JP2004130197A - 水処理方法 - Google Patents

水処理方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2004130197A
JP2004130197A JP2002296495A JP2002296495A JP2004130197A JP 2004130197 A JP2004130197 A JP 2004130197A JP 2002296495 A JP2002296495 A JP 2002296495A JP 2002296495 A JP2002296495 A JP 2002296495A JP 2004130197 A JP2004130197 A JP 2004130197A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
membrane
filtration
water treatment
coating layer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002296495A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4309633B2 (ja
Inventor
Komei Kadokawa
Nobuyuki Motoyama
Norimasa Nonaka
本山 信行
角川 功明
野中 規正
Original Assignee
Fuji Electric Systems Co Ltd
富士電機システムズ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Electric Systems Co Ltd, 富士電機システムズ株式会社 filed Critical Fuji Electric Systems Co Ltd
Priority to JP2002296495A priority Critical patent/JP4309633B2/ja
Publication of JP2004130197A publication Critical patent/JP2004130197A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4309633B2 publication Critical patent/JP4309633B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】膜ろ過工程と膜モジュールの逆洗工程とを含む全量ろ過方式の水処理方法において、膜ファウリングを抑制し、ひいては薬品洗浄回数の低減と設備およびメンテナンスコストの低減を図る。
【解決手段】水ろ過用の膜モジュール5を用いた全量ろ過方式の水処理方法において、ろ過膜1表面に無機物粒子によるコーティング層2を形成した後、被処理水の膜ろ過を行なう工程と、前記膜モジュールの逆圧洗浄(逆洗)を行なう工程とを含むこととする。
【選択図】    図1

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
この発明は、上水道、下水道、工業用水または廃水中に含まれる汚濁物質を分離除去するための、ろ過用の膜モジュールを用いた水処理方法に関する。
【0002】
【従来の技術】
被処理水中の汚濁物質を除去する方法として、ろ過用の膜モジュールを用いた水処理方法がよく知られている。この膜モジュールを用いた膜ろ過を行なう水処理においては、水処理運転の継続に伴い、膜の表面に汚濁物質の付着層が生じ、目詰まり、固形物による流路閉塞等の、所謂、膜ファウリングが起こり、膜モジュールのろ過性能が低下する。これらの原因による膜ろ過性能の低下は、膜モジュールを洗浄することによって回復することができる。
【0003】
膜モジュールの洗浄方法には、物理洗浄と薬品洗浄とがある。物理洗浄には、膜ろ過水を逆流させる逆圧水洗浄(逆洗)、膜の一次側での水流によるフラッシング、空気により膜を振動させるエアースクラビングなどがあり、前述のような物理的な作用によって付着物質を取り除いている。
【0004】
また、被処理水の膜ろ過方式としては、全量ろ過方式(デッドエンド方式)とクロスフローろ過方式とが知られている。クロスフローろ過方式の場合には、膜への供給水を膜面と平行に流すので、供給水中の懸濁物質や粘度粒子等が、膜面に堆積、付着するのを抑制することができる反面、循環するための動力が余分に必要となる欠点がある。なお、前記逆洗を含む膜の洗浄方法やろ過方式等については、非特許文献1に記載されている。
【0005】
一方、前記薬品洗浄は、物理洗浄では除去しきれない物質を、薬品によって分解または溶解させて除去する洗浄方法であり、膜のろ過能力をほぼ初期状態まで回復することができる。しかしながら、薬品洗浄はコストがかかることおよびその排水処理の観点から、できるだけ回数を少なくすることが望まれる。
【0006】
また近年、オゾン含有水またはオゾンガスを利用した膜モジュールの洗浄方法が提案されている。オゾンを利用した膜モジュールの洗浄方法としては、例えば、特許文献1に開示されている。
【0007】
特許文献1に記載された水処理装置は、「未処理水をろ過装置のろ過膜によってろ過して処理水を得る水処理装置において、前記ろ過装置の逆洗側に逆洗水配管を取り付け、鉄イオン,マンガンイオンを含まない水を前記ろ過装置のろ過膜に逆洗する逆洗水処理系と、前記ろ過装置の逆洗側にオゾン水逆洗配管を取り付け、オゾンの溶解されたオゾン水を前記ろ過装置のろ過膜に逆洗するオゾン水逆洗処理系と、所定のシーケンスに従って前記両系の構成要素に選択的に動作制御信号を与えて前記逆洗水処理およびオゾン水逆洗処理を実行する処理制御部とを備えたこと」を特徴とする。
【0008】
前記特許文献1に記載された膜モジュールの洗浄方法によれば、物理的洗浄に加えて、オゾンの酸化作用により、膜モジュールに付着した物質が剥離し易くなり、ろ過膜性能を効率的に回復させることができる。
【0009】
【非特許文献1】
厚生省生活衛生局水道環境部水道整備課監修,「水道における膜ろ過法Q&A」,社団法人 水道浄水プロセス協会 平成7年2月28日発行p.114−115およびp.142−143
【特許文献1】
特許第2909282号公報(第2−3頁、図1)
【0010】
【発明が解決しようとする課題】
ところで、上記特許文献1に記載されたようなオゾンを利用した膜モジュールの洗浄方法の場合、前記薬品洗浄の問題点は解消するものの、オゾン発生器,オゾン含有水生成装置,排オゾン無害化処理装置等、オゾン洗浄に伴って必要な設備コストが高く、装置全体に占める比重が極めて高くなる問題がある。
【0011】
また、オゾンを利用する場合、オゾンと接触する装置の各部材は、膜モジュールを含めて、耐オゾン仕様とする必要があり、仕様可能材料が限定される。そのため、水処理装置本体の設備コストも増大し、また、メンテナンスコストも増大する問題がある。
【0012】
この発明は、上記問題点に鑑みてなされたもので、この発明の課題は、膜ろ過工程と膜モジュールの逆洗工程とを含む全量ろ過方式の水処理方法において、オゾン洗浄を行なうことなしに膜ファウリングを抑制し、ひいては薬品洗浄回数の低減と設備およびメンテナンスコストの低減を図ることにある。
【0013】
【課題を解決するための手段】
前述の課題を解決するために、この発明は、水ろ過用の膜モジュールを用いた全量ろ過方式の水処理方法において、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成した後、被処理水の膜ろ過を行なう工程と、前記膜モジュールの逆圧洗浄(逆洗)を行なう工程とを含むこととする(請求項1の発明)。
【0014】
前記発明の水処理方法によれば、コーティングされた無機物粒子が、逆洗により容易に膜から剥離し、コーティング層の上に形成されたケーキ層およびコーティング層内に蓄積したファウリング物質等が、無機物粒子と共に容易に洗い流される。従って、ろ過膜面には、ほとんどファウリング物質が蓄積されず、薬品洗浄間隔を大幅に延長することができる。
【0015】
従来、無機物粒子を有する粘土粒子等は、膜の目詰まり物質と考えられており、これら粒子や有機物の堆積を前記クロスフローろ過方式の運転やエアバブリング、さらにはオゾン利用により防止していたが、本発明は、無機物粒子を逆にファウリング防止物質として積極的に利用できることに着眼してなされたものである。
【0016】
さらに、上記発明によれば、オゾンを利用しないので、オゾン洗浄に伴う前述の問題点が解消され、設備コスト等が低減する。
【0017】
また、前記請求項1に記載の水処理方法におけるコーティング層形成の実施態様としては、下記請求項2または3の発明が好ましい。即ち、請求項1に記載の水処理方法において、前記コーティング層は、前記無機物粒子を含む溶液をろ過することにより形成する(請求項2の発明)。また、請求項1に記載の水処理方法において、前記コーティング層は、前記無機物粒子を含む溶液を、所定時間、前記膜モジュールの一次側に循環した後ろ過して形成する(請求項3の発明)。
【0018】
さらに、コーティング層形成に関わり、下記請求項4の発明のようにすることもできる。即ち、水ろ過用の膜モジュールを用いた全量ろ過方式の水処理方法において、被処理水の膜ろ過を行なう工程と、前記膜モジュールの逆洗を行なう工程とを含み、前記膜ろ過工程の開始から所定時間までは、前記被処理水中に無機物粒子または無機物粒子を含む溶液を混合して膜ろ過することにより、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成する。
【0019】
前記方法によれば、ろ過開始初期のコーティング層形成中に、被処理水(原水)中のファウリング物質が、ろ過膜自体に付着することとなるが、その量はわずかであり、実用上問題はない。上記方法により、コーティング層形成時に使用する水量を減らすことができ、装置としての処理水量が増加する。また、コーティング溶液を高濃度で保管できる利点もある。
【0020】
また、コーティング層形成頻度を最小限にして、経済的な水処理を行なう観点から、下記請求項5の発明が好ましい。即ち、水ろ過用の膜モジュールを用いた全量ろ過方式の水処理方法であって、被処理水の膜ろ過工程と膜モジュールの逆洗工程とを含む水処理方法において、前記被処理水の濁度が所定の上限値に到達した際には、その時点もしくはその時点の運転サイクルにおける前記逆洗工程終了後に、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成した後、膜ろ過工程と逆洗工程を行う運転サイクルを行い、かつ、前記被処理水の濁度が所定の下限値に到達した際には、前記コーティング層を形成する工程を停止し、膜ろ過工程および逆洗工程の運転サイクルに切り替えて運転を継続する。
【0021】
上記請求項5の発明により、例えば、通常の原水濁度が比較的小で、降雨時等の特別の場合において原水汚濁が大となる場合に、原水汚濁が所定の上限値となった際にコーティング層を形成するようにすれば、コーティング層形成頻度が少なくなり、経済的な水処理運転が可能となる。
【0022】
さらに、前記請求項2に記載の水処理方法において、前記コーティング層は、それぞれ性状の異なる少なくとも二つの層とする(請求項6の発明)。請求項6の発明の実施態様としては、下記請求項7ないし9の発明が好ましい。即ち、請求項6に記載の水処理方法において、前記少なくとも二つのコーティング層の内、ろ過膜に接する側のコーティング下層は、無機物粒子によるコーティング層とし、他側のコーティング上層は、無機物粒子もしくは被処理水を凝集処理したフロックによるコーティング層とする(請求項7の発明)。
【0023】
また、前記請求項7に記載の水処理方法において、前記凝集処理したフロックによるコーティング層は、無機物粒子を含む溶液に凝集剤を添加して形成する(請求項8の発明)。さらに、請求項8に記載の水処理方法において、前記凝集剤は、PAC(ポリ塩化アルミニウム)またはFeClとする(請求項9の発明)。
【0024】
前記発明のように、無機物粒子によるコーティング層を下層として、その上層に凝集剤により凝集処理した性状の異なる第2のコーティング層を形成することにより、溶解性のファウリング物質を補足する割合が高くなり、逆洗によるファウリング防止効果が、より一層向上する。
【0025】
また、前記各発明において使用する無機物粒子の実施態様としては、下記請求項10ないし11の発明が好ましい。即ち、前記請求項1ないし9のいずれか1項に記載の水処理方法において、前記無機物粒子は、カオリン、ゼオライト、ケイソウ土、アルミナのいずれかとする(請求項10の発明)。さらに、請求項1〜10のいずれか1項に記載の水処理方法において、前記無機物粒子の直径は、0.5〜100μmとする(請求項11の発明)。より好ましくは、1〜20μmとする。
【0026】
さらに、請求項1ないし11のいずれか1項に記載の水処理方法において、前記コーティング層を形成する際の膜ろ過流束は、被処理水をろ過する膜ろ過流束よりも高くする(請求項12の発明)。コーティング層を形成する際の膜ろ過流束を高く設定しても、無機物粒子による目詰まりが起こらないことが実験で確認されており、従って、コーティング溶液をろ過する際には、前記発明のように被処理水(原水)をろ過する流束よりも高く設定して、より早くコーティング形成する方が経済的に好ましい。
【0027】
【発明の実施の形態】
図1ないし図5に基づき、この発明の実施例について以下にのべる。
【0028】
(実施例1)
図1に、請求項1または2の発明の水処理方法の実施例に関わる装置の模式的システム系統図を示す。図1において、ろ過膜1の表面にコーティング層2を形成するために、コーティング溶液タンク3からコーティング溶液を、ポンプ4により膜モジュール5に供給してろ過する。これにより、コーティング溶液中に含まれる無機物粒子(例えば、カオリン)がろ過膜1の表面にコーティングされて、コーティング層2が形成される。なお、図中、コーティング層2は、説明の便宜上、かなり厚い層として図示したが、実際には、高々100μmであり、より好ましくは、前述のように、1〜20μmである。
【0029】
コーティング層2が形成された後、原水タンク6から原水をポンプ4により膜モジュール5に供給し、ろ過を実施する。ろ過された水の一部は逆洗水として逆洗水タンク7に貯留され、残りは処理水9として次工程へと供給される。所定時間のろ過が終了したところで、逆洗水タンク7に貯留された膜ろ過水を、逆洗ポンプ8により膜モジュールの二次側から一次側へと流す逆洗を行い、その逆洗排水10は系外へ放出される。逆洗終了後に初期工程に戻り、コーティング形成・原水ろ過・逆洗のサイクルを繰り返す運転を継続して行なう。
【0030】
この運転においては、原水のろ過に先立ち、ろ過膜面に形成されたコーティング層にて、原水中に含まれるフミン質などのファウリング物質が補足されるため、膜自体へのファウリングが大幅に減少する。
【0031】
さらに、コーティングされた無機物粒子は逆洗により容易に膜から剥離し、コーティング層の上に形成されたケーキ層およびコーティング層内に蓄積したファウリング物質と共に洗い流される。したがって、膜面にはほとんどファウリング物質が蓄積されないこととなり、薬品洗浄間隔を延長することが可能となる。
【0032】
次に、本発明の効果について実験した結果について、従来のろ過水による単なる逆洗の方法による実験結果と比較して、図2に基づいて述べる。図2(a)は前記従来方法の結果を示し、図2(b)は、コーティング溶液として、膜ろ過水中に平均粒径7μmのカオリン100mg/Lを混合した液を使用した場合の実験結果を示す。図2の横軸は、運転時間(分)を示し、縦軸は補正膜差圧(kPa)を示す。なお、補正膜差圧とは、原水の温度によって流体抵抗、即ち膜差圧が異なることを考慮して、温度補正したことを示す。
【0033】
図2の実験において、膜モジュールとしては、膜面積0.006mの内圧型中空糸膜を使用し、原水はフミン酸をTOC濃度で1mg/L溶解させたものを使用した。膜ろ過流束は加速試験のため、11m/(m・日)で行い、逆洗流束はその3倍で、処理水の回収率が90%となるように、即ち、逆洗水として処理水の10%を用いて逆洗を実施した。
【0034】
図2(a)のコーティングしない従来方法の場合、逆洗を行なっても、膜差圧の回復はあまり見られず、6回のサイクル後における膜差圧は47kPaとなったのに対して、カオリンにてコーティングした本発明の図2(b)の場合には、逆洗において膜差圧に回復が見られ、6回のサイクル後における膜差圧は33kPaとなり、図2(a)に比較して明らかな違いが見られ、本発明によるコーティングの優位性が確認された。
【0035】
なお、コーティングする無機物粒子はカオリンに限らず、ゼオライト、ケイソウ土、アルミナなども使用でき、ろ過膜面からの剥離性が良好で、コーティング層における透水性が確保できれば、他のいかなる無機物粒子でも使用できる。
【0036】
また、好ましいコーティング層の厚さは、コーティングする無機物粒子の性質および原水水質、さらには目標とする膜ろ過流束および薬品洗浄間隔など多くの因子が関与するが、概ね無機物粒子が膜面全てを覆うことと、コーティング層による透水性が確保されること等を考慮して、選定すればよい。効果およびコスト面から、コーティング層の厚さは、コーティングする無機物粒子の粒子径の3〜5倍程度の厚さとすることが望ましい。
【0037】
さらに、運転方法としては、前述のように、コーティング溶液をろ過する際には、原水をろ過する流束よりも高く設定して、コーティング層形成速度をより早くすることが望ましい。
【0038】
(実施例2)
図3に基づき、請求項3の発明に関わる実施例について述べる。図3の実施例2が前記実施例1と異なる点は、コーティング層形成において、循環ライン11を用いる点にある。即ち、原水のろ過の前に実施されるコーティング層2の形成において、コーティング溶液をポンプ4により膜モジュール5に供給し、循環ライン11を介してコーティング溶液タンク3にコーティング溶液を返送するようにして、無機物粒子を含む溶液を、所定時間、前記膜モジュールの一次側に循環した後ろ過して形成する。
【0039】
これにより、コーティング溶液の膜面への供給流速を上げることができ、また、より高濃度のコーティング溶液を供給することが可能となる。コーティング溶液を膜面に供給した後、実施例1と同様にコーティング形成・原水ろ過・逆洗のサイクルにて運転する。ここで、コーティング層形成に十分な無機物粒子が供給される場合には、原水をポンプ4にて膜モジュール5に供給してろ過工程を始めることにより、十分な無機物粒子がコーティングされ、所望のコーティング層が形成できる。なお、不十分な場合には、不足分を、実施例1と同様にコーティング溶液の供給・ろ過から始めればよい。
【0040】
(実施例3)
実施例3として、請求項4の発明に関わる水処理方法について述べる。システム系統としては実施例1で示した図1と同じであるが、実施例1および2とは異なり、本実施例では、ろ過開始時のコーティング層2の形成を、コーティング溶液を原水に混合することにより行う。即ち、ろ過工程開始から所定時間までは、ろ過膜1の表面にコーティング層2を形成するために、原水タンク6からの原水およびコーティング溶液タンク3からのコーティング溶液を、ポンプ4により膜モジュール6に供給してろ過する。これにより、コーティング溶液中に含まれる無機物粒子が、ろ過膜1の表面にコーティングされて、コーティング層2が形成される。コーティング層2が形成されたところで、コーティング溶液の供給を停止して原水のみを供給しろ過する。
【0041】
本実施例によれば、実施例1または2に比較して、前述のように、ファウリング物質が多少ろ過膜に付着するものの、コーティング層形成に使用する水量を減らすことができるため、装置としての処理水量が増加する利点がある。また、コーティング溶液を高濃度にして保管できるため、コーティング溶液タンク3を小さくできるか、同じ大きさであればその維持期間が長くできる利点がある。
【0042】
なお、前記実施例1ないし3に示したシステムおよび後述する実施例において、使用されるろ過膜は、濁質成分および細菌類を除去することのできる膜であり、精密ろ過膜または限外ろ過膜が用いられる。精密ろ過膜の場合は、公称孔径0.01〜0.5μmのものが用いられ、限外ろ過膜の場合は、分画分子量1,000〜20万ダルトンのものが用いられる。
【0043】
また、膜モジュールの形式は、中空糸状、スパイラル状、チューブラ状、平膜状等が用いられる。使用する膜材質としては、コーティング粒子との剥離性さえ確保できれば、特に耐オゾン性材料などに限定されることはなく、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、酢酸セルロースなどの有機膜およびアルミナなどの無機膜を使用することができる。
【0044】
さらに、図1および図3において、膜モジュール5は、単独で用いる例を示したが、複数個の膜モジュールを並列に構成することもできる。また、膜ろ過への通水方式は、外圧型と内圧型があり、どちらの通水方式でもよい。
【0045】
(実施例4)
図4は、請求項5の発明の水処理方法に関わる装置の模式的システム系統図を示す。図4の実施例4が前記実施例1と異なる点は、原水の供給ラインに原水濁度計13を備え、原水の濁度が所定の上限値に到達した際には、その時点もしくはその時点の運転サイクルにおける逆洗工程終了後に、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成した後、膜ろ過工程と逆洗工程を行う運転サイクルを行い、かつ、原水の濁度が所定の下限値に到達した際には、コーティング層を形成する工程を停止し、膜ろ過工程および逆洗工程の運転サイクルに切り替えて運転を継続するようにした点である。なお、水の回収率を問題にしない場合には、逆洗工程終了後に、ろ過膜1の表面にコーティング層2を形成した方がよい。また、原水の濁度の前記所定の上限値や下限値は、濁度の変動の程度などの要因により、好ましい値が異なる。従って、処理プランに応じて、予備実験等に基づきコストミニマムとなるように、異なる値を選定することが望ましい。
【0046】
(実施例5)
図5は、請求項6ないし9の発明の水処理方法に関わり、2層のコーティング層を設ける場合の模式的システム系統図を示す。図5において、ろ過膜1の表面にコーティング下層2aを形成するために、コーティング溶液タンク3からコーティング溶液をポンプ4により膜モジュール5に供給してろ過する。これにより、コーティング溶液中に含まれる無機物粒子が膜1の表面にコーティングされて、コーティング下層2aが形成される。
【0047】
コーティング下層2a形成後に、図示しない凝集剤注入ポンプを用いて凝集剤タンク12内の凝集剤、例えばPAC(ポリ塩化アルミニウム)をコーティング溶液3に混合して供給する。これによりコーティング溶液中の無機物粒子を核としたマイクロフロックがコーティング上層2bとして形成される。
【0048】
コーティング上層2bが形成された後、原水タンク6から原水をポンプ4により膜モジュール5に供給し、ろ過を実施する。ろ過された水の一部は逆洗水として逆洗水タンク7に貯留され、残りは処理水9として次工程へと供給される。所定時間のろ過が終了したところで、逆洗水タンク7に貯留された膜ろ過水を逆洗ポンプ8により膜モジュールの二次側から一次側へと流す逆洗を行い、逆洗排水10は系外へ放出される。逆洗終了後は初期工程に戻り、コーティング形成・原水ろ過・逆洗のサイクル運転を継続する。
【0049】
上記実施例においては、原水のろ過に先立ち膜面に形成されたコーティング上層2bにて、原水中に含まれる溶解成分をも含むファウリング物質が補足されるため、膜自体へのファウリングが大幅に減少されることとなる。
【0050】
さらに、逆洗によりコーティング下層2aおよびコーティング上層2bが、容易にろ過膜1から剥離し、コーティング層上に形成されたケーキ層およびコーティング層内に蓄積したファウリング物質がともに洗い流される。したがって、膜面にはほとんどファウリング物質が蓄積されないこととなり、薬品洗浄間隔をさらに延長することが可能となる。
【0051】
ここで、使用する凝集剤は前記PACに限らず、原水水質に応じて選定するのがよく、FeClを用いることもできる。また、本実施例ではコーティング溶液中の無機物粒子を凝集剤の核となるように凝集を行ったが、これに限らず、濁度が高い原水の場合には、原水中の粒子を核として凝集処理を実施してもよい。なお、凝集剤の注入量は、被凝集原水に対して適宜調整することが望ましい。また、コーティング層は、2層の例について説明したが、原水の水質によっては、3層以上の多層とすることもできる。
【0052】
【発明の効果】
上記のとおり、この発明によれば、前記種々のバリエーションはあるものの、基本的には、水ろ過用の膜モジュールを用いた全量ろ過方式の水処理方法において、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成した後、被処理水の膜ろ過を行なう工程と、前記膜モジュールの逆圧洗浄(逆洗)を行なう工程とを含むこととしたので、
膜ファウリングを抑制し、ひいては薬品洗浄回数の低減と設備およびメンテナンスコストの低減を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この発明の実施例に関わる水処理装置の模式的システム系統図
【図2】本発明の効果について実験した結果について、従来の方法と比較して示す図
【図3】図1とは異なる実施例に関わる水処理装置の模式的システム系統図
【図4】図1とはさらに異なる実施例に関わる水処理装置の模式的システム系統図
【図5】図4とはさらに異なる実施例に関わる水処理装置の模式的システム系統図
【符号の説明】
1:ろ過膜、2:コーティング層、2a:コーティング下層、2b:コーティング上層、3:コーティング溶液タンク、4:ポンプ、5:膜モジュール、6:原水タンク、7:逆洗水タンク、8:逆洗ポンプ、9:処理水、10:逆洗排水、11:循環ライン、12:凝集剤タンク、13:原水濁度計。

Claims (12)

  1. 水ろ過用の膜モジュールを用いた全量ろ過方式の水処理方法において、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成した後、被処理水の膜ろ過を行なう工程と、前記膜モジュールの逆圧洗浄(逆洗)を行なう工程とを含むことを特徴とする水処理方法。
  2. 請求項1に記載の水処理方法において、前記コーティング層は、前記無機物粒子を含む溶液をろ過することにより形成することを特徴とする水処理方法。
  3. 請求項1に記載の水処理方法において、前記コーティング層は、前記無機物粒子を含む溶液を、所定時間、前記膜モジュールの一次側に循環した後ろ過して形成することを特徴とする水処理方法。
  4. 水ろ過用の膜モジュールを用いた全量ろ過方式の水処理方法において、被処理水の膜ろ過を行なう工程と、前記膜モジュールの逆洗を行なう工程とを含み、前記膜ろ過工程の開始から所定時間までは、前記被処理水中に無機物粒子または無機物粒子を含む溶液を混合して膜ろ過することにより、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成することを特徴とする水処理方法。
  5. 水ろ過用の膜モジュールを用いた全量ろ過方式の水処理方法であって、被処理水の膜ろ過工程と膜モジュールの逆洗工程とを含む水処理方法において、前記被処理水の濁度が所定の上限値に到達した際には、その時点もしくはその時点の運転サイクルにおける前記逆洗工程終了後に、ろ過膜表面に無機物粒子によるコーティング層を形成した後、膜ろ過工程と逆洗工程を行う運転サイクルを行い、かつ、前記被処理水の濁度が所定の下限値に到達した際には、前記コーティング層を形成する工程を停止し、膜ろ過工程および逆洗工程の運転サイクルに切り替えて運転を継続することを特徴とする水処理方法。
  6. 請求項2に記載の水処理方法において、前記コーティング層は、それぞれ性状の異なる少なくとも二つの層とすることを特徴とする水処理方法。
  7. 請求項6に記載の水処理方法において、前記少なくとも二つのコーティング層の内、ろ過膜に接する側のコーティング下層は、無機物粒子によるコーティング層とし、他側のコーティング上層は、無機物粒子もしくは被処理水を凝集処理したフロックによるコーティング層とすることを特徴とする水処理方法。
  8. 請求項7に記載の水処理方法において、前記凝集処理したフロックによるコーティング層は、無機物粒子を含む溶液に凝集剤を添加して形成することを特徴とする水処理方法。
  9. 請求項8に記載の水処理方法において、前記凝集剤は、PAC(ポリ塩化アルミニウム)またはFeClとすることを特徴とする水処理方法。
  10. 請求項1ないし9のいずれか1項に記載の水処理方法において、前記無機物粒子は、カオリン、ゼオライト、ケイソウ土、アルミナのいずれかとすることを特徴とする水処理方法。
  11. 請求項1〜10のいずれか1項に記載の水処理方法において、前記無機物粒子の直径は、0.5〜100μmとすることを特徴とする水処理方法。
  12. 請求項1ないし11のいずれか1項に記載の水処理方法において、前記コーティング層を形成する際の膜ろ過流束は、被処理水をろ過する膜ろ過流束よりも高くすることを特徴とする水処理方法。
JP2002296495A 2002-10-09 2002-10-09 水処理方法 Active JP4309633B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002296495A JP4309633B2 (ja) 2002-10-09 2002-10-09 水処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002296495A JP4309633B2 (ja) 2002-10-09 2002-10-09 水処理方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004130197A true JP2004130197A (ja) 2004-04-30
JP4309633B2 JP4309633B2 (ja) 2009-08-05

Family

ID=32286464

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002296495A Active JP4309633B2 (ja) 2002-10-09 2002-10-09 水処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4309633B2 (ja)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006035035A (ja) * 2004-07-23 2006-02-09 Fuji Electric Holdings Co Ltd 水処理方法および膜ろ過水処理装置運転方法
JP2006167591A (ja) * 2004-12-15 2006-06-29 Fuji Electric Systems Co Ltd プレコート液の濃度制御方法
JP2006231181A (ja) * 2005-02-24 2006-09-07 Ngk Insulators Ltd 清澄水の膜ろ過方法
JP2006314974A (ja) * 2005-05-16 2006-11-24 Fuji Electric Holdings Co Ltd 膜ろ過による水処理方法および装置
JP2008062119A (ja) * 2006-09-04 2008-03-21 Mitsubishi Rayon Co Ltd ろ過材、その製造方法、ろ過処理装置およびろ過処理方法
WO2009113521A1 (ja) * 2008-03-12 2009-09-17 株式会社クレハ 多孔質ろ過膜の前処理方法および前処理された多孔質ろ過膜を用いるろ水処理方法
JP2010137209A (ja) * 2008-12-09 2010-06-24 Uerushii:Kk 水処理方法
WO2011123922A1 (en) * 2010-04-09 2011-10-13 David Bromley Nanoflotation
WO2011139566A2 (en) * 2010-04-28 2011-11-10 Baker Hughes Incorporated Method for cleaning filter separation systems
JP2012232311A (ja) * 2012-09-05 2012-11-29 Toshiba Corp 膜ろ過処理システム
JP2014184374A (ja) * 2013-03-22 2014-10-02 Sumitomo Electric Ind Ltd 濾過方法および濾過装置
KR20150023522A (ko) 2012-06-15 2015-03-05 메이덴샤 코포레이션 고-액 분리방법
CN105347506A (zh) * 2015-11-14 2016-02-24 常州大学 一种减轻浸没式膜生物反应器中膜污染的方法
WO2016132557A1 (ja) * 2015-02-20 2016-08-25 三菱重工業株式会社 濾過装置の再生方法、濾過装置および水処理装置
WO2016132556A1 (ja) * 2015-02-20 2016-08-25 三菱重工業株式会社 生物膜を利用した懸濁質除去方法および懸濁質除去装置
WO2016132555A1 (ja) * 2015-02-20 2016-08-25 三菱重工業株式会社 懸濁質除去方法および懸濁質除去装置

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106215699B (zh) * 2016-08-26 2019-05-10 合肥合意环保科技工程有限公司 一种膜超声同步除垢超滤装置及其控制方法

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4569200B2 (ja) * 2004-07-23 2010-10-27 富士電機ホールディングス株式会社 水処理方法および膜ろ過水処理装置運転方法
JP2006035035A (ja) * 2004-07-23 2006-02-09 Fuji Electric Holdings Co Ltd 水処理方法および膜ろ過水処理装置運転方法
JP2006167591A (ja) * 2004-12-15 2006-06-29 Fuji Electric Systems Co Ltd プレコート液の濃度制御方法
JP2006231181A (ja) * 2005-02-24 2006-09-07 Ngk Insulators Ltd 清澄水の膜ろ過方法
JP2006314974A (ja) * 2005-05-16 2006-11-24 Fuji Electric Holdings Co Ltd 膜ろ過による水処理方法および装置
JP4742671B2 (ja) * 2005-05-16 2011-08-10 富士電機株式会社 膜ろ過による水処理方法および装置
JP2008062119A (ja) * 2006-09-04 2008-03-21 Mitsubishi Rayon Co Ltd ろ過材、その製造方法、ろ過処理装置およびろ過処理方法
WO2009113521A1 (ja) * 2008-03-12 2009-09-17 株式会社クレハ 多孔質ろ過膜の前処理方法および前処理された多孔質ろ過膜を用いるろ水処理方法
JP2010137209A (ja) * 2008-12-09 2010-06-24 Uerushii:Kk 水処理方法
US9896348B2 (en) 2010-04-09 2018-02-20 643096 Alberta Limited Nanoflotation
WO2011123922A1 (en) * 2010-04-09 2011-10-13 David Bromley Nanoflotation
WO2011139566A3 (en) * 2010-04-28 2012-02-23 Baker Hughes Incorporated Method for cleaning filter separation systems
WO2011139566A2 (en) * 2010-04-28 2011-11-10 Baker Hughes Incorporated Method for cleaning filter separation systems
KR20150023522A (ko) 2012-06-15 2015-03-05 메이덴샤 코포레이션 고-액 분리방법
JP2012232311A (ja) * 2012-09-05 2012-11-29 Toshiba Corp 膜ろ過処理システム
JP2014184374A (ja) * 2013-03-22 2014-10-02 Sumitomo Electric Ind Ltd 濾過方法および濾過装置
WO2016132557A1 (ja) * 2015-02-20 2016-08-25 三菱重工業株式会社 濾過装置の再生方法、濾過装置および水処理装置
WO2016132556A1 (ja) * 2015-02-20 2016-08-25 三菱重工業株式会社 生物膜を利用した懸濁質除去方法および懸濁質除去装置
WO2016132555A1 (ja) * 2015-02-20 2016-08-25 三菱重工業株式会社 懸濁質除去方法および懸濁質除去装置
US10308525B2 (en) 2015-02-20 2019-06-04 Mitsubishi Heavy Industries Engineering, Ltd. Suspended-matter removing method utilizing biofilm and suspended-matter removing apparatus utilizing biofilm
CN105347506A (zh) * 2015-11-14 2016-02-24 常州大学 一种减轻浸没式膜生物反应器中膜污染的方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP4309633B2 (ja) 2009-08-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Chen et al. Optimization of membrane physical and chemical cleaning by a statistically designed approach
Potts et al. A critical review of fouling of reverse osmosis membranes
JP6832710B2 (ja) 水を処理するためのシステム
US5910249A (en) Method and apparatus for recovering water from a sewer main
TW567089B (en) Porous hollow fiber membranes and method of making the same
JP4968413B2 (ja) 分離膜モジュールの洗浄方法および造水方法
US20040222158A1 (en) Nanofiltration system for water softening with internally staged spiral wound modules
AU2010359039B2 (en) Process and facility to treat contaminated process water
JP3887072B2 (ja) 中空糸膜モジュールの洗浄方法およびその方法に用いる濾過装置
Xu et al. Performance of a ceramic ultrafiltration membrane system in pretreatment to seawater desalination
JP3198923B2 (ja) 膜の洗浄方法
CN103492054B (zh) 膜组件的洗涤方法
JP4920990B2 (ja) 分離膜の洗浄方法
US20060273038A1 (en) Chemical cleaning for membranes
JP5804228B1 (ja) 水処理方法
Van Hoof et al. The effect of ultrafiltration as pretreatment to reverse osmosis in wastewater reuse and seawater desalination applications
JP5549589B2 (ja) 造水システム
JP2005087887A (ja) 膜の洗浄方法
WO2011016410A1 (ja) 水処理装置及び水処理方法
Ahn et al. Treatment of domestic wastewater using microfiltration for reuse of wastewater
JP2003266072A (ja) 膜ろ過方法
US20060096920A1 (en) System and method for conditioning water
JPH10503414A (ja) ミクロ濾過で強化された水処理用逆浸透法
CN100444936C (zh) 一种对污水处理系统中超滤膜进行自动清洗的方法
US20060065596A1 (en) Membrane filter cleansing process

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20040205

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050215

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20061129

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20080314

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20080314

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20080317

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080605

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A712

Effective date: 20080606

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20080606

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080716

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080730

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081225

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090219

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090319

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090327

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090428

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090508

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 4309633

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120515

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130515

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140515

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250