JP2004131593A - Photochromic composition - Google Patents

Photochromic composition Download PDF

Info

Publication number
JP2004131593A
JP2004131593A JP2002297454A JP2002297454A JP2004131593A JP 2004131593 A JP2004131593 A JP 2004131593A JP 2002297454 A JP2002297454 A JP 2002297454A JP 2002297454 A JP2002297454 A JP 2002297454A JP 2004131593 A JP2004131593 A JP 2004131593A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
group
photochromic
monomer
color
weight
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002297454A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4152714B2 (en )
Inventor
Rikihiro Mori
Hironobu Nago
Hiromasa Yamamoto
名郷 洋信
山本博将
森 力宏
Original Assignee
Tokuyama Corp
株式会社トクヤマ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a photochromic coating agent for imparting a substrate with photochromism, good in adhesion of the cured coating film thereof to the substrate, giving intermediate color tone when color-developed, and quick in color development/color fading with slight color tone change( particularly in color fading ). <P>SOLUTION: The coating agent is obtained by admixing a polymerizable composition comprising a silane-based monomer such as γ-methacryloxypropyltrimethoxysilane and an amine compound such as triethanolamine with three pyran-based photochromic compounds differing in maximum absorption wavelength in color development from each other and having a specific relation for their color fading half-lives determined in a matrix resin as the cured product of the polymerizable composition. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、フォトクロミック性を有する組成物、該組成物を含む硬化性組成物、及び該硬化性組成物を硬化させてなる硬化体に関する。 The present invention relates to a composition having photochromic properties, the curable composition comprising the composition, and a cured body obtained by curing the curable composition. より詳しくは、特に眼鏡レンズ等の光学材料の表面にコーティングすることにより、該光学材料に簡単に良好なフォトクロミック性を付与することの可能な材料として好適に用い得るフォトクロミック性の材料に関する。 More specifically, in particular by coating the surface of an optical material such as spectacle lenses, it relates to a photochromic material that can be suitably used as a material capable of applying a simple good photochromic properties to the optical material.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
フォトクロミズムとは、ある化合物に太陽光あるいは水銀灯の光のような紫外線を含む光を照射すると速やかに色が変わり、光の照射をやめて暗所におくと元の色に戻る可逆作用のことであり、様々な用途に応用されている。 The photochromism, there rapidly changes color when irradiated with light containing ultraviolet light such as light of sun or mercury lamp compounds is that reversible effects when placed in a dark place to stop irradiation of light returns to the original color It has been applied to various uses. 例えば、眼鏡レンズの分野においてもフォトクロミズムが応用されており、フォトクロミック化合物としてもこのような用途に好適に使用できるフフルギド化合物、フルギミド化合物、スピロオキサジン化合物およびナフトピラン化合物等が見い出されている。 For example, it is photochromism applications in the field of spectacle lenses, Fufurugido compounds which can be suitably used for such applications as photochromic compounds, fulgimide compounds, spirooxazine compounds and naphthopyran compounds have been found.
【0003】 [0003]
一般に、眼鏡レンズにフォトクロミック性を付与する方法としては、フォトクロミック性を有しないプラスチック製レンズ基材の表面にフォトクロ化合物を含浸させる方法(以下、含浸法という)、あるいはレンズ基材表面にフォトクロミック性を有するコーティング層をもうける方法(以下、コーティング法という。)、あるいはプラスチックレンズの原料モノマーにフォトクロ化合物を溶解させ、それを重合させることにより直接フォトクロミックレンズを得る方法(以下、イン−マス法という)が知られている。 In general, as a method for imparting photochromic properties to the spectacle lens, a method of impregnating the photochromic compound in the plastic lens base material surface having no photochromic properties (hereinafter, referred to as impregnation), or photochromic lens substrate surface way to make a coating layer having a (. hereinafter referred to coating method), or a raw material monomer of the plastic lens to dissolve the photochromic compound, a method of obtaining a directly photochromic lens by polymerizing it (hereinafter, in - mass method of )It has been known. これらの製法のなかでコーティング法はレンズ基材の上に通常1μm〜100μmの薄膜中にフォトクロ色素を高濃度に含有させたフォトクロ層を設ける方法であり、汎用なレンズ基材にフォトクロミック性を付与することが出来るため、実用上非常に有用な方法であるといえる。 Coating Among these processes is a method of the photochromic dye on the lens substrate during normal thin 1μm~100μm providing photochromic layer containing a high concentration, photochromic properties to the general-purpose lens substrate since it is possible to impart said to be practically very useful method.
【0004】 [0004]
コーティング方法としては、(i)ウレタンオリゴマー中にフォトクロミック化合物を溶解させたものをレンズ表面に塗布、硬化する方法(特許文献1参照)、(ii)単官能、2官能および多官能ラジカル重合性単量体を組み合わせた重合性単量体組成物に、フォトクロミック化合物を溶解せしめ、それをレンズ表面に塗布、硬化する方法(特許文献2参照)、(iii)2種類以上の2官能(メタ)アクリルモノマーのみの組み合わせからなるモノマー組成物に、フォトクロミック化合物を溶解させ、それをレンズ表面に塗布、硬化する方法(特許文献3参照)等が知られているが、このうち(i)の方法には、得られたコート膜におけるフォトクロミック特性の環境温度依存性が大きいという問題があり、また(ii)乃至(iii) The coating method, (i) applying a obtained by dissolving a photochromic compound in the urethane oligomer on the surface of the lens, (see Patent Document 1) a method of curing, (ii) a monofunctional, difunctional and polyfunctional radically polymerizable monomers the combining mer polymerizable monomer composition, is dissolved a photochromic compound, applying it to the lens surface, (see Patent Document 2) a method of curing, (iii) 2 or more bifunctional (meth) acrylic a monomer composition comprising a combination of monomers alone to dissolve the photochromic compound, applying it to the lens surface, but such method of curing (see Patent Document 3) are known, the methods of these (i) is , there is a problem that the ambient temperature dependence of the photochromic properties of the obtained coating film is large, also (ii) to (iii) 方法には、眼鏡レンズ基材とコーティング層との密着性が十分でないという問題がある。 The method has the problem that adhesion between the spectacle lens base material and the coating layer is not sufficient.
【0005】 [0005]
一方、フォトクロミック眼鏡レンズにおいては、グレー及びブラウン等の中間色に発色することが好まれているが、単一のフォトクロミック化合物でこのような色調を得ることは難しく、通常は異なる発色指色調を有する複数のフォトクロミック化合物を混合して好ましい色調に調整することが行われている。 On the other hand, a plurality in the photochromic spectacle lenses, it is preferred to color the intermediate color such as gray and brown, it is difficult to obtain such shades of a single photochromic compound, usually with different color finger shades it has been performed to adjust the photochromic compounds in the desired tone and mixed. 例えば、ナフトピラン化合物とフルギミド化合物を混合することにより(特許文献4参照)、或いはナフトピラン化合物とスピロオキサジン化合物を混合することにより(特許文献5参照)、或いはスピロオキサジン化合物、ナフトピラン化合物およびフルギミド化合物を混合することにより(特許文献6参照)、又は特定の複数のナフトピラン化合物を混合することにより(特許文献7および8参照)このような中間色が得られることが知られている。 For example, (see Patent Document 4) by mixing the naphthopyran compound and fulgimide compound, or (see Patent Document 5) by mixing the naphthopyran compound and spirooxazine compound, or a spiro-oxazine compound, naphthopyran compounds and fulgimide compound mixture it is known that (see Patent Document 6), or a specific (see Patent documents 7 and 8) by mixing a plurality of naphthopyran compounds such intermediate color obtained by.
【0006】 [0006]
また、フォトクロミック眼鏡レンズに求められる特徴の一つに、発色過程および退色過程での色調の変化が小さいこと(色調が大きく変わらずに均一に発・退色すること、所謂“色ずれ”が起こらないこと)があるが、上記した様に複数のフォトクロミック化合物を混合して色調調整を行った場合には、このような要求を満足することは難しい。 Also, one of the features required for photochromic spectacle lenses, that change in color tone in the coloring process and bleaching process is small (to uniformly originating Fading unchanged color tone is large, does not occur so-called "color shift" it) is, but if performed color prepared by mixing a plurality of photochromic compounds as described above, it is difficult to satisfy such requirements. なぜならば、発色速度や退色半減期はフォトクロミック化合物ごとに異なるからである。 Because coloring speed and fading half-life is because different for each photochromic compound. 一般に現在実用化されているフォトクロミック化合物においては、発色速度は何れも速いが、退色速度に関しては化合物ごとにまちまちであるため、特に退色時の色ずれが問題となることが多い。 Generally in currently practically used photochromic compounds are, but faster Any coloring speed, because with respect to fading rate is vary for each compound, it is often especially color shift at the time of fading is a problem.
【0007】 [0007]
このような要求を満足させる方法としては、イン−マス法で製造するフォットクロミックレンズに関して、発色時の主波長吸収と退色の半減期が夫々異なる3種類のフォトクロミック化合物を併用する方法が提案されている(特許文献9参照)。 As a method to meet such demand, in - respect fogging DOO electrochromic lenses manufactured in mass method, the half-life of fading and the main wavelength absorption during color development is proposed a method to use a respectively different three photochromic compounds are (see Patent Document 9).
【特許文献1】 [Patent Document 1]
国際公開第98/37115号パンフレット【特許文献2】 Pamphlet No. WO 98/37115 [Patent Document 2]
米国特許第5914174号公報【特許文献3】 U.S. Patent No. 5914174 [Patent Document 3]
国際公開第01/02449号パンフレット【特許文献4】 Pamphlet No. WO 01/02449 [Patent Document 4]
特開平3−121188号公報【特許文献5】 JP 3-121188 [Patent Document 5]
特開平5−9469号公報【特許文献6】 JP 5-9469 [Patent Document 6]
独特許出願公開第4325154号【特許文献7】 German Patent Application Publication No. 4325154 [Patent Document 7]
特表平11−514695号公報【特許文献8】 Japanese Unexamined Patent Publication No. Hei 11-514695 [Patent Document 8]
米国特許第6,306,316号明細書【特許文献9】 US Pat. No. 6,306,316 [Patent Document 9]
特開2002−6272号公報【0008】 JP 2002-6272 Publication [0008]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明者は、コーティング法に関する密着性の問題を解決するコーティング剤として、「シラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有するラジカル重合性単量体を含有するラジカル重合性単量体、アミン化合物およびフォトクロミック化合物を夫々特定量含有してなる硬化性組成物」からなるフォトクロミックコーティング剤(以下、接着性フォトクロミックコーティング剤ともいう)を開発し、既に提案している(特願2001−227374号)。 The present inventors, as a coating agent for solving the adhesion problems with coating, the radical polymerizable monomer containing a radical polymerizable monomer having a group which generates a "silanol group or a hydrolyzable by silanol groups, amine compounds and photochromic compounds, respectively specified amounts contained and consists consisting curable composition "in the photochromic coating agent (hereinafter, also referred to as adhesive photochromic coating agent) to develop, has already proposed (Japanese Patent Application No. 2001-227374 ). しかしながら、本発明者等が該コーティング剤について、発色時の色調が中間色となる様に複数のフォトクロミック化合物を調合して色調調節を行い、施用後に得られるフォトクロミックレンズの発・退色特性について検討を行ったところ、退色時の色調変化の点に問題があることが判明した。 However, the present inventors etc. The coating agent, the color tone at the time of color development formulated several photochromic compound as a neutral performs color regulation examined calling-fading characteristics of the photochromic lenses obtained after application went the place, it was found that there is a problem in terms of the color change at the time of fading. そこで、この問題を解決するために前記特許文献9に開示されている方法を適用してみたが、恐らくイン−マス法とコーティング法とではフォトクロミック化合物のマトリックスとなる樹脂の性状が違っていることが原因であると思われるが、十分な効果を得ることはできなかった。 Therefore, although the tried by applying the method disclosed in Patent Document 9 in order to solve this problem, presumably in - that differ in the nature of the resin to be a matrix of the photochromic compound in a mass method and the coating method There is likely to be the cause, it has been impossible to obtain a sufficient effect.
【0009】 [0009]
そこで、本発明は、発色時の色調が中間色であって、上記コーティング組成物のフォトクロミック化合物成分として用いて施用した場合において、発・退色速度が速く、且つ発・退色時(特に退色時)の色調変化が小さく“色ずれ”が起こり難いフォトクロミック性コート膜を与えるフォトクロミック組成物を提供することを課題とする。 The present invention, the color tone at the time color development is a neutral color, when having applied with a photochromic compound component of the coating composition, fast calling-fading rate, and when placing Fading (especially when fading) and to provide a photochromic composition which color change gives hardly photochromic coat film occurs less "color shift".
【0010】 [0010]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明者らは前記課題を解決すべく鋭意検討を行った。 The present inventors have conducted extensive studies to solve the above problems. その結果、上記接着性フォトクロミックコーティング剤を施用した場合においてフォトクロミック化合物のマトリックスとなる樹脂中における発色色調が夫々異なり、該樹脂中における退色半減期が夫々特定の関係にある3種類の特定構造のフォトクロミック化合物を混合した場合には、所期の効果が得られることを見出し、本発明を完成するに至った。 As a result, unlike s color tones respectively in the resin in which the matrix of the photochromic compound when having applied the adhesive photochromic coating agent, a photochromic three specific structure fading half-life is in the respective specific relationships in the resin when the compounds were mixed, it found that the desired effects are obtained, and have completed the present invention.
【0011】 [0011]
即ち、第一の本発明は、 That is, the first aspect of the present invention,
(a) シラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有するラジカル重合性単量体及び/又はイソシアネート基を有するラジカル重合性単量体を0.01〜20重量%含有するラジカル重合性単量体100重量部並びにアミン化合物0.01〜20重量部を含有してなる硬化性組成物を硬化させて得られるマトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が585nm〜650nmの範囲である、アミノ基置換アリール基を有するフォトクロミック性インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物、 (A) a silanol group or a hydrolyzable by a radical polymerizable monomer containing 0.01 to 20% by weight of a radical polymerizable monomer having a radical polymerizable monomer and / or isocyanate group having a group which forms a silanol group maximum absorption wavelength at color development in the matrix resin obtained by the mer 100 parts by weight and the curable composition containing the amine compound 0.01 to 20 parts by weight cured is in the range of 585Nm~650nm, photochromic indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds having an amino group substituted aryl group,
(b) 前記マトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が430nm〜540nmの範囲であり、且つ該マトリックス樹脂中での20℃における退色半減期が上記(a)成分の同退色半減期の1.5〜5倍であるフォトクロミック性ナフトピラン化合物並びに(c) 前記マトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が540nm〜585nmの範囲であり、更に該マトリックス樹脂中での20℃における退色半減期が上記(a)成分の同退色半減期の1.5〜5倍であり且つ上記(b)成分の同退色半減期の0.5〜3倍である、フォトクロミック性インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物を含有してなることを特徴とするフォトクロミック性組成物である。 (B) a maximum absorption wavelength at color development at the matrix resin is in the range of 430Nm~540nm, and 1 fading half-life at 20 ° C. in the matrix resin is the same fading half life of the component (a) maximum absorption wavelength at color development at photochromic naphthopyran compounds and (c) the matrix resin is a .5~5 times in the range of 540Nm~585nm, further fading half-life at 20 ° C. in the matrix resin (a) above and is 1.5 to 5 times the same fading half-life of the component is 0.5 to 3 times the same fade half life of the component (b), photochromic indeno [2,1-f] naphtho a [1,2-b] photochromic composition characterized by containing a pyran compound.
【0012】 [0012]
該本発明のフォトクロミック組成物は前記した接着性フォトクロミックコーティング剤のフォトクロミック化合物成分として有用なばかりでなく、イン−マス法におけるフォトクロミック化合物成分としても有用である。 Photochromic composition of the main invention useful not only as a photochromic compound component of the adhesive photochromic coating agent described above, in - also useful as photochromic compound component in the mass process.
【0013】 [0013]
また、第二の本発明は、ラジカル重合性単量体100重量部及び上記第一の本発明のフォトクロミック性組成物0.001〜50重量部を含有してなることを特徴とするフォトクロミック硬化性組成物であり、第三の本発明は、該硬化性組成物を硬化させてなるフォトクロミック性硬化体である。 The second invention is a photochromic curable characterized by containing a 0.001 to 50 parts by weight photochromic composition of 100 parts by weight of the radical polymerizable monomer and the first aspect of the present invention a composition, the third invention is a photochromic cured product obtained by curing the curable composition.
【0014】 [0014]
また、第四の本発明は、上記第二の本発明の硬化性組成物からなるコーティング剤であり、第五の本発明は、基材の少なくとも一方の表面上に該コーティング剤の硬化体からなる被膜が形成されてなることを特徴とするフォトクロミック性光学物品である。 Further, the fourth aspect of the present invention is a coating comprising a cured composition of the second invention, the fifth invention, the cured product of the coating agent onto at least one surface of a substrate a photochromic optical article characterized by comprising coating is formed.
【0015】 [0015]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明のフォトクロミック性組成物における(a)成分は、シラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有するラジカル重合性単量体(以下、単に「シリルモノマー」ともいう)及び/又はイソシアネート基を有するラジカル重合性単量体(以下、単に「イソシアネートモノマー」ともいう)を0.01〜20重量%含有するラジカル重合性単量体100重量部並びにアミン化合物アミン化合物0.01〜20重量部を含有してなる硬化性組成物を硬化させて得られるマトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が585nm〜650nmの範囲である、“アミノ基置換アリール基を有するフォトクロミック性インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物”である。 (A) component in the photochromic composition of the present invention, the radical polymerizable monomer having a group which forms a silanol group or a hydrolyzable by silanol groups (hereinafter, simply referred to as "silyl monomer") and / or isocyanate groups radically polymerizable monomer having a (hereinafter, simply referred to as "isocyanate monomer") radical polymerizable monomer 100 parts by weight and the amine compound amine compound 0.01-20 parts by weight of the containing 0.01 to 20 wt% maximum absorption wavelength at color development of the curable composition comprising a matrix resin obtained by curing contained is in the range of 585nm~650nm, "photochromic indeno having an amino group substituted aryl group [2,1 a -f] naphtho [1,2-b] pyran compounds ".
【0016】 [0016]
ここで、上記マトリックス樹脂は、本発明のフォトクロミック性組成物で(a)〜(c)成分として用いるフォトクロミック化合物の選定基準となる樹脂であり、上記したような条件を満足するものであれば特に限定されないが、前記接着性フォトクロミックコーティング剤のフォトクロミック化合物成分として使用したときの効果(中間色に発色し、発・退色時の色ずれがないという効果)の観点から、ラジカル重合性単量体中の“シリルモノマーまたはイソシアネートモノマー”(以下、総称して「接着性モノマー」ともいう)以外のラジカル重合性単量体は、単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上を示すもの(以下、高硬度モノマーと称す場合がある)と、単独重合体のLスケールロックウェル硬度が40以下を示すも Here, the matrix resin is a resin which is a selection criterion of the photochromic compound used as the photochromic composition in (a) ~ (c) component of the present invention, in particular as long as it satisfies the conditions as described above but are not limited to, the effect when used as a photochromic compound component of the adhesive photochromic coating agent in view of (colored in neutral, the effect that there is no color shift when placing-fading), the radical polymerizable monomer in the "silyl monomer or isocyanate monomer" (hereinafter also collectively referred to as "adhesive monomer") radically polymerizable monomer other than the, L-scale Rockwell hardness of the homopolymer shows more than 60 (hereinafter, high and sometimes referred to as hardness monomer), also L-scale Rockwell hardness of a homopolymer exhibits 40 below (以下、低硬度モノマーと称す場合がある)を併用したものであるのが好ましく、更に1〜10重量%の接着性モノマーを含有するものであるのが特に好適である。 (Hereinafter, low-hardness monomer and sometimes referred to) is preferably obtained by a combination of a more of particularly those containing 1 to 10% by weight of the adhesive monomers suitable. なお、シリルモノマー、イソシアネートモノマー、高硬度モノマー、低硬度モノマーおよびアミン化合物については、本発明の硬化性組成物の説明として後述するものが特に限定なく使用できる。 Incidentally, silyl monomer, isocyanate monomer, high hardness monomer, the low hardness monomer and amine compounds, those described below as an illustration of the curable composition of the present invention can be used without particular limitation. マトリックス樹脂として好適なものを具体的に例示すれば、後述する参考例1で用いた硬化性組成物、即ち「γ−メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン5重量部、トリメチロールプロパントリメタクリレート20重量部、平均分子量776の2,2−ビス(4−アクリロイルオキシポリエチレングリコールフェニル)プロパン35重量部、ウレタンオリゴマーヘキサアクリレート10重量部、平均分子量532のポリエチレングリコールジアクリレート20部、グリシジルメタクリレート10部からなる重合性単量体100重量部に、N−メチルジエタノールアミンを5重量部、光安定剤としてビス(1,2,2,6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)セバケートを5重量部、重合開始剤としてチバスペシャリティーケミカ If Specific examples of the suitable as a matrix resin, the curable composition used in later-described Reference Example 1, i.e., "γ- methacryloyloxy trimethoxysilane 5 parts by weight, 20 parts by weight of trimethylolpropane trimethacrylate, 2,2-bis 35 parts by weight (4-acryloyloxy polyethylene glycol phenyl) propane having an average molecular weight 776, 10 parts by weight of urethane oligomer hexaacrylate, 20 parts of polyethylene glycol diacrylate having an average molecular weight 532, consisting of 10 parts of glycidyl methacrylate polymerizable the monomer 100 parts by weight, Ciba the N- methyldiethanolamine 5 parts by weight, 5 parts by weight of bis (1,2,2,6,6-pentamethyl-4-piperidyl) sebacate as a light stabilizer, a polymerization initiator Specialty Chemicals 社製CGI184[1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン]を0.4重量部およびチバスペシャリティーケミカル社製CGI403[ビス(2,6−ジメトキシベンゾイル−2,4,4−トリメチル−ペンチルフォスフィンオキサイド]を0.1重量部添加したもの」(以下、「基準モノマー組成物」ともいう)を硬化させたものを挙げることができる。 Company Ltd. CGI184 [1- hydroxycyclohexyl phenyl ketone] 0.4 parts by weight of Ciba Specialty Chemicals Co., Ltd. CGI 403 [bis (2,6-dimethoxybenzoyl-2,4,4-trimethyl - pentyl phosphine oxide] 0 .1 those added parts by weight "(hereinafter, also referred to as" reference monomer composition ") may include those obtained by curing.
【0017】 [0017]
また、本発明においてマトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長および退色半減期の定義は夫々以下のとおりである。 Also, definition of the maximum absorption wavelength and fading half-life time of color development in the matrix resin in the present invention are as respectively below.
【0018】 [0018]
〔マトリックス樹脂中での最大吸収波長(単に最大吸収波長ともいう)〕 [Maximum absorption wavelength in the matrix resin (also referred to simply as the maximum absorption wavelength)]
前記した基準モノマー組成物の如きマトリックス樹脂を与える硬化性組成物中に1重量%の単一フォトクロミック化合物を均一に分散させたものを用いて、透明な基材レンズ上に厚さ約40μmの被膜(コーティング層)を形成し、該コーティング層にキセノンランプ(ビーム強度2.4mW/cm 、波長365nm)光を照射して発色させた際の最大吸収波長を意味する。 With those uniformly dispersing 1 wt% of a single photochromic compound in the curable composition to give such matrix resin based monomer composition described above, a thickness of about 40μm on a transparent substrate lens capsule (coating layer) is formed, a xenon lamp (beam intensity 2.4 mW / cm 2, wavelength 365 nm) in the coating layer means the maximum absorption wavelength when the color was developed by irradiation with light.
【0019】 [0019]
〔マトリックス樹脂中での退色半減期(単に退色半減期ともいう)〕 [Fading half-life in the matrix resin (simply referred to as fading half-life)]
上記と同様にしてキセノンランプによる光照射を2分間行って発色させた後に遮光したときに、遮光してから最大吸収波長の吸収強度が遮光直前の1/2になるのに要する時間を意味する。 When the light shielding after the same manner as above and developed by performing the light irradiation by a xenon lamp for 2 minutes, the absorption intensity of the maximum absorption wavelength after the light shielding means the time required to be 1/2 of the immediately preceding shielding .
【0020】 [0020]
本発明のフォトクロミック組成物の(a)成分であるフォトクロミック性インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物としては、マトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が585nm〜650nm、好ましくは600nm〜650nmの範囲にあるフォトクロミック性を示すアミノ基置換アリール基を有するインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物が制限なく用いることが出来る。 The component (a) of the photochromic composition is a photochromic indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds of the present invention, the maximum absorption wavelength at color development in the matrix resin is 585nm~ 650 nm, preferably indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds can be used without limitation with an amino group-substituted aryl group which exhibits photochromic properties in the range of 600Nm~650nm. 一般にインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物は、フォトクロミック特性の耐久性が他のフォトクロミック化合物に比べ高く、このような化合物を用いることにより、発色濃度高く、退色速度が速く、しかも耐候性に優れたフォロクロミック組成物を得ることができる。 Generally indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds, the durability of the photochromic properties is higher than that of other photochromic compounds, the use of such compounds, color density increases, fading rate it can be faster, yet obtain a Roman electrochromic composition having excellent weather resistance.
【0021】 [0021]
このようなインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物は、特開2001−011066号公報、特開2000−344762号公報、特開20001−011067号公報、国際公開第01/60811号パンフレット、特開2001−192378号公報、国際公開第01/94336号パンフレット、国際公開第01/02384号パンフレット、欧州特許出願公開第987260号明細書、欧州特許出願公開第792468号明細書、国際公開第97/48993号パンフレット、国際公開第98/32037号パンフレット、国際公開第97/48762号パンフレット、国際公開第00/5630号パンフレット、欧州特許出願公開第1112263号明細書、国際公開第01/19813号パンフレット、欧州 Such indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds, JP 2001-011066, JP 2000-344762, JP 20001-011067 JP, WO 01/60811 pamphlet, JP 2001-192378, JP-WO 01/94336 pamphlet, WO 01/02384 pamphlet, EP 987260, EP 792468 Patent specification writing, WO 97/48993 pamphlet, WO 98/32037 pamphlet, WO 97/48762 pamphlet, WO 00/5630 pamphlet, EP 1112263, WO No. 01/19813 pamphlet, Europe 許出願公開第01/19813号パンフレット等に開示されており、これら公報に開示されているインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物の中から最大吸収波長が585nm〜650nmの範囲、好ましくは600nm〜650nmの範囲のものを適宜選択すればよい。 It is disclosed in Patent Application Publication No. 01/19813 pamphlet, etc., the maximum absorption wavelength from among the indeno disclosed in these publications [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds 585nm~ range of 650 nm, preferably may be appropriately selected in the range of 600Nm~650nm. これら化合物は、単独でまたは2種類以上を組み合わせて使用することができる。 These compounds may be used alone or in combination of two or more.
【0022】 [0022]
(a)成分としては、インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物のなかでも、発色濃度、退色速度、耐久性の点から、下記式(1)で示される構造を有し、且つその最大吸収波長が585nm〜650nmの範囲、好ましくは600nm〜650nmの範囲である化合物を使用するのが好適である。 The component (a), the structure Among indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds, color density, fading rate, in terms of durability, represented by the following formula (1) the a, and its maximum absorption wavelength of 585nm~650nm range, preferably preferred to use compounds in the range of 600Nm~650nm.
【0023】 [0023]
【化1】 [Formula 1]
【0024】 [0024]
{式中、 {In the formula,
a、bは0〜4の整数であり、 a, b is an integer of 0 to 4,
、R 、R およびR は、それぞれ、水素原子、アルキル基、アラルキル基、アルコキシル基、アルコキシアルキル基、アルコキシアルコキシ基、アリールオキシ基、ポリアルキレングリコール基、アミノ基、置換アミノ基、シアノ基、置換もしくは非置換のアリール基、置換もしくは非置換のヘテロアリール基、アシロキシ基、ヒドロキシ基、アシル基、アルコキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、ハロゲン原子、シアノ基、トリフルオロメチル基、トリフルオロメトキシ基またはニトロ基等の置換基であり、R 及びR は互いに結合して環を形成していてもよく、aが2〜4の場合における複数のR どうし又はbが2〜4の場合における複数のR どうしはそれぞれ互いに結合して環を形成していてもよく R 1, R 2, R 3 and R 4 are each a hydrogen atom, an alkyl group, an aralkyl group, an alkoxyl group, an alkoxyalkyl group, an alkoxyalkoxy group, an aryloxy group, polyalkylene glycol group, an amino group, a substituted amino group , a cyano group, a substituted or unsubstituted aryl group, a substituted or unsubstituted heteroaryl group, an acyloxy group, hydroxy group, an acyl group, an alkoxycarbonyl group, an aryloxycarbonyl group, a halogen atom, a cyano group, a trifluoromethyl group, a substituent such as a trifluoromethoxy group or a nitro group, R 1 and R 2 may bond to each other to form a ring, a is wherein a plurality of R 3 in the case of 2-4 or b is 2 It may be a plurality of R 4 if you are not bonded to each other to form a ring, respectively, in the case to 4 of 、a及びbがそれぞれ2以上の場合における複数のR 及びR は互いに異なっていてもよく、 , A plurality of R 3 and R 4 when a and b each represents 2 or more may be different from each other,
は、アミノ基置換アリール基であり、 R 5 is an amino group substituted aryl group,
は、アルキル基、置換もしくは非置換のアリール基、置換もしくは非置換のヘテロアリール基、下記式(2)で示される基又は下記式(3)で示される基である。 R 6 is an alkyl group, a substituted or unsubstituted aryl group, a substituted or unsubstituted heteroaryl group, a group represented by the group or the following formula represented by the following formula (2) (3).
【0025】 [0025]
【化2】 ## STR2 ##
【0026】 [0026]
(式中、R は、置換もしくは非置換のアリール基、または置換もしくは非置換のヘテロアリール基であり、R は、水素原子、アルキル基、またはハロゲン原子であり、cは1〜3の整数である。) (Wherein, R 7 is a substituted or unsubstituted aryl group or a substituted or unsubstituted heteroaryl group,, R 8 is a hydrogen atom, an alkyl group or a halogen atom,, c is 1 to 3 it is an integer.)
【0027】 [0027]
【化3】 [Formula 3]
【0028】 [0028]
(式中、R は、置換もしくは非置換のアリール基、または置換もしくは非置換のヘテロアリール基であり、dは1〜3の整数である。)} (Wherein, R 9 is substituted or unsubstituted aryl group is substituted or unsubstituted heteroaryl group,, d is an integer of 1-3.)}
上記式(1)中、R はアミノ基置換アリール基である必要がある。 In the above formula (1), it is necessary R 5 is an amino group substituted aryl group. インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物であってもアミノ基置換アリール基を有しないものを用いた場合には本発明の効果は得られない。 Indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] no effect was obtained of the present invention in the case of using one that does not have an amino group substituted aryl group be a pyran compound. アミノ基置換アリール基としては、フェニル基等のアリール基の水素原子の少なくとも1つがメチルアミノ基、エチルアミノ基、プロピルアミノ基、イソプロピルアミノ基、ジメチルアミノ基、ジエチルアミノ基、ジプロピルアミノ基、メチルエチルアミノ基、2−ヒドロキシエチルアミノ基、ジ(ヒドロキシエチル)アミノ基等のアルキルアミノ基類;ピロリジニル基、ピペリジノ基、ヘキサメチレンイミノ基、2,2,6,6−テトラメチルピペリジノ基、モルホリノ基、2,6−ジメチルモルホリノ基、N−メチルピペラジニル基、チオモルホリノ基等の環状アミノ基類で置換されたものを挙げることができる。 The amino group-substituted aryl group, at least one methylamino group of the aryl group's hydrogen atoms such as a phenyl group, ethylamino group, propylamino group, isopropylamino group, dimethylamino group, diethylamino group, dipropylamino group, methyl ethylamino group, 2-hydroxyethylamino group, di-alkylamino group such as (hydroxyethyl) amino group; a pyrrolidinyl group, piperidino group, hexamethyleneimino group, 2,2,6,6-tetramethyl piperidino groups , morpholino group, 2,6-dimethyl-morpholino group, N- methylpiperazinyl group include those substituted with a cyclic amino group such as thiomorpholino. アミノ基置換アリール基としてはフェニル基のパラ位にこれらアミノ基が結合したものが特に好適である。 The amino group-substituted aryl group which bound these amino groups in the para position of the phenyl group are particularly preferred.
【0029】 [0029]
上記式(1)中、R 〜R 、R はR となるアルキル基は特に限定はされないが、炭素数1〜10、特に1〜4のアルキル基であるのが好適である。 In the above formula (1), R 1 ~R 4 , R 6 is not the alkyl group is specifically limited to the R 8, 1 to 10 carbon atoms, it is preferred that in particular 1 to 4 alkyl groups. 該アルキル基を具体的に例示すると、メチル基、エチル基、n−プロピル基、イソプロピル基、n−ブチル基、t−ブチル基等を挙げることができる。 Concrete examples of the alkyl group include methyl group, ethyl group, n- propyl group, an isopropyl group, n- butyl group, a t- butyl group.
【0030】 [0030]
また、R 〜R となるアラルキル基は特に限定はされないが、炭素数7〜16、特に7〜10のアラルキル基であるのが好適である。 Although not limited particularly aralkyl group serving as R 1 to R 4, it is preferred that an aralkyl group having 7 to 16 carbon atoms, in particular 7-10. 該アラルキル基を具体的に例示すると、ベンジル基、フェニルエチル基、フェニルプロピル基、フェニルブチル基等をあげることができる。 Concrete examples of the aralkyl group include benzyl group, phenylethyl group, phenylpropyl group, a phenylbutyl group.
【0031】 [0031]
また、R 〜R となるアルコキシ基は特に限定はされないが、炭素数1〜10、特に1〜4のアルコキシ基基であるのが好適である。 Although R 1 to R 4 and comprising an alkoxy group is not particularly limited, 1 to 10 carbon atoms, it is preferred that in particular 1 to 4 alkoxy groups groups. 該アルコキシ基を具体的に例示すると、メトキシ基、エトキシ基、n−プロポキシ基、イソプロポキシ基、n−ブトキシ基、t−ブトキシ基等を挙げることができる。 When specific examples of the alkoxy group, methoxy group, ethoxy group, n- propoxy group, isopropoxy group, n- butoxy group, and a t- butoxy group.
【0032】 [0032]
また、R 〜R となるアルコキシアルキル基は特に限定はされないが、炭素数2〜10、特に2〜6のアルコキシアルキル基であるのが好適である。 Although R 1 to R 4 and becomes an alkoxyalkyl group is not particularly limited, it is preferable that an alkoxyalkyl group having 2 to 10, especially 2 to 6 carbon atoms. 該アルコキシアルキル基を具体的に例示すると、メトキシメチル基、エトキシメチル基、プロポキシメチル基、ジメトキシメチル基、2,2−ジオキサシクロペンタン−1−イル基ブトキシメチル基等を挙げることができる。 Concrete examples of the alkoxyalkyl group include methoxymethyl group, ethoxymethyl group, propoxymethyl group, dimethoxymethyl group, a 2,2-dioxacyclopentane-1-yl group butoxymethyl group.
【0033】 [0033]
また、R 〜R となるアルコキシアルコキシ基は特に限定はされないが、炭素数2〜20、特に3〜10のアルコキシアルコキシ基であるのが好適である。 Further, an alkoxyalkoxy group as the R 1 to R 4 is not particularly limited, it is preferable that a alkoxyalkoxy group having 2 to 20, especially 3 to 10 carbon atoms. 該アルコキシアルコキシ基を具体的に例示すると、メトキシエトキシ基、エトキシエトキシ基、メトキシプロポキシ基、メトキシブトキシ基等を挙げることができる。 Concrete examples of the alkoxyalkoxy group, methoxyethoxy group, ethoxyethoxy group, methoxypropoxy group include methoxy butoxy group.
【0034】 [0034]
また、R 〜R となるアリールオキシ基は特に限定はされないが、炭素数6〜14、特に6〜10のアリールオキシ基であるのが好適である。 Although not aryloxy group particularly limited to the R 1 to R 4, it is preferred that an aryloxy group having 6 to 14 carbon atoms, especially 6 to 10. 該アリールオキシ基を具体的に例示すると、フェノキシ基、1−ナフトキシ基、2−ナフトキシ基等を挙げることができる。 Concrete examples of the aryloxy group include phenoxy group, 1-naphthoxy group, and 2-naphthoxy group.
【0035】 [0035]
また、R 〜R となるポリアルキレングリコール基は特に限定はされないが、オキシエチレン基、オキシプロピレン基、オキシヘキシレン基等の炭素数2〜6の炭化水素基を基本単位とするグリコール類であるのが好適であり、さらにこれら基本単位が2〜1000個程度、特に10〜200個程度からなるものが好ましい。 Also, polyalkylene glycol group as the R 1 to R 4 is not particularly limited, oxyethylene group, oxypropylene group, glycols and base unit a hydrocarbon group having 2 to 6 carbon atoms such as oxy hexylene group in it's a preferred further these basic units are from 2 to 1000 or so, particularly preferably consists 10 to 200 or so. 該ポリアルキレングリコール基を具体的に例示すると、トリエチレングリコール基、ノニルエーテルデカエチレングリコール基、オクチルフェニルエーテルデカエチレングリコール基、パーフルオロヘプチルデカエチレングリコール基、平均分子量1000のポリエチレングリコール基、平均分子量10000のポリプロピレングリコール基等が挙げられる。 Concrete examples of the polyalkylene glycol group, triethylene glycol, nonyl ether decaethylene glycol group, octylphenyl ether decamethylene glycol group, perfluoroheptyl decaethylene glycol group, polyethylene glycol group having an average molecular weight of 1,000, average molecular weight polypropylene glycol group of 10000 can be mentioned. なお、該ポリアルキレングリコール基における末端の水酸基は、置換もしくは非置換のアルキル基、置換もしくは非置換のアリール基又は置換もしくは非置換のアラルキル基で保護されていてもよい。 The hydroxyl end of the polyalkylene glycol group is a substituted or unsubstituted alkyl group, may be protected with a substituted or unsubstituted aryl group or a substituted or unsubstituted aralkyl group.
【0036】 [0036]
また、R 〜R となる置換アミノ基は特に限定はされないが、炭素数1〜10のアルキル基、ヒドロキシ置換アルキル基等の置換基を有するアミノ基であるのが好適である。 Further, the substituted amino group as the R 1 to R 4 is not particularly limited, it is preferable that an amino group having a substituent such as an alkyl group, a hydroxy-substituted alkyl group having 1 to 10 carbon atoms. 該置換アミノ基を具体的に例示すると、メチルアミノ基、エチルアミノ基、プロピルアミノ基、イソプロピルアミノ基、ジメチルアミノ基、ジエチルアミノ基、ジプロピルアミノ基、メチルエチルアミノ基、2−ヒドロキシエチルアミノ基、ジ(ヒドロキシエチル)アミノ基等のアルキルアミノ基類;ピロリジニル基、ピペリジノ基、ヘキサメチレンイミノ基、2,2,6,6−テトラメチルピペリジノ基、モルホリノ基、2,6−ジメチルモルホリノ基、N−メチルピペラジニル基、チオモルホリノ基等の環状アミノ基類、などを挙げることができる。 Concrete examples of the substituted amino group, methylamino group, ethylamino group, propylamino group, isopropylamino group, dimethylamino group, diethylamino group, dipropylamino group, methylethylamino group, 2-hydroxyethylamino group , di-alkylamino group such as (hydroxyethyl) amino group; a pyrrolidinyl group, piperidino group, hexamethyleneimino group, 2,2,6,6-tetramethyl piperidino group, morpholino group, 2,6-dimethyl-morpholino group, N- methylpiperazinyl group, cyclic amino group such as thiomorpholino group, and the like.
【0037】 [0037]
また、R 〜R 、R 〜R 又はR となる置換もしくは非置換のアリール基としては特に限定されないが、炭素数6〜20のアリール基が好ましい。 Although not particularly restricted but includes substituted or unsubstituted aryl group a R 1 ~R 4, R 6 ~R 7 or R 9, preferably an aryl group having 6 to 20 carbon atoms. 該アリール基を具体的に例示すると、フェニル基、2−ナフチル基、1−ナフチル基、1−フェナンスリル基、4−フェナンスリル基、2−ビフェニル基等を挙げることができる。 Concrete examples of the aryl group, phenyl group, 2-naphthyl group, 1-naphthyl group, 1-phenanthryl group, 4-phenanthryl group, and a 2-biphenyl group. これらのアリール基には、アルキル基、アラルキル基、アルコキシル基、アルコキシアルキル基、アルコキシアルコキシ基、アリールオキシ基、ポリアルキレングリコール基、アミノ基、置換アミノ基、シアノ基、アシロキシ基、ヒドロキシ基、アシル基、アルコキシカルボニル基、アリールオキシカルボニル基、ハロゲン原子、シアノ基、トリフルオロメチル基、トリフルオロメトキシ基、及びニトロ基からなる群より選ばれる少なくとも1種の置換基が結合していてもよい。 These aryl group, an alkyl group, an aralkyl group, an alkoxyl group, an alkoxyalkyl group, an alkoxyalkoxy group, an aryloxy group, polyalkylene glycol group, an amino group, a substituted amino group, a cyano group, an acyloxy group, hydroxy group, acyl group, an alkoxycarbonyl group, an aryloxycarbonyl group, a halogen atom, a cyano group, a trifluoromethyl group, a trifluoromethoxy group, and at least one substituent may be bonded selected from the group consisting of nitro group.
【0038】 [0038]
また、R 〜R 、R 〜R 又はR となる置換もしくは非置換のヘテロアリール基としては特に限定されないが、炭素数3〜20、特に炭素数3〜12のヘテロアリール基であるのが好適である。 Further, R 1 ~R 4, R 6 ~R 7 or the substituted or unsubstituted heteroaryl group the R 9 is not particularly limited, 3 to 20 carbon atoms, particularly a heteroaryl group having 3 to 12 carbon atoms it is preferred that there is. 該ヘテロアリール基に含有されるヘテロ原子は特に限定されないが、酸素原子、硫黄原子及び/又は窒素原子が好適であり、その数は1〜3、特に1〜2であるのが好適である。 The hetero atom contained in the heteroaryl group is not particularly limited, an oxygen atom, a suitable sulfur atom and / or nitrogen atom, the number of 1-3, it is preferred that in particular 1-2. ヘテロアリール基にヘテロ原子を複数個含有する場合、ヘテロ原子はそれぞれ同種若しくは異種のヘテロ原子であってよい。 If you plurality containing heteroatoms in the heteroaryl group may be a heteroatom in each heteroatom is same or different. 該ヘテロアリール基を具体的に例示すると、フリル基、チエニル基、ピローリル基、ベンゾフリル基、インドール基、キノリル基、イソキノリル基、ジベンゾフリル基、カルバゾール基である。 Concrete examples of the heteroaryl group include furyl group, a thienyl group, a pyrrolyl group, a benzofuryl group, indole group, quinolyl group, isoquinolyl group, dibenzofuryl group, a carbazole group. これらヘテロアリール基に置換してもよい置換基は、上記置換もしくは非置換のアリール基の置換基と同じである。 Substituent which may be substituted with these heteroaryl groups are the same as the substituent of the substituted or unsubstituted aryl group. さらに、ベンゼン環、ナフタレン環等の炭素数6〜10の芳香族環が縮環してもよい。 Further, a benzene ring, an aromatic ring having 6 to 10 carbon atoms such as naphthalene ring may be a condensed ring.
【0039】 [0039]
アシロキシ基は特に限定はされないが、一般的には炭素数1〜15、好ましくは1〜7のアシロキシ基である。 Although acyloxy group is not particularly limited, in general 1 to 15 carbon atoms, preferably 1 to 7 acyloxy group. 該アシロキシ基を具体的に例示すると、ホルミルオキシ基、アセチルオキシ基、プロピオニルオキシ基、ブチリルオキシ基、ベンゾイルオキシ基等を挙げることができる。 When specific examples of the acyloxy group include a formyloxy group, acetyloxy group, propionyloxy group, butyryloxy group, a benzoyloxy group.
【0040】 [0040]
アシル基は特に限定はされないが、一般的には炭素数1〜15、好ましくは1〜7のアシル基である。 Acyl group is not particularly limited, in general 1 to 15 carbon atoms, preferably 1-7 acyl group. 該アシル基を具体的に例示すると、ホルミル基、アセチル基、プロピオニル基、ブチリル基、ベンゾイル基等を挙げることができる。 Concrete examples of the acyl group include a formyl group, an acetyl group, a propionyl group, a butyryl group, a benzoyl group.
アルコキシカルボニル基は特に限定はされないが、一般的には炭素数1〜15、好ましくは1〜7のアルコキシカルボニル基である。 Alkoxycarbonyl Although carbonyl group is not particularly limited, in general 1 to 15 carbon atoms, preferably 1 to 7 alkoxycarbonyl group. 該アルコキシカルボニル基を具体的に例示すると、エトキシカルボニル基、n−ブトキシカルボニル基、ヘキシルオキシカルボニル基、ブチリルオキシ基等を挙げることができる。 Concrete examples of the alkoxycarbonyl group include an ethoxycarbonyl group, n- butoxycarbonyl group, a hexyloxy group, a butyryloxy group.
【0041】 [0041]
また、R 〜R となるアリールオキシカルボニル基は特に限定はされないが、炭素数6〜20、特に6〜10のアリールオキシカルボニル基であるのが好適である。 Although not limited aryloxycarbonyl group as the R 1 to R 4 is particularly preferred that the aryloxycarbonyl group having 6 to 20 carbon atoms, especially 6 to 10. 該アリールオキシカルボニル基を具体的に例示すると、フェニルオキシカルボニル基、1−ナフチルオキシカルボニル基、2−ナフチルオキシカルボニル基等を挙げることができる。 Concrete examples of the aryloxycarbonyl group include phenyloxy group, 1-naphthyloxycarbonyl group, a 2-naphthyloxycarbonyl group.
【0042】 [0042]
また、(i)R 及びR 、(ii)aが2〜4の場合における複数のR どうし又は(iii)bが2〜4の場合における複数のR どうしがそれぞれ互いに結合して環を形成していてもよい場合の当該環としては、シクロヘキセン環、シクロヘプタトリエン環、Nメチル−1−アザシクロヘプタトリエン環等の“形成された環中に少なくとも1組の2重結合を構成しており、さらに該環中にヘテロ原子を有していてもよい置換または非置換の炭化水素環”;ベンゼン環、ナフタレン環等の置換または非置換の芳香族炭化水素環;N−メチルピロール環、チオフェン環等の置換または非置換のヘテロアリール環が挙げられる。 Further, (i) R 1 and R 2, bonded to each other, each wherein a plurality of R 4 in the case a plurality of R 3 if or (iii) b is 2 to 4 in the case of 2-4 (ii) a Examples of the ring when the may form a ring, cyclohexene ring, cycloheptatriene ring, such as N-methyl-1-aza-cycloheptatriene ring "at least one pair of double bonds in the ring formed configured and, further in the ring also may substituted or unsubstituted have a hetero atom hydrocarbon ring "; a benzene ring, a substituted or unsubstituted naphthalene ring aromatic hydrocarbon ring; N- methyl pyrrole ring, and a substituted or unsubstituted heteroaryl ring such as thiophene ring.
【0043】 [0043]
さらに他の好適なインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物としては、下記式(4)で示される構造を有し、且つ最大吸収波長が585nm〜650nmの範囲、好ましくは600nm〜650nmの範囲である化合物を挙げることが出来る。 Still other suitable indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds having a structure represented by the following formula (4), and a maximum absorption wavelength of 585nm~650nm range, preferably can be exemplified compound is in the range of 600Nm~650nm.
【0044】 [0044]
【化4】 [Of 4]
【0045】 [0045]
{但し、式中の>Q(>は2本の結合手を意味する)はスピロ環を形成する炭素数が3〜20の置換もしくは非置換の2価の環状基であり、該環状基の環には酸素、窒素又は硫黄原子が含まれていてもよく、R 10及びR 11は、前記式(1)におけるR と同義であり、R 12及びR 13はそれぞれ前記式(1)におけるR 及びR と同義であり、e、fは各々独立に0〜4の整数であり、e、fが2以上の場合にはそれぞれ複数のR 10どうし、又は複数のR 11どうしは互いに結合して環を形成していてもよく、e、fが2以上の場合には、複数のR 10および複数のR 11はそれぞれ異なっていてもよい。 {However, in the formula> Q (> means the two bonds) is a divalent cyclic group of substituted or unsubstituted carbon atoms to form a spiro ring of 3 to 20, of the annular base oxygen in the ring, may contain a nitrogen or sulfur atom, R 10 and R 11 has the same meaning as R 1 in formula (1), in each of R 12 and R 13 the formula (1) have the same meanings as R 5 and R 6, e, f are each independently an integer from 0 to 4, e, f are each what more R 10 in the case of 2 or more, or a plurality of R 11 How to one another may bond to form a ring, e, when f is 2 or more, plural R 10 and plural R 11 may be different. }
上記式(4)のQにおいて、スピロ環を形成する炭素数が3〜20の非置換の2価の環状基としては、シクロブタン環、シクロオクタン環、シクロドデカン環等の環を形成する炭素数が3〜20の脂環式炭化水素から誘導される2価の基;モノオキソシクロヘキサン環、1,3−ジオキソシクロヘキサン環等の環を形成する炭素数が3〜20の酸素原子を含む環状炭化水素から誘導される2価の基、また窒素原子または硫黄原子を含み、環を形成する炭素数が3〜20の環状炭化水素から誘導される2価の基、ナフタレン、ビフェニル、フェナンスレン、アントラセン、テトラセン、ピレン等の炭素数6〜30の芳香族炭化水素から誘導される2価の基;フラン、ピロール、チオフェン、ベンゾフラン、ベンゾピロール、ベンゾチオフェン等 In Q in the formula (4), as the unsubstituted divalent cyclic group carbon atoms in a spiro ring of 3 to 20 carbon atoms to form a cyclobutane ring, a cyclooctane ring, a ring such as cyclododecane ring cyclic containing mono-oxo cyclohexane ring, a 1,3-cyclohexane oxygen atoms of 3 to 20 carbon atoms in a ring of ring like; but a bivalent group derived from an alicyclic hydrocarbon having 3 to 20 divalent group derived from a hydrocarbon, also including a nitrogen atom or a sulfur atom, a divalent group carbon atoms in a ring derived from a cyclic hydrocarbon having from 3 to 20, naphthalene, biphenyl, phenanthrene, anthracene , tetracene, a divalent group derived from an aromatic hydrocarbon having 6 to 30 carbon atoms, pyrene; furan, pyrrole, thiophene, benzofuran, benzopyrrole, benzothiophene 炭素数6〜30の複素環から誘導される2価の基等が挙げられる。 And a divalent group derived from a heterocyclic ring having from 6 to 30 carbon atoms can be mentioned.
【0046】 [0046]
また、上記>Qにおける置換の環状基としては上記非置換の環状基に前記式(1)におけるR と同義の基が置換基として1又は2以上結合したものが挙げられる。 Furthermore, the unsubstituted group R 1 as defined in formula (1) in the cyclic group may be mentioned those bonded one or more substituents are as cyclic group substituted in the> Q.
【0047】 [0047]
(a)成分としては、特に優れた発色濃度を示すという理由から、上記(1)又は式(4)で示されるナフトピラン化合物の中でも、下記構造のナフトピラン化合物を用いるのが特に好ましい。 The component (a), because it shows particularly excellent color density, the (1) or Among the naphthopyran compound represented by the formula (4), particularly preferably used naphthopyran compounds having the following structure.
【0048】 [0048]
【化5】 [Of 5]
【0049】 [0049]
【化6】 [Omitted]
【0050】 [0050]
【化7】 [Omitted]
【0051】 [0051]
【化8】 [Of 8]
【0052】 [0052]
本発明のフォトクロミック組成物では(b)成分として、前記マトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が430nm〜540nmの範囲にあり、20℃における退色半減期が上記(a)成分の1.5〜5倍、好ましくは1.5〜3倍であるフォトクロミック性ナフトピラン化合物を使用する。 As the photochromic a composition component (b) of the present invention, the maximum absorption wavelength at color development at the matrix resin is in the range of 430Nm~540nm, fading half-life at 20 ° C. is the component (a) 1.5 5 times, preferably using a photochromic naphthopyran compound is 1.5 to 3 times. 前記(a)成分を使用して中間色を得る場合、発色時の最大吸収波長が430nm〜540nmの範囲である(黄色領域に発色する)フォトクロミック化合物を使用する必要があるが、発色濃度及び耐久性の観点からナフトピラン化合物を使用する。 The case of obtaining an intermediate color using component (a), the maximum absorption wavelength at color development is in the range of 430Nm~540nm (coloring in yellow region) it is necessary to use a photochromic compound, color density and durability using the naphthopyran compounds from the viewpoint. 発色時の最大吸収波長が430nm〜540nmの範囲にあるナフトピラン化合物は、一般に青色に発色するフォトクロミック化合物{(a)成分}に比べて退色速度が遅いため、退色時の色ずれが生じやすい。 Naphthopyran compounds maximum absorption wavelength at color development is in the range of 430nm~540nm is generally due to slow fading rate than the photochromic compound {(a) component} coloring in blue, prone color shift at the time of fading. 本発明では接着性フォトクロミックコート剤のフォトクロミック化合物成分として使用した際の色ずれを満足の行く程度に抑制するために、(b)成分の退色半減期は(a)成分の退色半減期の1.5〜5倍、好ましくは1.5〜3倍である必要がある。 1 In the present invention, in order to suppress the extent that satisfactory color shift when used as the photochromic compound component of the adhesive photochromic coating agent, the fading half-life of the component (b) of the fading half-life of the component (a). 5 to 5 times, there is a need and preferably 1.5 to 3 times.
【0053】 [0053]
(b)成分として使用するナフトピラン化合物は上記の条件を満足するものであれば特に限定されないが、発色濃度の観点から、置換のナフト[1,2−b]ピランまたは置換のナフト[2,1−b]ピランを使用するのが好適である。 (B) Although naphthopyran compounds used as component is not particularly limited as long as it satisfies the above conditions, from the viewpoint of color density, substituted naphtho [1,2-b] pyran or a substituted naphtho [2,1 it is preferred to use -b] pyran.
【0054】 [0054]
このようなナフトピラン化合物は、特開平8−157467号公報、特開平8−176139号公報、特開平8−295690号公報、特開平9−124645号公報、欧州特許出願公開第0778276号明細書、特開平9−218301号公報、特開平11−279171号公報、特開平11−286484号公報、特開平11−322739号公報、特開2000−347346号公報、特開20001−031670号公報、特開2001−114775号公報、特開2000−256347号公報、特開2000−219686号公報、特開2000−219685号公報、特開2000−219687号公報、特開2000−229976号公報、国際公開第98/57943号パンフレット、国際公開第94/22850号パ Such naphthopyran compounds, JP-A 8-157467, JP-A No. 8-176139, JP-A No. 8-295690, JP-A No. 9-124645, JP-EP 0778276, JP No. 9-218301, JP-A No. 11-279171, JP-A No. 11-286484, JP-A No. 11-322739, JP 2000-347346, JP 20001-031670, JP 2001 -114775, JP 2000-256347, JP 2000-219686, JP 2000-219685, JP 2000-219687, JP 2000-229976, JP-WO 98 / 57943 pamphlet, International Publication No. WO 94/22850 path フレット、国際公開第95/05371号パンフレット、国際公開第95/00867号パンフレット、国際公開第98/45281号パンフレット、米国特許第5952515号明細書、国際公開第99/31081号パンフレット、国際公開第99/28323号パンフレット、国際公開第98/55457号パンフレット、国際公開第95/16215号パンフレット、特開平7−48363号公報、英国特許第8614680号明細書、米国特許第5656206号明細書、米国特許第5658501号明細書、米国特許第5658500号明細書、国際公開第98/42693号パンフレット、国際公開第00/18755号パンフレット、国際公開第01/12619号パンフレット、国際公開第01/19812号パンフレ Fret, WO 95/05371 pamphlet, WO 95/00867 pamphlet, WO 98/45281 pamphlet, US Pat. No. 5,952,515, WO 99/31081 pamphlet, International Publication No. 99 / 28323 pamphlet, WO 98/55457 pamphlet, International Publication No. 95/16215 pamphlet, JP-a 7-48363 and JP-British Patent specification No. 8,614,680, U.S. Pat. No. 5,656,206, U.S. Pat. No. 5658501 Pat, US Pat. No. 5658500, WO 98/42693 pamphlet, WO 00/18755 pamphlet, WO 01/12619 pamphlet, WO 01/19812 No. brochure ト、米国特許第6353102号明細書、国際公開第99/28323号パンフレットに開示されており、これら公報に開示されているナフトピラン化合物の中から上記条件を満足するものを適宜選択すればよい。 DOO, U.S. Patent No. 6353102, are disclosed in WO 99/28323 pamphlet, may be appropriately selected from those satisfying the above condition from the naphthopyran compounds disclosed in these publications. これら化合物は、単独でまたは2種類以上を組み合わせて使用することができる。 These compounds may be used alone or in combination of two or more. なお、(b)成分としては本発明者等が別途出願している特許出願(特願2001−098855号)に記載されているナフトピラン化合物も使用できる。 It is also used naphthopyran compounds described in the component (b) patent application by the present inventors and the like have separately filed (Japanese Patent Application No. 2001-098855).
【0055】 [0055]
これらナフトピラン化合物の中でも、発色濃度、耐候性が優れるという理由から、(b)成分としては下記式(5)又は(6)で示される化合物、特に下記式(7)で示される化合物を使用するのが好適である。 Among these naphthopyran compounds, color density, the reason that the weather resistance is excellent, using a compound represented by (b) the following formula as component (5) or the compound represented by (6), especially the following formula (7) it is preferred that.
【0056】 [0056]
【化9】 [Omitted]
【0057】 [0057]
{但し、式中のR 14 〜R 16は、前記式(1)におけるR と同義であり、R 17およびR 18は前記式(1)におけるR と同義であり、gは0〜4の整数であり、gが2以上のとき複数のR 16は互いに異なっていてもよい。 {However, R 14 to R 16 in the formula has the same meaning as R 1 in Formula (1), R 17 and R 18 has the same meaning as R 6 in formula (1), g is 0-4 of an integer, a plurality of R 16 when g is 2 or more may be different from each other. }
【0058】 [0058]
【化10】 [Of 10]
【0059】 [0059]
{但し、式中のR 19 〜R 20は、前記式(1)におけるR と同義であり、R 21およびR 22は前記式(1)におけるR と同義であり、iは0〜2の整数、hは0〜4の整数であり、hが2以上のときは複数のR 19は互いに異なっていてもよい。 {However, R 19 to R 20 in the formula has the same meaning as R 1 in Formula (1), R 21 and R 22 has the same meaning as R 6 in formula (1), i is 0 to 2 integer, h is an integer of 0 to 4, a plurality of R 19 when h is 2 or more may be different from each other. }
【0060】 [0060]
【化11】 [Of 11]
【0061】 [0061]
〔但し、式中のR 23は、置換アミノ基、窒素原子をヘテロ原子として有する置換若しくは非置換のヘテロアリール基であり、R 24は前記式(1)におけるR と同義であり、jが2以上のとき、複数のR 24は互いに異なっていてもよく、R 25およびR 26は互いに独立に置換もしくは非置換のアリール基、置換もしくは非置換のヘテロアリール基またはアルキル基であり、R 25およびR 26は互いに結合して環を形成していてもよい。 [However, R 23 in the formula is a substituted amino group, a nitrogen atom or a substituted or unsubstituted heteroaryl group having a hetero atom, R 24 has the same meaning as R 1 in Formula (1), j is when 2 or more, plural R 24 may be different from each other, R 25 and R 26 are mutually independently a substituted or unsubstituted aryl group, a substituted or unsubstituted heteroaryl group or an alkyl group, R 25 and R 26 may be bonded to each other to form a ring. ]
前記一般式(7)のR 23としての置換アミノ基は、ヘテロ原子を有してもよい炭素数1〜10のアルキル基、ヒドロキシ基等の置換基を有するアミノ基があげられる。 Substituted amino group as R 23 in the general formula (7) represents an alkyl group having carbon atoms of 1 to 10 optionally having a hetero atom, an amino group having a substituent such as hydroxy group. 該置換アミノ基を具体的に例示すると、メチルアミノ基、エチルアミノ基、プロピルアミノ基、イソプロピルアミノ基、ジメチルアミノ基、ジエチルアミノ基、ジプロピルアミノ基、メチルエチルアミノ基、2−ヒドロキシエチルアミノ基、ジ(ヒドロキシエチル)アミノ基等のアルキルアミン類;ピロリジニル基、ピペリジノ基、ヘキサメチレンイミノ基、2,2,6,6−テトラメチルピペリジノ基、モルホリノ基、2,6−ジメチルモルホリノ基、N−メチルピペラジニル基、チオモルホリノ基等の環状アミン類、などが好ましい。 Concrete examples of the substituted amino group, methylamino group, ethylamino group, propylamino group, isopropylamino group, dimethylamino group, diethylamino group, dipropylamino group, methylethylamino group, 2-hydroxyethylamino group , di-alkyl amines such as (hydroxyethyl) amino group; a pyrrolidinyl group, piperidino group, hexamethyleneimino group, 2,2,6,6-tetramethyl piperidino group, morpholino group, 2,6-dimethyl-morpholino group , N- methylpiperazinyl group, cyclic amines such as thiomorpholino, etc. are preferable.
【0062】 [0062]
また、R 23としての窒素原子をヘテロ原子として有する置換若しくは非置換のヘテロアリール基としては、炭素数3〜20、好ましくは炭素数3〜12のヘテロアリール基が好ましい。 As the substituted or unsubstituted heteroaryl group having a nitrogen atom as R 23 as a hetero atom, having 3 to 20 carbon atoms, preferably a heteroaryl group having 3 to 12 carbon atoms. 該ヘテロアリール基に含有されるヘテロ原子は特に限定されないが、酸素原子、硫黄原子、窒素原子が好適であり、その数は1〜3、好ましくは1乃至2である。 Heteroatom contained in the heteroaryl group is not particularly limited, an oxygen atom, a sulfur atom, a suitable nitrogen atom, the number of 1 to 3, preferably 1 to 2. ヘテロアリール基にヘテロ原子を複数個含有する場合、ヘテロ原子はそれぞれ同種若しくは異種のヘテロ原子であってよい。 If you plurality containing heteroatoms in the heteroaryl group may be a heteroatom in each heteroatom is same or different. 該ヘテロアリール基を具体的に例示すると、フリル基、チエニル基、ピローリル基、ベンゾフリル基、インドール基、キノリル基、イソキノリル基、ジベンゾフリル基、カルバゾール基である。 Concrete examples of the heteroaryl group include furyl group, a thienyl group, a pyrrolyl group, a benzofuryl group, indole group, quinolyl group, isoquinolyl group, dibenzofuryl group, a carbazole group. これらヘテロアリール基に置換してもよい置換基は、R で示した置換もしくは非置換のアリール基の置換基と同義である。 These substituents may be substituted in the heteroaryl group are the same as the substituents of a substituted or unsubstituted aryl group shown by R 1. さらに、ベンゼン環、ナフタレン環等の炭素数6〜10の芳香族環が縮環してもよい。 Further, a benzene ring, an aromatic ring having 6 to 10 carbon atoms such as naphthalene ring may be a condensed ring.
【0063】 [0063]
前記一般式(7)中のR 24はナフトピラン環の5位、7位、8位、9位および10位に置換する置換基であり、置換基の導入によって本発明の効果に大きな影響はない。 Formula (7) R 24 is 5-position of the naphthopyran ring in the 7-position, 8-position, a substituent substituted at the 9 and 10 positions, a large impact is not the effect of the present invention by the introduction of substituents . 置換基としては、アルキル基、アルコキシ基、アラルキル基、アルコキシアルキル基、アルコキシアルコキシ基、アリールオキシ基、ポリアルキレングリコール基、置換アミノ基、置換もしくは非置換のヘテロアリール基、置換もしくは非置換のアリール基、アシロキシ基、アシル基を挙げることができる。 Examples of the substituent include an alkyl group, an alkoxy group, an aralkyl group, an alkoxyalkyl group, an alkoxyalkoxy group, an aryloxy group, polyalkylene glycol group, a substituted amino group, a substituted or unsubstituted heteroaryl group, a substituted or unsubstituted aryl it can be exemplified group, an acyloxy group, an acyl group. これら置換基としてはR と同義である。 These substituents have the same meanings as R 1. さらに上記置換基としてはニトロ基、ヒドロキシ基又はハロゲン原子等も挙げることができる。 Further examples of the substituent include a nitro group, also hydroxy group or a halogen atom.
【0064】 [0064]
jは置換基R 24の数であり、0〜4の整数である。 j is the number of the substituents R 24, an integer of 0-4. jの値は0〜4であればよいが、合成の都合上、3以下であることが好ましく、さらに2以下であることがより好ましい。 The value of j may be in 0-4, but for convenience of synthesis, is preferably 3 or less, more preferably more than 2.
【0065】 [0065]
(b)成分としては、発・退色過程の均一性が高いということから、下記1)〜9)より選ばれる化合物を使用するのが最も好ましい。 The component (b), from the fact that high uniformity of the origination-fading process is most preferred to use below 1) to 9) from the compound selected.
【0066】 [0066]
1) 6−モルホリノ−3,3−ビス(3−フルオロ−4−メトキシフェニル)−3H−ナフト[2,1−b]ピラン2) 6−モルホリノ−3−(4−メトキシフェニル)−3−(4−トリフルオロメトキシフェニル)−3H−ナフト[2,1−b]ピラン3) 6−ピペリジノ−3−メチル−3−(2−ナフチル)−3H−ナフト[2,1−b]ピラン4) 6−ピペリジノ−3−メチル−3−フェニル−3H−ナフト[2,1−b]ピラン5) 6−モルホリノ−3,3−ビス(4−メトキシフェニル)−3H−ナフト[2,1−b]ピラン6) 6−ヘキサメチレンイミノ−3−メチル−3−(4−メトキシフェニル)−3H−ナフト[2,1−b]ピラン7) 6−モルホリノ−3−(2−フリル)−3−メチル−3H−ナフト[2,1−b 1) 6-morpholino-3,3-bis (3-fluoro-4-methoxyphenyl) -3H- naphtho [2,1-b] pyran 2) 6-morpholino-3- (4-methoxyphenyl) -3- (4-trifluoromethoxyphenyl) -3H- naphtho [2,1-b] pyran 3) 6-piperidino-3-methyl-3- (2-naphthyl) -3H- naphtho [2,1-b] pyran 4 ) 6 piperidino-3-methyl-3-phenyl -3H- naphtho [2,1-b] pyran 5) 6-morpholino-3,3-bis (4-methoxyphenyl) -3H- naphtho [2,1 b] pyran 6) 6-hexamethyleneimino-3-methyl-3- (4-methoxyphenyl) -3H- naphtho [2,1-b] pyran 7) 6-morpholino-3- (2-furyl) -3 - methyl -3H- naphtho [2,1-b ]ピラン8) 6−モルホリノ−3−(2−チエニル)−3−メチル−3H−ナフト[2,1−b]ピラン9) 6−モルホリノ−3−(2−ベンゾフリル)−3−メチル−3H−ナフト[2,1−b]ピラン。 ] Pyran 8) 6- morpholino-3- (2-thienyl) -3-methyl -3H- naphtho [2,1-b] pyran 9) 6-morpholino-3- (2-benzofuryl) -3-methyl -3H - naphtho [2,1-b] pyran.
【0067】 [0067]
本発明のフォトクロミック組成物における(b)成分の含有量は特に限定されないが、硬化の観点から、重量換算で、(a)成分のフォトクロミック化合物の添加量の1/10〜10倍の範囲、好ましくは1/3〜3倍の範囲が好適である。 The content of the (b) component in the photochromic composition of the present invention is not particularly limited, from the viewpoint of curing, in terms of weight, (a) the addition amount of 1 / 10-10 times the photochromic compound component, preferably the range of times 1/3 to 3 are preferred.
【0068】 [0068]
本発明のフォトクロミック組成物では(c)成分として、前記マトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が540nm〜585nm、好ましくは560nm〜585nmの範囲にあり、退色半減期が上記(a)成分の1.5〜5倍でかつ上記(b)成分の0.5〜3倍であるフォトクロミック性インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物を含有する。 As the photochromic a composition component (c) of the present invention, the maximum absorption wavelength at color development at the matrix resin is 540Nm~585nm, preferably in the range of 560Nm~585nm, fading half-life above component (a) and 1.5 to 5 times containing the above (b) photochromic property is 0.5 to 3 times the component indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds. (a)成分と(b)成分のみを用いた際にグレーまたはブラウンの色目が若干赤みを帯びたり、発退色過程での色調が不安定となるのに対し、(c)成分を添加することにより緑色感を低減しきれいな中間色を得ることが可能となる。 (A) and component (b) or tinged only slightly reddish color of gray or brown when used components, while the color tone at the calling fading process becomes unstable, the addition of component (c) it is possible to reduce the green sensitive obtain a clean neutral by. さらにインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物を用いることにより発色濃度が高く、耐候性等に優れたフォロクロミック組成物を得ることができる。 Can be further indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] high color density by using a pyran compound, obtaining a Roman electrochromic composition excellent in weather resistance. 効果の観点から、(c)成分の退色半減期は、上記(a)成分の2.5〜4倍でかつ上記(b)成分の0.8〜2倍であるのが好適である。 From the standpoint of effects, fading half-life of the component (c) is suitably from 0.8 to 2 times the 2.5 to 4 times a and component (b) of the component (a).
【0069】 [0069]
(c)成分のインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物は上記の条件を満足するものであれば特に限定されず、例えば(a)成分として示した式(1)又は(4)と同じ基本構造を有し、且つ最大吸収波長が540〜585nmの範囲、好ましくは560〜585nmの範囲のインデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物が好適に使用できる。 (C) indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds of components is not particularly limited as long as it satisfies the above conditions, for example, (a) shows a component equation (1 ) or (4) have the same basic structure as, and the range of the maximum absorption wavelength 540~585Nm, preferably indeno ranging 560~585nm [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds It can be suitably used. これら化合物は、1種類を単独または2種類以上を組み合わせて用いてもよい。 These compounds may be used alone or in combination of two or more.
【0070】 [0070]
(c)成分として特に好適な化合物を具体的に例示すると、下記の化合物を挙げることができる。 Specific examples of the particularly preferred compound as the component (c), may be mentioned the following compounds.
【0071】 [0071]
【化12】 [Of 12]
【0072】 [0072]
【化13】 [Of 13]
【0073】 [0073]
【化14】 [Of 14]
【0074】 [0074]
本発明のフォトクロミック組成物における(c)成分の含有量は特に限定されないが、硬化の観点から、重量換算で、(a)成分のフォトクロミック化合物の添加量の1/100〜1倍の範囲、特に1/20〜1/4倍の範囲が好適である。 The content of component (c) in the photochromic composition of the present invention is not particularly limited, from the viewpoint of curing, in terms of weight, (a) the addition amount of 1 / 100-1 times the photochromic compound component, in particular 1 / 20-1 / 4 times the range are preferred.
【0075】 [0075]
本発明のフォトクロミック組成物は、従来のイン−マス法やコーティング法で使用される従来のフォトクロミック性硬化性組成物のフォトクロミック化合物成分として使用したときは勿論、それ以外にも新規な接着性フォトクロミックコーティング剤のフォトクロミック化合物成分として使用したときに、中間色に発色し、しかも発・退色速度が速く、且つ発・退色時(特に退色時)の色調変化が小さく“色ずれ”が起こり難いという特徴を有する。 Photochromic composition of the present invention, conventional in-- course when used as the photochromic compound component of a conventional photochromic curable composition used in the mass process and coating method, a novel adhesive photochromic coating besides that when used as a photochromic compound component of the agent, and develops a neutral color, yet it has a feature that originating-fading rate is high, and when placing fading small (especially fading during) color change for "color shift" is unlikely to occur . なお、該接着性フォトクロミックコーティング剤は、ラジカル重合性単量体及びフォトクロミック化合物を含んでなる従来のフォトクロミック硬化性組成物において、硬化体と眼鏡レンズ等の基材との密着性を高いものとするために、接着性モノマーおよび特定量のアミン化合物を添加している点に特徴がある。 Incidentally, adhesive photochromic coating agent, a conventional photochromic curable composition comprising a radical polymerizable monomer and a photochromic compound, and a high adhesion to a substrate such as a cured product and the spectacle lens for, it is characterized in that the addition of an amine compound of adhesive monomer, and a specific amount.
【0076】 [0076]
このように、接着性フォトクロミックコーティング剤において本発明のフォトクロミック性組成物を使用したもの(その使用量を多くしたものも含む)、即ち「(I)ラジカル重合性単量体 100重量部、(II)アミン化合物 0.01〜20重量部 および(III)フォトクロミック化合物 0.01〜50重量部を含んでなり、そして該ラジカル重合性単量体が、シラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有するラジカル重合性単量体、および/またはイソシアネート基を有するラジカル重合性単量体を含むことを特徴とするフォトクロミック硬化性組成物であって、上記成分(III)が本発明のフォトクロミック性組成物からフォトクロミック硬化性(以下、本発明の硬化性組成物ともいう)」からなる接着性 Thus, those using photochromic composition of the present invention in the adhesive photochromic coating agent (including those to increase the amount thereof), i.e., "(I) the radical polymerizable monomer of 100 parts by weight, (II ) amine compound 0.01 to 20 parts by weight of (III) comprises a photochromic compound 0.01 to 50 parts by weight, and the radical polymerizable monomer, forms a silanol group or a hydrolyzable by silanol groups a photochromic curable composition comprising a radical polymerizable monomer having a radical polymerizable monomer, and / or an isocyanate group having the above components (III) are photochromic composition of the present invention photochromic curable from the object adhesive consisting of (hereinafter also referred to as the curable composition of the present invention) " フォトクロミックコーティング剤(以下、本発明のコーティング剤ともいう)は、本発明のフォトクロミック性組成物の効果を最も発揮させるものであるといえる。 Photochromic coating agent (hereinafter, also referred to as a coating agent of the present invention) can be said to be one which most effective of the photochromic composition of the present invention.
【0077】 [0077]
上記本発明の接着性フォトクロミックコーティング剤(或いは本発明の硬化性組成物)の(I)ラジカル重合性単量体のうち接着性モノマー以外のラジカル重合性単量体としては、本発明のフォトクロミック性組成物を均一に分散させることができるものであれば特に限定されず、公知のラジカル重合性単量体を使用することができる。 As the adhesive photochromic coating agent (or the curable composition of the present invention) radically polymerizable monomer other than the adhesive monomer of the (I) the radical polymerizable monomer of the present invention, the photochromic properties of the present invention as long as it can be uniformly dispersed composition is not particularly limited, it may be used known radical polymerizable monomers. このようなラジカル重合性単量体は、従来のフォトクロミック硬化性組成物において使用されているものでもあり、接着性モノマーを添加せずに本発明のフォトクロミック性組成物と組み合わせ使用して良好なフォトクロミック特性の硬化性組成物を与えるものでもある。 Such radical polymerizable monomers, also those used in conventional photochromic curable composition excellent photochromic using photochromic composition and combination of the present invention without the addition of adhesive monomer also those providing a curable composition characteristics. そして、その例としては、(メタ)アクリロイル基および(メタ)アクリロイルオキシ基、(メタ)アクリロイルアミノ基、(メタ)アクリロイルチオ基の如き(メタ)アクリロイル基の誘導体基、ビニル基、アリル基、スチリル基の如きラジカル重合性基が挙げられる。 And, examples, (meth) acryloyl group and a (meth) acryloyloxy group, (meth) acryloyl group, (meth) acryloylthio group such as (meth) derivative group acryloyl group, a vinyl group, an allyl group, It includes such radical polymerizable group styryl group. なおラジカル重合性基がビニル基、アリル基またはスチリル基である場合には、当該ラジカル重合性基は置換基を有していてもよい。 Note that if the radical polymerizable group is a vinyl group, an allyl group or styryl group, the radically polymerizable group may have a substituent. 置換基としては、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、クロロメチル基、トリフルオロメチル基の如き炭素数1〜4のアルキル基またはハロゲン化アルキル基、ハロゲン原子、シアノ基、ニトロ基ならびに水酸基が例示される。 As the substituent, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, butyl group, chloromethyl group, trifluoromethyl group or a halogenated alkyl group such as 1 to 4 carbon atoms of methyl groups, a halogen atom, a cyano group, a nitro group and hydroxyl are exemplified. 同じくラジカル重合性基が(メタ)アクリロイルアミノ基である場合には、当該基のアミド窒素原子には、(メタ)アクリロイル基およびシラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有する基に加えて、置換または非置換のアルキル基、アリール基、アリル基の如き各種有機基が結合していてもよい。 Also in the case the radical polymerizable group is a (meth) acryloyl amino group, the amide nitrogen atom of the group, in addition to the group having a group which forms a (meth) acryloyl group and a silanol group or a hydrolyzable by silanol groups Te, substituted or unsubstituted alkyl group, an aryl group, such as various organic group allyl group may be bonded.
【0078】 [0078]
これらラジカル重合性基のなかでも、入手の容易さや重合性の良さから(メタ)アクリロイル基または(メタ)アクリロイルオキシ基であることが好ましく、(メタ)アクリロイルオキシ基であることがより好ましい。 Among these radically polymerizable groups it is preferably easy and the polymerizable goodness (meth) acryloyl group or (meth) acryloyloxy group availability, and more preferably a (meth) acryloyloxy group.
【0079】 [0079]
本発明の硬化性組成物においては、硬化後の耐溶剤性や硬度、耐熱性等の硬化体特性、あるいは発色濃度や退色速度等のフォトクロミック特性を良好なものとするため、ラジカル重合性単量体としては、単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上を示すもの(以下、高硬度モノマーと称す場合がある)と、同じく単独重合体のLスケールロックウェル硬度が40以下を示すもの(以下、低硬度モノマーと称す場合がある)を併用することがより好ましい。 In the curable composition of the present invention, solvent resistance and hardness after curing, cured product properties such as heat resistance or to the photochromic properties such as color density and fading rate and favorable, the radical polymerizable monomer the body, which L-scale Rockwell hardness of a homopolymer exhibits more than 60 (hereinafter sometimes referred to as high-hardness monomer) and, similarly alone L-scale Rockwell hardness of the polymer shows a 40 or less ( or less, and more preferably used in combination sometimes referred to as low-hardness monomer).
【0080】 [0080]
Lスケールロックウェル硬度とは、JIS−B7726に従って測定される硬度を意味する。 L-scale Rockwell hardness is meant the hardness as measured in accordance with JIS-B7726. 各モノマーの単独重合体について該測定を行うことにより上記硬度の条件を満足するかどうかを簡単に判断することができる。 For a homopolymer of each monomer can be easily determined whether to satisfy the condition of the hardness by performing the measurement. 具体的には、後述する実施例に示すように、モノマーを重合させて厚さ2mmの硬化体を得、これを25℃の室内で1日保持した後にロックウェル硬度計を用いて、Lスケールロックウェル硬度を測定することにより容易に確認することができる。 Specifically, as shown in the examples below, the monomer is polymerized to obtain a cured product having a thickness of 2mm, using the Rockwell hardness meter after it is held for one day at room 25 ° C., L scale it can be easily confirmed by measuring the Rockwell hardness.
【0081】 [0081]
また、上記Lスケールロックウェル硬度の測定に供する重合体は、仕込んだ単量体の有す重合性基の90%以上が重合する条件で注型重合して得たものである。 Further, the polymer to be subjected to measurement of the L-scale Rockwell hardness are those obtained by casting polymerization under conditions where more than 90% of the polymerizable group Yusuke of the charged monomer is polymerized. このような条件で重合された硬化体のLスケールロックウェル硬度は、ほぼ一定の値として測定される。 L-scale Rockwell hardness of such polymerized cured body condition is measured as almost a constant value.
【0082】 [0082]
前記、単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上を示すラジカル重合性単量体(以下、高硬度モノマーと称す場合がある)は、硬化後の硬化体の耐溶剤性、硬度、耐熱性等を向上させる効果を有する。 Wherein the radical polymerizable monomer L-scale Rockwell hardness of a homopolymer exhibits more than 60 (hereinafter sometimes referred to as high-hardness monomer) is solvent resistance of the cured product after curing, hardness, heat resistance It has the effect of improving the like. これらの効果をより効果的なものとするためには、単独重合体のLスケールロックウェル硬度が65〜130を示すラジカル重合性単量体が好ましい。 In order to make these effects more effective, radically polymerizable monomer L-scale Rockwell hardness of a homopolymer exhibits 65 to 130 are preferred.
【0083】 [0083]
このような高硬度モノマーは通常2〜15個、好ましくは2〜6個のラジカル重合性基を有する化合物であり、好ましい具体例は下記式(8)〜(12)で示すことができる。 Such high hardness monomer has 2 to 15 normal, preferably a compound having 2 to 6 radically polymerizable groups, the preferred embodiment can be represented by the following formula (8) to (12).
【0084】 [0084]
【化15】 [Of 15]
【0085】 [0085]
(式中、R 27は水素原子またはメチル基であり、R 28は水素原子、メチル基またはエチル基であり、R 29は3〜6価の有機残基であり、f1は0〜3の整数であり、f1'は0〜3の整数でありそしてg1は3〜6の整数である。) (Wherein, R 27 is a hydrogen atom or a methyl group, R 28 is a hydrogen atom, a methyl group or an ethyl group, R 29 is a trivalent to hexavalent organic residue, f1 is an integer of 0 to 3 in and, f1 'is an integer from 0 to 3 and g1 is an integer of 3 to 6.)
【0086】 [0086]
【化16】 [Of 16]
【0087】 [0087]
(式中、R 30は水素原子またはメチル基であり、Bは3価の有機残基であり、Dは2価の有機残基でありそしてh1は1〜10の整数である。) (Wherein, R 30 is a hydrogen atom or a methyl group, B is a trivalent organic residue, D is a divalent organic residue and h1 is an integer of from 1 to 10.)
【0088】 [0088]
【化17】 [Of 17]
【0089】 [0089]
(式中、R 31は水素原子またはメチル基であり、R 32は水素原子、メチル基、エチル基またはヒドロキシル基であり、Eは環状の基を含む2価の有機残基であり、i1およびj1は、i1+j1の平均値が0〜6となる正の整数または0である。) (Wherein, R 31 is a hydrogen atom or a methyl group, R 32 is a hydrogen atom, a methyl group, an ethyl group or hydroxyl group, E is a divalent organic residue containing a cyclic group, i1 and j1 is a positive integer or zero average value of i1 + j1 is 0-6.)
【0090】 [0090]
【化18】 [Of 18]
【0091】 [0091]
(式中、R 33は水素原子またはメチル基であり、Fは側鎖を有していてもよい主鎖炭素数2〜9のアルキレン基である。) (Wherein, R 33 is a hydrogen atom or a methyl group, F is an alkylene group optionally main chain 2-9 carbon atoms which may have a side chain.)
【0092】 [0092]
【化19】 [Of 19]
【0093】 [0093]
(式中、R 34は水素原子、メチル基またはエチル基であり、k1は1〜6の整数である。) (Wherein, R 34 is a hydrogen atom, a methyl group or an ethyl group, k1 is an integer from 1 to 6.)
上記式(8)〜(11)における、R 27 、R 30 、R 31およびR 33はいずれも水素原子またはメチル基である。 The formula in (8) ~ (11), R 27, R 30, R 31 and R 33 are both hydrogen atom or a methyl group. それ故、式(8)〜(11)で示される化合物は2〜6個の(メタ)アクリロイルオキシ基を有する化合物である。 Thus, compounds of formula (8) to (11) is a compound having 2 to 6 (meth) acryloyloxy group.
【0094】 [0094]
上記式(8)におけるR 28は水素原子またはメチル基、エチル基である。 R 28 in the formula (8) is a hydrogen atom or a methyl group, an ethyl group.
【0095】 [0095]
式(8)におけるR 29は3〜6価の有機残基である。 R 29 in the formula (8) is a trivalent to hexavalent organic residue. 当該有機残基は特に限定されるものではなく、また、その主鎖中に、エステル結合、エーテル結合、アミド結合、チオエーテル結合、スルホニル結合、ウレタン結合等の炭素−炭素結合以外の結合を含んでいてもよい。 The organic residue is not particularly limited, and its main chain, an ester bond, ether bond, amide bond, thioether bond, sulfonyl bond, carbon and urethane bond - containing linkages other than carbon bond It can have. 単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上を示すためには、当該R 29は、好ましくは炭素数1〜30の有機残基であり、より好ましくはエーテル結合および/またはウレタン結合を含んでいてもよい炭素数1〜15の有機残基である。 For L-scale Rockwell hardness of a homopolymer exhibits 60 or more, the R 29 is preferably an organic residue having 1 to 30 carbon atoms, more preferably contain an ether bond and / or urethane bond There are an organic residue of which may from 1 to 15 carbon atoms.
【0096】 [0096]
また、f1およびf1'は各々独立に0〜3の整数である。 Further, f1 and f1 'are each independently an integer of 0-3. これらf1およびf1'が3より大きい場合には、これらモノマーの単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60より小さくなる傾向がある。 If these f1 and f1 'is greater than 3, L-scale Rockwell hardness of a homopolymer of these monomers tends to be smaller than 60. またLスケールロックウェル硬度を60以上とするためには、f1およびf1'の合計は0〜3であることが好ましい。 In order to the L-scale Rockwell hardness of 60 or more, it is preferable that the sum of f1 and f1 'is 0-3.
【0097】 [0097]
式(8)で示される高硬度モノマーを具体的に例示すると、トリメチロールプロパントリメタクリレート、トリメチロールプロパントリアクリレート、テトラメチロールメタントリメタクリレート、テトラメチロールメタントリアクリレート、トリメチロールプロパントリメタクリレート、テトラメチロールメタンテトラメタアクリレート、テトラメチロールメタンテトラアクリレート、トリメチロールプロパントリエチレングリコールトリメタクリレート、トリメチロールプロパントリエチレングリコールトリアクリレート、エトキシ化ペンタエリスリトールテトラアクリレート、エトキシ化ペンタエリスリトールテトラメタクリレート、ペンタエリスリトールトリメタクリレート、ペンタエリスリトールテトラメタクリレート、ジペンタ If Specific examples of the high hardness monomer represented by the formula (8), trimethylolpropane trimethacrylate, trimethylolpropane triacrylate, tetramethylolmethane trimethacrylate, tetramethylolmethane triacrylate, trimethylolpropane trimethacrylate, tetramethylolmethane tetra methacrylate, tetramethylolmethane tetraacrylate, trimethylolpropane triethylene glycol trimethacrylate, trimethylolpropane triethylene glycol triacrylate, ethoxylated pentaerythritol tetraacrylate, ethoxylated pentaerythritol tetramethacrylate, pentaerythritol trimethacrylate, pentaerythritol tetra methacrylate, dipenta リスリトールヘキサアクリレート、ウレタンオリゴマーテトラアクリレート、ウレタンオリゴマーヘキサメタクリレート、ウレタンオリゴマーヘキサアクリレート、ポリエステルオリゴマーヘキサアクリレート、カプロラクトン変性ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラアクリレート等を挙げることができる。 Risuri hexaacrylate, urethane oligomer tetraacrylate, urethane oligomer hexa methacrylate, urethane oligomer hexaacrylate, polyester oligomer hexaacrylate, caprolactone-modified dipentaerythritol hexa acrylate, and ditrimethylolpropane tetraacrylate.
【0098】 [0098]
前記式(9)におけるBは3価の有機残基であり、Dは2価の有機残基である。 B in the above formula (9) is a trivalent organic residue, D is a divalent organic residue. 当該BおよびDは特に限定されるものではなく、また、その主鎖中に、エステル結合、エーテル結合、アミド結合、チオエーテル結合、スルホニル結合、ウレタン結合等の炭素−炭素結合以外の結合を含んでいてもよい。 The B and D are not particularly limited, and its main chain, an ester bond, ether bond, amide bond, thioether bond, sulfonyl bond, carbon and urethane bond - containing linkages other than carbon bond It can have. 単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上であるためには、好ましくは、当該Bは炭素数3〜10の直鎖または分枝状の炭化水素から誘導される有機残基であり、好ましくは、当該Dは炭素数1〜10の直鎖または分枝状の脂肪族炭化水素、または炭素数6〜10の芳香族炭化水素から誘導される有機残基である。 For L-scale Rockwell hardness of a homopolymer is 60 or more, preferably, the B is an organic residue derived from a straight or branched hydrocarbon having 3 to 10 carbon atoms, preferably is the D is an organic residue derived from an aromatic hydrocarbon straight or branched aliphatic hydrocarbon having 1 to 10 carbon atoms or 6 to 10 carbon atoms.
【0099】 [0099]
また単独重合体のLスケールロックウェル硬度を60以上とするために、h1は1〜10の整数であり、好ましくは1〜6の整数である。 Also the L-scale Rockwell hardness of a homopolymer to 60 above, h1 is an integer of 1 to 10, preferably an integer of 1 to 6.
【0100】 [0100]
このような式(9)で示される高硬度モノマーを具体的に例示すると、分子量2,500〜3,500の4官能ポリエステルオリゴマー(ダイセルユーシービー社、EB80等)、分子量6,000〜8,000の4官能ポリエステルオリゴマー(ダイセルユーシービー社、EB450等)、分子量45,000〜55,000の6官能ポリエステルオリゴマー(ダイセルユーシービー社、EB1830等)、分子量10,000の4官能ポリエステルオリゴマー(第一工業製薬社、GX8488B等)等が挙げられる。 To illustrate the high hardness monomer represented by the formula (9) specifically, tetrafunctional polyester oligomer having a molecular weight 2,500~3,500 (Daicel UCB Co., EB80, etc.), the molecular weight 6,000~8, 000 tetrafunctional polyester oligomer (Daicel UCB Co., etc. EB450), 6 functional polyester oligomer having a molecular weight 45,000~55,000 (Daicel UCB Co., EB1830, etc.), tetrafunctional polyester oligomer having a molecular weight of 10,000 (the ichi Kogyo Seiyaku KK, include the GX8488B, etc.), and the like.
【0101】 [0101]
前記式(10)におけるR 32は水素原子、メチル基、エチル基またはヒドロキシル基である。 R 32 is a hydrogen atom in the formula (10), a methyl group, an ethyl group or a hydroxyl group.
【0102】 [0102]
また式(10)におけるEは環状の基を含む2価の有機残基である。 The E in the formula (10) is a divalent organic residue containing a cyclic group. 当該有機残基は環状の基を含むものであれば特に限定されるものではなく、また、その主鎖中に、エステル結合、エーテル結合、アミド結合、チオエーテル結合、スルホニル結合、ウレタン結合等の炭素−炭素結合以外の結合を含んでいてもよい。 The organic residue is not limited particularly as long as it contains a cyclic group, and its main chain, an ester bond, ether bond, amide bond, thioether bond, sulfonyl bond, carbon and urethane bonds - it may contain linkages other than carbon bond. 当該Eに含まれる環状の基としては、ベンゼン環、シクロヘキサン環、アダマンタン環あるいは以下に示す環状の基等が例示される。 The cyclic groups included in the E, benzene ring, cyclohexane ring, cyclic group shown in adamantane ring or less are exemplified.
【0103】 [0103]
【化20】 [Of 20]
【0104】 [0104]
【化21】 [Of 21]
【0105】 [0105]
当該Eに含まれる環状の基はベンゼン環であることが好ましく、さらに当該Eは下記式、 Preferably cyclic groups included in the E is a benzene ring, further said E the following formula,
【0106】 [0106]
【化22】 [Of 22]
【0107】 [0107]
(Gは、酸素原子、硫黄原子、−S(O )−、−C(O)−、−CH −、−CH=CH−、−C(CH −および−C(CH )(C )−から選ばれるいずれかの基であり、R 35およびR 36は各々独立に炭素数1〜4のアルキル基またはハロゲン原子であり、l1およびl1'は各々独立に0〜4の整数である。) (G is an oxygen atom, a sulfur atom, -S (O 2) -, - C (O) -, - CH 2 -, - CH = CH -, - C (CH 3) 2 - and -C (CH 3 ) (C 6 H 5) - from is any group selected, R 35 and R 36 are each independently an alkyl group or a halogen atom having 1 to 4 carbon atoms, l1 and l1 'each independently 0 to 4 of an integer.)
で示される基であることがより好ましい。 And more preferably in a group represented. もっとも好ましいEは下記式、 The most preferred E is represented by the following formula,
【0108】 [0108]
【化23】 [Of 23]
【0109】 [0109]
で示される基である。 In a group represented.
【0110】 [0110]
式(10)中、i1およびj1は、i1+j1の平均値が0〜6となる正の整数または0である。 Wherein (10), i1 and j1 is a positive integer or zero average value of i1 + j1 is 0-6. なお、式(10)で示される化合物は、i1およびj1の双方が0である場合を除き、通常i1およびj1の異なる複数の化合物の混合物として得られる。 The compound represented by the formula (10), except when both i1 and j1 is 0, obtained as a mixture of different compounds of the normal i1 and j1. それらの単離は困難であるため、i1およびj1はi1+j1の平均値で示される。 Since their isolation is difficult, i1 and j1 is represented by an average value of i1 + j1. i1+j1の平均値は2〜6であることがより好ましい。 The average value of i1 + j1 is more preferably 2-6.
【0111】 [0111]
式(10)で示される化合物としては、ビスフェノールAジメタクリレート、2,2−ビス(4−メタクリロイルオキシエトキシフェニル)プロパン、2,2−ビス(3,5−ジブロモー4ーメタクリロイルオキシエトキシフェニル)プロパン等が具体的に例示される。 Examples of the compound represented by the formula (10), bisphenol A dimethacrylate, 2,2-bis (4-methacryloyloxy-ethoxyphenyl) propane, 2,2-bis (3,5-dibromo-4-methacryloyloxyethoxy) propane like it is specifically exemplified.
【0112】 [0112]
前記式(11)におけるR 33は水素原子またはメチル基であり、Fは側鎖を有していてもよい主鎖炭素数2〜9のアルキレン基である。 R 33 in Formula (11) is a hydrogen atom or a methyl group, F is an alkylene group optionally main chain 2-9 carbon atoms which may have a side chain. 当該主鎖炭素数2〜9のアルキレン基としては、エチレン基、プロピレン基、トリメチレン基、ブチレン基、ネオペンチレン基、ヘキシレン基、ノニリレン基等が例示される。 As the main chain alkylene group having 2 to 9 carbon atoms, an ethylene group, a propylene group, trimethylene group, butylene group, neopentylene group, hexylene group, etc. Noniriren groups. 鎖長が炭素数9を超えると単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上とならない傾向がある。 L-scale Rockwell hardness of a homopolymer if the chain length is more than 9 carbon atoms tend to not more than 60.
【0113】 [0113]
式(11)で示される化合物としては、エチレングリコールジアクリレート、エチレングリコールジメタクリレート、1,4−ブチレングリコールジメタクリレート、1,9−ノニレングリコールジメタクリレート、ネオペンチレングリコールジメタクリレート、ネオペンチレングリコールジアクリレート等が例示される。 Examples of the compound represented by the formula (11), ethylene glycol diacrylate, ethylene glycol dimethacrylate, 1,4-butylene glycol dimethacrylate, 1,9 Noni glycol dimethacrylate, neopentyl glycol dimethacrylate, neopentylene glycol diacrylate and the like.
【0114】 [0114]
前記式(12)におけるR 34は水素原子、メチル基またはエチル基であり、k1は2〜6の整数である。 R 34 is a hydrogen atom in the formula (12), a methyl group or an ethyl group, k1 is an integer from 2 to 6. k1が6を超えると単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上とならない傾向があり、好ましくはk1は3または4である。 k1 tends to L-scale Rockwell hardness of more than 6 when homopolymer is not more than 60, preferably from k1 3 or 4.
【0115】 [0115]
式(12)で示される化合物を具体的に例示すると、ジエチレングリコールジメタクリレート、トリエチレングリコールジメタクリレート、テトラエチレングリコールジメタクリレート、トリプロピレングリコールジメタクリレート、テトラプロピレングリコールジメタクリレート等が例示される。 Specific examples of the compound represented by the formula (12), diethylene glycol dimethacrylate, triethylene glycol dimethacrylate, tetraethylene glycol dimethacrylate, tripropylene glycol dimethacrylate, tetrapropylene glycol dimethacrylate and the like.
【0116】 [0116]
単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60以上を示すこれらのラジカル重合性単量体は単独で用いても、数種以上混合して用いてもよい。 Also homopolymer L-scale Rockwell hardness of these radical polymerizable monomer represented more than 60 is used alone, it may be used by mixing several more.
【0117】 [0117]
なお上記式(8)〜(12)で示される化合物でも、置換基の組み合わせによっては単独重合体のLスケールロックウェル硬度が60未満のものがあるが、その場合には、これらの化合物は後述する低硬度モノマーまたは中硬度モノマーに分類される。 Note also compounds represented by the above formula (8) to (12), although L-scale Rockwell hardness of a homopolymer is a combination of substituents are those less than 60, in which case, these compounds below They are classified as low-hardness monomers or medium-hardness monomers.
【0118】 [0118]
また上記式(8)〜(12)で示されない高硬度モノマーもあり、その代表的化合物としては、ビスフェノールAジグリシジルメタクリレート、エチレングリコールビスグリシジルメタクリレート、グリシジルメタクリレート等が挙げられる。 There are also high-hardness monomers that are not represented by the above formula (8) to (12). As the representative compound, bisphenol A diglycidyl methacrylate, ethylene glycol bisglycidyl methacrylate, glycidyl methacrylate and the like.
【0119】 [0119]
本発明の硬化性組成物においては、(I)ラジカル重合性単量体成分として、上記高硬度モノマーに加え、さらに単独重合体のLスケールロックウェル硬度が40以下を示す低硬度モノマーがさらに配合されていることが好ましい。 In the curable composition of the present invention, as (I) the radical polymerizable monomer component, in addition to the above high-hardness monomer, further homopolymer of L-scale Rockwell hardness of the low hardness monomer is further compounded showing the 40 following it is preferable to have been.
【0120】 [0120]
当該低硬度モノマーは、硬化体を強靭なものとしまたフォトクロミック化合物の退色半減期を向上させる効果を有する。 The low-hardness monomers have the cured product shall tough also the effect of improving the fading half-life of the photochromic compound.
【0121】 [0121]
このような低硬度モノマーとしては下記式(13) Formula Examples of such a low-hardness monomer (13)
【0122】 [0122]
【化24】 [Of 24]
【0123】 [0123]
(式中、R 37は水素原子またはメチル基であり、R 38およびR 39は各々独立に水素原子、メチル基またはエチル基であり、Zは酸素原子または硫黄原子であり、m1はR 37が水素原子の場合は1〜70の整数であり、R 37がメチル基の場合は7〜70の整数でありそしてm1'は0〜70の整数である。) (Wherein, R 37 is a hydrogen atom or a methyl group, R 38 and R 39 are each independently a hydrogen atom, a methyl group or an ethyl group, Z is an oxygen atom or a sulfur atom, m1 is R 37 is If a hydrogen atom is an integer of 1 to 70, if R 37 is a methyl group is an integer of 7 to 70 and m1 'is an integer of 0 to 70.)
または下記式(14)、 Or the following formula (14),
【0124】 [0124]
【化25】 [Of 25]
【0125】 [0125]
(式中、R 40は水素原子またはメチル基であり、R 41およびR 42は各々独立に水素原子、メチル基、エチル基またはヒドロキシル基であり、Iは環状の基を含む2価の有機残基であり、i1'およびj1'は、i1'+j1'の平均値が8〜40となる整数である。) (Wherein, R 40 is a hydrogen atom or a methyl group, R 41 and R 42 are each independently a hydrogen atom, a methyl group, an ethyl group or a hydroxyl group, I is a divalent organic residue containing a cyclic group a group, i1 'and j1' has an average value of i1 '+ j1' is an integer to be 8-40.)
で示される2官能モノマーや、下記式(15)、 In bifunctional monomer and represented by the following formula (15),
【0126】 [0126]
【化26】 [Of 26]
【0127】 [0127]
(式中、R 43は水素原子またはメチル基であり、R 44およびR 45は各々独立に水素原子、メチル基またはエチル基であり、R 46は水素原子、炭素数1〜25のアルキル基、アルケニル基、アルコキシアルキル基またはハロアルキル基、炭素数6〜25のアリール基、あるいは炭素数2〜25の(メタ)アクリロイル基以外のアシル基であり、Zは酸素原子または硫黄原子であり、m1”はR 43が水素原子の場合は1〜70の整数であり、R 43がメチル基の場合はm1”は4〜70の整数であり、m1'''は0〜70の整数である。) (Wherein, R 43 is a hydrogen atom or a methyl group, R 44 and R 45 are each independently a hydrogen atom, a methyl group or an ethyl group, R 46 is a hydrogen atom, an alkyl group having 1 to 25 carbon atoms, alkenyl group, an alkoxyalkyl group or a haloalkyl group, an aryl group or an acyl group other than (meth) acryloyl group having a carbon number of 2 to 25, 6 to 25 carbon atoms, Z is an oxygen atom or a sulfur atom, m1 " is If R 43 is a hydrogen atom is an integer of 1 to 70, if R 43 is a methyl group m1 "is an integer of 4 to 70, m1 '' 'is an integer of 0 to 70.)
または下記式(16)、 Or the following formula (16),
【0128】 [0128]
【化27】 [Of 27]
【0129】 [0129]
(式中、R 47は水素原子またはメチル基であり、R 48はR 47が水素原子の場合には炭素数1〜20のアルキル基でありそしてR 33がメチル基の場合には炭素数8〜40のアルキル基である。) (Wherein, R 47 is a hydrogen atom or a methyl group, R 48 if R 47 is a hydrogen atom or an alkyl group having 1 to 20 carbon atoms and carbon atoms when R 33 is a methyl group 8 it is a 40 alkyl group.)
で示される単官能のモノマーが例示される。 In monomer monofunctional is exemplified as shown.
【0130】 [0130]
上記式(13)〜(16)において、R 37 、R 40 、R 43およびR 47は水素原子またはメチル基である。 In the above formula (13) ~ (16), R 37, R 40, R 43 and R 47 is a hydrogen atom or a methyl group. すなわち、低硬度モノマーは重合性基として、通常2個以下の(メタ)アクリロイルオキシ基または(メタ)アクリロイルチオ基を有する。 That is, the low-hardness monomer is a polymerizable group, typically having 2 or less (meth) acryloyloxy group or (meth) acryloylthio groups.
【0131】 [0131]
前記式(13)におけるR 38およびR 39は各々独立に水素原子、メチル基またはエチル基であり、Zは酸素原子または硫黄原子である。 Formula R 38 and R 39 in (13) are each independently a hydrogen atom, a methyl group or an ethyl group, Z is an oxygen atom or a sulfur atom.
【0132】 [0132]
式(13)においては、R 37が水素原子の場合、すなわち重合性基としてアクリロイルオキシ基またはアクリロイルチオ基を有する場合には、m1は7〜70の整数であり、一方、R 37がメチル基である場合、すなわち重合性基としてメタクリロイルオキシ基またはメタクリロイルチオ基を有する場合には、m1は1〜70の整数である。 In the formula (13), when R 37 is a hydrogen atom, that is, when having an acryloyloxy group or acryloylthio group as a polymerizable group, m1 is an integer of 7 to 70, whereas, R 37 is a methyl group If it is, i.e. as if it has a methacryloyloxy group or a methacryloyl Lucio groups polymerizable group, m1 is an integer of 1 to 70. また、m1'は0〜70の整数である。 In addition, m1 'is an integer of 0 to 70.
【0133】 [0133]
上記式(13)で示される低硬度モノマーを具体的に例示すると、トリアルキレングリコールジアクリレート、テトラアルキレングリコールジアクリレート、ノニルアルキレングリコールジアクリレート、ノニルアルキレングリコールジメタクリレート等のアルキレングリコールジ(メタ)アクリレート類が挙げられる。 When specific examples of the low hardness monomer represented by the formula (13), tri alkylene glycol diacrylate, tetraethylene alkylene glycol diacrylates, nonyl alkylene glycol diacrylates, alkylene glycol di (meth) acrylates such as nonyl alkylene glycol dimethacrylate kind, and the like.
【0134】 [0134]
前記式(14)におけるR 40は水素原子、メチル基またはエチル基である。 R 40 is a hydrogen atom in the formula (14), a methyl group or an ethyl group. またIは環状の基を含む2価の有機残基である。 The I is a divalent organic residue containing a cyclic group. 当該Iとしては前記式(10)に含まれる環状の基であるEとして例示されたものと同様である。 As the I is similar to that illustrated as E is a cyclic group contained in the formula (10). 式(14)におけるi1'およびj1'は、i1'+j1'の平均値が8〜40となる整数、好ましくは9〜30となる整数である。 In i1 'and j1' formula (14), integer average value of i1 '+ j1' is 8 to 40, an integer preferably be 9 to 30. 当該i1'およびj1'も前記した式(10)におけるi1およびj1と同様の理由で通常は平均値で示される。 Usually the same reason as i1 and j1 in equation (10) to the i1 'and j1' were also above represented by the average value.
【0135】 [0135]
式(14)で示される低硬度モノマーの具体例としては、平均分子量776の2,2−ビス(4−アクリロイルオキシポリエチレングリコールフェニル)プロパン、平均分子量804の2,2−ビス(4−メタクリロイルオキシポリエチレングリコールフェニル)プロパン等を挙げることができる。 Specific examples of the low hardness monomer represented by the formula (14), 2,2-bis (4-acryloyloxy polyethylene glycol phenyl) propane having an average molecular weight 776, average molecular weight 804 2,2-bis (4-methacryloyloxy and polyethylene glycol phenyl) propane.
【0136】 [0136]
上記式(15)におけるR 43は水素原子またはメチル基であり、R 44およびR 45は各々独立に水素原子、メチル基またはエチル基である。 R 43 in the formula (15) is a hydrogen atom or a methyl group, R 44 and R 45 are each independently hydrogen, methyl or ethyl. 46は水素原子、炭素数1〜25のアルキル基、アルケニル基、アルコキシアルキル基またはハロアルキル基、炭素数6〜25のアリール基、あるいは炭素数2〜25のアクリロイル基以外のアシル基である。 R 46 is a hydrogen atom, an alkyl group having 1 to 25 carbon atoms, an alkenyl group, an alkoxyalkyl group or a haloalkyl group, an aryl group having 6 to 25 carbon atoms or an acyl group other than an acryloyl group having a carbon number of 2 to 25.
【0137】 [0137]
炭素数1〜25のアルキル基またはアルケニル基としては、メチル基、エチル基、プロピル基、ノニル基等が例示される。 The alkyl group or alkenyl group having 1 to 25 carbon atoms, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, a nonyl group and the like. また、これらアルキル基またはアルケニル基は直鎖状でも分枝状でもよく、さらには、ハロゲン原子、ヒドロキシル基、アリール基、エポキシ基等の置換基で置換されていてもよい。 These alkyl or alkenyl groups may be branched be linear, further, a halogen atom, a hydroxyl group, an aryl group, may be substituted with a substituent such as an epoxy group.
【0138】 [0138]
炭素数1〜25のアルコキシアルキル基としては、メトキシブチル基、エトキシブチル基、ブトキシブチル基、メトキシノニル基等が例示される。 As the alkoxyalkyl group having 1 to 25 carbon atoms, a methoxy butyl group, an ethoxy butyl group, butoxybutyl group, a methoxy nonyl group and the like.
【0139】 [0139]
炭素数6〜25のアリール基としては、フェニル基、トルイル基、アントラニル基、オクチルフェニル基等が例示される。 The aryl group having 6 to 25 carbon atoms, a phenyl group, toluyl group, an anthranyl group, octylphenyl group and the like. (メタ)アクリロイル基以外のアシル基としては、アセチル基、プロピオニル基、ブチリル基、バレリル基、オレイル基等が例示される。 The acyl group other than (meth) acryloyl group, an acetyl group, a propionyl group, a butyryl group, valeryl group, oleyl group and the like.
【0140】 [0140]
式(15)におけるm1”は、R 43が水素原子の場合、すなわちアクリロイルオキシ基またはアクリロイルチオ基を重合性基として有する場合には1〜70の整数であり、R 43がメチル基の場合、すなわちメタクリロイルオキシ基またはメタクリロイルチオ基を重合性基として有する場合にはm1”は4〜70の整数であり、またm1'''は0〜70の整数である。 In m1 "formula (15), when R 43 is a hydrogen atom, that is, if having an acryloyloxy group or acryloylthio group as the polymerizable group is an integer of 1 to 70, if R 43 is a methyl group, that is, when having a methacryloyloxy group or a methacryloyl thio group as a polymerizable group m1 "is an integer of 4 to 70, also m1 '' 'is an integer of 0 to 70.
【0141】 [0141]
式(15)で示される低硬度モノマーの具体例としては、平均分子量526のポリエチレングリコールメタアクリレート、平均分子量360のポリエチレングリコールメタアクリレート、平均分子量522のポリエチレングリコールアクリレート、平均分子量475のメチルエーテルポリエチレングリコールメタアクリレート、平均分子量1,000のメチルエーテルポリエチレングリコールメタアクリレート、平均分子量375のポリプロピレングリコールメタアクリレート、平均分子量430のポリプロピレンメタアクリレート、平均分子量622のポリプロピレンメタアクリレート、平均分子量620のメチルエーテルポリプロピレングリコールメタアクリレート、平均分子量566のポリテトラメチレングリコールメタアクリレート Specific examples of the low hardness monomer represented by the formula (15), polyethylene glycol methacrylate having an average molecular weight 526, polyethylene glycol methacrylate having an average molecular weight 360, polyethylene glycol acrylate having an average molecular weight 522, methyl ether polyethylene glycol having an average molecular weight 475 methacrylate, methyl ether polyethylene glycol methacrylate having an average molecular weight of 1,000, polypropylene glycol methacrylate having an average molecular weight 375, polypropylene methacrylate having an average molecular weight 430, polypropylene methacrylate having an average molecular weight 622, average molecular weight 620 methyl ether polypropylene glycol methacrylate acrylate, polytetramethylene glycol methacrylate having an average molecular weight 566 平均分子量2,034のオクチルフェニルエーテルポリエチレングリコールメタクリレート、平均分子量610のノニルエーテルポリエチレングリコールメタクリレート、平均分子量640のメチルエーテルポリエチレンチオグリコールメタクリレート、平均分子量498のパーフルオロヘプチルエチレングリコールメタクリレート等のポリアルキレングリコール(メタ)アクリレート等が挙げられる。 Octylphenyl ether polyethylene glycol methacrylate having an average molecular weight of 2,034, nonyl ether polyethylene glycol methacrylate having an average molecular weight 610, methyl ether polyethylene thioglycol methacrylate having an average molecular weight 640, polyalkylene glycols perfluoroheptyl ethylene glycol methacrylate having an average molecular weight 498 ( meth) acrylate.
【0142】 [0142]
前記式(16)におけるR 47は水素原子またはメチル基であり、当該R 47が水素原子の場合には、R 48は炭素数1〜20のアルキル基でありそして当該R 47がメチル基の場合には、R 48は炭素数8〜40のアルキル基である。 R 47 in the formula (16) is a hydrogen atom or a methyl group, when the R 47 is a hydrogen atom, R 48 if an alkyl group and the R 47 having 1 to 20 carbon atoms is a methyl group the, R 48 is an alkyl group having 8 to 40 carbon atoms.
【0143】 [0143]
これらアルキル基は直鎖状でも分枝状でもよく、ハロゲン原子、ヒドロキシル基、アルコキシル基、アシル基、エポキシ基等の置換基で置換されていてもよい。 These alkyl groups may be branched be linear, a halogen atom, a hydroxyl group, an alkoxyl group, an acyl group, it may be substituted with a substituent such as an epoxy group.
【0144】 [0144]
式(16)で示される低硬度モノマーの具体例としては、ステアリルメタクリレート、ラウリルメタアクリレート、エチルヘキシルメタクリレート、メチルアクリレート、エチルアクリレート、ブチルアクリレート、ラウリルアクリレート等を挙げることができる。 Specific examples of the low hardness monomer represented by the formula (16), stearyl methacrylate, lauryl methacrylate, ethylhexyl methacrylate, methyl acrylate, ethyl acrylate, butyl acrylate and lauryl acrylate.
【0145】 [0145]
これら式(13)〜(16)で表される低硬度モノマーの中でも、平均分子量475のメチルエーテルポリエチレングリコールメタアクリレート、平均分子量1,000のメチルエーテルポリエチレングリコールメタアクリレート、トリアルキレングリコールジアクリレート、テトラアルキレングリコールジアクリレート、ノニルアルキレングリコールジアクリレート、メチルアクリレート、エチルアクリレート、ブチルアクリレート、ラウリルアクリレートが特に好ましい。 Among the low hardness monomer represented by these formulas (13) to (16), methyl ether polyethylene glycol methacrylate having an average molecular weight of 475, methyl ether polyethylene glycol methacrylate having an average molecular weight of 1,000, trialkylene glycol diacrylate, tetra alkylene glycol diacrylates, nonyl alkylene glycol diacrylate, methyl acrylate, ethyl acrylate, butyl acrylate, lauryl acrylate are particularly preferred.
【0146】 [0146]
単独重合体のLスケールロックウェル硬度が40以下を示すこれらのラジカル重合性単量体は単独で用いても、数種以上混合して用いてもよい。 Also homopolymer L-scale Rockwell hardness of these radical polymerizable monomer represented by the 40 following are used alone, or may be used by mixing several more.
【0147】 [0147]
上記式(13)〜(16)で示される化合物でも、置換基の組み合わせによっては単独重合体のLスケールロックウェル硬度が40以上を示すものがあるが、その場合には、これらの化合物は前述した高硬度モノマーまたは後述する中硬度モノマーに分類される。 In the above formula (13) compound represented by - (16), although L-scale Rockwell hardness of a homopolymer is a combination of substituents are those listed more than 40, in which case, these compounds described above It is classified into hard monomer in the high-hardness monomer or below the.
【0148】 [0148]
上記高硬度モノマーでも低硬度モノマーでもないモノマー、すなわち、単独硬化体のLスケールロックウェル硬度が40を超え60未満を示すモノマー(中硬度モノマーと称す場合がある)として、例えば平均分子量650のポリテトラメチレングリコールジメタアクリレート、平均分子量1,400のポリテトラメチレングリコールジメタアクリレート、ビス(2−メタクリロイルオキシエチルチオエチル)スルフィドの如き2官能(メタ)アクリレート;ジアリルフタレート、ジアリルイソフタレート、酒石酸ジアリル、エポキシこはく酸ジアリル、ジアリルフマレート、クロレンド酸ジアリル、ヘキサフタル酸ジアリル、アリルジグリコールカーボネートの如き多価アリル化合物;1,2−ビス(メタクリロイルチオ)エタン、ビス( The high monomer nor a low-hardness monomer in hardness monomer, i.e., a L-scale Rockwell hardness of a single cured product (sometimes referred to as medium-hardness monomer) monomers shown less than 60 more than 40, for example, an average molecular weight of 650 of poly tetramethylene glycol dimethacrylate, polytetramethylene glycol dimethacrylate having an average molecular weight 1,400, bis (2-methacryloyloxyethyl thioethyl) sulfide of such difunctional (meth) acrylate; diallyl phthalate, diallyl isophthalate, tartaric diallyl , epoxy succinate, diallyl fumarate, chlorendic acid diallyl Hekisafutaru diallyl, such polyvalent allyl compounds allyl diglycol carbonate; 1,2-bis (methacryloyl thio) ethane, bis ( −アクリロイルチオエチル)エーテル、1,4−ビス(メタクリロイルチオメチル)ベンゼンの如き多価チオアクリル酸および多価チオメタクリル酸エステル化合物;アクリル酸、メタクリル酸、無水マレイン酸の如き不飽和カルボン酸;メタクリル酸メチル、メタクリル酸ブチル、メタクリル酸ベンジル、メタクリル酸フェニル、2−ヒドロキシエチルメタクリレート、メタクリル酸ビフェニルの如きアクリル酸およびメタクリル酸エステル化合物;フマル酸ジエチル、フマル酸ジフェニルの如きフマル酸エステル化合物;メチルチオアクリレート、ベンジルチオアクリレート、ベンジルチオメタクリレートの如きチオアクリル酸およびチオメタクリル酸エステル化合物;スチレン、クロロスチレン、メチルスチレン、ビニルナフタレン - acryloylthioethyl) ether, 1,4-bis (methacryloyl thio methyl) such as polyhydric thio acrylate and polyhydric thio methacrylic acid ester compound of benzene, acrylic acid, methacrylic acid, unsaturated carboxylic acids such as maleic anhydride; methyl methacrylate, butyl methacrylate, benzyl methacrylate, phenyl methacrylate, 2-hydroxyethyl methacrylate, such as acrylic acid and methacrylic acid ester compounds of methacrylic acid biphenyl; diethyl fumarate, fumarate ester compounds such as fumaric acid diphenyl; methylthio acrylate, benzyl thioacrylate, such thio acrylate benzyl thiomethacrylate and thio methacrylic acid ester compounds; styrene, chlorostyrene, methyl styrene, vinyl naphthalene α−メチルスチレンダイマー、ブロモスチレン、ジビニルベンゼン、ビニルピロリドンの如きビニル化合物;オレイルメタクリレート、ネロールメタクリレート、ゲラニオールメタクリレート、リナロールメタクリレート、ファルネソールメタクリレートの如き分子中に不飽和結合を有する炭化水素鎖の炭素数が6〜25の(メタ)アクリレートなどのラジカル重合性単官能単量体等が挙げられる。 α- methylstyrene dimer, bromostyrene, divinylbenzene, such as vinyl compounds vinyl pyrrolidone; oleyl methacrylate, nerol methacrylate, geraniol methacrylate, linalool methacrylate, carbon number of the hydrocarbon chain having an unsaturated bond in molecule such as the farnesol methacrylate There include radically polymerizable monofunctional monomers such as such as (meth) acrylates having 6 to 25. これらの中硬度モノマーを使用することも可能である。 It is also possible to use a hardness monomer therein.
【0149】 [0149]
上記高硬度モノマー、低硬度モノマーおよび中硬度モノマーは適宜混合して使用できる。 The high hardness monomer, the low hardness monomer and medium hardness monomer may be used appropriately mixed. 硬化性組成物の硬化体の耐溶剤性や硬度、耐熱性等の硬化体特性、あるいは発色濃度や退色半減期等のフォトクロミック特性のバランスを良好なものとするため、前記シリルモノマーおよびイソシアネートモノマー(接着性モノマー)を除く、その他のラジカル重合性単量体中、低硬度モノマーは5〜70重量%、高硬度モノマーは5〜95重量%であることが好ましい。 Solvent resistance and hardness of the cured product of the curable composition to the cured product characteristics such as heat resistance, or the balance of the photochromic properties such as color density and fading half-life favorable, the silyl monomer and isocyanate monomer ( excluding adhesive monomer), during the other radical polymerizable monomers dimers, low-hardness monomer is 5 to 70 wt%, it is preferred high hardness monomer is 5 to 95 wt%. さらに、配合される高硬度モノマーとして、ラジカル重合性基を3つ以上有する単量体が、その他のラジカル重合性単量体中少なくとも5重量%以上配合されていることが特に好ましい。 Further, as the high hardness monomer to be blended, a monomer having a radical polymerizable group three or more, it is particularly preferred that the other radical polymerizable monomer in which is incorporated at least 5% by weight or more.
【0150】 [0150]
本発明の硬化性組成物の(I)のラジカル重合性単量体成分中には、上記の如き硬度により分類されたモノマーとは別に、分子中にすくなくとも一つのエポキシ基と少なくとも一つのラジカル重合性基を有するラジカル重合性単量体(以下、単にエポキシ系モノマーと称す場合がある)が、さらに配合されていることが好ましい。 The radically polymerizable monomer component of the curable composition (I) of the present invention, at least one radical polymerization separately, and at least one epoxy group in the molecule and a monomer which is classified by the such hardness radically polymerizable monomers having sex group (hereinafter, sometimes simply referred to as an epoxy monomer) is preferably is further compounded. 当該エポキシモノマーはその構造により、単独硬化体のLスケールロック硬度が60以上のを示すのもあれば、40以下を示すものもある。 By the epoxy monomers their structure, if L-scale rock hardness alone cured product also indicate more than 60 of, some of which show a 40 or less. 単独重合体の硬度で分類すると、硬度に応じ高硬度モノマー、低硬度モノマー、中硬度モノマーのいずれかに分類されることになる。 When classified by the hardness of the homopolymer, the high hardness monomer according to the hardness, would be classified as low-hardness monomer, either the medium-hardness monomer.
【0151】 [0151]
当該エポキシ系モノマーを本発明におけるラジカル重合性単量体の成分として使用することにより、フォトクロミック化合物の耐久性をより向上させることができ、さらにフォトクロミックコーティング層の密着性が向上する。 The use of the epoxy-based monomer as a component of a radical polymerizable monomer in the present invention, it is possible to further improve the durability of the photochromic compound, further improves the adhesion of the photochromic coating layer.
【0152】 [0152]
このようなエポキシ系モノマーとしては公知の化合物を使用できるが、ラジカル重合性基として(メタ)アクリロイルオキシ基を有す化合物が好ましい。 Such as the epoxy-based monomer may be used known compounds, the compounds Yusuke as the radical polymerizable group of (meth) acryloyloxy group is preferable.
【0153】 [0153]
当該エポキシ系モノマーは通常以下の式(17)で表される。 The epoxy-based monomer is usually represented by the following equation (17).
【0154】 [0154]
【化28】 [Of 28]
【0155】 [0155]
{式中、R 49およびR 52は各々独立に水素原子またはメチル基であり、s1およびt1は各々独立に0〜20の整数であり、R 50およびR 51は各々独立に炭素数1〜4のアルキレン基、または、下記式(18) {Wherein, R 49 and R 52 are each independently a hydrogen atom or a methyl group, s1 and t1 are each independently an integer from 0 to 20, R 50 and R 51 carbon atoms each independently 1-4 alkylene group, or the following formula (18)
【0156】 [0156]
【化29】 [Of 29]
【0157】 [0157]
(G'は、酸素原子、硫黄原子、−S(O )−、−C(O)−、−CH −、−CH=CH−、−C(CH −および−C(CH )(C )−から選ばれるいずれかの基であり、R 53およびR 54は各々独立に炭素数1〜4のアルキル基またはハロゲン原子であり、l1”およびl1'''は各々独立に0〜4の整数である。)で示される基である。} (G 'is an oxygen atom, a sulfur atom, -S (O 2) -, - C (O) -, - CH 2 -, - CH = CH -, - C (CH 3) 2 - and -C (CH 3) (C 6 H 5) - from is any group selected, R 53 and R 54 are each independently an alkyl group or a halogen atom having 1 to 4 carbon atoms, l1 "and l1 '' 'is each independently an integer of 0-4.) a group represented by.}
上記R 50およびR 51で示される炭素数1〜4のアルキレン基としては、例えばメチレン基、エチレン基、プロピレン基、トリメチレン基、ブチレン基等が挙げられる。 The alkylene group having 1 to 4 carbon atoms represented by the R 50 and R 51, for example, methylene group, ethylene group, propylene group, trimethylene group, butylene group and the like. またこれらアルキレン基は、ヒドロキシル基、ハロゲン原子等で置換されていてもよい。 The alkylene group These hydroxyl groups may be substituted with a halogen atom or the like.
【0158】 [0158]
またR 50および/またはR 51が下記式【0159】 The R 50 and / or R 51 is represented by the following formula [0159]
【化30】 [Of 30]
【0160】 [0160]
で表される基の場合、G'は、酸素原子、硫黄原子、−S(O )−、−C(O)−、−CH −、−CH=CH−、−C(CH −および−C(CH )(C )−から選ばれるいずれかの基であり、R 53およびR 54は各々独立にメチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基の如き炭素数1〜4のアルキル基または塩素原子、臭素原子の如きハロゲン原子であり、l1”およびl1'''は各々独立に0〜4の整数である。上記式で表される基としては、下記式【0161】 When the groups represented in, G 'is an oxygen atom, a sulfur atom, -S (O 2) -, - C (O) -, - CH 2 -, - CH = CH -, - C (CH 3) 2 - and -C (CH 3) (C 6 H 5) - from is any group selected, R 53 and R 54 are each independently a methyl group, an ethyl group, a propyl group, such as the number of carbon atoms of butyl 1-4 alkyl group or a chlorine atom, a halogen atom such as bromine atom, l1 "and l1 '' 'are each independently an integer of 0-4. the group represented by the above formula, the following formula [0161]
【化31】 [Of 31]
【0162】 [0162]
で示される基であることが最も好ましい。 And most preferably in a group represented.
【0163】 [0163]
上記式(17)で示されるエポキシ系モノマーの具体例としては、グリシジルアクリレート、グリシジルメタクリレート、β−メチルグリシジルメタクリレート、ビスフェノールA−モノグリシジルエーテル−メタクリレート、4−グリシジルオキシメタクリレート、3−(グリシジル−2−オキシエトキシ)−2−ヒドロキシプロピルメタクリレート、3−(グリシジルオキシ−1−イソプロピルオキシ)−2−ヒドロキシプロピルアクリレート、3−グリシジルオキシ−2−ヒドロキシプロピルオキシ)−2−ヒドロキシプロピルアクリレート、平均分子量540のグリシジルオキシポリエチレングリコールメタアクリレート等が挙げられる。 Specific examples of the epoxy-based monomer represented by the above formula (17) include glycidyl acrylate, glycidyl methacrylate, beta-methyl glycidyl methacrylate, bisphenol A- monoglycidyl ether - methacrylate, 4-glycidyloxy methacrylate, 3- (glycidyl -2 - oxyethoxy) -2-hydroxypropyl methacrylate, 3- (glycidyloxy-1-isopropyloxy) -2-hydroxypropyl acrylate, 3-glycidyloxy-2-hydroxypropyl) -2-hydroxypropyl acrylate, average molecular weight 540 and the like of the glycidyloxy polyethylene glycol methacrylate are. これらの中でもグリシジルアクリレート、グリシジルメタクリレートおよび平均分子量540のグリシジルオキシポリエチレングリコールメタアクリレートが特に好ましい。 Of these glycidyl acrylate, glycidyl oxy polyethylene glycol methacrylate glycidyl methacrylate and an average molecular weight 540 being particularly preferred.
【0164】 [0164]
これらエポキシ系モノマーの配合割合は、その他のラジカル重合性単量体中、0.01〜30重量%、特に0.1〜20重量%であるのが好適である。 The mixing ratio of these epoxy monomers, in other radical polymerizable monomers dimers, 0.01 to 30 wt%, it is preferable that in particular 0.1 to 20 wt%.
【0165】 [0165]
また、本発明の硬化性組成物で使用するシリルモノマーとしては、シラノール基(≡Si−OH)または加水分解によりシラノール基を生成する基と、ラジカル重合性基を有する化合物であれば、公知の化合物をなんら制限することなく使用できる。 As the silyl monomer used in the curable composition of the present invention, a group which forms a silanol group by silanol groups (≡Si-OH) or hydrolysis, as long as it is a compound having a radical polymerizable group, known It can be used without a compound any limitation.
【0166】 [0166]
当該加水分解によりシラノール基を生成する基の具体例としては、アルコキシシリル基(≡Si−O−R;Rはアルキル基)、アリールオキシシリル基(≡Si−O−Ar;Arは置換されていても良いアリール基)、ハロゲン化シリル基(≡Si−X;Xはハロゲン原子)、シリルオキシシリル基(ジシロキサン結合;≡Si−O−Si≡)等が挙げられる。 Specific examples of the group which forms a silanol group by the hydrolysis, an alkoxysilyl group (≡Si-O-R; R is an alkyl group), an aryloxy silyl group (≡Si-O-Ar; Ar is substituted aryl group) also, halogenated silyl group (≡Si-X; X-halogen atom), silyloxy silyl group (disiloxane bond; such ≡Si-O-Si≡) are exemplified.
【0167】 [0167]
シラノール基の生成のしやすさ、合成や保存の容易さ、反応によりケイ素原子から脱離した基が硬化体の物性に与える影響の少なさ等から、これら加水分解によりシラノール基を生成する基のなかでもアルコキシシリル基またはシリルオキシシリル基であることが好ましく、炭素数1〜4のアルコキシル基を含むアルコキシシリル基であることがより好ましく、メトキシシリル基またはエトキシシリル基であることが最も好ましい。 Ease of production of a silanol group, synthesis and storage of easiness, the reaction is desorbed group from the silicon atom from the lack or the like of the impact on the physical properties of the cured product, the group which forms a silanol group by these hydrolysis it is preferably Among them alkoxysilyl group or silyloxy silyl group, more preferably an alkoxysilyl group containing an alkoxyl group having 1 to 4 carbon atoms, and most preferably a methoxy silyl group or a triethoxysilyl group.
【0168】 [0168]
ラジカル重合性基としては、例えば(メタ)アクリロイル基および(メタ)アクリロイルオキシ基、(メタ)アクリロイルアミノ基、(メタ)アクリロイルチオ基の如き(メタ)アクリロイル基の誘導体基、ビニル基、アリル基、スチリル基の如き公知のラジカル重合性基が挙げられる。 Examples of the radical polymerizable group such as (meth) acryloyl group and a (meth) acryloyloxy group, (meth) acryloyl group, (meth) acryloylthio group such as (meth) derivative group acryloyl group, a vinyl group, an allyl group include known radical polymerizable group such as a styryl group. なおラジカル重合性基がビニル基、アリル基またはスチリル基である場合には、当該ラジカル重合性基は置換基を有していてもよい。 Note that if the radical polymerizable group is a vinyl group, an allyl group or styryl group, the radically polymerizable group may have a substituent. 置換基としては、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、クロロメチル基、トリフルオロメチル基の如き炭素数1〜4のアルキル基またはハロゲン化アルキル基、ハロゲン原子、シアノ基、ニトロ基ならびに水酸基が例示される。 As the substituent, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, butyl group, chloromethyl group, trifluoromethyl group or a halogenated alkyl group such as 1 to 4 carbon atoms of methyl groups, a halogen atom, a cyano group, a nitro group and hydroxyl are exemplified. 同じくラジカル重合性基が(メタ)アクリロイルアミノ基である場合には、当該基のアミド窒素原子には、(メタ)アクリロイル基および前記シラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有する基に加えて、置換または非置換のアルキル基、アリール基、アリル基の如き各種有機基が結合していてもよい。 Also in the case the radical polymerizable group is a (meth) acryloyl amino group, the amide nitrogen atom of the group, the group having a group which forms a (meth) acryloyl group and the silanol group or a hydrolyzable by silanol groups Additionally, substituted or unsubstituted alkyl group, an aryl group, such as various organic group allyl group may be bonded.
【0169】 [0169]
これらラジカル重合性基のなかでも、入手の容易さや重合性の良さから(メタ)アクリロイル基または(メタ)アクリロイルオキシ基であることが好ましく、(メタ)アクリロイルオキシ基であることがより好ましい。 Among these radically polymerizable groups it is preferably easy and the polymerizable goodness (meth) acryloyl group or (meth) acryloyloxy group availability, and more preferably a (meth) acryloyloxy group.
【0170】 [0170]
このような加水分解によりシラノール基を生成可能な基およびラジカル重合性基を有するシリルモノマーとして好適なものは、下記式(19)〜(21)で表される。 Such hydrolysis Suitable as silyl monomer having the product groups and radical polymerizable group silanol group by is represented by the following formula (19) to (21).
【0171】 [0171]
【化32】 [Of 32]
【0172】 [0172]
(式中、R 55はアルキル基またはアリール基でありR 56およびR 57は各々独立にアルキル基、アリール基またはアシル基であり、Aは2〜4価の有機残基であり、Yはラジカル重合性基であり、a1は1〜3、b1は0〜2、c1は0〜2、d1は1〜3、e1は1〜3の整数である、但しa1+b1+c1+d1=4である。) (Wherein, R 55 is R 56 and R 57 is an alkyl group or an aryl group are each independently an alkyl group, an aryl group or an acyl group, A is a divalent to tetravalent organic residue, Y is a radical a polymerizable group, a1 is 1-3, b1 is 0 to 2, c1 is 0 to 2, d1 is 1-3, e1 is an integer of 1 to 3, provided that a1 + b1 + c1 + d1 = 4.)
【0173】 [0173]
【化33】 [Of 33]
【0174】 [0174]
(式中、R 56およびR 57は各々独立にアルキル基、アリール基またはアシル基であり、Aは2〜4価の有機残基であり、Yはラジカル重合性基であり、b1は0〜2、c1は0〜2、d1は1〜3、e1は1〜3の整数である、但しb1+c1+d1=3である。) (Wherein, R 56 and R 57 are each independently an alkyl group, an aryl group or an acyl group, A is a divalent to tetravalent organic residue, Y is a radical polymerizable group, b1 is 0 2, c1 is 0 to 2, d1 is 1-3, e1 is an integer of 1 to 3, provided that b1 + c1 + d1 = 3.)
【0175】 [0175]
【化34】 [Of 34]
【0176】 [0176]
(式中、R 55はアルキル基またはアリール基であり、R 56およびR 57は各々独立にアルキル基、アリール基またはアシル基であり、R 58はビニル基であり、a1は1〜3、b1は0〜2、c1は0〜2、d1は1〜3の整数である、但しa1+b1+c1+d1=4である。) (Wherein, R 55 is an alkyl group or an aryl group, R 56 and R 57 are each independently an alkyl group, an aryl group or an acyl group, R 58 is a vinyl group, a1 is 1 to 3, b1 is 0 to 2, c1 is 0 to 2, d1 is an integer of 1 to 3, provided that a1 + b1 + c1 + d1 = 4.)
上記式(19)および(21)中、R 55はアルキル基またはアリール基である。 In the above formula (19) and (21), R 55 is an alkyl group or an aryl group. 加水分解によるシラノール基の発生のし易さおよび保存安定性の点から主鎖炭素数1〜10のアルキル基または環を構成する炭素数が6〜10のアリール基であることが好ましい。 It is preferable number of carbon atoms constituting the main chain alkyl groups or rings having 1 to 10 carbon atoms from the point of generation ease and storage stability of the silanol group by hydrolysis is an aryl group having 6 to 10. また当該アルキル基またはアリール基は置換基を有していてもよい。 Also the alkyl group or aryl group may have a substituent. 当該置換基としては、例えばメチル基、エチル基、プロピル基の如き炭素数1〜10のアルキル基、クロロメチル基、トリフルオロメチル基の如き炭素数1〜10のハロゲン化アルキル基、メトキシ基、エトキシ基、ブトキシ基の如き炭素数1〜10のアルコキシル基、アセチル基、プロピオニル基、オレイル基、ベンゾイル基の如き炭素数2〜10のアシル基、アミノ基、およびメチルアミノ基、エチルアミノ基、ジメチルアミノ基、ジエチルアミノ基の如き炭素数1〜10のアルキル置換アミノ基、フッ素原子、塩素原子、臭素原子の如きハロゲン原子、ヒドロキシル基、カルボキシル基、メルカプト基、シアノ基、ニトロ基等が挙げられる。 As the substituent, for example a methyl group, an ethyl group, such as alkyl group having 1 to 10 carbon atoms propyl group, chloromethyl group, trifluoromethyl halogenated alkyl group such as 1 to 10 carbon atoms of methyl groups, methoxy groups, ethoxy, such as an alkoxyl group having 1 to 10 carbon atoms butoxy group, an acetyl group, a propionyl group, oleyl group, such as an acyl group having 2 to 10 carbon atoms of the benzoyl group, an amino group, and methylamino group, ethylamino group, dimethylamino group, such as alkyl-substituted amino group having 1 to 10 carbon atoms diethylamino group, a fluorine atom, a chlorine atom, halogen atom such as bromine atom, a hydroxyl group, a carboxyl group, a mercapto group, a cyano group, and a nitro group .
【0177】 [0177]
主鎖炭素数1〜10の置換または非置換のアルキル基としてはメチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基、クロロメチル基等が例示される。 Main chain methyl groups as substituted or unsubstituted alkyl group having 1 to 10 carbon atoms, an ethyl group, a propyl group, butyl group, chloromethyl group and the like. また、環を構成する炭素数6〜10の置換または非置換のアリール基としては、フェニル基、トルイル基、キシリル基等が例示される。 Further, examples of the substituted or unsubstituted aryl group having 6 to 10 carbon atoms constituting the ring, a phenyl group, toluyl group, xylyl group and the like.
【0178】 [0178]
前記加水分解によるシラノール基の発生のし易さおよび保存安定性の点から、R 55はアルキル基であることがより好ましく、炭素数1〜4のアルキル基であることがさらに好ましく、メチル基またはエチル基であることが最も好ましい。 In terms of generation ease and storage stability of the silanol groups by the hydrolysis, more preferably R 55 is an alkyl group, more preferably an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, a methyl group or and most preferably an ethyl group.
【0179】 [0179]
上記式(19)〜(21)におけるR 56およびR 57は各々独立に、アルキル基、アリール基またはアシル基である。 Each independently R 56 and R 57 in the formula (19) to (21), an alkyl group, an aryl group or an acyl group. アルキル基およびアリール基としては、前記R 55で説明したものと同一の基が例示され、好ましい基もR 55と同様である。 The alkyl group and aryl group, wherein is illustrated the same groups as mentioned above for R 55, it is similar to the preferred group R 55. またアシル基としては、炭素数2〜10のアシル基であることが好ましい。 Examples of the acyl group is preferably an acyl group having 2 to 10 carbon atoms. また当該アシル基は脂肪族系のアシル基でも芳香族系のアシル基でもよい。 Also the acyl group may be an acyl group of the aromatic in the acyl group aliphatic. 当該アシル基の具体例としては、アセチル基、プロピオニル基、ベンゾイル基等が挙げられる。 Specific examples of such acyl groups are acetyl group, a propionyl group, and benzoyl group.
【0180】 [0180]
上記式(19)および(20)におけるAは2〜4価の有機残基であり、好ましくは炭素数1〜30の2〜4価の有機残基である。 The formula (19) and A in (20) is a divalent to tetravalent organic residue, preferably divalent to tetravalent organic residue having 1 to 30 carbon atoms. 当該有機残基の構造は特に限定されるものではなく、側鎖や置換基を有していてもよい。 Structure of the organic residue is not particularly limited, and may have a side chain or substituent. またその構造中に、エーテル結合、エステル結合、アミド結合、アミノ結合、ウレタン結合、チオエーテル結合、スルホニル結合等の炭素−炭素結合以外の結合を有していてもよく、さらにはオキソ基(ケトン炭素)が含まれていてもよい。 Also in the structure, an ether bond, an ester bond, an amide bond, amino bond, urethane bond, thioether bond, a carbon such as sulfonyl bond - may have a bond other than carbon bonds, more oxo groups (ketones carbon ) may be included. 該有機残基の有する置換基としては、フッ素原子、塩素原子、臭素原子等のハロゲン原子、ヒドロキシル基、アミノ基、メルカプト基、シアノ基、ニトロ基等が例示される。 The substituent group of the organic residue, a fluorine atom, a chlorine atom, a halogen atom such as a bromine atom, a hydroxyl group, an amino group, a mercapto group, a cyano group, and nitro group.
【0181】 [0181]
有機残基は、1〜10の炭素原子を有するものがより好ましく、具体的には、メチレン基、エチレン基、プロピレン基、トリメチレン基、ブチレン基の如き炭素数1〜10のアルキレン基、メチレンジオキシ基、エチレンジオキシ基、プロピレンジオキシ基、ブチレンジオキシ基の如き炭素数1〜10のアルキレンジオキシ基、あるいは以下に示す基、 Organic residues, more preferably those having 1 to 10 carbon atoms, specifically, methylene group, ethylene group, propylene group, trimethylene group, such as alkylene group having 1 to 10 carbon atoms butylene group, methylenedi group, ethylenedioxy group, propylenedioxy group, butylene such alkylenedioxy group having 1 to 10 carbon atoms group or a group shown below,
【0182】 [0182]
【化35】 [Of 35]
【0183】 [0183]
(上記式中、nは1〜5の整数でありそしてn'およびn”は各々1〜3の整数である) (In the formula, n is an integer of 1 to 5 and n 'and n "are each an integer of 1 to 3)
ならびに、これらの基が前記置換基で置換されたもの等が例示される。 And, like those of these groups are substituted by the substituent groups.
【0184】 [0184]
式(19)および(20)におけるYは、ラジカル重合性基であり、前述した通り(メタ)アクリロイル基および(メタ)アクリロイルオキシ基、(メタ)アクリロイルアミノ基、(メタ)アクリロイルチオ基の如き(メタ)アクリロイル基の誘導体基、置換または非置換のビニル基、置換または非置換のアリル基、置換または非置換のスチリル基等が例示される。 Y in the formula (19) and (20) is a radical polymerizable group, as previously described (meth) acryloyl group and a (meth) acryloyloxy group, (meth) acryloyl group, such as (meth) acryloylthio group (meth) derivative group of an acryloyl group, a substituted or unsubstituted vinyl group, a substituted or unsubstituted allyl group, and substituted or unsubstituted styryl group and the like. 好ましくは、(メタ)アクリロイル基または(メタ)アクリロイルオキシ基である。 Preferably, a (meth) acryloyl group or (meth) acryloyloxy group.
【0185】 [0185]
上記式で表されるシリルモノマーの中でも式(19)で表されるシリルモノマーが好ましく、その中でも下記式(22)として表されるシリルモノマーが特に好適に使用できる。 Silyl monomer is preferably represented by the formula (19) among the silyl monomers represented by the above formula, the silyl monomer represented as the following formula (22) among which can be preferably used.
【0186】 [0186]
【化36】 [Of 36]
【0187】 [0187]
(式中、R 59は水素原子またはメチル基であり、R 60は炭素数1〜10のアルキレン基であり、R 61は炭素数1〜4のアルコキシル基であり、R 62は炭素数1〜4のアルキル基であり、a1は1〜3、b1は0〜2の整数である、但しa1+b1=3である。) (Wherein, R 59 is a hydrogen atom or a methyl group, R 60 is an alkylene group having 1 to 10 carbon atoms, R 61 is an alkoxyl group having 1 to 4 carbon atoms, R 62 is 1 to carbon atoms a 4 alkyl, a1 is 1 to 3, b1 is an integer of 0 to 2, with the proviso that a1 + b1 = 3.)
上記式(22)中、R 59は水素原子またはメチル基であり、R 60は炭素数1〜10のアルキレン基である。 In the above formula (22), R 59 is a hydrogen atom or a methyl group, R 60 is an alkylene group having 1 to 10 carbon atoms. 当該主鎖炭素数1〜10のアルキレン基としては、例えばエチレン基、プロピレン基、トリメチレン基、ブチレン基等が挙げられる。 As the main chain alkylene group having 1 to 10 carbon atoms, such as ethylene group, propylene group, trimethylene group, butylene group. 61は炭素数1〜4のアルコキシル基であり、メトキシ基、エトキシ基、プロポキシ基、ブトキシ基が例示される。 R 61 is an alkoxyl group having 1 to 4 carbon atoms, a methoxy group, an ethoxy group, a propoxy group, a butoxy group can be exemplified. 62は炭素数1〜4のアルキル基であって、メチル基、エチル基、プロピル基、ブチル基が例示される。 R 62 is an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, a methyl group, an ethyl group, a propyl group, a butyl group are exemplified.
【0188】 [0188]
前記式(19)〜(21)で表されるシリルモノマーを具体的に例示すると、γ−メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン、γ−メタクリロイルオキシプロピルトリエトキシシラン、γ−メタクリロイルオキシプロピルメチルジメトキシシラン、(3−アクリロキシプロピル)ジメチルメトキシシラン、(3−アクリロキシプロピル)メチルジメトキシシラン、(3−アクリロキシプロピル)トリメトキシシラン、3−(N−アリルアミノ)プロピルトリメトキシシラン、アリルジメトキシシラン、アリルトリエトキシシラン、アリルトリメトキシシラン、3−アミノフェノキシジメチルビニルシラン、4−アミノフェノキシジメチルビニルシラン、3−(3−アミノプロポキシ)−3,3−ジメチル−1−プロペニルトリメトキシ When the equation (19) to specific examples of the silyl monomer represented by (21), .gamma.-methacryloyloxy propyl trimethoxy silane, .gamma.-methacryloyloxy triethoxysilane, .gamma.-methacryloyloxy propyl methyl dimethoxy silane, ( 3-acryloxypropyl) dimethylmethoxysilane, (3-acryloxypropyl) methyldimethoxysilane, (3-acryloxypropyl) trimethoxysilane, 3- (N-allylamino) propyltrimethoxysilane, allyl dimethoxysilane, Arirutori triethoxysilane, allyl trimethoxysilane, 3-aminophenoxy dimethylvinylsilane, 4-aminophenoxy dimethylvinylsilane, 3- (3-amino-propoxy) -3,3-dimethyl-1-propenyl trimethoxy ラン、ブテニルトリエトキシシラン、2−(クロロメチル)アリルトリメトキシシラン、ジエトキシビニルシラン、1,3−ジビニルテトラエトキシジシロキサン、ドコセニルトリエトキシシラン、o−(メタクリロキシエチル)−N−(トリエトキシシリルプロピル)ウレタン、N−(3−メタクリロキシ−2−ヒドロキシプロピル)−3−アミノプロピルトリエトキシシラン、メタクリロキシエトキシトリメチルシラン、(メタクリロキシメチル)ジメチルエトキシシラン、メタクリロキシメチルトリエトキシシラン、メタクリロキシメチルトリメトキシシラン、メタクリロキシプロピルジメチルエトキシシラン、メタクリロキシプロピルジメチルメトキシシラン、メタクリロキシプロピルトリス(メトキシエトキシ)シラン、7−オ Orchids, butenyl triethoxy silane, 2- (chloromethyl) allyl trimethoxysilane, diethoxy vinyl silane, 1,3-divinyl tetraethoxy disiloxane where cell alkenyl triethoxysilane, o-(methacryloxyethyl) -N- ( triethoxysilylpropyl) urethane, N-(3- methacryloxy-2-hydroxypropyl) -3-aminopropyltriethoxysilane, methacryloxyethoxy trimethylsilane, (methacryloxymethyl) dimethyl ethoxysilane, methacryloxymethyl triethoxysilane, methacryloxy methyl trimethoxy silane, methacryloxy propyl dimethyl ethoxy silane, methacryloxypropyl dimethyl methoxysilane, methacryloxypropyl tris (methoxyethoxy) silane, 7-O テニルトリメトキシシラン、1,3―ビス(メタクリロキシ)−2−トリメチルシロキシプロパン、テトラキス(2−メタクリロキシエトキシ)シラン、トリビニルエトキシシラン、トリビニルメトキシシラン、ビニルジメチルエトキシシラン、ビニルジフェニルエトキシシラン、ビニルメチルジアセトキシシラン、ビニルメチルジエトキシシラン、ビニルメチルジメトキシシラン、o−(ビニロキシエチル)−N−(トリエトキシシリルプロピル)ウレタン、ビニロキシトリメチルシラン、ビニルフェニルジエトキシシラン、ビニルフェニルメチルメトキシシラン、ビニルトリアセトキシシラン、ビニルトリ−t−ブトキシシラン、ビニルトリエトキシシラン、ビニルトリイソプロペノキシシラン、ビニルトリイソプロポキシシラン、ビニ Butenyl trimethoxy silane, 1,3-bis (methacryloxy) -2-trimethylsiloxy propane, tetrakis (2-methacryloxyethoxy) silane, trivinyl silane, trivinyl silane, vinyl dimethyl ethoxy silane, vinyl diphenyl silane, vinyl methyl diacetoxy silane, vinyl methyl diethoxy silane, vinyl methyl dimethoxy silane, o-(vinyloxyethyl) -N- (triethoxysilylpropyl) urethane, vinyloxy trimethylsilane, vinyl phenyl diethoxy silane, vinyl phenylmethyl silane, vinyltriacetoxysilane, vinyl tri -t- butoxysilane, vinyltriethoxysilane, vinyltriisopropenoxysilane, vinyl triisopropoxysilane, vinyl ルトリメトキシシランビニルトリフェノキシシラン、ビニルトリス(2−メトキシエトキシ)シラン等を挙げることができる。 Le trimethoxysilane vinyl triphenoxy silane, can be mentioned tris (2-methoxyethoxy) silane.
【0189】 [0189]
これらの中でも前記式(22)で表されるシリルモノマーに相当する、γ−メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン、γ−メタクリロイルオキシプロピルトリエトキシシラン、γ−メタクリロイルオキシプロピルメチルジメトキシシラン、(3−アクリロキシプロピル)ジメチルメトキシシラン、(3−アクリロキシプロピル)メチルジメトキシシラン、(3−アクリロキシプロピル)トリメトキシシラン、(メタクリロキシメチル)ジメチルエトキシシラン、メタクリロキシメチルトリエトキシシラン、メタクリロキシメチルトリメトキシシラン、メタクリロキシプロピルジメチルエトキシシラン、メタクリロキシプロピルジメチルメトキシシランが特に好適に使用できる。 These correspond to the silyl monomer represented by the formula even (22) in, .gamma.-methacryloyloxy propyl trimethoxy silane, .gamma.-methacryloyloxy triethoxysilane, .gamma.-methacryloyloxy propyl methyl dimethoxy silane, (3-acryloxy propyl) dimethyl silane, (3-acryloxypropyl) methyldimethoxysilane, (3-acryloxypropyl) trimethoxysilane, (methacryloxymethyl) dimethyl ethoxysilane, methacryloxy methyl triethoxy silane, methacryloxy methyl trimethoxy silane , methacryloxypropyl dimethyl ethoxysilane, methacryloxypropyl dimethyl methoxysilane can be preferably used.
【0190】 [0190]
本発明の硬化性組成物においては、上記シリルモノマーに替えて、イソシアネートモノマーを用いても、基材およびハードコート材との密着性を高くすることが可能である。 In the curable composition of the present invention, in place of the silyl monomers, even with isocyanate monomer, it is possible to increase the adhesion between the substrate and the hard coat material.
【0191】 [0191]
該イソシアネートモノマーとしては、イソシアネート基(−NCO)とラジカル重合性基を有する化合物であれば公知のものがなんら制限なく使用できる。 As the isocyanate monomer, known as long as it is a compound which isocyanate group (-NCO) and a radically polymerizable group can be used without any restriction.
【0192】 [0192]
このようなイソシアネートモノマーは、例えば下記式(23)または(24)で示される。 Such isocyanate monomers, for example represented by the following formula (23) or (24).
【0193】 [0193]
【化37】 [Of 37]
【0194】 [0194]
(式中、R 63は水素原子またはメチル基でありそしてR 64はアルキレン基である。) (Wherein, R 63 is a hydrogen atom or a methyl group and R 64 is an alkylene group.)
【0195】 [0195]
【化38】 [Of 38]
【0196】 [0196]
(式中、R 65は水素原子またはメチル基でありそしてR 66はアルキレン基である。) (Wherein, R 65 is a hydrogen atom or a methyl group and R 66 is an alkylene group.)
上記式(23)および(24)中、R 65 、R 66は共にアルキレン基を示す。 In the above formula (23) and (24), R 65, R 66 together represent an alkylene group. 当該アルキレン基としては、炭素数1〜10のアルキレン基が好ましい。 As the alkylene group, preferably an alkylene group having 1 to 10 carbon atoms. 具体的には、メチレン基、エチレン基、プロピレン基、トリメチレン基、ブチレン基等が挙げられる。 Specifically, a methylene group, an ethylene group, a propylene group, trimethylene group, butylene group and the like.
【0197】 [0197]
好適に使用できるイソシアネートモノマーの具体例としては、2−イソシアナトエトキシメタアクリレート、4−(2−イソシアナトイソプロピル)スチレンが挙げられる。 Specific examples of the isocyanate monomer which can be suitably used, 2-isocyanatoethyl ethoxy methacrylate, 4- (2-isocyanatoethyl isopropyl), and styrene.
【0198】 [0198]
本発明の硬化性組成物におけるシリルモノマーまたはイソシアネートモノマーの配合量は特に制限されるものではないが、眼鏡レンズ等の基材やハードコート材料との密着性を良好なものとするために、該シリルモノマーまたはイソシアネートモノマーの配合量は、全ラジカル重合性単量体中、0.5重量%以上であることが好ましく、1重量%以上であることがより好ましい。 For the amount of the silyl monomer or isocyanate monomer is not particularly limited, for the adhesion between the substrate and the hard coat material such as spectacle lenses can be favorable in the curable composition of the present invention, the the amount of the silyl monomer or isocyanate monomer, the total radical-polymerizable in the single-mer, preferably 0.5 wt% or more, more preferably 1 wt% or more. また、ハードコートした際の、耐擦傷性や発色濃度あるいは退色半減期等のフォトクロミック特性を良好なものとするためには、20重量%以下であることが好ましく、10重量%以下であることがより好ましい。 Further, when the hard coat, it In order to be good scratch resistance and color density or photochromic properties such as color fading half-life, preferably 20 wt% or less, 10 wt% or less more preferable. より好ましい配合量は全ラジカル重合性単量体に対して0.5〜20重量%であり、最も好ましくは1〜10重量%である。 More preferred amount is 0.5 to 20% by weight relative to the total radical polymerizable monomers, and most preferably 1 to 10 wt%.
【0199】 [0199]
また、これらシリルモノマーまたはイソシアネートモノマーは単独あるいは数種混合して使用することができ、またシリルモノマーとイソシアネートモノマーとを混合して使用することも可能である。 These silyl monomers or isocyanate monomers can be used alone or several kinds, it is also possible to use a mixture of a silyl monomer and isocyanate monomer.
【0200】 [0200]
本発明の硬化性組成物には上記ラジカル重合性単量体に加えて、アミン化合物を配合することにより、本発明の硬化性組成物をコーティング材として用いた場合に、当該硬化性組成物の硬化体よりなるコーティング層と基材との密着性を大きく向上させることができ、さらに本発明のフォトクロミック性硬化体とプライマー等との積層体を形成する際には、プライマー層等との密着性を向上させることが出来る。 The curable composition of the present invention, in addition to the radical polymerizable monomer, by blending an amine compound, when the curable composition of the present invention is used as a coating material, of the curable composition the adhesion between the coating layer and the substrate made of a cured material increases can be improved further in forming a photochromic cured product and a laminate of a primer or the like of the present invention, adhesion to the primer layer or the like it can be improved.
【0201】 [0201]
本発明の硬化性組成物に用いられるアミン化合物としては、前記したシリルモノマー、またはイソシアネートモノマーの縮合、または付加触媒として機能する塩基性の化合物であれば、公知のアミン化合物が何ら制限なく使用できる。 As the amine compound used in the curable composition of the present invention, as long as it is a compound of the basic functioning as the above-mentioned silyl monomer or condensation of isocyanate monomer or addition catalyst, a known amine compounds can be used without any limitation .
【0202】 [0202]
このようなアミン化合物の機能を発揮しないアミン化合物としては、例えば下記基【0203】 The amine compound which does not exert the function of such amine compounds, for example, the following groups [0203]
【化39】 [Of 39]
【0204】 [0204]
{上記基中、R 67は水素原子およびアルキル基であり、R 68 、R 69 、R 70およびR 71はそれぞれ同一もしくは異なるアルキル基である} {In the above group, R 67 is a hydrogen atom and an alkyl group, R 68, R 69, R 70 and R 71 are each the same or different alkyl group}
で表されるアミノ基のみをアミノ基として有するヒンダードアミン化合物が挙げられる。 Hindered amine compounds having only in expressed amino group as the amino group.
【0205】 [0205]
好適に使用できるアミン化合物を具体的に例示すると、トリエタノールアミン、N−メチルジエタノールアミン、トリイソプロパノールアミン、4,4−ジメチルアミノベンゾフェノン、ジアザビシクロオクタン等の非重合性低分子系アミン化合物、N,N―ジメチルアミノエチルメタアクリレート、N,N―ジエチルアミノエチルメタアクリレート等の重合性基を有するアミン化合物、n−(ヒドロキシエチル)−N−メチルアミノプロピルトリメトキシシラン、ジメトキシフェニル−2−ピペリジノエトキシシラン、N,N−ジエチルアミノメチルトリメチルシラン、(N,N−ジエチル−3−アミノプロピル)トリメトキシシラン等のシリル基を有するアミン化合物が挙げられる。 When suitably Specific examples of the amine compound that can be used include triethanolamine, N- methyldiethanolamine, triisopropanolamine, 4,4-dimethylaminobenzophenone, non-polymerizable low molecular weight amine compounds such as diazabicyclooctane, N , N- dimethylaminoethyl methacrylate, N, an amine compound having a polymerizable group such as N- diethylaminoethyl methacrylate, n-(hydroxyethyl) -N- methyl-aminopropyltrimethoxysilane, dimethoxyphenyl-2-piperidyl Bruno triethoxysilane, N, N-diethylaminomethyl trimethylsilane, (N, N-diethyl-3-aminopropyl) amine compounds having a silyl group such as trimethoxysilane.
【0206】 [0206]
これらアミン化合物は単独もしくは数種混合して使用することができる。 These amine compounds may be used alone or several. これらアミン化合物の配合量としては、全ラジカル重合性単量体100重量部に対して0.1〜20重量部である。 The amount of amine compound is 0.1 to 20 parts by weight relative to the total radical-polymerizable monomer 100 parts by weight. 好ましくは0.5〜10重量部、さらに好ましくは1〜10重量部の範囲である。 Preferably 0.5 to 10 parts by weight, more preferably from 1 to 10 parts by weight.
【0207】 [0207]
本発明の硬化性組成物における本発明のフォトクロミック性組成物の使用量は、(I)ラジカル重合性単量体100重量部に対して0.001〜50重量部であれば特に限定されないが、発色濃度の観点からは0.1〜50重量部、特に1〜50重量部であるのが好ましく、さらにフォトクロミック化合物の分散性(分散または溶解の容易性)を考慮すると、1〜30重量部、特に1〜20重量%であるのが好適である。 The amount of the photochromic composition of the present invention in the curable composition of the present invention is not particularly limited as long as it is 0.001 to 50 parts by weight based on (I) the radical polymerizable monomer of 100 parts by weight, 0.1 to 50 parts by weight from the viewpoint of color density, particularly preferably from 1 to 50 parts by weight, further consideration of the dispersibility of the photochromic compound (ease of dispersed or dissolved), 1-30 parts by weight, is the particularly 1 to 20% by weight is preferred. なお、本発明のフォトクロミック性組成物を従来のフォトクロミック性硬化性組成物の成分として使用する場合、その添加量は従来のフォトクロミック化合物を用いた場合と特に変わらない。 When using the photochromic composition of the present invention as a component of a conventional photochromic curable composition, its amount is not changed, especially in the case of using a conventional photochromic compound.
【0208】 [0208]
本発明の硬化性組成物を硬化させ硬化体を得る方法としては特に制限は無く、一般的な手法を用いることができる。 As a method of obtaining a cured product by curing the curable composition of the present invention is not particularly limited, it is possible to use a general technique. 例えば、上記重合性単量体に重合触媒を加え熱または光にて重合させる方法、上記硬化性組成物に重合触媒を加え、基材表面にコーティングを施したのち、熱または光にて重合させる方法等を挙げることができる。 For example, a method of polymerizing by the above polymerizable monomer in a polymerization catalyst was added heat or light, adding a polymerization catalyst to the curable composition, after the coated surface of the base material is polymerized by heat or light and the like can be given way.
【0209】 [0209]
本発明の硬化性組成物を硬化させ硬化体を得る方法としては、基材選択の幅が広く様様な用途に用いることが出来るという点から、上記硬化性組成物に重合触媒を加え、基材表面にコーティングを施したのち、熱または光にて重合させる方法が最も優れている。 As a method of obtaining a cured product by curing the curable composition of the present invention, from the viewpoint of the width of the substrate selection is wide can be used for various applications, polymerization catalyst was added to the curable composition, the substrate After coated on the surface, a method of polymerizing by heat or light is most excellent.
【0210】 [0210]
ラジカル重合開始剤としては、特に限定されず、公知のものが使用できるが、代表的なものを例示すると、ベンゾイルパーオキサイド、p−クロロベンゾイルパーオキサイド、デカノイルパーオキサイド、ラウロイルパーオキサイド、アセチルパーオキサイド等のジアシルパーオキサイド;t−ブチルパーオキシ−2−エチルヘキサノエート、t−ブチルパーオキシジカーボネート、クミルパーオキシネオデカネート、t−ブチルパーオキシベンゾエート等のパーオキシエステル;ジイソプロピルパーオキシジカーボネート、ジ−2−エチルヘキシルパーオキシジカーボネート、ジ−sec−ブチルオキシカーボネート等のパーカーボネート類;2,2'−アゾビスイソブチロニトリル、2,2'−アゾビス(4−ジメチルバレロニトリル)、 The radical polymerization initiator is not particularly limited, it can be used known ones, To illustrate typical, benzoyl peroxide, p- chlorobenzoyl peroxide, decanoyl peroxide, lauroyl peroxide, acetyl peroxide diacyl peroxides, such as peroxide; t-butyl peroxy-2-ethylhexanoate, t- butyl peroxy dicarbonate, cumylperoxy neodecanate, t- butyl peroxybenzoate, etc. peroxyester; diisopropylperoxy dicarbonate, di-2-ethylhexyl peroxydicarbonate, percarbonates such as di -sec- butyloxy carbonate; 2,2'-azobisisobutyronitrile, 2,2'-azobis (4-dimethylvaleronitrile ), ,2'−アゾビス(2−メチルブチロニトリル)、1,1'−アゾビス(シクロヘキサン−1−カーボニトリル)等のアゾ化合物等が挙げられる。 , 2'-azobis (2-methylbutyronitrile), azo compounds such as 1,1'-azobis (cyclohexane-1-carbonitrile) and the like.
【0211】 [0211]
これらラジカル重合開始剤の使用量は、重合条件や開始剤の種類、重合性単量体の種類や組成によって異なり、一概に限定できないが、一般には、全重合性単量体100重量部に対して0.01〜10重量部の範囲で用いるのが好適である。 The amount of the radical polymerization initiator, kind of the polymerization conditions and initiator varies depending on the type and composition of the polymerizable monomer and is variable. In general, the total 100 parts by weight of the polymerizable monomer it is preferably used in the range of 0.01 to 10 parts by Te. 上記ラジカル重合開始剤は単独で用いてもよいし、複数を混合して用いてもよい。 The radical polymerization initiators may be used singly or may be used by mixing plural.
【0212】 [0212]
また紫外線等の光照射により重合させる場合には、光重合開始剤としてベンゾイン、ベンゾインメチルエーテル、ベンゾインブチルエーテル、ベンゾフェノール、アエトフェノン4,4'−ジクロロベンゾフェノン、ジエトキシアセトフェノン、2−ヒドロキシ−2−メチル−1−フェニルプロパン−1−オン、ベンジルメチルケタール、1−(4−イソプロピルフェニル)−2−ヒドロキシ−2−メチルプロパン−1−オン、1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン、2−イソプロピルチオオキサントン、ビス(2,6−ジメトキシベンゾイル−2,4,4−トリメチル−ペンチルフォスフィンオキサイド、ビス(2,4,6―トリメチルベンゾイル)−フェニルフォシフィンオキサイド、2,4,6−トリメチルベンゾイルジフェニ When the polymerization by light irradiation such as ultraviolet rays also benzoin photopolymerization initiator, benzoin methyl ether, benzoin butyl ether, benzophenol, Aetofenon 4,4'-dichlorobenzophenone, diethoxyacetophenone, 2-hydroxy-2-methyl 1-phenylpropane-1-one, benzyl methyl ketal, 1- (4-isopropylphenyl) -2-hydroxy-2-methylpropan-1-one, 1-hydroxycyclohexyl phenyl ketone, 2-isopropyl-Chi Oki Sandton, bis (2,6-dimethoxybenzoyl-2,4,4-trimethyl - pentyl phosphine oxide, bis (2,4,6-trimethylbenzoyl) - phenyl follower sheet fins oxide, 2,4,6 dichloride phenylene ル−フォスフィンオキサイド、2−ベンジル−2−ジメチルアミノ−1−(4−モルホリノフェニル)−ブタノン−1等を使用することが好ましい。 Le - phosphine oxide, 2-benzyl-2-dimethylamino-1- (4-morpholinophenyl) - be used butanone -1 or the like.
【0213】 [0213]
これら光重合開始剤は、全単量体100重量部に対して0.001〜5重量部の範囲で用いるのが一般的である。 These photopolymerization initiators are generally employed in the range of 0.001 to 5 parts by weight with respect to the total monomer as 100 parts by weight.
【0214】 [0214]
特に好ましい重合方法は、上記光重合開始剤を配合した本発明の硬化性組成物に対し紫外線を照射し硬化させた後、さらに加熱して重合を完結させる方法である。 Particularly preferred polymerization process, after curing by irradiation with ultraviolet rays to the curable composition of the present invention blended with the photopolymerization initiator is a method to further complete the heating to the polymerization.
【0215】 [0215]
本発明の硬化性組成物は、上記重合開始剤等を用いることにより硬化させて、それ単独でフォトクロミック性の材料として用いることも可能であるが、眼鏡レンズ等の光学材料をコーティングするコーティング剤として使用するのが特に好ましい。 The curable composition of the present invention, is cured by using the above polymerization initiator and the like, it is possible to use by itself as a photochromic material, as a coating agent for coating an optical material such as spectacle lenses to use is particularly preferred.
【0216】 [0216]
該光学材料としては、特に限定されず、眼鏡レンズ、家屋や自動車の窓ガラス等公知の光学材料が挙げられる。 The optical material is not particularly limited, spectacle lenses, and a window glass such as a known optical materials of houses and automobiles.
【0217】 [0217]
眼鏡レンズとしては、(メタ)アクリル樹脂系、ポリカーボネート系樹脂、アリル系樹脂、チオウレタン系樹脂、ウレタン系樹脂およびチオエポキシ系樹脂等のプラスチック系の眼鏡レンズ、ガラス系の眼鏡レンズが公知であり、本発明の硬化性組成物を眼鏡レンズのコーティング材として用いる場合には、特に制限されることなくいずれの眼鏡レンズにも使用できるが、プラスチック系の眼鏡レンズ用のコーティング材として使用することがより好ましく、(メタ)アクリル樹脂系ポリカーボネート系樹脂、アリル系樹脂、チオウレタン系樹脂、ウレタン系樹脂およびチオエポキシ系樹脂等の眼鏡レンズのコーティング材として使用することがより好ましい。 The spectacle lens (meth) acrylic resin, polycarbonate resin, allyl resin, thiourethane resin, plastic-based spectacle lenses, such as urethane resin and thioepoxy resin, glass-based spectacle lens are known, in the case of using the curable composition of the present invention as a coating material for spectacle lenses, which can be used in any of the spectacle lenses without any limitation, more be used as a coating material for spectacle lenses plastic preferably, (meth) acrylic resin-based polycarbonate resin, allyl resin, thiourethane resin, it is more preferable to use as a coating material for spectacle lenses, such as urethane resin and thioepoxy resin.
【0218】 [0218]
眼鏡レンズ等の光学材料のコーティング材として用いる場合には、該光学材料へ本発明の硬化性組成物をスピンコーティング、ディッピング等で塗布し、その後、光照射して硬化させる方法、あるいは加熱硬化させる方法が好適であり、より好ましくは光照射により硬化させた後、さらに加熱して重合を完結させる方法である。 When used as a coating material for optical materials such as spectacle lenses, the curable composition of the present invention is applied by spin coating, dipping, etc., to the optical material, then, a method is cured by light irradiation or cured by heating, the method is suitable, more preferably after curing by light irradiation, is a method to further complete the heating to the polymerization.
【0219】 [0219]
このようなコーティング層の厚さは特に限定されないが、フォトクロミック化合物濃度が低くても充分な発色濃度が得られ、またフォトクロミック特性の耐久性も良好なため、該厚さは比較的厚い方が好ましい。 Such is not the thickness particularly limited coating layer, a photochromic compound concentration sufficient color density can be obtained even by low, and because of better durability of the photochromic property, it said thickness is relatively thicker is preferred . しかしながら一方で、コーティング層の厚さが厚い方が初期の黄色さも増加するため、該コーティング層厚さは10〜100μmであるのが好ましく、20〜50μmであるのがより好ましい。 On the other hand, however, since it is thicker the coating layer increases also the initial yellowness, the coating layer thickness is preferably a 10 to 100 [mu] m, and more preferably 20 to 50 m. このような厚めのコーティング厚さとするには、硬化性組成物の25℃における粘度を20〜500cp、好適には50〜300cp、より好適には60〜200cpとすることによって容易に達成できる。 Such a To thicker coating thickness, a viscosity at 25 ° C. of the curable composition 20~500Cp, preferably 50~300Cp, be easily achieved by more preferably a 60~200Cp. なお従来知られている各種コーティング組成物(ただしシリルモノマー、フォトクロミック材料等が含まれていない)は均一な膜を得るために溶媒等が含まれており、このためこのような組成物の粘度は通常5cp以下であり、またそれにより得られるコーティング層の厚さも数μm以下である。 Note various coating compositions known in the prior art (although silyl monomers, contains no such photochromic materials) are included solvents in order to obtain a uniform film, and therefore the viscosity of such compositions generally not more than 5 cp, also is several μm or less thickness of thus obtained coating layer.
【0220】 [0220]
本発明のフォトクロミック組成物には、さらに紫外線安定剤、染料、顔料、着色防止剤、帯電防止剤、蛍光染料等の各種安定剤、添加剤(アミン)を必要に応じて添加しても良い。 The photochromic composition of the present invention, further UV stabilizers, dyes, pigments, coloring agents, antistatic agents, various stabilizers such as a fluorescent dye, may be added as needed an additive (amine).
【0221】 [0221]
本発明の硬化性組成物には、フォトクロミック化合物の耐久性の向上、発色速度の向上、退色半減期の向上や成形性の向上のために、さらに界面活性剤、酸化防止剤、ラジカル補足剤、紫外線安定剤、紫外線吸収剤、離型剤、着色防止剤、帯電防止剤、蛍光染料、染料、顔料、香料、可塑剤、密着性向上剤等の添加剤を添加しても良い。 The curable composition of the present invention, improvement of the durability of the photochromic compound, improvement in color development rate, in order to improve and enhance the moldability of the fading half-life, further surfactants, antioxidants, radical scavengers, UV stabilizers, UV absorbers, mold release agents, coloring agents, antistatic agents, fluorescent dyes, dyes, pigments, fragrances, plasticizers, may be added additives such as an adhesion improver. また、硬化性組成物を硬化させるために後述する重合開始剤を配合することも極めて好ましい。 It is also highly preferred to blend a polymerization initiator which will be described later in order to cure the curable composition. 添加するこれら添加剤としては、公知の化合物が何ら制限なく使用される。 These additives to be added, known compounds are used without any limitation.
【0222】 [0222]
例えば、界面活性剤としては、ノニオン系、アニオン系、カチオン系の何れも使用できるが、重合性単量体への溶解性からノニオン系界面活性剤を用いるのが好ましい。 For example, as the surfactant, nonionic, anionic, can be used any of cationic, preferably used nonionic surfactant from the dissolution of the polymerizable monomer. 好適に使用できるノニオン正解面活性剤を具体的に挙げると、ソルビタン脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、デカグリセリン脂肪酸エステル、プロピレングリコール・ペンタエリスリトール脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンソルビット脂肪酸エステル、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸エステル、ポリエチレングリコール脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンフィトステロール・フィトスタノール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル、ポリオキシエチレンヒマシ油・硬化ヒマシ油、ポリオキシエチレンラノリン・ラノリンアルコール・ミツロウ誘導体、ポリ When suitably specifically exemplified nonionic correct surface active agents which can be used include sorbitan fatty acid esters, glycerin fatty acid esters, decaglycerol fatty acid esters, propylene glycol pentaerythritol fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, polyoxyethylene sorbitol fatty acid esters , polyoxyethylene glycerin fatty acid esters, polyethylene glycol fatty acid esters, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene phytosterol phytostanol, polyoxyethylene polyoxypropylene alkyl ethers, polyoxyethylene alkyl phenyl ethers, polyoxyethylene castor oil and hardened castor oil, polyoxyethylene lanolin, lanolin alcohol, beeswax derivatives, poly キシエチレンアルキルアミン・脂肪酸アミド、ポリオキシエチレンアルキルフェニルホルムアルデヒド縮合物、単一鎖ポリオキシエチレンアルキルエーテル等を挙げることができる。 Alkoxy polyoxyethylene alkyl amine fatty acid amides, polyoxyethylene alkylphenyl formaldehyde condensates, can be mentioned a single-chain polyoxyethylene alkyl ethers. 界面活性剤の使用に当たっては、2種以上を混合して使用しても良い。 In use of the surfactants may be used by mixing two or more kinds. 界面活性剤の添加量は、全重合性単量体100重量部に対し、0.1〜20重量部の範囲が好ましい。 The addition amount of the surfactant relative to the total 100 parts by weight of the polymerizable monomer, preferably in the range of 0.1 to 20 parts by weight.
【0223】 [0223]
また、酸化防止剤、ラジカル補足剤、紫外線安定剤、紫外線吸収剤としては、ヒンダードアミン光安定剤、ヒンダードフェーノール酸化防止剤、フェノール系ラジカル補足剤、イオウ系酸化防止剤、ベンゾトリアゾール系化合物、ベンゾフェノン系化合物等を好適に使用できる。 Also, antioxidants, radical scavengers, UV stabilizers, ultraviolet absorbers, hindered amine light stabilizers, hindered phosphate Nord antioxidant, phenol-based radical scavengers, sulfur-based antioxidants, benzotriazole-based compound, benzophenone compounds such can be preferably used. これら酸化防止剤、ラジカル補足剤、紫外線安定剤、紫外線吸収剤は、2種以上を混合して使用しても良い。 These antioxidants, radical scavengers, UV stabilizers, UV absorbers may be used by mixing two or more kinds. さらにこれらの非重合性化合物の使用に当たっては、界面活性剤と酸化防止剤、ラジカル補足剤、紫外線安定剤、紫外線吸収剤を併用して使用しても良い。 Further when the use of these non-polymerizable compounds, surfactants and antioxidants, radical scavengers, UV stabilizers, may be used in combination with ultraviolet absorbers. これら酸化防止剤、ラジカル補足剤、紫外線安定剤、紫外線吸収剤の添加量は、全重合性単量体100重量部に対し、0.001〜20重量部の範囲が好ましい。 These antioxidants, radical scavengers, UV stabilizers, addition amount of the ultraviolet absorber, the total 100 parts by weight of the polymerizable monomer, preferably in the range of 0.001 to 20 parts by weight.
【0224】 [0224]
本発明のフォトクロミック組成物は、フォトクロミック材として広範囲に利用でき、例えば銀塩感光剤に替わる各種の記録材料、複写材料、印刷用感光体、陰極線管用記録材料、レーザー用感光材料、ホログラフィー用感光材料、光スイッチ材料などの種々の記録材料調製方法として利用できる。 Photochromic composition of the present invention may widely be used as a photochromic material, for example, various types of recording materials to replace the silver salt photosensitive material, copying material, photosensitive printing material, recording materials for a cathode ray tube, laser photosensitive materials, holographic photosensitive material , it can be used as various recording materials preparation, such as an optical switch material. その他本発明のフォトクロミック材料を用いたフォトクロミック材は、フォトクロミックレンズ材料、光学フィルター材料、ディスプレー材料、フォトクロミックガラス材料、光量計、装飾品、ファンシーグッズなどの材料としても利用できる。 The photochromic material using the photochromic material of the other present invention, a photochromic lens material, optical filter material, display material, a photochromic glass material, actinometer, ornaments, can also be used as materials such as fancy goods. 例えば、フォトクロミックレンズに使用する場合には、均一な調光性能が得られる方法であれば特に制限がなく、具体的に例示するならば、本発明のフォトクロミック組成物を均一に分散してなるポリマーフィルムをレンズ中にサンドウイッチする方法、あるいは、本発明のフォトクロミック組成物を前記の重合性単量体中に分散させ、所定の手法により重合する方法、あるいは、この組成物を例えばシリコーンオイル中に溶解して150〜200℃で10〜60分かけてレンズ表面に含浸させ、さらにその表面を硬化性物質で被覆し、フォトクロミックレンズにする方法などがある。 For example, when used in photochromic lenses, there is no particular limitation so long as it is a method homogeneous dimming performance is obtained if specific examples, polymers obtained by uniformly dispersing the photochromic composition of the present invention how to sandwich the film in the lens, or the photochromic composition of the present invention are dispersed in a polymerizable monomer of the method of polymerization by a predetermined method, or the composition for example in silicone oil dissolved to impregnate the 10 to 60 minutes over the lens surface at 150 to 200 ° C., and further coating the surface with a curable substance, and a method of the photochromic lenses. さらに、上記ポリマーフィルムをレンズ表面に塗布し、その表面を硬化性物質で被覆し、フォトクロミックレンズにする方法などもある。 Furthermore, coating the polymer film on the lens surface, and coating the surface with a curable substance, there is also a method of the photochromic lenses.
【0225】 [0225]
【実施例】 【Example】
以下、実施例によって本発明をさらに詳細に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。 Will be described in further detail by examples present invention, the present invention is not limited to these examples. なお、実施例中の「部」は「重量部」の意である。 Incidentally, "parts" in the examples is the meaning of "parts by weight".
【0226】 [0226]
以下に使用した化合物の略号と名称を示す。 It shows the abbreviations and names of the compounds used in the following. ラジカル重合性単量体については、括弧内に「ホモ−HL」として、各化合物(モノマー)を注型重合(30℃から90℃まで20時間かけて昇温し、さらに120℃で2時間重合した。)して単独重合したときに得られる硬化体のLスケールでのロックウエル硬度を記載した。 For the radical polymerizable monomer, a "homo -HL" in parentheses, each compound was heated over a period of 20 hours (monomer) from cast polymerization (30 ° C. to 90 ° C., further polymerization for 2 h at 120 ° C. It was.) to describing the Rockwell hardness of the L-scale of the cured product obtained when homopolymerized. 該硬度の測定方法は、硬化体を25℃の室内で1日保持した後、明石ロックウエル硬度計(形式:AR−10)を用いて測定した。 Method of measuring the hardness, after the cured product was held for 1 day in a room at 25 ° C., Akashi Rockwell hardness meter (type: AR-10) was used for the measurement. なお、グリシジルメタアクリレートはエポキシ系モノマーである。 Incidentally, glycidyl methacrylate is an epoxy-based monomer.
(1)ラジカル重合性単量体・シリルモノマーTMSiMA:γ−メタクリロイルオキシプロピルトリメトキシシラン・その他のラジカル重合性単量体TMPT:トリメチロールプロパントリメタクリレート(ホモ−HL=122) (1) radically polymerizable monomer, silyl monomer TMSiMA: γ- methacryloyloxy trimethoxysilane and other radically polymerizable monomers TMPT: trimethylolpropane trimethacrylate (homo -HL = 122)
オリゴBPE:平均分子量776の2,2−ビス(4−アクリロイルオキシポリエチレングリコールフェニル)プロパン(ホモ−HL<40) Oligo BPE: Average molecular weight 776 of 2,2-bis (4-acryloyloxy polyethylene glycol phenyl) propane (homo -HL <40)
EB6A:ポリエステルオリゴマーヘキサアクリレート(ホモ−HL=100)(ダイセル・ユーシービー社:EB1830) EB6A: polyester oligomer hexaacrylate (homo -HL = 100) (Daicel-UCB Co.: EB1830)
9GDA:平均分子量532のポリエチレングリコールジアクリレート(ホモ−HL<20) 9GDA: polyethylene glycol diacrylate having an average molecular weight 532 (homo -HL <20)
GMA:グリシジルメタアクリレート(ホモ−HL=80) GMA: glycidyl methacrylate (homo -HL = 80)
以下に実施例及び比較例で使用したフォトクロミック化合物の略号及び構造を示す。 It shows the abbreviations and structure of the photochromic compound used in Examples and Comparative Examples below.
ナフトピラン化合物1(NP1) Naphthopyran compound 1 (NP1)
【0227】 [0227]
【化40】 [Of 40]
【0228】 [0228]
ナフトピラン化合物2(NP2) Naphthopyran compound 2 (NP2)
【0229】 [0229]
【化41】 [Of 41]
【0230】 [0230]
ナフトピラン化合物3(NP3) Naphthopyran compound 3 (NP3)
【0231】 [0231]
【化42】 [Of 42]
【0232】 [0232]
ナフトピラン化合物4(NP4) Naphthopyran compound 4 (NP4)
【0233】 [0233]
【化43】 [Of 43]
【0234】 [0234]
ナフトピラン化合物5(NP5) Naphthopyran compound 5 (NP5)
【0235】 [0235]
【化44】 [Of 44]
【0236】 [0236]
ナフトピラン化合物6(NP6) Naphthopyran compound 6 (NP6)
【0237】 [0237]
【化45】 [Of 45]
【0238】 [0238]
ナフトピラン化合物7(NP7) Naphthopyran compound 7 (NP7)
【0239】 [0239]
【化46】 [Of 46]
【0240】 [0240]
スピロオキサジン化合物1(SP1) Spirooxazine compound 1 (SP1)
【0241】 [0241]
【化47】 [Of 47]
【0242】 [0242]
参考例1 Reference Example 1
TMSiMA5重量部、TMPT20重量部、オリゴBPE35重量部、EB6A10重量部、9GDA20部、GMA10部からなる重合性単量体100重量部に、N−メチルジエタノールアミンを5重量部、光安定剤としてビス(1,2,2,6,6−ペンタメチル−4−ピペリジル)セバケートを5重量部、重合開始剤としてチバスペシャリティーケミカル社製CGI184[1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトン]を0.4重量部およびチバスペシャリティーケミカル社製CGI403[ビス(2,6−ジメトキシベンゾイル−2,4,4−トリメチル−ペンチルフォスフィンオキサイド]を0.1重量部添加し、さらに表1に示した単一のフォトクロミック化合物が全組成物量に対して2重量%となるように添加し、十分 TMSiMA5 parts, TMPT20 parts by oligo BPE35 parts, EB6A10 parts, 9GDA20 parts, to 100 parts by weight of the polymerizable monomer consisting GMA10 parts, 5 parts by weight of N- methyldiethanolamine, as light stabilizers bis (1 , 2,2,6,6-pentamethyl-4-piperidyl) 5 parts by weight of sebacate, Ciba Specialty Chemicals Corp. CGI184 0.4 part by weight of [1-hydroxy-cyclohexyl phenyl ketone] and Ciba Specialty as a polymerization initiator Chemical Co. CGI 403 [bis (2,6-dimethoxybenzoyl-2,4,4-trimethyl - pentyl phosphine oxide] was added 0.1 parts by weight, more single photochromic compound total composition shown in Table 1 was added in an amount of 2 wt% relative to the amount, sufficient 混合した。 Mixed.
【0243】 [0243]
続いて、上記方法で得られた混合液の約2gをMIKASA製スピンコーター1H−DX2を用いて、厚さ2mmのプラスチックレンズ(CR39;アリル樹脂プラスチックレンズ;屈折率=1.50)の表面に、回転数60r. Subsequently, about 2g of the resulting mixture by the above method using manufactured by MIKASA Co. spin coater IH-DX2, plastic lenses having a thickness of 2mm to the surface of the (CR39; refractive index = 1.50; allyl resin plastic lens) , the rotational speed 60r. p. p. mで40秒→500r. 40 seconds at m → 500r. p. p. mで2秒→1000r. 2 seconds → 1000r by m. p. p. mで2秒の条件でスピンコートした。 Was spin-coated under the conditions of 2 seconds m. この表面がコートされたレンズを窒素ガス雰囲気中で出力120/cmのメタルハライドランプを用いて、2分間照射し、塗膜を硬化させた。 A lens the surface is coated with a metal halide lamp of output 120 / cm in a nitrogen gas atmosphere, and irradiated for 2 minutes to cure the coating film. その後さらに120℃で3時間加熱することにより、フォトクロコーティング層を有するレンズを得た。 By then heated for a further 3 hours at 120 ° C., to obtain a lens having a photochromic coating layer. フォトクロコーティング層の厚さは約40μmであった。 The thickness of the photochromic coating layer was about 40 [mu] m. なお、用いたプラスチックレンズは、あらかじめその表面をキーエンス社製、大気圧プラズマ装置を用いてプラズマ処理し、表面状態を改質したものを用いた。 Incidentally, the plastic lens using in advance its surface Keyence Corporation, plasma treatment with atmospheric pressure plasma apparatus used was modify the surface state.
【0244】 [0244]
得られた厚み約40μmのコーティング層を有するレンズを、キセノンランプ(ビーム強度2.4mW/cm 、波長365nm)で2分間発色させたときの最大吸収波長及び発色後に遮光して退色させたときにおける退色半減期を測定した。 The resulting thick lenses with a coating layer of about 40 [mu] m, a xenon lamp (beam intensity 2.4 mW / cm 2, wavelength 365 nm) when the maximum absorption wavelength and the dark after color development bleached when allowed to develop for 2 minutes the fading half-life in was measured. その結果を表1に示す。 The results are shown in Table 1.
【0245】 [0245]
【表1】 [Table 1]
【0246】 [0246]
実施例1〜3 Examples 1-3
参考例1とフォトクロミック化合物の添加量を変えた以外は、同じ方法でフォトクロミック性コーティング層を有するレンズを調製した。 Except for changing the amount of Reference Example 1 and the photochromic compound, it was prepared a lens having a photochromic coating layer in the same way. 即ち、フォトクロミック組成物をラジカル重合性単量体に対して、表2に記した組成および所定量(添加量は全ラジカル重合性単量体に対する重量部)を用いてレンズを調製した。 That is, the photochromic composition of the radical polymerizable monomer composition and a predetermined amount noted in Table 2 (addition amount of parts by weight relative to the total radical polymerizable monomers) was prepared lens used.
【0247】 [0247]
得られたフォトクロレンズの発色時色調は、気温は20℃以上、25℃以下、UV365nm以上における紫外線強度1.0mW/cm 以上の条件を満たす晴天時に太陽光下、白色紙上で発色させ、0.5分後の発色の色調を目視で比較し、その発色過程の均一性を評価した。 Color when the color tone of the obtained photochromic lenses, temperature is 20 ° C. or higher, 25 ° C. or less, under sunlight when UV intensity 1.0 mW / cm 2 or more conditions are satisfied fine weather in the above UV365nm, developed with white paper, the color tone of the color after 0.5 minutes compared visually to evaluate the uniformity of the color development process. さらに15分発色させた後、すぐに屋内の蛍光灯下に移動し約23℃の室温静置し、1分後の退色色調を目視で比較した。 After further color 15 minutes, immediately at room temperature it left about 23 ° C. moved to indoor fluorescent lamp was compared fading color after 1 minute visual observation.
【0248】 [0248]
評価結果を表3に示した。 The evaluation results are shown in Table 3. 発色過程および退色過程における色調安定性は、良好(1)、わずかに色ずれあり(2)、明らかに色ずれあり(3)の3段階で示した。 Color stability in color development process and bleaching process, good (1), slightly there color shift (2), shown in three stages apparently has color shift (3). いずれのレンズも、発色状態で良好な色調を示し、発色過程および退色過程ともに色調が発色状態と色ずれが見られず、かつ速い退色半減期を示した。 Any of lenses, in a colored state showed good color tone, color tone in both color process and bleaching process not observed colored state and a color shift, and showed fast fading half-life.
【0249】 [0249]
【表2】 [Table 2]
【0250】 [0250]
【表3】 [Table 3]
【0251】 [0251]
比較例1〜3 Comparative Examples 1-3
実施例1と添加するフォトクロミック組成物の種類を表2に示すように変えた以外は全て同じ方法で、フォトクロコーティング層を有するレンズを調製した。 The type of photochromic composition to be added in Example 1 in all the same manner except for changing as shown in Table 2, to prepare a lens having a photochromic coating layer. 評価も同様な方法を行った。 Evaluation was also conducted in a similar manner. 評価結果を表3に示す。 The evaluation results are shown in Table 3.
【0252】 [0252]
比較例1に示したように(c)成分を含まない場合には、特に退色時の色調にずれが生じ、比較例2に示したように(a)成分を含まない場合には、発色時の色調がグレーではなく赤みがかっており好ましい色調ではなかった。 If that does not contain the component (c) as shown in Comparative Example 1, in particular lag behind the color tone at the time of fading, if not containing the component (a) as shown in Comparative Example 2, when color development the color tone was not a preferred color is reddish rather than gray. さらに比較例3に示したように、インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物でなく、スピロオキサジン化合物を用いた場合には発色過程での色調がグレーからずれており、好ましい色調ではなかった。 As further shown in Comparative Example 3, instead of indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds, the case of using a spiro-oxazine compound is shifted hue in color process gray cage, was not a preferred color tone.
【0253】 [0253]
実施例4 Example 4
実施例1で得られたレンズに大気圧プラズマ処理を行ないレンズを水洗した後に、オルガノポリシロキサン系コーティング材であるTS−56H(トクヤマ(株)製)室温でディッピング法(引き上げ速度20cm/分)にて塗布し、これを120℃で2時間加熱硬化させた。 After washing the lens subjected to atmospheric pressure plasma treatment on the obtained lens in Example 1, TS-56H is an organopolysiloxane-based coating material (manufactured by Tokuyama Corporation) at room temperature dipping method (pull-up rate 20 cm / min) It was applied using, which was heated for 2 hours curing at 120 ° C.. こうして得られた表面硬化被膜付きレンズの評価結果は、実施例1のレンズと同様、発退色の反応速度、退色途中の色調が良好であり、眼鏡用レンズとして好適に使用できるものであった。 Evaluation results of the thus obtained surface-hardening coating film with lens, like the lens in Example 1, the reaction rate is favorable, the middle fading tones of the origination discoloration was achieved, can be suitably used as a lens for spectacles.
【0254】 [0254]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明のフォトクロミック組成物は、基材との密着性が改良された「接着性モノマーおよびアミン化合物を含有してなるフォトクロミック硬化性組成物」からなる新規なコーティング剤のフォトクロミック化合物成分として使用したときに、グレー、ブラウン等の中間色に高濃度で発色するばかりでなく、その発・退色時に色調の変化(色ずれ)が起こり難いという特徴を有する。 Photochromic composition of the present invention, when used as the photochromic compound component of the novel coating adhesion consists improved "photochromic curable composition containing adhesive monomer and the amine compound" of the base material to have the characteristic gray, not only coloring in high concentrations in neutral brown, etc., as the originating-color tone change when fading (color deviation) is less likely to occur. そして、本発明のコーティング組成物を用いることにより、コーティング法という簡便な手法で高品質のフォトクロミック性眼鏡レンズを得ることが可能となる。 By using the coating composition of the present invention, it is possible to obtain a high quality photochromic spectacle lenses with a simple method called coating method.

Claims (6)

  1. (a)シラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有するラジカル重合性単量体及び/又はイソシアネート基を有するラジカル重合性単量体を0.01〜20重量%含有するラジカル重合性単量体100重量部並びにアミン化合物0.01〜20重量部を含有してなる硬化性組成物を硬化させて得られるマトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が585nm〜650nmの範囲である、アミノ基置換アリール基を有するフォトクロミック性インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物、 (A) a silanol group or a hydrolyzable by a radical polymerizable monomer containing 0.01 to 20% by weight of a radical polymerizable monomer having a radical polymerizable monomer and / or isocyanate group having a group which forms a silanol group maximum absorption wavelength at color development in the matrix resin obtained by the mer 100 parts by weight and the curable composition containing the amine compound 0.01 to 20 parts by weight cured is in the range of 585Nm~650nm, photochromic indeno [2,1-f] naphtho [1,2-b] pyran compounds having an amino group substituted aryl group,
    (b)前記マトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が430nm〜540nmの範囲であり、且つ該マトリックス樹脂中での20℃における退色半減期が上記(a)成分の同退色半減期の1.5〜5倍であるフォトクロミック性ナフトピラン化合物並びに(c)前記マトリックス樹脂中での発色時の最大吸収波長が540nm〜585nmの範囲であり、更に該マトリックス樹脂中での20℃における退色半減期が上記(a)成分の同退色半減期度の1.5〜5倍であり且つ上記(b)成分の同退色半減期の0.5〜3倍である、フォトクロミック性インデノ[2,1−f]ナフト[1,2−b]ピラン化合物を含有してなることを特徴とするフォトクロミック性組成物。 (B) a maximum absorption wavelength at color development at the matrix resin is in the range of 430Nm~540nm, and 1 fading half-life at 20 ° C. in the matrix resin is the same fading half life of the component (a) maximum absorption wavelength at color development at photochromic naphthopyran compounds and (c) the matrix resin is a .5~5 times in the range of 540Nm~585nm, further fading half-life at 20 ° C. in the matrix resin (a) above and is 1.5 to 5 times the same color fading half-life of the component is 0.5 to 3 times the same fade half life of the component (b), photochromic indeno [2,1-f ] naphtho [1,2-b] photochromic composition characterized by containing a pyran compound.
  2. ラジカル重合性単量体100重量部及び請求項1記載のフォトクロミック性組成物0.001〜50重量部を含有してなることを特徴とするフォトクロミック硬化性組成物。 Photochromic curable composition characterized by containing a 0.001 to 50 parts by weight photochromic composition of a radical polymerizable monomer 100 parts by weight of claim 1, wherein.
  3. 前記ラジカル重合性単量体がシラノール基または加水分解によりシラノール基を生成する基を有するラジカル重合性単量体および/またはイソシアネート基を有するラジカル重合性単量体を0.01〜20重量%含有し、更にアミン化合物0.01〜20重量部を含有する請求項2に記載のフォトクロミック硬化性組成物。 0.01 to 20 wt% contains a radical polymerizable monomer having a radical polymerizable monomer and / or isocyanate groups with groups of the radical polymerizable monomers to produce a silanol group or a hydrolyzable by silanol groups and, further photochromic curable composition according to claim 2 containing an amine compound 0.01 to 20 parts by weight.
  4. 請求項2又は請求項3記載の硬化性組成物を硬化させてなるフォトクロミック性硬化体。 Claim 2 or claim 3 photochromic cured product obtained by curing the curable composition.
  5. 請求項2又は請求項3記載の硬化性組成物からなるコーティング剤。 Coating agent consisting claim 2 or claim 3 curable composition according.
  6. 基材の少なくとも一方の表面上に請求項5記載のコーティング剤の硬化体からなる被膜が形成されてなることを特徴とするフォトクロミック性光学物品。 Photochromic optical article wherein the coating film made of a cured product of claim 5, wherein the coating agent is formed on at least one surface of the substrate.
JP2002297454A 2002-10-10 2002-10-10 Photochromic composition Active JP4152714B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002297454A JP4152714B2 (en) 2002-10-10 2002-10-10 Photochromic composition

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002297454A JP4152714B2 (en) 2002-10-10 2002-10-10 Photochromic composition

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004131593A true true JP2004131593A (en) 2004-04-30
JP4152714B2 JP4152714B2 (en) 2008-09-17

Family

ID=32287150

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002297454A Active JP4152714B2 (en) 2002-10-10 2002-10-10 Photochromic composition

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4152714B2 (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2006051929A1 (en) * 2004-11-09 2006-05-18 Tokuyama Corporation Polymerization-curable composition
JP2006249236A (en) * 2005-03-10 2006-09-21 National Institute Of Advanced Industrial & Technology Photografting method
WO2006110221A1 (en) * 2005-04-08 2006-10-19 Transitions Optical, Inc. Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
WO2007073462A1 (en) * 2005-12-21 2007-06-28 Transitions Optical, Inc. Photochromic materials having electron-withdrawing substituents
JP2008537762A (en) * 2005-04-08 2008-09-25 ジョンソン・アンド・ジョンソン・ビジョン・ケア・インコーポレイテッドJohnson & Johnson Vision Care, Inc. Ophthalmic devices comprising photochromic materials π conjugated system is extended
US8012596B2 (en) 2003-03-20 2011-09-06 Tokuyama Corporation Photochromic lens substrate
US8147725B2 (en) 2005-04-08 2012-04-03 Transitions Optical, Inc Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
US8158037B2 (en) 2005-04-08 2012-04-17 Johnson & Johnson Vision Care, Inc. Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
WO2013146813A1 (en) * 2012-03-30 2013-10-03 リンテック株式会社 Adhesive composition and adhesive sheet
US8647538B2 (en) 2005-04-08 2014-02-11 Transitions Optical, Inc. Photochromic compounds having at least two photochromic moieties
US9028728B2 (en) 2005-04-08 2015-05-12 Transitions Optical, Inc. Photochromic materials that include indeno-fused naphthopyrans
US9139552B2 (en) 2005-04-08 2015-09-22 Transitions Optical, Inc. Indeno-fused naphthopyrans having ethylenically unsaturated groups

Cited By (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8012596B2 (en) 2003-03-20 2011-09-06 Tokuyama Corporation Photochromic lens substrate
KR100933245B1 (en) 2004-11-09 2009-12-22 가부시끼가이샤 도꾸야마 Polymerization curable composition
US8691926B2 (en) 2004-11-09 2014-04-08 Tokuyama Corporation Polymerization curable composition
JP5271496B2 (en) * 2004-11-09 2013-08-21 株式会社トクヤマ Polymerizable curable composition
JPWO2006051929A1 (en) * 2004-11-09 2008-05-29 株式会社トクヤマ Polymerizable curable composition
WO2006051929A1 (en) * 2004-11-09 2006-05-18 Tokuyama Corporation Polymerization-curable composition
JP4500939B2 (en) * 2005-03-10 2010-07-14 独立行政法人産業技術総合研究所 Light grafting
JP2006249236A (en) * 2005-03-10 2006-09-21 National Institute Of Advanced Industrial & Technology Photografting method
US9097916B2 (en) 2005-04-08 2015-08-04 Johnson & Johnson Vision Care, Inc. Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
JP2008535971A (en) * 2005-04-08 2008-09-04 トランジションズ オプティカル, インコーポレイテッド Photochromic materials having extended π-conjugated system, as well as compositions and articles comprising same
JP2011058000A (en) * 2005-04-08 2011-03-24 Transitions Optical Inc PHOTOCHROMIC MATERIAL HAVING EXTENDED π-CONJUGATED SYSTEM, AND COMPOSITION AND ARTICLE INCLUDING THE SAME
JP4672768B2 (en) * 2005-04-08 2011-04-20 トランジションズ オプティカル, インコーポレイテッド Photochromic materials having extended π-conjugated system, as well as compositions and articles comprising same
US9139552B2 (en) 2005-04-08 2015-09-22 Transitions Optical, Inc. Indeno-fused naphthopyrans having ethylenically unsaturated groups
US8147725B2 (en) 2005-04-08 2012-04-03 Transitions Optical, Inc Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
US8158037B2 (en) 2005-04-08 2012-04-17 Johnson & Johnson Vision Care, Inc. Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
WO2006110221A1 (en) * 2005-04-08 2006-10-19 Transitions Optical, Inc. Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
US9028728B2 (en) 2005-04-08 2015-05-12 Transitions Optical, Inc. Photochromic materials that include indeno-fused naphthopyrans
US8647538B2 (en) 2005-04-08 2014-02-11 Transitions Optical, Inc. Photochromic compounds having at least two photochromic moieties
US8741188B2 (en) 2005-04-08 2014-06-03 Johnson & Johnson Vision Care, Inc. Ophthalmic devices comprising photochromic materials having extended pi-conjugated systems
JP2008537762A (en) * 2005-04-08 2008-09-25 ジョンソン・アンド・ジョンソン・ビジョン・ケア・インコーポレイテッドJohnson & Johnson Vision Care, Inc. Ophthalmic devices comprising photochromic materials π conjugated system is extended
US9465234B2 (en) 2005-04-08 2016-10-11 Johnson & Johnson Vision Care, Inc. Photochromic materials having extended pi-conjugated systems and compositions and articles including the same
WO2007073462A1 (en) * 2005-12-21 2007-06-28 Transitions Optical, Inc. Photochromic materials having electron-withdrawing substituents
US7556751B2 (en) 2005-12-21 2009-07-07 Transitions Optical, Inc. Photochromic materials having electron-withdrawing substituents
CN104204127A (en) * 2012-03-30 2014-12-10 琳得科株式会社 Adhesive composition and an adhesive sheet
WO2013146813A1 (en) * 2012-03-30 2013-10-03 リンテック株式会社 Adhesive composition and adhesive sheet

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4152714B2 (en) 2008-09-17 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4968454A (en) Variable-light transmittance article and method for preparing same
US5458814A (en) Substituted naphthopyrans
US5391327A (en) Photochromic compositions of improved fatigue resistance
US20050269556A1 (en) Photochromic compositions and light transmissible articles
US5879591A (en) Process for production of photochromic cured product
EP1184379A1 (en) Chromene compound
US5021196A (en) Method for preparing variable-light transmittance article
US20030008958A1 (en) Curable composition and photochromic cured article
US5621017A (en) Photochromic composition and method producing photochromic cured product
WO1997005213A1 (en) Photochromic polymer
WO2005028465A1 (en) Chromene compound
US20070045596A1 (en) Photochromic article
US20040220292A1 (en) Curable composition, cured article obtained therefrom, and photochromic optical material and process for producing the same
JPH08176139A (en) Chromene compound
JP2001011067A (en) Chromene compound
JPH08157467A (en) Chromene compound and photochromic material
JP2000256347A (en) Chromene compound
JP2000229973A (en) Chromene compound
US6340765B1 (en) Chromene compound
JP2001031670A (en) Chromene compound
WO2011016582A1 (en) Chromene compound
JP2005112772A (en) Chromene compound
US6802993B2 (en) Curable composition comprising a photochromic compound
JPH09124645A (en) Chromene compound
US20040094753A1 (en) Chromene compound

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050228

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050901

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070918

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071011

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080609

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080702

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110711

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110711

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140711

Year of fee payment: 6