JP2004034400A - Concrete kneading machine - Google Patents

Concrete kneading machine Download PDF

Info

Publication number
JP2004034400A
JP2004034400A JP2002192152A JP2002192152A JP2004034400A JP 2004034400 A JP2004034400 A JP 2004034400A JP 2002192152 A JP2002192152 A JP 2002192152A JP 2002192152 A JP2002192152 A JP 2002192152A JP 2004034400 A JP2004034400 A JP 2004034400A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete
kneading
steel fiber
unit
mixed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2002192152A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tetsuo Maeno
前野 哲男
Akio Arimoto
有本 昭夫
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Nishimatsu Construction Co Ltd
Original Assignee
Nishimatsu Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nishimatsu Construction Co Ltd filed Critical Nishimatsu Construction Co Ltd
Priority to JP2002192152A priority Critical patent/JP2004034400A/en
Publication of JP2004034400A publication Critical patent/JP2004034400A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a concrete kneading machine which can facilitate the maintenance of a concrete mixer truck for conveying concrete and supply steel fiber-mixed concrete continuously to an apparatus in a next process. <P>SOLUTION: The kneading machine has two independent concrete kneading parts 2 and a control part to which the driving motor 6 and unloading shutter 8 of each kneading part 2 are connected. The kneading parts 2 are controlled by a control part so that when one of the kneading parts 2 is in unloading operation, the concrete is kneaded by the other kneading part 2. In this way, the steel fiber-mixed concrete CF is continuously discharged outside from either of the concrete mixing parts 2. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、外部から受容したコンクリート及び鋼繊維材を混練し、生成された混練コンクリートを外部へ供給するコンクリート混練装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、トンネル等にて使用されるコンクリートとして、コンクリート及び鋼繊維材を混練した鋼繊維混入コンクリートが知られている。この鋼繊維混入コンクリートは、強度、耐久性等に優れ、トンネル建設におけるコンクリートの打設、吹き付け等に供されている。
【0003】
この鋼繊維混入コンクリートを建設現場にて使用する際には、コンクリートミキサ車(以下、ミキサ車という。)のドラム内に鋼繊維材を投入し、ドラム内の混練翼でコンクリート及び鋼繊維材の混練を行いつつ、鋼繊維混入コンクリートを建設現場等まで搬送する。そして、鋼繊維混入コンクリートを使用する工程の装置へ、ミキサ車より鋼繊維混入コンクリートを直接的に供給している。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、ミキサ車のドラム内に鋼繊維材が投入されると、不純物としての鋼繊維材がドラム内の混練翼等に付着し、混練効率が低下するとともに、ミキサ車のドラム内の清掃もまた非常に面倒である。また、鋼繊維材により、ドラムの内面等が摩耗し、ミキサ車の寿命が著しく短くなるという問題点もある。
【0005】
ここで、ミキサ車によりコンクリートを、鋼材運搬車等により鋼繊維材を、建設現場へ別個に搬送し、現場に設置したコンクリート混練装置により、コンクリート及び鋼繊維材を混練する方法も考えられる。しかし、この場合、コンクリート混練装置において、混練動作中に鋼繊維混入コンクリートを排出できず、連続的に次工程の装置に鋼繊維混入コンクリートを供給することができないという問題が生ずる。
【0006】
本発明は前記事情に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、コンクリートを搬送するミキサ車のメンテナンスの手間を軽減でき、連続的に鋼繊維混入コンクリートを次工程の装置に供給することのできるコンクリート混練装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】
前記目的を達成するため、例えば図1乃至図5に示すように、
請求項1記載の発明では、外部より受容したコンクリート及び鋼繊維材を混練するよう駆動する混練手段と、前記混練手段を駆動することにより生成された鋼繊維混入コンクリート(CF)を外部へ排出するよう駆動する排出手段と、を有する互いに独立した複数のコンクリート混練部(2)と、
前記各コンクリート混練部の前記混練手段及び前記排出手段がそれぞれ接続される制御部(100)とを備え、
前記制御部は、一の前記コンクリート混練部における前記排出手段の駆動時に、他の前記コンクリート混練部における前記混練手段を駆動し、何れかの前記各コンクリート混練部から鋼繊維混入コンクリートを外部へ排出するよう制御することを特徴とする。
【0008】
請求項1記載の発明によれば、各コンクリート混練部に、ミキサ車等から排出されたコンクリートと、鋼繊維供給装置から供給される鋼繊維材と、が受容される。コンクリート及び鋼繊維材がコンクリート混練部に受容された状態で、混練手段が駆動すると、コンクリート混練部にて鋼繊維混入コンクリートが生成される。そして、生成された鋼繊維混入コンクリートは、排出手段が駆動することにより外部へ排出され、次工程の装置等へ供給される。すなわち、各コンクリート混練部は、混練動作の後、排出動作を行う。
ここで、一の前記コンクリート混練部における前記排出手段の駆動時に、他の前記コンクリート混練部における前記混練手段を駆動するよう制御される。すなわち、一のコンクリート混練部の排出動作時には、他のコンクリート混練部は混練動作を行うこととなる。
そして、何れかの前記各コンクリート混練部から鋼繊維混入コンクリートを外部へ排出するよう制御される。すなわち、一のコンクリート混練部の排出動作が終了すると、他のコンクリート混練部のうち何れか1つが、排出動作へと移行する。排出動作が終了したコンクリート混練部は、外部からコンクリート及び鋼繊維材が供給され、混練動作へと移行する。これにより、次工程の装置等に、何れかの前記各コンクリート混練部から鋼繊維混入コンクリートが連続的に供給される。
【0009】
従って、コンクリートを搬送するミキサ車のドラム内にて、コンクリート及び鋼繊維材の混練を行う必要はなく、建設現場で鋼繊維混入コンクリートを生成することができる。これにより、ミキサ車のドラム内の各部品に鋼繊維材が付着することもなく、例えばドラム内の清掃等のような、ミキサ車のメンテナンスに要する手間を軽減することができる。また、ミキサ車のドラム内が鋼繊維材により摩耗することもなく、実用に際して極めて有利である。
また、連続的に鋼繊維混入コンクリートを次工程の装置に供給することができ、次工程の装置を効率よく作動させることができる。これにより、トンネル等の建設に要する時間及びコストの低減を図ることができる。
さらに、一のコンクリート混練部の排出動作時に、他のコンクリート混練部の混練動作を行うことにより、鋼繊維材とコンクリートとの混練時間を十分に確保することができ、生成される鋼繊維混入コンクリートには鋼繊維材が略均一な状態で混ざることとなる。すなわち、次工程の装置に良質な鋼繊維混入コンクリートを供給することができる。
【0010】
請求項2記載の発明では、請求項1記載のコンクリート混練装置において、
前記コンクリート混練部は2つであり、
前記制御部は、一方の前記コンクリート混練部における前記排出手段の駆動時に、他方の前記コンクリート混練部における前記混練手段を駆動し、前記両コンクリート混練部から交互に前記鋼繊維混入コンクリートを排出するよう制御することを特徴とする。
【0011】
請求項2記載の発明によれば、請求項1記載の作用に加え、2つのコンクリート混練部により、鋼繊維混入コンクリートが交互に排出される。
【0012】
従って、コンクリート混練部を2つとして、装置をコンパクトに構成することができ、装置の製造コストを低減することができる。
【0013】
請求項3記載の発明では、請求項1または2記載のコンクリート混練装置において、
前記両コンクリート混練部は、前記鋼繊維混入コンクリートの排出に要する前記排出手段の駆動時間と、前記コンクリート及び前記鋼繊維材の混練に要する前記混練手段の駆動時間とが略同じであることを特徴とする。
【0014】
請求項3記載の発明によれば、請求項1または2の作用に加え、一方のコンクリート混練部における鋼繊維混入コンクリートの排出が終了すると、これとほぼ同時に他方のコンクリート混練部の混練が終了する。そして、一方のコンクリート混練部において混練動作が開始されるのとほぼ同時に、他方のコンクリート混練部において排出動作が開始される。
次に、他方のコンクリート混練部における鋼繊維混入コンクリートの排出が終了すると、これとほぼ同時に一方のコンクリート混練部の混練が終了する。そして、他方のコンクリート混練部において混練動作が開始されるのとほぼ同時に、一方のコンクリート混練部において排出動作が開始される。
この動作を両コンクリート混練部で繰り返すことにより、連続的に鋼繊維混入コンクリートが排出される。
【0015】
従って、両コンクリート混練部とも、動作が停止することなく、連続的に排出動作と混練動作を繰り返すことになり、効率よく鋼繊維混入コンクリートを次工程の装置等へ供給することができる。
【0016】
【発明の実施の形態】
図1乃至図5は本発明の一実施形態を示すもので、図1はコンクリート混練装置の側面図、図2はコンクリート混練装置の上面図、図3はコンクリート混練装置の正面図、図4はコンクリート混練装置の概略構成ブロック図、図5は各コンクリート混練部の制御状態を示すタイミングチャートである。
【0017】
図1に示すように、このコンクリート混練装置1は、コンクリート及び鋼繊維材を外部より受容し、これらを混練して生成された鋼繊維混入コンクリートを排出して次工程の装置へ供給するものである。
【0018】
図2及び図3に示すように、このコンクリート混練装置1は、互いに独立した2つのコンクリート混練部2を有している。本実施形態においては、図2に示すように、各コンクリート混練部2は、コンクリートを及び鋼繊維材を外部より受容する筐体3と、この筐体3内に並設され互いに略平行な一対の回転軸4と、各回転軸4に設けられたスクリュー状の混練翼5とを有している。すなわち、各回転軸4の正転方向の回転と、逆転方向の回転とを繰り返すことにより、筐体3内のコンクリート等が、各回転軸4の回転に伴って移動する混練翼5により混練される。本実施形態においては、筐体3には、ミキサ車MCから排出されたコンクリートが受容されるようになっており、筐体3の容積は、ミキサ車MCの1台分のコンクリートが一度に受容されるようになっている。また、筐体3には、鋼繊維供給装置(図示せず)から鋼繊維材が供給されるようになっている。
【0019】
図4に示すように、各回転軸4は、駆動モータ6に動力的に接続される。駆動モータ6は、制御部100に接続され、制御部100から送信される信号に基づいて駆動する。尚、駆動モータ6は、油圧モータであっても、電動モータであってもよい。本実施形態においては、各回転軸4、各混練翼5、駆動モータ6等が混練手段をなしている。
【0020】
また、図2に示すように、各コンクリート混練部2は、鋼繊維混入コンクリートを排出し、筐体3に形成される排出口7を有している。この排出口7は、排出シャッタ8により開閉自在となっている。図4に示すように、排出シャッタ8は、制御部100に接続され、制御部100から送信される信号に基づいて開閉駆動する。本実施形態においては、排出口7が開放された状態で、駆動モータ6を正転方向に回転させ、各回転軸4を正転方向に回転させることにより、排出口7より外部へ鋼繊維混入コンクリートを排出する。すなわち、本実施形態においては、駆動モータ6、排出口7、排出シャッタ8等が排出手段をなしている。
【0021】
尚、本実施形態においては、各コンクリート混練部2は互いに離脱自在となっており、各コンクリート混練部2を互いに離脱させ、別個にコンクリート及び鋼繊維材の混練を行うこともできるよう構成されている。
【0022】
制御部100は、前述のように、駆動モータ6と排出シャッタ8に接続している。制御部100には、設定混練時間TM、設定排出時間TO、混練プログラム101等が予め記憶されている。
【0023】
設定混練時間TMは、各コンクリート混練部2において、コンクリート及び鋼繊維材の受容開始から、各回転軸4を駆動してこれらを混練し、鋼繊維混入コンクリートが生成されるまでの時間である。本実施形態においては、設定混練時間TMは、ミキサ車MCの1台分のコンクリートと、これに対応する鋼繊維材とを受容した場合に、鋼繊維混入コンクリートが生成されるまでに要する時間となっている。
【0024】
また、設定排出時間TOは、排出シャッタ8を排出口7を開放するよう駆動してから、ミキサ車MCの1台分のコンクリートにより生成された鋼繊維混入コンクリートが、全て排出されるまでに要する時間となっている。
【0025】
本実施形態においては、鋼繊維混入コンクリートが生成されるまでに要する時間、すなわち排出シャッタ8を閉塞状態としてからの駆動モータ6の正逆転の駆動時間と、鋼繊維混入コンクリートが全て排出されるまでに要する時間、すなわち排出シャッタ8を開放状態してからの駆動モータ6の正転の駆動時間とが略同じとなるように混練手段(回転軸4、混練翼5等)及び排出手段(排出口7等)が構成されている。従って、設定混練時間TMと設定排出時間TOとが略同じとなるようになっている。
【0026】
混練プログラム101は、一方のコンクリート混練部2における排出動作時に、他方のコンクリート混練部2の混練動作を行い、両コンクリート混練部2から交互に鋼繊維混入コンクリートCFを排出するよう制御するプログラムである。
【0027】
以上のように構成されたコンクリート混練装置1においては、各コンクリート混練部2に、ミキサ車MCから排出されたコンクリートと、鋼繊維供給装置から供給される鋼繊維材と、が受容される。そして、コンクリート及び鋼繊維材がコンクリート混練部2に受容された状態で、駆動モータ6が正転方向及び逆転方向に駆動すると、前述のように、コンクリート混練部2にて鋼繊維混入コンクリートCFが生成される。そして、生成された鋼繊維混入コンクリートCFは、排出シャッタ8を開放状態とし、駆動モータ6が正転方向に駆動することにより外部へ排出され、次工程の装置等へ供給される。すなわち、各コンクリート混練部2は、混練動作の後、排出動作を行う。
【0028】
本実施形態では、制御部100は、一方のコンクリート混練部2を設定排出時間TOだけ排出駆動するとともに、他方のコンクリート混練部2を設定混練時間TMだけ混練駆動する。ここで、設定排出時間TOと設定混練時間TMとがほぼ同じであることから、一方のコンクリート混練部2の排出動作が終了すると、これとほぼ同時に他方のコンクリート混練部2の混練が終了する。この後、一方のコンクリート混練部2は制御部100により排出シャッタ8を閉塞状態とされ、外部からコンクリート及び鋼繊維材が供給されて混練動作へと移行する。そして、一方のコンクリート混練部2において混練動作が開始されるのとほぼ同時に、他方のコンクリート混練部2において排出動作が開始される。
【0029】
また、同様にして、他方のコンクリート混練部2における鋼繊維混入コンクリートCFの排出が終了すると、これとほぼ同時に一方のコンクリート混練部2の混練が終了する。そして、他方のコンクリート混練部2において混練動作が開始されるのとほぼ同時に、一方のコンクリート混練部2において排出動作が開始される。
【0030】
この動作を両コンクリート混練部2で繰り返すことにより、連続的に鋼繊維混入コンクリートが排出される。これにより、一方のコンクリート混練部2における排出動作時に、他方のコンクリート混練部2における混練動作が行われ、何れかのコンクリート混練部2から鋼繊維混入コンクリートCFを外部へ排出するよう制御される。すなわち、次工程の装置等に、何れかのコンクリート混練部2から鋼繊維混入コンクリートCFが連続的に供給される。
【0031】
このように、本実施形態のコンクリート混練装置1によれば、コンクリート及び鋼繊維材を混練するとともに、鋼繊維混入コンクリートを連続的に排出するようにしたので、コンクリートを搬送するミキサ車MCのドラム内にて、コンクリート及び鋼繊維材の混練を行う必要はなく、建設現場にて鋼繊維混入コンクリートFCを生成することができる。これにより、ミキサ車MCのドラム内の各部品に鋼繊維材が付着することもなく、例えばドラム内の清掃等のような、ミキサ車MCのメンテナンスに要する手間を軽減することができる。また、ミキサ車MCのドラム内が鋼繊維材により摩耗することもなく、実用に際して極めて有利である。
【0032】
また、連続的に鋼繊維混入コンクリートを次工程の装置に供給することができ、次工程の装置を効率よく作動させることができる。これにより、トンネル等の建設に要する時間及びコストの低減を図ることができる。
【0033】
また、本実施形態のコンクリート混練装置1によれば、2つのコンクリート混練部2により、鋼繊維混入コンクリートCFが交互に排出されるようにしたので、装置をコンパクトに構成することができ、装置の製造コストを低減することができる。
【0034】
また、本実施形態のコンクリート混練装置1によれば、両コンクリート混練部2とも、動作が停止することなく、連続的に排出動作と混練動作を繰り返すことになり、効率よく鋼繊維混入コンクリートCFを次工程の装置等へ供給することができる。
【0035】
また、本実施形態のコンクリート混練装置1によれば、一方のコンクリート混練部2の排出動作時に、他方のコンクリート混練部2の混連動作が行われるようにしたので、鋼繊維材とコンクリートとの混練時間を十分に確保することができ、生成される鋼繊維混入コンクリートCFには鋼繊維材が略均一な状態で混ざることとなる。すなわち、次工程の装置に良質な鋼繊維混入コンクリートCFを供給することができる。
【0036】
尚、前記実施形態においては、ミキサ車MCによりコンクリートが直接的に筐体3に供給されるものを示したが、コンベア等により供給されるものであってもよい。
【0037】
また、前記実施形態においては、2つのコンクリート混練部2を備え、これらが交互に鋼繊維混入コンクリートを排出するものを示したが、3つ以上のコンクリート混練部を備え、一のコンクリート混練部における前記排出動作時に、他のコンクリート混練部にて混練動作を行い、何れかのコンクリート混練部から鋼繊維混入コンクリートを外部へ排出するよう制御してもよい。
【0038】
また、前記実施形態においては、各コンクリート混練部2が、混練翼5を有する一対の回転軸4によりコンクリートの混練を行うものを示したが、他の方式により混練を行うものであってもよいし、その他、具体的な細部構造等についても適宜に変更可能であることは勿論である。
【0039】
【発明の効果】
以上詳述したように、請求項1記載の発明によれば、
コンクリートを搬送するミキサ車のドラム内の各部品に鋼繊維材が付着することもなく、例えばドラム内の清掃等のような、ミキサ車のメンテナンスに要する手間を軽減することができる。また、ミキサ車のドラム内が鋼繊維材により摩耗することもなく、実用に際して極めて有利である。
また、連続的に鋼繊維混入コンクリートを次工程の装置に供給することができ、次工程の装置を効率よく作動させることができる。
さらに、一のコンクリート混練部の排出動作時に、他のコンクリート混練部の混練動作を行うことにより、鋼繊維材とコンクリートとの混練時間を十分に確保することができ、生成される鋼繊維混入コンクリートには鋼繊維材が略均一な状態で混ざることとなる。すなわち、次工程の装置に良質な鋼繊維混入コンクリートを供給することができる。
【0040】
また、請求項2記載の発明によれば、請求項1の効果に加え、
装置をコンパクトに構成することができ、装置の製造コストを低減することができる。
【0041】
また、請求項3記載の発明によれば、請求項2の効果に加え、
両コンクリート混練部とも、動作が停止することがないので、効率よく鋼繊維混入コンクリートを次工程の装置等へ供給することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態を示すコンクリート混練装置の側面図である。
【図2】コンクリート混練装置の上面図である。
【図3】コンクリート混練装置の正面図である。
【図4】コンクリート混練装置の概略構成ブロック図である。
【図5】各コンクリート混練部の制御状態を示すタイミングチャートである。
【符号の説明】
1    コンクリート混練装置
2    コンクリート混練部
3    筐体
4    回転軸
5    混練翼
6    駆動モータ
7    排出口
8    排出シャッタ
100  制御部
TM   設定混練時間
TO   設定排出時間
[0001]
TECHNICAL FIELD OF THE INVENTION
The present invention relates to a concrete kneading apparatus for kneading concrete and steel fiber materials received from the outside and supplying the resulting kneaded concrete to the outside.
[0002]
[Prior art]
2. Description of the Related Art Conventionally, as a concrete used in a tunnel or the like, steel fiber-mixed concrete obtained by kneading concrete and a steel fiber material is known. This concrete mixed with steel fiber is excellent in strength, durability and the like, and is used for casting and spraying concrete in tunnel construction.
[0003]
When using this concrete mixed with steel fiber at a construction site, a steel fiber material is put into a drum of a concrete mixer truck (hereinafter, referred to as a mixer truck), and the concrete and steel fiber material are mixed by a kneading blade in the drum. While kneading, the concrete with steel fiber is transported to the construction site. The concrete containing steel fiber is directly supplied from the mixer truck to the equipment in the process using the steel fiber mixed concrete.
[0004]
[Problems to be solved by the invention]
However, when the steel fiber material is put into the drum of the mixer truck, the steel fiber material as an impurity adheres to the kneading wings and the like in the drum, and the kneading efficiency is reduced. Very cumbersome. Another problem is that the inner surface of the drum and the like are worn by the steel fiber material, and the life of the mixer truck is significantly shortened.
[0005]
Here, a method is also conceivable in which concrete is transported by a mixer truck and steel fiber material is separately transported to a construction site by a steel material transport vehicle and the concrete and the steel fiber material are kneaded by a concrete kneading device installed at the site. However, in this case, in the concrete kneading apparatus, there is a problem that the concrete containing steel fiber cannot be discharged during the kneading operation, and the concrete containing steel fiber cannot be continuously supplied to the apparatus in the next process.
[0006]
The present invention has been made in view of the above-mentioned circumstances, and an object of the present invention is to reduce the labor for maintenance of a mixer truck for transporting concrete, and to continuously supply steel fiber-mixed concrete to a device in the next process. It is an object of the present invention to provide a concrete kneading apparatus capable of performing the above.
[0007]
[Means for Solving the Problems]
To achieve the above object, for example, as shown in FIGS.
According to the first aspect of the present invention, kneading means for driving to knead concrete and steel fiber materials received from the outside, and concrete (CF) mixed with steel fiber generated by driving the kneading means are discharged to the outside. A plurality of independent concrete kneading sections (2) having discharge means driven in the following manner:
A control unit (100) to which the kneading unit and the discharging unit of each of the concrete kneading units are respectively connected,
The control unit drives the kneading unit in the other concrete kneading unit when the discharging unit in one concrete kneading unit is driven, and discharges the steel fiber mixed concrete from any one of the concrete kneading units to the outside. It is characterized by performing control.
[0008]
According to the first aspect of the present invention, the concrete discharged from the mixer truck or the like and the steel fiber material supplied from the steel fiber supply device are received in each concrete kneading section. When the kneading means is driven in a state where the concrete and the steel fiber material are received in the concrete kneading section, concrete mixed with the steel fiber is generated in the concrete kneading section. The generated concrete mixed with steel fibers is discharged to the outside by the driving of the discharging means, and is supplied to a device or the like in the next step. That is, each concrete kneading unit performs a discharging operation after the kneading operation.
Here, when the discharge unit in one concrete kneading unit is driven, the kneading unit in another concrete kneading unit is controlled to be driven. That is, during the discharging operation of one concrete kneading section, the other concrete kneading sections perform the kneading operation.
And it is controlled so that the steel fiber mixed concrete is discharged to the outside from any of the concrete kneading sections. That is, when the discharging operation of one concrete kneading section is completed, one of the other concrete kneading sections shifts to the discharging operation. The concrete kneading unit after the discharging operation is supplied with the concrete and the steel fiber material from the outside, and shifts to the kneading operation. As a result, steel fiber-mixed concrete is continuously supplied from any one of the concrete kneading units to a device or the like in the next step.
[0009]
Therefore, it is not necessary to knead the concrete and the steel fiber material in the drum of the mixer truck that transports the concrete, and the concrete mixed with the steel fiber can be generated at the construction site. Accordingly, the steel fiber material does not adhere to each component in the drum of the mixer truck, and the labor required for maintenance of the mixer truck, such as cleaning the inside of the drum, can be reduced. Further, the inside of the drum of the mixer wheel is not worn by the steel fiber material, which is extremely advantageous in practical use.
Further, the concrete mixed with the steel fiber can be continuously supplied to the device of the next process, and the device of the next process can be operated efficiently. Thereby, the time and cost required for constructing a tunnel or the like can be reduced.
Furthermore, by performing the kneading operation of the other concrete kneading section at the time of the discharging operation of one concrete kneading section, the kneading time between the steel fiber material and the concrete can be sufficiently ensured, and the steel fiber mixed concrete produced can be obtained. , The steel fiber material is mixed in a substantially uniform state. That is, high-quality concrete mixed with steel fibers can be supplied to the apparatus in the next step.
[0010]
In the invention according to claim 2, in the concrete kneading device according to claim 1,
The concrete kneading unit is two,
The control unit drives the kneading unit in the other concrete kneading unit when the discharging unit in the one concrete kneading unit is driven, and alternately discharges the steel fiber mixed concrete from the two concrete kneading units. It is characterized by controlling.
[0011]
According to the second aspect of the invention, in addition to the operation of the first aspect, the concrete mixed with the steel fiber is alternately discharged by the two concrete kneading sections.
[0012]
Therefore, the apparatus can be made compact by using two concrete kneading sections, and the manufacturing cost of the apparatus can be reduced.
[0013]
In the invention according to claim 3, in the concrete kneading apparatus according to claim 1 or 2,
In the two concrete kneading units, a driving time of the discharging unit required for discharging the steel fiber-containing concrete and a driving time of the kneading unit required for kneading the concrete and the steel fiber material are substantially the same. And
[0014]
According to the third aspect of the invention, in addition to the operation of the first or second aspect, when the discharge of the steel fiber-mixed concrete in one concrete kneading section ends, the kneading of the other concrete kneading section ends almost simultaneously with this. . At about the same time as the kneading operation is started in one concrete kneading section, the discharging operation is started in the other concrete kneading section.
Next, when the discharge of the concrete mixed with the steel fiber in the other concrete kneading section is completed, the kneading of the one concrete kneading section is completed almost at the same time. At about the same time as the kneading operation is started in the other concrete kneading section, the discharging operation is started in one concrete kneading section.
By repeating this operation in both the concrete kneading sections, the concrete mixed with steel fibers is continuously discharged.
[0015]
Therefore, both the concrete kneading sections continuously repeat the discharge operation and the kneading operation without stopping the operation, and can efficiently supply the concrete mixed with the steel fiber to the apparatus or the like in the next step.
[0016]
BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION
1 to 5 show an embodiment of the present invention. FIG. 1 is a side view of a concrete kneading apparatus, FIG. 2 is a top view of the concrete kneading apparatus, FIG. 3 is a front view of the concrete kneading apparatus, and FIG. FIG. 5 is a timing chart showing a control state of each concrete kneading unit.
[0017]
As shown in FIG. 1, the concrete kneading apparatus 1 receives concrete and steel fiber materials from the outside, discharges concrete mixed with steel fibers produced by kneading them, and supplies the concrete to the next-step apparatus. is there.
[0018]
As shown in FIGS. 2 and 3, the concrete kneading apparatus 1 has two concrete kneading units 2 independent of each other. In the present embodiment, as shown in FIG. 2, each concrete kneading unit 2 includes a housing 3 that receives concrete and a steel fiber material from the outside, and a pair of the housings 3 that are arranged in the housing 3 and are substantially parallel to each other. , And screw-shaped kneading blades 5 provided on each of the rotating shafts 4. That is, by repeating the rotation of each rotation shaft 4 in the normal rotation direction and the rotation in the reverse rotation direction, the concrete or the like in the housing 3 is kneaded by the kneading blades 5 moving with the rotation of each rotation shaft 4. You. In the present embodiment, the casing 3 receives the concrete discharged from the mixer truck MC, and the volume of the casing 3 is such that the concrete of one mixer truck MC is received at a time. It is supposed to be. Further, the housing 3 is supplied with a steel fiber material from a steel fiber supply device (not shown).
[0019]
As shown in FIG. 4, each rotating shaft 4 is motively connected to a drive motor 6. The drive motor 6 is connected to the control unit 100 and drives based on a signal transmitted from the control unit 100. The drive motor 6 may be a hydraulic motor or an electric motor. In the present embodiment, each of the rotating shafts 4, each of the kneading blades 5, the drive motor 6, and the like constitute kneading means.
[0020]
As shown in FIG. 2, each concrete kneading unit 2 has a discharge port 7 formed in the housing 3 for discharging concrete mixed with steel fibers. The discharge port 7 can be opened and closed by a discharge shutter 8. As shown in FIG. 4, the discharge shutter 8 is connected to the control unit 100 and opens and closes based on a signal transmitted from the control unit 100. In the present embodiment, with the discharge port 7 open, the drive motor 6 is rotated in the normal rotation direction, and each of the rotating shafts 4 is rotated in the normal rotation direction, so that the steel fiber is mixed in from the discharge port 7 to the outside. Drain concrete. That is, in the present embodiment, the drive motor 6, the discharge port 7, the discharge shutter 8, and the like constitute a discharge unit.
[0021]
In this embodiment, the concrete kneading units 2 are detachable from each other, and the concrete kneading units 2 are detached from each other so that the concrete and the steel fiber material can be separately kneaded. I have.
[0022]
The control unit 100 is connected to the drive motor 6 and the discharge shutter 8 as described above. The control unit 100 stores a set kneading time TM, a set discharge time TO, a kneading program 101, and the like in advance.
[0023]
The set kneading time TM is the time from the start of receiving concrete and steel fiber material in each concrete kneading section 2 to the time when each rotating shaft 4 is driven to knead them to produce steel fiber mixed concrete. In the present embodiment, the set kneading time TM is the time required until concrete containing steel fiber is generated when the concrete of one mixer truck MC and the corresponding steel fiber material are received. Has become.
[0024]
The set discharge time TO is required from the time when the discharge shutter 8 is driven to open the discharge port 7 to the time when all the steel fiber mixed concrete generated by the concrete of one mixer truck MC is discharged. It's time.
[0025]
In this embodiment, the time required until the steel fiber-mixed concrete is generated, that is, the drive time of the forward / reverse rotation of the drive motor 6 after the discharge shutter 8 is closed, and the time until the steel fiber-mixed concrete is completely discharged Kneading means (rotary shaft 4, kneading blades 5, etc.) and discharging means (discharge port) so that the time required for the rotation, that is, the driving time of the forward rotation of the drive motor 6 after the discharge shutter 8 is opened is substantially the same. 7). Therefore, the set kneading time TM and the set discharge time TO are substantially the same.
[0026]
The kneading program 101 is a program for controlling the kneading operation of the other concrete kneading section 2 during the discharging operation of one concrete kneading section 2 and alternately discharging the steel fiber-mixed concrete CF from both concrete kneading sections 2. .
[0027]
In the concrete kneading apparatus 1 configured as described above, each concrete kneading section 2 receives the concrete discharged from the mixer truck MC and the steel fiber material supplied from the steel fiber supply apparatus. Then, when the drive motor 6 is driven in the normal rotation direction and the reverse rotation direction in a state where the concrete and the steel fiber material are received in the concrete kneading unit 2, as described above, the steel fiber mixed concrete CF is mixed in the concrete kneading unit 2. Generated. Then, the generated steel fiber mixed concrete CF is discharged to the outside by opening the discharge shutter 8 and driving the drive motor 6 in the normal rotation direction, and is supplied to the next step device or the like. That is, each concrete kneading unit 2 performs a discharging operation after the kneading operation.
[0028]
In the present embodiment, the control unit 100 drives one concrete kneading unit 2 to discharge for a set discharge time TO, and drives the other concrete kneading unit 2 to knead for a set kneading time TM. Here, since the set discharge time TO and the set kneading time TM are substantially the same, when the discharging operation of one concrete kneading section 2 ends, the kneading of the other concrete kneading section 2 ends almost simultaneously. Thereafter, the discharge shutter 8 of one of the concrete kneading units 2 is closed by the control unit 100, and concrete and steel fiber materials are supplied from the outside to shift to the kneading operation. At about the same time when the kneading operation is started in one concrete kneading section 2, the discharging operation is started in the other concrete kneading section 2.
[0029]
Similarly, when the discharge of the steel fiber-mixed concrete CF in the other concrete kneading section 2 ends, the kneading of the one concrete kneading section 2 ends almost at the same time. At about the same time as the kneading operation is started in the other concrete kneading section 2, the discharging operation is started in one concrete kneading section 2.
[0030]
By repeating this operation in both the concrete kneading units 2, the concrete mixed with steel fibers is continuously discharged. Thereby, at the time of the discharging operation of one concrete kneading unit 2, the kneading operation of the other concrete kneading unit 2 is performed, and control is performed so that the concrete CF mixed with steel fibers is discharged from any one of the concrete kneading units 2. That is, the steel fiber-mixed concrete CF is continuously supplied from any one of the concrete kneading units 2 to a device or the like in the next process.
[0031]
As described above, according to the concrete kneading apparatus 1 of the present embodiment, the concrete and the steel fiber material are kneaded, and the steel fiber-mixed concrete is continuously discharged. Therefore, the drum of the mixer truck MC that conveys the concrete. It is not necessary to knead the concrete and the steel fiber material inside, and the steel fiber mixed concrete FC can be generated at the construction site. Thereby, the steel fiber material does not adhere to each part in the drum of the mixer wheel MC, and the labor required for the maintenance of the mixer wheel MC, such as cleaning the inside of the drum, can be reduced. Further, the inside of the drum of the mixer wheel MC is not worn by the steel fiber material, which is extremely advantageous in practical use.
[0032]
Further, the concrete mixed with the steel fiber can be continuously supplied to the device of the next process, and the device of the next process can be operated efficiently. Thereby, the time and cost required for constructing a tunnel or the like can be reduced.
[0033]
Further, according to the concrete kneading apparatus 1 of the present embodiment, since the concrete CF mixed with steel fiber is alternately discharged by the two concrete kneading units 2, the apparatus can be made compact and the apparatus can be compact. Manufacturing costs can be reduced.
[0034]
Further, according to the concrete kneading apparatus 1 of the present embodiment, both the concrete kneading units 2 continuously repeat the discharging operation and the kneading operation without stopping the operation, and efficiently remove the concrete CF mixed with the steel fiber. It can be supplied to the next step device or the like.
[0035]
Further, according to the concrete kneading apparatus 1 of the present embodiment, the mixing operation of the other concrete kneading unit 2 is performed at the time of the discharging operation of the one concrete kneading unit 2, so that the steel fiber material and the concrete are mixed. The kneading time can be sufficiently ensured, and the steel fiber material is mixed with the generated steel fiber-mixed concrete CF in a substantially uniform state. That is, it is possible to supply high-quality concrete CF mixed with steel fiber to the apparatus in the next step.
[0036]
In the above-described embodiment, the concrete is supplied directly to the housing 3 by the mixer truck MC. However, the concrete may be supplied by a conveyor or the like.
[0037]
Further, in the above-described embodiment, the concrete kneading unit 2 includes two concrete kneading units 2, which alternately discharge the concrete mixed with the steel fiber. However, the concrete kneading unit 2 includes three or more concrete kneading units. At the time of the discharging operation, a kneading operation may be performed in another concrete kneading unit, and control may be performed so that the steel fiber-mixed concrete is discharged to the outside from one of the concrete kneading units.
[0038]
Further, in the above-described embodiment, the concrete kneading unit 2 kneads the concrete by the pair of rotary shafts 4 having the kneading blades 5, but the kneading may be performed by another method. In addition, it goes without saying that specific detailed structures and the like can be appropriately changed.
[0039]
【The invention's effect】
As described in detail above, according to the first aspect of the present invention,
The steel fiber material does not adhere to each part in the drum of the mixer truck that transports the concrete, and the labor required for the maintenance of the mixer truck, such as cleaning the inside of the drum, can be reduced. Further, the inside of the drum of the mixer wheel is not worn by the steel fiber material, which is extremely advantageous in practical use.
Further, the concrete mixed with the steel fiber can be continuously supplied to the device of the next process, and the device of the next process can be operated efficiently.
Furthermore, by performing the kneading operation of the other concrete kneading section at the time of the discharging operation of one concrete kneading section, the kneading time between the steel fiber material and the concrete can be sufficiently secured, and the steel fiber mixed concrete produced can be obtained. , The steel fiber material is mixed in a substantially uniform state. That is, high-quality concrete mixed with steel fibers can be supplied to the apparatus in the next step.
[0040]
According to the second aspect of the invention, in addition to the effects of the first aspect,
The device can be made compact, and the manufacturing cost of the device can be reduced.
[0041]
According to the third aspect of the invention, in addition to the effect of the second aspect,
Since the operation of both the concrete kneading units does not stop, the concrete mixed with the steel fiber can be efficiently supplied to the device in the next step.
[Brief description of the drawings]
FIG. 1 is a side view of a concrete kneading apparatus showing one embodiment of the present invention.
FIG. 2 is a top view of the concrete kneading apparatus.
FIG. 3 is a front view of the concrete kneading device.
FIG. 4 is a schematic block diagram of a concrete kneading apparatus.
FIG. 5 is a timing chart showing a control state of each concrete kneading unit.
[Explanation of symbols]
DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Concrete kneading apparatus 2 Concrete kneading part 3 Case 4 Rotating shaft 5 Kneading blade 6 Drive motor 7 Discharge port 8 Discharge shutter 100 Control part TM Set kneading time TO Set discharge time

Claims (3)

外部より受容したコンクリート及び鋼繊維材を混練するよう駆動する混練手段と、前記混練手段を駆動することにより生成された鋼繊維混入コンクリートを外部へ排出するよう駆動する排出手段と、を有する互いに独立した複数のコンクリート混練部と、
前記各コンクリート混練部の前記混練手段及び前記排出手段がそれぞれ接続される制御部とを備え、
前記制御部は、一の前記コンクリート混練部における前記排出手段の駆動時に、他の前記コンクリート混練部における前記混練手段を駆動し、何れかの前記各コンクリート混練部から鋼繊維混入コンクリートを外部へ排出するよう制御する
ことを特徴とするコンクリート混練装置。
Kneading means for driving to knead concrete and steel fiber material received from outside, and discharge means for driving to discharge steel fiber-mixed concrete generated by driving the kneading means to the outside; Multiple concrete kneading units,
A control unit to which the kneading unit and the discharging unit of each of the concrete kneading units are connected,
The control unit drives the kneading unit in the other concrete kneading unit when the discharging unit in one concrete kneading unit is driven, and discharges the steel fiber mixed concrete from any one of the concrete kneading units to the outside. A concrete kneading device, characterized in that it is controlled so as to perform.
前記コンクリート混練部は2つであり、
前記制御部は、一方の前記コンクリート混練部における前記排出手段の駆動時に、他方の前記コンクリート混練部における前記混練手段を駆動し、前記両コンクリート混練部から交互に前記鋼繊維混入コンクリートを排出するよう制御する
ことを特徴とする請求項1記載のコンクリート混練装置。
The concrete kneading unit is two,
The control unit drives the kneading unit in the other concrete kneading unit when the discharging unit in one of the concrete kneading units is driven, and alternately discharges the steel fiber mixed concrete from the two concrete kneading units. The concrete kneading apparatus according to claim 1, wherein the concrete kneading apparatus is controlled.
前記両コンクリート混練部は、前記鋼繊維混入コンクリートの排出に要する前記排出手段の駆動時間と、前記コンクリート及び前記鋼繊維材の混練に要する前記混練手段の駆動時間とが略同じである
ことを特徴とする請求項1または2記載のコンクリート混練装置。
In the two concrete kneading units, a driving time of the discharging unit required for discharging the steel fiber-containing concrete and a driving time of the kneading unit required for kneading the concrete and the steel fiber material are substantially the same. The concrete kneading device according to claim 1 or 2, wherein
JP2002192152A 2002-07-01 2002-07-01 Concrete kneading machine Pending JP2004034400A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002192152A JP2004034400A (en) 2002-07-01 2002-07-01 Concrete kneading machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002192152A JP2004034400A (en) 2002-07-01 2002-07-01 Concrete kneading machine

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004034400A true JP2004034400A (en) 2004-02-05

Family

ID=31701517

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002192152A Pending JP2004034400A (en) 2002-07-01 2002-07-01 Concrete kneading machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004034400A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107225685A (en) * 2017-07-31 2017-10-03 合肥恩腾电子科技有限公司 A kind of construction site travelling mixer
CN108858789A (en) * 2018-07-11 2018-11-23 成都东蓝星新材料有限公司 A kind of steel fibre feeds intake dispersal device and dispersing method
CN110433736A (en) * 2019-08-23 2019-11-12 安徽广信农化股份有限公司 A kind of cyclohexyl isocyanate optical self-encoding kettle

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107225685A (en) * 2017-07-31 2017-10-03 合肥恩腾电子科技有限公司 A kind of construction site travelling mixer
CN108858789A (en) * 2018-07-11 2018-11-23 成都东蓝星新材料有限公司 A kind of steel fibre feeds intake dispersal device and dispersing method
CN108858789B (en) * 2018-07-11 2020-05-26 成都东蓝星新材料有限公司 Steel fiber feeding and dispersing device and method
CN110433736A (en) * 2019-08-23 2019-11-12 安徽广信农化股份有限公司 A kind of cyclohexyl isocyanate optical self-encoding kettle

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6316243B2 (en) Stirrer
JP5415809B2 (en) Raw concrete production equipment
JP2008212888A (en) Double-shaft mixer for kneading viscous fluid
CN101288980A (en) Mixer for concrete and similar mixtures
JP2004034400A (en) Concrete kneading machine
JP2002105980A (en) Continuous solidifying device
JP2012228830A (en) Concrete mixer truck
JP2006255897A (en) Manufacturing apparatus of ready-mixed concrete and transfer device of ready-mixed concrete
JP2007245758A (en) Concrete mixer truck
CN204841676U (en) Agitated reactor
JP2011025112A (en) Double shaft mixer
JP2006088527A (en) Method and apparatus for kneading
CN208100744U (en) A kind of building wet mixing mortar agitating device
JP2005211823A (en) Raw material agitation and mixing apparatus
CN216321444U (en) Mixing and blending device for polyurethane raw materials
CN213611050U (en) Convertible fertilizer mixes machine
JPH05116130A (en) Material feeder in resin concrete pipe manufacturing apparatus
CN216065412U (en) Sand mixing device for casting
JPH0797959B2 (en) Meat pickling device
CN211762497U (en) Waste steel slag brick-making stirring device
CN216171818U (en) Mixing apparatus is used in production of unshaped refractory material
JP2002264118A (en) Equipment and method for removing change in shape of clay
JP2011036775A (en) Mixer
CN213290927U (en) High-speed and low-speed mixer for processing modified plastics
CN213226961U (en) Concrete mixing device is used in bridge construction

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20050509

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20070927

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20071204

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Effective date: 20080401

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02