JP2004151981A - Wireless input system, and transmission device and reception device for use in its system - Google Patents

Wireless input system, and transmission device and reception device for use in its system Download PDF

Info

Publication number
JP2004151981A
JP2004151981A JP2002316107A JP2002316107A JP2004151981A JP 2004151981 A JP2004151981 A JP 2004151981A JP 2002316107 A JP2002316107 A JP 2002316107A JP 2002316107 A JP2002316107 A JP 2002316107A JP 2004151981 A JP2004151981 A JP 2004151981A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
identification code
device
checksum
transmitting
receiving
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002316107A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yasumi Ushikubo
Koji Watanabe
浩司 渡辺
康身 牛窪
Original Assignee
Mitsumi Electric Co Ltd
ミツミ電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsumi Electric Co Ltd, ミツミ電機株式会社 filed Critical Mitsumi Electric Co Ltd
Priority to JP2002316107A priority Critical patent/JP2004151981A/en
Publication of JP2004151981A publication Critical patent/JP2004151981A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a wireless input system that can identify whether data are from a normal input device or not without increasing data transmission volume from a wireless input device such as a wireless keyboard; and a transmission device and a reception device for use in the system. <P>SOLUTION: The wireless input system comprises the transmission device comprising the input device and a transmitter connected to the input device, and the reception device comprising a computer and a receiver connected to the computer, wherein the reception device receives and recognizes an identification code transmitted by the transmission device along with input data, to check the transmission device for validity. The transmission device comprises checksum transmitting means for affixing and transmitting a checksum indicating validity of the identification code, and the reception device comprises identification code verifying means for verifying whether the received identification code is a valid code or not with the checksum. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、無線式入力システム及びそのシステムで用いられる送信装置、受信装置に係り、詳しくは、同一識別コードを持つ他の入力機器(例:ワイヤレスキーボード等)からのアクセスを排除することのできる無線式入力システム及びそのシステムで用いられる送信装置、受信装置に関する。 The present invention is a transmitter apparatus used in a wireless type input system and that system relates to a receiving apparatus, and more particularly, other input devices having the same identification code: capable of eliminating the access from (eg wireless keyboard or the like) transmission apparatus used in a wireless type input system and a system, a receiving apparatus.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
コンピュータ等の情報機器においては、キーボード、マウス等の入力機器と本体機器とを、無線を用いて接続するシステム(=無線式入力システム)が存在する。 In the information device such as a computer, a keyboard and an input device and the main device such as a mouse, the system (= wireless input system) exists to connect with wireless. 例えば、コンピュータとの接続に赤外線や電波を使うキーボード、いわゆるワイヤレスキーボード(=ワイヤレスキーボード装置)は送信機と接続され、キーボードからの入力データであるキーコードデータ(コンピュータが処理できるデータをいい、以下、単にキーデータという)が該送信機からコンピュータに接続される受信機(レシーバ)に向けて送信される。 For example, a keyboard using infrared rays or radio waves to connect to the computer, so-called wireless keyboard (= wireless keyboard device) is connected to the transmitter means a key code data (data that the computer can process the input data from the keyboard, the following , simply referred to as key data) is transmitted to the receiver (receivers) to be connected to the computer from the transmitter. 送信機より送信されたキーデータは受信機にて受信された後、コンピュータにて解読され処理が実行される。 After the key data transmitted from the transmitter received by the receiver, processing is decrypted by the computer is executed.
【0003】 [0003]
このようにコンピュータはワイヤレスキーボードからのキーデータに基づいて動作を行なうが、どのワイヤレスキーボードからも無制限にキーデータを受け付けるというものではない。 Thus computer performs the operation based on the key data from the wireless keyboard, it is not intended that unlimited accept key data from any wireless keyboard. つまり、コンピュータは、あらかじめ登録されたIDを持つワイヤレスキーボードからのアクセスしか受け付けないようになっている。 In other words, the computer is adapted to accept only access from a wireless keyboard with an ID that has been registered in advance. つまり、ワイヤレスキーボードには、機器毎に固有の識別コードが付与されており、コンピュータにその識別コードがあらかじめ登録される。 That is, the wireless keyboard is granted a unique identifier for each device, the identification code is registered in advance in the computer. ワイヤレスキーボードは、キーデータに識別コードを付随させて送信することにより、正規ユーザからのアクセスであることをコンピュータ側に認識させる。 Wireless keyboard, by transmitting the key data is accompanied by the identification code, to recognize that the access is from an authorized user on the computer side.
【0004】 [0004]
図7は、従来のワイヤレスキーボードの動作を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the operation of a conventional wireless keyboard.
【0005】 [0005]
同図において、ワイヤレスキーボードA300は送信機400と接続され、コンピュータ100は受信機200と接続されている。 In the figure, wireless keyboard A300 is connected to the transmitter 400, the computer 100 is connected to the receiver 200. なお、コンピュータ100内のメモリにはワイヤレスキーボードA300の識別コードがあらかじめ登録されているものとする(本例では、同メモリに他のワイヤレスキーボードの識別コードGが同様に登録されているものとする)。 Incidentally, in a memory of a computer 100 in one to (the example in which the identification code of the wireless keyboard A300 has been registered shall be identification codes G other wireless keyboard in the memory is similarly registered ). ワイヤレスキーボードA300から送信されるキーデータには識別コードAが付随され、コンピュータ100は受信機200を介して受けとると、識別コードAがメモリに登録されている識別コードか否かを判定し、登録済み識別コードであれば、ワイヤレスキーボードA300からのデータを正規データとして認識する。 The key data transmitted from the wireless keyboard A300 identification code A is associated, the computer 100 when receiving via the receiver 200, the identification code A is determined whether the identification code registered in the memory, the registration if it finished identification code, recognizing the data from the wireless keyboard A300 as a regular data. 一方、ワイヤレスキーボードB310に識別コードBが付与されていているものとすると、ワイヤレスキーボードB310からはキーデータには識別コードBが付随されて送信される。 On the other hand, assuming that the wireless keyboard B310 identification code B has been granted, the key data is transmitted is accompanied by the identification code B is the wireless keyboard B310. コンピュータ100は上記同様、識別コードBを、受信機200を介して受けとると、識別コードBがメモリに登録されている識別コードか否かを判定する。 Computer 100 is the same, determines the identification code B, when receiving via the receiver 200, whether the identification code an identification code B is registered in the memory. ここでは、識別コードBはメモリに登録されていない識別コードであることから、ワイヤレスキーボードB310からのデータを不正データとみなして排除する。 Here, the identification code B from that is an identification code that is not registered in the memory, eliminating regarded as invalid data data from wireless keyboard B310.
【0006】 [0006]
このように受信側のコンピュータ100では、メモリに登録されている識別コードをもつワイヤレスキーボードからのデータのみ正規データとして認識する。 In the computer 100 having such a receiving side recognizes as normal data only data from wireless keyboard with an identification code registered in the memory.
【0007】 [0007]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、上記従来の技術では、コンピュータ100のメモリに登録のない識別コードを持つワイヤレスキーボードからのデータは排除できるが、同じ識別コードを持つワイヤレスキーボードが複数あった場合、いずれのワイヤレスキーボードからのデータも正規データとみなしてしまうため排除することができない。 However, in the conventional art, the data from the wireless keyboard with no identification code of registered in the memory of the computer 100 can be eliminated, if the wireless keyboard with the same identification code there are a plurality, data from any wireless keyboard It can not be excluded since the result is regarded as normal data. 一般に識別コードの情報量は有限であるため、製造台数が増えれば、同じ識別コードを複数のワイヤレスキーボードに割当てる場合が生じる。 Since the amount of information generally to the identification code is limited, the more the manufacturing number, when assigning the same identification code to a plurality of wireless keyboard occur. 上記の如く、コンピュータ100は登録済みの識別コードを持つワイヤレスキーボードからのデータであれば排除しないので、悪意のある第三者によるなりすましを防ぐことができない。 As described above, the computer 100 does not preclude if the data from the wireless keyboard with a registered ID code, it is impossible to prevent spoofing by a malicious third party.
【0008】 [0008]
そこで、このような問題点を解決すべく、識別コードの情報量を増やして、割当て可能な識別コード数を増やすことが考えられている。 To solve this problem, increase the amount of information of an identification code, it has been proposed to increase the number of assignable identifier. 例えば、識別コードが8ビットであれば、組み合わせは256通りであるが、これを16ビットに増やすことで、65536通りの組み合わせの識別コードを生成することができる。 For example, if the 8-bit identification code, the combination is a 256, by increasing this to 16 bits, it is possible to generate the identification code combination 65536.
【0009】 [0009]
このように識別コードの情報量を増やせば、同じ識別コードを持つワイヤレスキーボードを少なくすることも可能であるが、その分、キーデータに付随される識別コードの情報量も増すため、送信間隔が長くなり、データの送信効率が悪化してしまう。 By increasing this way the amount of information of an identification code, it is possible to reduce the wireless keyboard with the same identification code, correspondingly, to increase amount of information of the identification code associated with the key data, the transmission interval longer, the transmission efficiency of data is deteriorated. このため、ワイヤレスキーボードの電源に電池を使用している場合には、電池寿命が短くなるという問題があった。 Therefore, when using the battery of the wireless keyboard power, there is a problem that battery life is shortened.
【0010】 [0010]
本発明は、上記のような問題点に鑑みてなされたもので、その課題とするところは、ワイヤレスキーボード等の無線式の入力機器からのデータ送信量を増やすことなく正規入力機器からのデータか否かを識別することのできる無線式入力システム及びそのシステムで用いられる送信装置、受信装置を提供することである。 The present invention has been made in view of the above problems, and has as its object, whether the data from the normal input device without increasing the amount of data transmission from the wireless input devices such as a wireless keyboard transmission apparatus used in a wireless input system and the system can distinguish whether is to provide a receiving apparatus.
【0011】 [0011]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記課題を解決するため、本発明は、請求項1に記載されるように、入力機器とこの入力機器と接続される送信機とからなる送信装置と、コンピュータとこのコンピュータと接続される受信機とからなる受信装置とを備え、前記送信装置が入力データに付随させて送信する識別コードを前記受信装置が受信して認識判定し、前記送信装置の正当性を確認するようにした無線式入力システムにおいて、 To solve the above problems, the present invention is, as described in claim 1, the input device and the transmission device comprising a transmitter connected to the this input device, a receiver connected to the computer and the computer and a receiving device consisting of the transmission device recognizes determine the identification code sent by accompanying the input data received by the receiving device, wireless input so as to verify the legitimacy of the transmission device in the system,
前記送信装置は前記識別コードの正当性を示すチェックサムを付加して送信するチェックサム送信手段を備え、前記受信装置は、受信した識別コードが正しいコードであるか否かを前記チェックサムを用いて検証する識別コード検証手段を備えたことを特徴としている。 The transmitting device includes a checksum transmission means for transmitting adds a checksum indicating the validity of the identification code, the receiver, whether the identification code received is the correct code using the checksum It is characterized in that an identification code verification means for verifying Te.
【0012】 [0012]
本発明の請求項2は、前記無線式入力システムにおいて、前記送信装置及び前記受信装置は、前記識別コード以外の識別コードを隠れ識別コードとして共有する隠れ識別コード共有手段を備え、前記チェックサム送信手段は、前記受信装置との間で共有している前記隠れ識別コードと前記入力データと前記識別コードとを加算し、加算結果を基にしてチェックサムを生成するチェックサム生成手段を備えたことを特徴としている。 Claim 2 of the present invention, in the wireless input system, the transmitting device and the receiving device includes a hidden identification code sharing means for sharing as an identification code hidden identification code other than the identification code, the check sum sent It means that the sum of said identification code and said input data the hidden identification codes that are shared with the receiving apparatus, including a checksum generation means for generating a checksum based on the addition result It is characterized in.
【0013】 [0013]
本発明の請求項3は、前記無線式入力システムにおいて、前記識別コード検証手段は、前記チェックサム送信手段により送信されたチェックサムを受信するチェックサム受信手段を備え、受信したチェックサムを基にして計算された計算結果より、前記識別コード及び前記隠れ識別コードが正しいコードであるか否かを検証することを特徴としている。 Claim 3 of the present invention, in the wireless input system, the identification code verification means comprises a checksum receiving means for receiving the checksum checksum transmitted by the transmitting means, based on the checksum received from calculation results calculated Te, the identification code and the hidden identification codes is characterized in that to verify whether the correct code.
【0014】 [0014]
本発明の請求項4は、前記無線式入力システムにおいて、前記送信装置と前記受信装置で共有される前記隠れ識別コードは、nビットで構成される前記入力データに基づき最大nビットまでとなることを特徴としている。 Claim 4 of the present invention, in the wireless input system, the hidden identification code that is shared by the transmitting device and the receiving device, it becomes up to n bits on the basis of the input data consisting of n bits It is characterized in.
【0015】 [0015]
本発明の請求項5は、前記無線式入力システムにおいて、前記送信装置と前記受信装置で共有される前記隠れ識別コードは、前記識別コードを前記受信装置のコンピュータに登録するときにのみ前記送信装置から送信されて該コンピュータに記憶させられることを特徴としている。 Claim 5 of the present invention, in the wireless input system, the hidden identification code that is shared by the receiving device and said transmitting device, the transmitting device only when registering the identification code to the computer of the receiving device transmitted from is characterized in that it is to be stored in the computer.
【0016】 [0016]
上記本発明の構成によれば、ワイヤレスキーボード等の無線式の入力機器からの送信データの正規性判定にチェックサムが用いられ、さらにチェックサムの計算には、送信されるデータのみではなく隠れ識別コードが使われる。 According to the configuration of the present invention, the checksum is used for the normality determination of the transmission data from the wireless input devices such as a wireless keyboard, and more checksum calculation, hidden identification not only data to be transmitted code is used. このため、識別コードの情報量を増やさず(送信時のデータ量を増やさない)に見かけ上の識別コードを増やすことができる。 Therefore, it is possible to increase the identification code of the apparent without increasing the amount of information of an identification code (without increasing the amount of data during transmission). したがって、送受信側とも識別コード及び隠れ識別コードが同じでないと正規データとして認識されないようになり、同一の識別コードを持つワイヤレスキーボードからのデータをより的確に排除することが可能となる。 Thus, both the identification code and the hidden identity code reception side become is not recognized as the not the same normal data, it is possible to more accurately exclude data from wireless keyboard with the same identification code.
【0017】 [0017]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the accompanying drawings.
【0018】 [0018]
本発明の実施の一形態に係る無線式入力システムは、例えば、ワイヤレスキーボードを入力機器とするシステム(以下、ワイヤレスキー入力システムという)であって、図1に示すように構成される。 Wireless input system according to an embodiment of the present invention, for example, a system for the wireless keyboard and input device (hereinafter, referred to as wireless key entry system) a configured as shown in FIG.
【0019】 [0019]
図1において、このワイヤレスキー入力システムは、ワイヤレスキーボード300と接続される送信機400を備えた送信装置と、コンピュータ100と接続される受信機200を備えた受信装置とから構成される。 In Figure 1, the wireless key input system is composed of a transmitting apparatus provided with a transmitter 400 connected to the wireless keyboard 300, a receiving apparatus provided with a receiver 200 that is connected to a computer 100. 図2は上記送信装置におけるワイヤレスキーボード300と送信機400の機能ブロック図、図3は上記受信装置におけるコンピュータ100と受信機200の機能ブロック図である。 Figure 2 is a functional block diagram of a wireless keyboard 300 and the transmitter 400 in the transmission device, FIG. 3 is a functional block diagram of a computer 100 and the receiver 200 in the receiving device.
【0020】 [0020]
図2において、上記送信装置のワイヤレスキーボード300はキー回路部301、キー回路制御部302、メモリ(不揮発性メモリ)303、通信インターフェース(I/F)304から構成され、送信機400は送信部401と送信用アンテナ402から構成される。 2, wireless keyboard 300 of the transmitting device key circuit unit 301, a key circuit control unit 302, a memory (nonvolatile memory) 303, and a communication interface (I / F) 304, a transmitter 400 transmitting unit 401 and a transmitting antenna 402. 本構成は、赤外線通信、無線通信でも成立するが、ここでは一例として無線方式を採用する。 This arrangement, infrared communication, but also established a wireless communication, here employing a radio system as an example.
【0021】 [0021]
上記構成において、キー回路制御部302はキー押下、放しのキーデータをキー回路部301から取得し、メモリ303に保持されている識別コードと、この識別コードとは別の2番目の識別コード(本例では、この2番目の識別コードを「隠れ識別コード」と呼ぶ)とを基にしてチェックサムを計算(詳細は後述)し、送信したいデータにこのチェックサムを付加して通信I/F304に出力する。 In the above structure, the key circuit control unit 302 keypress, release the acquired key data from the key circuit unit 301, and the identification code stored in the memory 303, another second identification code with the identification code ( in this example, the second identification code is referred to as a "hidden identification code") and computes a checksum on the basis (see below) communication by adding a checksum to the data to be transmitted I / F 304 and outputs it to. 通信I/F304はキー回路制御部302から出力された送信データを所定の送信フォーマットに変換して送信機400の送信部401へ出力する。 Communication I / F 304, and outputs the converted transmission data outputted from the key circuit control unit 302 into a predetermined transmission format to the transmission unit 401 of the transmitter 400.
【0022】 [0022]
送信部401はチェックサムの付加された送信データを無線周波数信号に変換し、送信用アンテナ402に供給する。 Transmitting unit 401 converts the added transmission data checksum to the radio frequency signal, supplied to the transmitting antenna 402. 送信用アンテナ402からは送信データ(キーデータ、識別コード、チェックサム)が所定タイミングで送信されるようになっている。 Transmitting data from a transmitting antenna 402 (the key data, identification code, checksum) is adapted to be transmitted at a predetermined timing.
【0023】 [0023]
上記のように上記メモリ303には、送信データ送信時に常に付随される識別コードとは別に、受信装置との間で共有する隠れ識別コードが保持されており、チェックサムを計算するときのみメモリ303から出力される。 In the memory 303 as described above, apart from the identification code is always associated with the time of transmission data transmission, it is held hidden identification code to be shared between the receiving apparatus, seen memory 303 when calculating the checksum It is output from.
【0024】 [0024]
図3において、上記受信装置の受信機200は受信部201、受信用アンテナ202から構成され、コンピュータ100は通信I/F101、識別コード解析部102、キーコード制御部103、CPU104、メモリ105(不揮発性メモリ)から構成される。 3, the receiver 200 of the receiving device receiving section 201 is composed of a receiving antenna 202, the computer 100 is a communication I / F101, the identification code analyzer 102, the key code controller 103, CPU 104, memory 105 (nonvolatile It consists of sex memory).
【0025】 [0025]
上記構成において、受信機200の受信部201は、送信装置から送られてきた送信データ(識別コード、キーデータ、チェックサムを含む)を、受信用アンテナ202を介して受信し、所定の周波数帯域周波数信号に変換してコンピュータ100側の通信I/F101へ出力する。 In the above configuration, the reception unit 201 of the receiver 200 transmits data transmitted from the transmitting apparatus (identification code, key data, including the checksum), received via the receiving antenna 202, a predetermined frequency band and outputs to the communication I / F101 computer 100 side is converted into a frequency signal. 通信I/F101は受信したデータをコンピュータ内で処理可能なデータフォーマットに変換して識別コード解析部102に出力する。 Communication I / F101 is converts the received data into data processable format in a computer the identification code analyzer 102. 識別コード解析部102は受信データのチェックサムを検証(詳細は後述)し、その検証結果で「0」が得られれば当該受信データを正規データとみなしてキーコード制御部103に送る。 Identification code analyzer 102 verifies the checksum of the received data (details described later) and sends it "0" is Rarere obtained in the verification result the received data with the key code controller 103 is regarded as normal data. キーコード制御部103は受けとったデータ(=キーデータ)をキーメークデータとキーブレークデータに解析し、CPU104に出力する。 Key code control unit 103 analyzes the data (= key data) received in the key make data and key break data, and outputs the CPU 104. CPU104は、上記キーデータに基づく処理が実行される。 CPU104, the process based on the key data is executed. なお、メモリ103には送信装置との間で共有する隠れ識別コードが保持されている。 Note that hidden identification code to be shared between the transmission device is held in the memory 103.
【0026】 [0026]
図4は、チェックサムが送信データに付加されるまでのキー回路制御部302での処理手順を示したフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart checksum showing a processing procedure of the key circuit control unit 302 to be added to the transmission data.
【0027】 [0027]
同図に示すように、キー回路制御部302は、送信すべきキーデータがある場合に、まず、メモリ303から識別コードと受信装置との間で共有している隠れ識別コードとを読み出す(S1)。 As shown in the figure, the key circuit control unit 302, if there is key data to be transmitted, first reads a hidden identification codes are shared between the memory 303 and the identification codes and the receiving device (S1 ). ここでは、上記識別コードが16ビット(2バイト)で、キーデータが8ビット(1バイト)であると仮定する(図5の(a)参照)。 Here, it is assumed that the identification code is a 16 bit (2 byte), the key data is 8 bits (1 byte) (see (a) of FIG. 5). なお、図5の(a)において、1st、2ndBYTE(バイト)のID0〜ID15が識別コードのフィールドを表し、3rdBYTEのD0〜D7の8ビットがキーデータのフィールドを表す。 Incidentally, in (a) of FIG. 5, 1st, represent field ID0~ID15 the identification code of 2NdBYTE (bytes), 8 bits of D0~D7 of 3rdBYTE represents a field of key data. また、同図(b)のX0〜X7の8ビットは隠れコード(=隠れ識別コード)のフィールドを表す。 Also, 8-bit X0~X7 in FIG (b) represents the field of hidden code (= hidden identification code). 上記例ではD0〜D7の1BYTEはキーデータのみから構成されているがスタートビットやストップビットならびにパリティビットが付加されていてもよい。 May be added 1BYTE is but a start bit and stop bit and the parity bit consists only key data D0~D7 in the above example.
【0028】 [0028]
キー回路制御部302は、図5の(a)で示した3BYTE(1st、2ndBYTEが識別コード、3rdBYTEがキーデータ)のデータと同図(b)で示した1BYTEの隠れ識別コードの計4BYTEのデータを基にチェックサムを計算(S2)する。 Key circuit control unit 302, 3 Bytes shown in (a) of FIG. 5 (1st, 2ndBYTE identification code, 3RdBYTE key data) of the total 4BYTE of 1BYTE hidden identification code shown in the data and drawing of (b) It calculates a checksum data based on to (S2).
【0029】 [0029]
(チェックサムの計算) (Calculation of the checksum)
まず、所定のチェックサムフィールドをゼロにする(クリアーにする)。 First, a zero predetermined checksum field (to clear). 次に、 next,
上述した4BYTEのデータを所定ビット長データにし、その所定ビット長データの1の補数和(1の補数和はデータの全てを足し算した結果の桁上がり分を最下位ビットに加算することで求められる)を計算する。 Data 4BYTE described above and a predetermined bit length data, complement addition of complement addition (1 1 of the predetermined bit length data is obtained by adding the carry component of the result of addition of all data to the least significant bit ) is calculated. そして、その求めた1の補数和を上記所定のチェックサムフィールドに入れる。 Then, add the 1's complement sum obtained to the predetermined checksum field. 例えば、本例の場合、チェックサムフィールドが1BYTE(0〜255)で表されるので、送りたいデータの加算値を256で除算し、1の補数和を求めればよい。 For example, in the present example, since the checksum field is represented by 1BYTE (0 to 255), and dividing the sum value of the data to be sent in 256 may be determined to one's complement sum.
【0030】 [0030]
上記のようにして計算されるチェックサムは上記4BYTEのデータすべてを加算した時に下位8ビットが00となるように計算された後、チェックサムフィールドS0〜S7に入れられる。 Checksum calculated as described above after being calculated as the lower 8 bits are 00 when the sum of all data of the 4Byte, placed in checksum field S0 to S7. キー回路制御部302は、このチェックサムを送信すべきデータに付加(図6参照)して所定の送信データフォーマットに変換(S3)する。 Key circuit control unit 302 adds the data to be transmitted this checksum (see FIG. 6) to convert to a predetermined transmission data format (S3). 所定の送信データフォーマットに変換された送信データはその後、送信部401へと出力(S4)されてコンピュータ100側の受信部201へと送信される。 Predetermined transmission data format then converted transmission data to be transmitted and output to the transmission unit 401 (S4) is in the receiving portion 201 of the computer 100 side.
【0031】 [0031]
受信装置の受信部201は上記のようにして送信装置から送信された送信データを所定の周波数帯域の周波数信号に変換した後、コンピュータ100の通信I/F101を経て識別コード解析部102に送る。 After receiving portion 201 of the receiving apparatus that converts the transmission data transmitted from the transmission apparatus as described above into a frequency signal in a predetermined frequency band, and sends the identification code analyzer 102 via the communication I / F101 computer 100. 識別コード解析部102では、受信したデータに対するチェックサムの検証が行なわれる。 The identification code analyzer 102, verification of checksums are performed for the received data.
【0032】 [0032]
(チェックサムの検証) (Checksum validation)
識別コード解析部102では、受信データを所定ビット長にして加算し、受信データの1の補数和が求められる。 The identification code analyzer 102 adds to the received data to a predetermined bit length, one's complement sum of the received data is determined. そして、その求められた結果が0であるかどうかをチェックし、結果が0であれば正規データであることを認識する。 Then, it is checked whether the sought result is 0, it recognizes that the results are normalized data if 0. 例えば、本例の場合、上記の如くチェックサムフィールドは1BYTE(0〜255)で表されるので、受信データの加算値を256で除算した結果が0であれば送られてきたデータを正規データと認識する。 For example, in the present example, since the checksum field as described above is expressed by 1BYTE (0 to 255), normal results obtained by dividing the sum of received data 256 is sent if 0 data data I recognize that. このことは、登録済みの識別コードと隠れ識別コードによる二重のチェックが正しくなされたことを意味する。 This means that the double check by the registered identification code and the hidden identification code is successful. 一方、上記結果が0でないときは受信データを正規データと認識せずに拒否する。 On the other hand, when the result is not 0 deny without recognizing the received data to the normal data.
【0033】 [0033]
このように本実施形態では、ワイヤレスキーボード等の無線式の入力機器からの送信データの正規性判定にチェックサムが用いられ、さらにチェックサムの計算には、送信されるデータのみではなく隠れ識別コードが使われる。 As described above, in this embodiment, the checksum is used for the normality determination of the transmission data from the wireless input devices such as a wireless keyboard, and more checksum calculation, hidden identification code not only data to be transmitted It is used. このため、識別コードの情報量を増やさず(送信時のデータ量を増やさない)に見かけ上の識別コードを増やすことができる。 Therefore, it is possible to increase the identification code of the apparent without increasing the amount of information of an identification code (without increasing the amount of data during transmission). したがって、送受信側とも識別コード及び隠れ識別コードが同じでないと正規データとして認識されないようになり、同一の識別コードを持つワイヤレスキーボードからのデータをより的確に排除することが可能となる。 Thus, both the identification code and the hidden identity code reception side become is not recognized as the not the same normal data, it is possible to more accurately exclude data from wireless keyboard with the same identification code.
【0034】 [0034]
なお、上記隠れ識別コードは、入力端末であるワイヤレスキーボードの識別コードをコンピュータに登録するときにのみ送信され、ワイヤレスキーボードとコンピュータのメモリには同一の識別コードと隠れ識別コードが保持される。 Note that the hidden identification code only sent when registering the identification code of the wireless keyboard is an input terminal to the computer, the memory of the wireless keyboard and the computer the same identification code and the hidden identification code is held.
【0035】 [0035]
上記実施形態では、ワイヤレスキーボード300のキー回路制御部302にてチェックサムの計算を行なう形態であったが、送信機400内にチェックサム計算が可能な回路を具備するような形態であってもよい。 In the above embodiment, in the form of performing the checksum calculation in the key circuit control unit 302 of the wireless keyboard 300, it is in a form that includes a circuit capable of checksum calculation in the transmitter 400 good. また、上記実施形態では、チェックサムの検証をコンピュータ100側の識別コード解析部102にて行なう形態であったが、受信機200内にチェックサム検証可能な回路を具備するような形態であってもよい。 Further, in the above embodiment, there was a form that verifies the checksum of the computer 100 side by the identification code analyzer 102, in a form that includes a checksum verifiable circuit in the receiver 200 it may be.
【0036】 [0036]
さらに、上記実施形態では、無線方式による入力機器として、ワイヤレスキーボードを想定したが、本発明はワイヤレス式マウス等の入力機器にも適用することが可能である。 Furthermore, in the above embodiment, as an input device by a wireless system, it is assumed wireless keyboard, the present invention can be applied to input devices such as a wireless mouse.
【0037】 [0037]
上記例において、キー回路制御部302のチェックサム計算機能がチェックサム生成手段に対応し、送信部401のチェックサム付加後の送信データ送信機能がチェックサム送信手段に対応する。 In the above example, the checksum calculation function key circuit control unit 302 corresponds to the checksum generation means, transmission data transmission function after the checksum adding the transmission unit 401 corresponds to the checksum transmission means. また、受信部201のチェックサム受信機能がチェックサム受信手段に、識別コード解析部102のチェックサム検証機能が識別コード検証手段に対応し、メモリ105、303の2番目の識別コード登録保持機能が隠れ識別コード共有手段に対応する。 Also, the checksum receiving function checksum receiving means of the receiving unit 201, identifying checksum verification function of the code analyzer 102 corresponds to the identification code verification means, the second identification code registration holding function of the memory 105,303 is corresponding to the hidden identification code sharing unit.
【0038】 [0038]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上、説明したように、本願発明によれば、ワイヤレスキーボード等の無線式の入力機器からの送信データの正規性判定にチェックサムが用いられ、さらにチェックサムの計算には、送信されるデータのみではなく隠れ識別コードが使われる。 As described above, according to the present invention, the checksum is used for the normality determination of the transmission data from the wireless input devices such as a wireless keyboard, and more checksum calculation, only the data to be transmitted rather than hidden identification code is used. このため、識別コードの情報量を増やさず(送信時のデータ量を増やさない)に見かけ上の識別コードを増やすことができる。 Therefore, it is possible to increase the identification code of the apparent without increasing the amount of information of an identification code (without increasing the amount of data during transmission). したがって、送受信側とも識別コード及び隠れ識別コードが同じでないと正規データとして認識されないようになり、同一の識別コードを持つワイヤレスキーボードからのデータをより的確に排除することが可能となる。 Thus, both the identification code and the hidden identity code reception side become is not recognized as the not the same normal data, it is possible to more accurately exclude data from wireless keyboard with the same identification code.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の実施の一形態に係るワイヤレスキー入力システムの構成図である。 1 is a configuration diagram of a wireless key input system according to an embodiment of the present invention.
【図2】図1に示す送信装置の機能ブロック図である。 2 is a functional block diagram of a transmitting apparatus shown in FIG.
【図3】図1に示す受信装置の機能ブロック図である。 3 is a functional block diagram of a receiver shown in FIG.
【図4】キー回路制御部での処理手順を示すフローチャートである。 4 is a flowchart showing a processing procedure in the key circuit control unit.
【図5】送信データと隠れ識別コードを示す図である。 5 is a diagram showing transmission data and hidden identification code.
【図6】送信装置から送信されるチェックサム付加後の送信データ例を示す図である。 6 is a diagram illustrating a transmission example of data after the checksum added to be transmitted from the transmission device.
【図7】従来のワイヤレスキーボードの動作を示す図である。 7 is a diagram showing the operation of a conventional wireless keyboard.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
100 コンピュータ101 通信I/F(インターフェース) 100 Computer 101 communication I / F (interface)
102 識別コード解析部103 キーコード制御部104 CPU 102 identification code analyzer 103 key code controller 104 CPU
105 メモリ200 受信機201 受信部202 受信用アンテナ300 ワイヤレスキーボード(ワイヤレスキーボードA) 105 memory 200 receiver 201 receiving unit 202 receiving antenna 300 wireless keyboard (wireless keyboard A)
301 キー回路部302 キー回路制御部303 メモリ304 通信I/F(インターフェース) 301 key circuit portion 302 key circuit control section 303 memory 304 communication I / F (interface)
310 ワイヤレスキーボードB 310 wireless keyboard B
400、410 送信機401 送信部402 送信用アンテナ 400 and 410 the transmitter 401 transmitting unit 402 transmitting antenna

Claims (9)

  1. 入力機器とこの入力機器と接続される送信機とからなる送信装置と、コンピュータとこのコンピュータと接続される受信機とからなる受信装置とを備え、前記送信装置が入力データに付随させて送信する識別コードを前記受信装置が受信して認識判定し、前記送信装置の正当性を確認するようにした無線式入力システムにおいて、 A transmission device comprising a transmitter which is connected to the input device and the input device, and a receiving apparatus comprising a receiver connected to the computer and the computer transmits the transmission device by accompanying the input data an identification code recognizing determination received by the receiving device, the wireless input system adapted to verify the validity of the transmission device,
    前記送信装置は前記識別コードの正当性を示すチェックサムを付加して送信するチェックサム送信手段を備え、 The transmitting device includes a checksum transmission means for transmitting adds a checksum indicating the validity of said identification code,
    前記受信装置は、受信した識別コードが正しいコードであるか否かを前記チェックサムを用いて検証する識別コード検証手段を備えたことを特徴とする無線式入力システム。 The receiving apparatus, wireless input system, characterized in that whether the identification code received is the correct code with the identification code verification means for verifying by using the checksum.
  2. 請求項1記載の無線式入力システムにおいて、 According to claim 1, wherein the wireless input system,
    前記送信装置及び前記受信装置は、前記識別コード以外の識別コードを隠れ識別コードとして共有する隠れ識別コード共有手段を備え、 The transmitting device and the receiving device includes a hidden identification code sharing means for sharing as an identification code hidden identification code other than the identification code,
    前記チェックサム送信手段は、前記受信装置との間で共有している前記隠れ識別コードと前記入力データと前記識別コードとを加算し、加算結果を基にしてチェックサムを生成するチェックサム生成手段を備えたことを特徴とする無線式入力システム。 The checksum transmitting means, said adding and said identification code and said hidden identification code and the input data that are shared with the receiving apparatus, checksum generation means for generating a checksum based on the addition result wireless input system comprising the.
  3. 請求項2記載の無線式入力システムにおいて、 In wireless input system according to claim 2,
    前記識別コード検証手段は、前記チェックサム送信手段により送信されたチェックサムを受信するチェックサム受信手段を備え、 The identification code verification means comprises a checksum receiving means for receiving the checksum transmitted by the checksum transmission means,
    受信したチェックサムを基にして計算された計算結果より、前記識別コード及び前記隠れ識別コードが正しいコードであるか否かを検証することを特徴とする無線式入力システム。 Wireless input system, characterized in that from the received checksum calculated is calculated based on the result, the identification code and the hidden identification code to verify whether the correct code.
  4. 請求項2記載の無線式入力システムにおいて、 In wireless input system according to claim 2,
    前記送信装置と前記受信装置で共有される前記隠れ識別コードは、nビットで構成される前記入力データに基づき最大nビットまでとなることを特徴とする無線式入力システム。 The hidden identification code, wireless input system characterized by comprising a maximum of n bits on the basis of the input data consisting of n bits that is shared by the transmitting device and the receiving device.
  5. 請求項2又は4記載の無線式入力システムにおいて、 According to claim 2 or 4, wherein the wireless input system,
    前記送信装置と前記受信装置で共有される前記隠れ識別コードは、前記識別コードを前記受信装置のコンピュータに登録するときにのみ前記送信装置から送信されて該コンピュータに記憶させられることを特徴とする無線式入力システム。 The hidden identification code that is shared by the receiving device and the transmitting device is characterized in that it is being sent is stored in the computer from the transmission device only when registering the identification code to the computer of the receiving device wireless input system.
  6. 入力機器とこの入力機器と接続される送信機とからなる送信装置であって、コンピュータとこのコンピュータと接続される受信機とからなる受信装置に対し、正当性を確認するための識別コードを入力データに付随させて無線送信する当該送信装置において、 A transmission apparatus comprising a transmitter connected to the input device and the input device, to the receiving apparatus comprising a receiver connected to the computer and the computer, enter the identification code to confirm the validity in the transmitting device for wirelessly transmitting by accompanying data,
    前記識別コード以外の識別コードを隠れ識別コードとして前記受信装置との間で共有する隠れ識別コード共有手段と、 A hidden identification code sharing means for sharing between the receiving apparatus as the identification code hidden identification code other than the identification code,
    前記隠れ識別コードと前記入力データと前記識別コードとを加算し、加算結果を基にしてチェックサムを生成するチェックサム生成手段と、 Checksum generation means for the adding a hidden identification code and said input data and said identification code to generate a checksum based on the addition result,
    生成されたチェックサムを前記入力データと前記識別コードを送信する際に付加して送信するチェックサム送信手段とを備えたことを特徴とする送信装置。 Transmitting apparatus characterized by comprising a checksum transmission means the generated checksum attached is transmitted when transmitting the identification code and the input data.
  7. 請求項6記載の送信装置において、 The transmitter as claimed in claim 6, wherein,
    前記送信装置と前記受信装置で共有される前記隠れ識別コードは、nビットで構成される前記入力データに基づき最大nビットまでとなることを特徴とする送信装置。 Wherein the hidden identification code that is shared by the transmitting apparatus and the receiving apparatus, transmitting apparatus characterized by comprising a maximum of n bits on the basis of the input data consisting of n bits.
  8. 請求項6又は7記載の送信装置において、 The transmitter as claimed in claim 6 or 7, wherein,
    前記識別コードを前記受信装置のコンピュータに登録するときにのみ前記送信装置と前記受信装置で共有される前記隠れ識別コードを該コンピュータに送信して記憶させる隠れ識別コード登録手段を備えたことを特徴とする送信装置。 Comprising the hidden identification code registration means for and storing transmit the hidden identification code that is shared by the receiving device and the transmitting device to the computer only when registering the identification code to the computer of the receiving device transmitting device to.
  9. コンピュータとこのコンピュータと接続される受信機とからなる受信装置であって、入力機器とこの入力機器と接続される送信機とからなる送信装置が入力データに付随させて送信する識別コードを、自装置にて受信して認識判定し、前記送信装置の正当性を確認するようにした当該受信装置において、 A receiver comprising a receiver connected computer and the computer, an identification code transmitting apparatus comprising a transmitter connected to the input device and the input device transmits by accompanying the input data, the own received by device recognition determination to, in the receiving device so as to verify the legitimacy of the transmission device,
    前記識別コード以外の識別コードを隠れ識別コードとして前記送信装置との間で共有する隠れ識別コード共有手段と、 A hidden identification code sharing means for sharing between the transmission device as the identification code hidden identification code other than the identification code,
    前記送信装置が前記隠れ識別コードと前記入力データと前記識別コードとを基にして生成したチェックサムを受信するチェックサム受信手段と、 Checksum receiving means for receiving the checksum the transmitting apparatus is generated based on said identification code and said input data and said hidden identification code,
    受信したチェックサムを基にして計算された計算結果より、前記識別コード及び前記隠れ識別コードが正しいコードであるか否かを検証することを識別コード検証手段とを備えたことを特徴とする受信装置。 From the received checksum calculation result calculated based on the reception, characterized in that a identification code verification means that the identification code and the hidden identification code to verify whether the correct code apparatus.
JP2002316107A 2002-10-30 2002-10-30 Wireless input system, and transmission device and reception device for use in its system Pending JP2004151981A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002316107A JP2004151981A (en) 2002-10-30 2002-10-30 Wireless input system, and transmission device and reception device for use in its system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002316107A JP2004151981A (en) 2002-10-30 2002-10-30 Wireless input system, and transmission device and reception device for use in its system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004151981A true JP2004151981A (en) 2004-05-27

Family

ID=32459904

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002316107A Pending JP2004151981A (en) 2002-10-30 2002-10-30 Wireless input system, and transmission device and reception device for use in its system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004151981A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006251788A (en) * 2005-02-14 2006-09-21 Seiko Instruments Inc Wireless contact microphone for tuning apparatus
JP2016509715A (en) * 2013-01-23 2016-03-31 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Computer program, computer system and method for executing VectorChecksum instruction
US10146534B2 (en) 2013-01-23 2018-12-04 International Business Machines Corporation Vector Galois field multiply sum and accumulate instruction
US10203956B2 (en) 2013-01-23 2019-02-12 International Business Machines Corporation Vector floating point test data class immediate instruction

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006251788A (en) * 2005-02-14 2006-09-21 Seiko Instruments Inc Wireless contact microphone for tuning apparatus
JP4498288B2 (en) * 2005-02-14 2010-07-07 セイコーインスツル株式会社 Tuning dexterity wireless contact microphone
JP2016509715A (en) * 2013-01-23 2016-03-31 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation Computer program, computer system and method for executing VectorChecksum instruction
US10101998B2 (en) 2013-01-23 2018-10-16 International Business Machines Corporation Vector checksum instruction
US10146534B2 (en) 2013-01-23 2018-12-04 International Business Machines Corporation Vector Galois field multiply sum and accumulate instruction
US10203956B2 (en) 2013-01-23 2019-02-12 International Business Machines Corporation Vector floating point test data class immediate instruction
US10338918B2 (en) 2013-01-23 2019-07-02 International Business Machines Corporation Vector Galois Field Multiply Sum and Accumulate instruction

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR950001729B1 (en) Method of secure remote access
US7284127B2 (en) Secure communications
US6707915B1 (en) Data transfer verification based on unique ID codes
EP0604911A2 (en) Authentication and communication terminal and communication processing unit using the method
US6741851B1 (en) Method for protecting data stored in lost mobile terminal and recording medium therefor
EP2290846B1 (en) Wireless device monitoring system
CN1129265C (en) Method and apparatus for tracking data packets in packet data communication system
EP2053531A1 (en) Authentication certificate management for access to a wireless communication device
EP1775673A2 (en) Token authentication system
JP2821306B2 (en) Authentication method and system between Ic card and terminal
US20050091501A1 (en) Loading data into a mobile terminal
US8037515B2 (en) Methods and apparatus for providing application credentials
EP1355216A2 (en) Secure computer system
US6490687B1 (en) Login permission with improved security
US7711323B2 (en) Wireless communication apparatus and response data processing method therefor
US20050257046A1 (en) Distributed management of a certificate revocation list
KR100673414B1 (en) Battery and authentication requesting device
JP2006522988A (en) It is associated with software to hardware using a cryptographic
BRPI9712007B1 (en) Electronic device and process for detecting memory violation in an electronic device
CN100409612C (en) Method for checking integrity of data, system and mobile terminal
JP2000507777A (en) The method and apparatus of the data recovery of Arq equipment
WO1996038822A1 (en) Controlling a process in a communication device
JPWO2008056613A1 (en) Authentication device
JP3491994B2 (en) Communication control apparatus and method
US7650509B1 (en) Encoding data in a password

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050324

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070719

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070731

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20071120