JP2004134975A - 通信端末 - Google Patents

通信端末 Download PDF

Info

Publication number
JP2004134975A
JP2004134975A JP2002296519A JP2002296519A JP2004134975A JP 2004134975 A JP2004134975 A JP 2004134975A JP 2002296519 A JP2002296519 A JP 2002296519A JP 2002296519 A JP2002296519 A JP 2002296519A JP 2004134975 A JP2004134975 A JP 2004134975A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
housing
communication terminal
antenna
housing member
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002296519A
Other languages
English (en)
Inventor
Yasufumi Komukai
Kenichi Sato
Noriyoshi Sato
佐藤 健一
佐藤 則喜
小向 康文
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2002296519A priority Critical patent/JP2004134975A/ja
Publication of JP2004134975A publication Critical patent/JP2004134975A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/02Constructional features of telephone sets
    • H04M1/0202Portable telephone sets, e.g. cordless phones, mobile phones or bar type handsets
    • H04M1/0206Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings
    • H04M1/0241Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings using relative motion of the body parts to change the operational status of the telephone set, e.g. switching on/off, answering incoming call
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q1/00Details of, or arrangements associated with, antennas
    • H01Q1/08Means for collapsing antennas or parts thereof
    • H01Q1/084Pivotable antennas
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q1/00Details of, or arrangements associated with, antennas
    • H01Q1/12Supports; Mounting means
    • H01Q1/22Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles
    • H01Q1/24Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set
    • H01Q1/241Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM
    • H01Q1/242Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM specially adapted for hand-held use
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q1/00Details of, or arrangements associated with, antennas
    • H01Q1/12Supports; Mounting means
    • H01Q1/22Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles
    • H01Q1/24Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set
    • H01Q1/241Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM
    • H01Q1/242Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM specially adapted for hand-held use
    • H01Q1/243Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM specially adapted for hand-held use with built-in antennas
    • H01Q1/244Supports; Mounting means by structural association with other equipment or articles with receiving set used in mobile communications, e.g. GSM specially adapted for hand-held use with built-in antennas extendable from a housing along a given path
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q3/00Arrangements for changing or varying the orientation or the shape of the directional pattern of the waves radiated from an antenna or antenna system
    • H01Q3/02Arrangements for changing or varying the orientation or the shape of the directional pattern of the waves radiated from an antenna or antenna system using mechanical movement of antenna or antenna system as a whole
    • H01Q3/08Arrangements for changing or varying the orientation or the shape of the directional pattern of the waves radiated from an antenna or antenna system using mechanical movement of antenna or antenna system as a whole for varying two co-ordinates of the orientation
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q9/00Electrically-short antennas having dimensions not more than twice the operating wavelength and consisting of conductive active radiating elements
    • H01Q9/04Resonant antennas
    • H01Q9/16Resonant antennas with feed intermediate between the extremities of the antenna, e.g. centre-fed dipole
    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01QANTENNAS, i.e. RADIO AERIALS
    • H01Q9/00Electrically-short antennas having dimensions not more than twice the operating wavelength and consisting of conductive active radiating elements
    • H01Q9/04Resonant antennas
    • H01Q9/30Resonant antennas with feed to end of elongated active element, e.g. unipole
    • H01Q9/32Vertical arrangement of element
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/02Constructional features of telephone sets
    • H04M1/0202Portable telephone sets, e.g. cordless phones, mobile phones or bar type handsets
    • H04M1/0206Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings
    • H04M1/0208Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings characterized by the relative motions of the body parts
    • H04M1/021Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings characterized by the relative motions of the body parts using combined folding and rotation motions
    • H04M1/0212Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings characterized by the relative motions of the body parts using combined folding and rotation motions with a two degrees of freedom mechanism, i.e. folding around a first axis and rotating around a second axis perpendicular to the first
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/02Constructional features of telephone sets
    • H04M1/0202Portable telephone sets, e.g. cordless phones, mobile phones or bar type handsets
    • H04M1/0206Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings
    • H04M1/0208Portable telephones comprising a plurality of mechanically joined movable body parts, e.g. hinged housings characterized by the relative motions of the body parts
    • H04M1/0214Foldable telephones, i.e. with body parts pivoting to an open position around an axis parallel to the plane they define in closed position
    • H04M1/0216Foldable in one direction, i.e. using a one degree of freedom hinge
    • H04M1/0218The hinge comprising input and/or output user interface means

Abstract

【課題】開閉いずれの状態であっても、アンテナ利得の劣化を防止できる通信端末を提供する。
【解決手段】通信端末は、第1及び第2プリント基板116a,116bなどの導体部をそれぞれ有してなる第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bとを開閉可能に連結するヒンジ部を有し、第2の筐体部材101b内のヒンジ部近傍に第2アンテナ103bが設けられている。ヒンジ部は、2つの筐体部材101a,101bが対向する方向に回動する際の軸となる導電性の金属部材による第1回動軸と、この第1回動軸による回動方向と直交する方向に回動する際の軸となる導電性の金属部材による第2回動軸とを有してなる。そして、第1及び第2の筐体部材101a,101bの導体部を容量結合するための所定間隔Lを形成するとともに、前記ヒンジ部を2つの筐体部材101a,101bのうちの一方の筐体部材の導体部と絶縁させる。
【選択図】 図7

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、開閉可能な筐体を有してなる通信端末に関し、詳しくは、無線信号の送受信を行うアンテナを備えた通信端末の筐体構造に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来の開閉可能な通信端末の第1の例としては、特許文献1に記載されたものがある。ここで、図を用いて説明する。図20は、従来の通信端末の構造及びこれに備えたアンテナの動作原理を示す図であり、(a)は筐体が閉じた状態、(b)は開いた状態を示す。図20の(a)、(b)において、通信端末は、引出し可能なアンテナ201と接続された第1の筐体202と、使用時においてアンテナ201の側面に位置し、金属または金属を含む材料からなる第2の筐体203とを有し、これらの第1の筐体202と第2の筐体203とは、互いに接続されている。この通信端末は、アンテナ201が設けられた第1の筐体202に流れる高周波電流が第2の筐体203へも流れるようになっており、このときの電流の向きを矢印G,H,I,Jで示す。
【0003】
従来の開閉可能な通信端末の第2の例としては、片端側にアンテナが設けられた第1筐体が、他端側はヒンジ部を介して第2筐体と開閉可能に連結されており、このヒンジ部の中に螺旋状に巻いた可撓性基板を配設したものが、特許文献2にて開示されている。図21は、従来の通信端末において、可撓性基板が螺旋状に巻かれて設けられるときの、開閉動作に伴う可撓性基板の変化を示す図であり、(a)は筐体が開いた状態、(b)は閉じた状態を示す。図21(a)の可撓性基板204において、筐体が開かれたときを実線で示し、捩れ角を変化させないように筐体を閉じた場合を二点鎖線で示している。
【0004】
【特許文献1】
特開2002−33804号公報
【特許文献2】
特開平6−311216号公報
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、上記従来の第1の例の通信端末においては、第1と第2の筐体202,203が接続されているので、閉じていれば各々の筐体202,203に流れる電流が同相となる(矢印GとHは同方向)。すなわち、アンテナ201が設けられた端部側から反対端側へ流れる。この2つの筐体202,203を開いたときには、第1の筐体202に流れる筐体電流(矢印I)は閉じた状態の筐体電流(矢印G)とは変わらないが、第2の筐体203に流れる筐体電流(矢印J)の向きが第1の筐体部材202に流れる筐体電流(矢印H)の向きと異なってしまう(逆相になる)。このため、閉じた状態から開いた状態にすると放射効率の低下を招く恐れがあった。したがって、筐体やアンテナの接続の仕方によっては、逆に放射効率の低下を招く恐れがあるといった課題を有する。
【0006】
また、上記従来の第2の例の通信端末においては、アンテナが筐体より突出した構成となっている。このように突出したアンテナでは、使用者がポケットに収納された状態から取り出す時、ポケットの縁部にアンテナが引っ掛かるという問題があったため、近年、ヒンジ部を有する開閉式の通信端末であってもアンテナの内蔵化が要望されている。
【0007】
また、図21に示すように、螺旋状に巻回された可撓性基板204は、筐体の開閉動作に伴って可撓性基板204に曲げ応力とねじり応力が生じる構造となっているため、可撓性基板204の導体部(回路パターン)が切断してしまう恐れがある。すなわち、下側より上側へ向かって右巻きに巻かれている可撓性基板の捩れ角Pが変化しないようにするためには、図21(a)に示す二点鎖線のように巻くと、ねじり応力の発生を回避できる。しかしながら、可撓性基板204の両端は、筐体が開閉動作をしても2つの筐体に固定される位置(左右方向)が変わらないため、筐体を開いた状態から閉じて図21(b)に示す実線のように変化すれば、捩れ角が略P/2へと変化する。このため、筐体の開閉動作に伴って可撓性基板204に曲げ応力とともに捩れ応力が加わる構造となっている。
【0008】
一般に、可撓性基板は、可撓性を有する故に曲げ応力に対して十分強い構造ではあるが、複合的に様々な応力が作用すると断線や破断を招いてしまう。従って、従来の通信端末にあっては、筐体の開閉動作を繰り返すと可撓性基板の断線や破断等を招く恐れがあるため、この点で改良の余地があった。
【0009】
本発明は、上記問題点に鑑みてなされたものであって、開閉いずれの状態であってもアンテナ利得の劣化を抑制することが可能な通信端末を提供することを目的とする。
【0010】
【課題を解決するための手段】
本発明に係る通信端末は、導体部を有する2つの筐体部材を開閉可能に連結するヒンジ部と、前記2つの筐体部材のうちの一方の筐体部材内の前記ヒンジ部近傍に設けられたアンテナとを備え、前記ヒンジ部は、前記2つの筐体部材が対向する方向に回動する際の軸となる導電材料からなる第1回動部材と、前記2つの筐体部材が非対向状態の時に筐体部材の一方が他方に対して、前記第1回動部材を軸とした回動方向と直交する方向に回動する際の軸となる導電材料からなる第2回動部材とを有し、前記2つの筐体部材の導体部を容量結合する所定間隔を形成するとともに、前記ヒンジ部を前記2つの筐体部材のうちのいずれか一方の導体部と絶縁させたものである。
【0011】
この構成によれば、2つの筐体部材を開いた状態においては、ヒンジ部を介して一方の筐体部材から他方の筐体部材に流れる逆相の高周波電流を無くすことができ、さらに2つの筐体部材を閉じた状態においては、他方の筐体部材に流れる高周波電流を一方の筐体部材に流れる高周波電流と同相にすることができ、開閉いずれの状態であってもアンテナ利得の劣化を抑制することができる。
【0012】
また、本発明は、前記通信端末において、前記第1回動部材の一端側に前記2つの筐体部材の導体部を接続する可撓性導体を配設し、前記第1回動部材の他端側に前記アンテナの給電部を配設したものとする。
【0013】
この構成によれば、ヒンジ部の中に設けられた可撓性基板を有する開閉式の通信端末において、可撓性導体とアンテナとを近接して配置した場合であっても、可撓性基板とアンテナの給電部とが離間するため、可撓性導体によるアンテナ性能への影響を排除できる。
【0014】
また、本発明は、前記通信端末において、前記第1回動部材の一端側に配設された可撓性導体は巻回部が形成されているものとする。
【0015】
この構成によれば、筐体部材の開閉動作による可撓性基板の破断、断線が回避できるので、可撓性基板の長寿命化が図れる。また、2つの筐体部材の開閉動作に応じて巻回部の曲率が変化することによって可撓性導体がアンテナへ近接しても、高周波電流が集中するアンテナ給電部位とは反対側に可撓性導体が配置しているため、アンテナ諸特性の一つである電圧定在波比(VSWR)の特性劣化を回避でき、安定したアンテナ利得が得られる。
【0016】
また、本発明は、前記通信端末において、前記2つの筐体部材内部の導体部を接続するケーブルを設け、このケーブルを前記巻回部の中に挿通させたものとする。
【0017】
この構成によれば、ケーブルによって2つの筐体部材の導体部を接続する場合に、ケーブル長を最短にすることができる。
【0018】
また、本発明は、前記通信端末において、前記アンテナは、前記第1回動部材の一端側から他端側へ延設されるものとする。
【0019】
この構成によれば、アンテナを筐体から突出させずに配設しても、アンテナ性能の劣化を回避でき、十分な放射特性が得られる。
【0020】
また、本発明は、前記通信端末において、前記アンテナは、第1の電気長を有する第1エレメント部と第2の電気長を有する第2エレメント部とを有して構成され、これらの第1エレメント部と第2エレメント部の一端側をリアクタンス成分を有するリアクタンス部で接続し、前記2つのエレメント部のうちの一方のエレメント部の他端側を給電部としたものとする。
【0021】
この構成によれば、一つのアンテナで複数の共振点(共振周波数)を持ち、開閉いずれの状態であっても、低い周波数帯域でのアンテナ利得の変化を防止できる。
【0022】
また、本発明は、前記通信端末において、前記第1エレメント部の電気長は、第1周波数の波長λ1 の1/4とし、前記第2エレメント部の電気長は、前記第1エレメント部の電気長との和が第2周波数の波長λ2 の1/4または3/8となるように形成したものとする。
【0023】
この構成によれば、第1周波数と第2周波数の2つの周波数において良好なアンテナ特性が得られる。
【0024】
また、本発明は、前記通信端末において、前記2つの筐体部材が閉じられた状態から開かれた状態になったときに露呈する前記2つの筐体部材の露呈面側に、受話部と送話部とを配設し、前記露呈面とは反対側の背面側ヒンジ部近傍に前記アンテナを配設したものとする。
【0025】
この構成によれば、使用者が手に持って通話をする際、アンテナが手に覆われにくくすることができるとともに、アンテナを人体頭部からも離すことができるので、人体が吸収する電磁波の量を低減できる。
【0026】
【発明の実施の形態】
以下、本発明に係る開閉式の通信端末の実施の形態について、図面を参照して説明する。なお、本実施形態において、通信端末を、W−CDMA(Wideband Code Division Multiple Access)方式とGSM(Global System for Mobile Communication)方式の両方に対応した開閉式の携帯電話端末として説明するが、携帯電話端末に限らず開閉式であれば他の通信端末においても適用可能である。
【0027】
図1は、本発明の一実施形態に係る通信端末の閉じた状態を示す斜視図である。図2は、本発明の一実施形態に係る通信端末の第1の開いた状態を示す斜視図である。図3は、本発明の一実施形態に係る通信端末の第2の開いた状態を示す斜視図である。図4は、本発明の一実施形態に係る通信端末の第3の開いた状態を示す斜視図である。図5は、第1の開いた状態の通信端末を手に持った状態を示す外観図である。図6は、第3の開いた状態の通信端末を手に持った状態を示す外観図である。図7は、本発明の一実施形態に係る通信端末の断面図である。図8は、本発明の一実施形態に係る通信端末の電気的構成を示すブロック図である。
【0028】
図1〜図8に示すように、本実施形態の開閉式の通信端末は、筐体101と、ヒンジ部102と、アンテナ103と、バイブレータ部104と、操作部105と、受話部(レシーバ)106と、スピーカ107と、送話部(マイクロフォン)108と、カメラ部109と、第1ホール素子110と、第2ホール素子111と、第1表示部112と、第2表示部113と、第1の永久磁石114と、第2の永久磁石115と、プリント基板116とを備えて構成されている。なお、プリント基板116は、図8に示す送受信部117、データ変換部118、音声処理部119、画像処理部120、情報記録部121及び制御部122を有している。
【0029】
以下、本実施形態の通信端末が有する各構成要素について説明する。
まず、筐体101について説明する。筐体101は、第1の筐体部材101a及び第2の筐体部材101bとを有して構成されている。図9は、本実施形態の通信端末が備える筐体101の分解斜視図である。同図に示すように、第2の筐体部材101bには、ヒンジ部102を保持するヒンジ装着部101c,101dが形成されている。ヒンジ装着部101cにはヒンジ部102を保持するためのD形の穴101eが形成され、ヒンジ装着部101dにはヒンジ部102を支承する軸受部101fが形成されている。
【0030】
このため、筐体101は、ヒンジ部102を軸として第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bが開閉可能である。なお、以下の説明では、第2の筐体部材101bに対して第1の筐体部材101aが閉じた状態を「閉状態」といい、第2の筐体部材101bに対して第1の筐体部材101aが開いた状態を「開状態」という。通常、通信端末の携帯時は閉状態、使用時は開状態で用いられる。なお、図2に示すように、第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bとの角度が略180度の状態を「第1の開状態」という。また、図3に示すように、第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bとの角度が略90度の状態を「第2の開状態」という。
【0031】
また、第1及び第2の筐体部材101a,101bは、図4や図6に示すように、第2の開状態で開閉方向に対して直交方向に回動可能なように連結されている。なお、当該直交方向に回動可能な構成については後述する。なお、図3の第2の開状態から第1の筐体部材101aを矢印S方向、すなわち、開閉方向に対する直交方向へ90度回動させた図4に示す状態を「第3の開状態」という。S方向には150度まで回動することができる。第3の開状態では、第1表示部112が横長方向になるためVGAサイズの画像の表示に好適となる。このため、同じ大きさの表示部を縦長方向にした場合よりも、大きな画像で表示することができる。
【0032】
また、本実施形態では、閉状態のときに第1の筐体部材101aと当接する第2の筐体部材101bの表面に突起123aが形成されている。このため、閉状態のときに、第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bとの間には突起123aによるクリアランス123bが形成される。
【0033】
次に、他の構成要素について説明する。アンテナ103は、第1アンテナ103aと第2アンテナ103bとを有する。第1の筐体部材101aに内蔵された第1アンテナ103aは、開状態時のみW−CDMA方式の送受信を行うアンテナである。閉状態時は第1アンテナ103aを利用した送受信が中止される。第2アンテナ103bは、第1に、閉状態時にはW−CDMA方式の送受信を行い、第2に、開状態及び閉状態のいずれの状態であってもGSM方式の帯域で送受信を行うようになっている。すなわち、第2アンテナは、GSM方式の帯域である900MHz帯、1.8GHz帯、1.9GHz帯と、W−CDMA方式の帯域である2GHz帯で共振点を有し、これら4つの帯域の送受信が行える多周波アンテナである。
【0034】
図8に示すように、送受信部117は、第1及び第2アンテナ103a,103bに接続されており、第1及び第2アンテナ103a,103bで受信したデータを処理してデータ変換部118に伝達するものである。データ変換部118は、受信データを音声データに変換して音声処理部119に伝達するものである。音声処理部119は、音声データを復号化して音声信号を生成した後、レシーバ106やスピーカ107に伝達するものである。レシーバ106やスピーカ107では、音声処理部119から伝達された音声信号に対応する音声を出力するものである。
【0035】
また、音声処理部119は、マイクロフォン108が受けた音声を符号化して音声データを生成した後、データ変換部118に伝達する。データ変換部118は、伝達された音声データを通信データに変換した後、送受信部117に送出する。送受信部117は、受け取った通信データを処理し、アンテナ103から無線信号の電波として送信する。
【0036】
また、図8に示すように、カメラ部109、第1表示部112及び第2表示部113は、画像処理部120に接続されている。また、レシーバ106、スピーカ107及びマイクロフォン108は音声処理部119に接続されており、音声処理部119はデータ変換部118に接続されている。また、制御部122は、バイブレータ部104、操作部105、第1ホール素子110、第2ホール素子111、送受信部117、データ変換部118及び情報記録部121に接続され、これらの構成要素の制御を行う。また、制御部122は電池124に接続され、電池124から電力が供給される。
【0037】
バイブレータ部104は、着信時に起振することにより着信を振動で報知するものである。また、操作部105は、第1操作部105a及び第2操作部105bを有している。第1操作部105aは、閉状態の際に第1の筐体部材101aと対向する第2の筐体部材101bの対向側面101g(第2の筐体部材の主面)に設けられ、第2操作部105bは、対向側面101gの右側面101h(第2の筐体部材の右側面)に設けられている。ユーザは、第1操作部105aを操作して、受話や終話の操作、レシーバ106やスピーカ107から出力される音量の調節、文字や記号、数字の入力を行うことができる。また、ユーザは、第2操作部105bを操作して、カメラ部109を操作することができる。
【0038】
第1及び第2表示部112,113は、液晶表示器等により構成することが可能であり、文字や記号、数字、画像、地図等を表示するものである。第1表示部112は、筐体101が開状態のときに露呈する第1の筐体部材101aの側面101i(第1の筐体部材の主面)に設けられており、筐体101が閉じられた場合には第1操作部105aと対向する。また、第2表示部113は、第1表示部112が設けられている前記側面とは反対側の側面(第1の筐体部材の背面)101jに設けられている。なお、前記レシーバ106、スピーカ107及びマイクロフォン108は、筐体101が閉状態から開状態にしたときに露呈する露呈面、すなわち第1及び第2の筐体部材101a,101bの主面101i,101gに設けられる。また、前記第2アンテナ103bは前記露呈面とは反対側の背面側近傍に設けられる。
【0039】
カメラ部109は、第1カメラ部109a及び第2カメラ部109bを有している。第1カメラ部109aは、第1表示部112と隣接して第1表示部112の前方方向の被写体を撮像可能な位置に設けられている。また、第2カメラ部109bは、ヒンジ装着部101cに設けられ、第3の開状態で第2表示部113の前方方向の被写体を撮像可能な位置に設けられている。
【0040】
第1カメラ部109aが捉えた被写体からの入射光は、光信号から電気信号に変換され、画像情報が生成される。当該画像情報は、画像処理部120にて処理された後、第1表示部112で表示される。一方、第2カメラ部109bが捉えた被写体からの入射光は、光信号から電気信号に変換され、画像情報が生成される。当該画像情報は画像処理部120で処理された後、第1及び第2表示部112,113で表示される。なお、これらの画像情報は、所定の操作が行われると情報記録部121に記録される。情報記録部121は、他にも、電話番号情報や音声情報、撮像した画像の画像情報以外の画像情報(受信した画像情報等)、作成中または送受信したメール等の文字情報を記録することができる。
【0041】
スピーカ107は、着信時に着信音を出力することによって、ユーザに着信を報知するものである。スピーカ107は第2の筐体部材101bのヒンジ装着部101c,101dから離れた位置の端部側に設けられているため、筐体101が閉状態のときに、対向する第1の筐体部材101a側へ向けて音声を出力する。なお、スピーカ107は、ハンズフリー時やTV電話時などに、レシーバ106よりも音量の大きい音声を出力することができる。
【0042】
レシーバ106は、本実施形態の通信端末を通常の携帯電話として使用する際に音声を出力するものである。レシーバ106から出力される音声は、第1表示部112の前方に向けて出力され、筐体101が閉状態のときに、スピーカ107と向かい合う第1の筐体部材101aの端部側に設けられている。ユーザは、受話時には筐体101を第1の開状態とし、所定の操作後、レシーバ106に耳を当てて音声を聞き取る。また、マイクロフォン108は、第2の筐体部材101bの主面101gのヒンジ装着部101d近傍に設けられている。
【0043】
第1永久磁石114は、第1の筐体部材101aの第1表示部112の近傍に設けられている。第1ホール素子110は、筐体101が閉状態で第1永久磁石114と対向するように、第2の筐体部材101bに設けられている。また、第2永久磁石115は、ヒンジ部102の中に設けられている。第2ホール素子111は、筐体101が閉状態及び第1の開状態で第2永久磁石115と対向するように、第1の筐体部材101aに設けられている。
【0044】
筐体101が閉状態では、第1永久磁石114が第1ホール素子110に近接するため、第1ホール素子110が第1永久磁石114を検出して制御部122に検出信号を与える。また、筐体101が閉状態でなければ(第1、第2、第3の開状態)、第1永久磁石114が第1ホール素子110から離隔されるので、第1ホール素子110は第1永久磁石114を検出できないため、第1ホール素子110は検出信号を生成しない。
【0045】
また、筐体101が閉状態、第1の開状態及び第2の開状態では、第2永久磁石115が第2ホール素子111に近接するため、第2ホール素子111が第2永久磁石115を検出して制御部122に検出信号を送出する。また、筐体101が第3の開状態では、第2永久磁石115が第2ホール素子111から離隔され、第2ホール素子111は第2永久磁石115を検出できないため検出信号を生成しない。即ち、制御部122は、第1及び第2ホール素子110,111からの検出信号を受けるか否かによって、第1の筐体部材101a及び第2の筐体部材101bの開閉状態及び回動状態を認識することができる。
【0046】
プリント基板116は、第1プリント基板116aと第2プリント基板116bとを有して構成され、第1の筐体部材101aに第1プリント基板116aが収容され、第2の筐体部材101bに第2プリント基板116bが収容されている。
【0047】
次に、図9〜図12を参照してヒンジ部102について詳述する。図9は、本実施形態に係る開閉式の通信端末の筐体101の分解斜視図である。図10は、図9に示すヒンジ部の分解斜視図である。図11は、筐体101が第1の開状態におけるヒンジ部102の断面図である。図12は、ヒンジ部102に装着されるカムの動作について説明する説明図(カム線図)である。
【0048】
図9〜図11に示すように、本実施形態の通信端末が備えたヒンジ部102は、第1回動軸125、第2回動軸126、支承板127、案内軸128、第1コイルばね129、第1クリック凸板130,第1クリック凹板131、カム132、第2クリック凸板133、第2コイルばね134、ブラケット135、Eリング136及び第1回動軸軸受137を有するヒンジユニット138と、可撓性基板139と、ケーブル140と、フロントカバー141と、リアカバー142と、締結ネジ143a,143bとを有して構成されている。ヒンジユニット138は、第1回動軸軸受137のみ樹脂材料で形成され、第1回動軸軸受137以外の構成部品は導電性を有する金属材料で形成されている。なお、適宜、摺動部位にポリアセタール樹脂などで形成されたすべり抵抗低減部材を介在させても構わない。
【0049】
中空状の第1回動軸125は、中央部に切欠き部125a、第2回動軸126を支承する支承部125b、仕切り部125c、スリット125d、ネジ穴125e、第2永久磁石保持部125fを有する。なお、切欠き部125aには支承板127が設置される。支承板127には、凹部127aと、第2回動軸126を支承する支承孔127bとが形成されている。第1回動軸125の内部には、図10中の左側から、案内軸128、第1コイルばね129、第1クリック凸板130及び第1クリック凹板131が装着される。
【0050】
案内軸128は、太径部128aと小径部128bとを有する。太径部128aには平行溝128cが形成されており、小径部128bの先端にはDカット部128dが形成されている。第1クリック凸板130は案内軸128に回動不能であり、小径部128bのスラスト方向のみに移動可能に設けられる。また、第1クリック凹板131は、小径部128bが回動可能に挿通されると共に、第1回動軸125の端部側に固定される。
【0051】
第1コイルばね129は、第1クリック凸板130を第1クリック凹板131側へ付勢する。筐体101が閉状態及び第1の開状態において、第1クリック凸板130の凸部130aは、第1クリック凹板131の凹部131aに係合する。なお、筐体101を第1の開状態から閉状態にする場合は凸部130aと凹部131aとの係合が解除され、一方、閉状態から第1の開状態にすると凸部130aと凹部131aとが係合する。即ち、これにより、凸部130aと凹部131aとの係合または係合の解除の際に、ユーザにクリック感が得られる。
【0052】
第2回動軸126には、図10中段の上側から、カム132、支承板127、第2クリック凸板133、第2コイルばね134及びブラケット135が装着される。第2回動軸126は、第1回動軸125の切欠き部125aに取付けられる支承板127と、第1回動軸125の支承部125bに支承される。第2回動軸126の先端にはEリング136が設けられ、第1回動軸125に回動可能に保持される。第2クリック凸板133は、第2回動軸126のスラスト方向のみに移動可能に設けられる。また、第2コイルばね134は、第2クリック凸板133を支承板127側へ付勢する。
【0053】
筐体101が閉状態から第2の開状態を経由して第1の開状態となるまで、または第3の開状態の場合にのみ、第2クリック凸板133の凸部133aは支承板127の凹部127aに係合する。第2の開状態から第3の開状態に移行するときは、第2クリック凸板133の凸部133aと支承板127の凹部127aとの係合が解除され、また、第3の開状態で再び係合する。即ち、前述した第1クリック凸板130の凸部130aと第1クリック凹板131の凹部131aと同様の構成によって、ユーザにクリック感を与えるように構成されている。
【0054】
ブラケット135には、締結ネジ143aによって第1プリント基板116aとともに第1の筐体部材101aに共締め固定される孔135aが形成されている。本実施形態では、ブラケット135と第1プリント基板116aとは絶縁されている。そして、この構造により、ヒンジユニット138は、第1及び第2の筐体部材101a,101b側のプリント基板116a,116bと絶縁され、第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bとは絶縁された構成となっている。なお、これとは逆に、ブラケット135を介してヒンジユニット138を第1プリント基板116aに接地する場合には、ブラケット135と当接する第1プリント基板116aに接地パターンを形成すれば良い。また、第1プリント基板116aを備えない場合でもヒンジユニット138を第1の筐体部材101a側に電気的に接続したい場合、例えば、第1の筐体部材101aの外装部をアルミニウム合金やマグネシウム合金などの導電性を有する金属材料からダイキャスト工法にて形成し、この外装部に接続すれば良い。
【0055】
第1の筐体部材101a側の導体部である第1プリント基板116aと第2の筐体部材101b側の導体部である第2プリント基板116bとの間隔Lは、2GHz帯の波長λ=150mmとした場合、約λ/10(15mm)に設定している。これにより、第1プリント基板116aと第2プリント基板116bとの間は高インピーダンスとなって容量結合される。なお、両者を容量結合させるためには前述の間隔Lは狭いほうがより好ましい。
【0056】
カム132は、第2回動軸126に固定され、第1回動軸125の仕切り部125cと案内軸128の太径部128aとの間に挟まれるようにして、第1回動軸125の中に収容されている。カム132と案内軸128の平行溝128cとは、筐体101が閉状態から第1の開状態において、第2の開状態以外では交差し、第2の開状態では平行になるように構成されている。第2の開状態では、第2回動軸125の回動と共に回動するカム132は平行溝128cの中に案内可能となるため、第1の筐体部材101aをS方向に回動させることができる。ここで、上記の動きを、図12に示すカム線図を用いて説明する。
【0057】
図12のカム線図において、右側の斜線部は仕切り部125cを示す。また、左側の斜線部は案内軸128の太径部128aを示し、円弧部は平行溝128cを示す。ここで、筐体101が閉状態にあるときのカム132の位置を位置aで示す。また、筐体101が第1の開状態のときのカム132の位置を位置bで示す。さらに、筐体101が第2の開状態のときのカム132の位置を位置cで示す。
【0058】
位置a,bでは、カム132の左右端面はそれぞれ仕切り部125cと案内軸128の太径部128aとに囲まれているため、カム132は回動できないようになっている。位置cでは、カム132の右端面側に仕切り部125cがあるため、S方向とは反対側に回動できないようになっている。カム132の左端面側には平行溝128cがあるため、S方向へ150度回動できる。S方向へ150度回動した状態ではカム132の一部が平行溝128cの中にあり、この状態では、カム132の板厚方向が平行溝128cに囲まれるため、筐体101が閉状態へ、或いは第1の開状態へ変化しようとしても抑制される。
【0059】
したがって、筐体101が閉状態から第1の開状態までの間で開閉動作する場合、第2の開状態以外では、第1の筐体部材101aはS方向またはS方向と反対方向に回動できない。また、第2の開状態では、S方向の反対方向には回動できず、S方向には150度回動できる。さらに、第2の開状態から第3の開状態の間は、第1回動軸125は回動できず、筐体の開閉ができないので、第1の筐体部材101aの稜部が第2の筐体部材101bの主面101gと当接して損傷しないようになっている。
【0060】
第1回動軸125の内部には、図10中段部右側から、中空状の第1回動軸軸受137が装着される。この第1回動軸軸受137の溝137aは、スリット125dと同方向に向けられて取り付けられている。
【0061】
ヒンジユニット138には、可撓性基板139とケーブル140とが組み付けられる。コーナー部139aを有する可撓性基板139は、第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bを電気的に接続する。コーナー部139aの片端側は第1回動軸軸受137の廻りに巻回されて第1巻回部139bを形成し、コーナー部139aは溝137aから第1回動軸軸受137の中に通される。コーナー部139aの他端側はスリット125dを通過して第1回動軸125の外へ脱出し、第1回動軸125廻りを約半周巻回され、さらに、第2回動軸126廻りに巻回されて第2巻回部139cを形成し、第1の筐体部材101aに接続される。
【0062】
第1の筐体部材101aに設けられた第1アンテナ103aと第2の筐体部材101bに設けられた送受信部117とを電気的に接続するケーブル140は、第1回動軸軸受137の端部より第1回動軸軸受137の中に通され、スリット125dから出て第1の筐体部材101a側へと延設され、第2巻回部139cの内側を通って第1アンテナ103aに接続される。
【0063】
ヒンジユニット138に可撓性基板139とケーブル140とが組付けられた後、外装用のフロントカバー141及びリアカバー142が締結ネジ143bによって固定される。フロントカバー141及びリアカバー142には、それぞれ係合爪141a,142aとネジ挿通穴141b,142bが設けられている。ネジ挿通穴141b,142bは第2回動軸126に設けたブラケット134側を向くように設けられている。また、フロントカバー141とリアカバー142は、ヒンジユニット138を囲むように挟んで係合爪141a,142aを係合させ、締結ネジ143bがネジ挿通穴141b,142bを通して第1回動軸125のネジ穴125eに螺着されており、この構成によりヒンジ部102が完成する。
【0064】
小径部128bの先端に形成されたDカット部128dは、第2の筐体部材101bのヒンジ装着部101cに設けられたD形の穴101eに支承され、また、第1回動軸軸受137の外周は、第2の筐体部材101bのヒンジ装着部101dの軸受部101fに支承されて、ヒンジ部102は第2の筐体部材101bに装着される。また、ブラケット135には第1の筐体部材101aが装着される。
【0065】
次に、第2アンテナの構成について図を用いて詳述する。図13は、本実施形態の通信端末に設けられる第2アンテナ103b近傍の構成を示す斜視図である。図13において、第2の筐体部材101bの主面101gに隣接し、筐体101が第1の開状態のときに第1の筐体部材101aと近接対向するヒンジ装着部101c,101d近傍側面の内面101kに、第2アンテナ103bが粘着固定される。この第2アンテナ103bは、第1エレメント部103cと、第2エレメント部103dと、これらの第1及び第2エレメント部103c,103dの間に配設されるリアクタンス部103eとを有してなり、プレス加工にて形成される。
【0066】
第1エレメント部103cの電気長は周波数略1.9GHzの波長λ1 の1/4となるように形成されている。また、第2エレメント部103dの電気長は、第1及び第2エレメント部103c,103dの一端側をリアクタンス部103eによって接続しているときの電気長の和が周波数900MHzの波長λ2 の1/4(3/8でも良い)になるように形成されている。リアクタンス部103eは、等間隔な凹部103fと凸部103gとの段差が略dになるように形成してある。第1エレメント部103cの他端側に設けられた給電部103hは、図7に示すように第2プリント基板116bの左隅部に表面実装されたプローブ型ピンコネクタ116cに付勢されて、第2プリント基板116bに電気的に接続されている。また、給電部103hは、ヒンジ装着部101d内部に収納される可撓性基板139とは離れた位置に配置されている。このように第1及び第2エレメント部103c,103dをリアクタンス部103eによって接続することにより、複数の共振点を有する多周波アンテナを実現できる。図14に、この第2アンテナ103bのVSWR特性を示す。この特性図は0.5〜2.5GHzの周波数範囲におけるVSWRの実測データを示したものである。
【0067】
上述のように構成された本実施形態の通信端末にあっては、第1の開状態でユーザがレシーバ106に耳を当てて使用したり、手に持ってハンズフリーで用いたりすることができる。また、メールを読んだり文字入力をする場合には、図5に示すように、第1操作部105aと第1表示部112がユーザ側に向くように手に持って使用する。このとき、左右何れの手で持ってもスピーカ107を覆うことがないため、ユーザはスピーカ107から出力される音声を明瞭に聞くことができる。
【0068】
また、図6に示すように、第3の開状態で第2操作部105bと第1表示部112aがユーザ側に向くように持つ。この場合、ユーザの前方に第1表示部112があると見易いため、第2の筐体部材101bを右手で持って使用する。このとき、スピーカ107は右手で覆われることがないため、スピーカ107から出力される音声を明瞭に聞くことができる。
【0069】
次に、図1〜図15を参照して、本実施形態の通信端末の動作について説明する。図15は、本実施形態に係る通信端末のモード別の機能を説明するための説明図である。同図に示すように、本実施形態の通信端末に電源が投入された状態では、音声通信モードが開始され、操作部105を操作することでモード切替を実行し、非音声通信モードまたはカメラモードで各機能の操作が行えるように構成されている。
【0070】
音声通信モードでは、音声及び非音声通信の受信待受動作を開始する。音声の着信動作や発信動作を行うことで相手と会話をすることができる。受信待受状態において、筐体101が閉状態では第2表示部113に、開状態では第1表示部112に、それぞれ時刻等が表示されるが、着信した場合には時刻等の表示が消えて相手の発信番号が表示される。相手の発信番号が名前と共に予め電話帳に登録されているならば、相手の名前が表示される。この後、操作部105を操作することで、通話を開始することができる。
【0071】
非音声通信モードでは、受信待ち受け状態を維持しながら、操作部105より入力した文字情報を第1表示部112に表示させ、かつ、送信機能を用いて相手に文字情報や情報記録部121に保存された音声、非音声(画像等)情報を送信することができる。
【0072】
この文字情報または音声、非音声情報を受信した時に、筐体101が開いている場合は第1表示部112に、筐体101が閉じている場合には第2表示部113に、それぞれ当該情報の受信を報知するメッセージが表示される。また、ユーザによる所定の操作によって、文字情報や画像情報を第1及び第2表示部112,113に表示することができる。なお、音声または非音声通信を行うときには、送信相手を確定するために電話帳機能を利用することができる。即ち、この電話帳機能を用いて相手名を第1表示部112に表示させ、選択して確定することができる。
【0073】
カメラモードにおいては、カメラ部109による撮影は開状態で行える。例えば、第3の開状態において、第1カメラ部109aによって第1表示部112側のユーザ自身を撮影すると、第1表示部112に鏡像が表示されるため、ユーザは鏡を見ているときの状態と同じ状態になる。しかも、ユーザが前方の人(被写体)を撮影するために第2カメラ部109bを動作させると、第2表示部113に鏡像が表示され、第1表示部112に反鏡像が表示される。これにより、被写体である前方の人は、自分がどのように撮影されているかを第2表示部113を見ることで確認することができる。また、撮影するユーザは、第1表示部112に表示される撮像画像を見ることで、どのように撮影されているかを確認することができる。
【0074】
撮影を開始または終了する場合あるいはズーム機能を用いる場合には、第2操作部105bを使って必要な操作を行うことができる。なお、撮影している撮像画像を前方の人に見られたくない場合には、操作部105を操作して、第3の開状態で第2表示部113に表示される撮像画像を非表示に設定することができる。
【0075】
また、撮影した撮像画像は静止画または動画として情報記録部121に記録できる。情報記録部121に記録された動画や静止画像を再生するときには、所定の操作を行って、撮像した撮像画像を第1表示部112に表示させ、目視することができる。この撮影した撮像画像は、電話番号情報に関連付けて電話帳に記憶することができる。画像情報と関連付けられた電話番号から着信があった場合、筐体101が閉状態のときは第2表示部113に撮像画像の反転鏡像が表示され、開状態のときは第1または第2表示部112,113に撮像画像の反転鏡像が表示される。即ち、撮影時には鏡像が表示されていても、録画された画像を読み出したときには反転鏡像が表示される。また、カメラ部109が撮像した撮像画像を通信相手に送信もできる。
【0076】
いずれのモードにおいても、着信した場合は当該着信を報知するため、スピーカ107から着信音が出力される。このとき、筐体101が閉状態であっても、スピーカ107から出力される着信音は第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101b間のクリアランス123bを介して筐体101外に導かれるため、ユーザにとっては着信音が明瞭に聞こえる。また、筐体101が開状態では、スピーカ107の前方が開放されているため、ユーザが着信音を聞き取りづらくなることはない。さらに、マナーモードに設定されている場合は、着信音は出力されずバイブレータ部104だけが作動し、所定時間だけ筐体101を振動させるように構成している。
【0077】
次に、筐体101の回動動作について説明する。
閉状態の筐体101を開くと、ヒンジユニット138において第1回動軸125の軸心を中心に回動する。このとき、可撓性基板139の第1巻回部139bの巻回数は、第1回動軸125と共に回動する第1回動軸軸受137が回動した分だけ減少するため、可撓性基板139に生じている曲げ応力も減少する。ケーブル140は、第1回動軸125の軸心と略一致して配置されているため、曲げ応力の増減はなく、ねじり応力のみが発生する。また、筐体101が第1の開状態から閉状態に戻るときは、閉状態から開くときの動作が逆転して行われる。
【0078】
また、第1の筐体部材101aをS方向へ90度回動させ、第2の開状態から第3の開状態になるときは、可撓性基板139の第2巻回部139cの巻回数は、第2回動軸126が回動した分だけ巻回数を増減させる。可撓性基板139は巻回数を増減させるだけなので、曲げ応力のみが増減し、ねじり応力は発生しない。ケーブル140は、第2回動軸126が回動した分だけ第2回動軸126に巻き付けられるが、第2回動軸126は第1回動軸125より小径であるため、巻き付けられたときの曲率半径も小さく、大きな曲げ応力の発生を回避することができる。
【0079】
即ち、可撓性基板139は、第1及び第2回動軸125,126の軸心を中心にして第1及び第2巻回部139b,139cを形成しているため、第1及び第2回動軸125,126が回動しても第1及び第2巻回部139b,139cの曲率、巻回数が変化するのみである。このため、回動時において、可撓性基板139に発生する引張りや撓みは第1及び第2巻回部139b,139cによって吸収されるため、曲げ応力のみが変化し、ねじり応力の発生は回避される。
【0080】
筐体101が閉状態、第1の開状態及び第2の開状態では、締結ネジ143bの頭部は第1の筐体部材101aと対向しているため、締結ネジ143bは第1の筐体部材101aによって隠れている。筐体101が第2の開状態から第3の開状態へ回動しているときのみ、締結ネジ143bの頭部が露呈される。しかしながら、締結ネジ143bの頭部が露呈されるのは、第3の開状態の場合のみであるため、締結ネジ143bの頭部が露呈される機会を少なくすることができる。
【0081】
さらに、第3の開状態において、撮影された動画を見る場合や本実施形態の通信端末をTV電話として使用する際にも、ユーザがスピーカ107を手で塞ぐことはないため、ユーザはスピーカ107から再生される音声を明瞭に聞くことができる。また、TV電話時には、マイクロフォン108も手で塞ぐことがないため、同様に、スピーカ107から出力される通信相手の音声を明瞭に聞くことができると共に、マイクロフォン108にユーザの声を確実に入力することができる。
【0082】
なお、本実施形態では、筐体101が閉状態のときに、第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bとの間にクリアランス123bを形成するための突起123aを第2の筐体部材101bの表面に形成したが、これと同様の突起を第1の筐体部材101aに設けるなど、他の部位に設けても良い。また、第1の筐体部材101aを締結する締結ネジ143aを隠すためのカバー部材を第1の筐体部材101aの表面から突出させるなど、他の手段を用いても良い。すなわち、筐体101が閉状態であっても、スピーカ107から出力される音声を筐体101外に導くことができるようにするためには、スピーカ107を配設した筐体部材と対向する筐体部材との間にクリアランス123bを形成すれば良い。
【0083】
次に、第2アンテナ103bの動作について説明する。図16は、本実施形態の通信端末に用いた第2アンテナ103bの動作原理を示す説明図であり、(a)は筐体の閉状態、(b)は第1の開状態、(c)は第3の開状態をそれぞれ示した図である。図17は、図16の第2アンテナ103bの指向特性を表す特性図であり、(a)は筐体に対するxyz軸を示した図、(b)は筐体を開いた状態(第1及び第3の開状態)、(c)は筐体を閉じた状態をそれぞれ示した図である。
【0084】
図16において、第1の筐体部材101aは、第2アンテナ103bを有する第2の筐体部材101bに対し容量結合(浮遊容量)によって接続され、直流的には絶縁されている。この第1の筐体部材101aは、2つの筐体部材101a,101bが閉状態であれば反射器的な作用をし、第1の開状態では導波器的な作用をする。図16(a)に示す閉状態では、第1及び第2の筐体部材101a,101bにそれぞれ流れる高周波電流(筐体電流)の向きが矢印A,Bのようになり、その大きさは、第2の筐体部材101b側が大きくなる。
【0085】
また、図16(b)に示す第1の開状態では、第2の筐体部材101bに流れる高周波電流に対し、第1の筐体部材101aに流れる高周波電流の大きさはほぼ同じとなるが、その電流の向きが逆相となる。この場合、矢印Cで示すように高周波電流の流れる向きが矢印Bに対し反転する。なお、矢印Dで示す第2の筐体部材101a側に流れる高周波電流の向きは矢印Aと同じである。そのため、第1の開状態では、第1の筐体部材101a側からも電磁波が放射される。
【0086】
また、図16(c)に示す第3の開状態では、第2の筐体部材101bに流れる高周波電流(矢印E)は閉状態における第2の筐体部材101bに流れる高周波電流(矢印A)と同じになる。第1の筐体部材101aについては、第1の筐体部材101aが第2の筐体部材101bと交差する姿勢なので、第1の筐体部材101aは導波器的には作用せず、閉状態と同様となる。よって、第1の筐体部材101aに流れる高周波電流(矢印F)の向きは、第2の筐体部材101bに流れる高周波電流(矢印E)と略直交する。すなわち、第1の筐体部材101a側の筐体電流(矢印F)が第2の筐体部材101b側の筐体電流(矢印E)を打ち消さない。従って、第2アンテナ103bの利得の低下を招かず、電磁波は第2の筐体部材101b側からに加えて第1の筐体部材101a側からも放射される。
【0087】
なお、第2アンテナ103bはヒンジユニット138の第1回動軸125に沿って設けたが、必ずしもこの限りではなく、例えば、第2アンテナの終端(給電部とは反対側)をヒンジ部102から離れる方向、すなわちヒンジ部102から電池側に向かう方向(第2の筐体部材101bの末端側)に延設するような構成であっても良い。また、突出したアンテナをヒンジ部近傍に設けた場合であっても、第1筐体部材と第2の筐体部材とを疎結合にすると、第1の筐体部材は前述した放射器的作用及び導波器的作用を有するので、ユーザの手で握られることによるアンテナ利得の低下が小さくできる。すなわち、第1の筐体部材側からも電磁波の放射が行えるので、アンテナの形態は板状であったり、棒状であってもよい。
【0088】
ここで、図18を用いて、第1及び第2の筐体部材を密結合状態にした場合における第2アンテナ103bのVSWR特性とインピーダンス特性について説明する。図18において、(a),(b)は密結合状態にした筐体の閉状態におけるVSWR特性とインピーダンス特性、(c),(d)は密結合状態にした筐体の第1の開状態におけるVSWR特性とインピーダンス特性のそれぞれのシミュレーション結果を示したものである。この密結合状態における二つの状態のVSWR特性(a),(c)を比較したとき、筐体101を閉状態から第1の開状態にすると、VSWRは2GHz帯域近辺での変化はほとんど無いが、低域側(0.9GHz付近)で劣化しているのが分かる。この原因は、周波数の高い方がアンテナに流れる電流が大きくて筐体電流が小さく、周波数の低い方がアンテナに流れる電流が小さくて筐体電流が大きいためであり、第1の筐体部材101aに流れる逆相電流の影響は低域側の周波数へ大きく寄与する。この結果より、特に、多周波アンテナを用いる場合には、第1の筐体部材101aと第2の筐体部材101bとは疎結合とした方が良いことが分かる。
【0089】
すなわち、第1の筐体部材101a側と第2の筐体部材101b側とが電気的に密結合されていると、低域側の共振周波数帯域の放射特性が劣化する。従って、多周波アンテナを用いる場合には、2つの筐体部材101a,101bを疎結合とした方がより良好なアンテナ利得が得られる。
【0090】
また、図5に示すように、第1の開状態では、使用者は第2の筐体部材101bを手に持ち、第1の筐体部材101aのレシーバ106を耳に当てて通話をし、TV電話時には第1の筐体部材101aを頭部から離して使用する。使用者の前方を撮影する時には、第2の開いた状態で第2の筐体部材101bを手に持つ。従って、第1の開状態では、電磁波の放射を行う第1の筐体部材101aが把持する手によって覆われないので、アンテナ利得の低減を回避でき、良好な送受信ができる。第3の開状態では、閉状態と同じであるが、第2の筐体部材101bの第2アンテナ103bが設けられた側面側及び、第1の筐体部材101aが手に覆われないので、手で握られることによる利得低下を軽減できるようになっている。
【0091】
また、電流最大値となる給電部103hと可撓性基板139の第1巻回部139bとを近接させた場合、筐体101が閉状態から開状態に変化したときには第1巻回部139bの曲率が変化して両者の間隔は狭くなり、可撓性基板139と第2アンテナ103bの給電部103hとの容量結合を招く。このため低域側の周波数特性が狭帯域の放射特性となってしまう。さらに、給電部103hと可撓性基板139とが近接していると、給電部103h直近より第1の筐体部材101a側に電流が流れるため、第1の筐体部材101a側の筐体電流が第2の筐体部材101b側の筐体電流と逆相となってしまう。これに対し、本実施形態では、可撓性基板139と給電部103hとを離遠させ、かつアンテナ電流が略零となる端部(第2エレメント部103dの終端)と第1巻回部139bとを近接させる構成となっている。このため、筐体101が開閉動作をしても第1巻回部139bと第2アンテナ101bとは容量結合しないので、狭帯域化を防止し、さらに、第1の筐体部材101a側の筐体電流の逆相化を阻止することができる。すなわち、第1の筐体部材101a側の筐体電流が第2の筐体部材101b側と同相になるように、筐体電流を制御することが可能である。従って、筐体101の開閉状態に関わらず第2アンテナ103の利得の低減を回避できる。
【0092】
図19を用いて、筐体101の開閉動作に伴う可撓性基板139の変形度合いについて説明する。図19において、(a)は筐体の閉状態を示し、(b)は第3の開状態を示し、(c)は第1の開状態を示す。図19(a)に示す閉状態では、可撓性基板139は第1巻回部139bから下方に向かって略直線的に配設されている。この状態から図19(b)に示す筐体101を90度開いた第3(または第2)の開状態では、第1巻回部139bの巻回数が3/4周減少するため、第1巻回部139bの曲率が大きくなるとともに、可撓性基板139は第2アンテナ103bに近づく。また、図19(c)に示す第1の開状態では、第1巻回部139bの曲率変化の割合がさらに大きくなって、より第2アンテナ103bに可撓性基板139が近づくようになる。従って、筐体101を閉状態から第1の開状態へと変化させると、第1巻回部139bの曲率が変化して巻回態様が膨らみ、可撓性基板139と第2アンテナ103bとの間隔は狭くなり、第2アンテナ103bの利得低下を招くことになる。このため、上述した本実施形態のように、給電部103hと第1巻回部139bとを離遠させた構造とすることが、より良好なアンテナ性能を得るためには好適である。
【0093】
このように、本実施形態によれば、ヒンジ部の中に通された可撓性基板を有する開閉式の通信端末において、可撓性導体とアンテナとを近接配置させた場合でも、可撓性基板とアンテナの給電部とを離間させた構造としているので、可撓性導体によるアンテナ利得の低下を回避できる。これにより、開閉いずれの状態であってもアンテナ利得の劣化を抑制することができる。また、可撓性基板を有する開閉式の通信端末において、可撓性基板の長寿命化を図り、さらにアンテナの内蔵化が可能な通信端末を提供できる。
【0094】
【発明の効果】
以上説明したように、本発明によれば、開閉いずれの状態であってもアンテナ利得の劣化を抑制することが可能な通信端末を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態に係る開閉式の通信端末の閉じた状態を示す斜視図
【図2】本発明の一実施形態に係る開閉式の通信端末の第1の開いた状態を示す斜視図
【図3】本発明の一実施形態に係る開閉式の通信端末の第2の開いた状態を示す斜視図
【図4】本発明の一実施形態に係る開閉式の通信端末の第3の開いた状態を示す斜視図
【図5】第1の開いた状態の通信端末を手に持った状態を示す外観図
【図6】第3の開いた状態の通信端末を手に持った状態を示す外観図
【図7】本発明の一実施形態に係る開閉式の通信端末の断面図
【図8】本発明の一実施形態に係る通信端末の電気的構成を示すブロック図
【図9】本実施形態に係る開閉式の通信端末の筐体の分解斜視図
【図10】本実施形態に係る開閉式の通信端末におけるヒンジ部の分解斜視図
【図11】第1の開いた状態におけるヒンジ部の断面図
【図12】ヒンジ部に装着されるカムの動作について説明する説明図(カム線図)
【図13】本実施形態に係る通信端末に設けられる第2アンテナの構成を示す斜視図
【図14】本実施形態に係る通信端末に設けられる第2アンテナのVSWR特性を示す特性図
【図15】本実施形態に係る通信端末の機能を説明するための説明図
【図16】本実施形態に係る通信端末に用いた第2アンテナの動作原理を示す説明図であり、(a)は筐体の閉状態、(b)は第1の開状態、(c)は第3の開状態をそれぞれ示した図
【図17】本実施形態に係る通信端末に用いた第2アンテナの指向特性を示す特性図であり、(a)は筐体に対するxyz軸を示した図、(b)は筐体を開いた状態(第1及び第3の開状態)、(c)は筐体を閉じた状態をそれぞれ示した図
【図18】第1と第2の筐体部材を密結合状態にした場合における第2アンテナのVSWR特性とインピーダンス特性を示す特性図であり、(a),(b)は筐体の閉状態、(c),(d)は第1の開状態をそれぞれ示した図
【図19】本実施形態に係る通信端末を構成する筐体の開閉動作に伴う可撓性基板の変形度合いを示す説明図であり、(a)は筐体の閉状態、(b)は第3の開状態、(c)は第1の開状態をそれぞれ示した図
【図20】従来の通信端末の構造及びアンテナの動作原理を示す説明図であり、(a)は筐体を閉じた状態、(b)は開いた状態をそれぞれ示した図
【図21】従来の通信端末に設けられる螺旋状に巻いた可撓性基板の開閉動作に伴う変形を示す説明図であり、(a)は筐体が開いた状態、(b)は閉じた状態をそれぞれ示した図
【符号の説明】
101 筐体
101a 第1の筐体部材
101b 第2の筐体部材
101c,101d ヒンジ装着部
101e D形の穴
101f 軸受部
101g 第2の筐体部材の主面
101h 第2の筐体部材の右側面
101i 第1の筐体部材の主面
101j 第1の筐体部材の背面
101k 第2の筐体部材の内面
102 ヒンジ部
103 アンテナ
103a 第1アンテナ
103b 第2アンテナ
103c 第1エレメント部
103d 第2エレメント部
103e リアクタンス部
103f 凹部
103g 凸部
103h 給電部
104 バイブレータ部
105 操作部
105a 第1操作部
105b 第2操作部
106 レシーバ
107 スピーカ
108 マイクロフォン
109 カメラ部
109a 第1カメラ部
109b 第2カメラ部
110 第1ホール素子
111 第2ホール素子
112 第1表示部
113 第2表示部
114 第1永久磁石
115 第2永久磁石
116 プリント基板
116a 第1プリント基板
116b 第2プリント基板
116c プローブ型ピンコネクタ
117 送受信部
118 データ処理部
119 音声処理部
120 画像処理部
121 情報記録部
122 制御部
123a 突起
123b クリアランス
124 電池
125 第1回動軸
125a 切欠き部
125b 支承部
125c 仕切り部
125d スリット
125e ネジ穴
126 第2回動軸
127 支承板
127a 凹部
127b 支承孔
128 案内軸
128a 太径部
128b 小径部
128c 平行溝
128d Dカット部
129 第1コイルばね
130 第1クリック凸板
130a 凸部
131 第1クリック凹板
131a 凹部
132 カム
133 第2クリック凸板
133a 凸部
134 第2コイルばね
135 ブラケット
135a 孔
136 Eリング
137 第1回動軸軸受
137a 溝
138 ヒンジユニット
139 可撓性基板
139a コーナー部
139b 第1巻回部
139c 第2巻回部
140 ケーブル
141 フロントカバー
141a 係合爪
141b ネジ挿通孔
142 リアカバー
142a 係合爪
142b ネジ挿通孔
143a,143b 締結ネジ

Claims (8)

  1. 導体部を有する2つの筐体部材を開閉可能に連結するヒンジ部と、前記2つの筐体部材のうちの一方の筐体部材内の前記ヒンジ部近傍に設けられたアンテナとを備え、
    前記ヒンジ部は、前記2つの筐体部材が対向する方向に回動する際の軸となる導電材料からなる第1回動部材と、前記2つの筐体部材が非対向状態の時に筐体部材の一方が他方に対して、前記第1回動部材を軸とした回動方向と直交する方向に回動する際の軸となる導電材料からなる第2回動部材とを有し、前記2つの筐体部材の導体部を容量結合する所定間隔を形成するとともに、前記ヒンジ部を前記2つの筐体部材のうちのいずれか一方の導体部と絶縁させたことを特徴とする通信端末。
  2. 前記第1回動部材の一端側に前記2つの筐体部材の導体部を接続する可撓性導体を配設し、前記第1回動部材の他端側に前記アンテナの給電部を配設したことを特徴とする請求項1に記載の通信端末。
  3. 前記第1回動部材の一端側に配設された可撓性導体は巻回部が形成されていることを特徴とする請求項2に記載の通信端末。
  4. 前記2つの筐体部材内部の導体部を接続するケーブルを設け、このケーブルを前記巻回部の中に挿通させたことを特徴とする請求項3に記載の通信端末。
  5. 前記アンテナは、前記第1回動部材の一端側から他端側へ延設されることを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の通信端末。
  6. 前記アンテナは、第1の電気長を有する第1エレメント部と第2の電気長を有する第2エレメント部とを有して構成され、これらの第1エレメント部と第2エレメント部の一端側をリアクタンス成分を有するリアクタンス部で接続し、前記2つのエレメント部のうちの一方のエレメント部の他端側を給電部としたことを特徴とする請求項1または5に記載の通信端末。
  7. 前記第1エレメント部の電気長は、第1周波数の波長λ1 の1/4とし、前記第2エレメント部の電気長は、前記第1エレメント部の電気長との和が第2周波数の波長λ2 の1/4または3/8となるように形成したことを特徴とする請求項6に記載の通信端末。
  8. 前記2つの筐体部材が閉じられた状態から開かれた状態になったときに露呈する前記2つの筐体部材の露呈面側に、受話部と送話部とを配設し、前記露呈面とは反対側の背面側ヒンジ部近傍に前記アンテナを配設したことを特徴とする請求項1、5〜7のいずれかに記載の通信端末。
JP2002296519A 2002-10-09 2002-10-09 通信端末 Pending JP2004134975A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002296519A JP2004134975A (ja) 2002-10-09 2002-10-09 通信端末

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002296519A JP2004134975A (ja) 2002-10-09 2002-10-09 通信端末
EP20030807983 EP1551155B1 (en) 2002-10-09 2003-10-08 Communication terminal
CN 200380101088 CN1703895B (zh) 2002-10-09 2003-10-08 通信终端
US10/530,739 US7158083B2 (en) 2002-10-09 2003-10-08 Communication terminal
AU2003277496A AU2003277496A1 (en) 2002-10-09 2003-10-08 Communication terminal
PCT/JP2003/012908 WO2004034682A1 (ja) 2002-10-09 2003-10-08 通信端末

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004134975A true JP2004134975A (ja) 2004-04-30

Family

ID=32089237

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002296519A Pending JP2004134975A (ja) 2002-10-09 2002-10-09 通信端末

Country Status (6)

Country Link
US (1) US7158083B2 (ja)
EP (1) EP1551155B1 (ja)
JP (1) JP2004134975A (ja)
CN (1) CN1703895B (ja)
AU (1) AU2003277496A1 (ja)
WO (1) WO2004034682A1 (ja)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005114778A1 (ja) * 2004-05-21 2005-12-01 Murata Manufacturing Co., Ltd. 携帯電話装置
JP2006121520A (ja) * 2004-10-22 2006-05-11 Kyocera Corp 電子機器の連結構造及び電子機器
JP2006148517A (ja) * 2004-11-19 2006-06-08 Nec Corp 携帯無線端末及びアンテナ電流のアース方法
JP2006197339A (ja) * 2005-01-14 2006-07-27 Matsushita Electric Ind Co Ltd 折畳式携帯無線装置
WO2007099638A1 (ja) 2006-03-02 2007-09-07 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 携帯端末
US7289072B2 (en) 2004-10-29 2007-10-30 Nec Corporation Mobile wireless terminal
US7342541B2 (en) 2004-09-15 2008-03-11 Nec Corporation Mobile telephone
WO2008050854A1 (fr) * 2006-10-26 2008-05-02 Kyocera Corporation Téléphone cellulaire
JP2008245270A (ja) * 2007-02-27 2008-10-09 Kyocera Corp 通信機器
JP2008244878A (ja) * 2007-02-27 2008-10-09 Kyocera Corp 通信機器
JP2008271301A (ja) * 2007-04-23 2008-11-06 Sansei Denki Kk アンテナ支持構造
JP2008278073A (ja) * 2007-04-26 2008-11-13 Kyocera Corp 通信機器
JP2008541610A (ja) * 2005-05-13 2008-11-20 ソニー エリクソン モバイル コミュニケーションズ, エービー 自由空間近距離電磁界放射を低減した携帯無線通信機
CN100473107C (zh) 2004-11-16 2009-03-25 佳能株式会社 图像显示装置及其显示控制方法
JP2009111897A (ja) * 2007-10-31 2009-05-21 Panasonic Corp 携帯無線装置
JP2010109769A (ja) * 2008-10-30 2010-05-13 Kyocera Corp 携帯端末
WO2010067480A1 (ja) * 2008-12-12 2010-06-17 パナソニック株式会社 携帯無線装置
JP2012134770A (ja) * 2010-12-21 2012-07-12 Fujitsu Ltd 無線通信装置
US8494601B2 (en) 2008-05-28 2013-07-23 Kyocera Corporation Communication device

Families Citing this family (33)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100382938B1 (ko) 2001-06-21 2003-05-09 엘지전자 주식회사 보조 표시창이 포함된 폴더형 휴대폰
AU2003220840A1 (en) * 2002-03-19 2003-09-29 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Hinge, and opening/closing type portable terminal device having the same
CN1698234A (zh) * 2003-07-08 2005-11-16 松下电器产业株式会社 便携式无线电收发机
JP4113092B2 (ja) * 2003-10-24 2008-07-02 三菱製鋼株式会社 二軸ヒンジの回転機構およびこれを備えた携帯電話
JP2005341027A (ja) * 2004-05-25 2005-12-08 Nec Saitama Ltd 携帯通信端末及びその形成方法
US7068230B2 (en) * 2004-06-02 2006-06-27 Research In Motion Limited Mobile wireless communications device comprising multi-frequency band antenna and related methods
JP3841100B2 (ja) * 2004-07-06 2006-11-01 セイコーエプソン株式会社 電子装置および無線通信端末
KR100689486B1 (ko) * 2004-10-18 2007-03-02 삼성전자주식회사 공명 공간을 이용하는 폴더형 휴대 단말기의 스피커 장치
KR100735266B1 (ko) * 2004-10-26 2007-07-03 삼성전자주식회사 멀티미디어용 휴대용 통신 단말기
JP2006135385A (ja) * 2004-11-02 2006-05-25 Canon Inc カメラ
JP4757551B2 (ja) * 2005-07-07 2011-08-24 パナソニック株式会社 携帯無線装置
JP4176756B2 (ja) * 2005-10-26 2008-11-05 モレックス インコーポレーテッドMolex Incorporated 電線支持装置
JP4539859B2 (ja) * 2005-10-28 2010-09-08 シャープ株式会社 フレキシブル回路基板およびそのフレキシブル回路基板を用いた電子機器
KR100722309B1 (ko) * 2006-01-20 2007-05-21 삼성전자주식회사 전자파 흡수율 저감 장치 및 그 장치를 포함한이동통신단말기
US7301503B1 (en) * 2006-08-16 2007-11-27 Sprint Communications Company L.P. Wireless communication device with a patch antenna supporting cross-polarized active elements
CN101202773B (zh) * 2006-12-13 2011-05-11 中兴通讯股份有限公司 改善了trp及tis指标的手机及其方法
US20080161076A1 (en) * 2006-12-20 2008-07-03 Lg Electronics Inc. Case for communication terminal and communication terminal using the same
JP4305676B2 (ja) * 2007-03-28 2009-07-29 ソニー株式会社 撮像装置
KR101328950B1 (ko) * 2007-04-24 2013-11-13 엘지전자 주식회사 화상 디스플레이 방법 및 이를 구현할 수 있는 화상통신용단말기
US8138977B2 (en) * 2007-08-07 2012-03-20 Apple Inc. Antennas for handheld electronic devices
JP2009071513A (ja) * 2007-09-12 2009-04-02 Toshiba Corp 携帯端末
WO2009154054A1 (ja) * 2008-06-19 2009-12-23 シャープ株式会社 無線装置
JP5174904B2 (ja) 2008-06-19 2013-04-03 シャープ株式会社 無線装置
JP5576074B2 (ja) * 2009-08-27 2014-08-20 京セラ株式会社 携帯端末装置
TW201117594A (en) * 2009-11-09 2011-05-16 Kuo-Ching Chiang Portable device having sterio-image capturing module
JP5565858B2 (ja) * 2010-04-26 2014-08-06 Necカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社 携帯通信端末
TWI458417B (zh) * 2010-06-22 2014-10-21 Pegatron Corp 支撐結構模組及其應用之電子裝置
US8534933B2 (en) * 2011-02-13 2013-09-17 Brent Wayne Sherwood System for storing and releasing a camera for quick use
WO2014178127A1 (ja) * 2013-04-30 2014-11-06 富士通株式会社 分割筐体の結合装置及び分割筐体を備えた電子装置
CN203300789U (zh) * 2013-07-01 2013-11-20 广东欧珀移动通信有限公司 一种带有旋转模块手机的天线结构
US20150207130A1 (en) * 2014-01-20 2015-07-23 Ford Global Technologies, Llc Battery cover with electrical disconnect
CN203968178U (zh) * 2014-06-25 2014-11-26 合肥京东方显示光源有限公司 一种移动通讯装置
CN108281791A (zh) * 2017-01-05 2018-07-13 深圳富泰宏精密工业有限公司 电子装置

Family Cites Families (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2821333B2 (ja) * 1993-04-26 1998-11-05 埼玉日本電気 株式会社 携帯電話機
JPH07154840A (ja) * 1993-11-26 1995-06-16 Casio Comput Co Ltd 受信機
AU718231B2 (en) * 1996-01-16 2000-04-13 Ericsson Inc. Antenna system for dual mode satellite/cellular portable phone
JPH1064648A (ja) 1996-08-22 1998-03-06 Casio Comput Co Ltd アンテナ用ヒンジ型コネクタ及び該コネクタを使用した無線通信機器
JP3037217B2 (ja) * 1997-07-08 2000-04-24 埼玉日本電気株式会社 折り畳み式携帯型電子機器
EP0996992A1 (en) 1997-07-09 2000-05-03 Allgon AB Trap microstrip pifa
KR100649791B1 (ko) * 1998-02-20 2006-11-24 콸콤 인코포레이티드 안테나와 컨덕터들 사이의 에너지 커플링을 방지하는 요소를 편입한 기판 안테나
US6285327B1 (en) * 1998-04-21 2001-09-04 Qualcomm Incorporated Parasitic element for a substrate antenna
JP2000165124A (ja) 1998-11-18 2000-06-16 Telefon Ab Lm Ericsson 携帯無線機、フリップ及びヒンジ
CA2292194C (en) 1998-12-22 2010-02-16 Eta Sa Fabriques D'ebauches Wristwatch with capacitive coupling
JP3546784B2 (ja) 1999-12-14 2004-07-28 日本電気株式会社 携帯端末
CN1225057C (zh) 2000-03-15 2005-10-26 阿苏拉布股份有限公司 用于小尺寸的设备的多频率天线
US6549789B1 (en) * 2000-04-28 2003-04-15 Motorola Inc. Portable electronic device with an adaptable user interface
JP3476138B2 (ja) 2000-05-17 2003-12-10 ソニー株式会社 折畳式携帯無線機
JP2002027066A (ja) * 2000-07-06 2002-01-25 Nec Saitama Ltd 折り畳み形携帯無線機
JP2002033804A (ja) 2000-07-14 2002-01-31 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯無線装置
GB2368999B (en) * 2000-07-14 2004-08-04 Matsushita Electric Ind Co Ltd A portable radio device
JP2002033805A (ja) 2000-07-14 2002-01-31 Matsushita Electric Ind Co Ltd 携帯無線装置
JP3654430B2 (ja) 2001-02-16 2005-06-02 三菱電機株式会社 携帯端末用アンテナ装置
JP2002246935A (ja) 2001-02-22 2002-08-30 Matsushita Electric Ind Co Ltd 内蔵アンテナを備えた無線装置及び携帯無線装置
JP2002368850A (ja) * 2001-06-05 2002-12-20 Sony Corp 携帯無線端末装置
KR20040020218A (ko) * 2002-08-30 2004-03-09 주식회사 어필텔레콤 Sar이 개선된 휴대폰
JP4150621B2 (ja) * 2002-09-20 2008-09-17 富士通株式会社 折り畳み式携帯型無線機および当該無線機のシャーシ
JP2004120670A (ja) * 2002-09-30 2004-04-15 Hitachi Ltd 折畳み式携帯端末装置

Cited By (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005114778A1 (ja) * 2004-05-21 2005-12-01 Murata Manufacturing Co., Ltd. 携帯電話装置
US7342541B2 (en) 2004-09-15 2008-03-11 Nec Corporation Mobile telephone
JP2006121520A (ja) * 2004-10-22 2006-05-11 Kyocera Corp 電子機器の連結構造及び電子機器
JP4554331B2 (ja) * 2004-10-22 2010-09-29 京セラ株式会社 電子機器の連結構造及び電子機器
US7289072B2 (en) 2004-10-29 2007-10-30 Nec Corporation Mobile wireless terminal
US7522947B2 (en) 2004-11-16 2009-04-21 Canon Kabushiki Kaisha Image display apparatus, display control method for the same, program, and storage medium
CN100473107C (zh) 2004-11-16 2009-03-25 佳能株式会社 图像显示装置及其显示控制方法
JP2006148517A (ja) * 2004-11-19 2006-06-08 Nec Corp 携帯無線端末及びアンテナ電流のアース方法
JP4661180B2 (ja) * 2004-11-19 2011-03-30 日本電気株式会社 携帯無線端末及びアンテナ電流のアース方法
JP4642483B2 (ja) * 2005-01-14 2011-03-02 パナソニック株式会社 折畳式携帯無線装置
JP2006197339A (ja) * 2005-01-14 2006-07-27 Matsushita Electric Ind Co Ltd 折畳式携帯無線装置
JP4768809B2 (ja) * 2005-05-13 2011-09-07 ソニー エリクソン モバイル コミュニケーションズ, エービー 自由空間近距離電磁界放射を低減した携帯無線通信機
JP2008541610A (ja) * 2005-05-13 2008-11-20 ソニー エリクソン モバイル コミュニケーションズ, エービー 自由空間近距離電磁界放射を低減した携帯無線通信機
WO2007099638A1 (ja) 2006-03-02 2007-09-07 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. 携帯端末
WO2008050854A1 (fr) * 2006-10-26 2008-05-02 Kyocera Corporation Téléphone cellulaire
JP2008109506A (ja) * 2006-10-26 2008-05-08 Sanyo Electric Co Ltd 携帯電話機
US8160658B2 (en) 2006-10-26 2012-04-17 Kyocera Corporation Cellular phone
JP4696049B2 (ja) * 2006-10-26 2011-06-08 京セラ株式会社 携帯電話機
JP2008244878A (ja) * 2007-02-27 2008-10-09 Kyocera Corp 通信機器
JP2008245270A (ja) * 2007-02-27 2008-10-09 Kyocera Corp 通信機器
JP2008271301A (ja) * 2007-04-23 2008-11-06 Sansei Denki Kk アンテナ支持構造
JP2008278073A (ja) * 2007-04-26 2008-11-13 Kyocera Corp 通信機器
JP2009111897A (ja) * 2007-10-31 2009-05-21 Panasonic Corp 携帯無線装置
US8494601B2 (en) 2008-05-28 2013-07-23 Kyocera Corporation Communication device
JP2010109769A (ja) * 2008-10-30 2010-05-13 Kyocera Corp 携帯端末
WO2010067480A1 (ja) * 2008-12-12 2010-06-17 パナソニック株式会社 携帯無線装置
JP2012134770A (ja) * 2010-12-21 2012-07-12 Fujitsu Ltd 無線通信装置

Also Published As

Publication number Publication date
EP1551155B1 (en) 2012-02-29
CN1703895B (zh) 2011-04-13
WO2004034682A1 (ja) 2004-04-22
AU2003277496A1 (en) 2004-05-04
US7158083B2 (en) 2007-01-02
CN1703895A (zh) 2005-11-30
EP1551155A1 (en) 2005-07-06
EP1551155A4 (en) 2009-01-21
US20060097927A1 (en) 2006-05-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8542154B2 (en) Portable terminal
US7289627B2 (en) Hinge, and opening/closing type portable terminal device having the same
EP2192652B1 (en) Mobile terminal comprising a conductive element coupled to an antenna
KR100678189B1 (ko) 삼각 거치가 가능한 와이드 타입 휴대 통신 장치
US7069043B2 (en) Wireless communication device with two internal antennas
US7262736B2 (en) Mobile communication terminal
EP1548300B1 (en) Opening/closing type communication terminal and hinge device
CN100382436C (zh) 获得移动通信终端的内置天线的辐射特性的系统和方法
KR100532334B1 (ko) 슬라이딩 겸용 폴딩 타입 휴대용 디지털 통신 장치
CN100490458C (zh) 折叠式便携无线机和该无线机的底板
US7139533B2 (en) Mobile communication terminal
CN1479408B (zh) 便携式无线电通信装置
JP3613526B2 (ja) 携帯無線機
EP1563612B1 (de) Funkkommunikationsgerät sowie zugehörige koppelstruktur aus mindestens einer leiterplatine und mindestens einer daran angekoppelten flachantenne
KR100434456B1 (ko) 무선 단말기의 안테나 장치
EP1120854B1 (en) Antenna apparatus and wristwatch radio communication device using same
JP3613527B2 (ja) 携帯無線機
EP2280490B1 (en) Mobile terminal
DE602004010469T2 (de) Vorrichtung zur Masseführung von einem klappbaren Mobilfunkgerät
CN1543713B (zh) 便携式无线终端
JP4242780B2 (ja) 平衡マルチバンドアンテナ装置
EP1690407B1 (en) Antenna structure for devices with conductive chassis
US7225004B2 (en) Mobile communication terminal
JP4850839B2 (ja) 携帯無線機
US7068227B2 (en) Integrated antenna assembly

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051124

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060123

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20060325

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060816

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20061016

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20061020

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20061117

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20071114

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20071128

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20071205