New! Search for patents from more than 100 countries including Australia, Brazil, Sweden and more

JP2004046620A - 電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体 - Google Patents

電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体 Download PDF

Info

Publication number
JP2004046620A
JP2004046620A JP2002204429A JP2002204429A JP2004046620A JP 2004046620 A JP2004046620 A JP 2004046620A JP 2002204429 A JP2002204429 A JP 2002204429A JP 2002204429 A JP2002204429 A JP 2002204429A JP 2004046620 A JP2004046620 A JP 2004046620A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
video content
bulletin board
electronic bulletin
information
user terminal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002204429A
Other languages
English (en)
Inventor
Haruhisa Ito
Hiroyuki Kato
井藤 晴久
加藤 洋行
Original Assignee
Nippon Telegraph & Telephone East Corp
東日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegraph & Telephone East Corp, 東日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegraph & Telephone East Corp
Priority to JP2002204429A priority Critical patent/JP2004046620A/ja
Publication of JP2004046620A publication Critical patent/JP2004046620A/ja
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】投稿される文書に対応する映像を文書と同時に掲示することによって詳細かつ正確な情報の伝達を可能にする電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体を提供する。
【解決手段】利用者端末から受信する操作命令に応じてすでに記憶されている映像コンテンツの編集を行うステップと、編集した編集映像コンテンツおよびこの編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶するステップと、この投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を電子掲示板に掲示するステップとを実行する。
【選択図】   図1

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、インターネット等の通信ネットワークを介して利用者が情報の投稿または閲覧を行う電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、インターネット上における電子掲示板は、利用者が共通の話題についてさまざまな意見を交わす場を提供するものとして広く用いられている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、従来の電子掲示板に投稿できるのはコメント等の文字情報に限られているため、情報の伝達量に限界が見られることがあった。例えば、テレビで放送されたサッカーの試合を見た視聴者が、試合でのシュートシーンについて電子掲示板にコメントを投稿する場合、「どの選手がどのようなポジショニングをしていて、どの選手からパスを受け、ゴールのどの位置にどのような球筋のシュートを打った」といった内容を文字だけでいくら詳細に説明しても、実際にテレビで放映された映像情報の全てを伝達することはほとんど不可能であった。さらに、そのコメントを閲覧する利用者ごとに想像する映像が異なってしまうため、投稿者が自分の意図する情報を正確に伝達することが難しいという問題もあった。
【0004】
本発明は上記に鑑みてなされたものであり、その目的は、投稿される文書に対応する映像を文書と同時に掲示することによって詳細かつ正確な情報の伝達を可能にする電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体を提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するために、請求項1記載の本発明は、通信ネットワークを介して利用者端末に接続されたコンピュータシステムを用いて、利用者端末から投稿される投稿情報の掲示を行う電子掲示板を提供する電子掲示板提供方法であって、前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶部を有する前記コンピュータシステムが、利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶部から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集ステップと、この映像コンテンツ編集ステップで編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を投稿情報記憶部に記憶する投稿情報記憶ステップと、この投稿情報記憶ステップで記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を前記投稿情報記憶部から読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示ステップとを実行することを要旨とする。
【0006】
請求項1記載の本発明によれば、通信ネットワークを介して利用者端末に接続され、電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶部を有するコンピュータシステムが、利用者端末から受信する操作命令に応じて映像コンテンツ記憶部から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集ステップと、この映像コンテンツ編集ステップで編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を投稿情報記憶部に記憶する投稿情報記憶ステップと、この投稿情報記憶ステップで記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を投稿情報記憶部から読み出して掲示する投稿情報掲示ステップとを実行することにより、投稿情報の詳細かつ正確な伝達が可能になる。
【0007】
ここで、本発明に係る電子掲示板提供方法を実行するコンピュータシステムは、一つのコンピュータにより構築されている場合だけでなく、各ステップを実行する機能または手段を適宜分割した二つ以上のコンピュータによって構築されている場合も含む。以後の請求項に係る本発明においても同様である。
【0008】
請求項2記載の本発明は、請求項1記載の電子掲示板提供方法の前記映像コンテンツ編集ステップにおいて、映像コンテンツに関する付加的な情報であるメタデータを利用者端末から受信する操作命令に基づいて前記映像コンテンツに付加することを要旨とする。
【0009】
請求項2記載の本発明によれば、映像コンテンツ編集ステップにおいて、映像コンテンツにメタデータを付加することによって映像コンテンツの編集を効率よく行うことができる。
【0010】
請求項3記載の本発明は、請求項1または2記載の電子掲示板提供方法の前記映像コンテンツ記憶ステップにおいて、前記複数の映像コンテンツの各々に関する付加的な情報であるメタデータを記憶することを要旨とする。
【0011】
請求項3記載の本発明によれば、前記映像コンテンツ記憶ステップにおいて記憶される各映像コンテンツに関するメタデータを記憶することによって映像コンテンツの編集を効率よく行うことができる。
【0012】
請求項4記載の本発明は、請求項1乃至3のいずれかに記載した電子掲示板提供方法において、利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを利用者情報記憶部に記憶することを要旨とする。
【0013】
請求項4記載の本発明によれば、利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを利用者情報記憶部に記憶することによって電子掲示板の不正利用を防止することができる。
【0014】
請求項5乃至8に記載の本発明は、上記請求項1乃至4のいずれかに記載した電子掲示板提供方法を実行するコンピュータシステムである電子掲示板提供システムを提供するものである。
【0015】
請求項5記載の本発明は、通信ネットワークを介して接続された利用者端末から投稿される投稿情報を掲示する電子掲示板を提供する電子掲示板提供システムであって、前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶手段と、利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶手段から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集手段と、この映像コンテンツ編集手段で編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶する投稿情報記憶手段と、この投稿情報記憶手段で記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示手段とを備えたことを要旨とする。
【0016】
請求項5記載の本発明によれば、電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶手段と、利用者端末から受信する操作命令に応じて映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集手段と、この映像コンテンツ編集手段で編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶する投稿情報記憶手段と、この投稿情報記憶手段に記憶された投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を電子掲示板に掲示する投稿情報掲示手段とを備えた電子掲示板提供システムを提供することにより、投稿情報の詳細かつ正確な伝達が可能になる。
【0017】
ここで、本発明の電子掲示板提供システムは、一つのコンピュータにより構築されている場合だけでなく、各手段を適宜分割して二つ以上のコンピュータからなるコンピュータシステムによって構築されている場合も含む。以後の請求項に係る本発明においても同様である。
【0018】
請求項6記載の本発明は、請求項5記載の電子掲示板提供システムにおいて、前記映像コンテンツ編集手段が、映像コンテンツに関する付加的な情報であるメタデータを利用者端末から受信する操作命令に基づいて前記映像コンテンツに付加することを要旨とする。
【0019】
請求項6記載の本発明によれば、映像コンテンツ編集手段が、映像コンテンツにメタデータを付加することによって映像コンテンツの編集を効率よく行うことができる。
【0020】
請求項7記載の本発明は、請求項5または6に記載した電子掲示板提供システムにおいて、前記映像コンテンツ記憶手段が、前記複数の映像コンテンツの各々に関する付加的な情報であるメタデータを記憶することを要旨とする。
【0021】
請求項7記載の本発明によれば、映像コンテンツ記憶手段で各映像コンテンツに関するメタデータを記憶することによって映像コンテンツの編集を効率よく行うことができる。
【0022】
請求項8記載の本発明は、請求項5乃至7のいずれかに記載した電子掲示板提供システムにおいて、利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを記憶する利用者情報記憶手段を備えたことを要旨とする。
【0023】
請求項8記載の本発明によれば、利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを記憶する利用者情報記憶手段を備えることによって電子掲示板の不正利用を防止することができる。
【0024】
請求項9乃至12記載の本発明は、投稿情報の詳細かつ正確な伝達を可能にする電子掲示板を提供するためにコンピュータシステムを機能させる電子掲示板提供プログラムを提供するものである。
【0025】
請求項9記載の本発明は、通信ネットワークを介して接続された利用者端末から投稿される投稿情報を掲示する電子掲示板を提供するために、コンピュータシステムを、前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶手段、利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶手段から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集手段、この映像コンテンツ編集手段で編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶する投稿情報記憶手段、この投稿情報記憶手段で記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示手段、として機能させることを要旨とする。
【0026】
請求項10記載の本発明は、請求項9記載の電子掲示板提供プログラムにおいて、前記映像コンテンツ編集手段が、映像コンテンツに関する付加的な情報であるメタデータを利用者端末から受信する操作命令に基づいて前記映像コンテンツに付加することを要旨とする。
【0027】
請求項11記載の本発明は、請求項9または10に記載した電子掲示板提供プログラムにおいて、前記映像コンテンツ記憶手段が、前記複数の映像コンテンツの各々に関する付加的な情報であるメタデータを記憶することを要旨とする。
【0028】
請求項12記載の本発明は、請求項9乃至11のいずれかに記載した電子掲示板提供プログラムにおいて、前記コンピュータシステムを、利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを記憶する利用者情報記憶手段としてさらに機能させることを要旨とする。
【0029】
請求項13および14記載の本発明は、請求項9乃至12のいずれかに記載した電子掲示板提供プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体を提供するものである。
【0030】
請求項13記載の本発明は、通信ネットワークを介して接続された利用者端末から投稿される投稿情報を掲示する電子掲示板を提供するために、コンピュータシステムを、前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶手段、利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶手段から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集手段、この映像コンテンツ編集手段で編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶する投稿情報記憶手段、この投稿情報記憶手段で記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示手段、として機能させる電子掲示板提供プログラムを記録したことを要旨とする。
【0031】
請求項14記載の本発明は、請求項10乃至12のいずれか一項記載の電子掲示板提供プログラムを記録したことを要旨とする。
【0032】
請求項13および14記載の本発明によれば、請求項9乃至12のいずれか一項に記載した電子掲示板提供プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体を提供することにより、投稿情報の詳細かつ正確な伝達を可能にする電子掲示板を提供する電子掲示板提供プログラムを広く流通させることができる。
【0033】
【発明の実施の形態】
次に、図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。
【0034】
(第1の実施形態)
図1は、本発明の第1の実施形態に係る電子掲示板提供システムおよびこの電子掲示板提供システムに通信ネットワークを介して接続される利用者端末の全体構成を示す説明図である。同図に示すように、電子掲示板提供システム1は、インターネット等の通信ネットワーク3を介して利用者端末5−1、5−2、・・・、5−n(nは正の整数)に接続されている。以下、利用者端末5−1、5−2、・・・、5−nを特に区別する必要がない場合には、それらを利用者端末5と総称し、これをもっていずれかの利用者端末を指すものとする。
【0035】
電子掲示板提供システム1には、電子掲示板を管理、提供するためのサーバ11、ユーザIDやパスワード等の利用者情報を記憶、管理する利用者情報データベース13(利用者情報記憶部)、電子掲示板に掲示可能な映像コンテンツを記憶、管理する映像コンテンツデータベース15(映像コンテンツ記憶部)、電子掲示板に投稿された投稿情報を記憶、管理する投稿情報記憶部としての機能を備えた掲示板データベース17に加えて、利用者が利用者端末5から投稿する投稿情報に関する内容等を利用者ごとに記憶する利用者データベース19を有している。なお、サーバ11および上記各データベースを複数の場所に分割して配置し、それらを連携させることによって本実施形態に係る電子掲示板提供システム1を構築することも勿論可能である。
【0036】
図2は、電子掲示板提供システム1の機能および構成の概略を表すブロック図である。同図に示す電子掲示板提供システム1は、上述したデータベース構成に加えて、キーボードやマウス等の入力装置からなる入力部101、ディスプレイ画面等の出力装置からなる出力部103、CPU(Central Processing Unit:中央処理装置)111等を備えて後述する各種処理の制御および演算を実行する制御演算部105、制御演算部105での処理に必要なプログラム等を格納するRAM(Random Access Memory)等からなる主記憶部109、通信ネットワーク3との通信インタフェースである送受信部107を少なくとも有するコンピュータシステムにより構成されている。
【0037】
本実施形態に係る電子掲示板提供システム1の制御演算部105は、利用者の認証や登録を行う機能(認証機能)を有する認証部113、電子掲示板へ投稿する投稿情報の編集および投稿を利用者端末5からの操作命令に応じて実行する機能(編集機能)を有する編集部115、利用者端末5からの閲覧要求に応じて利用者端末5へ配信する電子掲示板を生成する機能(掲示板生成機能)を有する掲示板生成部117を有している。
【0038】
このように制御演算部105は、利用者情報データベース13、映像コンテンツデータベース15、掲示板データベース17の各々と連携することによって、利用者情報を記憶する利用者情報記憶手段、映像コンテンツを記憶するとともに映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ記憶手段および映像コンテンツ編集手段、投稿情報を記憶するとともに電子掲示板に掲示する投稿情報記憶手段および投稿情報掲示手段としての機能を担っている。
【0039】
電子掲示板提供システム1には、本実施形態に係る各種処理を制御、実行するための電子掲示板提供プログラムが、サーバ11内部に具備されたHDD(HardDisk Drive)等の記憶装置に格納されている。これらの電子掲示板提供プログラムは、CD−ROM、フレキシブルディスク、光磁気ディスク、PCカード等のコンピュータ読取可能な記録媒体に記録して広く流通させることも可能である。
【0040】
通信ネットワーク3を介して電子掲示板提供システム1に接続される利用者端末5−1、5−2、・・・、5−nの各々もコンピュータから構成されている。なお、利用者端末5としては、例えば携帯電話やPDA(Personal Digital Assistants)等を利用することもできる。
【0041】
次に、上述した各データベースに記憶される具体的なデータの構成例について説明する。以後の説明においては、本実施形態に係る電子掲示板が、スポーツに関する映像コンテンツを利用するスポーツ電子掲示板であることを想定するが、本実施形態の電子掲示板がこのような場合に限られるものでないことはいうまでもない。
【0042】
図4は、利用者情報データベース13に記憶、管理されている利用者情報の概略構成を示す説明図である。同図に示す利用者情報管理テーブル131には、利用者から登録されたユーザIDおよびパスワードが、利用者の識別番号とともに記憶されている。例えば、利用者情報管理テーブル131の一行目には、ユーザID「abcde」、パスワード「y5rST」で登録した利用者に識別番号「1」が付与されて記憶されている。二行目に記載されているユーザID「xxxyzz」(識別番号「2」、パスワード「2A3pq」)についても同様である。また、図中の点線は、同様の利用者情報が省略して記載されていることを意味している。以下に示す各テーブル等においても、点線部分は具体的に記載されたのと同様の情報が省略されていることを意味するものとする。
【0043】
図5は、映像コンテンツデータベース15に記憶、管理されている映像コンテンツデータの概略構成を示す説明図である。同図に示す映像コンテンツ管理テーブル151には、提供された映像コンテンツに関するデータが管理されている。例えば、一行目に記載されている識別番号「1001」の映像コンテンツデータは、「○△×△」という提供者から提供され、「日本×ロシア」というコンテンツ名で記憶されているものである。
【0044】
図6乃至図8は、掲示板データベース17に記憶、管理され、電子掲示板に掲示される投稿情報の各種データの概略構成を示す説明図である。投稿情報は、利用者の投稿および閲覧の便宜を図るために属性情報が付与され、その属性情報に基づいて階層化することによって管理される。本実施形態においては、属性情報として、投稿情報の分野を大別するための「カテゴリ」、各カテゴリ内で作成される「トピック」、各トピックに応じて投稿される投稿情報の「題名」に階層化される場合について説明するが、本発明を実施する上での属性情報はこの場合に限られるものではなく、さらに細分化することも勿論可能である。
【0045】
掲示板データベース17は、電子掲示板へ投稿されるカテゴリを管理するカテゴリ管理テーブル171(図6を参照)、カテゴリごとに作成されたトピックを管理するトピック管理テーブル173(図7を参照)、トピックごとの投稿情報を管理する投稿情報管理テーブル175(図8を参照)を用いて電子掲示板を生成するために必要なデータが記憶されている。
【0046】
図6に示すカテゴリ管理テーブル171に記載されるデータは、カテゴリの識別番号、カテゴリ名、カテゴリに作成されたトピック数を一組として構成される。例えば、二行目に記載されている「サッカー」というカテゴリには、識別番号「2」が付与され、その中に10個のトピックが作成されていることを示している。他のカテゴリ(カテゴリ名「野球」に加えて、具体的な記載のない点線部分も含む)についても同様である。
【0047】
図7に示すトピック管理テーブル173は、「サッカー」というカテゴリに作成された8個のトピックの具体的な情報を管理するものである。各トピックに付与される識別番号は、「サッカー」のカテゴリ識別番号「2」を受け継ぐように「2−1、2−2、・・・、2−8」と付与されている。例えばトピック名「稲田のシュート」は、トピックの識別番号が「2−1」であり、このトピックを作成した利用者のユーザIDが「aiueo」、作成された日付が「6/10」であることを示している。他のトピックについても同様である。また、図7では「サッカー」というカテゴリに作成されたトピックについて説明したが、他のカテゴリに作成されるトピックに係るデータについても同様のトピック管理テーブルによって記憶、管理されているのは勿論である。
【0048】
図8に示す投稿情報管理テーブル175は、「稲田のシュート」というトピックに対して投稿された投稿情報の具体的なデータを示すものである。各投稿情報に付与される識別番号は、「稲田のシュート」のトピック識別番号「2−1」を受け継ぐように「2−1−1、2−1−2、・・・」と付与されている。例えば、二行目に記載されている題名「パスがよかった」の投稿情報識別番号は「2−1−2」であり、ユーザID「xyz」を有する利用者が「6/11」に作成したものであること、さらには、投稿情報の一部を構成する映像コンテンツは「ina1.mpg」という名称で「/home/xyz/(利用者データベース19のhomeというディレクトリに設けられた利用者xyz専用のホームディレクトリ)」に記憶されており、その映像コンテンツに対応して入力されたコメントは「出したパスの方がよかった。」であることを示している。他の投稿情報についても同様である。
【0049】
ここで説明した映像コンテンツとしてはMPEG(Moving Picture Experts Group)形式等による動画ファイルを想定しているが、これ以外にも、例えばJPEG(Joint Photographic Experts Group)形式等の静止画ファイルからなる映像コンテンツを映像コンテンツデータベース15に記憶しておき、その静止画ファイルを用いるようにしてもよい。
【0050】
なお、図4乃至図8を用いて説明した各テーブルの構成はあくまでも一例であり、例えば識別番号の付与の仕方や各テーブルの構成要素は必ずしも上述したものに限られるわけではなく、適宜変更することができる。
【0051】
次に、本実施形態に係る電子掲示板提供システム1が実行する電子掲示板提供方法の処理内容について、図3に示す処理フロー図を参照して詳細に説明する。図3においては、電子掲示板提供システム1と利用者端末5各々の処理をフローチャートでそれぞれ表している。また、電子掲示板提供システム1〜利用者端末5間の情報の送受信を二重線で表している。さらに、電子掲示板提供システム1の内部処理については、各ステップにおいて上述したいずれかのデータベースと協働したデータの流れの概要についても点線を用いて記載している。
【0052】
図3に示すように、電子掲示板配信の際に通信ネットワーク3を介して行われる電子掲示板提供システム1〜利用者端末5間の処理は、大別して、(1)利用者端末5から電子掲示板提供システム1への利用者登録または認証要求(ステップd1、d3、d5、d7)、(2)認証または登録後、電子掲示板提供システム1から利用者端末5への電子掲示板への入力許可(ステップd9)、(3)利用者端末5からの電子掲示板の閲覧(ステップd11)、(4)電子掲示板提供システム1内での利用者端末5による投稿情報の編集および投稿(ステップd13)から構成される。以下、これらの処理について詳細に説明する。
【0053】
<利用者の登録および認証>
電子掲示板提供システム1の利用を希望する利用者は、利用者端末5から予め電子掲示板提供システム1で設定されたURL(Uniform Resource Locator)にアクセスする(ステップS501、d1)。
【0054】
利用者端末5からのアクセスを受けた電子掲示板提供システム1では、掲示板データベース17からログイン画面を構成するトップページのファイルを読み出して利用者端末5へ送信し、利用者に対してユーザIDとパスワードの入力を促す(ステップS101、d3)。なお、トップページのファイルおよび以後の処理において利用者端末5の画面に表示されるファイルは、HTML(Hyper TextMarkup Language)形式等を用いて記述されたものであり、通常のブラウザ機能を備えたコンピュータが表示可能なものである。
【0055】
利用者が新規に会員登録を行う場合には、新規ユーザIDとパスワードを入力して送信する(ステップS503、S505、d5)。利用者による情報の入力は、利用者端末5に具備されたキーボードやマウス等の入力装置を介して行われる。以後の利用者による入力処理も同様であるので、今後「利用者が(利用者端末5に)入力する」という表現により、前述した処理が行われることを意味するものとする。
【0056】
これを受けて電子掲示板提供システム1は、会員登録の可否を判断する(ステップS103)。会員登録が認められる場合には、ユーザIDとパスワード、およびそれらの利用者情報を識別する識別番号を付与して利用者情報データベース13の利用者情報管理テーブル131に書き込んで記憶する(ステップS105)。入力ミスがある場合や受信したユーザIDがすでに登録されているものと同一である場合等、会員登録が認められない場合には、利用者端末5に対してエラー通知を送信し(ステップS107)、処理を終了する。図3では、エラー通知の送信を二点鎖線によって示しているが、これは利用者端末5側で受信するエラー通知が、利用者端末5のフローチャートとは独立なものであることを明示するための措置である。なお、エラー通知を受信した利用者は、再度登録を試みるか、処理を終了する(図3では図示せず)。
【0057】
すでに会員登録を行っている利用者がログインする場合には、認証処理が行われる。この場合には、利用者が登録済みのユーザIDおよびパスワードを利用者端末5に入力し、電子掲示板提供システム1へ送信する(ステップS503、S507、d7)。
【0058】
ユーザIDおよびパスワードを受信した電子掲示板提供システム1は、利用者情報データベース13を呼び出して利用者情報の照会を行い(ステップS109)、該当するものがあれば電子掲示板への情報の入力を許可し、カテゴリ一覧画面を生成して利用者端末5に表示する(ステップS111、d9)。ステップS109で該当するものがない場合には、利用者端末5に対してエラー通知を送信し(ステップS113)、処理を終了する。このエラー通知の送信を示す二重鎖線も、ステップS107で説明したものと同様である。
【0059】
<電子掲示板の閲覧>
次に、ログインした利用者端末5による電子掲示板の閲覧処理(ステップS509)について説明する。図3では、閲覧の各処理を総じて表すために、電子掲示板提供システム1〜利用者端末5間の信号の送受信を一括して一つの両方向二重線矢印で記載してある(ステップd11)。また、電子掲示板提供システム1内部の処理については、「掲示板の読み取り」(ステップS115)として掲示板データベース17から各種ファイルを読み取って利用者端末5側に送信することを示しているものとする。
【0060】
図9は、ログイン後の利用者端末5の出力装置(ディスプレイ画面装置等)に表示されるカテゴリ一覧画面の表示例を示す説明図である。同図に示すカテゴリ一覧画面501は、カテゴリ表示部502、映像コンテンツを編集するために、まず映像コンテンツデータベース15に記憶された映像コンテンツの一覧を表示する映像コンテンツ一覧画面へ遷移する一覧画面生成ボタン部503(図面上「映像コンテンツ」と表示)、電子掲示板へのアクセスを終了するための終了ボタン部504を備える。
【0061】
カテゴリ表示部502には、カテゴリ名とカテゴリごとに作成されたトピック数が表示され、その各々はリンクキーをなしている。例えば、「サッカー(8トピック)」と表示された箇所にマウスポインタをあわせてマウスをクリックすると、図13に示すカテゴリ別トピック表示画面541へ遷移する。以後の説明においては、画面上でリンクキーをなす箇所にマウスポインタをあわせてマウスをクリックする操作を、単に「(マウスを)クリックする」と記載する。
【0062】
カテゴリ別トピック表示画面541は、トピック名がそれぞれリンクキーをなすトピック表示部542、クリックすると新たなトピックを作成するためのトピック作成画面へ遷移するトピック作成ボタン部543(画面上で「トピックの作成」と表示)、カテゴリ一覧画面501へ戻るための前画面生成ボタン部544(画面上で「戻る」と表示)を備える。以後の説明においても、画面上に「戻る」ボタンが表示されることがあるが、これらについても一つ前に表示された画面に戻る機能を有する点は全く同じであるので、その都度説明することは省略する。
【0063】
トピック表示部542に表示されたトピックの中から利用者が閲覧したいトピックを選択してクリックすると、そのトピックに投稿された投稿情報の一覧を少なくとも表示する投稿情報一覧画面へ遷移する。図14は、図13で表示されたトピックから利用者が「稲田のシュート」というトピックを選択したときに遷移した投稿情報一覧画面の表示例を示す説明図である。同図に示す投稿情報一覧画面551には、トピック「稲田のシュート」に関して投稿された投稿情報の題名、投稿者のユーザID、投稿日を少なくとも表示する投稿情報一覧表示部557、選択された投稿情報を実際に表示する投稿情報表示部552、利用者が同じトピックについて記事を投稿する際にクリックするための投稿情報作成ボタン部558(画面上で「投稿内容の作成」と表示)、および前画面生成ボタン部559が少なくとも表示される。
【0064】
投稿情報一覧表示部557は、各投稿情報記載箇所がリンクキーをなしており、利用者が閲覧を希望する投稿情報記載箇所をクリックすると、投稿情報表示部552に選択された実際の投稿情報が表示される。
【0065】
投稿情報表示部552は、投稿情報の題名を表示する題名表示部553、投稿者のユーザIDを表示するユーザID表示部554、映像コンテンツが表示される映像表示部555、コメントが表示されるコメント表示部556から構成されている。
【0066】
<投稿情報の編集>
次に、利用者が投稿情報を新たに作成して電子掲示板に投稿するときの処理(図3のステップS511、S513)について説明する。
【0067】
利用者は、利用者端末5の出力装置に表示される画面上で所望の操作を行い、その操作命令を電子掲示板提供システム1へ送信する。電子掲示板提供システム1では、制御演算部105の編集部115および掲示板生成部117がそれぞれ有する編集および掲示板生成機能によって利用者端末5から受信する操作命令に応じた処理を行い、投稿情報の編集処理を実行する。
【0068】
図3のステップS117、S119、S121、S123、S125に示すように、投稿情報の編集処理は、(イ)映像コンテンツの編集(ステップS117、S119、S121)、(ロ)コメント作成(ステップS123)、(ハ)投稿(ステップS125)、の三つのステップからなる。ステップd13がこれら各処理における信号の送受信を総じて表す点については、上述した閲覧処理におけるステップd11と同様である。
【0069】
以下、投稿情報の編集処理を詳述する。
【0070】
(イ)映像コンテンツの編集
カテゴリ一覧画面501(図9を参照)の一覧画面生成ボタン部503をクリックすると、図10に示す映像コンテンツ一覧画面511が表示される。同図に示す映像コンテンツ一覧画面511は、電子掲示板提供システム1に提供された映像コンテンツをカテゴリごとに分類して表示する映像コンテンツ一覧表示部512と前画面生成ボタン部513とを少なくとも表示する。
【0071】
映像コンテンツ一覧表示部512に表示される映像コンテンツの題名および提供元表示箇所はリンクキーをなしており、利用者端末5が所望の映像コンテンツを選択してその表示箇所をクリックすると、選択された映像コンテンツを表示する映像コンテンツ表示画面に遷移する。
【0072】
図11は、図10に示す映像コンテンツ一覧画面511において、利用者が「日本×ロシア(○△×△)」を選択したときの映像コンテンツ表示画面521の表示例を示す説明図である。同図に示すように、映像コンテンツ表示画面521には、選択された映像コンテンツを画面上で放映する映像表示部523、映像を再生するための各種機能をクリックすることによって実行させる機能ボタン部525、この映像コンテンツを用いて編集を行うために映像コンテンツ編集画面に遷移するための編集画面生成ボタン部527(画面上で「編集」と表示)、および前画面生成ボタン部529が表示される。
【0073】
機能ボタン部525の各ボタンは、例えば通常の動画再生用ソフトと同様に「再生」、「巻き戻し」、「早送り」、「停止」等の機能をそれぞれ備えており、映像表示部523で放映される映像を利用者の所望の形態で再生することができる。なお、機能ボタン部525の各ボタンには、その機能が適宜表示されているものとする。
【0074】
編集画面生成ボタン部527がクリックされると、電子掲示板提供システム1では、該当する映像コンテンツを映像コンテンツデータベース15から読み出して映像コンテンツ編集画面を生成し、利用者端末5へ送信する。
【0075】
図12は、映像コンテンツ編集画面の表示例を示す説明図である。同図に示す映像コンテンツ編集画面531には、編集する映像コンテンツを表示する映像表示部532、映像コンテンツの全体の時間に対する現在の放映時間を表示する時間表示部533、上記機能ボタン部525(図11を参照)と同等の機能を備えた機能ボタン部534、映像コンテンツを編集する機能を有する編集機能ボタン部535が表示される。この他にも、一度編集済みの編集映像コンテンツを利用者データベース19内に設けられる各利用者専用のホームディレクトリから呼び出すための映像コンテンツ呼出ボタン部536(画面上で「開く」と表示)や、編集の途中または編集を終了した映像コンテンツを利用者データベース19に記憶する機能を有する保存ボタン部537、および前画面生成ボタン部538が表示される。
【0076】
編集機能ボタン部535を構成する各ボタンをクリックすることによって実行される編集機能としては、例えば以下に列挙するような機能が想定される。
【0077】
・「映像の切り出し」 映像の始点と終点を定めてその間の映像を切り出す機能・「BGM(Background Music)の挿入」 電子掲示板提供システム1内に別に設けられた音楽コンテンツデータベースから音楽コンテンツを読み出して映像に挿入する機能
・「エフェクト」 モザイクを挿入したり、背景をぼやかしたりする機能
・「文字の挿入」 字幕等の文字を挿入する機能
・「トランジョン」 場面の切り替わりに特殊な効果を挿入する機能
・「映像の結合」 切り出した映像を結合する機能
・「再生スピード」 再生時の速度を指定する機能
これらの機能を適宜使用することにより、元となる映像コンテンツの編集を実行することができる。編集機能ボタン部535の各ボタンには、その機能を示す文字が適宜表示されているものとする。
【0078】
(ロ)コメントの作成
上述した映像コンテンツの編集によって電子掲示板に投稿する映像コンテンツの編集が済んだあと、コメントの作成が行われる。
【0079】
利用者が新たなトピックを作成する場合には、カテゴリ別トピック表示画面541(図13を参照)でトピック作成ボタン部543をクリックする。図15は、この後遷移するトピック作成画面の表示例を示す説明図である。同図に示すトピック作成画面561は、新たに作成するトピックを入力するトピック入力部562、トピックの入力が完了後にそのトピックの登録を行うための登録ボタン部563(画面上で「OK」と表示)、および前画面生成ボタン部564を有する。
【0080】
利用者が、利用者端末5の入力装置からトピック名を入力した後、登録ボタン部563をクリックすると、図14に示す投稿情報一覧画面551と同様の投稿情報一覧画面に遷移する。ただし、この場合には新たなトピックを作成した段階なので、投稿情報一覧表示部557には何も表示されない。新たに生成されたトピックは、掲示板データベース17に書き込まれて記憶、管理される。例えば、カテゴリ「サッカー」に新たなトピックが作成されたとすると、図6に示すカテゴリ管理テーブル171のサッカーのトピック数が「9」になるとともに、トピック管理テーブル173に新たなトピックに関する項目が付加される。
【0081】
次に利用者は、投稿情報作成ボタン部558をクリックする。以後の投稿情報作成処理については、新規トピックを生成した場合か否かに関わらず全く同じである。
【0082】
図16は、投稿情報の作成を行うための投稿情報作成画面の画面表示例を示す説明図である。同図に示す投稿情報作成画面571には、投稿情報の題名を入力する題名入力部572、すでに編集された投稿用の編集映像コンテンツを表示する映像表示部573、編集映像コンテンツに対応したコメントを入力するコメント入力部574、投稿する映像を各利用者のホームディレクトリから取り込むための映像取込ボタン部575(画面上の「映像の取り込み」と表示)、投稿情報を実際に投稿するための投稿ボタン部576が少なくとも表示される。
【0083】
利用者は題名を題名表示部572に利用者端末5から入力後、編集映像コンテンツを取り込むための映像取込ボタン部575をクリックする。クリック後、図17に示す編集映像コンテンツ選択画面581が表示される。この編集映像コンテンツ選択画面581には、編集映像コンテンツの所在(カレントディレクトリ)を示すカレントディレクトリ表示部582、編集映像コンテンツのファイル名一覧を表示するファイル一覧表示部583、このファイル一覧表示部583から選択したファイルを表示する選択ファイル表示部584、選択したファイルを取り込んで表示するための命令を送信する取込ボタン部585(画面上で「OK」と表示)から構成される。
【0084】
図17では、「suzu」というユーザIDを有する利用者のホームディレクトリに、3つの動画像ファイル(suzu1.mpg, suzu2.mpg, suzu3.mpg)が保存されている場合を例示している。
【0085】
取込ボタン部585がクリックされて投稿される編集映像コンテンツの取り込みが実行されると、再び図16に示す投稿情報作成画面571に戻り、この段階で映像表示部573に編集映像コンテンツが放映される。
【0086】
その後利用者は、取り込んだ編集映像コンテンツを見ながら、対応するコメントをコメント入力部574に入力する。このように、閲覧者が見ることになる映像を投稿者自身が見ながらコメントを作成することができるので、より正確な情報の伝達が可能になる。
【0087】
(ハ)投稿
コメントを入力した利用者は、内容を確認した時点で投稿情報作成画面571の投稿ボタン部576をクリックして記事の投稿を完了する。投稿情報は掲示板データベース17内の投稿情報管理テーブル175に、識別番号が付与されて記憶、管理される。
【0088】
電子掲示板提供システム1は、トピックをカテゴリで分類して掲示板データベース17に保存しており、利用者に新たなトピックを作成させ、投稿させることができる一方で、既存のトピックに対して投稿させることもできる。また、利用者端末5に投稿を促す際には、編集映像コンテンツを付加するか否かに関わらずに投稿を受け付ける機能を有する。
【0089】
図18は、以上説明した電子掲示板提供システム1が提供するWebページとしての電子掲示板におけるディレクトリ構成要部の概略(階層構造)を示す説明図である。
【0090】
ログインならびに会員登録を行うためのトップページ600は、利用者情報データベース13および掲示板データベース17から各種データの読み取りならびに書き込みを行うことによって生成され、利用者端末5に送信される。
【0091】
カテゴリ一覧表示ページ601は、「カテゴリ」、「トピック」、「投稿情報の題名」の順に階層化されたディレクトリ構造を有している。なお、カテゴリ一覧表示ページ601は、利用者端末5においてカテゴリ一覧画面501として表示されるものである。
【0092】
映像コンテンツ一覧表示ページ611は、その下層に位置する映像コンテンツ(1001.mpg, 1002.mpg,・・・)の一覧を映像コンテンツデータベース15から読み出して生成するものであり、利用者端末5において映像コンテンツ一覧画面511として表示される。
【0093】
利用者用ホームディレクトリ621は、利用者データベース19に保存されている各利用者専用のディレクトリに対応しており、利用者ごとに編集された編集映像コンテンツをその下層に格納している。
【0094】
以上説明した本発明の第1の実施形態によれば、利用者は利用者端末5からの操作により、電子掲示板提供システム1が備えた編集機能を使用して映像コンテンツを編集することができ、さらにその編集映像コンテンツを見ながらコメントを入力して作成した投稿情報を電子掲示板に投稿することが可能になる。したがって、本実施形態によれば、共通の映像コンテンツに対していろいろな意見を交わすことが可能になり、より詳細で正確な情報伝達を実現することができる。
【0095】
また、本実施形態によれば、利用者側からの掲示内容の編集ならびに電子掲示板への投稿に制限を加え、著作権等の問題を回避した映像コンテンツを提供することも可能になる。
【0096】
なお、本実施形態における投稿情報の編集処理は、上述した流れに沿うものでなくともよい。例えば、コメントの入力と映像コンテンツの編集を同時に実行する構成にしてもよい。
【0097】
また、閲覧者の便宜を考慮して、図19に示すようなトピック一覧画面を構成することも可能である。同図に示す投稿情報一覧画面591は、投稿者によって編集された映像を表示する映像表示部592、593、・・・、投稿情報の題名を表示するとともにリンクキーをなし、利用者が所望の箇所をクリックすれば、図14に示す投稿情報表示部552に相当する投稿情報表示画面に遷移する投稿情報題名表示部594からなる。図19の場合には、トピック「稲田のシュート」の作成者「aiueo」が最初に編集して投稿した編集映像コンテンツ(図8の「ina1.mpg」)が映像表示部592に表示され、この編集映像コンテンツを用いて投稿されている投稿情報の題名が順に表示される。映像表示部593には、同じトピックに対して別の編集映像コンテンツ(図8の「ina2.mpg」)が表示され、この編集映像コンテンツを作成したユーザID「blue」を有する利用者が投稿した記事の題名(「シュートがよかった」)から始まって、同じ編集映像コンテンツを用いた投稿情報の題名が順に表示される。
【0098】
投稿情報が一つの画面上で表示しきれない場合の措置として、投稿情報一覧画面591にはスクロールバー595が設けられ、スクロール可能な画面構成になっている。このスクロール機能は、上述した他の図面に設けることも勿論可能である。
【0099】
(第2の実施形態)
本発明の第2の実施形態に係る電子掲示板提供方法は、映像コンテンツまたは投稿用の編集映像コンテンツに対して付加的な情報であるメタデータを付与することを特徴とするものである。
【0100】
メタデータは、映像コンテンツに関する付加的な情報を蓄積したものであり、映像コンテンツが例えばサッカーの試合の場合、ある選手が画面に登場する時刻や、その選手の特定のプレー(シュート、ドリブル等)が行われた場面を時刻情報に基づいて付加する。このように、元の映像コンテンツのデータに埋め込まれている時刻情報等に基づいてさまざまなメタデータを付加することができる。以下では、メタデータの一例として時刻情報に基づくものを説明することにし、映像コンテンツには予め時刻情報が付加されているものとするが、本実施形態で使用可能なメタデータがこのような場合に限られるものでないことはいうまでもない。
【0101】
なお、本実施形態に係る電子掲示板提供システムの構成、ならびに利用者端末からの電子掲示板の閲覧および投稿情報の編集処理については、上記第1の実施形態と本質的に同じであるので、同様の構成を有する各装置等の符号は第1の実施形態で使用した符号と同じものを使用することにして、以後、映像コンテンツへのメタデータの付加ならびに付加されたメタデータの検索に関連する事項についてのみ詳述する。
【0102】
<メタデータの付加>
図20は、利用者端末で表示される映像コンテンツ編集画面701の表示例を示す説明図である。同図において、映像表示部702、時間表示部703、機能ボタン部704、映像コンテンツ呼出ボタン部712、保存ボタン部713、前画面生成ボタン部714の各機能は、映像コンテンツ編集画面531(図12を参照)において対応する各部と同じである。また、図示してはいないが、図12の編集機能ボタン部535に相当する機能を設けることも勿論可能である。
【0103】
利用者端末5からのメタデータの付加は、メタデータ付加部705を用いて行われる。メタデータは、映像コンテンツデータベース15に記憶された映像コンテンツおよび各利用者が編集する編集映像コンテンツともに利用者端末5から付加することを可能にする場合と、そのいずれか一方のみを付加可能な状態に制限する場合とが想定される。
【0104】
利用者は、映像コンテンツの中から放映時間帯を指定するための時刻情報の「始点」および「終点」、「メタデータ(の名称)」をメタデータ付加部705に設けられた入力部706の各欄にそれぞれ入力して登録ボタン部707(画面上で「OK」と表示)をクリックし、メタデータを付加する。
【0105】
図21は、利用者が編集時に付加したメタデータのデータ構成例を示す説明図である。同図に示すメタデータ管理テーブル177は、少なくともメタデータ名、編集映像コンテンツのファイル名、メタデータが付加された時間帯の始点および終点、メタデータを付加した利用者のユーザIDから構成される。例えば、一行目に記載された「ゴール」という名称のメタデータは、ファイル名「goal.mpg」という編集映像コンテンツの12分55秒から13分10秒までの部分に対応するものであり、サッカーの試合におけるゴールシーンを表すものである。他のメタデータについても同様である。
【0106】
このような構成を有するメタデータ管理テーブル177は、利用者データベース19内の各利用者のホームディレクトリ(Webページとしてのディレクトリ構成については図18を参照)に記憶される。
【0107】
他方、メタデータ自体は予め電子掲示板システム1の管理者で設定しておき、利用者が予め設定されたメタデータを映像コンテンツにのみ付加可能とすることもできる。この場合には、入力部706のうちのメタデータ入力欄をプルダウンメニュにして利用者に選択を促す構成をとる。
【0108】
図22は、映像コンテンツにメタデータが付与された場合に、映像コンテンツデータベース15に記憶されるメタデータの構成を示す説明図である。同図に示すメタデータ管理テーブル179は、少なくともメタデータ名、メタデータが付与された映像コンテンツのファイル名、メタデータが付加された時間帯の始点および終点から少なくとも構成されている。例えば、二行目に記載されている「コーナーキック」という名称のメタデータは、ユーザID「japam」を有する利用者によってファイル名「1001.mpg」という映像コンテンツに付加されたメタデータから選択されたものであり、この映像コンテンツの2分0秒から2分3秒までの部分に対応し、サッカーの試合でコーナーキックが行われたシーンを表すものである。その他のメタデータについても同様である。
【0109】
なお、図21および図22でそれぞれ説明した各メタデータ管理テーブル177および179では、メタデータの各々に対して識別番号を付与することも勿論可能である。
【0110】
また、上述したように、利用者端末5に与えるメタデータ付加の権限は、図21と図22を用いて説明したメタデータ付加方法を適宜組み合わせることによってさまざまなパターンで与えることが可能である。例えば、料金制の会員登録を行う場合には、その料金に応じて異なるメタデータ付加の権限を付与するような設定にしてもよい。
【0111】
<メタデータの検索>
メタデータ検索部708は、すでに付加されているメタデータを検索する機能を有する。利用者端末5から入力部709に検索したいメタデータが入力され、検索ボタン部710がクリックされると、メタデータ管理テーブル177または179の中から入力されたメタデータが存在する行を検索し、その中で最も早い始点(開始時間)を有する映像コンテンツの始点の静止映像を一時停止状態で表示させる。ここで変換部711の「次へ」と表示されたリンクキーを選択すると、次に早い始点を有する映像コンテンツの始点の静止映像を一時停止状態で表示する。変換部711で「前へ」を表示されたリンクキーは、現在表示中の映像コンテンツよりも早い始点を有する映像コンテンツの始点の静止映像を一時停止状態で表示するためのものである。
【0112】
このようなメタデータ検索機能を有することにより、利用者が、例えば「ドリブル」の場面を検索したいときに、対象となる映像を迅速に見つけ出すことが可能となる。
【0113】
以上説明した本発明の第2の実施形態によれば、前述した第1の実施形態と同様の効果を得ることができるのに加え、映像コンテンツに対してメタデータを適宜付加することにより、映像コンテンツの編集者(管理者側、利用者側とも含む)は容易にメタデータを付加することができ、編集効率を向上させることが可能となる。
【0114】
また、映像コンテンツの提供者は、自らメタデータを付加する作業を行なわずに、利用者から付加されたメタデータ付きの映像コンテンツをさまざまな用途に使用することが可能になる。
【0115】
(その他の実施形態)
本発明は、上述した二つの実施形態においてのみ特有の効果を奏すると理解されるべきではない。以下、想定されるその他の実施形態について説明する。
【0116】
1)上記第1および第2の実施形態では、映像コンテンツが予め映像コンテンツデータベース15に記憶されている場合を説明したが、それ以外にも利用者側で作成した映像コンテンツを電子掲示板に掲示可能な設定にすることもできる。この場合には、利用者端末5から受信した映像コンテンツを映像コンテンツデータベース15に記憶するようにしてもよいし、新たなデータベースを設けてそのデータベースに記憶するようにしてもよい。また、掲示できる映像コンテンツは、予めメタデータが付加され、すでに編集済のものに制限する等の条件を加えることも勿論可能である。
【0117】
2)映像編集機能を映像の切り出しのみ、あるいは切り出された複数の映像の結合に限定することもできる。こうすることで、元となる映像コンテンツの著作権者から映像コンテンツ使用に関する同意を得やすくなり、その結果映像コンテンツの提供を受けやすくなるという利点を生じる。
【0118】
3)複数の編集映像コンテンツを一つの投稿情報に掲載できる構成にしてもよい。
【0119】
また、編集映像コンテンツに関しては、電子掲示板で利用者が投稿情報を閲覧する際の動画時間に予め制限を設けておくこともできる。このような制限を設けることによって、掲示板データベースや利用者データベースに記憶されるデータ量を軽減するという効果が得られる。
【0120】
4)映像コンテンツの提供者をスポンサーとして、そのスポンサーを識別する識別情報をメタデータとして付加しておき、電子掲示板を閲覧する際にスポンサーの広告情報を再生させることも可能である。このような構成をとることにより、映像コンテンツの提供を受けやすくなり、広告配信費として映像コンテンツ提供者からの収入を得やすくなる。さらに、広告情報配信回数を積算し、配信回数に応じた広告情報配信費をスポンサーから徴収する構成にしてもよい。
【0121】
このように、本発明は上記二つの実施形態同様の効果を奏するさまざまな実施の形態等を含みうるものであることはいうまでもない。
【0122】
【発明の効果】
以上説明した本発明によれば、投稿される文書に対応する映像を文書と同時に掲示することによって詳細かつ正確な情報の伝達を可能にする電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1の実施形態に係る電子掲示板提供システムおよび利用者端末の全体構成を表す説明図である。
【図2】本発明の第1の実施形態に係る電子掲示板提供システムの機能構成を表すブロック図である。
【図3】本発明の第1の実施形態に係る電子掲示板提供処理を表す処理フロー図である。
【図4】利用者情報管理テーブルの構成を示す説明図である。
【図5】映像コンテンツ管理テーブルの構成を示す説明図である。
【図6】カテゴリ管理テーブルの構成を示す説明図である。
【図7】トピック管理テーブルの構成を示す説明図である。
【図8】投稿情報管理テーブルの構成を示す説明図である。
【図9】カテゴリ一覧画面の表示例を示す説明図である。
【図10】映像コンテンツ一覧画面の表示例を示す説明図である。
【図11】カテゴリ一覧画面の表示例を示す説明図である。
【図12】映像コンテンツ編集画面の表示例を示す説明図である。
【図13】カテゴリ別トピック表示画面の表示例を示す説明図である。
【図14】投稿情報一覧画面の表示例を示す説明図である。
【図15】トピック作成画面の表示例を示す説明図である。
【図16】投稿情報作成画面の表示例を示す説明図である。
【図17】編集映像コンテンツ選択画面の表示例を示す説明図である。
【図18】Webページとしての電子掲示板のディレクトリ構造を示す説明図である。
【図19】投稿情報一覧画面の別な表示例を示す説明図である。
【図20】本発明の第2の実施形態に係る電子掲示板提供システムにおける映像コンテンツ編集画面の表示例を示す説明図である。
【図21】メタデータ管理テーブルの構成例を示す説明図である。
【図22】メタデータ管理テーブルの別な構成例を示す説明図である。
【符号の説明】
1 電子掲示板提供システム
3 通信ネットワーク
5、5−1、5−2、・・・、5−n 利用者端末
11 サーバ
13 利用者情報データベース(DB)
15 映像コンテンツデータベース(DB)
17 掲示板データベース(DB)
19 利用者データベース(DB)
105 制御演算部
107 送受信部
109 主記憶部
111 CPU
113 認証部(認証機能)
115 編集部(編集機能)
117 掲示板生成部(掲示板生成機能)
131 利用者情報管理テーブル
151 映像コンテンツ管理テーブル
171 カテゴリ管理テーブル
173 トピック管理テーブル
175 投稿情報管理テーブル
177、179 メタデータ管理テーブル
501 カテゴリ一覧画面
502 カテゴリ表示部
503 一覧画面生成ボタン部
511 映像コンテンツ一覧画面
512 映像コンテンツ一覧表示部
521 映像コンテンツ表示画面
523、532、555、573、592、593、702 映像表示部
531、701 映像コンテンツ編集画面
535 編集機能ボタン部
541 カテゴリ別トピック表示画面
542 トピック表示部
551、591 投稿情報一覧画面
552 投稿情報表示部
553 題名表示部
554 ユーザID表示部
556 コメント表示部
557 投稿情報一覧表示部
561 トピック作成画面
562 トピック入力部
571 投稿情報作成画面
581 編集映像コンテンツ選択画面
600 トップページ
601 カテゴリ一覧表示ページ
611 映像コンテンツ一覧表示ページ
621 利用者用ホームディレクトリ
705 メタデータ付加部
708 メタデータ検索部

Claims (14)

  1. 通信ネットワークを介して利用者端末に接続されたコンピュータシステムを用いて、利用者端末から投稿される投稿情報の掲示を行う電子掲示板を提供する電子掲示板提供方法であって、
    前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶部を有する前記コンピュータシステムが、
    利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶部から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集ステップと、
    この映像コンテンツ編集ステップで編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を投稿情報記憶部に記憶する投稿情報記憶ステップと、
    この投稿情報記憶ステップで記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を前記投稿情報記憶部から読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示ステップと
    を実行することを特徴とする電子掲示板提供方法。
  2. 前記映像コンテンツ編集ステップにおいて、映像コンテンツに関する付加的な情報であるメタデータを利用者端末から受信する操作命令に基づいて前記映像コンテンツに付加することを特徴とする請求項1記載の電子掲示板提供方法。
  3. 前記映像コンテンツ記憶ステップにおいて、前記複数の映像コンテンツの各々に関する付加的な情報であるメタデータを記憶することを特徴とする請求項1または2記載の電子掲示板提供方法。
  4. 利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを利用者情報記憶部に記憶することを特徴とする請求項1乃至3のいずれか一項記載の電子掲示板提供方法。
  5. 通信ネットワークを介して接続された利用者端末から投稿される投稿情報を掲示する電子掲示板を提供する電子掲示板提供システムであって、
    前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶手段と、
    利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶手段から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集手段と、
    この映像コンテンツ編集手段で編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶する投稿情報記憶手段と、
    この投稿情報記憶手段で記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示手段と
    を備えたことを特徴とする電子掲示板提供システム。
  6. 前記映像コンテンツ編集手段は、映像コンテンツに関する付加的な情報であるメタデータを利用者端末から受信する操作命令に基づいて前記映像コンテンツに付加することを特徴とする請求項5記載の電子掲示板提供システム。
  7. 前記映像コンテンツ記憶手段は、前記複数の映像コンテンツの各々に関する付加的な情報であるメタデータを記憶することを特徴とする請求項5または6記載の電子掲示板提供システム。
  8. 利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを記憶する利用者情報記憶手段を備えたことを特徴とする請求項5乃至7のいずれか一項記載の電子掲示板提供システム。
  9. 通信ネットワークを介して接続された利用者端末から投稿される投稿情報を掲示する電子掲示板を提供するために、コンピュータシステムを、
    前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶手段、
    利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶手段から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集手段、
    この映像コンテンツ編集手段で編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶する投稿情報記憶手段、
    この投稿情報記憶手段で記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示手段、
    として機能させることを特徴とする電子掲示板提供プログラム。
  10. 前記映像コンテンツ編集手段は、映像コンテンツに関する付加的な情報であるメタデータを利用者端末から受信する操作命令に基づいて前記映像コンテンツに付加することを特徴とする請求項9記載の電子掲示板提供プログラム。
  11. 前記映像コンテンツ記憶手段は、前記複数の映像コンテンツの各々に関する付加的な情報であるメタデータを記憶することを特徴とする請求項9または10記載の電子掲示板提供プログラム。
  12. 前記コンピュータシステムを、利用者の登録または認証を行うために利用者端末から受信するユーザIDおよびパスワードを記憶する利用者情報記憶手段
    としてさらに機能させることを特徴とする請求項9乃至11のいずれか一項記載の電子掲示板提供プログラム。
  13. 通信ネットワークを介して接続された利用者端末から投稿される投稿情報を掲示する電子掲示板を提供するために、コンピュータシステムを、前記電子掲示板に掲示可能な複数の映像コンテンツを記憶する映像コンテンツ記憶手段、利用者端末から受信する操作命令に応じて前記映像コンテンツ記憶手段から読み出した映像コンテンツの編集を行う映像コンテンツ編集手段、この映像コンテンツ編集手段で編集した編集映像コンテンツおよび当該編集映像コンテンツに対応して利用者端末から入力される文書から構成される投稿情報を記憶する投稿情報記憶手段、この投稿情報記憶手段で記憶した投稿情報のうち利用者端末から閲覧要求を受けた投稿情報を読み出して前記電子掲示板に掲示する投稿情報掲示手段、として機能させる電子掲示板提供プログラム
    を記録したことを特徴とする電子掲示板提供プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体。
  14. 請求項10乃至12のいずれか一項記載の電子掲示板提供プログラム
    を記録したことを特徴とする請求項13記載の電子掲示板提供プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体。
JP2002204429A 2002-07-12 2002-07-12 電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体 Pending JP2004046620A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002204429A JP2004046620A (ja) 2002-07-12 2002-07-12 電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002204429A JP2004046620A (ja) 2002-07-12 2002-07-12 電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004046620A true JP2004046620A (ja) 2004-02-12

Family

ID=31710037

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002204429A Pending JP2004046620A (ja) 2002-07-12 2002-07-12 電子掲示板提供方法、電子掲示板提供システム、電子掲示板提供プログラム、および当該プログラムを記録したコンピュータ読取可能な記録媒体

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004046620A (ja)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006190019A (ja) * 2005-01-05 2006-07-20 Hitachi Ltd コンテンツ視聴システム
JP2008048091A (ja) * 2006-08-14 2008-02-28 United Portal:Kk 動画タグ付けプログラム、動画タグシステム、及び動画配信方法
JP2009077443A (ja) * 2006-12-11 2009-04-09 Dowango:Kk コメント配信システム、端末装置、コメント配信方法、及びプログラム
JP2009529198A (ja) * 2006-03-03 2009-08-13 アマゾン テクノロジーズ インコーポレイテッド アイテムエンサイクロペディア用の協調構造化タグ付け
JP2010505207A (ja) * 2006-09-29 2010-02-18 アマゾン テクノロジーズ インコーポレイテッド 共同タギング環境内での用語の収束化
JP2010176394A (ja) * 2009-01-29 2010-08-12 Hitachi Ltd 電子掲示板システム、電子掲示板システムの端末装置、および電子掲示板システムのサーバ装置
KR20110083393A (ko) * 2010-01-14 2011-07-20 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법
KR20110083174A (ko) * 2010-01-13 2011-07-20 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법
WO2015054376A1 (en) * 2013-10-08 2015-04-16 Google Inc. Automatic sharing of engaging gameplay moments from mobile
JP2016139934A (ja) * 2015-01-27 2016-08-04 国立大学法人電気通信大学 動画配信システム及び動画再生装置
JP2016528633A (ja) * 2013-08-09 2016-09-15 ピクモバイル、インコーポレイテッド デジタル画像を公開するためのシステム
KR101771451B1 (ko) * 2010-01-12 2017-08-25 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006190019A (ja) * 2005-01-05 2006-07-20 Hitachi Ltd コンテンツ視聴システム
JP4575786B2 (ja) * 2005-01-05 2010-11-04 株式会社日立製作所 コンテンツ視聴システム、コンテンツ情報の処理方法、およびプログラム
US8402022B2 (en) 2006-03-03 2013-03-19 Martin R. Frank Convergence of terms within a collaborative tagging environment
JP2009529198A (ja) * 2006-03-03 2009-08-13 アマゾン テクノロジーズ インコーポレイテッド アイテムエンサイクロペディア用の協調構造化タグ付け
US9349095B1 (en) 2006-03-03 2016-05-24 Amazon Technologies, Inc. Creation and utilization of relational tags
JP2008048091A (ja) * 2006-08-14 2008-02-28 United Portal:Kk 動画タグ付けプログラム、動画タグシステム、及び動画配信方法
JP2010505207A (ja) * 2006-09-29 2010-02-18 アマゾン テクノロジーズ インコーポレイテッド 共同タギング環境内での用語の収束化
JP2009077443A (ja) * 2006-12-11 2009-04-09 Dowango:Kk コメント配信システム、端末装置、コメント配信方法、及びプログラム
JP4734401B2 (ja) * 2006-12-11 2011-07-27 株式会社ドワンゴ コメント配信システム、端末装置、コメント配信方法、及びプログラム
JP2010176394A (ja) * 2009-01-29 2010-08-12 Hitachi Ltd 電子掲示板システム、電子掲示板システムの端末装置、および電子掲示板システムのサーバ装置
KR101771451B1 (ko) * 2010-01-12 2017-08-25 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법
KR20110083174A (ko) * 2010-01-13 2011-07-20 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법
KR101718012B1 (ko) * 2010-01-13 2017-03-20 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법
KR101718013B1 (ko) * 2010-01-14 2017-03-20 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법
KR20110083393A (ko) * 2010-01-14 2011-07-20 엘지전자 주식회사 디지털 사이니지 장치 및 제어 방법
JP2016528633A (ja) * 2013-08-09 2016-09-15 ピクモバイル、インコーポレイテッド デジタル画像を公開するためのシステム
WO2015054376A1 (en) * 2013-10-08 2015-04-16 Google Inc. Automatic sharing of engaging gameplay moments from mobile
US9884258B2 (en) 2013-10-08 2018-02-06 Google Llc Automatic sharing of engaging gameplay moments from mobile
JP2016139934A (ja) * 2015-01-27 2016-08-04 国立大学法人電気通信大学 動画配信システム及び動画再生装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7769819B2 (en) Video editing with timeline representations
US20060293909A1 (en) Content and playlist providing method
US20090138906A1 (en) Enhanced interactive video system and method
US8117545B2 (en) Hosted video discovery and publishing platform
US20060129917A1 (en) Syndicating multiple media objects with RSS
US20110135283A1 (en) Multifunction Multimedia Device
US20070078713A1 (en) System for associating an advertisement marker with a media file
US20080109306A1 (en) Media marketplaces
US20100325547A1 (en) Systems and Methods for Sharing Multimedia Editing Projects
US20070078712A1 (en) Systems for inserting advertisements into a podcast
US20120163770A1 (en) Switched annotations in playing audiovisual works
US7809802B2 (en) Browser based video editing
US20080209480A1 (en) Method for enhanced video programming system for integrating internet data for on-demand interactive retrieval
US20120284290A1 (en) System and Method for Syndicating Dynamic Content for Online Publication
US8156176B2 (en) Browser based multi-clip video editing
US20080307310A1 (en) Website application system for online video producers and advertisers
US20070078832A1 (en) Method and system for using smart tags and a recommendation engine using smart tags
US20080082922A1 (en) System for providing secondary content based on primary broadcast
US20060143236A1 (en) Interactive music playlist sharing system and methods
US20080120501A1 (en) Interactive multicast media service
US20040015398A1 (en) Method of disseminating advertisements using an embedded media player page
US20090083631A1 (en) Measuring user engagement during presentation of media content
US20100023863A1 (en) System and method for dynamic generation of video content
US20130004138A1 (en) Commenting Correlated To Temporal Point Of Video Data
US20090113301A1 (en) Multimedia Enhanced Browser Interface