JP2004002292A - クレンジング化粧料 - Google Patents

クレンジング化粧料 Download PDF

Info

Publication number
JP2004002292A
JP2004002292A JP2002366766A JP2002366766A JP2004002292A JP 2004002292 A JP2004002292 A JP 2004002292A JP 2002366766 A JP2002366766 A JP 2002366766A JP 2002366766 A JP2002366766 A JP 2002366766A JP 2004002292 A JP2004002292 A JP 2004002292A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
weight
component
water
cleansing cosmetic
cleansing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002366766A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3532910B2 (ja
Inventor
Masanori Shimizu
清水 真規
Hiroko Tsuda
津田 ひろ子
Original Assignee
Kao Corp
花王株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2002-85194 priority Critical
Priority to JP2002085194 priority
Application filed by Kao Corp, 花王株式会社 filed Critical Kao Corp
Priority to JP2002366766A priority patent/JP3532910B2/ja
Priority claimed from PCT/JP2003/003412 external-priority patent/WO2003080004A1/ja
Publication of JP2004002292A publication Critical patent/JP2004002292A/ja
Publication of JP3532910B2 publication Critical patent/JP3532910B2/ja
Application granted granted Critical
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

【課題】透明な液状を呈するとともに、水が混入してもクレンジング力の低下及び外観や使用感の悪化が生じないクレンジング化粧料を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)〜(C):
(A)オレイン酸モノグリセリド、リノール酸モノグリセリド、イソステアリン酸モノグリセリド及びイソステアリルペンタエリスリルグリセリルエーテルから選ばれる1種以上、
(B)IOBが1.1以上の非イオン界面活性剤、
(C)油性成分
を含有する組成物であって、該組成物100重量部に対して50重量部の水を加えたときに白濁しない透明な液状クレンジング化粧料。
【選択図】 なし

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、クレンジング化粧料に関し、更に詳細には、透明で美麗な液状を呈し、水で濡れた皮膚に使用しても白濁を起こすことがないクレンジング化粧料に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、水で洗い流して使用する又はふき取って使用する化粧落とし用の油性クレンジング化粧料としては、クリーム状、乳液状、ゲル状又は溶液状の形態のものがあり、これらは通常、非イオン界面活性剤で油成分及び水を乳化又は可溶化して製造されている。例えば、特許文献1が挙げられる。
【0003】
しかしながら、従来の油性クレンジング化粧料は、水で濡れた皮膚に使用すると、乳化物や懸濁物となって原体よりも白濁して外観が悪くなるとともに、油性化粧料に対するクレンジング力が著しく低下し、さらには使用感が悪くなることがあるため、特に浴室での使用には不向きであった。
【0004】
これまでに、安定な可溶化状態を得るための多くの研究がなされ、例えば、特許文献2、特許文献3には、多価アルコールを添加するとか、高級脂肪酸又は高級アルコールを組み合わせる等の方法が提案されているが、濡れた皮膚上で使うことを想定した、オイルを主成分としたクレンジング化粧料については、未だ十分に満足できるものは提供されていない。
【0005】
【特許文献1】
特開平3−161428号公報
【特許文献2】
特開平4−5213号公報
【特許文献3】
特開平11−35421号公報
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
本発明の目的は、透明な液状を呈するとともに、水が混入してもクレンジング力の低下及び外観や使用感の悪化が生じない、耐水性のあるクレンジング化粧料を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】
本発明者らは、有意な量の水が混入しても乳化や懸濁によって白濁したり、大きく増粘したりしない油性透明液状組成物が設計できれば、浴室や洗面台など手や顔が濡れた環境下で使用することができ、クレンジング力の低下及び外観や使用感の悪化が生じないクレンジング化粧料を提供することができること、そしてかかる組成物は特定の界面活性剤と油剤を組み合わせることにより達成できることを見出した。
【0008】
本発明は、次の成分(A)〜(C):
(A)オレイン酸モノグリセリド、リノール酸モノグリセリド、イソステアリン酸モノグリセリド及びイソステアリルペンタエリスリルグリセリルエーテルから選ばれる1種以上、
(B)IOBが1.1以上の非イオン界面活性剤、
(C)油性成分
を含有する組成物であって、該組成物100重量部に対して50重量部の水を加えたときに白濁しない透明な液状クレンジング化粧料を提供するものである。
【0009】
【発明の実施の形態】
本発明で用いる成分(A)は、オレイン酸モノグリセリド、リノール酸モノグリセリド、イソステアリン酸モノグリセリド及びイソステアリルペンタエリスリルグリセリルエーテルから選ばれるものである。これらは、2種以上を用いることもでき、全組成中に1〜15重量%、特に3〜8重量%含有するのが、十分な耐水性が得られるとともに、使用感が良好であるので好ましい。
【0010】
成分(B)の非イオン界面活性剤は、IOBが1.1以上、好ましくは1.1〜2.0のものである。
【0011】
ここで、IOBとは、有機概念図(藤田穆、有機化合物の予測と有機概念図、化学の領域 Vol.11,No.10(1957)719−725)に基づき求められる無機性値及び有機性値の比(Inorganic Organic Balance)を表わすもので、次式により求められる。
【0012】
【数1】
【0013】
このようなIOBが1.1以上の非イオン界面活性剤は、例えば、ポリオキシエチレンモノ脂肪酸エステル、脂肪酸ポリオキシエチレングリセリル(ポリオキシエチレン鎖を付加したグリセリンと脂肪酸のエステル)、モノ脂肪酸ポリオキシエチレングリセリン(モノ脂肪酸グリセリンにポリオキシエチレン鎖を付加した構造)、アルキルグルコシド、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル等から選ぶことができる。特に、ポリオキシエチレンモノ脂肪酸エステル、脂肪酸ポリオキシエチレングリセリル、モノ脂肪酸ポリオキシエチレングリセリン、アルキルグルコシドが、低粘度かつ、耐水性に優れた組成物を作ることができ、好ましい。更に具体的には、ポリオキシエチレンモノラウレート(IOB=1.34)、モノヤシ油脂肪酸ポリオキシエチレングリセリン(IOB=1.22)、アルキル鎖C9〜11で糖縮合度1〜2のアルキルグルコシド(IOB=1.84)が、口紅などの色物に対し、水分存在下(濡れた皮膚上でマッサージする時や洗い流しを伴う時)でも良好な洗浄力を発揮するので好ましい。
【0014】
成分(B)は、2種以上を用いることもでき、全組成中に5〜30重量%、特に10〜21重量%含有するのが、十分な耐水性が得られるとともに、洗い流し性が良好であり好ましい。
【0015】
成分(C)の油性成分としては、通常化粧料に使用される透明な液状油であれば良く、例えば流動パラフィン、ポリイソブテン、スクワラン等の炭化水素油;アルキル−1,3−ジメチルブチルエーテル等のエーテル油;パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、2−エチルヘキサン酸セチル、イソノナン酸トリデシル等のモノエステル油;トリ(2−エチルヘキサン酸)グリセリン、トリ(カプリル酸・カプリン酸)グリセリン等のトリエステル油;オリーブ油、ホホバ油、マカダミアナッツ油等の植物性油;デカメチルシクロペンタシロキサン、メチルフェニルポリシロキサン等のシリコーン油などを用いることができる。
【0016】
これらのうち、デカメチルシクロペンタシロキサン及び、炭素数20〜30で、かつ無機性値が75以下の油が、水を可溶化するのに効果的であり好ましい。ここで、無機性値とは、前記のIOBの説明で記載した値である。
炭素数20〜30で、かつ無機性値が75以下の油としては、例えば平均炭素数20〜30の流動パラフィン(例えば、カネダ社製、ハイコールK230;無機性値0、平均炭素数24等)、イソノナン酸イソトリデシル(無機性値60、炭素数22)、2−エチルヘキサン酸セチル(無機性値60、炭素数24)、パルミチン酸イソプロピル(無機性値60、炭素数19)、セチル−1,3−ジメチルブチルエーテル(無機性値20、炭素数22)等が挙げられる。
【0017】
油性成分は、2種以上用いることもでき、全組成中に50重量%以上、特に70〜85重量%含有するのが油性メイクの洗浄力に優れており好ましい。また、その中でも特にデカメチルシクロペンタシロキサン;炭素数20〜30で、かつ無機性値が75以下の油を全組成中に40〜85重量%含有するのが好ましい。
【0018】
本発明のクレンジング化粧料には、更に、成分(D)として、IOBが0.6以下、好ましくは0.28〜0.56の高級アルコール、グリセリン誘導体又は高級脂肪酸を含有できる。
【0019】
このようなIOBが0.6以下の高級アルコールとしては、炭素数18以下のもので、例えばミリスチルアルコール(IOB=0.36)、イソステアリルアルコール(IOB=0.29)、オレイルアルコール(IOB=0.28)等が挙げられる。
グリセリン誘導体としては、ジイソステアリン酸ジグリセリル(IOB=0.41)、ジオレイン酸ジグリセリル(IOB=0.42)、イソステアリルモノグリセリルエーテル(IOB=0.53)等が挙げられる。
また、高級脂肪酸としては、イソステアリン酸(IOB=0.56)等が挙げられる。
【0020】
成分(D)は、2種以上を用いることもでき、高級アルコール、グリセリン誘導体及び高級脂肪酸から選ばれる2種以上を組合わせて用いることもできる。成分(D)は、全組成中に0.5〜10重量%、特に2.1〜5重量%含有するのが、すすぎ時の感触に優れるので好ましい。
【0021】
本発明のクレンジング化粧料は、更に水を10重量%以下、好ましくは2〜5重量%含有することができる。10重量%を超えると、油性メイクに対する洗浄力が悪くなり、好ましくない。
【0022】
また、本発明のクレンジング化粧料は、前記成分以外に、例えば非イオン界面活性剤の曇点の調節や使用感の向上のために、1,3−ブチレングリコール、プロピレングリコール等の多価アルコール;粘度を調節するための超微粒子シリカ、パルミチン酸デキストリン、有機性ベントナイト等の増粘剤;クエン酸、リン酸などの有機酸、無機酸;無機塩類、アニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤、両性界面活性剤、ポリマー類、殺菌剤、紫外線吸収剤、酸化防止剤、キレート剤、香料、色素、エキス類、薬効剤等を含有できる。
【0023】
本発明のクレンジング化粧料は、各配合成分を必要により加熱して、均一に混合することにより製造される。
【0024】
本発明のクレンジング化粧料は、該組成物100重量部に対して50重量部の水を加えたときに白濁しないものである。ここで、白濁とは、乳化や懸濁に起因するものであり、28〜30℃にて、濁度計(デジタル比色計miniphoto5;10mmΦガラスセル;三紳工業社製)で波長530nmにおいて精製水をリファレンスにして測定した透過率を、酸化チタン(酸化チタンJA−C、粒径0.1〜0.5μm程度:テイカ社製)の0.02重量%懸濁水溶液の透過率と比較し、0.02重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より低いものを白濁とする。
【0025】
また、本発明のクレンジング化粧料は、透明な液状のものである。透明とは、濁度計で波長530nmにおいて精製水をリファレンスにして測定した透過率が、0.001重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より高い状態をいう(色素や粉体等の配合がある場合は、それらを含まない状態で測定して透明であれば、本発明の範囲に含まれるとする)。また、液状とは、25℃における粘度が1000mPa・s(B型粘度計、ローター2、30rpm)以下の状態をいう。25℃において該組成物の粘度は300mPa・s以下、特に100mPa・s以下であるのが好ましい。また、該組成物100重量部に対して50重量部の水を加えて混合していくとき、25℃における粘度が常に2000mPa・s以下であるのが好ましく、特に常に1000mPa・s以下であるのが好ましい。
【0026】
【実施例】
実施例1〜11、比較例1〜6
表1及び表2に示す組成のクレンジング化粧料を製造し、得られたクレンジング化粧料の外観、性状、メイク落ち、水を混合したときの透明性、メイク落ち及び洗い流し性についての評価と、総合評価を行った。結果を表1及び表2に併せて示す。
【0027】
(製法)
<実施例1〜11>
成分(A)、(B)及び(D)を成分(C)に加温して完全に溶解した後、その他の成分を加えて均一に混合して、クレンジング化粧料を得た。
<比較例1〜6>
成分(A)、(B)、(D)及びその他の界面活性剤を、成分(C)に加温して完全に溶解した後、その他の成分を加えて均一に混合して、クレンジング化粧料を得た。
【0028】
(評価方法)
(1)外観;
25℃及び40℃において、濁度計(デジタル比色計miniphoto5;10mmΦガラスセル;三紳工業社製)で波長530nmにおいて精製水をリファレンスにして透過率を測定し、0.001重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より高いものを「透明」とし、0.001重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より低く、0.02重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より高いものを「半透明」とした。
【0029】
(2)性状;
25℃において、B型粘度計(ローター2、30rpm)で測定した粘度が、1000mPa・s以下のものを「液状」とした。
【0030】
(3)メイク落ち;
油性メイク落ち;マスカラ(メイベリン社製、ダイアルマスカラ)を前腕部に直径約1.5cmに薄く塗り、3時間放置して乾燥させた後、各クレンジング化粧料(又は水50重量部と混合したもの)約25mgをのせ、指で軽く30回マッサージした。その後、流水で洗い流し、マスカラの残り具合を目視で観察し、以下の基準で判定した。
口紅メイク落ち;口紅(花王社製、オーブルージュライブリッシュRS415)を前腕部に直径約1.5cmに薄く塗り、3時間放置して乾燥させた後、各クレンジング化粧料(又は水50重量部と混合したもの)約25mgをのせ、指で軽く30回マッサージした。その後、流水で洗い流し、口紅の残り具合を目視で観察し、以下の基準で判定した。
◎:メイクの落ちが良好かつ浮きが早い。
○:メイクの落ちが良好。
○△:メイクの落ちがやや良好。
△:メイクの落ちがやや不良。
×:メイクの落ちが不良。
【0031】
(4)水と混合したときの透過率;
各クレンジング化粧料と水10重量部又は50重量部を混合した試料について、濁度計(デジタル比色計miniphoto5;10mmΦガラスセル;三紳工業社製)で波長530nmにおいて精製水をリファレンスにして透過率を測定し、酸化チタン(酸化チタンJA−C、粒径0.1〜0.5μm程度:テイカ社製)の懸濁水溶液の透過率と比較して、以下の基準で評価した。
A:0.001重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より高い。
B:0.001重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より低く、0.008重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より高い。
C:0.008重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より低く、0.02重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より高い。
D:0.02重量%酸化チタン懸濁水溶液の透過率より低い。
なお、本発明のクレンジング化粧料は、水分が混入しても白濁しない温度領域を、手の平や顔面上の環境に相当する25〜35℃の範囲内に有することが好ましく、測定は各クレンジング化粧料100重量部に精製水を10重量部又は50重量部混合したものを、28〜30℃に温度を調節してから均一に混合した直後に行った。
【0032】
(5)洗い流し性;
各クレンジング化粧料を約2g前腕部に塗布し、ぬるま湯で洗い流したときの洗い流し易さを、以下の基準で評価した。
◎:ぬめり感が早くなくなり、洗い流しやすい。
○:洗い流しやすい。
△:洗い流しにくい。
×:いつまでも肌に油が残り、洗い流すことができない。
【0033】
(6)総合評価;
10人の専門評価パネラーが、各クレンジング化粧料を使用して評価した。まず、顔に口紅及び油性マスカラを塗布し、約3時間おいて乾燥させた。次に、一度よく濡らしてから軽く水をきった状態の手に、各クレンジング化粧料を約2gとり、鏡を見ながら顔全体に伸ばして、メイクとなじませた後、ぬるま湯で洗い流した。この時の外観、メイク落ち、洗い流し性の総合的な評価を以下の基準で行った。
◎:10人中8人以上が良いと答えた。
○:10人中6〜7人が良いと答えた。
△:10人中4〜5人が良いと答えた。
×:良いと答えたのは10人中3人以下。
【0034】
【表1】
【0035】
【表2】
【0036】
【発明の効果】
本発明のクレンジング化粧料は、特定の成分を組合わせることにより、透明で美麗な液状を呈し、水が混入しても使用中は可溶化状態を維持して白濁することがなく、クレンジング力が低下せず、使用感も良好である。従って、水で濡れた皮膚にも使用することができ、特に浴室での使用に好適である。

Claims (6)

  1. 次の成分(A)〜(C):
    (A)オレイン酸モノグリセリド、リノール酸モノグリセリド、イソステアリン酸モノグリセリド及びイソステアリルペンタエリスリルグリセリルエーテルから選ばれる1種以上、
    (B)IOBが1.1以上の非イオン界面活性剤、
    (C)油性成分
    を含有する組成物であって、該組成物100重量部に対して50重量部の水を加えたときに白濁しない透明な液状クレンジング化粧料。
  2. 更に、成分(D):
    (D)IOBが0.6以下の高級アルコール、グリセリン誘導体又は高級脂肪酸を含有する請求項1記載のクレンジング化粧料。
  3. 更に、10重量%以下の水を含有する請求項1又は2記載のクレンジング化粧料。
  4. 成分(B)の非イオン界面活性剤が、ポリオキシエチレンモノラウレート又はポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリンである請求項1〜3のいずれか1項記載のクレンジング化粧料。
  5. 成分(A)を1〜15重量%、成分(B)を5〜30重量%含有する請求項1記載のクレンジング化粧料。
  6. 成分(A)を1〜15重量%、成分(B)を5〜30重量%、成分(D)を0.5〜10重量%含有する請求項2〜4のいずれか1項記載のクレンジング化粧料。
JP2002366766A 2002-03-26 2002-12-18 クレンジング化粧料 Active JP3532910B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002-85194 2002-03-26
JP2002085194 2002-03-26
JP2002366766A JP3532910B2 (ja) 2002-03-26 2002-12-18 クレンジング化粧料

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002366766A JP3532910B2 (ja) 2002-03-26 2002-12-18 クレンジング化粧料
PCT/JP2003/003412 WO2003080004A1 (fr) 2002-03-26 2003-03-20 Preparation demaquillante
EP03715385A EP1488775B1 (en) 2002-03-26 2003-03-20 Cleansing preparation
US10/508,013 US20050180942A1 (en) 2002-03-26 2003-03-20 Cleansing preparation
AU2003227189A AU2003227189A1 (en) 2002-03-26 2003-03-20 Cleansing preparation
KR1020047015137A KR100978433B1 (ko) 2002-03-26 2003-03-20 클렌징 화장료
CNB038069016A CN100381112C (zh) 2002-03-26 2003-03-20 卸妆化妆品
TW092106759A TWI348380B (en) 2002-03-26 2003-03-26 Cleansing cosmetic

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004002292A true JP2004002292A (ja) 2004-01-08
JP3532910B2 JP3532910B2 (ja) 2004-05-31

Family

ID=30445975

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002366766A Active JP3532910B2 (ja) 2002-03-26 2002-12-18 クレンジング化粧料

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3532910B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005194249A (ja) * 2004-01-09 2005-07-21 Shiseido Co Ltd 油性クレンジング組成物
JP2007131687A (ja) * 2005-11-09 2007-05-31 Sunstar Inc 透明洗浄剤組成物
JP2007217302A (ja) * 2006-02-14 2007-08-30 Kose Corp 油性皮膚クレンジング料
JP2008074741A (ja) * 2006-09-20 2008-04-03 Noevir Co Ltd クレンジング化粧料
US9072674B2 (en) 2011-07-04 2015-07-07 Kao Corporation Skin cleansing agent composition
US9668474B2 (en) 2012-02-10 2017-06-06 Stepan Company Structured surfactant suspending systems

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005194249A (ja) * 2004-01-09 2005-07-21 Shiseido Co Ltd 油性クレンジング組成物
JP2007131687A (ja) * 2005-11-09 2007-05-31 Sunstar Inc 透明洗浄剤組成物
JP2007217302A (ja) * 2006-02-14 2007-08-30 Kose Corp 油性皮膚クレンジング料
JP4763474B2 (ja) * 2006-02-14 2011-08-31 株式会社コーセー 油性皮膚クレンジング料
JP2008074741A (ja) * 2006-09-20 2008-04-03 Noevir Co Ltd クレンジング化粧料
US9072674B2 (en) 2011-07-04 2015-07-07 Kao Corporation Skin cleansing agent composition
US9668474B2 (en) 2012-02-10 2017-06-06 Stepan Company Structured surfactant suspending systems

Also Published As

Publication number Publication date
JP3532910B2 (ja) 2004-05-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100978433B1 (ko) 클렌징 화장료
JP4602999B2 (ja) クレンジング組成物
EP2308457B1 (en) Cleansing cosmetic preparation
JP4373103B2 (ja) 透明液状油性組成物
JP2011126805A (ja) 水性クレンジング化粧料
JP2006176469A (ja) オイル状クレンジング料
KR20090086393A (ko) 메이크업 제거 화장품 조성물
JP3586682B2 (ja) クレンジング化粧料
JP3964760B2 (ja) クレンジング化粧料
JP2005239616A (ja) 油性皮膚洗浄料
JP2000327529A (ja) クレンジング化粧料
JP3532910B2 (ja) クレンジング化粧料
JP2006176470A (ja) オイル状クレンジング料
JP5236336B2 (ja) オイル状クレンジング料
JP2003055128A (ja) 透明化粧料組成物
JP6456612B2 (ja) 皮膚洗浄剤組成物
JP3540165B2 (ja) ジェル状クレンジング化粧料
JP2001288036A (ja) 透明クレンジング料
JP2004115467A (ja) クレンジング方法
JP4763474B2 (ja) 油性皮膚クレンジング料
JP4746889B2 (ja) 油性洗浄料組成物
JP2005213237A (ja) 透明液状クレンジング化粧料
JPH11246348A (ja) 洗顔料組成物
JP3881953B2 (ja) 液状油性皮膚洗浄料
JP4034210B2 (ja) 液状透明皮膚洗浄料

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20031203

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040202

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040302

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040304

R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 3532910

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080312

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090312

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090312

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100312

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100312

Year of fee payment: 6

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110312

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110312

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120312

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120312

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130312

Year of fee payment: 9

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130312

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140312

Year of fee payment: 10

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250