangeal joints MJ 3 toe It is disposed at a position corresponding to the vicinity of the position (that is, a range including an intermediate position and its vicinity).
【0011】 [0011]
この場合には、スクラム時およびステップ時に最も大きな力が作用する部位にスタッドが配置されるので、足裏からの力をロスなく接地面に伝えることができ、競技時に要求される競技者の動きに応じてグリップ力を確実に接地面に伝達できるようになり、これにより、出足の一歩をリードできるようになる。 In this case, since the greatest force at the time of scram and during the step are arranged studs to the site of action, it is possible to transmit a force from the foot without loss ground plane, the movement of the athlete is required at the time of the competition It will be able to reliably transmitted to the ground plane the gripping force according to, thereby, it becomes possible to lead a step of turnout.
【0012】 [0012]
また、最も大きな足圧が作用するアウトソール部位が第1のスタッドにより下方から支持されるので、足の踏付部の下方への落ち込みを防止できる。 Moreover, most since outsole sites large foot pressure is applied is supported from below by the first stud, it can prevent a drop to below the 踏付 portion of the foot. このような横アーチの落ち込み等の防止によって足の障害を防止できるとともに、アウトソールひいてはシューズの変形を防止して耐久性を向上できる。 It is possible to prevent failure of the foot by preventing the drop or the like of such a transverse arch, the durability can be improved by preventing the deformation of the outsole and thus shoes.
【0013】 [0013]
なお、第1のスタッドの位置について、第2趾中足趾節関節MJ および第3趾中足趾節関節MJ の中間位置の近傍まで含めたのは、着用者の足には、足指の長短などの個体差があることを考慮したためである。 Note that the position of the first stud, was included to the vicinity of an intermediate position of the second趾中metatarsophalangeal joints MJ 2 and third趾中metatarsophalangeal joints MJ 3 is the wearer's foot, foot This is because taking into account that there are individual differences, such as long and short of the finger.
【0014】 [0014]
請求項2の発明においては、第1のスタッドに加えて、足指の第1趾末節骨に相当する位置に第2のスタッドが、第1趾中足骨の骨頭付近に対応する位置に第3のスタッドがそれぞれ配置されている。 In the invention of claim 2, in addition to the first stud, the second stud to a position corresponding to the first 趾末 phalanx toes, first at a position corresponding to the vicinity of the first 趾中 metatarsal bone head 3 studs are respectively arranged.
【0015】 [0015]
図4および図5に示すように、第2のスタッド12および第3のスタッド13は、スクラム時およびステップ時に足圧が上昇する部位に対応して配置されている。 As shown in FIGS. 4 and 5, a second stud 12 and the third stud 13, the foot pressure are arranged corresponding to the portion to rise during scram and during step. これにより、競技者の動きに応じてグリップ力をより確実に接地面に伝達できるようになる。 This makes it possible to transmit the grip more securely to the ground plane in accordance with the movement of the athlete.
【0016】 [0016]
請求項3の発明においては、第1ないし第3のスタッドに加えて、足指の第3趾末節骨に対応する位置に第4のスタッドが、第4趾中足趾節関節および第5趾中足趾節関節の中間位置付近に対応する位置に第5のスタッドがそれぞれ配置されている。 In the invention of claim 3, in addition to the first to third stud, the fourth stud at a position corresponding to the third 趾末 phalanx of toe, fourth 趾中 metatarsophalangeal joint and the fifth toe fifth stud is arranged at a position corresponding to the vicinity of the intermediate position of the metatarsophalangeal joints.
【0017】 [0017]
この場合には、アウトソールの前足部のスタッドが、それぞれ最適位置に配置された最少本数の5本のスタッドから構成されるので、足の外側への倒れ込みを防止しつつ、シューズのフラットな接地を実現できる。 In this case, the stud forefoot outsole, since it is composed of five studs minimum number disposed respectively optimal position, while preventing the collapse of the lateral side of the foot, shoe flat ground It can be realized.
【0018】 [0018]
請求項4の発明においては、第1のスタッドの長さを第3および第5のスタッドの長さよりも短くすることにより、第1のスタッドの最突出端の位置が第3および第5のスタッドの最突出端の位置に対して、略同一の平面上に配置されており、または若干上方の位置に配置されている。 In the invention of claim 4, by less than the length of the length of the first stud third and fifth studs, the position of the extreme projecting ends of the first stud third and fifth studs against the position of the extreme projecting ends are arranged on substantially the same plane, or is disposed slightly above the position.
【0019】 [0019]
アウトソールの底面が下方に突出する緩やかな湾曲形状を有している場合、第1のスタッドの長さを第3および第5のスタッドの長さと同じにすると、中央側の第1のスタッドの方が側縁部側の第3および第5のスタッドよりも下方に突出することになって、接地時の局部的な突き上げ感が増加し、足の障害が発生するおそれがある。 If the bottom surface of the outsole has a gently curved shape protruding downward, when the length of the first stud same as the length of the third and fifth studs, on the center side of the first stud it is supposed to protrude downward from the stud of the third and fifth side edge portion side, increased local push-up feeling when the ground, there is a possibility that the feet of failure.
【0020】 [0020]
しかしながら、請求項4の発明では、第1のスタッドの長さを第3および第5のスタッドの長さよりも短くして、第1のスタッドの最突出端の位置を第3および第5のスタッドの最突出端の位置に対して、略面一の位置または若干上方の位置に配置したので、シューズのフラット設置が可能になるとともに、接地時の局部的な突き上げ感を緩和でき、足の障害を防止できる。 However, in the invention of claim 4, the length of the first stud made shorter than the length of the third and fifth studs, the position of the protruding end of the first stud third and fifth studs of with respect to the position of the protruding end, since the disposed location of the substantially flush or slightly above the position, the allowing flat installation of the shoe, can be relaxed local push-up feeling when the ground, foot disorders It can be prevented.
【0021】 [0021]
請求項5の発明においては、各足指の中足趾節関節付近の位置から基節骨骨頭付近の位置にかけてのアウトソール領域が他のアウトソール領域よりも高剛性にされている。 In the invention of claim 5, outsole region of toward a location near the proximal phalanx condyle from a position in the vicinity of the metatarsophalangeal joint of the toe is the higher rigidity than the other outsole region.
【0022】 [0022]
この場合には、スクラム時やステップ時において足圧が高くなるスタッド間のアウトソール領域の落ち込みが防止されると同時に、当該アウトソール領域の反発性を向上でき、これにより、出足の一歩をリードできるようになり、次の動作にスムーズに移行できるようになる。 In this case, at the same time the drop in the outsole region between studs foot pressure becomes high at the time of scram and during the step is prevented, can improve resilience of the outsole area, thereby leading the step of turnout can be as becomes, it becomes possible to smoothly shift to the next operation.
【0023】 [0023]
また、一部のアウトソール領域を高剛性にすることで、他の大部分のアウトソール領域を薄肉にして低剛性にすることができ、これにより、アウトソール全体を軽量化できる。 Also, by the part of the outsole region with high rigidity, and the other a large part of the outsole area to be thin can be less rigid, which makes it possible weight of the entire outsole.
【0024】 [0024]
請求項6の発明においては、足指の第1趾中足趾節関節および第2趾中足趾節関節付近の位置から第1趾基節骨および第2趾基節骨の各骨頭付近の位置にかけてのアウトソール領域が他のアウトソール領域よりも高剛性にされている。 In the invention of claim 6, near the first 趾中 metatarsophalangeal joint and the second 趾中 each bone head of the foot first 趾基 phalanx from a position near the metatarsophalangeal joints and the second 趾基 phalanx of toe outsole region of toward position is the higher rigidity than the other outsole region. また、請求項8の発明では、高剛性の領域が第1ないし第3の各スタッドの配設位置を含んでいる。 Further, in the invention of claim 8, regions of high rigidity contains a layout position of the first through third respective stud.
【0025】 [0025]
これらの場合には、スクラム時やステップ時において足圧が最も高くなる第1ないし第3のスタッドに囲まれたアウトソール領域の剛性が高く設定されることになるので、当該アウトソール領域のたわみや落ち込みを防止して反発性を向上でき、これにより、スクラム時に力強いスクラムを組めるようになるとともに、ステップ時に足を踏み込んだ際に次の動作によりスムーズに移行できるようになって鋭いステップを踏めるようになる。 In these cases, it means that the stiffness of the outsole region surrounded by the first to third stud foot pressure is the highest is set high at the time of scram and during the step, bending of the outsole region and it can improve the resilience to prevent sagging, Thus, the so divided to a strong scrum during scram, Fumeru a sharp step is when depresses the foot during step to allow a smooth transition by the following operations so as to.
【0026】 [0026]
請求項7の発明では、高剛性の領域の少なくとも一部が他の領域よりも厚肉に形成されている。 In the invention of claim 7, at least a portion of the high rigidity region is formed thicker than other areas.
【0027】 [0027]
請求項9の発明では、高剛性の領域の硬度が他の領域の硬度よりも高くなっている。 In the invention of claim 9, the hardness of the high rigidity region is higher than the hardness of the other region. また、請求項10の発明では、高剛性の領域が、たとえばカーボンファイバー等の補強部材を有している。 Further, in the invention of claim 10, regions of high rigidity, for example, has a reinforcement member such as carbon fiber. これらの場合には、高剛性の領域の重量を増加させることなく、剛性のアップが可能であり、これにより、他のアウトソール領域の軽量化と相俟って、アウトソール全体をさらに軽量化できる。 In these cases, without increasing the weight of the region of high rigidity, rigidity of the up are possible, Thus, combined cooperation with the lighter of another outsole area, further reduce the weight of the entire outsole it can.
【0028】 [0028]
請求項11または13の発明においては、アウトソールの底面において、着用者の第1趾ないし第5趾の少なくとも一つに対応して前後方向に延びるリブが配設されている。 In the invention of claim 11 or 13, the bottom surface of the outsole, ribs extending in the longitudinal direction corresponding to at least one of the first toe to the fifth toe of the wearer is disposed. また、請求項12または14の発明においては、アウトソールの底面において、着用者の第1趾ないし第4趾にそれぞれ対応して前後方向に延びる4本のリブが配設されている。 In the invention of claim 12 or 14, the bottom surface of the outsole, four ribs extending in the longitudinal direction respectively corresponding to the first toe to the fourth toe of the wearer is disposed.
【0029】 [0029]
これらの場合には、各リブ間のアウトソール部分の左右への屈曲性が向上し、これにより、ステップ時のグリップ力を向上できるとともに、ステップ時にスムーズな体重移動が可能になる。 In these cases, flexibility is improved to the left and right of the outsole portions between the ribs, by which, it is possible to improve the gripping force at the time step allows smooth weight shift during the step. また、一部の足指を含む前後方向部分をリブによって補強することにより、他の部分を薄肉にすることができ、これにより、アウトソール全体の軽量化が可能である。 In addition, by reinforcing the front-rear direction portion including a part of the toe by the rib, it is possible to other parts thinner, thereby, it is possible to reduce the weight of the entire outsole.
【0030】 [0030]
請求項15または16の発明のおいては、アウトソールの底面において、前後方向に延びるリブがアウトソールの土踏まず部に配設されている。 In its our invention of claim 15 or 16, the bottom surface of the outsole, ribs extending in the longitudinal direction are disposed in the arch portion of the outsole. この場合には、土踏まず部つまりアーチ部の剛性を向上させることにより、縦アーチの落ち込みを防止でき、これにより、グリップ力が要求されるアウトソール領域のみによる接地状態を維持してグリップ力を確実に接地面に伝達できるとともに、プロネーション(回内)を防止して足の障害を回避できる。 In this case, by improving the rigidity of the arch section, that the arch portion, the drop in longitudinal arch can be prevented, thereby reliably grip while maintaining the ground state by only outsole region gripping force is required in conjunction with can be transmitted to the ground surface, it can be avoided failure of the foot to prevent pronation (pronation). また、土踏まず部にリブを設けることで他の部分を薄肉にして低剛性にすることができ、これにより、アウトソール全体の軽量化に寄与できる。 Also, the other portions by providing ribs on the arch portion to be thin can be less rigid, thereby contributing to reduction in the overall weight of the outsole.
【0031】 [0031]
請求項17または18の発明においては、アウトソールの土踏まず部のリブには、幅方向の溝が形成されている。 In the invention of claim 17 or 18, the rib arch portion of the outsole, which groove is formed in the width direction.
【0032】 [0032]
請求項19の発明においては、アウトソールの踵部、中足部または前足部に緩衝構造体が設けられているので、アウトソールの踵部、中足部または前足部の安定性を損なわずにクッション性を向上でき、着用者の足の踵部、中足部または前足部に障害が発生するのを防止できる。 In the invention of claim 19, the heel portion of the outsole, since the buffer structure midfoot or the forefoot portion is provided, the heel portion of the outsole, without compromising the stability of the midfoot or the forefoot can improve the cushioning properties, the heel portion of the wearer's foot, that the failure occurs in the midfoot or forefoot can be prevented.
【0033】 [0033]
請求項20の発明においては、緩衝構造体が、それぞれシューズ前後方向に帯状に延びかつそれぞれ波板状に形成された複数の波形プレートを互いに並設して連結することにより構成されている。 In the invention of claim 20, the buffer structure is configured by a plurality of wavy plate formed in each shoe longitudinal direction extending in a band shape and each corrugated sheet the connecting and parallel to each other.
【0034】 [0034]
この場合には、競技時において着地の際にシューズの踵部または前足部に衝撃荷重が作用したとき、各波形プレートの波形状の山の部分が下方に沈み込むように変形するとともに、波形状の谷の部分が上方に持ち上がるように変形することにより、衝撃荷重を吸収できる。 In this case, when the impact load to the heel or the forefoot of the shoe during landing during competition is applied, together with the wave-shaped mountain portions of each wavy plate is deformed to sink downward, corrugated by valley portions of is deformed to lift upwards, it can absorb an impact load. また、この場合には、隣り合う各波形プレートの連結部分が各波形状部分の変形を抑制するので、各波形状部分の変形と相俟って衝撃荷重をより効果的に吸収できる。 Further, in this case, the connecting portion of each wavy plate adjacent to suppress the deformation of the corrugated portion can be more effectively absorb the impact load I variant coupled with each wave-like portion.
【0035】 [0035]
請求項21の発明においては、各波形プレートの波形状の位相が、隣り合う波形プレートの波形状の位相に対して1/2波長だけずれている。 In the invention of claim 21, wave-shaped phase of each waveform plates are shifted by half wavelength with respect to the waveform shape of the phase of the adjacent wavy plate.
【0036】 [0036]
請求項22の発明では、フットボールシューズがラグビーシューズである。 In the present invention of claim 22, soccer shoe is rugby shoes.
【0037】 [0037]
請求項23の発明では、少なくとも第1のスタッドが着脱式のスタッドである。 In the invention of claim 23, at least a first stud is stud removable.
【0038】 [0038]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、本発明の実施態様を添付図面に基づいて説明する。 It will be described below based on embodiments of the present invention in the accompanying drawings.
図1ないし図10は、本発明の一実施態様によるラグビーシューズのアウトソール構造を説明するための図であって、図1は本発明によるスタッド配列を有するアウトソールの底面図を足の骨格構造とともに示す図、図2はラグビー競技においてスクラムの際に足裏に実際に作用する足圧の分布図、図3はラグビー競技においてステップ時に足裏に実際に作用する足圧の分布図、図4はアウトソール(図1)を足圧部分図(図2)とともに示す図、図5はアウトソール(図1)を足圧部分図(図3)とともに示す図、図6は図1のVI−VI 線断面図、図7は本発明の好ましい実施態様によるアウトソールの底面図を足の骨格構造とともに示す図、図8は図7のVIII−VIII 線断面図、図9は図7のIX矢視図、図10は図7のアウ FIGS. 1-10 is a view for explaining the outsole structure rugby shoes according to an embodiment of the present invention, FIG. 1 is a skeleton structure of the foot a bottom view of the outsole having a stud arrangement according to the invention shows with, FIG. 2 is distribution diagram of foot pressure actually acting on the foot during the scrum in Rugby, 3 distribution diagram of foot pressure actually acting on the foot during the step in Rugby, 4 foot pressure section view of the outsole (FIG. 1) is a view showing with (FIG. 2), shows with 5 outsole (FIG. 1) of the foot pressure section view (FIG. 3), FIG. 6 in FIG. 1 VI- VI line sectional view, FIG. 7 is preferable shows a bottom view with the skeletal structure of the foot of the outsole according to the exemplary embodiment, FIG. 8 is sectional view taken along line VIII-VIII of Figure 7, IX arrow of FIG. 9 7 of the present invention view, and FIG. 10 Au 7 ソールの踵部に設けられる緩衝構造体の斜視部分図である。 It is a perspective partial view of a cushioning structure provided in the heel portion of the sole. なお、ここでは、左足用のアウトソールを例にとっている。 It should be noted that, here, is taken as an example the outsole for the left foot. また、各図中、足の骨格構造が一点鎖線で示されており、各図中、DP,MP,PP,MB,MJはそれぞれ足の末節骨、中節骨、基節骨、中足骨、中足趾節関節を示しており、添字の1〜5はそれぞれ足の第1趾ないし第5趾を表している。 Moreover, in the figures, it is shown in phantom skeleton one point of the foot, in the figures, DP, MP, PP, MB, MJ each leg distal phalanx, middle phalanx, proximal phalanx, metatarsus shows the metatarsophalangeal joints, 1-5 subscripts respectively represent the first toe to the fifth toe of the foot.
【0039】 [0039]
図1に示すように、アウトソール1の底面1aには、第1ないし第5のスタッド11〜15が設けられている。 As shown in FIG. 1, the bottom surface 1a of the outsole 1, first to fifth stud 11 to 15 is provided. 第1のスタッド11は、着用者の足指の第2趾中足趾節関節MJ および第3趾中足趾節関節MJ の中間位置付近(つまり中間位置およびその近傍を含む領域(以下同様))に対応する位置に配置されている。 The first stud 11, a region including a second趾中metatarsophalangeal joints MJ 2 and the third趾中near the middle position of the metatarsophalangeal joints MJ 3 (i.e. the intermediate position and the vicinity thereof of toes of the wearer (hereinafter They are arranged at positions corresponding to the same)).
【0040】 [0040]
第2のスタッド12は、足指の第1趾末節骨DP に対応する位置に配置されており、第3のスタッド13は、第1趾中足骨MB の骨頭付近に対応する位置に配置されている。 The second stud 12 is disposed at a position corresponding to the first趾末phalanx DP 1 of the toes, the third stud 13, in a position corresponding to the vicinity of the first趾中foot bones MB 1 femoral head It is located. 第4のスタッド14は、足指の第3趾末節骨DP に対応する位置に配置されており、第5のスタッド15は、第4趾中足趾節関節MJ および第5趾中足趾節関節MJ の中間位置付近に対応する位置に配置されている。 The fourth stud 14 is disposed at a position corresponding to the third趾末phalanx DP 3 of the toes, the fifth stud 15, fourth趾中metatarsophalangeal joints MJ 4 and 5趾中leg near the middle position of the metatarsophalangeal joints MJ 5 are disposed at corresponding positions. さらに、踵部には、スタッド18,19が設けられている。 Furthermore, the heel portion, the stud 18, 19 is provided.
【0041】 [0041]
次に、競技中にラグビープレーヤーの足に実際に作用する足圧の分布状態を測定した測定結果を図2および図3に示す。 Next, a measurement result of measuring the distribution of foot pressure actually acting on the rugby player's foot during the competition in FIGS. 図2はスクラム時の足圧分布図であり、図3はステップ時の足圧分布図である。 Figure 2 is a foot pressure distribution diagram during scrum, FIG. 3 is a foot pressure distribution diagram of the time step. 各図とも左足の足裏側から見た足圧分布を示しており、図中、Mは内甲側を、Lは外甲側をそれぞれ示している。 In each Figure shows the foot pressure distribution viewed from the foot back side of the left foot, in the figure, M represents the medial side, L is shows the outer lateral side, respectively. また、内側の等圧線ほど圧力が高いことを示している。 Also indicates that high pressure as the inside of the isobar.
【0042】 [0042]
これらの図から、スクラム時には、第1足指の末節骨DP から中足骨MB 骨頭付近にかけての領域、ならびに第2足指の中足趾節関節MJ およびその周囲を含む領域において、足圧が相対的に高くなっていることが分かる。 From these figures, in the region at the time of scram, including metatarsophalangeal joints MJ 2 and around the region of the over the near metatarsus MB 1 condyle from the distal phalanx DP 1 of the first toe and the second toe, it can be seen that foot pressure is relatively high. また、ステップ時には、第1足指の末節骨DP から基節骨PP 骨頭付近にかけての領域、第1足指から第3足指の各中足趾節関節MJ ,MJ ,MJ およびその周囲を含む領域、ならびに踵部の領域において、足圧が相対的に高くなっていることが分かる。 Also, during step, a region from the distal phalanx DP 1 toward the vicinity of the proximal phalanx PP 1 condyles of the first toe, each leg of the third toe of the first toe metatarsophalangeal joints MJ 1, MJ 2, MJ 3 and a region including the periphery, and in the region of the heel, it can be seen that foot pressure is relatively high.
【0043】 [0043]
次に、図2および図3の足圧分布図を図1のアウトソールに重ね合わせたものをそれぞれ図4および図5に示す。 Next, those obtained by superposing foot pressure distribution diagram of FIG. 2 and FIG. 3 of the outsole 1 in FIGS. 4 and 5. これらの図から明らかなように、第1ないし第3のスタッド11〜13は、図2および図3の足圧分布に非常によく一致した位置に配置されていることが分かる。 As it is apparent from these figures, the first to third stud 11 to 13, it can be seen that are placed very well matched positions foot pressure distribution of FIGS.
【0044】 [0044]
第1ないし第3のスタッド11〜13のうち、第1のスタッド11が、本実施態様によるアウトソール構造においてとくに重要なものであって、図2および図3の足圧分布図から分かるように、スクラム時およびステップ時のいずれの場合においても、足裏の踏付部の略中央部分の足圧が高くなっている。 Among the first through third stud 11 to 13, the first stud 11, there is particularly important in the outsole structure according to the present embodiment, as can be seen from the foot pressure distribution diagram of FIG. 2 and FIG. 3 , in any case at the time of scram and during the step, the foot pressure of the substantially central portion of the 踏付 portion of the sole is high. 第1のスタッド11は、この踏付部の略中央部分の足圧が高い位置に対応して配置されている。 The first stud 11, the foot pressure of the substantially central portion of the 踏付 portion are arranged corresponding to the high position. 同様に、第2および第3のスタッド12,13についても、図2および図3の足圧分布図において足圧が高い位置に対応して配置されている。 Similarly, the second and third studs 12, 13 are arranged corresponding to the foot pressure and the elevated position in the paw pressure distribution diagram of FIGS.
【0045】 [0045]
この場合には、スクラム時およびステップ時に最も大きな力が作用する部位に第1ないし第3のスタッド11〜13が配置されるので、足裏からの力をロスなく接地面に伝えることができ、競技時に要求される競技者の動きに応じてグリップ力を確実に接地面に伝達できるようになり、これにより、出足の一歩をリードできるようになる。 In this case, since the greatest force at the time of scram and during steps first to third studs 11 to 13 are arranged at the site of action, it is possible to transmit a force from the foot without loss ground plane, will be able to reliably transmitted to the ground plane of the grip according to the athlete's movement is required at the time of the competition, which makes it possible to lead a step of turnout.
【0046】 [0046]
また、最も大きな足圧が作用するアウトソール部位が第1のスタッド11により下方から支持されるので、足の踏付部の下方への落ち込みを防止できる。 In addition, it is possible to prevent most since outsole sites large foot pressure is applied is supported from below by the first stud 11, a drop to below the 踏付 portion of the foot. このような横アーチの落ち込み等の防止によって足の障害を防止できるとともに、アウトソールひいてはシューズの変形を防止して耐久性を向上できる。 It is possible to prevent failure of the foot by preventing the drop or the like of such a transverse arch, the durability can be improved by preventing the deformation of the outsole and thus shoes.
【0047】 [0047]
アウトソール1の底面1aには、第1ないし第3のスタッド11〜13に加えて、足指の第3趾末節骨DP に対応する位置に第4のスタッド14が、第4趾中足趾節関節MJ および第5趾中足趾節関節MJ の中間位置付近に対応する位置に第5のスタッド15がそれぞれ配置されている。 The bottom surface 1a of the outsole 1, in addition to the first to third stud 11 to 13, the fourth stud 14 at a position corresponding to the third趾末phalanx DP 3 toes, fourth趾中legs metatarsophalangeal joints MJ 4 and 5趾中metatarsophalangeal joints MJ fifth stud 15 at a position corresponding to the vicinity of the intermediate position of 5 are arranged, respectively.
【0048】 [0048]
この場合には、アウトソールの前足部のスタッドが、それぞれ最適位置に配置された最少本数の5本のスタッド11〜15から構成されるので、アウトソール全体の重量の増加を抑制しつつ、足の外側への倒れ込みを防止でき、シューズのフラットな接地を実現できる。 In this case, the stud forefoot outsole, since it is composed of five studs 11 to 15 of the minimum number disposed respectively optimal position, while suppressing the increase in weight of the entire outsole, foot collapse can be prevented of to the outside, it can realize the shoes of flat ground. なお、各スタッド11〜15は、固定式または着脱式(取替式)のいずれであってもよい。 Each stud 11 to 15 may be either fixed or removable (replaceable). とくに第1のスタッド11は、接地頻度が高く比較的摩耗も速いため、取替式の方が好ましい。 Especially first stud 11, since faster relatively wear high ground frequency, towards the replacement type is preferred.
【0049】 [0049]
図6に示すように、第1のスタッド11の長さは、第3および第5のスタッド13,15の長さよりも短くなっており、同図中の一点鎖線Hに示すように、第1のスタッド11の最突出端の位置は、第3および第5のスタッド13,15の最突出端の位置と略同一の平面H上に配置されている。 As shown in FIG. 6, the length of the first stud 11 is shorter than the length of the third and fifth studs 13 and 15, as shown in dashed line H in the figure, the first the position of the most projecting end of the stud 11 is disposed in the third and fifth outermost projecting end position and substantially the same plane H of the stud 13, 15. あるいは、第1のスタッド11の最突出端の位置は、第3および第5のスタッド13,15の最突出端の位置よりも若干上方に配置されていてもよい。 Alternatively, the position of the extreme projecting ends of the first stud 11 may be disposed slightly above the position of the extreme projecting ends of the third and fifth stud 13, 15. これらの場合には、シューズのフラット設置が可能になるとともに、接地時の局部的な突き上げ感を緩和でき、その結果、足の障害を防止できる。 In these cases, it becomes possible flat installation of the shoe, it can be relaxed local push-up feeling when the ground, as a result, it is possible to prevent the failure of the foot.
【0050】 [0050]
なお、アウトソール1の底面1aは、下方に突出する緩やかな湾曲形状を有しているため(図6参照)、仮に第1、第3および第5のスタッド11,13,15の長さを同じにすると、中央側の第1のスタッド11の方が側縁部側の第3および第5のスタッド13,15よりも下方に突出することになって、接地時の局部的な突き上げ感が増加することになるが、本実施態様によるアウトソールでは、このような不具合の発生を防止できる。 Incidentally, the bottom surface 1a of the outsole 1, because it has a gentle curved shape protruding downward (see FIG. 6), if the first, the length of the third and fifth stud 11, 13 and 15 If the same, so that the direction of the first stud 11 on the center side is protruded downward from the studs 13 and 15 of the third and fifth side edge portion side, the local push-up feeling when the ground It will increase, but due outsole present embodiment can prevent the occurrence of such a problem.
【0051】 [0051]
次に、図7に示す本発明の好ましい実施態様においては、第1ないし第3の各スタッド11〜13を連結する略三角形状の領域に厚肉部20が形成されている。 Next, in a preferred embodiment of the present invention shown in FIG. 7, the thick portion 20 is formed in a substantially triangular region connecting the first to third each stud 11 to 13. すなわち、厚肉部20は、第1趾中足趾節関節MJ および第2趾中足趾節関節MJ 付近の位置から第1趾末節骨DP 付近の位置にかけてのアウトソール領域を覆っている。 That is, the thick portion 20, covers the outsole region from the first趾中metatarsophalangeal joints MJ 1 and second趾中metatarsophalangeal joints MJ 2 near the position toward the position of the first趾末phalanx DP around 1 ing.
【0052】 [0052]
この場合には、スクラム時やステップ時において足圧が最も高くなるアウトソール領域の剛性が高く設定されることになるので、スクラム時やステップ時に当該アウトソール領域の落ち込みが防止されると同時に、当該アウトソール領域の反発性を向上でき、これにより、スクラム時に力強いスクラムを組めるようになるとともに、ステップ時に足を踏み込んだ際に次の動作によりスムーズに移行できるようになって鋭いステップを踏めるようになる。 In this case, it means that the stiffness of the outsole region foot pressure is highest at the time of scram and during the step is set higher, the drop in the outsole area is prevented during scram or during step simultaneously, can improve the resilience of the outsole area, Thus, the so divided to a strong scrum during scram, to Fumeru a sharp step is to be a smooth transition by the following operation when depresses the foot during step become. また、このように一部のアウトソール領域を高剛性にすることで、他の大部分のアウトソール領域を薄肉にして低剛性にすることができ、これにより、アウトソール全体を軽量化できる。 Also, by this manner a part of the outsole region with high rigidity, and the other a large part of the outsole area to be thin can be less rigid, which makes it possible weight of the entire outsole.
【0053】 [0053]
なお、高剛性のアウトソール領域として、厚肉部20を形成するかわりに、当該アウトソール領域を他のアウトソール領域よりも高硬度の素材から形成するようにしてもよく、あるいは、当該アウトソール領域にたとえばカーボンファイバー等の補強部材を設けるようにしてもよい。 As outsole region of high rigidity, instead of forming the thick portion 20, may be the outsole area to be formed from other than the outsole region having a high hardness material, or the outsole may be provided a reinforcing member such as, for example, carbon fiber in the region. これらの場合には、高剛性の領域の重量を増加させることなく、剛性のアップが可能であり、これにより、他のアウトソール領域の軽量化と相俟って、アウトソール全体をさらに軽量化できる。 In these cases, without increasing the weight of the region of high rigidity, rigidity of the up are possible, Thus, combined cooperation with the lighter of another outsole area, further reduce the weight of the entire outsole it can.
【0054】 [0054]
また、高剛性にするアウトソール領域としては、各足指の中足趾節関節MJ付近の位置から基節骨PP骨頭付近の位置にかけての踏付部全体に配置するようにしてもよい。 As the outsole area to high rigidity, it may be located throughout 踏付 of toward a location near the proximal phalanx PP condyle from a position in the vicinity of the metatarsophalangeal joints MJ of the toes.
【0055】 [0055]
図7に示すように、アウトソール1の底面1aにおいて、着用者の第1趾ないし第4趾に対応して前後方向に延びる4本のリブ21〜24が配設されており、各リブ21〜24はつま先部から中足部にかけて配設されている。 As shown in FIG. 7, the bottom surface 1a of the outsole 1, are four ribs 21 to 24 disposed extending in the longitudinal direction corresponding to the first toe to the fourth toe of the wearer, each rib 21 24 is disposed over the midfoot toe portion. リブ21,22は中足部のリブ25に連結されており、リブ23,24は同様に中足部のリブ26に連結されている。 Ribs 21, 22 is coupled to the rib 25 of the midfoot, the ribs 23 and 24 are connected to the rib 26 of the midfoot as well. また、各リブ21〜26は、図8に示すように、底面1aから突出する山形形状を有している。 Further, each rib 21 to 26, as shown in FIG. 8, and has a chevron shape protruding from the bottom surface 1a.
【0056】 [0056]
この場合には、各足指を含む前後方向部分がリブによって補強されることにより、他のアウトソール領域を薄肉にすることができる。 In this case, by the front-rear direction portions containing each toe is reinforced by the ribs, it is possible to the other outsole region thin. これにより、アウトソール全体の軽量化が可能である。 This enables reduction in the overall weight of the outsole. また、この場合には、各リブ間のアウトソール部分の左右への屈曲性が向上し、これにより、ステップ時に各リブ間のアウトソール部分の屈曲変形が容易になって、グリップ力を向上できるとともに、ステップ時にスムーズな体重移動が可能になる。 Further, in this case, flexibility is improved to the left and right of the outsole portions between the ribs, thereby, the bending deformation of the outsole portions between the ribs when stepping becomes easier, thereby improving the grip together allows smooth weight shift during the step.
【0057】 [0057]
なお、図7では、第1趾ないし第4趾のすべての足指に対応して4本のリブ21〜24を設けた例を示したが、これらの4本のうちの少なくとも1本のリブ、たとえば第1趾および第2趾に対応した2本のリブ21,22を設けるようにしてもよい。 In FIG. 7, an example in which a four ribs 21 to 24 in response to all the toes of the first toe to the fourth toe, at least one rib of one of these four it may for example be provided with two ribs 21 and 22 corresponding to the first toe and second toe. また、第5趾に対応した前後方向のリブをさらに設けるようにしてもよい。 Further, it may be further provided in the longitudinal direction of the ribs corresponding to the fifth toe.
【0058】 [0058]
アウトソール1の底面1aにおいて、土踏まず部(中足部)に前後方向のリブ25,26が配設されていることにより、土踏まず部つまりアーチ部の剛性を向上させることができ、これにより、縦アーチの落ち込みを防止できる。 In the bottom surface 1a of the outsole 1, by longitudinal ribs 25, 26 in the arch portion (midfoot) is disposed, it is possible to improve the rigidity of the arch section, that the arch portion, thereby, a vertical a drop of arch can be prevented. その結果、グリップ力が要求されるアウトソール領域のみによる接地状態を維持してグリップ力を確実に接地面に伝達できるとともに、プロネーション(回内)を防止して足の障害を回避できる。 As a result, it reliably transmitted to the ground surface grip while maintaining the ground state by only outsole region gripping force is required, it is possible to avoid the failure of the foot to prevent pronation (pronation). また、土踏まず部にリブを設けることで他の部分を薄肉にして低剛性にすることができ、これにより、アウトソール全体の軽量化に寄与できる。 Also, the other portions by providing ribs on the arch portion to be thin can be less rigid, thereby contributing to reduction in the overall weight of the outsole.
【0059】 [0059]
また、リブ25,26には、図9に示すように、幅方向に延びる複数の溝27が形成されている。 Further, the ribs 25 and 26, as shown in FIG. 9, a plurality of grooves 27 extending in the width direction is formed. この場合には、これらの溝27にシューズの靴紐を通して緊締することにより、より強固な緊締が可能になってフィット性を向上でき、接地面に対してロスなく確実にグリップ力を伝達できるようになる。 In this case, by tightening through shoes shoelace in these grooves 27, can be improved fit enabled stronger fastening is such that can be transmitted without loss reliably grip with respect to the ground plane become.
【0060】 [0060]
さらに、アウトソール1の踵部には、緩衝構造体50が設けられている。 Furthermore, the heel portion of the outsole 1, the buffer structure 50 is provided. 緩衝構造体50は、斜視部分図である図10に示すように、それぞれシューズ前後方向に帯状に延びかつそれぞれ波板状に形成された複数の波形プレート51,52を互いに並設することにより構成されており、各波形プレート51,52の波形状の位相は、隣り合う波形プレート52,51の波形状の位相に対して1/2波長だけずれている。 Cushioning structure 50 is constructed by, as shown in FIG. 10 is a perspective partial view, which arranged a plurality of wavy plate 51 and 52 formed in the longitudinal direction extending in a band shape and each corrugated shoes respectively with each other by which, corrugated phase of each waveform plates 51 and 52 by 1/2 wavelength shift with respect to the waveform shape of the phase of the adjacent wavy plate 52 and 51. また、各波形プレート51,52は、連結部53により互いに連結されている。 Further, each waveform plates 51 and 52 are connected to each other by a connecting portion 53.
【0061】 [0061]
この場合には、競技時において着地の際にシューズの踵部に衝撃荷重が作用したとき、各波形プレート51,52の波形状の山の部分が下方に沈み込むように変形するとともに、波形状の谷の部分が上方に持ち上がるように変形することによって、踵部に作用する衝撃荷重を吸収できる。 In this case, when an impact load to the heel portion of the shoe during landing during competition is applied, together with the wave-shaped mountain portions of each wavy plate 51 is deformed to sink downward, corrugated by trough portion of is deformed to lift upwards, it can absorb impact load that acts on the heel portion. また、隣り合う各波形プレート51,52の連結部分53が各波形状部分の変形を抑制することにより、各波形状部分の変形と相俟って衝撃荷重をより効果的に吸収できる。 Also, by connecting portions 53 of the wavy plate 51, 52 adjacent to suppress deformation of the corrugated portion can be more effectively absorb the impact load I variant coupled with each wave-like portion. これにより、踵部のクッション性を向上でき、着用者の足の踵部に障害が発生するのを防止できる。 This makes it possible to improve the cushioning properties of the heel portion, it is possible to prevent the failure from occurring in the heel portion of the wearer's foot. なお、緩衝構造体50は、アウトソール1の中足部または前足部に設けるようにしてもよい。 Incidentally, the buffer structure 50 may be provided in the midfoot or the forefoot outsole 1.
【0062】 [0062]
他の適用例 [Other applications]
前記実施態様および各変形例では、ラグビーシューズを例にとって説明してきたが、本発明は、ラグビーシューズ以外のサッカー、アメリカンフットボールなどの他のフットボール用シューズにも適用可能である。 In the above embodiment and the modifications, have been described rugby shoes as an example, the present invention is other than rugby shoes soccer, is also applicable to other football shoe, such as American football.
【0063】 [0063]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上のように、本発明によれば、競技時に要求される競技者の動きに応じてグリップ力を確実に接地面に伝達できる効果がある。 As described above, according to the present invention, there is an effect that can be reliably transmitted to the ground surface grip according to the athlete's movement is required during the competition.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の一実施態様によるスタッド配列を有するアウトソールの底面図を足の骨格構造とともに示す図である。 1 is a diagram showing a bottom view of the outsole having a stud arrangement with skeletal structure of the foot according to an embodiment of the present invention.
【図2】ラグビー競技においてスクラムの際に足裏に実際に作用する足圧の分布図である。 2 is a distribution diagram of foot pressure actually acting on the foot during the scrum in Rugby.
【図3】ラグビー競技においてステップ時に足裏に実際に作用する足圧の分布図である。 3 is a distribution diagram of foot pressure actually acting on the foot during the step in Rugby.
【図4】図1のアウトソールを図2の足圧部分図とともに示す図である。 The outsole [4] 1 illustrates with foot pressure portion of FIG 2.
【図5】図1のアウトソールを図3の足圧部分図とともに示す図である。 [5] The outsole 1 is a diagram showing along with the foot pressure portion of FIG 3.
【図6】図1のVI−VI 線断面図である。 6 is a sectional view taken along line VI-VI of FIG.
【図7】本発明の好ましい実施態様によるアウトソールの底面図を足の骨格構造とともに示す図である。 7 is a diagram showing a bottom view of the outsole with the skeletal structure of the foot according to a preferred embodiment of the present invention.
【図8】図7のVIII−VIII 線断面図である。 8 is a sectional view taken along line VIII-VIII of Figure 7.
【図9】図7のIX矢視図である。 FIG. 9 is a IX arrow view of FIG. 7.
【図10】図7のアウトソールの踵部に設けられる緩衝構造体の斜視部分図である。 10 is a perspective partial view of a cushioning structure provided in the heel portion of the outsole of FIG.
【図11】従来のスタッド着脱式(取替式)のラグビーシューズの底面図であって、(a)はスタッドが6本配列のものを、(b)はスタッドが8本配列のものをそれぞれ示している。 [Figure 11] A bottom view of a rugby shoes conventional stud detachable (replaceable), (a) shows that the studs six sequences, the (b) those of the studs 8 sequences each shows.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1: アウトソール1a: 底面11: 第1のスタッド12: 第2のスタッド13: 第3のスタッド14: 第4のスタッド15: 第5のスタッドDP: 末節骨MP: 中節骨PP: 基節骨MB: 中足骨MJ: 中足趾節関節 1: Outsole 1a: bottom 11: first stud 12: second stud 13: third stud 14: fourth stud 15: Fifth stud DP: distal phalanx MP: Medium phalanx PP: basipodite bone MB: metatarsal MJ: metatarsophalangeal joint

Claims (23)

  1. フットボールシューズのアウトソール構造において、 In the outsole structure of football shoes,
    アウトソールの底面において、着用者の足指の第2趾中足趾節関節および第3趾中足趾節関節の中間位置付近に対応する位置に第1のスタッドを配置した、 The bottom surface of the outsole, and placing a first stud in a position corresponding to the vicinity of second 趾中 intermediate position metatarsophalangeal joint and the third 趾中 metatarsophalangeal joint of the toes of the wearer,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  2. 請求項1において、 According to claim 1,
    足指の第1趾末節骨に対応する位置に第2のスタッドを配置し、第1趾中足骨の骨頭付近に対応する位置に第3のスタッドを配置した、 The second stud is arranged at a position corresponding to the first 趾末 phalanx of the toes, was the third of the stud is arranged at a position corresponding to the vicinity of the first 趾中 metatarsal bone head,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  3. 請求項2において、 According to claim 2,
    足指の第3趾末節骨に対応する位置に第4のスタッドを配置し、第4趾中足趾節関節および第5趾中足趾節関節の中間位置付近に対応する位置に第5のスタッドを配置した、 The fourth stud is disposed at a position corresponding to the third 趾末 phalanx of toe, fifth to fourth 趾中 metatarsophalangeal joints and fifth 趾中 metatarsophalangeal joint position corresponding to the vicinity of the intermediate position of the It was placed studs,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  4. 請求項3において、 According to claim 3,
    前記第1のスタッドの長さを前記第3および第5のスタッドの長さよりも短くすることにより、前記第1のスタッドの最突出端の位置が前記第3および第5のスタッドの最突出端の位置に対して、略同一の平面上に配置されており、または若干上方の位置に配置されている、 By shorter than the length of said length of the first stud third and fifth studs, extreme projecting ends of the position of the extreme projecting ends of the first stud the third and fifth studs relative position, are disposed substantially on the same plane, or is disposed slightly above the position,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  5. 請求項1ないし3のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 3,
    各足指の中足趾節関節付近の位置から基節骨骨頭付近の位置にかけてのアウトソール領域を他のアウトソール領域よりも高剛性にした、 The outsole area of ​​over the position near the proximal phalanx bone head from a position in the vicinity of the metatarsophalangeal joint of each toe was more rigid than other outsole area,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  6. 請求項1ないし3のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 3,
    足指の第1趾中足趾節関節および第2趾中足趾節関節付近の位置から第1趾基節骨および第2趾基節骨の各骨頭付近の位置にかけてのアウトソール領域を他のアウトソール領域よりも高剛性にした、 Other outsole area of ​​over the position in the vicinity of the first 趾中 metatarsophalangeal joint and the second 趾中 each bone head of the foot first 趾基 phalanx from a position near the metatarsophalangeal joints and the second 趾基 phalanx of toes than of the outsole area I was in high rigidity,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  7. 請求項5または6において、 According to claim 5 or 6,
    前記高剛性の領域の少なくとも一部が、他の領域よりも厚肉に形成されている、 At least a partial area of ​​the high rigidity, and is formed thicker than other areas,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  8. 請求項7において、 According to claim 7,
    前記高剛性の領域が、前記第1ないし第3の各スタッドの配設位置を含んでいる、 Region of the high rigidity, includes a layout position of the first to third individual stud,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  9. 請求項5または6において、 According to claim 5 or 6,
    前記高剛性の領域の硬度が、他の領域の硬度よりも高くなっている、 The hardness of the region of the high rigidity is higher than the hardness of the other region,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  10. 請求項5または6において、 According to claim 5 or 6,
    前記高剛性の領域が補強部材を有している、 Region of the high rigidity has a reinforcing member,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  11. フットボールシューズのアウトソール構造において、 In the outsole structure of football shoes,
    アウトソールの底面において、着用者の第1趾ないし第5趾の少なくとも一つに対応して前後方向に延びるリブが配設されている、 The bottom surface of the outsole, ribs extending in the longitudinal direction corresponding to at least one of the first toe to the fifth toe of the wearer are disposed,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  12. フットボールシューズのアウトソール構造において、 In the outsole structure of football shoes,
    アウトソールの底面において、着用者の第1趾ないし第4趾にそれぞれ対応して前後方向に延びる4本のリブが配設されている、 The bottom surface of the outsole, four ribs extending in the longitudinal direction respectively corresponding to the first toe to the fourth toe of the wearer are disposed,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  13. 請求項1ないし10のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 10,
    アウトソールの底面において、着用者の第1趾ないし第5趾の少なくとも一つに対応して前後方向に延びるリブが配設されている、 The bottom surface of the outsole, ribs extending in the longitudinal direction corresponding to at least one of the first toe to the fifth toe of the wearer are disposed,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  14. 請求項1ないし10のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 10,
    アウトソールの底面において、着用者の第1趾ないし第4趾にそれぞれ対応して前後方向に延びる4本のリブが配設されている、 The bottom surface of the outsole, four ribs extending in the longitudinal direction respectively corresponding to the first toe to the fourth toe of the wearer are disposed,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  15. フットボールシューズのアウトソール構造において、 In the outsole structure of football shoes,
    アウトソールの底面において、前後方向に延びるリブがアウトソールの土踏まず部に配設されている、 The bottom surface of the outsole, ribs extending in the longitudinal direction are disposed in the arch portion of the outsole,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  16. 請求項1ないし14のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 14,
    アウトソールの底面において、前後方向に延びるリブがアウトソールの土踏まず部に配設されている、 The bottom surface of the outsole, ribs extending in the longitudinal direction are disposed in the arch portion of the outsole,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  17. フットボールシューズのアウトソール構造において、 In the outsole structure of football shoes,
    アウトソールの土踏まず部のリブには、幅方向の溝が形成されている、 The rib arch portion of the outsole, the groove in the width direction is formed,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  18. 請求項11ないし16のいずれかにおいて、 In any of claims 11 to 16,
    アウトソールの土踏まず部のリブには、幅方向の溝が形成されている、 The rib arch portion of the outsole, the groove in the width direction is formed,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  19. 請求項1ないし18のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 18,
    アウトソールの踵部、中足部または前足部には、緩衝構造体が設けられている、 Heel of the outsole, the midfoot or the forefoot, the buffer structure is provided,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  20. 請求項19において、 According to claim 19,
    前記緩衝構造体は、それぞれシューズ前後方向に帯状に延びかつそれぞれ波板状に形成された複数の波形プレートを互いに並設して連結することにより構成されている、 The cushioning structure is constructed by connecting in parallel to each other a plurality of waveforms plates and formed in each corrugated extends in a band shape on each shoe longitudinal direction,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  21. 請求項20において、 According to claim 20,
    前記各波形プレートの波形状の位相が、隣り合う波形プレートの波形状の位相に対して1/2波長だけずれている、 The wave-like phase of each wavy plate has only half wavelength offset with respect to the waveform shape of the phase of the adjacent wavy plate,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  22. 請求項1ないし21のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 21,
    前記フットボールシューズがラグビーシューズである、 The football shoe is a rugby shoes,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
  23. 請求項1ないし22のいずれかにおいて、 In any one of claims 1 to 22,
    少なくとも前記第1のスタッドが着脱式のスタッドである、 At least said first stud is removable stud,
    ことを特徴とするフットボールシューズのアウトソール構造。 Outsole structure of a football shoe, characterized in that.
JP2002338049A 2002-11-21 2002-11-21 Football shoe outsole structure Expired - Fee Related JP3934036B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002338049A JP3934036B2 (en) 2002-11-21 2002-11-21 Football shoe outsole structure

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002338049A JP3934036B2 (en) 2002-11-21 2002-11-21 Football shoe outsole structure

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004167069A true true JP2004167069A (en) 2004-06-17
JP3934036B2 JP3934036B2 (en) 2007-06-20

Family

ID=32701382

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002338049A Expired - Fee Related JP3934036B2 (en) 2002-11-21 2002-11-21 Football shoe outsole structure

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3934036B2 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE112007001242T5 (en) 2006-05-25 2009-04-23 Asics Corp., Kobe Sole of a shoe Spike
US8277459B2 (en) 2009-09-25 2012-10-02 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating a structural bone and joint deformity
US8652141B2 (en) 2010-01-21 2014-02-18 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating hallux valgus
US8696719B2 (en) 2010-06-03 2014-04-15 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating hallux valgus
US8870876B2 (en) 2009-02-13 2014-10-28 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating hallux valgus

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE112007001242T5 (en) 2006-05-25 2009-04-23 Asics Corp., Kobe Sole of a shoe Spike
US8870876B2 (en) 2009-02-13 2014-10-28 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating hallux valgus
US8277459B2 (en) 2009-09-25 2012-10-02 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating a structural bone and joint deformity
US8795286B2 (en) 2009-09-25 2014-08-05 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating a structural bone and joint deformity
US8652141B2 (en) 2010-01-21 2014-02-18 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating hallux valgus
US8696719B2 (en) 2010-06-03 2014-04-15 Tarsus Medical Inc. Methods and devices for treating hallux valgus

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3934036B2 (en) 2007-06-20 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6219939B1 (en) Athletic shoe midsole design and construction
US8272149B2 (en) Article of footwear with a midsole structure
US20100299965A1 (en) Article Of Footwear With Multi-Directional Sole Structure
US6108943A (en) Article of footwear having medial and lateral sides with differing characteristics
US5720118A (en) Inlay for a shoe
US20020078591A1 (en) Dance shoe with tri-split
US4316334A (en) Athletic shoe including stiffening means for supporting the rear portion of the first metatarsal bone
US20130067765A1 (en) Article Of Footwear
US6606804B2 (en) Wrap closure and fit system of footwear
US4506462A (en) Running shoe sole with pronation limiting heel
US20040154188A1 (en) Footwear with dual-density midsole and deceleration zones
US4439936A (en) Shock attenuating outer sole
US4615126A (en) Footwear for physical exercise
US20100269376A1 (en) Article of Footwear with Vertical Grooves
US7325813B2 (en) Skate boot
US7007410B2 (en) Article of footwear having a regional cleat configuration
US6389713B1 (en) Athletic shoe midsole design and construction
US4389798A (en) Athletic shoe
US4689898A (en) Running shoe
US6314662B1 (en) Shoe sole with rounded inner and outer side surfaces
US6497058B2 (en) Shoe with external torsion stability element
US20110088287A1 (en) Article of Footwear with Flexible Reinforcing Plate
US7093379B2 (en) Shoe sole with rounded inner and outer side surfaces
US6658766B2 (en) Shoe having an internal chassis
US7484319B2 (en) Shoe insole

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061010

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061120

A521 Written amendment

Effective date: 20061222

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20070214

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20070314

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100330

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130330

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees