JP2004060310A - 耐震コアに依る木造耐震建築 - Google Patents

耐震コアに依る木造耐震建築 Download PDF

Info

Publication number
JP2004060310A
JP2004060310A JP2002221171A JP2002221171A JP2004060310A JP 2004060310 A JP2004060310 A JP 2004060310A JP 2002221171 A JP2002221171 A JP 2002221171A JP 2002221171 A JP2002221171 A JP 2002221171A JP 2004060310 A JP2004060310 A JP 2004060310A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor
core
seismic
wooden
earthquake
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002221171A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshiyuki Suzuki
鈴木 俊行
Original Assignee
Toshiyuki Suzuki
鈴木 俊行
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiyuki Suzuki, 鈴木 俊行 filed Critical Toshiyuki Suzuki
Priority to JP2002221171A priority Critical patent/JP2004060310A/ja
Publication of JP2004060310A publication Critical patent/JP2004060310A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】在来木造軸組工法と、壁式鉄筋コンクリート造の耐震コアとの一体化により、統合的な耐震建築物を提供する。
【解決手段】壁式鉄筋コンクリート造の耐震コア1,4,6を、1階重心附近に配置し、鉄筋コンクリート造の地中梁2,3及び土間スラブ4と、一体化し施工する。基礎パッキン9を使用し地中梁の断面欠損を生じさせずに、木造軸組部分を組み上げ施工する。2階床梁7は、耐震コアスラブ6とアンカーボルト8で緊結して、木造床版7,11,12を組み上げ、1階部分の架構を組む。
耐震コアに載る2階柱13は、引き寄せ金物14に依り、耐震コア1,2,4,6と一体化し、2階軸組及び2階小屋組みの架構を組む。
上記内容で、基礎、1階、2階を耐震コアに依り一体化した木造耐震建築物となる。
【選択図】  図3

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、壁式鉄筋コンクリート造の耐震コアを、在来木造軸組工法の建築物の、1階重心附近に配置し、鉄筋コンクリート造の逆梁(地中梁)及び土間スラブを耐震コアと一体化した上に木造建築物を組み上げ施工するものである。
2階床梁は、耐震コアスラブとアンカーボルトで緊結することにより耐震コアスラブの平面剛性が木造床版の平面剛性を高め、耐震コアに載る2階柱は、引き寄せ金物に依り耐震コアと一体化し、2階軸組及び2階小屋組みの耐震性を高める。基礎と耐震コアの一体化に依る耐震性及び、耐震コアと木造部分の一体化に依る、統合的な耐震建築物となるものである。
【0002】
【従来の技術】
従来は、耐震構造を目的とした、コア構造に依る木造軸組工法の建築物はなかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
既存の木造軸組工法での、耐震性を高めるために、金物を多用し部材の断面欠損が、著しい部分が生ずる場合があり、金物を多用する意味での耐震効果の、限界に近い。ところが混構造である耐震コアを中心に、基礎と耐震コアの一体化に依る耐震性及び、耐震コアと木造部分の一体化に依る、建物全体が統合的な耐震建築物となるものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】
壁式鉄筋コンクリート造の耐震コア1,4,6を、1階重心附近に配置し、鉄筋コンクリート造の地中梁2,3及び土間スラブ4と、一体化し施工する。通常は、地中梁2,3に床下換気口及び床下通気口を取り付けますが、地中梁の断面欠損が生じ断面性能が落ちる為、基礎パッキン9を使用し地中梁の断面欠損を生じさせずに、基礎の一体化をはかる。その上に木造軸組部分を組み上げ施工する。木造軸組部分の構造的内容は、基本的に木造部分のみで建築基準法の、構造基準を満たすものとする。
2階床梁7は、耐震コアスラブ6とアンカーボルト8で緊結することにより耐震コアスラブ6の平面剛性が木造床版7,11,12の平面剛性を確保し架構を組む。
耐震コアに載る2階柱13は、引き寄せ金物14に依り、耐震コア1,2,4,6と一体化し、2階軸組及び2階小屋組みの耐震性を確保し、架構を組む。
上記内容で、基礎、1階、2階を耐震コアに依り一体化した木造耐震建築物。
壁式鉄筋コンクリート造の耐震コア形状は、□形15、コ形16、H形17、S形18等で個々の建物の平面計画、形状、寸法、デザインにより選択するものである。
上記形状の耐震コアは、全て上記施工内容に準じて施工するものである。
【0005】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の実施の形態について説明する。
(イ).整地し砂利を敷き詰め転圧した地盤に、防湿シートを敷き、土間スラブ4、地中梁2,3及び壁式鉄筋コンクリート造1,6の耐震コアの配筋をし、型枠を組み上げてコンクリートを打設し、アンカーボルト等も同時に埋設施工する。
(ロ).コンクリートの硬化後、基礎パッキン9の設置をし、木造部分の建て方を行う。木造在来工法の施工方法で土台、1階、2階、小屋組みと組み上げる。
(ハ).2階床梁7は、耐震コアスラブ6のアンカーボルト7で、緊結して固定する。
(ニ).耐震コアに載る2階柱13を、引き寄せ金物14に依り、耐震コア1,2,4,6に固定する。
(ホ).木造在来工法に伴う筋違い、火打ち土台、火打ち梁、金物等を取り付け耐震架構は、完成する。
【0006】
【発明の効果】
木造の建物が、壁式鉄筋コンクリート造の耐震コア及び基礎との一体化により、耐震性が建物全体として統合的に、耐震建築物となるものである。在来工法に依る木造建築物と比較し耐震性の向上が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の1階平面図である。
【図2】本発明の2階平面図である。
【図3】本発明の断面図である。
【図4】本発明の基礎伏図である。
【図5】本発明の2階梁伏図である。
【図6】本発明の2階梁伏詳細図である。
【図7】本発明の耐震コア形状図である。
【符号の説明】
1 鉄筋コンクリート造耐震コア  2 鉄筋コンクリート造地中梁  3 鉄筋
コンクリート造地中梁  4 鉄筋コンクリート土間スラブ  5 布基礎  6鉄筋コンクリート造耐震コアスラブ  7 2階床梁  8 アンカーボルト
9 基礎パッキン  10 引き寄せ金物  11 2階床根太  12 床用合板
13 2階柱  14 2階引き寄せ金物  15 ロ型コア  16 コ型コア  17H型コア  18 S型コア

Claims (1)

  1. 壁式鉄筋コンクリート造の耐震コアに依る木造耐震建築
JP2002221171A 2002-07-30 2002-07-30 耐震コアに依る木造耐震建築 Pending JP2004060310A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002221171A JP2004060310A (ja) 2002-07-30 2002-07-30 耐震コアに依る木造耐震建築

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002221171A JP2004060310A (ja) 2002-07-30 2002-07-30 耐震コアに依る木造耐震建築

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004060310A true JP2004060310A (ja) 2004-02-26

Family

ID=31941564

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002221171A Pending JP2004060310A (ja) 2002-07-30 2002-07-30 耐震コアに依る木造耐震建築

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004060310A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007191943A (ja) * 2006-01-20 2007-08-02 Hirosuke Matsuura 木造住宅用耐震混工法
JP2009068303A (ja) * 2007-09-18 2009-04-02 Yamaguchi Prefecture 壁面構造および壁面およびそれを用いた木造軸組工法建築物および異種構造建築物
JP2013092007A (ja) * 2011-10-27 2013-05-16 Kajima Corp 建築物

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007191943A (ja) * 2006-01-20 2007-08-02 Hirosuke Matsuura 木造住宅用耐震混工法
JP2009068303A (ja) * 2007-09-18 2009-04-02 Yamaguchi Prefecture 壁面構造および壁面およびそれを用いた木造軸組工法建築物および異種構造建築物
JP2013092007A (ja) * 2011-10-27 2013-05-16 Kajima Corp 建築物

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2006002428A (ja) 既存床の補強工法および既存建物の免震化工法
JP2004060310A (ja) 耐震コアに依る木造耐震建築
JP2010159543A (ja) 耐震補強構造
JPH102126A (ja) 免震建物
US20030167727A1 (en) Building construction method
JP3641227B2 (ja) 地下構造躯体の施工法
JP4354381B2 (ja) 増築工法
JP6744829B2 (ja) 建物の補強方法および耐震補強部材
JP2006083540A (ja) 家屋内耐震ルームの鉄骨枠組構造体
RU24225U1 (ru) Конструктивно-архитектурное решение реконструкции малоэтажного здания
JP3597183B2 (ja) 外フレーム構築による階段室式共同住宅のバリアフリー化工法
JP2004084262A (ja) 鉄骨耐震コアに依る木造耐震建築
CN108625491B (zh) 装配式h型钢柱-独立基础-混凝土圈梁l形连接节点
KR102172651B1 (ko) 간이 수영장 건설공법
JP2003003690A (ja) 免震建物および既存建物の免震化工法
JP2018112040A (ja) 木造耐震シェルター及びその設置方法
JP2002174051A (ja) 免震化工法
JP2005155204A (ja) 軽量盛土構造体
JP2007191943A (ja) 木造住宅用耐震混工法
JP2012077589A (ja) 地下構法
JP3102539U (ja) 木造住宅リホーム耐震強化支保工法
JP2578671B2 (ja) 柱と梁の構築工法
CN108643345A (zh) 装配式h型钢柱-独立基础-混凝土圈梁一字形连接节点
JPH0635074Y2 (ja) 立体駐車場の架構構造
JP2004003175A (ja) 木造構造物の耐震構造