JP2004064536A - Access management server for wireless lan system and access management method - Google Patents

Access management server for wireless lan system and access management method Download PDF

Info

Publication number
JP2004064536A
JP2004064536A JP2002221689A JP2002221689A JP2004064536A JP 2004064536 A JP2004064536 A JP 2004064536A JP 2002221689 A JP2002221689 A JP 2002221689A JP 2002221689 A JP2002221689 A JP 2002221689A JP 2004064536 A JP2004064536 A JP 2004064536A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
access point
user terminal
information
access
band
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002221689A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3880903B2 (en
Inventor
Hiroto Hara
原 浩人
Original Assignee
Nippon Telegraph & Telephone East Corp
東日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegraph & Telephone East Corp, 東日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegraph & Telephone East Corp
Priority to JP2002221689A priority Critical patent/JP3880903B2/en
Publication of JP2004064536A publication Critical patent/JP2004064536A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3880903B2 publication Critical patent/JP3880903B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide the access management server and access management method of a wireless LAN system capable of promoting to increase a hot spot area and adhoc area opened by individuals. <P>SOLUTION: The information of the owner of an access point 3a to open a band and an opened band is registered in a server 10, and when a connection request is issued from a user terminal 1a through the access point 3a, the use permission of the band is instructed to the access point 3a, and a use terminal 1a is made to execute communication. Also, dividend from a membership fee income is returned to the owner(member 3) according to the use frequency of the access point 3a. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、アクセスポイントを使用したホットスポットやアドホックモードを使用した無線LANシステムのアクセス管理サーバ、及びアクセス管理方法に関するものである。 The present invention relates to a wireless LAN system access management server, and the access management method using a hot spot or ad hoc mode using an access point.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
近時、無線LAN技術(IEEE802.11b規格)を応用したシステムの発展が著しい。 Recently, the remarkable development of a system which applies the wireless LAN technology (IEEE802.11b standard). この無線LAN技術を利用することにより、インターネットアクセスや、ワイヤレスIP電話機の利用が可能になるなど将来性が大いに期待されている。 This By utilizing a wireless LAN technology, Internet access and, like potential becomes possible to use the wireless IP phone is highly expected.
図14は、このような無線LANを用いたシステムの形態を説明するための図であり、IP網(インターネット網を含む)101などの通信ネットワークには、IP−PBX(IP交換機:IP網と構内LANを接続する交換機)を使用した構内エリア110、120が接続されると共に、ワイヤレスルータ131を用いた家庭内エリア130が接続される。 Figure 14 is a diagram for explaining the configuration of a system using such a wireless LAN, a communication network such as IP network (including the Internet) 101, IP-PBX (IP exchange: the IP network with premises area 110, 120 using switch) for connecting the premises LAN are connected, a home area 130 using the wireless router 131 is connected. また、構内エリア110、120には有線によるLANの他に、アクセスポイント111、121が設けられ無線LAN機器が使用できるように構成されている。 In addition to the LAN wired in premises area 110, the wireless LAN device access point 111, 121 is provided is configured to be used.
【0003】 [0003]
また、IP網101には、アクセスポイント141を使用したホットスポットエリア140が設けられ、このホットスポットエリア140を利用することにより、誰でもIP電話機の使用や、インターネットへのアクセスができるようになる。 Further, the IP network 101 is provided a hot spot area 140 using the access point 141, by utilizing the hot spot area 140, use or anyone IP telephone, it will allow access to the Internet . このホットスポットエリア140は通信事業者が設備するホットスポットであり、通信事業者はファーストフードの店内や、図書館等の公共の空間にアクセスポイント141を設置してインターネットアクセスサービスなどを提供している。 This hot spot area 140 is a hot spot of communication operators to equipment, telecom operators are offering in-store or fast food, such as Internet access services in a public space to install the access point 141 of libraries, etc. .
【0004】 [0004]
また、図15に示すように、最近は個人が開設するホットスポットエリア150も開設されようになってきた。 In addition, as shown in FIG. 15, it has been recently is also opened hot spot area 150 individuals to open as. 個人が開設するホットスポットエリア150には、喫茶店のオーナーなどが店内にアクセスポイント151を設置し、店内の客にインターネットアクセスサービスを提供するなどの例がある。 In the hot spot area 150 individuals to open, such as a coffee shop owner to install the access point 151 in the store, there is an example of such as providing Internet access services to customers in the store.
【0005】 [0005]
また、最近はホットスポットエリア140、150に、アクセスポイント141、151の他に、中継用端末142、152を設備してアドホックエリア143、153を設ける例も増加している。 Also, the hot spot area 140 and 150 recently, in addition to the access points 141 and 151, an example of providing an ad hoc area 143 and 153 and facility relay terminal 142 and 152 are also increased. なお、アドホックエリアとは、アクセスポイントを使用することなく、中継用端末を使用して、ごく少数の範囲で通信を行うエリアのことをいう。 Incidentally, the ad hoc area, without using an access point, using the relay terminal, refers to the area that communicates with few ranges.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
以上、IP電話機の使用やインターネットアクセスができるなど、その将来性が大いに期待される無線LANであるが、その普及のためには、アクセスポイントを多数設置し、そのエリアを拡大しユーザの利便性の向上を図ることが最重要課題である。 Above, such as it is used and Internet access IP telephone is a wireless LAN to which the future is highly expected, due to its spread, is placed a number of access points, the convenience of the user to expand the area it is the most important issue to improve the.
しかし、通信事業者はビジネスベースでアクセスポイントを設置するために、エリアの拡大には限界があり、個人が開設するホットスポットエリアの拡大に期待するところが大きい。 However, for telecom operators to install the access point in the business base, the expansion of the area there is a limit, largely expect the expansion of the hot spot area an individual to open. 現在はADSLの普及により、家庭内においても常時接続の環境が整いつつあり、ADSL回線の端末にアクセスポイントを接続すれば、他人も利用できるようになるが、現在のところは、家庭内のアクセスポイントを利用するためのビジネスモデルやシステムが確立されておらず、その実現が大いに期待されている。 By the current ADSL penetration, there while you're environment also always-on connection in the home, by connecting the access point to the terminal of the ADSL line, but will also be available others, the place of the current, access in the home business model and the system has not been established for use of the point, its implementation has been highly expected.
【0007】 [0007]
本発明はこのような問題を解決するためになされたもので、その目的は、個人が開設するホットスポットエリア及びアドホックエリアの拡大を促進をすることを可能にする、無線LANシステムのアクセス管理サーバ、及びアクセス管理方法を提供することにある。 The present invention has been made in order to solve such problems, and an object makes it possible to promote the expansion of the hot spot area and an ad hoc area individuals to open, access management server of a wireless LAN system , and to provide access management method.
【0008】 [0008]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明は上記課題を解決するためになされたものであり、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバは、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバであって、前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手段と、前記アクセスポイントで提供される帯域の情報を登録するための帯域登録手段と、前記利用端末から前記アクセスポイントを介した The present invention has been made to solve the above problems, the access management server of a wireless LAN system of the present invention, an access point to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the a said access management server in a wireless LAN system having an access management server for the access point registers the information of the band to be opened to manage is connected via a communication network with an access point, opening the band with accepting membership registration of the owner of the access point, to register the member registration means for registering the information related to personal information and members owned by the access point of said association members, the bandwidth information provided by the access point a band registration means for, via the access point from the user terminal 続要求を受け付けた場合に、該利用端末の認証を行うための端末認証手段と、前記端末認証手段による利用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイントに対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手段とを具備することを特徴とする。 When receiving the connection request, the terminal authentication unit for performing authentication of the user terminal, when the authentication of the user terminal is successful by the terminal authentication unit, to the access point, the user terminal characterized by comprising the use permission notification means for notifying to allow use of the band by.
これにより、利用者は利用端末を使用して、個人が開局するホットスポットエリアでインターネットアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, individuals can use the Internet or the like access service in the hot spot area that started broadcasting. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities.
【0009】 [0009]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバは、前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を所定の期間ごとに受信するための利用度数受信手段と、前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を突き合わせて確認するための利用度数情報確認手段と、前記アクセスポイントの利用度数に応じて、前記アクセスポイントの所有者に還元するための、会員の会費収入からの分配金額を所定の基準により算出するための分配金額算出手段とをさらに具備することを特徴とする。 The access management server of a wireless LAN system of the present invention, the information of the usage frequency at the access point, and utilize power receiving means for receiving information of a power in the user terminal for each predetermined time period, the access and information of a degree at the point, the a usage frequency information confirmation means for confirming against information available power at the user terminal, according to the usage frequency of the access point, for the reduction to the owner of the access point of, characterized by further comprising a dispensing amount calculating means for calculating the predetermined reference distribution amount from the member of membership fees.
これにより、会費収入からの分配金が還元され、個人によるホットスポットの開設の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され利用者の利便性が向上する。 As a result, the dividend is reduced from the membership fees, by individuals can do motivation of the opening of the hot spot, the expansion of the service area is promoted to improve the convenience of the user. また、アクセスポイントと利用端末でトラヒックの度数管理を行うので、サーバへの負荷の集中を回避できる。 Further, since the power management traffic with the access point and user terminal, it can avoid concentration of load on the server.
【0010】 [0010]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバは、利用可能な帯域の全部または一部を利用端末に開放する中継用端末と、利用可能な帯域の全部または一部を前記中継用端末に開放するアクセスポイントと、前記アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に前記アクセスポイント及び中継用端末が開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバであって、前記アクセスポイント及び中継用端末の所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイント及び中継用端末に関する情報を登録するための会員登録手段と、前記アクセスポイント及び中継用端末で開放される帯域の情報を登録する The access management server of a wireless LAN system of the present invention includes a relay terminal to open all or part of the available bandwidth to the user terminal, open all or part of the available bandwidth to the relay terminal It said access in a wireless LAN system having an access management server for the access point and the relay terminal registers to manage the information of the band to be opened with the access point are connected via a communication network and the access point a management server, together with accepting membership registration of the owner of the access point and the relay terminal, a member registration means for registering information about the access point and the relay terminal owned by the personal information and the membership of the associative membered , registers the information of the band to be opened at the access point and the relay terminal めの帯域登録手段と、前記利用端末から前記中継用端末及びアクセスポイントを介した接続要求を受け付けた場合に、該利用端末及び中継用端末の認証を行うための端末認証手段と、前記端末認証手段による利用端末及び中継用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイント及び中継用端末に対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手段とを具備することを特徴とする。 A band registration means because, when receiving the connection use via the relay terminals and the access point from a terminal requesting a terminal authentication means for authenticating the user terminal and the relay terminal, the terminal authentication If the authentication of the user terminal and the relay terminal by means was successful, to the access point and the relay terminal, use permission notification means for notifying to allow use of the band by the use terminal characterized by including and.
これにより、利用者は利用端末を使用して、個人が開局する中継用端末のエリア内でインターネットへのアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, individuals can utilize and access service to the Internet in the area of ​​the relay terminal started broadcasting. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities.
【0011】 [0011]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバは、前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記中継用端末における利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を所定の期間ごとに受信するための利用度数受信手段と、前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記中継用端末における利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を突き合わせて確認するための利用度数情報確認手段と、前記利用度数に応じて、前記アクセスポイントの所有者及び中継用端末の所有者に還元するための、会員の会費収入からの分配金額を所定の基準により算出するための分配金額算出手段とをさらに具備することを特徴とする。 The access management server of a wireless LAN system of the present invention, receiving the information of the usage frequency at the access point, and information of a power in the relay terminal, the information of a frequency in the user terminal for each predetermined time period a usage frequency receiving means for the information of the usage frequency at the access point, and information of a power in the relay terminal, usage frequency information confirmation means for confirming against the information of a frequency in said user terminal When, according to the use frequency, for reducing the owner of the owner and the relay terminal of the access point, a distribution amount calculating means for calculating the predetermined reference distribution amount from the member of membership fees further characterized by comprising a.
これにより、会費収入からの分配金が還元され、個人によるホットスポットや中継用端末の開設の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され利用者の利便性が向上する。 As a result, the dividend from the membership fees have been reduced, by individuals can motivate the establishment of hot spots and the relay terminals, expansion of the service area is promoted to improve the convenience of the user. また、アクセスポイントと、中継用端末と、利用端末でトラヒックの度数管理を行うので、サーバへの負荷の集中を回避できる。 Also, an access point, a relay terminal, since the power management traffic with the user terminal, can avoid concentration of load on the server.
【0012】 [0012]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバは、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバであって、前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手段と、前記アクセスポイントで開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手段と、前記帯域を提供したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端 The access management server of a wireless LAN system of the present invention, an access point to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access is connected via a communication network with the access point a said access management server in a wireless LAN system having an access management server for registering the information of the bandwidth that point is opened management, the accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, the a member registration means for registering information about the individual member information and member owned by access points, a band registration means for registering the information of the bandwidth to be released by the access point, the access point that provides the band owner, use end within the other access point area を使用する場合に、該利用端末の正当性を認証するための端末認証手段と、前記帯域を開放したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該他のアクセスポイントに対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手段とを具備することを特徴とする。 The When used, the terminal authentication unit for authenticating the validity of the user terminal, the owner of the access point opening the band, when using the user terminal in the other access point area, against said other access point, characterized by comprising a band reservation notifying means for the registered bandwidth equivalent bandwidth instructing to assign to the user terminal.
これにより、利用者は利用端末を使用して、他人が開局するホットスポットエリアでインターネットへのアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, can use and access service to the Internet in the hot spot area that started broadcasting the others. また、他のアクセスポイントに利用権を確保できることから、個人によるホットスポットの開設と帯域の開放の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され、利用者の利便性が向上する。 Further, since it can ensure the right to use the other access points, by individuals performing motivation opening of opening and bandwidth of hot spots, the expansion of the service area is promoted, thereby improving the convenience of the user. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities. またさらに、アクセスポイントでのトラヒック量を管理する手間が省けると共に、清算処理が不要となるので、サーバのシステム構成がシンプル(簡略)となり、運用コストも低減できる。 Furthermore, the cost of maintaining the amount of traffic at the access point can be omitted, since clearing process is not required, the system configuration of the server is simple (simplified), and the operation cost can be reduced.
【0013】 [0013]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバは、前記アクセスポイントのエリア内に設備された中継用端末の所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有する中継用端末に関する情報を登録するための会員登録手段と、前記アクセスポイント及び中継用端末で開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手段と、前記中継用端末の所有者が他の中継用端末のエリア内において利用端末を使用する場合に、該利用端末及び中継用端末の認証を行うための端末認証手段と、前記中継用端末の所有者が他の中継用端末のエリア内において利用端末を使用する場合に、該他の中継用端末に対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手段とを The access management server of a wireless LAN system of the present invention, together with accepting membership registration of the owner of the relay terminals that are facilities in the area of ​​the access point, a relay terminal to the personal information and the membership ownership of associative membered a member registration means for registering information on a band registration means for registering the information of the bandwidth to be opened at the access point and the relay terminal, the owner of the relay terminal of the other relay terminal when using the user terminal in the area, using the user terminal in the user terminal and a terminal authentication unit for performing authentication of the relay terminals, the area owner of other relay terminal of said relay terminal when, with respect to said other relay terminal, the registered bandwidth equivalent bandwidth and a bandwidth reservation notifying means for instructing to assign to the user terminal らに具備することを特徴とする。 Characterized by comprising the al.
これにより、利用者は他人が開局するアドホックエリアでインターネットへのアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use and access service to the Internet in an ad-hoc area that started broadcasting the others. また、他の中継用端末の利用権を確保できることから、個人によるホットスポットと中継用端末の開設と帯域の開放の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され利用者の利便性が向上する。 Further, since it can ensure the right to use the other relay terminal, by individuals can motivate opening of opening and bandwidth hotspot the relay terminal, thereby improving convenience of the expansion of the service area is promoted user . また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities. またさらに、アクセスポイント及び中継用端末でのトラヒック量を管理する手間が省けると共に、清算処理が不要となるので、サーバのシステム構成がシンプルとなり、運用コストも低減できる。 Furthermore, the cost of maintaining the amount of traffic at the access point and the relay terminal can be omitted, since clearing process is not required, the system configuration of the server becomes simpler, operating costs can be reduced.
【0014】 [0014]
また、本発明のアクセス管理方法は、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバによるアクセス管理方法であって、前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、前記アクセスポイントで提供される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、前記利用端末から前記アクセスポイントを介した接続要求を受け付けた場合に、該利用端末の認証を Further, the method of access management present invention, an access point to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point is opened is connected via a communication network with the access point a the access management server according to the access management method in a wireless LAN system having an access management server for registering the information of the bandwidth management, the accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, the a member registration procedure for registering the information about the access point to personal information and members owned member, a band registration procedure for registering the information of the bandwidth provided by the access point, the access point from the user terminal when receiving a connection request via the authentication of the user terminal うための端末認証手順と、前記端末認証手順による利用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイントに対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手順とを含むことを特徴とする。 And Utame terminal authentication procedure, when the terminal authentication procedure by the user terminal authentication is successful, to the access point, available for notifying to allow use of the band by the use terminal characterized in that it comprises a permission notification procedure.
これにより、利用者は利用端末を使用して、個人が開局するホットスポットエリアでインターネットアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, individuals can use the Internet or the like access service in the hot spot area that started broadcasting. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities.
【0015】 [0015]
また、本発明のアクセス管理方法は、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバによるアクセス管理方法であって、前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、前記アクセスポイントで開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、前記帯域を提供したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端 Further, the method of access management present invention, an access point to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point is opened is connected via a communication network with the access point a the access management server according to the access management method in a wireless LAN system having an access management server for registering the information of the bandwidth management, the accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, the a member registration procedure for registering the information about the access point to personal information and members owned member, a band registration procedure for registering the information of the band to be opened at the access point, the access point that provides the band owner, use end within the other access point area を使用する場合に、該利用端末の正当性を認証するための端末認証手順と、前記帯域を開放したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該他のアクセスポイントに対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手順とを含むことを特徴とする。 The When used, the terminal authentication procedure for authenticating the validity of the user terminal, the owner of the access point opening the band, when using the user terminal in the other access point area, against said other access point, characterized in that it comprises a bandwidth reservation notification procedure for instructing the registered bandwidth equivalent bandwidth to assign to the user terminal.
これにより、利用者は利用端末を使用して、他人が開局するホットスポットエリアでインターネットへのアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, can use and access service to the Internet in the hot spot area that started broadcasting the others. また、他のアクセスポイントに利用権を確保できることから、個人によるホットスポットの開設と帯域の開放の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され、利用者の利便性が向上する。 Further, since it can ensure the right to use the other access points, by individuals performing motivation opening of opening and bandwidth of hot spots, the expansion of the service area is promoted, thereby improving the convenience of the user. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities. またさらに、アクセスポイントでのトラヒック量を管理する手間が省けると共に、清算処理が不要となるので、サーバのシステム構成がシンプル(簡略)となり、運用コストも低減できる。 Furthermore, the cost of maintaining the amount of traffic at the access point can be omitted, since clearing process is not required, the system configuration of the server is simple (simplified), and the operation cost can be reduced.
【0016】 [0016]
また、本発明のコンピュータプログラムは、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバ内のコンピュータに、前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、前記アクセスポイントで提供される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、前記利用端末から前記アクセスポイントを介した接続要求を受け付けた場合に、該利用端末の認証を行うた The computer program of the present invention, an access point to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the bandwidth which the access point is opened is connected via a communication network with the access point personal information of the information to a computer in the access management server in a wireless LAN system having an access management server for registered managing, with accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, the associative membered and a member registration procedure for registering the information about the access points owned by the member, a band registration procedure for registering the information of the bandwidth provided by the access point, connection via the access point from the user terminal when receiving the request was performs authentication of the user terminal の端末認証手順と、前記端末認証手順による利用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイントに対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手順とを実行させるためのプログラムである。 And a terminal authentication procedure, when the terminal authentication procedure by the user terminal authentication is successful, to the access point, use permission notification for notifying to allow use of the band by the use terminal is a program for executing the procedure.
【0017】 [0017]
また、本発明のコンピュータプログラムは、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバ内のコンピュータに、前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、前記アクセスポイントで開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、前記帯域を提供したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使 The computer program of the present invention, an access point to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the bandwidth which the access point is opened is connected via a communication network with the access point personal information of the information to a computer in the access management server in a wireless LAN system having an access management server for registered managing, with accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, the associative membered and a member registration procedure for registering the information about the access points owned by the member, a band registration procedure for registering the information of the band to be opened at the access point, the owner of the access points providing the band , using a user terminal in the other access point area する場合に、該利用端末の正当性を認証するための端末認証手順と、前記帯域を開放したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該他のアクセスポイントに対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手順とを実行させるためのプログラムである。 When a terminal authentication procedure for authenticating the validity of the user terminal, the owner of the access point opening the band, when using the user terminal in the other access point area, said other respect of the access point, the registered bandwidth equivalent bandwidth is a program for executing a band reservation notification procedure for instructing to assign to the user terminal.
【0018】 [0018]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
次に本発明の実施の形態例について図面を参照して説明する。 Will be described with reference to the drawings following embodiments of the present invention.
【0019】 [0019]
本発明によるサービスの形態としては、アクセス系サービスと中継系サービスがある。 The form of the service according to the present invention, there is a relay system services and access-system services. 両サービスとも会員制を前提とし、会員になるためには会費を納めるものとする。 Assumes membership in both services, it is assumed that pay a membership fee in order to become a member.
【0020】 [0020]
[サービス形態] [Service form]
(1)アクセス系サービスアクセス系サービスは、図1の収入分配モデルのアクセス系サービスについて説明するための図に示すように、登録した会員1が利用端末1aから、別の登録会員3が所有するアクセスポイント3aを利用して、IP網(インターネット網を含む)4などの通信ネットワークにアクセスし、アクセス管理サーバ(単に「サーバ」ともいう)10の管理の基に、相手端末5と通信を行うことを可能にするサービスである。 (1) Access system service access system services, as shown in diagram for explaining the access-system services revenue share model of Figure 1, from the member 1 is user terminal 1a registered, another registered member 3 owned using the access point 3a, to access the communication network such as IP network (including the Internet) 4, (also referred to simply as "server") access management server 10 based on the control of, and communicates with other terminal 5 it is a service that enables. なお、利用端末1aとしては、無線LAN機能を有するパーソナルコンピュータ、PDAなどの携帯端末、IP電話機などが使用できる。 As the user terminal 1a, a personal computer having a wireless LAN function, a portable terminal such as PDA, such as IP phones can be used.
(2)中継系サービスまた、中継系サービスは、図2の収入分配モデルの中継系サービスについて説明するための図に示すように、登録した会員1が利用端末1aから、別の登録会員2が所有する中継用端末2aを介して、さらに別の登録会員3が所有するアクセスポイント3aを利用してIP網4などの通信ネットワークにアクセスし、サーバ10の管理の基に、相手端末5と通信を行うことを可能にするサービスである。 (2) relay system services The relay system services, as shown in diagram explaining a relay system services revenue share model of Figure 2, from the member 1 is user terminal 1a registered, another registered member 2 via the relay terminals 2a owned, further access to the communication network such as IP network 4 by using an access point 3a of another registered member 3 is owned, the group management server 10, communicating with another terminal 5 is a service that makes it possible to perform. なお、中継用端末2aとしては、無線LAN中継機能を有するパーソナルコンピュータ、PDA等の携帯端末、IP電話機等が使用できる。 As the relay terminals 2a, a personal computer having a wireless LAN relay function, the mobile terminal such as a PDA, IP phone, etc. can be used.
【0021】 [0021]
また、アクセス系サービス及び中継系サービスを運用するビジネスモデルには、利用トラヒックに応じて収入を分配するモデルと、帯域を交換するモデルがある。 Furthermore, the business model for operating an access-based service and a relay system services may model to replace the model of distributing revenue according to the usage traffic, bandwidth.
【0022】 [0022]
[利用トラヒックに応じて収入を分配するモデル] [Model for distributing the revenue according to the usage traffic]
このモデルは、図1及び図2に示すアクセスポイント3a、中継用端末2a及び利用端末1aにおいて、利用度数を通信毎に記録しておき、定期的(例えば、1ヶ月毎)に、利用度数の総額を計算し、トラヒックに応じて会費収入を分配するモデルである。 This model, the access point 3a shown in FIGS. 1 and 2, the relay terminal 2a and the user terminal 1a, may be recorded for each communication usage frequency, periodically (e.g., every month), the usage frequency calculate the total, it is a model of distributing membership fees in accordance with the traffic. この「利用トラヒックに応じて収入を分配するモデル」には、以下の特徴がある。 This "model of distributing revenue according to the usage traffic", has the following features.
・アクセスポイント3a、中継用端末2a及び利用端末1aでの利用トラヒックの度数管理を行い、通信毎に利用度数の情報がサーバ10に流れないようにして、サーバ10の過負荷を押さえている。 Access point 3a, performs a power management of the use traffic at the relay terminal 2a and the user terminal 1a, information of a frequency for each communication so as not to flow to the server 10, and pressing the overload of the server 10.
・すべてのアクセスポイント3a、中継用端末2a及び利用端末1aから「利用状況」を定期的(例えば、月1回)に申告させ、それらから得た情報をクロスチェックにより突き合わせして、不正申告や誤りを抑制する。 • All of the access point 3a, to report on a regular basis to "usage" from the relay terminal 2a and the user terminal 1a (for example, once a month), then butt the information obtained from them by the cross-check, Ya false statement It suppresses the error.
・利用トラヒックに応じて会費収入の分配額を決定する。 · To determine the distribution amount of membership fees according to the usage traffic.
・会費収入の還元により、会員に対して帯域提供やエリア拡大のインセンティブ(行動を促す動機付け)を設けることができる。 · The reduction of membership fees, it is possible to provide an incentive for the band provides and area expansion (motivation call-to-action) to members.
【0023】 [0023]
以下、利用トラヒックに応じて収入を分配するモデルにおける、アクセス系サービスと中継系サービスの2種類の場合について説明する。 Hereinafter, in the model of distributing revenue according to the usage traffic, it is described for the case of two relay system services and access-system services.
【0024】 [0024]
1. 1. アクセス系サービスの場合最初に、アクセス系サービスにおける利用トラヒックに応じて収入を分配するモデルについて説明する。 If the access system services will be explained first model of distributing revenue according to the usage traffic in the access system services.
アクセス系サービスのシステム構成は、先に説明したように、図1に示すシステム構成となり、IP網4に接続されるサーバ10、登録した会員3が所有するアクセスポイント3a、登録した会員1が所有する利用端末1a、及び相手端末5から構成される。 System configuration of the access system services, as described above, becomes a system configuration shown in FIG. 1, the access point 3a of the server 10 connected to the IP network 4, the members 3 registered owned member 1 owned registered user terminal 1a to, and a counterpart terminal 5.
また、サーバ10は、以下の機能を有する。 The server 10 has the following functions.
・会員登録機能21は、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末1aに開放するアクセスポイント3aの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員3の個人情報及び会員3の所有するアクセスポイント3a及び会員1の所有する利用端末1aに関する情報を会員管理データベース(会員管理DB)11に登録するための機能である。 · Registration function 21, together with accepting membership registration of the owner of the access point 3a to open all or part of the available bandwidth for other user terminal 1a, owned by the personal information and the membership 3 of associative membered 3 information regarding use terminal 1a owned access points 3a and member 1 is a function for registering the member management database (member management DB) 11.
・帯域登録機能22は、アクセスポイント3aが開放(提供)する帯域(例えば、64Kbpsなど)の情報を帯域管理データベース(帯域管理DB)12に登録するための機能である。 In zone registration function 22, the bandwidth (e.g., 64 Kbps) to the access point 3a is opened (provided) is a function for registering information on the bandwidth management database (bandwidth management DB) 12.
・端末認証機能23は、利用端末1aからアクセスポイント3aを介して接続要求を受け付けた場合に、会員管理DB11を参照して、該利用端末1aの認証を行うための機能である。 - terminal authentication function 23, if the connection request has been received from the user terminal 1a via the access point 3a, with reference to the member management DB 11, a function for performing authentication of the user terminal 1a.
・利用許可通知機能24は、端末認証機能23による利用端末1aの認証が正常に行われた場合に、アクセスポイント3aに対して帯域の利用を許可するように通知するための機能である。 And use permission notice function 24, when the authentication of the user terminal 1a by the terminal authentication function 23 is performed normally, a function for notifying to allow use of the bandwidth to the access point 3a.
・利用度数受信機能25は、アクセスポイント3aにおける利用度数の情報と、利用端末1aにおける利用度数の情報を所定の期間ごとに受信するための機能である。 And use frequency receiving function 25, and information of a degree at the access point 3a, is the information of a frequency in the user terminal 1a a function for receiving for each predetermined time period.
・利用度数情報確認機能26は、アクセスポイント3aにおける利用度数の情報と、利用端末1aにおける利用度数の情報を突き合わせてチェックするための機能である。 And use frequency information check function 26 includes information of a power at the access point 3a, a function for checking against the information of a power in the user terminal 1a.
・分配金額算出機能27は、アクセスポイント3aの利用度数に応じて、該アクセスポイント3aの所有者に還元する、会員の会費収入からの分配金額を所定の基準により算出するための機能である。 · Distribution Amount calculation function 27, according to the usage frequency of the access point 3a, is reduced to the owner of the access point 3a, a function for calculating the predetermined reference distribution amount from the member of membership fees.
【0025】 [0025]
また、会員管理DB11、帯域管理DB12、及び利用状況管理DB13には、上記各機能を実行する際に必要となるデータが記録されており、会員管理DB11に記録されるデータの内容を図11に、帯域管理DB12に記録されるデータの内容を図12に、利用状況管理DB13に記録されるデータの内容を図13に示す。 Also, the member management DB11, bandwidth management DB 12, and the usage status management DB13 is data is recorded which is required for executing the above functions, in FIG. 11 the contents of the data recorded in the member management DB11 , the contents of data recorded in the bandwidth management DB12 in FIG. 12 shows the content of data recorded in the usage management DB13 in FIG.
【0026】 [0026]
また、図5は、利用トラヒックに応じて収入を分配するモデルにおけるアクセス系サービスの処理手順について説明するための図であり、以下、図5を基に、アクセス系サービスにおける、利用トラヒックに応じて収入を分配する手順について説明する。 Further, FIG. 5 is a diagram for explaining the processing procedure of the access-system services in the model that distributes income according to the usage traffic, hereinafter based on FIG. 5, in the access system services, depending on the available traffic a description will be given of a procedure to distribute the revenue.
(1)利用端末1aからサーバ10に接続要求を出す(ステップS1)。 (1) issues a connection request to the server 10 from the user terminal 1a (step S1).
(2)サーバ10は、会員1の利用端末1aからの接続要求を受け付けると、サーバ10と利用端末1a間で利用端末1aの端末認証を行う(ステップS2)。 (2) the server 10 performs when receiving a connection request from a terminal 1a of the member 1, the terminal authentication of the user terminal 1a between server 10 and the user terminal 1a (step S2).
(3)端末認証がOK(正当性の確認)であれば、サーバ10の会員管理DB11を参照して、接続要求を行った会員1の会員資格の確認(例えば、会費の滞納チェック)を行う(ステップS3)。 (3) If the terminal authentication is OK (confirmation of the validity), referring to the member management DB11 of the server 10, to confirm the membership of the member 1, which made the connection request (for example, membership fee arrears check) (step S3). 会員資格の確認が正常に行われた場合は、アクセスポイント3aに対して利用許可を通知する(ステップS4)。 If the confirmation of membership has been carried out successfully, and notifies the use permission for the access point 3a (step S4).
(4)アクセスポイント3aでは、利用端末1aに対して、必要な帯域を開放し割り当て(ステップS5)、利用端末1aと相手端末5との間で通信を行うことができる(ステップS6)。 (4) In access point 3a, relative to the user terminal 1a, it releases the necessary bandwidth allocation (step S5), and can communicate with the user terminal 1a and the mating terminal 5 (step S6).
(5)通信を終了すると、利用端末1aとアクセスポイント3aでは「利用度数」を記録しておく(ステップS7、S8)。 (5) Upon completion of the communication, recording the "use frequency" in the user terminal 1a and the access point 3a (step S7, S8).
(6)サーバ10では、定期的(例えば、毎月1回)に「利用度数」の報告要求をアクセスポイント3a、利用端末1aに対して発出する(ステップS9、S11)。 In (6) the server 10 periodically (e.g., once a month) access point 3a the reporting requirements of the "use frequency" to be issued against the user terminal 1a (step S9, S11).
(7)「利用度数の報告要求」を受けたアクセスポイント3aは、1ヶ月間の利用端末1aごとの利用時間、利用帯域をサーバ10に通知する(ステップS10)。 (7) access point 3a that received the "reporting requirements of the use frequency" is the use time of each user terminal 1a of one month, and notifies the bandwidth usage to the server 10 (step S10).
(8)また、「利用度数の報告要求」を受けた利用端末1aは、1ヶ月間の利用状況について、利用したアクセスポイント3aごとに、その利用時間、利用帯域をサーバ10に通知する(ステップS12)。 (8) In addition, user terminal 1a having received the "reporting requirements of the use frequency", for usage for one month, per access point 3a using, its usage time, and notifies the bandwidth usage to the server 10 (step S12).
(9)サーバ10では、サーバ10に通知された全アクセスポイント3aと全利用端末1aの利用状況の情報を突き合わせ(クロスチェック)し、報告について不正や誤りがないことを確認する。 (9) In the server 10, butt information usage of all access points 3a and the total use terminal 1a which is notified to the server 10 (cross-check), confirms that there is no fraud and error in reporting. また、全体の利用総数に対するアクセスポイント3aの利用比率を求め、会費収入の分配額を算出する。 Also, determine the use ratio of the access point 3a for the use total of the whole, to calculate the distribution amount of membership fees. また、分配額をアクセスポイント3aの各所有者に還元する(ステップS13)。 Further, to reduce amount distributed to each owner of the access point 3a (step S13).
【0027】 [0027]
2. 2. 中継系サービスの場合次に、中継系サービスにおける利用トラヒックに応じて収入を分配するモデルについて説明する。 If a relay-based services The model will be described which distributes the revenue according to the usage traffic in the relay system service.
【0028】 [0028]
中継系サービスのシステム構成は、先に説明したように、図2に示すシステム構成となり、IP網4及びIP網4に接続されたサーバ10、会員1の所有する利用端末1a、会員2が所有する中継用端末2a、会員3が所有するアクセスポイント3a、相手端末5から構成される。 System configuration of the relay system services, as described above, becomes a system configuration shown in FIG. 2, the IP network 4 and the IP network 4 to the connected server 10, user terminal 1a owned by the member 1, member 2 owned relay terminal 2a to the access point 3a the member 3 is owned, and a partner terminal 5.
また、サーバ10には以下の機能が含まれる。 Further, the server 10 includes the following functions.
・会員登録機能21aは、利用可能な帯域の全部または一部を他の中継用端末2aに開放するアクセスポイント3aの所有者(会員3)と、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末1aに開放する中継用端末2aの所有者(会員2)の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイント3a及び中継用端末2a及び利用端末1aに関する情報を会員管理DB11に登録するための機能である。 · Registration function 21a is the owner of the access point 3a to open all or part of the available bandwidth to the other relay terminal 2a (Member 3), available bandwidth whole or other part with accepting membership registration of the owner of the relay terminal 2a which opens the user terminal 1a (member 2), membership information about the access point 3a and the relay terminal 2a and user terminal 1a owned personal information and members of associative membered is a function for registering in the management DB11.
・帯域登録機能22aは、アクセスポイント3aが開放(提供)する帯域の情報と、中継用端末2aが開放する帯域の情報を帯域管理DB12に登録するための機能である。 In zone registration function 22a includes a band of information the access point 3a is opened (provided) is a function for registering information in a band relay terminal 2a is opened to bandwidth management DB 12.
・端末認証機能は前23aは、利用端末1aから中継用端末2a及びアクセスポイント3aを介して接続要求を受け付けた場合に、該利用端末1a及び中継用端末2aの認証を行うための機能である。 - terminal authentication function prior 23a, when a connection request has been received from the user terminal 1a via the relay terminal 2a and the access point 3a, is a function for performing authentication of the user terminal 1a and the relay terminal 2a .
・利用許可通知機能24aは、端末認証機能23aによる利用端末1a及び中継用端末2aの認証が正常に行われた場合に、アクセスポイント3aと中継用端末2aに対して帯域の利用を許可するように通知するための機能である。 And use permission notice function 24a, when the authentication of the user terminal 1a and the relay terminal 2a by the terminal authentication function 23a is successful, to allow the use of bandwidth to the access point 3a and the relay terminal 2a is a function for notifying.
・利用度数受信機能25aは、アクセスポイント3aにおける利用度数の情報と、中継用端末2aにおける利用度数の情報と、利用端末1aにおける利用度数の情報を所定の期間ごとに受信するための機能である。 And use frequency receiving function 25a includes information of a power at the access point 3a, there are a information of a power in the relay terminal 2a, the information of a frequency in the user terminal 1a in function to receive every predetermined period of time .
・利用度数情報確認機能26aは、アクセスポイント3aにおける利用度数の情報と、中継用端末2aにおける利用度数の情報と、利用端末1aにおける利用度数の情報を突き合わせてチェックするための機能である。 And use frequency information check function 26a includes information of a power at the access point 3a, and information of a power in the relay terminal 2a, a function for checking against the information of a power in the user terminal 1a.
・分配金額算出機能27aは、アクセスポイント3a及び中継用端末2aの利用度数に応じて、該アクセスポイント3a及び中継用端末2aの所有者に対して還元する、会員の会費収入からの分配金額を所定の基準により算出するための機能である。 · Distribution Amount calculation function 27a, depending on the use frequency of the access point 3a and the relay terminals 2a, reduced to the owner of the access point 3a and the relay terminal 2a, the distribution amount from the member of membership fees is a function for calculating the predetermined reference.
【0029】 [0029]
また、会員管理DB11に記録されるデータの内容を図11に、帯域管理DB12に記録されるデータの内容を図12に、利用状況管理DB13に記録されるデータの内容を図13に示す。 Further, in FIG. 11 the contents of the data recorded in the member management DB 11, the content of data recorded in the bandwidth management DB12 in FIG. 12 shows the content of data recorded in the usage management DB13 in FIG.
【0030】 [0030]
また、図6は、利用トラヒックに応じて収入を分配するモデルにおける中継系サービスの処理手順について説明するための図であり、以下、図6を基に、中継系サービスにおける、利用トラヒックに応じて収入を分配する手順について説明する。 Also, FIG. 6 is a diagram for explaining the processing procedure of the relay system service in the model that distributes income according to the usage traffic, hereinafter based on FIG. 6, in the relay system services, depending on the available traffic a description will be given of a procedure to distribute the revenue.
(1)利用端末1aからサーバ10に接続要求を出す(ステップS21)。 (1) issues a connection request to the server 10 from the user terminal 1a (step S21).
(2)サーバ10は利用端末1aからの接続要求を受け付けると、サーバ10と利用端末1a間、及びサーバ10と中継用端末2a間で端末認証を行う(ステップS22、S23)。 (2) the server 10 accepts the connection request from the user terminal 1a, between the server 10 and the user terminal 1a, and performs terminal authentication between the relay terminal 2a and the server 10 (step S22, S23).
【0031】 [0031]
(3)端末認証がOK(正常に認証)であれば、サーバ10の会員管理DB11を参照して、接続要求を行った利用者(会員1)及び中継用端末2aを所有する会員2の会員資格の確認(例えば、会費の滞納チェック)を行う(ステップS24)。 (3) If the terminal authentication is OK (successful authentication), by referring to the member management DB11 server 10, member 2 that owns the user (Member 1) and the relay terminal 2a that has made the connection request membership confirms the eligibility (e.g., fee arrears check) (step S24). 会員資格の確認が正常に行われた場合は、アクセスポイント3aと中継用端末2aに対して利用許可を通知する(ステップS25、S27)。 If the confirmation of membership has been carried out successfully, and notifies the use permission for the access point 3a and the relay terminal 2a (step S25, S27).
(4)アクセスポイント3aでは、中継用端末2aに対して必要な帯域を開放し割り当て(ステップS26)、中継用端末2aは利用端末1aに対して必要な帯域を開放し割り当て(ステップS28)、利用端末1aと相手端末5との間で通信を行うことができる(ステップS29)。 (4) In access point 3a, open assign the necessary bandwidth to the relay terminal 2a (Step S26), the relay terminal 2a releases the bandwidth necessary for the user terminal 1a assigned (step S28), it can communicate with the user terminal 1a and the mating terminal 5 (step S29).
(5)通信を終了すると、利用端末1aと、中継用端末2aと、アクセスポイント3aでは「利用度数」を記録しておく(ステップS30、S31、S32)。 (5) Upon completion of the communication, it is recorded and the user terminal 1a, a relay terminal 2a, the access point 3a "Working frequency" (step S30, S31, S32).
(6)サーバ10では、定期的(例えば、毎月1回)に「利用度数」の報告要求をアクセスポイント3a、中継用端末2a、利用端末1aに対して発出する(ステップS33、S35、S37)。 In (6) the server 10 periodically (e.g., once a month) report request access point 3a of the "use frequency", the relay terminal 2a, to fire against the user terminal 1a (step S33, S35, S37) .
(7)「利用度数の報告要求」を受けたアクセスポイント3aは、1ヶ月間の利用端末1a及び中継用端末2aごとの利用時間、利用帯域をサーバ10に通知する(ステップS34)。 (7) access point 3a that received the "reporting requirements of the use frequency" is use time per month using terminal 1a and the relay terminal 2a, and notifies the bandwidth usage to the server 10 (step S34).
【0032】 [0032]
(8)また、サーバ10から「利用度数の報告要求」を受けた中継用端末2aは、1ヶ月間の利用状況について、利用したアクセスポイント3a及び帯域を提供した利用端末1aごとに、その利用時間、利用帯域をサーバ10に通知する(ステップS36)。 (8) The relay terminal 2a having received the "reporting requirements of the use frequency" from the server 10, for usage for one month, for each user terminal 1a which provided the access point 3a and bandwidth using its utilization time, and notifies the bandwidth usage to the server 10 (step S36).
(9)また、「利用度数の報告要求」を受けた利用端末1aは、1ヶ月間の利用状況について、利用した中継用端末2aごとに、その利用時間、利用帯域をサーバ10に通知する(ステップS38)。 (9) Further, user terminal 1a having received the "reporting requirements of the use frequency", for usage for one month, for each relay terminal 2a using, its usage time, and notifies the bandwidth usage to the server 10 ( step S38).
(10)サーバ10では、サーバ10に通知された全アクセスポイント3aと、全中継用端末2aと、全利用端末1aの利用状況の情報を突き合わせ(クロスチェック)し、報告について不正や誤りがないことを確認する。 (10) In the server 10, and the entire access point 3a, which is notified to the server 10, and the total relay terminals 2a, abutting the usage information of all the user terminal 1a to (cross-check), no fraud and error in Report confirm the.
(11)また、全体の利用総数に対するアクセスポイント3a及び中継用端末2aの利用比率を求め、会費収入の分配額を算出する。 (11) Further, determine the use ratio of the access point 3a and the relay terminal 2a for the use total of the whole, to calculate the distribution amount of membership fees. また、分配額を各アクセスポイント3aの所有者、及び各中継用端末2aの所有者に還元する。 Also, reducing the amount distributed owner of each access point 3a, and the owner of each relay terminal 2a.
【0033】 [0033]
[帯域を交換するモデル] [Model to replace the band]
このモデルには、以下のような機能が含まれている。 This model, which includes features such as the following.
・個人(会員)が開設するホットスポット(アクセスポイントのエリア)において、自分が所有する設備(アクセスポイント)の帯域の一部を第三者に開放することにより、自分が他のアクセスポイントに行った場合に、自設備で提供した帯域分だけを利用できるようにする。 · In the individual hot spots (member) is opened (area of ​​the access point), by opening a part of the band of the equipment (access point) that you own to a third party, go yourself to the other access point when the, to be available only band component that provided by the own equipment. また、第三者に開放する帯域を予めサーバ10に登録しておく。 Also, registered in advance in the server 10 the band to open the third party. 帯域の提供者が別のアクセスポイントを利用するときは、サーバ10に登録してある帯域を参照して、帯域の割り当てを行う。 When the bandwidth provider to use another access point by referring to the bandwidth registered in the server 10, the allocation of bandwidth.
・中継系サービスでは、自分の中継用端末の中継機能が備える帯域の一部を第三者に開放することにより、その対価として別の場所で他人の中継用端末の帯域の一部を利用して、アクセスポイントのエリア外から通信できる。 • In the relay system service, by opening a part of the band in which their own relay function of the relay terminal is provided to a third party, utilizing a part in a different location of the band of the relay terminal of others as the consideration Te, it can communicate from outside the area of ​​the access point.
・この帯域交換モデルでは、利用トラヒックに応じて収入を分配するモデルに比べて、アクセスポイントや各端末における利用度数の記録機能が不要になるとともに、サーバ10側においても利用度数のチェックや、分配額計算の機能が不要になり、シンプルなシステム構成を実現できる。 · In this band exchange model, as compared to a model that distributes income according to the usage traffic, together with the recording function of the available power at the access point and each terminal is not necessary, even and usage frequency checked in the server 10 side, distributed function of the amount calculation is not required, it is possible to realize a simple system configuration.
・また、他のアクセスポイントの利用権を与えることにより、会員に対して帯域提供やエリア拡大のインセンティブを設けることができる。 - In addition, by providing the right to use the other access points can be provided an incentive for bandwidth provided and area expansion to members.
【0034】 [0034]
以下、帯域を交換するモデルについて、アクセス系サービスと中継系サービスの場合について説明する。 Hereinafter, for the model to replace the band will be described for the case of the relay system services and access-system services.
【0035】 [0035]
1. 1. アクセス系サービスの場合最初に、「帯域を交換するモデル」のアクセス系サービスについて説明する。 First in the case of access-based services, a description will be given access system service "model to replace the band". アクセス系サービスのシステム構成は、図3に示すシステム構成となり、IP網4に接続されるサーバ10、会員3が所有するアクセスポイント3a、会員1が所有する利用端末1a、及び相手端末5から構成される。 System configuration of the access system service becomes a system configuration shown in FIG. 3, the access point 3a of the server 10 connected to the IP network 4, a membership 3 owned, user terminal 1a a member 1 owned, and configuration from the partner terminal 5 It is.
また、サーバ10には以下の機能が含まれる。 Further, the server 10 includes the following functions.
・会員登録機能31は、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイント3aの所有者(会員3)の会員登録を受け付けると共に、該会員3の個人情報及び会員3の所有するアクセスポイント3a及び会員1の所有する利用端末1aに関する情報を会員管理DB11に登録するための機能である。 · Registration function 31, together with accepting membership registration of the owner of the access point 3a to open all or part of the available bandwidth for other use terminal (Member 3), personal information and member 3 of associative membered 3 ownership information on the user terminal 1a owned access points 3a and member 1 which is a function for registering the member management DB 11.
・帯域登録機能32は、アクセスポイント3aが開放(提供)する帯域の情報を帯域管理DB12に登録するための機能である。 In zone registration function 32 is a function for registering information in a band access point 3a is opened (provided) to the bandwidth management DB 12.
・端末認証機能33は、利用端末1aからアクセスポイント3aを介して接続要求を受け付けた場合に、該利用端末1aの認証を行うための機能である。 - terminal authentication function 33, if the connection request has been received from the user terminal 1a via the access point 3a, a function for performing authentication of the user terminal 1a.
・帯域確保通知機能34は、帯域を開放したアクセスポイント3aの所有者3が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末1aを使用する場合に、該他のアクセスポイントに対して、開放された帯域と等価な帯域を割り当てるよう指示するための機能である。 · Band securing notification function 34, the owner 3 access points 3a having an open band, when using the user terminal 1a in the other access point area, relative to said other access points, which is open a function for instructing to assign bandwidth equivalent bandwidth.
【0036】 [0036]
また、図7は、「帯域を交換するモデル」におけるアクセス系サービスの処理手順について説明するための図であり、以下、図7を基に、アクセス系サービスにおける帯域交換の処理手順について説明する。 Further, FIG. 7 is a diagram for explaining the processing procedure of the access-system services in "model to replace the band", below, based on FIG. 7, a procedure of the band exchange in the access system services.
【0037】 [0037]
(1)アクセスポイント3aの所有者(会員3)は、事前に自分が開放(提供)する帯域をサーバ10に通知し、サーバ10の帯域管理DB12に登録しておく(ステップS41)。 (1) The access point 3a owner (Member 3), a band in advance they open (provided) notifies the server 10, are registered in the bandwidth management DB12 of the server 10 (step S41).
(2)アクセスポイント3aの所有者が別の場所に行き、利用端末1aの立場でIP網4にアクセスする場合には、まず利用端末1aからサーバ10に接続要求を出す(ステップS42)。 (2) went to owners elsewhere access point 3a, when accessing the IP network 4 from the standpoint of the user terminal 1a issues a connection request to the server 10 must first use the terminal 1a (step S42).
(3)サーバ10は、利用端末1aからの接続要求を受け付けると、サーバ10と利用端末1a間で利用端末1aの端末認証を行う(ステップS43)。 (3) the server 10 accepts the connection request from the user terminal 1a, the terminal authentication of the user terminal 1a between server 10 and user terminal 1a (step S43).
(4)端末認証がOK(正常に認証)であれば、サーバ10の会員管理DB11を参照して、接続要求を行った利用者の会員資格を確認(例えば、会費の滞納チェック)し、また利用可能な帯域を確認する(ステップS44)。 (4) If the terminal authentication is OK (successful authentication), referring to the member management DB11 of the server 10, to confirm the membership of the user who made the connection request (for example, membership fee arrears checking), also to verify the available bandwidth (step S44).
(5)会員資格の確認が正常に行われた場合は、アクセスポイント3aに対して利用許可を通知する(ステップS45)。 (5) If a confirmation of membership has been carried out successfully, and notifies the use permission for the access point 3a (step S45).
(6)アクセスポイント3aでは、利用端末1aに対して、必要な帯域を開放し割り当て(ステップS46)、利用端末1aと相手端末5との間で通信を行う(ステップS47)。 (6) In access point 3a, relative to the user terminal 1a, releases the necessary bandwidth allocation (step S46), communicates with the user terminal 1a and the mating terminal 5 (step S47).
【0038】 [0038]
2. 2. 中継系サービスの場合次に、「帯域を交換するモデル」の中継系サービスについて説明する。 In the case of relay-based service will now be described relay system service of "model to replace the band".
【0039】 [0039]
中継系サービスのシステム構成は、図4に示すシステム構成となり、IP網4及びIP網4に接続されるサーバ10、会員1の所有する利用端末1a、会員2が所有する中継用端末2a、会員3が所有するアクセスポイント3a、及び相手端末5から構成される。 System configuration of the relay system service becomes a system configuration shown in FIG. 4, the IP network 4 and the server 10 connected to the IP network 4, the user terminal 1a owned by the members 1, relay terminal 2a by the member 2 owned, members access point 3a of 3 owned, and a counterpart terminal 5.
また、サーバ10には以下の機能が含まれる。 Further, the server 10 includes the following functions.
・会員登録機能31aは、利用可能な帯域の全部または一部を他の中継用端末2aに開放するアクセスポイント3aの所有者(会員3)と、利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末1aに開放する中継用端末2aの所有者(会員2)の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイント3a及び中継用端末2a及び利用端末1aに関する情報を会員管理DB11に登録するための機能である。 · Registration function 31a is the owner of the access point 3a to open all or part of the available bandwidth to the other relay terminal 2a (Member 3), available bandwidth whole or other part with accepting membership registration of the owner of the relay terminal 2a which opens the user terminal 1a (member 2), membership information about the access point 3a and the relay terminal 2a and user terminal 1a owned personal information and members of associative membered is a function for registering in the management DB11.
・帯域登録機能32aは、アクセスポイント3aが開放(提供)する帯域の情報と、中継用端末2aが開放する帯域の情報を帯域管理DB12に登録するための機能である。 In zone registration function 32a includes a band of information the access point 3a is opened (provided) is a function for registering information in a band relay terminal 2a is opened to bandwidth management DB 12.
・端末認証機能33aは、利用端末1aから、中継用端末2a及びアクセスポイント3aを介して、接続要求を受け付けた場合に、該利用端末1a及び中継用端末2aの認証を行うための機能である。 - terminal authentication function 33a from the user terminal 1a, via the relay terminals 2a and access points 3a, when receiving the connection request is the function for performing authentication of the user terminal 1a and the relay terminal 2a .
・帯域確保通知機能34aは、帯域を開放した中継用端末2aの所有者が、他の中継用端末のエリア内において利用端末を使用する場合に、該他の中継用端末に対して、開放された帯域と等価な帯域を割り当てるよう指示するための機能である。 · Band securing notification function 34a, the owner of the relay terminal 2a having an open band, when using the user terminal within the other relay terminal area, with respect to said other relay terminal is opened and a function for instructing to assign bandwidth equivalent bandwidth.
【0040】 [0040]
また、図8は、「帯域を交換するモデル」における中継系サービスの処理手順について説明するための図であり、以下、図8を基に、中継系サービスにおける帯域交換の処理手順について説明する。 Further, FIG. 8 is a diagram for explaining the processing procedure of the relay system services in "model to replace the band", below, based on FIG. 8, a procedure of the band exchange in the relay system service.
【0041】 [0041]
(1)アクセスポイント3aの所有者(会員3)及び中継用端末2aの所有者(会員3)は、事前に自分が提供する帯域をサーバ10に通知し、サーバ10の帯域管理DB12に登録しておく(ステップS51、S52)。 (1) The owner of the access point 3a (Member 3) and the owner of the relay terminal 2a (Member 3), a bandwidth that I provide in advance and notifies the server 10, and registered in the bandwidth management DB12 servers 10 in advance (step S51, S52).
(2)アクセスポイント3aの所有者または中継用端末2aの所有者が別の場所に行き、利用端末1aの立場でIP網4にアクセスする場合には、まず利用端末1aからサーバ10に接続要求を出す(ステップS53)。 (2) The owner or owner of the relay terminal 2a of the access point 3a went elsewhere, when accessing the IP network 4 from the standpoint of the user terminal 1a, first connection from the user terminal 1a to the server 10 requesting the issue (step S53).
(3)サーバ10は、利用端末1aからの接続要求を受け付けると、サーバ10と中継用端末2a間、及びサーバ10と利用端末1a間で端末認証を行う(ステップS54、S55)。 (3) the server 10 performs when receiving a connection request from a terminal 1a, between the relay terminal 2a and the server 10, and the terminal authentication between the server 10 and the user terminal 1a (step S54, S55).
(4)端末認証がOK(正常に認証)であれば、サーバ10の会員管理DB11を参照して、接続要求を行った利用者(会員1)及び中継用端末2aの所有者(会員2)の会員資格を確認(例えば、会費の滞納チェック)し、また利用可能な帯域を確認する(ステップS56)。 (4) If the terminal authentication is OK (successful authentication), the user by referring to the member management DB11 of the server 10, which made the connection request (Member 1) and the owner of the relay terminal 2a (Member 2) Check the membership (for example, dues arrears check), and also to check the available bandwidth (step S56).
(5)会員資格の確認が正常に行われた場合は、アクセスポイント3aと中継用端末2aに対して、「帯域確保」を指示する(ステップS57、S59)。 (5) If the check of membership is successful, the access point 3a and the relay terminal 2a, indicating "band securing" (step S57, S59).
(6)アクセスポイント3aは中継用端末2aに対して必要な帯域を開放するとともに、中継用端末2aは利用端末1aに対して必要な帯域を開放し(ステップS58、S60)、利用端末1aと相手端末5との間で通信を行う(ステップS61)。 (6) with the access point 3a releases the bandwidth required for relaying terminal 2a, the relay terminal 2a releases the bandwidth necessary for the user terminal 1a (step S58, S60), the user terminal 1a It communicates with the counterpart terminal 5 (step S61).
【0042】 [0042]
以上、帯域を交換するモデルについて、アクセス系サービスの場合と、中継系サービスの場合について説明したが、これらアクセス系サービスと中継系サービスが混在した形態でサービスを提供することもできる。 While the model to replace the band, in the case of access based services, the description has been given of the relay system services, it is also possible to relay system services and those access-system services provides services in a mixed form. なお、この場合の処理手順は、「1.アクセス系サービス」及び「2.中継系サービス」で示した処理手順に準ずる。 The processing procedure in this case is equivalent to the processing procedure shown in "1. Access system service" and "2. relay system service".
【0043】 [0043]
3. 3. アクセスポイントの位置情報の提供また、アクセスポイント3aからサーバ10に「帯域登録」が行われた場合に、アクセスポイント3aの位置情報をサービスエリア情報提供用サーバに自動登録し、これにより、利用者はサービスエリア閲覧用ブラウザ端末から、サービスエリア情報提供用サーバにアクセスして、利用できるサービスエリアを知るようにすることもできる。 Providing location information of the access point also, if the "band registration" was performed from the access point 3a in the server 10, automatically registering the location information of the access point 3a in the service area information providing server, which enables the user from the service area for browsing the browser terminal, to access the server for providing the service area information, it is also possible to get to know the service area available.
図9は、アクセス系サービスにおけるアクセスポイントの位置情報の提供の手順を示す図であり、以下のようにして、位置情報を提供する。 Figure 9 is a diagram illustrating a procedure for providing location information of an access point in the access system services, as described below, to provide location information.
(1)アクセスポイント3aの所有者が、事前に自分が提供する帯域をサーバ10に通知し、サーバ10の帯域管理DB12に登録する(ステップS41)。 (1) The owner of the access point 3a is in advance of the band they offer notifies the server 10, registers the bandwidth management DB12 of the server 10 (step S41).
(2)サーバ10からサービスエリア情報提供用サーバ6に、帯域管理DB12に登録されたアクセスポイント3aの位置情報を通知する(ステップS48)。 (2) from the server 10 in the service area information providing server 6 notifies the location information of the access point 3a registered in the bandwidth management DB 12 (step S48).
(3)サービスエリア情報提供用サーバ6では、サービスエリア閲覧用ブラウザ端末7から「アクセスポイントの位置情報の閲覧要求」があった場合には、「アクセスポイントの位置情報」をサービスエリア閲覧用ブラウザ端末7に通知し、(ステップS49)、サービスエリア閲覧用ブラウザ端末7では地図上にアクセスポイントを表示する(ステップS50)。 (3) the service area information providing server 6, when there is a "viewing request for location information of the access point" is from the service area for browsing browser terminal 7, a browser for the service area viewing "position information of the access point" It notifies the terminal 7, (step S49), to display the access point to the service area for browsing browser terminal 7, on the map (step S50).
【0044】 [0044]
また、図10は、中継系サービスにおけるアクセスポイントの位置情報の提供の手順を示す図であり、以下のようにして、位置情報を提供する。 Further, FIG. 10 is a diagram illustrating a procedure for providing location information of the access point in the relay system services, as described below, to provide location information.
(1)アクセスポイント3aの所有者が、事前に自分が提供する帯域をサーバ10に通知し、サーバ10の帯域管理DB12に登録する(ステップS51)。 (1) The owner of the access point 3a is in advance of the band they offer notifies the server 10, registers the bandwidth management DB12 of the server 10 (step S51).
(2)サーバ10からサービスエリア情報提供用サーバ6に、帯域管理DB12に登録されたアクセスポイント3aの位置情報を通知する(ステップS62)。 (2) from the server 10 in the service area information providing server 6 notifies the location information of the access point 3a registered in the bandwidth management DB 12 (step S62).
(3)サービスエリア情報提供用サーバ6では、サービスエリア閲覧用ブラウザ端末7から「アクセスポイントの位置情報の閲覧要求」があった場合には、「アクセスポイントの位置情報」をサービスエリア閲覧用ブラウザ端末7に通知し、(ステップS63)、サービスエリア閲覧用ブラウザ端末7では地図上にアクセスポイントを表示する(ステップS64)。 (3) the service area information providing server 6, when there is a "viewing request for location information of the access point" is from the service area for browsing browser terminal 7, a browser for the service area viewing "position information of the access point" It notifies the terminal 7, (step S63), to display the access point to the service area for browsing browser terminal 7, on the map (step S64).
【0045】 [0045]
[データベースのデータ構成のデータ構成例] Data configuration example of the data configuration of Database
また、図11は会員管理DB11のデータ構成例を示す図であり、会員管理DB11には、以下に示すデータが記録される。 Further, FIG. 11 is a diagram showing a data configuration example of a member management DB 11, the member management DB 11, the data shown below is recorded.
・会員ID · Member ID
・会費の納入状況・登録しているサービス種別(アクセス系サービス/中継系サービス) And delivery status and registered to have the service type of membership fee (access service / relay-based service)
・会員が所有する端末のIPアドレスまたは電話番号・会員が所有するアクセスポイントのIPアドレス・本人認証用のデータ(利用端末または中継用端末のMACアドレス、アクセスポイントのMACアドレス、パスワード) · Member data for IP address authentication of access points owned by the IP address or phone number, and a member of the terminal owned (user terminal or the MAC address of the relay terminal, the access point MAC address of, password)
・会員が所有するアクセスポイントの位置情報(緯度、軽度) And position information of the access point the member owned (latitude, mild)
【0046】 [0046]
また、図12は帯域管理DB12のデータ構成例を示す図であり、帯域管理DB12には、以下に示すデータが記録される。 Further, FIG. 12 is a diagram showing a data configuration example of a band management DB12, the bandwidth management DB12, the data shown below is recorded.
(a)アクセスポイントの帯域管理情報・アクセスポイントのIPアドレス・アクセスポイントが提供する帯域・所有する会員のID (A) ID of the member to the band-owned access point IP address access point of the bandwidth management information and access points provided
(b)中継用端末の帯域管理情報・中継用端末のIPアドレスまたは電話番号・中継用端末が提供する帯域・所有する会員のID (B) ID of the members IP address or telephone number and relay terminal of the bandwidth management information and relay terminal of the relay terminal to the band-owned to provide
【0047】 [0047]
また、図13は利用状況管理DBのデータ構成例を示す図であり、利用状況管理DB13には、以下に示すデータが記録される。 Further, FIG. 13 is a diagram showing a data configuration example of a usage management DB, the usage status management DB 13, the data shown below is recorded.
(a)アクセスポイントの利用状況の情報・サービスを利用した端末(利用端末または中継用端末)のIPアドレスまたは電話番号・サービス利用時刻(利用開始時間、終了時間) (A) IP address or telephone number service use time of the access point terminal using the information and service usage of (user terminal or relay terminal) (usage start time, end time)
・サービス利用帯域(b)中継用端末の利用状況の情報・サービスを利用した端末(利用端末または中継用端末)のIPアドレスまたは電話番号・接続先(中継用端末またはアクセスポイント)のIPアドレスまたは電話番号・サービス利用時刻(利用開始時間、終了時間) Service IP address of bandwidth usage (b) IP address or telephone number, the destination terminal using information services usage of the relay terminal (user terminal or relay terminal) (relay terminal or access point) or phone number, service use time (usage start time, end time)
・サービス利用帯域(c)利用端末の利用状況の情報・利用端末のIPアドレスまたは電話番号・接続先(中継用端末またはアクセスポイント)のIPアドレスまたは電話番号・サービス利用時刻(利用開始時間、終了時間) Services available bandwidth (c) IP address or telephone number service use time of the IP address or phone number, and the destination of the information and use the terminal usage of the user terminal (relay terminal or the access point) (usage start time, end time)
・サービス利用地域【0048】 Service use regional [0048]
以上、本発明の実施の形態について説明したが、図1、図2、図3及び図4に示すサーバ10内の各処理機能を実現するためのプログラムをコンピュータ読み取り可能な記録媒体に記録して、この記録媒体に記録されたプログラムをコンピュータシステムに読み込ませ、実行することにより各処理機能に必要な処理を行ってもよい。 Having described embodiments of the present invention, FIG. 1, FIG. 2, may be recorded on a computer readable recording medium a program for realizing the processing functions of the server 10 shown in FIGS. 3 and 4 , to read a program recorded in this recording medium into a computer system may perform a process necessary for the processing functions by executing. なお、ここでいう「コンピュータシステム」とは、OSや周辺機器等のハードウェアを含むものとする。 Here, the "computer system" includes an OS and hardware such as peripheral devices.
【0049】 [0049]
また、「コンピュータシステム」は、WWWシステムを利用している場合であれば、ホームページ提供環境(あるいは表示環境)を含むものとする。 In addition, the "computer system" is, in the case you are using the WWW system, is intended to include a homepage providing environment (or display environment). また、「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、フレキシブルディスク、光磁気ディスク、ROM、CD−ROM等の可般媒体、コンピュータシステムに内蔵されるハードディスク等の記憶装置のことをいう。 The "computer-readable recording medium" refers to flexible disks, magneto-optical disks, ROM, portable 般媒 such as a CD-ROM, a storage device such as a hard disk built in the computer system.
さらに「コンピュータ読み取り可能な記録媒体」とは、インターネット等のネットワークや電話回線等の通信回線を介してプログラムを送信する場合の通信線のように、短時間の間、動的にプログラムを保持するもの(伝送媒体ないしは伝送波)、その場合のサーバやクライアントとなるコンピュータシステム内部の揮発性メモリのように、一定時間プログラムを保持しているものも含むものとする。 Furthermore, the "computer-readable recording medium" is held as a communication line when transmitting a program via a communication line such as a network or a telephone line such as the Internet, a short period of time, a dynamic program things (transmission medium or transmission wave), such as a volatile memory inside a computer system serving as a server or a client in that case, and also includes those that holds the program for a certain time. また上記プログラムは、前述した機能の一部を実現するためのものであっても良く、さらに前述した機能をコンピュータシステムにすでに記録されているプログラムとの組み合わせで実現できるもの、いわゆる差分ファイル(差分プログラム)であっても良い。 The program may be one for implementing part of the above functions, further those above functions can be realized in combination with already recorded with a program in a computer system, a so-called differential file (differential it may be a program).
【0050】 [0050]
以上、本発明の実施の形態について説明したが、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバは、上述の図示例にのみ限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々変更を加え得ることは勿論である。 Having described embodiments of the present invention, the access management server of a wireless LAN system of the present invention is not limited to the illustrated examples described above, various modifications without departing from the gist of the present invention to be added to is a matter of course.
【0051】 [0051]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバ及びアクセス管理方法においては、帯域を開放するアクセスポイントの所有者とアクセスポイントで開放(提供)される帯域の情報を登録し、利用端末から当該アクセスポイントを介した接続要求があった場合は、当該アクセスポイントに対して帯域の利用許可を指示し、利用端末に通信を行わせる。 As described above, in the access management server and access management method of a wireless LAN system of the present invention, to register the owner and bandwidth information that is opened (provided) in the access point of the access points to open the band, use If there is a connection request via the access point from the terminal, and instructs the use permission of the bandwidth to the access point, to perform communication in the user terminal.
これにより、利用者は利用端末を使用して、個人が開局するホットスポットエリアでインターネットアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, individuals can use the Internet or the like access service in the hot spot area that started broadcasting. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities.
【0052】 [0052]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバにおいては、アクセスポイントにおける利用度数の情報と、利用端末における利用度数の情報を所定の期間ごとに収集し、アクセスポイントにおける利用度数に応じて、該アクセスポイントの所有者に対し、会費収入からの分配金を算出して還元する。 In the access management server of a wireless LAN system of the present invention, the information of a power at the access point, collects information available power at the user terminal for each predetermined time period, according to the usage frequency at the access point, the for the owner of the access point, reducing to calculate the dividend from the membership fees.
これにより、会費収入からの分配金が還元され、個人によるホットスポットの開設の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され利用者の利便性が向上する。 As a result, the dividend is reduced from the membership fees, by individuals can do motivation of the opening of the hot spot, the expansion of the service area is promoted to improve the convenience of the user. また、アクセスポイントと利用端末でトラヒックの度数管理を行うので、サーバへの負荷の集中を回避できる。 Further, since the power management traffic with the access point and user terminal, it can avoid concentration of load on the server.
【0053】 [0053]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバにおいては、帯域を開放するアクセスポイントの所有者と、帯域を開放する中継用端末の所有者と、該アクセスポイント及び中継用端末で開放される帯域の情報を登録し、利用端末から当該中継用端末及びアクセスポイントを介した接続要求があった場合は、当該アクセスポイント及び中継用端末に対し、帯域の利用を許可するように指示し、利用端末に通信を行わせる。 In the access management server of a wireless LAN system of the present invention, the owner of the access point to release the band, the owner of the relay terminal for opening the band, the band that is open at the access point and the relay terminal registered information, when there is a connection request via the relay terminal and the access point from the user terminal, to the access point and the relay terminal, instruct to permit the use of the bandwidth, the user terminal to perform communication to.
これにより、利用者は利用端末を使用して、個人が開局する中継用端末のエリア内でインターネットへのアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, individuals can utilize and access service to the Internet in the area of ​​the relay terminal started broadcasting. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができ【0054】 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has the equipment [0054]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバにおいては、アクセスポイントにおける利用度数の情報と、中継用端末における利用度数の情報と、利用端末における利用度数の情報を所定の期間ごとに収集し、その利用度数に応じて、アクセスポイントの所有者及び中継用端末の所有者に、会費収入からの分配金を算出して還元する。 In the access management server of a wireless LAN system of the present invention to collect information for use power at the access point, and information of a power in the relay terminal, the information of a frequency in use terminal every predetermined time period, depending on its use frequency, to the owner and the owner of the relay terminal of the access point is reduced by calculating a dividend from membership fees.
これにより、会費収入からの分配金が還元され、個人によるホットスポットや中継用端末の開設の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され利用者の利便性が向上する。 As a result, the dividend from the membership fees have been reduced, by individuals can motivate the establishment of hot spots and the relay terminals, expansion of the service area is promoted to improve the convenience of the user. また、アクセスポイントと、中継用端末と、利用端末でトラヒックの度数管理を行うので、サーバへの負荷の集中を回避できる。 Also, an access point, a relay terminal, since the power management traffic with the user terminal, can avoid concentration of load on the server.
【0055】 [0055]
また、本発明の無線LANシステムのアクセス管理サーバ及びアクセス管理方法においては、帯域を開放するアクセスポイントの所有者と、該アクセスポイントで開放される帯域の情報を登録する。 In the access management server and access management method of a wireless LAN system of the present invention, it registers the owner of the access point to open the band, the information of the bandwidth to be released by the access point. そして、帯域を提供したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントにおいて利用端末を使用する場合には、該他のアクセスポイントに対し、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示する。 Then, the owner of the access point that provided the band, when using the user terminal in another access point to the another access point, assign the registered bandwidth equivalent bandwidth to the user terminal It is instructed to.
これにより、利用者は利用端末を使用して、他人が開局するホットスポットエリアでインターネットへのアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use the user terminal, can use and access service to the Internet in the hot spot area that started broadcasting the others. また、他のアクセスポイントに利用権を確保できることから、個人によるホットスポットの開設と帯域の開放の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され、利用者の利便性が向上する。 Further, since it can ensure the right to use the other access points, by individuals performing motivation opening of opening and bandwidth of hot spots, the expansion of the service area is promoted, thereby improving the convenience of the user. また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities. またさらに、アクセスポイントでのトラヒック量を管理する手間が省けると共に、清算処理が不要となるので、サーバのシステム構成がシンプル(簡略)となり、運用コストも低減できる。 Furthermore, the cost of maintaining the amount of traffic at the access point can be omitted, since clearing process is not required, the system configuration of the server is simple (simplified), and the operation cost can be reduced.
【0056】 [0056]
また、本発明の無線LANのアクセス管理サーバにおいては、アクセスポイントのエリア内に設備された中継用端末の所有者と、該中継用端末で開放される帯域の情報を登録する。 In the wireless LAN access management server of the present invention registers the owner of the relay terminals that are facilities in the area of ​​the access point, the information of the bandwidth to be released in the relay terminal. そして、該中継用端末の所有者が、他の中継用端末のエリア内で利用端末を使用する場合には、該他の中継用端末に対し、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示する。 The owner of the relay terminal, when using the user terminal in the other relay terminal area, to said other relay terminals, the use of the registered bandwidth equivalent bandwidth It instructs to allocate to the terminal.
これにより、利用者は他人が開局するアドホックエリアでインターネットへのアクセスサービスなどを利用できる。 Thus, the user can use and access service to the Internet in an ad-hoc area that started broadcasting the others. また、他の中継用端末の利用権を確保できることから、個人によるホットスポットと中継用端末の開設と帯域の開放の動機付けが行え、サービスエリアの拡大が促され利用者の利便性が向上する。 Further, since it can ensure the right to use the other relay terminal, by individuals can motivate opening of opening and bandwidth hotspot the relay terminal, thereby improving convenience of the expansion of the service area is promoted user . また、第三者に帯域を開放する個人は、自分が設備したアクセス回線を有効利用することができる。 In addition, individuals to open the band to a third party, it is possible to effectively utilize the access line that he or she has facilities. またさらに、アクセスポイント及び中継用端末でのトラヒック量を管理する手間が省けると共に、清算処理が不要となるので、サーバのシステム構成がシンプルとなり、運用コストも低減できる。 Furthermore, the cost of maintaining the amount of traffic at the access point and the relay terminal can be omitted, since clearing process is not required, the system configuration of the server becomes simpler, operating costs can be reduced.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】収入を分配するモデルのアクセス系サービスについて説明するための図である。 1 is a diagram for explaining the access-system service model that distributes revenue.
【図2】収入を分配するモデルの中継系サービスについて説明するための図である。 2 is a diagram for explaining a relay system service model that distributes revenue.
【図3】帯域を交換するモデルのアクセス系サービスについて説明するための図である。 3 is a diagram for explaining the access-system service model to replace the band.
【図4】帯域を交換するモデルの中継系サービスについて説明するための図である。 4 is a diagram for explaining a relay system service model to replace the band.
【図5】収入を分配するモデルにおけるアクセス系サービスの処理手順について説明するための図である。 5 is a diagram for explaining a processing procedure of the access system services in the model to distribute the revenue.
【図6】収入を分配するモデルにおける中継系サービスの処理手順について説明するための図である。 6 is a diagram for explaining a processing procedure of the relay system service in the model to distribute the revenue.
【図7】帯域を交換するモデルにおけるアクセス系サービスの処理手順について説明するための図である。 7 is a diagram for explaining a processing procedure of the access system services in the model to replace the band.
【図8】帯域を交換するモデルにおける中継系サービスの処理手順について説明するための図である。 8 is a diagram for explaining a processing procedure of the relay system service in the model to replace the band.
【図9】アクセス系サービスにおけるアクセスポイントの位置情報の提供の手順を示す図である。 9 is a diagram illustrating a procedure for providing location information of an access point in the access system services.
【図10】中継系サービスにおけるアクセスポイントの位置情報の提供の手順を示す図である。 10 is a diagram illustrating a procedure for providing location information of the access point in the relay system service.
【図11】会員管理DBのデータ構成例を示す図である。 11 is a diagram showing a data configuration example of a member management DB.
【図12】帯域管理DBのデータ構成例を示す図である。 12 is a diagram showing a data configuration example of a band management DB.
【図13】利用状況管理DBのデータ構成例を示す図である。 13 is a diagram showing a data configuration example of a usage management DB.
【図14】無線LANを用いたシステムの形態を説明するための図である。 14 is a diagram for explaining a mode of a system using the wireless LAN.
【図15】個人が開設するホットスポットエリアについて説明するための図である。 FIG. 15 is a diagram for explaining a hot spot area an individual to open.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1、2、3 会員1a 利用端末2a 中継用端末3a アクセスポイント4 IP網5 相手端末10 サーバ11 会員管理DB 1,2,3 members 1a use terminal 2a relay terminal 3a Access Point 4 IP network 5 counterpart terminal 10 server 11 member management DB
12 帯域管理DB 12-band management DB
13 利用状況管理DB 13 usage management DB
21、21a、31、31a 会員登録機能22、22a、32、32a 帯域登録機能23、23a、33、33a 端末認証機能24、24a 利用許可通知機能25、25a 利用度数受信機能26、26a 利用度数情報確認機能27、27a 分配金額算出機能34、34a 帯域確保通知機能 21,21a, 31,31a member registration function 22,22a, 32,32a-band registration function 23,23a, 33,33a terminal authentication function 24,24a use permit notification function 25,25a use frequency reception function 26,26a use frequency information check function 27,27a distribution amount calculation function 34,34a band securing notification function

Claims (10)

  1. 利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバであって、 And access points to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point and is connected via a communications network the access point for registering and managing information of bands to be opened a said access management server in a wireless LAN system having an access management server,
    前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手段と、 With accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, a member registration means for registering the information related to personal information and members owned by the access point of said association members,
    前記アクセスポイントで提供される帯域の情報を登録するための帯域登録手段と、 A band registration means for registering the bandwidth information provided by said access point,
    前記利用端末から前記アクセスポイントを介した接続要求を受け付けた場合に、該利用端末の認証を行うための端末認証手段と、 When receiving the connection request via the access point from the user terminal, a terminal authentication unit for authenticating the user terminal,
    前記端末認証手段による利用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイントに対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手段とを具備することを特徴とする無線LANシステムのアクセス管理サーバ。 When the terminal authentication unit according to the user terminal authentication is successful, to the access point, it includes a use permission notification means for notifying to allow use of the band by the use terminal access management server of a wireless LAN system according to claim.
  2. 前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を所定の期間ごとに受信するための利用度数受信手段と、 A usage frequency of the information in the access point, and utilize power receiving means for receiving information of a power in the user terminal for each predetermined time period,
    前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を突き合わせて確認するための利用度数情報確認手段と、 And information of a frequency in the access point, and use frequency information confirmation means for confirming against the information of the usage frequency in the user terminal,
    前記アクセスポイントの利用度数に応じて、前記アクセスポイントの所有者に還元するための、会員の会費収入からの分配金額を所定の基準により算出するための分配金額算出手段とをさらに具備することを特徴とする請求項1に記載の無線LANシステムのアクセス管理サーバ。 Depending on the use frequency of the access point, for reducing the owner of the access point, a further and a dispensing amount calculating means for calculating the predetermined reference distribution amount from the member of membership fees wireless LAN system access management server according to claim 1, wherein.
  3. 利用可能な帯域の全部または一部を利用端末に開放する中継用端末と、利用可能な帯域の全部または一部を前記中継用端末に開放するアクセスポイントと、前記アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に前記アクセスポイント及び中継用端末が開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバであって、 A relay terminal to open all or part of the available bandwidth to the user terminal, and the access point to open all or part of the available bandwidth to the relay terminal, via a communication network with the access point a said access management server in a wireless LAN system having an access management server for managing registers the information of the bandwidth by the access point and the relay terminal is opened is connected,
    前記アクセスポイント及び中継用端末の所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイント及び中継用端末に関する情報を登録するための会員登録手段と、 With accepting membership registration of the owner of the access point and the relay terminal, a member registration means for registering information about the access point and the relay terminal owned by the personal information and the membership of the said association members,
    前記アクセスポイント及び中継用端末で開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手段と、 A band registration means for registering the information of the bandwidth to be opened at the access point and the relay terminal,
    前記利用端末から前記中継用端末及びアクセスポイントを介した接続要求を受け付けた場合に、該利用端末及び中継用端末の認証を行うための端末認証手段と、 When receiving the connection request via the relay terminals and the access point from the user terminal, a terminal authentication unit for authenticating the user terminal and the relay terminal,
    前記端末認証手段による利用端末及び中継用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイント及び中継用端末に対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手段とを具備することを特徴とする無線LANシステムのアクセス管理サーバ。 When the terminal authentication unit according to the user terminal and the relay terminal authentication is successful, to the access point and the relay terminal, utilized for notifying to allow use of the band by the use terminal access management server of a wireless LAN system characterized by comprising a permission notification means.
  4. 前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記中継用端末における利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を所定の期間ごとに受信するための利用度数受信手段と、 Said use frequency in the access point information, and information of a power in the relay terminal, a usage frequency receiving means for receiving information of a power in the user terminal for each predetermined time period,
    前記アクセスポイントにおける利用度数の情報と、前記中継用端末における利用度数の情報と、前記利用端末における利用度数の情報を突き合わせて確認するための利用度数情報確認手段と、 Said use frequency in the access point information, and information of a power in the relay terminal, the usage frequency information confirmation means for confirming against the information of the usage frequency in the user terminal,
    前記利用度数に応じて、前記アクセスポイントの所有者及び中継用端末の所有者に還元するための、会員の会費収入からの分配金額を所定の基準により算出するための分配金額算出手段とをさらに具備することを特徴とする請求項3に記載の無線LANシステムのアクセス管理サーバ。 Depending on the use frequency, for reducing the owner of the owner and the relay terminal of the access point, further the distribution amount calculating means for calculating the predetermined reference distribution amount from the member of membership fees wireless LAN system access management server according to claim 3, characterized in that it comprises.
  5. 利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバであって、 And access points to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point and is connected via a communications network the access point for registering and managing information of bands to be opened a said access management server in a wireless LAN system having an access management server,
    前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手段と、 With accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, a member registration means for registering the information related to personal information and members owned by the access point of said association members,
    前記アクセスポイントで開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手段と、 A band registration means for registering the information of the bandwidth to be released by the access point,
    前記帯域を提供したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該利用端末の正当性を認証するための端末認証手段と、 The owner of the access point providing the band, when using the user terminal in the other access point area, the terminal authentication unit for authenticating the validity of the user terminal,
    前記帯域を開放したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該他のアクセスポイントに対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手段とを具備することを特徴とする無線LANシステムのアクセス管理サーバ。 The owner of the access point that opening the band, when using the user terminal in the other access point area, relative to said other access point, the registered bandwidth equivalent bandwidth the user terminal access management server of a wireless LAN system characterized by comprising a band reservation notifying means for instructing to assign to.
  6. 前記アクセスポイントのエリア内に設備された中継用端末の所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有する中継用端末に関する情報を登録するための会員登録手段と、 With accepting membership registration of the owner of the relay terminals that are facilities in the area of ​​the access point, a member registration means for registering information about the relay terminal owned personal information and members of said association members,
    前記アクセスポイント及び中継用端末で開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手段と、 A band registration means for registering the information of the bandwidth to be opened at the access point and the relay terminal,
    前記中継用端末の所有者が他の中継用端末のエリア内において利用端末を使用する場合に、該利用端末及び中継用端末の認証を行うための端末認証手段と、 If the owner of the relay terminal uses a user terminal in the other relay terminal area, a terminal authentication unit for authenticating the user terminal and the relay terminal,
    前記中継用端末の所有者が他の中継用端末のエリア内において利用端末を使用する場合に、該他の中継用端末に対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手段とをさらに具備することを特徴とする請求項5に記載の無線LANシステムのアクセス管理サーバ。 If the owner of the relay terminal uses a user terminal in the other of the relay terminal areas, assigned to the another relay terminal, the registered bandwidth equivalent bandwidth to the user terminal wireless LAN system access management server according to claim 5, characterized in that further comprising a band reservation notifying means for instructing the.
  7. 利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバによるアクセス管理方法であって、 And access points to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point and is connected via a communications network the access point for registering and managing information of bands to be opened a the access management server according to the access management method in a wireless LAN system having the access management server,
    前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、 With accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, and member registration procedure for registering the information related to personal information and members owned by the access point of said association members,
    前記アクセスポイントで提供される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、 A band registration procedure for registering the information of the bandwidth provided by the access point,
    前記利用端末から前記アクセスポイントを介した接続要求を受け付けた場合に、該利用端末の認証を行うための端末認証手順と、 When receiving the connection request via the access point from the user terminal, a terminal authentication procedure for authenticating the user terminal,
    前記端末認証手順による利用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイントに対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手順とを含むことを特徴とするアクセス管理方法。 When the terminal authentication procedure by the user terminal authentication is successful, to the access point, to include a use permission notification procedure for notifying to allow use of the band by the use terminal access management method according to claim.
  8. 利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバによるアクセス管理方法であって、 And access points to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point and is connected via a communications network the access point for registering and managing information of bands to be opened a the access management server according to the access management method in a wireless LAN system having the access management server,
    前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、 With accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, and member registration procedure for registering the information related to personal information and members owned by the access point of said association members,
    前記アクセスポイントで開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、 A band registration procedure for registering the information of the band to be opened at the access point,
    前記帯域を提供したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該利用端末の正当性を認証するための端末認証手順と、 The owner of the access point providing the band, when using the user terminal in the other access point area, and the terminal authentication procedure for authenticating the validity of the user terminal,
    前記帯域を開放したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該他のアクセスポイントに対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手順とを含むことを特徴とするアクセス管理方法。 The owner of the access point that opening the band, when using the user terminal in the other access point area, relative to said other access point, the registered bandwidth equivalent bandwidth the user terminal access management method characterized by comprising a band reservation notification procedure for instructing to assign to.
  9. 利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバ内のコンピュータに、 And access points to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point and is connected via a communications network the access point for registering and managing information of bands to be opened to a computer in the access management server in a wireless LAN system having an access management server,
    前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、 With accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, and member registration procedure for registering the information related to personal information and members owned by the access point of said association members,
    前記アクセスポイントで提供される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、 A band registration procedure for registering the information of the bandwidth provided by the access point,
    前記利用端末から前記アクセスポイントを介した接続要求を受け付けた場合に、該利用端末の認証を行うための端末認証手順と、 When receiving the connection request via the access point from the user terminal, a terminal authentication procedure for authenticating the user terminal,
    前記端末認証手順による利用端末の認証が正常に行われた場合に、前記アクセスポイントに対して、当該利用端末による帯域の利用を許可するように通知するための利用許可通知手順とを実行させるためのプログラム。 When the terminal authentication procedure by the user terminal authentication is successful, to the access point, for executing a usage permission notification procedure for notifying to allow use of the band by the use terminal of the program.
  10. 利用可能な帯域の全部または一部を他の利用端末に開放するアクセスポイントと、該アクセスポイントと通信ネットワークを介して接続されると共に該アクセスポイントが開放する帯域の情報を登録し管理するためのアクセス管理サーバとを有する無線LANシステムにおける前記アクセス管理サーバ内のコンピュータに、 And access points to open all or part of the available bandwidth for other user terminal, the access point and is connected via a communications network the access point for registering and managing information of bands to be opened to a computer in the access management server in a wireless LAN system having an access management server,
    前記帯域を開放するアクセスポイントの所有者の会員登録を受け付けると共に、該会員の個人情報及び会員の所有するアクセスポイントに関する情報を登録するための会員登録手順と、 With accepting membership registration of the owner of the access point to open the band, and member registration procedure for registering the information related to personal information and members owned by the access point of said association members,
    前記アクセスポイントで開放される帯域の情報を登録するための帯域登録手順と、 A band registration procedure for registering the information of the band to be opened at the access point,
    前記帯域を提供したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該利用端末の正当性を認証するための端末認証手順と、 The owner of the access point providing the band, when using the user terminal in the other access point area, and the terminal authentication procedure for authenticating the validity of the user terminal,
    前記帯域を開放したアクセスポイントの所有者が、他のアクセスポイントのエリア内において利用端末を使用する場合に、該他のアクセスポイントに対して、前記登録された帯域と等価な帯域を当該利用端末に割り当てるように指示するための帯域確保通知手順とを実行させるためのプログラム。 The owner of the access point that opening the band, when using the user terminal in the other access point area, relative to said other access point, the registered bandwidth equivalent bandwidth the user terminal program for executing a band reservation notification procedure for instructing to assign to.
JP2002221689A 2002-07-30 2002-07-30 Wireless lan system access management server, and the access management method Active JP3880903B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002221689A JP3880903B2 (en) 2002-07-30 2002-07-30 Wireless lan system access management server, and the access management method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002221689A JP3880903B2 (en) 2002-07-30 2002-07-30 Wireless lan system access management server, and the access management method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004064536A true JP2004064536A (en) 2004-02-26
JP3880903B2 JP3880903B2 (en) 2007-02-14

Family

ID=31941933

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002221689A Active JP3880903B2 (en) 2002-07-30 2002-07-30 Wireless lan system access management server, and the access management method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3880903B2 (en)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006352338A (en) * 2005-06-14 2006-12-28 Ntt Docomo Inc Terminal, relaying apparatus, and charging apparatus
JP2008146556A (en) * 2006-12-13 2008-06-26 Nec Computertechno Ltd Program distribution device, program distribution method, and distribution program
JP2009100064A (en) * 2007-10-15 2009-05-07 Sophia Research Institute Ltd Communication method and communication system for wireless lan
WO2009090968A1 (en) 2008-01-18 2009-07-23 Nec Corporation Wireless access system, wireless access method, and access point device
JP2009530713A (en) * 2006-03-16 2009-08-27 ジョーンズ,エイドリアン Trading network resources
JP2010263561A (en) * 2009-05-11 2010-11-18 Nec Corp Small base station, radio terminal, radio communication system, connection management method, connection method, program and record medium
JP2011155656A (en) * 2005-10-05 2011-08-11 Qualcomm Inc Peer-to-peer communication in ad hoc wireless communication network
KR20120139346A (en) * 2011-06-17 2012-12-27 주식회사 엘지유플러스 Mobile terminal for providing tethering service and method for operating mobile terminal
JP2015033037A (en) * 2013-08-05 2015-02-16 西日本電信電話株式会社 Wireless lan system
JP2017507570A (en) * 2014-01-29 2017-03-16 トムソン ライセンシングThomson Licensing Multi-user WiFi bandwidth allocation method and apparatus

Cited By (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006352338A (en) * 2005-06-14 2006-12-28 Ntt Docomo Inc Terminal, relaying apparatus, and charging apparatus
US8942133B2 (en) 2005-10-05 2015-01-27 Qualcomm Incorporated Peer-to-peer communication in ad hoc wireless network
US8576846B2 (en) 2005-10-05 2013-11-05 Qualcomm Incorporated Peer-to-peer communication in ad hoc wireless network
US8942130B2 (en) 2005-10-05 2015-01-27 Qualcomm Incorporated Peer-to-peer communication in ad hoc wireless network
JP2011155656A (en) * 2005-10-05 2011-08-11 Qualcomm Inc Peer-to-peer communication in ad hoc wireless communication network
JP2009530713A (en) * 2006-03-16 2009-08-27 ジョーンズ,エイドリアン Trading network resources
JP2008146556A (en) * 2006-12-13 2008-06-26 Nec Computertechno Ltd Program distribution device, program distribution method, and distribution program
JP2009100064A (en) * 2007-10-15 2009-05-07 Sophia Research Institute Ltd Communication method and communication system for wireless lan
WO2009090968A1 (en) 2008-01-18 2009-07-23 Nec Corporation Wireless access system, wireless access method, and access point device
JP2010263561A (en) * 2009-05-11 2010-11-18 Nec Corp Small base station, radio terminal, radio communication system, connection management method, connection method, program and record medium
KR20120139346A (en) * 2011-06-17 2012-12-27 주식회사 엘지유플러스 Mobile terminal for providing tethering service and method for operating mobile terminal
KR101700968B1 (en) 2011-06-17 2017-02-13 주식회사 엘지유플러스 Mobile terminal for providing tethering service and method for operating mobile terminal
JP2015033037A (en) * 2013-08-05 2015-02-16 西日本電信電話株式会社 Wireless lan system
JP2017507570A (en) * 2014-01-29 2017-03-16 トムソン ライセンシングThomson Licensing Multi-user WiFi bandwidth allocation method and apparatus
US10021593B2 (en) 2014-01-29 2018-07-10 Thomson Licensing Multiuser WiFi bandwidth allocation method and apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JP3880903B2 (en) 2007-02-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8195182B2 (en) Method and system for providing network access and services using access codes
US8843132B2 (en) Dynamic carrier selection
US6795700B2 (en) Method of creating incentives for establishing hotspot locations
EP1356636B1 (en) Distributed network communication system which allows multiple wireless service providers to share a common network infrastructure
US8009572B2 (en) Peer-to-peer telephone system
KR100872005B1 (en) Method and apparatus for providing network service information to a mobile station by a wireless local area network
US7711097B2 (en) Pay-per-connection scheme for wireless access to internet
US7856659B2 (en) System and method for user access to a distributed network communication system using persistent identification of subscribers
CN101971648B (en) Method and system for mobile telephone roaming
JP4652401B2 (en) Ip network content compliant charging method and system
EP1226697B1 (en) Distributed network communication system which enables multiple network providers to use a common distributed network infrastructure
CA2549973C (en) Method and apparatus for personalization and identity management
US20050117566A1 (en) Using a handheld communication device with a hot spot network
US7054843B2 (en) Method and apparatus in a telecommunications system
RU2305907C2 (en) Method and system for settlements based on gsm standard for roaming in wireless local networks
US7546944B2 (en) Method and apparatus for selecting the most cost-efficient payment provider to pay for communication services
US20080253304A1 (en) Service discovery method in a network
JP4444327B2 (en) Data communication fee billing system, program, recording medium and data communication fee charging method
US6237093B1 (en) Procedure for setting up a secure service connection in a telecommunication system
US7792538B2 (en) System and method for enabling subscribers of a communications carrier to access a network of wireless access points of subscribers of other communications carriers
US7415268B2 (en) Method and apparatus to provide charging for ad-hoc service provisioning between trusted parties and between untrusted parties
US20070147324A1 (en) System and method for improved WiFi/WiMax retail installation management
US7031276B2 (en) Communication system using access control for mobile terminals with respect to local network
US6310873B1 (en) Internet telephony directory server
US8340057B2 (en) Automated wireless access to peripheral devices

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20040220

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050307

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060509

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060706

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061031

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20061108

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313114

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313114

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091117

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101117

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101117

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111117

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121117

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131117

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250