JP2004000555A - Dosage determination support device, syringe, and health care support system - Google Patents

Dosage determination support device, syringe, and health care support system Download PDF

Info

Publication number
JP2004000555A
JP2004000555A JP2003109855A JP2003109855A JP2004000555A JP 2004000555 A JP2004000555 A JP 2004000555A JP 2003109855 A JP2003109855 A JP 2003109855A JP 2003109855 A JP2003109855 A JP 2003109855A JP 2004000555 A JP2004000555 A JP 2004000555A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dosage
unit
user
memory
supporting apparatus
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003109855A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kiichi Watanabe
Toshihiko Yoshioka
吉岡 俊彦
渡邊 基一
Original Assignee
Matsushita Electric Ind Co Ltd
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2002123976 priority Critical
Application filed by Matsushita Electric Ind Co Ltd, 松下電器産業株式会社 filed Critical Matsushita Electric Ind Co Ltd
Priority to JP2003109855A priority patent/JP2004000555A/en
Publication of JP2004000555A publication Critical patent/JP2004000555A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a dosage determination support device precisely determining a dosage fitted to the health state of a user. <P>SOLUTION: The dosage determination support device is provided with a sensor 28 measuring a glucose level obtained from the blood of the user, a memory 48 storing an arithmetic table showing a correspondence between the glucose level and the amount of insulin, a CPU 50 referring to the arithmetic table stored in the memory 48 and computing the amount of insulin corresponding to the glucose level, a display part 34 displaying the amount of the insulin, and a speech processing part 52 speech-processing the amount of the insulin and outputting the speech from a speaker 32. <P>COPYRIGHT: (C)2004,JPO

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、投薬量決定支援装置、注射器および健康管理支援システムに関し、特に、ユーザの体調に合わせた投薬量を自動決定可能な投薬量決定支援装置、注射器および健康管理支援システムに関する。 The present invention, the dosage determination supporting apparatus, a syringe and health management support system, in particular, automatic determinable dosage determination supporting apparatus dosages tailored to the physical condition of the user, to syringes and health management support system.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンが不足するためにおこる代謝異状による疾患である。 Diabetes is a disease caused by metabolic abnormalities that occur due to the lack of insulin secreted from the pancreas. 現在、この糖尿病の治療法として、インスリンを注射により補充することで、血糖値をコントロールするインスリン療法が広く用いられている。 Currently, as a treatment for this diabetes by replenishing by injection of insulin, insulin therapy to control blood sugar levels it is widely used.
【0003】 [0003]
インスリン療法を受ける患者は、インスリンの注射量を調節したり、インスリンの治療効果の指標としたりするために、インスリンの注射の前に、血液中のグルコース濃度(以下、「血糖値」という。)の測定をすることが多い。 Patients undergoing insulin therapy, or to adjust the injection amount of insulin in order or an indicator of insulin therapeutic effect, prior to insulin injection, the glucose concentration in the blood (hereinafter, referred to as "blood glucose level".) it is often the measurement. 従って、インスリンを注射する際には、インスリン注射器だけでなく、血糖値の測定用の装置(以下、「血糖計」という。)が必要となる。 Therefore, when injecting insulin, not only insulin syringe device for the measurement of blood glucose level (hereinafter, referred to as "blood glucose meter".) Is required. 患者は、外出中でもインスリンを注射する必要があり、これらのインスリン注射器や血糖計の携帯性を向上させることが望まれている。 Patients must inject insulin on the go, it has been desired to improve the portability of these insulin syringes and blood glucose meter. また、血糖値の測定からインスリンの注射までの一連の操作は、血糖計で血糖値を測定した後、インスリン注射器に持ち替えて注射を行う必要があり煩雑である。 The series of operations from the measurement of blood glucose level until injection of insulin after measuring the blood glucose level in the blood glucose meter, it is necessary to perform the injection dimensional worlds insulin syringe is complicated. そこで、これらの一連の操作を容易にすることが、特に高齢者や、糖尿病の合併症で手指機能の低下した患者にとって望まれていた。 Therefore, to facilitate these series of operations, in particular and the elderly, it has been desired for reduced patient's finger function in complications of diabetes.
【0004】 [0004]
このような要求を満たす従来のインスリン注射器として、血糖計が装着されたインスリン注射器がある(たとえば、特許文献1および2参照。)。 Conventional insulin syringes satisfying such requirements, there is an insulin syringe blood glucose meter is mounted (e.g., see Patent Documents 1 and 2.).
【0005】 [0005]
このインスリン注射器は、血糖計が一体化されて形成されたものであり、患者の使い勝手を向上させたものである。 The insulin syringe is for blood glucose meter is formed integrally, in which to improve the usability of the patient. また、このインスリン注射器は、血糖値の測定結果とインスリンの注射量とを外部に出力することが可能である。 Furthermore, the insulin syringe, it is possible to output the measurement results and injection amount of insulin the blood glucose level to the outside.
【0006】 [0006]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
国際公開WO95/24233号パンフレット【0007】 Pamphlet International Patent Publication WO95 / 24233 [0007]
【特許文献2】 [Patent Document 2]
特表平10−504729号公報【0008】 Japanese Unexamined Patent Publication No. Hei 10-504729 [0008]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、従来のインスリン注射器は、単に血糖計とインスリン注射器とを一体化したに過ぎない。 However, conventional insulin syringes, merely integrating the blood glucose meter and an insulin syringe. このため、患者がインスリンの注射を行なうためには血糖値の測定結果から、対応表などを参照して注射すべきインスリン量を求めなければならない。 Therefore, in order to perform an injection the patient is insulin from the measurement results of the blood glucose level, it must be determined amount of insulin to be injected mainly with reference to the correspondence table. しかし、糖尿病の合併症により視力の低下した患者にとってはこの作業は困難であり、かつ、誤ってインスリン量を求めてしまう危険性を伴うという問題がある。 However, for patients with reduced vision from complications of diabetes This task is difficult, and there is a problem that involves a risk that seeking amount of insulin by mistake.
【0009】 [0009]
また、求めたインスリン量を注射器に設定するのは、視力の弱った患者や手指機能の低下した患者にとっては困難であるという問題もある。 Further, to set the amount of insulin required in the syringe is also a problem that it is difficult for reduced patient weakened patient or fingers function vision.
【0010】 [0010]
このような問題は糖尿病患者に限られず、薬剤の投与を必要とするすべての患者にとって重要な問題である。 Such problems are not limited to diabetic patients, an important issue for all patients in need of administration of the drug.
【0011】 [0011]
そこで、本発明は、上述の課題を解決するためになされたもので、ユーザの健康状態に合わせた投薬量を正確に決定することができる投薬量決定支援装置を提供することを目的とする。 The present invention has been made in order to solve the above problems, and an object thereof is to provide a dosage determination supporting apparatus which can accurately determine the dosage to suit the health condition of the user.
【0012】 [0012]
また、ユーザの健康状態に合わせた投与量の薬剤を正確に注射することができる注射器を提供することも目的とする。 Another object is to provide a syringe which can be accurately injected dose of the drug to suit the health condition of the user.
【0013】 [0013]
さらに、ユーザの健康状態に合わせた投薬量を正確に決定することができる健康管理支援システムを提供することも目的とする。 Furthermore, also an object to provide a health management support system capable of accurately determining the dosage to suit the health condition of the user.
【0014】 [0014]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明のある局面に係る投薬量決定支援装置は、薬剤の投与量の決定を支援する投薬量決定支援装置であって、ユーザの体内または対表面から得られる生体情報を測定する測定部と、前記生体情報に基づいて投薬量を演算する投薬量演算部と、前記投薬量演算部で演算された前記投薬量を前記ユーザに通知する通知部とを備えることを特徴とする。 Dosage determination supporting apparatus according to an aspect of the present invention is a dosage determination supporting apparatus for supporting the determination of the dosage of the drug, a measurement unit for measuring biological information obtained from the body or to-surface of the user, characterized in that it comprises a dosage calculator for calculating the dosages, and a notification section that the dosage amount calculated by the dosage calculating unit notifying the user based on the biological information.
【0015】 [0015]
この構成によると、測定部において生体情報が測定され、生体情報に基づいて投薬量が演算され、ユーザに通知される。 According to this configuration, biometric information is measured in the measuring unit, the dosage is calculated on the basis of the biometric information, the user is notified. このため、生体情報からユーザの健康状態が把握され、それに合わせた投薬量が正確に決定される。 Thus, grasped from the biometric information is the health condition of the user, dosages accordingly can be accurately determined. ここで、生体情報とは、例えば、血液や唾液等の試料特性(血糖値、コレステロール値等)のことである。 Here, the biological information, for example, is that of the sample properties such as blood and saliva (blood sugar, cholesterol, etc.).
【0016】 [0016]
好ましくは、前記投薬量演算部は、前記生体情報と投薬量との対応関係を記憶させるための対応メモリと、前記対応関係を参照し、前記生体情報に対応する前記投薬量を演算する演算部とを有することを特徴とする。 Preferably, the dosage calculation unit includes a corresponding memory for storing the correspondence between the biometric information and the dosage, the reference to the correspondence, calculator for calculating the dosage corresponding to the biological information characterized in that it has and.
【0017】 [0017]
さらに好ましくは、投薬量決定支援装置は、さらに、ネットワークを介して外部端末に接続され、外部端末との通信を制御する通信制御部と、前記通信制御部を介して外部入力を受付け、前記外部入力に基づいて前記対応メモリに記憶されている前記対応関係の内容を書換える対応関係書換え部を備えていてもよい。 More preferably, the dosage determination supporting apparatus further connected to the external terminal via a network, reception and a communication controller for controlling communication with an external terminal, an external input through the communication control unit, the external based on the input may include a correspondence rewriting unit to rewrite the contents of the correspondence stored in the correspondence memory.
【0018】 [0018]
この構成によると、外部から対応関係が書換え可能である。 According to this configuration, the correspondence from the outside is rewritable. このため、ユーザは、体調に合わせた最適な投薬量を常に決定することができる。 Therefore, the user can always determine the optimal dosages tailored to the physical condition.
【0019】 [0019]
さらに好ましくは、投薬量決定支援装置は、さらに、前記外部入力の入力者の認証を行なう外部入力認証部を備え、前記対応関係書換え部では、前記入力者が許可された者である場合に限り、前記外部入力に基づいて前記対応メモリに記憶されている前記対応関係の内容を書換えるようにしてもよい。 More preferably, the dosage determination supporting apparatus further includes an external input authentication unit for authenticating person entering the external input, wherein in the correspondence rewriting unit, only when a person who the input person is permitted , may be rewriting the contents of the correspondence stored in the correspondence memory on the basis of the external input.
【0020】 [0020]
この構成によると、医師等の予め許可されたもの以外が対応関係を書き換えられない。 According to this configuration, other than those permitted in advance, such as a doctor not rewritten correspondence. このため、ユーザは、安心して投薬量決定支援装置を使用することができる。 Therefore, the user can use the dosage determination supporting apparatus with confidence.
【0021】 [0021]
好ましくは、投薬量決定支援装置は、さらに、前記投薬量を記憶させるための投薬量メモリと、演算された前記投薬量を演算時刻とともに前記投薬量メモリに格納する投薬量格納部と、前記生体情報を記憶させるための生体情報メモリと、前記測定部で測定された前記生体情報を測定時刻とともに前記生体情報メモリに格納する生体情報格納部とを備えていてもよい。 Preferably, the dosage determination supporting apparatus, further wherein the dosage memory for storing the dosage, and dosage storage unit for storing the dosage memory with the calculated the dosage calculation time, the biological a biological information memory for storing the information may comprise a biological information storage unit for storing the biometric information memory with the biometric information measured by the measurement unit measurement time.
【0022】 [0022]
この構成によると、投薬量や生体情報が演算時刻や測定時刻とともに記憶される。 According to this configuration, the dosage or the biometric information is stored together with the operation time and measurement time. このため、それらの情報を健康管理に役立てることができる。 For this reason, it is possible to help the information to the health management.
【0023】 [0023]
さらに好ましくは、投薬量決定支援装置は、さらに、ユーザの体調を計測する体調計測部と、前記ユーザの体調を記憶させるための体調メモリと、前記ユーザの体調を計測時刻とともに前記体調メモリに格納する体調格納部とを備えていてもよい。 More preferably stored, the dosage determination supporting apparatus further comprises a physical condition measuring section for measuring the physical condition of the user, and physical condition memory for storing the physical condition of the user, the physical condition memory with measurement time physical condition of the user it may comprise a physical condition storage unit for.
【0024】 [0024]
この構成によると、ユーザの体調をメモリに記憶することができる。 According to this configuration, it is possible to store the physical condition of the user in the memory. このため、それらの情報を健康管理に役立てることができる。 For this reason, it is possible to help the information to the health management. ここで、ユーザの体調とは、例えば、血圧、脈拍、体温などが考えられる。 Here, the physical condition of the user, for example, blood pressure, pulse, temperature and the like are contemplated. 特に、糖尿病患者の場合には、合併症として動脈硬化を引き起こす場合があるため、血圧を測定することは重要である。 Particularly, in the case of diabetic patients, because they may cause arteriosclerosis as a complication, it is important to measure the blood pressure.
【0025】 [0025]
本発明の他の局面に係る注射器は、投薬量を自動的に設定可能な注射器であって、ユーザの体内または体表面から得られる生体情報を測定する測定部と、前記生体情報に基づいて投薬量を演算する投薬量演算部と、前記投薬量演算部で演算された前記投薬量の薬剤を注射する注射部とを備えることを特徴とする。 Syringe according to another aspect of the present invention is a automatically configurable syringe dosage, a measuring unit for measuring biological information obtained from the body or body surface of the user, based on the biological information medication characterized in that it comprises a dosage calculator for calculating the amount, and the injection unit for injecting said dosage of drug is calculated by the dosage calculation unit.
【0026】 [0026]
この構成によると、測定部において生体情報が測定され、生体情報に基づいて投薬量が演算され、その投薬量の薬剤がユーザに注射される。 According to this configuration, biometric information is measured in the measuring unit, the dosage on the basis of the biometric information is calculated, the agent of the dosage is injected into the user. このため、生体情報からユーザの健康状態が把握され、それに合わせた投薬量が正確に注射される。 Thus, grasped from the biometric information is the health condition of the user, dosages accordingly is accurately injected. 特に、この注射器は、投薬量を決定する機能と、薬剤の注射機能を兼ね備えている。 In particular, the syringe has both a function of determining the dosage, the drug injection function. このため、ユーザは投薬量決定支援装置と注射器とを別々に携行する必要がなく、注射器の携帯性が向上する。 Therefore, the user does not need to carry the syringes and dosage determination supporting apparatus separately to improve the portability of the syringe.
【0027】 [0027]
本発明のさらに他の局面に係る健康管理支援システムは、ユーザの健康管理を支援する健康管理支援システムであって、ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と薬剤の投与量との対応関係を参照し、前記ユーザへの投薬量の決定を支援する投薬量決定支援装置と、ネットワークを介して前記投薬量決定支援装置に接続され、前記投薬量決定支援装置に前記対応関係を送信するサーバ装置とを備え、前記投薬量決定支援装置は、前記ユーザの前記生体情報を測定する測定部と、前記対応関係を記憶させるための対応メモリと、前記対応関係を参照し、前記生体情報に対応する前記投薬量を演算する演算部と、前記演算部で演算された前記投薬量を前記ユーザに通知する通知部と、前記サーバ装置から受信した前記対応関係で前記対応 Health management support system according to still another aspect of the present invention is a health management support system for supporting health management of the user, the correspondence relationship between the dose of the biological information and drug obtained from the body or body surface of the user reference, and transmits the dosage determination supporting apparatus for supporting the determination of the dosage to the user, is connected to the dosage determination supporting apparatus via a network, the corresponding relationship to the dosage determination supporting apparatus server and a device, wherein the dosage determination supporting apparatus includes a measuring unit for measuring the biological information of the user, the corresponding memory for storing the correspondence relationship, referring to the correspondence relation, corresponding to the biometric information a calculator for calculating the dosage of, a notification unit that notifies the dosage amount calculated by the calculation section to the user, the correspondence in the correspondence received from the server device モリに記憶されている前記対応関係を書換える対応関係書換え部とを有することを特徴とする。 And having a correspondence rewriting unit to rewrite the correspondence stored in the memory.
【0028】 [0028]
この構成によると、投薬量決定支援装置の測定部において生体情報が測定され、生体情報と投薬量との対応関係に基づいて、投薬量が演算され、ユーザに通知される。 According to this configuration, biometric information is measured in the measurement unit of the dosage determination supporting apparatus, based on the correspondence between the biometric information and the dosage, the dosage is calculated, the user is notified. このため、生体情報からユーザの健康状態が把握され、それに合わせた投薬量が正確に決定される。 Thus, grasped from the biometric information is the health condition of the user, dosages accordingly can be accurately determined. また、最新の対応関係がサーバ装置より送信されるため、投薬量決定支援装置は、ユーザに最適な投薬量を決定することができる。 Further, since the latest correspondence is transmitted from the server apparatus, the dosage determination supporting apparatus can determine the optimal dosages to the user.
【0029】 [0029]
本発明のさらに他の局面に係るサーバ装置は、ユーザへの薬剤の投与量の決定を支援する投薬量決定支援装置とネットワークを介して接続され、前記投薬量決定支援装置との間で各種データの授受を行なうサーバ装置であって、ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と投薬量との対応関係を記憶させるための対応メモリと、前記投薬量決定支援装置より前記生体情報を受信する手段と、前記対応メモリを参照し、受信された前記生体情報に対応する前記投薬量を演算する演算部と、前記演算部で演算された前記投薬量を前記投薬量決定支援装置に送信する手段とを備えることを特徴とする。 Server device according to still another aspect of the present invention is connected via a dosage determination supporting device and the network to support decisions on dosage of the drug to the user, various data to and from the dosage determination supporting apparatus a server apparatus for exchanging, receives a corresponding memory for storing the correspondence between the biometric information obtained from the body or the body surface of the user and the dosage, the biological information from the dosage determination supporting apparatus means and the reference to the corresponding memory, an arithmetic unit for calculating the dosage corresponding to the received the biometric information, means for transmitting the dosage amount calculated by the calculation unit to the dosage determination supporting apparatus characterized in that it comprises and.
【0030】 [0030]
この構成によると、投薬量決定支援装置が投薬量を演算できなくとも、サーバ装置を用いることにより、生体情報と投薬量との対応関係に基づいて、投薬量が演算され、投薬量決定支援装置に送信される。 According to this configuration, the dosage determination supporting apparatus without possible operational dosage, by using the server apparatus, based on the correspondence between the biometric information and the dosage, the dosage is calculated, dosage determination supporting apparatus It is sent to. このため、生体情報からユーザの健康状態が把握され、それに合わせた投薬量が正確に決定される。 Thus, grasped from the biometric information is the health condition of the user, dosages accordingly can be accurately determined.
【0031】 [0031]
本発明のさらに他の局面に係るサーバ装置は、ユーザへの薬剤の投与量の決定を支援する投薬量決定支援装置とネットワークを介して接続され、前記投薬量決定支援装置との間で各種データの授受を行なうサーバ装置であって、ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と投薬量との対応関係を記憶させるための対応メモリと、前記投薬量決定支援装置より前記生体情報および前記投薬量を受信する手段と、前記対応メモリを参照し、受信された前記生体情報に対応する前記投薬量が認証可能か否かを判断する判断部と、前記判断部での判断結果を前記投薬量決定支援装置に送信する手段とを備えることを特徴とする。 Server device according to still another aspect of the present invention is connected via a dosage determination supporting device and the network to support decisions on dosage of the drug to the user, various data to and from the dosage determination supporting apparatus a server apparatus for exchanging, the corresponding memory for storing the correspondence between the biometric information obtained from the body or body surface of the user dosage, the biological information and the dosage than the dosage determination supporting apparatus means for receiving the amount, the reference to the corresponding memory, a determination unit that the dosage corresponding to the received the biometric information to determine whether it is possible to authenticate, the dosage determination result in the determination unit characterized in that it comprises means for transmitting to the decision support system.
【0032】 [0032]
この構成によると、投薬量決定支援装置のユーザが補正などにより投薬量を変更した場合であっても、その投薬量が妥当か否かをサーバ装置に問い合わせることができる。 According to this configuration, even if the user of the dosage determination supporting apparatus changes the dosage due correction may query whether the dosage is appropriate or the server device. このため、誤った量の薬剤が投与されるのを防止することができる。 Therefore, it is possible to incorrect amount of drug is prevented from being administered.
【0033】 [0033]
本発明のさらに他の局面に係る履歴データの通信方法は、ユーザの使用する端末装置と前記端末装置に接続される健康管理者の使用するサーバ装置とを備える健康管理支援システムにおける公開鍵暗号方式を用いた履歴データの通信方法であって、前記端末装置が、ユーザの健康状態に関する履歴データにユーザの秘密鍵を用いて署名を施すステップと、前記端末装置が、前記署名の施された前記履歴データを前記サーバ装置に送信するステップと、前記サーバ装置が、前記署名の施された前記履歴データを受信するステップと、前記サーバ装置が、登録されたユーザの公開鍵を用いて前記履歴データの署名を検証するステップとを含むことを特徴とする。 Moreover, the method of communication history data according to another aspect, the public key encryption method in the health care support system comprising a server device for use in the health care worker to be connected to the terminal device and the terminal device used by the user of the present invention a method of communication history data using the terminal device, the steps of applying a signature using the private key of the user to historical data on the health condition of the user, the terminal device has been subjected to the signature the transmitting the history data to the server apparatus, the server apparatus, receiving the historical data having undergone the signing, the server device, the history data using the public key of the user registered characterized in that it comprises a step of verifying the signature.
【0034】 [0034]
この構成によると、履歴データに公開鍵暗号方式を用いた署名が施されている。 According to this configuration, the signature using a public key encryption scheme in the history data has been subjected to. このため、健康管理者は、どのユーザの使用する端末装置から履歴データを受取ったのかを確実に知ることができ、履歴データの信頼性を高めることができる。 Therefore, health administrators, whether received historical data from a terminal device used in which the user can know reliably, it is possible to increase the reliability of historical data. ここで、健康管理者とは、例えば、医師、歯科医師、薬剤師、看護士、保健士、栄養士等である。 Here, the health administrator, for example, doctor, dentist, pharmacist, nurse, Hokenshi, a nutritionist and the like.
【0035】 [0035]
本発明のさらに他の局面に係る対応関係の通信方法は、ユーザの使用する投薬量決定支援装置と前記投薬量決定支援装置に接続される健康管理者の使用するサーバ装置とを備える健康管理支援システムにおける公開鍵暗号方式を用いた対応関係の通信方法であって、前記対応関係は、ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と投薬量との対応を示し、前記投薬量決定支援装置では、前記対応関係を参照し、前記生体情報から前記投薬量を求め、前記サーバ装置が、前記対応関係に前記健康管理者の秘密鍵を用いて署名を施すステップと、前記サーバ装置が、前記署名の施された前記対応関係を前記投薬量決定支援装置に送信するステップと、前記投薬量決定支援装置が、前記署名の施された前記対応関係を受信するステップと、前記 Furthermore, the communication method of correspondence according to another aspect of the present invention, the health management support and a server device for use in the health care worker to be connected to the dosage determination supporting apparatus used by the user to the dosage determination supporting apparatus a communication method of correspondence using a public key cryptosystem in the system, the correspondence relation, shows the correspondence between the biological information obtained from the body or the body surface of the user and the dosage in the dosage determination supporting apparatus refers to the correspondence relation, obtains the dosage from the biometric information, the server apparatus includes the steps of applying a signature using the private key of the healthcare provider on the correspondence relationship, wherein the server device, the signature transmitting said correspondence decorated with a said dosage determination supporting apparatus, wherein the dosage determination supporting apparatus, and receiving the unsigned decorated with the correspondence relationship, the 薬量決定支援装置が、登録された前記健康管理者の公開鍵を用いて前記対応関係の署名を検証するステップとを含むことを特徴とする。 Dose determination assisting device is characterized in that it comprises the step of verifying the signature of the correspondence relation with the public key of the health administrator listed.
【0036】 [0036]
この構成によると、対応関係に公開鍵暗号方式を用いた署名が施されている。 According to this structure, signature using a public key encryption scheme on a corresponding relationship is applied. このため、ユーザは、どの健康管理者の私用するサーバ装置から対応関係を受取ったのかを確実に知ることができ、当該対応関係の信頼性を高めることができる。 Therefore, the user, which health administrators private can know for sure whether the server device had received correspondence, it is possible to improve the reliability of the correspondence.
【0037】 [0037]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
(実施の形態1) (Embodiment 1)
以下、図面を参照しながら本発明の実施の形態1に係る投薬量決定支援装置について説明する。 The following describes dosage determination supporting apparatus according to the first embodiment of the present invention with reference to the drawings. なお、以下に説明する本発明の各実施の形態において、同様の機能を有する構成要素については適宜同一の参照符号を付す。 In each of the embodiments of the present invention described below, components having similar functions are denoted by the appropriate same reference numerals. このため、その詳細な説明は適宜省略する。 Therefore, a detailed description thereof is omitted.
【0038】 [0038]
図1は、本発明の実施の形態1に係る投薬量決定支援装置の外観図である。 Figure 1 is an external view of the dosage determination supporting apparatus according to the first embodiment of the present invention. 投薬量決定支援装置20は、本体部22と、センサケース24とを備える。 Dosage determination supporting apparatus 20 includes a main body portion 22, and a sensor case 24.
【0039】 [0039]
本体部22は、センサ28と、センサ装着部26と、表示部34と、データ入力部36と、入出力端子38と、スピーカ32と、時計機能(図示せず)とを含む。 Body portion 22 includes a sensor 28, a sensor mounting portion 26, a display unit 34, a data input unit 36, an input-output terminal 38, a speaker 32, and a clock function (not shown).
【0040】 [0040]
センサ装着部26は、本体部22の下部に位置し、センサ28が装着可能である。 Sensor mounting portion 26 is located at the lower part of the main body portion 22, the sensor 28 can be mounted. センサ28は、先端部に位置し、試料液(例えば、血液)が点着される点着部30と、試料液中のグルコースに反応する酵素(例えば、グルコースオキシターゼ等)を含む試薬層(図示せず)と、一対の電極(図示せず)とを含む。 Sensor 28 is located at the tip, the sample liquid (e.g., blood) and application section 30 that is spotted, an enzyme that reacts to glucose in the sample solution (e.g., glucose oxidase, or the like) reagent layer containing (Fig. and Shimese not), and a pair of electrodes (not shown). 試薬層は、好ましくは電子伝達体(例えば、フェリシアン化カリウム等)をさらに含む。 Reagent layer preferably further comprises an electron mediator (e.g., potassium ferricyanide, etc.).
【0041】 [0041]
センサケース24はセンサ装着部26との嵌合部を有し、携帯時等にはセンサ装着部26に装着されることにより、ホコリ等が本体部22に進入するのを防止する。 Sensor case 24 has a fitting portion between the sensor mounting portion 26, by being mounted in the sensor mounting portion 26 in the mobile or the like, dust or the like is prevented from entering the main body portion 22. また、センサ28を装着した状態でセンサケース24を装着して携帯すれば、外出中等に血糖値測定の準備を手早く行なうことができる。 Further, if the mobile by mounting the sensor case 24 while wearing the sensor 28 can be performed quickly prepare for blood glucose measurements go secondary. この場合、センサケース24に吸湿剤を含めて、センサ28の吸湿を防止してもよい。 In this case, the sensor case 24, including the desiccant, may be prevented from absorbing moisture sensor 28.
【0042】 [0042]
表示部34には、測定した血糖値や、投与すべきインスリン量などの情報が表示される。 The display unit 34, and blood sugar value measured, information such as the amount of insulin to be administered be displayed. これらの情報は、視力の低下した患者のためスピーカ32を通じ音声によっても通知される。 These pieces of information are notified by voice through a speaker 32 for patients reduced vision.
【0043】 [0043]
データ入力部36は、本体部22に情報を入力するために用いられる。 Data input unit 36 ​​is used to input information to the main body 22.
【0044】 [0044]
入出力端子38は、データを外部と入出力するために設けられている。 Output terminal 38 is provided for inputting and outputting data with the outside.
【0045】 [0045]
図2は、投薬量決定支援装置20の本体部22のハードウェア構成を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing a hardware configuration of the body portion 22 of the dosage determination supporting apparatus 20. 本体部22は、電圧印加部42と、電流/電圧変換部44と、A/D(Analog to Digital)部46と、メモリ48と、CPU(Central Processing Unit)50と、音声処理部52と、データ入力部36と、表示部34とを含む。 Body portion 22 includes a voltage applying unit 42, a current / voltage converter 44, an A / D (Analog to Digital) unit 46, a memory 48, a CPU (Central Processing Unit) 50, an audio processor 52, a data input section 36, and a display unit 34.
【0046】 [0046]
電圧印加部42は、センサ28に電圧を印加し、センサ28の駆動電源としての役割を果たす。 Voltage applying unit 42 applies a voltage to the sensor 28 serves as a driving power source of the sensor 28.
【0047】 [0047]
電流/電圧変換部44は、センサ28の電極から出力される電流を電圧に変換して出力する。 Current / voltage converter 44 converts the current output from the electrodes of the sensor 28 into a voltage.
【0048】 [0048]
A/D変換部46は、電流/電圧変換部44から出力される電圧値をパルスに変換する。 A / D converter 46 converts the voltage value outputted from the current / voltage converter 44 into a pulse.
【0049】 [0049]
CPU50は、A/D変換部46より出力されるパルス値から血糖値を算出する演算処理等を行なう。 CPU50 performs an arithmetic processing for calculating the blood sugar level from the pulse value output from the A / D converter 46.
【0050】 [0050]
メモリ48は、電流/電圧変換部44より出力されるパルス値と血糖値との対応を示す測定テーブルを記憶する測定テーブル格納エリア48aと、血糖値とインスリン量との対応を示す演算テーブルを記憶する演算テーブル格納エリア48bと、測定した血糖値、算出したインスリンの量および日時等の履歴データを記憶する履歴データ格納エリア48cとを含む。 Memory 48, stores a measurement table storage area 48a for storing the measurement table showing the correspondence between the pulse value and the blood sugar level outputted from the current / voltage converting unit 44, an operation table showing the correspondence between blood glucose and insulin levels to include an operation table storage area 48b, the measured blood glucose level, and a history data storage area 48c for storing history data of the amount and date and time of the calculated insulin.
【0051】 [0051]
音声処理部52は、CPU50からの指示を受けて音声処理を行ない、スピーカ32を通じて音声を出力する。 Audio processing unit 52 performs sound processing in response to an instruction from the CPU 50, and outputs the sound through the speaker 32.
【0052】 [0052]
本体部22は、入出力端子38を介して外部のPC(Personal Computer)58と接続される。 The main body portion 22 is connected to an external PC (Personal Computer) 58 through the input-output terminal 38.
【0053】 [0053]
以下、図3および図4を用いて、ユーザおよび投薬量決定支援装置20の動作について説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 3 and 4, the operation of the user and dosage determination supporting apparatus 20. なお、以下、試料液としては、人体の体液とりわけ血液を用いた測定について説明するが、体液としては細胞間質液等を用いてもよい。 Hereinafter, as the sample solution will be described measurement using the body fluid especially blood, the fluid may be used cellular interstitial fluid, or the like.
【0054】 [0054]
ユーザは、血糖値測定に先だって、演算テーブルをメモリ48の演算テーブル格納エリア48bに記憶させる。 The user, prior to blood glucose measurement, and stores the operation table in the calculation table storage area 48b of the memory 48. 演算テーブルを記憶させる方法としては、データ入力部36から演算テーブルのデータを入力する方法と、入出力端子38にPC58を接続し、PC58から演算テーブルのデータを入力する方法とがある。 As a method of storing the operation table, connect a method of inputting data of the operation table from the data input unit 36, the PC 58 to the input-output terminal 38, and a method of inputting the data of the operation table from the PC 58. なお、演算テーブルは、患者の個人差、注射時刻、インスリンの種類等種々の条件に応じて医師の指導のもと作成される。 The calculation table, individual differences in patients, injection time, is based on the creation of a physician guidance according to the type variety of conditions of insulin.
【0055】 [0055]
図3は、演算テーブル格納エリア48bに記憶されている血糖値に対応したインスリン量を示す演算テーブルの一例を示す図である。 Figure 3 is a diagram showing an example of the operation table showing the amount of insulin corresponding to blood glucose levels stored in the operation table storage area 48b. 図3において、血糖値(mg/dl)に対応するインスリン量(単位)は速攻型インスリンを用いた場合の単位を示している。 3, the amount of insulin corresponding to blood glucose level (mg / dl) (units) shows the unit in the case of using haste insulin. ここで、「単位」とは、インスリンの生物学的活性の強さを示しており、国際標準品に準じて重量に換算した場合、1単位は0.0353mgとなる。 Here, the "unit" indicates the intensity of the biological activity of insulin, when converted into the weight according to the international standard, one unit becomes 0.0353Mg.
【0056】 [0056]
図3(a)は、血糖値の測定時刻をtとした場合、5時≦t<10時の演算テーブルT1(朝食前のインスリン注射を想定したもの)を示している。 3 (a) is, when the measurement time of the blood glucose level is t, shows a 5:00 ≦ t <o'clock 10 operation table T1 (assumes a breakfast prior to insulin injection). 図3(b)は、10時≦t<21時の演算テーブルT2(昼食前および夕食前のインスリン注射を想定したもの)を示している。 FIG. 3 (b) shows the 10 o'clock ≦ t <o'clock 21 operation table T2 (assumes a before lunch and before dinner insulin injection). 図3(c)は、21時≦t<5時の演算テーブルT3(夜間の間食前のインスリン注射を想定したもの)を示している。 FIG. 3 (c) shows the 21 o'clock ≦ t <5 o'clock calculation table T3 (assumes a nighttime snack before insulin injection). 例えば、演算テーブルT1において、血糖値が101〜150(mg/dl)であるとき、インスリン量は7(単位)となる。 For example, in the operation table T1, when the blood glucose level is 101 to 150 (mg / dl), insulin amount is 7 (units).
【0057】 [0057]
図4は、投薬量決定支援装置20の処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart showing a process flow of dosage determination supporting apparatus 20. ユーザは、血糖値測定の準備として、センサケース24を取り外し、センサ装着部26にセンサ28を装着する。 The user, in preparation for blood glucose measurement, remove the sensor case 24, mounting the sensor 28 to the sensor mounting portion 26.
【0058】 [0058]
ユーザが投薬量決定支援装置20の電源スイッチ(図示せず)をONにすることで、投薬量決定支援装置20の処理が開始される。 By user turns ON the power switch of the dosage determination supporting apparatus 20 (not shown), the processing of the dosage determination supporting apparatus 20 is started. なお、センサ28がセンサ装着部26に挿入されると自動的に投薬量決定支援装置20の電源スイッチが入るようにしてもよい。 The sensor 28 may be power switch automatically dosage determination supporting apparatus 20 is inserted into the sensor mounting portion 26 enters.
【0059】 [0059]
CPU50は、センサ装着部26にセンサ28が確実に装着されているか否かを判別する(S2)。 CPU50 determines whether the sensor 28 in the sensor mounting portion 26 is securely mounted (S2). 具体的には、CPU50は、センサ28が装着されると導通するスイッチ(図示せず)の導通を検出し、センサ28が確実に装着されているか否かを判別する。 Specifically, CPU 50 detects the conduction of the switch to be electrically connected to the sensor 28 is mounted (not shown), and determines whether the sensor 28 is securely mounted.
【0060】 [0060]
一定期間内に、センサ28の導通が確認できなければ(S2でNO)、センサ28が挿入されていないと認識され、センサ挿入通知が行われる(S4)。 Within a certain period of time, to be able continuity check of the sensor 28 (S2 in NO), is recognized as the sensor 28 is not inserted, the sensor insertion notification is performed (S4). 具体的には、表示部34に、センサ28を挿入するよう喚起する表示が行なわれる。 Specifically, the display unit 34, arouse display to insert the sensor 28 is performed. また、音声処理部52で音声処理が施された警告音またはメッセージがスピーカ32を通じて発声される。 Also, a warning sound or voice message processing has been performed by the audio processing unit 52 is uttered through the speaker 32. 特に、糖尿病の合併症で視力の弱ったユーザにとっては音声による通知が好ましい。 Particularly, preferred notification sound for a user who weakened vision complications of diabetes. したがって、本明細書中で「通知」という場合には、画面表示による通知または発声による通知を指すものとする。 Thus, reference to "notification" herein is intended to refer to a notification by the notification or vocalization by the screen display. ユーザが、センサ28を挿入すれば、再びS2から処理が開始される。 User, by inserting the sensor 28, processing is started again from S2.
【0061】 [0061]
一定期間内に、センサ28の導通が確認されると(S2でYES)、CPU50は、ユーザが血液をセンサ28の点着部30に点着するように通知を行なう(S6)。 Within a certain period of time, the conduction of the sensor 28 is confirmed (YES in S2), CPU 50 has the user performs a notification to wear the spotted portion 30 two points of blood sensor 28 (S6). この通知に基づいて、ユーザは、自己の人体から試料液として血液を採取し、この採取した血液をセンサ28の点着部30に点着することとなる。 Based on this notification, the user may be prepared by collecting blood as a sample fluid from the body of the self, and be dressed the spotted portion 30 two points of the collected blood sensor 28.
【0062】 [0062]
次に、CPU50は、点着された血液が、血糖値を測定するために十分な量であるか否かを判別する(S8)。 Then, CPU 50 is spotted blood is, it is determined whether or not an amount sufficient to measure the blood glucose level (S8). 具体的には、センサ28の電極間に、予め電圧印加部42から電圧を印加する。 More specifically, between the electrodes of the sensor 28 applies a voltage from the pre-voltage applying unit 42. CPU50は、電流/電圧変換部44を介してA/D変換部46から出力されるパルス値の変化を検出することで血液の点着を検知し、かつその後一定期間経過後のパルス値の変動から血液が十分点着されたか否かを判別する。 CPU50 detects the spotting of blood by detecting a change in the pulse value output from the A / D converter 46 via a current / voltage converter 44, and subsequent changes pulse value after a certain period of time to determine whether blood has been deposited fully from point.
【0063】 [0063]
血液の量が閾値(測定に十分な量)以下である場合には(S8でNO)、試料液の量が不足していると認識され、試料液不足エラー通知が行なわれ(S18)、測定処理が終了する。 When the amount of blood is (sufficient for measurement) below the threshold it is recognized that insufficient amounts of (NO in S8), the sample liquid, the sample liquid shortage error notification is performed (S18), measuring process is completed. これにより、投薬量決定支援装置20による血糖値の誤測定を防止することができる。 Thus, it is possible to prevent erroneous measurement of the blood glucose level by dosage determination supporting apparatus 20.
【0064】 [0064]
血液の量が閾値よりも大きい場合には(S8でYES)、CPU50は血糖値を測定する(S10)。 When the amount of the blood is greater than the threshold value (YES at S8), CPU 50 measures the blood glucose level (S10). 具体的には、点着された血液がセンサ28の内部に吸引されると、センサ28の試薬層が溶解する。 Specifically, the spotted blood is sucked into the interior of the sensor 28, the reagent layer of the sensor 28 is dissolved. 試薬層に含まれている酵素と、血液中のグルコースとの間で酵素反応が進行し、同時に還元型の電子伝達体(例えばフェロシアン化イオン)が生じる。 And enzymes contained in the reagent layer, the enzyme reaction proceeds between the glucose in the blood, reduced electron carrier (e.g. ferrocyanide ions) is produced at the same time. CPU50は、センサ28の電極間に電圧印加部42から電圧を印加する。 CPU50 applies the voltage from the voltage applying unit 42 between the electrodes of the sensor 28. このとき、センサ28の電極間には、還元型の電子伝達体、つまり血液中のグルコース量に応じた電流が流れる。 At this time, between the electrodes of the sensor 28, the electron mediator reduced form, a current that is in accordance with the amount of glucose in the blood flow. 電流/電圧変換部44は、電極間に流れる電流を電圧に変換し、出力する。 Current / voltage converter 44 converts the current flowing between the electrodes into voltage outputs. A/D変換部46は、電流/電圧変換部44より出力される電圧をパルスに変換し、CPU50に入力する。 A / D converter 46 converts the voltage outputted from the current / voltage converter 44 into a pulse is input to the CPU 50. CPU50は、メモリ48の測定テーブル格納エリア48aに記憶されている電流/電圧変換部44より出力されるパルス値と血糖値との対応を示す測定テーブルを参照し、血糖値を算出する。 CPU50 refers to the measurement table showing the correspondence between the pulse value and the blood sugar level outputted from the current / voltage converter 44 which is stored in the measurement table storage area 48a of the memory 48, and calculates the blood sugar level.
【0065】 [0065]
血糖値測定終了後、CPU50は、投与すべきインスリン量の演算を行なう(S12)。 After the blood glucose measurement completion, CPU 50 performs a calculation of the amount of insulin to be administered (S12). 具体的には、CPU50が、メモリ48の演算テーブル格納エリア48bに記憶されている演算テーブルを参照し、測定した血糖値の値からインスリン量を算出する。 Specifically, CPU 50 refers to the operation table stored in the operation table storage area 48b of the memory 48, calculates the amount of insulin from the value of measured blood glucose level. 一例として、演算テーブル格納エリア48bに記憶されている演算テーブルが、図3に示される演算テーブルT1〜T3である場合について説明する。 As an example, the operation table stored in the operation table storage area 48b is, the case is an operation table T1~T3 shown in FIG. CPU50は、本体部22に備えられた時計機能より血糖値の測定時刻を検出し、測定時刻に応じて、演算テーブルT1〜T3のうちのいずれかを選択する。 CPU50 detects the measurement time of the blood glucose level from the clock function provided in the main body portion 22, in accordance with the measurement time, selects one of calculation tables T1 to T3. CPU50は、選択した演算テーブルを参照することにより、測定した血糖値に対応するインスリン量を算出する。 CPU50 refers to the operation table selected, it calculates the amount of insulin corresponding to the measured blood glucose level. これにより、ユーザは、自身でインスリン量を計算する手間を省くことができ、血糖値測定からインスリン注射までの時間を短縮化することができる。 Thus, the user can avoid having to calculate the amount of insulin by itself, it is possible to shorten the time from the blood glucose measurement to insulin injection. また、正確に注射すべきインスリン量を算出することができる。 Further, it is possible to calculate the amount of insulin to be accurately injected.
【0066】 [0066]
CPU50は、測定した血糖値および算出したインスリン量をユーザに通知する(S14)。 CPU50 notifies the measured blood glucose and the calculated amount of insulin to the user (S14). また、CPU50は、メモリ48の履歴データ格納エリア48cに、測定した血糖値と、算出したインスリン量と、測定日時とを記憶する(S16)。 Further, CPU 50 is in the history data storage area 48c of the memory 48, and stores the measured blood glucose level, the calculated amount of insulin, a measurement date and time (S16).
【0067】 [0067]
以上説明した処理により、ユーザは、測定した血糖値から注射すべきインスリン量を知ることができる。 By the processing described above, the user can know the amount of insulin to be injected from the measured blood glucose level. このインスリン量をもとに、ユーザはインスリンの注射を行なう。 Based on this amount of insulin, the user performs the injection of insulin.
【0068】 [0068]
また、ユーザは、上述の履歴データ格納エリア48cに格納された履歴データをネットワークを経由して医師のPC58に送信し、医師の適切な処置を受けることができる。 The user, the history data stored in the above-described history data storage area 48c via the network sends the PC58 physician can receive appropriate medical treatment. 履歴データに基づいて、医師は、ユーザが使用する投薬量決定支援装置20のメモリ48の演算テーブル格納エリア48bに格納された演算テーブルを変更することが可能である。 Based on historical data, the physician is able to change the operation table the user is stored in the operation table storage area 48b of the memory 48 of the dosage determination supporting apparatus 20 to be used.
【0069】 [0069]
図5は、ユーザの使用する投薬量決定支援装置20による履歴データ送信処理のフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart of the history data transmission processing by the dosage determination supporting apparatus 20 used by the user. なお、ユーザの使用する投薬量決定支援装置20と医師が使用するPC58との間のデータの送受信には、公開鍵暗号方式の一種であるRSA(Rivest Shamir Adleman)アルゴリズムが用いられるものとする。 Note that the transmission and reception of data between the dosage determination supporting apparatus 20 and the doctor will use PC58 used by the user, it is assumed that is a kind of public key cryptosystem RSA (Rivest Shamir Adleman) algorithm is used. このため、投薬量決定支援装置20のメモリ48には、ユーザの公開鍵および秘密鍵と、医師の公開鍵とが予め記憶されているものとする。 Therefore, the memory 48 of the dosage determination supporting apparatus 20, it is assumed that the public key and private key of the user, and the public key of the physician are previously stored. また、医師が使用するPC58には、患者であるユーザの公開鍵と、医師の公開鍵および秘密鍵とが予め記憶されているものとする。 Further, the PC58 used by the physician, it is assumed that the public key of the user is a patient, and a public key and a private key of the physician are previously stored.
【0070】 [0070]
投薬量決定支援装置20のCPU50は、入出力端子38を介してインターネット等のネットワークへの接続を確立する(S22)。 CPU50 of dosage determination supporting apparatus 20 establishes a connection to a network such as the Internet via the input terminal 38 (S22). CPU50は、履歴データにユーザの秘密鍵による電子署名を施し(S24)、電子署名済みの履歴データを医師のPC58へ送信する(S26)。 CPU50 performs an electronic signature by the secret key of the user in the history data (S24), to send an e-signed in the history data to the PC58 of the doctor (S26). CPU50は、医師のPC58からデータを受信するまで待機する。 CPU50 waits until it receives the data from the PC58 of the physician. 所定時間たってもデータを受信することができない場合には(S28でNO)、処理を終了する。 If even after a predetermined time you can not receive data is terminated (NO in S28), the processing. 所定時間内にデータを受信した場合には(S28でYES)、医師の公開鍵を用いてデータに施された署名の検証を行なう(S30)。 If the data has been received within a predetermined time to verify the signature applied to the data using (YES in S28), the physician public key (S30). 受信したデータが医師から送信されたものでなければ(S32でNO)、処理を終了する。 If the received data is not one that is sent from the doctor (NO in S32), and ends the process. 受信したデータが医師から送信されたものであれば(S32でYES)、CPU50は、そのデータに含まれる演算テーブルを演算テーブル格納エリア48bに上書きし、演算テーブルの更新を行なう(S34)。 As long as the received data is transmitted from the doctor (YES in S32), CPU 50 overwrites the computation table included in the data to the arithmetic table storage area 48b, and updates the operation table (S34).
【0071】 [0071]
図6は、医師が使用するPC58による履歴データ受信処理のフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart of the history data reception processing by PC58 used by physicians. PC58は、図5に示される投薬量決定支援装置20によるネットワーク接続確立処理(S22)に応答して、ネットワークへの接続を確立する(S42)。 PC58 in response to a network connection establishment process (S22) according to dosage determination supporting apparatus 20 shown in FIG. 5, to establish a connection to the network (S42). PC58は、投薬量決定支援装置20より履歴データを受信する(S43)。 PC58 receives historical data from the dosage determination supporting apparatus 20 (S43). PC58には、医師の担当する患者の公開鍵が患者の人数分だけ格納されている。 The PC58, the public key of the patient to the attending physician is stored only the number of people of the patient. このため、PC58は、患者の公開鍵を用いて、履歴データに施された電子署名の検証を行ない、どの患者の履歴データであるのかの確認を行なう(S44)。 For this reason, PC58, using the public key of the patient, carried out the verification of the electronic signature that has been subjected to historical data, is carried out is in any patient history data of one of the confirmation (S44). 履歴データに施されている署名がいずれの患者のものでもないと認識されれば(S46でNO)、処理を終了する。 If it is recognized that the signature which is subjected to history data nor any patient (at S46 NO), the process ends.
【0072】 [0072]
履歴データに施されている署名がいずれかの患者のものであれば(S46でYES)、PC58は、当該患者の履歴データに基づいて演算テーブルを作成しなおす(S48)。 As long as the signature is subjected to history data of any of the patients (YES in S46), PC 58 may recreate the operation table based on historical data of the patient (S48). なお、演算テーブルの作成の際には、医師がデータ作成に関与するようになっている。 Note that when creating the operation table is adapted physicians involved in the creation data. 演算テーブルが作成されると、PC58は、医師の秘密鍵を用いて作成した演算テーブルに電子署名を施し(S50)、演算テーブルを投薬量決定支援装置20へ送信する(S52)。 When the calculation table is created, PC 58 performs a digital signature to the operation table created using the private key of the doctor (S50), and transmits the operation table to dosage determination supporting apparatus 20 (S52).
【0073】 [0073]
以上説明したように、本実施の形態によれば、投薬量決定支援装置20は、測定した血糖値の測定結果から演算テーブル格納エリア48bに記憶されている演算テーブルを参照することにより、ユーザに投与すべきインスリンの量を求めている。 As described above, according to this embodiment, the dosage determination supporting apparatus 20 refers to the operation table from the measured results of the measured blood glucose level is stored in the operation table storage area 48b, a user and determine the amount of insulin to be administered. このため、ユーザは投与すべきインスリンの量を正確に知ることができる。 Therefore, the user can know exactly the amount of insulin to be administered.
【0074】 [0074]
また、医師のPC58に血糖値の測定結果等を含む履歴データが送信され、履歴データに基づいて、再度演算テーブルが作成しなおされる。 Also, the history data including the measurement results of the blood glucose level in PC58 physician is sent, based on historical data, operation table is re-created again. このため、ユーザの健康状態に合わせた投薬量を正確に決定することができる。 Therefore, it is possible to accurately determine the dosage to suit the health condition of the user.
【0075】 [0075]
さらに、投薬量決定支援装置20とPC58との通信の際には、送受信されるデータに公開鍵暗号方式による署名を行ない、データの出所を明確にさせている。 Moreover, when communicating with the dosage determination supporting apparatus 20 and PC58 performs a signature by a public key cryptography data transmitted and received, thereby to clarify the source of the data. このため、ユーザの側から見れば、更新される演算テーブルはユーザの担当医師により作成されたものであることが確実に保証される。 Therefore, when viewed from the side of the user, operation table to be updated is reliably ensured that it was created by the user of the attending physician. このため、安心して投薬量決定支援装置20を使用することができる。 Therefore, it is possible to use a dosage determination supporting apparatus 20 with confidence. また、医師の側から見れば、受信した履歴データは、自身の患者のものであることが確実に保証される。 Further, when viewed from the side of the doctor, the history data received, it is reliably ensured that this is the own patient. このため、ユーザの健康状態に合わせた演算テーブルを間違いなく作成することができる。 Therefore, it is possible to create definitely a calculation table to match the physical condition of the user.
【0076】 [0076]
(実施の形態2) (Embodiment 2)
以下、図面を参照しながら本発明の実施の形態2に係る投薬量決定支援装置について説明する。 The following describes dosage determination supporting apparatus according to the second embodiment of the present invention with reference to the drawings.
【0077】 [0077]
図7は、本発明の実施の形態2に係る投薬量決定支援装置の外観図である。 Figure 7 is an external view of the dosage determination supporting apparatus according to the second embodiment of the present invention. 投薬量決定支援装置60は、腕時計型の投薬量決定支援装置60であり、本体部62と、ベルト68とを備える。 Dosage determination supporting apparatus 60 is a wristwatch-type dosage determination supporting apparatus 60 includes a main body portion 62, and a belt 68.
【0078】 [0078]
本体部62は、センサ28と、表示部34と、データ入力部36と、光センサ64と、脈拍センサ66と、スピーカ(図示せず)と、赤外線通信部(図示せず)と、時計機能(図示せず)とを含む。 Body portion 62 includes a sensor 28, a display unit 34, a data input unit 36, an optical sensor 64, the pulse sensor 66, a speaker (not shown), an infrared communication unit (not shown), clock function and a (not shown).
【0079】 [0079]
センサ28は、本体部62の下部に位置し、使用時のみ本体部62に装着する。 Sensor 28 is positioned in the lower portion of the main body portion 62 is attached to the main body portion 62 only during use.
【0080】 [0080]
光センサ64は、バイオメトリクス認証に用いられる。 Light sensor 64 is used for biometric authentication. バイオメトリクス認証とは、指紋や血管のパターンなどにより個人を特定する認証方法である。 The biometric authentication is an authentication method for identifying an individual due pattern of the fingerprint and the blood vessel. 脈拍センサ66は、脈拍の測定に用いられる。 Pulse sensor 66 is used to measure the pulse rate. なお、脈拍をもとにして血圧を測定することも可能である。 In addition, it is also possible to measure the blood pressure and the pulse rate to the original.
【0081】 [0081]
赤外線通信部は、Bluetoothに代表される近距離無線通信技術により外部のPC58に接続される。 Infrared communication unit is connected to an external PC58 via near field communication technology typified by Bluetooth.
【0082】 [0082]
図8は、投薬量決定支援装置60の本体部62のハードウェア構成を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing a hardware configuration of the body portion 62 of the dosage determination supporting apparatus 60. 本体部62は、図2に示される投薬量決定支援装置20の本体部22において、入出力端子38の代わりに赤外線通信部72を備え、かつ新たに光センサ64および脈拍センサ66を備える。 The main body portion 62, the main body portion 22 of the dosage determination supporting apparatus 20 shown in FIG. 2, an infrared communication unit 72 in place of the input-output terminal 38, and newly provided with a light sensor 64 and pulse sensor 66.
【0083】 [0083]
上述のように投薬量決定支援装置60は、センサ28を使用することにより血糖値を測定することができる。 Dosage determination supporting apparatus 60 as described above, can measure the blood sugar level by using a sensor 28. センサ28による血糖値測定方法は、図4に示される実施の形態1に係る血糖値測定方法と同様である。 Blood sugar level measuring method by the sensor 28 is similar to the blood glucose measuring method according to the first embodiment shown in FIG. なお、脈拍センサ66を用いて測定された脈拍および血圧は、メモリ48の履歴データ格納エリア48cに計測時刻とともに格納される。 Incidentally, the measured pulse rate and blood pressure using a pulse sensor 66 is stored with the measurement time in the history data storage area 48c of the memory 48.
【0084】 [0084]
赤外線通信部72を介した履歴データの送受信処理は、図5および図6に示したものと同様である。 Reception processing of historical data via the infrared communication unit 72 are the same as those shown in FIGS.
【0085】 [0085]
また、データ入力部36から演算テーブルなどのデータを入力することも可能である。 It is also possible to input data, such as operation table from the data input unit 36. この場合には、予めデータを入力する人物の認証を行なう必要がある。 In this case, it is necessary to perform authentication of the person entering the data in advance. このため、医師または患者の指紋の画像データより画像処理により抽出された特徴データが予めメモリ48に記憶されているものとする。 Therefore, it is assumed that feature data extracted by the image processing from the image data of the fingerprint of the physician or the patient is previously stored in the memory 48.
【0086】 [0086]
データ入力部36からデータ入力する際には、まず、ユーザは光センサ64の受光部に指を接触させる。 From the data input unit 36 ​​when the data input, first, the user contacting the finger on the light receiving portion of the optical sensor 64. CPU50は、光センサ64を介して指紋の画像データを読み取り、画像データに対し画像処理を施すことにより特徴データを抽出する。 CPU50 reads the fingerprint image data through the optical sensor 64 extracts the feature data by performing image processing on the image data. CPU50は、抽出された特徴データがメモリ48に登録されている特徴データと一致するか否かを判断する。 CPU50 is extracted feature data to determine whether to match the characteristic data registered in the memory 48. 両特徴データが一致すると判断した場合にのみ、CPU50は、データ入力部36からの入力を受付ける。 Only when it is determined that both feature data match, CPU 50 accepts an input from the data input unit 36.
【0087】 [0087]
以上説明したように、本実施の形態によると、実施の形態1の作用、効果に加え、脈拍や血圧などの履歴情報も医師に送信することができる。 As described above, according to this embodiment, the action of the first embodiment, in addition to the effect, also the history information such as pulse rate and blood pressure can be transmitted to the doctor. このため、医師は、患者の健康状態をより詳細に知ることができ、患者により適合した演算テーブルを提供することができる。 Therefore, the physician is able to know the health condition of the patient More particularly, it is possible to provide a calculation table adapted by the patient. 特に、糖尿病患者は、合併症として動脈硬化を引き起こしやすい。 In particular, diabetics, likely to cause arteriosclerosis as a complication. このため、糖尿病患者の血圧は、健康状態を知る上でも特に重要である。 Therefore, blood pressure of diabetic patients is especially important in understanding the health condition.
【0088】 [0088]
(実施の形態3) (Embodiment 3)
以下、図面を参照しながら本発明の実施の形態3に係る注射器について説明する。 The following describes the injector according to the third embodiment of the present invention with reference to the drawings.
【0089】 [0089]
図9は、本発明の実施の形態3に係る注射器の外観図である。 Figure 9 is an external view of the syringe according to the third embodiment of the present invention. 注射器80は、本体部82と、センサケース24と、注射針ケース86とを備える。 The syringe 80 includes a body portion 82, a sensor case 24, and a needle case 86.
【0090】 [0090]
本体部82は、センサ28と、センサ装着部26と、表示部34と、データ入力部36と、入出力端子38と、スピーカ32と、注射針84と、注射針装着部88と、インスリンカートリッジ90と、インスリンホルダ92と、ピストン94と、設定部96と、注射ボタン98と、時計機能(図示せず)とを含む。 Body portion 82 includes a sensor 28, a sensor mounting portion 26, a display unit 34, a data input unit 36, an input-output terminal 38, a speaker 32, a needle 84, a needle attachment portion 88, the insulin cartridge including 90, and insulin holder 92, a piston 94, a setting unit 96, and the injection button 98, and a clock function (not shown).
【0091】 [0091]
注射針装着部88は、本体部82の先端部に位置し、注射針84が装着可能である。 Needle attachment portion 88 is located at the tip of the main body portion 82, the injection needle 84 can be attached. ここで、本体部82に装着されるセンサ28および注射針84は、本体部82から同じ方向に突出していることが好ましい。 Here, the sensor 28 and the injection needle 84 is attached to the main body portion 82 preferably projects from the body portion 82 in the same direction. これにより、ユーザは、血液等の体液が付着することの多いセンサ28および注射針84に向ける注意を一箇所に特定できる。 Thus, the user attention directed to many sensor 28 and the injection needle 84 be a body fluid such as blood from adhering can be identified in one place.
【0092】 [0092]
センサケース24および注射針ケース86の各々は、本体部82との嵌合部を有し、携帯時等の本体部82の不使用時には、本体部82に装着されている。 Each of the sensor case 24 and the needle case 86 has a fitting portion between the body portion 82, when not in use the body portion 82 of the portable or the like is attached to the main body portion 82. これにより、携帯時にホコリ等が本体部82に侵入するのを防止する。 Thus, dust or the like when carrying can be prevented from entering the main body portion 82. また、センサ28を装着した状態でセンサケース24を装着して携帯すれば、外出中等に血糖値測定の準備を手早く行うことができる。 Further, if the mobile by mounting the sensor case 24 while wearing the sensor 28 can be performed quickly prepare for blood glucose measurements go secondary. この場合、センサケース24に吸湿剤を含めて、センサ28の吸湿を防止してもよい。 In this case, the sensor case 24, including the desiccant, may be prevented from absorbing moisture sensor 28.
【0093】 [0093]
本体部82には、血糖値を測定するための機構と、インスリンを注射するための機構とが1つの筐体内に一体に備えられている。 The main body 82, a mechanism for measuring the blood glucose level, a mechanism for injecting insulin is provided integrally with the one housing. インスリンカートリッジ90には、インスリンが収納されている。 The insulin cartridge 90, insulin is housed. インスリンホルダ92は、筒状の形状をしており、内部にインスリンカートリッジ90を保持する。 Insulin holder 92 has a cylindrical shape, holding the insulin cartridge 90 therein. ピストン94は、インスリンカートリッジ90内のインスリンを、注射針装着部88を介して注射針84に押し出す。 The piston 94, the insulin insulin cartridge 90, push the injection needle 84 via the needle mounting portion 88. 設定部96は押出すインスリンの注射量を設定するためにユーザが使用する。 Setting unit 96 uses the user to set the injection amount of the extruded insulin. 注射ボタン98は、インスリンを注射するためにユーザが使用する。 Injection button 98, the user uses to inject insulin.
【0094】 [0094]
図10は、注射器80の本体部82のハードウェア構成を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing a hardware configuration of the body portion 82 of the syringe 80. 本体部82は、図2に示される投薬量決定支援装置20の本体部22の構成に加えて、注射針84と、インスリンカートリッジ90と、ピストン94と、注射ボタン98と、設定部96と、インスリン検出部102と、注射針検出部104とを新たに備える。 Body portion 82, in addition to the configuration of the main portion 22 of the dosage determination supporting apparatus 20 shown in FIG. 2, the injection needle 84, the insulin cartridge 90, a piston 94, the injection button 98, a setting unit 96, insulin detecting unit 102, a new and a needle detector unit 104.
【0095】 [0095]
履歴データ格納エリア48cには、測定した血糖値、算出したインスリンの量および設定したインスリンの量が、測定時刻、算出時刻および設定時刻とともに記憶される。 The history data storage area 48c, measured blood glucose level, the amount of the amount and the set insulin calculated insulin, measurement time is stored with calculation time and set time.
【0096】 [0096]
インスリン検出部102は、インスリンの残量や種類等、インスリンに関する情報を検出する。 Insulin detection unit 102 detects the amount of remaining information and the type of insulin, etc., to insulin. 注射針検出部104は注射針84が装着されているか否かを検出する。 Needle detector unit 104 detects whether or not the injection needle 84 is mounted.
【0097】 [0097]
図11は、注射器80の処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 11 is a flowchart showing a process flow of the syringe 80. ユーザは、血糖値測定およびインスリン注射の準備として、センサケース24および注射針ケース86を取り外し、センサ装着部26および注射針装着部88にセンサ28および注射針84をそれぞれ装着する。 The user, in preparation for blood glucose measurement and insulin injection, remove the sensor case 24 and the needle case 86, respectively mounted sensor 28 and the injection needle 84 to the sensor mounting portion 26 and the needle attachment portion 88. その後、血糖値測定時に注射針84が誤って手に刺さることのないように注射針ケース86を再び装着しておくことが好ましい。 Thereafter, it is preferable to a needle case 86 again mounted so as not to stick to the hands by mistake injection needle 84 when the blood glucose measurement. また、ユーザは、インスリンカートリッジ90に十分なインスリンが収納されているかを確認し、必要により新たなインスリンカートリッジ90を取り付ける。 The user checks whether sufficient insulin to insulin cartridge 90 is accommodated, mounting a new insulin cartridge 90 as required.
【0098】 [0098]
ユーザが本体部82の電源スイッチ(図示せず)をONにすることで、注射器80による処理が開始される。 The user by turning ON the power switch of the main body 82 (not shown), processing by the syringe 80 is started. CPU50は、センサ装着部26にセンサ28が確実に装着されているか否かを判別する(S62)。 CPU50 determines whether the sensor 28 in the sensor mounting portion 26 is securely mounted (S62). この判別処理は、図4に示される実施の形態1におけるセンサ挿入判別処理(S2)と同様である。 This determination processing is the same as the sensor insertion judgment processing in the first embodiment shown in FIG. 4 (S2).
【0099】 [0099]
一定期間内に、センサ28の導通が確認できなければ(S62でNO)、センサ28が挿入されていないと認識され、センサ挿入通知が行なわれる(S64)。 Within a certain period of time, to be able continuity check of the sensor 28 (NO in S62), is recognized as the sensor 28 is not inserted, the sensor insertion notification is performed (S64). この通知処理は、図4に示される実施の形態1におけるセンサ挿入通知処理(S4)と同様である。 This notification process is the same as the sensor insertion notification processing in the first embodiment shown in FIG. 4 (S4).
【0100】 [0100]
一定期間内に、センサ28の導通が確認されると(S62でYES)、CPU50は、インスリンの残量が、所定の閾値(一回の注射に必要なインスリン量)より大きいか否かを判別する(S66)。 Within a certain period of time, the conduction of the sensor 28 is confirmed (YES in S62), CPU 50 is the remaining amount of insulin, a predetermined threshold value (the amount of insulin required for one injection) determines greater or not to (S66). 具体的には、図10に示されるインスリン検出部102が、インスリンホルダ92にインスリンカートリッジ90が装着されているか否かを確認し、ピストン94の位置からインスリンの残量を検出する。 Specifically, insulin detecting unit 102 shown in FIG. 10, the insulin cartridge 90 confirms whether or not it is attached to the insulin holder 92, for detecting the remaining amount of insulin from the position of the piston 94.
【0101】 [0101]
インスリンカートリッジ90が装着されていない場合またはインスリンの残量が所定の閾値以下であれば(S66でNO)、CPU50は、インスリンの残量がないと認識し、インスリンカートリッジ90の交換の通知を行なう(S68)。 If the remaining amount in the case or insulin insulin cartridge 90 is not attached to or less than the predetermined threshold (NO in S66), CPU 50 recognizes that there is no remaining amount of insulin, a notification to replace the insulin cartridge 90 (S68). これにより、インスリンの残量が不足し、設定したインスリン量を注射できないことを回避可能である。 Thus, the remaining amount of insulin is insufficient, it is possible to avoid inability insulin injection amount set. ユーザが新しいインスリンカートリッジ90をインスリンホルダ92に装着することにより、再びセンサ挿入判別処理(S62)が実行される。 User by a new insulin cartridge 90 is attached to the insulin holder 92, is again performed sensor insertion judgment processing (S62) it is. なお、インスリン検出部102は、インスリンカートリッジ90の情報からインスリンの種類を検出する機能を備えていてもよい。 Incidentally, the insulin detecting unit 102 may be provided with a function of detecting the type of insulin from the information of the insulin cartridge 90.
【0102】 [0102]
インスリンカートリッジ90が装着されており、かつインスリンの残量が閾値よりも大きければ(S62でYES、S66でYES)、CPU50は、注射針84が注射針装着部88に確実に装着されているか否かを判別する(S70)。 Insulin cartridge 90 is mounted, and if the remaining amount of insulin is greater than the threshold value (YES in YES, S66 in S62), CPU 50 is whether or not the injection needle 84 is securely attached to the needle attachment portion 88 or to determine (S70). 具体的には、注射針検出部104が、注射針装着部88に設けられた注射針84が装着されると導通するスイッチ(図示せず)の導通状態を検出する。 Specifically, the needle detector unit 104, the injection needle 84 provided on the needle attachment portion 88 detects the conduction state of the switch (not shown) which conducts to be mounted. この導通状態から注射針84が確実に装着されているか否かが検出される。 Whether the injection needle 84 from the conduction state is securely mounted is detected.
【0103】 [0103]
注射針検出部104でスイッチの導通が確認できない場合には(S70でNO)、CPU50は、注射針84が確実に装着されていないと認識し、針装着通知を行なう(S72)。 If in needle detector unit 104 can not verify conduction of the switch (NO in S70), CPU 50 has the injection needle 84 is confirmed not to be securely mounted, performing needle mounting notification (S72). これにより、血糖値測定中またはインスリン注射の際に、注射針84が注射針装着部88から外れるという危険を回避することができる。 Accordingly, when the blood glucose measurement during or insulin injection, the injection needle 84 can be avoided the risk of deviating from the needle attachment portion 88. ユーザが、注射針84を注射針装着部88に装着することにより、再びセンサ挿入判別処理(S62)が実行される。 User, by attaching the injection needle 84 to the needle attachment portion 88, is executed again sensor insertion judgment processing (S62).
【0104】 [0104]
注射針検出部104でスイッチの導通が確認され、注射針84が注射針装着部88に確実に装着されていると判断されると(S70でYES)、CPU50は、ユーザが血液をセンサ28の点着部30に点着するように通知を行なう(S74)。 Needle detector unit 104 conducts the switch is confirmed, the needle 84 is judged to be securely attached to the needle attachment portion 88 (YES at S70), CPU 50 has the user blood sensor 28 It performs notification to wear spotting unit 30 two points (S74). この通知に基づいて、ユーザは、自己の人体から試料液として血液を採取し、この採取した血液をセンサ28の点着部30に点着することとなる。 Based on this notification, the user may be prepared by collecting blood as a sample fluid from the body of the self, and be dressed the spotted portion 30 two points of the collected blood sensor 28.
【0105】 [0105]
次に、CPU50は、点着された血液が、血糖値を測定するために十分な量であるか否かを判別する(S76)。 Then, CPU 50 is spotted blood is, it is determined whether or not an amount sufficient to measure the blood glucose level (S76). この判別処理は、図4に示される実施の形態1における試料液判別処理(S8)と同様である。 This determination processing is the same as the sample solution determination processing (S8) in the first embodiment shown in FIG.
【0106】 [0106]
血液の量が閾値(測定に十分な量)以下である場合には(S76でNO)、試料液の量が不足していると認識され、試料液不足エラー通知が行なわれ(S78)、処理が終了する。 When the amount of the blood is less than the threshold value (sufficient for measurement) (NO in S76), is recognized as the amount of the sample liquid is insufficient, the sample liquid shortage error notification is performed (S78), the processing There is terminated. これにより、投薬量決定支援装置20による血糖値の誤測定およびそれに伴うインスリン量の誤判定を防止することができる。 Thus, it is possible to prevent erroneous measurements and erroneous determination of the amount of insulin associated therewith in blood glucose level by dosage determination supporting apparatus 20.
【0107】 [0107]
血液の量が閾値よりも大きい場合には(S76でYES)、CPU50は血糖値を測定する(S80)。 When the amount of the blood is greater than the threshold value (YES in S76), CPU 50 measures the blood glucose level (S80). この血糖値測定処理は、図4を参照して説明した実施の形態1における血糖値測定処理(S10)と同様である。 The blood glucose measurement process is similar to the blood glucose measurement process (S10) in the first embodiment described with reference to FIG.
【0108】 [0108]
血糖値測定終了後、CPU50は、投与すべきインスリン量の演算を行なう(S82)。 After the blood glucose measurement completion, CPU 50 performs a calculation of the amount of insulin to be administered (S82). このインスリン量演算処理は、図4を参照して説明した実施の形態1におけるインスリン量演算処理(S12)と同様である。 The amount of insulin calculation processing is the same as the amount of insulin processing (S12) in the first embodiment described with reference to FIG.
【0109】 [0109]
CPU50は、測定した血糖値および算出したインスリン量をユーザに通知する(S84)。 CPU50 notifies the measured blood glucose and the calculated amount of insulin to the user (S84). また、CPU50は、インスリンの注射量の設定をユーザが行うよう通知を行なう(S86)。 Also, CPU 50 performs the notification to perform the setting of the injection amount of insulin users (S86). ユーザは、通知された血糖値、インスリン量を参考にして、必要であれば食事量や運動量なども考慮して、設定部96を手動で調節することによりインスリンの注射量を設定する。 User notified blood glucose level, the amount of insulin in the reference, in consideration of such meal size and momentum if necessary, to set the injection amount of insulin by adjusting the setting unit 96 manually. このとき、CPU50は、設定したインスリン量と、その量のインスリンを注射することに同意するか否かの確認メッセージとを通知する(S88)。 At this time, CPU 50 notifies the amount of insulin has been set, and whether the confirmation message agrees to injecting the amount of insulin (S88). CPU50は、一定期間、ユーザからインスリンを注射することに同意するとの確認の入力がされるのを待つ。 CPU50 waits for a certain period, the input of the confirmation to agree to inject insulin from the user is. 当該確認入力がなければ(S89でNO)、CPU50は、処理を終了する。 Without the confirmation input (NO in S89), CPU 50 ends the process.
【0110】 [0110]
当該確認入力があれば(S89でYES)、CPU50は、メモリ48の履歴データ格納エリア48cに、測定した血糖値と、算出したインスリン量と、設定したインスリン量とを少なくとも測定した日または時分と共に記憶する(S90)。 If there is the confirmation input (YES in S89), CPU 50 is in the history data storage area 48c of the memory 48, the measured blood glucose level, the calculated amount of insulin, day or hour which at least measured and the set amount of insulin be stored together with the (S90).
【0111】 [0111]
最後に、CPU50は、インスリンを注射するようにユーザに通知する(S92)。 Finally, CPU 50 notifies the user to inject insulin (S92). この通知に応答して、ユーザは注射針84を自己の腕等に刺し、注射ボタン98を押す。 In response to this notification, the user punctures the injection needle 84 in its arms, etc., press the injection button 98. これにより、ピストン94がインスリンカートリッジ90内のインスリンを注射針84に押出す。 Thus, the piston 94 is extruded insulin in insulin cartridge 90 to the injection needle 84. 押出されたインスリンは、注射針84を介してユーザの体内に注入される。 Extruded insulin is injected into the body of the user through the injection needle 84.
【0112】 [0112]
また、入出力端子38を介した履歴データの送受信処理は、図5および図6に示したものと同様である。 Also, transmission and reception processing of historical data via the input-output terminal 38 is the same as that shown in FIGS.
【0113】 [0113]
また、データ入力部36から演算テーブルなどのデータを入力することも可能である。 It is also possible to input data, such as operation table from the data input unit 36. この場合には、予め医師およびユーザに割り当てられたアカウント名とパスワードとがメモリ48に記憶されているものとする。 In this case, it is assumed that the account name and password assigned to advance the physician and the user are stored in the memory 48. データ入力部36から演算テーブルなどのデータを入力したり、履歴データを参照したりする際には、それらの処理に先立ち、アカウント名とパスワードの入力が求められる。 To enter data, such as operation table from the data input unit 36, the time of or reference to historical data, prior to their processing, enter an account name and password are required. この求めに従い、医師またはユーザがアカウント名とパスワードとを入力し、それらがメモリ48に記憶されたものと一致すれば、上述の処理が許可される。 In accordance with this determined, the physician or user inputs the account name and password, if they match those in which they were stored in the memory 48, the above processing is permitted.
【0114】 [0114]
以上説明したように、本実施の形態によると、上述の実施の形態の作用、効果に加えて、以下に示すような作用、効果を有する。 As described above, has according to the present embodiment, effects of the above embodiment, in addition to the effect, acts as shown below, the effect.
【0115】 [0115]
すなわち、注射器80は、血糖値を測定する機能と、インスリンを注射する機能とを兼ね備えている。 That is, the syringe 80 has both the function of measuring blood glucose, and a function of injecting insulin. このため、ユーザは血糖値測定器とインスリン注射器とを別々に携行する必要がなく、注射器の携帯性が向上する。 Therefore, the user does not need to carry a blood glucose meter and an insulin syringes separately, thereby improving the portability of the syringe.
【0116】 [0116]
また、ユーザは、注射器80を片手で保持しつつ血糖値を測定し、かつインスリンを注射することができる。 The user, while holding the syringe 80 with one hand to measure the blood sugar level, and can be injected insulin. このように、血糖値測定とインスリン注射との間で装置の取替えの必要がない。 Thus, there is no need for replacement of the device with the blood glucose measurement and insulin injection. また、注射器80は、ユーザに試料液の点着、インスリンの設定量の調節および注射を喚起する通知を行い、ユーザは、血糖値の測定やインスリンの注射の手順およびタイミングを知ることができる。 Further, the syringe 80 is wearing point of the sample liquid to a user performs arouse notification regulatory and injections of insulin set amount, the user is able to know the procedure and timing of injection of the measurement and insulin blood sugar. このため、注射器の操作性が向上する。 This improves the operability of the syringe.
【0117】 [0117]
さらに、注射器80は、測定した血糖値、算出したインスリン量、設定したインスリン量(注射したインスリン量)を、少なくとも測定した日または時分とともにメモリ48に記憶する。 Further, the syringe 80 is measured blood glucose level, the calculated amount of insulin, the set amount of insulin (the injected amount of insulin) is stored in the memory 48 together with the date or hour it was at least measured. このため、ユーザは、この履歴を病状の把握や自己管理に役立てることができる。 For this reason, the user can help this history to understand and self-management of medical conditions. なぜならば、インスリン治療においては、血糖値の責任インスリンはどこにあるかを把握すること、すなわち、注射したインスリンがいつの血糖値の責任を持っているのかを把握することが重要だからである。 This is because, in the insulin treatment, knowing whether or not there Where is the responsibility insulin in blood glucose levels, ie, is possible to grasp whether the injected insulin has the responsibility of when the blood sugar level is because it is important. 特に、低血糖の症状が起きた場合、インスリンの注射量の誤りであることが多いので、後から血糖値および注射したインスリン量等の履歴を確認できることは、ユーザにとって大きな利点である。 In particular, if symptoms of hypoglycemia has occurred, since it is often erroneous injection quantity of insulin, the ability to check the history of the amount of insulin or the like blood glucose and injected later is a great advantage for the user.
【0118】 [0118]
(実施の形態4) (Embodiment 4)
以下、図面を参照しながら本発明の実施の形態4に係る注射器について説明する。 The following describes the injector according to the fourth embodiment of the present invention with reference to the drawings. 図12は、本発明の実施の形態4に係る注射器の外観図である。 Figure 12 is an external view of the syringe according to the fourth embodiment of the present invention. 注射器110は、本体部112と、収納ケース114とを備える。 Syringe 110 includes a main body portion 112, and a housing case 114.
【0119】 [0119]
本体部112は、センサ28と、センサ装着部26と、表示部34と、データ入力部36と、入出力端子38と、スピーカ32と、注射針84と、注射針装着部88と、インスリンカートリッジ90と、インスリンホルダ92と、ピストン94と、注射ボタン98と、補正量入力部116と、時計機能(図示せず)とを含む。 Body portion 112 includes a sensor 28, a sensor mounting portion 26, a display unit 34, a data input unit 36, an input-output terminal 38, a speaker 32, a needle 84, a needle attachment portion 88, the insulin cartridge including 90, and insulin holder 92, a piston 94, the injection button 98, a correction amount input unit 116, a clock function (not shown).
【0120】 [0120]
補正量入力部116は、インスリンの設定量を入力により増減させて補正するために設けられており、補正ボタン116aおよび116bからなる。 Correction amount input unit 116, a set amount of insulin is increased or decreased by the input is provided for correcting, consisting correction button 116a and 116 b. ユーザは、補正ボタン116aを押下することによりインスリンの設定量を減少させることができ、表面にマイナス形状の凹凸がある。 The user can decrease the set amount of insulin by pressing the correction button 116a, is uneven negative shape on the surface. また、補正ボタン116bを押下することによりインスリンの設定量を増加させることができ、表面にプラス形状の凹凸がある。 Further, it is possible to increase the set amount of insulin by pressing the correction button 116 b, is uneven positive shape on the surface.
【0121】 [0121]
収納ケース114は、センサ28および注射針84を収納可能である。 Housing case 114 is capable of accommodating the sensor 28 and the injection needle 84. 注射器110の携帯時など、注射器110の不使用時には、収納ケース114は、本体部112に装着される。 Such as a mobile when the syringe 110, when not in use of the syringe 110, the housing case 114 is attached to the main body portion 112. ユーザは、インスリン注射終了後、センサ28および注射針84を装着したまま、収納ケース114を本体部112に装着させることができる。 The user, after completion of insulin injection, while wearing sensor 28 and the injection needle 84, the housing case 114 can be attached to the main body portion 112.
【0122】 [0122]
外出先などでは、体液の附着したセンサ28や、注射針84を捨てることは難しいため、ユーザにとっての利便性が向上する。 In such the go Fuchaku and sensor 28 that the body fluid, it is difficult to discard the injection needle 84, thereby improving the convenience for the user. また、注射終了後の後片付けを手早くすることができる。 In addition, it is possible to quickly the cleanup after the injection end. さらに、センサ28や注射針84を装着した状態で、収納ケース114を装着して携帯すれば、外出中等に血糖値測定およびインスリン注射の準備を手早く行うことができる。 Furthermore, while wearing the sensor 28 and the injection needle 84, if the mobile by mounting the storage case 114, can be performed quickly prepare for blood glucose measurement and insulin injections out secondary. この場合、収納ケース114に吸湿剤を組み込ませておいてもよい。 In this case, it may be allowed incorporate moisture getter housing case 114. これにより、センサ28による吸湿を防止することができる。 Thus, it is possible to prevent moisture absorption by the sensor 28.
【0123】 [0123]
図13は、注射器110の本体部112のハードウェア構成を示す図である。 Figure 13 is a diagram showing a hardware configuration of the body portion 112 of the syringe 110. 本体部112は、図10に示される注射器80の本体部82の構成において、設定部96の代わりに設定部124を備え、設定部124を駆動させるためのモータ126を新たに備える。 Body portion 112, in the configuration of the main body portion 82 of the syringe 80 shown in FIG. 10, includes a setting unit 124 instead of the setting unit 96 newly comprises a motor 126 for driving the setting unit 124.
【0124】 [0124]
図14は、注射器110の処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 14 is a flowchart showing a process flow of the syringe 110. 血糖値測定およびインスリン注射前におけるユーザの準備は実施の形態3と同様である。 Preparation users before blood glucose measurement and insulin injections are the same as those in the third embodiment. また、センサ挿入判別処理(S102)からインスリン量演算処理(S122)までは、図11を参照して説明した実施の形態3におけるセンサ挿入判別処理(S62)からインスリン量演算処理(S82)と同様である。 Further, from the sensor insertion judgment processing (S102) until the insulin amount calculation processing (S122), similar to the insulin amount calculation processing from the sensor insertion judgment processing (S62) in the third embodiment described with reference to FIG. 11 (S82) it is. このため、その詳細な説明はここでは繰返さない。 Therefore, a detailed description thereof is not repeated here.
【0125】 [0125]
インスリン量を演算した後(S122)、CPU50は、血糖値および算出したインスリン量を通知する。 After calculating the amount of insulin (S122), CPU 50 notifies the blood glucose and the calculated amount of insulin. このとき、CPU50は、設定したインスリンの量と、その量のインスリンを注射することに同意するか否かの確認メッセージを合わせて通知する(S124)。 At this time, CPU 50 has the amount of insulin that has been set, to notify combined whether a confirmation message agrees to injecting the amount of insulin (S124).
【0126】 [0126]
次に、CPU50は、インスリン量の自動調節を行なう(S126)。 Then, CPU 50 performs the automatic adjustment of the amount of insulin (S126). 具体的には、図13に示されるCPU50とモータ126とが調節部として機能し、算出されたインスリン量に応じて、設定部124を介して注射ボタン98の位置を調節する。 Specifically, the CPU50 and the motor 126 functions as adjusting section shown in FIG. 13, in accordance with the calculated amount of insulin, to adjust the position of the injection button 98 via the setting unit 124. 詳細を図15に示される本実施の形態に係る調節部の要部を示す概略図を用いて説明する。 It will be described with reference to the schematic view showing the main part of the adjustment unit according to the present embodiment shown in detail in FIG 15. ここで、モータ126は、モータ支持部132により本体部112に固定されている。 The motor 126 is fixed to the main body portion 112 by the motor support 132. はじめに、算出したインスリン量に対応して、モータ126がCPU50に制御され回転する。 First, in response to the calculated amount of insulin, the motor 126 is rotated is controlled to CPU 50. 次に、モータ126の回転が歯車134を介して、設定部124に伝えられる。 Then, the rotation of the motor 126 via the gear 134 is transmitted to the setting unit 124. 設定部124は、この回転量に応じて注射ボタン98を、図15の矢印A方向(ピストン94がインスリンを注射針84に押出す方向を注射方向とした場合の反対方向)に移動させる。 Setting unit 124, the injection button 98 in accordance with the amount of rotation, it is moved in the direction of arrow A in FIG. 15 (opposite direction when the piston 94 has an injection direction extruding directions injection needle 84 insulin). これにより、注射ボタン98は、この移動量の分、注射方向にピストン94を移動させることが可能となる。 Thus, the injection button 98 min the amount of movement, it is possible to move the piston 94 in the injection direction. このようにして、算出したインスリンの量から、インスリンの注射量が自動的に設定される。 In this way, the amount of the calculated insulin injection volume of insulin is automatically set.
【0127】 [0127]
ユーザは、必要に応じて食事量や運動量なども考慮し、インスリンの設定量を補正してもよい。 The user also consider meals weight and momentum necessary, may be corrected set amount of insulin. すなわち、ユーザは、図12に示される補正ボタン116aまたは116bを押すことにより、インスリンの設定量を増減させる。 That is, the user by pressing the correction button 116a or 116b shown in FIG. 12, increases or decreases the set amount of insulin. すると、CPU50は、ユーザからの補正量の入力の指示があるか否かを判断する(S128)。 Then, CPU 50 determines whether there is an instruction input of the correction amount from the user (S128). なお、補正量の入力の指示があるか否かの判断は、インスリン量の自動調節処理(S126)の後、一定期間内に補正量入力部116からCPU50へ補正指令があるか否かにより行なわれる。 Incidentally, whether or not there is an instruction of the correction amount of input determining, after the automatic adjustment processing of the amount of insulin (S126), carried out according to whether there is a correction instruction from the correction amount input unit 116 to the CPU50 within a certain period of time It is.
【0128】 [0128]
インスリン量の補正指令があると判断された場合には(S128でYES)、CPU50は、ユーザに対して補正により変更されたインスリンの設定量とその量のインスリンを注射することに承諾するか否かの確認メッセージとを通知する(S130)。 If it is determined that there is a correction command insulin amount (YES in S128), whether CPU50 is accepted to be injected set amount of insulin that has been changed by the correction to the user and the amount of insulin to notify the Kano confirmation message (S130). また、補正により増減したインスリンの量に応じて、再びインスリン量の自動調節処理が行なわれる(S132)。 Also, depending on the amount of insulin that is increased or decreased by the correction, automatic adjustment processing of the amount of insulin is performed again (S132).
【0129】 [0129]
補正後のインスリンの量に応じてインスリン量の自動調節がなされた場合(S132)、または補正指令がないと判断された場合(S128でNO)、CPU50は、通知処理(S124またはS130)での通知に対し、一定期間、ユーザからインスリンを注射することに対する同意の確認入力がされるのを待つ。 If the automatic adjustment of the amount of insulin was made according to the amount of insulin after correction (S132), or the correction when the command is determined not (NO in S128), CPU 50 is in the notification process (S124 or S130) notice to, wait for a period of time, being the consent of confirmation input for the injection of insulin from a user. 当該確認入力がなければ(S133でNO)、CPU50は、処理を終了する。 Without the confirmation input (NO in S133), CPU 50 ends the process.
【0130】 [0130]
当該確認入力があれば(S133でYES)、CPU50は、メモリ48の履歴データ格納エリア48cに、測定した血糖値と、算出したインスリン量と、設定したインスリン量とを、少なくとも測定した日または時分と共に記憶する(S134)。 If there is the confirmation input (YES in S133), CPU 50 is in the history data storage area 48c of the memory 48, the measured blood glucose level, the calculated amount of insulin, a set amount of insulin, time or date of at least measured minute stored with (S134).
【0131】 [0131]
最後に、CPU50は、インスリンを注射するようにユーザに通知する(S136)。 Finally, CPU 50 notifies the user to inject insulin (S136). この通知に応答して、ユーザは注射針84を自己の人体に刺し、注射ボタン98を押す。 In response to this notification, the user punctures the injection needle 84 to the human body self, pressing the injection button 98. これにより、ピストン94がインスリンカートリッジ90内のインスリンを注射針84に押出す。 Thus, the piston 94 is extruded insulin in insulin cartridge 90 to the injection needle 84. 押出されたインスリンは、注射針84を介してユーザの体内に注入される。 Extruded insulin is injected into the body of the user through the injection needle 84.
【0132】 [0132]
また、入出力端子38を介した履歴データの送受信処理は、図5および図6に示したものと同様である。 Also, transmission and reception processing of historical data via the input-output terminal 38 is the same as that shown in FIGS.
【0133】 [0133]
さらに、データ入力部36から演算テーブルなどのデータを入力することも可能である。 Further, it is possible to input data, such as operation table from the data input unit 36. この入力方法については、実施の形態3に示したものと同様である。 This input method is the same as that shown in the third embodiment.
【0134】 [0134]
以上説明したように、本実施の形態によると、上述の実施の形態の作用、効果に加えて、以下に示すような作用、効果を有する。 As described above, has according to the present embodiment, effects of the above embodiment, in addition to the effect, acts as shown below, the effect.
【0135】 [0135]
すなわち、本実施の形態によると、算出されたインスリン量または補正後のインスリン量に応じて、インスリンの注射量が自動設定される。 That is, according to this embodiment, depending on the amount of insulin after the calculated amount of insulin or correction injection amount of insulin is automatically set. このため、糖尿病の合併症により視力の低下したユーザや、手指機能の低下したユーザにとって、手動でインスリン量を設定する手間を省き、注射するインスリン量の調整ミスを回避させることができる。 Therefore, the user or with reduced vision from complications of diabetes, for reduced user's finger function, manually eliminates the need to set the amount of insulin can be avoided misadjustment of injection to the amount of insulin.
【0136】 [0136]
特に、補正量入力部は、触覚でボタンの概念を認識することができるような構造になっているので、視力の低下したユーザにとって、操作がより容易になる。 In particular, the correction amount input unit, so has a structure such that it can recognize the concept of button touch, for reduced user vision, manipulation is easier. なお、補正量入力部の凹凸は、プラス、マイナスに限定されるものではなく、例えば右方向および左方向の矢印の形状等でもよい。 Note that unevenness correction amount input section, plus, it is not limited to a minus, for example, it may be in the shape of the right and left direction of the arrow. また、補正量入力部は、ボタンに限定されるものではなく、例えば左右(または前後)に移動して補正量を増減させるレバーでもよいし、回転量により補正量を増減するダイヤル等でもよい。 The correction amount input unit is not limited to the button, for example, right and left (or front and rear) may be a lever to increase or decrease the amount of correction by moving the, or a dial or the like to increase or decrease the correction amount by the rotation amount.
【0137】 [0137]
また、投薬量の許容範囲をあらかじめメモリ48に記憶しておき、補正後のインスリン量が許容範囲を超えた場合には、CPU50が警告音や警告メッセージを通知するようにしてもよい。 Further, the allowable range of dosage may be stored in advance in the memory 48, if the amount of insulin after correction exceeds the tolerance, it may be CPU50 notifies the warning sound or warning message.
【0138】 [0138]
(実施の形態5) (Embodiment 5)
以下、図面を参照しながら本発明の実施の形態5に係る健康管理支援システムについて説明する。 The following describes the health management support system according to a fifth embodiment of the present invention with reference to the drawings.
【0139】 [0139]
図16は、本発明の実施の形態5に係る健康管理支援システムの構成を示すブロック図である。 Figure 16 is a block diagram showing a configuration example health management support system according to Embodiment 5 of the present invention. 健康管理支援システム140は、第1の患者が使用する投薬量決定支援装置20と、第2の患者が使用する投薬量決定支援装置60と、第3の患者が使用する注射器80と、第4の患者が使用する注射器110と、投薬量決定支援装置20、投薬量決定支援装置60、注射器80および注射器110にネットワーク142を介して接続された第1〜第4の患者の主治医が使用するPC58とを含む。 Health management support system 140 includes a dosage determination supporting apparatus 20 first patient use, the dosage determination supporting apparatus 60 in which the second patient use, the syringe 80 in which the third patient use, fourth a syringe 110 in which the patient's use, dosage determination supporting apparatus 20, dosage determination supporting apparatus 60, the attending physician of the first to fourth patient connected syringe 80 and syringe 110 in through the network 142 is used PC58 including the door.
【0140】 [0140]
投薬量決定支援装置20、注射器80および注射器110とPC58との間の通信では、インターネット等による長距離通信が可能である。 Dosage determination supporting apparatus 20, the communication between the syringe 80 and syringe 110 and PC 58, it is capable of long-distance communication via the Internet or the like. 一方、投薬量決定支援装置60とPC58との間の通信では、上述のようにBluetooth等による近距離無線通信のみが可能である。 On the other hand, in the communication between the dosage determination supporting apparatus 60 and PC 58, it is possible to only short-range wireless communication by Bluetooth or the like as described above.
【0141】 [0141]
一例として投薬量決定支援装置20とPC58との間で行なわれる処理について図17〜図19を参照して説明する。 Referring to FIGS. 17 to 19 will be described processing to be performed between the dosage determination supporting apparatus 20 and the PC58 as an example.
【0142】 [0142]
図17は、投薬量決定支援装置20の処理の流れを示すフローチャートである。 Figure 17 is a flowchart showing a process flow of dosage determination supporting apparatus 20. センサ挿入判別処理(S142)から血糖値測定処理(S150)までは、図4を参照して説明した第1の実施形態に係る投薬量決定支援装置20のセンサ挿入判別処理(S2)から血糖値測定処理(S10)までと同様である。 From sensor insertion judgment processing (S142) to the blood glucose measurement process (S150), the blood glucose level from the sensor insertion judgment processing of dosage determination supporting apparatus 20 (S2) according to the first embodiment described with reference to FIG. 4 is the same as to the measurement process (S10).
【0143】 [0143]
血糖値測定処理(S10)が終了した後、投薬量決定支援装置20は、測定された血糖値をPC58へ送信し(152)、PC58から測定された血糖値に対応するインスリン量を受信する(S154)。 After the blood glucose measurement process (S10) is completed, the dosage determination supporting apparatus 20 transmits the measured blood glucose value to PC 58 (152), receives an amount of insulin corresponding to the measured blood glucose level from PC 58 ( S154).
【0144】 [0144]
インスリン量を受信した後、投薬量決定支援装置20のCPU50は、血糖値およびインスリン量を通知する(S156)。 After receiving the amount of insulin, CPU 50 of dosage determination supporting apparatus 20 notifies the blood glucose and insulin amount (S156).
【0145】 [0145]
通知処理(S156)が行なわれた後、CPU50は、ユーザからの補正量の入力の指示があるか否かを判断する(S158)。 After notification processing (S156) is performed, CPU 50 determines whether there is an instruction input of the correction amount from the user (S158). 補正後の入力の指示があるか否かの判断は、一定期間内にデータ入力部36からCPU50へ補正指令があるか否かにより行なわれる。 It is determined whether there is an instruction to the post-correction input is performed by whether there is a correction command from the data input unit 36 ​​into CPU50 within a certain period of time.
【0146】 [0146]
補正指令があった場合には(S158でYES)、CPU50は、血糖値および補正後のインスリン量を通知する(S160)。 In the case of the presence of the correction command (YES in S158), CPU 50 notifies the amount of insulin after blood glucose and correction (S160). そして、補正後のインスリン量が適切か否かをPC58に問い合わせる認証処理を行なう(S162)。 Then, the authentication processing for inquiring insulin level after correction to whether it is appropriate to PC 58 (S162). 認証処理の結果、CPU50は、補正後のインスリン量がPC58より認証されたか否かを判断する(S164)。 A result of the authentication process, CPU 50 is insulin level after correction is determined whether the authenticated from PC 58 (S164). 補正後のインスリン量がPC58より認証された場合には(S164でYES)、認証済みである旨の通知を行なう(S166)。 If the amount of insulin after correction has been authenticated from the PC 58 (YES in S164), a notification indicating that the authenticated (S166). その後、メモリ48の履歴データ格納エリア48cに、測定した血糖値と、補正後のインスリン量と、測定日時とを記憶する(S170)。 Thereafter, the history data storage area 48c of the memory 48, and stores the measured blood glucose level, and insulin levels after correction, and a measurement date and time (S170).
【0147】 [0147]
補正後のインスリン量がPC58より認証されなければ(S164でNO)、認証されていない旨の通知を行ない(S186)、再度、血糖値およびインスリン量の通知処理(S156)を行なう。 If insulin levels corrected is not authenticated from PC 58 (NO in S164), it performs a notification that unauthenticated (S186), carried out again, notification processing of the blood glucose level, and insulin amount (S156).
【0148】 [0148]
血液の量が閾値以下である場合には(S148でNO)、試料液の量が不足していると認識され、試料液不足エラー通知が行なわれ(S172)、測定処理が終了する。 When the amount of blood is below the threshold (NO in S148), is recognized as the amount of the sample liquid is insufficient, the sample liquid shortage error notification is performed (S172), the measurement process ends.
【0149】 [0149]
図18は、PC58におけるインスリン量演算処理のフローチャートである。 Figure 18 is a flowchart of insulin amount calculation process in the PC 58. この処理は、図17に示される血糖値送信処理(S152)およびインスリン量受信処理(S154)に対応する処理である。 This process is a process corresponding to the blood glucose level transmission process shown in FIG. 17 (S152) and the amount of insulin reception process (S154).
【0150】 [0150]
PC58は、投薬量決定支援装置20から血糖値を受信するまで待機する(S182)。 PC58 waits until it receives the blood glucose level from dosage determination supporting apparatus 20 (S182). PC58は、血糖値を受信した場合には(S182でYES)、受信した血糖値をもとにインスリン量を演算する。 PC58 is, (YES in S182) when it receives the blood glucose level, calculates the amount of insulin based on the blood glucose value received. 具体的には、図3に示されるのと同様の演算テーブルをPC58が記憶しており、血糖値と血糖値の受信時刻とからインスリン量を演算し(S184)、投薬量決定支援装置20に対してインスリン量を送信する(S186)。 Specifically, stores the PC58 similar operation table to that shown in FIG. 3, it calculates the amount of insulin and a reception time of the blood glucose level and blood glucose level (S184), the dosage determination supporting apparatus 20 to send the amount of insulin for (S186).
【0151】 [0151]
図19は、PC58におけるインスリン量認証処理のフローチャートである。 Figure 19 is a flow chart of the amount of insulin authentication processing in PC 58. この処理は、図17に示される補正後のインスリン量の認証処理(S162)に対応する処理である。 This process is a process corresponding to the authentication processing of insulin amount after correction shown in Fig. 17 (S162).
【0152】 [0152]
PC58は、投薬量決定支援装置20から血糖値および補正後のインスリン量を受信するまで待機する(S192)。 PC58 waits to receive the amount of insulin after blood glucose and correction from dosage determination supporting apparatus 20 (S192). PC58は、血糖値および補正後のインスリン量を受信した場合には(S192でYES)、補正後のインスリン量が認証可能か否かを判断する(S194)。 PC58 is, when having received the amount of insulin after blood glucose and correction (YES in S192), the amount of insulin after correction determines whether it is possible to authenticate (S194). 認証可能判断処理(S194)は、例えば以下のように行なわれる。 Authentication enables determination process (S194) is carried out as follows, for example. PC58に血糖値とそれに対応するインスリンの投与量の許容範囲とが記憶されているものとする。 And tolerance of the blood glucose level and dosage of insulin corresponding thereto assumed to be stored in the PC 58. PC58は、投薬量決定支援装置20より受信したインスリン量が当該許容範囲内にあるか否かにより、認証可能か否かを判断する。 PC58 is the amount of insulin received from dosage determination supporting apparatus 20 according to whether or not is within the allowable range, it is determined whether authentication is possible or not.
【0153】 [0153]
補正後のインスリン量が認証可能であれば(S194でYES)、PC58は、認証可能であることを示す認証通知を投薬量決定支援装置20へ送信する(S196)。 Amount of insulin authentication if the corrected (YES in S194), PC 58 transmits an authentication notification indicating that it is possible authentication to dosage determination supporting apparatus 20 (S196). 補正後のインスリン量が認証可能でなければ(S194でNO)、PC58は、認証を拒否する旨の拒否通知を投薬量決定支援装置20へ送信する(S198)。 If insulin levels after correction is not possible authentication (NO in S194), PC 58 transmits a rejection notification reject authentication fact to dosage determination supporting apparatus 20 (S198).
【0154】 [0154]
なお、図17〜図19に示される投薬量決定支援装置20とPC58との間で行なわれる処理においても、送受信されるデータには公開鍵暗号方式における署名が施され、データの送信者を特定している。 Also in processing performed between the dosage determination supporting apparatus 20 and PC58, shown in FIGS. 17 to 19, the data transmitted and received signature in a public key cryptosystem is applied, identifying a sender of the data doing.
【0155】 [0155]
投薬量決定支援装置60、注射器80および注射器110でも同様に、上述の実施の形態における処理に加え、補正後のインスリン量の認証をPC58に問い合わせるようにしてもよい。 Dosage determination supporting apparatus 60, similarly in the syringe 80 and syringe 110, in addition to the processing in the embodiment described above, the authentication of insulin amount after corrected may inquire the PC 58. また、インスリン量の演算をPC58で行なわせるようにしてもよい。 Further, the calculation of the amount of insulin may be carried out in a PC 58.
【0156】 [0156]
以上説明したように、本実施の形態によると、医師は、複数の患者の健康状態を一台のPC58で管理することができる。 As described above, according to this embodiment, the physician is able to manage the health of a plurality of patients by a single PC 58. しかも、PC58と患者が使う装置との間のデータの送受信では、上述のように公開鍵暗号方式による署名が施される。 Moreover, the transmission and reception of data between the PC58 and the patient uses device, the signature by the public key cryptosystem is performed as described above. このため、医師は、どの患者から履歴データが届いたのかを確実に知ることができる。 For this reason, the physician, it is possible to know from which patients had received historical data to ensure.
【0157】 [0157]
また、患者は、受信した演算テーブルが自分の主治医から送信されたものであるか否かを確認することができる。 Moreover, the patient can calculation table received to confirm whether or not sent from his doctor.
【0158】 [0158]
よって、医師は、個々のユーザの健康状態に合わせた投薬量を正確に決定することができる健康管理支援システムを提供することができる。 Thus, the physician may provide a health management support system capable of accurately determining the dosage to suit the physical condition of the individual user.
【0159】 [0159]
また、履歴データがユーザが使用する投薬量決定支援装置または注射器、および医師が使用するPC58の双方に記憶される。 Also, historical data dosage determination supporting apparatus or syringe user uses, and physicians are stored in both of the PC58 to be used. このため、万が一、医療事故が発生した場合には、その履歴データに基づいて迅速な事後対応が可能となる。 Therefore, any chance, if the medical accident occurs, it is possible to quickly Reactive based on the historical data.
【0160】 [0160]
以上、本発明に係る投薬量決定支援装置、注射器および健康管理支援システムについて、実施の形態に基づいて説明したが、本発明は、この実施の形態に限定されるものではない。 Above, dosage determination supporting apparatus according to the present invention, the syringe and health management support system has been described based on the embodiments, the present invention is not limited to this embodiment.
【0161】 [0161]
例えば、上述の実施の形態における投薬量決定支援装置または注射器は、長距離通信または近距離無線通信のいずれかの通信のみしかできない構成であるが、両方の通信機能を備えていてもよいのは言うまでもない。 For example, dosage determination supporting apparatus or syringe in the embodiment described above, the is a configuration that can only only one of the communication of long distance communication or short-range wireless communication may include both communication function needless to say.
【0162】 [0162]
また、上述の投薬量決定支援装置および注射器では、センサに電圧を印加させ、センサの電極を流れる電流をもとにして血糖値を求めている。 Further, the dosage determination supporting apparatus and syringe described above, the sensor is applied a voltage to the seeking blood glucose level the current through the electrodes of the sensor based on. しかし、血糖値の測定方法はこれに限定されるものではない。 However, the measuring method of the blood glucose level is not limited thereto. 例えば、センサの試薬層には、酵素と、試料液との酵素反応により変色する色素とを含め、この色素の色の変化を光学的に測定して血糖値を求めるようにしてもよい。 For example, the reagent layer of the sensor, enzyme and including a dye that changes color by an enzymatic reaction with the sample solution, may be calculated blood glucose value measured by the change in color of the dye optically.
【0163】 [0163]
さらに、インスリン量の演算方法も上述の実施形態に限定されるものではない。 Furthermore, method of calculating the amount of insulin not also to be limited to the embodiments described above. 例えば、血糖値測定時刻とインスリン量との関係を示すテーブルを用いて、血糖値を測定した時刻から注射すべきインスリン量を算出するようにしてもよい。 For example, by using a table showing the relationship between the blood glucose measurement time and amount of insulin, may be calculated amount of insulin to be injected from the time of measuring the blood sugar level.
【0164】 [0164]
さらにまた、上述のPCとは、PCのみならずPDA(Personal Digital Assistant)、携帯電話、ネットワークに接続可能な通信機器等を示す。 Furthermore, the above-described PC, not PC only PDA (Personal Digital Assistant), shows a mobile phone, connectable to a network communication device or the like. また、入出力端子38に、小型のメモリカードを挿入し、データを入出力するようにしてもよい。 Further, the input-output terminal 38, and insert the small memory card, may be input and output data.
【0165】 [0165]
また、上述の実施の形態では、試料として血液を例にとって説明を行なったが、これに限られるものではなく、尿や唾液等を試料として用いてもよい。 Further, in the embodiment described above, was carried out described as an example of blood as a sample is not limited thereto, it may be used urine, saliva or the like as a sample.
【0166】 [0166]
さらに、試料の特性として、グルコース濃度を例にとって説明を行なったが、それに限られるものではなく、ホルモン濃度、コレステロール濃度などを試料の特性として用いてもよい。 Further, as a characteristic of the sample has been subjected to explain the glucose concentration for example, not limited thereto, it may be used hormone levels, such as cholesterol concentration as a characteristic of the sample.
【0167】 [0167]
さらにまた、注射すべき薬物としては、インスリンを例にとって説明を行なったが、これに限られるものではなく、その他の病気の治療に用いられる薬物や、ビタミン剤、成長ホルモンなどであってもよい。 Further, as the drug to be injected, but been explained insulin as an example, not limited thereto, drugs and used in the treatment of other diseases, vitamins, may be a growth hormone .
【0168】 [0168]
また、履歴データとして、血糖値、インスリン量、脈拍、血圧などを用いて説明を行なったが、投薬量決定支援装置および注射器にその他の健康状態を知ることが可能な機能を設け、体脂肪、体温、歩数計などを測定し、それらの測定データを履歴データとしてもよい。 Further, as history data, blood glucose, insulin levels, pulse rate, although been explained by using a blood pressure, it provided the other possible to know the health condition function dosage determination supporting apparatus and syringe, body fat, body temperature, etc. pedometer measures, their measurement data may be historical data.
【0169】 [0169]
また、本実施の形態では、人間の患者を想定して投薬量の決定支援を行なったが、病気の患者に限られず健常者であってもよいのは言うまでもない。 Further, in this embodiment, but assuming a human patient was performed determination support dosage is not limited to the disease of the patient's may be a healthy person of course. また、人間に限られず、犬や猫などの動物にも本発明は適用可能である。 In addition, the present invention is not limited to humans, but the present invention to an animal such as a dog or cat can be applied.
【0170】 [0170]
また、PC58は医師が使用することを前提に説明を行なったが、法的に問題がなければ、医師以外の歯科医師、薬剤師、看護士、保健士、栄養士等が使用する場合であってもよい。 In addition, PC58 is been explained on the assumption that to be used by the physician, if there is no problem in the legal, dental doctor other than the doctor, pharmacist, nurse, Hokenshi, even in the case where the dietitian or the like is used good.
【0171】 [0171]
また、医師が使用するPC58の機能のうち、測定した血糖値、インスリン量、測定日時、脈拍、および血圧等の履歴データを記憶するサーバは、病院外の情報管理センター等に設置してもよい。 Further, among the functions of PC58 used by physicians, measured blood glucose level, insulin level, server storing measurement date and time, pulse, and the historical data of the blood pressure, etc., may be placed outside the hospital information management center, etc. .
【0172】 [0172]
また、上述の各種測定結果および投薬量には、測定または演算したままの値の他、所定の変換、変形、修飾などが施されたものであっても、本発明の趣旨を損なわないものが含まれる。 Further, the results of various measurements and dosages described above, other values ​​remain measured or calculation, predetermined conversion, deformation, even if the modified and has been subjected, those that do not impair the gist of the present invention included.
【0173】 [0173]
また、血液採取の際には、ランセットと呼ばれる器具を通常用いるが、ランセットを投薬量決定支援装置または注射器と一体化させてもよい。 At the time of blood collection, it is used usually an instrument called a lancet, but may be integrated lancet and dosage determination supporting apparatus or syringe.
【0174】 [0174]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によると、ユーザの健康状態に合わせた投薬量を正確に決定可能な投薬量決定支援装置を提供することができる。 According to the present invention, it is possible to provide a precise determinable dosage determination supporting apparatus dosages tailored to the health condition of the user.
【0175】 [0175]
また、ユーザの健康状態に合わせた投与量の薬剤を正確に注射可能な注射器を提供することができる。 Further, it is possible to provide a precise injectable syringe doses of drugs to suit the health condition of the user.
【0176】 [0176]
さらに、ユーザの健康状態に合わせた投薬量を正確に決定可能な健康管理支援システムを提供することができる。 Furthermore, it is possible to provide a precisely determinable health management support system dosage to suit the health condition of the user.
【0177】 [0177]
さらにまた、信頼性の高い履歴データの通信方法および対応関係の通信方法を提供することができる。 Furthermore, it is possible to provide a communication method of a communication method and corresponding relationship reliable historical data.
【0178】 [0178]
さらにまた、投薬量、生体情報、ユーザの体調などの履歴を健康管理に役立てることができる。 Furthermore, it is possible to help the dosage, biological information, a history of physical condition of the user to health management.
【0179】 [0179]
さらにまた、ユーザは体調に合わせた最適な投薬量を常に決定することができる。 Furthermore, the user can always determine the optimal dosages tailored to the physical condition.
【0180】 [0180]
さらにまた、ユーザは、安心して投薬量決定支援装置を使用することができる。 Furthermore, the user may use the dosage determination supporting apparatus with confidence.
【0181】 [0181]
さらにまた、ユーザは、投薬量決定支援装置と注射器とを別々に携行する必要がなく、注射器の携帯性が向上する。 Furthermore, the user, dosage determination supporting apparatus and the syringe and the separately is not necessary to carry, thereby improving the portability of the syringe. また、投薬量決定から注射までの時間を短縮することができる。 Further, it is possible to shorten the time until the injection from dosage determination.
【0182】 [0182]
さらにまた、誤った量の薬剤が投与されるのを防止することができる。 Furthermore, it is possible to incorrect amount of drug is prevented from being administered.
【0183】 [0183]
さらにまた、ユーザの健康状態に関する履歴データの信頼性を高めることができる。 Furthermore, it is possible to enhance the reliability of historical data on the health condition of the user.
【0184】 [0184]
さらにまた、生体情報と投薬量との対応関係の信頼性を高めることができる。 Furthermore, it is possible to enhance the reliability of the correspondence between the biometric information and dosages.
【0185】 [0185]
以上のように、本発明によると、ユーザの体内または体表面から採取される生体情報よりユーザの健康状態に応じた投薬量を自動的に求めることができる。 As described above, according to the present invention, it is possible to determine the dosage according to the health condition of the user from biometric information taken from the body or body surface of the user automatically. 特に、自分自身で投薬量を求めることが困難な目の不自由な老人や手指機能の低下した患者などであっても、簡単に投薬量を求めることが可能になり、その実用的価値は極めて高い。 In particular, even in such as patients with decreased it is difficult to eye crippled old man and hand finger function of determining the dosage on their own, it is possible to obtain the easy dosage, its practical value is extremely high.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の実施の形態1に係る投薬量決定支援装置の外観図である。 1 is an external view of the dosage determination supporting apparatus according to the first embodiment of the present invention.
【図2】実施の形態1に係る投薬量決定支援装置の本体部のハードウェア構成を示す図である。 2 is a diagram showing a hardware configuration of the main portion of the dosage determination supporting apparatus according to the first embodiment.
【図3】演算テーブル格納エリアに記憶されている血糖値に対応したインスリン量を示す演算テーブルの一例を示す図である。 3 is a diagram showing an example of the operation table showing the amount of insulin corresponding to blood glucose levels stored in the operation table storage area.
【図4】投薬量決定支援装置の処理の流れを示すフローチャートである。 4 is a flowchart showing a process flow of dosage determination supporting apparatus.
【図5】ユーザの使用する投薬量決定支援装置による履歴データ送信処理のフローチャートである。 5 is a flowchart of the history data transmission processing by the dosage determination supporting apparatus used by the user.
【図6】医師が使用するPCによる履歴データ受信処理のフローチャートである。 6 is a flowchart of the history data reception processing by the PC the physician to use.
【図7】本発明の実施の形態2に係る投薬量決定支援装置の外観図である。 7 is an external view of the dosage determination supporting apparatus according to the second embodiment of the present invention.
【図8】実施の形態2に係る投薬量決定支援装置の本体部のハードウェア構成を示す図である。 8 is a diagram showing a hardware configuration of the main portion of the dosage determination supporting apparatus according to the second embodiment.
【図9】本発明の実施の形態3に係る注射器の外観図である。 9 is an external view of the injector according to the third embodiment of the present invention.
【図10】注射器の本体部のハードウェア構成を示す図である。 10 is a diagram showing a hardware configuration of the body portion of the syringe.
【図11】注射器の処理の流れを示すフローチャートである。 11 is a flowchart showing a process flow of the syringe.
【図12】本発明の実施の形態4に係る注射器の外観図である。 12 is an external view of the syringe according to the fourth embodiment of the present invention.
【図13】注射器の本体部のハードウェア構成を示す図である。 13 is a diagram showing a hardware configuration of the body portion of the syringe.
【図14】注射器の処理の流れを示すフローチャートである。 14 is a flowchart showing a process flow of the syringe.
【図15】調節部の要部を示す概略図である。 15 is a schematic diagram showing a main part of the adjustment unit.
【図16】本発明の実施の形態5に係る健康管理支援システムの構成を示すブロック図である。 16 is a block diagram showing a configuration of a health management support system according to a fifth embodiment of the present invention.
【図17】投薬量決定支援装置の処理の流れを示すフローチャートである。 17 is a flowchart showing a process flow of dosage determination supporting apparatus.
【図18】PCにおけるインスリン量演算処理のフローチャートである。 18 is a flowchart of insulin amount calculation processing in the PC.
【図19】PCにおけるインスリン量認証処理のフローチャートである。 19 is a flowchart of the amount of insulin authentication processing in PC.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
20,60 投薬量決定支援装置22,62,82,112 本体部24 センサケース26 センサ装着部28 センサ30 点着部32 スピーカ34 表示部36 データ入力部38 入出力端子42 電圧印加部44 電圧変換部46 A/D変換部48 メモリ48a 測定テーブル格納エリア48b 演算テーブル格納エリア48c 履歴データ格納エリア50 CPU 20, 60 dosage determination supporting apparatus 22,62,82,112 main body 24 sensor case 26 sensor mounting portion 28 sensor 30 point fixing unit 32 speaker 34 display unit 36 ​​data input unit 38 input-output terminal 42 the voltage application unit 44 Voltage converter part 46 A / D converter 48 memory 48a measuring table storage area 48b calculation table storage area 48c history data storage area 50 CPU
52 音声処理部58 PC 52 audio processing unit 58 PC
64 光センサ66 脈拍センサ68 ベルト72 赤外線通信部80,110 注射器84 注射針86 注射針ケース88 注射針装着部90 インスリンカートリッジ92 インスリンホルダ94 ピストン96,124 設定部98 注射ボタン102 インスリン検出部104 注射針検出部114 収納ケース116 補正量入力部116a,116b 補正ボタン126 モータ132 モータ支持部134 歯車140 健康管理支援システム142 ネットワーク 64 optical sensor 66 pulse sensor 68 belt 72 infrared communication unit 80, 110 syringe 84 needle 86 needle case 88 needle attachment portion 90 insulin cartridge 92 insulin holder 94 piston 96,124 setting unit 98 injection button 102 insulin detecting unit 104 injections needle detector unit 114 accommodating case 116 correction amount input unit 116a, 116b correction button 126 motor 132 motor support portion 134 gear 140 health management support system 142 network

Claims (31)

  1. 薬剤の投与量の決定を支援する投薬量決定支援装置であって、 A dosage determination supporting apparatus for supporting a dose of determination of drugs,
    ユーザの体内または対表面から得られる生体情報を測定する測定部と、 A measurement unit for measuring biological information obtained from a user's body or to-surface,
    前記生体情報に基づいて投薬量を演算する投薬量演算部と、 A dosage calculator for calculating the dosage based on the biological information,
    前記投薬量演算部で演算された前記投薬量を前記ユーザに通知する通知部とを備えることを特徴とする投薬量決定支援装置。 Dosage determination supporting apparatus, characterized in that it comprises a notifying unit for notifying the dosage amount calculated by the dosage amount calculating section to the user.
  2. 前記投薬量演算部は、 The dosage calculation section
    前記生体情報と投薬量との対応関係を記憶させるための対応メモリと、 And corresponding memory for storing the correspondence between the biometric information and dosages,
    前記対応関係を参照し、前記生体情報に対応する前記投薬量を演算する演算部とを有することを特徴とする請求項1に記載の投薬量決定支援装置。 The correspondence relation refers to the dosage determination supporting apparatus according to claim 1, characterized in that it comprises a calculator for calculating the dosage corresponding to the biometric information.
  3. さらに、ネットワークを介して外部端末に接続され、外部端末との通信を制御する通信制御部と、 Furthermore, connected to the external terminal via a network, and a communication control unit for controlling communication with an external terminal,
    前記通信制御部を介して外部入力を受付け、前記外部入力に基づいて前記対応メモリに記憶されている前記対応関係の内容を書換える対応関係書換え部を備えることを特徴とする請求項2に記載の投薬量決定支援装置。 Accepting an external input through the communication control unit, according to claim 2, characterized in that it comprises a correspondence rewriting unit to rewrite the contents of the correspondence stored in the correspondence memory on the basis of the external input of the dosage determination supporting apparatus.
  4. さらに、前記外部入力の入力者の認証を行なう外部入力認証部を備え、 Further comprising an external input authentication unit for authenticating person entering the external input,
    前記対応関係書換え部では、前記入力者が許可された者である場合に限り、前記外部入力に基づいて前記対応メモリに記憶されている前記対応関係の内容を書換えることを特徴とする請求項3に記載の投薬量決定支援装置。 Wherein in the correspondence rewriting unit, according to claim wherein said input person only if a person who is permitted, characterized in that rewriting the contents of the correspondence stored in the correspondence memory on the basis of the external input dosage determination supporting apparatus according to 3.
  5. 前記外部入力認証部では、前記入力者の身体的特徴に基づいて認証を行なうことを特徴とする請求項4に記載の投薬量決定支援装置。 The external input in the authentication unit, dosage determination supporting apparatus according to claim 4, characterized by performing authentication based on the physical characteristics of the input person.
  6. さらに、ユーザからのデータの入力を受付けるデータ入力部と、 Furthermore, a data input unit for accepting input data from a user,
    前記データ入力部を介して外部入力を受付け、前記外部入力に基づいて前記対応メモリに記憶されている前記対応関係の内容を書換える対応関係書換え部を備えることを特徴とする請求項2に記載の投薬量決定支援装置。 Accepting an external input through the data input unit, according to claim 2, characterized in that it comprises a correspondence rewriting unit to rewrite the contents of said correspondence on the basis of the external input is stored in the corresponding memory of the dosage determination supporting apparatus.
  7. さらに、前記投薬量を記憶させるための投薬量メモリと、 Further, the dosages memory for storing the dosage,
    演算された前記投薬量を演算時刻とともに前記投薬量メモリに格納する投薬量格納部とを備えることを特徴とする請求項1に記載の投薬量決定支援装置。 Dosage determination supporting apparatus according to claim 1, characterized in that it comprises a computed the dosage with operation time and dosage storage unit for storing the dosage memory.
  8. さらに、前記生体情報を記憶させるための生体情報メモリと、 Further, the biometric information memory for storing the biometric information,
    前記測定部で測定された前記生体情報を測定時刻とともに前記生体情報メモリに格納する生体情報格納部とを備えることを特徴とする請求項1に記載の投薬量決定支援装置。 Dosage determination supporting apparatus according to claim 1, characterized in that it comprises a biological information storage unit for storing the biometric information memory together with the measurement time of the biological information measured by the measuring unit.
  9. さらに、ユーザの体調を計測する体調計測部と、 Further, a physical condition measuring section for measuring the physical condition of the user,
    前記ユーザの体調を記憶させるための体調メモリと、 And physical condition memory for storing the physical condition of the user,
    前記ユーザの体調を計測時刻とともに前記体調メモリに格納する体調格納部とを備えることを特徴とする請求項1に記載の投薬量決定支援装置。 Dosage determination supporting apparatus according to claim 1, characterized in that it comprises a physical condition storage unit for storing physical condition of the user to the physical condition memory with measurement time.
  10. さらに、前記投薬量を記憶させるための投薬量メモリと、演算された前記投薬量を演算時刻とともに前記投薬量メモリに格納する投薬量格納部と、 Further, the dosages memory for storing the dosage, and dosage storage for storing computed the dosage to the dosage memory with operation time,
    ネットワークを介して外部端末に接続され、前記投薬量メモリに記憶されている前記投薬量および前記演算時刻を前記ネットワークを介して外部端末へ出力する通信制御部とを備えることを特徴とする請求項1に記載の投薬量決定支援装置。 Claims connected to an external terminal via a network, characterized in that it comprises a communication control unit and for outputting the dosage and the operation time stored in said dosage memory to the external terminal through the network dosage determination supporting apparatus according to 1.
  11. さらに、前記生体情報を記憶させるための生体情報メモリと、 Further, the biometric information memory for storing the biometric information,
    前記測定部で測定された前記生体情報を測定時刻とともに前記生体情報メモリに格納する生体情報格納部と、 A biological information storage unit for storing the biological information measured by the measurement unit together with the measurement time in the living body information memory,
    ネットワークを介して外部端末に接続され、前記生体情報メモリに記憶されている前記生体情報および前記測定時刻を前記ネットワークを介して外部端末へ出力する通信制御部とを備えることを特徴とする請求項1に記載の投薬量決定支援装置。 Claims connected to an external terminal via a network, characterized in that it comprises a communication control unit and for outputting the biological information and the measurement time stored in said biometric information memory to the external terminal through the network dosage determination supporting apparatus according to 1.
  12. さらに、ユーザの体調を計測する体調計測部と、 Further, a physical condition measuring section for measuring the physical condition of the user,
    前記ユーザの体調を記憶させるための体調メモリと、 And physical condition memory for storing the physical condition of the user,
    前記ユーザの体調を計測時刻とともに前記体調メモリに格納する体調格納部と、 A physical condition storage unit for storing physical condition of the user to the physical condition memory with measurement time,
    ネットワークを介して外部端末に接続され、前記体調メモリに記憶されている前記ユーザの体調および前記計測時刻を前記ネットワークを介して外部端末へ出力する通信制御部とを備えることを特徴とする請求項1に記載の投薬量決定支援装置。 Claims connected to an external terminal via a network, characterized in that the physical condition and the measurement time of the user stored in the physical condition memory and a communication control unit for outputting to an external terminal through the network dosage determination supporting apparatus according to 1.
  13. 投薬量を自動的に設定可能な注射器であって、 The dosage a automatically configurable syringe,
    ユーザの体内または体表面から得られる生体情報を測定する測定部と、 A measurement unit for measuring biological information obtained from the user's body or body surface,
    前記生体情報に基づいて投薬量を演算する投薬量演算部と、 A dosage calculator for calculating the dosage based on the biological information,
    前記投薬量演算部で演算された前記投薬量の薬剤を注射する注射部とを備えることを特徴とする注射器。 Syringe, characterized in that it comprises a injection unit for injecting said dosage of drug is calculated by the dosage calculation unit.
  14. 前記投薬量演算部は、 The dosage calculation section
    前記生体情報と投薬量との対応関係を記憶させるための対応メモリと、 And corresponding memory for storing the correspondence between the biometric information and dosages,
    前記対応関係を参照し、前記生体情報に対応する前記投薬量を演算する演算部とを有することを特徴とする請求項13に記載の注射器。 The reference to the correspondence relationship, syringe according to claim 13, characterized in that it comprises a calculator for calculating the dosage corresponding to the biometric information.
  15. 前記注射部は、 The injection unit,
    注射針と、 And the injection needle,
    前記薬剤を収納する薬剤収納部と、 A medicine container unit for containing the drug,
    前記注射針に前記薬剤収納部に収納された前記薬剤を押し出すピストンと、 A piston for pushing the drug housed in the medicine container unit to the injection needle,
    前記ピストンによる前記薬剤の押し出し量を設定する設定部と、 A setting unit for setting the extrusion amount of the drug by the piston,
    前記演算部で演算された前記投薬量の前記薬剤が投与されるように、前記設定部による前記薬剤の押し出し量を調節する調節部とを有することを特徴とする請求項14に記載の注射器。 As the medicament of the dosage amount calculated by the arithmetic unit is administered, syringe according to claim 14, characterized in that it comprises an adjustment unit for adjusting the extrusion amount of the drug by the setting unit.
  16. さらに、前記演算部で演算された前記投薬量を前記ユーザに通知する通知部を備えることを特徴とする請求項15に記載の注射器。 Furthermore, syringe according to claim 15, characterized in that it comprises a notification unit for notifying the dosage amount calculated by the calculation unit to the user.
  17. さらに、前記演算部で演算された前記投薬量をユーザに確認させ、前記ユーザの確認が得られなければ薬剤の押出しを停止させるユーザ確認部を備えることを特徴とする請求項16に記載の注射器。 Furthermore, syringe according to claim 16, wherein the dosage amount calculated by the calculation unit to confirm to the user, characterized in that it comprises a user confirmation section confirmation of stopping the extrusion of the drug to be obtained the user .
  18. さらに、前記設定部による前記薬剤の押し出し量を補正する補正部を備えることを特徴とする請求項15に記載の注射器。 Furthermore, syringe according to claim 15, characterized in that it comprises a correction unit for correcting the extrusion amount of the drug by the setting unit.
  19. さらに、前記投薬量を記憶させるための投薬量記憶メモリと、 Furthermore, a dosage storage memory for storing the dosage,
    前記注射部より前記ユーザに投与された前記薬剤の前記投薬量を投与時刻とともに前記投薬量記憶メモリに格納する投薬量格納部とを備えることを特徴とする請求項18に記載の注射器。 Syringe according to claim 18, characterized in that it comprises a dosage storage unit for storing the dosage of the medication delivered to the user from the injection section to the dosages storage memory with the administration time.
  20. さらに、前記投薬量の許容範囲を記憶させるための投薬量許容範囲メモリ前記投薬量の許容範囲を記憶させるための投薬量許容範囲メモリと、 Moreover, the dosage tolerance memory for storing an allowable range of dosage tolerance memory the dosage for storing an allowable range of the dosage,
    前記薬剤の押し出し量が前記投薬量の許容範囲内にあるか否かをチェックする押し出し量チェック部とを備えることを特徴とする請求項15に記載の注射器。 Syringe according to claim 15, characterized in that it comprises a extrusion amount check unit extrusion amount of the agent to check whether within the allowable range of the dosage.
  21. さらに、前記薬剤の押し出し量が前記投薬量の許容範囲外にあると判断された場合にユーザに警告をする警告部を備えることを特徴とする請求項20に記載の注射器。 Furthermore, syringe according to claim 20, characterized in that it comprises a warning unit for warning a user when the extrusion amount of the drug is determined to be outside the allowable range of the dosage.
  22. さらに、前記投薬量を記憶させるための投薬量記憶メモリと、 Furthermore, a dosage storage memory for storing the dosage,
    前記注射部より前記ユーザに投与された前記薬剤の前記投薬量を投与時刻とともに前記投薬量記憶メモリに格納する投薬量格納部と、 And dosage storage unit for storing the dosage of the medication delivered to the user from the injection section to the dosages storage memory with the administration time,
    ネットワークを介して外部端末に接続され、前記投薬量メモリに記憶されている前記投薬量および前記演算時刻を前記ネットワークを介して外部端末へ出力する通信制御部とを備えることを特徴とする請求項15に記載の注射器。 Claims connected to an external terminal via a network, characterized in that it comprises a communication control unit and for outputting the dosage and the operation time stored in said dosage memory to the external terminal through the network syringe according to 15.
  23. さらに、ネットワークを介して外部端末に接続され、外部端末との通信を制御する通信制御部と、 Furthermore, connected to the external terminal via a network, and a communication control unit for controlling communication with an external terminal,
    前記通信制御部を介して外部入力を受付け、前記外部入力に基づいて前記対応メモリに記憶されている前記対応関係の内容を書換える対応関係書換え部を備えることを特徴とする請求項14に記載の注射器。 According to claim 14, further comprising a correspondence rewriting unit to rewrite the contents of the accepted external input via the communication control unit, the correspondence stored in the correspondence memory on the basis of the external input of the syringe.
  24. さらに、ユーザからのデータの入力を受付けるデータ入力部と、 Furthermore, a data input unit for accepting input data from a user,
    前記データ入力部を介して外部入力を受付け、前記外部入力に基づいて前記対応メモリに記憶されている前記対応関係の内容を書換える対応関係書換え部を備えることを特徴とする請求項14に記載の注射器。 According to claim 14, characterized by comprising the accept external input via the data input unit, correspondence rewriting unit to rewrite the contents of the correspondence stored in the correspondence memory on the basis of the external input of the syringe.
  25. さらに、前記生体情報を記憶させるための生体情報メモリと、 Further, the biometric information memory for storing the biometric information,
    前記測定部で測定された前記生体情報を測定時刻とともに前記生体情報メモリに格納する生体情報格納部とを備えることを特徴とする請求項13に記載の注射器。 Syringe according to claim 13, characterized in that it comprises a biological information storage unit for storing the biometric information memory together with the measurement time of the biological information measured by the measuring unit.
  26. さらに、前記生体情報を記憶させるための生体情報メモリと、 Further, the biometric information memory for storing the biometric information,
    前記測定部で測定された前記生体情報を測定時刻とともに前記生体情報メモリに格納する生体情報格納部と、 A biological information storage unit for storing the biological information measured by the measurement unit together with the measurement time in the living body information memory,
    ネットワークを介して外部端末に接続され、前記生体情報メモリに記憶されている前記生体情報および前記測定時刻を前記ネットワークを介して外部端末へ出力する通信制御部とを備えることを特徴とする請求項13に記載の注射器。 Claims connected to an external terminal via a network, characterized in that it comprises a communication control unit and for outputting the biological information and the measurement time stored in said biometric information memory to the external terminal through the network syringe according to 13.
  27. ユーザの健康管理を支援する健康管理支援システムであって、 A health management support system for supporting the health management of the user,
    ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と薬剤の投与量との対応関係を参照し、前記ユーザへの投薬量の決定を支援する投薬量決定支援装置と、 It refers to the correspondence relation between the dose of the biological information and drug obtained from the user's body or body surface, and the dosage determination supporting apparatus for assisting determination of dosage to the user,
    ネットワークを介して前記投薬量決定支援装置に接続され、前記投薬量決定支援装置に前記対応関係を送信するサーバ装置とを備え、 Is connected to the dosage determination supporting apparatus via a network, and a server device for transmitting the correspondence relation with the dosage determination supporting apparatus,
    前記投薬量決定支援装置は、 The dosage determination supporting apparatus,
    前記ユーザの前記生体情報を測定する測定部と、 A measurement unit that measures the biological information of the user,
    前記対応関係を記憶させるための対応メモリと、 And corresponding memory for storing the correspondence relationship,
    前記対応関係を参照し、前記生体情報に対応する前記投薬量を演算する演算部と、 A calculation unit for the reference to the correspondence relation, calculates the dosage corresponding to the biological information,
    前記演算部で演算された前記投薬量を前記ユーザに通知する通知部と、 A notification unit that notifies the dosage amount calculated by the calculation unit to the user,
    前記サーバ装置から受信した前記対応関係で前記対応メモリに記憶されている前記対応関係を書換える対応関係書換え部とを有することを特徴とする健康管理支援システム。 Health management support system characterized by having a correspondence rewriting unit to rewrite the relationship in which the stored in the corresponding memory in the correspondence received from the server apparatus.
  28. ユーザへの薬剤の投与量の決定を支援する投薬量決定支援装置とネットワークを介して接続され、前記投薬量決定支援装置との間で各種データの授受を行なうサーバ装置であって、 Are connected via a dosage determination supporting device and the network to support decisions on dosage of the drug to the user, a server device for exchanging various data with the dosage determination supporting apparatus,
    ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と投薬量との対応関係を記憶させるための対応メモリと、 And corresponding memory for storing the correspondence between the biometric information obtained from the user's body or body surface and dosages,
    前記投薬量決定支援装置より前記生体情報を受信する手段と、 It means for receiving the biometric information from the dosage determination supporting apparatus,
    前記対応メモリを参照し、受信された前記生体情報に対応する前記投薬量を演算する演算部と、 A calculation unit for the reference to the corresponding memory, calculates the dosage corresponding to the received said biometric information,
    前記演算部で演算された前記投薬量を前記投薬量決定支援装置に送信する手段とを備えることを特徴とするサーバ装置。 Server device, characterized in that it comprises a means for transmitting the dosage amount calculated by the calculation unit to the dosage determination supporting apparatus.
  29. ユーザへの薬剤の投与量の決定を支援する投薬量決定支援装置とネットワークを介して接続され、前記投薬量決定支援装置との間で各種データの授受を行なうサーバ装置であって、 Are connected via a dosage determination supporting device and the network to support decisions on dosage of the drug to the user, a server device for exchanging various data with the dosage determination supporting apparatus,
    ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と投薬量との対応関係を記憶させるための対応メモリと、 And corresponding memory for storing the correspondence between the biometric information obtained from the user's body or body surface and dosages,
    前記投薬量決定支援装置より前記生体情報および前記投薬量を受信する手段と、 It means for receiving the biological information and the dosage than the dosage determination supporting apparatus,
    前記対応メモリを参照し、受信された前記生体情報に対応する前記投薬量が認証可能か否かを判断する判断部と、 A determination unit that the reference to the corresponding memory, the dosage corresponding to the received the biometric information to determine whether possible authentication,
    前記判断部での判断結果を前記投薬量決定支援装置に送信する手段とを備えることを特徴とするサーバ装置。 Server apparatus characterized by comprising a means for transmitting a result of the discrimination at the determination unit to the dosage determination supporting apparatus.
  30. ユーザの使用する端末装置と前記端末装置に接続される健康管理者の使用するサーバ装置とを備える健康管理支援システムにおける公開鍵暗号方式を用いた履歴データの通信方法であって、 A method of communication history data using a public key cryptosystem in healthy control support system comprising a server device for use in the health care worker to be connected to the terminal device and the terminal device used by the user,
    前記端末装置が、ユーザの健康状態に関する履歴データにユーザの秘密鍵を用いて署名を施すステップと、 The terminal device includes the steps of applying a signature using the private key of the user to historical data on the health condition of the user,
    前記端末装置が、前記署名の施された前記履歴データを前記サーバ装置に送信するステップと、 The terminal device, and sending the history data having undergone the signature to the server apparatus,
    前記サーバ装置が、前記署名の施された前記履歴データを受信するステップと、 A step wherein the server apparatus, which receives the history data having undergone the signature,
    前記サーバ装置が、登録されたユーザの公開鍵を用いて前記履歴データの署名を検証するステップとを含むことを特徴とする履歴データの通信方法。 It said server device, a method of communication history data, characterized in that it comprises the step of verifying the signature of the history data using the public key of the registered user.
  31. ユーザの使用する投薬量決定支援装置と前記投薬量決定支援装置に接続される健康管理者の使用するサーバ装置とを備える健康管理支援システムにおける公開鍵暗号方式を用いた対応関係の通信方法であって、 There in dosage determination supporting apparatus and the dosage determination supporting apparatus connected to the healthcare provider relationship of a communication method using a public key cryptosystem in healthy control support system comprising a server device for use used by the user Te,
    前記対応関係は、ユーザの体内または体表面から得られる生体情報と投薬量との対応を示し、前記投薬量決定支援装置では、前記対応関係を参照し、前記生体情報から前記投薬量を求め、 The relationship shows a correspondence between the biological information obtained from the body or the body surface of the user and the dosage in the dosage determination supporting apparatus, by referring to the correspondence relation, obtains the dosage from the biological information,
    前記サーバ装置が、前記対応関係に前記健康管理者の秘密鍵を用いて署名を施すステップと、 The server device includes the steps of applying a signature using the private key of the healthcare provider on the correspondence relation,
    前記サーバ装置が、前記署名の施された前記対応関係を前記投薬量決定支援装置に送信するステップと、 Said server device, and transmitting the signature of decorated with the correspondence relation with the dosage determination supporting apparatus,
    前記投薬量決定支援装置が、前記署名の施された前記対応関係を受信するステップと、 A step wherein the dosage determination supporting apparatus, to receive the unsigned decorated with the correspondence relationship,
    前記投薬量決定支援装置が、登録された前記健康管理者の公開鍵を用いて前記対応関係の署名を検証するステップとを含むことを特徴とする対応関係の通信方法。 The dosage determination supporting apparatus, a communication method of correspondence, characterized in that it comprises the step of verifying the signature of the correspondence relation with the public key of the health administrator listed.
JP2003109855A 2002-04-25 2003-04-15 Dosage determination support device, syringe, and health care support system Pending JP2004000555A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002123976 2002-04-25
JP2003109855A JP2004000555A (en) 2002-04-25 2003-04-15 Dosage determination support device, syringe, and health care support system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003109855A JP2004000555A (en) 2002-04-25 2003-04-15 Dosage determination support device, syringe, and health care support system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004000555A true JP2004000555A (en) 2004-01-08

Family

ID=30447425

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003109855A Pending JP2004000555A (en) 2002-04-25 2003-04-15 Dosage determination support device, syringe, and health care support system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004000555A (en)

Cited By (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007111518A (en) * 2005-09-20 2007-05-10 Matsushita Electric Ind Co Ltd Injection device with puncture function, method for controlling injection device with puncture function, chemical solution administration device and method for controlling chemical solution administration device
JP2007125355A (en) * 2005-10-04 2007-05-24 Olympus Corp Dose control apparatus, administration system, and dose control method
JP2007202632A (en) * 2006-01-31 2007-08-16 Matsushita Electric Ind Co Ltd Medicinal solution administrating apparatus and its method of control
JP2007525276A (en) * 2004-02-26 2007-09-06 デックスコム・インコーポレーテッド Integrated delivery device for sustained glucose sensor
JP2007301347A (en) * 2006-04-10 2007-11-22 Canon Inc Ingesta administration device
JP2008200502A (en) * 2005-04-06 2008-09-04 Mallinckrodt Inc System and method for managing information relating to medical fluid and container therefor
JP2008214333A (en) * 2006-12-26 2008-09-18 Lifescan Inc System and method for performing blood sugar control protocol
JP2009534687A (en) * 2006-04-24 2009-09-24 フィッツ、ジョセフ Body fluid analyzer, a method of programming a system and the system including the device
JP2009535145A (en) * 2006-05-04 2009-10-01 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Medical injector
JP2010502361A (en) * 2006-09-06 2010-01-28 メドトロニック ミニメド インコーポレイテッド Intelligent therapy recommendation algorithm and methods of use thereof
JP2010519623A (en) * 2007-02-18 2010-06-03 アボット ダイアベティス ケア インコーポレイテッドAbbott Diabetes Care Inc. Method and system for context-based pharmaceutical dosage-determination provided
JP2010524639A (en) * 2007-04-25 2010-07-22 メドトロニック ミニメド インコーポレイテッド Closed-loop / semi-closed treatment correction system
JP2011523478A (en) * 2008-05-07 2011-08-11 ライフスキャン・インコーポレイテッドLifescan,Inc. Analyte measurement and management device, and related method
JP2012050847A (en) * 2004-02-18 2012-03-15 Ares Trading Sa Hand-held electronically controlled injection device for injecting liquid medications
JP2012507309A (en) * 2008-07-18 2012-03-29 ライフスキャン・インコーポレイテッドLifescan,Inc. Analyte measurement and management device and related method
US8202249B2 (en) 2005-09-20 2012-06-19 Panasonic Corporation Injection device with puncture function, method for controlling injection device with puncture function, chemical solution administration device, and method for controlling chemical solution administration device
JP2012516735A (en) * 2009-02-04 2012-07-26 サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング Medical systems and methods for providing information for glycemic control
JP2012519027A (en) * 2009-02-27 2012-08-23 ライフスキャン・インコーポレイテッドLifescan,Inc. Drug delivery management system and method
JP2013520285A (en) * 2010-02-24 2013-06-06 モノソル アールエックス リミテッド ライアビリティ カンパニー Therapeutically determine effective dosages, apparatus and system for preparing and administering
JP2014503920A (en) * 2011-01-28 2014-02-13 マックス、デー.バン、ゲルダーMax D.Van Gelder Device, particularly for managing data related to diabetes
JP2014066709A (en) * 2007-09-07 2014-04-17 Terumo Corp Blood glucose level measuring method
CN103874459A (en) * 2011-10-11 2014-06-18 诺沃—诺迪斯克有限公司 Dual purpose advisory device
JP2014514036A (en) * 2011-03-18 2014-06-19 サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング Calculating a medicament dose
US8930203B2 (en) 2007-02-18 2015-01-06 Abbott Diabetes Care Inc. Multi-function analyte test device and methods therefor
US9066709B2 (en) 2009-01-29 2015-06-30 Abbott Diabetes Care Inc. Method and device for early signal attenuation detection using blood glucose measurements
US9320461B2 (en) 2009-09-29 2016-04-26 Abbott Diabetes Care Inc. Method and apparatus for providing notification function in analyte monitoring systems
JP2017511913A (en) * 2014-01-28 2017-04-27 デビオテック ソシエテ アノニム Control interface, the system for controlling the administration of fluid to a patient, the method of controlling the drug delivery device, a device for treating diabetic patients using treatment system, the patient learning method for the treatment of diabetes, and insulin how to recommend the amount of
JPWO2016052464A1 (en) * 2014-09-30 2017-07-27 パナソニックヘルスケアホールディングス株式会社 Drug infusion system, a portable terminal, drug infusion device, a control method of the medical personnel information terminal and drug infusion system
WO2017217226A1 (en) * 2016-06-13 2017-12-21 ソニー株式会社 Information processing device, information processing method, and program
KR101933912B1 (en) * 2017-02-02 2018-12-31 강원대학교산학협력단 Blood Sugar Management Network System
US10194839B2 (en) 2005-06-04 2019-02-05 Roche Diabetes Care, Inc. Method and device for assessment of a series of glucose concentration values of a body fluid of a diabetic for adjustment of insulin dosing

Cited By (43)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012050847A (en) * 2004-02-18 2012-03-15 Ares Trading Sa Hand-held electronically controlled injection device for injecting liquid medications
JP2013154253A (en) * 2004-02-18 2013-08-15 Ares Trading Sa Hand-held electronically controlled injection device for injecting liquid medication
US8882741B2 (en) 2004-02-26 2014-11-11 Dexcom, Inc. Integrated delivery device for continuous glucose sensor
US9050413B2 (en) 2004-02-26 2015-06-09 Dexcom, Inc. Integrated delivery device for continuous glucose sensor
JP2007525276A (en) * 2004-02-26 2007-09-06 デックスコム・インコーポレーテッド Integrated delivery device for sustained glucose sensor
US9155843B2 (en) 2004-02-26 2015-10-13 Dexcom, Inc. Integrated delivery device for continuous glucose sensor
US8920401B2 (en) 2004-02-26 2014-12-30 Dexcom, Inc. Integrated delivery device for continuous glucose sensor
US8926585B2 (en) 2004-02-26 2015-01-06 Dexcom, Inc. Integrated delivery device for continuous glucose sensor
JP2008200502A (en) * 2005-04-06 2008-09-04 Mallinckrodt Inc System and method for managing information relating to medical fluid and container therefor
US10194839B2 (en) 2005-06-04 2019-02-05 Roche Diabetes Care, Inc. Method and device for assessment of a series of glucose concentration values of a body fluid of a diabetic for adjustment of insulin dosing
US8202249B2 (en) 2005-09-20 2012-06-19 Panasonic Corporation Injection device with puncture function, method for controlling injection device with puncture function, chemical solution administration device, and method for controlling chemical solution administration device
JP2007111518A (en) * 2005-09-20 2007-05-10 Matsushita Electric Ind Co Ltd Injection device with puncture function, method for controlling injection device with puncture function, chemical solution administration device and method for controlling chemical solution administration device
US8945056B2 (en) 2005-09-20 2015-02-03 Panasonic Healthcare Co., Ltd. Injection device with puncture function, method for controlling injection device with puncture function, chemical solution administration device, and method for controlling chemical solution administration device
JP2007125355A (en) * 2005-10-04 2007-05-24 Olympus Corp Dose control apparatus, administration system, and dose control method
JP2007202632A (en) * 2006-01-31 2007-08-16 Matsushita Electric Ind Co Ltd Medicinal solution administrating apparatus and its method of control
JP2007301347A (en) * 2006-04-10 2007-11-22 Canon Inc Ingesta administration device
JP2009534687A (en) * 2006-04-24 2009-09-24 フィッツ、ジョセフ Body fluid analyzer, a method of programming a system and the system including the device
JP2009535145A (en) * 2006-05-04 2009-10-01 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Medical injector
JP2010502361A (en) * 2006-09-06 2010-01-28 メドトロニック ミニメド インコーポレイテッド Intelligent therapy recommendation algorithm and methods of use thereof
JP2008214333A (en) * 2006-12-26 2008-09-18 Lifescan Inc System and method for performing blood sugar control protocol
US8930203B2 (en) 2007-02-18 2015-01-06 Abbott Diabetes Care Inc. Multi-function analyte test device and methods therefor
JP2010519623A (en) * 2007-02-18 2010-06-03 アボット ダイアベティス ケア インコーポレイテッドAbbott Diabetes Care Inc. Method and system for context-based pharmaceutical dosage-determination provided
JP2010524639A (en) * 2007-04-25 2010-07-22 メドトロニック ミニメド インコーポレイテッド Closed-loop / semi-closed treatment correction system
JP2014066709A (en) * 2007-09-07 2014-04-17 Terumo Corp Blood glucose level measuring method
JP2011523478A (en) * 2008-05-07 2011-08-11 ライフスキャン・インコーポレイテッドLifescan,Inc. Analyte measurement and management device, and related method
JP2012507309A (en) * 2008-07-18 2012-03-29 ライフスキャン・インコーポレイテッドLifescan,Inc. Analyte measurement and management device and related method
US9066709B2 (en) 2009-01-29 2015-06-30 Abbott Diabetes Care Inc. Method and device for early signal attenuation detection using blood glucose measurements
JP2012516735A (en) * 2009-02-04 2012-07-26 サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング Medical systems and methods for providing information for glycemic control
US9724475B2 (en) 2009-02-27 2017-08-08 Lifescan, Inc. Drug delivery management systems and methods
JP2012519027A (en) * 2009-02-27 2012-08-23 ライフスキャン・インコーポレイテッドLifescan,Inc. Drug delivery management system and method
JP2012519028A (en) * 2009-02-27 2012-08-23 ライフスキャン・インコーポレイテッドLifescan,Inc. Drug delivery management system and method
US10349874B2 (en) 2009-09-29 2019-07-16 Abbott Diabetes Care Inc. Method and apparatus for providing notification function in analyte monitoring systems
US9320461B2 (en) 2009-09-29 2016-04-26 Abbott Diabetes Care Inc. Method and apparatus for providing notification function in analyte monitoring systems
US9750439B2 (en) 2009-09-29 2017-09-05 Abbott Diabetes Care Inc. Method and apparatus for providing notification function in analyte monitoring systems
JP2013520285A (en) * 2010-02-24 2013-06-06 モノソル アールエックス リミテッド ライアビリティ カンパニー Therapeutically determine effective dosages, apparatus and system for preparing and administering
JP2014503920A (en) * 2011-01-28 2014-02-13 マックス、デー.バン、ゲルダーMax D.Van Gelder Device, particularly for managing data related to diabetes
US10105093B2 (en) 2011-03-18 2018-10-23 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Calculating a medicament dose
JP2014514036A (en) * 2011-03-18 2014-06-19 サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング Calculating a medicament dose
CN103874459A (en) * 2011-10-11 2014-06-18 诺沃—诺迪斯克有限公司 Dual purpose advisory device
JP2017511913A (en) * 2014-01-28 2017-04-27 デビオテック ソシエテ アノニム Control interface, the system for controlling the administration of fluid to a patient, the method of controlling the drug delivery device, a device for treating diabetic patients using treatment system, the patient learning method for the treatment of diabetes, and insulin how to recommend the amount of
JPWO2016052464A1 (en) * 2014-09-30 2017-07-27 パナソニックヘルスケアホールディングス株式会社 Drug infusion system, a portable terminal, drug infusion device, a control method of the medical personnel information terminal and drug infusion system
WO2017217226A1 (en) * 2016-06-13 2017-12-21 ソニー株式会社 Information processing device, information processing method, and program
KR101933912B1 (en) * 2017-02-02 2018-12-31 강원대학교산학협력단 Blood Sugar Management Network System

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9854972B2 (en) Remote monitoring of analyte measurements
US8444595B2 (en) Methods to pair a medical device and at least a remote controller for such medical device
US8808228B2 (en) Integrated medicament delivery device for use with continuous analyte sensor
KR101285520B1 (en) Structured testing method for diagnostic or therapy support of a patient with a chronic disease and devices thereof
CN1236824C (en) A method and system for assisting user to implement multiple operation in medical self treatment
US8449523B2 (en) Method of operating a medical device and at least a remote controller for such medical device
US7901394B2 (en) Physiological monitoring device for controlling a medication infusion device
US9730584B2 (en) Glucose measuring device for use in personal area network
EP1079876B1 (en) A medical apparatus for use by a patient for medical self treatment of diabetes
JP4005598B2 (en) Blood sugar measuring device and data upload method
EP2035989B1 (en) System and method for collecting patient information from which diabetes therapy may be determined
US8160900B2 (en) Analyte monitoring and management device and method to analyze the frequency of user interaction with the device
US8551039B2 (en) Drug delivery with event notification
US8930203B2 (en) Multi-function analyte test device and methods therefor
DK2393415T3 (en) MEDICAL SYSTEM AND METHOD FOR PROVISION OF INFORMATION FOR glycemic control
RU2611019C2 (en) Health monitoring system architecture
US20050277872A1 (en) Apparatus and method for mobile medical services
CN102197304B (en) Measurement device, insulin infusion device, measurement method, method for controlling insulin infusion device, and program
US8211364B2 (en) PDA based system for managing treatment of a patient health condition
EP3460644A1 (en) User interface features for an electronic device
US20070078314A1 (en) System and method for measuring and predicting insulin dosing rates
CN103520806B (en) Management system and method of administration
US8622954B2 (en) Relay device for transferring information between a sensor system and a fluid delivery system
US20140039383A1 (en) Integrated insulin delivery system with continuous glucose sensor
JP5677321B2 (en) Medical devices and methods for providing information for glycemic control