JP2004000998A - スライドカム型 - Google Patents

スライドカム型 Download PDF

Info

Publication number
JP2004000998A
JP2004000998A JP2002141639A JP2002141639A JP2004000998A JP 2004000998 A JP2004000998 A JP 2004000998A JP 2002141639 A JP2002141639 A JP 2002141639A JP 2002141639 A JP2002141639 A JP 2002141639A JP 2004000998 A JP2004000998 A JP 2004000998A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slide cam
cam
adapter plate
slide
punch
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002141639A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3540308B2 (ja
Inventor
Mitsuo Matsuoka
松岡 光男
Original Assignee
Umix Co Ltd
ユミックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Umix Co Ltd, ユミックス株式会社 filed Critical Umix Co Ltd
Priority to JP2002141639A priority Critical patent/JP3540308B2/ja
Publication of JP2004000998A publication Critical patent/JP2004000998A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3540308B2 publication Critical patent/JP3540308B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D28/00Shaping by press-cutting; Perforating
    • B21D28/24Perforating, i.e. punching holes
    • B21D28/32Perforating, i.e. punching holes in other articles of special shape
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/869Means to drive or to guide tool
    • Y10T83/8776Constantly urged tool or tool support [e.g., spring biased]
    • Y10T83/8785Through return [noncutting] stroke
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/869Means to drive or to guide tool
    • Y10T83/8821With simple rectilinear reciprocating motion only
    • Y10T83/8828Plural tools with same drive means
    • Y10T83/8831Plural distinct cutting edges on same support
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T83/00Cutting
    • Y10T83/869Means to drive or to guide tool
    • Y10T83/8821With simple rectilinear reciprocating motion only
    • Y10T83/8857With inclined guides

Abstract

【課題】ピアスパンチやフランジブロック等を調整等の理由で取り外したい時には、スライドカムを取り外すことなく、ピアスパンチやフランジブロック等のみを取り外し、作業時間の短縮を図り、また、アダプタープレートのみを取り替えることにより、スライドカムの再使用を可能としてコスト削減をなし、さらに、定まったスライドカムを使用して設計の自由度を大幅に向上させることを目的とする。
【解決手段】スライドカムベース8と、スライドカムベースの案内面を摺動しパンチやトリミング切刃などの加工部材を取り付ける楔状のスライドカム17と、スライドカムと当接してスライドカムを駆動する作動カム13とよりなるスライドカム型において、スライドカムに加工部材をアダプタープレート41を介在させて取り付けるようにしたスライドカム型とした。
【選択図】 図1

Description

【特許請求の範囲】
【請求項1】スライドカムベースと、スライドカムベースの案内面を摺動しパンチやトリミング切刃などの加工部材を取り付ける楔状のスライドカムと、スライドカムと当接してスライドカムを駆動する作動カムとよりなるスライドカム型において、スライドカムに加工部材をアダプタープレートを介在させて取り付け、ロックプレートをスライドカムに取り付けてアダプタープレートの端部に嵌合させてアダプタープレートを正確に位置決めするようにし、アダプタープレートは断面をL字状に形成し、その内面をスライドカムに当接させて位置決めするようにしたスライドカム型。
【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、金属製薄板をプレス機械で成形加工するスライドカム型に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
スライドカムベースと、スライドカムベースの案内面を摺動しパンチやトリミング切刃などの加工部材を取付ける楔状のスライドカムと、スライドカムと当接してスライドカムを駆動する作動カムとよりなるスライドカム型において、スライドカムに取付けられているピアスパンチやフランジブロック等を調整等の理由で取り外したい時には、ピアスパンチやフランジブロック等のみを取り外すことはできず、ピアスパンチやフランジブロック等を取り付けたスライドカムを取外さなければならなかった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
ピアスパンチやフランジブロック等を調整等の理由で取り外したい時には、スライドカムを取り外すことなく、ピアスパンチやフランジブロック等のみを取り外し、作業時間の短縮を図り、また、アダプタープレートのみを取り替えることにより、スライドカムの再使用を可能としてコスト削減をなし、さらに、定まったスライドカムを使用して設計の自由度を大幅に向上させることが求められている。
【0004】
【課題を解決するための手段】
そこで、本発明は、上記の事情に鑑み、ピアスパンチやフランジブロック等を調整等の理由で取り外したい時には、スライドカムを取り外すことなく、ピアスパンチやフランジブロック等のみを取り外し、作業時間の短縮を図り、また、アダプタープレートのみを取り替えることにより、スライドカムの再使用を可能としてコスト削減をなし、さらに、定まったスライドカムを使用して設計の自由度を大幅に向上させるべく、スライドカムベースと、スライドカムベースの案内面を摺動しパンチやトリミング切刃などの加工部材を取り付ける楔状のスライドカムと、スライドカムと当接してスライドカムを駆動する作動カムとよりなるスライドカム型において、スライドカムに加工部材をアダプタープレートを介在させて取り付け、ロックプレートをスライドカムに取り付けてアダプタープレートの端部に嵌合させてアダプタープレートを正確に位置決めするようにし、アダプタープレートは断面をL字状に形成し、その内面をスライドカムに当接させて位置決めするようにしたスライドカム型とした。
【0005】
【発明の実施の態様】
本発明を添付する図面に示す具体的な一実施例に基づいて、以下詳細に説明する。
【0006】
図1は本スライドカム型の下死点時の縦断面図、図2は図1のII−II矢視図、図3はアダプタープレートの平面図、図4はアダプタープレートの側面図、図5はアダプタープレートの正面図、図6はロックプレートの底面図、図7はロックプレートの側面図、図8はロックプレートの正面図、図9は本スライドカム型の上死点時の縦断面図である。
【0007】
本実施例で述べる例は、ワークに孔をあける例について述べる。
【0008】
下型1の基板2上にはワーク3を位置決めする位置決め材4をボルト5により固定する。位置決め材4の近傍に、上面を位置決め材4に近づくに従って下がる傾斜面のウェアプレート6を、ボルト7で取付けたスライドカムベース8をボルト9により基板2に固定する。
【0009】
このスライドカムベース8に対向する上型11の基板12には作動カム13をボルト14により固着する。この作動カム13の先端は、前記スライドカムベース8の傾斜面と対称に位置決め材4に近づくに従って上がる傾斜面で、ウェアプレート15をボルト16で固着する。
【0010】
この作動カム13のウェアプレート15を摺動自在で前記スライドカムベース8のウェアプレート6上を摺動する楔状のスライドカム17を設ける。
【0011】
このスライドカム17は楔状で上傾斜面にはウェアプレート21がボルト22で固着され、下傾斜面にはウェアプレート23がボルト24にて固着され、ウェアプレート21・23は前記作動カム13のウェアプレート15、スライドカムベース8のウェアプレート6にそれぞれ当接して摺動する。
【0012】
スライドカム17の直角状に形成した上前端部のワーク加工側には、アダプタープレート41をボルト42により取り付け、ノックピン71で位置決めし、さらにスライドカム17の上前端部の下方にボルト77で固着したロックプレート78の突片79をアダプタープレート41の下部の位置決め溝80に嵌合させる。孔あけパンチ43はパンチリテイナー44に起立させ、パンチリテイナー44はボルト45によりアダプタープレート41に螺着して取り付け、ノックピン72にて位置決めする。
【0013】
ストリッパープレート47はクッションゴム48で付勢されており、ワーク3に孔あけを施す前にワーク3を押圧する。
【0014】
符号49は孔あけパンチ43と嵌め合わされて孔抜きを行うダイである。
【0015】
スライドカム17を加工後、後退させるため、スライドカム17の下前部に保持穴61を凹設し、保持穴61とスライドカムベース8との間にコイルスプリング64等の弾性体を縮設する。上型11が上昇すると、このコイルスプリング64の付勢力によりスライドカム17は後退する。このスライドカム17の後退を停止させるため、スライドカムベース8に起立させたストッパー面25を形成し、スライドカム17の後端面26を当接させる。なお、スライドカム17を貫通させてスライドカムベース8に架設した案内棒27はスライドカム17の移動をガイドする。
【0016】
また、上型11が上昇するとき、スライドカム17を強制的に後退させるために、リターンプレート73が作動カム13に固着され、その下端はスライドカム17に係合させてある。
【0017】
また、上型11には、その基板12にパッド74をコイルスプリング75で付勢して吊りボルト76で吊り下げている。
【0018】
なお、符号81・82は作動カムの位置決めキー、符号83・84はスライドカムベース8の位置決めキーである。
【0019】
次に、この金型の作動について述べる。
【0020】
図9に示す状態は上死点の状態である。
【0021】
図9に示すように、ワーク3を位置決め材4上に載せ、上型11を下降させる。
【0022】
この状態から上型11が下降すると、パッド74がワーク3を押圧し、スライドカム17のウェアプレート21が、作動カム13のウェアプレート15に当接して、スライドカム17はスライドカムベース8と作動カム13との間で、上型11が下降するに従ってワーク3に向かって前進し、孔あけパンチ43でワーク3に孔あけする。
【0023】
孔あけパンチ43により、孔あけをし、上型11が下死点の状態が図1に示した状態である。
【0024】
この後、上型11が上昇すると、コイルスプリング64の付勢力がスライドカム17に伝達されてスライドカム17は後退し、スライドカム17の後端面26がストッパー面25に当接して停止する。
【0025】
スライドカム17にはリターンプレート73が設けてあるので、何らかの事情でスライドカム17が後退しない場合は、このリターンプレート73がスライドカムベース8に係合することによりスライドカム17を強制的に後退させる。
【0026】
アダプタープレート41とロックプレート78について説明する。
【0027】
アダプタープレートは図3〜図5に示してあるように、断面がL字状で係合片81と垂下片82により形成してあって、その内面をスライドカム17の直角状の前上端に当接させれば容易に位置決めが可能なるように形成してある。係合片81には2個のボルト孔83と1個のノックピン孔84、1個のボルト孔85が刻設してある。ボルト孔85はアダプタープレート41が取り外しにくい際に、ボルトを螺着してそのボルトを持ち上げて引き抜くと取り外しが容易である。
【0028】
また、前後方向の位置決めを正確にするため、垂下片82の下端にはL字状の位置決め溝80を刻設する。
【0029】
さらに、アダプタープレート41のパンチリテイナー44の取付面には孔あけパンチ43等を正確に取り付けるための3個の基準孔86が刻設してある。
【0030】
アダプタープレートは断面L字状であるが、一体形も分割形もありうる。
【0031】
ロックプレート78は、図6〜図8に示すように、基片87の両側から突片79を突出させ、基片87には2個のボルト孔88が穿孔してある。
【0032】
ところで、孔あけパンチ43の刃欠けなどで孔あけパンチ43を取り外したい時は、図9に示すように上型11が上死点の位置にあってアダプタープレート41上方に作業スペースが十分あり、ボルト42を取り外し、ノックピン71を抜くと、アダプタープレート41を上方へ移動させて取り外すことができ、このアダプタープレート41には孔あけパンチ43等が装着されているので、スライドカム17を取り外すことなく、孔あけパンチ43の取り外しが容易にできる。
【0033】
孔あけパンチ43を取り付けるには、孔あけパンチ43が装着されているアダプタープレート41のL字状内面をスライドカム17の上前端面に当接させ、しかもアダプタープレート41の位置決め溝80にロックプレート78の突片79を嵌合させる。このアダプタープレート41とロックプレート78の突片79との嵌合によりアダプタープレート41の前後方向の位置決めが正確に決められる。しかも、このロックプレート78に対してはノックピンの抜き差し等は不要で、単にアダプタープレート41を上方より下方に摺動させながら移動させて位置決め溝80を突片79に嵌合させるだけでよい。図1に示すように、位置決め溝80と突片79との前後方向の位置決めを正確にするために、位置決め溝80と突片79上面等に積極的に隙間A・B・C・Dが設けられている。図示から分かるように、ロックプレート78とアダプタープレート41・スライドカム17との前後方向の当接面は3面で、上下方向の当接面は1面だけである。
【0034】
上記実施例ではアダプタープレートのL字状断面の角度が直角の例について述べたが、本発明は、これに限定されるものではなく、任意の角度に設定できる。好ましい実施例はL字状断面の角度が直角の場合である。
【0035】
上述の実施例では、上から順に下へ作動カム13、スライドカム17、スライドカムベース8として配置した例について述べたが、これを上から下へ順にスライドカムベース8、スライドカム17、作動カム13として配置することもできる。この場合、アダプタープレートをスライドカムの両側に取り付けてもよい。
さらに、実施例は孔あけとの加工例について述べたが、言うまでもなく、この他の成形加工や折り曲げ加工などにも本発明は適用できる。
【0036】
また、作動カム13、スライドカム17およびスライドカムベース8の大きさを標準化しておくと、種々の大きさのワークの加工を直ちに対応できる。
【0037】
【発明の効果】
本発明は、上述のように、スライドカムベースと、スライドカムベースの案内面を摺動しパンチやトリミング切刃などの加工部材を取り付ける楔状のスライドカムと、スライドカムと当接してスライドカムを駆動する作動カムとよりなるスライドカム型において、スライドカムに加工部材をアダプタープレートを介在させて取り付け、ロックプレートをスライドカムに取り付けてアダプタープレートの端部に嵌合させてアダプタープレートを正確に位置決めするようにし、アダプタープレートは断面をL字状に形成し、その内面をスライドカムに当接させて位置決めするようにしたスライドカム型であるので、ピアスパンチやフランジブロック等を調整等の理由で取り外したい時には、スライドカムを取り外すことなく、ピアスパンチやフランジブロック等のみを取り外し、作業時間の短縮を図り、また、アダプタープレートのみを取り替えることにより、スライドカムの再使用を可能としてコスト削減をなし、さらに、定まったスライドカムを使用して設計の自由度を大幅に向上させる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のスライドカム型の下死点時の縦断面図である。
【図2】図1のII−II矢視図である。
【図3】本発明のアダプタープレートの平面図である。
【図4】本発明のアダプタープレートの側面図である。
【図5】本発明のアダプタープレートの正面図である。
【図6】本発明のロックプレートの底面図である。
【図7】本発明のロックプレートの側面図である。
【図8】本発明のロックプレートの正面図である。
【図9】本発明のスライドカム型の上死点時の縦断面図である。
【符号の説明】
8…スライドカムベース
17…スライドカム
13…作動カム
41…アダプタープレート
78…ロックプレート

Claims (5)

  1. スライドカムベースと、スライドカムベースの案内面を摺動しパンチやトリミング切刃などの加工部材を取り付ける楔状のスライドカムと、スライドカムと当接してスライドカムを駆動する作動カムとよりなるスライドカム型において、スライドカムに加工部材をアダプタープレートを介在させて取り付けるようにしたスライドカム型。
  2. ロックプレートをスライドカムに取り付けてアダプタープレートの端部に嵌合させてアダプタープレートを正確に位置決めするようにした請求項1記載のスライドカム型。
  3. アダプタープレートは断面をL字状に形成し、その内面をスライドカムに当接させて位置決めするようにした請求項1又は請求項2のスライドカム型。
  4. スライドカムが下型である請求項1、請求項2又は請求項3のスライドカム型。
  5. スライドカムが上型である請求項1、請求項2又は請求項3のスライドカム型。
JP2002141639A 2002-05-16 2002-05-16 スライドカム型 Expired - Fee Related JP3540308B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002141639A JP3540308B2 (ja) 2002-05-16 2002-05-16 スライドカム型

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002141639A JP3540308B2 (ja) 2002-05-16 2002-05-16 スライドカム型
DE2002604545 DE60204545T2 (de) 2002-05-16 2002-06-26 Gleitnocken-Presswerkzeug
EP20020014239 EP1362651B1 (en) 2002-05-16 2002-06-26 Slide cam die
CA002391695A CA2391695A1 (en) 2002-05-16 2002-06-26 Slide cam die
CN02125104A CN1457941A (zh) 2002-05-16 2002-06-28 滑动斜楔冲模
KR1020020038540A KR20030089393A (ko) 2002-05-16 2002-07-04 슬라이드 캠 금형
TW91115483A TW575469B (en) 2002-05-16 2002-07-12 Slide cam die
US10/409,474 US7013783B2 (en) 2002-05-16 2003-04-09 Slide cam die

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004000998A true JP2004000998A (ja) 2004-01-08
JP3540308B2 JP3540308B2 (ja) 2004-07-07

Family

ID=29267817

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002141639A Expired - Fee Related JP3540308B2 (ja) 2002-05-16 2002-05-16 スライドカム型

Country Status (8)

Country Link
US (1) US7013783B2 (ja)
EP (1) EP1362651B1 (ja)
JP (1) JP3540308B2 (ja)
KR (1) KR20030089393A (ja)
CN (1) CN1457941A (ja)
CA (1) CA2391695A1 (ja)
DE (1) DE60204545T2 (ja)
TW (1) TW575469B (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN1315639C (zh) * 2004-05-25 2007-05-16 天津市天锻压力机有限公司 模具滑块夹紧定位方法及其装置
KR101762125B1 (ko) * 2015-09-18 2017-07-27 성일기업(주) 피어싱 금형

Families Citing this family (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7191635B2 (en) * 2004-11-18 2007-03-20 Danly Iem, Llc Press mounted cam
DE102005029140B4 (de) 2005-06-23 2008-04-03 Elke Weigelt Werkzeugbefestigungseinrichtung für einen Keiltrieb
DE102006036654B4 (de) 2006-08-03 2008-12-04 Harald Weigelt Keiltrieb mit Zwangsrückholeinrichtung
US7624615B2 (en) * 2006-10-27 2009-12-01 Chrysler Group Llc Wedge activated rotating filler cam
US8430385B2 (en) 2007-09-24 2013-04-30 Harald Weigelt Wedge drive with slider receiving means
KR101052190B1 (ko) * 2008-12-31 2011-07-27 주식회사 루보 펀칭금형의 펀칭위치 미세조정장치 및 그 조정방법
KR101067161B1 (ko) * 2010-01-06 2011-09-22 대구텍 유한회사 내경 그루브 가공용 절삭 인서트 및 그를 위한 툴홀더
FR2959142B1 (fr) * 2010-04-26 2012-08-17 Peugeot Citroen Automobiles Sa Coulisseau pour presse d'emboutissage
CN101890646B (zh) * 2010-06-12 2012-12-05 四川成飞集成科技股份有限公司 多级变角加工工装
CN102000741A (zh) * 2010-11-19 2011-04-06 青岛诺义信模具部件有限公司 多功能拼装斜楔
CN102303073B (zh) * 2011-09-16 2013-07-03 上海隆江医疗器械有限公司 一种手机机壳切边模具结构
US8739596B2 (en) 2011-09-26 2014-06-03 Chrysler Group Llc Wedge activated rotating filler cam utilizing a saddle for rotation
DE102011116714A1 (de) * 2011-10-22 2013-04-25 Volkswagen Aktiengesellschaft Werkzeug und Verfahren zum Warmformen und Schneiden, insbesondere zum Presshärten und Schneiden, eines Blechmaterials
CN102601238A (zh) * 2012-03-21 2012-07-25 苏州工业园区金鑫模具制造有限公司 一种模具的勾拉式侧向冲压结构
CN103372599A (zh) * 2012-04-18 2013-10-30 成都思茂科技有限公司 斜滑块机构
CN102641944B (zh) * 2012-04-25 2014-12-24 奇瑞汽车股份有限公司 一种用于制件侧冲孔的冲孔装置
CN103537542A (zh) * 2012-07-10 2014-01-29 成都爱信雅克科技有限公司 水平单动斜楔机构
CN102847820B (zh) * 2012-09-19 2014-09-17 天津汽车模具股份有限公司 一种基于液压机构的上翻结构总成
CN103264086A (zh) * 2013-05-10 2013-08-28 安徽江淮汽车股份有限公司 一种压料芯内置斜楔机构
CN103350138A (zh) * 2013-06-23 2013-10-16 苏州腾行精密模具有限公司 一种滑块切边模具
CN103567298A (zh) * 2013-11-11 2014-02-12 上汽通用五菱汽车股份有限公司 一种翻边冲孔模具
DE102013226750A1 (de) * 2013-12-19 2015-06-25 Aktiebolaget Skf Verfahren und Vorrichtung zum Herstellen eines Wälzlagerkäfigs
US10406584B2 (en) 2014-06-27 2019-09-10 Honda Motor Co., Ltd. Methods and apparatus to shape a workpiece
CN108421864A (zh) * 2014-09-24 2018-08-21 宁波甬辉智能科技有限公司 一种冲压模具
CN104438827A (zh) * 2014-10-28 2015-03-25 英业达科技有限公司 冲压模具
CN104624815A (zh) * 2015-02-13 2015-05-20 安徽福达汽车模具制造有限公司 一种车头罩顶板双动斜锲成型模具
CN105170781A (zh) * 2015-09-22 2015-12-23 无锡曙光模具有限公司 一种侧向冲孔模具
CN105945132B (zh) * 2016-05-13 2017-12-22 安徽江淮汽车集团股份有限公司 多面侧冲装置
CN106180367B (zh) * 2016-07-05 2017-12-12 安徽江淮汽车集团股份有限公司 冲孔模具
CN106216492A (zh) * 2016-08-08 2016-12-14 安徽江淮汽车股份有限公司 一种侧冲孔模具
CN106311900B (zh) * 2016-08-30 2018-06-26 东风汽车公司 一种三动斜楔装置
CN106270203A (zh) * 2016-09-26 2017-01-04 安徽江淮汽车股份有限公司 一种下置式导柱导滑防扭斜楔装置
CN106270139A (zh) * 2016-09-30 2017-01-04 安徽江淮汽车股份有限公司 一种同时冲两个方向角度孔的斜楔机构
CN106944543A (zh) * 2017-03-10 2017-07-14 南京理工大学 一种级进模弯曲机构
KR101941534B1 (ko) * 2017-07-10 2019-01-23 (주)재영테크 프레스 방식의 밴딩장치
KR101944071B1 (ko) * 2017-07-10 2019-01-30 (주)재영테크 프레스 방식의 천공장치
CN108994146A (zh) * 2018-09-25 2018-12-14 合肥常青机械股份有限公司 一种垂直倾斜修边模具

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4802393A (en) * 1986-11-04 1989-02-07 Ecological Systems, Inc. Piercing die
ES2069654T3 (es) * 1990-11-09 1995-05-16 Umix Co Ltd Matriz con leva deslizante.
CA2073204C (en) * 1992-07-06 1999-08-24 Mitsuo Matsuoka Noise reducing structure of slide-cam die
US5460027A (en) * 1994-08-29 1995-10-24 Amada Engineering & Service Co., Inc. Punch clamp device
JP3610606B2 (ja) * 1994-12-27 2005-01-19 オイレス工業株式会社 プレス用カム型
DE19680783B3 (de) * 1995-07-31 2014-08-14 Oiles Corp. Nocke für ein Preßwerkzeug
JP2880490B1 (ja) * 1997-11-14 1999-04-12 ユミックス株式会社 プレス装置
JP3757635B2 (ja) * 1998-08-26 2006-03-22 オイレス工業株式会社 カム装置
DE19855919A1 (de) * 1998-12-03 2000-06-08 Umix Co Ltd Preßvorrichtung
JP2001137947A (ja) * 1999-11-15 2001-05-22 Umix Kk プレス金型の付勢装置
JP2002316223A (ja) * 2001-04-18 2002-10-29 Umix Co Ltd プレス装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN1315639C (zh) * 2004-05-25 2007-05-16 天津市天锻压力机有限公司 模具滑块夹紧定位方法及其装置
KR101762125B1 (ko) * 2015-09-18 2017-07-27 성일기업(주) 피어싱 금형

Also Published As

Publication number Publication date
EP1362651B1 (en) 2005-06-08
US7013783B2 (en) 2006-03-21
DE60204545T2 (de) 2006-03-16
CN1457941A (zh) 2003-11-26
TW575469B (en) 2004-02-11
EP1362651A1 (en) 2003-11-19
KR20030089393A (ko) 2003-11-21
DE60204545D1 (de) 2005-07-14
JP3540308B2 (ja) 2004-07-07
US20030213351A1 (en) 2003-11-20
CA2391695A1 (en) 2003-11-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7490501B2 (en) Method of processing formed product, and metal cope and metal drag used for the method
CA2610279C (en) Tool fastening device for a wedge drive
JP3452491B2 (ja) パンチホルダ装置
US5101705A (en) Die including slide cam
US20040231398A1 (en) Modular die press assembly
US3779122A (en) Punch press with assembly locking mechanism
US7434443B2 (en) Compound press-forming apparatus and compound press-forming method
CA2435833A1 (en) Wedge-lockable removable punch and die bushing in retainer
EP0102429A1 (en) Compound die assembly
JP2008142772A (ja) せん断総抜型
CN1327984C (zh) 一种冲压复合模具
CN202270820U (zh) Suv制动踏板上安装支架模具
BRPI1006745B1 (pt) equipamento de prensa para recorte e elevação de uma mesma borda de chapa metálica em uma única operação e método utilizando o referido equipamento
US7043956B2 (en) Module cam and method for aligning and fastening tool
JP2880490B1 (ja) プレス装置
TW575469B (en) Slide cam die
CN204584074U (zh) 锁舌装配机
CN205869225U (zh) 一种弯曲落料模
JP3072095B1 (ja) プレス装置
CN103537541B (zh) 一种安装孔冲压装置
JP4133005B2 (ja) パンチプレス用金型
CN204700125U (zh) 一种链轮冲齿模
JP2005081359A (ja) プレス抜金型
CA2016726C (en) Marking tool holder for a punch press
CN201693064U (zh) 一种管件内侧冲孔模具

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040120

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040126

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20040202

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040323

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040324

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees